683以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 17:56:14.40MZg80oVq0 (11/35)

https://syosetu.org/novel/56774/106.html

問答型思考補助式人工知能リーディングトート78① 人工知能の最善解 アレイスター=クロウリーと木原脳幹① 対等な対話

 生体認証完了。接続を確認。
 お帰りなさいませ、アレイスター様。
 
 問答型思考補助式人工知能リーディングトート78は入力されたタスクに従って活動を開始します。
 件の絶対能力進化実験レべルシックスシフトの問題について議論しましょう。
 
 まずもって大前提の確認をいたします。
 今回アレイスター様が計画した絶対能力進化実験レべルシックスシフトは、この世界全体に能力者が無意識に発生させているAIM拡散力場を広めることで虚数学区を世界を覆うように発生させることでした。
 
 方法論としては絶対能力進化実験レべルシックスシフトをわざと頓挫させ、妹達シスターズを治療と称して世界各地に送り込むことが確立されていました。
(リンク先に別議題あり。絶対能力進化実験レべルシックスシフトに関連した諸計画の詳細については『こちら』をどうぞ)
 
 この目的は達成できたとみるべきでしょう。結果として、一方通行アクセラレータの打倒は御坂美琴によって成せられ、絶対能力進化実験レべルシックスシフトの頓挫は確実なモノになりましたので。
 
 ただし、そのことに関する別の問題が発生したのもまた事実です。
 
 別の問題。
 つまり、一方通行アクセラレータの死亡によりアレイスター様の計画プランに重大な誤差が発生したという問題についてです。
 
 現状、この問題に対するアプローチは二つほど考えられます。
 
 一つは計画プランそのものを一度破棄すること。
 生命維持装置によって推定寿命が1700年ほど存在しているアレイスター様ならば、現在と同じ条件が再びそろうまで生き続けるということが可能であります。
 ならば、現段階で重大かつ明らかな誤差が認められる計画プランそのものを完全に破棄し、次のチャンスが来るのを待つという手段をとることも可能です。
 
 しかしこれは得策ではありません。
 
 現段階での計画プランの破棄はあまりにも極論すぎますし、1700年以内に現在と同じようなバランスをもって計画プランを実行できるだけの状況がそろうとは限りません。
 あるいは、1700年という時間が過ぎ去ってもなお計画プラン実行に必要な人材、状況、感覚等が揃わない可能性も存在します。
(リンク先に別議題あり。アレイスター様の推定寿命以内に計画プランがもう一度実行可能になる状況が揃う可能性については『こちら』をどうぞ)
 
 故に、もう一つのアプローチを推奨します。
 
 もう一つのアプローチは一方通行アクセラレータに代わりうる人材を計画プランの中心に置き直し、現状のままに計画プランを推進していく方法論です。
 
 一方通行アクセラレータの死亡は計画プランに重大な誤差を与えましたが、一方通行アクセラレータという存在は決して代替不可能な人材ではありません。
 例えば第二候補スペアプランである学園都市第二位の超能力者レベルファイブ、垣根帝督であれば一方通行アクセラレータの代替は可能です。
 
 ただし、これもまた得策とは言えないでしょう。
 
 第二位の超能力者レベルファイブ、垣根帝督の能力特性は第一位の超能力者レベルファイブ、一方通行アクセラレータとあまりにも正反対すぎます。
 『すべてを破壊する』モノと『すべてを創り出す』モノ。
 『こことは違う世界における有機』と『こことは違う世界における無機』。
 『神にも等しい力の片鱗を振るう者』と『神が住む天界の片鱗を振るう者』。
 垣根帝督を一方通行アクセラレータの代替存在にした場合、計画プランの失敗は確実なものとなるでしょう。
(リンク先に別議題あり。垣根帝督を計画プランの中枢に添えた場合の計画プラン成功確率については『こちら』をどうぞ)
 
 故に、一方通行アクセラレータの代替存在として計画プランの中枢にそえるべき存在は学園都市第二位の超能力者レベルファイブ、垣根帝督ではなく学園都市第三位の超能力者レベルファイブ、御坂美琴とするのがふさわしいでしょう。
 
 御坂美琴と一方通行アクセラレータの性質は先の戦闘でも観測されたように非常にに似通っています。
(リンク先に別議題あり。絶対能力進化実験レべルシックスシフト第10032次実験における一方通行アクセラレータと御坂美琴の戦闘内容については『こちら』をどうぞ)
 
 魔術ルートMと科学ルートSという違いはありますが双方ともに『神』――――――位相操作能力を得ることのできた稀有な存在でありますし、『神にも等しい力の片鱗を振るうモノ』と『この世界から別の世界に干渉し別の世界の力を引き出しているモノ』という別位相への干渉が出来るという共通点も存在します。
 
 また、能力性質も『破壊』という一面では似通っています。
 
 御坂美琴の役割は既に妹達シスターズの生産が終わった時点で終了したと言えますし、これから一方通行アクセラレータの代役を任せることになったとしても誤差は最低限に済むでしょう。
 
 ただし、御坂美琴にもまた問題点が存在します。
 
 一つに御坂美琴の器が一方通行アクセラレータよりもはるかに矮小であるという事。幼少期から『闇』の中にいた一方通行アクセラレータと日常の中で過ごしていた御坂美琴では精神の強弱が違います。
 
 二つに友人関係の有無。
 『闇』の中にいた一方通行アクセラレータの人間関係は希薄でしたが、御坂美琴には『表』の友人がいます。彼ら彼女らの動向にも気を配る必要があるでしょう。
 
 三つに御坂美琴の構造状の問題です。
 今回の絶対能力進化実験レべルシックスシフトにおいて御坂美琴はその魂、霊魂、記憶をミサカネットワーク内に移しました。
 現状この問題に対する対処方法は確立されていますが、御坂美琴の成長を促すという一面ではこの代わりバックアップがいくらでもいるという状況はマイナスにしかならないでしょう。
 
 しかし、その上で一方通行アクセラレータの代替候補としての役割を二人で比べた場合、それでもなお御坂美琴に軍配が上がるのも事実です。
 
 能力、精神構造、魂、霊魂、人間関係、過去、『闇』との関わり、計画プラン上の役割、肉体の強弱、被操作性、暗示の効き具合、背後組織、頭脳、特殊性。
 その他すべてを含めた上で、御坂美琴が一方通行アクセラレータの代役にふさわしいと判断します。
 
 率直に言って。
 垣根帝督を第三候補サブプランに格下げし、御坂美琴を第二候補スペアプランに格上げすることが計画プラン完遂の条件であると推測します。


684以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 17:56:58.77MZg80oVq0 (12/35)

『それで、』 
 木原脳幹。
 学園都市の中に5000人ほど存在する『木原一族』の中でもさらに異端と称されるゴールデンレトリバーは志こころざしを同じとするような一人の男と通信をとっていた。
『どうするつもりだ?アレイスター』
 木原脳幹は学園都市にいる他の誰よりもその存在の危険性について知っていた。それはもしかしたら、統括理事長であるアレイスター=クロウリーよりも深く。
『死縁鬼苦罠の方はどうとでもなる。いざとなれば、私かお前が動けばいいだけの話だからな。だが、もう一つの勢力についてはそうもいかないだろう』
『風紀委員本部セントラルジャッジメントか。……実際に戦った存在として、そちらは風紀委員本部セントラルジャッジメントをどう見ている』
 もしも、ゴールデンレトリバーという犬種に表情を作る機能が備わっていたとすれば、今木原脳幹の表情は驚きに染まっていただろう。
『――――――お前がそんなことを言っている時点で、奴らの異質さは推して知るべしだがな。明確に交戦したのは一人だけだったが、それでも奴らの異質さは身に染みたな。対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントの直撃を喰らっても復活するような存在だぞ。下手をすれば、『魔神』以上の驚異と考えた方がいいのかもしれん』
『それだけではないだろう』
 信頼と信用と真なる信を言葉にのせながらアレイスターは言った。それだけであっては困る、というニュアンスを混ぜながら。
『あぁ、実際あの不死性は厄介だが対処不可能というわけでは無い。魂のストックか、純粋な再生能力か、あるいはそ・も・そ・も・死・や・怪・我・を・無・効・に・す・る・ような能力だな。つまり、『封印』という手段で楽に対処できる』
 この場合の『封印』とは魔術的な意味合いのものでは無い。対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントに含まれた兵装を使って最果の周囲の空間を完全凍結したり、Equ.DarkMatter等を使って周囲の空間から最果を断絶したりするといった手法である。
『だが、お前の言っているのはそういう事ではないのだろう?』
 風紀委員本部セントラルジャッジメント封印戦力常世涯最果とこよのはてさいはては確かに難敵であり、強敵ではある。だが、それは有する武器や能力が不明だった初見の戦闘だったからだともいえる。
 二度目の戦闘ではあそこまで手こずることはないだろう。
 力や武器、行動パターンなどはもう暴かれているのだから。
 そう。もう常世涯最果とこよのはてさいはては強敵とは言えない。そして、真の強敵とは有する力を暴かれても対抗策が浮かばないような相手のことを言うのだ。
『あぁ。…………『初まりの領域』で戦った木葉桜十五夜このはざくらまんげつ。奴は、どうだった』
 声のトーンが変わったように思うのは、決して脳幹の聴き間違いなどでは無いはずだ。実際に、アレイスターは危機感を覚えているのだろう。
 もしかしたら――――――という危機感を。
『そうだな。奴の力はおそらく『位相操作』。それも隠世かくりょに住む『魔神』の位相操作よりもさらに濃縮されたもので間違いない。だが、そのかわり位相を操作できる範囲は狭いようだったがな』
 初まりの領域で脳幹は二人の人物と交戦した。
 『空白の主』と木葉桜十五夜。
 そのうち、木葉桜十五夜の力はもう理解できた。
 局地的な位相操作能力。部分的に世界を書き換える力。
 た・だ・し・濃・度・が・段・違・い・だ・っ・た・が・。
『『魔神』の位相操作を水性インクと例えるのならば奴の位相操作は油性だ。上塗りする世界の質も、書き換える世界の濃さも比較にならん。……対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントでも、もしかしたら相討ちがせいぜいかもしれないぐらいにはな』
『―――――――――――――――鍵となるのは、やはり風紀委員本部セントラルジャッジメントか』
 アレイスターにとってこの絶対能力進化実験レべルシックスシフトに死縁鬼苦罠が絡んでくるのは予想の範囲内だった。改良版音響式能力演算妨害装置キャパシティダウンバージョンベータの使用もまだ予想の範疇はんちゅうだった。
 ただ、予想外だったのは風紀委員本部セントラルジャッジメントの動き。いや、この場合は予想外では無く、予想できなかったというべきかもしれない。
 6年前に現れた風紀委員本部セントラルジャッジメントの動きは世界最強の『人間』であるアレイスターとて完全に読めるものでは無い。
『『空白の主』が一方通行アクセラレータに干渉したのは、……奴らの仕業だと思うか』
『わからない、というほかないだろう。らしくないぞ、アレイスター。こんなことは私にきくまでもなく、自覚していることだろう』
 あの時。
 アレイスターは一方通行アクセラレータを守るために、『空白の主』に一撃を与えた。結果として一方通行アクセラレータは守られ、現実世界に帰った。
 だが、代償は大きかった。
 アレイスターは何も一方的に傷を与えたわけでは無いのだ。傷は与えもしたが、与えられもした。
 だから、本来ならば見過ごすはずもない、絶対に見過ごすべきでは無い一方通行アクセラレータの死という絶望のイレギュラーを容認する羽目になってしまった。
 つまり、一方通行アクセラレータが初まりの領域に行って『空白の主』にさえ会わなければ、こんなことにはならなかったと言える。
 そしてアレイスターは一方通行アクセラレータが『空白の主』にあったのは風紀委員本部セントラルジャッジメントの、もっと言えば風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長白白白が原因と考えていた。
 傷を負いさえしなければ、きっと一方通行アクセラレータの死はどうにかできた。
 それに、一方通行アクセラレータが『魔神化』しなければ土地を修正する必要もなかった。






685以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 17:57:33.05MZg80oVq0 (13/35)

『…………………………………』
『やれやれ、その沈黙を私に伝えてしまっている時点で、お前の動揺が透けて見えてしまうぞ。どうした、お前が長年をかけて練り上げた計画プランは、この程度のイレギュラーですべて頓挫してしまうほど柔いものなのか?』
『―――――――――――――――――――――』
『それとも、この程度の誤差で、あ・ら・ゆ・る・モ・ノ・を・犠・牲・に・し・て・で・も・叶・え・た・い・お・前・の・願・い・と・や・ら・は・諦めがつくモノなのか?』
『――――――――――そうだな』
 肯定の言葉には否定のニュアンスが込められていた。
かつて、イギリスの片田舎で死の寸前まで追い込められた時でも手放すことのできなかった願い、世界の全ての魔術師を敵にまわしてでも叶えたかった願い。
それをもう一度だけ強く思う。
 芯がぶれないように、真がぶれないように。
『この程度の誤差など、どうとでもなる』
 その言葉には確かな自信と、確かな自負があった。現状警戒すべき勢力は分かっている。滞空回線アンダーラインが入ることが出来ないただ唯一の組織である風紀委員本部セントラルジャッジメント。この学園都市の中で唯一把握できない組織である風紀委員本部セントラルジャッジメント。
 そして、その頂点トップである委員長白白白。
『ならいい』
 アレイスター=クロウリーがアレイスター=クロウリーらしさを取り戻したことに脳幹はわずかに安堵する。確かに風紀委員本部セントラルジャッジメントは強大無比かもしれないが、対抗できないわけでは無いのだから。
『お前はお前の思うようにやるがいいさ。善悪好悪。例え、悪と言われようと、確かにお前を好んでいるモノだっているのだからな』
『――――――――――――――ふ』
 通話が切れる一瞬前に、思わず漏れてしまったというようなわずかな笑い声が聞こえた。それはアレイスターと長くを過ごしてきたゴールデンレトリバーでも久しぶりに聞く声。昔、葛藤しながらも正義を信じて歩いていたころの『人間』の感情だった。
『私達のやっていることは善悪で言えば悪で、好悪で言っても悪なのかもしれない』
 通話が切れて、だからこそ脳幹はこの言葉を言う。
 返答を求めているわけでは無く、返信を期待しているのでもなく、返事が欲しいのでもない。ただ単に、伝えたい言葉があった。
『だがそれでも、最後に目的を達するのは私達だ』
 滞空回線アンダーラインでその言葉を聞いたアレイスターは、ただ歪な笑みを浮かべた。
 



686以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:00:55.77MZg80oVq0 (14/35)



 ヒントはすべて出ているぞ。
 答えはすぐそこまで来ている。
 考えを放棄するなよ愚図が。
 張り巡らされた伏線の真実を明かされるのを唯々諾々と待っているんじゃない。
 なぜ考えない愚か者?
 どうして思考しない馬鹿なのだ?
 考えろよ考えろ。
 大丈夫だ問題ない。
 なぁに心配などないさ。
 信じているぞ信じているさ。

 僕はお前ら人類の『強さ』を信じている。


687以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:04:03.78MZg80oVq0 (15/35)

https://syosetu.org/novel/56774/99.html

第一部 第一章 最終節 絶対能力進化実験中止計画~語り始める黒幕と回収される伏線~
白白白と木葉桜十五夜① 黒幕の思惑

 三者三様。
 絶対能力進化実験レべルシックスシフトを利用して自らの思惑を達成しようとしていた三人の黒幕は、それぞれがそれぞれ計画通りに進まない現実に対して思うところがあった。
 まず統括理事長アレイスター=クロウリー。アレイスターは単純に苛立ちを覚えていた。
 結果論としてだが、絶対能力進化実験レべルシックスシフトはアレイスター=クロウリーの計画通り失敗に終わった。この先、生存した妹達シスターズは苦罠によって世界各地に送られ、世界中にAIM拡散力場が満ちることになるだろう。
 だがしかし、肝心要の第一候補メインプラン、一方通行アクセラレータが死亡した。それはもう完膚なきまで死亡した。いくら冥土帰しヘヴンキャンセラーの『負の遺産』があってもどうしようもないレベルまで死亡した。
 つまり、アレイスターのプランが予定通り進行しないことを意味する。並列するプランを複数個同列ラインで進めているとはいえ、一方通行アクセラレータの死亡はすべてのラインにおいて致命的である。
 一方通行アクセラレータはプランの中核に存在する重要人物。替えのきくことが難しい唯一の存在であるからだ。
 次に、統括理事会メンバーが一人死縁鬼苦罠。苦罠は予想外の動きを見せたミサカ19090号に対してわずかに後悔を覚えた。
 もっと、きつく締め付け監視を強めておけばよかったと後悔した。
 上回れた、先にやられた、計画を、予定を駄目にされた。あまりにも予想外で予想が過ぎた。苦罠はまさか御坂がこのタイミングで『雷神化』するなど考えもしなかったのだ。だから、予定通りには進まなかったのだ。
 苦罠の計画通りならば御坂が改良版音響式能力演算妨害装置キャパシティダウンバージョンベータを使って放った超電磁砲レールガンは一方通行アクセラレータを完全に貫き、それで操車場の戦いは決着を迎えるはずだった。
 はずだったのに。
 ミサカ19090号が御坂美琴にAIM拡散力場を軸に干渉して超電磁砲レールガン外させた。
 完全にノーマークだった。監視していなかった。何もできないと思っていた。ミサカネットワークに御坂美琴を取り込むなど考えもしなかった。御坂美琴を個としての存在では無く全として存在に昇華するなど思いもしなかった。
 裏をかかれた。逆を突かれた。
 そして、ミサカ19090号と幻生の接触も予想外だった。
 実験のためなら幻生がミサカ19090号に協力するのは分かっていたが、ミサカ19090号が幻生に会いに行くとは思えなかったからだ。恐怖心や畏怖をことさら強く感じるミサカ19090号が絶対能力進化実験レべルシックスシフトの提案者に会いに行くことは予想できなかった。
 さいわいにも御坂の『雷神化』はミサカネットワークに投じたウイルスが不完全だったこともありそこまで進まなかったが、このタイミングでの『雷神化』は今後にかなり不都合な事態を生じさせるはずだ。
 本来ならば『雷神化』は大覇星祭に行う予定だったのだから。
 そして、
 最期に、風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長白白白。
 白は計画通りに進まない現実に対して、
 
 た・だ・、深・い・笑・み・を・浮・か・べ・た・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「今戻りました。委員長」
 空間を渡り歩き十五夜が『天秤の間』に現れる。今宵の全ての出来事はすべて終わった。ここから先の時間は次の計画のための時間であり、反省と復習の時間である。
「首尾はどうだ?」
「はい。ストロビラは無事上条当麻と白井黒子両名に打ち込みました。風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング第十位千疋百目のことも回収し、封印戦力常世涯最果とこよのはてさいはての生存も確認。扼ヶ淵埋娥やくがぶちまいがについては委員長の命令通りポイントT50に向かわせ『作業』をしてもらっています。浣熊四不象あらいぐましふぞうは例の操車場での戦い等の監視結果などを後で報告書にまとめて提出するように言ってあります」
 今回風紀委員本部セントラルジャッジメントが絶対能力進化実験レべルシックスシフトに関する件で動かした人員は全部で七人。
 上条当麻の足止めに風紀委員本部セントラルジャッジメント攻撃部隊総隊長扼ヶ淵埋娥やくがぶちまいがを、
 白井黒子の足止めに風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング第十位風紀委員本部セントラルジャッジメント攻撃部隊第二班班長千疋百目を、
 木原脳幹の足止めに風紀委員本部セントラルジャッジメント封印戦力常世涯最果とこよのはてさいはてを、
 上条当麻達の監視に風紀委員本部セントラルジャッジメント諜報部隊総隊長無何有峠妃むかいとおげきさきを、
 埋娥や百目との連絡要員としては風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング第■■位風紀委員本部セントラルジャッジメント諜報部隊第一班班長五寸釘匕首ごすんくぎあいくちを、
 空中にいる敵対戦力の対応と人員の回収については風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング第■位風紀委員本部セントラルジャッジメント諜報部隊第■班■■浣熊四不象あらいぐましふぞうを、
 万が一のバックアップ及び全体の補助と敵対戦力の殲滅、上条当麻と白井黒子にストロビラを打ち込む件については風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長補佐木葉桜十五夜このはざくらまんげつを、
 それぞれ動かした。
「そろそろ頃合いか……」
 白は小さくつぶやいた。今回の一件は様々な思惑が入り混じり、すべてがうまくいったわけでは無い。だがそれでも『風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長白白白』の計画は8割方成功していた。
「十五夜。支援部隊の白神九十九つくもがみつくもに千疋百目の風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキングを第十位から第八位に上げるように通達しろ。後は最果を地下十一層に戻しておけ。次の中・で・の・戦いはおそらくケミカロイドの一件だろう。そこまでは通常業務に専念するように、全員に伝えておけ」
「了解しました。委員長」
 白が今回の件で目的としていたものは二つ。敵対勢力のあぶり出しと物語の中心点セントラルストーリーラインをずらすことだ。


688以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:04:31.10MZg80oVq0 (16/35)

敵対勢力のあぶり出しについては語る必要すらないほど明確だろう。
 死縁鬼苦罠に雇われているらしいという彼者誰時に輝く月シャイニングムーンの情報についての裏付けはできたし、その彼者誰時に輝く月シャイニングムーンに所属している人員、団長の裂ヶ淵瞑娥さくがぶちめいがや大隊長の戦力についての調査が出来た。
 同じく敵対勢力のアレイスターに使える木原脳幹の対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントことも二人のおかげで情報は得られたし、アレイスター自身の戦闘力についても十五夜が目撃したため分かった。
 既定路線では無かったとはいえ、第一の目的はほとんど達成されたようなものだ。
 何せ風紀委員本部セントラルジャッジメントの戦力はまだほとんどさらしていないのだから。頂点序列者トップランカー5人も、上位序列者ハイランカー15人も、下位序列者ローランカー80人も、まだほとんど表に情報は出ていない。
 封印戦力をこのタイミングで出すのだけは想定外だったが、それもまぁ最悪の出来事では無い。封印戦力はまだ後三人いるのだから。
「ふむ。……もう下がっていいぞ」
 要件は伝えた。後は思案の時間だ。次の計画を確実に成功させるためには打てる布石は打ち、張れる伏線は貼り、練れる計画はねるべきである。故に、白はいつものように『天秤の間』で独り考え事をするつもりだった。
 しかし、
「どうした?」
 十五夜が踵きびすを返して出ていこうとしなかった。いつもならば、用件が終わればすぐに『天秤の間』から出ていくのに。
 そして、十五夜は驚くべきことを白に言った。
「…………差し出がましいですが、委員長。今回の件についていくつか質問をさせてもらってもよろしいでしょうか」
「珍しいな。君が僕に質問をするなんて」
 少々驚いたように白は言った。それほどまでに十五夜が白に質問をすることは珍しかった。常に命令に忠実で白の行動に疑問を持つことはない。もちろん、白が明らかにおかしかったり間違った行動をすれば多少の諫言かんげんはするが、十五夜は基本的に白の行動に質問をすることはない。
 だから、白は驚いた。
「別にかまわないぞ。何が聞きたい?」
 驚いたが十五夜がききたいことがあるというのなら別にかまわない。白は十五夜を一番信頼している。質問に答えないことはよほどのことでも聞かれない限り、ない。
「では、」
 十五夜は息を大きく吸い、心を落ち着けてから言った。
「今・回・の・件・、い・っ・た・い・ど・こ・ま・で・が・委・員・長・の・計・画・通・り・だ・っ・た・の・で・す・が・?」
「………………………………………」
 深く、白が笑う。
 十五夜の言葉に笑う。
「どこまで、というのは?」
「…………今回の一件、不可解なことが多すぎます」
 『天秤の間』に来るまでの道中十五夜は今回の一件についてずっと考えていたが、どう考えてもつじつまの合わないことが多すぎた。
 例えば、
「地下で起きた爆発はいったい誰の手によるものだったのですか?」
 そう。あの時白から電話がかかってくる直前に十五夜の耳に聞こえた爆発音。結局あの爆発が誰の手によるものなのか十五夜はわかっていなかった。
「御坂美琴の『雷神化』はともかくとして一方通行アクセラレータが『神の力』――――――位相操作能力を得たのは本当に偶然だったのですか?」
 『雷神化』には明確な理由があった。木原幻生によってミサカ19090号に投じられたウイルスがミサカネットワークを通じて御坂の中に入り、それが御坂の『雷神化』を起こしたのだろう。
 だが、一方通行アクセラレータが位相操作能力を得たのは明確な理由を発見できない。もちろん奇跡だ、というのであればそれ以上の追及はできない。だからこそ今ここで十五夜は問いかけた。
 あの出来事は確かに奇跡だったのかもしれない。
 だが、
 どうにも十五夜にはあの奇跡が仕・組・ま・れ・た・奇・跡・に思えて仕方が無かった。
「一方通行アクセラレータが初まりの領域で『空白の主』に出会えたのはなぜなのですか?」
 仮に『神』の領域――――――すなわち魔術的な意味合いでは『魔神』の域に入ることが出来たとしてもそれだけでは『初まりの領域』に行くことは出来ない。あの場所はこの世界の中でも最重要部分。なりたての『神』が入れるような場所ではないはずだ。
「そして、一番不可解なのは」
 一つ、区切り置いて、十五夜は今だに信じられないかのようにその事実を口にした。
「あの、救済者ヒーロー『上条当麻』がたかだか攻撃部隊総隊長扼ヶ淵埋娥やくがぶちまいが程度の雑魚に負けたことです」
 どうにも十五夜はそれが信じられなかった。
 正確にいうのであれば、『上条当麻』が埋娥にまともな一撃を食らわせることすらできずに敗北したことが信じられなかった。
 救済者ヒーローが負ける。そのこと自体はまぁいい。救済者ヒーローだって成長するために負けることはある。古今東西の物語で敗北から学び強くなる救済者ヒーローは多々いる。
 だが、
「負けるにしても少なくとも一撃を当てることぐらいはできないとおかしいはずです。上条当麻という個はそこまで弱くはない。あの負け方では救済者ヒーローとしての成長が出来ません」
 埋娥と上条の戦闘をリアルタイムで見ていた十五夜は違和感をずっと感じていた。最初に白井と別れて単独で埋娥を引き付けた場面。あれはまだいい。救済者ヒーローとしての行動である。
 だが、その後がおかしいだろう。救済者ヒーローであるならば埋娥と会話をするべきだ。埋娥の抱える闇を表にさらけ出させるべきだ。敵対者だろうがラスボスだろうが黒幕だろうが問答無用で救う。
それが救済者ヒーローなのだから。
 負け方にしてもそうだ。地形を利用して上条はよく戦ったと思うが、埋娥に勝つことに注視しすぎて埋娥のことを見ていない。救済者ヒーローとしてはあるまじき行いだ。
 あの負けでは今後につながらない。負けた、という結果だけが残ってしまう。
「いったいどういう事なのですか委員長?今回の一件は本当は…………」
「そうだな」
 一つ頷うなずいて、白は語る。
「一つ一つ説明をしていこうか、十五夜。今回の一件がどういう経緯で起き、どのように転がっていったのかを」
 そして、白は話し始めた。
 絶対能力進化実験レべルシックスシフトの裏に隠された。各々の目的とその行動を。


689以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:05:00.01MZg80oVq0 (17/35)

白白白と木葉桜十五夜② 死縁鬼苦罠勢力の行動

「そもそも絶対能力進化実験レべルシックスシフトの本当の目的は一方通行アクセラレータを絶対能力者レベルシックスに到達させることでは無い。これは前にも話したな」
「はい。把握しています。今回の絶対能力進化実験レべルシックスシフトの本当の目的は絶対能力進化実験レべルシックスシフトが頓挫とんざした後に妹達シスターズを世界中に治療という目的でばらまき、世界全体にAIM拡散力場を満たすことにある、という事でした」
「そう。初め、絶対能力進化実験レべルシックスシフトはそういうモノだった。アレイスターが世界中にAIM拡散力場を満たすための失敗前提の実験。それが絶対能力進化実験レべルシックスシフトのはずだった」
「…………………………」
「アレイスターのプランの通りに進むのであれば一方通行アクセラレータは御坂を追いかけて絶対能力進化実験レべルシックスシフトの真実を知った上条に倒され、上条の成長、絶対能力進化実験レべルシックスシフトの頓挫、そして一方通行アクセラレータの成長。この三つが同時になされるはずだった」
 はずだったのに、そうはならなかった。
 なぜなら。
「そこに僕ら風紀委員本部セントラルジャッジメントと苦罠が干渉したから、話が非常にややこしくなった」
 ただでさえややこしい事態にさらに二つの勢力が割り込んだ。どの勢力も己の目的を達成することに執着して自分勝手に動いて、その結果あり得ないくらい混乱した摩訶不思議な事態が起きてしまった。
「時系列を追って説明しようか。その方がきっと分かりやすい」
 張られた伏線。仕組まれた事態。動いていく計画。
 そのすべてが今、明らかになる。
「すべてのはじまりは去年の冬、一方通行アクセラレータが絶対能力進化実験レべルシックスシフトに参加したあの時から始まった。各々の野望を叶えるために、各々が暗躍し、行動した」
 回想する。
 思い出す。
「まずは、苦罠たちのことについて話そうか。絶対能力進化実験レべルシックスシフト第一次実験が始まった時点で、苦罠はいずれ御坂美琴が絶対能力進化実験レべルシックスシフトに辿り着くと予想した。そして、御坂美琴は必ずそれを止めようとすると予測した。苦罠はそのために準備を始めていた。半年も前からね」
 死縁鬼苦罠。統括理事会メンバーの中でもほとんど最強の存在。
「そして、今日の午後練りに練った計画を実行するために動いた」
 彼が、ある意味では一番乗りだった。
「まず一番最初に苦罠が行ったことは御坂美琴との接触及び交渉。苦罠の目的から言ってしまえば、御坂美琴という存在は誰よりも重要なパーツだからな。交渉、というよりも恫喝に近かったが、それでも苦罠は御坂美琴を自陣営に引きずり込んだ」
「計画プロジェクト……ですか」
 アレイスターの計画プランと同じように謎が多い計画プロジェクトという名の計画。死縁鬼苦罠と天埜郭夜によって進められている計画プロジェクトという存在。それのためには御坂美琴が必要なのだと白は言う。
「そして、その後郭夜と連絡を取り『三千世界武神』一本線点々いっぽんせんてんてんに十五夜、君の足止めを依頼。さらに並行して彼者誰時に輝く月シャイニングムーンの奴らにも君の足止めを依頼。さらに、余剰待機戦力として莫大な金銭を払って彼者誰時に輝く月シャイニングムーンの団長裂ヶ淵瞑娥さくがぶちめいがにも戦闘を要請した」
「裂ヶ淵瞑娥も出てきていたのですか!?あの『陰翳いんえいの四月実験』の被験者の!?」
 陰翳いんえいの四月実験。
 暗闇の五月計画や光陰の三月実験と同じ、月の名前を冠した十二暦計画カレンダープロジェクトの一つである。
「当然だろう?僕が苦罠の立場だったとしても同じように瞑娥を動かすぞ。あいつは魔術も超能力もかいさない純粋な暴力で言ったら、点々と互角にやり合える唯一無二の人材だからな」
「天下無双流と天地破壊流ですか」
「その通り。この世界の中では最強と呼ばれる二大流派。どっちが強いとかでは無く、どっちも最強だが、だからこそ君を足止めできたのだろう」
「……………そうですね」
 苦い顔をして十五夜は言った。十五夜からしたらわずかでも足止めされたあの経験はかなり悔しいものなのだろう。
「続けるぞ。そして、君を足止めしている間に奴らは御坂を操車場に送り届け、戦闘を開始させた。さらに並行して超能力者予備集団セブンバックアップの三位も動かしていたようだ」
「超能力者予備集団セブンバックアップの三位というとあの精神系最強の見捨てられた女グレイレディですか」
「そうだ。三位がやったことは至極単純で上条当麻と白井黒子の両名を地下下水道へと誘導するための準備、KEEPOUTのテープを操車場の入り口あたりにはったことと白井への認識操作だな」
 あの時、あの場所で上条と白井が地下に行ったのは目の前にKEEPOUTのテープがあり、その先に警備員アンチスキルがいると思い込んでいたからだ。彼らも100人の警備員アンチスキルを突破できると考えるほど幼稚では無かった。
 まぁ、万が一あのKEEPOUTのテープの先にいったとしてもどちらにしろ御坂のもとにはたどり着けなかったわけだが。
「で、その後三位はとあることをした」
「とあること…………ですか?」
「十五夜。君は『始まりの領域』に侵入する前に強大な爆発音を聞いたそうだな。その時の状況を教えてくれないか」
「分かりました」
 十五夜は爆発音が聞こえたときのことを明確に思い出す。十五夜の頭脳は瞬間記憶と映像記憶を併せ持ったように過去の『光景』を寸分の狂い無く思い出すことが出来る機能を持つ。
 だから、白に問われた時の光景も完璧に思い出せた。
「爆発音が聞こえたのは委員長から連絡が入るほんの直前、地下下水道で上条当麻と白井黒子、扼ヶ淵埋娥やくがぶちまいがと千疋百目の戦いが終わった直後でした。耳をつんざくような爆発音が周りから聞こえ、立っている地面に亀裂がはしり、沈み、そしてそのタイミングで委員長から電話が――――――」
「ストップ」
 十五夜が爆発音が聞こえた時の光景を正確に説明しているときに、白は割り込んで言葉を入れた。
「『地面に亀裂がはしり、沈んだ』。つまりそれが三位のやったことだ」
「……………いえ、ちょっと待ってください委員長。それはいくらなんでもおかしくありませんか?もちろん委員長が確信を持っているのは分かりますし、委員長が間違ったことを言うとは思いませんが、私はどうにも納得できません」
「………………………………」
 意味深に十五夜を見つめながら白は続きを促す言葉を投げかける。


