1 ◆b6RliPUDMY2020/09/15(火) 22:54:58.26xZkmOxCZ0 (1/2)

*ケモナー、獣姦注意、純愛のみ、ハーレムあり、逆ハー無し、気まぐれ更新
人化したり発情したペットとセックスするSSです。

主人公の性別、名前、仕事、生活、下1(場所は日本、時は現代)


2以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/15(火) 23:00:47.82QzGupZxR0 (1/1)


竹倉 大和 (たけくら やまと)
獣医
それなりに裕福


3 ◆b6RliPUDMY2020/09/15(火) 23:21:49.81xZkmOxCZ0 (2/2)

飼っているペット。性別は♀(無い種類の場合は無性)、種類、性格、名前、見た目、身体的特徴(体型や、模様など)、飼い主>>2に対する感情や気持ち、どんな形や経緯で飼い主と関係を持つか(人化(人化具合や見た目、なぜそうなってしまったかも。なるべく人間要素が少ない方が>>1的には書きやすいです(ケモフレ<モン娘<ズートピア=獣)が、例えば貝がそのまま大きくなって精子を搾り取る描写なんかは書けません(ただし、書かれた時は忠実に書きます))、巨大化、発情、告白、押し倒し、飼い主の方から、etc…)

複数匹飼っている場合は1レスの中に複数匹入れてください。下1


4以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/15(火) 23:30:43.79TwOHBmB/0 (1/1)

 猫 気弱で臆病 名前はツクヨミ  黒猫 細身で背中に月型の模様がある 飼い主>>2に対する感情や気持ちは尊敬と愛情が混ざった感じ
どんな形や経緯で飼い主と関係を持つか 告白・人間の子供サイズに巨大化 実は猫又(種族としてはかなり弱い方。死にかけでさまよってる所を保護された)


5 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 00:55:48.21h/eO9laU0 (1/21)

俺とツクヨミの出会いは、月の美しい晴天の夜の事だった。



俺は竹倉大和。
獣医をしていて、そこそこの評価をもらい、まあまあ裕福な生活を行なっていた。
ある夜、俺が買い物先から自宅兼病院に帰っていた時。

「……………ゃ…………」

俺「………今の声は………?」

闇世の中から聞こえたか細い猫の声に気付いた俺がその声の出ところを探してみると、道路の脇に血だらけの黒猫の子猫が転がっているのを見つけた。

俺「おい、大丈夫か………!?」

触診してみれば、脈が弱い。
それに車に跳ねられでもしたのか背中に酷い傷がある。
俺はその子猫を抱き上げ、自宅兼病院へと連れて帰るために走った。

俺(死なないでくれよ………!)

月明かりに照らされたその子猫の黒い毛は、妖しく、美しく光っていたのだった。



あれから2年。
その時の猫が、今のツクヨミだ。

俺「ツクヨミ~」

ツクヨミ「にゃ~ん♡」

なぜこの子に月神の名をつけたかと言うと、ツクヨミを拾ったあの夜の月がとても綺麗だったのと、あの時の傷の痕周りの毛だけが大きい三日月の形になり、綺麗な黒い毛とあいまって闇夜に浮かぶ月のように見えるからだ。

俺「じゃあお仕事に入るから、またお留守番していてね、ツクヨミ」

ツクヨミ「にゃ~」




6 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 01:36:03.90h/eO9laU0 (2/21)



ツクヨミ「にゃ~...........」

愛し敬愛する、飼い主のいない月の美しい夜のこと。
ツクヨミがとても寂しい思いをしていた時、一筋の月光が窓から差し込んできて、ツクヨミを照らした。

ツクヨミ「にゃ........?」

するとその背の三日月がまるで共鳴するように光り、ツクヨミを包み込んだ。

ツクヨミ「にゃぁぁ...........!?」



俺はいつも通り獣医を閉め、自分の家の鍵を開けた。
すると、突然何か大型犬ぐらいの大きさの毛もぐれな物が俺に飛びついてきた。

俺「ぉあっ!?」

?「んにゃ~~~♡ ヤ~マ~ト~っ♡」

暗闇の中、その正体は分からない。
しかし、手に伝わる感覚はサラサラで、まるでツクヨミの毛並みような.......

俺「...........ってツクヨミ、か..........!?」

?「そだよ、ヤマト.........♡」

というより、ツクヨミそのものだった。
しかし俺の知っているツクヨミとは違い、身体は何回りも大きく、人間の子供ぐらいの大きさになって、クネクネと動くツヤツヤの尾は2本になっていた。

ツクヨミ「喋れるようになったぁ、ヤマトに言いたいこと沢山あるの~、あのね、あのね.........♡」

俺「ま、まて...........ちょっと待ってくれ、ツクヨミ.........!」

俺が突き放そうとしても、ツクヨミの爪がガッチリ俺の服に引っかかり離してくれない。

ツクヨミ「まずねぇ.........あの時助けてくれてありがと、ヤマトー........♡」

俺「う、うん..........」

まるで物語の中みたいだ。
こんな風に飼い猫が大きくなって、お礼をしてくれるなんて.........

ツクヨミ「それでね、それでね~、いつもくれるごはん、美味しいよ♡」

俺「それは、良かった........おう.........」

あれ、市販のカリカリなんだけど.......
まるで何年も会えなかった愛しい人と久しぶりに話すように、ツクヨミは話し続けた。

ツクヨミ「それでね、それでね、好きだよ、ヤマト♡」

俺「お、俺も..........だよ」

この2年、ツクヨミがいたから助かった事も何回もある。
もちろん、俺もツクヨミの事が大好きだ。
すると、ツクヨミが頬を赤らませた。

ツクヨミ「ヤマトも、私の事好き............?」

俺「........うん」

ツクヨミ「私も、好き............ヤマト..........♡」

俺「............うん」

身体が大きくなったツクヨミは、変わったように見えて今朝までのツクヨミのままだった。
いつもの可愛くて、美しい、俺にべったりなツクヨミ。
その日はそのまま俺の布団の中に入って、いつも通り一緒に眠った。
唯一昨日と違ったのは、ツクヨミの大きさと暖かさだけだった。




7 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 02:06:35.06h/eO9laU0 (3/21)



ツクヨミ「いってらっしゃい、ヤマト♡」

俺「ああ、ツクヨミ」

ツクヨミ「ちゅっ♡」

俺「...........ぉう」

いってきますのチュー、これはツクヨミがこうなってからの日課になっていた。
ツクヨミがこうなってから、1ヶ月が経過した。
あれから獣医として身体が大きくなり喋れるようになったツクヨミの身体を色々と調べてみたが、何故か異常は無かった。
血圧もその他数値も全て正常。
何故か身体が大きくなり、バランスも変わって、声帯も変化は無いのに、人間語を喋れるようになっている........
本当に神秘、としか言いようが無かった。

その夜、俺が仕事から戻ってくるといつもどおりツクヨミが出迎えてくれた。

ツクヨミ「さびしかったよんヤマト~、おかえりのチュー♡」

俺「ただいま」

まるでツクヨミは俺の彼女のように振る舞った。
料理を作ったりこそ出来ないしこの姿を誰にも見せる事は出来ないけれど、いつも俺の事を家で待ってくれて、帰ってきたときには喜んでくれる。
生まれてこの方彼女は出来た事はないけれど、多分これが彼女という物なんだな、と思いながら、少しずつ俺の心はツクヨミに惹かれていった。

ザラザラザラ........

