450以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/13(金) 12:54:23.57keH7GvZ50 (1/1)

はるちん


451以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/13(金) 13:30:37.44oxGjJn8bO (1/1)

葉留佳「あ、理樹くん!やはー!」

理樹「あ、葉留佳さん…」

理樹(葉留佳さんも…やっぱり一杯だなぁ…)

理樹「葉留佳さんも頑張ってるみたいだね…」

葉留佳「いやー美化委員として張り切っちゃいましたヨ。」

理樹「あ、そっか、美化委員なんだっけ…」

葉留佳「そうですヨ。…あ、ところで理樹くん、さっきまでお姉ちゃんと一緒でしたよネ。」

理樹「うん。そうだけど?」

葉留佳「なに話してたの?」

理樹「なにって…特別なことは何も話してないかな…佳奈多さんも僕の独占権を狙ってるみたいで、それでちょっと嬉しいなって思ったくらいで。」

葉留佳「…お姉ちゃんが?」

理樹「うん。」

葉留佳「お姉ちゃんが、理樹くんを…ふーん…そっか……」

理樹「…え、何?」

葉留佳「あ、いや、別に、何でもないですヨ。意外に思っただけで…」

理樹「あ、そう?ならいいけど…」

葉留佳「…ほいじゃ、そろそろはるちん行きますヨ!理樹くん、お互い頑張りましょうネ!」

理樹「うん、頑張ろうね。」



理樹(…さて次はどこにいこう…)
1まだ校舎
2部室
3食堂
4その他
>>452


452以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/13(金) 14:25:57.42VWr5dNnzO (1/1)




453以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/13(金) 23:02:37.14MvQ8UyNMO (1/1)



食堂
理樹(…食堂に来た…食堂にはそれなりにごみがあるだろう…)

理樹「…あれ、意外と無いな…」

真人「…おう?理樹じゃねぇか。」

理樹「あ、真人……真人は頑張ってる?」

真人「おう!理樹と一日中筋肉するためならいくらでもやる!昨日は理樹とも出会えなかったしな!取り返すぜ!」

理樹「真人も僕独占したいんだ…」

真人「当たり前だろ。…ていうかリトバスメンバーで独占したくないやつはいないんじゃね?理樹は人気者だからな!」

理樹「僕人気者かな?」

真人「少なくともメンバーの中では人気あると思うぜ!俺も大好きだし、恭介に至っては昨日理樹のベッドにダイブするくらいには好きみたいだからな!」

理樹「…それはちょっと逆にどうかなーと思うけど…」

理樹(そんな風に話していると…食堂に>>454が現れた。)


454以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/13(金) 23:40:04.18rGEnRb9mO (1/1)

噂をすれば

恭介


455以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/14(土) 08:14:44.94CPFcLc/7O (1/1)

恭介「おっ、理樹と真人じゃないか。」

真人「おう、噂をすればトカゲ、恭介じゃねぇか。」

理樹「ちょっと惜しいね…噂をすれば影、だよ。」

恭介「噂?何か俺のことを話してたのか。」

真人「恭介は理樹の事が大好きだなって話だ。」

恭介「いまさらそんな話してたのか、当たり前だろう。俺は理樹の事が一番好きだからな。」

真人「なにぃ?一番好きなのは俺だ!」

恭介「いいや、俺だとも…この集めてきたゴミの量が、俺の理樹への思いの強さだ!」

理樹(そういう恭介のゴミ袋は満タンになり、二袋目に突入しているくらいだった。)

真人「うおっ…恭介、どっからそんな量のゴミをかき集めたんだよ…」

恭介「持てる力を全て使った…まあ手段はともかく、これが俺の思いだ。」

真人「くっ…勝てねぇ…」

恭介「真人もまだまだ甘いな…」

真人「くそう!」

恭介「…じゃあ、俺はさらにゴミを集めてくる、お前たちも頑張れよ…」



真人「…くそう…恭介に勝つためには普通にやってちゃもう無理だな…」

理樹「って言っても、普通にやる以外に何があるのさ…」

真人「……あ、思い付いたぜ…」

理樹「え?どうするの?」

真人「出会ったやつから…ゴミを奪い取れば良いんだぁぁぁ!」

理樹「えええ!?」

真人「さっそくそこに>>456がいるぜ!勝負だ!」


456以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/14(土) 08:58:00.24SO+ir7vYO (1/1)




457以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/14(土) 19:21:24.67nNXX/VMjO (1/1)

真人「鈴か…結構持ってるじゃねぇか、鴨が大根を背負ってくるとはまさにこの事だぜ。」

理樹「大根じゃなくてネギだよ…」

真人「おっとそうか…まあいい、鈴、勝負だ!」

鈴「やじゃ。なんで真人と戦わなきゃいけないんだ。」

真人「俺がゴミ集めで勝つためだ!お前が負けたらお前の持ってるゴミを全てもらうぜ!」

鈴「それあたしにとってメリットないぞ。」

真人「ぐっ…じゃあ俺が負けたら俺のゴミをやる!」

鈴「あとあたしは今日から暴力禁止なんだ。」

真人「何でだよ…」

鈴「せいとうはかわいいを目指してるからだ。」  

真人「はぁ?」

鈴「まあとにかく、お前と殴りあいでは戦えん。」

真人「じゃあ何なら戦えんだよ。」

鈴「そーだな…>>458」


458以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/14(土) 19:51:16.13LvqVfMCqO (1/1)

九九の安生


459以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/14(土) 20:56:07.508POWkaG1O (1/1)

真人「九九だと?…へっ…俺をなめるな…ににんがし!さんごじゅうご!しごにじゅう!」

真人「…どうだ…」

理樹「それくらいで得意気な顔しちゃだめだと思う…」

鈴「…はちさんにじゅうし、はちしさんじゅうに、くごしじゅうご…」

真人「なっ、なにぃ!?」

鈴「真人、はっぱ?」

真人「…ろくじゅうに?」

理樹「64だよ…」

鈴「こいつバカだな。」

真人「うるせー!ちょっと間違えただけだろ!」

鈴「まあともかく、あたしの勝ちだな。ゴミ、もらうぞ。」

真人「くぅぅ……増やすつもりが負けちまうなんて…」

理樹「ど、ドンマイ、真人…」

真人「くそっ…一からゴミを集め直して、また別のやつに勝負を挑むか…そのためにまた集めてくるぜ!うおおお!」

理樹「あっ、ちょっと…行っちゃった…」

鈴「ほっとけ…ところで理樹。」

理樹「え、何?」

鈴「気になったから聞く…理樹は一位になったら誰を選ぶんだ。」

理樹「うーん…>>460」


460以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/14(土) 21:05:37.79pJqinoGk0 (1/1)

まだわからない


461以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/15(日) 10:28:49.1690cAx+NqO (1/2)

鈴「まだ考え中か。」

理樹「うん…」

鈴「そうか…自分でよく考えて決めるんだぞ。」

理樹「もちろんさ。」

鈴「その上で…あたしを選んでくれたら嬉しいぞ。」

理樹「えっ?」

鈴「…じゃあ、お互い頑張ろうな、理樹。」

理樹「え、う、うん…」




理樹(次あったのは…>>462)


462以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/15(日) 10:57:49.49sasIm7oEO (1/1)

クド公


463以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/15(日) 14:48:32.06eZrNDLA8o (1/2)

クド「あっ、リキ!」

理樹「クド!」

クド「見てください!一杯集めました!」

理樹「わっ、ほんとだね…クドはどうやって集めたの?」

クド「ヴェルカとストレルカが探してくれるのです!」

ヴェルカ「アン!」

ストレルカ「ワン!」

理樹「ああ、なるほどね…」

クド「はい!二人ともお利口さんなのです!」

理樹(みんなそれぞれ工夫してるんだなぁ…)

クド「リキはどれくらい集まってるのですか?」

理樹「いや、僕はみんなと話したりしてたからそんなに…」

クド「わふー、そうですか…」

理樹「これから何か僕も考えないと…」

理樹(ここから勝つためにはどうしようか…よし、>>463)


464以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/15(日) 15:18:40.65E7B2D2FVo (1/1)

誰かと協力関係を築こう


465以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/15(日) 15:32:28.10eZrNDLA8o (2/2)

理樹(協力関係を築こう、これから逆転するにはこれしかない…)

理樹(その場合誰と協力するのかが大切になる…恭介は少し危ないけど、ゴミは一杯持ってたし、謙吾はいつでも頼っていいと言ってたし…)

クド「…リキ、考え込んでますけど、どうしたんですか?」

理樹(目の前にいるクドとかは性格的にも快く協力してくれるだろう…小毬さんとか鈴もおそらく大丈夫だろう…来ヶ谷さんは油断ならないけど味方に出来れば心強いし…)

理樹(うーん……よし、>>466と協力しよう。)


466以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/15(日) 16:07:39.15+ogJyEH5O (1/1)

西園美魚


467以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/15(日) 21:24:23.1490cAx+NqO (2/2)

理樹(…よし、西園さんと組もう…)




理樹「…西園さん!」

美魚「あ、直枝さん…どうかしましたか。」

理樹「西園さんはゴミ、集まってる?」

美魚「そうですね…まぁまぁでしょうか。」

理樹「そっか…ねぇ西園さん、ぼくと組まない?」

美魚「組む…?私とですか。」

理樹「うん、勝つためにも、ここは手を組もう!」

美魚「……組む相手として、私を選んでくださったのですね。うれしいです。…良いですよ直枝さん、組みましょう。」

理樹「ありがとう西園さん!」



理樹「…さて、それで、作戦はどうしようか?」

美魚「そうですね…>>468」


468以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/16(月) 03:07:34.79Nb3jphg60 (1/1)

科学部部隊を使う


469以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/16(月) 08:14:04.32sG07lfCtO (1/1)

理樹「科学部部隊…ってことは…」

美魚「はい、バトルで奪います。」

理樹「…結局それしかないんだ…」

美魚「それが一番早いですからね…」

理樹「まあそうだね…だとしたら、僕は何をするの?」

美魚「基本的には私が戦いますが、サイバー兵器は非常に強さにムラがあるので、NYPが低いときには直枝さんに戦ってもらいます…いかがですか。」

理樹「うん、良いんじゃないかな。」

美魚「…では、科学部部隊を呼びましょう…」



マッド鈴木「…よし、それでは今日もよろしく頼むぞ。西園くん。」

美魚「いえこちらこそよろしくお願いします。今日は直枝さんにも協力していただきますので…では、まず、>>470さんから狙いましょう。」


470以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/16(月) 09:17:53.24a08NXQiiO (1/1)

三枝


471以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/16(月) 15:44:09.65KCSt4I6AO (1/1)

理樹「葉留佳さん?」

美魚「はい、美化委員ですからね、それなりに多く集めてるはずです。…では、行きましょう…」




葉留佳「…ふぅ…ここらもだいぶきれいになりましたネ…」

理樹「いたね…」

美魚「…そうですね…葉留佳さん。」

葉留佳「おぅ?みおちんと、理樹くんじゃないですカ…おやおや?なんだか一杯人をつれてますネ。…みおちん、一体なにしようとしてるんですか。」

美魚「…そうですね…用件だけ言うのなら…三枝さんのゴミ、私にくださりませんか。」

葉留佳「…嫌ですヨ。これははるちんが頑張って集めたゴミですからネ。」

美魚「そうですか、なら……実力行使させていただきます。」ガチャ

葉留佳「やっぱりそう来ますよネ…でも、はるちんは負けませんヨ!」
葉留佳の武器
>>472
美魚のNYP値
>>473


472以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/16(月) 21:37:48.93z5t2+wnso (1/1)

書き忘れてました。美魚のNYP値はコンマ判定です。安価は下にずらします。
葉留佳の武器
>>473
美魚のNYP値
>>474


473以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/17(火) 00:06:29.17u+ZZ4xwlO (1/1)

ゴミ拾いのトング


474以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/17(火) 02:34:27.57KWIRvD6U0 (1/1)

どや


475以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/17(火) 10:02:15.05kHjumwkjO (1/1)

葉留佳「よっしゃー!私の武器はこれですヨ!」

理樹「掃除用のトング?」
  
美魚「そんなものでいいんですか。」

葉留佳「今持ってるのはこれだけですからネ。」

マッド鈴木「ふむ、そろそろ始まりそうだな…NYP値は!」

科学部員「現在のNYP値は…57!」

マッド鈴木「よし、まずまずといったところだな。」

美魚「そうですね…では、直枝さん、開始の合図をお願いします。」

理樹「あ、うん…それじゃあ、バトル、スタート!」


葉留佳は掃除用トングで摘んだ!
美魚に63ダメージ!
美魚はエネルギーをチャージしている!
葉留佳は掃除用トングで摘まんだ!
美魚に68ダメージ!
美魚はエネルギーをチャージしている!
葉留佳は掃除用のトングで摘まんだ!
美魚に70ダメージ!
葉留佳は摘まむ、のコツを掴んだ!
葉留佳「よっしゃー!このまま行きますヨ!」
美魚「…甘いですよ、葉留佳さん…」
美魚はエネルギーを放った!
葉留佳に389ダメージ!
葉留佳「ふぎゃー!」
葉留佳は倒れた!
美魚の勝ち!


