1 ◆nBNxbiMXrY2020/10/07(水) 13:54:37.91SXw2ocEM0 (1/1)

魔物蔓延る剣と魔法の世界
そこには魔物によって引き起こされる様々な問題と
それらの解決を生業とする冒険者なるものがあった

これは、そんな問題をどこからか集めてきて
募った冒険者に丸投げするギルドの話

安価とコンマで依頼や人物を決め、ひいては世界や物語を紡いでいく
と言うと大げさですが、大体そんな感じのスレです

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1602046477



2 ◆nBNxbiMXrY2020/10/13(火) 11:07:29.32cY9nqFas0 (1/7)

かなり遅れましたが、やっていきます
まずは、どんな感じで進んでいくのか
この世界を覗いて見てみましょう



魔法剣士「大丈夫か、少年」

 それは、星の見えない暗い夜のこと
 私は旅の最中、森の中に塔を見つけ興味本位で立ち入った

少年「うぅ…うん…」グスッ

 内部は広く、複数の部屋に区切られていたようだが
 所々天井や壁が崩れていて、その瓦礫で足場も悪い
 老朽化が進んでいるのだろう、いつ床が抜けてもおかしくない


-冒険者-

魔法剣士 能力:50

真面目な性格で、日々の鍛錬で剣術も魔法も習得した努力家
剣に炎や氷を纏ったり、土魔法で錬金、鍛冶をして剣の自給自足もできる万能っぷりだが
かつては器用貧乏で人から必要とされず、今は何でもできるゆえ人を必要とせず、必然と一匹狼になっていった

少年 能力:2

何の変哲もない少年
強いて言えば内気そう


>>3コンマ一桁
0-5 無事、階を下りる
6 壁が崩れる
7 床が崩れる
8 天井が崩れる
9 何かが姿を現す


3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/13(火) 11:14:58.58ZTmBfkAFO (1/1)

コンマ


4 ◆nBNxbiMXrY2020/10/13(火) 13:37:44.15cY9nqFas0 (2/7)

ゴゴゴゴ ガコンッ

魔法剣士「!」
少年「う、うわぁっ…!」

突如、天井が音を立てて崩れ
瓦礫が2人に落下する

魔法剣士「……っ」


魔法剣士の行動>>5

防御 土魔法でドームを生成する、魔翌力を消費する
回避 確実に避けれるだろうが、少年に負担をかける事になる
反撃 火炎剣で瓦礫を粉砕、それなりに疲れるし魔翌力も消費、強すぎると(コンマ9)少年に負担、弱すぎると(コンマ0)粉砕しきれない
その他 自由安価


5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/13(火) 14:22:14.09yjfRPNzg0 (1/1)

防御 


6 ◆nBNxbiMXrY2020/10/13(火) 16:41:11.26cY9nqFas0 (3/7)

魔法剣士「はっ!」

魔法剣士は手を振りかざし、魔力を込める
すると鉄のドームが生成され、2人を覆う

ドゴゴゴゴオオォォン

少年「ううぅっ…」
魔法剣士「耳を塞ぐんだ」

ドームに瓦礫が降り注ぎ、鉄にぶつかる度に轟音が鳴り響き、その威力を物語る

ガラガラガラァァァ

やがて天井の崩落は収まり、ぶつかった瓦礫は砕け散って床に転がる

魔法剣士「もう大丈夫だ」

少年「すごい…魔法…」
魔法剣士「ああ、突貫でも中々頑丈なものが作れるようになったな」

少年の無事を確認すると、魔法剣士はドームから出る
ドームの表面は、べこべこにへこんでいた

魔法剣士「さあ、いくぞ」

 塔を上っていくと、天井が吹き抜け空が見える実質最上階まで辿りついた
 部屋の景色は変わらず、広い空間に元は壁だったであろう瓦礫の山があるのみ
 何気なく裏に回り込んでみたところ、弱った少年を見つけた

少年「うん…!」

2人は下の階へ進んだ


魔法剣士 能力:50 魔力-1
少年 能力:2

>>7コンマ一桁
0-5 無事、階を下りる
6 壁が崩れる
7 床が崩れる
8 天井が崩れる
9 何かが姿を現す


7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/13(火) 16:46:51.84B3jhk7sDO (1/2)

はい


8 ◆nBNxbiMXrY2020/10/13(火) 17:21:04.15cY9nqFas0 (4/7)

魔法剣士「まだ歩けるか?脚がふらついているぞ」
少年「こわくて…お、おちっ…ちゃうよ…」

塔には所々に穴や床が盛り上がっている箇所があり

魔法剣士「(いっそ、穴から飛び降りれればもっと早く下りれるのに)」

などと考えながら、魔法剣士は少年に気を配って下の階を目指す

魔法剣士「足元に気をつけて、私にしっかり掴まっているんだぞ」
少年「……」

>>9コンマ
0-4 少年「…うん」
奇数5-9 少年「だっこして…」
偶数5-9 少年「おんぶして…」
ゾロ目 少年「またあした…」

内気 コンマ-1


9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/13(火) 17:21:43.720TGPKexC0 (1/2)




10 ◆nBNxbiMXrY2020/10/13(火) 17:35:40.20cY9nqFas0 (5/7)

少年「…うん」
魔法剣士「……」

 なんとか話を聞くと
 肝試しに塔へ入ったら幽霊に襲われ、何日も帰れてないらしい
 ここへ上ってくるまでに幽霊などと遭遇はしなかったが…?

魔法剣士「……」
魔法剣士「(早いところ安全な場所へ)」

2人は下の階へ進んだ


魔法剣士 能力:50 魔力-1
少年 能力:2 衰弱 わだかまり

>>11コンマ一桁
0-5 無事、階を下りる
6 壁が崩れる
7 床が崩れる
8 天井が崩れる
9 何かが姿を現す


11以下、VIPにかわりましてVIP警察がお送りします2020/10/13(火) 17:51:34.57OjEjPNw+0 (1/1)

VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな
VIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すなVIPRPG完全終了さっさと畳んでもう二度とVIPに姿を現すな


12 ◆nBNxbiMXrY2020/10/13(火) 17:56:10.58cY9nqFas0 (6/7)

書き忘れ

>>13コンマ一桁
0-5 無事、階を下りる
6 壁が崩れる
7 床が崩れる
8 天井が崩れる
9 何かが姿を現す
ゾロ目 塔が崩れる


13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/13(火) 17:57:52.590TGPKexC0 (2/2)




14 ◆nBNxbiMXrY2020/10/13(火) 19:23:50.77cY9nqFas0 (7/7)

すみません
こんな項目を作っておきながら【何か】が何か思いつきませんでした

本当はチュートリアルっぽい感じで
キャラの特性が探索にどう影響するのかとか、敵の特性とどう噛みあうのかを見せてから
安価をする予定だったんです

その予定を変えて、今【何か】を募集します
名前、詳細をお願いします

詳細に書かれたものが状況によってコンマに影響を与えたりします
>>8みたいにほんの些細なことでも

詳細の制限は特にないです、85行ビッシリでも一単語でもいいです
締め切りは採用され次第で、それまで何個でもいいです

すみません、お願いします


15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/13(火) 19:33:58.99B3jhk7sDO (2/2)

何か古い袋を引きずってる大きい鼠が姿を現す
二人に気づいた鼠は袋を残して逃げる


16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/13(火) 19:38:14.99aq8h/EKh0 (1/1)

卵発見
魔物と思われる卵を見つける


17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/13(火) 20:11:42.81woTrG3/90 (1/1)

女神だと名乗る女性が現れる


18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/13(火) 20:28:36.74XVskAjt70 (1/1)

グレネードランチャー(ダネルMGL)


19以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/15(木) 08:26:25.486zBFLtLI0 (1/2)

双子?
男の子にそっくりな子供が現れる
本当に双子なのか別の存在なのかはコンマ次第


20 ◆nBNxbiMXrY2020/10/15(木) 22:23:08.50Er47rKh80 (1/1)

すみません、急用ができて中々書けませんでした
放置しちゃってる間にたくさん書いていただいたので、他の4つも別のシーンで出させてもらいます
始めるのも遅くてグダグダどころかほぼ停止状態ですが、やっていきます



ズリズリズリズリ

魔法剣士「…?」

階を下りると、壁が吹き抜けた広い部屋に何かを引きずるような音が響く

少年「ゆ…ゆうれい…」
魔法剣士「ジッとしているんだ」

魔法剣士は少年を片腕で抱き後ろに回すと、剣を構えて音が鳴る方を警戒する
すると…

大鼠「!!」

魔法剣士「!」
少年「ひっ…」

瓦礫の陰から、少年に届きそうな程の大きな鼠が姿を現した

大鼠「チュチュチュチュ!!」

大鼠は二人の存在に気づくや否や、巨体でも変わらない素早さで逃げていった

少年「は、はぁ…はぁ…」
魔法剣士「…ん?」

大鼠が逃げていった跡に、古い袋が落ちている
中を見ると、砂のような物がぎっしりと詰まっている

魔法剣士「…」


どうする>>22


21以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/15(木) 22:28:00.206zBFLtLI0 (2/2)

近づいて観察してみる


22以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/15(木) 22:59:57.16J44RjTnJ0 (1/1)

少しだけ舐めてみる


23 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 00:47:14.302h6/7cvy0 (1/12)

魔法剣士「ペロ…」
少年「ぇ」

魔法剣士はすなのようなものをなめた!

魔法剣士「こ、これは…」

魔法剣士「あの日味わった土の味…」

要するに、本当にただの土性の物らしい

魔法剣士「ふー」
少年「」

少年はドン引きしている

魔法剣士「さて…」


魔法剣士の行動>>24
さっさと下りる 袋は放置
袋を持っていく ただの砂なら大丈夫…?
まだ何かする >>24をする(コンマで>>12が起こる)


24以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 04:03:38.97Q66f660DO (1/5)

袋を持っていく


25 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 13:03:24.562h6/7cvy0 (2/12)

魔法剣士「行くぞ、そろそろ出口につくはずだ」

そう言うと、魔法剣士は袋を抱えて歩みを進める

少年「…もっていくの…?」
魔法剣士「ああ、何かあるかもしれないからな」

2人は下の階へ進んだ


魔法剣士 能力:50 魔力-1
少年 能力:2 衰弱 わだかまり

>>26コンマ一桁
0-5 無事、階を下りる
6 壁が崩れる
7 床が崩れる
8 天井が崩れる
9 何かが姿を現す
ゾロ目 塔が崩れる


26以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 13:23:15.52Q66f660DO (2/5)

はい


27 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 13:39:19.862h6/7cvy0 (3/12)

魔法剣士「ん」

階を下りると、床に開いた穴から下の階が見える

少年「…!あ…!」

奥の方に土の地面、外の景色が見えた

魔法剣士「よし、もう少しの辛抱だ」
少年「うん!」

2人は下の階へ進んだ


魔法剣士 能力:50 魔力-1 砂袋
少年 能力:2 衰弱 わだかまり

>>28コンマ一桁
0-5 無事、塔を出る
6 壁が崩れる
7 床が崩れる
8 天井が崩れる
9 何かが姿を現す
ゾロ目 塔が崩れる


28以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 13:58:52.41r0+FrBKa0 (1/3)