690以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:06:35.89MZg80oVq0 (18/35)

「具体的にはどこがおかしいと?」
「三位の超能力は精神系のはずです。どうやったとしても爆発現象を起こせるとは思いません。私の精神に干渉することはほぼ不可能ですし、あの時私の精神は正常でした。ならば、あの爆発音は現実に聞こえたもので間違いないはずです。委員長の言う通り三位があの爆発を行ったのならば、彼女の超能力は精神系ではないということに――――――」
「ならない。三位の超能力は精神系だ。それも学園都市内で精神系最強を誇る、な。それは間違いない」
 断言する。白はあらゆる出来事の最も重要なことは情報だと思っている。戦闘を行うにも計画を進めるにもまず情報が必要だ。だからこそ、白は風紀委員本部セントラルジャッジメントの情報網を他の追随を許さないほどのモノに鍛え上げたのだ。
 さすがにアレイスターの滞空回線アンダーラインには劣るが、それでも他組織よりは圧倒的な量の情報が風紀委員本部セントラルジャッジメントには集まっていた。
「では、三位はあの爆発をどうやって起こしたのですか?」
 少なくとも十五夜には方法が思いつかない。精神系最強の能力といえども爆発を起こす方法なんてないはずだ。
 
 そ・ん・な・わ・け・が・な・い・。
 
「……………こい、な」
 白は十五夜の耳に入らないほど小さな声で呟いた。ありったけの侮蔑となけなしの敬意をこめて、心の底から憎んだ。
「委員長?」
 返答がないことにわずかな疑問を覚える十五夜。自分の質問はそこまで答えづらい、答えられないモノなのだろうか、と思った。答えられない質問ならば答えてくれなくても構わないのだが。
「……………そもそも前提が間違っているんだ、十五夜」
「前……提、が……?」
「な・ぁ・、」
 一息おいて、わずかな怒気を滲ませながら白は言った。
「ど・う・し・て・さ・っ・き・か・ら・三・位・が・超・能・力・を・使・っ・て・爆・発・を・起・こ・し・た・こ・と・に・な・っ・て・い・る・ん・だ・!・!・!・」
「―――――――――――っっっ!!!」
 その怒気に押される。気圧される。
 本当に、本気で白は怒っていた。十五夜にというよりもあまりにも迂闊すぎた自分自身に。
「冷静になって考えてみろ!この街にある特有のモノは何も超能力だけではないだろう!超能力などこの街の特異性の一面にすぎない。この街の本当の特異性はむしろ超能力を体系化できるほどの科学力の方だろうがッ!!!」
 十五夜は衝撃を受けた。
 白に怒鳴られたことにではなく、自分自身にその考えが浮かばなかったことに。
 そう、自然に考えてしまえば爆発現象を起こすのに超能力を使用する必要はない。御坂美琴が粉塵爆発を起こしたように、通常の爆薬、爆弾を使えば十二分に爆発現象を起こすことが出来るのだ。
 その考えが浮かばなかったのは強力な原石を持っているが故に傲慢が理由だったのかもしれない。
 【もしくは、ある意味では思考を犯されていた、といったほうがいいのかもしれないな】
「いや、それでも待ってください委員長。私の見た限り爆発音はかなりモノでした。しかも地面に亀裂がはしり、地面が沈み込むほどの量の爆薬なんていったいどこに仕掛けてあったというのですか?」
「察しが悪いな、十五夜。当然下だ」
「下?」
「地面の下に爆薬を埋めておけばいいんだよ」
 簡単な口調で白は言った。
「苦罠の勢力にだって僕ら風紀委員本部セントラルジャッジメントと同じように空間移動能力者テレポーターの一人や二人はいるはずだ。だったらその空間移動能力者テレポーターが操車場付近の地面の下いっぱいに爆薬を埋め込めばいい。遠隔起爆を可能とした状態でね」
「では、三位が行った『とあること』とは爆薬の遠隔起爆ですか」
「その通り。スイッチを押すだけの作業だろうし精神系能力者でも問題なく行えるだろう。そして何より三位自身の目的を達成することも出来るかもしれないからね」
「………………………」
 白の返答によって連鎖的に二つの納得が生じ十五夜は黙った。
「そもそも御坂美琴が一方通行アクセラレータに使った改良版音響式能力演算妨害装置キャパシティダウンバージョンベータだって、地面の下に埋めてあったはずだろう。ならば必然彼らの勢力に空間移動能力者テレポーターいるのは当然だ」
 十五夜は確認のために白に話しかける。
「重機を使ったという可能性はないのですか?」
「ないな。重機なんて目立つモノを使ったら絶対にどこかの勢力が気付く。あの操車場には地面を掘り起こせるような重機は存在していない。よそから重機を持ち込むような目立つマネを苦罠がするわけがない」
 当然と言えば当然の論理だ。重機の代わりをなすことのできる人間がいるのならば、目立つ重機よりも目立たない人間を動かす。監視網を逃れるためならそれが正しい。
「そして、起爆した爆薬の目的についてだが……。ここまで言えばさすがにわかるだろう、十五夜」
「はい。地下下水道で戦っていた上条当麻を生き埋めにすること、ですね」
「その通りだ」
 地面に埋められた無数の爆発物を超能力者予備集団セブンバックアップ第三位が遠隔起爆し操車場の周りの地面を一気に崩落させる。それこそが、あの爆発の真の目的だった。
 十五夜を目的としたものでも、御坂や一方通行アクセラレータを目的としたものでもなく、地下下水道にいる四人、いや厳密には一人を目的としたものだったのだ。
「彼らはいつの段階でそれを仕込んでいたのでしょうか。地盤を崩落させ、地下下水道を埋め尽くす勢いの爆発など並大抵の量で出来ることではありませんが……」
「半年前から準備していた、と言っただろう。当然去年の冬から今年の夏までにかけて準備していたんだろうさ」
「それは……」
 半年前からの準備。言うのは簡単だが行うのは不可能に近い。あの操車場の地下にある下水道でいずれ誰かが戦うことを半年も前から予期するのはそれこそ予知能力者でもない限りは不可能だ。
 半年前といえばまだ絶対能力進化実験レべルシックスシフトが始まったばかりで、こんなことになるなんて予想も出来ないのだから。
 だが、



691以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:07:17.41MZg80oVq0 (19/35)

「言いたいことはわかるさ。半年も前からあの地下下水道に僕らの勢力が行くことを予想するなんて不可能に近い。それこそ、この『僕』でも不可能だろうさ」
「ですが……」
「だがあいつなら、造られた子供たちプログラムチルドレンであるあいつ、天埜郭夜ならそれが出来る。それが出来るからこその造られた子供たちプログラムチルドレンだからな」
 造られた子供たちプログラムチルドレン。
 その言葉を言う白の表情はあらゆる感情がないまぜになったかのようなモノだった。言葉に色があるというのであればきっと『造られた子供たちプログラムチルドレン』という単語はすべての色がごちゃ混ぜになったように汚らしい漆黒になっているだろう。
 
 
「白・様・」
 ひどく唐突に不安げな表情を浮かべた十五夜は呼・び・方・を・変・え・て・白に言った。
「大丈夫……ですよね」
 
 
 
「十五夜」
 答えるように白も呼び方を変えて十五夜に言った。
「何も心配する必要はない。すべて僕に任せておけばいい」
 自信に満ち溢れたその言葉と態度は、確かに十五夜らのトップにふさわしいものだった。
 
 
 
「どちらにせよ、最後に嗤うのは僕たちだからな」
 


692以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:08:38.23MZg80oVq0 (20/35)

https://syosetu.org/novel/56774/66.html

白白白と『彼』① 独白、またの名を独り言

「世界物語キャラクターストーリー理論」
 学園都市第一学区に存在する風紀委員本部セントラルジャッジメントの最上階特別会議室天秤の間において白白白は独り言をつぶやいていた。
「君も知っているだろう?これは僕の提唱する世界の成り立ちに関する理論なんだがね」
 ただし、独り言といってもこの場合の独り言とは会話の相手がいないという意味での独り言では無い。どちらかというと一人で勝手にしゃべっているという意味での独り言だ。
「この世界はどこかの誰かが書いている物語にすぎない。だから、物語の登場人物になりきったような行動をとれば、自然に自分の望むように物語が進む、という理論だ」
 しかし白は誰に向かって話しているのだろうか。天秤の間には白以外の人間は誰もいない。十五夜は上条たちにストロビラを埋め込むために操車場に向かっていってしまったし、罠明はとっくに退出している。
「誰かを救いたいのならば主人公ヒーロー的な行動をとればいい。犯罪を犯した後に討たれたいのならば悪人ヒール的な行動をとればいい。たった一人のために大勢を[ピーーー]のならば悪の主人公ダークヒーロー的な行動をとればいい。世界を滅ぼしたいのならば絶対悪オールマーダー的な行動をとればいい。主人公ヒーローに守られたいのならば主人公の恋人ヒロイン的な行動をとればいい」
 その後も、白はただ淡々と『誰か』に向かって言葉を並べていく。白の言葉を聞いている『誰か』に向かって。
「そして、世界を救いたいのなら救済者ヒーロー的な行動をとればいい。そう、救済者ヒーロー的な行動をね」
 にやにやと不気味に無邪気に笑い嗤い哂いながら、まだまだ白は言葉を連ねる。『誰か』に向かって一方的に話す話す話す。
「なぁ、気付いているか?それとも気づいていないのか?あるいは、気付いていてなお無視しているのか?もしかして、気付いた時にはすでに後戻りできなかったのか?」
 返答はないが白は必ず聞こえていると確信していた。この学園都市において『彼』の目を逃れるのは、耳を封じるのは、至難の技だ。それは『最強原石』木葉桜十五夜を所有して、さらに十五夜のほかにも強大な戦力を多数保有している白も例外ではない。
 『彼』はそれだけの力を持っているし、『彼の友』はそんな『彼』の命令を忠実に遂行できるだけの能力を持っている。
 『彼』と『彼の友』の関係は白と十五夜の関係にとてもとてもとても近いものだから。
「君のその行動は世界を救う救済者ヒーローのものではなく、主人公に討伐されるべき黒幕ストーリーテラーのものだぞ。そんなざまじゃ、何千年たったって世界は救えない」
 呆れたように、憐れむように、ただ淡々と白は告げる。告げる。『彼』に告げる。
「君のその計画は欠陥が多すぎる。例えば、そう上条当麻についてだ。幻想殺しイマジンブレイカー、そしてその奥にあるモノ。あるいは『上条当麻』という存在の根源、本質について君は少し過信しているのではないかな?」
 白は『彼』のことをよく知っていた。おそらくは世界中の誰よりも『彼』のことを知っていた。
 それはイギリス有数の魔術結社である『カリスマを研究する組織』のボスよりも深く、出現すれば世界が一瞬で崩壊してしまうほどの力を持った存在達よりも深く知っていた。



693以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:10:11.44MZg80oVq0 (21/35)

「確かに彼は強い。特段に力が強いうというわけでは無いが、それとは別種のところで強い。『絆』あるいは『繋がり』、そういった『生物に対する影響力』はおそらくこの世の誰よりも強いんだろう。もちろん、それは『正』の意味でだが」
 別に白は昔『彼』の友だったとか、しつこくしつこく『彼』のことを嗅ぎまわっていたとか、『彼』のただ唯一の理解者であるとかでは無い。
 むしろ逆だろう。『彼』は白のことを警戒している。得体のしれない存在だと、気味の悪い存在だと警戒している。
 そして同時に評価している。正しく『恐れ』、ただしく実力を評価している。
「そう、上条当麻は、いや『神浄討魔』は強い。その称号キャラクター性からも明らかだが、何せあの引きこもり共にさえ特別視される存在だ。弱いわけがない。だが逆説、上条当麻は別に最強ではないし、無敵でもない。その『強さ』だけでは頂点には絶対に届かない」
 上条当麻。そして、神浄討魔。
 上条当麻は救済者ヒーローである。これは白と『彼』の共通認識事項だ。といっても、上条当麻は別にご都合主義に恵まれているわけでは無い。
 敵の攻撃がたまたま急所を外れる。
 敵の気まぐれで生き残る。
 運よく敵の家族と知り合う。
 土壇場で逆転の秘策が思いつく。
 ピンチに偶然味方が通りかかる。
 旅先でたまたま事件に遭遇する。
 毎日毎日世界の危機にぶつかる。
 成功率1パーセントの作戦が成功する。
 理由もなく急にモテモテになる。
 偶然女の子の裸を見る。
 かつての敵がツンデレ気味に助けに来る。
 組織のトップと都合よく知りあう。
 
 そんなご都合主義が上条当麻には訪れない。
 


694以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:10:40.58MZg80oVq0 (22/35)

 絶対に訪れない。
 
 敵の攻撃がたまたま急所を外れない。上条は重傷を負ったまま戦闘を続行する。
 敵の気まぐれで生き残ったりしない。上条は生き残らせられるのは敵にとって利用価値があるから、又はここで上条を[ピーーー]と敵によってマイナスになるからだ。
 運よく敵の家族と知り合わない。敵の妹が「もうやめて!お兄ちゃん!!!」とか言って割り込んでこない
 土壇場で逆転の秘策が思いつかない。逆転の秘策は土壇場で急に思いつくものではなく、上条の経験と今までの情報を総合してなんとか導き出すものだ。
 ピンチに偶然味方が通りかかったりしない。もしも、味方が通りかかるのならば、その味方はずっと上条のことを探していたのだろう。
 旅先でたまたま事件に遭遇しない。仮に事件が複数回連続して起こるのならば、それは誰かが作為的に上条の周りで事件を起こしているということだ。
 毎日毎日世界の危機にぶつからない。というかそんな簡単に世界の危機は訪れない。
 成功率1パーセントの作戦が成功しない。奇跡はそんなに簡単に怒るものではない。確かな努力と、必要な伏線があれば話は別だが。
 理由もなく急にモテモテにならない。そんな簡単にモテモテになるのならばまずはハニートラップを疑うべきだ。
 偶然女の子の裸を見たりしない。上条当麻にそんな偶然は起こらない。起きるとしたら偶然ではなく事件を解決したご褒美だ。
 かつての敵がツンデレ気味に助けに来ない。スタンバっていたのなら話は別だが。
 組織のトップと都合よく知りあわない。組織のトップは打算なく動かない。知り合ったのならそれは都合がいいのではなく、『上条と知り合えば利益がある』と組織のトップが判断した結果だ。
「頂点。つまり世界最強の存在達。特別で特異で特殊で特記的な『最強』。平たく言ってしまえば異なる位相に住む化物共のことだが、はたして上条当麻は彼らに勝てるのか?魔神共に、吸血鬼共に、もしくは『空白の主』に勝てるのか?上条当麻の称号キャラクター性は、その救済者ヒーローの力は、度合いは、奴らに届くのか?」
 上条当麻に才能はない。そして、上条当麻の右手に宿る幻想殺しイマジンブレイカーもそれだけではたいしたものではない。
 確かに幻想殺しイマジンブレイカーはほとんどすべての異能を無効化できる究極のアンチだが効果範囲は右手のみと非常に限定されている。極端な話、右手に触れないように能力を使えば何の問題もないのだ。
「まぁ、言いたいこと自体は分かる。君の計画も決して無謀というわけではない。むしろ綿密に練られているというべきだろう。しかし、だ」
 しかも圧倒的な物量や世界そのものを改変する力は上条には防ぎようがない。そのまま対応も出来ずに圧殺され、圧倒されるだけだ。
「君は少し人間を信じすぎているのではないかな?少し人という種を信頼しすぎているのではないかな?何も上条当麻という存在に限ることではなく、例えば計画の中核に存在する一方通行アクセラレータや最悪の科学者たち『木原』についても」
 無論、これ以上上条らが成長できないというわけでは無い。むしろ逆、『彼』は出来うる限り上条のことを成長させようとしている。この絶対能力進化実験レべルシックスシフトも上条の成長計画の一環ですらあるのだ。
「信じ、信頼し、信用する。確かに『人間』として大事なことだ。しかし、それが盲信の域に達し、根拠もなく『彼ならできる』と信じ込んでしまうのは危険だ。それはもはや信頼や信用ではなく、依存や狂信の域になってしまう」
 けれども、やはり『彼』の計画は穴がある。そもそも人という存在は、特に上条当麻という称号キャラクター性は、『彼』程度に御せる器ではない、と白は考える。
「話が長い?いやもう少しで終わるさ。そろそろ私の話も終盤だ。なにしろ私は君のことを心配しているんだ。後から嘆き、憂い、憤ってからでは遅いだろう?もうあの時みたいな涙は流したくないだろう?」
 その言葉に対応するように空気が揺れた。空間自体に震動が起こっているように、白のいる天秤の間の空気が不自然に蠢いた。
 『彼』の怒りに、あるいは嘆きに対応するかのように。
「おおっと、今の発言は不用意だった。すまない。忘れてくれ」
 それを敏感に察知した白はすぐさま謝罪した。『彼』と白の間にはあまりにも高すぎる壁がある。白が『彼』と戦っても勝てる確率はほとんどない。というか零だろう。組織同士で戦えば別だが、個人間での戦いは戦力差が明確だ。
「まぁ、前置きが長くなったが何が言いたいかというとだ」
 風紀委員本部セントラルジャッジメントという組織を従える白白白と学園都市という街を作りだした『彼』。
 しかし、忠実な部下の豊富さという意味では白に軍配が上がる。『彼』を本当の意味で理解し、『彼』が本当の意味で信頼している味方なんて片手の指で足りるほどしかいないのだ。
「アレイスター。君は早めに計画プランを修正したほうがいい。君が長年かけて育てた一方通行アクセラレータは、君の思っているよりもはるかに幼稚で幼い精神の持ち主だぞ」
「…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………」
 その言葉に、
 窓のないビルの中にいる『人間』は、
 静かに、
 その手の中に握られたねじくれた銀の杖プラスティングロッドを振るって、
 
 直後に、天秤の間を暴虐が満たした。


695以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:11:21.07MZg80oVq0 (23/35)

https://syosetu.org/novel/56774/110.html

オリジナルキャラクター紹介

 白白白はくびゃくしろ……性別 男
      所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
      役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長
      風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 委員長のため無し
      特殊能力 不明
      二つ名 造られた子供たちプログラムチルドレン
      所持武器 不明
      戦闘スタイル 不明
 
      風紀委員本部セントラルジャッジメントの委員長。絶対能力進化実験レべルシックスシフトの件では風紀委員本部セントラルジャッジメントに所属している部下を使って暗躍した。
      
 
 
 木葉桜十五夜このはざくらまんげつ……性別 女
         所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
         役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長補佐、学園都市特記戦力
         風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 委員長補佐のため無し
         特殊能力 原石 世界支配ワールドイズマイン
         二つ名 最強原石 風紀委員本部セントラルジャッジメント最後の切り札 委員長の懐刀 意思無き人形 正義の尖兵等
         所持武器 専用武器懐中時計型万能毒製造霊装『シスラウの時計』
         戦闘スタイル 位相操作、万能型
 
         風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長補佐。絶対能力進化実験レべルシックスシフトの件では白の指示に従い暗躍した。基本的に白には絶対服従である。原石世界支配ワールドイズマインは局地的位相操作を行うことのできる力であり、基本的に戦闘で負けることはない。十のリミッターがかけられており、普段の力は大幅に制限されている。
 
 
 
 扼ヶ淵埋娥やくがぶちまいが……性別 男
        所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
        役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント攻撃部隊総隊長
        風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 攻撃部隊総隊長のため無し
        特殊能力 不明
        二つ名 数の無い槍ロストオブランス
        所持武器 火炎放射器
        戦闘スタイル 近接格闘、遠距離火炎放射
 
        風紀委員本部セントラルジャッジメントの攻撃部隊総隊長。絶対能力進化実験レべルシックスシフトの件では白の指示に従い上条当麻と戦闘を行い勝利した。過去に何らかの出来事があったことが示唆されるが詳細は不明。能力は現段階では不明だが、地下下水道の崩落から身を守るために能力を使ったように描写がされている。
 
 
 
 魅隠罠明みかくれみんみん……性別 女
        所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
        役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント開発部隊総隊長
        風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 開発部隊総隊長のため無し
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 不明
        戦闘スタイル 不明
        作ったモノ 懐中時計型万能毒製造霊装『シスラウの時計』等
 
        風紀委員本部セントラルジャッジメントの開発部隊総隊長。絶対能力進化実験レべルシックスシフトの件で動いた様子はないが、開発部隊総隊長だけあって武器や防具、兵器、道具類を作ることに天才的能力をほこる。ただし、自分の製作したモノを馬鹿にされたと感じるとヒステリー気味に怒鳴る。罠明の製作したモノを馬鹿にするのは止めた方が賢明である。過去に何らかの出来事があったことが示唆されるが詳細は不明。ただし、白が別組織から引き抜いたような描写がなされる。懐中時計型万能毒製造霊装『シスラウの時計』の製作者は彼女であるが、霊装をつくれるという事は魔術師なのかもしれない。
 
 
 
 千疋百目せんひきひゃくめ……性別 女
       所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
       役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント攻撃部隊第二班班長
       風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 第10位→第8位
       特殊能力 超能力『反転世界パラレルワールド』
       強度 大能力者レベルフォー
       二つ名 逆さまに狂う世界オセロゲーム
       所持武器 不明(本来なら武器は所持しているようだ)
       戦闘スタイル 近接格闘、投擲
       称号 宿敵ライバル
 
       風紀委員本部セントラルジャッジメントの攻撃部隊第二班班長。絶対能力進化実験レべルシックスシフトの件では白の指示に従い白井黒子と戦闘を行い勝利した。。絶対能力進化実験レべルシックスシフトの一件終了後白の指示によってに風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキングが二つ上がった。傷を負うことを恐れており、本人は少なくとも風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング五位になるまで無傷でいなければならないと思っている。第八拘束リミッターまでを解除した十五夜の姿を見て気絶ですんだことからも、百目自身の強さがうかがえる。
 


696以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:11:59.46MZg80oVq0 (24/35)

無何有峠妃むかいとおげきさき……性別 女
        所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
        役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント諜報部隊総隊長
        風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 諜報部隊総隊長のため無し
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 不明
        戦闘スタイル 不明
 
        風紀委員本部セントラルジャッジメントの諜報部隊総隊長。絶対能力進化実験レべルシックスシフトの件では白の指示に従い白井黒子と上条当麻の監視を行っていた。両名が地下下水道に入ったのを見てから撤退を行った。
 
 
 
 五寸釘匕首ごすんくぎあいくち……性別 女
        所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
        役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント諜報部隊第一班班長
        風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 不明
        特殊能力 超能力一方念話ワンサイドテレパス
        強度 強能力者レベルスリー
        二つ名 無し
        所持武器 不明
        戦闘スタイル 不明
 
        風紀委員本部セントラルジャッジメントの諜報部隊第一班班長。絶対能力進化実験レべルシックスシフトの件では白と妃の指示に従い白井黒子と上条当麻の監視を行っていた。また、同時に連絡要員として能力を使用し埋娥や百目に指示をした。
 
 
 
 浣熊四不象あらいぐましふぞう……性別 男
        所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
        役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント諜報部隊第■班■■
        風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 不明
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 不明
        戦闘スタイル 爆弾使用、銃?使用
 
        風紀委員本部セントラルジャッジメントの諜報部隊第■班■■。。絶対能力進化実験レべルシックスシフトの件では白の指示に従い空中の戦力への対応、人員の回収を行った。『HsAFH-18』に追いつき、侵入できるほどの能力を持っている。空を飛ぶ姿を確認できるが、何らかの道具によるものなのかそれとも能力によるものなのかは不明。
 
 
 
 常世涯最果とこよのはてさいはて……性別 男
        所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
        役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント封印戦力
        風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 封印戦力のため無し
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 専用武器体内保存式緊急自殺用超威力爆弾『オメガジエンド』
        戦闘スタイル 自爆
 
        風紀委員本部セントラルジャッジメントの封印戦力。最果のことは苦罠らも表に出てくるまで知らなかった。能力は不明ながら擬似的な不死のようなものだと推察できる。脳幹は『封印』という手段で楽に対処できると語った。普段は 風紀委員本部セントラルジャッジメントの地下第11層にいる。白さえもなるべく使いたくないと思う戦力であるが、自爆戦法を使えるという点ではほかの何物にもできない唯一の戦力ではある。
 




697以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:12:47.27MZg80oVq0 (25/35)

 常闇燕獅とこやみえんし……性別 男
        所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
        役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント防衛部隊総隊長
        風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 防衛部隊総隊長のため無し
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 不明
        戦闘スタイル 不明
 
        風紀委員本部セントラルジャッジメントの防衛部隊総隊長。それ以外のデータは現段階では一切不明。
 
 
 
 白神九十九つくもがみつくも……性別 女
        所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
        役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント支援部隊総隊長
        風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 支援部隊総隊長のため無し
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 不明
        戦闘スタイル 不明
 
        風紀委員本部セントラルジャッジメントの支援部隊総隊長。白は十五夜を通してこの人物に百目の風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキングを上げるように命令した。
 
 
 
 五安城安土城いなぎあづちじょう……性別 男
        所属 風紀委員本部セントラルジャッジメント
        役職 風紀委員本部セントラルジャッジメント■■■■■■■■■
        風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング 不明
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 不明
        戦闘スタイル 不明
 
        詳細一切不明。白曰く外のことを任せているらしい。
 
 
 
 死縁鬼苦罠しえんきくわな……性別 男
        所属 学園都市統括理事会
        役職 学園都市統括理事会メンバー
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 不明
        戦闘スタイル 不明
        ブレイン 天埜郭夜
 
        学園都市統括理事会メンバーの一人。絶対能力進化実験レべルシックスシフトの件では天埜郭夜と共に暗躍した。計画プロジェクトと呼ばれる計画を進めているようだが詳細不明。交渉力、部下の豊富さ、知略に富んだ頭脳、どれをとっても敵にまわしたくない存在である。木原幻生とのつながりがあり、大覇星祭中に御坂美琴の絶対能力者レベルシックス化を行う予定だったようだが、何のためかは不明。彼がここまで御坂美琴にこだわる理由はいったい何なのだろうか……。
 
 
 
 神亡島刹威かみなきじまさつい……性別 女
        所属 学園都市統括理事会メンバー死縁鬼苦罠勢力
        役職 死縁鬼苦罠直属の部下
        特殊能力 超能力交点爆撃チェックボンバー
        強度 無能力者レベルゼロ
        二つ名 無し
        所持武器 無し
        戦闘スタイル 近接戦闘型
 
        死縁鬼苦罠の部下の一人。といってもいくらでもいる消耗品としての部下であり本人もそれは自覚している。それでも苦罠に尽くすのはかつて苦罠に『闇』から救われたから。浣熊四不象によって殺害され、『HsAFH-18』の爆破と共に死体も消失した。実は見捨てられた女グレイレディによって操られていたが本人は当然自覚していない。交点爆撃チェックボンバーは定めた人物と自身の視線の交わった部分を一直線として、その直線の中間部分を爆破する能力。ただし無能力者レベルゼロ
のため実用性は皆無。完全に死亡しているため今後登場することはない。


698以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:13:21.77MZg80oVq0 (26/35)

巳神蔵豈唖みかぐらあにあ……性別 女
        所属 学園都市統括理事会メンバー死縁鬼苦罠勢力
        役職 死縁鬼苦罠直属の部下
        特殊能力 超能力水分生成クウォータージェネレーション
        強度 大能力者レベルフォー
        二つ名 無し
        所持武器 無し
        戦闘スタイル 能力使用
 
        死縁鬼苦罠の部下の一人。替えはききにくいレア度☆3くらいの存在。御坂美琴と交渉するときの苦罠の護衛として選ばれた。
        
 
 
 殿岳深罠てんがくみみん……性別 男
        所属 学園都市統括理事会メンバー死縁鬼苦罠勢力
        役職 死縁鬼苦罠直属の部下
        特殊能力 超能力染まらない透明インビジブレ
        強度 大能力者レベルフォー
        二つ名 無し
        所持武器 無し
        戦闘スタイル 能力使用
 
        死縁鬼苦罠の部下の一人。替えはききにくいレア度☆3くらいの存在。御坂美琴と交渉するときの苦罠の護衛として選ばれた。
 
 
 
 裂ヶ淵瞑娥さくがぶちめいが……性別 女
        所属 彼者誰時に輝く月シャイニングムーン
        役職 団長
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 布、剣等
        流派 天地破壊流
 
        彼者誰時に輝く月シャイニングムーンの団長。点々とはまたベクトルの違った戦闘狂である。死なない最果を相手に互角に戦う、脳幹を初まりの領域に送り届ける等、所々でファインプレーをしている。
 
 
 
 柿柘榴水跳かきざくろしぶき……性別 女
        所属 彼者誰時に輝く月シャイニングムーン
        役職 第一級部隊長
        特殊能力 超能力不動冥奧ストップモーション
        強度 強能力者レベルスリー
        二つ名 無し
        所持武器 無し
        戦闘スタイル 能力使用
 
        彼者誰時に輝く月シャイニングムーンの第一級部隊長。御坂美琴との交渉時、苦罠からの要請で護衛としてかしだされた。戦闘能力は確かなモノであり、並の強能力者レベルスリーよりもはるかに強い。観察眼も優れている。金には汚い。
 
 
 
 矛盾矛盾ほこたてむじゅん……性別 女
        所属 彼者誰時に輝く月シャイニングムーン
        役職 第三級部隊長
        特殊能力 超能力念動能力サイコキネシス
        強度 無能力者レベルゼロ
        二つ名 無し
        所持武器 急速冷却機構内臓型窒素弾丸生成銃HsP-07
        戦闘スタイル 銃撃、近接格闘
 
        十五夜足止めのために戦った人間の一人。シスラウの時計による毒で死亡した。復活はない。
 
 
 
 鳳仙花蝶々ほうせんかてふてふ……性別 女
        所属 彼者誰時に輝く月シャイニングムーン
        役職 第三級部隊長
        特殊能力 超能力発火能力パイロキネシス
        強度 無能力者レベルゼロ
        二つ名 無し
        所持武器 速振動剣チェーンソード
        戦闘スタイル 近接剣撃
        
        十五夜足止めのために戦った人間の一人。シスラウの時計による毒で死亡した。復活はない。


699以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:14:09.46MZg80oVq0 (27/35)

罪罰贖つみばつあがない……性別 女
        所属 彼者誰時に輝く月シャイニングムーン
        役職 第一級大隊長
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 不明
        戦闘スタイル 不明(狙撃時観測手となる)
 
        彼者誰時に輝く月シャイニングムーンの第一級大隊長。十五夜足止めのために戦った人間の一人。超遠距離から狙撃を行う波並波狂濤なみなみなみきょうとうの観測手として戦った。描写を見るに能力によるものか何らかの道具を使ったかは不明だが、二キロ先を目視で視認できている。
 
 
 
 波並波狂濤なみなみなみきょうとう……性別 男
        所属 彼者誰時に輝く月シャイニングムーン
        役職 第一級大隊長
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 急速冷却機構内臓型窒素弾丸生成狙撃銃HsSR-04
        戦闘スタイル 狙撃
 
        彼者誰時に輝く月シャイニングムーンの第一級大隊長。十五夜足止めのために戦った人間の一人。超々一流の狙撃手であり二キロ先の獲物を確実に狙撃することが出来る。狙撃時のペアは贖である。
 
 
 
 屑爬劉くずのはりゅう……性別 男
        所属 彼者誰時に輝く月シャイニングムーン
        役職 第三級大隊長
        特殊能力 不明
        二つ名 不明
        所持武器 不明
        戦闘スタイル 不明
 
        何やら苦罠らが動かしていた存在。現在の所、何をしたのかは不明。
 
 
 
 一本線点々いっぽんせんてんてん……性別 男
        所属 無し
        役職 個人傭兵、学園都市特記戦力
        特殊能力 不明
        二つ名 三千世界武神
        所持武器 剣(名称不明)
        流派 天下無双流
 
        学園都市に三人しかいない個人傭兵の一人。苦罠の依頼で十五夜の足止めを行った。戦いに飢えているというよりは強さを求める類の戦闘狂であり、かつては全能神トールと戦い引き分けたこともある。位相を操る十五夜に一撃を与えたことからもその戦力の強大さがわかる。
 
 
 
 『空白の主』……性別 不明
        所属 不明
        役職 不明
        特殊能力 位相操作、神器創造、神器属性混合
        二つ名 空白の主 
        所持武器 不明
        戦闘スタイル 武器投影及び投擲
 
        初まりの領域と呼ばれる場所に住む異形の存在。一方通行アクセラレータは直感的に人類の敵と感じた。位相操作能力を持つが、濃度で十五夜に劣るため戦いでは押し負ける。ただし、人類の生み出した魔術は効かない、初まりの領域では死なない、一方通行アクセラレータを上の位相世界に送り届けるなど隔絶した実力を持つことは変わりない。
 
 
 
 アルフ……性別 不明
     所属 不明
     役職 不明
     特殊能力 不明
     二つ名 不明 
     所持武器 不明
     戦闘スタイル 不明
 
     『空白の主』と親しげに話す正体不明の存在。普段は最終血戦城カステルル・ブランという場所にいるらしい。
 
 
 
 占卜卜占せんぼくぼくせん……性別 女
     所属 不明
     役職 不明
     特殊能力 不明
     二つ名 不明
     所持武器 不明
     戦闘スタイル 不明
 
     佐天涙子を占った占い師。ただの一般人のようにも思えるが……?


