1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 18:59:28.52Qxnr+Z6tO (1/10)

パラレルワールドの現代を傭兵として生きるスレです。
前スレはこれ。
【安価・コンマ】傭兵として生きる
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1560413271/

目下の目標は先駆者という組織の世界平和(自称)の計画を阻止することです。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1575021568



2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 19:03:08.86Qxnr+Z6tO (2/10)

undefined


3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 19:03:37.14Qxnr+Z6tO (3/10)

undefined


4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 19:04:03.62Qxnr+Z6tO (4/10)

人物紹介&PMC紹介

【名前】 オウル・レギオン
【モットー】戦場を見通し、勝利を見通す
【特徴】
バイク・軽車両・歩兵・UAVによる本隊に先行した強行偵察、威力偵察を行い、顧客の求める情報を提供する
メインとなる機動偵察隊の他、UAV運用隊や支援部隊・本社の業務隊もある
とくに機動偵察隊は小数精鋭の特殊部隊出身者が大多数を占めている

主人公:飯田 晃司
特徴:ドッグタグ蒐集家、寡黙で淡々と任務をこなす、元自衛隊
所属:オウル・レギオン、機動偵察隊 自衛隊の特殊部隊として秘密裏に活動していたところ、目に留まりスカウトを受ける。自衛隊から離れたのには訳があるようだ。

【名前】 ツー
【所属】 オウル・レギオン→八咫烏
【性格、特徴、経歴など】
16歳で日本人
5歳の時に海外でテロで家族と死別しテロリストに拾われ、戦闘技術を叩き込まれるがその後テロリストも全滅しそこからは傭兵やゲリラで戦場を転々し、オウル・レギオンに拾われる
人生の殆どを戦場で過ごしてきたため大抵の銃器と乗り物を扱う事が出来るが、一般常識と一般教養が少し欠如している
周りからは歳のくせに達観してると言われている
名前の由来はテロリストに拾われた際に2番目の拾い物だったから
本人も本名を忘れている
陽炎使いでもある
その正体は八咫烏のスパイだった。

【名前】シモーヌ・ヘイル
【所属】オウル・レギオン
【性格、特徴、経歴など】
元フィンランド軍の女性兵士。モデルはもちろんシモ・ヘイヘ
常にクールで正確無比な狙撃の腕前を持つ凄腕のスナイパー
だが実は可愛い物が好きだったりと、女性らしい一面もある


5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 19:05:13.75Qxnr+Z6tO (5/10)

【名前】 ヘクター・トンプソン
【所属】 オウル・レギオン
【性格、特徴、経歴など】元グリーンベレー出身。
特にCQCを得意としている。
剽軽に見えて気配り上手な一面も。
体格やルックスに恵まれているが女運が非常に悪い。
任務中に致命傷を負い一命は取り留めたが、半身不随になった。

【名前】アリス・シュタインデッド
【所属】金子製作所→オウルレギオン
【性格、特徴、経歴など】
新型兵器「ウォードッグ」の試作機の1機
リノア同様「考える」機能を備えているが、リノアと違い基本的に誰にも従わない
あくまでも戦闘・殲滅を第一とした思考プログラムによる行動で単機行動による制圧を得意とする
そのため、基本的に仲間と行動することが無く「信頼」や「信用」等を理解できない
基本的に寡黙でクールに見えるが寂しがりや、でも裏切られたくないから人を信用しないと言う面倒くさい性格
体格・体型はほぼリノア同様。特徴的な金髪とツインテール、エメラルドの瞳で差別化を図られている
飯田のスカウトに乗りオウルレギオンに移籍した。

【名前】 ウォルター
【所属】 オウル・レギオン
【性格、特徴、経歴など】
細長い体躯と眠たげな眼が目立つマイペースな男。反射神経に優れる。
元はマフィアに雇われていた鉄砲玉。雇われ先が壊滅した後、服役を逃れるためオウル・レギオンに入社した。
二丁拳銃を武器に敵陣に突貫するのが得意。単独行動に優れる反面、部隊単位での行動が苦手。

【名前】 ミラー
【所属】 オウルレギオン
【性格、特徴、経歴など】
シャングリラ基地の局長。二十代半ばにも関わらず局長の地位に就き、社内での評価も高い。


6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 19:06:04.58Qxnr+Z6tO (6/10)

【名前】カリギュラセキュリティ
【モットー】徹底した保全
【特徴】PMC。北米マフィアのフロント企業「カリギュラコーポレーション」の子会社。
 密輸や人身売買をサポートする為に設立された。極めて悪名高いが元軍人を中心に集められている為練度は高い。
 強欲な稼ぎぶりは有名で、他社・他国に雇われる事も多い。

【名前】 エルリック・久世
【所属】 カリギュラセキュリティ
【性格、特徴、経歴など】
元海兵隊員の日系人
戦場での民間人への「非人道的行為」により軍事裁判になるところをカリギュラコーポレーションとの裏取引により、放免される
爆薬と破壊工作に長けた工兵で自分より弱いものをいたぶって悦ぶ外道

