1 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 15:56:39.66eoBknSjP0 (1/25)

今日もいい天気だ、飯が美味い。
男は山を登りながら塩鮭の握り飯を頬張る。

心地よい風、美味い飯、催眠アプリで悪さをしていたハゲを催眠アプリを使って成敗してやったことも重なって男は非常に心地よかった。

山道を歩くこと20分。目の前に古びた祠と小さな少年が現れた。

奇怪にも少年には狐の耳と尻尾が生えていた。
少年は人間ではなかった。永い時を生きたアルビノキタキツネの神霊であった。

つまりは白狐ショタジジイである。

白狐ショタジジイ「おお、待ちわびとったぞ氏子よ。ほれ早く例のものを出すのじゃ!」


2 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 15:58:36.39eoBknSjP0 (2/25)

偉そうに白狐がブツを出すように催促してくる。
なので男は速やかにズボンとパンツを下ろし自慢のお稲荷を出した。

白狐ショタジジイ「なにをアホのことをしとるか戯け者が。早く供物を寄越さんか」

男の懇親のギャグは軽く流された。
すべったことに少し気落ちしながらズボンを上げてから供物をさしだす。

白狐ショタジジイ「これよこれよ。ん~、相変わらずいい匂いじゃ!」

神霊に捧げられた供物の正体それは輝く白いザンギであった。

白狐ショタジジイ「ふふふ、唾液が口の端から溢れ出しよる。それでは、いただきます」

白狐は小さな口を大きく開けてザンギを頬張り咀嚼する。一噛むするたびに頬が緩んでいった。

白狐ショタジジイ「んん~、頬っぺたが落ちそうじゃ!やはりこのザンギは天下一品じゃのぉ!」



3 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:00:12.28eoBknSjP0 (3/25)

白狐はザンギに舌鼓を打ちながら、カシュッと音を鳴らして供物の札幌のビール缶を開ける。

白狐ショタジジイ「ゴクゴクゴクッ、カ~ッ!たまらん!この時のために生きておる!」

白狐はそれからも箸の勢いを緩めることなくザンギに齧り付きビールを仰っていった。

しばし時が経ち

ザンギを食べ終わり2本目のビール缶を開けて飲んでいる白狐に男はスマホの画面を見せた。

白狐ショタジジイ「ん、なんじゃ?催眠…アプリ?」

白狐ショタジジイ「これがどうかしたか?言っておくが儂には幻術の類は効かぬぞ?」

そんなことは男もわかっていた。
男が画面を見せたのは白狐にこの催眠アプリの使用者及び開発者に神罰を下すようお願いすためである。


4 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:03:11.67eoBknSjP0 (4/25)

白狐ショタジジイ「なんじゃそんなことか、可愛い氏子の頼みじゃかなえてやろう」

白狐ショタジジイ「ただし、次からも忘れずに供物を持ってくるんじゃぞ」

白狐は細い指でスマホの画面をピンッと弾いた。

神罰これにて終了。
催眠アプリの使用者及び開発者は今地獄を見ていることであろう。

悪は滅した。なんと清々しく晴れやかな気分なのだろう。男の心はまるで澄み渡る青空のようであった。

そうなればムラムラしてくるのが男である。
心がスッキリした後は股間もスッキリしたくなるものだ。

思い勃ったが吉日。男は即座にズボンとパンツを下ろし自慢の稲荷とイチモツを取り出した。

白狐ショタジジイ「またアホなことしよって。儂にビールを吹かそうと思ったのか?さっきすべったのじゃからいい加減懲りrうぶっ!?」

ぺちゃくちゃ喋る白狐の口にこれ幸いと男は半勃ちしたイチモツを突っ込んだ。


5 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:05:09.46eoBknSjP0 (5/25)

白狐ショタジジイ「ちょっ、待、ぢゃぶう!?」

白狐の静止も聞かず男は腰を振る。半勃ちだったイチモツは小さな口の中でどんどん膨らんでいき喉まで侵入していく。

白狐ショタジジイ「う、ごっ、じゅぶじゅぶぶぶ!」

白狐ショタジジイ「(ぐっ、苦しい…。このアホタレ!また儂の口を好き勝手しよって!)」

白狐は拳を握り男の太腿を叩くが男は意に介さない。

白狐ショタジジイ「ぴちゅっ、ごぅごっ、ぼへゅじゅるぼじゅぼっ!」

白狐ショタジジイ「(氏子とて許せん!今日こそは噛み千切ってくれよう!)」

白狐は罰を与えるべく顎に力を入れる。しかし、喉を突かれることによって口が強制的に開いてしまう。



6 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:06:00.61eoBknSjP0 (6/25)

白狐ショタジジイ「しびゅっぐゅっぐっじょぞぞぞ!」

先ほどまでザンギを味わっていた口が蹂躙されていく。
唾液があふれ出し、イチモツが出し入れされるたび泡を作る。

白狐ショタジジイ「おごぇ、おへっ…」

白狐は次第に反抗する気力も失っていき、弱々しく男のズボンを握ることしかできなくなっていた。

男のイチモツが更に膨らみビクビクと震えだす。
白狐はそれの意味することが分かった。幾度も経験した射精の合図である。

白狐ショタジジイ「(そ、それだけはっ…)」

白狐は最後の力を振り絞りなんとか口内射精だけは阻止しようとするが、時すでに遅し。



7 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:07:24.23eoBknSjP0 (7/25)


白狐ショタジジイ「ブッ!?」

男の稲荷ダムから山芋の如きどろついた精液が勢いよく放たれた。

ビュルルルルル!ビュルルルル!どぶどぶどぶどぶどぶッッ!!

尋常ならざる射精。
大量の白濁液は物理法則に従い喉から胃へと流れ込んでいく。

白狐ショタジジイ「ごくっ…ごくっ…」

白狐は半ば白目を向いたまま力なく精液を飲み込んでいく。

どぶどぶっ。

いまだ終わらぬ射精。
口内は汚染され鼻腔に広がる匂いが上まで登り脳を侵食していた。


8 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:08:15.00eoBknSjP0 (8/25)

白狐ジョタジジイ「じゅぶっ…」

男の射精がようやく終わり、口からイチモツが引き抜かれる。

白狐ショタジジイ「ハァ、ハァ、うぶっ!おっえエエエっ!」

流し込まれた大量の精液が逆流し、白狐は白濁液を口と鼻から盛大に戻した。

白狐ショタジジイ「ゲホッ!ゲホッ!ゲェフ…」

白狐ショタジジイ「コノッッ!ボケッ!今日という今日は、ひっ!?」

白狐は怨嗟の瞳を男に向けて恨みをぶつけようとしたが恨み節は続かなかった。
眼の前で男のイチモツがまだ雄々しくいきり勃っていたからである。

白狐は解放されたわけではない、狂気の宴はまだ始まったばかりなのだ。


9 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:11:14.48eoBknSjP0 (9/25)

