1きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:22:43.35nf0MM0FY0 (1/24)

しずく「かすみさん、今週の日曜一緒に買い物に行かない?」

かすみ「あーごめんね、しず子。その日はりな子とゲームする約束してるんだ」

しずく「そうなんだ。じゃあ来週の日曜は……?」

かすみ「来週は彼方先輩にお料理教えてもらうんだ! 彼方先輩とコッペパン作るの楽しみだなぁ~」

しずく「そ、そっか……。じゃあ、これから一緒に帰らない?」

かすみ「あー今日は侑先輩とライブの打ち合わせするんだ」

しずく「だ、だったら終わるまでわたしも……」

かすみ「ダメだよしず子。いくらしず子でも、ライブの内容は秘密だからね。遅くなると思うから先に帰ってて」

しずく「う、うん……」

かすみ「じゃ、また明日ね」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1617189763



2きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:31:00.49nf0MM0FY0 (2/24)


しずく(はぁ……。最近、何だかかすみさんに避けられてる気がする……)

侑「あれ? しずくちゃん、まだ帰ってなかったんだ?」

しずく「あ、侑さん。かすみさんとライブの打ち合わせがあるんじゃ……?」

侑「え、ああ、うん、これからするところだよ! ところでしずくちゃん、落ち込んでたみたいだけどどうしたの?」

しずく「えっと……。実は、最近かすみさんに避けられてるような気がして……」

侑「ええー。そうかなぁ?」

しずく「ここのところ、話しかけてもすぐに別の人のところに行ってしまうんです。さっきも休日遊びに行こうって誘ったら断られてしまって……」

侑「そっかぁ……」



3きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:32:41.42nf0MM0FY0 (3/24)


しずく「かすみさん、わたしのことが嫌いになってしまったんでしょうか……」

侑「うーん。そんなことないと思うけどなぁ。あーでも、いつもベッタリだとちょっと飽きちゃうってのはあるかも」

しずく「どういうことですか?」

侑「ほら、じすくちゃんとかすみちゃんってすっごく仲いいでしょ。でもいつも一緒にいると、かすみちゃんも飽きちゃうっていうか、他の人とも仲良くしたくなるんじゃないかな」

しずく「そんな……。わたし、どうしたら……」

侑「しばらく距離を置いてみたらいいんじゃない?」

しずく「距離、ですか?」

侑「しずくちゃんが素っ気ない態度を取れば、かすみちゃんも寂しくなって戻ってきてくれるんじゃないかな?」

しずく「な、なるほど……。でもわたしに上手く出来るでしょうか……?」

侑「何言ってるの。しずくちゃんなら大丈夫だって! かすみちゃんに興味がない“演技”をすればいいんだから」

しずく「演技、ですか。わかりました! わたし、やってみます!」



4きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:34:13.78nf0MM0FY0 (4/24)


~翌日~

かすみ「しず子~昨日は一緒に帰れなくてごめんね?」

しずく「ううん、気にしてないから」ツンッ

かすみ「そ、そう? ねぇ、今日は一緒に柔軟やらない──」

しずく「愛さん、わたしと一緒に柔軟してくれませんか?」

愛「え? アタシ? もちろんいいけど、しずくから誘ってくるなんて珍しいね」

しずく「そうですか? 愛さん、とっても体柔らかいから色々教えていただきたいんです」

愛「そっか、そう言うことなら愛さんに任せてよ!」

しずく「ありがとうございます! それではあちらの方でやりましょう!」

かすみ「し、しず子……?」



5きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:35:07.13nf0MM0FY0 (5/24)


~練習後、部室~

せつ菜「みなさん、今日も練習お疲れ様です!」

エマ「お疲れ様~。あ、そうだ! わたしパン焼いてきたんだけどみんなも食べる?」

しずく「本当ですか! ぜひ頂きたいです!」

果林「エマのパンは絶品だから、楽しみだわ」

エマ「えへへ。果林ちゃんのは糖質控えめにしたから安心してね。しずくちゃんもどうぞ」

しずく「ありがとうございます! はむっ……とっても美味しい……!」

エマ「本当に? よかったぁ」

しずく「これならいくらでも食べられちゃいます!」

エマ「そう言ってくれると嬉しいなぁ。いっぱい作ってきたからどんどん食べてね」

かすみ「し、しず子。かすみんの特製コッペパンもあるんだけど……食べる?」

しずく「えーっと、今はエマさんのパンの方が食べたいかなぁ」

かすみ「えっ……」

しずく「だってエマさんのパンの方が美味しいんだもん。かすみさんのコッペパンって、パン自体は普通でしょ?」

かすみ「そ、そんな……」



6きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:35:53.49nf0MM0FY0 (6/24)


