1 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:11:58.85cFSyeT5I0 (1/14)

未来「わー、春香さんのクッキーだっ」
春香「たくさん焼いてきたから遠慮しないでね」
奈緒「春香のクッキーってなんか安心する味やわ」
未来「あ、それ分かるかもっ。食べてると幸せな気持ちになりますよね〜」

桃子「……、……」

桃子(向こうは春香さんのクッキーを食べながら盛り上がってるみたい)
桃子(春香さんの作るお菓子はいつも美味しい。安心する味、というのはよく分からないけど……馴染み深いというか、そういった感覚ならある)
桃子(とはいえ、桃子は次の台本を読み込んでる途中。撮影も近いんだし、集中して覚えなきゃ)

春香「桃子ちゃん、今大丈夫?」
桃子「……次の撮影までに台詞覚えなきゃだから、少しだけなら」

桃子(……と思っていても、いつの間にか近くにいるんだよね。この人……)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1627225918



2 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:16:29.40cFSyeT5I0 (2/14)

春香「今朝、クッキーを焼いてきたの。良かったら、桃子ちゃんにも食べてほしいなって」

桃子(なんというか、ずるい言い方をする。あくまで桃子に委ねたまま、心配を少し覗かせるようなその顔)
桃子(ここ最近はお仕事がない時は常に台本を読んでいたから、休めていないと思っているのかも)

桃子「……ありがと」
春香「感想、聞かせてね」

桃子(夜はちゃんと早く寝てるし、休憩だって取っているけど。体調管理が出来ずに最高のパフォーマンスを発揮出来ないなんて、それこそプロ失格だし)
桃子(でも、春香さんから見れば休めてないってことなのかな。……用事は済んだはずなのに、わざわざ横に座ってこっち見てるし)


3 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:19:30.10cFSyeT5I0 (3/14)

桃子「……向こう、行かないの?」
春香「えーっと、私はこっちにいたい気分っていうか……ダメかな?」

桃子(そのくせ、心配してることは隠そうとするし。言い訳もそんなに上手くないから、すぐ分かっちゃう)
桃子(わざとやってるんじゃないかって思わなくもないけど……素なんだよね、きっと)

桃子「……別に、いいけど」
春香「ありがとう。あっそうだ、喉渇いてたりしない?お茶淹れてくるね」

桃子(そしてすぐ世話を焼きたがる。分かりやすいというか、なんというか)
桃子(大きなお皿に盛られたクッキーと、麦茶の入ったコップが2つ。しかし、戻ってきた春香さんはそれらに手をつけない)


4 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:20:37.21cFSyeT5I0 (4/14)

桃子(1人分としては少し大きいそのお皿から、クッキーの良い香りが広がる。明らかに焼き立てだし、このまま冷めてしまっては勿体ない)
桃子(春香さんはじっとこちらを見つめている。何かを待っているような……あ、ちょっと泣きそうな顔してる)
桃子(それを横目で見た桃子は、やっぱり不思議な温かい気持ちに包まれて……パタンと、台本を閉じる)

桃子「冷めたら勿体ないし、先に食べようかな」
春香「……!うん、そうだねっ」


5 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:21:38.90cFSyeT5I0 (5/14)

春香「ど、どうかな?」
桃子「……うん、美味しい」
春香「……良かった」
桃子「なんで、そんな不安そうなの」
春香「あ、えっと……喜んでもらえるかなー、ってのもあるけど……」
桃子「……心配されなくても、大丈夫だよ。夜もちゃんと寝てるし」
春香「あはは……気付いてた?」

桃子(分かりやすいにも程がある、隠したいならもうちょっとしっかり……って言いたいところだけど。このままの方が春香さんっぽいから、ほんのり甘いクッキーと一緒に飲み込んでおいた)
桃子(すぐ世話を焼きたがる割には中途半端に隠すし、気遣いが常に遠回し。そのちぐはぐさも、イヤなものじゃない)

春香「桃子ちゃん、最近お仕事の合間にも台本ばかり読んでるから」
桃子「空き時間は有効活用しないと。撮影の日も近いし」
春香「そうかもしれないけど……」

桃子(春香さんは同じ映画に出るわけでもないし、近々一緒の仕事があるわけでもないのに)
桃子(本当に、自分のことみたいに感じてるからこその不満顔)

桃子(……劇場の大人達なら、もうちょっと上手に……でも少し強引に、休んでって伝えてくるんだろうな)
桃子(経験と共に判断力は鍛えられるもの。正しいと知ってるからこそ、その強引さは納得出来る)
桃子(でも春香さんはきっとそういうのじゃなくて、桃子と同じ目線で見ているような……そんな気がする。まるで……)


6 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:22:06.48cFSyeT5I0 (6/14)

桃子「……春香さんって、お姉ちゃんみたいだよね」
春香「えっ」


7 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:23:04.23cFSyeT5I0 (7/14)

春香「そりゃ、桃子ちゃんよりはお姉さんだと思うけど……」
桃子「……そういうのじゃなくってさ。なんだろ、お姉ちゃんみたいって思うんだよね」
春香「お姉さんと、お姉ちゃんの違い?」
桃子「そうだけど、そうじゃないっていうか」
春香「……難しいこと、考えてるんだね?」

桃子「春香さんが言った『お姉さん』ってさ。『先輩』に近いでしょ。あぁ、芸能界のとかじゃなくてね」
春香「……そうかも。私達にとって、劇場のみんなは『後輩』って感じだから」
桃子「多分そういう『お姉さん』じゃなくてさ。もっとこう……」
春香「……家族、みたいな?」
桃子「家族……」

桃子(家族……家族って、どんな感じなんだろう)
桃子(桃子にとっての『家族』が普通じゃないことは分かりきってるけど……もしかしたら、普通の『家族』はこんな感じなのかな)