29 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 14:35:33.232h6/7cvy0 (4/12)

見回すと、辺り一面が木で覆われ
見上げると、夜空は雲っている

魔法剣士「ここまで来れば、あとは問題ない」

階を下りた後は何事もなく
二人はついに塔を出た

少年「あの…」
魔法剣士「ん?」
少年「ぁ…」

少年「ありがとう…」

魔法剣士「ああ…だが、まだ家まで送らないとな、どっちから来たか覚えているか?」

少年「え…っと…まちからまっすぐきて、そのままはいれたから…このままいけば、たぶん…」
少年「…その…」

魔法剣士「よし、じゃあ一気に駆け抜けるぞ」グイッ
少年「あ…」

ダッ

魔法剣士は少年を抱きかかえると、森の中を駆け抜ける
塔はどんどん遠ざかっていき、木に隠れていく

少年「う…うぅ……」


>>30コンマ
0-4 少年「うぅぅ……」
奇数5-9 少年「あのっ…!に…」
偶数5-9 少年「あのっ…!お…」
ゾロ目 少年「うしろっっ!!」

??? コンマx2
内気 コンマ-1


30以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 14:42:05.42Q66f660DO (3/5)

はい


31 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 15:05:22.182h6/7cvy0 (5/12)

少年「うぅぅ……」

少年は声を殺して泣く
まるで、何かを悔やむように

魔法剣士「…」

それを魔法剣士は、安堵によるものだと思ったようだ
冒険者として、身体的なことには気を遣えど
心理的なものは気づけない、一匹狼の性だ

そのうち、塔は完全に見えなくなり完全に森の中に入る
ちらほらと見える獣や魔物には目もくれず、追跡すら許さず駆け抜けていく



やがて



森を抜け、街が見えてきた



魔法剣士「あそこだな?……ん」
魔法剣士「…眠ったか…」

魔法剣士は、とりあえずあの街へ向かう



そして



無事、街へ到着した


32 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 15:08:08.842h6/7cvy0 (6/12)

街の名前(高コンマ)と詳細(ミックス)>>33-35


33以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 15:21:18.00r0+FrBKa0 (2/3)

名前 ガルド
住人は少ないがのどかな街


34以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 15:48:05.65EJY11YvD0 (1/2)

名前 スターク
いつもは平和な街だが、今日は何故か騒がしい


35以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 15:57:59.52Q66f660DO (4/5)

名前 ホルム

農地、森、川と自然に囲まれている


36 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 18:54:30.412h6/7cvy0 (7/12)

街は広く建物も多く、それなりに栄えていながらも
大きな農地があり森や川にも囲まれていて、まさに自然と共存しているといえる

魔法剣士「農民の街か、もう夜更けだが人は起きているだろうか」

魔法剣士は街へ入ろうと、川にかかった橋を渡っていく

魔法剣士「ん?」

その途中、魔法剣士は川に点々と光があるのを見る
よく見ると、ランプを持った人が川のそこかしこにいた

住人A「そっちはどうだー?」
住人B「だめだぁー、こう暗いともう…」住人C「何言ってんだ!手遅れになってもいいのか!」
住人D「でももうずっと寝てませんよ、少し休みましょうよ」
住人C「そんな暇があるか!早くしないとおお?っとっとっと…」住人B「あぁあぁ、もうふらふらじゃないか」

魔法剣士「(何やら慌ただしいな)」

魔法剣士「おーい!少しいいかー?」

住人D「あれっ、旅のお方ですかー?」
住人B「おー、いらっしゃい!ここはガルドの街だよ!」
住人C「やってる場合かえ!」住人D「まあまあ…」
住人A「なんだどうしたー?」

声をかけると、住人達は魔法剣士に気づく

魔法剣士「どこか休める場所はないか?この子がかなり弱っているんだ」

住人A「子連れ旅か?」
住人D「それは大変…宿がすぐ先にあるので、僧侶さんも呼んで…」

少年が弱っていることを知らせると、住人達は心配して駆け寄る

住人E「お、おい…その子…」住人B「んー?」
魔法剣士「?」

すると、少年を見た住人達は顔色を変える

住人C「おお……おお…!ツインズ!ツインズじゃねえか!」

魔法剣士「!!知っているのか!」


37 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 19:25:35.772h6/7cvy0 (8/12)

魔法剣士「ここか?」
住人C「ああっ…待ってろっ、奥さん!奥さん!見つかった!見つかったぞ!」

魔法剣士は住人に連れられて街を進んでいき、少年の家に着いた

少年「…ん……んん…?」
魔法剣士「起きたか」

待っている間、ツインズは目を覚ます

ツインズ「あれ…ここって…」
魔法剣士「ああ、君の家だ」

少しすると、家からツインズの母が出てきた

双子母「ツインズ!ツインズ!」
ツインズ「あ……おかあ…さん…」

魔法剣士「あなたがこの子の母親ですか」
双子母「はい…!はい…!」

魔法剣士は確認すると、母にツインズを受け渡す

ツインズ「おかあさん!!」
双子母「ツインズ…!心配したんだからっ…!」
ツインズ「うぅ…ごめんなざぁい……」

双子母「どなたか存じませんが、本当にありがとうございます…!」
魔法剣士「ああ」

双子母の謝礼に、魔法剣士は不愛想に返事をする

住人D「こっちですこっち!」
僧侶「おお、本当に見つかったんですね」

そこに、ツインズを回復するために街の僧侶も連れてこられた

魔法剣士「……」

魔法剣士「あとはもう大丈夫だな」


魔法剣士は、自分の役目は終わったと悟り…



ギルマス「先を越された」

魔法剣士「?」


38 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 19:34:57.952h6/7cvy0 (9/12)

ふー……

はい
やっとこさ主役の登場です

ギルマスの詳細を募集します
詳細の制限は特にないです、85行ビッシリでも一単語でもいいです

例(魔法剣士)
真面目な性格で、日々の鍛錬で剣術も魔法も習得した努力家
剣に炎や氷を纏ったり、土魔法で錬金、鍛冶をして剣の自給自足もできる万能っぷりだが
かつては器用貧乏で人から必要とされず、今は何でもできるゆえ人を必要とせず、必然と一匹狼になっていった

次の更新まで募集します、大体21時くらい?
どれにするかは>>1のその時のレスとコンマが一番近かったものにします


39以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 20:03:07.31r0+FrBKa0 (3/3)

元盗賊の小柄な男
戦闘能力は低いが、人でも物でも探すことが得意。あと逃げ足が速い
ある事情で盗賊団から足を洗いギルド経営をしている


40以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 20:06:40.79NhTC+ORE0 (1/1)

青髪おかっぱの小柄な少女
性格は冷静で物静か 表情は無表情
年齢と過去の経歴不詳
華奢な体格からは想像できない戦闘力と魔術を持つ


41以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 20:23:29.22YL0Drzy40 (1/1)

髭や髪に白いものが混じり始めた魔術師の男
社交的で物腰が柔らかい人物
若い頃に多くの仕事をこなしたため顔が広く、最近では魔法の仕事より交渉事のほうが多くなった



42以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 20:26:09.83Amqe7Tsr0 (1/1)

犬(ウェルシュ・コーギー)
人懐こい犬を装いターゲットに接近し、暗殺を得意とする殺しのプロフェッショナルだ


43以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 20:30:36.961lYiugFRO (1/2)

年齢不詳の女性
ギルマスの仕事より研究の方が好きらしく普段は奥に篭って怪しげな物を作っている


44以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 20:30:58.32Q66f660DO (5/5)

姿を現すごと性別、年齢、体格が千変自在に変わる謎の怪人物
人間以外の動物や魔物にも姿を変えられるが、特別な魔法によるものか、そもそも人間では無い存在であるのかは誰にも分からない


45以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 20:33:14.29GQ3UylRU0 (1/1)

温厚で心優しそうな中年男性
その見た目とは裏腹に淡泊でシニカルな性格(非道という訳ではない)
戦闘経験は乏しいが頭が良く機転が利く頭脳派


46 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 21:12:58.122h6/7cvy0 (10/12)

すっごい集まってる…
この中から一つだけはちょっと惜しいなぁ…


47 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 21:41:16.932h6/7cvy0 (11/12)

結果は>>41ですね
しかし、他の人(犬)達もとあるアイデアが浮かんだので出てきます

そんでもって、ギルマスの【若い頃に多くの仕事をこなしたため顔が広く】
この特性によって、時期に一致するようなキャラと出会った時に知り合い判定を行います
ただ魔法剣士は年齢決めてないので、それを決めた後判定をします

魔法剣士の年齢>>48コンマ(二桁)一桁

(奇数)4以下 ギリギリ未成年
(奇数)5以上 20代
(偶数)4以下 30代
(偶数)5以上 40代

(偶数)の場合>>49コンマ

奇数 知りあい
偶数 知らない


48以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 21:42:32.221lYiugFRO (2/2)

ほい


49以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/16(金) 21:47:49.29EJY11YvD0 (2/2)

はい


50 ◆nBNxbiMXrY2020/10/16(金) 23:49:07.792h6/7cvy0 (12/12)

書くのが遅くなってしまったので今日はここまでです
もっと早く書けるようにしたい



ギルマス「少し、いいですか?」

魔法剣士が去ろうとしたその時
中年の男が呼び止める

魔法剣士「?はい」

魔法剣士は足を止め、振り向く

ギルマス「私は、ギルマスと言います」
魔法剣士「…………ギルマス……」

魔法剣士「…さん……?」

ギルマス「……?」

名前を聞いた魔法剣士は、固まる

魔法剣士「……」
魔法剣士「…本当にギルマスさんなんですね……!」

しばらくして、そう確信すると
今度は魔法剣士の頬がゆるんでいく

ギルマス「はい、ご存じでしたか」
魔法剣士「知っていますよ…私はあなたに魔法を教えてもらったんですから…!」
ギルマス「教え……」

ギルマス「…もしや、剣術と魔法の両方を鍛えていた…?」
魔法剣士「はい!」
ギルマス「これはなんと奇遇な、いやあ懐かしいですね」

ここにも、二人の者が再開を果たした

住人A「なんだ?あんたら知り合いだったのか?」
住人B「だめだめ、割って入っちゃあ」住人C「そうそう!親子水入らず師弟水入らず!俺達はお邪魔虫よう!」

ギルマス「ははは、大丈夫ですよ」

住人D「まあ、もう夜更けですしみんな帰って寝ましょう。あなた達も、是非泊まっていってください」

ギルマス「それではお言葉に甘えて……あなたもどうですか?色々とお話したいことがあるんです」
魔法剣士「わかりました」

双子母「あ、あの…」
魔法剣士「ん?」


双子母「ジェミニは……もう一人の子は……」
ツインズ「……」


51以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 12:14:08.265UuLy3AA0 (1/1)

あんこって安価じゃないって意味だから(セルフ判定したり)、スレタイ誤解されそう


52 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 12:23:40.22o6wCW4xI0 (1/15)

