1 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/12(日) 22:55:46.92DIXGqohk0 (1/11)

男「おい」

女「……」

男「いつまで教室にいるつもりだ」

女「……」

男「おい」

女「……」

男(……無視か)

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1586699746



2 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/12(日) 23:00:20.42DIXGqohk0 (2/11)

男「おーい」

女「……」

男「日本語通じてるか?」

女「……あ」

男「あ?」

女「なに?」

男「……はぁ」


3 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/12(日) 23:02:40.89DIXGqohk0 (3/11)

 放課後の誰もいない教室で一人、ぽつんと自分の席に座っている。

 視線は真っ直ぐ前へ、何かを見ているわけでもなく。

 ただジッと前を見つめている。

男「なにって、お前がずっと一人で教室にいるから」

女「迷惑?」

男「迷惑……ってわけじゃないが」

 表情はボーっとしたまま、視線はこちらに傾いてくる。

 なんという、純粋かつ、無垢な瞳。


4 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/12(日) 23:06:44.18DIXGqohk0 (4/11)

男「一人でボーっとしてたから、ちょっと心配になっただけだ」

女「……」

 何も答えず、静かに立ち上がり、そのまま席を立って教室を出ようとする。

 その時、スクールバッグを持っていないことに俺が気づいた。

男「お、おい、荷物は?」

女「大丈夫」

男「大丈夫じゃないだろ。堂々と置き勉か?」

女「置き勉?」

男「知らないのか?」



5 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/12(日) 23:08:10.25DIXGqohk0 (5/11)

男「今、お前がしようとしていることだ」

 手渡すために、机に掛かっているスクールバッグを持ち上げる。

 異様に軽い。というか、何も入っていないな、この重さ。

男「これ、中入ってるか?」

女「入ってない」

男「ちょ、ちょっと待て」

 机の中を見る。何も入ってない。

男「お前、何も持ってきてないのか!?」


6 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/12(日) 23:12:24.11DIXGqohk0 (6/11)

女「……」

 丁寧に頷く。とんだ不良少女だ。

男「お前、いつも授業中どうしてんだ!?」

女「……さあ?」

 首を傾げて、踵を返し、教室を後にした。

男「お、おい! 待て!」


7 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/12(日) 23:17:30.30DIXGqohk0 (7/11)

 彼女は少しスキップ気味で歩く。その歩調は、異様に速い。

男「待てって言ってんだろ!」

 俺も勢いよく追いかける。廊下は走らない。

女「……」

男「! うおっ」

 急に止まる。俺は勢いを止めきれずに軽くぶつかった。

男「え……?」

 その感触は、やけに柔らかかった。


8 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/12(日) 23:22:33.79DIXGqohk0 (8/11)

 もちろん、女性なのだから柔らかくて当然ではあるのだが。

 そういうレベルではない。質量がまるでないような。

 まるで人間ではないような。軽さと柔らかさに驚く。

男「……急に止まるな」

女「……」

 ぶつかった本人が後ろを見上げてきて、超至近距離で目が合う。

男「……ッ」

 吸い込まれそうなくらい綺麗な瞳。

 まるでガラス玉。気泡は一切ないほど透明で、なんの混じりけもない。


9 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/12(日) 23:28:38.01DIXGqohk0 (9/11)

女「……♪」

 笑った気がした。

 ボーっとしていた表情が、少しだけ明るくなる。

男「なんだよ」

女「落ち着く」

 この密着した状態で落ち着くな。

男「は、離れろ」

女「……」

 身体が離れると、表情がボーっとした状態に戻る。

 なんなんだこいつ。


10 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/12(日) 23:36:11.97DIXGqohk0 (10/11)

女「……」

男「いや待て、行こうとするな」

女「なに?」

男「お前、いつも学校に何も持ってきてないのか?」

女「?」

 不思議そうに頷く。何も間違いはないとでも言いたげだ。

男「とにかく、スクールバッグは持って帰れ。俺は風紀委員だから看過できない」

女「風紀委員?」

 何も知らんのかこいつは。


11 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/12(日) 23:40:14.20DIXGqohk0 (11/11)