白狐ショタジジイ「あ、あぁ……」

白狐ショタジジイ「(うぅ、なんでコヤツのイチモツはこんなにバカデカいんじゃ…)」

理由は男が玉柱様に選ばれし人間だからであろう。
種付けおじさんを十勝岳の火口に捧げたのが大層お気に召したようである。

白狐ショタジジイ「くっ、放せ!」

怯える白狐を拘束する。
男は白狐の袴をめくりあげ褌を巻いた小ぶりで美白な尻を表に出した。

白狐ショタジジイ「やめぬか!不浄の穴を見るな!」

神霊は排泄しないので汚れ一つない。
なので男は躊躇なく中指と薬指を突っ込んだ。


10 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:13:06.58eoBknSjP0 (10/25)

白狐ショタジジイ「うぎぃぃ!?」

グリグリと穴をほじっていく。

白狐ショタジジイ「お、ぐおおおっ!またもやこのような屈辱をおぉっ!」

男は指を曲げて前立腺を入念に刺激していく。

白狐ショタジジイ「くおおっ!?そ、そこをぞりぞり擦るな!鳥肌が立つのじゃ!」

ゾクゾクと震える白狐。内股になり尻を閉めて男の魔の手から逃れようとする。
そこを男は尻尾を掴み拘束する。

白狐ショタジジイ「きゅいい!?尾の付け根を握るなとなんども言っておるじゃろぉ!」

へにゃりと力の抜けた白狐の前立腺を男はさらに追撃していく。


11 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:14:34.54eoBknSjP0 (11/25)

白狐ショタジジイ「く、ぅぅぅ ///」

白狐ショタジジイ「(く、悔しい…。どうしてこのようなことで ///)」

むくむくぴょこり。

褌の隙間から白狐の可愛らしいチンコが顔を出した。
勃起してもなお通常時の男と比較にもならない幼いものであった。

白狐ショタジジイ「くぅ、きゅぅぅぅ、きゅぅぅぅ ///」

白狐は顔を赤くし、目尻に涙を浮かべて鳴き始めた。

白狐ショタジジイ「きゅぅぅぅ /// きゅぅぅぅ ///」

我慢汁を滲ませ、足をガクガクと震わせながらも耐える白狐。
そこに男はグリッと指に力を入れてとどめを刺す。



12 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:15:57.42eoBknSjP0 (12/25)

白狐ショタジジイ「きゅうぅぅぅんんっ! ///」

どぴゅっどぴゅっぴゅるぴゅる。

白狐は女々しく射精した。
飛び散った白濁液が祠を汚す。

白狐ショタジジイ「ハァ… /// ハァ… ///」

白狐はくたりと尻を突き出す形で倒れこんだ。

白狐ショタジジイ「うぅ……」

白狐は自分が情けなくて死にたくなった。

顔を隠して動かない白狐の尻を男は両手でガシリと掴んで菊門を広げる。
よくほぐしたかいあってトロトロに柔らかくなっていた。


13 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:17:02.83eoBknSjP0 (13/25)

白狐ショタジジイ「ま、まだやるのか… ///」

無論である。これからが本番。
男はビキビキと滾り狂ったイチモツを菊門に押し付けた。

白狐ショタジジイ「ヒッ!?い、嫌じゃ!それだけは勘弁してくれ!頼む!」

願い下げである。
男は静止を聞かず一気に突き込んだ。

ぞりゅりゅりゅりゅりゅりゅるるるっ!!

白狐ショタジジイ「ォっ      」

舌を突き出し、固まる白狐。
気を失いそうになる白狐に男は容赦無いピストンで強引に意識を繋ぎとめる。

白狐ショタジジイ「ぉォほオオオオオオッ!?」


14 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:20:15.08eoBknSjP0 (14/25)

相手が人間なら菊門が裂け、腸が傷ついていただろう。
だが、白狐は神霊なので問題ない。

パンパンパン!

獣のごとき格好で荒々しく腰を突き動かす男。

白狐ショタジジイ「おおおおおっ!」

パンパンパン!

腰と尻がぶつかる音、白狐の鳴き声が山に響く。

白狐ショタジジイ「(お、大き過ぎるぅ、なんて太くて固いぃ!)」

白狐ショタジジイ「(引き抜かれるたびに中がめくれあがってしまいそうになるのじゃあ!)


15 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:22:06.77eoBknSjP0 (15/25)

高いカリが白狐の中をゾリゾリと掻き殴る。

白狐ショタジジイ「(く、来るたびにこのようなことしていてはいつか臓腑が裏返ってしまうぅ、バカになってしまうのじゃあ!)」

白狐ショタジジイ「ぐぅっ、殺せえ!いっそうのこと殺せぇ! ///」

願い下げである。
氏子が大切な神様を手にかけるはずがなかった。

白狐ショタジジイ「あああ!あああ!んんん! ///」

男はさらに腰を突き出した。


16 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:24:14.68eoBknSjP0 (16/25)

白狐ショタジジイ「おっぐううううぅぅぅ! ///」

白狐ショタジジイ「おくっ!奥まで届いてるぅ!尻子宮(しりこだま)に当たっておるううう! ///」

男は奥をかき混ぜるように腰を動かしながら狐耳に噛みついた。

白狐ショタジジイ「いいいっ!?尻子宮グリグリしながら耳を食むなぁ /// そんなことされたらっ! ///」

白狐は口の両わきに泡を作りながら快感の波に必死に抗おうとしていた。

しかし

白狐ショタジジイ「あああ! /// あああ! /// あああ! ///」

無理であった。口角は吊り上がり、波に飲まれ白狐の脳は蕩けていった。


17 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:25:08.83eoBknSjP0 (17/25)

白狐ショタジジイ「(嫌なのにぃ!感じとうないのにぃ! ///)」

白狐ショタジジイ「ああん! /// くあああっ! ///」

白狐ショタジジイ「きゅうぅぅぅん! /// きゅうぅぅぅん! ///」

辱めを受けながらも、白狐は切なそうに鳴く。
もっと、もっと、もっとと言っているように。

白狐の体がぶるりと震え、金玉がびくびくしだした。
羞恥と悦びがせり上がってこようとしていることが分かった。

白狐ショタジジイ「(こ、これはっ!?だ、駄目じゃ!イってしまう! /// また無様に射精してしまう! ///)」

幾度も男に味わされた射精の感覚。それを白狐は必至に押さえつけようとした。



18 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:26:14.98eoBknSjP0 (18/25)

