438以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/02(木) 23:38:14.36qe/sxodP0 (1/1)

来ヶ谷さん


439以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/03(金) 12:21:14.36JdXEBbLgO (1/1)

理樹(来ヶ谷さん…女装してる今一番会いたくない人に)

恭介「お、来ヶ谷か。」

来ヶ谷「おや、恭介氏と…ほう、理樹少年、いや理樹子くんか…」

理樹「やめてよ来ヶ谷さん…あんまり見ないで…」

来ヶ谷「ははは、君は実に可愛らしいからな、つい見てしまう。…しかし、理樹少年は何故また女装をしているんだ。」

恭介「俺が頼み込んだ。」

来ヶ谷「ほう、恭介氏が女子寮長と付き合い始めたと聞くが、その趣味はまだ持ち合わせていたのだな。」

恭介「それとこれは別枠だ。もちろん彼女はいるしまあ好きだが、それとは別枠に理樹は好きだし、鈴も好きだぞ。」

来ヶ谷「ホモ、ロリショタコン、シスコンぶりは健在と言うわけか。恭介氏もなかなかだな。私としては構わんがね。…しかし、理樹少年は頼めば女装してくれるのか。」

理樹「いやいやいや!半ば無理矢理やらされたんだよ。頼まれても普通はやらないから。」

来ヶ谷「なんだ、つまらんな。いっそこのまま男の娘路線でいけば良いのに。」

恭介「あ、良いなそれ。」

理樹「良くないよ!」

来ヶ谷「佳奈多くんがそっちの方が良いといってもかな?」

理樹「佳奈多さんはそんなこと言わないよ…」

来ヶ谷「どうだかな。ああいうタイプほど案外、というところもある。この前の女子会の時も……」

理樹「…何かあったの?」

来ヶ谷「…おっと、そろそろ時間だな、そろそろ行かねばならん。ではな、理樹少年、恭介氏。」

理樹「えっ、ちょっと、いったい何が…行っちゃったよ…何だったのかな…」

恭介「あとで二木本人に聞けば良いんじゃないか。」

理樹「…まあ、そうだね…」




理樹(その後、自販機で飲み物を買って貰って、練習場へ戻る時…今度は、>>440に会う。)


440以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/03(金) 12:41:43.16gWQuU9QDo (1/1)

クド


441以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/03(金) 18:45:45.02xCANSUxGO (1/1)

クド「あ、リキ!…わふ?どうしてそんな格好を…」

理樹「ちょっと…恭介にいろいろ…」

クド「恭介さん、何を?」

恭介「頼み込んだらしてくれた。」

クド「頼み込んだら…わふぅ…なるほど…」

理樹「いや、普通はしないからね?」

クド「そうですか…残念です。…それで、私はお散歩ですが、お二人は何を?」

理樹「ちょっと自販機で飲み物を買ってたんだ。今から練習に戻るところだよ。」

クド「わふー、それはお疲れさまです!最近佳奈多さんも頑張ってるみたいですから、応援してます!」

理樹「ありがとうクド。…あ、そうだ、クド、このあと暇?」

クド「はい、大丈夫ですが?」

理樹「練習見に来ない?よかったら。」

クド「良いんですか?」

理樹「良いよね?」

恭介「ああ、構わん。」

クド「なら、行きます!」



クド「…というわけで、よろしくお願いします!」

佳奈多「あら、クドリャフカ…見に来たのね。」

葉留佳「よっしゃー、はるちんの華麗なドラムさばき見せてやりますヨ!」

理樹「うん、やる気は十分だね。…じゃ、練習再開しようか…とりあえず、一曲聞いてもらおう!」



理樹「…どう?」

クド「>>442」


442以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/04(土) 01:55:17.86/fKF8ELuO (1/1)

ぱーふぇくと


443以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/04(土) 12:50:23.09P4dbKgDzO (1/1)

クド「すばらしいのです!短い期間でこれだけ楽器ができるなんてすごいです!寮長さんも歌がとっても上手なのです!」

あーちゃん先輩「ありがと、にゅふふ。」

理樹「ありがとう、クド。でも僕たちはまだまだ満足してないけどね。」

クド「そうなのですか?」

理樹「うん、本番に向けてまだまだ上手くなるよ。」

クド「わふー…すごい向上心です!さすがです!」

理樹「ありがとう。」

恭介「ふっ、当然だな。…よし、この調子で、どんどんいくぞ!」

葉留佳「いえーい!」

佳奈多「…はい…」



理樹(練習中…)

理樹「…あ、そういえば、佳奈多さん。」

佳奈多「…何?どうかした?」

理樹「…いや、昨日の女子会で佳奈多さん、僕がらみでなにかあった?」

佳奈多「…バンド関係ないじゃない。突然なによ。」

理樹「いや、さっき来ヶ谷さんに女装見られたときに、何か佳奈多さんの事で意味深なこと言われたから…何かなって…」

佳奈多「……何のこと?」

葉留佳「あー、もしかして、ビンゴの景品が理樹くんの女装写真で、それお姉ちゃんがもらったって話?」

理樹「えっ。」

佳奈多「…ああ、あれ…別に景品だから貰っただけじゃない。嫌かしら?」

理樹「>>444」


444以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/04(土) 23:31:14.04emR0sepG0 (1/1)

佳奈多さんだけはと信じていたのに……


445以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/05(日) 12:22:20.54UuP4wmyhO (1/1)

理樹「佳奈多さんまで、僕の事をそんな目で…」

佳奈多「直枝、違うのよ。これは景品だから仕方なく貰っただけで、別に私は棗先輩みたいに女装のあなたがかわいいとか、見たいというわけじゃないから。」

理樹「本当に?」

佳奈多「本当よ。ありのままのあなたが一番。こんな写真に興味は無いから…」

クド「あれ、佳奈多さん昨日の夜あの写真を…」

佳奈多「…」キッ!

クド「!?わ、わふぅ…な、なんでもないです」

葉留佳(うはー、クー公をこれ以上ないくらいに殺気に満ちたすごい目付きでにらんでますナ…)

佳奈多「…とにかく、私は棗先輩や来ヶ谷さんみたいに変態じゃないし、女装が良いとかそんなこと思ってないから。」

理樹「…じゃあその写真はちゃんと処分しておいてくれる?なんか嫌だからさ…」

佳奈多「………ええもちろん、ちゃんと責任をもって処分するわ。」

理樹「…本当に頼むよ?」

佳奈多「……もちろんよ。」

理樹「…うん、じゃあ、良いよ。…練習止めちゃってごめんね、再開しようか。」 
佳奈多(…なんとか、切り抜けたわね…クドリャフカが余計なことを言ったせいで危なかったけど…)チラッ

クド「!」ビクッ!

クド「わ、わふぅ…」ガクガク

佳奈多(…まあ、あの様子なら漏らすことは無いでしょう…)

理樹「…?佳奈多さん、まだ何かある?」

佳奈多「いいえ。やりましょう。」

理樹「うん…」







理樹「…ふぅ…もう遅くなってきたねー。」

恭介「今日はこんなものだな。」

理樹「そうだね…じゃ、今日はもう終わりにしようか。」

クド「わふー、おしまいですか。今日はありがとうございました!」

理樹「うん、いつでも見に来て良いからね。」

クド「はい!」

理樹「それじゃあ、今日は解散!みんな、ありがとう!」

佳奈多「…直枝、このあとあなたはどうするの?」

理樹「このあとは…>>446」


446以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/05(日) 14:51:35.11EVG6RsenO (1/1)

謙吾のとこへ行く


447以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/05(日) 18:13:19.10Ii11IKuwO (1/1)

佳奈多「宮沢のとこ?なんで?」

理樹「ちょっと、いろいろ話し合いたくて…」

佳奈多「…色々?なによ。」

理樹「うん、色々…男だけで話したいことが…」

佳奈多「……そう……わかったわ、なら、私はもう帰るわ。…行きましょう、クドリャフカ。」

クド「わふぅ…は、はい…」ビクビク

佳奈多(…まだ怖がってるわ…そんな怖かったかしら…あとで謝っときましょう…)



理樹(僕は謙吾のところにいく。)

謙吾「…理樹か、どうしたんだ、今日は。」

理樹「ちょっと、昨日の件で、また色々考えたくて。」

謙吾「昨日…ああ、二木と西園の話か。…よし、わかった、入れ。理樹。」

理樹「ありがとう!」




理樹「…さて謙吾、まずはきのうだけど、謙吾が言ってたはっきり振るっていうのも、女子寮長さんに言われた、葉留佳さんにやって貰った女子会で距離を詰めるっていうのも失敗したんだ…」

謙吾「ふむ、ダメだったか…それなりに自信はあったんだがな…それで、理樹は何か今は思い付いたのか?」

理樹「僕の案は…>>448」


448以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/05(日) 19:47:30.50RZokIYZoO (1/1)

誰になんと言われようと西園さんとは普通のクラスメイトとして接する
恋人は佳奈多さんだけだから


449以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/05(日) 20:35:47.76RNM0B0Swo (1/1)

謙吾「とてつもなく原点に帰ってきたな。」

理樹「うん、意外と基本だけどやってなかったよね。」

謙吾「明日からやるのか?」

理樹「うん、頑張るよ。」

謙吾「そうか。良いと思うぞ。俺は。とりあえず西園とお前の問題を解決するという考えは良いと思う。二人を仲良くさせるなら、そこからだろうからな。」

理樹「そうだね。…ちなみに、謙吾は何か案がある?」

謙吾「俺か…そうだな…いっそ二人で殴りあいの喧嘩でもすれば仲は深まるんじゃないか。」

理樹「それで仲が深まるのは男だけだよ…」

謙吾「そうか…」

理樹「…謙吾はさ、女の子に何回も言い寄られたことあるよね?」

謙吾「現在進行形で言い寄られてるな。」

理樹「どうしてるの?」

謙吾「ラブレターは一応読んでいるが、最近はほとんど返事は書いていないな…自分が好いている相手でもなければ、適切な距離感を保っているぞ。」

理樹「そう。やっぱり、適切な距離感だね、参考になったよ…うん、ありがとう。…じゃ、相談はこのくらいかな…」

謙吾「…そうか……よし、じゃあ理樹、俺と遊ぼう!」

理樹「うん、いいよ。」

謙吾「何をする?」

理樹「じゃあ…>>450」


450以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/06(月) 08:46:44.11/v17uHT9O (1/1)

野球拳


451以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/06(月) 15:18:53.58qQsY5teQO (1/1)

謙吾「野球拳か…ふっ、いいだろう。どちらかが全裸になるまでやる…それでいいか?」

理樹「うん、それでいいよ?」

謙吾「…では…いくぞ…ランナーになったらエッサッサ!」

理樹「アウト?セーフ?」

二人「よよいのよい!」

理樹 パー
謙吾 グー

謙吾「くそっ!負けた!」

理樹「やった!」

謙吾「くっ…では、胴着を脱ごう…まだまだ余裕はある…逆転をする!」

理樹「…よーし、この調子で…」

二人「よよいのよい!」

理樹 チョキ
謙吾 グー

謙吾「よし!」

理樹「そんな!…しかたないね、じゃあ僕も制服を脱ぐよ…」

謙吾「よし、このまま連続でかつ!」

二人「よよいのよい!」

理樹グー
謙吾パー
謙吾「よし!二連勝!」

理樹「うう…これで上半身裸だよ…」

謙吾「…ほう…」

理樹「…なに、どうしたの?」

謙吾「…いや、良いからだだなと。」

理樹「ふふ、鍛えた成果かな?よーし、どんどん行こう!」
勝者
>>452


452以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/06(月) 22:02:22.88LK3xx57o0 (1/1)

謙吾


453以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/07(火) 12:03:06.33x4wiDxZVO (1/2)





理樹「…これが…」

謙吾「…最後の勝負…」

理樹(あのあともどんどん進み、僕はパンツ、謙吾はふんどししか着けていない状態となっていた。)

理樹「それじゃあ…いくよ!」

謙吾「ああ…来い!」

二人「よよいのーー……よいぃぃぃ!」
理樹 チョキ
謙吾 グー

謙吾「よおおおおっし!」

理樹「うわああああっ!」

謙吾「俺の勝ちだ!…さあ理樹、約束通り、脱いでもらおうか。」

理樹「……くっ、負けたんだ…仕方ない……くっ…」

理樹(パンツを脱ぎ、僕が全裸になった。)

謙吾「…おお…ほう…これは…なかなか…」

理樹「なにその反応…ちょっと怖いんだけど…」

謙吾「思わず言っただけだ、そっち系のあれではない。」

理樹「本当に…?」

理樹(…などと話してると…)
ガチャッ
理樹「!?」

理樹(>>454が入ってくる。)


454以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/07(火) 14:33:29.71tnL0WNBqO (1/1)

佐々美


455以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/07(火) 16:05:27.24x4wiDxZVO (2/2)

佐々美「…宮沢さま、鍵が空いておりますので、入らさせていた…!?」

理樹「あっ…」

謙吾「さ、笹瀬川…」

佐々美「…な、なななな!?!?!?」

理樹(笹瀬川さんはとても驚いているようだ、そりゃそうだろう、部屋に半裸と全裸の男が居たら誰でも驚く。)

理樹「えっとね、笹瀬川さん、違うんだよ、これはね、野球拳で…」

佐々美「ど、どうしましょう…と、とりあえず、し、失礼いたしましたわっ!お二人がそのような趣味をお持ちで、部屋でそのようなことが行われているとはとはしらず…いえ、違いますのよ、別にそれが良いとか悪いとかどうこうを言っているわけではなく…」

理樹「笹瀬川さん、一旦落ち着いて…違うから、そういうのじゃないから…」

佐々美「と、とにかく、お二人のじゃまをしてしまいましたわっ、失礼いたします!」
バタン!

