増レス順 増レス順 増レス 前回取得レス
最近読んだSS more
画像画像画像画像
カテゴリ
スレ立 タイトル レス
02-03 23:20インド人「ナン、おかわり、ドウスル?」27
02-03 23:06虹夏「なんかぼっちちゃんウザくなってきたな…」32
02-03 21:59【画像】日本のカルチャーが没落した理由がついに判明「活性化させる方法はこれだ」と専門家10
02-03 13:57お前ら「あ、捨て獣人奴隷だ。>>3してやろ」獣人奴隷「ウゥ…」25
02-02 21:23ワルい奴らの集まる学園に転校することになった…【安価】25
02-01 16:27たばこ買おうとしたらキチガイ店員に当たって不快な思いした64
02-01 12:39エロトラップ安価SSのネタ出しスレ37
02-01 11:14売れっ子アイドル「プロデューサー、私これ買ってこいなんて言ってないよね?」ワイ「🥺」12
02-01 01:53女「謝ってください」男「>>4」38
01-31 21:22アーニャ「おまえくさい」マルフォイ「フォイ!?」2
01-31 21:20レッド「ポケモンが擬人化してる」1
01-30 21:28しずく「侑先輩の絶対領域は渡しません!」19
01-30 20:10結束バンド vs 放課後ティータイム57
01-30 19:04ゆっくり司「スターになるRTA、はじめるよ~」1
01-30 13:08磯野家 さくら家 「「  潰すか  」」2
01-30 03:46けも耳幼女「フゥ゛…♡ フゥ゛…♡ がゥ゛♡」34
01-30 01:49【安価コンマ】貴女は魔法女学院でふたなりを治したいようです 6日目36
01-29 23:47子供「わーい、家族で回転寿司だー!僕サーモン!!」父親「待ちなさい!先にやることがあるだろう!!」69
01-29 20:09【モバマス】未央「あーちゃんって天使みたいだよね!」藍子「ぎくーっ!」15
01-29 17:32コナン「短編SS」阿笠「全10話じゃ」39

カテゴリ: 任天堂 SS


1 ◆p5XEhDSgKg2011/01/13(木) 23:19:39.62RhOC2ziK0 (1/14)


上条「…う……ん」ハッ

上条「……何故に草原?それにあれは“城”だよな?」

上条「こ……ここはどこでせうか?」

上条「確か家に着いてから寝ようと……うーん、ダメだ思い出せない」

上条「とりあえず人を――」



子分「ボス!連中城にこもったようですぜ」

ダマス「フン、かつてはリキア一の騎士と謳われたフェレ侯エリウッドも病にゃ勝てねえってか?」

子分「へへへ……ん?誰だてめえは!?」

上条「」



読む →

1 ◆rgd0U75T1.2022/07/01(金) 13:32:15.04AM0tLBp20 (1/3)

アルセウス「ここは時間も空間もまだ存在しない無の宇宙」



アルセウス「よく、来てくれましたね」



アルセウス「私はアルセウス、あなた達"人"がそう呼ぶ者」



アルセウス「私は、まだ何も存在しないこの宇宙に森を海を大地を空を」



アルセウス「人を、ポケモンを………世界を貴方達の知恵を借りて造ろうと思います」



アルセウス「まずは、この世界の名前や特徴をお願いします」




この世界(地方)の名前
軽くでいいので特徴
↓1


前作
ピチュー「転生したらピチューだった件」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1574756958/


読む →

1 ◆eN.duO9AEJGy2021/10/22(金) 21:15:29.729BhMB8Y4O (1/3)

*他のスレの迷惑になるようなことはやめましょう

ポケモンの世界に主人公はいません、ただ単にポケモンの世界に転生したら…自分だったらどうするかを考える物語にしたい

ここからは本編では特に語られない設定等

ルナアーラもどきが開けたワームホールの調査中一般人(ミドリ)が巻き込まれてしまう

ミドリは不明な処置により蘇生

手持ち

りぼんちゃん(ピカチュウ)
りおん(ルカリオ)

ジョシュア

ルナアーラもどきが開けたワームホールの影響で暴走したオーラを纏うポケモンを探して各地を放浪中

リボン(元女子高生ピカチュウ)

転生者、ミドリ、ジョシュアと共に旅するうちにショタコン気味に

リオ(ルカリオ)

ジョシュアと波長が合う卵を探して孵した

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1634904929



読む →

149 ◆tdNJrUZxQg2023/01/17(火) 12:16:00.238ywSMszf0 (10/19)


 「バーースッ」


エースバーンがメガルカリオの下段蹴りを小ジャンプで回避しながら身を捻り──“ブレイズキック”をメガルカリオの頭部に叩きこむ。


 「グーゥーォーッ…!!!?」


メガルカリオはゆっくり吹き飛びながらも、受け身を取って起き上がる。


ランジュ「きゅーうーにーつーよーくーなーっーたー……!?」


何が起きているんだろう。

私がおかしくなったのか、周りがおかしくなったのか、わからない。

何もわからないけど──何故だか……今の私は、負ける気がしなかった。





    🎹    🎹    🎹





侑「な、なにが起こってるの……?」
 「ブイ…」

せつ菜「わ、わかりません……」


歩夢の様子が目に見えておかしかった。

だらんと両腕が下がり、なんだか脱力しながら立っている様子だ。

そして、全くエースバーンに指示を出さなくなってしまった。

……なのに、エースバーンの動きが急に良くなり──いや、良くなったなんてレベルじゃない。メガルカリオの至近距離からの猛ラッシュを全て躱して、反撃をするという神業をして見せた。

何かわからないけど……何かが、起こっている。


侑「そ、そうだ! リナちゃんなら、何が起こってるかわかるんじゃ……!」


そう思ってリナちゃんに訊ねるも──


リナ『……ごめん。全くわからない……』 ||;◐ ◡ ◐ ||


リナちゃんですら何が起きているか理解出来ていなかった。

でも、そんな中、


栞子「……歩夢さんが……波導に同調している……?」


栞子ちゃんがそんなことを呟いた。


侑「波導に……同調……? どういうこと……?」

栞子「……歩夢さんは、ポケモンに対する感応性が異常に強い人です……。……もしかしたら──メガルカリオが持つ強い波導のエネルギーに中てられているんじゃ……」

せつ菜「……えっと……?」


せつ菜ちゃんは栞子ちゃんの説明に首を傾げるけど──私は歩夢をずっと見てきたからか、なんとなく……感覚的にだけど……わかるような気がした。



読む →

746 ◆tdNJrUZxQg2023/01/09(月) 00:42:29.00jK0Y5xHa0 (12/42)


私は歩夢の言葉に頷いた。


侑「──歩夢は、私の太陽だから」

歩夢「──侑ちゃんは、私の太陽だから」

侑・歩夢「「私たちは……お互いがお互いの──太陽だから」」

 「────」「────」


暁の光に照らされて──朝と夜が入り混じるこの時、この場所で──2匹のコスモウムは──


 「──ガオーレッ!!!!」「──ラリオーナッ!!!!」


『光り輝く白銀の太陽』と『赤く燃える赫灼の太陽』へと姿を変えたのだった。





    🎹    🎹    🎹





 「──ガオーレ…」「──ラリオーナ…」

リナ『ソルガレオ にちりんポケモン 高さ:3.4m 重さ:230.0kg
   別世界に 棲むと いわれる。 全身から 無尽蔵の 光エネルギーを
   放出し 闇夜も 真昼のように 照らす。 遥か 大昔の 文献に
   太陽を 喰らいし 獣と いう 名前で 記録が 残っている。』

歩夢「太陽を喰らいし獣……」

侑「ソルガレオ……」


私たちはコスモウムが進化したポケモン──ソルガレオを見上げる。


果林「まさか……どっちも太陽の化身になるなんて……」

彼方「なんか……勝手にどっちかが太陽でどっちかが月だって思い込んじゃってたね……」


結果はどちらも太陽の化身──白銀の太陽と真っ赤な太陽だった。


 「──ガオーレ…」「──ラリオーナ…」


ソルガレオたちが、身を屈める。


侑「うん、ソルガレオ……!」

歩夢「行こう……愛ちゃんを止めに……!」


私たちは、ソルガレオの背に乗る。



読む →


1以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/13(火) 20:56:52.01uxvPXPnQ0 (1/1)

◆rIel.EK3Cs
代理
以下、コピペ


スリーパー「ハァッ、ハァッ、ハァッ……!」

私はスリーパー。
カントー地方のとある森に住んでいる、少し頭の良いだけのごく一般的なスリーパーだ。
そんな私は絶賛、絶体絶命と絶望のさなかだった。

ゴオオオオォオオオォオオォォォオオォォォッ!

