1 ◆XkFHc6ejAk2021/01/14(木) 22:34:54.72t/awvdm70 (1/11)

青年「それじゃ、僕ちょっと用事があるから」

友「ん? おお分かった。気を付けてな」

青年「うん。ありがとう」

【えにしや】

青年(僕はこの前、町の片隅で偶然この骨董品屋を見つけた)

青年(ずっと心が惹かれていたんだ)

青年(今までは入る勇気が無かったけれど、今日は違う)

青年(特に何か買う訳でも無いくせに、僕はどきどきしながらガラスの扉を開けた)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1610631294



2 ◆XkFHc6ejAk2021/01/14(木) 22:36:52.61t/awvdm70 (2/11)

青年「……」カチャ

店主「いらっしゃいませ」ニコ

青年「お邪魔します」ペコリ

青年(店主……なのだろうか。若い女の人だ)

青年(さらっとした綺麗な黒髪に、丸い眼鏡をかけている)

青年(柔らかい笑顔は、何だか清潔な印象を与える)

青年「おぉ……!」

青年(店内は、多種多様な骨董品で溢れ返っている)

青年(でも、ごちゃごちゃとした嫌な感覚は無いな)

青年(まるで魚群の一部になったかのような、妙な落ち着きを感じる)

青年(高そうな壺に食器、何かの置物に……甲冑⁉ さすがにレプリカだよな)

青年(どれもこれも新鮮だ。見ているだけでも楽しい)

店主「外は寒かったでしょう、良かったらサービスですので、どうぞ」

青年「あ、ありがとうございます」

青年(熱いほうじ茶か。これはありがたい)ズズ

青年「……うまっ⁉」

店主「ありがとうございます」ニコ

青年(驚いた。こんなに良い味のほうじ茶は初めてだ!)

青年(香り高い茶葉の香気が、身体を内側から浄化していくみたいだ……うまい!)

店主「昔お茶の勉強をした事がありまして。自家焙煎で淹れているんですよ」

青年「だからこんなに美味しいんですね。何だか健康になったような気がします」



3 ◆XkFHc6ejAk2021/01/14(木) 22:38:01.54t/awvdm70 (3/11)

店主「何かお気に召した商品は見つかりましたか?」

青年「いやあ、どれも魅力的で……見てるだけで圧倒されますね」

店主「これらの商品は、全てが特殊な縁(えにし)を持った、一点限りのものです」

青年「特殊な、縁……」

青年(おや、あの箱は)チラ

店主「ああ、それは「秘密箱」ですね」

青年「秘密箱……小物入れのような道具ですか?」

店主「ええ。面白いのが……ほら」スッ

青年(! 箱の面の一部が動いた!)

店主「このように、面の一部、さらには面全体などが細かく可動するようになっています」

店主「これらを正しい手順で動かす事によって、中に仕舞っている物を取り出せます」

店主「昔は泥棒対策に宝石などを入れていた……所謂からくり箱ですね」

青年「へえ……」

青年(和風の細工物は、何だか親しみと温かみを感じる)

青年(藤の模様が刻み込まれている。何だろう……僕はこれを探しに来たような気がする)


4 ◆XkFHc6ejAk2021/01/14(木) 22:39:29.79t/awvdm70 (4/11)

青年「中には何が入っているんですか?」

店主「私も分かりません。誰も開けた事が無いのですよ」

青年「何だか……よく分からないんですが、魅力を感じますね。でもさすがになぁ」

店主「千五百円で構いませんよ」ニコ

青年「えっ……えっ⁉ 十分の一の値段じゃないですか!」

青年(こ、怖い! 何か裏があるだろう絶対!)

店主「先ほども申し上げた通り、店内の商品は特殊な縁を宿しています」

店主「ですので、私は正しい方の元にお渡し出来れば、それで十分なのですよ」

店主「この店も、貯金を使って趣味でやっていますから」

青年「ええ……」

青年(特殊な縁って何だ……?)

青年(あまりにも怪しいが、嘘はついていないようだ)

店主「正直、無料で差し上げたいのですが、それは色々と問題がありますので……」

青年「でしょうね……僕もタダで渡されたら逆に嫌ですし」

店主「特別割引きという事で、いかがですか?」

青年「参ったなあ」

青年(いわくつきの商品じゃないだろうな、買った人間は死ぬとか)

青年(でも……やっぱり妙に心惹かれるな。うん)

青年「買います!」

店主「良かった。大切にしてあげて下さいね」ニコ

青年「はい」

青年(か、買ってしまった……まさか実際に買い物をするとは)

青年(でもまぁ、これも経験だよな)


5 ◆XkFHc6ejAk2021/01/14(木) 22:40:45.67t/awvdm70 (5/11)

かち かちかち かち

青年「うーん」

青年(さすがに複雑だ。簡単に開けられそうにない)

青年(でも何だろう。全く飽きる事が無い)

青年「中に何が入っているんだろう」

青年(動かすと何かがぶつかる音がする。あまり重い物じゃなさそうだ)

青年(でも、こうして動かしているだけでも案外楽しいな)

青年(もし開いたら、何を入れてみようか)

かちかちかち かち かち

……かちゃっ。

青年「えっ、おおおお!! 開いた!?」

青年(マジか! 開いてしまったぞ、中には何が)

青年「……箱? あ、これは」

青年(細いお香が入っている。一体どれだけ前の物なんだろう)

青年(しかし、良い香りだ。花の甘い香りが箱そのものにも染みついている)

青年「どれどれ、一つ試してみよう」

青年(ご親切にも、お香を刺す小さな台座が入っている。さっそく僕はお香に火を灯す)

……ボッ

ゆら……

青年「うわ、すごいな……本当にお香か?」

青年(お香と呼ぶにはあまりにも瑞々しい香りだ。花を絞った雫のような)

青年(心地良い……眠くなってきた)

青年「……」


6 ◆XkFHc6ejAk2021/01/14(木) 22:41:33.56t/awvdm70 (6/11)

青年「はっ⁉」ガバ

青年(こ、ここは……?)