理樹「あっ、ちょっと、笹瀬川さん…まって、これは、誤解なんだ!」

理樹(思わず外に出て追いかける。)

理樹「待って、笹瀬川さん!?」

佐々美「ひっ!?なんで追いかけて来ますの!?」

理樹「違うんだ笹瀬川さん!これは…」

佐々美「裸で出歩くなんて変態ですの!?誰かー!助けてくださいましー!変態が追いかけて来ますわー!」

理樹「変態!?…あ…」

理樹(そういえば僕、全裸だった…その事に気がついた時にはもう遅く…)

取り巻き1「佐々美さまの、助けを求める声が聞こえましたわっ!」

取り巻き2「佐々美さまを傷つけることは許しませんわっ!」

取り巻き3「佐々美さまを襲う変態、覚悟するが良いですわっ!」 
理樹「あっ、ちょっと、これは…あっ!」

理樹(3人になす統べなく僕は捕まってしまい…)

取り巻き1「佐々美さま、捕まえましたわ!」

取り巻き2「この不届きものをいったいどのようにいたしますか?」

取り巻き3「風紀委員にでもつきだしますか?」

佐々美「ありがとう、助かりましたわ…そうですわね…>>456」


456以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/07(火) 16:09:21.72Ev1aKn6Yo (1/1)

彼女に引き取りに来てもらいましょう


457以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/07(火) 19:25:14.862//sVLK6O (1/1)

佐々美「あとはあちら側にお任せいたしましょう、元々の目的である宮沢さまが達成できていませんからね。あまり直枝理樹に時間をかけてはいられませんわ。」

取り巻き1「わかりましたわ!」

取り巻き2「そのように」

取り巻き3「いたします!」

佐々美「ええ、よろしく頼むわよ、渡辺、川越、中村。」



取り巻き1「かくかくしかじか」

取り巻き2「というわけで」

取り巻き3「あとは任せましたわ!」

佳奈多「…なるほど…それは、直枝が迷惑をかけたみたいで…申し訳ないわね。こちらで指導をしておくから。」

取り巻き1「二度とないように」

取り巻き2「しっかりとした指導を」

取り巻き3「お願いしますわよ。」

佳奈多「…ええ、本当、ごめんなさいね…」


佳奈多(…笹瀬川さんの取り巻きは帰っていく。)

佳奈多「…さて、直枝。」

理樹「はい…」

佳奈多「なんで全裸で走り回ったの?」

理樹「えっと…野球拳をしてたところを見られて、笹瀬川さんに誤解されたままどこかへいっちゃいそうだったから、自分が脱いでるのも忘れてつい…」

佳奈多「アホね…アホ。」

理樹「うん、なにも言い返せないね…」

理樹(本当、なんでこんなことをしてしまったのだろう…)

佳奈多「…まあとりあえずちゃんと服は来なさい、指導はそこからよ。」

理樹「うん…」



理樹(…というわけで、謙吾の部屋に戻り、服を着る。)

佳奈多「…さて、直枝、それじゃあ、風紀委員として、あなたには指導を加えなきゃいけないわけだけど…」

理樹「…うん…」

佳奈多「そうね…直枝、あなたには…>>458」


458以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/08(水) 02:26:00.51LTIQsSiHO (1/1)

反省文とこの前みたいなおふざけ禁止の校内清掃


459以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/08(水) 12:20:40.299qJwZZgUO (1/1)

佳奈多「原稿用紙は今から持ってくるから、明日までに提出しなさい。そして放課後は清掃活動だからね。」

理樹「はい…」

佳奈多「…二度とこんな事はやるんじゃないわよ。次はこんなものじゃすまさないから。」

理樹「…はい…反省します…」




理樹(…というわけで、反省文を書くことになった。)

理樹「はぁ…大変だな…」

真人「…おう?理樹、なに書いてるんだ?」

理樹「反省文だよ…ちょっと、色々やっちゃって…」

真人「そうか。…手伝うか?」

理樹「いや、大丈夫、真人こういうの書くの苦手そうだし…自分で書かなきゃ意味もないだろうしね。」

真人「…偉いな、理樹。…まあ理樹がそういうんなら、やめとくか。大人しく静かに筋トレでもしてるぜ。」

理樹「うん、ありがとう…」

理樹(そんな感じで、今日も夜が更けていく…)




翌日
理樹(…昨日は反省文も書いていたから、少し寝不足だ…でも、頑張ろう…)

理樹(…そんな感じで登校すると…>>460に出会う。)


460以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/08(水) 15:02:07.30gIA4vIfmO (1/1)




461以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/08(水) 18:36:45.887XuXlxyjO (1/1)

鈴「理樹、おはよう。」

理樹「あ、鈴…」

鈴「なんかねむそうだな。どうかしたのか。」

理樹「ちょっと、昨日反省文を書いてて…」

鈴「なにぃ…反省文か。なにしたんだ。」

理樹「ちょっと…笹瀬川さんと…色々…」

鈴「さしみに何かされたのか。」

理樹「いや、笹瀬川さんは被害者だよ…ほんと、改めて謝っとかないと…」

鈴「あいつにあやまることなんてないと思うぞ。理樹。」

理樹「いや、そういうわけにはいかないでしょ…ねぇ鈴、笹瀬川さんどこにいるか知らない?」

鈴「しらん、あたしから会いに行ったことはないからな。」  

理樹「だよね…」

鈴「だが、ふらふらしてたらそのうち会えると思うぞ。あたしは良く会う。」

理樹「どれくらいの頻度で?」

鈴「二日にいっぺんよりやや多いくらいだな。」

理樹「それほぼ毎日だよね…」

鈴「そーかもな…」

理樹「…ねぇ鈴、しばらく一緒にいていい?」

鈴「…なにぃ……いいのか。かのじょがいるのに。」

理樹「笹瀬川さんに会うには鈴の近くにいるのが一番ぽいから…お願い。鈴。」

鈴「……仕方ないな。良いぞ。」

理樹(…というわけで、しばらく一緒にいてもらうことになった…)
コンマ判定
下二桁が3の倍数、あるいはゾロ目なら佐々美と遭遇
>>462


462以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/08(水) 18:59:06.02YLgNMl9wO (1/1)

そい


463以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/08(水) 21:22:35.79B74u1uJjO (1/1)

理樹「…」

鈴「…」

小毬「あー、理樹くん、鈴ちゃん、おはよー!」

理樹「うん、おはよう。」

鈴「おはよう。こまりちゃん。さささがどこにいるから知らないか。」

小毬「さーちゃん?ごめんね、わからないよ~。」

鈴「そうか…」


謙吾「お、理樹と鈴。おはよう。」

理樹「おはよう謙語。」

鈴「おはよう。」

理樹「笹瀬川さんどこにいるかわからない?」

謙語「笹瀬川…?すまん、俺にはわからない。」

理樹「そっか…」





鈴「…だめだ…あわないな。」

理樹「うん、会わないね…関係ある人には会えるけど。」

鈴「さささ、肝心なときにこないとは、つかえないな。」

理樹「まあ、そういう時もあるよ。」

鈴「…すまんな、理樹。」

理樹「いやいやいや、鈴が悪い訳じゃないから…むしろこっちこそ、付き合わせてごめん。」

鈴「あたしは別にいい。…で、さしみはどうするんだ。」

理樹「…まあ、探していなかったから、またであったときに謝ることにしとくよ。」

鈴「そーか。あたしが会ったらできる限りで理樹に伝えるようにしてやる。」

理樹「うん、ありがとう、鈴。」 



理樹(…その後、教室で授業を受け…)

理樹(…さて、今日の休み時間は…>>464)


464以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/09(木) 01:30:44.29Q2+lsJ7hO (1/1)

佳奈多さんと過ごそう


465以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/09(木) 15:18:52.12uajJyzSBO (1/1)

理樹(反省文出しついでに、今日は佳奈多さんとすごそう。)



理樹(…佳奈多さんに会いにいく。)

理樹「佳奈多さん!」 

佳奈多「…あら、直枝?反省文でも出しに来たのかしら。」 

理樹「それもそうなんだけど、それついでに、今日は一緒にいたいなって。」

佳奈多「…良いけど…珍しいわね。」

理樹「そうかな?」

佳奈多「いつもは井ノ原と珍妙な話をして、筋トレに行ってるじゃない。」

理樹「珍妙なって、真剣な筋肉議論さ。…ていうか、話、聞いてたの?」

佳奈多「…私もたまにあなたに会いにいってるけど、その時はいつも井ノ原がいるのよ…というか、気づかれてなかったのね。」

理樹「…ごめん。」

佳奈多「…まあ、別にいいわ…じゃ、直枝、まず反省文を見せなさい。」

理樹「うん、これ…」

佳奈多「…」

理樹(…じっくりと反省文を読んでいる。)

佳奈多「………まあ、いいでしょう。受け取ったわ。」

理樹「やった、ありがとう。…じゃ、佳奈多さん、ご飯でも食べようか、とりあえず。今日も佳奈多さんはお弁当?」

佳奈多「ええ。…直枝、せっかくだからどこか別のところで食べましょうか。」

理樹「え、じゃあ…>>466」


466以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/09(木) 19:14:38.03TIRN0ZIuo (1/1)

中庭には厄介な西園さんがいるだろうから
屋上行こうか


467以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/09(木) 21:07:37.52EpwtnGbSo (1/1)

佳奈多「屋上?あそこは立ち入り禁止よ。そもそも鍵がかかって…」

理樹「そこは大丈夫だから。」

佳奈多「大丈夫って…」

理樹「良いから、行こう?そこなら二人になれるしさ。」

佳奈多「…仕方ない、わね…」





理樹(…というわけで、屋上の入り口までいく、さっき小毬さんは鈴と教室でご飯を食べていたからいないはずだ。実際開けられた様子もない。)

佳奈多「…ここ、本当に大丈夫?」

理樹「大丈夫だよ、ここを…こうやって……ほら、開いた。」

佳奈多「……良く見つけたわね…」

理樹「僕が見つけた訳じゃないんだけどね。…それじゃ、いこうか…」



屋上
佳奈多「…初めてきたけど…なかなか、いい景色ね。」

理樹「でしょう?景色もいいし、風も気持ちいいし、人も来ないから、二人でいるには最適だよね。」

佳奈多「…そうね。」

理樹「じゃ、食べよっか。」

佳奈多「…ええ。」

理樹(僕の昼御飯は買って来たパン、佳奈多さんはお弁当だ。)

理樹「…わあ、美味しそうだね。」

佳奈多「…そう?」

理樹(佳奈多さんの弁当は聞いてた通り、ハンバーグやら卵焼きやら、好きなものを詰め込みましたという感じで、美味しそうであった。)

理樹「うん、とっても。」

佳奈多「……ありがとう。」

理樹(ちょっと照れながら言う。)

理樹「食べてみたいよね、僕も。」

佳奈多「…じゃあ、ちょっといる?」

理樹「え、良いの?」

佳奈多「どれか一個くらいならね。」

理樹「じゃあ、卵焼きかな。」

佳奈多「…じゃ、どうぞ。」

理樹「…」

理樹(僕は口を開けて、待つ。)

佳奈多「…食べないの?」

理樹「いや…食べさせてくれないかなって…」

佳奈多「>>468」


468以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/10(金) 01:13:31.85IX0Jp85kO (1/1)

するわけない


469以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/10(金) 12:11:39.96N4d2uDa+O (1/1)

理樹「…え、ダメ?誰もいないのに。」

佳奈多「…ダメ。」

理樹「…はーい…」

理樹(あきらめて自分で口に運ぶ。)

佳奈多「…どう?」

理樹「美味しいよ、さすがだね!」

佳奈多「…そう?」

理樹「うん、毎日でもたべたいよね。」

佳奈多「>>470」


470以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/11(土) 14:17:25.20JKGDdCk6O (1/1)

プロポーズみたいね


471以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/11(土) 16:33:58.678eKwOe08O (1/1)