スリーパー「クソッ……!」

ごく普通に、静かに1ポケモンとして暮らしていた私。
しかし、目が覚めると森は炎に包まれていた。

バキバキバキッ!

スリーパー「あぶっ……!」

ドドォンッ!

「びぎょっ」

スリーパー「ぐあああぁあぁあっ!?」

目の前を走っていた小さなポケモンが、倒れて来た木の下敷きになって潰れた。
それと同時に私の顔の左側が冷たく、いや、熱く焼けた。
燃える木の枝の一本が、直撃したらしい。

スリーパー「……ぐううぅっ……!」

痛みに悶えながらも、私は足を止める訳には行かなかった。
逃げなければ、死んでしまう。
私は顔の左側を抑えながら、どこにあるかも分からない炎の出口に向かって走り続けた。


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/03(金) 18:21:37.696+Etz2zR0 (1/4)

サトシと再会したセレナは今までずっと心にしまっていた想いを打ち明けた。
照れ臭さそうにしながらもサトシはセレナの想いを受け入れ、2人は幸せな新婚生活を送っていた。

久しぶりの休みが取れ、2人は映画を鑑賞する為に映画館に来ていた。日曜日だからか子連れの客が多い。

セレナ「(私も早くサトシの子が欲しいわ///)」

サトシ「顔が赤いぞセレナ?熱があるのか?」

セレナ「だ、大丈夫!そ、それよりも早く観る映画を決めましょ!」

サトシ「実はもう決めているんだ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1533288097



読む →
1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2016/12/13(火) 21:23:09.643JosE2rVgp.net (1/8)

ククイ博士「ポケモントレーナーなら必須の知識だぞ!」

サトシ「オレすっげー性教育に興味あるよ博士!」

カキ「ああ、俺もだ」

マーマネ「ぼくも!」

マオ「せ、性教育……///」

リーリエ「恥ずかしいです…///」

ククイ博士「ははは、みんなぐらいの歳だとそうかもな」

ククイ博士「だけど、人間もポケモンもセックスによって子供が生まれるんだぞ?」

サトシ「ええっ!?そうなの!?人間もポケモンもタマゴをどこからともなく持ってくるんじゃないの!?」

ククイ博士「ははは、じゃあ実際にセックスを見てみようか」

リーリエ「えっ///」


読む →

1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2022/12/10(土) 22:29:49.56aoiV0WtXO (1/3)

ポケモン最新作が発売されてから日が経ちましたが皆さんの進捗はどうですか?
私はニャオハの色違い(♀)が出ないので死んでます。
それはともかくやっぱりポケモンって楽しいですよね?楽しいって言え。

というわけでこちらは四天王を主人公にしたスレッドです。
四天王って不遇ですよね。チャンピオンみたいなオンリーワンな存在じゃないし、一部のジムリーダーほど目立たないし。
某ダイパリメイクでは害悪クソアフロがヤバいことやってましたが。

それでは本題に入ります。本スレッドはオリジナルの地方を舞台としますので、そういったものが苦手な方はブラウザバックを推奨いたします。
次レスにキャラクターのテンプレなどを記載します。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1670678989



読む →

1 ◆VLM4fQAV0E2022/11/23(水) 23:31:29.87eIuZFEkD0 (1/2)

私、ニノって言います。

ある怖い組織の生き残りに追われてて逃亡生活を続けています。

ずっと一緒だった人も私を守るためにいなくなってしまいました。

いま私は一人っきりでとある街に住んでいます。

ここは平和で、危険な事とは縁のない場所です。

ここで私は生きていきます。


読む →

904 ◆tdNJrUZxQg2022/12/12(月) 14:14:48.07ropYqdR40 (15/21)


ドロンチとイーブイの姿をすぐに見つけることが出来た。


侑「いた……!」


ドロンチはイーブイを頭の上に乗せたままで──尻尾で器用に“きのみ”を持ち上げながら、それを自分の頭の上に置く。

目の前に現れた“きのみ”を見たイーブイは、


 「ブ、ブィィ…」


警戒しているのか、食べたりはせず、ふるふると首を振っている。


侑「あれ……何してるんだろう……?」

リナ『たぶん……イーブイのお世話をしてるんだと思う……』 || ╹ᇫ╹ ||

侑「……なるほど」


さすが、“せわやくポケモン”というだけはある……。

ただ、部屋の中に落ちている“きのみ”は、“ナナシのみ”や“パイルのみ”と言った、すっぱい“きのみ”ばっかりだ。

それはイーブイの好きな味じゃない。

私はイーブイのお世話をしている、ドロンチの前に出る。


侑「……ドロンチ」

 「ロン?」

侑「イーブイを返してくれないかな。その子は私の相棒なんだ」

 「ロン」


でも、ドロンチは首を横に振る。

まあ、奪っていくようなポケモンに説得しようとしてもダメかな……。


侑「……イーブイ、戻っておいで」

 「イブィ…!!」


私が呼び掛けると、イーブイはドロンチの頭の上から、私の方に向かって飛び跳ねる。

だけど──


 「ローンチ」

 「ブイ!?」


ドロンチは尻尾を伸ばして、イーブイを捕まえ──再び自分の頭の上に乗せてしまう。


リナ『返す気はないみたい……』 || ╹ _ ╹ ||

侑「みたいだね……」


出来れば、話し合いで解決したかったけど……。


侑「ワシボン、出てきて!」
 「──ワッシャァ!!!」

 「ローンチ…」

侑「言うこと聞いてくれないなら、力ずくで返してもらうよ! ワシボン、“ダブルウイング”!!」
 「ワッシャァ!!!」


ワシボンが飛び出し、ドロンチに向かって、両翼を叩きつける。



読む →

598 ◆tdNJrUZxQg2023/01/04(水) 13:20:28.462N444K9g0 (20/30)


ニャスパーがフェローチェの“ふみつけ”を受けて、戦闘不能になっていた。

フェローチェの攻撃を察知して、咄嗟に私たちだけを吹き飛ばしたんだ……。

そして、目が合った瞬間、


 「フェロッ!!!!」


一瞬で肉薄してくるフェローチェ、


 「──ライボッ!!!!」


そこに割り込むように、ライボルトが防御する。


侑「“スパーク”!!」
 「ライボッ!!!」


ライボルトが火花を散らせるが、


 「フェロッ」


やっぱりフェローチェには逃げられてしまう。さらにそこに──


果林「それ……物理の防御にしか使ってないわよね」

侑「!?」


上空からギクりとする言葉を掛けられる。

そう、砂鉄による防御はあくまで物理攻撃への防御手段。

特殊攻撃へは特筆出来るほどの防御にはならない。


果林「“かえんほうしゃ”!!」
 「サザンドーーーラッ!!!!」


しかも、ドラゴン技じゃないから、フェアリータイプで無効化出来ない……!?


歩夢「マホイップ!! イーブイに“デコレーション”!!」
 「マホイ~~!!」


そんな中、マホイップがイーブイに、クリームやリボンのあめざいくを“デコレーション”をし始める。


侑「……! イーブイ! “めらめらバーン”!!」
 「ブーーーィィィッ!!!!」


“デコレーション”は味方の攻撃能力を上昇させる技だ。

強化された炎を身に纏い、イーブイが真っ向から炎に突撃する。

“デコレーション”の効果もあって──こちらの炎の勢いが上回り、


 「ブーーーィィッ!!!!」


炎同士の衝突によって、“かえんほうしゃ”の方向をどうにか逸らす。

が、そこに向かって──


果林「“あくのはどう”!!」
 「サザンッ!!!!」


攻撃を受けきったばかりのイーブイに、追撃の“あくのはどう”が飛んでくる。



読む →

444 ◆tdNJrUZxQg2022/12/30(金) 14:47:43.94loIPccok0 (32/32)


>レポート

 ここまでの ぼうけんを
 レポートに きろくしますか?

 ポケモンレポートに かきこんでいます
 でんげんを きらないでください...