~下校時刻~

かすみ「しず子、一緒にかえ──」

しずく「彼方さん、起きてください。一緒に帰りますよ」

彼方「むにゃ~……あれ? もうこんな時間?」

しずく「急がないとアルバイトに遅れてしまいますよ。ほら、荷物はわたしがまとめておきましたから」

彼方「おぉ~ありがとー。しずくちゃんは優しいねぇ」

しずく「いえ、わたしが彼方さんと一緒に帰りたかっただけですから」

彼方「しずくちゃ~ん!」ダキッ

しずく「わわっ!」

彼方「彼方ちゃん、妹が増えたみたいで嬉しいよぉ」

しずく「もう、彼方さんったら///」ギューッ

かすみ「…………」



7きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:37:07.73nf0MM0FY0 (7/24)


~翌日、放課後の部室~

かすみ「う“わ”ぁ“ぁ“ぁ“ぁ“ん”!!! か“す”み“ん”し“ず”子“に”嫌“わ”れ“ち”ゃ“っ”た“ぁ”ぁ“ぁ”ぁ“ぁ“!!!」ギュー

璃奈「かすみちゃん、抱きしめるの強過ぎ」

かすみ「だっ“て”ぇ“ぇ”ぇ“ぇ”ぇ“ぇ”!!!!!」

璃奈「璃奈ちゃんボード『よしよし』」ナデナデ

かすみ「り“な”子“ぉ” ぉ” ぉ” ぉ” ぉ”あ“り”がと“ぉ” ぉ” ぉ” ぉ”!!!」

ガラララッ

歩夢「こんにちわーってかすみちゃん!? どうしたの!?」

かすみ「うわーん歩夢せ“ん”ぱ“ー”ー“ー”ー“い”!」

歩夢「うわっ! かすみちゃん、落ち着いて」



8きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:38:44.13nf0MM0FY0 (8/24)


かすみ「かすみんはもう終わりですぅぅぅぅ!!!」

歩夢「えっと……璃奈ちゃん、どういうこと?」

璃奈「かすみちゃん、昨日からずっとしずくちゃんに構ってもらえないみたい」

かすみ「そうなんですよぉぉぉぉ!!! ……ひぐっ、帰るのも練習のときも別々だったし、かすみん特製コッペパンも食べてもらえなかったんです……ぐすっ」

歩夢「そ、そうなんだ……」

かすみ「ずびっ……きっとかすみんは、しず子に嫌われちゃったんです……」

歩夢「うーん。そう簡単にしずくちゃんがかすみちゃんのこと嫌いになるかなぁ」

璃奈「わたしもそう思う。まだ一日だけだし、たまたまってことも十分考えられる」

かすみ「りな子ありがとう……。でもわたし、しず子に嫌われたら本当に終わりだよ……。うわぁぁぁぁんし“ずこ”ぉ“ぉ”ぉ“ぉ”ぉ“ぉ“!!!」



9きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:40:12.10nf0MM0FY0 (9/24)


~その頃、廊下~

しずく「あれ? 侑さん、こんなところで何してるんですか?」

侑「あ、しずくちゃん、ちょうどいいところに。昨日の作戦、早速効果が出てるみたいだよ」

しずく「本当ですか?」

侑「ほら、これ見て?」つスマホ

しずく「これは……部室の映像ですか?」

侑「うん。実は昨日、部室にモニタリングカメラをしかけといたんだ」

かすみ『う“わ”ぁ“ぁ“ぁ“ぁ“ん”!!! か“す”み“ん”し“ず”子“に”嫌“わ”れ“ち”ゃ“っ”た“ぁ”ぁ“ぁ”ぁ“ぁ“!!!』

しずく「こ、これは!」

侑「うん……これは相当効いてるみたいだね……」

かすみ『そうなんですよぉぉぉぉ!!! ……ひぐっ、帰るのも練習のときも別々だったし、かすみん特製コッペパンも食べてもらえなかったんです……ぐすっ』

しずく(あぁ、かすみさんごめんなさい! あなたのことを嫌いになるわけありません! これはあなたに振り向いてもらうために仕方なく……!)



10きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:41:52.13nf0MM0FY0 (10/24)


侑「うーん。でも流石に可哀そうになってきたよ。もう十分効果は出てるみたいだし、そろそろ普段通りに戻ったほうがいいんじゃない……?」

しずく「え、ええ、そうですね……」

かすみ『でもわたし、しず子に嫌われたら本当に終わりだよ……。うわぁぁぁぁんし“ずこ”ぉ“ぉ”ぉ“ぉ”ぉ“ぉ“!!!』

しずく(ああ♡ 泣き喚いてるかすみさんかわいい♡♡♡ わたしの名前を呼びながら顔ぐちゃぐちゃにしてっ♡♡♡ わたし何か目覚めちゃいそう……///♡♡♡)ゾクゾク

侑「しずくちゃん?」

しずく「へ? あ、はい大丈夫です! ……あの、部室のモニタリング、もう少しお願いできますか……?」

侑「え、うん。それはいいけど……ほどほどにね?」

しずく「も、もちろんです。それではお願いしますね」

しずく(はぁはぁ♡♡♡ 寂しくて泣き叫んでるかすみさん、もっと見たい///♡♡♡ かすみさんには悪いけど、もうちょっとイジめてみようかな♡♡♡ 今度はどんな顔見せてくれるんだろう///♡♡♡)ゾクゾク



11きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:44:44.62nf0MM0FY0 (11/24)


~一週間後~

しずく(結局あれから一週間経っちゃった……。今日こそは止めようって思ってるのに、あと一日だけって思うとやめられないんだよね……)

しずく(これだけ長い間かすみさんと話してないと流石にわたしも寂しい……。早くかすみさん成分を補給しないと……!)

かすみ『ぐすっ……ひぐっ……しず子に完全に嫌われた……。かすみんもう生きてけない……』

しずく(ああああああ♡♡♡ かすみさん♡かすみさん♡かすみさん♡!!!)ゾクゾク

しずく(あんなに目を真っ赤にしてっ♡♡♡ きっとわたしと話せないのが辛くていっぱい泣いたのねっ♡♡♡ わたしのことで枕を濡らすかすみさん/// 想像するだけでゾクゾクしちゃうっ♡♡♡♡♡♡♡)

侑『かすみちゃん……だいぶやつれちゃったみたいだけど大丈夫……?』

かすみ『侑先輩……。あれからあんまりご飯食べられなくて……。コッペパンも喉を通らないんです……』

侑『そっか……。かすみちゃんは本当に心当たりないの?』



12きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:46:12.24nf0MM0FY0 (12/24)


かすみ『実は、無視されるようになった前日、しず子に遊びに誘われたのを断っちゃって……』

侑『そうなんだ……』

かすみ『わたしも悪いことしたなって思って、次の日しず子といっぱい話そうと思ったんですけど……全然相手にしてくれなくて……』

侑『そっか……』

かすみ『う“ぅ”……しず子に嫌われちゃったら、わたしどうすれば……ぐすっ』

侑『かすみちゃん……。大丈夫、かすみちゃんにはわたしがいるから』

かすみ『侑先輩……』

侑『ほら、こっちおいで』

かすみ『侑先輩ぃぃぃぃ! ありがとうございますっ……かすみんとっても嬉しいです……』ギューッ



13きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:47:10.28nf0MM0FY0 (13/24)


侑『ふふっ。かすみちゃんは本当にかわいいなぁ。こんなかわいい子を嫌いになるなんて、信じられないよ』ナデナデ

かすみ『ほ、本当ですか?』

侑『うん! かすみちゃんはとっても可愛いよ』ニコッ

かすみ『うぅ……侑先輩……ありがとうございます……。わたしにはもう侑先輩しかいません……これからもわたしと仲良くしてくれますか……?』

侑『もちろんだよ!』

かすみ『ぐすっ……侑先輩大好きです……! これからはしず子の分もいっぱい仲良くしてください……!』

しずく「え、嘘……」

しずく(そ、そんな……。まさかわたしがかすみさんに愛想を尽かされちゃうなんて……)

しずく(と、とにかく、今までのこと謝らないと……! 早く部室へ……)



14きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:48:35.17nf0MM0FY0 (14/24)


