1 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 18:55:52.94P245md5N0 (1/88)




このSSは史実を基にしたフィクションです。

「艦これ」のキャラクターたちを借りた、いわゆる「自衛艦これ」モノです。




SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1627725352



2 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 18:57:54.78P245md5N0 (2/88)





1945年、敗戦により大日本帝国海軍は解体。

その後1952年には、海上交通の安全確保を目的に海上警備隊(現在の海上自衛隊)が発足しました。

しかし、組織はできても構成する艦は無いも同然。

アメリカからの貸与艦たちが隊の中心でした。






3 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 18:59:27.49P245md5N0 (3/88)





国産艦の建造を……という機運は高まってはいたものの、無い袖は振れません。

しかし、そんな中の1952年末、当時としては破格の130億円という艦艇建造費が認可されます。

これにより国産艦の建造計画が本格的にスタート。

その結果誕生したのが、



甲型警備船(2隻):「はるかぜ」型DD「はるかぜ」、「ゆきかぜ」

乙型警備船(3隻):「いかづち」型DE「いかづち」、「いなづま」



そして───






4 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:02:04.16P245md5N0 (4/88)





───── 1955年10月15日 石川島重工業東京第二工場



あけぼの「はぁ……」


工員「何だ何だ辛気臭いな。せっかくの初披露の日に」

あけぼの「なんで私なのかしら……」

工員「はぁ?」

あけぼの「……だから! 戦後初の国産艦な訳でしょう私は!?」

工員「戦後『初』って、他の4隻がもうとっくに進水しとるぞ」

あけぼの「うっ! ……そ、そういうのはいいのよ。細かいわね!」






5 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:04:56.01P245md5N0 (5/88)





あけぼの「とにかく、他にもっと候補になるような子がいたんじゃないかってことよ! 私が言いたいのは」

工員「へぇ……」

あけぼの「な、何よ」

工員「いや、勝気な割に自尊心は低いんだなと思ってな」

あけぼの「フン、悪かったわね。昔から何かと貧乏くじ引かされてきた結果よ」


工員「……」

工員「まぁあれだ、学の無い俺なりに考えるにはだ」

工員「『曙』ってのは、太陽の昇る明け方、つまりは夜明けのことだ。転じて、物事の始まりのことでもある訳だ」

あけぼの「何をいっぱしに講釈垂れてんのよ……」

工員「やかましい! 最後まで黙って聴いとれ!」


工員「えーと、だからだ、この国産艦建造の黎明期とも言えるこの時期にお前を持ってきたということはだ、国産艦の『はじまり』であると共に海上自衛隊の『はじまり』を意味している……と。まぁこういう訳だな」






6 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:07:17.88P245md5N0 (6/88)





あけぼの「……ふーん」

工員「どうだ? 中々説得力ある考えだろう?」

あけぼの「そうね、無い知恵絞った割には上々じゃないかしら」

工員「かーっ、相変わらずな態度だねぇ。そこは涙目で『ありがとう』とか『おかげで少し気が楽になったわ』とか言うところだろうに……」

あけぼの「ハァ!? 気色悪いこと言ってんじゃないわよ、このクソ工員!!」

工員「あったま来た!! 表出ろ、このちんちくりんのまな板娘!」

あけぼの「上等よ!!」


ギャーギャー



─────────
─────
──






7 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:08:33.75P245md5N0 (7/88)





「あけぼの」は「いかづち」型の2隻と準姉妹艦と言ってもいいような艦でしたが、後者がディーゼル機関を採用したのに対し、「あけぼの」は蒸気タービン艦でした。

以後のDEの量産を考える上で、機関はどちらの方が適切なのか比較検討するための措置でした。

「あけぼの」は速度面でディーゼル艦の「いかづち」型より優れていたものの、乗員を30名多く必要としたため艦内が非常に窮屈に。

そういった要因からか、以後のDEに蒸気タービンが採用されることはありませんでした。






8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/31(土) 19:08:51.52rpnTMaNFO (1/1)

なんで「黄金の国」とかいうのをエタらせておいて
性懲りもなく新たにつまらなそうなの書こうとしてんだよバーカ


9 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:10:06.58P245md5N0 (8/88)





───── 1956年3月20日 石川島重工業東京第二工場



工員「調子はどうだ?」

あけぼの「就役日から調子を崩すほど柔じゃないわ」

工員「そいつはよかった。俺たちも胸を張って送り出せる」


工員「……おーおー、一丁前に軍艦旗なんか着けちゃって」

あけぼの「相変わらず学が無いわね。今のこれは自衛艦旗って言うのよ」

工員「へいへい、さいですか」






10 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:11:49.42P245md5N0 (9/88)





あけぼの「……」


あけぼの「……ねぇ」

工員「ん?」

あけぼの「マニラの方角ってどっちかしら」

工員「まにら? マニラってえと、確かフィリピンか? 何でまた?」

あけぼの「別に……何となくよ」


工員「……」

工員「まぁ、あっちの方なんじゃねえかな。多分だけど」


あけぼの「ふぅん……」


工員「……」

工員(あまり深掘りしない方がよさそうだな……)






11 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:12:56.04P245md5N0 (10/88)





1955年から1956年にかけて、フィリピンはマニラに放置されていた駆逐艦「曙」の解体作業が行われました。

これは日本の戦後賠償事業として行われたもので、作業は播磨造船所(後に石川島重工業と合併)の技師たちが手がけました。

警備艦(1960年より護衛艦と呼称)「あけぼの」は、それと入れ替わるように就役。

しかし、当初の兵装は二次大戦時レベルの代物だったことから、1958年には早くも兵装の近代化を図る特別改装工事を実施しました。






12 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:14:18.84P245md5N0 (11/88)