俺「...........ごめんなツクヨミ、いつもこんなご飯で」

ツクヨミ「いいよ、ヤマト~。私にはこれが一番良いから♡」

クネクネクネクネと尾を振りながらガツガツバリバリと美味しそうにキャットフードを食べるツクヨミ。
身体が大きくなった事でご飯の消費量もろもろ含めて毎月の出費が約10倍になったけれど、それでも俺はこうして意思を疎通させて話せるだけで嬉しい。
ボウルいっぱいのキャットフードをペロリと平らげたツクヨミは、ベロンと大きな舌で口周りを舌舐めずりをした。

ツクヨミ「今日も一緒に寝よ~..........♡」

俺「う、うん...........」

いつも通りの添い寝。
いつも通りのおやすみなさい。
..........そのはずだったのに。




8以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/16(水) 03:49:44.48KVxvaJqWo (1/1)

おつみてるよきたい


9 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 05:45:32.53h/eO9laU0 (4/21)



月明かりに照らされて。
月はあの日、ツクヨミがこうなったあの日と同じで、まん丸だった。
その日も俺とツクヨミは同じベッドの上で寝ていたけれど、まだ、「おやすみ」を言っていなかった。

チュ、チュッ、チュル、チュッ.............♡

なんでかと言うと、ずっとキスをしていたから。

俺「んっ、んぅ、ん............!」

ツクヨミ「んな、はあ、ん、んぅ............♡」

なんでこうなってしまったかと言うと、特に理由はない。
理由として挙げるならば、まずツクヨミがどこかで知識を仕入れた「キス」を実践しようと言い始めた事。
月明かりがとても綺麗で雰囲気がとても良かった事。
そして、お互いに好き合っていた事。
人生初キス。
多分ツクヨミの舌がザリザリしているからだろうけど、口が痛い。

チュッ、チュッ、チュプッ、レロ、ヂュプ、レロ♡

俺「はぁ、ぅ、んん............ツクヨミ..........♡」

ツクヨミ「ヤマト、ヤマト、ヤマト♡ はぁ、はあ、はぁぁ........♡ んぁぁ............♡」

雰囲気はまるで激流のように俺たちを押し流して、そのまま最後までどんぶらこと運んでいく。
ツクヨミがガリガリとボタンを引っ掻いてくるので、俺は邪魔になった服を脱いで、ツクヨミと同じ格好になる。
つまり、全裸。
2人とも、生まれたままの姿だ.........
ツクヨミのサラサラの毛を全身で感じれる。
この腹に当たってくる毛の間の熱い出っ張りはもしかして...............

俺「んっ、んぅ..........♡ はぁ、はぁ..........ふぅ...........♡」

ツクヨミ「んっ、ふぅ、はぁ、ふぅ..............♡ はぁっ、はぁっ...........♡♡♡」

それをつまんでみると、確かにツクヨミに反応があった。
乳首だ。
そのままツクヨミの腹に沿って手を下に動かすと、ぷつぷつと4対の乳首がある事がわかる。
小さくて、ぷっくりと充血している。

ツクヨミ「ふぁぁ、ヤマト、ヤマトぉ♡」

俺「ん.............♡ ぷはっ...........はぁ、はぁ.............」

既にツクヨミの下腹部には俺の熱くギンギンになったチンコが押し付けられてしまっている。
ツクヨミは起き上がると、四つん這いになって2本の尻尾をピンと天に立てたまま俺にトロトロになった股を見せつけてきた。

ツクヨミ「ヤマトぉ..........♡」

もうここまでされたら、戻る事なんて出来ない。
男としても。
雄としても。
俺はツクヨミの首元をギュッと親指と人差し指で摘み、覆いかぶさるような体勢になった。
ツクヨミの身体から力が抜けて、へなへなとなった。
猫の、交尾姿勢。
二本の指でツクヨミの性器をクニクニといじってみて一応俺のチンコが入れそうかどうか確認してから、俺はチンコをその小さな膣口に当てがった。

俺「あ、あぅ..............ふぅ............!」

ツクヨミ「っあ、ぁぁああああああ............♡」

ずぷ、じゅぷぷぷ............♡

俺の童貞チンコが、ちょっとずつツクヨミの中に沈んでいく。
亀頭が、竿が入っていって、途中で「プチッ.........」という何かが破れるような音がして一筋の血が流れた。
処女、だったのか.................♡
俺、ツクヨミと、交尾している..........!

ツクヨミ「ふにゃぁ、ぁぁあ、んぁぁぁぁぁぁぁ................♡」

俺「ぐ、ぅ、ふぅぅ、ふぅぅ..........!」

ツクヨミの中は暖かくて、狭くて、ぐりぐりとチンコを刺激してくる。
あ、あぅ、ふぅ.....................!

ツクヨミ「んなぉおおぉぉぉぉぉ............♡ んにゃぉぉぉぉぉぉおぉぉぉん............♡」

俺「動くぞ.........!」

ツクヨミ「にゃぁぁぁぁぁ、きてぇぇえぇ...........♡ ヤマトぉぉぉぉ..........♡」

俺はゆっくり腰を動かし出した。


10 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 05:45:59.36h/eO9laU0 (5/21)

>>8ありがとうございます。


11以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/16(水) 06:36:01.88u652erRI0 (1/2)

乙乙
期待


12 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 06:37:51.09h/eO9laU0 (6/21)

ずちゅるるる、ぢゅぷ、ぷちゅぅ♡

ツクヨミ「んぉぉおおぉぉっ、んぁっ♡ んぅぅううぅうっ♡ あっ、ぁあっ、んぅっ♡」

俺「ぅああっ、うっ、はぁっ♡ くっ、くあっ.......! んぅあっ♡」

ツクヨミの性器は小さいながらも俺のチンコを根本まで飲み込んでいて、俺が引き抜こうとするときゅっと吸い付いてきて離そうとしてくれない。
可愛い。

ぢゅぷ、じゅぷ、じゅっぷ、ぱちゅん、ぱちゅん、ぱちゅっ♡

俺「はぁっ、はぁっ♡ あ、ぐあ、ぐぅぅっ.........! くっ、ぅ、んぅっ♡」

ツクヨミ「にゃっ、にゃっ、にゃっ、にゃぁ、にゃ、んにゃぁぁああっ♡♡♡」

ああ、気持ちいい、はぁあぁあっ.........!
クネクネとした尾が俺の首に巻きついてきたので、首元を掴んでいない方の手でなでなでスリスリしてあげると気持ちいいのか膣がキュッと締まる。
あ、出そうだ............あぁ.............!

俺「んっ、んぅっ、んっ............! ツク、ヨミっ...........♡ で、出る! ツクヨミぃっ♡」

ツクヨミ「んにゃぁぁぁっ♡ 出してぇっ♡ ヤマトっ、ヤマトっ♡ んあっ、あっ♡ にゃんぁっ!♡」

俺はツクヨミの腰を掴んで、一番奥まで、子宮口にチンコを押し付けてっ!
出っ........♡

びゅ~~~~~っ♡ びゅるびゅるびゅるびゅるびゅるっ♡ びゅぶ、びゅぶんっ、びゅぐびゅぐっ♡

俺「かぁっ.......!!! あ.........! ふぁっ............♡」

ツクヨミ「んにゃっ、出てるっ、にゃぁっ♡ ヤマトのっ、ぁっ...........♡ んぁ、にゃ.........♡」

人生で感じたこともないほど深い絶頂。
物凄い量が出て、腰が抜けて、俺はほとんと気絶するみたいな形でツクヨミに覆いかぶさった。
そのまま2人でベッドに倒れ込んで、2人でしばらく絶頂を味わう。

俺「あ、あ............んっ、ぐ.............♡」

ツクヨミ「にゃ............はぁ、ふっ、ふぁ..............♡」

ツクヨミが俺の顔の方を見てきたので、それに答えて俺はキスをした。

ちゅ、ちゅる、ぺちゃ、ぢゅぷ、ぷちゅ、れろれろ...........♡

あ、ふぅ............気持ち、いい.............



次の朝起きると、いつも通り俺の横にはツクヨミがいた。

ツクヨミ「んにゃ..............ヤマトさぁん.............♡ おはよぉ...........♡」

でもいつもと違ったのは、そこにいるのは少し珍しい喋る俺のペットではなく、俺の恋人だということだ。
俺はツクヨミの腰を抱き寄せて、キスをした。

ちゅ、ちゅぷ、ちゅ、ちゅぅ...........♡

ツクヨミ「ん、んぅ、ふぅ、ん..............ぷはぁ...........♡ はぁ、はぁ.............♡ ヤマト~.........♡」

俺「ツクヨミ.........好きだ、ツクヨミ....................これから、ずっと一緒だ........♡」

ツクヨミ「んん~............♡」

そのままなし崩しにもう一回交尾をしてしまい、その日俺の家の獣医は開店が30分遅れてしまったのだった。



それからしばらくして、かわいらしい黒猫が沢山いる獣医が有名になったのは、また別の話である...........




