1 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/07(土) 22:28:05.96C/cxFn0M0 (1/7)


初投稿と言えば初投稿です



※呼称表記揺れあったらごめんね
※ハートマーク多いよ



2 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/07(土) 22:28:43.17C/cxFn0M0 (2/7)



【モバPのアパート】

モバP(以下P)「…………」

桃華「なんでですの?」

ありす「…………」

みりあ「…………」

P「いえ、あのこれは……」

桃華「わたくしたち、Pちゃまのことを信頼しておりましたのよ」

P「はい……」

桃華「人として最低なことをしている……。その自覚はございまして?」

P「はい……」

ありす「最低です」

みりあ「プロデューサー……」



3 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/07(土) 22:30:03.56C/cxFn0M0 (3/7)


桃華「わたくしたちのレッスン用の衣服を、Pちゃまがご用意してくださっているのは感謝しておりますわ」

桃華「ですが……。古くなったトレーニングウェアや靴下などを回収して、私的に収集していたなんて……」

P「…………」

ありす「変態……」

みりあ「…………」

桃華「本当に、わたくしたちのだけですか?」

P「う、うん……そうだ……」

ありす「それを……いったい何に使用していたんですか?」

P「え……?」

ありす「私たちの着ていた服や靴下を集めて、何をしていたんですか?」

P「い、いやそれは……」

みりあ「言えないこと?」

P「っ……」



4 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/07(土) 22:31:40.43C/cxFn0M0 (4/7)


桃華「では、もうひとつお聞きいたしますわ」

桃華「わたくしたちがPちゃまの部屋から見つけたこの大量の漫画……。これはどういったものでしょうか」

P「あ、いやあの……」

桃華「言えませんか? ではありすさん」

ありす「はい」

   スッ……

ありす「タブレットで調べた結果、ここにある大量の漫画は…… す べ て ……児童性愛の漫画です……」

みりあ「じどーせーあい?」

桃華「つまり、Pちゃまはわたくしたちのような子供にエッチな妄想をしてしまう変態、ということですわ」

みりあ「えぇーー!!?」

P「…………っ」



5 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/07(土) 22:34:49.98C/cxFn0M0 (5/7)


ありす「…………」

桃華「なにか、弁解することはございまして?」

P「……いや……」

桃華「そう、認めるんですのね」

みりあ「プロデューサー、みりあたちみたいな小さな子が好きなの……?」

P「う……」

ありす「どうして言いよどむんですか? 認めてるんじゃないんですか?」

P「す、スミマセンでした……」

桃華「どうして謝るんですの?」

P「み、みんなが一生懸命、アイドル活動を頑張っているというのに……。自分は、その期待を裏切って……」

桃華「…………」






桃華「 そ ん な こ と はどうでもいいんですの」

P「えっ……?」



6 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/07(土) 22:39:53.59C/cxFn0M0 (6/7)


桃華「Pちゃまは児童性愛者、いわゆるペドフィリアであることを認めてくださるか、そうでないか、と言っているんです」

ありす「はやくしてください、Pさん」

P「い、いやでも、俺は……」

みりあ「みりあ、プロデューサーのこと好きだよ?」

P「っ!?」

みりあ「プロデューサーは、みりあのこと好き?」

P「あ……えっと……」



桃華「認めてくだされば、このことは不問にいたしますわ」

ありす「ちひろさんにも言いません」

P「っ…………」



7 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/07(土) 22:42:22.27C/cxFn0M0 (7/7)




P「わ、わかった……」

P「俺は……ペドフィリアです……」

P「桃華も、ありs……橘も、みりあのことも、性対象として好きだ……」



桃華「うふふ……♡」

ありす「ふん……」

みりあ「えへへ……」



桃華「──では、こうしましょう……」



警察にも言わない
事務所や、他のアイドルにも言いふらさない
もちろん、この『コレクション』もそのままで良いですわ

ただ……

わたくしたちの、"オモチャ" になってくださいまし……♡



8以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/11/07(土) 23:34:52.70xISzA4PC0 (1/1)

期待


9 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 00:18:16.90Vqu5wqGu0 (1/16)





  ピチャ……
      ピチャ……



桃華「っ、その調子ですわPちゃま……♡ 指の間までお願い致しますわ」

P「は、はい……」

ありす「ほら、こっちもお願いします。早くしてください」

   グリグリ……

P「わ、分かった……」

    チュッ……チュッ……

ありす「嬉しそうに舐めて……。ほんとにロリコンなんですね」

みりあ「プロデューサー、足の指を舐めて嬉しいの?」

桃華「Pちゃまはわたくし達に苛められて喜んでしまう、いわゆる変態なんですのよ」

みりあ「えぇーー? プロデューサー、ほんとに変態さんなんだー♪」

ありす「そうです。だからみりあさん、悪い人にはお仕置きをしないといけないんです」



10 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 00:21:28.03Vqu5wqGu0 (2/16)


P「ぁ、はぁ……ぅ、んう……」

桃華「Pちゃま、そのまま四つん這いになってくださいまし」

P「ぁあ……」

ありす「みりあさん、悪い子にするお仕置き、しちゃってください」

みりあ「うん、分かったー!」

P「な、なにを……」

みりあ「お尻ペンペンー!」

P「え……?」

桃華「みりあさんにもPちゃまをたっぷり躾ていただきますわ♪」

みりあ「えへへ~♪ みりあね、もうお姉ちゃんだから、いけない子にはちゃんと怒らなきゃいけないって言われたんだ~」



11 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 00:24:09.80Vqu5wqGu0 (3/16)


P「ちょ、ちょっと待ってくれ……」

ありす「早く舐めてください。ちひろさんに言いつけますよ?」

P「ぅ、う……」

    ピチャ……チュッ……

みりあ「えいっ♪」

   ズルルッ!

P「っあ!? み、みりあ……っ!」

みりあ「あはははっ! プロデューサー、お尻丸見え~♪」

桃華「まぁまぁ♪ Pちゃまのお尻、とっても可愛らしいですわね……」

ありす「なに休んでいるんですか。次は親指を咥えてください」

P「んぶ、ん……ぢゅっ……」

ありす「そのまま吸ってください。私の足の指がPさんのおしゃぶりですよ」

桃華「んふふ……♡」ゾクゾクッ…♡



12 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 00:30:55.94Vqu5wqGu0 (4/16)


みりあ「えいっ!」

   バチンッ!

P「ングゥゥッッ!?」

ありす「……今、私の指を甘噛みしましたね? 少しだから許してあげますけど、次噛んだら通報します」

P「は、はひ……」

桃華「さぁ、わたくしの足もご堪能してくださいまし♪」

P「ぅぅう……っ」

   ペロペロ……

みりあ「えいっ!」

   バチンッ!

P「ぁ゛ぅぐうぅ……ッ!?」

みりあ「どうプロデューサー? 反省してるー?」

P「は、はい……」

みりあ「そっかぁー……。でもだめだよ。お仕置きなんだから、もうちょっとだけ叩いちゃうね?」

P「ぁ、みり……あ……ぁ」



13 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 00:33:43.51Vqu5wqGu0 (5/16)


みりあ「このエッチ!」

   バチンッ!

P「んぃぃ……ッッあ、ぁ……」

桃華「わたくしたちの足のお味はいかがかしら? Pちゃま♪」

ありす「"ちゃんとした" 感想を言ってくださいね?」

P「……ぉ、美味しいです……ありがとうございます……」

桃華「………っ♡」

ありす「ふふ……♡」ゾクゾクッ……♡

みりあ「変態っ!」

   バチーンっ!

P「っ、く……ぁ」

みりあ「ろりこんっ! わるいおとなっ! いけないこっ! ぇ、え~~っとぉ……へんなひとっー!」

   バチンッ! バチンッ! バチンッ!
       バチィーーーン!

P「んぉお……み、みりぁあ……」



14 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 00:34:38.61Vqu5wqGu0 (6/16)


みりあ「はぁっ、はぁっ……。ちょっと疲れちゃった……」

桃華「お疲れ様ですわ。さすがはみりあさん、Pちゃまもさぞ反省していらっしゃいますわ……♪」

ありす「そうですね……ではPさん」

P「ぅ……ん……?」

ありす「反省しているかどうか……確かめさせてもらいます」

桃華「まさかとは思いますけど、Pちゃま……」

桃華「わたくしたちの足を舐めて、みりあさんにお尻を叩かれて屈辱的だったのに……」

桃華「興奮しているわけ、ありませんわよね……♪」



P「ッッ!?」



15 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 00:48:57.54Vqu5wqGu0 (7/16)


ありす「みりあさん、Pさんのおちんちんを見ていただけますか?」

みりあ「えー? うん……」

P「ちょっ、ちょっと……まってくれ」

みりあ「んん……。ぁ、あーーーっ!!?」

桃華「どうしましたか?」



みりあ「プロデューサーのおちんちん、おっきくなってるよー!? 棒みたいにカチカチになって膨らんでるー!!」



P「ゎ、いや、違う……これは……!」

桃華「いけませんわねぇ……♡」

ありす「いけませんねぇ……♡」




16 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 19:42:08.34Vqu5wqGu0 (8/16)


  ・ ・ ・ 。




  コシュッ♡  コシュッ♡

P「ぁ゛あ、……ぁあ゛!? あはぁあ゛……ッッ!」

桃華「わたくしのショーツの感触はいかがかしら……♡ 擦る度に包み込んでいるおちんちんが跳ねておりますわ……♡」

みりあ「プロデューサー、お手々縛られて動けないのに気持ち良さそう……」

ありす「Pさんは変態ですからね。苛められるだけじゃなく、こうやって縛ったりしても興奮しちゃうんですよ」

みりあ「えっ? そうなのプロデューサー?」

P「ぅ、あ……っ! ち、ちが……はぅうッ!? あぁぁあ……っ」

  シュコッ♡  シュコッ♡

桃華「なにが違うんですの? 小学生に興奮して、わたくしのショーツの上からおちんちんを触られて喜んでいるのに、説得力がありませんわよ……♡」



17 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 19:43:07.39Vqu5wqGu0 (9/16)


ありす「………」

   コリッ

P「んぅぅうッッ!?」

   ビクッ!

ありす「乳首、弄られると気持ちいいんですか? 本当に変態なんですね、Pさん」

  コリッ   コリッ

ありす「ほら、なんとか言ったらどうなんですか? 小学生に乳首を弄くり回されて気持ちいいんですよね?」

P「あ、ぃ……ッ! き、気持ちいい……っ、ぁ、ありす……ッ!」

ありす「橘……まあ、いいです。特別に名前で呼ぶことを許可します」

  クリクリ……♡
  シコシコ……♡

P「っぐ、ぅ、おお……ッ!」

P(も、桃華にパンツ手コキされながらありすに乳首弄られて……っ)



18 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 19:44:54.59Vqu5wqGu0 (10/16)


みりあ「プロデューサー!」

P「ぁ、え……?」

みりあ「見て見て♪ みりあのパンツ、今日はオシャレなの履いてきたのー!」

P「あ、みりあ……っ」

みりあ「もっと見えるようにしたげるねっ!」

  ギュムゥゥッ♡

P「ンぶゥゥぅううーー!!?」

みりあ「えへへ、プロデューサーの顔に押し付けちゃった……♡」

P(みりあの……股間が……)

P(ぁ、みりあのおしっこの匂いが……っ、あっあっ)

    ビュルルッブプッ!!

桃華「キャアッ!?」

ありす「あ……射精、しました……」

みりあ「えっえっ? プロデューサー"しゃせー"しちゃったのー?」

P「ぉ゛……おぉほ……ぉ……っ」

    ガクッ  ガクッ



19 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 19:47:11.06Vqu5wqGu0 (11/16)


桃華「Pちゃま……? わたくしのショーツの中にこんなに出して……。どうするつもりなんですの?」

ありす「これじゃあおしおきにならないですね……」

みりあ「うわぁ……。ベトベトのおしっこだぁ~……」

P「ぁ、あ……っ、ぁ……っ」

桃華「んふふ……♡ 可愛いですわPちゃま……♡ わたくしがたっぷり躾て差し上げますわ……♡」

ありす「これから時間をかけて……。Pさんを調教してあげますから……」

みりあ「えへへ……♪ 大丈夫だよプロデューサー、みりあと一緒に頑張ろーね……♡」

P「あ……ぁ、あ……!」



 ・ ・ ・ 。




20 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 19:49:03.58Vqu5wqGu0 (12/16)




  ムワァア……!

桃華「お射精したばかりのオチンチン……。汚いですわね……」

ありす「ギトギトになってますね……。気持ち悪い」

みりあ「近くで見るとすっごいおっきいね~♪」

P「ハァッ……。ハァッ……!」

桃華「はぁあ……♡ それにしてもこの匂い……」

ありす「スンスン……。っ、う゛……っ。生臭い……」

みりあ「お魚の匂い……? ん……っ、イカさんの匂いみたい」

桃華「とっても臭っさいですわ……♡ んふ……♡」

ありす「なんでオチンチンを大きくしてるんですか? 子供にオチンチンの匂いを嗅がれて興奮してるんですか? この変態」

みりあ「ぁは……♡ みりあねー、オチンチンの匂い……。嫌いじゃないかもー……♡」

桃華「これからぁ……。Pちゃまのオチンチンをお掃除いたしますわ……♡」

ありす「感謝してくださいね。担当プロデューサーのオチンチンが臭くて汚いなんて、私たちが恥ずかしいんですから」

みりあ「いっぱいペロペロして、オチンチンきれーにしてあげるねー♪」

P「っあ、だ、だめっ……。だめだって……っ」



21 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 19:51:28.14Vqu5wqGu0 (13/16)


桃華「んあぁ……♡」

   チロッ♡

P「ッッ!?」

ありす「んぇえ……♡」

   チュッ♡

みりあ「んむーーっ♡」

   チュッ♡

P「あ、ぁ……ッ! みんな……。俺の、舐めてる……っ」

桃華「どぉですかPちゃま……♡ 3人がかりでオチンチンをなぶられたご感想は……♡」

ありす「現役小学生の舌でっ、こんなに虐められて……。惨めですね……♡」

みりあ「オチンチン、変な味だけど……。いっぱい舐めちゃうね……♡」

   チュロチュロ♡    レロレロっ♡
        チュッポッ……♡

P「あっ、ぁっ、あ……っ!?」



22 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 19:54:42.59Vqu5wqGu0 (14/16)


みりあ「わっわっ、すっごいオチンチンが跳ねてるー♪」

桃華「気持ちいいんですの、Pちゃま……? んっ、ちゅぅぅ……っ♡」

ありす「んっ、ぢゅる……♡ ほんとに臭いですね……。ちゅるるっ♡」

P「きっ、気持ちよすぎる……っ。ぁ、はぁあ……!」

    ちゅっぱ♡   ちゅっぱ♡

桃華「このスジのところ……。舌で這わせて……♡」

ありす「エラが張ってるところも気持ちいいんですか? んっ、ちゅぅ……♡」

みりあ「えへ……♡ 先っぽも舌で磨いてあげるねー……♡」

   ちゅろろっ♡   チロチロっ♡
      レロッ♡    ぢゅるるっ♡

P「ぁっ、あ゛ぁ~~ッッ……!?」

ありす「ほら、どうなんですか? 気持ちいいんですか?」

みりあ「オチンチン気持ちいーい?」

桃華「Pちゃま……♡ わたくしたちのオチンチンペロペロはお気に召しまして……?」



23 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 19:59:25.34Vqu5wqGu0 (15/16)


P「き、気持ち……、い、良い……です……っ」

みりあ「やったぁー♪ じゃあ、もっとペロペロしちゃうねー……♡」

桃華「うふふ……♡ すっかりわたくしたちの虜ですわね……♡」

ありす「これからたくさん、Pさんをお仕置きしますから……♡」

P「そ、そんなっ……」

桃華「んっ、ちゅるるっ……♡ ちゅぽっ、ぢゅぅるっ♡」

ありす「ちゅぷっ、ぢゅっ♡ んふぅ……、くぽっ♡」

みりあ「んぇえ~~……♡ ちゅっちゅっ……んれぇろっ♡」

桃華「んぁ……♡ Pちゃまのオチンチン……。とっても逞しいですわ♡ チュッ♡」

ありす「ちゅるる……♡ んっ、Pさん……。気持ちよくしちゃいますから……♡」

みりあ「せーえき、いーっぱい出してねっ♡ ちゅぽっ、ぢゅ……ぷぶっ♡」

P「っ、あ゛……! い、イクっ……。出るぅ……ッ!」

   ビュブルブプッ!!   ビュバッ!
        ビュルル~~ッ!