理樹「プロポーズ…そういう意味も無くはない、かな。」

佳奈多「…え?」

理樹「…嫌なの?」

佳奈多「いえ、嫌じゃないわ……でも、まだ早いじゃない。法律的にも無理だし。結婚だなんて、卒業してからよ。」

理樹「そっか。わかった、卒業するまで我慢するよ。」

佳奈多「…ええ…」

理樹「…じゃあさ、せめて昼ごはんのお弁当を作ってきてもらうことって出来ないかな?」

佳奈多「…お弁当…まあ、作ってあげても良いけど、毎日は無理よ?」

理樹「うん、佳奈多さんの負担にならない位でいいから。」

佳奈多「…ええ、わかったわ。…とりあえず、明日作ってきてあげる。」

理樹「やった、ありがとう!佳奈多さん!」






理樹(…その後、しばらく雑談をする。)

理樹「…そしたら謙吾に「お前、良い身体だな」って言われて、その時の目付きがちょっと本気で…」

佳奈多「宮沢が…それは危ないわね。直枝に危害が及ぶ前に指導しておくべきかしら…」

理樹「あはは…まだなにもしてないからやめてあげて…ねぇ佳奈多さん、佳奈多さんは昨日の夜呼ばれる前は何してたの?」

佳奈多「>>472」


472以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/11(土) 17:26:30.26OehwLl2Ro (1/1)

試験勉強


473以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/11(土) 20:35:43.69VmU3Awnoo (1/1)

佳奈多「大変だったところにあなたがあんな事を…そのせいで昨日はだいぶ遅くまで起きてることになったわよ…今も少し眠いわ…」

理樹「…ごめん…」

佳奈多「…いいわよ、別に…慣れてるから。」

理樹「慣れてるって…大丈夫なの?」

佳奈多「…別に夜更かしくらいなら平気よ、前より心労は減ったから。」

理樹「でも、心配だなぁ。」

佳奈多「心配してくれるのは嬉しいけど、大丈夫だから。」

理樹(…大丈夫かな…)

理樹「…やっぱり、ちょっと寝た方がいいんじゃない?」

佳奈多「え?」

理樹「昨日頑張って寝てないんだったらすこしでも補った方がいいって。時間になったら起こしてあげるからさ。」

佳奈多「…良いの?せっかくの時間なのに。」

理樹「文化祭もあるんだし、健康第一だよ。ほら、日差しもあるから暖かいし。固いのが駄目なら僕の膝で…」

佳奈多「>>474」


474以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/12(日) 08:23:33.10qmL8s5EqO (1/1)

遠慮なく


475以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/12(日) 12:51:09.41TNUiIiBaO (1/1)

佳奈多「…失礼するわ。」

理樹「うん。」

理樹(僕の膝の上に、佳奈多さんが頭を乗っける。)

佳奈多「…変なことしないでよ?」

理樹「しないよ…」



佳奈多「すぅ…すぅ…」

理樹(すぐに佳奈多さんは寝息をたて始める。やっぱり疲れてたんだろう。)

佳奈多「…すぅ…」

理樹(寝顔は穏やかだ。最近はずいぶん丸くなって、こんな顔を見せることも前より増えたけど、それでもここまでじっくりみれることは無い。)

理樹「…」

佳奈多「…すぅ…」

理樹(…ああ、可愛いなぁ…)

佳奈多「…すぅ…」

理樹(…変なことはするなって言ってたけど…>>476くらいなら大丈夫かな…)


476以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/12(日) 16:22:20.36H/4RZ7Tv0 (1/1)

おっぱいを揉む


477以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/12(日) 18:51:34.67epNo3jVhO (1/1)

理樹(…待って、これって変なことなんじゃ……いや、でも僕たちはもうそれ以上の事も経験してるわけで…うん、ちょっとだけ、ちょっとだけなら、大丈夫だよね。)

佳奈多「…すぅ…」

理樹(…慎重にいって…出来るだけばれないように…そーっと…)

理樹「…」モミッ

理樹(あっ、服越しでも、柔らか…)

佳奈多「…んっ…」

理樹「!?」

佳奈多「……すぅ…」

理樹「…ほっ…」

理樹(なんとかなった……しかし、一回揉んでしまうと…何か………よし、もう一回やってみよう…)

佳奈多「…すぅ…すぅ…」

理樹「……」モミッ

佳奈多「んんっ…すぅ…」

理樹(…何か、止まらなくなってきた…よし、さらにもう一回だけ…)モミッ
コンマ判定
下一桁が奇数なら起きる
>>478


478以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/12(日) 19:50:18.15MX1VZcz5O (1/1)

ほい


479以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/12(日) 20:46:57.371JPvGvz2O (1/1)

佳奈多「…ん…んん…なに…」パチッ!

理樹「!?あっ…」モミッ

佳奈多「……!?っっっ////!へ、変態!」ぺチッ!

理樹「痛い!」

佳奈多「変態ね…変態!変なことはなにもするなって言ったじゃない!」

理樹「ごめん…それ以上の事をしてるから、触るだけなら、いいかなって…ちょっとした出来心で、決してそこから先をしようなんて思ってないから、だから、許して!佳奈多さん!」

佳奈多「…>>480」


480以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/13(月) 07:21:33.82Rz9uDIGzO (1/1)

死刑


481以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/13(月) 12:29:53.14B/l8+StlO (1/1)

理樹「…え?」

佳奈多「死して償いなさい…」

理樹「し、死!?」

佳奈多「…そうね、ちょうどここは屋上だから…」

理樹「いやいやいや!?そこまで!?」

佳奈多「寝てる無防備な人に淫らな事をしたんだから、当然よ。すぐにやられないだけましと思いなさい。」

理樹「いやいやいや…どうか佳奈多さん、それだけは…他なら何でもするから、許して!」

佳奈多「なら…>>482」


482以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/13(月) 12:42:11.826fntBMU/O (1/1)

西園さんを半径2m以内に近づけるのを禁止


483以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/13(月) 14:06:55.49qzdnHfH3O (1/1)

理樹「うん、それで許してくれるなら。がんばるよ。」

佳奈多「じゃあ、それでね。」

理樹(良かった…許してもらえた…)

佳奈多「…破ったら許さないからね。」

理樹「はい…」

佳奈多「…じゃ、戻るわよ。」



理樹(…その後、教室に戻ると…)

美魚「…おや、直枝さん…」

理樹「!」ササッ!

美魚「…?どうされたのですか。」

理樹「…ちょっと…西園さんに近づいちゃダメなんだ、ごめんね。そう言うことだから、それじゃ。」

美魚「>>484」


484以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/13(月) 16:02:17.34DRzTPTtR0 (1/1)

酷いです直枝さん…そんなイジメみたいな事を……


485以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/13(月) 18:18:57.10bU/ZaYFYO (1/1)

理樹「え、いじめなんて、そんな…」

美魚「そうじゃないですか、私だけ避けるなんて…ひどいです。直枝さん。直枝さんにはなにもしていませんのに…皆さんには普通なのに、どうして私だけ……ぐすっ…」

理樹「え、ちょ、ちょっと…」

美魚「…ぐすっ…」

理樹「ちょっと、泣かないで…あっ、近づいちゃダメなんだった…」

小毬「理樹くん、みおちゃん、どうしたの~?」

美魚「直枝さんが突然…ぐす…私のことだけ避けるんです……」

小毬「理樹くん、みおちゃんとも仲良くしなきゃダメだよ~。いじめはめっ、だよー?みんな仲良くしないと~。」

理樹「小毬さん…いや、いじめとかじゃなくて、これは…」

小毬「ちゃんと謝って、早く仲直りしよー。ね?」

理樹「…」

理樹(…回りの注目が集まる前に穏便に済ませるべきなのかな…) 

理樹「…ごめん…」

小毬「うん、謝ってるから、みおちゃんも許してあげて。」

美魚「…直枝さん…」スッ

理樹「…西園さん?」

美魚「仲直りというのなら、証として、握手を。」

理樹「…え…」

理樹(…これは…受けたら仲直りだけど、佳奈多さんの約束が…)

美魚「…」

理樹(…どうしよう…これは…)
どうする?
>>486


486以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/13(月) 18:49:51.19wpSGzbgBO (1/1)

応じる


487以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/13(月) 22:14:53.07V5GUwtn6O (1/1)

理樹「…」

理樹(…小毬さんもいるし、ここで手をとらないと西園さんとの仲は切れてしまうかもしれない。僕のしたいことは二人の仲をとりもつことだ。…だから…)

理樹「…」ギュッ

美魚「…ありがとうございます。」

小毬「うん、これで仲直りだね!」

理樹「…」

理樹(…これでよかったのかな…)

美魚「…」ニヤリ

美魚(…うまく事が運びました…)




理樹(…その後、放課後…)

理樹「…今日は掃除だっけ…一旦佳奈多さんのところに行って、どこをやるのかとか聞いてこないと…」




理樹「…というわけで、来たよ。」

佳奈多「…あら、直枝…昼の約束はちゃんと守ってる?」

理樹「も、もちろんさ。」

佳奈多「…そう、なら、いいわ。…で、今日の掃除だけど、罰則だから、徹底的にやってもらうわよ。」

理樹「うん。まずはどこ?」

佳奈多「>>488」


488以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/14(火) 13:53:04.49RGa5qWQRO (1/1)

トイレ


489以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/14(火) 18:04:55.93bH7GG/K/O (1/1)

トイレ
理樹「…」ゴシゴシ

佳奈多「隅から隅まで徹底的にやるのよ。」

理樹「…佳奈多さん、わざわざついてこなくても…」

佳奈多「サボらないかの監督よ。」

理樹「男子トイレだけど、大丈夫?」

佳奈多「清掃中の標識はたてておいたから、だれも入ってこないから安心なさい。」

理樹「…じゃあ、二人きりなんだ。」

佳奈多「…ちょっと、変なことしたら許さないからね?」

理樹「わかってるよ…」ゴシゴシ

理樹(しかし、汚いな…全部やるとなると大変そうだ…)

理樹「…佳奈多さん…」ゴシゴシ

佳奈多「…何?」

理樹「手伝ってくれたりは…」

佳奈多「>>490」


490以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/15(水) 04:05:05.67noGKxVhOo (1/1)

手伝ったら罰にならないでしょ


491以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/15(水) 12:18:43.73/F10L5vwO (1/1)

佳奈多「そこまで甘くはできないわ。一人でやりなさい。」

理樹「だよね…」ゴシゴシ

佳奈多「休憩時間はあげるから、そこまではしっかりやること。」

理樹「…うん…」ゴシゴシ

理樹(ちゃんと厳格なところはやっぱり厳格だなぁ…)




理樹「…あれ?これは…」

佳奈多「…あら、どうかした?」

理樹「いや、忘れ物みたいなのがあるから…」

佳奈多「…これは>>492」


492以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/15(水) 17:13:22.52GV74zTgM0 (1/1)

葉留佳のハンカチ


493以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/15(水) 18:23:39.63kuWCB3x2O (1/1)

理樹「あ、これ、葉留佳さんのなんだ…」

佳奈多「これは私から返しておくわ。」

理樹「うん、よろしく……でも、なんで男子トイレに葉留佳さんのが…?」

佳奈多「…美化委員じゃないの?」

理樹「あ、そっか、美化委員…でも、女の子が男子トイレの掃除やるかな?」

佳奈多「男の子が女子トイレ掃除するよりはあり得るんじゃないかしら。」 

理樹「そっか、確かに…」

佳奈多「…まあ気になるならそれも私から聞いといてあげるから、それよりも、手を動かしなさい。」

理樹「…はい…」





理樹「…ふぅ、ここも終わり…」

佳奈多「…この階のはおわったみたいね、それじゃ、休憩にしてあげる。」

理樹「…やった…休憩…」

佳奈多「一旦、お疲れさま。」

理樹「うん…」



理樹(二人で休んでいると、>>494に出会う。)


494以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/15(水) 18:55:43.19wOQe+iKHO (1/1)

葉留佳


495以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/15(水) 20:54:15.61ceORGfZ1O (1/1)

葉留佳「あ、お姉ちゃん、理樹くん、やはー!」

佳奈多「あら、葉留佳。」

理樹「あ、葉留佳さん…今日は練習じゃないの?」

葉留佳「全員集まれないみたいだから今日は自由って恭介さんが言ってたんですヨ。」

佳奈多「それで、何してるのよ。」

葉留佳「んーとね……あえて言うなら、お散歩?」

佳奈多「暇だったのね。」

葉留佳「そうとも言いますナ…二人は?」

理樹「トイレ掃除だよ。今は休憩中。」

葉留佳「なんで?」

理樹「僕が昨日色々やっちゃって…」

葉留佳「ほうほう、なるほど~。理樹くんがお姉ちゃんの指導を受けてるわけですナ。きついですよネ~、よくわかりますヨ。お姉ちゃんこういうところは手を抜いてくれませんからネ。」