13 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 06:40:07.73h/eO9laU0 (7/21)

~竹倉大和とツクヨミ、終わり~

途中『射精』を『ヤマト主砲発射』と書こうかと思いましたが、やめました。


14 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 06:40:36.39h/eO9laU0 (8/21)

主人公の性別、名前、年齢、仕事、性格、生活、下1(場所は日本、時は現代)


15 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 06:43:48.34h/eO9laU0 (9/21)

こんな感じでオムニバスしていきます。
主人公の性別、名前、年齢、仕事、性格、生活、下1(場所は日本、時は現代)


16以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/16(水) 07:04:28.29u652erRI0 (2/2)

主人公の性別 男
名前 影山 夏樹(かげやま なつき)
年齢 11
仕事 小学生
性格 内気で大人しい
生活 両親が仕事で忙しく家ではペットと過ごすことがほとんど



17 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 07:08:24.49h/eO9laU0 (10/21)

飼っているペット。性別は♀(無い種類の場合は無性)、種類、性格、名前、見た目、年齢、身体的特徴(体型や、模様など)、飼い主>>16に対する感情や気持ち、どんな形や経緯で飼い主と関係を持つか(人化(人化具合や見た目、なぜそうなってしまったかも。なるべく人間要素が少ない方が>>1的には書きやすいです(ケモフレ<モン娘<ズートピア=獣)が、例えば貝がそのまま大きくなって精子を搾り取る描写なんかは書けません(ただし、そんなふうに書かれた時は頑張って書きます))、巨大化、発情、告白、押し倒し、飼い主の方から、etc…)

複数匹飼っている場合は1レスの中に複数匹入れてください。下1


18以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/16(水) 08:16:26.73LNS0brIA0 (1/1)

飼っているペット 犬
種類 大型犬 (種類特定ならゴールデン・レトリーバー)
性格 おっとりして人懐っこい
名前メリー
年齢5歳
身体的特徴 体毛が普通よりモフモフ
飼い主>>16に対する感情や気持ち 主というより可愛い家族
どんな形や経緯で飼い主と関係を持つか  人化レベルは二足歩行が可能レベル(主人が初めてオナニーしてるのを目撃したとに、なぜかこうなった)
ある夜にまたベッドの中で隠れてオナニーしている主人を見て愛おしさが湧きだしてベッドの中に潜り込む




19 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 17:42:58.31h/eO9laU0 (11/21)

ぼくの名前は、影山夏樹。
いま、小学5年生。
お母さんとお父さんは仕事で忙しくて、ぼくはいつもメリーと2人きりなんだ。
メリーはゴールデンレトリーバーの女の子。
お散歩も毎日一緒に行くし、一緒に遊んだりもする。
それに毛が他の子よりももふもふで、お母さんもお父さんもいない寂しい夜はよく一緒に寝ているんだ。
でも、このまえ恥ずかしいことがあってからは一緒に寝てない......
なんであんなことしちゃったんだろう.......

ここ最近、ぼくは一ヶ月くらい前に友達と一緒に川原でエッチな本を見つけちゃってから、おまたが痛くなることが多かった。
おちんちんが大きくなって、なんだかぬるぬるしたものが出てくる。
けれども、手で握ってごしごしすると気持ち良くなってびゅって白い物が出るんだ。
スマホで調べたけれど、これってオナニーっていうんだって。
びゅってするのは射精、白いものは精子っていうみたい。
最近は毎日メリーと一緒に寝る前にトイレとかお風呂、自分の部屋でオナニーしている。
気持ち良くて、止めることができないんだもん.......

一週間前、ぼくはスマホで女の子の水着の写真とか、女の人が水着の格好をしている写真とかを見ながら(スマホの年齢制限により一定ラインを超えるエロ画像は表示されない)オナニーをしていたんだけど、びゅってする時にちょうどメリーが勝手に扉をあけて部屋に入ってきちゃって、思い切り見られながら、目の前でびゅっびゅしちゃった。
しかもびゅってした物がメリーの顔にかかって、メリーは驚いたり嫌がったりはしなかったけど、ぼくはなんだかとっても恥ずかしい思いをしたんだ。

それからずっと、オナニーをする度にぼくの頭の中には顔にドロドロしたものが付いたあの時のメリーの顔とか、もふもふのメリーの毛とか、あったかい身体とかが浮かんじゃて、結局メリーを思い浮かべながらびゅっびゅしている。
ぼくはメリーを今まで通りの目で見れなくなっちゃった。
だから、メリーがおねだりしても恥ずかしいから一緒に寝たくないし、お散歩はするけどメリーのふりふりしているお尻を見るたびにおちんちんが硬くなってしまう。

今日もまた、ぼくは布団を被ってスマホでメリーの写真を眺めながら、オナニーをしていた。
もう女の子の水着姿なんて見る必要はない。
メリーの身体で射精出来ちゃう。

ぼく「あ、イく、イくっ、はぁ、はぁ、はぁっ..........メリー.........!」

その時、突然ベッドに何かが入ってきた。

メリー「くぅん♡」

ぼく「め、メリー.......!? あ、あっ、ダメっ........!」

びゅっ♡ びゅぶっ♡

メリー「きゃぅぅ..........♡」

布団の中に突然現れたメリーにおちんちんの上に乗っかられて、ぼくは思わずびゅっびゅした。
精子が口を開けたメリーにかかって、メリーはそれを美味しそうにぺろぺろと舐めて飲んだ。

ぼく「あ、え.........ぅっ........♡ め、メリー............?」

メリー「きゅぅん..........♡」

次の瞬間、メリーはぼくのおちんちんをパクリと食べた。



私はメリーといいます。
最近うちのなっちゃん(夏樹)が性に目覚めたらしく、よく私に隠れては自慰をしているようです。
私がそれに気づいたのは、なっちゃんの部屋の中から苦しそうな声が聞こえたため私が前脚で取っ手を捻り部屋に入ったところ、突然精液が顔にかかってきました。
どうやら絶頂寸前だったところに不意に私が入ったせいでこんな事になってしまったみたいです。
なっちゃんの精液はぷりぷりとしていて、幼いながらも濃い雄の匂いと味をしていました。
どうやらなっちゃんはその事が相当恥ずかしかったらしく、なんと私と一緒に寝てもくれなくなりました。
少し寂しかったですが、あの時なっちゃんの精液を顔に被ってから後ろ足でスムーズに歩けるようになり、妙に洗礼された思考回路を持てるようになった私はその様子がとてつもなく愛おしく思えました。
なんだか自分の子供みたいで、母性がくすぐられるというか、なんというか。
それに少しなっちゃんが何を自慰の種にしているのかスマホを操作してみたところ、少し前までは同族の女の子の写真などを調べていたみたいですが、最近、つまりここ一週間になってからはずっと私の画像ばかりを見ているみたいです。
まあ、もしかしてなっちゃんは私に発情をして.........?
嬉しい.........♡
これは責任を取らなくては。
その日の夜、私は布団の中で自慰をしていたなっちゃんのところへ突撃しました。




20 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 17:49:08.09h/eO9laU0 (12/21)



ちゅぽっ、ちゅぽっ、ちゅぽっ、ちゅぽっ、ちゅぽっ♡

ぼく「あぁぁぁあぁぁぁぁっ♡ やめっ、やめてぇっ、めりぃっ♡ おちんちんとけちゃぅぅうううぅうぅぅっ♡」

メリー「............♡」

ちゅっぽ、れろ、れろれろ、じゅるるるるるっ♡

ぼく「あああああああああっ♡」

びゅっ♡ びゅびゅびゅぅっ♡

メリー「きゅぅん、くぅん...........♡」

ごくごくと、ぼくの精子を飲むメリー。
なんだか凄いいけない事とかをしている気がして、ぼくは一回メリーを突き放そうとしたけど、気持ちいいのとメリーの力が強いのとで全然出来なかった。
ぷはぁ、と口を離したメリーは、口を開けてぼくに全部飲んだことを見せた。

ぼく「め、メリー...........なんで、こんなこと..............」

分からないけれど、すごいいけない事をしちゃったと思って、ぼくは涙が流れた。
その涙をメリーは舐めとって、ぼくの上にのしって乗った。

ぼく「あう、メリー........? ................な、なんか、熱い、物が..........?」

メリー「わぅ............♡」

おちんちんにぷちゅぷちゅと熱くて柔らかい物がキスをしているみたいになっている。
メリーのお口は目の前にあるなら、このおちんちんに当たっているのは、なに...........?