また明日。

毎日10レスずつ投稿できたらと思います~。


12 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/14(火) 22:43:44.89qU2nL77R0 (1/8)

男「風紀委員は、学校生活の乱れやらを取り締まる委員だ。」

女「乱れ?」

男「そうだ。お前はそもそも勉学に励む気がないとみた」

 だからこそ、俺の立場上見過ごすわけにはいかない。

女「よくわからない」

男「あのなぁ……」

 頭を抱える、というのは正にこういうことを言うのだろう。


13 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/14(火) 22:44:54.50qU2nL77R0 (2/8)

男「……」

女「……」

男「お前、家こっちなのか?」

女「……」

 頷く。迷いはない。

 何故か一緒に歩いている。

 現在帰宅途中だ。

 だが、俺の家の方向ではない。


14 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/14(火) 22:51:04.52qU2nL77R0 (3/8)

男「なんでスクールバッグを持とうとしない?」

女「重い」

男「重くないだろ。何も入ってないんだぞ」

 今現在、俺が何故かスクールバッグを持っている。

 手渡してもすぐに引きずって、手を離してしまうのだ。

 置いて行っても気にせずにどこかへ行こうとするので、俺が持っているのだ。


15 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/14(火) 22:58:36.81qU2nL77R0 (4/8)

男「ん?」

女「持つ」

男「やっと持つ気になったか」

女「試す」

男「いや、試すんじゃなくて頑張って持つんだ」

 スクールバッグを手渡す。腕がガクンと下がる。

女「重い」

男「お前の腕、どうなってんだ!」


16 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/14(火) 23:06:01.14qU2nL77R0 (5/8)

 しかし、困ったことになった。

 家に帰るのかと思いきや、一向にその気配がない。

 ずっと歩き続け、先ほど入った住宅街を抜ける。

男「家はどこにあるんだ?」

女「家?」

男「そうだ。帰らないのか?」

女「遠い」

男「遠い?」

 上空を指さす。空はもう夕焼け色だ。


17 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/14(火) 23:18:24.31qU2nL77R0 (6/8)

 いや、だからなんだ。

男「そろそろ限界だ。住所教えろ」

女「住所?」

 この流れに慣れない。

男「どうすりゃいいんだ……」

女「困ってる?」

男「困ってるよ」

女「……」


18 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/14(火) 23:22:21.48qU2nL77R0 (7/8)

 付けている髪留めを取って、俺に差し伸べる。

男「なんだ?」

女「あげる」

男「なんでだよ」

女「……」

 上目遣いをしながら、目を閉じる。

男「……は?」


19 ◆qhZgDsXIyvBi2020/04/14(火) 23:36:58.75qU2nL77R0 (8/8)

 待て待て待て。

 どういう展開なんだこれ。

女「……した?」

 いや、何を。

男「何させるつもりだ」

女「あげる。する」

男「いや、だから何をするんだ」

 頼むから誰か翻訳してくれ。


20 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/05(火) 16:53:03.9961fOSvZx0 (1/9)

女「……あげる」

 髪留めを突きつけてくる。そして、目を閉じる。

女「……する」

 苦肉の策で考えた結果、目を閉じた。

 正解は何かわからない。ただ、同じようにしてみせた。

男「……もういいか?」

 返事はない。



21 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/05(火) 16:53:34.4761fOSvZx0 (2/9)

 どれくらい経ったかわからないが、そのまま数十秒くらい目を閉じていたかもしれない。

男「どうすればいい」

 俺の声は孤独に響くだけだ。

男「目、開けるぞ?」

 それも、反応はない。

男「開けるからな!?」

 もう一度確認して、俺は恐る恐る目を開けた。



22 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/05(火) 16:55:16.2761fOSvZx0 (3/9)

男「……あれ?」

 目の前には人の姿が無くなっていた。

男「……なんだよ」

 離れていく気配も音も一切しなかった。

 どうやっていなくなったのかは謎だ。

 遠くに行けるほど、目を閉じてはいなかったはず。

男「……ん?」

 俺の手に、先程突きつけられていた髪留めが握られていた。

 自ら手に取った記憶はないのだが、何故持っているんだ?