青年(藤棚がずうっと続いている……夢なのか? これは)

青年(しかし、こんな美しい景色は初めてだ)

青年(花の空に圧倒される……まるで巨大な藤の滝を見上げているようだ)

青年(道の左右は藤棚で囲まれており、散った藤の絨毯がまっすぐ続いている)

青年(奥には、何があるのだろう)

青年「……行ってみよう」

青年(甘い香りに包まれながら、僕はその道を歩き出した)


7 ◆XkFHc6ejAk2021/01/14(木) 22:42:14.95t/awvdm70 (7/11)

青年(藤の道を歩いていると、何だか懐かしい記憶が蘇る)

青年(桜に囲まれた一本道を歩くのが好きだった)

青年(昔から美しいものが好きだった。芸術にも興味があった)

青年(だけど、結局何もせずに今まで生きてしまった)

青年(純粋だった昔の僕が今の僕を見たら、何て言うんだろう)

青年(……)

青年(一人になると、よくこんな事を考えてしまう)

青年(焦燥感や劣等感は、何もしていなくても溢れてくる)

青年(どうして憂いは消えないのだろう。世界はこんなにも綺麗なのに)

青年「……お」

青年(奥が見えてきた。あれは……)


8 ◆XkFHc6ejAk2021/01/14(木) 22:43:11.18t/awvdm70 (8/11)

青年(奥には開けた小さな空間があった。藤の広場と呼ぶべきか)

青年(中央には、曲がりくねった大きな藤の木が鎮座している)

青年(藤の木の前には、木製の古いベンチが一つ)

青年(藤を眺めることが出来るように設置されているのかな)

青年「うわ、すごいな……樹齢何年なんだろう」

青年(僕はそっと木肌に触れてみる)

どくん

青年「……うわっ⁉」バッ

青年(い、生きてる⁉)

青年(いや、木なんだからそりゃ生きてるだろうけど!)

青年(あ……温かい!!)

青年(何で木がこんなにも温かいんだ⁉)


「初めまして。良ければお話しませんか?」


青年「! えっ、ああっ⁉」ビク

青年(驚きすぎて脳が追い付かない!)

青年(いつの間にか、ベンチに女性が腰かけている!)

青年(一瞬で現れた⁉ いや、ずっと前から居たような気もする⁉)

女「驚くのも無理はありません。少し落ち着きましょう」

青年(この着物の女性は一体……)


9 ◆XkFHc6ejAk2021/01/14(木) 22:45:04.99t/awvdm70 (9/11)

青年(少し時間が経過した。僕はほんの少し落ち着いたようだ)

青年(美しい女性だ。これほどまでに整った顔は見た事が無い)

青年(なのに、よく分からない)

青年(顔を見れば見るほど、周囲の藤の花に「紛れて」しまって……見えないんだ)

青年(だまし絵でも見ているような気分だ。分かるのに分からない)

青年(奇妙な感覚だ)

女「さて……私は“藤”です。今貴方が居るのは、私の世界です」

青年「……貴女は一体何者なんですか?」

女「付喪神のようなものと思って下さい。大した存在ではありませんから」ニコ

女「随分とお疲れの様子です。どうぞこちらへ」

青年「あ、はい」

女「貴方は、自分の生き方について悩んでいるようですね」

青年「――!」


10 ◆XkFHc6ejAk2021/01/14(木) 22:46:27.26t/awvdm70 (10/11)

青年(唐突に核心を突かれて、思わず息が止まる)

青年(確かにその通りだ。僕は生き方についてずっと悩んでいた)

青年(だが、それを言い当てるなんて……)

青年(僕の顔は、そんなに疲れていたのだろうか)

青年「確かに、その通りです。どうして分かったのですか?」

女「私は人の「色」を見通す力があります。貴方は憂色をしていますから」

青年「憂色……」

青年(憂いに色があるのなら、それはどんな色合いをしているんだろう)

女「何か抱えているものがあれば、私がお聞きしますよ」

青年「僕は……」

青年「……分からないんです。上手な生き方が」

青年「何かに対して、必死に努力をしているし、真面目に取り組んでいる」

青年「なのに、上手くいかないんです」

青年「上手くいかないのは、努力の質か量のせい。そう思って必死にやって」

青年「どれだけあがいても、人に誇れるような結果が出ないんです」

青年(そうだ。僕はずっと、自分に対して自信を持つことが出来なかった)

青年(どうにも要領が悪い。周りの皆が全員上手くやっていけているように見えるんだ)


11 ◆XkFHc6ejAk2021/01/14(木) 22:49:36.99t/awvdm70 (11/11)

青年(このままで良いのか分からない。ずっと漠然としたもやもやが胸で渦巻いている)

青年「何がとは、はっきり分からないんですけど……苦しいんです」

青年「このままで良いのか、自分の行く末が、全く想像出来ないんです」

青年(僕は、初対面の女性に何を相談しているんだろう)

青年(けれど、この女性には、人にそうさせる穏やかな何かがあった)

女「……随分と辛かったのですね」

女「きっと貴方は、誰にも言えずに今まで苦しみ続けてきたのでしょう」

女「けれど、貴方は「大丈夫」ですよ。きっと上手くいきます」

女「どうか悲しい顔をしないで。心優しい貴方なら、いつかきっと報われます」

女「ただ生きていて下さい。それだけで良いんです」

女「貴方の苦しみが、少しでも和らぎますように」

――ふわっ

青年「……あ」

青年(憑き物が、ふっと消える感覚があった)

