571以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/10(日) 21:40:41.585YMJWhGv0 (1/1)

1


572 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/11(月) 19:24:35.07n9GinahzO (1/1)

明日の20時に締め切ります


573 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/13(水) 09:14:46.73J8EyQQzDO (1/1)

リージャ「わぁ!ありがとう!お姉様!」「オシャレにもなって発情出来るなんて一石二鳥だね♪」カチャカチャ

リージャはスミレのチョーカーを受け取り、スパイク首輪を取り外すと異空間に収納して早速首につけてスミレに見せる

リージャ「どうかな?似合う?」

スミレ「えぇ、よく似合ってるわよ♪」「後言い忘れていたけどそのチョーカー開発を重ねたら色んなことが出来るわよ」

リージャ「え?それじゃあボクやってみたいことがあるんだ♪」

スミレ「やりたい事って?」

リージャ「感度3000倍、ケツマンコ拡張、脱子宮とかやってみたいね」キラキラ

スミレ「そ、そう…出来ると良いわね…(感度は出来そうだけど、他は能力で体を作り替えて自分でやってのけそうだわ」アハハハハ…

リージャはチョーカーのこれからの可能性を聞き目を輝かせ、その勢いにスミレは苦笑いを浮かべるのであった


574 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/14(木) 01:28:44.621Xnyxhlu0 (1/2)

リージャ「みんな~!たっだいま~!☆」

ロイド「この声…まさか!」

メルジーナ「誰?」

乱造「!?」

ウサビット「リージャ!」ダダダダタ!

リージャが宿に到着するとそれぞれ違った反応をするが、実はリージャの帰りを心待ちにしていたウサビットは勢いよくリージャに飛びつくのであった

リージャ「うわぁ!?」ゴチーン!

ウサビット「やっと帰ってきたのね!このバカ!」

リージャ「飛びつく程心配してくれてたんだね♪」

ウサビット「な!?///」

リージャはウサビット飛び付かれ後頭部を強打するも、そのくらいでダメージを受けるわけもなくウサビットの反応に嬉しそうに返し、リージャの発言でウサビットは顔を紅潮させるのであった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リージャ「えぇぇぇぇぇぇえ!?ロイドくん女の子になっちゃったの!?」

ロイド「うん♪だけど私、女の子になれて寧ろ嬉しいくらいだよ♪」

リージャ「ロ、ロイドくんが嬉しいなら私も嬉しいけど、今回は驚きの方が大きいよ」

リージャが帰還して喜びを分かち合って暫くすると、リージャ一行はリージャ合流までの間の出来事を共有していた

リージャ「それで、そっちの女の子が新しい仲間のメルジーナちゃんだね♪」「新しい仲間は大歓迎だよ♪」

メルジーナ「魔物の私を心の底から大歓迎してくれるなんて珍しいわね」

リージャ「魔物も人間も関係ないってボクは思ってるよ」「じゃあ次はボクの番だね」「紹介するよ!今日からボク達の仲間になってくれたボクの恋人のスミレお姉様だよ!」

そして次はリージャがスミレの紹介をするのであった


575 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/14(木) 01:45:08.901Xnyxhlu0 (2/2)

スミレ「どうも、スミレよ」「リージャが言ったように私とリージャは女としてお互い愛し合っているわ」

リージャ「相思相愛なんだよ!」「だからごめんね?乱造さん」「ボクは乱造さんの家畜を辞めることにするよ」

シャルロット「これは私からも言っておくけど、私もこれからスミレ様の家畜として生きて行くから、もう乱造さんの家畜じゃないよ」「ごめんなさい乱造さん」

乱造「(ち、リージャはまだしもシャルロットまで寝取りやがるとは…)」ギリッ

スミレ「(ふん!汚らわしい雄猿が私を睨んでんじゃないわよ)」

ロイド「(私が男の時に何やらとんでもない事が起こってたみたい…)」「(でも確かに女同士の方が気持ち良い事沢山出来るのも事実…現に私はメルジーナと出会ってからずっとガチアクメし続けてるし)」

リージャがスミレを紹介した後の突如の2人の家畜脱退宣言により乱造は腹立たしさからスミレを睨むもスミレは逆に乱造を見下すのであった
それからは特に何事も無く武士の国を出る支度をするのであった

第2章 ボク性奴隷になれたよ♪ 完

↓3迄のコンマでゾロ目があると…?


576以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/14(木) 02:40:10.13ETYYeuSk0 (1/1)




577以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/14(木) 10:29:16.34UgzbnNSTO (1/1)




578以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/14(木) 10:29:33.95xeUSgAwHO (1/1)

ほい


579 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/14(木) 19:20:18.43sswCuNsDO (1/1)

最低でも覚醒の宝玉3つ入手確定の目的地リージャが愛剣を手に入れた遺跡出現ならず!

新しい朝が来た!
誰にスポットを当てる?(個人でも団体でも構いません)
↓3まで高コンマ



580以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/15(金) 06:49:49.72zVB7bBy10 (1/1)

リージャパーティー


581 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/15(金) 19:33:10.36yRbqsUBkO (1/1)

安価待ちしている間に一部のキャラの更新しますね
【名前】ロイド・サンドノック
【性別】元男現女
【種族】人間
【年齢】24
?【ジョブ】盗賊兼暗殺者
【容姿】癖毛の黒髪と紅眼でリージャ並の巨乳ロリっ娘の髪は肩甲骨をおおう程度に長い
レオタード状の黒い肌着の上からニンジャっぽく音の出ない鎖かたびらに加えてフード付きローブを着用している
【性格】軽薄飄々としておりエロトラップ、異種姦と酒をこよなく愛する。
しかし其の実聡明で常に冷静、物事をしっかりと吟味している。
別に演技をしているわけではなく、どちらも素のロイドである。
【能力】『千里眼』文字通りの遠距離を視る・透視による建物の構造把握などが可能。
【武器】最貴重のミスリルのククリ刀と雷炎、風氷、龍水の6属性の力を持つダガーの他、身体中に仕込んだ暗器を用いて戦う。
スピード重視型、毒薬や罠も積極的に扱う。反面、正攻法は苦手。
【その他】暗殺者・盗賊として培った数々のスキルを持つ。隠密・偵察・罠・鍵開けの他、暗器の扱い・毒薬の知識などにも長ける。
エロトラップダンジョンで完全女体化して心身共に女になったが男の時の経験、記憶も完全に残っているので男心と女心が共生して、ダンジョンの宝により身体能力も男の時より少し強くなっている
体内にスライムが同化しており常時休みなく深イキ、超発情状態だが、何もしなければ通常の状態同然


582 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/15(金) 19:58:39.62/K5MzVpB0 (1/1)

