432 ◆YySYGxxFkU2019/11/02(土) 01:57:58.884SYDSyxP0 (11/12)






姫「はい。魔神も元は偶然固有スキル『囁き』を授かった人間の女の子なんです」








433 ◆YySYGxxFkU2019/11/02(土) 01:58:41.184SYDSyxP0 (12/12)

続く。
状況説明のためスローペースなスタート。

書き溜め尽きるまでは隔日更新で進行します。


434以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/02(土) 02:52:42.79uVJ2FHST0 (1/1)




435以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/02(土) 04:36:08.87QuCGoejZO (1/1)

乙!
待ってました!!


436以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/02(土) 06:54:22.67gtWKCaYqo (1/1)

乙ー


437 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:12:21.85BIBN/nXW0 (1/13)

乙、ありがとうございます。

投下します。


438 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:13:13.81BIBN/nXW0 (2/13)


女(魔神が女の子である)

女(衝撃的な情報ではあるが、各自どうにか飲み込むことは出来たようだ)



姉御「まあ女神様も人間ってくらいだからねえ」

姉御「それは分かったけど、疑問はまだまだある。話を続けてもらえるかい?」

姫「もちろんです」





姫「その女の子が授かった固有スキル『囁き』」

姫「その効果の全貌は不明ですが、明らかになっているものでいうと他人の秘めていた欲望を解放させて、それに従って生きるように唆すことが出来たそうです」



姉御「欲望に従って……つまり精神攻撃の類でいいのかい。そんなんで世界を滅亡させることなんて出来るかね」

姫「簡単ですよ。人間、誰だって欲望を理性で押し込めて生活しているんです」

姫「個々人がそれぞれの欲望だけに従って生きたら、社会は立ち行きません」

姫「直接破壊するよりもよっぽど簡単に世界を滅亡させることが出来ます」




439 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:13:43.07BIBN/nXW0 (3/13)


女(姫さんの話はなるほどだ)

女(例えば何かを食べたいという欲があったとして。その欲を手っ取り早く満たそうとしたら、それを持っている人から奪えばいい)

女(しかし人の物を奪うのは良くないという理性があるから、お金を出してそれを買う。そういう風に社会は出来ている)

女(誰かが憎い。だから殺す。そんなことが横行する社会に未来はない)



女(男君の『今の俺はいつも以上に俺だ』という言葉もなるほどだ)

女(自分の欲望に従って行動する、それはある意味一番素に近い状態だから)




440 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:14:29.54BIBN/nXW0 (4/13)


姫「さてそんな『囁き』のスキルを持った女の子ですが、幼き彼女にスキルの制御は出来ませんでした」

姫「周囲の人間に見境無くスキルをかけてしまう状態だったようで……」



姫「最初の犠牲者は女の子の父親でした」

姫「『囁き』を受けた母親が日頃の不満から来る仄暗い欲望を解放させて父親を刺したんです」

姫「次の犠牲者はその母親でした。父親を刺してしまった自己嫌悪をスキルが肥大させて自殺したようです」



姫「不幸中の幸いであるか災いであるかは判断が付きかねますが、幼き女の子には自分がしでかした事の大きさを理解する力も、善悪を判断する知性もまだ備わっていませんでした」



姫「そのため、二人を心配して様子を見に来た村人たちにも『囁き』はかかってしまい、悲劇は連鎖的に広がっていって……最終的にその村は女の子一人残して全滅しました」






441 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:15:21.90BIBN/nXW0 (5/13)


姫「もちろんその時点で時の世の中も対処に動き出しました」

姫「大規模な被害を把握していて、その女の子をどうにか確保する算段は付いていたとも言われています」



姫「そういう意味では姉御さんの言ったとおり『囁き』だけでは世界を滅亡させるのは難しいというのも当たっていますね」

姫「しかし、ここで人類にとって最悪の出会いが起きました」

姫「女の子と魔族の集団が出会ってしまったんです」



姫「魔族は別世界の住人です」

姫「それがどうしてこの世界にいたのか……書物には推測として誰かが呼び出してしまったのだと書かれていましたが、真偽は不明です」



姫「その出会いによって魔族にも『囁き』がかかってしまい、その破壊衝動を思う存分に振るい世界が滅亡するか………………」

姫「といった直前、女神様とその仲間たちが立ち上がり魔神を封印した」



姫「これが太古の昔に起きた『災い』の全貌だそうです」




442 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:16:05.41BIBN/nXW0 (6/13)


女(『囁き』。欲望を解放するスキルを持った女の子を中心とした悲劇が語り終えられる)

女(そう考えると魔族も巻き込まれた側ではあるのだろう)

女(欲望を持っていたことだけで罪になるわけではない)



女(しかし疑問が残る。私たちが出会った復活派の魔族。彼女が言っていた言葉)



魔族『魔族の悲願は一つ。太古の昔、封印された魔神を復活させてこの世界を滅ぼすことだ』



女(そのような大層な使命感はどうにもちぐはぐに思えてくるんだけど……)




443 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:16:35.02BIBN/nXW0 (7/13)


秘書「大昔の出来事は分かりました。現代の話に戻りましょう」

秘書「話によると男さんに『囁き』がかかっていたということですが、しかし魔神は封印されているはずでしょう?」

秘書「ならば不可能ではないですか?」



姫「これは私の推測ですが、学術都市で女さんたちは宝玉を提供して研究に手伝ったそうですね」

姫「つまり集まれば集まるほど力を増す宝玉を長期間一カ所に留めてしまった」

姫「そのせいで周囲が他の世界と繋がりやすい状態になっていたのかもしれません」



姫「そして女神様の『魅了』と魔神の『囁き』は表裏一体のような存在です」

姫「愛を広める前者と欲を広める後者で」

姫「魔神と女神様は何度も戦場で相見えたそうです……そのときにスキル同士に繋がりが生じたのでしょう」




444 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:17:02.94BIBN/nXW0 (8/13)


秘書「スキル同士に繋がり……そのようなことがあるんですか? 聞いたこともありませんが」



姫「ですから推測です。そもそも固有スキルは絶対数が少ないせいで不明なところも多く、女神様自身にも分からないところがあるとは書物に書かれていました」

姫「それでスキル同士の繋がりを起点に魔神は別の世界から男さんに語りかけて『囁き』のスキルをかけた」

姫「女さんが聞いたという男さんの独り言ももしかしたら魔神に対する応答だったのかもしれませんね」



女(言われてみると男君の独り言は誰かと話している……そんな感じだったようにも思える)

女(話をまとめると魔神は封印されたまま男君にスキルをかけることが可能だったというわけだ)



姫「『囁き』と魔神についての話はもう大丈夫でしょう。次は……」

秘書「私から話してもいいでしょうか」

姫「どうぞ」



秘書「話というのはこの一週間について。私はちょうど王国支部の方に視察の形で出向いていたんです」

姫「ということは……男さんがどのように王国を転覆させたのか見てきたんですか?」

秘書「ええ、その通りです」




445 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:18:41.40BIBN/nXW0 (9/13)


秘書「商会というところは様々な情報が入ります。最初はちょっとした違和感でした」

秘書「いつも時間通りに来る人が来ないだったり、兵舎が騒がしい、武器の発注が多いなど」



秘書「それでも平穏は保っていて……しかしある朝方突然鳴り響いた爆発音に私は飛び起きました」

秘書「報告を受けるとどうやら王都内で兵士同士が戦っているようだと」



秘書「これは後の調査で分かったのですが、男さんは最初王国内で暗躍していたようです」

秘書「魅了スキルを使い軍の下の方から支配を出来るだけ広げていった」

秘書「女性兵士には問答無用、男性兵士には賄賂なりなんなりで寝返らせていく」



秘書「ですがあるラインからは国への忠誠心が高くなって工作が効かなくなった。だから直接の武力で打って出たと」



秘書「結果、王都で起きた内戦は凄まじいものとなりました」

秘書「流れ弾が罪もない民を襲い……万は下らない数の民を男さんは間接的に殺したと思います」



秘書「内戦は終始男さん側が優勢でした」

秘書「勢いのまま王都にある王城に雪崩れ込み、王とその臣下を虐殺して……こうして王都内乱は終結したようです」




446 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:19:28.60BIBN/nXW0 (10/13)






女「………………」

女(語られた男君の所行に私は……)





姉御「話だけ聞くとよほどの大悪党だねえ。魔王と呼ばれるのも分かるというか」

気弱「姉御!!」

姉御「あっ……わ、悪い……」



女(気弱君が姉御の名前を呼ぶとハッとなって謝った)

女(二人は私が男君のことを好きだと知っている)

女(好きな人のことを悪く言われて、私が良くない想いをしないように配慮したのだろう)




447 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:20:08.27BIBN/nXW0 (11/13)


女「ありがと。でも、大丈夫だから」

姉御「いや、でも……ほら、あれだ! 今の男は『囁き』のせいでおかしくなっているだけだし!」



女「違うよ。『囁き』はその人の本来の欲望を解放する」

女「今の男君はいつもと違うけど、おかしくなっているわけじゃない」



姉御「それは……」

女(姉御が二の句を継げなくなる。代わりに気弱君が質問する)



気弱「女さん。思えば話し合いが始まってから、ずっと違和感がありました」

気弱「男さんが魔王になって、離ればなれになって」

気弱「なのに今の女さんは落ち着きすぎている……と、僕は思うんです」

気弱「男さんとの間に何かあったんですか? 今の女さんは何を思って行動しているんですか?」



女「………………」

女(気弱君の質問は核心を突くものだった。本当に聡い子である)

女(気付けば私に注目が集まっている)

女(あまり本題に関係ないと思って黙っていたけど……こうなったら話すしかないだろう)




448 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:20:38.99BIBN/nXW0 (12/13)






女「そうだね、これはまだ言ってなかったよね。駐留派と復活派の襲撃を受けた直前のことなんだけど……」



女「私、男君に告白したんだ」








449 ◆YySYGxxFkU2019/11/03(日) 23:24:49.50BIBN/nXW0 (13/13)

続く。

今回投下内の補足で、種族としての魔族と、現在復活派で傭兵と共に行動している個体の名前としての魔族は別です。
ss化にあたって一般名詞に置き換えた影響でちょっとゴチャついてますね。
雰囲気で理解してもらえると助かります。


450以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/04(月) 01:07:45.37Kg6TKnU10 (1/1)

乙!


451以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/04(月) 03:14:26.66iyFJlGs/o (1/1)

乙ー


452以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/04(月) 05:06:59.856FftmfH60 (1/1)

乙!


453 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:36:07.264hEi4H0x0 (1/12)

乙、ありがとうございます。

投下します。


454 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:36:42.884hEi4H0x0 (2/12)


姉御「ほう……告白かい」

気弱「お、思い切りましたね」

姫「…………」

秘書「青春ですね」



女(私が男君に告白したと明かすと、姉御と気弱君はなるほどと頷き、姫さんは顔を伏せて表情を窺えなくて、秘書さんは暖かい眼差しになっている)



姉御「で、返事はどうだったんだい?」

女「それがね、本当ちょうど返事をもらえるってときに駐留派と復活派が襲撃をかけてきて」

姉御「ああもう酷いタイミングだねえ」



女「で、さっきも言ったようにその戦闘中に男君は『囁き』にかかったんだと思う」

女「それで戦闘の後、男君は私に言ったんだ」

女「私が傷つく姿を見たくない、宝玉は自分が全て集める、私の隣にいる資格がない、告白は無かったことにしてくれ、私の気持ちは他の人のために取っておけ…………って」



姉御「………………」



女「私は……男君に拒絶されたんだよ」




455 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:37:10.484hEi4H0x0 (3/12)


女(この一週間何度も思い返した男君の言葉)

女(資格なんて必要ない。ただ隣にいてくれるだけで良かった)

女(一緒に居れるなら私はどれだけ傷ついても構わなかった)



女(なのに、男君は私を一人置いていった)

女(私と男君が通じ合えていると……そう思ったのは幻想だったのだろうか?)



女(この会議に参加しているのも異世界を混乱させている事件に対処しないといけないという義務感から行動しているだけで、特に何か思いがあるわけでもない)



女(大事な会議で個人的な悩みを打ち明けたこと、未曾有の事件にどうにか頑張ろうとしているみんなに対して冷めている私)



女(何だか何もかもが申し訳なくて謝ろうとしたそのとき)




456 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:37:47.154hEi4H0x0 (4/12)




姉御「えっと……それはノロケかい?」

女「……え?」



女(姉御が顔を赤くして、頬をかきながら言ったことに理解が追いつかなかった)

女(気付くと気弱君も同じで、いつもクールな秘書さんでさえ少し赤くしている)



姉御「いやだから、女と男はこれだけお互いのことを思い合っている……って自慢なんだろ?」

女「ど、どうしてそうなるの!? 私は真剣に悩んでいるんだよ! 男君に拒絶されたって!!」

姉御「いや、その拒絶っていうのも…………ああもう、アタイには無理だ! 気弱頼んだ!!」

気弱「ええっ!? 僕ですか!?」



女(今にも顔から火を噴き出しそうな姉御が気弱君にバトンタッチする)




457 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:38:37.164hEi4H0x0 (5/12)


女「どういうこと、気弱君!!」



気弱「え、えっと……どう説明すればいいんでしょうか」

気弱「……そうですね、仮にですけど女さんは男さんが傷付く姿を見たらどう思いますか?」

女「そんなの見たくないよ!」

気弱「じゃあそれを防ぐための手段があるとしたら?」

女「迷わず実行する!」



気弱「それと全く同じ事を男さんもしているんですよ」

女「…………え? あれ…………そうなるの?」



女(好きな人の傷付く姿なんて見たくない。当然のことだけど……あれ、もしかして男君も同じで……)




458 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:39:12.934hEi4H0x0 (6/12)


気弱「そして確認なんですけど実際男さんは女さんのことを置いていった」

気弱「それは事実なんだと思いますけど……そのとき別に一緒にいたくないだとか嫌いだとか言ったわけじゃないんですよね?」



女「う、うん。俺には隣にいる資格が無いって言っただけで……告白の方も気持ちは嬉しいけど、無かったことにしてくれって」

気弱「いや、もう答え言ってるじゃないですか。気持ちは嬉しいって……嫌いな人から好かれて嬉しい人なんていませんよ」



女「……え? ……えっ!?」

女「で、でもだったらどうしてその気持ちは他の人のために取っておけなんて言ったの!?」



気弱「そのとき既に男さんは魔王になる決心をしていたんだと思います」

気弱「魅了スキルをフル活用しても茨の道であることは想像が付くその手段」

気弱「結果的に成功しましたけど、途中で倒れる覚悟もしていて」

気弱「そのときに好きな人の気持ちをずっと自分に縛り付けたくないからそう言ったんだと…………」



気弱「ああもう、解説する僕の方が恥ずかしくなってきたじゃないですか!!」



女(珍しく声を荒げる気弱君。姉御同様顔から火を噴き出しそうなくらい真っ赤だ)




459 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:39:48.084hEi4H0x0 (7/12)




女「ってことは……男君はそれだけ私のことを好きだってこと!?」

女(そう思うだけで、私の心は小躍りしたくなるくらいに舞い上がる)







気弱「はぁ……どうしてこんなことも分からなかったんでしょうか?」

姉御「……あーそういえば、女は元々恋愛においてはクソ雑魚メンタルだったねえ」

姉御「そして男は女友も一緒に連れて行ったんだろう? そのせいで外から指摘する人がいなかった」

気弱「なるほど……ってことは、女友さんはずっとこんなことしてきたんですか」

姉御「ということだろうねえ。今度会ったら労ってやろうか」

気弱「ですね」



女(気弱君と姉御が何か言っているけど、私の耳を素通りしていく)




460 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:40:15.734hEi4H0x0 (8/12)




姫「なるほど指摘はもっともかもしれませんが……現実問題として、女さんが男さんに置いて行かれた事実は変わりませんよね?」



女(そのときずっと黙っていた姫さんが口を開いて……その言葉は素通りしなかった。私は突っかかる)



女「聞いてなかったの、姫さん? 男君は私が好きだからこそ置いていったんだよ」

姫「ただの推測でしょう。本当は女さんに呆れて置いていった可能性だって否定できません」

姫「男さんは優しいですから言葉をオブラートに包んだだけです」



女「そっちこそ推測じゃない。男君は私のことが好きなの。それが決定事項なの」

姫「告白に答えてもらえなかったのに、ですか?」

女「ぐっ……それは……」



女(言い詰まる私に、姫さんはさらりと言った)




461 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:40:43.064hEi4H0x0 (9/12)




姫「結局男さんから直接言葉にされていない限り、状況証拠でしかありません。確証にはなり得ません」

姫「ですからさっさと告白の返事をもらってきてください」



女「……え?」

姫「女さんがさっさとフラれないと私がアタックしにくいじゃないですか」



女「で、でも……男君は告白を無かったことにしてくれって」

姫「そんなの聞いてなかった、で済ませればいいんですよ」

女「ご、強引すぎない……?」



姫「大体乙女が勇気を出して告白したのに、答えない方が悪いんですよ」

姫「男さんが100で悪い上に勝手なこと言ってるんですから、こっちだって勝手なこと言えばいいんです」



女「…………」

姫「何ですか、黙って」

女「えっと……ありがとね」

姫「礼を言われる筋合いはありません。私は私のために動いているだけです」



女(姫さんはそう言ってのけるとプイと顔を背ける)




462 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:41:12.214hEi4H0x0 (10/12)




気弱「あれ、姫様ってもしかして……」

姉御「あーそういえばあいつら独裁都市でも騒動に巻き込まれたって言ってたねえ」

姉御「何か支配されてた姫様を助け出したって話も」

気弱「そのときに男さんが姫様に惚れられた……ってことでしょうか?」

姉御「状況的にそうなんだろうよ。何とも罪作りな男だねえ」






463 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:41:40.464hEi4H0x0 (11/12)




女「……うん、そうだね。私、決めたよ!」

女「男君に告白の返事をもらいにいく!!」

女「そのため王国に、魔王城に乗り込む!!」



女(決意新たに私は宣言する)



姉御「まあ前向きになったことはいいことだよ。ただ、一人で乗り込むなんて言うんじゃないよ」

気弱「そうですね。今の男さんは王国の全てを掌握しています。いくら竜闘士といえど正面突破出来る勢力ではありません」

姫「そのためにも準備は整えないと、ですね」

秘書「古参商会もバックアップ出来ると思います。男さんの宣言以降、各地で起きている混乱は早めに静めたいところですから」



女(姉御、気弱君、姫さん、秘書さんの四人もそう言ってくれるのだった)



464 ◆YySYGxxFkU2019/11/06(水) 00:42:32.584hEi4H0x0 (12/12)

続く。


465以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/06(水) 01:03:46.47XJhjHzwHO (1/1)

乙ー


466以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/06(水) 04:11:54.87r25qXZrpO (1/1)

乙!


467 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:21:00.23islyLKZY0 (1/21)

乙、ありがとうございます。

投下します。


468 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:22:00.07islyLKZY0 (2/21)


女(魔王城に、男君のいるところに乗り込む)

女(今後の大きな方針が決まった)



女(そうだ、私は何をごちゃごちゃと悩んでいたんだろう)

女(はっきりとした言葉で拒絶されたならともかく、あんなふんわりとした言葉で私の長年の想いを否定されてたまるものか)



女(男君に告白の返事をさせる。返ってくる言葉は絶対にYESだ、みんなもそう言っているし)

女(そして恋人同士になった私たちは、色んな場所に一緒に行って、同じ気持ちを共有して、二人の思い出を紡いでいく)

女(そんな日が来るのが楽しみで…………楽しみすぎて……)



女「ねえ、今すぐ魔王城に乗り込んじゃ駄目なの?」



女(抑えきれずに私は提案していた)




469 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:22:31.21islyLKZY0 (3/21)


姫「はぁ……話を聞いてましたか?」

姫「男さんは今や王国の持っていた軍事力を保有しているも同然なんですよ」

姫「内戦による同士討ちで少しは削れたかもしれませんが、いずれにしても竜闘士一人で敵う相手じゃありません」

姫「各所から対抗できるだけの戦力を集めるしかないわけで、それまでおとなしく待ってください」



女「その理屈は分かっているんだけど……実際そんな正面衝突になるのかなぁ、と思って」

姫「……はい?」

女「いや、だからね。男君は私のこと大事に思っているわけでしょ?」

女「だから案外私だけで王国に向かったら、叩き潰すようなこと出来なくて、魔王城までスルっと到達できるんじゃないかな……って」



姫「断言します。有り得ませんね」




470 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:23:05.49islyLKZY0 (4/21)


女「いや、まあ姫さんがそう言いたいのは分かるけど……」

姫「鼻に付く言い方ですね……先ほど神妙に振る舞って損した気分ですよ」

姫「それと別に嫉妬で言っている訳じゃありません。男さんは女さん相手に手を抜くことは無いでしょう」

女「え、どうして?」



姫「その程度の覚悟で王国を支配するなんて出来るはず無いからです」

姫「女さんを置いていくことが正しいと思ったなら、簡単に翻すとは思いません」

姫「元々男さんは頑固な人ですから」

姫「私のときだって自分が犠牲になることが正しいと、どれだけ説得しても聞く耳持たずに貫こうとしましたし」



女「……そっか、そうだよね」

姫「加えて『囁き』がその思いをさらに強固にするでしょうから……本気で対抗してくると思いますよ」






471 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:23:37.07islyLKZY0 (5/21)


女(男君は思いこんだら頑ななところがある)

女(そのせいで私と男君は何度も衝突してきて、それを乗り越えることで絆を深めてきた)



女(今回もそれと同じ……いや、それ以上だ)

女(『囁き』の影響だけじゃない、今まで男君は私に魅了スキルをかけてしまったという負い目をいつだってどこか感じていたはずだ)

女(しかし、今やその嘘も暴かれた)

女(本気でぶつかってくる男君はとても厄介になるだろう)



女(でもそれが私には嬉しかった)

女(障害が大きければ大きいほど、乗り越えた時の報酬も大きくなる……そう思うから)




472 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:24:06.23islyLKZY0 (6/21)


姫「といっても男さんも今はまだ王国内外の対応に忙しいでしょうし、しばらくは私たちに何かする余裕も無いと思いますけど」

女「そっか、その内に準備を進めておきたいね」



女(男君がどんな手を打ってくるか、想像も付かない)

女(出来ることは早めにやっておかないと)



秘書「女さんが前向きになったようで何よりです」

秘書「古参商会としても各地で混乱が起きているこの状況では商売上がったりです」

秘書「何としてでも解決するよう尽力いたします」



女(秘書さんの言葉にふと疑問が沸く)




473 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:25:01.42islyLKZY0 (7/21)


女「そういえば魔王君臨における各地の混乱って具体的にはどういうことなんですか?」



秘書「まずは単純に王国を乗っ取る勢力の登場による恐怖ですね」

秘書「王国の武力は誰でも知っていましたから、それを圧倒する力への畏怖が一つ」

秘書「もう一つは男さんの出した宣言、宝玉を差し出すように迫ったことによるものです」



女「宣言がですか? 王国が手段を選ばないって言っている以上、抵抗するのも難しいですから、みんな普通に差し出して終わりだと思ってましたけど」



秘書「ええ。宝玉の所在が分かっている地域はその通りの対応ですね」



女「……あ、そっか。私たちが観光の町で体験したように、宝玉がどこに行ったのか分からない地域もあって……」



秘書「そういう場所では血眼になって宝玉を探す者や、急ぎ避難しようとする者、行政に対してさっさと差し出すように詰めかける者もいて……軽いパニックになっていますね」

秘書「場所が分かっていても、所有者が首を縦に振らない場所などもあるようです」

秘書「安全のためとはいえ、宝玉は高価な宝石です」

秘書「差し出せと言われて、はい分かりました、とは行かないのが人間ですから」



女「思ったより大変なことになっているんだ……」

女(他者に迷惑をかけることを嫌がる男君らしくない手段…………いや、そういう遠慮を取っ払ったのが今の男君だ)




474 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:25:31.43islyLKZY0 (8/21)


秘書「……。……。……」

秘書「とりあえずこれまでの会議の内容と急ぎ対抗戦力を集めるよう進言するため、私は一度商会に戻ろうと思います」



女(秘書さんが窓の外を眺めながら言った)



姫「はい。お願いします」

女「本当にありがとうございます!」

秘書「いえいえ、私に出来ることはこれくらいですから。それでは」



女(姫さんと私が礼を言うと、秘書さんはお辞儀をして執務室を出て行った)




475 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:26:05.31islyLKZY0 (9/21)


姫「古参商会が全面的にバックアップしてくれるのはありがたいですね」

女「私たちが宝玉を順調に集められたのも、最初に商業都市で古参商会とのパイプが出来たおかげです」

姫「独裁都市としても復興にとても協力的で助かっていますね」



女「でも商売上がったりなのにそんな協力してもらって……何か悪い気もするね」

姫「まあそれこそが古参商会がここまで繁盛した本質なんでしょうけど」

女「……?」



姫「本来なら商会にとって今は絶好の稼ぎ時なんですよ」

姫「王国に武器を売って、不安になった周辺諸国にも武器を売って、緊張下で不足した物資を値段を釣り上げて売って……」

姫「お金を稼ぐだけならこんなにも楽なことはありません」



女「そっか古参商会も色々手広く商売しているから……」

姫「ですがそうやって一時的に儲ける代わりに顧客の不興を買えば、長期的に見るとマイナスになるに決まっています」

姫「商売に大事なのは信用。それを分かっているからこそ、この非常時に多くを助けるように活動しているんでしょう」



女「私たちに協力するのもその一環ってことか……なるほど」

女(古参商会の裏にある打算……とても暖かいものに触れて、私も嬉しくなる)




476 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:26:44.52islyLKZY0 (10/21)


姫「とにかく早めに古参商会と連携を取れたのは助かりました」

姫「秘書さんを会議に呼んでくれてありがとうございます、女さん」

女「いえいえ、そんなこと。呼んだのは姫さんでしょう。こちらこそ助かりました」



姫「何言ってるんですか。秘書さんが女さんに誘われたって言ってたんですよ」

女「そちらこそ間違っています。姫さんに誘われたって言ってました」



姫「とにかく私は秘書さんに声をかけていません」

女「こっちこそ声をかけていません」



姫「………………」

女「………………」





二人「「………………?」」





女(二人とも首を傾げる)

女(この齟齬は……一体どういうことだろうか?)




477 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:27:25.95islyLKZY0 (11/21)


姉御「何だい、何だい? 結局どっちが正しいんだ?」

気弱「ちなみに言っておくと僕たちも違いますよ。連絡を受けてこの独裁都市に急ぎ向かうので精一杯でしたから」

女(気弱君の補足)





女(誰も声をかけていないとしたら……秘書さんはこの会議のことをどこで知ったのか?)

女(どうして参加したのか?)