葉留佳「」チーン…

美魚「はい、私の勝ちです。ゴミはもらいますよ。」

マッド鈴木「はっはっはっ!さすがは我々のサイバー兵器!」

理樹(やっぱりサイバー兵器は強い…西園さんを頼るのは当たりだった。)

マッド鈴木「この調子でどんどんデータを集めさせてくれ。次は誰を狙う?」

美魚「次は…>>476」


476以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/17(火) 11:12:21.08CxUo41SJO (1/1)

コマリマックス


477以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/17(火) 17:45:32.53Cu9WnOuxO (1/1)

理樹「小毬さんか…倒しやすそうな人から狙っていく感じかな。」

美魚「そうですね、確実に価値を積み重ねたいので…では、行きましょう…」




小毬「るんるーん♪おっそうじー♪」

美魚「…神北さん…」

小毬「あっ、みおちゃん!理樹くんも~…他にも一杯いるね。どうしたの?」

美魚「…神北さんに恨みはありませんが…ここで倒れていただきます…」ガチャ

小毬「ほえ?」

美魚「…どうしたんですか、ゴミをかけたバトルですよ、早く武器を持ってください。」 

小毬「武器っていわれても…お客さんはいないの?」

理樹「呼んでると時間無いから、持ってるものとか、拾ったものの中からどうにかしてくれると助かるかな。」

小毬「え、ええ?う、うーん…じゃあ…これ!」
小毬の武器
>>478
美魚のNYP値 コンマ下二桁
>>479


478以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/17(火) 17:50:12.817jWs3JK50 (1/1)

ベーキングパウダー


479以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/17(火) 18:16:14.42xwjGceNmo (1/1)

ほい


480以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/17(火) 20:42:16.87n4bXKGe4O (1/1)

理樹「…ベーキングパウダーなんてなんで持ってるのさ…」

小毬「今日もお菓子作ろうかと思って持ってたんだよ~。」

理樹「それでなんで武器に…まあいいや…こっちのNYP値は?」

科学部員「…現在のNYP値は…42!」

マッド鈴木「42…少し低いが…まあ、問題ないな。」

美魚「…では、始めましょう…」
美魚はエネルギーをチャージしている!
小毬はベーキングパウダーの袋で殴った!
美魚に35ダメージ!
美魚はエネルギーをチャージしている!
小毬はベーキングパウダーの袋で殴った!
美魚に36ダメージ!
美魚はエネルギーを放った!
小毬に256ダメージ!
美魚はエネルギーをチャージしている!
小毬はベーキングパウダーの袋で殴った!
美魚に38ダメージ!
美魚はエネルギーをチャージしている!
小毬はベーキングパウダーの袋で殴った!
美魚に37ダメージ!
美魚はエネルギーを放った!
小毬に268ダメージ!
小毬「ほぁあぁぁ…」
小毬は倒れた!


美魚「…まさかベーキングパウダーの袋で叩かれるとは思ってませんでしたが…まぁ、良いです、もらっていきますよ…」

理樹「…さて、次は誰?」

美魚「>>481」


481以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/18(水) 03:23:19.36rTJhy/BxO (1/1)

クドリャフカ


482以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/18(水) 08:02:29.55hNqLzVQmO (1/1)

美魚「能美さんですね。」

理樹「クドだね。…それじゃ、行こうか…」





美魚「……というわけで、勝負しましょう。能美さん。」

クド「わふぅ…やらなきゃいけないみたいです…ヴェルカ、ストレルカ、やりますよ!」

ヴェルカ「アン!アン!」

ストレルカ「ワン!ワン!」

美魚「…ヴェルカとストレルカですか…これは強敵です…」

マッド鈴木「NYP値さえ高ければ問題ない…現在のNYP値は!」

科学部員「NYP値は…>>483」
コンマ下二桁


483以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/18(水) 09:07:04.96vjMZCchtO (1/1)

はい


484以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/18(水) 11:14:43.70B2nXJvieO (1/1)

マッド鈴木「96!素晴らしい数値だ西園くん!サイバー兵器のポテンシャルを最大限に発揮できるぞ!」

美魚「そのようですね……」

理樹「じゃあ…バトル、スタート!」

美魚はエネルギーをチャージしている!
クド「いつもは反撃しかできませんが、今日は特別です!」
ヴェルカとストレルカが襲い掛かる!
美魚に45ダメージ!
美魚に100ダメージ!
美魚「っ…」
美魚はエネルギーをチャージしている!
クドは犬を使った!
ヴェルカとストレルカが襲い掛かる!
美魚に46ダメージ!
美魚に102ダメージ!
美魚はエネルギーを放った!
クドに486ダメージ! 
クドは倒れた!
美魚の勝ち!



クド「わふぅ…負けました…」

美魚「…NYP値が高かったので助かりました…危なかったですね。…では、ゴミはいただきます…」



美魚「…さて、これで3人倒しました、残るのは恭介さん、井ノ原さん、宮沢さん、鈴さん、来ヶ谷さん、佳奈多さんですね。」

理樹「そうだね…この中だと次は鈴か二木さんかな…」

美魚「そうですね、そろそろ本命へ行きましょうか。」

理樹「本命?」

美魚「二人には負けたくない、ということです…どちらにしますか?」

理樹「うーん…>>485」


485以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/18(水) 13:21:47.19WGNmVvel0 (1/1)




486以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/18(水) 18:19:27.9137iSKkDeo (1/1)

美魚「鈴さんですか…わかりました…では、行きましょうか。」

理樹「うん。」



美魚「…鈴さん…」

鈴「…ん、みおか…なんだ、ぞろぞろつれて。」

美魚「あなたとバトルしに来ました…」

鈴「勝負?…なんだ、みおも真人みたいなことしてるのか。…みおは知ってるだろうが、あたしは暴力禁止なんだ。」

美魚「…知ってますよ…ですが、あなたとはなんにせよ決着をつけなければ行けませんので…」

鈴「…そういわれても、あたし戦えんぞ。」

理樹「うーん、じゃあどうする?」

鈴「ん…なんだ、理樹も一緒にいたのか。」

理樹「あ、うん…西園さんとペア組んでるから…」

鈴「そうか……よし、みお、いいぞ、勝負だ。」

美魚「……やる気になりましたか…」

鈴「…ただ、あたしが勝ったら…理樹ももらう。」

理樹「えっ?」

美魚「…なるほど、良いですよ……」

理樹「ええっ?」

美魚「…では、始めましょうか…」

鈴「ああ…本気でいくぞ…こい、ドルジー!」

ドルジ「ぬおっ。」
ドン!
マッド鈴木「現在のNYP値は!」

科学部員「現在のNYP値は…>>487」
コンマ下二桁


487以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/18(水) 21:16:27.74G068FSETO (1/1)

はい


488以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/19(木) 08:12:58.56E2VHHLpoO (1/1)

マッド鈴木「74…ふむ、いい数値だ…」

美魚「…では、行きますよ、鈴さん…」

鈴「ああ、来い…」

鈴「いけっ、ドルジ!」
ドルジ「ぬおっ!」
ドルジは引っ掻いた!
美魚に104ダメージ!
美魚はエネルギーをチャージしている!
ドルジは引っ掻いた!
美魚に107ダメージ!
美魚はエネルギーをチャージしている!
ドルジは飛び上がった!
美魚「!」
美魚(これはのし掛かり攻撃…これを受けたらおしまいですね…なら…)
美魚「…一撃で、決めます…」
美魚はエネルギーを放った!
鈴「!!」
ドーーーン!


理樹「わっ…」

美魚「…やったでしょうか…」
コンマ判定
下一桁が奇数なら美魚の勝ち 
>>489


489以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/19(木) 14:32:13.18tV3CMmvC0 (1/1)

そいや


490以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/19(木) 19:42:07.53zBphRecXO (1/1)

鈴「…まだだ…」

美魚「…!」

マッド鈴木「なに!?サイバー兵器の攻撃を耐えただと!?」

鈴「このくらいじゃ倒れん。…あたしの番だ、行くんだ、ドルジ!」

ドルジ「ぬおおっ!」
ドルジはのし掛かった!
美魚に252ダメージ!
美魚は倒れた!
鈴の勝ち!


鈴「…よし、あたしの勝ちだな。」

美魚「…負けました…NYP値は十分だったはずですが…なぜでしょう…」

鈴「気持ちの差だ。」

美魚「気持ち、ですか…なるほど、完敗です、鈴さん…」

鈴「…じゃあ、ゴミと理樹はもらうぞ。」

美魚「はい、約束ですからね。」

鈴「…よし、じゃあ理樹、よろしくな。」

理樹「え、いや、西園さんはいいの?」

美魚「ええ、構いません。…昔の女は早く忘れてください。別に捨てられたとは思いませんから。」

理樹「変な言い方しないでよ…」



理樹(…というわけで、鈴と組むことになった…で、とりあえず一緒に歩いていると)

理樹「…あ、あれは…>>491」


491以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/19(木) 21:04:46.08hZSqtWq4o (1/1)

謙吾


492以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/20(金) 09:49:58.9692JUo2fFO (1/1)

謙吾「おっ、理樹に鈴じゃないか…すごいな、ずいぶん集めてるじゃないか。」

鈴「はるか、こまりちゃん、クドからゴミを奪ったみおから奪った。」

謙吾「奪う?」

理樹「バトルして勝てば勝った方が負けた方のゴミを全取りできる、みたいになっててさ…」

謙吾「…ほう、なるほどな…力ずくで奪ってもいい、ということになってるのか。」

理樹「まあゴミの集め方は指定してないからね…」

謙吾「…ならば…鈴、俺と勝負しないか。ゴミをかけて。」

鈴「…謙吾か…まあ、いいぞ。」

謙吾「よし、ならば、俺の武器は…こいつだ!」
謙吾の武器
>>493


493以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/20(金) 10:45:59.42e0R3RW0no (1/1)

掃除用の箒


494以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/20(金) 14:06:53.12fgRvTEBBO (1/1)

鈴「…ほうきか…いいのかそんなので。」

謙吾「構わん…箒も竹刀と似たようなものだからな。」

鈴「そうなのか。」

謙吾「ああ。…お前の武器はなんなんだ。」

鈴「あたしか…ドルジはどこかへいったからな……よし、じゃあ…」
鈴はモンペチを使った!
鈴の回りに猫が集まってきた!
鈴「……集まったのは…>>495匹か…」
コンマ判定
下二桁のそれぞれの位を足した数が猫の数になります


495以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/20(金) 17:09:13.59v8FZcPEIO (1/1)

いっぱい


496以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/20(金) 18:14:32.50qI822BryO (1/1)

鈴「…よし、レノン、ヒットラー、ファーブル、オードリー、コバーン、テヅカ、ゲイツ、アインシュタイン、ヒョードル、アリストテレス、ホクサイ、ジャッキー、ユウサク、全員集合か…ん、1人始めてみるやつがいるぞ。」

猫「にゃー。」

鈴「…そうだな…お前は…ミックだ。」

理樹「…もしかして、ロックミュージシャン?」

鈴「ああ、レノンがいるならミックもいていい。」

謙吾「…名付けは終わったか?」

鈴「ああだいじょーぶだ。…いくぞ、お前たち。」

鈴「ねこ、いけっ!」
猫たちは謙吾に襲いかかった!
謙吾に23ダメージ!
謙吾に24ダメージ!
謙吾に30ダメージ!
謙吾に20ダメージ!
謙吾に26ダメージ!
謙吾に30ダメージ!
謙吾「くっ…メーン!」
謙吾は箒で叩いた!
鈴に95ダメージ!
猫たちは謙吾に襲いかかった!
謙吾に28ダメージ!
謙吾に24ダメージ!
謙吾に23ダメージ!
謙吾に26ダメージ!
謙吾に33ダメージ!
謙吾に22ダメージ!
謙吾に27ダメージ!
謙吾「メーン!」
謙吾は箒で叩いた!
鈴に89ダメージ!」
猫たちは謙吾に襲いかかった!
謙吾に23ダメージ!
謙吾に28ダメージ!
謙吾に22ダメージ!
謙吾「マーン!」
鈴「くっ!」
しかし謙吾の攻撃は外れた!
鈴「…危なかった……」
謙吾「なにっ!?」
猫たちは謙吾に襲いかかった!
謙吾に23ダメージ!
謙吾に24ダメージ!
謙吾に26ダメージ!
謙吾に23ダメージ!
謙吾に26ダメージ!
謙吾に22ダメージ!
謙吾に30ダメージ!
謙吾に24ダメージ!
謙吾に25ダメージ!
謙吾「まさか…」
謙吾は倒れた!
鈴の勝ち!