理樹「うん…きついね。」

葉留佳「どうせ暇だし、手伝いますカ?美化委員としてほっとけないし。」

佳奈多「ダメよ、直枝の罰則なんだから。」

葉留佳「ええ~、良いじゃん、別に。」

佳奈多「駄目。」

理樹「大丈夫だよ、葉留佳さん。一人でやるから。」

葉留佳「むむぅ…わかりましたヨ。仕方ないですネ…」

佳奈多「わかってくれたのね、良かったわ…あ、そうだわ葉留佳、これ…」

葉留佳「ん?…おや、無くしてたハンカチじゃないですカ。ありがとー!どこにあった?」

佳奈多「男子トイレよ、何してたの?男子トイレで。」

葉留佳「んーとね、それはね……えーと…」

佳奈多「…考えることじゃないでしょ、何なの?」

葉留佳「ちょっと…男子トイレにいたずらをしたことがありまして…やはは…」

佳奈多「……まさか、前言われてた男子トイレにビー玉がばらまかれてたっていうのってあなたなの?」

葉留佳「やはは…ごめんなさーい…」

佳奈多「…罰則として、>>496」


496以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/16(木) 08:00:52.18aXO+h7VOO (1/1)

文化祭が終わったら風紀委員の手伝い


497以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/16(木) 14:08:26.19U4PnlYFFO (1/1)

葉留佳「おおー、これはちょっと楽しみですネ。」

佳奈多「楽しみって、なんでよ…」

葉留佳「お姉ちゃんと一緒に仕事するならそれはそれで悪くないかなって。」

佳奈多「…なら罰則にならないじゃないの。やっぱり反省文かしら。」

葉留佳「それはやめてくださいヨ!あー、嫌!風紀委員の仕事嫌ですヨ!!」

佳奈多「…どっちなの?」

葉留佳「風紀委員は嫌ですヨ!」

佳奈多「じゃあ風紀委員の手伝いね、葉留佳。」

葉留佳「はーい。」

 


佳奈多「…さて、それじゃ、そろそろ再開しましょうか。」

理樹「うん…」

葉留佳「あ、始まるの?じゃ、はるちんはそろそろ帰りますネ。理樹くん、頑張ってくださいヨ。」

理樹「うん、ありがとう…」




理樹(…掃除を再開する。)

理樹「…佳奈多さん。」ゴシゴシ

佳奈多「…何?」

理樹「…今度はこんなものが…」

佳奈多「これは…>>498」


498以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/16(木) 16:10:16.24gxPDJ0yQo (1/1)

西園さんと女子生徒のキス写真(盗撮)


499以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/16(木) 20:04:28.91j0YOBwSUO (1/1)

理樹「え!?何それ?」

佳奈多「…どういうことかしら、これは…相手は葉留佳でもないし…」

理樹「そうだね…それに、盗撮って…僕の女装写真といい、この学校、盗撮横行してない?」

佳奈多「……その話は一旦おいときましょう、今はこの写真の話よ。」

理樹「うん、そうだね…これ、本物かな?」

佳奈多「私には合成には見えないけどね。」

理樹「…本物だったら、やっぱり西園さんはそっち系ってことなのかな。」

佳奈多「…いや、あいつのことだからね、これも何か罠の可能性があるわ。私を油断させたいとかね。」

理樹「…その可能性もあるね…でも罠だとしたら不確実じゃない?僕らがトイレ掃除することは知ってても、その前に拾われたりとかする可能性もあるわけで…」

佳奈多「……まあ、とにかくこれは私が預かっておくわ。じっくり考えたいしね。あなたは掃除をしなさい。」

理樹「うん、わかったよ…」





理樹(…しばらくして…)

佳奈多「…そろそろ時間かしら。」

理樹「…終わり?」

佳奈多「ええ。」

理樹「ふぅ…疲れたよー佳奈多さん……」

佳奈多「おつかれさま、直枝。」

理樹「佳奈多さん、このあとは?空いてる?」

佳奈多「>>500」


500以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/16(木) 22:51:27.70ZEwUw6m40 (1/1)

悪いけど風紀委員の雑務があるの


501以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/17(金) 12:19:07.97dmVUUBmwO (1/1)

理樹「じゃあ僕も手伝おうか?」

佳奈多「手伝わなくていいわよ。疲れてるでしょう?」

理樹「その雑務が終わってないのは僕の罰則に付き合ってくれたからだろうし、それに佳奈多さん、寝不足になるくらい大変みたいだから、ちょっとでも助けになりたいんだ。雑務なら僕にもできるし。」

佳奈多「…」

理樹「だから、手伝わせてよ。佳奈多さん。」

佳奈多「…わかったわ、一緒に来て。」

理樹「うん。」




佳奈多「…じゃあ直枝、これとこれ、間違いがないかチェックして。」

理樹「うん。」

佳奈多「よろしくね。」

理樹(佳奈多さんは頑張って働いている、風紀委員、寮会にバンド、試験勉強…佳奈多さんはいまとても大変な時期だろう。少しでも僕が肩代わりできるよう、佳奈多さんの負担を軽減できるように、頑張らないと…)



理樹「…んん…」

理樹(…寮会の手伝いもしていたことがあるとはいえ、中々大変だね…)

佳奈多「…直枝、無理はしなくていいからね。」

理樹(そう言いながら、佳奈多さんは黙々と作業する。)

理樹「いや、大丈夫。佳奈多さんの方こそ、平気?」

佳奈多「…私は大丈夫よ。心配しないで。」

理樹「本当?一旦やすんだ方が…マッサージでもする?」

佳奈多「…>>502」


502以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/17(金) 18:41:20.94dQMkxarYo (1/1)

エッチなことしない?


503以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/17(金) 18:59:34.86685SOIZfO (1/1)

理樹「えっ?」

佳奈多「…何回も言わせるつもり?」

理樹「いや、驚いちゃって…突然どうしたの?」

佳奈多「…作業に付き合わせちゃったし…昼間のこととか見るに、直枝はたまってそうだし…」

理樹「…」

佳奈多「二人きりだから、ここなら誰も来ないから…少しだけなら…」

理樹「>>504」


504以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/18(土) 13:25:23.77Nl+/hIn1O (1/1)

これは夢に違いない


505以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/18(土) 18:36:20.95h3bTOvZFO (1/1)

理樹「きっと僕の理想が反映されちゃってるんだろう…うん……夢だとわかる明晰夢っていうのもあるらしいし…」

佳奈多「…」

佳奈多(…何か前も似たような事が…ああ、お泊まり会で寝てたときだったかしら…私が積極的になるとそんなことを言い出すのね…まあでも、これも夢ってことにした方が都合がいいかも…)

佳奈多「…そう、これは直枝の夢。だからあなたのしたいことなら、なんでも…」

理樹「…そっか……なら佳奈多さん…良いんだよね?」

佳奈多「…ええ、あなたが望むなら。」

理樹「じゃあ…」チュッ

理樹(まずは佳奈多さんにキスをする。)

佳奈多「ん…んん…」

理樹(そのまま僕は佳奈多さんの体に手を這わせていき、そして…)

シャララララウーワー♪





佳奈多「…はぁ…はぁ……」

理樹「ごめん佳奈多さん、やり過ぎちゃった?痛くなかった?」

佳奈多「いえ、大丈夫…夢なんだから、これは。」

理樹「あ、そっか…あはは…すごくリアルなものだから…」

佳奈多「…しっかりしなさい…夢よ、これは。」

理樹(夢…でも、それにしては、本当、リアルな…そういえば前もこんな事が…あのときも確か佳奈多さんが出てきてそれで…なんとなく、状況が似ている。そしてあのときもリアルな夢だと、同じように感じた…同じような状況が、二度も起こるだろうか?)

理樹「…ねぇこれ、本当に夢?」

佳奈多「…夢よ。夢。」

理樹「…」

理樹(…佳奈多さんはこう言うけど…どうなんだろう?ここは…)
コンマ判定
下一桁が奇数で現実と気がつく。
>>506


506以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/18(土) 22:10:56.82DM+gt+bZo (1/1)

ほい


507以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/19(日) 12:57:37.92SdCteYdeO (1/1)

理樹(…やっぱり夢だ。佳奈多さんの行動的にも、そう考えるべきだろう。)

佳奈多「…さて、じゃあ、直枝、そろそろ夢から醒める時間よ。」

理樹「醒める?どうやって?」

佳奈多「…直枝、目を閉じて。」

理樹「う、うん…」

理樹(言われるままに目を閉じる。すると…)

佳奈多「…ごめんなさいね。」ドゴッ!

理樹「ぐっ…」

理樹(殴られたような感覚が走る、そしてその強い衝撃に、僕の意識は遠のいていった…)




理樹「…はっ!」

理樹(目が醒める…あれ、一体何が…たしか佳奈多さんとここで…)

佳奈多「…」

理樹(…佳奈多さんは何もなかったように、変わらず働いている。)

佳奈多「…あら、直枝、起きたのね。」

理樹「あ、うん…寝落ちしてた?」

佳奈多「ええ、起こすのも悪いから起こさなかったけど。」

理樹「…じゃあここで佳奈多さんと…してたのは?」

佳奈多「…何のこと?」

理樹(佳奈多さんは普段通りだ。あんなことをしたあとには思えない。…やはりあれは夢で、僕は寝落ちしただけのようだ。)

理樹「…いや、何でもないよ。ごめんね、寝ちゃってて。」

佳奈多「…良いわよ、もともと一人でやるものだから。」

理樹(佳奈多さんはそういうが、申し訳ない。夢のことは一旦おいて、寝てしまっていた分も頑張ろう…)




理樹(…その後…)

佳奈多「…これで終わったわね。お疲れさま。」

理樹「ふぅ…お疲れさま。…このあとは?寮の部屋に戻るの?」

佳奈多「ひとまずはそうね、戻って試験勉強かしら。」

理樹「…試験勉強…大変だね…」

佳奈多「あなたは?」

理樹「僕は…>>508」


508以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/19(日) 22:38:03.52+jhkWpdQO (1/1)

鈴と遊ぶ


509以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/20(月) 13:09:20.27nOAWTlXVO (1/1)

佳奈多「…遊ぶって何、どういうこと?」

理樹「いや、違うよ、いつも恭介とか真人とかと遊ぶ感じで遊ぶだけで…それで最近鈴とそういうことしてないなって思ったから…」

佳奈多「…そう。…まあ、鈴さんならたぶん大丈夫ね…わかったわ。…でも、昨日は宮沢と遊んでたわよね、遊んでばっかりで大丈夫なの?テストは。」

理樹「普段の勉強はしてるから、まあなんとかなるよ。」

佳奈多「…その感じでいって、補習にならないといいけどね。」

理樹「あはは、気を付けるよ…」




理樹(…というわけで、今日は鈴と遊ぶ。)

理樹「鈴、いきなり呼んでごめんね。」

鈴「へーきだ、きょーすけもいつもこうだからな。…来てるのはあたしだけか。真人はどーした。」

理樹「真人は走り込んでくるって行って外に行っちゃったよ、しばらくすれば帰ってくるだろうけどね。謙吾と恭介は今日は呼んでないよ。」

鈴「…呼ばれたのもあたしだけだったか。今日はなんだ、どーした。」

理樹「今日は鈴と遊ぼうと思って。最近あんまりしてなかったじゃないか。」

鈴「…なるほど、確かに。…なら、何するんだ。」

理樹「せっかく鈴とだから…>>510」


510以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/20(月) 23:29:03.129n9TJ552O (1/1)

初心にかえって人気になる方法を考える


511以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/21(火) 12:10:21.31Lj5JfM8KO (1/1)

鈴「そーいえば最初はそんなふうにはじまったな。」

理樹「うん、ここらでちょっとその初志も思い出しておくべきだよね。…で、どうすればいいかな。」

鈴「そーだな…猫を可愛がれ。」

理樹「猫?」

鈴「猫を可愛がってアピールだ、それで学校の人気はぼーん!だ。」

理樹「…それは…ちょっと、アピールできる層が限られてるんじゃない…?」

鈴「いや、みんな猫か好きだから、だいじょーぶだ。一回やってみるぞ。」


鈴「よーし、猫を呼んできたぞ。」

猫1「にゃー。」

猫2「うにゃー。」

鈴「うりうりー。」

理樹「…う、うりうりー…」

猫「にゃ~」

理樹「…これでいいの?」

鈴「ああ、人気がくちゃくちゃ上がってる。問題ない。つれて歩くとなおいい。」

理樹「つれて歩く…出来るかな?」

鈴「出来る、これを、こうやって…こうだ。」

理樹「おお、なるほど…」

鈴「…よし、じゃあこうやって猫をつれて、次は…>>512だ。」


512以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/21(火) 16:18:03.681OWbS051O (1/1)

ネコミミ


513以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/21(火) 17:10:36.063ibzrFG1O (1/1)

鈴「これをつけろ。」

理樹「ええ!?何で?」

鈴「人気が上がる。これできょーすけよりも上だ。」

理樹「そんなものかなぁ…まあ、もう猫耳くらいつけるのどうと言うこともない気がするからつけるけど…」




理樹「…どうかな?」

鈴「いいと思うぞ。理樹と猫と猫、最強のタッグだ。」

理樹「鈴が猫好きなだけじゃないかな…?