~部室~

ガラララッ

しずく「かすみさんっ!」

かすみ「……」ビクッ

しずく「今までかすみさんのこと無視してごめんなさい! わたし、かすみさんと仲良くなりたい一心でっ!」

かすみ「……ひぐっ……侑先輩……。わたし、しず子と話すの怖い……」ギューッ

しずく「か、かすみさん……?」

侑「かすみちゃん、私がいるから大丈夫だよ。……ねえ、しずくちゃん、ちょっと外で話さない?」

しずく「で、でも、わたしはかすみさんと……」

侑「かすみちゃん、怖がってるよね? 見て分からない?」

しずく「っ……」

侑「じゃあ、外行こっか」



15きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:50:19.23nf0MM0FY0 (15/24)

~廊下~

侑「わたし、ほどほどにした方がいいって言ったよね?」

しずく「……はい」

侑「なのに何で一週間もシカトし続けたの?」

しずく「それは……。……わたしと話せなくて悲しんでるかすみさんが可愛くて、つい……」

侑「へぇ。じゃあしずくちゃんは、自分が楽しむためにかすみちゃんを傷つけたんだ」

しずく「っ……はい……。」

侑「ふーん。……そんな人にかすみちゃんは任せられないよ」

しずく「そ、そんな! ……あと一回だけ謝るチャンスをくださいっ!」



16きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:51:32.52nf0MM0FY0 (16/24)


侑「さっき、かすみちゃん怖がってたよね? まだかすみちゃんのことイジめ足りないの?」

しずく「そ、そんなこと……!」

侑「じゃ、かすみちゃんが待ってるから」

ガラララッピシャッ

しずく「……」

しずく(……やってしまった……取り返しのつかないことを……)

しずく(侑さんの言う通り、わたし最低だ……。かすみさんの気持ちも考えずに、あんな酷いことをするなんて……)

しずく(うぅ……かすみさん……かすみさん……ぐすっ)



17きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:52:38.10nf0MM0FY0 (17/24)


~一週間後~

しずく「あ、あのっ、かすみさんっ」

かすみ「侑先輩! 来週はどこに行きます?」

侑「うーん、そうだなぁ。あ、かすみちゃん家に遊びに行ってもいい?」

かすみ「かすみんの家ですか? もちろんいいですよ!」

侑「やったぁ! ねえ、かすみん特製コッペパン作ってよ!」

かすみ「もちろんですっ! 侑先輩のためならいくらでも作っちゃいますよー」ダキッ

歩夢「も、もう、かすみちゃん! くっつきすぎだよぉ」

かすみ「あれ? 歩夢先輩、嫉妬ですかぁ? でも、いくら幼馴染とはいえ侑先輩は渡しませんよ?」

侑「あははは。二人とも落ち着いて、ね?」

しずく「……」

しずく(ここにはわたしの居場所がない……。なんだか気分も悪いし外の風にあたろう……)



18きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:53:52.69nf0MM0FY0 (18/24)


しずく(あれから何度も謝ろうとしたけど、かすみさんは取り付く島もない……)

しずく(それも当然だ……。わたしがどれだけ酷いことをしたのか今になって実感してる……)

しずく(わたし、もうかすみさんと一生話せないのかな……)

しずく「うぅ……ぐすっ……かすみさん……かすみさん……ごめんなさい……」フラッ

しずく(あれ? 足元がふわふわする……。最近あんまり食べてなかったからかな……? もしかして、目の前に見えるのって階段? わたし落ちちゃう?)

ガタガタガタドーン

~~~
~~




19きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:54:51.00nf0MM0FY0 (19/24)


~保健室~

しずく「あれ、ここは……」

かすみ「うわぁぁぁぁんしず子ぉぉぉぉ!!! 無事でよかったよぉぉぉぉぉ!!!」

しずく「かすみ……さん?」

かすみ「しず子が階段から落ちたってって聞いて……わたし心配で……」

しずく「……かすみさん、ありがとう」

かすみ「ケガしてない? 体痛くない?」

しずく「うん、何ともないみたい……」

じすく(かすみさんと二人っきり……今度こそちゃんと謝らないとっ……!)

かすみ「……しず子?」

しずく「かすみさん、今まで本当にごめんなさいっ!」

かすみ「へ?」

しずく「わたし、自分勝手な理由でかすみさんを傷つけてしまって……。本当はもっと仲良くなりたかっただけなのに、こんなことになっちゃって……。本当にごめんなさい」



20きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 20:55:42.07nf0MM0FY0 (20/24)


かすみ「ぐすっ……そんなのどうでもいいよ……しず子が無事なら……ひぐっ」

しずく「かすみさん……」

かすみ「ねえ、しず子、わたしのこと嫌い……?」

しずく「そ、そんなわけ! わたしはかすみさんのこと、大好きだよ!」

かすみ「……本当に?」

しずく「本当に本当だよ! かすみさんは世界で一番大切な人だよ!」

かすみ「えへへ……そっか。わたしもしず子のこと大好きだよ」チュッ

しずく「か、かすみさん/// わたし、もう二度とかすみさんを泣かせたりしない。一生幸せにするね」

かすみ「しず子……ありがとう/// とっても嬉しいよ///」ムギュー