そもそも>>1が誤解してた……【あん】か+【コ】ンマであんこかなー?と…
すみませんが、このスレタイでよろしくお願いします…それではやっていきます



魔法剣士「もう一人の子?」

住人C「そういやそうだ!あんた!ジェミニは!?」
住人D「えっと、この子にそっくりな双子の弟です!」

魔法剣士「いや、私が見つけたのはこの子だけだったが…」
ツインズ「…う……ぅぅ……」

双子母「そ、そんな…」

もう一人の安否が不明なことに、住人たちは再び慌ただしさを見せる

住人B「まっまあ、1人見つかったなら、その子を見つけた近くを捜せばすぐ見つかるって!」
住人C「そ、そうだそうだ!あんた!ツインズはどこで見つけたんだ!?」

魔法剣士「向こうの森の中にある塔だ」

魔法剣士は来た方を指さす

双子母「……!!」
僧侶「ま、まさか……鎮霊の塔に上ったんですか!!?」

それを聞くと、住人たちはどよめきだす
先ほどの和やかなムードと一転し、辺りの空気が張り詰める

 曰く、あの塔は魔物に殺された死者を弔うべく建てられた寺院で
 昔は街の中に…というよりあの塔の辺りまで街は広がっていたのだという

 しかし、日に日に埋葬される者が増えていくと、怨念が強くなっていき
 やがて霊を鎮めきれず、街に被害が出るようになったため
 たった一人の僧侶だけが残り、住人は付近の建造物を取り壊してから退去したらしい

双子母「どうしてあそこに行ったの!!」
ツインズ「ごめんなさい…!ぼくが…ぼくのせいで…」
住人C「まあまあ…!い、今は弱ってますから、休ませてやりましょうよ…!」

ギルマス「どうやら緊急を要するみたいですね」


ギルマス 能力:>>52コンマ

髭や髪に白いものが混じり始めた魔術師の男
社交的で物腰が柔らかい人物
若い頃に多くの仕事をこなしたため顔が広く、最近では魔法の仕事より交渉事のほうが多くなった

能力とは、大体の強さのレベルです


53 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 12:24:47.85o6wCW4xI0 (2/15)

ミス

ギルマス 能力:>>54コンマ


54以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 12:58:40.38z8IFu3KDO (1/3)

はい


55 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 13:35:58.61o6wCW4xI0 (3/15)

魔法剣士「もう一度行って、連れて帰ってくる」

双子母「!本当ですか…!」

僧侶「そんな!危険だ!」
住人A「でも、こうして無事塔から出てこれたんだろ?」
住人C「そうだ!ジェミニこそこのままじゃ危険だろ!」
僧侶「む…ううむ…」

ギルマス「もし、私もお共していいですか?」
魔法剣士「!もちろんです」

双子母「お願いします…!ジェミニをどうか…!」

ツインズ「まほうつかいさん……ごめんなさい…だまってて…」
魔法剣士「大丈夫だ」

ツインズ「ジェミニをたすけてください…」

魔法剣士「ああ」

ギルマス「では、急ぎましょう」

二人は、森へ入っていった


-依頼-

ジェミニを助けて 難易度:50

とある双子の兄弟が行方不明になった
たまたま見つけた兄から話を聞くと
肝試しで鎮霊の塔に上ったところ、幽霊に襲われ帰れなくなったらしい
塔には、魔物に殺された多数の死者の強い怨念がこもっている

-冒険者-

魔法剣士 能力:50 魔力-1 砂袋

真面目な性格で、日々の鍛錬で剣術も魔法も習得した努力家
剣に炎や氷を纏ったり、土魔法で錬金、鍛冶をして剣の自給自足もできる万能っぷりだが
かつては器用貧乏で人から必要とされず、今は何でもできるゆえ人を必要とせず、必然と一匹狼になっていった

ギルマス 能力:38

髭や髪に白いものが混じり始めた魔術師の男
社交的で物腰が柔らかい人物
若い頃に多くの仕事をこなしたため顔が広く、最近では魔法の仕事より交渉事のほうが多くなった


>>56
道中で、なにか会話があれば
無しならとっとと塔につきます


56以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 13:53:12.402JuKGB+i0 (1/4)

魔法剣士に
ここに来る前はどこで何をしていたのか


57 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 14:20:17.37o6wCW4xI0 (4/15)

ギルマス「しかし、本当に懐かしいですね」

ギルマス「あの時、依頼で訪れた村の子供とまさか共に依頼をこなすことができるとは」
魔法剣士「私も、あなたとご一緒できて嬉しいです」

ギルマス「ここに来る前はどこで何をしていたのですか?」
魔法剣士「ずっと旅をしながら、行きついた場所で剣術と魔法の鍛錬をしていました」
ギルマス「旅をしながら……そうですか、あの後もずっと努力を続けていたんですね」

魔法剣士「はい!」

二人は、森を駆けながら若かりし頃の思い出にふける

魔法剣士「(そうだ…ギルマスさんに魔法を教えてもらって、今までもずっと鍛えてきたんだ…)」
魔法剣士「!見えてきました」

ギルマス「あれが…」
魔法剣士「はい」

前方には、塔が静かに佇んでいる

ギルマス「はぁ……何やら強い魔力を感じます」

魔法剣士「(…しかし、やはり腑に落ちないな)」
魔法剣士「(上っても下りても、幽霊などとは一度も遭遇しなかった)」
魔法剣士「(しいて言えばあの大鼠…この砂袋は…)」

一匹狼な魔法剣士は1人で考え込んでいる様子

ギルマス「考え込んでいるようですが、なにか気になることが?」

社交的なギルマスが、その様子に気づき話を聞こうとする

魔法剣士「……」


>>58コンマ
0-4 魔法剣士「いいえ、行きましょう」
5-9 魔法剣士「はい、実は…」

師匠 コンマx2
一匹狼 コンマ-1


58以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 14:26:54.92R3eqwHSV0 (1/1)




59 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 15:03:55.58o6wCW4xI0 (5/15)

魔法剣士「いいえ、行きましょう」

ギルマス「……ええ」

二人は塔に入る

ギルマス「中はそれなりに広いですね」
魔法剣士「ええ」

ギルマス「まずは…」

ギルマスは魔法で光球を作り出す
その光球を天井まで浮かばせると、部屋は明るく照らされる

魔法剣士「おお」

ギルマス「探索に便利な魔法ですから、身に着けると旅に役立つと思いますよ」
魔法剣士「はい」

ギルマス「では捜していきましょう」


鎮霊の塔 1F

魔法剣士 能力:50 魔力-1 砂袋
ギルマス 能力:38

魔法剣士>>60コンマ一桁
9 ???を発見
魔法使い コンマ+1

ギルマス>>61コンマ一桁
9 ???を発見
魔法使い コンマ+1
経験 コンマ+1

>>60コンマ二桁
2 壁が崩れる
4 床が崩れる
6 天井が崩れる
8 何かが姿を現す
ゾロ目 塔が崩れる


60以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 15:08:27.44VCkO5wlUO (1/2)




61以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 15:09:55.992JuKGB+i0 (2/4)




62 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 16:13:02.83o6wCW4xI0 (6/15)

はい
探索終了です



ギルマス「ん?」

魔法剣士「見つけましたか?」
ギルマス「いや…子供ではないのですが」

ギルマスが何かを発見し
魔法剣士が駆け寄ろうとした
その瞬間


ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛


魔法剣士「!」ギルマス「!」

謎の重低音が塔に響く

魔法剣士「なんだ…この音は?」

ガタガタガタガタ

ギルマス「!!いけない!」

重低音による振動に、ボロボロの塔は耐えれず
石積みの隙間が激しく音を立て

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

天井、壁、床の穴あきから崩れ始める

ギルマス「っ!子供がっ…!」バッ
魔法剣士「あっ!」

ギルマスは飛行魔法で崩れる塔を飛び回り子供を捜す

魔法剣士「……っ」


魔法剣士の行動>>63 >>64コンマ0以内でギルマス全避け

防御 土魔法でドームを生成、魔力を消費する
回避 塔を出て離れる、地面が振動していて転んで(コンマ4以下)直撃の可能性
反撃 火炎剣で瓦礫を粉砕、体力と魔力を消費(コンマ分>>64範囲が広がるが>>64二桁が偶数だとギルマス巻き添え)
その他 自由安価


63以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 16:19:24.62z8IFu3KDO (2/3)

反撃


64以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 16:19:38.672JuKGB+i0 (3/4)

防御


65 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 17:35:59.80o6wCW4xI0 (7/15)

魔法剣士「はぁぁぁぁああああ!」

魔法剣士は剣に炎をまとうと、高く跳躍し薙ぎ払う
直撃した瓦礫は木っ端みじんになり、さらに爆炎で辺りの瓦礫も粉砕されていく

ギルマス「あれが…魔法と剣術の融合……」

ヒュンッ ゴトゴトゴト

ギルマス「!…見ている暇はないか…!」ビュンッ

ギルマスは塔を飛び回り

魔法剣士「ぜああああっっ!!」

魔法剣士は次々と剣を振るう

ギルマス「…いないっ…!どこにっ…!」ゴッ ガッ

ボオッ

ギルマス「ぐわっ!」

瓦礫に降られながら、子供を捜していたその時
ギルマスは辺りを包む爆炎に吹き飛ばされる

魔法剣士「!しまった…!」
ギルマス「ぐ…大丈夫です!!まだ降ってきますよ!!」
魔法剣士「っ……」

魔法剣士は、一心不乱に二人に襲い掛かる瓦礫を破壊していく



やがて、塔は完全に崩落した


66 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 18:04:42.53o6wCW4xI0 (8/15)

ギルマス「……」

ギルマスは塔の跡地を空から眺める
瓦礫が散らばった床には、子供の姿は見えない

魔法剣士「……」
魔法剣士「(この崩落では……子供はもう……)」

魔法剣士は剣を収めると、跡地の真ん中で考える


ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛


瓦礫の音にかき消されていたが、重低音はいまだに鳴り響いている

魔法剣士「…一体何なんだ……」

重低音は鳴りやむどころか、次第に強くなってゆく
すると

グゴゴゴゴオオオオ 

魔法剣士「っ!」
ギルマス「!」

魔法剣士が立っていた床全体が丸ごと落ちていく
ギルマスは、急降下し追いかける

ドゴオオオォォォン

ガラガラガラ

床は底に落ちると、砕け散った

ギルマス「大丈夫ですか?」

ギルマスは底に降り立ち、魔法剣士を無事を確認する

魔法剣士「はい…しかし…」

魔法剣士は辺りを見回す
床が抜け落ちたところには、大穴が深く開いていた
穴の縁は、塔と同じ石壁になっている

魔法剣士「これは…」
ギルマス「どうやら地下があったみたいですね」


67 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 18:41:09.79o6wCW4xI0 (9/15)

ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン
 ト゛ッ゛  ト゛ッ゛  ト゛ッ゛  ト゛ッ゛  ト゛ッ゛  ト゛ッ゛


