1 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:04:41.31AxVgvIa90 (1/12)

原作完結記念、初投稿

※14巻のネタバレを大いに含みます。※

未読の方はご注意

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1574942681



2 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:09:59.79AxVgvIa90 (2/12)

ほうしぶ


小町「奉仕部女子サミットーー!!」

いろは「いえーーーい!!」

結衣「あはは………」

優美子「………」

沙希「………」

姫菜「ぐふふ……」

小町「最近よく奉仕部に出入りしている女子たちで、色んなことを話そうっていう会です!お兄ちゃんのこととか、お兄ちゃんのこととか、またまたお兄ちゃんのこととか…」

優美子「それしかないんかい……」

いろは「まぁこのメンバーだと仕方ないといいますか」

優美子「あーし全く関係ないしヒキオのこととかどうでもいいし…」



3 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:10:31.96AxVgvIa90 (3/12)

姫菜「でも優美子、ヒキタニくんに対してだと他の男子とちょっと違う感じだよね」

優美子「気のせいだっつーの!あーしは隼人一筋だしっ!ヒキオに関しては結衣のことがあったし、チェックというか牽制、とい…うか………ごめん」

結衣「あはは…いいんだよ優美子…」

優美子「う……だいたいアイツもこんな可愛い子ほっといて雪ノ下さんなんて…まぁ雪ノ下さんもたしかに可愛いけど性格はちょっとアレだし……」

いろは「結局童貞が選ぶのはああいう清楚系ってことですよ……まったく…」

結衣「ちょ、ちょっと、ゆきのんいい子だもん!仕方、ないよ……うん、仕方ない……」

姫菜「ヒキタニ君もなかなかやるねぇ、ね?サキサキ!」

沙希「ちょっと…!今話振らないでよ…」

小町「状況的には明らかに付き合ってるんですが、はっきりと対外的に宣言しないっていうのもお兄ちゃん達らしいですよね」

いろは「ほんとそれ!超めんどくさいし意味わかんない…」




4 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:11:18.66AxVgvIa90 (4/12)

優美子「そんなんなんでか聞けばいいじゃん」

小町「うーん、そうすると絶対めんどくさい言い分が帰ってきそうで面倒くさいのであえて…」

いろは「『俺たちの関係は彼氏彼女なんて枠にはめて語れない…』とか訳わかんないこと言うに決まってるじゃないですか。ちょっとノロケみたいのも入れながら…うっとおしぃ~…」

結衣「まぁ2人とも変わってるしね…」

いろは「部活中の会話とかも『今までもこうでしたがな何か?』みたいな感じ出してますが、お互い生暖かい感じが漏れまくってますからね!」

姫菜「予備校ではなんか変わったことないの?」

沙希「え、そもそも挨拶ぐらいしかしないし…なんか携帯見てニヤニヤしてるときもあるけど、それは前からもそうだった気もする…」

優美子「でも付き合ってないって言うんだったらまだなんとかなるんじゃないの?」

小町「おぉっ、過激派の意見……」

いろは「そうですよ!!モタモタしてる間にガっといってチュッと吸えばいいんです!!」



5 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:12:05.47AxVgvIa90 (5/12)

姫菜「そして思い詰めたヒキタニ君は学校の屋上から身を投げて……」

沙希「ほんとに有り得そうだからやめて……」

小町「姫菜先輩もなかなかうちの兄を分かってますね!!」

結衣「姫菜、まさかほんとに……?」

姫菜「い、いやいや違うから大丈夫だって!怖い怖い!」

優美子「でも今は始まったばっかだからそんなもんだけど、もっと関係が深まってった時あんた達耐えれんの?」

結衣「あはは…お、応援するって決めたからね…大丈夫大丈夫……」

いろは「今までよりちょっと近い身体的距離をみて、『あ、こりゃヤったな…』と確信しつつも指摘もできず、なんとなく気まずい空気に……みたいな……」

優美子「うーわ……」

結衣「いろはちゃん想像が生々しすぎるよ…」




6 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:12:32.06AxVgvIa90 (6/12)