【名前】ブラウン
【所属】カリギュラ・セキュリティ
【性格、特徴、経歴など】
カリギュラ・セキュリティの現場指揮官、他の不良軍人崩れとは違い話の通じる冷静な性格。
戦争はビジネスの延長という考えを持っており、計画の無い暴力を好まない。

【名前】 アリーラ
【所属】 カリギュラセキュリティ
【性格、特徴、経歴など】
元軍属の外科医のロシア人美女
カリギュラセキュリティには金で雇われた軍医
所属当初、ちょっかいをかけてきたバカ全員の股間を蹴りあげて潰したあと自分で治療したことでカリギュラセキュリティ構成員からは恐怖と畏怖、ごく小数からの羨望を受けている

【名前】カルロス
【所属】カリギュラ・セキュリティ
【性格、特徴、経歴など】
 下品な笑い声が特徴のスパニッシュ系アメリカ人。実力は高いがプロ意識が低く、いざとなったら逃げればいいと考えている。
 傭兵なんてこんなもんだろとは本人の言で、戦場での略奪や暴行も非常に多い。しかし暴力で押し通る脳筋ではなく、同業相手の引き際はよく弁えている。
 ヘリコプターの操縦が得意で、戦闘ヘリで歩兵を一方的に蹂躙するやり方が好み。敵としては下劣だがコミュ力は高く、同僚との仲は良好。


7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 19:06:38.96Qxnr+Z6tO (7/10)

【名前】 金子製作所
【モットー】精密、正確、誠実に
【特徴】 高度なAIによるアシスト付きの兵器が中心、高価

【名前】リノア・シュタインデッド
【所属】金子製作所
【性格、特徴、経歴など】
外見は女子高校生だが、その正体は金子製作所の試作AI搭載型アンドロイド「ウォードッグ」の内の1機体
試作的に「考える」機能を搭載された彼女はアンドロイドの癖にやたら自由に行動する天然娘
一方で与えられた任務や依頼は勿論の事、軽い雑用から何までも指示に従う辺りはやはりアンドロイドなのか
なお、格闘用に特化したAIを搭載されており...単純な銃撃戦においてそもそも被弾することなく敵に接近、排除を行えるとか

【名前】曹 飛雷(チャオ フェイレイ)
【所属】金子製作所
【性格、特徴、経歴など】中国出身 36歳男
クールで無愛想だが面倒見がいい
最新技術こそ最強の思想の下金子製作所に入った
自らの戦闘技術も充分

【名前】凪原 二郎(なぎはら じろう)
【所属】金子製作所
【性格、特徴、経歴など】
 ぼさぼさの髪と無精髭の目立つ男。10年以上生き延びているベテランの傭兵だが、マイペースでやる気のない態度が目立つ。
 フリーランスだったが、旧来の傭兵の意見も必要ということで金子製作所に雇用された。
 金子製作所の新技術にはついていけず困惑する事が多いが、それでも無難で安定した運用を思いつける柔軟な男。

【名前】デッドフィンガー
【所属】金子製作所
【性格、特徴、経歴など】
 冷酷なるウォーウルフの試作二号機。寡黙なため分かりにくいが、ウォーウルフの中では最も自我が発達している。
 先天的な機能だけに頼った戦闘を嫌い、後天的に習得した「技術」を好む。指弾、柔道、料理、絵画と、習得した技術は多岐にわたる。
 特に、実際の戦場で指弾を武器とする傭兵など他にいる筈もなく、不意打ちじみた鉄片の射出で多くの傭兵を殺してきた。


8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 19:07:16.36Qxnr+Z6tO (8/10)

【名前】八咫烏
【モットー】令ハ命也
【特徴】古来より続く天皇家直属の隠密組織のうちの一派をルーツにもつ会社
依頼された任務は何であれ命を賭しても遂行する

【名前】鹿島 忠勝(かしま ただかつ)
【所属】八咫烏
【性格、特徴、経歴など】
 「レッドサムライ」の異名で恐れられる八咫烏の二番隊隊長。部下達と共に深紅の装甲スーツに身を包み、敵を蹂躙する。
 手榴弾も効かない連中が50口径をばら撒きながら進軍する様は悪夢そのもの。部下を含めて判断力が極めて高く、事前の打ち合わせと各員の状況判断のみで任務を遂行する。
 つまり仕事中は一切会話を行わず、淡々と任務を遂行する。任務中、飯田率いるイーグル隊によって殺害された。

【名前】柏 勇雄(かしわ いさお)
【所属】八咫烏
【性格、特徴、経歴など】
「レッドニンジャ」の異名を持つ斥候部隊隊長
赤と黒を基調とした忍をモチーフにした戦闘服に身を包む
柏率いる部隊は隠密性においては他のPMCの中でも群を抜いている
MUTSUKIの陽炎を二刀流で使いこなす
文学的な表現を無意識に使ってしまう


9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 19:07:56.84Qxnr+Z6tO (9/10)