~~~

しずく「こうしてわたしとかすみさんは、末永く幸せに暮らしました♡」

おしまい



21きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 21:21:03.00nf0MM0FY0 (21/24)


~おまけ(というかオチ)~

かすみ「ってな感じで、侑先輩のおかげで作戦大成功ですよ!」

侑「本当に? いや~良かった良かった」

かすみ「にしても侑先輩、すごい作戦思いつきましたね。名付けて、“しず子に素っ気ない態度を取ることで嫉妬させて、逆にしず子にシカトさせる&かすみんが落ち込んで侑先輩に依存することでしず子ともーっと仲良くなれる大作戦”!!」

侑「かすみちゃん、長いし分かりにくいよ……」

かすみ「細かいことはいいんですぅ! にしても侑先輩、ナイスアシストでした! 何もかも侑先輩の完璧な誘導のおかげですよ」

侑「いやいや、かすみちゃんこそ。シカトされて落ち込む演技、完璧だったよ?」

かすみ「いや~あれは半分本音というか、作戦とはいえ割と本気で悲しかったというか……」

侑「あはは、そうなんだ……」



22きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 21:22:27.30nf0MM0FY0 (22/24)


かすみ「とにかく、しず子と仲良くなれて本当に良かったです! ありがとうございました!」

侑「うん、二人が仲良くなれて私も嬉しいよ!」

ガラララッ

しずく「あ、かすみさん! こんなところに!」ダキッ

かすみ「わわっ、しず子! いきなり抱き着かれたらびっくりしちゃうよ」

しずく「抱き着かれるの、嫌?」

かすみ「そんなわけないじゃん! かすみんはしず子のこと、大好きなんだから!」ギューッ

しずく「えへへ、わたしも///」ギューッ

侑「あはは、これはわたしはお邪魔かな~。二人とも、末永くお幸せにね」

しずかす「「はいっ」」



23きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 21:23:31.59nf0MM0FY0 (23/24)


~~~

侑「……さてと」つスマホ

かすみ『しず子に嫌われたら本当に終わりだよ……。うわぁぁぁぁんし“ずこ”ぉ“ぉ”ぉ“ぉ”ぉ“ぉ“!!!』

しずく『うぅ……ぐすっ……かすみさん……かすみさん……ごめんなさい……』

侑「くぅ~っ! やっぱりスクールアイドルの泣き顔は最高だよ! そしてメインディッシュは……?」

しずく『本当に本当だよ! かすみさんは世界で一番大切な人だよ!』

かすみ『えへへ……そっか。わたしもしず子のこと大好きだよ』チュッ

しずく『か、かすみさん/// わたし、もう二度とかすみさんを泣かせたりしない。一生幸せにするね』

かすみ『しず子……ありがとう/// とっても嬉しいよ///』ムギュー

侑「うおぉぉぉぉ! しずかすてぇてぇ!!! もう最っっっ高にトキめいちゃうよ! これだからスクールアイドルカプは止められないんだよね!」

侑「二人の仲が深まって、わたしはてぇてぇ映像が手に入って一石二鳥! わたしって頭いい!!」

侑「さて、次はどのカップルにしようかな~♪」

本当におしまい


24きくりん10 ◆9CAToMeUMI2021/03/31(水) 21:26:17.76nf0MM0FY0 (24/24)

最後までお読みいただきありがとうございました!


25以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/04/01(木) 10:08:50.05ghEI3UDf0 (1/1)

途中ヒヤヒヤしたけどハッピーエンドでよかった
しずかすサンクス


26以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/04/03(土) 19:48:00.85whxBFCTw0 (1/1)

ピンクのまとめから来た
よかった おつおつ


27以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2021/04/04(日) 17:13:04.20oP1ytASR0 (1/1)

良いSSだった