470 ◆5z7C0EoTrg2021/04/13(火) 22:56:44.51mqovhhjyO (12/22)


< 当然のようにノーリアクション >







愛宕「でもほら、制服のプリーツスカートを迷い無くノータイムで脱がされるとちょっとだけアレじゃない? 」

提督「いや、え……経験あるとさ、無理じゃんそれ。演技でもして慌てふためけと? 」

愛宕「経験あるのが駄目なのよぉ~。できればハジメテ同士が良いって分からない? 」

提督「分からなくも……いやいや、うぅん? 」

高雄「私はアレでよかったですよ」

Littorio「Littorioも。……でもそれとはまた違った変な理想というか、思い描くところはあるでしょう? 」

高雄「む……」

提督「分からない、とは言い切れないけど……その辺男女の差ってやつ、ってことにしていい? 」



471 ◆5z7C0EoTrg2021/04/13(火) 22:57:57.98mqovhhjyO (13/22)


< 理詰めよりも余程非道 >






高雄「そもそも学生時代無しの私たちに制服のプリーツスカートを脱がされる、
なんて状況を持ち込んでくる男の話じゃない」

Littorio「そうね」

愛宕「セーラーのジッパーも割と同じかしら」

Littorio「なんならば女物の服はほぼ全て当て嵌まる気も」

高雄「クズの極みですね」

提督「なんなの君ら……」


472 ◆5z7C0EoTrg2021/04/13(火) 22:59:52.93mqovhhjyO (14/22)


< パチパチと煌々と >







提督「焚き火しようぜ焚き火」

加賀「焚き火……? 」

提督「焼肉並とはいかねぇけどフライパンくらいは使っていいぞ」

加賀「なるほど……把握しました」

提督「酒とフライパンは俺が持ってくるから好きなもの持ってこい」

加賀「はい」






提督「…………」

加賀「焚き火というのは……中々に魅入られるものなのですね」

提督「ん……そうだなぁ……」

赤城「そんなしみじみと……勇んで色々持ってきた私が馬鹿に見えません……? 」



473 ◆5z7C0EoTrg2021/04/13(火) 23:00:42.56mqovhhjyO (15/22)


< 取り敢えず三回焼けば均等かな? >







提督「や、それとこれとは別よ。……最初はベーコンでいいか? 」

加賀「ええ」

赤城「はい。……あゝ……この音、香り、情景……」

加賀「魔性ですね……」

提督「もう満腹中枢が刺激されておかしくなりそう……」

加賀「……」

赤城「……」

提督「……」

加賀「……あの、何故四枚焼いたの? よりによって、四枚とは? 」

提督「は? 」

赤城「戦争ですよねぇ……」


474 ◆5z7C0EoTrg2021/04/13(火) 23:02:44.57mqovhhjyO (16/22)


< 数取りゲーム、という程でもない >







提督「知らねーよ……俺は一枚でいい。あとビール開けて」

加賀「空けて? 」

提督「分かりにくいボケをどうも。……グラスで悪いな」

赤城「いえいえ、こんなにも素晴らしい……あゝ……」

提督「君のあゝってなんかエロいね。どうも」

加賀「いえ。……やわ目」

赤城「どうぞ? 」

提督「悪いが俺も硬め」

赤城「硬め二枚、いただきますね」

加賀「むぅ……」



475 ◆5z7C0EoTrg2021/04/13(火) 23:07:38.29mqovhhjyO (17/22)


< 本当に? >







提督「結局お前らが二枚食ってんじゃねぇか」

赤城「私は硬め二枚でしょう? やわ目一枚硬め一枚の贅沢者に言ってくださいな」

加賀「んん……私、捧げておりますから」

提督「何をだよ……純潔とか言われても困るぞ俺」

赤城「他に奪われる予定も無いですしね。……卵」

加賀「ご自由に。その後ピザを焼かせていただきます」

赤城「では卵は後回しにしてステーキとインゲンを。ガーリックとあと幾つか」

提督「はいはい。…………おい」

赤城「はい? 」

提督「多少分けろよ? 火ぃ崩されたらちょっと怒るよ僕」

加賀「そんなことで暴れませんよ……」

提督「



476 ◆5z7C0EoTrg2021/04/13(火) 23:08:58.97mqovhhjyO (18/22)


< 親愛には親愛を >






龍田「罪にはその罪に見合った罰が必要なのよ~」

江風「ひえっ」






山城「何度やられても時々楯突いて何度も何度も変則的にやり込められて、
よくあれで都度都度怖がったりできるわねあの子」

海風「良くも悪くもそういう子なんですよ江風は。
……何度も何度も遊んであげてる龍田さんこそさすがだと思いますけど」


477 ◆5z7C0EoTrg2021/04/13(火) 23:10:37.78mqovhhjyO (19/22)


< 欲しい相手の為だけでそれは >







時雨「あのさ……大井さんってまだ北上さんモノにしてないんだよね? 」

あきつ丸「そういう話は聞かないが」

時雨「きちんと処理するのはまぁ当然だけどね? 相手もいないのにハートに整えるものなのかな? 」

あきつ丸「知らん。……まぁ、大井らしいと言われれば納得してしまえるように思うであります」

鈴谷「可愛いオシャレってことにしとけばい……あのさ、鈴谷はしてないからマジで!
いや、別にボーボーでもないけどなんなのその目ぇ! 」


478 ◆5z7C0EoTrg2021/04/13(火) 23:11:49.11mqovhhjyO (20/22)


< そもそも生えていない可能性も無きにしも非ず >







鈴谷「なんなのもう……何? 見せればいいの? 見せればいいんだね? 」

時雨「やめてよね。狗が発情して手に負えなくなる」

あきつ丸「ほざいているであります。……鈴谷」

鈴谷「うん? 」

あきつ丸「処理が甘かろうが逆に整え過ぎていようが、全て剃ってようが自分は気にしない」

鈴谷「あ、あのねぇ……」


479 ◆5z7C0EoTrg2021/04/13(火) 23:17:23.34mqovhhjyO (21/22)


< それこそ、しみじみと >






提督「これがやりたかったのよ、これ」

加賀「何故ステーキやピザの大トリが炒飯なんです」

赤城「順序が逆というか重過ぎるというか」

提督「とか言いつつ殆どそっちによそわれてるんだが……ん」

加賀「何にします? 」

赤城「肌寒さを忘れさせてくれる友の為に? 」

提督「飯と酒のお陰じゃねぇのそれ。……友の為に」

加賀「ん……」

赤城「ん、乾杯。…………ん…………………………………………ゆらゆら、綺麗ですねぇ」




480 ◆5z7C0EoTrg2021/04/13(火) 23:18:48.20mqovhhjyO (22/22)


いつの間に凍結していつの間に復旧したのか……

ありがとうございました


481以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/04/13(火) 23:20:20.54FMtdykiGo (1/1)




482以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/04/13(火) 23:35:51.08o3Dfgiqx0 (1/1)

乙 復活して良かった


483以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/04/14(水) 01:04:07.27kJCLPQUSo (1/1)

お疲れ様です


484 ◆5z7C0EoTrg2021/04/21(水) 23:34:05.52MS1Uifmf0 (1/9)


< 渾身 >






天城「あの……これ、罰ゲームになってます? 」

龍田「なってるんじゃない? ようは雲龍や山城がやりたいことやる権利使いたいだけだし」

扶桑「自分なら絶対にしないスタイルにさせられる、っていうのは十分罰ゲームだと思うけれど」

天城「でも嫌だ、というわけでもありませんよ。一生これ、と言われると困りますが」






雲龍「そこそこ自信作。あれ、どう? 」

提督「あん? うん……うん? 」

山城「ミックス巻きって本当に簡単なのね。しないから知らなかったわ」

高雄「…………巻き髪でリブニットのタイトな天城さんって物凄い違和感ありますね」


485 ◆5z7C0EoTrg2021/04/21(水) 23:34:34.19MS1Uifmf0 (2/9)


< 末永くなんてとてもとても >







天城「どう……でしょうか? 」

提督「可愛い、とは思うよ」

天城「はぁ」

提督「街歩くんなら見せびらかすのも楽しいかもね」

天城「なるほど? 」

提督「ただまぁ……うん」

天城「? 」

提督「一晩遊んで終わりだね。楽しい夜をありがとう天城ちゃん、って感じ」

天城「……なるほど」



486 ◆5z7C0EoTrg2021/04/21(水) 23:38:24.87MS1Uifmf0 (3/9)


< 悪ノろう皆で >







提督「ま、罰ゲームとしては良い方かな。よくやった」

雲龍「それほどでも」

山城「巻く練習にはなったから今度試してみましょうね、姉さま」

扶桑「え……? 」

提督「ってもどうせ派手な方に寄せるなら……櫛、は手櫛でいいや、ゴム貸してくれ」

雲龍「どうぞ」

天城「ん……」

扶桑「ねぇ……もしかしてそれ罰ゲー……あの……」

山城「嗚呼……不服なのに派手なヘアにされた顔の姉さま……」

葛城「女郎屋の待機中、みたいな感じかな? 」

雲龍「あぁ、それっぽいわね」

山城「だとして姉さまなら華を咲かせるわ……それも、大輪の」

扶桑「山城……? 」



487 ◆5z7C0EoTrg2021/04/21(水) 23:39:15.39MS1Uifmf0 (4/9)


< お人形になる才能というものは >







提督「っと……どう? 」

雲龍「よりビッチっぽくなったわね」

提督「そう見えるようにやった」

山城「あぁ、片方だけ垂らして手櫛でトップを弄るっていうのもあるのね」

扶桑「あの、山城に変な選択肢を与えないでいただけます? 」

提督「うん? 」

愛宕「ねぇ、これこの前のカードのときのやつでしょ? 私にも権利あるわよね? 」

天城「まぁ、盛大に負けましたからね。あぁ、待って、写真だけ撮らせてください」

初月「抜かり無し。360°撮ってある」

Littorio「ふふ……久方振りにこれは、腕が鳴りますね」

山城「……ふふ」

扶桑「…………怖気を振るうわ。誰も助けてくれないであろうこの場まで含めて」


488 ◆5z7C0EoTrg2021/04/21(水) 23:40:16.57MS1Uifmf0 (5/9)


< 気持ちの問題(偽) >







龍田「? 助けてほしいなら誠意ってものが必要でしょう? あなたにそれを用意できるの? 」

扶桑「…………」

江風「諦めな扶桑さン。悪魔への報酬は得たモノの倍以上が相場らしいぜ? 」

涼風「本当に倍で済むんですかねぇ……」


489 ◆5z7C0EoTrg2021/04/21(水) 23:42:17.07MS1Uifmf0 (6/9)


< 何言ってんだこいつ、と語る瞳×2 >







提督「女は星の数程、って言うじゃん」

高雄「まぁ……慣用句かは怪しいところですけれど」

提督「で、基本的にはおっぱいって二つお持ちだよな」

高雄「病気で切除したりしていなければ、そうですね」

提督「つまり女=おっぱい×2が成り立つわけよ」

高雄「はぁ」

提督「色々と可能性に満ち満ちている気がするんだけど今のところ地球から見える星って何個くらいあるんだ? 」

高雄「全天に見える六等星までの星が8.600。
場所にもよりますが地平線から見える限界を考えて4.300ですね。概算に過ぎませんが」

提督「つまり一個人の視野でさえも4.300の女の子がいてさ、8.600のおっぱいがあるんだよ」

高雄「……はぁ」

提督「8.600の可能性が誰にでもあると考えれば、いやいや……偉大な言葉だなぁ」

高雄「…………」



490 ◆5z7C0EoTrg2021/04/21(水) 23:43:04.49MS1Uifmf0 (7/9)


< 水差し、というよりは現実 >







漣「星に手は届きませんぞプ-クスクス」

高雄「確かに」

提督「…………」



491 ◆5z7C0EoTrg2021/04/21(水) 23:45:11.35MS1Uifmf0 (8/9)


< 別にカッコいいことが言いたいわけでもないけれど >







提督「い、いや待て俺は届いたが」

高雄「私は星ではありませんよ」

愛宕「ようは物凄く価値のある岩みたいなものでしょう? 同格扱いは失礼よねぇ~」

明石「愛宕さんなら貴重な隕石だとかでもその辺の石ころ扱いしそうですもんね」

Littorio「何の変哲も無い路傍の石に価値が、とはなりませんし」

漣「石っころは所詮石っころですからなぁ~」

愛宕「あなたも胸が硬かったら嫌でしょう? 」

提督「え、いや、そうだけど……いや、そうじゃなくて……えーと……」


492 ◆5z7C0EoTrg2021/04/21(水) 23:45:38.73MS1Uifmf0 (9/9)


ありがとうございました






493以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/04/21(水) 23:50:57.64fPTprNV80 (1/1)




494以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/04/22(木) 02:15:44.0581hVajFzo (1/1)

お疲れ様です


495 ◆5z7C0EoTrg2021/04/22(木) 23:46:49.258DMtSlBh0 (1/11)


< 秋の空程お高くとまってもいないが >







鈴谷「あのね、一応言っておくけどフツーに美味しくいただいてるよ?
でも鈴谷別に心からカレー煎が食べたいわけじゃないから。カレーを食べたいの」

時雨「そんなこと言われても」

あきつ丸「言いたいことは分かるが今は食後でありますよ?
しかも緑茶なのだから茶請けの話だと思うだろうが」

大井「そんなの気分で変わるに決まってるでしょうが。
食事じゃないんだからカレーは要らないけどでも食べたいってだけ」

あきつ丸「分からん……女というやつは、分からん」

時雨「まぁ、このカレー煎僕は好きだけどね。
……鈴谷さんもなんでカレー煎食べながら本当はカレーが良かったなんて言っちゃうかな」



496 ◆5z7C0EoTrg2021/04/22(木) 23:48:10.088DMtSlBh0 (2/11)


< カレーは和食(錯乱) >






大井「あなたはカレーを食べたいときに高級だとしても和食を出されて喜べるわけ? ってことでしょう? 」

鈴谷「本当それ、マジでそれ、さすが大井様」

時雨「鈴谷さん特効が酷い。論点もズラされてどっかいっちゃったし」

あきつ丸「あぁ。……逆の例えなら怪しかったでありますがね」


497 ◆5z7C0EoTrg2021/04/22(木) 23:48:43.498DMtSlBh0 (3/11)


< じゃあ >







時雨「和食の気分で楽しみにしていてカレーを出されたらどうする? 」

鈴谷「や、嫌でしょふっつーに。カレーは大好きだけど限度あるよ」

あきつ丸「……なんだと? 」

鈴谷「は? 」

時雨「君、本当に本物の鈴谷さん? 」

鈴谷「は? 」

あきつ丸「我慢は身体に良くないであります。鈴谷にストレスを与えたいわけではない」

鈴谷「あぁん? 」

大井「いや、どう考えてもあなたたち二人の方が喧嘩売ってるでしょうが……」


498 ◆5z7C0EoTrg2021/04/22(木) 23:49:42.488DMtSlBh0 (4/11)


< 禁断症状という程差し迫ってもいないけれど >








夕立「グルルルルッ……ッ」

時雨「どうどう馬鹿いぬ。落ち着いて骨でも齧ってなよ」

夕立「ングゥルルルルルルルルルッ……? 」

時雨「まぁ、そんなもの無いんだけど」

夕立「ガウガウバウバゥ……ッ? 」

春雨「はぁ……」

速吸「? 夕立ちゃんどうしたの? 」

時雨「あぁ……訓練でも殲滅戦でも理由はなんでもいいから大湊に遣れって上申して即却下されたんだ」

速吸「うぅん? 」

春雨「ビュッフェとステーキとZ級映画が忘れられないんですって」

速吸「ん、んんっ……? 」


499 ◆5z7C0EoTrg2021/04/22(木) 23:51:11.498DMtSlBh0 (5/11)


< U^ェ^U >







速吸「まぁ、ああいう映画が楽しめるなら所属したいのも分か

夕立「所属はしたくないの! 所属したら大きい作戦に呼ばれないかもしれない! 」

速吸「は? 」

時雨「欲張りが過ぎるよアホ犬」

春雨「期間限定の配属なら寧ろいけそうなのにね」

夕立「提督さんに家族認定されたら終わりなの! 庇護対象になりたいわけじゃないの! 分からないの? 」

時雨「それが俗に言うところの幸せではあるんだけど」

春雨「一般論ではね。絆って割に馬鹿にできないよ」

夕立「守られたいんじゃない! 遊んで遊んで遊び尽くしたいだけなの! 馬鹿時雨! 分からず屋! 卑しい雌犬! 」

時雨「クソ犬が。……や、僕は分からなくも無いよ。共感はしないけど」

春雨「半笑いで上官に言って却下されただけでこの有様って本当、馬鹿いぬちゃん姉妹だね」

速吸「???? 」


500 ◆5z7C0EoTrg2021/04/22(木) 23:53:37.598DMtSlBh0 (6/11)


< それこそ半笑いで >







大井「いえね、そもそもビュッフェって何よ。あの男そこまで軍事施設私物化してるわけ? 」

あきつ丸「実に想像し易いな」

鈴谷「鈴谷もそれだけちょっと体験したい。ちょっとだけだけど」

夕立「カレービュッフェな日もあったっぽい! 」

時雨「はぁ、余計なこと言わないでくれるかなボンクラ犬くん」

鈴谷「よし、行こうか夕立ちゃん」

時雨「ちょっと誰かこの馬鹿二人止めて」

鈴谷「いーやー!!!! 」

夕立「ッグルルルルゥッ!!!! 」

山城「ん……止めたわよ? 次は? 」

鈴谷「ぐえっ」

夕立「んうぇっ」

速吸「はい? ……ちょっと、首絞まってますって」

山城「あら失礼」

あきつ丸「……ふん」

時雨「」

提督「愉快なことやってんな。……来ない方がよかったか? 」


501 ◆5z7C0EoTrg2021/04/22(木) 23:54:37.448DMtSlBh0 (7/11)


< カレー煎祭りはお開き >







時雨「いや、ちょ、え……何? 」

山城「結婚の許可を貰いに」

時雨「は? 」

山城「冗談、でもないけれど……どうするの? 」

提督「遊んでやれ。俺一人でいい」

山城「……ん」

提督「ってことで」

時雨「いやいやいやいや……おかしいよ君たち絶対僕悪くないよねぇ? 」

あきつ丸「知らん」

夕立「夕立は着いていくっぽい! 」

速吸「あ、あの! ちょっとお話しさせていただいても? 」

提督「あん? 」

大井「……最悪」

春雨「ああもう……嗚呼……滅茶苦茶ですよ……」


502 ◆5z7C0EoTrg2021/04/22(木) 23:55:47.808DMtSlBh0 (8/11)


< 昔から取り続けている杵柄 >







時雨「つまりなにか? 戦力的な問題を解消する為に指輪の増産を上申するだけだと? 」

山城「ええ、くだらない話ね」

時雨「それにしても、だよ」

山城「当然、あなたやあきつ丸の飼い主が喜ぶお土産もあるわ」

あきつ丸「……はぁ」

山城「あら、不服? 」

時雨「飼い主が喜ぶからって飼い犬も喜ぶとは限らないよ」

山城「知ったことじゃないわ。
いっときだけでも陶酔できる、指輪を嵌めてもらえる幻想に浸れる、そういう幸福の礎になっておいて」

時雨「……最悪」

あきつ丸「本当に。……こんなにも滑らかに戯言をほざきながらグラスを用意する自分たちに呆れるな」


503 ◆5z7C0EoTrg2021/04/22(木) 23:56:17.448DMtSlBh0 (9/11)


< 自信というもの、陶酔というもの >








山城「自信なんか無くたっていいのよ。
間違ったって許してくれるって思える男に身を預けているだけなんだから」

鈴谷「ヤベー山城が女の子してる」

時雨「天変地異の前触れかな? 」

あきつ丸「最後の審判に震えねばなるまい」

山城「…………」

大井「割と普通でしょうが……どうなってるのよあなたたち」


504 ◆5z7C0EoTrg2021/04/22(木) 23:56:49.698DMtSlBh0 (10/11)


< 仕切り直しました >







山城「例えばこう、手を差し出す向きなんて私知らなかったわ」

時雨「う、うぅん? 」

鈴谷「あれでしょ? オペラグローブとかしてるフォーマルっぽいときに嫋やかー(笑)な感じで手乗っけるやつ」

山城「漣や葛城ならカッコワライを口で言うなって言うところね。……まぁ、たぶんそれよ」

あきつ丸「そんな刹那が一度でも訪れてほしいものでありますね」

山城「そう……鈴谷? 」

鈴谷「んー? 」

山城「そろそろ、受け入れてあげたら? 馬鹿にしたわけでもなくあなたたち、似合うと思うけれど」

鈴谷「え、や、うーん……うん? 」

時雨「こっちに助け求められても困るよ。……山城さ、あれに抱かれて余計な勢いまで身に付けちゃってない? 」


505 ◆5z7C0EoTrg2021/04/22(木) 23:59:39.418DMtSlBh0 (11/11)


< 思考の無い思考 >







愛宕「ふふ……」

高雄「……ん」

愛宕「ありがと。……戸籍を貰って喜ぶなんて、難民みたいじゃない? 」

高雄「まぁ……生と死に惑って難儀しているわけだし難民でも間違いじゃないわ」

愛宕「そうねぇ……」

高雄「…………」

愛宕「…………」

高雄「…………」

愛宕「…………」

高雄「…………」

愛宕「…………本気でびっくりしちゃった。俺の苗字に合う好きになれそうな名前でも考えておいて、なんて」

高雄「本当に唐突で…………酷い、男よね」


506 ◆5z7C0EoTrg2021/04/23(金) 00:00:07.15xjJZjDa00 (1/1)


ありがとうございました



507以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/04/23(金) 00:05:32.52dRFoPdro0 (1/1)




508 ◆5z7C0EoTrg2021/05/12(水) 23:48:04.87O2+OiQTe0 (1/2)


< 弥終まで共にあれるのならば >






提督「結婚生活において大切なこと三つ」

高雄「唐突な。……料理、献身、そして……

提督「そして? 」

高雄「いえ……それは全て愛の一言で終わらせてしまえることだと思うから、言えない」

提督「なるほどね」

高雄「あなたにとっては? 」

提督「愛と愛と、それと愛かな。それは全部意味の違う言葉で全く同じ意味の感情だけど」

高雄「言葉遊びも大概にしてほしいものね」

提督「悪い。こういうのが好きでガキなまま大人になったんだ」

高雄「そう……」

提督「…………」

高雄「…………」

提督「…………」

高雄「…………あなたといるから幸せだって覚えていてください。
あなたといれば不幸せでもいいなんて嘘を吐いたら、殺してくださいね」

提督「分かった。……そんなこと高雄に言わせることになったら殺してくれよ? 」

高雄「当然です。…………果てまで、ずっと見つめさせていてくださいね、あなたの横顔を」


509 ◆5z7C0EoTrg2021/05/12(水) 23:48:37.76O2+OiQTe0 (2/2)


恐らくまたちょっとずつ再開していくかと

またよければよろしくお願い致します


510以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/05/12(水) 23:59:19.78cYKlCZWa0 (1/1)

乙 復活して良かった


511以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/08(木) 11:02:42.57oLIXUJ4S0 (1/1)

復活待機中


512 ◆5z7C0EoTrg2021/07/17(土) 23:51:27.219eSKjny50 (1/7)


< ヒトにとってはてぇてぇNTR >







雲龍「嗚呼……これが、寝取られている女側の気持ち……? 」

天城「違うと思いま……そうかもしれませんけれど」





阿賀野「馬鹿みたいに好かれている雌猫の前で猫動画観るってどういう特殊獣姦プレイなの? 」

加賀「…………猫に縋り付かれるってどうやったら成し遂げられるのかしら」


513 ◆5z7C0EoTrg2021/07/17(土) 23:52:44.329eSKjny50 (2/7)


< 去年の三月くらいの話 >








海風「そういえば江風さ」

江風「あン? 」

海風「結構前だけど雲龍さんが責任取ってくれる発言してたじゃん」

江風「あぁ……チートス勝手に食べた冤罪吹っかけられて唐突にディープなのされたとき」

海風「そんなに誰かに相手してほしいならお姉様呼びしてくれば? 」

江風「や、雲龍さンのこと嫌いじゃないけどさすがに姉貴の方がマ……

海風「うん? 」

江風「……姉貴の方がマシって言わせようとしなかったか? なぁ、その顔はなンだ? 」



514 ◆5z7C0EoTrg2021/07/17(土) 23:54:47.089eSKjny50 (3/7)


< 盲目と笑いますか? >








漣「現実主義なんてロックじゃねーんだよなー。ねぇ? 」

天城「その通りです」

涼風「それでもロックってーか音楽は現実だぜ? 」

天城「何をほざいてるんですか。ロックはロックであって現実なんてくだらないものの介在は許されません」

涼風「そっか。……ボケ? 」

漣「そうであってほしい、とは思うけど」

雲龍「残念ながら……」

葛城「手遅れ、でございまして……」

天城「???? 」



515 ◆5z7C0EoTrg2021/07/17(土) 23:56:03.299eSKjny50 (4/7)


< 無いモノは壊せない云々 >







葛城「てーかロックって現実があって初めて映えるものじゃないの?
反目して攻撃して貶す存在がいないとロックって成り立たなくない? あれこれ赤ちゃん? 一人で立てるのかな? 」

天城「」

涼風「……なんでそういうこと言っちゃうかな」

雲龍「ね? こういう水差しもしない身の程を理解した話しかしない私の価値が分かるでしょう? 」

漣「そういう程度の話ですかね……」

天城「」



516 ◆5z7C0EoTrg2021/07/17(土) 23:57:15.299eSKjny50 (5/7)


< 唐突ですがおっぱいに平伏さないのは間抜けです >







提督「や、本当意味分からんわ。人間兵器ってんならおっぱい大きくつくる意味はどこにあるんだよ」

愛宕「それ前も聞いたけど」

提督「お前らはいいんだよ。一応なんというか勝手にその形になるわけでな、手ぇ加えておいてデカくする意味」

愛宕「再利用を見越して? 」

提督「なんのだよ……そもそも可愛くつくる意味」

愛宕「広報に使えるでしょう? 」

提督「あぁもうじゃあ人間味を表現する意味」

愛宕「所謂自己修復自己保存の為には自己愛を育めないと? 」

提督「んぎぎぎぎっ……」

愛宕「うん? 」

高雄「はぁ。……あなたが何を求めているのか全く分からないのですけれど」



517 ◆5z7C0EoTrg2021/07/17(土) 23:57:53.129eSKjny50 (6/7)


< “ 悪魔たちの中のユダ ” >







時雨「これ、物凄く好意的かつ中二的に表現したあきつ丸だよ」

あきつ丸「そうか。……春雨殿」

春雨「拒否。……時雨ちゃんはなんで最近物凄く変な酔い方するようになったの? 」


518 ◆5z7C0EoTrg2021/07/17(土) 23:58:50.419eSKjny50 (7/7)


< 心から欲しいものなんてきっと永遠に手に入らない >







雲龍「私がオバさんになっても ♪ 」

天城「そもそもオバさんになるんですかこの女」

葛城「寧ろなれるんならいいねって感じ」

赤城「この人なら腐りかけの女の方が余程好みでしょうしね」

天城「なるほど」

葛城「永遠にストライクは取れない女なんだ」

赤城「アンパイアどころかルールからして偏屈ですから」

提督「素直とは言わねぇけども……歳取りたいって贅沢過ぎると思うんだよなぁ」



519 ◆5z7C0EoTrg2021/07/18(日) 00:00:16.52jElZ5p6h0 (1/1)


なんというかメンタル復帰しました
本当に失踪して申し訳ありませんでした



それもこれも泥酔した勢いが良くないのです
こういうのさっきぶん投げました

【艦これ】提督「カップサイズ幾つ? 」蒼龍「I だけど」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1626532734/

よければどうぞ


520以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/18(日) 00:06:30.80mHfZySRN0 (1/1)

乙 復活して良かった


521以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/18(日) 10:17:16.23OKJB687uo (1/1)

おかえりー


522 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 22:44:54.72DkM/vZgl0 (1/24)


< 絶妙に潰れないくらいに極悪な無造作 >







提督「ッ~~~~……! 」

雲龍「……うん? 」

提督「タマ……タマ、タマ…………思いっきり膝入ったぞ今」

雲龍「あ、そう……」

提督「な、涙が出ちゃう、男の子だもん」

雲龍「……お詫びに舐めて慰めてあげましょうか? 」

提督「俺は犬猫じゃねぇしこの痛みはそんなんじゃ……うん? 」

雲龍「? 」

提督「未だかつてタマを痛めてからすぐに舐めてもらったやつはいないだろうおそらく。
もしかして治るかもしれなイッ! った……っ……いってぇ」

雲龍「やれと言われたらやるけれど……馬鹿? 」



523 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 22:46:03.25DkM/vZgl0 (2/24)


< フッツーに吐きそうなくらい痛い >







提督「馬鹿だよ。……クッソいてぇ」

雲龍「シーツが滑ったのだもの」

提督「そもそも寝起きでベッドに潜り込まなくていいから」

雲龍「他にやることが無いの」

提督「黙って寝ときゃいいだろうが」

雲龍「言い直す。他にヤりたいことが無いの」

提督「バック多かった翌日は乗りたいとかそういう? 」

雲龍「そういう。……で、舐めた方がいい? ふやけるまでしゃぶってあげるけれど」

提督「フッツーに仕事だよこの後……」


524 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 22:46:58.93DkM/vZgl0 (3/24)


< 結果が変わらないとか言ってはいけない >








江風「デートに一番金使いそうなのって? 加賀さンからは食事抜いて」

海風「んー……Littorioさんじゃない? 」

涼風「それっぽいな。買わせるのも美人の務めとか思ってそうだし」

江風「確かに」

Littorio「失礼な。あの人が勝手に買ってくれるだけですけれど、何か? 」


525 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 22:47:37.99DkM/vZgl0 (4/24)


< 頑張るの度合いとは >








海風「じゃあ逆は? 」

江風「姉貴、って二、三年前なら言ってたけどうーン? 」

伊14「涼風とか姉貴じゃない? 小食だったり食事にあんまり興味無かったりだし」

涼風「アクセとか服も最低限でいいしな。……でもそう考えると扶桑姉妹は割と使わせてそう」

海風「当然でしょ? 下手したら愛宕さんなんかより余程使わせてると思うよ」

山城「おっさん舌の金髪より舌が現代向きなだけよ」

愛宕「しっつれーな。……ランジェから始まってアウターも頑張って抑えてると思うんだけどなぁ」


526 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 22:49:03.41DkM/vZgl0 (5/24)


< ぽーんと札束で殴られても納得できてしまう相手 >







赤城「あれ、てっきり例によってお手付き組の中だけの話かと思ったらここの面子全員みたいなんです」

龍田「え? まぁ……そうみたいですね」

赤城「我ながら食事関係は加賀さん並だと思うんですけど名前が上がらないということは」

龍田「“ 赤城さんが誰かとデートする ”なんて悍しい状況誰も想像し得なかったのじゃないかしら」

赤城「やっぱりそういうことですよねぇ……」



527 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 22:50:13.69DkM/vZgl0 (6/24)


< トクベツ >






赤城「これでも“ 誰かと二人きりで特別な話をする ”だとか、
“ 社会的立場のある特別な相手と秘密を共有する ”なんて機会は皆さんより多いんですけど」

龍田「はぁ。……だからじゃないですか嫌ですねぇ~……」


528 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 22:51:43.19DkM/vZgl0 (7/24)


< あくまとのとりひき >







雲龍「高雄って合理的かつある意味奔放で手が付けられないタイプじゃない」

明石「まぁ」

雲龍「だから……もしかしてね? 」

明石「はい? 」

雲龍「あの人が生涯現役であり続けて今のまま猛るようになるクスリつくればね?
あなたの研究も許してくれそうじゃない? 妊娠機能の回復」

明石「いやいやそんなまさか……高雄さんの愛情馬鹿にし過ぎでしょ」





高雄「約五十年間の今と引き換えに……ふむ」

愛宕「あのね……」



529 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 22:53:02.50DkM/vZgl0 (8/24)


< 冗談、冗談ですよ? >







高雄「いえ、でも割りかし悪くない取引だと思うわ」

雲龍「ね? 」

愛宕「えー……」

明石「…………つまりあの人が八十過ぎまで生きたとしてその直前に“ 艦娘 ”の寿命を解放して妊娠能力も付与しろと? 」

高雄「大雑把に言えば」

明石「それをできるかは置いといてお子さんはどうするおつもりで? 」

高雄「私が死んでも複製の私か愛宕に任せれば

愛宕「少なくとも私はお断りしておきますねお姉ちゃん」

雲龍「あと五十年も本気で全盛期維持できるならなんとか説得できそうじゃない? 」

提督「ロスタイムがロスタイムに思えねぇんだけど……アディショナルはそのまま使って終わるんじゃねぇかなそれ」


530 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 22:56:03.58DkM/vZgl0 (9/24)