白狐ショタジジイ「(嫌じゃっ!嫌じゃっ!イキとうない!ケツを掘られて果てとうない! ///)」

耐える白狐。
その様子に気が付いた男は白狐の耳元で辱めの言葉を囁く。

白狐ショタジジイ「っ!?アホか!? /// そのようなこと儂が言うわけっ! ///」

恐れおののき反抗する白狐。
男はそんな白狐を抱え上げ対面座位の体制をとる。

白狐ショタジジイ「おぐぅぅぅ!? ///」

重力によって男のイチモツがさらに食い込み。白狐は顎を反らして仰け反る。
さらに男は白狐の薄桜の乳頭を両手で摘まみ上げる。


19 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:27:36.39eoBknSjP0 (19/25)

白狐ショタジジイ「いぎいいい!? /// それ駄目じゃあ! /// やめてくれええ!もうやめてくれえええ! ///」

ズンズンと白狐を突き上げるたびに尻子宮にゴツゴツと当たる。
男は挿れ始めたときよりも尻子宮が下りてきていたのが分かった。

白狐はもはや限界である。

白狐ショタジジイ「嫌じゃあ!嫌じゃあ!ケツアクメでイキとうないいいぃっ!! ///」

神霊の誇りはズタズタとなった。だが白狐はまだ欠片に縋り付いている。
そこに男がとどめを刺す。


20 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:31:41.13eoBknSjP0 (20/25)

白狐ショタジジイ「なっ!?中でさらに大きくなって! /// あん! ///ま、まさかぁ!? ///」

白狐はそれが射精の合図であることが分かった。
男はぶるりと震え、一番奥に出すことを告げた。

白狐ショタジジイ「だ、駄目じゃあああ! /// 中にだけは出すな! /// 今出されたら本当にイってしまう! /// 儂が壊れてしまうぅぅぅ! ///」

イヤイヤ!と首を振る白狐。
しかし男は意に介さない。

白狐ショタジジイ「死んでしまう! /// 嫌じゃあ! /// 中出しは嫌じゃあ! /// いやっ」

男は白狐の腋の下から腕を回し肩をガチリと掴んで下に押し込んだ。

ドチュリ!

腰と尻が勢いよくぶつかり尻子宮を貫く。


21 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:32:28.85eoBknSjP0 (21/25)

白狐ショタジジイ「イッ!?」

そして男のイチモツ岳は噴火した。

ドッ!!ドビュルルルル!!ドビュルルル!!どぶどぶどぶぶぶぶ!!

尋常ならざる射精。
マグマのような熱をもった精液が勢いよく流れだす。

白狐ショタジジイ「イッぐうううう!?いぐいぐいぐうううう!!♡ ///」

白狐ショタジジイ「氏子の極太チンポ様でケツアクメしておるぅぅ!!♡ ///」

はしたない言葉とともに白狐はどぴゅどぴゅと射精した。
本日2度目の祠汚しである。


22 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:33:35.47eoBknSjP0 (22/25)

どぶどぶどぶ。

男の射精はまだ終わらない。

白狐ショタジジイ「イぐうっ!♡ /// まだイぐうぅ!♡ /// 尻子宮に熱い精液出されてイクの止められないのじゃあ!♡ ///」

白狐ショタジジイ「あああっ!♡ /// あああっ!♡ /// あああっ!♡ ///」

どぶどぶ。
びくんびくん。

震える白狐を男は一つになるように力強く抱きしめていた。

白狐ショタジジイ「あ…♡ /// あ…♡ /// あ…♡ ///」

男の射精がようやく終わった。
大量に中出しされたお腹はぷくりと膨らんでいた。

ずろろろろろっずぽん。
どぼどぼどぼ。

イチモツが抜かれ、白濁液が菊門から溢れ出す。


23 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:34:42.99eoBknSjP0 (23/25)

白狐ショタジジイ「あ…♡ /// あ…♡ ///」

白狐は引き抜かれる時に一回、白濁液が溢れ出すときに一回軽くアクメした。

大の字となり力なく地面に倒れる白狐。
白狐の口に男は供物のビーツ缶を持っていき中身を飲ませた。

白狐ショタジジイ「うぶ、うぶ、うぶっ」

男はビール缶で白狐の口内を濯いだ後、キスをする。

白狐ショタジジイ「ん…」

舌を入れねちっこく、しかし先程のように荒々しくではない優しさを感じさせるキスだった。



24 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:35:55.84eoBknSjP0 (24/25)

白狐ショタジジイ「んぶっ…ちゅ… ///」

あれだけの凌辱。地獄送りにされてもおかしくない悪行であるが、白狐は男に愛おしさを感じていた。

つまりは惚れた弱み。掘られたものの負けなのである。



しかし恥ずかしいものは恥ずかしい。

白狐ショタジジイ「うぅっ」

白狐は乱れた服を直しながら体を丸めて男を恨めしそうに睨む。

白狐ショタジジイ「(こちらは川で体を清めねばならぬというのにコヤツはそそくさと帰り支度しよって!)」

白狐ショタジジイ「(なんと罰当たりな奴め!一度くらい天罰が下るとよいわ!)」



25 ◆w6dD5E97Zw2020/05/22(金) 16:37:10.59eoBknSjP0 (25/25)

白狐が鋭い目をさらに鋭くさせて刺す視線を男に向ける。
するとどうしたことか男が急にどかりと倒れた。

白狐ショタジジイ「うえええ!?どうしたんじゃ氏子!?熱中症か!?あれだけ出したから脱水症状か!?」

先程の恨み何処へやら。わたわたと慌てふためく白狐。

男を心配する白狐を横に、そういえば俺も催眠アプリ使ったな。と、自分が白狐にお願いした内容を思い出しながら気絶した。


26以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/22(金) 20:05:58.26Cq9mMmoWo (1/1)

おつ めっちゃ良き


27以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/23(土) 07:22:27.60OI2qmFRy0 (1/1)

白狐ショタジジイ(41)


28 ◆w6dD5E97Zw2020/05/24(日) 15:17:22.98UDSYTdio0 (1/11)

今日も生きてる、飯が美味い。
男は氏子であったことで神罰が軽傷で済んだことを神に感謝する。

男は山を登りながらニシンの甘露煮の握り飯を頬張る。

心地よい風、美味い飯、媚薬ローションで悪さをしていたワルガキ共を媚薬ローションを使って分からせててやったことも重なって男は非常に心地よかった。

山道を歩くこと20分。目の前に地蔵像と笠を横に置いた小さな少年が現れた。

奇怪にも少年には狸の耳と尻尾が生えていた。
少年は人間ではなかった。永い時を生きてきたメラニズムエゾタヌキの神霊であった。

つまりは黒狸ショタジジイである。

黒狸ショタジジイ「首を長くして待ってたっすよ氏子殿!ではさっそく例のものをいただきましょうか!」


29 ◆w6dD5E97Zw2020/05/24(日) 15:18:52.10UDSYTdio0 (2/11)