───── 1960年

・石川島重工業と播磨造船所が合併、「石川島播磨重工業(現在のIHI)」となる






13 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:16:57.74P245md5N0 (12/88)





───── 1960年6月4日 津軽海峡



ゆうだち「函館のカニ、美味しかったっぽい~♪」

はるさめ「ゆうだち姉さん、まだ肝心の訓練が終わってないですよ」

ゆうだち「ぽいっ! 分かってるっぽい。ちょっと眠くなってきたけど……」

いかづち「もーっ、食べた後すぐ寝ると牛になっちゃうわよ」

あけぼの「……まったく。カニぐらいではしゃいじゃって。情けないわね」


ゆうだち「ぽいっぽいっぽいっ……」フッフッフ

あけぼの「な、何よ。その妙な笑い方は」






14 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:18:39.28P245md5N0 (13/88)





ゆうだち「ゆうだちは知ってるっぽい。あけぼのちゃんが、はるかぜさんとゆきかぜちゃんのためにカニを鮮魚列車で送ってもらえるように手続きしていたことを」


あけぼの「んなッ!?」///

いなづま「流石あけぼのちゃん、優しいのです」

いかづち「意外と気が利くのよね、あけぼのって」

あけぼの「ち、ちが、違うわよ! あれは───」

ゆうだち「『自分用に買ったのよ』……っぽい?」ニヤニヤ

あけぼの「自分用に……うぐっ!?」


むらさめ「はいはーい! お話はそこまで。夜間訓練始めるよー」






15 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:19:42.77P245md5N0 (14/88)





* * *






16 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:20:53.77P245md5N0 (15/88)





はるさめ「それでは、掃海水道航行隊形から掃討隊形に移行します、はい」


あけぼの(夜間の隊形変更には気を使うわ……)

あけぼの「取舵っと」ザザザァ


いなづま「はわわわわ!? あけぼのちゃん!?」

あけぼの「えっ───」



─────────
─────
──






17 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:23:08.50P245md5N0 (16/88)





───── 1960年8月某日 石川島播磨重工業東京第二工場



工員「派手にやったもんだ……」

あけぼの「……」

工員「この分じゃ、全治3~4ヶ月ってところか」

あけぼの「……」


工員「……」

工員「……ったく」


ポコッ


あけぼの「痛っ……何すんのよ!!」

工員「いつまでそうやってしょげてる気だ?」






18 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:24:47.11P245md5N0 (17/88)





あけぼの「ッ……だって、だって!!」

あけぼの「私個人の勝手な自損だったらこうはなってないわよ! あの子を……いなづまを巻き込んだ!」

あけぼの「ただでさえあの子は『衝突』にトラウマを持ってるのに……それなのにっ!」

あけぼの「死者まで出して……もう、どう責任を取ったらいいのか……」


工員「……」

工員「まあな……仮にお前がここで解体を申し出たとして、死んだ人が蘇ることはねぇ」

工員「そのいなづまって子にも、少なくない傷が残るだろう」


あけぼの「……」


工員「お前にできるのは、忘れないことだ」

工員「物事に完璧は無ぇ。ミスは起こるし事故も起こる。この工場でもそうだ」






19 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:26:00.85P245md5N0 (18/88)





工員「けどな、お前がそのことを忘れずに、語り継いでいったらだ。完璧ってやつにほんの少しでも近付くんだ」

工員「忘れちまったが最後、いなづまは無意味に傷付いたことになり、亡くなった人間は……無駄死にになっちまう」

工員「だからお前にできる責任の取り方ってのは、忘れないこと。語り継ぐこと。そして、二度と同じ失敗を起こさないこと。これなんだ」


あけぼの「……」


工員「……」

工員「さて、お仕事再開だっと」スタスタ






20 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:27:48.12P245md5N0 (19/88)





あけぼの「……」


あけぼの「……うっ」


あけぼの「ひぐっ……うっ」

あけぼの「ぐっ……」


あけぼの「……」ゴシゴシ


バシッ


あけぼの「……メソメソすんな、私」






21 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:29:05.73P245md5N0 (20/88)





津軽海峡での夜間訓練中、「あけぼの」と「いなづま」の衝突事故が発生。

「いなづま」の右舷艦橋付近に、後方から20ノット程度の速度で「あけぼの」が突っ込んだ形でした。

「あけぼの」は艦首外板がめくれ、揚錨機が圧壊。






22 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:29:57.86P245md5N0 (21/88)





「いなづま」は12区画に損傷が及ぶほどの重傷で、衝突箇所には大破口ができ、乗員2名が死亡する事態となりました。

「あけぼの」は石播東京で、「いなづま」は三井造船玉野造船所(現在の三井E&S造船玉野艦船工場)で、それぞれ復旧工事を行いました。

後の海自による事故調査では、事故原因は「あけぼの」側の操艦ミスとされました。






23 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:30:47.88P245md5N0 (22/88)





───── 1979年

・石川島播磨重工業東京第一工場(佃工場)の閉鎖に伴い、それまでの東京第二工場が新「東京第一工場」となる






24 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:32:47.61P245md5N0 (23/88)





───── 1981年3月31日



工員「よっ」


あけぼの「……」ボーゼン

工員「何だよ、その信じられない物を見たって顔は」

あけぼの「……いや、あんた暇なの?」

工員「けっ、相変わらず失礼な奴だ。お役御免になるって聞いたからわざわざ来てやったってのに」

工員「それにな、今の俺はこれでもそこそこ偉いんだ。そんなに暇じゃねーの」

あけぼの「あっそ」

工員「すがすがしいまでに興味無いって反応、どうもありがとう」






25 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:34:35.85P245md5N0 (24/88)