8 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:23:46.18cFSyeT5I0 (8/14)

桃子「……多分、そうかも。家族で、お姉ちゃん……みたいな感じ」
春香「な、なんだか照れちゃうな……」

春香「家族でお姉ちゃん、かぁ……私も一人っ子だから、お姉ちゃんがどんな感じなのかは分からないかも」
桃子「役としてなら、妹を演じたこともあったよ。……どれも桃子とは似てないけど」
春香「桃子ちゃん、ドラマとか映画とか沢山出てるもんね」
桃子「もう何年もやってるけど、でも……お姉ちゃんの役になった人には、あまりしっくりこなかったかも」
春香「……それは、お姉さんって感じだから?」
桃子「もちろんお仕事だから、気にしてはなかったけどね」


9 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:25:02.51cFSyeT5I0 (9/14)

春香「もしかして、初めて『お姉ちゃん』って思ってくれたのは……私だったり、するのかな」
桃子「……、……そうかもね」
春香「えへへっ。春香お姉ちゃんって、呼んでくれてもいいんだよ?」
桃子「……それは、なんかイヤ」
春香「なんでっ!?」
桃子「だって……春香お姉ちゃんなんて呼んでたら、他の人も絶対同じこと言ってくるよ」
春香「みんな嬉しいと思うけどなぁ」
桃子「そうかもしれないけど、なんか違うのっ」
春香「そっか……」

桃子「それに、『春香お姉ちゃん』だと……なんか『お姉さん』っぽい」
春香「そうかなぁ。私は嬉しいけど……」
桃子「……、……そんなに呼ばれたいの?」
春香「えっと……あはは、少し」

桃子(どうも、春香さんはお姉ちゃんに憧れがあるらしい。今ここで桃子が春香お姉ちゃんって呼べば、きっと喜ぶんだろうけど)
桃子(春香お姉ちゃん……どうにも、しっくりこない。呼び慣れてたっていうのもあるけど、多分違う理由)

桃子(春香さんはお姉ちゃんって呼ばれたくて、桃子はこのモヤモヤをなんとかしたくて)
桃子(これはそう、利害の一致ってやつ。ただそれだけで……何もおかしなことじゃないはず、だから)


10 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:25:35.53cFSyeT5I0 (10/14)

桃子「……お姉ちゃん」
春香「え?」
桃子「呼ぶなら、そっち。春香お姉ちゃんって呼ぶのは、なんか違う」
春香「それだと、他の人と混ざっちゃうんじゃない?」
桃子「いいのっ。お姉ちゃんなんて呼ぶのは……春香さんだけ、だから」
春香「……そ、そっかぁ〜……えへへ……」


11 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:26:54.74cFSyeT5I0 (11/14)

桃子「お姉ちゃん、か」
春香「……えへへ」
桃子「……お姉ちゃん」
春香「なぁに?」
桃子「……なんか、しっくりくるかも」
春香「そっか」
桃子「って、なんで頭撫でるのっ」
春香「お姉ちゃんだから、かな?」
桃子「もう……」

桃子(やっぱり、春香さんの手は違う。みんなはわしゃわしゃって感じだけど、春香さんのそれは少し落ち着いた感じ)
桃子(……擬音とニュアンスでしか分からないのがもどかしいけど、不思議と温かいから……今は、いっか)

春香「止めないんだ」
桃子「わしゃわしゃってしたら、止めるよ」
春香「そっか。それなら、もう少しこうしてようかなぁ」


12 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:28:04.06cFSyeT5I0 (12/14)

桃子「ん……」
春香「ん、クッキー食べる?あーんってしてあげようか」
桃子「流石に調子に乗り過ぎ。恥ずかしいでしょ」
春香「あう」
桃子「そんなことしなくても一人で食べれるって……ん、こっちも美味しい」
春香「あ、そっちは中身少し変えてみたんだー。いつもはバニラかココアだけなんだけど、ココアに少しオレンジ風味って感じで」
桃子「意外と合うんだね。この味も好きかも」
春香「気に入ってもらえて、良かった」

桃子「春香さんは、食べないの?」
春香「あっ、そうだね。私も食べようかな」
桃子「……忘れてたでしょ」
春香「あはは……」
桃子「もう。春香さんってば、桃子のことばっか気にしすぎ」
春香「そうかな……って、もうお姉ちゃんって呼んでくれないの?」
桃子「うぐ」
春香「さっきまでは呼んでくれてたのに……私、ちょっと寂しいかなーなんて……」
桃子「……もう、ホントに桃子のことばっか気にしすぎ。お姉ちゃんってば」
春香「えへへー……お姉ちゃんだからねっ」


13 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:29:12.08cFSyeT5I0 (13/14)

桃子(次の撮影は、1週間後。余裕をもって台本を読み込んでいたから、もう殆ど覚えてしまってる)
桃子(残りはより確実にするための、復習の時間。とはいえそれも、このままのペースで進めれば最低3日は余る)
桃子(それなら今日1日くらいは……お姉ちゃんとゆっくりするのも悪くない、かな)


14 ◆bncJ1ovdPY2021/07/26(月) 00:31:00.19cFSyeT5I0 (14/14)

終わり。はるもも、ありそうでなかった


15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/26(月) 01:09:44.21OHelj23DO (1/1)

昔に、チョコビスケットの間にマーマーレードが挟んであったお菓子があったよね

それを思い出したよ




16 ◆NdBxVzEDf62021/07/26(月) 01:20:49.87UtY7YDmr0 (1/1)
17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/26(月) 08:11:02.65fJqf/3ViO (1/1)

おつ
はるももも良きものなり