魔法剣士「っっ…!!」
ギルマス「この…音は…」

塔の地下では、重低音はとても大きくなり
加えて、それに重なって謎の爆音も聞こえてくる

魔法剣士「一体どこから……」
ギルマス「ん?」

大鼠「チュチュッ!!」

あまりの騒音に耳を塞ぐ二人の前に
大きな鼠が現れた

魔法剣士「…!お前は…」
ギルマス「知っているんですか?」
魔法剣士「はい…あっ」

離している間に
大鼠はすぐさま離れていく

魔法剣士「また逃げ………ん?」

そう思ったとたん、大鼠はこちらを振り返ると足を止め

大鼠「チュ!!!」

大鼠は大きく鳴く
そのまま停止し、逃げる気配はない

魔法剣士「……?」
ギルマス「もしや…呼んでいるのでは…?」
魔法剣士「呼んで…」


ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン
 ト゛ッ゛  ト゛ッ゛  ト゛ッ゛  ト゛ッ゛  ト゛ッ゛  ト゛ッ゛


その間にも、爆音と重低音は鳴り響く

魔法剣士「……」


魔法剣士の行動>>68
追いかける 何かあるのか?
追いかけない 怪しい…罠か?
その他 自由安価


68以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 18:49:07.36VCkO5wlUO (2/2)

追いかける


69 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 19:22:11.89o6wCW4xI0 (10/15)

魔法剣士は大鼠の元へ駆け寄る

やはり大鼠は逃げる気はなく、動かない

大鼠「チュチュチュチュ!」

大鼠は再び走り出す
しかし、今度はその場でぐるぐると回るだけだ

大鼠「チュ!!」

そして足を止め鳴く

魔法剣士「?」

人の心が分からない一匹狼な魔法剣士、動物の心などもってのほかだ

ギルマス「おや」

一方、ギルマスは大鼠の足元に文字があるのを見つけた

 安らかに眠れ

ギルマス「これはもしや棺では?」
魔法剣士「本当だ…」

二人は瓦礫に埋もれた棺を見つけた

魔法剣士「瓦礫が落ちたというのに傷一つない…」
ギルマス「かなり頑丈に作られているようですね」


ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン
 ト゛ッ゛    ト゛ッ゛    ト゛ッ゛    ト゛ッ゛    ト゛ッ゛    ト゛ッ゛


魔法剣士「っっっ何なんだ一体…」
大鼠「チュッ!」
魔法剣士「これが一体どうしたというんだ?」

ギルマス「…ふむ」

ギルマスは辺りを見ると、他にもたくさんの棺を見つける

ギルマス「この棺に何かあるのかもしれません」

魔法剣士「……」


魔法剣士の行動>>70
開ける ここまで来たら
開けない やっぱり怪しい…
その他 自由安価


70以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 19:29:01.032JuKGB+i0 (4/4)

開ける


71 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 20:25:16.06o6wCW4xI0 (11/15)

魔法剣士は棺の蓋を持ち上げる

魔法剣士「ん…なかなか重いな」
ギルマス「棺は特別に作ったのでしょう」

そして棺が開く

「う……うぅ…ん…?」

魔法剣士「!!」
ギルマス「君は!」

棺の中には、人が
ツインズと瓜二つの子供がいた

ジェミニ「…ぅ……あ…あ…!」

魔法剣士「大丈夫か、少年」

ジェミニ「は……あはは……だいじょうぶ…」

ジェミニは魔法剣士の姿と声をはっきりと捉えると、弱々しく笑いながら答える

ギルマス「本当に良かったよ…さあ、お家に帰ろう」


ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン ジャアァン
 ト゛ッ゛    ト゛ッ゛    ト゛ッ゛    ト゛ッ゛    ト゛ッ゛    ト゛ッ゛


騒音の中、魔法剣士はジェミニを抱きかかえる


ジェミニ 能力:3 衰弱

ツインズとは違い、強気な性格で
言いたいことはズバッと言うタイプ





「ウ゛ラ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」


魔法剣士「!」
ギルマス「!」
ジェミニ「……っっ」


72以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 20:41:57.44EsWnYYtu0 (1/1)

ロシア人かな?


73 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 20:47:28.86o6wCW4xI0 (12/15)

突如、大声が地に響く

魔法剣士「今度はなんだ…?」
大鼠「チュチュチュチュチュ!!!」

大鼠は慌てて駆け回りだす

ギルマス「!大きな魔力が近づいています!」
ジェミニ「ぅ……ぅうあっあいつがくる……!」

ボゴッ ガラアアァッッッ

次の瞬間、瓦礫を突き抜け何かが飛び出す


バギュウウウウウゥゥゥゥゥゥン


「ジェスドオオオオオオオオオオオオ!!!!!!」


ジャアアアァァァァン


その正体は白と黒のとげとげしい姿をした幽霊だった


大怨霊 能力:50

鎮霊の塔にこもった怨念が、静かに眠っていた他の霊まで感化して融合した姿
元々は塔にこもって魔物への怨みに暮れていたが、強気な性格になり
恨み言をドカッと爆音に乗せてぶつける恐るべきポルターガイストとなった


74 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 21:23:17.96o6wCW4xI0 (13/15)

大怨霊「塔がぶっ壊れた!復讐の始まりだああああああああああああ!!!」

魔法剣士「あれが…幽霊!」
ジェミニ「あいつが…おれをとじこめたんだ…!」

大怨霊「なんだあ?お前らはあ?その格好は冒険者だな!!!」
大怨霊「役立たず冒険者があああああっっっ!!!!まずはお前らに俺の力を思い知らせてやるぜええええええ!!!!」

大怨霊は手に持った弦を激しく弾きならす


ギュルルルルルルル ジャギイイイイイイイィィィィン


すると、発せられた音の波動に怨念がのって高速で魔法剣士達に襲い掛かる


魔法剣士「!!」
ジェミニ「う…!」

魔法剣士はとっさにジェミニを後ろに回し、前方に鉄壁を生成する


>>75コンマ
5以上 間に合う
4以下 間に合わない


75以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 21:24:15.49z8IFu3KDO (3/3)

はい


76 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 21:47:27.41o6wCW4xI0 (14/15)

ゴオオオオオン

音がぶつかると、鉄壁は鈍い音を響かせる

魔法剣士「無事か!」
ジェミニ「うん…!」

大怨霊「まだまだああ!!!」


ジャラジャラジャラジャラジャラ


大怨霊は、さらに大量の怨波を発する


ギルマス「マジックシールド!」

先ほどの攻撃に反応が遅れたギルマスだが
反ってその時準備したマジックシールドが
怨波より先に展開される

大怨霊「防いだ!?俺の歌を聞けええええええええええええ!!!!!」


ボエエエエボエエエエボエエエエボエエエエ


逆上した大怨霊はデスボイスを放つ


ギルマス「くっ…これは強力ですね……」

ギルマスはマジックシールドを維持するのに手一杯だ

ジェミニ「が、がんばれおじさん!」
ギルマス「ははは…」

魔法剣士「(この子を庇いながらあの霊と戦うのは厳しいかもしれない…どうすれば…)」


魔法剣士の行動>>77



77以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 21:50:37.38qW1AU7i10 (1/1)

この子を庇いながらあの霊と戦う


78以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/17(土) 22:29:10.97fAl3CQ8NO (1/1)

一旦離れて戦う


79 ◆nBNxbiMXrY2020/10/17(土) 23:08:33.38o6wCW4xI0 (15/15)

魔法剣士「(庇いながらでも戦うしかない!この時のために鍛錬してきたんだ!)」

魔法剣士「ギルマスさん!この子を頼みます!」
ギルマス「あっ!」

そう言うなり魔法剣士はマジックシールドから飛び出る

魔法剣士「(あの子への被害を防ぐには捨て身ででも奴を早く倒すしかない)」

大怨霊「!!!!俺の歌を聞きに来てくれて!!」


大怨霊「うらめしやああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」


ボエエエエボエエエエボエエエエボエエエエ


大怨霊は魔法剣士が飛び出したことに気づくと、さらに声をあげる

魔法剣士「ぐっ…」
ギルマス「ぬうぅ」

付近全体に強烈な怨波が広がる

魔法剣士「(厄介なのはこの全体攻撃…先ほどの弦をつかった攻撃に切り替えさせたいところだ)」

魔法剣士はデスボイスを突っ切って大怨霊に接近し

大怨霊「あ゛っ゛!?」
魔法剣士「はぁぁぁぁああああ!」

火炎剣で切りつける

大怨霊「…………なあんだぁ?ちっともハートに響かねえなあ?」
魔法剣士「なっ!」

しかし、攻撃はすり抜けダメージはない

ギルマス「霊にはそのたぐいの攻撃は効きません!無属性魔法で攻撃するんです!」
魔法剣士「(……それは、まずいな……)」

魔法剣士「(私は無属性魔法はあまり使わないんだ…)」



ちょっとボロが出てきそうなので、今日はここまでにします
明日までに練っておきます


80 ◆nBNxbiMXrY2020/10/18(日) 21:14:57.17SntjVRhD0 (1/8)

今、人いますかね?
というか0時以降ってぶっちゃけどうですか?


81以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/18(日) 21:18:37.0690+17jgDO (1/3)

今はいます
あと自分はいないけど0時以降でも人がいるときもあります


82以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/18(日) 21:21:24.62s7YLeDar0 (1/3)

参加


83 ◆nBNxbiMXrY2020/10/18(日) 21:44:56.62SntjVRhD0 (2/8)

遅くなりましたが、やっていきまうs



ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛


辺りに再び重低音が響きだす

魔法剣士「!」
大怨霊「そんなんで戦ってきたのかあ……?」

大怨霊が床を踏み鳴らしている

大怨霊「うらめしや……うらめしや…!!」


大怨霊「お前みたいな!!奴に!!」


大怨霊は手を振りかざし

魔法剣士「っ!はあっ!」


ジャアアアアアアアアアアアアアアアアン


大怨霊「守れるかああああああああああああああああああ!!!!!」


シャウトし竪琴を弾きならす

声から発する広い怨波が辺りを包み
弦から発する鋭い怨波が高速で襲い掛かる

魔法剣士は動作を読み、鉄壁を生成する

ガアンッ

鉄壁は大きく音を立てて魔法剣士スレスレまでひしゃげる

魔法剣士「(くっ!あの声で魔法が乱れる…防ぎきるのは厳しいか……だが)」

ドンッ

魔法剣士「(地面が振動していると、避けるのも厳しい…とにかく早く倒さなければ……)」

大怨霊「俺の魂の歌!!!!聞かせてやる!!!!!」


魔法剣士の行動>>84
まずは弦を狙う 攻撃を弱める
まずは喉を狙う 妨害を止める
まずは脚を狙う 振動を止める
その他 自由安価


84以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/18(日) 21:52:44.73s7YLeDar0 (2/3)

まずは脚を狙う


85 ◆nBNxbiMXrY2020/10/18(日) 22:01:12.67SntjVRhD0 (3/8)

魔法剣士「(まずは脚を!)」

魔法剣士は手に魔力を込める


大怨霊「平和なCITY!!襲い来るMONSTER!!奮い立て!!!ハンタアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!」ジャアンジャアンドッドッ


