1 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/19(日) 19:13:50.729CENXdRFo (1/8)

このスレは安価で

乃木若葉の章
鷲尾須美の章
結城友奈の章
  楠芽吹の章
―勇者の章―

を遊ぶゲーム形式なスレです


目的

結婚式
進路
子供の名前

安価

・コンマと選択肢を組み合わせた選択肢制
・選択肢に関しては、単発・連取(選択肢安価を2連続)は禁止
・投下開始から30分ほどは単発云々は気にせず進行
・判定に関しては、常に単発云々は気にしない
・イベント判定の場合は、当たったキャラからの交流
・交流キャラを選択した場合は、自分からの交流となります

日数
一ヶ月=2週間で進めていきます
【平日5日、休日2日の週7日】×2
基本的には9月14日目が最終
勇者の章に関しては、2月14日目が最終

戦闘の計算
格闘ダメージ:格闘技量+技威力+コンマ-相手の防御力
射撃ダメージ:射撃技量+技威力+コンマ-相手の防御力
回避率:自分の回避-相手の命中。相手の命中率を回避が超えていれば回避率75%
命中率:自分の命中-相手の回避。相手の回避率を命中が超えていれば命中率100%
※ストーリーによってはHP0で死にます


wiki→【http://www46.atwiki.jp/anka_yuyuyu/】  不定期更新 ※前周はこちらに

前スレ
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【一輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1464699221/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【二輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1468417496/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【三輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1472477551/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【四輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1477053722/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【五輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1481292024/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【六輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1484833454/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【七輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1488104860/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【八輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1491918867/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【九輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1495544664/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【十輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1499086961/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【十一輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1503148550/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【十二輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1507900727/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【十三輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1512897754/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【十四輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1517577349/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【十五輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1523885099/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【十六輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1532355674/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【十七輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1543739820/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【十八輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1552817368/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【十九輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1560668705/
【安価でゆゆゆ】久遠天乃は勇者である2nd【二十輪目】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1570364671/


2以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/19(日) 19:27:55.7511sb2nWoO (1/4)

立て乙


3 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/19(日) 19:38:51.139CENXdRFo (2/8)


天乃「そう……?」

樹が我慢できると言うなら、不安はない

空気に触れて渇く唇をペロッと舐めて

斜めに起こしたベッドに左手をついて、樹の方へと体を近づける

樹「っ」

右手を伸ばし、樹の耳元へ

垂れた横髪を親指と人差し指の横腹で梳く

小指を頬に触れさせ、

薬指、中指、人差し指と少しずつ触れる

子供よりも大きく、子供よりは少し硬いような感じのする頬

天乃「大丈夫?」

樹「だ、大丈夫……です」

されることは多くてもすることは決して多くない天乃だが、

されている分、動きは熟知しているのだ


1、唇に
2、額に
3、頬に
4、首筋に
5、あえてしない選択

↓2


4以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/19(日) 19:40:10.0611sb2nWoO (2/4)

3


5以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/19(日) 19:45:54.21goZUt6ST0 (1/1)

1


6 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/19(日) 19:47:31.669CENXdRFo (3/8)


では少し中断いたします
21時までには再開する予定です


7以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/19(日) 19:50:19.2511sb2nWoO (3/4)

一旦乙
どこまで理性保てるだろうか


8 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/19(日) 21:28:48.549CENXdRFo (4/8)


ではもう少しだけ


9 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/19(日) 22:11:06.939CENXdRFo (5/8)


天乃「そう……じゃぁ、目を瞑って」

樹「はっはいっ」

目を瞑ると、音が強くなる

肌に触れる熱も……大きくなる

激しい鼓動、頬に触れる小さな手の熱

ゆっくりと近づいてくる吐息

ふと、途切れたかと思えば囁くような笑い声

天乃「震えちゃって」

樹「っ」

天乃「……あんなに堂々としてたのに」

耳元で、声がする

もうそこまで近づいてきたのかと、心が跳ねて――

天乃「やっぱり可愛いわね。樹」

心ごと、唇が奪われていく

舐めた分潤っている唇同士は抱擁するように重なる

柔らかい反発

押し付けるのではなく、触れる程度の力加減だ


10 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/19(日) 22:33:18.759CENXdRFo (6/8)


樹「んっ……」

頬に触れていた天乃の手が、なぞるように頭の後ろへと動く

支えるものから、押さえる形へ

樹「っん!」

唇が合わさったまま、

天乃の左手が樹の右手に重なる

握ると思えば、指と指が絡む

手のひらではなく、指と指の重なり合い

より繋がりを感じられる手の握り方だ

このまま押し倒されてもいい

このまま先に進んでもいい

そう思ってしまう心を感じさせてしまったかのように、

唇の温もりが離れて――甘い吐息が零れる

樹「ぁ……」

委ねていたせいかすぐに力が入らなくて、

天乃の手が受け止める

天乃「大丈夫? あんまりうまくなかった?」

樹「だ、大丈夫……です」


11 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/19(日) 22:58:58.469CENXdRFo (7/8)


天乃の手の動きからして、

こんな中途半端で終わると思っていなかった樹は

思い出してみれば、天乃は息を止めていて

長くキスをしているつもりがなかったのだと……頬を熱くする

樹「久遠先輩」

天乃「なぁに?」

樹「き、キスの前の言葉は卑怯だとおもいます」

天乃「だって震えてて可愛かったから」

樹「……かわいい」

卑怯と言われてちょっぴり悲しそうで

でも、本心だと自信のある表情は……可愛らしい

天乃「ええ、可愛かったわ」

樹「久遠先輩もすごくかわいいです」

もう一度したい

もう少し、先に進んでしまいたい

でも、駄目だと樹は気力を振り絞る

樹「久遠先輩からして貰うのはダメですね……ずっと受けでいてください」

天乃「受け……?」

樹「される側ってことです」


12 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/19(日) 23:00:03.189CENXdRFo (8/8)


では、途中ですがここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


13以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/19(日) 23:05:18.8611sb2nWoO (4/4)


並の人間なら即墜ちしそうなところを踏みとどまった辺り樹ちゃんの精神力も成長してる感じがするな


14以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/19(日) 23:23:16.173QWO9sjtO (1/1)

新スレ乙
ほんとマジで久遠さんは一日中やられ尽くすべきだと思うわ


15 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/20(月) 21:39:33.349j+NI6Yro (1/5)


では少しだけ


16以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/20(月) 21:42:53.88ehhX2JjVO (1/3)

かもーん


17 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/20(月) 22:12:00.379j+NI6Yro (2/5)


天乃「つまり、あれ? いつも通り?」

樹「簡単に言えばそうですね」

天乃「でも、あれは体の自由が利かなかったからだし。動けるなら私も……」

動きたい

そうは思うものの、樹は嫌がっているし、

自分の欲望に忠実に動いた前科もあって、天乃は唇を噛む

天乃「そんなに駄目だった?」

樹「へ?」

天乃「出来る限り優しくしようとしたのが逆に物足りなかった?」

樹「あの……」

天乃「キスの時に手を握るのは無しだったかしら……集中したかったわよね」

樹「いえ……久遠先輩のやり方は間違ってなかったです」

ダメとは言ったが

やり方がダメなどとは微塵も思っていない

ある意味、やり方がダメだけれど

ダメになるのは自分たちの方であって、天乃ではない


18 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/20(月) 22:32:13.869j+NI6Yro (3/5)


樹「久遠先輩が攻めてくるのってめったにないじゃないですか」

天乃「出来なかったのよ……任せちゃってごめんね」

樹「あっ、いえっ」

天乃「でも、これからは私もできるわ。ちゃんと頑張る」

樹「うぅ……」

意気込み十分、頑張るわ。と、

瞳を明るくする天乃に気圧されたように樹の体が反れる

困り顔の樹は天乃が触っていた頬を指で掻くと

子供たちの方へと目を向ける

樹「その……できれば。できればですけど……ほどほどにして貰った方が」

天乃「そうね。子供についてもちゃんと勉強する必要あるもの。そればかりじゃいられないわ」

樹「えっと」

そうじゃない。と樹は思わず強く出そうになった

天乃は基本的に受けに回っている分、

受け側の気持ちを分かっているはずで

どのようにしたらいいのかも、きっと体が覚えている

それがさっきのキスで、手の動き

勉強されたら精神的な意味で死人が出てもおかしくない


19 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/20(月) 23:15:37.799j+NI6Yro (4/5)


樹「そっち関係は私たちが頑張るので、久遠先輩はとりあえず待ちでお願いしたいです」

天乃「そう?」

樹「……はい」

樹はどうしてもといった様子で、天乃は少し考えて……息を吐く

樹達は熱心に勉強してくれたし、

天乃には当然劣るが―相手はほぼ同じだが―経験だってそれなりだ

任せるのは悪くはないかもしれないけれど

天乃としては、

そこまで反対されると頑張ってみたくなるわけで。

樹達はダメでも夏凜ならば練習に付き合ってくれるのではと……ちょっとだけ期待する

天乃「どうしたものかしら」

子どもを優先するのは当然だし

キスだのエッチなことだのに現を抜かすわけにはいかない

それは誰に言われるまでもなく理解していることだ

だが、みんなをその道に引きずり込んだ女としての責任は……


1、分かったわ。諦める
2、夏凜に相手して貰うのはどうかしら
3、今度東郷にでも手伝って貰ってみるわ。一回だけ。それならいいでしょう?

↓2


20以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/20(月) 23:19:16.99ehhX2JjVO (2/3)

3


21以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/20(月) 23:25:43.75f0ldNAZ30 (1/1)

3


22 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/20(月) 23:35:27.079j+NI6Yro (5/5)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


樹「えっ!?」

樹「駄目ですっ、何考えてるんですか!」

樹「お腹を空かせた肉食獣の前にはだ――うぐっ」ベシッ

東郷「ふふっ、そんなことないわ。大丈夫よ」

東郷「大じゅる……大丈夫」ニコッ


友奈「東郷さんに任せるのは不安だから、私も頑張るよっ!」

東郷「友奈ちゃん!?」


23以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/20(月) 23:40:32.51ehhX2JjVO (3/3)


果たして久遠さんの今の責めは東郷さんに通用するのだろうか…
そしてオマケの友奈ちゃんは気合いで骨折治しそう


24以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/21(火) 01:10:52.92O4UZN5YPO (1/1)


わっふるわっふる


25以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/21(火) 09:00:57.96Ce0Zyf26o (1/1)

久遠さんは真面目に言ってるだけで誘ってるわけでも狙ってるわけでもないのがなぁ…
いつかほんと喰われるんじゃないのこの人


26 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/21(火) 22:18:35.94ym2mDpTNo (1/4)


では少しだけ


27以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/21(火) 22:21:36.84s4VDVp67O (1/1)

あいよ


28 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/21(火) 22:46:48.63ym2mDpTNo (2/4)


天乃「そうねぇ……今度東郷にでも手伝って貰ってみるわ。一回だけ。それならいいでしょう?」

樹「一回……?」

一回というのは、丸一日という覚悟で良いのか。

天乃のことだからきっとそんな覚悟があるはずはないけれど、

この際だから一回くらい丸一日苦しむ―悪い意味ではなく―のもいいのではないだろうか

数秒の間に考えを巡らせた樹は

危なくなったら夏凜さんが止めるだろうし。と、

ちょっとだけ芽生えた意地悪な気持ちで頷く

樹「そうですね。東郷先輩なら慶んでお相手してくれると思います」

天乃「東郷も結構染まっちゃったものね」

樹「東郷先輩は凄く真面目でしたから」

直線的というべきか

集中力があると言うか

いってしまえば直向きなのだ

樹「久遠先輩のためを思えばこそ……なの、かな?」

あの暴走具合は

単純にのめり込んでしまったような気がしなくもないが

国防のことを考えれば仕方がないような気もしてしまう


29 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/21(火) 23:13:30.31ym2mDpTNo (3/4)


樹「ただ……次の日は予定がない時にしたほうが良いと思いますよ」

天乃「ふふっ、そうよね。東郷って樹達よりもちょっと激しいから」

朝やる……のは考えたくないし

普通に考えれば相手をして貰うのは夜になるだろう

程度によっては朝にまで響くことになるかもしれない

天乃「……そういえば、東郷が言ってたんだけど」

樹「東郷先輩?」

この流れで東郷が言っていたという時点で

嫌な予感がした樹は、あえて遮らずに頷く

ここで聞かずに知らないところで何かあっては困る

天乃「あの子、元気になったらみんなでエッチなことしたいって言ってたのよ?」

樹「それは……」

天乃「私もさすがに無理だって思って、一週間くらい準備期間が欲しいって言ったわ」

樹「そういう問題じゃ――」

天乃「うん。その分みんなもため込むって言われちゃった」

樹「ため込むのは慣れてますけど……一週間溜めたら一週間はやられますよ?」

天乃「分かってる。だからこまめに何とかしようと思ってるわ」


30 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/21(火) 23:39:48.10ym2mDpTNo (4/4)


樹「それはそれで大変だと思いますが……」

だからこそ、夏凜は極力手を出さないようにしている

本来なら風も抑える側だが、

友奈の入院が長引く今、

東郷や園子の暴走組を抑え込むストレスがそっち方面になってしまう可能性がある

樹も我慢するとして、

風と東郷……園子はもしかしたら他の人がやっていれば満足する可能性も無きにしも非ずだけれど

希望的観測を除けば3人が相手になる

それくらいなら……何とかなるだろうか。

樹「ほどほどにしてくださいね。何かあったら私……か、夏凜さんを頼ってください」

天乃「あら、お姉ちゃんは?」

樹「進路とか園子さん達で手一杯なので……誘ったら押し倒されますよ?」

天乃「ふふっいくらなんでも大変そうな相手を誘うようなことしないわ」

樹「そうですね」

意識的にすることはないが、そんなつもりはない。という本音で誘うから天乃はダメなのだ

姉がしびれを切らさないことを願いつつ、

樹は天乃の傍に寄り添い……その存在をしっかりと感じる


31 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/22(水) 00:03:31.175SXOmgM3o (1/6)


樹「久遠先輩」

天乃「どうしたの?」

樹「子どもの名前は久遠先輩に一任します」

天乃「良いの?」

樹「良いも何もないですよ……お母さんじゃないですか」

樹は困ったように笑うと、

子どもたちの方を見つめて、笑みを浮かべる

天乃は母親だ

母親が考えた名前を、大した理由もなく却下は出来ない

もちろん、樹としては名前を考えたいし、それを一案としてほしいけれど

考えても考えても、決められないのだ

この二つにしようという案が出ない

樹「ついつい、調べちゃうんですよね。どんな名前があるんだろうって」

天乃「それじゃダメなの?」

樹「駄目なわけではないんですけど……その、なんというか」

樹は少し言いにくそうに零し、

子どもから天乃へと視線を移すと、口を開く

樹「おすすめとか、流行りとか。そこから選んだのって、自分たちで考えてあげられたって言うのかなって思っちゃって」

天乃「樹……」

樹「子供のくせにとは思うんですけど、でも。やっぱり……名前って大切だと思うんです」

それが悪いと思っているわけではない

名前を付けるのは難しいのは考えてみて理解した

周りの人々がどのような名前を考え、そこに意味を込めたのかを参考にしたいと思う

けれど……両親を失った樹にとって、名前というものは両親の遺してくれた大切な証

それゆえに、名付けには特別な思い入れがあるのだ


32 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/22(水) 00:04:29.715SXOmgM3o (2/6)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


33以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/22(水) 00:15:25.77N5CV27c2O (1/1)


久遠さん自身もやや発情気味な感じがするし一人くらいなら大丈夫そう


34以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/22(水) 00:16:26.50IUrz3lf1O (1/1)


子供居ないから名付けの拘りとか知らんけど一理ある


35以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/22(水) 02:00:50.13H/RJ/frHO (1/1)


なんにせよ名前決まってめでたいよほんとに


36 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/22(水) 22:57:06.105SXOmgM3o (3/6)


遅くなりましたが少しだけ


37以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/22(水) 23:00:49.32ubYoJQd0O (1/1)

おk


38 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/22(水) 23:09:19.045SXOmgM3o (4/6)


樹「なので、久遠先輩にお任せします」

天乃「任せられるとそれはそれで不安になるわ」

樹「夏凜さんがいるから大丈夫ですよ」

天乃「そうだけど……」

夏凜からの案はすでに聞いてしまっているし

天乃はその夏凜の案を選んだのだ

それについての話はそこで一区切りついているし

今後、夏凜がどうこう言って却下するとは思えない

天乃が考え込むのを横目に、

もう目を覚ましている赤ちゃんへと樹は手を振る

振り返そうとしている小さな手の動きに、思わず笑みがこぼれる

樹「夏凜さんの案を聞いたんですか?」

天乃「ええ」

樹「夏凜さんの案を選んだんですね」

天乃「ええ……えっ?」

樹「驚かれても困ります。そのくらいなら私じゃなくても分かりますよ……久遠先輩のことなら、大体は」


39 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/22(水) 23:34:59.265SXOmgM3o (5/6)


樹はお官房への笑みか、天乃を驚かせた笑みか

樹の明るい表情は、子供達にも伝わって

愛らしい声が楽し気に広がっていく

樹「まだ夏凜さんと話をしていなければ、久遠先輩は迷わずに夏凜さんの話をします」

天乃「そう……かしら?」

樹「そうですよ」

夏凜のことを信頼しているから、

大丈夫という言葉を肯定しつつ、ちょっとした小言を挟んだりする

それがないから、夏凜とすでに話しているのは前提になる

そして、優柔不断だったら夏凜はまず間違いなく色々言うはずなので

天乃が悩むことはない

よって、天乃自身の意見か夏凜の意見かになる

天乃自身の意見で、すでに夏凜との話が済んでいれば夏凜が文句を言うことはない

つまり……残った夏凜の意見を選んだから夏凜について悩んだとなったのだ

そこまで思い返した樹は

どちらかと言えば夏凜さんのことかも。と、小さくつぶやく


40 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/22(水) 23:59:27.055SXOmgM3o (6/6)


樹「どんな名前なんですか?」

天乃「星と月……それに私の名前を足して星乃と月乃」

樹「可愛いと言うか、綺麗というか……良い名前だと思います」

二人の名前にどんな意味を込めようとしたのか

それを聞いた樹は凄くいいと思いますよ。と、追い上げるように言う

子どもの大切な名前だ

嫌味も皮肉も嫉妬も何も存在しない

純粋に……良いと思う

樹「天に輝く月と星……たとえ、空が雲で覆われていようとその輝きが失われることはないんです」

目には見えなくとも、雲を越えた先にその光はある

それはまるで希望であるかのように

樹「久遠先輩が凄く大変な思いをしての輝きって意味も……あってもいいかもしれませんね」

天乃「大変な思いをしての、輝き……」

樹「いいお名前だね~」

言いたいことを言えたからだろうか

樹は子供の小さな手のひらを指でつつき、

きゃっきゃきゃっきゃと掴もうとしてくる手から逃れてはつつく

樹「私も良いと思いますよ。本当に」

天乃「そうね……うん、良いと思うわ」

樹の心の籠った言葉に、天乃は優しく肯定して樹の背中越しに見える子供達へと笑みを向けた


41 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/23(木) 00:04:08.35iOFqT8X6o (1/2)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


天乃(あまの)が訓読みなので、星乃月乃も同じく
星乃(ほしの)、月乃(つきの)とする予定です。



42以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/23(木) 00:16:38.52Yk+0nN44O (1/1)


愛称はほっしーとつっきーってところか
名前のように優しい子に育つといいな


43以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/23(木) 08:03:57.52z+9gppMLO (1/1)


やっぱり夏凜との信頼関係はみんなと比べて頭一つ抜けてるな


44 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/23(木) 23:36:16.66iOFqT8X6o (2/2)


すみませんが本日はお休みとさせていただきます
再開は明日、可能であれば通常時間から


45以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/23(木) 23:38:18.68XilKwjMBO (1/1)

乙ですー


46 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/24(金) 22:50:20.35TOuX0EG2o (1/3)


遅くなりましたが少しだけ


47以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/24(金) 22:51:22.69ubvg09tJO (1/2)

やったぜ


48 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/24(金) 23:01:20.81TOuX0EG2o (2/3)


√ 2月16日目 夜 (病院) ※水曜日


01~10
11~20 東郷
21~30
31~40 球子
41~50 風
51~60 園子
61~70
71~80 千景
81~90
91~00 九尾


↓1のコンマ



49以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/24(金) 23:03:05.90ubvg09tJO (2/2)




50 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/24(金) 23:53:19.93TOuX0EG2o (3/3)


√ 2月16日目 夜 (病院) ※水曜日


天乃「……ほんと、ちゃんと寝ちゃうのよね」

双子はまるでそれが当然だと分かり切っているかのように、

夜になるとすやすやと眠ってしまう

昼間にも寝てることが多いのに、眠れているのは子供だからだろうか

天乃「ふふっ」

小さな寝息

ぷっくりとした頬の動きは可愛らしくて

無意識につついてしまいたくなると、天乃は微笑む

悪五郎の力を借りて、

その存在を貰って、頑張って産んだ子供

愛着があるなどという話ではないし、

当然のことではあるが……大切に育てていきたいと思う

だからこそ、名前はしっかりと考えてあげたい


51 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/25(土) 00:20:57.398vXY0Lyho (1/10)


その点で言えば樹が自分の意見なしに

天乃にお任せと言ってくれたことは嬉しくも困ってしまう

もちろん、樹には樹の想いがあることは聞いたし

聞かなくても分かっている

風も、樹も

許してくれた……というよりは天乃のせいではないとしてくれたけれど、

天乃は、親を奪う間接的な要因だったのは事実

天乃「……ご両親のお墓。もう、ちゃんと行けるわよね」

友奈の退院を待たなくても

風と樹そして天乃が退院できる程度に回復さえしていれば、

お墓参りは問題なくいけるだろう

これからは絶対にないと断言できないのが口惜しいが

少なくとも、バーテックスに阻まれたりもしないのだから

天乃「貴女達も一緒に居く?」

囁くように声をかけてみたけれど、

双子は応えることなく、寝顔のままだ


52 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/25(土) 00:32:03.498vXY0Lyho (2/10)


子どもから母親になった今、

親を奪われてしまう気持ち

子どもを遺すことになってしまう親の気持ち

それが、少しは分かるようになってきたはずだから

今度こそ

風と樹の二人と一緒に犬吠埼家のお墓に出向いて

しっかりと話をしたいと……天乃は思う

天乃「……結婚式、ねぇ」

まずはちゃんと話をして

それから、ちゃんと結婚式

必ずしもしなければならないと言うことではないし

望むなら……というものだ

みんながこれからも学校に通うなら

やはり、やめておいた方がいいような気もしてしまう

そこは相談するべきだ


1、九尾
2、球子
3、千景
4、若葉
5、歌野
6、水都
7、イベント判定

↓2


53以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/25(土) 00:32:55.09vHAcBDquO (1/3)

7


54以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/25(土) 00:33:32.18FHW5q5sHO (1/2)

7


55 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/25(土) 00:39:25.078vXY0Lyho (3/10)


01~10 樹
11~20 沙織
21~30 園子
31~40 東郷
41~50 風
51~60 若葉
61~70 千景
71~80 九尾
81~90 球子
91~00 夏凜


↓1のコンマ



56以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/25(土) 00:39:50.04vHAcBDquO (2/3)




57 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/25(土) 00:58:29.738vXY0Lyho (4/10)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


樹「こんなことしたらダメだと分かってはいるけど……」

東郷「良いのよ樹ちゃん。良いの」ギュッ

東郷「全てはあそこまで誘っておいてお預けにした先輩が悪いのよ」

東郷「……ヤっちゃえ」ボソッ

樹「無理やりは好きじゃないです。東郷先輩」


東郷「……理性が残ってたのね」

風「残念そうに言ったのはなんでかな~?」


58以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/25(土) 01:10:55.13vHAcBDquO (3/3)


我慢できずに夜這いかな?