女(ちょうどそのとき執務室の扉がドンドンとノックされ、答える前に扉が開けられた)



古参会長「秘書!! 秘書はここにいるのか!!」



女(ドタバタと慌てた様子で入ってきたのは意外な人物。古参商会の長、古参会長だった)

女(商会の本部がある商業都市にいることが多いと聞いていたので、わざわざ独裁都市まで足を運ぶのが意外ということである)




478 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:28:05.68islyLKZY0 (12/21)


姫「いつもお世話になっています。それにしても急な訪問ですね」

女(姫さんが立ち上がって一礼する。予定にない来客のようだが、復興の世話になっている恩もあって歓迎して当然だ)



女「秘書さんならさっきちょうど出て行って……あれ、タイミング的に鉢合っていると思ったけど」



古参会長「おぉ……良かった、良かった……! 秘書……生きておったのだな!!」



女(古参会長は感極まって涙まで流した)





女「……?」

女(事態がうまく飲み込めない。涙? 生きていて? でも……)




479 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:28:50.17islyLKZY0 (13/21)


姫「ええと、事情を窺ってもいいですか?」

姫「思えば先ほどもノックに答える前に扉を開けるほど慌てていて……古参会長らしくない振る舞いでしたが」



古参会長「ああ、そうだな。説明すると……事の始まりは秘書が一週間ほど前から王国支部に視察に行っていたことからだな」

古参会長「四日ほど前から連絡が取れなくなって――王国で内戦が始まったからであろう」

古参会長「私はいてもたってもいられなくて、秘書の安否を確認しようと王国には入れないでも、周辺諸国で情報でも集めるためにこの辺りまでやってきて……」

古参会長「そしたら秘書がこの地にいると聞いてすっ飛んできたのだ」



女(この独裁都市はわりかし王国から近い位置にある)

女(思えば秘書さんは内戦に巻き込まれたと他人事のように語ったが、実際かなり危険だったということだ)

女(だからこうして古参会長も心配した)



女(なるほど…………と納得しそうになったが、そうなるとまた一つ疑問が浮かび上がる)

女(姫さんも同じ事を思ったようでそれを指摘する)




480 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:29:21.64islyLKZY0 (14/21)


姫「おかしいですね……」

姫「秘書さんはこの状況をどうにかするためにも古参商会として私たちをバックアップすると言っていたので」

姫「既に会長には連絡を付けて話くらいはしているのだろうと思ったんですが」



古参会長「どういうことだ? もちろん協力をするのは吝かではないが……」

古参会長「秘書がそのような大事なことを私に相談せずに決めるとは思えん」

古参会長「あくまで私の秘書であって、商会の長ではないのだからな」



女(いくら古参会長が秘書さんのことを大事に思っていたとしても、そういう公私混同はしないだろう)



女「そもそも会長が心配していることを想像して、真っ先に連絡を取るはずだよね」

古参会長「そうだな、秘書はそこまで気を回せる人だ」



女(私の言葉も頷かれて……ますます分からなくなる)




481 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:29:55.90islyLKZY0 (15/21)


女「………………」

女(私は思考する)

女(秘書さんが去ってようやく気付いた違和感の数々)

女(これが意味するものは……ただの勘違いで済ましていいのだろうか?)





女(いや、そういえば秘書さんは去る直前窓の外を見ていて…………………………)





女「……そっか。そういうことか」

姫「何か分かったんですか、女さん」

女「うん。姫さんも見ていたと思うけど、秘書さん執務室を去る直前、窓の外を見ていたでしょう?」

姫「そういえばそうでしたね。……って時間的に考えると秘書さんが見たのは」

女「古参会長がこの神殿にたどり着いたのを見たんだと思う。だからこの場から去った」



女(商会に報告をするためという理由は、ここまで連絡していないことを見るに嘘だろう)




482 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:30:28.07islyLKZY0 (16/21)




古参会長「どうして私を見て去ったんだ?」

女「それは古参会長と出会えば、嘘が暴かれて自分が商会に連れ戻されることが分かっていたからです」



古参会長「……? 当然だろう、秘書は商会長である私の秘書だ」

古参会長「連れ戻すも何も、商会は帰ってくる場所だ」



女「ええ。ですがそれでは今の秘書さんは困るんですよ。だって――――」



女(私はその可能性を――早速打たれていた手を指摘する)





女「それでは命令を遂行出来なくなるじゃないですか」








483 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:30:58.29islyLKZY0 (17/21)


姫「なっ……!?」

気弱「それは……」

姉御「なるほどねえ……既に一本取られていたってことかい」



女(会議で話していた三人はすぐにその意味を察知する)





女(秘書さんが王国にいたという時点で怪しむべきだったのだ)

女(王国にいる人のことを、そして彼女自身この異世界で二番目に魅了スキルをかけられたという事実を)





女「…………」

女(どうしよう、今からでも追ってその身柄を確保するべき?)

女(いや、秘書さんは商業都市で最初居酒屋にいたとき周囲に全く気づかれなかったほどの隠蔽スキルの持ち主だ)

女(だから古参会長に見つからずに神殿を出ることが出来た。今さら追ったところで捕らえられないだろう)




484 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:31:32.04islyLKZY0 (18/21)


古参会長「命令とは……まさか王国を支配した者の正体は……」

古参会長「少年がそんなことをするはずがないと、嘘だと思っていたが――」



女(古参会長のところまではまだ情報の真偽について、確証高い物が届いていなかったようだ)

女(私はその人の名を呼ぶ)





女「はい。王国を支配した魔王、男君」

女「秘書さんはその手の内にいるんだと思います」





女(本気の意味をその身で思い知る)

女(想像していたよりも一手も二手も速い)




485 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:32:08.43islyLKZY0 (19/21)






 二日後、王国。

 王都の中心、かつては王城と呼ばれ、現在は魔王城と呼ばれるその建物。

 最上階に位置する謁見の間にて。





秘書「潜入調査してきた女さんたちの動向について報告します」

 休み無く行軍して独裁都市から王都へと帰還した秘書は、現在の主の前で膝を付く。








486 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:32:48.87islyLKZY0 (20/21)






男「ああ、聞かせてもらおう」



その主……男は座ったまま尊大な態度で先を促した。








487 ◆YySYGxxFkU2019/11/07(木) 23:33:17.26islyLKZY0 (21/21)

続く。

男の魔王ムーブ開始。


488以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/08(金) 00:36:40.19vuG1KueMO (1/1)

乙!


489以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/08(金) 00:49:53.28rqcnnoACo (1/1)

乙ー


490以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/15(金) 06:09:08.81xVInREqC0 (1/1)

乙!


491 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:22:11.88ZvONJyR/0 (1/18)

乙、ありがとうございます。

随分間が空いて申し訳ありません。

投下します。


492 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:22:46.44ZvONJyR/0 (2/18)


女友(魔王城、謁見の間にて)

女友(女たちの動向を探っていた秘書さんの報告を、王座に座って聞く男さんの横で)



女友「はぁ……」

女友(私は周囲に気付かれないようにため息を吐きました)



女友(どうしてこんなことになったのか)

女友(一週間ほど前からずっと思っていることです)




493 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:23:16.56ZvONJyR/0 (3/18)




女友(学術都市で駐留派と復活派の襲撃を退け、様子の変わった男さんによって女を一人置いて連れ立ち、そこからの日々はもう大変の一言で表せないほどでした)



女友(先に逆スパイとして潜入させていた近衛兵長さんの情報も使って、どうやって王国を転覆させるかを男さんは考え、命令して私たちに実行させる)



女友(裏で暗躍するのはもちろんのこと、男さんが持っている駒の内、魔導士の私は最強格の駒として戦闘にも参加させられる)



女友(王国の上層部はまあ世界征服なんて事を本気で考えている連中で腐っている人たちばかりでしたから、体制を破壊しても心こそ痛まなかったのは幸いでしょうか)



女友(そうして王国を制圧して少しは楽になるかと思えば、今度は内部の統治と外部への対応とさらに忙しくなって……もう本当に大変です)






494 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:23:51.45ZvONJyR/0 (4/18)


女友(そんな折りに飛び込んできたのが、現在なされている帰還した秘書さんによる報告でした)



女友(数日前、王国の支配を完了する前から先を見越して男さんが女の動向を探るために、秘書さんに命令していたようです)



女友(古参会長がその場にやってきて、それ以上は嘘が露呈して調査の続行が不可能になると判断して帰還したようです)

女友(そのため報告されたものは対策会議における発言だけでしたが十分な収穫でした)



女友(男さんの言葉に惑わされていた女が、みんなの力も借りて前向きになり事態を解決しようとしている)

女友(久しく聞いていなかった親友の様子に、つい私は涙腺が緩みそうになりました)



秘書「報告は以上です。失礼します」



女友(さて報告を終えた秘書さんを下がらせて、謁見の間に残ったのは三人です)

女友(王座に座る男さん、その左に立つ私と、右に立つのは――)




495 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:24:22.43ZvONJyR/0 (5/18)




女友「それにしても未だにあなたが殊勝に協力していることが信じられません」

近衛兵長「今さらだな。そろそろ信用してくれていると思ったが」



女友(王国のスパイにして、元独裁都市の近衛兵長です)

女友(聖騎士の職を持つ彼女は、強さこそ私と同等のためこうして並び立つのもおかしくはないと言えますが……)



女友「あなたは王国に忠誠を誓っていたじゃないですか」

女友「王国を転覆させた私たちに従っているのはおかしなことです。魅了スキルの命令でも心までは操れませんし」



近衛兵長「それなら簡単なことだ」

近衛兵長「私も終わってから気付いたが、忠誠を誓っていたのは王国というとてつもない力に対してだったようだ」

近衛兵長「ならばそれ以上の力を持つ新たな主に従うのは自明のこと」



女友(そんな理屈で近衛兵長は現在男さんに忠誠を誓っている)

女友(腹の内で本当はどのように思っているのかは分からないですけど)




496 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:25:08.15ZvONJyR/0 (6/18)


女友(まあ今それは置いといていいでしょう)

女友(気にするべきは先ほどの報告。私たちへの対策会議とやらは、秘書さんによって一言一句逃さず報告されました)



女友(それは男さんが未だに女のことが好きであるだろうということ)

女友(女が告白の返事を聞くために魔王城に乗り込むという言葉もです)



女友「………………」



女友(あの日、『囁き』がかかってから男さんは己の感情を全く表に出すことが無くなりました)

女友(表情はいつも能面のように無で、口を開くのは命令をするときくらいです)



女友(とはいえ流石にこの報告を聞いて何も思わないはずがありません。私でさえ少し顔が赤くなりましたし)

女友(久しぶりに今までの男さんらしい様子が見れると期待して)




497 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:25:34.46ZvONJyR/0 (7/18)






男「想定の範囲内だな」





女友(一言、つまらなさそうに言った男さんに裏切られました)





女友「…………っ!」



女友(どういうつもりですか!)

女友(反射的にかけようとした言葉が音になることはありませんでした)



女友(自由に動いているように見えて、私は今も魅了スキルの虜となった身)

女友(命令によって男さんの胸の内を問いただすことや説き伏せようとすることを禁じられています)

女友(命令までしてそんなに自分が言い負かされるのが怖いんですか…………という言葉を発することも、今の私には出来ないのです)




498 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:26:07.82ZvONJyR/0 (8/18)




近衛兵長「あのとき戦った竜闘士か」



女友(近衛兵長は偽りの結婚式の際、助けに入った女と一戦交えています)





近衛兵長「個人としても伝説級の力を持つ竜闘士に、大陸最大の古参商会と着々と力を取り戻しつつある独裁都市のバックアップ」

近衛兵長「王国にとって最大の反抗勢力となると思うが、どうする我が主よ」





男「対処法は考えている。おまえが心配することじゃない」

近衛兵長「これは失礼、承知した」





女友(男さんの厳しい言葉にも近衛兵長は動じた様子はありません)




499 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:26:34.70ZvONJyR/0 (9/18)






男「女……やはりおとなしくはしてくれないか」

男「まあいい布石は……秘書によって嘘の情報も流させた」





女友(男さんが漏らしたつぶやき)

女友(秘書さんに流させた嘘の情報……確かに報告された会議の様子で私も一つ気になるところがありましたが……しかしあんな嘘を吐かせて何になるというんでしょうか……?)






500 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:27:09.06ZvONJyR/0 (10/18)


女友「………………」

女友(分かりませんが……私も覚悟を決めました)

女友(男さんに今まで協力していたのはもちろん命令で強制されていたというのもありますが、私が協力しなければ途中で死んでもおかしくないくらい無謀なことをしでかしていたからです)

女友(様子が違っていても仲間を、親友の好きな人を死なせるわけには行かせませんから)



女友(正直なことを言うと、現在の男さんの目的は分かりません)

女友(ただ宝玉を集めて元の世界に戻る……それだけで無いことは確かです)



女友(だって私たちの手元には今までの旅で集めてきた宝玉六個があります)

女友(元の世界に戻るためには八個必要なので残りは二個)



女友(それを集めるだけならこのように王国を支配するのは大がかりすぎます)

女友(適当に宝玉のある地を二つ訪れて、魅了スキルを駆使して宝玉を手に入れる方が楽です)



女友(ですからおそらく男さんは宝玉を八個以上手に入れたいのだと……それが私の読みです)






501 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:28:03.22ZvONJyR/0 (11/18)




女友(その先に何を見ているのかは分かりませんがもう付き合いきれません)

女友(王国の支配も盤石となってきた今、私の協力ももう必要ないでしょう)





女友(ここから脱出して女たちと合流する)





女友(もちろんそのようなことは魅了スキルの命令で禁止されています)

女友(ですけどね、男さん。あなたの命令を一番聞いてきたのは誰だと思っているんですか?)



女友(何度も命令無視する姿を見せた私には警戒されて今まで以上に雁字搦めな命令をされていますが……)

女友(それでも抜け道はありますから)




502 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:28:35.22ZvONJyR/0 (12/18)


女友(私が決意を新たにしていると男さんは次の事を考えていました)



男「もう一つ対処しないといけないことがある。復活派だ」

男「今朝各地に張り巡らさせた諜報員から、やつらと思しき二人組に宝玉を奪われたと報告があった」



女友「復活派……ですか?」



女友(私の口から純粋な疑問が漏れます)

女友(魔神復活派。その目的は名前の通り魔神の復活です)



女友魔神の固有スキルである『囁き』。男さん一人にかかっただけでこんな大惨事を引き起こして……いや、男さんだからこそとも言えますが……とにかく魔神が復活すればこれ以上の事態になることは容易に想像が付きます)



女友(しかし太古の昔に虚無の世界へと飛ばされた魔神を呼び戻すには宝玉が十二個も必要です)

女友(学術都市で駐留派に協力したことから、復活派の所持している宝玉は七個)



女友(新たに一個入手したところでまだ状況は変わらないはず)




503 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:29:11.42ZvONJyR/0 (13/18)






男「やつらの最終目的は魔神復活。だが当面必要な宝玉は八個のはずだ」

女友「……え?」





女友(私の思考を読んだかのような男さんの言葉)

女友(どういうことでしょうか? 復活派も私たちと同じ八個必要?)



女友(宝玉八個で出来ることは指定した世界に多数の存在が通れるゲートを開くことです)

女友(そんなことをして復活派に何の得が…………)






504 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:30:39.32ZvONJyR/0 (14/18)






女友「まさか……」



男「復活派の魔族。太古の昔、この世界に一人残った『魔族』で……別の世界にはやつと同じような『魔族』がたくさんいる」

男「それも種族特性として、各々が固有スキルを持っているわけだ」



女友「…………」



男「それらを呼び出して集団となりこの世界を蹂躙して、宝玉を奪い今度こそ魔神を復活させる。これが俺の読みだ」

男「いくら王国の勢力が巨大とはいえ、固有スキル持ちを複数人も相手にするのは面倒」

男「だから――俺が出る」






505 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:31:27.91ZvONJyR/0 (15/18)




女友(私たち支配派のブレインであり、魅了スキルにより支配を維持する要)

女友(万が一でさえあってはならない存在。であるからこそ王国に侵攻して以来、男さんは裏方に徹してきました)



女友(そんな男さんが直接出るほどの事態)





男「近衛兵長、おまえと何人かを連れて護衛しろ」

近衛兵長「はっ!」





女友(近衛兵長は異を唱えることもなくその命令に従います)



女友(近衛兵長の名前だけが呼ばれたということは……私は留守番をしろということでしょうか?)

女友(まあトップが不在なのもマズいですし、せめて私を残しておくと)





女友(だとしたらこれはチャンスです)

女友(男さんがいない間に何としてでも命令を破って女たちと合流して――――)








506 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:31:56.14ZvONJyR/0 (16/18)






男「ああそうだ。女友、おまえにも命令がある」



女友「……何ですか?」



男「おまえの手で女たちを潰せ」








507 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:32:22.83ZvONJyR/0 (17/18)






 魔王君臨事件から数日。

 世界は落ち着くことなく、新たな騒動に巻き込まれていく。








508 ◆YySYGxxFkU2019/11/19(火) 00:32:52.52ZvONJyR/0 (18/18)

続く。

次の更新もまた間が空くと思います。


509以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/19(火) 00:57:20.29BZfwLeq+O (1/1)

乙!


510以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/11/19(火) 10:45:03.81mv/Fa6YBo (1/1)

乙ー


511 ◆YySYGxxFkU2019/12/02(月) 18:10:16.56uU+NetVho (1/1)

ご無沙汰しております。
期間が空いてきたので途中報告です。

最近リアルが忙しいのと、次が傭兵と魔族の過去編でぶつ切り投稿も良くないなーと書き溜めしている関係で投稿が滞っています。
もうしばらくお待ちくださいm(_ _)m


512以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/02(月) 21:52:40.5772y1DTblO (1/1)

待っとるよー


513以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 00:22:22.79FWiw1gO/O (1/1)

待ってるぜ!


514以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/03(火) 05:57:24.03kMNIMDbs0 (1/1)

舞ってる


515 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:28:31.99egRl8SK90 (1/34)

お久しぶりです。
長い間待たせて申し訳ありません。

投下します。


516 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:29:23.89egRl8SK90 (2/34)






 復活派の魔族は思い返す。

 太古の昔の記憶を。





魔族(種族としての魔族は元々この世界の住人ではない。魔界と呼んでいる世界の住人だ)

魔族(なのにどうしてこの世界にいるのかというと、酔狂な人間により宝玉を使って呼び出されたのが始まりだったと聞いている)



魔族(その人間には復讐したい者がいたそうだ)

魔族(同じ町に住む者に恋人を奪われたとか、そんなどうでもいい理由らしい)

魔族(そのために固有スキルと強大な魔力を持つ魔族の集団を呼び出した)




517 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:29:50.87egRl8SK90 (3/34)




魔族(復讐は成った)

魔族(町一つ、魔族を呼び出した者も含めて全て滅ぶという形で)



モブ魔族「ははっ、何だ! この人間とかいう弱っちい種族はよっ!」



魔族(人間と魔族の力には圧倒的な差があった)

魔族(後に魔神と呼ばれる存在と出会ったことを契機に、魔族は欲望のままにこの世界にて破壊の限りを尽くし始めた)

魔族(それを止める者はいない……と思われていた)



魔族(しかし、人間は後に女神と呼ばれる存在を中心に団結した)

魔族(人間にあって魔族にないアドバンテージ、数により魔族は徐々に劣勢に陥る)

魔族(そして奉っていた魔神様が人間たちに封印されたことで敗走する羽目となった)




518 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:30:24.58egRl8SK90 (4/34)


モブ魔族「ちっ……人間どもめ……!」



魔族(木々生い茂る森の中を駆け抜けながら誰かが舌打ちした)

魔族(ここも既に包囲されている。生き残るための手段は一つだけ)

魔族(集めておいた宝玉8つを使い、ゲートを開いて魔界に戻ることだった)



魔族(しかし、そうなればこの世界に二度と戻ることは出来ない)

魔族(魔界は世界を渡る手段もないほどに荒廃した世界だったから)

魔族(もう一度この世界に召喚されるような偶然が起きるとも思えない)



魔族(この世界への未練と生存することが両天秤に乗る)

魔族(そしてまた生存することを選んだ場合にも一つ問題があった)

魔族(この数が通る場合、宝玉八つを使ったゲートの容量では足りない)

魔族(おそらく一人はこの世界に残らないといけなくなると)




519 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:30:52.71egRl8SK90 (5/34)


魔族(ではその一人をどうするか? 争って誰か蹴落とすとでもいうのか)

魔族(危機が迫る中、内部分裂している場合じゃないと誰もが分かっているが解決策は出てこない)

魔族(緊張感を持ってそれぞれが迷う中、私は手を挙げた)



魔族「私がこの世界に残ります! そしていつの日か必ず姉様たちをこの世界に呼び戻します!」

姉魔族「そうか……おまえがいたか」



魔族(答えたのは姉様。この魔族集団のリーダーにして、血のつながりこそないものの私が姉のように慕っていた人)

魔族(偶然異世界召喚に巻き込まれて、右も左も分からない幼い私に色々と教えてくれた人)



魔族「私一人なら『変身』を使って人間に紛れてこの窮地も脱せるはずです!」

姉魔族「ああそうだな。何とも都合が良い。私たちの使命は分かっているな」

魔族「はい! 魔族の使命は世界滅亡です!」

姉魔族「…………ははっ、では頼んだぞ」




520 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:31:22.70egRl8SK90 (6/34)


魔族(その後姉様たちはゲートを開き、魔界へと戻って行った)

魔族(私は変身を使い人間へと化けて包囲網を何とか脱出)

魔族(そこまでは上手く行って……そこからが大変だった)



魔族(魔神様を封印した集団が女神教なるものを興し、『災い』の驚異の伝承や宝玉の分割保管を進めたからだ)

魔族(伝承により魔族はどこに行っても警戒されて、分割により物理的に集めるのが難しくなった)



魔族(私は途方に暮れた。しかし、諦めるという選択肢は無かった)



魔族(姉様に教えられた魔族の使命『世界滅亡』を果たすためにも)

魔族(姉様の期待に応えるためにも)




521 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:31:49.68egRl8SK90 (7/34)




魔族(だから『変身』を使って一つ一つ出来ることをやっていった)

魔族(女神教の信仰を落とすために高名な人に化けて不祥事を働き女神教の信仰を落として、『災い』も魔族の存在も何もかもが風化した現代)

魔族(ようやく宝玉の収集、本命に取りかかれると…………その思いが気の緩みを招いたのだろうか)





魔族(一年ほど前)

魔族(私は一人、王国領の森を駆けていた。追っ手から逃げるために)





魔族「マズったな……」

魔族(現代で動くに当たって避けられない相手。大陸最大勢力の王国)

魔族(その状況を見極めるために忍び込んで……予想以上の警戒により侵入がバレてしまった)




522 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:32:16.94egRl8SK90 (8/34)


魔族(どんな看破スキルでも見破れない『変身』にも二つの弱点がある)

魔族(それは一回姿を変えるごとに魔力を多く消費すること)

魔族(もう一つは化けた姿のステータスそのものになることだ)



魔族(兵士の詰め所に侵入していた私はそこから脱出するために何度も変身を使ったため魔力がもう無くなっていて)

魔族(兵の油断を誘うために変身した村娘の姿から戻ることが出来なくなっていた)

魔族(運動能力が低く、このままでは追ってくる兵士に捕まってしまう)



兵士「見つけたぞ! 怪しいやつめ!!」

魔族(その懸念は現実となり、森の中で私は王国の兵士たちに囲まれてしまった)



兵士「ほ、本当にこの村娘が侵入者なのですか?」

兵長「警戒を怠るな! 姿を発見して以来、こやつは何度も姿を変えている! おそらく化け物の類だ!」

兵士「了解しました!」



魔族(日和った様子の兵士も兵長の檄に立て直す。どうやら演技をしても無駄だろう)




523 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:33:06.01egRl8SK90 (9/34)


魔族(森の中、人間に囲まれる。太古の昔を思い出すシチュエーション)

魔族(しかし私は一人で、『変身』も通じないと来ている)



魔族(後少しだったが……ここまでか)

魔族(太古の昔生き延びてから、ずっと使命を『世界滅亡』を果たすことだけを考えてきた)

魔族(だが私の力ではあと一歩足りなかった)

魔族(仕方ない、諦めよう)





魔族「誰か……助けてください!!」





魔族(そう覚悟を決めていたから、次の瞬間発せられた言葉が自分の口からであることに気付くのに時間がかかった)



魔族(助けて……私はそう言ったのか?)

魔族(何とも往生際の悪い言葉だろうか)



魔族(私は魔族。この人間の世界における異分子)

魔族(世界全てが敵)

魔族(分かっていたから太古の昔よりずっと一人で活動してきたのだ)



魔族(だというのに……どうして助けを呼んだ?)

魔族(誰かが魔族の私を助けると思ったのか?)

魔族(私は……本当は誰かに助けてもらいたかったというのか?)




524 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:33:38.44egRl8SK90 (10/34)




兵長「確保………………ぐはっ!!」



魔族(迷いを押しつぶすように兵長の号令によって兵士が私に殺到して…………次の瞬間その全てが吹き飛んだ)





魔族「え……?」

魔族(何が起きたのか分からなかった)

魔族(私が何かをしたわけではない。未だ魔力は枯渇し力の無い村娘の姿のまま無様に地べたに座り込んでいるだけだ)



魔族(だからそれを為した人間は空から降りてきた)



傭兵「助けるつもりは無かったのだが…………」



魔族(竜の翼をはためかせ着地する)

魔族(その姿には見覚えがあった)

魔族(人間社会の隅で生活する私でさえ存在を知るその人)

魔族(先の大戦を終結させた英雄)



傭兵「そうだな……大丈夫か?」



魔族(魔族の私に人間の手が差し伸べられる)



魔族(これが私と伝説の傭兵の初邂逅であった)




525 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:34:04.35egRl8SK90 (11/34)


魔族(私と傭兵は更なる追っ手を警戒してすぐにその場を離れた)

魔族(落ち着ける場所にたどり着いたところで傭兵が口を開く)



傭兵「君はどうして兵士たちに襲われていた?」



魔族(当然の疑問であった)

魔族(それを予想して既に返答は考えてある)



魔族「それが……分からないんです。急に襲われて……」



魔族(私の現在の姿は普通の村娘である)

魔族(何か派手な言い訳をするよりも巻き込まれたとする方が信じられやすいだろう)




526 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:34:33.08egRl8SK90 (12/34)


傭兵「……そうか」

魔族(傭兵は頷く。それが本心なのか、ポーズからなのかは表情から全く読みとれない)



魔族「………………」

魔族(一難去って、また一難といったところか)

魔族(未だ枯渇した魔力は回復しない。『変身』で元の姿に戻ることが出来ない以上、この戦闘力0の村娘の姿を続けるしかない)



魔族(だが魔族としての力を取り戻したとしても、目の前の男に敵うとは思えなかった)

魔族(伝説の傭兵……話には聞いていたが、実際相対してみると想像以上に凄まじい力を感じる)



魔族(だからといってすぐにこの男の側を離れるのも良くない)

魔族(この森には魔物が出るため今の状態で襲われてはひとたまりもないからだ)



魔族(魔力が回復するまでの間、この男に怪しまれないように過ごすしかない)

魔族(とにかく絶対に正体がバレてはいけない。魔族だと……世界の敵だとバレた瞬間、私はそこで終わりだ)




527 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:35:03.49egRl8SK90 (13/34)


傭兵「ところで君はどこに住んでいるんだ?」

魔族「あ、えっと近くの村に住んで……といっても、逃げている間に森の深いところまで来てしまったんですけど……」

傭兵「そうだな……辺りが暗くなってきた。今日はこれ以上動くのは危険だろう」

傭兵「今夜は野宿して、明日の朝村まで送り届ける。それでいいか?」

魔族「助けてもらう立場で文句なんてありません」

傭兵「……分かった」



魔族(傭兵から渡りの船の提案。明日の朝なら魔力も回復しているだろう。となれば今夜凌ぎさえすればいい)



魔族(それから二人でたき火を囲み、傭兵の取り出した食料を分けてもらい夕食を取る)

魔族(意外というか傭兵はイメージとは違って、その間も黙ることなく私と会話を続けていた)




528 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:35:42.49egRl8SK90 (14/34)


傭兵「そうだ、君は王国の司令について知っているか」

魔族「えっと軍のトップですよね?」

傭兵「ああ。私は大戦の時に王国に付いていたから彼を知っているんだが」

魔族「え、そうなんですか!? その勇ましさから民からも支持も高い有名人と!?」

傭兵「勇ましい……か」

魔族「違うんですか?」

傭兵「まああいつが絶対に話す訳ないか。初陣の時敵にビビって、小便を漏らしたことなんて」

魔族「ええー!? そんな一面があったんですか!?」



魔族(取り留めもない話題で盛り上がる)



魔族「………………」

魔族(一体何をしているんだろうか?)