青年(しつこく残る冬の寒気が、暖かい春風で一気に吹き飛ばされてしまったように)

青年(よくよく聞けば無責任な励ましだ。けれど)

青年(この人の喉から通ってきた「大丈夫」は、本当にそうなんだろうという、妙な説得力があった)

青年(言葉は不思議だ)

青年(初対面の女性のたった一言二言で、僕の心はすうっと救われたんだ)

青年「……ありがとう、ございます」

青年(僕は“藤”の彼女を、先生と呼ぶ事にした)

青年(これが、先生との出会いだった)


12 ◆XkFHc6ejAk2021/01/15(金) 23:53:13.144VcBxeVn0 (1/2)

青年(どうやら、寝る前に秘密箱のお香を焚くと、藤の世界に行けるらしい)

青年(あの香りは非常に強いリラックス効果があるようだ。目覚めの軽さが違う)

青年(だが、僕はあまりあちらへ行かないようにしていた)

青年(お香には限りがある。きっとすぐに使い切ってしまう)

青年(だから、出来るだけ使わないようにはしている)

青年(先生との関係は、最初から終わりが定められている)

青年(僕たちは、限られた時間の中に居る)

青年(でも、それは誰だってそうだよな)

青年(人との関係なんて、いつ何がきっかけで消えてしまうか分からないんだから)


13 ◆XkFHc6ejAk2021/01/15(金) 23:57:39.174VcBxeVn0 (2/2)

女「お元気そうですね。またお話出来て嬉しいです」

青年「先生もお元気そうで。相変わらずここは穏やかですね」

青年(藤の世界には、僕たち以外の音が一切存在しない)

青年(車のエンジン音も、どうでもいい誰かの話し声も、カラスの鳴き声も)

青年(ただ、たまに優しい風が花を揺らすだけだ)

青年(この世界はあまりにも居心地が良い)

青年(それはきっと、先生の放つ空気によるものなんだろうな)

女「最近、何か良いことはありましたか?」

青年「! 全然です。毎日が退屈ですよ……せめてサークルにでも入ればよかったな」

女「なるほど。では、休みの日はどうやって過ごしているのですか?」

青年「いやあ、特には……散歩はよくしますが」

女「それは良い趣味だと思いますよ。散歩は好きですか?」

青年「はい。日常の色んな景色を見るのが楽しくて」

女「なら、絵を描いてみてはいかがでしょう? きっと向いていると思いますよ」

青年「絵、絵かあ。全くの初心者ですけれど」

青年(誰かに「向いている」なんて言われるのは久しぶりだ。何だか照れくさい)

女「皆、最初は初心者ですよ」

青年「ううん……やってみようかな」

女「良い作品が出来たら、何を描いたのか教えて下さいね」

青年「はい。あまり期待しないで下さいよ」

女「さて、どうでしょう? ふふ」

青年「参ったなあ」

青年(「参った」が僕の口癖だ。いつも参ってしまっている)

青年(けれど、今は口角が自然と上がってしまう)

青年(先生と居ると、何気ない会話でも本当に楽しいんだ)



14 ◆XkFHc6ejAk2021/01/16(土) 10:38:53.54gqaXZ68y0 (1/7)

♪~

友「……? 誰か歌ってる?」

青年「そうだね。あ、あそこじゃない?」

友「お、ギター弾いてる」

青年(軽音楽部の人かな)

「おぉ、やってるな」

「あれって確か自作の曲らしいよ。噂で聞いた」

「すごいよねー。私だったら恥ずかしくて出来ないけど」

友「熱心だなあ。歌上手いのって羨ましいわ」

青年「そうだね」

青年(通り過ぎる人に笑われながらも、彼は歌い続ける)

青年(それがあまりにも眩しい。僕には出来やしない事だ)

青年(きっと彼は、心の底から音楽を愛しているのだろう)

青年(あれほどまでに夢中になれる物を、僕は持ち合わせていない)

青年(人に笑われても平気でいれるくらいの、自分の背骨となる物が欲しい)

青年(でもまあ、いつか手に入るよな。人生は長いんだから)


15 ◆XkFHc6ejAk2021/01/16(土) 10:40:39.54gqaXZ68y0 (2/7)

女「猪鹿蝶。私の勝ちです」

青年「あ~! 駄目だー! 勝てない!」ガリガリ

女「まだまだ駆け引きが甘いですね」

青年(かれこれ五回目の敗北だ。花札って難しいんだな)

女「そろそろ休憩しましょうか」

青年「そうさせて貰います……頭が痛い」

青年(この花札は、先生の力で作られたものだ)

青年(先生が手をかざす。並べられていた花札が、ぱっと藤の花に戻る)

女「最初に比べると、随分上達しましたよ」

青年「本当ですか? いつか先生を抜いてやりますからね」

女「ええ、楽しみにしていますよ」

青年(口ではこう言っているが、この人には一生勝てないだろうな)

女「花札以外にも何か作れたら良いのですけれど」

青年「いえ、お気遣い無く。僕は十分楽しいですよ」

女「お世辞でも、そう言って頂けると嬉しいものです」

青年「本心ですって! そうだ、もう一勝負お願いします!」

女「はい。受けて立ちましょう」

青年(勢いに任せて言ってしまった。せめて一勝はしてやるぞ……!)



16 ◆XkFHc6ejAk2021/01/16(土) 14:18:36.51gqaXZ68y0 (3/7)

青年「ふぅ、随分と日が沈むのも早くなってきた」

青年(夕飯の買い出し帰りに、この坂道から見える夕日が好きだ)

青年(静かに燃える空は、何だか一日が終わったんだなと感じさせる)

青年(今日の夕飯は炊き込みご飯だ。炊き立て熱々を食べるんだ)

青年(味噌汁よりは豚汁がいいな)

青年「ん」

少年「はっ、はっ」

青年「……」

スッ

青年(トレーニングだろうか。坂道を駆け上っていく少年と、僕はすれ違う)

青年(……何だか、とても情けない、やるせない気持ちになった)

青年(まるで、未来に向かって懸命に進む彼と)

青年(漠然とのんびり下っていく、何も無い自分との交差点のようで)

青年(僕は何をしているんだろう?)