魔法剣士「っっ!マジックミサイル!」

魔法剣士は不慣れな純魔法攻撃を放つ


マジックミサイル練度>>86コンマ一桁

シャウト コンマ-1

二桁奇数 命中
二桁偶数 外す


86以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/18(日) 22:08:45.40Q1BLC4lm0 (1/1)




87 ◆nBNxbiMXrY2020/10/18(日) 22:27:11.92SntjVRhD0 (4/8)

10-1=9



強く光を放つ魔法の弾は、大怨霊めがけ勢いよく飛んでいく

しかし、狙いは外れた


魔法剣士「っ…うまく出来たが…!」


大怨霊「絶体絶命!!やるしかねえぞ!!ぶちかませ!!!ハンタアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!」ジャアンジャアンドッドッ


ジャアアアアアアン ジャアアアアアアン


魔法剣士「!」

大怨霊は曲の中で不意に竪琴を大きく弾く
二連の怨波が高速で魔法剣士に襲い掛かる


魔法剣士の行動>>88
防御 魔力を消費し鉄壁生成で、二連では防ぎきれないが威力は落とせるだろう
回避 攻撃は高速で命中は免れない、地面も振動していて動きづらい、コンマ5以上で掠る 4以下で直撃
反撃 しるか!攻撃だ!怨波は直撃
その他 自由安価

二桁偶数 反応が遅れる


88以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/18(日) 22:29:38.5790+17jgDO (2/3)

防御


89 ◆nBNxbiMXrY2020/10/18(日) 22:54:47.27SntjVRhD0 (5/8)

魔法剣士「はああ!」

魔法剣士は鉄壁を生成する

グシャアアン ドゴッ

魔法剣士「うぐぅっ!」

ジェミニ「あっ!」
ギルマス「……」

鉄壁はひしゃげ、魔法剣士に激突する

タンッ

魔法剣士は後退し、体勢を立て直す

魔法剣士「(っ…やはり咄嗟に作るのでは防ぎきれないか)」


大怨霊「頼みの綱は己のみいぃ、よそ者にゃ分からねえぇーーい」ジャアンジャアン


歌は落ち着いたパートに入る

ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛

しかし、いまだに地面は踏み鳴らされている


魔法剣士「(それに鉄壁を使い捨てていては魔力の消費が激しくなる…慣れない攻撃のためにも魔力は温存したい)」
魔法剣士「(防御は捨てるか……あらかじめ盾を作り練度を高めるという手もあるが時間がかかってしまう……こうして考えてる間もだ!)」


魔法剣士の行動>>90
攻撃 魔力を消費しマジックミサイルを放つ、高コンマを続けて出せれば、完全に習得できる
盾を錬成 防御が確実に間に合うようになる、何回もやれば盾の強度もあがる
行動 自由安価


90以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/18(日) 22:59:42.12s7YLeDar0 (3/3)

攻撃


91 ◆nBNxbiMXrY2020/10/18(日) 23:07:34.44SntjVRhD0 (6/8)

魔法剣士「(…っ!倒す!)」

魔法剣士は手に魔力を込める


大怨霊「命がけでおおぅれたちいぃ、街守ってきたぁあぁ」ジャアンジャアン


魔法剣士「マジックミサイル!」

魔法剣士はマジックミサイルを放つ



マジックミサイル練度>>92コンマ一桁

慣れ コンマ+1
5以上で次回+2

二桁奇数 命中
二桁偶数 外す


92以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/18(日) 23:10:07.19M5s/fS8H0 (1/1)

アドセンスクリックお願いします


93 ◆nBNxbiMXrY2020/10/18(日) 23:26:44.49SntjVRhD0 (7/8)

9+1=10 次回+2

魔法の弾は先ほどよりさらに強い光を放って大怨霊めがけ勢いよく飛んでいき

ドオンッ

足に命中
大怨霊の足は消滅し、振動が収まる

魔法剣士「…!」

すると大怨霊は大きく手を振り上げ


ズギャアアアアアアアアアアアアアアアアアン


一気に振り下ろし、思いきり竪琴を弾く
雷鳴のような音から発せられた怨波は雷のようになり、閃光のごとき速さで魔法剣士に襲い掛かる
この攻撃は特大だ


魔法剣士の行動>>94
防御 魔力を消費し鉄壁生成、ダメージを軽減
回避 攻撃は閃光のごとき速さで、命中は免れない コンマ5以上で掠る 4以下で直撃
反撃 しるか!攻撃だ!怨波は直撃
その他 自由安価

予備動作を読んだため、間に合う


94以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/18(日) 23:37:37.5690+17jgDO (3/3)

回避


95 ◆nBNxbiMXrY2020/10/18(日) 23:55:24.82SntjVRhD0 (8/8)

魔法剣士「たあっ!」

魔法剣士は横に跳ぶ


ドチャアアァン


魔法剣士「…っっっっ」

ジェミニ「うっ!!」
ギルマス「…………」

強烈な怨波は
地面を蹴り、取り残された脚に当たり
ギルマスは咄嗟にジェミニの目を覆う


ドサッ

ビチャビチャ


ジェミニ「あ……あぁぁああ…!」

魔法剣士は地面に滑り込む

その脚は、破裂してズタズタになっていた

魔法剣士「(……おあいこか…)」


96 ◆nBNxbiMXrY2020/10/19(月) 00:16:35.23q1rV0Tmt0 (1/3)

大怨霊「立ち込める暗雲!迫る黒い影!赤い眼光!」ジャンッ ジャンッ


大怨霊は続けて歌う

魔法剣士「っっ」

魔法剣士は腕を立て、起き上がろうとする

ギルマス「……」


ギルマスの行動>>98
逃げる デスボイスが収まった今がチャンス、飛行魔法でジェミニを連れ帰る そもそもそれがここに来た目的
助ける 戦闘におどりでるか補助だけするか、回復魔法がどれほど使えるかはコンマ次第 大怨霊にも気づかれジェミニを危険にさらすだろう
その他 自由安価


97以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/19(月) 00:20:40.351I3EBYjX0 (1/2)

助ける


98以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/19(月) 01:09:17.97G/Xl6J/z0 (1/1)

助ける


99 ◆nBNxbiMXrY2020/10/19(月) 13:28:20.33q1rV0Tmt0 (2/3)

寝ちゃってました

助けるみたいですね
では、ギルマスが回復魔法使えるか判定します


>>100コンマ(二桁)一桁

(奇数)4以下 問題なく使える
(奇数)5以上 補助魔法全般も得意な賢者タイプ
(偶数)4以下 魔法使いとして最低限使える
(偶数)5以上 根っからのダメージディーラー


あとギルマスが使う魔法も募集します
名前と効果をお願いします
あと特殊な発動方法があったらどうぞ

>>100コンマ奇数で補助系魔法もありです
偶数でも飛行や光球みたいな些細な便利魔法なら使えます

あと、ギルマスが瓦礫にぶつかったり火炎剣の巻き添えになった気がしますが
マジックシールドで全部防ぎました、当たってるように見えたのは怪奇現象です

とりあえず21時くらいまで募集しますが
それ以降でも全然大丈夫です


100以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/19(月) 14:09:22.96Rs++HEoDO (1/2)

取り敢えずコンマ取り


101 ◆nBNxbiMXrY2020/10/19(月) 17:12:13.88q1rV0Tmt0 (3/3)

うーん、少し雑だったかも?

魔法を説明しますと、魔力そのもので何かをする純(無)魔法と、魔力を炎や氷などに変換する属性魔法みたいなのを考えてます

例も作っておきます

火炎剣 炎魔法
剣に炎を纏う、ただ剣を燃やすだけだと剣が熱せられ柔くなってしまうだけなので
炎をうまく操る必要がある

浮遊魔法 純魔法
魔力で物を浮かせる、自身を浮かすこともできる
飛行魔法と書かれていた気がするが、それは風魔法
これと効果は似ているが仕組みは違うれっきとした別の魔法だ

光球 無、光魔法
球状の魔法陣をつくる
そこに魔力を込めると光に変換されていく仕組み

怨波デスボイス 純魔法
広範囲に騒音をまき散らし、あらゆる行動を妨害する


割と脚色したりします


コンマは96 二桁奇数、一桁5以上なので
補助魔法全般も得意な賢者タイプですね
大体どんな魔法でも使えます

どうせならステータスみたいなのも作りますか

魔法剣士 身体:25 魔力:25(MPみたいなもの)
ギルマス 身体:10 魔力:28
ジェミニ 身体:3 魔力:0
大怨霊 身体:0 魔力:50

分かりずらかったり、他に分からないことあったら聞いてください
単に人が少ないだけならいいんですが


102以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/19(月) 17:23:59.81T304xFrp0 (1/1)

回復球魔法 光魔法
当たった者の体力や魔翌力を回復できる球体を射出する
遠距離まで届きある程度操作もできる


103以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/19(月) 17:35:52.44Rs++HEoDO (2/2)

岩石闘衣魔法
岩石や瓦礫に魔法をこめて、岩の着ぐるみを作り自身や望みの相手の体に装着する
単純にパワーが上がるだけでなく物理・魔法双方に耐久力もある攻防一体の鎧


104以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/19(月) 20:45:36.18RefOAvLD0 (1/1)

ばくだんおにぎり
おにぎりを作る魔法。食ったものの体内で爆発し、木っ端微塵となり消滅する


105以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/19(月) 21:23:56.76TPgKDfgzO (1/1)

聖光 光魔法
本来は全体回復魔法だが、効果範囲内に悪しきものがいる場合浄化する働きもある


106以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/19(月) 21:30:56.811I3EBYjX0 (2/2)

分身魔法 純魔法
自分の分身体を作る魔法
魔翌力に応じて出せる数も増えるが、分身が増えるほど体力や魔翌力も分割されてしまうので出しすぎ注意


107以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/19(月) 23:37:18.99Oig+U6HN0 (1/1)

淫魔法 純魔法
相手を性的に絶頂状態にさせる


108以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/20(火) 00:27:44.96Qm6nf7RB0 (1/1)

カウンター魔法 純魔法
そのターンは攻撃できなくなるが、相手が攻撃を仕掛けてきた場合その時受けたダメージを魔法に変換して跳ね返すことが出来る


109 ◆nBNxbiMXrY2020/10/20(火) 21:47:18.57m4Y6Jkcw0 (1/5)

ギルマス「ジェミニ君、今から飛ぶから気をつけてね」
ジェミニ「へ……え…?」

ギルマス「行くよ」フワッ
ジェミニ「うわっ」フワッ

そう言うと、ギルマスは自身とジェミニを魔法で浮遊させ

ジェミニ「ちょっ、ちょっと!ねえ!なんでにげむぐっ」
ギルマス「静かに、気づかれるかもしれない」
ジェミニ「んー!んー!」

大怨霊の後ろから大穴を抜けていく

魔法剣士「…!……ふっ…」

それに気づいた魔法剣士は、安堵の表情


大怨霊「闇の使者の……」


魔法剣士「…っ」


大怨霊「おおおおおでましだああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!」


ボエエエエボエエエエボエエエエボエエエエ


ジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラ


そこに大怨霊が、デスボイスと竪琴のコンビネーションを浴びせる

足をやられて動けず、鈍い怨波で思考をかき乱され魔法も妨害される魔法剣士に鋭い怨波の波が押し寄せ、魔法剣士は目を閉じる

ジェミニ「んー!………ん!?」
ギルマス「…………」


ズダダダダダダダダダダダダダダダアアアアアアアァァァァァァン


怨波は激しくぶつかり、破裂音に変化し響き渡る

魔法剣士「……………ん…?」パチッ

魔法剣士「!!!!!」

ギルマス「ぐ…ぶっ…」グチャァ

魔法剣士「ギルマスさんっっっ!!!!!」


110 ◆nBNxbiMXrY2020/10/20(火) 22:10:43.85m4Y6Jkcw0 (2/5)