【名前】トリプランド・カンパニー
【モットー】技術による平和
【特徴】代表取締役、三島氏から名前が取られた
日本初のPMCであり、新進気鋭

【名前】 レイ・クローバー
【所属】 トリプランド・カンパニー
【性格、特徴、経歴など】
温厚でお人好しだがで日本好き
いざ戦闘が絡むとなると冷静沈着になり時に冷酷な行動を平気で行う、あまりの変わりようから部下や同僚には二重人格と噂されている。
元UUUの指揮官の1人だったが、元からUUUの考え方に賛同できず信頼できる部下達を連れてUUUを抜け、トリプランドのモットーに共感し入ったが、部下には日本好きを拗らせて日本の企業に入ったと思われている、性格の影響のため日本のスタッフにも好かれている

【名前】 ウィロー・ノーマン
【所属】 トリプランド・カンパニー
【性格、特徴、経歴など】
二十代前半のイギリス出身の黒人女性
元々内向的ないじめられっ子だったがテロリストから自分を救出してくれたトリプランド・カンパニーの傭兵たちに憧れて入社した
これといった強みはないが彼女曰く、土壇場での運は強いらしい
オタク趣味で武器を擬人化した美少女ゲームがお気に入り

【名前】 原田 大毅
【所属】 トリプランド・カンパニー
【性格、特徴、経歴など】
日本出身の痩身の二十代男性。常に目にクマができている。
元カリギュラセキュリティ所属だが、人身売買をしてまで金を稼ぎたくないと脱退。
接近戦の腕は中の下だが、狙撃の腕に関してはこの歳にして社内で右に出るものがいない実力者。トリプランド・カンパニーの狙撃部隊の柱。
出世欲はなく、自身の給与は全てギャンブルにつぎ込んでいる。ギャンブル狂。


10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 19:08:43.33Qxnr+Z6tO (10/10)

その他

【名前】 ポーキー・P・タブノイ
【所属】フリーランス
【性格、特徴、経歴など】
丸々と太った様に見える青年男性
実際は筋肉の塊であり、メタボというわけでは無い
常に勝ち馬に乗ろうとする卑怯かつ愚かな弱者(本人談)
と言うが、冷静に状況を判断した上で戦場に指示を飛ばす指揮官的能力はなかなかの物。後方での爆弾類による支援も得意
本人に射撃センスが無いのが劣等感を感じる原因だとか
なお、優位に立っていてもプレッシャーや深読みによる撤退が後を絶たず…ついた通り名は「臆病者の豚」という不名誉なものであった

【名前】 ジャクソン
【所属】 フリーランス
【性格、特徴、経歴など】
元米軍の士官、現在はフリーランスで現地軍兵士への教育を行っている
女癖が悪く、稼いだ金はたいてい色街に消える
任務中、イーグル隊との交戦により死亡。

【名前】グレイ局長
【所属】 オウルレギオン→先駆者
【性格、特徴、経歴など】
アトランティス基地の局長で飯田をスカウトした張本人。その正体は先駆者のスパイだった。


11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 20:29:07.555qt1rq/x0 (1/4)

建て乙です


12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 21:08:09.002I80ysOK0 (1/6)

undefined


13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 21:08:50.382I80ysOK0 (2/6)

飯田 コンマ66 ゾロ目ボーナスで2人倒した
アリス コンマ19 負傷した
シモーヌ コンマ87 倒した

先駆者「隊長、少しご報告したいことが...」

先駆者「何だ?」

先駆者「目録に不審な積荷がありまして...」

居住区へと続く扉の前で3人の兵士達が話をしていた。

飯田「手前の1人はシモーヌに任せる。奥の2人は俺とアリスでやるぞ」

「「了解」」

手前にいた兵士が奥の2人へと合流しようと背を向けた時シモーヌが影から滑り出した。

ザシュッ

先駆者「うっ...」バタッ

兵士の僅かな呻き声を聞き取った1人が振り返った。

先駆者「なっ!?」

飯田「遅いな...」ヒュンッ!

ドサッ

アリス「さよなら」ブオン

先駆者「甘い!」ガシッ!

特段アリスの動きが遅かったわけではない、むしろ速い部類だ。だがそれと同じ反応速度で兵士はアリスの腕を掴み、素早くナイフを奪いアリスの脇腹を切りつけた。

飯田「アリス!」

アリスがその場に倒れ込むと兵士は素早く飯田の方へ転身した。

先駆者「フンッ」ヒュオン

飯田「速いっ...だが!」サッ!

何とかナイフの猛攻をいなし、隙をついて兵士の脳天にナイフを突き刺した。

飯田「む...?」

飯田が感じた違和感の正体はすぐに分かった。ナイフを引き抜くと、血液のような赤い液体とともに細かい電子部品が出てきた。

アリス「なるほど...そいつも私と同じアンドロイドってわけね」

飯田「だからか...」

アリス「でもここまで高性能なアンドロイドは私も初めて見たわ。金子製作所でもここまでの能力を兼ね備えながら人間らしさを持ってるのはなかなか...」


14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 21:09:22.382I80ysOK0 (3/6)