【ウルトラキャニオン】
 口================== 口
  ||.  |○         o             /||
  ||.  |⊂⊃                 _回/  ||
  ||.  |o|_____.    回     | ⊂⊃|  ||
  ||.  回____  |    | |     |__|  ̄   ||
  ||.  | |       回 __| |__/ :     ||
  ||.○⊂⊃      | ○        |‥・     ||
  ||.  | |.      | | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     ||
  ||.  | |.      | |           |     ||
  ||.  | |____| |____    /      ||
  ||.  | ____ 回__o_.回‥‥‥ :o  ||
  ||.  | |      | |  _.    /      :   ||
  ||.  回     . |_回o |     |        :  ||
  ||.  | |          ̄    |.       :  ||
  ||.  | |        .__    \      :  .||
  ||.  | ○._  __|⊂⊃|___|.    :  .||
  ||.  |___回○__.回_  _|‥‥‥:  .||
  ||.       /.         回 .|     回  ||
  ||.    _/       o‥| |  |        ||
  ||.  /             | |  |        ||
  ||. /              o回/         ||
 口==================口


 主人公 彼方
 手持ち バイウールー♂ Lv.79 特性:ぼうだん 性格:のんてんき 個性:ひるねをよくする
      ネッコアラ♂ Lv.77 特性:ぜったいねむり 性格:ゆうかん 個性:ひるねをよくする
      ムシャーナ♀ Lv.78 特性:テレパシー 性格:おだやか 個性:ひるねをよくする
      パールル♀ Lv.76 特性:シェルアーマー 性格:おとなしい 個性:ひるねをよくする
      カビゴン♀ Lv.80 特性:あついしぼう 性格:わんぱく 個性:ひるねをよくする
      コスモウム Lv.75 特性:がんじょう 性格:なまいき 個性:ひるねをよくする
 バッジ 0個 図鑑 未所持

 主人公 エマ
 手持ち ゴーゴート♂ Lv.40 特性:くさのけがわ 性格:むじゃき 個性:ねばりづよい
      パルスワン♂ Lv.43 特性:がんじょうあご 性格:ゆうかん 個性:かけっこがすき
      ガルーラ♀ Lv.44 特性:きもったま 性格:おっとり 個性:のんびりするのがすき
      ミルタンク♀ Lv.41 特性:そうしょく 性格:おとなしい 個性:たべるのがだいすき
      ママンボウ♀ Lv.40 特性:いやしのこころ 性格:ひかえめ 個性:とてもきちょうめん
      エルフーン♀ Lv.40 特性:いたずらごころ 性格:れいせい 個性:ぬけめがない
 バッジ 1個 図鑑 未所持


 彼方と エマは
 レポートに しっかり かきのこした!


...To be continued.






読む →

300 ◆tdNJrUZxQg2022/12/25(日) 10:46:04.59PfMOWZim0 (26/37)


果南「“いわくだき”!!」
 「ラグッ!!!」


ラグラージは高速で泳ぎながら、壁に拳を叩きつけ、洞窟の壁を壊し──


果南「“いわなだれ”!!」
 「ラァグッ!!!」


崩れてきた岩を殴り飛ばして、“ミサイルばり”にぶつける──が、“ミサイルばり”は容易に岩を穿って、


 「ラァグッ!!!?」
果南「うわっ!?」


ラグラージに直撃する。


 「ラ、グゥゥッ…!!!」
果南「岩くらいじゃ止めらんない……!」


怯んだラグラージの目の前に、


 「ハリィィィィッ!!!!」


ハリーマンが飛び出し、ハリーマンから黒いオーラが溢れ出す──“あくのはどう”だ……!

私はすかさず、次の技の指示。


果南「“みずのちかい”!!」
 「ラグッ!!!!」


ラグラージが水面叩くと──水柱がハリーマンの真下から飛び出し、ハリーマンを打ち上げる。

それによって、照準のズレた“あくのはどう”は私の頭スレスレの場所を飛んでいく。

打ち上げられたハリーマンは──


 「ハ、リィィィィ!!!!!」


空中で体を膨らませ──洞窟の天井に全身の鋭い針を突き刺し、そのままスパイクのように天井の岩盤を噛みながら、回転して──こっちに向かって飛び出してくる。


果南「うわ……! あれ、当たったら絶対痛いじゃん……!」


飛んでくるハリーマンを前にそんな感想を呟く。

あの硬さ、鋭さの針を持った球体に突っ込まれたら──絶対、無事じゃ済まない。


果南「ただ……こっちのパンチは、それ以上だけどね……!!」
 「ラァァァーーーーグッ!!!!!」


ラグラージがみずタイプのエネルギーを一気に片腕に集束し──直後、水流噴出口からジェット噴射──スピードを乗せた最大火力の拳……!!


果南「“アクアハンマー”!!」
 「ラァァァーーーーーーーグッ!!!!!」

 「ハリィィィィ!!!!!」


2匹の攻撃がぶつかった瞬間──バキバキッ!! と音を立てながら、ラグラージの拳が、ハリーマンの全身の針を折り砕き、


 「ハ、リィッ…!!!?」


拳のインパクトと共に、膨れ上がったみずのエネルギーが──周囲の海面と岩壁を衝撃で抉り取った。

爆発のような音と共に、海底洞窟を揺らし──嵐の中かと見紛うほどに激しく波立つ向こうで……。



読む →

154 ◆tdNJrUZxQg2022/12/20(火) 13:07:57.77B+X5AS2s0 (38/40)


こうして私たちは、死闘の末──ローズジムの真姫さんを倒し、“クラウンバッジ”を手に入れたのでした。

残すは──最後のバッジのみ……。





    🎹    🎹    🎹





彼方「──二人とも、ローズジムクリアおめでとう~♪」

リナ『わ~どんどんぱふぱふ~』 ||,,> 𝅎 <,,||


ホテルに戻ると──ジム戦前に彼方さんが言っていたとおり、ご馳走が並んでいた。


かすみ「これ全部食べていいんですかぁ~!?」

彼方「もっちろん♪ 頑張った二人へのご褒美だよ~♪ 好きなだけ食べて♪」

かすみ「わーい! いっただきま~す♪」

侑「いただきます!」

彼方「ポケモンちゃんたちにもそれぞれに合わせて、彼方ちゃん特製ブレンドのポケモンフーズを作ったから、味わって食べるんだぞ~?」
 「ブイブイ♪」「ガゥ♪」「フィオ~」「ウニャァ」「クマクマァッ♪」「ブクロンッ♪」


元気な子たちが夢中でご飯を食べ始める中、


 「テブリ」「…カイン」「…ライ」「ロンチ」「ウォーグ」「……サ」


大人しい組は静かに食べ始める。……こういうところにも個性が出るね……。


かすみ「いや~今日のかすみんの活躍っぷり、彼方先輩と果南先輩にも見せてあげたかったですよ~」

果南「ふふ、私も見たかったよ」

彼方「彼方ちゃんも~」

かすみ「ですよねですよね! いや~かすみんの考えたドッキリ爆発大脱出があったから、今日は勝てたんですから~」


かすみちゃんは元気いっぱいに今日の試合を振り返っているけど……。


果南「侑ちゃんは……勝ったって言うのに、あんまり元気ないね?」

かすみ「えぇー? 侑先輩、せっかく勝ったのに嬉しくないんですか~?」

侑「ん……。……もちろん、嬉しいけど……でも、今回はかすみちゃんと二人だったからさ……」


……今回はあくまで二人の力を合わせてどうにか勝つことが出来ただけだ。


侑「もし一人ずつ戦ってたら……絶対に勝てなかった……」

かすみ「それは……まぁ……。……でも、勝ちは勝ちですよ!」


もちろん、勝ちは勝ち。向こうの指定したルールでちゃんと勝利を収めたんだ。

それに関してはそれでいい。……だけど、次のジム戦は正真正銘一人で戦うことになる。


侑「……このまま戦っても……私もかすみちゃんも、最後のジムは突破出来ない……」

かすみ「そ、そんなこと言わないでくださいよ~!!」


これは臆病風に吹かれたとか、そういう話じゃない。

私たちの今の実力と、本気のジムリーダーの実力では、それほどまでに根本的なレベルの差があるということだ。



読む →

502以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/02/20(日) 19:28:13.60MqPQxT0r0 (55/55)

日曜日

グラジオ「フシギソウ、つるのムチ!」

フシギソウ「ソウ!」

フウロと仲直りして、一旦家に帰ってコウミのご飯を食べて、そしてジムで挑戦者とバトルして…
グラジオは順調に白星を重ねていった

カエデ「連勝、まだまだ伸びそうですね」

グラジオ「どうだろうな…」

ただグラジオにしてみればコウミが休みの今日、連勝が伸びようがどうでも良かった

この後の展開は?