【名前】 外道 乱造(げどう らんぞう)
【性別】 男?
【種族】 人間
【年齢】 40
【ジョブ】 鍛冶屋
【容姿】 黒髪でヒゲを蓄えている 身長は低めだが筋肉質でがっしりした身体つき
【チート能力】鍛冶ではなく既にエンチャントされた刀を作り出す能力になる。鍛冶でなくなったためか寿命は減らず、鍛冶に必要な時間や設備も不要。
【能力】男に対して心を切り裂いた時、それを身体にも作用させて女にすることが出来る
女にするかは強制ではなく乱造の任意だが成功率は低い(乱造との強さの差で成功率も変化する 乱造の方が強ければ当然成功率もアップ)
【武器】 エンチャント刀
【弱点】 同時に作り出せる刀は一振りまで(二振り目を作ると一振り目が消える)
【その他】魔に魅入られた彼は精神を支配するというコンセプトの元に様々な邪刀を生み出している?持った者の心を狂わせる刀、心を切り裂く刀などを生み出して実験を繰り返しているが真の目的は武士国家の転覆である?女好きで刀の力を悪用しゲスな行為をすることも
但し根本的な悪人では無い
HP475


583 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/16(土) 14:43:27.12JtbIdRjN0 (1/1)

20時に締め切ります


584 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/16(土) 20:29:48.89yO8Ff5qvO (1/1)

リージャ「長く滞在していた武士の国ともいよいよお別れだね」

ウサビット「ホント、色々あったわ」

ロイド「本当だね、私もまさか女の子になっちゃうなんて思わなかったよ」

シャルロット「次はどこに行くんだろうね!」

スミレ「いよいよ旅が始まるのね」

メルジーナ「外の世界がどんなものかすごく楽しみだわ!」


乱造「(これでこっそり隠れて生きる忌々しい生活ともさらばだ)」

明朝、ウサビット、リージャ、シャルロットは以前の服に着用し直しリージャ一行は関所にて手続きを済ませて武士の国を経つのであった
尚、安全に出国する為に乱造はリージャの異空間に入っての出国であった

リージャ一行が向かう先

1.かつて栄えた国の荒廃した城下町

2.光と闇のカジノ国

3.最近開国したばかりの超科学国

4.魔族領

↓3まで高コンマ


585以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/16(土) 21:19:39.72zz0rXEju0 (1/1)

4


586以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/17(日) 07:47:21.26g1YzZHJ70 (1/3)

1


587以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/17(日) 10:43:42.52el0GKd730 (1/3)

3


588 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/17(日) 14:20:13.92PqIofkte0 (1/1)

リージャ「さーて、次の行き先はいよいよ魔族領って呼ばれる場所だよ!」

ウサビット「とうとう魔物が住む領域に足を踏み入れるのね…」

シャルロット「かつて人類を滅ぼそうとした邪悪な魔族の領…どんな禍々しい場所なんだろ」ゴク…

スミレ「(千年ぶりの里帰り…楽しみだわ…)」

メルジーナ「(私の同族たちがいっぱいいるのかしら?)」

リージャ、メルジーナ、スミレを除くメンバーはリージャの発言により自分達が持っている魔族への知識にりより禍々しい土地に住う邪悪の権化達をイメージして緊張に気を引き締めるのであった

リージャ「(フェリシアさん元気にしてるかなぁ…)あ、そうそう魔族領に向かう先には宿場町は無いから野営は濃厚だよ~」

ウサビット「え!?」

リージャの様に魔族と人類を平等に見ている人類もいるが、魔族が邪悪の権化としての教えが定着している人類は9.5割を占めている為、魔族領へと続く道に宿を構えたがらないのは必然であったがそれでも尚ウサビットは野営に抵抗があるのか、先代魔王フェリシアのことを思い出しながらのリージャの発言に嫌な顔をするのであった

魔族領到着までかかる日数(日数如何で募集イベントの数が変わります)

1.2日

2.3日

3.1週間

↓3まで多数決


589以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/17(日) 15:17:59.12g1YzZHJ70 (2/3)

2


590以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/17(日) 16:50:08.89el0GKd730 (2/3)

2


591 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/17(日) 17:27:41.430XmmV/5jO (1/2)

では道中の出来事を3つ募集します(なしでも修行でもなんでもとは言えませんが大概の事なら構いません)


592 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/17(日) 17:28:18.700XmmV/5jO (2/2)

上げ忘れ


593以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/17(日) 20:08:45.03g1YzZHJ70 (3/3)

知能の低いスライムが襲ってきたため瞬殺
「ちょっともったいなかったかな」と言うリージャに「私の一部で良ければ」とスライム塊を渡してくるメルジーナ


594以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/17(日) 21:32:29.10el0GKd730 (3/3)

牛魔族の夫婦に出会う。
牧場に泊める条件にパーティーの搾精、搾乳をさせて欲しいとお願いされる。
精液増強剤や母乳薬を飲まされ搾り取られる


595 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/18(月) 18:43:38.75rY7VPBqjO (1/1)

あと一枠空いてますが21時までに書き込みがなければ一先ず始めます


596 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/18(月) 22:05:38.25gTxUKej/0 (1/1)

リージャ「噂には聞いていたけど本当に何にもないね~」

武士の国を出たリージャ一行は魔族領へと向かって歩いていたがその道中は人間領内にある国々の間にある舗装された道や踏み固められて出来た道と言ったものが全くなく辺り一面に草木があるだけであった

シャルロット「当然だよ」「人間が魔族領に足を踏み入れたのは千年前の戦争が最初で最後、これまでは魔族領に近づこうとする人はちらほらいたらしいけど足を踏み入れる人なんて皆無だったからね」

リージャの発言にシャルロットが説明しながら特に何事もなく歩いていたがそこへある者がリージャ達の行く手を阻むのであった

リージャ「ん?あの水色の楕円体は…」

ウサビット「図書館で見た事があるわ」「あれはごく一般的なスライムよ」

リージャ「確か知性が極端に低くて勝てそうな相手だと襲い掛かって来るんだよね?」「(あのプルプルのスライムボディ…ケツマンコに入れたら気持ち良さそう…)」

ウサビット「えぇ、そうよ」「そしてその勝てそうな相手の中には私達人型生物も含まれているわ!」

スライム「!」

リージャが呑気に自分のアナルにスライムを入れているのを想像して、ウサビットが説明を終えると同時にスライムが一行に襲いかかって来るのであった

戦闘パートに入りますか?

1.入る

2.入らない(戦闘はダイジェストになります)

↓1


597以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/18(月) 22:37:40.16mHwBLpgM0 (1/1)

2


598 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/19(火) 00:35:12.58ORrArJg60 (1/2)

メルジーナ「嘗められたものね…」

スライムが襲い掛かって不快感を露わにしたのはメルジーナであった
幾ら知性が低くとも自分より格段に格下なスライムが自身を確認しても尚襲い掛かって来た事がどうも彼女は気に入らなかったらしい

メルジーナ「一瞬で決めてあげるわ」ドゥ!

メルジーナは何もない所からとんでもない量の水を召喚させ、榴弾砲の如くスライムに放ち瞬く間にスライムを四散させ葬るであった

リージャ「あ~…そんな直ぐに跡形も無く吹き飛ばしちゃうなんて少し勿体無いなぁ…」

メルジーナ「あら?何か別の目的があったのかしら?」

リージャ「うん」「ちょっとスライムを使ってやりたい事があったんだ」

メルジーナ「なら私の体の一部はいかが?」

スライムの瞬殺に対して少し残念そうな表情を浮かべるリージャに対してメルジーナは体を張った提案を出すのであった

どうなる?