青年(先生から無料の安心を貰って、それだけで満足しているんだ)

青年(「きっと上手くいく」……そう思っているだけで、特に具体的な努力をしていない)

青年(ただ呆けて生きているだけじゃないか)

青年(きっとこのままでは、僕は何も変われない)

青年(結局、何かを得るには、何かをしないと何も生まれないんだ)グッ

青年「ああ、駄目だ――このままじゃ駄目だ!」

青年(そうだ)

青年(僕は変わらなければ)



17 ◆XkFHc6ejAk2021/01/16(土) 14:20:46.28gqaXZ68y0 (4/7)

青年(空、みかん、歯ブラシ、靴、看板)

青年(手当たり次第に、描き殴るように作品を作り続けた)

青年(それと同時に、身体を鍛え始めた。器具を使わない自重トレーニングだ)

青年(先生との時間は限られているんだ。それは、僕の人生も同じだ)

青年(時間なんて、使わなければ無限に感じるけど、本当は一瞬の間しか無い)

青年(全てが限られた世界の中で、生きていくしかないんだ)

青年(ほんの少しでも成長したい。前に進みたい)

青年(何にも無いような人間だけど)

青年(せめて、先生に誇れる自分でありたい)

青年(僕を救ってくれたあの人に答える為に)

青年(人として、もっと強くなりたいんだ)


18 ◆XkFHc6ejAk2021/01/16(土) 14:21:50.71gqaXZ68y0 (5/7)

女「以前と比べて、何だか力強くなったような気がします」

青年「そうですか? 少し太ったかな」

女「いいえ……必死に努力をされているんですね」

青年「うっ……お見通しですか。参ったなあ」

女「恥ずかしがらないでも良いのですよ? 立派だと思います」

青年「いやあ、まだまだですよ」

女「私も見習わなくてはいけませんね」

青年「! いやいやそんな恐れ多い! 勘弁して下さい!」

女「そこまで必死にならなくてもよろしいのに……」

青年「いやほんとに。そんな人間じゃないですから」

青年(内心ドキドキしている。僕はそんな立派な人間じゃない)

青年「あ! そうだ、この前面白い事がありまして! 超絶腹がよじれる愉快な話が!!」

女「ええ」クス


19 ◆XkFHc6ejAk2021/01/16(土) 14:23:26.63gqaXZ68y0 (6/7)

青年「肉屋のコロッケって、やたらと旨いよね」

友「分かる。揚げたてって言われるとつい買っちゃうよな」

青年「あ、向こうで腕時計売ってるよ。欲しいって言ってなかったっけ」

友「お、そうなんだよ……は⁉ やっす!」

友「行こうぜ。アホくさ」

青年「ああ、偽物だったのか」

友「多分な。あの時計があんなに安い訳が無い……ったく」

青年「残念だったね。本物だったらラッキーだったのに」

友「ほらよく言うじゃん? うまい話には裏があるってさ。傍から見てりゃ分かるけど」

友「案外自分の内側に入られたら、なかなか自分じゃ気付けねえんだよな」

青年「……!!」

友「? どうした? 顔色悪いぞ」

青年「いや、何でも……」



20 ◆XkFHc6ejAk2021/01/16(土) 14:27:32.11gqaXZ68y0 (7/7)

女「体調が優れないようですね。大丈夫ですか?」

青年「ええ、まあ」

青年(……お香も、残り一本になってしまった)

青年(この気持ちを、どう表現すれば良いのか分からない)

青年(寂しい、焦り、切ない、侘しい)

青年(とにかく、別れが怖いんだ)

青年(けれど、それとは別に……)

青年(その感情は心のどこかに、確かにある。だけど認めるわけにはいかないんだ)

女「……」


女「少し、話をしましょうか」


青年「!」


21 ◆XkFHc6ejAk2021/01/17(日) 21:05:39.48hwnvmPDv0 (1/4)

青年(この藤の世界は、正直よく分からない)

青年(先生の事もだ。付喪神のようなもの、とは言われたけれど)

青年(それ以外の情報は、僕は何も知らない)

青年(きっと、無意識の内に聞くのを避けていたんだ)

青年(それは……きっと、恐れていたからだ)

青年(「自分の尊敬する人物像」を勝手に作って、それが壊れるのが嫌だったんだ)

青年(違和感はあったのに、僕は彼女を都合良く利用していた)

青年(何で尊敬する人すら、自己保身の踏み台にしてしまうんだろう)

青年(自己嫌悪で胸が気持ち悪くなる)

青年(……とにかく、今は話を聞こう)


22 ◆XkFHc6ejAk2021/01/17(日) 21:07:30.67hwnvmPDv0 (2/4)

女「あの秘密箱は、百年以上前に作られました」

青年「ええ」

女「付喪神は「九十九神」とも呼ばれます」

女「九十九とは、長い時間や様々な種類を象徴します」

青年(何だろう……声のトーンが変わった?)

