増レス順 増レス順 増レス 前回取得レス
最近読んだSS more
画像画像画像画像
カテゴリ
スレ立 タイトル レス
09-16 17:33友達に絶交されたんだがw18
09-16 16:07あ、ども、ラーメンといえばさつまラーメンの者でやんす10
09-16 14:17ぼく「あのさぁ、君はオブジェクト指向を理解してないの?」13
09-16 14:14古文の勉強始めたけどくだらない文章多くね?11
09-16 12:44日本人に足フェチがいない理由って「日本人の民族性」なんじゃね????????39
09-16 11:55スパロボ予約したんだけど通常版で1万近くするのな46
09-16 09:23FANZA「ルーレットを回して豪華賞品が当たるイベントやりまーす!」ぼく「ほーん、よく分からんけど回しとくか」18
09-16 03:17実は怪物な先輩(♀)「やあ、おはよう。」44
09-16 01:00【ダンガンロンパ 】俺「安価で今度こそコロシアイ学園生活を生き残る」21
09-15 23:00こんなご時世だし古の面白いSS読もうずwwwwwwww2
09-15 22:56【艦これ】龍田「私とあの人と……愛宕と高雄、とその他」11
09-15 22:47遊び人(♀)「悟りの書…?」魔法使い(♀)「貴方には関係ないものですよ」34
09-15 22:20【デレマスss】木村夏樹「ファースト・パッセンジャー」26
09-15 20:45作家「私が売れっ子になれたのは……ゴーストライターのおかげですよ」41
09-15 19:54【悲報】「 ふ た な り 」15
09-15 19:52魔王(♀)「くくく……、勇者一行どもの様子はどうだ…?」 側近「セックスしてますね」47
09-15 08:03arrows「よく皆集まってくれた、まずそれに感謝を言わせてもらう」 aquos「それで?本気で連合組んでiphoneを倒せると思ってんのか?」18
09-15 05:38【怖い】出会い系で知り合って2回くらい遊んだ女の子から最後のLINEが来たんだが34
09-15 02:57【ドラクエⅥ】俺「安価で幻の大地を旅する」141
09-15 01:20【水曜日】土方「宮藤少尉!リネット曹長!自慰行為は気持ちいいですね!」 宮藤「土方さん!お久しぶりです!」32

カテゴリ: 涼宮ハルヒ SS

1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2015/10/18(日) 20:39:26.539immP2qEn0.net (1/27)

古泉「…いきなりどうしたんですか?貴方がそんな事を聞くなんて珍しいですね」

キョン「いや、ただなんとなく気になっただけだ」

古泉「そうですか…」

キョン「で?どうなんだ?」

古泉「…」


長門「…」


読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2019/11/16(土) 06:02:13 tlDLIpKfa.net (1/29)

ハルヒ「早いものでもう12月も中旬かー。 色々あったわよねぇ」

キョン「なんだ、感慨にふけるなんてお前らしくないな」

ハルヒ「なによそれ! ……でも、そうね。 あたし、結構みんなに迷惑かけちゃったかなって」

キョン「おいおい、ほんとにどうした」


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/13(金) 00:05:02.00ibjZ0HLOO (1/9)

「なあ、佐々木」
「なんだい、キョン」

隣の席の女子に気安く話しかけられる幸運を中学時代の俺が正しく理解していたかどうかは、進学先の北高の席順の都合により今となっては定かではないとしか言えないのだが、それでも後ろの席に鎮座する涼宮ハルヒに話しかけるよりはよっぽどハードルが低かったように記憶している。

「どうして髪を伸ばさないんだ?」

そんな俺であるが女子の髪型についてあれこれ詮索することに忌避感は覚えていなかったようで、ズケズケと図々しく年中ミディアムボブの佐々木に対してそんなことを訊ねた。

すると佐々木は困ったように眉尻を下げて。

「キョン。僕はキミとそれなりに親しいつもりだし、同じようにキミが思ってくれているからこそ、そんな風に軽々しく女の子の髪型について言及したのだということはむしろ喜ばしく思うけれど、それでも、もう少し言葉を選んで欲しかったと思わざるを得ないよ」

中学の頃の俺の語彙力など今にも増して壊滅的なことは言うまでもなく、だから言葉を選んで欲しいと言われてもそもそも選択肢すらないのだから選びようがないとしか言えん。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1628780702



読む →
1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2017/02/22(水) 23:55:23.771Oxp6MjPZ0.net (1/2)

ハルヒ「あんた、昨日部室でみくるちゃんと2人っきりで居たらしいじゃない」

キョン「そりゃ2人だけの時もあるだろ。何のやましいこともない」

ハルヒ「しかもわざわざ有希を部屋から追い出したっていうじゃない!」

キョン「追い出したのは俺じゃない、朝比奈さんだ」

ハルヒ「どっちでもいいわ。それで、2人で何してたのよ?」

キョン「何って、他愛もない話をしてだけだ」

ハルヒ「ふーん、話ねぇ。2人きりじゃないと出来ない話っていったい何かしら」

キョン「それは..(まさか時空移動の話と言うわけにもいくまい)」

ハルヒ「答えられないような話をしてたのね」

キョン「ちょっと待て、なんでわざわざお前に報告しなきゃいけないんだ」

ハルヒ「当然でしょ!団員のことは全部把握してるのが団長の役目よ」


読む →
464以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/19(日) 20:15:20.42VS/W8Jja0 (5/10)


ビシビシッ!!



古泉「(いつまで閉鎖空間が持つか……!)」

ハルヒ「ヤスミちゃん! さっ! 次の入団試験があるんだから! こっちに来なさいっ!!」

キョン「ヤスミ。お前がどうしたいかはお前で決めろ」

ヤスミ「…………」

キョン「どういう判断をしようが、俺たちはお前を見捨てない」

ヤスミ「…………あたし、は」

佐々木「……」フゥ

ヤスミ「……あたしは―――!!」












佐々木「いいや。それは僕が決めることだ―――」ポン












ヤスミ「――――――!」ブワッ!

佐々木「ラスボスの座は渡さないよ」

キョン・ハルヒ「「ヤス―――!!」」

長門「――――――」ガシッ

佐々木「さあ。勝負はここからさっ」カッ!!






ドゴォォォオォオオオオン!!!


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/11(日) 21:31:43.750j9uV3lDO (1/13)

昼休みを告げる鐘が鳴り、いつもならば谷口や国木田と昼食を共にするところではあるが、その日早弁を済ませていた俺は教室から出て真っ直ぐに元文芸部室へと向かった。

どうして普段と違う行動をしたのかについて明確な理由はなく、あえて説明するならば毎日毎日男友達と弁当をつつきあっている自分を客観視した際に絶望的なみじめさを覚えたからである。

別に男同士の友情を軽視しているわけではないが、ほどほどにしておかないとこの短い高校生活を棒に振りかねないと危惧していた。

幸いなことに狭い交友関係の中でも女子の知り合いが俺には居て、中でもハードルが高い先輩である朝比奈さんや鶴屋さんの教室に向かうことは身の程知らずもいいところなので、だからこそ元文芸部員の少女を訪ねようと、そう思い至ったわけである。

「長門、入るぞ」
「どうぞ」

常日頃の慣習に則りノックしてから声をかけると、中から長門の声が返ってきて、それだけで一段階テンションが上がったことを自覚しつつ、俺は元文芸部室の扉を開けた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1626006703



読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2021/07/07(水) 15:42:52.125Vjgz2doJd0707.net (1/1)

ハルヒ「嘘よ!!」

キョン「…嘘じゃないんだ」

ハルヒ「嘘!嘘!そんなの…」

ハルヒ「だからSOS団抜けるなんて言ったの?いきなりあたしに冷たくなったのもそのせいなの?」

キョン「ハルヒ…」

ハルヒ「なによっ。バカっ。そんなの優しさでも何でもないわよ!!」ポロポロ

キョン「頼みがある。お前が強く願ってくれれば助かるかも知れん」

ハルヒ「そんなので…!」

キョン「信じてくれ」

ハルヒ「……わかったわ」

・・・

俺「ゲホッゲホッ、先生、俺の具合はどうなんですか」

先生「し、信じられん…奇跡だ!」

俺「え…!?」

感動した


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/07(水) 22:35:51.84rcCzl30NO (1/8)

