1以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:18:31.83hfQt6M9DO (1/6)

忍(けど……もう遅い)

(私は……)



「へっへっへっ、忍ちゃん。じゃあ、この水着に着替えてもらおうか」

忍「くっ!」キッ

「おぉ、恐い恐い。でもダメだよ」





「お仕事なんだからね」

忍「……」



スルルッ

シュッ

スッ



忍「これで……いいですか…」

(着替えたのはいわえるスク水というもの……でも)

「よーしよし。じゃあ、縛るからね」


2以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:24:05.46hfQt6M9DO (2/6)

シュルシュル

忍「……」

ギギュッ

忍「ん……」

(手を縛られて……)

スッ

忍「!!」

ギュッ

忍「んんッ……!」

(股にまで……縄を)

「じゃあ、こっちに来て……そう、横になって寝るんだ!」

忍「きゃっ!」ボスン

(ベッドに倒されそのまま足も縛られる……)

ギュッ

忍(もう……身動きも取れない……)





(今日は……何をされるの?!)


3以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:31:03.81hfQt6M9DO (3/6)

忍(事の始めは……上京数日後であった)

(ある事務所でオーディションを受けた後、出された飲物を飲んだあと意識がなくなり……)





忍「……ここは?」

(制服はいつの間にか剥ぎ取られ、私は手足を縛られたまま全裸でベッドの上にいた)

(さらに股には違和感……そう、意識がない間、いつの間にか既に犯されていた……)

(……やがて)

コツコツコツ

「おぉ、やっと起きたか」

「ずっと寝ていたもんな」

「じゃあ、出来上がっていることだし始めようか」

忍「や……イヤっ!…やめてッ!!」



(もう数を数えるのもイヤになるぐらい、男の性器は私のアソコやお尻に口。さらに耳に鼻におへそに至るまで凌辱された)


4以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:32:58.29hfQt6M9DO (4/6)

忍(そんな事務所から逃げだし、やっと今の事務所に入れたのに……)





(どこから嗅ぎつけたのか、あの時の写真が私にメールで来たのはほんの数日前)

(それから私は……)


5以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:37:11.07hfQt6M9DO (5/6)

忍(もうイヤだと思った頃には体はすっかり快楽の虜だった)

(だから)









「二番線に電車が通過します。危険ですので」

忍(もう回りの音が聞こえない)

(でも辛うじて電車が入って来たのは気配でわかった)



(そして)







(私が最後に見たのは、線路のレールの淵に見えた、淡い光の玉……)

(自分の涙だった……)

BadEnd


6以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:38:23.35hfQt6M9DO (6/6)

というわけで、胸糞悪いお話すみません



よく、人のを読むとこれぐらいでR行けとかありますので試験的にRで書いてみました



では


7以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/23(月) 12:57:13.023Z9nfBbR0 (1/1)

乙 >>1の過去作見てみたくなった