女「道具は百年経つと化ける、と言う言葉を聞いた事はありますか?」

青年「はい、確か悪さをするように……」ハッ

女「はい。ですが、大事に扱われた道具は人々を救う神になるとも言われています」

青年「ああ。じゃあ――」

女「そして、私は買われた数日後に捨てられました」

青年「……!!」


23 ◆XkFHc6ejAk2021/01/17(日) 21:10:07.73hwnvmPDv0 (3/4)

女「正確には物置の肥やしにされていました。使わずに、ずっとずっと」

女「買った事すら、もう忘れられていたんでしょうね」

女「そうして……最後に貴方の元へたどり着きました」

女「この「私」が形成されたのは、つい最近の事です」

女「花が何故甘い香りを放つか知っていますか? 都合の良い虫を呼び寄せる為です」

女「私は大した存在ではありません。人をこの世界に引きずり込む力はありません」

女「なので、渾身の力を使ってあのお香を作りました。虫が無意識にこちらへ来るように」

青年「……そんな」

女「分かりますか? 貴方は私にとって、都合の良い「虫」なのですよ」

女「人間への復讐をする為だけに、貴方が望む言葉をわざとかけ続けていました」

青年「……う……うあぁ……!」ボロ

女「ですが、貴方はあまりにも下らない。大した努力もせずに、頑張っている顔をする」

女「まさか、殺すに値しない人間が居るとは」

女「貴方に費やした時間、全てが無意味なものでした」

女「なので、これで終わりに……しましょう」

青年「――!」ハッ

女「さようなら、塵虫」

ブワッ!

青年(! 藤の花吹雪で……前が……!)


「二度と、来ないで下さいね」



24 ◆XkFHc6ejAk2021/01/17(日) 21:12:43.86hwnvmPDv0 (4/4)

青年「!」ハッ

青年「はっ……はっ……」

青年(今のは……夢じゃない……いつもの世界だった……つまり)

青年(先生にとって僕は、ただの塵虫にすぎなかった)

青年「ああ、ああ」

青年(あまりのショックに震えが止まらない)

青年(上手く、呼吸が、出来ない)

青年(僕は一体、何のために)

青年(僕は)

青年(僕は……!!)ギリ

青年「こんなもの……!!」ガシ

青年「こんな……」ハッ

『良かった。大切にしてあげて下さいね』

青年「……」

青年「……それは、駄目、だよなあ……」スッ

青年(心臓が内側で暴れ狂っている)

青年(後頭部の内側に、鈍い釘が刺さっているような感覚がある)

青年(もう何も考えられない。何も考えたくない)

青年(もう、良いんだ。全部忘れて眠ってしまおう)

青年(全部、全部が無駄だったんだからさ)

青年「……あはは、はは……」



25 ◆XkFHc6ejAk2021/01/18(月) 21:48:10.32Utj58+7H0 (1/7)

友「大丈夫かよ、最近連絡取れなかったけど」

青年「ああごめんね。体調壊しててさ」

友「それでも、お前は急に連絡絶つタイプじゃないだろ……」

青年「……」

友「まぁ、人に言い辛い事の一つや二つくらい、誰だってあるよなあ」

青年「ごめんね」

友「……ラーメン食べに行こうぜ。奢るよ」

青年「え、いいの?」

友「おう」ニッ


26 ◆XkFHc6ejAk2021/01/18(月) 21:48:49.65Utj58+7H0 (2/7)

青年(……どうすれば良いんだろう)

青年(何もする気が起きないな)

青年(あ、ご飯炊かないと)

青年(……いいや、今は)

青年(最近、絵も筋トレもしてないな)

青年(このまま、崩れたままなのかな。僕は)

青年(親しい人であればあるほど、言葉のナイフはより鋭くなっていく)

青年(心の傷は、いつまでも新鮮なままだ)

青年(しんどいな)

青年(……)


27 ◆XkFHc6ejAk2021/01/18(月) 21:50:40.94Utj58+7H0 (3/7)

青年(随分と眠っていたようだ)

青年(目が冴えてしまったので、僕はベランダへ向かう)

青年「……寒い」

青年(月が出ている。僕は何もせず、ただ月を見る)

青年(満月の光は落ち着くんだ)

青年(……先生は、今どうしているのかな)

青年(あの時、彼女は……)

青年(……)


28 ◆XkFHc6ejAk2021/01/18(月) 21:52:57.23Utj58+7H0 (4/7)

【えにしや】

ガチャ

店主「あら、お久しぶりです」

青年「どうも。お聞きしたい事があります」

店主「……あちらの席で話しましょうか」


青年「貴女は、どこまで知ってたんですか?」

店主「あの秘密箱が、人に恨みを持っている事……ですか?」

青年「っ……そこまで分かってるなら、何で!」

店主「縁で決まっているからです」

青年「は!?」

店主「あの秘密箱を救えるのは、貴方しか居ません。だからこそ、貴方に渡しました」

青年「……救うって、僕はもう」

青年(全てを見透かされている。この人と会うと毎回そう思わされる)

青年(この人は、きっと全てが分かっているんだろう)

青年(僕が、どうすべきかも)

店主「何があったのかは知りませんが、答えはもうお持ちのはずですよ?」

青年「……何で分かるんですか」

店主「――縁です」ニコ

青年「そう言うと思いましたよ……」ハァ


29 ◆XkFHc6ejAk2021/01/18(月) 21:54:24.40Utj58+7H0 (5/7)

青年(行こう。先生の所へ)

青年(でも、それは今じゃ無いよな)

青年(結局僕は中途半端だった。だからあんな顔をさせてしまった)

青年(会う前に、きちんと自分のやるべき事を済ませよう)

青年(久しぶりに手に取った筆は、以前よりもしっくりくる)

青年(絵のコツを掴む為に、手当たり次第描いてたけど)

青年(描きたいものは初めから決まっていた)

青年(ずっと前から、描きたかったんだ)


青年「さて、何日かかるかな」スッ


30 ◆XkFHc6ejAk2021/01/18(月) 21:55:12.51Utj58+7H0 (6/7)

青年「……完成だ」

青年(絵を描く事のみに、全てを向けていた)

青年(ここ数日、ろくに食事をしたかすら覚えていない)