世間一般のイメージとは裏腹に、涼宮ハルヒは常時"ハレ晴レユカイ"というわけではなく、出会った当初などはいつも不機嫌そうな雰囲気を醸していて、例えるならば"ジメジメ不快"とでも表現するのが適切であった。

「蒸し暑いわね……」

季節は梅雨真っ盛り。
朝から晩まで曇天で、雨は振ったりやんだりを繰り返し、気温の上昇に伴い不快指数は止まることを知らず鰻登りであると言えよう。

「私のことも煽ぎなさいよ」
「嫌だね」

パタパタと下敷きを団扇代わりにして少しでも肌の表面温度を下げようと風を送り続ける俺に向かって、どこかの王侯貴族が如く、扇げと催促するハルヒをあしらいながら、この団扇で扇ぐという行為は得られる風とそのために消費する労力は果たして釣り合いが取れているのだろうかと考えを巡らせていると。

「だから人に煽がせる意味があるんでしょ」

などと、身も蓋もないことを抜かすハルヒにちらと視線を送ると、心底うんざりしたような表情と、汗で頬に張り付く髪の毛がなんだか風情があるような気がして、そこに一定の価値を見出した俺はその対価として下敷きで煽いでやった。やれやれ。我ながら甘いな。

「涼しいか?」
「全然」

そうかいと嘆息しつつハルヒの頬に張り付く髪の毛を無性に取ってやりたくなる衝動を堪えながら、俺はなんとなしに既視感を覚えて記憶を探り、中学時代の一幕を思い出した。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1625664951



読む →

1 ◆DefgSpEO2U2014/05/24(土) 20:16:20.429elYANWEo (1/50)

ハルヒ「ねえ、SOS団てあたしを含めて四人よね?」

キョン「いきなり何を言い出すんだ。春の陽気にでも当てられたのか?」

ハルヒ「昨日ふと思ったのよ。考えたらもうひとりいたような気がしてきちゃって」

キョン「お前が俺たち三人をどこからともなく集めてきてSOS団を作ったんだろうが」

ハルヒ「そんなことは言われなくてもわかってるのよ。でもそうじゃないの」

キョン「本当にどうしたんだ? いつも三人でお前のくだらないことに付き合ってきたじゃないか」

ハルヒ「……そうよね。あたしの勘違いよね」

キョン(また何か起こすんじゃないだろうな)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400930180



読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2021/05/11(火) 10:22:52.314HiyhHI950.net (1/33)

ファミレス

佐天「今更だけど涼宮ハルヒの憂鬱っていうライトノベル読んでみたけど
                  この作品の主人公って没個性だよね?」

佐天「本名不詳なのと没個性がいかにも読者の自己投影をさそってる感じだしさ~」

初春「う~ん。そうですね…とりあえず、顔も平凡、というか…あまりよくないですよね…」

黒子「ですわね。でも周りがちやほやするから
    自分って結構イケてるかもって勘違いしてそうですの……」

御坂「私もハルヒは漫画板で見たことあるけど、キョンってやつ? アイツ一年も高校生してきて、教室でマトモに女子と喋ってんの見たことないわよ」
    
初春「女性に好まれる容姿をしていれば、自然と女性が寄ってくる
   ものですからね」


読む →
1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2011/08/29(月) 19:30:25.706eyswTYSO (1/1)


キョン「は、ハルヒ?どうした?」

ハルヒ「古泉君、こいつ誰よ」

古泉「さぁ僕にもわかりかねます」

みくる「不審者ですぅ」

ハルヒ「出てけ!」

キョン「」




読む →
1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/08/05(火) 20:19:41.90AUZ+8NX70.net (1/35)

古泉「房総半島の生態系を破壊するほどの繁殖力を見せつけているとか」

古泉「去年の時点では17000頭でしたが、今年でついに20000頭を越したらしいです」

ハルヒ「キョンが2万!? そんなに!?」

古泉「噂の東京マガジンでやってました」

ハルヒ「待って、検索してみる……!」

カタカタ

ハルヒ「……なにこれ、ただの鹿じゃない」

古泉「ええ。もとは台湾に生息している鹿の一種です。輸入され、野生化したようですね」

ハルヒ「なーんだ。いや、まあそうよね。一瞬だけ、あのキョンだと思ったわよ」

古泉「それを狙って言いましたから」

ハルヒ「古泉くんにしては大胆な洒落ね。ちょっとだけ面白かったわ」

古泉「お褒め頂き光栄です」

ハルヒ「それにしても、こいつも難儀ね~。あんな無味乾燥なあだ名みたいな名前つけられちゃって」

ハルヒ「……キョン大量発生か……ふ~ん……ふふっ」


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/02/27(土) 22:09:07.5572mPFGvRO (1/9)

涼宮ハルヒにキスされた翌日と言うとなんだか後日談のようだが、では当日がどんな1日だったかと言えば何の変哲もない日常だった。

いつものように登校し、いつものように授業を聞き流し、そして放課後いつものように変人集団がたむろする元文芸部室へと向かう前に、ここ最近日課になりつつある勉強をしていた。

頼みもしないのに俺の専属講師となった涼宮教諭の指導は、時に身も蓋もないことを言われる以外、特に不満はなく、概ね良好だ。

わざわざ作ってくれたハルヒ謹製の問題集を解き、間違ったらシャーペンでチクチク刺されることすらも特筆するに値しない日常である。

そんな穏やかな勉強風景に茶の間が凍るようなおかしなシーンが訪れたのは、ハルヒが出題した図形問題について不明な点があったのでそれについて尋ねている時のことだ。

隣に来て問題の図形を覗き込むハルヒと俺の顔面の距離はかなり接近しており、なんとなく落ち着かない気持ちになっていたことを悟らせまいと平静を装っていたところで事件は起きた。

ぷちゅっと。

頬にこれまで経験したことがない柔らかな感触を覚えた俺が驚いて隣を見ると、まるで鏡のように目を丸くしたハルヒがこちらを向いていて、暫しの沈黙の後、奴はこう呟いた。

「別に。ただなんとなく」

なんとなくってなんだよ、と返すと、ハルヒはそれっきり黙り込み勉強道具を片付けて部活にも行かずにそのまま直帰してしまった。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1614431347



読む →
1名無しさん@おーぷん2014/09/12(金)16:17:19w9BCw1SFc (1/19)

キョン「そういえば、佐々木。もう進路は決めたのか?」

佐々木「まだだよ、少し迷っていてね」

キョン「ふーん。まあ、おまえのことだからとてつもなく偏差値の高い高校に入学するんだろうな」


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/02/08(月) 23:14:52.32QpWAPgXRO (1/10)

涼宮ハルヒが物憂げな表情を浮かべている時は大抵何かしらの面倒ごとを引き起こすと相場は決まっているものだが、ならば反対にやたらと上機嫌な場合はより一層の危機感を抱かざるを得なくなるなんてことは、今更忠告するまでもないことだろう。

とはいえ、そうした経験則に基づいてこちらが身構えられるという点においては、わかりやすいことはそう悪いことではないのかも知れない。

前置きが長くなってしまったが今から俺が語る話題に涼宮ハルヒは一切登場せず、まるで話のダシに使ってしまったようで僅かながらも申し訳なさを覚えるが、ダシとしてこれ以上ないくらい良い働きをしてくれた団長様に感謝しつつ、我がSOS団の無口キャラについて語らせて貰おうと思う。

それが誰か、などと今更説明は要るまい。

静かなる元文芸部員、長門有希の秘話だ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1612793692



読む →

1 ◆2LEFd5iAoc2014/05/19(月) 21:00:37.14fy/dX9ZW0 (1/24)


―――某月某日。授業で使用した水着を教室に忘れた私は、うす暗くなり誰もいない教室に一人向かっていた。
教室までもう数歩、というところで私は聞き覚えのある声が私の名前を呼んでいた。

一体なんで私の名前を?

