1 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:14:20.39YJjCFc/jo (1/23)

◆あらすじ
魔法が当たり前に存在する世界の、魔法学校のお話。
良き学園ライフを送れるよう頑張りましょう。

◆注意
スレタイにもある通り、このスレは百合スレです。
女子校のため、もちろん女の子しかいません。
苦手な人は回れ右。

◆安価について
連取り禁止。
長文安価、意味不明な安価については部分採用もしくは再安価。

◆過去スレ
【安価】生徒(♀)「リリウム魔法学校へ!」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1552622193/
【安価】クロエ「リリウム魔法学校へ! 2学期よ!」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1558438807/
【安価】ローラ「リリウム魔法学校へ! 3人チームを組もう!」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1573654213/
【安価】ヒカリ「リリウム魔法学校へ! 4人でダブルデート……?」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1585929615/
【安価】ティア「リリウム魔法学校へ! 5回もおかわりしてる……」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1598280210/
【安価】楓「リリウム魔法学校へ! 6人で試合しよう!」【百合】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1603892356/


2 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:14:51.77YJjCFc/jo (2/23)

◆リリウム魔法学校のご案内◆
全寮制の女子校。現実世界での高校(15~18歳)を想定。
寮は二人一部屋。
もちろん授業は魔法を用いたもの。

三人チームで戦う「マホリオ」という競技が存在する。
三人の中に一人大将を決めて、その大将が倒されるか降参するまで魔法で戦闘を行うというもの。
7月 学内トーナメント
10月 学外対抗戦
といった大会も存在する。

ストイックに勉強に打ち込むも良し、マホリオの大会で好成績を狙うも良し、怪しい魔術に手を出すもよし、誰かと恋愛するも良し。
どうぞ自由な学校生活をお送りください。

◆スケジュール◆
4月 入学、学内レク、部活紹介
5月 マホリオ一年生大会
6月 (結婚式)
7月 マホリオ学内トーナメント
8月 夏休み
9月
10月 マホリオ学外対抗戦、収穫祭
11月 文化祭
12月 クリスマス
1月 冬休み
2月 バレンタイン、修学旅行
3月 ホワイトデー、卒業式
※カッコの中は学校のイベントではなく、生徒の間で受け継がれてきた極秘のイベントです。


3 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:15:37.75YJjCFc/jo (3/23)

◆登場キャラクターの紹介◆

【名前】クロエ・アートルム
【容姿】金髪ツーサイドアップで碧眼。体格は並だが胸は平坦
【性格】自信過剰で高飛車だが、困っている人を放っておけないなど、お人好しな面もある
【得意魔法】
・闇魔法エターナルダークフォース
一瞬で相手を周囲の空間ごと闇に包み込み、相手の視界を封じる。
また、魔力のみを展開することで周囲の魔力を探ることができる。
・闇弾【ダークボール】
闇を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・巨大闇弾【ダークネスボール】
闇を大きな魔力に乗せて放つ巨大級魔法。
・獄闇魔法【ヘル】
闇を超強力な魔力に乗せて放つ獄級魔法。
・極闇魔法【タナトス】
闇の化身と見紛うほどの魔力の塊を放つ極級魔法。
・暗幕【ダークカーテン】
引き伸ばした大きな闇を展開することで、空を覆う、相手の目くらましをする、などといった使い方をする。

・ハイパークロエ
ヒカリの「魔力の形を変える力」、ローラの「魔獣の力を受け入れる力」がクロエに伝播し、「あらゆる人からの魔力を受け取り、あらゆる魔法を使いこなせる」状態になる。
・始原にして終焉なる魔法【フィナーレ】
たくさんの友達から魔力を貰い、あらゆる属性を含み、無属性で、全方位かつ、一極集中した魔力を放つ。
【備考】若干の厨二病をこじらせている

主人公。
演劇部所属、演劇部部長。
「闇の試練」を乗り越え、闇魔法を使いこなせるようになった。

孤児であり、クロエという名は孤児院の先生から、アートルムという名字は高名な魔法使いであるアートルムにあやかりローラから名付けてもらった。

ローラとヒカリと三人で付き合っており、ラブラブ。

凜華、モミジとマホリオでチームを結成しており、二年生時には学外対抗戦に出場。予選を突破し、決勝トーナメントを2回戦目まで勝ち上がった。
昨年の卒業マホリオではウィンチームと試合。全ての力をぶつけ、在学中にウィンチームに勝利した唯一のチームとなった。


ークロエの魔獣ー

【名前】ティト(由来はメテオライトから)
【種族】星空のような輝きを持つ肌の狼
【特殊能力】夜空で輝く星の力を魔力に変換する。星の輝きによって得る魔力が変わる。
【備考】ステラが落とした隕石から産まれた。闇や宇宙の魔力のある星に引かれ、隕石としてその星へ落ちてくるらしい。
性別という概念が存在しないらしいが、身体的特徴は地球上の生物では雌と同等。
星の掃除者と呼ばれる魔獣で、寿命を迎えた星を食べることで生きている。
成長し宇宙で暮らせるようになるまで、どこかの星で暮らすようだ。


【名前】テネリタス
【種族】闇属性の猫のような宇宙生物
【特殊能力】
・闇魔法使いとのシンクロ
・闇による侵食
時間などの概念的なものも蝕む事ができるらしい。お互いにコミュニケーションが取れていない状態だと魔獣側に振り回されがちになる。
・悪食【アクジキ】
魔力や物質問わず食らいつく。
・暴食【ボウショク】
ありとあらゆるものを喰らい尽くす。最後には宿主すら喰い尽くすらしい。
【備考】ステラが落とした隕石から産まれた。宇宙で卵(隕石)が生まれ、孵化するタイミングになると地上に落ちてくるらしいが詳しい生態は分かっていない。
魔力の元が宇宙の力であるため、この星の魔力とはまた違った性質らしい。


4 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:16:14.94YJjCFc/jo (4/23)

【名前】ローラ・リーケ
【容姿】緑髪のポニーテールで小柄で華奢な体格
【性格】気弱で引っ込み思案な性格だが、心優しい性格
【得意魔法】
・融合【シンクロ】
人間以外の生物と意思相通ができ、その生物と融合しその生物ならではの能力を使うことができる
【備考】実はかなりのお嬢様。リーケ財閥は魔獣の保護を筆頭に、あらゆる業界に会社を持つ。
クロエの幼少期からの幼馴染。
助っ人同好会所属。
クロエが大好き。

ーローラの魔獣ー
【名前】エアロ
【種族】小翼龍[プチワイバーン](肩乗りサイズのワイバーン)・風族種
【特殊能力】飛行・風属性のブレス
【融合能力】空気の流れを『観る』、透明化・飛行能力・風のブレス
【備考】最近は楓とも仲がいい。

【名前】きゅーちゃん
【種族】九尾の狐
【特殊能力】狐火を操る能力 火を壁にする・縄のように捕縛するなどなんでもござれ
【融合能力】狐火を操ることが出来るが殺傷力は薄れる(熱さは感じるのでマホリオでの攻撃や威嚇等では十分)
融合中は狐耳と小さめの九本の尾(もふもふ)が生える。性格は穏やかでおしとやかになるが同時にS度が跳ね上がる。

【名前】ユーニ
【種族】ユニコーン
【特殊能力】生物の魂の状態が分かる(ユニコーンの所謂処女関連の俗説は、魂が汚れている人間には決して友好的な態度を取らないことからきた誤解である)
【融合能力】相手の感情が分かるようになる(明確にどう考えているのかまではわからず、嘘をついてる、怒っている、悲しんでるなどの大まかな感情が分かる)

【名前】ミトラ
【種族】影獣(シャドー・ビースト)。見た目は真っ黒な子犬
【特殊能力】影の中に「潜り」姿を隠す(あまり長い時間は潜れない)
自分の質量の範囲内で形を自由に変えることができる。主に体を薄くして狭いところに入るのに使う
【融合能力】他者の影の中に「潜る」(潜っている間は水中のように呼吸ができず、長時間は潜れない)
その状態から近く(数メートル程度)の影へと移動することができる

【名前】クリア
【種族】水晶竜(の子供)
【特殊能力】空気を屈折させることで透明になることが出来る。また、取り込んだ光や熱を利用して口から閃光やビームを放つことも出来る。
空は飛べるが飛行はそこまで得意ではない。
普段は透明化能力で外敵から隠れている。
【融合能力】強力な魔力を扱えるようになり、息吹すら魔力を帯びるようになる。ただし長持ちはしない。
【備考】森の中に迷い込んで弱っていたところをローラに拾われて以来、ローラと共にいる。
人化にも成功し、成長著しい。ローラの言いつけをしっかり守るとっても良い子。

【名前】ラピス
【種族】水晶竜
【特殊能力】空気を屈折させることで透明になることが出来る。また、取り込んだ光や熱を利用して口から閃光やビームを放つことも出来る。
空は飛べるが飛行はそこまで得意ではない。
普段は透明化能力で外敵から隠れている。
【融合能力】???
【備考】クリアの親。貴重な存在のためドラゴンということは隠しているが、よく食堂で食事を摂っているところが目撃されている。
気づいたらローラに懐柔されていつも一緒にいるようになった。

【名前】ルク
【種族】不死鳥
【特殊能力】聖なる炎を司る
また血肉は万病に効く薬となる
【融合能力】???
【備考】美しく燃える羽を持った巨大な鳥。
数百年近く地下遺跡で眠りについていた
あくまで寿命が無いという意味の不死であり、かつて乱獲され不死鳥という種は絶滅したとされていた。
ローラの召喚石から自由に出入りできる。

【名前】リズ
【種族】バジリスク
【特殊能力】猛毒の牙、相手を睨むだけで殺せる
【融合能力】相手を睨むことで痺れさせることができる
【備考】卵から孵化し、すくすくと育っている。特にルクに懐き、取られそうだと感じると威嚇するなどといった行動を見せる。
ローラの召喚石から自由に出入りができる。
人化にも成功している。

なお、召喚獣からローラへの好感度は非常に高い状態です。


5 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:16:41.63YJjCFc/jo (5/23)

ーその他の魔獣ー

【名前】スフィア
【種族】不死鳥
【特殊能力】敵を排除する為の邪なる炎と、人々を守る為の神聖な氷の力
【備考】ルクよりも更に太鼓の時代に生息していた真の意味での不死鳥。人々や魔獣を守護する偉大なる種族だった様だ。しかし、その不死性を恐れるようになった人類によって、悪魔化させ不死の性質を失わせることによりスフィアを除いて根絶やしにされた。
悪魔化してからは「古の怨念」と呼ばれ、ローラに解呪してもらうまでは非常に強力な悪魔として知られていた。
魔界では魔皇帝と呼ばれ恐れられていた。
解呪されるまでの記憶があるのか、ルクを気に入っている。


【名前】レイア
【種族】黒鋼竜
【容姿】身長はラピスより一回り大きい程度
いつも西洋風の兜を被っている
兜の下は思わずハッとしてしまう程の黒髪ロング美人。瞳の色は紫
ちなみに胸の大きさはラピス以上
【性格】冷静沈着な武人肌。やや男性めいた口調で喋る
しかしその実極度のあがり症で、初対面の人の前では兜を被っていないと会話すらままならなくなってしまう
男性めいた口調も緊張感から来るもので、最愛の家族であるラピスやクリア、あるいは心を許した人の前では優しい女性口調になる
【特殊能力】己の肉体を金属質に変質させる。一部分だけ変化させることも可能
本気を出すと鈍く光る黒色の兜付きプレートメイルを纏い、見た目からは予想もつかない俊敏さで動ける
【備考】ラピスのパートナーでクリアのもう一人の母親
竜族のしきたりに従い遠く離れた地でもう一人の子供を育てていたが、ラピスの事が気になりはるばる彼女の元を訪れた
黒鋼竜はその名の通り黒く輝く鋼の肉体を持つ竜で
その鱗はとても価値が高く武具の材料・芸術作品などにも利用されている
数年前に、トッププロであるヴィーネらと共に「古の怨念」と戦ったことがある。


【名前】フェリス
【種族】黒鋼竜
【容姿】母親譲りの紫の目に黒髪ツインテール クリアとどっこいどっこいのロリっ娘 普段は竜の顔を模したお面を被っている
【性格】高飛車だが実際はあまり素直になれないツンデレ系 家族のことが大好き
【特殊能力】レイアと同じく身体を金属の甲殻に変えることが出来る しかしレイアと比べてまだ未熟なので甲殻の強度は低い
【備考】レイアが産んだレイアとラピスの娘 クリアとは腹違いの双子とも言うべき関係であり、全く同じ時間に卵として産み落とされ、さらに全く同じタイミングで卵から孵った
母親以上のあがり症かつ恥ずかしがり屋でお面を付けていないと家族以外の相手とはまともに話せないほど(ローラですら僅かに話せるか話せない程度)
竜形態はクリアと同じぐらいの黒鋼竜だがところどころ甲殻が未発達な箇所がある


6 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:17:08.80YJjCFc/jo (6/23)

【名前】ヒカリ・ロゥレス
【容姿】白髪ロングで背は高め。体型は着痩せしており脱ぐとすごい。
【性格】穏やかで物腰柔らか。困っている人は見捨てられない優しさを持つ。
ややボーイッシュなところがあり一人称は『ボク』
【得意魔法】実は昔から無自覚に魅了魔法を垂れ流しにしていた……が、やっと自覚するに至った。
その本質は「相手が心地よいと感じるような魔力を垂れ流す」ことで、魔力の質を意図して変えることでサポート能力を身に着けた。
・魔送【ライン】
魔力を他の人に渡すことができる。属性を変えることで、よりその人にあった魔力を渡すことも可能。
【備考】得意魔法の影響からか裏で彼女を慕う者が多いらしい。ただし魔法の件も含めて本人は全く気づいていないフラグメイカー兼フラグクラッシャー。
クロエと寮が同室。
演劇部所属。
クロエが大好き。


【名前】水津 凜華(すいず りんか)
【容姿】やや青みがかった黒髪ロング、紅い瞳。背はすらりと高く誰もが振り向くような美少女…というより美女
胸は控えめ
【性格】優しく紳士的な王子様タイプ
本人も自分が周りからそう思われていることを自覚しており、あえて男性のように振る舞って黄色い声をあげさせる事も
その実甘えん坊で甘いものと可愛いものが大好きという一面も
【得意魔法】
・氷魔法
自身の周囲の空気を瞬時に凍結させ、ダイヤモンドダストめいた小さな氷の結晶をたくさん発生させる
視覚的にとても綺麗な上に氷晶は結構固く、集中させて(凜華は発生させた氷晶を任意でコントロールできる)盾としても用いることができる
氷晶はしばらくすると溶けて消えてしまう
・氷弾【アイスボール】
氷を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・巨大氷弾【フロスト】
氷を大きな魔力に乗せて放つ巨大級魔法。
・氷晶盾【アイスシールド】
空気を凍らせ、目の前に氷の盾を作り上げる魔法。
・氷晶壁【アイスウォール】
空気を凍らせ、目の前に氷の壁を作り上げる魔法。
・巨大氷晶壁【アイスランパート】
空気を凍らせ、目の前に強固で巨大な氷の壁を作り上げる巨大級魔法。
・冷塵魔法【アイスフィールド】
空気を冷やすことで、相手の体温を下げていく魔法。
・氷礫魔法【アイスシャード】
たくさんの氷を魔力に乗せて放つ魔法。
・氷輪花【アイスフラワー】
花のような形状の氷を生み出す。実体は大きな氷の結晶で、形が似ていることからフラワーと名付けられた。
【備考】母親が高名な舞台女優で、彼女も卒業後は母と同じ道を歩む予定。
クロエとマホリオにて同チーム。一年生のみの大会で準優勝した。
二年生時には学外対抗戦に出場。予選を突破し、決勝トーナメントを2回戦目まで勝ち上がった。
舞と付き合っている。


【名前】モミジ・クレナイ
【容姿】背は低いが胸は大きいロリ巨乳 灰色の長髪と赤目
【性格】オドオドして引っ込み思案
【得意魔法】
引力や斥力を操り物体を引き寄せる・はね除けることが出来る
・重力魔法【グラビティ】
物や魔力に引力を与えることができる。
・反重力魔法【アンチグラビティ】
物や魔力に斥力を与えることができる。
【備考】自分を変えるために演劇部に入部。 部長曰く拙いが光るものがあったらしい。
徐々に自分を出せるようになってきた様子。
二年生時の修学旅行中にイオと付き合うことになった。
クロエとマホリオにて同チーム。一年生のみの大会で準優勝した。
二年生時には学外対抗戦に出場。予選を突破し、決勝トーナメントを2回戦目まで勝ち上がった。


7 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:17:35.04YJjCFc/jo (7/23)

【名前】ティア・ソレル
【容姿】白の癖っ毛に青と赤のオッドアイ 体型は見事な幼児体型 いつも寝ぼけ眼
【性格】無口で感情の起伏がほとんど表に出ないが優しい良い子 少々天然のフシがある
【得意魔法】
・浮遊魔法【フロート】
生物以外の物体を浮遊させることが出来る。物体が重ければ重いほど疲れる。
魔法に使用することでその魔力に干渉し、魔法を浮かせることも可能。
【備考】ローラと同室の娘。見た目や性格から無愛想と勘違いされやすいが実際は良い子。
喋るのがあまり得意ではないので筆談で話すことが多い。ちなみに余談だが地声は透き通るように綺麗で優しい声らしいが聞いた者はほとんどいないらしい。
アルシェのことが大好き。

【名前】アルシェ・ブランカ
【容姿】銀髪ショートのつるぺた幼女体型。瞳は明るめの琥珀色
【性格】感情が乏しく、自発的に動くことは滅多にない。しかし食欲は旺盛で、食事だけは積極的に行う。
【得意魔法】
・魔力の圧縮
魔力を圧縮したレーザーやビームを撃つ。高威力だが燃費が悪く、撃ちまくるとすぐに魔力が尽きる。
・破壊魔砲【キャノン】
圧縮した超威力の魔力を放つ。獄級魔法相当。
・凝縮魔法【ビーム】
凝縮した魔力を放つ。キャノンより低威力。基本魔法相当。
・殲滅魔法【デストロイ】
圧縮した魔力を広範囲に解き放つ。破壊力にさらに磨きがかかった超高威力魔法。極級魔法相当。
・貫通魔法【スピア】
圧縮した魔力を一本の槍として固める。貫通力に優れる。
・神槍魔法・貫【ブリューナク】
圧縮・凝縮した魔力を、さらに一本の槍として固める。神の槍が如き鋭さを備えた魔力の塊を放つ神級魔法。
・穿ノ頂・神槍【ゲイボルグ】
神をも討つ究極の圧縮魔法。極限まで圧縮された魔法は、どんなに硬い盾でも穴を穿つという。頂魔法。
【備考】かなり古い魔術家系の末裔。幼少期より社会から隔絶された場所で修行をさせられてきた為、かなりの世間知らずで情操教育も不足している
常に腹を空かせている為、餌付けすれば簡単に懐く
神社仏閣の集合地にて、ブランカ家とかつて修行を共にした別の家系と遭遇。大幅な魔力のパワーアップに成功した。

クロエのクラスメイト
ティアのことが大好き。一年生時の夏休み、夏祭りの時に告白し、晴れて恋人同士となった。


【名前】ナミネ・スフィアード
【容姿】比較的長身で結構なグラマラスボディ。髪はウェーブのかかった水色の長髪。瞳も同じく水色で眼鏡着用。
【性格】礼儀正しく慈愛と包容力に溢れる(物理的にも)。その様はしばしば『大天使』と形容されるとか。ただし少々ドジっ娘なところも。
【得意魔法】
・水魔法
水を自在に操ることが出来る。
・水弾【アクアボール】
水を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・巨大水弾【アクアマリン】
水を大きな魔力に乗せて放つ巨大級魔法。
・獄水魔法【ヘルアクア】
水を超強力な魔力に乗せて放つ獄級魔法。
・極水魔法【クラミツハ】
水の化身と見紛うほどの魔力の塊を放つ極級魔法。
・水障壁【アクアカーテン】
水をカーテンのように展開する、防御系の魔法。炎や雷などの属性魔法は吸収できるため非常に相性がいいが、隕石や肉体強化などの物理的な攻撃にはまるで意味をなさない。
【備考】ティアとアルシェのチームメイトで、無口な二人の考えを瞬時に理解出来たりする。二人と一緒の時は『母親と娘二人』に見えるとかなんとか。
またリリィ先生と一緒にいる時は独特の癒し空間を発現する。
リリィ先生に告白、その後お付き合いを始めて今ではラブラブ。


マホリオにて同チーム。
一年生のみの大会では三回戦敗退。ベスト16。


8 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:18:04.55YJjCFc/jo (8/23)

【名前】雨宮 楓(あまみや かえで)
【容姿】白髪(ポニーテール)。赤目のアルビノで肌も白い。身長はクロエと同じぐらいだがクロエ以上の絶壁。
【性格】飄々としたからかい好きで、一人称は『あたし』
胸の話題を出されるとキレる。
【得意魔法】
・風魔法
風を操ることが出来る。用途は風の刃を飛ばす、風の障壁を展開する、風を纏って移動速度を上げる、など多岐に渡る。
・風弾【エアロボール】
風を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・風斬魔法【かまいたち】
切り裂く力に秀でた魔法。高速回転する風をその場に留めることで、まるで鎌鼬が通ったかのような状態を引き起こす。巨大級魔法相当。
・極風魔法【イダテン】
風の化身と見紛うほどの魔力の塊を放つ極級魔法。
・風神魔法【ルドラ】
風の神が如き空気を纏った魔力の塊を放つ神級魔法。
・風加速魔法【マッハ】
風の力で箒を操り、超高速で移動する魔法。
【備考】クロエのクラスメイト。体質上日光が苦手でそれを補うために特殊な薬を貰っているらしく頻繁に保健室に通っている(薬のおかげでマホリオ含め学園生活を問題なく送れている)。
しかし普段はそんな自分の体質を嘆くことなく明るく振る舞っている。
ちなみに胸に関してはそれとは別に最大のコンプレックス。こっちはどうにかしたいらしくよく科学部や黒魔術部に顔を出しているらしいが成果は芳しくないらしい。
日光が苦手なのは吸血鬼の末裔のため。基礎能力は高めだが、体調をやや崩しやすい。


【名前】真壁 晶(まかべ あきら)
【容姿】赤髪ショート、瞳の色は翠、中性的な顔立ちで一見すると男子に見える。胸は膨らみかけ。
【性格】細かいことを気にしない大雑把な性格だが曲がったことは大嫌いな熱血漢。一人称は「アタシ」
【得意魔法】
・炎魔法
炎を発生させ操る。出せる炎の規模は彼女のテンション次第で視界を遮るほどの業火から明かり程度の小さなものまで色々と応用が効く。
なお本物の炎ではないので熱さこそ感じるが火傷は一切負わない。寒いときの暖房代わりにもなるが晶自身は暖かさを感じないので別途対策が必要。
・炎弾【ファイアボール】
炎を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・獄炎魔法【ヘルフレイム】
炎を超強力な魔力に乗せて放つ獄級魔法。
・極炎魔法【カグツチ】
炎の化身と見紛うほどの魔力の塊を放つ極級魔法。
・炎神魔法【アグニ】
炎の神が如き熱を纏った魔力の塊を放つ神級魔法。
【備考】クロエのクラスメイト。
実家は古武術の道場で彼女自身も習っている。
「かじった程度」とは本人の談だが少なくとも下手な不良とはケンカで負けないくらいの実力を持っているようだ。


【名前】七峯 嵐(ななみね らん)
【容姿】灰色の長髪に青の瞳。目はつり目で目付きが鋭い。ティアやアルシェとどっこいどっこいかそれ以上に背が低い。
【性格】気が強く少しぶっきらぼうなオレっ娘。しかし実際は極度のツンデレで割りと涙脆い。
【得意魔法】
・雷魔法
雷を操る魔法。手から稲妻を放ったり相手の頭上から雷を落とすことが出来る。
・雷弾【サンダーボール】
雷を魔力に乗せて放つ基本魔法。
・極雷魔法【ナルカミ】
雷の化身と見紛うほどの魔力の塊を放つ極級魔法。
・雷神魔法【インドラ】
雷の神が如き電気を纏った魔力の塊を放つ神級魔法。
・雷壁盾【サンダーシールド】
目の前に雷の盾を作り上げる魔法。
・避雷針【ライトニングロッド】
雷をその場に留める。強い光で辺りを照らす魔法。
【備考】楓の幼馴染。楓とは喧嘩することが多いが実は常に楓の体調を気遣っている(以前楓が保健室に連れていかれた時も、クロエが退室した直後ぐらいに駆けつけた)。
ちなみに体型レベルの胸だがそれでも楓よりはある。


三人ともクロエのクラスメイト。
マホリオにて同チーム。一年生のみの大会で優勝した。
全校生徒の大会でもベスト8に入り、リリウムの一年生最強トリオとして学外対抗戦に出場。予選グループにて6勝をあげる。
二年生時にも学外対抗戦に出場し、予選を突破。決勝トーナメントを3回戦目まで勝ち上がった。

三人で付き合っており、ラブラブ。


9 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:18:31.42YJjCFc/jo (9/23)

【名前】レナ・フォールン
【容姿】茶の姫カットに青の瞳 背はそれなりだがスタイルは良い
【性格】クールで物静かだが一度熱中すると周りが見えなくなることも
【得意魔法】
・盾魔法
物理的な力を反射出来るバリアを貼ることが出来る 魔法は反射出来ないが弱めることは出来る
・魔障壁【ガーディアン】
前方に非常に硬い壁を作り上げる。巨大魔法相当だが、魔法の性質ゆえに上位の魔法にも対抗できる。
・要塞魔法【ランパート】
前方広範囲に渡り、さらに硬い要塞を作り上げる。極魔法相当。
【備考】演劇部所属。クールな性格とは裏腹に演技に興味があり演劇部に入部した。
残念ながらクロエと同じく裏方スタートだが、その性分からより一層部活に打ち込んでいる。
デンとは出身校が同じ。
デンが好きで告白。お付き合いを始めた。
二年生時には学外対抗戦に出場し予選を突破。決勝トーナメントを3回戦目まで勝ち上がった。


【名前】デン・ハザード
【容姿】本来は低めの身長ながら胸はCカップで起伏もある。髪は明るい紫色のロングストレートで目はパッチリとした碧色。
中学時代のものをそのままトレースしたためか現在よりも自信や活力に満ちた顔つきになった。
【性格】魂に呪いでもかけられたかの如き劣等感の塊、他人が何を言おうがどれだけ公平な場でどんな結果を出そうが時には言いがかりそのものの超理論で自分を否定する。
闇の試練を乗り越えループを抜けたことで、中学生時代の自身のある性格に戻りつつある。
【得意魔法】
・肉体変換
自分他人を問わず、肉体を作り変えることができる。
・腕巨大化魔法【ビッグフィスト】
腕を巨大化させる。
・拳硬化魔法【アイアンナックル】
拳を硬化させる。
・身体軽量化魔法【ライトボディ】
体を軽くすることで、素早く動くことが可能になる。ただしダメージへの耐性は低下する。
・身体硬化魔法【ヘビィボディ】
体を硬化させ、直撃ダメージへの耐性を大幅に上げる。ただし動きは非常に遅くなる。
【備考】肉体変換は自分だけでなく他人の体にもできるが、今のところ他人の変換は長く保たない。
一年生の間ずっと「死に戻り」をしていた。その過程で自信をなくし、性格が変わってしまった。
今は素直で明るい子。
実はずっと前からレナのことを見ていたことが判明。告白され付き合い始めた。


【名前】イオ・ローライト
【容姿】銀のロングヘアーと金の瞳。身長はそれなりだが胸は得意魔法の如く爆発級。
【性格】臆病で引っ込み思案。人を傷付けることを嫌う。
【得意魔法】
・爆発魔法
強力だが故に制御が難しい。
・爆弾【ボム】
魔力を爆発させる。基本魔法相当の強さだが、魔力の性質ゆえに上位の魔法にも対抗できる。
・爆発魔法【エクスプロージョン】
魔力を大爆発させる。獄魔法相当。
・新星爆発【ノヴァ】
魔力をさらに大規模で爆発させる。極魔法相当。
・超新星爆発【スーパーノヴァ】
魔力を超規模で爆発させる。神魔法相当。
・破裂魔法【クラップ】
空気だけを破裂させ、大きな音を出す。
【備考】幼少期に自身の魔法で人を傷付けてしまったことがトラウマになっている。
そのため無意識に人を遠ざけてしまい、周りも彼女の性格と難のある魔法から深く関わろうとする者がいなかった。
クロエとの訓練のおかげで魔力をコントロールできるように。人助けにも使えると自信を取り戻した。
二年生時の修学旅行中にモミジと付き合うことになった。


10 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:19:54.55YJjCFc/jo (10/23)

【名前】ノワール・ヴァーミリオン
【容姿】薄い青の髪で瞳は金色。背は低め
https://i.imgur.com/FS2L9iM.jpg
↑(イラストいただきました、ありがとうございます!)
【性格】冷静な性格であまり感情を表に出したがらない。しかし内心は皆と仲良くしたいと思っている
【得意魔法】
・悪魔召喚【パンデモニウム】
ランダムに悪魔を召喚。戦闘力はピンキリで強ければ強い程制御が効かない。負の感情が高まっている時程強大な存在が呼び出され、特に怒りの感情に関しては本人の意思と無関係に魔法を発動させることもある。
・悪魔送還【パラダイスロスト】
召喚した悪魔を魔界へ還す。
【備考】幼少の頃に暴走した悪魔から自身を庇った事で両親が死亡しており、それ故に魔法を使うことに躊躇いがある。
魔法をあまり使いたがらない代わりに生身での戦闘力はかなり高い。
実は極度の怖がりで夜は1人でトイレに行けない。


【名前】イリス・オーレリア
【容姿】薄いピンク髪のカールがかかったショートヘアでBカップ、ライトグリーンの瞳
【性格】基本敬語で喋るが、真面目という訳では無い。誰に対しても優しいが、敵に対しては容赦がない
【得意魔法】
・時止魔法【ストップ】
時を止め、その中で自分だけが動くことができる。時を動かすまでに触れたものには、それまでの触覚・衝撃全てが一気にやってくる。
【備考】この魔法により相手が本当にいい人かどうかを見極めて今まで生きてきた。
魔法を悪事に使ったことは無いが、思考回路を読み取った際相手の秘めている思い(恋愛感情等)も無条件で分かってしまうのが悩み。
他人の色恋沙汰を見るのは結構好きだったりする。
元は魔力欠乏症という魔法が使えない病気だったが、母親の実験により魔法を使えるようになった。
紆余曲折あり母親とも和解し、今ではごく普通に学校に通っている。

二年生時の修学旅行中に付き合い始めた。


11 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:20:21.43YJjCFc/jo (11/23)

【名前】ステラ・ステラ
【容姿】紺色の髪は星空のような煌めきを放っている。スレンダーな美人さん
【性格】大人しいようで案外強気なところがある
【得意魔法】
・隕石魔法【メテオ】
空から隕石を落とす。
・双隕石魔法【ツインメテオ】
空から同時に二つの隕石を落とす。
【備考】年下に頼られるのが好き。年上には甘えたい。
クロエと同じマクベス・エクスルードハウスの出身。
ゼレスとお付き合いをはじめた。


【名前】ゼレス・ケルキオン
【容姿】低身長で幼児体型。金髪で色白な肌
【性格】丁寧な口調で話すが自分より弱い相手と馴れ合うつもりはない
【得意魔法】
・神聖魔法
天界の光のような魔法。“退ける力”に秀でており、他の魔法とは存在を画する。
ただし闇魔法とは相性が極端に悪い。
・聖弾【ホーリーボール】
聖なる魔力を放つ基本魔法。
・神聖魔法【ホーリー】
闇属性以外を一切受け付けない圧倒的な光魔法の光線を出鱈目に放出する。神聖と言っている割に魔法が発動した際の光景は外道としか言いようがない。獄級魔法相当。
・神羅魔法【セイクリッド】
聖なる光を照射する。“退ける力”が高まった光線は、他の魔法によって侵されることはない。
・聖包【ホーリーラップ】
聖なる光で何かを包む。包まれたものは神聖なる力に護られ、様々なものから身を守ることができる。
【備考】身長が低いことを気にしている。チビは禁句。
愛する者のためなら他はどうなっても構わないという危険な思考を持つ。
ステラと寮が同室。
ステラとお付き合いをはじめた。


【名前】ラクリマ・ソレル
【容姿】オッドアイじゃないこと以外はティアにそっくり(双子と間違われるほど)で、カラコンを付けたらティアにしか見えない
【性格】ティアとは真逆の性格。喋るの大好き
【得意魔法】
・転板【チェンジボード】
フィルターのようなものを最大で5枚まで展開。そこを通った魔法は攻撃方向や属性が切り替わる。自分の正面には出すことが出来ない為防御には(ほぼ)使えない。
【備考】演劇部所属。
ティアの妹。お姉ちゃん大好きっ子。お姉ちゃんが好きなものなら自分も好きなのでアルシェの事もきっと大好き。お姉ちゃんが書いた文字をお姉ちゃんの声真似で読み上げる事が出来る(本人が恥ずかしいと感じるくらいには似ているようだ)。
アイドルの卵としてスカウトされ、芸能事務所にも所属している。
ノルンと付き合っている。

三人はマホリオにて同チーム。一年生のみの大会でベスト8まで勝ち進んだ。


【名前】ノルン・サイネーラ
【容姿】金髪のおかっぱに碧の瞳。服の上からでも分かるほど胸が目立つ。
【性格】常にゆっくりと間延びした喋り方をするのんびりやの天然さん。昼寝が大好きで授業中も寝ていることが多い。一人称は『ノルン』
【得意魔法】
・睡眠魔法【スリープ】
実はねぼすけなのは自身の魔法が自身にも作用しているから(本人の性格もあるが)。
極まれに魔法を垂れ流してしまい、他の人を眠らせてしまうことも。
【備考】演劇部所属。
実は演劇部には道に迷って辿り着いていた。部活紹介の時もずっと寝ており見ていなかったのだが、部室に来てなんとなく興味が湧いたので入部してみることにした。
ラクリマと付き合っている。


【名前】紅林 御桜(くればやし みお)
【容姿】艶やかな長い黒髪と紅い瞳を持つまるで日本人形のような美人。美少女ではなく美女という感じ。
胸はそこそこある。
【性格】とてもマイペース。割と世間知らずなところがあり、たまにとんでもないことを無自覚でやらかしかけるがそこは令嬢。持ち前の愛想と機転の良さで切り抜けてしまう。
【得意魔法】
・魔力で構成された光輝く花吹雪を発生させる。
単純に他者の視界を奪う他、吹雪故にそこそこ強めの風も伴うので妨害などにも使える(風の強さや方向は彼女の意思でコントロールできる)。
あと見た目がとても綺麗。
【備考】ラクリマと同室の子。
歴史の古い名家の令嬢。姉が一人いるらしい。
身の回りの世話は殆ど使用人に任せている程の箱入り娘だったが、親の言いつけで社会勉強の為にリリウムに通うことになった。


12 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:20:48.14YJjCFc/jo (12/23)

【名前】音無 舞(おとなし まい)
【容姿】黒のショートヘアーに黒の瞳で童顔。体格はやや小柄。
【性格】穏やかで礼儀正しく、初対面では人畜無害そうな印象を受ける。
しかし実は並々ならぬ執着心を持つ。
【得意魔法】
・感情増幅
相手の感情を増幅することで暗示をかける(友情を徐々に愛情へと転じさせるなど)。
なお元々ある感情にブーストをかける方式なので、全く興味を持っていない方向に暗示をかけることは出来ない(同性に全く興味の無い相手を同性愛者にするなど)。
【備考】クロエ達とは違う学校の一年生。かつて凜華の母、水津真凜に演技を見込まれたことがある。学校の演劇部とともに、宝坂への入団も両立している。
元々は大人しく引っ込み思案だったが真凜に演技の道を示されたことでそれを克服した。
そのため真凜のことを尊敬しているが、自身の魔法が無意識に自分に作用したために真凜、そしてその娘の凜華に少し歪んだ愛と執着を抱いている。
二年生の夏休みの終わり、前学校があまりにも自身に頼りきりだったことから転校。リリウムの生徒となった。