23 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/05(火) 17:03:45.0461fOSvZx0 (4/9)

男「なんだってんだ……」

 疑問がずっと残り続ける。謎だ。

 跡形もなく、姿を消していた。

男「……あ」

 髪留めと俺の手の中に。

 空のスクールバッグを床に残して。


24 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/05(火) 17:15:02.1461fOSvZx0 (5/9)

姉「遅いです」

男「……すみません」

姉「心配していたのですよ。なにかがあったのではないかと」

男「い、いえ、特に何も」

姉「では、寄り道ですか……?」

男「う……」

 きちんと説明して、納得してもらえるだろうか。


25 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/05(火) 17:16:02.2161fOSvZx0 (6/9)

 俺には一つ上の姉がいる。

 同じ学校で風紀委員であり、何故か学級委員を兼任する超優等生。

 帰宅と同時に腕を組んで待っている姉に詰問されるのであった。

男「??というわけでして」

 今日、帰宅が遅れた理由を説明してみる。

 眼鏡に手を掛けながら、適度に相槌を打つ。話をしっかり聞いてくれていたが、

姉「意味が分かりません」

 と、一蹴された。

 まあ、そりゃそうだろう。

姉「その生徒は、どこに行ったんですか?」

男「いや、それは俺もわからなくて」



26 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/05(火) 17:17:11.7461fOSvZx0 (7/9)

姉「そのまま、帰ってきたと」

男「……仰る通りです」

姉「……それは?」

 持っているスクールバッグに目をやる。

 スクールバッグを、俺は二つ持っていた。

姉「どうして、二つも持っているのですか?」

男「これは、その娘のです」

姉「……持って帰ってきたのですか!?」

男「そ、そうです。どこに行ったかわからないので、そのままにすることもできず」


27 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/05(火) 17:31:01.6861fOSvZx0 (8/9)

姉「た、確かにそうですね……明日返しましょうね」

 驚いた顔を落ち着かせ、姉は軽く息を吐いた。

男「もちろんです。明日返します」

 これで一件落着と思いきや。

姉「そういえば、どうして拳をずっと握っているんですか?」

男「!」

 驚いて手の力が抜ける。

 髪留めは綺麗に真下に落ちて行った。


28 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/05(火) 17:36:33.5361fOSvZx0 (9/9)

男「あっ……」

姉「落としましたよ……。ん……これは?」

男「え、えっと……さっき話した娘の髪留めです」

姉「……」

男「……」

姉「い、いやらしい!」

 その後、姉を納得させるのはとても苦労した。



29以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/05/06(水) 15:49:27.38/PWZp3UR0 (1/1)

支援する


30 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/10(日) 20:59:58.54/922GZR/0 (1/6)

 姉の影響で俺もずいぶんと真面目ではあるが、姉は特に筋金入りだ。

 髪留めで何故「いやらしい」となるのかはわからなかったが、とにかく生真面目すぎる。

 そんなことはどうでもよくて。

男「あいつは一体なんなんだ」

 自分の部屋のベッドで、髪留めを部屋の照明にかざして呟いた。


31 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/10(日) 21:03:08.88/922GZR/0 (2/6)

 髪留めを手渡した彼女は、通称「不思議っ娘」と呼ばれていた。

 ふわっとした癖っ毛で、常にボーっとした顔をしている。

 人と話しているところはほとんど見たことがない。というか、ほとんど空気だ。

 瞳はとにかく澄んでいて綺麗で、先ほども述べた通り引き込まれるような感じだった。

 毎日のように教室に誰もいなくなるまで居座り、気づくといない。

 少し目を離した隙に、帰っていたのだ。

 だからいつも通り今日、俺は風紀委員の仕事(所謂雑用)を終えて、教室の戸締りの為に出向いたというわけ。

 いつもなら不思議っ娘の存在を確認したら、声は掛けずに廊下を練り歩き、いなくなるまで待つことが多い。


32 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/10(日) 21:03:38.24/922GZR/0 (3/6)