桃華「あぁんっ♡」

ありす「わっ……♡」

みりあ「すっごぉ~~い♡ 噴水みたーい!」



24 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/08(日) 20:04:32.43Vqu5wqGu0 (16/16)


P「ぁ、み、みんな……っ」

    ゴポポっ……

桃華「ん、ぢゅる……っ♡ んふっ♪ Pちゃまの精液……とっても美味しいですわ♡」

ありす「ゼリーみたいにドロドロして……。変な味ですけど……、んんっ♡」

みりあ「ちゅぱっ♡ ぢゅっ、ん、ん……っ♡ はぁあ……っ♡」



桃華「まだまだこれからですわよ、Pちゃま……♡」

ありす「私たちのこと、 "大人" にしてもらいますから……♡」

みりあ「みりあのとっても大事な宝物(はじめて)……。プロデューサーにあげるねっ♡」

P「た、たすけ……――」




 ・ ・ ・ 。



25以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/11/09(月) 02:13:33.30RKWk9w830 (1/1)

あんた最高だよ……



26 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/09(月) 23:23:03.26i+aEkW7X0 (1/7)





   ブチブチッ♡

桃華「ん゛ぃい゛ッ!!?」

P「ぁ゛……あ、ぁ……ッ!」

桃華「っ、あ……Pちゃま……♡ わたくしの中にPちゃまが……♡」

P「も、桃華ぁ……っ」

桃華「んふぅ……♡ Pちゃまのオチンチン、とっても大きいですわ……」

P「すごっ、ぁっ、あ……! 桃華のぷにぷにマンコっ、締め付けが、強くて……ッ!」

桃華「良いんですのよ……♡ ん、ぁ゛……っ♡ そのまま情けなく腰を振って……♡」

P「ハァッ……! ハァッ……!」

   パチュッ♡    ズチュッ♡

みりあ「うわぁー……。ほんとにオチンチンが入っちゃってる~……!?」



27 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/09(月) 23:28:06.03i+aEkW7X0 (2/7)


ありす「これでPさんは犯罪者確定ですね……。もう逃げられませんよ……」

P「あ、も、桃華っ……! 桃華ぁ……っ!」

桃華「あ゛はぁっ……♡ 太いぃ……ッ♡ Pちゃまのロリコンオチンチンっ……♡」

   ギチッ♡   ヌ゛ッヂッ……♡

桃華「ひゃあ゛ッ!? ぁ、んぁあ゛っ♡ 奥まで挿入ってぇ……っ!」

   ぶちゅっ♡   ぐっぢゅ♡

桃華「はぁっ♡ あ゛ッ、んぁ……ぁは……っ♡ おっきぃですわぁっ♡」

P「ぅ、グゥッ……! も、桃華っ! もう……ッ!」

桃華「Pちゃまぁ……っ! 出してぇ……、くださいっ、まし……っ♡」

P「あっ、ぁ、あっあっ……ッ!!」

   ぢゅぶっ♡  ごぷっ♡



28 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/09(月) 23:34:13.21i+aEkW7X0 (3/7)


桃華「はぁぁっ、あ゛、ぁは……っ♡ あ゛ぁあ……ッッ!」

P「桃華ァ……アぁ~~ッッ~~!!」

    ビュルルルルルッ!!
  ドブュルッ!    ビューーーッ!

桃華「ぁあ゛ぁ──っ、はぁ゛あ~~~~っっ!!♡」

   ビクッ♡   ビクンッ♡

ありす「っ、ぷ……Pさん……」

みりあ「あ、赤ちゃん作っちゃってる~……」



桃華「はぁっ……。ぁ、はぁあっ……」

P「桃華……。桃華……ぁ……」

桃華「……うふふ♡ これでPちゃまはわたくしのモノですわね……♡」

P「あ、は、ぁ……っ……」





29 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/09(月) 23:41:12.85i+aEkW7X0 (4/7)

 ・ ・ ・ 。


  バチュッ……♡
         ヌ゛ヂッ……♡

ありす「いぎっ……っ♡  ひぃいっ……!」

P「はぁぁあ……ぁ、ありす……っ!」

ありす「あ゛っ♡ は、ぁ……ッ! こ、のぉ……、性犯罪者っ……♡」

P「ぁ、あ゛……ッ!」

ありす「私の、中に……、入れられてぇ、満足っ……ですかぁ……? ん゛っあ゛、はぁっ……♡」

    グッヂッ♡    ミ゛ヂッ♡

ありす「ふふ……♡ こんなロリコンだったなんて知ってたらぁ……っ! 待つ必要っ、無かった……ですねっ♡」

桃華「ほらPちゃま♡ ありすさんにもわたくしと同じようにヘコヘコと腰を振って差し上げまして♡」



30 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/09(月) 23:44:32.94i+aEkW7X0 (5/7)


みりあ「がんばって、プロデューサー♡ かっこいいよー♡」

P「ありすっ、ぁっ……! 気持ちいいよっ、ありす……っ!」

   パチュン♡     パチュン♡

ありす「ぅっ、あ゛……♡ んぁあ゛っ♡ Pさんっ……!」

P「ありすっ、ありすっ、ありすっ……!」

     パンっ♡  パンっ♡

ありす「ぁ゛ッ! だめぇえッ♡ 名前呼びながらっ……、突いちゃ、ぁあ゛~~……っっ♡



    ドビュルルルッ!   ビュブッ!

ありす「はぁあ゛ぁぁあ゛ぁ〰〰〰〰──ッッ!!?♡」

    ゴポッ……♡
           ドプッ……♡

ありす「……っ、ぁ……。最低、ですっ……♡」





31 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/09(月) 23:49:29.54i+aEkW7X0 (6/7)



  ・ ・ ・ 。




みりあ「っ、んっぁっ♡ ぷろっ、でゅー、さーっ♡」

    ちゅっぽっ♡   ヌッヂュ♡

P「うぐぅっ……! み、みりあのっ……、キツキツっ……!」

みりあ「んひぃ、ぃ゛……♡ すっごいよぉ……。プロデューサーっ♡」

   パッヂュ♡    ヌッボッ♡

ありす「んふ……チュッ♡ このロリコンっ♡ 乳首気持ちいいんですか? ちゅっ♡」

桃華「ほぉら……。Pちゃまの可愛らしい乳首がピンと勃ってますわ……♡ 摘まんで差し上

げますわね……♪」

P「ぅ、あ……ぁっ……!? き、気持ちよくって……なにも、考え──っ」

   ギュヂッ……♡

みりあ「あ゛っ♡ み、みりあにもぉ……。いっぱぁい……赤ちゃんのもとっ、くださぁい…

…っ♡」

P「あっあっあっ……!? みりあっ、みりあぁ……ッ!」

     パンっ♡    パンっ♡



32 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/09(月) 23:55:29.38i+aEkW7X0 (7/7)


みりあ「プロデューサーっ♡ ぷろっ、でゅ……ぁ゛、んはぁぁあ……っ♡」

P「みりあぁぁぁあ゛ぁぁッッ!!」

   ブッビュルルッ!!   ドビュッ!
        ビュッビューーーッ!

みりあ「あぁあ゛~~~~ぁっっ!!?♡」

    ドップっ……♡  トポッ……♡

みりあ「はぁっ、はぁぁあ……ッ♡」

桃華「うふふっ♡ お射精出来ましたわね♪ 偉いですわ、Pちゃま……♡」

   ナデナデ……

ありす「まだ終わりじゃないですよ、変態ロリコンPさん……。性犯罪を犯さないように、私

たちが搾り取ってあげますから……♡」

P「ぁ゛……あ……ッ……」

みりあ「プロデューサー……。みりあが、ママになってあげるからね……っ♡」





33 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/10(火) 00:04:01.26SCfeOYW80 (1/11)



  ・ ・ ・ 。



    グッヂョ♡  グッヂョ♡

P「ぅ、あぁぁぁあ……ッ!?」

ありす「情けない声をあげないでください。それでも大人なんですか?」

P「だ、だって……っ!」

桃華「この『おなほーる』という玩具……。Pちゃまのお気に入りなんですのね……♡」

ありす「こんな玩具まで持っているなんて、本当にPさんは変態なんですね。私がたっぷりと

コレでお仕置きしますから」

   ジュッポッ!   ジュッポッ!

P「や、やめぇっ……! そんなに激しくしないでくれぇ……っ!」

ありす「ふふ……♡ そんなに気持ちいいんですか? 『おなほーる』♡ それじゃあもっと

シゴいてあげます、ねっ……♪」

    グッボ♡  グッボ♡  グッボ♡

P「あっあっぁ、ぁっあ……っ!?」

桃華「んふふ……♡ がに股で感じるPちゃまも可愛いですわ……♡」

   ニチッ♡



34 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/10(火) 00:09:05.29SCfeOYW80 (2/11)


桃華「さぁ……。わたくしはPちゃまのお尻の穴を……たっぷり虐めて差し上げますわね……♡」

    ヌププッ……♡

P「──っあ゛ぁぁッッ!?」

桃華「まぁ……♡ けっこう入るんですのね……♪」

ありす「汚くないんですか?」

桃華「……汚いですわね。でも、ここを責めると気持ちよいと、Pちゃまの秘蔵の本に描いてありましたから……♪」

P「はぁ……ッ! ぁあ……ぁっ」

ありす「どうなんですか、Pさん……。小学生にお尻の穴に指を入れられて、気持ちいいんですか?」

P「ぁ、あ……、や、やめ……っ」

ありす「ほらっ。言わないと激しくなりますよ。ただでさえ腕が疲れるんですから、早く終わらせちゃいたいんです」

   ずっぽ!  ずっぼ!  グッポッ!

P「んぃ、き……気持ちいいっ、です……っ!」

桃華「そうですわよね♡ だって先程から、わたくしの指を "きゅっきゅっ" て締め付けてくるんですもの……♡」



35 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/10(火) 00:15:05.77SCfeOYW80 (3/11)


ありす「気持ち悪い変態ですね。やっぱり速くします」

  グッポッ! グッポッ! グッポッ!

P「あ゛ぁ゛……ぁあ~~ッッ!?」

桃華「人差し指がぜぇんぶ入りましたわ♪ うふっ……♡ お尻の中を掻き回して差し上げますわね♡」

   ヌヂッ♡  ヌッチュ♡

P「や、ぁ……!? でっ、出ッ、──射精るゥッッ!!」

    ビュルル~~~~ッッ!!

ありす「……もう出ちゃったんですか? これじゃ反省できていませんよね? もう一回シゴいてあげますから、ゆっくり反省してください……っ」

P「た、助け……、ぁ……っ!?」

   ギュッポッ♡   グッポッ♡

桃華「ぐりぐりっ♪ Pちゃまの腸壁をグリグリですわっ♡」

P「もっ、桃華ぁっ……! あ゛ぁぁあ゛……ッ!?」



36 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/10(火) 00:21:59.84SCfeOYW80 (4/11)


みりあ「プロデューサー……♪」

P「み、みりあっ……。た、助け……」

みりあ「はいっ、プロデューサーの大好きなおっぱいだよー♪」

   ぷるんっ♡

P「ぁ……っ!?」

みりあ「まだ、みりあはおっぱいが出ないけど……。いっぱい吸って元気になろーね……♡」

    グイッ!

P「ッ!?  っ、ん゛んぅ……っ!」

みりあ「よしよし、いいこだねー……♡ おっぱい飲んで頑張ろーね、プロデューサー♡」

P「ん、ぶ……ぅ……ッ」

ありす「ほらっ、ほらっ……♪ ドMのスケベプロデューサーっ♡」

桃華「ここですのねっ♡ ここが前立腺ですのね、Pちゃまっ♡」



37 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/10(火) 00:27:59.84SCfeOYW80 (5/11)


みりあ「がんばれ、がんばれ、プロデューサー♡ いっぱいびゅーびゅー♡ってシャセーしちゃおうねー♪」

ありす「オナホコキで情けなくロリコンせーえき射精してくださいっ♡ 敗けを認めてくださいっ♡  このっ、このっ!」

桃華「睾丸もマッサージして差し上げますわっ♪ Pちゃまが小学生相手に無惨敗北射精(なさけない)ところ、拝見いたしますの……♡」

みりあ「あっ、チューチュー吸ってるっ♪ みりあのおっぱい美味しい? 赤ちゃんプロデューサー♡」

P「──む゛ぅ゛ぅ゛ぅ゛ぅ゛うううッッ!!!?」

    ドビュ
       ルル
        ブプッ!!