700以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:27:17.32MZg80oVq0 (28/35)

あとがき&次回予告


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 8月21日夜、学園都市超能力者レベルファイブ序列第三位、電撃使いエレクトロマスターの超能力者レベルファイブ、超電磁砲レールガンの御坂美琴は表舞台から姿を消した。
「お姉様……」
 姿を消した御坂美琴を必死に探す白井黒子。そんな白井に協力する初春飾利、佐天涙子、そして上条当麻達。あらゆる伝手を使い、人に協力を求め、情報を探しても御坂美琴の姿は一向に見えない。
「……………みさか……………みこと?」 
 そんな白井達の前に現れた幼女。幼女の名はフェブリ。フェブリはなぜか、御坂美琴の名前を知っていた。
「試運転としては十分な成果だ」
 蠢く悪。
「ムカついたぜ。この俺が実験台扱いとはなァ!!!」
 圧倒的な力を見せつける超能力者レベルファイブ。
「……肯定。[ピーーー]なら、やはり御坂美琴です」
 暗躍する超能力者予備集団セブンバックアップ。
 
 そして、
 
「あれ?黒子じゃない。どうしたの、こんなところで?」
 
 白井黒子は『御坂美琴』と再会する。
 
 求めたものはかつての平穏。変わり果てた少女を前に、少女は『闇』を知る。
 
 
 
 第一部 第二章 革命未明サイレントパーティー 開幕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



701以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:27:47.76MZg80oVq0 (29/35)

 
 あとがき
 
 
 
 まず、第一にお礼を申し上げます。
 
 ここまで私の作品『とある闇の中の超能力者』を読んでいただきありがとうございました。
 いやぁ、この作品を始めたのは2015年07月14日(火) 18:39なので実に1年以上も一章を書いてきたわけです。一章だけを書いてきたわけです。
 …………ではここで作品の内容を振り返ってみましょう。
 話数 111話。
 合計文字数 562569文字。
 平均文字数 5114文字。
 UA 57781。
 お気に入り 157件。
 感想 104件。
 総合評価 266pt。
 平均評価 6.41。
 調整平均 6.60。
 
 うん!長い!長すぎる!
 なにこれ?第一章のみで50万字越えとか馬鹿なの?死ぬの?
 
 ……冗談は置いておいていや本当に最後まで読んでくれた人には感謝しかありません。特に感想をくれた方や評価をしていただいた方。例え酷評でも低評価でも作者の励みになっています。
 
 この場を借りて、もう一度だけお礼を述べさせていただきます。
 
 本当に、本当にありがとうございました!!!!!
 
 では作品内容にでも触れてみましょう。
 
 この作品を私が書いたきっかけなんですが、私は昔『とにかく御坂美琴の闇堕ち作品が読みたい』と思っていたころがありました。
 ところがネットの海を探しても御坂美琴闇堕ち作品はそんなにありませんでした。ヤンデレールガン系は除きます。あれは面白いですが闇堕ちでは無い。
 探して探して見つけた作品も短かったり消化不良だったり完結してなかったりで結局満足できた作品は2chのとある作品とハーメルンのとある作品だけでした。
 ならしょがない。もう自分で書いちゃおう!と思ってこの作品の設定を練り始めました。
 一行プロット組んでSプロット組んで設定を考え、原作を何度も読み、オリジナルキャラクターの思惑を考え、そうしてすべての材料がそろったと判断して書き始めました。
 目的がとにかく御坂美琴を闇に落とすことだったので、もっとも御坂美琴が鬱な状態である樹形図の設計者ツリーダイアグラム破壊の一件からの分岐にしました。
 そこからMNWと融合した御坂を書いたり、一方通行の魔神化を書いたり、ミサカ19090号の動きを書いたり。 
 いや、本当に一章完結できるまでが長かったですね。
 私ももちろん頑張りましたが、いつ終わるかわからなかった読者様のストレスはそうとうのものだったのではないでしょうか。ごめんなさい。
 今回の一章の反省点としては、やはり長さですね。絶対能力進化実験レべルシックスシフト編完結だけでここまで長い作品は禁書二次史上初でしょう。
 少なくとも私は初めて見ました。
 今後はもっと簡潔に、少ない文章量にしたいですね。……………無理かなぁ。
 ちなみに私は作者ですが異常なほどの設定厨であり中二病患者です。
 この作品、本文は500000字以上ありますが、設定集だけでも150000万字あります。
 つまり、それぐらい設定が多いのです。本編中に入れたかった武器とか兵器とか詠唱とかあるのに全然使えなかったからこの後の章で使いたいですね。
 
 一章にはテーマが特にありません。私の位置づけでは一章はチュートリアルなので、勢力とか世界観の説明とかオリジナルキャラクターとかのキャラ付けに一章を丸々使った感じです。
 
 さて、二章はまたまた暗い展開が続きます。鬱展開です、たぶん。
 
 よかったら二章も続けて読んでくれると嬉しいです。
 
 それでは、今回はこの辺りでページを閉じていただいて、
 次回もページをめくっていただける事を祈りつつ、
 本日は、ここで筆を置かせていただきます。
 
 ……さて、二章に取り掛からなければ。


702以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:28:20.40MZg80oVq0 (30/35)

 
「まずは、その理想を打ち砕く!!」
 上里翔流。
 超能力者でも魔術師でもなく、原石でもなければ魔神でもない、そしてオッレルスのような魔神の成り損ないでも、幻想殺しのような特別な力もたない真の意味で平凡な高校生。
 特別な力もなく、特殊な立場もなく、特異な家系もなく、優れた頭脳も、莫大な財力も、絶対の暴力も持たないごく平凡などこにでもいる高校生。
 そんな上里翔流はとある夜、お菓子を買うためにコンビニに向かっているところで一人の全裸パーカー少女と出会った。
「私は世界を救わなくちゃならないの」
 どこにでもいる平凡な高校生『上里翔流』と世界の救済を願う少女『緋異巛新撰ひいかわしんせん』。
 二人が出会い、物語が始まる。
 
 これは学園都市の『外』で起こる神域の物語。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




703以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:28:49.76MZg80oVq0 (31/35)

【   えっ?
    これだけじゃ味気ないって?
 
  何々?
              ただでさえ展開の遅いこの物語は完結できるのかって?
 
 
     僕もそれは気になっていたところだ。
  なんせ、この作者は莫大で膨大な設定を作ったくせに物語の展開が遅すぎる。
                       
               たぶん
 このままじゃ5年たっても終わらない。
 
           だから、まぁ、そうだな。
                        可能性の一部を、確定している未来を、僕がお前らに見せてあげよう。
 
 
 
 
 
                         感謝 し ろ よ 
 
 
 
 
 
 
                          読 者 共
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


704以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:29:22.50MZg80oVq0 (32/35)

《前略》
 
 
 
 
 
 だが、
「やれやれ。いたいけな少女を多人数で滅多打ちにするなんて、君達私にどれだけ嫉妬してるのさ」
 世界有数の超強大な多組織連合による一方的な攻撃を受けてもなお『嫉妬』はまだ死んでいなかった。
 とはいえ、
「翔流。このままいけば」
「あぁっ!このまま遠距離から一方的に攻撃すれば倒せるはずだ」
 効いていないわけではない。そう上里は判断した。そしてそれは隣で上里はサポートし続ける金火も同じらしい。
 そう、立ちすくむ『嫉妬』は明らかな傷を負っていた。
 あの時とは違って、多くの人間が犠牲になった『七罪の咎人一斉討伐作戦』の時とは違って、幻覚でもなんでもなく確かな傷を負っていた。
「全員攻撃を切らさないで!!!このままいけば勝てる!!!!!」
 金火が全軍を鼓舞する。ともすれば今すぐにでも逃げ出しそうな恐怖の中でそれでも戦えるのは、みんながいるからだった。 
 独りでは、一人ではきっと無理だった。
「新たな天地を望むか?」
 だから、上里も戦える。戦う。この世界を守るために、世界を絶望で終わらせないために。
 なのに、
「嫉妬する。私は嫉妬する。嫉妬して嫉妬して嫉妬する。妬ましい!羨ましい!君たちの結束に嫉妬する。君達の能力に嫉妬する。君たちの信頼に嫉妬する」
 不気味な言葉を『嫉妬』が呟いて、
 そして、
「羨望嫉妬ギルティクラウン」
 
 
 
 
 
 
 《中略》
 
 
 
 
 
 
「一つ勘違いを正しておくよ」
 『嫉妬』は言い放つ。すべての人間を絶望の底に落としつくす、真実ことばを。
「私の――――――『嫉妬』の能力は、すべてを掻き消すことじゃないのさ」
 その言葉に、全軍全ての動きが止まった。耳が聞き届けたその言葉は、つまり上里達が知力の限りをつくして立案した作戦の全てが無に帰すことを示していた。
「憤怒」
 最初の一歩で今まで与えた傷が消えた。
「色欲」
 次の二歩目で仲間割れが始まった。
「怠惰」
 続く三歩目で多くの人が倒れた。
「強欲」
 さらに四歩目で立場を失った。
「傲慢」
 この五歩目ですべての干渉が無意味と果てた。
「暴食」
 終わりの六歩目は上里以外の存在を喰った。
「これが『嫉妬』だよ」
 最期の七歩目で『嫉妬』が目の前に来ても上里は動けなかった。
 
 
 
 
 
 
 


705以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:29:52.91MZg80oVq0 (33/35)


 《中略》
 
 
 
 
 
 
「あっ、がッッッ!!!」
「まだ生きているのか?その生き汚さに嫉妬する」
 『嫉妬』がそういった途端に『強欲』が発動し、上里の中の生き汚さが、生への欲求が消えた。
「……ふ、ざ―――――――けっ」
「その怒りに嫉妬する」
 『嫉妬』がそういった途端に『強欲』が発動し、上里の中の怒りが消えた。
「っ、ァっ!ぁぁぁあぁあああああああああああああああ!!!!!」
「その憎しみに嫉妬する」
 『嫉妬』がそういった途端に『強欲』が発動し、上里の中の『嫉妬』への憎しみが消えた。
「――――――ぅ。ぅぅぅうううううううううう………………………………」
「その悲しみに嫉妬する」
 『嫉妬』がそういった途端に『強欲』が発動し、上里の中の悲しみが消えた。
「……………………………………………」
「その無感情さに嫉妬する」
 『嫉妬』がそういった途端に『強欲』が発動し、上里の中の無感情な部分が消えた。
「――――――――――――――――――――あっ、ぁあああああ!!!!!しっ、しッ!しっとォ……『嫉妬』おおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」
「その後悔に嫉妬する」
 『嫉妬』がそういった途端に『強欲』が発動し、上里の中の後悔が消えた。
 
 
 
 
 「嫉妬する」                  「嫉妬する」                     「嫉妬する」                「嫉妬する」              「嫉妬する」       「嫉妬する」     「嫉妬する」         「嫉妬する」           「嫉妬する」      「嫉妬する」      「嫉妬する」                      「嫉妬する」                          「嫉妬する」               「嫉妬する」                   「嫉妬する」                       「嫉妬する」                「嫉妬する」    「嫉妬する」      「嫉妬する」              「嫉妬する」        「嫉妬する」                                                      「嫉妬する」                    「嫉妬する」               「嫉妬する」             「嫉妬する」        「嫉妬する」        「嫉妬する」  「嫉妬する」              「嫉妬する」  「嫉妬する」                  「嫉妬する」                     「嫉妬する」                「嫉妬する」              「嫉妬する」       「嫉妬する」     「嫉妬する」         「嫉妬する」           「嫉妬する」      「嫉妬する」      「嫉妬する」                      「嫉妬する」                          「嫉妬する」               「嫉妬する」                   「嫉妬する」                       「嫉妬する」                「嫉妬する」    「嫉妬する」      「嫉妬する」              「嫉妬する」        「嫉妬する」                                                      「嫉妬する」                    「嫉妬する」               「嫉妬する」             「嫉妬する」        「嫉妬する」        「嫉妬する」  「嫉妬する」              「嫉妬する」               「嫉妬する」                   「嫉妬する」                       「嫉妬する」                「嫉妬する」    「嫉妬する」      「嫉妬する」              「嫉妬する」        「嫉妬する」                                                      「嫉妬する」                    「嫉妬する」               「嫉妬する」             「嫉妬する」        「嫉妬する」        「嫉妬する」  「嫉妬する」              「嫉妬する」  「嫉妬する」                  「嫉妬する」                     「嫉妬する」                「嫉妬する」              「嫉妬する」       「嫉妬する」     「嫉妬する」         「嫉妬する」           「嫉妬する」      「嫉妬する」      「嫉妬する」                      「嫉妬する」                          「嫉妬する」               「嫉妬する」                   「嫉妬する」                       「嫉妬する」                「嫉妬する」    「嫉妬する」      「嫉妬する」              「嫉妬する」


706以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 18:30:59.85MZg80oVq0 (34/35)

  「嫉妬する」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      くくっ。まぁ、こんなところでどうだ。
 
  心配するなよ。これはあくまで未来における可能性の一つ。
                              作者が気まぐれを起こせば、変わる可能性だってあるさ。
 
 
        とはいえ、まぁ。
 
 
 このままいけば、未来は変わらないだろうが、
 
 
                                な
 
 
 
 
 



707以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 20:39:00.59abN6eR2d0 (1/1)

えーと。

バカじゃねーの?


708以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/20(金) 22:35:06.00MZg80oVq0 (35/35)

とある暗部の御坂美琴って二次創作のメタ視点オリキャラが禁書キャラと読者を見下しまくってる描写だゾ☆


709以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 00:10:06.04JdOKoUw60 (1/1)

とある関連のSSを読む上で重要なポイントは一つ
SSの中に上琴要素はあるか?大事なのはそれだけだ
俺にとって上条×美琴は一番の心の拠り所なんだ


710以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:21:14.14cjuCqyCh0 (1/58)

https://syosetu.org/novel/56774/175.html

空白の主と大悪魔① 原初の0.5

 初まりの領域において『空白の主』が根本的な敗北をすることはあり得ない。初まりの領域は原初の世界であり、全ての基礎である場所だ。そして『空白の主』は初まりの領域の住人。全てが繋がっている初まりの領域の住人である『空白の主』を[ピーーー]ということは、つまり全時間軸に存在する全人類を全滅させるということに他ならない。
 故に、『空白の主』を殺したいのであれば全時間軸に存在する全人類を全滅を許容するするしかない。それを否定したいのであれば、絶対に不可能であるが初まりの領域から『空白の主』を引き離すしかない。全時間軸の全人類の生存は逆説的かつ無条件に『空白の主』の生存を証明し、しかしながら『空白の主』の生存は人類の生存を証明しない。理不尽な相互依存関係がそこにはあるのだ。
 
「から、からから、からからから!」
 
 ただ、もちろんの事、単純な実力のみで考えれば現イギリス清教最大主教アークビショップである大悪魔コロンゾンは『空白の主』に勝まさる。アレイスター=クロウリーの原型制御アーキタイプコントローラーによって区分けされた時代アイオーン。イシス、オシリス、そしてホルスの時代アイオーンすらも超越した、さらに先の世界に存在する存在。
 全力の魔神複数柱からすらも逃れることの出来る、別位相ですらない『新たな天地』という新世界から地力で脱出可能な力を持つ存在。
 大悪魔コロンゾン。
 拡散の本質を持つ、真なる邪悪。
 神話上の存在でありながらあくまでも人間でしかない『空白の主』では決して勝てない敵。
 にも拘らず。
 
「可哀想。可哀想。七ん十可哀想七奴だ。大悪魔五六ンゾン」
 
 這い蹲っていたのは、膝をついたのは、汗を流しているのははローラ=スチュアートだった。
 
「ぎ、ぐ」
 
 その様を、
 かの黄金夜明S∴M∴の創設者の1人であるサミュエル=リデル=マグレガー=メイザースが目にすれば、驚愕のあまり心臓を停止させたかもしれない。
 その様を、
 近代西洋魔術という形式を作り上げた学園都市の王であるアレイスター=クロウリーが目にすれば、幻と断じたかもしれない。
 だって、想像できるか?
 あの大悪魔が、あの大悪魔コロンゾンが、
 アレイスターですら制御できなかった、メイザースをも出し抜いたあの大悪魔コロンゾンが、
 たかが『空白の主』程度に敗北しているなど。
 
「人類七ん十見捨十十四まえば、私七ん十、五の『空白の主』程度、楽二殺せるの二」
 
 言うまでもなく、そして何度でも繰り返すが。
 大悪魔コロンゾン最大主教ローラ=スチュアートの実力は『空白の主』を上回っている。確かにこの初まりの領域は『空白の主』の庭だ。だが、だから何だ?その程度の有利ではかの大悪魔との差は埋められない。
 だから、当然別の要素があった。ありていに言えば、大悪魔コロンゾン最大主教ローラ=スチュアートは非常にらしくないことをしていた。自然分解、拡散の性質、本質的な邪悪。
 それが大悪魔コロンゾンだというのに。
 
「は、ははは、はっ、くっッ!」
 
 だが笑う。
 無様な様を晒しているのは大悪魔コロンゾンの方だというのに、それでも笑う。
 人間ではない人外はそもそも視点が違う。
 最初から全てを超越している存在は絶対的にスケールが違う。
 それを、表しているかのように。
 
「この霊媒アバターでは、これが限界なりけるかしらね」
 
 局地的な勝利が全体的な勝利につながるとは限らない。スポーツの団体戦において1勝が全体の勝ちを意味しないように、ここでの敗けは許容できるものでしかない。けれど、そんなことを知らない『空白の主』にとってこの勝利は違和感にしかならなかった。
 論ずるまでもなく勝てるはずがない。できるのは時間稼ぎで、それさえもできるかは分からない。
 
(アルフは何を四十一るのか七……。五の化物を相手二出来るの八、同じ化物の君四か一七一の二)
 
 アルフ。
 『空白の主』の友人であり同類。
 秘匿された真名はbyucgjビュックグジュール・dqsディクェス・finprovzフィンプロブズ・mekhatwxメカトゥウィークス。
 ともすれば、魔術側の最高戦力である魔神すらも凌駕するかもしれない存在。
 来てくれれば、心強い。


711以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:21:58.22cjuCqyCh0 (2/58)

「からからから。……なぜ、殺三七一?……大悪魔五六ンゾン。ま三か、人類を守っ十一るわけでも七一だろうに」
「……いひ、我は悪魔、大悪魔コロンゾンなりけるのよ」
 
 正直なところを言えば、圧されているのはこちらの方だ、と『空白の主』は思っていた。コロンゾンの思惑が一切分からない。敗北した?負けた?まさか!そんなわけがない。コロンゾンの強さを『空白の主』は十二分に知っている。た・っ・た・2・週・間・前・に・手・に・入・れ・た・ば・か・り・の・情・報・に・よ・っ・て・コ・ロ・ン・ゾ・ン・の・強・さ・は・更・に・補・強・さ・れ・た・の・だ・。
 例え血に伏せ地に臥せた状態とはいえそれでもコロンゾンの強さは何も変わらないのだ。
 生命の樹セフィロトの隠されし一線、深淵アビスを守る大悪魔。
 この世界■■における、頂点の一角。
 
「メイザースとの契約はまだ切れていない。である以上、私に貴様は殺せない」
「……かっ、からからから!!!メ一三ース!黄金夜明S∴M∴の三ミュエル=リデル=マグ零ガー=メ一三ースか!!!から、だ十す零八、だ十す零八随分十素晴ら四一事を四十九零た。ま三か、五の私の安全が、そん七語十で保障三零る十八ッ!」
 
 『空白の主』と人類種は敵対している。かつて、全ての人類の祖である『空白の主』は全ての人類を愛していた。だが『空白の主』は愛する子供達に裏切られた。『空白の主』が完全に清浄なる存在となり、元いた場所に帰るために作った子供達は、よりにもよって逆に『空白の主』を縛ってきた。
 子と親という強い強い関係性を利用して、縛ってきたのだ。人間が名を用いて契約を結ぶように。その繋がりを利用して。『空白の主』と人類種は流血ではなく流れる血によって繋がっているから。
 
「だったら殺せる!この私でも、人間でも、大悪魔たる君を追放できる!!!」
 
 故にこそ、『空白の主』は初まりの領域などという辺鄙な場所にいる。魔神のいる『隠世』でもアルフのいる『最終血戦城カステルル・ブラン』でもない、常世に対する一切の干渉を制限されたこの初まりの領域に。
 エイワスは例外中の例外だ。エイワスも結局のところ常世では霊媒アバターなしに大規模な行動はとれない。そして何よりも契約に縛られる。そう、かつてとあるご令嬢フロイラインと交わした契約は、今もエイワスを縛っている。
 メイザースによって縛られたコロンゾンと同じように。
 
「あぁ、あぁ、あぁ!!!子供に罪を押し付けるまでもない!大悪魔を打ち倒すという功績を立てれば、私の罪は禊がれるッ!!!」
 
 その喜びを抑えることはできなかった。
 あるいはこの世で最も罪深き存在に唆される前の『空白の主』であれば、こんな風に欲望を露わにすることはなかったのかもしれない。人類が人類となった理由は賢くなってしまったからだ。つまるところ知恵を付けたから。その理由こそが善悪の知識の木の実を食べてしまったから。故に『空白の主』は楽園を追放された。
 この出来事を、――――――失楽園ペルディトゥス・パラディススという。
 
「――――――戻れる、あの場所に。愛しの楽園に、もう1度ッ!!!今度こそ、私は神に成れる!」
 
 賢さは罪だと定義されている。欲望を持つことは罪だと言われている。今より先に行きたいと、もっと楽になりたいと、誰かのためではなく自分のためにと、それらは全て、全て罪深いのだと、そう言う人がいる。神が人を楽園から追放したのは、人が神になることを恐れたからなのか。神が人に知恵の樹の実を食すことを禁じたのは、人が神の座に辿り着くことを懼れたからなのか。
 『空白の主』は、自覚していない。
 人類には罪がある。
 傲慢スペルビア。嫉妬インウィディア。憤怒イラ。怠惰アケディア。強欲アワリティア。暴食グラ。色欲ルクスリア。
 これを7つの大罪といい。
 そして莠ャ螟ェ驛主・??ェ邯コ隴壹?螟ァ豐シ遘倶ク?驛弱?菫晄怏謚?閭ス縲弱じ繝サ繝ッ繝ウ繝サ繧キ繝ウ縲によれば、彼は莠コ縺ョ蜈ォ縺、逶ョ縺ョ螟ァ鄂ェを決して自覚できない、無自覚の罪の集約体を『雋ャ莉サ霆「雖』と定義した。
 
「だから君は此処で死んで?私のための踏み台になって?」
 
 『空白の主』は雋ャ莉サ霆「雖している。彼女は物事を正しく見ていない。人類全体を生贄としか見ていない。当然の供仏。奉仕されることが当たり前と思っている。最も不浄であるが故に、最も清浄に憧れた『空白の主』。
 こんな詩を知っているだろうか。
 
 菴輔′鄂ェ縺九o縺九j縺セ縺吶°。
 遏・諱オ縺ョ螳溘r蜿」縺ォ縺励◆縺九i縺ァ縺ッ縺ゅj縺セ縺帙s。
 
 菴輔′鄂ェ縺九o縺九j縺セ縺吶°。
 陋??逕倩ィ?縺ォ閠ウ繧定イク縺励◆縺九i縺ァ縺ッ縺ゅj縺セ縺帙s。
 
 縺セ縺?鄂ェ縺後o縺九j縺セ縺帙s縺。
 縺昴l縺薙◎縺後≠縺ェ縺溘?鄂ェ縺ェ縺ョ縺ァ縺。
 
 『空白の主』は分かっていない。なぜ楽園から追放されたのか。なぜ人類が反逆したのか。与えられる側だった『空白の主』には奉仕する側の気持ちは分からないし、与える側の気持ちもわからない。
 
「くっ、くっくっくっ」
 
 だからこそ、『空白の主』にはコロンゾンが怖く見えるのだ。恐れていて、畏れている。誰・か・に・頼・る・こ・と・で・し・か・危・機・を・脱・し・て・こ・な・か・っ・た・『空・白・の・主・』は・根・本・的・に・弱・者・だ・。
 齢をどれだけ重ねても弱いまま。
 実力は上がらず、弱い者いじめしかできない。
 コロンゾンの思惑も分からない。
 
「あっはははははははははははははは!!!!!!」
 
 思わず、といった調子であった。
 まるで1秒先に来る絶望を知らない赤子を見る様に、コロンゾンは大笑いした。 
 
「……何が、おか四一?」
「くっくっ、おかしいと思わなきかしら」
「一った一何について!?」
 
 止めを刺そうとしないのは反撃を恐れているから。
 会話を続けようとしているのは時間稼ぎのため。
 神器召喚でコロンゾンを攻撃しないのは悪魔殺しの業を背負いたくないから。
 『空白の主』には覚悟がない。だから、簡単に諦めて、次を探してしまう。『空白の主』は何1つとして背負っていないから、軽い。8月21日のあの日に木原脳幹と木葉桜十五夜を逃がす必要はなかったはずだ。一方通行アクセラレータに対する干渉ももっと深くできたはずだ。
 世界をあるべき姿に還そうとしているコロンゾンとは格が違う。
 自分だけのために戦うモノは、弱い。
 
「くっくっ、私がここに来た理由は、貴様と戦うためでは、ない」
「…………………………………………………………………」




712以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:22:50.11cjuCqyCh0 (3/58)

『空白の主』には見えていなかった。意図的に無視をしていたわけではない。ただ純粋に、その存在を認識していなかったのだ。地を這う蟻は意識しなければ気付けないように、空を飛ぶ蚊もまた意識しなければ気付けないように。『空白の主』からすればあまりにも矮小すぎる存在ゆえに、『空白の主』はその存在を忘れていた。
 なぜコロンゾンは初まりの領域に来た?
 その理由ははたして何だった?
「警告、第二二章第一節。命名、『神よエリ、・何故私を見捨てたのですかエリ・レマ・サバクタニ』――――――完全発動まで一秒」
「ッッッッッ!!!!!?????」
 いきなりだった。
 妙に機械的な声がした瞬間には、もうその赤き閃光は『空白の主』に直撃していた。
 だが、
「…………………………………出来ない」
 閃光が晴れると同時に、『空白の主』は呟く。あれほどの一撃が直撃してなお無傷なのに、それでも。
 認められないかのように、信じられないかのように。
 大悪魔コロンゾン。三三三。拡散。自然分解。共倒れ。
 それはあり得ない。
 『空白の主』の対が、
 いや、いいや、いいや!!!
「不可能二決まってるっ!人類で八私を、五の原初の片割零たる『空白の主』八殺せ七一っ!親殺四のパラドッ九ス。五の全時間軸二繋がっ十一る初まりの領域で八、人類の手で八私八殺せ七一!」
 だからインデックスは此処にいるのか?
 わざわざ、そういう風にセッティングした?『空白の主』の対が、その『破壊の象徴』が、共倒れの相手が、インデックスだと?
 イギリス清教第零聖堂区必要悪の教会ネセサリウス所属の魔導書図書館。
 そんなことは認められない。
 そんなことは認められない!
 格というモノがある。
 オリンピック選手とアマチュア選手なら共倒れするのか?
 最新鋭の戦闘機と旧式の装備を持った歩兵は共倒れするのか?
 いや、あり得ない。だから絶対にあり得ない。インデックスでは『空白の主』の対にはなれない。なのに、なのに、それなのに!
 なぜ、コロンゾンはそこまで『空白の主』を下に見る!
「馬鹿、二」
 怒りが発露する。
 暴風雨のような怒りが、畏れを上回る。
「馬鹿二するのも大概二四六ぉ!!!五の、五の私八っ、『空白の主』八ッ!原初の一、初まりの片割零、全十の人類の母!!!勝十七一、人類じゃ、君のバッ九アップを受けた十四十も!險ュ螳八覆ら零七一!!!!!五の、私の五十を、ど五まで下二見零八ッ!大悪魔、五六ン」
「な・ら・魔・神・な・ら・」
 それは至極単純な答えだった。
 
「――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――まさか」
 
 知らず、冷や汗が流れた。
 インデックスの脳内に記憶されている一〇万三〇〇〇冊の魔道書を正しく使えば魔神に至ることが出来るとされている。一方で、インデックス自身が魔神になることは不可能だとされている。その理由はインデックスが魔翌力を生成することが出来ないからだ。
 なら、インデックスが魔翌力を生成できるようになれば?
 もしもインデックスに付けられている3つの枷が全て外れるような事態に成れば?
 インデックスは分離した。今この初まりの領域にいるのは仮想人格ナンバー006『哀れな子羊アニュス・デイ』だ。
 空虚な心と不完全な器。乗っ取るには、霊媒アバターとするには十二分すぎた。
 