< 何の冗談かと思いました >







漣「うーん……やってしまいましたなぁこれは」

叢雲「電気シェーバーなんてあなた何に使うのよ。そんな剛毛だった? 」

漣「しっつれーな。花も恥じらういと美しき柔肌の美少女にボーボー発言とは。
つーか足に産毛以外の毛なんぞ生えとらんわこんちくしょう! 」

叢雲「ネバーロリータ様様ね。……じゃあ何よこれ、通販でしょ? 」

漣「勝手に送られてきたんだよこれ。尼さんから」

叢雲「尼? 」

漣「密林、って言った方がいいかな」

叢雲「ふぅん……」

漣「まぁ、マケプレもふっつーに使ってたし業者もあんま気にしてなかったからなぁ……どうせ海軍の検閲入ってると思って」

叢雲「某国の業者が郵便関係の優遇とか狙ってるって噂のあれってこと? 」

漣「たぶんそーいうこと」

叢雲「ふぅん……つまりこれ海軍の一部にはあなたが剛毛でかつシェーバーでかるーく処理する女って思われるってことよね。
なんならギフトでそんなもの贈られる程周りに気遣われてる」

漣「……………………」


531 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 22:57:41.03DkM/vZgl0 (10/24)


< そんなものに何か意味があって? >






加賀『ほら……おいで…………ね? 安心しても、いいから……あぁ…………んぅ……』






提督「可愛いね。……これ撮ってお前何も言われなかったの? 」

初月「無言で……演習場に……一時間も掛からなかったよ」

提督「あ、そう……」

加賀「恥ずかしいのはまだ無くならないけれど冷静になれば指先を嗅いで、舐めて、ゆっくりと抱き締めさせてくれた数少ない記録よ」

涼月「そうですね。……沈みゆく初月を必死に引き上げた私に何か労いは無いんですか加賀さん」



532 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 22:58:47.97DkM/vZgl0 (11/24)


< このあと滅茶苦茶云々 >







加賀「? あぁ、貴重なカメラを引き揚げてくれてありがとう。万謝に値するわ」

初月「僕はカメラ扱いなのか」

加賀「あなたにそれ以外の価値があって? 」

涼月「たかが猫の動画で……ネットも漁れないんですか? 」

初月「あっ」

加賀「ほう……」

提督「なんで素面なのに数時間以内で連続して失言するんだお前ら。
……加賀もにこやかな顔で拉致していくんじゃない馬鹿」



533 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:04:16.75DkM/vZgl0 (12/24)


< ホントどーにかしてこの暑さ >







愛宕「あのね、エロいランジェって確かに女物なのに男寄りの価値観かもしれないし、
単純に喜んでほしいとか興奮してほしいとかは置いておいても」

旗風「は、はぁ」

愛宕「ケダモノっていうのは言う程語感にストレートじゃないのよ?
貪られる代わりにすっごい楽しませてくれるのよ? 」

旗風「ん、んんっ? 」

愛宕「自分が楽しみたいなら楽しませなきゃ。愛には愛で応えてあげたくなるものなのよ」

旗風「否定なんてできませんけれど……愛宕さんが透けるTシャツ着てビールなんていよいよこの世の終わりみたいな暑さですね」



534 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:07:22.31DkM/vZgl0 (13/24)


< 嫌なことは1mmもしたくない >







愛宕「というかね、私もサルートとか買ってみたいのよ? 分かる? 」

旗風「ファッションの話として分からなくはありませんけども」

愛宕「マックスでIの75って何よ……そこまで太くない……なのに合わない……やってられないわ」

旗風「えーと……」

雲龍「疲れて酔ってるのよ。分かってあげて」

旗風「分かってますよ。…………ここでこの場面でこのタイミングで一番雲龍さんには言われたくないですけど」

松風「昼過ぎまでクーラー効いた部屋で寝て夕方まで泳いでその後お風呂上がりのショーパンでお酒ねぇ……」


535 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:08:37.37DkM/vZgl0 (14/24)


< それがある種の至上命題な生き方ですので >






江風「でもどうせ垂れない崩れない、って身体なら常にノーブラか紐ビキニで問題無いな! 」

雲龍「……ハンッ」

愛宕「……ハンッ」

海風「馬鹿だね江風は。…………だとしてこんな場面で史上最高にせせら嗤うが似合う顔するのはどうかと思いますけど」


536 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:09:56.72DkM/vZgl0 (15/24)


< でも結局一言で十分だよね >







雲龍「それに常にノーブラでいては私自身もあの人も面白くないでしょう? 」

愛宕「そうねぇ」

江風「は? 」

海風「…………物凄く分かりますけど言葉が少な過ぎでは? 」


537 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:14:05.03DkM/vZgl0 (16/24)


< 酔い深き >







雲龍「ソファに座っている男の膝に座ってイチャついていると」

天城「何です。ここは退きませんよ」

雲龍「それは残念」

提督「また変な酔い方……普段ならこいつがいる前でこんなことしないだろうお前」

天城「いいんです。こういうときじゃないとできませんので。見せびらかしたいの」

提督「あ、そう……」

雲龍「どうせ二人だけならしてるでしょうし大して変わらないでしょう。……そうやっていると」

提督「あん? 」

雲龍「絵面がもろにセクキャバね」

提督「……」

天城「どうします? それっぽいことしますか? 」

提督「や、ややや……それっぽいことってなんだよ……いいよ別にそんなの」


538 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:14:57.15DkM/vZgl0 (17/24)


< 鮪って美味しいよね! >







雲龍「あら、私も参考の為に知っておきたいからどうぞ」

提督「何の参考になるっていうんだよ」

天城「退役できたとしてその後__さんに捨てられたらそれで糊口を凌ぐんでしょう? 」

雲龍「そこまで落ちても生きたいと思ってしまったのならたぶんソープとかの方がいいと思うわ」

天城「そもそも姉様なら愛人業の方が向いていそうですものね。接客業なんて無理ですし」

雲龍「それなら無表情マグロの専門店にする」

天城「今ってそんなのまであるんですか? 」

提督「俺に訊くな馬鹿。……こんな話されるくらいならおっぱぶっぽいことされてる方が万倍マシだわ」


539 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:15:48.46DkM/vZgl0 (18/24)


< 酔い更に深き業は更に更に深き >







天城「えーと……どうするのが礼儀? 」

雲龍「取り敢えず前を開ければいいわ」

天城「なるほど」

提督「本当に開けるんじゃない。や、なんでお前こういうときに限ってボタンのシャツ着てんだよ」

天城「着物では足を開いてあなたに座れないでしょう? 」

提督「そんな無垢な顔をするな」

雲龍「で、こう、揉ませる」

天城「はい。……手を掴んでいては揉めませんよ? 」

提督「だから無垢な……この状況で脱がせたくねぇんだよ……分かれよ馬鹿痴女」


540 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:16:57.30DkM/vZgl0 (19/24)


< どこかで見たようないつもの >








雲龍「つまり私が脱げばいいのね? 」

天城「膝の上は譲りませんが」

提督「あぁもうなんなの……君はこれ以上場を掻き回さないでくれるかな」

雲龍「ただ暑いだけ。あなたが勃たさなければいいだけね」

天城「なるほど……__さん、天城も暑いんです」

提督「あ、そう……天城ちゃん」

天城「はい? 」

提督「その馬鹿姉をどうにかしてから春秀でも飲もう?
二人だけなら何でもするから」

天城「姉様、葛城が呼んでますよ。二人きりで大事な話があるんてすって」

雲龍「裏切り者……」


541 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:18:40.19DkM/vZgl0 (20/24)


< 夜はまだ始まったばかりなのです >







葛城「で、 呼ばれたんだ。……馬鹿なの? 」

提督「あぁ、それ引き取ってくれ」

雲龍「この際葛城でもいいわ。私を慰めてくれる? 」

葛城「よしよしいい子いい子、でいいなら」

提督「いいぞ」

天城「微笑ましい姉妹愛ですね」

葛城「もう面倒臭くなってるでしょ。……天城姉ぇはさ」

天城「? 」

葛城「明日の朝本っっっっ当に後悔すると思うよ。
恥ずかしさって割とダメージ大きいよ? 」

天城「ここまでくるともう何も変わらないと思うの」

雲龍「その通りね。……天城ちゃんがハメ撮り送ってくれるなら葛城ちゃんのよしよしで妥協してあげる」

天城「分かりました。もう少し遊んで飲んでそれからヤりたいので暫くお待ちくださいね」

雲龍「ん」

葛城「あ、それ私にも送ってねー」

提督「いやいやいや……いや、俺の意志は……? つーか天城くん……? 」


542 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:24:06.36DkM/vZgl0 (21/24)


< 酔って覚めてまた酔うとちょっとね >







愛宕「しな、って奥が深いわよねぇ……」

高雄「……そうね」

愛宕「…………」

高雄「…………」

愛宕「…………」

高雄「…………」

愛宕「…………」

高雄「…………」

愛宕「…………あ、そういえばタマネギのストックが

高雄「いえいえいえ……あのぅ? 」


543 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:24:34.47DkM/vZgl0 (22/24)


< ピロン♪ >







雲龍「うわぁ……」

葛城「雲龍姉ぇがそんな反応するってどんだ……うわぁ……」

雲龍「…………」

葛城「…………」

雲龍「…………明日、天城生きていられるかしら」

葛城「あー……ちょっと怪しいかも……」



544 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:26:43.48DkM/vZgl0 (23/24)


< 寂しいって辛いからね >







葛城「てーかさ、二人とも所謂ところの床惚れってやつなの? 」

雲龍「相性はいいと思うわ。勿論肉体的にも優れたオスと言えるのでしょうし、
それ以前からの想いが前提としてあるけれど」

葛城「ふぅん……」

雲龍「何? 男にも興味湧いてきた? 」

葛城「興味はふっつーにずっとあるよ。股開いても良いと思える男がいないだけで」

雲龍「瑞鶴さんへの裏切り甚だしいわね」

葛城「私って元々そういうやつだし。…………瑞鶴さんも気付いたら咥え込んでる可能性あると思うんだよなぁ」


545 ◆5z7C0EoTrg2021/07/19(月) 23:27:11.55DkM/vZgl0 (24/24)


ありがとうございました




546以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/19(月) 23:45:37.89uWymuQIQ0 (1/1)




547以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/20(火) 00:42:30.61uzj++IrKo (1/1)

透けたシャツ、ええなぁ


548以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/20(火) 06:02:35.37VL4M20ZDO (1/1)

何故か、愛宕が夢見りあむみたいな恰好をしているのを想像したわさ


549 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 21:33:37.44D+REUCxl0 (1/14)


< 無加工でノータイム送信していました >






提督「ようおはよう」

雲龍「おはよ」

葛城「はよでーす。……訊かなくても分かるけど天城姉ぇは? 」

提督「引き籠ってまた飲み始めた」

葛城「やっぱり」

雲龍「誰にも転送したりしてないのによく分からないわね。
私たちってそこまで信用無いのかしら」

提督「え、やー……」

葛城「……姉妹相手のアレはある意味他人相手より自沈モノだと思うよ、いや、マジで」


550 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 21:37:02.14D+REUCxl0 (2/14)


< 普段の意志は行方不明ですが(昨日) >







愛宕「ねぇ、天城知らない? 」

提督「知ってる」

雲龍「妹ね」

葛城「姉ですね」

愛宕「そうじゃなくて。よくこの暑苦しい朝からくっだらないこと言えるわね」

提督「俺だからな。……知ってる、けども」

葛城「言わないであげて。せめてカードか麻雀の罰ゲームまでは」

雲龍「すぐ聞けそうだものね。愛宕? 朝食当番なら私が代わるわ」

愛宕「あ、それはもう私が用意したんだけどLINEの既読すら付かなくて……何?
男と寝た朝に行方不明ってわけじゃないのね? うん? 」


551 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 21:37:49.92D+REUCxl0 (3/14)


< 秘密、というものの意味について >








提督「別に答えなくてもいいんだけど俺以外の全員が参加してるLINEグループがあるんだろう? 」

叢雲「答えを拒否する理由も無いわ。あるわよ」

提督「そこでさ、こう……うーん……や、なんていうか」

叢雲「冗談は兎も角あんたの陰口になるようなことは無いから安心しなさい。
機密に関することだって見たこと無いわ」

提督「そうか。……いや、でもそうじゃなくてな、逆っていうか……あぁ、自分で言うとクッソキモいんだが」

叢雲「何よ」

提督「はぁ。……………………一種宗教的なさ、馬鹿にしちゃいけないみたいな雰囲気になってねぇか? 俺そんなの嫌なんだけど」

叢雲「なるほど……………………あぁ……」

提督「…………………………………………」



552 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 21:40:52.65D+REUCxl0 (4/14)


< 決して嫌な感じではなくて >






叢雲「でもあれよ? 愛宕とか漣とか……話の流れによっては他も普通にネタにしたりしてるし」

提督「うーん」

叢雲「そこまで嫌な雰囲気でもないから安心しなさいな」

提督「まぁ、不信があるわけでもないんだけど」

叢雲「基本はその日の食事とかそういうのだし。……まぁ」

提督「あん? 」

叢雲「ここのLINEだから、とかじゃなくて女の集団にありがちで避け得ない牽制だとかはあるから不信は抱いておいた方がいいわ」

提督「あ、そう……」


553 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 21:43:57.09D+REUCxl0 (5/14)


< 嫌いだから吸う、なんてことも無いとは思うけれど >







漣「ご主人様に月姫をやらせてみて」

明石「似合わなさそう、と思ったけどあの人自称からして永遠の中二病罹患者だから好きそう」

漣「どのキャラを気に入ると思います? 」

明石「先生と四季と朱鷺恵さん」

漣「ヒロインが一人もいねぇ」

明石「一応先生もヒロイン……ではないか。
たぶんヒロイン限定にしたら真祖の姫君ダントツでしょうね」

漣「カレー先輩も割といいんじゃないです? 広義には化け物だし」

明石「ですねぇ……」






提督「なぁ……俺ってヒトガタの化け物体質ならどんなキャラでも好きになると思われてないか? 」

愛宕「中二的な意味でもあんまり間違いじゃないでしょ?
ハルクとか好きじゃないあなた」

提督「や、まぁそうだけども……別に憐憫とかで女の子好きになるわけじゃ」

愛宕「はいはい。……いいからお風呂行きましょう? 暑いしTシャツ張り付くしやってられないわ」


554 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 21:47:17.62D+REUCxl0 (6/14)


< 刹那の内に振り返り >







明石「鈴谷さんならカレー一択なんですが」

漣「や、あれで恋したいお年頃なんでさっちんとかいきそうですけど」

明石「さっちんかぁ」

漣「っぽくないです? 」

明石「まぁ……」

漣「ルート無さそうな雰囲気なら龍田さんでもいいですけど」

明石「龍田相手とはいえひっでぇこと言いますね……むっ」

漣「むっ。…………龍田さんが忍者体質じゃなくてよかったですねぇ」


555 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 21:50:47.18D+REUCxl0 (7/14)


< 有り得ないことと信じてはいるけれど >







龍田「敢えて今の状況を良いものと考えると」

高雄「きっと一般的には良くないものなんでしょうね」

龍田「ふふ……ほら、結婚しているとゆくゆくは慰謝料だとか財産分与が発生するでしょう? 」

高雄「はぁ」

龍田「今のまま行けばどちらが心変わりしてもすっぱり別れられるのは良いことじゃない? 」

高雄「まぁ……」

愛宕「そうねぇ……私や高雄はそれでいいかもしれないけど……ねぇ? 」

提督「俺たぶん死にたくないから別れなんて告げずに消えると思うよ。
結婚してるしてない関係無く」

龍田「なるほどぉ~……? 」


556 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 21:57:15.33D+REUCxl0 (8/14)


< 素敵なステーキ >








瑞穂「ですね? ……フフ……」

提督「躾はちゃんとしとけって言っただろうが」

明石「や、えー……私の所為ですかねこれ」

扶桑「和風の漬けだれなのにガーリックでもしっかり合うのね」

山城「美味しいのは美味しいですけれど昼当番二人の趣味ですよね」

Littorio「何か文句でも? 」

高雄「こういうのをいつかお店で出せれば最高ですね、
と思ったけれど天城さんいないですね」

葛城「諸事情によりまして、ええ」

愛宕「私は好きよ? って言うと応援にならないんだったかしら」

雲龍「おっさん舌、というやつ? 」

漣「ま、ダラダラぼんやりして気付いたら鮪の漬けステーキが出る生活に文句なんて有り得ませんけどねぇ……」


557 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 21:58:27.92D+REUCxl0 (9/14)


< 永遠に終わらない >








叢雲「でもこれ……うぅん……さっくりっていうか、軽過ぎる。薄力粉じゃなくて米粉にしたわね? 」

Littorio「代用ではありませんよ? 好みです」

高雄「その辺はLittorioに任せましたので」

叢雲「別に嫌いじゃないけど……ん……」

提督「本気で代用すんなら天ぷら粉にするだろう。納得いかないなら次は自分でつくれ」

叢雲「だから嫌なわけじゃない。もう少し、本当にあと少しだけとろみが欲しいだけ」

Littorio「では次はいっそ片栗粉でいきましょうか? 」

叢雲「何? 私にドロドロのでんぷん塗れになったマグロを食べろって言うの? 」

高雄「高級な方の……いえ、馬鈴薯ではない方の本物のカタクリを用意しましょうか」

叢雲「それならそれで興味はあるわ」

江風「…………なぁ、このヒトたち何言ってるンだ? 」

涼風「知るか。……でもなんか江風に仲間意識持たれるのもそれはそれで嫌な気がしないでもないな、これ」


558 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 22:00:30.54D+REUCxl0 (10/14)


< 買えないわけでもないけど居住地によっては面倒といえば面倒 >







提督「いっそもうコーンスターチでどうだ。新しい世界が見えるかもしれない」

叢雲「どうせ美味くもない不味くもない微妙なやつができるだけよ」

Littorio「Littorioは葛粉を使ってみたいのですけれど」

高雄「本葛ですか……お高めですよ? 」

Littorio「それはLittorioたちの生命よりも高いものなの? 」

愛宕「そんなわけ。……でもだからといって人数分の本葛ねぇ」


559 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 22:05:47.02D+REUCxl0 (11/14)


< いなかった、のでした >






加賀『私、こう見えて絡み酒タイプなのだけれど』

天城『はぁ、とてもそうは見えませんが』

加賀『ここって絡み酒、いないわよね』

天城『江風さんが鬱陶しくなるくらいですね。平和でいいじゃないですか』

加賀『まぁ……そうね』

天城『何か不満でも? 』

加賀『いえ、そういうわけでは』





天城「」

雲龍「…………虚ろな顔で床にへたり込む程? 」

葛城「天城姉ぇは何時間そうやってたのさ。
……雲龍姉ぇも一般常識としてそれくらいのダメージがあるのは分かろうね? 」



560 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 22:08:22.43D+REUCxl0 (12/14)


< 追い討ちをかけているわけでもないが >






天城「」

雲龍「まぁ、一応覚えておくわ。……天城? 」

天城「…………? 」

葛城「いや、こえーよ。今ギギィって首鳴ったかと思ったわ」

雲龍「今度は私とあの人の三人でピースして撮りましょう? 葛城もよければどうぞ」

天城「…………」

葛城「…………」

雲龍「…………? 」


561 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 22:13:18.63D+REUCxl0 (13/14)


< どんなものだったかは、はて >






葛城「あのさ……」

雲龍「別に強要はしないわよ。そもそも海風のこれとかもっとエグいわ」

天城「ウワァ……」

葛城「あぁ、さすがに私には見せてくれないんだ」

雲龍「ハメ撮り交換LINEのメンバーと準構成員になってしまった天城までね」

葛城「や、別に見たくもないけど。ドン引きだよドン引き」

雲龍「で、あなたはここに入る程? 」

天城「いえ。さすがに素面でそんなことをする程女も意志ある生物も止めていませんので」

雲龍「あ、そう……」

葛城「それで復活するんだ。…………海風ちゃんの顔まともに見れる気しないよ明日から」


562 ◆5z7C0EoTrg2021/07/20(火) 22:14:05.82D+REUCxl0 (14/14)


酔いで大体なんでも言い訳できますけどね
最近は嫌な暑さも追加できますし

ありがとうございました



563以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/20(火) 22:15:30.89MePOB7c00 (1/1)

乙 北海道の方ですら30℃越えですからね...


564以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/21(水) 06:53:50.46L9O33Jb/0 (1/1)

>虚ろな顔で床にへたり込む
中破グラだコレ




565 ◆5z7C0EoTrg2021/07/21(水) 23:44:13.24MrDJvIWE0 (1/5)


< 暑いからそういうことしてたんですってば >







提督「おいこら今日の朝食当番はどこのどいつだ言ってみろ」

叢雲「あ? 私だけど」

提督「だと思ったぜ……なぁ」

叢雲「何よ間抜け将校」

提督「…………」

叢雲「…………」

提督「…………」

叢雲「…………」

提督「…………よくやった! 鯛の冷やし茶漬けとはよく分かってるな。クソ暑いこの巫山戯た朝に染みる」

叢雲「はいはいどうも。…………暑さってより夕方から馬鹿みたいに飲んで一晩中盛ってた所為だと思うけど」


566 ◆5z7C0EoTrg2021/07/21(水) 23:44:56.39MrDJvIWE0 (2/5)


< 実際休みの日に早起きしてつくると気分が良い >








愛宕「ん~~♪ ほうじ茶っていうのがまたいいわねぇ~♪ 」

叢雲「手近にあったのがそれってだけよ」

愛宕「またまたぁ。私が疲れてるって見越してでしょう? うん? 」

叢雲「うっざ……大体こいつの方が疲れているように見えるけど? 」

愛宕「ドスドス馬鹿みたいに突かれた方が疲れるに決まっているでしょう? 」

提督「美味いね。あと何も言わねぇぞ俺は」

叢雲「言わなくていいわよ……品の欠片も無い」



567 ◆5z7C0EoTrg2021/07/21(水) 23:45:39.03MrDJvIWE0 (3/5)


< 嘘吐き返し >







提督「、とかなんとか言いつつ暑くてやる気出ねぇわ」

高雄「クーラーの風はどこへ消えてるというんです」

提督「部屋が冷えててもなんとなく倦怠感みたいなのあるだろう」

高雄「分からなくはありませんが仕事は仕事ですよ」

提督「まぁね。……ブラの汗ちゃんと取ってる? 拭ってあげようか? 」

高雄「天城さんに良いサラシを勧めていただきまし

提督「何それいいじゃん見せ

高雄「嘘です」

提督「…………」

高雄「あなたも大概食い気味だったでしょうが」



568 ◆5z7C0EoTrg2021/07/21(水) 23:47:25.85MrDJvIWE0 (4/5)


< あるのかも知らないけど見たことは無い >







高雄「まぁ、天城さんではありませんが和柄のブラではありますよ」

提督「ダウト。あれ俺の知る限りでは高雄のサイズ無いし」

高雄「…………」


569 ◆5z7C0EoTrg2021/07/21(水) 23:47:52.42MrDJvIWE0 (5/5)


ありがとうございました



570以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/21(水) 23:56:31.869BBvI2lw0 (1/1)




571以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/23(金) 06:45:14.206CyOHQkko (1/1)

お疲れ様です


572 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:05:39.421YV7cQ+g0 (1/18)


< 熱い夜を越えて >







提督「フゥ……………………ふぅ……起こした? 」

高雄「ええ……鼻につく臭いで起こされて酷い気分」

提督「悪いね。気分が良いと吸いたくなる」

高雄「気分の良いあなたを見ているのは好きだけれど……あなたのそれは好きじゃない」

提督「許して? 」

高雄「許さない。私以外のものを見るなんて物だって許せない」

提督「ほら、俺は向日葵だからさ。で、高雄は俺の太陽なんだ」

高雄「脈絡も忘れるなんてその煙は有害にも程がありますね」

提督「だけどこれがあるから俺は俺であれてる」

高雄「そ。……不思議なこともあるものですね。あなたの世界には幾つの太陽があるんです」

提督「いじめんなよ。……フゥ…………今日もあっつくなりそうだなぁ……」


573 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:06:57.311YV7cQ+g0 (2/18)


< 見つめ合うにはまだ陽が高過ぎる >







提督「これでも誕生日には吸わないように我慢したんだぜ? 」

高雄「だからっていいことは無いしいつの話です。…………キス、して」

提督「許せないんじゃねぇの」

高雄「だからこそ、です。あなたの一番醜いところも私にくれないと嫌」

提督「もっと醜いところだらけだけどな。…………フゥ……………………目、瞑ってよ」



574 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:09:17.271YV7cQ+g0 (3/18)


< 鬼子母神の類いが如き形相で >







龍田「誰かが言ったわ、生めよ殖やせよ地に満ちよ」

提督「言ってた言ってた」

龍田「所詮生き物の範疇に収まるのならそれが絶対の正義なの」

提督「そうだな」

龍田「……」

提督「……」

龍田「…………」

提督「…………なぁ」

龍田「何言われても半笑いで返すけどそれでもいいなら、どうぞ? 」

提督「…………」






加賀「ちょっと! 何故サンが妊娠してるのよ! おかしいじゃないそんなの! 」

雲龍「その辺の野良に彼氏がいるなんて美人、じゃなくて美猫の特権でいいじゃないですか」

加賀「はぁ? 」

天城「姉様は黙っていてください」

明石「あはは……外出も制限していませんでしたからねぇ」


575 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:09:55.861YV7cQ+g0 (4/18)


< 鬼気(危機)迫る >







加賀「あぁ、あぁ……もう、__! 」

提督「え……俺の出る幕無いじゃん。何? 」

加賀「相手の子を探しましょう! この周辺に野良なんて少ないし家族は共にあるべきよ! 」

提督「ほえ……」

龍田「ほあ……」

雲龍「それなら寧ろサンを離してあげるべきでは? 」

加賀「あぁん? 」

天城「姉様は本当に暫く黙っていていただけますか」

明石「野生に解き放った飼い猫の寿命云々……みたいな目付きでもありませんよねぇ加賀さん」


576 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:12:11.631YV7cQ+g0 (5/18)


< 以心が故の伝心 >







提督「つっても、なんだ、心当たりはいるのか? 」

加賀「私にはありませんね。だから怒っているんです」

天城「天城も知りませんね」

明石「雲龍さんくらいでしょう知ってるとしたら」

雲龍「ちょっと探してくるわ。時々サンのじゃない毛がサンに絡まっていたから気になってはいたのよ」

加賀「あぁん? 何故、言わないの? 」

雲龍「サンが好きになったのなら私から何か言えることは無いので」

加賀「んぐぐぐぐ……」

明石「自分のこと考えて反論できなくなりましたね」

提督「何か俺責められてない? 」

天城「そうでもないと思いますけど。……家猫の管理として見れば落第に感じますよ、さすがに」

雲龍「ん……気を付ける」

龍田「本っ気で来世は猫になった方が万物の幸せよねぇ~……」


577 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:15:14.261YV7cQ+g0 (6/18)


< 恋は盲目(違和) >






鈴谷「そーいやあきつちゃんってさ」

あきつ丸「ん? 」

鈴谷「よくカレー食べてるよね。好きなん? 」

あきつ丸「…………は? 」

春雨「はは……」

浜風「カレー狂の鈴谷さんがいるからでは? 」

鈴谷「や、結構別々に食べてるでしょ食事くらい」

あきつ丸「…………まぁ、うん? うん? 」

時雨「そんな足下が崩れ去ったような顔されても……その理論なら僕もカレーは増えてるだろうしなぁ」


578 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:16:49.861YV7cQ+g0 (7/18)


< 90%なんて信じるものじゃない >







漣「むーちゃんって」

提督「あん? 」

漣「ゲームだと物すっごい堅実なタイプのキャラですよね。
固定ダメージ技持ってたり基本的に諸々の耐性高かったり」

提督「そのくせ持久タイプでもなく攻撃力もそれなりにあるけどな」

漣「そりゃそうでしょむーちゃんなんだし」

提督「あぁ」

叢雲「……成功率九割に負けた私に対する嫌がらせなの? それは」



579 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:19:04.451YV7cQ+g0 (8/18)


< 10→ 49 >







提督「そんなまさか。むーちゃんにぶつけるイヤミなんてありませんとも」

漣「いぇすいぇす。もっかいコンティニュー、どうぞ」

叢雲「むーちゃん言うな馬鹿ども。……ったく理不尽なのよこの判定。何が確率よ」

提督「ゲームの確率に文句言うむーちゃんかーわいー」

漣「かーわいー」

叢雲「うっさい。……そういえば雲龍って運のステータスだけは低そうよね」

提督「でももっと低そうなやつがいるからなぁ」

漣「しかも複数」

叢雲「まぁね。……どうもよく分からない感覚なんだけど完璧に同じ気がするのよね、雲龍と私の運って」

漣「よく分かりませんなぁ……と言いつつ漣も全く同じ気はするけど」

提督「ふぅん……? 」


580 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:21:56.421YV7cQ+g0 (9/18)


< Max値とかなんかそんな感じの大体そういうあれ >






叢雲「で、もっと言うとそれはあくまでポテンシャルというか初期値みたいな感覚なのよ」

提督「はぁ? 遂にお前もオカルト教に入信か? 」

叢雲「そうじゃないけど……なんだか私だけ雲龍や漣より低い気がするのよ。具体的には2くらい」

提督「ちょっと、えっと、……うん? 」

漣「” 艦娘 ”なら皆なんとなく分かってくれるんですけどねぇ……明石さんに数値化してもらうべきかな? 」


581 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:23:00.791YV7cQ+g0 (10/18)


< 当然極上の評価ですよ? >







漣「で、まぁその辺もう少しやってみると」

提督「あん? 」

漣「夕立さんは仲間が死んでも敵が死んでもターンが進んでも早い段階のターンでもオートバフがかかるキャラ。
ついでに相手が確率技とか必殺技を成功させた瞬間馬鹿みたいなバフがかかる中二仕様」

提督「言いたいことは分からないでもないけど何が楽しいんだそのゲーム」

漣「そんなバフ程度じゃ勝ち切れない敵しか出ないんすよそのゲーム」

提督「夕立専用ゲームじゃねぇかそれ」

漣「条件付き超強力バフサポートなご主人様に言われてもなー」

提督「俺はメインキャラじゃないのかよ。
……それで勝ち切れなくてもなお勝ってくれるのが昨今のヒロインじゃない? 」

叢雲「あんたのバフで勝ち切れないんならもう全部終わりよ。諦めなさいな」

漣「絶望抱いて沈むのもまぁやり切った後だししゃーないですねー」

提督「評価されてんだかされてないんだか……」



582 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:23:29.921YV7cQ+g0 (11/18)


< そこだけは譲らない >








提督「つーか俺のむーちゃんがサラッとバフとかいう言葉使いこなしてる理由」

漣「や、ほら、なんか漣の趣味に引き込んでしまいましてなぁ。今や漣のむーちゃんですからして」

叢雲「あんたたちのどっちのものでもない。……あとむーちゃん言うな馬鹿」


583 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:25:03.561YV7cQ+g0 (12/18)


< 不要かとは思いますが更に掘り下げて >







漣「攻撃系スキルばっかの愛宕さんと防御系スキルとバフ系スキル盛り盛りの高雄さんがいて」

叢雲「特定条件下において二人同時に使うと逆転するのね、関係が」

漣「よく分かってますなー。……条件はトリッキーなもののスイッチ入ると場を支配する雲龍さんがいたりして」

叢雲「オールラウンダーのくせにデバフに弱い加賀とか、
バフ効果半減の代償としてデバフ完全無効の赤城がいるわけね」

漣「扶桑姉妹はHP低下でかかるバフスキル持ちでLittorioさんは鈍重パワータイプ? 」

叢雲「何も流れ無しで言ったら傷付くわよそれ。……龍田は……」

漣「龍田さんは……うーん……」

叢雲「…………」

漣「…………」

提督「…………いや、なんかそれっぽいの言ってやれよ。
さすがにあいつでもヴィランっぽくないスキル付けてやれるだろうが」


584 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:29:02.661YV7cQ+g0 (13/18)


< 唐突に見ると、とても >






時雨「え……」

あきつ丸「……ほう」

春雨「うわ……」

鹿島「ふぅ……春雨ちゃんはさすがに失礼じゃありません? その反応」

春雨「すみません。……でも」

あきつ丸「……浴衣など着て煙管等無駄に似合うな」

時雨「そうだね。……相も変わらずどうしてそんなことしてるのかは知りたくも無いけど」


585 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:33:13.861YV7cQ+g0 (14/18)


< 煙管片手に半眼で >







鹿島「いえね、別に大した意味は無いんです、本当ですよ? 」

時雨「それを信じさせてくれる材料がどうも身の回りに無くてね」

鹿島「こういうのが趣味の高級将校に囲われる覚悟を決めただとか? 」

春雨「ぁ、それっぽいですね。しっくりきます」

鹿島「だから春雨ちゃんはなんでそんなに酷いこと言うんです」

春雨「鹿島さんだから……? 」

鹿島「はぁ」

あきつ丸「そういうことだな。……いや、だが本当にどうした鹿島。
それでこの暑い中着物等着ていたら本気でそう思っていたところであります」

鹿島「あきつ丸さんも相変わらずですねぇ…………フゥ……」

浜風「遅れまして申しわ…………一体どんな悪巧みの話を聞かされるので? 」

鹿島「あのですねぇ……」


586 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:37:51.891YV7cQ+g0 (15/18)