【名前】シェリル・オルゼラリア
【容姿】水色の瞳の銀髪ツインテール。やや小柄だが隠れ巨乳。着痩せするタイプ
【性格】勝気。常に前向きで、どんな事にも手を抜かない。俺っ娘。
【得意魔法】
・鏡魔法
最大10枚の巨大な鏡を出現させる事ができる。鏡は魔翌力を反射する性質を持つ。
自身や対象を鏡に映す事で分身を作り相手を錯乱させる事も可能。
※分身は実態を持たない為、分身の攻撃によるダメージは発生しない。耐久力は分身の元となった人物の能力値により左右される。
【備考】口調はやや荒い所もあるが、基本的に礼儀は良く慢心はしない。可愛いものが好きだが周りには内緒にしている。虫が苦手。
マホリオの実力も相当な物で去年の大会も準決勝まで進んだもののウィンチームに敗北していた。


13 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:21:16.90YJjCFc/jo (13/23)

【名前】カーム・セレスティア
【容姿】銀髪ツインドリル、赤の瞳。身長、スタイル共に年相応。
【性格】落ち着いた性格。何かに熱中すると徹底的に極めていくタイプ。好きな事に関しては負けず嫌い。
【得意魔法】
・福音魔法【ゴスペル】
神聖魔法の亜種。敵による解除が不可能なバフを味方にばら撒く。発動中はカームの魔翌力が徐々に減っていくがその気になれば重ね掛けも可能。
【備考】
前年度の中学生マホリオ全国大会の優勝チームの一人。優勝したのは三年次のみだが圧倒的な実力とチームワークで幾度も上位まで昇り詰め、彼女が在学していた三年間は「福音時代」とまで呼ばれていた。
昨年度のリリウムの学園祭に来ており、その際に鑑賞した演劇部の作品に感動して入部を決めた(特に舞とラクリマの演技)。
マホリオ面に関しては強力無比なバッファーだが本人はバフに徹する必要がある性質上、高校でも結果を出せるかはチームメイト次第といえる。


【名前】ポメ・ラニアン
【容姿】ふわふわの茶髪ロングで背が低い
【性格】天真爛漫で好奇心旺盛
【得意魔法】
・獣化魔法【ビースト】
もふもふ。
【備考】体を動かせるのでマホリオが好き。いろいろな言葉を教えてくれるのでやよいのことも好きだが、覚えた言葉はすぐ忘れてしまう。入学試験では実技と座学、それぞれの点数が別の意味でぶっちぎりだった。


【名前】レティス・アウローラ
【容姿】肩にかかるくらいの長さのストレートヘア、地毛は金髪だが魔法染料で紫がかった色に変えている。眼のいろは透き通ったライトブルー。身長は158センチ
【性格】必要最低限の事しか喋らないため、時々話が噛み合わなくなる事がある。口数が少ないが人付き合いは好き。所謂不思議ちゃん?
【得意魔法】
・言霊
SVOCが明確な言葉を発する事でその通りの事象が発生する。ただし出来ることできないことは魔翌力量によって決まりレティス自身が何となく出来ないな、と感じる事は実現できない模様。常時発動する。普段無口なのはこの為。
【備考】
あまり多くのことを語らない謎多き少女。魔法については生まれた頃から本能レベルで理解しているので暗い過去とかは無く人と関わるのは普通に好き。諸事情で伏せられているが実はとある国のお姫様らしい。


マホリオでチームを組んでいる。


14 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:21:49.20YJjCFc/jo (14/23)

【名前】白峰 やよい
【容姿】黒のおかっぱに眼鏡 身長体型共に平均的
【性格】大人しくて読書が好きだが妄想癖があり一度考え込むと止まらない面も
【得意魔法】
・意識操作魔法【フォーカス】
集中力を操ることで注意を散漫にさせたり逆に何でもないものに集中させることで隙を生むことが出来る。
実は妄想癖はこの魔法の影響もあるとか。
【備考】リリウムの新一年生。
幼い頃から夢見がちな面があり色々な本を読んではその世界に浸るのが好き。
役者や脚本の表現など演劇部と自分の趣味が繋がるのではと思って演劇部の見学に来た。


【名前】シエラ・アリッサム
【容姿】大きめの緋髪ツインテール、つり目
背は平均よりやや小さい程度で胸はまったいら(当人曰く「ハンデ」)
【性格】自分の強さに絶対の自信を持つ高飛車娘
自分より弱いものは露骨に見下している…ように見えて的確なアドバイスを送ったりと意外と親切(要はツンデレ)
【得意魔法】
・光爆弾【ライトニングボム】
小爆発を起こす光弾を発生させ操る。
敵にぶつけたりバリアのように周囲に巡らせたり、あえて足元で爆発させ勢いで高く跳躍したりと応用が効く。
【備考】海外(どこかはお任せします。架空の国でも可)では神童として高名なマホリオプレイヤー
幼い頃からなんでもできる天才肌で、それ故に他者とのトラブルが絶えなかったらしい
…実際のところは彼女のツンツンした態度が反感を招いていたというだけの話で(シエラも自身の態度が要らぬ反感を買っていると気付いていて態度を曲げなかった)
本当は気遣いのできる優しい子


【名前】ロロナ・レーミア
【容姿】髪(ショート)も肌も真っ白。眼は真紅。スラりとしたスタイルでさながら白蛇を擬人化したかのよう
【性格】おどおどしていて引っ込み思案。すぐに自己嫌悪に陥る。
【得意魔法】
・揺動魔法【シェイク】
魔法のクラスがランダムで変動する。確率的にはかなり低いが頂クラスにもなり得る。
【備考】
シエラチームの3人目メンバー。魔法の性質を評価したシエラの勧誘によって加入。魔法性質抜きにしても魔力のコントロールが安定せず、昔から苦しめられてきた。実は得意魔法は極めれば意図したようににクラスを操れるというもので、魔力消費は多いもののゼーレの頂のような芸当も可能となる


15 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:22:18.21YJjCFc/jo (15/23)

【名前】樹(いつき)・ユグドラシル・リリウム
【容姿】年期を感じさせる青い三角帽とローブを纏った10歳ほどの少女
勿論この姿は強大な魔力を抑えるための自己封印であり、封印を解くと20代後半ほどの妙齢の女性となる(魔力量の影響でそこで成長が止まった)
服はどちらの姿でも問題ないように伸縮するが、大人の姿の時は見事な上乳が露になる
【性格】慈悲深く穏やか。先達として生徒達を優しく見守るみんなのお母さん
道を踏み外したもの、踏み外そうとしているものには厳しくも優しく接し正道へ導こうとする
【得意魔法】
・模倣魔法
一度見た魔法を自分のものとして使える
性質はそのまま樹自身の魔力を乗せる事でより強力な術として放てる(例外あり)ただし一度使用した術をもう一度使いたかったらもう一度同じ術を見る必要がある
【備考】リリウム魔法学校の校長先生。学校の創設者でもある。
クロエに警告したのは、かつてラミーを救えなかった後悔から。
ラミーが復帰した今は非常に仲睦まじく過ごしている。


【名前】ラミー・アルファウス
【容姿】重ための黒髪の小柄の少女 
【性格】自虐的で自分に自信がない臆病な性格 しかしそれ故に自分が守るべきと認めた相手には自分を犠牲にしてでも守ろうとする
【得意魔法】
・闇魔法
・暗黒壁【ブラックモノリス】
ラミーの護る力が強く出た魔法。非常に硬い板のようなものを前面に展開する。
【備考】かつて闇に飲み込まれた魔法使い 当時二年生
イジメや家庭内暴力によって荒んでいた時に樹によって救われ、彼女に教師以上の強い感情を持つ
最後の時も樹を救うため自らの意思で闇に飲み込まれた
闇の中で生存しており、クロエらの協力により闇から脱出。


【名前】リリィ・アンスリウム
【容姿】青髪ロング 穏やかさの中に情熱のこもった翠色の瞳 母性を感じさせる豊満な胸
【性格】生徒達を優しく見守るお姉さん属性
一方で情熱家でもあり、目標に向かって努力することと努力している人が大好き
【得意魔法】
・リラックス魔法
自身の周囲に心を落ち着かせリラックスさせるフィールドを発生させる。
【備考】教育実習生あがりの若い教師。
大家族の長女で、昔から仕事で忙しかった両親の代わりに弟妹たちの世話をよくしていた。
その関係で家事全般が得意。
ナミネに告白されてお付き合いを始め、今ではメロメロ。


【名前】峯岸 橘花(みねぎし きっか)
【容姿】白のショートヘアーに翠の瞳で眼鏡。幼モードの樹とどっこいどっこいのロリっ娘。
【性格】冷静でやや辛辣。どこか冷めているが、自分の興味を惹く分野にはぐいぐい来る。
【得意魔法】
・解析魔法【アナライズ】
魔法の仕組みや効果を解析出来る。ただし一部例外もある(エミールのパルプンテを予測するなど)
【備考】リリウムに勤める教師の一人。毎日研究室にこもって魔法の解析と研究を行っている。
年齢不詳だが、樹と同格のように会話しているとこが目撃されているため樹と同世代ではないかと噂されている。
エミールが卒業してからも、実験のために呼び出している。


16 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:22:54.47YJjCFc/jo (16/23)

【名前】カーラ・ファウスト
【容姿】 金髪ショートで背は高め、修道服を着用している
脱ぐとすごい
【性格】 心配性だがしっかり者のお姉さん、人が傷つくことを極端に嫌う
【得意魔法】
・生命力譲渡
自分の生命力を他人に分け与え爆発的な治癒力で対象を回復させる(対象の損傷が大きいほど自分への反動も大きい)
死んでしまった生命を蘇らせることもできるが膨大な量の生命力と準備時間が必要
庭で育てている草花から毎日少しずつ生命力を貰って蓄えている
【備考】クロエ達出身の孤児院、マクベス・エクスルードハウスの院長。孤児達を溺愛しており、幼い頃から面倒を見ていたクロエのこともとても心配している。


【名前】ソフィア・ルナール
【容姿】透き通るような白の長髪と暗闇でも怪しく輝く金の瞳を持ち、人形のように儚い外見の少女
【性格】口数が少なく機械的な口調で無機質な印象を受けるが悪人ではない
【得意魔法】
・闇魔法
クロエのように闇を発生させるだけでなく闇を凝縮させ様々な形を取ることが出来、その応用で使い魔のようなものを使役することも出来る。
・闇凝結【ダークコンデンス】
ソフィアの闇とすら友達となる力が強く出た魔法。
思い描いた姿に闇を固めることで、魔獣のような闇を使役することができる。
【備考】深い森の奥地に存在する廃墟となった古城に一人(+闇で作り出した使い魔)で住んでいる少女(ただし年齢不詳)
人の名前を呼ぶ際は必ずフルネームで呼ぶが、相手から要望があった場合は一応それに合わせてくれたりする


【名前】ミリア・メルトル
【容姿】銀髪ショートで赤と青のオッドアイ。見た目は完全に幼女だが歴とした成人女性
【性格】困っている人は放って置けないとても優しい性格。常軌を逸した自己犠牲精神の持ち主
【得意魔法】
・闇化
闇と化す。試練の魔物に姿を変えたり色々出来る。
【備考】マホリオのプロ選手。実年齢は不明。元は魔法が使えず闇使いの素質があるというだけで闇の試練と向き合う羽目になったが、力を行使せずに闇を受け入れ一体化するという形で試練を乗り越えてしまった(この時に肉体の成長が止まった)。闇に一方的に支配されることも無く、それどころか割と仲良くやれている。しかも闇との間に子供まで生まれてしまい今年で高校一年生になる。ご飯はたくさん食べる。もりもり食べる


【名前】エルク・メルトル
【容姿】銀髪サイドテール、漆黒の瞳。肌は雪のように白い。体型は割と平均的
【性格】良いところも悪いところも引っくるめて人間が大好き。人間の為ならなんだってしてあげられる
【得意魔法】
・想起
相手の心の闇(トラウマ)を想起させることができる。
【備考】ミリアと闇の間に生まれた子。いつもニコニコしているが謎の圧があり、周りからは怖がられている
人間という存在を心の底から愛しており、母の自己犠牲精神を歪んだ形で受け継いでしまっている


【名前】セレニテ・オーレリア
【容姿】ピンク髪ロングの濁った灰色の瞳、少々痩せ気味だがガリガリと言うほどではない
【性格】とても穏やかで落ち着いた性格だが、目的のためであれば手段を選ばないところがある。娘に対する愛情は側から見たら異常な域に達している
【得意魔法】
・権能【アブソリュート】
魔力を奪ったり与えたりする。
【備考】イリスの母にして天才科学者。リリウム魔法学校出身で在学時には図書館に所蔵されている全ての書物を読み尽くしてしまった。娘が魔法を使えない事を憂いており、様々な人から奪った魔力を与え続けているが、魔力欠乏症の本質については気付いていない。
現在はイリスとも和解し、様々な人と協力しながら魔力欠乏症への対応策を研究している様子。


17 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:23:22.59YJjCFc/jo (17/23)

【名前】ゼーレ・レジェンダリア・アートルム

【容姿】絶世の美少女。瞳の中に宇宙が存在しているかの如く煌く紺色の両眼と、肩から背にかけて流れるプラチナ・ブロンドの髪が印象的(普段は髪飾りで抑え付けられているがアホ毛がある)。背はやや高めで胸は巨乳というより美乳。

【性格】おとなしい性格で、自分の事より仲間の事を優先して考える。この世で最も非常識な存在であるのに反し、本人自体は常識を重んじるまともな性格。丁寧な口調で話すが親しい仲間に対しては砕けた口調になる。

【得意魔法】
・創造【クリエイション】
アートルムの固有魔法を除いた全ての魔法の起源となった原初の魔法。新たな魔法をランダムで生み出す。現代で言う魔力欠乏症の人間がこれにより生み出された魔法の使用者(記録媒体)となる(当時は魔法を使えないのが当たり前だった)
・魔文殿【アーカイブ】
現存する全ての魔法を使用できる。
・頂点【アルティマ】
使用魔法を最高位のものに変換する。

【備考】
全ての魔法の始祖とされる伝説の魔法使い。というよりこの世界においては彼女の「レジェンダリア」から伝説という意味が生まれた、まさに生ける伝説。

『創造』を用いて人々に魔法をもたらすという偉業を成し遂げた。ちなみに最初に魔法を与えたのが仲間の魔法使い二人。当時の人々からの尊敬はもはや崇拝の域に達しており神そのものであるとして神聖視する者さえいた。

固有魔法を3つも持つ生物としてみても規格外な人物。魔法法則を完全に無視したバグのような存在らしい。

彼女の『創造』が生み出した魔法の一つに悪魔化の儀式があり、それにより不死鳥達は魔界に追放された為、起源を不死鳥とする悪魔達からは憎悪の対象になっているが彼女自身は望まぬ結果であった(ゼーレ自身は悪魔化の魔法を一度も使っていない)。

時を超えてやってきたのではなく、不老の魔法を用いて現代に至るまで空かずの空間で生き続けてきた。これは魔王との戦いで負傷し、その傷を癒すことが目的。

スフィアとは親友であり、彼女だけは守ろうとしたが、自分はともかく仲間の魔法使い二人まで迫害を受けそうになった為、最終的には見捨てる形になってしまったことをずっと悔いている。

ルクが時代が違うにも関わらずスフィアについて知っていたのはアートルムがかつての不死鳥達について昔話として話していた事による。


【名前】アイリス・スノードロップ
【容姿】桃色のショートカット。瞳の色は緑で、ハートマークのような紋様が両の瞳に浮かんでいる(魅了魔法使用時に光る)
背はすらりと高く胸は平坦で、一見男性にも見える
【性格】明るく元気。初対面の人にも長年の親友であるかのように話しかけられる気さくさを持つ
一見何も考えていないように見えるが結構頭も切れる
【得意魔法】
・魅了魔法
ゼーレに授けられた魔法。「世界中全ての人と友達になりたい」という彼女の夢から産み出された。
視線を合わせるだけでちょっとだけアイリスに親しみを抱く程度から、彼女の言うことならどんなことでも聞いてしまう隷属状態にまでしてしまうことが可能だが(任意で調整可能)、アイリス自身はこの魔法を「裏技、ズル」と捉えていて、基本的には使用せず自主的に封印している。
【備考】世界中全ての人と友達になりたいと本気で考えており
そのために自分にできることをしようと現在世界のあちこちを巡って人助けに励んでいるようだ


【名前】リーケ・エターニア
【容姿】超小柄で何と140cmにも満たない。赤みを帯びた銀の長髪で、本人の身長よりも長いので、常に側にいる魔獣の背中にかけさせてもらっている。瞳の色は明るいオレンジ色で、常にジト目のように見える
【性格】ロロナや1年次のデンに匹敵するクラスのウルトラハイパーネガティブ思考の持ち主だがゼーレアイリスと魔獣たちの事は自分の命をかけてでも守ろうとする。
【得意魔法】
・魔獣領域
自分の周囲に魔獣を呼び寄せた上で魔獣たちが有利になる強力な結界を展開する。何匹集めようが一度に消費する魔翌力は変わらないというチート仕様。
【備考】
ゼーレの嫁その2。その名前はリーケ家の由来になっているが、血の繋がりはない。当時の魔獣愛護団体的な組織がリーケを崇拝してたとかで継がれていったらしい
ゼーレに魔法をもらう以前は神樹を囲む広大な森の中で魔獣たちと暮らしていたので出自は不明。人間たちに居住区域周辺の森を焼かれる形で故郷と仲間たちを失っているので後ろ向きな性格になっている
魔物を守る為の力をくれたゼーレと、そのゼーレが信頼するアイリスの二人に対しては絶対の信頼を置いている。

ーリーケの魔獣ー

【名前】トワ
【種族】星空のような輝きを持つ肌の狼
【特殊能力】夜空で輝く星の力を魔力に変換する。星の輝きによって得る魔力が変わる。
【備考】闇や宇宙の魔力のある星に引かれ、隕石としてその星へ落ちてくるらしい。
性別という概念が存在しないらしいが、身体的特徴は地球上の生物では雌と同等。
星の掃除者と呼ばれる魔獣で、寿命を迎えた星を食べることで生きている。
成長し宇宙で暮らせるようになるまで、どこかの星で暮らすようだ。
リーケに物心がついた頃にはすでに親友同士だった。地球規模で言えば寿命が存在せず、リーケ封印後も生き続けてずっと復活の時を待ち続けていた。


18 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:25:28.20YJjCFc/jo (18/23)

【名前】ウィン・フォルクス
【容姿】白銀のショートボブに金の瞳の垂れ目 背はクロエとどっこいどっこいだが実はスタイルは良い
【性格】無邪気で天然ボケののんびりや よく語尾が間延びする
マホリオの時は口数が少なくなり普段ののほほんムードが消える(>>366みたいな様子)
一人称は『ボク』
【得意魔法】
・時間操作
周囲の時間の進みを僅かな間だけ極端に遅くすることが出来る(周囲からは高速移動に見える)。
負担が大きいため連続使用や日に何度も使えたりするものではなくここぞという時に使っている。
ちなみに発動時に触れているもの(生物含む)は魔法の影響を受けない(時間が遅くならない)。
・時間魔法【クロック】
極端に遅い時間の中、ウィンだけが通常の速度で移動できる。
・時神魔法【クロノス】
周囲の時間の進みを遅くし、時の神が如き時空の歪みを持った魔力の塊を放つ。相手からは突然膨大な魔力が目の前に出現したようにさえ感じられる。神級魔法。
・時ノ頂・玉響【タマユラ】
神をも止める究極の時間魔法。時が止まったかと錯覚するほど遅くなった時間の中で、クロノス以上に高密度の魔力を放てば、どんなに鋭い感覚を持っていても玉響の隙を突かれるという。頂魔法。
【備考】
普段はのんびりとしてマスコットのように可愛がられているがマホリオの時は極度の集中から様子が変わる(周囲からはそのギャップが良いという声も)。
他者に屈託なく接するので友人も多い。好物は甘いもの。


【名前】ナナ・ヴァーミリオン
【容姿】青のショートヘアーに紅の瞳。小柄な体格で胸も小さめだが絶壁組よりはマシ。
【性格】優しく礼儀正しく献身的。いつも敬語口調で基本的に他人のことはさん付け(ただしウィンのことは時々『ウィン』と呼び捨てにしているらしい)。
【得意魔法】
・魔力譲渡
自身の魔力を相手に譲渡し回復させることが出来る。発動には身体的な接触が必要かつ接触方法で魔力譲渡の効率が変化する(一番効率的なのは粘膜を介した場合だとか)。
【備考】魔法の扱いがあまり得意ではなく、魔法の精度にやや難がある。
そのため最初は校内トップクラスの実力を持つウィンに引け目を感じていたが、そんな自分に屈託なく接してくれるウィンにいつしか惹かれていった。
そして結婚式の時に意を決して自分の想いをウィンに伝え見事受け入れられた。
ちなみに恋愛面に関してはぐいぐい行く方であり普段の様子に反して彼女が攻めらしい(結婚式のキスもナナの方から行った)。


【名前】早川 時雨(はやかわ しぐれ)
【容姿】黒のポニーテールにつり目。長身スレンダー体型で凛とした顔立ち。
【性格】真面目で気難しいが結構天然。一人称は『私』で男口調。
【得意魔法】
・光る斬撃
棒状の物に魔力を込めることで光の刀身を持つ刀を精製することが出来る。
物理的な攻防以外に斬った軌跡を飛ばしての遠距離攻撃も出来る。
マホリオでは味方と同時に斬り込む・無数の斬撃を飛ばしての迎撃など臨機応変に立ち回る。
・剣戟・飛燕
斬撃を魔力として飛ばす。切れ味も鋭く、まるで燕が空を飛ぶようにさえ見える。
・剣戟・双飛燕
素早い斬撃を二つ、魔力として飛ばす。
・剣戟・朱雀
強力な斬撃を魔力として飛ばす。その力強さは南方の守護者である朱雀を窺わせる。獄級魔法相当。
・剣戟・鳳凰
非常に強力な斬撃を魔力として飛ばす。どんな攻撃や盾にも屈しないその軌跡は、伝説である鳳凰の威圧感すら感じさせる。
・剣戟・斑鳩
斬撃をその場に留め、相手の魔法を迎撃する。
・剣戟・八咫烏
非常に強力な斬撃をその場に留め、相手の魔法を迎撃する。その姿はさながら守護鳥たる八咫烏に重なる。
・居合・閃
ほんの一瞬で居合を行う。その斬撃は閃光のような速さである。
・居合・隼
一瞬で居合を行う。その斬撃はまるで、隼が襲いかかるかのような素早さと猛々しさを持ち合わせる。
【備考】実家が剣道の道場であり自身も有段者。
身体・魔法どちらも高いポテンシャルを誇る。
入学当初は普段の様子からウィンのことを軽く見ておりマホリオの実力も魔法頼りと思っていたが、一騎討ちを行い完膚無きまでに敗北したことで見直しウィンを友人及びライバルとして認める。
さらにより近くで修練を積み少しでもウィンに近づくために同じチームになった。
鍛練に明け暮れた生活を送ってきたためか様々な知識、特に性知識に乏しく未だにコウノトリレベル。
ウィンとナナが付き合っていることは知っているが、彼女達が隠れてキス等していることや結婚式のことは全く知らない。


リリウムにおいて最強のトリオだった。



19 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:26:01.99YJjCFc/jo (19/23)

【名前】ヴィーネ・ケルキオン
【容姿】ゼレスを大人にしてスタイルを良くした感じ
【性格】常にハイテンションで落ち着きがない
【得意魔法】
・神聖魔法
ゼレス以上に何でもできる。
・聖弾【ホーリーボール】
聖なる魔力を放つ基本魔法。
・神聖魔法【ホーリー】
自身を包む球体を作り出す。さらにその一部を放つことで攻撃に変換することも可能。攻防一致の高難度魔法。獄級魔法相当。
・神聖・球【ザ・スフィア】
巨大な球体を放つ。退ける力を持った球体は迎撃されにくく、本人の魔力も相まって重要な決め手となる。極級魔法相当。
・天聖魔法【アマテラス】
天から聖なる光を降り注ぐ。神級魔法相当。
【備考】親馬鹿気味なゼレスの母親。マホリオのプロランキング一位に君臨するチームのリーダーで攻撃・防御・補助と何でもこなしてしまう器用万能型。固有魔法を使わずとも世界ランク2桁程度の相手なら瞬殺してしまう程に個として圧倒的な存在。性格は全く似ていないがマホリオが大好きなところだけは娘に遺伝した。

ゼレスは一人のマホリオプレイヤーとして母を尊敬している為、マホリオが絡む場面では親子としての関係ではなく名前にさん付けで呼んでいる。尚ヴィーネの方からはちゃん付けで呼び会うたびに熱烈なハグをする。


【名前】サリア・マグノリア
【容姿】鮮やかなライトグリーンの長髪に切れ長の碧の瞳、長身で均整が取れつつも大きな胸を持つ美形
【性格】冷静沈着でクールな性格 しかし実は甘いものが大好物という子供っぽい一面も
【得意魔法】
・未来予知
数秒~数分先までの未来を見ることが出来る(より未来を見ようとするほど魔翌力消費は激しくなる)
また意図せずして数日~数ヶ月先の未来が見えてしまうこともある
ちなみに予知の確率は100%ではないが、それでも九割方当たるほど精度が高い
・未来視【トキ】
意図した少し先の未来を視ることができる。
【備考】マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。21歳。リリウムの卒業生でもある(ウィン世代とは入れ違えに卒業)。
未来予知と魔翌力の地力の高さから十全に立ち回ることの出来るオールラウンダー。
実は凄まじい方向音痴であり、固有魔法を用いて未来をいくら見ても迷ってしまうほど。チームメイトからはその件でよく叱られており、必ず誰かと一緒に出かけるように言いつけられている。が、すぐに迷う。
それらのギャップがファンからは人気との噂もあったりする。


【名前】久遠 茜(くおん あかね)
【容姿】朱色髪のギブソンタック。巨乳
【性格】
おっとりぽわぽわとしているが、良くも悪くも言いたいことははっきりと言う。マホリオになると全く喋らなくなりちょっと怖い(他のメンバー曰く暗殺者)
【得意魔法】
・自己の肉体強化
原理は不明だが肉弾戦で魔法を打ち破ったりする。
・〇〇強化魔法【ザ・〇〇】
部位の筋力・速力・耐久力等々を上昇させる。基本魔法(ただし素の力が相当高いため、上位魔法への対抗も可能)。
・〇〇進化魔法【エヴォ・〇〇】
部位の筋力・速力・耐久力等々を強化する。獄級魔法相当。
・〇〇深化魔法【ヘビー・〇〇】
部位の筋力・速力・耐久力等々を大幅に強化する。極級魔法相当。
・〇〇神化魔法【ネオ・〇〇】
部位の筋力・速力・耐久力等々をさらに大幅に強化する。神級魔法相当。
【備考】
24歳。マホリオのプロランキング一位に君臨するチームの一人。性格に反して超肉弾戦特化。肉体強化魔法を使うと赤い花びらが舞ってカッコいい。マホリオ以外でも格闘技(この世界にある奴で)の世界王者だったりする。魔法の演出も相まってビジュアル的な人気はチームで頭ひとつ抜けている。


20 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:28:01.24YJjCFc/jo (20/23)

【名前】スキア・レジェンダリア・アートルム
【容姿】ゼーレと完全に一致した容姿。瞳だけはゼーレと違い虚無を思わせる漆黒の色をしている。
【性格】ゼーレ本体と悪魔達の事を第一に考えて行動する
【得意魔法】ゼーレと完全に同一であるが、彼女が人道に反するとして使用を躊躇うような魔法も平然と使う。例としては『黙示録』(隕石魔法+頂点)、『魔界顕現』(パンデモニウム+頂点)など。
・黙示録【アポカリプス】
メテオ+アルティマ。半径10kmに及ぶ範囲に無数の隕石を降らせる。
・魔界顕現【ラグナロク】
パンデモニウム+アルティマ。意図した大きさの魔界と人間界のゲートを、意図した位置に開く。
・蘇生魔法【リザレクション】
ライブ+アルティマ。筋組織を即座に再構成し、体力を回復する。
・貫ノ頂・魔槍【グングニル】
ビーム+アルティマ。神をも伐つ究極の圧縮魔法。究極まで圧縮された魔法は、どんなに硬い盾でも貫くという。頂魔法。
・盾ノ頂・不撓不屈【イージス】
シールド+アルティマ。神をも通さない究極の防御魔法。最硬度まで練り固められた魔法は、どんなに鋭い魔力にも撓(たわ)まず、屈しないという。頂魔法。
【備考】ゼーレ・レジェンダリア・アートルムが影分身に頂点を発動させることで生まれた実体のある分身。本体の意のままに動く分身としての性質を持っていたが、のちにゼーレの妹として振る舞う自我が生まれた(魔王を倒して休眠に入ったタイミング)。
自身が新たな魔王となり魔界を統率する事で人間界への侵攻を防ごうと考え実行したが、不安定な自我が魔界の瘴気に蝕まれたことによって本来の魔王同様人類に敵対するようになる。本体への回帰欲求からかゼーレだけは対象外(人類側から奪還したいと考えている)。


21 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:28:28.85YJjCFc/jo (21/23)

~前スレでの出来事~

アートルム神社から目覚めたゼーレ・レジェンダリア・アートルムは、そのままクロエ達と行動を共にするように。

テレポートでリリウム魔法学校へ現れたり、魔力欠乏症とされていたイリスに魔法を与えるなど、規格外っぷりを遺憾なく発揮する。

卒業式、卒業試合にてクロエチームvsウィンチームが実現。

練られたコンビネーションにより勝利。とうとうウィンチームに土を付けることに成功した。

そして春休み。

ラクリマが芸能事務所にスカウトされ、アイドルの卵としてデビューすることに。

アルシェの実家で修行をして、魔界から攻め入るという魔王を迎え撃つことに。

魔王スキア・レジェンダリア・アートルムとの戦いは、ドラゴンや学外の魔法使いの強力もあり、なんとか防衛に成功。

しかし、一年後にまた来るという言葉を残して魔王は去ってしまう。

そして新学期、クロエ達は三年生に進級。

一学期を過ごす中で、多数の下級生と知り合いに。

現在は学内マホリオトーナメント。全員が死力を尽くして戦う!


22 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 00:28:56.63YJjCFc/jo (22/23)

眠さが限界なので今日はここまで
本編は明日以降書いていきます


23以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/25(金) 00:29:27.97Fb9XWHexO (1/1)

乙です


24以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/25(金) 01:20:14.97j530EOfQ0 (1/1)

立て乙

闇属性特攻がある敵キャラを登場させる等すればエルクミリアソフィアら辺まとめて救済できそう


25以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/25(金) 11:30:15.879qmoPQTWO (1/1)

いちょつ
ゼーレのアーカイブはハイパー状態のクロエの「あらゆる魔法を使いこなせる」設定を意識して作ったのかなって今更気付いた


26 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/25(金) 22:40:50.11YJjCFc/jo (23/23)

学内マホリオトーナメント、決勝戦ーー


ざわざわ ざわざわ


樹「これより学内マホリオトーナメント、決勝戦を始めます」

樹「ティアチーム対シェリルチーム、両チーム礼」


よろしくお願いします!


ティア「たしか、二年生……」


シェリル「知ってたんですか、光栄ですね」


ティア「一年生のとき優勝して、去年も準決勝まで出てたから。強いなって……」


シェリル「去年は、まあ……ウィンさんにやられましたから。でも今年は優勝をいただくつもりです。正々堂々戦いましょう」


樹「ティアチーム、大将はティアさん。シェリルチーム、大将はシェリルさん。確認いいですね?」

樹「では、試合開始!」


ティアチームの試合結果↓コンマ
偶数で勝利
奇数で敗北


27以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/25(金) 22:43:11.44djku7NRho (1/1)

ほい


28以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/25(金) 22:46:34.981V8AP6WK0 (1/1)

ティアチーム優勝めでたい


29以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/25(金) 22:51:50.49s573n2CwO (1/1)

最後の年はクロエチーム優勝して欲しかったなあ……


30以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/25(金) 22:51:53.34T77xFT7YO (1/1)

>>27
あと1分遅かったらコンマやべぇことになってるなw


31以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/25(金) 22:52:27.28s9+Uchc00 (1/1)

しかもゾロたあ縁起がいいね


32以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/26(土) 00:58:24.47g4c9aW2kO (1/1)

トワって狼なのね。リーケがいつも背中に髪をかけさせてもらってるって言ってたから浮翌遊する蛇か何かだと思ってた。ティトが狼だから、フェンリルとヨルムンガンド的な。


33 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/26(土) 23:17:06.18pvCRnDQfo (1/2)

シェリル「鏡魔法【ミラー】!」ズラッ!

シェリル「痛い目を見る前に教えます。俺の魔法は鏡。どんな魔法でも反射しますよ」コンコン


ナミネ「厄介ですね……」


アルシェ「でも攻めないと負ける」


ティア「その通りです。……アルシェ」


アルシェ「ん!」スッ

アルシェ「破壊魔砲【キャノン】!!」ズゴオオオオッ!!


ズ……ッ!


シェリル「無駄です! 反射!」


ズオッ!


アルシェ「破壊魔砲【キャノン】!!」ズゴオオオオッ!


ドオオオオオオオンッ!!


シェリル「あれだけの威力の魔法を連発できるんですか……。でも無駄ですよ」ヒュンッ


ティア「鏡があんなにたくさん……!」


アルシェ「……アルシェ、頭よくないからあれに勝つ方法が分からない。強い魔法を撃つしか……」


ナミネ「アルシェさんの貫通力がある魔法なら、反射する前に鏡を砕けるのではないでしょうか」


ティア「ですね。あれだけの鏡で守ってる以上、ナミネさんが水を操っても防がれてしまうかもしれません」


アルシェ「じゃあ……神槍魔法・貫【ブリューナク】!」


シェリル「!!」バッ!


バキンッ!


ナミネ「割れた!」


シェリル「鏡!!」ズオッ!


バキバキバキバキバキバキバキンッ!!


シェリル「な……!?」


ズドオオオオッ!


樹「試合終了! 勝者、ティアチーム!」


34 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/26(土) 23:17:39.66pvCRnDQfo (2/2)

ティア「あ、アルシェ……また強くなりました?」パチクリ


アルシェ「んーん。でも、ティアが一年目に負けて悔しがってたとき、すごく悲しかったから。だからティアのために負けたくなかった」


ティア「お、覚えてたんですか……///」


ナミネ「あらあら」ホッコリ


樹「両チーム礼!」


ありがとうございました!