魔族(内心で自問する)



魔族(自分の反応は考えてやっていることではない)

魔族(これまでも『変身』を駆使し人間社会に溶け込んでいた経験から、化けた姿でどう振る舞うべきかはもう骨身に染みついた動きだ)

魔族(バレたらマズい状況であるというのに、端から見れば楽しんでいるような状況に、一番歯噛みしたいのは自分自身である)




529 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:36:08.73egRl8SK90 (15/34)


魔族「こんな私なんかの話を聞いて面白いんですか?」

魔族(会話が一段落したところで、私は自然とそんなことを聞いていた)

魔族(別に事情に踏み込みたい訳ではないが、逆に聞かなければ不自然といった雰囲気になってしまったからだ)



傭兵「……ああ」

魔族「どうしてですか?」

傭兵「そうだな……人と会話すること自体が久しぶりだからだろうか」

魔族「人と会話を……えっともしかして、大戦の後しばらく行方不明だったことと関係して……」

傭兵「………………」

魔族「あ、ごめんなさい」



魔族(傭兵は口を噤むが、実のところ噂レベルであれば話を聞いたことがある)

魔族(大戦を終えて王国から何らかの勧誘を受けた)

魔族(それを突っぱねた結果、故郷が報復として焼き落とされたと)

魔族(王国に目を付けられては表舞台に出るのも難しい)

魔族(またその知名度から正体がバレればすぐに騒ぎになる)



魔族(だから人目に付かないように細々と……大戦が終わって数年も経つのにその間もずっと……この男『も』一人で生きてきたのだろう)




530 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:36:38.94egRl8SK90 (16/34)




魔族「………………」



魔族(だからどうした)

魔族(情に絆されるな)

魔族(仲間だと思うな)



魔族(私も彼も同じような境遇なのかもしれない)

魔族(だからといって手を取り合えるというわけではないのだ)

魔族(彼は人間で、私は魔族だ。種族の隔たりは厳として存在して、その正体がバレては排除されるに決まって――)




531 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:37:06.62egRl8SK90 (17/34)




傭兵「さて……そろそろはっきりさせよう。君が姿を偽り何をしていたのかを」

魔族「……!?」



魔族(先ほどまでの雰囲気は霧散していた)

魔族(全てを見通すような視線が我が身に突き刺さる)

魔族(数多の戦場を制圧してきた英雄の油断も隙もない佇まい)



魔族「な、何を言っているんですか?」



魔族(そのプレッシャーに屈しそうになりながらも、どうにか言葉を絞り出す)




532 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:37:43.35egRl8SK90 (18/34)


傭兵「勝手ながら『鑑定』スキルでステータスを確認させてもらった」

傭兵「何の変哲もない数値で……だからこそおかしい。君からは戦場の雰囲気が感じ取れる」



魔族「……そんな勘違いですよ! いやですねえ、傭兵さんも冗談が上手で……」



傭兵「とぼけ続けても構わない」

傭兵「世間は私を大戦を早期に終わらせた英雄、ともすれば聖人のように語るが……別にそのようなことはない」

傭兵「その活躍と比べて数は少ないだろうが……誰も殺さなかったわけではないからだ」



魔族「………………」



傭兵「元々君だって助けるつもりはなかった」

傭兵「今さらこんなことで王国を敵に回すなんて馬鹿げている」

傭兵「……白状しないならば、今からでも君を先ほどの兵士の詰め所に引き渡す」

傭兵「そこで君がどのような目に遭おうが私の知るところではない」




533 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:38:43.21egRl8SK90 (19/34)


魔族(冷徹な宣告)

魔族(それには誇張も嘘も含まれておらず、言うとおりにしなければ実行するという確信を私に抱かせた)

魔族(故に私に出来るのは)



魔族「『変身』解除」



魔族(戻ってきた魔力を使いスキルを発動することだけだった)

魔族(元の魔族の姿に戻るが、これでまた魔力が空になったため魔法一つ使うことすら出来ない。無力なのは一緒のままだ)



傭兵「その姿……頭に生えた角は……」



魔族(呟く傭兵からは僅かに動揺が感じられた。失われた伝承にしかない魔族の姿を見たからだろうか9






魔族「『変身』を見破られたのは初めてのことだ」

魔族「流石は伝説の傭兵といったところか」

魔族「私は魔族。太古の昔より生き、この世界の滅亡を使命としている」






534 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:39:12.60egRl8SK90 (20/34)




魔族「さあ、やるならさっさとやれ」



魔族(私は身体から力を抜き覚悟を決めた)

魔族(『変身』を見破られた時点で私は詰んでいたのだ)

魔族(正体を明かさねば怪しいやつだと誅され、明かせば魔族として人類の敵として殺される)

魔族(この男、伝説の傭兵に会った時点で運の尽きだった)



魔族(しかし)



傭兵「私の要求を聞いていなかったのか?」

魔族「は?」

傭兵「君がすることは覚悟する事ではない。何をしていたのか説明することだ」

魔族「……どうせ話した後で殺すつもりだろう。面倒だ」

傭兵「そうか……ならば話せば命の保証はしてやる」




535 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:39:38.83egRl8SK90 (21/34)


魔族(傭兵からの提案)

魔族(真っ先に思ったのは『どうせ嘘だろう』だった)

魔族(だとしても1%でも可能性があるならば、私は諦めるわけには行かない)



魔族「話せばいいんだな?」

傭兵「ああ。言っておくが経緯・発端も含めてだ」

傭兵「そうだな、君が本当に伝承の魔族であるならば、太古の昔から現在に至るまでも語ってもらおうか」

魔族「……本気か? どれだけ長くなると思っている」

傭兵「本気だとも。幸いにもまだ夜は長い」



魔族(奇妙な話になった)

魔族(傭兵はどうして私の事情を聞きたがるのだろうか?)

魔族(分からないが……やると決めたことだ)



魔族「いいだろう、ならば『災い』から現在に至るまでを話してやる」






536 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:40:51.20egRl8SK90 (22/34)




魔族(そのまま太古の昔からこれまでにやってきたこと、その果てにある使命『世界滅亡』についても伝説の傭兵に語った)



魔族(それは私にとって初めてのことだった)

魔族(使命のためにずっと前へ前へと進んできた私が過去を振り返ることも)

魔族(一人で世界相手に戦ってきた私が誰かに胸の内を打ち明けることも)

魔族(傭兵は時折相槌を打ちながら話を聞いていた)



魔族(全て話し終えたのは何時間も後、夜も終わりかけて、空が白み始めた頃だった)



傭兵「なるほどな」



魔族(傭兵は静かに頷く)




537 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:41:20.70egRl8SK90 (23/34)


魔族「これで全てだ。満足したか?」

魔族(寝ずにずっと話していたのだ、流石に疲労感が漂う)

魔族(しかし、私の内にはそれ以上に充足感であった)



魔族(満足したというのか……どうして?)

魔族(ずっとずっと一人で戦ってきた。それが当然だった)

魔族(別に苦に思うことも無かった)

魔族(だが、それは錯覚で……本当はこの思いを誰かと分かち合いたかったのだろうか?)



魔族「………………」

魔族(駄目だ、調子が狂う)

魔族(何が悪いのか、目の前の男だ)



傭兵「ふむ……」

魔族(今を持って何を考えているのかよく分からない、この男のせいだ)




538 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:41:47.80egRl8SK90 (24/34)


魔族「本当にここまで長話をさせおって……まあいい」

魔族「約束は果たした。これで命は保証されるんだろうな?」



魔族(やれやれと呆れた雰囲気を出しながら、実のところ傭兵の動きに意識を集中させていた)

魔族(話している間に魔力もある程度回復した)

魔族(万全には程遠い状態だが、どうせ万全でもこの男には敵わない以上関係ない)

魔族(約束を反故にしてこちらを襲う動きを見せたなら徹底的に抗うつもりだった)

魔族(逃げの一手に全力を注げばどうにか……)



傭兵「……ああ、そういえばそんな約束だったな」

傭兵「魔力も戻っただろうし、付近の魔物も一人で十分対処できるだろう」

傭兵「どこへでも行け」



魔族(だが、傭兵の反応は予測に無いもの)

魔族(上の空のまましっしっと追い払うように手を振ったのだ)




539 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:42:22.94egRl8SK90 (25/34)


魔族「………………」

魔族(こちらの魔力の回復に気付いているほどだ。抜けているわけではない)

魔族(だったら何を考えて上の空なのか)

魔族(分からないが絶好のチャンスだ。この隙におさらばして――)



魔族「本当にいいのか?」

魔族(気付けば口が開いていた)



傭兵「……何が?」

魔族「私は使命を語った。世界を滅亡させると言ったのだぞ」

傭兵「…………」

魔族「ならばそれを防ぐことが普通だ。そのための力もおまえなら持っている。なのにどうして見逃す?」



魔族(余計なことを言った。なのに口は止まらない)

魔族(思い直してしまったら私は終わる。なのにどうして)




540 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:43:16.69egRl8SK90 (26/34)


傭兵「そうだな……それが普通の反応なのだろう」

魔族「…………」



傭兵「だが生憎私は世界の行く末に興味など無い」

傭兵「……いや、それどころかこんな世界など滅んだ方がいいとも思っている」

傭兵「だから君のすることに口を出すつもりはない」

魔族「そうか」





傭兵「もっとも私一人程度に敵わないような者に世界を滅ぼせるのかは疑問だがな」

魔族「……はあ?」

魔族(奇特な人間だと思いながらも頷いていたら、付け足すように心外な発言が飛び出した)




541 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:49:15.03egRl8SK90 (27/34)


傭兵「悪いことは言わない、使命など忘れて静かに生きた方がいいぞ」



魔族「馬鹿にするな! 世界滅亡は魔族の悲願だ!」

魔族「私はそのために今まで生きてきたんだ!! それを捨てろだと!?」



傭兵「ふむ。だが……いや、これも絶好の……そうか」

魔族(こちらを慈しむように、圧倒的上から目線のまま傭兵は)



傭兵「ならばその使命、私も手伝おう」

魔族「貴様、それは本気で言っているのか?」

傭兵「本気だとも」

魔族「今さっき使命を忘れろと言ったばかりだろうが」

傭兵「だが忘れるつもりはないのだろ? このまま死なれては寝覚めが悪い、それくらいなら私が側にいた方がいいという判断だ」

魔族「………………」

傭兵「安心しろ。協力する振りして邪魔をすることなどはしない。先ほど述べた世界など滅亡するべきだという言葉は本心だしな」



魔族「………………」

傭兵「………………」



魔族「嘘は吐いていないんだろう。……だが気に食わん、拒否する」

傭兵「残念だが私より弱い君に拒否権はない」

魔族「ちっ……」

傭兵「分かったな?」

魔族「……仕方がない。いいだろう、だが邪魔をしたら承知しないぞ」






542 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:49:44.88egRl8SK90 (28/34)


魔族(それから私は傭兵と行動を共にした)

魔族(最初こそどういう意図か分からず警戒したが、傭兵に妨害の意志はなく、それどころか私の命令全てに従った)



傭兵『傭兵として主の命令に答えるのは当然だ』

魔族(とは傭兵の意見だが、いつの間に私が主になったというのか)

魔族(しかしながらやつがこちらを主として行動を続けた結果、こっちも主として振る舞うようになってしまった)



魔族(宝玉集めは順調だった)

魔族(最強の武力による力押しと『変身』による搦め手)

魔族(女神教の教えも絶えて邪魔をする者も……いなかったのは最初だけで、途中から女神の遣いを称する召喚者に邪魔されることとなったが……)



魔族(それでも使命達成のための第一段階には到達した)




543 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:50:12.39egRl8SK90 (29/34)


<現在>

魔族(帰還派の一人、あの忌々しい女神の力『魅了』を継いだ少年による王国の乗っ取り)

魔族(それによって大陸全土が混乱する最中を狙い手に入れたもの)



魔族「これで宝玉も八個目だ」

魔族(人里から離れた場所にある洞窟。今回の行動の拠点としていたその場所まで戻り戦果を確認していた)



傭兵「今回は拍子抜けするほど楽だったな、魔族」

魔族「ああ。これもあの少年が起こした騒ぎのおかげだ。敵である私たちに利してしまったとは思ってもいまい」

傭兵「…………」

魔族「どうした、傭兵」



傭兵「いや、どうして少年が今回のような行動を取ったのか気になってだな」

魔族「そういえば学術都市では接触して直接やりとりしたと言っていたな」

傭兵「こんな大それたことをするとも出来るとも思え…………いや、力だけならば可能か」

魔族「そうだな。話によると王国を陥落させたのもあの『魅了』の力を駆使してとのことだ」

傭兵「ならばその精神に何らかの…………」

魔族「気にしても仕方あるまい。それよりも今回の収穫の方が大事だ」




544 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:50:43.93egRl8SK90 (30/34)


魔族(改めて宝玉を眺める)

魔族(魔神様を復活させるためには12個必要)

魔族(そのため他の勢力は私たちが12個集めようとしているという勘違いの隙を狙っていた)

魔族(八個。これだけあればかなりの規模のゲートを開くことが出来る)

魔族(姉様たち全員を呼び戻すことも可能なはずだ)



傭兵「早速呼び出すのか?」

魔族(傭兵が問う)

魔族(当然ながら傭兵も姉様たちを呼び出す計画のことは知っている)



魔族「『災い』の起きた太古の昔より幾久しい時が経った。これ以上待たせるのも忍びないだろう」

傭兵「そうか……予定外だったが事が楽に運んだおかげで力も存分に残している。いいだろう」

魔族「……?」



魔族(力を残す……? 傭兵が何を懸念しているのかは分からないが……まあいい)

魔族(この男は時折私にも分からない振る舞いを見せる)

魔族(そのときに限ってはいくら命令をしてもその意図を明かしたりしない)

魔族(つまり気にしてもキリがないだけだ)




545 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:51:13.13egRl8SK90 (31/34)


魔族(洞窟の奥、だだ広い空間に場所を移す)

魔族(これから姉様たちが出てきても大丈夫なスペースを確保してから作業に取りかかる)

魔族(宝玉八個を一カ所にまとめると中の魔法陣の輝きを増し始める)

魔族(それに手を置いてイメージする)

魔族(繋ぐべき世界、呼び出す者)

魔族(そして――)



魔族「ゲート開放!!」



魔族(その宣言した瞬間、薄暗かった洞窟内が目映い光で溢れた)

魔族(目を閉じるだけでは足りずに顔を伏せて光をやり過ごす)

魔族(凄まじい魔力の奔流が収まると共に、明るさも落ち着き始める)




546 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:53:24.40egRl8SK90 (32/34)


魔族(目を開けて最初に目に入ったのは力を失った宝玉だった)

魔族(中の魔法陣が消えて、ただの青い宝石のような見た目になっている)

魔族(徐々に目線を上げて、そこにいたのは)



魔族「姉様……」



魔族(太古の昔に離ればなれとなったとき以来だが、そのときと姿は全く変わらなかった)

魔族(魔族の証としての巻き角、褐色の肌。私よりずっと自身に満ちあふれている顔つきの姉様)

魔族(他にも男性と女性が半々の魔族十数人、あの日ゲートの向こう側へと消えていったその全員を呼び戻すことに成功した)

魔族(その一人一人が最強級の使い手である。これだけの戦力があれば人間たち相手に力押しする選択肢を取ることも可能だろう)





姉魔族「これは……ん?」

魔族(突然召喚されたことに状況がつかめない様子だった姉様がようやくこちらに気付いた)





魔族「………………」

魔族(何と言われるだろうか?)

魔族(姉様に教えてもらった使命を果たすためこれまで頑張ってきたことを賞賛されるか)

魔族(それとも呼び戻すのに時間がかかったことを叱責されるだろうか)

魔族(気にすることなく、魔神を呼び戻すための行動に移るように言われるか)



魔族(何が来てもいいように私は心を構えて――)




547 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:53:50.83egRl8SK90 (33/34)






姉魔族「は? おまえまだ生きていたの?」



魔族「………………え?」








548 ◆YySYGxxFkU2019/12/18(水) 00:54:56.60egRl8SK90 (34/34)

続く。

次こそ早めに投下したいです。


549以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/18(水) 02:15:47.21wOGPQtl6o (1/1)

乙ー


550以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/12/19(木) 05:25:11.54OOTYtOfDO (1/1)

乙!


551 ◆YySYGxxFkU2020/01/17(金) 23:55:21.35mBrjcu1l0 (1/9)

お久しぶりです。
本当に遅くなって申し訳ありません。

投下します。


552 ◆YySYGxxFkU2020/01/17(金) 23:55:49.99mBrjcu1l0 (2/9)




姉魔族『は? おまえまだ生きていたの?』



魔族(太古の昔より再会した姉様は心底から呆気に取られた表情でその言葉を放った)



魔族『………………え?』



魔族(予想もしていなかった言葉に私の思考もフリーズする)





チャラ魔族「ん、どしたん? って、そいつは……」

魔族(姉様と同じく召喚された、一人の魔族の男が姉様に声をかける)



姉魔族「ねえ、聞いて聞いて! あの子が生き残っていたみたいなのよ!」

チャラ魔族「え、マジ!? ていうか置き去りにしたのいつだって言うんだよ!」

姉魔族「私だって分かんないってば! いやもう本当生きて、しかも私たちを呼び戻すとかさ……」

チャラ魔族「じゃああのとき本気で言ってたってわけ!?」



魔族(ゲラゲラと笑いながら交わされる言葉)

魔族(意味が、全く、分からない)




553 ◆YySYGxxFkU2020/01/17(金) 23:56:17.95mBrjcu1l0 (3/9)


魔族「ね、姉様……」



魔族(声が震える)

魔族(どうして笑われているのか?)

魔族(思考の焦点が定まらない)

魔族(それでもどうにか振り絞って言葉を紡ぐ)



魔族「わ、私はやり遂げました。ね、姉様たちを呼び戻しました」

魔族「こ、これから使命を果たすためにどう動いていくか、き、教示してください」



魔族(膝を付き、首を垂れて姉様の指示を待つ)

魔族(姉様はいきなりの出来事に混乱しているだけ。すぐに状況を理解してくれるはず)

魔族(そして使命を果たすために必要なことを、あの頃のように私に教えて――)




554 ◆YySYGxxFkU2020/01/17(金) 23:56:48.34mBrjcu1l0 (4/9)




姉魔族「……? えっと使命ってなんだっけ?」

魔族「冗談はよしてください! 使命『世界滅亡』は姉様が私に言ったことです!!」

姉魔族「あー……そういえばそんなことも吹き込んだんだっけ? うわあ、懐かしー」

魔族「……っ!?」



魔族(あっけらかんと放たれた姉様の言葉に私の思考はフリーズする)





チャラ魔族「世界滅亡? 何言ってんの?」

姉魔族「いやね、こいつがさ、前の召喚の時右も左も分からない年頃だったのよ」

姉魔族「それで私がリーダーとして面倒見てたんだけど、ただお守りするのもつまんなかったからさ」

姉魔族「魔族の使命は『世界滅亡』だって吹き込んだらまるっと信じちゃったのよ」

チャラ魔族「何だよ、それ。めっちゃ面白いじゃん」

姉魔族「本当にね。ずっとそんなこと信じてたなんて……ぷっ!」




555 ◆YySYGxxFkU2020/01/17(金) 23:57:19.59mBrjcu1l0 (5/9)




魔族「姉様……」

魔族(私はその場にへたり込む)



魔族(ガラガラと何かが崩れ落ちる音がする)

魔族(崩れ落ちるのは私という存在の根底)

魔族(太古の昔からずっとずっと使命を果たすために生きてきた)

魔族(その使命が空虚であったと知って……私はどうすればいいというのか)




556 ◆YySYGxxFkU2020/01/17(金) 23:57:55.42mBrjcu1l0 (6/9)




姉魔族「ところで気になってたけど、その隣のイケメンは誰なん? めっちゃタイプなんだけど」

チャラ魔族「でもそいつと行動一緒にしてたって事は、それなりの仲なんじゃねえの?」



姉魔族「……ねえ、そんなやつ捨てて私の物にならない? こう見えて私結構尽くすほうよ?」

チャラ魔族「いや、一目惚れすぎない? 俺は、俺はどうなの?」

姉魔族「鏡を見て出直してきな」

チャラ魔族「酷くね?」



魔族(二人の会話にハッとなる)

魔族(傭兵は今どのような表情をして、どのような胸中なのだろうか)

魔族(隣にいるのだ。ならばそちらの方を向けばいい。なのに怖くて見れない)



魔族(……いや、そんなこと気にしてどうする)

魔族(出会ったときから得体の知れないやつだった)

魔族(『世界滅亡』を聞いても有無を言わさず勝手に付いてきた男)

魔族(これで離れられるならせいせいして――)




557 ◆YySYGxxFkU2020/01/17(金) 23:58:23.02mBrjcu1l0 (7/9)


魔族「………………」



魔族(私が使命を唯一打ち明けた人)

魔族(使命のために。そう言って協力してくれるのが嬉しかった)

魔族(だが……その使命が空虚であると分かった今……彼が私と一緒にいる意味は失われて)



魔族「傭兵……」

魔族(焦がれるようにその名前を呼びながら、隣に立つその人を見上げる)



傭兵「はぁ……」



魔族(姉様たち、そして私。全員の注目を浴びる中、傭兵は一つため息を吐いてから)




558 ◆YySYGxxFkU2020/01/17(金) 23:59:04.66mBrjcu1l0 (8/9)




傭兵「言っておくが……私の使命は『世界滅亡』などではない」



魔族「……。……?」



魔族(私と手を切る前の最後の言葉……だと思ったが、よく考えてみるとそうではないようだ)

魔族(すぐにはその言葉の真意を測ることが出来ない)



傭兵「勘違いされてることは分かっていた。そちらの方が都合が良いから訂正してこなかったが……」

魔族「っ、だったら傭兵! おまえの使命とは一体……」



魔族(すがりつくように問いかける私に、傭兵はこの期に及んでマイペースで話し始める)




559 ◆YySYGxxFkU2020/01/17(金) 23:59:46.07mBrjcu1l0 (9/9)




傭兵「私たちが初めて出会った日のことを覚えているか?」

魔族「……は?」



傭兵「君は力のない村娘の姿で王国の兵士から逃げていたな」

傭兵「私には力がある、助けることは容易だ」

傭兵「だが王国に目を付けられることは避けたかった」

傭兵「それに王国ではあのような事は日常茶飯事だ」

傭兵「だからそれまでと同様にあの日も心を殺してスルーしようとして……君の助けを呼ぶ声が聞こえた」



魔族「…………」



傭兵「それがそっくりだった。私の妹に。気が付いたら体が動いていた」




560 ◆YySYGxxFkU2020/01/18(土) 00:00:19.44c04xaU6I0 (1/9)




魔族「あの村娘の姿が……? だがあれは私の『変身』の一つ……ただの偶然で……」



傭兵「ああ。その後話す内に君が姿を偽っていることを暴き素の君と相対して……」

傭兵「ますます妹にそっくりだと思った」

傭兵「妙に勝ち気な態度、一度言ったことは曲げない頑固さ……本当に生まれ変わりかと思った」



魔族「……そうか」



傭兵「あの日ケンカをしたまま王国に赴き、私があいつに謝る機会は永遠に失われた」

傭兵「ずっと、ずっとそう思っていた」

傭兵「だが、ここに妹そっくりの世界相手に一人で奮闘している者がいて」

傭兵「チャンスだと思った。罪滅ぼしをする」



魔族「…………」




561 ◆YySYGxxFkU2020/01/18(土) 00:01:13.77c04xaU6I0 (2/9)




傭兵「死者に生者を重ね合わせて……妹にも、君にも失礼なのかもしれない」

傭兵「だが不器用な私にはこんな方法しか思いつかなかった」





傭兵「私の使命は――魔族、君の望むことを何でも叶えることだ」





傭兵「教えられた使命が虚構だと分かった今、君はどうしたいんだ?」

傭兵「君自身が考えるんだ。何でもいい――」

傭兵「それこそ、酷い裏切りにあってもなお『世界滅亡』を成し遂げたいというなら私はお供しよう」



魔族「私は……」

傭兵「…………」

魔族「私は……私は……っ!!」

傭兵「何だ?」




562 ◆YySYGxxFkU2020/01/18(土) 00:01:42.31c04xaU6I0 (3/9)




魔族「……分からない。ずっとずっと信じていたことが崩れ去って……」

魔族「何をしていいのか、今すぐには分からない」

魔族「だから…………一人でゆっくり考えさせてほしい」





傭兵「『一人でゆっくり考えさせてほしい』……か。承った、我が主よ」





魔族(へたり込む私の頭の上にポンと手を載せて、傭兵は正面の姉様たちを見据える)






563 ◆YySYGxxFkU2020/01/18(土) 00:02:09.40c04xaU6I0 (4/9)




傭兵「ならば、こいつらは邪魔だな」



姉魔族「ちっ……何勝手に美談を繰り広げてやがるのよ」



傭兵「姉様……といったか。悪いがそういうことだから君の物になることは出来ない。断らせてもらおう」

姉魔族「律儀か。うっせえな」






564 ◆YySYGxxFkU2020/01/18(土) 00:03:00.04c04xaU6I0 (5/9)


チャラ魔族「あはははっ! すげえ、やっべえ! あれだけ上から言ってて、フられてやがんの!」

姉魔族「……はぁ? おまえ、今何て言った?」



魔族(姉様がギロリとそちらを睨む)



チャラ魔族「え、あ、いや、やばっ……」

姉魔族「私さ、人に笑われるのが一番嫌いって言ったよね?」

チャラ魔族「そ、それは……」



姉魔族「『規律(ルール)』発動。自殺しろ」

チャラ魔族「ちょ、ちょっとマジでそれは――――」





魔族(『規律(ルール)』)

魔族(姉様が持つ固有スキル)

魔族(チャラ魔族は顔面蒼白になりながら手のひらを自分の顔に押し当てて魔法を発動)



魔族(ボシュ! と顔から上が消し飛んだ)




565 ◆YySYGxxFkU2020/01/18(土) 00:03:37.24c04xaU6I0 (6/9)


魔族「ひっ……」

魔族(魔族の世界は荒廃している。そのため弱肉強食で資源を、食べ物を、命を奪い合う)

魔族(戯れで命が奪われる……よくあることだったのに……人間の世界に慣れきった私は情けない声を上げてしまった)



姉魔族「あーもうムカつく、ムカつく、ムカつく……」



魔族(姉様は一つの命を、それも味方の命を奪ったことから既に関心が失われている)

魔族(その頭の内を占めるのは自身の不快感だけのようだ)





姉魔族「私の物を奪うやつはいらない。私の物にならないやつもいらない」

姉魔族「『規律(ルール)』発動。おまえら、あの二人を襲え!」





魔族(その感情の矛先が私と傭兵に向く)

魔族(味方にするべく召喚したその力が、そのまま反転して強大な敵へと変わる)




566 ◆YySYGxxFkU2020/01/18(土) 00:04:15.55c04xaU6I0 (7/9)




傭兵「ふっ、全く舐められたものだ」



魔族(だが本当に頼れる味方……傭兵は珍しく不敵に笑う)



姉魔族「何がおかしいのよ。それとも戦力差に笑うしかなくなったってわけ?」



傭兵「おまえらはこの世界に来たばかりだから知らないのか」

傭兵「自ら名乗るのも面映ゆいが言っておく」



傭兵「私は先の大戦を終わらせたこの世界の英雄、伝説の傭兵」

傭兵「おまえらのような力に酔ったゴロツキに負けたりはしない」



姉魔族「うっざ、ほざいとけ」






567 ◆YySYGxxFkU2020/01/18(土) 00:05:03.66c04xaU6I0 (8/9)






姉魔族「『規律(ルール)』更新。塵も残すな!」



傭兵「『竜の翼(ドラゴンウィング)』」





魔族「てっ、なっ、傭兵! 下ろせ! 私は自分の魔法で飛べる!」

魔族(私を抱えて飛んだ傭兵に抗議する)



傭兵「静かにしていろ。それよりも自分が何をしたいのか考えておけ」

魔族「……だが私を抱えたままで戦えるのか?」

傭兵「気にするな、私を誰だと思っている」

魔族「そうだな……余計な心配だった」



魔族(そして始まる激しい戦闘)

魔族(だが私は力強く支えるその腕に全てを委ね、安心感すら持ってこれからどうするべきかを考えるのだった)