工員「いやー、しかし……」

あけぼの「?」

工員「改めて見ると、小っさいなお前」

あけぼの「はっ、相変わらず失礼な奴ね。除籍になる老朽艦に対して出てくる言葉がそれな訳?」

工員「だってなぁ、ここ最近は『しらね』やら『くらま』を見慣れてたからなぁ。それと比べちゃうと」

あけぼの「最初期のDEと最新鋭のDDHを比べてどうするのよ。本当に馬鹿ね」

工員「へいへい。それで? どうだったよ、この四半世紀は?」

あけぼの「……ま、悪くはなかったんじゃないかしら」

あけぼの「蒸気タービンのおかげで早々に引退に追い込まれちゃったのは癪に障ったけどね」






26 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:36:21.54P245md5N0 (25/88)





工員「5年前には実質的に引退してた訳だしなぁ。でも原因は蒸気タービンと言うかそもそもお前が小っさいせい───」


あけぼの「ふんっ!!」ゲシッ

工員「いでっ!」


あけぼの「あら、除籍間際の小さな小さな艦のかよわい蹴りがそんなに痛いのかしら?」ニヤ

工員(……クソ〜ッ! じゃじゃ馬めぇ)ジンジン


あけぼの「……」

あけぼの「……そうだ」イジイジ

あけぼの「はい、これ」っ

工員「なんだよ?」

あけぼの「私の髪飾り。あんたが持ってて」






27 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:37:29.68P245md5N0 (26/88)





工員「……餞別代わりか?」

あけぼの「フン、あんたにやる訳じゃないわよ」

あけぼの「私は絶対にまた蘇るから、それまで保管しておいて欲しいってだけよ。それで、また私が生まれたら返しに来なさい」

工員「と、言われても……俺ももういい年だからなぁ。生きてまた会えるかは分からんぞ?」

あけぼの「百万年も眠るつもりはないわ。這ってでも返しに来なさいよ」


工員「……」

工員「分かったよ。せいぜい健康には気を付けて、それでも駄目なら墓の下から化けてでも返しに行く」

あけぼの「それでいいわ」






28 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:38:28.48P245md5N0 (27/88)





工員「……んじゃ、『またな』」


あけぼの「……」(敬礼)






29 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:40:11.71P245md5N0 (28/88)





******


「あけぼの」の髪飾り、ミヤコワスレの花言葉:「また会う日まで」


******



─────────
─────
──






30 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:41:03.18P245md5N0 (29/88)





───── 1995年

・石川島播磨重工業の船舶部門と住友重機械工業の艦艇部門の共同出資により「マリンユナイテッド(MU)」が設立






31 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:42:28.77P245md5N0 (30/88)





───── 2000年9月25日 石川島播磨重工業東京第一工場



社員「既に進水は済みましたので、これから竣工に向け艤装工事を進めていく段階です」

老人「の、ようだね」


社員「……本当によろしいのですか? お一人で」

老人「ははっ、なぁに。この工場のことは君よりよっぽど詳しいつもりだぞ?」

社員「はっ。それでは、私は先に車で待機しておりますので」

老人「すまないね。そうは時間を取らずに戻るよ」






32 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:43:47.45P245md5N0 (31/88)





コツ コツ コツ


老人「……さて」

老人「あれから20年か」

老人「あの時はああは言ったが、実際に生きてまた会えるとは思わなかったぞ? なぁ───」

老人「『あけぼの』よ」


あけぼの「誰が来たのかと思ったら……やっぱりあんただったのね」






33 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:44:42.89P245md5N0 (32/88)





* * *






34 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:46:10.07P245md5N0 (33/88)





老人「おっと、名前もこのままじゃいけねぇな」


元工員「よし、これでいいだろ」

あけぼの「何メタなことをやってんのよ」

元工員「はっはっは。人間、年取るとこんなこともできるようになる」


元工員「それはそうと……ほぉ」

あけぼの「?」

元工員「ちんちくりんから少しは成長したみたいだな」

あけぼの「フン、当然でしょ。今の私は満載排水量が6,000トンを超えるのよ。一昔前なら軽巡レベルよ」

あけぼの「そう言うあんたは……ぷぷっ」

元工員「な、何だよ?」

あけぼの「老けちゃってまぁ。クソ工員からクソジ……おじいさんにランクアップしたわね」プークスクス

元工員「うっ! クソッ、変な配慮しやがって……いっそ『クソジジイ』呼ばわりされた方がよかった……」






35 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:47:36.28P245md5N0 (34/88)





あけぼの「ところであんた、そのネクタイピンは何」

元工員「お、やっと気付いたか」

あけぼの「最初っから気付いてたわよ。明らかに浮いてるでしょ、それだけ」

元工員「ふふん、中々洒落てるだろう? キク科の『ミヤコワスレ』って花らしいな」

あけぼの「白々しいわね……」

あけぼの「大体、なんでそんな所に付けたりしてるのよ」

元工員「これは昔『とある知り合い』に『借りた』髪飾りなんだが、返すのを忘れてどっかにやっちまわないようにってな」

元工員「それに、これを付けてると会う人会う人みんなすぐ俺のことを覚えてくれるからな。結構助かってるんだ」ハハハ

あけぼの「何言ってるんだか」






36 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:48:52.98P245md5N0 (35/88)





元工員「……返した方がいいか?」


あけぼの「……」

あけぼの「別に。好きにしなさいよ」

あけぼの「この通り、私にはまた新しい物があるし」


元工員「ほーん……」

元工員「それじゃ、貰っておこうかな。お守り代わりにな」


あけぼの「……ふん」






37 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:49:45.20P245md5N0 (36/88)





* * *






38 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:52:14.35P245md5N0 (37/88)