青年(悪くない出来だ。我ながら凄い作品になった)

青年(顔が見えなかったのは、最初は彼女が心の壁を作っていたからかもしれない)

青年(けれど、途中からは、僕自身が彼女を見ようとしていなかったんだ)

青年(でも、ようやく完全に見る事が出来た)

青年(いつだって忘れられない。目を閉じればあの景色が浮かぶ)

青年(……猛烈に腹が減った。カップラーメンでも作るか)

青年「初めてだな。こんなに嬉しいのは」


31 ◆XkFHc6ejAk2021/01/18(月) 21:56:00.55Utj58+7H0 (7/7)

青年「よし」

青年(秘密箱から、最後のお香を取り出し、ライターを握る)

青年(これが最後だ。何がどうなっても……)

青年(僕は行くべきなんだろうか)

青年「でも……」

青年(……行くべきだ。行かなければ、きっと一生後悔する)

……ボッ



32 ◆XkFHc6ejAk2021/01/19(火) 21:55:07.26ExrXq7k70 (1/8)

青年「はっ……え?」

青年(おかしい……いつもの一本道が、三つに分かれている!)

青年(中央には、小さな藤の木がある。こんな道は見た事が無いぞ)

青年(まさか、これは)

青年「とにかく……真っ直ぐに行ってみよう」

ざっ ざっ

青年「……!」

青年(また十字路になっている!)

青年(やはり……いや)

青年(まだ決めるには早い。もう一度真っ直ぐだ)

ざっ ざっ

青年「……やっぱり」

青年(いつもなら、そろそろ藤の広場に出るはず)

青年(けれど、景色が変わらない……つまり)

青年「場所自体がもう別物なんだ……!」

青年(まずい、まずいぞ。まるで迷宮だ)

青年(どうすればたどり着ける? そもそも繋がっているのか?)


33 ◆XkFHc6ejAk2021/01/19(火) 21:56:59.44ExrXq7k70 (2/8)

青年「……駄目だ、また十字路……」

青年(だが、藤の枝の生え具合が違う……?)ザッ

青年「あ……今度は、最初の藤の木だ」

青年(間違い無い。戻ってきてしまった)

青年(でも、少し分かったぞ)

青年(おそらく、これは秘密箱と同じなんだ。ただ真っ直ぐじゃ駄目だ)

青年(正しい手順のルートじゃないと、たどり着けないようになっているんだ)

青年「……やっぱり」

青年(そうなんですね。先生)

青年(好き勝手言って消えましたけど、僕にも言いたい事が沢山あるんです)

青年(だから)

青年「待ってて下さい。今行きますから」


34 ◆XkFHc6ejAk2021/01/19(火) 21:57:50.28ExrXq7k70 (3/8)

青年(どれくらい時間が経ったんだろう)

青年(似たような景色が続く。脳が麻痺してくる)

青年(そもそも、僕の考えが正しい保証なんて無い)

青年(不安はいくらでも膨らんでくる)

青年(それでも、僕は正しいルートをしらみつぶしに探し続ける)

青年(何度も何度も間違えては、その度に挑み続ける)

青年(脚はもう上手く動いてくれない)

青年(脇腹の辺りがズキズキ痛む)

青年(よく分からないけど、涙が出てくるんだ)

青年(いつでもこんなの終わりに出来る。さっさと戻って楽になれる)

青年(でも)

青年「負けて、たまるか……負けてたまるか……!」ギリ

青年(それは、諦める理由には不十分すぎる)


35 ◆XkFHc6ejAk2021/01/19(火) 21:59:39.05ExrXq7k70 (4/8)

青年「……抜けた、のか……?」

青年(ようやく、よく知っている一本道が現れる)

青年(もう藤の広場にたどり着ける)

青年(随分と消耗してしまった。疲労困憊の無様な姿だ)

青年(でも、ようやく……会える)

青年(もう少しで……)フラッ

――ヒュオオオォォ!!

青年「!?」

青年(何だこの藤の花嵐はっ……)

「来ないで」

青年「!」

青年「……はぁ」

青年(参ったな。もう一踏ん張りか)

青年(前も見えないほどの凄まじい風だ)

青年(でも先生。知ってますか)

青年(僕、これでも結構怒ってるんですよ)スッ


36 ◆XkFHc6ejAk2021/01/19(火) 22:02:51.28ExrXq7k70 (5/8)

ゴゴゴ……ゴゴッ……!

青年「うっ……!! やばっ……!」

青年(身体が持っていかれる……やばい!)

青年(脇を締めろ。もっと重心を落とせ、身を屈めるんだ)

青年(一歩ずつ、一歩ずつだ)

「来ないで!」

青年「……!」カチン

青年「好き勝手言ってくれますね、ほんとに」

青年「あんたのおかげで僕は救われて」

青年「尊敬してたら、突然傷つけられて」

青年「おかげさまで、随分と苦しんだよ。全部全部あんたのせいだ」

青年「僕の全てを否定されて、ぶちのめされてさ」

「……」

青年「でも……忘れられないんだよ。あんたとの思い出が」

青年「あんたの言葉が、全部嘘だったなんて思えないんだ」

青年「騙すなら、最後まで騙してくれよ」

青年「何で最初に殺さなかったんだよ、何で優しい言葉をかけてくれたんだよ……!」

青年「ずっとあんたと居たけどさ、あんたの顔なんてほとんど見えなかった!」

青年「あんたが何を考えてたか、僕に分からないけど!」

青年「何であの時、泣いてたんだよ!!」

「――!」

パシッ

青年「ようやく会えましたね。先生」

女「……どうして……」

青年「人を恨んでいたのは本当かもしれないけれど」

青年「本当は信じたかったんじゃないですか?」

女「違う、私は……人を……」

青年「なら、今回だって僕が来た瞬間殺せば良いでしょう」

青年「わざわざあんな面倒な道にしなくたって」

青年「本当は見つけて欲しかったんじゃないですか?」

女「……」

青年「座りましょうか。実は立っているのもやっとなんです」


37 ◆XkFHc6ejAk2021/01/19(火) 22:04:39.20ExrXq7k70 (6/8)