>>503

挑戦者が来る(キャラやジムバッジの数はお任せします)

挑戦者が来ないのでカエデと雑談を始める(話の内容はお任せします)

その他


読む →
656HapeyRubbit&HapeyHapey2014/09/09(火) 19:06:41.957ewHw0jp0 (11/16)

やよい「あっ、あかねちゃん・・・!」

ポン

なお「トゲメットの上にトランプブロックが出てきたから乗ろう」

れいか「・・・っ!溶岩が・・・!ああっ!!」プルッ

やよい「やばい・・・!ア゛ア゛―!!」プルッ

やよい297ミス、ライフ残り5、れいか212ミス、ライフ残り48

ミスの原因:溶岩の水位の上昇

なお「やよいちゃん・・・!れいか・・・!・・・あとはあたしだけだ・・・」

ポン

なお「キャンディ、トランプブロックを出してくれて助かるよ。おかげで全滅はしないで済みそうだね」

なお「・・・っと、トランプブロックから出てきたコインを取るとコインの数は75枚になるな。
   それじゃとりあえず前方の足場へ移ろう」

なお「よし、前方の足場へ移れた。さあ先へ・・・移ろうとしたら
   あかねの入っているシャボン玉を割ったね」

あかね「なお、おおきに」

なお「それとやよいちゃんとれいかの入っているシャボン玉も割ったね」

れいか「なお、ありがとう」


読む →

821以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/04/24(日) 11:16:14.10WwYd4rfeO (7/32)

トウヤ「と、見せかけて……ジャンプしてください!」

シロナ「えっ!? あ!」ギュルンギュルンギュルギュル!

空中に上がることで、ぐるぐるに巻き付いたタイツが戻る……この動きを利用して、高速回転するシロナ!

ポリゴン2「ぽりつ……!?」

トウヤ「さらに、モーモーの実をかじってっ!」

シロナ「げ、あれを……!?」モグモグモグ

ドッピュルルルルル!ドッピュルルルルル!!

さらにモーモーミルクがどっぱどぱ!
貼っていたものも落ち、乳首むき出しでそこいらじゅうにミルクをまき散らすシロナ!
救いは高速回転によって、上手く見えなかったことくらいか……?
そしてこのミルクは、ほぼ零距離にいるポリゴン2の顔にぶっかかり……

ポリゴン2「ぽりぽおおおっつ!」ブシャアアア!

シン「ポリゴン2、落ち着きなさい」

トウヤ「今だ、遠心力最大で……リーフブレード!」

シロナ「う、うあああ……目が回るぅうう! 恥ずかしいいいっ!」ズバシイイイイイイッ!!




読む →

1 ◆YOAmr24MN22022/10/28(金) 22:38:17.08LzDfj3ZL0 (1/4)

前スレ
【安価】サトシ「安価でポケモンマスターになってやるぜ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1666526013/

・安価・コンマを駆使してサトシをポケモンマスターに導くスレです。

・>>1の気分次第でシステムが勝手に変わったりします。

・>>1は面倒臭がりかつ原作通りの展開が嫌いなので話はダイジェストだし原作通りにはまずならないと思ってください。

・安価・コンマ問わず基本的に連取りは無効にします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1666964291



読む →
1名無しさん@おーぷん2016/11/22(火)23:23:147Gs (1/9)

~1947年~

彡(゚)(゚)「あ~~お!おら!上がりや!」

「ああ!くそ……ほんま山ちゃんはトランプ強いなぁ……これで5連続負けや…ほい、負けた分の金や。」

彡(゚)(゚)「ワイが強いんやなくてトッモが弱すぎるだけやがな…ほい、毎度おおきに。」

「……でも山ちゃんなんでそんなに羽振りのええ生活しとるんや?なんかええバイトでもあるん?」

彡(゚)(゚)「いや、ワイ実はある会社の取締役やねん。」

「え!?どこどこ!?山ちゃんそんな凄い人なんか!?」

彡(゚)(゚)「実はな……!」

「………!」ゴクリ

彡(゚)(゚)「任天堂や」

「………」

彡(゚)(゚)「……」

彡(^)(^)「「ドワーはっはっは!!!」」ケラケラ

「あ、あのかるた会社か!?へ~けったいなところの社長さんなんやなぁ!」ケラケラ

彡(^)(^)「しゃーないやんか!うちのお爺ちゃんが社長なんやし!第一取締役は社長とちゃうで!ワイはその子会社のと・こ・ろ・の取締役やがな!」

「はえ~そうなんや…」



読む →

754 ◆tdNJrUZxQg2022/12/05(月) 14:41:34.036bHKz0F20 (12/20)


    🎹    🎹    🎹





──その夜。


侑「んー……やっぱ自分の部屋は落ち着くなぁ……」


自室のベッドに寝転がってくつろいでいた。

突然の帰宅だったのに、お母さんが私の好きなものをたくさん作ってくれて、お腹もいっぱいだ──その夕飯のための買い出しに駆り出されたのは少々不服ではあるけど……。

──まあ、その買い出しのお陰で、良いものも買えたし、いいんだけどさ。

私がリラックスして、だらけていると、


 「ブイ…」


イーブイがちょっと不機嫌そうに鳴く。


侑「ああ、ごめんごめん! 毛繕いするんだった! おいで」
 「ブイ」


イーブイは呼ばれると、私の膝の上で素直に丸くなる。

手に取ったブラシで毛繕いをしてあげると、


 「ブイィ♪」


ご機嫌そうに鳴く。


リナ『“おくびょう”だったイーブイもすっかり侑さんに慣れたね』 || > ◡ < ||

侑「慣れすぎて、軽くふてぶてしいけどね……」
 「ブイ?」


お父さんとお母さんの前では、人見知りを発動して、お人形さんみたいになっていたのに……。

そんな家族での夕食の際、当初の計画通りイーブイ以外の手持ちたちも家族に紹介したし、


リナ『それにしても、侑さんのお父さんとお母さん、二人とも優しかった』 || > ◡ < ||


リナちゃんのことも、しっかりと紹介出来た。

もちろん、最新型AIではなくロトム図鑑だと説明したけど……。

お父さんもお母さんも、最初は驚いていたものの……ロトム図鑑というものがあるのを説明したら、すんなり受け入れてくれて、しばらく私そっちのけでリナちゃんと談笑していたくらいだ。


リナ『いっぱいお話し出来て嬉しかった』 || > ◡ < ||

侑「お父さんもお母さんも、順応性高いんだよね……」


のほほんとしているというかなんというか……。

まあ、変に勘繰られるよりずっといいんだけど。

リナちゃんともすぐ仲良くなれるくらいの順応性のお陰で、イーブイ以外の手持ちたちも、可愛がってくれていたし。


侑「ライボルトを撫でまくってるときはちょっとひやひやしたけど……」

 「ライボ…」


苦笑いしながら言うと、いつものように部屋の隅で伏せて目を瞑っていたライボルトが静かに鳴く。



読む →

599 ◆tdNJrUZxQg2022/11/28(月) 12:14:53.319EuEq8f90 (3/19)


侑「……こ」

歩夢「……こ?」

侑「……ここが……チャンピオンの生まれ育った町なんだぁ……!」


侑ちゃんはぱぁーっと目を輝かせて、周囲をキョロキョロし始める。


歩夢「侑ちゃん……。千歌さんのこともいいけど、少しは町の雰囲気を楽しもうよー……」

リナ『侑さんはいつもどおりだね』 ||  ̄ ᇫ  ̄ ||

侑「いや、楽しんでるよ! この自然溢れる町で、千歌さんは日々鍛錬に励んでたんだって思うだけで、あちこちが輝いて見えるよ……! この海で遠泳とか砂浜ダッシュとかしてたのかな……!」

