1名無しさん@おーぷん20/05/23(土)18:24:51wOz (1/6)

ライラさんのssです。
いつも半な作品ばかり書いていますが、これはその中でも極め付けです。
でも、文章の綺麗さは自分が過去書いたものと比べても一歩抜きん出ていると自負しています。
何しろ趣味全開な分、書いてる時は最高に楽しかったです。
よろしければぜひ。


2名無しさん@おーぷん20/05/23(土)18:25:17wOz (2/6)

【Under the Blue Moon】



The huge moon that dominates the azure sky is laughing.
Its light extinguishes the day and illuminates the night.
The sound lures the living to sleep and the dying to the heavenly realm.

(紺碧の空を支配するように、大きな月が笑っていた。
 その光は昼を消し、夜を照らす。
 その音は生きとし生けるものを眠らせ、死にゆくものを天界へと誘う。)

On a desert hill covered with white flowers, a girl is dancing.
The sand fluttered. Petals fluttering. There is an infinite continuity in the sucking sky.
It's like a dream. But there is certainly a warmth to it.

(──少女が一人、白い花が咲き狂った砂漠の丘で踊っている。
 砂が舞う。花弁は踊る。吸い込まれていく空は無限の連続性を持っている。
 その光景はまるで夢のようで。でも確かに、温もりのある手触りだった。)

"You can see me, can't you?"
The girl asks, as clear as a lie, even though there is a distance that would not be heard.
Her voice sounded like a wind chime on snow.

(「あなたはわたくしが見えるのですね」と。
 聞こえるはずもない距離で、聞こえるはずもないくらいはっきりと、少女が問う。
 その声はまるで、雪上に取り残された風鈴のようだった。)
 
"Can't you see you from anyone?"
My eyes, looking up at her, were they capturing her, or were they reflecting the moon?
I'm not sure what I was looking for in that answer, but I was certainly looking for something.

(「君は誰にも見えないのかい」と。
 見上げる僕の瞳は、彼女を捉えていたのか、それとも月を映していたのだろうか。
 その答えに何を望んだのかはわからない──だが、何かを望んでいた気がした。)


3名無しさん@おーぷん20/05/23(土)18:25:35wOz (3/6)



"I'm waiting for someone to take me out of here."
The girl replied, bouncing like a flower bud's the moment it bloomed.
It shines vaguely and lightly, like a flower that blooms without being seen by anyone.

(「わたくしは、ここから連れ出してくれる誰かを待っているのです」
 少女は花の蕾が咲く瞬間のように跳ねながら答える。
 誰にもみられることもなく咲く花のように──淡く朧げに輝いている。)

"Why wouldn't you try to escape on your own?"
Thoughts take shape without going through the brain. Like an ephemeral cloud, I'm becoming someone I'm not.
I have the illusion that there is a wall of dark and heavy air between me and her.

(「自分で逃げ出そうとはしないのかい」
 思考が脳を通さず形になる。儚く漂う雲のように、自分が他人(だれか)になって飛んでいく。
 暗く重い空気の壁が、断層として僕と彼女の間にあるような錯覚を覚えた。)

"I've tried so many times, but I couldn't do it,"
She laughs as she looks up at the sky.
The cold wind-blown sand touched my skin, warming it just a little bit. The passing temperature makes the moonlight all the more sad.

(「わたくしだけでは、何度挑戦しても、ダメでしたから」
 彼女は空を見上げて笑う。冷たい風に吹かれた砂が肌に触れると、少しだけ暖かかった。
 通り過ぎていく温度が、余計に月明かりを物悲しいものへと変えていく。)

"Then someday I will save you."
I don't know why, but I say desperately.
The emotional awakening occurred spontaneously and unnaturally without reason. The discontinuity bears no resemblance at all to the bright navy blue gradations.

(「じゃあいつか僕が──」
 迎えにいくと、なぜか必死なって言う。感情の昂りは理由なく、突発的に、不自然に生じた。
 その不連続性は、鮮やかな群青色のグラデーションとは似ても似つかないものだった。)


4名無しさん@おーぷん20/05/23(土)18:26:04wOz (4/6)



Then she stops dancing. This time I couldn't help but peek at her expression.
Remove the sand from her clothes with her hands. I wonder if the speed at which the sand falls is as fast as the tears.
If so, will I be able to reach out to her and pull her in?