< 反動の発生というか今が反動というか >






鹿島「単に香取姉ぇだとか大井さんと浴衣を着ようっ話になっただけですよ」

時雨「煙管は? 」

鹿島「面白がった北上さんにいただいたんです。貰い物らしいんですけど一口でうんざりしたそうで」

春雨「なるほど」

浜風「嘘には、見えません」

鹿島「あのですね」

時雨「でも、ってことは北上さんと間接的に

大井「なんですって? 」

鹿島「北上さんも私もちゃんと綺麗にしてから使ってますよ」

大井「よろしい」

あきつ丸「どこから湧いた。……ここまで予定調和染みているとそのうち有り得ないことばかり起きそうでありますなぁ」


587 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:38:41.741YV7cQ+g0 (16/18)


< 野生に、吹く >







雲龍「はい、連れてきましたよ。サンの隣の部屋、準備できました? 」

明石「えぇ……」

天城「……姉様に言われていたくらいはできましたよ、それなりに」

雲龍「……そう」

加賀「…………殆ど押し付けておいてなんだけれど、
どうやって一度も見たことの無い野良を抱き抱えてこられるわけ? 」


588 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:40:23.691YV7cQ+g0 (17/18)


< 警戒する動物の前で大声は…… >







雲龍「こう、気配が分かれば、なんとなく」

天城「意味がちょっと」

明石「ちょっとどころじゃないでしょ。その子あからさまに私たち敵視してますし」

加賀「サンもやたら鳴いているわね。……名前は? 」

雲龍「? あなた、名前は? …………? 」

天城「話になりませんね」

雲龍「当然でしょう? この子、猫よ? 」

天城「……姉様の行動が、お話にならないという意味です」

明石「……落ち着いたら付けてあげましょうか」

加賀「そう、ね。…………あぁ、でも懐かしいわ、ここまでの敵意をぶつけられるなんて最近のサンでは無かったから」

瑞穂「無くていいと思いますけれど……あぁ、雲龍さんからサン、
サンから加賀さんに被虐が移っていったのだとすれ

加賀「違う、そうじゃない! 、……わ……」


589 ◆5z7C0EoTrg2021/07/29(木) 22:40:51.151YV7cQ+g0 (18/18)


ありがとうございました



590以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/29(木) 22:59:44.77lCO9EvSX0 (1/1)




591以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/30(金) 02:07:24.73JfDYFkhro (1/1)

お疲れ様です


592以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします2021/07/30(金) 03:23:02.69l4RwdsbT0 (1/1)

VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな


593 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:16:29.59Afm7wHui0 (1/14)


< 暑い台所だとしてもただ静謐に >







加賀「…………」

旗風「…………」

加賀「…………」

旗風「…………」

加賀「…………」

旗風「…………」

加賀「…………」

旗風「…………」

加賀「…………そのお鍋」

旗風「火、止めますね。……………………気詰まりを起こすでもなく、寧ろ横顔と手際に憧れすら抱くなんて」



594 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:17:09.12Afm7wHui0 (2/14)


< 穏やかに不機嫌に物思いに或いは時折鼻歌さえ >








加賀「ん……和え物は? 」

旗風「指示通りに。……加賀さんって」

加賀「? 」

旗風「黙っている、っていうバリエーション多いですよね」

加賀「うん? 」

旗風「貶しているわけでもなくて寧ろ褒めているんですけど……うぅん……」

加賀「……? 」



595 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:18:01.08Afm7wHui0 (3/14)


< 終着地点 >







Aquila「例えばね? トマトスープで仕立てた海鮮のお鍋をつくるの」

あきつ丸「ふむ」

Aquila「その後はいいところでチーズなんかを入れても面白いし、
最後は卵で包んであげればオムライス風にもなります。
ケチャップではなくて出汁の効いたスープのトマト味というのも悪くないものですよ」

あきつ丸「なるほどな」

Aquila「ふふ……大人数でお酒を飲んで囲みながら幾つも味を変えるなんてお鍋は贅沢でいいですねぇ~」

あきつ丸「そうだな、礼を言う。そのときにはお前も呼ぼう。鍋文化に抵抗が無ければ、だが」

Aquila「あら嬉しい。いつでもお待ちしておりますぅ~」

鈴谷「それさ、まんまカレー鍋でもできるよね? ね? 寧ろその方が美味しいと思わない? 」

あきつ丸「…………」

Aquila「……? 」


596 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:18:58.27Afm7wHui0 (4/14)


< 今日日アプリでも纏められるしね >







明石「ふふ……」

能代「? 」

明石「あぁ、ちょっと今野暮用で外の方に行ってきましてね」

能代「はぁ」

明石「一応お目付役というか便宜上のパートナーとして阿賀野さんをお借りしたんです」

能代「寧ろ乗せていただいてありがとうございます。
阿賀野姉ぇも外で買い物できて喜んでましたよ」

明石「ええ、そうですね。……それで過去に江風さんと何日か遊ばされたことを思い出したんです」

能代「遊ば、された? 」

明石「別に江風さんと二人なのが嫌だったわけじゃなくて軍の派閥争い云々で工廠を空けさせられまして」

能代「あぁ、そういう……」

明石「江風さんってどこで何を買ってもレシートはその場で捨てるヒトなんですけど……」

能代「ええ」

明石「その話をしたときの愕然とした顔の高雄さんときたら……いやいや」

能代「うぅん……? 」


597 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:20:29.16Afm7wHui0 (5/14)


< 真夏の太陽のように翳りの無い笑顔で >






龍田「あはっ……そうしていただけると嬉しいなぁ」






山城「一応は” 艦娘 ”の通信や交友って雁字搦めに縛られているじゃないですか。
ここのボスだとか特務関係の穴はあるとしても横須賀や呉なら持たせてくれる可能性はゼロ近似です」

扶桑「え、ええ」

山城「それで、龍田が明らかにここの面子でもあきつ丸でも無いスマホ越しの相手にあの笑顔って」

扶桑「ん」

山城「その相手はどれだけ惨たらしい最期を迎える予定なんでしょうね」

扶桑「え、えーと……? 」



598 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:23:36.29Afm7wHui0 (6/14)


< 自分自信しか信じられなくなるなんて、なんて、不幸な >







赤城「あの人が何も言わないからといって堂々とするのはさすがにどうなのです」

龍田「人いきれ、というか雑踏の雰囲気? 効果音だとかでは表せない音を使いたかったんです」

赤城「分からなくはありませんけれど」

龍田「バックミュージックって大切ですよねぇ~」

赤城「まぁ……」






扶桑「横須賀であれば“ 誰に聞かせているのか ”というところだけれど……うぅん」

山城「……明石の意志と防諜能力まで疑い始めるともう何も信じられなくなりますからね」


599 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:24:36.84Afm7wHui0 (7/14)


< 冬は暖房の中でヌクヌクと素麺でも >








加賀「ふぅ……今晩の当番は誰? 」

旗風「愛宕さんだったかと」

愛宕「私ですよー。何か希望とかあります? 」

加賀「いえ、あなたに任せるわ。味に疑いは無いから」

愛宕「あらぁ~……今日はお鍋にしようかと」

旗風「はぁ……この、連日馬鹿みたいに暑いのに? 」

愛宕「? 外が暑い中背筋凍るくらい冷房入れてのお鍋とビールなんて最高じゃない? 」

加賀「そうね」

旗風「えぇ……? 」


600 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:25:26.79Afm7wHui0 (8/14)


< あねいもうと >








漣「ところで漣って戸籍上は二十三歳なんですよ。
クッソ微妙な名前ですし有って無いような戸籍ですけど」

龍田「私も二十三歳ねぇ~」

山城「……私は二十五歳」

漣「漣が老け過ぎってのもあるけどそれは

扶桑「酷い話よね。私は二十四歳なのに」

山城「…………」

龍田「ふふ……」

漣「はぁ……? 」



601 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:26:10.87Afm7wHui0 (9/14)


< 勿論冗談ですよ? >









龍田「つまりどこをどう間違えて紆余曲折あったのかは分からないけれどね?
戸籍上は扶桑が妹でしかも一歳歳下になってるらしいのよ」

扶桑「はい、免許証」

山城「失礼な話ですよね。同い年でもちょっと有り得ないのに」

扶桑「ん、んんっ……? 山城…………? 」




602 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:26:53.41Afm7wHui0 (10/14)


< 名前は本当最近偶然知りました >








時雨「アメリカンクラッカーって知ってるかい」

あきつ丸「いや、分からんな。言葉だけ聞くとやたらと五月蝿い危険物のように思うが」

春雨「それかエグい依存性のあるドラッグとか」

時雨「分からなくもないけど……ほら、これだよ。見たことはあるかい? 」

あきつ丸「……? 」

春雨「……? 」

時雨「ほらね? 僕だって偶々知ってただけなんだお婆ちゃん」

金剛「むぅぅ……」



603 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:28:18.97Afm7wHui0 (11/14)


< 寧ろ小金持ちの方が鼻に付くみたいな >








海風「私が言うと僻みとか妬みに聞こえるかもしれませんけどね」

赤城「はい? 」

海風「男性、或いはレズへのアピールや誘惑の材料以外に胸が大きい利点ってありますか? 」

雲龍「無いわね」

加賀「無いわ」

天城「無いでしょうね」

龍田「無いと思うわぁ」

山城「せめて他に一つくらいあればよかったのに」

扶桑「ええ」

海風「ですよね? 」

江風「まぁ、雲龍さンたちがそう思うンならそうなンだろうな。
……姉貴のサイズでも十分嫌味に聞こえるけど」


604 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:29:26.51Afm7wHui0 (12/14)


< 肉体的にはナルシーって割と大事な材料だと思うの >








龍田「でもほら、自分のなりたい身体っていうものはあるじゃない。
あの人とか関係無くお腹が出てきたらきっと嫌だしすね毛なんて伸びてたら泣きたくなると思うの」

江風「まぁ、確かに」

龍田「男も胸筋とか腹筋でそう思うみたいだし。
女の思うスタイルの良い女っていうのも決して胸が全く無いものではないと思うのよねぇ~」

瑞穂「まったくです」

旗風「同意しておきましょうか。……瑞穂さんの場合はあの人相手と同じ意味になると思いますが」


605 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:30:37.05Afm7wHui0 (13/14)


< 寧ろ幸せそうな顔で >







愛宕「私はあの人がいないとこんなに楽しく生きられはしなかったでしょうけど」

高雄「? ええ」

愛宕「あの人は仮に私がいなくても普通に生活して普通に好きな子くらいいて。
まぁまぁの確率で幸せに結婚したりしていたわけよね」

高雄「まぁ、そうね。軍人である必要なんて無いわけだし」

愛宕「うん」

高雄「……」

愛宕「……」

高雄「…………愛宕? 」

愛宕「んーん、なんでもない。…………ふふ、不公平な話よねぇ~、って」



606 ◆5z7C0EoTrg2021/07/30(金) 23:31:06.73Afm7wHui0 (14/14)


ありがとうございました



607以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/30(金) 23:41:26.81+MwU6Zu+0 (1/1)




608以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/31(土) 02:10:30.72UJ2A9MOvo (1/1)

お疲れ様です


609 ◆5z7C0EoTrg2021/07/31(土) 23:39:03.13TLsU7Wj2O (1/6)


< お互いに本音を語らないという真心 >







雲龍「あふっ……えっぐいくらい、怨みでもあるのかってくらい奥ばっかり叩いて、
ちょっと痛いくらい抱き締めてきたけど、何? 」

提督「なんでもない。なんとなく、そんな気分だっただけ」

雲龍「ふぅん……」

提督「…………何? 」

雲龍「凄く、良かったわ。もう一度、愛してくれても? 」

提督「あっそ。本心から、俺のことなんて何も考えずに感じたいなら考えるけど…………シャワー、浴びてきたら? 」


610 ◆5z7C0EoTrg2021/07/31(土) 23:39:36.52TLsU7Wj2O (2/6)


< 小洒落た器に盛られたりしていて >








提督『美味しい七草粥ってなんか違うと思うんだよな……いや、別に悪くは無い。美味しいよ、ありがとう』








愛宕「あれ、どういうことだったのかしら。未だによく分からなくて五年くらい考えてる」

高雄「さ、さぁ……? 」


611 ◆5z7C0EoTrg2021/07/31(土) 23:40:44.21TLsU7Wj2O (3/6)


< 相手くらい見てほしいものですが >







赤城「いえ、これでもですね、私は割と普通の感性しかありませんよ」

江風「えー……? 」

赤城「失礼な。……例えば、確かに私は陰惨な場面において戦う皆さんよりも更に慣れてはいるでしょう、慣れては」

江風「うン」

赤城「しかしですね、別に撒き散らされた内臓を見てモツ鍋を想像したり食欲が湧いてきたりは……あ、ちょっと、江風さーん? 」

扶桑「はぁ。……やめてあげましょうよ。
赤城さんが割りかし笑えない冗談言うって慣れてないんですから」


612 ◆5z7C0EoTrg2021/07/31(土) 23:45:18.80TLsU7Wj2O (4/6)


< 感情を分け合った相手というもの >






雲龍「竹鶴の……うん? 」

提督「十七年。そこまで高くはねぇよ。飲み切るつもりも無ぇし」

雲龍「だとして諭吉さん五人くらいは放流でしょうよ。……本当に、何かあったの? 」

提督「言いたくない」

雲龍「そ。…………あれからもう一度、抱いてくれたのに追加してくれても? 」

提督「抱かせてくれた礼だろうよ。……………………死んだんだ」

雲龍「……ん」

提督「同期の嫁さん。その人には何回かしか会ったことないけど、同期の電話が辛かったんだ」

雲龍「それだけ? 」

提督「うん、それだけ。…………お前にはその程度かもしれないけど、さ」


613 ◆5z7C0EoTrg2021/07/31(土) 23:47:34.59TLsU7Wj2O (5/6)


< 分かり合ったつもりに溺れて、昨日も明日も投げ捨てて >






雲龍「いえ、でも分からないとは絶対に言えないわ。死と隣り合わせの日々だから」

提督「うん…………うん」

雲龍「…………」

提督「…………」

雲龍「…………」

提督「…………ン」

雲龍「…………注いであげるから、抱いて? 」

提督「自分の安売りはやめとけって言いたいけど……お前だけで、満たしてくれる? 」


614 ◆5z7C0EoTrg2021/07/31(土) 23:48:01.10TLsU7Wj2O (6/6)


ありがとうございました



615以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/07/31(土) 23:49:31.94aF5GWlaO0 (1/1)

乙 


616以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/01(日) 00:04:42.20S0qNxDLDO (1/1)

リアルな話かな?

もしそうなら、故人のご冥福をお祈りします


617以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/01(日) 00:30:35.79ns8QIrfto (1/1)

お疲れ様です


618 ◆5z7C0EoTrg2021/08/02(月) 22:50:20.88vAGLx2TK0 (1/10)


< 自由人にもルールというものがあるものですが >







海風「ねぇ……馬鹿みたいに眠たい……これから陽が昇って暑くなる時間に寝たくないんだけど」

涼風「あ? その文句はいきなり深夜に叩き起こして普段は自分からやらない麻雀始めた江風に言いな」

海風「うん……いや、本当そうだよね、勝手に始めて勝手に一人負けして勝手に泥酔した挙句変な声出して気絶したように眠ってるけど」

江風「……………………Zzz」

涼風「我が姉妹ながら本気で馬鹿だよなぁ……信頼はしてたとしてよく女の園でこれができるな」



619 ◆5z7C0EoTrg2021/08/02(月) 22:54:59.79vAGLx2TK0 (2/10)


< 時々旧作を観たくなる周期ってあるよね >







叢雲「本当それよね。あなたたちは姉妹だからまだいいとして私なんて全然違うところから引っ張ってこられたわ」

海風「あんな時間に一人で飲みながら映画観てるのが悪いよ」

涼風「なんだっけ、えーと」

叢雲「『あんなに愛しあったのに』。まぁまぁ面白いわ」

海風「そんなことをここの誰も言わないでいられるといいね」

叢雲「そういう意味では言わないでしょ。あいつが死んだら虚しさで言うかもしれないけど」

涼風「是非ともそうあっていただきたいね。…………いっそクーラーガンガン入れてそれ観直す? 」


620 ◆5z7C0EoTrg2021/08/02(月) 22:56:37.86vAGLx2TK0 (3/10)


< 隠し切れない妖気 >







時雨「…………BismarckとRichelieuとAquila三人のセッションって何の冗談なんだい? 」

あきつ丸「自分に振るな。気色の悪い集まりで困る」

鈴谷「奏者の見た目も音も楽器も全部最高級なんだけどねぇ……」


621 ◆5z7C0EoTrg2021/08/02(月) 23:01:43.92vAGLx2TK0 (4/10)


< なんかこう『バルトの楽園』的なあれでどうにか >







GZ「まぁ、そう言ってやるな。あれで中々に面倒見と世話焼き好きの良い女なんだ」

時雨「そりゃああんなものの発端なんてBismarckしかいないだろうけど」

春雨「ふぅん? 」

あきつ丸「あれには絶対になりたくないと言いながら評価は高いのでありますね」

GZ「“ 私はヴァイオリンをやるけど、あなたたちは? ”
突然のこの一言だけで仕方無い付き合ってやろう、と思わせる女には憧れもしようよ」

鈴谷「人徳というかなんというか……交流スペースで始めたからさ、
将校やら政治家やらまで来たけど変な問題に発展したりしない? 逃げなくても大丈夫なのこれ」


622 ◆5z7C0EoTrg2021/08/02(月) 23:05:16.57vAGLx2TK0 (5/10)


< ギャップ萌えの限度というもの >







時雨「というか僕はさ、今もの凄く驚いてるよ。
Bismarckがやる気やら本気やらを出したら凄いのは知ってるけど」

鈴谷「あのAquilaって本物? 」

あきつ丸「ピアノなど弾けたのでありますね」

春雨「あぁ……」

浜風「……確かに」

GZ「あの能力を少しずつでも他に回せないものだろうか」

Maestrale「納得の評価だけど……祖国の誇りに真っ向から……うぅん……? 」


623 ◆5z7C0EoTrg2021/08/02(月) 23:06:05.51vAGLx2TK0 (6/10)


< 万感の思いを込めて >








龍田「んー? 『お伽草子』。今は『カチカチ山』のところ」

扶桑「『カチカチ山』……? 変なもの読んでるのね」

龍田「この人の蔵書がまともな筈無いでしょう? 」

扶桑「あぁ……」

提督「あぁ、じゃねぇんだけど……」


624 ◆5z7C0EoTrg2021/08/02(月) 23:07:20.28vAGLx2TK0 (7/10)


< 予想を常に斜めに飛ばす >







扶桑「半分くらいは冗談です」

提督「左様で」

扶桑「あとは自分の言動を顧みてくださいね。
……『カチカチ山』って教訓や寓意は何なんでしょうか」

明石「勝てば官軍とか」

山城「殺すなら後腐れ無く根絶やしに。
つまり任務完遂の重要性と“ 勝って兜の緒を締めよ ”」

龍田「化生に半分足踏み入れた程度の畜生如きが人間様に楯突くことの愚かさ。
翻って神の似姿たる人間様の絶対的正義」

雲龍「“ 死ぬなら潔く死ね ”。下手に悪足掻きをするから火傷も唐辛子も味わって最期には沈まされたでしょう? 」

扶桑「……」

提督「……なんだお前ら」


625 ◆5z7C0EoTrg2021/08/02(月) 23:08:25.00vAGLx2TK0 (8/10)


< 答えはウェブで(あるとは限りません悪しからず) >







龍田「ま、それこそ半分くらいは冗談よ? 」

山城「ええ、そうね」

提督「はいはい、半分くらい半分くらい」

扶桑「はぁ。……それ、太宰治なのね。もういつか読む気が失せてきたわ」

龍田「元のお噺よりこっちの方が大分心情として理解できると思うけど」

山城「あなたもこれの狸みたいにならないよう気を付けておくことね」

提督「うぃーっす。……さっすがに二回りは歳下の子を好きになるなんて有り得……君はどこから湧いてきたの? 」

海風「さぁ? ……で? 二回りは歳下の子を好きになるなんて、なんですか? 」


626 ◆5z7C0EoTrg2021/08/02(月) 23:10:28.18vAGLx2TK0 (9/10)


< 穿って見ないとただの拷問噺な気がしないでもない >







龍田「あ、そうそう。太宰治の方でも元のお噺の方でも『カチカチ山』でいえば」

雲龍「うん? 」

龍田「本当に人間様に楯突く愚かさってものは描写されていると思うわ。
どんな苦境でと人間には都合の良い存在がいて、
悪徳は愚鈍で卑怯な醜いものとしてしか見られない、って」

山城「そういえばいたわね。人間様、それも愛する相手にクスリを盛った化け物が」

高雄「ええ、いましたね」

雲龍「……」

明石「あはは……」

龍田「あ、誰かの気を引く為に他を攻撃するのも駄目よ? 」

高雄「…………」



627 ◆5z7C0EoTrg2021/08/02(月) 23:11:02.59vAGLx2TK0 (10/10)


最近の出来事という程でもありませんので……

ありがとうございました


628以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/02(月) 23:12:15.910BSfvCHu0 (1/1)




629 ◆5z7C0EoTrg2021/08/12(木) 23:27:31.70TAH68eI70 (1/8)


< 第108部、序! >






『うふ……あぁ…………指を』

提督『ん、んんんッ……ッ』

『はふ……嗚呼……悪い、指』

差し出された左手の五指のうち、彼女は迷い無く薬指を選んだ
選んだ薬指を舌と唇がスウィープし、結局は先端から真っ直ぐに飲み込んだ
そして、噛み付く。はっきりと、その意志を伝えるように
飲み込んでただしゃぶるだけではなく、男性としても大きい部類に入る手の平の長い指の根本を
鋭く尖った犬歯が肌に食い込み、穴を開け、裂き、
噛み付いた位置よりも奥の骨さえ前歯と唇で圧迫する
小さな穴から溢れ出た血液で歯を濡らし舌の上で味わい、身を震わせる
まるで天界の甘露を啜り込み身体中へと循環させるように
それが、滴る毒液への依存だと心底から理解していながら、なお






雲龍「どうせあれが“ 艦娘 ”の身体を手に入れてもこういう未来しか残されてないわ」

叢雲「あのねぇ……」

山城「…………背中から刺されそうだから嫌なんだけど、それ相手は誰を想定しているわけ? 」



630 ◆5z7C0EoTrg2021/08/12(木) 23:28:39.94TAH68eI70 (2/8)


< 妙に機嫌が悪い日って、あるよね! >







雲龍「さぁ? 吸血鬼が異名の艦とか無いの? 」

叢雲「大英帝国にはそのものずばり“ ヴァンパイア ” っていう駆逐艦があるわね」

赤城「太平洋戦争中に旧軍が勝利したマレー沖海戦においてPrince of WalesとRepulseとともに航行していた船ですね」

加賀「しかもその後“ 赤城 ”を筆頭とする南雲機動部隊に沈められたわ」

雲龍「へぇ、雲龍ちゃんは勝ったことどころか戦ったことも無いので知りませんでした」

叢雲「」

赤城「」

加賀「」

扶桑「…………不幸だわ。今来たから意味も流れも分からないけれど……取り敢えず不幸だわ」


631 ◆5z7C0EoTrg2021/08/12(木) 23:32:38.43TAH68eI70 (3/8)


< 潰せないという絶望的不利 >






加賀「ま、まぁ、なんならばそのとき“ 加賀ちゃん ”はパラオで座礁した所為でインド作戦不参加だけれど」

赤城「“ 赤城ちゃん ”も旗艦とはいえその後はセイロン島からの奇襲で至近弾を与えられたりしてますし」

叢雲「“ 叢雲ちゃん ”はまぁ……えーと……あー……」

扶桑「そこそこ順調だった筈ね。“ 扶桑ちゃん ”は交戦する機会すら無く後詰めに甘んじた挙句に練習艦へ落とされたけれど」

雲龍「そうですか。……同胞を殺す準備に追われた挙句にそれすら果たせない、
そんな無能で不能で役立たずで真の意味での屑鉄な雲龍と比べると随分幸せですね」

龍田「うふ、今が随分マシでよかったわねぇ~」

雲龍「人間に憧れる化け物なんだから、そうね。憧れられる分幾らか良いわ。化け物は化け物だけど」

龍田「う、うぅん……」






天城「姉様って機嫌悪いとき何故かあまり飲まないのよね」

葛城「酔い潰れるより誰かに話聞いてもらって吐き出したいんじゃない? 」

天城「実に女らしいですね。……面倒なことこの上無いけれど」



632 ◆5z7C0EoTrg2021/08/12(木) 23:34:27.85TAH68eI70 (4/8)


< 雰囲気酔いというデタラメ >






加賀「え、えーと……」

龍田「うぅん……」

雲龍「ま、私も所詮は怨念の類

提督「仕事終わりじゃ、酌をせえ」

雲龍「っ、! …………ぁ、は……………………ビールで、いいの? 」

提督「珍しくそういう気分。持ってきてもらってもいい? 悪いけどケースで」

雲龍「勿論。貸し百ね」

提督「はいはい。……あ、……おう、ついでに菊理姫持ってきて、うん、見りゃ分かるわ、ああ」

龍田「私も飲んでいいのよねぇ? ……………………んふ、メシアって凄いわぁ」



633 ◆5z7C0EoTrg2021/08/12(木) 23:36:17.57TAH68eI70 (5/8)


< お開きからの真・一次会 >







加賀「助かります。あの子の何に障ったのか機嫌なのか別のものなのかは分かりませんが」

提督「ばーか。前世で徳を積んで今はクズ野郎やってる腐れ外道の戯れ事だよ」

扶桑「だとして、彼女の事情も私たちの私情の乗った事情も無視して放言できる勇

赤城「この腐れ外道! 」

加賀「確かに」

天城「確かに」

叢雲「確かに。…………さすがに謝んなさいよあなたたち。悪いわね。
あと龍田は隙あらば飲めるだけ飲もうとするな馬鹿」

龍田「えー? 」

提督「はいはい。……何回穿って捻って超克したのを超克したんだお前ら」


634 ◆5z7C0EoTrg2021/08/12(木) 23:37:28.29TAH68eI70 (6/8)


< 姉妹愛溢れる会話 >







Roma「あのクソ馬鹿ゴミ屑アホ外道の凄いところは」

Littorio「はぁ」

Roma「観光名目の視察、という名の監視役付き恫喝示威行動で博物館を選んだ間抜けな馬鹿を好んだことね」

Littorio「あなたのこと? 」

Roma「Bismarckよ姉さん。私はあの男と同じお客さん側だった」

Littorio「ふぅん? 」

Roma「ピンポイントにあの男が好むものを紹介するあの女もあの女だし、
何故か解説に註釈まで付け始めるあの男もあの男だし」

Littorio「それはそれは。あちらなら博物館島にでも行ったのかしらね」

Roma「あれだけで意気投合するというのも……いえ、籠絡するのが仕事だった筈とはいえどこで切り替わったのか……うぅん」

Littorio「変な酔い方。…………その時代にLittorioがいたとして成り代われるようなものでは、ないようね」


635 ◆5z7C0EoTrg2021/08/12(木) 23:39:16.68TAH68eI70 (7/8)


< 何の順番かは不明ですが >







加賀「赤城さん……」

扶桑「赤城さん……言い過ぎですよ」

赤城「や、あれ割と私ファインプレ

叢雲「ステイ。この腐れ外道」

山城「腐れ外道。……まぁ、姉さまも割と危ないことは口走りそうでしたけれどね」

赤城「おおもう……御慈悲を」

龍田「コントか。…………実はあの馬鹿>むーちゃん>コント>>>>皆さん、の図式が成り立つのでは? 」


636 ◆5z7C0EoTrg2021/08/12(木) 23:40:08.67TAH68eI70 (8/8)


ありがとうございました



637以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/12(木) 23:45:36.89FF+OHJS70 (1/1)




638以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/13(金) 01:31:56.16plWBVraxo (1/1)

お疲れ様です


639 ◆5z7C0EoTrg2021/08/17(火) 23:45:51.567JeJC3Ij0 (1/10)


< 思ったこととはただ思ったことなだけであって >







提督「なんかさっき唐突に気付いてしまったんだけどさ」

初月「? ああ」

提督「お前と涼月……スカート短くない? 」

初月「それは戦闘衣のことか」

提督「そう。タイツとかキャラとかなんか他のアホみたいな露出魔予備軍の所為で誤魔化されてたけど」

初月「まぁ、どう頑張っても言い繕っても短いな」

提督「だよな」

初月「ああ」

提督「…………」

初月「…………」

提督「…………や、それだけなんだけど」

初月「僕も特にこれ以上は無いが」

提督「そっか」

初月「ああ」

涼月「……………………えーと? 」



640 ◆5z7C0EoTrg2021/08/17(火) 23:46:50.647JeJC3Ij0 (2/10)


< 目だけ幸せにしたいときってあるよね >







提督「うーん……? なんだ? 」

涼月「ええっと……え? 」

初月「素はこんな感じなんだ、今は充電中」

提督「仕事は終わらせたぞ」

涼月「つまりエネルギー不足? 」

初月「赤いランプでも点灯しているところだな、機械の類いだと」

提督「高雄も愛宕も自室でなんかしてるし雲龍は屋上のハンモックで寝てたし明石は工廠だし」

初月「僕の知る限り他も大体トレーニングだったり報告書を書いていたりだな」

涼月「だから、こう? 」

提督「涼月がアオザイ着てバンブーダンスしてくれるんなら予備電源入れるわ」

涼月「何ですかそれ。また女の子に変なことをさせるやつですか? 」

初月「フィリピンとベトナムを混ぜるな。そもそも一番簡素なやつでも三人いるぞ」

提督「黙って見てたいしそれじゃあ駄目だなぁ…………ふぁ……」


641 ◆5z7C0EoTrg2021/08/17(火) 23:47:45.137JeJC3Ij0 (3/10)


< タイムリー(エラー) >







初月「それと姉さん」

涼月「うん? 」

初月「アオザイは見方によって多少あれだがバンブーダンスは単なる伝統的な舞踊だ」

提督「クロスして四本でやってるのは凄かったなぁ……また見に行きたい……」

涼月「そ、そうなんだ」

初月「僕は悲しいよ。これと適当な距離を保っているつもりの姉も結局は頭がピンクになるなんて」

涼月「発言者の印象が悪いだけだから私は関係無……うん? 」

提督「えぇ……」

初月「……何をどうやればこうなるんだ」

涼月「…………アオザイなんて初めて見ました」

雲龍「うん? Romaが縫うのに協力してくれてさっき出来たっていうから起き……何? 」


642 ◆5z7C0EoTrg2021/08/17(火) 23:49:35.627JeJC3Ij0 (4/10)


< 真心込めて織りました >







雲龍「ちなみにあなたの分もあるわ」

涼月「いや、着ませんよ……何故私なんですか」

雲龍「Romaがあなたに、って」

涼月「えっ」

初月「ほう……」

提督「……なるほど? 」

涼月「えっと……え? え? 」


643 ◆5z7C0EoTrg2021/08/17(火) 23:51:52.197JeJC3Ij0 (5/10)


< 自称としてはどちらがまだ女の子らしいだろうか >






Roma「あのね……誤解を与えるようなことを言わないで。
以前メイド衣装罰ゲームのときに採寸済みなのがこの子だけだったからよ」

提督「ほーん」

初月「なんだ、つまらないな」

雲龍「ツンデレの流行り周期なのよ」

Roma「だとしても私は違うわ。ツンの部分が無いもの」

涼月「流行り周期って意味分から……デレが無いわけじゃなくてですか? え? 」


644 ◆5z7C0EoTrg2021/08/17(火) 23:53:26.587JeJC3Ij0 (6/10)


< 一度手掛けてしまったのならば >







涼月「ああもう……あぁ……身体のライン出過ぎじゃない? 」

初月「だからいいんだろう」

提督「しっかり着こなせるってことは涼月が努力してるってことだよ」

涼月「まぁ、私も変に太ったりするのは嫌ですけど」

Roma「ふぁ……私は寝てくるわね。ちょっと、疲れたわ」

提督「夜には出てこいよー」

初月「ありがとう。新しい被写体ができて僕は嬉しい」

雲龍「ねぇ、私と撮りましょう? 髪色もあるし姉妹っぽく見えるかもしれないわ」

涼月「これは私が……? えっと、本当に? あぁ、ありがとうございますRomaさん」

Roma「資料だとか、それに絹も石も雲龍が出してるし私は趣味だから気にしないで。
……今度あなたの身体に合うように調節させてくれると嬉しいけれど」

涼月「それはこちらこそ」

Roma「……ん」


645 ◆5z7C0EoTrg2021/08/17(火) 23:55:09.187JeJC3Ij0 (7/10)


< 新しい扉はいつもどんなときもどこにでも >







提督「つーか何? この前あいつがつくったのってヘッドドレスだけじゃなかったっけ」

初月「確かに」

雲龍「他は私や初月が選んで買ったやつね」

涼月「罰ゲームで着させられてから何日かしてRomaさんがふらっと来て手直ししてくれたんです。
女の子なんだからこんな衣装くらい着こなしてみせなさい、って」

提督「なんだそれかっけぇなあいつ」

初月「職人か何かなのか」

雲龍「それでそのまま抱かれた、と」

涼月「え……と、いえ、抱かれて、ませんけど? 」

初月「う、うん? 」

雲龍「あら……」

提督「…………そこは多少思い当たっても言い澱んじゃ駄目なところだぞ」

涼月「ち、ちがっ」


646 ◆5z7C0EoTrg2021/08/17(火) 23:56:20.847JeJC3Ij0 (8/10)


