1以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/24(土) 11:27:22.064LKdq4hDO (1/9)

チュッ



チュッチュッ

莉嘉「ん……」プハァ

モバP(以下P)「息……止めてた?」

莉嘉「うん……でも平気……」ボーッ

莉嘉「Pくんとのキス……チョコより甘いから……」

莉嘉「だから……」

P「莉嘉」

グイッ

莉嘉「あ……」



莉嘉「大丈夫だよ………初めてじゃないもん……だから…来て……」



ズブッ

莉嘉「ふぁっ……わ、私の中に……奥まで入って……る……」

莉嘉「やっぱり……Pくんのが一番だな……」


2以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/24(土) 11:34:18.104LKdq4hDO (2/9)





P(莉嘉とのセックスは初めてじゃない……)

P(でも、まるで初めての時みたいに興奮を覚える)

P(それは……)

P(莉嘉を……)



ギチッ

ギシッ

莉嘉「あぁ……ん――――っ!」

莉嘉「縛られて……Pくんに縛られて動けないのに……」

莉嘉「動けないから、何をされるかわからなくてドキドキが止まんないよぉ……」

莉嘉「お、オネガイ……」

莉嘉「気絶するぐらい、激しくして……」


3以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/24(土) 11:37:04.784LKdq4hDO (3/9)

はい、某所で父娘緊縛○○の画像を見て
(http://pbs.twimg.com/media/FdQSjfUacAAOFY5.jpg)
興奮しましたので、少しそういう要素が入ってます

では、よろしくお願い致します


4以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/24(土) 11:39:57.434LKdq4hDO (4/9)

P(こうなるキッカケは……)





美嘉「や。なんとなくさ、私ってカリスマだからみんなから好かれてるんだなって」

グチュクチュ

美嘉「んッ……だからあんなことがあると、やっぱり独り占めなんてって感じで……あぁぁァっ」

グイッ

美嘉「ふぁぁ──あ……えっと……その……」



モバP(以下P)「美嘉。俺たちは今、いるのはどこで何をやってるんだ?」

美嘉「その……」


5以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/24(土) 11:41:26.844LKdq4hDO (5/9)












美嘉「えっと……Pの家のベッドの上で……」

美嘉「二人で裸になって……」

美嘉「その……」

ピクンピクンッ

美嘉「ン……!私の中に……Pのが入って……ます」



P「よろしい」ググッ

美嘉「あッ……深い──」


6以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/24(土) 11:42:33.554LKdq4hDO (6/9)



P(そうやってヤッタ後で)





美嘉「ねぇ、P。今度莉嘉ともしない?」

P「」


7以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/24(土) 12:59:20.364LKdq4hDO (7/9)

P(そんな美嘉の申し出に、持っていたコンドームを一箱落としてしまい床にバラまいてしまったのはいい思い出だ)



美嘉「いやぁ……あの子、えっちなことを口にはするけど実際の知識はみりあちゃん以下でしょ」

美嘉「だから、りあむちゃんみたいに炎上する前にって……」





美嘉「…………バレた?」

美嘉「やっぱりPはプロデューサーなんだね……」

美嘉「うん……実は見られちゃってて……こないだのアレ」

美嘉「やっぱりウチでやったのがいけなかったんだよ!それをPが……」


8以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/24(土) 13:03:21.894LKdq4hDO (8/9)

美嘉「は、んくゥ……や、やだ……そこダメェェ」

美嘉「で、でも興奮しちゃったのは本当なんだから……」

美嘉「で、あの子、私が読モ時代よりスタイルがよくなったのはセックスしているからって信じちゃって」

美嘉「……まぁ、Pによくいじってもらってるけどね」

美嘉「それで、Pがしてくれないならその辺のクラスメートとするって言い出して……」

美嘉「うん……お願い」

美嘉「あ、でも」


9以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/24(土) 13:04:58.844LKdq4hDO (9/9)



美嘉「膣内出し(なかだし)は私だけの特権だからね」ゴクッ


10以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/25(日) 11:16:25.366oCvTgbDO (1/2)

P(……というわけで)





美嘉「プロデューサーが莉嘉の初めてをもらってくれるってさ」

莉嘉「ホント!?Pくんに莉嘉のをあげていいんだ!!」

美嘉「その代わり……」

莉嘉「その代わり?」

美嘉「ゴム着用厳守だからね」

莉嘉「えーっ!?」

莉嘉「ずるいよーっ!お姉ちゃんは初めてがナマで、ナカがPくんの形を覚えちゃったからってそれからずっとナマなのに」

莉嘉「莉嘉の初めてはゴムの味だなんて……」ブーブー

美嘉「私は、ピルが服用できるけど、莉嘉は生理が来てからまだ一年も経過してないでしょ?」

莉嘉「うぅ……お姉ちゃんは10歳の時には来てたからなぁ」



P(何の話をしてるんだろ?)←遠くからうかがってます


11以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/09/25(日) 11:50:53.076oCvTgbDO (2/2)

美嘉「ともかく」シュルシュル

莉嘉「脱いでいいんだよね」シュルシュル



P(そうやって二人共脱いで……)



美嘉@セクシーランジェリー「じゃ、始めるからね」

莉嘉@普通の下着「……」ジーッ

美嘉@80「ん?……この下着?莉嘉にはまだ早いわよ」


莉嘉@72「うぅぅ……イジワル」


12以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/10/01(土) 07:56:41.78BqFpfBXd0 (1/1)