ストラップサイズに分離したスライムを渡す(非エロ) 10以下偶数

掌サイズのスライムを渡す 偶数

バスケットボールと同じサイズのスライムを渡すとリージャがその場でアナルに仕舞い込む 奇数

なんと誰もいないことを確認したリージャ、下半身半裸になり思いっきりアナルを広げて詰めれるだけ詰めてと提案(フィーバー) ゾロ

↓1


599以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/19(火) 09:20:17.19w49jequF0 (1/1)

んほぉ


600 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/19(火) 21:13:25.71ORrArJg60 (2/2)

リージャ「メルジーナちゃんの身体の一部?」「それって大丈夫なの?」

リージャはメルジーナの提案に乗りかけるがメルジーナの身を案じて踏み止まる

メルジーナ「心配ご無用よ、自分で身体を切り離す分には、私は幾らでも再生できるわ」

身体の一部が欠けても問題ないとばかりにバスケットボールサイズに切り離すとメルジーナの身体が瞬く間に元通りになっていく

リージャ「おぉ~!ホントに再生した!」

メルジーナ「少し大きすぎる気もするけどいかがかしら?」

目の前で瞬時に再生したメルジーナに目を丸くして驚くリージャ
その様子を少し楽しみつつもリージャに身体の一部を渡すのであった

リージャ「ありがとう♪」スル…「じゃあ早速…んんっ…んふぅ♪」ヌププゥ…ピクピク

リージャはメルジーナなから身体の一部を受け取ると貞操帯を一時的に外し、ショートパンツとオムツをずらしアナルにメルジーナのスライムを快楽に身体を震わせながら入れていくのであった

どうなる?

ぽっこり腹になる 偶数

チート能力が発動して更に快楽に順応する為媚薬耐性0になる 奇数

奇数+自分のマン汁、唾液、潮、腸液と言った体液をリージャの意思で媚薬液にする事が出来る様になる ゾロ

↓1


601以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/19(火) 22:02:05.69/f2405Zu0 (1/1)

ほい


602 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/20(水) 21:19:59.67NPb9VeTx0 (1/1)

リージャ「ん♪全部入ったよ♪」

メルジーナ「お腹の具合はどう?」

リージャ「なんだかすっごい音がするし、お腹はぽんぽこりんだけど全然痛くないよ♪」「寧ろすっごく気持ち良いよ!」ギュルルルルルルルルルルルルルル

リージャの妊婦の様に膨らんだ腹部から腹痛を起こしたときの音が鳴り響くが既に排泄機能が失われ便意と言う概念が無くなった為、腹を下した訳ではなく快楽に完全屈服したチート能力が発動して媚薬スライムを体内に吸収、学習を行い、異常に高い薬毒耐性から媚薬効果を有する成分をピンポイントで耐性を下げているが為の腹鳴であった

リージャ「じゃあ気を取り直して魔族領にレッツゴー!」ギュルルルルルルルルルルルルルル

こうして意気揚々と再び魔族領へ歩み出したが、魔族領への道は長く当然たった1日で着くはずもなく日が沈む頃に一行は野営の準備に取り掛かったのであった

メルジーナ「あら?リージャ、貴女お腹が元に戻ってない?」

リージャ「ホントだ」「どうしてだろ?」

野営の準備を終えた頃メルジーナはリージャの腹部に気付いたがリージャの媚薬に対する耐性が皆無になった事は誰も知る由も無かったのであった

牛魔族夫婦の搾乳、搾精のくだりですが乱造さんも搾精対象に入れますか?
おじさんの搾精が需要あるかどうかわからないので↓3まで多数決で決めます



603以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/20(水) 22:16:59.01VRyYPuE+0 (1/1)

1人だけ対象外というのも不自然だし、画面外で行われてたって事で描写しないで行こう


604以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/20(水) 22:32:41.80zV+NhEvz0 (1/1)

>>603と同じ意見かな


605 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/21(木) 03:23:11.75n6WAzBo/0 (1/3)

テスト
㌔ ㍍ ㌢ 


606 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/21(木) 03:23:45.65n6WAzBo/0 (2/3)

魔族領へ向かう2日目道中は特に何事もなかったが夕方になるととある小さな牧場と一軒家が見えてきた

リージャ「お、民家発見!」

ウサビット「なんですって!?」

リージャの発言で最初に食いついたのはウサビットであった
今までは野営を殆どしていない事もあってか昨日の野営がお気に召さなかったらしい

ウサビット「やっぱり不便な野営より泊めてくれる家がある方がいいわ」

リージャ「ウサビットちゃんがそこまで言うなら頼んでみようかな」

こうしてリージャ一行は一軒家に向かうことにしたのであった

リージャ「ごめんくださ~い」コンコン

牛魔妻「はいはい、ただいま出ますよ…あら?」ガチャ

ウサビット「牛魔族!?」

リージャが家のドアをノックして出て来たのは黒い体色に牛のような頭部を持った美乳ナイスボディの牛魔であった

牛魔妻「あら、貴女達もしかしたら人間さん?」「人間さんがこんな所で何かご用かしら?」

リージャ「ボク達旅をしていて今晩ここに泊めて欲しいんだ♪」

牛魔妻「そうなのね」「少し待ってくださる?」

事情を聞いた牛魔妻は牛魔夫を呼び出し、数十秒後同じく牛のような頭部を持った灰褐色の体色の確実に2㍍50㌢を越えているムッキムキの牛魔が出てきたのであった

牛魔夫「話は妻から伺っています」「宿泊は構いませんが一つ条件があります」

リージャ「条件?」

牛魔夫「実は私、魔術の研究をしてまして今回このような機会ですので是非人間さんの体液である精液と母乳を提供していただきたいので搾乳と搾精を受けてもらえないだろうか?」

牛魔夫は初めて出会った人間に興味を持ち、宿泊の代わりに搾乳と搾精を受ける事を提案してきたのであった

返答は?

じゃあいいですぅ! 10以下偶数

ふたなり女子組のみ搾乳搾精 偶数

全員搾乳搾精 奇数(21以上奇数でウサビットふたなり化)

奇数+女性陣全員搾乳搾精がとっても大好きになる(リージャが何故か大衆の前以外だと全裸に躊躇いも羞恥心も無くなる) ゾロ

尚今回は偶数、奇数双方で30以上で母乳体質化、50以上でリージャのみ朝まで搾乳搾精、70以上でリージャ、スミレが搾乳搾精耐久勝負の特典を付けます

↓1


607以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/21(木) 06:03:11.42h54RAfaX0 (1/1)

ほい


608 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/21(木) 23:47:24.24n6WAzBo/0 (3/3)