 しかし、今日だけはやけに長い間居座っていた。だから、声をかけたのだが。

 そして、帰路で姿をくらました。物音も立てずにだ。

男「そもそも明日、登校してくるのか?」

 それすらわからない。謎だ。

 なにはともあれ、明日になってみないと、どうしようもない。

 俺は消灯して、就寝した。


33 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/10(日) 21:08:06.36/922GZR/0 (4/6)


 俺は電車通学をしている。

 姉とは同じ学校だけれど、登校時間はズラしていた。姉の方が俺より早く登校する。

 家から電車は五分ほどで、そこから十五分電車に揺られ、徒歩十分ほどで学校に到着する。約三十分ほど。

 近いような遠いような、そんな登校時間だ。

男「ふわぁ……」

 最寄り駅に到着して、電車を待っていた。

 寝ぼけまなこで向かいのホームを眺める。どちらも大勢の人がいる。

男「……ん?」

 向かいのホームに、何やら知っている人が立っている。

男「あれは……不思議っ娘!?」



34 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/10(日) 21:21:32.22/922GZR/0 (5/6)

 慌てて彼女のいるホームへと向かう。あっちは学校と逆だ。

 この時間帯の電車を逃したら、間違いなく遅刻。

 向かっている途中で、電車が到着した音が聞こえる。そして、乗客待ちの音楽が鳴りだす。

 人が多くて、向かいに行くのに時間がかかる。

男「……くそっ!」

 やっとの思いで彼女のいるホームに到着したが、既に電車は出発していた。

 彼女の姿はなかった。

男「おいおい……。あっ」

 そして、俺が乗るべきホーム側に、電車がやってきて、発車した。

 俺の遅刻が確定したのだった。


35 ◆qhZgDsXIyvBi2020/05/10(日) 21:48:29.99/922GZR/0 (6/6)

 遅刻確定かと思いきや、急いでみるとギリギリ、遅刻を免れることができた。

 汗はダラダラ、息は絶え絶えになりながら席に着く。そして、すぐにチャイムが鳴る。

男「はぁはぁ……えっ」

 目を見開いて俺は驚いた。何故なら、視界に余りにも信じられない現実が映し出されていたからだ。

男「……どうして」

 不思議っ娘が、いつもと変わらない様子で席に座っていた。


36以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/05/12(火) 15:39:49.35zM1w2QAD0 (1/1)

続けたまえ


37 ◆qhZgDsXIyvBi2020/06/14(日) 16:50:57.858BvEnJ7D0 (1/3)

 さっき、向かいのホームで見たのは、見間違えだったのか。

 しかし、さっき見たのは他人の空似なわけがない。

 間違いなく、彼女だった。

男「おい」

 一限の終わり、虚空を見つめている彼女に声をかける。

女「……」

 見上げて、俺を見る。髪留めはもちろんしていなかった。


38 ◆qhZgDsXIyvBi2020/06/14(日) 16:52:34.088BvEnJ7D0 (2/3)

男「……はぁ」

 一つ大きな溜息を吐いて、俺は身軽なスクールバッグを机横のフックに掛けた。

男「急にいなくなるよ。昨日相当心配したんだぞ。あと、これ」

 髪留めを渡す。というか、机に置いた。

男「これ、なんで俺が持ってるんだ? よくわからないけど、返すぞ」

女「あ」

 髪留めを見つめて声を上げた。

女「つけて」

男「え?」

女「ん、つけて」

 頭をこちらに向ける。

 髪留めを付けろって言ってるのか?


39 ◆qhZgDsXIyvBi2020/06/14(日) 16:55:02.338BvEnJ7D0 (3/3)

男「自分でやれよ」

女「……」

 感情の無い瞳が、こちらを見ている。

 この目で見られると、なんだかばつが悪い。

男「わかったよ。どうなっても怒るなよ」

 ゆっくり頷いて、頭を向けてくる。

男「……」

 指示も無く、確かこの辺りで留まっていたと思われる場所の髪をすくう。


40 ◆qhZgDsXIyvBi2020/07/30(木) 09:29:05.91gxZgIaxX0 (1/4)

 ジッとしたまま、目を閉じている。

 どうすればいいんだ、これ。

男「……できた、ぞ?」

女「……」

 髪に触れて、髪留めがしっかりついていることを確認する。

 違和感はなくできた、とは思う。


41 ◆qhZgDsXIyvBi2020/07/30(木) 09:30:06.15gxZgIaxX0 (2/4)

 確認を終えると、彼女は立ち上がる。

男「なんだ?」

女「……座る」

 自分が先ほど座っている椅子の表面を指さしながらそう言った。

男「座る?」

 これは、彼女の席に座るように促されているのか?