みりあ「あーあー♪ プロデューサー負けちゃったー……♡」

ありす「情けないですね……♡ 罰としてこれからもオチンチンを虐めてあげますから、覚悟しておいてください……♡」

桃華「まあ♡ お尻の穴が開きっぱなしですわ……♪ 次はオムツも用意しないといけませんわね……♡」



P「あ゛ぁ……、ぁ……あ゛、ぁ……っ……」





38以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/11/10(火) 01:39:44.50BdF3dRF+0 (1/1)

あぁ^~~みりあちゃんに甘えたいんじゃぁ^~~


39 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/10(火) 23:21:55.37SCfeOYW80 (6/11)


【別の日】


   ピンポーーン……


P「はい……」

   ガチャ……


莉嘉「やっほー☆ Pくーん! 遊びに来たよー!」

千枝「Pさん、お、おはようございます……♪」

薫「せんせぇー! おはようございまー!」



P「……は、ぇ……!?」

桃華「おはようございます、Pちゃま♪」

ありす「今日は皆さんも来たいというので、連れてきました」

みりあ「こないだよりも楽しくなりそーだねー♪」

P「え、いや……。な、なんで……」

莉嘉「Pくーん」

    だきっ



莉嘉「……駄目だよぉ、莉嘉たちに黙って……。エッチなことなんて……♡」



40以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/11/10(火) 23:26:00.96UAk+ty6DO (1/1)

わーい

ある同人誌で、底無しの性欲もった小学五年生の女の子だぁ


41 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/10(火) 23:27:54.63SCfeOYW80 (7/11)


千枝「千枝も……Pさんと、大人の関係になりたいです……♡」

薫「なんかねー、ももかちゃんがせんせぇとエッチなことするからおいでーって!」

P「そ、そんな……っ!」

莉嘉「Pくんロリコンってマヂだったんだー……♪ なーんかたまにイヤラシー目で見てたのは知ってたけどぉ……♡」

ありす「とんでもない変態ロリコンですよ。私たちに虐められて喜んでいましたから」

千枝「ぷ、Pさん……。千枝のことも、そういう目で見ていたんですか……?」

P「い、いや……! それは……。も、桃華っ」

桃華「なんですの?」

P「他のみんなには言わないって……!」

桃華「あら、そうでしたかしら……」

   スリスリ……♡

桃華「でもPちゃまのココは……感謝していますわよ♡」

P「っ、あ……っ!? やめ……っ」



42 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/10(火) 23:35:01.54SCfeOYW80 (8/11)


みりあ「ごめんなさいプロデューサー! みりあがね、莉嘉ちゃんに言っちゃったの……」

莉嘉「みんなズルいよー。莉嘉だって、Pくんとエッチなことしたーいって、思ってたんだよー!」

ありす「千枝さんも、私から話しました。千枝さんもセックスに興味がありそうでしたから」

千枝「あ、ありすちゃん……っ!」

桃華「薫さんにはわたくしからお話ししましたわ。薫さんも、Pちゃまのことが大好きだと伺っておりましたから」

薫「えへへ♪ せんせぇ、かおるとエッチなことしたいのー?」

P「お、俺は……その、っ」

薫「かおるはいいよぉー? エッチは、好きな人同士がすることだって知ってるよーっ」

P「か、薫……っ」

薫「せんせぇはかおるのこと、好き……?」

P「う……っ」

桃華「さぁPちゃま、ベッドまでご案内してくださる?」

ありす「今日はPさんのこと……。気絶するまで搾り取ってあげます♡」

みりあ「またおっぱい吸わせてあげるから頑張ろーね、プロデューサー♡」

P「そんな……っ」



43 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/10(火) 23:42:45.53SCfeOYW80 (9/11)


  ・ ・ ・ 。



    ボロンっ!

莉嘉「うっわ、デッカーーーい!!」

千枝「わ、わ、わ……っ♡」

薫「せんせぇのオチンチン、カチンコチンだぁー!」

桃華「Pちゃま、もうヤル気満々ですわね♡」

ありす「子供が増えて元気になったんですね。ロリコンですから」

みりあ「すごいカッコいいよープロデューサー♪」

P「っ……」

莉嘉「これが大人のオチンチンかぁー……。ねね、触ってもいい?」

桃華「勿論ですわ♪ でも、せっかくですからPちゃまからお願いされてみましょうか♡」

P「え……っ?」

ありす「ほらPさん、ロリコンっぽくお願いしてみてください」

みりあ「プロデューサーも触ってほしいんだよねー? おねだりして莉嘉ちゃんたちに触ってもらおーね♡」

P「あ……──」



44 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/10(火) 23:53:33.26SCfeOYW80 (10/11)


P「さ、触って……、ください……っ」

莉嘉「えへへっ、いーよっ☆ ロリコンPくんのオチンチン、触ったげる♡」

    にぎゅっ

P「っ、あ゛……ッ!?」

莉嘉「うっわ……。なにこれ、超固ーい……。すっごぉ……♡」

千枝「わ、私も……」

    ピトッ

千枝「わぁ……っ♡ おっきい……」

P「ぅあッ!? そ、そんな撫で方しないで……っ」

みりあ「プロデューサー気持ちよさそー……♡ みりあも頭をナデナデしたげるねーっ♪」

莉嘉「そんなに気持ちんだー☆ やっばぁ……♡」



45 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/10(火) 23:58:11.15SCfeOYW80 (11/11)


千枝「確か……上下に擦ると、もっと気持ちいいって……」

    こすっ♡   こすっ♡

莉嘉「こーお?」

P「ッあぁっ!? り、莉嘉っ、ダメだって……!」

莉嘉「ホントだー☆ Pくんビクビクしてるー! ウケるー♪」

桃華「あらあら、Pちゃまったら……。手コキだけでイッちゃいそうですの?」

ありす「私たちも耳元で声をかけてあげましょう、みりあさん」

みりあ「うん、わかったー♪」



ありす「ロリコンPさん……♡ 気持ちいいんですか……? この変態♡」

みりあ「プロデューサー、今日もたくさんシャセーしよーねー♡ がんばれー……♡」

P「ぁ、だめっ……! そんな囁かれたら……っ!」



46 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 00:03:58.94pq8qVEQd0 (1/13)


薫「せんせぇ、すごい苦しそうだよー? だいじょーぶ……?」

桃華「薫さん、Pちゃまは気持ちよすぎてあんな声を出しているのですわ」

薫「そーなの? ん、……でもなんか、かおるもやってみたいかも……」

莉嘉「じゃー薫ちゃんもやってみるー? 面白いよー☆」

千枝「ゆっくり握って、優しく上下ですよ」

薫「ゆっくり握って……」

   にぎゅっ♡

P「ゥッ……!?」

薫「優しくじょーげー……」

    にゅっこ♡  にゅっこ♡

P「ぁは……ッ!? か、薫っ……!」

桃華「そうそう、お上手ですわ薫さん♡」

薫「わぁ……! せんせぇのオチンチン、あったかくてかたーい……♡」



47 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 00:10:58.06pq8qVEQd0 (2/13)


   シコッ♡    シコッ♡

ありす「薫さん、まだ9才なんですよ? シコシコされて感じちゃうんですか? この性犯罪者♡」

みりあ「薫ちゃんのシコシコきもちーね♡ いっぱいピュッピュッ♡ しちゃおーね♡」

P「ぁっ、あ、あっ……!」

    ゾクゾクっ……!

薫「かおるのシコシコきもちいー? オチンチンから変な匂いしてるよー……♪」

莉嘉「ホントだー……。スンスンっ……。っわ、クッサぁ……♡」

千枝「すごい、エッチな……匂い……♡」

ありす「私たちが来るの知ってましたよね? なんでオチンチン臭いんですか? 洗ってないんですか? 臭チンポ子供に嗅がせたかったんですか? 最低の大人ですね……♡」

みりあ「みりあ、プロデューサーの臭ぁ~いオチンチン、大好きだよ……♡ あとでいっぱい嗅がせてね……♡ 臭チンポ、みりあのお鼻に当ててシコシコしてね……♡」

P「はぁッ、ぁ、あぁ……ッ!?」

    シコシコっ♡

薫「せんせぇっ……♡ せんせぇ……っ♡」



48 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 00:22:29.73pq8qVEQd0 (3/13)


P「っ、い、イッく……ッ!!」

    ブビュルルルッブプッ!!
    ビューーーッ!  ブピュッ!

薫「わぁーーーっっ!!?」

莉嘉「うっわ……♡」

千枝「ひゃあ……っ♡」

    どぽっ……♡
         トロっ……♡

薫「……ぅべぇ~~……。オシッコが顔にかかったぁ……」

桃華「薫さん、それはお小水ではございませんわ」

莉嘉「それねー、セーエキってゆーんだよ☆ 男の子が気持ちいいと出しちゃうんだってー♪」

薫「せぇえき……?」

千枝「こ、これが……精液……♡ Pさんの……♡」



ありす「あーあー、出しちゃいましたね。なにも知らない子供に、臭っさい精液をぶっかけて……。無様に射精して恥ずかしくないんですか? 性犯罪者のPさん♡」

みりあ「いっぱい出たねー♡ よしよし、頑張ったねプロデューサー。えらいえらいっ♡ 気持ちよかったー? しゃせーした時のプロデューサー、カッコよかったよー……♡」



49以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします2020/11/11(水) 14:17:02.95jm95pkoQ0 (1/1)

VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな


50 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 22:36:35.27pq8qVEQd0 (4/13)


桃華「うふふ、ご満足できたようでなによりですわ♪ ……それでは、Pちゃまのきったないオチンポを、わたくしが綺麗にして差し上げますわね♡」

P「ハァッ、ハァッ……。も、桃華ぁ……っ!」

薫「ももかちゃん、なにするのー?」

桃華「んふふ……♡」


桃華「あーー……っ♡」


桃華「──あむぅ……♡」

    ちゅぽぽっ……♡

莉嘉「うわー!? 桃華ちゃんやるぅ~☆」

千枝「す、すごい……っ♡」

薫「せんせぇのオチンチン食べちゃったー……!?」

桃華「んもっ、んろ゛ぉ……っ♡ ちゅっ、ぢゅるるっ……♡」

莉嘉「……っ♡」

千枝「…………♡」



51 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 22:37:05.71pq8qVEQd0 (5/13)


桃華「んふぅーっ♡ Pちゃまのオチンチン、ひっどい匂いですわ……♡ んっぽっ、ぢゅるっ……ちゅっ♡」

薫「ぁ……、わ……♡」

P「っあぁ……、桃華っ、口の中が温かくて……っ。舌を這わせてくる……ッ!?」

ありす「ほぉらPさん、乳首舐めてあげます。子供に乳首弄られて気持ちいいんですよね?」

みりあ「ぷろでゅーさぁ……♡ お顔、汗だくだから……。みりあが舐めたげるね……♡」

     チロッ♡  チロッ♡

桃華「んも゛ぉ……♡ っ、ちゅっぱっ♡ ……フフっ、可愛いですわPちゃま……♡」

莉嘉「ね、ねぇ……桃華ちゃん」

千枝「千枝たちも……♪」

桃華「んっ、……いいですわ。では、Pちゃまのオチンチンはお任せいたしますわね♡」

P「み、みんなっ……。こんなこと、もうやめ……っ」

莉嘉「なに言ってんの? こんなにオチンチン元気にしといて、悪いのはPくんじゃん……っ♡」

千枝「千枝たちも頑張りますから、いっぱい気持ちよくなってくださいね……♡」



52 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 22:45:37.07pq8qVEQd0 (6/13)


薫「か、かおるも……したいなぁ」

莉嘉「いーよ☆ じゃあ3人でPくんのオチンチンたべちゃおー♡」

千枝「いっぱい気持ちよく、しますね……♡」

薫「えへへぇ……♪ なんかキンチョーしちゃうなぁー……♡」

    クンクン……っ

莉嘉「──っ、臭っさ♡ なんかさっきより臭いね……♪ Pくんちゃんとお風呂入った方がいいよー♡」

千枝「んっ、臭いですっ……♡ 生臭くって、エッチな匂い……♡」

薫「うぇえ……。ほんとにクサーい……♡ せんせぇ、あとでかおるとお風呂入ろーねー♪」

莉嘉「っぷ……っ♡ ちゅろっ、ちゅる……っ♡」

千枝「んぇえ……っ♡ あむっ、ちゅっ……。ぢゅっちゅぅ……っ♡」

薫「んぁ……あむっ、んん、ちゅ〰〰……っ♡」

P「あぁっ……!? や、ヤバいってぇ……ッ!」

ありす「何がヤバいんですか? 乳首舐め回されて感じているPさんの方がヤバくないですか? 反対側の乳首もつねってあげますね……♡」



53 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 22:51:10.37pq8qVEQd0 (7/13)


みりあ「ぷろでゅーひゃー……♡ んっ、ちゅ……っ♡ キスしよー……♪ ぢゅるるるっ……♡」

桃華「んあぁ……♪ ぁんっ、ちゅぅ……♡ んんぅ、んっ……。Pちゃまの指も美味しいですわ……♡ はむっ……」

莉嘉「んひひっ……♪ 舌でオシッコの出口ほじくるとビクビクして……。チョーおもしろーい……♡」

千枝「気持ちいいですか、Pさんっ……♡ 千枝もオチンチン美味しいです……っ♡ んっ、ぢゅぅ……っ♡」

薫「せんせぇ、お毛けボーボーだねっ♪ ちゅっ♡ かおるもがんばって、もっともっと舐め舐めしまーっ……♡」

ありす「んっ、乳首コリッコリ……♡ ちゅっ、ぢゅ〰〰っ♡ っぷふ……っ」

みりあ「プロデューサー、みりあのヨダレでお顔がぐちゃぐちゃだね……♡ みりあのヨダレ美味しい? いっぱい飲んでね……♡」

桃華「いつもわたくしたちのために、たくさんお仕事なさっているPちゃまの腕……。逞しくて素敵ですわ……♡ ちゅっ、ちゅ……っ♡」

莉嘉「んっぽっ♡ オチンチン美味しいかもっ♪ んっぼお♡ ぢゅるるっちゅっ、ぶぢゅるるっ♡ ぶっぽぶっぽっ♡」

千枝「オチンチンっ♡ オチンチンっ♡ オチンチンっ♡ オチンチンっ♡」

   ヂュルルッ♡   ぢゅぅぅぅう……ッ♡



54 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 22:55:48.85pq8qVEQd0 (8/13)


薫「あはーっ♪ なにこれぇー! 袋みたいなのに玉が入ってるー♪ ぐにぐに~~っ♡」

ありす「薫さん、それは『金玉』と言って……。っ、なに感じてるんですか。金玉も気持ちいいんですか? ドマゾのぺドPさん……」

みりあ「金玉も気持ちいいよねー♡ いい子いい子……♪ みりあもあとで金玉ナデナデしたげるねー……♡」

桃華「さあPちゃま……。たっぷり射精なさって♡ ドロドロでゼリーのような濃厚ロリコン精液、惨めに吐き出して……。頭の中を空っぽにしてくださいまし……♡」

P「ん゛ん゛ぅぅう゛う゛ゥ゛ッッ!? あっ出るぅ……っ。担当幼女アイドルにザーメン搾り取られるぅぅうゥッッ!!」

    ビュブブルルルビューーッッ!!