リージャ「うーん、精子と母乳を提供…みんなはどう?」

ウサビット「私はパスだわ」「第一おっぱいは出ないし勿論女だからオチンポも無いわ」

乱造「俺もパスだ」「こんな見ず知らず魔族に搾られる位なら去勢する方がマシだ」

メルジーナ「私はそもそも人間じゃ無いから」

ロイド「私はもう男じゃ無いからチンコはもう無いし、ウサビットと一緒で母乳は出ないよ」

牛魔夫「そう…ですか…」

リージャの問いに4人は受ける意思がない事を伝えると牛魔夫は表情を落とすがここでとある人物が声を上げた

スミレ「その搾乳と搾精は貴方無しで行えるのかしら?」

牛魔夫「え、えぇ」「別室に専用の機械があるので一応私達抜きでも搾乳と搾精は出来ますが…あ、女同士ですが妻は中々の技術を持っていますよ」

スミレ「決まりね、私はこの搾乳、搾精を受けるわ」

リージャ「別室ならボクも是非受けさせてもらうよ♪」

シャルロット「なら私も」

牛魔夫「おぉ!精液は手に入らなかったがこれはありがたい!」

リージャ「あ、言い忘れていたけどスミレお姉様は元々オチンチン生やす事が出来るしボクとこのシャルロットちゃんはボクのオチンチン魔法で本物のオチンチンを出す事が出来るよ♪」

牛魔夫「なんと…!異性の性器を出す事が出来るとは…」「もしや貴女は大魔術師ですか?」

牛魔夫はまさかの一石二鳥に歓喜の表情を浮かべ、性別すら超越するような魔法を持つリージャに敬意の眼差しを向ける

リージャ「ボクはそんな大した者じゃないよ」「強いて言うなら自由気ままな超ド変態クソマゾの旅人だよ♪」

スミレ「まぁ思いつきで新しい魔法を生み出すあたり天才ではあるけどね」

リージャ「まぁそんな事はどうでも良いとして…早速案内お願い♪」

牛魔夫「そ、そうでしたね」「では御三方はこちらに…」

スミレ「うふふ♪マゾの血が滾るわ♪」

シャルロット「オチンポ搾られるなんて楽しみだね!」

3人は他の4人とは別室に案内されるのであった


609 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/22(金) 07:43:52.834CPiiHHD0 (1/2)

一方その頃客間に案内されていた4人はソファーに腰掛けて寛いでいた

ウサビット「リージャったら気持ち良い事が好き過ぎてオチンポ生やす魔法を生み出すなんて驚きだわ」

乱造「まるで淫売だな」

ロイド「そりゃそうだよ、私が言うのもあれだけどリージャは生粋の肉便器女だよ」「多分少しでも道を違えていたら夜の商売で伝説になっていたと思うよ[

ウサビット「な、なんだかそれを聞くと納得出来てしまうわ…」

乱造「確かにあいつエロい事なら何やっても嫌な顔するどころか心の底から喜んでいたな」

ウサビットと乱造はスケベ時の事を思い出し、今までのリージャの反応に嫌悪が無かった為妙に納得するのであった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

牛魔夫「精力増強材と母乳薬を置いておきますので、準備が出来次第この呼び出しブザーで妻を呼んでください」

場所は変わってリージャ、シャルロット、スミレは牧場内の馬小屋の様な部屋で牛魔夫から搾乳、搾精機の説明を受け部屋から出ていく牛魔夫を見送り、3人だけになるや否や3人は全裸になるのであった

リージャ「じゃあシャルロットちゃん、早速オチンチン魔法かけるね」パァァァア

シャルロット「相変わらずのオチンポの大きさだね」

スミレ「まるでリージャの性欲をオチンポで表してるかの様ね」

3人は自分のチンコを生やし牛魔夫から用意された精力増強剤と母乳薬を飲み胸とチンコに専用の機械を着用し、無様に前屈みの様な状態になると牛魔妻を呼ぶのであった


610 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/22(金) 07:59:51.594CPiiHHD0 (2/2)

牛魔妻「お待たせしました」「ではこれから搾乳と搾精を始めさせていただきます」

リージャ「およ?本当に奥さん?」

暫くすると牛魔妻が部屋に入ってくるがその容姿は褐色の体色に変化して牛の様な頭部では無くなり人型淫魔の妖しい美しさを持つ頭部に変わっておりそこから牛魔を象徴する角が生えていた

牛魔妻「私の夫はあれでも凄腕の魔術師で容姿を変える魔法を持っているですよ♪」

リージャ「ほへぇ~…びっくらこいた」

牛魔妻「では早速始めさせていただきますね♪」

リージャが牛魔夫の事に感心していると牛魔妻は現在のリージャ達の姿勢を固定化して搾乳と搾精を開始するのであった

どうなる?

徹底的に搾られて3人ともフニャチンになる(勿論復活します) 偶数

シャルロット母乳体質定着、3人とも機械による搾乳、搾精が大好きになる 奇数(コンマ51以上でシャルロットの胸の大きさについて多数決取ります)

機械と牛魔妻のテクが凄すぎて搾乳、搾精が終わりフニャチンになった後でも脳味噌が馬鹿になり暫くの間みっともなく前屈みガニ股でオナる3人であった(元に戻った後もしっかり覚えている) ゾロ

↓1


611以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/22(金) 08:57:34.52rwcjwdIL0 (1/1)

もー


612 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/23(土) 04:53:30.20DXG7wtOO0 (1/1)

リージャ「ん♪オチンチンと乳首吸われながらシコシコされるの気持ち良いね♪」ビクンビクン

スミレ「この屈辱的な責め癖になるわ///」ビクビクビク

シャルロット「オチンポ凄く気持ち良いぃ…///」ピクン

牛魔妻「気に入っていただいて何よりです」「しかしまだまだ搾乳、搾精は始まったばかり…色んな機能があるので是非堪能してください」

3人の気持ち良さそうな反応に牛魔妻は安堵の表情を浮かべる

リージャ「あ、もうイキそう…」ガクガク

スミレ「相変わらずの超早漏ね…んんっ///」ビクンビクン

牛魔妻「どうぞ遠慮なく出して下さい」

リージャ「じゃあ遠慮なく…ん゛ん゛イッグゥッ♪」ガクガクガクガク!ブシャァァァァァア!ドビュルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルル!

搾り込み開始から5分もしないうちにリージャは早々に根を上げて、満面の笑みを浮かべながら超々大型タンクに繋がれた容器に母乳と精子を放つ
そしてその後スミレのシャルロットも限界が近づくのであった

スミレ「んっ!で、出るぅっ!♥」プシュゥゥゥウ!ビュルルルルルルルルル!

シャルロット「あっ♥んん!♥イッちゃう♥」プシャァ!ドビュッ!ドビュッ!ドビュゥゥゥゥゥゥゥゥウ!

スミレもリージャと同じように大量射精、大量射乳でタンクに精子と母乳を入れていくがシャルロットに関しては胸が小ぶりな為か2人より量が少なめであった

スミレ「ぼ、母乳が…?さっきの薬…んんんん♥」ガクガクガクガク!

シャルロット「イッたばかりで今敏感♥♥」ビクビクビクンビクン!

牛魔妻「ささ、まだまだタンクには余裕があるのでどんどん入れていって下さい」

こうして3人の搾り込みは本格的に始まったのであった


613 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/23(土) 20:16:20.72i1feeDjSO (1/1)

リージャ「お゛ぎもぢっ♥けどもう出ないっ♥♥」ドピュドピュ

シャルロット「も、もうでにゃい♥♥♥」トロトロ

スミレ「んほぉ♥げ、限界…♥」トプ…トプ…

牛魔妻「御三方の限界はまだまだ先である筈です」「これを飲んで頑張ってください」

リージャ「うん♥ボクもっと頑張るよ♥♥」ゴクゴク

スミレ「まだまだ搾られるのね…♥最っ高だわ♥」ゴクゴク

シャルロット「ん…お薬…♥」ゴクゴク

ビィィィイン!