歩夢「いや……鍛錬は旅しながらしてたんじゃ……」

リナ『侑さん、楽しそう』 || ╹ ◡ ╹ ||


侑ちゃんったら相変わらず、好きなもののことになると、周りが見えなくなる子なんだから……。

少し呆れ気味に──でも、そんなところも可愛いなと思いながら、侑ちゃんのことを眺めていた、そのとき、


 「──……侑さ~ん! ……歩夢さ~ん! ……リナさ~ん!」


近くの砂浜の方から、私たちを呼ぶ声が聞こえてきた。


リナ『呼ばれてる?』 || ╹ᇫ╹ ||

歩夢「あれ、この声……」

侑「もしかして……!」
 「ブイ」


声のする方に目を向けると──黒髪のストレートロングを右側で一房括った髪型の少女が、ウインディと並走しながら、こちらに向かってくる。

あの子は……。


侑「せつ菜ちゃん!?」

せつ菜「……はい! こんなところでお会い出来るなんて……!」

歩夢「カーテンクリフ以来だね……! せつ菜ちゃん!」

せつ菜「そうですね! 砂浜ダッシュをしていたら、遠くに侑さんたちが見えて……! またお会いできて嬉しいです!」

リナ『せつ菜さんはなんで、ここで砂浜ダッシュしてたの?』 || ╹ᇫ╹ ||

せつ菜「それはもちろん、ここはチャンピオンである千歌さんの出生の地……! きっと、彼女もこの大自然の中で、日々鍛錬を積んでいたに違いありませんから! 私もそれに倣って、ポケモンたちと鍛錬をしているところだったんです!」

侑「……! せつ菜ちゃんもそう思う!? やっぱり、そうだよね!」

せつ菜「はい……!! こうして、ここで修行すれば、千歌さんの強さの秘訣がわかるかもしれませんし!」

侑「うんうん!」

歩夢「いや、だから……それはたぶん、旅の道中で……」

リナ『歩夢さん、ファイト』 || ╹ ◡ ╹ ||


侑ちゃんと同じようなことを考えている人がまた一人……あれ、私がおかしいのかな……?


せつ菜「それはそうと、侑さん、歩夢さん、旅の方は順調ですか?」

侑「あ、うん! せつ菜ちゃんと別れた後いろいろあったけど……」

歩夢「ダリア、コメコ、ホシゾラ、ウチウラと進んできて、さっきアワシマから船でここに到着したところなんだよ」

せつ菜「そうだったんですね!」

侑「ジムバッジもほら……!」



読む →

448 ◆tdNJrUZxQg2022/11/19(土) 15:44:31.11tV2B+qbY0 (1/12)


■Chapter022 『再会! ホシゾラシティ!』 【SIDE Yu】





侑・歩夢「「──お世話になりました!」」


早朝のコメコの森の中、二人でお礼を言いながら、頭を下げる。


エマ「もう、行っちゃうんだね……」

彼方「花陽ちゃんが戻ってくるまでゆっくりしてればいいのに~……」

遥「お姉ちゃん、そんなこと言ったら侑さんたち、行きづらくなっちゃうよ。……私も寂しいけど」


エマさんも彼方さんも遥ちゃんも、名残惜しそうだけど……。


侑「二人で話し合って決めたので……。今は前に進もうと思います」

歩夢「ジムへの再挑戦は、旅の中でもっと強くなってからにしようって……」

侑「もちろん、歩夢と二人でね」

歩夢「うん♪」

リナ『二人ともすっかり仲直りしてくれて、私嬉しい。リナちゃんボード「ハッピー」』 || > ◡ < ||

彼方「まあ、そういうことなら仕方ないか~……」


彼方さんは、そう言いながら肩を竦める。


侑「彼方さん、本当にありがとうございました。彼方さんのお陰で大切なことに気付くことが出来ました」

彼方「うんうん。これからも、その気持ちを忘れずに頑張るんだよ~」

侑「はい! 遥ちゃんもいろいろありがとう!」

遥「とんでもないです! この先の旅も、頑張ってくださいね!」

侑「うん!」


私は二人から激励を貰い、感謝の言葉を返す。


エマ「歩夢ちゃん。疲れたときは、またコメコ牧場に来てね♪ いつでも大歓迎だから!」

歩夢「はい! また遊びに行きます!」

エマ「わたし、歩夢ちゃんはきっと、すっごいトレーナーになれると思ってるから……! 応援してるね!」

歩夢「えへへ……ありがとうございます……!」


歩夢もエマさんから激励を受けて、嬉しそうだ。

……さて、いつまでもこうしていたら、別れが名残惜しくて先に進めなくなっちゃう。


侑「穂乃果さんと千歌さんに、よろしく伝えておいてください」

彼方「うん、わかった~。伝えておくよ~」


結局、私が滞在している間、千歌さんは帰ってこなかったし、穂乃果さんは今日も今日とて、朝からロッジを空けていた。

二人とも忙しくて、しっかりとお話が出来たわけじゃないけど……チャンピオンたちと出会ったということ自体が良い刺激になったと思う。


侑「それじゃ、行こうか! 歩夢! リナちゃん!」
 「ブイブイ」

歩夢「うん!」

リナ『次の目的地に向けて出発進行~!』 ||,,> 𝅎 <,,||



読む →

304 ◆tdNJrUZxQg2022/11/12(土) 12:56:38.50Cfp9Tcx10 (1/18)


■Chapter015 『浜辺の決戦!』 【SIDE Shizuku】





──ホシゾラシティを出て2番道路を歩くこと数時間。

そろそろ、日も傾きかけてきたという頃……。


かすみ「……やっと、着いたぁー!!」


私たちは、ようやく次の目的地のウチウラシティに到着しました。


しずく「どうにか、今日中に辿り着けたね」

かすみ「うん! さーて、早速ジムを探さなきゃ……!」

しずく「ロトム。ジムはどちらですか?」
 「知らないロト」

しずく「マップを開いてください」
 「マップ機能は故障中ロト」

しずく「……」


どうやら、ロトムはウチウラジムには行きたくないらしい。


しずく「仕方ないですね……かすみさん、図鑑でマップ開ける?」

かすみ「了解! ちょっと待ってて」


ポチポチと図鑑を操作しながら、かすみさんがタウンマップを開く。


かすみ「ジムはあっちみたい」


無事、目的地の場所もわかり、時間もないのですぐに移動を始める。


 「それじゃ、ボクはポケモンセンターで待ってるロト」

しずく「ロトム、行きますよ」
 「イヤロト」


頑なに拒否をしてくるが、とりあえず図鑑ボディごと掴んで歩き出す。


 「しずくちゃん、離してほしいロト」
しずく「さて、本当に日が沈む前に、ジムに辿り着かないとね」

かすみ「うん! かすみん、燃えてきましたよー!!」

 「しずくちゃん、無視しないで欲しいロト」


ロトムが行くのを拒んでいるということは、順調に彼の持ち主に近付いているということだと思う。

そういえば……ウチウラジムの昔のジムリーダーがでんきポケモンのエキスパートだった気が……。

ロトムは相当の手練れが育てたポケモンなのは間違いないので、もしかしたらウチウラジム先代ジムリーダーの手持ちだったりするのかな……?






読む →

156 ◆tdNJrUZxQg2022/11/04(金) 11:29:51.80U/9mkAOw0 (18/23)


絶体絶命だったそのとき、上の方から、ガンッ! という大きな音と共に、上のダクトの中から、


 「キャモッ!!!」「ザグマ~」

かすみ「キモリ!? ジグザグマ!?」


キモリとジグザグマが飛び降りてくる。

かすみんは咄嗟に、


かすみ「た、“タネマシンガン”!!」
 「キャモモモモモモッ!!!!!!」


攻撃の指示。やっぱり攻撃はすり抜けちゃいますが、一瞬お化けの動きが鈍る。


かすみ「無事だったんだね……! よかった……!」
 「キャモッ」「クマァ」

しずく「マネネ! “ねんりき”!!」
 「マネネェ!!!」

 「────」


気付けば、しず子がマネネを出して応戦している。


しずく「かすみさん、今のうちに!!」

かすみ「ありがと、しず子!!」


確かに実体はないけど、サイコパワーなら押し返すことは出来るみたいですね……!

かすみんはその隙に、どうにかまとわりついているガスから足を抜いて、脱出を図ります。

そうこうしている間にも、


 「~~~~」「…………」

かすみ「また出て来た……!」

しずく「“きりばらい”!!」
 「ピピピィィィィーーーー!!!!!」


出て来ては吹き飛ばすの繰り返しが続く。しず子が時間を稼いでくれてる間に、かすみんは秘密兵器を早く見つけなきゃ……!