568 ◆YySYGxxFkU2020/01/18(土) 00:05:41.09c04xaU6I0 (9/9)

続く。

明日も更新します。


569以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/18(土) 01:46:12.780IDLK7qF0 (1/1)




570以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/18(土) 02:56:51.29rZjzvSZ9o (1/1)

乙ー


571 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:17:23.61ysm559um0 (1/21)

乙、ありがとうございます。

投下します。


572 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:17:59.74ysm559um0 (2/21)


傭兵(戦況を分析する)

傭兵(種族としての魔族は生まれつき魔力が強く、戦闘力が高い)

傭兵(一人一人の力はあの少年や竜闘士の少女の傍らにいた『魔導士』の少女と同じ程度、最強級といったところか)

傭兵(伝説級と分類される竜闘士の相手ではない)



傭兵(だが、それはもちろん一対一に限った話)



姉魔族「行けっ!」

傭兵(号令に従い四方八方から襲いかかってくるのは十数を越える)

傭兵(これだけの数に囲まれてはひとたまりもない)



傭兵(ならばどうするべきか)

傭兵(既にここは戦場。その渡り歩き方において、私の右に出る者はいない)




573 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:18:27.71ysm559um0 (3/21)


傭兵「はっ……!」

傭兵(私はそれらに取り合わず引いた)

傭兵(この地で動くための拠点としていた洞窟。その中は戦場として狭すぎる)

傭兵(包囲されることを避けるために、広く使える場所に出ないといけない)



姉魔族「あれだけ威勢の良いことを言っておいて逃げるつもりなの!? まあ、逃がさないけどね!」



傭兵(当然敵も追ってくるが、こちらの方が洞窟の出口に近い)

傭兵(そのような配置になるように、召喚前から気を付けていた)




574 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:19:26.70ysm559um0 (4/21)


傭兵「………………」

傭兵(最初からこの結末は分かっていた)

傭兵(私は魔族がこの世に来てからの話を聞いている)

傭兵(その時点で偽物の使命に取り憑かれた洗脳状態であることに気付いた)



傭兵(なぜ使命を果たさないといけないのかと聞いても、使命だから果たさないといけないと答えるばかり)

傭兵(そんな使命止めた方がいいんじゃないかと聞いても、どうして使命を止めないといけないのかと答えるばかり)



傭兵(重度の洗脳に陥っている者に外から働きかけることは難しい)

傭兵(却ってその支配を強固にしてしまう可能性があった)



傭兵(必要なのは自分から気付くこと)

傭兵(故に私は決別することを分かっていながら、召喚することを見守った)

傭兵(その結果は半分の成功といったところだろう)



傭兵(魔族は自身の呪縛を解こうとしている。だが呪縛がまだ残っていることも事実だ)

傭兵(揺れる心を定めるその時間を確保するのが私の仕事)




575 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:20:48.96ysm559um0 (5/21)


モブ魔族「ちっ……出口か!」



傭兵(ようやく洞窟の出口が見えてきた。差し込む光めがけて私はスピードを落とさず進む)



モブ魔族「逃がすか!」

傭兵(どうやら洞窟内の方が地の利があると判断する程度の頭はあるようだ)

傭兵(決死で逃走を阻もうと一人が突出してきて)





傭兵「ああ、逃げないとも」

モブ魔族「っ……!?」

傭兵「『竜の拳(ドラゴンナックル)』」

モブ魔族「ぐはっ……!!」



傭兵(私は突如反転。近づいてくる魔族相手にカウンターの要領で拳を放った)

傭兵(冗談のような勢いで吹き飛んでいく姿に、他の敵も思わずその場に制止する)




576 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:21:27.71ysm559um0 (6/21)




傭兵「この場所が一番いいからな」



傭兵(洞窟の出口近くは狭く、人一人がようやく通れるような場所だ)

傭兵(ここに陣取れば敵は一人ずつしか私を襲うことは出来ない)

傭兵(一対複数ではなく、一対一が複数回になる)

傭兵(そして一対一ならば、何回連続しようとも私は負けるつもりはない)



姉魔族「へえ……中々考えてんじゃないの」



傭兵(先行していた味方に追いついた姉様とやら魔族が、状況を見て一言呟く)

傭兵(彼女が『規律(ルール)』とやら固有スキルで全体を指揮する将だろう。どのような指揮を執るというのか)




577 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:22:27.19ysm559um0 (7/21)




姉魔族「言っとくけど、もう対処はしてるわよ。やりなさい……!」



傭兵(彼女の命令と共に――背後から襲われる)



傭兵「なっ……!」

傭兵(驚きながらも戦場に絶対が無いことを知っている体が反応した。間一髪で避けるが……これは)



姉魔族「固有スキル『跳躍(テレポート)』よ」

姉魔族「忘れたの? 私たちは魔族。一人一人がそれぞれ違う固有スキルの使い手よ」



傭兵「……なるほど、それで洞窟の外に出て。……ならばこの位置に陣取る意味もないな」



傭兵(背後を取られるならばこの作戦は無効。すぐに破棄を選択する)

傭兵(刻一刻と状況の変わる戦場において、一つの戦法に固執することは死を招く)




578 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:22:55.22ysm559um0 (8/21)


傭兵(洞窟の出口から外に、そして振り返り)



傭兵「『竜の震脚(ドラゴンスタンプ)』」



傭兵(今し方出てきた場所に向かって衝撃波を放った)

傭兵(未だ洞窟内に敵はいる。洞窟を崩壊させて生き埋めにすれば少しは時間を稼げるはず)

傭兵(出口の破壊が洞窟中に連鎖して行って――)





姉魔族「『規律(ルール)』更新。『防護(プロテクト)』で洞窟の崩壊を守りなさい」





傭兵(新たな指示、新たな固有スキル)

傭兵(洞窟の崩落が止まったのを見た瞬間、私は森の中へと飛び込む)

傭兵(姿を隠しヒットアンドアウェイ、あるいは隙を見て逃走することを狙って――)





姉魔族「『規律(ルール)』更新。『印(マーク)』で敵の位置を示して」





傭兵(光の糸が私の腕に絡みつく。それ自体に攻撃力は無いようだが、辿ればこちらの位置がはっきりと分かる)

傭兵(隠れても無駄だと悟り高く飛び上がって)





姉魔族「『予測(フューチャー)』の読み通りね。『規律(ルール)』更新。取り囲みなさい」

傭兵(行動が読まれていたようだ)

傭兵(飛び上がったところで四方八方を取り囲まれる)




579 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:23:21.70ysm559um0 (9/21)




傭兵「固有スキル……本当にでたらめな力だな」

傭兵「……だが、それを最大限に発揮出来るのも束ねる者がいてこそか」



姉魔族「あら、お褒めに与り光栄だわ。もっとも手を緩めるつもりはないけれど」



傭兵(それぞれの固有スキルも強力だが、そのタイミングを『規律(ルール)』で管理する姉様……敵軍の将が優秀だ)

傭兵(思えば太古の昔この世界は滅びかけた)

傭兵(しかし使命『世界滅亡』は虚構の物)

傭兵(故にこいつらが好き勝手したその余波で滅びかけたということが真相なのだろう)



傭兵(だが本当に好き勝手するだけの集団ならば、団結した人間の敵ではないはず)

傭兵(おそらくこいつが、太古の昔も『規律(ルール)』でまとめ上げて、対抗するべき時は対抗したという事だろう)




580 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:23:48.24ysm559um0 (10/21)




姉魔族「さて最後の通告よ。魔族、今なら許して上げる」

姉魔族「私たちの仲間に戻るって言うなら、その命を保証して上げてもいいのよ」



傭兵(完全に優位に立ったと確信した姉様が私の腕の中の魔族に呼びかける)



魔族「傭兵」

傭兵「そうか」



傭兵(その声で全て察した私は魔族を下ろす)

傭兵(魔族は魔法を発動して、中空に自らの足で立った)




581 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:24:15.66ysm559um0 (11/21)


魔族「姉様。私、考えてみたんです。その結果、姉様には感謝しかないことを理解しました」

姉魔族「へえ、分かってるじゃない」



魔族「この世界に呼び出されて右も左も分からない私に色々と教えてくださりありがとうございました」

魔族「『世界滅亡』という偽物の使命についても、振り返ってみればそれがあったこそここまで長い間頑張る原動力になったと思います」

姉魔族「最初からそのつもりだったのよ。よく分かったわね」



魔族「今までありがとうございました。……でもここからは私一人で歩いていけます」

姉魔族「……は?」



魔族「未だに今後どうするかは思いつきませんが、少なくとも姉様の言葉に縛られて生きるのは止めようと思います」



傭兵(魔族は軽く頭を下げた。決別の意味を込めて)




582 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:24:41.11ysm559um0 (12/21)


傭兵「………………」

傭兵(仲間になる。そう言えばこの場は見逃す)

傭兵(これが姉様とやらの罠だったのだろう)



傭兵(固有スキル『規律(ルール)』)

傭兵(最初見せたように、自殺すら強制させるその力)

傭兵(ならば浮かび上がる当然の疑問)

傭兵(どうして私たちに直接命令しないのか?)



傭兵(おそらくしないのではなく、出来ないのだろう)

傭兵(ルールとは同じ共同体を縛るためのもの)

傭兵(やつの強制力は味方にしか発揮することが出来ない)

傭兵(だからもし味方になると宣言した瞬間『規律(ルール)』により魔族は操られただろう)



傭兵(だが魔族はその手を拒んだ)

傭兵(呪縛を完全にはねのけた)

傭兵(魔族はもう一人でも生きていける)




583 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:25:08.65ysm559um0 (13/21)




傭兵「そうか……」



傭兵(感慨深くなるが……ここは戦場。浸っている暇はない)

傭兵(さて、最期の仕事だ)



傭兵(敵に完全に囲まれたこの状況)

傭兵(正直に言って部が悪い)

傭兵(今まで見た固有スキルも五個ほど。敵の数は十数いて、その数だけ固有スキルが存在する)

傭兵(まだ見ぬ力に対処しながら、戦えると奢るつもりはない)



傭兵(だからせめて)

傭兵(魔族だけでもこの戦場から逃がす)



傭兵(誰がどの固有スキルを使用したのかは把握している)

傭兵(狙うは『印(マーク)』の使い手だ)

傭兵(あれに残られてはどこまで逃げても尾けられる可能性が残る)

傭兵(戦闘用の固有スキルでも無いことも鑑みて、この選択がベストで……)




584 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:25:34.22ysm559um0 (14/21)




魔族「傭兵、私一人だけでも逃がそう……などと考えてはいないよな?」

傭兵「……いえ、そのようなことは」



魔族「おまえほどのやつでも、図星を突かれると言葉に詰まるんだな」

傭兵「どうして分かった?」

魔族「何となくだ。捉えどころがないと言っても、流石にこれだけ一緒にいればな」

傭兵「………………」



魔族「私がいつそのような命令をした?」

傭兵「……自分の判断だ」

魔族「なるほどな。私が一人で歩いていけると言ったからか」

傭兵「………………」




585 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:26:01.17ysm559um0 (15/21)




魔族「語弊があったな。私は一人では生きていけない」

魔族「姉様の言葉に、掲げた使命に依存してきて生きてきたように……何かに支えられないと生きていけないんだ」

魔族「姉様にはもう付いていきたくない。傭兵、おまえと共に歩いていきたい」

魔族「別に利用してくれても良い。私が勝手に断言する、おまえが私に尽くせば、妹に対しての罪滅ぼしになると」



傭兵「魔族……」



魔族「分かったら命令だ。この場を二人揃って切り抜けろ。私の傭兵ならば叶えて見せろ」

傭兵「……承知した、我が主よ」



傭兵(臨戦態勢に入る私の背中にこつんと魔族の背中がぶつかる)

傭兵(背中合わせで360度対応出来る)



傭兵(数多の戦場を渡り歩いてきた私は判断する)

傭兵(これは完璧な布陣だと)




586 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:26:37.18ysm559um0 (16/21)




姉魔族「……はぁ、残念ね。最後のチャンスだったのに。仲間になるって言ってくれたら……楽に殺して上げるつもりだったのに」



傭兵(姉様とやらはため息を吐いて呆れている)



姉魔族「私、壊れたおもちゃには興味ないのよね」

姉魔族「ていうか何、背中合わせになって? 二人で本当にこの状況をどうにか出来ると思っているわけ?」

姉魔族「ここまで対峙してそっちの男が凄まじい力を持っているのは分かったけど、魔族の方が完全に穴じゃない」



傭兵「おまえの目は節穴だな」



姉魔族「……それが最期の言葉? いいわよ、だったらお望み通り殺して上げる」






587 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:27:03.82ysm559um0 (17/21)


傭兵(そして姉様は上げた手を振り下ろしながら)



姉魔族「『規律(ルール)』更新!! 全員突撃!! 固有スキルもフル解放してこいつらを殺しなさい!!」



傭兵(包囲していた敵たちが突っ込んでくる)

傭兵(戦闘に有用な固有スキル持ちはそれを発動しながら、そうでないなら魔法を発動しながら)

傭兵(迫り来る猛威。対峙出来るのは背中にいる存在のおかげだ)



傭兵「魔族」

魔族「傭兵」



傭兵(そして始まろうとした絶望の戦場を――――)






588 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:27:30.28ysm559um0 (18/21)










傭兵(ピンク色の光が全てを包み込んだ)












589 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:28:14.89ysm559um0 (19/21)


傭兵「なっ」

魔族「これは……!」



傭兵(見覚えのある色)

傭兵(そのスキルの特性は知っている)

傭兵(上か、下か)

傭兵(素早く確認して……上から降りて来る乱入者を発見した)





姉魔族「っ、何が……!」





傭兵(想定外の出来事に敵の将、姉様は付いていけないようだ)

傭兵(包囲する魔族たちの行動も停止する中、乱入者は一言)




590 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:28:42.06ysm559um0 (20/21)






男「男性が半分……か。全てを戦力としていただけるなんて、ムシの良い話はないか」





傭兵(王国を転覆させ、支配した魔王)

傭兵(少年がそこにはいた)




591 ◆YySYGxxFkU2020/01/19(日) 12:29:23.79ysm559um0 (21/21)

続く。

次で復活派パート終わります。


592以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/19(日) 21:30:07.31mu+4egFWO (1/1)

乙ー


593以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/20(月) 01:45:05.23a8n6HKkT0 (1/1)

乙!


594 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:42:13.18T/LbBzH20 (1/18)

乙、ありがとうございます。

投下します。


595 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:44:04.62T/LbBzH20 (2/18)


傭兵(現れた第三勢力)

傭兵(数人の護衛を付けた少年、男は上空から降りてきた)

傭兵(少年に魔法の心得は初歩的な物しかなかったはずだが……どうやら護衛の一人の魔法によって浮いているのだろう)



傭兵(この場所にいるのはおそらく宝玉が盗まれた報告からだろう)

傭兵(王国を支配したなら、各地に監視の目を敷くのも容易だ)

傭兵(私たちが宝玉を使い召喚することはバレていて対応するために現れた、と)



傭兵(そしてピンクの光、魅了スキルを私たちを囲んでいた魔族相手に発動した)

傭兵(ならばこれから起きるのは――)





姉魔族「何よいきなり現れて上から目線で……誰だか知らないけど、そういうのムカつくのよね」





傭兵(この世界に召喚されたばかりの姉様は情勢など知る由もない)

傭兵(目の前にいる少年が大陸最大勢力の王国を転覆させ、魔王と呼ばれ民から恐怖されている存在であるという事も)

傭兵(その身に宿る力の事も)




596 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:44:50.43T/LbBzH20 (3/18)






姉魔族「『規律(ルール)』更新。そこの乱入者もまとめて殺し尽くせ!!」

男「命令だ。招かれざる者ども、味方同士殺し合え」





傭兵(姉様と少年、異なる力を源泉とする二人の命令が同時に為される)

傭兵(結果起きた光景は……)





姉魔族「なっ、おまえたちどうした!? 何をやっている!!」

姉魔族「『規律(ルール)』更新、同士討ちを止めろ! ……どうして聞かない!!」



傭兵(虜となった魔族の女性たちが、男性の魔族を攻撃する)

傭兵(どうやら『規律(ルール)』でもその行動を止めることは出来ないようだ)

傭兵(予期せぬ出来事に姉様は混乱している)




597 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:45:16.43T/LbBzH20 (4/18)




男「支配型の固有スキル『規律(ルール)』か……」

男「馬鹿だな。当然のことだ、ルールで愛が縛られてたまるか」



姉魔族「私の『規律(ルール)』を上書きしただと……っ!?」

姉魔族「そんなのが、そんなのがあってたまるか!!」





傭兵「優秀ではあるが……二流止まりの将か」

傭兵(一流ならばどのような出来事が起きても対応できる)

傭兵(今だって『規律(ルール)』が男性には効くことに気付いて、まとめ上げれば対抗できただろう)

傭兵(だがやつは自分の『規律(ルール)』が絶対だと思っていた。それが崩れて取り乱すことしかできない)




598 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:46:58.68T/LbBzH20 (5/18)




姉魔族「あり得ない、あり得るはずがない!」

男「まだうるさく喚くのか」



傭兵(少年はそんな姉様の前まで赴く)



姉魔族「おまえたち、一体何なんだ!!」

男「一人だけ魅了スキルの範囲外にいたみたいだな」



姉魔族「く、来るな!!」

男「あっちの同士討ちの戦況も拮抗している」



姉魔族「折角召喚されたんだ! 今度こそ私はこの世界で思うがままに生きる!」

男「この場で召喚された者たちを全滅させる、そのためにもおまえは――」



姉魔族「欲しい物全てを手に入れて、逆らう者を全て殺して……この世界を支配して……!!」






599 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:47:26.60T/LbBzH20 (6/18)




男「魅了、発動」

姉魔族「…………あっ」



傭兵(姉様は虜となる。こうなってはおしまいだろう)





男「命令だ、一人で死んでおけ」

姉魔族「はい!」





傭兵(虜となった者への命令は絶対)

傭兵(姉様は宙に浮かぶための魔法を切って……地上へと真っ逆様に落下していった)






600 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:48:28.52T/LbBzH20 (7/18)


傭兵(そうして私たちと少年は空中にて対峙する)



男「お久しぶりです、傭兵さん。あと魔族さんも」

傭兵(少年は以前に会ったときと同じような態度で、軽く私たちに挨拶した)



傭兵「変わったな」

男「……よく言われます」



傭兵(少しバツが悪そうにする少年)

傭兵(その態度にはやはり変わりがない)



傭兵(直前に召喚された者同士を殺し合わせて、姉様に自殺を強要したその姿を見ていなければ、異常だとは感じなかっただろう)




601 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:49:17.23T/LbBzH20 (8/18)




近衛兵長「ところであいつらはおまえら味方じゃなかったのか?」



傭兵(少年の傍らに控える女騎士――魔族の情報にあったな、元王国のスパイである近衛兵長か――が問いかける)



傭兵「やつらとは袂を分かれた。正直危ないところだった、救援感謝する」

近衛兵長「別にそのつもりはない。王国としてもあいつらに好き勝手されると面倒だったからな」



傭兵(近衛兵長が述べる言葉には本当に邪魔だったから排除したという以上の意味は無さそうだ)

傭兵(だとしたら次に排除されるのは)




602 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:49:58.10T/LbBzH20 (9/18)




男「近衛兵長、止まれ」



傭兵(剣に手を伸ばそうとした近衛兵長を、少年は制止する)



近衛兵長「どうしてだ、我が主よ? 竜闘士と『変身』の魔族。ここで排除するつもりで赴いたのだろう? それだけの戦力は準備して……」

男「勝手に俺のことを分かったつもりか? 命令しないと分からないのか?」

近衛兵長「……失礼した、出過ぎた真似お詫びする」



傭兵(近衛兵長は手を戻して引っ込む)




603 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:51:03.05T/LbBzH20 (10/18)


傭兵「どういうつもりだ、少年?」



傭兵(少年は権力などを求める性格ではなかったはずだ)

傭兵(だとすると王国を支配した少年の目的は正直なところ想像も付かない)



傭兵(だが現在の状況は分かる。少年の護衛として背後に控えるのはそれぞれがかなりの使い手のようだ)

傭兵(近衛兵長の言っていたように竜闘士と戦うことを前提にした備え)

傭兵(だというのにどうしてこの土壇場で翻すのか)





男「この前、学術都市で相談に乗ってくれたお礼です。この場は見逃してあげます」





傭兵(顔を背けながら告げられた言葉。嘘だとすぐに分かる言葉)

傭兵(いや、相談自体はあったことだ)

傭兵(竜闘士の少女との関係に悩む少年にアドバイスをして…………)

傭兵(そういえば、ふむ、報告には無かったから勝手に思いこんでいたが……)




604 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:51:52.18T/LbBzH20 (11/18)




魔族「竜闘士の少女はどうしたんだ?」



傭兵(同じ事を疑問に思ったのか、ずっと黙っていた魔族が口を開く)



男「女とは袂を分かった」

男「……おまえたちには関係ないことだろう。それ以上ゴタゴタ抜かすなら、先ほどの言葉は撤回するぞ」



傭兵(急に早口になり魔族の言葉を否定する少年)

傭兵(……そのときだけ、真に依然通りの少年の姿が垣間見えた気がした)



魔族「おお、怖い怖い。ならば傭兵、行くぞ」

傭兵「……そうだな。気が変わらない内に」



傭兵(見逃してくれるというならばその言葉に甘えておこう)

傭兵(そうして別れる直前)



魔族「変身、発動」



傭兵(魔族がその身に宿る、固有スキルを発動した)

傭兵(何をするつもりかと訝しむ間も無く――――竜闘士の少女の姿に変身した魔族は)




605 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:52:39.91T/LbBzH20 (12/18)




魔族(女の姿)「ありがとね、男君!」

男「……っ!!」



傭兵(少年にそんな言葉を投げかけた)



魔族(女の姿)「あははっ、やっぱり。ねえ私分かっちゃった」

男「おまえ……っ!!」



傭兵(目に見えて動揺している少年)



魔族(女の姿)「男君が王国を支配したのって……私が理由なんでしょ?」

男「その顔で、その声で……!! これ以上、話すな!!」





傭兵「魔族、挑発するな! ……くっ」

傭兵(一触即発の気配を感じて、私は慌てて魔族の手を引きその空域を離脱する)

傭兵(猛スピードで進んでからおそるおそる振り返るが……こちらへのプレッシャーは感じるが追いかけてくる様子はないようだ)




606 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:53:18.01T/LbBzH20 (13/18)


魔族「どうして逃げた、傭兵」

傭兵「それはこっちのセリフだ。全くどういうつもりだ、魔族」

魔族「これからは使命に囚われずやりたいことをする……それに従っただけだ」



傭兵(変身を解除していつもの姿に戻った魔族はそう調子の良いことを言う)



傭兵「だとしても時と場合を選んでだな……」

魔族「少年のことだ、自分から言い出したことを反故にすることは無いと判断した」

魔族「それに……何かあっても私の傭兵が守ってくれるという確信もだな」

傭兵「……その結果がこの逃亡なんだがな」



傭兵(呆れながらも今し方の光景の意味を考える)

傭兵(危険を冒した価値はあったとも言えるだろう。派手に動く少年のその目的は……)




607 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:54:01.39T/LbBzH20 (14/18)




傭兵「どうやら学術都市の時以上に拗れているようだな」

魔族「魅了スキルの少年と竜闘士の少女、二人が仲違いをして数日ほど口も聞かなかったという話か」



傭兵「後悔しないようにとはアドバイスしたが、その結果がこの事態だとしたら……」

傭兵「魔族、早急にすることがないなら、二人の行く末を見守るという方向で動きたいのだが」

魔族「いいだろう。私も気になるしな」



傭兵「感謝する。となると少年にはケンカを打ってきたばかりだし、そうでなくとも受け入れられないだろう」

傭兵「接触するなら少女の方だが……この前こちらから襲撃したことで心証が悪くなっているだろうな」

魔族「駄目で元々だ。第三者の立場で追う方法もある」



傭兵「それもそうだな。しかし……少女が現在どこにいるかだが」

魔族「確か王国の反抗戦力が独裁都市に集まっていると聞いたことがある」

魔族「少女がいるかは分からないが、人が集まっているなら情報収集にもうってつけだ」

傭兵「承知した、そちらの方に向かう」



傭兵(言葉を受けて進路を変える)




608 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:54:27.70T/LbBzH20 (15/18)






 復活派。『世界滅亡』を為すため、魔神復活を掲げていた傭兵と魔族。

 しかし今やその胸の内には何も使命はない。

 四つの勢力の内、こうして一つの勢力が脱落していった。








609 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:55:10.47T/LbBzH20 (16/18)







 魔族と傭兵が去って。





近衛兵長「追いかけなくていいのか?」

男「……見逃すと言っただろう、撤回するつもりはない」





近衛兵長「承知した……ではこの場所にももう用はないな。一応確認のために散開するがいいか?」

男「ああ、そうしてくれ」



近衛兵長「それと先ほどの……」

男「…………」

近衛兵長「……いやいい。作業を開始する」



 連れてきた戦力にも命令して、打ち漏らしがいないか確認する近衛兵長。




610 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:55:46.99T/LbBzH20 (17/18)




 一人その場に残った男はポツリと。



男「羨ましいな……」



 脳裏に浮かぶのは背中合わせに戦おうとする傭兵と魔族の姿。



男「俺にも力が、自信があれば……」



 自分の手を見つめながら握ったり開いたりを繰り返す。



 そしてふと中空に視線を移してつぶやいた。



男「ああ、すまん。ありがとな。……分かってる。もうすぐだ、もうすぐだから」






611 ◆YySYGxxFkU2020/01/21(火) 23:56:12.99T/LbBzH20 (18/18)

続く。

次回より新展開。


612以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/22(水) 00:03:01.49J8ly4jmZo (1/1)

乙ー


613以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/23(木) 02:26:38.76jvafXnT7O (1/1)

乙!


614 ◆YySYGxxFkU2020/01/28(火) 23:36:52.60jCB9TWls0 (1/11)

乙、ありがとうございます。

投下します。


615 ◆YySYGxxFkU2020/01/28(火) 23:38:02.00jCB9TWls0 (2/11)


 時を少し遡る。

 魔族と傭兵が宝玉を使用したその少し前の頃。

 独裁都市の神殿の一室にて。



女「はぁ……」

姉御「そんなことしていると幸せが逃げちまうよ」

女「あ、姉御」



女(私は訪れた姉御に声をかけられた)



姉御「それにしても何だい? 随分と腑抜けている様子だねえ」

女「そんなこと無いって。今すぐにでも魔王城に突撃して、男君のところに向かいたいくらいだから……でも準備が終わるまで駄目なんでしょ?」



姉御「会議でも言われただろ。竜闘士といえど一人で王国を相手出来るはずがないって」

姉御「準備も順調なんだから、少しくらい待っておけって」

女「分かってるからこそ、こうしてすること無いなーって暇してため息を吐いているんでしょ」



女(はぁ、ともう一回ため息を吐く)




616 ◆YySYGxxFkU2020/01/28(火) 23:38:32.05jCB9TWls0 (3/11)


女(魔王君臨対策会議から少し経って)

女(合流した古参会長は商会総出でバックアップをしてくれることを約束してくれた)



女(姫さんも周辺地域を回って協力を募っているため現在は不在)

女(各地に宝玉を寄越せと宣戦布告紛いの通達をしたことによる混乱や、単純に王国を転覆させたという力への恐怖ということから、王国をどうにかしたいという気運は高く、協力は順調に取り付けられそうだ)



女(とはいえ誰かと戦うような段階ではないため、竜闘士の力も役立つところがない)

女(一人の少女として大人しくしているしかないというわけだった)






617 ◆YySYGxxFkU2020/01/28(火) 23:39:02.09jCB9TWls0 (4/11)


女「あーでも、こういうとき女友だったら何か色々して準備を早めたりしたんだろうなー」

姉御「女友か。そうだねえ、交渉事とか得意そうだし」



女(姉御が同意する。姉御は元の世界にいたときから女友とも知り合いだ)



女「いや、こういうことはあろうかもって既に準備を完了させているまであるね」

姉御「分かる、分かる」

女「こっちの世界に来てからずっと頼りにしていたし……いや、それは元の世界でも同じだけど」



姉御「そういや女友と女はいつからの知り合いなんだい?」

女「高校になってからかな。妙に波長が合ってすぐ仲良くなって……考えてみれば一回もケンカとかしたことないかもなあ」

姉御「それは仲良いことで」



女「あ、でもこっちきてからはずっと恋愛相談に付き合ってもらって……煮え切らない私にもしかしたら不満が爆発する寸前だったかもしれないけど」

姉御「まあこの前みたいな沈み方に毎回付き合っていたとしたら、本当その苦労は相当なもんだろうよ」

女「その節はごめんって」




618 ◆YySYGxxFkU2020/01/28(火) 23:39:28.02jCB9TWls0 (5/11)




女「それにしても女友は今頃何してるんだろう……」



女(男君と決別したあの日、女友は男君に命令されて連れて行かれた)

女(それ以来、一度も会っていない)

女(魔導士で戦う力もあるわけだし、男君の命令で王国を転覆させる手伝いをさせられただろう)



女(それも完遂した今、男君だったら何をさせるか?)