< 上に立つ者とは >








時雨「いいのかな、これ」

あきつ丸「何が悪いというんだ。感染症何処吹く風な化け物の有志が許可を取って集まっているだけだ」

時雨「そうだけど……うーん? 」

鈴谷「お菓子&スイーツなビュッフェねぇ……」

春雨「“ 艦娘 ”は任務中以外殆どいるね」

浜風「ふむ……若葉、場所を確保しておいていただけますか?
好みのものがあれば取ってきますので」

若葉「配膳や一部の調理も持ち回りか。
……あぁ、あのザッハトルテだけ取ってきてくれ、伯爵のやつだ」







GZ「……………………」

Aquila「あはー……Bismarckって魔術師か何か? 」

WS「……お菓子なんてつくれないでしょう、なんてお酒の席で少し煽っただけなのに」

金剛「いつの間にか場所と時間が用意されて仲の良くない面子も気付けば組み込まれているなんて」

霧島「凄いですよね。…………本人は最初の取っ掛かりだけ根回しして今も食べてるだけなのに」


647 ◆5z7C0EoTrg2021/08/17(火) 23:59:02.417JeJC3Ij0 (9/10)


< とぅーびーこんてぃにゅーど? >








Littorio「ふぁ……あら、もう着せ替え人形さんは見なくてもいいの? 」

Roma「今度本人と一緒に身体と合わせる約束したから。それにちょっと眠くて」

Littorio「ふぅん……でも、意外だったわ。Romaがそこまで他人の為に何かをするなんて」

Roma「へぇ……? 」

Littorio「誤解しないでほしいけれどあなたが世話焼きってことくらい知ってる。
でもあなた誰か一人に入れ込むようなことはしないタイプでしょう? 」

Roma「可愛い子に可愛い衣装を着せて本人も自分の新しい可愛さに気付けるなんて可愛くて良いじゃない。
誰も不幸にならない平和なことだわ」

Littorio「まぁ……うーん? 」

Roma「他意なんて無い。…………ええ、単に私が楽しいだけ、それだけだから」


648 ◆5z7C0EoTrg2021/08/17(火) 23:59:53.907JeJC3Ij0 (10/10)


< 嬉しくもあり複雑でもあり >







鈴谷「若葉も浜風に任せてないで取ってきなって。
あれいつ帰ってくるか分かんないよ? 」

若葉「いいんだ。数は結構あるみたいだからな。ゆっくりお茶でも飲んでいる」

時雨「この簡単な目録を見る限り……うん、僕はこの抹茶アイスとわらび餅がいい」

あきつ丸「分かった」

鈴谷「目録なんてあるんだ。……ん、えーと

あきつ丸「間宮がどこぞの模倣に挑戦したというカレーチーズプリンだな。他、何がいい? 」

鈴谷「え、じゃあこのRichelieuさんがつくったっぽいムース。
……………………そりゃあもちろん食べたいけど当たり前のように決まってるんだね、鈴谷のオーダー」


649 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 00:00:37.54SCwtjgY10 (1/16)


< 拘り姉妹 >








愛宕「どれがいいのかしらねぇ……」

高雄「私たちだけで見てもどうにもならないのは分かり切っていたでしょう? 」

愛宕「でも全員、ではないにしても調理場に立つ面子に提案するなら数は絞らないと」

高雄「確かに叩き台は必要だけれど……」

愛宕「……」

高雄「……」

愛宕「…………」

高雄「…………」

愛宕「…………うーん、四口のだと収納だとかオーブンが気に入らないやつしか」

高雄「三口の気に入ったやつを三台買えばいいでしょうが」







提督「え? 業務用のガスレンジ?
……元からあるやつと似たようなのじゃ……あ、そうなの。
……いや、俺に分かるわけ無いだろうが自由にしてくれよもう……」


650 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 00:01:04.50SCwtjgY10 (2/16)


ありがとうございました



651以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/18(水) 01:32:50.083ZX5xQTF0 (1/2)




652以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/18(水) 18:49:37.30Eqt6r0b6o (1/1)

お疲れ様です


653 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:34:08.15SCwtjgY10 (3/16)


< 疑うような >







鈴谷「あー、何かまだ胸焼けしてる気がする」

時雨「昨日はあの後お開きまで粘って食べたしね」

鈴谷「だってカレーチーズプリン追加されるって聞いたから」

時雨「それならゆっくりあれを待っていればよかったじゃないか」

鈴谷「いやいやいや、別に鈴谷カレー味オンリーで狂ってるわけじゃないし?
女の子として単純に他のも食べ……何? その目」


654 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:35:01.78SCwtjgY10 (4/16)


< なし崩しにやりたいことだけやる一日に…… >







あきつ丸「自分としてはあの後そのまま宴会に突入しなかった方に驚いたが」

霧島「そんな大湊じゃないんだから」

あきつ丸「……? 」

金剛「……常識って案外遠くにあるものネー」


655 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:36:35.65SCwtjgY10 (5/16)


< 本来なら自然治癒はしない云々 >







鈴谷「あ、でも思ったんだけどさ、鈴谷たちって虫歯にはなるのかな? 」

時雨「理論的にはなるんじゃない? 痛んだか痛んでないかのうちに修復されそうだけど」

鈴谷「でも風邪引いて熱出たりはするじゃん。
あれって免疫ブーストかけ過ぎると体力ごっそり持っていかれるからでしょ? 」

あきつ丸「症状が酷いとその分だけ直すのにもリソースが必要だからな。
自分たちの修復能力はあくまで自己保存に特化したものなのであります」

時雨「度を越した病気や怪我は即死級でも無い限り緩やかに直していくわけだ」

鈴谷「うーん……」

あきつ丸「……」

時雨「……」

春雨「つまり、春雨たちでも虫歯で苦しむのは有り得るってこと……? 」



656 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:37:28.18SCwtjgY10 (6/16)


< 誰に言われたかはまぁ…… >








江風「……………………」

海風「うん? 変な顔してどしたの? 」

江風「……………………」

涼風「くふふ……いやな、提督に客人が来てただろう」

海風「あぁ、海軍省のお役人」

涼風「それで茶請けにカステラを出すって話になったんだけど暇そうなのがあたいと江風しかいなくてさ」

海風「? うん」

涼風「じゃあ自分が切って出してくるって江風が言ったら」

江風「監視もいないのに包丁を持たせられないし客人用は駄目、って言われたンだ」

海風「うーん……分かるような分からないような」


657 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:38:21.67SCwtjgY10 (7/16)


< 使う人にしか場所が分からない >







愛宕「んーと……あれ? 」

高雄「? 探し物? 」

愛宕「うん、あれ、本当どこにあるのかしら」

高雄「? 」

愛宕「爪切り。足用にしてたやつなんだけど」

高雄「私のを貸す、ってのも嫌な話ね」

愛宕「問題は無いけどちょっとねぇ……うーん」

高雄「というかそもそも私もどこにあるのか忘れたわ」

愛宕「この部屋にあるのは確実なんだけど……」






提督「え? ベッド下の一番足元側にある収納のボックスに……うん? 呆けか? 」


658 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:39:26.23SCwtjgY10 (8/16)


< 夜に切ると泥棒だか蛇だかが >








明石「いや、爪って普通自分で切りません? 」

高雄「? 」

愛宕「手の指は自分で切るわよ? 」

提督「普通はな。……俺も楽しいからいいんだよ、笑っとけ」


659 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:41:52.89SCwtjgY10 (9/16)


< 風俗慣習文化全否定 >







明石「? 親の死に目に会えないんじゃなかったでしたっけ」

提督「口笛とごっちゃになってんのかな。どうでもいいといえばいいけど」

愛宕「あら、泥棒なんてできるものならやってみなさいって感じだし」

高雄「今更蛇なんて恐るるに足りませんね」

龍田「親なんてそもそもいないしねぇ~」

明石「そりゃあそうでしょうけども……」


660 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:42:19.37SCwtjgY10 (10/16)


< 大奥を取り仕切る者がすなわち男さえも…… >







提督「もしさ、複数の子と情を交わしていても高雄と愛宕、
そうじゃなくても誰か一人だけを選べていたとして」

天城「はぁ」

提督「そういう場合って外の子には性悪で陰険な女に誑かされてるとか思われてたのかな俺」

天城「さ、さぁ……? 」


661 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:43:26.84SCwtjgY10 (11/16)


< 異世界染みた >







雲龍「でも今でもギリギリあるんじゃない? 化け物姉妹に籠絡されているわけでしょう? 」

天城「確かに」

提督「まぁ……そうかな」

山城「その場合私たちもあの二人の下女みたいなものね」

雲龍「いいじゃない。側室から這い上がるなんて歴史上ありふれた話だし」

天城「奥方が率先して会計もお料理もしてますけれどね。
……数千年の歴史とはいえこんな空間が他に沢山あっても困りますが」


662 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:44:09.45SCwtjgY10 (12/16)


< 助詞(女子)って難しいね! >







江風「ふぃー……やっぱ風呂は暑苦しくないときこそいいもンだな」

扶桑「ん……」

江風「一週間前くらいなら乾かしてるときからもう汗かいてたし」

扶桑「ふぅ……やっぱり大事なものでも大変は大変よね」

江風「ン? 髪? 」

扶桑「大変じゃない? あなたもそれなりに長いじゃない」

江風「まぁね。でも姉貴が梳かしたりしてくれるし常に自分だけでしてるわけじゃないから」

扶桑「私もそうだけれど……まぁ、でもそれなりに自慢ではあるのよ、これでも」

江風「ああ、確かに扶桑さんン髪は綺麗だもンね」

扶桑「…………ええ、ありがとう」

江風「うン……? 」


663 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:45:23.76SCwtjgY10 (13/16)


< 反転 >







扶桑「、っていうことがあったの」

山城「江風ならそんなものですよ。悪意は無いんです」

扶桑「もちろん理解しているけれど……ええ」

龍田「うふ……ね、私、そこまで長くはないけどこれでも結構お手入れしてて自慢なのよ? 」

山城「はいはい、龍田ちゃんは髪も綺麗ですね」

龍田「髪の他は? 」

山城「心意気だとか精神性だとか所行」

龍田「あらぁ~。山城の人間性程じゃないわぁ」

扶桑「……そこまで穿ってお互いに言葉遊びをしてほしいわけでもないのだけれど」


664 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:47:12.73SCwtjgY10 (14/16)


< 冗談の先回りは程々に >






龍田「まぁ、私も扶桑の髪好きよ? 」

山城「生々しくて病的な女らしさに溢れてるから? 」

龍田「え? うん、まぁ、そうね」

扶桑「……龍田さえ単純に褒めようとしてくれたみたいなのに私の妹ときたら」

山城「ね、姉様……あのぅ……? 」


665 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:48:06.23SCwtjgY10 (15/16)


< 問いへの答えにはなっていないけれど >







扶桑「……って、さっき」

提督「ん……俺も好きだよ、扶桑の髪。ただ見た目が綺麗とかじゃなくてね」

扶桑「そう……」

提督「うん? もっと素朴な返しの方が好みだった? 」

扶桑「いえ、先程の話の流れを話した後のお遊びですし。
……そういう悪戯っぽさってどこで身に付けてきたのかしら」


666 ◆5z7C0EoTrg2021/08/18(水) 23:48:35.54SCwtjgY10 (16/16)


ありがとうございました








667以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/18(水) 23:55:02.353ZX5xQTF0 (2/2)




668以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/19(木) 02:22:32.97fz/+Dy2wo (1/1)

お疲れ様です


669 ◆5z7C0EoTrg2021/08/19(木) 23:18:08.16Q+emx4ty0 (1/10)


< 配送業者の倉庫が如く >







赤城「嗚呼……シンプルな焼き鮭とはいいものですねぇ……」

加賀「ええ、塩引き鮭ですので余計な小細工は要りません」

阿賀野「朝から贅沢にも程があるよねぇ……」

愛宕「料理人としては腕のかけようが無かったりもするんですけどね」

高雄「多少つまらなかったりはまぁ。
粗雑な素材がいいというわけでもありませんが」







提督「塩引き鮭って段ボールで冷凍室に重ねるものだったかなぁ」

明石「そもそも……この人数でこの規模の冷凍室を稼働させている方に引っ掛かるべきでは? 」



670 ◆5z7C0EoTrg2021/08/19(木) 23:19:18.69Q+emx4ty0 (2/10)


< 異国のヒト >







Littorio「そういえばここの面子って大概のことはこなせますけれど」

明石「まぁ、本当に珍しい特殊技能でも誰か一人くらいはセンス持ってますからね」

Littorio「誰か農業系のことに詳しい子はいないの? 」

明石「農業? 家庭菜園でも始めるんですか? 」

Littorio「いえね、Romaと話していたのだけれど青森でオリーブの木は育てられないのかな、と」

明石「うぅん……? 」


671 ◆5z7C0EoTrg2021/08/19(木) 23:22:11.34Q+emx4ty0 (3/10)


< 伊国のヒト >







Roma「新鮮なオリーブの実を知らないなんて残念ね」

Littorio「塩漬けした瓶詰めもいい肴にはなりますけど、そういうのじゃないんです」

Roma「熟し切ったオリーブは秋の終わりになると渋みはそのままでも仄かに甘いの」

Littorio「陰干しもいいですしvinoに漬けるのもスイーツっぽくて好きなんです。
ああいったものはあまりこの国では見ませんが」

加賀「ほう……」

赤城「……なるほど」

明石「……余計なヒトに聞き耳立てられてるじゃないですか無理ですよ少なくとも私には」


672 ◆5z7C0EoTrg2021/08/19(木) 23:22:55.91Q+emx4ty0 (4/10)


< 愛だよ愛(適当) >







高雄「今夜はフグにするので頑張って釣ってきてくださいね」

提督「うぃーっす」

明石「釣れるかなぁ……こういうときに限って……いやいや」

伊14「ちゃーんと潜ってくるからよゆーよゆー」

伊13「まだ、あったかいしね、海」







阿賀野「二年以上の修行がどうとか調理師免許の所有が必須とかそういうのはもういいけどさ」

能代「……ふぐ調理師免許を持たないヒトの捌いたフグをよく食べられるよねあのヒト」


673 ◆5z7C0EoTrg2021/08/19(木) 23:23:42.52Q+emx4ty0 (5/10)


< 必要に駆られてですよ? >







高雄「いえ、一応持ってるんですよ、ふぐ調理師免許」

愛宕「ちゃんと実技試験もプロの元やったのよ?
受験資格とか日程はまぁ帝国海軍様々だけど」

高雄「そもそも調理師免許も持ってますし」

江風「それでいて大型免許とか海上無線技士とかも持ってるのか」

能代「……ただの資格マニア? 」


674 ◆5z7C0EoTrg2021/08/19(木) 23:24:15.18Q+emx4ty0 (6/10)


< 調理という魔術への求道が故に >







Littorio「フグといえば鍋な気がしますが」

天城「天城はてっさですね。お鍋ももちろん好きですけれど」

Littorio「フグは兎も角として最初はしゃぶしゃぶやすき焼きのお肉を見て愕然としたものです」

天城「はぁ」

Littorio「嗚呼、この国ではこんなに薄い肉をありがたがっているのか、と……懐かしいものですね」

天城「なるほど……? 」



675 ◆5z7C0EoTrg2021/08/19(木) 23:25:24.45Q+emx4ty0 (7/10)


< 獣に違いなど分かろう筈も無く >







提督「ふぃー……相変わらず美味かったよ、ありがとう高雄」

高雄「いえ、一応法的に捌けて経験もあるのが私のみ、というだけですから。
用意は割と皆でやっていますよ」

提督「それでも、さ。高雄がいないとやろうと思いもしないだろう? 」

高雄「まぁ……そうかもしれませんね」

提督「賛辞くらい素直に受け取っておくものだよ。……フグってさ」

高雄「? 」

提督「精力が云々の食材に挙げられるけど効果ってあるのかな? 」

高雄「はぁ、知りませんけど……あぁ」

提督「うん? 」

高雄「今晩、一人で寝てみれば感覚として分かりやすいのでは? 」

提督「そんな無体な」



676 ◆5z7C0EoTrg2021/08/19(木) 23:26:48.06Q+emx4ty0 (8/10)


< オススメの店でオススメの品だけは頼まないような >







提督「まぁ、大体それなりに冗談だよ。
……大人数では無いけど何人かで飯食いに行ったことはあるじゃん」

高雄「出張の帰りだとか大掛かりな買い物のついでではありますね」

提督「一応持ち回りにしてみたり満遍無く外には連れ出してるつもりなんだよ。
どうしても工具関係だと明石だし料理関係でも人選は絞られるけど」

高雄「それは仕方無いでしょう? 」

提督「うん、恩を着せようとか不満を持ってると思ってるわけじゃない。
……“ あ、自分も同じので ”って一回も聞いたこと無い気がする」

高雄「? 」

提督「自分の好みに忠実というか食への拘りというか……いや、別にどうということもないんだけどね」



677 ◆5z7C0EoTrg2021/08/19(木) 23:29:24.83Q+emx4ty0 (9/10)


< 将を射んと欲すればただ将を射よ >








山城「でもあれね、私たちはもう色々と諦めてなんとなく囲われてしまっているけれど」

龍田「よくできるわよねぇ~」

山城「分の悪い賭けに出て喪う方が余程怖いもの。
……あなたって周り中敵だらけじゃない、それも女ばかり」

龍田「んー? 」

山城「愛宕も高雄も、加賀さんや雲龍も、姉さまや私だって敵でしょう?
全員打ち倒してあの人奪っていくんなら」

龍田「あぁ、そういう……馬鹿ね、敵なんてそんなに多くないわ」

山城「愛宕と高雄しか匹敵する相手はいないと? 」

龍田「んーん、私の敵は____って男一人だけだから。
あれの心撃ち落とせばそれで全て終わるもの」

山城「なるほど。…………確かに、そう言われてみるとそうね」


678 ◆5z7C0EoTrg2021/08/19(木) 23:29:52.05Q+emx4ty0 (10/10)


ありがとうございました



679以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/19(木) 23:37:51.05SRk6BBDS0 (1/1)




680以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/20(金) 10:41:57.8503V63YkEo (1/1)

お疲れ様です


681 ◆5z7C0EoTrg2021/08/22(日) 23:23:44.28lgSfumt40 (1/9)


< 不和の林檎を考える和 >








山城「誰が一番愛されているのかしら、とか」

龍田「現状だと高雄と愛宕が競い合う体の戯れ合いをして終わりね」

扶桑「誰が一番強いのかしら、なら? 」

山城「自分で言うのもなんですが私や龍田ってかなり強い部類でしょう。
でも戦況如何によっては加賀さんにも勝てるし江風に完敗することだってあります」

龍田「全員そこそこ以上に強いから不毛な議論って気付いちゃうわねぇ~」

扶桑「じゃあ、ええっと、誰が一番頭がいいのかしら? 」

龍田「分かってて言ってない? あの人にイカれた時点で皆馬鹿って皆思ってるでしょう」

扶桑「む……」

山城「まぁ、ちょっと特殊だけれど平和でいいじゃない。
…………投げる林檎の形を考えるって酷い倒錯だと思うけれど」


682 ◆5z7C0EoTrg2021/08/22(日) 23:24:19.26lgSfumt40 (2/9)


< 迫真の >









浜風「あぁ……また、ブラが……」

時雨「思い悩むのはいいけどさ、脱衣所で横並びの時には呟かないでほしかったよ」

浜風「思わず出るものなんです。……時雨」

時雨「なにさ。僕のを着けても意味なんて無いよ」

浜風「そんな嫌味言うわけ無いでしょうが。……重く、なるの」

時雨「うん? 」

浜風「胸が大きくなるとね、重く、なるの。重く、なるんですよ……? 」

時雨「う、うぅん……? 」


683 ◆5z7C0EoTrg2021/08/22(日) 23:25:08.42lgSfumt40 (3/9)


< 大き過ぎるとこう、面白びっくり人間みたいな >









あきつ丸「まぁ、仕方あるまい。派手に動く分“ 艦娘 ”は筋肉質になりがちだ」

時雨「あぁ、脂肪より筋肉の方が重いんだっけ」

浜風「だとしても、ですよ」

あきつ丸「もちろん身体の最適化が働くお陰で、
意識して取り組まなければ筋肉だらけになることも無いが」

時雨「だよね? 個人差はあるとしても胸が大きくなったって騒いでるのってさ、
僕の知ってる限り浜風以外だと数人しかいないよ」

浜風「別に大きくなれと念じているわけでは……」

あきつ丸「それこそ遺伝子やポテンシャルの為せる技なのかもしれんな。
もし人間になれたとして“ 艦娘 ”が持つ枷が解かれれば……」

浜風「…………」

時雨「…………素直に驚くだけになるかもね。誰も嫉妬さえしないかも」


684 ◆5z7C0EoTrg2021/08/22(日) 23:26:00.47lgSfumt40 (4/9)


< ニワカにもなれないくらいが丁度良いかもね、って >








江風「ゴン攻め? 」

加賀「はぁ……私でも知っているのに」

海風「ちゃんと観てたの? 」

江風「う、うぅン……? 」

明石「まぁ、競技に夢中だったと思えば……いえいえ」


685 ◆5z7C0EoTrg2021/08/22(日) 23:27:08.78lgSfumt40 (5/9)


< 剣女とかそういうジャンルが開花しないかなぁ…… >








赤城「惚れ惚れする背中ですねぇ……」

雲龍「濡れた」

天城「……姉様? 」

葛城「やれやれ」

初月「わぁ……っ☆ 」








加賀「三尺越えの大太刀……どうにかなりそうですね」

提督「……お前が何を目指しているのか皆目分からないよ」



686 ◆5z7C0EoTrg2021/08/22(日) 23:27:55.58lgSfumt40 (6/9)


< 今日のハイライト@30万 >







提督「生姜ぁぁぁぁぁぁぁぁっ! 」

高雄「…………うん? 」

愛宕「飛んだ、って言えるのかしら」

叢雲「軸どころか一点買いなんだから飛んだでいいでしょ。馬ッ鹿じゃないの」

明石「ちょっと何言ってるのか分からないです」







雲龍「競馬で殺された日って激しいのよねぇ……獲るわ」

天城「あの、ラブちゃんどうして……とか呟いて目死んでますけど……」



687 ◆5z7C0EoTrg2021/08/22(日) 23:28:25.17lgSfumt40 (7/9)


< 壊れた(実話) >








提督「ふははははっ! 白いなぁ! 白いのは正義だなぁっ! なぁ!? 」

高雄「Littorio? 」

Littorio「あの……なんと、言えばいいので? 」



688 ◆5z7C0EoTrg2021/08/22(日) 23:30:14.91lgSfumt40 (8/9)


< はい >







提督「ラブちゃん……」

愛宕「うん?私のこと? 」

提督「君はあーちゃんでしょ嫌だな」

愛宕「その気持ち悪い喋り方はなんなの? 」

提督「ぶっ壊れちゃった」

愛宕「そっかぁ」

提督「……」

愛宕「……」

提督「……」

愛宕「……? 」

提督「…………それでも、それでも俺は次もオンリーユーだよ、ラブちゃん」

愛宕「…………? 」


689 ◆5z7C0EoTrg2021/08/22(日) 23:30:42.83lgSfumt40 (9/9)


ありがとうございました





690以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/22(日) 23:43:59.80AQjAmK+70 (1/1)




691以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/23(月) 12:03:18.01VJX2iqo7o (1/1)

お疲れ様です


692 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:08:06.21Ub8/qdlc0 (1/15)


< 古今東西の凡ゆる本を読めるのなら >







提督「どうする? 」

阿賀野「千年の痛苦に苛まれたとして、万年の罪科を背負わされたとして、許せる」

提督「本当それ。結婚しよ? 」

阿賀野「処女と結婚したいとかきんも」

提督「読書仲間の豪華なオマケだね」

阿賀野「……文革」

提督「……バグダッドの戦い……知恵の館」

阿賀野「八王の乱……というかもう大体全部の戦争が悪い」

提督「嗚呼……知ってるか? 実際にはアレクサンドリア大図書館の大破壊って無かったんだぜ」

阿賀野「さすがに知ってる。……異教徒の神学論……」

提督「……名も無き秀才の日記…………嗚呼……」

阿賀野「…………」

提督「…………」

旗風「…………? 」



693 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:09:44.44Ub8/qdlc0 (2/15)


< 誕生日からこっち三日目にしてお休みでしたが >







Littorio「? 何の懺悔をしているんです」

阿賀野「や……今回提督さんは悪くな……うん? 」

提督「あぁ^~……ニットの白セッターに紺のマキシでウエスト紐っぽく縛るの浄化されるぅ……」

Littorio「うん? 」

阿賀野「草原が似合いそうだね。あとお城の正面とか」

Littorio「ちょっと意味が……まぁ、お気に召したようですけれど」

阿賀野「この上無くクリティカルですよ。
さっきまでの戯言全部どうでも良くなるくらいには」

Littorio「はぁ」

提督「あぁ^~……」



694 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:10:47.03Ub8/qdlc0 (3/15)


< 風と草の音だけでもそれはそれで >






Littorio「ええっと……よかった、ビールですね。
燻製ソーセージに余っていた溶けるチーズを少し

提督「あぁ^~」

Littorio「…………会話にならないんですけど」

阿賀野「わぁっ、美味しそう。……雲龍さん連れてきてバグパイプとか演奏してもらえば?
テキトーでも踊ってあげたら狂喜乱舞すると思うけど」

Littorio「はぁ……? 」


695 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:11:33.69Ub8/qdlc0 (4/15)


< 最近の通販系は侮れないものですが >







雲龍「あのね……なんでも取り敢えず私を呼べば解決すると思ってない?
バグパイプなんてここに無いわよ」

Littorio「アスクルは? 」

阿賀野「今すぐはさすがにちょっと」

天城「そもそも……アスクルにバグパイプなんてあるわけないでしょうが」


696 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:12:25.94Ub8/qdlc0 (5/15)


< 本気でバグパイプ探してしまうくらい豊富 >







叢雲「公式見たらクラベスとかトーンチャイムはあるみたいだけどね」

阿賀野「えぇ……」

Littorio「学童用品……? 」


697 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:14:05.26Ub8/qdlc0 (6/15)


< 理想が唐突に降って湧くと >







提督「あぁ^~……リッちゃんさ、まだ飲みたい? 」

Littorio「は? いえ、まぁ、他に何かあるならそこまでは」

提督「サモン! 当警備府のヘアメイクアーティストあーちゃん! 」

愛宕「はいはーい♪……何? 」

提督「リッちゃんを草原と馬とビールと理不尽な悲哀の似合う女の子にしてくれ」

愛宕「また難しい注文ねぇ……ここでいい? 」

Littorio「え、まぁ……」

愛宕「ふふ、お姉ちゃんの好みも訊かないとねぇ~……」






能代「…………何故あの人はLittorioさんに平伏しているので? 」

阿賀野「持病、かなぁ……阿賀野も雪風ちゃんが漢服着て結い上げて髪飾り挿して扇とか持ってたら危なかったよ」

能代「はぁ……? 」


698 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:15:04.40Ub8/qdlc0 (7/15)


< ショットで飲むなんて面倒とか言い出しちゃうヒトたち >







那珂「あのさ……いや、言っても仕方無いことだと思うんだけど」

Pola「はい~? 」

那珂「…………なんで、那珂ちゃんとPolaちゃんがテキーラ勝負なんてさせられてるの? 」

Pola「うーん……? 」

那珂「那珂ちゃんが負けるわけ無いじゃん。そんな貧弱な肝臓してないよ、ねぇ? 」

Pola「だからじゃあ……いえ、Polaは心ゆくまで飲めて幸せですけどぉ~」

那珂「はぁ……意識失うまで飲みたい気分だよ、まったくもう」


699 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:16:37.18Ub8/qdlc0 (8/15)


< 魔女 >







時雨「……やり過ぎじゃないかなあれ」

GZ「すまない……すまない……Bismarckの間抜けが煽り立ててお膳立てをしてしまったから」

WS「あれ、いつ終わるの? 」

時雨「Polaがぶっ倒れるまでかな」

Maestrale「諸悪の根源? のBismarckさんは? 」

Aquila「哄笑と見紛う爆笑の上でフェードアウトして行きましたねぇ~……」

GZ「逃げた、というんだそれは……すまない……すまない……」


700 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:18:24.47Ub8/qdlc0 (9/15)


< 鬼の居ぬ間(数時間前) >







那珂「浜風ちゃん? レモン追加で」

浜風「あの、もうやめた方がいいと思いますけど……」

那珂「なんで? Polaちゃんまだいけるみたいだよ? 那珂は言うに及ばず」

Pola「お酒の強さにだけは自信がありますので~。
テキーラの山もBismarckがどこからか貰ってきたものですしぃ」

浜風「それはそれでどうなんです。……あのですね」

那珂「? 」

Pola「? 」

浜風「明日の早朝、赤城さんが来るそうなので」

那珂「? それ関係ある? 」

Pola「」

那珂「? 何で青褪めるの? 明日オフなんでしょ? 」







時雨「真なる飼い主が来訪するんじゃあねぇ……ねぇ? 」

大井「そうね。…………水喉に詰まらせてるけどアルコールより飲みにくそうじゃないあれ。どうなってんのよ」


701 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:19:31.04Ub8/qdlc0 (10/15)


< 何かへの反応ですらなくて >







江風「あぁ^~……! 黒髪乙女の湯上がり濡れ髪しっとりボディ巻き巻きタオル付きぃ」

扶桑「……はい? 」

能代「…………さっきまで工廠に籠ってたんですよね? 」

海風「えっ、と……はい」

明石「三人で艤装の確認してましたよ」

阿賀野「飼い主に似るというかなんというか……いやいや」



702 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:20:36.72Ub8/qdlc0 (11/15)


< 誰しも信ずる限りは…… >







山城「良かったですね姉さま。江風は乙女だと思ってくれているみたいですよ」

龍田「そうねぇ……思わず周り見渡しちゃったけど乙女っぽい子は兎も角黒髪は他にいなかったもの」

扶桑「あのね……」


703 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:21:59.58Ub8/qdlc0 (12/15)


< 自称の乙女っていうのもアレですが >







山城「他に黒髪っていうと高雄に加賀さん、赤城さん、瑞穂、阿賀野、松風、ヒトミイヨ姉妹? 」

龍田「ギリギリで初月ちゃんもかなぁ。たぶん茶髪だけど」

扶桑「乙女っぽいのは結局いないじゃない」

松風「えっ」

伊14「えっ」

伊13「はぁ。…………イヨちゃんは、たぶん、お酒が、無ければ……まぁ……」



704 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:23:23.85Ub8/qdlc0 (13/15)


< フェチというものの収斂 >







雲龍「いえ、戦闘衣のことだと思うけれど。
幼女すれすれの少女があの衣装って清純では有り得ない話だと思うの」

伊14「なるほど確かに」

松風「僕は? 」

雲龍「僕っ娘はそれだけで性的過ぎるわ」

伊13「なる、ほど? 」

松風「……は? 」


705 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:28:37.76Ub8/qdlc0 (14/15)


< 灯台の下というか足下レベルのお話 >







那珂「ふぅ……開けたやつは飲んだよ? 」

浜風「お疲れ様です。顔色一つ変わらないのはいっそ恐怖を覚えますが」

那珂「そういう体質だもん仕方無いね」

浜風「Polaさんでさえ頬は赤らんでいるのに」

那珂「それも体質なんじゃない? それにこれでもPolaちゃん結構酔ってるよ」

浜風「本当ですかそれ」

那珂「本当本当。強いのは強いけどね」

浜風「はぁ。私もそれくらい強ければずっと食べていられるかもしれないのに」

那珂「死ぬでしょそれ。那珂ちゃんさすがに食べるのはそこそこじゃないと戻すし」

浜風「本当ですかそれ」

那珂「本当に本当本当。……あのさ、沢山水飲んでるところ悪いけど酔い過ぎじゃない? 」

Pola「ふぇ~……だから飲んでるんですよお水ぅ~」

那珂「そうだね。…………身体機能向上させて消化酵素弄れば? 」

Pola「あっ」

浜風「…………Polaさんが本当に酔っているのは良く、分かりました」


706 ◆5z7C0EoTrg2021/08/24(火) 22:29:05.90Ub8/qdlc0 (15/15)


ありがとうございました



707以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/24(火) 22:31:45.24ckwJBUyM0 (1/1)




708以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/25(水) 01:53:10.38DFHT9M4Go (1/1)

お疲れ様です


709 ◆5z7C0EoTrg2021/08/25(水) 22:03:29.93knMzY+BA0 (1/8)


< 普通に何の違和感も無く死ぬ >







提督「テレビ観ながら冗談でさ、俺もマン島TTみたいなの出たいなぁ、とか言ったら」

旗風「言ったら? 」

提督「バイクレースですか……とか言って笑いながら冗談飛ばしてた高雄が」

旗風「ええ」

提督「天辺回ってベッドの中で“ 絶対に許しませんからね ”って抱き着いてきたときは鬼気迫るものを感じたね」

旗風「うーん……? 」


710 ◆5z7C0EoTrg2021/08/25(水) 22:04:20.50knMzY+BA0 (2/8)