「――――――魔導書図書館、Index-Librorum-Prohibitorum」
 
 恐怖が、
 死が、
 そこにある。
 
「これならばメイザースとの契約には反しない」
 
 元来、悪魔とは狡猾であるモノだ。メフィストフェレスなどが有名であるが、悪魔とはその弁舌で人を騙し、その弁舌で人を誘惑し、その弁舌で人を誘導する生き物だ。契約の穴を見つけることなど簡単にできる。
 策はなった。
 そのためだけに、コロンゾンはわざわざインデックスを『殺した』のだ。
 赤・き・楔・は・掻・い・潜・ら・れ・た・。
 
「殺せ」
 
 一言だった。
 単純な命令だった。
 絶対の死刑宣告だった。
 勝てないと、本能的に分かってしまった。
 因果応報。罪には罰を。盛者必衰。兵どもも夢の跡。
 だから、
 
「ここからは私が受け持ちますdeath。我が朋友、『空白の主』」
 
 ブンッ、と空間がぶれた。
 そして、いた。
 黒のスーツに黒のズボン、黒のマントと黒の指輪、黒の靴、黒の髪、黒の手袋、黒の襟、黒のモノクル、そして白い肌と紅い唇と瞳。
 救援は最適のタイミングで現れた。彼は『空白の主』を庇うように前に立った。
 その男の名を、アルフといった。
 
「第六物語シックスストーリの最終敵ラスボスであるか。そしてこの大悪魔と同じ人類外」
「同じとは人聞きが悪いdeath。私はあなたほど悪辣ではないdeathよ」
 
 交わされた会話はそれだけだった。
 そして戦いが始まった。
 生命の樹セフィロトの奥に潜む悪魔と1700年前に人類種に敗北し常世から逃走した『空白の主』の息子の末裔の戦いが始まった。
 さながら、最終決戦であるかのように。


713以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:24:07.756zKiHhcHo (1/2)

もういいからさ
もう十分分かったから止めてお願い


714以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:24:47.94cjuCqyCh0 (4/58)

https://syosetu.org/novel/158074/72.html

惨劇最悪バッドエンド② あなた達が間違えた選択の果てに、世界は滅亡しました

 終わった。
(終わった)
 終わった。終わった。終わった。
(終わった。終わった!終わったあァァっっっ!)
 だが、はたして何が終わった?
 佐天の歯を噛み千切ることが?
 もちろんそれは終わった。
 佐天との間にあった信頼関係が?
 それは修復は可能なほどに終わってしまった。
 上条の精神性は?
 それもまた、終わってしまったモノの1つだろう。
 いくつもの出来事が終わり、モノとして存在しない目に見えない何かもまたいくつも終わってしまった。
 それが良いか悪いかはまだ分からない。もしかしたら上条の行動が後の災厄に繋がるのかもしれない。
 けれど、確かに此処に1つの事象は終了したのだ。
 上条が終わらせた。
「はっ、はふっ……はぁーっ、ははっ!はぶ、げふッ!…………あ゛、…………ぁ゛」
 唾液と血液でぐちゃぐちゃになった佐天の左手親指を掌の上に吐き出して、上条は荒い息のまま何とか佐天に話しかけた。
「さ、てん……大丈夫、か……?」
「……………………………」
 返答はない。
「佐天……?」
 膝に手をついて息を落ち着けながら、上条は顔を上げて佐天を見上げた。
 
 佐天は、恐怖に歪んだ顔のままぐったりと頭を下にしていた。
 
「っ!……ぅ」
 ピクリとも動かない佐天。
 気絶している、のだろう。
 全身から力が抜けている。だらりと下がった四肢に半開きになった口、開いた瞳孔。全てが佐天が正常ではない状態であることを示している。
 言うまでもなく、上条がそうした。
(仕方なかった……仕方なかったんだ!)
 そう、思うしかない。今はまだ、罪悪感を抱くわけにはいかない。
 やらなければならないことがある。
 佐天の痛みを、その犠牲を、無駄にするわけにはいかない。
「Aえー!」
 と上条は食蜂を呼んだ。
 佐天の左手親指が手に入った以上、後必要なのは刀夜の右目だけだ。つまり食蜂が刀夜の右目を抉りだせていれば、事態の全ては解決する。
 はずなのに、
「何してるんだ……?」
 奇妙なことに、食蜂は刀夜の右目に手を伸ばしたまま静止していた。
「大丈夫、か?」
 緊張しているのだろうか。
 躊躇しているのだろうか。
 それも仕方ないと思う。上条だって、躊躇いの中で覚悟を決めて佐天の指を噛み千切ったのだ。だから食蜂が出来なくても仕方ない。
(いざとなったら)
 いざとなったら、上条が食蜂の代わりをやるしかないだろう。
 けれどまず、上条は食蜂を励ますためにその左肩に手を置いた。
「変わろうか?」
 と声をかけて、
 
 ドン、と食蜂の身体が倒れた。
 
「……………………………………………………………………………………………は?」
 一瞬、停止。
 だが、すぐに動き出す。
「食蜂!?」
 倒れ伏した食蜂に上条はすぐさま駆け寄った。
 何だ?何が起きている?どうして食蜂が倒れた?
「おいっ、どうした!?しっか」
 呼吸が、停止していた。
 心拍が、無かった。
「――――――――――――――――――――――しょく、ほう?」
 一般的には、呼吸をせず心臓も停止している人間のことは死体と呼ぶ。
 つまり、食蜂は死んでいた。
「待てよ」
 死んでいた。
「起きろよ!何、何で……食蜂ッ!」
 
 ガチャリと音がして、誰かが上条の背に凭れ掛かってきた。
 
「ぐっ、痛ッ!?」
 
 背中に奔った衝撃を振り払うかのように、上条は食蜂の身体を支えたまま片腕を背に手をやった。
 何かが上条の背中に墜ちてきた。
 何かが上条の背中に降ってきた。
 それを背中から降ろして、上条は降ってきた何かを確認し、
 
 上条刀夜が死んでいた。



715以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:25:15.98cjuCqyCh0 (5/58)

「……、…………?」
 今度は言葉すらも出なかった。ただ、ふらふらと開いている方の手が刀夜の頬に伸びた。ふらふら、ふらふら、ふらふらと。
「父、さん……?」
 動かない。
 ピクリとも、動かない。
 触らなくても分かる。
 触れなくても分かる。
 上条刀夜は死んでいる。
「あ」
 呆けたように口を開きっぱなしにして、食蜂を横たえ、上条は立ち上がった。何が起こっているのかわからない。何が起こっているのか分からない。何が起こっているのか分からない。
 でも何かが起こってるのなら、と上条は立ち上がった。
 
 四つの枷から解放され、倒れ伏した佐天が視界に入った。
 
「は」
 確かにそうだ。食蜂が死んだ。刀夜が死んだ。ならば佐天だって死んでいるだろう。全くそうだ。非常に納得できる。
「なら、ジャーニーも……」
 佐天と刀夜が解放されたなら、もちろんジャーニーも死んでいる。見る必要もない。だって、12のルールにはこうあった。『ジャーニーが培養器の外に出るか、ジャーニーが死亡した時点で2人の拘束は解かれる。』、なら当然ジャーニーは死んでいる。
 4人とも死んだ。
 此処で生きているのは上条だけだ。
「……外に」
 なら、もう此処に居ても意味はない。外に出て、助けを呼ばなければ……。
 ふらふらと頼りない足取りで階段を上り、部屋を出る。
 
 その部屋の外では、少女が死んでいた。
 
「…………………、蜜蟻、……か?」
 その顔には見覚えがあった。
 蜜蟻と名乗る少女と同じ顔をしていた。
 ……待っていた、のだろうか。
 ジャーニーを救出した後の上条に会いに来るつもりだったのだろうか。
 死体は黙して語らないから、真実はもう分からない。
「……………………………、…………」
 歩く。
 ただ、歩く。
 とにかく外に行かなければ何も始まらない。外に行けば助けを呼べる。助けを呼んで駆動鎧パワードスーツを止められる。だから、まずスタジアムの地下から出なければならない。
「…………もう、ちょっと」
 後数歩でスタジアムの外に出られる。
 後2歩でスタジアムの外に出られる。
 スタジアムの外に出られた。
「っ」
 太陽光の眩しさで僅かに目が眩む。だが徐々にその明るさに慣れて、視界が開けた。
 
 インデックスが死んでいた。
 
「――――――――――――――――――――――――――――――」
 
 ひどい、酷い様だった。
 片腕を切り落とされ、半ばまで切断された胴からは内臓が零れ落ちている。白を基調とした修道服はあちこち裂かれ、穴が空き、そこから今もなお流れ出る血が、修道服を赤黒く変色させていた。数えることすらも馬鹿馬鹿しくなるほどにインデックスの体の傷は多かった。
 何度も、何度も、何度も。
 誰かがインデックスの体を切り裂き、斬り付け、痛めつけ、命を弄び、尊厳を凌辱し、生き様を侮辱し、そして突き立てて、消えない傷を残したのだろう。
 永遠に消えない、傷跡を。
 どうして、そこまでされなければならなかったのか。
 どうして、そこまでしなければならなかったのか。
「―――――――――――――――――――――――」
 苦痛に満ちた顔を、
 恐怖に歪んだ顔を、
 せめて、せめて、せめて、少しくらい安らかにしたい。
 だから上条は死にきったインデックスに近づいて、その瞳を閉じさせてあげた。
 それくらいしか、出来なかった。
「……………………」
 そうして、上条は携帯電話を取り出して病院に電話した。119番。死体を病院に渡さないといけない。
 通話がつながる。
「あの」
 自分でも驚くほどに冷たい声が出た。
 なのに、


716以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:25:51.80cjuCqyCh0 (6/58)

『―――――――――――――――――――』
「あの!」
 通話口からの返答がない。
 話しかけてこない。
「……仕事してくれよ」
 119番からの返答がないなら自分で歩いて病院に行くしかない。
 どこの病院が良いだろうか?一番近い所なら、やはりカエル顔の医者の所か?
「歩けば、いつか辿り着くか」
 そう言って、上条はスタジアムの外に出る。
 
 スタジアムの外には、輝の死体があった。
 
「……勝てなかったのか」
 それだけ言って、上条は大通りに向けて歩き始める。大丈夫だ。死体が1つ増えただけだ。病院に連絡する手間が増えたけれど、それぐらい上条が負担するべきだろう。
 10分ほど歩き、上条はようやく大通りに出た。
 
 燃え盛る炎がいくつもあった。
 
「熱っ!」
 炎上しているのは車だ。
 交通事故が起こっているのだ。この大通りだけで何件も。
「……警察に、連絡しないと」
 もう一度、上条は携帯電話を取り出して警察に電話した。
 110番。
 通話がつながる。
「あの」
『―――――――――――――――――――』
 通話口からの返答がない。
 話しかけてこない。
「……………………」
 仕方がないから上条は電話を切って再び歩きだした。
 どいつもこいつも仕事をせずにさぼっていて、学園都市は大丈夫なのだろうか?
「…………………………」
 歩き続ける。
 車の中で見知らぬ誰かが死んでいた。
 歩き続ける。
 歩道にある椅子の上で誰かが寝転がっていた。
 歩き続ける。
 道端でカップルが抱き合ったまま動かずにいた。
 歩き続ける。
 青髪ピアスが家に寄り掛かっていた。
 歩き続ける。
 炎の中に誰かが立っていた。
 歩き続け、
「青髪ピアス……?」
 振り返った上条は来た道を戻って青髪ピアスに近づいた。
 
 近づいて、その瞳が何も映していないことに気が付いた。
 
「―――――――――――――――――――――――う」
 一歩、下がる。
 足が誰かの肉に当たる。
 下を見る。
 倒れ伏した吹寄と目が合った。
「うあああああぁぁぁぁぁぁぁッ――――――!!!」」
 もう、我慢できなかった。
 無茶苦茶に走り回る。
 滅茶苦茶に叫ぶ。
「あああああああああああああああああっ!!!!!くがあああああああああああああああ!!!!!ぎあああああああああああああああああああああ!!!!!!!」
 両の目から流れ落ちる涙が視界を歪ませる。
 あらゆるところにある血液がびちゃびちゃと上条の足元で跳ねる。
 どうしようもない。
 もう、どうしようも、ない。
「何なんだよ、これ…………」
 全て、死んでいた。
「何なんだよ、これっ!?」
 死が、溢れていた。
「何なんだよ!これは!?」
 ここには死しか、なかった。
「誰か、誰かいないのかよ!!!」
 もう恥も外聞もなく上条は走り回った。ようやく、脳が現実を直視した。
 死んでいる。死んでいる。死んでいる。
「誰か!誰かァッ!誰でもいいから、返事してくれよ!!!」
 死んでいる。死んでいる。死んでいる。
「ふざけんなよ!どうしてこんなことになってるんだよ!!!俺が、俺……ああああああああああああっ!」
 死んでいる。死んでいる。死んでいる。
「なんで、……なんで……っ、インデックス……インデックスぅ……うああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」
 全てが終わって滅んでいる。
 視界を埋め尽くす赫と無数の死体だけが、上条が今ここにいる証明だった。
 膝をつく。
 何もかもが死に尽くした世界で、徐々に上条の正気が薄れていく。



717以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:26:30.30cjuCqyCh0 (7/58)

なにもわからない。
 なにもかんがえたくない。
 

 精神を犯し尽す絶望が上条の中から希望を消し去っていき、五感すら奪い去ってく。
 消える。消える。消え失せる。
 意識が、思考が、感情が、何も残らない。
 
 はずだったのに。
 
 ざっ、と上条の後ろで足音がした。
「ッ!?」
 その音を聞いた上条はまるで今にでも消えそうな蝋燭の明かりを必死に維持しようとするかのように振り向いた。
 生きている人がいる?
 誰かがまだ、生きている?
 そう思って、上条は振り向いて、
 
 白過ぎる腕に、首を掴まれた。
 
「あぎぃッ!?」
 絞まる。しまる。しまっていく。
 首が徐々に絞めつけられていき、呼吸が出来なくなっていく。
「だ……に……」
 誰が上条の首を絞めているのか分からない。
 何で上条が首を絞められなければならないのか分からない。
 だが、
 
「時間、掛けすぎだよ」
 
 全てが死に犯された世界に色を喪った呟きが響き、
 
 ――――――上条当麻の生命活動は、完全に停止した。
 
 
 



これで『とある暗部の御坂美琴』は完結となります!
3年モノ長い期間の連載となりましたが、今まで付き合ってくれた方には非常に感謝です。本当にありがとう!
後日にあとがきを投稿させてもらいますが、本編はこれで終わりです。

本当に、本当に、ありがとうございました!
















セーブデータをロードしますか?

はい←
いいえ


718以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:27:44.21cjuCqyCh0 (8/58)

1周目における第一部第二章は惨劇最悪バッドエンドで終了したため現段階においては取得ポイントを計上できません。

ご了承下さい。


とある暗部の御坂美琴(1周目) 総合評価

 第一部第一章 評価
 
 
 
 
 
 第1評価
 
 話数 111話……条件未達成。
 合計文字数 562569文字……条件未達成。
 平均文字数 5114文字……条件達成。
 UA 57781……条件達成。
 お気に入り 157件……条件達成。
 感想 104件……条件達成。
 総合評価 266pt……条件達成。
 平均評価 6.41……条件達成。
 調整平均 6.60……条件達成。
 
 
 
 第1評価値算出
 
  ―111―5625―114+5778+157×10+104×10+266×10+6.41×100+6.60×100=6499
 
 条件達成 7
 条件未達成 2
 
 二章開始時における難易度がハードになりました。
 
 条件達成と認定。
 
 取得ポイント 6499SP
 
 
 
 
 
 第2評価
 
 誤字指摘……54箇所。
 読者による設定不備指摘……8箇所。
 
 能力名が四文字では無いモノがあることに関する伏線……指摘済み。
 アレイスター=クロウリーによる絶対能力進化実験レベル6シフトの干渉に関する伏線……指摘済み。
 初まりの領域に関する伏線……指摘済み。
 全体個体『御坂美琴』に関する伏線……指摘済み。
 世界物語理論に関する伏線……指摘済み。
 裂ヶ淵瞑娥さくがぶちめいがによる位相斬りに関する伏線……指摘済み。
 千疋百目の地下下水道脱出行動に関する伏線……指摘済み。
 木葉桜十五夜の召喚した武装に関する伏線……指摘済み。
 『神』になった一方通行アクセラレータに関する伏線……指摘済み。
 もう1つの絶対能力進化実験レベル6シフトに関する伏線……指摘済み。
 千疋百目が地下下水道の崩落から白井黒子を助けた理由に関する伏線……指摘済み。
 伏線を『貼る』が誤字ではない理由に関する伏線……指摘済み。
 【】に関する伏線……指摘済み。
 初春飾利の所属に関する伏線……指摘済み。
 一方通行アクセラレータの魔神化を想定内とした存在に関する伏線……指摘済み。
 御坂美琴が一方通行アクセラレータを拷問した理由に関する伏線……指摘済み。
 アレイスター=クロウリーの進める『計画プラン』に関する伏線……指摘済み。
 『死』の定義に関する伏線……指摘済み。
 上条当麻が敗北したことに関する伏線……指摘済み。
 風紀委員本部セントラルジャッジメントに所属する人間に関する伏線……指摘済み。
 全体個体『御坂美琴』の思考矛盾に関する伏線……指摘済み。
 風紀委員本部セントラルジャッジメントという組織構造に関する伏線……指摘済み。
 見捨てられた女グレイレディの正体に関する伏線……指摘済み。
 ミサカネットワーク総体の気付きに関する伏線……指摘済み。
 風紀委員本部セントラルジャッジメントと滞空回線アンダーラインに関する伏線……指摘済み。
 原作では気づくことのできたぬいぐるみに関する伏線……指摘済み。
 上里翔流に関する伏線……指摘済み。
 アルフの発言に関する伏線……指摘済み。
 占卜卜占に関する伏線……指摘済み。
 アレイスター=クロウリーの上条達へのバックアップに関する伏線……指摘済み。
 
 
 



719以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:28:25.85cjuCqyCh0 (9/58)

 第2評価値算出
 
 54×0.5+8×5+30×1=97
 
 『真実解明トゥルーエンド』ルートへルート分岐。
 
 ――――――世界物語キャラクターストーリー理論による正史認定を行いました。
 
 以下、第一部第一章は『真実解明トゥルーエンド』ルートで固定されます。
 
 条件達成と認定。
 
 取得ポイント 9700SP
 
 
 
 
 
 第3評価
 
 御坂美琴VS死縁鬼苦罠……勝者 死縁鬼苦罠
 御坂美琴VS一方通行アクセラレータ……勝者 全体個体『御坂美琴』
 木葉桜十五夜VS罪罰贖&波並波狂濤……勝者 木葉桜十五夜
 木葉桜十五夜VS矛盾矛盾&鳳仙花蝶々……勝者 木葉桜十五夜
 木葉桜十五夜VS一本線点々……勝者 一本線点々
 ミサカ10032号VS一方通行アクセラレータ……勝者 一方通行アクセラレータ
 白井黒子VS千疋百目……勝者 千疋百目
 白白白VSアレイスター=クロウリー……勝者 不明
 上条当麻VS扼ヶ淵埋娥……勝者 扼ヶ淵埋娥
 神亡島刹威VS浣熊四不象……勝者 浣熊四不象
 一方通行アクセラレータVS『空白の主』……勝者 『空白の主』
 常世涯最果VS木原脳幹……決着つかず
 木葉桜十五夜VS『空白の主』……決着つかず
 木葉桜十五夜VS『空白の主』VS木原脳幹……引き分け
 常世涯最果VS裂ヶ淵瞑娥……勝者 常世涯最果
 ミサカ19090号&ミサカネットワーク総体VS死縁鬼苦罠&天埜郭夜……勝負中
 アレイスタークロウリーVS白白白……勝負中
 佐天涙子……敗北者
 
 
 
 第3評価値算出
 
 ―1+0+0+0+0+0―1+0―1+0―1+0+0+0.5+0+0.5+0.5+1=-1.5


720以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:29:30.46cjuCqyCh0 (10/58)

 侵略者インベーダーによる侵蝕が1段階進みました。
 
 条件未達成と認定。
 
 取得ポイント ―1500SP
 
 
 
 
 
 第一部第一章総合取得ポイント算出
 
 6499+9700-1500=14699
 
 合計取得ポイント 14699SP
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 上条当麻のステータスを表示します
 
 上条当麻……性別 男
      年齢 15歳
      特殊能力 幻想殺しイマジンブレイカー
      称号 主役級メインキャラクター、主人公ヒーロー、救済者ヒーロー(未覚醒状態)
      称号スキル 主人公補正(真)、なるようにならない最悪If nothing is bad、カリスマ(弱)
      固有スキル 前兆の感知(兆)、不幸、不撓不屈(弱)
 
 
 
 
 
 
 
 買い物
 
 
 
 何を買いますか?
 
 
 
 特殊文字(認識不可状態)の可視化(第一部第一章のみ)……100000SP
 イベント絵……各50000SP
 スキル……各10000SP
 記憶の引継ぎ……10000SP
 サブストーリー……各5000SP
 アイテムの引継ぎ……5000SP
 経験値の引継ぎ……1000SP
 友好度の引継ぎ……1000SP
 TIPS……各100SP
 
 
 
 イベント絵詳細
 
 頂にて君臨する風紀委員本部セントラルジャッジメント
 汝、人を捨てても護りたいモノがあるか?
 
 
 
 スキル詳細
 
 前兆の感知
 説得
 女たらし
 
 
 



721以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:29:59.20cjuCqyCh0 (11/58)

サブストーリー詳細
 
 御坂美琴初めてのお仕事
 たぶん最終章にならないと意味の分からない会話劇
 上里勢力結成譚 第一幕
 
 
 
 TIPS詳細
 
 オリジナル単語1つに付き100SP
 
 
 
 
 
 記憶の引継ぎ……10000SP ←
 
 記憶の引継ぎ……10000SP を買いますか?
 
 
 
 はい ←
 いいえ
 
 
 
 使ったSPは二度と戻りません。それでも 記憶の引継ぎ……10000SP を買いますか?
 
 
 
 はい ←
 いいえ
 
 
 
 記憶の引継ぎ……10000SP を買いました。1周目の記憶が2周目に引き継がれます。
 
 
 
 取得ポイントが4699SPに減少しました。
 
 
 
 他には何を買いますか?
 
 
 
 特殊文字(認識不可状態)の可視化……100000SP ←
 
 特殊文字(認識不可状態)の可視化……100000SP を買いますか?
 
 
 
 はい ←
 いいえ
 
 
 
 特殊文字(認識不可状態)の可視化……100000SP を買うためにはSPが足りません。
 
 
 
 取得ポイントは4699SPのままです。
 
 
 
 他に何を買いますか?


722以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:31:09.32cjuCqyCh0 (12/58)

https://syosetu.org/novel/158074/74.html

私はいつも一人だった。
だから願った。愛されたいと。
私は多くの人から愛された。
だから思った。一人がいいと。
そして私は独りになった。
だから悟った。これが幸福だと。

――――――二九七


それでも僕は、明日が欲しかった
裏お茶会~1周目~

 崩れ落ちる上条ヒーローの身体を睥睨しながら、230万の死体で溢れる学園都市の中で僕は溜息をついた。
「わりと、期待してたんだけどね……」
 言葉にすることで僕は僕自身の考えを再認識する。
 そう、期待していた。本当に期待していたんだ。
 上条当麻なら、あるいはこの僕を上回ることが出来るかもしれない、と。
「いや、……矛盾だな」
 僕の世界の人類を護るためには、いずれ上条当麻は必ず[ピーーー]ことになる。それが早いか遅いかの違いだ。
「…………遅かったね、アレイスター」
「殺したのか」
「どのみち、間に合わなかったさ。彼はあまりにも遅すぎた」
 男にも女にも、子供にも老人にも、聖人にも囚人にも見える『人間』、そう評されるアレイスターの方に視線を投げかけて、僕はこの全てが終わった世界を見通す。
 70億の、そして数百の死体しか存在しないこの世界でただ1人、僕だけは違うから。
 結局すべてが絵空事の虚言でしかないと知っているから。
「それを分かっていたからこそ、君も滅亡齎す七の子羊セプテム・アニュスの対策を発動させなかったんだろ」
「あの程度の術式に気付けないのならば、どのみちヤツは救済者ヒーローには相応しくないだろう」
「随分な言い様だ……。君の、君達の主人公ヒーローだろう?」
「違うな。私達の主人公ヒーローは彼ではない。上条当麻だ」
「厳しいね……。彼だって、僕がいる中頑張ってると思うけど」
「結果世界が滅んだが?」
「……………………もう少し、サポートしてあげれば良かったのに」
 フラグが立たなかったのは確かに上条の責任だが、たった1回で完全な救済を為せだなんて難易度が高すぎるだろう。今回は解決しなければならなかったことが多すぎる。瞬を倒して、蜜蟻をどうにかして、学究会防衛作戦を成功させ、咎負虐殺を止める。
 そんなの無理だ。
 僕だって、サポートなしで出来るとは思ってなかった。
「それは」
「呼ばれてないのにじゃんじゃじゃ~~~ん!!!」
 空から純正の人類絶対悪が降ってきた。
「五行……。今結構重要な話してたんだけど」
「あぁ、あぁ、あ~あ。まさかこんな結末になっちゃうなんてなぁ~」
「聞けよ」
 いや、五行が人の話を聞かないのはいつものことなんだけど、今だけは邪魔しないでほしかった。アレイスターと一対一で、互いの本当の立場を曝け出して話せるのなんて、今ぐらいしかないだろうから。
「木原五行、全能存在パントクラトールか」
 ほら話が次に移った。
「……………はぁ」
 僕の隣に立つ少女を見て、アレイスターが言った。
 当然、調べられている、か。
「くきっ、くききッ!!!ま~さっか!第六物語シックススストーリーの主人公ヒーローが死んじゃうなんて。フラグの立て方ミスっちゃった?」
「あぁ、ラスボスとの交戦フラグを立てないでサブイベントに入れ込んだんだ。馬鹿なことにね」
「くきっ!なら私のしたことの意味がなくなっちゃうな~。せっかく、第七物語セブンスストーリーの主人公ヒーロー連れてきて物語交錯クロスオーバーさせてあげようと思ったのに」
 わざとらしい口調でアレイスターを挑発する五行を僕は止められない。権限自体は僕の方が上だし、立場も僕の方が上だけど、物語を進める役トリックスターの自発的な動きを止めることは僕には出来ないし、しようとも思わない。
 そういう称号キャラクター性の持ち主の行動はどのみち止められないモノだし。
「ふん、たかが全能如きが私と   の話を邪魔をするのか」
 だいたい、物語を進める役トリックスターは自由だからこそ意味があるんだ。
「くきぃ!たかがっ、たかがだってさリーダー!……このあてをたかがだなんて、さすがにムカつくかなあああああああああああああ!!!!!」
 だからほら、また勝手に手の内を晒す。
「超克科学オルディニスクレアーレ――――――完全無欠ウルトラ、十全十美スーパー、常勝不敗アンリミテッド、絶対究極パーフェクトガール、故に私は全知全能の絶対神イズミー!」
 超克科学オルディニスクレアーレ。覚醒ブルートソウルした極点突破者デスペラードのみが使う事の出来る世界物語キャラクターストーリー理論の最終到達地点。人類最終到達地点候補生たちの目指すべき場所。
 といっても今回五行が使ったのは見る限りただの即興術に過ぎないのだけれど、出来れば勝手に使わないでほしかったなぁ……。
「あれ?発動しない……?……うん?」
 まぁ、当然邪魔されるんだけど。
「全能の逆説オムニポテント・パラドックス。……まさか知らないわけではあるまい」
 二言だった。そして、その事実がアレイスター=クロウリーという魔術師にして科学者の強さを示しているんだ。
「……ぶ~、つまんなぁ~い」
 がっかりと肩を下げて、興がそがれたように超克科学オルディニスクレアーレの発動を止めた五行。まさか、全能の逆説オムニポテント・パラドックスを、全能者は全能であるが故に全能ではないという一学説を忘れたわけではないだろうに。
 いや、五行のことだから本当に忘れていたのかもしれないけど。
「殺しちゃう?殺っちゃう?ねぇリーダー!」
「落ち着けよ五行。いや頼むから落ち着いてくれ。だいたい彼を殺したところで」
 
 空から剣が降ってきた。

「死を晒せよ、侵略者インベーダー」
 そんな声と共に、全長数十キロメートルにもわたる長大な剣が五行の脳天に向かって振り下ろされる。誰が、どうやって?そんな疑問が浮かぶ……、
「痛い」
 だなんてことは当然なかった。
 当たり前のことだ。僕は知っている。僕は識しっている。その剣がどんなもので、その剣を操るのが誰なのかを。
「痛い痛い痛い!痛いよリーダー助けて!」
「はいはい。ちょっと待ってろ」
 剣が直撃してるのに傷一つついてないくせにそんな泣き言を言う五行に呆れながら僕は軽く剣に触れる。それだけで、剣は消え去る。
 干渉。
 無限に修正され続ける罪深き世界5Re:worldbreakerを使う僕からすればこの程度のことは当然だ。



723以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:31:40.80cjuCqyCh0 (13/58)

「出てきなよ。いるんだろ?」
「無傷か」
 いつの間にかアレイスター=クロウリーの隣に立っている男を僕は知っている。
「右方のフィアンマ。あいつの下位互換程度が今更何の用?というか、この大絶滅リセットから生き残ってたんだ」
「……俺様も舐められたモノだ」
 僕のあからさまな挑発に、右方のフィアンマはあからさまに怒りを見せた。まぁ、下位互換と言われていい気になるような人間はいないだろう。
「あいつ、それって僕様のこと言ってるの、主あるじ?」
 そいつは右方のフィアンマと同じように突然現れた。
 これで3VS2。
「『神の代行人』GE13か」
「……下位互換程度が僕様に話しかけるなよ。ウザいんだよ代替品」
 GE13が右方のフィアンマを睨みつける。仕方がない事とはいえこの2人は相変わらず相性が悪い。といっても聖なる右を持つ右方のフィアンマが『神の代行人』であるGE13の劣化レプリカなのは周知の事実だ。そして自分の劣化レプリカ、クローンのようなモノが勝手に造られたというのは確かに気分の良いモノではないだろう。
「なんだ、還してほしいか?GE13オリジナル?」
 誰が見ても分かるくらい上から目線だった。
 その挑発には、当然GE13は耐えられない。
「――――――調子にっ」
「やめろ」
 だから僕は止めに入った。やれやれ、いくら『核』が固まっていないとはいえ、安易に行動するのはやめてほしいモノだ。
「あひゃひゃ!怒られてやんの~!」
「……主」
 縋るように目を向ける13を、それでも僕は静止する。
「13、別に聖なる右を使われたところで君がオリジナルであるという事実は揺らがないさ。だから簡単な挑発に乗るなよ。……まだ、底を見せるな」
「了承したよ、主」
 底が知られても強さが変わらない先住民センチネルにとって強さを示すことは恐怖ではない。彼らの強さの限界点は1度知られている、だからこそその『上』にいけるんだ。底が暴かれれば弱くなる僕ら侵略者インベーダーとは違う。僕らは安易に力を晒せない。そうすれば、終わってしまうから。
「それにしても、本当に君達はこれで良かったのかい?」
「何がだ」
「大絶滅リセットで利するのは言うまでもなく侵略者インベーダーたる僕らだ。先住民センチネルたる君達からしたら、大絶滅リセットだけはどんな手段を使っても回避したかったんじゃないのかい?」
 少しの沈黙の後にアレイスター=クロウリーが口を開いた。
「ある意味ではそうかもしれない」
 肯定が返ってきた。
「だがある意味ではそうではないだろう」
 否定も返ってきた。
 そして後に続くように右方のフィアンマが言った。
「俺様達ももはや純粋な先住民センチネルとは言えまい。ならば妥協はするべきだ、というのが俺様達の出した結論だ。大絶滅リセット程度ならば、完全閉鎖アーカイブスルーや中断事象リアルが起きないのならば、やりようはいくらでもある」
「ふぅん……そう。だったらまぁ、初お披露目はこの程度でいいかな」
 そう言って僕は、諦めたように言う。そういうしかないから、言う。
「愛し子よMary、愛し子よMary、僕の愛するMy fair愛しき世界よMary Sue。
 その運命を改変しておくれCambiare il destino、
 その物語を書き換えておくれFare una storia。
 我が神のお望みとあらばWenn es meines Gottes Wille、
 我らが神のお望みとあらばWenn es unsere Gottes Wille、
 過去など無いに等しいのだDie Vergangenheit ist vorbei。
 すべての可能性を内包した書の中でO mundo onde há esperança e o desespero
 ただ一つの意志のみがEle destruiu何もかもを無に帰すのだo mundo」
 何度も言ってきた初めての詠唱を、僕は紡ぐ。
「絶対不変の絶対法則アンチェンジナブルラウ――――――無限に修正され続ける罪深き世界5Re:worldbreaker」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「さあ、やり直そうか」
 
「次は、失敗しないようにね」



一つ言っておこうか。

愛がないのならば、この物語の真実には辿り着けない。


724以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:33:51.94cjuCqyCh0 (14/58)

感想欄でオリキャラは鎌池作品の最強キャラもぶち殺せますよーって言ってて草


725以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:35:27.556zKiHhcHo (2/2)

その小説がゴミカスって言いたいのは分かったがそのゴミカスの文章を載せるな


726以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:38:38.04cjuCqyCh0 (15/58)

いやおもしろいぞ?