ーーーーー

ーーー




樹「以上を持ちまして、今年の学内マホリオトーナメントを終了します」

樹「これからの夏休み、怪我だけはしないように。夏休み明けに皆さんの元気な姿を見せてくださいね」


「校長先生ありがとうございました。では各クラスごとに退場をします。教室でホームルームを行ってください」


ーーーーー

ーーー




先生「これで今年の一学期はおしまいです。二学期からは、さらに将来に向けていろいろ考えることが増えるでしょう。部活で最後の大会がある人もいるでしょう。なんにせよ、後悔のないよう過ごしてください」

先生「では、解散です。これからは夏休みですが、校長先生も言ったように怪我だけはしないように」


楓「夏休みだー!」


晶「さっそくはしゃぐな」


クロエ(夏休み、ね……)


わいわい がやがや


現在の目標
・最後の演劇部の大会に向けて練習する
・スキア救出の用意をする

安価↓~↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

1/10回目の行動です
7回目の行動後演劇部の全国大会となります


35以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/26(土) 23:27:03.06KUxw+kb6O (1/1)

スキア(もしくは手下の悪魔)が魔獣島をリザレクションで蘇生させ、そのまま島に住う魔獣もろとも悪魔化して支配下に置いてしまう

……を感知するリーケ


36以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/26(土) 23:37:54.67DDQnyE7cO (1/1)

ティアルシェ大好きガチ勢(ラクリマやらティア親衛隊やらリリウムちっちゃいものクラブやら)によってティアチーム優勝の祝勝会が開かれる
あまり羽目を外しすぎないように、という名目でリリィ先生が監督役として来ているが、実際はティアルシェガチ勢に負けないレベルでナミネのことを祝う気満々


37以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/27(日) 01:19:53.43QUBTjw7SO (1/1)

イオモミ、どうやら前よりさらに大きくなったために夏休み用の水着の新調
試着室に二人で入って色々試すが、一年の時の旅行のことやら密室に二人きりやらで水着のチョイスがどんどん際どくなり二人とも変な気分になりかけていく


38以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/27(日) 02:02:45.17LdWNuiHkO (1/1)

リーケに「どうして髪を切らないのか」と問うローラ

答えは「ゼーレに美しいと褒められたその時からずっと伸ばし続けている」との事で、それを聞いたゼーレのリーケすきすきゲージが爆発。クロエやローラの前であるにも関わらず、その場ではぐっとぎゅっと


39以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/27(日) 04:29:36.21wXFZ4EgY0 (1/1)

ノワールの両親の墓参りに行ってからイリスの家に帰省するイリノワ
その道中、いい機会なのでお互いの過去の話を詳しくする事に


40 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/27(日) 23:28:21.91PXEEYX7Bo (1/11)

>>32
設定レスに「ティト同様の星獣」と書いてあったのでティトと同種かと思いこんでいましたが、同種だとは書いてませんね……
このまま狼型で進めるか、種族を決めるか皆様の意見を聞かせていだきたいです


41 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/27(日) 23:28:48.87PXEEYX7Bo (2/11)

食堂ーー


「ティアちゃんアルシェちゃんナミネさん! 優勝おめでとー!」


ナミネ「ありがとうございます!」


ティア「あ、ありがとうございます」


アルシェ「これ全部食べていいの?」


「いいよー♡」


リリィ「優勝祝いはいいですが、はしゃぎすぎてはいけませんよ。校長先生も言ってましたが、夏休みだからといって何でもしていいわけではありませんからね」


「そんなこと言って、リリィ先生もナミネさんの優勝祝いのためにすごい準備に気合いれてたじゃーん」


リリィ「な、ななな……!」


ナミネ「リリィ先生……!」キュンッ


アルシェ「あむあむ」パクパク


ちっちゃいものファンクラブ「「おくちちっちゃい! かわいー!♡」」


ティア「アルシェ、がっつきすぎですよ。口のはしにソースがついてるじゃないですか」フキフキ


ティア・ソレル親衛隊「「面倒見いい! やさしいー!♡」」


ラクリマ「わかる」ウンウン


ナミネ「リリィ先生」ギュッ


リリィ「な、ナミネさん……優勝おめでとうございます」ドキドキ


ナミネ「はいっ」ニコッ


わいわい がやがや


ーーーーー

ーーー




42 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/27(日) 23:29:18.63PXEEYX7Bo (3/11)

ショッピングモールーー


モミジ「えへへ、また大きくなっちゃって……。イオちゃんと来れてよかったよ」


イオ「私もです。水着買い直さないといけなかったので……誘ってくれてありがとうございます」


モミジ「あ、ここだね水着置いてるの。見てみよっか」

モミジ「うーんと、大きいサイズ大きいサイズ……」


イオ「こっちですかね?」


モミジ「おお、あった」


イオ「でも種類は多くないですね……」


モミジ「まあ探すの楽だと思えば……。気になるのいくつか持っていって試着してみよっか」


イオ「はい♪」


ーーーーー


モミジ「う、試着室埋まってるね……」


イオ「あ、あそこ一つだけ空いてますよ。どうせ見せるんですし一緒に入りませんか?」


モミジ「いいの? 狭くないかな……」


イオ「だめだったら交代で着替えましょう」


しゃーっ


モミジ「あ、意外と広い……」


イオ「えーっと、まずはこれですね。タンキニタイプの水着です。上半身部分がタンクトップ型なので、体型が隠しやすいかと。どうでしょうか」ピタッ


モミジ「似合ってるよ! かわいい! 私も同じタイプの持ってきたけど……」スッ


イオ「似合ってます♪」


43 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/27(日) 23:29:44.97PXEEYX7Bo (4/11)

モミジ「でも、こういうフレアタイプの方がかわいさはあるかな」ピタッ


イオ「そうですね、ふりふりがついてて可愛いです」


モミジ「……イオちゃんならこういうビキニでも」スッ


イオ「わわ、体の前で合わせないでください! なんだか恥ずかしいです……!」


モミジ「えへへ、ごめんごめん。これ私が着たらどうかな?」スッ


イオ「……///」ゴクリ


モミジ「イオちゃん?」


イオ「す、すごくいいと思います……」ドキドキ

イオ「あうう、ごめんなさい。なんだかドキドキしちゃって……///」カアッ


モミジ「そ、そっか……///」ドキッ


イオ「あ、あの……これ、合わせてみてください」


モミジ「ビキニだね……。それもさっきのより布が少ない……」スッ


イオ「……///」ポー…


モミジ「///」ドキドキ


ーーーーー

ーーー




44 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/27(日) 23:30:10.97PXEEYX7Bo (5/11)

街の外れーー


ノワール「こっちこっち」


イリス「ほんとに街の外れですよね。距離的には確かにリリウムよりもカサブランカの方が近い……」


ノワール「はい、ついたよ」


イリス「ここが……」


ノワール「私の実家。で、両親のお墓」


イリス「…………」


ノワール「ママ、お母さん。今日は彼女を連れてきたんだイリス「ちょ、ノワールさんっ///」


ノワール「……イリスには話しておかないとね。といっても、初めて会ったときには考えてることはバレてたんだっけ」

ノワール「まあいいか。私の魔法は、魔界とのゲートを開く魔法。そしてその穴を通れる一番強い悪魔がやってくる。人間界は悪魔にとって美味しい感情がたくさんあるから、自分が通れるゲートができると、他の悪魔を押しのけてやってこようとするの。だからその穴を通れる一番強い悪魔が来るってわけ」

ノワール「で、昔空けた穴から暴走した悪魔が出てきたの。それで私を庇って、ママもお母さんも死んじゃった」


イリス「…………」


ノワール「だからさ、悪魔がこの世界を好きにしようとしてるのが許せないんだ。私みたいな思いをする人が増える必要はないよ」


イリス「私もです。ノワールさんが守りたいものを一緒に守りたい」

イリス「ノワールさんのママさん、お母さん、娘さんは私が幸せにします」


ノワール「ありがと、イリス」

ノワール「……じゃ、イリスの家に行こっか」


イリス「はいっ!」


ーーーーー

ーーー




45 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/27(日) 23:30:45.58PXEEYX7Bo (6/11)

ノワール「イリスは昔どんな子だったの?」テクテク


イリス「ええっと……大人しい子でしたよ。今のまま小さくなったと思ってもらえれば」テクテク

イリス「ママやお母さんの言うことは守る。そしたらママ達が喜んでくれる。だからまた言いつけを守るようになる……そんな感じでした」


ノワール「確かにママの言うことは絶対って感じだった」クスッ


イリス「い、今は違いますよ!? ちゃんと自分で考えて、自分で行動してますから」


ノワール「でもママさんのあれも、闇に心を乗っ取られてたからなんだよね。そう考えるといたたまれないな……」


イリス「今はもう別の研究にシフトしてます。お母さんは今までの技量を活かして、魔力が少ない人を助ける方法を探してます。ママはそのお手伝いを」


ノワール「そっか。魔力がない人を助けるための研究から、魔力が少ない人を助けるための研究になったんだ」


イリス「あ、つきましたよ」


ノワール「久しぶりだな、この家……」


イリス「ママ、ただいま!」ガチャッ


セレニテ「あ、イリスちゃん。おかえりなさい。ノワールさんもようこそ」


ノワール「お邪魔します」ペコリ


46 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/27(日) 23:31:21.68PXEEYX7Bo (7/11)

セレニテ「イリスちゃん達は夏休みだものね。久しぶりに会えて嬉しいわ」


イリス「私も久しぶりに帰ってこれて嬉しいよ」


ノワール「あの、セレニテさん。イリスの小さい頃のアルバムとかあります?」


イリス「な、なに言ってるの!? そんなの……」


セレニテ「あるわよー。見る?」


ノワール「見ます!」


イリス「やめてー!///」


ーーーーー

ーーー




47 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/27(日) 23:32:25.13PXEEYX7Bo (8/11)

図書室ーー


ヒカリ「あ、やっぱりここにゼーレさん達いたよ」


ゼーレ「? 何か用?」


ローラ「あの、リーケさんってなんで髪を切らないんですか?」


クロエ「確かに気になるわね。いつも周りの魔獣が持ってるけど、それなら切っちゃえばいいのに」


リーケ「だ、だって……」チラッ


ゼーレ「?」


リーケ「ゼーレが、き、綺麗って言ってくれた、から……」テレテレ


ゼーレ「な……!」キュウウン


クロエ「あらあら」


ヒカリ「素敵なポリシーだね」ホッコリ


ゼーレ「リーケぇぇ……っ」ムギュウウウウ


リーケ「わ、わ……っ///」


ローラ「わ、大胆……///」


ゼーレ「こんな可愛いこと言われて何もしないとかないよ! ああもう可愛い! 大好き!」ギュウウウッ


リーケ「く、くるしいよう」エヘヘ

リーケ「……っ!」ピクンッ


ゼーレ「……リーケ?」


リーケ「……なんだろ、これ……。どこかで魔獣が悲しんでる……」キョロキョロ


ゼーレ「そっか。じゃあ……」


アイリス「お、行くか」


ゼーレ「うん。地図だとどの辺?」


リーケ「多分ここ……」スッ


ローラ「そこ、魔獣島……?」


ゼーレ「了解!」キンッ


ヒカリ「テレポートの魔法陣……」


ゼーレ「行きますよ皆さん!」


クロエ「え、ええ!」


ーーーーー


48 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/27(日) 23:32:52.08PXEEYX7Bo (9/11)

魔獣島ーー


魔獣島「ゴオオオオオオオオオオッッ!!」


ヒカリ「な……!」


ローラ「魔獣島が動いてる……!?」


クロエ「それだけじゃないわ、魔獣島にいる魔獣も我を失ってるみたい……」


リーケ「魔獣領域【ビーストガーデン】……!」ゴオッ!

リーケ「みんな、集まって……!」


ゼーレ「あそこ! 神弾【ネオ】!」ゴギャアアッ!


サキュバス「防御魔法【シールド】!」

サキュバス「あら、可愛い子が邪魔に来たわね~。お姉さんがいいことしてあげようかしら?♡」


アイリス「お断り! 魔弾【シュート】!」


サキュバス「防御魔法【シールド】!」


クロエ「なんであんたがいるのよ! 魔界に帰ったはずでしょ!?」


サキュバス「魔王様の命で新しい戦力を捕まえに来たの。それがこの島……いえ、この魔獣よ」

サキュバス「死体に悪魔化の魔法をかけた上で、蘇生。そしたら反抗されることもなく強力な悪魔の完成ってわけ♡」

サキュバス「あとはこの島にいる他の魔獣もついでに悪魔化して連れて帰るわ。そういうわけで大人しく見学しててねー」


リーケ「させない……!!!」ゴオッ!

リーケ「魔獣領域【ビーストガーデン】!!!」


ローラ「!!」

ローラ(す、すごい……魔獣島に残ってた魔獣がみんなリーケさんの言うことを聞いてる……!)


49 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/27(日) 23:33:23.17PXEEYX7Bo (10/11)

ぎゃう! ばうわうっ!


サキュバス「ちょっと! 邪魔しないでよ!」


リーケ「お前……許さないぞ……!!」ギリ…ッ


サキュバス「ひ……っ」ゾクッ

サキュバス「四大魔法【アルケー】!!」


ゼーレ「防御魔法【シールド】、頂点【アルティマ】!」

ゼーレ「盾ノ頂・不撓不屈【イージス】!」ガキイッ!


サキュバス「は!? この魔法防ぐとかアンタ何者よ!?」


ゼーレ「ゼーレ・レジェンダリア・アートルム。あなた達が慕う魔王の姉です」


サキュバス「アンタが……!」

サキュバス「ちっ! このデカイのだけは持って帰れって命令なのよ! 悪魔顕現【ラグナロク】!!」


ズオオオオオオッ!


サキュバス「来なさい、デカイの!」


魔獣島「ゴオオオオオオオオオオオッ!!!」


しゅううううううう……


リーケ「ま、待って……! だめ……!!」


アイリス「リーケ! 飛んで!」フワッ


ローラ「うそ……魔獣島が……」フワ…


クロエ「消えた……」


ーーーーー

ーーー




50 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/27(日) 23:33:52.44PXEEYX7Bo (11/11)

校長室ーー


樹「そう……魔獣島が悪魔に……」


スフィア「……」


ゼーレ「すみません、私が行っておきながら……」


クロエ「いえ、サキュバスは死んでも悪魔化した魔獣島を魔界へ送るつもりだったはず。悔やんでも仕方ないわ」


リーケ「……」グッ…


ローラ「リーケさん、そんなに唇を噛んだら血が出ちゃいますよ……」ハラハラ


アイリス「リーケは悔しいんだ。すこしほっといてあげてほしい」


スフィア「……私だけならまだしも、私の友達に手をかけるなんてね」

スフィア「アートルム、クロエ」


クロエアートルム「?」


スフィア「私も本気で人間界の防衛に手を貸すわ。あいつのことも元に戻して、魔王も救う。それで全部終わらせるわ!」


アートルム「スフィアが協力してくれるなら百人力です」


クロエ「ええ、もちろん魔獣島も救うわ。よろしくね、スフィアさん」


現在の目標
・最後の演劇部の大会に向けて練習する
・スキア救出の用意をする

安価↓~↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

2/10回目の行動です
7回目の行動後演劇部の全国大会となります

↓から↓5まで、魔獣島の名前も募集します
最高コンマのものを採用(思いつかなければ安価内容のみのレスでも大丈夫です)


51以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/27(日) 23:43:50.498zWhbxwLO (1/1)

レナ、デンの家にお呼ばれするの巻

名前はシャリラで(元ネタはシャングリラ)


52以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/28(月) 01:36:32.14a71e4PTeO (1/1)

大会に向けて演劇部の稽古
ペアの場面の稽古などでまたもやよいの妄想癖が暴走してしまうが、今回はよりによってR-18方面に振り切ってしまい稽古中はおろか部屋に戻っても悶々とした夜を過ごす羽目に
(しかもクロエ&ヒカリ&手伝いに来てたローラ、凜華&舞、ラクリマ&ノルンなど偶然にも実際に付き合っている組み合わせばかり)


53以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/28(月) 02:43:30.14UKkNaFRtO (1/1)

トワの種族はまあ狼でいいんじゃない?

メインの安価は「島の件で落ち込んですっかりネガティブスイッチが入ってしまったリーケを皆で慰めて立ち直らせる話」

魔獣島の名前はアトモス


54以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/28(月) 09:19:58.12NshIYMe5O (1/1)

リーケだけでなくローラも魔獣島の件で不安になっていたのでローラの魔獣達やクリアにリズ、ルクも加わってローラを元気付ける


55以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/28(月) 11:36:42.9233RKE0q50 (1/1)

(スフィアの監視の下)ゼーレ達3人で街中デート

名前はフィッシュ


56以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/28(月) 11:57:14.64F3ow9Ide0 (1/1)

フィッシュ……


57以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/28(月) 12:25:35.40d19G8UIZO (1/1)

ゼーレの名前から伝説という単語が生まれたみたいに
・幼体が現代でいう魚に非常によく似た姿だったor現代における魚の祖といえる存在だった
・彼女の名前から『魚』という言葉が生まれた
・現代では彼女は島とみまごうほどの大きさと魚から遠くかけ離れた姿となったのでその由来は忘れ去られている
みたいな感じならアリやもしれん


58 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/28(月) 21:00:42.05cH65sSajo (1/1)

今日の更新はなしです

魔獣島の名前はフィッシュに決定しました
また、トワの種族も狼で決定します


59以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/28(月) 22:03:50.25MYzbHdUAO (1/1)

リザレクションとかいう治癒の極地みたいな魔法が存在するにも拘らずゼーレが数百年?眠る必要があったのは何故だろう

・回復魔法の類を跳ね除ける呪いを食らった
・当時は回復魔法が存在しなかった

他にそれっぽい理由あるかな


60以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 02:41:58.95GuFHfwzwO (1/1)

https://i.imgur.com/UqTwAWw.jpg

リーケちゃんってこんな感じかなー?
下手くそですまぬー


61以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 10:53:45.89nK8HZhDXO (1/1)

あら、かわいいじゃないの


62以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 18:20:29.37mvPZlT0lO (1/1)

アナログ絵だ。髪の色が綺麗だな。『赤みを帯びた銀』というのがよく分からなかったけど成る程しっくり来た。
身長140弱で超小柄という容姿設定だけど他にもロリっ子が多いから飛び抜けて小さいという印象はないんだよねリーケ。というか、ローラやソレル姉妹の身長はどの程度をイメージしているのだろうか?


63 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/29(火) 21:19:50.63sn1zpETto (1/10)

>>60
かわいい!
ちっちゃくて華奢な感じが伝わってきます!
成長した星獣なので当然ですが、トワの方が大きいのもいいですね

自分もお絵かき上手くなりたいのですが、体さえ上手く描けないので羨ましいです……
ノワールのイラストやメイドクロエのイラストを時々見返しては、嬉しさやら感謝やらで胸がいっぱいで幸せになれます
また幸せになれるイラストが増えました!

本当にイラスト感謝です!


64 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/29(火) 21:20:22.05sn1zpETto (2/10)

リーケ「フィッシュ……ううう……私がだめだめなばっかりに悪魔にされちゃったんだ……」ドヨーン


ゼーレ「リーケ……」ハラハラ


ローラ「リーケさんすごく落ち込んでる……」


クロエ「目の前で魔獣を連れ去られたんだもの。リーケさんの手前顔にはださないけど、ローラだって悲しいんでしょ?」


ローラ「う、うん……」


クロエ「リーケさんにもローラにも元気出してもらわないとね。でもどうしたらいいかしら……」


アイリス「リーケは魔獣と触れ合えば元気になるよ!」


ヒカリ「ローラさんもそうだよね。魔獣大好きだもん」


クロエ「……なら魔獣のいるところに行くしかないわね」


リーケ邸ーー


ローラ「ここ、私の家……」


クロエ「お母さん達には電話で許可を取ったわ。ローラのためなら魔獣のゲージはどれを開けてもいいって」


リーケ「……!!」キラキラ


ローラ「……みんな、ただいま!」


ぴゅいぃぃ! わんっ! ぶるる……っ!


ヒカリ「わわわ……!」


リーケ「よしよし……」ナデナデ


プチワイバーン「ぎゃうぅ……♪」


ゼーレ「すこし元気になったかな……?」


アイリス「うおー、もふもふ! ふわふわー!」ナデナデ


シバイーヌ「わふ~ん」モフモフ


リーケ「……シバイーヌはすごく人懐っこい。かわいいよね……」ナデナデ


シバイーヌ「わんっ♪」フリフリ


65 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/29(火) 21:20:49.02sn1zpETto (3/10)

クリア「ローラ!」テコテコ

クリア「元気だして、きっとだいじょーぶだよ!」


ローラ「クリア……!」


ルク「リーケさんも元気出してください。私達が力を合わせれば、きっとフィッシュさんも救えます」


リーケ「不死鳥さん……」


トワ「その通りだ、ご主人。だから今はたっぷり癒やされてくれ」


リーケ「……うんっ」


ヒカリ「よかった、二人とも元気が出てきたみたい」


クロエ「魔獣大好きの二人だもの。これだけ魔獣に囲まれて元気にならない訳がないわ」


ゼーレ「リーケ、もう少しここで過ごしたら外に出よっか」


リーケ「……?」


ーーーーー

ーーー




66 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/29(火) 21:21:15.59sn1zpETto (4/10)

街中ーー


スフィア「……」テクテク


アイリス「現代のデートしてみたかったんだー。いろいろ行ってみたいところもあるし!」


リーケ「で、でもフィッシュを助けるための作戦会議とかしないと……」


ゼーレ「今はいいの。少なくとも年度末にこっちに攻めてくることが分かってる以上、それまでは生かしておくはず」


アイリス「それに、今無理に魔界に攻めに行っても魔法使いは魔界の空気に耐えられないからね。やっぱり力を蓄えるべきだと思う」


リーケ「ゼーレもアイリスも頭いいね……わ、私やっぱりだめだめだ……」


アイリス「そんなことない! フィッシュのためを思って考えたことをだめとか言っちゃだめだよ!」


リーケ「あ、アイリス……」


ゼーレ「アイリスの言うとおり。今はデートを楽しもう?」


リーケ「うん……!」


スフィア(問題は起こさないでよ……)ハラハラ


ーーーーー

ーーー




67 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/29(火) 21:21:44.73sn1zpETto (5/10)

部室ーー


クロエ「じゃあまずストレッチからね。しっかりぼくすこと」


はいっ!


やよい「…………」


クロエ「ヒカリ、ローラ、お願いしていいかしら」


ヒカリ「うん、任せて」


ローラ「お手伝いするね」


舞「凜華さん、私が背中を押しますね」


凜華「うん、お願いするよ」


ラクリマ「ノルンさんやわらかーい」グイー


ノルン「あー、のびる~……」ペターン


レナ「デン、手伝ってもらえる?」


デン「うん、もちろんだよ」


ぽわんぽわんぽわ~ん


~~~~~


ヒカリ「しっかりほぐさないとね」クチュクチュ


ローラ「ほら、じっとしてないと怪我しちゃうよ?」ガッシリ


クロエ「やぁっ、ひぐっ、んんぅっ!」ビクッ


舞「ああ、凜華さんのおまんこ……」ペロッ


凜華「んっ……! 私だって……!」ペロッ


ラクリマ「ノルンさんやわらかーい」モミモミ


ノルン「だめっ、むね、よわいからあ……っ!」ピクッ


デン「ちゃんとイけるように手伝ってあげるからね」クチュクチュ


レナ「はっ、あっ、~~~~っ!」ビクンッ!


~~~~~


68 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/29(火) 21:22:12.30sn1zpETto (6/10)

ポメ「おーい、やよいー?」ユサユサ


やよい「はっ!?」ビクッ


ポメ「なんか部活から帰ってきてからずーっとボーッとしてたけど……大丈夫ー?」


やよい「う、うん、大丈夫……」

やよい(部活の記憶がない……。まさかずっと妄想に浸ってた……!?)

やよい(ううう……昨日読んだ小説にえっちなシーンがあったからかなあ……)モンモン


ポメ「やよい、寝ないの? 疲れてるんじゃない?」ハラリ


やよい「う……!」ドキッ

やよい(暑くて寝間着を緩く着てるから、胸元の肌色がちらりと……!)ドキドキ

やよい「そ、そうだね! 早く寝ないと……!」ボフッ


ポメ「おやすみー」


やよい「お、おやすみなさい」

やよい(ね、寝られるかなあ……)モンモン


ーーーーー

ーーー




69 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/29(火) 21:22:41.42sn1zpETto (7/10)

レナ「……」ドクンドクン


デン「あは、緊張してるね?」


レナ「そ、そりゃそうでしょ。デンのお母さんに挨拶するんだから……」


デン「大丈夫だよ、怖い人じゃないって」


レナ「……て」


デン「て?」


レナ「手、握って」


デン「……うんっ」ギュッ


ガチャッ


デン「ただいま!」


???「おかえりなさい、デン」


デンのお母さんのプロフィールをつくります。

テンプレート↓
【名前】〇〇・ハザード
【容姿】
【性格】
【得意魔法】(その人本人にしか使えない、特殊な魔法をお願いします。名前だけではなく、どんな魔法かも説明があると嬉しいです)
【備考】デンにループ魔法をかけた張本人。デンが幼い頃に、未来視によって死ぬことが確定している未来を知ってしまったため、運命を打ち破る力を付けるまでループさせることで救うことにした。(その他付け足したいことがあれば。口調が違っても大丈夫です)

安価↓から3つほどでてくるまで
何個か集まったら、コンマを使用しての投票になります

なお、時間軸そのものに干渉するループ魔法はかなり高度な魔法で、相当な手練でなければ使えないレベルです。
固有魔法はループ魔法や未来視に限りません。ループ魔法は魔法陣や術式を用いた魔法のため、使おうと思えば誰にでも使えます。
未来視は未来視を商売にしてる魔法使いなどもいるので、その人にデンの未来を見てもらったという可能性も十分にありえます。


70以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 22:08:15.721E2lqCsqO (1/1)

ABの天使然り、fateのカレン然り、銀髪金眼は正義

【名前】
ロゼ ・ハザード
【容姿】
黒の長いツインテ、眼はデンと同じ青(人間体)
真っ青な球体から歪な5本の腕が生えた姿(???体)
【性格】
「性格」、と定義できるものを持たないが、「優しい母親」に該当する振る舞いを学習してそれを模倣している
【得意魔法?】
願望器
他人の願いを叶える。ただし何かしらの形で反動が生じる。例えばデンの時間をループさせて欲しい、という願いを叶えた場合、デンが死ぬたびにその苦痛が願ったものを襲う。叶える願いがないと何も出来ない。ひょっとするとこれは魔法ではないかもしれない
【備考】
デンのママに好意のような感情を抱いた謎の生物。それが恋愛感情なのかは分からないが、「一緒にいたい」という漠然とした思いは間違いなく抱いていた為恋人同士となり結婚もし、デンも生まれた。デンとママを悲しませたくないので人間として振る舞えるように努めている。
未来視に長けたデンママからの願いによって、デンにループ魔法をかけた張本人。運命を打ち破る力を付けるまでループさせることで救うことにした(死から救って欲しい、という直接的な願いはデンママが反動で死にかねなかったので却下していた)
人間への擬態は基本的な能力として備わっているらしい



71以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 22:23:46.64CvRVO9SRO (1/1)

【名前】ノア・ハザード
【容姿】紫のショートヘアーに銀の瞳 長身スレンダーボディーの美形
【性格】厳格だが慈愛に満ちている
【得意魔法】瞳魔法
未来や運命を『視る』、相手の心を『読む』など『目』に関わる魔法を行使することができる
【備考】デンにループ魔法をかけた張本人。デンが幼い頃に、未来視によって死ぬことが確定している未来を知ってしまったため、運命を打ち破る力を付けるまでループさせることで救うことにした。
生まれつき盲目であり普段は目を閉じているが、目を開き相手の魔翌力を映すことで相手を擬似的に視認することが出来る
本来は人の運命を変えることは禁忌とされているが、どうしても娘を見捨てることが出来なかったため『一切の助言をせずに娘自身が極限まで努力し、あがき、最後まで諦めなければループを打ち破り助かることが出来る』という厳しい条件を付け救うことを選んだ
娘だけを苦しめないために自分とデンのママにもループの魔法をかけてループを繰り返していた


72以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 22:26:35.39sWFbUrAt0 (1/3)

【名前】オリヴィ・ハザード
【容姿】茶髪のショートヘアー。生気を感じさせない白い肌……がこれは化粧が壊滅的に下手なため
【性格】優しいはずなのだが見た目が怖いので好意がちゃんと伝わってくれない
【得意魔法】ループ魔法。1人までなら他人も巻き込む事ができる。魔翌力貯蔵マックスから1回で底をつく程に莫大な魔翌力を使うので術者の命に関わるヤバめの魔法
【備考】デンにループ魔法をかけた張本人。デンが幼い頃に、未来視によって死ぬことが確定している未来を知ってしまったため、運命を打ち破る力を付けるまで共にループすることで救うことにした。美的センスが壊滅しているが、絵だけは奇跡的に一周回って高評価なものになってしまう。凄まじい値が付くのでそれで生計を立てている模様


73以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 22:37:59.30sWFbUrAt0 (2/3)

>>60
かわいいー。支援絵たすかる

連レス失礼


74以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 22:52:56.53U45J5IKw0 (1/2)

【名前】ヴァイ・ハザード
【容姿】銀髪金眼のバインバイン
【性格】常に言葉足らずで極力自分の内面を見せたがらない
【得意魔法】回復魔法
【備考】デンにループ魔法をかけた張本人。デンが幼い頃に、未来視によって死ぬことが確定している未来を知ってしまったため、運命を打ち破る力を付けるまでループさせることで救うことにした。


75 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/29(火) 22:56:01.62sn1zpETto (8/10)

1.ロゼ
2.ノア
3.オリヴィ
4.ヴァイ

↓から投票
投票レスのコンマの1桁目の合計が最初に【15】を超えたキャラが???となります
本日中に誰も【15】に到達しなかった場合、その時点での最高コンマキャラが???となります


76以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 22:56:36.130NVMf6SgO (1/1)

3


77以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 22:57:22.31m01VynHpO (1/1)

1


78以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 22:57:32.84mSZ0n2Fv0 (1/1)

4


79以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 22:58:01.59sWFbUrAt0 (3/3)

1


80以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 22:59:23.74LYY5myHUO (1/1)

1


81以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 23:02:28.54U45J5IKw0 (2/2)

2


82以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 23:05:40.71bFISY2wXO (1/1)

4


83以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/29(火) 23:05:43.46+VG65MLZO (1/1)

変形能力が遺伝したとか良さげだし1


84 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/29(火) 23:14:02.55sn1zpETto (9/10)

デンのお母さんはロゼ・ノワールとなりました
設定は>>70を参照


85 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/29(火) 23:24:56.67sn1zpETto (10/10)

ロゼがすごく特殊な設定なので、上手く描写しきれないかもしれません
あらかじめご容赦いただけると助かります


86 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/30(水) 20:06:35.19Kf1df09jo (1/3)

ロゼ「あなたがレナさんね。デンから話は聞いてるわ」


レナ「は、はいっ! 娘さんとお付き合いさせてもらってます!」


ロゼ「そうかしこまらないで。外は暑かったでしょう。中でアイスティーでも淹れるわ、入って」


レナ「し、失礼します……」オズオズ


ロゼ「……」カチャカチャ


レナ(わ……紅茶淹れてるだけなのに綺麗……)


デン「先に私の部屋に行ってよっか。お母さん、紅茶お部屋まで持ってきてもらえる?」


ロゼ「ええ、持っていくわ」ニコリ


デンの部屋ーー


レナ「……」キョロキョロ


デン「面白いものでもあった?」


レナ「……デンの匂いがする」


デン「な……!///」カアッ

デン「ち、中学の頃のアルバム見るんでしょ。ほら、これだよ!///」


レナ「ふふ、照れてる」


こんこんっ


ロゼ「はい、アイスティーとクッキーよ。よかったらどうぞ」


レナ「いただきます」


ロゼ「それで……レナさんはデンのどこを好きになったのかしら」


レナ「ぅえっ!///」ビクッ

レナ「そ、それはその……中学の頃に声をかけてもらって……それから、です……」


ロゼ「そう」

ロゼ(声をかけてもらうことで好意が発生……学習完了)


ぺらっ


デン「あ、これレナのクラスの写真だ。ほらお母さん、レナは昔こんな感じだったんだよ」


87 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/30(水) 20:07:03.83Kf1df09jo (2/3)

ロゼ「……今とは雰囲気が違うのね」


レナ「昔はその……引っ込み思案なタイプだったんです。でも、デンに声をかけてもらったことが変わるきっかけになって……」


デン「それで私を追ってリリウムにまで来たの?」


レナ「追ってって言い方は好きじゃないけど、まあそうね。デンが行くならと思って勉強も頑張ったの」


デン「そしたら私が性格変わっちゃっててびっくりしたでしょ。よく今付き合えてるなってたまに思うよ」


ロゼ「それはループのせい?」


デン「そう。お母さんには話したけど、ほんとに何回も死んでたんだよ。お母さんのループ魔法のおかげでなんとか助かってるけどね」


ロゼ「……正確にはループ魔法じゃないのよ、デン」


デン「え?」


ロゼ「私の魔法は、人の願いを叶える願望器。それで、デンが死ぬ未来を知ってしまったママの願いを叶えたの」

ロゼ「『どうかデンが死なないようにしてほしい』。それがママの願いだった。でも願望器が媒介にするのは魔力じゃなくて願いの力。そんな願いを叶えたら、ママが死ぬほどの苦痛を感じることになってしまう。それは叶えることはできなかった」


デン「じゃあどうやって……」


ロゼ「ギリギリの妥協点が、デンが成長することによる死のハードルの低下だった。だから『デンが運命を打ち破る力を付けるまで時間をループさせる』という願いを叶えた」


レナ「そうだったんですね……」


88 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/30(水) 20:07:33.89Kf1df09jo (3/3)

デン「そんなのどうでもいいよ! ママとお母さんが私が死なないためにやったことだもん。どんな魔法でも、どんな理由でもいい。今生きてるのはその願いのおかげ」


レナ「そうです。私からもお礼を言わせてください。デンさんが死なないよう願ってくれてありがとうございます」


ロゼ(そう……この胸の奥が暖まるような、心地良い感覚は安堵。私はデンが生きていてくれて、幸せを感じている)

ロゼ「……ううん、デンが生きてて嬉しいのは私たち親だって同じよ。デン、レナさんと幸せなってね」


デン「……! うん!」


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・最後の演劇部の大会に向けて練習する
・スキア救出の用意をする

安価↓~↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

3/10回目の行動です
7回目の行動後演劇部の全国大会となります


89以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/30(水) 20:31:12.12pFRJzlDcO (1/1)

橘花のパルプンテ研究(実質デート)

今回は『一部屋のみに意図的に集中させるとどうなるか』というテーマで、研究室の物などへの影響を考慮して適当な部屋を探したところ例のベッドの部屋を発見したのでそこで行うことに
他の部屋に魔力が漏れないように結界を貼ったところ『自分以外の周囲の人間を軽く発情させる』という効果が発現
普通であればリリウム全体の人間がちょっとムラっと来る程度だったがそれが全て橘花1人に集中してしまい、橘花が弱々しくエミールにすがり付いて助けを求める


90以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/30(水) 20:33:11.057MJ3NrjcO (1/1)

未来視で魔王の姿を見てしまった人が瓜二つの容姿のゼーレを偶然見かけてしまい、リリウムが魔王を匿っているという噂が立ち始める


91以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/30(水) 21:10:57.92Dc9sKhzaO (1/1)

ノワール、いつも呼んでるチビ悪魔に頼んでスキアが魔界で何をしているか偵察してきてもらう(魔王様がどんな子なのか興味があるから、みたいな感じで偵察の意図はぼかす)


92以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/30(水) 22:19:02.03lXvFuhYn0 (1/1)

春休みの際は魔王の件もあってドタバタした中での挨拶になってしまった為、改めてアルシェの両親に挨拶へ向かうティア


93以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/12/30(水) 22:31:38.95UV4rxuhg0 (1/1)

ケルキオン家にお呼ばれされて、夏休みを南国の別荘で過ごすことになったステラ

ヴィーネは忙しいので合間を縫って少しだけ会いに来る


94 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/31(木) 23:57:25.05EbMBZOvXo (1/6)

南国の別荘ーー


ざざーん…… ざざーん……


ステラ「……」


ゼレス「久しぶりに来ましたね、ここは」


ステラ「ここが別荘、ですか……」


ゼレス「はい。機会もないと来ませんし、ステラさんとこれてよかったです」


ステラ(プライベートビーチに、豪華な別荘……。トッププロの財力すごい……!)