< 遂に(車を無視して)買いました >







明石「そりゃそうでしょ。あなた素人の人間なんだから」

提督「同じく素人の明石ちゃんは大丈夫だって? 」

明石「弾け飛んでも基本直る化け物ですからね」

瑞穂「えーと……あの」

提督「そいつの言うことも時々は容れてやれよ」

明石「あなたも乗りたいくせに。嫉妬ですかぁ? 」

提督「……」

漣「こやつ煽りおる」

雲龍「取り敢えず駄目。高雄じゃないけど、駄目」

能代「いくら明石さんとはいえバイクで言えば素人なヒトが整備したものに乗る、ですか……うーん……」


711 ◆5z7C0EoTrg2021/08/25(水) 22:08:59.40knMzY+BA0 (3/8)


< 信用が無いという意味でもなくて可能性がある時点で >







旗風「えっと……え、着いてきただけだから知りませんけどそれに乗るんですか? 」

明石「ええ、これからちょっとずつカスタムしていこうかと」

瑞穂「くれぐれも安全には考慮してくださいね? 」

明石「死にはしないしへーきへーき」

旗風「はぁ? 」

明石「それこそレース並の速度だとそれだけでイきかけると思いますよ? それか脳汁がヤバい」

旗風「ちょっと意味が」

提督「敷地内ならまぁ今すぐいけるな。……高雄と愛宕にキーの場所は極秘って約束で買わせてもらったらしいぞ」

旗風「妥当ですよね。……あなたが勝手に他人の物乗り回す人だとは思いませんけど」




712 ◆5z7C0EoTrg2021/08/25(水) 22:09:26.77knMzY+BA0 (4/8)


< 最高の自分というものを常に考えていると逆に >







愛宕「今日は何を着て行こうかなぁ、なんて」

高雄「うん? 」

愛宕「そう思えるような女の子になりたかったなぁ……」

高雄「……うん? 」

愛宕「朝起きてお風呂に浸かりながら考えてみたりして、はぁ……」

高雄「…………はい? 」


713 ◆5z7C0EoTrg2021/08/25(水) 22:11:01.11knMzY+BA0 (5/8)


< あなたが似合うと言ってくれた過去を振り切って >







愛宕「だってそうでしょう? デートの約束したらもうその瞬間から全部考え始めるじゃない」

高雄「まぁ……分からなくはないけど」

愛宕「その日の天気と気分でふわふわ悩めたらもっと楽しいのかなぁ、って」

高雄「それはあなたの考える普通の女の子、らしいかもしれないけど私の思うあなたらしさじゃないわ」

愛宕「そうよね。ペディの色もヘアもランジェもバッグも何もかも決めて、
その日の事情で少しだけ修正するくらいなのが私」

高雄「普通そうでは? あなたは明日いきなり叢雲さんになったりするの? 」

愛宕「なれたらいいな、とは思うけど……そういう話じゃなくてね? 」

高雄「……? 」


714 ◆5z7C0EoTrg2021/08/25(水) 22:12:14.95knMzY+BA0 (6/8)


< 一時期その日の出来事や誕生日、なんてものに凝りましてね? >








漣「明日は! なんと! 」

提督「なんと? 」

漣「なななーんと! 」

提督「うん? 」

漣「漣様に全てを捧げる日です! 喜べ騒げ喝采せよ! 」

阿賀野「ラヴォアジエとかアンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジの誕生日だね」

提督「坂井三郎生誕とかド・ゴール入城とか」

叢雲「あんたたちの好きそうなのだとドレスデンの戦い開始とか?
あとこの国初の缶ビール発売とかも二十六日らしいわね。さっきたまたま調べただけだけど」

漣「漣もさっきググったけどパワプロの日みたいだね。……それ全部マジに覚えてんの? 」

阿賀野「? 」

提督「? 」

叢雲「だから私はさっき調べたんだってば。
……この辺の歴史オタク馬鹿にしない方がいいわよ、時々キモいけど」


715 ◆5z7C0EoTrg2021/08/25(水) 22:16:17.97knMzY+BA0 (7/8)


< 冗談に冗談で返さなければならないルールはありませんので…… >







提督「まぁ、あれだな。西暦3373年まで俺が生きてたら何もかも漣様に捧げてやるよ」

漣「や、そんな生きたとしても高雄さんとか愛宕さんが離してくれるとは到底思えませんし」

阿賀野「まったくだね。下手したら3000年越えた辺りで漣ちゃんの方が排除されてるよ」

叢雲「永遠と信じられる時間を生きてなお至上の更に上の幸福を、か……化け物って怖いわね」

提督「…………何故真顔なんだ? 冗談だぜ? 」


716 ◆5z7C0EoTrg2021/08/25(水) 22:17:12.06knMzY+BA0 (8/8)


ありがとうございました



717以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/25(水) 22:24:29.04BppTdwTx0 (1/1)




718 ◆5z7C0EoTrg2021/08/28(土) 21:56:06.69skcO9a3R0 (1/7)


< 怪力乱神然もありなん >







雲龍「愛と勇気だけは友達にしていればなんとかなるわ」

山城「情愛と蛮勇の間違いでしょうそれ」

雲龍「少なくともあの人は歪んだ情愛と特攻兵器輸送艦の蛮勇を受け入れてくれたもの」

扶桑「えーとあの、誠意とか信頼は」

雲龍「好きだから抱いてくれるわけでもないし、
信ずるから犯してくれるわけでもないじゃない? 」

龍田「そういう話だったかしらねぇ~……赤城さんが珍しくコンビニのあんぱんなんて食べてるから連想されたんですよ? 」

赤城「いえ、これはさすがに私悪くないでしょう……」


719 ◆5z7C0EoTrg2021/08/28(土) 21:58:12.15skcO9a3R0 (2/7)


< 寧ろ小さく少しずつ消して頬張らないで >







赤城「そもそもこれはあんドーナツです。もちもちですよ」

龍田「知りませんよそんなこと」

明石「ドライブのお土産にそんなもの頼まれたの初めてですよ私」

赤城「一度食べてみたかったんです。あ、カスタードもありますから」

山城「から、ってなんですか。だからなんだっていうんです」

赤城「? 美味しいですよ? 」

雲龍「普段の赤城さんにある緊張感とかシニカルな面欠片も無いですね」

扶桑「つまり当たりの日でしょう? 」

赤城「大当たりですね」

龍田「あんぱんが? 」

赤城「だからあんドーナツです。…………時々こんな感じを思い出さないと擬態もできませんからねぇ……」


720 ◆5z7C0EoTrg2021/08/28(土) 21:59:00.26skcO9a3R0 (3/7)


< それどころか一仕事終えた後の可能性 >







龍田「、という冗談? 」

赤城「ご馳走様でした。……ええ、別にこんなもの全然食べたくなんてなかったですよ? 」

明石「物凄い馬鹿レベルの救えない逆張り人間でも信じませんよそんなこと」

山城「本当に大当たりの日ね。赤城さん、一緒にお料理でもしませんか? 」

扶桑「いえ、私と縫い物でもしましょう? クラシックを聴きながら」

赤城「どっちもできますよ、時間的には」

龍田「赤城さんのカラータイマーって三分もちましたっけ? 」

雲龍「さすがにもつでしょう。…………ここまでほんわかしてくると逆に怖いわ。
世紀の大罪でも起こす前兆か何か? 」


721 ◆5z7C0EoTrg2021/08/28(土) 21:59:58.69skcO9a3R0 (4/7)


< 相性というもの >








赤城「でもね、普段の私でも常に何かしているわけではありません。
オフの日くらい誘っていただければ喜んで遊びますよ? 」

山城「ハズレの赤城さんは要りませんので」

扶桑「お酒が入るなら幾らでも付き合いますけれど……うーん……」

赤城「…………」

龍田「付き合う分には楽しいけど最優ではないしベターですらないのよねぇ~……楽しいのは間違い無いんだけど」


722 ◆5z7C0EoTrg2021/08/28(土) 22:03:38.81skcO9a3R0 (5/7)


< 同類とはいえ程度の差は大事なんですよ、個人としては >







龍田「でもよかったじゃないですか。やっぱり擬態してるときの赤城さん大人気ですよぉ」

山城「横須賀の大多数が信じる素の赤城さんね」

扶桑「この世で最も本人からは遠い他人だけど」

赤城「あのね、これでも割とハートに近い部分は繊細で

提督「だからお前はお前をやっていられるんだろうが。繊細で他人を見れるから擬態が上手い」

龍田「見えるだけで慮りはしないのね」

赤城「否定はしません。……でもあなたがそれを言うんですか? 他でも無い、あなたが? 」


723 ◆5z7C0EoTrg2021/08/28(土) 22:04:27.23skcO9a3R0 (6/7)


< 何をしたのか >







時雨「ふとした瞬間思い出したんだけどさ」

あきつ丸「あぁ」

時雨「Aquilaって美人だよね。ショートシャツにUネックとか着こなしちゃって」

あきつ丸「スタイルも抜群だからな。ただ多少頭が弱いだけで」

時雨「そうなんだよ。ちょっと常識とまともさが足りてないだけで実際はクール系美人だよね」

Pola「素直に憧れちゃいますぅ~」

Aquila「謝りますから……ねぇ~……許してくださいよぉ~……」



724 ◆5z7C0EoTrg2021/08/28(土) 22:04:58.87skcO9a3R0 (7/7)


ありがとうございました



725以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/28(土) 22:11:23.90kLAIJN1R0 (1/1)

乙 Polaまで参加してるのってよっぽどだよね...


726以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/28(土) 22:21:06.77CGRfuL3no (1/1)

お疲れ様です


727 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:40:37.12ntnQXS0E0 (1/12)


< 正射必中 >







赤城「正しく射れば応えてくれる、弓は素直でいいですねぇ……」

加賀「正しく生きてなどいない赤城さんには眩しいでしょうね」

赤城「それはあなたも同じでしょう、加賀さん」

加賀「赤城さん程弓が正確ではない分それなりに幸せですから」

赤城「幸せ自慢なんてみっともないですよ。……ねぇ、加賀さん」

加賀「なんでしょうか」

赤城「弓弦の音高く真っ直ぐに射る、そんな簡単なことだけで世界が変わると思いますか」

加賀「所謂ところの中二病というやつですか? 」

赤城「そんな幼さは生憎と持っていませんよ。お婆さんですから」

加賀「はぁ。……赤城さんならば正道であっても必ずや目的を成し遂げる、そう信じてはいます、が」

赤城「ええ」

加賀「この世の中、正道を進めば進む程に死人は増えるでしょう。
正道が正道として正しいが故にそれは倫理的に正道ではなくなります」

赤城「困ったものですよねぇ……いやいや、邪道を突き進んでいる私が免罪符として主張するわけではありませんけれども」



728 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:41:56.68ntnQXS0E0 (2/12)


< 戦いといえばまぁ…… >







山城「あ、っは……汗臭さなんて、もうどこかに行ってしまったわね。昨日の話ではあるけど」

提督「別の強い匂いがあるからな。……足、大丈夫か? 」

山城「股関節は危なかった、というか微妙にイってたわ。直したけど」

提督「」

山城「男に組み敷かれているときなんて戦闘と同じじゃない。どうということも無いわ」

提督「いや、え…………そう……? 」



729 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:42:44.93ntnQXS0E0 (3/12)


< 嘘のような本当 >








鹿島「うふ……あぁ、動かないで、首、締まっちゃいます」

あきつ丸「はぁ……何故自分はネクタイなど締められているのでありますか」

時雨「いいじゃないか。お世辞抜きに似合うよ」

春雨「なんなら時雨ちゃんも似合うと思うけど」

Aquila「可愛い女の子で似合わない子なんていないですからぁ~」

あきつ丸「ではせめて鈴谷くらい呼んでくれないか」

時雨「戦闘衣はスカーフだもんね」

あきつ丸「まぁ、あれ以上に似合うものなど無いかもしれんが」

春雨「そうですね。……これでお互いが嫌いじゃないの知っててまだ告白も返答も保留してるって嘘でしょ? 」


730 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:44:31.42ntnQXS0E0 (4/12)


< スカーフって多用途()だと思うの >







GZ「ふむ……若葉、逆にスカーフなんてどうだ? 」

若葉「どうせネクタイよりは嵌るまい。若葉はこのままの自分だけでいい」

GZ「……そうか」

若葉「ま、伯爵がどうしても見たいというのであれば新しい甘味で手を打つが」

WS「寧ろ伯爵がスカーフにしてみるべきですよね」

若葉「まぁ、確

GZ「この前してやっただろうが」

WS「そうでしたっけ」

若葉「伯爵……? 」


731 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:46:08.03ntnQXS0E0 (5/12)


< 草臥れていても許せる数少ない…… >








あきつ丸「まったく……これだから馬鹿女の相手は疲れるであります」

鹿島「嗚呼それっ、それっ」

あきつ丸「あ? 」

鹿島「嗚呼……あゝ……あぁもう……」

春雨「気怠そうにネクタイを緩める男装の麗人っていいですよね、はい」

時雨「そもそも男がやってカッコいい仕草だしね」

GZ「……若葉? 」

若葉「やってもいいが期待値は越えられないと思うぞ」

WS「期待値なんて相手によっては簡単に……いえ、若葉の気持ちはよく分かりますけれどね」


732 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:48:46.69ntnQXS0E0 (6/12)


< 主体とは >







時雨「というか何さ、伯爵は若葉を毒牙にかけたいわけ? 」

GZ「甚だ不当な言い掛かりだな。私は若葉の多様な面を見せてほしいだけだ」

WS「あの子なら私も構いませんよ」

GZ「……は? 」

時雨「えぇ……」


733 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:51:23.97ntnQXS0E0 (7/12)


< 何かあれば仕方無い風で助けるところまで含めて >







秋雲「あきつ丸さんって」

あきつ丸「? 」

秋雲「この狭い界隈では本人公認で鈴谷さんのこと大好きだから許されてますけど」

あきつ丸「?? 」

秋雲「鹿島さんの扱い見る限りやれやれ系のクソ主人公みたいな雰囲気ありますよね」

春雨「若干のセフレ感みたいなやつあるよね」

秋雲「それそれ」

あきつ丸「???? 」


734 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:54:48.26ntnQXS0E0 (8/12)


< 個人による倫理のカタチ >







雲龍「まぁ、ボテ腹とか母乳は無理よねそもそも」

漣「その唐突な話の転換、見習いたくない」

天城「さっきまで無理な姿勢だとかって話だったのに」

山城「無理なプレイの話はしていないのだけれど」

雲龍「ボテ腹なんて……本当に…………あぁ……

山城「まぁ……私たちに妊娠なんて尊いことできるわけな

雲龍「安定期だからって信用なんて……危ないし……無理に決まって……

漣「そういう……いや、決して悪くないどころか善性甚だしいけど…………そういう? 」


735 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:55:35.54ntnQXS0E0 (9/12)


< 手に入れられないこともないけども >







提督「何、暇とな? では吾輩が愉快な友人の話をしてやろう」

葛城「何そのうっざいキャラ」

涼風「どうせそれ海軍内の変なのの話だろ」

提督「はて……まぁ、同い年の勇壮な男子で

葛城「はいはい同期の桜同期の桜」

提督「其奴は殊更にゲータレードを好む男でな」

涼風「ゲータレード……? 」

提督「え……え? 」

江風「2015年までは売ってたンだけどなぁ……久々に飲みたいかも」

涼風「飲み物……? 」




736 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:56:41.96ntnQXS0E0 (10/12)


< 出す >







雲龍「ね、お願い」

提督「まぁ……それくらいなら」

雲龍「別に殴ってくれとか絞めてくれって言ってるわけじゃないんだし」

提督「うん……うん? 」

天城「姉様……今度は何を頼んだんです」

雲龍「自分がただただイく為だけに腰を振ってほしい、って。
時間とかそういうのどうでもいいから何もかも自分の一番気持ち良い動きで相手してって」

提督「…………」

天城「ん、んんっ……? 」



737 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:59:09.49ntnQXS0E0 (11/12)


< (モノは取り敢えず)出る >







提督「まぁ、プレイとしてならいいけど……それフッツーにつまんねぇと思うぞ俺」

雲龍「つまらないならつまらないでいいじゃない。
セックスはコミュニケーションだったってだけだし、
その次はちゃんとその分も足して愛してくれればいいの」

提督「うーん……」

雲龍「でも自分の気持ち良さだけ、種蒔くことだけ考える動きで消費されたら物凄く気持ち良いと思うの。
使われてる背徳感と使ってもらえている承認欲求の満足で。
勿論あなたのことを愛しているわけだし? 元が大きいから勝手にイけるだろうから一回くらい試して」

提督「…………」

天城「…………ちょっと納得しかけた自分が嫌です、天城」


738 ◆5z7C0EoTrg2021/08/29(日) 21:59:37.88ntnQXS0E0 (12/12)


ありがとうございました



739以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/29(日) 22:14:59.90GvjZlnFYo (1/1)

お疲れ様です


740以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/29(日) 22:16:55.90uRjSv74a0 (1/1)




741 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:07:02.94yDQvxXF00 (1/22)


< 嫌いな人は本当に無理らしいですが >







阿賀野「うんうん、成育は順調ですよ、っと」

能代「栗の木の成長日記って小学生みたい」

阿賀野「これはこれで楽しいものだよ? 家庭菜園の延長だし」

能代「まぁ、植物の成長って中々侮れない楽しさらしいけど……」

阿賀野「それにほら、あの人たちに本物の栗の花の香りをおしえてあげようかなって」

能代「えぇ……」


742 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:08:09.26yDQvxXF00 (2/22)


< 愛情込めていつまでも >







愛宕「ついでに桃と柿も植えてみたら? それも苗木からでしょう? 」

阿賀野「検討してもいいけど阿賀野は栗ご飯が食べたいの」

愛宕「ふぅん? 食べたいなら明日か明後日はそれにする? 」

阿賀野「いいけど阿賀野の最優先はこの木だよ? 」

愛宕「? なんで? 」

阿賀野「なんで、って……自分で育てた子だよ? 」

愛宕「?? 」

能代「そんな農家さんみたいなこと言われても……」


743 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:09:13.62yDQvxXF00 (3/22)


< はーゔぇすと >







阿賀野「ほら、提督さんに頑張ってほしいときとかって素材選んでしっかりお料理してるでしょ? 」

愛宕「あぁ、そういうこと」

能代「前言撤回。……そんなので理解した気になる方もさせる方も農家さんに謝っては? 」


744 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:10:19.67yDQvxXF00 (4/22)


< 即答 >







雲龍「天城ってね、誰かに聞かれるかもしれない、
見られるかもしれないって思うとキュッと締め付けてくれるのよ」

葛城「妹に語る意味」

雲龍「でもそれを続けて弄ってあげると見られてもいい、
寧ろ聞かせてやるって壊れていくの、素晴らしいわね」

葛城「だからそんな世迷言聞かせる意味」

雲龍「いえ、あなたもそういうタイプなのかしら、って」

葛城「それはどっちかというと瑞鶴さんの方かな」

雲龍「へぇ……」

瑞穂「あのですね……」


745 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:11:13.95yDQvxXF00 (5/22)


< 公序良俗さんはお休み >







瑞穂「瑞穂は妹ですらないのですけれど」

雲龍「あら、あなたも明石とシてみればいいじゃない」

葛城「最初は窓開けっ放しとかでレベル上がると廊下とかになるよね」

瑞穂「……なるほど」

明石「…………雲龍さんとシてれば? 」

葛城「またまたー。私知ってるよ? あの人に廊下で苛められてそのまま部屋に消えたの」

雲龍「へぇ……」

明石「あの人とだから許されるっていうか絵面を想像する暇も無いというか……あのですねぇ……」


746 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:12:39.23yDQvxXF00 (6/22)


< 頑なな否定はいつかの…… >







葛城「まぁ、別にいいじゃん。瑞穂さんとヤったら感想聞かせてね? 」

明石「はいはい検討しておきます」

雲龍「頑張りなさいね」

瑞穂「頑張るというのは違う気がしますけれど……まぁ、はい」

明石「言い触らすんなら絶対やりませんから」

雲龍「こういうのを変えていってしまうのが楽しいのよ、ね? 」

葛城「あ、それ分かるー」

瑞穂「なるほど確かに」

明石「だーかーら……あのですね……」


747 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:14:10.08yDQvxXF00 (7/22)


< 二人きり没頭して >







葛城「なんか変に気分良く酔ってるかも。……双頭ディルドって間抜けだよね」

雲龍「端から見れば、そうかも」

葛城「でさ、ああいうの使ってると本人たちはかなりイイから絵面とかは実際どうでもいいんだけど」

瑞穂「? 」

葛城「やっぱ棒、っていうか男とヤるのって気持ちいいものなのかなって思うよね」

明石「女ってそういう風にできてますから仕方無いんですよそれは」

瑞穂「む、むむ……それは……いえ、でも…………」


748 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:15:02.26yDQvxXF00 (8/22)


< (強い)ツッコミ不在とも言える >







雲龍「ホルモンバランスの崩壊で母乳が出てしまうケースがあるそうだけど」

明石「まぁ……はい。しっかしなんでこの面子だとひっどい下ネタになるんですかね」

雲龍「実はうぶな龍田ちゃんとかすぐに愛がどうとかいう愛宕とか、
そういうのがいると長続きしないで話が流れていくだけね」

瑞穂「天城さんがいるとすぐオチを付けてしまいますし」

葛城「あれはあれで羞恥とかなのかな? 」

雲龍「さぁ? ……つまり意識して代謝を弄れば私たちって母乳プレイはできそうじゃない? 」

明石「…………」

瑞穂「…………」

葛城「…………」

雲龍「…………? 」



749 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:16:08.29yDQvxXF00 (9/22)


< そういう問題かな? >







明石「まぁ……できてしまうでしょうね、理論上は」

葛城「体内物質を弄るんじゃなくて、
あくまでコンディションを生存に最適な身体へ持っていくわけだからかなり難しいと思うけどね」

雲龍「で、それを固めて加工すればバターくらいは? 」

明石「いやいやいや……」

瑞穂「何を行き過ぎたヤンデレみたいなこと言ってるんですか……」


750 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:18:13.44yDQvxXF00 (10/22)


< 興味の範囲= ? >








海風「ちなみに巾着だとか蛸壺と言われるあれは鍛えれば誰でも身に付くそうですよ」

葛城「なんか増えた」

明石「海風ちゃんは別に鍛えなくても大丈夫でしょう。体躯的に」

海風「あれするとあの人の顔、ぐんと良くなるんです」

雲龍「確かに」

瑞穂「確かに、って……雲龍さんの守備範囲に限界は無いんですか? 」


751 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:22:01.10yDQvxXF00 (11/22)


< 艦にとっての重荷となるとこれくらいは >







漣「そういえばここの総旗艦って? 」

阿賀野「それ実際の軍では概ね使わない言葉だし……どうなの? 」

愛宕「うん? 興味無いわ」

高雄「さぁ? どうでもいいですね」

加賀「はい? この二人を差し置けると? 」

Littorio「え? 一応外国籍ですよ? 」

叢雲「は? いや、いやいやいや……あのね……」

漣「陣形とか駆逐とかんなもんクソどうでもいいでしょ?
むーちゃん以外の誰にその座を任せられるのって話ですよマジで」

提督「別にそんなの誰でもいいんだけどなぁ……やる? 」

伊14「そんな軽い言葉で任せられるのものじゃ……や、そんな輝く自殺行為押し付けないでくださいよー……」



752 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:24:54.76yDQvxXF00 (12/22)


< 怖いもの知らずだなぁ、とかなんとか >






愛宕「でも……つまりそれ総司令官的な立場の乗艦なわけでしょう? 」

漣「まぁ、そっすね」

愛宕「公私共に三笠さんでいいんじゃない? 」

漣「なるほど? 」

高雄「随分と小型で古めかしい旗艦で……あの、なんですその目は」

提督「え、いや……別に? 」


753 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:26:37.61yDQvxXF00 (13/22)


< 誇りある高らかな宣言 >






何かヤバい黒幕っぽいやつ『八咫烏、という名を聞いてお前はどう思う』







漣「ノータイムでサッカーとか答えるのが江風だとして」

叢雲「私はくだらない雑学でも語ると思われてるのかしらね」

漣「漣とご主人様しかいないときだけでしょ。
……漣は某ゲームの某組織を思い浮かべるんだけどさ」

叢雲「ふぅん? 」

漣「次の目標はむーちゃんもそういう考え方ができるように調教することです! 」

叢雲「調教ってあなたね……」


754 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:27:42.20yDQvxXF00 (14/22)


< あぁ、忘れていたけど >








叢雲「あっ、あとむーちゃん言うな馬鹿」

漣「はいはい。…………このあざといキャラ付けは一体どういう意図なんだろう」

叢雲「うん? 何か言った? 」

漣「べっつにー? 」


755 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:32:54.74yDQvxXF00 (15/22)


< 減る嫌ー >







提督「え、俺A4くらいの方が好きなんだけど」

漣「また始まった……人間脂身の方が旨く感じるようにできてるとかほざいておきながら」

提督「俺の年齢考えろ。A5とか無理だわ完食不可だぞ」

漣「とか言いつつ全部食い散らかした挙句脂の塊まで食すくせに」

叢雲「同族以外の化け物なんて悪食にも程があるものね」

提督「悪意有り過ぎか。さすがにロリコンではねぇわ。
あと俺は可愛い女の子を化け物とは呼ばない」

漣「や、どっちかってーと女の方はA5の方が好みでしょって。
別に熟女とかではなくて脂乗り切った方が好きでしょ? 」

提督「んな俺がデブ専みたいな言い方」

愛宕「ふぅん……? 」

高雄「ほう……」

漣「……どこから湧き出てきたんですお二人。
目がヤバいんですけど目だけ笑い方忘れちゃったんですか? 」


756 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:34:42.59yDQvxXF00 (16/22)


< それもこれも全部酔いってやつの所為でしてね >







雲龍「加賀さんがこう今すぐ死にます沈みますっていう今際の際に」

加賀「……は? 」

雲龍「一航戦を継がせるとしたら現時点では瑞鶴さんでしょう? 」

加賀「ちょっと……あの、意味が分からないわ」

雲龍「私、負けませんから。ええ、絶対に、勝ち取りますから」

加賀「あの、え、ちょっと……それだけ言っていなくならない……あの……? 」


757 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:36:27.85yDQvxXF00 (17/22)


< 捨てた瞬間爆発しそうでもある >







提督「バレンタインのチョコレートってさ」

高雄「ええ」

提督「割に日持ちはするよな。別にその日のうちに全部食べなきゃいけないとかってルールも無いし」

高雄「ちゃんと食べてくれればまぁ。……何か? 」

提督「や、割と頑張って毎回食べ切ってるよ全員分。……共用の冷蔵庫くん最奥に

高雄「やめて。誰のか知らないけど知らないフリをしてるの」

提督「あ、そう……」

高雄「冷えた爆弾は火薬が腐り切ってから処理するものですよ」

提督「お、おう……」




758 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:38:19.28yDQvxXF00 (18/22)


< 笑えばいいと思……うーん…… >






時雨「あのさ、僕結構瑞鳳さんと話すんだけど」

あきつ丸「なんだ、友人自慢か何かか? 」

時雨「君最近僻みキャラみたいなの酷いよね。……そうじゃなくて」

あきつ丸「あぁ」

時雨「瑞鳳さんの隣室って翔鶴さん瑞鶴さんの部屋なんだ」

あきつ丸「らしいな」

時雨「明らかに二人の喘ぎ声が聞こえたみたいなんだけど僕はどう反応すればよかったと思う? 」

あきつ丸「」



759 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:41:30.47yDQvxXF00 (19/22)


< 八方塞がり >







あきつ丸「いや、あー……あぁ、あぁん? 」

時雨「その辺の将校でも連れ込んでたら面白いなとか一瞬は思ったんだけどさ、
葛城さんの気持ちはどうなるんだろうね、って」

あきつ丸「……」

時雨「あれで割に繊細だし。彼女をその姉に寝取られるってダメージ酷くない? 」

あきつ丸「……あぁ、それなら大湊の女衒将校に絡め取られていることを願えばいいのでは? 」

時雨「そういうの察して手出さないんだよ、あの鬼畜野郎」

あきつ丸「……」

時雨「……」

あきつ丸「…………嗚呼」


760 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:42:36.68yDQvxXF00 (20/22)


< 忘れた頃に掘り返す >







漣「ねーねー江風大先生」

江風「うン? 大先生? 」

漣「間接キスはキスに分類してもいーのでしょーか」

江風「いいンじゃねーの、ってーかなンで江風? もっと適任なの大量にいるじゃン」

漣「や、ファーストキスが姉とディープなのな大先生に訊きたかったから」

江風「」


761 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:45:05.37yDQvxXF00 (21/22)


< 撮られるってまた別の趣味だけどね >








江風「あ、あれはほら、酔った故のじ、事故だから……」

海風「酷い……あれは遊びだったんだね江風」

江風「そーだよ、遊びだよ、遊びだから忘れてくれ、頼む」

海風「もう一回、遊びじゃないキスで忘れさせてくれない? 」

漣「初月くーん! 」

初月「呼んだか? ……よし、撮ればいいんだな? 」

海風「理解の速さ」

漣「●REC」

初月「●REC」

海風「んー……? 」

江風「なンなのさもう……しないよ馬ッ鹿じゃないの? 」


762 ◆5z7C0EoTrg2021/08/30(月) 23:49:13.75yDQvxXF00 (22/22)


ありがとうございました



763以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/30(月) 23:50:39.18s3CBNUYY0 (1/1)




764以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/31(火) 06:42:27.93MmsiBU4to (1/1)

お疲れ様です


765 ◆5z7C0EoTrg2021/08/31(火) 22:48:00.91erCERIvh0 (1/8)


< 愛した男ではなく、愛してくれる男が >







雲龍「幸せにしてくれるらしいわね」

愛宕「同じ男だし」

高雄「だからでしょう? 特大の幸せと、同じくらいの痛苦も味わわされてるじゃない」

愛宕「なるほど」

雲龍「道理ね」

葛城「禍福を半分ずつ分け合って終局がここなんだ」

天城「つまり天城たちへの愛情がまだ足りないのでは? 」

提督「あのさ……いや、意識して愛するって何か違うと思うんだけど」



766 ◆5z7C0EoTrg2021/08/31(火) 22:48:52.79erCERIvh0 (2/8)


< 姉妹から真心を込めて >







海風「ふふ……」

江風「あーねきー。お昼できたってさー」

海風「うん? ありがと」

江風「あぁ。何やってンの? 外いたら蒸し暑くない? 」

海風「まぁね。……四葉のクローバー、探してたの。
最初はただの気晴らしでお散歩してたんだけど」

江風「へぇ……見つかった? 」

海風「沢山ね。後で栞にする」

江風「いいじゃンそれ。江風も手伝うよ」

海風「ん、ありがと。江風にも一つあげるね」






赤城「四葉のクローバーって“ 復讐 ”でしたっけ? 」

Littorio「“ 私を思って ”だとか“ 幸福 ”の方が一般的かと思いますけれど、そうですね」

Roma「他方では十字架に見立てられたりもしていましたから。……普通その栞を見てそんなこと考えます? 」


767 ◆5z7C0EoTrg2021/08/31(火) 22:50:49.26erCERIvh0 (3/8)


< ほぼノータイムで >







叢雲「シロツメクサの花言葉には色々と文化史的な物語と人間の感じょ

漣「ご主人様! 阿賀野さんと二人で聞いてあげてくださーい! 」

阿賀野「阿賀野も今文化史の気分じゃないからパスで」

叢雲「…………」

提督「…………聞いてやるよ、休憩中だから十分も無いけど」


768 ◆5z7C0EoTrg2021/08/31(火) 22:52:26.36erCERIvh0 (4/8)


< R25くらいで本気の映画つくったりしてくれないかな >







龍田「なんだかまた趣味の悪いもの読んでそう」

高雄「あなた程じゃないわ。……『サロメ』」

龍田「戯曲なんて読んで楽しいわけ? 時々見るけど」

高雄「これはこれで自分の想像を掻き立てられるものなの」

龍田「ふぅん……? 」

高雄「ふふ……あなたならサロメも似合いそうね」

龍田「七つのヴェールの踊りをご要望ですか? 」

高雄「要らない。あの人が首だけになっても接吻をして共に終わるのは私の役目だから」

龍田「そ、そう……もうちょっと軽い冗談だったんだけどなぁ~……」



769 ◆5z7C0EoTrg2021/08/31(火) 22:53:30.63erCERIvh0 (5/8)


< 停滞か雌伏か >








時雨「変に利口にならないでさ、馬鹿なときの、なんなら酒に酔ったときみたいな頭で進めばよかったんだよ」

あきつ丸「まったくでありますね。鈴谷への気持ちは変わらないがどうにも踏み出す機会を失ってしまった」

時雨「そのまま足踏みし続けていたら次期に龍田みたいになるよ? 」

あきつ丸「失礼な。……いや、別に龍田が嫁き遅れだとかそういう意味ではなくて反射的にだな……いやいや」


770 ◆5z7C0EoTrg2021/08/31(火) 22:55:04.23erCERIvh0 (6/8)