搾り込みのペースを全くを落とさず数時間が経ち、牛魔妻は母乳と精子の出が悪くなりチンコをフニャフニャにさせた3人に再び精力増強剤と母乳薬を飲ませると3人のチンコと乳首は再びフル勃起するのであった

スミレ「凄っ♥♥♥オチンポも乳首もビンビんほぉぉぉぉぉお!?♥♥♥」ヴィーーーン

リージャ「オ、オヂンヂンど乳首に柔らかブラジィィイっっ!!!♥♥♥♥♥♥」ガクガクガクガクガクガクガクガク‼‼‼ドビュルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルルビュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥウ‼‼‼ブッシャァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァア‼

スミレ「ンギモヂィィィィィィィィィイ!!!♥♥♥♥♥♥」ドッビュウワゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥウ‼‼ブシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥウ!

シャルロット「オチンポ馬鹿になりゅぅぅぅう!!!♥♥♥♥」ビュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥウ‼‼

3人は回転ブラシによって強制勃起させられた乳首と亀頭を丹念に磨きあげられ今まで以上に精子、母乳を放つのであった

牛魔妻「まだまだ出るようで良かったです」

牛魔妻は嬉しそうに笑みを浮かべながらフニャチンになっては薬と回転ブラシで強制勃起させて限界のそのまた限界まで搾るのであった


614 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/24(日) 00:05:03.47nTuIvg4V0 (1/6)

スミレ「あ…う…♥オチンポォ…♥」

シャルロット「んん…♥♥♥」

牛魔妻「あら、手マンをしても勃たなくなってしまいました…」クチュクチュニギニギ

あれから更に搾り込みが続きスミレとシャルロットの勃起状態に見えるチンコを牛魔妻が手に持つと、くの字に曲がってしまい、何をしてもチンコは痙攣するのみで完全にフニャチンと化したのを確認すると、快楽により朦朧とする2人を姿勢固定から解放して担いで客間に向かうのであった

ロイド「す、凄い…こんな絵に描いた様なフニャチン初めて見た…」

ウサビット「オチンポってイキ過ぎるとこうなるのね」

メルジーナ「一見勃起している様に見えるけど見事にフニャフニャね」

客間にいる一同はあまりの快楽で失神した様に眠っている2人のフニャチンを手に持って鑑賞するのであった

牛魔妻「お待たせしました…と言っても貴女も限界の様ですね」

リージャ「ん…んほぉ…♥」ガクガク

牛魔妻が戻ってくる頃にはリージャも搾り込み機の責めを受けても母乳も出なくなってフニャチン状態であった

牛魔妻「本日は協力してくださり、ありがとうございました」「これで夫も喜ぶ筈です」

リージャ「あ、待って…♥」

牛魔妻「?」

機械を止めようとした牛魔妻であったがそれをリージャが止める
既にフニャチン不能状態になったリージャの制止に当然牛魔妻は疑問を顔に浮かべる

リージャ「ボクが1番気持ち良くなるところはケツマンコなんだ…♥♪」「だから是非ほじくり回してみてよ♥」

牛魔妻「お尻の穴が弱点でしたか…それは盲点でした」ズニュゥウ

牛魔妻はリージャの指に手を入れてケツ穴を刺激しようとした時にあるものに気づく

牛魔妻「あら?これは?」コリコリ

リージャ「そこぉぉぉお!♥♥♥♥前立腺こりこりしゃいこぉぉお♥♥♥♥」ガクガクガクガクガクガク‼ビィィィイン!

性奴隷最後の1週間で男の体を勉強していたリージャはふたなり魔法を編み出すだけでは無く、魔法により自分の体を作り変え快楽の為に女には無い器官、前立腺を作り出していたのだ
しかもただ前立腺ではなく最初から極限まで開発を終えたクソ雑魚前立腺を作り出していたのだ
そしてその前立腺を刺激されるとリージャのフニャチンは見違えるように今までよりも大きく勃起したのであった


615 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/24(日) 04:15:40.58nTuIvg4V0 (2/6)

牛魔妻「あら!まだまだいけるなんて素敵ですね!」

リージャ「自他共に認める超変態クソマゾのオチンチンは伊達じゃないよ♪♥」「さ、次は前立腺握り潰すみたいに握って欲しいなぁ」

牛魔妻「こうかしら?」ギュゥゥゥゥゥゥゥウッッッッッッ‼

牛魔妻はリージャの要望通り前立腺を力一杯握る
彼女は雌の牛魔族で温厚であるがそれでもリージャと言った一部の規格外を除けば人間の頭蓋など容易に握り粉砕出来る程のパワーを持っている
通常の人間であれば、ケツ穴の中を力一杯握られでもすれば肉は毟り取られ多大な肉体損傷を負うことになるが、その行為を受けている人間はリージャである

リージャ「卵巣と子宮ごと前立腺握られてンギモヂィィィィィィィィィイ!♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥」ドップゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥウ‼

彼女のケツ穴の中は確かに牛魔妻によって大きく変形しており前立腺はおろか卵巣と子宮までも握り拳の中にあったが損傷は勿論皆無であり痛みもなく絶大な快楽によりだま混じりの特濃精子を勢い良く放つのであった

リージャ「あぁ…♥前立腺も子宮も握り潰されてしゅごく幸せらよぉ~♥」ビュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥウ!!

流石に母乳の方は打ち止めになっているのか乳首を責めても何も出ずだが先程までフニャチンだったチンコは搾り込み開始時より勃起して大きくなりそこから放たれる精子も圧倒的に濃くなっていたのであった
そして射精をしながら心底幸せそうな表情を浮かべるリージャの搾り込みは深夜手前まで続くのであった

リージャ「んほぉ…♥♥♥流石にもう出ないし勃たないかも…♥♥」ビクンビクン

深夜手前でとうとうリージャも完全に搾り取られ何をしてもフニャチンのままになる

牛魔妻「お疲れ様でした、とてつもない程の量を出しましたね」「では客間までお運びしますね」ガチャン

リージャ「あぅ♥」ドチャ

牛魔妻は姿勢の固定を解除すると、リージャは快楽による多幸で完全に脱力していたのかそのまま崩れ落ち陸地に打ち上げられた魚のように痙攣するのであった

牛魔妻「もう力が入らず指一本動かせない状態ですね」

リージャ「ほぇ?♥確かに気持ち良すぎてガクガクするけど、軽い運動までなら大丈夫だよ?♥」ガクガクガクガクガクガク

そう言うとリージャは痙攣する体を造作も無く動かして自分で立ち上がった後に跳びはねたりして牛魔妻を驚かせるのであった

リージャ「じゃあボクは客間に戻って明日に備えて眠るとするね♪♥」

牛魔妻「はい、本日は無理な条件を飲んでくださってありがとうございました」

こうしてリージャ達の搾り込みは終えて明日に備えて客間に戻るのであった

リージャ「(なんでとっくにオチンチン魔法解いてるのにオチンチン消えないんだろう?)」

…射精のしすぎで戻らなくなった巨根フニャチンをぶら下げたまま


616 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/24(日) 04:48:40.55nTuIvg4V0 (3/6)