莉嘉「んあぁーーーっっ!?♡」

千枝「あはぁ……っ♡」

薫「ぷぁあ……♡」

     ビュクッ!  ドプッ!

ありす「またPさんが子供に無様敗北(しゃせい)しましたね。情けないと思わないんですか? 私の夫になるんですから、少しは我慢を覚えてください」

みりあ「やったー♡ 出たねー♡ プロデューサーえらいえらいっ♡」

桃華「流石はPちゃまですわ♪ イカ臭っさい精液がたくさん出ましたわね……♡ 立派な射精でしたわよ♡」



55 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 23:02:24.79pq8qVEQd0 (9/13)


P「ハーーーッ……ハーーーッ……」

莉嘉「……ん、ぁ……。ペロッ……。んっ、苦ぁ……♡」

千枝「これが……精液の味……。Pさんの味……♡」

薫「うぇ……まずぅ……。おとなの味がするぅ……」

桃華「すぐに慣れますわ。Pちゃまも飲んでくれた方が嬉しいですものね?」

みりあ「みりあもねー、プロデューサーのセーエキ飲めるようになったんだよー♪」

ありす「喉に張り付く感じがして飲みにくいですけど……。私はもう慣れましたね」

薫「すごーい、みんなおとななんだねー……♪」





【小一時間後……】


    ジャーー……

桃華「ふう……スッキリしましたわ」

桃華「みなさんは……あらあら」



56 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 23:07:24.41pq8qVEQd0 (10/13)





P「む゛ぅ~~……!? ぅ、ぶふっ、うぶ……っ」

ありす「嬉しいですかPさん。私のオマンコの味はどうですか?」

莉嘉「男の子も乳首感じちゃうんだねー……♪ うりうりっ☆」

千枝「ちゅぱっ、ちゅるる……っ♡ んっ、Pさんの乳首美味しいです……っ♡」

みりあ「はぁっ、ぁ、んあっ♡ プロデューサーっ♡ みりあのオマンコ気持ちいいっ? っぁ、あんっ……。はぁっ♡」

    ぱんっ♡    ぱんっ♡
        ぱんっ♡    ぱんっ♡

薫「うわーっ……。おしっこの穴におちんちんが入っちゃってるー……♡」

桃華「お疲れさまですわ、ありすさん。そろそろ交代いたしますわね」

ありす「っ、ぁん……♡ そ、そうですか……」

P「……っぷは……ぁっ……」

桃華「フフ……。Pちゃま♪ 先ほどわたくし、トイレで大きい方をしてきましたの」

P「え……?」

桃華「でも困りましたわ。ペーパーが切らしていましたので、 "代わりになる物" で拭かないといけませんわね」



57 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 23:10:59.66pq8qVEQd0 (11/13)


P「──……ちょ、ちょっと……待ってくれ」

桃華「……あら、こんなところに "ウォシュレット" がございますわ……♡」

P「ちょ……──!?」

桃華「えいっ♪」

    ぎゅむっ!

P「む゛ぅ゛ぅう゛〰〰ッッ!!?」

桃華「わたくしのうんち穴、たっぷりとお舐めなさい♡」

P「お゛ぉ゛ぉほ……っ! んぶっ、むぶぅ……っ!」

みりあ「ん゛ぃい゛っ!? ぁっ……プロデューサーのぉ……っ、おっきく、なって……っ♡」

桃華「あぁ……♡ Pちゃま、そんなウットリとしたお顔で……」

P「ぉお゛……っ。ぉ゛ぉあ゛…………っ」

みりあ「はーっ♡ すっごいぃ……っ♡ プロデューサーのおちんちんっ、すっごいよぉぉーっ……♡」

   ぬっぽっ♡    ぢゅっぶっ♡



58 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 23:17:30.78pq8qVEQd0 (12/13)


莉嘉「うっわ……。Pくんさぁ、そーゆー趣味もあったんだー……」

ありす「ドン引きですね……。お尻の穴を舐め回して興奮してるだなんて……」

みりあ「きもちーぃ……♡ きもちーよぉ……♡ おちんちんいいよぉ……♡ プロデューサーぁ……♡」

    ぱちゅんっ♡   ぱちゅんっ♡

桃華「小学生のうんち穴をお掃除できて嬉しいんですのねっ? わたくしも気持ちいいですわPちゃまっ……♡」

みりあ「あぁー……みりあ、いく……っ♡ プロデューサーのおちんちんでイッちゃう……っ♡」

千枝「んんっ……。Pさんの乳首美味しいですっ……♡ ぢゅるるるるっ! ちゅぅぅうう……ッ! ちゅるぢゅるぢゅる……っ♡」

P「ん゛ん゛〰〰〰〰ッッ!!?」

   ビュルルルルッ!  ビュブプッ!

みりあ「ん゛ぁぁあ゛~~っっ!?♡」

桃華「ああっ……♡」

みりあ「イッくっ♡ ぷろりゅーひゃーっ♡ ダメだよぉっ! 中にシャセーだめぇぇえッッ!♡」

   ドクッ……   ドクッ……

みりあ「あぁぁ あぁあ 〰〰── ♡」

     プシャッ♡
           チョロロロロ……♡



59 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/11(水) 23:23:06.51pq8qVEQd0 (13/13)


薫「わぁっ!? みりあちゃん、お漏らししちゃった……」

桃華「大丈夫ですわ。Pちゃまにとって小学生のお小水は御褒美ですものね♡」

P「ぅ゛……う゛……」

桃華「わたくしのお小水も……受け止めてくださいますわよね♡」

P「ぁ……あ……っ!?」

    プシャァァァァァアア……♡

桃華「んっ……♡」

P「ゴボッ!? っ、ぐぅぶぼっ……ぉぼ……っ……。ゴクッ……ゴクッ……」

桃華「まぁPちゃま……喉が乾いていらしたんですのね……♡ いい飲みっぷりですわ……♡」

ありす「変態マゾペドフィリアからスカトロ変態マゾペド野郎にランクアップしましたね。おめでとうございます」

莉嘉「ねー、ほんと変態過ぎるよPくーん……♡ 莉嘉のオシッコも飲みたいー……?♡」

千枝「ぢゅるぢゅるぢゅる……っ♡ 乳首、おいひっ、Pさんっ♡ んふっ♡ ぢゅ〰〰〰〰っ……♡」

薫「ねぇ、ねぇ……。かおるもやってみたいなぁ……。せんせぇとおまた擦りあいっこ……♡」

ありす「この際ですから、みなさんの処女膜もPさんに破いてもらいましょうか。……千枝さん、聞いてますか? それ以上はPさんの乳首が千切れちゃいますよ」

莉嘉「やったねPくん♪ 莉嘉の処女、Pくんにあげちゃうからねー☆」

みりあ「はぁー……っ♡ はぁーっ♡ みんなと子作りがんばろーね、プロデューサー……♡」



60 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/12(木) 22:17:11.812vsqKc8K0 (1/10)




【2時間後……】


   ギッチュ♡  ヌッヂッ♡

薫「はぁ──ッッ……! ぁ゛はァ──ぁ……っ!」

P「あ゛ぁぁあ゛……ッ! か、薫っ……!」

桃華「そう、そのまま力を抜いて……」

薫「あ゛ぁぁ〰〰〰〰ッッ! 入ってるぅッ、入ってるよぉぉ……ッ!」

ありす「Pさんのが大きくてお腹が膨らんじゃってますね……」

P「ァ゛……ッ!? キツっ……、凄い締め付けてくるうぅ……ッ!」

   ギチギチっ……♡

みりあ「薫ちゃん、すごーい! プロデューサーのオチンチンが入ってるよー!」

薫「せ、んせぇ……」

P「ぁ、か、薫……っ」

薫「ん、っ……かおる、頑張ったから……。ごほーび、ちょーだい……?」



61 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/12(木) 22:24:40.882vsqKc8K0 (2/10)


P「あ……──」

薫「ん……。ちゅっ♡ んっちゅぅ……。へんへぇ……♡ ちゅっ、ちゅるっ……。ちゅぅぅう~~……っっ♡」

P「っ、ぷは……。薫っ、薫……ッ」

薫「えへへっ……♡ かおる、せんせぇのお嫁さんになるね……っ♪ 赤ちゃん、たくさんほしーなー……♡」

P「あっあっあっ……。薫……っ!」

    ぱちゅっ♡    ぱちゅっ♡

薫「はぁっ……♡ あっ、ぁ……あはっ♡ なんか、変な感じなのぉ……♡ せんせぇ……っ♡」

P「ハァッ……、すごいっ、薫っ……! あっ気持ちいいっ……! 薫のぷに炉利まんこっ、すご……ッ!」

薫「せんせぇっ♡ んぅ……っ、あ゛、ぁ……♡」

P「んふ、ぅ、ふう……ッ! 薫っ、薫っ……。いい匂いするっ、甘ったるいミルクの匂いするっ、薫……っ!」

    ぱっちゅ♡   ぱっちゅ♡

薫「ぁ゛……♡ せんせ……っ。せんせ……ぇ。ん゛ぁ、あ゛、は……ぁっ♡」

P「ごめんっ。ごめんな薫っ……。もうダメなんだ……っ。俺もうダメなんだ……ッ! 薫っ、薫……ッ!」

薫「いい……っ、よお……。かおるっ、せんせぇのことぉ、大好きだからぁ……っ♡」



62 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/12(木) 22:31:36.712vsqKc8K0 (3/10)


P「あっあっあっあ……ッ!」

   ズッヂュッ♡  ギッヂュッ♡

P「で、る……ッ! 出る出る出る出る……ッ! 薫のっ、9才児の未発達マンコに出るぅぅぅうッッ……!!」

    ビュルブュルブプッビュブプッ!!

薫「あ゛ぁ゛〰〰〰〰〰〰──ッッ…………♡」

      ゴポポ……ッ♡



ありす「もう知りませんよ、私」

桃華「今さらですわ。もうPちゃまは戻れないところまで来てしまったんですもの……♪」

莉嘉「次だれやるのー?」

千枝「ち、千枝が……いきます……っ」

みりあ「千枝ちゃんファイトだよっ!」



P「薫……っ、かおる……っ」

薫「せんせぇ……♡ せんせー……っ♡」



 ・ ・ ・ 。



63 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/12(木) 22:45:22.062vsqKc8K0 (4/10)



P「ぁ゛……あ、ぁ、あ゛……っ!」

千枝「はーーっ……♡ はーーっ……♡」

    ヌッヂッ……♡

P「ぅあ゛……ッ!?」

千枝「わかり、ますか……? 千枝の中に、Pさんのが入っちゃってます……♡」

    ヌッポッ♡  ヌッポッ♡

P「あぁっ……。すごい、いいよ……。千枝……っ」

千枝「んふふ……♡ Pさんが千枝の下でっ、気持ち良さそうに……♡」

      ぢゅぶぷっ♡

P「ぅぁあああっ!? そ、そんなに動かしたら……っ」



64 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/12(木) 22:46:23.442vsqKc8K0 (5/10)


千枝「どうですかっPさんっ♪ 千枝のオマンコっ……♡ んっ……♡ 気持ち、いい……ですかぁ……?」

P「あっすごいぃぃ……ッ! は、はじめてなのにこんな……っ」

千枝「千枝、分かっちゃいました……♪ これ弱いんですね……♡ ぅんっ♡ これですねっ……♡」

    グッチュ♡    ヌッブッ♡

P「あっぁっはぁっ……!? こ、腰っ……。千枝っ、ヤバイっ……!」

千枝「はぁっ♡ はぁっ……、ぁんっ♡ Pさんっ……♡」

    パンッ♡   パンッ♡

千枝「んぁ……ぁあ゛♡ 奥まで当たってますっ……♡ Pさんのオチンチンっ、すごく気持ちいいです……っ♡」

P「あぁ゛~~……っっ! こ、こんなの我慢できるわけっ……!」

千枝「はっ♡ はっ♡ あっ、んぁんっ♡ ぁっ、はぁっ……♡」

     ぱっちゅ♡ぱっちゅ♡ぱっちゅ♡ぱっちゅ♡



65 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/12(木) 22:51:28.142vsqKc8K0 (6/10)


P「はっ激し……ッ!? 千枝っ、ぁ、ダメっ、あっ、はぁぁあ……ッ!?」

千枝「イッてくださいっ♡ イッて♡ 出して♡ 千枝に全部くださいっ♡ イッて♡」




千枝「──……イっちゃえっ♡」

     バッヂュンっ!♡

P「ッッ〰〰……ぅあ゛ぁぁぁあ゛ッッ!?」

    ビュルルルッブビュルブッ!




みりあ「千枝ちゃん、すっごーい……♡」

桃華「えげつないですわね……。もしかしたら、千枝さんが一番……」

ありす「これは……思わぬライバルが」



 ・ ・ ・ 。



66 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/12(木) 22:57:04.852vsqKc8K0 (7/10)



    パンッ♡   パンッ♡
        パンッ♡   パンッ♡

莉嘉「ハァーっ♡ きもちぃーい♡ セックスきもち~~っ♡」

P「あぁぁあっ!? たっ、たす……たすけ……っ」

莉嘉「なぁーにPくーん? 聞こえなぁ~~い♡」

ありす「もっと激しくして欲しいそうですよ」

莉嘉「おっけー☆ んじゃあ、レッスンで鍛えた腰使いでぇ……。Pくんのこと、骨抜きにしちゃうねー♡」

    バッチュ♡   バッチュ♡
       ヌッボッ♡   ヌッボッ♡

P「ぁあ゛ぁぁあ……ッ!?」

莉嘉「ンフー……♡ どぉー? 莉嘉のJCマンコもチョー気持ちいいっしょー……♡」

   グリュッ♡   グリュッ♡

莉嘉「こーやって奥まで入れてグリグリするとぉ~~……♡ あはっ☆ Pくんてばメッチャ感じてるー……♡」



67 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/12(木) 23:03:03.442vsqKc8K0 (8/10)


ありす「莉嘉さんはもうすっかり慣れちゃいましたね」

桃華「さすがはカリスマギャル城ヶ崎美嘉さんのご姉妹ですわね」

莉嘉「えっへへ……♡ 処女はPくんで捨てるって決めてたからねー☆ もう離さないし……♡」

P「あぁっ、り、莉嘉……。もっ、出そうだから……」

莉嘉「んー……? なぁにPくーん♪ シャセーしちゃう? 莉嘉のマンコで出しちゃう? JCマンコに負けちゃうカンジー……?♡」

    ぱちゅっ♡   ぱちゅんっ♡
        パンッ♡     パンッ♡

P「だっ、ダメだってぇ……ッ! 中に……出ちゃうからぁ……ッ!」

莉嘉「ンっ♡ イッちゃえっ♡ あんっ♡ 射精しちゃえっ♡ ロリコンPくんっ♡ 莉嘉の中にビュー♡ってして子作りしちゃおっ♡」

P「あっ、ぁ、あっあっあ……ッ! 莉嘉っ、莉嘉ぁぁッ!!」



68 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/12(木) 23:05:55.872vsqKc8K0 (9/10)


莉嘉「ァあ゛ーーっっ♡ 莉嘉もイッ……ク……ッ♡」

    ビュブルルッビュルルッ!!