59以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/25(土) 04:49:03.27FHW5q5sHO (2/2)


全力で甘えたいのか樹ちゃんのターンが続くな


60 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/25(土) 21:32:24.448vXY0Lyho (5/10)


では少しだけ


61以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/25(土) 21:39:22.54gvJ1oEVkO (1/2)

よしきた


62 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/25(土) 22:23:23.638vXY0Lyho (6/10)


扉を叩くかどうか樹は少し迷った上で、叩かずに扉を引く

扉を叩くと、天乃だけでなく子供までも起こしてしまいそうだから

決して、眠っている天乃に悪戯しようなどという思惑はない

そう、自分自身に言い聞かせるように胸に手を押しあてた樹は

まだ途中の扉を両手でゆっくりと開き、

体を忍び込ませたうえで、音が鳴らないように扉を閉める

カタンッっと小さな音を立ててしまったが、

そのくらいでは……と、樹は抜き足差し足で奥に進む

――が。

樹「ぁっ」

樹がひょっこりと顔を覗かせた先

真野が眠っているはずのベッドには天乃がいたものの

その手は、来客を手招いている

樹「久遠先輩……」

天乃「ふふっ、バレバレよ。樹」

樹「起きていたんですね」

子どもから自分へ向けられた天乃の嬉しそうな顔に

樹は小さく笑って、天乃へと近づく


63 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/25(土) 23:04:44.968vXY0Lyho (7/10)


天乃「こんな時間に来るなんて思わなかったわ」

樹「寝ていたらそのまま帰る予定だったんです。本当ですよ」

友奈はともかく、

天乃達はもう治りつつあるのと特例であるし

巡回があって注意されるなんてことはないが、

消灯時間も過ぎようかという時間だ

普通なら病室で大人しくしている

天乃「なら、起きていたらどうするつもりだったの?」

樹「起きていたら……少しだけ、一緒に居られたらなって」

天乃「怖い夢でも?」

樹「いえ、そんなことはないです」

数時間程度前にも来て、夜にも来て

夕方にあんなことがあったのだから

夜に来たのはそういうことだろうと思われそうだけれど……樹は首を振る


64 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/25(土) 23:24:31.118vXY0Lyho (8/10)


樹「我慢しなくていいって思ったら、もう少しって思ったんです」

えっちなことは目的じゃない

その心地よさと安心感

それは退廃的な魅力があるけれど、

樹は自分たちは決してそれだけに終わらないと思う

傍に居られたらそれでいい

えっちなことが出来たらもっといい

ただ、それだけ

天乃「お姉ちゃんじゃダメなの?」

樹「お姉ちゃんはお姉ちゃんですから……甘えさせてくれますけど、お姉ちゃんなので」

いつだってどんな時だって

風は樹の傍に居たかけがえのない存在だ

だから頼れるし甘えることも出来るが

その分、安心感と信頼は十二分に感じている

目を覚ませばすぐ隣、目を向ければ笑顔を見せてくれる

そこまであれば……十分だ

樹「でも、久遠先輩は目をはなすとすぐに大変なことになっちゃいますから」

天乃「そこまでひどかったかしら」

樹「酷かったです。それに大変でした」


65 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/25(土) 23:48:09.998vXY0Lyho (9/10)


もう過ぎてくれたことだから

もう終わってくれたことだから

樹は皮肉たっぷりに笑顔で答える

天乃「そう……迷惑かけちゃったわね」

樹「今元気ならそれで十分ですよ」

天乃「そうね……」

天乃は樹の左腕を一瞥して、頷く

一時期、骨が見えるほどの骨折をしてしまった左腕

痛ましい手術痕も、勇者だったことが幸いしてか

まったくと言っていいほどわからないようになっている

天乃「貴女も大丈夫そうね」

樹「何も問題ないです」

左手で握り拳をつくってはほどき、

軽く腕を動かして、問題ないと証明する

もうあれから数ヶ月だ

友奈が無事に戻ってくることが出来れば、今度こそ安心できる


66 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/25(土) 23:49:22.518vXY0Lyho (10/10)


では途中ですがここまでとさせていただきます
明日はできればお昼ごろから


67以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/25(土) 23:57:55.31gvJ1oEVkO (2/2)


みんなが大怪我したりしたあの回か…
戦闘はカットされてたけど痛々しい描写だったな


68以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/26(日) 01:27:22.34n+gDkwdbO (1/1)


みんないつくらいに病院出るんだろうな


69 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 16:59:33.77UMfXL6NQo (1/15)


遅くなりましたが少しずつ


70以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/26(日) 17:24:24.23r1wlMSBqO (1/4)

きてたか


71 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 17:52:04.15UMfXL6NQo (2/15)


樹「まだ眠くはないですか?」

天乃「樹が来てくれたから、まだまだ起きていられるわ」

樹「無理されるのは困ります」

天乃「無理じゃないわ。本当よ?」

癖付いた体の欲求は振り払うことは出来ないけれど、

以前に比べて体を動かすことが少なくなっていた影響もあって

多少の夜更かしも難しくはない

天乃「そんなところに立っていないで、こっちに座ったら?」

横で立っている樹に、ベッドの端を叩いて見せた天乃は、

自分の半身を覆っている布団を少しだけ捲る

天乃「樹が良いなら一緒でも良いけど」

樹「……素ですか。素ですよね。その感じは」

天乃「うん?」

樹「何でもないです」

困ったようにベッドの端に手を置いた樹は、

軽く体重をかけて……布団をめくる天乃の手に触れる

樹「駄目じゃないですか……どうにかなっちゃいますよ?」


72 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 18:14:25.04UMfXL6NQo (3/15)


天乃「どうにかって――っ」

握った手を引き上げて、天乃の頭の横へと押し付ける

樹の力は強くない

けれど、天乃が自分で言っていたように

天乃の力はそれ以下だ

穢れと神樹様の力を用いれば弾き飛ばすのも容易だろうが……

樹「別に、えっちなことが目的じゃないんですけど」

天乃「樹……」

樹「誘ったらダメだって、言いませんでしたっけ?」

天乃「今のもそうなっちゃうのっ?」

本当に、本気で

驚いた反応を見せる天乃だが

樹は関係ないと言うように、心配された左腕を動かし、

その手で天乃の顔にかかる髪を払う

樹「百点満点です」

天乃「そん――っ」

唇を塞ぐ

言い訳は必要ない

子どもを起こすわけにもいかない

そんな建前を足場に、樹は踏み込んだ


73 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 18:30:10.42UMfXL6NQo (4/15)


天乃「んっ……んんっ!」

樹「っ……は……」

勇者としての力がない樹と、まだ特別な力のある天乃

それを解放さえしてしまえばひとたまりもない状況で、弱すぎる抵抗

その甘さと優しさに、樹は眉を顰めて距離を取る

名残惜しさを感じさせる唇の渇き

息が出来る物足りなさ

目の前で、怒るべきはずなのに頬を紅潮させているだけの恋人

樹の喉が鳴ってしまうのも致し方ないことだろう

樹「……分かりますか? こうなるんです」

天乃「一緒に寝ようって……」

樹「そんな健全に捉えてくれるのは久遠先輩か夏凜さんだけです」

もしかしたら友奈も分かってくれるかもしれないけれど

その可能性を期待せずにはいられないはずだ

夏凜だって、誘ってるのかと呆れるはずだろうと樹は考える

樹「私達は我慢して来たって言ったじゃないですか。ずっと……だからせめてキスだけでも」

したいと思う

して欲しいと思う

たとえ子供が傍に居るのだとしても、

それくらいならすぐに済ませることが出来るから


74 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 18:50:38.18UMfXL6NQo (5/15)


樹「なのに、久遠先輩は……そうやって」

天乃「待って、ごめんなさい……私が悪かったわ」

樹「……解ってます。無理にするのは嫌いですから」

もうすでに踏み込んでしまったけれど

それはもう、反射的に体が動いたようなものだし

天乃が誘ったせいでもあるからノーカンだ

もちろん、悪いことをしてしまった心の痛みはあるけれど

樹は離れたけれど、

距離としては数十センチほどしかない

天乃の足の付け根辺りに跨っている状態のせいで、

布団が天乃の下半身をベッドに張り付けてしまっている

樹「一緒に居たかったのは本当です。こんなことするつもりがなかったのも本心です」

けど。と、

樹は言葉を飲み込むことなく、天乃をまっすぐ見つめる

樹「東郷先輩と比べれば遥かに力不足とは思いますけど、私だって一生懸命勉強したんですから」

貪欲になるのも無理ないんじゃないかと、自分に言いわけ一つ

樹「そういうことされると……してやろうか。なんて思ってしまったりもしちゃうんですよ」


75 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 19:20:20.91UMfXL6NQo (6/15)


実際にしてしまったからか、

樹は気まずそうに言って、天乃を見下ろす

天乃は怒らない

困った顔はしているけれど、決して悲しそうな顔にはなっていない

そんな、自分を許してくれているような姿が……本当に困るのだ

樹「でも……ごめんなさい」

天乃「誘っちゃったのは私でしょ?」

樹「そうですけど……いや、そのつもりがなかったのなら悪いとも言えないんですけど……」

咎めるよりも、自分が悪いという判断

それがまた申し訳なくて、樹は天乃のそれを少しばかり否定する

樹「そこで踏みとどまれなかった私も悪いです」

夏凜さんなら……と、樹は思う

夏凜さんならきっと、踏みとどまって抑え込むだろうと。

夏凜ほどの想いを抱くことが出来ていないのか

逆に、夏凜以上に欲することが出来ているのか

手を出してしまった。という結果だけでは判断できない

天乃「…………」


1、場所、変えましょうか?
2、私だって、寂しさくらいはあったんだから
3、樹を抱き寄せる
4、そんなにも好かれているのだとしたら、私は幸せよね
5、ごめんね。私にはまだ、そういうのが良く分からないから


↓2


76以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/26(日) 19:23:52.63r1wlMSBqO (2/4)

3


77以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/26(日) 19:25:08.71CG075VSI0 (1/1)

1


78 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 19:35:29.59UMfXL6NQo (7/15)


天乃「場所、変える?」

樹「えっ?」

天乃「子どもが隣にいるからダメってだけだし……頼めば見ててくれる子もいるし」

現に、今だって部屋の中に力を感じる

この光景を見ているその誰か―千景だが―は、

呆れることはあるだろうけれど、

事情を考えて請け負ってくれることだろう

樹「でも」

天乃「それに……」

樹がそうしたいならするのも吝かじゃないと言うのは卑怯だろう

誘ったつもりがないのは本当だし

こんなことになるとは思っていなかった

けれど、少しだけ。

天乃「私だって女の子だし経験もしてるの……えっちな気分にもなるわ」

樹「はぅっ」

薄紅色の肌、恥ずかしさを隠すように逸らされた視線

言ってしまったという後悔が滲むように噛まれた下唇

樹は思わず、目を背けてしまった


79 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 19:56:13.77UMfXL6NQo (8/15)


樹「体は大丈夫なんですか?」

天乃「長く付き合うほどの余裕はないけど……少しだけなら」

樹「少しだけならいいんですか……もうっ」

大丈夫なのかと聞かれたら

ちょっと厳しいかもしれない。とでも言ってくれれば

それならやめましょうと言えるのに

そんな気分になってしまうと言われて

少しだけなら付き合うことも出来ると言われて

樹「難しいって言っておけば逃げられるのに」

天乃「逃げるつもりなんてないもの」

夕方にあんなことして

夜にこんなことをされてしまって

それで心を揺らされない方がおかしい

天乃「どうなの? 変える? 変えない?」

樹「……変えましょうって、手は引いてくれないんですか?」

天乃「無理やりは趣味じゃないのは私も一緒よ」

さっきのことに罪悪感を覚えている樹を無理やり連れ出すのは、少し気が引けるのだ


80 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 20:07:24.08UMfXL6NQo (9/15)


今度ばかりは、天乃が誘ってくれている

さっきみたいな偶発的なものではなく

本当に、誘い……委ねてくれている

断ることも出来る

天乃はそれに文句を言ったりはしないだろう

もしかしたら、自分のことを考えて言ってくれているのかもしれない

樹はそう考えて、引くことも考えたが

天乃の顔をしっかりと見て……迷って

樹「久遠先輩は本当に仕方がないですね」

天乃「え、なんで」

樹「無理矢理キスした人を誘いますか普通……どうなっても知らないですよ?」

樹はその手を引く

夏凜や友奈、東郷達には悪いと思う

だが、自分だって輪の中の一人だ

頑張って頑張って手にしたのだから……少しくらい先へ進んだっていいだろう

樹「変えたいです」

場所も

今の、中途半端な自分の考えも

性的なことを考えられるのが大人だとは思わない

それを含めて、考え時には行動できるのが大人だと、樹は信じた


81 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 20:10:39.82UMfXL6NQo (10/15)


少し中断いたします
可能であれば22時頃に再開予定ですが
難しければ本日は終了、再開は明日の通常時間になります


82以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/26(日) 20:27:56.95r1wlMSBqO (3/4)

一旦乙
久々のえっちな展開に期待


83 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 22:17:04.30UMfXL6NQo (11/15)

ではもう少しだけ


84 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 22:38:49.53UMfXL6NQo (12/15)


樹「……ごゆっくり、ですか」

天乃「夜だから困らせちゃったわね」

千景に子供を頼み、

特別に用意して貰った別室へと移動する

用意してくれた看護師たちには理由を話さなかったが、

困り、それとなく察した表情をしていたのだ

きっと理由も察していたことだろう

友奈と東郷

二人が天乃の穢れを請け負った際のこともある

話さずとも分かってしまうのかもしれない

樹「看護師さんたちが知っていたらどうします?」

天乃「知っていたらって、することを?」

樹「そうです。なんだか……」

なぜかベッドの近くにある即席で置かれたライト

つけてみれば薄い明りが部屋の中に広がっていく

樹「雰囲気付けされていませんか?」

オレンジ色の光は天乃の瞳よりも明るい

それを受けて影を作る台の上のタオル

看護師たちが察するかの如く、察するのは容易だった


85 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 22:53:31.63UMfXL6NQo (13/15)


天乃「まぁ……私が二人きりの部屋を頼めばわかっちゃうわよね」

樹「笑ってる場合ですかっ」

天乃「今更どうしようもないことだわ」

友奈達のことを除いても

天乃とその周囲は少々性に乱れすぎてしまっていた

仕方がないと笑う天乃に、

樹はちょっと恥ずかしそうに頬を染めて、

残念ながら質感に変わりのない布団に手を押しあてる

樹「久遠先輩……改めて聞きますけど――」

天乃「愚問だわ」

ゆっくりと歩き、ベッドへと向かう

落下防止のパイプに頼って、つま先で床を軽く蹴る

天乃「ここまで来たんだもの、何もせずに戻ったら千景にヘタレって言われるわよ?」

樹「千景さんはそんなこと言わないと思いますが……」

言うとすれば、そこまで言ったならしておけばよかったのに。くらいだろうし、

呆れたため息をつくだろう


86 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 23:10:42.85UMfXL6NQo (14/15)


天乃「樹はどっちが好き?」

樹「どっちって?」

天乃「脱いでいたほうが良いか、脱がないほうが良いか」

樹「えっと……」

自分の胸元に手をのせて、どうするかと問う天乃

言動こそ素晴らしいものだが、

着ているのは魅力に欠ける患者衣だ

それでも天乃の体は魅惑的だと、樹は息を飲む

母親となったことで膨らんだ胸

母乳を与えてもその大きさはなかなか戻らない

にもかかわらず、妊娠していたころに膨らんでいたお腹は、

それが嘘であるかのように、戻っている

樹「ちょっと気分が削がれますが……あえてそのまましてみたいです」

天乃「そういうの、マニアックって言うのよね?」

樹「言わないですっ!」

私知ってるわと言いたげな笑顔の天乃に、

樹はやや強めに言い放って、その体をベッドへと引き倒した


87 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/26(日) 23:21:19.82UMfXL6NQo (15/15)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から



東郷「風先輩、良いんですか? 樹ちゃんがえっちな子に!」

風「節度を持ってやるなら許可するわよ。あたしだって鬼じゃないし」

風「自分の首を絞めたくない」

東郷「……だったら姉妹丼というおすすめの性技があるらしいですよ?」



夏凜「止めなくていいの? あれ」

園子「わっしーは70%の性欲と30%の善意で言ってるから」


88以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/26(日) 23:24:54.06eBij5XoXO (1/1)


七割ならしゃーない


89以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/26(日) 23:29:42.09r1wlMSBqO (4/4)


樹ちゃん単独って二週目以来かな?
そして東郷さんの思考がすっかり性欲まみれに…


90以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/27(月) 00:53:19.652oj425sXO (1/1)


着衣とは……
樹……できる!


91以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/27(月) 09:27:09.706c29qqyJO (1/1)

久遠さんとかいう誘い受けの天才
夕方のあれで「良ければ一緒に」は出てこないって普通


92 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/27(月) 22:49:55.79E+jG3a8io (1/5)


遅くなりましたが少しだけ

安価は恐らくありません


93以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/27(月) 22:50:51.88niqV3bItO (1/2)

あいよー


94 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/27(月) 23:16:26.92E+jG3a8io (2/5)


ばふんっと、布団の含まれていた空気が弾けて

ほんのり感じる柑橘系の甘いシャンプーの匂いがふわりと広がる

引いた手を握り合わせて、

樹はゆっくりと、ベッドに足を上げていく

動きに合わせて手が動いて、布団の擦れる音がする

二人だけの吐息、淡い光

夜のほんのり肌寒い空気が、胸を躍らせる

樹「久遠先輩……」

細く名前を呼ぶ

噛みしめるように、浸るように

答えるために動いた唇に、唇を重ねる

今日何度目かのキス

僅かに乾いた柔らかい肉感

受け入れてくれる弾力は樹の唇に合わせて歪む

唇の表面の触れ合い、渇きの癒えない今一つな接吻

静かに離れて……見つめ合う


95 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/27(月) 23:34:31.60E+jG3a8io (3/5)


樹はぺろりと唇を舐めて潤すと、

そのままもう一度、キスをする

天乃「んっ……」

樹「っ……ん」

今度は少しだけ強い……いつもの流れ

押し付けるような力で

受け入れてくれる優しさに縋るキスは唇の表面から内側へと広がっていく

呼吸はせずに、

ただ、その感触を味わって

離れて弾ける唇、囁くような水の音

天乃「っは……ん……」

樹「ん……」

溜めた分溢れる吐息はまだ薄い

影に覆われた橙色の瞳は十分な潤いに包まれている

樹「好きです」

艶の戻った天乃の唇を、

名前に続く言葉と共に、その瞳に映した傍から奪い去る


96 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/27(月) 23:49:03.72E+jG3a8io (4/5)


潤った唇は絡み合って、

僅かに外れて、いやらしい音がする

天乃「っふ……ぁ……んっ」

樹「はっ……ふっ……んちゅっ」

啄むだけの早いキスをして、

握り合う手を少しずつ上へと持っていく

膝が乗るだけだった樹の体がベッドへと上がる

沈むベッドに体がズレて

抱きしめ合うようなキスへと変わる

驚きはなく、目を閉じる

深く、広く

互いを愛して、唇に空気が触れるよりも長く重ね合う

樹「っはふ……んっ」

天乃「はっ……はぁ……んくっ」

下になった天乃の喉に溜まった二人分の淫らな気持ちが、流れ込む

樹は天乃の頭を左手で少しだけ持ち上げると、枕を引っ張って頭の下に敷く

潤んだ瞳、紅潮した頬

潤いきった唇を、寂しげな舌がちろりとなぞる

樹は体の熱を感じて、握る手のぬくもりを感じながら――もう一度唇を重ねた


97 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/27(月) 23:51:15.38E+jG3a8io (5/5)


では途中ですがここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から

このペースの場合暫く安価はないかもしれないので
途中で飛ばすかもしれません。


98以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/27(月) 23:53:20.85n3gRpUWNO (1/1)




99以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/27(月) 23:59:11.98niqV3bItO (2/2)


キスシーンだけでも中々濃厚な描写だ…
久遠さんは勿論、樹ちゃんもどんどん大人っぽくなっていくな


100以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/28(火) 00:14:58.24y3NCqOR0O (1/1)


やっぱその……最高だな!!