偉そうに黒狸がブツを出すように催促してくる。
なので男は速やかにズボンとパンツを下ろし自慢のふぐりを出した。

黒狸ショタジジイ「なにはんかくさいことをしてるんすか?早く供物を差し出すっす!」

男の懇親のギャグは軽く流された。
このギャグは封印すべきか考えながらズボンを上げてから供物をさしだす。

黒狸ショタジジイ「これっすこれっす!ん~、相変わらずいい匂いさせているっす!」

神霊に捧げられた供物の正体それは輝く黒いみたらし団子。ではなく炭火焼羊串であった。

黒狸ショタジジイ「ふふふ、唾液腺が弾けそうっす。それでは、いただきまーす!」

黒狸は小さな口を大きく開けて羊串を頬張り咀嚼する。一噛むするたびに頬が緩んでいった。

黒狸ショタジジイ「ハグハグ!んん~うまーい!やっぱり羊肉はマトンっすよねー!」



30 ◆w6dD5E97Zw2020/05/24(日) 15:20:09.88UDSYTdio0 (3/11)

黒狸は羊串に腹鼓を打ちながら、カシュッと音を鳴らして供物の網走の黒ビール缶を開ける。

黒狸ショタジジイ「ゴクゴクゴクッ、ク~ッ!たまらない!この時のために生きてるっす!」

黒狸はそれからも手の勢いを緩めることなく羊串に齧り付きビールを仰っていった。

しばし時が経ち

羊串を食べ終わり2本目のビール缶を開けて飲んでいる黒狸に男は媚薬ローションの瓶を見せた。

黒狸ショタジジイ「ん、なんすか?媚薬…ローション?」

黒狸ショタジジイ「これがどうしたんすか?言っておきやすがアッシには毒薬の類は効かないっすよ?」

そんなことは男もわかっていた。
男が瓶を見せたのは黒狸にこの媚薬ローションの使用者及び開発者に神罰を下すようお願いすためである。



31 ◆w6dD5E97Zw2020/05/24(日) 15:22:38.33UDSYTdio0 (4/11)

黒狸ショタジジイ「なんだそんなことっすか、可愛い氏子殿の頼みっす叶えてしんぜましょう」

黒狸ショタジジイ「ただし、次からも忘れずに供物を持ってくるんすよ」

そうして黒狸は細い指で瓶をピンッと弾いた。

神罰これにて終了。
媚薬ローションの使用者及び開発者は今地獄を見ていることであろう。

悪は滅した。なんと清々しく晴れやかな気分なのだろう。男の心はまるで澄み渡る青空のようであった。

そうなればムラムラしてくるのが男である。
心がスッキリした後は股間もスッキリしたくなるものだ。

思い勃ったが吉日。男は即座にズボンとパンツを下ろし自慢のふぐりとイチモツを取り出した。

黒狸ショタジジイ「またはんかくさいことして。アッシにビールを吹かそうと思ったんすか?さっきすべったんすから加減懲りてほしいっsうおおっ!?」

男は黒狸の後ろに回ると袴をずり下ろし、褌を解いた。
さらに脇の下に両腕を回し黒狸を抱え上げる。


32以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/24(日) 15:25:09.93NIojnbtIo (1/1)

もう神罰確定なんだよなぁ…


33 ◆w6dD5E97Zw2020/05/24(日) 15:25:50.31UDSYTdio0 (5/11)

黒狸ショタジジイ「ちょっ!?いきなりなにするんすか!?下ろしてほしいっす!」

急な男の行動に驚き、黒狸は手足をジタバタさせて暴れる。
男は黒狸の耳元で脚を閉じるよう指示する。

黒狸ショタジジイ「は、はい!」

黒狸は大人しく男の指示に従い。ぴしっと脚を閉じた。
短くもムチムチとした太腿と股の間に男は半勃ちしたイチモツを突っ込んだ。

黒狸ショタジジイ「ちょおっ!?ま、待ってほしいっす!」

黒狸の静止も聞かず男は腰を振る。半勃ちだったイチモツはムチムチとした太腿の中でムクムク膨らんでいき黒狸の幼いふぐりを持ち上げる。


34 ◆w6dD5E97Zw2020/05/24(日) 15:27:24.07UDSYTdio0 (6/11)

黒狸ショタジジイ「うぅ…は、恥ずかしい… ///」

黒狸は羞恥に顔を赤くし、唇をもにょらせる。
せめてもの意思表示として男の腕を掴むが、男は意を介さない。

コロコロと黒狸のふぐりを転がしながら射精に向けて剛直をズリズリ擦りあげる。

むくむくぴょこり。

黒狸の可愛らしいチンポが起き上がった。
勃起してもなお通常時の男とは比較にもならないほど幼いものであった。

黒狸ショタジジイ「(体一つ分挟んでいるのにまだアッシのより長い…… ///)」

黒狸は男のイチモツの雄々しさを見てゾクゾクと背筋を登る興奮を感じていた。



35 ◆w6dD5E97Zw2020/05/24(日) 15:29:23.39UDSYTdio0 (7/11)

豊かな尻にタプタプと腰を打ち付け擦られるイチモツはさらに黒狸のふぐりを弄ぶ。

黒狸ショタジジイ「(うぅ…。神聖なふぐりを良いように転がされて感じるなんて情けないのに… ///)」

黒狸は羞恥しながらもドキドキと胸を高鳴らせていた。

ハァ、ハァ。

男と黒狸の息が合わせて早くなっていく。
まるで二つの体が同調しているようであった。

黒狸ショタジジイ「うぅ… ///」

ビクビクと男のイチモツが股で震える。射精の合図である。
黒狸の体は幾度もの経験からそれを理解すると連動するようにぴくぴくとチンポを震わせた。



36 ◆w6dD5E97Zw2020/05/24(日) 15:31:21.44UDSYTdio0 (8/11)

黒狸ショタジジイ「(うああ、出ちゃうっす /// 体を好きに扱われて惨めに射精しちゃうっす ///)」

黒狸ショタジジイ「くぅぅぅ //// くぅぅぅ ///」

黒狸は切なそうな甘い声で鳴きだした。
それが男をさらに興奮させ、射精にむけてさらに腰の勢いが増す。

黒狸ショタジジイ「くぅぅぅ /// くぅぅぅ ///」

黒狸ショタジジイ「(出る!出るっす! /// 氏子殿と一緒にっ ///)」

黒狸ショタジジイ「イっくうぅぅぅぅっ! ///」

パン!と腰を豊かな尻に強く打ち付けると同時にふぐりダムは放水した。


37 ◆w6dD5E97Zw2020/05/24(日) 15:35:08.26UDSYTdio0 (9/11)