鈴「猫はみんなすきだ。かわいいからな。みんなわかってくれる。…ちょーどよくあそこに>>514がいるから反応を聞いてみるぞ。」


514以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/21(火) 21:09:53.12SdnntERHO (1/1)

杉並さん


515以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/22(水) 11:54:09.97hu6g7HhwO (1/1)

鈴「おい、杉並。」

杉並「は、はい?あ、棗さん…なんですか?」

鈴「これ、どう思う?」

猫「にゃー。」

杉並「…あ、猫ちゃんですか?かわいいと思いますけど…」

鈴「いや、そっちじゃなくて、理樹だ。」

杉並「え…直枝くん?」

理樹「…」

杉並「…ネコミミ…ですか。」

鈴「理樹の人気をあげるために、この路線でいこうと思うんだが、どーだ。」

杉並「えと…かわいいとは思います…けど…別に直枝くんは…そのままでも全然…全然…」

鈴「全然…なんだ。」  

杉並「…ごめんなさい、何でもないです!ネコミミ、いいと思います!では!」スタタタタ!

鈴「む…いっちゃったな。だが、ネコミミはこうひょーだったな。」

理樹「そうかな…?」

理樹(何か微妙な感じだったけど…)

鈴「間違いない。…だが、ねんのためもう一人聞くか…今度は…あ、そこに>>516」


516以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/22(水) 14:30:29.38d1YiqEWPO (1/1)

お兄ちゃん


517以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/22(水) 18:18:58.1996hYINgmO (1/1)

恭介「なに!?」

鈴「なんだきょーすけ、そんなビックリすることか。」

恭介「いや、いまお兄ちゃんと言われた気がしてな…」

鈴「言ったぞ。もう一回いってやろうか、お兄ちゃん。」

恭介「ぐはぁっ!」

理樹「恭介!?どうしたの?」

恭介「ああ理樹、すまん、「お兄ちゃん」と呼ばれたことの嬉しさがつい…ぐはっ!」

理樹「えええ!?」

恭介「かはっ…ネコミミ理樹…それは…反則だろ………」

鈴「かわいいか。」

恭介「ああ、すげぇかわいいぞ。鈴の趣味か、中々やるじゃないか。」

鈴「猫は偉大だからな。」

恭介「ああ、猫のかわいさと理樹のかわいさがかけ合わさって無限のかわいさだな。」

理樹「いやいやいや……」

恭介「…しかし、なんで突然ネコミミを見せてきたんだ?何かの罰ゲームか。」

理樹「いや、初心にかえって、人気をあげるための方法をね…」

恭介「ほう、なるほどな…よし、なら…猫とネコミミ…>>518も加えてやろう。」


518以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/23(木) 00:42:27.60yyQm8C1sO (1/1)

ネコしっぽ


519以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/23(木) 12:14:24.91Z1OomxiYO (1/1)

理樹「え、なんで?」

恭介「ここまでやったならより猫に寄せていった方が良いだろう?というわけでこのしっぽをだな…」

鈴「おい待て、なんで今そんなの持ってるんだ。」

恭介「いつそういうことを言われてもいいようにだな。なんならもうひとつあるから鈴にもつけてや…」

鈴「つけるか!」ドカッ!

恭介「ぐっ…やはりそうか…仕方ない、理樹にだけつけるか…」



理樹「…もうこれくらい、なんてことないや…」

恭介「おお、よりかわいさがアップだな。」

鈴「うん、いいな。これで完璧だ。」

恭介「ああ、これで一位間違いないな。」

理樹「いやいやいや…二人に好評なだけだよ…」

鈴「なんだ、まだ足りないか、理樹。」

恭介「だったら衣装も替えるか、巫女とかメイドとかならあるぞ。」

理樹「いやいやいや、もう女装はしないよ!?」

恭介「だめか…」

理樹「女装とか可愛い路線じゃなくてさ、なにか別のことないの?」

鈴「かわいいじゃだめか。」

理樹「ダメじゃないけど、男の子として複雑と言うか…」

恭介「なるほど、なら…>>520なんてのはどうだ?」


520以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/23(木) 14:21:28.33wsxiAsCH0 (1/1)

リーゼントに長ランなんでどうだ


521以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/23(木) 20:38:45.65JvmBN5OkO (1/1)

恭介「逆に男らしさ方向ってことでな。」

理樹「…そんなの準備できる?」

恭介「よし、ちょっと待ってろ…」



恭介「…準備してきた。」

理樹「え、どこから準備してきたのさ…」

恭介「この学校一のワル、バッドガイ田中から借りてきた…代償はただじゃすまなかったがな…」

理樹「え、それ大丈夫なの…?」

恭介「大丈夫だ。お前に迷惑はかけない…よし、というわけで、やってみるぞ。」




理樹「慣れないなぁ……どう?」

鈴「>>522」


522以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/23(木) 22:05:54.73qDcVd84gO (1/1)

胸キュン


523以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/24(金) 08:17:39.60hNcejefmO (1/1)

鈴「い、いいと思うぞ。かっこいいぞ。」

理樹「え、そうかな?恭介は?」

恭介「ああ、いかしてるな。男らしいぜ。似合ってるぞ。」

理樹「そっか…似合ってるんだ…」

恭介「あ、そうだ、それ着ている間は反応をそれっぽくするんだぞ。」

理樹「それっぽく…?」

恭介「一人称は俺、語尾は~ぜ。返事をするときは押忍!と言え。」

理樹「うん…じゃなくて、押忍!」

恭介「良いぞ。理樹…よし、じゃあ理樹、この服装で今日は行くぞ。」

理樹「押忍!」

恭介「じゃあまず他のやつらの反応を見ていくぞ。まずは…>>524」


524以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/24(金) 08:33:31.08I8Hp0EiYO (1/1)

佳奈多


525以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/24(金) 16:41:52.212S1d9eJsO (1/1)

恭介「どこにいるかわかるか?」

理樹「佳奈多さんなら試験勉強するって言ってたから部屋にいると思う…ぜ。」

恭介「部屋か…テスト勉強をしているのなら、呼び出すのはちょっと悪いが…理樹、呼んでくれ。」

理樹「押忍!……あ、もしもし、佳奈多さん?」

佳奈多『…直枝。どうしたの?』

理樹「ちょっと見てほしいものがあるんだぜ。良かったら来てほしいぜ!」

佳奈多『…試験勉強中なんだけど、言わなかったかしら?…あと、口調、変よ。』

理樹「じゃあこっちからいくから、あんまり時間はとらせないぜ。あと口調はあんまり気にしないで欲しいぜ…」

佳奈多『…そう…どうしても今みせたいのね?』

理樹「うん。そうだぜ!どうしても見て欲しいぜ!お願いするぜ!」

佳奈多『…はぁ…わかったわよ、しかたないわね。なら、そっちから来て。女子寮の前についたらまた連絡ちょうだい。』

理樹「押忍!待ってて欲しいぜ!」





理樹(…というわけで、女子寮の前に来る。)

理樹「着いたぜ!佳奈多さん!」

佳奈多『…わかったわ、じゃ、ちょっと待ってて…』




理樹(少し待つと、下りてくる。)

恭介「よし、来たぞ。行ってこい、理樹!」

理樹「押忍!」



佳奈多「…直枝、見せたいものっていったいな…」

理樹「押忍!佳奈多さん!」

佳奈多「…は?」 

理樹「押忍!佳奈多さん!俺だぜ!これ、いかしてる?」

佳奈多「…>>526」


526以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/24(金) 21:34:58.26PHLhmoGq0 (1/1)

どうしちゃったの直枝!?
超イケてる格好じゃない!


527以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/25(土) 12:19:54.19nfmKonOYO (1/2)

佳奈多「見せたいものって、こういうのだったのね…その長ランは校則に触れるからちょっとどうかとは思うけど…でも、いいんじゃない?」

理樹「ありがとう、佳奈多さん!」

理樹(佳奈多さんにも好評だ。良かった…こういうのが佳奈多さんには好感触なのか…)

佳奈多「…それで、なんで突然こうなったのかしら?どうしちゃったの?」

理樹「初心にかえって、人気者になるための事をやってたんだぜ!そしたらこうなったぜ。鈴と恭介には好感触をもらえたけど、それだけじゃ不安だったから佳奈多さんにも見てもらうことにしたんだぜ!」

佳奈多「…なるほど、そういうことね…なら、なかなか気に入ったわ、私はね。」

理樹「ありがとう!」 

佳奈多「…それじゃ、そろそろ戻るわ。勉強もあるし。」

理樹「うん、わざわざごめんな!」



理樹(…その後も、女子寮に来たついでに、皆からいろいろ聞いてみる事にした。)


理樹「押忍!小毬さん!」

小毬「わぁ~、理樹くん、かっこいい服装だね!」

理樹「ありがとう!」



理樹「クド!押忍!」

クド「わふー!理樹、イメージチェンジなのです!」

理樹「イカしてる?」

クド「はい、イカしてます!ベリークール、なのです!」

理樹「ありがとう!」




理樹「押忍!葉留佳さん!」

葉留佳「おっす!…て、あれ?どうしたんですカ、その格好。」

理樹「人気を取るためにやってみたぜ!イカしてる?」

葉留佳「うんうん、ツッパリみたいでイカしてますヨ!なんか、強そうですしネ!」

理樹「ありがとう!」


理樹(今のところみんなから好感触だ…これが正解なのかな…?)

美魚「…おや、直枝さん…」

理樹「あ、西園さん。ちょうど良かったぜ、これ、イカしてる?」

美魚「>>528」


528以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/25(土) 14:24:31.81QcOwoFB/o (1/2)

失望しました
私に必要以上に近づかないでください


529以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/25(土) 18:16:40.01nfmKonOYO (2/2)

理樹「えっ!?」

美魚「ヤンキーとかそういうのに興味も魅力も感じません。…では。そういうことなので。」

理樹「え、ええー…」

理樹(ここに来てのすごい酷評…ちょっとダメージが…)

理樹「…いや、でも賛成多数だから…まだ…」



理樹「…あ、来ヶ谷さん、押忍!」

来ヶ谷「その声は、理樹少年か。…ほう、なかなか個性的な格好をしているな。」

理樹「イカしてる?」

来ヶ谷「そうだな、私としては好みではないな。」

理樹「そっか…」

来ヶ谷「君には>>530のほうが似合う。」


530以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/25(土) 19:04:23.5190FlttoDO (1/1)

少女の格好


531以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/25(土) 20:13:02.17J4Cv2ilJO (1/1)

来ヶ谷「…というわけで、私のところに来て、着替えてもらおうか。それに。」

理樹「嫌だぜ!」

来ヶ谷「その口調も変だな。それも治してやろう…」

理樹「ぼ…俺は女装が嫌だったからこれにしたんだぜ!」

来ヶ谷「だが似合うのは圧倒的に女装だ。だからおとなしく着てくれないか、理樹少年。私は実力行使も辞さないぞ?」

理樹「それでも嫌だぜ!」

来ヶ谷「…そうか…仕方ないな…なら、無理やりでもつれていく…少年、バトルだ。」

理樹「…それしかないね…受けてたつぜ!」
来ヶ谷武器
>>532
理樹武器
>>533


532以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/25(土) 21:18:34.57QcOwoFB/o (2/2)

甘ロリの服


533以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/25(土) 21:35:48.01zmbVYFwjO (1/1)

リリアン


534以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/26(日) 10:40:38.93mfpE2lLsO (1/2)

来ヶ谷「よし、いい武器だ…」

理樹「これは…リリアン…」

来ヶ谷「ほう、風○三姉妹の次女か…」 

理樹「なにそれ…」

来ヶ谷「知らんならいい。…始めるぞ。私からいかせてもらおう!」
来ヶ谷は理樹の服を脱がせようとした!!
理樹「えええ!?」
来ヶ谷「これを着させるにはまずはこうする!」
理樹「させないぜ!」
理樹はリリアンで刺した!
来ヶ谷に60ダメージ!
来ヶ谷は理樹の服を脱がせようとした!
理樹は服を脱がされた!
来ヶ谷「よし、あとは着せるのみだな。」
理樹「くっ…」
理樹はリリアンで刺した!
来ヶ谷に63ダメージ!
来ヶ谷は理樹に甘ロリを着せようとした!
しかし理樹はそれをかわした!
理樹はリリアンで刺した!
来ヶ谷に58ダメージ!


来ヶ谷「…ほう、中々のリリアンさばきじゃないか…まさか、風魔の印を持っているのか。君は。」

理樹「持ってないぜ!何をいってるんだぜ…」

来ヶ谷「はっはっはっ、なんだろうな……それでは、またいかせてもらうぞ。理樹少年…」シュバッ!

理樹「!」

理樹(来る!僕は防御の構えにはいった…)
勝者
コンマ判定
下一桁が奇数なら理樹勝利


535以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/26(日) 10:41:10.71mfpE2lLsO (2/2)

安価忘れ
>>536


536以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/26(日) 17:01:39.58MwYVTInP0 (1/1)

ほいさっさー


537以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/26(日) 18:22:04.77U7I+J9gzO (1/1)

理樹(だが…)

来ヶ谷「…はっ!」

理樹「!」

理樹は甘ロリ服を着せられた!
理樹は恥ずかしさを感じた!
クリティカルヒット!
400ダメージ!
理樹は倒れた!