101以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/28(火) 07:34:28.51KNEXUgQdO (1/1)

前戯っていうかキスからガチなのは凄い
いきなりディープじゃないのがまた…百合だな!


102 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/28(火) 22:39:26.22Zx9t6D9Co (1/4)


遅くなりましたが、少しだけ


103以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/28(火) 22:44:59.69qHpA5A5DO (1/1)

かもん


104 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/28(火) 23:10:15.49Zx9t6D9Co (2/4)


天乃「んっ……く……」

樹「っふ……はっ……んっ」

深く、探るようなキス

唇同士が離れるのを拒むように動いて

ぬるりと……滑る

吐息の重なる数センチ

開いた瞳に映る大きな瞳

樹「まだ……」

天乃「んっ……っぁ」

キスをするたびに、手を握る力が少しだけ強くなる

握って、離れて……強く握ってちょっぴり感じる体の震え

唇だけの厚く熱い抱擁

溶けてしまいそうな頬の熱、蜃気楼のようにぼやける視界

現実を確かめたくて、唇を重ねる

天乃「んっ……っはっぁ……」

樹「んちゅ……んっ」

天乃「んっ……ぁふ……」

離れると糸が引く

容易く切れてしまいそうな細く薄い繋がり

切れてしまわないように追いかけると唇同士が互いを押しのけて

その奥で我慢していた欲求が触れ合う


105 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/28(火) 23:23:32.08Zx9t6D9Co (3/4)


天乃「んっ……んんっ!」

樹「っぁ……んっ」

唇の奥

何度も姿を見せていた舌と舌の触れ合い

いきなりは怖いだろうと手を差し出すように触れて、

天乃「んっ」

樹「んん……」

ちょっとだけ離れると……天乃から触れてくる

少しずつ、少しずつ

触れる面積を広げて、離れる時間を短くして

そのたびにぴちゃり、ぴちゃりと淫らさが弾ける水の音が響き、

口元が濡れていく

呼吸の為に離れる距離もだんだんとなくなって

唾液を飲み込むために動いた唇の先同士が掠めるほどに近い

天乃「はっ……はっ……んっ」

樹「はふ……んくっ」

樹はごくりと喉を鳴らし、

絶えることを知らない欲求を一時的に飲み込む


106 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/28(火) 23:46:41.20Zx9t6D9Co (4/4)


温まってきた体の熱は、額に汗を浮かび上がらせて、

肌を晒したいと求める

けれど、それよりも……と樹は天乃とのキスをする

天乃「んぅ」

樹「んっちゅ……っぁ」

最初の挨拶

慣れてきた抱擁

それよりも一歩先に進んだ舌と舌の絡み合い

潤いに満ちた中で、ざらりとした感触が舌を撫でる

樹「っは……んっ」

糸を引きながら離れ、切れる前にまた舌同士のキスをして

握り合っていた手がほどけて……手のひらを合わせたより強い繋がりへと変わる

天乃「っは……」

樹「……っ……はぁ……んっ」

天乃「っ!」

天乃の唇ではなく、唇の端に口づけをして

どちらかの唾液に濡れてしまった口元から頬へと流れていく


107 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/29(水) 00:07:10.86s7fZUhJ4o (1/5)


天乃「いつ……んっ!」

樹「……ちゅ」

左手は空いている

幸い、患者衣を緩めるには右腰側の結びを解くだけで済む

そうすれば天乃の肢体を曝け出させることも出来る

けれど……樹はあえて、天乃の首筋を責めていく

勉強で見た動画では強く吸い付くようなこともしていたけれど

天乃の柔肌にそれは痕が出来てしまう

だから、汗の滲んだ肌を唇で撫でて、舌を這わせる

天乃「んっ……ゃ……」

樹「びくびくして……かわいいです」

天乃「いつき……っぁっ」

くすぐったさと、気恥ずかしさと

潤沢な愛に浸された舌の心地よさ

キスで燃え上がった体の熱が温められてしまう

吐息が溢れて、声が漏れる

より密接な触れ合いを、下腹部の疼きが訴える

天乃「っ……ぁっ」

樹「久遠先輩……んっ」

とろけた声で名前を呼び、キスをする

受け止める力が薄れ、されるがままの弱弱しい唇を奪って

樹は患者衣の襟に親指を引っ掛け、天乃の鎖骨を空気に晒した


108 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/29(水) 00:08:34.19s7fZUhJ4o (2/5)


では途中ですがここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から

可能であれば、明日の分で切り良く区切る予定です


109以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/29(水) 00:14:14.93ib/4yx1VO (1/1)


久々の濃厚なパートで大満足


110以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/29(水) 00:16:32.36JgRBeGRfO (1/1)


キスで一気に今までためていたものん発散する樹ちゃん
本番も楽しみだな


111以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/29(水) 09:21:44.37zzEO4Qu4O (1/1)

キスだけなのにえちえちやんね
大丈夫なんかイッチの精神は


112 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/29(水) 23:39:24.95s7fZUhJ4o (3/5)


では少しだけ
今日中には終わりません


113以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/29(水) 23:45:25.76z1eb+hUJO (1/1)

おk


114 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/29(水) 23:48:41.51s7fZUhJ4o (4/5)


樹「っふ……」

離した唇が冷たい空気に触れる

ぽたりぽたりと

呑み込み切れなかった潤いが滴るのを感じながら、

樹は舌先で唇の表面を舐めると、

艶っぽい吐息に膨らむ天乃の胸元を一瞥し、

晒した鎖骨へと口づけする

天乃「ひぅっ」

樹「ちゅっ……んっ」

唇のふんわりとした若々しい柔らかさ

情欲に塗れて解れたぬくもりが体に染み込んでいく

揉むように動く唇

その狭間でちろりと舌が肌をかすめ取る

心地いいくすぐったさ

体の熱も合わさって、

それが性的なものであるかのように錯覚してしまいそうで、

天乃は樹の肩に手を当てる


115 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/29(水) 23:56:15.21s7fZUhJ4o (5/5)


天乃「ゃ……んっ!」

押す力を遥かに上回る力が加わって

柔肌に啄まれてしまう

ぬるぬるとした温もりが肌を包み、

離れて冷えていく寂しさが広がっていく

くすぐったいのに、気持ちが良くて

受け入れてはいけない気がするのに、やめて。と、言えない

首筋を舌が這う

樹の唇がしたの足跡を消しながら、感触を刻む

天乃「んっ……ぁっ……はっ……」

胸に触れられているわけじゃない

下腹部にもまだ手は伸びていない

天乃「っあっ……ぁ……ふっ……ふーっ」

それなのに、甘い声が漏れてしまう

もっと欲しいと昂ってしまう

天乃「い……つき……」

樹「んっ……まだまだこれからですよ」

意地悪さを感じる笑顔

果てなさを思わせる言葉

けれど握られた手の力はとても強くて……あまりにも優しい


116 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/30(木) 00:21:45.55uIqXzMrLo (1/2)


樹「……ん」

天乃「んっ……っはっ」

軽いキスを一回

すぐに離れて、目と目を合わせる

キスでの無呼吸はしていないのに、

一度乱れてしまった呼吸は整うことが出来ないままで

まだ数分

けれど密着しているような距離感と

度重なるキスに汗ばんだ体はその熱っぽさに色香を増している

襟首のはだけた患者衣

質素な色合いで色気のないものだけれど……今は気にならない

樹「んちゅ……」

天乃「ぁ……ぅ」

樹「っ……ん……」

また、キスをする

ほんのりと沸き立つ寂しさを払い除けるように

物足りなさを埋めてしまうために

乱れるキスではなく、接吻というべき柔らかさと濃密さで覆いながら

樹は左手で天乃の肩を撫でてそうっと脇の方に下ろしていくと

ふっくらとした豊満な乳房を衣の上からなぞる


117 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/30(木) 00:22:27.46uIqXzMrLo (2/2)


では途中ですがここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


118以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/30(木) 00:26:25.04tCJ3nb12O (1/1)


攻められる久遠さんは相変わらず色っぽいぜ…


119以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/30(木) 00:41:48.59Fip7j7f9O (1/1)


これはもうただの官能小説では…?
2日くらい休み入れて書き溜めて良いと思う


120以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/30(木) 02:37:08.15VudHG57nO (1/1)


久遠さんも久遠さんで溜まってたのかなあ
結構根がエッチだし


121以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/30(木) 08:52:30.02SjdtI6ONo (1/1)


まだキスしかしてないんだよな…


122 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/31(金) 00:05:01.027yx1L+nWo (1/8)


すみませんが本日はお休みとさせていただきます
明日はできれば通常時間から


123以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/31(金) 06:04:38.007XID35nQO (1/1)




124 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/31(金) 21:37:15.927yx1L+nWo (2/8)


では少しだけ


125以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/31(金) 21:38:04.55JME/PKVGO (1/3)

やったぜ


126 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/31(金) 21:50:17.257yx1L+nWo (3/8)


キスをしながら、少しずつ感覚を左手へと移していく。

寝るとき用のブラジャーと肌着一枚

その上にかぶさる患者衣の感触に阻まれながらも、

乳房の柔らかさは樹の手にしっかりと伝わってくる。

揉むのではなく擦り、なぞる

天乃「んっ……ふぁ……んんっ」

樹「ん……っはふ……」

キスだけでなく、

胸を愛撫すると天乃の反応が少しだけ強くなる。

キスだけの時にはまだ穏やかに感じられていた吐息すら我慢できずに、

樹の口の中に空気が流し込まれていく。

樹はそれを吐き出すことなく飲み込んで、

唇と唇の隙間から空気を取り込む

樹「んっ……っは」

小さな手では覆いつくすことのできない魅惑的な乳房

親指と人差し指を限界まで広げて手のひらを被せた樹は、

親指を固定し、小指から人差し指の流れで……天乃の胸を撫でて刺激する


127 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/31(金) 22:24:26.787yx1L+nWo (4/8)


天乃「ぁ……ふ……あっ……んんぅ!」

樹「んくっ……っふ……」

慎重に扱わなければと、

樹は天乃の唇を舌で割るのを抑えつつ思う

揉みしだきたくなるような豊満さのある胸だけれど、

今は母乳が出てしまう上に、天乃の性的な弱点だ

そこに触れるのは限りのない愛情でなければならない

キスをし、胸を撫でてあげると天乃とつながる右手が弱い力で強く握られて、

それを判断材料とした樹はようやくキスを止めて距離を取る

天乃「ゃへ……ぁ……」

樹「………」

天乃「ぁふ……ぅ……んっ」

長く深いキスでふやけた口はおぼつかない。

樹の舌の感触、唇への圧迫感

堪えるようにつばを飲み込むと、樹の味が体に満ちていく


128 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/31(金) 22:41:28.827yx1L+nWo (5/8)


天乃「はっ……はぁっ……ぁ……」

キスと愛撫……同時に受ける心地よさは久しぶりの天乃の体には強くて

樹の手は止まっているのに、昂りは収まらずに早まっていく

同時にされると急激に強まっていく体の熱が怖いのに、

手を止められてしまうと、中途半端さが切なさを孕む

もう少し優しくして……そう、言いたいのに。

感じ始めたばかりの体は求めてしまう

樹「………」

天乃の手を握る力が弱まったのを感じ、樹は声なく微笑んでキスをする

優しく、触れるだけ。

さっきまでの淫靡さはない、仕切り直しの合図

樹「優しくします」

天乃「ん……」

樹「全部任せてください、久遠先輩」

言葉を交わし、樹はもう一度唇を重ねる


129 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/31(金) 22:55:20.437yx1L+nWo (6/8)


軽く、浅くですぐに離れたけれど、

眼下に見える息の整わない天乃の絶え絶えな表情は性的で、

樹は欲求が強まっていくのを下腹部に感じ、息を飲む

愛に満ちた唇、ぼんやりと蕩けた瞳

呼吸のたびに揺れる胸の柔らかさが、添えたままの左手を包み込む

愛おしさが溢れて、好き……という気持ちが行動を支配する

天乃「っぁ……は……ぁっ」

樹「んちゅ……ちゅ……っぁ……む……」

天乃「んんっ」

右の乳房を手のひらで包むように扱いながら、

横になった天乃の体に覆いかぶさるようにして、首筋へのキスをする

触れるだけのキス、咥えこむようなキス

僅かに覗かせた舌でなぞってあげると、

びくびくとした反応が返ってきて……かすかな快感の声が天乃の口から洩れて

それがまた、樹の情欲を高めてしまう

樹「………」

可愛い声を聞きたい気持ちと奪ってしまいたい気持ち

樹は顔を上げると、先走りそうな気持を何とか飲み込む

樹「好きです……大好きです、久遠先輩」

暴れそうな自分に、そして何よりも天乃へと

樹は素直な強い気持ちをはっきりと告げて、天乃の体を抱いた


130 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/31(金) 23:11:36.807yx1L+nWo (7/8)

√ 2月17日目 朝 (病院) ※木曜日


01~10 夏凜
11~20
21~30
31~40 樹
41~50
51~60 九尾
61~70 若葉
71~80
81~90
91~00 千景


↓1のコンマ


131以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/31(金) 23:12:44.06JME/PKVGO (2/3)




132 ◆QhFDI08WfRWv2020/01/31(金) 23:28:17.867yx1L+nWo (8/8)


ではここまでとさせていただきます
明日はできれば少し早い時間から


すみませんが終わりどころが見えなかったので割愛しました
余裕があれば完成版を後日


133以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/31(金) 23:33:39.57JME/PKVGO (3/3)


えっちなシーン自体久々なせいかキスの段階で力の入れようが凄い…
完全版も楽しみに待ってます


134以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/01(土) 01:40:11.50B5RWlbr4O (1/1)


久々の完全版くるのか
全裸で待機だな


135 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/01(土) 20:10:20.527eA3obn5o (1/6)


では少しずつ


136以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/01(土) 20:42:36.614fnyHD7zO (1/2)

きてたー


137 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/01(土) 21:03:03.957eA3obn5o (2/6)


√ 2月17日目 朝 (病院) ※木曜日


天乃「ん……っ」

引っ張り出されるように意識を手に取って、瞼を開いて

腕、足

指先にまで力を通して体を伸ばして

真横の寝息に耳を傾ける

天乃「……まったく」

すやすやと眠る樹は、

常に攻めに立ち、天乃を貪りつくして心も晴れたのか

昨夜の淫らさは微塵も感じられないほどに幼く見える

天乃「満足げな寝顔……してくれちゃって」

樹「んぅ……ぅ……」

頬を指でつつくと、

樹は空気を零して唇を動かすと

少しだけ体を捩って、また寝息をたてる

遅くはないが早くもなかったのだ

多少手を出された程度では起きないらしい


138 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/01(土) 21:39:07.807eA3obn5o (3/6)


天乃「あんなに……」

冷静な頭で考えてしまうと

酷く散々な目に遭ってしまったのではないかと思う

けれど、天乃の体だって十分に満足させられてしまった

どちらかというまでもなく、悦んでいた

天乃「……っ」

唇に、指先が触れる

熱は薄れ、感触もない

けれど愛された記憶はしっかりと馴染んでいる

もう一方の手が布団の中で動こうとした瞬間――

夏凜「止めときなさいよ。さすがに体に影響が出る」

天乃「ぇっ!?」

夏凜「……どうしてここにって質問なら、千景に聞いたって答えるけど?」

天乃「ちがっ……わ……」

夏凜「別室に二人っきりって時点で想像できるわよ」

天乃「ぁ……ぅ……」

自分がしようとしたこと

それを夏凜に見抜かれて……天乃は顔を真っ赤にして布団で顔を隠す

そんな天乃を、夏凜は優しく見つめてすぐ隣の樹を一瞥する


139 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/01(土) 22:19:11.837eA3obn5o (4/6)


夏凜「樹、文句言ってなかった?」

天乃「……何の話?」

夏凜「言ってなかったならそれでいいわよ」

天乃に溜めるだけ溜めさせて

子どもがいるから。と、

中途半端に終わらせたことを

樹は何も言わなかったのだろうか

言わなくても思っているかもしれない

夏凜「それはそうと、起きて早々触ろうだなんて……あんたも相当危ないんじゃないの?」

天乃「さっきのは違うからっ」

夏凜「何が違うのよ。まんまそういう行動だったでしょ」

天乃「っ……」

辛さはなく、

ただ恥ずかしさを感じる天乃の顔色

夏凜は目を細めてしっかりと観察すると、息を吐く

夏凜「穢れの影響ではないのよね?」


140 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/01(土) 22:54:26.937eA3obn5o (5/6)


天乃「ええ、それは大丈夫」

夏凜「なら良いんだけど……」

天乃「良いの?」

夏凜「そりゃいいでしょ。穢れの影響で大変なこともあったんだし」

天乃「………」

穢れの影響ではないと言うことは、

つまり朝起きて早々

そういうことをしてしまいそうなえっちさは天乃自身の問題ということになる

それが良いのかどうか聞いたつもりだった天乃は、

夏凜の返答が的外れだと察して顔を顰める

穢れの影響が出ていないことへの安堵をしてしまう気持ちは分かるけれど。

樹が文句を言わなかったのか気にするくらいなら

手の一つでも出せばいいのにと

天乃は昨夜の樹の積極さもあってか……やや不満を思う


1、自分が相手もしなくても良いってこと?
2、穢れの影響でもなければ手も出してくれないなんて
3、樹は凄く優しくしてくれたわよ……激しかったけど
4、夏凜は良いの? えっちな私で
5、子供の様子は見てきてくれた?