牛魔夫「昨日は本当にありがとうございました!」「良ければウチの自慢の朝食をお礼として頂いてください」

シャルロット「何これ!?凄い美味しいんだけど!?」

乱造「そりゃそうさ、魔族領の飯は家庭料理ですら人間領の高級店並みだ」

スミレ「リージャ?どうしたの?大食らいの貴女にしては珍しく手が進んでないようだけど…」

ロイド「それになんだか顔が物凄く赤いよ?熱でもあるの?」

リージャ「そそそそそそそそそそそそそそんな事ないよ!?////////////」「あはははは…/////////////(なんでお姉様とシャルロットちゃんのオチンチンは無事に消えていてボクのオチンチンはまだ消えてないの!?しかもフニャフニャのままだし!?)」

翌朝牛魔夫婦からお礼とばかりに絶品の朝食を振る舞われ、その味に舌鼓を打つ一行であったが耳まで顔を赤くするリージャの様子が気になり心配な声を挙げる

ウサビット「それにそのドレス甲冑はどうしたの?イメチェンってやつかしら?」

リージャ「そうだよ!///////ちょっと異空間漁ってたら王国出る時にもらってから一度も身に付けてなかったし///////」

ウサビットの問いにリージャは肯定するように答えるが、実のところ、いつもの様にみんなが寝静まっている時間に目を覚まし「一晩眠ればオチンチンも消えるだろう」と考えていたリージャがフニャチンが消えていないのを確認して、王国からアダマンタイトの代わりに授けられたドレス甲冑(イメージとしてはFateのセイバーアルトリアのような甲冑)を慌てて引っ張り出してフニャチンを隠す為に身につけたのであった
そして幸運な事にリージャのフニャチンは巨大といえど、フニャチン化によりサイズが縮まっており、スカートで完全に隠せていたのであった


617 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/24(日) 04:56:58.99nTuIvg4V0 (4/6)

ウサビット「そう言えば忘れかけてたけど貴女勇者だったものね」

リージャ「そうそう////////王様も流石に鎧なしで送り出すわけにはいかなかったみたいだね////////////」

牛魔夫「(勇者!?もしや彼女は1000年前の予言の…)」

ウサビットとリージャの何気ない会話に牛魔夫は内心凄く驚くがその動揺をなんとか隠して朝食を終えるのであった

リージャ「それじゃあ奥さん、お父さんありがとね~♪//////////」

牛魔夫婦「気をつけてくださいね~」

それから暫くして旅支度を終えたリージャは牛魔夫婦の家を後にして魔族領へ向かうのであった

牛魔夫「(彼女が七色の混沌だとすれば、これから世界は激動の時を迎えるかもしれない…)」

3日目の出来事を↓3まで高コンマ(リージャのふたなりフニャチンは3日目で完全に消えます)


618以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/24(日) 07:10:23.46pbi73ckh0 (1/1)

また何か変なモノを呼び出したと見えて、ドレスも破けて半裸状態でフラフラ森へ向かおうとするフェリシアの姿が


619以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/24(日) 12:21:47.75fEzrnemV0 (1/2)

>>618で


620 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/24(日) 12:29:34.72nTuIvg4V0 (5/6)

申し訳ありません
安価なのですが完全便乗は基本無しにさせていただいてます
便乗したい内容をアレンジしたり付け加えていただければ問題ありません
スレの最初に書き忘れていて申し訳ありません



621以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/24(日) 13:37:13.86fEzrnemV0 (2/2)

召喚した魔物に犯されているフェリシアを発見


622 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/24(日) 23:55:41.13nTuIvg4V0 (6/6)

明日の20時まで募集します


623 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/27(水) 07:18:11.45afHtmNVF0 (1/1)

リージャ「ふんふんふふふん♪(うぅ…///オムツもパンツも履いていないからオチンチンとオマンコスースーするよぉ////早くオムツ履きたい…/////)」

ウサビット「全く…魔族領に行くって言うのに緊張感のかけらもないわね」

魔族領へ向け歩を進める一行はリージャのフニャチンに気づかぬまま、リージャもドレス甲冑の下にフニャチンをぶら下げつつ、表では気付かれないように明るい表情を浮かべ羞恥を押し殺しながら歩いていた

オオオオ…

ウサビット「あら?何か聞こえないかしら?」

シャルロット「?どの方向から?」

ウサビット「あっちの方ね」

暫く歩いていると何やらウサビットが何かの咆哮のような音を聞き取り、一行はウサビット先導で音の方向に向かうのであった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

触手魔物「ルォォォォォォオ!」ヌチュヌチュ

フェリシア「お、お止めなさい!…あ、気持ち…////」ピクン

フェリシアは今日も可愛らしい魔物を召喚しようとしていたが、今回も失敗に終わり巨大な触手魔物を召喚してしまいコントロール出来ずに犯されていた
そしてフェリシア自身召喚した魔物に犯される事は、何度もある事なのか口では拒んでも体にはしっかりと快楽を感じるのであった

ウサビット「ちょ!あれは一体なんなのよ!////」

リージャ「(フェリシアさん!?助けに行かなきゃ!)」

そこへ駆けつけた一行はフェリシアを助ける為に動き出すのであった

どうなる?

全員で魔物を袋叩き 10以下偶数

普通に戦闘(メンバー決めに移行します) 偶数

戦闘しようとするが魔物が結界を張りタイマンバトル(リージャフニャチンデバフ) 奇数

正攻法では倒すことの出来ない魔物で、犯している対象の魔力をある程度吸うと大人しく帰る事が判明 ゾロ

↓1


624以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/27(水) 07:55:12.33TeM9UabR0 (1/1)

ほい


625 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/27(水) 16:22:28.88KjEXXdZ8O (1/1)

スケベを最低3つの明日の20時まで募集します
沢山来た場合はその中から良い感じのものを複数採用します
後、今回は誰がスケベされるかを記入していただけると嬉しいです


626以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/27(水) 23:58:05.40BMdO+n690 (1/1)

シャルロット、空中に持ち上げて大開脚しての双穴責め


627以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/28(木) 18:07:26.58Fdk3e+4b0 (1/1)

リージャ、ウサビット、スミレ、ロイド 胸を重点的に犯され愛液を摂取される


628以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/28(木) 18:20:20.067dX6xUGZO (1/1)

フェリシア
拒絶を続けるので業を煮やした魔物によって本体に丸呑みにされて中でぐちょぬる
解放されるころにはすっかり触手の虜になり、触手の一部を常に両穴に挿入しておくほどメロメロに


629 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/30(土) 04:58:38.71Cs9cox57O (1/2)

リージャ「今助けに行くよ!」ダッ!

リージャは異空間から愛剣を出すと自身に生えているフニャチンの事など気にも留めず、早馬の如く触手に接近する

フェリシア「リ、リージャさん!?////」

リージャ「破ッッ!!!」轟ッッ!

触手魔物「~~~~~~~~~~~~~~~~~~ッッ!?」

ズバァァァァァァァァァァァァァァア!!!!!!!