女「私は」

青年「はい」

女「人を恨んでいました……それは本当です」

女「でも、貴方がやって来て……ああこの人は、綺麗な目をしているなと感じました」

青年「はは、照れますね」

女「最初はただの興味本位でした。今はまだいい、と」

女「貴方と話しているうちに、自分が分からなくなってしまって……」

女「人への恨みで生まれた自分との、ずれがどんどん広がってしまって」

青年「ええ」

女「苦しくて、今更何を善人ぶっているんだ、って思って……」

青年「はい……ゆっくりで良いですよ」

女「……本当に自分が嫌になって、どうする事も出来なくて」

女「別れが……辛くなってしまったんです。どうしようもなく」

女「人を恨む為に生まれたのに……こんな中途半端な存在になってしまって」

女「だから……私は……もう、謝る事すらおこがましいです」

青年(彼女は大粒の涙を流す。今の僕にはそれが見える)

青年(初めて会った時と、立場が逆になってしまったな)

青年(彼女が悩んでいるのに、不謹慎かもしれないけれど)

青年(彼女が全てをさらけ出してくれた事が、今はとても嬉しい)


青年「先生。初めて出会った時の事を覚えていますか」


38 ◆XkFHc6ejAk2021/01/19(火) 22:06:25.90ExrXq7k70 (7/8)

女「……はい」

青年「僕は本当に不安だったんです。将来の事、自分の事」

青年「具体的に何が、とは分かりませんが……形の無い不安に押しつぶされそうでした」

青年「先生は生きてさえ居ればいいって、僕に言ってくれましたね」

女「……そう、ですね」

青年「僕がただ存在する事を肯定してくれて、どれだけ僕は救われたか」

青年「僕の心が安らぐよう、祈ってくれる人が居るなんて思いませんでした」

青年「だから、先生も自分を悪者にしないで下さい。そもそも、誰も殺してないでしょう」

青年「僕は、先生が生きてさえ居てくれたら、それで幸福なんですよ」ボロ

青年「だから、だから……!」

女「……ごめんなさい!! 私はっ……私は!」バッ

青年「ええ……もう十分ですよ」ギュッ

青年(僕の腕の中で震える彼女は、まるで幼い子供のようで)

青年(思えば、先生に触れるのは初めてだ。随分と小さく感じる)

青年(先生だって僕と同じだよな。心の傷は皆苦しいよな)

青年(僕らはしばらくの間、そのままベンチに座っていた)


39 ◆XkFHc6ejAk2021/01/19(火) 22:08:00.60ExrXq7k70 (8/8)

青年「先生。ようやく僕は自信のある絵を描けましたよ」

女「良かったです。どんな絵ですか?」ニコ

青年「この世界です」スッ

女「!」

青年(この美しい世界を、僕は絵に写したかった)

青年(藤の広場では、大きな一本の藤の木。手前にはベンチがあって)

青年(先生が、藤の木に触れている)

青年「先生が勧めてくれた瞬間から、僕はずっとこの世界を描きたかったんです」

青年「ようやく、先生を描く事が出来るようになりました」

青年「この世界が、僕にとって一番綺麗な場所なんです」

女「何だか……照れますね。でも嬉しいです」

青年(穏やかな会話だ。ずっとここに居たいな)

青年(けれど、それは叶わない)

青年(僕には現実の生活がある。友人も居る。戻らないといけない)

青年(そして、戻ってしまえば、もう――)

女「青年くん」

青年「! はい」

青年(な、名前を呼ばれた! そう言えば、今まで呼ばれた事無かったな)

女「お願いがあります。どうか」


女「あの秘密箱を、燃やして欲しいのです」


40 ◆XkFHc6ejAk2021/01/20(水) 20:49:02.748mwWLc8c0 (1/7)

青年「ど、どうして」

女「もう、私には何の力も残っていません。あのお香も作れません」

青年「それでも、僕は使い続け……」

女「あの箱自体、もう負の力が染みついています」

女「貴方に誇れる私で居る為に、一度綺麗さっぱり生まれ変わらないといけません」

女「私も貴方を見習って、挑戦してみようと思います」

女「私は、青年くんの絵に乗り移るつもりです」

青年「! そんな事が……」

女「出来ません」

青年「えっ」

女「付喪神は、その道具から離れる事は出来ません」

女「道具には、人の思いと物の思いが込められているからです」

女「ですが……青年くんが私を思って描いた絵なら」

女「ほんの僅かな存在になって、別の場所へ行ってしまったとしても」

女「その思念を辿って、いつか乗り移る事が出来るかもしれません」

青年「……けれど、可能性は低いんですよね?」

女「ええ。広大な森の中から、葉を一枚だけ探し当てるようなものです」

女「ですが、それでもやらなければいけません」

青年(先生の目には、強い力が込められている)

青年(あの目を、どこかで見たような気がする)

青年(……ああそうか、本気で絵を描き出した頃の僕の目だ)

青年(もしくは、あの夕暮れ坂を上っていた、少年の目だ)

青年(不思議だな。ずっと僕は助けられていたのに)

青年(気が付けば、お互いに力を与えあっている)

青年「……分かりました。あの秘密箱は、灰にしてしまいます」

女「はい。よろしくお願いします」


41 ◆XkFHc6ejAk2021/01/20(水) 20:49:58.098mwWLc8c0 (2/7)