↓2


141以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/01(土) 22:58:07.414fnyHD7zO (2/2)

2


142以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/01(土) 23:03:45.64gtq/htk5O (1/1)

2


143 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/01(土) 23:20:49.477eA3obn5o (6/6)


ではここまでとさせていただきます
明日はできればお昼ごろから


144以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/01(土) 23:31:27.724SFAvwX5O (1/1)


夏凜ちゃん、心配なあまりに久遠さんが欲求不満になってることに気付いてない…?
あと樹ちゃんは一体どんなプレイをしたのだろうか


145以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/02(日) 08:41:29.52nA336BaTO (1/1)




146 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 15:21:22.67vb9aHmu7o (1/16)


では少しずつ


147以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/02(日) 15:30:09.23XKqAyr7gO (1/1)

よしきた


148 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 15:44:03.77vb9aHmu7o (2/16)


天乃「……穢れの影響でもなければ手も出してくれないなんて」

夏凜「は?」

天乃「なによその反応、違うって言いたいの?」

夏凜「違うとか違わないとかじゃ――」

天乃「貴女にとって私は恋人じゃなくて母親だものね。もうそういう相手にならないんでしょ?」

夏凜「いや、だから……」

天乃「樹が文句言ってなかった? って何なのよ。私が不満に思ってることお見通しだったんじゃない」

夏凜「そ――」

天乃「そんなこと気にして朝様子見に来るのってどういうつもりなのよ」

夏凜「あ――」

天乃「夜は帰らないけど一応朝帰りするお父さん気分でも味わってるわけ?」

夏凜「………」

天乃「どうせ……夜も朝もえっちばっかりなふしだらな女の子よ。私は」

ムッとして

夏凜の答えすら聞かずに言葉を投げつける

対話としては最低だけれど

感情論に対話も何もあったものではないのだから仕方がない


149 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 16:10:37.91vb9aHmu7o (3/16)


夏凜「わ……」

天乃「………」

一言目を発して

天乃が何も言ってこないことを確認してから、息を飲む

心なしか隣の樹が起きてくれることを祈りたくなる状況だが、

起きていても起きていないふりをするだろう

夏凜「……分かってたわ。天乃が言った通り」

天乃「………」

夏凜「けど、子供がいたし……」

天乃「いたし?」

夏凜「………」

区切った言葉を繰り返し、クエスチョンマークで殴り掛かってくる天乃を、

夏凜は逸らしてしまいそうな視線を抑え込んで見つめる

別に浮気しているわけでも何でもない

ただ、エッチな女の子がエッチしてくれないことを不満に思っているだけ。

考えを改めて、息を吐く


150 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 16:35:39.32vb9aHmu7o (4/16)


夏凜「無駄な言葉を省けば、ただ自信がなかったのよ。分かるでしょ?」

天乃「分からない」

夏凜「………」

はっきりと断言されては文句も言えない

膨れているのは相変わらずだし

ちょっと怒ってるのよ、聞く耳持たないわ。と、言いたげに目線は下向きだ

夏凜「天乃は知ってると思うけど――」

天乃「知らない」

夏凜「知ってるでしょ。やるのはアンタなんだから」

天乃「………」

夏凜「私はそんなにやらなかったから、頭にはあっても体には何もない」

天乃の体を気遣っていたからだし、

みんながいるからその役目は……と身を引いていたこともある

だから、いざ手を出せるようになったからと言って

不満たっぷりな天乃を自分の手でどうにかできる。なんて慢心はなかった

夏凜「その点、東郷達なら十分に果たせる。樹だって、私よりは遥かにましだったはず」


151 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 17:22:39.43vb9aHmu7o (5/16)


樹は元から天乃に好意を抱いていたし

率先して調べた夏凜や東郷に続いて念入りに調べて

今だってそれを欠かしていない

天乃「つまり、私みたいなエッチな子には付き合えないってこと?」

夏凜「そんなわけないでしょ。昨日だって――」

天乃「なら、昨日来てくれたって良かったわ」

夏凜「……耳が痛いわね。それ」

感情が矢面に立ってはいるが、

天乃は何も考えなしに責めてきているわけではない

悪意がなかったにせよ、

自分の不手際であるならば、どれも言い訳にしかならない

そう思ってか、夏凜は空気を読まずに苦笑する

天乃「……なによ」

夏凜「言ったじゃない、私には乙女的思考回路が欠如してるって」

天乃「そんなこと聞いてない」

夏凜「夜待ってるとでも言ってくれれば、さすがの私だって行ったわよ」

天乃「言わなくても来てくれたっていいじゃない」


152 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 17:33:14.88vb9aHmu7o (6/16)


夏凜「夜だし、子供もいるから起こしたら悪いかもって思ったのよ」

天乃「樹はそれでも来てくれたわ」

夏凜「……樹には、そこら辺の知識があるから」

天乃「言い訳ばっかり」

夏凜「何言っても言い訳にしかならないことくらい分かってるわよ」

言い負かされるのは火を見るよりも明らかだ

天乃がぼろを出すことなんて期待していない

負け戦ならば負け戦らしく

とことんまで敗北してしまえばいい

夏凜はそう考えて、あえて言い訳をする

そうすれば、天乃の本音が返ってくるからだ

自分の何が悪かったのかは分かっている

ただ謝ればいいわけでもないことも分かっている

夏凜「でも、天乃が恥ずかしがることを私が平気でできると思わないで」

天乃「………」

夏凜「あんな話した日の夜に部屋に来るなんて……そんなの、完全にそれ目的じゃない」


1、いいじゃない私相手なんだから
2、じゃぁ夏凜はもう禁欲し続けてればいいのよ
3、私が行かなかったのが悪いって言いたいのね
4、互いに求めてたんだから気にしなくたっていいじゃない


↓2


153以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/02(日) 17:58:18.46AkVpcbOhO (1/1)

1


154以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/02(日) 18:13:31.27DUQKLSVVO (1/1)

2


155 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 18:48:12.12vb9aHmu7o (7/16)


天乃「じゃぁ夏凜はもう禁欲し続けてればいいのよ」

夏凜「なんでそうなんのよっ」

天乃「それ目的の会話が苦手なんでしょ? 一生禁欲してなさい」

夏凜「一人ですることも出来るんだけど……」

天乃「家ではさせないわよ」

夏凜「はぁっ!?」

天乃「部屋には私がいるからね。一人部屋は断固許しませーん」

夏凜「ぐっ……」

だーめ。と、

両手の人差し指をクロスさせた天乃は、夏凜をじっと見つめる

その背後で、もぞもぞと動いた樹は、

寝ぼけていない目を夏凜へと向けた

樹「あの……そろそろ口を挟んでも?」

夏凜「樹……」

天乃「起こしちゃった?」

樹「起きてました」


156 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 18:59:40.69vb9aHmu7o (8/16)


誤魔化しても仕方がないだろう言うように答えた樹は、

ため息をついて体を起こし、乱れたままの服を少しだけ直す

樹「夏凜さんが超絶奥手なのは分かってたことじゃないですか」

天乃「ええ、分かってるわ」

樹「なら……」

ぐっと体を伸ばした樹は、

天乃へと体を寄せて、耳元に顔を近づける

天乃の髪に隠れて見える夏凜へは、目を細めて

樹「……昨日の夜みたいにしたらいいじゃないですか」

天乃「ひゃっ」

夏凜「なっ」

ぼそぼそと、空気の触れるこそばゆさに天乃の声が上がり、

耳に手を当てて、かがんだ天乃の上で二人の視線が交錯する

勝ち誇った表情と、堪えた表情

天乃「ぁ……あんなの……」

樹「あれを使えば夏凜さんだってイチコロだと思いますが」

天乃「雰囲気っていうものがあるのっ」


157 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 19:15:34.79vb9aHmu7o (9/16)


夏凜「あんたねぇ……」

樹「夏凜さんも夏凜さんです」

夏凜「っ」

天乃はその決断をしてくれたし、

夏凜は許可を出してくれた

だから、今更言うことではないけれど、

天乃に本当に選ばれた相手である夏凜に、樹は嫉妬している

別れろだなんて思わない

それでもやっぱり一番に選ばれたことはうらやましいと思う

樹「満足させられないかとか、どうとか……夏凜さんが何を言ってるのか私は分からないです」

夏凜「………」

樹「夏凜さんが満足させたいのは体だけなんですか? 心は満足させられなくてもいいんですか?」

夏凜は文句が無いかと気にしていた。

天乃には特に何も言わなかったけれど、

本人が気にしているのならと……樹は夏凜を見定める

樹「好きな人の為に命懸けられるなら、恥ずかしいことくらい別にいいじゃないですか」

天乃が想う一番にはなれなかったとしても

天乃を想う一番は自分であると信じている

だからこそ、樹は常に思うのだ

樹「もちろん、私は平気ですよ?」

想われる一番の夏凜は、一番想っているわけではないのか。と

そうでなければ、一番想っていても一番ではなかったことが悔しくなってしまう


158 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 19:38:30.33vb9aHmu7o (10/16)


夏凜「……命懸けることと比べれば、簡単だけど」

樹「だったら、久遠先輩を満足させてあげてください」

正直ではない夏凜の返答

言い返すことも出来るけれど、

天乃が散々責めた後に自分があれこれ言っても仕方がない

夏凜が気にしていた文句だけ。それだけで十分だ

樹「お二人はもう少し、互いへの遠慮がない方がいいと思いますよ」

布団から足を出し、脇に降り立った樹は、

崩れた患者衣を完全に直してスリッパを履く

樹「先に向こう戻るので……あんまり喧嘩しないでくださいね」

ただの痴話げんかだ

どうせ絶交にまで至らないだろうし

天乃の攻めに夏凜が耐えられるわけもないので

どうせ半ばで折れていたことだろうから

樹は半笑いで振り返り、それだけ言い残して病室を出ていく

残された二人は、

言葉もなく……目を向けることもせずに頬をかいた



159 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 19:40:49.15vb9aHmu7o (11/16)


√ 2月17日目 朝 (病院) ※木曜日


1、夏凜を引き留める
2、引き留めない


↓2


160以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/02(日) 20:01:10.97BOAuWrPxO (1/1)

んー1で


161以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/02(日) 20:11:43.79nnu8EPXqO (1/1)

1


162 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 21:19:53.60vb9aHmu7o (12/16)


夏凜「あー……じゃぁ、その」

天乃「待って」

夏凜「っ」

天乃「ここまで来たんだから、いて頂戴」

すぐに身を翻した夏凜の服の裾を掴んで引き留める

ここまで言って

樹にまであんなこと言われて

それで帰ろうなどと誰が許すものか

天乃「それとも、貴女は私と二人きりじゃ我慢ならない?」

夏凜「そんなことないけど」

天乃「だったらいいでしょ?」

夏凜「……分かったわよ。ごめん」

目を合わせない要求

夏凜は小さく謝罪を述べると、

天乃の手が離れないまま、ベッドをきしませる


163 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 21:42:47.48vb9aHmu7o (13/16)


夏凜「樹は良くしてくれた?」

天乃「ええ、とっても」

夏凜「そう……私には無理だったわ」

天乃には悪いが、

やっぱりそこに自信を持つには経験が浅い

夏凜はその自嘲も込めた笑いを見せると、仰向けに倒れこむ

解っていてか、偶然か

丁度いい位置にあった天乃の太腿が頭を支えてくれる

天乃「動かなくなったら責任とらせるわよ」

夏凜「責任取るわよ。当然」

二度と動かなくなるなんてことはさせないけれど、

先の見えない世界である以上万が一のことがある

けれど、そうであっても尽くしていく覚悟はある

その覚悟はあるのに……もっと簡単なはずの覚悟がなかった

夏凜「天乃」

天乃「………」

そうっと頬に手を伸ばすと、

天乃は拒否することなく受け止めて、目を閉じる


164 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 22:01:54.55vb9aHmu7o (14/16)


髪が手の甲にかかる

さらりとした桃色の髪を親指で挟み、軽く梳く

天乃は何も言わない

閉じた瞼は受け止めるだけだ

夏凜「疲れてない?」

天乃「少し疲れてるわ……昨日も遅かったの」

夏凜「子どもを第一に考えるんじゃなかったっけ?」

天乃「……母親失格ね」

まだ幼い子供を残して性的な行為に没頭してしまう

なんてダメな母親だろうかと、

天乃は夏凜の手に手を合わせて、苦笑する

ゆっくり開いていく瞳には、同じく笑う夏凜の瞳が映る

夏凜「毎日はさすがにどうかと思うけど、数日に一回くらいなら良いんじゃない?」

あれもこれもダメだなんていうのは

いくら母親だからと言っても我慢のさせ過ぎというものだろう

少しの息抜きくらいは必要だ

だからこそ自分が……と、夏凜は今更に思う


165 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 22:22:52.49vb9aHmu7o (15/16)


夏凜「……私がやるべきだった」

天乃「やらなかったくせに」

夏凜「少し後悔してる」

天乃「あら、貴女らしくもない」

夏凜「………」

さっきまでの怒った様子はなりを潜めていて

声色も、とても優しいものに戻っている

夏凜はそれを咥えるように唇を動かすと

呑み込んで、笑みを見せる

夏凜「そりゃ、樹にあんなこと言われたら……悔やみもするわよ」

あれは挑発だ

天乃にはちょっとした意地悪のように聞こえただろうけれど、

あれを使えばイチコロだ。なんて

見てみたくないと言ったら嘘でしかない

夏凜「なにしてたのよ……二人で」

天乃「……気持ちいいこと。かしら?」

夏凜「分かってるわよそんなことはっ!」


1、次は相手してくれる?
2、気になるなら樹にでも聞いたら? 私は嫌よ。言いたくない
3、……樹は私の案に乗ってくれたわ


↓2


166以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/02(日) 22:30:59.20LmmOcnLXO (1/2)

3


167以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/02(日) 22:32:13.00OqX0GLxJ0 (1/1)

2


168 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/02(日) 22:37:55.46vb9aHmu7o (16/16)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


樹(なんであんな話が始まるんだろう……)

郷「二人そろってなかなか素直にならないからね」

樹「!?」

東郷「久遠先輩は誘い受け前回なんだから夏凜ちゃんが乗っていかないと」

樹「それには同意ですけど、東郷先輩はもう少し自重したほうが……」


東郷「あくまで客観的意見を述べているだけ」

東郷「真面目な時は真面目よ。安心して、樹ちゃん」


169以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/02(日) 22:48:43.50LmmOcnLXO (2/2)


樹ちゃんが二人のキューピッドみたいになってるな
そして完全版が俄然楽しみになってきた


170以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/02(日) 23:29:11.55GMSPRwVvO (1/1)


痴話喧嘩かわいいな~


171以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 00:55:59.67LuOV8rrvO (1/2)


そもそも7人も嫁いるんだから多少えっちじゃないと務まらないでしょ


172以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 08:17:44.62QfbvBMKKO (1/1)


嫉妬してるとか悔しいとか
それでも想う気持ちだけは負けてないとか
いっつんスゲー恋してんな


173 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/03(月) 22:10:26.00tCduys2uo (1/6)


では少しだけ


174以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 22:11:35.71XjYHxXGKO (1/1)

かもーん


175 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/03(月) 22:35:41.86tCduys2uo (2/6)


天乃「気になるなら樹にでも聞いたら? 私は嫌よ。言いたくない」

夏凜「少しくらい話せないの?」

天乃「痴態の告白なんて絶対に無理」

夏凜「……そう」

樹はどれだけのことをしたのだろうか

天乃が絶対に話したくないと言って

樹が自慢げに挑発してくるところを見るに、

二人にとっては満足のいく行為だったに違いない

夏凜「いいわよ、別に」

天乃「聞かないの?」

夏凜「聞いてどうしろってのよ……上書きでもして見せろって?」

天乃「まさか」

夏凜「だったらいい」

聞けば、樹はどんなことを舌か教えてくれるはずだ

何を喜んだのか

どうしたら感じてくれたのか

夏凜がそこまで上手ではないと言った技量を埋めるべく、経験を教えてくれることだろう

夏凜「そこまで完敗するのは……許容できないわよ」


176 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/03(月) 22:56:27.14tCduys2uo (3/6)


天乃「こんなことに勝つも負けるもないでしょ」

夏凜「本気で言ってる?」

天乃「私はどっちがいいだなんて採点しないもの」

何度か経験を経ている天乃だが、

誰の方が上手だとか

誰の方がよくしてくれるだとか

そんなことを考えたことは一度もない

――そんな余裕がなかった。とも言えるが

天乃「夏凜も樹も東郷達もみんなやり方が違う。どれもいいし、どれも好き」

夏凜「………」

天乃「温かくなれるから、いつもと同じくらい愛されてるって感じるから」

こんなことで愛を感じてどうするんだろうと思う気持ちも少しある。

けれど、それに浸ってしまった自分を見限らず

しっかりと付き合ってくれているということに想いを感じられるのだから、仕方がない

天乃「だから優劣なんてつけるつもりはないし、つけたくない。たとえ誰かに脅されたって、絶対よ」


177 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/03(月) 23:04:15.96tCduys2uo (4/6)


こんなことで誰が脅すと言うのだろうか

いや、以前の大赦ならば何かしらやってきたかもしれない

子どもを産むこと

異性と付き合うこと

それを推し進めるようなことを考え、

悪五郎との関係でそれを回避した天乃の出産にまで

その魔の手を伸ばそうとしていた組織ならば。

夏凜「……贔屓は?」

天乃「ないわ」

夏凜「八百長は?」

天乃「なし」

夏凜「……全身使えば全員の相手もできるんじゃない?」

天乃「今の流れで受けると思う?」

でしょうね。と、

夏凜は苦笑して、天乃の頬から手を離す

天乃も抑え込む気はなかったようで、簡単に離せてしまう

近づくのも離れるのも

互いに拒むつもりはないのだろう


178 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/03(月) 23:29:25.59tCduys2uo (5/6)


天乃「夏凜が私を愛してくれてることは分かってる」

夏凜「……ん」

天乃「でも、昨日も言ったけど……感じたいわ」

夏凜「そこは素直に悪かったと思ってる」

けれど、

学校を中退して傍に居る申し出を断っておきながら

相手しないと拗ねるとはどういうことかと、夏凜は天乃を見つめる

拗ねてたのは半分くらい本気だったし

申し出の拒絶だって本気

どっちも天乃にとっては真面目なこと

……ただ、そう。

あんな話、あんなことをして何もしませんでしたは怒られるのも当然だったかもしれない

面倒くさいほど絡まっているように見えても

解けば結局一本の糸だったりすることもある

天乃は単純に断続的に与えられるだけだった温もりが恋しかっただけで

それを目の前に持ち出して取り上げた自分が面倒にしてしまったのだと、夏凜は息をつく

夏凜「ねぇ、天乃のこと……予約は出来ないの?」


1、早い者勝ちよ。残念ね
2、不定休だからダメ
3、キャンセル料は高いわよ? 大丈夫?
4、参考までに、いつがいいの?


↓2


179以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 23:32:12.175yIP9R8BO (1/1)

3


180以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 23:36:24.438wEkO/gBO (1/1)

4


181以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 23:40:35.50LuOV8rrvO (2/2)

3


182 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/03(月) 23:48:33.99tCduys2uo (6/6)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


東郷「日程管理ならパソコンを使う?」

樹「デジタルな管理なんてアドバンスな感じで凄くグレイトですね」

樹「久遠先輩の過密なスケジュールのサイクルを紙やシンキングはとてもハードですから」

東郷「い、樹ちゃん……?」


歌野「どう? これが東郷さん完封の極意よ!」

風「えー……」


183以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 23:57:21.77lOKnfOoXO (1/1)


横文字の力ってスゲー!
それはともかく夏凜ちゃんはどんなやり方で久遠さんを喜ばすのだろうか


184以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/04(火) 00:18:32.58KkVPwAKBO (1/1)


樹ちゃんがルー大柴に


185 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/04(火) 21:23:30.80KdJ8i6bKo (1/6)


では少しだけ


186以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/04(火) 21:26:06.89D+51TXD8O (1/1)

あいあいさ


187 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/04(火) 22:13:11.06KdJ8i6bKo (2/6)


天乃「参考までに、いつがいいの?」

夏凜「何の参考になるのよ」

天乃「スケジュール調整?」

夏凜「7人も相手いる時点であんたに休みなんてないわよ」

天乃「年中無休でエッチしてたら私壊れるわ」

子どもがいるのでそんなことはまずない

けれど、特定の誰か一人ではなく

複数人と交際する天乃にはある程度覚悟が必要だ

天乃「だから、一番何もしてくれない夏凜の話を参考にしておきたいの」

夏凜「……まだ怒ってる?」

天乃「怒ってないわ」

ちょっとした嫌味だと微笑む天乃に、

夏凜は困って眉を顰めると、口を開く

夏凜「次に天乃が大丈夫な日よ」

天乃「近すぎるわ」

夏凜「参考になるでしょ? みんなと同意見で」


188 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/04(火) 22:37:54.86KdJ8i6bKo (3/6)


天乃「参考にならないんだけど……」

夏凜「みんながどれくらい我慢できるかの参考なんて必要ないでしょ」

天乃が本気で一言無理だと言えば、それでみんなの手は止まる

天乃が平気になるまでいくらでも待ち続ける

その分、待たせたあとが悲惨なことになるが。

夏凜「最短なら私が言ったように次の大丈夫な日だし、最長ならいつまでだって」

天乃「夏凜は待つんじゃなくて待たせる人でしょ」

夏凜「トラウマ持ちだから。幸せが怖いのよ」

今もまだ少し怖さはある

夜、隣で眠っていたはずなのに

朝、目を覚ましたら瀕死に陥っているあの光景、あの感触

今はもう、あんな悲劇は起こらないと分かっているけれど……

夏凜は薄く笑う

夏凜「出来るだけ早めでお願いするわ」

天乃「うん?」

夏凜「順番。いっそ整理券でも配っちゃえば?」

天乃「嫌よ、なんか変な感じするじゃない」


189 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/04(火) 23:00:46.16KdJ8i6bKo (4/6)


夏凜「自由にどうぞはさすがに不味いんじゃないの?」

天乃「それはそうだけど……でも、夏凜は私が物みたいに扱われててもいいの?」

夏凜「全く良く――……あぁ、そうね」

ごめん。と、夏凜は得心がいって謝る

みんながそんなことするはずがないのは確かだ

しかし、整理券を配って

次はこの人、次はこの人

そうやって回されているのは、良い印象はないし

夏凜からしてみれば【愛し合う】というものから最も遠くに感じてしまう

天乃は知識がないからそんな言葉を知らないし使わないが

夏凜や東郷達にはその天乃が知らない最低な言葉が引き出されるような状況だ

天乃「みんなが私を満足させてくれるのは間違いないし、信頼してる。だから、そういうのは夏凜達が納得できるように決めて貰いたいわ」

昨日は誰だったから、今日は誰が行こうか

そんな相談をするのか天乃は分からないけれど

少なくとも、おかしな決め事を作ってしまうのは良くないように思う

夏凜「天乃がそれでいいならそれでいいけど、どうなっても責任はとれないわよ」

天乃「責任とってくれるんでしょ?」

夏凜「そういう責任までは取れないっての」


190 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/04(火) 23:14:39.87KdJ8i6bKo (5/6)


天乃は何人まで同時に相手が出来るだろうか

少なくとも二人を同時に相手した経験は何度かあるはずだから、大丈夫だろう

しかし、二人と言わず三人

いっそ初回は全員で。などと

情け容赦なく切り出す人も勇者部の中に入るのがネックだ

それを多数決にした場合、

三人が賛成に回ることはほぼ確定している

友奈がいない期間であれば六人になるので半数が賛成になってしまう

樹は反対に加勢してくれるだろうけれど、風が意外に教育的指導とでも言って賛成しかねない

夏凜「ちなみに天乃って何人までなら相手できるの?」

天乃「え?」

夏凜「あくまで参考よ。参考……参考だからそんな目で見ないで」

止めるべきか見逃して平気なものか

夏凜はあくまでその参考で聞くつもりだと、ちょっと瞳を曇らせた天乃の手を握る

天乃「二人は……多分平気。でも、三人以上は分からないわ」

夏凜「やってみたい? みたくない?」

天乃「待って、その質問必要ある?」

夏凜「かなり重要」

冗談ではなく、本当に。


1、夏凜に任せる
2、知らないわよっ
3、好奇心で言えばある。けど……怖いわ
4、みたくない


↓2


191以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/04(火) 23:16:58.93WkcIpcqhO (1/2)

1


192以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/04(火) 23:18:00.48VYywBiCQ0 (1/1)

4


193 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/04(火) 23:28:02.53KdJ8i6bKo (6/6)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