 「クマァ~~」
かすみ「ごめんね、ジグザグマは今は構ってる場合じゃ……ん?」


ジグザグマをよーく見てみると──なにやら双眼鏡のような形をしたスコープを咥えているじゃありませんか。


かすみ「!? これ、見つけたの!?」
 「クマァ~~」


もしや、これが、秘密兵器!?


かすみ「お手柄だよ、ジグザグマ!! えっと、これどうやって使うんだろう……」

しずく「かすみさん……!! もう、これ以上もたない!!」

かすみ「ああもう!! とにかく使ってみるしかない!!」



読む →



772以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2022/10/27(木) 00:38:05.13IUBw2Cyr0 (1/2)

アニポケタケシはむしろプライベートのポケモンめちゃくちゃ多いだろ
いわタイプのジムリーダーなのにロコン、クロバット、ルンパッパ…


読む →

1 ◆pBB3h.KBVc2018/04/19(木) 20:57:26.517cjsWwaAO (1/13)

スイレン、マオ「え?」


サトシ「カキ!昨日のバトルすっげー燃えたな!」

カキ「ああ、熱いバトルだったな!」


マオ「へぇーあの二人、昨日もバトルしたんだー!」

スイレン「どっちが勝ったんだろ?サトシかな?」

リーリエ「論理的結論から言いますと……」

リーリエ「デキてますね、あの二人」ニヤリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1524139046



読む →



12022/10/23(日) 20:53:34.32usu5SPrL0 (1/22)

サトシ「俺の名はサトシ!今日から旅に出た新人トレーナーだ!夢はでっかくポケモンマスター!相棒はゼニガメが良かったけど、遅刻したからピカチュウさ!」

ピカチュウ「………」

サトシ「さて、ピカチュウは俺に懐いてくれるかな…?」

ピカチュウのサトシへの好感度

↓1コンマ二桁

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1666526013



読む →



225以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2017/06/28(水) 15:36:20.81Jg7fJv2A0 (1/1)

クッパを赤ん坊の頃から支える老獪な魔導士が暗躍していたか...


読む →


1 ◆z1vB1VQKPyT82022/08/27(土) 20:14:25.03I1y4zHLl0 (1/36)

※注意
昔使っていた携帯から見つかったSSです。
7、8年くらい前に書いていたもので、
地の文がなく、pixivやハーメルンにあげるにはなぁって感じで、供養の意味でここに投下します。

こういった掲示板への書き込みは初めてなので、至らぬところがあるかもしれませんが、よろしくお願いします。

キャラクター性は独断と偏見、なにより、私の願望が強いです(苦笑)


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1661598864



読む →
1マレオ2012/05/08(火) 22:01:18.39hOz3IEf20 (1/19)

クリボー「何故ですか?」
クッパ「今の戦法に飽きたからだ」
クリボー「………」
クッパ「斬新だろぉ?」
クリボー「…ですけど…」
クッパ「何だ?」
クリボー「我が軍は確か…昨年人事移動(という名のリストラ)があって…」
クリボー「ステージが3つしか作れませんよ?」
クッパ「…やってみなくちゃ分からない」

因みにクッパ軍は、
クリボー×30
ノコノコ&パタパタ×各20
ハンマーブロス×10
キラー&ボム兵×∞(機械の為)

安価は初めてだよwww

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1336482073(SS-Wikiでのこのスレの編集者を募集中!)



読む →
1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2016/10/29(土) 07:42:23.955eOmQ9aCd0.net (1/1)

タケシ「ちょっと待ったー!サトシに対する愛は俺の方が大きいぞ!」

サトシ「タケシ!」

セレナ「え!?この人がサトシの言ってたタケシさん?てか何言ってるのこの人!」

タケシ「サトシ!お前のママさんから俺とHしてる時に聞いたぞ!俺がいながらまだ女と旅をしてるってなあ!」


読む →

1 ◆rIel.EK3Cs2022/09/13(火) 17:52:41.22mdfr9rkV0 (1/10)

スリーパー「ハァッ、ハァッ、ハァッ……!」

私はスリーパー。
カントー地方に住んでいる、少し頭の良いだけのごく一般的なスリーパーだ。
そんな私は絶賛、絶体絶命と絶望のさなかだった。

ゴオオオオォオオオォオオォォォオオォォォッ!

スリーパー「クソッ……!」

ごく普通に、静かに1ポケモンとして暮らしていた私。
しかし、目が覚めると住んでいた森は炎に包まれていた。

バキバキバキッ!

スリーパー「あぶっ……!」

ドドォンッ!

「びぎょっ」

目の前を走っていた小さなポケモンが、倒れて来た木の下敷きになって潰れた。

スリーパー「ぐあああぁあぁあっ!?」

それと同時に私の顔の左側が冷たく、いや、熱く焼けた。
燃える木の枝の一本が、直撃したらしい。

スリーパー「……ぐううぅっ……!」

痛みに悶えながらも、私は足を止める訳には行かなかった。
逃げなければ、死んでしまう。
私は顔の左側を抑えながら、どこにあるかも分からない炎の出口に向かって走り続けた。


読む →


1 ◆nIESo90.aY2014/05/18(日) 15:04:42.86xap1A0ud0 (1/18)

シルバー「……どういう事だ」

マサキ「どうもなにも無いわ、そのままの意味やで」

シルバー「何故俺なんだ? 俺より向いている奴がいるだろ」

マサキ「そんなこと無い! あんさんは前回とは違ういい主人公になれる!」

シルバー「前回?」

マサキ「あ、前回っていうのはこれやで」


グリーン「ポケモン世界で安価でギャルゲー? えっ、主人公俺!?」
http://ex14.vip2ch.com/news4ssnip/kako/1385/13857/1385727972.html


シルバー「……どうして空中を指しているんだ」

マサキ「ええやろが! お電話はこちらまで的なノリやっちゅうの!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400393072



読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/12/16(金) 19:19:47.61ze72WvIU0 (1/32)

スイレン「はい!」


サトシ「スッゲェ!なぁカキ、マーマネ!どっちが先に>>3釣るか競争しようぜ!」


カキ「おう、負けるか!」ダッ!


マオ「こら!スイレン!またそんなウソついちゃダメだよ!男子たち本気にしたじゃない!」


スイレン「えへっ♪」


ザッパアアアン!!!


マーマネ「やったぁ!ボクが先に釣っちゃった!」


サトシ「スッゲェ!」


スイレン「えぇ!?」


リーリエ「さっきスイレンさん、>>3が釣れるのは嘘だって…」


スイレン「どうして?どうしてここに>>3がいるの?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481883587



読む →

1 ◆6MzNJV0Xp22017/12/23(土) 18:19:14.58JbosPEIgO (1/25)

アセロラ「ミミッキュ~」ヒョコヒョコ

ロトム図鑑「サトシー!しかも普通のミミッキュとは少し違うロト!」

ロトム図鑑「きっと色違いロト!」ビシッ

アセロラ「ミミッキュ?」

サトシ「マジで!?」

サトシ「よしっ!いけー!ピカチュウ!10万ボルト!!」

ピカチュウ「ピィカァヂュー!!」


バリバリバリバリ


アセロラ「ミミギュアァァァァ!!」ビリビリビリ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1514020754



読む →

1 ◆5m18GD4M5g2014/12/17(水) 20:04:56.49sjustdMF0 (1/41)

冬馬「ガブリアス?」コタツヌクヌク

玲音「ああ! この鮮麗されたデザイン…、無駄のない能力…」コタツヌクヌク

玲音「そしてこの隙のなさ…、凛々しい顔…素でメガシンカポケモンに対抗できるパワー」

玲音「これほど完璧なポケモンはいない…すばらしいとは思わないかい?」

冬馬「確かにそうだな…、俺もバトルファクトリーやバトルハウス、レートでお世話になった」

玲音「ああ…、なんて鋭くて、力強くてかっこいいんだ…///」ポッ

冬馬「よっぽどガブリアスが好きなんだな」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1418814286



読む →

1 ◆Tm.CIp3STM2017/11/02(木) 21:12:27.24Qfq3cYETO (1/17)