ビュルルルルル!ビュルルルル!どぶどぶどぶどぶどぶッッ!!
どぴゅっどぴゅっぴゅるぴゅる。

二つの精液が仲良く重なり綺麗なアーチを描いて飛ぶ。
そして、目の前の地蔵像にびちゃびちゃと白濁液が降り掛かった。

地蔵に顔射。なんと罰当たりな所業であろう。

黒狸ショタジジイ「ハァっ… /// ハァっ… ///」

息を荒げて射精が終わる黒狸。

しかし

どぶどぶ
男の常人ならざる射精はまだ続いていた。


38 ◆w6dD5E97Zw2020/05/24(日) 15:36:58.26UDSYTdio0 (10/11)

黒狸ショタジジイ「(アッシのはもう終わっているのに… )」

黒狸は男との雄としての格の違いを痛感させられていた。

黒狸ショタジジイ「(うぅ、なんで氏子殿のふぐりはあんなに濃い精液をいっぱい出せるんすか…)」

理由は男が玉柱様に選ばれし人間だからであろう。
悪徳エスティシャンをオホーツク海の海底に捧げたのが大層お気に召したようである。

男の射精が終わり、股の間からイチモツがぬかれ、抱えられていた黒狸が下ろされる。


39 ◆w6dD5E97Zw2020/05/24(日) 15:38:44.26UDSYTdio0 (11/11)

黒狸ショタジジイ「(やっと終わったっすか…)」

ふぐり素股が終わり、地に足を着けて安堵する黒狸。

黒狸ショタジジイ「も、もう!氏子殿!こんな恥ずかしいことはいきなりしないでほしいとあれほどっヒッ!?」

黒狸は垂れ目にできるだけ力を入れて男に恨みをぶつけようとしたが恨み節は続かなかった。
後ろで男がイチモツを雄々しくいきり勃たたせ、 尻に押し付けてきたからである。

黒狸は解放されたわけではない、狂気の宴はまだ始まったばかりなのだ。



40以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/25(月) 13:57:30.09aLQJ+uqlo (1/1)

結構面白くて好き


41 ◆w6dD5E97Zw2020/05/26(火) 22:06:27.46xt/kJkR20 (1/8)

黒狸ショタジジイ「あ、あの。もしかしてまだやるつもりっすか?」

男は無言で肯定を返した。
男は黒狸の肩に手を置き、地蔵に手をつき尻を突き出すように指示をする

黒狸ショタジジイ「え?え?ど、どうしてっすか?」

疑問に思う黒狸に男は早くするよう催促する。

黒狸ショタジジイ「は、はい!」

黒狸を素直に男の指示通り動いた。

黒狸ショタジジイ「な、なに。なにするつもりっすか?」

怯える黒狸。

そんな黒狸を後目に、尻尾を持ち上げ男は豊かな尻に顔を埋めた。


42 ◆w6dD5E97Zw2020/05/26(火) 22:08:05.29xt/kJkR20 (2/8)

そして、スゥゥゥッ!と尻の匂いを嗅ぐ。

黒狸ショタジジイ「ひぃぃっ!?や、やめてくださいっす!汚いっすから嗅がないでほしいっす! ///」

神霊は排泄をしないので汚いといことはありえない。むしろとてもムラムラする匂いがした。

男は吸い込んだ空気を黒狸の桃色の穴に吹き付けた。

黒狸ショタジジイ「あひゃあああっ!?ああアッシは風船じゃないっすよおー!? ///」

男の行為に特別意味などない。黒狸の反応が面白いのでやっているだけである。

尻をペチペチ叩いたりして一通り黒狸で遊んだ後、菊門に舌をねじ込む。

黒狸ショタジジイ「おおお!?アッシの中に舌が入って ///」

ぐにぐにぐるぐる。
男は活きのいいドジョウのように舌を暴れさせる。

黒狸ショタジジイ「うぅ /// 尻穴を舌でほじられてぇ ///」

むくむくぴょこり。
黒狸のチンポがまた再起動する。


43 ◆w6dD5E97Zw2020/05/26(火) 22:09:06.56xt/kJkR20 (3/8)

にゅぷり、黒狸の勃起を確認すると男は中から舌を抜き、攻め方を変える。

じゅるじゅる。

男はわざと黒狸に聞こえるよう下品に音を立てて菊門をすする。

黒狸「はうぅ… ///」

自身の菊門が啜られる音を聞いて黒狸の顔はさらに赤く染まる。

黒狸ショタジジイ「くぅぅぅん ///」

ぺちゃぺちゃじゅるるる。

卑猥な音と甘えた鳴き声が静かな山に響く。

黒狸ショタジジイ「ぁ、ま、また ///」

ぶるると黒狸の背筋に快楽が走る。


44 ◆w6dD5E97Zw2020/05/26(火) 22:10:42.32xt/kJkR20 (4/8)

黒狸ショタジジイ「く、んんん ///」

黒狸は菊門をキュッとしめて軽いオーガズムに達した。
射精はしなかったが、男はぴくぴくと痙攣がする黒狸の体から軽くイったことを感じ取っていた。


ちゅぷっと、男はいったん菊門から口を離す。

黒狸ショウタジジイ「ほぅ… ///」

黒狸は気の抜けた声を出す。男が満足したと思ったのだ。
しかしその考えは炭酸の抜けたコーラの如く甘かった。

ズゾゾゾゾゾゾッ!

菊ニ再開。虚を衝いての強バキュームが黒狸を襲う。

黒狸ショタジジイ「おほおおおおっ!?」

男の奇襲に黒狸は間抜けな声を上げる。


45 ◆w6dD5E97Zw2020/05/26(火) 22:11:53.43xt/kJkR20 (5/8)

ジュゾゾゾゾゾッ!