あけぼの「で、今日は何しに来たのよ?」

元工員「おっと、そうだったそうだった。年取ると忘れっぽくなっていけねぇや」

元工員「お前を案内したい場所があってな。迎えに来た」

あけぼの「案内したい場所って……行ける訳ないでしょ? 艤装工事がこれからなのよ?」


元工員「……」

元工員「実はな、この工場だが、再来年の4月には閉鎖される」

あけぼの「……え?」

元工員「お前が、この工場が送り出す最後の自衛艦だ」


元工員「……そういや、戦後最初に建造したのもお前だったな」

元工員「『あけぼの』に始まり『あけぼの』に終わる、か。悪くないじゃないか。物事にゃ始まりがあれば終わりがある」






39 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:54:13.53P245md5N0 (38/88)





あけぼの「……」


元工員「とまぁ、そんな訳でな。工場の最初と最後を飾るお前には何かしら特別待遇があってもよかろうってことなのさ」

元工員「汚いっちゃ汚いが、俺が立場を使って頭を下げたのも功を奏したな」フフン

あけぼの「『立場を使って』……?」

元工員「あぁ。元工場長なもんでな、俺」


あけぼの「……? ……??」

あけぼの「……えーっと、元工場長って、誰が?」

元工員「俺が」

あけぼの「どこの?」

元工員「ここの」






40 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:56:10.07P245md5N0 (39/88)





あけぼの「……」


あけぼの「???」

元工員「いや、理解してくれよ」


あけぼの「世も末ね……」

元工員「おう、世紀末だからな」ハハハ

元工員「ま、そういう訳で車を待たせてある。とっとと行くぞ」


あけぼの「……っ! で、でもやっぱり───」


元工員「アホ! ウチの工場を見くびるな!」

元工員「1日や2日の遅れなんぞすぐにでも取り戻せる! 技術と叡智に懸けてでもお前は予定通りに竣工させて送り出してやるわい!」






41 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:57:17.21P245md5N0 (40/88)





あけぼの「!」

元工員(決まった……)


あけぼの「いや、実際に頑張るのはあんたじゃなくて今働いてる人たちでしょうが」

元工員「ぐぅ……相変わらず手厳しい」


あけぼの「……ま、いいわ。付き合ってあげる」

あけぼの「竣工が遅れたら、あんたにそそのかされたせいだって言ってやるからね」ギロ

元工員「へいへい結構結構。んじゃ、行くかいお姫様?」






42 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 19:59:09.49P245md5N0 (41/88)





───── 2000年9月26日 宮城県白石市 傑山寺



あけぼの「……」

元工員「……」


元工員(『茜さすマニラ湾頭 あゝ殉國二百十四の勇士』……か)

元工員(俺がこいつを連れて来たのは、先々代のこいつ、すなわち特型駆逐艦『曙』の戦没者慰霊碑だった)

元工員(先代『あけぼの』の除籍後、1983年に建立されていたそうで、俺が知ったのは最近のことだ)

元工員(マニラ……俺はこの地名に聞き覚えがあった)

元工員(駆逐艦『曙』が最期を迎えた地であり、ちょうどあの頃、合併前の播磨造船所が残された『曙』の残骸のサルベージ作業を行っていたんだそうだ)






43 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:00:32.91P245md5N0 (42/88)





元工員(かつての自分の亡骸なんだ……あの時、こいつも何かを悟ったんだろう)

元工員(そのマニラにおいて、生き残った『曙』乗員たちはろくな武器も食料も持たぬまま戦地へ投入され……)


あけぼの「……」

元工員(俺も随分長く黙祷を捧げていたと思ったが、俺が目を開けてもこいつはまだ微動だにしていなかった)


元工員「……」

元工員「……積もる話もあるだろう。俺は先に車に戻っているからな」

あけぼの「……」コクッ


コツ コツ コツ






44 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:02:30.76P245md5N0 (43/88)





あけぼの「……」



あけぼの「……」



あけぼの「……」



あけぼの「……みっ」



あけぼの「……みんな……みんな……みんなっ!!」



あけぼの「ご……ごっ、ごめんっ……!!」



あけぼの「かっ、帰らせてあげられなくて……うぐっ……ごめん……ごめんなさい……」



あけぼの「ううっ……うううう……」






45 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:03:20.45P245md5N0 (44/88)





* * *






46 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:04:49.05P245md5N0 (45/88)





元工員「……」

元工員「!」


あけぼの「……」トテトテ


元工員「……もういいのか?」

あけぼの「えぇ」

元工員(目が赤いな……)


あけぼの「……」

あけぼの「お願いを……してきたの」

元工員「お願い?」

あけぼの「同じ失敗は繰り返さないから、見守っていてって」

元工員「……そうか」






47 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:06:26.56P245md5N0 (46/88)





あけぼの「……」

あけぼの「そうだ」

元工員「?」

あけぼの「一つ聞いていい?」

元工員「……ご随意に」

あけぼの「今度は……なんで私が選ばれたんだと思う?」


元工員「……そうさなぁ」

元工員「まぁ21世紀の『はじまり』ってのはあるだろうなぁ。それに……」






48 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:07:52.93P245md5N0 (47/88)





元工員「……」

元工員「ウチの工場、再来年の4月に閉鎖って話はしただろう? おまけに造船事業自体も分社化されちまうみたいだが、横浜の工場を使って事業は続けていくらしい」

元工員「始まりがあれば終わりがあるように、終わりの後には、また新しい始まりがやって来る」

元工員「ウチの工場としては終わりでも、新しい工場、新しい会社としては始まりだ。心機一転、そんな『はじまり』でもあるんじゃないか?」


あけぼの「……ふぅん」


元工員「俺も、老体に鞭打って新工場に語り継がなきゃな。波瀾万丈の経験談をよ」

あけぼの「『波瀾万丈』ねぇ」

元工員「手塩にかけて建造した護衛艦娘に蹴りを入れられた話……とかな」ニヤッ

あけぼの「ぶっ! も、もっとマシなことを伝えなさいよ!」

元工員「え~? 聞こえん。年寄りだから全然聞こえんなぁ~?」






49 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:09:37.16P245md5N0 (48/88)