鈴「…よし、みんな、良くやったぞ。」

謙吾「くっ…俺が負けるとは……まあ仕方の無い、約束通り、ゴミを受けとれ。」

鈴「ああ。」

理樹「…なにか、もはやこれごみ集めじゃ無くなってないかな?」

鈴「細かいことは気にするな。」



鈴「…よし、残るのはかなた、くるがや、きょーすけだな。」

理樹「え、全員やるの?」

鈴「ここまで来たらやる。まずは>>497」


497以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/20(金) 22:42:34.50KmPOt342O (1/1)

恭介


498以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/21(土) 08:20:44.66IUcrM+84O (1/1)

理樹「恭介?」

鈴「理樹の安全のためにも馬鹿兄貴だけは優勝させるわけにはいかんからな。」

理樹「…なるほど、確かにね…じゃ、行こう…」

鈴「ああ。」





鈴「…そういうことだ、勝負だ、きょーすけ。」

恭介「ふっ…まさか鈴のほうから挑んでくるとはな。…良いだろう、この戦いにかける俺の思い、見せてやる。…この戦いはギャラリーを呼んでやるいつものバトル形式だ、いいな?」

鈴「ああ、いいぞ。」



恭介「…よし、じゃあ、みな、武器になりそうなものを投げろ!」
恭介の武器
>>499
鈴の武器
>>500


499以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/21(土) 09:17:07.91D58n+QCfo (1/1)

特売チラシ


500以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/21(土) 09:28:42.584sodze+70 (1/2)

東京ばな奈


501以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/21(土) 12:16:45.49CjtpjTEOO (1/1)

恭介「…こいつだ!」

鈴「これだっ!」

恭介「…ほう、近所のスーパーのチラシか…」

鈴「…なんだ、これ。おかしか。」

理樹「…東京○な奈だね…東京の有名なお土産のお菓子かな。」

鈴「おみやげのおかしか…まあいい。」

理樹(なんか二人とも武器になりそうもないものを引いたね…大丈夫かな…)

恭介「…よし、それじゃ…バトル、スタートだ!」

恭介はチラシではたいた!
鈴に35ダメージ!
鈴は東京○な奈を投げつけた!
恭介に36ダメージ!
恭介はチラシではたいた!
鈴に37ダメージ!
鈴は東京○な奈を投げつけた!
恭介に36ダメージ!
恭介はチラシではたいた!
鈴に35ダメージ!
鈴は東京○な奈を投げつけた!
恭介に38ダメージ!
鈴は投げつけるのコツを掴んだ!
恭介はチラシではたいた!
鈴に40ダメージ!
恭介ははたくのコツを掴んだ!
鈴は東京○な奈を投げつけた!
恭介に34ダメージ!
恭介に32ダメージ!
恭介はチラシではたいた!
鈴に39ダメージ!
鈴に32ダメージ!
鈴は東京○な奈を投げつけた!
しかし恭介はその攻撃をかわした!
恭介はチラシではたいた!
鈴に35ダメージ!
鈴は東京○な奈を投げつけた!
恭介に34ダメージ!
恭介はチラシではたいた!
鈴に40ダメージ!
鈴に36ダメージ!
鈴は東京○な奈を投げつけた!
恭介に35ダメージ!
恭介に38ダメージ!


恭介「…はぁ…はぁ…やるじゃないか…」

鈴「そっちもな…よし、奥の手をだす…」

恭介「奥の手…?」

鈴「…いくぞ…」

恭介「…させん!」
恭介はチラシではたいた!
しかし、鈴はその攻撃を受け止めた!
恭介「なっ…」
鈴「いくぞ…んにゃぁっ!」
鈴は真 ライジングニャットバナナを投げた!
恭介「ぐああっ!」
クリティカルヒット!
恭介に159ダメージ!
恭介は倒れた!
鈴の勝ち!


恭介「まさか…野球の技術を戦いにいかすとは……」

鈴「よし、勝ったな。」

理樹「恭介、大丈夫?時速160km近くの○な奈を受けたことになるけど…」

恭介「なんとか平気だ…くっ、しかし俺を倒すなんてな…この調子で、他も頑張れよ。鈴。」

鈴「ああ。このままバトルの頂点を目指す。」

理樹(あれ、僕たちもともと何してたんだっけ…)

鈴「よし理樹、次は>>502だ。」


502以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/21(土) 13:45:31.75dU+JwG5r0 (1/1)

来ヶ谷


503以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/21(土) 19:24:19.67b5qZjpBGO (1/1)



鈴「…というわけだ、勝負するぞ、くるがや。」

来ヶ谷「…なにやら騒がしいと思ったら、そういうことか…なんだ、もう暴力禁止はやめたのか。」

鈴「ああ。この戦いで勝ちたいからな。」

来ヶ谷「ふっ、そうか…君もそこまでして理樹少年を独占したいわけだな…良いだろう、勝負だ。鈴くん。すでに8人分もっている君に正攻法では追いつけないだろうからな。…では、やるか。」
来ヶ谷の武器
>>504


504以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/21(土) 19:33:07.444sodze+70 (2/2)

エロ本


505以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/21(土) 21:36:58.09CGNZ8dKRO (1/1)

来ヶ谷「…この拾ったエロ本でいいか…」

理樹「エロ本…」

鈴「そんなんでいいのか。」

来ヶ谷「構わんとも…君の武器は?」

鈴「あたしは…>>506」


506以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/21(土) 22:43:17.782QRUEQ1VO (1/1)

こまりちゃんのパンツだ


507以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/22(日) 16:57:37.42U6IMoLX+O (1/1)

理樹「えっ!?」

鈴「なんだ、ダメか。」

理樹「いや、ダメっていうか…何で持ってるのさ?」

鈴「なんかわからんが、くれた。」

理樹「えええ!?」

理樹(いくら友情でもそれは行きすぎじゃ…)

鈴「…よし、じゃあ、いくぞ。」

来ヶ谷「ふっ、こい!」

来ヶ谷はエロ本を読んだ!
来ヶ谷「ほら、鈴くんにも見せてやる。」
鈴「っ!」
鈴は恥ずかしくてダメージを受けた!
67ダメージ!
鈴は来ヶ谷にパンツを被せようとした!
しかし来ヶ谷はそれをかわした!
鈴「なにっ!?」
来ヶ谷「ふっ、恭介氏のように簡単にはいかんぞ、私は。」
来ヶ谷はエロ本を読んだ!
鈴は恥ずかしくてダメージを受けた!
69ダメージ!
鈴「くぅぅ…うりゃっ!」
鈴は来ヶ谷にパンツを被せようとした!
しかし来ヶ谷はそれをかわした!
鈴「っ!」
来ヶ谷はエロ本を読んだ!
鈴は恥ずかしくてダメージを受けた!
72ダメージ!
鈴「むむむ…そこだ!」
鈴は来ヶ谷にパンツを被せようとした!
しかし来ヶ谷はそれをかわした。
来ヶ谷「ふははは。」
鈴「くぅぅ…次こそ仕留める…」
来ヶ谷はエロ本を読んだ!
鈴は恥ずかしくてダメージを受けた!
70ダメージ!
鈴「んにゃぁぁぁ…んにゃっ!」
来ヶ谷「っ!」
来ヶ谷はパンツを被せられた!
来ヶ谷「ぐあああっ!」
来ヶ谷は鼻血を吹き出した!
理樹「えええ!?」
クリティカルヒット!
来ヶ谷に556ダメージ
来ヶ谷は倒れた!


来ヶ谷「…くっ…つい興奮しすぎてしまった…」

理樹「ええー…」

鈴「こわっ!こいつ、ガチだぞ、こわっ!」

来ヶ谷「節度はわきまえている、問題はない…まあ、ともかく、今回は私の負けか…これで、あと1人を抜けば君が勝者と言うわけだな。」

鈴「ああ…よし、じゃあ、最後、かなたのとこいくぞ。」




鈴「…そういうことで、かなた。勝負だ。」

佳奈多「…は?何で?私たちは掃除をしていたはずよね?なんでバトルすることになってるのかしら?」

鈴「なんか途中からこーなった。細かいことはかんがえるな。…それで、やるのか、やらないのか、どーなんだ。」

佳奈多「…まあ、ゴミの量だとずいぶん差がついてるから、やらざるを得ないかしら。」

鈴「よし。…じゃあかなた、武器を選べ。」

佳奈多「武器……なら、>>508」


508以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/22(日) 18:08:43.32vSYKyGr0O (1/1)

リングコン


509以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/22(日) 20:47:50.52dGPQYY/vO (1/1)

理樹「…なにそれ?」

佳奈多「なにかのゲームに使うらしいわ。こう両端の持ち手みたいなを持って。」

理樹「へぇ…鈴の武器は?」

鈴「あたしは…>>510」


510以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/22(日) 20:59:48.4515U79GpBO (1/1)

割りばし


511以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/23(月) 10:12:27.05xnnzVeYKO (1/1)

鈴「だめだ、これしかなかった。」

理樹(リングコンと割りばし…まあ、どちらも武器っぽくはない…どうなるか…)

理樹「…それじゃ、バトル、スタート!」

佳奈多はリングコンで運動した!
鈴に69ダメージ!
鈴は割りばしで摘まんだ!
佳奈多に54ダメージ!
佳奈多はリングコンで運動した!
鈴に65ダメージ!
鈴は割りばしで摘まんだ!
佳奈多に58ダメージ!
佳奈多はリングコンで運動した!
しかし、鈴はその攻撃をかわした!
鈴は割りばしで摘まんだ!
佳奈多に60ダメージ!
佳奈多はリングコンで運動した!
鈴に68ダメージ!
鈴は割りばしで摘まんだ!
佳奈多に53ダメージ!
鈴は摘まむのコツを掴んだ!
佳奈多はリングコンで運動した!
鈴に64ダメージ!


鈴「…うりゅ…なかなかやるな…だが、あたしは負けん…」

佳奈多「…私も、負ける気はないわ…」
勝者
コンマ判定
下一桁が奇数なら鈴の勝ち。
>>512



512以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/23(月) 12:07:27.71WO/jRKyuO (1/1)




513以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/23(月) 14:10:01.058mSDxNYcO (1/1)

鈴「んにゃあっ!」
鈴は割りばしで摘まんだ!
佳奈多に54ダメージ!
佳奈多に52ダメージ!
佳奈多「…っ!」
佳奈多はリングコンで運動した!
鈴に68ダメージ!
佳奈多は運動するのコツを掴んだ!
鈴は割りばしで摘まんだ!
佳奈多に49ダメージ!
佳奈多に51ダメージ!
佳奈多はリングコンで運動した!
鈴「ほっ!」
しかし、鈴はそれを受け止めた!
佳奈多「!!」
鈴は割りばしで摘まんだ!
佳奈多に53ダメージ!
佳奈多に48ダメージ!
佳奈多は倒れた!
鈴の勝ち!


佳奈多「…そんな…」

鈴「よし、勝った…」

理樹「おめでとう鈴、これで優勝だね。」

鈴「…いや、優勝はまだ決まってないぞ。」

理樹「えっ?」

鈴「最後だ。理樹。…勝負するぞ。」

理樹「えっ…このまま行けば優勝なのに…良いの?」

鈴「もちろん理樹は独り占めしたい。…でも、あたしは理樹にも選ぶチャンスがあっていいと思う。あたしが勝っても負けてもあたしにとっては良いことだ。」

理樹「…そっか……わかったよ鈴、勝負しよう…最後だし、ギャラリーを呼ぼうか…」

鈴「ああ…」




理樹「…集まったね…それじゃ、みんな、武器を投げて!」
理樹の武器
>>514
鈴の武器
>>515


514以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/23(月) 14:19:01.56OkreGFeVO (1/1)

竹刀


515以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/23(月) 15:19:37.84fa2+e7yz0 (1/1)

出刃包丁


516以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/23(月) 18:53:05.42Xmo0u0sQO (1/1)

理樹「これにしよう!」

鈴「これだっ!」

理樹「…竹刀だね…」

理樹(なかなかいい武器だね。)

理樹「そっちは?」

鈴「…これだ。」キラーン!

理樹「えっ…出刃包丁?…それ、誰が投げたの?…ていうか、それ僕が大丈夫かな?」

鈴「刺さないようにすれば多分だいじょーぶだ。それに今までも模造刀とかマシンガンとかライトセイバーとなつかってたからへーきだろ。」

理樹「ええー…」

鈴「早く始めるぞ、理樹。」

理樹「だ、大丈夫なのかな…?まあいいや…バトル、スタート!」
鈴は出刃包丁で切りつけた!
理樹に110ダメージ!
理樹は竹刀で叩いた!
鈴に85ダメージ!
鈴は出刃包丁で切りつけた!
理樹に114ダメージ!
理樹「痛っ…」
理樹は傷をおった!
鈴「理樹、すまん。」
理樹「だ、大丈夫…」
理樹は竹刀で叩いた!
鈴に86ダメージ!
理樹「うっ…」
理樹は傷のダメージを受けた!
理樹に40ダメージ!
鈴は出刃包丁で切りつけた!
理樹に113ダメージ!
理樹は竹刀で叩いた!
鈴に90ダメージ!
理樹は傷のダメージを受けた!
理樹に38ダメージ!
鈴は出刃包丁で切りつけた!
理樹に120ダメージ!
理樹は倒れた!
鈴の勝ち!