女(女友だったら何が出来るか?)

女(その力と頭脳を見込まれて、おそらく何らかの重要な命令を任されているに違いないだろうけど…………)




619 ◆YySYGxxFkU2020/01/28(火) 23:39:57.63jCB9TWls0 (6/11)




 コン、コンと。

 そのとき部屋の扉がノックされた音が響いた。



女「鍵なら開いてます、どうぞ」

職員「失礼します!」



女(声をかけると同時に扉を開けて入ってきたのは神殿に勤める職員だ)

女(ここまで走ってきたのか少々の息切れを整えることもなく入ってきて……焦っている様子が見えるけど)



女「何かあったんですか?」

職員「独裁都市と王国の境界線上の詰め所から連絡です!!」



職員「重要警戒対象の『魔導士』が現れました!」



女「……っ!! 分かりました、すぐ向かいます!!」

姉御「アタイも行くよ!!」



女(端的な報告で全てを理解する)

女(部屋を飛び出し駆けながら、職員が見せてくれた地図でその場所を確認する)




620 ◆YySYGxxFkU2020/01/28(火) 23:40:53.42jCB9TWls0 (7/11)


女(そして神殿の外に出て)



女「私は現場に早速向かいます! 『竜の翼(ドラゴンウィング)』!! ほら、姉御も掴まって!」

姉御「『浮遊』!! あんがとね、頼むよ!!」



女(後の対応を職員さんに任せて、私と姉御は空を飛び現場に向かう)

女(姉御の職は『癒し手(ヒーラー)』だ)

女(回復魔法の使い手だが、初歩の浮遊魔法は使える。それで浮いたところを私が手を繋いで引っ張っているという形だ)



姉御「ほう、これは速いねえ!」

女「現場には十五分もあれば着くと思う」



姉御「そうかい……にしても本当に現れたねえ。『魔導士』……女友が」

女「…………」






621 ◆YySYGxxFkU2020/01/28(火) 23:41:27.48jCB9TWls0 (8/11)


女(男君、王国にとってこの独裁都市は反抗戦力を集めている目下の問題勢力として捉えられているだろう)

女(だからこの前は秘書さんを使って状況を探りに来て……今回は女友を差し向けた)

女(もちろん予想はしていた。だからこそ重要警戒対象と呼ばれたのである)



女(男君は私がこの地にいることを分かっている。それなのに女友を向かわせた理由は……)



姉御「分かっているだろうけど、一応言っておくよ」

女「……うん」

姉御「女友が魅了スキルにかかっているのははっきりと分かっている」

姉御「アタイたちと敵対する男の支配下にある以上、どんなことがあっても敵だよ」

女「大丈夫、油断はしないから」



女(魔導士と竜闘士)

女(力の差ははっきりとしている)

女(女友がもし私に付け込む余地があるとしたら、それは私の親友であるという事)

女(情に訴える騙し討ちに引っかからないように気をつけて……)




622 ◆YySYGxxFkU2020/01/28(火) 23:42:04.32jCB9TWls0 (9/11)


女「着いたみたい、降りるね」

姉御「ああ!」



女(目的のポイントであることに気付いた私は高度を下げてそのまま着地する)

女(そこで)





女友「あ、女! この人たちをどうにかしてください! さっきから話も聞いてくれなくて!」

兵士「動くな! 大人しくしろ!」





女(兵士に取り囲まれ、両手を上げて反抗の意志がないことを示す女友と久しぶりに出会ったのだった)






623 ◆YySYGxxFkU2020/01/28(火) 23:42:40.96jCB9TWls0 (10/11)





女「…………」

女(目の前の親友は魅了スキルによる虜である)

女(男君の命令に従うしか出来ないはずだ)



女友「女!」



女(王国と反目している私たちとは敵対している…………そのはずだ)




624 ◆YySYGxxFkU2020/01/28(火) 23:43:06.85jCB9TWls0 (11/11)

続く。


625以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/29(水) 08:03:00.78VxffPJ56o (1/1)

乙ー


626以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/01/30(木) 15:00:51.64dSKJFctG0 (1/1)

乙!


627 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:13:41.08YpY4jEFX0 (1/15)

乙、ありがとうございます。

投下します。


628 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:14:18.89YpY4jEFX0 (2/15)


女(独裁都市と王国の境界線上の詰め所にて)

女(親友、女友と久しぶりの邂逅を果たす)

女(その状況は兵士に囲まれていて、私に助けを呼ぶという中々難解な状況だ)



姉御「演技だね」

女(姉御は即刻その可能性を示す)



女「……うん、分かっている」



女(女友は魅了スキルによる虜状態だ)

女(男君の命令でこの地に赴いた)

女(ああやって私に助けを呼んでいるのは油断させるための演技に決まっている)



女(だとしても……)




629 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:14:59.66YpY4jEFX0 (3/15)


姉御「どうするかい?」

女「女友と話をするよ」

姉御「だからねえ、それは……」



女「大丈夫、油断はしない。近づいた瞬間に攻撃とかされても、元々竜闘士の私の方が強いんだし取り押さえることは出来る」

姉御「……分かっているならいいさね。まあ話でも聞かなければ状況も進まないことだし」



女(注意するべきことを確認してから近づく)

女(兵士たちは私たちのことを知っているため囲いを通してもらって、女友と距離を置いて対面するのだった)



女友「いやあ、良かったです。ようやく知り合い、それも女に出会えて。姉御も久しぶりですね」



女(警戒する私たちと打って変わって女友は呑気に再会を喜んでいる)




630 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:15:34.10YpY4jEFX0 (4/15)


女「女友」

女友「どうしたんですか、女、姉御。そんな怖い顔をして」

女「…………」



女友「……なんてね、分かっていますよ。状況からして私が警戒されることも」

女友「だって男さんの魅了スキルにかかっているんですからね」



女(女友は自分からその問題点に触れた)



女「だったら話が早いね。どうしてこの場に現れたの? 男君の命令によるものじゃないの?」

女友「白状します。私は男さんに独裁都市を叩くように命令されました」

女友「王国に反逆する目障りな勢力の力を削ぐために」


女「…………」



女友「ですが目下の問題は一つじゃありませんでした」

女友「復活派が動き出したため、男さんはそちらの対応にも迫られたんです」

女友「問題の大きさからして男さん自身がそちらに出向くしかなくて……チャンスだと思ったんです」



女「チャンス……?」




631 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:16:03.91YpY4jEFX0 (5/15)


女友「ええ。女なら知っていますよね。私が魅了スキルの命令を何度も無視したことがあるのを」

女「うん、そうだね」



女友「その抜け道の一つを今まで温存していたんです」

女友「魅了スキルは本人が命令を自覚するのが必要ですから、自分が命令されているわけではないという意識を強く持てば抵抗できるんです」



女「そんな方法が……」

女友「でも男さんの目が届く場所では抜け出しても、すぐに新たに命令がされるのがオチですから、ここまで待っていたんです」



女「だから今の女友は男君の命令に従っているわけではないと……そう言いたいの?」

女友「はい、そうです。そして女たちの力になりたいと思ってここまでやって来たんです」

女友「……証明する手段が無いのがもどかしいですが」



女(女友は悔しそうにして俯く)




632 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:16:31.86YpY4jEFX0 (6/15)


女「どう見る?」

姉御「女友が本当のことを言っているならとてもありがたい話だねえ」

姉御「魔導士としての戦力も、王国の事情にもかなり通じているはずの情報も得られるって点で」

女「そうだね」



姉御「問題は……ここまでの言い分含めて、まるっと嘘である可能性もあるってことだねえ」



女(その通りだ)

女(考え出すとキリがないことは分かっている)

女(でも考えないわけには行かない)



女(問題なのは女友自身が言ったように証明する手段がないということだ)

女(女友の言い分が本当であるか、嘘であるか確認するその方法は……いや、そうじゃないか)

女(この状況で大事なことは――)




633 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:17:51.82YpY4jEFX0 (7/15)




女「私は女友の言うことを信じるよ」

女友「本当ですか、女!」



女(女友が私の言葉に目を輝かせる)



姉御「ちょっと本気かい?」

女「本気だよ」

姉御「だけどさっきの言葉が嘘だったら……」

女「裏切られるね。……でもそんなの魅了スキルがあろうと無かろうと一緒なんだよ」

姉御「……へ?」



女「嘘か本当か分からない言葉なんてどこにだってある」

女「そんなときに根拠にするのは、それを発した人が信じられるかどうか」

女「私は女友を信じている。だからその言葉も信じる。それだけだよ」



姉御「……まあ、そうか」




634 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:18:21.40YpY4jEFX0 (8/15)


女友「ありがとうございます、女」

女「ううん、今まで助けてくれた女友を疑って、こっちこそごめんね」

女友「いいんですよ、状況が状況ですから」



女(そして私は女友に近寄って手を差し出す)



女「あ、言い忘れてたね、女友。久しぶり、元気だった?」

女友「女……いえ、もう本当クタクタですよ。男さん本当人使いが荒くてですね」



女(女友もそれに応じて、ガッチリと固い握手が交わされるのだった)






635 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:18:48.55YpY4jEFX0 (9/15)




女友「さて、協力するとは言いましたが、何から始めればいいでしょうか?」

姉御「とりあえずアタイの希望としては、王国の状況について知っていることを全部話して欲しいところだけどねえ」

女「そうだね。独裁都市でもどうにか王国の状況を探ろうと手を尽くしているみたいだけど、成果は上がっていないみたいだし」



女(来たときと同じように私は姉御の手を引いて神殿に向かう)

女(女友は身体を軽くする魔法と風を呼び起こす魔法を組み合わせてそのスピードに付いてきていた)

女(その途中)



女「……っ、あれは!!」



女(私はその存在に気付いて空中で急停止する)




636 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:19:26.95YpY4jEFX0 (10/15)




魔族「これはちょうどいい」

傭兵「探す手間が省けたな」



女(魔族と傭兵。復活派の二人)

女(あちらも『竜の翼(ドラゴンウィング)』で空を飛び移動していたようだが、こちらに気付いて中空に止まる)



姉御「まさかこんなところに……」

女友「傭兵と魔族……復活派の二人組……男さんが対応していたはずですが……」



女(警戒する姉御に、浮遊魔法に切り替えて疑問符を浮かべる女友)

女(私は一歩前に出て問いかけた)






637 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:20:09.05YpY4jEFX0 (11/15)




女「お久しぶりですね、傭兵さん。何のつもりでしょうか?」

傭兵「警戒する気持ちは分かる。だが、私たちに争うつもりは無い」

女「……そうやって油断させるつもりですか? 学術都市での所行、忘れていませんからね」



女(この二人が駐留派に協力して襲撃したことが、男君との決別の引き金を引いた)

女(傭兵さんは両手を挙げるポーズまで取っているが、気を許すつもりは毛頭無い)



女友「それよりどうしてあなたたちがこんなところにいるんですか?」

女「どういうこと?」

女友「先ほど少し触れたように、復活派は男さんが直々に対処に向かったはずなんです」

女友「それこそ討つつもりで戦力を揃えて。なのにここにいるということは……」



女「男君が逃がしたってこと?」

女友「それならまだマシで……もしかしたら返り討ちにあった可能性も……」

女「まさか……男君を……!?」



傭兵「違うな。私たちは少年に見逃された方だ」

魔族「別れ際のあの反応はおまえたちにも見せてやりたかったな」

女友「見逃す……ですか? 男さんに限ってそんな甘いことを……」



女(傭兵さんに魔族さんも加わり、入り乱れ始めた話を打ち切ったのは姉御だった)




638 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:20:47.80YpY4jEFX0 (12/15)




姉御「だぁっもう、まどろっこっしいねえ!」

姉御「ストップだ、ストップ!」

姉御「そうやって言い合ってたら何の話もまとまらないだろう!」



女「だけど……」

姉御「だけども何もない! こんな空中でする話でもないだろう! 落ち着ける場所に移動するよ!」



女(食い下がろうとする私にピシャりと言い放った後、姉御は傭兵さんの方を向く)



姉御「本当に戦う意志は無いんだろうね?」

傭兵「ああ。魂に誓って」

姉御「だったら案内するよ。正直あんたたちの持っている話も気になるところだ」

傭兵「感謝する」



姉御「……あ、でも、気が向いたらでいいからアタイと一戦交えてくれると助かるねえ」

姉御「武闘大会の予選の時は不甲斐ないところをみせたけど、あのときから成長したからさ」

傭兵「いいだろう。あのときは結局拳を交えなかったからな」



女(姉御は話をまとめながらも、ちゃっかり傭兵さんと再戦の約束を取り付ける)




639 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:21:56.66YpY4jEFX0 (13/15)




女(そうして行きは二人だったのに、女友、傭兵さん、魔族さんと三人を加えた一行で、独裁都市の中心、神殿前に着地して)



チャラ男「ようよう、やっと帰ってきたやな。入れ違いだったみたいで待ちぼうけ食らったで」



女(軽薄な調子の声が私たちを出迎えた)



女「チャラ男君……? でも、どうしてここに……」

女(最初は気弱君と姉御と一緒にパーティーを組んでいて武闘大会に出るべく向かった町で出会ったけど、何だかんだあって大会の後は私たちを裏切り駐留派に合流したクラスメイトの名前だ)



女(そう、駐留派であるから本来は敵であるはずなのだ)



チャラ男「ちょっと『組織』からアンタたちに話を付けて欲しいってことで、クラスメイトの中から暇している俺が選ばれてな」

姉御「……。だとしてもあんた、よくアタイの前に顔を出せたねえ?」

チャラ男「ははっ、やっぱり宝玉を盗んだことを怒っているんやな? まあまあ、そんな昔のことは水に流そって。俺は『組織』から大使やぞ、ちゃんと丁重に扱わなければ問題に……」

姉御「問答無用!!」

チャラ男「いたっ……!?」



女(姉御がチャラ男君に駆け寄り頭にゲンコツを落とす)




640 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:22:28.21YpY4jEFX0 (14/15)




女友「まあまあ、姉御。気持ちは分かりますが、そこらへんにして……」

女(女友がその対応に走るのを横目に私は率直な感想を呟いた)





女「敵なのか、味方なのか……分からない人がたくさん集まったなあ……」



女(帰還派の私たち、駐留派からの大使、復活派の二人、支配派から抜け出した女友)

女(何の因果か、ここに全勢力の人間が揃った)



女(そしてそれぞれが話を用意している)

女(力押しで解決する問題ではないからこそ、情報は大事だ)

女(何としてでも男君の元に辿り着くために)




641 ◆YySYGxxFkU2020/02/03(月) 00:26:53.79YpY4jEFX0 (15/15)

続く。


642以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/03(月) 01:34:10.530XP9ukIJO (1/1)




643以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/03(月) 10:01:09.05Lf/yFej4o (1/1)

乙ー


644以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/04(火) 16:47:06.671DBF+ZlEO (1/1)

乙!


645 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:22:02.46J9Cxm/0x0 (1/22)

毎度毎度、乙ありがとうございます。
励みになります。

投下します。


646 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:23:03.20J9Cxm/0x0 (2/22)




女(私は神殿に集まったメンバーを見回す)

女(私、姉御、女友、傭兵さん、魔族さん、チャラ男君に加えて)



チャラ男「よっ、久しぶりやな、気弱」

気弱「わっ、チャラ男さん。久しぶりです」



女(神殿で事務作業を手伝っていた気弱君が合流して七人だ)



チャラ男「何や、普通の反応やな。姉御みたいに怒られるかと思ったけど」

気弱「今から大事な話し合いなのに邪魔するのも申し訳ないですし……それに僕の分まで姉御が怒ってくれたのは見て取れるので」

チャラ男「ほんとやで、ああもうまだ痛い……」



女(チャラ男君はしきりに頭のゲンコツされた部分を撫でている)



姉御「さっきのでも足りないくらいだよ。全く、持ってきた話ってのがしょうもなかったらもう一発……いや関係なく後でもう一発だね」

チャラ男「酷くない?」



女(姉御はまだ癇癪が収まらないようだ)




647 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:23:34.82J9Cxm/0x0 (3/22)


女友「はいはい、静かにしてくださーい」



女(女友がパンパンと手を叩きながら呼びかける)

女(話し合いの進行は女友が率先して取ってくれることになった)

女(久しぶりに見る女友らしい姿に私は感慨深い気持ちになる)



女友「さてそれでは四派閥情報交換検討会兼王国対策会議の方を始めて行きますが……」

チャラ男「何や、その名前?」

女友「私は今決めました。ってどうでもいいところで引っかからないでください」



女(開始早々チャラ男君が横槍を入れる。いやでも長くて気になるところだ)




648 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:24:05.35J9Cxm/0x0 (4/22)




女友「名前の通りそれぞれが持ち寄った情報を交換検討して、どうにか王国に対抗する方法を考えようということです。そのためにも最初は……」



傭兵「私が話そうかな」

女友「傭兵さん」

傭兵「私の情報が一番直近で知らない者の方が多く顛末も気になっているだろう」

傭兵「それに一番この場で信頼されていないようだからな」

傭兵「情報を開示することで協力するつもりがあるところを早めに示したい」

女友「うーん、そうですね……分かりました、ではお願いします」



女(挙手した傭兵さんに女友が発言権を譲る)



傭兵「ありがとう。では話そう」

傭兵「事の始まりは私たちが八個目の宝玉を手に入れたことで――――――」




649 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:26:04.70J9Cxm/0x0 (5/22)


女(そして傭兵さんは語った)

女(宝玉によって戦力を呼び出し、しかし敵対することになって、その後男君によって蹂躙されて、今は使命も何も無い、と)



女「…………」

女(気になる情報が渋滞している。一つ一つ確認しないと)



姉御「宝玉で呼び出して戦力の増強ねえ。魔神復活ばかり言ってたから盲点だったよ」

女友「そうですね、私も見落としていました。男さんが気付かなかったらヤバい事態になっていたかもしれませんね」

女(私も同じだ。まあ女友も気づけなかった計画に私が気づけるはずがない)



チャラ男「でも最後には全員死んだってか。良い女もおったやろうに残念やな」

気弱「もう、チャラ男さん! ……えっと、魔族さんでしたか。失礼なことを……」

魔族「別に気にしていない。ただ同じ種族のやつらが死んだというだけだ。それに今の私には傭兵一人さえいればいい」



女(チャラ男君の軽薄な言葉に、気弱君が気を遣うが、魔族さんは気にしている素振りもない)

女(……っていうか二人の関係って、結構……その……)




650 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:26:48.09J9Cxm/0x0 (6/22)


傭兵「そうだ、気になることがある」

傭兵「魅了スキルの効果対象が『魅力的だと思う異性』というのは間違いないな?」

女「はい、その通りです」



傭兵「だが、今回少年は当然のように女性の魔族たちを虜にしていた」

傭兵「話を交わしたことすらない者を魅力的だと思うようなものなのか?」



女「あ……言われてみれば……」



女(そうだ、魅了スキルは女性をお手軽に支配できるスキルのように見えて、意外と色々な条件が存在する)

女(そのせいで私と男君の関係も拗れたわけだし)




651 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:27:32.42J9Cxm/0x0 (7/22)




女友「それなら私も同じ事を疑問に思って聞いたことがあるんですが――」

女友「男さんが言うには『どいつもこいつも俺の駒になると思えば魅力的だろう』ということみたいです」



女「それは……」



女友「実際女と別れてから魅了スキルを失敗したことは一回もありませんでしたし、本当のことなんでしょうね」

女友「というかその段階で手間取っていたらこんなに早く王国を転覆させることは出来せんよ」



女「……それもそうだけど」

女(魅力的かどうかには本人の認識が大きく関わる)

女(男君はそこまで割り切った考えをして……いや、でも)




652 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:29:15.62J9Cxm/0x0 (8/22)


傭兵「だとしたらどうして魔族は虜になっていない?」

傭兵「先ほどの戦闘、囲んでいた魔族を対象に放った魅了スキルの範囲に魔族もいたぞ」



女友「あっ、それもそうですね。以前の老婆に化けたときの記憶に今も引っ張られているとか……?」

女友「いや、でも王国では普通に年配の市民にも魅了スキルをかけていましたし……」



魔族「確か術者に特別な好意を持っている場合も無効だという話だったが、当然私は少年にそのような好意を持っているわけではないぞ」



女(魔族さんも口を挟む)



女「…………」

女(他は虜になったのに、魔族さんだけならなかった理由)

女(それは魅了スキルの条件から考えて、男君が魅力的だと思わなかったからとしか考えられない)

女(駒という考えからすれば、変身を使えて強い魔族さんは魅力的なのに……それでも思えなかったのは)




653 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:30:04.47J9Cxm/0x0 (9/22)




女「傭兵さんと魔族さんのことをよく知っていて……それでいて二人が特別な絆で結びついていると思ったから……なのかな?」

傭兵「どういう意味だ?」



女「男君はお互いがお互いを想い合う関係が恋愛の理想なんです」

女「話によるとそのとき背中合わせで戦い抜くつもりだったんですよね」

女「それで男君は自分の理想の関係を体現している二人を見て……魔族さんをそこから奪うなんて出来なかった」

女「うん、いくら表面上変わっていても男君はそんなこと出来ない」

女「だから魔族さんだけ虜にならなかった……」





傭兵「……いや、それは間違っているな」

女「え?」

女(傭兵さんの否定に思わず顔を上げると、呆れたように溜め息を吐いていた)




654 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:30:43.07J9Cxm/0x0 (10/22)


傭兵「私と魔族がお似合いの関係だと? 少年も少女も節穴だな」

傭兵「私の好みはお淑やかな女性だ。気の強い魔族も悪くはないが、もう少し落ち着いて欲しい」



女「え?」



魔族「言うじゃないか、傭兵よ。私だっておまえの何を考えているか分からないところは苦手だ」

魔族「いざというときに頼れるのは良いところだがな」



女「え?」



傭兵「言葉使いももう少し直して欲しい。まあ姉様に啖呵を切ったときは愉快だったがな」



女「……」



魔族「それを言うならそちらこそ私を抱えて飛ぶとき全く配慮してなかっただろう。お陰で揺れが酷かったぞ」

魔族「まあそれでもおまえに包まれている安心感の方が大きかったが」



女「……」






655 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:31:10.81J9Cxm/0x0 (11/22)


女(きょとんとした顔で周りを見回す。どうやら二人以外は私と同じ反応のようだ)

女(そして二人はというと至って真面目な顔つきでのろけているわけではないようだ)



女「え、えっと……それではお二人はお互いのことをどのような存在だと思っているのですか……?」



女(私はおずおずと二人に問う)





傭兵「共に生きていくと決めた者だな」

魔族「ああ、果てるそのときまでずっと一緒だ」





女(当然という顔つきで答える二人) 



女「………………」

女(それって実質結婚じゃないんですか?)

女(とはその場にいる誰も口に出すことが出来なかった)




656 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:31:43.82J9Cxm/0x0 (12/22)


女(傭兵さんと魔族さん)

女(唐突なのろけ話に困惑する私たちだが、ある意味それで分かったこともあった)



女「傭兵さん、あなたを味方だと認めます」

傭兵「急にどうした?」

女「理屈はないです。話して、触れ合ってみての私の直感です」



傭兵「そうか……学術都市の件はすまなかったな。使命のためとはいえ、あのようなことをしてしまって」

女「もう過ぎたことですから」

傭兵「お詫びになるかは分からないが、必ず少女が少年のところまで辿り着けるよう協力しよう」

女「ありがとうございます」



傭兵「もっともその後どのような結末になるかは二人次第だ」

女「良い報告が出来るように頑張ります」



女(傭兵さんが差し出した手を私は握り返す)




657 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:32:28.44J9Cxm/0x0 (13/22)


女友「さて、これで元復活派からの報告が終わって……そうですね、次は私から話しましょうか」

女(女友は進行をしながら、次の話し手に進み出る)



姉御「そうだねえ、男の元にいたアンタには色々聞きたいことがある」

姉御「まず率直になんだけど、今の男の目的は何なんだい?」



女友「……先に断っておきますが、私は知らないことの方が多いです」

女友「今の男さんは命令以外に話すことはめったになく、私に何かを打ち明けたり相談したりなんてしませんでしたから」

女友「それでも今までの行動などから察するに……今の男さんの目的は元の世界への帰還では無い、のだと思います」



姉御「今までそれを目標に頑張っていたのにかい?」



女友「ええ。私がここ独裁都市に向かう直前には宝玉が王国にゲートを開けるために必要な八個は集まっていました。周辺地域に宝玉を差し出すように通知した結果ですね」

女友「しかし、それでも男さんは特に行動を変えませんでした」

女友「帰還のための準備も、これ以上宝玉はいらないともしなかったんです」




658 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:34:03.17J9Cxm/0x0 (14/22)


女(宝玉は数を集めることで力が増す)

女(八個以上集めて出来ること……それは十個で高位存在を呼び出すか、十二個集めて――)





女「もしかして男君は……魔神を呼び出すつもりなのかな……?」





女(私はポツリと呟く)

女(みんな同じことを考えていたのか、特に反対の意見は上がらなかった)




659 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:34:59.43J9Cxm/0x0 (15/22)


女友「考えられる可能性ですね」

女友「男さんは魔神の『囁き』スキルによって今の状態になりました」

女友「その上時折虚空に向かって話していたり、おそらく今も魔神とのリンクは切れていないのでしょう」



傭兵「それで少年が絆されたか、懐柔されたか……あるいはスキルの効果で自分を復活させるように命令されたという可能性もあるのか?」

女友「いえ、『囁き』はあくまで対象の欲望を解放するスキルです。魅了スキルのような対象を思い通りにするという効果はないはずです」

傭兵「そうか。ならば少年自身が考えて魔神の復活を私たちに代わって成し遂げるというのか」





女「魔神を復活させたいのは分かったけど、それ自体が最終目的だとは思えない」

女「結局男君は何がしたいの?」

女友「すいません、それは私にも……」



女(私の問いに女友は力無く首を振る)




660 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:35:48.02J9Cxm/0x0 (16/22)




気弱「王国に内乱を起こして、罪の無い一般人もたくさん巻き込んで」

気弱「そして支配が完了したら周辺地域にも宣戦布告紛いで混乱を招き、さらには魔神を呼び出そうとしている……」

気弱「男さんはそんな悪逆的な振る舞いをするような人では無いと思ってたんですが……僕が何も分かっていなかったって事でしょうか?」





チャラ男「……ん、今気弱何て言ったんか?」

気弱「えっと、男さんはそんな悪虐的な……」

チャラ男「違う違う、その前や。一般人もたくさん巻き込んだとか、どうとか」

気弱「言いましたけど……それの何が問題なんですか?」



チャラ男「いや、俺の知ってる情報と齟齬があったからな」

チャラ男「『組織』の情報網によると、王国で本格的な内乱が起こる前日、不自然に人の流れが誘導されていて、戦闘に巻き込まれた一般人はほとんどいなかったって話や」



気弱「え、ですが内乱の時ちょうど王国にいた秘書さんが言うには、多くの民が巻き込まれたって……」

チャラ男「どういうことや……? あ、言っておくけど、俺が嘘吐いてるわけやないからな」

チャラ男「というかこれくらい王国内の情報を確認すれば分かることやないか」

気弱「王国の警戒が強くて、独裁都市には全く情報が入ってないんです」

気弱「さっきの情報も秘書さんがたまたま……いえ、おそらく男さんの命令で探りに来たときにした話なので」

チャラ男「へえ、遅れとるなー。まあそういう諜報活動の類は『組織』の方が得意か」



女(何気ない会話から判明した帰還派と駐留派が掴んでいる情報の違い)




661 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:37:19.40J9Cxm/0x0 (17/22)


女「本当なの、女友?」



女(帰還派の私は気弱君と同じ認識だ)

女(幸いにもここにはその出来事を一番近くでみていただろう人がいるので問う)



女友「……そういえばその疑問がありましたね」

女友「ええ、チャラ男さんの言っていることは事実です」

女友「男さんは魅了スキルを駆使して、内乱を起こす前日には一般人の避難を体制側に気づかせないまま完了させましたから。巻き込まれた人はいないでしょう」



女「男君なら可能か……首謀者だから安全地帯とかも分かるだろうし」

女「でも、だったらどうして秘書さんが嘘を吐いたのか……あのとき男君の命令で動いていたわけだし、男君が意図したことなの?」



女友「はい。布石として嘘を吐かせた、と呟いたのは聞きましたが……何の布石なのは私にもさっぱりで……」

女「布石か……」



女(本当は一般人を保護していた男君)

女(なのに秘書さんを通じて私たちに一般人も巻き込んだと嘘を吐いた)

女(その行動に何の意味があるのだろうか?)