727以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 16:52:28.45cjuCqyCh0 (16/58)

生存にも競争があるように、物語にも正否がある。

 『正史』とは正しい選択、正しい道筋による民に望まれた物語。

 これを『可観測域アメイジア』と呼び。

 誤った選択、誤った道筋による民に否定された歴史。

 別の選択肢を見たいと拒絶され、残留することすら許されなかった『存在しない』物語。

 これを、『白紙地帯インクイジション』と呼ぶ。







 ――――一筋の光すら消え失せた。新たなる光は別世界に燈された。

 地球ほしから人類ひとは絶え、宇宙は消失し、世界この物語はあらゆる関連から孤立した。

 紡がれていた物語は見るも無残に棄却され、8月31日より先の未来はその存続の可能性を掻き消された。

 この歴史は、未来は――――否定された。

 記述される歴史は既に無い、物語を書く場所はもう何処にもない。

 凡ては神により断絶され、進退も贖罪も赦されず静止するだけ。

 それを否定する事は出来ない。運命システムに抗う事は僕達には許されていない。

 俯け、そして諦めろ。『これで終わりだ』と、『もうどうしようもない』と嘆き続けろ。

 最期の一時は仲間と共に――――






 ※イメージOP曲 Fallen(EGOIST)
 ※イメージED曲 Grand symphony(佐咲紗花)


728以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 17:11:31.89cjuCqyCh0 (17/58)

本作の中で一番闇の深いキャラクターが木原五行になります。


白白白と木原五行① 敵側にいる理解者本作の中で一番闇の深いキャラクターが木原五行になります。


白白白と木原五行① 敵側にいる理解者

 学園都市第一学区風紀委員本部セントラルジャッジメント第六十階『天秤の間』にて風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長の座に座る白白白は誰にともなく語る。
「僕は君が羨ましい」
 『天秤の間』には白1人しか存在していない。だから白の話を聞く人間は誰も居ない。滞空回線アンダーラインすらも入ることの出来ない風紀委員本部セントラルジャッジメント内部を盗聴することなど不可能だし、あらゆる意味で隔絶している『天秤の間』内部を観測することなど不可能だ。
 が、
「君は自由だ。君は何にも縛られない風のような存在だ。君に制限はないし、君は『枠』に捕らわれない。……僕はそれが、たまらなく羨ましいよ」
 例外はある。
 そも、何にだって例外は存在するモノだ。
 僕自身が限りなく例外な存在だから、それは分かってる。
「醜いなぁ。やだやだ、それって嫉妬?我が同類?」
 王の遺産レガリアが1つ、『彼岸の妙薬』トキジクノカクを服用した五行はその存在が不確かだ。どこにでもいるし、どこにもいない。観測されなければ存在は固定化されず、しかし観測されない状態では本当にどこにでも存在できる。
 それは外部とは隔絶した空間。絶対のセキュリティを誇る夢の中。人間では辿り着くことの出来ない別位相。誰かの夢の中に、人の意識の中。
 あるいは『天秤の間』にさえも、五行は現れることが出来る。
 観測さえされなければ、だが。
「何しに来た、五行?」
「挨拶にね、白」
 親し気に、まるで親友のように近しい声で、2人は名前を呼び合った。
 2人の過去は、2人の関係は、その距離感を許す。
「それとも人間操者パペットマスターって呼んだ方がいいかい?」
「全能存在パントクラトール……、昔を思い出すな……。あの頃は、良かった。……『箱庭』には不自由な自由があった。僕らは、集められた13人の天才達は、あの『箱庭』でだけは普通になれた」
「それはただの八つ当たりかよ?それとも感傷か?」
「さて、どうかな。それにしてもふざけた引用だね。わざわざ言い直すところが特に。……F/sのHFか。あれ、僕は大嫌いだよ」
「そうやって何でもかんでもはぐらかすの、細かいところまで気にするの、あなたの悪い癖よ。ちなみにこれは林の主人公の口癖だよ。分かった?」
「…………イライラするな。いったいいつの間に他人の言葉を引用しなきゃ話せない人形になった?五行」
「いひひ、そう怒らないでよ。冗談だってばよ」
「君は忍者じゃなくて科学者だろう?」
「あひゃひゃ、きっびしいなぁ、ほんとうに」
 『箱庭』。
 『箱庭』というのはあくまで略称であって正確な名前は別にあるが、10年前から6年前までの約5年間、五行と白の2人を含めた13人のモンスターチャイルドはそこで暮らしていた。『アガルタの惨劇』と呼ばれる事件によって『箱庭』の全てが崩壊するまで、彼ら彼女らは『箱庭』で暮らしていた。
 彼ら。
 彼女ら。
「やっぱり懐かしいんだ?忘れられないんだ?懐古厨の思い出補正だねぇ。どうせ何もかも嘘なのに」
「……対等な繋がりなんて、僕らのような天才には貴重過ぎるモノだよ。だからこそ『箱庭』は奇蹟で、『アガルタの惨劇』のことは後悔してもしきれない。いくら刺激が欲しかったとはいえね」
「あれ?アレイスター相手じゃ足りないんすか?」
「別にそうはいってないさ。……アレイスターは僕らと同じ格だ。油断なんてできるはずがないだろう?同じ理外人外なんだから」
「でも全然満足しちゃいない」
「………………………」
「郭夜のこと、まだ好き?」
「好きだよ?君のこともね」
 『アガルタの惨劇』を生き残ったモンスターチャイルドは5人。彼ら彼女世らは今、造られた子供たちプログラムチルドレンと呼ばれている。
 人類絶対悪ビースト位階総序列第3位、禁忌の木原、全能存在パントクラトール、木原五行。
 風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長、学園都市の支配者の1人、人間操者パペットマスター、白白白。
 死縁鬼苦罠勢力参謀、完全予測者ジ・エンド、欠陥製品スクラップドール、天埜郭夜。
 人類絶対悪ビースト位階総序列第16位『神時代へ逆行する古代人』リーダー、神の代行人エクスキューショナー、狂信者、GE13ジーイーサーティーン。
 人の形をした災害、学園都市最悪の災厄、無存在シークレット、千疋十目。
「大好きだよ。輝夜姫のことは特に、……水面に映る月に手を伸ばして、それを掬って羨んだ。星の輝きに眼を眩ませながら、夜空にむって手を伸ばした。灼かれると分かっていながらも、太陽を直視した」
「アンタも辛いな。見たくもないモノがみえちゃって」
「子供のころからそうだからね。今はもう、……慣れればよかったんだけど。それに辛いのは君もだろう?いったいどれだけひっくり返した?」
「そういえば聞いてなかったっけ?どんな気分よ、感情が視えるってのは?さてさて、どんくらいだったかな。少なくとも虐殺の滅亡齎す七の子羊セプテム・アニュスを無かったことにするために1回はひっくり返したけどさ」
「視えるっていうよりは理解出来る分かるって感じかな。表情、行動、生き様、過去、生体反射、癖。そういうモノから僕は嫌でも感情を読み取れる。見たくなくても視えるんだ。眼を閉じても耳で分かる。耳を塞いでも鼻で分かる。鼻をつまんでも肌で分かる。肌を覆っても気配で分かる。だからどうしようもないんだよ。両目を包帯で巻けば防げるくらい単純な力だったよかったのに」
「月のお姫様かい?」
 木原五行の才能がその科学力であるように、白白白の才能は感情の読み取りにある。
 白白白は人の感情が分かる。それが、白が生来より持っていた特別。
 どれだけ深く隠しても、どれだけ強く偽っても、どれだけ無感情を装っても、白を前にすればその感情が暴かれる。子供のころからそうだった。だから捨てられた。勝手に感情を読み取ってしまう白のことを、そこから隠したすべてを暴く白のことを、誰しもが嫌った。
 だから『箱庭』は白にとって天国だった。だから『箱庭』にいた12人のモンスターチャイルドが白は好きだった。特に、郭夜のことが好きだった。
「じゃあ私の心も読み取ってよ!そして満たして……、俺のことを」
「………………………………………」



729以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 17:12:41.05cjuCqyCh0 (18/58)

両手を広げて、五行は白に後ろから抱き着いた。
 嘘ばかりの人生だ。
 嘘をつくばかりの人生だ。
 五行や白やアレイスターのような上の立場の人間は、策を練り裏をかき人を陥れ目的を達するためには手段を選ばないような人間は、必然真の意味での信頼関係など結べない。それは手の届かないモノだと、どこかで諦める。
 だから白はアレイスターのことも羨む。
 アレイスターには理解者がいる。木原脳幹や冥土帰しヘヴンキャンセラーは彼の友だ。
 白にはそういう人はいない。いるのは敵と、敵と、敵だけだ。
 十五夜は味方であって理解者ではない。
 理解者はいつも敵側にいる。
「五行。僕は君が嫌いだ」
 諦めたように、呟く。
「テメェに好きなヤツっていんのかよ?」
 抱きしめたまま、耳元で囁く。
「君が嫌いだ。君は自由だ。君は何にも縛られない風のような存在だ。君に制限はないし、君は『枠』に捕らわれない。……僕はそれが、たまらなく羨ましいよ」
「相変わらず、くだらない視点すね」
「くだらないかな?」
「いったいいつまでそんなものに拘ってるんだい?『枠』とか世界物語キャラクターストーリー理論とか七連物語セブンスストーリーズとか、そんなの結局、アンタの見方1つじゃない。制限してるのはお前で、勝手に区切ってるのはテメェだ。緊急装置ベイルアウトで風紀委員本部セントラルジャッジメントメンバーを縛ってるあなた様が勝手に縛られてちゃわけないわけ」
「ふっ、……全くその通りだよ。だから僕はダメなんだ。僕が一番■■からの」
「最・秘・匿・事・項・じ・ゃ・ん・」
「まだ、機密情報アクセスレベルが足りないか。もう少し■■に」
「それもまた最秘匿事項、機密情報アクセスレベル0の情報みたいだっちゃ」
「青き鎖でも騙り切れないか。なら言い直そう。抽象表現なら問題ないだろ?もう少し、彼らバックアップしてもらわなければな」
「赤と青と黄金が解かれたら次は何だったけ?」
「第二段階はテストだよ。80/100で第三段階に突入するのさ」
 睦言のように語り合う。後ろから抱きしめて来る五行の顔を白は頭を後ろに反らしてみた。見つめ合う。言葉はいらない。必要ない。白と五行は各々が各々の理解者だ。何も言わなくたって分かる。白は五行の感情を読み取って、五行は白の行動からその思惑を読み取って。
「寂しかったんだろ?」
 一瞬、五行は黙った。
「隱ュ繧薙□から分かるよ。同窓会、本当に開きたいんだろう?見なくても分かる。君の立場は、僕も分かってるから」
「……………………………うち、めっちゃ頑張っとるんやで」
「知ってる」
「確かに私は全能だけど、全能者は全能であるが故に全能者ではない。そんな簡単なことも分からない奴らがさ、たくさんいるの」
「知ってる」
「全能の逆説オムニポテントパラドックスを解消することは出来るけど、本質的全能者になるには私の存在は軽すぎるんだよ」
「知ってる」
「顔も多くなりすぎたのよ」
「知ってる」
「この間、最後の人類悪の参謀になったよ」
「知ってる」
「成りたくもないのに地球環境保護団体ελπιςの一員になってるんです」
「知ってる」
「いつの間にか人類絶対悪ビースト位階総序列第3位になってたんだ」
「知ってる」
「生まれは悪名高い木原だし」
「知ってる」
「しかも木原と木原を掛け合わせた木原だし」
「知ってる」
「何の因果か私には木原の才能がなかったしさ」
「知ってる」
「科学力はあったけど、科学力じゃなかったし」
「知ってる」
「王も私なんだよ」
「知ってる」
「才能なんていらなかった」
「知ってる」
「立場なんてほしくなかった」
「知ってる」
「理解者が欲しかった」
「知ってる」
「……………ねぇ、白」
「何だ?」
「寂しいよ」
「知ってるよ」



730以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 17:14:12.22cjuCqyCh0 (19/58)

敵だった。
 嫌いだった。
 同格だった。
 だけど、仲間だった。
「同窓会ね。僕や郭夜はともかく13ともう1人は会いたがらないだろうな。僕が連絡して郭夜と会わせようか?郭夜は君に興味をもってないだろうけど、僕が言えば話くらいは出来ると思うよ?」
「……………やめとこう、そんな程度のことで、あなたに負担をかけたくなし。寂しいけど、ね。うん、もうだいぶ回復できたよ」
 抱きしめていた両腕を離して、五行は白と距離をとった。椅子に座ったままの白と、その二歩後ろに立った五行。見つめ合っていた2人の視線はもう交わっていない。たった2歩で詰められる距離が、永遠に近い。
 反らしていた首を元に戻して、白はまっすぐ前を見た。
 そこには何もない。
 そこには、何もないように見える。
「ねぇ、白」
「何だ?」
「……………………好きだよ。世界で一番キミを××してる」
 悲しそうに、五行は言った。
「あぁ、俺も好きだよ」
 だからこそ、その答えは何よりも空虚だった。
「知ってる」
 知っていた。
 五行は知っていた。
 それが白の限りなく優しい、
(だけど『私を』じゃなくて『人を』でしょ)
 真実の虚言であると。
「ばいばい白。次に会う時は、今度こそ敵同士だ」
「本質的な繋がりは、そう簡単に切れるモノじゃないさ、五行」
「……………大嘘憑き」
 それだけ言って、因縁の2人の距離は無限に開いた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「で、だ」
 1度、話が途切れたことを確認して、僕は五行に質問する。
「侵蝕率は?」
「赤が8割、青が7割、黄金が7割くらいかな。もうちょっとすればいけるんじゃないの?」
「計画エフギウムは?」
「あっちは私達のことを認識してるし、その意味じゃ第一段階の『道』を作ることは終了したって感じ?影響を与えることも出来てるし、悪くなんじゃないの?」
「順調か」
「リスクは常にあるけどな。ある意味でのルール違反は、常におかしてわけだしな」
「それくらいは許容範囲内だ。万が一が起これば、……はっ、それは痛み分けだろ?」
「死ぬのは怖くない。怖いのは、誇りを失ったまま生き続けることだ、ってわけね。まっ、こっちは任せといてよ。学園都市の中の、第一学区の中の、風紀委員本部セントラルジャッジメントの中の、第六十階『天秤の間』から出られないあなたの代わりに、私が世界を飛び回っておくから」
「あぁ、信頼してるよ。僕の、……いや、あえて言い直すか。今旬だろうしな」
 戯れにもいいだろうし、な。
 軽いテストにもなるし。別枠だけど。
「さあ、戦って五行。僕の、親友……。僕の、英雄……。なんてな」
 僕の台詞に、五行は笑って答えて、それで消えた。



読者に対して出せる情報と出せない情報が存在するので、情報を制限しながら書いたこの話はすごく時間がかかりました。

さて問題。
今話の中に11のパロネタ、セリフのオマージュがある。
君達はいくつ分かったかな?



731以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 17:42:07.28cjuCqyCh0 (20/58)

【あっしへの質問なんだからここは僕様が答えてしんぜよう!】

【まずありがとう。私の能力はみんな大好き『シュレディンガーの猫』だから、これで我の生存は確定された。現段階ではだがなぁ!】

【そこに疑いをもたれるのはしゃくだなぁ。よしっ、こうしよう!《red》トマス=プラチナバーグは168話の時点で既に死亡している《/red》。《red》トマス=プラチナバーグは木原五行が殺害した。《/red》《red》トマス=プラチナバーグと木原五行は別人である。《/red》】

【まぁ本来は青き鎖の中で赤き楔を使うのは『大原則』に違反するけど、ここは『枠』の『外』だし許容できるっしょ。】

【あたいは理外人外だよ。理外人外の1人。|全能存在《パントクラトール》だよ。ちなみに所属する組織は敵同士だけど同じ科学者だから無限輪廻の転生者とは仲いいんだよねぇ……】

【神?悪魔?俺らをそんな区分でわけちゃあいけないね。】

【私達はそれ以【 話 し 過 ぎ だ 】……窘められたのでもうさよなら~】



732以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 17:42:58.08cjuCqyCh0 (21/58)

【完全に第四の壁を越えた会話でしたねぇ...でも個人的には今のような全能の傍観者状態より舞台に立って物語を進めて欲しいです。理外人外の皆さんが神の視点から引き摺り下ろされる日を楽しみにしています。】




【その上から目線をやめろ塵屑】

【君のような存在がいるから、僕のような存在が生まれたんだ】

【反省しろ】

【反省しろ】

【反省しろ】

【後悔しろ】



733以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:17:16.82cjuCqyCh0 (22/58)

https://syosetu.org/novel/56774/76.html

気付いた二人① 神速の対応 一方通行と『空白の主』① 『空白の主』

 『それ』を真に正しく理解できた人間は学園都市内に二人いた。
 まず一人目は学園都市の主アレイスター=クロウリー。
 彼は、『それ』に強く関わっているが故に、『その領域』の人間と敵対しているが故に、『その行為』に気付くことが出来た。
「…………………………………………………………………………………………………………………………、」
 ほんの一瞬だけ、
 刹那の時間だけアレイスターは逡巡した。
 そして、
「頼めるか」
 短い問いかけがあった。
『任せておけ、アレイスター』
 その問いかけに短い返答があった。
 そして、問いを答えたヤツはすぐに『窓のないビル』から去り準備を始めた。
 さらにもう一人。
 学園都市第一学区に存在する風紀委員本部セントラルジャッジメントの最上階天秤の間にて風紀委員長白白白も『それ』に気付いていた。
「さすがに、予想外だな……」
 確かに、見る程度ならできるかもしれないとは思っていた。それを見ることは可能かもしれないとは考えた。
 だがまさか操れるとは、操作できるとは思っていなかった。
 認識が甘かったと言えばそれまでだが、おそらくこの事態を予想できた人間は世界に一人もいないだろう。
 かの統括理事長もこの事態は予測できないはずだと思った。
 だから、これは後手に周っているわけでは無い。挽回はまだ可能だ。
「まさか、このタイミングで切り札を切ることになるとは……」
 椅子に座ったまま受話器を取り、特殊なリズムで特別な番号を押した。
 風紀委員本部セントラルジャッジメント。その地下第11層を住みかとする存在に、『切り札』に、命令を与えるために。
 プルルというワンコールの音すらならずに電話がつながった。
「最果さいはて、出番だ」
 意識を引きずられないようにしながら白は声をかける。
「おやぁ」
 妙に間延びした声で、電話口の人間は答えた。
「私が表に出るのは大覇星祭の時ではなかったんじゃ?」
「事情が変わった」
「事情がぁ?」
「あぁ」
 心の準備を決めてから、白は通話の相手である最果にその事情を話す。
 下手をしたらそれだけで死ぬかもしれないという緊張感をまとわせ、風紀委員本部セントラルジャッジメントの切り札の一人に、白は言った。
「学園都市第一位の超能力者レベルファイブ、一方通行アクセラレータが位」
「行こう」
 白の台詞は最後まで言われることはなかった。
 電話相手の最果が一方通行アクセラレータが何をしたのかに気付いたからだ。
「座標は?」
「ポイントA18だ。だが、その前にポイントX000で『彼』とぶつかるはずだ。君には『彼』を足止めしてほしい」
「………………………ほぉ」
 ほんの少しだけ不満の色が見られた。とはいえ、ほぼ軟禁状態の最果にとって外にきちんと出られる機会を逃す気はない。
 一方通行アクセラレータがいじった後を見ることが出来ないのは残念だが、『彼』と戦えるというのならば、そこまであからさまに反抗する必要もないだろう。
「装備は?」
「全部許可する」
「専用武器も?」
「あぁ」
「………………………ふふ、了解ぃ」
 楽しそうに笑いながら、間延びした声で最果は笑った。
 本当に、楽しそうに。
「迎えは奇鬼喜きききに行かせる。速やかに行動しろ」
 それだけ言って白は電話を切った。
 天秤の間を沈黙が満たす。
 その沈黙の中でもう一度白は受話器を手に取った。今度は、十五夜につなげるために。
 予期してはしないだろうが一方通行アクセラレータは世界の理に干渉してしまっていた。
 だからこそ、この二人は全力を挙げて動いたいた。
 これ以上、もうこれ以上いじられてはたまらない。
 世界の強度がどれくらいもつのかはわからないのだから。
 学園都市統括理事長、風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長。
 非常に珍しいことだが、この時二人の思惑は一致していた。
 まぁ、だからといって協力できるということにはならないのだから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「…………………………………………………………………………………………………ぁ?????」
 気がつけば白い空間に立っていた。
「こ、……こは?」
 白。
 白く白く白い。
 ただひたすらに白しかないこの空間。
 上を見ても下を見ても右を見ても左を見ても前を見ても後ろを見ても白。



734以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:18:01.48cjuCqyCh0 (23/58)

白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白白。
 そんな空間に一方通行アクセラレータはいた。
「なンだ?俺は、確か…………」
 記憶をたどる。
 今を理解するために、過去を探る。
 一つ一つ順番に、たど
 
 その時だった。
 
「お・や・」
 
 声が、かけられた。
 
「ここ二に人間が来るとは珍四一しい」
 声をかけられる。日常的な何も不思議ではないことだ。
 ただそれだけだったのに、
 それなのに、
 
「ッッッッッッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!??????????」
 
 全身が泡立った。
 肌が、脳が、身体の全てが無意識に緊張状態に陥った。
 
「誰だッッッ!!!!!」
 
 声をかけたのが誰かなど知らない。そんなことは分からない。
 ただ一つわかる。
 理解できる。
 学園都市第一位の超能力者レベルファイブ、一方通行アクセラレータで理解できる。
 
「オマエは……っっっ」
 わかる。
 これがそうだ。
 これが、これこそが、
 恐怖。
 人が抱く根源の衝動。
 恐・怖・。
「誰だ……っっっ……!!!!!」
 その問いに、彼女は答えた。
「私か一い」
 目の前の存在は見た目だけを見れば極一般的な少女の姿をしていた。
「私は、そうだね」
 だが違う。
 見ればわかる。感じる。認識できる。
 こいつは、
 こいつは、
 こいつは、
 絶・対・に・人・間・じ・ゃ・な・い・!!!!!!!!
「『空白の主』。そう、呼ばれる存在さ」
 敵だ。
 あきらかに、絶対に敵だ。
 敵。
 それも、一方通行アクセラレータの敵という意味では無い。
 そんな小さな意味では無い。
 危機感が絶望が終焉の気配が迫って募って嗤っている。
 この目の前の女は、
 人・類・の・敵・だ・!!!!!
「『空白の主』……………………」
 ヤバい、と体感で分かる。
 強さの質が違う。
 言うならば運動会の徒競走で勝つために、参加者全員の足をへし折るようなものだ。
 立っているステージが違う。
 存在の位階が違う。
 これはそう、
 神とか呼ばれる存在だ。
 現に、
 現に現に現に。
「本名自体は別二あるけどね。けれど、君は見た十五六私の名を呼べる段階では七一ようだ四、『空白の主』十呼んで九零たまえ」
 この存在は一方通行アクセラレータを見ていながらにして、一方通行アクセラレータを見ていない。
 視線は確かに一方通行アクセラレータの方を向いていながらも一方通行アクセラレータをとらえてはいない。
 もっと別の何かを見ている。
 もっと奥の何かを見ている。
 もっと違うモノを見ている。
 見られている。見られている。見られている。
「―――――――っ、ぁ」
 怖い。恐怖。
 御坂と戦っている時だってここまではっきりとは感じなかった。
 心臓を直接握られているような、脳に爆発物を入れられたような、そんな恐怖心。
 対抗しようと思えること自体が奇跡とさえも思える、そんな感情。
 なんなんだこいつは?
 そもそもどこなんだここは?
 御坂美琴は、あの戦いはどうなった?


735以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:19:21.36cjuCqyCh0 (24/58)

「ん?」
 いつのまにか『空白の主』と名乗る女(?)が一方通行アクセラレータの目の前に来ていた。
「ッッッ!!!!!」
 グイッ!顎を持ち上げられて、
「何を恐零る必要があるんだ一?五五二来たと一う事八程度の差八あ零世界の仕組三を理解四十一ると一う事だ六う?」
 などと言われた。
「五の世界の深奥の秘密。秘匿さ零た最奥の領域。明かさ零十八七ら七一その存在を知ったのだ六う」
 続けて『空白の主』はこう言う。
「魔術の領域二住ま一、そ四十五五二至零たのだ。君二も何か明確七願一があるのだ六う?言っ十三七三一。何、遠慮する必要七ど七一」
 願い?
 願いだと?
「ね――――――がい……?」
「そうだ。願一だ」
 一方通行アクセラレータは思考する。
 願い。たしかにそれはある。もともと絶対能力進化実験レべルシックスシフトなんて馬鹿げた計画に参加したのは一方通行アクセラレータ自身が絶対能力者レベルシックスという領域を目指していたからだ。
 絶対能力者レベルシックス。現状の学園都市に存在する超能力者レベルファイブよりも上の強度の、おそらく神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くものSYSTEMに至ることすら可能なその領域に至ること。
 それが目的だった。願いだった。
 
 本当に?
 
「ね………………が、――――――い?」
 高純度の麻薬を吸ったように脳がくらくらする。とめどない思考が体中をめぐる。
 目的、目的、目的。
 一方通行アクセラレータは思考を続ける。
 絶対能力進化実験レべルシックスシフトに参加し絶対能力者レベルシックスに至る。それが一方通行アクセラレータの目的であったことは間違いがない。
 でなければ劣化量産品クローンを二万体も[ピーーー]などという怠い作業を続けるわけがない。
 だがしかし、そもそもなぜ一方通行アクセラレータは絶対能力者レベルシックスになろうと思ったのか。
 絶対能力者レベルシックスになりたいと思っていた?
 違う。一方通行アクセラレータは別に絶対能力者レベルシックスになりたいとは思っていない。
 研究者の実験を断れなかった?
 まさか、一方通行アクセラレータは学園都市第一位の超能力者レベルファイブにして闇の中の住人だ。その気になれば参加する実験など取捨選択は容易だ。
 では単純に絶対能力者レベルシックスという領域に興味があったのか?
(…………………………………………………………………………………………いや)
 それも違う。確かに絶対能力者レベルシックスには興味があった。この力はどこまで行くことが出来るのか、自分はどこまで強くなれるのか、そういうことに興味がなかったと言えば嘘だ。
 でもそれは絶対能力進化実験レべルシックスシフトに参加する理由としては弱いように思えた。力への執着のみで絶対能力進化実験レべルシックスシフトに参加したわけでは無いのは直感的に理解できた。
 であれば、いったいどうして一方通行アクセラレータは絶対能力進化実験レべルシックスシフトに参加したのだろうか。
 思考する。
 答えは出ない。
 思考する。
 答えは出ない。
 思考し続ける。
 答えは出ない。
 答えは出ない。
 答えは分からない。
 学園都市一の頭脳を持っている一方通行アクセラレータでも、その問いに対する答えは、自らが絶対能力者レベルシックスを目指そうと思った理由が、その始原の衝動がわからなかった。
 黙っている一方通行アクセラレータを不可解な思い出見つめていた『空白の主』はいつまでたっても黙して語らない一方通行アクセラレータを前に一つの事実に気付いた。
「……………………ま三か七一のか?」
 驚愕の表情で『空白の主』は呟く。
 ありえない、と内心で『空白の主』は思った。
 『この場所』に来る生命が何の願いも持たないなどあり得ない。ただの興味や好奇心や偶然で来れる場所ではないのだこの場所は。
 確固たる意志があり、絶対に達成したい目的があり、そのために死に物狂いで行動し、死をいとわずに動き、それでやっと至ることのできる場所なのだ。
 確かにその『位階』に至ったのであれば『願い』は叶ったといってもいのかもしれない。だが、『この場所』に至るという事はそもそも世界の根幹自体を作り直したいと思ったはずだ。
 ならば、願いがないなどあり得ない。


736以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:19:47.85cjuCqyCh0 (25/58)

「なら仕方が七一。願一を口二四七一のであ零ば、強制的二見せ十もらうまでだ」
 数年ぶりに『この領域』に来た生命がいるのだ。その生命の願いを知りたいと思うのは『空白の主』にとって自然なことだった。
 なにせ、この領域に来れたという事は世界の仕組みを、重なった位相を理解したという事なのだから。
 最・初・の・一・人・として長き時を生きる『空白の主』の興味を引くのも当然だった。
 スッと一方通行アクセラレータの顎に手を当てたまま、『空白の主』は一方通行アクセラレータの瞳をじっと見つめた。
 その瞳の奥にある一方通行アクセラレータの記憶を覗き見るように。
 だが、
「……………………………………………へ?」
 明らかな戸惑いの声が『空白の主』からもれた。
 予想もしていなかった事態が起きたのだ。
「超能力者……?ま三か、魔術師で八七一のか……!?」
 『空白の主』にはとある先入観があった。それは『この領域』に来る生命は程度の差はあれ『魔術師』であるというものだ。
 『魔術師』でなければこの場所には来れない。これは永き時を生きる『空白の主』にとってほとんど確定事項であった。数少ない、それこそ数人の例外を除けば『科学』に属する人間が『この領域』に来れるはずがないのだ。
 だからこそ『空白の主』は一方通行アクセラレータの内面を覗き込んだ時戸惑いをあらわにした。
 一方通行アクセラレータが科学の街の総本山、アレイスター=クロウリーが作り出し、支配する学園都市に属する超能力者であることに気付いたから。
「八っ、からからからからから!!!!!そうか、至零たのか!!!」
 それに気づき、だから連鎖的に『空白の主』はもう一つの事実に気付いた。
 つまり、魔術師では無い科学の側の人間が、超能力者がここに至るという事の意味だ。
「うん?気付一十一七一のか?なら、私が教え十あげよう」
 アレイスター=クロウリーが目指したいたものの終着の形の一つ。それが、もうすでに再現されていたのだ。
 つまり、 
「おめで十一方通行ア九セラ零ータ。君八もう絶対能力者零ベル四ッ九ス二至っ十一るよ」
 あまりにも簡単に『空白の主』は言った。
 二万を殺してなれるはずの絶対能力者レベルシックスに一方通行アクセラレータはなっていると。
「そ四十、その先の領域二もね」
 そのあまりにも簡単な言い草に一方通行アクセラレータは逆に確信を思えてしまった。絶対能力者レベルシックスになっているという確信を。
「ふむ、だが五のまま君が帰っ十四まうのも面白九七一七」
 だから一方通行アクセラレータは一瞬戸惑った。一方通行アクセラレータは絶対能力者レベルシックスを目指していたが絶対能力者レベルシックスになりたかったわけでは無い。それを先ほど確認したばかりだ。
 ならば、これから先は何を目指すのか、どうすればいいのか。
「気乗り四七一が、うん久四ぶり二戦う十するか」
 そんな思考を巡らせていると唐突に『空白の主』が戦闘の意思を示してきた。
「さぁ構えたまえ一方通行ア九セラ零ータ。その力を私二向かっ十ふるっ十九零」
 自然体だった。
 あくまで自然体で『空白の主』はそういった。攻撃をしろ、と。
 だが動けない。
 明らかに隙だらけなのに感覚として感じる明確な『圧』のせいで体が動かない。
「来七一の七らば五ちらから行九ぞ?」
 いつまでたっても攻撃してこない一方通行アクセラレータに辟易したのか、『空白の主』はボクシングのようなファインティングポーズをとり明確に攻撃態勢を作った。
 そして、その超絶至近距離から『空白の主』の軽いジャブが一方通行アクセラレータに振るわれ、
 
「そこまでです」
 
 いつのまにか現れていた風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長補佐木葉桜十五夜が『空白の主』の手を掴んでいた。
 


737以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:20:34.33cjuCqyCh0 (26/58)

https://syosetu.org/novel/56774/77.html

寄り道します。




白白白と木葉桜十五夜① 緊急命令 常世涯最果と木原脳幹① 足止め

 十五夜まんげつが始まりの領域で『空白の主』の腕をつかむ五分前の出来事だった。
「案外苦戦していましたね」
 8月21日午後10時02分、十五夜は上条たちが戦っていた下水道の上の空間、地上で彼らの戦いの様を見ていた。
 当たり前の事実だが分厚い地面で遮られている下水道のことを地上から見ることは普通出来ない。
 といってもそれはあくまで一般人の話だ。この学園都市には普通から外れた人がいくらでもいる。
 例をあげれば透視能力クレアボイアンスの能力者。はたまた視界共有リンクサイトの能力者。あるいは反響測定エコロケーションの能力者なんかも地下深くの下水道の様子を把握できるかもしれない。
 そして当然のように十五夜も分厚い地面で遮られた下水道の様子を把握できる人間の一人だった。
「決着はついたようですし、私も動きますか」
 手元に用意した二つのストロビラを弄びながら十五夜は小さくつぶやいた。
 そも、十五夜がここに来たのは埋娥と百目が倒した後の上条と白井を回収し、その首筋へと設定済みのストロビラを打ち込むためだ。一応、保険として万が一二人が負けたときは代わりに上条らを倒す役目もあったが、二人が勝った以上それをする必要はない。
 故に、十五夜の役目はストロビラを打ち込むことのみ。それに限定される。
 視線を下にやる。
 上条たちがいるであろう下水移動を地面を透視してみるように、顔ごと視線を下に下げる。
「この距離ならいけますね」
 意識をほんのわずかに集中させて、十五夜は上条たちのもとへ向かうために空間を渡ろうとする。
 
 その時だった。
 
 ドッガアアァアァアアアアァアアァアアアアアアァアアァァァァァァアアアアンンン!!!!!!!!!
 