ゼレス「それにここなら、ステラさんの魔法の特訓をしても誰にも迷惑がかかりませんからね」


ステラ「……!」

ステラ「すみません、私一緒に過ごしたいだけで別荘まで来たのかと……!」


ゼレス「それもありますけど、魔王との戦いにはどれだけ備えても無駄なことはありませんから。そのためなら別荘くらい空けさせますよ」


ステラ「はい! 私も特訓頑張ります!」


ゼレス「その意気です!」

ゼレス「……不本意ですが、時々お母さんも見に来るそうです。その時は特訓を手伝ってもらいましょう」


ステラ「はい!」


ーーーーー

ーーー




95 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/31(木) 23:57:52.75EbMBZOvXo (2/6)

アルシェ家ーー


ティア「お、お邪魔します」


アルシェ母「ようこそ、よく来てくれたわね」


アルシェ「今日は修行じゃない」


アルシェママ「ん、分かってる」


アルシェ母「はいはい。ティアさん中へどうぞ、ゆっくりしていってね」


ティア「は、はいっ」

ティア「そ、その……お母さん、ママさん! アルシェさんのこと、絶対に幸せにします!」


アルシェママ「……ん、頼んだ」


アルシェ母「アルシェがこんなに幸せそうなの初めてなのよ。あなたのことを大好きなのが伝わってくるわ。見てるこっちまで嬉しくなっちゃう」


アルシェママ「孫の顔を見せてほしい」


ティア「ま、孫ってそんな、気が早いと言うか……!」


アルシェ「いつか見せる。絶対にティアに似た可愛い子が産まれる」


アルシェ母「あらあらあら」ウフフ


ーーーーー

ーーー




96 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/31(木) 23:58:19.54EbMBZOvXo (3/6)

休憩部屋ーー


エミール「こ、ここは……?」


橘花「他から隔離された結界が張れて、なおかつそれなりの広さが確保できる部屋だ」


エミール「こんなベッドだけの部屋があったんですね……」


橘花「さて、エミールの実験だ。外に魔力が漏れないようにした上でどうなるかを観察する」


エミール「は、はあ。撃っていいんですか?」


橘花「ああ、頼む」


エミール「では……えいっ!」ピカーン


もわんっ


橘花「……っ」クラッ


エミール「ど、どうですか……?」


橘花「ああ、これ、そうか……」フラフラ

橘花「弱い催淫効果が一極集中して……くっ」ムラムラ


エミール「さいいん……えっ!?」


橘花「えみーる……」クタッ

橘花「せつない……どうしたらいいんだ、これ……っ!」ハアハア


エミール「!!」ズキューン!

エミール「橘花先生、ベッドに横になってください。優しくしてあげます」


橘花「?」コロン


エミール「ここ、わかります?」スリッ


橘花「っ!」ビクッ


エミール「ここを優しくこするんです。そしたら気持ちよくなりますからね……」コシュッコシュッ


橘花「はっ、あっ! えみーる、えみーるっ!」ブルルッ


エミール「っ」ゾクゾクッ


橘花「~~~~~っ!!」ビククッ!

橘花「ーーはっ、はあっ、はあっ……! なんだ、いまの……」フウフウ


97 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/31(木) 23:58:47.57EbMBZOvXo (4/6)

エミール「し、したことないですか?」


橘花「あ、ああ……。今のがもしかして絶頂というやつか……?」


エミール「そうです。イったんですよ」


橘花「あれが……はじめてのたいけんだ……」


エミール「体は大丈夫ですか?」


橘花「ん、あ、ああ。落ち着いたようだ。さ、今のをまとめないといけないから、さっさ出ようか」


エミール「は、はいっ」


ーーーーー

ーーー




98 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/31(木) 23:59:13.69EbMBZOvXo (5/6)

空き教室ーー


ノワール「悪魔召喚【パンデモニウム】」ポンッ


「オッ? 久しぶりだナ!」


ノワール「久しぶり。実は聞きたいことがあって……」


「なんダ?」


ノワール「魔王が人間界に来ようとしてるって言ってたけど、魔王って今どんなことをしてるの? その……友達になるならどんな人なのか知っておこうと思って」


「そんなことカ! なら次来るまでにこっそり調べておくヨ! 任せロ!」


ノワール「ほ、ほんと!? お願いね!」


「おウ!」


ーーーーー

ーーー




魔界ーー


「…………」コソコソ


スキア「……見られてるな」


「!!」ビクッ


スキア「未来視か……」


サキュバス「どうしたんです、魔王様」


スキア「少し人間界に行ってくる。お姉ちゃんのことを守らないと」


サキュバス「……?」


「お姉ちゃん思いの悪魔だよナ……。すごく強くて優しい悪魔ダ」ウンウン


ーーーーー

ーーー




99 ◆ZOSRNJGVq.2020/12/31(木) 23:59:40.97EbMBZOvXo (6/6)

未来視屋ーー


「これは……リリウム魔法学校……!? すごい魔力の持ち主が……まわりをめちゃくちゃに……」キィィィ…ン

「リリウムはまさか魔王を匿ってる……!? リリウムに問い合わせないと!」


ーーーーー

ーーー




ざわざわ ざわざわ


クロエ「ちょっと、何ごとよ!」


樹「それが、リリウムが魔王を匿ってるって噂が出回ったらしくて……」


「魔王を出せー!」 「リリウムは危険だー!」


ゼーレ「……私が出ていくしかないですね」


ズオッ!!


スキア「魔弾【シュート】」ゴッ


ゼーレ「! 防御魔法【シールド】!!」ガキィッ!

ゼーレ「す、スキア……! なんでここに!?」


スキア「……ふん」


「お、同じ顔が二人……!?」 「あっちの人守ってくれたわよ……?」


スキア「うるさい人間は少し減らしてもいいかと思って」スッ

スキア「貫ノ頂・魔槍【グングニル】」ゴギュウウウウッ!!


ゼーレ「しまっ……!」


ラミー「暗黒壁【ブラックモノリス】!」ガキッ!


御桜「舞え、桜吹雪【サクラフブキ】」ブワッ

御桜「桜壁【サクラノカベ】!」フォッ


ナミネ「水障壁【アクアカーテン】!」ブワッ!


レナ「……すぅ」

レナ「城塞魔法【シタデル】!!」ゴゴウンッ!


ギインッ!!


100 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/01(金) 00:00:12.35PPJyweXjo (1/4)

スキア「……止められた。へえ」


ズオッ!


スキア「今日は本気で攻めに来たわけじゃないし……いいや、もう。また今度来るよ、じゃあね」スッ…


ゼーレ「……スキア! あなたのことも救ってみせる!」


スキア「!」


ゼーレ「だから……絶対に人間界に攻めてきなさい」


スキア「……まさかそっちから攻めてこいなんて言われることになるなんてね。でも残念。私がお姉ちゃんのことを救ってあげるから」


すう……


「消えた……」


ゼーレ「……皆さん、私はゼーレ・レジェンダリア・アートルムといいます。かつて魔王の攻撃により魔力の再生が著しく阻害され……長く眠ることでやっと現代に復活しました」


ざわざわ


ゼーレ「そして彼女は、魔王のいなくなった魔界を統治するために私が送った私自身の分身です。でも、魔界の毒素にあてられて、彼女が新たなる魔王となってしまった」

ゼーレ「私は私自身の名に懸けて、彼女を止めてみせます。ですから、どうかリリウムのことは悪く言わないでください……!」


「よくわからないけど、まあ……」 「アートルムが復活って、あの魔力は確かにすごかったけど……」


樹「信じる信じないは自由です。ですが、これまでリリウムを卒業した者たちが世界にとって不利益なことをしたことがないことは、皆さんの知るところでしょう」


「確かに……」


ざわざわ ざわざわ


樹「どうぞリリウムをこれからもよろしくお願いします。では、本日はお引き取りを」


ざわざわ ぞろぞろ……


クロエ「……なんとかなったわね……。よかった」


101 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/01(金) 00:00:49.10PPJyweXjo (2/4)

樹「……ふう~……」ホッ


ラミー「お、お疲れ様。急にすごいことになったね……」


樹「まあ校長やってればこれくらいはね……」


クロエ「それより御桜、あなたなんでここに?」


御桜「姉の友人が視た未来について電話が来たんです。なので防御のために来ました」ニコリ


クロエ「そうだったの……。防御組凄かったわね」


レナ「私の新魔法も使えたみたいでよかったわ。まだまだ頂魔法には及ばないけどね」


クロエ「でも神魔法クラスの堅さだったんじゃない?」


レナ「それは否定しないけど、そこで満足してたらよくないわ。私達はあの魔王と戦わないといけないんだから」


クロエ「ええ、そのとおりね」ニッ


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・最後の演劇部の大会に向けて練習する
・スキア救出の用意をする

安価↓~↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

4/10回目の行動です
7回目の行動後演劇部の全国大会となります


102 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/01(金) 00:01:41.68PPJyweXjo (3/4)

というわけであけましておめでとうございます!
スレは現在夏休みで季節感めちゃくちゃですが、今後ともどうぞよろしくお願いします!


103以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/01(金) 01:06:13.58Bk632tkh0 (1/1)

あけましておめでとうございます!


104以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/01(金) 03:46:39.02LZONxCHTO (1/1)

あけおめちゃん
流石にこのタイミングは人がいないか

スキアが世界全体に未来視を妨害する結界を展開
その影響でサリアの魔法の精度が落ちてしまうが、茜とヴィーネのフォローによってチームとしての圧倒的な強さは健在な模様


105以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/01(金) 04:01:11.25PfIC21GAO (1/1)

初めはカームとやよいの2人だけででカラオケに行こうという話だったのだが、最終的にカームチームとシエラチームを合わせた6人で行こうという話に


106以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/01(金) 07:51:50.19lRY46K2GO (1/1)

そろそろ演劇大会の練習をしよう

衣装合わせ中に小一時間ほど行方不明になるレナデンと何かを察する舞


107以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/01(金) 08:11:21.268s91ggo5O (1/1)

あけおめ、今年も良い百合期待してる

リリィ先生の実家にお邪魔したナミネ
そこでリリィ先生の弟妹達に囲まれて質問責めされあたふた


108以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/01(金) 09:56:11.57uZ+2f27ZO (1/1)

プロ入り後、ウィンと同じく期待のルーキーとして快進撃を続ける時雨へのインタビュー
その際に恋愛方面など疎すぎる話題を振られ、その回答のギャップに歓声がより黄色くなる


109 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/01(金) 22:48:02.72PPJyweXjo (4/4)

今日は更新なしです、すみません!


110 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/02(土) 19:28:58.95T+ppsRoto (1/8)

リリィ家ーー


ナミネ「お、お邪魔します……」


「お姉ちゃんおかえりー!」 「わ、だれ!? きれいなひと!」


わらわら


ナミネ「あわわ……!」


リリィ「学校の生徒よ。ちょっと顔見せついでに、みんなのお世話してもらおうかなって思って」


「別にお姉ちゃんいなくても大丈夫だったけどねー」


リリィ「確かに……。ちゃんとお部屋の掃除もしてるのね、えらいえらい」


ナミネ「あ、あの、私来てよかったんでしょうか……。校長先生に何か言われたりとか……」


リリィ「大丈夫です。ナミネさんの品行方正さは学校中みんな知ってますし、何も言われませんよ」


ナミネ「そ、そうですか」ホッ


「おねえちゃんおなまえは?」クイクイ


ナミネ「あ、自己紹介がまだでしたね。ナミネ・スフィアードといいます。よろしくお願いしますね」


「なみねおねえちゃん!」


ナミネ「はい!」


「なみねおねえちゃんはおねえちゃんのこいびと?」


ナミネ「へっ!?///」


「あ、それあたしも気になる」 「彼女なのー?」


リリィ「もう、ナミネさんを困らせないでください。ほらほら、せっかくのお姉ちゃんですよ? 一緒に料理でもしましょう!」


「するー!」 「今日はハンバーグなんだよ! 材料はちゃんと買ってある!」


リリィ「ハンバーグ! ほら、ナミネさん。こっちがキッチンです、一緒にお料理しましょう?」


ナミネ「は、はい!」


ーーーーー

ーーー




111 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/02(土) 19:29:44.61T+ppsRoto (2/8)

魔界ーー


スキア「……」


花「人間界からの帰参から何か思案なされていますが、いかがなさいましたか」


スキア「うーん……未来視されるのはまだしも、私とお姉ちゃんを間違えられるのはなあ……」

スキア「あ、そうだ!」


ヴォン


スキア「未来視妨害の結界を世界中に貼ろう!」ゴオッ!


ぐら…… ぐらぐらぐら……っ


サキュバス「ちょちょちょ……!」ガシッ


花「世界を対象に結界を……。さすがのお力です」


ーーーーー

ーーー




スタジアムーー


わあああああああっ!!


敵アタッカー「獄風魔法【ヘルウィンド】!」ゴオッ!


ヴィーネ「防御魔法【シールド】!」


サリア「ナイスです! 未来視【トキ】!」キィン

サリア「ーーっ!?」ガクッ


ヴィーネ「次の攻撃は!?」


サリア「み……見えません! 未来視がモヤがかかったように……!」


茜「!」


敵サポーター「縄魔法【ロープ】!」ビッ!


ガシッ!


敵サポーター「茜さんの片腕封じたよ!」


敵大将「オッケー! そのまま茜さんから狙っていこう!」


112 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/02(土) 19:30:20.20T+ppsRoto (3/8)

茜(これは……動きだけじゃなく魔力の流れまで抑制されるのか……)ギシッ


ヴィーネ「未来が見えないなら……茜! サリアのサポートするよ!」


茜「……」コクッ


敵サポーター「その状態で? 無理よ! 縄魔法【ロープ】!」ビッ


茜「脚進化魔法【エヴォ・レッグ】」バッ!


敵サポーター「消え……!?」


敵アタッカー「後ろ!」


ヴィーネ「後ろを取られたのはあなたも。聖弾【ホーリーボール】!」


敵アタッカー「ぐあっ!!」


敵大将「く……!」

敵大将(隙は大きいけどこれしか……!)

敵大将「要塞砲【フォートレスカノン】!!」ガコォン!


ヴィーネ「おおっ!? 防御系の超上級“攻撃”魔法! 魔力の装填に時間がかかるけど威力はすごいよ!」


サリア「解説はいいですから! 狙いをつけられないようとにかくバラバラに!」


ヴィーネ「オッケー!」


敵大将(狙いは……あんたよ! 大将!)ジャキッ!

敵大将「発射ァ!!」ギュゴオオオオオッ!!


サリア「!!!」


ヴィーネ「神聖・匣【ザ・キューブ】!」ガチンッ!


敵大将「止められた!?」


茜「脚神化魔法【ネオ・レッグ】、腕深化魔法【ヘビー・アーム】」ブワッ

茜「すぅ……破ッ!」ゴッ!!


ごしゃああああああ……っ


ヴィーネ「さて、一人欠けて強力な魔法も打ち消されて……まだやる?」


敵大将「……降参です」


わああああああああっ! パチパチパチパチ!!


113 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/02(土) 19:30:53.61T+ppsRoto (4/8)

サリア「す、すみません。助かりました……」


ヴィーネ「……」ジ…ッ


サリア「な、なにか?」


ヴィーネ「いや……目に異常はないみたいだし……。なんだろ、なんか薄い結界の中にいる感覚はあるんだよね……。ま、気のせいか」


茜「そういうのは後でいいですよ~。ほら、挨拶しましょ~」


審判「両チーム礼!」


ありがとうございました!


ーーーーー

ーーー




114 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/02(土) 19:31:20.93T+ppsRoto (5/8)

他のスタジアムーー


レポーター「本日のヒロインは、一瞬の隙を突き試合を決めた! ルーキーの時雨選手ですー!」


パチパチパチパチ!


レポーター「大活躍でしたね! この歓声、どうですか?」


時雨「ありがとうございます。すごく嬉しいです」


わああああああっ!


レポーター「あの判断、ベテランの選手でもそうはできません。どのように身に着けた技術なのでしょうか」


時雨「私は昔から剣道とマホリオだけに情熱を注いできましたから。もしかしたら剣道の経験が活きたのかもしれません」


パチパチパチパチ!


レポーター「というと、彼女にいいプレーを見せるぞー! みたいなのはないんですね」アハハ


時雨「え、あ、ああ……。そう、ですね。その……彼女というのができたことがないし、恋愛というのもよく分からないので……そういうことはない、です」モジモジ


きゃあああああああああっ!!


レポーター「おおっと、会場の女性たちからとてつもない黄色い声が! ではその会場の皆さんに最後に一言お願いします!」


時雨「明日の試合も応援よろしくお願いします!」


わあああああああああっ!


レポーター「ということで、本日のヒロイン、時雨選手にお越しいただきました! 時雨選手、ありがとうございましたー!」


ーーーーー

ーーー




115 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/02(土) 19:31:48.09T+ppsRoto (6/8)

食堂ーー


テレビ『あの試合のあと、時雨選手のグッズが大売れだったらしいですよ! 皆さんもこの新人、要チェックです!』


カーム「あの人……ウィン選手とリリウムでチームを組んでた人だよね。すごいなあ……」


やよい「そうそう。私達とは入れ違いに卒業しちゃったけど……。1チームから2人もプロってすごいよね。それにどっちも大活躍!」


カーム「私達も頑張らないと!」


やよい「でも学生たるもの息抜きもしないとね。えっと、学校近くのカラオケは……」ポチポチ


ポメ「やよいー!」ダキッ


やよい「ポメちゃん? どうかしたの?」


ポメ「なにもないよ! でもやよい見つけたから!」ニコー


やよい「そっか」ナデナデ


カーム「あ、ポメ暇? よかったら一緒にカラオケ行かない?」


ポメ「! いく!」


カーム「となると……。みんな誘おっか」


やよい「うん!」


ーーーーー

ーーー




116 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/02(土) 19:32:17.20T+ppsRoto (7/8)

カラオケ屋ーー


ポメ「いえーい!♪」キイイイイイン!


シエラ「ちょっと! ハウリングしてる!」

シエラ「……」チラッ


レティス「…………♪」


ロロナ「れ、レティスさん魔法大丈夫なの……?」


カーム「歌わないけど来てみたかったんだって。マラカスとタンバリンで盛り上げるみたい」


レティス「♪」シャンシャン


やよい「よーし、歌おー!」


ーーーーー

ーーー




117 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/02(土) 19:33:06.73T+ppsRoto (8/8)

部室ーー


クロエ「今日は役ありと衣装係で衣装合わせをするわ。しっかり体型に合わせてね。最近太ったとか、胸のサイズが大きくなったとか、そういうのはある程度はデンの魔法でなんとかするけど、まずは素直に申告すること」

クロエ「じゃあ各自で衣装合わせ開始よ!」


はいっ!


ヒカリ「衣装合わせも最後か……」


凜華「そう考えると感慨深いね……」


モミジ「……その、胸の大きさが……」ゴニョゴニョ


衣装係「えっ! さらに大きく!?」


モミジ「……///」コクリ


凜華「そういうのを感じる暇がない人もいるみたい」クスッ


舞「あれ、レナさんとデンさんは……」


ーーーーー

ーーー




クロエ「衣装合わせ終わったわね。それじゃあ調整はこれでおしまい。明日からまた練習になるから、しっかり体は休めること」


はいっ!


レナ「あ、あら、終わったの?」ハアハア


デン「そ、そうみたい……」フウフウ


舞「……」

舞(……そういうことですか)フム


クロエ「ああ、二人とも。衣装合わせは終わったわよね? 今日はもうおしまいよ」


レナ「わ、分かったわ。じゃあまた明日ね」


クロエ「ええ、また明日」


デン(うう、下着の濡れた感覚が……)モジモジ


現在の目標
・最後の演劇部の大会に向けて練習する
・スキア救出の用意をする

安価↓~↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

5/10回目の行動です
7回目の行動後演劇部の全国大会となります

また、一年生のカラオケスキルをコンマで判定します
高いほど上手
カーム ↓コンマ
ポメ  ↓↓コンマ
やよい ↓3コンマ
シエラ ↓4コンマ
ロロナ ↓5コンマ


118以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/02(土) 21:10:20.48b6fvwerDO (1/2)

端役ではあるが声優の仕事が回ってきたラクリマ、声だけでの演技のコツを掴むためにティアとアルシェに協力してもらう
アルシェに目隠しをして左右から声を聞かせてどちらがティアかを当てさせるというものだが、卓越した演技力のラクリマと恋人への想いで演技力をブーストしたティアでどっこいどっこいに
実質ティア二人によるASMRを聴かされる形になってしまったラクリマ、辛抱堪らなくなってティアを押し倒す
(※なおラクリマはお邪魔虫にならないように退散した模様)


119以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/02(土) 21:11:33.30b6fvwerDO (2/2)

>>118
ミス、最後ティアを押し倒すのはラクリマではなくアルシェです
安価下


120以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/02(土) 21:18:05.73oU7pd0eSO (1/1)

カームは芸術方面は凡才って感じだなぁ。コンマはこのレスがポメになるかな

レティスについて知ったティア、筆談を勧めてみる。ついでにオススメの紙とペンも教えてあげる


121以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/02(土) 21:43:24.18kZDJ/o2EO (1/1)

イリスの家で久しぶりに家族の温かみを感じ、両親が恋しくなってしまったノワール
夜、無性に寂しさを感じいつも以上にイリスに甘え、求めてしまう
それに応じて、優しく慰めるイリス



122以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/02(土) 21:54:07.04wpjfSzW60 (1/1)

>>118の話をしたところ、自分にもやってほしいと頼むノルン。ティア同様に恋人ブーストがかかるので……(察し)


123以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/02(土) 22:02:37.07DWU8O58LO (1/1)

魔翌力を洗い流す雨が降りレティスの髪の染料が落ちてしまう。慌てて隠そうとするも、たまたま通りかかったシエラに気付かれお姫様ということがバレてしまう


124以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/03(日) 00:30:58.78IkemA/bvO (1/1)

下3人が音痴すぎる


125以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/04(月) 00:26:53.81IfqutmGDO (1/1)

おやすみかな


126 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 02:18:14.08LLi68uZao (1/13)

すみません、久々のセックスシーンのため時間がかかっています
本日中に書き上げて投稿予定です、お待たせして申し訳ありません


127以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/05(火) 11:11:14.16CBf/HqwoO (1/1)

1組くらい卒業まで健全なままでいるカップルいてもいいのよ?


128以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/05(火) 15:19:31.46CG3zf6V1O (1/1)

学生妊娠しなければセーフ


129以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/05(火) 15:55:05.46yzQ/9iqyO (1/1)

イオモミはそこら辺奥手そうだけど、一線越えたら抑圧されてたぶんもあってすごいことになりそう


130 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:02:29.90LLi68uZao (2/13)

やよい「らー♪」


シエラ「らぁー」


ロロナ「らー……」


レティス「……♪」シャンシャン


カーム(やよいはまあ聞けるレベルだけど、あとの二人ともあんまり……)


ポメ「あんまり上手じゃないねー?」


カーム「!!」ギョッ


ロロナ「や、やっぱり私なんか来ないほうがよかったよね、ああ、誘われたからって来なきゃよかった……」ブツブツ


シエラ「ふ、ふん。私はマホリオの練習ばかりだったからです。才能がないわけては……」ブツブツ


ポメ「でも楽しそうだからもっと歌ってほしいなー。ね、ね、誰かデュエットしよう!」


やよい「あ、はいはーい! 一緒に歌おうポメちゃん!」


ポメ「いえーい♪ らぁ~♪」


やよい「わ、ポメちゃんうまい! らー♪」


ーーーーー

ーーー




131 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:03:24.22LLi68uZao (3/13)

中庭ーー


さああああああ……


シエラ(雨か……)


レティス「……っ、……!」バシャバシャ


シエラ「!!」


レティス「……ふー……」

レティス(ここで雨やどりしよう……)


シエラ「れ、レティス様……っ!」キョロキョロ


レティス「……シエラ」シー


シエラ「いや「しー」じゃなくて! お嬢様髪が……!」


レティス「……髪……?」チラリ

レティス「……!!」


シエラ「は、早くお部屋で染め直しましょう!」


ローラ「あ、いたいたー」


ティア「……」トコトコ


シエラ「!」サッ


ローラ「あ、あれ。レティスちゃんに用があったんだけど……」


シエラ「なんですか、私が聞きます」


ティア【なぜシエラさんが?】


ローラ「えっと……アウローラのお姫様だから、かな……?」


ティア「?」


シエラ「な、なぜそれを……!」


ローラ「私、これでも社交界に顔が利くんだ。そのパーティーで見たことがあるんだよ。公にしてないみたいだから、隠したいのかなと思って言って回ったりはしてないけど……」


レティス「……お久しぶりです、ローラ様」ペコリ


ローラ「あ、ここでは様付けはなし! 同じ学生だからね」


レティス「……はい」


132 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:03:58.19LLi68uZao (4/13)

ローラ「で、あなたはアウローラの子かな? お姫様一人じゃ危険だもんね」


レティス「……」コクリ

レティス「……シエラ、天才。……アウローラで一番強い」


シエラ「お、お嬢様……!///」テレッ


ローラ「それで同学年だし、警護も兼ねて一緒に入学したんだね。やっぱり秘密にしてた方がいいのかな?」


シエラ「お願いします。騒ぎにはしたくないので」


ローラ「うん、分かったよ」


ティア【あの】


ローラ「あ、そうそう。ティアちゃんがレティスちゃんに用があるんだった」


ティア【しゃべるのが苦手なら、この紙とペンをプレゼントします】スッ


レティス「?」


ティア【筆談です 私もしゃべるの苦手なので、こうしてます】


レティス「……なるほど」カキカキ

レティス【ありがとうございます】スッ


シエラ「おおお……」


ローラ「これならなにか伝えたい時に書けば大丈夫だよ」


ティア【筆談仲間が増えるのは大歓迎です】


レティス【~~~~~~】カキカキカキカキ


シエラ「とにかく筆を走らせるのが楽しいみたいですね……」


ーーーーー

ーーー




133 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:04:32.22LLi68uZao (5/13)

空き教室ーー


アルシェ「それじゃあ目隠しをする」キュッ


ノルン「の、ノルンも」キュッ


ラクリマ「二人に見分けられないようにお姉ちゃんの声真似か~。声優の端役とはいえ、ちゃんと練習しないとだもんね」


ティア「……こほん」


ーーここから目隠しした二人視点ーー


「ノルンさん、アルシェ、ちゃんと目隠ししてますか?」

「私の声だけ聞こえますか?」

「ふふ。私の声が両方から聞こえてくる感じでしょうか」

「そわそわしちゃだめです。じっとして……そうです」

「えらいえらい……♡」ボソッ

「せっかく顔が見えなくて恥ずかしくないので、二人にいつも思ってることをささやきますね」

「アルシェ、小さい体で強力な魔法を使うカッコいい魔法使いさん。……大好きです」

「ノルンさん、いつもはおっとりしてるけど、決めるときは決める、カッコいい魔法使いさん。……大好きだよ」


ーーーーー


アルシェ「……っ!」バッ


ノルン「~~っ!」バッ


ティア「あ……」


ラクリマ「目隠し外しちゃった」


134 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:04:58.97LLi68uZao (6/13)

アルシェ「ティア」ズイッ


ティア「は、はい」


ちゅっ


ティア「!!///」


ラクリマ「!」キャー


ノルン「……ラクリマさん」グイッ


ラクリマ「おわ、なになに? お姉ちゃん達のこともっと見てたいよー」ズルズル


アルシェ「そんなこと言われたら我慢できない」ジリ…


ティア「ま、待ってくださいっ、さっきのはラクリマかも……」


アルシェ「ティアだった」キッパリ


ティア「あ、ぅう……!///」


アルシェ「ティア、アルシェのこと好き?」


ティア「好き、です……」


アルシェ「ん、アルシェもティアのこと大好き」ギュッ


どさっ……


ティア「……っ」


アルシェ「ティア……」


ちゅっ ちゅ……


ーーーーー

ーーー




135 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:05:25.89LLi68uZao (7/13)

別の空き教室ーー


バタン ガチャリ


ラクリマ「え、なんで鍵まで閉めて……」


ノルン「ラクリマさん」ギュッ


ラクリマ「!」


ノルン「さっきの……すごくドキドキした。最後、ちゃんとラクリマさんの声だった」


ラクリマ「あはは。真似とはいえ、さすがにお姉ちゃんの声でノルンさんに好きって言うのは違うもんね」


ノルン「……ノルンも、ラクリマさんのこと大好き」


ラクリマ「!!///」カアッ


ノルン「さっきの聞いてから、胸の奥がきゅううってなって、もう、ずっとずっとドキドキしっぱなしなんだよ。……ほら」


むにぅ……っ


ノルン「ラクリマさんっ、ラクリマさん大好き……っ」ギュウウウッ


ラクリマ「あ、あわわ……///」


ちゅっちゅっ ちゅうう……


ーーーーー

ーーー




136 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:05:54.11LLi68uZao (8/13)

♡幕間
  ノワールとイリスの……♡

寮のベッドに横になって、ひんやりとした感触の中で思考を滑らせる。
イリスの実家に行ってから、少し寂しがり屋になってしまったらしい。
温かいご飯、笑いの絶えない緩やかな時間、成長を記録したアルバム……。
悪魔に両親を殺された私には、もう二度と感じることのできないものだと思っていた。
でも、オーレリアの家にはそれがあった。
そこから戻ってきた今、心に穴が空いたように無性に寂しさを感じる。

「ノワールさん?」

思案に耽っていると、部屋の逆側から声がかけられる。
可愛らしい声で、でも起こさないようにとちょっとささやき声。

「なあに、イリス」

「あ、やっぱり起きてましたか……。目が開いてるように見えたので、眠れないのかなと」

どうやら心配して声をかけてくれたらしい。
その気づかいに胸が暖かくなる。

「寝れないわけじゃないんだけど……。ねえ、そっちで一緒に寝てもいい?」

暗闇の中でぱちくりと目を見開くのが分かる。それでも目を優しく細めて。

「いいですよ、来てください」

そう甘く誘ってくれた。


137 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:06:21.17LLi68uZao (9/13)

ゆっくりとベッドに上がると、スプリングの軋む音もゆっくりと響く。
ふわりとブランケットに包まれて、イリスの匂いと暖かさが全身に行き渡る。

「イリス……」

「はい?」

ぎゅっと抱きついてみると、優しく抱きしめ返してくれた。
さらに強くイリスの匂いが鼻孔をくすぐる。
ぐりぐりと鎖骨のあたりに頭をこすりつけて、さらに強く抱きしめる。

「どうしたんですか? なんだか今日は甘えんぼさんですね」

よしよし、なんて言いながら背中をとんとんと叩いてくれる。
それがさらに胸の奥底の感情を揺さぶって……。

「あ、あれ、ノワールさん泣いてるんですかっ? えっと、えっと……!」

気づけば涙が溢れていた。
きゅううと胸が締め付けられる、切なさに近い心地良い感覚。
多分、幸せすぎて涙が出ているのだろう。
決して嫌な涙ではなく、その涙は温かい。

「ノワールさん、どうしたんですか……?」

親指の腹で優しく涙を拭ってくれる。
その間も背中をとんとんと叩くのもやめない。

「……あのね、イリスのママに会って、家族っていいなぁって……っ」

ずび、と鼻水まで出てくる。
これはまずいと、ベッド脇のテーブルにあるティッシュを取るために起き上がろうとする。
すると、後ろから抱きしめられる感覚。

「イリス……?」

「ノワールさん……ママも、お母さんもいないんですもんね……」

「……うん」

「……私が、家族になりますから。どうか悲しまないでください」


138 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:06:49.11LLi68uZao (10/13)

イリスの吐息が首筋にかかる。
押し付けられた胸の感触をありありと感じてしまう。

「……ママ」

「ふふっ。いいですよ、今だけはノワールさんの……ノワールのママです」

液体まみれの顔を袖でごしごしと拭って、イリスママに抱きつく。
おっぱいをパジャマの上から探し当てて、躊躇なく吸い付く。

「ひゃんっ! もう、えっちな子ですね……♡」

そう口では言うものの、背中をさするのはやめない。
とろとろに甘やかされて、幸せすぎてどうにかなってしまいそうだ。

「ママ、おっぱい……」

パジャマをくいくいと引っ張ると、恥ずかしそうにしながらもボタンを外していく。
そしてすべてのボタンを外し、ぷりんと小ぶりなおっぱいをさらけ出した。

「はい、どうぞ♡」

「はぷっ!」

「きゃんっ!」

巨乳ではないが、確かにある胸。
その中心の突起をコロコロと口の中で転がして、たまに甘噛みをしてみたりする。

「ぁあっ、あっ! んっ、ふやぁ……っ!」

ぴくぴくと耐えるイリスを見ていると、こちらまで切なくなってしまう。
イリスの胸に舌を這わせながら自分でも下腹部へと手を伸ばし、そしてパジャマの中へと手を侵入させる。
うっすらと濡れているのか、指で優しくクロッチを押し込むとひんやりとした感触がした。


139 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:07:24.24LLi68uZao (11/13)

「あんっ、も、もお……っ! えっち、ですね……!」

ぐいっと肩を押されて口を離す。ふるんと胸が揺れて、その先に付いた唾液もぽたりと落ちる。
口寂しくなったかと思えば、今度はキスをされる。

「ふ、んぅ……っ」

その感触にうっとりとしていると、いつの間にかイリスの右手が下まで降りてきていた。

「んぅっ!?」

濡れた秘所をパジャマの上からなぞられる。ただそれだけで肌がぞわりと粟立ち、びりびりとした快感が背中を駆け抜ける。

「大丈夫ですよ。身構えないで、そのまま気持ちよくなってください」

こしゅっ。こしゅっ。
決して激しくはないその動きに、私の熱は徐々に上がっていく。
優しくゆっくりとなぞられているだけなのに、イリスの優しさが快感となってそこから全身を駆け巡っているかのようだ。

「ぁっ……あぅっ……!」

気づけばイリスの手は下着の中にまで侵入し、直接そこをかき乱していた。
粘ついた液体がイリスの手によってかき混ぜられ、くちゅくちゅと控えめな水音を響かせる。


140 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:08:01.94LLi68uZao (12/13)

「ふふっ、きゅうきゅうって締め付けてきてますよ。イきそうですか?」

もはや声は出せず、イリスの肩口にこくこくと額をこすりつけることでしか意思表示できない。

「あぅっ、ぁあっ、ひぁああっ!」

こちゅっこちゅっこちゅっ。
少しずつイリスの指の動きが早くなり、それに合わせて私の喉も声を漏らす。
まるでイリスに弾かれている楽器のように、イリスの手の中でいいようにされていた。

「イくところしっかり見せてくださいね。ほら、イっていいですよっ」

イリスの動きがさらに早くなり、水音も比例して大きくなる。
全身に電撃魔法を浴びたような衝撃が広がってーー。

「あっあっあっ、あっ、や、ふやぁぁああああああっっ!!」

目の前のイリスにしがみついて、とてつもない浮遊感に耐える。
体が浮いてどこまでも飛んでいってしまいそうな絶頂。
ゆっくりとその感覚から戻ってくると、未だに背中を優しくさすってくれていることに気がついた。

「えらいえらい、ちゃんとイけたね……♡」

ちゅっと軽いキスが1つ落ちてくる。
すべてを肯定するような、どこまでも甘い言葉。
それを聞きながら、ゆっくりと眠りに落ちていった。


141 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/05(火) 20:08:29.63LLi68uZao (13/13)

ーーーーー

ーーー




クロエ「もうちょっとで演劇部の全国大会ね……。気合入れないと」パンパンッ


現在の目標
・最後の演劇部の大会に向けて練習する
・スキア救出の用意をする

安価↓~↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

6/10回目の行動です
7回目の行動後演劇部の全国大会となります


142以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/05(火) 20:23:48.64v8hNqBf3O (1/1)

カームポメ
カームレティス
カームやよい
やよいポメ
シエラカーム
シエラやよい
シエラロロナ
シエラレティス

1年生は組み合わせ候補が多いな

安価は、『時雨とウィンのチームが試合をすることになる』


143以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/05(火) 20:25:36.818gha04crO (1/1)

大会に向けて他の参加校の情報収集
舞がいなくなった後のカサブランカが結局どうなったのかも知っておきたい


144以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/06(水) 00:37:40.50xBz53O1UO (1/1)

大会に向けて稽古
なんだかんだで効果はあったらしく声の演技が更に向上していたが、トレーニング方法を聞かれてしどろもどろになりながら誤魔化すラクリマ(+人知れず真っ赤になっているノルン)


145以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/06(水) 02:36:35.40uZmWcV1LO (1/1)

レティスの髪をセットするシエラ。レティスもこの毎朝の日課を気に入ってるようで心なしか楽しそう。


146以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/06(水) 05:34:14.1976donwIf0 (1/1)

イリスがノワールの事をさんを付けずに呼んでいる事に気付くイオモミ
軽い気持ちで何があったのか尋ねる
顔を赤らめて慌てる二人を見て、何かを察するイオモミ


147 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/06(水) 20:29:06.53h638iAx1o (1/6)

朝、シエラとレティスの部屋ーー


すっ…… すっ……


レティス「♪」


シエラ「楽しそうですね?」スッスッ


レティス【この時間好きなんだ シエラの手付きが優しくて、また寝ちゃいそう】


シエラ「そ、そうですか……。私も本来の付き人の代わりとはいえ、毎朝お嬢様の御髪に触れられるのは幸せです。さらさらと流れて、まるで水を梳いているようで……」


レティス【そっか】


シエラ「はい」キュッキュッ

シエラ「……できました。今日は三つ編みにしてみましたよ」


レティス「……!」

レティス「……シエラ、ありがとう。素敵な髪型……♪」


シエラ「『普通の学生らしく、色々な髪型を試したい』と言われた時は驚きましたが、今ではセットしてるこちらも楽しいですよ」


レティス「♪」


ーーーーー

ーーー




148 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/06(水) 20:29:32.95h638iAx1o (2/6)

食堂ーー


ノワール「演劇部は夏休み中ほとんど部活なんだ。このあとも部活?」パクパク


モミジ「うん。全国大会も近いから、みんな集中してる」


イオ「今年は演劇部の大会、見に行きますね!」


モミジ「うん! といっても主役じゃないけどね……」


イオ「名前のある役は十分すごいですよ! リリウムに入ってから演技を学んでそれだけの実力をつけたんです。胸を張ってください」


モミジ「う、うん……!」


イリス「ふふ、仲良しですね。あ、ノワール、お醤油取ってください」


ノワール「はいはい。どうぞ」


イオ「あれ、今呼び捨てでした? 前までさん付けだったような……」


モミジ「うん、呼び捨てだった。何かあったの?」


イリス「え、あ、つい……!」オロオロ


ノワール「な、何かってそんな、ねえ?」キョドキョド


モミジ(あれ、この空気まさか……)


イオ(そ、そういうことでしょうか……)ドキドキ


ーーーーー

ーーー




149 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/06(水) 20:30:02.76h638iAx1o (3/6)

部室ーー


ラクリマ「あー、あー、あー!」


クロエ「ラクリマ、ここ最近でぐっといろいろな声を出せるようになったわね。何か特別な練習でもしたの?」


ラクリマ「え、いや、特別なことはその、してないですよ? お姉ちゃんの真似をしてただけで……」トギマギ


クロエ「ほー……やっぱりラクリマは人真似が演技の基礎になってるのね」


舞「声の出し方は一朝一夕では身に付きませんし、今からそれだけの声が出せるのは強い武器ですね」


ノルン「……///」


カーム「あれ、先輩顔赤いですよ。大丈夫ですか?」


ノルン「だ、大丈夫大丈夫~! あはは……///」


クロエ「そうそう、カサブランカは今年も全国大会に来てるわよ」


舞「……そうですか」


クロエ「なんでも、舞がいなくなったことに奮起した生徒が少数だけどいて、その子達が主導して演劇部をまとめてるらしいわ」


凜華「どうやら舞さんの発破は効果てきめんだったみたいだね」


舞「ええ。……ふふ、それは安心しました」


ヒカリ「二連覇する学校だもん。舞さん以外の生徒だって粒ぞろいに決まってるよね」


デン「出場校の一覧は出てるし、いろいろ調べてみてもいいかもね。男装して演技するところもあるし、ミュージカルをやるところもあるみたい」


レナ「いろんな学校があってこそ優勝のしがいがあるわ。さあクロエ、練習しましょう!」


クロエ「ええ!」


ーーーーー

ーーー




150 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/06(水) 20:30:36.24h638iAx1o (4/6)

食堂ーー


テレビ『今日の注目カードはこちら。勢いのある新人達の戦いです! なんと中でもこの二人、学生時代は同じチームで戦っていたそうで、それがプロとなって別のチームに! この戦い……大・注・目・です!』


クロエ「あ、今日いよいよウィンさんと時雨さんの戦いなのね」


ヒカリ「どっちもすごいみたい。新人だけどすごく強いって話題だよ」


クロエ「どっちが勝つかしらね」


スタジアムーー


ウィン「いよいよ時雨のチームと対戦かー」


時雨「今日は勝たせてもらうぞ」ニッ


審判「試合開始!」


ウィン「魔弾【シュート】」ゴオオオッ!