来ヶ谷「…最初からおとなしくしておけば良かったものを…ふふふ…」

理樹「くっ…」

来ヶ谷「ああ…素晴らしいな。…もっと楽しみたくなってきたな…よし、私の部屋につれていってやろう…」



理樹(…というわけで、来ヶ谷さんの部屋に連行される。)

来ヶ谷「さて、では…もっと楽しませてもらおうか。少年。」

理樹「…何をするつもりなのさ…」

来ヶ谷「そうだな…>>538」


538以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/26(日) 18:51:06.11L+CtyQbuo (1/1)

佳奈多君にあげる
理樹くんロリータ服写真集の撮影


539以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/26(日) 21:15:13.37RHyrTT6iO (1/1)

理樹「ええ!?なんで佳奈多さんに?」

来ヶ谷「彼女もこういうのが好きだろうからな。」

理樹「いやいやいや!そんなことないよ!」

来ヶ谷「いいや、ある…さっそく始めるぞ。少年。」カシャカシャ

理樹「うう…」

来ヶ谷「恥じらうところ…実にかわいらしい…もっとその姿を見せてくれ。」カシャカシャ

理樹「やめてよ…」

来ヶ谷「ああすばらしい、素晴らしいぞ
理樹くん。」カシャカシャ

理樹「ううう…」





来ヶ谷「…ふぅ、満足した、あとはこれを佳奈多くんに渡すだけだな。」

理樹「そんなの喜ばないと思うけどなぁ…」 

来ヶ谷「どうだかな…」

理樹「…じゃあ、僕はもうそろそろ…」

来ヶ谷「まちたまえ。」

理樹「え?」

来ヶ谷「せっかくだからな、ついでに、>>540でもしないかね?」


540以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/27(月) 03:18:44.92gI8QHQFHO (1/1)

エッチなこと


541以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/27(月) 12:26:22.31BFkURUygO (1/1)

理樹「えっ!?」

来ヶ谷「佳奈多くんのことだから、そういうこともあまりさせてくれないんじゃないか。だからこのお姉さんが発散させてやろう。」

理樹「…いや、やらないよ…」

来ヶ谷「…なんだと?普通ならここはムヒョッス、最高だぜとなるところだぞ?」

理樹「だって恋人がいるのに裏切れないし、別に貯まってないし、なんか、今はそういう気分でもないし…」

来ヶ谷「…ほう、なるほど…つまり理樹くんは貯まっていないわけか…餡な風に見えるが毎日ヤっているわけか。」

理樹「してないよ!そんなに!」 

来ヶ谷「毎日でもない限り性欲旺盛な男子高校生が満たされるわけないだろう。」

理樹「いやいやいや…そんなの偏見だよ!」

来ヶ谷「…まさか理樹少年、今日はもう行為を済ませているということかな?」

理樹「だからしてないよ!寝落ちしちゃったときにそんな夢なら見たけど!」

来ヶ谷「夢か…ほう…それは興味深いな。一体どんな夢かな?」

理樹「言わないよ。恥ずかしいから…」

来ヶ谷「もしや佳奈多くんが積極的に来るような夢じゃないかな?」

理樹「!…それは…そうだけど…」

来ヶ谷「…ほう、そうかそうか。ふむ…なるほど。納得がいったよ。」

理樹「えっ。今ので何が…」

来ヶ谷「いや、少年は気にしなくていい。私として納得しただけさ…わかった、そういうことはまたの機会にさせてもらおうじゃないか。」

理樹「…?まあ、引き下がってくれるならいいや。ありがとう…じゃ、帰るね。」

来ヶ谷「ああ、貯まりすぎてしょうがなかったらいつでも来るといい。」

理樹「こないよ…」




理樹(…ふぅ、助かった……疲れたから、今日はもう帰ろう…)


理樹(…部屋に帰る途中、>>542に会った。)


542以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/27(月) 13:53:59.40KFcAq3zuo (1/1)

謙吾


543以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/27(月) 18:15:02.29f7tBLF5IO (1/1)

謙吾「おう、理樹」

理樹「あ、謙吾。」

謙吾「理樹、昨日のあれは大丈夫だったのか?」

理樹「昨日のあれ…ああ、あれは反省文と掃除当番で許してもらえたよ…謙吾はあの後なにもなかった?」

謙吾「あの後笹瀬川が再び来たから一応誤解は解いておいた。あとは…一応二木から聴取はされたな。俺は注意だけですんだな。」

理樹「そっか、よかったよ…」

謙吾「理樹も許されたのならよかった。…今は何をしていたんだ?俺は自主連帰りだが…」

理樹「人気あげ作戦の帰りだよ…」

謙吾「そうか、なんだか久しぶりの響きだな…」

理樹「そうだね…参考までに、謙吾は何をしたらいいと思う?」

謙吾「俺か、そうだな…>>544」


544以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/27(月) 20:21:43.423jLLK88gO (1/2)

女装


545以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/27(月) 21:31:45.593jLLK88gO (2/2)

理樹「…そっか…うん…わかったよ…」

理樹(なんでみんな…こういう…)

謙吾「…なんだ、やらないのか?」

理樹「うん、もうやったから。」

謙吾「そうか…残念だ…」

理樹「ごめん謙吾…」

理樹(…謙吾なら頼れると思ったのに…)




理樹(…その後、部屋に戻る。)

真人「理樹、お帰りだな!」

理樹「うん、ただいま、真人…」

真人「なんだ、疲れてるのか?」

理樹「ちょっと、いろいろやって…人気あげたりとか…」

真人「あああれか…久しぶりだな。」

理樹「うん…」

理樹(せっかくだから幼なじみには全員聞いておこう…)

理樹「真人は何したらいいと思う?」

真人「>>546」


546以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/28(火) 00:03:09.06JiRznMcnO (1/1)

筋トレ


547以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/28(火) 12:13:57.26yfNajveFO (1/1)

真人「筋肉があれば何でも大丈夫だからな!」

理樹「うん、真人的にはそうだろうね。」

真人「今から筋トレするか?ちょうどマッスルエクササイザーが出来上がったところだぜ。」

理樹「今日はいいや、もう疲れたから。」

真人「そうか…まあなんか罰則食らったって昨日いってたもんな…」

理樹「うん、ごめんね。」

真人「別に構わねぇさ。」

理樹(そのあと僕は就寝した、今日も夜が更けていく…)



木曜日
理樹(今日は木曜日、土曜日と日曜日が文化祭だから、文化祭まであとわずかだ…今日も授業は半日で終わることになっている。)

理樹(…そんなことを考えていると、今日は>>548と会う。)


548以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/28(火) 20:42:50.526PkGc+jdO (1/1)

生活指導の先生


549以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/29(水) 13:54:09.893G9vkEroO (1/1)

理樹「あ、先生…おはようございます…」

生徒指導教員「おはよう。直枝…あれから大丈夫だろうな?」

理樹「はい、もちろん…ちゃんと節度をもってお付き合いをしてます…」

生徒指導教員「…ほう、そうか…本当だな?」

理樹「はい、もちろん。」

生徒指導教員「そうか…嘘をいう感じではないな…なら、お前たちじゃないか…」

理樹「え、何かあったんですか?」

生徒指導教員「学校に避妊具が捨てられてたんだ。どうやら校内でいかがわしい行為を行うものがいるようなんだ。」

理樹「あ、なるほど…」

生徒指導教員「疑ってすまんな。直枝。」

理樹「あ、いえ…別に大丈夫です…」



理樹(…次にあったのは、>>550)


550以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/29(水) 15:03:26.83GYZe/ykoO (1/1)

わふー


551以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/29(水) 19:06:19.32n76V9xyUO (1/1)

クド「リキ、おはようございます!」

理樹「あ、クド、おはよう。」

クド「わふ?昨日のあの服装はやめちゃったんですか?」

理樹「うん、ちょっと色々問題があって…」

理樹(あれ着ると来ヶ谷さんに襲われそうだし…)

クド「そうですか。あのリキ、クールだったんですが…残念です。まあでも事情があるなら仕方ないですね。」

理樹「ごめんね…ところでクド。」

クド「わふ?」

理樹「文化祭までもう少しだね。」

クド「わふー、そうですね。」

理樹「クドは何かやるの?」

クド「私は…>>552」


552以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/29(水) 20:13:46.97N7IRan3sO (1/1)

ロケットの研究発表


553以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/29(水) 21:21:15.805fkEeloBO (1/1)

理樹「ロケット?」

クド「天文部の皆さんがペンシルロケットを飛ばすっていうのを文化祭でやるんです。私もそこに頼み込んで参加させてもらいました!いろいろ研究したことも発表します!」

理樹「へぇー、すごいね。クド。」

クド「わふー!ありがとうございます!リキも時間があれば来てくださいね!」

理樹「うん、もちろん!クドの方も、僕たちのバンド、聞きに来てね。」

クド「もちろんです!」




理樹(クドと一緒に教室まで歩くと…今度は、>>554と会う。)


554以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/29(水) 22:35:10.30T4FAUzbd0 (1/1)




555以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/30(木) 10:18:51.38VXRCPYnFO (1/1)

鈴「理樹。クド、おはよう。」

理樹「あ、鈴。おはよう。」

クド「おはようございます!」

鈴「なんだ、あのかっこーはやめたのか。」

理樹「ちょっといろいろあってね…ヤンキーっぽいのはやめたよ」

鈴「そーか…似合ってたんだがな。」

理樹「ごめんね…」

鈴「まあいい…」

クド「鈴さん、さっき文化祭の話をしてたんですが、鈴さんは何かやるんですか?」

鈴「あたしは特にやらんぞ。クラスのにちょっと参加するだけだ。」

理樹「あれ、クラスって何かやってたっけ…」

鈴「なんだ理樹、忘れたのか。」

理樹「うん、ごめん…」

鈴「クラスでやるのは、>>556だぞ。」


556以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/30(木) 17:33:43.443gNG6svLO (1/1)

ソーラン節


557以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/30(木) 19:33:41.83sDOrE9v6O (1/1)

鈴「出し物だな。」

理樹「あ、そうだったね…」

クド「わふー、鈴さんは踊るんですね。」

鈴「ああ。真人もやるって言ってたぞ。」

理樹「へぇ、そうなんだ。」

理樹(真人が踊り…大丈夫だろうか…)

理樹「…まあ、頑張ってね。僕も空いてれば見に行くから。」

鈴「ああ、来てくれ。」



理樹(その後、教室についたので、おのおのの席につく。)

理樹(…鈴と真人はソーラン節で、クドはロケットで、僕たちはバンドかぁ…謙吾も部活でゲイバー…喫茶店的なものをやるって言ってたし…結構みんないろいろやってるんだなぁ…他の人にも聞いてみようかな。)


理樹(…というわけで、まずは小毬さんから聞いてみる。)

理樹「小毬さんは文化祭何するの?」

小毬「文化祭?わたしはね~、>>558」


558以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/31(金) 09:12:48.749kq8ODYBO (1/1)

人形劇


559以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/31(金) 12:12:11.95IUncJmKcO (1/1)

理樹「へぇ、そんなのもやってるんだ。」

小毬「地域の子供たちに向けてなんだよ~、みおちゃんにも協力してもらってるんだ~。」

理樹「西園さんも…」

理樹(確かに、演技とか得意だったもんなぁ。)

理樹「そっか、ありがとう、頑張ってね、小毬さん。」

小毬「うん、理樹くんたちも、頑張ってね~。」




理樹(あとは…来ヶ谷さんか…)

理樹「来ヶ谷さんはなにかやってる?」

来ヶ谷「やっているにはやっているな。何だと思う?」

理樹「え?うーん……喫茶店でコーヒーを出す…とか…」

来ヶ谷「なるほど、確かに私はよくコーヒーを飲んでいるな、だが違う。」

理樹「じゃあ…何かスポーツ系?」

来ヶ谷「違うな。」

理樹「じゃあ、何?」

来ヶ谷「>>560」


560以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/31(金) 18:43:04.75pOpLC+DeO (1/1)

ピアノ演奏


561以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/07/31(金) 20:57:22.80vwM0e80dO (1/1)

理樹「ピアノ…」

来ヶ谷「なにやらそういう企画があったからな、私も参加させてもらった。私のみ何もやらないのも寂しいだろう?」

理樹「まあ、そうだね。」

来ヶ谷「君には是非とも聞いてもらいたい。聞いたからには、来てくれたまえよ。私の指使いを特別に堪能させてやろう。」

理樹「うん、もちろんさ…」



理樹(聞いてみたけど…みんな自分の個性を活かしていろいろやってるんだなぁ…)

理樹「…僕も頑張らなきゃな…」




理樹(…というわけで、授業が終わると…)

理樹(ご飯を食べて、そのあとはみっちり練習だ…今日も頑張ろう…)

理樹(今日のご飯は…どうしようかな…)

佳奈多「…直枝。」

理樹「あ、佳奈多さん。どうしたの?」

佳奈多「…お弁当…あなたのも作ってきたから…」

理樹(お弁当そういえば、昨日作ってきてくれるって言っていた。)