未だに吸引力は衰えない。

黒狸ショタジジイ「おおおお!?臓腑が吸い出されるううう!? ///」

黒狸ショタジジイ「う、氏子殿!?あっしを腑抜けにするつもりっすくぅあああ!? ///」

吸引力の変わらない男の攻めに豊かな尻肉を震わせる黒狸。

男はそんな黒狸の幼いイチモツを掴み、まるでで牛の乳搾りのように弄る。

黒狸ショタジジイ「うぎぃ!?ど、同時に責められたりなんかしたらあ! ///」

ぐにゅんぐにゅん。

上から下に。チンポ全体を包んで搾っていく。
牧場での体験がここでいきるとは男も思ってもみなかった。

黒狸ショタジジイ「こ、腰が抜けるああああ!? ///」

ビクビク。

黒狸のふぐりが先程よりも強く震えだす。


46 ◆w6dD5E97Zw2020/05/26(火) 22:12:36.82xt/kJkR20 (6/8)

黒狸ショタジジイ「で、出る!また出ちゃうっすう ///」

とどめの一撃といわんばかりに男がキュッと小指で黒狸の亀頭を絞めた。

黒狸ショタジジイ「あ、あああ! /// ああああああ! ///」

どっぴゅどっぴゅぴゅるぴゅる。

黒狸は無様に射精した。
白濁の水たまりが股の下にできる。


47 ◆w6dD5E97Zw2020/05/26(火) 22:13:53.79xt/kJkR20 (7/8)

しかしまだ男の手は止まらない。

シコシコ、シコシコ。

人差し指と親指で輪を作り黒狸の尿道にたまった残りも搾り出す。

空の青さを移さぬ水たまりが広がる。

黒狸ショタジジイ「あ、あああ… /// あああ… ///」

ガクガクと震える黒狸の脚にはもはや自分の体重を支える力はない。
黒狸は膝から崩れ落ち、水たまりの上に女々しくぺたん座りした。

もし神霊でなければみっともなく失禁し、さらに屈辱の水たまりを広げていただろう。



48 ◆w6dD5E97Zw2020/05/26(火) 22:15:00.78xt/kJkR20 (8/8)

黒狸ショタジジイ「ハァ… /// ハァ… // うぅ…」

垂れた目尻に溜まった熱い涙が赤い頬を伝う。

その姿が男の情欲をさらに駆り立てる。

黒狸の泣き顔を横からのぞき込むように男は屈んだ。
そして、べろりと柔らかい頬とともに自身が流させた涙を舐めた。

それは特別な味がした。
こんな素晴らしい涙を味わえる俺はきっと特別な存在なのだと男は感じた。


49以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/27(水) 01:53:22.547K84bF07O (1/1)

ヴェルタース……


50 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:11:12.19Y6eEr5EN0 (1/12)

黒狸ショタジジイ「うぅ…。やめてぇ…。氏子殿なんてもう嫌いっす。嫌いうぶっ!?」

ぺちゃくちゃ喋る黒狸の口にこれ幸いと男は舌を突っ込んだ。
さきほどまで菊門を啜っていた口だが神霊は排泄をしないので問題ない。

黒狸ショタジジイ「ん…」

辺りの空気が桃色に染まるような淫靡なキスをする。

黒狸ショタジジイ「ちゅぁ…れぉ…じゅる… //」

いやらしい水音が石に溶けていく。

黒狸ショタジジイ「うべぇ…ん…ん…へりゅ… ///」



51 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:13:29.67Y6eEr5EN0 (2/12)

黒狸の垂れた目はさらにトロンとチーズのように蕩ける。
舌を絡ませ合い。お互いの唾液と息を交換する。

男が黒狸の腰に腕を回すと、黒狸はそれにこたえるように男の首の後ろに腕を回した。

黒狸ショタジジイ「(氏子殿の熱くて硬いのがお腹に当たって… ///)」

黒狸ショタジジイ「あ…… ///」

男は腰に回した腕に力を入れて黒狸を抱えると少し移動する。

とさ。

優しく草地に黒狸をねかせた男は、脚をもちぐるんとちんぐり返しの体制をとらせた。
黒狸は思わずキャッと女々しい声を出した。


52 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:15:39.73Y6eEr5EN0 (3/12)

黒狸ショタジジイ「(こ、こんな恥ずかしい恰好っ ///)」

黒狸ショタジジイ「ま、まだやる気なんすかぁ /// も、もう無理っすよぉ ///」

男にはその言葉が嘘であることが分かった。
黒狸の菊門がぱくぱくと誘うようにひくついていたからである。

男は滾り狂ったイチモツを卑しいんぼに押し付けた。


黒狸ショタジジイ「あ… ///」

熱を帯びた甘い声が思わず漏れる黒狸。
いまからこの立派な剛直が自分の中を侵略していくことを理解したのである。

男は狙いを定めてずぶずぶっとイチモツを挿入していく。


53 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:17:43.69Y6eEr5EN0 (4/12)

黒狸ショタジジイ「うぎゅぅぅ… ///」

じわじわと入っていくイチモツ。まだ三分の二も残しているがすでに黒狸は体がバラバラになりそうな思いだった。

黒狸ショタジジイ「んんんっ ///」

黒狸ショタジジイ「(息を整えたいのに、呼吸ができないっす ///)」

ずうずぶ。イチモツが半分ほどまで入ったとこで男はいったん動きを止める。

そして、

ズンッ!

と、一気に奥までイチモツを打ち込んだ。

黒狸ショタジジイ「オッ…!? ///」

黒狸はイチモツの全てを受け入れた。
一突きで尻子宮を貫いた男の巨根により黒狸はドライオーガズムに達した。



54 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:19:29.26Y6eEr5EN0 (5/12)

黒狸ショタジジイ「オオオッ!? ///」

ビクンビクンと痙攣する黒狸。

男は一人置いてイかれたことに少し寂しさを覚える。セックスをしているのだからどうせなら一緒にイキたい。

なので男は杭を打ち込むが如くピストン運動をしていく。

ドスドスドス!

黒狸ショタジジイ「おっ! /// おっ!/// おっ! ///」

むくむくぴょこり。

刺激を受けた黒狸のショタチンポがまた再起動する。

黒狸ショタジジイ「と、止まって!止まって氏子殿! /// アッシもうイったイってるっすから! ///」

願い下げである。
男は黒狸の静止を意に介さず、射精に向けて腰を振り下ろす。


55 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:20:55.18Y6eEr5EN0 (6/12)

黒狸ショタジジイ「もうやめてえ! /// 感じたくないイキたくない! ///」

言葉とは裏腹に黒狸の中はうねうねとイチモツをさらに奥へ飲み込もうとしている。
尻子宮を突くたびキュウキュウと締め付けて男の子種を求めた。

黒狸ショタジジイ「嫌ぁ!嫌ぁ!もうケツアクメなんてしたくないぃ! ///」

黒狸は稲妻の如き攻めから与えられるあまりの快感に恐怖を覚え始めた。

黒狸ショタジジイ「(怖い!怖い!アッシが壊れるっ! ///)」

黒狸ショタジジイ「くうぅぅぅん /// くうぅぅぅん ///」

キャパオーバーを迎え、黒狸はいじらしく鳴き始めた。

黒狸ショタジジイ「(た、たすけて!誰かっ )」

黒狸は両手を縋るものをさがして伸ばす。
男はその小さな手を握り、指を絡め合わせた。


56 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:22:56.57Y6eEr5EN0 (7/12)