ずぷ........

ぼく「ぅ、うあぁぁぁぁあぁぁあっ!?」

メリー「っ、きゅ...........♡ きゅんんんん..........♡」

ずぷ、ぷちゅちゅちゅ........ブチッ.........♡ ずぷ、じゅぷ、ずぷぷぷ...........♡

おちんちんが何かに飲み込まれて、もまれた。
なに、こ、れ.........?
あぅ、気持ちいい。

おちんちんが全部何かに入った。
もふもふの毛が、こしょこしょとぼくの肌をくすぐったくする。

ぼく「はーーーっ、はーーーーっ♡ あっ、メリー、ダメぇ.......!」

メリー「んくぅ........♡」

ぼく「んむ.........!?」

ちゅ、ちゅぅ、ちゅぷ.........♡

メリーがキスをしてきて、逆らえないぼくはそのまま受け入れる。
お口も、おちんちんも、身体も暖かくて、全部気持ちいいぃ...........♡

ぼく「んんん~~............♡ ん~んぅぅぅぅ...........♡」

メリー「ん、ぅぅ、フゥ、フゥ...........ん、くぅん、くぅん.........♡」

ぼく「んんんんんんんんん~~~~♡」

びゅびゅびゅびゅびゅびゅ~~~~っ♡

メリー「きゅぅ.........♡」

また射精しちゃった。
結局、この暖かいのなんなんだろう...........
そう気持ち良くなりながら考えていると、メリーがぼくの上からおりて、布団の上にゴロンとお腹を見せて寝転がった。
息はハァハァと荒くて、なんだかとってもえっちだ。
その時、ぼくはメリーの脚と脚の間から白い物がとろぉと流れているのが見えて、もしかしてさっき暖かったのはここなんじゃないかと思って、毛をかき分けてみてみた。
すると、お尻の穴よりもお腹よりのいちに、ぷっくりとふくらんだ割れ目見たいのがあって、そこからはトロトロと精液と、甘い匂いがする不思議な物が出ている。
また、気持ち良くなりたい。
ぼくはメリーに覆いかぶさって、抱きつくみたいな形になった。
おちんちんにメリーの熱い場所があたる。
またいれたい。

メリー「わんっ.........♡」

いいよ、というみたいにメリーが言ってくれて、ぼくはおちんちんをそこにいれて、腰を落とした。

ずぷぷぷぷぷんっ♡


21 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 18:29:28.41h/eO9laU0 (13/21)

ぼく「んぁぁぁぁっ♡ ぁぁぁっ、んあっ♡ 気持ちいいいいいっ♡ メリぃぃぃぃぃぃぃっ♡」

メリー「きゃんっ、きゃぅんっ、きゃんっ、きゃぅぅ、くぅん♡」

じゅっぷ、じゅっぷ、じゅぷ、じゅぷ、ずっぷずっぷずっぷずっぷ♡

腰が勝手に動いて止まらない。
すごいおちんちんが幸せ。
あ、あ、あ、

ぼっちゅ、どっちゅ、どっちゅ、どっちゅ、ぱちゅっ、ぱちゅんっ♡♡♡

ぼく「んぁっ、んあ~~~~っ♡ メリー好きぃっ、好きぃぃぃ♡ 大好きぃぃ♡」

メリー「わんっ、わきゅぅんっ♡ きゅぅっ、くんっ、くぅんっ♡ わぉんっ♡」

また出ちゃう、でちゃうっ♡
メリーの中にでちゃうっ♡
出したいっ、出したいっ♡ 出したいっ♡ だいすきぃぃっ♡

ばちゅん! ばちゅんっ♡ どちゅんっ♡ ずぷ、ずぷぅっ、じゅぽんっ♡

ぼく「ぅあああぁああっ、ああああぁあああぁあああっ♡」

メリー「きゅぅぅんっ♡ くぅぅうぅぅぅぅぅんっ♡」

ぼびゅっ、どびゅっ、どびゅっ、ぴゅっ、ぴゅぅぅぅっ♡ びゅるるるるるるる~っ♡

腰をぎゅって押し付けて、おちんちんとメリーのおまたでキスして、ぼくはたくさんびゅーびゅー出した。
凄い気持ちいい........
とっても、気持ちいい..........♡

も、出ない.........♡

ぼく「はぁ、はぁ............はぁっ.............♡」

ぼくがおちんちんを抜くと、メリーのおまたからどぽぉって精子が溢れてきた。
凄い疲れちゃった........
ぼくがそのままメリーの上に倒れ込むと、メリーはまるでお母さんがするみたいにぼくのことをなでなでしてくれた。
とても暖かくて、気持ちいいメリーのお腹。
ぼくはそのままメリーを布団にして眠った。



次の朝起きた時、メリーはおはようなでなでしてくれていた。
そのまま一回布団の中でえっちして、一緒に朝のお散歩をしている間にフリフリと振られるメリーのお尻がえっちで思わず物陰でえっちしてしまった。
そのどっちのえっちも、メリーは優しく受け入れてくれた。
なんというか、これって恋人というよりもお母さんみたいだなぁ.......
帰ってきて学校に行く前にえっちして、学校から帰ってきてえっちして、また寝る前にえっちした。
すごい気持ちよかった。
これからもずっと、メリーと一緒にいたいなぁ........♡



なんて愛おしいんでしょうなっちゃんは。
一生懸命腰を振って、びゅーびゅーして、私のことを好きと言ってくれて.........♡
もうなっちゃんは私だけのツガイです。
絶対に離しませんからね。
これからも私がずっとお世話をしてあげますから。
好きな時に私と交尾をしたいと言ってください。
好きな時に私の中に出してください。
まだお料理は作れないけれども、最近フライパンが持てるようになりました。
いつかなっちゃんのお母さんみたいに、おみそしるを作れるようになりたいですね.........♡



それから数年後、大学に上がった夏樹がメリーとその子供達と一緒に一人暮らし(?)を始めるのは、また別の話である.........