あけぼの「ふんっ!!」ゲシッ

元工員「あがっ! お……お前、か弱いお年寄りに何ということを……」プルプル

あけぼの「ふぅ、これで少しは耳の聞こえもよくなったんじゃないかしら? ほら、昔の物って叩けば調子がよくなるって言うでしょう?」ニヤ

元工員「俺は家電じゃないっちゅうに……」


元工員「あ、蹴られた衝撃で思い出した。『はるかぜ』がまだ広島におるぞ」


あけぼの「……は!? はるかぜって……あの『はるかぜ』?」

元工員「あぁ。お前みたいに代替わりはしとらん。永久保存するかどうかで、係留されとるらしい」

あけぼの「……へぇ。流石、甲型国産第一号は違うわね」






50 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:11:07.42P245md5N0 (49/88)





元工員「会いに行ってやれ」


あけぼの「え?」

元工員「姉妹じゃないにしろ、当時の同期みたいなもんだろう。『ゆきかぜ』はもういなくなっちまったが……幸い『いなづま』と『いかづち』はお前同様代替わりして現役だ」

元工員「その2人にもツテを使って話を通してある。流石に広島までは送ってやれんから、途中からは2人に曳航でもしてもらえ」


あけぼの「……」

あけぼの「……いいの?」

元工員「……ま、1日2日の遅れどころじゃなくなっちまうが、折角の機会なんだ」

元工員「俺がまた方々に頭を下げて回れば何とかなるだろう」

あけぼの「……そう」


あけぼの「……」






51 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:12:55.26P245md5N0 (50/88)





元工員「さて、ひとまずは東京に帰るぞ」


あけぼの「……あ、あの」

元工員「ん?」


あけぼの「そ、その……ぁ……あり……とぅ」ボソボソ


元工員「は? 今度は本当に聞こえとらんぞ。何て?」

あけぼの「……ああもうっ! 察しなさいよ! このクソ老人!!」

元工員「えぇ……理不尽過ぎる。これがキレる若者ってやつか……」



あけぼの「ふんっ!」



─────────
─────
──






52 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:14:42.71P245md5N0 (51/88)






………
……………


「……それにしても、まだあんたがいたとはね」

「今はここで神社の真似事をやっています」

「じ、神社?」

「もうっ! あけぼのったら、まーたそんな口聞いて! 本当ははるかぜさんに早く会いたくて急いで来たクセに」

「あけぼのちゃんはまだ進水したばかりで就役してはいないのです」

「なっ!?」///


……………
………







53 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:16:05.72P245md5N0 (52/88)





───── 2002年

・石川島播磨重工業東京第一工場、老朽化および臨海部開発に伴い閉鎖
・石川島播磨重工業の船舶海洋事業が分社化となりMUと統合され、「アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド(IHI MU)」となる



───── 2013年

・日立造船と日本鋼管(現在のJFEホールディングス)の船舶部門からなる「ユニバーサル造船」とIHI MUが経営統合し、「ジャパン マリンユナイテッド(JMU)」となる






54 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:17:05.95P245md5N0 (53/88)





護衛艦「あけぼの」の竣工後、石川島播磨重工業東京第一工場は閉鎖されました。

同工場は戦後最初に建造した自衛艦が先代「あけぼの」であり、当代「あけぼの」で役目を終えるという、まさに彼女と共に生きた工場でした。

現在は同工場があった豊洲から少し離れた神奈川県横浜市にて、造船事業を受け継いだJMUが自衛艦の建造・修繕を行っています。

「ひゅうが」型DDHや「いずも」型DDH、「まや」型DDGといった現在の海自を代表する艦たちを巣立せたこの工場には、かつて「あけぼの」で培われた技術が受け継がれているのです。






55 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:18:00.36P245md5N0 (54/88)





あけぼの型護衛艦 DE201「あけぼの」

基準排水量:1,060t
長さ:92m
幅:8.7m
馬力:18,000PS
速力:28kt
主要兵装(就役時):50口径3インチ単装砲×2、56口径40mm連装機銃×2、ヘッジホッグ×1、爆雷投射機(K砲)×8、爆雷投下軌条×2



むらさめ型護衛艦 DD108「あけぼの」

基準排水量:4,550t
長さ:151m
幅:17.4m
馬力:60,000PS
速力:30kt
主要兵装:62口径76mm単装速射砲×1、高性能20mm機関砲×2、VLS装置、SSM装置、3連装短魚雷発射管×2、哨戒ヘリコプター×1






56 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:19:06.35P245md5N0 (55/88)





【おまけ+エピローグ】






57 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:20:35.37P245md5N0 (56/88)





ワイワイ ガヤガヤ


じんつう【建造:日立造船 舞鶴工場】「えー……それでは、本日の司会は私、第13護衛隊所属『じんつう』が務めさせていただきます。よろしくお願い致します」


パチパチパチパチ


せんだい【建造:住友重機械工業 浦賀工場】「よっ、いいぞー! じんつう!」

じんつう「も……もう、調子が狂うからやめてください……」///

とね【建造:住友重機械工業 浦賀工場】「相変わらずじんつうは初心じゃのう。どれ、それなら吾輩が代わりに司会を───」

ちくま【建造:日立造船 舞鶴工場】「姉さ……とねさん、美味しそうな料理を取り分けましたから、落ち着いて食べていましょう?」

とね「おぉ! 気が利くのう!」






58 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:21:44.93P245md5N0 (57/88)