黒狸ショジジイ「あ…氏子殿 ♡///」

にぎにぎと男の手を握り返す黒狸は、安心したように快楽に歪んだ不細工な笑みを浮かべた。

男は手を繋いだままピストンを加速さえていく。先走り汁によりメレンゲができるほどだった。

黒狸ショタジジイ「ああ、ああ、氏子殿!♡ /// 氏子殿!♡ ///」

黒狸ショタジジイ「離さないでほしいっす!♡ /// ずっと捕まえててほしいっす!♡ ///」

男と黒狸の体がまた深く繋がっていく。

接しているところからどろどろに混ざり合い一つになっていくようであった。

男と黒狸のふぐりがびくびくと震える。

男は黒狸の中でさらにふくらんだイチモツを最奥まで突っ込む。



57 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:29:05.36Y6eEr5EN0 (8/12)


黒狸ショタジジイ「ああ氏子殿!氏子殿!♡ /// イっちゃうっす!♡/// また一緒にっ」

黒狸ショタジジイ「イッグうぅぅぅぅ!!♡ ///」

ドッビュルルルルル!ビュルルル!どぶどぶどぶ!
どっぴゅどっぴゅぴゅるる。

同時に絶頂を迎え、イチモツが爆発する。
どろついたマグマのような白濁液が思考を染め上げる。

黒狸ショタジジ「まだイグぅ!♡ /// 氏子殿のデカマラチンポ様でぇイクイクゥ♡ ///」

ガクガクと黒狸の体が痙攣する。

どぶどぶどぶ!

男はいまだ射精を続ける。腰を豊な尻に密着させ、グリグリとグラインドさせて尻子宮を犯していた。

黒狸ショタジジイ「尻子宮に氏子殿の精液せどぶどぶ注がれてぇイクの止まんないっすぅ!♡ ///」

ぴゅっぴゅっ。

黒狸は自身の噴き出した精液でセルフ顔射をかましていた。
まさに神霊の面汚しである。


58 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:32:12.21Y6eEr5EN0 (9/12)

黒狸ショタジジイ「ハァ♡ /// ハァ♡ ///」

大量に中出しされた黒狸の腹はポコリと膨らんでいた。
長い射精が終わり、男はズルルルルルルとイチモツを引き抜く。

黒狸ショタジジイ「はぅぅぅ♡ /// はぁ♡/// はぁ♡///」

ちゅぽん。

イチモツが全て抜け、ぽかりと開いた菊門からこぽりと精液があふれ出した。

黒狸ショタジジイ「っ♡ /// はぁ♡ /// はぁ♡ ///」

男は精液で汚れたイチモツを黒狸の口元にもっていき、鈴口でぷにぷにと黒狸の唇をノックした。

黒狸ショタジジイ「ん…れろっ…♡ ///」

男の意図することを理解した黒狸は素直に口を開けて健気にお掃除フェラをする。


59 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:34:30.97Y6eEr5EN0 (10/12)

黒狸ショタジジイ「ちゅぷっじゅるじゅるっちゅぽんっ…んべぇ…♡ ///」

男の尿道に残った精液までもしっかり吸い取った黒狸は舌を出して自分の成果を男に見せつけた。

黒狸ショタジジイ「(下も上も、氏子殿の色に染められちゃったっす…♡ ///)」

男は黒狸の頭に手を伸ばし、さらさらと優しく撫でた。
黒狸は穏やかに目を細め、ふるふると嬉しそうに尻尾を振っていた。

あれだけの凌辱。地獄送りにされてもおかしくない悪行であるが、黒狸は男に愛おしさを感じていた。
つまりはマゾヒs…惚れた弱み。掘られたものの負けなのである。



60 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:36:52.31Y6eEr5EN0 (11/12)

しかし恥ずかしいものは恥ずかしい。

黒狸ショタジジイ「うぅっ」

黒狸は乱れた服を直しながら体を丸めて男を恨めしそうに睨む。

黒狸ショタジジイ「(こちらは川で体を清めねばならないというのにこの人はそそくさと帰ろうとして!)」

黒狸ショタジジイ「(酷い男っす!なんて罰当たり!一度くらい天罰が下るがいいっす!)」

黒狸が垂れた目をできるかぎり鋭くさせて刺す視線を男に向ける。
するとどうしたことか男が急にどかりと倒れた。


黒狸ショタジジイ「ええっ!?どうしたんすかっ!?出し過ぎたんすか!?テクノブレイクってやつっすか!?」

先程の恨み何処へやら。わたわたと慌てふためく黒狸。
男を心配する黒狸を横に、そういえば俺も媚薬ローション使ったな。と、自分が黒狸にお願いした内容を思い出しながら気絶した。


61 ◆w6dD5E97Zw2020/05/29(金) 02:37:45.71Y6eEr5EN0 (12/12)

ごめんね、筆が遅くって……


62以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/29(金) 02:48:28.03B7kVopRXo (1/1)

おつおつ 気が済むまで続けておくれ


63以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/30(土) 08:09:04.90Fs3OLERGo (1/1)

狐狸ときたら次はなんだろう


64以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/31(日) 01:42:07.71oDv3xp8Y0 (1/1)

ふぅ…素晴らしい…
狐狸一緒にとかはあったりしますかしら…


65 ◆w6dD5E97Zw2020/06/01(月) 16:12:24.86ZWkxe+nT0 (1/8)

ある日、緋熊ショタと森で楽しく歌って踊った帰りに男はロリギャルビッチ二人組に出会った。

男を誘惑してくるロリギャルビッチたち。怪しさ満点妖しさプンプンだが興が乗ったのでホイホイついて行ってみる。

人通りのない暗がりへと連れ込まれ怪しいお香を嗅がされる。
氏子の加護により幻術毒薬の類は効かないのだが、とりあえず男は眠りこけるふりをする。

お香の効果は男が予想した通りだったようで、ロリギャルビッチはギャハハと下卑た笑いを上げる。
まんまと罠にかかった(ふりをする)男の衣服をはぎ、財布を盗る。

さらに落書きでもしようとしているのだろうマジックペンを取り出す。
さすがに落書きはされたくないので男は演技をやめて、油断している二人の頭をひっぱたく。

するとロギャルビッチたち化けの皮がはがれて正体を現す。

二人の正体はエゾクロテンとニホンカワウソの物の怪であった。黒貂オスガキと川獺オスガキである。

ケンケンと二匹の物の怪が騒ぐ。


66 ◆w6dD5E97Zw2020/06/01(月) 16:14:16.21ZWkxe+nT0 (2/8)

なぜお香が効いていない!?