女(これも男君の目的とやらに関わってくるのだろうか?)

女(男君の心証を悪くするくらいの効果しかないと思うんだけど…………)




662 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:37:49.91J9Cxm/0x0 (18/22)


姉御「だぁっもう。分からないことばかり増えるねえ」

姉御「別れ際の言葉からして男は今も女のことを思っている」

姉御「そして傭兵さんたちから聞いた様子からして、男が王国をわざわざ支配した理由も女が絡んでいる」

姉御「何がしたいのか分からないけど、そんなに女のことを思うなら側にいてやることが一番じゃないかい?」



女(姉御の言う通りだ)

女(私は男君の側にいれればそれだけで幸せだったのに……男君は違うっていうのだろうか?)




663 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:38:47.12J9Cxm/0x0 (19/22)




チャラ男「男は元の世界に戻るつもりはないんやろ?」

チャラ男「それでわざわざ王国を支配したってことは、俺みたいに欲望のままにハーレムを作りたくなったとかやないのか?」



女友「あり得ませんね。私が基本的に側にいましたが、男さんはそのような命令をしたことはありません」

姉御「適当なことを抜かすようならぶっ飛ばすよ」



チャラ男「おお、怖い怖い。じゃぶっ飛ばされない内に俺も話しとこっかな」



女(チャラ男君はおどけるようにして女友と姉御の集中砲火をかわす)

女(駐留派、バックにいる犯罪結社『組織』は何を目的に私たちに接触をもくろんだのか)






664 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:39:36.34J9Cxm/0x0 (20/22)


チャラ男「俺からの話は提案ってことになるな。独裁都市は戦力を集めて近く王国を攻略にかかるんやろ?」

女「うん、そうだけど」

チャラ男「その作戦に『組織』も一枚噛ませて欲しいってところでな」



女「……続けて」

チャラ男「まずそもそもなんやけど、『組織』は今の王国が支配されて各地にも緊張感が漂うこの状況は歓迎してなくてな。平和ボケしてた方が色々と事も運びやすいし」

女「……是非はともかくとして、王国をどうにかしたいという気持ちは同じと」

女「だけど独裁都市やそれに協力する古参商会にも体面があるから、犯罪結社なんかと協力するわけにはいかないと思うよ」

女「大体協力するフリして裏切るなんて平気でしそうだし」



女(そもそも目の前のチャラ男君だって、最初は仲間面していて裏切った存在だ)




665 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:40:32.63J9Cxm/0x0 (21/22)


チャラ男「そこらへんは『組織』も理解しているみたいでな」

チャラ男「というか『組織』こそ表の勢力と手を組んだとバレたら裏の世界での求心力が失われるし」



チャラ男「だから協力は最小限、王国に攻め入る日取りを一緒にする、これだけや」

チャラ男「独裁都市側と『組織』側の二正面作戦で、王国の防御を分断出来るだけでもありがたいしな」

チャラ男「『たまたま攻める日が被っただけだ』ってことにすれば体面も保てるやろ?」



女「……姫様や古参会長に相談しないといけないから、今ここで返事は出来ないけど提案はしてみる」

チャラ男「頼むでー。まあ俺なんかに頼む仕事やし、『組織』も是が非でもとは思ってないやろしな」



女(私個人としては魔王城に辿り着けさえすればいいので了承したかったが、そういう事情で返事は保留した)






666 ◆YySYGxxFkU2020/02/11(火) 02:41:00.36J9Cxm/0x0 (22/22)

続く。


667以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/11(火) 06:19:54.37Dt3ZIREKO (1/1)

乙!


668以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/11(火) 14:21:41.44/u9N0jBPo (1/1)

乙ー


669 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:37:15.33wmBtSKTz0 (1/13)

乙、ありがとうございます。

投下します。


670 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:37:55.87wmBtSKTz0 (2/13)




女(その後の会議は細々とした情報の共有や、これから起こり得る事への対策などをやって夕方頃にお開きになった)



女(夕食まで時間があるという事で、姉御が早速傭兵さんに挑戦して善戦こそしたものの返り討ちにあって、それを見ていて大笑いしたチャラ男君に八つ当たりしたり)



女(元々は敵と言っても、女友は男君に操られていただけだし、傭兵さんと魔族さんは使命を捨てたからか取っ付きやすくなっているし、チャラ男君はその持ち前のキャラでなし崩し的に馴染んでいた)



女(みんなで着いた夕食の席では)



チャラ男「なるほどそんなことが……よし、分かった!!」

チャラ男「俺も全面的に女が男のところにたどり着けるように協力するからなっ!!」

姉御「アンタ、よく言ったねえ!!」

気弱「ちょ、ちょっと二人とも酔いすぎですよ」



女(酔ったチャラ男君が調子よくそんなことを言って、姉御がその背中をバシバシ叩く)

女(その間で気弱君がおろおろしていた)



女(そして酔い潰れたチャラ男君は気弱君が介抱するということで部屋に運び)

女(傭兵さんと魔族さんも協力者という事で神殿内の客室が一部屋準備されて)

女(女友は私が寝泊まりしている部屋にやってきた)




671 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:39:00.01wmBtSKTz0 (3/13)


女友「こうして二人きりになるのも久しぶりですね」



女(元々私が与えられた部屋は二人用の部屋で、今までそれを一人で使っていたものだ)

女(その今まで使っていなかったベッドに寝転がりながら女友が言う)



女「学術都市にいたとき以来だからそこまで期間は空いてないはずなのに……本当久しぶりって感じ」

女(私もその隣のベッドに寝転がる)



女友「はぁ、今日は本当しゃべり倒しましたね」

女「何か堰を切ったような感じだったね」

女友「王国にいたときはほとんど話なんてして無かったですから。男さんの命令を受けて、行動しての繰り返しで……たまに今後の方針を話し合うときくらいだったでしょうか」



女(おしゃべり好きの女友には地獄の環境だっただろう)



女「そういえば……男君は元気なの?」

女友「体調的なことを言えば元気ですよ。精神的に言うと……いつも無機質な目をしていて、私から言わせると死んでいるようなものでした」

女「……そっか」

女友「本当に男さんは……何を考えているんでしょうか? 立場上近くで行動していた私にも全く分からなくて……」



女「見ても分からない、考えても分からない…………だったら直接問いただすだけだよね」

女「うん、そうだよ。それに結局どんなことを考えていようと、私のすることは変わらないし!!」

女友「そうですね」

女「自分から振って難だけど、もうこの話はやめ、やめ! 違う話しよ、女友。王国で面白いこととかなかったの」

女友「雑なフリですね……。あ、でも面白いことと言えば……」



女(そうして私と女友の話は盛り上がり、どちらからともなく寝始めるまで続いたのだった)






672 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:39:47.23wmBtSKTz0 (4/13)


<一方その頃>





気弱「ふぅ……ようやく寝ましたね」

気弱(僕は自室のベッドの前で一息吐く)





チャラ男「んー……だから…………言ってるやろ……」

気弱(寝言を言っているのはチャラ男君。酔った彼をここまで運んで寝かしつけるのは思いの外骨が折れた)



気弱「でも久しぶりに会えて良かったな」



気弱(頑張って手に入れた宝玉を持ち逃げされるという手酷い裏切りを受けたけど、僕はチャラ男君のことを嫌いになれなかった)

気弱(姉御には虫が良すぎる、って呆れられるかもしれないけど)



気弱(もう一つのベッドに寝転がる。もう夜も遅いし、寝ようと思って目をつぶるけど……)




673 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:41:21.57wmBtSKTz0 (5/13)




気弱「眠れない……」

気弱(目がさえていた。理由は分かっている。頭の中で渦巻いている思考のせいだ)





気弱(今日の会議でも散々話題になった男さんの目的)

気弱(みんなが分からなくて頭を悩ませていたそれが――――分かったかもしれないということが気になるからだろう)





気弱「…………」

気弱(事の始まりは学術都市だ)

気弱(男さんは女さんに告白された)

気弱(おそらく普段の態度やこれまで聞いた話からして、男さんは女さんのことを好ましく思っている)

気弱(そのまま何もなければカップル成立するはずだったのに……そこに襲撃があった)



気弱(男さんと僕には似た一面がある)

気弱(だから女さんから表面的に話を聞いただけなのに……そのときの男さんの心情が手に取るように分かった)




674 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:42:26.82wmBtSKTz0 (6/13)




気弱(不安だ)



気弱(そこに異世界という舞台、魅了スキルという力に魔神の『囁き』スキルまで加わった結果……)

気弱(欲望そのままに、男さんはその不安を払拭するためにここまでのことをしでかした)





気弱(だとしたら……僕は到底男さんのことを責める気にはなれなかった)

気弱(僕だって同じような状況になったらそんなことをしないとは言い切れないから)





気弱「僕は運が良かったんだな……」





気弱(このことを本当はみんなに話すべきなのかもしれない)

気弱(みんな気になっていたし、不安に思っているのだから)

気弱(でも僕は男さんに共感してしまったから)

気弱(裏切りだとしても……誰にも打ち明ける気にはなれなかった) 



気弱「バレたら姉御に怒られるかもな……」



気弱(恋人の顔を思い浮かべてクスっとなって……そうして力が抜けたのが良かったのか、僕は吸い込まれるように眠りに就いた)






675 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:43:20.73wmBtSKTz0 (7/13)






 誰も彼もが眠りに就いた夜更けの独裁都市。

 そこに蠢く影があった。





 空中を滑るように動き、時折立ち止まる。

 周囲を見回す仕草からして、どうやら自分がどこにいるかを確認しているようだ。



 そうして辿り着いた先は……何の変哲もない建物だった。

 しかし、その影は知っていた。



 そこは重要な拠点だと。

 古参商会が王国を攻略するためにかき集めて独裁都市に運んだ物資が貯蔵されている、と。

 ここを攻撃されたら損害は量り知れず、立て直すことも難しい。

 故に極少数しかこのことを知らない。



「………………」

 影は手をその建物に向けて。

 口を開き、魔法を紡ごうとして――――。








676 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:54:17.99wmBtSKTz0 (8/13)








女「こんなところで何をしているの、女友?」







 いつの間にか影の後ろに竜の翼をはためかせる少女、女がいた。

 影は、女友は振り返って答える。



女友「何って……夜中の散歩ですよ」

女「そう? じゃあ、私を起こさないように細心の注意を払って部屋を抜け出したのは、ただの親切だったってわけ?」



女友「ええ、その通りですよ。結局起こしてしまったみたいでごめんなさいね」

女「いいよ、気にしてないから。それにしてもこの場所に気付くなんてね」



女友「……はて? この場所がどうかしたんですか?」

女「昼間普通に過ごしているように見えて探りを入れてたんだ」



女友「よく分かりませんがユウカもこの場所にいるってことはまさか私を尾行でもしていたんですか、あんまり良い趣味じゃないですよ」

女「ごめんね」

女友「いいえ、気にしてませんよ」



女「………………」

女友「………………」






677 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:54:48.28wmBtSKTz0 (9/13)




女「理屈は無い。話して、触れ合ってみての私の直感」

女「ねえ、女友って――今も男君の支配から逃れられてないんじゃないの?」

女「自由になったフリして……独裁都市に潜入して、攻撃するように命令されているんじゃないの?」



女友「……はぁ。男さんの支配から逃れられていないって……何を根拠にそんな……って直感でしたね」

女友「でしたらそうですね……理屈的に考えましょうか。男さんは私にどんな命令をしたっていうんですか?」






678 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:55:27.41wmBtSKTz0 (10/13)




女「とりあえず大きなものが『独裁都市に潜入して攻撃しろ』って命令だとして」

女「『怪しまれないように命令を無視したという演技をしろ』『独裁都市の重要拠点を探れ』『信じさせるために指定した情報は開示しろ』『都合の悪い情報は開示するな。ただし疑われそうな場合は臨機応変に』って感じで」

女「後は『裏切るようなことは禁止する』とか『余計なことを話すな』とか……まあそういう命令は元々かけているだろうけど」



女(まだまだ細かいことを考えればキリが無さそうだ)



女友「まるで命令のデパートですね」

女「そうでもしないと女友は本当に命令無視するでしょ」

女友「ですから本当に命令無視を……」



女「そういえば女友が言っていた理由だけど……命令されたのが自分だと認識しなければ無視できる……だったっけ?」

女「そんな初歩的なことに男君が気づかないとは思えないけど」



女友「……うっかりしていたんでしょう」



女「あ、それに女友さ、一般人を巻き込んだかって嘘をチャラ男君が言及するまで口にしなかったでしょ」

女「あれも本当は開示する情報じゃなかったんでしょ?」



女友「……順序ってものがあるでしょう。話題にならなくても、あの後話するつもりでしたよ」

女「本当に?」



女友「………………」

女「………………」



女(無言で視線と視線がぶつかり合う)

女(やがて根負けしたように女友は視線を外すとポツリと呟く)




679 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:56:06.50wmBtSKTz0 (11/13)




女友「本当は……私だって女の力になりたいんですよ」

女「……うん、分かっている」



女友「でも女だって知っていますよね、魅了スキルの力を」

女「そりゃあね」



女友「『誰かにバレた場合、即座に帰還しろ』『邪魔された場合は全力で抵抗しろ』『手を抜いて捕まることは禁止する』……と、まあこのような命令もありまして」





女「逃げるつもりなのね。でも逃がすと思う?」

女友「分かっています。全力で行きます」

女友「ですから――どうにか私を逃がさないでください」





女(女友が空中で戦闘態勢に入る)

女(私も構えを取った)




680 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:56:35.36wmBtSKTz0 (12/13)




女「ごめん、女友……私こんなときなのにワクワクしているんだ」

女友「そうですか……たぶん、私も同じですよ」





女「そう……なら良かった。じゃあ全力で……初めてのケンカをしよっか」

女友「『吹雪の一撃(ブリザードアタック)』!!」





女(返事は氷塊の雨で)

女(不意打ち的に放たれた攻撃)

女(卑怯だとも、不躾だとも思わなかった)



女(それが女友の本気だというなら……私は真っ向から迎え撃つ)



女「『竜の闘気(ドラゴンオーラ)』!!」



女(私は全方位に向けて衝撃波を放ち、攻撃を相殺した)




681 ◆YySYGxxFkU2020/02/16(日) 23:57:49.98wmBtSKTz0 (13/13)

続く。


682以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/17(月) 02:08:52.70WBtv7FyKO (1/1)

乙ー


683以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/17(月) 08:35:02.63tmAMcFWk0 (1/1)

乙!


684 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:09:26.98dmrbe4Na0 (1/15)

乙、ありがとうございます。

投下します。


685 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:10:10.09dmrbe4Na0 (2/15)


女友「『大火球(ビッグファイアーボール)』!!」



女(女友の手からその背丈を優に超える火の玉が放たれる)

女(竜闘士といえど直撃すればひとたまりも無いだろうが、そのような直線的な攻撃に当たるつもりはない)

女(私はその横を竜の翼で通り抜けようとして)



女友「逃がしません!! 『竜巻(トルネード)』!!」



女(女友は新たな魔法を発動)

女(避けた火の玉の進路上に風の渦を起こし巻き込み、炎をばらまきながら風の勢いが増す)

女(複数属性の魔法を使える魔導士の特性を生かす連続した攻撃)



女「『竜の鱗(ドラゴンスケイル)』!!」



女(避けきれないと判断した私は防御スキルを発動)

女(エネルギーの球に包まれ炎の渦を完全に遮断してやり過ごす)

女(防御力こそ高いものの、このスキルには使用後動けなくなる弱点があり、当然それは今まで一緒に戦ってきた女友も知っている)




686 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:10:52.19dmrbe4Na0 (3/15)




女友「捉えました!! 『雷轟地帯(サンダーエリア)』!!」



女(私の頭上に雷雲を放たれた)

女(それがもくもくと成長しながら広がりきり無数のイカズチを落とすのと、ちょうど同じタイミングで私も動けるようになった)

女(攻撃範囲と密度から私は避けるのは不可能と判断)

女(故に頭上を向いて)



女「『竜の咆哮(ドラゴンシャウト)』!!」



女(衝撃波を放った)

女(それは雷雲の一部を打ち抜き、結果雷は私の周囲に落ちるだけに終わる)




687 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:11:19.71dmrbe4Na0 (4/15)


女友「この攻撃も相殺しますか……!」

女「ギリギリだったけどね。女友も良い攻撃するじゃん」



女(戦いが始まって数分が経った)

女(悔しがりながらも女友は微塵の油断もしていないようで、私から十分に距離を取っている)

女(竜闘士相手に接近戦を挑む愚を犯すつもりは無さそうだ)

女(魔導士の本領を発揮できる距離を常にキープしている)

女(私もそれを分かっているから接近を試みているのだが、女友の猛攻により阻まれている)



女(とはいえそれも長く続かないはずだ)

女(格上の私に渡り合うために、先ほどから女友は大魔法を連発している)

女(いくら魔導士の魔力が多いとはいえ、そんなに使っては尽きるのも時間の問題だ)

女(魔力を失った魔導士となればただの人)

女(だから逃走にだけ警戒して、堅実に立ち回ればいずれ女友は立ち行かなくなるだろう)




688 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:11:49.71dmrbe4Na0 (5/15)




女友「消極的な立ち回りなのに余裕ですね女。私の魔力を切らす作戦ですか?」

女「……さぁ、どうだろうね?」



女(私はうそぶく。とはいえ親友だ、それくらいのこと分かっているだろう)



女友「魔導士に竜闘士は倒せないと……そう侮っているなら……絶対に後悔させてみせます!!」

女「じゃあやってみせてよ」

女友「いいでしょう! 『巨大(グランド)――――」



女(私の挑発に女友は右手を振り上げながら何かの魔法を発動しようとして)




689 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:12:27.06dmrbe4Na0 (6/15)




女「…………?」

女友「ぐっ……駄目です……」



女(女友は左手で右手を掴み、胸元に引き戻しながら苦しむように悶えていた)



女「女友?」

女友「オン……ナ……。おかしい、ですよ……こんなの。親友同士……争う、なんて……」



女(何かに抵抗するようにしながら、途切れ途切れに言葉を紡ぐ女友)



女「もしかして……男君の命令に抗って……」

女友「っ……長く、持ちません…………女、今の内に私を……!!」



女(魅了スキルの命令による強制力に逆らって、自分を討つようにお願いする女友)

女(私はその親友の強かさに感心した)

女(だからこそその苦しみを早めに終わらせるために近づいたり…………せずに)




690 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:13:04.21dmrbe4Na0 (7/15)




女「『竜の咆哮(ドラゴンシャウト)』」

女(フルパワーの衝撃波を放った)





女友「……っ!? やばっ……!」

女(苦しげからギョッとした表情に変わった女友は、慌てるようにその攻撃を避ける)





女「ああもう、やっぱり」

女友「何するんですか、女! 苦しんでいる親友に攻撃を仕掛けるなんて」

女「それが本当なら私だって心配するわよ。命令に抗おうと苦しむ演技、だったんでしょ」

女友「…………」

女「随分上手くなったね。一瞬騙されそうになったよ」

女友「……ふふっ、流石ですね。通用しませんか」



女(非難から一転、けろっと態度を変えた女友は微笑を浮かべる)

女(演技に騙され心配した私が不用意に近づいたところで攻撃でも加える予定だったのだろう)

女(相変わらず人を食ったような態度の親友だ)




691 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:13:37.58dmrbe4Na0 (8/15)


女「そもそも最初からして不意打ちだったし正々堂々戦うはずないわよね」

女友「ええ、それも含めて私の全力ですから」

女(皮肉に対して堂々と宣われる)



女「それで小細工は終わり? だったらそろそろ幕を下ろす時間だけど」

女友「そうですね……では最後の大細工と行きましょうか」



女(女友は右手を振り上げて、先ほどは中断した魔法を今度こそ発動する)





女友「『巨大隕石(グランドメテオ)』!!」







692 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:14:17.20dmrbe4Na0 (9/15)




女(遠く天上に生成されたのは巨大な隕石)



女友「逃げるだけの魔力を残して、その他全部を注ぎ込みました」

女友「これが私の最後の攻撃……どうか対処してくださいね」

女「いいよ、受けて立つ!!」



女(拳を構えながら私は毛ほどの油断もしていなかった)

女(生成された隕石にはかなりの魔力を感じる。魔力がほとんど残っていないのはおそらく本当だろう)

女(女友自身に何かをする力は無い。隕石だけに注意すればいい)



女(でも、女友のことだ。素直に私に向けて落とすだけ……ということはあり得ないだろう)

女(考えられるのは最初に攻撃目標としていた建物に落とすことで、慌てて守りに入った私に無茶な防御を強いる方法)

女(もしくは市街地に落とす可能性も……いやそんな誰かを巻き込む方法を取るとは思えないけど)



女(何にしろ、どこに隕石を落とされようと対処してみせる)




693 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:14:54.19dmrbe4Na0 (10/15)




女(――と、警戒していたのにそれでも私は虚を突かれた)

女(隕石がゆっくりと術者に……女友に向かって落ちていくからだ)



女「っ、何を……!?」

女友「『逃げられない場合は自害しろ』なんて命令が……いや、嘘ですけどね」



女「だったら……!!」

女友「魔法は解除しませんよ。だって……私の親友が守ってくれるって信じていますからね」



女(にっこりと笑う親友)

女(今さらながらに姉御に注意をされたときの自戒を思い出した)



女『女友がもし私に付け込む余地があるとしたら、それは私の親友であるという事』






694 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:15:23.53dmrbe4Na0 (11/15)




女「…………」

女(これは攻撃にすらなっていない)

女(ただの自爆だ)



女(どうせ当たりそうになったら解除するに決まっている)

女(わざわざ飛び込むなんて愚の骨頂)



女(だと……分かっているのに)





女「女友ォォォォォォォッ………!!」

女(私は隕石の落下地点に飛び込む)






女(その数瞬後、隕石は大量の破壊を振りまいた)




695 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:16:05.80dmrbe4Na0 (12/15)




女友「信じていましたよ、女なら守ってくれるって」

女「女……友……」



女(破壊の中心点で)

女(防御も回避も迎撃も……何も間に合わなかった私は大きくダメージを受けて地べたをはいずくばっていた)



女(一方、隕石が落下する直前、私が攻撃範囲から弾き飛ばした女友は空中に浮き無傷だ)



女友「ごめんなさいね、女の思いをこんな踏みにじるようなマネをして。親友失格です」

女「そんな……ことないよ……。女友は……命令に従っただけでしょ」



女友「確かに全力で、手を抜くなという命令です」

女友「しかし方法までは命令されたわけではありません」

女友「……そうです、こんな最低な方法を思いついたのは私ですから」



女(私に勝ったのに、くしゃくしゃに顔を歪めている女友)

女(魅了スキルは感情まで操ることは出来ない。命令のために非情に徹しろということは出来ない)




696 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:16:50.78dmrbe4Na0 (13/15)


女「あはは……何を今さら……」

女友「女……?」



女「私の親友は……初恋に悩む私に既成事実を作るようにアドバイスしたり……いつだってえげつない方法を考えてるような人だよ」



女友「……誰ですか、そんな酷い人」

女「だから……今さらそんなことで見限ったりはしないって」



女(そうだ考えることが罪になるはずがない。その実行を強制させた力の方が問題だ)





女友「おん……っ、いえ……」

女友「追っ手はこれ以上戦闘出来ないと判断。しかし破壊工作を行うだけの時間も魔力もありませんね」

女友「というわけで、これよりすみやかに逃走させてもらいます」



女(女友は何かを言おうと寸前まで出かけた言葉を呑み込んで状況を判断する)




697 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:17:25.63dmrbe4Na0 (14/15)


女「早いね。もうちょっとゆっくりしていけばいいのに」

女友「私だってそうしたいところです。寝心地の良さそうな枕だったのに、あのベッドで結局一睡も出来ませんでしたし」

女「……あ、じゃあ最後に一つ伝言いい?」

女友「何ですか?」





女「男君に。絶対に会いに行くからって伝えといて」

女友「分かりました」





女「ありがと……じゃあまたね」

女友「ええ、また会えるそのときを待っています」



女(隕石の直撃を受けたダメージは大きい)

女(今まで気力を振り絞っていたけど、限界だった)

女(私は去ってゆく親友を見送りながら気を失うのだった)




698 ◆YySYGxxFkU2020/02/19(水) 23:18:09.30dmrbe4Na0 (15/15)

続く。


699以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/20(木) 03:50:41.791VXy6v2ro (1/1)

乙ー


700 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:33:00.17tJUygwuU0 (1/14)

乙、ありがとうございます。

投下します。


701 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:33:35.82tJUygwuU0 (2/14)


女(翌朝)

女(私は神殿の医務室のベッドで目が覚めた)



女(隕石のダメージが大きかった私は女友が去ったのを見た後、気絶していたようだ)

女(騒ぎを聞きつけた巡回兵により私は神殿に運ばれて、そこで治癒魔法を受けた)

女(結果もうすでに回復に向かっていた)



姉御「それで昨夜何があったってんだい?」



女(『癒し手(ヒーラー)』として私の治療をしていた姉御こと姉御筆頭に、集まったみんなに私は事情を説明した)




702 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:34:27.91tJUygwuU0 (3/14)




姉御「女友は魅了スキルの支配から逃れられていなかったか……くそ、気づいていればこんなことには」



傭兵「対象が余りにも限定的で、さらにあまり褒められた戦法ではないが……こうして格上を破った結果が全てか」



魔族「全く。おまえたち『クラスメイト』とやらは本当に一枚岩ではないのだな。一夜にして二人も抜けるなんて」





女「二人……? それってどういうことですか?」

気弱「あ、それなんですけど……今朝部屋に書き置きが残されていて」



女(私の疑問に気弱君が紙を見せる。それには)




703 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:34:54.29tJUygwuU0 (4/14)






『いやー、久しぶりに旨いもん食ったで。ほんとごちそーさん。

 そういうわけで俺はここらで退散させてもらうわ。

 あ、『組織』にも戻らんつもりやからな。

 あっちも色々ひりついてて面倒くさくてな。

 面倒なことはゴメン、が俺のモットーや。適当にこの世界で好き勝手生きさせてもらうで。

 ほな、じゃあな。   チャラ男』





女(とその調子に合わせたような走り書きの言葉が綴られていた)