時雨「剣戟・飛燕!」ザウッ!


ゴオオオオオオッ!!


時雨チーム大将「時雨、右だ!」


ウィン「魔弾【シュート】」


時雨「!」ガキィッ!


ウィン「……いい目だ」


時雨チームサポーター「加速魔法【ソニック】! 時雨、いけ!」


時雨「はい!」


ウィンチームブロッカー「鋼鉄壁【アイアンウォール】!」ゴギイイイッ!

ウィンチームブロッカー「これは斬れないぞ! 鉄の壁だからな!」


ウィン「……いや、斬るよ」


ウィンチームブロッカー「は?」


ザン……ッ!


時雨「衝撃には強いだろうが、私にとっては大した壁ではないな」


ウィンチームブロッカー「な……!」


151 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/06(水) 20:33:39.63h638iAx1o (5/6)

ウィンチーム大将「ウィン、大将狙って!」


時雨チーム大将「時雨、大将を狙え!」


ウィン「魔弾【シュート】」ゴォウッ!


時雨「剣戟・群飛燕!」ジャッ!


時雨チーム大将「渦魔法【ボルテックス】!」ズオオッ!

時雨チーム大将(魔力の渦で相手の魔法を飲み込む!)


ぎゅうううううっ


ウィンチームブロッカー「鉄壁【バリケード】!」


ウィンチーム大将「増殖魔法【インクリース】!」ズラッ!

ウィンチーム大将(触れた魔法を増やす! これで壁を増やせば……!)


ガキンガキンガキンッ!


時雨チーム大将(飲み込みきれない……!? 魔力が多すぎる!)


ウィンチーム大将(壁を増やすスピードが間に合わない! 加速した剣の迅さについていけない……!)


どおおおおおおおっ!


審判「し、試合終了! モニター班!」


ーーーーー


クロエ「同時に見えたけど……」


デン「やっぱりあの二人すごいね……。プロの中でも大活躍だ」


テレビ『判定が出ました! 非常に珍しいことですが、同時に大将が戦闘不能になったため引き分けとのことです!』


ーーーーー


審判「両チーム、礼!」


ありがとうございました


時雨「いいチームだな。攻守ともに優れたチームだ」


ウィン「そっちこそ。サポーターのおかげで時雨の速さに磨きがかかってるね~」


時雨「ふふ、彼女の魔法は加速だけではないとだね言っておこう」


ウィン「それはそれは……次が楽しみだなー」フフッ


ーーーーー

ーーー




152 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/06(水) 20:34:14.57h638iAx1o (6/6)

クロエ「大会まであと3日……。緊張するわね」


現在の目標
・最後の演劇部の大会に向けて練習する
・スキア救出の用意をする

安価↓~↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

7/10回目の行動です
7回目の行動後演劇部の全国大会となります


153以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/06(水) 20:49:08.81jjYbjQzWO (1/1)

初めて公式の試合でヴィーネチームと対戦する事になったウィン。ハンデありの手合わせや、ゼーレの分身を利用した模擬戦こそ経験した事があるものの、いざ本気の彼女達と戦ってみるとゼーレには再現できない3人のチームワークや個々の判断力といった点で圧倒される


154以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/06(水) 21:20:21.49yvyEPu/a0 (1/1)

昔の時代よりも気温が高いのか、盛大にバテてしまうリーケアイリス。ゼーレの清涼魔法やリーケの氷魔獣、スフィアの氷などを使って涼む。そのついでで演劇部の練習場所を涼しくしてもらう


155以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/06(水) 21:23:45.87Cz7t3Fd+O (1/1)

大会前夜、最後の大会やカサブランカと競い合うことなどから緊張している舞を、舞台の上でも私生活においても『パートナー』という立場から励まして緊張を解す凜華


156以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/06(水) 21:36:57.71pzmPBPkD0 (1/1)

南国のゼレステ、脚が攣って溺れたゼレスにステラの人工呼吸イベント


157以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/06(水) 21:53:13.62Ry7/Wi0RO (1/1)

ついついセレニテのことをママと呼んでしまうノワール。それに対して優しく抱きしめてあげるセレニテ

生粋のママっ子なイリスはその光景を目の当たりにして少しやきもちなご様子


158以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/07(木) 00:36:28.03BMEkJwfQO (1/2)

イリノワ家族尊い


159以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/07(木) 01:17:47.51nV3wRA0F0 (1/1)

普段敬語の子が特定の相手にだけ口調が崩れるの好き


160以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/07(木) 02:28:04.39BMEkJwfQO (2/2)

自分もどこかでそれ言ったけど、とてもわかるマン


161 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/07(木) 21:44:41.83FzR/QnP3o (1/11)

スタジアムーー


ウィン「……いよいよ」


ヴィーネ「ここまで来たわね」


茜「ふっふっふ~、学生ナンバーワンに、プロナンバーワンの本当の実力を見せてあげよ~」


ウィン「楽しみです」


審判「試合開始!」


ウィン「魔弾【シュート】」ズゴオオッ!


サリア「防御魔法【シールド】!」ギイッ!


ウィン「……珍しいですね、サリア選手がシールドなんて」


サリア「喋ってる暇はないぞ」


茜「拳強化魔法【ザ・ナックル】」フワッ


ウィンチームブロッカー「鉄壁【バリケード】!」ガキイッ!


ゴオオオォォンッ!!


ウィンチームブロッカー(やっぱりだ! この魔法は打撃には相性がいい! 茜さんでも凹ませるのが精いっぱいだ!)


ウィンチーム大将「ウィンさん! ネオ!」


ウィン「神弾【ネオ】」ギュコオオオッ!


ウィンチーム大将「増殖魔法【インクリース】!」


ゴゴゴゴゴゴオオオオオッ!!


サリア「未来視【トキ】!!」


ウィン「なっ……!」

ウィン(未来視ができなくなったわけじゃないのか? なんで温存を……いや、考えてる場合じゃない!)


サリア「茜さん、左のネオを!」


茜「腕深化魔法【ヘビー・アーム】」フワアッ

茜「フッ!」バチイッ!


162 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/07(木) 21:48:29.62FzR/QnP3o (2/11)

サリア「ヴィーネさん、動かないで」


ヴィーネ「おっけー」


ドオオオオオオオッ!!


ウィンチームブロッカー「当たった! あたし達の勝……ち……!?」


ヴィーネ「いやー、ネオの雨はすごいね。それもウィンさんほどの使い手ならなおさらだ」


ウィン(ネオ一発を分散させて、他のネオにぶつけて誘爆させた……)

ウィン「面白い……!!」ゾクゾクゾクッ

ウィン「時神魔法【クロノス】!!」ゴッ!


茜「腕神化魔法【ネオ・アーム】、脚神化魔法【ネオ・レッグ】」ブワッ!


ゴシャアアアアアアアアッ!!


ウィン「な……!」


ヴィーネ「大将さんがら空き!」スッ


ウィンチームブロッカー「鋼鉄壁【スチールウォール】!!」


ウィンチーム大将「増殖魔法【インクリース】!」


ガギガギガギィィィンッ!!


ヴィーネ「神聖矢【フェイルノート】!」フォッ


ウィンチームブロッカー「そんなただの矢でスチールウォールは崩せないよ!」


ウィン「違う、避けて!」


ズオオオオオオオオッ!!


ウィンチーム大将「!!」


ドオオオッ!


審判「そこまで! 勝者ヴィーネチーム!」


わあああああああああっ!!


ーーーーー

ーーー




163 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/07(木) 21:49:01.58FzR/QnP3o (3/11)

ウィン(ボクが接近戦に弱いことは知ってて、斥候を茜さんにした。茜さんの攻撃が相性悪いと見れば即座に防御役に徹し、ヴィーネさん主体の攻めに変える……)

ウィン「コンビネーションすごかったなあ……。それにあの魔法も……」


ヴィーネ『神聖矢【フェイルノート】!』フォッ


ズオオオオオオオオッ!!


ウィン「“当たったものを貫く”んじゃなく、“狙った場所に到着するまでの障害物を無視する”魔法なんて、どうやって防げばいいんだろう」


ウィンチームブロッカー「ウィン……なんで笑ってるんだ?」


ウィン「え、ボク笑ってた? 無意識だったな~」

ウィン(あんなに面白い魔法見せられて笑うなって言う方が無理だけどね~)ゾク…ッ


ーーーーー

ーーー




164 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/07(木) 21:49:28.88FzR/QnP3o (4/11)

南国ーー


ドオッ ドオッ ドオオオオッ!


ステラ「はあっ、はあっ……。連発はキツイですね……」ポタポタ


ぜレス「今日の練習はこんなところでいいでしょう。海で一緒に泳ぎませんか?」パシャパシャ


ステラ「はい、泳ぎます!」チャポチャポ


ぜレス「こうして平和だと、魔王が攻めてくるなんて嘘みたいですね……」


ステラ「ですねえ……」


ぜレス「っ!」ビクンッ


ざぼんっ


ステラ「ぜレスさん!?」


ぜレス(そんな、足が攣った……! 助けて、助けてステラさん!)ゴボッ


ステラ「ぜレスさん!」ザブンッ!


ぜレス(ステラ、さ……ん……)コポ…


ぐいっ ざばあっ!


ステラ「ぜレスさん、ぜレスさんしっかりしてください!」

ステラ「そ、そうだ人工呼吸……! 浜に寝かせて……」ソッ

ステラ(ぜレスさん……!)チュッ


ふううーっ ふううーっ


ぜレス「ーーっげぼっ!」ガボッ


ステラ「……!」グブッ

ステラ「ぺっ! すぅ……」チュッ


ふううーっ ふううーっ


ぜレス「…………っ」ピクッ


ステラ(反応が……!)

ステラ「ぜレスさん、ぜレスさん大丈夫ですか!?」


ぜレス「……」コクン


165 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/07(木) 21:50:06.12FzR/QnP3o (5/11)

すとっ


ヴィーネ「よっと。ちょっと試合激しかったから癒やされに来たよ~」


ステラ「ヴィーネさん! 助けてください!」


ヴィーネ「え、なになに!?」


ステラ「ぜレスさんが溺れて……!」


ヴィーネ「!」バッ


ぜレス「…………」


ヴィーネ「神癒【ディバインヒーリング】!」ポワ…

ヴィーネ「偶然だけど来てよかった……。これでもう大丈夫」


ステラ「よ、よかったあ~……」


ヴィーネ「でも病院には連れてかないと。すぐ手配するから、ステラちゃんも手伝って!」


ステラ「はい!」


ーーーーー

ーーー




166 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/07(木) 21:51:01.55FzR/QnP3o (6/11)

オーレリア家ーー


セレニテ「おかえり、二人とも」


イリス「もうすっかり馴染みましたね」


ノワール「うん、そうかも」フフッ


セレニテ「今日は冷やし中華を用意したから、涼んでいってね」


ノワール「わあ、ありがとうございます、ママ」


セレニテ「……」ポカーン


イリス「ママ……?」


ノワール「はっ!? 違っ、セレニテさんありがとうございます!///」アワアワ


セレニテ「ふふっ」クスッ


ぎゅっ


セレニテ「私のこと、ママって呼んでもいいのよ?」


ノワール「……!」


ぎゅっ……


セレニテ「ふふ、娘がもう一人増えたみたいね」ナデナデ


イリス「……むー……」プクーッ


むぎゅっ


セレニテ「イリス?」


イリス「ママは私のママだもん……」ギュー


セレニテ(かわいいいい……!!)


むぎゅうー……


ーーーーー

ーーー




167 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/07(木) 21:52:09.33FzR/QnP3o (7/11)

図書室ーー


リーケ「…………」クタッ


アイリス「……」グター


クロエ「ちょっと、どうしたのよこれ」


ゼーレ「暑いみたいです。……よし、できましたよ」カンッ


キュインッ!


アイリス「おお……! 涼しい……!」


クロエ「清涼魔法の入ったエアコンもついてるけど、それじゃだめなの?」


リーケ「……自然な風じゃないから、ぞわぞわする」


ゼーレ「今回は自然な風を作る魔法を用意してみたの。あとはスフィアの氷の魔力も混ぜてるから、しっかり涼しいわよ」ナデナデ


リーケ「……うん、涼しい」ニコッ

リーケ「……あ、そうだ」キンッ


アイスキャット「ふにゃ?」


リーケ「……つめたい」ムギュー


ゼーレ「うーん……せっかく用意したし、演劇部でも使ってみますか?」


クロエ「いいの? 体育館前のステージを借りてるけど、あそこエアコンの風が届きにくいのよね」


ゼーレ「では魔法陣を用意しましょうか。体育館に行きましょう!」


ーーーーー

ーーー




168 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/07(木) 21:52:51.75FzR/QnP3o (8/11)

大会前日ーー


パチパチパチパチ!


クロエ「リハーサルは大成功ね。あとは各自明日に向けて準備してちょうだい!」


はいっ!


ーーーーー

ーーー




部室ーー


舞「……ふう」キュッ


凜華「やっぱりここにいた」


舞「凜華さん」


凜華「舞台少女だもん。体動かしてないと落ち着かないよね」


舞「はい。やっぱり緊張してしまって……」


凜華「今から緊張してたら寝れないよ? そうだ、ここ座って」ポンポン


舞「?」ストッ


凜華「深呼吸の手伝いをするよ。リラックスして、目を閉じて。私の言うタイミングで深呼吸してね」

凜華「まず肺の中の空気をゆっくり全部出すところから。吐いてー……」


舞「はー……」


凜華「吸ってー……」


舞「すー……」


凜華「吐いて……」


舞「はあー……」


凜華「そう、その調子。大丈夫、明日観客は私達の演技に夢中になる。浴びせられる歓声、鳴り止まない拍手……」

凜華「……はい、こんな感じかな。いいイメージはできた?」


舞「……はい、すごく落ち着きました」


凜華「よし、それじゃあ明日に備えて寝よっか」


舞「はい!」


ーーーーー

ーーー




169 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/07(木) 21:53:23.83FzR/QnP3o (9/11)

翌日、会場ーー


がやがや がやがや


クロエ「さあ皆、準備するわよ。今までやってきたことを思い出して、最高の舞台にしましょう!」


はいっ!!


ーーーーー

審査員『ーー学校の皆さんありがとうございました。1時間のセットタイムの後はリリウム魔法学校の発表となります』


クロエ「よし、舞台の準備! セットは素早くね!」


ばたばた ばたばた


ーーーーー

ーーー




ビーーーーーーッ


クロエ(今年の舞台は、昨年文化祭でやった「闇の試練」を元にしたシナリオの発展版。魔王との戦いに臨む、諦めない魔法使いの話)


ラクリマ「人の絶望を影から啜る存在……それが私達悪魔だ」


クロエ(物語は、悪魔が学校にやってくることから始まる)


ラクリマ「人は必ず来る恐怖にこそ絶望する。……一年だ、一年後に全ての人間を絶望に染めよう」


モミジ「帰りましょう、魔王様。今回為すことは終わりましたわ」


ラクリマ「ああ、さらばだ人間ども」


凜華「魔王が……一年後に……」


クロエ(でも凜華は諦めない。友達と手をとって、恋人を守るために強くなって……)


170 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/07(木) 21:53:52.90FzR/QnP3o (10/11)

クロエ(そして最大の見せ場。くるくま先輩から教わった殺陣。敵味方が入り乱れて激しいアクションを繰り広げる)


凜華「ふっ、はあっ!」


ヒカリ「人間ごときがボクたちに敵うと思うなァ!」ブオッ!


舞「人間は絶望には決して負けない。……ね?」


凜華「ああ!」ブンッ!


ヒカリ「ぐおっ!?」ガキンッ!


ラクリマ「……絶望せよ、人間」ズオッ


クロエ(私の闇を使った、絶望の演出。その中でスポットライトから浮かび上がるシルエット)


凜華「人は希望があれば、どんな絶望にだって屈しない!」


クロエ(そして、魔王は打ち倒される……。最後は、百合江先輩のようなラブロマンス)


舞「ユウキちゃん……」


凜華「アイ……。これからも、平和な世界を一緒に生きよう」


舞「……はいっ!」


ビーーーーーーッ


パチパチパチパチ!!


クロエ(……そして幕は降ろされた)


ーーーーー

ーーー




171 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/07(木) 21:54:19.90FzR/QnP3o (11/11)

クロエ「みんな、おつかれさま。いい劇だったわ。結果が出るまでは自由時間。好きに過ごしていいわよ」


自由時間ができました
何をして過ごしますか?
1.他の学校の演劇を鑑賞(カサブランカ魔法学校の舞台を見に行きます。誰かと見ることも可能)
2.誰かと談話(誰と何を話すかも指定。人数制限なし)
3.その他(自由安価)


172以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/07(木) 22:00:51.83xTOStHH7O (1/1)

1でヒカリ&ローラ(ローラはこの場に来ていたらの話で)
可能なら他の演劇部カップリングも見てる描写欲しいです。特に舞



173以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/08(金) 12:52:11.56OrfOvD2vO (1/2)

神聖魔法、回復もできるのか


174 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/08(金) 13:07:43.399j5Gj2/2o (1/2)

ステージーー


クロエ(カサブランカの舞台……『春姫と冬将軍』……)


ローラ「あ、はじまるみたい」


ヒカリ「どんな舞台だろうね……」


ーーーーー


レナ(温和な春姫、冷徹な冬将軍……。姉妹だけれど、跡目争いのために互いに仲良くするわけにはいかない……)


デン(うわ、すごい。衣装から春姫と冬将軍が一目瞭然だ……)


ーーーーー


モミジ(冬将軍がツンと顔を背ける動きだけでクールな性格だって分かる……。春姫は歩き方が温和な感じ……)


イオ(お話にぐいぐい惹き込まれる……)


ーーーーー


ラクリマ(おお、ああやって体を動かすのか……)フムフム


ノルン(春姫が冬将軍を刺した……! あああ……)グスン


ーーーーー


凜華(舞さんは、この才能達が埋もれることを危惧してリリウムに転校してきたのかな)


舞(皆さん……すごい……。よくここまでの舞台を……)


ーーーーー

ーーー




175 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/08(金) 13:08:10.699j5Gj2/2o (2/2)

閉会式ーー


審査員『全ての発表が終了しました。これより閉会式に移ります』

審査員『まずは、特別審査員を勤めていただいた水津真凛様よりご挨拶です』


真凛『今年はすごくレベルが高かったね。どの学校もいい演技だった。ま、挨拶はそこそこにしておこう。結果発表しないとだもんね』


審査員『では、発表お願いします』


真凛『では発表します……まずは優秀賞3校から』


リリウム演劇部の結果
コンマ↓1~3の合計
1~100 優秀賞
101~200 特別賞
201~300 最優秀賞


176以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/08(金) 13:19:12.89OrfOvD2vO (2/2)

にょ


177以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/08(金) 13:21:32.80jAUgVvC5O (1/2)




178以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/08(金) 13:51:43.159uSZ9PGOO (1/1)




179以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/08(金) 15:33:58.26jAUgVvC5O (2/2)

惜しかった


180 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/10(日) 01:18:51.65njVfD0j9o (1/3)

真凛『ーー続いて、特別賞。リリウム魔法学校』


クロエ「!!」


真凛『並びに、カサブランカ魔法学校。そして最優秀賞はーー学校です』


舞「…………」


パチパチパチパチ!


ーーーーー

ーーー




クロエ「……みんな、お疲れ様。とりあえず学校に戻るわよ」


はいっ!


ーーーーー

ーーー




部室ーー


クロエ「みんな、改めてお疲れ様。……特別賞だったわね」


ヒカリ「クロエ……」


クロエ「なんでかしら。最優秀賞じゃなかったのに、すごく嬉しいの」

クロエ「皆で作り上げたものがちゃんと評価されてよかった……。最優秀賞じゃなかったのはもちろん残念だけど、それ以上に嬉しいわ」

クロエ「みんな、ありがとう。私から言えるのは感謝の言葉だけだけど、みんなと演劇部で出会えてよかった……っ」グスッ

クロエ「だから……ありがとう……!」


181 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/10(日) 01:19:37.91njVfD0j9o (2/3)

レナ「私も……この演劇部に入れてよかったわ。クロエ、今までありがとう」


モミジ「私も入ってよかった。自分を変えるために入って、いろいろな経験ができたから……」


ヒカリ「ボクは演劇に興味があったわけじゃないけど、入ってよかったって心から言えるよ。今は演劇が大好きになれたから」


凜華「私は演技力を向上させようと入って……でも、みんなと演技をするのがすごく楽しくって……。だから、入ってよかった。みんなに会えてよかった」


舞「私は昨年までカサブランカの生徒でした。正直いい顔はされないと思っていたのですが……。リリウムの方は全員優しくて、転校してよかったと思っています。ここで最後の大会を迎えられてよかったです」


クロエ「……」ポロポロ


ヒカリ「あーもう、泣かないの」ナデナデ


クロエ「ぐすっ……。みんな、ほんとにありがとう……っ」


ーーーーー

ーーー




クロエ「ごめんなさいね、落ち着いたわ」ゴシゴシ

クロエ「さあ、私達三年はこれで部活はおしまい。これからは二年生に跡をついでもらうわ。さしあたって部長を決めないとね」

クロエ「部長は、ラクリマ。あなたよ」


ラクリマ「え、は、はい!」


クロエ「ただ、ラクリマは皆知ってのとおりアイドルとして活動をしているわ。演技力はずば抜けてるし二年生の中で中心的な存在ではあるけど、常に部活に気を配る訳にはいかない。そこで、副部長を立てることにしたわ」

クロエ「副部長はノルン。この二人でこれからの演劇部を引っ張っていってちょうだい」


ラクリマノルン「はいっ!」


182 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/10(日) 01:20:18.17njVfD0j9o (3/3)

クロエ「それじゃあ私達はここまでね。これからはラクリマの指示にしたがうように!」


はいっ!


クロエ達が引退しました。
ラクリマが部長に、ノルンが副部長になりました。


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・夏休みを過ごす
・スキア救出の用意をする

安価↓~↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

8/10回目の行動です


183以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/10(日) 06:36:56.97rMUcLok6O (1/1)

スキア、事前告知とばかりに世界中の主要都市上空に時限式の超高威力魔翌力爆弾を設置。襲撃日丁度に爆発するとの事。アウローラも対象であるらしく気が気でないレティスとシエラ


184以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/10(日) 07:29:24.63IhgPXzPMO (1/1)

以前のエミールとの件から研究にも身が入らない橘花、エミールにされたことを思い出しながら見よう見まねで自慰に耽る
エミールを何度も求めるような言葉を紡ぐが、一通り終わって我に帰るといつの間にか樹が研究室に来てガッツリ見られていたことに気付き、顔を真っ赤にしながら追い返した
余談だがその夜、樹の部屋からも悩ましい声が響いていたという


185以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/10(日) 11:13:58.30PtuI2gjYO (1/1)

ゼーレは未知の文化への興味から、アイリスはお腹が減ってたから、リーケは他2人がやると言ったからとそれぞれの理由で大食いにチャレンジ


186以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/10(日) 11:19:18.78DijN0A9DO (1/1)

大会も一段落ついたので皆で海に遊びに行く(例年の旅行イベントではなく日帰りな感じ)
その中で以前新調していた水着を披露する形になるイオモミ
(ちなみに際どい水着も一応買いはしたが、流石に皆に見られるのは恥ずかしすぎて着られないらしい)



187以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/10(日) 11:35:48.83SzgjWJk90 (1/1)

様子見がてら夏の旅行は皆でアウローラに行こうって流れになる


188以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/10(日) 15:24:35.69ggh6KhstO (1/1)

そろそろ自暴自棄になった人が暴動起こし始めそう


189 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/11(月) 16:43:03.31AiOkl4nto (1/4)

食堂ーー


ゼーレ「おお……」


アイリス「これが大盛り……」


リーケ「…………」


クロエ「なんで大食いチャレンジを?」


ティア「アルシェやラピスさんの大食いを見てやってみたくなったそうです」


アイリス「私はお腹空いたから!」


リーケ「……二人がやるって言ったから」


ゼーレ「よし、食べよう! いただきます!」


ーーーーー

ーーー




リーケ「……けぷっ。ごちそうさまでした……」


ーーーーー


ゼーレ「うう、お腹いっぱい……」


ーーーーー


アイリス「ごちそうさまでした……」ケプッ


アルシェ「残すのはもったいない。余らせたなら食べる」


クロエ「とか言って途中からおこぼれもらう気満々だったわよね」


アルシェ「ん。いただきます」パクパク


ゼーレ「気安く手を出すものではありませんでした……」


リーケ「……でも楽しかった。ご飯わけっこしたり、あーんしてもらったり……」


アイリス「ねー。一緒にご飯食べるのっていいねー」


ゼーレ「ですね」フフッ


アルシェ「もぐもぐ」


ーーーーー

ーーー




190 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/11(月) 16:43:35.77AiOkl4nto (2/4)

橘花の研究室ーー


橘花「……」モンモン


ガタッ ぼふっ……


橘花「ん……」

橘花(あの時はこう、ベッドに寝かされて……)スリッ

橘花「んっ……」

橘花「ぁ……えみーる……えみーる……っ」コシュッコシュッ

橘花「ん、く、ぅ……!」フニフニ

橘花「ひぁ、ぁあっ! えみー、るっ……!」ビクンッ!


樹「///」ジー


橘花「はあ、はあ……。……えっ!?///」ガバッ!

橘花「お、おい樹何見てるんだ! で、でてけ!///」ベシベシ


樹「ご、ごめんなさい! 声かけたけど返事がなかったから……! で、出るわ、出るから叩かないで!」


ーーーーー

ーーー




その夜、樹の寮室ーー


樹「橘花、気持ち良さそうだった……///」

樹「……んっ」プニッ

樹「ん、く……っ、らみい、ラミー……!」クニクニ

樹「ひ、ん、あああっ!」ビクンッ


あん、あっ、ああっ!


ーーーーー

ーーー




191 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/11(月) 16:44:19.74AiOkl4nto (3/4)

海ーー


楓「ひゃっほーい!」


嵐「こら楓! まずは日焼け止め塗る!」


楓「ちぇー」


クロエ「さ、今日はたっぷり遊ぶわよー!」


おー!


モミジ「……」モジモジ


イオ「……」テレテレ


晶「おー、二人とも水着新調したのか。似合ってるな」


楓「水着……新調……!?」


クロエ「まさかさらに大きくなったというの……!?」


レナ「はいはい妬まない妬まない。ほら、二人とも待ってるわよ」


ローラ「クロエちゃん、ここに寝て?」


ヒカリ「背中の方日焼け止め塗ってあげるね」


クロエ「ええ、お願いするわ」


ずおっ!


デン「……? あれ何だろ……」


凜華「黒い球体……? 街の上に浮かんでるみたいだけど……」


ジリリリリ!


ス魔ホ『速報です! 各都市の上空に魔界からの高威力爆弾が設置された模様です! 声明によりますと、来年の3月31日までは爆発しないとのことで、各国の代表は触れるべきではないとの見解で一致している模様です。繰り返します、速報ですーー』


クロエ「……やってくれるじゃない」


ーーーーー

ーーー




192 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/11(月) 16:44:51.30AiOkl4nto (4/4)

リリウム魔法学校ーー


レティス「……」ソワソワ


シエラ(お嬢様……)


クロエ「レティス、シエラ、ちょっといいかしら?」


ローラ「あの爆弾がアウローラにも仕掛けられてるって聞いて……」


クロエ「ローラに聞いたけど、二人ともアウローラゆかりの生徒だったのね。爆弾を探るついでにアウローラに旅行に行くことにしたけど、一年生達もついてくる?」


レティス「……!」コクコク!


シエラ「もちろん行きます!」


クロエ「分かったわ。夏休みの最後の3日間で行くつもりだから、用意しておいてね」


シエラ「はい!」


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・夏休みを過ごす
・スキア救出の用意をする

安価↓~↓5自由行動安価
今後3日程度の行動を指定してください

9/10回目の行動です
10回目の行動はアウローラへの旅行に振り替えられます


193以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/11(月) 17:17:30.45VZgZKj+rO (1/1)

アウローラへ行くための準備
ついでにアウローラがどんな国なのかの描写とかも


194以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/11(月) 17:37:03.52lcCzmWltO (1/1)

ラクリマがアイドルを始めた影響で、リリウムちっちゃいものファンクラブのメンバーが急増しているらしい


195以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/11(月) 18:34:27.062xo9Gd3YO (1/1)

不安と恐怖に潰れかけた生徒による暴動発生


196以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/11(月) 18:35:39.451dg5DVqrO (1/1)

人類、悪魔側の言う事鵜呑みにしすぎてて大丈夫かって少し心配しちゃう

安価下


197以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/11(月) 19:32:28.12W9FuDzuw0 (1/1)

世界中でも暴動が起き始めているので、対策を立てる事に(アートルムの存在とその実力を世界中に知らせて落ち着かせるとか?)


198以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/11(月) 20:22:58.54Lj8KA0kEO (1/1)

行く人がどれくらいいるか確認


199以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/12(火) 18:26:50.22uWkk3WxdO (1/1)

なんとなくアウローラ=オーロラで寒冷地イメージしてた


200 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/12(火) 20:39:59.44YZ7Sta4wo (1/9)

樹「うーん……」


ラミー「どうしたの?」


樹「あの爆弾、リリウムの上空にもあるじゃない。それで夏休み中も学校に残ってる生徒が不安になっちゃって……」


ラミー「ああ、確かに怖がってる人は多いかも」


樹「どうにかしたいけど、つっついて爆発しても困るし、放置して生徒が不安になるのも嫌だし……」


わああああああああ!


樹ラミー「!?」


中庭ーー


「う、撃ち落としてやる! あんなのがあるから怖いんだ! 落としてやるッ!!」


クロエ「ちょっと、落ち着きなさいよ!」


「やれ! 落とせ!」

「壊せー!!」


リリィ「あわわ、リラックス魔法が効かない……!」


ゼーレ「く……っ。アイリス、お願いしていい? やりたくないかもしれないけど……」


アイリス「ううん、これは仕方ないよ。魅了魔法【チャーム】!」キイッ!