アリスに手を貸していると、死体を隠し終えたシモーヌが怪訝そうな目でこちらを見た。

シモーヌ「なに内緒話してるのよ。早く行きましょ」

飯田「ああ。大丈夫か、アリス?」

アリス「作戦行動に支障はないわ、行きましょう」

シモーヌが扉の隙間から向こう側の様子を伺っている。

シモーヌ「今ならいけるわよ」ガチャ

シモーヌに続いて進むと、かなりの広さの空間に出た。兵士に感づかれる前に素早く物陰へと移動し、周囲を伺った。

飯田「かなり広いな」

シモーヌ「それだけこの基地に人員がいるってことでしょ」

アリス「見取り図通りならこっちよ」

↓1
00~30 見つかった
31~50 怪しまれた
51~99 気づかれなかった


15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 21:12:11.375qt1rq/x0 (2/4)

a


16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 21:24:59.732I80ysOK0 (4/6)

コンマ37 怪しまれた

シモーヌ「あそこがガイルの部屋ね」

アリス「今なら見張りもいないわ。いきましょう」

飯田「ああ」

アリス「待って。万全の状態で望みたいし、治療させてくれない?」

飯田「分かった」

アリス「よし、大丈夫よ」

飯田「じゃあ行くぞ」

ガチャ

扉を開けると椅子に座りデスクに向かっていたガイルが突然振り返った。

ガイル「貴様ら何者だ!」

シモーヌ「ばかっ!大声出さないで」

飯田「おい、俺だ。飯田だ」

ガイル「お、お前達か...」

ガイルがイーグル隊に座るよう促した時、部屋の外から声が聞こえてきた。

先駆者「大声を出していたが大丈夫か?」

ガイル「ああ。問題ない」

先駆者「...念のため確認させてもらうぞ」

アリス「どうする?」

飯田「やるしかないな...」

残り2人
↓1飯田
00~20 負傷した
21~30 警報を鳴らされた
31~40 ハンドガンで倒した
41~90 ナイフで倒した
91~99 2人倒した

↓2アリス
00~20 負傷した
21~30 警報を鳴らされた
31~40 ハンドガンで倒した
41~90 ナイフで倒した
91~99 2人倒した

↓3シモーヌ
00~20 負傷した
21~30 警報を鳴らされた
31~40 ハンドガンで倒した
41~90 ナイフで倒した
91~99 2人倒した



17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 21:25:47.049wO5nAL70 (1/1)

j


18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 21:26:22.905qt1rq/x0 (3/4)

a


19以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 21:40:04.63yNMcOUbE0 (1/2)

はい


20以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 22:04:04.982I80ysOK0 (5/6)

飯田 コンマ04負傷した
アリス コンマ90倒した
シモーヌ コンマ63倒した

先駆者「入るぞ」

ガチャ

先駆者「何だこいつらっ!?」

アリス「静かにしてよ」サッ

扉のすぐ横に潜んでいたアリスが素早く喉にナイフを突き刺した。

先駆者「ゴボッ...」バタッ

先駆者「クソッ!」バッ

残る1人は部屋の奥に立っていた飯田目掛けてタックルした。

飯田「グアッ!」ゴトン!

先駆者「死ねっ!」ブオン

飯田に馬乗りになった兵士がナイフを取り出して飯田を刺殺しようとしたが、背後からシモーヌに胸を一突きされた。

アリス「大丈夫?」

飯田「少し腰を強く打ったが...まあ、何とかなる」

ガイル「むう...部屋が汚れた...」

シモーヌ「そんな事どうでもいいでしょ」

飯田「それでこれからどうするんだ?」

ガイル「ああ。脱出ポッドを確保しよう。それがあれば地球まで脱出できる」

飯田「分かった」

アリス「ちょっと待ってよ。それより先にイーゴリを片付けるべきじゃない?本来の目的はそっちでしょ?」

飯田「ああ...」

↓3まで多数決
1先に脱出ポッドを確保する
2先にイーゴリを片付ける



21以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 22:06:48.965qt1rq/x0 (4/4)

2


22以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 22:28:28.96yNMcOUbE0 (2/2)

2


23以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/29(金) 23:02:20.412I80ysOK0 (6/6)

2先にイーゴリを片付ける

飯田「先にイーゴリだ」

ガイル「...どのみちここから逃げるにはお前達の助けが必要なんだ、文句はない。イーゴリなら恐らく第3実験室にいるはずだ」

シモーヌ「実験室でイーゴリは何してるの?研究者なの?」

ガイル「というよりは研究に出資してる側だな」

飯田「素性はどうでもいい。問題は先駆者に与しているという事だ。さあ始末しにいくぞ」

「「了解」」

ガイル「ちょっと待ってくれ。ほら、これをやる」

ガイルは丁寧に折りたたまれた衣服と、マスクを渡してきた。

飯田「これは...?」

ガイル「第3実験室に行くには宇宙空間に出る必要がある。その為に必要な宇宙服とマスクだ」

シモーヌ「これが宇宙服?ペラペラじゃない」

ガイル「それだけ先駆者の技術は優れてるんだ。それとこれも。万一宇宙服やマスクが破損したときのためのリペアツールだ。使う時が来ないことを願う。それと救急キットも3つ用意しておいた」