 立ったまま、何も言わない不思議っ娘。

 どういう意図かは知らないが、まあいい。

 俺はとりあえず、言われるまま彼女の席に座った。


42 ◆qhZgDsXIyvBi2020/07/30(木) 09:33:51.25gxZgIaxX0 (3/4)

男「それで、どうした……っておい!?」

 突然、彼女は俺の膝の上に座った。

女「……」

男「ちょっと待て! 何してる!?」

女「落ち着く」

男「そうじゃねえ!」

 彼女はやはり、軽い。

 まるで一つの羽がふわりと触れているような感触。

 およそ人間座られているとは全く思えなかった。


43 ◆qhZgDsXIyvBi2020/07/30(木) 09:34:37.13gxZgIaxX0 (4/4)

男「……どけ」

女「……?」

 なんで首を傾げる。

 周りにじろじろと見られる。当然だ。

 こんなの、どう考えても異常だ。

 チャイムが鳴り始めた。

 もうすぐ二限目が始まってしまう。

男「おい、聞こえてただろ? チャイム鳴ってるぞ」

女「チャイム?」

 またこれか!


44 ◆qhZgDsXIyvBi2020/11/02(月) 07:02:17.51puUo2L4o0 (1/6)

男「お前は何も知らないのか?! チャイムがなったら授業が始まるんだ!」

女「授業?」

男「もはやそこからわからないのか?! どうやって人生歩んできた!」

女「人生?」

 もうダメだ。

 この後、教科担任にえげつないほど白い目で見られたのは言うまでもない。


45 ◆qhZgDsXIyvBi2020/11/02(月) 07:04:06.47puUo2L4o0 (2/6)

姉「どうしてここに呼び出されたのですか?」

男「……」

 放課後、俺は指導室にやってきた。

 ここは、基本的に使用されることはなく、お飾りのようになっている。

 それでも、現在ここに姉と二人でいるのは『使用しなければならないことが起きてしまった』ということだった。

姉「姉として恥ずかしいです。何をしたのですか?」

男「それは……」

 今日の、一部始終を伝えると、姉はどんどんと赤面し始め、最終的には耳まで真っ赤にした。

姉「……いつからそんな子になってしまったのでしょう……」

 汗ばんだ額をハンカチで拭いながら、姉が寂しそうに独り言ちた。


46 ◆qhZgDsXIyvBi2020/11/02(月) 07:06:29.15puUo2L4o0 (3/6)

姉「それで、その娘は一緒に来なかったのですか?」

男「えっと……来るよう伝えたんですが、来てないです」

姉「連れてきなさい」

男「は、はい!」

 座らせていた椅子から即立ち上がり、すぐに指導室の出口に急いだ。

 そして、扉を開くと。

男「うおっ」

女「……」

男「来てたのか」

 不思議っ娘は、扉のスレスレの場所に立っていた。


47 ◆qhZgDsXIyvBi2020/11/02(月) 07:12:00.19puUo2L4o0 (4/6)

男「姉さん、来てました」

姉「ふむ……それでは、そこに座ってください」

 姉が指さした方に、椅子が二つ並んでいた。

 俺は彼女よりも先に歩いて、奥にある椅子に腰を下ろした。

 しかしその後、彼女の行動には問題があった。

姉「……」

男「……」

女「……」

姉「あ、あの?」

男「はい!」

姉「こ、こ、こ、これはどういう状況ですか!?」
 
 察しの良い人はわかっているだろう。

 また、彼女が俺の膝の上に座っているのだ。


48 ◆qhZgDsXIyvBi2020/11/02(月) 07:13:41.76puUo2L4o0 (5/6)