かが【建造:ジャパン マリンユナイテッド 横浜事業所磯子工場】「まだ乾杯すら済んでいないでしょう。料理に手を付けるのは待ちなさい。私も我慢しているんだから……」カタカタ

たかなみ【建造:住友重機械工業 浦賀工場】「かがさん、もう少し、あともう少しの辛抱かもです」アセアセ

てんりゅう【建造:住友重機械工業 浦賀工場】「オレも先に料理を取り分けとくかな。かがさんに全部食われかねねぇや。ほら、ひらど、適当に見繕ってやるからお前も皿寄越せよ」

ひらど【建造:ジャパン マリンユナイテッド 横浜事業所鶴見工場】「あ、ありがとうございます……で、いいのでしょうか?」

ひゅうが【建造:アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド 横浜工場】「いかん、場が荒れているな。……よし、ここは一つ効率的なHS運用の話で場を繋いで───」

いせ【建造:アイ・エイチ・アイ マリンユナイテッド 横浜工場】「ひゅうが、ステイ」






59 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:22:54.91P245md5N0 (58/88)





******

 閑話休題

******






60 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:24:33.63P245md5N0 (59/88)





じんつう「今回からは当会メンバーとして、新たにまやさんとはぐろさんが加わりました」

じんつう「はぐろさんは公試運転中のため残念ながら欠席されています。ではここで、まやさんから一言ご挨拶いただきたく存じます」


まや【建造:ジャパン マリンユナイテッド 横浜事業所磯子工場】「え゙っ!?」

まや「お、お疲れ様です! えーと、昨年3月に就役した『まや』だ……です。所属は第1護衛隊群第1護衛隊、母港は横須賀です。……あーっと、頑張りますのでよろしくお願いします」ペコッ


パチパチパチパチ


まや「……ふぃーっ」ドカッ

ちょうかい【建造:石川島播磨重工業 東京第一工場】「ふふ、お疲れ様。それにしても、まやにしては珍しく緊張してたわね。ちょっと意外かも」

まや「んだよ、いいだろ別に。大勢の前でスピーチとか苦手なんだよ……」






61 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:25:58.55P245md5N0 (60/88)





まや「大体よぉ、この会って結局何の会なんだよ? ンなことすら教えてもらえずに連れて来られたんだぞこっちは」

ちょうかい「そうね……『同じ造船会社生まれの艦』が集まる会ってところかしら」

まや「え? いやいや、そもそもアタシとお前の時点で───」


あまぎり【建造:石川島播磨重工業 東京第一工場】「そっから先はあたしが説明しようか?」ヌッ


ちょうかい「あまぎりさん、お疲れ様です」

まや「うーす」

ちょうかい「確かに、この中では一番のベテランですものね。私より適役です」

あまぎり「まぁ今日来てない艦も入れれば、あさぎり姉の方が上だけどな」






62 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:27:56.55P245md5N0 (61/88)





あまぎり「それはさておき説明の続きだが、この会は元々『石川島播磨』出身艦の懇親会ってことで、ひえいさんが始めたんだ」


まや「へー……ちょうかいもそこの生まれだよな?」

ちょうかい「そうよ。でも、会の創設者がひえいさんというのは初耳でした」

あまぎり「姉のはるなさんが三菱長崎出身の艦で『長船会』を立ち上げるってのを聞いて羨ましくなったらしい」

まや「動機が……」

ちょうかい「ひえいさん……」


あまぎり「だから、創設時は『いしはり会』って名前だったんだ」

ちょうかい「あ、私が加入した時もその名前でした」






63 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:29:21.24P245md5N0 (62/88)





あまぎり「ただ、平成の業界再編で色んな会社がくっついただろう?」

ちょうかい「石川島播磨に住友重機械、日立造船、日本鋼管……」

まや「ははぁ」

あまぎり「そうそう。んで、今はJMUとしてまとまっちゃいるが、だからって『JMU会』ってのも妙な話だろう?」

ちょうかい「そうですね……今がそうだと言っても、生まれた当時は別の会社だった訳ですから」

まや「アタシは純粋にJMU出身だから言えるのかもしれねぇけど、んな難しく考える話かねぇ」

あまぎり「ははは……まぁあたしも別にかまやしないクチなんだが、もやもやする奴がいるのも事実だ」

あまぎり「懇親を深めようって会なのに名前ごときで揉めるのも、ってことで『名無しの会』になっちまったって訳さ」






64 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:30:33.03P245md5N0 (63/88)





まや「ほー。けどよ、会のことを説明する時はどうすんだ? 名無しじゃ困るんじゃねえか?」

あまぎり「んー……まぁ既に知ってる連中は『あの会』だとか『いつもの』で通じるし、初めての奴らは同じ護衛隊にいる会員だとか姉妹艦辺りが引っ張ってくればいい訳だ。首に縄付けて、な」

あまぎり「……身に覚えがあるんじゃないか?」フフフ

まや「はっ、なるほどな」


じんつう「それでは、当会幹事によります鏡開きと乾杯の挨拶です」


あまぎり「お、じゃあ話のキリもいいし、あたしは戻るよ」

ちょうかい「はい、ありがとうございました」

まや「あんがとなー」






65 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:31:45.81P245md5N0 (64/88)





ちょうかい「どう? この会のこと、分かった?」

まや「あぁ。思いのほかマトモな『名無し会』だな。幹事とか、そういう役職もちゃんといるみたいだし」

ちょうかい「幹事は数年ごとに持ち回りでやってるんだけどね。で、今はあの子」

まや「ほぉ……」



あけぼの「……」カチンコチン



まや「絵に描いたように緊張してんな」

ちょうかい「ふふっ、そうね。あの子も誰かさん同様、大勢の前で話したりするのは得意じゃないみたいだから」

まや「」






66 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:37:33.02P245md5N0 (65/88)