理樹「ありがとう佳奈多さん、本当に作ってきてくれたんだね。忙しいだろうにごめんね。」

佳奈多「良いわよ、別に…今日はどこで食べる?」

理樹「そうだなぁ…」
1練習場
2屋上
3あえて中庭
>>562


562以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/01(土) 17:01:19.00eTy9+RKaO (1/1)

1


563以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/01(土) 18:16:09.54a9F3YaxWO (1/1)

理樹「練習場で食べちゃおう。」

佳奈多「ええ、わかったわ、行きましょう。」
 


練習場
佳奈多「…まだ、誰も来てないのね。」

理樹「そうみたいだね。…じゃ、食べちゃおっか。」

佳奈多「そうね。…それじゃ、これ…」

理樹「うん、ありがとう。佳奈多さん、それじゃ、開けるね…」カパッ

理樹(開けると、ハンバーグやウィンナーなど、美味しそうな具材がいっぱい入っている。)

理樹「わぁ、美味しそう。いただきます。」パクッ

佳奈多「…どうかしら?私なりに頑張ってみたけど。」

理樹「うん、とっても美味しいよ。ありがとう。佳奈多さん。」

佳奈多「…どういたしまして。」

理樹(佳奈多さんは嬉しそうな顔をしている。)

佳奈多「…じゃあ、私も食べましょうか…」

理樹(佳奈多さんも弁当を取り出し、食べ始めたとき…>>564が入ってきた。)


564以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/02(日) 03:13:02.53IV3WzO1IO (1/1)

葉留佳


565以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/02(日) 12:35:01.97rGeL8Nx4O (1/1)

葉留佳「やはー!はるちんさんじょーう!」

理樹「あ、葉留佳さん。」

佳奈多「あら、葉留佳。」

葉留佳「おや、まだ二人だけですカ。ま、いいですヨ。お二人はご飯中?」

理樹「まあ、そうだね。」

葉留佳「じゃ、はるちんも食べよ!ご一緒していいですよネ?」 

理樹(葉留佳さんはお弁当を取り出してから、僕たちのところにくる。)

理樹「良いよ。」

葉留佳「あざす!…あれ?理樹くん、普段お弁当だっけ?」

理樹「いや、違うよ。」

葉留佳「てことは、それは、まさか…」

理樹「うん、そうだね。作ってくれたんだよ。」

葉留佳「ほうほう!お姉ちゃんもなかなか可愛いことしますネ!愛妻弁当ってやつですカ。かー!羨ましいですナ!理樹くん!いい妻を持って!」

佳奈多「…やめて葉留佳、まだ妻じゃないから……」

葉留佳「いやいや、お菓子とかならともかく、お弁当を作ったらそれはもう夫婦同然ですヨ、朝ごはん作るみたいなもんじゃないですカ。」

佳奈多「からかうのはやめなさい。これくらい恋人関係でもやるわ…あーちゃん先輩も初デートでお弁当作って食べてもらったって言ってたしね。」

葉留佳「おおー、じゃああのお二人ももはや夫婦ですナ、このバンドで私だけ独りもんですネ!やはは…しかし理樹くん、羨ましいですナ…お姉ちゃん、はるちんには作ってくれないのに。」

理樹「そうなの?」

葉留佳「そうなんですヨ。はるちんも食べてみたいですナ、お姉ちゃんのお弁当。お姉ちゃん、作って!」

佳奈多「作らないわよ。」

葉留佳「ええー。お姉ちゃんケチ!」

佳奈多「お弁当の作り方なら教えてあげるから、自分で作りなさい。いつまでも甘えないの。」

葉留佳「理樹くんには作ってるのに。」

佳奈多「それは恋人だから良いの。」

葉留佳「むむぅ…理樹くんに嫉妬しちゃいますナ…」

理樹「またややこしくなるからやめてよ…」


理樹(…その後、>>566が来た。)


566以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/02(日) 15:12:14.802RjU5J66O (1/1)

恭介


567以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/02(日) 18:54:58.09IvFtk86fO (1/1)

恭介「よう、来たぜ。」

理樹「あ、恭介。」

葉留佳「恭介さん、ちょうどいいとこに来ましたネ。」

恭介「ちょうどいいとこ?何だ、お前がいうと嫌な予感がするな。」

葉留佳「大丈夫ですヨ、今回はそんな面倒なことじゃないんで…ただ理樹くんが愛妻弁当を食べてるってだけですヨ。」

佳奈多「…妻じゃないから…」

恭介「ほう、二木の愛妻弁当か。なかなか良くできてるじゃないか。」

佳奈多「だから私は妻じゃ…」

恭介「細かいことは気にするな。…とにかく、お前たちは仲良くしてるみたいだな、安心したぞ。」

理樹「そういう恭介はどうなのさ。」

恭介「…俺たちか……俺たちなぁ…」

理樹「…え、何かあったの?」

恭介「いや、順調だが?」

理樹「ええー。じゃあなんであんな訳ありな雰囲気出したのさ…」

恭介「いや、ちょっと思わせ振りな雰囲気を出したかったんだ。」

理樹「ちょっと心配しちゃったじゃないか、もう…」

葉留佳「そういや、あーちゃんさんは一緒じゃないんですネ。」

恭介「声は掛けたんだが、用事を済ませてからいくと言われてな。もちろん俺も手伝うと言ったが、大したことじゃないと断られた。」

理樹「用事って?」

恭介「時間がかかるものじゃない、練習には出ると言っていたぞ。」

理樹「そっか…」

理樹(大丈夫かな…)

恭介「さて、それじゃ、俺も飯食うか…」



理樹(しばらく四人で談笑する。)

理樹「そういえば、葉留佳さんたちのクラスって何するの?」

葉留佳「えっとね、はるちんたちのクラスは…あれ、なにするんだっけ?関わらないから忘れちゃいましたヨ。やはは。」

佳奈多「ちゃんとなさいよ…私らのクラスは、>>568」


568以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/02(日) 22:34:20.75ql2AGleQ0 (1/1)

……なんだったかしら?


569以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/03(月) 20:31:03.97A+/mLRlRO (1/1)

葉留佳「お姉ちゃんも覚えてないじゃないですカ!」

佳奈多「…仕方ないじゃない、私も関わってないんだから。」

葉留佳「ちゃんとしてくださいヨ!」

佳奈多「あなたに言われたくないわ…」

理樹「まぁまぁ…二人とも関わってないってことは、シフトとかは入ってないんでしょ?」

佳奈多「そうね。」

理樹「じゃあいいよ、二人ともなにかやるなら見に行こうと思っただけだから。思い出せなくても全然いいよ。」

佳奈多「そう?」

理樹「うん。まあ気になれば当日調べるし…恭介は?何かやる?」

恭介「俺は…>>570」


570以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/03(月) 21:27:41.13bFx8PqgPo (1/1)

もともと3年は自由参加だし
俺はバンドに集中するぜ


571以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/04(火) 12:15:51.3914bB30GjO (1/1)

理樹「そっか、まあそうだよね。てことはここにいる人たちはみんなバンド一本ってことだね。」

葉留佳「そうですネ。」

恭介「みな本気というわけだな。」

理樹「やるからにはちゃんとやらないと。」

葉留佳「やってみたらけっこー楽しいですしネ。」

佳奈多「…まあ、そうね。」

恭介「よし…それじゃ、そろそろ練習やるか?」

理樹「でも、寮長さんがまだ来てないけど…」

恭介「先にやっててくれとあいつは言ってたぞ。」

理樹「そう…なら、はじめてもいいかな…」



理樹(というわけで、練習を始める。取り合えず弾いてみて…)

理樹「……うん、良かったんじゃない?」

葉留佳「うんうん!はるちんもそう思いますヨ。ミスも無かったし!」

佳奈多「そうね、リズムの乱れも気になるようなものはなかったし…」

恭介「確かになかなか良かった…だがこれで満足をしてはいけない。今日と明日でまだまだ俺たちは伸びれる…」

理樹「そうだね…」

葉留佳「厳しいですナ…」

理樹「満足したらそこから伸びないし、油断するとむしろ下手になっちゃうこともあるだろうしね。」

葉留佳「まあそうなんでしょうケド…」

佳奈多「葉留佳。文句は言わないの。」

葉留佳「へーい…」

理樹「じゃ、もう一回頭からやろうか…」

恭介「おう!」




理樹(…もう一回やったのが終わったとき…)

あーちゃん先輩「みんな、ごめん!遅れちゃって!」

恭介「おっ、来たか。別に構わないさ。来たんならな。」

佳奈多「何してたんですか?」

あーちゃん先輩「んーとね、ちょっとばかりやることがあってね。思ったよりも時間かかっちゃったけど。」

佳奈多「…やること?」

あーちゃん先輩「…ちょっと、寮のことでね。大丈夫、もう済ませたから。ほんとごめんなさいねー。文化祭も近づいてきてるのに…それじゃ、練習の準備するから、ちょっと待ってて!」

恭介「ああ。」

佳奈多「…」

佳奈多(…寮で何かやることなんてあったかしら…私が聞いてないだけ?)




理樹(今度は歌も会わせて、練習する。)

理樹「…今のは、どうだった?」

恭介「>>572」


572以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/04(火) 21:16:10.146UY1T/TP0 (1/1)

いい感じだが何ヶ所かズレていたな


573以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/05(水) 12:11:05.30eOXp24svO (1/1)

恭介「やはりまだ完璧とはいえないな。」

理樹「そっか…じゃあまずはそこのずれてた部分の修正をしていかないとね。」

恭介「ああそうだな…まずは…」





理樹(何回も練習した後に…)

理樹「うん。よくなってきた気がする。…それじゃ、一旦休憩!」

恭介「よし、休憩か…なら、いろいろな計画の考案でもするか…」

あーちゃん先輩「ふぅ、休憩ね。飲みもの買ってこよ…」

葉留佳「お姉ちゃん見てみて!ドラムスティックさばきがまた上手くなりましたヨ!」

佳奈多「…あなた、意外と器用よね…」

理樹(…それぞれ思い思いに休み始めたようだ…僕はどうしようかな。)
誰に話しかける?
1 恭介
2 あーちゃん先輩
3 葉留佳佳奈多
>>574


574以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/05(水) 14:21:14.88TyDZNBAYO (1/1)

1


575以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/05(水) 18:57:58.26DWnM4vR5O (1/1)

理樹「恭介、何してるの?」

恭介「ああ、理樹か。…まあお前には伝えておくか。あいつの件に関するプランを考えていた。」

理樹「ああ、なるほど…相手のこととかはわかったの?なにか、三人いるとかそんな話だったと思うけど…」

恭介「結局一人に絞られたようだ。相手はあいつの一族の男。又従兄弟らしい。」

理樹「そっか…プランはできたの?」

恭介「大体はな…第一プランとしては迎えに来たあいつの実家の人間を追い払うと言うプラン…単純だが、多少暴力的ではあるな。」

理樹「まあ。そうだね…」

恭介「第二プランは、実家に戻ったあいつを連れ戻しにいくプランだな。実家の位置は把握したし、潜入できそうなルートも見つけた。」

理樹「なるほどね。」

恭介「祝言のタイミングで潜入、奪還する。要するに、花嫁奪還作戦だな。」

理樹「警察沙汰にはならないのかな?」

恭介「そう、そこが重要だ。ああいうタイプの家は面子を気にする隠蔽体質だと決めつけてしまえば簡単だが、確実にそうとは言えん。…まあどちらにせよしばらくは隠れて過ごすつもりだったが、警察沙汰になるとすれば、本格的に逃げて隠れる手だても考えなきゃならん。そこの手だてがまだすんでいない。」

理樹「そう…隠れて暮らすとなると、拠点と、お金と…いろいろ必要だよね…」

恭介「そうだ。あと一週間ちょっとで隠れ場所もろもろを準備して、今後のことも計画する必要がある。」

理樹「恭介、僕になにかできることはある?手伝うよ。」

恭介「理樹には…>>576」


576以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/05(水) 23:38:00.94dTxYLOQY0 (1/1)

陽動を頼みたい


577以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/06(木) 12:20:12.63y07CweYpO (1/1)

恭介「追い払うにせよ救出にせよ、誘導をしたりひき付けたりする必要がある。お前にはその役回りをたのみたい。方法とかも文化祭終わってからでいいから考えといてくれ。誰が必要とかもな。」

理樹「うん、わかったよ。任せて。」

恭介「頼んだ。…ほんと、悪いな。お前らも巻き込んじまって。」

理樹「なに言ってるのさ恭介、人を助けるのがリトルバスターズだよ。恭介と寮長さんが困ってるならいくらでも力になるさ。」

恭介「理樹…ありがとう。あいつのために、頑張ろうぜ。」

理樹「うん!」

あーちゃん先輩「あら、なんの話?」

恭介「ああ、いや、こっちの話…計画についてだな。」  

あーちゃん先輩「ああ、なるほどね…」

恭介「お前は気にしなくていい。安心しろ。お前は俺たちで守るからな。」 

あーちゃん先輩「>>578」


578以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/06(木) 22:22:29.62jIF84X7+0 (1/1)

なんだかお姫様になった気分


579以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/07(金) 13:50:59.07NfoV/jylO (1/2)