姉「風紀委員としての自覚はどこに行ったんですか!」

男「俺が座れって言ったと思いますか!?」

女「落ち着く」

男「感想は聞いてねえ!」

姉「うう……」

 朱に染まった顔で、姉は机に突っ伏した。

 あの難攻不落の姉を、不思議っ娘はやすやすとダウンさせたのだった。


49 ◆qhZgDsXIyvBi2020/11/02(月) 07:15:28.73puUo2L4o0 (6/6)

男「おい」

女「……?」

男「なんだってあんなことしたんだよ」

 姉から解放された俺は、また何も入っていないスクールバッグを持って、彼女と行動を共にしていた。

 教室に置きっぱなしにして帰ろうとしていたので、わざわざ俺が回収したのだが。

女「落ち着く」

男「落ち着くからやったのか?」

女「……」

 無言で頷く。



50 ◆qhZgDsXIyvBi2020/11/04(水) 02:32:49.24GniNMonS0 (1/4)

男「はぁ……」

 落ち着くからってあんなことするか、普通。

 しかも、こちらの意思も無視で、だ。

女「迷惑?」

男「迷惑ではないが……うーん……」

 どちらかというと、困惑であって。

 別に迷惑だとは思ってない。

 これは本心だ。


51 ◆qhZgDsXIyvBi2020/11/04(水) 02:33:32.01GniNMonS0 (2/4)

男「お前の行動は謎だらけで、何がしたいのかわからん」

女「行動?」

男「うーん、なんといえばいいやら……」

女「……」

男「他の人にはしない方がいい。やるなら俺だけにしとけ」

女「どうして?」

男「それは、他人には迷惑になるかもしれないからだ」

 というか、こいつはどうやってこれまでの人生を歩んできたんだろうか。

 謎は深まる。



52 ◆qhZgDsXIyvBi2020/11/04(水) 04:38:20.33GniNMonS0 (3/4)

女「……」

 表情から、理解しているとは到底思えない。

男「あと、わかったら頷くだけじゃなくてちゃんと返事をしろ」

女「へんじ?」

男「声を出すんだ。『はい』とか、『うん』とかだ」

女「……はい? うん?」

男「『はい』、『うん』」

女「はい、うん」

男「どっちかだけでいい。『はい』か『うん』のどちらかだけ」

女「うん」

男「うん、それでいい」

 なんだこの会話。


53 ◆qhZgDsXIyvBi2020/11/04(水) 17:00:41.05GniNMonS0 (4/4)

 本当に不思議なやつだ。

 今日はとことん、彼女に付き合ってやろう。そう思った。

 なんの合図もなく、自由に歩く。

 そんな彼女を追いかける。

女「……」

 急に立ち止まる。

男「ん? どうした?」


54 ◆qhZgDsXIyvBi2021/01/14(木) 00:55:04.37JGFtN5qb0 (1/10)

女「……」

 彼女は自らの背中を指さす。

男「なんだ」

女「……うん」

男「そこは相槌じゃないだろ」

女「……」

 正面を向きながら後ろにいる俺にトコトコとバックで急接近してくる。
 
 そして、俺に身体を密着させてきた。

男「お、おい」

女「落ち着く」

 さっきと同じ体勢だ。

 だけど、場所は廊下ではなく、ここは外だ。


55 ◆qhZgDsXIyvBi2021/01/14(木) 01:26:51.07JGFtN5qb0 (2/10)

女「知りたい?」

男「ああ?」

女「私のこと」

 また、上目遣いの至近距離だった。

男「そりゃあ、まあ」

 気になるわな。

女「はい? うん?」

 それじゃあどっちにしても同じことなんだが。

男「うん」

女「うん」

 会話が成り立っているかは正直怪しい。


56 ◆qhZgDsXIyvBi2021/01/14(木) 01:36:10.16JGFtN5qb0 (3/10)

 不思議っ娘は俺の身体から離れて、歩き出した。

男「お、おい」

女「……」

 ついてこい、と言われているような気がした。

男「……」

 軽く頷いて、ついていくことにする。

 一体、どこに向かう気だ。

 とにもかくにも、ついていかざるを得ないか。



57 ◆qhZgDsXIyvBi2021/01/14(木) 01:44:58.42JGFtN5qb0 (4/10)