 という爆発音が響き、十五夜の立っている地面が沈んだ。
「…………?」
 その爆発によるダメージは十五夜には存在しない。
 そもそも今の爆発は十五夜を狙ったものではないのだから。
「爆発……ですか?いったい誰が……?」
 まず疑ったのは御坂美琴による粉塵爆発。白の言う通りにことが進んでいるのだとすれば、この空気を哭なかせる爆発音は御坂美琴の一撃のはずだ。
 だがそうすると疑問が二つ。爆発音が近すぎるという疑問。さらに沈み込んだ地面の謎。粉塵爆発ではこの現象は起きない。
 だから違う。この爆発は御坂美琴によるものではない。
 次に疑ったのは苦罠の勢力。御坂という存在を除いた時、もっとも可能性があるのはどう考えてもあの二人。死縁鬼苦罠と天埜郭夜。
 しかしここでも疑問が二つ。
 すなわち誰を対象とした爆発なのか?そして、誰によっておこされた爆発なのか?
 このタイミング、この規模。
 上条たちの戦闘が終わったタイミングで10トントラックいっぱいに積まれたC4が一気に爆発したようなこの事態。
 ここに存在する意思は、誰のものだ。
 そんな思考を続けている十五夜のもとにピリリ、と電話がかかってきた。
「委員長……?」
 ワンコールで十五夜は電話をとった。
 今かかってくるのならばそれはすなわち今かけなければならないということだ。
 通話をつないだ十五夜の携帯を通して、白の冷静な、そして焦った声が聞こえた。
「緊急事態だ、十五夜。第一から第八までの拘束リミッターの解除を許可する。すぐに解除してくれ」
「っ……!了解しました。すぐに」
 その言葉に、十五夜は事態の深刻さを知った。
 十五夜は自らの力に十の制限をかけている。その制限をかけた状態でもほとんどの存在には負けることはないが、白はその拘束を解けと言った。
 つまり、それほどのことが起こってしまっているのだ。
 十五夜が全力を出さなければ対応できないような、そんな事態が。
「第一jyuiru八拘束リミッターmoia解tvewiw除xbyvc。解swku除hs印コードhixa6829cfdyl3057miw16v824hwojd95022gcihre34uei5xdab6」
 世界に出力される言語がぶれた。十五夜の口から放たれた言葉がぶれた。
 すなわちそれは十五夜が常人ではないという証。
 すなわちそれは十五夜が超能力者でも魔術師でもないという証。
 すなわちそれは十五夜が種としては人間の枠に当てはまらないという証。
 そう、十五夜は人であって人では無い。
 生まれつきであるその力は十五夜の人としての生を木端微塵に打ち砕いていたから。
「『空白の主』が一方通行アクセラレータに干渉している。最悪全面戦闘になってでも一方通行アクセラレータをこっちに引きずり出してくれ。今ここで手札の一つを奪われるわけにはいかない」
「『空白crbf主』……っ!!!了isoa解vbyo、私全bcyw力nqimx駆使wxbok一方通行アクセラレータvwbyo奪byow取!」
「頼む」
 会話は一分にも満たなかった。いつもならばだらだらと回りくどい話をする白が最小の会話で事態を伝えたのだ。 
 それは白が焦っているという証で、それだけ自体が緊迫しているという証だった。
「………溜vsy息znewnn」
 一息だけ吐いて。
 十五夜は世界位相を壊してその領域に侵入した。



738以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:21:15.64cjuCqyCh0 (27/58)

そしてもう一人。
 もう一人風紀委員本部セントラルジャッジメント側の勢力から動いている人間がいた。
「来たぁ」
 常世涯最果とこよのはてさいはて。
 学園都市風紀委員本部セントラルジャッジメントに属する風紀委員本部セントラルジャッジメントの封印戦力のうちの一人である。
 その戦闘力は風紀委員本部セントラルジャッジメントの中でも最低ランクであるが、
 その特異性は風紀委員本部セントラルジャッジメントの中でも最高ランクである。
 その最果に対して相対する存在は人間では無かった。
『ふむ。君は何者だね』
 犬。
 それもゴールデンレトリバー。
 イギリス原産の大型犬である。
「ははぁ。知ってるくせにぃ」
 その犬の名は木原脳幹。
 学園都市に5000人ほど存在する木原一族の中でもさらに異端の存在。
「でもまぁ、確かに戦闘前には一度名乗りを上げたほうがロマンがあるのかなぁ?」
 アレイスター=クロウリーの飼い犬。
 この街の番犬。処刑犬バニッシャー。
 今は亡き『木原』の始祖ともいうべき七名の科学者に外付け演算回路を取り付けられたことで生まれた、異色にして異端の存在。
 それが木原脳幹だ。
「学園都市風紀委員本部セントラルジャッジメント封印戦力が一人常世涯最果とこよのはてさいはて。風紀委員本部セントラルジャッジメントの中の暗部の中の暗部。いうなればローマ正教における神の右席みたいなぁ?」
 風紀委員本部セントラルジャッジメント封印戦力。
 その名を聞いて脳幹はその身をふるわせた。
『なるほど、ここで出てくるのか』
 当然、恐怖によるものではない。ガチャガチャガチャガチャ!!!と脳幹の体に合うように造られた様々な装備がサイコロ展開図のように完璧かつ完全に組みあがっていったのが理由だ。
 対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメント。
 刃物、銃弾、砲弾、レーザービーム、液体窒素、殺人マイクロ波、ドリル、パイルバンカー等の無数の兵装で作られた『理解できない領域』の存在を撃滅、殲滅するための兵器群。
 モノの数秒で、その必殺が最果の前で組みあがった。 
『だが、私も君程度に足止めされるわけにはいかないのでね』
 脳幹と最果は互いに一瞬だけ視線を交わした。
 脳幹は既に最果がここにきた理由を察していた。封印戦力、風紀委員本部セントラルジャッジメントの暗部の中の暗部、秘中の秘。
 このタイミングでその存在が出てくるのならば、それは当然足止めしかないだろう。
 『空白の主』もとへ脳幹を向かわせないための足止めだ。
『悪いが、押し通らせてもらおう』
 やらせるわけにはいかない。
 ここで足止めを食らえば、彼の計画そのものに重大な亀裂が入ってしまう可能性があるから。
 それはいただけない。
 彼の使いとして、それはいただけない。
 善悪で言えば悪で好悪で言っても悪。
 脳幹は自らの行いをそう定義しながらも、止めるつもりはなかった。
『なぁ、君は対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントを知っているかね?』
 その一言を合図としたように、脳幹が対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントを起動させて、
 
「ポチッ」
 
 最・果・が・自・爆・し・た・。
 
『ぬっ!!!?』
 さしもの脳幹もわずかに動揺した。
 最果が手に持った何らかのボタンを押した瞬間に最果がたっていたところを中心とした爆発が広がったのだ。
 さいわいのことながら起動させた対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントから放たれた数十以上の誘導ミサイルがその爆発と衝撃をいい具合に中和したが、それにしたって予想外過ぎた。
 まさか自爆するなど。
 それも代えがきかなくもない雑兵ではなく、おそらく風紀委員本部セントラルジャッジメント内でもかなりの地位にいる、重要なポジションに位置するだろう封印戦力の一人が自爆するなどと。
 あまりにも予想外過ぎた。
 それこそらしくもなく動揺してしまうほどに。
『……………………』
 沈黙があたりを満たす。
 いかに脳幹がアレイスターの使いであり、異常ともいわれる光景を見慣れていようとも、不可解なこの自爆を前には沈黙しか返せなかった。
『……………………』
 あらゆる行動には意味が生じる。
 人を[ピーーー]のには人を[ピーーー]だけの理由が、
 人を救うのには人を救うだけの理由が、
 そして、人が死ぬという事にも必ず理由がある。
 つまり、風紀委員本部セントラルジャッジメント封印戦力が一人、常世涯最果が自爆したのも必ず何らかの理由がある。
 最果の目的は脳幹の足止め。それを思うのならば、最果の自爆は脳幹を足止めするために行われたとみるべきだ。
 しかし、自爆によって稼げる時間は多くても30秒といったところだろう。
 となれば、足止めという目的は果たせないように思える。30秒程度の足止めで何が変わるというわけもあるまい。
 つまり、
『なるほどな』
 小さく、呟いた。
 眼前の光景が示すその意味を理解したから。
 最果の行動が示す意味を分かったから。
『なるほど』
 脳幹はもう一度小さくつぶやいた。
 最果の自爆が原因であたりに充満した煙が晴れる。
 それと同時に、
 
「ポチッ」
 
 ま・る・で・先・ほ・ど・の・焼・き・増・し・の・よ・う・に・も・う・一・度・最・果・が・自・爆・し・た・。


739以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:22:29.85cjuCqyCh0 (28/58)

https://syosetu.org/novel/56774/78.html

もう本当に申し訳ないんですけどたぶん今回の話つまんないです。
なんでつまんないかと言うとこの話だけじゃ何がどういうことなのか意味不明の理解不能でちんぷんかんぷんだからです。

あとがきで話の流れだけは書いておきます。

69話目の 御坂美琴と一方通行① 再戦 神亡島刹威と浣熊四不象① 悪の正義 の前書きで「ラストバトルの開幕だ」的なことを書いてしまいましたね。

ごめんなさい、あれは嘘になってしまった……。



木葉桜十五夜と『空白の主』① 神域の戦い 一方通行② 次元の違い

 純白にして漆黒の空間で少女が二人、明確に対峙していた。
「今、わり十楽四んで一た十五六七んだけど?」
 これ以上の不快なことはない、と言ったような口調で『空白の主』は言い放った。無粋にも『空白の主』の手を掴んでいる十五夜まんげつに向かって。
「そうですか」
 だからどうした、とそんな口調で十五夜は言い放つ。一方通行アクセラレータを攻撃しようとした『空白の主』に向かって。
「もう一度言うけど、ど一十九零七一か七」
 ビキビキッという音が出そうなくらい青筋を立てて不機嫌そうに『空白の主』は言う。全力で掴つかまれた手を放そうと努力しながら。
「いやですね。私はあなたを止めるように言われているので」
 だが、十五夜が決して『空白の主』の手を離さない。手をひけば同じように十五夜も手を押して、手を前に出せば応ずるように手を引く。力をこめられたその手を振りほどくのは通常戦闘能力が並以下でしかない『空白の主』には至難の業わざだった。
「あぁ、そう」
 だから足りない力を技術で補った。
 すう、と緩急をつけながら掴まれた手を引きつつ、そのまま空いている別の手でうまく十五夜の手を誘導して切り離す。腕力という力では敵わないが経験という名の補助があれば対抗できる。
 そして、そのまま数メートルほど後ろに飛びずさり十五夜と一方通行アクセラレータから距離をとった。
「七ら、四ょうが七一か七。私は本当二戦闘二八不向き七んだけど」
 いつのまにか『空白の主』の手に光り輝く剣が握られていた。短剣というには長すぎるが長剣というのもはばかられる長さの剣。柄もあり峰もあり、そしてその鈍い輝きがその剣が真剣であることを如実に示していた。
「グラム……いや、クラウ・ソラスですか」
 一瞬だけ勘違いしたが、その剣の名を即座に十五夜は看破した。
 魔剣グラムではなくアイルランド民話におけるクラウ・ソラス。もっとも日本で知られるクラウ・ソラスにはかなりの拡大解釈は混ざりが加えられて、原典のものとは異なった剣になってしまっているのだが。
「原典と八程遠一け零ど…………今八五の方が一一、か七ッッッ!!!!!」
 前述したとおりクラウ・ソラスはアイルランド民話に登場する剣である。クラウ・ソラスの意味は「輝く剣」、すなわちアイルランド民話における「輝く剣」というものの集合概念がクラウ・ソラスという剣なのだ。
 もともと、民話の中に登場するクラウ・ソラスは「輝く剣」という称号こそあれ発光によって敵の目をくらます、自動追尾機能によってひとりでに敵を打倒す、隠れた敵を見つけ出す剣などというものでは無かった。それらはすべて拡大解釈であり様々な民話を合わせたものにすぎないのである。
 クラウ・ソラスは多くの民話に登場する魔法剣の総称であり、物語ごとに異なる解釈がなされているものなのだから。
 そして、『空白の主』はそんなクラウ・ソラスを投げた。
「ッッッ!!!」
 前述したとおりクラウ・ソラスは剣である。槍では無い、剣である。投げるではなく斬るという用途で使われる剣。貫くというよりは切り裂くという方法で敵を傷つける剣。
 本来ならば投擲物とうてきぶつとしては機能しない。
 本来ならば!!!
「クラウ・ソラス+グングニル=万物貫九輝煌の剣クラウ・グングニル・ソラス」
 『空白の主』は戦闘が得意ではない。だがそれは『空白の主』が戦闘を出来ないという意味にはならない。
 そもそもこの領域を住みかとする『空白の主』は万物すべてを自由にできる権限があるのだから。
 だがそれは十五夜にしても同じこと。
「遅い」
 放たれた万物貫く輝煌の剣クラウ・グングニル・ソラスが消えた。跡形もなく、塵も残さずに。きれいに消えて消え去った。
 最初から存在しなかったかのように。
 初めからそんなものは無かったかのように。
 万物貫く輝煌の剣クラウ・グングニル・ソラスはこの領域から消えた。
「先につばを付けておいたのは我々の方です。『空白の主』、あなたの方こそ引くべきではないんですか」
「からから、冗談一うね」
 前述したとおり『空白の主』が形成したクラウ・ソラスは原典から遠く離れている。自動追尾機能、隠れた敵を見つけだす索敵機能等が『空白の主』の作り出したクラウ・ソラスには付けられていた。
 グ・ン・グ・ニ・ル・の・万・物・貫・通・能・力・と・共・に・。
「五の領域二直接干渉する九十すらでき七一雑魚二五の領域二自力で辿り着一た一方通行ア九セラ零ータを扱える十八思え七一。大人四九私二渡四たほうが世界のため二七る四?」
 ここまで言えばわかると思うが『空白の主』は神話の装具を具現化し、原典たりうる神話の装具を現実への流出具合を勘案してある程度いじくることが出来る。
 もともとは「輝く剣」という称号があり、物語ごとに違う解釈であったクラウ・ソラスに後から上書きされた概念である『自動追尾機能』と『発光』などを付け加えたのがいい例だ。
 そして、そこに別の概念を付け加えることも。
「管理者気取りですか。この引きこもりが」
 万物貫く輝煌の剣クラウ・グングニル・ソラス。
 この剣はクラウ・ソラスの亜種とグングニルの二つを合・成・して作られた神具だ。
 発光及び自動追尾並びに索敵の能力を持つクラウ・ソラスに万物貫通能力を持つグングニルを付け加えた武器。
 クラウ・ソラスだけでは十五夜の自動防御機能のようなものを貫けないかもしれないと考えた『空白の主』によって放たれた武器。
 まぁ、結局のところ万物貫く輝煌の剣クラウ・グングニル・ソラスは跡形もなく掻き消されてその効力を発揮しなかったわけだが。
「からから、それを言うの七ら、前時代の遺物五そ引っ込んで一六四」
 その言葉に、十五夜の顔が固まった。
 どんな個体にも禁句というものはある。触れられたくない部分、触ってほしくない部分、触れられたくない記憶、思い出すことも回想する事さえしたくない記憶。
 十五夜のその部分に『空白の主』は触れてしまった。
 当然、わざとだが。
「…………………………」



740以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:23:06.57cjuCqyCh0 (29/58)

いつの間にか十五夜の手に一つの竹槍が握られてた。
 何の変哲もない、どこにでもあるような竹の槍。
 あまりにも武器としては頼りなく、あまりにも普通な槍。
 一見するとそれはこの場で使われる武器としてはふさわしくないように思えた。
「ヌ九十メロン四リーズの一つ。四スラウの時計八使わ七一のか一?」
 『空白の主』は十五夜が持っている武器のことを知っていた。
 懐中時計型万能毒製造霊装『シスラウの時計』。
 風紀委員本部セントラルジャッジメント開発部隊総隊長魅隠罠明みかくれみんみんによって作られたヌクテメロンシリーズと呼ばれる霊装の一つ。
 ヌクテメロンとは2000年近く前にティアナのアポロニウスと呼ばれる人物によって書かれた魔導書である。この書にはヌクテメロンの魔神と呼ばれる各時間に対応した72の魔神の名が書かれており、『シスラウの時計』はその72の魔神のうちの一柱『シスラウ』の話をもととして作られた霊装なのである。
 ヌクテメロンの魔神『シスラウ』は12の時の内4時に対応する魔神であり、その性質は毒。あらゆる毒をつかさどる毒の魔神が『シスラウ』なのである。
 その話をもとにして作られたからこそ十五夜の保持する懐中時計型霊装は『シスラウの時計』と呼ばれ、万能の毒を生成することが出来るのだ。
「まぁ、『四スラウの時計』七ん十弱一霊装八私二十って効果八七一んだけど」
 十五夜は『シスラウの時計』を使うつもりはなかった。
 何故ならば、『シスラウの時計』の効果や術式はとっくに『空白の主』に知られているからであり。
 そして、何よりも
 人・類・の・信・仰・が・生・み・出・し・た・魔・術・な・ど・ど・い・う・も・の・は・決・し・て・空・白・の・主・に・効・か・な・い・の・だ・か・ら・。
 手に握った竹槍を構える。この竹槍は勝ちたいという数多の人の願いのこもった武器。それゆえに十五夜が持てば天下無双の武器となりうる。
 そして、十五夜は槍を突き出して、
 言った。
「殺されたいようですね、阿婆擦れ」
「からから、やって五らん四無能女」
 
 
 
 
 
 
 
 
 一瞬後
 
 
 
 
 
 
 
                        世界が揺れた。
 
 
 
 
 
 
   
  
  
 その光景を何よりも遠いすぐそばで動けないままに眺めている男がいた。
「…………っ」
 強さとは何か、そんな酷くどうでもいい、だが根源的な問いが浮かぶ。
 『強い』という事が戦闘能力に直結するのならば、今一方通行アクセラレータの目の前で戦っている二人よりも『強い』生物を一方通行アクセラレータは見たことが無い。
 例えば、ミサカ10032号は一方通行アクセラレータと御坂美琴の戦いを神話の戦いに例えた。
 例えば、一方通行アクセラレータは『空白の主』のことを神だと直感した。
 だから『空白の主』と互角に、いやひょっとしたらそれ以上の領域で戦っているだろう女のことを見て一方通行アクセラレータは一つの単語を思い浮かべた。
 神々の黄昏ラグナロク。
 北欧神話における最終戦争。
 世界に数多存在する終末の在り方の一つ。
 科学の街の住人でありながらそんな戯言が思い浮かぶほど、二人は『強く』強かった。
 強さ。
 絶対的で究極的で圧倒的な強さ。
 それを求めて参加した実験絶対能力進化実験レべルシックスシフト。
 二万人を殺してでも得たかったチカラ。
 それがとても小さく思えてしまうほど二人の戦いはレベルが違った。今までやっていた戦闘が子供の遊びに思えるほどに、御坂美琴との一進一退の攻防すらただの児戯に思えるほどに。
 位階が違い、強度が違い、世界が違い、すべてが違った。
 次元の違う場所にいるのだ。
 『空白の主』によって絶対能力者レベルシックスの先の領域に足を突っ込んでいると断じられた一方通行アクセラレータよりも、高い場所に。
 彼女達はいた。
「クソッ………………」
 小さな罵声が漏れた。
 我慢できなかった。一方通行アクセラレータは誰も自分に勝てないと思っていた。対抗できるヤツはいても結局は勝つと思っていた。
 その考えが一瞬で覆された。
 たった二人の戦いを見るだけで『上』を認識できた。
 自尊心が、自意識が、ガラガラと崩れるような感じがした。
 一方通行アクセラレータが思考している間にも二人の戦いは続いている。一目見るだけで一般人でも神具だと認識できるような武具が空間を裂いて現れ、十五夜に向かって無数に投下される。
 それに対して、十五夜はただ手を振り払い、竹槍を振るう。それだけでもとからそこになかったかのように神域の武具は消えていく。
 何がどうなっているのか、その現象がどんな理屈をもって行われているのかひとかけらもわからなかった。
 科学の街『学園都市』の中でも最強の能力者であり、最高の頭脳を持つはずの、一般人よりもはるかに深い『闇』の中に住む一方通行アクセラレータですらつかめない。
 その領域はきっと人間という生命体が一生をかけて辿り着くための努力をする神域なのだ。
 
 強さとは、最強とは、いったい何なのだろうか。
 
 心に浮かぶ感情はいつの間にか恐怖から悔しさに変わっていた。
 



741以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:23:15.69rEY1URazo (1/1)

新手の荒らしか?


742以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:24:06.10cjuCqyCh0 (30/58)

https://syosetu.org/novel/56774/79.html

いいですか、私は!決して!脳幹大先生のことが嫌いなのではありません!!!
ただ、好きなキャラを苦戦させ、苦しめ、壊すのが好きなだけなのです!!!!!
勘違いしないでください!脳幹大先生のことは大、大、大好きですぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!


常世涯最果と木原脳幹② 狩る者、狩られるモノ

「ポチッ」
 現在、最果さいはてによる13度目の自爆が脳幹のことを襲っていた。
『対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメント部分射出ダブルバーストッッッ!!!』
 その自爆によっておこされる波状型の爆撃や衝撃を脳幹は対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントの兵装をもったいぶらずに解き放つことによって対応する。
 爆撃にはレーザーやプラズマ砲を、衝撃にはミサイルによる爆撃をそれぞれ放つ。
 そうすることで脳幹のところまで、自爆の影響を届かせない。
 
 そんなやりとりがもう13回も続いていた。
 
 埒らちが明かない、そう脳幹は思う。
 最果の目的は脳幹の足止め、これはもう確定的に明らかだ。
 分かっている。それを分かっているのに脳幹は最果を突破できないでいた。
 原因は大きく分けて二つ。
 最果を[ピーーー]方法が不明なこと。そして、最果の自爆最大範囲が不明なこと。この二つ。
 まず最果を[ピーーー]方法についてだがこれがあまりにも不明すぎる。自爆している、ということは最果を中心とした爆発が起きているという事で間違いがない。つまり、どうしたって最果は爆発にまきこまれるはずなのだ。
 なのに無傷、傷一つ負わない。威力的にも規模的にもどうしたって影響を受けなければおかしいのに。
 何か、自分だけは傷つかない特殊なバリアのようなものを張っているのか?とも考えた。だが、最果の衣服は汚れているし脳幹の放つ対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントが当たればきちんと怪我を負っている。それなのに、最果ては死なないのだ。
 対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントのレーザー攻撃は今までに三度最果を貫いた。
 一度目は心臓を、二度目は脳を、三度目はその二つを同時に。
 だが、レーザーによって貫かれ、血液をまき散らした後に残るのは完全に無傷な生身の最果だけ。最果の死体が現れることは決してなかった。
 おそらく、超回復ハイパーリジェレネーション能力の類をもっているのだろうと推理する。
 そうでなければ説明がつかない。心臓を貫かれても即時再生するほど回復速度の理由が。
 しかし、そうだとしてもまだ矛盾点はあるのだが。
「ポチッ」
 十四度目の自爆。
 冷静にそれを対処しながら脳幹は考える。
 実のところこの足止めを突破するだけならそう難しくない。どうにかして最果から逃げればいいだけなのだから。
 
 けれど、
 
 それが出来ない理由があった。
「ポチッ」
 十五度目の自爆。
 だんだんと、少しずつ自・爆・の・威・力・と・範・囲・が・あ・が・っ・て・い・る・。
 最初は脳幹にギリギリ届くか届かないかという威力だったのに今は半径500メートルを巻き込むような威力になってしまっている。
 このまま自爆の威力が上がってしまったら一般人にも被害が出てしまうかもしれない。
 脳幹は木原一族にしては本当に本当にめずらしく他者を気遣うことが出来る存在だったから。軽々に逃げることが出来なかった。
 名も知れぬ一般人が巻き込まれる可能性を考えてしまい、なんとしてもここで最果を殺そうとしていた。
『これ以上足止めされるわけにはいかないか……』
 すでに最果に足止めされて1分が経過している。これ以上この場に釘づけにされれば風紀委員本部セントラルジャッジメントを止められなくなる。
 故に、
 選択した。
 対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントではきっと決定打にはならない。ここまで撃っても攻撃が通らないという事は対策がされているのだ。
 対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメント、アレイスター=クロウリーに対する対策が。
 だから、
「ポチッ」
 16度目。
 合わせて対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントを撃つ。誘導ミサイル、レーザー、殺人マイクロ波、液体窒素、あらゆる兵装、その武器を。
 無論効かないのはわかっている。
 だ・か・ら・次・の・行・動・に・出・た・。
 ガギガチガチガチャンッッッ!!!!!
 機械が再構築されるような不気味な不協和音が響き渡り、脳幹がその身に纏っている対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントが姿を変える。
 対攻撃翌用の態勢から、対高速移動用の態勢へと。
 そして、
 ゴッッッ!!!!!と、完全にその形態を変えた対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントが一本の槍となって最果を貫いた。
「が、」
 悲鳴が上がるにはあまりにも死亡までの時間が短すぎた。
 死んだという事実を認識する暇もないほどの極超短時間で最果はその命を散らす。
 そのさまを脳幹は直接認識することはなかった。
 これまでの戦いで最果が即死級の怪我を負った後に無事に生還する手段を確保していることは判明している。
 だから、最果の生死など脳幹は確認しなかった。
 対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメント高速移動形式モデルラピッドストーム。
 そう友に名付けられた形態で脳・幹・は・最・果・の・こ・と・を・無・視・し・て・突・き・進・む・。
 時速に換算することすら馬鹿馬鹿しく感じる、最果の視界からコンマ1秒以下の時間で外れる速度で直線的に脳幹は道を突き進んだ。
 今までは馬鹿正直に正面から最果と戦っていたが、別に脳幹は最果と戦う理由はないのだ。はっきりいって無視してもいい。
 ここで必要とされるのは脳幹が最果を無力化して、つまり最果によって周囲に被害が出ないようにしたうえでアレイスターに託された任務を遂行することだ。
 考えてみよう。仮に最果が脳幹の一撃を受けた後に復活したとして、脳幹の姿が最果の視界内にないとすれば最果は自爆をしようと考えるだろうか。
 考えない、そう脳幹は考えた。
 最果はまがりなりにも風紀委員本部セントラルジャッジメントの一員。風紀委員本部セントラルジャッジメントとしての最低限の矜持ぐらいはあるはずだ。
 任務に失敗した以上周りを巻き込むような八つ当たりはない。


743以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:25:22.25cjuCqyCh0 (31/58)

 あの白白白が支配する風紀委員本部セントラルジャッジメントの組織員だ。いかに封印戦力などという称号が与えられていてもそれぐらいの制御はされているはず。
 だから、最果を一度戦闘不能状態にして、その間に最果ての視界内から脳幹が消え去ればいい。
 そうすれば、任務を失敗した最果は悪態をつきつつも帰るはずだ。
 いかなる不死身、不死性を持っていたとしてもその体が純粋な人間だというのならば極超音速をたやすく突破する速度で移動する脳幹をとらえることなど不可能なのだから。
 対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメント高速移動形式モデルラピッドストーム。
 後方に設置された無数のロケットブースターを上手に操りながら脳幹は学園都市の道を突き進む。
 追手の気配はない。
 1秒あればアレイスターが指定した場所に辿り着ける。
 だから何の心配もない。
 
 そう、思っていたのに。
 
「逃がすと、思ってぇ」
 
 速度によって無限に加速された時間の中で、あまったるい声が脳幹の耳に響いた。
『っ!?』
 思考の中にわずかな驚愕が現れるが、決して脳幹はロケットブースターの放出を止めない。
 気にする必要はない
 気にかける暇があるのならば今は一メートルでも先に進むべきだ。
 だが、
 