魔法剣士の前にはギルマスが立っていた

しかしその姿は怨波の連撃で、見るも無残なものに

魔法剣士「そんな……なぜ……」

ギルマス「」カッッ

すると、ギルマスだったものが突如光を放ち


ジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラ


大怨霊が発したものと変わらない音を発する

大怨霊「!!」


ズダダダダダダアアァァァン


大量の音波が大怨霊に直撃する


魔法剣士「……っ」

魔法剣士は、そのことには目もくれずうなだれている

ポンッ

そんな魔法剣士の脚に、何かが当たり弾ける

パアアアア

魔法剣士「…!これは!」

すると、魔法剣士の脚がみるみると治っていく

ギルマス「さあ!早く戦いの準備を!」

魔法剣士「ギルマスさん!!」


111 ◆nBNxbiMXrY2020/10/20(火) 22:52:19.46m4Y6Jkcw0 (3/5)

魔法剣士「一体どうやって」ギルマス「魔法で分身したんです、あれはほんの一部ですよ」

魔法剣士の質問に、ギルマスは手早く答える

大怨霊「………だめ……だめ…」

音波の連撃で散り散りになった大怨霊


大怨霊「ぜんっっっっぜんだめだあああああああああああ!!!!!!!」


ボエエエエボエエエエボエエエエボエエエエ


魔法剣士「っっ……」
ギルマス「…まだ…余力があるみたいですね…」

大怨霊「ふざけるなよぉぉ???全く怨念がこもってねええぇぇぇぇじゃねええええかぁぁぁぁ」


大怨霊「バカにしやがって!!!!!こしぬけ冒険者が!!!!」


大鼠「チュチュ!」
魔法剣士「!お前、無事だったのか」

大怨霊「そいつもだああぁぁぁ………くだらねえ祈りで俺が黙ると思いやがってぇぇぇぇ」ズズズズ
ギルマス「!」

散り散りになった大怨霊の姿がみるみる元に戻っていく


大怨霊「この歌は!!!!」


大怨霊「そういう恨みを込めた歌なんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!」


ボエエエエボエエエエボエエエエボエエエエ


ギルマス「…………」


ギルマスの行動>>113 割とキャラの真髄に関わるかも(それほどでもないかも)

戦う 身構えます
交渉 シミュレーション
その他 自由安価


魔法剣士(戦闘) 身体:20/25 魔力:25

ギルマス(戦闘) 身体:4/4 魔力:12/15
ギルマス(逃走) 身体:2/2 魔力:7/8
ギルマス(死亡) 身体:0/2 魔力:0/7

ジェミニ(逃走) 身体:1/3 魔力:0

大怨霊(戦闘) 身体:0 魔力:41/50


112以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/20(火) 23:07:24.59Tc+mMydDO (1/2)

交渉


113 ◆nBNxbiMXrY2020/10/20(火) 23:32:14.28m4Y6Jkcw0 (4/5)

今日は、今日も遅くなっちゃったので少しだけですがここまでにします
明日は昼から書けそうです、人いればですが

本当はこの部分はさらっとやるつもりだったんですが
深く考えずに始めたせいでSSでもリアルでも予定が狂っていく始末
そして思いつきでつぎはぎしてった結果長くなりました

安価は>>112を採用です


114以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/20(火) 23:33:23.75WdTXrEQQ0 (1/1)


経営要素どこ…ここ…?


115 ◆nBNxbiMXrY2020/10/20(火) 23:46:10.86m4Y6Jkcw0 (5/5)

乙が沁みます
>>114不安なのはそこです

スレタイ ギルド経営

ギルド経営してないやん!(人減り)

>>150くらいからやっと開始

スレの雰囲気が変わってるやん!(人減り)

>>150

ギルド経営してないやん!(人減り)

一番怖いのは

>>150くらいからやっと開始

イメージと違う(人減り)


116以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/20(火) 23:48:21.36Tc+mMydDO (2/2)

乙です
>>1のしたいようにして構いません


117以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/20(火) 23:50:43.24VRy9ZZO00 (1/1)




118 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 14:22:24.07MIeOL4FU0 (1/19)

どうもです
遅れましたがやっていきます



ギルマス「あなたの底知れない怨みは、しっかり感じていますよ」
ギルマス「(怨念によって魔力が増幅していくほどですからね)」


大怨霊「あああん?」


大怨霊「なら分かるだろ!!俺の怨みが治まることはねええ!!!」ズズズズ


大怨霊「いまさら止めようなんて無駄だああああ!!!!」


ボエエエエボエエエエボエエエエボエエエエ


ギルマスの行動>>119

話を聞く 
訴えかける 

内容もお願いします


魔法剣士(戦闘) 身体:20/25 魔力:19/25
ギルマス(戦闘) 身体:4/4 魔力:12/15
大怨霊(戦闘) 身体:0 魔力:42/50


119以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/21(水) 14:48:41.11bCPCi2IDO (1/4)

話を聞く
大怨霊がここまで怨みを抱えた理由について


120 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 15:19:34.50MIeOL4FU0 (2/19)

ギルマス「あなたは何故そこまで怨みを抱えているのですか」


大怨霊「はあああああああああ!?!?!?黙って聞いてろいああああああああああ!!!」


ジャアアアアアアッジャアアアアアアン


ギルマスが訊ねると、大怨霊は再びシャウトし竪琴を大きく弾く

ギルマス「!!」
魔法剣士「!はあっ!!」

不意を突かれたギルマス
魔法剣士はとっさにギルマスの前に飛び出し、鉄壁を生成する


>>121コンマ
5以上 間に合う
4以下 間に合わない


121以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/21(水) 15:30:23.126Iy6/phrO (1/1)




122 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 15:50:10.35MIeOL4FU0 (3/19)

ズダアアアアアアッダアアアアアアン


魔法剣士「ぐあっ!」

鉄壁の生成は間に合わず、怨波は直撃
前に突き出した手は、ボロボロに

ギルマス「今すぐ回復を!」

ギルマスはすぐさま魔法で魔法剣士を回復させる

大怨霊「DESTROY!!!!踏み荒らされる思い!!!」


ジャアアアアアアン ジャアアアアアアン
ト゛ッ゛ ト゛ッ゛


そこに大怨霊の追撃の2発
治った足で地面も踏み鳴らす


ギルマス「っ!」
魔法剣士「ずああああっっっ!!」

回復に専念していたギルマス
魔法剣士は、治りかけの手でギルマスを抱え横に飛ぶ


>>123コンマ
5以上 間に合う
4以下 間に合わない

振動 コンマ-1


123以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/21(水) 15:52:59.79bCPCi2IDO (2/4)

はい


124 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 16:26:31.90MIeOL4FU0 (4/19)

ズサアアッ


魔法剣士はなんとか回避し、滑り込む

魔法剣士「大丈夫ですか!」
ギルマス「はい!回復も続けますよ!」

二人はすぐさま体勢を立て直す


大怨霊「GENOCIDE!!!!逃げろみんなああああああああ!!!!!」


キイイイイイイイイイイイイイイイン


魔法剣士「っっっ」

大怨霊の歌は続き、シャウトによる凄まじい怨波が辺りを包む

ギルマス「(怨みが強すぎて正気を失っている、思いを綴るだけで攻撃になってしまう…)」

ギルマスは考える


大怨霊「無残に人々、無念に狩人、魔物の前に散るうううぅぅぅ」ドオン ドオン


魔法剣士「っ…!」ダッ

すると魔法剣士は一気に大怨霊に接近する

ギルマス「あっ!待ってください!」
魔法剣士「ギルマスさんは離れていてください!私が攻撃を引き付けます」
ギルマス「いえ!そうではありません!」


大怨霊「ぜってえ許さねえ……今度こそぶっ潰す!守ってみせる!!がんばれ!!!」


大怨霊「復讐の始まりだああああああああああああ!!!!!!!!!!」


ボエエエエボエエエエボエエエエボエエエエ


125 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 16:47:59.71MIeOL4FU0 (5/19)

ッジャアアアァァァァァァァァァン………………


魔法剣士「っ」
ギルマス「……」
大鼠「チュッ!」


大怨霊は消え入るように、竪琴を鳴らした

辺りは静けさに包まれる

大怨霊「てめえら冒険者はもう用済みだああ!!無駄に期待させて見捨てて逃げて!行ったり来たりうっとおしいんだよお!!」

大怨霊は叫ぶ

ギルマス「……」


ギルマスの行動>>126

話を聞く 
訴えかける 
その他 行動

内容もお願いします


126 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 17:33:47.31MIeOL4FU0 (6/19)

変なタイミングで安価投げちゃったかも
進めます



ギルマス「う……あ…あ…」

魔法剣士「!?」
ギルマス「!!」
大鼠「チュチュチュ!」

突如、ギルマスのうめき声がする

ギルマスが辺りをみると、魔法剣士を庇って死んだギルマスの死体から魂がでてきた

ギルマス(魂)「ゆ……ゆる…せま……」
魔法剣士「これは…」

魂は怨念に包まれている

ギルマス「…あの波動に当てられて、感化された…?……!」

考えていると、魂は吸い寄せられていくように大怨霊のもとへ

大怨霊「せめて、俺が魔物をぶっ潰すための糧になりやがれ!」グワァッ
ギルマス「!はあっ!」バッ

大怨霊がギルマスの魂を取り込もうとした時
ギルマスは魔法を放ち

パアアアアアアア

辺りを暖かい光で包む

魔法剣士「!」

すると、魔法剣士の傷が癒えていき

大怨霊「…これはっ……っこの程度で俺は鎮まらねええぇぇ…」

大怨霊は堪え

ギルマス(魂)「あ…………」サアアアアアアッ

ギルマスの魂から怨念が消え去っていく

魔法剣士「す、すごい…」
ギルマス「聖光です、傷を治すだけでなく浄化の効果もあるのですが…やはりあれは怨念が強すぎるみたいですね………ん?」

大鼠「チュチュ!」パアアアア

突如、光に当てられた大鼠が光りだす


127 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 18:22:39.12MIeOL4FU0 (7/19)

大鼠「………」

大鼠「《聞こえるかい?》」

魔法剣士「!」
大鼠「《聞こえるね、良かった良かった》」
ギルマス「…あなたは一体…」

大鼠「《オイラはここに住みついてたら、ここにいたヨボヨボな僧侶さんに加護を貰ってあいつを抑えるよう頼まれたんだよ》」
聖鼠「《まあ、あいつが強くなりすぎて抑えられなくなって加護もすり減っちゃったけど》」