(そして彼女は踊るのをやめた。その表情は今度こそ窺い知ることができない。
 手で衣服についた砂を払い落とす。砂の落ちる速度は、涙のそれと比べると速いのだろうか。
 もしそうならば──この手を伸ばせば、彼女を引き寄せられるだろうか。)

"Don't worry. "
She said in a soft, gentle tone, though her expression was as invisible as ever. I am unable to utter a word.
It is a rejection of salvation and an escape to heal her grief.

(「大丈夫です」と。
 相変わらず表情は見えないけれど、柔らかく優しい声色で彼女は言う。僕は、何も喋ることができない。
 それは救いを求めた先の拒絶であって。悲しみを癒すための逃走だった。)

"Because when dawn comes," she continues, " you and I will be separated again."
She says so in the middle of a closed world where the dawn will never come.
In this world where there is only you and me, you will disappearing with your sadness hidden in your heart alone.

(「夜明けがきたら、またわたくしとあなたは別れてしまいますから」と、彼女は続ける。
 夜明けなど絶対に訪れることのない、閉じた世界の真ん中で君が言う。
 君と僕しかいないこの世界で、君は独り消えていくのだと、そう言うのだ。)

"Someday, somewhere, I'll find you."
I spit out words like a brittle knife that only sharpened my emotions.
It's getting further and further away. The finite distance between you and me will be infinite.

(「いつかどこかで、必ず君を見つけるから」と。
 決意に近い、感情だけを先鋭化させた脆い刃先のような言葉を投げつける。
 君が遠くなっていく。二人の間の有限の距離はいつまで経っても埋まることはない。)


5名無しさん@おーぷん20/05/23(土)18:26:23wOz (5/6)



"After all, you'll say that and be gone too."
Alone on a desert hill, The girl murmurs with a thin smile on her face.
Heat flooded from her jade-colored eyes and melted into the sand.

(「やっぱりあなたも、そう言って消えていってしまうのですね」
 ──砂漠の丘の上で独り、少女は薄く笑みを携えながらぽつりと呟く。
 翡翠色の瞳からは熱が溢れ、落ちた先の砂に溶けていく。)

"But please...please... Please find me someday."
She looked up and began to dance again. It's an act as natural as an ice candy sweating.
Right now, she is the only one in the world ── the tears on the moon speak for themselves.
(「でも、いつか──いつか、わたくしを見つけてくださいませ。」
 氷菓子が汗を掻くように自然に、彼女は顔を上げ、再び踊り始める。
 世界は今、彼女だけが一人だ──。月の涙が、何より雄弁にそれを語っていた。)

So, dance.
Dance, dance, dance.
She crawled her bare feet on the sand, letting the blood coursing down to her fingertips. Her every step will change the world. The world changes with every blink of an eye.
The only two things that didn't change were her and the blue moon.

(だから踊る。踊る。踊る。踊る。
 砂の上に素足を這わせ、指の先まで血を巡らす。
 一歩踏み出すごとに変わっていく世界。一度瞬きをするごとに変わっていく世界。
 その中でただ二つだけ変わらないものが──彼女と、大きな月の姿があった。)


Far away, in a dark and cloudy azure sky.
High, high and blue, the moon is shining.
She is still dancing alone against the moon, which is spreading all over the world.
Her golden hair waved. Only that color shone brighter than anything else in the moonlight.
 
(暗い紺碧の空遠く。高く高く、蒼く輝く月が座している。
 世界いっぱいに拡がる月を背に、少女が今も独りで踊り続けている。
 金の髪が揺れる。その色だけが月明かりの下、何よりも輝いていた。)


6名無しさん@おーぷん20/05/23(土)18:32:56wOz (6/6)

以上です。
英語が下手ですいません。やっぱ難しいですね。
力不足は否めませんが、それでもライラさんの異国情緒、幻想感、非現実感、そういったものを出来る限り表現したくて書きました。ライラさんの魅力の一端を、少しでも引き出せていたらいいな……!

毎回変なssばかり書いて喜んでいます。
最近はこんなの書いてました(最近の三つです)。

【シャニマスss】夏露に溶けた恋【八宮めぐる】
https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1589610010/l10

【シャニマス・モバマスss】透明を盗んで【浅倉透・辻野あかり】
https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1588783043/l10

【モバマスss】ラバーソウルを弾ませて【宮本フレデリカ】
https://wktk.open2ch.net/test/read.cgi/aimasu/1588617376/l10