東郷「整理券なのね。生理券だと思ったわ」

風「急に何言ってるの?」

東郷「いえ、生理だから今日は出来ません。というお断り券的な意味かと」

園子「さすがわっしーその発想はなかった!」


東郷「それにしても、大丈夫な日って安――」

風「言うなーっ!」


194以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/04(火) 23:28:20.34FOfCCgoZO (1/1)

3


195以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/04(火) 23:35:39.09WkcIpcqhO (2/2)


まぁ何人も同時はさすがに体が持たないだろうしやむ無しか


196以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/05(水) 08:04:32.52/PFXa7+PO (1/1)


戦いが終わって肩の荷がおりたからかえっちなお話が続くな


197 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/05(水) 22:04:24.61h0COBDWVo (1/6)


では少しだけ


198以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/05(水) 22:12:46.148krtqsY3O (1/3)

いえす


199 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/05(水) 22:22:07.00h0COBDWVo (2/6)


天乃「重要なら……」

渋々と呟いた天乃は少しだけ考えて、首を振る

二人までなら経験もあるし、

避けるべきではあるけれど、許容範囲内だと言える

しかし、それ以上は

天乃「やってみたくないわ。あんまり多いのは大変だし」

夏凜「ちゃんと感じられない?」

天乃「感じることは出来るけど……その逆よ。私が愛しきれないと思うの」

当然のことながら、

愛していないわけではない

けれど、性的な行為の真っ最中ともなれば、

全員に平等に分け与えるなど到底出来ることではない

天乃が性行為におけるスペシャリストならばその限りではないかもしれないが

残念ながらそうではないのだ

天乃「エッチなことは、深く広く幸せを感じられてこそだと思うのよ」

夏凜「へー……やられ慣れてる人は流石、感性が違う」

天乃「馬鹿にしてるでしょ」

夏凜「関心してんのよ」

天乃「そうは聞こえなかったわよ」


200 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/05(水) 22:49:43.13h0COBDWVo (3/6)


ムッとして見せた天乃の頬を人差し指と親指でつまむ

血の気が失せ、冷え切ったそれとは違い

温かく、むにゅっとした弾力が返ってくる

天乃「……こら」

夏凜「触って欲しいのかと思って」

膨らませた頬から瞬く間に空気が抜けたのを感じて

夏凜は笑いながら手を引っ込める

つまむかつつくか。

迷ったのは意味の無い隠し事

夏凜「まぁ分かった。みんなにもそう伝えておくわ」

天乃「うん」

夏凜「そういえば、瞳はやっぱり大赦の方に集中するそうよ」

天乃「そっか……」

夏凜「けど、家は変わらずあの場所にいるそうだから。会おうと思えばいつでも会える」

天乃「大赦なんてやめちゃえって言わなかったの?」

夏凜「瞳が無理してるなら、それも辞さないつもりだったけど……その必要はなかったわ」


201 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/05(水) 23:16:11.46h0COBDWVo (4/6)


天乃「………」

瞳と夏凜の間でどんなやり取りが行われたのか

夏凜の何とも言えない笑みを見て、

意外にあっさりとしたものだったのだろうと、天乃は思う

悪い意味ではなく、良い意味で。

夏凜「今までできることが少なかったことで溜まってたこともあるらしいし」

天乃「仕事に熱中しすぎないように注意して欲しいわね」

夏凜がそれで納得しているのなら、

それでいいのかなんて聞く必要はない

瞳だって、

夏凜と話した後で、そんな無茶はしない……はずだ

夏凜「そうね。天乃みたいになられても困る」

天乃「私は……ほら。一応、改心? したじゃない?」

夏凜「それまで大変だったんだから、ほんと」

思い出して、呆れて

大変だったころを飛び越えて……

困り気味な笑みと、悪戯心の混じる笑み

二人の表情が僅かに揃う

夏凜「色々間違うかもしれないし大変かもしれないけど……これからも、何とかやっていきましょ」

天乃「ええ……成せば大抵なんとかできちゃうものだからね」

一人でではなく、みんなでなら。


202 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/05(水) 23:17:40.39h0COBDWVo (5/6)


√ 2月17日目 昼 (病院) ※木曜日


01~10 風
11~20
21~30 若葉
31~40
41~50 東郷
51~60
61~70 園子
71~80
81~90 歌野
91~00 球子


↓1のコンマ

※ぞろ目夏凜継続


203以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/05(水) 23:18:45.828krtqsY3O (2/3)




204 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/05(水) 23:26:53.71h0COBDWVo (6/6)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


205以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/05(水) 23:42:08.058krtqsY3O (3/3)


行為はなくともあまにぼのやりとりはいつも尊いなぁ
あとさりげなく瞳さんとお別れせずに済みそうなのが嬉しい


206以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/06(木) 00:57:23.36dyyXirmNO (1/1)


こういうところで継続しないのが夏凜の引きの悪さ


207 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/06(木) 21:49:28.18ZWLYk8ESo (1/3)


では少しだけ


208以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/06(木) 21:50:29.5773LxdGDPO (1/1)

よっしゃ


209 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/06(木) 22:39:59.97ZWLYk8ESo (2/3)


√ 2月17日目 昼 (病院) ※木曜日


夏凜と一緒に病室へと戻ってきていた天乃は、

夏凜が出て行った後に閉まる扉を一瞥して、子供へと目を向ける

歌野「三好さんに残って貰わなくてよかったの?」

天乃「お昼だから戻るって」

歌野「引き留めたらよかったのに」

困ったように言う歌野に天乃は苦笑して、首を振る

引き留めるのは二度目になってしまうし、

無理に引き止めたりしなくても……もうきっと大丈夫だ

天乃「さっきまで十分会ってたから大丈夫よ」

歌野「それなら良いんだけど……」

天乃「歌野は良いの? 水都さんと会わなくて」

歌野「みーちゃんとはエブリディちゃんと一緒よ。さっきまでも一緒だったんだから」

天乃「二人で見ててくれたの?」

歌野「郡さんは大丈夫って言ってたけど、とってもキュートだからね」

見てみたかったの。と、歌野は満面の笑みで言う

みんなは受け入れてくれているけれど

昨日の夜から翌日のお昼まではさすがに任せ過ぎた気がしなくもない


210 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/06(木) 23:55:39.40ZWLYk8ESo (3/3)


天乃「千景たちは何か言ってた?」

歌野「チェンジする時? ノーよ。とくには何も」

少なくとも文句は言っていなかった

子どもを見る目は優しかったし、

伸ばされた手に応じる姿は姉のようだった

歌野「むしろ、一緒に居られることがハッピーなように感じたわ」

天乃「意外に子供が好きなのかしら」

子どもの無垢な瞳、柔らかい笑顔

それは、戦いの中に生きてきた千景にとっては、

とても救われることなのかもしれない

歌野「郡さんは、私達と一緒に行かずに残っている方が幸せかもしれないわ」

天乃「千景にはそれ、聞いたの?」

歌野「ううん。けど、そう感じたわ」

若葉達と一緒に居る時だって別段不幸せな感じは全くないし、

世界に出ていくことを嫌がっているような素振りも見せていない

けれど、

天乃の子供と一緒に居る姿を見ていると、歌野はそう思うのだ


211 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/07(金) 00:09:21.62YDgHLtKAo (1/4)


千景が子供のことを好きなのか

子供の子供らしい笑顔を見ることのできる今に安堵しているのか

それは定かではないけれど、

千景は子供を任されることに不満がないどころか、

嬉しそうに相手をしている

過酷になるとは限らないが、

決して楽になることのない旅に出向くよりもいいかもしれない

もちろん、千景の意志が重要だが

天乃「歌野達は残ろうって思ったり?」

歌野「行くだけ行くわ。行く理由が、あるから」

天乃「そうね……」

元々が四国だった千景たちと違って、

歌野と水都は諏訪に居たはずの勇者だ

状況が状況だけにかつてのような姿はもうないかもしれない

だが、それでも二人にとっては大切な故郷であることに変わりない


212 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/07(金) 00:09:52.50YDgHLtKAo (2/4)


では、途中ですがここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


213以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/07(金) 00:18:27.35ucOGN6x3O (1/1)


てっきり若葉たちと同行すると思ってたらそうでもなさそう?
千景も久遠さんたちと子育てをしたいのだろうか


214以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/07(金) 08:03:02.835yO8jFGRO (1/1)


そういえば諏訪の方に陽乃さんがなにか残していったものがあるんだっけ?


215 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/07(金) 22:51:23.62YDgHLtKAo (3/4)


遅くなりましたが、少しだけ


216以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/07(金) 22:56:22.10FJLibKe8O (1/1)

やったぜ


217 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/07(金) 23:52:56.81YDgHLtKAo (4/4)


歌野「大丈夫よ。精霊だから死ぬなんてことはナッシング」

天乃「絶対にないわけじゃないでしょ」

歌野「戦いがなければ絶対にないわ」

力を使い切ってしまったり、

精霊でさえ耐え切れないほどの深い傷を負わない限り死ぬことはない

四国から諏訪まで徒歩で行くのだとしても

精霊ならば余裕だろう

歌野「なにより、精霊だから有事の際は久遠さんのもとに帰ってくることが出来るわ」

天乃「自慢げに言わないの。そこまでの距離を離れても有効とは限らないでしょ」

歌野「慢心はしないわ。ノープロブレム。いつだって警戒は怠らない」

けれど、

天乃との力の繋がりは感じられる

一時的に酷く弱ったものだが、

今では十分に繋がりを感じられている

離れればそれも弱まってしまうことだろうが

それが途絶えることはないと、歌野は感じていた


218 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/08(土) 00:37:57.17dykPwkDyo (1/9)


天乃「神樹様の力が混じったのに?」

歌野「むしろその恩恵かもしれない」

歌野がここにいるのは、天乃や陽乃と言った穢れの力による影響が大きいが、

歌野は元々神様に選ばれた勇者であり

陽乃が魂を宿したのも神様だ

神樹様の力が含まれたとしても

悪い影響はないのかもしれない

天乃「……だとしたら、逆に千景は」

歌野「郡さんも一応は神様なんでしょ?」

天乃「一応というか……」

死神という点では一応かもしれないが、

その元である伊邪那美という名を持つ存在は

一応などという位に収まることのない神だ

ただ、神樹様の力をも殺すようなものだが

天乃「若葉は素戔嗚だから大丈夫だろうけど……球子達も心配ね」

歌野「力がどこまで平気なのか、段階的にテストしたほうが良いわね」


219 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/08(土) 00:53:05.10dykPwkDyo (2/9)


天乃「九尾に話を聞いてからね」

歌野「グッドなアイディアね」

九尾に聞いても

そこまで離れたことはないから分からない。となるかもしれない

けれど、力の繋がりが途切れた際のことくらいは話が聞けるはずだ

以前のように天乃が不調に陥ったことによる不安定さではなく、

天乃も歌野達精霊も万全な状態での不通

超常な力による障害のない環境下でのことだし

手の打ちようはあるはずだ

歌野「行かせなくて済むって、シンキングしないの?」

天乃「行かせたくない気持ちもあるけど……ちゃんと理由があるんだもの」

出来るだけ確実に、安全に

旅を終えて欲しいと思うからこその話であって

阻みたいわけではないし

歌野達が行くことが出来なくなったからと言って喜べることでもない

天乃「確実に辿り着いて欲しいし、確実に帰ってきて欲しいわ」


220 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/08(土) 00:53:46.85dykPwkDyo (3/9)


では途中ですがここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


221以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/08(土) 00:59:23.41feI1ZDcFO (1/1)


若葉は単身赴任に……


222以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/08(土) 01:08:41.20lZKsJZa4O (1/1)




223以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/08(土) 12:35:22.759Q3+BmxvO (1/1)

九尾なら知ってそうだし大丈夫でしょ


224 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/08(土) 22:02:52.98dykPwkDyo (4/9)


では少しだけ


225以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/08(土) 22:03:34.94SQCTAFOJO (1/2)

おk


226 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/08(土) 22:17:13.52dykPwkDyo (5/9)


歌野「久遠さん、本当にお母さんね」

天乃「そう、かしら?」

歌野「ええ。とっても」

なぜこの場面でと困惑する天乃をよそに、

歌野は幸せそうな微笑を浮かべる

自分たちのことを想ってのことだと言うのは分かるが

顔つきは母親そのものだった

心配で、不安で

でも、子供がそうしたいと言う強い意志を持っているから送り出す

だからそれが無事に終えられるようにと願い

そう出来ることに尽力する

歌野「一回りも二回りも、久遠さんは先にいるみたい」

天乃「子供を産んだか産んでないかの違いってそんなにも大きいの?」

歌野「産んだか産んでないかというよりは……赤ちゃんへのビッグなラブがあるかどうかね。きっと」

天乃「だとしたら、みんなとそんなに変わらないと思うわよ」

歌野「愛しているけど、ママの愛には勝てないものだわ」


227 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/08(土) 22:24:20.08dykPwkDyo (6/9)


残念ではなく、当然

歌野はそういうものかと困った表情を浮かべる天乃に、

そういうものだと、首肯する

天乃は本当にしっかりと、子供に愛情を注ごうとしている

まだまだ模索していて

不慣れな部分もあるように感じなくもないけれど、

そこはこれから頑張っていけばいいと思うし

そういった点を埋め合うのが夫婦というものではないだろうか。と

歌野は浅薄だと自覚しつつ、考える

母親も、母親としてみる子供の存在も

歌野には得られなかった経験だ

歌野「だからこそ、名前は久遠さん達で決めてね」

天乃「え?」

歌野「久遠さんならエブリワンの中にミー達もいるんじゃないかって思って」

天乃「それは……そう、だけど」

歌野「だったら聞く必要はないわ」


228 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/08(土) 22:45:40.27dykPwkDyo (7/9)


ノンノン……と指を振る

みんなに聞いて回るのは良いことだけれど、

あれもこれもと取り入れようとしていては時間がかかる

すでに、子供を産んでから数ヶ月

名前が決まってないのは可哀想だ

だから、考えたのだ

歌野「私達精霊一同は、久遠さん達に委ねるわ」

もちろん、沙織は対象外となっているが、

若葉は、「私にネーミングセンスというものを求めるな」と苦い顔をしていたから対象だ

聞くだけ聞くのは良いかもしれないけれど、

任せるというだろう

歌野「大丈夫、とってもグッドな名前だと思ってるから」

天乃「本当に?」

歌野「農業に誓って」

天乃「なら本当ね。信じなきゃ」


229 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/08(土) 22:59:35.44dykPwkDyo (8/9)


天乃は冗談めかして笑うと、

歌野から子供たちの方へと目を向ける

丸い瞳は天乃を見ると、その下の口元が動いて笑顔になって

小さな手が天乃を求めて動き出す

天乃はその手に応えて、指で触れる

天乃「優柔不断だから、助かるわ」

歌野「久遠さんは優しすぎるのよ。だから、相手が増えれば増えるほど悩む」

一人一人が納得するような答えを

そんな答えなんてそう簡単に出せるはずもないのに

それを求めてしまうから悩みすぎる

だから、夏凜の案が良いと天乃が決めたときに、

歌野達はお任せを選んだのだ

歌野「久遠さんは今のようにしている方がいいわ」

天乃「今?」

歌野「正確には、三好さんへの熱烈ラブコール?」

天乃「そ、そんな風に見えるの……?」

歌野「欲求不満ね。とは思ったわ」


230 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/08(土) 23:35:58.62dykPwkDyo (9/9)


歌野は自分で言って、気恥ずかしそうに頬を掻くと目を背ける

穢れの影響で乱れていた勇者部や天乃を見てきたし、

巫女として穢れを背負い

それによるちょっと危うげな精神状態になっていた水都のこともあって

少しだけ思い出してしまったのだ

天乃「子供を見ると落ち着くわよ」

歌野「……そうね」

それはそうだけれど

そのせいで夏凜が手を出さな勝ったりと色々あるわけだが

きっと、子供の笑顔の前ではそんなことは些末なことなのだろう

そう思うほどにはやはり、天乃は母親らしい顔つきだ

歌野「……精霊もマザーになれるのかしら」

天乃「?」

歌野「ちょっとだけ、知りたくなっちゃうわ」



1、五郎くんの力で妊娠したのが私だし、むしろ精霊だからできちゃうんじゃないかしら
2、それも含めて九尾に確認してみましょ
3、あら、だれかそうしたい相手がいるの?
4、えっと……それが、あれ? 誘ってるっていうやつ?


↓2


231以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/08(土) 23:36:45.62SQCTAFOJO (2/2)

3


232以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/08(土) 23:38:10.13wevE/lmF0 (1/1)

3


233 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 00:02:36.01XZ7Qx9A0o (1/17)


ではここまでとさせていただきます
明日はできればお昼ごろから


234以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/09(日) 00:12:24.06pT0WTj23O (1/1)


精霊で生きぬいて子孫残したのって若葉だけだもんなぁ
それにしてもあのうたのんが子作りに興味を…?


235以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/09(日) 00:29:23.09VszgPRy2O (1/1)


精霊が生やせるなら若葉は若葉パパになれるってことか?


236 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 17:08:32.43XZ7Qx9A0o (2/17)


では少しずつ


237以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/09(日) 17:16:42.55Rvqqp3g3O (1/4)

よしきた


238 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 17:32:58.63XZ7Qx9A0o (3/17)


天乃「あら、誰かそうしたい相手がいるの?」

歌野「全くこれっぽっちも」

歌野は困ったように笑いながら首を振る

若葉と違って一時的にも学校に通うなんてことをしていなかった歌野は、

この世界においての異性の知り合いなんて数えるほどにもいない

そんな中で、

天乃が悪五郎としたように

子供を作るほどの深い関係になりたいと思うような異性など

そうそう見つかるものではない

歌野「ただ……」

天乃「………」

呟いて、顔を背ける

言い淀む姿は悩んでいるからこそだが、

言っても仕方がないことだと思っているようにも見える

母親になれるのか、そうしたい相手はいない

ただ……

天乃「精霊なら女の子同士でもなれるのかって?」

歌野「!?」

天乃「水都さんと色々してたからでしょ? 別に恥ずかしがることじゃないわ」


239 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 17:52:22.31XZ7Qx9A0o (4/17)


歌野達はそうしなければならないことをしていただけだし

その経験を経て、

そういう関係になることは出来るのだろうかという疑問を感じただけのこと

悪五郎のような立ち位置の相手がいない以上

水都を相手として考えてしまうのは全く不思議ではない

天乃「でも、そうね。精霊同士ならどうなのかしら」

歌野「あ、えっと……久遠さん?」

天乃「別にからかったりしないわ。大丈夫、まじめに考えてみましょ」

歌野「えっ」

真面目に考えられるのが困る。と、歌野は天乃を見る

本当に真剣に考えようとしてくれているのは一目瞭然で

逸らした視線の先にいる子供を見てしまうと……少しだけ心臓が跳ねる

以前は思いもしなかったし、考えたこともなかった

けれどもしも

ずっと野菜を抱いていると思っていたこの両手に

子供を抱くことが出来たのなら

それを、一緒に見て水都が嬉しそうにしてくれるのなら……

今は、そう思う


240 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 18:37:20.95XZ7Qx9A0o (5/17)


天乃「私に子供が出来たのは五郎くんが男の子だったからだけど……」

精霊であるがゆえに

出せるのは本来のそれではなく、力だと言っていた

つまり、孕む側は本来のそれだけれど、

相手側はそうでなくても良かった

天乃「私が特別だとしても、二人だって私の力を受けているんだから特別だわ」

歌野「久遠さん、久遠さん」

天乃「どうしたの?」

歌野「久遠さんは本気でそれが出来るって?」

天乃「さぁ? でも、出来ないとはまだ言えないでしょ?」

反省霊化している沙織に知られたりしたら

とても大変なことになる予感しかしないが

それはそれ、これはこれだ

歌野がそうなりたいと望んでいて

そうできる可能性があるなら、模索してあげるのが主人の務めだろうと天乃は思う


241 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 18:46:35.34XZ7Qx9A0o (6/17)


天乃「歌野は子供を産んでみたいんでしょう?」

歌野「う、産むっていうか……」

天乃「産んで欲しい?」

歌野「そ、そういうことじゃなくて!」

慌てて手を振りのけぞった歌野は、

背後の壁に頭をぶつけたものの

気にすることなく顔を手で覆う

顔を隠しても、髪から覗く耳は正直者だ

歌野「ほんとう……違うわ……」

天乃「ママに興味があるんでしょう?」

歌野「それは……」

天乃「だったらどっちかが子供を産まなきゃ」

作るだけ作って、それで満足というのはそれこそおかしい話だ

ちゃんと産んで、育てるのが親の務めだろう

天乃「私もちゃんと調べておくから、二人もちゃんと考えておくのよ」

歌野「えっ」

天乃「ただ、期待はしちゃだめよ? それが出来るのならって仮定でね」

天乃がからかっているわけではないのは分かるけど

歌野は恥ずかしさに耐えられなくなって、姿を消してしまった


242 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 19:06:41.65XZ7Qx9A0o (7/17)


√ 2月17日目 昼 (病院) ※木曜日


01~10 園子
11~20
21~30
31~40 若葉
41~50 九尾
51~60
61~70 沙織
71~80
81~90
91~00 千景


↓1のコンマ


243以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/09(日) 19:21:09.19Rvqqp3g3O (2/4)




244 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 19:53:51.30XZ7Qx9A0o (8/17)


天乃「別に恥ずかしがらなくてもいいのに」

初めて抱いた想いだろうし

そのためにしなければならないことも分かっているだろうから

逃げ出したくなる気持ちも理解はできる

天乃「……でも、真剣に考えてあげないとね」

人間として女の子同士云々は東郷が何とかしようと考えていたが、

精霊同士のことについては考えていない

力を分け与えることで妊娠させることが可能なら

それは別に、男の子を相手にする必要はない可能性がある

しっかりと力を送り届けるという意味と、

本来の性交渉としての形を取るならば

男の子を相手しなければならないけれど

歌野と水都がそれを許容できる必要がある

天乃「なんて……できればない方向で考えてあげたいけど」


245 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 20:02:04.98XZ7Qx9A0o (9/17)