狸寝入りをしていたのか!?なんて卑怯な奴だ!

クソ!いままで何人ものバカな人間をこのお香で夢送りにしてやったのに!

いったいなんなんだお前は!大人しく俺たちに金を騙し盗られてればいいんだ!

お前たちは俺たちの毛皮をはぎ、金に換えてきたんだろ!?なら俺たちが同じことしてなにが悪い!

仲間たちは人間に多く殺された。今やメスを探すのだって一苦労どころか千辛万苦!それに比べたら可愛いものだろう!?

俺なんか仲間が絶滅したぞ!

これだから人間は愚かで傲慢で嫌いなんだ!

なんだ怒ったのか?図星を突かれて怒ったか?


67 ◆w6dD5E97Zw2020/06/01(月) 16:15:22.47ZWkxe+nT0 (3/8)

ぷふふっ。いくら尊厳を取り戻そうとしてももう遅い!お前も幼子の姿につられた変態共の一人にすぎん!

ロリギャルビッチなんて現実にいるわけないだろ!これだから野生を生きられないやつはダメなんだ!

ハーハハ!今思い出しても笑えてくるぜあのキモ面!鼻のした伸ばして息荒くしてよ!

おまけに臭えんだよ!

どうせお前も誰にも相手にされないタンカスなんだろ!

このロリコン!
犯罪者!
変質者!

ゴミ!カス!クズ!
短小!皮被り!粗チン!

雑魚!
雑魚!
雑魚チン


68 ◆w6dD5E97Zw2020/06/01(月) 16:18:24.33ZWkxe+nT0 (4/8)

川獺オスガキ「ポオオオオオオオオッッ!?」

黒貂オスガキ「やめろよ!もうやめてくれよ!このっ!川獺を放せよ!」

男は鍛えられたテクで物の怪を懲らしめることにした。
ランマの如きで電気按摩で川獺の股間を攻め続ける。

男も話の初めは二匹を哀れに思った。だがこのまま二匹を放置しておくのはあまりにも危険だと判断した。

なので折檻。

思い上がった者に正しい絶望を。生意気なオスガキは分からせてやらねばなるまい。

黒貂オスガキ「なんなんだよ!?俺たちが何したってんだよ!?」

いまさら何をいう。
散々悪行を重ねてきただろうに。

野生に生きる身でありながら足りないのだ。まるで足りない。

『怒りを買い』、『犯される』という、『危機感』が。



69 ◆w6dD5E97Zw2020/06/01(月) 16:20:09.64ZWkxe+nT0 (5/8)

川獺オスガキ「おおおおお!?」

黒貂オスガキ「コノッ!コノッ!」

黒貂が川獺を助けようと男をポコスカ殴る蹴る噛むを繰り出すが、男は歯牙にもかけない。
伊達にも氏子ではない。そこらのロリコンとは鍛え方が違うのだ。

川獺オスガキ「お、おへぇ…」

川獺がビクンビクンと痙攣し失神した。
大股開きで口から泡を吹き白目を向いて失神する仲間の姿を見て黒貂は戦々恐々とする。

男は次なる標的に狙いを定める。

黒貂オスガキ「な、なんだよ!?俺とやるってのか!?」

男が今度は自分に狙いを移したことを察した黒貂は迎え撃つべくファイティングポーツをとる。
仲間を置いて逃げず、敵に立ち向かう姿勢は勇ましく立派である。

しかし、ファイティングポーズは素人丸出し、怯えて縮こまりながら去勢を張る姿はまるで熊を前にした小動物のように哀れであった。



70 ◆w6dD5E97Zw2020/06/01(月) 16:21:17.95ZWkxe+nT0 (6/8)

黒貂オスガキ「く、来るならきやがれ!お前なんて怖くねえ!」

男はそんな哀れな姿にとても興奮した。

ビキビキビキ。

黒貂オスガキ「ひ、ヒイィ!?お前なに勃たせてんだよ!?」

衣服をはぎ取られ全裸である男に隠すものはない。肉棒をいきり勃たせて黒貂にせまる。

黒貂オスガキ「ヒイイイ!?あっ!」

すっかりすくんでしまった黒貂のまるで産まれたての小鹿のように震える脚を男は軽く払う。
それだけで黒貂はずてっと派手にすっ転んだ。

黒貂オスガキ「う、ううう…。はっ!く、来るな!来るなぁ!」

先程まで勇ましさは何処へやら。腰を抜かしたようで立ち上がろうとしない黒貂。
男はジタバタと暴れながらも力の入っていない脚を抑えつけて黒貂のホットパンツを膝まで脱がす。


71 ◆w6dD5E97Zw2020/06/01(月) 16:22:45.69ZWkxe+nT0 (7/8)

黒貂オスガキ「な、なにしやがる!?離せこの変態!」

自分だって人様の服を脱がしてきただろ。俺が変態ならお前も変態だと。
男は言葉は返ってくる。因果応報というものを子供に教えた。

黒貂オスガキ「それとこれとは話が別だろうが!?」

別だろうか?少し考えて男は考えるのを止めた。
イチモツが早くしろと急かしているのでさっさとファックすることにする。

黒貂オスガキ「ヒイ!?お、お前バカ!汚ねえもん押し付けるんじゃねえ!」

菊門に亀頭を押し当てキスをする。男は感触から黒貂がまだ処女であることが分かった。

黒貂オスガキ「な、なにする気だ?ま、ままさかっ!?」

黒貂が青ざめる。自分がいまからどのような目に合うか理解したようだ。


72 ◆w6dD5E97Zw2020/06/01(月) 16:25:30.29ZWkxe+nT0 (8/8)

黒貂オスガキ「は、はは…。じょ、冗談だろ?お、俺は雄だぞ!」

男の脳に???が浮かぶ。オスガキはオスガキであって雄ではないのだ。
男は黒貂が言っている意味が分からなかったので気にしないことにした。

黒貂オスガキ「バカな真似はやめろ!よせ!やめろ!やめてっ、やめてくれえええ!」

願い下げである。

ズブブブブブツ!!

黒貂オスガキ「オッ   」

前戯もしていない固い処女穴を巨根が一気に貫いた。

黒貂オスガキ「オオオオオッ!?」

あまりにも唐突な処女喪失に黒貂は悲鳴を上げる。

菊門はギチギチに締まり、腸内は異物を排除しようと激しく蠢く。
しかし、玉柱様に選ばれし男のイチモツは頑固者に負けるほど軟ではない

固くきつい処女オスマンコをものともせず腰を振る。