そんな疑問が頭をよぎった時には、もう私は教室に足を踏み入れていた。そこで、私は見てしまった。

私の名前を呟き、
私の水着を被り、
私の机の上でブリッジをしながら
自分の性器をこすりあげている―――キョンの姿を。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400500827



読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/11/27(金) 19:34:30.09OIOyL2yi0 (1/6)


「はい!今日の班分けはこれね!」

直観にまみれたミステリィ事件からわずかにたったある休日。
いつものように僕らSOS団は休日に喫茶店に集まり、不思議探索の班分けをしていました。
どうせ今日も、彼と涼宮さんは別々の班になるでしょう。
そう鷹をくくっていた僕にとっては、今日の結果は意外なものでした。


これはこれは。
思わず僕は顎を撫でてしまいました。
この動作をやる僕は少し緊張している証拠だな、と人ごとのように思っていました。

「わぁ・・・!」
わずかに驚く朝比奈さん。
「・・・・・・」
いつもの長門さん。
「今日の班分けはあたしとキョン、古泉くんと有希とみくるちゃんねっ」
涼宮さんが少し早い夏の到来を表してくれるような笑顔でそう言いました。


なんともまぁ。
と思って前を向くと、
苦虫を噛み潰した人として辞書に載れるような顔をしている彼と目が合いました。

そこで2人揃っていつものセリフ吐いて店を後にしました。
「「やれやれ」」


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1606473269



読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2021/01/29(金) 21:22:05.265Jv4LViqW0NIKU.net (1/8)

そんなこんなで必要最低限のセリフを噛まずに言い終え、無事に自己紹介を済ました俺は開放感に包まれながら着席した。

代わりに後ろの奴が立ちあがり

俺は生涯この自己紹介を忘れないだろうな

それはとんでもない自己紹介だった

「東中学出身」

ここまでは普通だった

「涼宮ハックショーい!」


読む →

1 ◆5iyUA.1EaY [2a13939134948a95b745b12fefac65b7@e.2chmail.net] 2021/01/27(水) 03:01:09.87k8WFY79E0 (1/1)

「イワシがつちからはえてくるんだ、いい曲よねぇ」
「確かにメロディに中毒性があるな」
「歌詞に共感しましゅ〜」
「ユニーク」
「…」

「裏歌詞が隠されているってのもそそるわねぇ」
「ファミコンみたいな絵が逆に新しいだろ?」
「おいしいでしゅ〜」
「ユニーク」
「…」

「古泉くんー?今どんな感じー?」
「おい、今古泉は集中してるんだから静かにしとけよ」
「古泉くんのお尻の毛苦いでしゅ〜」
「ユニーク」
「…」

「うっさいわねバカキョン!」
「お前なぁ…」
「オエッ!クッサ!クッッッサ!ウンコクッサ!」
「ユニーク」
「…」

「おい、古泉大丈夫か?」
「古泉くん、勝手に埋めたから拗ねちゃったのかしら」
「コイツ出る液全部出してね?クッセぇんだけど」
「ユニーク」
「…」

「もう長いこと土の中にいるわけだが」
「SOS団副団長として10分20分ぐらいの息止め程度できて当然よ!」
「海女かよ(笑)」
「…」
「…」


「古泉一樹の生命活動は752秒前に停止している」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1611684069



読む →

1名無しさん@おーぷん2014/06/28(土)14:08:27RWdhYuwcj (1/10)

ハルヒ「東中出身、涼宮ハルヒ。ただの人間には興味ありません。
この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」


キョン「やれやれ」


もこっち「やるな・・・よ、よし!わたしもここで一発インパクトのある自己紹介をして
ぼっちを脱出する!」


読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2020/12/31(木) 19:58:23.068MzhoHHgD0.net (1/15)

キョン「だからってなんでお寺までくるんだよ」

ハルヒ「それは除夜の鐘を見るために決まってるじゃない!」

キョン「わざわざここまでこなくてもテレビで見れたじゃないか」

ハルヒ「いい?直接見たっていうことが大事なのよ」

ハルヒ「テレビでみてもちっとも感動なんかしないわ」

キョン「やれやれ。なんでこんな寒い中待たなきゃいけないんだが」


読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2020/12/27(日) 21:33:07.884QCastXwfa.net (1/29)

ハルヒ「早いものでもう12月も中旬かー。 色々あったわよねぇ」

キョン「なんだ、感慨にふけるなんてお前らしくないな」

ハルヒ「なによそれ! ……でも、そうね。 あたし、結構みんなに迷惑かけちゃったかなって」

キョン「おいおい、ほんとにどうした」

ハルヒ「あたしね、高校に入学してからの毎日、本当に楽しかった。
    なんていうか……、やっと生きてる充実感を得られたっていうか……。
    中学の頃はこうじゃなかったわ。 毎日が退屈で……、でも、今は違う。
    みんながいるから、それが凄く楽しいの」

みくる「涼宮さん……」

ハルヒ「あんまり楽しいから、周りが見えなくなってキョンたちのこと振り回して……。
    自分のことしか考えてなかったわ……。 ごめんね」

古泉「そんな……」

ハルヒ「……今のこの瞬間って、大事にしないと、すぐに消えちゃうような気がするの。
    だから、言えるうちに言っておくわ。 みんな……、ありがとう」

みくる「涼宮さーん……」グスッ

キョン「まぁ、確かに迷惑な目にいっぱい遭わせられたなぁ」

みくる「キョ、キョンくん!」


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/12/24(木) 22:08:53.43MFd4PAJFO (1/7)

「そろそろクリスマスだな」
「おや? 君がクリスマスの話題を出すとは思わなかった。どういう風の吹き回しだい?」

どういう風の吹き回しも何も、近頃めっきり冷え込んだ原因であるシベリア寒気団に俺のほうが文句を言いたいくらいだ。

「サンタクロースをいつまで信じていたかなんてそんな他愛もない世間話にもならないくらいのどうでもいい話がしたくてたまらないという顔をしているように見えるよ」

どんな顔だそれは。やれやれと口にするのも億劫である。俺は顔面を外気に晒さないようマフラーをずり上げて、ひとこと尋ねた。

「そう言うお前はいつまで信じてたんだ?」
「無論、今でも信じているとも」

正気か? いや、さすがに冗談だろう。

「世界中の子供たちにプレゼントを配ってまわるご老人が本当に存在するかについてはともかく、それを居ないと声高に主張する必要性を僕は感じない。実在しないとは限らないし、実在したほうが都合が良いからね」

それは果たして誰の都合だろうか。
少なくとも、俺にとっては困る問題だ。
もしもクリスマスの日にだけ働く赤服じいさんが実在するなら、俺だけがその恩恵に預かれていないことになってしまうではないか。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1608815333



読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2020/12/08(火) 00:38:28.885DSQOn1XYa.net (1/31)

ハルヒ「早いものでもう12月も中旬かー。 色々あったわよねぇ」

キョン「なんだ、感慨にふけるなんてお前らしくないな」

ハルヒ「なによそれ! ……でも、そうね。 あたし、結構みんなに迷惑かけちゃったかなって」

キョン「おいおい、ほんとにどうした」

ハルヒ「あたしね、高校に入学してからの毎日、本当に楽しかった。なんていうか……、やっと生きてる充実感を得られたっていうか……。中学の頃はこうじゃなかったわ。 毎日が退屈で……、でも、今は違う。
みんながいるから、それが凄く楽しいの」


読む →

1 ◆copBIXhjP62020/12/06(日) 15:38:11.38/JAVxUrS0 (1/16)

それはどんよりとした雲が立ち込め、降りしきる雨が今にも雪になりそうな寒い冬の日。
定期テストが午前中に終わり、谷口と虚しく慰め合いながら迎えた放課後。
普段のように旧校舎の片隅へ特に目的もなくやって来た俺が、普段のように古泉の玉将に詰めろを掛けた瞬間だった。

ハルヒ「キョン、ちょっと電器屋行ってきて」

キョン「.........は?」

虚を突かれて将棋盤から顔を上げると、そこに広がっていたのは普段通りの部室。
長門は定位置のパイプ椅子に座って人間を撲殺できそうな分厚いハードカバーに目を落としているし、
お茶くみを終えたメイド服の天使は微笑みを浮かべながら何か編み物をしている。朝比奈さん、今日も変わらず素敵です。
悪びれもせず人に指図するこの女――――涼宮ハルヒについても、いつもと変わった様子はなかった。