莉嘉「イ゛ッ……──  ぐぅぅう゛〰〰ッッ♡♡」

    ガクガクガクっ!
          ビクッ♡ ビクンッ♡

P「あ゛……、ぁあ…………ッ」

莉嘉「ハァーーっ……♡ はーーーッ……♡」

千枝「莉嘉さん……凄い……♡」

みりあ「やったね莉嘉ちゃん♪ プロデューサーのこと骨抜きにしちゃったよー♡」

桃華「Pちゃまもお疲れ様でした。今日のところはこれくらいにして、また明日……たっぷり搾り取って差し上げますわ♡」

ありす「明日は撮影のお仕事ですから、遅刻しないでくださいね」



69 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/12(木) 23:06:31.802vsqKc8K0 (10/10)


みりあ「プロデューサー、明日はお口で抜いてあげるね……♡」

千枝「千枝も悪い子になっちゃいました……♡ また、Pさんのオチンチンを虐めてあげますね……♡」

薫「せんせぇ……。またかおるとエッチなことしよーね……♡」

   カシャッ   カシャッ

莉嘉「イエーイ☆ Pくんと子作り記念日っ♡ この写真、おねーちゃんに自慢しちゃおっかなー……♪」

P「り、莉嘉っ……!」

莉嘉「えへへっ、うっそー☆ これは莉嘉とPくんの秘密だもんねー♪ でもぉ……」



莉嘉「おねーちゃんとエッチなことしたら……この写真、バラ撒いちゃうかも……ね♡」



  ・ ・ ・ 。



70 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/13(金) 22:07:03.18JOndMNhN0 (1/11)



【後日 事務所】

薫「おはようございまーっ!」

P「お、おはよう薫……」

薫「せんせぇーっ♪」

     ギュッ……

P「わ、わっ……。薫……っ」

ちひろ「あらあら、薫ちゃんは甘えん坊さんですね」

薫「えへへーっ♪」

P「う……っ」

薫「せんせぇ……」



薫「薫の匂い……いっぱい嗅いでいいよ……っ♡」ボソッ

P「ッ……!?」



71 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/13(金) 22:11:50.53JOndMNhN0 (2/11)


     ガチャ……

桃華「おはようございますわ♪」

ありす「おはようございます」

みりあ「おはようございまーすっ!」

ちひろ「あらみんな、おはよう」

桃華「あら、Pちゃま……。朝からお盛んですわね♪」

P「な、なに言ってるんだ」

ありす「通報なら任せてください。早苗さんに報告させていただきます」

みりあ「みりあもギューってやるーっ!」

    ギュッ!

P「お、おいっみりあ……」

ちひろ「Pさん」

P「はいッ!?」

ちひろ「くれぐれも、手を出さないでくださいね……♪」

P「ちひろさんもなに言ってるんですかっ!?」



72 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/13(金) 22:15:43.51JOndMNhN0 (3/11)


桃華「安心してくださいまし。Pちゃまとは健全なお付き合いをいたしますわ……♪」

ありす「もし何かあったら、すぐ連絡しますから大丈夫です」

ちひろ「みんなしっかりしていて安心です。Pさんも桃華ちゃんやありすちゃんを見習ってください」

P「あ、あは……は」

     ガチャ……

美嘉「おっはよー★」

莉嘉「おはよーっ☆」

P「おはよう、二人とも」

美嘉「うわぁー。プロデューサー、朝からロリコン全開だね……」

P「ちょっと待てって。誤解だよ……」

莉嘉「うっわー。Pくんてば手がはやーい!」

美嘉「莉嘉には手を出しちゃダメだからねっ」

P「お前なぁ……」



73 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/13(金) 22:20:13.36JOndMNhN0 (4/11)


美嘉「ま、まぁ……? 女の子に飢えてんならさ、もうちょっと年上の子とかの方がいいんじゃない? 例えば、私──」

莉嘉「莉嘉は別にPくんなら良いけどねーっ☆」

美嘉「り、莉嘉ぁっ!?」

P「ほらほら、冗談はいいけど……。今日は美嘉は雑誌の撮影だろ?」

美嘉「う……分かってるって! じゃ、私は準備して行ってくるからねっ」

莉嘉「お姉ちゃん、頑張ってねー!」

みりあ「美嘉お姉ちゃんファイトだよーっ♪」

美嘉「ありがと、みりあちゃん★ んじゃ行ってきまーす!」

P「まったく……。俺をなんだと……」

    ギュッ……

莉嘉「お姉ちゃんに渡すわけないじゃん……ねぇ?♡」ボソッ

P「ッ!?」



74 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/13(金) 22:26:46.97JOndMNhN0 (5/11)


莉嘉「えへへっ♪ ほらPくんっ、こっち来て今日の撮影の会議しよーっ!」

P「ま、待てって……。まだ千枝が……」

凛「千枝ならもういるけど?」

P「へあっ!?」

千枝「あ、おはようございます、Pさんっ……」

P「び、ビックリした……」

凛「さっき下で会ったから……。なんでそんな驚いてんの」

P「い、いや……別に」

凛「まぁいいけど……。プロデューサー、今日は子供の引率でしょ? しっかりしてよね……」

P「大丈夫だって」

ありす「むっ……。凛さん、私は子供ではないですよ」

桃華「そうですわ。もう立派なレディですもの。ねぇ、Pちゃま?」

凛「……プロデューサー、まさか」

P「おい、凛まで……」



75 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/13(金) 22:31:31.73JOndMNhN0 (6/11)


凛「フフっ。冗談。そういえばさ、今日は仕事のあと予定ある?」

P「え、どうした?」

凛「ん、まぁちょっとね……。気になったカフェがあったから、一緒にどうかなって……」

P「お、そうか……。今日は仕事のあとは特に──」




桃華「………………」

ありす「………………」

みりあ「………………」

千枝「………………」

莉嘉「………………」

薫「………………」




P「っ、あ、えっと……。きょ、今日はちょっと予定が詰まってたんだった……。スマン……」

凛「あ、そ。まぁ息抜きにどうかなって思っただけだから、気にしないで」

P「あ、あぁ……」



76 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/13(金) 22:37:08.84JOndMNhN0 (7/11)


凛「じゃあ私はレッスンがあるから。行ってくるね」

P「うん……。行ってらっしゃい」

    ガチャ……
             バタン

桃華「さ、Pちゃま。会議室に行きますわよ」

千枝「今日もよろしくお願いしますっ」

みりあ「行こ行こーっ♪」

P「あぁ……。ちひろさん、ちょっと会議室借りますね」

ちひろ「はい。お願いしますね」




【会議室】


P「あっ……ぁ、ダメっ、ダメだって……」

莉嘉「なにがダメなのPくーん……?」

ありす「こんなにズボンを膨らませておいて、言い逃れできませんよね?」

千枝「Pさん……。Pさん……♡」

     すりすりっ……♡



77 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/13(金) 22:43:32.93JOndMNhN0 (8/11)


P「はぁっ、ぁ、はぁっ……!」

桃華「凛さんや美嘉さんにちょっと色目を使われてにやけているなんて……。まだご自覚が足りていませんわね」

P「に、にやけてなんか……」

みりあ「えいっ!」

    ギュムッ!

P「グぅ、あ゛……ッ!?」

みりあ「このオチンチンがいけないのかなー? みりあたちじゃないと元気にならないようにしてあげるねー……♡」

薫「せんせぇ、ズボン脱ぎ脱ぎしよーね……♪」

     スルスル……っ

P「あ……」

      ボロンっ!

桃華「うふ……♡ もうこんなになって……」

ありす「ほら、ここに座って、おとなしくしてください」



78 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/13(金) 22:48:22.09JOndMNhN0 (9/11)


みりあ「誰から舐めるー?」

千枝「千枝っ、舐めたいです……」

莉嘉「じゃー莉嘉はPくんとチューしちゃおー☆」

薫「あー! かおるもしたい~!」

P「み、みんなっ……。仕事があるんだから、だめだっ──」

千枝「──ッ、ぢゅ……ッ♡」

    ぐっぽ……♡

P「ッあ゛は……ッ!?」

千枝「んっ、も゛っ……。んふぅ、んっ、ぢゅるるっ……♡」

桃華「あらあら、千枝さんたら……」

ありす「ちょっと千枝さん。私もしゃぶりますから、フライングしちゃダメですよ」

千枝「っぷぁ……っ。ご、ごめんね……」

薫「かおるもぉーー!」

ありす「分かりましたから。3人で舐めますよ」



79 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/13(金) 22:54:07.45JOndMNhN0 (10/11)


P「ぁ、みんな……っ」

桃華「Pちゃまっ……♡」

P「桃っ──!?」

桃華「んっ、ちゅぅ……っ♡」

莉嘉「あー!? 莉嘉もチューしたいー!」

みりあ「みりあもーっ!」

桃華「ほら、舌を絡ませてくださいまし……っ♡ んふっ♡ ちゅっ、ぢゅぅ……っ♡」

莉嘉「Pくんっ、こっち向いてぇ……。ん、ちゅる……。んれぇ……っ♡ んちゅっ、ちゅるるっ……♡」

みりあ「口開けて……♡ んべぇ……。ぢゅるるっ、ちゅぅう……♡ んっ、んぁあ……♡」



薫「はぁっ、はぁ……♡ せんせぇのおちんちんっ♡ くひゃいよ……っ♡ ちゅっ……♡」

ありす「んっ、ぶぅ……♡ またこんなにおちんちんを匂わせて……。くっさいのをしゃぶらせたかったんですね。この変態……♡」

千枝「へェ……っ♡ んぇえ……っ♡ すき……。すき……♡ くひゃいのすき……っ♡ れぇろっ……ッ♡」



80 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/13(金) 23:00:54.78JOndMNhN0 (11/11)



桃華「もっろぉ……。情熱的にきひゅ……♡ ん゛んっ、ぢゅぅぅ……ッ♡」

莉嘉「ン゛ーー…………ちゅッ! っぱ♡ んへへ、キスマークいっぱい付けたげる……♡」

みりあ「ん……♡ ん……♡ 耳にキスしてあげるね……♪ みりあのキス音、頭から離れられなくしたげるね……♡」



ありす「んっぽっ♡ んっ、ぽっ……♡ ヂュッ! ちゅるるるるっ……♡ ぽっ……ッぽ……♡」

薫「んれぇ……♡ ちゅ、ちゅ……♡ んぇえ……っ♡ おひんひん……っ♡」

千枝「ンフーーっ……♡ ふっ♡ んっ♡ ぢゅぶるるるッ! ぶっぽっ! じゅるぶっ! ん゛も゛ぉほ……♡」



P「ン゛ン゛~~~~ッッ!?」

    ビュルルッ!  ビュブルッ!

千枝「っぷぁぁあ……♡」

薫「んぁぁあ……♡ せーしでたー……♡」

ありす「んっ……♡ 早くないですか? もう少し我慢してください、このロリコン」

桃華「では、次はわたくしたちの番ですわね」

莉嘉「いっぱいしゃぶっちゃお……♡」

みりあ「みりあのお口でびゅーびゅーしようね、プロデューサー♡」

P「ハァッ、ハァッ……!」



81 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/14(土) 21:06:50.91lgvSHgUT0 (1/5)




桃華「んっぽぉっ……♡ ちゅっ、ん、じゅるる……♡」

莉嘉「ん、ふ……。はぁーー……。くっさ♡ もーたまんなぁい……♡」

みりあ「金玉さんもペロペロしたげるね……♡ はぁむっ……♡」

    ちゅろろっ♡   ぢゅぽんっ♡

P「あぁっ……!? イッたばかりでそんなぁっ……!」

ありす「Pさん……」

薫「せんせぇ……」

千枝「Pさんっ……」

P「ぇ……?」

    グイッ

ありす「顔、舐め回します」

P「は……──!?」



82 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/14(土) 21:12:20.20lgvSHgUT0 (2/5)


ありす「んれぇ……♡」

P「んんぅ……ッ!?」

薫「かおるも舐めるねー……♡」

千枝「千枝も……っ」

P「あっぁぁあ……っ」



桃華「ンフーー……っ♡ とんれもないくひゃひんぽれふわ♡(とんでもない臭ちんぽですわ♡) んぢゅぶるぢゅぅぅ……っ♡」

莉嘉「えへぇ……♡ Pくんチンポ、ちょーカッコいいよー……♡ あとでスマホで撮っちゃお♡ 小顔効果もあるからゼッタイ映えるっしょー☆」

みりあ「じゃあ、みんなで撮っちゃおー♪ この金玉さんもすっごく可愛い……。チュッ♡」



ありす「んっ、れぇろぉ……♡ 犯罪者……♡ ……んっ、ちゅっ♡ ドMのロリコン……♡ ちゅるっ、……チュッ♡ このド変態の最低プロデューサー……♡」

薫「せんせぇー……♡ けっこんしよー……♡ かおるとけっこんしよー……♡ ちゅるっ、ぢゅぅぅ……♡」

千枝「すき♡ ちゅぅ♡ すきっ♡ すきですっ♡ んっ♡ ん♡ すきっ♡ ちゅっ♡ すきですっ♡」



83 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/14(土) 21:16:41.40lgvSHgUT0 (3/5)