女「そっか……チャラ男君も」

女(正直元々当てにしていなかったし、心も許していなかったからそんなに感情は動かなかった)




704 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:35:26.80tJUygwuU0 (5/14)


姉御「メッセージを伝えるついでに『組織』から離れて、そのまま逃走する計画だったんだろうねえ」

姉御「ったく、その上、手癖も悪くて懲りちゃいない」

姉御「気弱が個人的に持っていたお金もちゃっかり盗んでいったって話だから、女も何か盗まれたかもしれないよ」



女「あーそっか、昨夜は私部屋にいなかったし……でもあんまり手元にお金持つようにしてなかったし大丈夫だよ」



姉御「ならいいけどね……ああもう、女が男のところにたどり着けるように頑張るとか、あの言葉も嘘だったんだねえ」

女(姉御が歯噛みして悔しがる)



気弱「でも、本当にチャラ男さんらしくて感心さえしました」

女(お金を盗まれたという話の気弱君なのに、のほほんとしたことを言う)





姉御「……まあ、そうだねえ。これだけ世界に危機が迫る問題だって分かっているはずなのに……それでも放り投げて逃げ出せるんだから、ある意味大物なのかもねえ」

女(一時とはいえ一緒に冒険した二人には色々と思うところがあるのだろう)




705 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:35:53.52tJUygwuU0 (6/14)


傭兵「去った者の事を考えても仕方ない。しかし、今回のことで少女の弱点ともいえる面が露呈したな」

女(傭兵さんが話を軌道修正する)



女「弱点ですか?」

傭兵「ああ。魔導士の少女を自爆だと分かっていながら助けた」

傭兵「今後魔王城を攻め入った際に同じ事をされないとは限らない。それは少年も同じ事だ」

女「……そうですね。男君相手でも私は同じ事をしたでしょう」



女(もし男君が自分の首にナイフを当てて、これ以上傷つけられたくなかったら大人しくしろ、と脅しにもならないことを言われたら……それでも私は従ってしまうだろう)



傭兵「その気質は戦場でなければ美点なのだろうがな。さてどうするか……」



気弱「いえ、それなら大丈夫だと思いますよ」



女(傭兵さんの言葉に物申したのは意外にも気弱君だった)




706 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:36:28.91tJUygwuU0 (7/14)


傭兵「どういうことだ?」

気弱「男さんの動機からして……そんな好意を盾にした行動は取らないはず……ということです」

傭兵「動機……? 何か知っているのか?」

気弱「えっ……あ、いや……その」



女(気弱君はどうやら独り言くらいのつもりで発言していたようだ。みんなの注目が集まって慌て出す)



女「どういうこと、気弱君? 男君の動機について、何か心当たりでも――」

気弱「あ、僕はちょっとチャラ男さんに他に盗まれた物が無いか確認してくるので失礼します!!」



女(私の問いにあたふたしながら気弱君はその場を去っていった)




707 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:36:56.77tJUygwuU0 (8/14)


傭兵「あの様子……何やら気づいたのか?」

魔族「だったら何故共有しない」



姉御「女、あんたは大人しくしているんだよ。治療こそしたけど、あれだけのダメージだったからね」

女「えー、でも……」

姉御「代わりにアタイが気弱から聞き出しておくからさ。……まあいざとなったときの気弱はかなり頑固だから無理かも知れないけど」



女(ひらひらと後ろ手を振りながら姉御は医務室を出て行く)



女「……まあ、そっか。安静にしておかないとね」

女(女友による襲撃の被害は私だけに止まり、結果的に防げた形だ)

女(独裁都市の戦力は順調に集まっている)

女(決戦は近い、そのときに万全の状態じゃないなんて話にもならない)



女(今の私がするべきことは回復に努めることだと判断して……)

女(そう思うとダメージから来る疲れと、夜更けに起きていたことからそのまま眠りに就いた)






708 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:37:25.15tJUygwuU0 (9/14)




姉御(アタイは医務室を出て左右を見回した)



姉御「ああもう、こういうときはすばしっこいね」



姉御(気弱の姿は近くに見当たらない)

姉御(さて、どこに向かったのか……考えてとりあえず見当は付いた)



姉御「気弱は真面目だから、言い訳のようにして出てきたけど本当にチャラ男からの被害がどれだけあったか確かめている……ってところだろうねえ」



姉御(そうなれば向かうは客室だ)

姉御(この神殿は政治の中枢としても使われる拠点だ)

姉御(そちらの方は今は決戦準備のため24時間体制で動いている)

姉御(そのように人がいるところでは流石にチャラ男も盗みは働けないだろう)

姉御(だから被害があったとしたら客室方面だ。私は足をそちらに向ける)




709 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:37:51.58tJUygwuU0 (10/14)




姉御「さて後はどこに行ったかという問題だが……そういえば……」



姉御(最初に目が付いたのは女が使っている客室だった)



姉御「昨夜はいなかったから入られたかも知れないって言ってたねえ……」



姉御(とはいえ女子が使っている部屋に入る度胸は気弱にはないだろう)



姉御「でもまあ一応、一応。代わりに被害状況を確認するってことで」



姉御(アタイはそう言いながら部屋に入る)





710 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:38:19.64tJUygwuU0 (11/14)


姉御(二人用の客室)

姉御(二つのベッドにはどちらも使用された形跡があった)



姉御「女友も寝るフリだけはしたって言ってたし、そのせいかね……」

姉御(それにしても……未だに歯痒かった)

姉御(女友が命令に従って動いていたことに気づけなかった自分に)

姉御(演技の可能性は思い浮かんでいたのに……それでも自然に振る舞う女友に騙された)



姉御「全く悔しいねえ……女友、あんたも悔しくないのかい」



姉御(ここにはいない人に問いかける)

姉御(女友はおそらくアタイ以上に悔しがっているだろう)

姉御(男の命令通りに動くしかないことに)

姉御(本当はアタイたちに協力したいと、昨夜女にも言ったようだ。それなのに真逆の行動をさせられて…………)




711 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:38:58.50tJUygwuU0 (12/14)




姉御「……ん、あれは」



姉御(そのとき視界の隅に違和感を覚えた)

姉御(正体は枕だ)

姉御(枕カバーのファスナーが閉まりきっていない)

姉御(この神殿の清掃員は都市の中枢であるこの建物に勤めるだけあって丁寧な仕事を心掛けている)

姉御(アタイなら気にしないような細かいことまできっちりする人たちだ)



姉御(こんな雑をするはずがない。だとしたら……その後ベッドを使った人による仕業……?)



姉御(アタイは枕を手にとって枕カバーを取り外す)

姉御(すると中身と一緒に……一枚の紙が滑り落ちた)

姉御(アタイはそれを拾い上げて……そこに書かれた内容を読む)




712 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:39:32.15tJUygwuU0 (13/14)




姉御「……はんっ。なるほどねえ。女友、あんたも中々やるじゃないか」



姉御(メッセージは女友によるものだった)










『女友です。

 申し訳ありません、これを読まれている頃には私はそこにいないでしょう。

 男さんの命令下ではこんなものを残すことが精一杯でした。



 女たちが役立てることを願って、私が独自に掴んだ情報について記します。

 魔王城の抜け道についてです』




713 ◆YySYGxxFkU2020/02/24(月) 00:40:00.37tJUygwuU0 (14/14)

続く。


714以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/24(月) 04:32:46.11DCiQDWX5O (1/1)

乙ー


715以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/24(月) 10:39:33.09laabw0rW0 (1/1)

乙!


716以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/24(月) 22:26:31.279qgndLLy0 (1/1)

乙!


717 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:21:50.87PTwvBPgd0 (1/14)

乙、ありがとうございます。

投下します。


718 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:22:58.80PTwvBPgd0 (2/14)


女(翌日)

女(一日安静にしていた私はすっかり元気になった)



女(私、姉御、気弱君、傭兵さん、魔族さんに加えて)

女(ちょうど周辺地域を回って協力を取り付けから帰ってきた姫様と、古参会長も交えて最終確認を行っている)







姫「準備は整いました。決戦は三日後です」



女(姫さんの宣言に、ようやくこの時が来たかという心持ちだ)



女「王国に攻め入って、絶対に魔王城を落としてみせるよ……!!」

姫「一応注意しておきますが、外でそんなこと言わないでくださいね」

姫「今回、名目上は王国解放作戦です。大義名分の無い他国への攻撃はただの侵略ですから」

姫「男さんたちを、王国を乗っ取ったテロリストとして扱い、それから王国を解放することが今回連合軍が結成された目的です」



女(姫さんに注意される)

女(今回の作戦には大勢が関わる。私が分かっていないだけで、色々としがらみや建前と本音が入り交じるドロドロとした物が裏にはあるのだろう)




719 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:23:28.92PTwvBPgd0 (3/14)


古参会長「気にすることはない。女君は彼をどう説得するかだけを考えていたまえ」

女「……ありがとうございます」



女(私の微妙な面持ちを見抜いた古参会長に声をかけられる)



傭兵「極論、今の王国は少年の魅了スキル一つで成り立っているようなものだ」

傭兵「少年を攻略することが、そのまま王国を攻略することに繋がる」

魔族「少女よ、そのための策について後で提案したいことがある」



女(傭兵さんに続いて魔族さんが言うけど……策の提案って何だろう……?)



姉御「そうなってくると女友が残してくれた情報が役立ってくれそうだねえ」

女(姉御が拳をもう一つの手にパチンと打ち付ける)




720 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:24:08.79PTwvBPgd0 (4/14)


女「そうだね」



女(女友が残してくれた情報)

女(姉御が見つけてくれたそれについては昨日の内に目を通していた)



女(曰く、魔王城には抜け道があると)

女(元は王国の王族が使っていた城だ。有事の際に王族だけでも逃がすために秘密の抜け道が設えられていた)

女(王都の近くの森に出るそれを逆に侵入路として使ってみてはどうか、と)



女(命令が無い間に城を見回っていた女友が見つけたもので、男君はその存在も知らないようだ)

女(おそらく一番防御の堅いだろう王都をスキップして、直接魔王城に侵入できるならありがたい)



女(私としてはその情報の内容以上に、女友が男君の命令の外で残してくれたという事実の方が大きかった)

女(こちらに協力するという証だから)



女(女友が使ったベッドの枕からメモ紙が出てきたって話だったけど……よく考えてみれば襲撃から去る直前)



女友『私だってそうしたいところです。寝心地の良さそうな枕だったのに、あのベッドで結局一睡も出来ませんでしたし』



女(と、自分が使っていた枕を気にするように言葉を残していた)

女(気づけなかった私はニブチンだ)




721 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:24:36.12PTwvBPgd0 (5/14)




女「そういえば気弱君。やっぱり男君の動機について気づいたこと、教えてもらえないの?」

気弱「……な、何の話ですか?」



女(私の問いかけに気弱君は目を逸らして答える。嘘を吐いていると誰だって分かる様子だ)



気弱『男さんの動機からして……そんな好意を盾にした行動は取らないはず……ということです』



女(昨日口を滑らせたその言葉の意味は分からないまま)



姉御「ああなった気弱は頑固でねえ。すまんね、女」

女「姉御が謝る事じゃないでしょ」

姉御「まあ流石にアタイたちに大きく不利益が出るようなことなら、気弱だって黙ること無いはずだ」

姉御「黙っていても大丈夫だと判断したことだろうから、気になるだろうけど気にしないでくれ」



女「……はーい」

女(本人よりもすまなそうにしている姉御の姿に免じて、それ以上の追求は止める)




722 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:25:11.44PTwvBPgd0 (6/14)


女「『組織』との共闘の話って、どうなったんですか?」



女(気を取り直して私は古参会長に聞く)

女(チャラ男君は去っていったけど、その情報は本物だった……と信じたい)

女(王国をどうにかするために犯罪結社の『組織』と協力するかという話だったけど)



古参会長「『組織』とは特に話をしていないが、三日後連合軍が王国解放作戦を実行することは大々的に報じておる」

古参会長「協力するつもりなら、勝手にあちらの方で日程を合わせるだろう」



女「あ……そっか。二正面作戦をするだけだから、特に連携も取る必要がないと」

古参会長「『組織』が現れようと現れまいとすることに変わりはないからな」




723 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:26:00.18PTwvBPgd0 (7/14)


女(私たちの準備は完了した)

女(気になるのは残る二つの勢力の状況)



女(『組織』をバックにイケメン君を筆頭とする駐留派はどう動くつもりなのか)



女(そして王国、支配派である男君はどう応じるつもりなのか)



女「あー……気になるなあ……」






724 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:26:28.17PTwvBPgd0 (8/14)


<『組織』本部>





イケメン「三日後、連合軍が動く。僕たち『組織』もその日に合わせて動く事にするよ」





ギャル「三日後? 随分早いわね」

イケメン「ああ、トップがかなり優秀なようでね」

イケメン「生まれ変わった独裁都市の姫、そして古参商会の長の力のおかげだろう」

ギャル「ふーん、まあどうでもいいけど」

イケメン「そうだな、王国の気を引いてくれさえすればいい」



イケメン(僕の頭にあるのは作戦が上手く行くか、否かだけ)

イケメン(すなわち魅了スキルの奪取だ)



イケメン(最初からそれを目的に動いてきた)

イケメン(状況が推移して、やつが積極的に魅了スキルを使用するようになった今も変わりはない)



イケメン(いや、それ以上の旨味が増えたとも言えるだろう)

イケメン(魅了スキルによって王国を支配している現状、僕が魅了スキルを支配することが出来れば、王国もまるっと戴けるということだから)

イケメン(そうして今度こそ女を手に入れる)




725 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:26:56.53PTwvBPgd0 (9/14)


ギャル「にしてもチャラ男も薄情者よねえ。ギャルたちや『組織』への恩も忘れて出て行くなんてさ」

イケメン「最近あいつが不満を溜めていたのは分かっていたからな。遅いか早いかの問題だったさ」

イケメン「まあ最後に重要な情報を残してくれた辺り、完全に恩を忘れたわけではないだろう」



イケメン(独裁都市に大使として向かわせたチャラ男から送られてきた手紙)

イケメン(それには情報を伝えたという旨と、『組織』から脱退すること、そして魔王城の抜け道についてが記されていた)



イケメン(最後の情報については、金目の物を探している内に見つけた情報らしい)

イケメン(男に支配されている女友が支配の外で残した情報とやら記されていて、どうやら向こうも向こうで複雑な事情があるようだが関係ない。情報の中身が全てだ)



イケメン(魔王城に直接侵入する通路の存在については喉から手が出るほど欲しかった情報だ)

イケメン(その重要さは、チャラ男が抜けた戦力の穴と十分に釣り合うほど)




726 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:27:24.14PTwvBPgd0 (10/14)


イケメン「…………」



イケメン(世界全てが僕の都合のいいように回っている)

イケメン(三日後僕は全てを手に入れる)

イケメン(そうなるとこいつともそろそろおさらばだな)



ギャル「ん、どうしたのギャルの顔を見て? あーそういえば最近恋人らしいことしてなかったもんね。キスでもする?」

イケメン「……そうしたいのはやまやまだけどね。この後ちょっと用事があってね」

ギャル「えー。最近イケメンずっとそんな感じじゃない?」

イケメン「ごめんって、今回の作戦が終わったら思う存分付き合うからさ」

ギャル「……ならいいけど」



イケメン(ギャルは口を尖らせながらも引き下がる)

イケメン(のうてんきな提案に口調を荒げる寸前で、僕がこいつの彼氏であったことを思いだして、聞き当たりの良い言葉を並べる)

イケメン(まだ我慢だ。こいつは僕のためといって、最近ますます力を付けている。魔王城攻略に当たって、有力な駒となる)

イケメン(この脳みそ空っぽ女は、最後の最後まで自分が利用されていることに気づかないのだろう。まあそうやってコントロール出来る自信があったからこいつを選んだとも言える)



イケメン「………………」

イケメン(帰還派の連合軍と支配派の王国はどのように動くか)

イケメン(気にはなるが関係ない)

イケメン(最終的な勝者は僕に決まっている)

イケメン(ああ……三日後が待ち遠しいくらいだ)




727 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:27:54.62PTwvBPgd0 (11/14)


<魔王城・謁見の間>



女友「――――というわけです」

男「……まあいいだろう、総合的な首尾は上々だ」



女友(私は独裁都市から帰った魔王城にて、男さんに今回の作戦の経過について報告しました)





女友(今回命じられていたことは大きく分けて三つ)

女友(まず一つは独裁都市の現状を探ること。これについては概ね達成できたと見て構わないでしょう)

女友(もう一つは独裁都市の戦力を削ること。これはユウカに妨害されて失敗)

女友(最後に……一番妖しげな企み)





女友(『男さんの命令の外ではこの情報を残すことが精一杯』という体で、男さんに命令された通りの情報を流すこと)





女友(これについては……最後に枕に注目するように言いましたが、女は気づいたのでしょうか)




728 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:28:21.03PTwvBPgd0 (12/14)


女友(魔王城への抜け道)

女友(確かに私が発見した代物ですが、『気づいたことは全て知らせろ』という命令により男さんに共有されその存在は知っています)

女友(こんな嘘の情報を流して、一体何の意味があるのか。いつも通り男さんは命令だけして何の説明もしてくれません)



女友(考えても分かりませんが、いずれにしろ全てが男さんの手の平の上で進行しているようにしか思えなくて恐ろしいばかりです)

女友(男さんはその先に何を見ているのでしょうか?)




729 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:28:47.51PTwvBPgd0 (13/14)




男「報告はそれで終わりか?」



女友(男さんが問います)

女友(今回命令されたことについては一通り既に述べたので……最後に大事な伝言を伝えましょう)





女友「女から男さんに伝言をもらいました。『絶対に会いに行くから』だそうです」

男「……そうか。下がっていいぞ」





女友(男さんは何の反応も見せずに、私に退室するよう勧めたのでした)




730 ◆YySYGxxFkU2020/02/27(木) 00:29:37.89PTwvBPgd0 (14/14)

続く。


731以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/27(木) 06:47:13.09LIdwO3eWo (1/1)

乙ー


732以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/02/28(金) 00:24:54.42B+auoKVBO (1/1)

乙!


733以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/03/01(日) 19:58:07.79dXWyQ+D50 (1/1)

乙!


734 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:18:45.89GvLpIzs10 (1/17)

乙、ありがとうございます。

投下します。


735 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:19:30.27GvLpIzs10 (2/17)


近衛兵長(私のこれまでの人生は数奇なものだった)



近衛兵長(物心付いたときから王国の工作員としての教育を受け、それも十分となった頃命令により各地を暗躍)

近衛兵長(数年前からは長期ミッションとして元宗教都市、現独裁都市に潜入した)



近衛兵長(傀儡政権を樹立させ、富を王国に横流しする準備と共に都市の弱体化を計るも)

近衛兵長(魅了スキルを持った少年たちによって阻まれる)



近衛兵長(その後命令により王国への逆スパイとして働かせられたと思うと、王国を乗っ取るために利用される)

近衛兵長(結果こうして乗っ取った王国でNo.2としての地位に就いている)




736 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:20:20.90GvLpIzs10 (3/17)


女友「近衛兵長さんは今回の命令についてどう考えますか」



近衛兵長(主との謁見を経て退出したところで、魔導士の少女に声をかけられる)

近衛兵長(同じNo.2の立場として少女とはそれなりに交流がある。元が敵同士であったためかその関係はぎこちないものもあるが)



近衛兵長「抜け道の情報を流したことか」

女友「ええ」

近衛兵長「単純に考えるならば罠だな。抜け道に入った時点でそれを封鎖することで一網打尽にする」

女友「私も一番にそれを考えました……しかし」

近衛兵長「ああ。王国の戦力は十分にある。わざわざ面倒な罠を使わずとも、正面から叩き潰せばいい」

女友「そうなんですよね……」



近衛兵長「故にもう一つ考えられる可能性として……誰かをこの魔王城に誘き出したいのではないか?」

近衛兵長「心当たりはないのか、主の昔からの知己として」



女友「心当たりは何人かいますが……その目的までは」

近衛兵長「少女に分からないことが、私に分かるわけ無かろう」



近衛兵長(それもそうですね、と魔導士の少女は頷いてその場を去っていく)

近衛兵長(独裁都市での戦闘の疲れを癒すために自室待機するように命じられていたはずだ)

近衛兵長(私も護衛を終えて待機を命じられていたため、自室に向かうのだった)




737 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:21:01.63GvLpIzs10 (4/17)




近衛兵長(その夜)

近衛兵長(私は唐突に主に呼び出された)



近衛兵長(別にそれ自体は良くあることだった)

近衛兵長(珍しかったのは呼び出されたのが私だけだったということ)

近衛兵長(二人のNo.2という立場からか、もしくは魅了スキルにかかっているとはいえ未だ私のことを信用していないのか、これまで呼び出すときは必ず魔導士の少女も一緒だったからだ)



近衛兵長「呼び出したのは私だけか?」

近衛兵長(分からないことは素直に問うに限る)





男「はい。決戦を三日後に控えて……個人的に頼みたいことがあるんです」





近衛兵長(主、男の様子はいつもと違った。口を開けば命令ばかりだったのに……頼みとは一体)




738 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:23:15.85GvLpIzs10 (5/17)


近衛兵長「珍しいことが続くな」

男「今回限りです。それより近衛兵長さん、俺について何か気になることがあるんじゃないですか?」



近衛兵長(ここまで命令がない会話も珍しい。私の意見を求めることもだ)

近衛兵長(どういう考えなのかは分からないが、私だって機械ではない。気になることなどたくさんある)



近衛兵長「気になること……と言われると山ほどあるが、一番は……そうだな、何故王国を支配したのかということだ」

男「王国を支配した理由は簡単です。この大陸で一番強大な王国を支配することが、全てを支配する足がかりとしてちょうどいいと判断したからです」



近衛兵長「ならば続けて質問だ。何が目的で全てを支配する?」

男「俺の夢のためです」



近衛兵長「夢とは何だ?」






739 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:24:12.72GvLpIzs10 (6/17)






男「永遠の孤独です。誰にも干渉されず、誰にも邪魔されない、俺一人だけの空間」

男「あっちの世界では諦めた俺の夢が、この世界ならば叶えられる」

男「全てを支配したその中心で、俺は永遠の孤独を享受してやるんです……!」





近衛兵長(少年は両手を広げ意気込んで語る)

近衛兵長(その様子はいつもと違って、年相応に見えた)



近衛兵長「なるほどな……」

男「そんな下らないことのために、って思いましたか?」



近衛兵長「いや、微塵も」

男「本当ですか? 引かれると思ってましたが」




740 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:24:44.62GvLpIzs10 (7/17)




近衛兵長「ならば逆に問うが、どのような理由で世界を支配すれば崇高だと言える?」

男「それは……」



近衛兵長「世界を支配する。そもそもが下らない行為だ」

近衛兵長「ならば理由も下らない物になって当然」

近衛兵長「世界を救うために、などと言われた方がよほど反吐が出る」



男「……ははっ、そうですね。近衛兵長さんにこのことを話して良かったと心底から思いました」



近衛兵長(少年が笑い飛ばす)




741 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:25:20.11GvLpIzs10 (8/17)




近衛兵長「全てを支配するか……なるほどな、全てが繋がった」

近衛兵長「少年がこれまでにしてきた行動、その意味も」



男「分かったんですか?」

近衛兵長「ああ。少年と竜闘士の少女の奇怪な関係については聞いているからな」



男「……女友か。そっちは明かすつもりはなかったんですが」

近衛兵長「論理的に考えてだからな。正直その行為がどのような意味を持つのかは分からん。恋というものを知らずに育ったからな」



男「ハニートラップを仕掛けたこともあると聞いた覚えがありますが」

近衛兵長「あれは欲を理解していれば務まる」



近衛兵長(珍しく軽口の応酬となる。私も少年もどうやらテンションが高まっているようだ)




742 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:25:59.94GvLpIzs10 (9/17)




近衛兵長「それで。私への頼みとは何だ。そういう話だっただろう?」

男「そうでしたね。二つあります。一つは三日後の決戦時に、防衛隊の指揮を取って欲しいということです。ああこれは命令です」

近衛兵長「命令か、当然承った」



男「もう一つは……こちらが頼みですね」

男「決戦を制せば、この世界のほとんどを掌握出来るといっても過言ではないでしょう」

男「そうなったら支配権を俺から近衛兵長さんに委譲したいんです」



近衛兵長「委譲……?」

男「ええ。虜になった人間には『近衛兵長の命令に従うように』という命令を下しますから、その後は好きにお任せします」




743 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:26:35.76GvLpIzs10 (10/17)


近衛兵長「何故そのようなことを?」



男「支配を維持するために一々命令しないといけないなんて、永遠の孤独に程遠いじゃないですか」

男「同じ理由で近衛兵長さんに命令ではなく、頼みとしてお願いしたいんです」

男「世界支配を目的としていた元王国に従っていた身として、そういう欲望は持っていますよね?」



近衛兵長「……何の罠だ? 私が一方的に得するだけに思えるが」

男「言ったとおりですよ。俺の夢のためです」

近衛兵長「そのために支配した世界をまるっと私に譲ると?」

男「はい。……あ、でも最低限の命令として俺を裏切れないようになどの効力はそのままですからね」



近衛兵長(真意は分からないが……今の主に嘘を吐いている様子は感じ取れない)

近衛兵長(ならば私の返事は一つ)



近衛兵長「裏切るものか、私に多大な恵みをくれる主に」

男「承ってくれるんですね」

近衛兵長「もちろんだ」



近衛兵長(成り行きで仕えることになったが、今のやりとりを経て私はこのときのために今までを過ごしてきたのだと思うまでになった)




744 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:27:04.19GvLpIzs10 (11/17)


近衛兵長(と、話が一段落したところで)





幼女「ねえ、パパ。まだ話終わらないの……?」





近衛兵長(そのとき第三者の、幼い声が響いた)




745 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:27:32.14GvLpIzs10 (12/17)




男「……寝ておけって言っただろ」



近衛兵長(少年が不服そうに口を開く)



幼女「嫌。パパと一緒に寝るの」



近衛兵長(しかし幼女に引く様子はない)



男「分かった、すぐに行くから」

幼女「絶対に約束だからね」



近衛兵長(仕方なく少年は折れたようだ)




746 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:28:33.86GvLpIzs10 (13/17)


近衛兵長「苦労しているようだな」

男「ええ、割と。まあリンクしていたときからですから元々です」



近衛兵長「ならば魅了スキルで支配すればいい」



男「駒として見るには関わりすぎましたから」

男「そうなるとあのような幼き者にまで魅力的に思うほど猿でもないですし」



近衛兵長「……まあそうなったら擁護は出来まい」



男「三日後、役割を持ってもらうつもりですから。それまではご機嫌取りしますよ」



近衛兵長(話は終わりだと言わんばかりに少年は手を振りながら、幼女も引っ込んだ寝室に向かう)

近衛兵長(私も部屋を出た)




747 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:29:16.07GvLpIzs10 (14/17)


<寝室>





幼女「すぅ……すぅ……」

男「ようやく寝たか」



男(はぁ、と俺は一息吐く)





男「………………」



男(あの襲撃の日、『囁き』を受けた瞬間に思い描いていた通りに)

男(抱いた感情そのままに、ここまで突き進むことが出来た)



男(順調に進んでいる)

男(誰にも邪魔はさせない)



男(俺の夢を叶えて、理想を諦めるために――)






748 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:29:49.25GvLpIzs10 (15/17)






男「必ず会いに行くから……か」



男「いいだろう。全てを終わらせよう……女」








749 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:30:15.14GvLpIzs10 (16/17)






 そして三日後。

 異世界の命運の賭かった決戦の日を迎える。








750 ◆YySYGxxFkU2020/03/04(水) 00:32:40.62GvLpIzs10 (17/17)

続く。

最終章が始まってから4か月。
投稿ペースが遅くなったせいで時間がかかりましたが、ようやくここまで来ました。

次回から最終局面に入ります。
最終章も残り10話前後くらいなので、付き合ってもらえると幸いです。


751以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/03/04(水) 01:43:15.46HoEWpGN5o (1/1)

乙ー


752以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/03/04(水) 05:28:38.70tVkua0ptO (1/1)

乙!