理樹「…まあ、出刃包丁ならそうなるよね…」

鈴「理樹、痛くなかったか。」

理樹「痛いけど、まあ、大丈夫…少しすれば治るよ…」

理樹(それにしても、優勝は鈴か…勝てなかったのは残念だけど…まあ、鈴も気になる相手ではあるし…まあ、いいか…)


517以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/23(月) 19:02:49.93zDf3/azOO (1/1)




恭介「…はい、というわけで、今日のバトルランキング
、優勝は鈴!」

鈴「優勝だ。」

小毬「おめでとう鈴ちゃん!」

クド「わふー!おめでとうなのです!」

葉留佳「おめでとー!しゃかしゃかへい!」

美魚「…おめでとうございます。」

来ヶ谷「祝福してやろう。」

理樹「おめでとう鈴!」

真人「くそー、俺とはバトルしてねぇから、いまいち納得いかねぇぜ…」

謙吾「まあ別の形式とはいえお前も負けてはいるんだろう、おとなしく認めろ、真人。」

佳奈多「…なにか最初と趣旨が変わってる気がするわ…」

恭介「細かいことは言うな二木。…では、優勝景品、勝者の栄誉、すなわちチャンピオンの称号と、理樹独占権の授与だ。」
鈴はバトルランキングチャンピオンの称号を手に入れた!
鈴「…よし…」

恭介「ちなみに鈴、理樹独占権はどう使う?」

鈴「>>518」


518以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/23(月) 20:55:33.64nciMyV8TO (1/1)

理樹独占権は理樹が選んだ人に譲渡する


519以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/23(月) 21:32:28.50GXfsTdPVO (1/1)

理樹「えっ!?」

鈴「やっぱり何か理樹の意志を無視するのは違う気がする。理樹が選んでくれ。」

理樹「え、僕優勝してないのに…いいの?」

鈴「あたしは良いぞ。」

恭介「まあ、優勝者が言ってるんだ、認めよう。」

理樹「……鈴、ありがとう…」

理樹(じゃあ、誰を選ぼう…二木さんのことも気になるけど…でも、ここまで僕を気遣ってくれた鈴も…他にも西園さんも思わせ振りなことをいったりしてたしなぁ…)

理樹(…よし、>>520にしよう。)


520以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/23(月) 21:34:30.204a/bsAB60 (1/1)

かなた


521以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/24(火) 10:23:28.87jryaxYImO (1/1)

理樹「じゃあ…二木さん。」

佳奈多「えっ?」

理樹「え…だめ?」

佳奈多「だ、だめじゃない…けど、どうして?」

理樹「いや、昨日からどうも二木さんの事が気になるからさ。それに、二木さんとはいままでそんなに交流なかったしね。」

佳奈多「き、気になるって…」

理樹「まあとにかく、よろしく頼むよ、二木さん。」

佳奈多「…よ、よろしく頼むわ…」

鈴「よし、かなたか、じゃあかなた、権利をやるぞ。」

佳奈多「…ありがとう。」

鈴「…理樹はまかせたぞ。」

佳奈多「…ええ…」




理樹(…というわけで、週末に佳奈多さんと一日過ごすことになった。どんなことをしようか、そんなことを考えていた金曜日の夜、恭介の提案のもと、僕たちは部屋に集まっていた。)

恭介「…よし、皆、よく集まってくれたな。」

謙吾「今日はいったいなんなんだ、恭介。」

恭介「…来る明日は理樹と二木の二人で過ごす日だな?」

真人「そうだな、それがどうかしたのかよ。」

恭介「一日二人きり、すなわちデートだ。…そしてデートと言うのは人気においても非常に大事なイベントだ。デートというイベントの際の立ち回りで男の評価は上がりも下がりもする。それは人気にも直結する、ここでへたれた行動でもとろうものならその男の評価は地に落ちるといってもいい。」

理樹「そこまでかな…?」

恭介「そこまでなんだ。…というわけで、明日理樹が失敗しないために、俺たち男4人で、明日のデートプランというものを考えていこうと思う。」

真人「ほう、デートプランか。」

謙吾「なるほど、ロマンティック大統領と呼ばれる俺の出番と言うわけだな。」

恭介「そういうことだ。」

理樹「いや、そんな、僕のためにそこまでしてくれなくていいって…」

真人「気にするなって理樹、俺たちの仲だろう?」

恭介「そうだそうだ。…というわけで、ざっくばらんに頼む。」

謙吾「ならば、俺から…>>522というのはどうだろう。」


522以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/24(火) 11:21:35.25ueTB/8uSo (1/1)

水族館にいく


523以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/24(火) 18:40:42.33zLNRkTQ3O (1/1)

謙吾「二木はデートの経験もないだろう、だから水族館などの王道な場所にいくのがいいだろう。さらに水族館は天候が悪くても行ける上、あの水族館独特の暗さがロマンティックさと非日常感を演出し、距離を縮めることが出来る。」

恭介「ほう、さすが謙吾。経験豊富なだけはある。よし、採用だ。」

謙吾「ふっ、まあな。」

恭介「真人は何がいいと思う。」

真人「俺は…そうだな、>>524とか良いんじゃね?」


524以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/24(火) 18:49:20.094PcPbWkj0 (1/1)

プロレス観戦


525以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/24(火) 22:48:39.49AlJ/pstSO (1/1)

真人「熱きバトルに二人は興奮!距離も縮まる!最近はプロレス女子なんてのもいるくらいだしな!」

恭介「お前らしいな、まぁ、ありだ。」

理樹「でも二木さんそんなのあんまり好きそうじゃないけど…」

謙吾「意外と好きかもしれないぞ。」

理樹「そうかなぁ…」

謙吾「恭介はなにか考えはあるのか。」

恭介「俺か、俺は…>>526」


526以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/24(火) 22:56:13.59xVEq8bQAO (1/1)

ないな、理樹が横にいれば何処でもパラダイスだ


527以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/25(水) 08:29:55.62H0QIjytEO (1/1)

理樹「…」

真人「…」

謙吾「…」

恭介「…なんだ、その反応は。」

真人「やっぱりお前、ガチなのか?」

恭介「いや違う。俺はそっち系じゃない。ただ理樹といるだけで楽しいってだけさ。それはお前たちもそうだろう?デートなどいく必要もないくらいには。」

真人「まあ、それは…」

謙吾「確かに…」

理樹「ええ、否定しないの!?」

真人「否定は出来ねぇ…」

謙吾「確かに理樹となら一日なにもしなくても平気だ…」

理樹「ええー…」

恭介「ま、そういうことで俺にはアイデアがないんだ。…だからお前らに聞いているというわけだ。…理樹、なにかないか?」

理樹「えっ、僕は…>>528」


528以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/25(水) 09:09:54.53gS3VZz2ZO (1/1)

映画を観るのもいいと思うけど
佳奈多さんの意思も重要だと思うよ


529以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/25(水) 10:33:13.50EajIK54/o (1/1)

理樹「あくまで独占権持ってるのはあっち側なんだし…」

真人「…確かにそうだな…」

恭介「だがしっかり計画を練らねば人気が…」

理樹「…人気よりも二木さんが楽しめることが大事じゃないかな。僕はそう思うよ。」

恭介「…っ!…そうだな…人気にこだわるあまり、本質を見逃していた…」

理樹「うん、だからさ、僕たち側が特になにか考えることはないよ。」

恭介「……なるほどな…確かに…」

理樹「集まってくれた皆には悪いけど…ね?」

恭介「…そうだな。」

真人「そうだな。」

謙吾「…そうだな。」




理樹(…というわけで、当日…)

理樹「…はい、今日はよろしくね。」

佳奈多「…よろしく。」

理樹「今日はどうするの?」

佳奈多「>>530」


530以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/25(水) 12:15:20.81U1rS2X8bO (1/1)

え?なにも考えてくれてないの?


531以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/25(水) 18:39:02.48dvzJ3nRJO (1/1)

佳奈多「こういうのは男の人が計画をたてて、エスコートしてくれるものじゃない?」

理樹「えっ。あっ、いや…一応決めてはあるけど、佳奈多さんがしたいことがあるならそっちの方がいいかなーと思って…」

佳奈多「なら特にないわ。何が楽しいのかとかよくわからないし。何かするならあなたが決めて。」

理樹「ええー。」

理樹(いきなり躓いた…けど、何とかするしかない…)

理樹「うーん…じゃあ…とりあえず…」
1 商店街
2 映画館
3 水族館
4 その他
>>532


532以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/25(水) 18:59:04.77f8yY4X/JO (1/1)

3


533以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/25(水) 20:54:10.43tU+kr88xO (1/1)

理樹「水族館かな。」

佳奈多「水族館?」

理樹「うん、こういうときの定番の場所だよね。」

佳奈多「へぇ、そうなの。…なら、行きましょう。」



理樹(…というわけで、僕たちは水族館に来た。)

理樹「…佳奈多さんって水族館来たことってある?」

佳奈多「…記憶の限りでは、無いわね。」

理樹「…そっか…」

理樹(まあ、家の事とか色々あったのだろう…)

理樹「…じゃ、佳奈多さんにとっては初めての水族館なんだね。とりあえず、入ろうか。」

佳奈多「ええ。入りましょう…」



理樹(…というわけで、中に入る。)

理樹「………きれいだね…」

佳奈多「…そうね。」

理樹(謙吾が言ってたけど、水族館というのは、絶妙な暗さと光がロマンティックさを演出してくれている。)

理樹「…」

佳奈多「…」

理樹(ふと佳奈多さんの方を見ると、食い入るように水槽を見ている、その様子が可愛らしかった。だから、僕はしばらくその様子を見ていた。)

佳奈多「…何。」

理樹「…あ、いや…可愛いなって…」

佳奈多「っ…」

理樹(みるみると頬が赤くなる。)

佳奈多「…」

理樹(佳奈多さんが恥ずかしそうにうつむく)

理樹「…どうかした?」

佳奈多「な、なんでもないわ…」




理樹「…あ、見てあれ、なにかイベントだってさ。」

佳奈多「イベント…なにかしら。…>>534」


534以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/25(水) 21:17:50.40IOBS52lFO (1/1)

究極対決!サメVSワニ


535以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/26(木) 08:27:18.683muKRMP7O (1/1)

佳奈多「…サメとワニを戦わせるの?なんだか悪趣味ね…」

理樹「え、そう?」

佳奈多「だってサメやワニは戦いたいわけではないのでしょ?…人間の都合で戦わせるのなんて…」

理樹「…なるほどねぇ…でもせっかくだし…」 

佳奈多「嫌よ。」

理樹「…だよね…」

理樹(こういうのはダメなんだ…)



理樹「あっ、見てみて、佳奈多さん。」

佳奈多「なに。」 

理樹「>>536だってさ。」


536以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/26(木) 10:42:20.69wWNP6KdQO (1/1)

アシカショー


537以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/26(木) 19:08:40.34OBVnaxWAO (1/1)

理樹「こういうのなら平気?」

佳奈多「…これくらいなら、全然平気よ。」

理樹「そっか、じゃ、見に行こうよ。」

佳奈多「ええ…」



理樹(…というわけで、アシカショーを見ることになった。アシカが掛け声にあわせて芸を行っている。)

理樹「…すごいね、あんなのできるなんて。」

佳奈多「そうね…きっとすごく練習して出来るようになったのでしょうね。どれくらい練習したのかしら。」

理樹「きっとすごくいっぱい練習して、努力してるんだろうね。なんであっても努力できるって言うのはすごいと思うよ。」

佳奈多「…そうかしら?」

理樹「そうだよ。やっぱり努力するのって大変だし…誰でもできるものじゃないもん。頑張ってるものを見るとすごいと思うし、応援したくなるよね。」

佳奈多「…そう……あなたらしいわ。」

理樹「そうかな?」

佳奈多「ええ…」



理樹(さて、ショーを見終わった…)

理樹「すごかったね…で、佳奈多さん、もうお昼だから、このあとはご飯にしようか、なにか食べたい?」

佳奈多「…なんでもいいわ…なんでもいいから、直枝が決めて。」

理樹「え、じゃあ…>>538」


538以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/26(木) 19:44:07.7985ponWIEO (1/1)

回転寿司


539以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/26(木) 21:12:18.22Ujr+n1GVO (1/1)

佳奈多「…寿司?」

理樹「うん。」

佳奈多「…水族館のあとに?」

理樹「うん、ダメかな?」

佳奈多「…なにか…食べにくくないかしら。…まあ、私もなんでもいいといったし、そこでいいわ。行きましょう。」

理樹「うん、行こうか。」




回転寿司屋
理樹(…というわけで、回転寿司屋にきた、少し学生らしくないきはするけど、まあお金は十分持ってきたから大丈夫だろう。)

佳奈多「…あの、マグロください。サビ抜きで。」

店員「はい。」

理樹「…佳奈多さん、わさび苦手?」

佳奈多「……悪い?」

理樹「あ、いや…別にいいと思うよ。ただ、子供っぽいところもあるのかなって…」

佳奈多「…子供っぽいかしら。」

理樹「うーん、まあ、少し?」

佳奈多「…そう…やっぱりそうなのね…」

理樹「やっぱりって?」

佳奈多「あーちゃん先輩に弁当を見られたとき、味覚な意外と子供っぽいと笑われたことがあるのよ。…なにも笑うほどの事ではないと思わない?」

理樹「まあ…でも、あーちゃん先輩の気持ちもわかるかな…ギャップというかさ。でも、僕はギャップがあるのはいいと思うよ。」

佳奈多「…そう?」

理樹「うん。佳奈多さんのそういうところ、もっと見てみたいかな。」

佳奈多「…どうして?」

理樹「もっと佳奈多さんを知れる気がするから、かな。」

佳奈多「っ…」

理樹「…どうしたの?顔赤くして。」

佳奈多「…なんでもないわよ…」




佳奈多「…」モグモグ

理樹(…あ、佳奈多さん、ご飯粒ついてる…あの様子だと気づいていない、どうしよう?)
とってあげる
指摘するだけ
>>540


540以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/26(木) 21:41:58.48CI0E5X8O0 (1/1)

とってあげる


541以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/27(金) 08:26:19.320Qxi9LDbO (1/1)

理樹(とってあげよう…)スッ

佳奈多「っ…!」  

理樹「…まだついてるね…とってあげるよ。」

佳奈多「い、良いって…」

理樹「いやいや、自分だとよく見えないでしょう?」

佳奈多「いや、自分で…んっ…」

理樹(佳奈多さんの口の回りの米粒をとってあげる。)

理樹「…はい、きれいになったよ。」

佳奈多「…」

理樹(佳奈多さんは顔を赤らめながら、僕を睨み付けている。)