「ポチッ」
 規模も、威力も別格の17度目の自爆が脳幹を襲った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 体・内・保・存・式・緊・急・自・殺・用・超・威・力・爆・弾・『オ・メ・ガ・ジ・エ・ン・ド・』。
 それが風紀委員本部セントラルジャッジメント封印戦力常世涯最果の所有する専用武器の名だ。
 効果はその名の通り自爆。
 あたり一面を巻き込んだはた迷惑な自爆。
 しかも、この専用武器の厄介さはそれだけにとどまらない。
 一つ。自爆範囲とその威力を最果自身で調節可能であるということ。
 ごく小規模かつ低威力の自爆から超大規模かつ超威力の自爆まで最果の主観で選択可能であるということ。
 この機能を原因として、脳幹が感じたように自爆の範囲と威力が強化されていたわけだ。
 そして、二つ。
『ぐぬっ!!!』
 『オメガジエンド』によるこれまでとはけた違いの爆発が脳幹を襲う。C4を500Mt爆発させたような爆発。
 そ・れ・が・指・向・性・を・も・っ・て・脳・幹・に・襲・い・か・か・っ・て・い・た・。
 それこそが『オメガジエンド』の特性の二つ目。
 『オメガジエンド』による爆発はその方向を決定することが出来る。誘導できるのだ。爆発の方向性を、前方へと、後方へと、左方へと、右方へと。
 故に逃れることは不可能に近い。
 一般人ならば容赦なく爆発に巻き込まれて死亡するだけだ。
 一般人ならば。
『っ』
 対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメント高速移動形式モデルラピッドストーム。
 その後方にあるロケットブースターを逆噴射&左向きするようにして急制動をかけ、脳幹はその指向性を持った爆発から逃れた。
 そこに声がかかる。
「ははは、逃がすわけないでしょう」
 さすがの脳幹もあせっていた。
 対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメント高速移動形式モデルラピッドストームを使ってなお逃れることのできない最果の足止めに、頭脳をフルに回転させて対処しようとする。
 脅威度は既に十段階以上引き上げられていた。
 ただでさえ、対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントの直撃を受けても死なない不死性を持っているのに、それに加えて対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメント高速移動形式モデルラピッドストームの脳幹に追いつくことのできる何らかの手段を保有している。
 対応できなくてはないが、対応することは難解だ。
 そんな域に最果の戦闘能力はあった。
 だから、
 
 その時だった。




744以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:26:31.66cjuCqyCh0 (32/58)

「天地破壊流布術。髑髏されこうべ」
 きりっとした声と共に上方から降ってきた布が最果の頭に巻き付いた。
「は?」
 どこから、と疑問に思う暇もなかった。
 突然、最果の頭に巻き付いてきた布は上から下に振り下ろされたままの勢いで最果の頭を180度ねじった。
 グルンッ!と360度首が回ったのが認識できた。
 ボギリ、と最果の首が折れる。
「送るよ」
 乱入者は剣を振るう。
「天地破壊流。滅亡・攻防一対絶対防衛全方位断絶別位世界サークルアイギスウィズザワールド」
 学園都市の中でも最高レベルの知識を持つ脳幹だからこそ、その行動の意味が分かった。
 彼・女・の・振・る・っ・た・そ・の・剣・が・世・界・を・切・っ・た・。
 なんの抵抗もなく、なんの反抗もなく。
 まるで飴細工のように。
 ベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキベキ!!!!!と。
 切られた世界の断面のようなものから白い暗闇が現出しそうになる。
 その空間に脳幹は躊躇なく入った。
 誰が割って入ったのか、誰が布を使って最果を殺したのか。脳幹にはその人物が分かっていた。
『感謝する。彼者誰時に輝く月シャイニングムーン団長裂ヶ淵瞑娥さくがぶちめいが』
 まっすぐな感情をこめて脳幹は礼を言った。
 そして、木原の中でも異端の存在である脳幹は彼女らを視界にとらえる。
 常人には理解不能な領域に存在する超常の存在達が戦っているそのさまを。
 それを離れたところから見ているひとりの少年の姿を。
『対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメント一斉射出フルバーストッッッッッ!!!!!!!!!!』
 躊躇いはなかった。
 躊躇は無かった。
 脳幹はアレイスター=クロウリー友の願いをかなえるために、その超常の存在達に向かって武器をふるった。
 
 



常世涯最果 所属 風紀委員本部
      役職 封印戦力
      能力 不明
      専用武器  体内保存式緊急自殺用超威力爆弾『オメガジエンド』



745以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:27:51.32cjuCqyCh0 (33/58)

https://syosetu.org/novel/56774/80.html

領域の戦い① 乱入者 御坂美琴⑥ 消えた敵

 目の前の光景を理解できなかった。
 目の前の現象を解読できなかった。
 視界に映るその意味が分からない事象を前にただ悔しさと後悔が蓄積する。
 一目で神具とわかる武器群が何もない空間から発生する理屈も、それを竹槍の一振りで掻き消す理屈も、さっぱりわからない。
 理解できない。理解できない。理解できない。
 理解できない。理解できない。理解できない。
 さっきと同じだ。
 足りないのだ。
 『何か』が。
 その領域を理解するための『何か』が。
 その領域に入るための『何か』。
 掴めるはずなのに、
 手に入れているはずなのに。
 だが、例えパズルのピースがすべてそろっていたとしてもそれをくみ上げられるかは別問題だ。
 2000ピースのパズルをくみ上げるのに多大な労力を使うように、手に入れた多くの手がかりピースをくみ上げ、理解し、自分で扱える形に持っていくのはとんでもない技術が伴う。
 届かないのだ。
 足りないから。
 手がかりピースを組み上げるための『何か接着剤』が。
 故に、見ることしかできない。
 恐怖に震え縮ちぢこまりながら見ることしかできない。
 限界点。
 到達点。
 その領域への扉は固く閉ざされてしまったままだ。
 抉こじ開けることは、出来ない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 一方で十五夜まんげつと『空白の主』の戦いは激化していた。
「フラガラッハ+ブリューナク=雷速絶貫の回答者フラガラック・ブリューナク」
 雷速で放たれた絶対勝利を確約する不折の剣が十五夜に迫る。
「三日月宗近みかづきむねちか+童子桐安綱どうじきりやすつな+鬼丸国綱おにまるくにつな+大興太光世おおでんたみつよ+数珠丸恒次じゅずまるつねつぐ=天下五剣」
 さらに、日本を裏から守っている名家によって保存されている天下五剣の属性を一つにまとめた剣も同じように迫る。
「アイアスの盾+アイギス=石化の不貫盾アイアス・アイギス」
 同時にかつてトロイア戦争において英雄ヘクトールの攻撃を防いだアイアスの盾に、相手を石化させるメドゥサの首をはめ込んだアイギスの効果を上乗せし、攻防一対の盾で防御を固める。
「無駄ですよ」
 が、十五夜には効かない。
 無傷。無傷。無傷。
 損傷無し、零。
「いかにあなたがこの領域の支配者だとしても、私はたやすくそれを染め直すことが出来る。だから、全くの無駄」
 すべて掻き消える。
 十五夜のもとに、その武器が届くことはない。絶対に。
「意思を乗せろ、竹槍大衆の願い」
 そして、十五夜はその手に持つ竹槍を投げる。
 無造作に、無作法に、まるでただの少女のように、格好つけず、格好悪く、ただ意志のみを乗せて。
 その竹槍に伝説はない。
 その竹槍に神話はない。
 だから、普通なら絶大な力を持つ『空白の主』には当たらない。
 なのに、
 にも拘らず、
「がっっ!!!……うぅ……」
 そ・の・竹・槍・は・絶・対・に・貫・け・な・い・は・ず・の・石化の不貫盾アイアス・アイギスを・貫・き・『空・白・の・主・』の・肩・に・突・き・刺・さ・っ・た・。
 別にこの竹槍には『シスラウの時計』のように毒の効果があるとか、万物貫く輝煌の剣クラウ・グングニル・ソラスのように絶対必中の効果があるとか、そういうものではない。
 だが、当たる。貫ける。ダメージを与える。
 なぜなら、この竹槍は格上に対して絶大な効果を発揮する武具だから。
「痛つぅ……。相変わらず、冗談みたいな強さだなぁ……」
 まったくもってあり得ない。
 本当にたちの悪い冗談だ。
 さすがは、風紀委員本部セントラルジャッジメント最強の存在。
 戦闘が得意ではない『空白の主』位[ピーーー]のはわけがないわけだ。


746以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:28:58.47cjuCqyCh0 (34/58)

「もう一度言います」
 これが最後の忠告という事はさすがの『空白の主』にも分かった。
「手を、引きなさい」
「……」
 だから、答えた。
「断る」
「なら[ピーーー]」
 容赦はなかった。
 静かな表情のままで十五夜は『空白の主』に突き刺した槍を四散させ、内部から『空白の主』を攻撃した。
「ぎゅ、がっ!!!!!」
 肩につきたてられた竹槍が四散したことで『空白の主』の腕が体から離れる。そして、腕を失ったその影響で体のバランスが崩れ、傾く。
 その決定的な隙を逃さずに、十五夜は一瞬で『空白の主』との距離を詰めた。
 
「[ピーーー]」
 
 その時だった。
 
 
『対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメント一斉射出フルバーストッッッッッ!!!!!!!!!!』
 
 
 始まりの領域に侵入した木原脳幹が二人に向かって攻撃を仕掛けた。
「なっ!!!」
 突然の乱入動物にさしもに十五夜も不意を突かれた。
 『空白の主』への攻撃を中止して、視線を乱入者にやる。
(木原脳幹……っ!)
 学園都市統括理事長アレイスター=クロウリーの部下。
 学園都市の最暗部にして最奥部の殺し屋。
 様々な逸話いつわがあるが、この時十五夜が思ったことはそのどれでもなかった。
「だ・か・ら・で・す・か・……っ……!」
 違和感を感じてはいたのだ。
 おかしいとは思っていたのだ。
 そう、
 いくらなんでも弱すぎた。
 その理由が判明する。
 つまり、ここまですべて『空白の主』の思惑通り!!!
「ぐ、ぅうぅぅぅぅぅぅぅぅぅうううぅぅぅぅうううあああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁっっっっっ!!!!!!!」
 放たれた対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントに対処せざる負えない。いくら十五夜が最強の原石だったとしても対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントをまともに喰らうのはまずい。
 なんといっても対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントは完全な状態の『魔神』を[ピーーー]ことのできる兵器なのだから。
 局所的には『魔神』に劣らないとはいえ、十五夜はこのレベルの戦いに役立つ力は原石しか所有していない。
 故に、レーザー、マイクロ波、ミサイル、ビーム等で構成される対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントの総攻撃に対してとれる手段もそうなかった。 
「っ!!!」
 手に持つ竹槍では対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントに対抗できないと判断した十五夜は別のものを現出させた。
 対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントに対抗するため、今を生き抜き白の命令を果たすため。
『なっ!!!』
「へぇ」
 十・五・夜・を・守・る・よ・う・に・巨・大・な・船・が・現・れ・た・。
 全長263.0メートル、水線長256.0メートル、幅38.9メートル、出力153553馬力、基準排水量64000トン、兵装、45口径46センチ3連装砲塔3基、60口径15.5センチ3連装砲塔2基、40口径12.7センチ連装高角砲12基、25ミリ3連装機銃52基、25ミリ単装機銃6基、13ミリ連装機銃2基。
 かつて、某国を相手にした戦争で活躍したとある国の船だ。
 その船が壁となり対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントのあるゆる武装は十五夜には届かなかった。
 
 だがッ!
 
 その船によって脳幹の視界が遮られた機会を逃さずに行動したヤツがいた。
 
「始めよう」
「……ぁ……」
 『空白の主』が十五夜と脳幹が交戦したその一瞬のタイミングを逃さずに、一方通行アクセラレータに接近した。
 まだ、十五夜は気付いていない。そして仮に気付いていたとしても対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントへの対応で手いっぱいで対処できないだろう。
「科学の叡智を手二入零よう。私がまた一つ進化するため二」
 一方通行アクセラレータは動けない。
 恐怖で動けない。
 だから、
 対応したのは別の『人間』だった。


747以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:29:35.95cjuCqyCh0 (35/58)

『やらせると思うか』
 
 バギギャゴリュリガナニニニンイニニニニニニニニニンイニキィィィィィィィイイィィィィィ!!!!!!!!!!
 奇妙な音が響き『領域』の空間が裂けた。
 瞑娥めいがが切った世界をさらに引裂くようにして、その『人間』は『空白の主』に攻撃をふるった。
 その銀の杖を無造作にふるった。
 だから、
「か」
 吹き飛ばされる『空白の主』。
 それを視認することすらなく『人間』はすぐさま『領域』から脱出した。
「からからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからからかかかかかかかかかかかかかかかか!!!!!!!!!!!!!!」
 嗤い声を上げる『空白の主』。
 本当におかしかった。
 おかしくて、おかしくて、おかしくて、おかしくて、おかしかった。
 
「昇零、そ四十」
 
 だって、
 だってだって、
 だってだってだってだってだってだってだってだってだってだってだって、
 
 
 
 
 すべて、計・画・通・り・に・進・ん・で・い・る・の・だ・か・ら・。
 
 
 
 
「砕け六」
 
 世界が砕けた。
 
 
 
 
 
 
        
「…………ぁ……ぁあ」
 実のところ彼女の意識はまだ覚醒していなかった。
 一方通行アクセラレータに対して行っていた攻撃はほぼ本能的な無意識レベルでの反射で、まっとうな思考力を発揮して、計算して行っていたものではなかった。
 能力を発揮するための演算も、超電磁砲弾きクロッシングレールガンなどという絶技もすべて意識的に行たものではない。
 それはすべて『守る』という本能から来たもので、
 それはすべて『守りたい』という本能から来たものだった。
 心の奥底に刻まれた意志は、その遺志は決して潰えず体を動かすものなのだ。
 故に、彼女が覚醒したのは『今』だった。
「こ、…………こ……は?」
 意識が覚醒した。
 御坂美琴はここに、確かにその意識を現した。
「わた、…………しっ、……はッッッ!!!?」
 急激に目覚める。
 覚醒。
 そして、御坂は自分が起こした行動を思い出す。
 超電磁砲弾きクロッシングレールガンを放って一方通行アクセラレータに大ダメージを与え、地面を無様に転がった一方通行アクセラレータに向けて雷撃の追撃を放ち、一方通行アクセラレータを[ピーーー]あと一歩まで追い詰めて、追い込んで、
 そして、
 御坂は見た。聞いた。
 最期の一撃が一方通行アクセラレータに当たるその直前に、
 爆・音・が・聞・こ・え・操・車・場・中・の・地・面・が・輝・き・一方通行アクセラレータの・身・体・が・消・え・た・こ・と・を・。
「何が、起こっているって……いうの?」
 何もかもがわからなかった。
 なぜ、地面が光ったのか?
 あの爆音はなんだったのか?
 なぜ、御坂美琴が蘇ったのか?
 なぜ、一方通行アクセラレータが消えているのか?
 なぜ、なぜ、なぜ。
 どうして?
「勝ったの……?」
 狩ったのか?
「倒したの……?」
 斃したのか?
「殺せたの……?」
 殺したのか?
 いったいぜんたいどうなった?
 だれが、
 だれに、
 だれを、
 だれで、
 
 勝者は、
 
 
  
                          だれ



748以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:32:22.26cjuCqyCh0 (36/58)

https://syosetu.org/novel/56774/81.html

一方通行③ 魔術 御坂美琴⑦ 胸に宿す正義 千疋百目① 生き埋めへのカウントダウン

 一方通行アクセラレータは当然だが、科学の領域に属する人間だ。
 そして、超能力者は通常魔術を知らない。理解できない。
 原型制御アーキタイプコントローラの影響下にある人間はその区分けに無意識化で従うしかなく、その区分けを認識できない。
 だから、科学の側に属する一方通行アクセラレータは当然魔術を知らないし、使えない。
 当たり前と言えば当たり前。
 当然といえば当然。
 
 だが、
 
 それは意識的としての話である。
 ごくまれにだが、人間は無意識的に魔術を使ってしまうことがある。
 魔術を何も知らない一般人が、魔術を使ったこともない子供が、魔術を使えてしまうことがある。
 こんな話を知っているだろうか?
 今でこそ20億以上の教徒が存在する十字教にも迫害されている時代があった。
 最低最悪のその時代において発狂せざるをえないような拷問を受けた十字教徒たちはまれに『天使の影』を見たらしい。
 無論、そんな都合のいい事実を幻覚と断じる人も多くいる。実際、ただ拷問を受けたというその事実のみで天使が降臨するのならば、この世界はとっくに救われていなければおかしいのだから。
 だから、その天使はただの幻覚で偽りの影、そう考えるのが正しい。
 だけど、それはあまりにも夢がないのではないだろうか。
 こう考えてもいいではないだろうか。
 極限状況に放り込まれた敬虔な十字教徒たちがたまたま無自覚に複雑膨大な術式を練り上げ、その術式に偶然魔翌力が注がれ、一時的に『天使の力テレズマ』を操り高度な召喚術式を行なった結果として天使の影が現れたとしたら。
 もう少し救われる結末にならないだろうか。
 同じだった。
 一方通行アクセラレータが紡いだものもそれと同じだった。
 
 つまり、
 
 あ・の・時・、一方通行アクセラレータは・魔・術・を・使・っ・て・い・た・。
 
 祈りは奇跡を起こすことがある。
 人の願いは現実を侵すことがある。
 その思いは世界を犯すことがある。
 
 あの時、『生きたい』と願ったあの時、一方通行アクセラレータはとある魔術を紡いでいたのだ。
 
 その魔術が紡がれたのはたまたま偶然だった。100%の運だった。
 書かれた魔法陣は戦術魔法陣タクティカルサークル。
 紡がれた魔術は異界反転ファントムハウンドの亜種にして改造版異界侵攻ファントムハント。
 操車場の大地に流れ出た御坂美琴と一方通行アクセラレータの血がたまたま強大で広大な魔法陣を描き、その魔法陣を補強するようにたまたま潰され壊れたコンテナが配置され、コンテナで補強された魔法陣にたまたまミサカネットワークの影響が与えられ、ミサカネットワークによって影響された魔法陣がある操車場に蘇った御坂美琴が連鎖的に影響を与え、連鎖した影響がたまたま魔法陣を強化し、御坂と一方通行アクセラレータが戦いの中で繰り返した呼吸や行動がたまたま魔翌力を生み出すことになり、二人の行動によってたまたま魔法陣に魔翌力が注がれ、その注がれた魔法陣にたまたま一方通行アクセラレータの悲鳴という名の詠唱が紡がれ、その詠唱によってたまたま魔法陣が発動した。
 言葉にすればこういうことだ。
 奇跡に奇跡が重なって奇跡に奇跡が連鎖して奇跡に奇跡が影響された。
 だから起きた奇跡。
 だから起きた奇蹟。
 その魔術は世界を壊した。
 その魔術は世界を侵略した。
 結果として術式の発動者たる一方通行アクセラレータは『はじまりの領域』に入り『空白の主』に出会った。
 だから、御坂の目から見れば一方通行アクセラレータが消えたように見えたのだ。実際は魔術的な符号によって強制移動しただけだというのに。
 だがまぁ、無理もないだろう。魔術を知らない御坂に一方通行アクセラレータが消えた理由を察しろというのはあまりにも酷なことだ。
 そして、一方通行アクセラレータが偶然発動したこの魔術には欠点もあった。自力で帰ってこれない片道切符であるという欠点が。
 つまり、発動したら帰って来れないのだ。元の場所に。
 片道切符のその術を一方通行アクセラレータは発動させた。
 奇跡的な偶然で、御坂の電撃から、死から逃れるべくして運命的に。
 運がいい、というのは一種の才能である。
 運が悪い、というのも一種の才能である。
 一方通行アクセラレータは何も知らない超能力者にして魔術に関わった。
 『空白の主』に会った。
 
 だから、
 
 彼は、
 
 もう戻れないのだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



749以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:32:52.66cjuCqyCh0 (37/58)

 ドスンッッッ!!!!!と何かが落ちてきた音がした。
「ッッッ!!!!!」
 御坂はふりかえる。
 何かが起きていることは分かっている。
 何が起こっているかはわからなくとも。
 異質で異常な御坂では把握できないことが起きているのは分かっているのだ。
 地面が光った理由。
 一方通行アクセラレータが消えた理由。
 ここで、いったい、なにが、おきている?
 だから、振り向く。
 一挙手一投足に気を付けながら、この操車場で起きたその事実を確かめるために。
 振り返ったその先で目についた光景は……。
「tvbtylenoncdi痛ooybcbybe。rgnkskaebv助ouiivpascvteivyi」
 ノ・イ・ズ・の・混・じ・っ・た・わ・け・の・わ・か・ら・な・い・言・語・を・話・す・一方通行アクセラレータがいた。
「……ッ!」
 その姿を見た瞬間御坂の心に何かが浮かんだ。
 それを知っている。その言葉を御坂は知っている。
 だが、認めない。認めたくない。
 だから[ピーーー]。[ピーーー]。[ピーーー]。
 そのために雷速の電撃を放つ。
 ナメクジのように這いつくばる一方通行アクセラレータに対する攻撃。
 全身の血管が爆発したように血まみれの一方通行アクセラレータに向かって放つにはその雷撃はあまりにもオーバーキルであろうか?
 いや、そんなことはないと断言できる。
 だって、感じている。
 この心が、その心しんが、感じている。
 
 恐・怖・を・。
 
(怖い)
 怖い?
(怖くない)
 怖くない。
(怖い) 怖い?   (怖くない)   怖くない。(怖い) 怖い?(怖くない)
 怖くない。(怖い)
怖い?   (怖い) 怖い?   (怖くない)   怖くない。(怖い) 怖い?(怖くない)   怖くない。  (怖くない)  (怖い)怖くない。怖い?   (怖くない)  (怖い)
    怖い?(怖くない)怖くない。(怖い) 怖い?(怖くない)   怖くない。(
 怖くない。          (怖い) 怖い?   (怖くない)   怖くない。(怖い) 怖い?(怖くない)   怖くない。  (怖くない)  (怖い)怖くない。怖い?   (怖くない)  (怖い)
    怖い?(怖くない)怖くない。(怖い) 怖い?(怖くない)   怖くない。(
 怖くない。                
 
 怖くなんてない。
 だって、助けるんだから。
 絶対に、何をしても、誰を殺しても。
 立ちふさがる者はすべて壊せ。
 邪魔なモノを全部消せ。
 罪悪感など感じない。
 妹達シスターズを助けられるのならば、そんなものは些事にすぎない。
 そう、そうなんだ。
 選んだんだから。
 何よりも、誰よりも。
 その右手で簡単に超能力者レベルファイブをあしらう少年よりも、純粋に自らの身を案じてくれた少女よりも。
 選んだんだ、妹を。
 血の繋がりもない、流血でのみ繋がる、遺伝子的にだけは同じ妹。
 はたから見れば狂気。客観的に見て異常者。
 頭がおかしい。
 劣化量産品クローンのために命を懸けるなど。
 人形のために命人生を使うなど。
 彼女達は人間ではないのに。
 だが、いいのだ。
 それでいい。
 それでいいのだ。
 だって、それが正義だから。
 御坂の正義はそれなのだ。
 親友よりも大事な妹がいる。
 世界よりも大切な妹がいる。
 闇に堕ちてでも守りたい妹がいる。
 この身が直接やすりで削られるような日々を送っても、万力で徐々に締め付けられるような毎日を過ごしても、
 それでも、守りたい妹ひとがいる。
 愛しい妹ひとたち。
 愛する妹。
 この身を消費してつかっても惜しくはない。
 たいしたことなんてないのだ。妹達シスターズが感じたその痛みに比べたら。全くたいしたことではない。
 痛くない。
 だって、
 
 
 


750以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:33:20.06cjuCqyCh0 (38/58)

正義はここにある。
 この胸の内に宿す『覚悟』が、正義なのだから。
 その思いがあれば戦える。四肢が千切れ腸がかき回されようと戦える。
 脳が焼き切れ体の内側が破滅しようと戦える。
 故に、御坂は雷速の電撃を放つことに数瞬のためらいもなかった。
 一刻も早く決着をつけたかったし、
 なによりもここで仕留めなければヤバいことになるという予感があったから。
 そして、
 雷撃の槍が、
 一方通行アクセラレータに迫り、
 迫り、
 
 迫り、
 
 そして、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ほんの少しだけ時を遡ろう。
 御坂が一方通行アクセラレータに雷撃の槍を放つほんの3分47秒前の話だ。
 一つの危機が地下下水道にいる四人の人間に迫っていた。
 決して逃れられないその危機に彼らは必死に対応していた。
 地下で、風紀委員本部セントラルジャッジメントと戦っていた上条たちは敗北した。
 だから、これはその後の時間軸の話。
 生き埋めになるかどうかの瀬戸際で足掻いた一人の人間の話だ。
 
 
 白井黒子を打倒した千疋百目は現在撤収の準備を進めていた。
 風紀委員本部セントラルジャッジメントの活動はごくごく一部の特殊な例外を除いて表に出ることは決してない。なぜならば、風紀委員本部セントラルジャッジメントはその活動が表に明らかになった時点で、必ず批判の対象になるからだ。
 信じる正義のために人殺しを厭わない風紀委員本部セントラルジャッジメントを正の方向で評価する人間などよほどの異常者だろう。
 故に、風紀委員本部セントラルジャッジメントはその活動を秘匿する。かつての獄天の扉ヘブンズフィール事件ではその内容が公開されてしまったが、それだって裏切り者の仕業で積極的に公開したわけでは無い。
 そして、当然百目も地下下水道での白井との戦いの痕跡を消して、立ち去るための行動をしていた。
「とりあゑず、今できる偽装はこんなものですか」
 とはいえ、百目はあくまで戦闘担当の攻撃部隊所属の人員だ。一通り戦闘痕跡を消すための訓練は受けているとはいえ、やはり完ぺきとはいいがたい。
 そもそも戦いの痕跡を消したり、足跡を偽装したりするのは風紀委員本部セントラルジャッジメントの中でも攻撃部隊ではなく支援部隊か諜報部隊の仕事なので仕方ないと言えば仕方ないのだが。
 ともかく今語るべきなのは百目が最低限の偽装を済ませたという事。そして、偽装を済ませた百目が地下下水道から撤退をしようとしているという事。
 
 そ・し・て・そ・れ・を・許・さ・な・い・者・が・い・る・と・い・う・こ・と・。
 
 前触れなど欠片もなかった。
 それはあまりにも唐突に起こった。
 
 ドッガアアァアァアアアアァアアァアアアアアアァアアァァァァァァアアアアンンン!!!!!!!!!
 
 という爆発音が地下に響いた。
 
「ッッッッッ!!!!!!!???」
 地下の空気が揺れた。
 ピシピシピシピシッ!と下水道の天井付近に亀裂がはしった。
 爆発の衝撃と音によって態勢を崩した百目は、両ひざに手をついて態勢を立て直す。
「ば……くはつ……?だ、れが…………?」
 知らない。
 こんな展開は聞いていない。
 予定外だ。
 こんな爆発は予定にない。
 だから、対応が、遅れる。
「…………どうすれば……」
 実のところ風紀委員本部セントラルジャッジメントに所属しているほとんどの人間は自らの意志で考え、行動することがあまりない。
 なぜならば、彼ら彼女らは基本的に風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長白白白の指令、命令に基づいて行動するからだ。
 白の命令通りに行動すれば万事うまくいっていたし、行動の中で白に言われた予定の外のことなどまず起きない。
 だから、悪くいえば風紀委員本部セントラルジャッジメント人員は予定外の事態に弱かった。
 もちろん一般の風紀委員よりははるかに対応力はあるのだが。
「…………………………………」
 おそらくこの場所はあと五分もせずに完全に崩落するだろう。非常に残念なことにその崩落を止める力は百目にはない。
 だから、百目がとれる選択は二つだけだ。
 一刻も早くこの場所から脱出するために、地面に横たわる白井を見捨てて、一人で地下下水道の出口まで移動するか。
 ほぼ百パーセント間に合わないことを知りつつも、地面に横たわる白井を背負って、二人で地下下水道の出口を目指すか、だ。
 
 
 人生は選択の連続だ。
 一度でも選択肢を間違えれば、絶対に最良の未来へとたどり着くことは出来ない。
 この時の百目もそうだった。
 彼女は選択する。
 最良の未来へとたどり着くために。
 白井を見捨てるか否かを。


751以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:34:07.02cjuCqyCh0 (39/58)

https://syosetu.org/novel/56774/82.html

千疋百目② 脱出

             実のところ、それは仕組まれた試練だった。
 
 
 
 
 
「……どうしよう……………」
 百目は迷っていた。
 天井の亀裂は徐々に大きくなってきている。
 このままでは生き埋めになることは確定だ。
「…………どう、しよう……」
 崩落までおよそ五分。その時間以内に選択しなければならない。
 一人で逃げるか、二人で逃げるかを。
「埋娥総隊長のことは絶対に頼れなゐし、私が一人でどうにかするしかなゐんだけど……」
 埋娥は上条との戦闘に勝利しているだろう。それは、確信をもって言える。風紀委員本部セントラルジャッジメント攻撃部隊総隊長の名は伊達では無い。少なくとも百目が手も足も出ないような実力を埋娥は持っている。
 だから、百目は埋娥が負けたとは欠片も思っていなかった。
 だが仮に、上条との戦闘に勝利したであろう埋娥に助けを求めるとしても距離が離れすぎている。現状、埋娥と百目の距離は、埋娥が上条を追って行ってしまったことですぐにはたどり着けないほど開いている。
 いかに撥条包帯ソフトテーピングで身体能力を強化しているとはいえ、それだけで詰められる距離では無いのは明白だ。
 埋娥のことは頼れない。
 百目が一人でどうにかするしかない。
「……………」
 ちらっと白井のことを見やる。
 先ほどまで戦っていた敵だけど。
 つい今しがたまで拳を交わしていた相手だけど。
 輝いていた。少なくとも今の百目よりもずっと。
 昔の百目のように、輝きを放っていた。
 眩しい。
 『闇』を知って汚れた百目とは違い、まだ本当の『闇』を知らない無垢な子供。
 少しでも頭が回ればわかったはずだ。
 御坂美琴が何も言わなかった理由。
 御坂美琴が決して白井を関わらせなかった理由。
 きっと、気付いていた。
 目線の先で倒れている白井は気付いていたと思う。
 風紀委員本部セントラルジャッジメントが出てきたという事の意味を。
御坂がどれだけ深い『悪』に関わっていたのかを。
 きっと気付いていた。勝てない、負けると。
 それでも挑んだのは守りたかったからで、認めたくなかったから。
 そんな相手を百目は見捨てることが出来るのか?
「………………」
 ピシリ、ピシリと亀裂が広がっていく。パラパラとコンクリートの破片も落ちてきた。
 爆発の範囲がどれくらいかはわからないが、今から全力で逃げれば死なずに済むはずである。
 一人なら。
 独りなら。
「しかた…………なゐですよね………」
 白井のことをを一瞥する。
 仕方ない。
 本当に仕方ない。
 百目にだって目的がある。『本当の闇』に触れてでも達成したい目的がある。
 風紀委員本部セントラルジャッジメントなんて最奥の組織に入ってでも達成したい目的があるのだ。
 だから、仕方ない。
「本当に、……手間をかけさせますね……っ!!!」
 百目は意識を失っている白井を背負った。
 一度屈んで、白井の身体を起こし、そのまま背負う。腕を自らの肩にまわさせて体勢を安定化、さらに片腕を背負う白井の背中を支えるように回ししっかりと支える。
 