小町「さすがいろは先輩…発想が極めてお兄ちゃん…」

沙希「それ褒めてんの……?」

小町「クズってことです」

いろは「おい」

姫菜「雪ノ下さんはMっぽいよね。ヒキタニ君はもともとSではないんだけど雪ノ下さんのあまりのMっぷりに段々目覚めていって……」

優美子「姫菜、ステイ」

結衣「あはは………」

いろは「結衣先輩の目が死んでいる…」

優美子「ちなみに川崎さん、あんたもヒキオのこと好きなわけ?」




7 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:13:02.70AxVgvIa90 (7/12)

川崎「…は?」

小町「お?」

いろは「お?」

沙希「なによ………」

小町「沙希さん、実際のところどうなんですか」

沙希「べ、べべ、別に………」

結衣「やっぱりスカラシップのとき?それとも予備校とか……?」

沙希「あんたに詰められると怖いのよ!」

いろは「いいじゃないですかぁ~、この際吐いちゃってくださいよぉ~✩」

姫菜「ぐふふ……愛してるぜ、って言われちゃったんだよね?」




8 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:13:31.47AxVgvIa90 (8/12)

優美子「は!?」

沙希「ちょ、ちょっとあんたそれは…!」

小町「お兄ちゃん…なんて罪なオトコ…」

結衣「………………」

いろは「結衣先輩が息してない!!」

沙希「そ、それはまぁびっくりしたけど、今はもう、なんというか適当に言っただけだなって分かってるし…」

姫菜「それでも愛してるって言葉がとっさに出るってことは多少意識しているのでは……みたいな感じだよね?」

いろは「おぉっ、ピュアピュア…沙希先輩かわいい……」

沙希「からかわないで!そ、そういう事も考えた事ないとは言わないけど、今はもうとりあえず大丈夫というかなんというか…」

小町「きゃーー!!可愛すぎです!!」



9 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:14:03.85AxVgvIa90 (9/12)

沙希「うるさいな…小町、あんたはとにかく大志と……」

小町「いえ、大志くんはいいお友達なので。間接的に義兄弟ポジを狙うのはちょっと重すぎです……」

川崎「なっ、違うからっ!!」

いろは「なるほど、男兄弟がいるとそんな手もあるんですね……」

結衣「まぁ私たちひとりっ子だけどね…」

姫菜「でも実際彼女持ちの男と合法的に事に及びたいならもうプレイ以外ありえないよね」

いろは「ん?どういうことですか?」

姫菜「そりゃどっちかにNTRに目覚めてもらって、その相手役に選ばれるしか…突飛に聞こえるかもしれないけど結衣なんか最有力なんじゃない?」

小町「ちょっ……!!」

優美子「あんたやっぱとんでもないわね!?」



10 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:14:30.96AxVgvIa90 (10/12)

沙希「……?」

いろは「わたし、そっちには明るくないのでうまく想像がつきません…」

姫菜「今度参考文献貸してあげるよ~。本命に自己投影するか、それとも別かでそれぞれ趣深い楽しみ方が……サキサキも貸してあげるからね!」

川崎「ん…よく分からないけど別に…」

結衣「…………」

いろは「結衣先輩?」

結衣「アリかもしれない………」

優美子「ちょ……!」

結衣「姫菜、私にも貸して?ちょっと研究しなきゃ…」

小町「あ、あはは……まずいことになってきた……」



11 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:15:02.68AxVgvIa90 (11/12)

後日


いろは「NTR、ヤバいですねあれ…」

結衣「NTRは最強のソリューション…」

小町「………」

優美子「あーしも、全然違う男としてるところを隼人に見せれば…」

結衣「お、それは盲点…そういうのもあるのか……」

川崎「まずあの2人にこういう世界があるのを教えこまないと…」

いろは「雪乃先輩には、最初はそれと気付かないようなライトなものがいいですね」

結衣「姫菜、どれがいいかな?オススメあれば教えてくれない?」

姫菜「あはは…考えておくよ…」

結衣「早めにお願いね…?」

姫菜「が、がってん!」

小町「ちょっと姫菜先輩、これどうするんですか?」

姫菜「いやぁ~、まさかこんなにハマってしまうとは……」


これより数日、奉仕部内では血走った目で怪しい本を雪乃に勧める結衣、いろはの姿が散見され、八幡に不審な目を向けられるのであった…


〜完〜


12 ◆Rb4SkOs5Dcpk2019/11/28(木) 21:15:39.20AxVgvIa90 (12/12)

おしまいでござる