佳奈多「…死んでやるから…」

理樹「ええー…」

理樹(…極端な人だ……)

理樹「…あっ、そういえばその言葉って、来ヶ谷さんが物真似した時にいってたやつと同じだよね。」

佳奈多「っ………死ぬわ…今すぐに…」

理樹「いやいやいや…落ち着いて…」

佳奈多「死んでやる…死んでやるわ…」



理樹「…落ち着いた?」

佳奈多「…ええ、もう大丈夫…」

理樹(…さて、ご飯もそろそろ終わりかな…このあとは、どうしよう?)
どこにいく?
>>542


542以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/27(金) 11:55:03.61nOgrrnIpo (1/1)

プラネタリウム


543以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/27(金) 19:14:02.17r5IbD4/ZO (1/1)

理樹「じゃ、次はプラネタリウムかな。」

佳奈多「プラネタリウム?」

理樹「え、だめ?」

佳奈多「いえ、意外と直枝ってロマンチストなのねと思っただけ…」

理樹「そうかな?…まあ、いいや、とりあえず、行こうか…」


プラネタリウム
理樹「…ここのプラネタリウムは、人形のロボットが解説をしてくれるっていう最新の設備なんだって。」

佳奈多「へぇ…そうなの…」

理樹「…あ、そろそろ始まるみたい…」

理樹(そういった時、上のスクリーンに満天の星空が写し出される。)

佳奈多「…綺麗ね…」

理樹「うん…」

理樹(とってもきれいで、雄大な星空。…なんだか心が吸われそうになるほどに)

理樹(…この状態なら、いつもなら到底できないことでも、出来てしまう気がする。)

理樹(…だから、>>544してみることにした。)


544以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/27(金) 19:39:46.27TRMxbzRMO (1/1)

手を繋ぐ


545以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/27(金) 20:51:34.74MGSWmd1CO (1/1)

理樹(佳奈多さんと手をつなごうと手を伸ばし、佳奈多さんの手を握る)

佳奈多「っ…」

理樹(佳奈多さんは驚いたようだけど、拒みはせず…)

佳奈多「…」ギュッ

理樹(少ししたら、握り返してくれた。その手はとても暖かく感じた。)

理樹「…」
 
佳奈多「…」




理樹(…そうやってドキドキしていたら、いつの間にかプラネタリウムのプログラムは終わっていた。)

理樹「…あっ、ごめん…」

理樹(プラネタリウムが終わると夢が覚めたように冷静になり、思わず手を離す。)

佳奈多「…別に…嫌じゃなかったから…」

理樹「えっ?」

佳奈多「…嫌じゃなかった、と言ったのよ。」

理樹「なんだ、良かった…じゃあさ、佳奈多さん。」

佳奈多「…なに?」

理樹「次の目的地まででいいからさ、もう一回…手繋いでもいい?」

佳奈多「……仕方ないわね…」

理樹(さて、次の目的地は…>>546)


546以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/27(金) 22:36:49.00OTMa9qvV0 (1/1)

ゲーセン


547以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/28(土) 09:18:29.17/oatJp+9O (1/1)



理樹(…僕たちはゲームセンターに来た。)

佳奈多「…」

理樹「あれ、どうかした?」

佳奈多「いや…風紀委員の私がこんなところに、しかも…手を繋いでいて良いものかと思ってね…」

理樹「別にそれくらい良いんじゃない?休みなんだしさ…」

佳奈多「そう?」

理樹「そうだよ、そんなことは考えないで、ちゃんと楽しまなきゃ…なにか遊んでみたいのとかある?」

佳奈多「>>548」


548以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/28(土) 12:59:01.55maTePivgO (1/1)

UFOキャッチャー


549以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/28(土) 22:33:50.12YwUu7vF6O (1/1)

理樹「UFOキャッチャー、定番だね。…じゃ、さっそくやりにいこうか。」

 

佳奈多「…で、きたはいいけど、これってどうやるの?」

理樹「えーっとね…お金を入れて、これでクレーンの位置を調整して…こうやってクレーンでつかんで…」

理樹(手始めに小さなストラップをとって見せる。)

理樹「こんな感じで、落としてとるんだよ。」

佳奈多「…ふーん、なるほどね…」

理樹「何かクレーンの中で欲しいものとかある?」

佳奈多「そうね…何でも良いわ。」

理樹「うん、そうだと思ったよ…じゃあ、>>550」


550以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/28(土) 22:35:15.22eVvnweY9o (1/1)

猫のぬいぐるみ


551以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/29(日) 12:28:13.42yooc5gneO (1/1)

理樹(近くのマシーンに入っている猫のぬいぐるみを狙うことにした。)

理樹「佳奈多さん、やってみようか。」

佳奈多「…上手なあなたがやった方が安くとれるんじゃない?」

理樹「でもやらなきゃ楽しめないでしょ?お金より、楽しむことが大事じゃないかな。」

佳奈多「そんなものなの?」

理樹「うん、だからやってみよう。」

佳奈多「…なら…」

理樹(佳奈多さんが機械を動かす。)

佳奈多「…こんなものかしら…」

理樹(佳奈多さんはクレーンを下ろしたけど…)

佳奈多「…あっ…」

理樹(…そのクレーンは空振りする。)

佳奈多「…」

理樹「まあ…ほら、そんなこともあるから…」

佳奈多「…くっ……」

理樹「…まあほら、そんなこともあるよ…もう一回やろう?」

佳奈多「…やるわ…」



理樹(…その後、何回も繰り返したうち…)

佳奈多「…取れたわ…」

理樹「やったね、佳奈多さん!」

佳奈多「…これ、普通に買った方が良かったんじゃない?」

理樹「…それは考えないようにしよう…」



理樹「次はなにやる?」

佳奈多「>>552」


552以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/29(日) 13:44:14.986yqC856DO (1/1)

メダルゲーム


553以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/29(日) 21:14:20.77r3n/gcDNO (1/1)

理樹「オッケー、メダルゲームだね。」



佳奈多「…で、来たはいいけど、これはどう遊ぶの?」

理樹「まあメダル落とすやつとか、ポーカーするのとか色々あるけど…とりあえず、メダル落としやってみようか。」

佳奈多「それはどういうものなの?」

理樹「こう、ここにたまってるコインを、うまくタイミングをあわせてコインを入れて落とすんだよ。」

佳奈多「ふーん…」

理樹「まあとりあえずやってみようか。」

佳奈多「ええ…」



理樹(しばらくやってると…)

佳奈多「っ!?」

理樹(佳奈多さんの方から大量のコインが出てきている。)

佳奈多「え、これは何?」

理樹「ああ、ジャックポットに当たったんだね、おめでとう!」

佳奈多「ジャックポット?」

理樹「まあ、大当たりみたいな感じかな、ラッキーだね、佳奈多さん。」

佳奈多「え、ええ…」



佳奈多「…あ、また…」

理樹「わっ、佳奈多さんすごいね…」



佳奈多「…また何か出たわ…」

理樹「今日は運がいいみたいだね…」




理樹(…その後、しばらく佳奈多さんは当て続け…)

佳奈多「…どうしようかしら、このメダル…」

理樹「頑張って使うしかないね…あはは…」



佳奈多「…もうメダルゲームはこりごりだわ…」

理樹(大量に出たメダルを使いきるのにかなりゲームをしたので、佳奈多さんは疲れたようだ。)

理樹「…じゃあ佳奈多さん、最後にあれしてみようよ。」

佳奈多「…なんなの?あれは。」

理樹「>>554」


554以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/29(日) 21:26:22.63Xp0G/GBUo (1/1)

プリント倶楽部


555以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/30(月) 12:29:08.07qpaqwq1hO (1/1)

理樹「プリント倶楽部、略してプリクラだよ。」

佳奈多「ああ…聞いたことはあるわ。写真を撮れるのよね。」

理樹「そうそう、最後に記念にさ。」

佳奈多「…ええ、別に構わないわよ。」



プリクラ内部
理樹「…さて、じゃあとりあえず撮ってみようか…」

佳奈多「ええ…」

理樹(とりあえず一枚撮ってみた。)
カシャッ
理樹「…うーん…何かいまいち…そうだ、もっと近づいてみよう。」

佳奈多「えっ?」

理樹(佳奈多さんの顔を近づける。)

佳奈多「えっ、ちょっと…近いって…」
パシャッ!
理樹「…何か硬いなぁ…佳奈多さん、何かポーズでも撮ってみる?」

佳奈多「ポーズって?」

理樹「そうだなあ…例えば…>>556」


556以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/30(月) 16:54:46.87datBtcguO (1/1)

ちょっとセクシーなポーズとかどうかな


557以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/30(月) 19:33:19.68Jw2lyAqkO (1/1)

佳奈多「…セクシー?」

理樹「うん、なんだろう…こう、ちょっと前に屈んで…腕でこう…」

佳奈多「…こう?」

理樹「あー…いいね、じゃあ、次はこう…腕を後ろにやって…」

佳奈多「…こうかしら。」

理樹「うん、いいよ佳奈多さん、最高だよ…じゃあ一枚脱いで…」

佳奈多「…ふざけてるの?」

理樹「…ごめん。調子に乗っちゃっただけです…」

佳奈多「…で、ポーズはもういいかしら。」

理樹「うーん…チューでもしてみる?なんて…」

佳奈多「>>558」


558以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/30(月) 19:42:54.82WUc7ctT60 (1/1)

やらないわよ(と言いつつも、写真を撮る瞬間にキス)


559以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/31(火) 17:14:22.21eq24TrRRO (1/1)

理樹「あ、だ、だよねー…」

理樹(さすがに調子に乗りすぎた。あの夢の時の佳奈多さんならともかく、現実の佳奈多さんはそんなことしてくれないだろう…)

理樹「…じゃあ、普通に撮ろうか…」

佳奈多「…ええ…」



理樹「…じゃあ…撮るよ」
3…
佳奈多「…直枝、こっち見て。」
2…
理樹「えっ?」
1…
佳奈多「…」チュッ

理樹「っ!?」
カシャッ!

理樹「…!?!?」

理樹(突然のことに驚きを隠せない。)

理樹「…か、佳奈多さん?」

佳奈多「……あなたがしたいっていったんじゃない…」

理樹「え、いや、でも、さっきやらないって…」

佳奈多「……やろうなんて、恥ずかしくて言えないじゃない…」

理樹「…なるほど…」

理樹(素直じゃないと言うか…なんと言うか…)

理樹「…それなら素直にいってくれれば…」

佳奈多「…言えたら苦労しないわ…あなたを名前で言うのも出来ないのに…」

理樹「あ、確かに…ずっと直枝、とかあなた、とか呼ぶもんね…ちょっと、呼んでみてくれる?理樹くん、とかさ。」

佳奈多「>>560」


560以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/31(火) 19:50:05.01AYXGg81VO (1/1)

理樹きゅん


561以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/01(水) 14:46:40.08xPfJymicO (1/1)

理樹「えっ…?」

佳奈多「…こう、ふざけた感じなら呼べるんだけどね…」

理樹「真面目なのは呼べない?」

佳奈多「…まあ…直枝、と理樹きゅん、ならどっちがいい?」

理樹「…なら、直枝で…」

佳奈多「じゃあ、直枝ね。…で、直枝、この写真って取ったあとどうするの?」

理樹「ああ、取ったあとには写真に言葉を書いたり、加工したり出来るんだよ…なんて書く?」

佳奈多「…どういうのを書くものなの?」

理樹「うーん…仲良し、とかずっと友達、とか…あとハートとか…」

佳奈多「ふーん、じゃあ…>>562」


562以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/01(水) 18:14:46.898kGW3TkTO (1/1)

友達以上恋人未満


563以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/01(水) 19:15:45.45FGG9soMlO (1/1)

理樹「あっ…うん、そうだよね…」

佳奈多「なに、どうかした?」

理樹「いや…その、うん、的確な言葉だと思う…」

理樹(そうだ、冷静になろう。キスしたぐらいで勝手に恋人になれるなんて思い上がりだ。僕たちはまだ告白もしてないのに、恋人扱いになれるはずがない。)

佳奈多「そうよね。…で、これ書いたけど、どうするの?」

理樹「ああ、ならこうしてプリントアウトして…二人で分けようか、はい。」

佳奈多「そうやるのね…ええ、ありがとう。」



理樹「このあとはどうする?もう帰る?」

佳奈多「>>564」


564以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/01(水) 22:03:48.29qn7yXEDQ0 (1/1)

静かな場所に行きたい


565以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/02(木) 09:26:00.10q4xMvMvdo (1/1)

理樹「静かな場所?」

佳奈多「ええ…静かで、できれば他に誰もいないところがいいわ…」

理樹「誰もいなくて、静かなところ…うーん…」
1 夜の公園
2 海の近く
3 ホテル
4 その他
>>566


566以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/02(木) 15:11:31.86F6Q3A3TJO (1/1)

俺は3を選ぶぜ!