女「着いた」

男「え……ここって」

 周りを見渡す。ここは、昨日と同じ場所だ。

 彼女が忽然と姿を消した、まさにその場所。

男「また消えたりしないよな?」

女「うん」

男「……で、ここに何があるんだ?」

女「家」

 さっと指をさす。その先には。

 さきほどまであったはずの建物が、姿を消していたのだった。


58 ◆qhZgDsXIyvBi2021/01/14(木) 02:00:14.67JGFtN5qb0 (5/10)

男「えっ……」

 指さした場所だけが、ごっそりと。

 それ以外は何も変わっていない。

男「どうやって……うおっ!」

 突然強い風が吹き荒れた。

男「な、なんだ……!?」

 目を開けてられない。

 それほどの強風だ。

男「だ、大丈夫か……!?」

 彼女を見やる。一瞬見えた姿は、風などまるでないかのような表情。

 つまり、いつも通りだった。

 ただ、制服だけが大きくなびいていた。



59 ◆qhZgDsXIyvBi2021/01/14(木) 02:07:06.13JGFtN5qb0 (6/10)

男「……ん?」

 強風が止んだ。

 眼を開き、彼女が見据えている場所に俺も目をやる。

 そこには、どこかで見たことがあるような円盤状の物があった。

 所謂、世間一般的に、『UFO』と呼ばれているような形をしていた。

男「……な、なんだありゃ」

 サイズは相当大きい。少し遠くからでもわかる存在感。

 そして、奇妙な異物感。

女「……」

 彼女は物怖じせず、その物体に向かっていく。

男「お、おい……」

 こちらを向く。

 しかし、何も言わないまま、またUFOへと進んでいった。


60 ◆qhZgDsXIyvBi2021/01/14(木) 02:16:27.09JGFtN5qb0 (7/10)

 俺はついていくしか選択肢がないじゃないか。

男「なにがどうなってるんだ……」

 夢にしてはなにもかもがリアル過ぎる。

 流れる空気と言い、このUFOの存在感と言い。

 何もかも、現実離れした現実なのだ。

 彼女はUFOの目の前に止まり、口を開いた。

 よくわからないが、その時微かにノイズのような音が耳に入った。

 恐らく、何か声を発していたように思えたが、明らかに聞き取れる音声ではなかったのは確かだ。


61 ◆qhZgDsXIyvBi2021/01/14(木) 02:19:42.70JGFtN5qb0 (8/10)

 しばらくするとUFOの一部分が静かに音を出して、中へと続く入り口を形成した。

男「は、入るのか?」

女「うん」

 間髪入れずに、答えてくる。

女「私の家」

男「え――」

 彼女は、それ以上何も言わずに、中に入っていった。


62 ◆qhZgDsXIyvBi2021/01/14(木) 02:24:17.12JGFtN5qb0 (9/10)

 彼女の家。

 いや、これは明らかに家じゃないぞ。

 どこかのアトラクションみたいじゃないか。

 これを『家』とは呼びたくない。というか、どう考えても呼べない。

 あまりにも無機質過ぎる。色味も、眼がおかしくなりそうなほどの単色。

 それでも、入っていってしまったのだから。

 ついていくしかないのだろう。

男「はぁ……」

 大きく息を吐いて、仕方なく中へと足を踏み入れた。


63 ◆qhZgDsXIyvBi2021/01/14(木) 02:29:51.38JGFtN5qb0 (10/10)

 中はとてもじゃないが、生活感がまるでない、銀色の世界だった。

 というのも、周りは冷たい鉄のような内装で、家というよりは研究所のような様相だ。

 そもそも、何も物がない。遠近法がおかしくなりそうだ。

 音もなく、ニオイも無く。殺風景にもほどがある。

 外の世界から隔絶されているとすら感じた。

男「お、おじゃまします」

 しかし不思議っ娘が家だと主張するなら、俺もそれに従わざるを得ない。

 だからこその、「おじゃまします」だ。

女「……」

 当の彼女は、何も言わなかった。