ハルヒ「だから電器屋に行ってこいって言ってるのよ」

キョン「いや、唐突すぎて訳がわからないぞ。どこへ?どうして?」

ハルヒ「映画でCM打ってもらったところからこの前ストーブを貰ってきたでしょ?えーっと......」

キョン「大森電器のことか?」

ハルヒ「そうそう。そのストーブの調子が最近悪いのよねぇ」ガンガン

誰かさんがその熱源を独り占めするせいで俺たち廊下側はその恩恵に全くあずかれていないわけだが、それは一旦置いておこう。
曲がりなりにも貰い物であるストーブをハルヒが叩きつけるが、確かに動作していないようだ。

ハルヒ「だから、そのなんちゃら電器で直してもらってきなさい」

キョン「なんで俺が?!お前しか使ってないんだからお前が行けばいいだろ」

キョン「第一この雨の中そんなもん持ったら傘がさせねーだろうが」

ハルヒ「却下。雑用としての責務はちゃんと果たしなさいよ」

キョン「あそこじゃないとダメなのか?そんなに遠出しなくても、修理してくれる店くらい近場にもあるぜ」

ハルヒ「だーめ。スポンサーとは良好な関係を築いておかなくちゃね」

キョン「はぁ」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1607236690



読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2020/12/05(土) 21:00:17.896ezNLSw1H0.net (1/23)

ハルヒ「寒いわね!みくるちゃんお茶頂戴!」

朝比奈「はぁ~い!」

キョン「う~ん、ここに黒を置く」

古泉「そこに黒を置くんですね。ならば僕はここに白をおきます」

キョン「引っかかったな。ここに黒をおけば俺の勝ちだ」

古泉「やれやれ降参です。やはりあなたには勝てない」

古泉「しかし、オセロと言うゲームは非常に奥深いゲームですね」

キョン「ごちゃごちゃ言ってないで約束のジュースちゃんとおごれよ」

古泉「んふっ、当然ですよ」


読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2020/12/02(水) 20:44:15.641vuvQmdJw0.net (1/29)

キョン「おいおい今更5chかよ!」

ハルヒ「うるさいわねー!いいじゃない!」

カチッ

ハルヒ「なによこれ!使い方がよくわからないわ!」

キョン「どれどれ。まずは掲示板ってとこ押してみろ」

キョン「そしてニュー速VIPってやつを押せ」

ハルヒ「なんかいっぱいでてきたわね!どうすればいいの?」

キョン「そうだな。まずは俺がスレ立てるから待っとけ」

カタカタカタカタ カチッ

キョン「よし!立てたから>>2の反応を待つぞ」

ハルヒ「楽しみだわ!どんな反応がくるのかしら?」


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/11/01(日) 19:56:53.71eKWbNwFOO (1/8)

「やぁ、キョン」

過ごしやすい秋の休日は惰眠を貪るのに最適な環境であるが、そんな日に限って来客が訪れるのがこの世の常であり、その日、寝ぼけ眼を擦りながら呼鈴に応じて玄関の扉を開けた俺は、清々しい秋晴れを背景に佇む友の姿に違和感を覚えた。

「なんだ、佐々木か」
「なんだとは随分なご挨拶だね」
「気持ちよく寝ているところを起こされたら誰だって文句のひとつくらい口にするさ」
「やれやれ。どうせそんなことだろうとは思っていたが、顔ぐらい洗ってから出迎えて欲しかったものだよ。あと、その寝癖もね」

いつものように男みたいな口調で俺に接する佐々木であったが、その装いは近頃めっきり涼しくなってきた気候に合わせて、柔らかなアイボリーの色合いの少し丈の長いワンピースの上に、茶色いカシミヤのカーディガンを羽織っていて、なんだか大人びて見えた。

「とりあえず、上がれよ」
「おっと。その前に、今日の僕を見て何か思うところはないかい? よく観察したまえ」

立ち話もなんだから家に上がるように促すと待ったがかかった。たしかに違和感はあった。
大人びた私服は常日頃の落ち着いた佐々木のイメージとマッチしている。では、なんだ。

「うーむ……さっぱりわからん」
「まったく、君は本当に女泣かせだね」

そう言う佐々木であったがさほど傷ついた様子が見受けられなかったので別に聞き流しても良かったのだが、一応、こう返しておく。

「前髪上げて丸見えのおでこが、見ていてとても寒そうだ。風邪を引いちまうぜ?」

すると佐々木は上げた前髪の髪留めを弄りつつ、くつくつと喉の奥を鳴らして嬉しそうに笑った。やれやれ。嬉しそうでなによりだ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1604228213



読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2018/11/08(木) 15:56:11.1846W5krNG70.net (1/27)

ハルヒ「はれ?あたし今声に出てた?」

キョン「……」

ハルヒ「!」

ハルヒ「な、あ、あう……」

ハルヒ「何黙りこくってんのよ!何か言いなさいよ!」

キョン「な、何かってなんだよ」

ハルヒ「だから、あの、あ、あた、むぅ……バカ!キョンのバカ!バカキョン!」

キョン「じゃあ、その、してみるか?」

ハルヒ「へっ?」


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/11/23(月) 18:49:00.81A+4cVPJUO (1/9)

「お前はいつも憂鬱そうだな」
「ほっといてよ」

あれはまだ俺が涼宮ハルヒと知り合って間もなかった頃の話だ。
振り返るとそこにいたどえらい美人はいつもしかめ面で現状を憂いているように見え、それが俺には勿体ないと思えてならなかった。

「少しは笑ってみたらどうだ? せっかくの整った顔立ちが台無しだぜ」
「ふん。意味もなくケラケラ笑うほど私は暇じゃないし頭からっぽでもないのよ」

恐らくこの時、ハルヒはどうすればこの退屈な世の中を変えられるかを暗中模索していたのだろう。それにしても愛想のない女だ。

「いいか、涼宮。頭からっぽの方が夢や希望を詰め込めるという利点があってだな……」
「じゃあ、頭からっぽのあんたの頭蓋骨の中にはどんな夢や希望が詰まってるわけ?」
「それは……」
「ふん。どうせ、いやらしいことでいっぱいに決まってるわ。わざわざ外科手術するまでもなく丸わかりよ。手の施しようもないわ」

人間とは理性ある獣である。
高度な知性によって律している本能の中には当然、三大欲求のひとつである『性欲』も含まれており、つまり脳内の3分の1がピンク色だとしても何らおかしな話ではないわけで。

「うるさいわね。ロボトミー手術でそのピンク色の部分を切除すればいいじゃないの」
「恐ろしいことを言うなよ」
「晴れて改造人間になれたら少しは見直してあげるわ。だってその方が断然、今の平凡なあんたよりも夢や希望があるもの」

このように涼宮ハルヒとの会話は果てしなく不毛であり、到底建設的なものとは言えなかったが、それでもわりと俺は楽しんでいた。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1606124940



読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/05/26(金) 21:00:48.30qzZUPq200 (1/24)

最近、長門とよく目が合う。

今日もそうだ。
現在、俺は部室にてSOS団の奇妙な活動に勤しんでいる。どのくらい奇妙かと言うと……

ハルヒ「絶対深爪しないでよっ!?」

みくる「は、はいっ!気をつけますぅ……」

古泉「んふっ。涼宮さんの足の爪の垢の香り……癖になりますね。たまりません」

このように、今日の活動はハルヒの爪切りである。
詳しく現状を説明すると、ハルヒ本人は手の爪をいそいそと切り、そして机の上に行儀悪く投げ出された両足の爪を、朝比奈さんと古泉が片方ずつ受け持ち、せっせと切っていた。

端的に言って、実に阿呆らしい光景である。
しかしながら、一生懸命ハルヒの足の爪を切るの朝比奈さんはとても可愛らしく、見ているだけで微笑ましい。次は俺の爪も切って欲しい。

ハルヒの足の爪の垢を嗅いで恍惚な表情を浮かべている古泉については、どうでもいい。
この国が法治国家であるならば、早急に処分して頂きたい。もちろん、極刑も視野に入れて。

キョン「まったく、何をやってるんだか……」

呆れた呟きを漏らし、俺はそんな奇妙な部員達とは距離を置き、ハルヒの靴下を嗅いでいた。
何を隠そう、これが今日の俺の仕事なのだ。
いや、厳密に言えばハルヒの靴下の脱着だけが俺に下された命令なのだが、脱がした後にそれをどうしようがこちらの勝手だと、判断した。