天性の肉便器女の素質を持ち今や快楽に完全屈服してしまい自他共に認める超ド変態マゾになったリージャだが、1000年前の予言で世界を大いに変える可能性を持つ七色の混沌と言われ短期間であるが勇者であった実力は疑う余地もなく本物であった

ウサビット「す、凄い…」

シャルロット「これがリージャさんの本気の力…」

フェリシア「(これが七色の混沌と言われる者の力…しかし…)」

非殺傷を全く考慮しないリージャの怪力無双による手加減抜きの縦一閃の剣撃は超巨大な斬波となりフェリシアを襲っている巨大な触手魔物を数十㍍先までの地面ごと一刀両断するのであった
その圧倒的な一撃に驚愕を露わにする一行であったが触手魔物を召喚した本人であるフェリシアは苦い表情を浮かべる

リージャ「一丁あがりっと♪」

シャルロット「きゃあ!?」

触手魔物「ルォォ…」

確かな手応えを感じ討伐を確信したが故の油断により触手魔物が何事もなく再生しており、シャルロットが大の字開脚の体勢で触手に拘束され持ち上げられたことに対応出来なかったのである

リージャ「シャルロットちゃん!?」「え!?なんで!?」

フェリシア「その魔物は恐らく戦闘行動は取らない代わりに死の概念が無いタイプの魔物です!」

リージャ「じゃ、じゃあどうすれば!?」

不死身の魔物と聞かされアタフタしているリージャを他所に触手魔物はシャルロットのマンコとアナルに向け触手を放つのであった

どうなる?

シャルロットのチート能力が一時的に開花!触手から逃れた 10以下偶数

触手による嫌悪によりあまり感じず終いで触手魔物が飽きた 偶数

しっかり感じて無情にも触手魔物にイカされる 奇数

アッヘアへになりスミレの家畜と言う気持ちは変わらないが触手大好きになる ゾロ

↓1


630以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/30(土) 06:37:15.10nNl0Hvc2O (1/1)

あへぇ


631以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/30(土) 07:56:26.71Cs9cox57O (2/2)

とうとうでやがりました10以下偶数

ここで忘れた頃にじゃじゃじゃん
ゾロ目券使いますか?

1.使う

2.使わない

↓3まで多数決


632以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/30(土) 08:00:21.73Afhtagrt0 (1/1)

まだいいかなあ


633以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/30(土) 14:34:07.76HTgTJl8h0 (1/1)

これはこれで面白そうだから使わない


634 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/31(日) 05:02:58.50EAW+SWbh0 (1/4)

シャルロット「(いや!こんなところで死にたくない!)」

シャルロットが迫り来る触手に串刺しにされる未来を思い浮かべ、絶望し目を強く閉じるがいつまで経っても来るはずの痛みが来ないことに不思議に想い目を開けてみる

触手魔物「?????」

触手は幾度もシャルロットのマンコとアナルに向け放たれているのだがシャルロットに近づく触手は悉くその軌道を変えて、シャルロットを犯すことが出来ないでいた

リージャ「チャンス!」ズバァ!

乱造「ふん!」ドスドス??

リージャは触手魔物が困惑しているうちにシャルロットを拘束している触手を切断して間髪入れずに乱造が麻痺のエンチャント効果のある刀を切断した触手に刺してその動きを封じるのであった

シャルロット「あ、ありがとうリージャさん」

リージャ「魔物が呆けていたから何とか助けられたよ」

触手魔物「オォォォォ!」シュバッ!

しかし1人の雌を犯せなかった触手魔物はそれを気にすることなく他の雌へとシフトチェンジしてウサビット、スミレ、ロイドに触手を飛ばすのであった

どうなる?

それぞれが全ての触手を防ぐ事に成功、リージャに奇襲をかけた触手もリージャに呆気なく気付かれて防がれる 10以下偶数

リージャが大規模攻撃魔法によって3人の触手を消し飛ばすが奇襲に気付かず、リージャのみ胸を犯される 偶数

3人を守ろうとするリージャだが一瞬早く奇襲され4人仲良くイカされる 奇数

徹底的に胸を攻められて触手魔物にメロメロ(堕ちた訳ではないのでリージャ、スミレは相思相愛のまま、ウサビットは乱造の家畜としての気持ちは一切揺るがず) ゾロ

↓1


635以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/31(日) 05:50:02.62X7DlovmL0 (1/1)

ゾロ


636 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/31(日) 07:56:26.15EAW+SWbh0 (2/4)

リージャ「お姉様、ウサビットちゃん、ロイドくん危ない!」ゴォォォォオ!ピシャァァァァァァン????!

触手魔物「!?」

リージャは3人に迫り来る触手に対して魔法による巨大な雷でもって触手を消炭にする
死の概念がないのは魔物本体であって触手自体は消し去ることが出来るがそれでも魔物にダメージはない

リージャ「うぅ…不死身の相手にどう乗り切っていこうかなぁ…」

ウサビット「!?リージャ後ろ!」

リージャ「ほぇ?わっ!?」シュルルルルルルルルルル!

リージャは触手魔物の対処を考えている事と触手魔物自体に攻撃の意図、殺気、敵意と言ったものが無い為、背後の触手に気付く事が出来ずウサビットがリージャに向かって叫ぶが時既に遅し、リージャは振り返ったと同時に触手に拘束されるのであった

リージャ「この!離せ!」ブチブチブチ!

リージャは絡み付いた触手を力尽くで引き千切り拘束を無理矢理解こうとするが引き千切られた箇所から更に多くの触手が生えて来て全くの逆効果に終わってしまう

リージャ「ぅわっぷ!?」

一気に引き千切った触手が多く、対処し切れない程に増床した触手はリージャをガッチガチに拘束するのであった
そしてそのままリージャの爆乳に向けお椀型の触手が迫り来るのであった

どうなる?

仲間達が助けてくれた 10以下偶数

一度イカされて解放 偶数

何度もイカされる 奇数

魔力をごっそり持っていかれ触手にメロメロ(しかしスミレに対する気持ちのほうが強い) ゾロ

↓1


637以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/31(日) 14:20:35.01cHQaPgv00 (1/2)

「3つ募集」とか時間のかかりそうな安価は、その内容のイベントが起きることが確定してからの方が嬉しい


638 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/31(日) 18:15:50.51EAW+SWbh0 (3/4)

コンマ判定で行なっていくスタイルなので3つ募集や時間制募集で>>1に刺さった場合10以下偶数判定無しの偶数で行為を行う事は確定で勘弁してください

リージャ「この…!」ブワァァア‼

リージャは全身から超莫大な魔力を一気に放出する事で触手を吹き飛ばそうとするが、この無限の魔力を持つリージャだからこそ出来る行為が最悪手となってしまう

リージャ「な!?」

スミレ「嫌ぁぁぁあ!リージャァァァア!」ダッ!

ロイド「駄目!アレに突っ込むなんて自殺行為だよ!」ガシッ!