あーちゃん先輩「さしずめ私はピー◯姫かしら。」

恭介「なら俺はマ◯オだな。」

あーちゃん先輩「あら、マ◯オならさらわれるまでは来てくれないじゃない。」

恭介「それは普段ピー◯姫の回りにマ◯オがいないからだろ。マ◯オの俺が最初からいればキノ◯オのようにあっさりピー◯姫をさらわれたりはしないさ。」

あーちゃん先輩「あら頼もしいわね、にゅふふ。好き。」

恭介「俺もだ。」

あーちゃん先輩「キスしていい?」

恭介「それはダメだな。」

あーちゃん先輩「やっぱりだめか…何ならいいのよ。本当に。」

恭介「今なら…>>580」


580以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/07(金) 17:20:40.01ObKj2wT7O (1/1)

ハグ


581以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/07(金) 18:17:41.94NfoV/jylO (2/2)

あーちゃん先輩「じゃ、ハグする。」ギュッ

恭介「ふっ、仕方ないな。」ギュッ

あーちゃん先輩「にゅふふー。しばらくこうしてていい?」ギュッ

恭介「構わんさ…」

理樹「…」

理樹(しばらく二人はこのままにしてあげよう…しかし、二人を見てると、僕も、なにか…ハグしたくなってくる。)

理樹「ねぇ、佳奈多さん…」

佳奈多「ハグはしないわよ。」

理樹「だめ?」

佳奈多「だめ。人前では気を付けた方がいいわ。」

葉留佳「じゃ、はるちんとする?ほぼお姉ちゃんですヨ。」

理樹「>>582」


582以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/07(金) 18:34:16.72hpxypqtr0 (1/1)

じゃあちょっとお試しで


583以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/08(土) 12:09:37.89f0tSeatBO (1/1)

葉留佳「じゃ、行きますヨ!」ギュッ

理樹「わっ!」

佳奈多「!」

葉留佳「やはは、どう?」

理樹「どうって…まあ…確かにほぼ佳奈多さんだね。抱いた感じは。」

葉留佳「でしょでしょ?」

理樹「なにか、暖かいし…」

葉留佳「ねー、ハグって暖まりますよネ!」

佳奈多「……ちょっと、葉留佳…」

葉留佳「あ、お姉ちゃんも混ざる?お姉ちゃんもカモン!理樹くん、暖かいですヨ!」

佳奈多「…>>584」


584以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/08(土) 14:11:06.59u/JQten4O (1/1)

混ざる


585以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/08(土) 18:20:23.71hbgZf8YKO (1/1)

佳奈多「葉留佳に独占はさせないわ。」

葉留佳「じゃ、カモン!ここ空けますからネ。」

佳奈多「…ええ…」ギュッ

葉留佳「そいじゃ、はるちんも」ギュッ

理樹「!」

理樹(二人の暖かさが僕に伝わる。鼻の中にミント系と柑橘系の香りがふわりと広がる。)

葉留佳「やはは、三人だと更にあったか!」

佳奈多「…そうね。」

理樹「う、うん…」

葉留佳「理樹くん、どっちがいい?」

理樹「えっ?」

葉留佳「抱き心地ですヨ!どっちがいい?」

理樹「そりゃ…」
1普通に佳奈多さん
2意外と葉留佳さん
3選べないなぁ
>>586


586以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/09(日) 02:16:12.188e5y+s1tO (1/1)

3


587以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/09(日) 12:02:23.87vwDrpfmEO (1/1)

理樹「…選べないなぁ…」

葉留佳「ほうほう…」

佳奈多「…ちょっと、どういうこと?」ムッ

理樹「あ、いや、その…怒らないで、佳奈多さんが抱き心地が悪いとかそういう訳じゃないから…」

佳奈多「でも葉留佳と同じなんでしょう?」

理樹「いや。それは…」

佳奈多「それなら私でも葉留佳でも一緒ってことになるじゃない。葉留佳が抱きついてきても自然に受け入れてたし。もう葉留佳だけ抱いてればいいじゃない。」

理樹「そんなことないよ。」

佳奈多「もう、知らないから。」

理樹「佳奈多さん…」

葉留佳「あーあー、怒らせちゃいましたナ。」

理樹「うん、そうみたいだね…」

葉留佳「本気の気持ちを見せるしか無いでしょうネ。」

理樹「本気の気持ち…」

理樹(本気の気持ちを表すとすれば…)

理樹「…!」

理樹(僕は佳奈多さんに、>>588)


588以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/09(日) 22:01:31.31g08R3Uat0 (1/1)

学校の屋上から全校生徒の前で熱烈な愛を叫ぶしかない!


589以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/10(月) 16:36:14.38Xo5Lj28GO (1/1)

理樹「葉留佳さん、ちょっといい?協力してほしいんだ。」

葉留佳「何ですカ?」

理樹「佳奈多さんを外に連れ出してほしいんだよね。屋上が見てるとこで。僕は人を集めるから、そこに。」

葉留佳「人が集まってるところに行けばいいんですネ。オッケー、任せてくださいヨ。」



理樹(というわけで、僕は集まるようにいろんな人に集まるように呼び掛けたあと、屋上に向かう。)

理樹(…よし、やるぞ…)



佳奈多「ちょっと…葉留佳…なんなの?こんな外に連れてきて…練習は?」

葉留佳「良いから良いから!カモーン!」

佳奈多「一体何が…人もそれなりに来てるし…」



理樹「…」

理樹(よし…人も来てる、佳奈多さんもいる…決行の時!)

理樹「…佳奈多さーーーーん!」

佳奈多「!?な、直枝!?」

理樹「さっきはあんなことを言ってごめーーん!機嫌を悪くしたかもしれない、でもこれだけは言わせて欲しい!僕は佳奈多さんの事を……世界で一番…愛してまーーーーーーす!」

佳奈多「>>590」


590以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/10(月) 21:36:16.50CGaKC2N9O (1/1)

2番目はいないわよね?


591以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/11(火) 15:02:57.08X4kK6jOkO (1/1)

理樹「もちろんー!佳奈多さんが一番だよーー!2番なんていないよーー!」

佳奈多「……言ったわね?誓える?」

理樹「うん!誓うよ!好きなのは、君しかいない!」

佳奈多「……私もよ。私も、あなただけが好き!」

理樹「うん!ありがとう!今から、そっちへ行くよ!」

佳奈多「…え?」

理樹「受け止めてね…はっ!かーなーたーさーん!」

理樹(僕は屋上から飛び降りる。)

佳奈多「え、え!?ちょ、ちょっと…直枝!?」

佳奈多「直枝ーー!」
ビヨンビヨン!

佳奈多「…え?」

理樹「…びっくりした?」

理樹(事前にバンジージャンプのようなゴムを準備しておいて、びっくりさせるために仕込んだのだ。)

佳奈多「もう…バカね…バカ。」

理樹「あははは。」

理樹(…これで、一件落着…と思ったが…)

パチパチパチ
美魚「なるほど、人を集めてるときいたので来てみれば…こういうことですか。」

理樹「…西園さん…ごめん、でもこれが僕の気持ちだから。」

美魚「>>592」


592以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/11(火) 15:07:05.61pteHv1Dmo (1/1)

しょうがないので直枝さんのことは諦めます
あと生徒指導の先生に告げ口したのも私です


593以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/11(火) 18:11:45.07O7NTX7ygO (1/1)

理樹「えっ。」

美魚「それであなたたちの動きを牽制できると思いましたが、あまり効果はなく…直枝さんにも迷惑をかけましたね、申し訳ありませんでした。」

理樹「…うん、それはもう、別にいいけど…」

美魚「ありがとうございます。」

理樹「…それで、僕の事は諦めるって?」

美魚「はい、多くの生徒の前で公開告白をするほど本気ならば、身を引きましょう。」

理樹「…そっか、ありがとう。」

美魚「…そういうことなので、これからはよろしくお願いしますね。佳奈多さん。」

佳奈多「>>594」
1よろしくね
2信用できない
3自由安価


594以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/11(火) 22:13:00.71NppraMsG0 (1/1)

1


595以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/12(水) 13:38:09.31qTHrmYIyO (1/1)

佳奈多「…よろしくね。」

美魚「…おや、信じてくださるのですか。」

佳奈多「だめなのかしら?」

美魚「いえ、今までの事を考えると、信用されないと思っていましたから。」

佳奈多「信用した訳じゃないわ。今の直枝なら、あなたに何されようが揺らがないと思ったから、もう何されようと問題ないと思ったからよ。」

美魚「なるほど、そうでしたか。確かに私もそう思えばこそ敗けを認めているわけですから。お互いに直枝さんの本心が伝わったわけですね。」

佳奈多「…」

美魚「…では、それを言いに来ただけですので、私はこれで失礼します。」

理樹「あ、うん…」

美魚「文化祭、頑張ってくださいね。直枝さん。佳奈多さん…」





理樹(西園さんは去っていく。)

理樹「…突然でびっくりしたけど…思いがけず、一個問題が解決したね…」

佳奈多「そうね。」

葉留佳「まさに飴くって地固まる!」

理樹「あ、葉留佳さん…協力してくれてありがとね…あと、雨降って地固まる、だよ。」

葉留佳「やはは、そうとも言いますナ……で、理樹くん、これからどうするの?」

理樹「練習場に戻ろうか、恭介たちほってきちゃったし…」

佳奈多「そうだったわね、それじゃ、戻りましょう。」



理樹(部屋に戻ると、二人は>>596していた。)


596以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/12(水) 14:17:11.61O/7C//BKO (1/1)

あっち向いてホイ


597以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/12(水) 20:35:32.05V9FZ4CTRO (1/1)

恭介「じゃんけんぽん!」

あーちゃん先輩「あっち向いてほい!」

恭介「はっ!…ふぅ、危なかった…」

あーちゃん先輩「じゃんけんぽん!」

恭介「あっち向いてほい!」

あーちゃん先輩「よっと…よし、セーフね…」

理樹「…何してるの?恭介…」

恭介「ああ、理樹。戻ったか。見ればわかるだろう。あっちむいてほいだ。」

理樹「いや、それはわかるけど…なんでそんなことを…」

恭介「いや、気がつけばお前たちがみんないなくなっていたからな。待つ間柄暇だったから、やってる。」

理樹「それで、あっちむいてほい?」

恭介「ただのあっちむいてほいじゃないぞ…負けたやつが勝ったやつの言うことを一つ聞く、というルールでやってる。」

理樹「なるほど…だからあんな真剣に…」

恭介「そういうことだ…負けるわけには行かん…次で決める!行くぞ!じゃんけん…ぽん!」
勝者
>>598


598以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/12(水) 23:43:58.30FgCQiknU0 (1/1)

恭介


599以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/13(木) 12:26:17.28EQZ+tfXeO (1/1)

恭介「あっちむいて…ほい!」

あーちゃん先輩「…あっ…」

恭介「…ゲームセット、俺の勝ちだ。」

あーちゃん先輩「あー!負けた!せっかくあんなことやこんなことをさせようと思ってたのにー。にゅふふ。」

恭介「ははは、残念だったな。」

葉留佳「恭介さん、命令はどうするんですカ?」

恭介「命令か…どうするか…」

あーちゃん先輩「にゅふふ。負けたからにはなんでもするわよー。」

恭介「よし、なら…>>600」


600以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/13(木) 20:06:34.67ab2HSkJ70 (1/1)

しばらくお淑やかにしていろ


601以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/13(木) 20:50:59.66/o988oL1O (1/1)

あーちゃん先輩「しばらくっていつまでよ。」

恭介「俺が飽きるまでだな。」

あーちゃん先輩「オッケー。わかりました。にゅふふ。」

恭介「そのにゅふふって笑い方もだめからな。」

あーちゃん先輩「あら。だめですか?意外と難しいわ…ですね。どう笑えばいい…んですかね?」

恭介「うふふ、とかで良いんじゃないか。」

あーちゃん先輩「なるほど、うふふ……あー、しゃべりにくいですね…なかなか…」

葉留佳「すごくわかりますヨ…大変ですよネ…」

理樹(そういえば葉留佳さんもこういう罰ゲームしてたことあったっけ…)

恭介「ま、頑張れよ。…さて、そいじゃ、戻ってきたし、後ちょっとだが、練習やるか。」

理樹「あ、うん、そうだね…」

あーちゃん先輩「やりますわよ!」

葉留佳「それお嬢様言葉ですヨ…」

あーちゃん先輩「細かいことは気にしないでくださいね。うふふ。」




理樹(数回ほど練習して…)

恭介「…よーし、時間だな…そろそろ、終わりだな。」

理樹「あ、もうそんな時間…」

恭介「まあ、すこし遊んじまったからな…まあ、仕方ない、残りは明日だな。」

あーちゃん先輩「あら、終わり?…じゃあ恭介、この後暇ですか?」

恭介「まあ暇だな。」

あーちゃん先輩「ならこの後、>>602」


602以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/08/14(金) 20:44:53.72Knb1Qcaw0 (1/1)

おコーヒーでも飲みに行きませんこと