莉嘉「ンフーーッッ♡ ぢゅっぽっ! ぢゅるるっ、ぶっぷっ♡ んーぼっ♡ ちんぽおいひぃ~~っ♡ んっぢゅ……っ♡」

みりあ「じゅるじゅる……♡ ん、はぁ……♡ おちんちん好きぃ……っ♡ チュッ♡ ちゅぢゅ〰〰〰〰……ッ!」

桃華「ンーぼっ♡ ん゛ふ……♡ Pちゃまちんぽ逞しくって素敵ですわ……♡ ちゅぼっ♡ ぢゅるぢゅるぢゅる……っ!」

P「ぁぁぁあ……ッ!? っ、小さい口で吸われて……ッ!」

ありす「んっ、チュッ♡ 責任っ、とってくださいね……。わかりますか? 責任ですよっ……。ちゅっ、ちゅぅ……♡」

薫「せんせ……♡ しんこんりょこーも行こーね……♡ んぅ……ちゅっ♡ いっぱいえっちしよーね……♡」

千枝「こんどぉ……、千枝と、っ……♡ ウェディングドレス♡ 見に行ってくださいね……♡ あなた……っ♡」

P「はぁ……ッ! んっ、ぁ、ハァッ……! か、顔っ……! もう、舐めないで……ッ!」



84 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/14(土) 21:22:37.63lgvSHgUT0 (4/5)


桃華「ぢゅるぢゅる……っ♡ んっふ♡ また情けなく吐精してしまいますの? ちゅっぽ……っ、じゅるるっ……♡」

莉嘉「ほらほらぁ♡ イッちゃえイッちゃえっ♡ レロレロっ♡ ザーメン出して子供に負けちゃえっ♡」

みりあ「ヂュ〰〰……っ♡ ちゅっ♡ えへへ♪ また負けちゃうねプロデューサー♡ ずっとみりあたちのお人形さんになってようね……♡」

    ぐっぽ♡   ぐっぽ♡

P「ハッ、ハッ、ハッ、ぁっ、あ……ッ!?」

薫「かおるが守ってあげるからね……♡ せんせぇは甘えてていーんだよぉ……? しゃせーしておバカになっちゃおーね♡」

千枝「クスッ……♡ よわよわですね、Pさん……♡ でもそんなPさんが大好きです……っ♡ 千枝がたっぷり可愛がっちゃいますから……♪」

ありす「ちゅっ♡ ん、ふ……、雑魚♡ 雑魚ちんぽですね♡ 愛してますよ、あなた……っ♡」

   ちゅっ♡   ちゅっ♡

P「ッッ~~……!? ァ、は……ッ! イくっ……! イクイクイクイクぅぅ……ッッ!!」

     ビュブルルッビュルルッ!!

莉嘉「んひゃっ♡ はい、Pくんの負けー☆ ざーこ雑魚雑魚ザコチンポー♡」



85 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/14(土) 21:26:26.24lgvSHgUT0 (5/5)


桃華「うふふ……♡ わたくしのお顔に精液を掛けて……。これでお給料が貰えるんですものね。良いご身分ですわ♡」

みりあ「みりあはエッチでよわよわなプロデューサーも大好きだよー……♡ これからも情けないプロデューサーでいてね……♡」

P「ぁ、あ……。はぁぁ……っ、ぁぁ……」



千枝「わぁ……。Pさん、私たちのよだれで顔がドロドロに……♡」

薫「せんせぇ、気持ちよかったー? ……ツンツン。……お返事がないよー?」

ありす「んれぇ~~……っ、……ペッ」

   ぴちゃっ
           トロぉ……♡

ありす「顔に唾を吐かれて嬉しそうですね? 気持ち悪い……。明日までに婚姻届を用意してくださいね。あと指輪も。クソ雑魚Pさん……♡」



  ・ ・ ・ 。



86 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 20:01:16.63tQx+L4FN0 (1/12)




【1ヶ月後……】


桃華「さ、お入りになって」

P「も、桃華……。ここは……?」

桃華「わたくしが所有している別宅ですの。今日からはここで暮らしていただきますわ」

P「え……? お、俺の家は……?」

桃華「契約を解除させていただきましたわ。安心してくださいまし、以前の家具は全て処分して、新しくご用意いたしましたから」

P「そ、そんな……」

ありす「事務所から近くなって、お部屋も広くなったから良いじゃないですか」

P「で、でも……。俺にはちょっと、広いような……」

千枝「千枝たちもここで暮らしますから、大丈夫ですよっ」

P「うん……。──……えっ?」

桃華「寮にいる人はこちらへ引っ越しいたしましたの。わたくしもこちらに引っ越しいたしましたから、今日からずっとPちゃまと一緒ですわ♪」



87 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 20:06:44.58tQx+L4FN0 (2/12)


莉嘉「ちなみに寮じゃない人も今日からここで暮らすからね☆ よろしくねPくん♪」

みりあ「みりあも今日からここだよー!」

薫「よろしくお願いしまーっ!」

P「な、なんで……っ」

ありす「なんでって……。Pさんの射精管理するのに一緒に住まないでどうするんですか?」

P「しゃ、射精管理って……」

莉嘉「お姉ちゃんの説得、よろしくねPくん♪」

P「えぇっ!?」

千枝「はやくっ、はやくベッド行きましょうPさんっ」

桃華「さぁさ、ここではPちゃまは裸で生活しますのよ。はやく服をお脱ぎになって」

P「あぁぁ……っ」



88 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 20:12:01.00tQx+L4FN0 (3/12)



 ・ ・ ・ 。



    ギヂッ……

P「グェっ……!?」

千枝「んふふ……♡ 首輪、とっても似合ってますよPさん……」

ありす「どうしたんですか? 千枝さんとお馬さんごっこ、嬉しいですよね?」

P「はぁっ、ハァッ……」

千枝「……なんとか言ってくださいっ!」

    バチンッ!!

P「んぁおおォッ!?」

千枝「はぁっ……♡ 千枝の言うこと聞けないダメなお馬さんは、この鞭でお尻叩いちゃいますからね……♡」



89 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 20:22:08.89tQx+L4FN0 (4/12)


ありす「で、どうなんですか? 四つん這いで千枝さんに乗られて、嬉しいんですか?」

P「う、……うれしい、です……」

千枝「Pさんの変態……♡ うふふ……♡」

ありす「仕方ない駄馬ですね。では私も気持ち良くしてもらいましょうか」

    スルスルっ……

ありす「ほら、私のおまんこ舐めてください。パンツは頭に被せてあげます」

P「あ、ぁあ……っ」

千枝「よかったですね、Pさん♪ Pさんの大好きな小学生のおまんこですよ……♡」

P「っ……」

千枝「…………」

    ──バチンッ!!

P「── ッあァ゛っ!? う、嬉しいですっ、ありがとう……ございますっ……」

千枝「そうですね。お返事はしっかりしてくださいね♡」



90 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 20:25:52.76tQx+L4FN0 (5/12)


ありす「はやく舐めてください。この駄馬ロリコン」

P「ぁ、あ……」

   ぺろっ……

ありす「んっ……♡ もっと舌で中まで……」

P「あぁぁあ……っ」

    ちゅぱ   ちゅぱ

ありす「ふふ……♡ どうですか? 私のおまんこは。今日はオシッコをしても拭かずにそのままなんですよ」

千枝「ありすちゃんのオシッコの匂い、たっぷり味わいながら舐めてくださいね……♡」

P「あぁぁ……っ」

    ヂュロッ!  ヂュルル……っ!

ありす「── お゛ッ!?♡」

P「ハァッ……。ありすっ、ありす……っ」

ありす「このぺド不審者、私のおまんこが汚いって分かったら吸いだしましたね。どんだけ好きなんですか、ドマゾプロデューサー」



91 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 20:31:14.49tQx+L4FN0 (6/12)


千枝「オシッコの匂いで発情したんですね。この変態っ!」

    バチンッ!!

P「んァぁぁあああ!?」

千枝「さっきよりも嬉しそうですね? お尻叩かれて興奮してるんですね♡ 小学生に鞭打たれて幸せなんですねっ♡」

P「は、はぃ……っ。幸せ、です……っ」

ありす「はぁっ♡ ほらぁ……っ。私のオシッコ臭いおまんこも味わってください……っ♡」

   ぢゅっ!  ヂュロロロッ!

ありす「んぉ゛……お♡ すっご……。Pさんにおまんこ吸われて……っ♡」

千枝「変態っ♡ スケベっ♡ このっ、このぉ……!♡」

   バチンッ!   バチンッ!

P「お゛ぉぉぉおお……ッ!?」

ありす「もっと舐めてくださいッ! もっとぉ……♡ 顔におまんこくっつけてぇ……♡」

    ヂュルルッ!  ぐりりっ……!



92 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 20:37:01.02tQx+L4FN0 (7/12)


千枝「はあっ♡ 千枝のお馬さんっ♡ とっても可愛いですよぉっ……♡ えいっ!♡」

     バチーーン!!

ありす「あはは……♡ Pさんのお顔を雑巾にしてあげますね……っ♡ ンフーーーっ♡」

    ヂュリヂュリヂュリ……っ!

P「うぶ……ッ! ぅむ゛う……ッ! ぉぉお゛……ッ!」

千枝「可愛いですよっ♡ 千枝に支配されて、ありすちゃんのおまんこ舐めて、感じちゃうPさん……♡ もっとお尻叩いちゃいますね♡」

ありす「フーっ♡ フゥーーっ♡ きもちっ……♡ もっと舐めて……♡ じゅるじゅる吸ってください……っ♡」

   ヂュルルッ!  ヂュパッ!

ありす「お゛ッ!?♡ 気゛持゛ち゛ぃ……ッ♡」

千枝「ろーりこんっ♡ ろーりこんっ♡」

     バチンッ!  バチンッ!

P「ン゛ン゛~~~っっ!!」

ありす「ォ゛ぃイ゛ク゛ッッ……!♡」

   プシャッ♡



93 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 20:40:04.16tQx+L4FN0 (8/12)


ありす「はぁぁあっ♡ 飲んでッ♡ 私のお潮飲んでくださいっ♡ 飲めッ! この性犯罪者っ!」

千枝「美味しいですねぇ♡ ありすちゃんの潮吹き♡ うんうん、気持ち悪い♡」

    バチーーン!

P「ォ゛ほ゛おぉ……ッ!」

ありす「ふふ……♡ これからは喉が乾いたら私のオシッコで潤してあげますからね……♡」

千枝「溢したらお仕置きですからね……♡ あ、でもそれじゃあPさんにとっては御褒美になっちゃいますね。えへへ……♡」



 ・ ・ ・ 。



P「ン゛ン゛~~~っっ!?」

莉嘉「あははっ☆ Pくん縛るのチョー楽しー♪」

みりあ「プロデューサー、お鼻詰まってないー? お口塞いでるけど、息できるー?」

P「ん゛、ンン……」



94 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 20:46:24.62tQx+L4FN0 (9/12)


莉嘉「お鼻でしか息できないねー、Pくん……♡」

   スッ……

莉嘉「これ、莉嘉の汗でムレムレのブーツ……♡ 超クッサいよ♪」

P「ン゛ン゛!? ンむ゛~~~ッッ!」

莉嘉「はぁ~~い♪ この中で呼吸してねPくん☆ 莉嘉の足の匂いでいっぱいスーハーしてねー♪」

     カポッ!

P「ォ゛ッッ……!?」

    ムワァッ……♡

莉嘉「アハハっ☆ Pくん莉嘉の足の匂いで興奮してるー♡ きんもっ♡ もっと汚してくればよかったかなー……♡」

みりあ「うわぁ……♡ プロデューサーのおちんちん、すっごいおっきくなってるよー……♡」

莉嘉「Pくんのおちんぽすっごいおっきいね……♡ 莉嘉の足臭たっぷり嗅いで大きくしちゃったの? この変態♡」



95 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 20:52:11.76tQx+L4FN0 (10/12)


みりあ「足が好きなら、みりあも足でゴシゴシしてあげるね♡」

   ギュムッ……!

P「ン゛グっう……!?」

みりあ「どーお? みりあの足、きもちー?」

莉嘉「莉嘉の超クッサいムレムレブーツ嗅ぎながら、みりあちゃんの足でシゴかれるの、アガるっしょー☆」

P「ォ゛お゛おほ……ッ!?」

    グリグリッ……♡

みりあ「足でおちんちん踏まれるの気持ちいいの? プロデューサーすごい変態だよー?」

莉嘉「ほぉーら、ゆっくり吸って……。莉嘉の足の匂い、いっぱい吸い込んで……♡」

みりあ「金玉も足でぐにぐにーってしてあげるね……♡」

   グニッ♡   ニギュッ♡

P「ン゛ォ゛ぉぉぉ……ッ!?」



96 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 20:57:48.40tQx+L4FN0 (11/12)


莉嘉「明日は莉嘉の足を舐めさせてあげるからね……♡ 指の間に挟まってる靴下のカスも食べさせてあげる……♡」

みりあ「みりあの足きもちいー? 指で挟んでギュッてしたげるねー♡」

     ギチチ……ッ!

みりあ「わぁ……♪ おちんちん堅くてネトネトしてる……♡」

莉嘉「きもっ……♡ ねーねー、子供の足でコーフンしてるわけないよね? 射精したら相当キモいよ♡ 通報しよっか♡」

みりあ「がまん汁も出てきたねー♡ 我慢しなくていーよ? みりあの足でいっぱい出しちゃおーね……♡」

莉嘉「ね、ね、莉嘉でも分かるくらいブーツ臭いんだけどさ……。これ嗅いで気持ちよくなってるの? ヤバイよ?♡」

みりあ「よーしよーし……♡ 足で亀頭さんも撫でてあげるねー……♡」

   ぐりんっ♡   ぐりんっ♡



97 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/16(月) 21:02:02.46tQx+L4FN0 (12/12)


P「お゛~~~ッッ!! ん゛ぉ~~~ッ!!」

莉嘉「イけっ♡ 情けなくイッちゃえっ♡ いぢめられて興奮する変態ロリコンプロデューサー♡ ばーかばーか♡」

みりあ「足の裏で踏みながらゴシゴシっ♡ きもちーね♡ いっぱい射精しよーね♡」

    ニヂュッ♡  ヌッヂュ♡

P「ゥン゛ぬぅォ゛ぉおおおおッッ!!?」

    ビュブルルッ!  ビュルルブッ!!
       ビュルルーーーーッッ!