じんつう「……あら? 鏡開き用の樽がありませんね」

あけぼの「え? あ、あら本当ね! これじゃ鏡開きができないじゃない! まったくもう」

あけぼの(やったわ! これで喋らなくても済む───)


ゆうだち【建造:住友重機械工業 浦賀工場】「お待ちどうっぽい~!」

さみだれ【建造:石川島播磨重工業 東京第一工場】「た、樽を持ってきましたぁ……」フラフラ


あけぼの「げ」

じんつう「ありがとうございます。……あの、大分ふらついているようですが大丈夫ですか?」

ゆうだち「何てことないっぽい! 2隻合わせて12万馬力っぽい……ふぬぬぬ」フラフラ

あけぼの「いや、どんな樽よ」






67 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:39:28.51P245md5N0 (66/88)





じんつう「ではそちらに……さみだれさん! 足下に───」


バナナの皮<ヤア


ツルッ


さみだれ「わわっ! ど、どうしてこんなところにバナナの皮がぁ!?」

ゆうだち「ぽいっ!? 急にバランスを崩さないで欲しいっぽいいぃぃぃ!」


ドダンッ


あけぼの「ッ! ちょ、ちょっとあんたたち大丈夫!?」

じんつう「怪我はありませんか!?」






68 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:40:54.55P245md5N0 (67/88)





さみだれ「ててて……はい、何とか大丈夫です」

ゆうだち「奇跡的に無傷っぽい~。樽もかなり強めに置いちゃったけど無事っぽい───」


パカッ


「「「「あ」」」」


いせ「ありゃ、叩いてないのに開いちゃった」

ひゅうが「まぁ、そうなるな」

まや「アタシの進水式のくす玉よりは縁起いいだろ。叩かなくても開いたには開いたんだし」


あけぼの「よくないわよ!!」






69 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:42:10.75P245md5N0 (68/88)





******

 再びの閑話休題

******






70 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:43:50.01P245md5N0 (69/88)





じんつう「で、では、仕切り直して幹事の挨拶です」



あけぼの「んんっ、えー……幹事を務めていますあけぼのです」

あけぼの「自分でもこうした話が苦手な自覚はあるので、手短に」


あけぼの「私は、何だかんだ言って、この会が嫌いではありません」

あけぼの「最初連れて来られた時は、同じ造船会社出身で集まってどうするんだ、何の意味があるんだと思ったけど……」

あけぼの「私みたいにフネ付き合いがお世辞にも得意でない艦には、正直ありがたい場でした。ここで会っていたおかげで、その後助けられたことも1度や2度ではありません」


あけぼの「今となっては『同じ会社出身艦の集い』というのも半ば形だけになってしまいました」

あけぼの「やろうと思えば、それまでのメンバーだけで閉鎖的に……排他的にやることもできたはずです」

あけぼの「でも、そうしなかった……何と言うか、懐の深さみたいなものは今後も大事にしたい、引き継がれていって欲しいところです」






71 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:45:04.81P245md5N0 (70/88)





あけぼの「今現在、世の中は新型コロナウイルスによる感染症の流行により、かつてないほど混乱した状況下にあります」

あけぼの「私たちは艦ですから直接的な影響はありませんが、無関係ではいられません。既にあらゆる面で影響が出ています」

あけぼの「年々厳しくなる財政状況による予算の逼迫や、少子化による人員不足の常態化、東アジア情勢の更なる緊張など、暗い話題には事欠きません」


あけぼの「それでも、『明けない夜はない』という言葉があります」


あけぼの「私たちは私たちにできることをやっていきましょう」

あけぼの「そしてまた、この騒々しくて、滅茶苦茶で、バカな会を……一隻も欠けることなく開きましょう」






72 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:46:12.84P245md5N0 (71/88)





まや「……苦手な割にいいこと言うじゃねぇか」

ちょうかい「皆が認める幹事だもの」



あけぼの「……あぁっ、その、えーと、それでは」

あけぼの「か、乾杯!」


「「「「「かんぱーい!!」」」」」



─────────
─────
──






73 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:47:08.56P245md5N0 (72/88)





【あなたが一番大事だと思うことは何ですか?】






74 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:48:42.30P245md5N0 (73/88)





はたかぜ「一番大事だと思うこと、ですか」

はたかぜ「そうですね……『温故知新』でしょうか」

はたかぜ「自分で学ぶだけでなく人に教えるとなると、昔に学んだことをもう一度調べ直したり、改めて考えたりしなくてはなりません」

はたかぜ「そこから私自身、新しく知ることも、より深く理解することもあります」

はたかぜ「練習艦になってからはより一層、日々勉強、ですね」


しまかぜ「じー」ジーッ

はたかぜ「……あの、どうしたの? しまかぜさん」

しまかぜ「お姉ちゃん、練習艦の制服着てると余計かしまにそっくりだなって」

はたかぜ「えぇっ!?」






75 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:49:28.40P245md5N0 (74/88)





* * *






76 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:51:06.16P245md5N0 (75/88)





まや「一番大事なこと、ねぇ」

まや「『固定観念に囚われないこと』かな」

まや「アタシらイージス艦も登場当初は艦隊防空のためだけの存在だったが、今じゃ弾道ミサイルなんて物にまで対応するようになってる」

まや「アタシが女性乗員が乗るようにハナっから設計されてるってのもその一環だよな。昔じゃ考えられなかったろ?」


「Hey Maya, whatcha’ doin’?(あらマヤ、何してるのよ?)」


まや「あ? あー……I’m now being interviewed(今インタビューされてんだよ)」

まや「ふぅ。ん? アイツか? 見ての通り、アメリカの空母さ。この間一緒に訓練やったんだ」


まや「……そーいや、これもそうなのかな」

まや「80年ほど前にゃ、殺し合いやってたんだぜ? アイツらと」






77 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:51:53.71P245md5N0 (76/88)