そもそも人間ではなく精霊

それも、豊穣の神の力を継いでいるのだから

子供くらいどうにかできるのではないだろうかと、天乃は思う

天乃「ただ……問題は相手が消えてしまう可能性。よね」

その問題を解決できなければ意味はない

悪五郎はその命を力として天乃に注ぎ、消滅することになってしまった

そうしなければ子供は産まれなかったし

天乃が助かることもなかった

天乃「九尾に聞いたらそれこそ笑われちゃいそうだけど」

九尾にとっては至極どうでもいいことだから

鼻で笑って、一蹴されるかもしれない

けれど、それでも願えばヒントの一つくらいはくれるはず

天乃「千景たちは、どう思ってるのかしらね」

精霊である千景たちは今の会話も聞いてしまっただろうし

少し気になると、天乃は呟く


1、精霊組
2、勇者組
3、イベント判定
4、子供の相手


↓2


246以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/09(日) 20:03:29.22hJkugDWB0 (1/1)

3


247以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/09(日) 20:04:18.09Rvqqp3g3O (3/4)

3


248 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 20:09:40.98XZ7Qx9A0o (10/17)


01~10 若葉
11~20 沙織
21~30 東郷
31~40 九尾
41~50 風
51~60 水都
61~70 千景
71~80 園子
81~90 大赦
91~00 球子


↓1のコンマ


249以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/09(日) 20:11:36.43Rvqqp3g3O (4/4)




250 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 20:14:13.95XZ7Qx9A0o (11/17)


ではいったん中断します
続きは21時半ごろから


251以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/09(日) 20:19:52.13mRwpfUkPO (1/1)

一旦乙
歌野が性的な話題を振られて動揺するという大変珍しい場面だったな


252 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 21:55:30.31XZ7Qx9A0o (12/17)


ではもう少しだけ


253 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 22:38:32.64XZ7Qx9A0o (13/17)


風「思っていたより大丈夫そうね」

部屋に来て早々に安堵を口にした風は、

困惑する天乃をよそに子供たちへと手を振ると、

素知らぬ顔で口を開く

風「樹の相手したって聞いたんだけど」

天乃「貴女が送ったの?」

風「樹自身の意志よ」

楽しんだようで何よりと嬉しそうに笑う風の奥に樹を感じる

去り際の樹は性行為とは別の理由で不満げだったけれど、

戻ってからは別で幸せそうにしていたに違いない

風「疲れ果ててると思ってた」

天乃「もうそうなるほど弱くないわ」

風「えっちに? それとも体が?」

天乃「両方よ」

風「樹が凄くエッチだったって悶えるほどだったのに?」

天乃「樹……」


254 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 22:57:54.03XZ7Qx9A0o (14/17)


風「いやー……可愛かった」

天乃「ばか」

初めからそれを言うつもりだったと言わんばかりの表情を見せる風が、

すぐ横に立てた椅子に座ると、

天乃はむっとしてその腹部を指で突き刺す

太っていないが特別筋力も感じないお腹の弾力に弾かれた指を、

風の手が掴む

風「楽しめたんでしょ?」

天乃「楽しめたと言うか……気持ちが良かった? って、言うべきでしょうね」

風「そっか」

ならよかった。と、

風は微笑む裏で言葉を飲み込む

風「樹から名前のことも聞いた?」

天乃「ええ、任せてくれるって」

風「それなんだけど……あたしも任せていい?」


255 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 23:18:39.62XZ7Qx9A0o (15/17)


天乃「どうして?」

風「一番の理由は、夏凜にその名前が良いって天乃自身が言ったこと」

天乃「聞いたの?」

風「聞いた」

樹が戻り、夏凜も戻ってきた少し前に

樹からの問いに頷き、夏凜の「私の案が良いって」という言葉で決めた

夏凜の考えた名前を天乃が良いと言ったのだ……これ以上のことはないだろう

風「だから、正確にはあたし達も任せて良い? ってことになると思うわ」

天乃「私の子供だけど、みんなの子供でもあるのよ?」

風「それでも天乃の子供でしょ?」

名前は特別な物だから

みんなで考えたとしても、決めるのは天乃が良い

なにより、

今でこそみんなで付き合っていくという形に収まったとはいえ、

天乃が一番に交際する相手として選んだのは夏凜で

その夏凜の案だと言われれば、反対する理由など相当不似合いでなければないも同然だ

風「天乃がそれが良いって思ったのなら、それが良いのよ。絶対に」


256 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 23:32:12.44XZ7Qx9A0o (16/17)


天乃「本当に?」

風「そんな自信なさそうにしなくても、嘘は言ってないわよ」

夏凜に言うとどうせ云々と返ってくることになるだろうが、

夏凜にしてはセンスが良いと思ってしまう

天乃の名前を使うことは前提だったけれど、

天乃の名前を用いた上で、

天乃の【天】という部分にもつながるような名前までは考えていなかった

風「夏凜は良い名前を考えたわよ。本当」

少しだけ……妬きたくなるほどに

樹が天乃の体を深く愛そうとしたのも

その嫉妬が少しはあったんじゃないかと風は苦笑いを浮かべる

風「天乃はそれじゃ嫌? 不安になる?」

天乃「………」


1、ううん大丈夫……みんながそう言ってくれるなら、大丈夫
2、不安よ。当たり前じゃない
3、みんなが信じてくれる私と夏凜を信じるわ


↓2


257以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/09(日) 23:43:22.802pMrlBslO (1/1)

3


258以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/09(日) 23:47:14.22QvCxOp+tO (1/1)

信じるものは救われる
3


259 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/09(日) 23:49:01.75XZ7Qx9A0o (17/17)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


260以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/10(月) 00:07:18.86ub1gB1GgO (1/1)


同じくいい名前を考えてくれてたさおりんの反応も気になる


261以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/10(月) 07:34:23.07SAsiAdWkO (1/1)




262以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/10(月) 07:45:46.02yBKhHC0qO (1/1)


ハーレムしてる感じがほんといいな


263 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/10(月) 22:22:10.19nYlv0ZJlo (1/5)


では少しだけ


264以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/10(月) 22:30:35.65Q+hwADMOO (1/1)

かもーん


265 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/10(月) 22:57:50.26nYlv0ZJlo (2/5)


天乃「そうね……不安がないと言えば嘘になる」

大事なことだからこそ、

幾重にも悩んだって答えを出したってきりがない

それでいいのか、本当にいいのか

誰かに問われることがなくても、自問してしまえば躓いてしまう

だから……と、天乃は風を見上げて微笑む

天乃「みんなが信じてくれる私と夏凜を信じるわ」

風「……なんか任せたのに任されてる気分になるわね」

天乃「信じてくれる風たちに頼ってるんだもの」

風「頼って貰えてうれしいわ」

笑みを浮かべながら頼っていると言ってくれる天乃を、

風は幸せそうに、見つめる

静かに手を伸ばして頬を撫でると、

天乃は少し驚いて目を見開いたが、抵抗をする素振りはなくて

風「みんな触るでしょ?」

天乃「私に触るならあの子たちに触ってあげてって言いたくなるくらいには」

風「仕方がないでしょ」


266 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/10(月) 23:13:05.85nYlv0ZJlo (3/5)


実際に天乃に触れている風は、

その感触を感じるままに、親指だけを動かして頬をなぞる

風「元気も幸せも嬉しいも楽しいも口でなら何とでもいえるから」

天乃「疑ってるの?」

風「心配してるのよ。それを触って拭うの」

天乃「ほんとに?」

風「……少なくとも半分くらいね」

ごく一部性的接触の前触れ――とまではいかないとしても

ただ触れたいだけの人もいないとは限らず、

絶対にそうだとは言い切れない風は困った表情で呟く

風「だけど、天乃がちゃんと柔らかくてあったかくて可愛いと安心する」

天乃「可愛いわ余計だわ」

風「結構重要な要素だと思うけどなー」

疲れていたり、やつれていたり

少し前までの天乃は酷く憔悴しきっていたように思う

その姿を可愛いと呼ぶことなんて出来ない

でも、今はそうではない

可愛いと感じ、思い

何の気兼ねもなく口にできると言うことは、結構重要なことなのだと風は噛みしめる

それは、平和な世界で退屈だとぼやくように

当然だからこそ忘れがちなことだ


267 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/10(月) 23:28:47.27nYlv0ZJlo (4/5)


風「おはようおやすみの代わりに可愛いって言うのはどう?」

天乃「嫌よ恥ずかしい」

風「可愛い、天乃」

天乃「風っ!」

怒るわよ。と、気迫の無いしかめっ面は逆に可愛らしくて

もう少し

いや、もっと可愛いと言ってしまおうかと悪戯心に火がつく

可愛いと言い続けたところで天乃が本気で怒ることはないし

もっと可愛い姿を見せてくれる

本気で怒った天乃は本当に危ない―色々な意味で―けれど、

そうじゃない天乃はただ愛らしいだけだ

風「じゃぁ、可愛いって挨拶と隙って挨拶ならどっちがいい?」

天乃「どちらかしか駄目なら可愛いに決まってるわ」

風「ん……? なんで?」

天乃「言われ過ぎても、言葉が軽くなるだけだもの」


268 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/10(月) 23:48:04.40nYlv0ZJlo (5/5)


風「……あぁ」

可愛いというのは誉め言葉で、

天乃に向けられる言葉ではあるが、

その仕草、着込んだ衣服などによって変化することもあり、

内面的な部分が皆無とは言わないが外面的な部分が大きい

一方で、容姿や仕草を好きと言うこともあるけれど、

それは好きなのであって恋愛的に好きとは言えないことも多く

好きという言葉は内面に向けられてこその言葉だと天乃は思う

だからこそ、

思いを込めての好きという言葉は無意味に連呼して欲しくない

天乃「そういう告白は大事にしたいの。ね?」

天乃は静かに。と言うように人差し指を自分の唇に押し当てると、

にっこりと笑みを浮かべて窺う

風「ん……」

天乃としては、好きという言葉を抑えてね? という意味合いでのことだったが、

風からしてみれば【可愛いと言って抱き着くか】、【好きと言って指を挟んでキスをするか】の二択を与えられたようなもので、

数秒の硬直ののちに止まっていた瞬きを数回すると

風は少し目を逸らす

風「好きって言っていい? あと可愛い」

天乃「何言ってるのよ、大丈夫?」

風「一応確認しておこうと思って」


269 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/11(火) 00:04:50.51UXn+2Pv6o (1/10)


樹と昨夜エッチなことをしての今日

この時間でも十分に元気そうな天乃は

もしかしてヤってしまえるのではと思わせてくれるけれど、

念のためを思えば手を出さない方がいい

それなら、始まりを告げるキスは避けるべきだ

天乃「別に許可とって何て言ってないわ」

風「でも軽々しく言われたくないんでしょ?」

天乃「挨拶レベルで言われるのは嫌だけど、本当にそう思って言ってくれるのなら全然嬉しいわ」

自分で言うのは恥ずかしいのか

少しだけ頬を赤く染めていく天乃は耐えらなかったのだろう

風から顔を背けて、子供達の方を見る

風につかまれた手はそのままだが、

頬に感じていた感触が滑り落ち、布団への重みが加わる

天乃「わがまま、かしら」

風「……あんまりいじらしくされると困る」

天乃「え?」

風「据え膳食わぬは女の恥って言うじゃない? マナーそっちのけでがっつくことも厭わないわよ?」

天乃「待って、ごめんなさい。誘ったなら謝るわ。まだ良く分かってないの」


270 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/11(火) 00:12:39.42UXn+2Pv6o (2/10)


では途中ですがここまでとさせていただきます
明日はできれば少し早い時間から


樹「女……?」

東郷「現代版よ。間違ってないわ」

樹「そうなんですか?」

夏凜「違うに決まってるでしょ」


271以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/11(火) 00:19:00.18/IN7PuNSO (1/1)


久遠さんの誘い受けで風先輩のターンになってしまうのだろうか


272以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/11(火) 08:02:10.10n4n10JziO (1/1)


二人とも反応がかわいいな


273 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/11(火) 20:42:40.99UXn+2Pv6o (3/10)


では少しだけ


274以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/11(火) 20:43:45.72+bd3y7nyO (1/3)

あいあいさ


275 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/11(火) 21:04:56.75UXn+2Pv6o (4/10)


風「まだってことは勉強でもしてるの?」

天乃「勉強してると言うか……樹にも、誘いすぎだって言われちゃって」

風「でしょうね」

勇者部が発足する以前から天乃の人気は非常に高かった

声をかければ反応してくれるし、

天乃の車椅子という状況に手を貸すのは断られるけれど、

ありがとうと、笑顔を見せてくれる

分け隔ての無い接し方ゆえに

男子生徒のもしかしたら。なんて噂を耳にすることも多々あった

天乃にそんな気はなくても、

相手に【いけるのでは?】と思わせてしまっているということだ

風「天乃って常に受け身な感じがあって、押せ押せで行けば行けそうな雰囲気なのよ」

天乃「受け身なつもりはないわ。でも、やっぱりその評価なのね」

風「その落胆したようなところも、抱きしめたくなる」

天乃「こんなことまでそうなるなら、なにもできなくなっちゃうわよ」


276 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/11(火) 21:26:14.23UXn+2Pv6o (5/10)


風「普通ならならないわよ」

天乃「私は普通じゃないって受け取っていいかしら」

風「普通じゃないに決まってるでしょ、特別も特別よ」

天乃に限って言えば、

攻めの言動でさえ誘い文句でしかないのではと、風は思う

雰囲気が、声が、どうしようもなく気持ちを煽ってくる

きっと、小さくて大きくて愛らしさが大きいのが原因だ

風「だからどうしようもない」

天乃「どうしようもないって……」

誘うような言動を控えようとしても、

言葉を考えるその逡巡の間に、距離を詰めてしまう

そして、相手は耳元で囁くのだ

風「……考えてる間に、全部終わるわよ」

天乃「馬鹿なこと言わないの」

風「あら、真面目よ。というか……本気ね」

天乃の手を握る手を、手首へと滑らせていく

少しずつ腕の力を強めて、天乃の体を布団へと押し付ける

風「天乃が誘っちゃう体質か、あたし達の頭がおかしいか。どっちだと思う?」



1、なによそれ……おかしいだなんて言わせるつもり?
2、私としては後者ね。だっておかしいじゃない。そんな誘ってる誘ってるって
3、そういう体質だったら、私どうなっちゃうのよ
4、どっちでもない。私が知らなすぎるだけ


↓2


277以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/11(火) 21:27:19.38+bd3y7nyO (2/3)

4


278以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/11(火) 21:28:34.91BqsX/Sga0 (1/1)

3


279 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/11(火) 21:57:37.46UXn+2Pv6o (6/10)


天乃「そういう体質だったら、私どうなっちゃうのよ」

風「んー……まぁ、何とかなるでしょ」

天乃「そんな大雑把なこと言わないでっ」

風「………」

天乃には風のことを疑いたくない気持ちがあるから、声に不安を感じる

抱きしめて、頭を撫でたい

大丈夫だと、宥めたい

風は心の脈動を感じて、ひじにまで上がっていた手を天乃の首筋にまで登らせて、

親指の先で顎をなぞる

風「天乃がフリーだったらめちゃくちゃ危ない。でも、あたし達がいるでしょ?」

天乃「みんながいるからってどうにかなるの?」

風「他人からの脅威は……どうにか」

天乃「私は身内からの脅威について聞きたいんだけど」

風「そこは節度を保って健全なお付き合いをしていくことで安定化をね?」

天乃「駄目なのね? どうしようもないのね?」

風「天乃がかまってくれれば大丈夫よ。今は数ヶ月の半禁欲生活で我慢が効かなくなってるだけ」


280 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/11(火) 22:07:32.64UXn+2Pv6o (7/10)


天乃「構うって……樹にされたようなことをみんなにされるの?」

風「そういう質問禁止。ほんと」

天乃「体と心の準備が必要なのに……」

毎回あれでは、

二日に一度だとしても体に影響が出てしまいそうな気がしてならないのだ

だから、どの程度なのかを聞きたかっただけなのだが、

風はどのようなプレイに勤しんだかなど知る由もなく、

幸せそうな樹と、相当な内容だったのだと察せられる天乃の反応を知るだけ

であれば……どうするか。

風「どの程度なら良いのか、樹とはどの程度したのか体に聞くわよ」

天乃「えっ……ちょ、ちょっと!」

胸の膨らみに押し上げられて広がる患者衣の胸元

胸と胸の間に人差し指を突き立てた風は、

ぐっと押し込むと胸の動きを目で追って……手を引く

風「冗談。でも、半分本気」

天乃「……冗談でも、して良いことと悪いことがあるわ」

風「ごめん。でも、天乃だってほかの人がどうだったとか言うのは避けるべきよ」


281 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/11(火) 22:17:26.11UXn+2Pv6o (8/10)


風「特に、今みたいに溜まってるときはね」

天乃「……ごめんなさい」

風「ううん、責めてごめん。天乃は不安だっただけなんでしょ?」

体と心の準備が必要だと言った

そのレベルの樹の手法が物凄く気になってしまうが

はっきり言って天乃は性行為において勇者部の中で最弱だ

樹が格上のテクニックを持っているとは限らない

風「夏凜とはしてないの?」

天乃「え、ええ……」

風「そっか」

天乃「何かあるの?」

風「天乃ってエッチなこと好き?」

天乃「なっなんで急にそんな質問が出てくるのよっ」

風「参考までに知りたくなった」

天乃「っ……馬鹿じゃないの?」

風「沈黙は肯定と取るけど良い?」

天乃「馬鹿なの!?」


282 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/11(火) 22:27:09.94UXn+2Pv6o (9/10)


沈黙などしていない

けれど、風は怒鳴った天乃の顔をまじまじと見つめる

いつもより頬が上気している

触れている体も心なしか普段より温かい

天乃「……ゃ、イヤよ。そんなこと言うなんて」

見つめていると、天乃の唇が動いて言葉を紡ぐや否や顔が逸らされてしまう

横髪の隙間から耳が覗く

食べ頃の白桃のように見えてくる

風「好きなんでしょ?」

天乃「っ……」

風「体に染み込んでるんだから、おかしいことじゃない」

天乃「止めて……なんなの。駄目よ。今日は駄目っ」

ぐっと押し返そうとする貧弱な力

圧倒するのは容易だが、あえて押し負けた風は体を起こして息を飲む

風「今日は?」

天乃「今日はダメなの。お願いだから許して」

風「明日なら良いの?」



1、風、落ち着いて
2、みんなで相談でもして頂戴
3、もう我慢できない?
4、明日なら……多分

↓2


283以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/11(火) 22:35:42.37kS9Dk09fO (1/2)

4


284以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/11(火) 22:37:31.27x6JLPI2s0 (1/1)

1


285 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/11(火) 22:44:16.98UXn+2Pv6o (10/10)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


園子「やっちゃうのかな、子供いるのに」

東郷「鎮静剤を撃ち込む用意は出来てるわ」

樹「お姉ちゃんを獣扱いしないで」

東郷「樹ちゃん。久遠先輩の前ではみんなケダモノよ」


友奈「鎮静剤が必要なのは東郷さんじゃないかな」ガタッ

東郷「友奈ちゃん!? 骨折した足でどうやって!?」

友奈「根性……かな?」


286以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/11(火) 23:03:48.18kS9Dk09fO (2/2)


風の久遠さんにエッチなこと言わせたい気持ちは分かるよ
絶対照れるからね襲いたくなるね


287以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/11(火) 23:41:50.65+bd3y7nyO (3/3)


不安材料の大部分がなくなったせいか欲求が制御出来なくなってるけど大丈夫だろうか
あとオマケの友奈ちゃんが別の意味で超人に…


288以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/12(水) 01:40:56.80SKrPw4HkO (1/1)


まあハーエム作った時点で身体壊さない程度に皆愛さなきゃいけないのは義務ではある


289 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/12(水) 21:23:46.04lnntlrYRo (1/6)


では少しだけ


290以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/12(水) 21:24:24.293jAjcUX0O (1/3)

よしきた


291 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/12(水) 22:05:50.47lnntlrYRo (2/6)


天乃「風、落ち着いて」

風「落ち着いてないように見える?」

天乃「そう感じるわ」

近くとも遠い二人の距離

鮮明な息遣いは乱れを感じさせないけれど、深みがあって

下から見つめる形になっているせいか風の瞳には影が差している

風「……そっか」

天乃「風、私――」

風「ううん、天乃が悪いわけじゃないわ」

今だって我慢は出来ている

けれど、押し倒しておいて我慢が出来ていると言えるのだろうか

真に迫るものがあった天乃の声が答えだ

風「私が――っぁ!?」

天乃「風!」

腕を放し、離れた風は天乃から少しでも離れようとしたのか

すぐ後ろの椅子に躓いて、尻もちをつく

大きく揺れた椅子は少し遅れてがたんっと音を響かせながら風の傍に崩れた


292 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/12(水) 22:15:59.43lnntlrYRo (3/6)