そして、右足の靴下を担当した俺と同じく、左足の靴下を担当した長門は、丁度俺と対角になるいつもの定位置に腰掛けて、こちらの真似をするかのように熱心に靴下を嗅いでいた。

その長門の視線はこちらに向けられている。

なんとなく、気恥ずかしくなった俺は、ハルヒの靴下でその視線を遮った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495800047



読む →
1以下、\(^o^)/でVIPがお送りします2014/09/14(日) 12:32:55.29+E9jvzFC0.net (1/10)

キョン「お前彼女できた?」

国木田「できるわけないよ、キョンこそどうなの?」

キョン「いるようにみえるのか?」

国木田「まぁそうだろうね」

キョン「なぁ、フェラってどんなんだろうな」

国木田「口で舐めてもらうんでしょ?気持ち良さそうだけど・・・」

キョン「ちょっと俺の舐めてくれないか?」

国木田「僕が?」

キョン「ああ、いいだろ?男も女も口の構造は同じだし」

国木田「嫌だよ、そんな事言われても困るよ」

キョン「いいじゃんちょっとだけ、な?」


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/24(土) 00:11:22.97uRIg+P42o (1/4)

古泉「緊急事態です」

キョン「なんだ藪から棒に」

古泉「涼宮さんの精神が不安定になってしまい世界崩壊の危機です」

キョン「毎度のことながら安い世界だなぁおい」

古泉「貴方の対応も慣れてきてしまってますね」

キョン「流石にな。それで?今回はどんなことになってるんだ」

古泉「先日朝比奈さんの卒業のお話が上がったでしょう」

キョン「……ああ」

古泉「涼宮さんは表面的には、いえ、内面的にもそれを受け入れていた……しかし、心の何処かで思ってしまったのでしょう……離れたくない、と」

キョン「何時もの無意識でってやつか」

古泉「でしょうね」

キョン「あいつも成長してるはずなんだがな」

古泉「余程好きなのでしょう。このSOS団の事が」

キョン「……それは俺もだが」

古泉「おや珍しいですね。貴方がそんな事を口にするとは」

キョン「口が滑っただけだ。ええい、近寄るなうっとうしい」

古泉「ふふっ。たまには口にしないと伝わらないこともあるというものですよ。特に涼宮さんに対して言ってあげてほしいものです」

キョン「やかましい。それで世界がどうなってるんだ」

古泉「おっとそうでした。世界改編が始まっています。そして恐らく、僕達はそれを止められない」

キョン「何?」

古泉「問題はそこなんです。今はもう僕は超能力者ではないんです。力を取り上げられてしまっています……恐らく長門さんも、朝比奈さんですら」

キョン「おいおい。本当に手詰まりじゃないか」

古泉「はい。ですので、貴方に世界を託します。何時も何時も頼んでしまって心苦しいのですが……」

キョン「託されたって何をしたらいいか検討もつかんぞ」

古泉「いいえ、貴方ならきっと導いてくれるはずです……また、お会いできることを願っていますよ」

キョン「古泉……?おい!身体が!」

古泉「どうやら時間のようです……」

キョン「古泉!」

キョン「……おいおい、俺の身体も消えかかってるじゃねぇか」

キョン「どうするんだよ……馬鹿ハルヒ」


世界改編安価下1
コンマ下二桁
00-49憂鬱世界へ
50-99消失世界へ
77ボーナスステージへ

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1603465882



読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/09/24(木) 22:38:32.43wccLzonZO (1/15)

長門有希に対して特別な感情を抱いているかと問われれば、答えは特に考えるまでもなく"YES"である。

とはいえ、それだけだと多大な語弊や誤解を招きかねないので、少々補足しておこう。

もはや今更言うまでもないが、俺にとって長門は恩人であり、それもただの恩人ではなく命の恩人である。

命の恩人。
そんな大層な存在がそんじょそこらに転がっている筈もなく、事実、俺は頭のイかれた優等生の朝倉涼子の凶刃から命を救われた。

つまり、長門は狂人の凶刃から身を呈して守ってくれたわけで、そう書けばなんだか笑い話や駄洒落のように聞こえるかも知れないが、当事者にとっては笑い話などでは済まされず、当然、洒落になっていなかった。

命の危機なんてものは普通に暮らしていればまず感じることはなく、無論、俺も生まれてこの方経験がなかったため、そんな絶対絶命の窮地を打破する術など持ち合わせてはいなかった。

そんな中、颯爽と現れた長門に救われた。
長門が居なかったら、俺はお陀仏だった。
今の俺がこうして呑気に息を吸い、そして吐いているのはひとえに、長門のおかげだ。

「頼みとやらを聞かせてくれ」

そんな恩人に頼まれ事をされたならば、ひと肌と言わずふた肌だって脱いでやりたいと思うのは人として当然の帰結だと、俺は思う。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1600954712



読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/09/04(金) 21:30:03.41PmfM16hRO (1/9)

約9年半ぶりの新刊、『涼宮ハルヒの直感』の発売決定、誠におめでとうございます!

本作品はその嬉しいニュースとは全く関連性がなく、主に平成ガメラ・シリーズの3作品ついての考察がメインであり、落語家の林家しん平が自主制作した『ガメラ 4 真実』並びに、角川が2015年に制作した全編フルCGで構成された『GAMERA』の内容は含まれておりませんので、その点をどうかご理解頂ければ有り難いです。

それでは以下、本編です。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1599222603



読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/26(日) 20:49:49.78I1wck53cO (1/12)

「やぁ、キョン」

午前の授業を終えて、お袋謹製の弁当を食いながら窓の外を眺めていた俺の元に、既に自前の昼食を食べ終えたと思しき佐々木が寄って来て尋ねた。

「何を眺めているんだい?」

教室の窓から見える風景はいつもと変わらず、別段空に未確認飛行物体が浮いているわけでもましてや超人が飛翔しているわけでもなく、ただひたすらに雨が降り注いでいる。

「ああ、雨を見ていたのか。不思議だよね」

はて、雨が不思議とはどういう意味だろう。
この地球上において降雨など珍しいことではなくありきたりな自然現象に過ぎないのに。

「地上、または海上で蒸発して気化した水分が上空で冷やされて雲となり、再び液化して雨となって降り注ぐ。そんな風に科学的に説明すれば簡単に感じられるかも知れないけれど、それらのサイクルは極めて絶妙なバランスの上に成り立っている。だから僕は、自分が生まれた惑星がたまたまそのような仕組みを備えていることを不思議に思うのさ」

長々と解説ご苦労さん。流石は薀蓄博士だ。
一介の中坊に過ぎない俺はその仕組みとやらについて専門的な知識など持ち合わせてはいないが、この惑星に生きるひとつの生命体として本能的にこれだけはわかる。必然だ。

「俺たちが生きてるんだから当たり前だろ」

俺たちが今この惑星で生存していること。
それこそが不思議を解明するに足る根拠。
雨が降るからこそ、俺たちは生きている。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1595764189



読む →
1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/09/12(金) 18:39:52.05NTaRuB270 (1/17)

サンタクロースをいつまで信じていたかなんてことはたわいもない世間話にもならないくらいのどうでもいいような話だが、
それでも俺がサンタを信じているかと言うとこれは確信をもって言えるが今でも信じている。

事実、幼稚園のクリスマスイベントにサンタが現れた。

そんなこんなでクリスマスにしか仕事をしないサンタにあこがれを持っている賢しい俺なのだが、
宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力や悪の組織やそれらと戦うヒーローたちの存在も信じている。

俺は心の底から宇宙人や未来人や幽霊や妖怪や超能力や悪の組織が目の前にふらりと出てきてくれることを望んでいる。

俺が朝目覚めて夜眠るまでのこのフツーな世界に比べて、あのような世界の、なんと魅力的なことだろう。

宇宙人にさらわれてでっかい透明なエンドウ豆のサヤに入れられている少女を救い出したり、
レーザー銃片手に歴史の改変を計る未来人を知恵と勇気で撃退したり、悪霊や妖怪を呪文一発で片づけたり、
秘密組織の超能力者とサイキックバトルを繰り広げたり、つまりそんなことをしたい!