567以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/02(木) 19:12:57.74Idgc9MMiO (1/1)

理樹「…ホテル?」

佳奈多「…は?」

理樹「いや、だから、静かで他に誰もいないところってことで、ホテル…」

佳奈多「…下半身でしか物事を考えられないのかしら、最低ね…最低。」

理樹「あ、いや、冗談だって…」

佳奈多「…本当に?」

理樹「も、もちろんさ…」

理樹(あわよくば、とは思ったけどさすがにダメだよね…あんまり下手なことを言ったらいけない。)

理樹「じゃあ…」
1夜の公園
2海の近く
3佳奈多の部屋
4その他
>>568


568以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/02(木) 19:22:03.09rTW2uTIxO (1/1)

2


569以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/02(木) 20:43:29.03n25oHg8MO (1/1)

理樹「海の近くかな。」

佳奈多「海なんてあるの?」

理樹「ちょっと歩くけどね、そこなら人はいないし、多分静かだと思うよ。」

佳奈多「…そうね。…じゃあ、そこにいきましょうか。」

理樹「うん…」





理樹「…よし、ついた…」

佳奈多「…なるほど、確かに、誰もいないし、波の音くらいしかしないわね…」

理樹「うん…で、なんで静かなところに来たいと思ったの?」

佳奈多「…ゲームセンターがうるさくて疲れたのと…あと…」

理樹(…佳奈多さんは少し顔を赤らめて…)

佳奈多「二人に…なりたかったのよ…」

理樹「…そっか……」

理樹(回りに人はいない。本当に二人きりだ。…何か僕が話さないと…)

理樹「…佳奈多さん、今日はどうだった?」

佳奈多「…そうね…>>570」


570以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/02(木) 20:47:18.02ApW6x6QVo (1/1)

悪くなかった


571以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/03(金) 10:28:11.17SO5e5mYcO (1/1)

理樹「悪くなかったかぁ…まあ、なら良かった…不安だったんだよね、僕のいきたいところに行ってたからさ。」

佳奈多「そう…なら安心して、それなりに楽しんだから…今までいったことないようなところにも行けたし…今日一日、ありがとう。」

理樹「うん、僕も楽しかったよ。」

佳奈多「…何か、お礼がしたいわ…」

理樹「…お礼?いや、お礼なんて、いいよ…」

佳奈多「されっぱなしだと私の気がすまないわ…そうね、>>572」


572以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/03(金) 14:25:05.33OW7K4+4OO (1/1)

いやらしいこと以外ならなんでもお願いをきいてあげる


573以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/03(金) 18:42:29.97u+/iTeTNO (1/1)

理樹「え、なんでも?」

佳奈多「…さっきのホテルみたいなのじゃなければ、ね。」

理樹「そうだなぁ…どうしようかな…」

佳奈多「…私にできることなら、なんでも言ってくれていいのよ。」

理樹「うーん…じゃあ…付き合って。」

佳奈多「は?」

理樹「付き合って、僕と。」

佳奈多「>>574」


574以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/03(金) 19:08:55.89bYXktRLhO (1/1)

じゃあ、今度はあなたからキスして


575以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/03(金) 22:24:00.17k9fgULmmO (1/1)

理樹「うん、もちろん良いよ。」

理樹(佳奈多さんの頬に手を当てる。)

佳奈多「…」

理樹(佳奈多さんはそれにあわせて目を閉じた。)

理樹「…好きだよ、佳奈多さん。」チュッ

佳奈多「んっ…」

理樹(そっと佳奈多さんに口づけをする。触れた時間はそれほど長くなかったはずだけど、僕にはとても長く感じられた。)

理樹「…佳奈多さん、返事は?」

佳奈多「…最後に確認させて…本当に私でいいの?あなたのことを思う人は一杯いるのよ?あなたのことを私よりも知ってる子も一杯いる、それでも、こんな私で良いの?」

理樹「それでも、僕は佳奈多さんを選ぶよ。僕は佳奈多さんが好きだから。佳奈多さんが、一番好きだから。知らないところは、これから知っていけば良いよ。」

佳奈多「…直枝…」

理樹「だから、佳奈多さん、僕と付き合ってください。」

佳奈多「……私で、いいなら…」

理樹「…!やった…!ありがとう!佳奈多さん!」ギュッ!

理樹(思わず佳奈多さんに抱きつく。)

佳奈多「>>576」


576以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/03(金) 23:21:25.77Br52wYbD0 (1/1)

苦しい 落ち着いて


577以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/04(土) 10:25:16.35YIIz1D4xO (1/1)

理樹「あ、ごめん…嬉しくてつい…」

佳奈多「…まったく…馬鹿なんだから…」

理樹(佳奈多さんは微笑んだ。)

佳奈多「…まあ、少しだけなら、構わないけど…」

理樹「え?」

佳奈多「もう少し、こうしてても良いわよ。」

理樹「…佳奈多さん…」

理樹(僕は佳奈多さんを抱き締める。) 

佳奈多「…直枝…」 







理樹(…その後、僕たちは寮に帰ってくる。)

理樹「…それじゃ、また明日ね。佳奈多さん。」

佳奈多「ええ、また明日。」


理樹(…その後、僕が部屋に変えると、真人たちがいた。)

真人「おっ、帰ってきたか。…なんだ、ずいぶん嬉しそうじゃねぇか。なんかあったか?」

理樹「えへへ、まあ、ちょっといろいろとね…真人は今日一日どうだった?みんなは何してたの?」

真人「俺たちは…>>578」


578以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/04(土) 10:36:03.41VgVMRNXxO (1/1)

理樹と二木の結婚披露宴の余興の練習


579以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/05(日) 10:26:55.89r+ON638cO (1/1)

真人「まあいろいろやってみたりした結果、定番のダンスとか歌とかがいいんじゃねと言うことに…」

理樹「ちょっと待って…披露宴?」

真人「ああ、結構練習したんだぜ!披露宴のためにな。」

理樹「いやいやいや…気が早くない?出た段階ではまだ告白したとかもいってなかったのに…」

真人「恭介が「あいつらは今日中に絶対にそこまでいく」って言ったんだよ。さすがに無いとは思ったんだけどよ、まあやることもねぇし、楽しげだし、まあいいかってことでな。」

理樹「まあいいか、って…」

真人「それで、理樹、どうだった?」

理樹「なにが?」

真人「二木とだよ、何か仲は進展したのか?」

理樹「え、まあ…うん…」

真人「おお、どこまで?」

理樹「…言うのは恥ずかしいけど…告白して、付き合うことになったよ…」

真人「まじかよ、おめでとう、理樹!」

理樹「ありがとう…」

真人「こりゃ恭介たちにも報告しないとな!」

理樹「そうだね…」




理樹「…というわけで、そういうことになりました!」

恭介「>>580」


580以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/05(日) 15:27:34.464f+H5wKPO (1/1)

そ…そんな馬鹿な!?


581以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/05(日) 19:18:31.64bNzPWoyOO (1/1)

理樹「えっ、そんな馬鹿なって…どういうことさ?」

恭介「理樹は…俺の事を好きだと思っていたのに…」

理樹「ええっ!?」

真人「二木と理樹がくっつくから披露宴の練習だとか恭介言ってたじゃねぇか。」

恭介「あれは冗談だ…正直真人と謙吾が乗っかってきて困惑していた…言おうと思ったんだが、謙吾が楽しそうな顔をしてたから言い出せなかった…」

謙吾「そりゃあ理樹のおめでたいことを盛り上げる役割をできるんだ、嬉しいに決まってるだろう。俺は素直に祝福するぞ、おめでとう。」

真人「恭介は祝福できねぇのか?」

恭介「…理樹が俺のもとを離れていくのが嫌だ…」

理樹「離れるって…別にいなくなる訳じゃないよ、幼馴染みとして普通に今まで通り仲良くしよう?」

恭介「…そういうことじゃないんだ…俺の事を好きな理樹でいて欲しかった…」

理樹「いや、別に普通に好きだよ?」

恭介「じゃあ聞くぞ、俺と二木ならどっちが好きだ?」

理樹「佳奈多さん。」

恭介「>>582」


582以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/05(日) 19:39:59.03pqfQ/uNu0 (1/1)

一番じゃなきゃダメなんだ


583以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/05(日) 21:21:20.85D3VrJlyIo (1/1)

理樹「…ええー…」

恭介「…引いたか?理樹。」

理樹「うん、ちょっと…ごめん…」

恭介「いや…俺も引かれるようなことを言っている自覚はある…だが、それが俺の本心だ…好きだぜ、理樹。」

理樹「>>584」


584以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/05(日) 22:27:22.10/UPssABI0 (1/1)

気持ちは嬉しいけど、僕の一番は佳奈多さんだから


585以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/06(月) 08:24:49.218sFCG4bGO (1/1)

理樹「ごめんね、恭介…今まで通り、幼馴染みの友達で…」

恭介「…いや、当然だ…そうだよな……わかった。…それじゃ、俺は戻るぞ。」

謙吾「なんだ、もういくのか?」

恭介「すまんな、だが一人になりたいんだ…」

謙吾「…そうか…」

恭介「…じゃあな。」

理樹(恭介は部屋を出る。)

謙吾「…さて、じゃあ、残った俺たちはどうするか…」

理樹「…もう僕の報告は終わったけど…」

真人「そうだな…じゃ、お祝いパーティーでもやるか!」

理樹「えっ!?」

謙吾「おおっ、楽しそうだなぁ!」

理樹「いやいやいや、そんな大層なことじゃ…」

真人「いや、めでたいことだからな。パーっとやる!」

理樹「いやいやいや…もう遅いし…」

真人「でも理樹は飯食ってないんだよな?それついでによ!」

謙吾「ああそうだ。…せっかくだから他のメンバーも呼ぼう!」

真人「ああそうだな!他のやつらも祝ってくれるはずだぜ!」

理樹「いや、だからそんな…」

謙吾「遠慮するな理樹!さあ、さっそく呼ぶぞ。」

理樹(…これ、二人が騒ぎたいだけなんじゃ…まあ、いいや…楽しそうではあるし…) 



理樹(最初に来たのは鈴だった。)

鈴「なんなんだ、突然呼び出して。」

謙吾「いや、理樹の恋が成就した記念パーティーをやろうと思ってな。鈴も呼んだ。」

鈴「>>586」


586以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/06(月) 10:21:08.73GlEpjeYTo (1/2)

そっか
これからは理樹と二人きりで会わないほうがいいな


587以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/06(月) 15:05:15.05NtSxdHBAO (1/1)

鈴「誤解が生まれる可能性があるからな、二人の仲を守るためにもそーする。」

理樹「…鈴…」

鈴「二人で仲良くするんだぞ、おめでとう。理樹。」

理樹「…ありがとう、鈴!」

鈴「どーいたしまして…ん、そういえばきょーすけがいないな、どこ行ったんだ。」

真人「あいつなら理樹が彼女出来たショックで帰ったよ…」

鈴「なにぃ…あいつ、理樹を祝う気がないのか。やっぱりホモなのか。」

理樹「まあ…恭介もいろいろあるんだよ…」

鈴「だがひろーえんにいないのはどーかと思う。」

理樹「いや、これは披露宴ではないよ…」

鈴「まあなんにせよ、きょーすけがいないのはまずいだろ、引っ張り出してくる。」

謙吾「かなり傷心だったから、そっとしておいてやれ、鈴。」

鈴「だが理樹のお祝い事だぞ。」

理樹「いや、恭介はそっとしておいてあげて、鈴」

鈴「うりゅ…理樹がそういうなら、そうしておいてやるか…」

理樹「そうしてあげて…」





理樹(次に来たのは、>>588)


588以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/06(月) 15:44:52.52dP3QoakBO (1/1)

クド


589以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/06(月) 17:58:48.52YNUSDi7oO (1/1)

クド「わふー!呼ばれたのできました!」

真人「おっ、クー公か。」

クド「今日は何をするんですか?」

真人「理樹の恋が成就した記念パーティーだ。」

クド「ああ、その事でしたか、リキ、おめでとうなのです!」

理樹「えへへ、ありがとう。」

クド「だったらもう一人の主役も呼んでこなきゃダメですね、呼んできます!」

真人「ああ、よろしく頼む。」




理樹(その次に来たのは、>>590)


590以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/06(月) 20:02:00.07r6DQBcfKO (1/1)

小毬


591以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/06(月) 20:45:05.750VF/vXjSO (1/1)

小毬「来たよー!」

理樹「あ、小毬さん。」

小毬「今日はどうしたの?」

鈴「理樹の恋が成就した記念パーティーだ。」

小毬「ほえ?理樹くん、誰かと付き合い始めたの?」

理樹「まあ、うん。佳奈多さんと…」

小毬「かなちゃんと!そうなんだぁ!理樹くんおめでとう!」

理樹「ありがとう!」

小毬「あ、そうだ、パーティーなら人数が多い方が良いよね、さーちゃんも呼んでいい?」

謙吾「笹瀬川か…」

鈴「させこか…」

小毬「どうかな、理樹くん?」

理樹「>>592」


592以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/06(月) 20:47:15.95GlEpjeYTo (2/2)

鈴と犬猿の仲だし
空気悪くならないかな?