22 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 18:30:04.96h/eO9laU0 (14/21)

~影山夏樹とメリー、終わり~


23 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 18:30:33.36h/eO9laU0 (15/21)

次の主人公の性別、名前、年齢、仕事、性格、生活、下1(場所は日本、時は現代)


24以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/16(水) 18:35:19.756Sfa9QiPO (1/1)

性別女
、名前 金田一 綾子
年齢 21
仕事 大学生
性格 傲慢不遜のお嬢様口調しかし動物に優しい
生活 とあるお嬢様 大学では孤独だが気にしない 爆乳で安産型 乗馬が趣味


25 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 18:45:06.44h/eO9laU0 (16/21)

飼っているペット。性別は♀(無い種類の場合は無性)、種類、性格、名前、見た目、年齢、身体的特徴(体型や、模様など)、飼い主>>16に対する感情や気持ち、どんな形や経緯で飼い主と関係を持つか(人化(人化具合や見た目、なぜそうなってしまったかも。なるべく人間要素が少ない方が>>1的には書きやすいです(ケモフレ<モン娘<ズートピア=獣)が、例えば貝がそのまま大きくなって精子を搾り取る描写なんかは書けません(ただし、そんなふうに書かれた時は頑張って書きます))、巨大化、発情、告白、押し倒し、飼い主の方から、etc…)、言語の習得具合(喋れるか喋れないか、理解できるか理解出来ないか)下1


26 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 18:45:46.69h/eO9laU0 (17/21)

飼っているペット。性別は♂(無い種類の場合は無性)、種類、性格、名前、見た目、年齢、身体的特徴(体型や、模様など)、飼い主>>16に対する感情や気持ち、どんな形や経緯で飼い主と関係を持つか(人化(人化具合や見た目、なぜそうなってしまったかも。なるべく人間要素が少ない方が>>1的には書きやすいです(ケモフレ<モン娘<ズートピア=獣)が、例えば貝がそのまま大きくなって精子を搾り取る描写なんかは書けません(ただし、そんなふうに書かれた時は頑張って書きます))、巨大化、発情、告白、押し倒し、飼い主の方から、etc…)、言語の習得具合(喋れるか喋れないか、理解できるか理解出来ないか)下1


27 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 18:47:14.10h/eO9laU0 (18/21)

三回目申し訳ありません。

飼っているペット。性別は♂(無い種類の場合は無性)、種類、性格、名前、見た目、年齢、身体的特徴(体型や、模様など)、飼い主>>24に対する感情や気持ち、どんな形や経緯で飼い主と関係を持つか(人化(人化具合や見た目、なぜそうなってしまったかも。なるべく人間要素が少ない方が>>1的には書きやすいです(ケモフレ<モン娘<ズートピア=獣)が、例えば貝がそのまま大きくなって精子を搾り取る描写なんかは書けません(ただし、そんなふうに書かれた時は頑張って書きます))、巨大化、発情、告白、押し倒し、飼い主の方から、etc…)、言語の習得具合(喋れるか喋れないか、理解できるか理解出来ないか)下1


28以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/16(水) 19:06:11.23pgnGZA0qO (1/1)

飼っているペット 狼
性別は♂
性格 荒い
名前 ウルフ
見た目 目がきりっとしたイケメン狼
身体的特徴 灰色、意外と大きい
飼い主>>24に対する感情や気持ち、どんな形や経緯で飼い主と関係を持つか  犯して屈服させたい。一緒にシャワーを浴びたところを襲う



29 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 22:38:01.67h/eO9laU0 (19/21)

わたくし「はぁ............あーあ、クラスメイトがウザいですわ」

わたくしは髪を弄りながらそう独り言をこぼしました。
髪を摘んでいた手を離すと、ばよんばよんと縦ロールがバネのように跳ねた。
わたくしは金田一綾子(きんだいちあやこ)。
とある大企業の令嬢ですのよ。
そしてさっきの独り言は、うっっっざいクラスメイトに向けた物ですの。
わたくしは大企業の令嬢、それゆえ甘い蜜を吸おうとすり寄ってくる友人気取りの庶民が五月蝿いのですわ.......
あんな友人なら、いない方がマシですの。

わたくしは自宅の門を開け、出迎えた執事にドレス、カバンなどの荷物を渡し、乗馬の装備を装着してもらったのですわ。
わたくしの趣味は、乗馬。
わたくし自慢のサラブレッド、ランゲルハンス号が火を拭く時間ですわよ!



ぱっこぱっこぱっこぱっこぱっこ.......

わたくし「いくのですわ~ランゲルハンス号~」

ランゲルハンス号「ブルル」

優雅な乗馬の時。
わたくしはいつも通り父様の所有物である森の中をランゲルハンス号にまたがり、ゆっくりと散歩をしておりました。
すると、どこからか遠吠えが聞こえてガサガサと藪が揺れ、何かが飛び出てきましたの。

?「わぅんっ!」

それは目つきの悪い灰色の狼で、驚いたランゲルハンス号が嘶きましたの。

わたくし「どうどうどうどう、どう、ど~うどうどう........こらウルフ! わたくしが乗馬している時はいきなり飛び出してはいけないと言いましたわよね?!」

ウルフ「くぅ~~ん.........」

わたくしが叱り付け耳を伏せたこの狼の名はウルフですわ。
何年か前に森の中で見つけて、拾ってわたくしが躾けたのですわ。
名前が適当な気がしますが、こうやって呼んでいたら定着してしまったのですの。

わたくし「よい、しょっと.........さてウルフ。今日も遊びますの?」

わたくしが下馬をしてバックの中からテニスボールを取り出すと、ウルフは耳をピンとたて、嬉しそうにバタバタと尾を振ったのですわ。




30 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 22:39:35.12h/eO9laU0 (20/21)



わたくし「あああ~、今日も一日疲れましたの! さ、ウルフ。今日は一緒にお風呂に入りますわよ!」

ウルフ「ウォッフ!」

わたくしは馬具を全て執事に渡し、下着を洗濯籠に放り込んでウルフと一緒に風呂場に入りましたの。
2人揃って泥まみれ、これはしっかり洗わないといけませんわね。
まずは泥が浮かないようにわたくしの身体を軽く流して、次にウルフの毛を軽く洗う。
それから、庶民のものよりは何枚も大きいバスタブへと足を入れましたわ。

わたくし「ふぅぅぅぅぅ.............ってウルフ! こら飛び込まない! っっぶっはぁっ!」

ドブーン!

ウルフ「わぅぅぅぅん...........♪」

わたくし「ウルフこら! こらウルフ! あなたはコラー!」

ウルフ「くぅ~ん.............」

それにしてもなんとも極楽の湯ですの..........
疲れ切って泥まみれになった後の湯は、本当にエリクサーですわ。

わたくし「さて、本格的に身体を洗いますわよ」

ウルフ「わおん!」

わたくしが湯船から降りると、ずっと犬かきをしていたウルフも後をついてくるように湯船を飛び出ましたの。
すると、その股には赤い棒状のものがぶら下がっていましたわ。

わたくし「ちょっと~、ウルフ。おちんちんが出てますわよ?」

ウルフ「わぅ?」

わたくしがブラシにボディソープをつけると、ウルフはわたくしの前にペタンと座り込んで洗われる体勢になりましたの。

ゴシゴシゴシゴシゴシゴシ、ガッシュガッシュガッシュガッシュ.........

ウルフ「わぅぅぅぅぅ............♪」

ついでに柔らかいスポンジやシャンプーブラシで自分の身体や髪も洗う。
もちろん使うシャンプーは庶民が式典の前日に使うぐらいのお高いものですわよ。
わたくしはしっかり髪が絡まらないように洗った後、まずはウルフの泡を洗い流してから、自分の身体の泡を洗い流した。

シャワワワワワワワ.............

わたくし「ん、ふぅ................♪」

シャワワワワワワワワワワワワァ..................

そうしてわたくしがシャワーを浴びていると、何か熱くて柔らかい物が内腿に触れた。

ぴと......

わたくし「ん............?」

ずりゅ

わたくし「はぅ!?」


31 ◆b6RliPUDMY2020/09/16(水) 22:40:03.73h/eO9laU0 (21/21)

突然、それがわたくしの秘所に当たり、水っぽい音を立てて擦られた。
わたくしは突然のそのくすぐったい感覚に、思わず崩れ落ちて膝をついたのですわ。

わたくし「な、なに、が............ウルフ...........?」

ウルフ「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ.............」

後ろにいたウルフを見ると、その股間にはぶるんぶるんとおちんちんがぶら下がっていて息が荒くなっている。
もしかして、今、わたくし舐められたのですの.........?
............様子がおかしいですわ..........
そう思っていた時、

べろ

わたくし「っふぅんっ!?」

ウルフがわたくしの秘所に鼻先を埋めて思い切り舐めましたの。
や、やっぱりさっきのはウルフに舐められて........!