いや待て冷静になれ、仮に宇宙人や(以下略)が襲撃してきたとしても俺自身には何の特殊能力もなく太刀打ちできるはずがない。
ってことで俺は考えたね。

ある日突然謎の転校生が俺のクラスにやって来て、
そいつが実は宇宙人とか未来人とかまあそんな感じで得体の知れない力なんかを持っていたりして、
でもって悪い奴らなんかと戦っていたりして、俺もその闘いに巻き込まれたりすることになればいいじゃん。
メインで戦うのはそいつ。俺はフォロー役。おお素晴らしい、頭いーな俺。

しかし現実ってのは意外と厳しい。

実際のところ、俺のいたクラスに転校生が来たことなんて皆無だし、UFOだって見たこともないし、
幽霊や妖怪を探しに地元の心霊スポットに行ってもなんも出ないし、
机の上の鉛筆を二時間も必死こいて凝視していても一ミクロンも動かないし、
前の席の同級生の頭を授業中いっぱい睨んでいても思考を読めるはずもない。

中学校に入学したのを機に俺は俺なりに、積極的にそういう不思議なものを求めた。
ところが、やっぱり不思議なものに出会うことが出来ず、半ば失望していた。

そんなことを頭の片隅でぼんやり考えながら俺はたいした感慨もなく高校生になり----、涼宮ハルヒと出会った。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410514782



読む →

1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2012/08/19(日) 09:53:44.55eArE5ToHo (1/7)

VIPで完結しなさそうなので、こっちで。
一応最初から投下します。
内容的には佐々キョンになるのかな?
準備が整い次第投下。若干訂正を加えるかも

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1345337624



読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2020/07/27(月) 01:34:01.238olhQZteha.net (1/43)

虚無僧「…」チリーン
ハルヒ「今週の土曜日に市内探索しようと思うけど、どう?」
虚無僧「…」チリーン
ハルヒ「ねぇ、聞いてる?」
虚無僧「…」チリーン
ハルヒ「ちょっと虚無ってば!」
虚無僧「…」チリーン
古泉「涼宮さん、彼は虚無僧です」
ハルヒ「知っているわ、それがなに?」
古泉「察してあげてください」
キョム「…」チリーン


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/06/22(月) 14:35:46.29gnF+tCr90 (1/13)

いつも通り学校へ行き、授業を終え、放課後の団活を終えた俺たちは帰路についていた

ハルヒ「じゃあね!」

みくる「また明日ね」

他愛のない話をしていたら、もう分かれ道に来ていたようだ

キョン「もうこんな所か、じゃあな。朝比奈さんも、また明日」

古泉「お疲れ様です」

長門「・・・」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1592804146



読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2017/02/16(木) 19:26:03.48+enzTC0Eo (1/32)

キョン(土曜日。俺の気分は下り坂ながら、本日は文句なしの晴天だ)

キョン(そもそも、不思議探索をする日が雨だった記憶があまりないのだが)

キョン(これもハルヒの為せる技なのかね。そういえば長門も天候を操れるんだっけか)

長門「……」

キョン(土下座すれば呆れながらもやってくれそうだが、生憎と数百万年後の生態系を崩す理由は今のところない)

キョン(などとくだらない考え事をしている余裕がある、というのが既に異常の始まりを告げている)

朝比奈「遅いですね……」

古泉「ええ。何かあったのでしょうか」

キョン(二人が不安になるのも分かる。かくいう俺だって流石に心配のひとつぐらいはする)

キョン(いつもの待ち合わせ時間から10分が経過しているのにも関わらず、ハルヒの姿がなかった)

キョン(谷口や国木田が10分ぐらい遅刻したところで何とも思わないが、ハルヒだけは別だ)

朝比奈「電話、してみましょうか?」

キョン(朝比奈さんの提案に頷こうとした瞬間、俺は安堵と共に恐怖を抱いた。何故なら――)

ハルヒ「みんなー!!! 不思議をみつけてきたわよー!!!」

キョン(年中不発弾だった奴が、とうとう導火線に火をつけながら満面の笑みで走ってきやがったからだ。今日は何が起こるのか。想像などできるわけもない)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1487240762



読む →
1以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします2020/06/25(木) 16:12:49.438yHtKTPFZ0.net (1/47)

キョン「なにを急に言い出しているんだ?」

キョン「そもそも何のエンディングだよ?」

ハルヒ「私たちの日常風景がアニメ化されることになったのよね」

ハルヒ「だからそのアニメのエンディングをここで撮ろうと思ってるのよ」

キョン「(確かにこんな日常風景はありえないだろうからな)」

キョン「(しかし、こんな滅茶苦茶な日常を好んで見る奴がいるのだろうか?)」


読む →
1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/06/11(木) 22:17:06.54gyrJ90gBO (1/16)

「ねえ、キョン」
「なんだよ」
「異世界転生って知ってる?」

あっという間に春が過ぎ去り、憂鬱な梅雨入りが間近といった今日この頃。

湿度の増加に伴い、不快指数が加速度的に上昇中の現実世界から逃避したいと考えていたのはどうも俺だけではないらしく、後ろの席でパタパタと下敷きを扇いでいた涼宮ハルヒがそんな物騒なことを尋ねてきた。

「知らん」
「あんたってほんと無知よね」
「ほっとけ」

シラを切ると当然のように罵倒されたので、思わず前言を撤回して持ち得る限りの異世界転生知識を披露したくなる衝動に駆られたが、ぐっと堪えてこの危険人物に余計なことを言わぬよう口にチャックした。

「いい? 異世界転生ってのはね、あらゆるファンタジーの始まりにして頂点に君臨するそれはそれはありがたい設定なのよ」

それはいくらなんでも言い過ぎだろう。
指輪物語もハリーポッターも誰ひとりとして異世界なんぞに転生してはいないのだから。

とはいえ、たしかにファンタジーにはありがちな設定であり、特に昨今の流行ではある。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1591881426



読む →

1 ◆asJU3gh8ZA2017/05/21(日) 16:56:32.42t0D8S5C3O (1/38)

~北高・文芸部室~

古泉「涼宮さんは朝比奈さんと一緒に衣装探しのために帰宅」

キョン「うん」

古泉「長門さんもそれを見るなりさっさとご帰宅されました」

キョン「そうだな」

古泉「お互い、腹を割った話をするには最適な環境ではありませんか?」



※注意・糞スレ※

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1495353392



読む →
1VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/11/14(金) 18:09:17.40lD9erjVj0 (1/22)

なんとなしに進学した高校の入学式が終わった。

クラスへと移動し、定番の自己紹介の時間となった。

女子のトップバッターが立ち上がり、

「市外から進学してきた朝倉涼子って言います。好きな食べ物はおでんです。知り合いが居ないので皆さんお友達になってください。よろしくお願いします」

少女はそれだけ言うとチューリップの様な微笑みと共に軽く頭を下げる。

そしてロングヘアを揺らしながら着席した。

俺は衝撃を受けた。なぜなら、このおでん好きの少女は凄い美人だったのだ。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1415956147