アイリス「はいみんな聞いてー! みんなの親友アイリスだよー! 爆弾触るのは一旦中止ー!」


ざわざわ ざわざわ


「まあアイリスが言うなら……」

「うん、やめとくよ」


クロエ「え、なに? 急に……」


ゼーレ「アイリスの魅了魔法です。言うことを聞いてもらうにはこうするしか……」


ヒカリ「魅了魔法ってこんなにすごいんだ……」


ゼーレ「解析魔法で見てみたところ、確かにあれは期日までは動かないようです。ですが、それを私一人が言ったところでどうにもなりませんし……」


201 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/12(火) 20:40:30.51YZ7Sta4wo (2/9)

クロエ「でも今は世界中でもちょっとした暴動が起き始めてるし……。ねえ、あれを消すことはできないの?」


ゼーレ「不可能ではありませんが、消したところでまた爆弾を用意される可能性が高いです。それどころか、機嫌を損ねれば問答無用で爆発させるかも……」


クロエ「ならゼーレさんの実力を知らしめて、世界中に安心するよう訴える?」


ゼーレ「私もそうするしかないと思います。ですが、どうやって私の実力を知ってもらうかが思いつかなくて……」


ゼレス「ママを使ってください」ザッ


クロエ「ゼレス。ママって、ヴィーネ選手のこと?」


ゼレス「はい。世界でも指折りのトリオを相手に、ゼーレさん達三人で戦うんです。もちろん生中継で、ヤラセはなし。勝てれば大抵の人は実力を認めてくれるはずです」


ゼーレ「……いいんですか?」


ゼレス「世界のためです。ママにはいつでも手伝ってもらう約束を取り付けてあります。ゼーレさんさえよければ今からでも」


ゼーレ「……分かりました。それで皆さんに信じてもらえるならやりましょう!」


ーーーーー

ーーー




202 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/12(火) 20:41:20.34YZ7Sta4wo (3/9)

マホリオ協会ーー


ヴィーネ「うん、分かった。アウローラのスタジアムでね」ピッ


茜「電話ですか~?」


ヴィーネ「うん、ゼレスちゃんからね。アートルムさんの実力を世界に知ってもらうって」


サリア「電話がきたということは、試合をする訳ですね」


ヴィーネ「ええ。三日後、アウローラスタジアムでやるわ」


茜「アウローラか~」


サリア「楽しみですか?」


茜「もちろん。あのアートルムと戦えるなんて夢みたいだな~」


ーーーーー

ーーー




203 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/12(火) 20:41:59.67YZ7Sta4wo (4/9)

食堂ーー


ラクリマ「……もぐ」チラッ


ティア【どうしました?】


ラクリマ「なんか最近よく視線を感じるんだよねー」


ティア【怖いですね 誰かに狙われてるのかも】


ノルン「!」サッ


ラクリマ「あはは、お姉ちゃんもノルンさんも大げさだよー。大丈夫大丈夫♪」


ーーーーー


「バカ! あれほど観察の時には気配を消せと……! 不安がらせてどうする!」


「すみません隊長!」


「ああ、だがノルンさんの背中にぴったりとくっつくラクリマちゃんも可愛い……!」


「というか隊長、この人数だと気配を消すのは厳しいです!」


「そうだな……。アイドルデビューしてからその可愛さに気づいた人がどんどんファンクラブに入ってきているから……。分隊化が必要かもしれないな」


ーーーーー

ーーー




204 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/12(火) 20:42:27.21YZ7Sta4wo (5/9)

クロエ「さて、アウローラに行く日取りと同行者が決定したわ。例年通り2泊3日で……まあ残りの夏休み全部ね。行くのは……安価↓~↓3」


パターン1
クロエ
ローラ
ヒカリ
凜華
モミジ
レナ
デン
ティア
アルシェ
ナミネ



イオ
ノワール
イリス

ゼレス
ステラ
ラクリマ
ノルン

カーム
やよい
シエラ
ポメ
レティス
ロロナ

ゼーレ
アイリス
リーケ


パターン2
クロエ
ローラ
ヒカリ

ゼレス
ステラ

レティス
シエラ

ゼーレ
アイリス
リーケ

安価↓~↓3で多数決、2票先取です
パターン2のみ、これに加えて人を追加するかどうかも記述してください
追加することになった場合は、増えすぎない程度に旅行の参加者を決めます


205以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/12(火) 20:46:43.59M4OPN6c70 (1/1)

1


206以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/12(火) 20:49:27.004iZG2DuKO (1/2)

1


207以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/12(火) 20:52:37.99LyxydZp3O (1/1)

多すぎても大変そうだし2
追加はカームやよいポメロロナの一年組で


208 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/12(火) 21:22:41.75YZ7Sta4wo (6/9)

クロエ「大所帯だけど、いつもの皆ね。で、アウローラについても調べてみたわ」


ローラ「アウローラ家の人と交流はあるけど、行ったことはないんだよね……」


ヒカリ「どんなところなの?」


クロエ「アウローラは……安価↓」

どんなところか安価↓
コンマが大きいほど気温が高く、小さいほど気温が低い
1.緑に囲まれた自然豊かな国
2.海に囲まれた水源豊かな国
3.山に囲まれた鉱石豊かな国
4.繋がった陸路の多い商業盛んな国
5.その他(自由安価)


209以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/12(火) 21:24:21.90cbxtNTN60 (1/1)

1


210以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/12(火) 21:24:48.584iZG2DuKO (2/2)

あつい


211 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/12(火) 23:00:33.09YZ7Sta4wo (7/9)

>>204
このリストに舞を入れ忘れていました
舞も旅行に参加します

また、ラミーは樹といるために不参加
エルク、御桜も不参加となります(出番が少なくて申し訳ありません!)


212 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/12(火) 23:01:01.21YZ7Sta4wo (8/9)

クロエ「簡単に言えばジャングルね」


ヒカリ「ジャングル……」


クロエ「生い茂った森、暑い気候。そんなところらしいわ」


ヒカリ「へえー……」


ローラ「そういえば交通手段用意してないんだけど、大丈夫?」


クロエ「そこは大丈夫。ゼーレさんが魔法陣を用意してくれるらしいから」


ローラ「そっか」


クロエ「さ、出発は明日よ。用意して寝ましょう!」


ヒカリローラ「はーい!」


ーーーーー

ーーー




翌朝ーー


ゼーレ「これが転移用の魔法陣です。魔力を込めて乗れば、すぐにアウローラに着けますよ。ただし気候の変化にだけは気をつけてくださいね」


クロエ「よし、みんな行くわよー!」


おー!


フォンッ!


ーーーーー

ーーー




213 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/12(火) 23:02:15.52YZ7Sta4wo (9/9)

アウローラーー


じーわじーわ


楓「あぢゅい……」


凜華「はい氷」キンッ


楓「ありがとぉ……」ガリガリ


「皆さんおはようございます! ようこそアウローラへ!」

「さっそくご宿泊いただくホテルにご案内いたします。どうぞこちらへ!」


クロエ「ホテルについたら荷物を置いて、あとはまあ自由時間って感じかしら」


ヒカリ「マホリオのスタジアムに、本物のお城。フルーツ畑に露店通り! いろいろ見るところがありそうだね」


現在の目標
・楽しく遊ぶ

安価↓~↓5自由行動安価
初日昼の行動を指定してください

初日  昼、夜
二日目 朝、昼、夜
三日目 朝、昼

の7回の行動となります
三日目昼の行動終了後、ゼーレチーム対ヴィーネチームの試合になります

今回の部屋割りはカップル別、チーム別とします(ナミネはティア・アルシェと同室になります)


214以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/12(火) 23:18:04.66zK3fI/uxO (1/1)

レティスシエラが他の一年生組を案内して各地を回る


215以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/13(水) 00:38:32.48pFHzBYyMO (1/1)

とりあえずレティスの両親に会いにいく?


216以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/13(水) 07:16:27.48pufzsDZgO (1/1)

慣れない暑さと元々の体力の無さが祟って楓が体調を崩してダウンしかける
幸い、市場で暑さに耐性を得られる果物(アウローラでは馴染み深いものらしい)を貰えたのでそれを食べさせて二人で介抱することですぐに良くなった


217以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/13(水) 12:21:58.59jCp/Di1XO (1/1)

バスを待っていたが一向に来ず、やっと来たと思って乗ってみたら調べたのとは違う場所に向かうバスのようで散々な目に遭うイオモミイリノワ


218以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/13(水) 13:36:32.34O6zxaC+nO (1/1)

緑豊かで暑い……熱帯雨林みたいな感じだろうか
安価は下


219以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/13(水) 14:08:31.24JiUaK2ph0 (1/1)

木そのものが大きな旅館になっていて驚く一同。中を探検したり、天辺から外の景色を眺めてみたり


220以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/14(木) 13:39:57.95Xwpz4zArO (1/1)

海外行くと時間通りにバスが来ることの有り難さを痛感するよね


221 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/14(木) 20:20:19.61pxutwogJo (1/7)

ホテルーー


舞「おおお……」


モミジ「木が建物になってる……」


「アウローラには頑丈な木が多く、それを利用したツリーハウスも多いんですよ。このホテルはその中でも特に大きく、国内最大規模のツリーハウスの一つなんです!」


クロエ「すごいわ! 探検してみましょう!」ウキウキ


ヒカリ「その前に部屋の確認。ほら、案内人さん行っちゃうよ」


最上階ーー


ラクリマ「おおおおー!」


アルシェ「すごい……景色がきれい……」


ローラ「お部屋の中もすごかったけど、このホテル全体的にすごいね……!」


ゼーレ「すごいですよ! 乗ってるだけで最上階についちゃいました!」キャッキャッ


晶「エレベーターにテンション上がるのもめずらしいな……」


ーーーーー

ーーー




222 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/14(木) 20:20:50.79pxutwogJo (2/7)

露店通りーー


楓「うう……」フラフラ


嵐「ちょっと、大丈夫か?」


楓「気持ち悪い……」


晶「暑さと日射でやられちゃったのかな。木陰で涼むか」


「そこのお姉ちゃん気分悪いのかい? 見たところ軽い熱中症だねえ」


晶「そうみたいです。どこか休憩できる場所ご存知ですか?」


「あっちに公園があるよ。それと……これ! アウローラ名物アウロナッツ! 穴を空けてストローで中の果汁を飲めば良くなるよ!」


嵐「アウロナッツジュースか……。確かにアウローラの人が熱に強いのはアウロナッツジュースをよく飲むからだって聞いたことがあるな」


楓「一つくださーい……」


「あいよ! ほれ、サービスだ! お姉ちゃん二人とも飲んでいきな!」


嵐晶「あ、ありがとうございます!」


楓「ごくっごくっ……! ぷはぁーっ! うっめぇー!」


「いい飲みっぷりだねえ! ほらほら、そっちの二人も飲んで飲んで!」


晶「いただきます」チューチュー


嵐「んくんく」ゴクゴク


晶「どうだ、楓。ちょっとは楽になったか?」ナデナデ


楓「うん、少し楽になった」


嵐「ほら、扇いでやるから涼んでいこうぜ」パタパタ


楓「ありがとー」


ーーーーー

ーーー




223 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/14(木) 20:21:41.40pxutwogJo (3/7)

バス停ーー


モミジ「えっと、観光名所の巨大フルーツの木行きのバス停はここだよね」


ノワール「うん。……でもなかなか来ないね」


イリス「あ、あのバスじゃないですか?」


イオ「他にバスもないし、あれだと思います」


ノワール「じゃあ乗ろうか」


モミジ「うん!」


ーーーーー

ーーー




ノワール「ーーここどこ!?」


モミジ「なんか川のほとりに降ろされたけど……」


イリス「どう見てもフルーツの木はありませんね……」キョロキョロ


イオ「川は綺麗だけど、ここがどこかも分からないし……」


イリス「ス魔ホで調べた限り、ホテルからフルーツの木の逆側に来てしまったみたいですね……。しかも日に数本しかバスが来ない秘境のようです」ポチポチ


ノワール「秘境?」


イリス「どうやらこの川の近くに天然の温泉があるみたいですよ。……行きます?」


モミジ「せっかくだから行ってみようよ。ここまで来て何もしないのももったいないし」


イオ「賛成です」


イリス「ではこっちですね。あの丘の裏手が温泉のようですよ」


温泉ーー


ほかほか ほかほか


モミジ「ほわあ~……」


ノワール「きもちいい~……」


イリス「いいお湯ですねえ」


イオ「ですねー……」


モミジ「バスは間違っちゃったかもしれないけど、これはこれでいい経験かも……」


ーーーーー

ーーー




224 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/14(木) 20:22:17.84pxutwogJo (4/7)

シエラ「ーーというわけで、レティスお嬢様はこの国のお姫様なの」


ポメ「へええ~! すごいね! かっこいいね!」キラキラ


ロロナ「お、おおおお姫様……!」


レティス【今まで通り普通に接してくれると嬉しいです】


カーム「うん、分かったよ。これからもチームメイトとしてよろしくね!」


レティス「……」コクン!


やよい「それで案内を買って出てくれたんだね」


シエラ「この国は温厚というかのんきというか……いい加減なところがあるからね。バスが時間通りに来ることも少ないし……。でも楽しんでほしいから」


レティス【まずはフルーツの木から】


ーーーーー

ーーー




巨大フルーツの木ーー


ロロナ「わああ……!」


カーム「大きい……」


シエラ「この木はたくさんのフルーツの木が絡まってできてるの。あまりに生存能力が強くて他の木とぶつかっても成長を止めないから、まるでいろんなフルーツが一本の木に成ってるように見えるの」


ポメ「食べれる!?」


レティス【食べられますよ】


シエラ「管理人さん、今の担当者は誰ですか? レティスお嬢様がフルーツを所望です」


「今の担当者はあたし! 姫様ならどれだけ取ってくれても構わないよ!」


レティス【許可が出ました 好きに取ってください】


ポメ「わーい!」


ーーーーー

ーーー




225 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/14(木) 20:23:13.48pxutwogJo (5/7)

アウローラ火山のふもとーー


レティス【次はここ】


シエラ「ここには野生の魔獣がたくさん住んでるの。人懐っこいし、ここには危険な魔獣も近づいてこないから、好きなだけ触れ合えるわよ」


やよい「かわいい~!」


フヨン「ほわ?」


カーム「フヨンだ。ふよふよほわほわの無害な魔獣だよね」プヨプヨ


フヨン「ほわ~」ポヨポヨ


シエラ「温厚なカピーバもいますよ」


ポメ「カピーバ!」


カピーバ「きゅる?」


レティス【動物はかしこまらないから好きで


ホットゴート「んめェェェェ」モシャモシャ


シエラ「紙食べられてますよ!?」


レティス「……自然由来だから、大丈夫」グッ


ーーーーー

ーーー




226 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/14(木) 20:24:19.86pxutwogJo (6/7)

アウローラ城ーー


クロエ「ここが……」


ゼーレ「懐かしいですね……。変わらず大きいお城です」


ガコオオオオン……!


アイリス「確か謁見の間はこっちだったよね」テクテク


ヒカリ「おお、迷いなく……」テクテク


ふよふよ


フヨン「ほわー」フヨフヨ


リーケ「フヨン……」フラー


ローラ「リーケさん、気になるのは私も一緒ですけど、ここは我慢してください……!」


謁見の間ーー


ゼーレ「着きましたよ。ここが謁見の間です」


ガコオオオオン……


王女(レティスママ)「やっほ!」ニコッ


皇女(レティス母)「こんちはー!」


クロエ「……」ポカーン


ヒカリ「謁見の間って、立場が上の人は普通高いところに座ってるんじゃ……」


ローラ「普通に机広げてメイドさんとお茶会してる……」


王女「座って座って。大事なお話があるんでしょ?」


ゼーレ「はい、失礼します」


皇女「そっちの一際若そうなのはこっちで一緒に座ろう! ほれほれ」


クロエ「し、失礼するわ」


王女「さて、お話というのは?」


ゼーレ「まずはお礼を言わせてください。ヴィーネチームとの試合に、この国一番のスタジアムを使わせていただけることを心より感謝いたします」


王女「いいのいいの。うちの国はマホリオ大好きだからね。試合が見れて喜ばない奴なんていないよ」


227 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/14(木) 20:24:49.95pxutwogJo (7/7)

ゼーレ「……ここからは少し信じ難い話かとは思いますが……。実は私達三人は現代の魔法使いではありません。遠い昔の魔法使いなのです。私の名前はゼーレ・レジェンダリア・アートルム……そういえば伝わりますか?」


王女「あのアートルムかあ。レティスから電話で聞いてたけど、ほんとだったんだ」


ゼーレ「信じてくださるのですか?」


王女「信じるよー。娘の言うことだもん。それにシエラちゃんも一緒になって電話してきてくれたしね。マホリオの才能のあるシエラちゃんが魔力を見誤るっていうのも信じられないし、まずは信じることにしたんだ」


ゼーレ「あ、ありがとうございます!」

ゼーレ「私の妹とも言うべき存在が、この世界すべてを魔界に変えようと企んでいます。ですがアートルムの名に懸けて、絶対に阻止すると誓います!」


王女「世界中の人にアートルムの存在を知ってもらう試合、その会場にアウローラが選ばれたことを光栄に思うよ。試合頑張ってね!」


ゼーレ「はい!」


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・楽しく遊ぶ

安価↓~↓5自由行動安価
初日夜の行動を指定してください

初日  昼、夜
二日目 朝、昼、夜
三日目 朝、昼

の7回の行動となります
三日目昼の行動終了後、ゼーレチーム対ヴィーネチームの試合になります


228以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/14(木) 22:07:43.88j4Q78vvjO (1/1)

レティスの話を聞きたいから、という理由で城にお泊まりすることになった一年生組
城の規模やらに圧倒されながらも王女皇女から色々聞かれまくる


229以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/14(木) 22:40:22.69x6tBoLL6O (1/1)

ヴィーネvsゼーレの試合をどうしても見たいということでウィンもソロでアウローラに来ていた


230以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/15(金) 00:01:27.02GBTgj8o9O (1/2)

最上階の展望スペースにてクロエを左右から挟む形で並んで座って夜空を眺めてロマンチックな気分に浸るクロエローラヒカリ
それと同時にどうしても視界に入ってくる爆弾に関しても、スキアを救い出して必ず止めると改めて決意する


231以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/15(金) 00:12:51.45L3bpUJN70 (1/1)

広大な森の中に1本の大きな木が聳え立っている構図が自身の故郷の神樹の森と重なったようで、懐かしさから口笛を吹き始めるリーケ

魔獣が好む独特な音階によって構成された曲らしく、アウローラ中の魔獣がリーケのそばに集まってくる。中には発行しながら空を飛ぶ個体もおり、とても幻想的な光景に


232以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/15(金) 00:35:21.63OFsaf4B8O (1/1)

↑の光景を眺めていたラクリマ、即興で短い脚本を思いつきノルンを巻き込む形で1本演じる


233 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/15(金) 21:39:00.52ShgJNM+Yo (1/5)

ホテル、最上階ーー


クロエ「ここ展望スペースになってるのね」


ヒカリ「ちょっと見てみようよ。あそこのベンチとかどうかな」


クロエ「そうね」ストッ


ローラ「じゃあ私はこっち」ストッ


ヒカリ「ボクは反対に座ろうかな」ストッ


クロエ「……きれいね」


ローラ「うん……」


ヒカリ「木の下から明かりが照らして、すごく幻想的……」


クロエ(でも……視線を少し空に向けるだけで、爆弾が視界に入ってくる)

クロエ「せっかくの綺麗な景色も、爆弾があると嫌な気分になるわね……。爆弾のない景色を取り戻すためにも、絶対にスキアを止めて助けるわよ」


ローラヒカリ「うんっ」


クロエ「さ、ここは少し冷えるしお部屋に……」


ウィン「あ」


クロエ「ウィンさん!?」


ウィン「や、久しぶり~」


クロエ「な、なんでここに……!」


ウィン「ヴィーネさんとアートルムのチームが試合するんだよ? 気になったから個人的に見に来たんだ~」


クロエ「それもそうね……。その組み合わせでウィンさんが気にならない訳がなかったわ」


ウィン「ヴィーネさんのエキシビションってことで、他にも気になったプロの人とか見に来てるみたいだよ~。あとは、ゼーレ・レジェンダリア・アートルムの名前が気になった人とかね~」


234 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/15(金) 21:39:27.30ShgJNM+Yo (2/5)

クロエ「ここにいるってことは、ウィンさんの宿泊もこのホテルなの?」


ウィン「そうとも~」


クロエ「なら私達とおんなじね。時間が合えば食事でもしましょう」


ウィン「はいは~い」


クロエ「さ、ローラ、ヒカリ、部屋に戻りましょう」


ローラ「うん。ウィンさん、お久しぶりです。お元気そうでなによりです」


ヒカリ「嵐さんもこのホテルにいるから、よかったら顔を見せてあげてください。喜ぶと思いますから」


ウィン「おうともさ~。風邪引くなよ~」


ーーーーー

ーーー




235 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/15(金) 21:39:55.59ShgJNM+Yo (3/5)

ホテルの外ーー


リーケ「…………」


トワ「ご主人、どうかしたか?」


リーケ「……神樹、みたい」


トワ「……ああ、これほどの巨木は確かに……」


リーケ「……すぅ」

リーケ「ピュイー、ピュー……ピュイー♪」


トワ「……♪」


フヨン「ほわ……♪」


夜光蝶「……」パタパタ


ホットゴート「めぇぇ……♪」


リーケ「……みんなの住む場所は、私達が絶対に守るからね」

リーケ「……ピュー、ピュイー……♪」


ーーーーー

ーーー




ラクリマ「わあ、すごい……!」


ノルン「魔獣が集まってる~……」


ラクリマ「リーケさんの周りで、みんな元からペットだったみたいにおとなしく寝てるね」

ラクリマ「あ、面白いこと思いついたよ! ノルンさん!」グイッ


ノルン「わっ」


ラクリマ「踊ろう! 夜光蝶のスポットライト、魔獣の観客! ここはステージだよ!」


ノルン「……くすっ。うん!」


ーーーーー

ーーー




236 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/15(金) 21:40:31.20ShgJNM+Yo (4/5)

アウローラ城ーー


ポメ「うわあー! ほんもののお城だあー!」


やよい「す、すごい……」


ガコオオオオン……!


「おかえりなさいませ、レティスお嬢様」


レティス「……」コクン


王女「レティスおかえりー! 会いたかったよー!」


皇女「夏休みになったら一回くらい帰ってくると思ってたのに、こんな最後の最後まで帰って来ないなんて!」ワーン!


王女「君たちはレティスのお友達?」


カーム「はい。レティスさんとマホリオでチームを組んでるカーム・セレスティアと申します」


ポメ「はいはーい! 同じくチームのポメ・ラニアンです!」


皇女「そちらは?」


やよい「私達はレティスさんの友達で、白峰やよいといいます。シエラさんとマホリオでチームを組んでて、この6人でいつも楽しく過ごしてます!」


ロロナ「ロロナ・レーミアです……」


王女「レティスにこんなに友達が……! アウローラの学校だと距離を置かれてシエラしか友達になってくれなかったのに……!」ウルウル


レティス「……変装作戦……大成功……」ブイ


シエラ「変装というか、髪染めただけですけどね……」


237 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/15(金) 21:41:05.92ShgJNM+Yo (5/5)

皇女「よし、みんな今日はここに泊まりなさい! 学校でのレティスのこといろいろ聞かせてもらうわ!」


カーム「はい! 望むところです!」


やよい「あ、あれ、レティスからお城のお話聞かせてもらうためにお城に行ってみようって話だったのに……」


ポメ「どっちもすれば問題なし! お話する代わりにお話聞かせてもらおー!」


王女「そうと決まればお部屋を用意しないとね。どこか空いてる部屋は?」


「あちらの紅薔薇の間が空いております!」


皇女「よし、コーヒー……は眠れなくなるから、ホットミルクを用意して!」


「はい!」


王女「さ、お話しましょうか♪」


紅薔薇の間ーー


レティス【この紙とペンは、ティア先輩からのプレゼント】フンス


王女「お気に入りなのね。確かに筆談なら魔法の暴発はしなさそう」


ロロナ「し、シエラさんは、私のために怒ってくれたり、すごく……その、いい人……です」


シエラ「あ、あれはロロナの悪口を言ってたからつい……!」


皇女「友達のために怒れるのはいいことだよ。アウローラの魔法使いとして誇っていい」ニッ


カーム「レティスさんはとっても学生生活を楽しんでますよ。その紙とペンのプレゼントもそうですけど、先輩とも交流を楽しんでます」


王女「よかったねえレティス」ナデナデ


レティス「……ん、いい学校」ニコッ


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・楽しく遊ぶ

安価↓~↓5自由行動安価
二日目朝の行動を指定してください

初日  昼、夜
二日目 朝、昼、夜
三日目 朝、昼

の7回の行動となります
三日目昼の行動終了後、ゼーレチーム対ヴィーネチームの試合になります


238以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/15(金) 22:33:18.72GBTgj8o9O (2/2)

アウローラ原産のフルーツ盛りだくさんな朝食に舌鼓を打つ一向


239以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/15(金) 23:59:13.52AImrVIwG0 (1/1)

リーケとローラが夜行性でおねむな魔獣達を愛でながらほっこり。凛華も混ざらせてもらう


240以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/16(土) 00:00:39.07TrlBrVX9O (1/1)

朝食の時間に偶然相席になった嵐がウィンに気付く
久々に師匠に会えたのが嬉しいらしく話も弾んだ


241以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/16(土) 00:05:57.95DcXTr3m90 (1/1)

外れの森で対人戦で使っても良さそうな魔法を確認するゼーレ

様々な頂クラスの魔法を拝めるとのことで、身内だけとはいえ結構な数のギャラリーに


242以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/16(土) 10:20:25.73wSYyNgKEO (1/1)

城にみんなで泊まったやよい、目が覚めるとポメに抱き枕にされていて色々と妄想ブーストでバグりかける。
目を覚ましたポメに聞いたところ、寝ぼけてやよいのベッドに間違って入ってしまったらしい。


243 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/16(土) 23:15:20.71v1zWbTGso (1/4)

夜中ーー


ポメ(おしっこ……)ムクリ


てこてこ てこてこ


ーーーーー

ーーー




朝ーー


やよい「んー……」ムクリ

やよい「んっ!?」


ポメ「すぴー……すよよ……」ギュー


やよい「な、ななな……!///」

やよい(なんでポメちゃんがくっついて寝て!? 前読んだ小説にあった夜這い!?)

やよい「ぽ、ポメちゃん、起きて」ユサユサ


ポメ「ん~……?」グシグシ


やよい「ここ私が寝てたんだけど、どうしてポメちゃんがくっついて寝てたのかな?」


ポメ「んー、夜中おトイレに起きて、やよいの匂いをたどって、それで寝たから~……ふああ」


やよい(寮が同室だから匂い覚えられてたのかな……。ちょっと恥ずかしい……///)

やよい「そ、そっか。ご飯用意してあるはずだから、着替えて食堂に行こっか」


ポメ「うんっ」


244 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/16(土) 23:15:50.01v1zWbTGso (2/4)

アウローラ城、食堂ーー


カーム「お、おいしいー!」


ロロナ「すごい、みずみずしいね……!」


ポメ「ばくばくばくっ!」ムシャムシャ


やよい「どのフルーツもすごく美味しい……!」


シエラ「ふふん、でしょう」


レティス【アウローラは自然と共生しているから、フルーツ作りにも自信があるんです】


やよい「ホテルの先輩達も食べれてるかなあ……」


ホテル、食堂ーー


クロエ「お、おいしい……!」


ローラ「あわわ……!」


きゅーちゃん「こーん!」パクパクッ


ミトラ「わんっ、わんわん!」モグモグ


ローラ「すごい勢いで食べてる……!」


ヒカリ「すごく甘くて美味しいからね。魔獣も気に入ったんじゃないかな」


アルシェ「ぱくぱくぱくっ!」


ティア【アルシェも気に入ったみたいですね】


ゼレス「ほんとに美味しいです……。はい」スッ


ステラ「あーん」パクッ


245 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/16(土) 23:16:23.67v1zWbTGso (3/4)

晶「ほんと美味いな、ここの果物」


楓「うん。栄養たっぷり! って感じ」


ウィン「お、発見~」ストッ


嵐「し、師匠!?」


ウィン「昨晩クロエさんと偶然会ってね~。このホテルに泊まってるって聞いたんだ~」


嵐「びっくりしました……。まさか会えるなんて」


ウィン「せっかく会えたんだから、いろいろ聞かせてもらおうかな~?」


嵐「はい!」


楓「嵐嬉しそう。よかったねえ」


ーーーーー

ーーー




246 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/16(土) 23:16:57.73v1zWbTGso (4/4)

森ーー


ローラ「あ、いましたよ……」コソコソ


リーケ「シャドウベアだ……。夜にしか動かない熊……」


シャドウベア「ぐるる……」


リーケ「よしよし……」ナデナデ


ローラ「あ、夜光蝶も木陰にいますよ。朝日の中の残光も綺麗……」


森の広場ーー


ゼーレ「さて……結界展開!」バッ!


ウィン「おお~……。これはボクでも破れないなあ」コンコン


ゼーレ「リーケに魔獣を移してもらったとはいえ、森に影響は与えないようにしないといけませんからね。ではヴィーネさんとの戦いのために、魔法をチェックしましょうか」


クロエ「……」ドキドキ


ゼーレ「炎弾【ファイアボール】、頂点【アルティマ】」

ゼーレ「炎ノ頂・焔【インフェルノ】!」ゴッ!


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・楽しく遊ぶ

安価↓~↓5自由行動安価
二日目昼の行動を指定してください

初日  昼、夜
二日目 朝、昼、夜
三日目 朝、昼

の7回の行動となります
三日目昼の行動終了後、ゼーレチーム対ヴィーネチームの試合になります


247以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/17(日) 01:02:15.25Qbmuj0jNO (1/1)

試合に備えて前もって現地入りしたヴィーネチーム
……だったが、サリアがまた行方不明になったらしくてんてこ舞い


248以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/17(日) 02:18:41.87HvjpHArCO (1/1)

スコールが降り皆びしょ濡れに

ラクリマが意外と大人な雰囲気の下着をつけていてドキドキするノルン


249以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/17(日) 09:15:07.00F7IwvKAjO (1/1)

スコールで服が身体にぴったり張り付いてけしからんことになってしまったイオモミ
恋人のあられもない姿に急いで屋内に避難するが完全にイケない気分になってしまい……


250以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/17(日) 11:29:38.940JMqZcRuO (1/2)

1年生もスコールで(ry
なおポメははいてなかった模様
このレスのコンマがゾロ目ならカームもはいてない


251以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/17(日) 11:36:37.830JMqZcRuO (2/2)

>>239、凜華も指定されてるけど反映されてないかな

安価下


252以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/17(日) 15:31:46.77nTxDzPt60 (1/1)

悪魔が眠ると言われる心霊スポット的な扱いの洞窟があるらしいのでクロエやステラ+αで探検する


253 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/18(月) 00:36:19.870Sf23ZFio (1/2)

今日は更新なしです

>>251
そうですね、凜華書き忘れてました……
後ろの方で魔獣に夢中になっていると補完しておいてください


254以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/18(月) 22:46:14.13Kz+P1LOSO (1/1)

ちかたないね


255 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/18(月) 23:20:38.330Sf23ZFio (2/2)

すみません、今日も更新なしです!
イオモミのセックスシーンに時間がかかっております…!


256以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/18(月) 23:28:40.59lhF6Fz8AO (1/1)

おつおつ
バストサイズ合計恐らくトップのカップルだからね、仕方ないね


257以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/19(火) 00:00:37.14h9WmVd8VO (1/1)

何度も言うけどイオモミの出番増えたの本当嬉しい


258 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 00:04:21.52XsmTvm6to (1/12)

ホテルの前ーー


カーム「あ、せんぱーい!」


クロエ「こっちよ! みんないるわね」


ラクリマ「もう部長じゃないのに、やっぱり後輩のことは心配ですか?」


クロエ「そりゃそうでしょ。カームもやよいも私の大切な後輩。その友達も一緒に来てるんだから、先輩としてしっかり見てあげないと」


ポッ ポッ


やよい「? 雨……?」


ざああああああああああああっっ


ポメ「おわあああああああ!?」


シエラ「スコールよ! みんな一旦室内に!」


ロロナ「わ、分かった……!」


ホテル、ロビーーー


クロエ「びっくりした……。なんだかんだみんな濡れちゃったわね」


ラクリマ「ひゃー。ホテルの人からタオル借りようよー」グッショリ


ノルン「借りてきたよ~」


ラクリマ「お、ノルンさんナイス!」スケスケー


ノルン「!?///」

ノルン(透け……!? え、紫色……!?///)カアアッ


ポメ「ぶるるるるっ」ブルブルッ


シエラ「ちょっと、雫飛ばさないでよ!」


ポメ「あはは、ごめんごめん。髪が濡れてたからつい」


シエラ「ってあなた下着は?」


ポメ「? つけてないよ?」


シエラ「は!? 女の子なら下着くらいつけなさいよ!」


ポメ「でもあれ窮屈だし……」


シエラ「む、胸が透けてるのよ!」


ポメ「え?」


259 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 00:05:32.87XsmTvm6to (2/12)

ポメ「ありゃ、ほんとだ」


シエラ「か、隠すくらいしなさいよ///」


ポメ「でも下も履いてないもん。今更つけたら苦しいよ」ペロン


シエラ「めくらない!///」バサッ!