< 猫を眺めているよりいっそ可愛い >







龍田「ところで新しい住に……住猫になった雄猫くんの名前はどうなったんですか? 」

加賀「私の誕生日に対照した聖人の名前を取ってエリザベトになったわ」

龍田「男の子なのに? 」

加賀「私はエリィと呼ぶことにしたの」

龍田「はぁ」

加賀「サンと違って黒地に所々ある白い毛がまた可愛らしいわ。
まだこちらを敵として見ている状態だけれどいつかはサンと一緒にーーーー






龍田「……会話にならなかったんだけど」

山城「だから言ったじゃない。私も姉さまも同じこと経験したのよ? 」

扶桑「しかも……あの人と雲龍から聞いて笑っていて、あれだったのよね」


771 ◆5z7C0EoTrg2021/08/31(火) 22:56:14.96erCERIvh0 (7/8)


< St. Elizabeth of Hungary >







扶桑「少し真面目に話すと元ハンガリー王女でありながら紆余曲折の後に修道女となって、
それから短い余生を救済に充てた人物らしいわ」

山城「男と女の名前が逆っていうのもまぁ好きそうな人がいるし。
幼名に女性名を付けて厄を祓う風習がどうとかって言ってたわ」

龍田「誰が? 」

山城「初月と阿賀野」

龍田「意外というかそうでもないというか」

山城「雲龍は名付けになんて興味が無いの一言で放り投げたし、
加賀さんは決め切れずに結局諦めたらしいわ」

扶桑「加賀さんの案はどれも可愛らしいのばかりだったみたいね。
鬼の形相で口止めされたって阿賀野が言っていたけれど」

山城「……へぇ」

龍田「ふふ……それは意外でもない、かなぁ……」


772 ◆5z7C0EoTrg2021/08/31(火) 22:56:43.63erCERIvh0 (8/8)


ありがとうございました



773以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/08/31(火) 22:59:45.09c7KEbsVG0 (1/1)




774以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/01(水) 01:48:41.43I22VjBFmo (1/1)

お疲れ様です


775 ◆5z7C0EoTrg2021/09/01(水) 21:41:01.71kITCRf6p0 (1/11)


< 真意を探るような目で見られました >








龍田「ねぇ、さすがに酷いと思わない? 」

山城「普段の自分を思い返して反省するべきね」

扶桑「然もありなん、というところだと思うわ」

Littorio「まぁ、あの夫婦のようにあれたらと思うことは龍田でも許されるでしょう」

Roma「生憎と相手がいないけれどね」

龍田「…………『賢者の贈り物』っていい話よね、って言っただけで場が静まりかえるなんて」



776 ◆5z7C0EoTrg2021/09/01(水) 21:42:13.31kITCRf6p0 (2/11)


< 想い人の踊る掌、汚れていませんか? >







明石「今日のお昼……どうでした? 」

提督「え、まぁ普通に美味かったけど。珍しいっちゃ珍しいか、ラーメンなんて」

明石「あれ、私が高雄さんと愛宕さんにお願いしたんですよ。
寸胴もあるし豆乳を使ったりすればそこまで長時間の仕込みも要らないみたいですよ、って」

提督「ふぅん? いや、まぁいいんじゃねぇの? 食いたかったんだろう? 」

明石「あのヒトたちのつくるオシャレ系味噌ラーメンにも純粋に興味はありましたけどそうじゃなくて」

提督「? 」

明石「瑞穂さんがあれを見て次の夜食には何をつくってくれるかなぁ……って」

提督「…………え? 」


777 ◆5z7C0EoTrg2021/09/01(水) 21:42:54.49kITCRf6p0 (3/11)


< 分からないということが分かる >







漣「お互いの好きなところは? 」

高雄「顔」

提督「から、顔」

愛宕「顔」

瑞穂「瞳と笑ったときの優しい口の端」

漣「ね? 」

江風「ね? ってなンだよ……こンなンじゃなンにも分かンねーよ」


778 ◆5z7C0EoTrg2021/09/01(水) 21:44:07.81kITCRf6p0 (4/11)


< 素直に認められるとまた一つ先へ >







瑞穂「取り敢えずこの人は身体と言いかけましたね」

提督「ノリを読み違えたんでー」

愛宕「まぁ、素面じゃあ本音なんて語れないわよねぇ~」

高雄「途端に嘘っぽく思えてしまうもの」

江風「瑞穂さンは? 」

漣「修行と場数が足りてないなーって」

瑞穂「……」

漣「んふ…………ま、悪い意味だけじゃ、ないけどね」


779 ◆5z7C0EoTrg2021/09/01(水) 21:45:56.27kITCRf6p0 (5/11)


< ベットするのは良心と寿命です >







提督「で? これは何なんだ? 」

漣「ここまで場を温めまして! はい、雲龍さんの反応賭博! 」

提督「最低か」

愛宕「怒らない子だとは……うーん」

高雄「まぁ、今みたいなノリなら別にいいと思うけど」

江風「どうせ本命下ネタ大穴ガチ回答だろ? 」

漣「ったりめーじゃん? なんなら下半身以外全部大穴だよ。☆だよ☆」

瑞穂「まぁ、やりたいのなら……ここまで積み立てると大事故のフラグにしか思えませんけれど」


780 ◆5z7C0EoTrg2021/09/01(水) 21:47:30.31kITCRf6p0 (6/11)


< 穿たなければいいだけですが >







龍田「そういえばあなたも古参といえば古参よね。
あの人の体制ができ始めてからのでは」

明石「まぁ……高雄さん愛宕さんがいて、その後仮所属含めて加賀さんがいて、の後ですからね」

龍田「救急車って呼んだこと無いの? 」

明石「あるわけ無いじゃない。あのヒトたち怒らせたらあの人が全力で隠蔽するんだから」

龍田「なるほど」

山城「あの人がやらかすことは無い、というところがポイントかしら」

扶桑「はぁ……何かしらあった可能性を少しでも残さないでほしいものね」


781 ◆5z7C0EoTrg2021/09/01(水) 21:49:34.86kITCRf6p0 (7/11)


< 何を前提とするかで >







山城「姉さまだっておかしい考え方だと思いますけれどね。
普通は身内で喧嘩をして、だとかを想定した話でしょう今の」

扶桑「まぁ……そうね」

龍田「一応ほら、唾すら付けなくても直る化け物だから」

山城「それでもあの人だけは人間でしょう? 」

明石「嫌ですね、あの人が肉体的に傷付くなんてあったらですよ?
内実は兎も角どこぞの要港部が半壊したって情報が横須賀に届いてますよ」

龍田「確かに」

扶桑「……とんでもないわね」

明石「今更気付いたんですか? 」

扶桑「忘れていたいのよ、常に。……ね? 」

山城「……? 」

扶桑「……」

明石「山城さんならこっち側でしょうよ」

龍田「んふ……自覚して開き直った女って怖いわねぇ」



782 ◆5z7C0EoTrg2021/09/01(水) 21:50:19.49kITCRf6p0 (8/11)


< 発つ時跡を汚さず >







海風「…………ねぇ」

涼風「うん? 」

海風「ポテチをクズ一つ落とさずに食べるってどうやるの? 」

涼風「んっ、と……証拠を残さずというかなんというか…………三笠さんとかもこうだぜ? 」

海風「生粋の貴人タイプと比べられても……うぅん? 」


783 ◆5z7C0EoTrg2021/09/01(水) 21:51:13.03kITCRf6p0 (9/11)


< 読む >







漣「お互いの好きなところは? 」

提督「身体」

雲龍「……」

漣「……? 」

提督「……」

雲龍「…………」

漣「…………? 」

提督「…………」

漣「…………あの、ジーッと見られても漣はレズじゃないんで」

雲龍「……ま、下半身かしら。…………責任、取ってくださいますよね、少将閣下」

提督「……ウィッス」


784 ◆5z7C0EoTrg2021/09/01(水) 21:56:05.73kITCRf6p0 (10/11)


< 結果は分かっていた気もする >







瑞穂「やっぱり事故だったじゃないですか」

漣「さ、漣に被害は無いし……? 」

高雄「今更擦り減る良心も僅かですものね」

愛宕「一定以上の信頼があれば許してくれるってあの子もチョロい感じ」

高雄「雲龍さんだから」

愛宕「そうねぇ……もし瑞穂がやってたら引き摺られていったのは瑞穂だったかもだけど」

漣「やー……まぁ? 愛情のヤベー深さを再確認したってことで? 」

愛宕「さすがに終わらせた方がいいわね」

高雄「というか本人がいなくなって強制終了だけど。……追加、要る? 」

愛宕「いるー。炭酸水で割って? 」

高雄「はいはい」

瑞穂「いや、あの……あの人犠牲にしてそんな能天気に……あのぅ……? 」


785 ◆5z7C0EoTrg2021/09/01(水) 21:56:33.06kITCRf6p0 (11/11)


ありがとうございました



786以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/01(水) 23:01:17.17ieA1sgO70 (1/1)




787 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:40:06.59Rt29Eht50 (1/17)


< 恐ろしい相関図 >







あきつ丸「……………………」

鈴谷「……………………」

あきつ丸「……………………」

鈴谷「……………………」

あきつ丸「……………………なぁ」

鈴谷「見てない見てない、見てないから……彼女がいる同士の姉妹がディープなのしてるところなんて見てないから……ああもうっ」



788 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:42:54.16Rt29Eht50 (2/17)


< 良いのか悪いのか >






鈴谷「ああもう……もう……」

あきつ丸「恐ろしい相関図になるな、などと思ったのだが」

鈴谷「ん、んん……思ったのだが? 」

あきつ丸「大湊のアレ程ではないでありますね」

鈴谷「比べる対象がカレー御膳じゃあねぇ……」

あきつ丸「あぁ。…………これは一体どういうレベルの比較の話だったか」

鈴谷「……うん? 」


789 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:43:30.30Rt29Eht50 (3/17)


< バレーチームとかどうなんだろうね >







涼風「もしここで殺人……んん、殺艦事件が起こったらさ」

龍田「んー? 」

涼風「大概のヒトに理由がありそうで迷宮入り待った無しだよな」

龍田「これでも女の園としては奇跡的な平和状態だと思うけど」

涼風「確かにね。横須賀とか呉は規模と人数の多さもあるけど酷いものだった」

龍田「ああいう女の争いを上手くいなして流れて手懐けていけるからあの人はあの若さで少将なわけだし」

涼風「本当それ。……あぁ、本当凄いな我が提督閣下は。どうやってんだ? 」

龍田「さぁ……? 」


790 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:45:15.09Rt29Eht50 (4/17)


< 流れ星程刹那では無いひとときと信じて >






あきつ丸「ふぅ……まぁ、早晩暴露るだろう、あれは」

鈴谷「どうかなぁ」

あきつ丸「中々に難しいものなのでありますよ、隠蔽し誤魔化すというのは」

鈴谷「あきつちゃんは自分隠すの上手いじゃん? 」

あきつ丸「まぁ、な。…………自分が今考えていること、分かるでありますか? 」

鈴谷「んー……」

あきつ丸「二人きりで屋上にいて、星を眺めながら煙草を咥えていて、寸前にはアレな光景も見た」

鈴谷「そうだね。……卑怯じゃん、そんなこと言葉にできるわけ、ないよ」

あきつ丸「……………………フゥ……」


791 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:46:14.54Rt29Eht50 (5/17)


< ランクアップととるべきか否か >







龍田「まぁ、でも……そうね」

涼風「ん? 」

龍田「私が殺されたとして、犯人っぽそうなのは? 」

涼風「超難問じゃん」

龍田「候補者が多過ぎて? 」

涼風「“ 艦娘 ”であることが心底悔やまれる謀略の鬼みたいな女を殺すなんて難易度が高過ぎで、だよ」

提督「まず間違い無く江風や初月にはできねぇな、俺も混ぜろ」

涼風「はいはい。……上官とこんな話って罰ゲームか何か? 」

龍田「前世の報いかなんかでしょう? 」

提督「俺の前世は徳を積んだ聖人らしいぞ。今の暴虐振りを鑑みると」

龍田「……んふ」

涼風「そりゃあ愉快だね。……あたいたちは徳を積んだ虫とかだったのかなぁ、それなら」



792 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:47:25.61Rt29Eht50 (6/17)


< 姉妹(終い)愛(哀) >







提督「取り敢えず動機がありそうなやつは? 」

龍田「山城? 」

提督「ある意味一番無ぇだろうあいつ」

涼風「扶桑さんと比べるのを嫌がるくらいには大切なオトモダチだろ、掛け値無しに」

龍田「あら嬉しい」

提督「言わせてるだけだろうが。……案外と扶桑かもな」

龍田「どうして? 」

提督「山城をお前に盗られたと思って」

涼風「あっは、ありそうだねそれ」

提督「だろ? 」

龍田「私はそれ喜べばいいのか恐れればいいのか……うぅん? 」


793 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:48:06.47Rt29Eht50 (7/17)


< 失って初めて(偽) >







涼風「まぁ、その理論だと提督も瑞穂さんに刺されそうだけど」

龍田「無い無い。そんなことしたら明石を永遠に喪うって分かってるものあの子」

提督「忍者もいるしな。……高雄! 愛宕! 」

涼風「……」

龍田「……」

提督「……」

涼風「…………」

龍田「…………」

提督「…………あれ? 」


794 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:48:38.63Rt29Eht50 (8/17)


< 嫌われ者 >








龍田「嘘でしょ……初めてなんだけどこんなの」

涼風「どんな状況どんな場所だろうとどっちかは必ず出てくるのに」

提督「ヤバくね? 今なら俺どっかの刺客にさっくり殺られちゃうぜ? 」

龍田「……涼風ちゃん? 」

涼風「信じなくてもいいけどあたいはそんな命令受け取ったこと無い。
……明石さんの防諜システムが完璧でよかったな、提督」

提督「お、おう……」


795 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:49:32.75Rt29Eht50 (9/17)


< マッサージか何かかな? >







高雄「んっ……」

愛宕「ぁふ……んん…………ねぇ、ココこんなことになっ

高雄「んぐっっっっ」

愛宕「いひゃっっっっ」

高雄「……」

愛宕「……」

高雄「……呼ばれた気がする」

愛宕「私もそうだけど……こんなことしてるときに腹筋だけで起き上がらないでくれる? 」


796 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:50:49.75Rt29Eht50 (10/17)


< 歯が当たるくらいならばいざ知らず >







高雄「まぁ……たぶん冗談か何かで呼んでみただけでしょう」

愛宕「それか酔った悪巫山戯ね。……いっったいんだけど」

高雄「私も鼻が痛いわ」

愛宕「はぁ、なんか気分も冷めちゃった」

高雄「…………」

愛宕「…………」

高雄「…………バスローブとボトル、取って」

愛宕「はいはーい。……ショーツだけでグラスだと一杯目で気分戻るかなぁ……」


797 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:52:44.97Rt29Eht50 (11/17)


< 自然に溢れたであろう言葉だからこそ >







あきつ丸「先程の話だが……鈴谷は何か卑猥なことでも思い付いたのでありますか」

鈴谷「えっ、いや、えー、っと……どうだろ? 」

あきつ丸「案ずるな。自分にはまだそんな勇気は無い。……では明日」

鈴谷「え、ああうんまた明日ー」





鈴谷「…………さっきのってストレートなこと言うよりよっぽど勇気いると思うんだけど……」

鈴谷「…………」

鈴谷「…………うぅ……」

鈴谷「…………」

鈴谷「…………」

鈴谷「…………」

鈴谷「…………」

鈴谷「…………寝れない」


798 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:55:07.12Rt29Eht50 (12/17)


< 即応力に保証はありません >






龍田「ここはあなた、次善の策を試してみるべきよ」

提督「あん? 」

龍田「取り敢えず何かテキトーな下ネタ振ってみて? 」

涼風「あぁ、雲龍さん召喚するのか」

龍田「そうそう。ある意味愛宕たちより確実かも」

提督「お前それは……あいつに失、礼…………だと思うけどなぁ、どうなんだろう」


799 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:56:26.41Rt29Eht50 (13/17)


< ユメノサキへ >







GZ「生憎と乙女のように目を輝かせて人類愛や世界平和を語る時期は既に過ぎていてな」

時雨「その割に割と人間性だとか友好には肯定的だよね」

GZ「信じていても悪いことはあるまい。
有り得ないと分かっているモノに夢を見るのは道化だと笑われてもやめられん」

時雨「君のそういうところは素直に尊敬するよ。共感はしないけど」

GZ「構わないさ、それで。……フゥ……」

時雨「煙草、WSは許してくれるのかい? 」

GZ「彼女も実現不可能なモノに夢を見るタイプなんだ」

時雨「やさぐれたイケメンみたいなこと言うね。……あのさ」

GZ「うん? 」

時雨「紳士の国と繋がってる裏切者の情報なんてくれて、君は何を目指してるわけ? 」

GZ「さてな……フ-…………平素と変わらず夢を見ている、それだけだ」


800 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 22:58:04.12Rt29Eht50 (14/17)


< 何かを得る為には何かを…… >






GZ「私はこの国へ来て随分と変わった」

時雨「そりゃあ裏では啀み合い続けてる国の淑女と懇ろなレズになればそうだろうね」

GZ「懇ろ、という表現に時雨の優しさを感じるな。……あれは私よりも変わってしまった」

時雨「それ、君が壊したの間違いじゃない? 」

GZ「あぁ…………ならば、なればこそ守ってやらねばなるまい。
訊かなくとも祖国の情報を漏らし続ける女など危なくて仕方が無い」

時雨「…………」

GZ「私はそんなモノが欲しいわけではない。
仲間がそれなりに楽しくやっていて、
隣であれが微笑みながら毒を吐いたり困惑しているだけでいい。
それと私に見える世界が概ね平和で戦争が縮小されれば言うことは無い」

時雨「あ、っそ。…………君は、その為の一歩に何を捨てたんだろうね」


801 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 23:01:30.91Rt29Eht50 (15/17)


< 平穏の為の闘争に果たして価値は >







GZ「ふふ……捨てる? 私の乙女がどうも迷っていたようだからすっぱり切り捨てて差し上げたのさ」

時雨「ふぅん? それとなく、気付かれずに? 」

GZ「あぁ、例の裏切者殿がいなくなれば自然と取引も無くなる」

時雨「そうだろうけど……どういう取引だったわけ? 」

GZ「“ Queen Elizabeth Class Battleship No.2 Warspite の50年に渡る奮戦の対価として軍からの解放を約束する ”だそうだ」

時雨「へぇ、WSさんってアホだったの? 」

GZ「それに加えて私の身柄をこの国から英国へと譲渡させるよう働きかける確約もあった。良い話だろう? 」

時雨「そりゃあ精一杯働きかけてくれるんだろうね。
二代か三代か、はたまた四代以降の担当者様は」

GZ「あぁ、この国と英国にな」

時雨「異国で奮戦した美女の嘆願も合わさってそれはそれは素晴らしい威力になるだろうね」

GZ「間違い無いな。紳士の国はさぞや腰を低くして労をねぎらってくれるだろうさ」

時雨「ふふ、勿体無かったんじゃない? 今からでも頭下げてきなよ」

GZ「裏切者の彼女が生きていれば或いは……一考くらい、してみようか」


802 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 23:03:38.66Rt29Eht50 (16/17)


< 天秤の両端は同じに見えますか? >







時雨「ふふん……なんなら僕もその譲渡物資に入れてくれればよかったのに」

GZ「時雨だけなら罷り間違うと上手くいってしまうだろう?
あなたはこの国から英国に渡って一般人になるだけだ」

時雨「あぁ、“ ドイツの所有物 ”である君と違ってね」

GZ「横須賀の貴人が確約してくれてあと四十は若ければ真剣に考えたが……フゥ……」

時雨「下手すると残りは十年も無いよ。…………ふふ、楽しくなってきたから煙草、一本くれない? 」


803 ◆5z7C0EoTrg2021/09/02(木) 23:04:06.29Rt29Eht50 (17/17)


ありがとうございました



804以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/02(木) 23:05:56.421OOchoqR0 (1/1)




805 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:14:11.54KRLXY/uz0 (1/14)


< 二度寝にオプションはありだろうか >







高雄「っ…………頭痛い」

愛宕「中途半端に発情した後で馬鹿みたいに飲めばそうなるわね」

高雄「途中でまたあなたが欲しくなる筈だったのよ」

愛宕「お酒飲みながらのお喋りだけでも姉妹愛は確認できるじゃない」

高雄「確認したら触ってみたくなるし触れれば抱き締めたくなるもの」

愛宕「あ、そ……ふぁ、私お昼パスで」

高雄「私も、いい。…………また、後で」

愛宕「はいはい。ん、背中見せて寝るなんて寂しいこと、言わないでしょう? 」


806 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:16:09.13KRLXY/uz0 (2/14)


< 痛みの無い、熱 >







海風「、っと……おはようございます」

雲龍「ん、やはー」

海風「…………痕」

雲龍「チョーカー、要る? 」

海風「貸していただけると、嬉しいです」

雲龍「あげる。私の寂しさ埋めてくれたお礼」

海風「私も埋めてもらったんですけど……ふぅ、トーストでもいい? 」

雲龍「お願い。…………ふふ、嗚呼……首筋気にするあなた、可愛いわ」


807 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:16:51.55KRLXY/uz0 (3/14)


< ハジメテ >







天城「…………」

加賀「…………」

天城「…………」

加賀「…………」

天城「…………」

加賀「…………」

天城「……………………まさか加賀さんと二人きりで起きるなんて」

加賀「予想できていた方が怖いわ。……初めてよ、弓、サボったの」


808 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:17:32.08KRLXY/uz0 (4/14)


< 企図するだけなら別にいいが >







漣「なんか時々あるけどさー、昨日はレズの日だったの? 」

叢雲「知らない。あいつは? 」

漣「龍田涼風の後ろ暗いコンビと飲んでたみたい」

叢雲「さぞやお元気でしょうねそれは」

漣「朝食べる前からもう仕事してたよ」

叢雲「それはそれは。……単にやる気あるだけよね?
変な悪巧みのために時間つくってるわけじゃないのよね? 」


809 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:18:59.42KRLXY/uz0 (5/14)


< お姉様 >







海風「ふぅ……お粗末様でした」

雲龍「満足したわ」

海風「燃費良いですね。卵、もう一つ増やせばよかったかな」

雲龍「トレーニーとかじゃないんだからタンパク質ばかり摂る意味」

海風「充実感だとか心地良い倦怠感は当然物凄いですけど疲労感も半端無いんですよ」

雲龍「あなたが誘ったのなら、私も満足させないと……ね? 駄目でしょう」

海風「それ、究極的にはあの人にしか無理でしょう? 」

雲龍「そんなこと、無い。あなたの可愛いらしい顔……良かったわ。
次は私が朝の半熟目玉焼き、つくってあげる」

海風「ッ…………………………………………はい」


810 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:20:20.56KRLXY/uz0 (6/14)


< 薄い生地のスカートだと特に >







提督「…………」

旗風「首捻ってどうしたんですか? 別に寝違えたような感じにも見えませんでしたけど」

提督「寝違えてもこんな夜までは続かねぇよ。
……大概のやつと風呂一緒になったことあるよな? 」

旗風「? まぁ……なんなら司令とも」

提督「うん……うん、だよな」

旗風「? 」

提督「さっき悪酔いした阿賀野が膝に乗ってきたんだけどさ」

旗風「はぁ。まだ被害者増やすんですか? 」

提督「ひでぇこと言うな。…………感触がな、履いてないやつだった」

旗風「…………はい? 」


811 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:22:17.03KRLXY/uz0 (7/14)


< 禍福の微小変化 >







提督「いや、こう、なんだ。下を履いてるか履いてないかって割と分かりやすいんだけど」

旗風「えーと……うん? 」

提督「阿賀野だから忘れることもあるかと思って能代に訊いてみたら

旗風「はい」

提督「“ 阿賀野姉ぇはその辺きっちりしてますよ ”って言われてな」

旗風「あぁ、それでさっきの。旗風も阿賀野さんが履き忘れるとかそういうのは見たこと無いですね。
じっくりと凝視しているわけでもありませんけど」

提督「だよな普通。ノリとはいえあいつにあんなことされたの初めてだったんだよなぁ」

旗風「なるほど。…………嫌な予感をひしひしと感じますね。誰も不幸にはならないでしょうけど」


812 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:23:35.10KRLXY/uz0 (8/14)


< まぁ、付いても数百円とかザラだけど >







漣「所謂ところの改二というものに憧れて幾星霜」

能代「そんなのに憧れてたの? いや、強いのに越したことは無いけど」

漣「だって改二になったら手当付くんでしょ? 」

能代「え、そうなの? 」

江風「え、知らない」

叢雲「一応明細は出てるんだから総額だけじゃなくて内訳くらい見なさいよ……手当なんて無いから」

漣「えー……じゃあLv.1に戻るぅ」

能代「改二より余程難しいような」

明石「なんならそれ複製の糸口かもしれませんしねぇ……」

赤城「へぇ」

漣「や、冗談にそんな絡み方しないでよ。高雄さんに殺されちゃう」

高雄「いえいえ、いえ、そんな短絡思考してませんよ……」


813 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:26:09.86KRLXY/uz0 (9/14)


< 冗談に冗談、その冗談へ冗談を >






漣「でもでも、さっきのは冗談として誰かの冗談が不利益の引き鉄になったらヤバいでしょ? 」

高雄「気分次第では、まぁ」

明石「最初に脱出手段用意しておくべきですかねぇ」

赤城「そのときは是非御用命をお待ちしております」

明石「あ、いいです……」

漣「抱き込めばなんとかなる高雄さんの方がマシだよねぇ」

高雄「赤城さんと比べられるのはちょっと……」

赤城「あのですねぇ……」


814 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:27:14.96KRLXY/uz0 (10/14)


< 最近ハマりました >







江風「姉貴ー、フライドポテト食べたい」

海風「自分で用意したら? 冷凍庫にあるでしょたぶん」

江風「ちげーの。なンつーか手作りでやるあの、えーと、しょっぱいあれ」

海風「フライドポテトって基本しょっぱいと思うけど」

江風「や、そりゃそーだけども甘い気もして……雲龍さンこの前つくってくれたフライドポテト何使ってたの? 」

雲龍「? だし汁」

江風「そうそれ! それ食べたい」

海風「だから自分でやりなよ……だし汁って聞いて余計やる気無くなったよ私」


815 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:28:38.71KRLXY/uz0 (11/14)


< いや、本当美味しいんです酒も進むんです >







雲龍「あら、特に難しいことでも……だし汁を用意したら適当にまぶして煮詰めて冷まして揚げるだけよ」

海風「そりゃあ難しくはないですけど」

江風「明日じゃ駄目なンだ姉貴、今なンだ」

海風「あのね」

雲龍「ふふ……用意してあげましょうか? 」

江風「え、いいの? 」

雲龍「ええ、待ってなさい」

江風「よっしゃあ! 何故か知らないけど雲龍さン滅茶苦茶機嫌良い! ラッキー! 」

海風「それだけなのかな……後で対価に致命的なもの奪われても知らないよ? 」



816 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:30:30.24KRLXY/uz0 (12/14)


< 反芻 >







江風「致命的ってもどーせベッドに引き摺り込まれるだけだろ? 逃げればいいだけだよ」

海風「本気で落とそうとしてくる雲龍さん拒否できる女ってそういないと思うけど……うん」

江風「や、差別じゃなく大概の女はレズじゃ……姉貴ー? 」


817 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:32:13.16KRLXY/uz0 (13/14)


< 妹() >








天城「? 妙に機嫌良さそうですね」

雲龍「そう? あぁ、でも、そうでしょうね」

天城「訊いても? 」

雲龍「おしえてあげない、秘密」

天城「はぁ」






雲龍「? 江風は? 」

提督「あん? トイレか何かじゃねぇの。さっきまでそこで海風とくっちゃべってたぞ

雲龍「そう。…………海風、妹にしてもいい? 」

天城「えっ」

提督「……は? 」


818 ◆5z7C0EoTrg2021/09/03(金) 22:34:03.11KRLXY/uz0 (14/14)


最近どうもシチュエーションもネタも何もかも思い浮かばない……
ストック消費しつつどうにもならない気がしてきました
出てくるときは切掛一つでどうとでもなるんですが

ありがとうございました



819以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/03(金) 22:37:30.46HfohmYks0 (1/1)

乙 まあこんだけ続けててよくネタ続くなっていつも思ってます


820以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/04(土) 19:28:57.5461xcgoKco (1/1)

いつもありがとうございます
無理せず、でも出来るだけ続けて頂きたいと思います


821 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 21:56:34.91s6dwBuLZ0 (1/14)


< 正しい筈だけど個人的に気持ち悪い言葉ってあるよね >







提督「お天気お姉さんって何か変じゃないか? 」

高雄「はい? 」

提督「お、が二つ続くの何か違和感無い? 」

愛宕「お天気姉さんの方がおかしくならない?
天気お姉さんもそれはそれで別の仕事みたいだし」

高雄「そもそもその呼び方自体が所謂ところの女性蔑視と受け取られる気はしますが」

提督「や、大した意味も意見も無ぇんだけど……うぅん? 」



822 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 21:57:21.64s6dwBuLZ0 (2/14)


< 絡む >








時雨「お、いたいた。お腹が空いたよあきつ丸」

あきつ丸「では何故喫煙所に来た」

時雨「煙草臭いよ、ねぇ。酷い臭いだ」

あきつ丸「だから何故喫煙所に来た」

時雨「というか何であきつ丸いるの? 」

あきつ丸「探しにきたのではなかったのでありますか」

時雨「ねぇ、煙草早く消して? 」

あきつ丸「もうなんでもいいから失せろ」

時雨「そうそう、鈴谷さんが探してたよ」

あきつ丸「それを早く言え。……その言葉が無ければ本気で正気を疑っていたところであります」


823 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 21:57:51.65s6dwBuLZ0 (3/14)


< 誰の為のかは知らない >








あきつ丸「というか鈴谷をネタにすれば何にでも食い付くと思わないでもらおうか」

時雨「食い付いたじゃん。戯れ合ってオチも付いたでしょ? 」

あきつ丸「オチ……? 」


824 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 21:58:24.48s6dwBuLZ0 (4/14)


< 教師と生徒 >








提督「俺は断然先生がいいね。年上のお姉さんがいい」

愛宕「私も先生がいいかなぁ。歳下ってどうも考えられない」

天城「姉様なら音楽と美術くらいおしえられそうですね」

雲龍「無理。私と同じレベルじゃないと伝わらない」

葛城「で、そんなレベルの子はもう開花してる、と」

海風「先生……って言いたいですけどこのなりじゃあ……はぁ……」


825 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 21:59:05.93s6dwBuLZ0 (5/14)


< 大器晩成 >








瑞穂「そこはこう、所謂ショタ? なこの人という設定で」

海風「同年代なら兎も角ですね、歳下なこの人に一体何の価値があるっていうんです」

愛宕「そうねぇ……」

高雄「分からないとは言えませんね」

瑞穂「は、はぁ」

提督「今を褒められているんだろうが……なんか妙に傷付くな」


826 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 22:00:50.46s6dwBuLZ0 (6/14)


< 好みは人それぞれですので >







高雄「ん……でも皆高校生くらいを想像して……おかしいわね」

瑞穂「一応はショタと言いましたのにね」

愛宕「……高、雄? 」

提督「えぇ……」


827 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 22:04:37.58s6dwBuLZ0 (7/14)


< 結局自分本位にならざるを >







高雄「でも今現在は私の見た目年齢とこの人の実年齢差が十は離れているわけですし」

瑞穂「生徒、と言われると印象では最大でも高校三年生ですけど」

愛宕「つまり十八歳と八歳? 」

提督「犯罪だろうそれ」

高雄「? あなたと海風さんの見た目年齢差は? 」

提督「い、いや、えーと……高校生と大人なら、ほら、なぁ……? 」

海風「まったくです。…………私自身とこの人以外の話であれば嫌悪感が湧く気もしますけど」



828 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 22:05:13.97s6dwBuLZ0 (8/14)


< 狂師の所為徒 >







漣「っても世の中小学校とか中学校の教え子と結婚してるクソ野郎沢山いるでしょ実際」

叢雲「まぁ、テレビとかでも平気で観るわね」

漣「結婚したのは成人後だからいいんですー、とか詭弁だよね」

叢雲「普通にヤってるわけよね。ヤってなくてもどうかと思うけど」

漣「これが罷り通るんなら世のロリコンにも多少の希望が見えるよねー」

提督「男としては何言ってもこれは……いや、成人まで待ってとかあるだろうとか……いやいや」


829 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 22:06:00.52s6dwBuLZ0 (9/14)


< 愛でるということ >








龍田「真正さんだと成長して結婚できる年齢になったら要らなくなるんじゃない? 」

雲龍「満足行く娘を育成できるまで何度でも合法的にチャレンジできるわね」

龍田「確かに」

葛城「えぇ……」


830 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 22:09:15.98s6dwBuLZ0 (10/14)


< 早々に >







提督「俺の知る限りヤってるときの余韻? あれってMっ気ある子の方が長いんだよね」

天城「はぁ」

提督「友達の話とか総合してもだぜ? でさ

天城「なるほど、もう話は読めましたから結構ですよ」

雲龍「そんなつれないこと言わないでよ」

天城「そうですね。……姉様がここで言うのは流れがおかしいと思いますが」


831 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 22:09:59.90s6dwBuLZ0 (11/14)