聖鼠「《アンタのおかげで少し戻ったよ、ありがとうな》」

ギルマス「…なるほど」

魔法剣士「むっ!」
大怨霊「要するにいいぃぃぃ………どんな聖なるパワーでも俺は止められねええええええええええ!!!!!」


キイイイイイイイイイイイイイイイン


聖鼠「《まずいな……おいアンタら聞いてくれ》」

聖鼠「《オイラがあいつの魔力の増幅を抑えるから》」
聖鼠「《その間にあいつを削り切ってくれ》」

魔法剣士「分かった」

ギルマス「………」

聖鼠「《アイツは怨念に包まれた魂が、さっきみたいに他の魂も感化して融合してったものさ》」
聖鼠「《アイツ自身がもうほとんど魔物みたいなヤツになってってるんだよ》」

聖鼠「《頼むぜ》」

ギルマス「…………」


ギルマスは>>128

戦う もう終わらせよう
交渉 何か方法はないか
その他 自由安価


魔法剣士 身体:19/25 魔力:19/25
ギルマス 身体:4/4 魔力:10/15
聖鼠 身体:5 魔力:10/20

大怨霊 身体:0 魔力:38/50


128以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/21(水) 18:34:45.38YwbLCcc00 (1/1)

戦う


129 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 19:06:15.49MIeOL4FU0 (8/19)

ギルマス「分かった」

魔法剣士「では、攻撃を引き付けます」
聖鼠「《つってもアイツ攻撃しようとしてやってるんじゃないんだけどな》」

ギルマス「少し、いいですか?」

魔法剣士が前に上がろうとした時
ギルマスが呼び止める

魔法剣士「?はい」

魔法剣士が足を止めると、ギルマスは魔法を発動する

魔法剣士「!」

すると、辺りの瓦礫が浮いて魔法剣士を覆い、鎧の形になった

魔法剣士「これは…」
ギルマス「岩石闘衣魔法です、ただ耐久があるだけでなくあなたのパワーも上げます、体のこなし方は変わってしまうと思いますが…」
魔法剣士「問題ありません、ありがとうございます」

ギルマス「………この瓦礫のように、周りにあるものは何でも頼っていいんですよ」

魔法剣士「わかりました」

返事を聞くとギルマスは困ったように笑う


130 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 20:02:23.93MIeOL4FU0 (9/19)

大怨霊「おう!耳の穴はちゃんとかっぽじれたかあ!?ほんじゃあ…」

魔法剣士「っ!」


大怨霊「アンコールライブいくぜえええええええええええええええ!!!」


バギュウウウウウゥゥゥゥゥゥン


大怨霊は竪琴を大きく弾きならす

特大の怨波が魔法剣士に襲い掛かる

ガッコンッ ガラガラ……

怨波が当たると鎧は大きな音を立てるが、砂や礫が落ちるだけでなんともない

魔法剣士「おお…!」
ギルマス「ふむ、あの音には硬い物を粉砕する破壊力はないみたいですね」

ギルマス「ただ、私の魔力も残り僅かなのでこの鎧を維持できるのは9回ほどです」
聖鼠「《オイラの加護もそんくらいまでだ》」

ギルマス「鎧がなくなれば、あの音は肉体に対しては高い攻撃力をほこるので気をつけてください」


ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛ ト゛ッ゛


大怨霊「平和なCITY!!襲い来るMONSTER!!奮い立て!!!ハンタアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!」ジャアンジャアンドッドッ


キイイイイイイイイイイイイイイイン


聖鼠「《っ……その歌もいい加減聞き飽きたぜ、あの世で新しい唄書きな》」
ギルマス「…っそれと、この妨害があると鎧の維持が難しく…脆くなってしまいます」
魔法剣士「わかりました」


魔法剣士の行動>>131

接近 鎧には魔力がこもっているため攻撃も効く(岩石闘衣 パワー+3) しかし至近距離での怨波は鎧でも厳しいかもしれない、振動もある
射撃 マジックミサイルで攻撃(岩石闘衣 パワー+1) 現在練度コンマ+2 遠距離で命中させるのは得意じゃない
その他 自由安価


魔法剣士 身体:20/25 魔力:19/25
ギルマス 身体:4/4 魔力:9/15
聖鼠 身体:5/5 魔力:10/20

大怨霊 身体:0 魔力:38/50


131以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/21(水) 20:04:09.19bCPCi2IDO (3/4)

射撃


132 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 20:11:05.41MIeOL4FU0 (10/19)

魔法剣士「(鼠の加護で奴は再生できない)」
魔法剣士「(まずは…>>133!)」

魔法剣士「マジックミサイル!」

魔法剣士はマジックミサイルを放つ


>>133
弦を狙う 攻撃を弱める
喉を狙う 妨害を止める
脚を狙う 振動を止める

マジックミサイル練度>>133コンマ一桁

慣れ コンマ+2
5以上で次回+3

二桁奇数 命中
二桁偶数 外す


133以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/21(水) 20:17:48.238RzVZbXT0 (1/2)

脚を狙う


134 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 20:36:59.76MIeOL4FU0 (11/19)

2+3=5


強く光を放つ魔法の弾は、大怨霊めがけ勢いよく飛んでいく

しかし、狙いは外れた

魔法剣士「っ…」


大怨霊「絶体絶命!!やるしかねえぞ!!ぶちかませ!!!ハンタアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!」ジャアンジャアントントン


キイイイイイイイイイイイイイイイン


ジャアアアアアアン ジャアアアアアアン


ゴンッ ゴンッ


シャウトによる妨害でも
2連怨波は鎧に防がれ、魔法剣士は無傷だ

ギルマス「っ…やはり、この妨害の中維持するのは難しい…これより威力が上がっていくと分かりません」

魔法剣士「(命中させることにも集中しなければ…)」


魔法剣士の行動>>135

接近 鎧には魔力がこもっているため攻撃も効く(岩石闘衣 パワー+3) しかし至近距離での怨波は鎧でも厳しいかもしれない、振動もある
射撃 練度>>135コンマ 練度コンマ+2 5以上で次回+3 二桁奇数で命中 二桁偶数で外す
その他 自由安価


135以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/21(水) 20:39:01.51/ROE4WRa0 (1/2)

脚を射撃


136 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 20:53:17.06MIeOL4FU0 (12/19)

1+2=3 パワー+1


マジックミサイルはは、大怨霊めがけ勢いよく飛んでいき

ドオンッ

足に命中
大怨霊の足は消滅し、振動が収まる

大怨霊「っっっ頼みの綱は己のみいぃ、よそ者にゃ分からなあぃ」ジャアンジャアン

トン トン トン トン

大怨霊は残った片足で弱々しく地面を踏み鳴らす

聖鼠「《よし、あの足はもう治させねえぜ》」
魔法剣士「たたみかけるぞ」


魔法剣士の行動>>137

弦を狙う 攻撃を弱める
喉を狙う 妨害を止める

接近 鎧には魔力がこもっているため攻撃も効く(岩石闘衣 パワー+3) しかし至近距離での怨波は鎧でも厳しいかもしれない
射撃 練度>>137コンマ(岩石闘衣 パワー+1) 練度コンマ+2 5以上で次回+3 二桁奇数で命中 二桁偶数で外す
その他 自由安価


魔法剣士 身体:19/25 魔力:17/25
ギルマス 身体:4/4 魔力:7/15
聖鼠 身体:5/5 魔力:8/20

大怨霊 身体:0 魔力:32/50


137以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/21(水) 21:05:49.55bCPCi2IDO (4/4)

射撃 弦を狙う


138 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 21:15:57.02MIeOL4FU0 (13/19)

5+2=7 パワー+1 次回+3


マジックミサイルは、大怨霊めがけ勢いよく飛んでいき

ドオンッ

竪琴に命中
弦はプツンと音を立てて、切れる

大怨霊「…命がけで俺達いぃ街守ってきたぁあぁあぁあ!」ブンブン

大怨霊は構わずなびく弦を弾き
それを補うかのように声を強める

聖鼠「《こうなればもううるさいだけの奴だ》」
ギルマス「油断せずに行きましょう」


魔法剣士の行動>>139

接近 ラッシュを決める(岩石闘衣 パワー+3) 鋭い怨波はもう出せなそうだが…
射撃 練度>>139コンマ(岩石闘衣 パワー+1) 練度コンマ+3 5以上で次回+4 二桁奇数で命中 二桁偶数で外す
その他 自由安価


魔法剣士 身体:19/25 魔力:16/25
ギルマス 身体:4/4 魔力:6/15
聖鼠 身体:5/5 魔力:7/20

大怨霊 身体:0 魔力:32/50


139以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/21(水) 21:23:38.51/ROE4WRa0 (2/2)

喉を射撃


140 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 21:37:54.14MIeOL4FU0 (14/19)

1+3=4 パワー+1


マジックミサイルは、大怨霊めがけて飛んでいき

大怨霊「がっ…!」

喉に命中


バキイイイイィィィィン


魔法剣士「!」

すると大怨霊は竪琴を振り下ろし、地面にたたきつけた
竪琴が壊れる音が、怨波となって魔法剣士に飛び掛かる

しかし、破片程度の威力では瓦礫の鎧にはまったく歯が立たない

大怨霊「………あ…がう……!!!!へあっ……!!かあっ…!」

大怨霊は歌を続行する

聖鼠「《哀れだな》」
ギルマス「自身は脆い、攻撃特化だったか」


魔法剣士の行動>>141

接近 ラッシュを決める(岩石闘衣 パワー+3) もはや虫の息だが…
射撃 練度>>141コンマ(岩石闘衣 パワー+1) 練度コンマ+3 5以上で次回+4 二桁奇数で命中 二桁偶数で外す
その他 自由安価


魔法剣士 身体:19/25 魔力:15/25
ギルマス 身体:4/4 魔力:5/15
聖鼠 身体:5/5 魔力:6/20

大怨霊 身体:0 魔力:27/50


141以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/21(水) 21:40:05.4655ThJu0V0 (1/1)

接近 ラッシュを決める


142 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 21:55:34.12MIeOL4FU0 (15/19)

ダッ

魔法剣士は一気に駆けて、大怨霊に接近し

魔法剣士「はあっ!!」

そのまま切りぬける

ズバッ

鎧から剣に魔力が伝わり、大怨霊は一刀両断

大怨霊「か…き………か…………!!!!!」ズッ

聖鼠「《ん!また怨念が強くなった、早めに終わらせてくれ!》」グッ

魔法剣士「ずああああっ!!」

魔法剣士はすかさず振り向き
素早い剣捌きで連撃を浴びせる

ザンッ ザンッ ザンッ

大怨霊の形は崩れていく

大怨霊「っ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」ググググ


魔法剣士 身体:19/25 魔力:15/25
ギルマス 身体:4/4 魔力:4/15
聖鼠 身体:5/5 魔力:4/20

大怨霊 身体:0 魔力:7/51


ギルマス「……」


ギルマスの行動>>143

終わりを見届ける
引導をわたす


143以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/21(水) 21:56:53.288RzVZbXT0 (2/2)

引導をわたす


144 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 22:29:04.93MIeOL4FU0 (16/19)