やよい「ポメちゃん何回言っても次の日には外しちゃうから……」


ポメ「えっへへ~」


シエラ「褒められてないわよ」


クロエ「……あれ、モミジとイオは?」


ーーーーー

ーーー




260 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 00:07:01.40XsmTvm6to (3/12)

♡幕間
  モミジとイオの……♡


ホテルの前で一度合流しようとのことで、旅行の参加者はみんなホテルの外にいた。
そこに突然のスコール。バケツをひっくり返したかのような大雨に、メンバーは全員びしょ濡れとなった。
それはモミジとイオも例外ではなく、暑さのために薄着をしていたことも災いし、肉感的な肌が透け、下着もくっきりとシャツに貼り付いてしまっていた。
それにいち早く気づいたのはモミジで、他の人にイオの扇情的な姿を見られまいと自室まで急いで戻ってきていた。

「あはは、降られちゃいましたね」

濡れて肌に貼り付いたシャツを引っ張り上げながらイオが笑う。
その下の明るいオレンジの下着もしっかりと主張しており、モミジは視線をそむけた。

「き、着替えよっか。私もびしょ濡れだよ」

持ってきたマジックケースに魔力を込め、洋服を収納しておいたクローゼットに変化させる。旅行に必須の圧縮魔法の一種だ。
その中からテキトーな服を取り出すと、さっそく濡れた服を脱いでいく。

「……モミジちゃん」

上を脱いだところで、イオから声がかかる。そして背中に柔らかく暖かな感触。

「知ってますか? 濡れて冷えた肌を温めるには、温風魔法よりも人肌の方が効果が高いんですって」

前に回された腕が優しく抱きしめてくる。
必然、密着度は増し、背中の二つの柔らかな感触がむにゅりと形を変える。

「イオ……ちゃん」

「えへへ……モミジちゃん」

確かにジワジワと体温が増している感覚はある。
だが多少濡れた程度で、こうまでして体温を上げる必要はない。
それはつまり体温を上げるというのは口実で……。
そこに思い至ったモミジはイオに腕をほどかせるとゆっくりと振り返り、そして優しくイオをベッドへと押し倒した。


261 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 00:07:29.65XsmTvm6to (4/12)

「イオちゃん……っ」

体温とは別の高まった感覚。その感覚に身を任せ、キスの雨を降らせていく。

「ん、んぅ、ちゅ、んむ……」

「はぷ、んっ、ちゅ、ん、ふ……っ」

二人の大きな胸が押し潰され、キスを交わすたびに柔らかく形を変える。
着替えるために二人はシャツを脱いでおり、上半身は既に下着姿だ。
雨はその素肌まで濡らしていたが、上気した体温によりむわっとした水蒸気に変わりつつあった。

「れろ、ぐちゅっ、ちゅぷ、ちゅむ……!」

「んぶ、れお、れろぉ……んく、ちゅうう……っ!」

それすらも意に介さず二人は舌を絡ませ合う。
赤くうごめく舌が口内を蹂躙しあい、息苦しさと興奮とがないまぜになった赤い顔で二人は見つめ合う。

「イオちゃん、好き、好きだよ」

「わたしも、モミジちゃんのこと大好きです……!」

その言葉が鼓膜を揺さぶり、胸の奥から幸せな暖かさが広がる。

「イオちゃん、ここ濡れてる」

ついと指を胸の谷間に滑らせる。ブラジャーでしっかりとした谷間になったそこには、先程の雨と今の情事でかいた汗とがブレンドされた水たまりができていた。

「あっ、うう……。汗かくとそこに溜まっちゃうんです……。モミジちゃんはなりませんか?」

「なるよ、よくわかる」

しみじみと呟くと、おもむろに舌を這わせる。

「ひゃっ!?」

モミジの舌の上に生暖かな液体が広がり、塩気の強い匂いが鼻へと抜ける。不快ではなく、むしろ癖になってしまうような感覚だった。

「濡れたのそのまんまにしてたら風引いちゃうからね」

れろ、れろ、と舌が動く。
くすぐったさと恥ずかしさでイオは顔を赤くし、目元を手で覆って耐えていた。


262 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 00:08:03.57XsmTvm6to (5/12)

「ぢゅう……顔、隠さないで。イオちゃんの顔見たいよ」

「やっ、だってぇ……! そんなところ舐めるからぁ……!」

腕を掴んで避けてみると、抵抗されることなく顔が晒される。
そこには潤んだ瞳で息を荒くした、切なさを感じる表情があった。
その扇情的な表情に、モミジは息を呑む。

「イオちゃん……っ」

グッと背中まで手を伸ばし、ひと思いにブラジャーのホックを外す。
ブラジャーを剥ぎ取ると、ばゆんと大きく双丘が弾み、固くなった桃色がツンと頂点を向いた。
平均程度の身長と、それには似つかわしくないあまりにも大きな胸。
濡れた下着に包まれていたせいで全体的にしっとりとしており、手を伸ばして触れればまるで吸いついてくるかのような錯覚を起こす。

「はっ、ん……!」

固くなっている頂点をこねると、一際高い声で反応を見せる。
その声をもっと聞きたくて、もう片方の頂点に唇を寄せる。

「……かりっ」

「んくぅぅうっ!?」

少し歯を立てて噛めば、さらに高い声。
とろけたように口が半開きになり、その端からよだれが垂れている。

「ううう……! も、モミジちゃんも脱いでください!」

ホックを外されると、そのままブラジャーが腕から抜かれる。
ピンと立ち上がった先端はイオのものに劣らない程固く充血しており、一目見れば興奮していることがわかる。
肌を寄せ合えば互いの乳房が柔らかく形を変え、こりこりと乳首が弾きあう。
それでも顔を近づけ、再び唾液を交換する。

「はぶ、んっ、ひゃっ、あっ、ぁあっ!」

「ぢゅぷ、れろお、んくっ、あ、んんんっ!」

二人の矯正がシンクロし、部屋の中に響き渡る。
モミジの舌がイオの舌裏をなぞり、そのぞくりとした快感にイオが背中を反らせる。そしてイオの乳首とモミジの乳首が勢いよく弾かれ、それが最後の引き金となった。

「ふあっ、ひゃっ、あっ、あああああああああっ!」

「ああっ、わ、ひやああああ……っ!」


263 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 00:08:32.01XsmTvm6to (6/12)

びく、びく、と数度震え、抱き合っていた腕からゆっくりと力を抜く。

「ふあああああ~……」

「は、はっ……」

二人ともトロンとした顔で互いを見つめ、未だ熱に浮かされている様子だ。
それでもゆっくりと意識がはっきりとし始め、モミジとイオは自分の格好に視線を落とす。

「これ、いらない……」

「ん……」

濡れたズボンとスカート、それぞれ種類は違えど下半身を包んでいた洋服を脱ぎさり、そしてそのまま下着も下ろしていく。

「あは、イオちゃん濡れてる」

雨ではない液体で濡れたそこを見つめ、ペロリと舌なめずり。
横になったイオの顔の上に跨り、その大きな胸をお腹の上に滑らせながら秘所へと顔を近づける。

「モミジちゃんも濡れてますよ」

眼前に潤んだ秘所を晒されたイオも顔を近づけていく。
そして同時にそこへと口づけた。

「んっ!」

「ああっ!」

ぐじゅっと液体をかき分ける音と共に、舌が暖かな液体に馴染んでいく。
下半身に感じるびりびりとした快感と共に、互いのお腹に柔らかい双丘の感覚が伝わってくる。ぷるぷると震えるそれの中心にはしっかりとした固さがあり、その感触も快感のブーストとなる。

「はぶっ、ぶじゅ、れろ、あっ、んくぅっ!」

「あっ、ああっ! れろおっ、ちゅ、ぢゅううっ」

気持ちよくしてくれた分だけ気持ちよくなってほしい。その思いだけが二人の行動を支配する。
一度軽く達した二人の限界は近かった。
互いが互いを高めあい、きゅんきゅんとお腹の奥底が反応する。

「ひっ、はっ、ああっ! ぢゅう、れろ、ちゅぶぶっ! もう、もうわたし……!」

「やあ、あっ、んんんっ! ぐぷっ、ちゅうう、れろぉ……! わたしも、いき、ます……! あああっ!」

きゅうううっと二人の膣内が大きくうねる。
そして。

「ひぐっ、あ、ひゃああああああああああああっ!!!」

「やっ、あんっ! ふああああああああああああああっ!!!」

腰が跳ねる。視界がチカチカと明滅する。体が言うことを聞かない。
何分か、あるいは何秒かその感覚に体を支配させ、気づいた時には、互いの手を握っていた。

「すごかった……です……」

「うん……」

濡れた服は放り投げられ、ベッドのシーツにも湿気が移っている。
その惨状を目にして、二人はくすりと笑った。


264 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 00:09:05.57XsmTvm6to (7/12)

モミジ「お部屋のシャワー使って汗流そっか。もう自由時間ってことになってるから、ゆっくり着替えたあとで観光に行こう?」


イオ「はい。せっかくなので一緒に入りませんか?」


モミジ「うん、いいよ。私も誘おうと思ってたところ」


イオ「では着替えを用意しますね」


モミジ「分かった。濡れた服はこっちの袋に入れておくから、あとでコインランドリーかなんかで洗おうね」


イオ「はい!」


ーーーーー

ーーー




265 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 00:09:39.41XsmTvm6to (8/12)

スタジアムーー


ヴィーネ「久しぶりに来たわ、ここのスタジアム」


茜「私達の本拠地じゃないですからね~」


ヴィーネ「さ、ここの魔力に慣れるためにもちょっと体動かしておきましょうか。サリアもそれでいいわね?」


茜「サリアならさっきお手洗いを見つけてそこに……あっ!!」


ヴィーネ「普段こないスタジアムのお手洗いなんかいったら迷うに決まってるわ! 探さないと!」


茜「そこのお手洗いに入ったよ~。見失ってないはずだけど~……」


ヴィーネ「ひとまず入ってみましょう。居ればそれで良しよ」チラッ


しーん……


ヴィーネ「いない!」


茜「なんで~!? テレポート魔法みたいにいなくなるのやめてよ~!」


ーーーーー

ーーー




266 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 00:10:35.55XsmTvm6to (9/12)

クロエ「スコールはもう降らないかしら……」キョロキョロ


ステラ「もうここまで来てしまいましたし、雨の心配はしなくていいのではないでしょうか」


クロエ「それもそうね……」


ヒカリ「ここが悪魔のいるって噂の洞窟か……」


ノワール「悪魔って聞いて来たけど、どうなんだろう。ホントなのかな」


イリス「それを確かめに来たんですよ。さあ、入りましょう!」


ローラ「きゅーちゃん、明かりをお願い!」キンッ


きゅーちゃん「こんっ! ぶおおおっ!」ゴオオッ


ゼレス「では私も神聖魔法の明かりで照らしますね」ピカ−ッ


サリア「む!? ま、眩しい!」


ゼレス「さ、サリア選手!? なんでここに……!」


サリア「明日の試合に備えて前日入りだ。スタジアムの前まではヴィーネさんや茜さんといたのだが……」


ステラ「ここだいぶスタジアムと離れてますけど……」


ゼレス「ママには連絡しておきます。ここで迷子になられても困りますし、とりあえず私達と一緒に行動しませんか?」


サリア「そうだな……。ここからスタジアムへの戻り方も分からないし、素直に付いていこう」


クロエ「思わぬゲストね……。さあ、そうと決まれば出発よ! 行きましょう!」


コンマ↓
偶数 何もない
奇数 悪魔に関係するものを発見(改めて発見したものを安価で募集します)


267以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/20(水) 00:11:43.90+aGG5tc2o (1/1)




268以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/20(水) 00:25:44.49nMFSAb9LO (1/1)

やっぱ巨乳っ娘同士の百合でおっぱいや乳首をくっ付け合うのは至高


269以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/20(水) 17:44:08.74qtvbofHGO (1/1)

ゼーレvsヴィーネは完全に自動戦闘なのかな

魔王のように頂クラス魔法を連発する相手にトッププロが勝利して人類奮い立たせるルートがあっても良い気がする


270以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/20(水) 18:07:45.17QFnozG110 (1/2)

というか競技のルールに則って戦うならヴィーネ側に分がありそう


271 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 20:13:28.13XsmTvm6to (10/12)

てくてく……


イリス「どうです? 何か感じますか?」


ノワール「うーん……特には感じないよ」


クロエ「そうね、強い魔力も感じないわ」


ヒカリ「悪魔のいる洞窟っていうのはただの噂だったのかなあ」


ローラ「あ、くま」


ステラ「え?」


ローラ「シャドウベアだよ。夜行性の熊さん」


シャドウベア「ぐるる……」


ローラ「ごめんね、ここはあなたの巣だったんだね」ナデナデ

ローラ「シャドウベアは温厚で、涼しい陰を好むの。だから昼間はこういう洞窟とかでジッとしてることが多いんだ」


クロエ「そうだったの。お昼寝の邪魔しちゃ悪いし、出ましょうか」


ローラ「うん。ばいばい、シャドウベアさん」バイバイ


シャドウベア「ぐるっ」バイバイ


ゼレス「おっと、じゃあこの魔法も消して帰った方がいいですね。明かりは必要最低限でいいでしょう」フッ


ーーーーー

ーーー




272 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 20:14:00.88XsmTvm6to (11/12)

スタジアムーー


クロエ「というわけでサリアさんをお連れしたわ」


ヴィーネ「ありがとう、ほんとに助かったわ」


茜「目を離したの一瞬なのに、洞窟まで行ってたなんてね~」


サリア「す、すみません」


ゼレス「ヴィーネさん、アートルムさんは強いですよ」


ヴィーネ「うん、分かってる」


ゼレス「……頑張ってください。応援してますから」


ヴィーネ「……うん! ゼレスちゃんに応援されたら百人力よ!」


現在の目標
・楽しく遊ぶ

安価↓~↓5自由行動安価
二日目夜の行動を指定してください

初日  昼、夜
二日目 朝、昼、夜
三日目 朝、昼

の7回の行動となります
三日目昼の行動終了後、ゼーレチーム対ヴィーネチームの試合になります


273以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/20(水) 20:22:25.35luhPZ3KoO (1/1)

翌日のゼーレVSヴィーネが楽しみすぎてホテルの部屋でマホリオ談義に興じる楓チーム&ウィン
夜のテンションからか途中から恋愛トークにも発展し色々赤裸々に話すが、楓が少し席を外した辺りで『恋人にベッドで勝てない者達同士』として三人の作戦会議が行われた模様


274以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/20(水) 20:43:24.699U1yeLHFO (1/2)

アウローラの名を体現するかの如く、雲一つない夜空に綺麗なオーロラが発生(自然発生する魔翌力結界に伴って生じるらしい)

試合を前に不安そうなリーケを勇気付けるアイリスとゼーレ。その後は恋人らしくイチャつく。このレスがゾロ目ならけしからん事もする


275以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/20(水) 20:45:35.559U1yeLHFO (2/2)

同時に二つ取ってるみたくなった、ごめん(3人が夜景を眺めながら、という感じで取りたかった)

安価下


276 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/20(水) 20:56:53.72XsmTvm6to (12/12)

>>275
大丈夫ですよー
274で書かせていただきます!


277以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/20(水) 23:53:52.73QFnozG110 (2/2)

姉の部屋に行くので一緒に来る?というラクリマの誘いを断り、一人の時間ができたのを良いことに昼間のラクリマの濡れ透け姿を思い出しながら自慰に耽るノルン
達する直前でラクリマが帰ってきてしまい悶々としたまま眠ることが出来ず、すやすや眠っているラクリマを抱きしめながら自慰を続行。なお声が大きくて途中でバレる


278以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/21(木) 00:11:54.12myhufNy+O (1/1)

城の地下で肝試しをする事になる1年生

>>274
ゾロ目じゃないけどけしからんコンマ


279以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/21(木) 00:27:48.82+To3ZQz+0 (1/1)

せっかくの三人部屋なので、恋バナ(惚気含む)や今後のマホリオのこと、入学してから今までの思い出話などに花を咲かせるティアチームの三人
これがリリウムの学生として過ごす最後の夏だということに皆なんとなく気付き、しんみりした空気になる


280以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/21(木) 22:21:41.504CuotwA+O (1/1)

何故とは言わないけど、今日は更新なさそう(未来予知)


281 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/22(金) 21:53:53.96s/xwWKP/o (1/9)

アウローラ城ーー


レティス【今日は地下をご案内します】


カーム「地下?」


シエラ「地下というと……あまり人が立ち入らない場所ですが」


レティス【肝試しをします】


ポメロロナ「肝試し!?」


ポメ「楽しそう!」


ロロナ「こ、怖い……!」


やよい「大丈夫! みんなで行けば怖くないよ!」


レティス【では行きましょう】


ガコオオオオン……


シエラ「久しぶりに入ったわ……」


ポメ「くらーい……」


カーム「少し冷えますね……」ブルルッ


やよい「体が震えるのって、幽霊が体を通り抜けた感覚って言うよね」


カーム「や、やよい! 怖いこと言わないで!」


カツーン…… カツーン……


ロロナ「だ、誰か来るよ……!?」


シエラ「も、もう夜なのに!? か、隠れましょう!」サッ


カツーン…… カツーン……


ピカーーーッ!


一年生「!?」ビクッ!


コック「おっと、こんなところに人がいたんですか」


レティス「コック……」ホッ


コック「明日の仕込みの材料を取りに来たんですよ。朝ごはん楽しみにしててくださいね」


シエラ「肝試しはこんなところでいいかしら……。これ以上先に行っても何もなかったはずだしね」


レティス「……」コクコク


282 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/22(金) 21:54:43.03s/xwWKP/o (2/9)

アウローラ城、ロビーーー


やよい「ふあー、びっくりした!」


ロロナ「急に光るんだもん、怖かった……」


メイド「おや、お嬢様。地下室探検をしてたんですか?」


レティス「……ん、コックに会った」


メイド「……? 地下はただの倉庫ですよ。厨房も食料庫も一階にあります」


シエラ「……え」


えええええええええええっ!?


レティス「うわーん! びええええ」


シエラ「あわわ、よ、よしよし。怖くないですよー」


やよい「お、おおおおばおばおば……!」


カーム「ほ、本物……!?」


ロロナ「うーん……」コテッ


ポメ「ロロナが気絶したー!」


コック「……」ピース


メイド(ナイスよ、コック)グッ


ーーーーー

ーーー




283 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/22(金) 21:55:12.27s/xwWKP/o (3/9)

ホテル、展望台ーー


リーケ「……」ムギュ…


トワ「……」モフモフ


ゼーレ「リーケ、怖い?」ナデナデ


リーケ「……うん」


アイリス「そっか、怖いかー」ヨシヨシ


ゼーレ「試合の動画を見せてもらったけど、確かにすごく強い人達みたい」


リーケ「あれに勝てる訳ないよ……。だって私弱いし、戦いなんてできない……」


きらっ きらきらっ


アイリス「おー、オーロラだ」


ゼーレ「リーケ、見て、オーロラだよ」


リーケ「……きれい」


ゼーレ「勝つのが目的じゃないよ。私達の力を知ってもらうための戦いなんだから」ナデナデ


アイリス「やれるだけやって、それを見てどう思うかはみんなに任せちゃおう」ヨシヨシ


リーケ「……うん」


アイリス「ああもう不安がるリーケも可愛いなあ! んっ!」チュッ


リーケ「ひゃ……!」チュッ


ゼーレ「あ、ずるい! んー!」チュッチュッ


リーケ「んっ、ふ……!」チュッチュ


ちゅっちゅっ


ーーーーー

ーーー




284 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/22(金) 21:55:58.57s/xwWKP/o (4/9)

楓チームの部屋ーー


こんこんっ


ウィン「やっほ、来たよー」


嵐「師匠!」


ウィン「さて、早速試合の動画見よっか。いやー、いい試合が多すぎて見るの迷っちゃうな~」


晶「あ、じゃあこれで!」


楓「これヴィーネさん以外の二人がやられちゃったのに大逆転勝利するやつだよね! 見よう見よう!」


ウィン「ヴィーネさんチームの前のランク一位だからねー。さすがに強かったんじゃないかなー」


嵐「まずサリアさんが叫んで、それに応じて茜さんが動く」


晶「茜さんの接近戦に対して、相手は二人のコンビネーションで応戦。範囲魔法に次ぐ範囲魔法で、最後は茜さんが捕まっちゃう」


ウィン「ヴィーネさんも魔法で応戦するけど、相手の魔法が堅いんだよねー」


楓「あの魔法を防ぐって、とんでもない堅さだよね……」


嵐「そしてサリアさんが見当違いの方向に魔法を撃って、そこに相手の最強の合体魔法が!」


晶「ヴィーネさん……!」


ウィン「サリアさんが魔力の余波でリタイア、絶体絶命……!」


楓「でも! ここでルー!」


嵐「相手の魔法を打ち砕いて勝利!! 何回見てもすごいよなー、これ」


ウィン「茜さんが接近戦をしてる時に、相手の魔力の流れをわずかに狂わせてるんだよねー」


晶「んで、サリアさんの飛ばした魔法は、相手の合体魔法に一番効果的なダメージを与える場所に先撃ちしてるんだよな」


嵐「負けたと思った次の瞬間に勝ってる。ほんとすごいよ……」


285 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/22(金) 21:56:28.36s/xwWKP/o (5/9)

楓「ところでウィンさん、ナナさんとはどうです?」


ウィン「毎日連絡とってるよ~。ナナもメディカルチーム入りのために毎日お勉強してるって~」


嵐「わあ、素敵ですねえ」


ウィン「そっちこそどう? 三人でお付き合いしてるんだよね~?」


楓「えへへ、仲良しですよー」


嵐「改まって言うと恥ずかしいけど……」


晶「お~、あちあちだ~」


楓「うー、なんかハズいー。顔熱いなー///」テレテレ

楓「ちょっと飲み物買ってくる! 三人で話してて!」


ばたんっ


嵐「行っちゃった」


ウィン「いやー、初々しいね~」


晶「……な、なあ、こんなこと聞くの恥ずかしいんだけど……。その、え、えっちする時ってどうやって攻めたらいいんですか……?」


ウィン「うぇっ!?」


嵐「た、確かに聞きたいです……!」


ウィン「う、そ、その~……実はボクもナナには勝てなくて~……」モジモジ


晶「そ、そうだったんですか……」


ウィン「なんかもう最近は諦めてるよ~。ナナが幸せそうだからいっか~って」


嵐「それもそうですね。楓が幸せならまあ……」


ガチャッ


楓「ただいまー! 自販機で色々買ってきたよー」

楓「ほれ、飲みながらマホリオ談義と洒落こみましょう!」


ーーーーー

ーーー




286 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/22(金) 21:57:23.49s/xwWKP/o (6/9)

ティアチームの部屋ーー


ごおおおおおお……


アルシェ「んー……」


ナミネ「あら、ティアさんに髪梳かしてもらってるんですか。いいですね」


アルシェ「ん、ティアの手、きもちいい」


ナミネ「ふふ、ちょうど二年前の夏祭りでしたね、お二人が付き合い始めたのは」


ティア「そう、ですね」


ナミネ「それからずっと仲良しで……」


アルシェ「ナミネとリリィも仲良し」


ナミネ「ふふっ、ありがとうございます」


ティア「最初は私の食べ残しを食べてもらっただけで、まさかこんなに大切な人になるなんて思ってませんでした」


アルシェ「アルシェも。あの頃は友達とかもよくわからなかった」


ナミネ「それに、一昨年には学内マホリオ大会で優勝できるとも思ってませんでした」


ティア「優勝して夏休みに入れたのは嬉しかったです」


アルシェ「学外対抗戦もあるし、魔王との戦いもある。安心してられない」


ナミネ「そのとおりです。これからも研鑽を積みましょう!」


ティア「……今年で卒業なんですよね」


アルシェ「……ん」


287 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/22(金) 21:58:01.13s/xwWKP/o (7/9)

ナミネ「私、この学校に来てよかったです。皆さんと友達になれたし、ティアさんアルシェさんとチームを組めました」


ティア「ナミネさん……」


アルシェ「しんみりするのはまだ早い。卒業式まで取っておこう」


ナミネ「そうですね。すみません……」


こんこんっ


ナミネ「? はーい」ガチャッ


ラクリマ「やっほー、来ちゃった」


ティア「ラクリマ!」


ラクリマ「寝る前にお話ししようと思って。迷惑だったかな」


アルシェ「んーん。……ノルンは?」


ラクリマ「ノルンさんにも声かけたけど、お邪魔するわけにはいかないって断られちゃった」


ティア「そうでしたか。どうぞ座ってください」


ラクリマ「わーい♪」ボフッ


ナミネ「ラクリマさんはアウローラ楽しんでますか?」


ラクリマ「うん♪ 食べ物も美味しいし、見るものも多いし、全然飽きないよ!」


ティア「……ラクリマ、学生生活ちゃんと楽しんでくださいね」


ラクリマ「……? うんっ!」


ーーーーー

ーーー




288 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/22(金) 21:58:36.53s/xwWKP/o (8/9)

アルシェとノルンの部屋ーー


ノルン「はあっ、あ……っ!」クチュクチュ

ノルン(ラクリマさんっ、ラクリマさん……! あんな、あんなえっちな下着つけて……!)ハアハア

ノルン「んっ……! イく、イ……っ!」


ガチャッ


ラクリマ「ただいまー」


ノルン「!!」バババッ


ラクリマ「あ、起きてたんだ。もう夜遅いよー?」


ノルン「あ、ほ、ほんとだ~」


ラクリマ「ほらほら、明日も早いんだし早く寝よう!」


ノルン「は~い」


ーーーーー

ーーー




ラクリマ「すやすや……」


ノルン「……」

ノルン(眠れないっ!!)クワッ


ラクリマ「んー……」コロン


ノルン「……」ゴクリ


もぞもぞ


ノルン(すんすん……はあ、いい匂い……)モゾッ

ノルン「ラクリマさん……」カクカク

ノルン(あ、さっき直前までシてたから……もう……)

ノルン「ああっ、イくっ、イく……っ!」


ラクリマ「…………」


がしっ!


ノルン「!?」ビクッ


ラクリマ「ノルンさーん……」ジトー


ノルン「お、起きて……!?」


ラクリマ「あれだけ耳元で大きい声出されたら起きるよー」


ノルン「なっ……!///」カアアッ


ラクリマ「旅行に来てまでオナニーだなんて、ノルンさんはえっちだなあ……」スッ


289 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/22(金) 21:59:04.26s/xwWKP/o (9/9)

くちゅっ


ノルン「ひうっ!」ビクッ


ラクリマ「あは、とろとろだ」クチュクチュ


ノルン「ま、って……! だめぇ……!」


ラクリマ「もうイキそうなの?」


ノルン「……っ」コクコクッ


ラクリマ「ふーん……」

ラクリマ「えいっ」


こちゅこちゅこちゅっ!


ノルン「ふあっ! ひあっ、ああああああああああっ!!」ビクビクッ!


ラクリマ「おおー……」


ノルン「はあっ、はあっ……ばかあ~……」


ラクリマ「私がいる横でオナニーしてるノルンさんが悪い。すぐイっちゃうくらい自分でほぐしてたんだもんね?」


ノルン「うぅ~……!」


ラクリマ「かわいいなあ、もう」チュッ

ラクリマ「ほら、今度こそ寝よ? ほんとに明日に支障出ちゃうよ」


ノルン「うん……。ねえ、一緒に寝てもいい~?」


ラクリマ「うん、いいよ。よいしょ」バサッ


ノルン「えへへ、あったかい……。おやすみなさい……」


ラクリマ「おやすみー……」


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・楽しく遊ぶ

安価↓~↓5自由行動安価
三日目朝の行動を指定してください

初日  昼、夜
二日目 朝、昼、夜
三日目 朝、昼

の7回の行動となります
三日目昼の行動終了後、ゼーレチーム対ヴィーネチームの試合になります


290以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/22(金) 22:19:31.479Cfamg+gO (1/1)

作戦会議をするヴィーネチーム(ゼーレの魔法については御桜経由で茜が聞いていた模様)


291以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/22(金) 23:22:17.26t2oMcIz30 (1/1)

演劇に使えるかもというレティスの思いつきでアウローラの伝統衣装を何着か貰う事になったカーム。1年生や演劇部を巻き込んでちょっとしたファッションショーが始まる


292以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/23(土) 01:36:58.76uSaw8p4hO (1/1)

暑いからとポメが素っ裸で寝ていた

……の割にはやよいを抱き枕にしていて暑いのかそうじゃないのかはっきりしないが、とりあえずやよいはフリーズ


293以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/23(土) 06:56:37.65UHyrj/85O (1/1)

朝食にて一種の催し物として各自に1つずつアウローラ固有の果実が配られる
この果実は皮を向くと普通は実が1つ入っているがたまに2つに分けられる実が入っており、自分と恋人で2つを分け合って食べることで末永く続くカップルになるという伝承があった
それぞれのテーブルから結果に一喜一憂する声が上がる中、クロエが開けたところなんと極稀にしか存在しない3つに分けられる実が入っており、周囲の注目や歓声を浴びながらもヒカリ・ローラと食べさせ合う

なおこの伝承、発端はかつてゼーレがアウローラを訪れた時にゼーレが同じく3つの実を引き当てたことで生まれたらしい(実を引き当てたという事実だけで、ゼーレ達自身のことは記録に残されていない)


294以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/23(土) 11:32:27.79c19fD68MO (1/1)

アウローラでゼーレが戦うことを察知したスキアが偵察を出す
アウローラが植物に溢れていることとウィンの魔翌力を感知したことから花さんが立候補して向かった模様


295以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/23(土) 18:26:07.87w3KZmyo5O (1/2)

ヴィーネが勝つ展開も見てみたいけど現状判明してる魔法を組み合わせるだけでも十分チートなゼーレに勝てる見込みなさそうだな・・・


296 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/23(土) 23:14:07.57vApM3Kpmo (1/7)

アウローラ城ーー


やよい「んー……」モゾモゾ

やよい(また抱きつかれてる感覚……さてはポメちゃん……)


ポメ「くうくう……」スッポンポン


やよい「ポメちゃん!?」


ポメ「わっ、なになに!?」ビクッ


やよい「な、なん、なん、は、裸……!?」


ポメ「あ~、あっつくて脱いじゃったのかも」


やよい「ななな……!///」プシュー


ポメ「あれ、固まっちゃった。今のうちに着替えちゃおーっと」


ーーーーー

ーーー




297 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/23(土) 23:14:39.55vApM3Kpmo (2/7)

食堂ーー


「本日はちょっとした催し物ということで、ラブの実と呼ばれるものをご用意しました」


ヒカリ「ラブの実?」


「机の上に、一人一つずつフルーツが置いてあると思います。そのフルーツがラブの実です。ラブの実は通常果実が一つなのですが、中には果実が二つ入っているものもあるのです。そしてその実を食べた二人は末永く幸せでいられるんですよ」


楓「おおー」


「では朝食後のフルーツにどうぞ召し上がりください」


いただきまーす!


ティア「あ、二つ……!」


アルシェ「ティア……!」


二つ入ってた! こっちは一つです……


クロエ「よっ」ムキムキ

クロエ「……三つ?」


「み、三つですか!? 三つというのもごくまれにあると聞きますが、見るのは私も初めてです……」


クロエ「ちょうどいいわね、ローラ、ヒカリ。あーんして」


ローラ「あー」


ヒカリ「あー……」


ぱくっ!


ローラヒカリ「はい、クロエ(ちゃん)も」


クロエ「あむっ」パクッ


「もしや三人は……」


クロエ「ん、そうよ。美味しいわねこれ」モグモグ


298 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/23(土) 23:15:08.52vApM3Kpmo (3/7)

「でしたら朗報です。かつて三人で三つの実を分けたカップルがいたそうですが、その三人はとても仲睦まじく過ごしたという実際の記録があるんですよ」


おおー!


楓「やるじゃんクロエ!」


クロエ「そ、そうだったの。気にしないで食べちゃったわ」


ヒカリ「仲睦まじくか……嬉しいな」


ローラ「えへへ……」


ナミネ「素敵ですねえ」


ゼレス「私達も二つありましたけどね」フンス


ゼーレ(私達の記録残ってるのね……)


アイリス(うはー、ちょっと恥ずかしいなー)


ーーーーー

ーーー




299 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/23(土) 23:15:36.18vApM3Kpmo (4/7)

アウローラ城ーー


やよい「あ、先輩! こっちです!」


ラクリマ「うおー、ほんとにお城だー!」


ノルン「レティスさんお姫様だったんだね~」


レティス「……」コクリ


シエラ「レティスお嬢様が演劇部で使えそうな洋服を用意したわ。せっかくだし着てみてちょうだい」


カーム「ええ!」


ドレッシングルームーー


ポメ「ひろーい!」キャッキャッ


レティス「……これ」


ラクリマ「おお、ヒラヒラ」


シエラ「ダンスの時によく着られる衣装です。大きく動いて盛り上げるために、装飾がふわふわヒラヒラしてるんです」


ノルン「へえ~」


ポメ「これはー?」


やよい「わ、それなに?」


シエラ「昔、文明もないころの洋服です。近くの木から取ったツタや葉で体を覆ってたみたいです」


ラクリマ「よーし、お着替えタイムだー♪」


ーーーーー

ーーー




300 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/23(土) 23:16:06.25vApM3Kpmo (5/7)

スタジアム控室ーー


茜「じゃあまず、妹から聞いた話をー」


ヴィーネ「ええ、お願いするわ」


茜「ゼーレさん、アイリスさん、リーケさんの三人チームで、主力……というより戦力という戦力はゼーレさんだけみたいです」


サリア「一人だけ?」


茜「アイリスさんは魅了魔法の使い手で、いさかいを収めるところは見たことがあるけど、戦ってるところは見たことがないそうですー」

茜「リーケさんは魔獣使いで、魔獣を呼び寄せて、その魔獣を強化できるそうです。ただ、マホリオスタジアム外から魔獣が入ることはできないし、召喚石も無限に持ち込める訳ではないですからねー」


ヴィーネ「なるほど……。で、ゼーレさんの強さは……まあ、伝説になってるくらいだしすごいんでしょうね」


茜「なんでもできるそうですよー。アーカイブって魔法で、現存する魔法を好きなように使えるみたいですー」


サリア「……おそらくは闇魔法と神聖魔法は使いこなせないはず。その二つは他の魔法とはそもそも立ち位置が違うから……」


ヴィーネ「そうね。魔界の力や天界の力とされている魔法だから、魔力だけで再現するのは不可能なはず。とすると……」


茜「ヴィーネさんの神聖魔法の“退ける力”が重要になってきそうですねー」


301 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/23(土) 23:16:33.90vApM3Kpmo (6/7)

ヴィーネ「そうね。あとは茜の運動能力が鍵になりそう」


サリア「ですね。魔法が強くても、身体能力が高いとは限りませんから」


茜「どこまで通じるかなー」


ヴィーネ「伝説に頼らなくても、人類もやれるんだってところをみんなに見せてやりましょう!」


茜「おー!」


サリア「はい!」


ーーーーー

ーーー




302 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/23(土) 23:17:07.52vApM3Kpmo (7/7)

魔界ーー


スキア「お姉ちゃんと人類代表の戦いか……どうせお姉ちゃんが勝つけど、人類の力の把握にはちょうどいいかな」

スキア「誰かー、偵察ー」


花「なら私が。あの地には植物が多く、私の見た目は擬態にうってつけかと」

花(それにこの魔力……あの地にはあいつも……)


スキア「おっけー。魔界顕現【ラグナロク】」ズオッ

スキア「じゃ、報告よろしくね。行ってらっしゃーい」


花「はっ!」シュッ


ーーーーー

ーーー




現在の目標
・楽しく遊ぶ

安価↓~↓5自由行動安価
三日目昼の行動を指定してください

初日  昼、夜
二日目 朝、昼、夜
三日目 朝、昼

の7回の行動となります
三日目昼の行動終了後、ゼーレチーム対ヴィーネチームの試合になります

また、魔界の花にも名前を付けようかと思います
↓~↓5で、最もコンマの大きいものを採用します
思いつかない場合は名前はレスに書かなくても大丈夫です


303以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/23(土) 23:31:51.98w3KZmyo5O (2/2)

分身体で神聖魔法撃ってなかったっけ?基本魔法は撃てるけど派生系は不可能みたいな制約?
それとアートルム神社に闇属性の魔翌力も漂ってたって言ってたからそっちも使えるのかと思ってた。単にヴィーネ側が勘違いしてるだけよーって話だったらスマソ

安価は

オナバレで吹っ切れたのか、ノルンがラクリマに対して照れながらも少し積極的に。ハグしたり恋人つなぎしたり

花の名前は「アンモビウム」


304以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/24(日) 00:09:57.87jcqiqrgsO (1/1)

花の魔力を察知したウィン、花が人気の無い場所にいるのを確認した上で戦いに行く
戦いの最中で花の伸ばした触手に絡み付かれ、ウィンの魔力に興味を持った花から身体接触を通して魔力を吸われたりしかけるもどうにか逃れて互角の戦いを繰り広げる
その際に互いに『花』と呼ぶ・呼ばれるのが不便という利害の一致から花の名前が判明する

なお身体接触云々の辺りは百合イベが基本純愛で無理やり系が無かったので本番無しで入れてみましたが、これ花の人格が♀でないと成り立たなくなるのでその場合はカットで大丈夫です

あと花の名前案は『クロノリウム』で


305以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/24(日) 01:20:18.5376TM+KeB0 (1/1)

試合開始前、売店で飲み物を買うイリノワイオモミ
結構な混み具合のせいで転けそうになるノワールを魔法を使って助けるイリス
頭を撫でながら怪我が無いか心配をするイリスを見て、イオモミにママみたいだと言われ満更でもないイリノワ


306以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/24(日) 02:50:49.86Na61YJVmO (1/1)

生物としての格の違いで流石にウィン一人だと分が悪くなってきた所で時間魔法と悪魔使い、それぞれの理由で花を察知したイリノワ(とイオモミ)が加勢

名前はダイコン


307以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/24(日) 09:52:45.26VjO0EPRm0 (1/2)

試合前、ゼレスがヴィーネにエールを送る(抱きついてほっぺにキスまでする。ゼレスなりの最大限の応援らしい)


308以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/24(日) 20:29:43.68sxMYgBd1O (1/1)

地味にウィンの過去……というか幼少期が気になるんよな
厳しい英才教育受けてたとかじゃなさそうだし、魔法の才能とかマホリオモードっていつ頃から発現してたんだろ


309以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/24(日) 20:32:55.91VjO0EPRm0 (2/2)

リクエスト順的にこのスレ終わりの小ネタで見れるんじゃなかろうか


310以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/25(月) 19:46:40.82RD2zbqAIO (1/2)

最強決戦楽しみだな


311 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/25(月) 22:34:13.08PN6UHdgco (1/9)

アウローラ城ーー


ラクリマ「あー楽しかった! ご厚意でアウローラの服もいくつか貰っちゃったし、活用しないとねー」


ノルン「……っ」ギュッ!


ラクリマ「おっ? ノルンさんどうしたの」


ノルン「ら、ラクリマさんは可愛いんだから、あんなにヒラヒラした服着たらだめだよ……! みんなラクリマさんのこと好きになっちゃう……!」


ラクリマ「!」キューン


ノルン「手、繋いで行こう」ギュッ

ノルン「ラクリマさんはノルンのだって証明しないと……!」


ラクリマ「ちょっと大胆になったね、ノルンさん。へへ、ノルンさんから手を握ってくれるなんて嬉しいな……」


ーーーーー

ーーー




312 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/25(月) 22:34:40.63PN6UHdgco (2/9)

アウローラ市街地ーー


ウィン「……っ」ゾクッ

ウィン(この感覚……まさかあの花が来てる……?)

ウィン(街の外れ……森の中かな……)キイイ…


ーーーーー

ーーー




森の中ーー


アンモビウム「……来たか」


ウィン「やっぱり、花いた」


アンモビウム「今回の私の任務は人類と魔王様の姉君の戦いの報告だけだ。騒ぎは起こしたくない」


ウィン「そっちがそうでも、悪魔が来てただで帰す訳にはいかないんだ。魔弾【シュート】」ゴオッ!


シュッ!


アンモビウム「そうか」パッ


ウィン「それに、花が次来た時は本気で倒すって言ったよね。神弾【ネオ】」カッ!


アンモビウム「ああ、だがこんな時期に来ることになるとは私も予想していなかった」パッ

アンモビウム「なので、こうさせてもらう」ズッ…!


ずるうっ!


ウィン「!!」ギチッ!

ウィン(植物も操れるのか……)


アンモビウム「おとなしくしててくれればいいんだ。さてと……」ギュワッ


ウィン「ひゃっ!?///」ビクンッ


アンモビウム「貴様の魔力を多少頂こう。そうすれば反撃のしようもないだろうからな」


ウィン「やめっ……! く……魔弾【シュート】!」


ブチブチブチッ!


ウィン「はあっ、はあっ……。変なことするなあ、もう……」


アンモビウム「ほう、あの状態から逃げるとは」


313 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/25(月) 22:35:15.95PN6UHdgco (3/9)

アンモビウム「だが……この森林の中では、環境全てが私の味方だ」ズオッ


ウィン「時間魔法【クロック】」ユラ…


アンモビウム「!」


ウィン「神弾【ネオ】」カッ!


ドオオオオオオオッ!


アンモビウム「危ない危ない……」


ウィン(時間の流れを操って、即座に木の根を成長させて防いだ……)


アンモビウム「フッ!」ズオッ!


ウィン「時間魔法【クロック】」ユラ…


アンモビウム「無駄だ!」


ずるるるっ!


ウィン(多い……!)