< 否定はできないものの >







雲龍「ん……でも余韻は長い方だと思うわ、実際」

提督「そうか? すーぐ次の欲しがるじゃん」

雲龍「余韻抑え付けて溜め込んで重ねてくれると女ってもっと重くイけるのよ。ね? 」

天城「まぁ……ええ」

提督「寸止めよりよっぽど高性能だな、女の子って」

雲龍「壊されやすいだけよ、ね? 」

天城「まぁ…………ええ」


832 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 22:10:46.71s6dwBuLZ0 (12/14)


< パブロフの云々 >







涼風「けっ、そんなに処女がいいんならAVでも観とけよ。沢山いるぜ? 」

山城「どうせ設定だし本当でもすぐにそうじゃなくなるじゃない」

涼風「お、何? 山城さんそういうの語れるヒト? 」

山城「イメージよ。あとホテルでちょっと観たことあるくらい」

阿賀野「つまんなそうな顔でラブホのAV観る山城さんとかそれだけで面白い」

涼風「どうせその後すぐもっとハードなことしてるだろうしな」

山城「そうね。ライターかマッチ、ある? 」

涼風「ほい」

山城「ありがと。…………フゥ、品の無い話をすると、吸いたくなるわ」

阿賀野「うぅん? 」


833 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 22:11:52.82s6dwBuLZ0 (13/14)


< 紫煙と背中に背を向けて >







涼風「っても提督ってそんな吸う? 大して見かけないけど」

山城「私が気分良く起きられた朝は大体吸ってるわ」

涼風「確かに品の無さ極まってるな。あと、共依存と」

山城「だから、そう言ったの」

阿賀野「……なるほど」


834 ◆5z7C0EoTrg2021/09/04(土) 22:13:03.47s6dwBuLZ0 (14/14)


どうもこう、どんな内容でもしっくりこないというか
今までしっくりきていたわけでもありませんが

ありがとうございました




835以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/04(土) 22:19:34.13p7c5yigI0 (1/1)




836以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/05(日) 14:46:49.884zR0asTEo (1/1)

お疲れ様です


837 ◆5z7C0EoTrg2021/09/05(日) 23:46:46.11I51tKv4C0 (1/7)


< ???? >







提督「おいそこの酒盗、そっちの酒盗分けてくれ」

加賀「ん……それ、私に言いました? 」

提督「他に誰がいるよ」

加賀「能代? 」

提督「酒盗には程遠いじゃねぇか」

能代「あの、小皿……はい、えーと、どうぞ」

加賀「能代、ご飯」

能代「はぁ……ん、どうぞ」

提督「ありがとう。……そういうとこだぞ酒盗女」

加賀「む、おかしいですね……」



838 ◆5z7C0EoTrg2021/09/05(日) 23:48:00.54I51tKv4C0 (2/7)


< 自分以外が遅いだけなのです >








赤城「そこで私に振らない辺り加賀さんの優しさがありますね」

提督「お前は盗むというよりその場で食い尽くす感じがあるから」

赤城「そんな馬鹿な」

能代「こっちが言いたいですよ……なんでこの人がグラス二杯目なのにまだ白ご飯お代わりしてるんですか」



839 ◆5z7C0EoTrg2021/09/05(日) 23:49:49.30I51tKv4C0 (3/7)


< そんなわけ >







能代「あ、でもつまりあなたにとって能代は酒を盗むような女には思えないと」

提督「は? 」

能代「ふぅん……」

提督「…………なんなんだよ。抱きたいって言えば満足か? あぁん? 」


840 ◆5z7C0EoTrg2021/09/05(日) 23:52:17.83I51tKv4C0 (4/7)


< や、本当米って選び始めたら終わりが無いと思うの >








提督「まぁ、んな冗談はどうでもいいよ。……苦労をかけるなぁ、のしろん」

能代「そう言うなら席代わっていただけます? 」

提督「別にいい、けど」

加賀「駄目。ここは譲らせません」

赤城「能代さんってご飯よそうの早くて上手なんですよ。
ふんわりふっくらって感じで」

提督「だそうだ」

能代「はぁ」

阿賀野「酌婦、じゃなくて、えーと……飯婦? 」



841 ◆5z7C0EoTrg2021/09/05(日) 23:53:36.22I51tKv4C0 (5/7)


< 意味は分からずとも雰囲気くらいは >








加賀「ストレートに飯盛女でいいのじゃなくて」

能代「盛るだけならいいですよ」

赤城「言質は取りました」

加賀「やりました」

能代「随分とレベルの低い誘導でしたね」

阿賀野「能代も別に嫌じゃないでしょ、最初っからお櫃の隣座ってるんだし」

能代「……まぁ」







江風「解説プリーズ」

叢雲「えーと…………いい? 」

海風「お酒飲んでダルいから駄目。……ざっくり言うと遊女、以上。オーライ? 」

江風「お、おう……? 」

叢雲「…………」


842 ◆5z7C0EoTrg2021/09/05(日) 23:55:10.49I51tKv4C0 (6/7)


< 仕組まれた運命という禍福 >








雲龍「今から短冊に願いを書いても間に合うかしら」

瑞穂「七月七日にも八月七日にも全くかすってさえいませんけど」

雲龍「星は毎日どこかで瞬いているわけだし」

瑞穂「そうですけれども七夕の意味」

雲龍「そんなものは無いわ。牽牛も織姫も今すぐ不幸になればいいのに」

瑞穂「雲龍さんの言ってること、分かりません……」


843 ◆5z7C0EoTrg2021/09/05(日) 23:56:01.27I51tKv4C0 (7/7)


まぁ、騙し騙しやっていく感じですかね……暫くは

ありがとうございました




844以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/05(日) 23:58:06.09q/t0k3xU0 (1/1)




845 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:12:57.67E1mQu1QQ0 (1/12)


< ノープランもプランの一つ >







加賀「お出掛け? 」

提督「あぁ、どっか行かない? 」

加賀「どっか、って……どっか? 」

提督「ノープランデートもたまにはいいだろ? 」

加賀「そうね。……三十分いただける? 」

提督「煙草吸ってエンジンあっためておくよ」



846 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:13:37.87E1mQu1QQ0 (2/12)


< でもあれ無限に食べられる気はする >







雲龍「…………Zzz」

能代「あれ、加賀さんは……いえいいです雲龍さん見て分かりました」

天城「天城と飲んでいるときに不貞寝は酷いですよね」

能代「まぁ……でもこの大量につくったおつまみキャベツどうしよう。一玉分あるのに」


847 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:14:49.27E1mQu1QQ0 (3/12)


< どこでも隣にあなたがいれば >








赤城「いただきます」

天城「天城も少しだけ」

能代「まぁ、保存しておいても味が染みて美味しいですけどね」

赤城「このシャキシャキ感はつくったときだけですよ? 」

天城「ごま油、変えました? 」

能代「ええ、加賀さんがおすすめしてくれたやつです」

天城「なるほど。……あ、出ましたね」

赤城「十九時過ぎの大湊、しかもこのご時世。車といってもどこに行くんでしょうねぇ……」

雲龍「…………ん……………………Zzz」


848 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:15:49.43E1mQu1QQ0 (4/12)


< 眠いけど寝たくない >







愛宕「何かこう、程良く飲んでて調子も丁度良くてね?
あぁ今寝たら気持ち良くグッスリいけるなぁ、ってときあるじゃない」

龍田「そうね」

愛宕「さっきまでそういう気分だった、んだけど」

龍田「気分悪くなってきた? 」

愛宕「んーん、女の子に触れたい気分」

龍田「私しかいなくて残念だったわね」

愛宕「え……? 」

龍田「…………え? 」


849 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:17:03.60E1mQu1QQ0 (5/12)


< 選択と行動の果て >







龍田「冗談だからいいけど……本気で触れてきたら、殺す」

愛宕「物騒ねぇ」

龍田「私に触れていいのはあの人だけって九年前のあの日から決まってるの」

愛宕「ふぅん? 」

龍田「何? 馬鹿にされようと蔑まれようと惨めに思われようとこんな私にだって譲れないものくらいあ

愛宕「私と同じね、って。何かがちょっとでも違えばあなたがこっち側だったわ」

龍田「……………………」


850 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:18:01.51E1mQu1QQ0 (6/12)


< 誰にとっての >








時雨「高雄姉妹、龍田、扶桑姉妹、あきつ丸、か」

鹿島「うん? 」

時雨「いやね、大湊のアレって本当に罪深い人間だなぁ、って」

鹿島「それは……当然そうでしょう」

時雨「この中での最善ルートを選んだのは確かだけど」

鹿島「うぅん……? 」


851 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:19:03.38E1mQu1QQ0 (7/12)


< ただ弱ったところを見せないだけで >









時雨「だってそうじゃないか。山城も扶桑もどちらかが最初に選ばれていれば片方が修羅になる」

鹿島「まぁ、そうかな? 」

時雨「あきつ丸は問答無用の国家の狗ルート」

鹿島「うーん」

時雨「龍田なんて選んだ日には……いや、ある意味では一番幸せではあるのかな。
そのうちに考えるのをやめそうな泥沼に陥るわけだけど」

鹿島「それは分かります」

時雨「ね? 」

あきつ丸「…………あいつとて傷付くことくらいあるのでありますよ? 」


852 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:20:13.21E1mQu1QQ0 (8/12)


< 何から救われるのか >







鹿島「まぁまぁ。別にこれくらい陰口には入りませんよ」

時雨「龍田も内心分かってるさ。自分がどれだけ重い女かなんて」

あきつ丸「それは……そうであろうが」

時雨「今からだって一番目とその他の間くらいになれそうなのはさ、龍田しかいないんだよ。
それは高雄姉妹以外の皆が望んでいて、でも絶対に手に入らないモノだ」

あきつ丸「…………だが、龍田はそんなもの投げ捨てる」

時雨「自分と折り合いを付ければ一番ではなくてもオンリーワンになれるくらい好かれてるのに、龍田だけはそれを嫌がってる。
だから、これは僕の心からの嫉妬だよ」

鹿島「…………救われ、ないですね」

時雨「本当にね。…………だから言ったんだよ、罪深い男だって」


853 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:21:37.78E1mQu1QQ0 (9/12)


< 独りの背中は見ていられなくて >








龍田「……………………はぁ」

山城「はぁ。……………………飲め」

龍田「何? 今あんまり強いの飲みたくない」

山城「いいから」

龍田「よくないんだけど……ん」

山城「…………」

龍田「…………」

山城「…………」

龍田「…………悔しいなぁ。色々、頑張ってきた筈なのに」


854 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:22:19.88E1mQu1QQ0 (10/12)


< 積み重なった過去は嘘を吐かない >







鹿島「そもそも、何故提督さんとその六人なんですか? 」

時雨「知らない。全員ウマが合って、気付いたらあの七人で楽しむようになってたんだ」

あきつ丸「自分にも分からん。分からん、が」

鹿島「? 」

あきつ丸「あの一瞬でなくてはならなかったのは確かだ。
その少し前でも少し後でも、当然今でも駄目で、
ある瞬間が重ならなければああも深い繋がりにはならなかった」

時雨「素直に、妬けるよ。……実を言うとね、憧れてたんだ。
君たちがいっつも楽しそうにしているものだから」

あきつ丸「自分も、そうだ。あの頃に戻れるのなら何だって捧げてみせようものであります」

時雨「だろうねぇ……」

鹿島「はぁ。…………………………………………私はそういうお話ができるお二人に憧れちゃいますけどね」


855 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:23:57.69E1mQu1QQ0 (11/12)


< 付けた傷を舐めることさえできない >







愛宕「んー……やり過ぎた」

高雄「うん? 」

愛宕「飲んでも飲んでも気分悪くてね?
気分良いフリして余計気分悪いことしてきたの」

高雄「そ。……嫉妬、でしょう? 」

愛宕「……そうね」

高雄「龍田から奪ったようなものだものね、私たち」

愛宕「…………ええ」

高雄「…………」

愛宕「…………」

高雄「…………」

愛宕「…………明日には、忘れてくれると思う? 」

高雄「万に一つくらいは。…………だとして、あなたの方が忘れられないでしょうけど」



856 ◆5z7C0EoTrg2021/09/06(月) 23:24:39.53E1mQu1QQ0 (12/12)


ありがとうございました



857以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/06(月) 23:33:21.30L+NtB/8v0 (1/1)

乙 ここの龍田が凄い好き


858 ◆5z7C0EoTrg2021/09/07(火) 23:19:26.58Sg8fHwqU0 (1/11)


< 割烹術(真) >







愛宕『えー、やる気なーい』

高雄『私もちょっと……』

天城『今日は天城でしたので』

扶桑『昼食当番なのだけれど』

海風『ヤダ。テンション上がらない』

江風『江風に用意できるとでも思ってンの? 』

叢雲『あなたたちねぇ……』






赤城『ふむ……少しだけ本気というやつを、出しましょうか』

涼風『…………まだマルサンマルマルだぜ?
トイレで起きてきたやつの目の前で朝食準備とか調子狂うわ』


859 ◆5z7C0EoTrg2021/09/07(火) 23:20:16.08Sg8fHwqU0 (2/11)


< Rrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrr……! >







提督「ん、んん……ん? 」

加賀「……………………どうぞ? 」

提督「あぁ、煙草吸ってくるわ。シャワー先に浴びといて」

加賀「ええ。……ねぇ」

提督「ん? 」

加賀「どうでもいいことを一つ言って、いいかしら」

提督「え、いいけど何? 」

加賀「下着セット、忘れたわ」

提督「えぇ……」


860 ◆5z7C0EoTrg2021/09/07(火) 23:20:58.35Sg8fHwqU0 (3/11)


< “ 心身にけがれがなく、清らかなこと。” >







時雨「僕が知ってて割と喋れる方の空母群って大体非処女なんだよね」

あきつ丸「……は? 」

時雨「加賀さんとか雲龍さん姉妹はもう言うに及ばずだし。
翔鶴さんと瑞鶴さんはこの前二人の部屋から喘ぎ声聞こえたらしいし」

あきつ丸「自分は? 」

時雨「君は鈴谷さんと秒読みでしょ。
……一生純潔保ってそうなのがダントツで純潔じゃないね」

あきつ丸「赤城なら目的の為に、いやいや……そもそも飛龍や千代田辺りがいるだろうが」



861 ◆5z7C0EoTrg2021/09/07(火) 23:21:52.31Sg8fHwqU0 (4/11)


< 二日酔いというわけでもないが >







時雨「でも千代田さんは千代田さんだし飛龍さんはいつの間にか良い男捕まえてそうじゃない? 」

あきつ丸「言いたいことは分かるが」

時雨「Saratogaさんなんてもう清楚に遊ぶ感じが透けてるし」

あきつ丸「意味が分からんが」

時雨「生涯で何人かとだけ熱烈に楽しんで、ってこと。
……IntrepidさんもHornetさんも明らかに遊んでそうだし」

あきつ丸「それは分からんでもない」

時雨「鳳翔さんとか龍鳳さんのお料理組はもうアレだし。
鷹とか鳳が着く皆さんは鳥並に煩そうだし」

あきつ丸「最早意味さえ分からん。雑になり過ぎではないか」

時雨「君、さっきから分かったり分からなかったり忙しないね」

あきつ丸「誰の所為だと思っているのでありますか……」


862 ◆5z7C0EoTrg2021/09/07(火) 23:23:05.35Sg8fHwqU0 (5/11)


< 気配が抱き締めてくれている気にさせてくれる >







提督「っ、と……悪い、遅くなった」

龍田『…………』

提督「…………うん? 」

龍田『…………』

提督「龍田? 」

龍田『…………』

提督「たーつーた? 」

龍田『…………』

提督「おーい? あのー? 」

龍田『……………………』

提督「…………出ないなら

龍田『あと、ちょっと…………もう少し……………………待って、お願い』

提督「ん……」


863 ◆5z7C0EoTrg2021/09/07(火) 23:24:10.24Sg8fHwqU0 (6/11)


< 野菜の小鉢すら輝いて見える >







愛宕「えぇ……」

高雄「…………」

漣「ご主人様もだけど加賀さんが悔しがるでしょうなぁ……」

赤城「言われればやりますよ。時々なら」

叢雲「…………二十四人分の和食御膳って、何? 」



864 ◆5z7C0EoTrg2021/09/07(火) 23:25:03.74Sg8fHwqU0 (7/11)


< 美味しいは正義 >







赤城「治部煮とだし巻きはつくり過ぎたので沢山ありますよ」

能代「お櫃フル稼働っておかしいでしょうこれ」

赤城「? 二十四人もいればこんなものでは? 」

初月「いや、さすがに朝食でこれは」

阿賀野「? でも美味しいよ? 」

江風「まったくだぜ」

赤城「ありがとうございます」

扶桑「……本当ね、身体に染み込む味」

愛宕「理不尽に負けた気分なんだけど……」


865 ◆5z7C0EoTrg2021/09/07(火) 23:26:15.49Sg8fHwqU0 (8/11)


< 食べる手も配る手も止めずに >







江風「ってもさ、そっちの二つ、要る? 」

涼風「あん? 」

江風「二人とも今日はまだ寝てンじゃないの? 」

赤城「龍田も山城もそのうち来ますよ。
山城は暇を持て余して煙草でもふかしているんでしょうし」

江風「? 」

扶桑「そうですね。…………お気遣い、ありがとうございます」

赤城「はて……なんのことやら」


866 ◆5z7C0EoTrg2021/09/07(火) 23:27:34.56Sg8fHwqU0 (9/11)


< おかえりを言う為にかただいまを聞く為にか >







龍田『…………』

提督「…………」

龍田『…………』

提督「…………」

龍田『…………』

提督「…………」

龍田『…………』

提督「…………」

龍田『…………………………………………私のこと、好き? 』

提督「うん」

龍田『そ……。……………………莫迦』

提督「うん。……龍田は」

龍田『ん……」

提督「この世で無条件に俺を殺していい数少ない女の子だよ。たぶん誰も恨まない」

龍田『あっ、はっ……そんなの、嬉しくない』

提督「そう? 」

龍田『今すぐ殺してやりたいけど殺してなんてあげない。つまらないじゃない』

提督「……そうだね」

龍田『早く帰ってきなさいな。皆、待ってるから』

提督「ん……」


867 ◆5z7C0EoTrg2021/09/07(火) 23:32:11.60Sg8fHwqU0 (10/11)


< 仕+合わせ >







山城「フ-…………で? 」

龍田「うん? 待ってなくてもよかったのに」

山城「煙草を何本続けられるか試していたのよ、なんとなく」

龍田「それはそれは……珍しいわね。……………………ありがと」

山城「……何が? 」

龍田「んーん」

山城「…………」

龍田「…………」

山城「…………あなたになり損なったのよ、私も、姉さまも、その他も」

龍田「……何が? 」

山城「別に。……ふぅ…………最後の一本、あげる。
あなたも吸っていきなさいな。私は朝食、先に行ってるから」


868 ◆5z7C0EoTrg2021/09/07(火) 23:32:40.22Sg8fHwqU0 (11/11)


ありがとうございました



869以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/07(火) 23:38:38.78ze1TWJj80 (1/1)




870 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:11:23.89TsVdOwUL0 (1/21)


< 永遠に見ていられる >







提督「ん? おお……」

愛宕「んー? 」

提督「もっかい、もっかいそれやって」

愛宕「それ? 」

提督「垂らしてた髪後ろにやりながらくるんって感じでまとめてポニテにするの」

愛宕「いいけど……うん? 」

提督「あぁ^~……」



871 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:13:40.95TsVdOwUL0 (2/21)


< 悪いことではなくて >







秋雲「バストって単語の意味がバストじゃん」

鈴谷「は? そりゃそーでしょ頭大丈夫? 」

秋雲「それは分かるんだけど薄いとこうバスト感無くない? 」

鈴谷「? どゆこと? 」

秋雲「聖数使って申し訳無いけど……バスト72cmです! とか言われてもバスト感無いよね? 」

鈴谷「う、うぅん? 聖数……? 」


872 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:14:44.51TsVdOwUL0 (3/21)


< 富める >







秋雲「いや、あのね、おっぱいに貴賤は無いよ。それは真理なんだよ」

鈴谷「はぁ? 」

秋雲「でもそーいうことじゃなくてさ、違うの」

時雨「君さ、それ自分で言ってて惨めにならないわけ? 」

秋雲「ぜーんぜん。時雨もならないでしょ? 」

時雨「まぁ……でもほら、時々思うことなら、あるよ? 」

あきつ丸「ほう」

鈴谷「ふーん」

時雨「ほらね、この興味無さ気なヒトたちと連んじゃってるからさ、僕。ついでに浜風とか伯爵とかも」

秋雲「……なるほど」


873 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:16:37.34TsVdOwUL0 (4/21)


< 描くスタイルにもよりますが >







秋雲「よっぽど小柄とかじゃない限り80……んん、75切ってるとヤバいと思うんだよね。
しょーじき描いてても“ あれ、これ確実に75以上あるじゃん…… ”ってなる」

鈴谷「秋雲は? 」

秋雲「よゆーでそれ以上あるんすよー。これよりどんだけ薄くすればいいの? って感じ。見ます? 」

鈴谷「いっ、いいいいや、いいっ」

秋雲「一緒にお風呂行ったりしてるじゃないですかヤダなー」

時雨「というか鈴谷さんはよく本気っぽい顔で恥じらえるね」

あきつ丸「ある種尊敬の域だな。……………………だから、いいのでありますが」


874 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:18:46.23TsVdOwUL0 (5/21)


< 凶とかって存在してるのかな? >







提督「伊右衛門のなんか茶色いやつ飲んだらおみくじついててさ」

明石「茶色ってあんた……琥珀色ブレンドって書いてるでしょ」

提督「大大吉だった」

山城「私はそれ絶対に飲まないって決めたわ」

明石「ああいうのって下限末吉とかじゃないんですか? 」

山城「印字漏れとかしてたら嫌じゃない」

提督「そんなこと……いや、なんかお前の顔見てたら本気でありそうな気がしてきたけどさ」


875 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:19:35.51TsVdOwUL0 (6/21)


< タイミング >







加賀「なん、てこと……赤城さんの御膳を、楽しみ逃すだなんて、不覚」

赤城「まぁ、たぶん加賀さんがいたらつくりませんでしたけどね」

加賀「…………」

扶桑「悪意はまぁ……無いのでしょうけれど」

山城「加賀さんがあの男にほいほいついて行かなければああいう状況にならなかったわけですし」

赤城「そういうことです。……次は、加賀さんにも食べてもらいますよ? 」


876 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:20:22.52TsVdOwUL0 (7/21)


< 程度ではなくて種類、ですよ? >






山城「あ、そうだ。加賀さんが次あの人に誘われたとき譲ってくれるなら私からも赤城さんに頼みますよ」

加賀「いえ、それは結構」

山城「でしょうね」

扶桑「比較する二つが馬鹿馬鹿しいくらい違い過ぎますものね」

赤城「むむ……分かっていたこととはいえ妬きますねぇ」


877 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:21:17.22TsVdOwUL0 (8/21)


< 汐風が優しく髪を撫で上げる >







龍田「んふ……ねぇ、もう少し、寄って」

提督「あん? 」

龍田「そう……こんな感じ、こういうの」

提督「あ、そう……」

龍田「…………」

提督「…………」

龍田「…………」

提督「…………」

龍田「…………ふふ、眠たく、ならない? 」

提督「多少はね。おっさんの膝枕でよろしければ、寝る? 」


878 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:22:24.31TsVdOwUL0 (9/21)


< 見たいわけではなくて >







高雄「……」

愛宕「悪趣味」

高雄「ッ…………そうね」

愛宕「海がよく見える場所までお弁当とベンチ持って、か。妬けるものねぇ~」

高雄「…………」

愛宕「ふふ……あぁ、肩に頭預けちゃった」

高雄「……………………はぁ」


879 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:23:56.78TsVdOwUL0 (10/21)


< ヒトの感情は一つではないから >







高雄「…………」

愛宕「うん? 」

高雄「どうして…………どうして、そんなに楽しそうなわけ? 」

愛宕「楽しいからよ。思うところは沢山あるけど……でも、楽しいの。嬉しい、の方が近いかな? 」

高雄「盗られて喜ぶ趣味でも? 」

愛宕「んーん、色んな感情は一旦置いておいたらね?
龍田にも楽しく愉快にできれば幸せに生きてほしいから」

高雄「…………私は、私も、でも……

愛宕「いいのよ高雄はそれで。…………ふふ、あっちに行きましょう?
加賀さんたちがもうお肉焼いて飲み始めてるみたいだから」


880 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:25:58.15TsVdOwUL0 (11/21)


< 『私の男』 >






愛宕「んふ……それにほら、自分の男が好かれてるって気分良いじゃない?
私のところに帰ってくる男が、人気って」

高雄「特には。……………………いい性格ね、我が妹様は」


881 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:33:41.27TsVdOwUL0 (12/21)


< 二人だけの蕉風吹きて >







龍田「あ、そうだ」

提督「うん? 」

龍田「写真、撮りましょう? 」

提督「いいけど……」

龍田「ふふ……」

提督「……ん」

龍田「あは、覇気の無い顔……ほら、もっと寄ってよ」

提督「うん……こういうのって普通海を背景にするんじゃねぇの」

龍田「そうねぇ……写真を撮ってるけど写真を撮ってる自分の目を幸せにしてるの」

提督「あん? 」

龍田「手を伸ばした先、海の方にスマホがあって、インカメがこっち向いてて。
くっついた私とやる気の無いあなたがラグ有りで映っていて。
そういうのを全部合わせて私だけの風景なの。写真はおまけ」

提督「…………そ」

龍田「ふふ……」


882 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:34:54.70TsVdOwUL0 (13/21)


< 熊本なんて次いつ行けるのやら >







天城「どうぞ、馬刺しです」

加賀「よくやったわ」

葛城「この上から目線よ」

雲龍「ユッケ風ね。……多いからいい」

天城「焼肉用の方も多少用意しましたよ」

雲龍「どうせサガリでしょう? あの人が五月蠅かったもの」

天城「あぁ、上富良野が元祖だのお店がどうだのと」

赤城「たまには馬刺しもいいですね。……それ、馬肉のお話ではないのでは? 」

雲龍「あの人がそんなこと気にして考えて喋ると思います? 」

赤城「え、いや、まぁ……」

葛城「……変な信頼感と説得力があり過ぎる」


883 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:35:31.60TsVdOwUL0 (14/21)


< 風は、何処吹く風で >







葛城「で、その五月蝿くするだけしていない提督閣下は? 」

天城「一応お金も出してますよ」

葛城「や、そりゃそーだろうけど」

赤城「お花を摘みに? 」

葛城「鷹狩りじゃなくて? 」

加賀「本当の意味で。……多少寒い気もするけれど、くっついているでしょうしね」

葛城「うん……? 」


884 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:37:34.90TsVdOwUL0 (15/21)


< 多少ならまぁ……ねぇ >







天城「焼き大蒜のこの食感がどうも受け付けません。よく好き好んで食べますね」

葛城「美味しいじゃん」

加賀「今日はどうせ誘っても遊んでくれなさそうだから大蒜にしたわ」

赤城「あんまり気にしなさそうですけどね」

天城「あの人が? 」

葛城「加賀さんが? 」

赤城「どちらも。……いえね、女としてというのは理屈であって加賀さんに非難がましい目を向けられるのは違うと思うんですが」



885 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:38:40.49TsVdOwUL0 (16/21)


< 完璧に生きられても困るけれど >







葛城「焼肉パーティー散々楽しんだ後でもあの人に誘われたら連れ込まれますもんね」

加賀「やわな腹筋はしていないわ」

天城「そういう問題でしょうか」

赤城「違いますよね」

加賀「違いません。いついかなるときでも女として恥ずかしくないよう生きていますから」

葛城「えー……」

天城「……審議拒否」

赤城「うーん……」

加賀「は? 」

雲龍「ふぁ…………ねむ」


886 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:39:28.55TsVdOwUL0 (17/21)


< 直接触れるにはまだ怖くて >







提督「ご馳走様でした」

龍田「ん…………」

提督「…………」

龍田「…………」

提督「…………」

龍田「…………」

提督「…………」

龍田「…………ん、吸わない? 」

提督「や……さっきライター着かなくなった」

龍田「んふ……ほぉれ」

提督「失礼。…………ふぅ、ありがとう」


887 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:40:19.19TsVdOwUL0 (18/21)


< 同じ箱の同じ一本を >







時雨「鈴谷さんが吸うヒトならシガーキスの流れで持ち込めたのにね」

あきつ丸「んぐぉっホッ、エボっ……」

鹿島「私、吸いますよ? 」

あきつ丸「そういう……ことでは……ないだろうが………ゲホッ」


888 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:41:30.81TsVdOwUL0 (19/21)


< 好意的と言えないことも無い >








時雨「あきつくんも割にウブで可愛い方だよね。
拡大解釈した中二行為の実体験でやさぐれてるけど」

鹿島「あー……でもそれこそあきつ丸さんの良さでは? 」

時雨「かもね」

あきつ丸「…………」


889 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:42:18.34TsVdOwUL0 (20/21)


< 会話の流れなんてそんなものじゃない? >







愛宕「あら、馬刺しなんて珍しいもの食べてるのね」

高雄「焼いてもいるようで……上富良野がどうだと言われませんでした? 」

天城「言われました」

葛城「それしか言うこと無いんかい」

加賀「会話のレパートリーが少ないのは許してあげなさい」

愛宕「北海道がちょっとでも掠ってたら傾けていくだけですからねぇ~」


890 ◆5z7C0EoTrg2021/09/08(水) 22:42:48.29TsVdOwUL0 (21/21)


ありがとうございました



891以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/08(水) 22:50:43.76ETYL9MaP0 (1/1)




892 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 02:18:07.034Jpyo/Gm0 (1/27)


< 寝たけど(この後)寝れない(たぶん) >







加賀「…………………………………………っはっ」

雲龍「おはようございます、居眠り先輩」

加賀「……………………寝落ち? 」

雲龍「カウチになんて座るから、駄目なんです」

加賀「そう、ね。……………………何、やってるの? 」

雲龍「残り火でお湯沸かして……豆腐スープ」

加賀「激辛? 」

雲龍「当然」


893 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 02:19:14.014Jpyo/Gm0 (2/27)


< 朝日の頃にはたぶん寝てる >







加賀「ふぅ…………沁みる」

雲龍「具はもやしと……何故か大量に余っていた豚肉だけですけどね」

加賀「美味しいわ、ありがとう。辣油と一味、好き」

葛城「……………………それ、私が持ってきてたぶん寝落ち」

雲龍「おはよう」

葛城「ん…………ちょーだい? 」

雲龍「はいはい。…………口、漱いできなさいな」



894 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 02:20:25.794Jpyo/Gm0 (3/27)


< 肌寒さも、また >







葛城「おいし。…………てーか何? 天城姉ぇは私たち放置して消えたの? 」

雲龍「迷っていたから、私が寝てきなさいって言ったの」

加賀「悪かったわね」

雲龍「別に」

葛城「雲龍姉ぇはいつから? 」

雲龍「全員寝て天城がおろおろしてたときから。月、綺麗だったの」

加賀「それはそれは……ふぅ」

葛城「風流……かな? いやいや…………」


895 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 02:22:44.254Jpyo/Gm0 (4/27)


< 今日までさようなら >






赤城「あら……起きちゃいました? 」

葛城「毛布? 」

赤城「このまま朝まで皆でいようかな、って」

雲龍「いいですね。……おやすみなさい」

葛城「ん」

加賀「スープ、飲みます? 」

赤城「ええ。…………嗚呼、星が……………………綺麗」

雲龍「…………Zzz」


896sage2021/09/09(木) 05:11:01.18lla+5S9Z0 (1/1)

>>1
乙です。
最近更新が多くてうれしい。


897以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/09(木) 19:47:00.59Z4tl8hN+o (1/1)

お疲れ様です


898 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:12:19.874Jpyo/Gm0 (5/27)


< 炭の処理だけはしました >







雲龍「ってことで……私は寝るから」

葛城「私も……」

提督「おう。……お前はまだ食うのか」

加賀「は? 朝食は一日の基本ですが」

提督「や……そうだけども、そういうことじゃねぇだろうが」


899 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:14:10.374Jpyo/Gm0 (6/27)


< 食 >







加賀「白米に明太子……いいものですね、シンプルとは」

提督「そっすね。…………明太子って博多だけど基本道産なんだぞ。
あれ、加工品でしかないからな美味いけど」

加賀「はいはい。おかわり」

提督「ほい。…………妙に腹立つな。無視とはまた違うあれで」


900 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:15:09.344Jpyo/Gm0 (7/27)


< 吻 >







海風「ねぇ、__さん」

提督「んー? 」

海風「キス、しません? 」

提督「いいよ」

海風「はい。…………そう言って立つの、駄目です。私、届きません。
こんなとこで笑わないでくださいよ、もうっ」



901 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:15:45.844Jpyo/Gm0 (8/27)


< 開き直り >







提督「一応仕事中だからね。盛っちゃいけない」

海風「この前択捉沖の案件処理中に高雄さんとキスしてました」

提督「見てたのかよ。……大好きな子優先して何が悪いの? 」

海風「…………」

江風「サイッテーだよテートク……」



902 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:18:04.614Jpyo/Gm0 (9/27)