ギルマス「待ってくれ!」

魔法剣士「?」
聖鼠「《お、おい?》」

ギルマスの制止に、魔法剣士は手を止める

ギルマス「とある魔法を使いたいんだ、鎧を解いてもいいかな?」

魔法剣士「え?…はい、大丈夫です」

返事を聞くと、ギルマスは魔法を解く
魔法剣士を纏っていた瓦礫は崩れ落ちる

ギルマス「それと…」
大怨霊「」ググググ

ギルマスはもやのようになった大怨霊を見たあと、聖鼠の方を向く


ギルマス「もうこの人は解放して欲しいんだ」

聖鼠「《え…いやいや、どうしたんだ急に???》」グッ

突然のことに、聖鼠はあっけにとられる


ギルマス「倒されて最期は、ちょっとね……」

聖鼠「《なに言ってるんだよ?だからってこいつを野放しにするのか?》」グッ

ギルマス「もちろん、別のやり方で最期を迎えさせるよ」

聖鼠「《そうはいってもな、さっき言ったろ?また怨念が強くなったって》」
聖鼠「《解放したら魔力も増幅していくぞ》」

ギルマス「魔力の増幅よりも早く消費させればいいんだ」

聖鼠「《?》」

ギルマス「この人は大声や竪琴で激しく音を出すほどに魔力を消費も激しくなるんだ」
ギルマス「最期に思いっきり歌わせれば、自分から消えてしまうはずさ」

聖鼠「《それって歌ったらだろ?どっかに逃げられたりするかもしれないぜ?》」

ギルマス「それは…今までのそぶりを見るからにないと思うんだ、こればっかりは私を信じて欲しいとしか…」

聖鼠「《うーん……》」

魔法剣士「どうか解放して欲しい、ギルマスさんには考えがあるはずだ」
聖鼠「《お前がそう言うんなら解放するしかないぜ、俺だけじゃ倒せないし》」




145 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 23:09:55.83MIeOL4FU0 (17/19)

ゴモゴモ

聖鼠が大怨霊を解放すると
たちまち靄のような怨念が、とげとげした姿になっていき

大怨霊「うう…う……うらめしい……うらめ……しい!!」ズモッ

元の形に戻る
竪琴も元通りだ

大怨霊「うらめしいうらめしいうらめしいうらめしいうらめしいうらめしいうらめしいうらめしいうらめしい」ズズズズ

聖鼠「《おいおいおい?歌わねえぞ?回復だけされてってないか?》」
魔法剣士「ギルマスさん…」

焦る聖鼠

大怨霊「バカ……こしぬけ……」

大怨霊は正気を失っている

大怨霊「…だ……俺……が……」

ギルマス「あなたはもう死んでしまったんです、復讐はできません」

大怨霊「うら……め……」

ギルマス「あなたは何故そこまで怨みを抱えているのですか」

大怨霊「…………」

ギルマス「聞かせてください」

ギルマスは大怨霊に手をかざし、魔法をかける

大怨霊「………う、うぅ…ぅううううううう!!!」ゴゴゴゴゴ

すると、大怨霊は昂っていく

聖鼠「《ちょっ!何やってんだ!》」
ギルマス「鉄壁お願いします!」
魔法剣士「っ!はあっ!」


大怨霊「ウ゛ラ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛」


ボエエエエボエエエエボエエエエボエエエエ


ジャアアアアアアッジャアアアアアアン


魔法剣士 身体:19/25 魔力:14/25
ギルマス 身体:4/4 魔力:3/15
聖鼠 身体:5/5 魔力:4/20

大怨霊 身体:0 魔力:4/55


146 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 23:30:05.67MIeOL4FU0 (18/19)

ボオオオオオオオオオオオオオオン キョオオオオオオオオオオオオン


辺りに強烈な怨波が広がる


大怨霊「デストロオオオオイ!!!!!!!」


ドオオオオオオオオオオオン


竪琴の音はもはや爆発音のようで


大怨霊「踏み荒らされた思い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛い゛!!!!!!!!!」


グゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


足で踏み鳴らす度に地はひび割れていく


魔法剣士「ぐっっっううううううう!!!!」ググググ
聖鼠「《騒音が収まらねえっ!!魔力の増幅が早すぎるんだっ!!》」オロオロ

ギルマス「っ……」

ギルマスはいまだに大怨霊に魔法をかけている

それは相手を絶頂状態にさせる魔法だった


大怨霊「ジェ゛ノ゛サ゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛イ!!!!!!!!!!!」


バギイイイイイイイン チュドオオオオオオオオオオン


大怨霊はトランス状態で騒音を引き起こした


ゴゴゴゴオオオオオオオオオオオオオオォォォォォォォォォォン……………


大怨霊「逃゛げ゛ろ゛お゛ぉ゛ぉ゛み゛ん゛な゛あ゛あ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛ぁ゛………………」


大怨霊「…ぜってえ許されねえ……」

大怨霊「今度じゃだめなんだ…守りたかった…」シュウウウ


大怨霊「…大丈夫だよ…」サアアアアアアッ


魔法剣士 身体:19/25 魔力:11/25
ギルマス 身体:4/4 魔力:0/15
聖鼠 身体:5/5 魔力:4/20

大怨霊 身体:0 魔力:0/55


147 ◆nBNxbiMXrY2020/10/21(水) 23:48:55.53MIeOL4FU0 (19/19)

ギルマス「…………」


ギルマスは静かに立っている


ギルマス「…………」


ジェミニ「あのひとだいじょうぶかな…」


ツインズ「だいじょうぶだよ………たぶん……」


街の入り口で、双子は魔法剣士の身を案じる


住人A「しっかしすんごい音だったなあ」
僧侶「ええ…まさか、あれほどまでに霊の力が強まっていたとは……」

住人B「ありゃダメかもしれん」住人C「何言ってんだ!剣士さんのこと信じてねえのか!」
住人D「ですがあの音は相当ですよ…」住人C「だーっ!行って確かめてくらあ!!」ダッ

<ダメデスヨ!キケンデス!
<ルセー!ミテモネエノニアーダコーダイウカラダロ!


双子母「魔法使いさん……」

ジェミニ「ねえ!だいじょうぶだよね!おじさん!」
ツインズ「…そうですよね……?」

ギルマス「…………」

ギルマス「大丈夫さ」ニコ

双子の問いかけにギルマスは微笑みかけて答える


ギルマス「…………!」


148 ◆nBNxbiMXrY2020/10/22(木) 00:23:20.06eZYqwmgH0 (1/4)

ギルマスは、街を囲む森に何者かの姿を捉える

その者は森を抜けてきた


聖鼠「《ここだな!着いたぜ着いた!おー!うまそうな野菜があんじゃん!》」

住人C「なんだこいつあ!?」住人E「く、熊だっ…!」
聖鼠「《熊じゃねえ!鼠だ!…まあ悪い気はしないけどよ》」

ジェミニ「うわぁっ!はやくやっつけようよ!」
聖鼠「《ああん?》」
双子母「コラッ!行っちゃダメ!」

聖鼠「《テメエこのガキんちょ!怨霊に変なこと吹き込んで暴れさせやがって!》」
ジェミニ「なんだよ!おばけねずみ!」
僧侶「刺激してはだめだ!私が聖なる守りで……む?」
聖鼠「《ん?アンタは…》」

ツインズ「…もしかしてあの時の…?」

突如あらわれた大鼠に住人たちがパニックになっている間に
魔法剣士は聖鼠の後を追って街に辿りついた

魔法剣士「(また何やら慌ただしいな)」
ギルマス「無事、連れ帰れたか」

そんな魔法剣士にギルマスが駆け寄る

ギルマス「無事、倒せたようですね」
魔法剣士「いえ、倒しはしませんでした」
ギルマス「?」
ギルマス「戻れば分かる」スッ

そう言ってギルマス(戦闘)はギルマス(逃走)に手を差し出す
ギルマス(逃走)はその手をとり、ギルマスは念じる

カッ

すると眩い光と共に、ギルマスは一人にもどる

魔法剣士「(分身か…私も習得してみようか)」


149 ◆nBNxbiMXrY2020/10/22(木) 01:12:51.53eZYqwmgH0 (2/4)

ツインズ「あ!まほうつかいさん!!」

ジェミニ「!!」
双子母「!!」
僧侶「!!」
住人's「!!」
聖鼠「《!!…なんちゃって》」

魔法剣士「二人とも身体に異常はなかったか?」


「「「「剣士さん!!!!!」」」」


住人たちは魔法剣士に駆け寄る

住人B「いやあ、あんた無事だったかー」
住人C「俺は信じてたぜ!あんたが無事だってよ!」
住人D「凄い傷ですね、治るまでぜひ泊まっていってください!」
ジェミニ「みんななにいってんだよ!このひとはまほうとけんをつかうんだよ!」

魔法剣士「(なぜこんなに私のことを…?)」

あまり人に必要とされたことがない魔法剣士は、住人達の手厚い歓迎に困惑する


僧侶「いやぁ、まさかあの塔から生きて帰るなんて、お見事としか」
魔法剣士「ああ」

僧侶の褒詞に、魔法剣士は無愛想に返す

聖鼠「《あの塔って…アンタ来たことないだろ、オイラが霊を鎮めてたのに偉そうに》」
僧侶「ええっ!」

ギルマス「しかし、あの塔の怨霊はあのまま放置していたら危険でした」
聖鼠「《そうそう、オイラが一匹で持ちこたえてたんだぜ?街の英雄として崇めて欲しいもんだよ》」

僧侶「いや…あははは……いやはや…」
ギルマス「あはは、早いうちにこの街に来れてよかったです」


かくして、双子行方不明事件
及び鎮霊の塔の怨念問題は解決した

人が少ないもので、大きな催しなどはなかったが
自然に囲まれたのどかで平和な街の夜は、どこか騒がしかった


150 ◆nBNxbiMXrY2020/10/22(木) 01:22:56.84eZYqwmgH0 (3/4)

ギルド経営してないやん


はい、なんとかたためました
次、ギルド出てきますよーーーー!!!!!!

先に言っておくと経営要素はあるか分からないです、ごめん
依頼の合間合間にギルドのシーンがあるだけかも

こんな時間までガッツリ書いちゃいましたが人いますかね?
ギルドのことを色々決めていこうかと思いましたが
もう寝てるなら今日はここまでにしたいと思います
>>1は覚醒しちゃってるから今日は長くなると思いますが


151以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/22(木) 01:24:40.721QdhGtpq0 (1/1)

いませんよ


152以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/22(木) 01:28:23.32eJJ1++la0 (1/2)

いないゾ


153 ◆nBNxbiMXrY2020/10/22(木) 01:48:44.83eZYqwmgH0 (4/4)

いないなら仕方ないな
今日はここまでにしよう

マジなところ、一度冷静になって見返したいので本当に今日はここまでにします
反省する点も多いので、>>2の時点で考えを放棄してましたし
今回の最後の方はほんと勢いで書いたので

といった感じで、今日は遅くまでやってたんで明日(今日)は遅くなりそうです


154以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/10/22(木) 01:49:43.36eJJ1++la0 (2/2)

おつです