わたくし「や、やめ、あ、あっ、ふぁ、あぁ...........!」

べちゅ、れろ、れろ、べろぉ、ぢゅぷ、ぢゅろ

ウルフ「はふ、はふ、はふ、はふ、はふ、はふ」

な、なにを、して、ウルフ.........
わたくしは今、何をされて.........?
わたくしがその不思議な感覚に混乱してうずくまったまま何も出来ずにいると、急にウルフの舌が離れましたわ。

わたくし「はっ、ぅ..........う、ウルフ...........あ、あなた、自分が何をしたか、分かって...........」

ウルフ「わふ」

ガッ、とウルフがわたくしの腰に手を当てて、マウントを取るような形になりましたわ。
カクカクとウルフの身体が震えていますわ。
え、これ、って。

わたくし「や、止め............やめっ、ウルフ! 待て! 待てですわっ! 今すぐに止めっ、あ」

ずぷん




32 ◆b6RliPUDMY2020/09/17(木) 00:28:56.62DVyDppw00 (1/5)



俺の名はウルフ。
狼だからウルフだとさ。
ハッ.........安易だろ?
まあ他に狼はいないから不満はないがよ。

俺は今アヤコというメスの人間に服従して「飼われている」。
俺が森で大怪我して死にかけている時に拾ってそれから怪我も治してくれた生命の恩人ではあるんだが、それだけだ。
俺よりも弱いくせに威張り腐って、まるで主人みたいな態度を取るこいつの下に着くって言うのは趣味じゃねぇんだ。
じゃあなんで飼われているかって言うとな、このアヤコってメスがそりゃあそりゃあ極上のメスなんだ。
乳は大きく、尻もデカい。
よっぽど肥え肥えした家畜みたいな生活を送ってきたのか肉付きも良くて、何匹でも何十匹でも仔犬を産んでくれそうだ。
俺はいつか下克上を狙っている。
.......屈服させて、俺だけのメスにしてやる...........

そしてとうとうその時が来た。
なんで今までやらなかったと言うとなかなか発情期とチャンスが重ならなかったからだ。
アヤコが無防備になる時とは、近くにあのヒツジとかいうオスがいない時、そして何も着ていない時だ。
なんで俺がヒツジを忌避しているかというと、あいつは強いからだ。
敵意を向けようとすると本能が警笛を鳴らす上に、怪我が治りかけの時だったとはいえ暴れた俺を素手で押さえつけた事もあるからな。
あいつなんだよ強すぎんだろ。
まあ、要はアヤコが無防備の時ってのは湯に入る時だ。
大きい湯が満ちた池に入る時はヒツジも近くに居ねえし、邪魔なあの布も着ていねぇ。
あの池気持ちいいんだよな。
警戒心がないのかよく俺も入れてくれるんだが、何が悪いのかその時と発情期が重なった試しが無かったんだ。
しかし、今日俺はギンギンに発情がキまってる。
それに泥をかぶったりかけたりしたらまんまと湯の池まで誘い込みやがった。
よっぽど俺に犯されてぇのか?
さぁ、お利口さんも今日までだ。
このメスを、屈服させて俺のメスにする。
そう思いながら舌でマンコを舐めてやるだけで直ぐに濡れやがった。
やっぱり待っていたのかこのマゾメスがよぉ。

俺はマウントをとり、チンコを当てがった。




33 ◆b6RliPUDMY2020/09/17(木) 03:25:21.33DVyDppw00 (2/5)



わたくしの静止も聞かずに、ウルフは腰を前に突き出した。
ずぷん、とウルフのおちんちんが入ってきて、ブチ、と何かを破いて、コツン、と奥に当たった。

あ..........わたくし、の............価値ある、処女、が...........
い、痛い........痛い、痛い、痛い、いた.......

ズッ

わたくし「あ゛ぁあっ!?」

ウルフ「ふっ、ふっ、ふっ.........♡」

そのままウルフは腰を何度も何度も動かし出しましたわ。
何度も、何度も、ごっつ、ごっちゅ、と。

わたくし「あ、あぁぁぁぁぁ...............! た、助け、てぇ、誰、か............! やめ、て、ウル、フ、なん、で............!」

ウルフ「くぉんっ、くぅぅん、ふっ、ふっ、ふぅっ...........! ぅおあんっ♡」

ずっちゅ、ずちゅ、ぱちゅ、ぱちゅ、ずちゅ、ずちゅっ、ぱちゅんっ、ずちゅぷっ♡

わたくし「んぁ、あ、はぁっ、かっ、けふっ、あっ、あああ、ぅああああああっ...........んぁぃっ!?♡」

ウルフ「ぅおんっ、わぅ、わふっ、わっふ、ふぅっ、ふぅぅっ♡」

最初はただただ痛くて気持ち悪かったのですわ。
大きくてぬるっとした熱い異物が勝手に入ってきて、わたくしの意思とは関係なくわたくしの中を行ったり来たりして、ただただ、嫌でしたの。
でも、なんというか、ずっとそうされている内に、わたくしはちょっとずつ気持ちよくなって行きましたわ。
奥をこりこりされるたびに腰が跳ねて、壁をずりゅずりゅ擦られるとぷしゃあとお漏らしのようなものをしてしまう。
なんで、こんな、嫌だと言いますのに。
あ、あ、あっ、んぁ、あ、ぅあ、あ、ああ............♡

わたくし「んぁっ、はぁぅ、あぅっ♡ んぅぅっ♡ あっ、あんっ♡ はぁんっ♡」

ウルフ「ふーっ、ふぅぅぅぅぅっ♡ わぅっ、わっふ、わぉおおぉっ♡」

ばちゅんっ♡ ぼちゅんっ♡ ばっちゅ♡ ばっちゅ♡ ばっちゅ♡

だめっ、感じちゃダメなのにっ、だめぇっ、気持ちいいぃっ♡
んあぁっ♡ ウルフのおちんちんっ♡ わたっ、わたくしのあそこっ♡
すごい気持ちいいっ♡ んぁあぁぁっ♡ 頭おかしくっ、な、るぅっ♡ んぇあっ♡

もうわたくしは堕ちてしまいましたの。
ウルフのおちんちんに犯されて、処女を奪われて、気持ちよくなってしまいましたの。
もう、なんにも考えられない。
ただウルフのおちんちんだけがわたくしを支配しておりましたの。

その時、上に乗っていたウルフが突然降りて、向こうを向いた。
もちろん、繋がったまま。
この体勢を、わたくしは知っていましたの。
犬の交尾の時、犬が射精をする時の、体、勢..........

わたくし「ダメっ、だめぇっ、うるふぅぅっ♡ 本当にだめっ、それだけはっ、あっ、ぜ、絶対にひぎぃぃぃっ♡ やめっ、とめてぇぇぇぇぇっ♡♡♡」

ウルフ「わぅっ、わふっ♡ わぉんっ♡ ぅおぅぅんっ♡」

びゅ~~~~~~~~~♡ びゅっち、びゅちびゅち、びゅぅぅ~♡

わたくし「あ、あ゛ぁぁぁぁぁ、ぁ..............♡ ぁ、う、ふぁ..................中、に.............♡ れ、て、ぇ..................」

ウルフ「~~~~~~ッ............! ..............っ、フーーー............♡」

お尻を離そうとしても、ウルフのおちんちんの根本のコブがわたくしの秘書の入り口に引っかかって抜けませんでしたの。
というより、多分抜けないようにするためのコブなのでしょう。
ウルフの精液が、際限なくわたくしの中へたっぷたっぷと溜まっていくのがお腹越しでも分かりますわ。
ああ..........もう、わたくし...........お嫁に、行けませんわ.................♡

ウルフ「...........................うぉふ.........♪」




34 ◆b6RliPUDMY2020/09/17(木) 03:42:15.12DVyDppw00 (3/5)



ちゅぷ、ちゅぷ、ちゅぷ、ちゅぷ、ちゅぷ..........♡

やあ、テメェら。
俺だ。
狼のウルフだよ。
俺がアヤコを襲ってから一週間が経った。
え、あれからどうなったかって?
ああ、見ての通りだよ。
俺の股間に顔を埋めて嬉しそうにチンコを舐めているアヤコに、腹を出してソファで偉そうにしている俺。
その通り。
下克上成功、主従逆転だよ。
他のやつから見たら、俺たちは変わらず『飼い主の令嬢』とその令嬢に拾われた『飼われている狼』に見えるだろうが、実は違う。
俺が『飼い主の狼』で、アヤコが俺に『飼われている令嬢』だ。
俺が勃起したチンコを見せつければアヤコは嬉しそうに舐め、射精すれば一滴残らず飲み干し、俺がマンコを舐めればどこでもスカートをたくし上げ俺に向かって尻を振る。
あー、気持ちいい。
めっちゃヤベェ征服感だわ。
んっ........! イクぞ.........!