* * *






78 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:53:06.55P245md5N0 (77/88)





すずつき「『諦めないこと』、です」

すずつき「生きることは困難の連続です」

すずつき「嬉しいことや楽しいこともありますが、悲しいことや辛いこともいっぱいあります」

すずつき「それでも、諦めさえしなければ、自分の可能性を自分で見捨てさえしなければ、どうにかなるものだと思います」

すずつき「人事を尽くして天命を待つ、と言い換えても構わないのかもしれません」


すずつき「あら、おふゆさん。どうしたの?」

すずつき「え? さっき私が喋ったことに感動した。録音したいからもう一度喋ってくれないか……って?」


すずつき「えぇと、あの……」///






79 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:53:55.08P245md5N0 (78/88)





* * *






80 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:55:05.72P245md5N0 (79/88)





いせ「うーんと、そうだなー……」

いせ「『真っ直ぐであること』かな!」

いせ「真っ直ぐに生きるって、泥臭いし大変だよ。損することも多いと思う」

いせ「でもね、未来の自分に恥じないように生きるとしたら、それしかないんだ。きっと」

いせ「最期には笑っていたいんだ。悔いのない生涯だったなーって」


ひゅうが「いせ、いせよ」チョイチョイ

いせ「何さひゅうが。今取材されてるところなんだけど」

ひゅうが「これを見ろ。新しい艦載機だ。SH-60Lと呼ばれるらしい。早く載せたいものだ」キラキラ


いせ「……」

いせ「ひゅうが、ある意味一番真っ直ぐかもしれないよ、あんたは……」






81 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:55:52.80P245md5N0 (80/88)





* * *






82 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:57:26.28P245md5N0 (81/88)





かが「そうね、『未来を見据えること』かしら」

かが「未来を考えることは、よりよい今日を生きることにも繋がっているわ」

かが「一日一字を記さば一年にして三百六十字を得、とも言うでしょう?」


かが「昔の私が、航空母艦として世に出た頃、航空機で艦を沈めるなんて不可能だと何度も言われたわ」

かが「今の私も、自衛隊黎明期は不可能だと言われていた空母となって艦載機の運用を始めようとしている」

かが「それは必ずしも望ましいこととは限らないけれど……」

かが「目まぐるしく変わっていく情勢に対応するには、常に未来を見据えて行動を……ひいては変化していかなければいけないの」


かが「この国を護るために、ね」






83 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:58:09.31P245md5N0 (82/88)





* * *






84 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 20:59:45.73P245md5N0 (83/88)





はるかぜ「『謙虚さ』かと思います」

はるかぜ「私たちが……自衛隊が、守人として認めてもらえるには、まだ時間がかかると思います」

はるかぜ「先の戦争が終わってそう年月は経っていない訳ですから、それも当然でしょう」

はるかぜ「それでも、腐るつもりはありません」

はるかぜ「私たちにできることを、日々こつこつと、ひたむきにやっていくだけです」

はるかぜ「日陰者の行いであっても、見てくれている方はいるはずですから」


ゆきかぜ「姉さん! はるかぜ姉さん!」タタタ

はるかぜ「ゆきかぜさん……どうしたのですか? そんなに慌てて」

ゆきかぜ「あけぼのが北海道から海産物を贈ってくれたみたいです! ほらっ!」

はるかぜ「まぁ! 後でいただきましょうか」






85 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 21:00:34.28P245md5N0 (84/88)





* * *






86 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 21:01:46.96P245md5N0 (85/88)





あけぼの「大事なこと?」

あけぼの「……」


あけぼの「決まってるじゃない」

あけぼの「『忘れないこと』。『語り継ぐこと』。そして───」

あけぼの「『同じ失敗を繰り返さないこと』、よ」






87 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 21:03:01.64P245md5N0 (86/88)





全ての艦に命は宿り 全ての艦に物語がある

(海上自衛隊『もうひとつの観艦式 ~The 2019 Virtual Fleet Review~』より)




────────── 終わり






88 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 21:04:08.29P245md5N0 (87/88)


以上になります。
書くのに時間がかかり過ぎて、結果として曙改二記念になりました……。
また、今回をもって一応の最終作となります。

同じ造船会社建造艦の集いは以前から書いてみたかったのですが、
1本のSSにするほどの文量にならないことや、オチに困ったことから今回の話に組み込むことにした次第です。

最終作とは言いましたが、まだ何本か書けそうなネタもあるにはあるので、
もしかしたらまた書くこともあるかもしれません。
その時はよろしくお願いします。

では、これまでお付き合いいただき本当にありがとうございました。



89 ◆3XajO/Hvp62021/07/31(土) 21:05:02.73P245md5N0 (88/88)


以前書いたもの↓

・春風「その時、海は歴史を見つめておりました」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515601825/

・加賀「こんな夢を見ました」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527046033/

・伊勢「変わるもの、変わらないもの」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1529167792/

・涼月「かえる」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1566360834/

・摩耶「カンパリソーダよ、ウィスキーフロートたれ」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1580542423/

・旗風「誰が風を見たでしょう」
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1602940905/



90以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/31(土) 22:15:31.82H8xf3xq8O (1/1)


丁寧に作られていて面白かった
ただ史実エピソード紹介は途中に小出しにするよりも
最後にまとめて解説でも良かったかもね


91以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/01(日) 08:29:04.50SVj8qMnT0 (1/1)

途中に変なの沸いててワロタ
安価の時点でこの人じゃねーだろ
文の癖とかも全然違うし

乙でした


92以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/02(月) 14:32:41.56dqG3VxIgo (1/1)

乙でした。
毎回楽しみに読ませてもらってました。感謝。