753以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/03/07(土) 13:48:49.08adWkq/Sh0 (1/1)




754 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:27:14.15FjdzGLil0 (1/19)

遅くなりました。
投下します。


755 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:27:49.05FjdzGLil0 (2/19)


姫(私は初めて見るその光景に恐れおののいていました)



姫(武器を手に取り相手を打ち倒さんと迫る者たち、雨霰のように飛び交う魔法、気勢や怒号や悲鳴といった強い感情の籠もった声の響き)

姫(それがいたるところに溢れている場所)

姫(戦場)



姫(前の大戦の際、私は物心が付いていない子供でした)

姫(大陸でそのとき以来に起こった大規模な戦闘だと言えるでしょう)





古参会長「体が震えておるな。悪いことは言わない、今からでも帰っていいのだぞ?」

姫「会長さん……」




756 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:28:30.40FjdzGLil0 (3/19)


姫(私が今いるここは今回の王国解放作戦を実行する連合軍の司令所です)

姫(戦闘中ということで色々な人が立ち替わり入れ替わりで忙しなく動いています)

姫(戦場を見ただけで震える私のような小娘がいるべき場所では無いのでしょう)



姫(それでも私はこの戦いの結末を自分の目で見届けたい、ということで自ら望んでこの場にいました)

姫(正直邪魔だと思われているでしょうが、私は独裁都市の代表であり、今回の作戦の提案者。無碍に扱うことも出来ないのです)



古参会長「全く。何ともなワガママを通したものだ」



姫(動く様子を見せない私に、会長さんは呆れた様子で呟きました)



姫「ええ、ワガママは得意なんです。元は『少女姫』でしたから」

古参会長「話は聞いたことはあるぞ」




757 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:30:19.97FjdzGLil0 (4/19)


姫「私をあの操り人形だった日々から解放してくれたのは男さんです。莫大な恩があるんです」

姫「理由も目的も思惑も分かりません」

姫「それでも今の男さんを、私はおかしいと判断します」

姫「ならばそこから戻すのが私の恩返しです」



古参会長「そうか……各所への交渉、やけにはりきっておるとは思ったが」



姫「本当は直接男さんに言いたいんです。誰にだってその役割を譲りたくない」

姫「……でも、分かるんです。私の想いでは届かないだろうことが」



姫(私は視線を上に向ける)

姫(女さんは戦場上空にて王国のドラゴン部隊と戦闘中だった。数体のドラゴン相手に一歩も引かない立ち回りをしている)




758 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:30:57.04FjdzGLil0 (5/19)


古参会長「あの中に私が売ったドラゴンが何体いるだろうか」

姫「そういえば古参商会はドラゴンの取り扱いもしていましたね」



古参会長「ああ。別にそのこと自体に思うところはない。商人として必要としている人に必要な物を売っただけだからな」

古参会長「だが……直近でドラゴンを取り扱ったのが、少年たちがテイムしたものだったからそれを思い出してな」



姫「男さんの話で聞きました。古参商会のスパイ騒動を解決したことも」

古参会長「秘書を過去や苦しみから解放して、私との絆も守ってくれた少年たちには感謝してもしきれない。そういう意味では姫、そなたと同じだな」

姫「なるほど……腑に落ちました。かき集めても足りなかった今回の作戦の費用。足りなかった分を私財を投入までして補った、会長の気持ちが」

古参会長「少年たちが守ってくれた物を思えばまだまだ足りないくらいだ」



姫(会長は頭を振りますが……独裁都市の一ヶ月分の運営費ほどの額です)

姫(とてつもない額だというのに……いやそれほど男さんたちの行為に感謝しているということでしょうか)




759 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:32:41.35FjdzGLil0 (6/19)


古参会長「いやはや、年を取るとどうにも昔話ばかりしてしまう。大事なのは今だというのにな」

姫(古参会長はポンと手を叩いて話題を変えた)



姫「あ、すいません。会長は補給の責任者。私と無駄話している暇はありませんよね」

古参会長「いや何、本当に余裕が無ければそもそも話しかけてはおらん。次の補給が到着するまで後少しあるから大丈夫だ」

古参会長「それまでに現在の戦況を説明しておこう。ここは指令所。流れ弾が飛ばないように陣の最後衛に位置している分、状況も分かりづらいだろうしな」

姫「ありがとうございます」



古参会長「正直なことを言うと、現在連合軍は王国軍に押され気味だ」

古参会長「想定外なことが二つ発生しているからだろう。戦場に伝説の傭兵殿の姿が無いことと王国軍の数が多いことだ」



姫「傭兵さんがいないんですか?」

古参会長「ああ。元々傭兵殿からは『連合軍の指揮下で動くつもりはない、自分たちの策の下に動くつもりだ』とは聞いている」

姫「策というと魔族さんと女さんと何か打ち合わせをしているのは耳に挟みましたが」



古参会長「何を企んでいるのかは分からないが、とにかく一騎当千の竜闘士が二人いれば盤石だと思っていたところで、戦場に女君一人しかいないため目論見が外れているところが一点」




760 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:34:26.34FjdzGLil0 (7/19)


姫「もう一つ、王国軍の数が多いというのは?」

古参会長「そのままの意味だ。正確には連合軍と戦闘中の数が、ということになるな」



姫(古参会長の曖昧な言い回し)

姫(この場所は連合軍の司令所。二人で話しているが、先ほどから周囲の人の行き来も激しい)

姫(つまりその無関係な人に聞かれるわけには行かない言葉を避けているということで…………)



姫「あれが動いていないというわけですか?」

姫(すなわち犯罪結社『組織』のことだ。元々、二正面作戦によって戦力の分散を計るという話である)



古参会長「その可能性が高いのだろうな」

姫「まだ王国側にあれが動いていることを気づかれていないだけという可能性も……」

古参会長「いや、無いだろう。使者の話を魔導士の少女、女友君は聞いている。王国には筒抜けのはずだ」

姫「あっ、そうでした」



古参会長「だとしてもやることには変わりない。ここを突破して、王都にたどり着き、何としても魔王城までたどり着かねば」



姫(今の戦場は王国の郊外だ。王都にあると言われる魔王城まではまだまだ遠い)




761 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:35:43.42FjdzGLil0 (8/19)


古参会長「さて、時間だな。私は行くぞ」

姫「貴重な時間を割いてくれて、ありがとうございました」

姫(去っていく会長に私は礼をする)



姫「…………」

姫(どうやら戦況は芳しくないようです)

姫(王国の力は強大。それに対抗しうる力をかき集められたのは奇跡で一回限り。作戦を失敗すれば、王国の支配はもはや誰にも止められないでしょう)



姫(戦う力も戦場を動かす権限も持たない私)

姫(唯一出来ることといえば)



姫「お願いします、女神様。私たちを勝たしてください」



姫(願うこと)

姫(それは女神教の大巫女として祈りは欠かしたことが無い私には得意分野でした)




762 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:36:26.72FjdzGLil0 (9/19)


<王都近郊>



女友「はぁ……」

女友(私は空中で溜め息を吐きました)



女友(現在の状況は連合軍による王国解放作戦の進行中です)

女友(男さんの魅了スキルによって王国に味方するしかない私は防衛する側と言えます)



女友(連合軍はかなりの戦力を揃えてきたようですが、王国軍だって盤石の準備をしています)

女友(総司令官を命じられた近衛兵長さんの指揮の下、ほぼ全勢力で以て当たっているはずです)

女友(遅れは取らない、いえこちらが圧倒することもあり得ますね)




763 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:38:06.19FjdzGLil0 (10/19)




女友(――と、想像するしかないのは私がその場にいないからです)

女友(連合軍に王国軍の全力で当たった結果、生じる当然の問題)

女友(すなわち『組織』の攻撃を如何にして防衛するかということです)



女友「うじゃうじゃいますね……」



女友(浮遊魔法で宙を行く私の眼下に見えてきたのは地上を埋め尽くす『組織』の構成員)

女友(ざっと数えて5000人ほどでしょうか。それら全てが王都に向けて進んでいます)

女友(浮遊魔法に加えて透明化魔法をかけているため地上の構成員たちに気づかれていませんが、気づかれた瞬間魔法や矢が飛んできてたちまち危機に陥るでしょう)



女友「『組織』はどうやらかなりの数を揃えてきたようですね」

女友(チャラ男さんの話が嘘だったら、私の仕事も無くなったのですが)




764 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:43:16.41FjdzGLil0 (11/19)


女友(『組織』に対しての防衛は男さんの命令によって私に任されました)

女友(しかし、何度も言っていますが現在連合軍相手にほとんどの戦力を割いていますし、何かあったときのための人員を王都と魔王城にも配置しなければなりません)



女友(結果、『組織』防衛にかけられる人員は――2人)

女友(私ともう1人で5000を越える数を相手しろ、というわけです)



女友(見た感じ『組織』の構成員にそこまでの練度は無いようですので、魔導士である私なら一度に十数人ほどは相手出来るでしょう)

女友(ですがそれが限界で、まともに戦えば一瞬でやられるに決まっています)



女友(男さんが私への嫌がらせにこのような配置にしたのか?)

女友(今の男さんがおかしくなっているとはいえ、そこまでのことをするはずがありません。勝算があっての行動です)



女友(鍵となるのはもう一人の存在)




765 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:45:22.18FjdzGLil0 (12/19)






幼女「空飛んでる!! あ、ねえねえ、お姉ちゃん!! 人がいっぱいいるよ!!」





女友(私の脇に抱えている幼女の発言)

女友(私が独裁都市から帰ってきたときには、集まった宝玉を使い既に呼び出されていた存在)





女友(つまりは――これまで魔神と呼んできた存在です)







766 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:45:50.76FjdzGLil0 (13/19)


女友「ああもう暴れないでください」

女友(空中にいるのに落ちたら一大事です。はしゃぎだした幼女を強く抱えます)

女友(魔神と呼ばれていてもその正体は幼き少女です。戦う力も持っていません)



女友(その身に宿すのは一つのスキルのみ)

女友(固有スキル『囁き』)

女友(この世界を滅ぼす直前まで追い詰めた最凶のスキル)



女友「この辺りで大丈夫ですか?」

幼女「もうちょっと高い方がいいかも」

女友「……本当ですか? 地上からさらに離れることになりますが」



幼女「うん、もうちょっと高いところに行った方が楽しそう…………あ、じゃなくて」

女友「はぁ……真面目にやらないとパパに言いつけますよ」

幼女「ごめんなさい、嘘を吐きました! パパには言わないでください!」




767 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:46:17.65FjdzGLil0 (14/19)


女友(私が出したパパという単語)

女友(幼女は男さんのことをパパと呼んでいます)

女友(召喚されて男さんの姿を見たところ、パパに似ているということからです)



女友(そしてこのように自由に振る舞っているのも男さんの魅了スキルがかかっていないからです)

女友(学術都市でリンクが繋がって以来、頻繁に会話が交わされた結果、男さんは幼女を駒として見ることが出来なくなったそうです)

女友(そうなると幼き少女を魅力的に思うほど腐ってはいないという言い分で、虜に出来ていないのです)



女友(ですから普通に関係を築いた結果、幼女は男さんの言うことだけは聞くようになりました。本当に娘と父のような関係です)




768 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:47:53.02FjdzGLil0 (15/19)


女友「だったら言われたとおりお願いします」

幼女「うん、分かった。お姉ちゃん、透明化解いて。そしてみんなの注目を集めて」

女友「了解です。『不可視(インビジブル)』解除。『吹雪の一撃(ブリザードアタック)』!!」



女友(私は言われた通り透明化を解除して、氷の雨を地上に降らせてこちらに注目を向けさせます)



構成員1「いたっ……何だいきなり……って、誰だあいつ?」

構成員2「おまえ情報にあっただろ、クラスメイトとかいうくくりに属する魔導士だ」

構成員3「魔導士とかやべえな。でも一人、しかも子連れとか無謀すぎるだろ」



女友(気づいた構成員たちがこちらを見上げだしました)

女友(私と幼女の姿しか見えないことに嘲笑が辺りに満ちます)

女友(犯罪結社の構成員だけあって、下卑で粗野な男たちばかりです)



女友(だからこそこれからの行動の効果が増すでしょう)




769 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:48:18.17FjdzGLil0 (16/19)






幼女「じゃあ行くよ! 『囁き』!!」





女友(幼女が、魔神がその最凶のスキルを発動します)

女友(その条件はお互いに存在を認識すること)

女友(その効果は対象の欲望を解放すること)





構成員たち「「「あっ…………」」」





女友(『組織』の構成員全てに『囁き』がかかった結果起きることは)




770 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:48:54.15FjdzGLil0 (17/19)


構成員1「おまえ前から気に入らなかったんだよ!!」

構成員2「その得物いいな、よこせっ!!」

構成員3「いっつも、いっつも嫌がらせをしやがって!! うんざりなんだよ!!」

構成員4「おまえの女いいやつだよな! おまえが死ねば俺の物になるよな!」

構成員5「いっつも偉そうにしやがってよぉっ!!」





女友(壮絶な同士討ち)

女友(5000の数を1人で自滅に追い込む)



女友(これこそが固有スキル『囁き』の本領)






771 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:49:21.24FjdzGLil0 (18/19)




幼女「ねえ、お姉ちゃん。手退けてよ」



女友(私は自然と目の前の醜い光景を見せないために幼女の目を手で覆っていました)

女友(これまで触れ合って分かったのは、規格外の力を持ってしまっただけのただの幼き少女だということです)

女友(こんなもの見せるわけにはいけません。男さんの命令で禁止されている事項じゃなくて助かりました)



女友「駄目です。見ちゃいけないものがあるんです」

幼女「でも見えないと上手く行ったか分からないじゃん」

女友「それなら完璧ですよ。きっとパパも褒めてくれると思います」

幼女「本当っ!?」

女友「さて仕事も終わりましたし帰りますよ」



女友(命令されたことをこなした私は、次なる命令『魔王城に帰還すること』の実行に移りました)




772 ◆YySYGxxFkU2020/03/25(水) 23:49:49.00FjdzGLil0 (19/19)

続く。


773以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/03/26(木) 05:09:56.49So1KGHneo (1/1)

乙ー


774以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/03/27(金) 18:33:20.94LMEZiJgPO (1/1)

乙!


775 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:06:01.78WSmNXtlS0 (1/19)

乙、ありがとうございます。

投下します。


776 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:06:40.23WSmNXtlS0 (2/19)


<王都近郊>



イケメン「何だ、この戦闘音は! 接敵はまだだったはずだろう! 一体何が起きた!」 

伝令「そ、それが空に脇に何者かを抱えた王国の魔導士が現れ何らかのスキルを使われた結果、突然我が方が同士討ちを始めたようで……」

イケメン「同士討ちを誘うスキル……まさか」



伝令「そして……俺もいつもいけすかない態度のおまえをぶっ殺したくなったんだよ!!」

イケメン「っ……! 『影の束縛(シャドウバインド)』!!」



イケメン(態度を豹変させた伝令を僕はスキルを使って拘束する)



伝令「くそっ、離せ!!」

イケメン「離すわけ無いだろう。はぁ……面倒なことになったみたいだね」




777 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:07:19.76WSmNXtlS0 (3/19)


イケメン(僕は『組織』の王国討伐作戦における全権を受け持っている)

イケメン(組織への貢献から幹部へと昇進しこのような重大な役職も任されるようになった)



イケメン(今回部隊は主に二つに分けている)

イケメン(一つは寄せ集めの大部隊。もう一つは僕が直接指揮する少数精鋭の部隊だ)

イケメン(大部隊が王国軍と正面からやりあい注意を引いている間に僕らが潜入する手はずだったけど、どうもその目論見には陰りが差しているようだ)



ギャル「同士討ち? 何でこの時に? 寄せ集めだとしても馬鹿すぎない?」

イケメン「想像は付く、魔神だろうね。『囁き』のスキルにより欲望を解放された結果、日頃から不満を溜めていた味方に当たり散らかし始めたというところだろう」

ギャル「使えないわね」

イケメン「ああ、全くだ」



イケメン(ギャルの言葉に演技でなく僕は同意する)




778 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:08:01.97WSmNXtlS0 (4/19)


イケメン「さてそうなると、注意を引ける時間も限られる。急がないとね」



イケメン(僕は部隊に指示を出して捜索を急がせる)

イケメン(現在位置は王都付近の森の中)

イケメン(チャラ男からの手紙にあった、魔王城への抜け道があるはずの場所だ)

イケメン(今回の作戦に当たって設立された部隊、30人ほどの達人級の使い手が散らばって抜け道の出口を探す)



イケメン(ちなみに当然ながら隊員は全員男性である)

イケメン(女性を支配する魅了スキルの持ち主の根城に乗り込むのに、のこのこと対象となる女性を連れていくはずがない)



ギャル「ほらーきりきり働きなさいよー」



イケメン(唯一の例外が僕の隣に立ったまま捜索をサボっているギャルだ)

イケメン(こいつはそもそも異世界に召喚されたばかりの時に魅了スキルを食らったが虜になっていない)

イケメン(条件である術者が魅力的だと思う異性に当てはまっていないというわけだ)




779 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:08:27.83WSmNXtlS0 (5/19)


イケメン(チャラ男の手紙から、今の男がどんな女性も自身の駒だと思えば魅力的だと思える、という考えは知っている)

イケメン(だがそれも以前に関わりの無かった人間に限られるわけで、復活派の魔族が対象外だったようにこいつも対象外という判定になるはず)

イケメン(というわけで魅了スキルを気にしないで良いとなると、十分に力を持ちそして僕に従順と連れて行かない理由がない。そういうわけでこいつも部隊に同行させているのだった)





イケメン(隊員たちには地面の感触を確かめながら捜索させている)

イケメン(抜け道は地下道だ。どこかに空洞があるはず)



隊員「見つかりました!!」



イケメン(程なくして報告が上がった。魔法によって地表を吹き飛ばされた結果ぽっかりと穴が空いている)



イケメン「よくやったね。さて進むよ」



イケメン(僕は隊員を集めて地下へと降りるのだった)




780 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:09:06.07WSmNXtlS0 (6/19)


イケメン(地下道はしっかりとした造りだった)

イケメン(元は王族が緊急事態の際に逃げるための物だ。何かあったときに壊れていたりしたら話にならないからだろう)

イケメン(そのため進むのに苦は無いのだが……僕は部隊に警戒させながら歩かせたためスピードは遅かった)



ギャル「急ぐんじゃないの? こんなところでゆっくりしてていーの?」

イケメン(お気楽なギャルの言葉は無視する)



イケメン(ここまではスムーズに潜入できた。だからといってここからも上手く行くなんて思ってはいない)



イケメン「…………」



イケメン(何か出来すぎている。罠ではないのか?)

イケメン(そもそも最初チャラ男からの手紙を見たときから胡散臭いとは思っていた)

イケメン(自分の本拠地にある抜け道に気づかないままなんて間抜けすぎる)

イケメン(それほど抜け道を見つけた女友が優秀だったというだけか? それとも分かっていて泳がせているのか?)




781 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:09:38.49WSmNXtlS0 (7/19)


イケメン(しかし僕の警戒も空しく何も起きず、地下道を進み続けた結果目の前に扉が現れた)



ギャル「ほら、何も無かったじゃん」

イケメン「……結果論だ」



イケメン(ギャルの軽口に僕は苦々しい面持ちで返す)

イケメン(扉を開けて地下道を出たところにあったのは部屋だった。食材がごったに転がっている)



イケメン「王城の調理室地下にある食料庫か。どうやら順調に進めているようだな」



イケメン(首尾良く魔王城に潜入することが出来た。だがここからが本番)

イケメン(今もって連合軍と王国軍は正面衝突しているはずだ。だからといって全ての戦力が本拠地であるこの魔王城から出払っているはずがない)

イケメン(チャラ男の手紙による女友からの情報によると、やつは魔王城の最上階、謁見の間にいることが多いらしい。警備の目をどうにか潜り抜けて辿り着いてみせる)




782 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:10:07.75WSmNXtlS0 (8/19)




イケメン「作戦通りだ。まずは二人、表に出て警備の目を攪乱してこい」

隊員たち「「はっ!」」



イケメン(調理室へと通じる扉から隊員の二人が出て行く。それを後目に僕らは裏道を進む)

イケメン(この魔王城は元々人目に付かないように移動できる裏道が張り巡らされているようだ)

イケメン(その内の一つはもちろん謁見の間まで繋がっている)

イケメン(そうでなければ緊急事態の際に王族を逃がすことが出来ない)



イケメン(裏道を進んでまた扉に当たる。ここは一階の倉庫か)

イケメン(魔王城の構造は事前に頭に叩き込んでいる。大陸一の犯罪結社である『組織』には、そのような重要な機密情報さえ持っている)




783 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:11:22.44WSmNXtlS0 (9/19)




イケメン「次は四人だ」

イケメン(また隊の一部を警備の攪乱のために放つ)



イケメン(そうして進みながら隊を分けていった結果、最終的に謁見の間の前に立ったのは僕とギャルの二人だけとなった)



ギャル「二人きりだね」

イケメン「ああ、そうだね」



イケメン(緊張感に合わない含みは無視して同意する)

イケメン(他の隊員は攪乱のため全て離れた。しかしその結果として辺りに警備の者も見当たらない)

イケメン(この二人きりという状況は想定したパターンの中でも良い方だろう)



イケメン(階下からはかすかに騒ぎとなっている音が聞こえる)

イケメン(いきなり本拠地に敵が侵入したとなれば蜂の巣をつついたようになって当然とも言える)




784 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:12:07.42WSmNXtlS0 (10/19)


イケメン「さて、行こうか」

ギャル「うん。魅了スキルを持つあいつをぶっ飛ばして、みんなを解放するために!!」

イケメン「……その通りだ」



イケメン(いきなりギャルが意気込んだ言葉を言うものだから、反応が一瞬遅れた)



イケメン(そうだったな、この脳天気な女は未だに僕が魅了スキルにかかった者を助けるために行動していると思い込んでいる)

イケメン(後少し、全てが手にはいるまでは騙し通さなければ)




785 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:12:37.08WSmNXtlS0 (11/19)


イケメン(謁見の間に二人で侵入する)

イケメン(そこにいたのは一人だけ)

イケメン(王座の前に立つその人物は――)





男「ようやく来たか。待っていたぞ」





イケメン(男は僕たちの姿を見ても驚く様子も無く、そのように言った)






786 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:13:07.07WSmNXtlS0 (12/19)




ギャル「ようやく? 待っていた? ふん、どうせ強がりでしょ」

イケメン(最初はギャルの言うとおりだと思った)



イケメン(だがそれにしては男は自然体で、僕らの登場に驚いた様子はない)

イケメン(それを見て、地下道に入ったときから抱いていた嫌な予感の正体がようやく掴めた)





イケメン「あの手紙は罠じゃなくて誘いだった……ということかい?」

男「話が早いな」





イケメン(僕らはわざと侵入させられていた。女友に情報を流させれば辿り着けるだろうという読みか)

イケメン(本当なら男の手のひらの上だったということになるかもしれないが……)




787 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:14:41.59WSmNXtlS0 (13/19)




ギャル「いやいやアタシだってそれがおかしいことは分かるって」

ギャル「あんた一人で待ってたら何も出来ないじゃん」



イケメン(そうだ、周囲に僕ら以外の存在の気配は感じられない)

イケメン(達人級の使い手であるギャルと最強級の使い手である僕)

イケメン(二人の前に魅了スキルしか持っていない男一人しかいないというこの状況が成立している時点で全てがもう終わっている)





イケメン「何かの計算違いでもあったのかい? まあ、待つつもりはないけどね、『影の束縛(シャドウバインド)』!!」





イケメン(僕は早速拘束スキルを、あの夜に使ったのと同じスキルを使用)

イケメン(男の影が実体化し、その主を縛ろうとする)



イケメン(やつに抵抗する力はない)

イケメン(あのときと同じようになすすべなく立ち尽くしたまま――――)




788 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:15:07.92WSmNXtlS0 (14/19)






男「『閃光(フラッシュ)』」





イケメン(――否)

イケメン(男は魔法を発動。辺りを目映い光が埋め尽くし、影が消滅する)





イケメン「……なっ!!」

男「何も計算違いはない。全ては俺の思い描いたままだ」



イケメン(右手を振り払った動作を戻しながら男がのたまう)




789 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:16:20.02WSmNXtlS0 (15/19)


イケメン「…………」

イケメン(そういえば情報を見た覚えがある)

イケメン(やつは学術都市で魔法を学んだ結果、基本的な魔法を使えるまでにはなったと)

イケメン(あの夜とは違ってやつには戦うための力がある)



イケメン(だとしても今の光景はおかしい)

イケメン(初級光魔法の『閃光(フラッシュ)』)

イケメン(本来は手元を光らせる程度の魔法のはずで、周囲を光で埋め尽くし影を消し去るほどの力はなかったはずだ)



イケメン(だとしたら今の状況を生みだしたトリックは――――)






790 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:16:51.47WSmNXtlS0 (16/19)




男「付加魔法(エンチャント)だ」

イケメン「何……?」



男「今の俺は虜にした魔法使いたち――1000人からエンチャントを受けて強化されている」

イケメン「1000人だと!!」



イケメン(エンチャント)

イケメン(他者の筋力や魔力などを上げることが出来る魔法の一種だ)

イケメン(とはいえその一つ一つの効果はそこまで劇的なものではない。そもそも術者本人以上に強化できるなら、自分で戦う必要が無くなる)



イケメン(しかし、一つ一つの効果は大きくないとはいえ、1000人も集まれば話は別だ)

イケメン(それだけの強化を受ければ……本来はちょっと魔法を覚えただけの素人が最強級と渡り合えるまで強化されてもおかしくはない)






791 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:17:53.67WSmNXtlS0 (17/19)




イケメン「でも、随分と回りくどい方法を取るんだね」

イケメン「その1000人で僕らを囲めば簡単に倒せるだろうに」



男「全ては永遠の孤独に至るためだ」

男「おまえの襲撃から全ては始まったんだ」

男「俺に力があれば、おまえの襲撃をはねのけるだけの力があれば、俺は助けられる必要はなかったんだ」



男「誰かに対して執着心を抱いたまま孤独に至れるわけがない」

男「力の使い方を自覚してから、自然とこう思っていたよ。俺の力でおまえを倒したいって」



イケメン「おまえの力じゃなくて、エンチャントを受けた仮の力だよね」

男「おまえの『影使い』だって女神から授かった力だろうが」

イケメン「……」



男「何による力かなんて関係ない。イケメン、おまえを、俺のこの手で倒す」

男「そのためにここまで誘い込んだんだ。そうやって初めて俺はあの夜を乗り越えることが出来る」



イケメン「OK、OK。分かった、そういうことなら慣れているよ。僕はイケメンだからね、男から嫉妬されるのは慣れっこさ」






792 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:18:33.33WSmNXtlS0 (18/19)


イケメン(男は王座に立てかけていた剣を手に取り戦闘態勢を取った)

イケメン(剣を扱うようなスキルも無いはずだが、単純に強化された筋力でぶん回されるだけで脅威だろう)



ギャル「結局どういうことなの、イケメン?」

イケメン「やつにも意地があるってことさ。まあ踏みつぶすだけなんだけどね」

ギャル「やることは変わらないってこと?」

イケメン「ああ、魔王を討伐してエンディングと行こう」





イケメン(ギャルと僕も戦闘体勢に入る)

イケメン(大戦の再来とも言える大規模戦闘の最中、支配派と駐留派の将による直接対決が始まった)






793 ◆YySYGxxFkU2020/04/03(金) 00:18:59.39WSmNXtlS0 (19/19)

続く。


794以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/04/03(金) 00:58:11.93UNyj7ulwo (1/1)

乙ー


795以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2020/04/04(土) 14:01:22.93UwYfOEn+0 (1/1)

乙!