飯田「それでどうやって第3実験室に行くんだ?」

ガイル「まずは居住区からドックへ向かう。こっちだ」

飯田「分かった、先導してくれ」

アリス「ちょっと待って。晃司、さっきの傷治療しとかないでいいの?」

飯田「む...治療キットはあと4つか...」

↓3まで多数決
1治療する
2治療しない


24以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/30(土) 00:06:10.84IH+SYOxo0 (1/1)

1


25以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/30(土) 20:33:13.78unPr6Za1o (1/1)

1


26以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/02(月) 15:50:34.20UCMUrS250 (1/1)

1 光学迷彩ダンボール


27以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/02(月) 21:12:12.94Qx+BdU2c0 (1/3)

1治療する

飯田「なら、お言葉に甘えて治療するとしよう」

ギュッ

飯田「よし。それじゃあドックへ行こう」

↓1
00~30 見つかった
31~50 怪しまれた
51~99 気づかれなかった


28以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/02(月) 21:13:41.56Fz4TZ1uT0 (1/2)

g


29以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/02(月) 22:15:46.96Qx+BdU2c0 (2/3)

コンマ56 気づかれなかった

先駆者「今日はイーゴリさんがかなりご機嫌だぜ...」

先駆者「何でだ?」

先駆者「ようやく実験が成功したらしい」

先駆者「ほう...ならようやく作戦開始か?」

先駆者「多分な。...そろそろ仕事に戻ろう、また隊長にどやされるからな」

スタスタスタ

飯田「奴らは行ったか...それで、ドックに着いたが今度はどこに行くんだ?」

ガイル「通路Fを通ってセクター2に行く。そしたらすぐ第3実験室だ」

飯田「よし」

アリス「ところでイーゴリが担当してる実験て何なの?」

ガイル「ある特定の音波によって人の行動を操る兵器のテストだよ」

シモーヌ「それ...多分私が噂で聞いた新兵器のことね...まさか実在したなんて」

アリス「それで奴らはそれで何をするつもりなのかしら。作戦がどうとか言ってたけど」

ガイル「そこまでは俺も知らない」

飯田「イーゴリに直接聞けば良いだけの話だ。行くぞ」

↓1
00~30 見つかった
31~50 怪しまれた
51~99 気づかれなかった


30以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/02(月) 22:30:15.90zXkrtr6K0 (1/1)

てい


31以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/02(月) 22:58:22.24Qx+BdU2c0 (3/3)

コンマ90 気づかれなかった

セクター2

飯田「ところで俺たちをここに案内してくれた、協力者の女性だが、彼女はマリーを知っていたが知り合いか?」

ガイル「ああ...元妻だよ」

アリス「妻がいたのね...意外だわ」

ガイル「一体どんなイメージを俺に持ってるんだ?」

シモーヌ「ということは彼女も先駆者なの?」

ガイル「ああ。だが信頼はできる」

飯田「...そうか。なぜ離婚を?」

ガイル「別に...俺は良き夫だったかもしれないが、良き父親ではなかったということだな。さあ、そこの扉の向こうが第3実験室だ」

飯田「分かった。2人とも装備を確認しろ」

ガチャコ

シモーヌ「準備OKよ」

アリス「いつでも大丈夫」

飯田「行くぞ...」

↓1
00~20 こちらの存在に気づかれていた
21~70 実験に夢中だった
71~99 ちょうど兵士が何人か出払っていた



32以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/02(月) 23:00:21.41HU6MFSpgo (1/1)




33以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/02(月) 23:00:26.52Fz4TZ1uT0 (2/2)

s


34以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 00:05:09.18YCCwoTJ/0 (1/2)

コンマ41 実験に夢中だった

ガチャ

イーゴリ「素晴らしィ!」

扉を開けると部屋の中央に、モニターを見ながら大声で笑っている男がいた。

周囲には先駆者の兵士がいたが、誰も侵入者が居るなどとは思っておらず一様にガラスの向こうの実験室を眺めていた。

飯田「あいつがイーゴリか?」

ガイル「ああ、あの鼻につく話し方に笑い声、間違いない。それでどうするんだ?」

飯田「勿論始末する」

ガイル「俺は...どうすれば良い?」

飯田「離れずに付いててくれ。下手に別れるより良いはずだ」

ガイル「分かった」

飯田「まずは手早く周りの護衛から片付けよう」

「「了解」」

残り5人
↓1飯田
00~20 負傷した
21~30 警報を鳴らされた
31~40 ハンドガンで倒した
41~90 ナイフで倒した
91~99 2人倒した

↓2アリス
00~20 負傷した
21~30 警報を鳴らされた
31~40 ハンドガンで倒した
41~90 ナイフで倒した
91~99 2人倒した

↓3シモーヌ
00~20 負傷した
21~30 警報を鳴らされた
31~40 ハンドガンで倒した
41~90 ナイフで倒した
91~99 2人倒した



35以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 00:05:30.20ZdXQy28O0 (1/6)

a


36以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 00:21:13.00ZdXQy28O0 (2/6)

b


37以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 00:21:33.08cmMD8jbs0 (1/1)

z


38以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 01:03:19.98ZdXQy28O0 (3/6)

お、おお…


39以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 19:12:47.45Ff72do97O (1/1)

飯田 コンマ20 負傷した
アリス コンマ00 ゾロ目ボーナスで負傷回避
シモーヌ コンマ08 負傷した

飯田「準備はいいな?行くぞ...」

3人はそれぞれ三方向に分かれ、見張りを始末しようとした。だが...