みりあ「わぁ~~~っっ♡」

莉嘉「うっわ、メッチャ出てるのウケるー☆ 気持ちよかったー? 変態雑魚チンポ♡ 死ぬまで莉嘉たちがいぢめてあげる♡」



 ・ ・ ・ 。 



98 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 21:57:06.05gegxmZ570 (1/16)



    ヌッヂ♡ ヌッヂ♡ ヌッヂ♡

P「ゥ゛あ゛~~~っっ……!?」

桃華「んふふ……♡ Pちゃまのお尻の穴もほどよく広がりましたわね……♪」

薫「ももかちゃん、なにするのー?」

桃華「薫さんはこれをつけてください」

   カチャッ……

薫「わぁ……。これおちんちん?」

桃華「ペニスバンド、というものですわ。これでPちゃまのアナルをたくさん虐めて差し上げるのですわ♪」

P「そ、それだけは……っ!」

桃華「Pちゃまに拒否権はございませんわよ……?」

薫「わかったー♪ これ履けばいいのかなー?」

桃華「わたくしも着けますわね。これでPちゃまを躾て差し上げますわ……♡」

P「あ……ぁ、あ……」



99 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:00:36.27gegxmZ570 (2/16)



 ・ ・ ・ 。


   ぱんっ♡ ぱんっ♡ ぱんっ♡

薫「えへへっ♪ 腰動かすのたのしーっ♡」

P「……ッッ!? ォ゛……ッッ!? ~~~ッッ!!」

薫「せんせぇ、かおるのおちんちんきもちー?♡」

    ぱんぱんっ♡   ずっぽずっぽ♡

桃華「Pちゃま、わたくしのおちんぽも美味しいですわよね♡」

     がっぽ♡    がっぽ♡

薫「せんせぇ女の子みたいっ♡ かおるのおちんちん、じゅぽじゅぽ入ってるよー♡」

桃華「そうそう……。おちんぽに沿って舌を動かすんですの……♡」



100 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:05:04.23gegxmZ570 (3/16)


薫「はー♡ はぁーっ♡ おしりの穴きもちいーのっ?♡ かおるのおちんちんでいっぱい気持ちよくなってねーっ♡」

桃華「もっと口をすぼめて……。そう……。お上手ですわPちゃま……♡」

   ぱちゅんっ♡    ぱちゅんっ♡
         ぢゅるっ!    ぢゅるるっ!

薫「はぁっ♡ はぁっ♡ せんせぇのお尻におちんちん入れるの、たのしーよぉ……♡」

桃華「ほぉら、ナデナデしてあげますわ……♡ 桃華のおちんぽもご堪能くださいませ……♡」

   ずっぽっ♡   ずっぽっ♡
       ぐっぽっ♡   ぐっぽっ♡

薫「もっとはげしくしたげるねーっ♡ えいっ! えいっ!」

桃華「もっと奥まで咥えるんですのよっ♡ ほらぁ……♪」

P「……ッッ!? ォ゛ッ……! ぼォ゛……ッッ!」

薫「あーーっ♡ せんせぇもおちんちん大きくなってるよー……♡」

桃華「Pちゃまは『牝』の素質もあるんですのね♪ とんでもない変態ですわ……っ♡」

     ぬっぽ♡    ぬっぽ♡



101 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:10:03.59gegxmZ570 (4/16)


桃華「小学生にペニスバンドで犯されて、気持ちよくなっているなんて……。幻滅ですわ、Pちゃま♡」

薫「なんか、かおるも気持ちよくなってきちゃった……♡ もっと、もっと……。おちんちんでお尻ほじってあげるねー……っ♡」

    パンっパンっパンっパンっ♡

桃華「あらあら……。そんなに激しくしたら、Pちゃまのアナルが壊れてしまいますわよ……♪」

薫「せんせぇ……っ♡ せんせぇ……っ♡ かおるのおちんちんでイッてぇ……っ♡」

P「ぉ゛お゛お゛ォおぉォ゛お゛ォッッ……!!?」

桃華「さぁさぁ……。Pちゃまにも牝の喜び……♡ たっぷり味わってもらいますわね……♡」

薫「ぱんぱんっ♡ もっとぉぱんぱんするぅ……♡ せんせぇのお尻っ、かおるのおちんちんでぱんぱんっ……♡」

     バチュッ♡   バチュッ♡
    ぱんッ♡  ぱんッ♡  ぱんッ♡



102 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:14:02.18gegxmZ570 (5/16)


P「ン゛ン゛ぉぉおオ゛おお゛ォおォ~~~ッッ!!?」

     ビュー~~~~~~ッッ!!

薫「あっ♡ せーし出たぁ♡」

桃華「喉奥まで咥えなさいっ♡ このメスイキペドフィリアっ♡」

    ぐりゅりゅりゅッ!♡

   ビュブブププッ!   ビュルブプッ……♡

薫「かおるのおちんちん、ぜんぶ入っちゃってる……♡ せんせぇ、女の子になっちゃったね……♡」

桃華「うふふ……♡ そうですわ。余韻の時もおちんぽをネットリと舐めて……♡ 美味しそうにおちんぽをしゃぶってますわね……♡」

薫「こんどはかおるのおちんちんを舐めさせてあげるからねー……♡ 女の子のせんせぇ可愛い……♡」

桃華「わたくしは薫さんみたいに優しくありませんわよ……♪ Pちゃまのアナル、ガバガバになるまで掻き回して差し上げますわね……♡」



103 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:19:25.99gegxmZ570 (6/16)




  ・ ・ ・ 。




     パンっ♡    パンっ♡
         パンっ♡    パンっ♡

ありす「はあっ♡ あんっ♡ あ♡ Pさんっ♡ お゛っ♡」

P「はっ、ぁ、あっ……! ありすっ! あり、す……っ!」

ありす「っ♡ どぉですかっ、私のっ……おまんこぉ♡ んぉおほ♡」

P「気持ちいいっ! 気持ちいいよっ、ありすっ! ありすぅ……ッ!」

    ぬっぽ♡   ずっちゅ♡

ありす「はおぉ♡ きっ、きすっ♡ キスしてぇ……っ♡」

     ぢゅるるっ♡

ありす「んふ♡ ん゛〰〰 っ♡ ちゅっ♡ んっ♡ もっときすしてっ♡ もっとぉ♡」

      ぱちゅんっ♡  ぱちゅんっ♡

ありす「ちゅっ♡ ん♡ すきっ♡ あなたぁ♡ んっ♡ 結婚しますからねっ……♡」



104 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:24:22.62gegxmZ570 (7/16)


P「はぁっ、はぁぁあ……ッ! ありすのまんこっ、ギュウギュウ絞めつけてきて……ッ!」

ありす「こっ! これだめぇ♡ こすれて変になるぅ……♡ だめになるぅ……♡ んぉ♡ おっ♡」

P「あっぁ……っ、気持ちっ……。あっあっ……! ありすぅ……っ!」

桃華「ほらPちゃまぁ……♡ わたくしにもキスを……」

    ちゅっ♡

桃華「んっふ……♡ んっ、ぢゅるるる……♡ ぷは♡ 『あなた』と呼べるのは、ありすさんだけではありませんのよっ」

みりあ「んっ……♡ みりあも抱き締めてぇー♪ ちゅっ♡ ん♡ すきすきっ♡ プロデューサー……♡」

ありす「ふふっ……♡ 小学生をいっぺんに三人も抱いて……。幸せそうですね、性犯罪者のPさん……♡」

P「こ、こんなことされたら誰だって……っ」

桃華「んふぅ……♡ 普通の殿方は小学生を抱いても、発情しませんのよ? ぺドPちゃま♡」

みりあ「首にキスマークつけたげるね……っ♡ んん~~~っ♡ ヂュッ♡」



105 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:38:00.42gegxmZ570 (8/16)


P「あぁっ……。桃華もみりあもキスが上手くてっ……! ありすのまんこもキツキツで……っ!」

ありす「ほらぁ……♡ ますます大きくなって……。ん゛っ♡ 大きすぎますっ……♡」

P「はっぁあ……! 出るぅ……。イくっ、イクよぉありす……っ!」

ありす「んぁは……ぁ♡ 出してぇ……♡ Pさんのきったなくてクッサくてドロッドロの子作りざーめんっ♡ あなたの妻の子宮に出してっ♡」

P「あぁぁあっ……! イクイクイク……ッ!!」

    ドプッ!!   ビュルルブッ!!

ありす「あ゛ぁァ~~~ッッ!?♡」

P「ぅお……ッ、膣内射精(なかだし)っ……! ありすの小っちゃい小学生マンコ……っ。子宮にくっ付けて出るぅ……ッ!」

    ビューーーッ♡  ビュッ♡

ありす「おォお゛……ッ♡ ほォ゛お……♡ 出てりゅ……っ♡ 夫のセーシ……♡ 赤ちゃん作ってる……っ♡」

桃華「んっ、ちゅぅ……♡ 種付け出来ましたわね。ご立派でしたわよ、Pちゃま……♡」

みりあ「んちゅう……♡ 気持ちよかったねー♡ よしよし、いーこいーこ♡ せーしびゅっびゅっ♡ 頑張ったねー♡」



106 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:41:21.49gegxmZ570 (9/16)


 ・ ・ ・ 。



      ばちゅん♡  ぱちゅっ♡

薫「あ゛ーーッ♡ ぁは、ぁあ゛ーーっ♡」

P「薫っ、かおるっ……。可愛いっ……。あっ薫……っ」

薫「せんせぇのぉッ♡ 大きいよぉお……♡ かおるっ、変になっちゃう……♡」

P「気持ちいいよっ薫……っ。9才児の幼女まんこっ……あぁッ」

薫「せんせぇ……♡ ア゛ぁっ♡ かおるっ、きもちいいのぉ……♡」

千枝「ふふ♡ Pさん、薫ちゃんに覆い被さって必死に腰振って……。とっても可愛いですよ♡」

莉嘉「マヂでサイテーサイアクのロリコンだよね……♡」

P「あはぁあ……っ。ちんぽ千切れそうなくらい絞めつけてくるぅ……っ」



107 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:44:47.26gegxmZ570 (10/16)


千枝「ほら、大好きな子供マンコですよ……♡ 舐めてください……っ」

P「あぁっ……。ん、ぁ……。千枝まんこっ、ぷにぷに千枝まんこ……っ!」

莉嘉「ほぉらほぉら……♡ 金玉もアナルも気持ちいいっしょー……?♡」

P「んぁぁあッ!? り、莉嘉っ……。ちっちゃな手で弄って……ッ!?」

薫「はぁッ♡ せんせぇっ♡ かおる幸せだよーっ♡ せんせぇとセックスしあわせぇーーっ♡」

     ぱんっ♡    ぱんっ♡
         ぱんっ♡    ぱんっ♡

P「お、俺もっ……。幸せっ、ぁ、んっ……! 千枝まんこ美味しいっ……」

千枝「もっと味わってくださいね……♡ 奥さんのおまんこなんですから……。えへへ……っ♡」

莉嘉「莉嘉の金玉マッサージどぉ~?♡ お尻の中もグリグリしたげる……♡」

P「ォ゛お゛ォオ~~ッ!? 莉嘉っ、あ……ッ! そんなっ、JCなのに風俗嬢みたいな手つきで……ッ!」

薫「あ゛ーーっ♡ せんせっ♡ せんせぇ♡ かおるっ、なんか来るぅ……♡ なんか来ちゃうよぉぉ……っ♡」



108 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:48:04.61gegxmZ570 (11/16)


P「あっぁっ! 薫っ、イってっ! 俺の大人ちんぽでっ薫のぺドまんこイかせるぞぉっ……!」

薫「はぁぁあッ♡ 一緒にイこっ♡ かおる、せんせぇといっしょにイクぅ……♡」

P「あぁぁあ……ッ! 俺もイクよぉ薫ぅ……っ! イクイクイクイクっ……!」

     ドビュルルルルルッ!

薫「あ゛ぁ゛〰〰〰〰 ッッ♡♡」

P「あ゛ーーーー出る出るッ!! 薫のぷにぺど幼児まんこに膣内射精(なかだし)するぅッッ!!」

    ドクンッ……♡  ドクドクっ……♡

薫「ぁ……♡ せんせ……♡ すき……♡ すきぃ……♡」

P「んっ、ん……。薫っ、ん……。薫のお口も美味しい……っ。んっ……」

薫「ん♡ ちゅっ♡ ちゅぅ……♡ ん♡ もっときしゅ♡ ん♡」

千枝「はぁっ……♡ Pさん……。千枝まんこも精子欲しがっちゃってますよぉ……♡」

莉嘉「んへ……♡ まだPくんの金玉パンパンじゃーん♡ 莉嘉にも生ハメセックスで中出ししてもらうからねー……♡」



109 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:54:20.44gegxmZ570 (12/16)



 ・ ・ ・ 。



みりあ「はっ♡ はぁっ♡ プロデューサーっ♡ ちんぽ気持ちいいっ♡」

    ぱちゅっ♡   ぱちゅっ♡

みりあ「いっぱい腰振ってっ、がんばれーっ♡ いちにっ♡ ぱんぱんっ♡ にーにっ♡ ぱんぱんっ♡」

     パンパンパンパンッ♡

みりあ「あっ♡ 腰が早いよぉっ♡ ん♡ ぉほ♡ おちんぽぉっ♡」

P「みりあっ! ハァッ、ハァッ! ぁっ、あ……ッ!」

みりあ「はっ♡ はっ♡ みりあのまんこにいっぱいザーメン出してねっ♡ こどもまんこで子作りしよーねっ♡」

P「おぉお゛ーッ……!? みりあ……っ、そんな風に子種をねだられたら……っ」



110 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:57:12.10gegxmZ570 (13/16)


    ばっちゅ♡  ばっちゅ♡

みりあ「あ♡ はぁあっ♡ あんっ♡」

P「あぁ゛ーーっヤバイ……ッ! 出る出る出る……ッ!」

みりあ「んぁ♡ あ゛ぁジンジンするよぉぉお♡ はぁッ♡ みりあもちんぽでイっちゃうよぉぉおっっ♡」

     ビュブルルッ!  ビュルルッ!