593以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/07(火) 13:48:53.99gxvXFrI1O (1/1)

理樹「それに僕と鈴と小毬さん、それと謙吾くらいしか主な接点無いし…」

小毬「確かにそうだねぇ…かなちゃんともあんまり関わってなさそうだし…今回はやめておく?」

理樹「そうしよう、笹瀬川さんには別の機会で報告しとくよ。」

鈴「そーするのがいいな。」



理樹(次は…>>594)


594以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/07(火) 16:46:12.72zzh9NhAMO (1/1)

来るヶ谷


595以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/07(火) 17:59:03.14LMX8Z4vXO (1/1)

理樹「来ヶ谷さん…」

来ヶ谷「やあ少年、来てやったぞ。そして、おめでとう。」

理樹「え、まだなにするか言ってないけど…」

来ヶ谷「君たちの事だ、どうせ理樹くんの恋が成就した記念パーティーでもやるんだろう。恭介氏がいないのは少年に彼女が出来たショックで帰ったから、だろう。」

理樹「え、どこかで見てたの?」

来ヶ谷「まさか、ただの推測さ。」

理樹「…流石だね…まあいいや、ありがとう、来ヶ谷さん。」

来ヶ谷「…それで、佳奈多くんはどうしたんだ、もう一人の主役だろう?」

理樹「クドが呼びにいってるけど、まだ来てないね。」

来ヶ谷「ほう、そうか、なら、待っているか…」




理樹(…そして、そのすぐ後来たのは…>>596)


596以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/07(火) 19:45:57.35fmT/B5+P0 (1/1)

はるちん


597以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/07(火) 20:37:21.16bil0DzoLO (1/1)

葉留佳「はるちんとうちゃーく!」

真人「お、来たか。」

葉留佳「お姉ちゃんから聞きましたヨ!理樹くん、おめでとー!」

理樹「ありがとう!」

葉留佳「いやー、でもびっくりしましたヨ。こんな一気に仲が進むなんて思いませんでしたヨ。」

真人「確かになぁ、俺もビックリしたぜ。」

葉留佳「理樹くんはお姉ちゃんのどこが好き?」

理樹「うーん…>>598」


598以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/07(火) 22:49:23.14DX1doxnF0 (1/1)

たまに子供っぽいところとかのギャップ


599以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/08(水) 08:10:28.35H5bUrDMdO (1/1)

理樹「まあ他にも努力家なところとかいろいろあるけど…」

葉留佳「うんうん、確かにそういうところはありますネ。」

来ヶ谷「やはり君はギャップ萌えか…」

理樹「そうかも…」

葉留佳「それでさ、理樹くん、お姉ちゃんとはうまく行きそう?」

理樹「まだわからないけど、うまく行かせてみせるよ。」

葉留佳「ほうほう、そうですカ。何かあったら私に何でも言ってくださいヨ!協力しますヨ!」

理樹「うん、ありがとう。葉留佳さん。」



理樹(次に来たのは、西園さんだった。)

美魚「…今日はなんですか。」

来ヶ谷「理樹くんの恋が成就した記念パーティーだそうだ。」

美魚「どなたとですか…恭介さんですか?」

来ヶ谷「もちろん佳奈多くんだぞ。」

美魚「>>600」


600以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/08(水) 12:42:50.43EO8svnaxO (1/1)

儚い夢でした


601以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/08(水) 18:39:28.94yh6v/khlO (1/1)

理樹「え?どういうこと?」

美魚「山奥に ひとり獣の 死ぬるより さびしからずや 恋の終りは…」

理樹「えっ、何?」

美魚「…お気になさらず…おめでとうございます。二人とも、お幸せに。」

理樹「え、あ、ありがとう…」



理樹(…その後、しばらくして…)

クド「皆さん!連れてきましたよ!」

佳奈多「…いったい何が行われるの?」

葉留佳「…お、来ましたネ。お姉ちゃん、おめでとー!」

来ヶ谷「ふむ、祝ってやろう。」

鈴「おめでとう。」

小毬「おめでとー!」

西園「…おめでとうございます。」

真人「おめでとうな!二木!」

謙吾「おめでとう。」

佳奈多「>>602」


602以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/08(水) 19:29:33.332/Y51oNR0 (1/1)

わけがわからない


603以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/08(水) 20:38:42.321PXSQ16/O (1/1)

佳奈多「何が?何を祝われてるの?」

葉留佳「お姉ちゃんと理樹くんが無事結ばれたことをお祝いするパーティーですヨ。お姉ちゃん。」

佳奈多「え、そんな大々的にやらなくても…ていうか、別にそんなこと祝わなくても…結婚する訳じゃないんだし…」

理樹「まぁまぁ、細かいことはいいじゃない。佳奈多さん。」

葉留佳「ほら、理樹くんはそういってますヨ。」

佳奈多「>>604」


604以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/08(水) 21:23:19.64rMk3VF5m0 (1/1)

もう、仕方ないわね(嬉しそうに)


605以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/09(木) 08:15:38.50mpqZILD0O (1/1)

理樹(佳奈多さんは嬉しそうにいった。以前よりもずいぶんと感情を前に出せるようになった、そんな気がする。)

葉留佳「よーし、これでメンバーはそろいましたネ。」

佳奈多「…そろってるの?棗先輩は?」

理樹「あ、そこは気にしないで…」

佳奈多「…何かあったのね。まあいいわ…」

真人「よーし、なら、始めるか!…でよぉ、集めたは良いが、俺たちなにするんだ?とりあえず飯か?」

謙吾「まあ食事は必要だな。あとさすがに部屋だとせまい。別の会場を借りて、セッティングなんかもした方がいい。」

真人「そうだな、なら、今から俺たちで準備してくる、それまで待っててくれ!」

理樹「え、準備してなかったんだ…」

謙吾「集まるかどうかわからなかったからな…」

佳奈多「…今からやって部屋とかあるかしら?」

来ヶ谷「何とかしよう。」

鈴「よし、じゃあ、行くか。」

小毬「うんうん、頑張って準備しよう!」

クド「レッツセット!準備なのです!」

葉留佳「そいじゃ、私たちは行くんで!」

美魚「…あとは若いお二人で…」
バタン
理樹(全員準備をするために、外へ出てしまった。)

理樹「い、行っちゃったね…」

佳奈多「…いきなり呼んでおいて待たせるなんて、本当に適当なんだから…」

理樹「ごめん…でも、いつもこんな感じでその場で思い付いたようなことをやってるから…でも、楽しいよ?」

佳奈多「>>606」


606以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/09(木) 15:28:42.75i0WJX+ohO (1/1)

そのうち慣れるのかしら


607以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/09(木) 17:37:19.28bgwj7H+3O (1/1)

理樹「うん、そうだね、佳奈多さんも関わってくうちに慣れるよ。」

佳奈多「…だと良いけど…」



理樹「…あ、そうだ、待ってる間、何かする?」

佳奈多「…何かって、何?」

理樹「>>608とか…」


608以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/09(木) 20:01:56.40VdRL5dhwO (1/1)

二人で行ってみたいところや、してみたいことの話


609以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/09(木) 20:33:34.290KTWbZ2dO (1/1)

理樹「とにかく、二人の未来のこと?」

佳奈多「…なるほどね…あなたは何かあるの?」

理樹「僕?僕は…とりあえず、恋人らしいことをして、行ってみたいかな…買い物とか、遊園地とか…佳奈多さんは?」

佳奈多「>>610」


610以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/09(木) 20:40:18.45rRs/WVlZO (1/1)

海に行ってみたい


611以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/10(金) 09:50:35.04I2W1v80AO (1/1)

理樹「海なら今日行ったよね?」

佳奈多「ああいうのじゃなくて、ちゃんと夏とかに行ってみたいわ。」

理樹「理由は?」

佳奈多「…夏は海にいったりするとは聞いたことがあるけど、私はそんなことをした記憶はないからしてみたい、っていうのと…あなたたちは今年修学旅行と称して海にいったのよね?」

理樹「うん、行ったね。それで?」

佳奈多「…葉留佳やクドリャフカからその時の話を聞いて、少し楽しそう、と思ったのよ。だから、海。」

理樹「…なるほど、じゃあ、夏になったら行こうか。海。」

佳奈多「ええ。」

理樹「他は?」

佳奈多「>>612」


612以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/10(金) 10:32:24.48I9W7DVvXO (1/1)

一緒のお弁当を食べるとか?


613以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/10(金) 15:35:30.30obiG+OCWO (1/1)

理樹「ああ、確かに、僕も佳奈多さんのお弁当とか食べてみたいね。」

佳奈多「…機会があれば、作ってあげるわ。」

理樹「本当?じゃあ、楽しみにしてるよ。」

理樹(佳奈多さんのお弁当…楽しみがひとつ増えた。)

佳奈多「…直枝は他にある?」

理樹「うーん…>>614」


614以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/10(金) 18:37:55.362mXKUeD6O (1/1)

名前で呼び合いたい


615以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/10(金) 21:05:43.16EsTPBOoNO (1/1)

佳奈多「えっ…なんで?」

理樹「だってずっと「直枝」とか呼ばれてると距離感感じちゃうから…別に今じゃなくても良いから、いずれは「理樹くん」とか呼ばれたいなって…それに、この前のお泊まり会でも僕だけ名前で呼んでくれなかったし…」

佳奈多「…ただ呼ぶのに慣れてないだけよ…」

理樹「そう?…じゃあ、ちょっと練習する?」

佳奈多「練習?」

理樹「そう、ちょっと呼んでみて、理樹くんって。」

佳奈多「…り……り…き…くん…」

理樹「一文字ずつ。」

佳奈多「り、き、く、ん。」

理樹「続けて。」

佳奈多「り…りきく…ん…」

理樹「あー惜しい。…じゃあ、もう一回…」

佳奈多「…りき…くん…」

理樹「もうちょっとだよ、佳奈多さん。」

佳奈多「…もう、勘弁して…照れ臭いわ……」

理樹「あはは、ごめんごめん…照れてるところが可愛くてついね。」

佳奈多「>>616」


616以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/10(金) 21:56:54.27YFFhH5LW0 (1/1)

あなた結構Sよね


617以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/11(土) 09:41:00.00BtPDYGW4O (1/1)

理樹「そうかな?来ヶ谷さんにも言われたことあるけど…」

佳奈多「ええそうよ…人が困ってるのを見て楽しむなんて…」

理樹「別に楽しんでる訳じゃないよ、ただその様子を堪能してるだけで…」

佳奈多「それ、楽しんでるじゃない。」

理樹「…確かに…じゃあ僕、Sなのかもね。…Sなのは嫌?」

佳奈多「…ちょっとくらいなら嫌とは言わないけど、度が過ぎるのは嫌よ。」

理樹「うん、わかった、それじゃ、気を付けるよ。」

佳奈多「頼むわ…」


理樹「…さて、したいこと、まだある?」

佳奈多「>>618」


618以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/11(土) 16:39:54.79xKBBN+9Po (1/1)

佳奈多さんの家族にご挨拶


619以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/11(土) 20:24:18.77nWNkGN3UO (1/1)

理樹「…え、両親に挨拶?」

佳奈多「…いつかしなきゃダメなことでしょう?」

理樹「…そうだけど…気が早いと思うし、佳奈多さんの家っていろいろあったわけだし…」

佳奈多「…まああまりいい思い出はないけれど、一応血縁ではあるわけだし、いかざるを得ないじゃない。いつかね。」

理樹「まぁ…そうかもしれないけど…」

佳奈多「とにかく、いずれは行くことになるだろうから、覚悟はしておいて。」

理樹「う、うん…」




理樹(その後…)
ガチャッ
葉留佳「準備、終わりましたヨ!」

理樹「あっ、来たね…じゃ、行こうか。」

佳奈多「…ええ、行きましょうか。」




会場
理樹(会場についた。その会場は綺麗に飾られていた。)

理樹「わぁ、頑張ったね…」

謙吾「ふっ、理樹の晴れ舞台だからな。皆で協力した。」

真人「装飾も良いけどよ、こっちも頑張って用意したぜ!」

理樹(テーブルの上には、なかなか豪勢な食事がならんでいた。)

理樹「え、どうしたのこれ?」

真人「さすがに作る時間はなかったから、学食やらスーパーやらからおかずをいろいろ調達してきたぜ!正直かなりの金を使ったが、気にするな!」

理樹「そっか…ありがとう、真人、謙吾。」

謙吾「気にするな。」

真人「良いってことよ。」

理樹「みんなも、ありがとう。」

鈴「理樹とかなたのしあわせのためだからな、気にするな。」

葉留佳「いやいや、これくらい良いんですヨ…それじゃ、始めましょうカ、ささ、二人とも座って座って!」

理樹「あ、うん…」




真人「それじゃあ、理樹の恋が成就した記念パーティー改め、二人が結ばれたことをお祝いするパーティーを始めるぜ!えー、まずは…本日の主役から挨拶だな。理樹、頼んだぜ。」

理樹「えっ、なにも考えてないけど…うーん……今日は僕たちのためにこんなパーティーまで開いてくれてありがとう。こんなに素敵な仲間を持てて僕は今とっても幸せです。えーっと…それじゃあ、みんな、最後まで楽しもう!」

真人「おう!楽しもうぜ!…えー、次は…友人代表によるスピーチか。」

理樹「えっ、そんなのもあるの?」

真人「おう。じゃあまず理樹の友人代表、>>620」


620以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/11(土) 20:49:50.77TKqKZgmDO (1/1)

来ヶ谷


621以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/12(日) 10:09:49.92nZggpJzaO (1/1)

来ヶ谷「うむ。」

理樹(来ヶ谷さんか…僕とも佳奈多さんとも接点があるからやってくれてるのかな。)

来ヶ谷「ご紹介に預かりました、友人代表、来ヶ谷唯湖だ。まずは、理樹少年、佳奈多くん、おめでとう。」

理樹「ありがとう。」

佳奈多「…感謝するわ。」

来ヶ谷「理樹少年とは同級生であり、もう一年近く程度の付き合いになるのかな。理樹少年は今まで出会った人間とは少し違うタイプの、大変面白い人間で、まあ言うまでもなく知っていることだと思うが、優しいお人好しで、なよなよしてて頼りないところも時にはあるが決めるときにはきちんと決める、やるときにはやってくれる強い男だ。あの事故の時の用にな。」

理樹「…」

来ヶ谷「…まあ、理樹少年はこんな感じの人だ。佳奈多くん、そんな理樹くんをよろしく頼んだぞ、これからも仲良く、末長く幸せにな。」

佳奈多「>>622」


622以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/12(日) 14:43:42.63Bz+27vuIO (1/1)

ありがとう
でも本当に結婚式みたいになってない?