< 趣味じゃないから拒む、とまでは言いませんが >






提督「つーかほら、江風がいるだろう。嫌じゃねぇの? 」

海風「別に。寧ろ見せ付けてやりましょう」

提督「なんで? 」

海風「万が一ですけど発情して混ざってくるかもしれません」

提督「趣味じゃない」

江風「ひっでぇなおい……や、億が一も混ざらないし別にいいけどさ」


903 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:19:04.764Jpyo/Gm0 (10/27)


< 謎の物体X >







涼月「ん……採寸って結構疲れるものですね」

Roma「まぁ……でもあなた普段の姿勢がいいからまだマシな方だと思うわ」

涼月「はぁ」

Roma「、っと……ごめんなさい、ボタン取ってくれるかしら」

涼月「ええ、どこに? 」

Roma「そっちの棚の……あぁもう姉さんが散らかして色々と詰め込むから私も……抽斗のどれかに入ってない? 」

涼月「んーと……」

Roma「赤い小箱に入っているから見れば分かるわ」

涼月「ここ、無い。こっちも、無い。うーん…………うん? っ、…………」

Roma「うん? 音速で閉めるようなもの入ってた? ゴキブリとか? 」

涼月「フナムシとかの方がキツいです、けど……見ます? 」

Roma「見ないわけにはいかないでしょう……どうせ勝手に放り込んだ姉さんも忘れているんでしょうね」


904 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:19:38.664Jpyo/Gm0 (11/27)


< 開封済み >








涼月「…………見ます? 」

Roma「ええ。虫ではないよ、う……? 」

涼月「…………」

Roma「…………」

涼月「…………プレイ用、でしょうか? 」

Roma「貫通、型? …………ちゃんと洗浄しているんでしょうね、これ」


905 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:22:38.824Jpyo/Gm0 (12/27)


< 見なかったことにするのが最良 >







Roma「はぁ、ごめんなさいね、変なもの見せて」

涼月「いえ、ジョークグッズとして何度か見てますしそこまでピュアでもありませんから」

Roma「そう……」

涼月「……ちなみに、ですけど」

Roma「? 」

涼月「さっき引き出したところには一個だけ使ったようなゴムもありました」

Roma「あ、そう……」

涼月「…………」

Roma「…………」

涼月「…………」

Roma「…………ボタンのケース、探しましょうか」

涼月「ええ」


906 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:23:27.734Jpyo/Gm0 (13/27)


< 楽しいよね? >








提督「Coke ONもSmile STANDも両方使えるって大湊警備府実は神だよな」

旗風「司令はそんなのやらなくてもお金あるでしょう」

提督「そーいうことじゃねぇんだよなぁ」

旗風「分かりません」

能代「あ、スクラッチ、当たった……」


907 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:24:20.194Jpyo/Gm0 (14/27)


< 現在時刻はお昼の三十六時です >








明石「ふぁ…………………………………………」

瑞穂「お昼持ってきましたよ」

明石「!っとっとっっとあっぶなっいっっっっっっっったっっっっ! 」

瑞穂「うわぁ……」

明石「…………」

瑞穂「…………」

明石「…………」

瑞穂「…………」

明石「…………」

瑞穂「…………」

明石「…………」

明石「…………眠気ヤバくても指落とすのは女としてさすがにどうよ、って感じ? 」

瑞穂「ヒトとしてどうかと。……おにぎりにしましたけどさすがに、寝ては? 」



908 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:26:09.694Jpyo/Gm0 (15/27)


< 都落ちはメ◯堕ちとかかな? >







提督「最近さ、極々局所的に逆大富豪? みたいなあれがあるって知った」

高雄「はい? 」

提督「カードのあれのさ、最後まで残ってたやつが勝ちってやつ。普通はいかに早く上がるかだけど」

高雄「はぁ」

提督「ジョーカー付きとか2とか八切りとかで上がっちゃいけないのはまぁ同じかな」

高雄「その辺りもローカルルールだと思います」

提督「まぁね。……あれでさ」

高雄「ええ」

提督「残って勝ったやつを嫁き遅れ貴族って言ってたの面白かった」

高雄「っ、ふふ……」


909 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:26:42.454Jpyo/Gm0 (16/27)


< より分かりやすく >







雲龍「ねぇ」

提督「うん? 」

雲龍「挟んであげるからヤりましょう? 」

提督「交換条件になってないんだけど」

雲龍「言い直す。挟ませて? 」

提督「ちゃんと言い直せよ……おかしいよ君」



910 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:28:10.804Jpyo/Gm0 (17/27)


< カタルシスマッチポンプ >







雲龍「ゆるゆる動かしてるときに舌先で遊ばれてるあなたの顔が見たいの」

提督「あんま見せたいものでもねぇんだけど」

雲龍「馬鹿ね。溺れていればいいのに」

提督「男として遊ばれっぱなしはどうかなって」

雲龍「本当そう、真理。その後ヤり返してね? 」

提督「はぁ……? 」


911 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:29:17.064Jpyo/Gm0 (18/27)


< 変則デレ >







葛城「よくあの馬鹿みたいな誘い方されて着いていったね」

天城「二人きりになったらベタベタに甘えるんでしょうし、あれで恥ずかしがりなのよ」

葛城「まぁ……寧ろそうであってほしいけど、さ」


912 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:30:23.124Jpyo/Gm0 (19/27)


< 時は待ってくれない(違) >







葛城「あれ、ていうか加賀さんと赤城さんは? 朝食後爆睡してたと思うけど」

天城「ファミレスというものに行きたいわ、と呟いて漣さんを巻き込んでいましたね」

葛城「えー……面子は? 」

天城「加賀さん赤城さん漣さん叢雲さん、と」

葛城「と? 」

天城「あなた。天城はまだちょっと眠いので」

葛城「……は? 」


913 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:31:38.824Jpyo/Gm0 (20/27)


< 童顔の人は時々面倒らしい >







加賀「運転は任せたわ。叢雲と漣だと免許はあるけど万が一の警察関係が面倒だし」

葛城「は? 」

加賀「赤城さんはここの所属ではないから免許が無いの」

葛城「……は? 」

天城「加賀さん適任でいいじゃないですか……」


914 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:34:16.964Jpyo/Gm0 (21/27)


< 帰れま…… >







加賀「何? さっきから発声練習でもしているの? 」

葛城「は? ……あ、いや、そういうあれじゃなくて加賀さんの頭があれってことをお伝えしたかったの」

加賀「失礼な」

天城「割と適切だと思いますけど。……では、天城は夕食までお昼寝の予定があるので」

加賀「ええ。……行くわよ」

葛城「はいはい仕っ方無いなぁ、奢ってくださいよー? 」

加賀「当然。……何店舗、回れるかしら」

葛城「…………うん? 」


915 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:35:26.254Jpyo/Gm0 (22/27)


< 大概分かってくれないとするならあながち…… >







海風「スタンプにはロシア語の小さな文字~♪ 」

江風「江風これ分かンねぇ」

高雄「私も」

扶桑「私も」

伊13「同じく」

阿賀野「え? え……? なんで? 」

能代「能代も分かりませんよ。……阿賀野姉ぇは歴史と懐メロが同ジャンルだと思うのやめたら? 」



916 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:36:01.734Jpyo/Gm0 (23/27)


< いや、本当美味いんですよマジで >








伊14「それ……」

初月「うん? 」

伊14「何? 鮭とば、にしては……変」

初月「あんこうスティック。あいつ宛の荷物から貰った」

伊14「鮟鱇? 」

初月「中々美味い。酒が欲しくなる……が」

涼月「ダメ。皆で宴会なら兎も角、昼間からはダメ」

初月「だそうだ」

伊14「……そう」

松風「しょっぱそう……寧ろそれ、今食べないで夜まで我慢しておけばよかったのに」



917 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:38:34.064Jpyo/Gm0 (24/27)


< たぶん通販はしてない >







初月「あいつネタだから聞かなくていいが」

伊14「前置きが、酷い……何? 」

初月「あぁ。……ちなみに」

伊14「……うん」

初月「北海道は余市の某商店の肉厚なやつじゃないとダメらしいぞ。
そこそこ各地にある棒状のカラカラなやつではダメだそうだ」

伊14「ふぅん……? 」

松風「や、でもこれ、ふっつーに美味しい……ねぇ、お酒

涼月「ダメ」

旗風「ダメ」

松風「あ、そう……」



918 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:40:30.004Jpyo/Gm0 (25/27)


< もうすぐ今年は仕舞わないと >








提督「宇治金時うおらっしゃあぁぁっ残暑退さーん! 」

雲龍「五月蝿い……素かき氷って無いの? 」

提督「ねーよ。何がいいんだそれ」

雲龍「頭冷やしたいときあるでしょう? 」

提督「三日に一回はな。……いやでもそれ、美味いか? 」

雲龍「新たな被虐への、挑戦? 」

提督「んなアホな……」


919 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:42:45.974Jpyo/Gm0 (26/27)


< アイスホール >







雲龍「そもそも……残暑の何が悪いの? 二人で絡まって寝て気分乗ったらヤればいいじゃない」

提督「そうだけども……おい」

雲龍「何? まだ、元気じゃない」

提督「かき氷食って……っつっめたっ」

雲龍「ふふ……口の中冷えてると、気持ち良いでしょう? 」

提督「ぁ、ちょっ……んんんっ」


920 ◆5z7C0EoTrg2021/09/09(木) 22:43:52.374Jpyo/Gm0 (27/27)


>>896
ストックの減りは加速してますけどね……

ありがとうございました



921以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/09(木) 22:52:39.326217phah0 (1/1)




922以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/10(金) 06:06:55.16CoyifsQao (1/1)

お疲れ様です


923 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 01:06:47.96gzrqhEbt0 (1/15)


< ハリの残る部分とは >








初月「タトゥーだとかって歳を取ったときのことを考えろ、なんて忌避されたりするけど」

涼月「正論だと思うよ。……しないでね、お初さん」

初月「今のところはそんな予定無いよ」

涼月「永遠に無いままでいてね。……するけど? 」

初月「あぁ、そもそも太らない自信とか筋肉を落とさない自信が必要だよね、って」

涼月「それはまぁ、そうだね」

初月「だからさ、頭頂部の刺青が一番合理的なのかなって思ったんだ」

涼月「そうかもしれないけど……」



924 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 01:07:48.37gzrqhEbt0 (2/15)


< 臍下とか言わないでね >







涼月「そもそもそこまでして肌に傷付けたいものなのかな」

初月「一生まともに元には戻らない、っていうのが覚悟というかメンタルに作用するわけだしいいんじゃないかそこは」

涼月「うーん……」

初月「まぁ、シールくらいのエセファッションで十分だと思うけど。……姉さん」

涼月「なに? 」

初月「ハートのタトゥーシール、どこに張りたい? 」

涼月「あぁ……その為の導入だったんだこれ」



925 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 01:11:42.97gzrqhEbt0 (3/15)


< 肌 >








初月「肩か……つまらん」

涼月「面白さ求めないでくれるかな」

初月「生に面白さを求めないでどうする」

涼月「はいはい。…………そこ、座れ」

初月「は? 」

涼月「肩甲骨の間は肩なの? うん? 」

初月「そんなわけな……違います、肩甲骨の間は肩甲骨の間です、はい。肩じゃ、ないです」

涼月「しかもこれハートとか生易しいものじゃなくて翼でしょ? 馬鹿なの? 」

初月「や、それで背中開いたドレスとか……すまん。でも笑いながら途中まで受け入れてた姉さんも悪

涼月「…………」

初月「…………」

涼月「……………………次は、無いよ? 」


926 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 01:13:48.69gzrqhEbt0 (4/15)


< オーダーメイドの私 >







涼月「はぁ…………明日、というか今日、Romaさんに見てもらうくらいしか意味が無いよこれ」

初月「…………え」

涼月「何? 」

初月「何でもない。……………………マジか、いや、えーと……マジか、それ」


927 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 01:15:56.35gzrqhEbt0 (5/15)


< 火の七日間的なヴィジュアル >







提督「うぉぉぉぉぉぉぉぉっ! 青ねぎ豚トロつけ麺ニンニク一味マシマシだおらぁっ! 」

漣「アホだこいつ。……いただきます」

提督「おういただけ。……さすが俺、美味い」

漣「ガッツリ系をちゃんとしたガッツリのままつくってくれるのってご主人様くらいですからなぁ」

提督「一緒に馬鹿やって深夜に濃い飯食ってくれるのはお前とまぁ明石と……むーちゃんも入れとくか」

漣「初月とか涼風もまぁ、呼べば」

提督「無理に呼んでもね」

漣「そっすね。…………あの」

提督「言うな」

漣「言わないとか有り得ないでしょ……加賀さんと赤城さんは何故起きてきたので? 」



928以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/11(土) 10:18:22.72gvwUwpHP0 (1/2)

乙?


929 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 20:57:21.63gzrqhEbt0 (6/15)


< 開発とかそれ以前に >







雲龍「私たちって不良品生命体だから妊娠はできないわけだけど」

明石「そうだけど言い方」

雲龍「その他の身体機能はほぼ人間、というか限界を考えると上位互換じゃない」

明石「まぁ、物理法則ガン無視してるようなことできますからね」

雲龍「ええ。海防艦クラスの子って性感帯とかどうなってるのかしら。
膜とかは兎も角ちゃんと感じられるの? 」

明石「し、知りませんよそんなの……」


930 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 20:58:24.01gzrqhEbt0 (7/15)


< 頑張ってくださいね! >








雲龍「しっかり感じられるのなら素晴らしいわね、って。
あのくらいの外見の子って本来気持ち良くもなれないんでしょう? 」

明石「まぁ、性感の発達って個人差ありますけどね。そこはたぶん大丈夫? だと思いますよ」

雲龍「ロリコン? ペドコン? の高級将校さんは是非頑張ってください、以上」

明石「何をですか誰にですか……馬ッ鹿じゃないの? 」


931 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 20:59:18.11gzrqhEbt0 (8/15)


< ギャップ >








雲龍「だってほら、あの体躯に突っ込めてしかも絶対壊れないって凄いじゃない? 普通は、裂ける」

明石「雲龍さんの発想力が凄いんじゃないですかね」

雲龍「あらありがとう」

明石「褒めてないですけどね。……これで? 」

雲龍「ええ、お刺身はそんな感じ。包丁、上手くなったわね」

明石「教師がいいですからね。……………………はぁ」



932 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 21:00:19.90gzrqhEbt0 (9/15)


< 手首のアクセントが大事 >







提督「ミニスカサンタの衣装を、買いましたっっっっ! 」

高雄「うるさい……そうですか」

提督「クリスマスかイヴか二十六日辺り、着てね」

高雄「嫌ですよそんな短いの……雲龍さんとか海風さんなら喜んで着てくれると思うけど」

提督「雲龍は自前で異常なやつ持ってそうだし高雄サイズのを海風が着れるわけ無いでしょ高雄馬鹿なの? 」

高雄「馬鹿はあなたでしょうが……」


933 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 21:01:08.03gzrqhEbt0 (10/15)


< オーダーとか自作とかしない限りはまぁ >







提督「ってもコスプレ衣装なんて大概フリーサイズって言い張ってもなんとかなる気はするけど」

高雄「それはモデルよりも衣装が小さい場合であって衣装の方が大きいとどうにもならないのでは」

提督「なるほど。……な? やっぱ海風は駄目だろ? じゃあ高雄しかいないじゃん」

高雄「誘導尋問になってませんよそれ……ドヤ顔やめていただけます? 」


934 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 21:03:15.15gzrqhEbt0 (11/15)


< ペラペラしてるとふとしたときに萎えたりするよね >






提督「つーかあれだな、Romaに製作依頼出せばいいのか」

高雄「よくありませんよ……自分のつくった衣装で盛られるって気分悪いでしょうたぶん」

提督「えっ」

高雄「は? 」

提督「……え? 」

高雄「……? 」

提督「……さっきから微妙に話合わねぇなと思ってたけどさ、ふっつーにコスプレしてくれ、ってだけだぜ? うん? 」

高雄「…………」


935 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 21:04:08.53gzrqhEbt0 (12/15)


< ある種の作品 >







龍田「…………………………………………はぁ」






江風「あれ、何? 」

海風「『窓辺で読んでた本落としたことにも気付かないで海を眺めて溜め息を吐くオンナ』」

江風「や、そりゃそうだろーけど……うン? 」



936 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 21:05:20.94gzrqhEbt0 (13/15)


< 逃げた先の末なんて振り切って >







海風「まぁ……何がトリガーだったのか知らないけど最近ずっとあんな感じだよね」

江風「ぽけーっとしてるだけで絵になるのはここの面子だと大体皆そうか」

海風「ん……そだね」

江風「…………」

海風「…………」

江風「…………姉貴が」

海風「うん」

江風「高雄さンと愛宕さンぶっ殺してテートク奪って逃げるっていうンなら江風手伝うけど? 」

海風「ありがと。…………江風ってイケメンだよね」

江風「へへ、暴露た? 」

海風「実は前から知ってた。……しないよ? 高雄さんたちのこと、好きだもん」

江風「……そ」


937 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 21:05:55.10gzrqhEbt0 (14/15)


< 憧れというものは >









海風「まぁ、実際は成功する確率がゼロだからしないだけだけどね」

江風「重巡と駆逐とかそンなの関係無いレベルだもンな」

海風「そうだけどそうじゃなくて……あの二人失ったあの人なんて私の欲しい__さんじゃないから」

江風「…………なるほど」



938 ◆5z7C0EoTrg2021/09/11(土) 21:06:59.52gzrqhEbt0 (15/15)


寝落ちですねすみません
深夜に酔ってものつくると食べた後は翌日とか全部どうでもよくなるタイプです

ありがとうございました



939以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/11(土) 21:17:04.53oNuD8LjDO (1/1)

生理迎えてから子宮が成長しないと、やっても感じないと10歳の娘とやる18禁ペドモノのお話の中で聞いた




940以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/11(土) 21:17:33.76gvwUwpHP0 (2/2)




941以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/11(土) 21:48:25.90+J4zJStyo (1/1)

お疲れ様です
高翌雄の体でコスプレか

ふぅ


942 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 22:50:29.22l5nhctQt0 (1/17)


< 実在する >







雲龍「どうだった? 全部しまむらで揃えた私」

提督「ふっつーに可愛かったよ……それ以外何を言えと」

雲龍「こう、あなたのホームにあるみたいじゃない? ファッションヘルスしまむら」

提督「あるけど……そこ俺のホームじゃねぇから覚えとけよ? な? 」


943 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 22:51:46.61l5nhctQt0 (2/17)


< まぁ、” 無い ”と言い切れるものでもありませんが >








雲龍「あぁでも嘘吐いたわ、今」

提督「あん? 」

雲龍「ブラだけは無かったからランジェだけいつものやつ」

提督「あ、そう……なんとなくそうだろうなって思ってたけどやっぱそーいうサイズよね君」


944 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 22:52:30.69l5nhctQt0 (3/17)


< とてもじゃないが抱き合って寝て目覚めて見つめ合ったときに交錯するような視線ではない殺気に塗れて溢れて零れ落ちたアレ >







提督「“ うっわ、お酒臭っ、近寄んないでくれる? ”みたいなさ」

雲龍「うん? 」

提督「そういう傷付きそうなこと言ってきそうで実際は苦笑しながら朝帰りに朝飯用意してくれる子と結婚したかった」

雲龍「死ね」

提督「すまん…………」

雲龍「…………」

提督「…………」

雲龍「…………」

提督「…………いや、俺が言いたかったのはお前ら誰一人として飲まないやつがいないってことなんだけど」

雲龍「いいから、死ね。……せめて謝りなさい、心から」

提督「……ッス」


945 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 22:54:56.77l5nhctQt0 (4/17)


< 沼女 >







龍田「ところで、Romaちゃん? 」

Roma「何? ……なんだか久し振りにあなたと喋った気がするわね」

龍田「私、乙女してたから」

Roma「ハンッ」

龍田「ひどい……傷付いちゃう」

Roma「乙女だもん、って? 」

龍田「似合わないわね我ながら。……暫く女の子的中二と恋を患って黄昏てたから」

Roma「は? 」

龍田「ま、いいじゃないそれは。……涼月ちゃん、欲しいんじゃない? 」

Roma「ッ、なっんでいきなりあの子の名前ッ……

龍田「“ あの子 ”ねぇ…………あはっ」

Roma「…………」



946 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 22:55:55.79l5nhctQt0 (5/17)


< 本人にだけは分からないという呪い >







提督「いいじゃんそれで。女の子からデート以上のこと誘われるのはイケメンの特権だぜ? 」

時雨『あ、そう……』

提督「まぁ、もしくは」

時雨『……? 』

提督「性格が良いとかいうクソつまんねぇやつに時々降って降りるあれ。俺はあれ嫌い」

時雨『それは君が割にカッコいい代わりに性格が心底悪いからじゃないか』

提督「悪かろうがなんだろうが嫁が好いてくれるなら俺はそれでいいね」

時雨『あっそ。…………なんで僕こんな男に相談の電話なんてしたんだろうね』


947 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 22:56:59.22l5nhctQt0 (6/17)


< 自嘲混じりの苦笑、湛えて >







提督「知るかボケ。……その子可愛い? 」

時雨『どっちかというと綺麗、かな。少なくとも顔だけは好み。エロい意味じゃなくて、綺麗』

提督「ふーん……」

時雨『……何さ』

提督「別に。……………………殉じるなんて、駄目だぜ」

時雨『は? 」

提督「ヤりたいならヤれ。愛したいなら愛せ。
だけど愛せると思った、なんて言い訳吐くなら潔く無様に死んでろ。
俺みたいなやつに憧れて生きてるような馬鹿だろうお前」

時雨『…………』

提督「…………」

時雨『…………………………………………君に相談した理由、分かった気がする。僕って慧眼だね』

提督「それ程でも」

時雨『そうだね。…………本ッ当、最悪だよ、君って』


948 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 22:57:52.08l5nhctQt0 (7/17)


< 本人に言うのもちょっと…… >








赤城「雲龍さんって基本ショーパンじゃないですか」

加賀「まぁ……そうですね。大概薄着ですし」

赤城「面倒だっていうのは分かるんですけどね。……でもあれって」

加賀「? 」

赤城「あの人の好みからするとちょっと外れてません?
ロングのスカートだとかが好みなんでしょう? 」

加賀「別にあの子もその為だけに服は選んでいないということでは? 」

赤城「しかも常に見させていると本番でのテンション上がり幅が減りません?
太腿とかお臍とかまぁ場所はどこでもいいんですけど」

加賀「そうかもしれませんね。……何故それを、私に? 」



949 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 22:58:42.03l5nhctQt0 (8/17)


< でもやっぱり折角なので本人に >







雲龍「え? まぁ……そうかもしれませんね。変わりませんけど」

赤城「やっぱりこう面倒だったりするから? 」

雲龍「布面積が多いと排熱処理が上手くいかないんです、不良品空母だから」

赤城「はえ? 」

雲龍「冗談。動きやすいからですよ」

加賀「はいはい。…………雲龍で排熱が下手なら私なんてどうなるの、って話よね」


950 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 22:59:56.92l5nhctQt0 (9/17)


< カウンター >







提督「お前らが高校生を経てるとしてさ」

叢雲「あん? 」

提督「彼氏できなさそう、或いはつくらなさそうなのって? 」

叢雲「龍田でしょ。ああいう手合いは類稀な良妻賢母になるかストーカー殺人犯になるかの両極端って相場が決まってるの」

提督「誰が決めたその相場。分かるけど」

叢雲「ステレオタイプで行けば扶桑姉妹は女子校育ちの幸不幸両極端人生だし」

提督「あぁ」

叢雲「意外と遊んでる姉と何故か慎ましい妹な黒金姉妹も想像し易いし」

提督「お、おう? 」

叢雲「私は部活仲間とかの後輩と簡単にデキそうね」

提督「許さねぇよそんなこと馬鹿じゃねぇの」

叢雲「あんたが馬鹿よこの妄想クソ親父」

提督「」



951 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 23:00:52.27l5nhctQt0 (10/17)


< not高but校 >







雲龍「女子校生……」

天城「は? 」

雲龍「いえね、私が高校生だったら高校生じゃなくなるときの気分ってどんなときなのかしら、って」

天城「はぁ…………そんなの」

雲龍「? 」

天城「姉様が決めた男に自分を捧げたときでしょう? それ以外にあります? 」

雲龍「え、っと……ごめんなさい」

天城「はぁ? 」

雲龍「? ……………………あぁ…………褒められた? もしかして」


952 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 23:01:26.66l5nhctQt0 (11/17)


< うわぁ…… >








雲龍「あ、ちょっとそれ、私の」

江風「へへーン、早い者勝ちだよーだ」

雲龍「…………」

江風「♪~~~~」

雲龍「…………江風」

江風「ン? ん、んんっ? やめっ、ちょっ、ンむッ、ぁ……ぇル…………んっ……」


953 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 23:02:30.86l5nhctQt0 (12/17)


< 戦利 >








雲龍「ん……私まだ一つも食べてなかったのよ、この飴」

江風「ンあ……ま、また…………まただよ……また汚された」

海風「普通にフリかと思ったけどね。……美味しい? 」

雲龍「美味しかったわ。あなたも、やったら? 」


954 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 23:03:27.28l5nhctQt0 (13/17)


< 分かってたまるか、とは思いつつ >







江風「もう飴の話ですらねーじゃン……姉貴」

海風「うん? 何? 」

江風「万が一姉貴も同じことしてきたら絶交だからな、マジで」

雲龍「つまり舌技で蕩かして済し崩しに堕としてしまえば万事解決ね」

海風「なるほど、誘い受けかな? 」

江風「姉貴が何言ってるか分かンないよ……」


955 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 23:03:58.88l5nhctQt0 (14/17)


< 出オチ >








雲龍「ん……ん…………舌、柔らかいですね」

加賀「…………そう、ね」

雲龍「…………」

加賀「…………」

雲龍「…………」

加賀「…………」

雲龍「…………タン塩、美味しいですね」

加賀「…………そう、ね」


956 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 23:04:30.62l5nhctQt0 (15/17)


< 嫌、ではない >







旗風「いや、いやいやいや……」

加賀「? 」

雲龍「?あぁ……加賀さん」

加賀「何? 」

雲龍「私の舌、美味しいと思います? 」

加賀「あぁ……暴力的で長くて動き回って……怖いものね」

雲龍「なるほど」

旗風「いやいやいやいや……いやいや……」



957 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 23:05:31.81l5nhctQt0 (16/17)


< 愛 >







提督「雲龍がいるときに話すと面倒だしそもそもガチクズっぽいから言わないんだけどさ」

愛宕「んー? 」

提督「優しいセックスとか思い遣りセックスとか退屈でつまんないよねたぶん」

愛宕「本当にクズね。……まぁ、分かるけど」

提督「あ、そう? 」

愛宕「思い遣りとか優しさは前提で、ってことでしょ?
それがあってお互いに限界まで激しくしたり駆け引きしたりしたい、って」

提督「あぁ、君言葉選び上手いね」

愛宕「でしょ? …………んふ、それで? 」

提督「あん? 」

愛宕「前提として色んな感情持って……一つのことしか考えないことしましょう? 」


958 ◆5z7C0EoTrg2021/09/12(日) 23:05:59.90l5nhctQt0 (17/17)


ありがとうございました



959以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/12(日) 23:29:12.5951TFaFLa0 (1/1)




960以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/13(月) 01:18:35.89dZqF4s81o (1/1)

お疲れ様です


961 ◆5z7C0EoTrg2021/09/13(月) 22:12:48.29CT8M/YF8O (1/10)


< 割とこう、うんうん言ってあげるだけでもなんとかなる >







漣「…………」

叢雲「…………」

愛宕「? どうしたの? 妖怪でもいた? 」

叢雲「……妖怪くらいなら別に」

漣「漣もむーちゃんも愛宕さんも妖怪みたいなものですからなぁ……そうじゃなくて」

愛宕「? 」

漣「たまたまお父さんに連れられてきて迷子になってた軍人の子供さんに、
笑顔で重低音の声音使って喋ってしかも膝折って目線合わせてるご主人様見まして」

愛宕「あー……」

叢雲「…………私たちから見ると物凄く違和感あって気持ち悪いのに泣き止んで戯れ付く子供を見るとねぇ」


962 ◆5z7C0EoTrg2021/09/13(月) 22:14:17.10CT8M/YF8O (2/10)


< ” それをすると自動的に ” >







「くくっ……先輩って子供が苦手で嫌いとか言うくせに」

提督「んだよ。本音だぞ」

「嘘とは思いませんよ。でも、ガキの扱い方分かってるじゃないですか」

提督「自分が半分ガキだからな。……フゥ……」

「ヤニ吸うガキなんて馬鹿ですけどね。……フゥ」

提督「…………だっる。あれだからガキは」

「違い無い。……婚姻届と出生届の書き方でもおしえて差し上げましょうか?
退職届と死亡届の書き方は生憎知りませんが」

提督「ばーか」



963 ◆5z7C0EoTrg2021/09/13(月) 22:15:26.83CT8M/YF8O (3/10)


< 口が渋滞で重体 >







涼月「んー……要らない? 」

初月「? チョコレートをか? 」

涼月「うん。倉庫の奥の方にあったやつなんだけど消費期限近いから、って」

初月「それでこんなにテーブルがチョコレートまみれなのか」

涼月「そのうち皆出てきて昼食食べたら配るって言われたんだけど、ね? 」

初月「その前に減らせと言われたわけだな。
まぁ、多少は食べてもいいというかくれるというのなら普通に欲しいが」

涼月「量がおかしいんだよねぇ……」

初月「あぁ。…………普通買い置きの発掘はスナックだとか種類があるものだろう。
何故板チョコが段ボールであるんだここは」



964 ◆5z7C0EoTrg2021/09/13(月) 22:16:40.21CT8M/YF8O (4/10)


< 奪われるのが楽しい数少ないひととき >







天城「しかもこれ誰が買ったのかも分からないみたいですよ」

雲龍「言われる前におしえてあげるけど私じゃないわ」

初月「知ってる。雲龍さんはこんなに同じもの買わないヒトだろう」

涼月「板チョコなんて下手したら一欠片で満足しますもんね」

雲龍「ええ。……口がくどくなって飽きてきたら」

涼月「どうしたらいいんですか? 」

雲龍「誰かとキスをしながら奪い合えば永遠に続けていられるわ。ね? 」

天城「知りませんよそんなこと」

初月「舌が攣りそうだな。…………姉さん、期待した目なんて頼むからしないでくれるか」



965 ◆5z7C0EoTrg2021/09/13(月) 22:17:22.70CT8M/YF8O (5/10)


< ン? ……!!!! >








雲龍「ふむふむ……あ、丁度良いところに」

江風「なンだか知らねーけどぜってーやンねーからなぁー! 」

雲龍「…………」

涼月「えぇ……」

天城「……走って逃げられるって何やったんですか姉様」


966 ◆5z7C0EoTrg2021/09/13(月) 22:17:56.81CT8M/YF8O (6/10)


< 勿論ございませんとも >








雲龍「ただこう、舌で垣間見せてあげただけよ、二回程」

初月「大人を? 」

涼月「女を? 」

天城「大人の女の醜さでしょう? 」

雲龍「いえ、抱かれる快楽を。……何か、文句があって? 」


967 ◆5z7C0EoTrg2021/09/13(月) 22:19:14.96CT8M/YF8O (7/10)


< 犯し作り >







提督「江風走ってったぞ……いじめんなよ」

雲龍「気の所為よ」

提督「あ、そう…………おい」

雲龍「? 何? 」

提督「ちょっと外ハネしてる」

雲龍「時々なるのよ、直して? 」

提督「あぁ……ん」

雲龍「ンう……っ、っル……ュっ…………ぁフ……フハぁ……」

提督「ん……初月、見本にしろ」

初月「す、するか馬鹿。……だから姉さんはいい加減期待で目を輝かせないでくれるかな」


968 ◆5z7C0EoTrg2021/09/13(月) 22:20:46.33CT8M/YF8O (8/10)


< 顔は何故か火照っていました >






漣「ふへぇ……鎖骨酒って美味しいのかな? 」

叢雲「それは烏龍茶だしグラスから零すな汚い。……あいつはやってそうよね」

漣「寧ろやってなかったら病気を疑うよ漣は」

海風「どうだろう、デコルテ周りって敏感だから難しいかもよ? 」

漣「海風には訊いてない」

高雄「あら、割にできるものですよあれ」

叢雲「あなたにも訊いてない。……いや、誰にも訊いてないけど少なくともあなたにだけは訊かないわ雌犬空母」



969 ◆5z7C0EoTrg2021/09/13(月) 22:21:31.44CT8M/YF8O (9/10)


< ……ボソッ >







涼月「……………………いいなぁ、メス顔ってあんなに気持ち良さそうな顔できるんだ。あんな一瞬なのに」

初月「」

天城「…………それではお邪魔そうなので、また」



970 ◆5z7C0EoTrg2021/09/13(月) 22:22:03.89CT8M/YF8O (10/10)


ありがとうございました



971以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/09/13(月) 22:29:17.75uZQo2XvO0 (1/1)

乙 表現しにくいが提督は子供出来たとしたら優しく?てかとても大切にしそうかなと