イーゴリ「どうやら鼠が入り込んでいたようだな...侵入者だ!背後に気を付けろ!」

先駆者「!!」クルッ

シモーヌ「ちっ!」

それぞれ突然の出来事だった上、先駆者達はイーグル隊と同等、あるいはそれ以上の兵士達であるが故に飯田とシモーヌは反撃を喰らってしまった。

飯田「クソッタレ...!」

アリス「2人とも大丈夫?!」

アリスは持ち前のCPUをフル回転させ先駆者の攻撃を受け流していた。だが状況は包囲されており芳しくない。

飯田「何故バレたんだ...!」 

ガイル「ここに特別なセキュリティーは無かったはずだが...もしかしたら俺の知らないものがあったのかもしれない」

イーゴリ「諸君の話は聞いているよ。我々の計画を阻もうとしてるらしいな?大方グレイと連絡が取れなくなったのも諸君が関係しているのだろう?」

イーゴリが話している間にも兵士たちが次第に詰めてきている。

ガイル「大丈夫なのか?!」

飯田「ああ、これぐらい何度も乗り越えてきた」

先程受けた傷を確認しながら、敵の位置を確認する。

イーゴリ「何にせよここでジ・エンド、だ。さあ、さっさと殺せ」

「「「はっ!」」」

救急キット3
残り5人
↓1飯田 マガジン10個 手榴弾1個
00~20負傷した(死亡判定)
21~60外した
61~80倒した(マガジン1つ消費)
81~90倒した(マガジン半分消費)
91~992人倒した
又は治療する

↓2アリス マガジン9個 手榴弾1個
00~20負傷した
21~40外した
41~70倒した(マガジン1つ消費)
71~90倒した(マガジン半分消費)
91~992人倒した

↓3シモーヌ 15発 手榴弾1個
00~20負傷した(死亡判定)
21~60外した
61~80倒した
81~902人倒した
91~991発で2人倒した
又は治療する


40以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 19:14:23.44ZdXQy28O0 (4/6)

治療する


41以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 19:34:15.95rIAHFJT+0 (1/2)

シモーヌなら治療


42以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 19:57:02.84kmliISqCo (1/1)

治療


43以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 20:55:48.27YCCwoTJ/0 (2/2)

飯田 治療
アリス コンマ95 2人倒した
シモーヌ 治療

先駆者「死ねっ!」

ズガガガン!

飯田「っ...!」

兵士たちの制圧射撃に対して、怪我を負っている飯田とシモーヌは釘付けにされていた。唯一動けるのはアリス、だがまずは彼女の目の前にいる兵士を何とかする必要がある。

先駆者「ちっ、しぶとい!」ズガン!

アリス「包囲されてる状況で出ていけば蜂の巣ね...ここはじっくり待って...」

タンタン!

チュン!

先駆者「そっちから来ないからこっちから行ってやる...前進する、援護を!」

先駆者「了解!」ズガガン!

味方の制圧射撃を受け、兵士がアリスの隠れている遮蔽物へと近づいてくる。

先駆者「そこだ!」サッ!

その瞬間アリスは飛び出し、兵士の体勢を崩し後ろから羽交い締めにした。

アリス「貰ったわ」

そのまま兵士の腰のホルスターから拳銃を奪い、制圧射撃してきていた兵士の頭を撃ち抜き、続けて盾にしていた兵士のこめかみに銃口を合わせ引き金を引いた。

ドサッ

アリス「よし、今なら...私が援護するから今のうちに2人とも手当てをして!」

「「了解!」」

残り3人
救急キット1
↓1飯田 マガジン10個 手榴弾1個
00~20負傷した
21~40外した
41~70倒した(マガジン1つ消費)
71~90倒した(マガジン半分消費)
91~992人倒した

↓2アリス マガジン8個 手榴弾1個
00~20負傷した
21~40外した
41~70倒した(マガジン1つ消費)
71~90倒した(マガジン半分消費)
91~992人倒した

↓3シモーヌ 15発 手榴弾1個
00~20負傷した
21~40外した
41~70倒した
71~902人倒した
91~991発で2人倒した




44以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 21:12:51.44ZdXQy28O0 (5/6)

a


45以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 21:30:37.12rIAHFJT+0 (2/2)

はい


46以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 21:48:00.42ZdXQy28O0 (6/6)

a


47以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 19:22:33.76j5KRJSAOO (1/1)

飯田 コンマ44 ゾロ目ボーナスでマガジン半分消費
アリス コンマ12 負傷した
シモーヌ コンマ42 倒した

飯田「よし!」

ズガガン!

カキ-ン!

先駆者「リロード!援護を!」

先駆者「了解!」チャキ

飯田「させるかぁっ!」タタタン!

ビスビスッ!