びゅっ、びゅびゅびゅぅっ♡

アヤコ「んっ、んぐっ、れろ、んぷ..........♡ ごく、ごく、ごっく............ごくん.........♡」

目にハートを浮かべて、作り物の犬の耳をつけて、尻穴に作り物の尾を挿して。
見ての通りだ。
アヤコは完全に俺のメスになった。
さあ尻を上げろ。
俺に酔え。
俺に媚びろ。
俺にヨガれ。
俺に屈しろ。
俺の子を産め。
俺だけを愛せ。

....俺のペット、アヤコ。




35 ◆b6RliPUDMY2020/09/17(木) 03:43:21.46DVyDppw00 (4/5)

~ウルフと金田一綾子、終わり~


36 ◆b6RliPUDMY2020/09/17(木) 03:44:26.20DVyDppw00 (5/5)

一旦区切りです。
次のカップル募集はしばらく先です。
おやすみなさい。


37以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/17(木) 14:53:25.293NJkslVDO (1/1)

乙でした


38 ◆b6RliPUDMY2020/09/20(日) 16:18:34.76Cf/g7GRa0 (1/4)

次の主人公の性別、名前、年齢、仕事、性格、生活、その他etc....下1(全部書かなくても良いです。場所は日本、時は現代)


39以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/20(日) 16:29:13.19/fzydfUg0 (1/1)

性別女性
名前 水原 由香(みずはら ゆか)
年齢15
仕事中学生
性格気が小さく常にオドオドしている
生活家族と一軒家
その他学校でイジメにあって、不登校で引きこもり





40 ◆b6RliPUDMY2020/09/20(日) 16:33:47.51Cf/g7GRa0 (2/4)

飼っているペット。性別は♂(性別が無い種の場合は無性)、種類、性格、名前、見た目、年齢、身体的特徴(体型や、模様など)、飼い主>>39に対する感情や気持ち、どんな形や経緯で飼い主と関係を持つか(人化(人化具合や見た目、なぜそうなってしまったかも。なるべく人間要素が少ない方が>>1的には書きやすいです(ケモフレ<モン娘=ズートピア=獣)が、例えば貝がそのまま大きくなって精子を搾り取る描写なんかは書けません(ただし、そんなふうに書かれた時は頑張って書きます))、巨大化、発情、告白、押し倒し、飼い主の方から、etc…)、言語の習得具合(喋れるか喋れないか、理解できるか理解出来ないか)下1


41以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/20(日) 16:40:56.915Xgw+5igO (1/2)

種類 猪
性格 凶暴で手がつけられない
名前 ポーグ
見た目 栗毛の大猪 成人男性ほどある体格
年齢 5歳
身体的特徴 左目に傷がある
ピクニックに来ていた水原を犯して自分のメスにした
おどおどさせる原因となっている。水原を犯しているのが趣味
子どもを産ませようとさせている


42以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/20(日) 16:41:59.645Xgw+5igO (2/2)

言語は理解できるが喋れない


43以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/20(日) 16:44:21.99QPayOBMDO (1/3)

飼っているペット 蛇
性格 誠実で義理堅い
名前 ナギ
見た目ほっそりと長い
身体的特徴 灰色と茶色をベースに色々な色が混ざり会った体色
飼い主に対する感情や気持ち かつて怪我をしたときに水原が怪我を治したことをきっかけに庭に住む
一緒に寝たときにペニスみたいなのが生えていて、夢か現実か分からないままセックスをする


44以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/20(日) 16:46:09.49QPayOBMDO (2/3)

言語は理解できるが、言語は喋れるようになったのは最近


45以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/20(日) 16:47:37.44CdWk0y5o0 (1/1)

>>1に純愛のみと書いてるけど、流石に>>41で純愛は無理があるだろ


46 ◆b6RliPUDMY2020/09/20(日) 17:27:00.47Cf/g7GRa0 (3/4)

まあ混じりっ気のない愛情という意味ではある意味純愛........純愛?
>>1的には>>41でも良いと思うんですけれど、どうでしょうか?


47以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/20(日) 17:30:29.73QPayOBMDO (3/3)

>>41で構いません


48以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/20(日) 17:34:40.93boTjrw7G0 (1/1)

次回以降でもオドオド系の女性を主人公にしてもいいなら
いつか普通の純愛が見たい


49 ◆b6RliPUDMY2020/09/20(日) 20:44:43.77Cf/g7GRa0 (4/4)

よくよく考えたらペットじゃないですけど、>>39と>>41にします。


50 ◆b6RliPUDMY2020/09/26(土) 16:49:37.2392OJ1Ss80 (1/4)



私の名前は水原由香。
中学3年生なんだけど、今絶賛不登校中.......
いじめられて、引きこもって、不登校という形で逃げている。
引きこもりの人ってネトゲをやっているんだろうけど、私はそれすらやる元気がない。
ごろごろして、漫画を開いて、絵を描いて、テレビを流し見して.......

今日は平日。
最近、引きこもる以外に1つ趣味がある。
それは、ピクニック。
自分で作ったサンドイッチを持って、自転車に乗って、誰もいない静かな丘の上で1人の時間を過ごす。

...........でも、実は1つ問題があって...........

最初にピクニックに行ったのは、1ヶ月前。
あの時、全てが変わった。

~1ヶ月前~

私はネットで調べて、引きこもりの人に良いと書いてあったピクニックに出かけた。
キッチンでお弁当を作るために部屋を出た時には、お父さんもお母さんも驚いていた。
2人ともとても驚いて、喜んでくれた。
私がピクニックに出かけると聞いた時2人は最初心配して一緒に付いて来ようとしたけど、私は断った。
2人には申し訳ないけど、私は1人の時間を過ごしたかったから。
........その判断が、大間違いだった。



私「ふぁぁ...........癒される..............」

私はネットで調べた気持ちのいい丘にピクニックに来て、お弁当を開いて、木を背もたれにして風を感じながらお腹を満たしていた。

私「沢山作ってきて良かったぁ........まだまだ食べれそう.........ん.........?」

のす、のす、のす、のす.......

私「..............っひ............!?」

私が卵サンドに手を伸ばしたその時、森の中からとても大きな猪が出てきた。
二本足で立ったらお父さんよりも大きそうで、左目に大きな傷があって隻眼になっていた。

猪「フゥ...........フゥ............」

私「っ、あ..........え.........? ...............い、いゃ、ぁ...............っ」

猪を視認した私は、脳では危ないと思って逃げようと思っていたけれども、脚はまるで小鹿のようにガクガクして座ったまま後ずさる事しか出来なかった。
猪はゆっくり私の方に来て、鼻をブフー、ブフーと鳴らして私の匂いを上からつま先まで嗅ぎ回った。
前髪が鼻息の風圧で上がる。

猪「ブフー、ブフー...........!」

私「...........! ぅ...........!」

臭い。
ものっすごい、獣臭い........!
猪は私の匂いを一通り嗅ぎ終わったらしく、バスケットに顔を突っ込むとそのままバリバリとサンドイッチやリンゴを貪るように食べた。
とても美味しそうだけど、それ、私の......