読む →
アーカイブ
18653801;JK「フラれた上にネットで晒されたから死ぬ」;41,30465105;【安価】裏BBチャンネル【FGO】;155,29617612;真・恋姫無双【凡将伝Re】4;874,30486917;【ダンガンロンパ 】俺「安価で今度こそコロシアイ学園生活を生き残る」;21,29209984;SS作者愚痴こぼしスレ;508,30444623;【エグゼ 安価】ロックマン「PETが壊れちゃったよ」熱斗「パパのとこに行くか」;74,27598490;【安価コンマ】貴方は世界を巡るようです R-18の3巡目;611,30494445;友達に絶交されたんだがw;18,30446129;【安価とコンマ】剣と魔法の世界で姫と結ばれたい9;618,16766541;真姫「あの…ね……私…にこちゃんのことが…すk」穂乃果「おはよー!!!」 ;45,30493787;あ、ども、ラーメンといえばさつまラーメンの者でやんす;10,30481514;【安価&コンマ】亡国の姫と従者の逃亡記録;496,30493192;ぼく「あのさぁ、君はオブジェクト指向を理解してないの?」;13,26199433;【安価・コンマ】貴方が幻想郷で暮らすんだ!其の玖 !【東方】 ;914,16950461;フレデリカ「キノコごっこ」;18,30493194;古文の勉強始めたけどくだらない文章多くね?;11,30492314;日本人に足フェチがいない理由って「日本人の民族性」なんじゃね????????;39,16867316;【安価・コンマ】ネオサイタマでニンジャライフ サイゴン!その19【忍殺】;885,30191429;アイマスSS雑談スレ★60;606,30369715;安価とコンマで兵器の売買とか資金運用とか;141,29462357;男「なに!ドスケベ常識改変カレンダー!?」後輩女「2ですよ2」18禁安価;709,30472637;アルティメット寿司じゃんけん 番外編【安価】;83,17047167;獣耳娘「……で、どうして私の家に来たんですか?」;25,30491990;スパロボ予約したんだけど通常版で1万近くするのな;46,27963357;【艦これ】提督「墓場島鎮守府?」不知火「その3です」;615,30377355;【安価スレ】第二次スパロボオリキャラ異世界淫旅行 ;264,30485564;【デレマスss】木村夏樹「ファースト・パッセンジャー」;26,27790886;【シンフォギア】少女「転生したから安価とコンマで月を破壊する」 女神「CBA」;291,24533837;ヴィーネ「今日は天気がいいわね!」;52,30451561;【コンマ・安価】キン骨マン「強くなってやるわいなぁ!」Part11;134,30490373;FANZA「ルーレットを回して豪華賞品が当たるイベントやりまーす!」ぼく「ほーん、よく分からんけど回しとくか」;18,30359473;【安価】ようこそ実力主義の教室へ;183,30414571;【咲-saki-安価コンマ】京太郎「王様ゲームですよ!」久「大丈夫かしら…」;755,16805784;ジャック「遊星!フェラチオモンスターが出現したぞ!」 遊星「何!?」;13,16775301;【遊戯王ss】遊矢「遊戯王ZEXAL?」;430,16882729;堀裕子「テレパシー/オーバードライブ」;32,30367155;【安価でのわゆ】久遠陽乃は勇者である【5頁目】;184,30443510;【安価】上条「とある禁書目録で」那由他「仮面ライダー」【禁書】;111,17839896;女騎士「HEY! SAY!」;12,30487929;実は怪物な先輩(♀)「やあ、おはよう。」;44,26747071;終:鎮守府の四方山話;387,16931851;雪歩「これだけあれば焼肉祭りができますぅ」;24,30306398;【咲-saki-】京太郎「ウルトラマンの力」咲「光よ!」;305,30462330;【安価・コンマ】NARUTOに異物がまたまた紛れ込みました;704,16944164;【艦これ】提督「最高練度に達した艦娘が、本気を出すそうだ」【七駆行きます!】;174,30402260;【デレマス】なんばっすかハウス11;569,16974845;VAVA「誰かの好きに動いてやるつもりはない……ないよな?【艦これ×VAKAⅤ】;773,29212378;【安価コンマ】貴方は世界を巡るようです 12巡目;553,30403143;【安価】提督「提督として生きること」神威「その110」【艦これ】;455,30464756;竈門炭治郎「俺も……兄ちゃんも、お前が大好きだぞ」竈門禰?豆子「むー」;18,30476459;【ドラクエⅥ】俺「安価で幻の大地を旅する」;141,30485913;こんなご時世だし古の面白いSS読もうずwwwwwwww;2,30485902;遊び人(♀)「悟りの書…?」魔法使い(♀)「貴方には関係ないものですよ」;34,29920162;ブルー「俺達は…」ルージュ「2人で1人、だよねっ!」『サガフロ IF】;772,30437360;安価とコンマで異世界転生!その4;70,16870138;【R-18】比企谷八幡は選べない;752,30485906;【艦これ】龍田「私とあの人と……愛宕と高雄、とその他」;11,30403436;京太郎「全国へ派遣修行?」久「その2!!」;509,30485025;作家「私が売れっ子になれたのは……ゴーストライターのおかげですよ」;41,30475110;【まどマギ】小巻「見滝原中に転入したわ」【安価あり】;448,30402231;キン骨マン「強くなってやるわいなぁ!」 各ステータス;843,30414587;【FGOSS】俺が真に救うアヴァロン・ル・フェ【18禁】;324,30473804;P「静香からうどんの作り方を教わったから作ってみる」【ミリマス】;11,30475130;【艦これ】提督「俺と……愛宕と高雄」;999,30337676;【ウマ娘】トレーナー「なんかループしてね?」ターボ「3スレ目だ!」【安価】;122,29982026;【遊戯王OCG】セキュリティフォース活動記【安価】;83,17026683;魔法少女まどか☆マギカSS談義スレその134;478,30456077;【百合・安価】♀ハンター『モンスターの巣を抜け出す』;75,30469602;【アサルトリリィ】鶴紗「未来を撃ち抜け、雨嘉!!」;37,30485209;arrows「よく皆集まってくれた、まずそれに感謝を言わせてもらう」 aquos「それで?本気で連合組んでiphoneを倒せると思ってんのか?」;18,30484562;魔王(♀)「くくく……、勇者一行どもの様子はどうだ…?」 側近「セックスしてますね」;47,16931791;美琴「食蜂の胸、柔らかかったな……」;571,30484540;【悲報】「 ふ た な り 」;15,29771719;【他作品要素有り】けものフレンズの世界【安価・コンマSS】;686,16811189;【モバマス】武内P「シンデレラプロジェクト解散が決定しました」みく「えぇっ!?」;46,30018148;【BLACK SOULS】アリス「あなたと過ごすなんでもない日々」;411,17042867;上条「食蜂を無視し続けたらどうなるか」;23,16869227;P「もしかして大変なことになってるんじゃないか?」春香「」;45,29902098;チートな元勇者のぶらり放浪記3;195,21936689;【安価】ガイアメモリ犯罪に立ち向かえ【仮面ライダーW】;722,26502860;【AA】安価で進める魔法少女まどか☆マギカ:リメイクDisc2;378,19963564;ラブライブ それから;414,30102177;上条「知り合いに片っ端から告白してみた」(安価);61,16898868;島村卯月「私の足の臭いを幸子ちゃんに嗅がせます!」;19,16756571;まどか☆マギカSS 名作や迷作を語ろう その2;421,16671297;サシャエ「父さん、発明の母」;37,16965205;?「力が欲しいか?」 龍驤「力なんかいらへん!」;37,30478136;【怖い】出会い系で知り合って2回くらい遊んだ女の子から最後のLINEが来たんだが;34,23616185;照「京ちゃんなんて知らない」京太郎「2度も言った!」;333,16679592;木場真奈美「私も遊戯王カードを始めたんだ」;53,30205531;【東方】魔理沙「好感度スカウター?」【安価・コンマ】;790,16832369;男「死にたがりな幼馴染の自殺を止められない」 その3-2;388,16707403;苗木「滑り込み!!」セレス「セーフですわ」;15,16975976;【安価】シークレットゲーム【コンマ】;596,16872190;島村卯月「未知なる戦士。その名は」 『エックス、ユナイテッド』;67,30478132;【水曜日】土方「宮藤少尉!リネット曹長!自慰行為は気持ちいいですね!」 宮藤「土方さん!お久しぶりです!」;32,16919955;妹達「とあるミサカのよくある思春期思考」一方「ンムグ…」;33,16880872;八幡「川崎といい感じになってる」;1002,17030518;村娘「神様、どうか私の願いの>>2を叶えてください……」俺(神)「いいよ」;158,30435544;男「セクサロイド届いたからいちゃラブえっちすんぞおおお!!!」;91,30464994;【ペルソナ3】俺「安価でタルタロスを攻略する」part6;929,19012030;スバル「頼むレム!