みりあ「あ゛〰〰〰 ァ゛ 〰〰〰──っっ♡♡」

   プシャアアァァ……♡

みりあ「はーっ♡ はーっ♡ ──……えへへっ……♡ みりあもママになっちゃった……♡」



 ・ ・ ・ 。



111 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 22:59:15.61gegxmZ570 (14/16)



千枝「おっ♡ ほぉっ♡ Pさんっ♡ ほぉお♡」

     ばっちゅ♡  ばっちゅ♡

千枝「んふぅ……っ♡ Pさんのおちんぽの味……。千枝覚えちゃいました……っ♡」

P「あぁぁあ……っ!? そんなっ、がに股で腰振って……っ」

千枝「千枝にもPさんの精液、たくさん注いでくださいね……♡」

     ぱんっ♡   ぱんっ♡

千枝「んっふふ……♡ おちんぽすごいですぅ……♡ 千枝のおまんこ、どんどん恋しちゃってます……っ♡」

P「あっあっあっ……」

千枝「っ……♡」

    ぬぽんっ♡

P「ぁ、あ、抜けちゃっ……」



112 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 23:06:36.77gegxmZ570 (15/16)


千枝「どうしますか?」

P「え……?」

千枝「千枝の中で……イキたいですか?♡ 子作りしたいですか?♡ 千枝のこと……、奥さんにしてくれますか……?♡」

P「はぁっ、ぁ……。す、するぅ……っ! 千枝と結婚するっ……! 子作りしたいです……っ!」

千枝「んふふ……ぅっ……♡」

    ヌプププ……っ♡

P「あぁ゛~~~ッッ!?」

千枝「最低っ……♡ 小学生の千枝と子作りしたいなんて……。サイテーですねっ♡ 分かってるんですか? このロリコンさんっ……♡」

    ぱっちゅ♡   ぱっちゅ♡

P「はぁぁぁあ゛ぁ……っ!? わっ、わかってますっ! 千枝っ、ぁ、千枝ぇ……ッ!」



113 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/17(火) 23:09:21.24gegxmZ570 (16/16)


千枝「千枝は悪い子ですけどっ……。Pさんはもっと悪い子なんですよっ♡ イッちゃえっ♡ 千枝のおまんこで懲らしめちゃいますっ♡」

P「あ〰〰〰〰〰〰ッイッくぅぅぅウウ!!」

     ドビュブルリュリュッッ!!

千枝「ん゛ぉ゛ぉぉおほぉぉおおっっ!?♡♡」

    ゴポポ……っ♡

千枝「── あぁあ……♡ 千枝の人生、Pさんで台無しにされちゃいました……♡」

      ヌッチョ♡  ヌップ♡

P「はぁぁっ、あ……。ま、まだ動いて……っ!」

千枝「Pさんっ……♡ 千枝、必ず産みますから……♡ 赤ちゃん、二人で育てましょうね……♡」




114 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 21:26:02.76+3g1Y4B60 (1/12)



 ・ ・ ・ 。



莉嘉「はっ♡ はっ♡ ンひっ♡ はーっ♡」

     ヌブッ♡  ヂュポッ♡

莉嘉「どーお♡ 莉嘉のカリスマJCまんこっ♡ 射精感マジパないっしょー☆」

P「りっ、莉嘉ぁ……ッ! そんなに動かれたらっ……!」

莉嘉「あっはは♡ Pくんのチンポちょーキモチーよぉ……♡ 莉嘉もさっきからイキっぱなし……っ♡」

   ぱぢゅっ♡   ぬっぽっ♡

莉嘉「フーッ♡ フー……ッ♡ Pくんのロリコンちんぽで莉嘉のまんこコスってぇ……っ♡」

     パンパンパンパンっ♡

莉嘉「なっさけない顔で射精してぇ……♡ 莉嘉のこと孕ませちゃおっ☆ んはぁ……っ♡」

P「んぁぁあ……ッ!? そんないやらしい腰使いされたら……っ!」

莉嘉「んぉお♡ ヤッバ……♡ またイクぅ……♡ ンふぅう……ッ♡」

    ビクビクビクッ♡



115 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 21:31:15.42+3g1Y4B60 (2/12)


莉嘉「あーーー最ッ高……♡ Pくんが莉嘉でこんなになっちゃうなんて……♡」

P「り、莉嘉ぁ……っ」

莉嘉「ンフーー……っ♡ お姉ちゃんなんかより莉嘉の方が好きだもんねー?♡ この変態マゾぺド性犯罪者……っ♡」

     ぐっぼっ♡  ヂュッボッ♡

莉嘉「ほらイッちゃえイッちゃえっ☆ 莉嘉のまんこでロリコン精子搾り取ってあげちゃうっ♡」

P「あっぁあぁ……ッ!? 莉嘉っ……、莉嘉の中に……ッ!」

莉嘉「ん゛ぁぁ゛~ッ莉嘉もイッグ……っ♡ Pくんの種付け交尾で排卵アクメしちゃうぅぅぅッッ……!♡」

      ビュルルルルルルッ!!

莉嘉「オ゛ぉ゛〰〰〰〰 ぉお゛〰〰〰〰 ッッ!!?♡♡」

    ビュルッ!  ビュッ♡  ビュルルッ!

莉嘉「はヒっ♡ ひっ♡ ヒグぅっ♡ まだイグぅ♡ 受精して頭の中チカチカしてる゛ゥ゛ぅ……ッ♡」

   ガクガクっ……♡
             プシャッ♡



116 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 21:36:18.53+3g1Y4B60 (3/12)


 ・ ・ ・ 。



P「あぁ……っ、ぁ、桃華っ……」

    ぬっぶっ♡  じゅっぶ♡

桃華「はぁあ……♡ Pちゃまっ♡ Pちゃまぁ……っ♡」

P「んぁっすっごい絞めつけっ……」

桃華「んふ……♡ わたくしの中……、Pちゃまのおちんぽでいっぱいですわ……♡」

P「あぁぁ……っ」

     ぢゅぶっ♡  ぢゅぼっ♡

桃華「ぉ、ほお……ぉ♡」

P「はぁっ……。はぁっ……。桃華っ、桃華……ッ!」

桃華「あぁん……っ♡ わたくしの腋なんて舐めて……♡ くすぐったいですわ……っ♡」



117 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 21:43:20.53+3g1Y4B60 (4/12)


P「んっ、ぁ……。桃華っ、桃華の腋っ、おいしい……っ」

   ちゅぱ……っ

桃華「んんっ♡ あ♡ もっと……っ。わたくしを味わってくださいまし……♡ もっと……♡」

P「はぁぁぁあ……っ。桃華っ、桃華っ、桃華ぁっ……ッ」

     ぱちゅんっ♡  ぱちゅんっ♡

桃華「あっは……♡ Pちゃまったら、まるで赤ちゃんですわ……♡」

P「んま……っ、んーま……っ」

桃華「うふっ♡ いいですわっ……。ママのおっぱい、たくさん吸って元気になってくださいまし……♡」

P「んん……っ、ま、ママっ……。桃華ママ……っ!」

   ちゅーーーっ!  ちゅるる……っ

桃華「んぉ……♡ そんなに乳首を吸ったら、取れちゃいますわよ……っ♡ あぁあっ♡ Pちゃまぁっ♡」

    ぱんっ♡    ぱんっ♡
        ぬっぽ♡    ぬっぽ♡



118 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 21:50:36.81+3g1Y4B60 (5/12)


桃華「よしよしっ♡ いーこいーこ……♡ ママのおまんこでたっくさん……♡ びゅーびゅー♡ ですわよ♡」

P「ぁっ、はぁぁあ……っ! 桃華っ、ままっ、桃華ママっ……!」

桃華「ぉおぅんぉお゛♡ Pちゃまのみるく、桃華にくださいませ……ぇッ♡」

     ドッチュ♡   ドッチュ♡
         ズッブ♡    ズッブ♡

桃華「を゛ォお゛♡ イぐゅ♡ イ゛ぎますわ゛っ♡ イぎゅっ♡ ぎぼぢぃっ♡ ん゛ぁぁあァあは……ッッ!♡」

     ボビュルルルルルッッ!!!♡

桃華「──〰〰──ッッ……──っっ♡♡」

       ビュルルルルーーッ♡

桃華「ァ゛……ッ♡ かはッ♡ っあ゛ぁ〰〰……っ♡」

     ~∞ ◯

桃華「P……ちゃ、ま……っ……♡」

       ~◎ プチュッ♡




P「はーーッ……! はぁーーッ……!」

桃華「ぁ……♡ Pちゃまっ……♡ Pちゃまぁ……っ♡」



119 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 21:54:06.29+3g1Y4B60 (6/12)



  ・ ・ ・ 。




    ちゅぱっ♡   ちゅっ♡
        ぴちゃっ♡   ちゅぷっ♡

P「あぁっ……はぁぁあ……っっ……」

ありす「ほらぁ……。なっさけない声でもっと喘いでください。チュッ……♡」

みりあ「えへへ……♡ いーこいーこ♡ おちんぽ気持ちいいねー♡ もっともっとビュッビュ♡しよーねー……♡」

莉嘉「ほーら♡ 乳首気持ちいいっしょー☆ お気に入りのネイルで乳首カリカリしちゃうねー……♡」

千枝「はぁぁ……っ♡ んっ、ちゅぅう……♡ おちんぽ……大きくって臭っさいです……♡」

薫「むっ♡ ん゛ーっ……♡ 金玉もスッゴい匂いだよー……っ♡ んもっ♡ はむはむ……♡」

桃華「んっぼっ♡ んっ♡ ぢゅるるるっ……♡ んぽっ……♡」



桃華「うふふ……♡ Pちゃまのおちんぽは……もうわたくしたちのオモチャですわ……♡」

ありす「逃げられると思わないでくださいね、Pさん……♡」

みりあ「みんなで子作り、がんばろーね……♡」



P「あ、ぁあ……っ、あぁぁ…………っ……」



120 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 22:02:09.20+3g1Y4B60 (7/12)


   ・ ・ ・ 。



【後日 事務所】



ちひろ「合宿ですか?」

P「はい……」

ちひろ「……子供たちだけを対象にしているのは、なにか理由があるんですか?」

P「まあ、今度子供たちを揃えたユニットを作ろうと思ってまして……。みんなも乗り気みたいなので、一度全員を揃えて楽曲やダンスの方向性を確かめようかなと……」

ちひろ「それは結構なことですけど……大丈夫なんですか?」

P「ええ、まあ……。あいつらも本格的なアイドル活動を視野にいれていかないと」

ちひろ「そうではなく」

P「え?」

ちひろ「あの……、ほら……」

   チラッ



凛「…………」

美嘉「はぁ…………」

美優「…………」

まゆ「………………」



121 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 22:06:19.72+3g1Y4B60 (8/12)


P「あぁ……。もちろん他のアイドルたちも、平行してプロデュースはしていきますから……」

ちひろ(そういう意味じゃないんだけどなぁ……)





美嘉「……最近さ、おかしくない?」

凛「なにが?」

美嘉「Pのことだよ。なんか……子供たちを甘やかしすぎじゃない?」

美優「まぁ……。お優しいPさんのことですから……。私たちよりも、子供たちの面倒を見てあげた方が……」

美嘉「でもでもっ、なんかおかしくない? 特に桃華ちゃんとかありすちゃん。最近Pにベッタリだし……。り、莉嘉だって……」

凛「……そういえば、子供たち専用の寮も出来たんだっけ?」

まゆ「先導していたのは桃華ちゃんですねぇ……。櫻井家が保有している別宅に住んでいるとか……」

美嘉「なんで莉嘉まであっちに行っちゃうかな……。しかも、定期的にPが様子見に行ってるらしいじゃん」

美優「…………」



122 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 22:13:07.32+3g1Y4B60 (9/12)


凛「…………」

まゆ「……凛ちゃんは、もう気づいてますかぁ?」

凛「……なにが?」

まゆ「うふふ……。その様子だと気づいてそうですねぇ……」

美優「ま、まゆちゃん……。その、Pさんのこと、今は信じておきましょう。ね……?」

美嘉「なに? なんかあったの?」

まゆ「…………変な虫が付いちゃいましたねぇ。……大量に」

凛「…………絶対、取り返すから」

美優「ふ、二人とも……」

美嘉「な、なによ? どーゆーこと……?」



   ・ ・ ・ 。




123 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 22:20:40.65+3g1Y4B60 (10/12)



【数日後 櫻井家の別荘】


    ギチッ……
            ギチッ……

P「フゥーーーッ……!  フゥーーーッ……!」



桃華「あぁ……Pちゃま……♡ とっても可愛らしいですわ……♡」

ありす「縛られてるくせにこんなに大きくして……。相変わらずドMの変態なんですね……♡」

みりあ「今日から合宿だからねー♪ 朝から晩まで、プロデューサーのこと虐めちゃうからね……♡」

千枝「千枝、この日のためにたくさん勉強してきたんですよ……。ロウソクとか、こんなに買っちゃいました……♡」

莉嘉「莉嘉もねー、Pくんのために同じ靴下ずっと履いてたんだよー……♡ ちょークッサいから、覚悟してね……♡」

薫「まだみんな来ないかなー……? そろそろ来ると思うんだけど……」


    コンコン……


薫「あっ! 来たかな!?」

ありす「そのようですね」

桃華「わたくしの家の者がお出迎えしておりましたから、多分そうでしょう……。行ってきますわね」




124 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 22:27:37.06+3g1Y4B60 (11/12)



    ガチャ

桃華「……うふふ♪ いらっしゃいませ、Pちゃまの "特別合宿" へ♪」




仁奈「桃華ー! お泊まりに来たでごぜーますー!♪」

舞「桃華ちゃんこんにちはっ。今日からお願いします♪」

雪美「P……ここに、いるの……?」

桃華「ええ。もう他のみなさんはお揃いですわ♪ Pちゃまも準備万端ですわよ……♡」

仁奈「Pー! 仁奈が来たですよー!」

舞「お邪魔しまーす……」

雪美「P……どこ……?」


     たたた……っ


桃華「……さぁPちゃま。わたくしたちのレッスン、しっかりとお願い致しますわね……♡」





「───うわぁーー!? Pが裸んぼで縛られてるですよーーッ!?」

「わ、わ……っ!? Pさん……っ♡」

「…………P……うれしそう……?」





125 ◆YzsQKkaIIQ2020/11/18(水) 22:28:43.68+3g1Y4B60 (12/12)



おわり。




お疲れさまでした。

まだ続くかもしれないし、終わりかも
グダグダになるのもアレなので一旦締めということで

ちなみにですが、続きを書くとしても凛やまゆの逆転はありません
子供たちにPを占有される立場になります
櫻井財閥つよい

凛、まゆ → Pと子供たちの関係に気づいてる。でも通報するとPが捕まるのでなんとか奪いたい

美優 → 薄々気づいている。でも関係を壊したくないし自分にも優しくされているので諦めている

美嘉 → 気づいてない。仲良すぎじゃない?程度にしか思ってない。莉嘉に嫉妬している

くらいに思っておいてください
ではまたそのうち



126以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/11/18(水) 22:31:36.04yUru1+Nh0 (1/1)

乙カレー
感動した


127以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/11/18(水) 22:36:32.61yPjn0OaIO (1/2)

おつー


128以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/11/18(水) 22:36:59.37yPjn0OaIO (2/2)

あげちゃったごめん


129以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/11/19(木) 01:23:53.09Yyfb9Cd4o (1/1)

おつ


130以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/11/19(木) 13:44:11.871na2QfTY0 (1/1)

おつ
最高だったよ