ポケモンスクール

ワイワイ ガヤガヤ

マオ「でさー」

スイレン「へー」

リーリエ「マオ!すごいです!」

ガラッ

サトシ「みんなー!アローラー!」

ピカチュウ「ピッカー」

スイレン「あ!サトシ!」

リーリエ「アローラです!」

マオ「今日は早いねー?」

サトシ「まーな!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1509624747



読む →
アーカイブ
35525987;モブウマ娘とトレセン学園R3【安価】;803,35607744;【安価】男「催眠スマホの美少女化?」;688,35687540;【安価コンマ】貴女は魔法女学院でふたなりを治したいようです 6日目;36,35742888;虹夏「なんかぼっちちゃんウザくなってきたな…」;32,35486723;男「ドスケベ常識改変カレンダーでみんなを笑顔に」後輩女「4!」;72,35516386;安価とコンマで異世界転生!その8;97,16942876;【ガルパン】杏「いや、簡単な話でね」【杏みほ】;79,16878349;モバP「聖夜は子猫と二人で」;39,35715162;エロトラップ安価SSのネタ出しスレ;37,35708008;アーニャ「おまえくさい」マルフォイ「フォイ!?」;2,35719946;やる夫が正史を書くようです57;833,35641565;【安価】提督「提督として生きること」竹「その134」【艦これ】;367,16912734;都「正解はひとつではありません!」;19,35743378;インド人「ナン、おかわり、ドウスル?」;27,34229746;ハルヒ「坂出アンカー」梓「1号線」【コンマ判定新鉄・四国】;315,35120657;【コンマ・安価】キン骨マン「強くなってやるわいなぁ!」Part20;970,35350935;【安価進行注意】提督「高校野球部の監督になった」榛名「四スレ目ですよ!」;52,16594066;【実験作】やる夫スレ短編投下所 No.52 【練習用】;1002,35742763;【画像】日本のカルチャーが没落した理由がついに判明「活性化させる方法はこれだ」と専門家;10,35641310;【安価スレ】堕ち行く光;896,33590421;新 幻想物語【安価・コンマ】7;130,16619294;女友「今の彼氏とは別れた方が良い」;44,33784995;美琴「食蜂の胸、柔らかかったな……」;738,26248171;SS製作者総合スレ104;725,17026683;魔法少女まどか☆マギカSS談義スレその134;580,16821226;シャーク「小鳥のウンコが爆弾に!?」 璃緒「大変なのよ!」;11,35682069;もう終わりだよここ;19,17013688;【モバマス】加蓮「ラジオの」まゆ「お仕事です」;16,16950344;側近「では、結婚しますか?」;33,35739240;お前ら「あ、捨て獣人奴隷だ。>>3してやろ」獣人奴隷「ウゥ…」;25,35568240;安価 オネショタandインピオ【ショタ勇者の冒険】;53,23250265;ココア「みんな聞いて!シャロちゃんってレズなんだよ!キモいよね!」シャロ「ココア!?」;37,32095646;真・恋姫夢想【凡将伝Re】5;250,16596509;上条「…ディアボロ?」11;1002,16601957;唯「高校デビュー(笑)」;85,32505124;タツマキ「私もアンタが好きよ」サイタマ「ハゲてて良かったな」;8,16900459;【安価】ダンガンロンパ・フリーダム【オリジナル】;225,16750294;阿笠「光彦君!『矢の試練』を受けてもらうぞい!」;105,16924064;巴「レッドベリィズのいちご味らじお」ありす「49回目です」;23,31396064;ルパン「超能力者は泥棒の夢を見るか?」;30,31831626;【シンフォギア】少女「転生したから安価とコンマで月を破壊する」 女神「CBA」;550,16904253;ちひろ「嘘つきは恋の始まり」;41,35730829;ワルい奴らの集まる学園に転校することになった…【安価】;25,16669949;アルミン「まあ僕のお陰かな?」;29,35452179;【安価】みんなで書き込んで架空の子供向けアニメを作る(男子向け編);26,16974961;俺「んっ…/// うわぁ、痴漢だ……」お前ら「けへへ……」サワサワ;21,35585076;【18禁FGO SS】俺が真に救うアヴァロン・ル・フェ ;387,34810307;【デレマス】なんばっすかハウス15;355,34555179;トレーナーとウマ娘が見るウルトラシリーズ;283,21286730;ミュウツー『……これは、逆襲だ』 第三幕;368,16957788;あい「今日もまた、いつもの河原で」;10,28746390;【安価】女騎士「ふたなりちんぽ生やされて」;406,16976798;【デレマス時代劇】市原仁奈「友情剣 下弦の月」;22,16784117;大石 泉「明日はPと一緒にケーキを買いに出掛ける日か...」;95,22025181;TV「被害者はバールのようなもので殴られ……」男「終わらせる……この悲劇を!」;41,16763421;酸素「今日も無理やりされちゃうのかな・・・・・・」;75,16835640;ファビオラ「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!」;16,16611633;【Fate】ジャンヌ・ダルク「聖杯戦争を開始します」【TRPG風】;1002,31753772;大男「オイオイ、一回戦の相手はこんなチビかよ!」少年剣士「絶対負けられない!」;76,33410485;エンド・オブ・ジャパンのようです;154,23690436;敵炎使い(♀)「クッハハハハハァ!!燃えろぉ!燃え尽きろぉおおッ!!!」;70,16601286;上条「安価で物語進める」 8;1002,35696677;しずく「侑先輩の絶対領域は渡しません!」;19,16849390;真美「千早お姉ちゃんにドッキリ」;64,16627380;ほむら「身長が…」;426,32468753;ブルー「俺達は…」ルージュ「2人で1人、だよねっ!」『サガフロ IF】;958,35605162;【グラブル安価】皆に嫌われているマゾな僕は夜這いがやめられない;174,16937767;並木芽衣子「この手の中に♪」;21,35524664;八幡「新はまち劇場」【俺ガイル】;840,35720057;クラスメイト美少女「ムラついてきたわ…おい、トイレ行くぞオラ」グイッ俺「えっ、あっ…」;18,35683397;コナン「短編SS」阿笠「全10話じゃ」;39,16784145;穂乃果「安価で真姫ちゃんと付き合う!」海未「はぁ…」;127,34927288;魔王「勇者から女幹部たちをNTR返した」;509,33478936;タイトルを書くと誰かがストーリーを書いてくれるスレ part8;121,25861693;神原駿河「なあ君、いい身体してるね」;17,16807573;和服幼女「小便が止まらん」ジョロロロロロロ;38,35561880;【安価・コンマ】ルルーシュ「安価とコンマの力でブリタニアをぶっ潰す」;197,35717228;たばこ買おうとしたらキチガイ店員に当たって不快な思いした;64,16738001;剣士「人任せスキル99……だと……」 勇者「言っておくが褒めても何も出ないぜ」;122,16711057;吟遊詩人A『魔王の声を手に入れたseiで人と話せない』星妖精「代わりに話しましょう」;166,16812880;【ラブライブ】にこ「にことにこにー」;76,35714962;売れっ子アイドル「プロデューサー、私これ買ってこいなんて言ってないよね?」ワイ「🥺」;12,16598488;上条「か、上条さんの貴重なタンパク源が・・・」 麦野「ん?」;287,16959717;佐久間まゆ「きっと永遠に」;14,17036371;菜々「ある日の風景」若葉「いちご味」;19,16725143;まどか・ほむら「終焉の物語?」;768,16696258;P「なぁ美希。おにぎりの握り方を教えてくれ」;18,35711186;女「謝ってください」男「>>4」;38,16594315;唯「かべなぐ!」;321,16988127;パックンフラワー 「>>5するぞ」;58,16836867;兄「大変だ!!キャラパン税が可決されたぞ!!」妹「マ…マジで!?」;18,29374134;小林「あなたは……誰ですか?」トール「……えっ?」【小林さんちのメイドラゴンSS】;177,16999648;早苗「ん?」このみ「ん?」;37,35708012;レッド「ポケモンが擬人化してる」;1,35692485;磯野家 さくら家 「「  潰すか  」」;2,16714354;幼馴染「結婚しよう」;73,16947896;【ダンガンロンパ/R18】七海「バグだらけの恋愛ゲームなんてポイズン」【安価コンマ】;970,29423191;安価とコンマでダンガンロンパ【オリロンパ】;514,16990939;【デレマス】《橘ありすが18歳になるまでの話》;68,17018737;冷泉麻子「モテ度測定メガネか」優花里「おまけ編です!」