この時逃げれば良かったんだけど、私は恐怖と混乱で相変わらず足が動かなかった。
いや、多分どうせ逃げていてもすぐ追いつかれていたと思う。
そう考えると、あのままじっとしていて正解だったと思う。


51 ◆b6RliPUDMY2020/09/26(土) 16:59:01.1492OJ1Ss80 (2/4)

バスケットの中を空にした猪が、私の方を向く。
そして、また鼻をくっつけるみたいに匂いを嗅いできた。

猪「ブフッ、ブフゥッ、フゴッ」

私「う、うぐ............ん..........!」

匂いが、耐えられない...............!
そう思っていた時、グニュ、と何かが私のお腹に当たった。

私「なに、こ、れ..........?」

熱くて、重くて、柔らかい何か。
私の腕よりも大きくて、ドリルみたいにグルグルしていて、赤くてグロテスクで、何かさきっちょから垂れている。
これ、もしかして、もしかしなくても.......猪のおちんちん........?

猪「ブフーッ、ブフーーッ.........!」

私「..................い、いやぁぁぁああぁあぁぁぁぁあああっ! だ、誰か、誰かたすけてぇぇええぇぇぇえぇぇぇぇぇっ! 誰か」

ドォンッ!

私「.............................ひっ............」

私が叫んだ時、猪の蹄が私の耳を掠めて木にめり込み、パラパラと木片が散る。
ギロリと片目が私を見下ろした。
騒ぐな、って、こと...........?

私「ご、ごめん、なさい..........も、もう、暴れま、せん............」

猪「................」コクリ

猪は言葉を理解しているみたいに無言で頷いた。
恐怖でガチガチと歯が鳴る。
怖い。
でも、騒いだら..........

ピト........

へんな形をしたおちんちんの先がパンツに当たって悲鳴を上げたかったけれど、騒いだら殺される。
私は口元を思い切り抑えた。

私「......~~~っ............!」

もう、逃げ道も無いし助けも来ない。
私は諦めて、深呼吸をして足を開いた。
せめて早く終わって.........お願い...........
パンツがおちんちんの先でズラされて、ぐっと割れ目に押しつけられた。

ずぷ


52 ◆b6RliPUDMY2020/09/26(土) 17:23:33.0892OJ1Ss80 (3/4)

私「はぁうぅうぅっ............!」

猪「ブフーッ、ブフーッ..........!」

ずにゅにゅにゅにゅにゅっ

私「っっっっっ!? っっっっっ~~~~!!!」

まるで別の生き物みたいにおちんちんが動いて、お腹の中の深いところまで入ってきた。
じゅんじゅん熱いおちんちんの先っぽが、お腹の奥で何かにぷちゅぷちゅと当たっている。

私「...............かっ、あ、ぁ.................! ふっ、あ.............!」

血がつぅっておまたから流れている。
痛みと、くすぐったさ? と、なんか変な感じでいっぱいで、私は何にも考えられなくなってしまった。
猪がその巨体を揺らして、私の中のおちんちんを動かす。

ずりゅりゅりゅりゅんっ、ずるるるるるるるっ

私「あっ、えぅ...........! んぇっ、あ..............はっ..............!」

猪「フゴッ.............フゴッ...........!」

一番奥まで入れられて、引きずり出されて、何度も、何度も、何度も。
ぺちん、ぺちん、とお尻に重くて熱い猪のきんたまみたいな物が当たっている。
そうやって繰り返される内に、なんでか私はちょっとずつ気持ちよくなっていった。
圧倒的な体格差と力で犯されて逃げられない状況なのに、少しずつ、確実に、体が気持ちよくなってきちゃってる。

私「あ、ぅ..........! はぁっ、うっ、はぅっ...........かはっ..............♡!」

猪「ゴフゥッ! ブフゥッ!」

ずりゅりゅりゅりゅりゅぅぅぅぅっ♡ ぞるりゅりゅりゅるるるんっ♡

ものすごい勢いでおちんちんが出たり入ったりして、すごい気持ちが良くて、私は何度も何度もお漏らししてしまった。
お漏らしだけじゃなくて、おしっこじゃない何かも何度も出た。
気づいたら私は、猪とおんなじように鳴いていた。

私「はひっ、はぅ、ひっ、ひぅぅぅっ♡ んひぃ、ひっ、はぐあっ♡」

猪「ブフッ、ブフーッ、ブフーッ♡」

猪はほとんど私の上にのしかかっていて、ミシミシとあばらが軋んで肺が圧迫される。
重い、苦しい..........!
で、でも...........

私「んっ♡ はぁ、はぁっ、はぁっ、はぁっ♡ かはっ、んぎっ、ひっ、ぐぇっ♡」

猪「バフゥッ! フゴッ、フゴォッ♡ ゴフゥッ♡」

き、気持ちいい...........ぃっ♡

どぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶっ♡

私「かぁっ、はぁっ、かはぁ...............♡」

猪「ブモォォォォッ..............♡」

突然猪が身体を震わせたかと思うと、お腹の中が熱いもので満たされた。
いっぱい........出されてる..........
これ、赤ちゃん出来ちゃうんじゃ..............?
あ.............私.............泣いてる..............

急に冷静になった私は、さっきまで気持ち良さに溺れて獣みたいに喘いでいた事を思い出して、虚しくなって、どうしようも無く悲しくなって、取り返しがつかない事に気付いて、私は涙を流した。

私「あ............あぁ..............ひぐっ...............ぐすっ.................」

それからしばらく、5分だったか、1時間だったか、猪は私の中に熱いものを注ぎ続けていた。

どぽ、どぽ.............ぶりゅりゅりゅりゅりゅ..................♡

最後になんだか変なものを注いでから、猪は私の上からのしりと退いた。
私がお腹に手を当てると、そこは熱くて、食べすぎたみたいに膨らんでいた。

猪「フーッ............フーッ.................」

私「.................」

栓をされているみたいに、私の中からは何も溢れてこない。
どうしよう、これ。
どうしよう.............

私が途方に暮れている様子を見たその猪は、満足したように鼻を鳴らして、来た時と同じようにゆっくりと森の中へと帰っていった。

~~


53 ◆DLsVqu3F.A2020/09/26(土) 18:23:37.0592OJ1Ss80 (4/4)



俺はイノシシのポーグ。
今メスを犯しているところだ。

メス「あ、ぅ..........! はぁっ、うっ、はぅっ...........かはっ..............♡!」

実はな、俺最近まで童貞だったんだ。
産まれて5年、俺の身体は他の奴よりも大きく丈夫で、森の中で俺よりも強い奴はいない。
ケンカの中で怪我をした左目こそ見えないが、俺は今いわゆる森のボスに座している。
だから実はツガイは選び放題なんだが、どのメスのイノシシと見合いをしてもなんというかこう、ピンと来なかったんだ。
しかし俺もいつポックリ逝くか分からないため、早い内に子孫を残したい。
そう思っていた矢先、俺は丘の上で食べ物を食べていたこいつを見つけたんだ。
風になびく体毛、透き通るような肌。
こいつはイノシシでこそないが、俺はチンコをビキビキに反応させてその時こう思った。
絶対にツガイにしたい、と。
そこからはスムーズだった。
騒ぐこいつを静かにさせて、交尾をした。
それだけだ。
それだけだけど、今では見ての通りほら。

メス「んっ♡ はぁ、はぁっ、はぁっ、はぁっ♡ かはっ、んぎっ、ひっ、ぐぇっ♡」

喘いでいる喘いでいる。
気持ち良さそうに喘いでいるな。
俺も気持ちいいぞ~っ♡
出るっ!

どぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶっ♡

メス「かぁっ、はぁっ、かはぁ...............♡」

俺「ぐぁぁぁぁあぁぁぁぁ..............♡」

あ~、射精やべぇぐらい気持ちいいな..............
って自分でもびっくりするぐらい射精時間長ぇな。
ぅ、ずっと気持ちいい................♡
はぁぁぁぁぁ.............孕めぇぇぇぇぇぇぇぇぇ....................♡

とても長い射精の後、俺は子宮の中に蓋をして精液が溢れないようにした。
これでチンコを抜いても一滴も漏れてこない。

メス「.........................」

メスは何が悲しいのか涙を流したまま呆然としている。
優秀な俺の遺伝子を注いでやったんだ、ありがたく思えよ?
俺はため息を吐いた後、スッキリして森へ戻っていった。