青年「……」

青年(言葉に出さなくても、お互いが分かっている)

青年(もうそろそろ、戻らないといけない)

青年「……先生」

青年(何て言えば良いんだろう。相応しい言葉が浮かばない)

青年「……“藤”さん」

女「はい」

青年「待ってますから。ずっとずっと」

女「……ええ。きっとたどり着きます」

青年(風が揺れていた)

青年(藤の花弁が舞い踊る中)

青年(透明な涙を流しながらも)

青年(彼女は、確かに笑っていたんだ)


42 ◆XkFHc6ejAk2021/01/20(水) 20:50:45.918mwWLc8c0 (3/7)

青年「本日は晴天なり、か……」

青年(焚き火可能な場所って、案外見つからないもんだな)

青年(直火は禁止らしいので、わざわざ焚き火台を購入した)

青年(随分と早い時間に来たから、周りには誰も居ない)

青年「さて、始めよう」

青年(くるくる絞った新聞紙を、井の字形に積み上げていく)

青年(中央には着火剤を入れ、新聞紙を囲うように薪を立てかけていく)

青年(後は、着火剤に火をつければ)

バチ……バチ……

青年「よしよし。何とか上手くいった」

青年(後は……)

青年「……」スッ

青年(思えば、とんでもない事ばかりだな)

青年(付喪神の世界に行くなんて。人が聞いたらびっくりするだろう)

青年(箱には、まだ花の香りが残っている)

青年(きっと先生は、まだそこに居る)

青年「……さっさと帰ってきて下さいね」

青年(そう冗談めかして、僕は秘密箱を手放す)

青年(強い炎だ。あっという間に秘密箱は炎に覆われる)

青年(どうか、灰になるまで焼き切ってくれ)

青年(苦しみも悲しみも、全部真っ白にしてくれ)

青年(それが、彼女の願いだ)

青年(彼女の苦しみが、少しでも安らぎますように)ギュッ


43 ◆XkFHc6ejAk2021/01/20(水) 20:52:34.138mwWLc8c0 (4/7)

【えにしや】

青年「どうも」

店主「あら、いらっしゃいませ」

青年「すみません。色々あって、あの秘密箱……焼いてしまいました」

青年(うっ、言い方ってものがあった。ただ色々あってで焼くな!)

店主「ええ。ありがとうございます」ニコ

青年「ええ……怒らないんですか?」

店主「勿論です。どうやら無事に救って頂いたようで」

青年「何で分か……いや、やっぱいいです」

店主「――縁です」

青年「だからいいですって! 縁言いたいだけでしょ!」

店主「ふふ……私には、縁を見る力があります」

青年「あ、はい……急に言いますね」

青年(今なら普通に適応出来る自分が怖い。多分それも見透かした上で話してるんだろうな)

店主「縁を持った道具は、同じ縁を持った方に使われるのが一番です」

店主「縁とは繋がりです。縁を持った方は、自然とこちらへやって来ます」

店主「なので、最初からあの秘密箱は、貴方が持つ事になると決まっていました」

店主「……秘密箱を救って頂いて、本当にありがとうございました」ペコリ

店主「きっと、貴方にしか出来ない事でしたから」

青年「いやいやそんな。大げさですよ」

青年「……僕の方こそ。藤……あの秘密箱のおかげで救われました」

店主「きっと、秘密箱も喜んでいるはずですよ」

青年「だと嬉しいですね」ニコ

店主「……そうだ、お礼にまた新しいお茶を淹れさせて下さい!」パン

青年「本当ですか? それは楽しみだ」


44 ◆XkFHc6ejAk2021/01/20(水) 20:54:27.858mwWLc8c0 (5/7)

友「最近、何か良い感じじゃん」

青年「え? そうかな」

友「うん……何があったのかは知らねえけど、ふっきれた感じがする」

友「良かったな、青年」

青年「……ありがとう。さ、上がって上がって」

友「おじゃまします」スッ

友「! へえ、すごいなあの飾ってる絵! まさか自分で描いたのか!?」

青年「ああ、そうなんだよ」

友「すげえな! いつの間に描けるようになったんだよ」

友「何だろう……何か、懐かしいような、何て言えば良いんだろう」

友「とにかく、めっちゃ良いよ。感動してる」

青年「そんなに褒めても、お茶しか出てこないよ?」

友「いやいやマジで。藤の花も綺麗だけど……この女性の表情が特に良いな」

友「これ、モデルは誰だ? ハッ……!」

青年「違う違う。そんなんじゃないよ」

友「まあ良いか。さて、鍋の準備を始めようぜ。野菜切るわ」

青年「あ、じゃあお願いしようかな」

友「おう」


45 ◆XkFHc6ejAk2021/01/20(水) 20:56:08.008mwWLc8c0 (6/7)

青年(あれから一年と少し経った)

青年(僕は相変わらず、絵を描き続けている)

青年「暖かくなってきたなあ。またランニング始めようかな」

青年(厳しい冬の寒さは、もうほとんど消えてしまった)

青年(ああ、また春が来て、季節が移ろってゆくんだなあ)

青年(今年も、色んな事があって、色んな事が去って行くんだろうな)

青年(良い天気だし、洗濯物でも干そうか)

フオッ……

青年(心地良い風だ。まるであの世界のような)

青年「――えっ!?」ガタ

青年(僕は思わず、あの絵の元に駆け寄る)

青年(間違い無い、間違い無い……これは……!!)

青年(この時を、どれほど待っていたんだろう)

青年「はは、はは……思ったよりも早かったですね」


青年「お帰りなさい――‘藤’さん」


青年(藤を描いたあの絵からは、確かに花の香りがしていた)


46 ◆XkFHc6ejAk2021/01/20(水) 20:57:12.648mwWLc8c0 (7/7)

終わりです。ありがとうございました。