【安価・コンマ】;257,35145407;【安価コンマ】貴女は魔法女学院でふたなりを治したいようです 5日目;999,16632946;【咲】京太郎「大阪に転校することになった」咏「その17だねー」【安価】;1002,16771646;不審者「ふひひ……」女子小学生「ねぇおじちゃん」;99,16931853;【それ町×進撃】歩鳥と巨人の世界 完全版;476,17004504;【十二大戦SS】ドゥデキャプル「これより第十二回十二鍋パ大戦を始めさせて頂きます」;32,16700820;マルコ「じゃあいつヤるか?」ジャン「今ジャン♪」;80,16601903;能力超過のコントラディクト;20,16867867;晶葉「出来たぞ! 新防犯ブザーだ!」;12,16956065;男「今日こそ!!幼馴染の靴下を!!!!」ガラララッ!;13,16657671;奈緒「春だなァ」 菜々「春ですねぇ」;27,16867936;【安価/】アポロガイスト「SRプロ勧誘奇譚」;1002,16871142;【ミリマス】P「次の公演での漫才の事なんだけど」 茜「うんうん」;23,35684552;【モバマス】未央「あーちゃんって天使みたいだよね!」藍子「ぎくーっ!」;15,28742012;てすと;243,35696096;結束バンド vs 放課後ティータイム;57,35606878;【艦これ】望月「ママらしく」【安価・コンマ】;162,35687555;子供「わーい、家族で回転寿司だー!僕サーモン!!」父親「待ちなさい!先にやることがあるだろう!!」;69,16775397;P「千早と笑う日々」;33,35695667;ゆっくり司「スターになるRTA、はじめるよ~」;1,16723377;鶏肉ここは「・・・・・・。」;54,35693677;けも耳幼女「フゥ゛…♡ フゥ゛…♡ がゥ゛♡」;34,17025293;春香「なんで下着姿なんですか?」小鳥「暑いし」;58,28944735;お前ら(160cm95kg)「えへへ、明日は何の日かわかる……?」俺(180cm70kg)「……?」;16,16805272;前川みく「自分探しの旅に出るにゃ」;22,16858888;大井「少し離れてくださいな」 北上「え、なに?」;284,16830034;カイザー「デュエルだと?」 吹雪「久しぶりに汗を流そうよ亮」;10,16689882;小学生 「おかし?」;30,16983405;ゆっこ「みおちゃんに>>3をしてドッキリさせちゃおう」;22,16817222;遊馬「カイト!どうしちまったんだその髪型」 カイト「起きたら坊主になっていた」;12,17020884;女騎士「くっ……殺せ!」 悪い権力者「クックック……」;59,30700948;イタリア百合提督(その2)「タラントに二輪の百合の花」;860,34964248;穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『24』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】 ;497,16735608;モバP「アイドル不当表示問題」;34,16916535;和「咲さん、ミカン剥きましょうか?」;30,22497492;【安価・コンマ】ギルドナイトの生態【モンハン】;111,17001817;【艦これ/モンハン】提督「二つ名?」 時雨「くえてつだって」【安価/コンマ】;336,16661373;うしお「カンカンダラ?」;107,35042102;【ガンダムSS】テム・レイ「安価で開発したモビルスーツでジオンと戦うぞ」 ;141,29196785;【禁書】上条「野球大会で優勝したぞ!」ドリー「3かいうらだよ」【安価】;161,21788402;【艦これ】泣き虫雪風と釣り人提督 Part5;590,16970468;P「幸子と安価で遊ぶ」;53,16873392;【安価・コンマ】七つの家で聖杯戦争Ⅳ【募集系】3 一日目・夕方~;1002,17004649;【艦これ】鳳翔「天龍型と提督の居酒屋での記録」;81,35680337;ありがとうござい/ますorましたシチュエーションクイズ;12,35680150;【安価】敵「処刑する(銃を構える」拘束された俺「まて、殺さないでくれ!」←どうにかして俺を助けろ;94,16763801;穂乃果「私と海未ちゃんがイチャイチャする」海未「だけの話です」;32,16933862;【デレマスSS】拓海「富璃留怒統苦獲亞?」;60,16922219;二宮飛鳥「灰色の世界の外」;30,17004360;【艦これ】提督「今日は皆さんに犯し合いをしてもらいます」【安価】;407,16999760;彡;(゚)(゚)「妹が行方不明や!」 (*^◯^*)「任せて!!」 (●△●;);100,17046679;双葉杏「入れ替わるさいきっくですか」【モバマス】;28,16781082;藍子「実は私、自転車乗れなくて…」;13,21772757;シャミ子「桃を本気で倒します!」;32,35639595;ゲンドウ「シンジたちが強すぎる」;8,32829625;HALの奇妙な冒険!;30,32670098;【安価とコンマ】球児物語;19,32751867;【安価とコンマ】でダイヤのエースの世界を【オリキャラ】で;56,33119076;【ダンガンロンパ】セレス「わたくしにふさわしいナイトを探しますわ」【安価】;29,35302532;【Xm@s祭 モバマス】クリスマスの次の日の喜び;20,35078346;【FGO:SS】本当のクリスマスイベント2022 ;70,35390343;【俺ガイル】雪ノ下「奉仕部の皆と初詣」;12,35473004;天津飯「強くなりたい」;144,32751862;【スパイファミリー】アーニャ「べーかちょー?」【名探偵コナン】;49,33134418;ゆるっと進めていくドラゴンボール;175,35595705;【デレマス】舞「オナニーしていたら、雪美ちゃんな見つかってレイプされました……」;15,16594678;上条「ベルン国王ゼフィール……お前のそのふざけた幻想をぶち壊す!」;406,16973417;俺「お前らぁ…♡ しゅき!」ダキッ お前ら「お、俺ぇ…♡」ドキドキ;41,33009177;【安価でのわゆ】久遠陽乃は勇者である【7頁目】;781,35436490;【ぼざろSS】あなたの温度;26,35671814;女「す、好きです……!」男「>>4」;56,17004589;乳ダンガンゼEROンパV3 ~みんなのハラマシアイ新学期~;927,35513631;安価とAIで物語を綴る;202,17031958;男「ベトナムのライダイハン?」;23,20736559;ハム太郎「タピオカミルクティーを飲みにいくのだ」ヘケッ;22,35301003;シンオウ地方の宝探し;48,35121865;【シャニマス】○ックスするまで帰らない摩美々【R-18】;16,16649489;【18禁】戦場ヶ原「私を抱いて欲しいのよ」貝木「は?」;155,35110813;ドラえもん「え、ええ~!? 本物のポケモンを出してくれってぇ!?」;80,16753481;【ミリマス】P「鉄腕もっちょ!?」;26,16803117;プラシド「不動遊星!アナリストを狩るぞ!」 遊星「何!?」;24,35612746;両津「00ガンダムだと?」;13,16843872;財団B[ドライブくん、売り上げ悪いねぇ」 仮面ライダードライブ「すみません・・・」;213,21316807;リムル「着せ替え人形リムル」;32,16662923;ミカサ「エレン、いつかまた会おう…」;154,16643740;光:「サイレン!?」唯:「何でサイレン...」;321,16839192;モバP「知り合いの誰か」;49,16824279;提督「この道の先にもいなかった」;19,35237023;【安価・コンマ】ベジータ「ちっ、くだらん…何が強くてニューゲームだ」Part3;359,35573044;【安価】プリキュアを率いて魔王征伐!RPG;13,16720313;モバP「新しい女子寮の部屋割り?」;206,29771719;【他作品要素有り】けものフレンズの世界【安価・コンマSS】;867,35661832;王様「勇者よ、魔王を倒してくれ」勇者大男「ガハハ、任しておけ!!」;12,35557719;【安価】魔法少女を奪う体育教師の獣欲【NTR】;19,16662333;「俺、眼鏡って似合わないんだよなー」;11,35652247;【デレマス】ガン攻めシンデレラ短編【R-18】;18,35449905;【安価・コンマ】アムロ「強くてニューゲームだって?」;833,16660679;五十嵐響子「朝起きたら犬だったんです」;147,16883643;隣のお姉さん「あ、今帰り?私もだよ」俺「ど、どうも///(ペコッ)」お姉さん「(ニコッ)」;36,16931210;早苗「え?会社が倒産しそう?」;56,16922443;べジータ「ブルマの元カレ・・・だと・・・!?」;12,