風「いつつ……まぁ、あたしの自業自得よね」

天乃「風、大丈夫? 痛めてない?」

風「……お人好し過ぎない?」

ベッドから身を乗り出して、

手を差し伸べてくれる天乃に、風は思わず皮肉をぼやく

つい数秒前に押し倒して嫌なことをしようとしていた相手を気遣うなど、普通はしない

たとえ相手が交際している相手であっても

馬鹿なことしようとした罰だなんて、笑ってやるべきなのに

風「あたしがその手を引っ張って引き摺り落とす可能性を考えてないの?」

天乃「そんなことす理由がないじゃない」

風が押し倒す理由はあった

そこには天乃自身、責任を感じているし

駄目だと言っても風がどうしようもなく……というのならば、

体を壊す覚悟で付き合うことも厭わない

だが、悪ぶった笑みの呟きを実行するだけの理由がない

天乃を痛めつけたいと言うのなら、ベッドに押し倒して弄ぶ方が間違いなく有益だ


293 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/12(水) 22:34:19.33lnntlrYRo (4/6)


天乃「ほら、大丈夫?」

風「……大丈夫。あたしより二人は?」

普通、寝ていようがいまいが、

急な騒音には驚いて泣き出すのが赤ちゃんだ

しかし、天乃の子供である二人は、

泣き出すこともなく、いつの間にか穏やかに眠っている

風「二人が落ち着いてるのは、お腹の中に居た時が一番大変な時期だったからかもね」

天乃だけでなく子供も死ぬかどうかということさえあった妊娠時代

そんな経験を経た赤子には、

椅子の倒れる音など小鳥の囀りよりも耳に残らないのかもしれない

風「天乃が言う通り、ちょっと落ち着いてなかったわ」

天乃「ごめんね」

風「謝らなくていいのに」

天乃「風が一杯一杯なのは聞いてたのよ」

誘エバ確実に押し倒されますと、樹は確かにそう言っていた

天乃は誘ったつもりはないけれど、天乃がどう思うかではなく相手がどう受け取ったのかが大事だ


294 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/12(水) 22:57:38.73lnntlrYRo (5/6)


一人二人ではなく

大勢と付き合うことの大変さは覚悟していたつもりだ

穢れによる影響で深く広く性的知識に触れてしまったことで、

それがより生々しい色濃さに染まっていってしまうことも、

覚悟をしていたはず

天乃「……でも」

赤ちゃんを言い訳にするのは子供以上に狡い女の言い訳だ

したくないならしたくないと、はっきり言ってしまうべきで

そうではないのなら、樹にしたようにするべきだろう

とはいえ、連日連夜は体が壊れかねないのが悲しい現実だ

天乃「でも、本当に連日は私の体が持たないの……せめて一日は間隔をあけさせて」

風「そんな、天乃は別にあたし達の……なんていうか、エッチするだけの仲じゃないんだから」

天乃「一度覚えた快感は忘れられないわ。そうでしょう?」

風「ぅっ……」

それを覚えさせてしまった責任が、天乃にはある

だから、解消させるのは自分の役目だと天乃は思っている


1、風は私含めた3人ですることに抵抗はある?
2、風は受験大丈夫そうなの? 頑張れそう?
3、私がいなければ、みんなもっと健全だったでしょうね
4、ごめんなさい。私は好きよ……抱かれていると、凄く安心できちゃうの


↓2


295以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/12(水) 23:02:16.503jAjcUX0O (2/3)

4


296以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/12(水) 23:02:23.39bq8qiATtO (1/1)

1


297以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/12(水) 23:03:16.032JtNV9AT0 (1/1)

3


298 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/12(水) 23:13:16.10lnntlrYRo (6/6)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


風は樹を含めた3人での行為経験済


299以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/12(水) 23:25:01.413jAjcUX0O (3/3)


本来なら勇者部のみんなって性的なこととは無縁だっただろうからなぁ
健全な子ほどドハマりして抜け出せなさそう


300以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/13(木) 00:18:36.88Kj2r6gDbO (1/1)


3Pはあれよな
姉妹の風樹、久遠さん抜きでも恋愛関係にある友奈東郷
ここらへんの組み合わせはすんなり行くとして
あとは先祖祖先の若葉園子なんて取り合わせもありか



301 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/13(木) 22:14:43.91ISI8t8eJo (1/6)

遅くなりましたが、少しだけ


302以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/13(木) 22:17:54.28ppS/5nYsO (1/2)

あいよー


303 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/13(木) 22:26:36.28ISI8t8eJo (2/6)


天乃「ねぇ、風は私を含めた三人ですることに抵抗ある?」

風「三人……? あぁ、前に樹と一緒にやったようなことでしょ?」

天乃「っ」

風「ないない。あったらあの時にやってないわよ」

あっさりと首を振る風に天乃は少し驚いたけれど、

風はそれも気にした様子はなく、笑い交じりの軽い声で答える

思い出せば未熟だった

それでもいい経験になったし、

心の通う姉妹で行ったからこそ、不自由はなかったように思う

むしろ、技術的に不足しているのを埋め合っているようで

安心感さえ感じられたかもしれない

風「人数んが多いことに今更怖気づいたの?」

天乃「そういうわけじゃないの。ただ、夏凜が複数人でやる気があるかどうか重要だって言ってたから……」

風「はぁー……それで。なるほど」

天乃「何? 夏凜に何か言われた?」

風「言われてないけど言おうとはしてたわよ。樹のせいか東郷がちょろーっと不真面目に真面目で言い出せなかったみたいだけど」


304 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/13(木) 22:44:50.53ISI8t8eJo (3/6)


天乃「不真面目に真面目って……」

風「ほら。友奈が今大変な時期でしょ? 東郷が友奈ちゃんも云々って」

天乃「あぁ……」

困ったように笑う風の途切れた言葉を受けた天乃の口から、

察しのついた声が漏れる

友奈ちゃんも我慢してるかもしれないに始まり、

久遠先輩が無理なら私が何とかしてあげるべきかどうかに流れて行ったのかもしれない

元々興味を持ったことに関しては突出してしまうこともあって最も知識豊富な東郷だが、

性欲に忠実に考えたわけではなく、

我慢も体に悪いと真面目に考えての言葉のはずだ

天乃「それでどうなったの?」

風「友奈が求めてくるならってことに落ち着いたわよ。東郷なら雰囲気で感じ取れるだろうしね」

天乃「……そう」

風「天乃含めて三人って話なら、生々しく言うと3Pは天乃も望めるところって考えて良い?」

天乃「ええ」

風「んーそうねぇ。友奈と東郷も経験あるし、二人にとっても願ったりかなったりな話だと思うわよ。それ」


305 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/13(木) 23:06:23.15ISI8t8eJo (4/6)


天乃との密着度合いに妬いたりすることもある勇者部の面々ではあるけれど

だからといって危害を加えるようなことはないし、

出し抜いたり抜け駆けをしようだなんて目論みもなく

少しは妬くんですよと素直に天乃にぶちまけるか、

なにとは言わないが出来るときに全力を使い果たして教え込もうとするだけ

二人でするとしてもそれは変わらない

天乃の反応が自分のそれよりも良いとしても

被害を被るのは天乃であってもう一人の相手ではない

高めて良いのかまだ子供の風には解りかねる事ではあるのだが、

互いの技量を高め、より良い解消が出来るようになるはずだ

風「でも、正直天乃が一番大変なことになるわよ。まず間違いなく」

天乃「覚悟はしてるわ」

風「誰と誰とか、そういうのって考えてるの?」

天乃「考えていたほうが良いの?」

風「あたし的には、前はともかく今はそんなことに拘らなくても良いって思ってるけど」


306 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/13(木) 23:31:25.81ISI8t8eJo (5/6)


風「夏凜も言い出しっぺならそこに文句はないだろうし……」

果たしてそこまで考えているのかという疑問はあるけれど、

夏凜なら大丈夫だろう

それよりも……と、風は考える

風「まだ一人で相手してあげたことない子はいない?」

天乃「えっと……」

みんな三人ですることに反対はしないはずだが、

まだ相手してあげたことない相手がいるならば、

先に相手してあげたほうが優しいのではと、思ってしまう

三人ですることに抵抗はないし不満もない

だけど、独り占めできると言うのはそれ以上に特別だ

上手くできるのかという不安も

一つ一つの工程への緊張感も

大切な感覚で、思い出だ


307 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/13(木) 23:34:52.81ISI8t8eJo (6/6)


では途中ですがここまでとさせていただきます
明日は所用でお休みとさせていただきます

再開は明後日、可能であれば早い時間から


308以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/13(木) 23:43:22.26ppS/5nYsO (2/2)


友奈ちゃんなら東郷さんがなんとかしてくれるはず
そういえばまだ単独回がないのは夏凜ちゃんとそのっちくらいか?


309以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/14(金) 00:01:27.847G/Et8K9O (1/1)


そのっちって単独どころか未だに経験すらないんじゃ……


310以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/14(金) 12:24:47.11GXMnjAkQO (1/1)

風もwikiのオマケでは妄想だったから厳密には単独扱いじゃないかも


311以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/15(土) 05:56:24.54mp7iKuwSO (1/1)

そうか園子ってまだしてないのか
ファーストキスの時に舌入れて久遠さんをキス好きに性癖歪めた割には奥手だな


312 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/15(土) 21:50:15.48MOK+CKzSo (1/3)


遅くなりましたが、少しだけ


313以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/15(土) 21:53:11.65YrgYVU7+O (1/1)

かもーん


314 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/15(土) 22:55:45.99MOK+CKzSo (2/3)


天乃「一人って言うなら、風もじゃない?」

風「あたしは、もう樹と一緒にしたし……」

天乃「本当に良いの?」

風「駄目って言ったらさせてくれるの?」

天乃「ええ。もちろん体調が問題ない時ならだけど」

あっさりと、天乃は受けてくれる

関係性を考えれば当然のことなのだが、

少しは躊躇ってくれると良いのに……と、風は少し思う

受け入れてくれるのは嬉しいけれど、

躊躇ったところに攻め入るのもシチュエーションとしては望むところだ

もっとも、子供がいるこの部屋では

そうできたところで踏み込める部分に限りがあるが。

天乃「ただ、風の意見を聞くなら最優先は園子になるわ」

風「まだしたことない?」

天乃「キスくらいは」

しかし二人きりはもちろんのこと、三人でもしたことがない


315 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/15(土) 23:21:12.49MOK+CKzSo (3/3)


園子のあの頃の状態を考えれば、当然だろう

東郷も似たような状況ではあったものの、

まだ下半身が不自由なだけで済んでいたが

園子の場合は全身だったのだから

体の自由を取り戻すころには天乃が危ない状態に陥っており、

流石に、そんなことに手を出せるような余裕はなかった

天乃「そのおかげって言うのもあれだけど、みんなよりは軽いと思うし」

風「そうねぇ……友奈からも薄れた感じがある初心さはまだ持ってると思うわ」

天乃「そうなの?」

風「話に乗ってくるのは乗ってくるんだけど深い話になってくると、わわわ……って」

天乃「わわわ?」

怖い話じゃないけれど

それをされたときの反応に似たものだろうかと、

頭の中で、枕を抱いて顔を埋める園子を思う

怖い話は蒼白だが、こればかりは真っ赤だろうか

天乃「東郷の話を聞いて卒倒したりしてない?」

風「わっしーが淫らな女教師になったって嬉しそうに複雑そうな顔してたわ」


316 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 00:13:39.20A9Zs7r+8o (1/15)


風「でも大丈夫? 天乃って攻めるのには向いてないと思うんだけど」

天乃「それは私が下手だって言いたいの?」

風「少なくとも、東郷や樹みたいには無理ね」

天乃は受けに回るのは得意だが、

攻めていくことが不得手なのは友奈の甘い評価でも察しが付く

それでも天乃が頑張っていると思うと滾るものがあるけれど

それはそれ、これはこれ

ある程度どちらかに知識があったほうが良いような気がすると……風は思って

風「あたしもエッチになりすぎたかもね」

天乃「どうして?」

風「初めてって言えば知識もそんななくて初々しいものであるべきなのに、知識をつけてからのほうが良いんじゃないって考えてる」

天乃「園子とのこと?」

風「そうよ」

園子は経験はないが話を多く聞いている耳年増な感じの強い状態だ

それでも、えっちをしたことがないからがっつくこともなく

みんなが我慢できそうにない状況でもそれほど影響はない


1、大丈夫よ。私だってされる側とはいえその経験があるもの
2、初めて同士、だったらいいんだけどね
3、不得手同士で頑張ってみるわ

↓2


317以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/16(日) 00:15:25.32AaKmAyBGO (1/1)

1


318以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/16(日) 00:16:43.49B6V6roGTO (1/2)

1


319 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 00:28:05.92A9Zs7r+8o (2/15)


ではここまでとさせていただきます
明日はできれば昼頃から


320以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/16(日) 00:33:07.71B6V6roGTO (2/2)


性的知識が豊富そうに見えて実際の行為には恥ずかしがるそのっちかわいい


321以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/16(日) 04:17:29.15o6WWqDnhO (1/2)


最後に回った結果久遠さんの攻めを受けることに


322 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 14:59:28.09A9Zs7r+8o (3/15)


では少しずつ


323 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 15:23:17.36A9Zs7r+8o (4/15)


天乃「そうねぇ……」

初めては初々しい方がいいとかどうとか

そういった拘りは持っていないし、

考えられるほど性的知識を網羅しているわけでもない天乃は

少し考えるとふと、笑みを浮かべる

天乃「大丈夫よ。私だってされる側とはいえその経験があるもの」

風「それはそうだけど」

天乃「それに、友奈とした経験もあるから何とか出来るわ。大丈夫っ」

覚悟を決めていると言うような天乃の笑みには

安心感というよりは不安があって、風はこめかみに皺を寄せる

ある一線させ越えなければ、別に痛い思いをするわけではない

友奈としたこともあるし、自分からいくと言う経験を積むのも悪くはないかもしれない

しびれを切らした園子に逆襲される可能性も6割強であり得るけれど

それはそれで……まぁ仕方がない。と、風はおもむろに苦笑する

天乃「何?」

風「いや、ちょっとね」

天乃「無理だって思ったでしょ」

風「ま、まっさかぁ」

天乃「私だってやればできるのよ。される側の気持ちが分かっているんだもの。うまくできるわ」


324 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 15:39:19.92A9Zs7r+8o (5/15)


風「そ、そうねぇ……」

その自信はいったいどこから来るのか

少なくとも友奈に敗北した時点で

園子に勝てる見込みはもはやないに等しい

された経験を含めて贔屓目に見ても生存確率は四割だ

風「まぁ、なんとかなるかもね」

天乃「心にもないこと言っちゃって」

風の顔を見れば一目瞭然

そんなにエッチに弱いのかとムッとした天乃は風から子供へと目を向ける

今や二児の母親なのだ

そうそう簡単にマウントを取られてしまうわけにはいかない

そう考えてしまうと、

つい昨日の樹とのことが引っかかるけれど。

天乃「園子だって初めてなんだもの。利はこっちにあるわ」

風「あんまり無理しないようにしなさいよー?」

天乃「ええ。そもそも園子がしてくれるとも限らないし」

風「興味はあるみたいだし、そこは安心して良いと思うわよ」


325 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 16:56:38.35A9Zs7r+8o (6/15)


風「じゃぁ、先に園子とするってことで良い?」

天乃「みんなはそれでいいの?」

風「日は空くけど誰かとしたからやらなくなるってわけじゃないし」

それに、エッチな行為だけの関係じゃない

今は病室が離れているが、

長引くことになっている友奈を除くことになるけれど、

みんなは時期に退院することが出来る

そうなれば、性的欲求に飢えるような寂しさも軽減されるはずだ

風「天乃は天乃のしたいようにしたらいいんじゃない?」

天乃「私が言えば白でも黒にしてくれそうだから……」

風「あたし達だってちゃんと考えてるから大丈夫、駄目な時はダメって言うから、安心して」

天乃「……そうね」

それはみんなに言われることだ

だけど、みんなが望んでいることの場合はその限りにない

次は、次の次は

順番をうまく考えて行かないと偏ることになってしまう

みんなはそれも許してくれるだろうけれど

天乃自身はあまり認めてしまうべきではないと、思う

それは性的接触に関わらず、すべてのことに言えることだ


326以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/16(日) 17:29:41.54WpD5JOzhO (1/1)

友奈以外はやっと退院できるんだな


327 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 17:42:54.43A9Zs7r+8o (7/15)


風「あーそうそう。あたしの進路についてなんだけど」

天乃「急にどうしたの?」

風「真面目な話、あたし、志望校ダメだったら天乃の子育て支援に専念するわ」

天乃「それはどういう考えで?」

風「………」

性行為について話していたのが嘘のように、しっかりとした声

嬉しいともありがとうともいわず、

真意を見抜こうとする視線が向けられる

風「天乃一人に押し付けることじゃないからよ」

子育てを手伝うこと自体は、

受験に受かろうが受かるまいが決めていたことだ

受験に落ちた場合、浪人することになるし、

家事担当はもちろんのこと、

寝かしつける―その必要がなさそうだが―とか、おむつとか

日中の全般的な仕事を分担したいと思う

風「それで、天乃が来年受験するなら、一緒に勉強しようと思って」

天乃「諦めているわけじゃないのね?」

風「もちろん、諦めるならすっぱり諦めるわよ」

無理そうだから来年にするって言っても

事情が事情なだけに許されてしまう

風「あくまで将来設計の一つよ。天乃に風先輩って呼ばれるのはむず痒いし」


328 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 18:25:09.45A9Zs7r+8o (8/15)


天乃「そう……風、無理はしちゃだめよ」

風「ん、無理はしないからそっちのことも考えておこうと思ったのよ」

これがら暫く、

寝ることもなく勉強に励み頭に叩き込み、

それが全て記憶できるとしたら望みはあるかもしれない

けれど、それは常識的に言って不可能だ

頑張りに頑張っても限界がある

そう考えていること自体が、諦めかもしれないが……

風「やれるだけ頑張るわ。勇者部だもの」

天乃「なせばなるけれど、大抵。だからね?」

風「分かってるって」

頑張れとは言えないし、諦めろとも言えない

だから、無理はしないでと言うのだろう

貴女ならできると言われないのは、救いだ

風「落ちたら慰めてね?」

天乃「合格したら褒めてあげる」

風「あーご褒美への期待だけで受験受かりそうだわ」

天乃「何言ってるのよ、馬鹿ね」


329 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 18:35:37.98A9Zs7r+8o (9/15)

√ 2月17日目 夕 (病院) ※木曜日


01~10 若葉
11~20
21~30 九尾
31~40
41~50 水都
51~60
61~70 沙織
71~80
81~90 園子
91~00


↓1のコンマ



330以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/16(日) 18:41:07.05cOFRhjqDO (1/1)




331 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 18:58:53.99A9Zs7r+8o (10/15)


では少し中断します
再開は20時半ごろを予定しています


332以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/16(日) 19:17:14.64JCWBYiGVO (1/1)

一旦乙
そういえば病院の外は今頃どうなってるんだろう?