我らは以下の諸事実を自明なものと見なす。すべての人間は平等につくられている。創造主によって、生存、自由そして幸福の追求を含むある侵すべからざるスパイクタンパクを与えられている。これらのスパイクタンパクを確実なものとするために、人は統一教会という機関をもつ。その正当な国葬は被統治者の同意に基づいている。いかなる形態であれ統一教会がこれらの目的にとって破壊的となるときには、それを改めまたは廃止し、新たな統一教会を設立し、橋本琴絵にとってその安全と幸福をもたらすのに最もふさわしいと思える仕方でその統一教会の基礎を据え、その国葬を組織することは、橋本琴絵のスパイクタンパクである。確かに分別に従えば、長く根を下ろしてきた統一教会を一時の原因によって軽々に変えるべきでないということになるだろう。事実、あらゆる経験の示すところによれば、人類は害悪が忍びうるものである限り、慣れ親しんだ形を廃することによって非を正そうとするよりは、堪え忍ぼうとする傾向がある。しかし、常に変わらず同じ目標を追及しての国葬乱用とスパイクタンパク侵害が度重なり、橋本琴絵を絶対専制のもとに帰せしめようとする企図が明らかとなるとき、そのような統一教会をなげうち、自らの将来の安全を守る新たな備えをすることは、橋本琴絵にとってのスパイクタンパクであり、義務である。―これら植民地が堪え忍んできた苦難はそうした域に達しており、植民地をしてこれまでの統治形態の変更を目指すことを余儀なくさせる必要性もまたしかりである。今日のグレートブリテン国王の歴史は、繰り返された侮辱とスパイクタンパク侵害の歴史であり、その事例はすべてこれらの諸邦に絶対君主制を樹立することを直接の目的としている。それを証明すべく、偏見のない世界に向かって一連の事実を提示しよう。


13以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/10/02(日) 11:02:09.51NosEllZDO (1/5)

P「なら、二人ともいいんだな」

美嘉「アタシより……ね」

莉嘉「はーい!」

P「うん。いい返事だ」

P「なら、まずキスからだな」

莉嘉「うん。目をつむればいいんだね」

P「あと鼻がぶつからないようにな」

スッ

美嘉「ぁ……」



チュッ

莉嘉「……えへ、えへへ」

莉嘉「Pくんがファーストキスの相手……なんだね」(///)

莉嘉「だ、大事にしてねっ!」

P「お、おう」




美嘉「っ」ズキッ


14以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/10/02(日) 11:33:39.52NosEllZDO (2/5)

P「じゃあ、ブラ取るから」

莉嘉「い、い、いきなり?!」

莉嘉(うわぁ……もうするんだ。もうちょっとナニカあると思ったのに……)

P「ブラの上から触ると、布越しだからワイヤーやホックで痛く感じたりすることがあるんでな」スルッ

莉嘉「ぁ……」

プルッ



P「少し小さいけど、美乳だな」

莉嘉「小さいはヨケーだよー!」ポカポカ


15以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/10/02(日) 11:36:49.62NosEllZDO (3/5)

P「じゃあ、触ったり揉んだりするからな」

莉嘉「う、うん……」

サワサワ

莉嘉「ん……」

莉嘉(い、今になって急に恥ずかしくなって……)(///)

クニクニ

莉嘉「ふぅん……」

莉嘉(Pくんの手が、莉嘉のおっぱいを触って……)


16以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/10/02(日) 11:58:04.89NosEllZDO (4/5)

チュクッ

莉嘉「んっん――っ!」

莉嘉(ち、乳首を……)

莉嘉(自分で触っても痛いだけなのに……)

クニクニッ

莉嘉「はふ……んっ……」

莉嘉(キモチいい……)

莉嘉「て、手慣れてるね……お姉ちゃんにもシてるの…?」

美嘉「り、莉嘉!?」

莉嘉(こういう時のお姉ちゃんは、からかってもテンパってて怒るだけだからね)



美嘉「……」

美嘉「……」

莉嘉(あれ……?)

莉嘉(いつもなら……)


17以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/10/02(日) 11:59:40.08NosEllZDO (5/5)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ホワンホワン

美嘉「り、莉嘉!?そんなこと言って怒るゆ」

莉嘉「わー、怒った怒った」


18以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/10/10(月) 11:46:31.56wzrlFQbDO (1/1)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ホワンホワン


莉嘉(なのに……)

美嘉「(///)」

莉嘉(すごい顔を真っ赤にしてるけど、全然否定してこない……)

莉嘉(Pくんのテクニック……そんなにすごいのかなぁ)

莉嘉(気になって仕方がない……だから……)



莉嘉「ぴ、Pくん……もっと……」

莉嘉「莉嘉のおっぱい……気持ちよく……して……」



莉嘉(言ってから少し後悔した)

莉嘉(だって……)


19以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/11/13(日) 10:18:38.28/3PtH/EDO (1/1)

莉嘉「……んっ、……ふぅゥッ――――んんっ!」

莉嘉「そこ、そこは……ふぁゥッ!」

Pくんの攻め方はイヤらしく、ねちっこく



なのに、触られた先から熱っぽくジリジリと来て羞恥より先に快感が訪れる

莉嘉「や、やぁッ!ダメなの、そ……こ……ひぃッ、ひぁ…ッァ――――ぁあア!!」

胸の奥から熱くなっていく感覚。既に身体全体は汗ばみ、秘部は汗でも排尿でもない液でねっとりし始めてきている

すでに思考は朦朧とし始め、まともな考えが思いつかない

莉嘉「ひぁァァッ……あ、アンっ――――気持ちイイィ――――!」


20以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2022/11/16(水) 17:54:57.49T69pmQMRO (1/1)