銃弾は正確に命中し、兵士は膝から崩れ落ちた。

アリス「2人とも治療は終わったみたいね...後は2人...あれ、1人いない?しまった!」

先駆者「死ね、クズども!」

アリスが2人の援護に集中している間に、密かに兵士が1人回り込んでいた。互いに射撃したタイミングはほぼ同時だったが僅かに兵士の方が早かった。

そのわずかな差によってアリスは怪我を負い弾を外してしまった。

先駆者「世界平和のために死ぬんだな」ガチャコ

ダァン!

先駆者「な...ぜ」バタリ

アリス「きっとシモーヌね...」

彼女の方を伺うと、ガッツポーズをしている姿が見えた。

アリス「そんなことしてると貴女も撃たれるわよ」

アリスは微笑しながら呟いた。

イーゴリ「ええい、何をしている!ノロマなグズどもっ!俺が使ってやってるっていうのに!増援はまだか!」

先駆者「それが扉がロックされてるようでして...」

イーゴリ「何だとォ!?」

イーゴリの怒りが高まっているのが目に取れる。

飯田「いい判断だ、ガイル」

ガイルが近くの制御版をいじり、部屋の扉をロックしていた。

ガイル「俺だって死ぬわけにはいかないからな。生きてマリーに会わなければ」

飯田「だな...」

残り1人
救急キット1
↓1飯田 マガジン9.5個 手榴弾1個
00~20負傷した
21~40外した
41~70倒した(マガジン1つ消費)
71~90倒した(マガジン半分消費)
91~992人倒した

↓2アリス マガジン8個 手榴弾1個
00~20負傷した(死亡判定)
21~60外した
61~80倒した(マガジン1つ消費)
81~90倒した(マガジン半分消費)
91~992人倒した
又は治療する

↓3シモーヌ 14発 手榴弾1個
00~20負傷した
21~40外した
41~70倒した
71~902人倒した
91~991発で2人倒した



48以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 19:33:11.98CXkiHVHq0 (1/4)

a


49以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 19:44:36.08XO+1EFrI0 (1/2)

s


50以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 19:57:57.78+eGvelDx0 (1/1)

g?


51以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 20:45:45.76LIwZ4W4o0 (1/2)

飯田 コンマ98 倒した

飯田「今なら奴を狙い撃てる...!」

飯田の銃口がイーゴリの頭を捉えた。

イーゴリ「むっ...」

だが彼は本能的な勘で身の危険を察知した。

ガシッ

先駆者「ちょ、何してるんですか?!離して下さいよ!」

イーゴリ「いいから黙ってろ」

イーゴリは兵士の脇腹を殴り、無理やり黙らせた。

飯田「ちっ!盾にしたか...まあいい」

タタタタン

先駆者「ガハッ...」バタッ

イーゴリ「役立たずどもめ...!こうなったら!」

イーゴリは中央のコントロールパネルをいじり始めた。

飯田「何をする気だ...?とにかく早く殺した方がいいな。2人ともやれっ!」

「「了解!」」

3人の銃口が一斉にイーゴリを狙った。

だがその時。

キィ-ン!

イーゴリ「よし!これで何とかなるか!」

ガイル「まずい!耳を塞げ!」

だが既にガイルの声は3人には届いていなかった。

↓1飯田
00~20 自我を失った
21~30 混乱中
31~99 自我を保った

↓2アリス
00~20 自我を失った
21~40 混乱中
41~99 自我を保った

↓3シモーヌ
00~20 自我を失った
21~40 混乱中
41~99 自我を保った



52以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 20:54:55.95CXkiHVHq0 (2/4)

おっと・・・


53以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 21:08:15.91cQol8hoc0 (1/2)

はい


54以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 21:17:05.36CXkiHVHq0 (3/4)

s


55以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 22:10:50.95LIwZ4W4o0 (2/2)

飯田 コンマ95 自我を保った
アリス コンマ91 自我を保った
シモーヌ コンマ36 混乱中

飯田「ぐっ...!ハァ、何なんだ」

ガイル「例の兵器だ!あの音波を聴くと操られるぞ!」

飯田「何故...俺は無事だったんだ?」

ガイル「まだあの兵器は完成していない。音波の調整が完璧じゃないんだ。ほら、この耳栓をつけろ。これで心配いらない」

ガイルは特殊な耳栓を飯田に渡すと、アリスにも投げ渡した。

シモーヌ「グゥアアッ!」

シモーヌは両手で頭を押さえうめき苦しんでいる。

飯田「おいっ!」

飯田はシモーヌのもとへと駆け出そうとしたが、ガイルに止められた。

ガイル「待て!無理に音波を遮ると脳味噌が逝かれて廃人になるぞ!自力で耐えるか、1度洗脳された後に刺激を与えるかじゃなきゃダメだ」

飯田「むう...」

ダァン!ダァン!