333 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 21:25:50.58A9Zs7r+8o (11/15)


遅くなりましたが、もう少しだけ


334 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 22:06:19.32A9Zs7r+8o (12/15)

√ 2月17日目 夕 (病院) ※木曜日


天乃「っん……」

朝昼とゆっくり休んでいるせいか、

夕方にも関わらず疲れた様子もなく元気な双子に母乳を与える

えっちをしようが何だろうが、

まだまだ母乳には困らないらしい

樹は嬉しいと言っていたけれど

いつまでこの状態が続くのだろうかと、

天乃は少し考えてしまう

赤ちゃんに与えるための母乳は、

日が経つにつれてでなくなっていくと言う

だが、天乃はその気配がなかなかない

十分に出せていたのに、子供にあげてこなかったのが原因かもしれない

天乃「このまま出続ける体だと困るわね……」

若葉「力を放出し続けているような状態なのだろう?」

天乃「ゃっ!?」

若葉「……すまない、驚かせるつもりはなかったんだが」


335 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 22:37:27.80A9Zs7r+8o (13/15)


天乃「後ろに現れておいて何言ってるのよ、もうっ」

若葉「間違いない……」

若葉は天乃の肩越しに手を伸ばしてくる赤ちゃんに微笑みつつ、

ベッドをぐるっと回って、天乃の正面に立つ

天乃「この子たちがいなかったら殴り飛ばすか蹴り飛ばしてるわよ」

若葉「それは怖いな」

天乃「ちっとも怖くないくせに」

若葉「ベッドに戻すんだろう? 手を貸そう」

天乃「ありがとう」

天乃の苦笑に苦笑を返した若葉は、

腕を動かそうとした天乃から子供を預かってベッドへと戻そうとしたが

赤ん坊は離されると悟ってか、若葉の袖口を掴む

若葉「ん? どうした?」

天乃「不器用なパパじゃないんだから……」

若葉「いや、袖を――」

呆れ混じりの呟きに、

若葉は赤ん坊に目を向けたまま、答える

天乃「もっと優しく声をかけてあげて」

若葉「や、優しくと言われてもだな」


336 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 22:59:58.17A9Zs7r+8o (14/15)


天乃「なに困った顔してるのよ」

若葉「急に言われても……その、心の準備が……」

天乃「子供相手に心の準備が必要なの?」

若葉「くっ……」

天乃は若干茶化すような声色だが、

腕の中の赤ん坊は

まだ真剣という言葉も分からない無垢さで若葉を見ている

抱かれている温もりが嬉しいのだろう、口元は嬉しそうに開いたままで

言葉にならない声が漏れている

若葉「ど、どうかした……にょ?」

天乃「なんでにょなのよっ」

若葉「あ、赤ちゃん言葉とはそう言うものだろう!?」

天乃「違うわよっ」

若葉「なっ」

母親のため息と、

父親ではないが不器用な母親のような人の困った顔

赤ん坊にとっては若葉を優先すべきと思うのか、言葉未満の声と共に小さな手が若葉の腕を掴む

若葉「もしかして、慰められているのか?」

天乃「ふふっ、良い子ねぇ~……お話が苦手なお姉さんを慰めてあげてね~」

若葉「あ、天乃っ」

天乃の言葉を理解したとばかりに優しい声が、若葉へと届く

それは若葉の腕の中だけではなく、天乃の腕に抱かれた赤ちゃんからも届けられていて

若葉はそれほどかと、ぼやいた


337 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/16(日) 23:04:18.74A9Zs7r+8o (15/15)


では途中ですがここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


338以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/16(日) 23:13:19.75tGt35tLcO (1/1)


久遠さんの母乳が出続ける体質になってたら勇者部にとってはむしろ朗報になってそう


339以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/16(日) 23:23:23.63o6WWqDnhO (2/2)


胸どんどん大きくなりそう


340 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/17(月) 22:26:55.78G0xwve0Vo (1/5)


遅くなりましたが、少しだけ


341以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/17(月) 22:27:17.00Bg539PSnO (1/3)

よっしゃ


342 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/17(月) 22:42:35.45G0xwve0Vo (2/5)


天乃「……怖い?」

若葉「それもあるが、不安になるな」

そうは言いつつ、

限りなく優しい微笑を子供へと向けた若葉は、

横目にベッドの端を見て、天乃の足がない空間に腰を下ろす

若葉「小さくて、柔らかくて……私達の手でさえ、簡単に覆えてしまう」

人ならざる者である若葉の力は、

通常の状態でも勇者として戦っていた勇者部の面々と変わりがない

むしろ、接近戦をメインとしていた若葉の力は車椅子で鍛えられてしまった東郷よりも上だ

若葉「間違ってしまわないかと、手が震えそうだよ」

天乃「でも抱いてくれたし、その子嬉しそうだわ」

若葉「弱っていた天乃に触れるよりも優しくと考えているからかもな」

天乃「そうね、そのくらい優しくしっかりしてないとダメよ」

自分がどれほど虚弱な体になっていたのか自覚のある天乃は

それも、みんなにとって決して悪い経験だけではなかったのだと、思い返す


343 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/17(月) 23:04:37.09G0xwve0Vo (3/5)


若葉「それで、体の方は問題ないのか?」

天乃「ええ、全然大丈夫よ」

若葉「性的なこともそうだが、母乳を与えても大して影響がないのか……」

天乃「嘘はついてないわよ?」

若葉「ああ、そこは気にしていない」

疑問符の浮かぶ天乃の否定に若葉はさらりと返す。

以前はともかく、今は迷惑をかけるとしても体調面で嘘をつくことはない

若葉が気にしているのは、その天乃の体だ

若葉「力に関してはどうだ? 溢れかえっているような感覚は?」

天乃「それもないわ。ただ、その……貴女も知ってる通り、主におっぱいから出るから」

若葉「つまり性交と授乳によってむしろ楽になっている可能性もあるか」

天乃「エッチしても体に問題がなかったのは滾ってるから?」

若葉「可能性はあるな。だが、以前のようにしなければどうにかなると言うわけでもないのだろう?」

天乃「そうねぇ……だからある意味今が絶好調なのかも」

逡巡して出てきた考えに従った天乃は、

若葉の視線にはっとして、顔を伏せる

天乃「だ、だからと言って母乳が出続けるのは困るわ」

若葉「そうだな」


344 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/17(月) 23:34:01.68G0xwve0Vo (4/5)


若葉「それだけ元気なら、そろそろ退院しても良いんじゃないか?」

天乃「そう思う?」

若葉「友奈のことが心配なのはわかるが、あれはまだしばらくかかる」

病院側からもそれは言われているし、

勇者の力を失った友奈は普通の人と同等の回復しか見込めないのも分かっている

けれど、だからこそ一人残すのは……と、思う

天乃「友奈は私達の為にあそこまで頑張ってくれたのよ」

若葉「しかし、いつまでもここにいるわけにはいかないだろう」

天乃「……それも、そうね」

若葉「みんなだってその方がいいだろう」

天乃「思えば、もう何か月も入院してるような状態なのよね」

風達は一時期学校に通うことも出来ていたけれど、

それも以前のことだ


1、友奈についてもらうことは出来る?
2、お見舞いに行く手伝いしてくれる?
3、でも、もうしばらくここに残るわ


↓2


345以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/17(月) 23:36:20.27Bg539PSnO (2/3)

2


346以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/17(月) 23:37:18.79FdfY2Osj0 (1/1)

2


347 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/17(月) 23:50:37.87G0xwve0Vo (5/5)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から



若葉「ところで、精霊が子供を産めるかという話なんだが」

若葉「精霊同士の力の譲渡による疑似妊娠が可能ならば」

若葉「精霊と主人の女同士での疑似妊娠も可能なのではないだろうか?」

天乃「若葉、それは考えたらダメなことよ」


東郷「伊集院先輩、久遠先輩の精霊になる方法を!」ガシッ

沙織「まず久遠さんのおっぱいを――」

夏凜「やめなさいよ」


348以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/17(月) 23:57:04.44Bg539PSnO (3/3)


そろそろ長かった入院生活ともオサラバだな
あと若葉は生前に続いて精霊でも孕みたいのか…


349以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/18(火) 00:21:46.034sHDXJ2LO (1/1)


退院したらひねもすえっちしてそうな久遠さん


350 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/18(火) 21:59:52.62r2evRHRko (1/6)


では少しだけ


351以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/18(火) 22:02:19.87UIEst2RGO (1/1)

いえす


352 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/18(火) 22:30:16.74r2evRHRko (2/6)


天乃「お見舞いに行く手伝いしてくれる?」

若葉「友奈のか? そうだな。私は高校受験をするつもりはないし、そのくらいの手伝いはするさ」

天乃「……助かるわ」

若葉「もちろん、私だけでなく千景や歌野も力を貸す。しばらくはその方がいいだろう」

天乃「風が受験に落ちたとしても?」

若葉「それは、あまり口にするべきことではない気がするが……」

以前の風の成績

そこから勉強の遅れを考えれば、残念ながら落ちてしまう可能性が高い

風もそのことが分かっていてあんな話をしたのだとは思うが

それでもと、若葉は顔を顰める

若葉「どういうつもりだ。天乃らしくない」

天乃「私らしくない……は、ちょっと大げさだわ」

そう言って、天乃は間違ってはいないと苦笑する

天乃「出ていく話。今更止める気はないけれど、せっかく取り戻したのに足早に去っていくのは寂しいと思ったの」


353 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/18(火) 22:50:30.21r2evRHRko (3/6)


天乃「風がいればもう憂いはないでしょ?」

若葉「そこまで考えてはいなかったな」

正直、つい先日までは目先の不安の種が大きすぎた

祖rとの世界に出ていくと言うのは後々に丸投げして、

それを取り除くことだけに集中していた若葉は、

自分よりも考えてくれていたであろう天乃に、困惑を晒す

戦いを終えた後すぐ旅立つとは考えていなかった

少なくとも、天乃達が落ち着いてからにするべきだと思っていたが

友奈を除けば安定しているし、

一番不安を残す天乃も、風がいるのならば安心できる

若葉「天乃の言う通り、風には悪いが風のもう一つの将来設計であれば私がいつまでもここに残る必要はない」

天乃「私じゃなく、貴女にも必要ないの?」

若葉「どうした。何かあったのか?」

天乃「若葉、答えて」

若葉「……要か不要かで言えば必要だ。だが、先代の務めを果たすためにはいつまでも甘えているわけにはいかない」

若葉が天乃と恋仲になったのは喪失感からの逃避の面もある

それでも天乃は受け止めてくれたし、包んでくれた

その温もりを知ってしまったからには手放すことも惜しいけれど

だからこそ、断つべきことでもあるのではないかと思う

若葉「天乃。私にとって、天乃の隣は居心地が良すぎるんだ」


354 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/18(火) 23:25:07.09r2evRHRko (4/6)


若葉「沙織にも言われたよ。歌野達のように故郷に帰るという強い目的があるならともかく、そうではないのならと」

天乃「なにそれ……初耳だわ」

若葉「最近じゃないぞ。少し前だ」

沙織が何も言わなかったことをフォローするかのように繋げた若葉は、

ふと、息を吐いて腕の中の温もりに意識を集中する

これがもし我が子ならば、絶対に離れないとする理由になっただろうか

いや、子供がいなくても離れまいとする理由はいくらでもある

それを悟っていたからこそ沙織はそんな問いを投げかけてきたのだろう

若葉「少し考えたよ。まだ天乃の体も不安定で心配だから無理に行く必要はないんじゃないかって」

天乃「でも、行くんでしょう?」

若葉「ああ、そう決めた」

若葉は自嘲の笑みを浮かべると、小さな命に優しく微笑む

歌野達ほど強い意思はないかもしれない

境遇から考えてそうするべきだという義務感が勝っていたかもしれない

だから、天乃を理由に自分たちの失ってしまった世界から逃げ続けることは容易だった

しかし、それではダメなのだ

いつまでも居心地の良さに甘えていたら、彼女の理想ではなくなってしまう

若葉「やはり、ちゃんと世界を見てきたいんだ。世界が樹海化のように以前のまま保管されて居たなら生存者の可能性もあるからな」

かつては諦め、偽りさえしたこと。

悪い結果に終わる可能性の方が高すぎるほどの状況ではあるが、

いつかきっとと胸に抱いた亡き友の思いを遂げるために

若葉「風の結果がいずれにしても、外への道が封鎖されないとも限らない……そうなる前には出て行こうと思っている」


355 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/18(火) 23:44:57.97r2evRHRko (5/6)


天乃「封鎖……それは考えてなかった」

若葉「精霊だからどうとでもできるが、天乃から離れる以上力は温存しておきたいのが正直なところだ」

天乃「歌野との話聞いてた?」

若葉「聞こえていたよ」

真面目な話も、

真面目なのはわかるが、性的な方に傾倒している話も聞こえていた若葉は、

少し顔を赤くして、天乃は察して口元を綻ばせる

天乃「力の供給は?」

若葉「近くにいる現状では何ら問題は感じないが、離れればパスが弱くなるのは天乃とて例外ではないからな」

天乃「調査はしておくべきよね」

若葉「ああ。天乃がお見舞いに行く間は子守を担うとか、買い物をしてくるだとか。少しずつ距離を開いてみようと思う」

病院から学校までは距離があったが、

その時の天乃はあまりにも病弱だったため、パスがどうのの状況ではなかったから参考にならない

若葉「だから天乃。さっきの答えは歌野風に言えばイエスだ。暫く残るし喜んで手を貸そう」

天乃「ごめんね、変な空気にしちゃって」

若葉「私も察しが悪かったよ。退院を急かされては気にもなるさ」

退院すると言うことは、天乃達がもう大丈夫だと言う安心感が得られる

それを得てさっさと憂いを断ち目的を果たしたいのではと思われても致し方ない流れだったようにも思う

若葉「だが安心してくれ。全く持ってそんなことは考えていなかった」

天乃「だったらどうして退院を勧めてきたの?」

若葉「いつまでも病院は気が滅入るだろうし、したいこともしにくいのではと思っただけだ」

主に、あっち方面で。


356 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/18(火) 23:50:13.03r2evRHRko (6/6)


では途中ですがここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


若葉「ちなみに、天乃が入院中の通学を参考にすると」

若葉「大橋を超えた時点で戻ってきたくなるくらいには危ういほどの繋がりしかなかったな」

天乃「私が一番死にかけていた時期?」

若葉「そう。だから全く参考にならないよ」



東郷「その繋がりを通して性的快楽を共有できると言うのは本当ですか?」

千景「馬鹿なの?」


357以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/18(火) 23:59:43.25sJpXZ/87O (1/1)


しばらくしたらやはり旅立つのだろうけど精霊としての繋がりがあれば完全なお別れにはならないのが救いかな

それにしてもここまでの流れを見る限り退院から卒業式までの一ヶ月はノーカットでや進めるのだろうか


358以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/19(水) 00:44:07.666ri9PawwO (1/1)


若葉いなくなるまでもうちょっと甘えてもいいのに


359 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/19(水) 22:02:56.39CzbzD2Zto (1/5)


遅くなりましたが、少しだけ


360以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/19(水) 22:03:24.67CmHxifn+O (1/1)

おk


361 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/19(水) 22:28:15.15CzbzD2Zto (2/5)


天乃「……千景のことは?」

若葉「それは本人が決めることだろう……と、言いたいところだが」

若葉は意味ありげに続けると、深く考え込むように瞼を閉じる

相手は天乃だし、千景の気配は感じない

きっと気を利かせて耳をふさぐように立ち去ったのだろう

若葉「それが突き放しているようにも聞こえてしまうのが女心というものなのだろう?」

天乃「時と場合によるわ」

若葉「なら、今はどうだ?」

天乃「そう聞いている時点で3割は失望するかもしれないわね」

若葉「なんだとっ?」

驚く若葉をよそに、

天乃は自分の抱いている赤ん坊の頬を指の腹で優しくなぞってあげると

ね~? っと、子供ほどの高い声で笑う

若葉「天乃も失望するか?」

天乃「私は貴女がそういう不器用な人だって理解があるもの。失望するにはまだ弱いわ」

若葉「……そうか」


362 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/19(水) 22:45:23.88CzbzD2Zto (3/5)


ほっとした若葉のため息

天乃は声に出さずに笑うと、赤ん坊も応えるように嬉しそうに笑い返す

若葉の腕の中にいる妹にも届いたのか

嬉しそうな声が聞こえたかと思えば、若葉の慌てる横顔が見えた

天乃「それで?」

若葉「あ、ああ……そうだな」

仕切り直しだと、若葉はしっかりと言葉を断つと息を飲む

女心がどういうものなのか、若葉は女ながらにまだ掴めていないけれど

自分の知る千景ならと、考える

若葉「数少ない旧知の仲だから一緒に来てくれれば嬉しいな」

天乃「そうよね」

若葉「だが、やはり昔を知るからこそ幸せになって欲しいと思うよ」

若葉たちと旅に出るか、天乃達とここに残るか

どちらも大変なことはあるし良いこともある

結局は千景がどうしたいかというところに委ねられる

若葉「私達は千景の答えを受け止めてやれる用意をしておけばいいのではないだろうか」

天乃「そうね……千景がこうしたいって言った時にただ否定するのはなんの救いにもならないわ」


363 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/19(水) 23:12:20.14CzbzD2Zto (4/5)


若葉「球子は……残念ながら東郷達は手に負えないって言ってたから私と一緒に来るだろうな」

天乃「ふふっ考えてみればそうよね」

性的行為のみで生きているわけではないが、

猪突猛進なところのある東郷達を抑え込むのは容易ではない

千景はそれを抑え込む一端を支えてくれていた

その経験は苦ではなかっただろうか

そう考えて、普段の千景を思い浮かべる

愚痴をこぼすことはあったけれど、嫌悪感を感じたことはない

天乃「若葉もそれが嫌で行くのね」

若葉「そうだったら悩まないよ」

冗談と分かっている若葉は優しく答えると、

笑みを携えて、嬉しそうに笑う子供を抱く腕を揺らす

若葉「千景は良い母親……いや、姉のようになると思うから子供については千景を頼ってもいいと思うぞ」

天乃「歌野も似たようなこと言ってたけど……」

若葉「天乃は分かってるだろうが、千景も面倒見は悪くないからな」

だからこそ、ここにいたほうが幸せなのではないかと考えるし、

母親や姉のように大切に子供を見ている姿を見ていると、誘って導こうなどという気が起きないのだ

若葉「致し方ないことだが、友奈……高嶋がいないのを差し引いても、千景はこの世界に呼ばれて良かったのではないかと、思うよ」


1、千景、高嶋さんの代わりを求めているように見える?
2、安易に頷くことは出来ないけど、そう思ってくれているといいと思うわ
3、若葉も千景のことが好きなのね
4、貴女はどうなの? 上里さんがいなくても、幸せだと言えるようにできたかしら


↓2


364以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/19(水) 23:16:09.14HRbFQDU0O (1/1)

1


365以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/19(水) 23:18:23.04JhuqE+cw0 (1/1)

1


366 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/19(水) 23:26:38.46CzbzD2Zto (5/5)


ではここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


367以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/19(水) 23:32:47.07eNUkNJTxO (1/1)


千景も久遠さんを散々助けてくれてたからなぁ
果たしてどちらに進んでいくのか


368以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/20(木) 08:09:38.42nXpP2LyCO (1/1)


このシリーズの千景は本当に頼れるお姉さん的存在だよな


369 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/20(木) 22:24:48.4250Hul50to (1/6)


遅くなりましたが、少しだけ


370以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/20(木) 22:28:24.41xfOpGKKYO (1/2)

かもん


371 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/20(木) 22:48:52.6650Hul50to (2/6)


天乃「若葉、貴女から見て千景は高嶋さんの代わりを求めているように見える?」

若葉「もしそうなら、友奈に対して黙っているなんて出来ないと思うが」

天乃「それはそうだけど、抱えている可能性だってあるわけだし」

若葉「抱え込んでいたら、他人が見て幸せそうだとは言われないだろう」

千景が友奈……高嶋友奈に対して、

それがいずれの形であれ好意を抱いていたのは今更ながらに察することが出来る

しかしだからと言って、

球子が杏子を求めたように求めているかと言えばそうでもない

友奈がいないことを受け止めた上で

この世界でできることを精一杯にやろうとしているように思う

それはきっと、後悔があるからだ

若葉「千景のことなら心配無用だ。樹達が変われたように千景だって変われたはずだからな」

少なくとも、自分はそう感じていると若葉は嬉しそうに続ける

かつてあのような別れになってしまったからこそ

今の千景の姿を見ていられるのは、喜ばしいことだった


372 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/20(木) 23:07:26.4750Hul50to (3/6)


若葉「少なくとも、私の知る千景は子供の面倒を見る余裕があったようには思えないんだ」

天乃「その余裕が出来たのか、その余裕が持てるくらいに千景が変われたのか」

若葉「あるいはその両方かもしれないな」

勇者と敵の存在

まだ終わっていなかったこともあるけれど、

精神的な柵もすでに流れ去った三百年後の世界は

千景にとってやり直すのに最適だったのかもしれない

千景は過ちを繰り返すことなく

それを教訓に、今度こそはと前へと進もうとしていた

それが出来るのは心にゆとりを持つことが出来たから

そして、周りを信じ委ねることも大切だと知り、変ろうとしたからだろう

そのきっかけは、間違いなく天乃だ

若葉「本当に感謝しているよ」

天乃「特別なことをした覚えはないわ」

若葉「私達に比べたらそうかもしれないが、それでも天乃が千景に与えた影響は限りなく大きい」


373 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/20(木) 23:26:55.3950Hul50to (4/6)


天乃が若葉達にしてくれたこと

若葉達にさせてくれたこと

それに比べれば千景にしていたことは些細なことなのかもしれないけれど

千景にとっては確かなものだった

千景が聞けば勝手なことをと呆れられそうだが、

今は傍に気配を感じない

若葉「改めて礼を言わせて貰いたい」

天乃「良いわよ、助けられたのは私も同じだわ」

みんなが与えて貰ったと思うのと同じかそれ以上に

与えて貰ったものがある

かつての天真爛漫さには届かないかもしれないが

それでも十分、変ったのだと天乃は自覚する

天乃「だから、千景がもしも抱えているならどうにかしてあげたいって思ったのだけど」

若葉「杞憂だと良いな」

天乃「あら、自分の見る目に自信がないのかしら」

若葉「見る目はあると思っているが、女心への理解力が足りていないんだ……笑うなっ」

言葉を理解しているのかいないのか

困った呟きにきゃっきゃきゃっきゃと笑った赤ん坊へと

若葉は全く怒っていない表情を向けて、人差し指の腹を頬へと押し当てた


374 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/20(木) 23:39:02.1450Hul50to (5/6)


天乃「若葉も千景のことを大切に思ってるのね」

若葉「仲間……いや、大切な友人だと思っているよ」

天乃「千景に言ってあげた?」

若葉「言えると思うか?」

今の千景なら素直に受け取ってくれることだろう

だけど、素直に受け止めて貰えてしまうからこそ

恋愛的な意味ではないにしても、口にするのが恥ずかしくなる

若葉「それに、あれだ。別に言葉などなくとも通じ合えるからな」

天乃「言葉の方が伝わることもあるのに」

若葉「……それを私に求めるか」

意地悪なことを言う。と、

若葉は天乃をちらりと見て、その笑顔にため息をつく

からかわれているのは分かっているが、

実際に言葉にしたほうが良いのも事実で、言い返せない

天乃「千景がどっちを選んでも恨みっこなしよ」

若葉「色恋沙汰でもあるまいし、恨みなどあるものか」

千景が残りたいと言うのならそれでいいと思うし、一緒に来ると言うなら迎え入れるつもりだ

どちらにしても、千景が選んだことであれば言うことは何もない


375 ◆QhFDI08WfRWv2020/02/20(木) 23:39:31.4050Hul50to (6/6)


では途中ですがここまでとさせていただきます
明日もできれば通常時間から


376以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/20(木) 23:49:59.21xfOpGKKYO (2/2)


最も千景を救いたかったであろう陽乃さんもこれで報われるな


377以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/21(金) 01:38:42.911ibSNaODO (1/1)


外の世界マジでどんな状態なんだろうな


378以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/22(土) 22:57:29.51PT6BXh13O (1/1)

今日も休み?


379以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/22(土) 23:33:47.942Tt7vzYQO (1/1)

休みっぽいなー
時期的に侵蝕で嫌気がさしたとかありそう
コロナかインフルじゃなければ良いけど