童貞卒業させてくれ!」レム「>>3」;20,30461146;【安価】ファイアーエムブレム 色欲の渦;15,30474642;【ジョジョ】館とDIOと仲間たち;2,30185816;【安価】偽男「正義のヒーロー♀に拾われた…」;961,28474646;魔理沙「おい霊夢!>>3しようぜ!」;119,30474644;あの日出会ったメイドに自分の人生を歩く勇気をもらいました;4,29031120;【安価・コンマ】邪教シミュレーター【R-18】;842,30473901;メイドロボ娘「ご主人様って本当にキモいですよね」男「え?」;24,16878025;【安価】千川ちひろ「人ならざるモノ、超常なるナニカ」;240,26247905;美玲「舞網チャンピオンシップ?」;359,22980157;ポケットモンスターの世界 【安価・コンマあり】;954,17032439;ふと思いついた小ネタ(スレタイ含む)を書くスレ43;609,29290882;何度でも書き直す物語;54,30471617;俺「ほい抜き打ちスマホチェックするぞ~スマホをお貸し!」息子「ああ、あ」(諦観);85,29773159;ハルヒ「久保山アンカー」梓「1系統」【コンマ判定新鉄・横浜市営バス】;177,27346410;新 幻想物語【安価・コンマ】6;573,16633372;【Fate】アースセル「聖杯欲すれば勝ち残れ」【安価とコンマで聖杯戦争】;1002,22926254;爆笑問題田中「去年のスポーツといえば、やはりアレだったよね」爆笑問題太田「そうそう」;16,30471622;馬鹿女「私、幽霊見えるの…」俺「俺もクワガタの霊が見えるよ」;33,17023704;楓「Take Me Out to the Ball Game」;26,30470421;なろうに投下しようとして挫折した書きかけの小説をここに投下して供養してもいいか;64,30466506;【悲報】ひろゆき、また敗北して逃亡;190,21819981;杏「ロックとスターとディスコード」;33,30467917;syamu (85)「俺の一日始まるぞ!!」;72,30468412;ヒロイン「最後の戦いから戻ったら親友に幼馴染を寝取られた」;1,16744791;ピーンポーン  苗木「だれかな?」;155,16760800;男「……いよいよメラが使える様になるとか末期だな俺は」;911,20471387;【ラブライブss】 花陽 「エェッ μ’sがソフマップに!?」;69,17047412;男「あ、流れ星」 ガキ「えっ!?」ガンッ;6,28723140;【プレイ日記】勇者「縛りプレイさせられた」【DQ3】;833,16608588;レイヤーに恋した男の妹の末路;925,21675115;Helleborus Observation Diary ;228,16603523;魔法少女まどか☆マギカ―運命を越える者達―18スレ目;1002,30464460;男「気をつけろ!マナー講師に噛まれるとマナー講師になっちまうぞ!」;59,30336955;バトー「茅場? 誰だ、そいつは」 草薙素子「バトー、あなた知らないの?」;15,29806406;【艦これ】提督「安価とコンマで学校生活」熊野「その11ですわ!」【安価・コンマ】;648,30464625;僕「力仕事は任せて」女同僚「あざっす。じゃあコーヒー買ってきマース」;31,25432088;安価・コンマ系SS作者スレ;971,30464692;女子「あれ…、クラスの男子の頭のうえに数字が見えるんだけど」悪魔「ふふ…それはなあ…男どもがこれまでにオナった回数だ…」;26,30459772;安価・コンマでポケモン;47,30432801;P「しあよん」;9,29642946;【ミリマス×ヒプマイ】静香「ディビジョン・アイドル」翼「ラップバトル?」;34,16966534;シャナ「大悪魔!お前を討滅する!!」サターニャ「!?」;49,29986326;あなた「血果て、羽根尽きるまで」;60,17046393;隣の席の女子「ッ!」ブボボッ ワイ(よっしゃ、庇ったろ!);97,30453315;【安価】ピチュー「転生したら……」ラン「ピチューだったの?」;837,29676240;タイトルを書くと誰かがストーリーを書いてくれるスレ part7;706,16971212;【ダンガンロンパ】超高校級の犯罪者と15人のサイコピカレクスオリロンパ【安価】;641,30463600;ぷにろり淫魔「ぅ…♡ ちんちんきたぁ……♡」;24,16760013;やよい「じゃ!行きますよぉ?ハイ、タァーッチ!」;59,30462833;昔倒れてるおばあさんを助けたと思ってたけど実は俺が殺したかも知れない話聞いてけれ;43,16691805;俺「あのネウロイは普段のと違うな。」宮藤「え?」(ライダー+ハーレム安価ss);1002,30462585;【悲報】日本の「仕事ができる」「できない」の基準=オーラだったwwwww;15,30461269;魔法が使えない世界で俺だけ魔法が使えない話;21,21741248;【ガルパン】みほ「直下さん」 エミ「小島だよ!!」;83,30461801;ゾンビが溢れた世界で俺だけしか襲われない話;12,30451671;魔法使い「お姉さま抜きで迷宮に!?」学者「居ても同じだが……」;6,30459774;【悲報】40代引きこもりの息子を自立支援業者に託した結果、連絡も取れなくなり2年後に餓死;225,16909764;黒タイツ「探偵を凶器で追い詰めてみすみす殺害しちまう犯人は殺人者とかわんねーよ」;17,16889399;翔太「冬馬君の息子と言っている人がきたよ!」冬馬「は?」;32,30459896;メスガキ「今日初勤務の日でしょ?そんなしけた表情じゃ皆から嫌われるよザコハゲ」 ぼく「うるさいなぁ!🥺」;14,27076201;イタリア百合提督(その2)「タラントに二輪の百合の花」;797,16653046;【解読困難】 マリギツネ 【エヴァ昔話シリーズ③】;21,30456037;盲目美少女「大好きだよブサイクくん…」 ブサイク「照れるぜ」;102,24647849;妹友「妹ちゃんのお友達にそんなことしちゃうんですか? 最低ですね」;24,16814272;【聖杯戦争安価スレ】八百万の英霊よ、集え【募集系】;1002,16755712;兎角「金星祭で新喜劇をすることになった」;205,16919290;【安価&コンマ】花村「ありとあらゆる肉体を貪りつくすよ!」6;492,30456871;監査官(♀)「おやおや、こんなところでゆっくり晩酌ですかな?」;26,16868576;結衣「ふーふー、ふーふー」;24,30456523;俺「なろう小説書くぞ!」;18,24467213;【艦これ】五十鈴「何それ?」 提督「ロードバイクだ」【2スレ目】;910,26394985;【咲 -Saki- SS】 大学編 - いちご味 - ちゃちゃのん「おかえりなさい」;822,28724300;ハンジ「戯れと」リヴァイ「日常風景」;864,30455903;遊び人(♀)「悟りの書…?」魔法使い(♀)「貴方には関係ないものですよ」;36,30370311;穂乃果「えっ…此処、何処なの…?」『22』【せいぞん・たんさく・げぇむ】【R-18】 ;677,17041788;頑張れ!サブレ!;63,30251894;【二次創作聖杯戦争】Fate Pastime Game Re.3;127,16977878;愛梨「キノコの王子様」;8,30455058;桐乃「ふひひ、遊びにきたよ!」黒猫「・・・・・」;13,24533842;【安価コンマ】貴方は世界を巡るようです【キャラまとめ】;35,29196785;【禁書】上条「野球大会で優勝したぞ!」ドリー「3かいうらだよ」【安価】;121,30436970;やる夫が正史を書くようです53;257,30436140;乱立百合スレ作者が安価に答えてエロSS書くスレ;55,16864740;ゴジラジュニア「父さんとガメラさんってどっちの方が強いの?」(Part.2);708,25965509;やる夫で学ぶパワプロドリームカップ;569,18636061;【安価・コンマ】吾郎「野球しようぜ!」パワプロ「えっ?」【MAJOR】Part8;938,17003631;モバマスSS雑談スレ☆12;1000,30454074;マクドナルドでの話 子連れ女性「M一つ、ポテト多めで」店員「それだとLになりますが?」女「Mでいいです。ポテトの量だけ増やして」;50,17024943;渋谷凛「暑さをどうにか」本田未央「凌ぎたい?」;31,16959776;【NARUTO】 安価とコンマ ???「英雄の肉体乗っ取ったったwww」;258,16595937;MNW「雑談しようず」;703,30336376;【コンマ・安価】キン骨マン「強くなってやるわいなぁ!」Part10;999,17022374;俺「金が溜まった、奴隷を買おう」奴隷商人「へいらっしゃい!」;133,16864400;モバP「契約更改をしよう」;82,30451112;今日は豊臣秀吉について解説する;14,16885086;雪ノ下「由比ヶ浜さんを泣かせてしまった」;13,30293862;ノープランでオリロンパ;168,17020576;菜々・奈緒「第六回! ウサミンとかみやんのアニゲーTV!」;44,