イーゴリ「諸君が何の目的でここに来たのか知らないが、自分たちのしていることをよく考えた方がいいぞ!お前達は幸福な世界の実現を遠ざけてるんだ!」

飯田「どの口が...」

イーゴリ 3/3
救急キット1
↓1飯田 マガジン9個 手榴弾1個
00~20負傷した
21~40外した
41~70倒した(マガジン1つ消費)
71~90倒した(マガジン半分消費)
91~992人倒した

↓2アリス マガジン8個 手榴弾1個
00~20負傷した(死亡判定)
21~60外した
61~80倒した(マガジン1つ消費)
81~90倒した(マガジン半分消費)
91~992人倒した
又は治療する

↓3シモーヌ
00~20 自我を失った
21~40 混乱中
41~99 自我を保った




56以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 22:14:28.09CXkiHVHq0 (4/4)

a


57以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 22:39:15.55XO+1EFrI0 (2/2)

d


58以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/06(金) 23:07:23.68cQol8hoc0 (2/2)

はい


59以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/10(火) 20:10:37.807yBMcrpPO (1/1)

飯田 コンマ09 負傷した
アリス コンマ55 ゾロ目ボーナスで倒した
シモーヌ コンマ68 自我を保った

シモーヌ「うっ...はぁ、頭が痛い...」

飯田「これをつけるんだ!」

ガイルから貰った耳栓をシモーヌに投げ渡した。

イーゴリ「そこかぁっ!」

ズガン!ズガン!

飯田「っと!」

ガイルの銃撃を受け飯田は素早く棚の裏に隠れた。

イーゴリ「馬鹿め...!」ニヤッ

ズガン!

ガキン!

弾は確かに棚に当たったはずだった。にも関わらず飯田は太腿に激痛を感じた。

飯田「っ...!何故だ...」

棚をよく見てみると弾が貫通した痕が確認できる。

飯田「ちっ、徹甲弾か...おい!気をつけろ、奴は徹甲弾を使ってるぞ!」

イーゴリ「気づくのが遅いんだよ馬鹿どもが!」

いい気になっているイーゴリを死角からアリスが狙っていた。

アリス「あいつ戦闘に関しては完全な素人ね...」

バァン!

銃弾はイーゴリの胸に命中し、そのまま崩れ落ちた。

イーゴリ「クソッ...」ムクッ

だが程なくして何事もなかったかのように立ち上がった。

アリス「そんな事だろうとは思ったけど、防弾ベストは着てるみたいね」

イーゴリ 2/3
救急キット1
↓1飯田 マガジン9個 手榴弾1個
00~20負傷した(死亡判定)
21~60外した
61~80倒した(マガジン1つ消費)
81~90倒した(マガジン半分消費)
91~992人倒した
又は治療する

↓2アリス マガジン7個 手榴弾1個
00~20負傷した(死亡判定)
21~60外した
61~80倒した(マガジン1つ消費)
81~90倒した(マガジン半分消費)
91~992人倒した
又は治療する

↓3シモーヌ 14発 手榴弾1個
00~20負傷した
21~40外した
41~70倒した
71~902人倒した
91~991発で2人倒した



60以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/10(火) 20:11:49.04WmYFUeZz0 (1/1)

a


61以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/10(火) 22:09:39.66MEC/qYH50 (1/1)

はい


62以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/11(水) 00:41:52.68kMsG7T6b0 (1/3)

a


63以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/11(水) 00:42:28.33kMsG7T6b0 (2/3)

倒したがヤベェな、流石に難易度も上がってくるか


64以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/11(水) 19:14:55.026KZgo61n0 (1/2)

飯田 コンマ04 死亡判定
アリス コンマ66 ゾロ目ボーナスでマガジン半分消費
シモーヌ コンマ68 倒した

飯田「しぶとい奴め...」パン!

弾はイーゴリの頭を掠めた。恐怖で額に冷や汗を浮かべながらもイーゴリは飯田に狙いをつけた。

イーゴリ「ええい!」カチッ

ズガァン!

イーゴリが発射した瞬間、弾丸から目眩しも兼ねた焔が撒き散らされた。

飯田「焼夷弾?!」

視界を奪われながらも飯田は火のついた棚から離れようとしたが、イーゴリは見逃さなかった。

アリス「隊長!」ダァン!

イーゴリは脚に弾を喰らい、痛みで意識を失いかけたがなんとか持ち直し、飯田の心臓に狙いをつけた。

イーゴリ「死ねっ!」ズガァン!

飯田「ぐっ!」フラッ

シモーヌ「よくもぉっ!」ダァン!

イーゴリ「グハァッ!」ドサッ

イーゴリの左腕は血飛沫をあげながら宙へと舞い、彼はそのまま仰向けに倒れた。

ガイル「おい、大丈夫か?!」

↓1
00~10死亡
11~30一命は取り留めたものの戦闘には参加できず
31以上軽傷だった




65以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/11(水) 19:21:02.612vJ2Dk8n0 (1/1)

はい


66以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/11(水) 20:00:46.346KZgo61n0 (2/2)

コンマ61 軽傷だった

飯田「大丈夫...かすっただけだ」

イーゴリ「うう...」

コンソールの前で呻いているイーゴリの元へ、シモーヌとアリスが駆け寄った。

飯田「俺も行かないと...」

ガイル「分かった。先に行ってくれ、救急キットが無いか探してくる」

そう言うとガイルは部屋中の棚や机を物色し始めた。

↓1
00~30 2個見つけた
31~70 3個見つけた
71~99 4個見つけた


67以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/11(水) 20:03:50.80kMsG7T6b0 (3/3)

a