ウィン「時神魔法【クロノス】!!」ガオッ!!


ズオオオオオオオオッ!


アンモビウム「環境破壊は感心しないな」


ウィン「よく言うよ。人間界全部を魔界に変えようとしてる癖に……」ハアハア

ウィン(魔力を吸われたせいで、クロックの連発とクロノスでもうほとんど魔力が残ってない……)ハアハア


アンモビウム「どうした、息が上がっているぞ」ズオッ


ウィン「く……っ!」


314 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/25(月) 22:36:16.27PN6UHdgco (4/9)

しゅるしゅるしゅる!


ウィン「……!」ギチッ


アンモビウム「そうそう、私の名前は「花」ではなく「アンモビウム」だ。覚えておくといい」


むにゅんっ


ウィン「ど、どこ触って……!」


アンモビウム「魔力を吸うには精神がぶれてる方がやりやすいからな。少しばかりイタズラさせてもらうよ」


しゅるしゅるしゅる……


ウィン「くすぐった……ひゃあっ!///」


アンモビウム「ふむ、やはりいい魔力を持っているな」


ザッ! ぶちぶちぶちっ!


アンモビウム「……!」


ノワール「大丈夫ですか、ウィン先輩」


イリス「助けに来ました!」


ウィン「あ、ありがと……」ハアハア


アンモビウム「ふむ……せっかくだ、他の魔法使いの魔力も頂こう」ズオッ


イリス「時止魔法【ストップ】」カチッ

イリス「ウィンさん達を動かして……」ヨイショ

イリス「解除」カチッ


すかっ!


アンモビウム「なに!?」

アンモビウム「……まさか時に干渉する魔法使いが二人もいるとはな」


ノワール「悪魔送還【パラダイスロスト】!」グワッ!


アンモビウム「!」バッ

アンモビウム「魔界との扉を開ける魔法使い……!」

アンモビウム(時を止めた上で魔界への扉に叩き込まれるとマズイな。魔王様に報告することもないまま帰還するのは避けたい)


315 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/25(月) 22:36:45.31PN6UHdgco (5/9)

アンモビウム「三人の魔法使いよ、私は逃げる」


ノワール「させないよ。ほっといたら暴れまわる気でしょ」


アンモビウム「それはない。突然の襲撃など絶望の大きさはたかが知れている。困惑や動乱ばかりで美味くもない絶望を撒き散らすだけだからな」


イリス「なんにせよ私達は止めますよ」


アンモビウム「ふん」ギュワッ


パッ


イリス「……消えた?」


ウィン「あ、あいつは……時間を操れる……。逃げられたんなら追うのは厳しい……かも~……」


ノワール「そうですね……気配を探ってもそれらしいのがないし……」


ウィン「逃げられたのは仕方ないよ~……アイツの言ってたことが本当なら、今回は暴れるのが目的じゃないらしいし~……」


イリス「てはウィン先輩も疲れてるみたいですし、街に戻りましょう。あの花が暴れないことを祈るのみです」


ーーーーー

ーーー




316 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/25(月) 22:37:17.63PN6UHdgco (6/9)

スタジアムーー


わいわい がやがや


クロエ「す、すごい人ね……!」


ローラ「はぐれないようにしないと……」


ノワール「飲み物買ってくるね」


イリス「あ、私も行きます」


ーーーーー

ーーー




イオ「よいしょ」


モミジ「気をつけて持ってね。中にジュースも入ってるから、人にぶつからないようにしないと」


イオ「はいっ」


ノワール「あ、イオさん達も飲み物買いに来たの?」


モミジ「うん。少し小腹も空いたから、甘いものとセットでいろいろね」


イリス「ノワールさん、そんなところで急にとまったら危ないですよ」


ノワール「あっ、そうだね。避けないと……」


ドンッ


「あ、ごめ」


イリス「時止魔法【ストップ】」

イリス「よいしょ」カチッ


「んなさい! ぶつかっちゃった!」


ノワール「え、あ、ああ、大丈夫です。転んだりしてませんし……そっちこそ怪我とかしてませんか?」


「大丈夫! ごめんなさいねー!」タタタッ


ノワール「ごめん、イリスが魔法で助けてくれたんだよね」


イリス「もう、気をつけてください。怪我してませんか?」ナデナデ


ノワール「うん、大丈夫」


イオモミジ「おおー……」


317 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/25(月) 22:37:46.44PN6UHdgco (7/9)

ノワール「? どうかした?」


イオ「いえ、なんだか……」


モミジ「イリスさんがお母さんみたいだなあって思って」


イリス「そ、そうですか……?」


ノワール「イリスがお母さんか……悪くないかも?」


イリス「照れますけど、悪い気分ではないですね」


モミジ「あ、早く買わないと試合始まっちゃうよ」


イリス「そ、そうでした!」ハッ


ーーーーー

ーーー




選手通用口ーー


ヴィーネ「見に来てくれたのね、嬉しいわ!」


ゼレス「そりゃ見ない訳ないでしょう。エキシビションでこんなに盛り上がってるの初めて見ましたよ」


ヴィーネ「ふっふっふ、ならお客さんをガッカリさせる訳にはいかないわね」


ゼレス「……ママ、頑張って」ギュッ


ちゅっ


ヴィーネ「……!!!??!?!??」

ヴィーネ「もう数年単位で挨拶のキスもしなくなったのに……!!!!」


ゼレス「そ、それだけ応援してるんです! 不甲斐ない試合したら許しませんからね!」


ヴィーネ「うん!」


ーーーーー

ーーー




318 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/25(月) 22:38:14.35PN6UHdgco (8/9)

スタジアムーー


わあああああああああああっっ!!!


『さあいよいよ始まります! 今回のエキシビションマッチは協会たっての立案で、とあるチームとの試合が成立したようです! その選手達が、今! 入場しますっ!』


サリア「すごいお客さんの数だ……」


『サリア・マグノリアーーーー!! 未来視から繰り出される魔法は正確無比! 今日も大将としての出場だーーー!』


茜「おーし、頑張るぞー」グッグッ


きゃああああああああああ!


『久遠茜ーーー!!! クールアンドビューティフル! 見た目からは想像もつかない超肉弾戦! 歓声の盛り上がりも一際大きいぞーーー!!』


ヴィーネ「うおおおー! いっくぞおおお!」


『ヴィーネ・ケルキオーーーーン!! 来たぞ我らがリーダー! 攻防援魔全て揃った超一流のお出ましだーーーー!!』


319 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/25(月) 22:38:45.69PN6UHdgco (9/9)

『ここからは噂のチームの紹介となります! 数千年前に魔王と痛み分けをし、現世に蘇った伝説のトリオとのことです!』


わあああああああああああっっ!!


リーケ「ひ、ひいいい……!」


『リーケ・エターニアーーーー!! リーケ財閥は彼女の動物愛に感化された人物が作り上げたそうです! すなわち、彼女の使用魔法は魔獣に関連するものということです!!』


アイリス「大丈夫だよ、リーケ。私達に集中して。観客はこの際気にしなくていいよ」


きゃああああああああああ!!


『アイリス・スノードローーーーップ!!! イケメンです! 場内が沸いております!!』


ゼーレ「ふう……いきます!」


『ゼーレ・レジェンダリア・アートルムーーーー!!! 伝説の名を冠する、最も有名な魔法使いが現代に蘇ったーーーーー!!!』


審判「ヴィーネチーム、大将はサリア選手。ゼーレチーム、大将はゼーレ選手。確認よろしいですね」

審判「では……試合開始!!」


ゼーレ「魔弾【シュート】、頂点【アルティマ】!」


ヴィーネ「神聖魔法【ホーリー】!」ギュワッ!


ゼーレ「神弾【ネオ】!」バオッ!


ドオオオオオオオオッッ!!


アイリス「うわっ!?」


茜「……」


『な、なんと! ヴィーネ選手と互角の初弾です! この試合どうなってしまうのかー!?』


ヴィーネ「ゼレスちゃんが見てるもの、負けられないわ……!」


ヴィーネチーム↓コンマ 0/200
ゼーレチーム↓↓コンマ 0/200
先にコンマの合計が200に達したチームの勝利


320以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/25(月) 22:39:58.0070TA1i0l0 (1/1)

がんばれ


321以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/25(月) 22:40:31.08RD2zbqAIO (2/2)




322以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/25(月) 23:08:02.12P2I4Q5vrO (1/1)

マッマ全力全開


323以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/25(月) 23:13:11.16+KDe09fDO (1/1)

ゼレスブーストやべぇ


324以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 00:41:06.95sBX+oMrT0 (1/5)

分身だけでウィンチームとやり合ってたからゼーレも弱い事はないのだろうけど……


325 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/26(火) 11:55:08.15Gy9FeisHo (1/2)

ヴィーネチーム↓コンマ 100/200
ゼーレチーム↓↓コンマ 8/200


ゼーレ「普通の魔法では分が悪いですね。聖弾【ホーリーボール】!」ドオッ!


ヴィーネ(神聖魔法!?)


茜「フッ!」ゴッ!


アイリス「こ、拳で砕いた!?」


サリア「毎日間近で最強の神聖魔法を見てますから。茜さんならそれくらいの魔法なら砕けますよ」


茜「いろいろ使えるみたいだけど、一つの魔法を磨き続けた境地っていうのを舐めないほうがいいよ」スウ…


ヴァッ!


トワ「貴様……ご主人に拳を向けるか!」ギリイッ


リーケ「トワ……」


『おおっと! 狼が尻尾で止めている!』


ヴィーネ(神聖魔法が使えるなら闇魔法も使えるかもしれない……。ほんとに何でもできるんだ、この人……!)

ヴィーネ「神聖・球【ザ・スフィア】!」ゴオッ!


アイリス「てーい! 魔弾【シュート】!」


ぎゅわっ!


アイリス「うわ、逸らされるの!?」


ゼーレ「風斬魔法【かまいたち】、頂点【アルティマ】! 竜巻魔法【トルネード】!」ズバババッ!


『ゼーレチームは防戦一方だ! 現代の最強トリオが伝説を圧倒しているー!』


ヴィーネチーム↓コンマ
ゼーレチーム↓↓コンマ


326以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 12:13:56.52sBX+oMrT0 (2/5)

はい


327以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 12:15:50.16+vpsXsucO (1/1)

ゼーレとしては勝つにしろ負けるにしろ実力は示さないといけないよね


328以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 14:29:36.84Sm6u+C6M0 (1/1)

よくよく考えたら過去の話以外で苦戦してる描写ないし、ゼーレが弱いというよりはヴィーネが滅茶苦茶強いだけなのかも


329以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 15:02:21.83TTBmcKwqO (1/1)

ゼーレの力はFateのギルガメッシュのイメージ(全ての宝具を持っているがそれらの真名解放は不可能的な)


330以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 15:58:01.07EWuJXzzy0 (1/1)

どちらにせよ頂点を発動したのに神魔法で止めてる時点で現状が舐めプなのは違いないかな?

余裕で神クラスを連発出来る魔翌力はあるみたいだけど頂クラスもその気になれば素撃ち出来るのかしら?現時点では何らかの手段で魔翌力のリミッターを解除した人間にしか放てないクラスの魔法として扱われているけど


331以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 17:24:53.30sBX+oMrT0 (3/5)

頂魔法は一般人が使っても人を殺しかねない代物だから……(6スレ目>>796)


332 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/26(火) 20:33:18.37Gy9FeisHo (2/2)

ヴィーネチーム 152/200
ゼーレチーム  24/200


リーケ「トワ、お願い……! 魔獣領域【ビーストガーデン】!」


トワ「ガルルォッ!!」


茜(筋力、魔力の上昇……)

茜「脚深化魔法【ヘビー・レッグ】」フワッ


ギュワッ!


『早っ……!? 私の目には残像と、その場に散った花弁しか見えません! いったい何事だー!』


ヴィーネ(押してる……それは分かる。でも油断はしない。私達はレイラさんと力を合わせてやっと上級悪魔を倒したけど、この人は魔王と互角の力を持ってるんだ)


ゼーレ「こちらからも攻めますよ! 炎神魔法【アグニ】! 氷神魔法【フレズヴェルク】!」ゴオッバキキッ!


『ふ、二つの神魔法を同時に発現! しかもまったく違う属性のものです!!』


クロエ「すごいわね……一人でスフィアさんみたいなことしてるわ」


スフィア(人形態)「魔法の確認の時に見たかもしれないけど、アートルムの実力はあんなものじゃないわよ」


ヴィーネ「聖域【サンクチュアリ】!!」キイッ!


ギャギャギャギャギャッ!!


ゼーレ「!!」


ヴィーネ「まだまだぁ!」

ヴィーネ(あの悪魔とまた戦う時に備えて、ずっと自分を高めて来たんだ。こんな程度じゃやられない!)


ヴィーネチーム↓コンマ
ゼーレチーム↓↓コンマ


333以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 20:38:42.16+ehHuDIYO (1/1)

あい


334以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 20:39:25.24sBX+oMrT0 (4/5)

はい


335以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 20:41:55.31sBX+oMrT0 (5/5)

うーん低空飛行……


336以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 20:49:01.65LAP30XQeO (1/3)

32 vs 152 は流石に決まったか?


337以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 20:49:39.38LAP30XQeO (2/3)

32 vs 152 は流石に決まったか?


338以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/26(火) 20:50:39.84LAP30XQeO (3/3)

すまん書き込み失敗したと思ったら書き込めててダブった


339 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/27(水) 01:03:40.82Kn4xItJ/o (1/6)

ヴィーネチーム 168/200
ゼーレチーム  48/200


アイリス「あなたは戦わないの~?」


サリア「私はやられないことが大事なポジションだからな。下手を打って巻き込まれるわけにはいかない」


アイリス「……もしかして大将が戦うのって危険?」


サリア「そうだな。一つのミスでチームの負けが決まる。それがマホリオだ」


アイリス「あちゃ~……。うちのチームゼーレしか戦えないからなあ……」


サリア「ただそのアートルムも……」チラッ


ゼーレ「双隕石魔法【ツインメテオ】!」ゴオッ!


茜「腕進化魔法【エヴォ・アーム】」ゴッ!


ヴィーネ「巨大聖弾【セイントボール】!」カアッ!


ゴシャッ! ゴシャアッ!


ゼーレ「く……!」


サリア「……あの二人相手では分が悪そうだ」


トワ「ガルルォオッ!」


サリア「防御魔法【シールド】!」ガキイッ!


トワ「グ……オ……!」グググ…!

トワ(完全に死角だったはず! それにこの速さが目で追える人間などそうそういない……! なのになぜ防がれた!?)


サリア「他の未来視使いがどうかは知らないが、見えなくなってからも調整は続けていた。未来視が使えなくなったあの日ならまだしも、今の私は数秒先なら見ることができる」


アイリス(今の攻防、どっちも致命傷にはなってないけど完全にこっちが押されてるよね……。どうしよう……)


ヴィーネチーム↓コンマ
ゼーレチーム↓↓コンマ


340以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/27(水) 01:05:31.94WiLWN7fFO (1/1)

おわ?


341以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/27(水) 01:10:11.93wGdDdLtKO (1/1)

負け確だけどせめて最後くらいは良いコンマで・・


342以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/27(水) 01:28:42.03q9pHwaQf0 (1/2)

全部反転コンマにしてもヴィーネチームの勝ちだから完敗だなあ……


343以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/27(水) 17:27:36.21gs2st3rPO (1/1)

この決着をどう描写するのか気になる


344 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/27(水) 19:55:39.42Kn4xItJ/o (2/6)

ヴィーネチーム 262/200
ゼーレチーム  141/200


ゼーレ「強い……ですね」


ヴィーネ「恐縮です」


ゼーレ「もしこれを凌げるのなら……きっと魔王にも勝てるでしょう」


サリア「! ヴィーネさん!」


ゼーレ「原初にして終末なる魔法【オリジン】」


ゼレス「ママ! 負けるなーーー!!」


ヴィーネ「天聖魔法【アマテラス】!!」


ゴアアアアアアアアアアッッ!!!


茜「サリア! 腕神化魔法【ネオ・アーム】!」ズガガガガッ!


トワ「ご主人! アイリス殿!」バキキキキィッ!


しゅうううううううう……


ヴィーネ「まだ、まだ……!」ガクンッ

ヴィーネ「な……」ブルブル…

ヴィーネ(魔力の放出のしすぎで力が……!)


ゼーレ「ふふっ、動けないんですか、ヴィーネさん」ユラ…


ヴィーネ「う、おおおおお……ッッ!」ギリイッ!


ゼーレ「私もです」ポテッ


ヴィーネ「え……」


ゼーレ「あの魔法を防がれたんなら、もうできることはないですよ……」


茜「……」ザッ


ゼーレ「ふふ、茜さん……でしたね。流れ弾とは言え、あれを防ぎ切るとは大したものです。それにまだ動けるなんて……」

ゼーレ「ああ……降参です」


345 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/27(水) 19:56:32.24Kn4xItJ/o (3/6)

審判「し、試合終了!! 勝者……!」


茜「……立ってください、ヴィーネさん」グイッ


サリア「肩、貸しますよ」グイッ


ヴィーネ「お、おお……悪いねー」


審判「ヴィーネチーム!!」


わああああああああああああっ!!!


『連発される神級魔法! その魔力から放たれた最大の魔法! その全てを凌ぎきったのはヴィーネチーム!』

『あれだけの魔法、おいそれと出せるものではありません! おそらくは本物のゼーレ・レジェンダリア・アートルムなのでしょう! しかし! しかしっ! 勝ったのは人類です!』


わあああああああああああああっっ!!!


樹「拡声魔法【スピーカー】。あーあー、マイクテストマイクテスト」


ざわざわ……


樹「皆様、はじめまして。私、リリウム魔法学校の校長、樹・ユグドラシル・リリウムです」

樹「まずは全世界の方にお伝えします。こちらの方々は間違いなく、あの伝説の魔法使いです」


ざわっ


樹「神社仏閣の密集地にアートルム神社があるのは知る人ぞ知るところですが、マホリオ協会の会長や密集地の分析官などのご助力により、確かに数千年単位で眠っており、そして現代に復活したと確証が取れました」


おおおおー……!


樹「そして、5ヶ月前の3月31日。魔界からの侵略がありました。あれは過激な新興宗教でも、大規模なイタズラでもなく、本当に魔界から魔王が手を出してきたのです」

樹「この情報もまた、各地に散らばる高名な魔法使いは既に察していました。ですが、それを認めれば無駄に混乱を生むだけだと判断し、今まで情報を伏せていたのです」


346 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/27(水) 19:57:34.39Kn4xItJ/o (4/6)

ざわざわ……


樹「来年の3月31日、魔王はまた侵攻に来るとメッセージを残しています」

樹「ですが恐れることはありません。皆さんはたった今目撃したはずです」

樹「魔王と同等の力を持つ伝説の魔法使い達と、人類の最強トリオ。そのマホリオの結果どちらが勝利したのか」


ざわざわ……!


樹「我々人類は負けません。全ての魔法使いが協力すれば、魔界からの侵攻など恐れるに足りません!」


王女「はいはーい、アウローラ王女ですよー」


皇女「皇女もいますよー」


王女「私達アウローラ王室は、彼女達アートルムを支援することを決定しました! これからはね、みんなで支え合って魔界からの驚異に備えることにしたんです!」


おおおおー!


皇女「各地のトップ魔法使いも、魔界からのメッセージについて考えることはあったみたい。アートルムがここで戦うってなってから、連絡がひっきりなし! しかもそのほとんどが一緒に戦わせてほしいって連絡なの!」


王女「さあみんな! 最高のマホリオを見せてくれた二組に拍手! そしてみんなで頑張ろー!!」


わあああああああああああああああっっっ!!!!


ーーーーー

ーーー




347 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/27(水) 19:58:03.36Kn4xItJ/o (5/6)

リリウム魔法学校ーー


パッ


クロエ「っと……。私でテレポートしたのは最後ね」


ゼーレ「では魔法陣を閉じますね」ガリガリ


クロエ「一躍世界一の有名人ね。これから大変よ」


ゼーレ「いえ。私の方こそ勇気づけられてしまいました。まさか今の魔法使いがここまで強いなんて……」

ゼーレ「大丈夫です。人類は魔界に負けたりしません!」


クロエ「ええ、絶対に負けないわ!」


樹「はいはい、みんな旅行お疲れ様。私はスピーチのためだけに行ったけど、みんなは疲れてるでしょう。明日からは二学期が始まるから、しっかり休むこと。いいわね?」


はいっ!!


ーーーーー

ーーー




二学期が始まりました

現在の目標
・スキア救出の用意をする

安価↓~↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

二学期は9月~12月までの4ヶ月です(年末にはお休みになります)
1ヶ月を4週間として行動します
1/16回目の行動です


348以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/27(水) 20:53:03.34+76ZFu06O (1/1)

天界及び神聖魔法についての授業


349以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/27(水) 21:19:08.63BWsNKjZ4O (1/1)

1年目の悩み解決のような明確な目標がないから何を取れば良いのか分からなくなってきたところある

安価下


350 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/27(水) 21:41:00.04Kn4xItJ/o (6/6)

現在の目標に書き忘れてました!
・10月末の文化祭の準備をする
・10月末の学外対抗戦に向けて練習する

この2つも目標となります
また、クロエ達の進路も確定させていきます
基本的には進学か就職かになりますが、本編には直接関わらないと思いますので(どうしても学生生活後の話になってしまうため)、ふんわりと考えてもらう程度で大丈夫です


351以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/27(水) 22:27:41.14O0Dh8A25O (1/1)

学外対抗戦に向けて特訓に励む楓チーム、精神面を見直すために晶の実家で修行することに(なお半ば親御さんへの挨拶みたいな形になってしまう模様)

そういえば晶の両親について少し前のスレで『晶や時雨は武道の家系なので両親は婦妻ではなく夫婦の可能性あり』みたいに言われてたけど
・世界観的に男は身体能力、女は魔力に秀でているがたまに身体能力に優れた女性もおり(逆も然り)晶の親がそのパターン
・実は晶の父親の嗜好が、百合の間に入る男を絶対に滅殺するレベルの百合愛好家
みたいなのにするのどうだろ


352以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/27(水) 22:45:34.50vdVAVt3qO (1/1)

恋人同士になってからというもの、良くも悪くもラクリマに振り回されてドキドキしっぱなしだったノルン。ここ最近は不眠気味になっていた(ノルン基準)が溜まってた眠気が一気に来たのか1日ぶっ通しで爆睡してしまう

ラクリマ、休日で授業が無く、仕事の予定も入っていなかったので一日中ノルンと添い寝する事に

なお薄着のラクリマに抱き枕にされている状態で目覚めたノルン


353以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/27(水) 22:52:44.43q9pHwaQf0 (2/2)

ヴィーネの力も借りて神樹を育ててみる神聖ズ
このレスがゾロ目なら神樹が完全復活


354以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/27(水) 22:56:30.30v1hSdmlAO (1/1)

ウィンがナナにアウローラ土産を渡したりお互いに恋人成分補給。
その時にウィンの魔翌力が不自然に減少していることや自分ではない身体接触の形跡にナナが気付き、一人で行ったこともあって危うく修羅場になりかける。
アンモビウムのことを話してどうにか誤解は解けるも『魔翌力補充です』『ウィンはそちら方面弱すぎるので特訓です』『というか花にされたこと全部上書きします』と理由を並べ立てられて一日中泣かされる羽目に。

……翌日が試合はおろか練習すら無い休日だったのが唯一の救いだったとか


355以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/28(木) 01:04:29.90aFclPfOrO (1/2)

ノルンとラクリマは学校では部屋がバラバラなはずだけど>>352は採用できるの?


356以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/28(木) 09:27:28.14siGvwLL/O (1/1)

ノルンと同室の子(モブ)がラクリマを見つけて、ノルンが部屋で寝てること教えてごゆっくりー的な流れとかどうよ


357 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/28(木) 11:51:43.64nWQTSq4Lo (1/1)

>>352は>>356のように書こうと思ってます

>>351さんの言うように百合好き父親説もいいのですが、このスレに男性を登場させても良いでしょうか?(ローラは最初父がいるように書いていましたが…)
茜やノワール、時雨や晶など身体能力に優れた女の子も多くいるので、両親とも女性でも書けるのですが、どうでしょうか


358以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/28(木) 13:32:50.83aFclPfOrO (2/2)

最終的には>>1が書きやすいように書くのがいいんじゃないかな


359以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/28(木) 16:27:35.943+IsOWHaO (1/1)

ラブライブのほのパパみたいに、基本無言で個性を極力ださないようにするとか


360以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/28(木) 16:32:08.88sU8btDPXO (1/1)

百合を守る・見守る男だと神バハやグラブルのオーウェンみたいなポジションが浮かんだ
あれもアンを守りつつもアンとグレアの百合空間に介入しないし(特に公式5コマ)


361以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/28(木) 19:21:56.422D4SyDTmO (1/1)

道場師範だろうし、めっちゃ厳格そうな父親が腕組みしながらジッと修行風景を見守っている……と見せかけて実は娘達(将来の義理の娘候補含む)の百合空間を網膜に焼き付けてるとかだと面白い
他の門下生(男)が近付こうとしたら眼力と覇気がマシマシになって無言で追い払うとかも


362以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/28(木) 19:50:14.86BMhanbBgO (1/1)

男を出すことに固執する必要は無いと思うが、敢えて出すなら>>359と>>361の合わせ技のイメージ


363 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/29(金) 22:15:50.33MG70obXJo (1/8)

教室ーー


「かつて魔界と天界は大きな戦いをしており、ちょうどその力が均衡する場所に人間界が生まれたと言われています」

「そしてその後、魔界は人間の負の感情を、天界は人間の正の感情を好むことを自分たちで理解し、生まれた人間達がそういった感情を持つようにちょっかいをかけていたんですね」

「それから長い時間が経ち、人間界が独自の進化を遂げるにつれ、魔界も天界も手を出せなくなっていきました。というのが通説でしたが……」

「どういうことか、魔界は人間界に直接手を出せるようになっていたようです」


楓「天界は助けてくれないんですか?」


「はい。天使が通れるゲートのようなものを開く魔法が存在しないので、こちらに干渉できないようです」

「ただし、天界の力を人間に分け与えてくれています。トッププロのヴィーネ選手や、下級生のゼレスさん、カームさんがそうですね」


クロエ(なるほど……。天界の神様が直接助けてくれてないのは、力を送るので精一杯だったからなのね)


「神聖魔法は“退ける力”に秀で、天界からの力を借りるため他の魔法よりも強力です。同じく闇魔法も魔界の空気に近しいもので、魔力に対して“飲み込む力”を大いに発揮します」カッカッ

「そしてーー……」カッカッ


ーーーーー

ーーー




364 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/29(金) 22:16:23.71MG70obXJo (2/8)

神樹ーー


ヴィーネ「おお、これが神樹なのね」


ゼレス「私達が魔力を送って育ててますが、中々大きくならなくて……」


リーケ「ヴィーネさんの魔力もあれば育つ……かも」


ヴィーネ「やってみましょう!」キュイイ…


ゼレス「ふ……!」キイイ…


カーム「むむむ……!」ググ…


むくっ むくむくっ


ゼーレ「私も……」キュウウ…


ずおおおおおおおおっ!


アイリス「うおおー! めっちゃ伸びた!」


ヴィーネ「うーん、でもまだ本物の神樹には及ばない感じ?」


リーケ「う、うん……。神樹はもっと大きい……」


カーム「もっとですか……」


ゼレス「でも魔獣はよく集まるようになってますよ。魔獣にはここが心地良い場所だってわかってるんですね」


リーケ「うん……魔獣が幸せなら嬉しい……」ホッコリ


ーーーーー

ーーー




365 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/29(金) 22:17:20.03MG70obXJo (3/8)

晶の実家ーー


楓「たのもー!」


嵐「失礼します」


晶ママ「………………」ゴゴゴゴゴゴ…!!


楓「ヒエッ」


晶「ママ、その眼やめてよ。慣れてない人は怖いんだから」


晶母「おかえり、晶。そちらが……」


晶「ああ。二人ともアタシの彼女だ」


晶母「あらあらまあまあ! うちの晶と仲良くしてくれてありがとうねえ!」ギュー!


嵐「わぷっ」


晶ママ「……」タラ…

晶ママ「厶……鼻血が……。私もまだまだ精神修行が足りないな……」ハアハア


晶「これから時々道場に顔出すよ。みんなに混ざるから、一緒に修行をつけてくれ」


晶ママ「ああ。今は午前の部が終わるところだな。午後から混ざるといい」


晶母「それまでご飯にしましょう! わたしがこの道場の食事を作ってるの。良い体、良い精神は良い食事から、よ!」ニコッ


楓「わーい! ごちそうになります!」


晶「母さんは昔和食の食事処で働いてて、ママに会ってからはスポーツ医学も勉強したんだ。だから美味いし栄養もバッチリのご飯が食べられるよ」


晶母「腕に寄りをかけて作るわよー!」オー!


晶ママ(元気いっぱいで可愛いな)キュン


ーーーーー

ーーー




366 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/29(金) 22:17:59.79MG70obXJo (4/8)

真壁道場ーー


晶ママ「じっと向き合うんだ。そして相手の目を見る」


楓「……」ジッ…


嵐「……」ジィ…


晶ママ「仕掛けられるタイミングだと思ったら仕掛けていい。では始めてくれ」


楓「………っ」ゴクリ


嵐「…やあっ!」


ぱあんっ!


楓「!」


晶「あらら」


晶ママ「頭の風船を割られたか。実践なら致命傷だな」


楓「ほんとにこんなチャンバラで強くなるのー?」


晶「相手の目を見て、動きに出遅れないことが大事なんだ。機先を制すってやつだな」


晶ママ「晶、お手本を見せてあげなさい」


晶「オッケー。嵐、いいか?」


嵐「おう」


晶ママ「はじめっ!」


晶「……」ス…


嵐「……や」パァン!

嵐「……え?」


楓「お、おおー……」パチパチ


晶「ここまでのことはできなくても、相手の目を見て何を狙ってるかくらいは分かるようになるよ」


楓「おーし、嵐! もっかいやろう! ママさん、指導お願いします!」


晶ママ「ああ!」


ーーーーー

ーーー




367 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/29(金) 22:18:27.52MG70obXJo (5/8)

寮ーー


ラクリマ(ノルンさんどこにもいない……。部長会議のことで話があったんだけどなあ)テクテク


「あ、ラクリマさん」


ラクリマ「?」


「私、ノルンちゃんと同室なんだけど、ノルンちゃんずっと寝てて……」


ラクリマ「あ、そうなの?」


「それでね、ラクリマちゃんさえ良かったら添い寝とかしてあげてくれないかな?」


ラクリマ「添い寝……」


「ここのところ疲れてたみたいでさ、ぐっすりなんだ。ラクリマさんが添い寝したらきっと疲れも吹き飛ぶと思うんだよね」


ラクリマ「あれ、でもあなたはお部屋に私がいても平気なの?」


「いやいや、むしろお邪魔にならないように友達のお部屋に行くよ。それじゃあね!」


ラクリマ「添い寝かあ……」


ノルンの部屋ーー


ラクリマ「失礼しまーす……」キイ…


ノルン「すう……」


ラクリマ(かわいい……)


ぽふっ ぎゅっ……


ノルン「んー? ん~……」ギュウ…


ラクリマ「わわ……!」

ラクリマ(しあわせ……)ウトウト

ラクリマ「……くう、くう……」


ーーーーー

ーーー




368 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/29(金) 22:19:14.55MG70obXJo (6/8)

ノルン「ん……っ」パチッ

ノルン(あー、この感覚は久々に一日中寝てたな~……)グシグシ

ノルン「……」


ラクリマ「ん……」モゾ…


ノルン「……えっ!?」


ラクリマ「……あ、ノルンさん起きたあ……」


ノルン「な、なんでラクリマさんがここに~……!?」


ラクリマ「来てみたら寝てたから、添い寝してた!」


ノルン「うう~、心臓に悪いよお~!」


ーーーーー

ーーー




同室の子(は~~ラクノル好き~~~)


369 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/29(金) 22:20:21.05MG70obXJo (7/8)

大学寮ーー


ウィン「ナナ~っ!」ギューッ!


ナナ「きゃっ! ウィンさん~!」ギュー!


ウィン「ナナだあ……」クンクン


ナナ「ち、ちょっと、匂い嗅がないでくださいっ!」


ウィン「ナナ成分を全身で吸収してるのー」ギュギュー


ナナ「もう……。……ん?」ピクッ

ナナ「……ウィン、これなんですか? 締め跡?」


ウィン「あ、あ~……これはその……」


ナナ「というか魔力減ってますよね。何があったんですか」ゴゴゴゴ…


ウィン「こ、これはアウローラに行ったとき、花の悪魔にやられたの~! ナナが考えてるようなことは何もないよ~」


ナナ「そうですか、花の悪魔が……」

ナナ「……がぷっ」


ウィン「ひっ!?///」


ナナ「……ちゅぱ……。うん、ここは上書き完了ですね」ヌギヌギ


ウィン「あ、あの? なんで脱いで?」


ナナ「減った分の魔力補充です」


ウィン「あ、明日も休みだし試合までには回復するんじゃないかな~?」


ナナ「ウィンはそちら方面弱すぎるので特訓です」


ウィン「ご、ご遠慮願えないかなあ」


ナナ「というか花にされたこと全部上書きします」


ウィン「……ハイ」


ーーーーー


じゅぷじゅぷじゅぷ!


ウィン「ああ゛っ! やあ゛あ゛っ!! ごわれ、ごわれちゃうっ! やめで、やめ、あ、あ、あ゛あ゛あ゛あああああああああっっ!!!」ビクンッ‼


じょぱっ! しょわわわわわわ……


ナナ「ふふふ、一人で行って体を好きにさせるなんて、許せないですよねえ」コリコリ


ウィン「イ゛っでる、もお゛イ゛っでるからあ゛っ! ふ、う゛う゛ぅぅぅぅ!!」ガクガクガクッ!


370 ◆ZOSRNJGVq.2021/01/29(金) 22:20:52.49MG70obXJo (8/8)

ーーーーー

ーーー




クロエ「神樹のこともニュースになってるわねえ」


ローラ「あの一帯は神樹を植えるってなった時にリーケ魔獣チームが買い取ったから、安心していいよ」


ヒカリ「ボクもたまに行って魔力注いでるけど、プロやゼーレさんがやると成長が早いね……」


現在の目標
・10月末の文化祭の準備をする
・10月末の学外対抗戦に向けて練習する
・スキア救出の用意をする

安価↓~↓5自由行動安価
今後一週間程度の行動を指定してください

9月第2週
2/16回目の行動です


371以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/29(金) 22:43:17.48orBlVY/YO (1/1)

久々にエミールのパルプンテ……ではなくゼーレが興味本位で発動(アーカイブにも詳細不明としか記述されていなかった為)。巻き込まれた二人が記憶なども含めて5~6歳程の年齢に若返ってしまう

樹によると、エミール以上に基礎魔翌力が高いのか2週間ほど効果が続いてしまうとのこと

このレスのコンマで巻き込まれる人二人

コンマ一桁

1 ステラ
2 舞
3 ナミネ
4 レナ
5 晶
6 ノワール
7 ティア
8 ローラ
9 アイリス
0 ゼーレ

コンマ二桁

1 ゼレス
2 凜華
3 デン
4 嵐
5 楓
6 イリス
7 アルシェ
8 リーケ
9 ヒカリ
0 クロエ


372以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/29(金) 23:08:06.061aP8n3E70 (1/1)

ヴィーネが使う神聖・球を自分も真似できないかと特訓するゼレス……が、何度やってもふわふわ漂うサッカーボールサイズの球体しか生み出せない。しかし神聖魔法としての性質は持っているので防御や設置罠としては使えそう?


373以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2021/01/29(金) 23:14:48.82/kxgi0VVO (1/1)

実験デートにエミールを誘うも用事があるとのことで断られてしまった橘花、手持ちぶさたなので街を出歩くと偶然エミールを発見
声をかけようとするが元オカルト研究部副部長と楽しそうにデートしているように見え、色々な感情がないまぜになって橘花はそこから立ち去ってしまう

実はエミールは今月末に迫っていた橘花の誕生日プレゼント選びのために副部長に付き合ってもらっていただけなのだが、自分の誕生日にすら無頓着な橘花は気付くことは出来なかった