スミレ「放して!リージャが!リージャがぁあ!」

普通の魔物ならば魔力の放出による爆風で木っ端微塵に吹き飛ぶがこの触手魔物は魔力を喰らう魔物、魔力放出により食事を取る事が出来た触手は一気に成長してリージャを包み込んでしまう
それを見て捕食されたと思ったスミレがパニックを起こして駆け出そうとするがそれをロイドに抑えられる
勿論振り解こうとするスミレであったが今や男の時より力が強くなったロイドの拘束を解く事は叶わなかった

リージャ「ま、マズい一手を打っちゃったかなぁ…」

触手に包まれた内部ではお椀型の触手がリージャの胸に吸いつこうとしていたが甲冑に阻まれて吸い付けずにいた
幸いな事にこの触手は服を溶かす力も無ければ破く力もない事であった

リージャ「触手がこのまま諦めると思えないしどうしようかな…ん?」

リージャが途方に暮れているとお椀型の触手が変形しだし蕾型になる

リージャ「あ、これマズいかも…」

リージャの予想通り蕾触手となった触手はドレス甲冑の甲冑に覆われていない部分をめくりそこから侵入して胸に到達するや否や蕾を開き胸に吸い付くのであった

リージャ「んん!///は、離して!////」「ヤバイ…この触手凄く気持ちいい…///」ビクビク

胸に吸い付いている触手には無数の触手が存在しており粒々の触手はリージャの胸を粘り回し、さらに触手の中から無数の極細の触手がリージャの乳首に巻き付いたりしてシコシコしたり乳首の先端をこねくり回したりして胸を責め始めるのであった

リージャ「んんんっ///駄目…おっぱい気持ち良すぎてイッ…クゥ……ッッ///」ビクンビクン!プシャァァ!

元々快楽にクソ雑魚なリージャが触手の責めに耐えられる筈もなく少しの間必死に我慢するも、その快楽によりなす術なくイカされて母乳と共に魔力も放出するのであった


639 ◆xbRwWjbPl2H.2020/05/31(日) 18:58:16.93EAW+SWbh0 (4/4)

スミレ「うっ…うっ…リージャァ…」

同時刻捕食されたと思っているスミレは膝を付き力無く項垂れながら涙を流していた

リージャ『あーあー、テステスみんな聞こえる?』

ウサビット「!?」

スミレ「!リージャ!」

リージャ『もしものためにテレパシー魔法を開発してたからこれで分かると思うけど、ボクは無事だよ』『どうもこの触手には消化機能が無いみたい』

リージャは胸を犯されながらも念の為に開発していたテレパシー魔法により仲間に無事を伝えるのであった

スミレ「リージャ…良かった…」

リージャの無事を知った一行は安堵するのであった

フェリシア「ん!///やめなさい///」ピクンピクン

一方その頃フェリシアは触手魔物に責められ快楽に身を震わせていたが未だ拒絶の姿勢を取っていた

触手魔物「オォォォォ…」

しかしとうとう痺れを切らした触手魔物は特大の触手を生やしフェリシア目掛けて特大触手を向かわすのであった

フェリシアはどうなる?

触手の虜になり両穴に触手を入れて過ごすようになる 偶数

触手魔物を好きになってしまい触手魔物と共に過ごす事になる 奇数

奇数+両穴に触手を入れるだけでなく着ている服を触手服にしてもらいそれを着て過ごす事を決める ゾロ

↓1


640以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/31(日) 20:19:00.22cHQaPgv00 (2/2)

ほい


641 ◆xbRwWjbPl2H.2020/06/03(水) 06:27:23.943Yos4WwX0 (1/2)

コンマと秒単位のダブルゾロ目なんでゾロ券1枚追加しちゃいます
ゾロ目券2→3

フェリシア「きゃ!?」バクゥ

ロイド「あ、エルフのお姉さんも触手に飲み込まれた!」

触手魔物「ルォォ…」

フェリシアが特大触手に飲み込まれた事により触手魔物はその動きを止めるのであった

フェリシア「くぅ!////どこかに流し込まれて…////」
「あ、触手が纏わりついて…」ゾワゾワゾワ…
「イ、イクゥゥウ!」ガクガクガクガクガクガクガクガクビクンビクン‼

巨大触手に呑まれたフェリシアは管の中の触手に胸、腋、マンコを超高速で責め立てられ絶頂してしまう
そしてそのまま触手の責めと絶頂と共に触手魔物の本体へと流し込まれる頃には絶頂のしすぎで全身がトロトロになり失神してしまうのであった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リージャ「(みんなにはボクの無事を伝えられたけど一体いつまで続くんだろう…////)ん゛ん゛おっぱいまたイグゥッ!ぎもぢっ!////」ガクガクガクガクプッシャァァァァァァァァァァァァァァァァァア‼

同じ頃リージャは未だに触手の胸への責めが終わっておらずリージャ特有のクソ雑魚もあったか絶頂回数が3桁に差し掛かっても未だに母乳の勢いが衰えるどころか増すばかりで、噴乳量に比例した魔力を抜かれながらガチアクメをキメるのであった

リージャ「はぁ…おっぱい出る度に魔力が抜かれてる…////」
「おっぱい滅茶苦茶気持ち良いから魔力の出も多くなってる…普通の魔法使いならとっくに死んでるよ…////」ガクガクガクシャァァァァァァァァァァア‼

リージャはガチアクメをキメながらも独り言を言うと、快楽で激しく痙攣しつつ深く溜息を吐くのであった


642 ◆xbRwWjbPl2H.2020/06/03(水) 06:30:44.313Yos4WwX0 (2/2)

コンマと秒単位のダブルゾロ目なんでゾロ券1枚追加しちゃいます
ゾロ目券2→3

フェリシア「きゃ!?」バクゥ

ロイド「あ、エルフのお姉さんも触手に飲み込まれた!」

触手魔物「ルォォ…」

フェリシアが特大触手に飲み込まれた事により触手魔物はその動きを止めるのであった

フェリシア「くぅ!////どこかに流し込まれて…////」
「あ、触手が纏わりついて…」ゾワゾワゾワ…
「イ、イクゥゥウ!」ガクガクガクガクガクガクガクガクビクンビクン‼

巨大触手に呑まれたフェリシアは管の中の触手に胸、腋、マンコを超高速で責め立てられ絶頂してしまう
そしてそのまま触手の責めと絶頂と共に触手魔物の本体へと流し込まれる頃には絶頂のしすぎで全身がトロトロになり失神してしまうのであった

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

リージャ「(みんなにはボクの無事を伝えられたけど一体いつまで続くんだろう…////)ん゛ん゛おっぱいまたイグゥッ!ぎもぢっ!////」ガクガクガクガクプッシャァァァァァァァァァァァァァァァァァア‼

同じ頃リージャは未だに触手の胸への責めが終わっておらずリージャ特有のクソ雑魚もあったか絶頂回数が3桁に差し掛かっても未だに母乳の勢いが衰えるどころか増すばかりで、噴乳量に比例した魔力を抜かれながらガチアクメをキメるのであった

リージャ「はぁ…おっぱい出る度に魔力が抜かれてる…////」
「おっぱい滅茶苦茶気持ち良いから魔力の出も多くなってる…普通の魔法使いならとっくに死んでるよ…////」ガクガクガクシャァァァァァァァァァァア‼

リージャはガチアクメをキメながらも独り言を言うと、快楽で激しく痙攣しつつ深く溜息を吐くのであった