623以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/13(月) 13:23:09.24GzPp3eVuO (1/1)

来ヶ谷「厳密には披露宴だな。」

佳奈多「…まあ、そうですね…まあなんにせよ、気が早くないですか?付き合い始めただけで…」

来ヶ谷「似たような物だろう。気にするな。」

佳奈多「違うと思いますが…」

来ヶ谷「いずれするんだろう?結婚も。」

佳奈多「>>624」


624以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/13(月) 14:55:56.52ZIdBENGN0 (1/1)

そうなればいいとはまあ思ってる


625以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/13(月) 18:38:30.39MioUaCA9O (1/1)

来ヶ谷「だろう?その予行練習と思えばいい。」

佳奈多「予行なんていります?」

来ヶ谷「いる。…というわけで、次にいくぞ。」

真人「おし、じゃあ次は…二木の友人代表、能美。」

クド「はい!ご紹介に預かりました、友人代表、能美クドリャフカです!佳奈多さんとはルームメイトです!リキ、佳奈多さん、おめでとうございます!」

佳奈多「…ありがとう。」

クド「えっとですね…私からみた佳奈多さんは、ちょっと愛想がないところもありすが、頑張りやさんで、優しさを持った人だと思ってます。最初は少し誤解しちゃうかもしれませんが、長く付き合えば、だんだんとその優しさが見えてきます。リキはきっとこの事がわかってると思います。」

理樹「うん…」

クド「佳奈多さんはとっても良い、素敵な人です。リキはとってもいい人を見つけましたね。…それでは、二人とも、お幸せに!」

理樹「うん、ありがとう…」

真人「いやー、二人ともいい話をしてくれたな!えっと、次のプログラムは…>>626」


626以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/13(月) 22:31:43.033PwbDsvR0 (1/1)

ケーキ入刀


627以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/14(火) 08:14:45.62Byz/Sj2yO (1/1)

佳奈多「…は?」

理樹「えっ?」

真人「なんだ二人とも、だめか?」

理樹「いや…それこそ結婚式でやるやつと言うか…」

謙吾「カップル初めての共同作業、というわけだな。」

理樹「いやいやいや…」

真人「ま、これも本番の予行だと思って、な?」

理樹「…まぁ…良いけど…」



理樹(…というわけで、ケーキ入刀することになった…)

理樹「…あ、ケーキってこういう普通のなんだ…」

真人「すまん、流石にこういうのしか準備できなかった。」

理樹「まあそうだよね…じゃ、やるよ…」

佳奈多「ええ…」

真人「よし、じゃあ…ケーキ、入刀です!カップル初めての共同作業だぜ!」

理樹(…佳奈多さんと二人で包丁を持ち、ケーキに包丁を入れる。)

佳奈多「…何か、入刀というより、普通に切ってるだけな気がするわ…」

理樹「あはは…まあ、そうだね…」




真人「…よーし、じゃあ次は…乾杯と、ディナーの開始だな…それじゃ、乾杯の音頭は俺が勤めさせていただくぜ!それでは…乾杯!」

みんな「「「乾杯!」」」




理樹(…というわけで、みんなで歓談、立食ということになる。)

理樹「じゃ、僕らも食べようか。」

佳奈多「…ええ…」

理樹(食べ始めると…)

葉留佳「やはー!理樹くん、お姉ちゃん、おめでとー!」

理樹(葉留佳さんが話しかけてくる。)

葉留佳「おめでたいですネ、理樹くん。いや、お義兄ちゃんと呼んだ方が良いですかネ。」

理樹「それはまだ早いからやめて…」

葉留佳「ダメ?…ならいつも通り理樹くんと呼びますヨ。…あ、そうだお姉ちゃん。気になることがあるんですヨ。」

佳奈多「いつもながら唐突ね…何?」

葉留佳「いやぁ、お姉ちゃんは理樹くんの何が好きなのかなって。」

佳奈多「>>628」


628以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/14(火) 12:30:37.39a7586sb8O (1/1)

禁束事項です


629以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/14(火) 15:53:55.39SCeDvupoo (1/2)

葉留佳「ええー教えてくださいヨー!」

佳奈多「嫌よ、絶対言わないわ…」

葉留佳「理樹くんは教えてくれたのにー!」

佳奈多「直枝は言っても、私は言わないわ。」

葉留佳「なんで?」

佳奈多「…別に言う必要ないでしょ?」

葉留佳「うっ、まぁ…じゃ、じゃあ、次の気になるところに行きますヨ。」

佳奈多「まだあるのね、何?」

葉留佳「>>630」


630以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/14(火) 15:58:49.36Nnm1rqddo (1/1)

子供は何人欲しい?


631以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/14(火) 16:52:17.22SCeDvupoo (2/2)

佳奈多「…あなた、気が早いわよ…」

葉留佳「まあいいじゃないですカ。気になりますヨ。これくらいなら答えてくれそうですしネ。」 

佳奈多「…そうね…>>632人くらいかしら…」
コンマ判定
下一桁の数字が数
>>632


632以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/14(火) 20:09:59.32Q7gC2IYG0 (1/1)

そい


633以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/14(火) 20:33:02.58MlQPBkX6O (1/1)

佳奈多「二人くらいかしら。」

葉留佳「お、現実的な数ですネ。これはちゃんとした家族計画も持ってそうですなぁ。やっぱり将来見据えてますネ。」

佳奈多「…悪い?」

葉留佳「いや、いいことだと思いますヨ。…ちなみに、理樹くんは?」

理樹「僕は…>>634」
コンマ下一桁


634以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/14(火) 22:09:04.99uhUDlVAE0 (1/1)

シャカシャカヘイっ!


635以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/14(火) 22:54:23.82QaY2llL0O (1/1)

理樹「9人くらい欲しいかなぁ。」

佳奈多「えっ?」

葉留佳「おおー、子沢山ですネ。これはお姉ちゃん頑張らないと行けませんヨ。」

佳奈多「9、9人……そんなに…」

理樹「賑やかな方がいいし、自分の子供で野球チームを作ってみたいんだよ。ダメ?」

佳奈多「…ダメとは言わないけど、9人産むのも育てるのも自信はないわ…」

理樹「そっか…でも子供は多い方がいいなぁ…まあ、その辺はまた後々二人で話し合って決めることになりそうだね。」

葉留佳「そうですネ。いやー、でも、楽しみですネ。甥でも姪でも良いんで早く会いたいですヨ。…じゃ、そろそろ他の人も話したいと思うんで、これで!」




理樹(次に話しかけてきたのは…>>636)


636以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/15(水) 06:50:37.15wACvN6pkO (1/1)

クド


637以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/15(水) 10:06:29.08Sitl4zaEO (1/1)

クド「おめでとうございます、リキ、佳奈多さん!」

佳奈多「ありがとう、クドリャフカ。」

理樹「うん、ありがとう。」

クド「いやー、良かったですね、佳奈多さん。ずっと気になってましたからね、リキのこと。」

理樹「え、そうなの? 」

佳奈多「…」

クド「あまり人のこととか話さない佳奈多さんですけど、リキの話はよく出てきたので、気になってるのかな、と寮長さんとずっと噂してましたよ。」

佳奈多「…そうだったの?」

クド「はい。…あ、寮長さんといえば、佳奈多さん、準備してるときに寮長さんも誘ってみたんですけど、忙しくてこれないから、代わりにこれを渡せと言われました…」

佳奈多「なに、これは…>>638」


638以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/15(水) 10:19:35.311hLZljLBo (1/1)

ペアマグカップ


639以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/15(水) 14:37:52.973Zhk0V7BO (1/1)

クド「二人でぜひ使ってくれ、と…」

佳奈多「…なるほどね…じゃ、直枝、一つあげる。」

理樹「うん、ありがとう。」

佳奈多「次あったときにあーちゃん先輩にもお礼をいっておかないとね…」

クド「喜んでもらえたみたいでよかったです!」




理樹(次は…>>640)


640以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/15(水) 18:26:43.61xkod3Cqk0 (1/1)

けんご


641以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/15(水) 20:03:35.26w2FniY4mO (1/1)

謙吾「二人とも、おめでとう。楽しんでるか?」

佳奈多「…あら、宮沢…まあ、ぼちぼちね…」

理樹「謙吾、ありがとう。楽しんでるよ!」

謙吾「そうか、なら良かった。…にしても、この二人がくっつくとは、意外だったな。」

理樹「え、そう?」

謙吾「誘うときまであんまりそういうそぶりは見せてなかったじゃないか。理樹はいつから好きだったんだ?」

理樹「>>642」


642以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/15(水) 21:47:56.45CietEgysO (1/1)

自分自身が気づいてなかっただけで割りと最初から


643以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/16(木) 09:21:07.07XvYJgdhNO (1/1)

理樹「自覚したのは最近だけどね。」

謙吾「そうだったのか、自覚は無かったが、ずっと気になってはいたんだな、一緒にいても気づかないこともあるものだな…二木は?」

佳奈多「…禁束事項…」

謙吾「きんそく…?」

理樹「秘密だってさ。」

謙吾「ああ、そういうことか…」

理樹「…ねぇ謙吾、ところでさ、手に持ってるそれは何?」

謙吾「ああ、これか…これはお前たちがデートをすると聞いて、俺が二人に送ろうと思って1日かけて刺繍を施した特製ジャンパーだ。」

理樹(そういうと謙吾は手に持っていたものを広げた。そのジャンパーの背中には大きくLOVEと書かれている。)

理樹「…わぁ…」

謙吾「後はここに名前を入れて完成する。どうだ、良いだろう?」

佳奈多「え、名前入れるの?」

謙吾「ああ、なにか問題でも?」

佳奈多「…あなた、こんな人だった?」

理樹「時々謙吾って頭のネジが飛んじゃうんだよ…気にしないで…」

佳奈多「…そうだったのね…」

謙吾「頭のネジが…?」

理樹「ああうん、気にしないで…」

謙吾「そうか…頑張って二人分完成させるから、楽しみにしててくれ。」

理樹「う、うん…」



理樹(次には…>>644)


644以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/16(木) 15:52:42.47jE86+7wFO (1/1)




645以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/16(木) 20:46:57.411dzwwzg9O (1/1)

鈴「ふたりとも、おめでとう。」

理樹「あ、鈴…ありがとう。」

佳奈多「ええ、ありがとう。」

鈴「理樹、しあわせそうだな。」

理樹「うん、もちろんさ。」

鈴「かなたは?」

佳奈多「私も…まあ…幸せよ。」

鈴「そうか。…なら良かった。理樹たち二人が幸せなのが一番だからな。かなた、理樹と幸せにな。」

佳奈多「>>646」


646以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/17(金) 04:06:43.21srKRx98xO (1/1)

本当に良かったの?


647以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/17(金) 12:46:16.98X2DPHzPZO (1/1)

鈴「…なにがだ。」

佳奈多「…私が言うのもなんだけど、あなたも、直枝のこと…」

鈴「…いいんだ。理樹が自分で選んだことだ…それに、さっきも言ったが、理樹が幸せなのが一番だ。だから、あたしは…これで良い。」

佳奈多「…鈴さん…」

鈴「…あたしのことは気にしなくて良い。理樹を幸せにしてやってくれ、それがあたしの幸せだ。」

佳奈多「>>648」


648以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/17(金) 13:20:13.02obGcZGZgO (1/1)

わかったわ、必ず二人で幸せになるから。


649以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/17(金) 18:48:11.61slfQH5vMO (1/1)

鈴「…頼んだぞ。」

佳奈多「ええ。」

理樹「もちろん。」

鈴「…じゃあ、あとでな。」

理樹「うん、あとでね…」



理樹(…鈴があんなことをいうなんて、人とは成長するものだ。…そんなことを思っていると、>>650が話しかけてきた。)


650以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/17(金) 20:42:32.13tyy7wHNG0 (1/1)

来ヶ谷さん


651以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/17(金) 21:53:31.126dz+JTuKO (1/1)

来ヶ谷「おめでとう少年、佳奈多くん。」

理樹「来ヶ谷さん…」

来ヶ谷「先程の会話を聞いていたが、鈴くんは実に健気で可愛いな。安心しろ理樹少年、鈴くんは私は貰ってやるからな。」

理樹「貰ってやるって…鈴はそっち系ではないでしょう…」

来ヶ谷「わかってるとも、軽い冗談さ。そもそも私はノーマルだしな。可愛いものを愛でるのが好きなだけでな。もちろん君も彼女持ちだろうがその対象だぞ。」

理樹「えっ…」

来ヶ谷「本当に君は可愛いからな。襲いたくなる」ハァハァ

佳奈多「…来ヶ谷さん?やめてくれます?」

来ヶ谷「おっと…流石に今日くらいは自制せねばな…」

佳奈多「…まったく…」

来ヶ谷「…そうだ、君たちに何個か話しておきたいことがあった。」

理樹「え、何?」

来ヶ谷「>>652」


652以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/17(金) 21:56:56.87ntrUT0G/0 (1/1)

この世界には秘密がある