 見捨てることは、できなかった。
 
 理由はいろいろあったが、それでもやはり一番大きい理由は単純に情がわいたということだ。
 白井は百目のことなどほとんど知らないだろうが、百目は白井のことをよく知っていた。
 もちろん百目が白井とあったのはこれが始めてだ。それ以前にあったことなどない。
 だが、情報では知っていた。書類上の情報でなら百目は白井の能力、強度、人間関係、性格、思想、所属、戦闘能力、過去、御坂美琴への想い、それらすべてを把握していた。
 風紀委員本部セントラルジャッジメントに所属する人間として情報の入手は怠らない。風紀委員本部セントラルジャッジメントに属するというのは絶対に負けることが出来ない戦いをするという事と同義なのだから。
 現代の戦闘において情報入手の可否は大きく影響する。
 だからこそ、前準備は入念に入念をきするのだ。
 最も、百目は攻撃部隊の所属なのであくまで集められた情報を閲覧するだけで、情報の入手と精査は諜報部隊の仕事なのだが。
 ともかく、ここで重要となるのは百目が白井のことを知っていたという事。
 だから、情がわいた。
 百目としては非常に珍しいことにほぼ初対面の人間に対して、直前まで命を懸けた戦闘を繰り広げていた相手に対して、情がわいた。
 過去の百目とある意味では似たような状況に陥っている白井をここで見捨てることは出来なかった。
 普段なら見捨てている。迷わない。
 だけどこの日この時この場所で白井だからこそ見捨てられない。
 百目はまるで誰かの意志に操られたかのように白井のことを見捨てられなかった。
「……………ぐっ、……っぁ!!!」
 白井を背負い撥条包帯ソフトテーピングの力を全力で使いながら、崩落の範囲から逃れるように百目は移動する。
 当然、その速度は百目一人で移動するときよりも格段に落ちる。そもそも撥条包帯ソフトテーピングは一人での移動を前提に作られたものであって、二人での移動は想定されていない。
 だからこの時百目にかかる負担は通常よりもはるかに大きかった。
 加えてであるが。
 現在、百目は白井によって重傷を負わされている。



752以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:35:31.24cjuCqyCh0 (40/58)

 腕には白井が空間移動テレポートを使って突き刺した五本の金属矢がいまだに刺さっている。
 『槍』を叩きつけられたことによる打撲痕も見受けられる。
 身体を地面に落とされた影響もあり全身は擦過傷だらけだ。
 幾度も幾度も殴られた影響か体の内がずきずきと痛む。
 歩くたびに、進むたびに、背に背負う白井を落とさないように意識するたびに確実にダメージが蓄積されていく。
 痛い、というよりも辛いという意識が脳を占める。
「全くっ、……何してるんですかねぇ…………私はっ!!!」
 崩落の音は徐々に大きくなってきている、もはやいつ地下下水道が崩れ、生き埋めになってしまうかもわからない。
 一応、本当に一応ではあるが、万万が一生き埋めになったとしても助かることは出来るのだが、それをしてしまうとおそらくもう『上』にはいけない。
 だから、なんとしても自力でどうにかしなければならない。
 それを達するには、もちろん今からでも白井を見捨てるのが最善だが……。
「……お、ねえ……………さま」
 背負っている白井からそんなうめき声が漏れる。
「ふふっ」
 その呟きはかつて背負った業の後悔か。
 それともかつて不干渉を貫いた己への悔恨か。
 あるいはそのどちらでもあり、どちらでもないのか。
 だが、一つわかる。
 同じ状況に陥っている百目だからこそわかる。
 過去を悔いるという事は、過去にとらわれるという事と同じだ。
 これから先、白井が未来を見ることはないのだろう。
 意図せずに、その位置付けポジションが宿敵ライバルとして確定してしまった百目は危機迫るこの状況下でそんなことを考えた。
「…………………はぁ」
 走りながらそんな思考をしたのは当然現実逃避だ。
 都合の悪い現実から目をそらしたかったからだ。
 百目は上を、地下下水道の天井を見上げた。
「ゐったゐ、どれだけ広ゐ範囲で崩落が起きてるんですか」
 あの場からもう500メートルは移動しただろうか。
 いまだに崩落の範囲から逃れられる気配はない。
 それどころかおそらくここから先さらに500メートル進んでも崩落から逃れることは出来ないだろう。
 そんな気がするのだ。
 つまり、この瞬間確定してしまった。
 逃げられないという運命が。
「…………………………………………………………」
 死亡フラグというものがある。いわゆる、マンガとかアニメとかの非現実的物語において特定のキャラクターが特定の行動、言動を行った時にそのキャラの死亡が予見されてしまうようなことだ。
 では考えよう。
 この時の百目の行動は死亡フラグに値するかどうか。
 情に流されて、直前まで戦っていた敵のためにほぼ100%死ぬとわかっている行動をとる。
 これは死亡フラグか否か。
 死亡フラグ……といえばそうなのかもしれない。
 私が犠牲になってあなたを助ける系の死亡フラグ。
 なるほど、ならば百目は死ぬのだろう。宿敵ライバルというキャラ付けの影響もあり白井を守って死ぬのだろう。
 だが、
「いけます…………か……?」
 それはここから百目が何も行動を起こさなかったらの話だ。
 もう一つ。
 方法論はある。
 生き残るための道筋、筋書が存在する。
 ならやるべきだろう。
 方法、手段、道標があるならば、それをとるべきだ。
「…………………」
 百目は一度白井の方を確認して立っている通路の端に近づいた。
 そのまま下を見る。
 渦巻く水流の流れを見る。
 落ちたら絶対に脱出できない。溺死確定だ。だから、水路に落ちるわけにはいかない。
「…………大丈夫」
 百目は体の各所に貼り付けられた撥条包帯ソフトテーピングの内、必要ない部位のモノをはがした。
 急げ、でも慌てるな。
 確実に、でも丁寧に行動しろ。
 剥がした撥条包帯ソフトテーピングを足の空いている部分に貼り付けて、許容以上の力を引き出せるようにする。
 無論、そんなことをすれば足に莫大な負担がかかり自壊することは必然だ。
 だが構わない。どのみちここで命をはらなければ死ぬのだから。
「………………………っ!!!!!」
 覚悟を決めて通路から飛び降りる。
 白井を背負ったまま、なるべく水路の壁に張り付くようにして一息に飛び降りた。
 そしてそのままの勢いで白井を支えていない方の手を高く高く宙に伸ばし、通路の淵を掴む。
「……大丈夫!!!」
 片腕で二人分の体重を支えるという離れ業を行いながら、百目は自らを奮い立たせる。これからやることは成功するかもわからず、成功しても助かるかすらわからない。確実に助かるという保証もない。
 だがやる。
 思いついた生き残りの方法はそれしかなかったから。
 身体を支える一本の腕を起点として百目は自らの身体を振り子のように揺らした。
 最初はわずかに、そして徐々に大きく。
 水路の壁に向けて思いっきり体をぶつけるようにしながら。
「ぐっ、ぁぁああああ!!!!!」
 何度も、何度も、何度も。
 そして、十分に体の勢いがついたと判断した百目は、
 
 そ・の・足・で・水・路・の・壁・を・思・い・っ・き・り・蹴・っ・た・。
 
「はっ、ぁぁあぁぁああぁぁぁあああああぁぁあぁあああぁぁぁ!!!!!!!!!!」



753以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:36:00.35cjuCqyCh0 (41/58)

蹴る。
 蹴る。蹴る。蹴る。
 蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る蹴る!!!!!
 足の力は腕の力の三倍であると言われている。
 その上で百目の脚力は腕や首などに貼っていた撥条包帯ソフトテーピングをはがし、それらをすでに足に貼ってある足に重ねるように貼ることで通常の数十倍にまで強化されている。
 足にかかる負担も数倍に跳ね上がってしまうが四の五の言っている暇はない。
 何度も何度も勢いをつけて、一心不乱に目の前のコンクリートを蹴っていく。
 撥条包帯ソフトテーピングで強化されたその足だからこそできる芸当だった。でなければ、コンクリート製の壁を全力で蹴るなどと言う所業をすればその足の方が壊れるだろう。
 そして、十数発壁を蹴っていくと爆発によってひびが入った天井と同じように、ピシピシと壁にも亀裂が入っていった。
「っっっ……!これ……、……な……っ……ら!!!」
 百目は壁を、
 
 壁・を・破・壊・す・る・つ・も・り・だ・っ・た・。
 
 そして、その破壊した壁の中に入るつもりだった。
 順を追って説明しよう。
 まず、地下下水道の構造についてだ。
 地下下水道は二つの部分に分かれている。
 水を流す水路と下水道内を歩くための通路だ。
 水路の深さは約10メートル程度。そのうちの下7メートル部分は水が流れている。埋娥の攻撃から逃れるために白井と上条がともに落ちたのはこの水が流れる部分だ。
 通路部分は幅3メートルほどで時々曲がりくねりながらも続いている。
 そして、その二つの部分はともにコンクリート製だ。
 次に百目の行動についてだ。
 まず、百目の第一の行動はこの崩落する地下下水道から正規の手段、つまりマンホールを使って脱出することだ。
 だが残念ながら一番近いマンホールまで行くには時間が足りないと判断した。
 だから第二の行動に移った。
 その第二の行動というものが水路の壁の破壊だ。
 片腕で通路の淵にぶら下がった状態のまま足で水路の壁の露出した部分を蹴り砕く。
 蹴りの力をつま先の一点に凝縮させたうえで、コンクリートの壁の内側に響くように打撃を与え削られた部分が立方体になるように壁を砕く。
 そして、その蹴り砕いた壁の中に入って崩落から逃れる。百目の計画はそんな一見無謀なモノだった。
 さて、ではこの計画の成功率はどれくらいだろうか?
(80%……っ!たぶん……いけるはず……っ!!!)
 勝率は8割と百目は見ていた。
 足が壊れるレベルで撥条包帯ソフトテーピングを使って脚力を強化すればおそらく短時間で壁を蹴り砕けること。
 崩落までの時間がまだ2分はあるであろうこと。
 白井を背負ったおかげで百目自体にかかる重さがまし、蹴りの威力が上昇したこと。
 そして、流れる水の影響か思ったよりも水路の壁が脆かったこと。
 そしてもう一つ。世界物語キャラクターストーリー理論。
 これらの要素から成功率80%と見た。
 もちろん残りの20パーセントの確率でこの計画は失敗する。しかし、それはそれだ。失敗したら百目の天命はここになかったということ。百目の物語上のポジションはその程度でしかなかったという事だ。
 だがもしも世界物語キャラクターストーリー理論なるものが本当に存在していて、千疋百目の立ち位置ポジションが白井黒子の宿敵ライバルというもので確定してしまっているのなら。
 
 
 こ・ん・な・序・盤・の・序・盤・、第・一・部・の・第・一・章・で・死・ぬ・こ・と・な・ど・あ・り・え・な・い・は・ず・だ・。
 
 
 白井黒子という絶対能力進化実験レべルシックスシフトの原因を作った御坂美琴の親友という立ち位置ポジションの宿敵ライバル立ち位置ポジションは、世界物語キャラクターストーリー理論に基づけばおそらく白井を成長させるための超重要キャラクターなのだから。
 
 故に、きっと、たぶん、助かる。
 
 助かるための事前準備伏線を怠っていなけ貼っていれば。
 


754以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:36:34.53cjuCqyCh0 (42/58)

https://syosetu.org/novel/56774/83.html
もっと鬱な展開を書きたい!

長くしてもだれるので流し気味にしました。

次からが本番です。


千疋百目③ 世界物語理論 扼ヶ淵埋娥① 総隊長という地位 領域の戦い② 化物二人、怪物一匹

 物語において伏線というものは非常に重要なモノだ。
 バトル系の物語であればその重要性は誰もが認識できるものであろう。
 序盤正体不明だった敵の正体が明かされる。主人公の父親がかつての英雄だった。ヒロインが実は世界を滅ぼす力を持っていた。
 時には後付けなどと揶揄されることもあるが、それでもやはり伏線と言うのは非常に重要なモノだ。
 何せ伏線というものはのちのち主人公たちを助けることが多い。
 突然の覚醒ではなく特殊な血筋であるからこその覚醒。
 危機に陥った時作戦が思いつくのは過去の出来事をもとにしている。
 敵の幹部に見逃されるためにはその幹部の妹と知り合っていることが重要だ。
 そう、伏線は主人公が助かるための重要なキーなのだ。
 
 だからこそ、伏線を『貼り』忘れるという事は世界物語キャラクターストーリー理論をもとにすれば愚者に等しい行いだ。
 
 そして逆にどんな無理無謀、絶体絶命な状況でも伏線を『貼って』いれば助かる可能性が非常に高いのだ。
 
(なら……助かるはずでしょう!あの時の言葉セリフは、行動ポーズは……重要な伏線になっているはずでしょう!!!)
 『私達はあなた達を守ろうとしてゐるのに』。
 こ・の・言・葉・の・意・味・を・ま・だ・百・目・は・説・明・し・て・い・な・い・は・ず・だ・。
 それに加え、白井がなぜ自らに金属矢を刺したのか。
 こ・れ・も・ま・だ・百・目・は・話・し・て・い・な・い・は・ず・だ・。
 回収されていない伏線が二つある。
 説明されていない事象が二つある。
 なら、ならば、
 
 こ・の・世・界・と・い・う・名・の・物・語・は・百・目・た・ち・の・こ・と・を・生・か・す・は・ず・だ・。
 
 はず、はず、はず。
 絶対にとは言えない。確証なんてない。
 百目は完全に世界物語キャラクターストーリー理論を理解しているわけでは無いのだから。
 だが、きっと世界物語キャラクターストーリー理論というものはあるのだ。他ならない風紀委員本部セントラルジャッジメントの頂点トップ、委員長白白白はくびゃくしろが提唱しているのだから。
 だったら、
 
 だったら助かるはずだろうが!!!
 
「はっ、ぁぁあぁぁああぁぁぁあああああぁああああぁあぁあああぁぁぁあああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!」
 
 徐々に、徐々に削られていく壁。造られていく安全地帯。初期の計画のように立方体に削ることは出来なかったが、山の中にできる洞穴のように丸く削られたそのエリアの中に入れば安全は保障されるはずだ。
 だから、
 
 だからっ、
 
 だからッッッッッ!!!!!
 
「これっ………なら、……っ!!!」
 蹴って蹴って蹴って蹴って壊した壁は今や元の形状からかけ離れた姿に変貌していた。
 雪山の中で一時的に寒さをしのぐための洞窟、そのような穴が壁面にあく。幅は人間二人が入るにはギリギリな大きさであり、その深さも許容できるギリギリレベルのものだ。コンクリートを壊したが故にいびつな形で空いたその穴は、ただこの時二人を防護する絶対の安全圏と化していた。
「ッッッ!!!」
 まず初めに背負っている白井をその中に放り投げなければならない。百目が先に入ることは白井を背負った個の体勢では不可能だ。
 背中で支えている一本の手を器用に操り、百目は白井の服の襟元を掴んだ。
 そして、片腕で通路の淵につかまったそのまま状態で同じく片腕で白井の身体全体を持ち、勢いをつけて砕いた壁の穴に向かって放り投げる。
「ガッ、……ぁ!!!」
 放った白井からわずかにうめき声のようなものが漏れるが正直かまっている暇はない。今は生きるか死ぬかの瀬戸際なのだ。
 続けざまに百目は通路の淵を掴んで体を支えていた片腕を離し、大きく体を揺さぶって自ら穴の中に飛び込む。
 着地してすぐさま体が外に出ないように開けた穴の中に深く入っていく。
 あけた穴はそれほど大きいものではない。人間が二人が入るギリギリの大きさだ。だから、詰め込まなければ外の崩落するコンクリートの欠片に当たってしまう。
 だが逆説、詰め込めば十分な守りがあるという事だ。
「……………ふぅ」
 なんとか間に合った。
 本格的な崩落が始まるまでの時間に、なんとかかんとか間に合った。
 崩落が終わるまでここにいれば安全は確約されるだろう。
「………………………………」
 百目はちらっと白井を見やった。
 仮に、と前置きして一つの想像を巡らせる。
 仮に、あの時白井のことを見捨てて予定のマンホールまで全力で走ったとしたら、私はこんな苦労をしなくても助かったのだろうか、と。


755以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:37:09.49cjuCqyCh0 (43/58)

 IFもしもの仮定の話など現在を生きる人間たちには関係がないが、それでも検証するという点では有用である。
 考えてみる。想像してみる。
 白井を見捨てて走る百目のその姿を。
 おそらく、この地下下水道の崩落は地上と地下下水道の間の地面に大量の爆弾を仕掛け、その爆弾を一気に爆発させたことによって起こったもののはずだ。
 範囲は地下からではわからないが、地上から見れば地面の下に仕掛けられた爆弾が爆発した影響が地盤沈下という形で分かりやすく出ているはずだ。
 それを加味したうえで考えてみる。
 たぶん、間に合いはするはずだ。脱出地点のマンホールまで行くことは出来るはず。そして、地上に出ることは出来るはずだ。
 だがその後は?
 地上に出た後はどうなる?
 この爆発が仮に風紀委員本部セントラルジャッジメントに仇なすものの仕業だとして、地上に出た後の百目を捕捉できないだろうか?
 崩落する前に脱出できるエリア一帯を監視しているのではないだろうか?
 だとしたら、
 白井との戦闘で体力を消費し、怪我を負い、走って疲れた百目は戦えるのか?
 いや、無理だ。
 無理に決まっている。
 戦えたとして、負けるだろう。
 無論、すべては仮定に仮定を重ねた想像でしかない。だから外れている可能性も非常に高い。
 だが、十分にその可能性も存在する。
 ならば、あの時白井をその背に背負った百目の選択は正しかった。
 正しかったのだ。
 そして、ついに本格的な崩落が始まった。
 上からとめどなく落ちてくるコンクリートに当たってしまえば、いくら百目と言えども一発で意識を失うだろう。
 通路にいたらその結末はまぬがれなかったはずだ。
「…………………………しばらくは、ここにゐますか」
 蹴って砕いて作った穴の中で百目は考える。
 世界物語キャラクターストーリー理論。
 それが存在するのであれば、
 
 その物語を書いているのはいったい誰なのだろうか?
 
 我らが風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長白白白はくびゃくしろ?
 
 この学園都市の頂点トップ、統括理事長アレイスター=クロウリー?
 
 それとも…………、
 
 それとも、
 
 百目ですら知らない誰か……なのだろうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 忘れていそうだが百目と白井いる地下下水道にはもう二人、人間が存在する。
 扼ヶ淵埋娥やくがぶちまいが。風紀委員本部セントラルジャッジメント攻撃部隊総隊長。
 上条当麻。救済者ヒーローと呼ばれる存在。
 彼ら二人は己が信念を懸けて拳を交わし戦い、そして上条が負けた。
 その後、百目と同じようにその場にとどまり軽く戦闘の隠蔽を行った埋娥は上条を連れて地上に帰ろうとした。
 そのタイミングで爆発が起こった。
「………………………………………………」
 正直な話をすれば埋娥はこの爆発に対してほとんど危機感を抱いていなかった。
 地下下水道が崩落する。
 それで?
 このままでは生き埋めになるかもしれない。
 だから?
 この程度の危機など、埋娥からしたら危機とすら呼べないほどにちゃちな出来事だ。たかだか崩落程度の現象で埋娥は死なない。
 その証拠に。
「かのなり通定予もれここれも予定通りなのか?長員委委員長?」
 埋娥は右腕を垂直に挙げた。
 目に見えぬ結界をはるかのように、その腕を上げる。
 するとどうだろうか。
 ガラガラと崩落する下水道の中で、埋娥の周囲だけは球状のバリアに守られたかのように不可侵の領域が出来上がった。
 そして当然その不可侵の領域の中には上条当麻の姿もある。
 百目が命がけで安全地帯セーフゾーンを作っているその間、埋娥はわずか一つのアクションでその身の全てと上条を守って見せた。
 これが明確な『差』だ。
 風紀委員本部セントラルジャッジメント攻撃部隊総隊長扼ヶ淵埋娥と風紀委員本部セントラルジャッジメント攻撃部隊第二班班長千疋百目せんひきひゃくめの実力の『差』。
 風紀委員本部セントラルジャッジメント攻撃部隊総隊長という地位はあらゆる外敵を打倒し、命令を確実に実行し、敗北することすら許されない、そんな立場なのだから。
 
 そして、
 
 そんな格の違う奴らを五人以上も従える白の実力もまた、当然のように異常なのだ。


756以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:38:06.77cjuCqyCh0 (44/58)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 百目がなんとか知恵を絞って生き残っていたその頃、二人の化物と一匹の怪物の戦いは激化していた。
「意思を乗せろ、竹槍大衆の願い!!!」
 十五夜はその右手に構えた竹槍を幾度も幾度も投擲していた。
「フラガラッハ+ブリューナク+天下五剣=天下に轟く雷速絶貫の回答者天剣・フラガラック・ブリューナク!!!」
 『空白の主』はいくつもの性質を上乗せした神具を無限に生成し放っていた。
 そして、
『対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメント一斉射出フルバースト!!!!!』
 この戦いの中である意味では最も有利な条件で戦っている脳幹は、その身で操る対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントをふんだんに使って二人を攻撃していた。
 この二人と一匹の戦いの構図は非常に単純でありながら、いまだに誰もが明確な手傷を負わせることが出来ず、負ってもいなかった。
 その理由はただ一つ。
 基本的に自分以外は敵、その構図が全力で攻撃することを躊躇させていたのだ。
「埒があきませんね……」
 仮に、わずかな間でも協力できるような関係がこの三者の間に構築されていたとした情勢は変わっていただろう。
 一対一対一から二対一へと。
 そうすれば、決着は一瞬とはいかないまでもついていた。
 だが出来ない。
 それは、それが出来ない。
 信用できないから。
 この各勢力のトップの代理戦争ともいえる構図で敵対勢力と協力関係を作るなどできるはずがない。
 故に、だれも本気をだせない。
「からから、全くどうするかな」
 仮に一瞬でも誘いではなく全力で猛撃するような動作を見せれば、その瞬間防御がおろそかになる。すると必然自分以外の二者の攻撃を受けることになり、防御がおろそかになった自分自身は死ぬ。
 だから迂闊に動けない。
『……………さて、どうするべきか』
 二人と一匹はそれぞれが世界最強クラスの存在達だ。
 最強の原石にして風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長補佐木葉桜十五夜このはざくらまんげつ。
始まりの領域を住みかとする規格外にして埒外の化物『空白くうはくの主あるじ』。
 学園都市統括理事長アレイスター=クロウリーの配下にして魔神をも屠る力対魔術式駆動鎧アンチアートアタッチメントを所有する木原脳幹。
 どいつもこいつも本気になれば世界を壊せる力を持つ。
 まぁ、この始まりの場所ならばいくら全力をふるっても問題ないのだが、それでも世界という絵画に与える影響は大きいのだ。
 この場所で戦うからこそ。
 だから、この流れは既定路線だったのかもしれない。
「提案ですが」
 切り出したのは十五夜だった。
「一時休戦としませんか」
 文頭に誠に遺憾ながらという言葉がつきそうなほどイライラした口調で十五夜は提案する。このままここで緊張状態を続けているのは誰にとっても得策ではないのは自明の理。ならば、一度見逃した方がいいと考えた。
「『…………………………………………………』」
 その提案に一人と一匹は沈黙する。
 それは彼らも思っていたことだ。『空白の主』も脳幹もすでに目的は果たしている。これ以上の戦闘は望むところでは無い。
 
 
 


757以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:39:24.05cjuCqyCh0 (45/58)

それで素直に帰るほど彼らは素直では無いのだ。
 
「冗談一うね」
 言葉と共に神速の槍が放たれた。
 万物貫く輝煌の剣クラウ・グングニル・ソラス。
 必中、不敗、自動追尾。様々な性質が付け加えられたその槍が。
 再び場に軽い緊張状態が現れる。
 『空白の主』が万物貫く輝煌の剣クラウ・グングニル・ソラスを投げた。つまり、『空白の主』は十五夜の提案を、休戦というその提案を却下したのだ。
 交渉は決裂した。
 
 と・い・う・わ・け・で・は・な・い・。
 
 そう、これは交渉決裂という事ではないのだ。
 『空白の主』の目を見ればわかる。敵であるからこそ理解できる。
 その瞳は『早く帰れ』といっている。
 見逃してやるからさっさと帰れと言っている。
 敵対しているという立場上、明確に見逃してやることは出来ない。そんなことをすればほかの組織や人間から共謀が疑われてしまう。
 それは避けたい。
 『空白の主』は戦闘が得意ではないのだから。
 だから、ある程度戦った後うまい具合に適当なタイミングで勝手に帰れ、と。
 そういうことだった。
 脳幹と十五夜は『空白の主』のその意をくんだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 結局しばらく戦闘を行って脳幹と十五夜は学園都市に帰った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
      
 
 
 もしも、この場に白がいればこう言うだろう。
 
 彼ら彼女らの勝負がお流れになるのは当然のことだ、と。
 
 理由?
 
 問う必要があるのだろうか?
 
 みんな知っていることだろう?
 
 最・強・級・の・キ・ャ・ラ・は・序・盤・に・本・気・を・出・さ・な・い・。
 
 なぜかって?
 
 そ・の・方・が・読・者・の・方・々・の・興・味・を・引・け・る・か・ら・だ・。
 
 
 
 
 
 


【朗報】この章でやること、後は御坂美琴と一方通行のバトルだけ。

これにて第三節は終了です。

次の第四節が第一章の最後の節となります。

気付いている人は気付いていると思いますが、この作品の最重要単語は『世界物語《キャラクターストーリー》理論』です。


758以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:40:50.86cjuCqyCh0 (46/58)

https://syosetu.org/novel/56774/84.html
正真正銘御坂美琴VS一方通行のラストバトルです。
かな~り長くなる予定です。


第一部 第一章 第四節 絶対能力進化実験中止計画~終わりに叫ぶ愚者と悲痛な叫びで心を犯す賢者~
御坂美琴と一方通行⑤ 『勝てない』

 理解できてしまうという事が不幸であるのならば。
 
 理解できないという事はどれほど幸福なのだろうか。
 
 理解できてしまうという事が幸福であるのならば。
 
 理解できないという事はどれほど不幸なのだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 身体が浮翌遊を感じた。
 そう思う間もなく壊れた身体に衝撃が奔る。
「っっっ!!!!!」
 地面に体を叩きつけられた。そう認識できたのは単純に走った衝撃と肌をなでる砂利の感覚があったからだった。
 彼は身体の中を奔る壮絶な痛みに意識を点滅させながら、自分自身のことを考える。
 何もかもがわからず、意味不明瞭で理解不能だった。
(い……てェ……)
 ほんの数時間前までは彼にとって『痛み』は無縁の代物だった。外界からの攻撃のすべてをすべて『反射』できる彼にとっては『痛み』などただ痛覚神経が脳に快楽を与えるという一機能にすぎなかったのだ。
 それが、この数時間の間になんどもなんども覆された。
 だからもう、非常に腹立たしく認めがたいことに彼は『痛み』に多少なりとも慣れてしまっていた。
 故に、身体を駆け巡る激しい痛みの中でも動くことは出来た。
 少なくとも、あまりの痛みに悲鳴を上げることぐらいの行動はできた。
 だから、その痛みを紛らわせるかのように、思わず彼は悲鳴を上げ、
 
「tvbtylenoncdi痛ooybcbybe。rgnkskaebv助ouiivpascvteivyi」
 
 ノ・イ・ズ・の・混・じ・っ・た・わ・け・の・わ・か・ら・な・い・言・語・が・世・界・に・出・力・さ・れ・た・。
 一瞬、彼は自分自身が何を話したのかわからなくなった。
 言いたかった言葉は『痛い、助けて』そういう類の言葉のはずだ。だから、口から出した言葉もそうならなければおかしい。
 間・違・っ・て・も・世・界・の・ど・の・言・語・に・も・当・て・は・ま・ら・な・い・よ・う・な・特・殊・な・言・語・で・あ・っ・て・は・な・ら・な・い・。
 彼は、自分自身がどんな言葉をしゃべったのかわからなかった。
 息を吸い、吐き、口を開き、喉を、空気をふるわせ、言葉を言う。
 人が人としてあるための話すという至極単純な行い。
 それが、できない。
 今の彼には出来ない。
 だが、
 彼が衝撃を受けたのは自分の口から理解不能な言語が出てきたからでは無かった。
 
そ・の・言・語・を・理・解・で・き・た・、そ・の・こ・と・に・彼・は・衝・撃・を・受・け・た・の・だ・。
 
 聞いたこともない、言ったこともないはずのその言語。
 それの意味が分かった。分かってしまった。
 つまり、それは彼がもう戻れないことを示していた。
 そう、
 だから、
 
 一方通行アクセラレータはもはや人間を超越した『域』に至っていたのだ。
 
 だが、
 よりにもよってそのタイミングで、自らの違和感を自覚したその段階で、
 一方通行アクセラレータに御坂の雷撃が襲いかかった。
 
 
 
 
   だ
 
                    か
 
           ら
            
                                      !
 
 
 
 バギッ!!!と
 雷撃が何か、わけのわからない力に塗りつぶされた。
 
 




759以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:42:00.38cjuCqyCh0 (47/58)

「な、………ん…………ッッッッッ!!!!!???」
 雷撃を放った御坂はそのあまりといえばあんまりな現象に心の底から驚愕した。
 今までも何度も何度も雷撃は無効化されてきた。『反射』によって何度も跳ね返されてきた。改良版音響式能力演算妨害装置キャパシティダウンバージョンベータを使わなければ一方通行アクセラレータには決して届くことのない雷撃。
 御坂は雷撃の槍が一方通行アクセラレータに当たらなかったことに驚愕したのではなかった。
 雷撃が掻き消されたことに驚愕したのだ。
「な、……にを…………………」
 弾かれたのではなく、止められたのではなく、落とされたのではなく、
 掻き消された。
 これまでの現実からは想像もできない出来事だった。
 これまでの現象からは予測もできない出来事だった。
 理屈も理論もわからずにただ結果だけがそこにあった。
「なに……っ………を、……ッッッ……し…………たの」
 疑問の声が、空間に湧き出る。乾いた声が、薄れた希望が、その圧迫されたかのような現実が、真実が、御坂に重く重くのしかかり。
 違う。
 明らかに、違う。
 今までとは、さっきまでとは、
 ちがう。
「bcyzioby殺gxnnbiv傷ewollzo」
 一拍遅れて一方通行アクセラレータが御坂の方を振り向いた。
 いまだ血みどろで、全身の血管が破裂したかのように体の内側が露出している一方通行アクセラレータはしかしそれでもなお意識を明確に保っているようであった。
 いや、それは御坂視点から見ればそう見えるだけで、実際のところはもう正気など保っていないのかもしれない。
 なぜなら、全身が爆散したような言語化不可能なレベルの大怪我を負っているくせにその瞳は殺意に満ち、その足は大地を踏みしめ、その体はしっかりと世界に根ざしているのだから。
「………………ぁ」
 御坂はその煉獄の劫火のような殺意に燃え盛る一方通行アクセラレータの瞳を見たその瞬間に悟った。
 『勝てない』、と。
 明確にわかる。
 無理だ。絶対に勝てない。今の御坂美琴にはこの存在に対抗できる手段はない。
この存在と戦うのは、一般人がパラシュートもつけず飛行中の飛行機から飛び降りるようなものだ。
 生存確率0パーセントの選択肢を前に、その選択を選ぶような愚者はいない。
 愚者はいないが、
 
 そ・れ・で・も・そ・の・選・択・を・選・ぶ・馬・鹿・は・い・る・。



760以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:42:28.63cjuCqyCh0 (48/58)

確かに、パラシュートもつけず飛行中の飛行機から飛び降りるのは自殺行為である。それも確実に死ぬ選択だ。それはどれだけ頭の悪い人間でもわかるだろう。
 ここで一つの設定を加えよう。
 飛行中の飛行機、それがミサイルに撃墜されて炎上中だったらどうだろうか。
 無論、不時着は不可能だ。そして、逃げることもできない。
 故に選択は二つ。100パーセント死ぬと分かっていても飛行機の中にとどまるか、100パーセント死ぬと分かっていても生身で飛行から飛び降りるかだ。
 さて、ここで飛行機の中にとどまるという選択をとるものは、実に一般的な人間だ。100パーセント死ぬと自覚しながらも機長他者が不時着してくれるわずかな可能性に賭ける、能動的行動をしない人間。
 では、ここで飛び降りるという選択をとる者はどうだろうか。語るまでもなくそいつは馬鹿だ。能動的に行動する行動力は持っているが、それだけで100パーセント死ぬ結果は変わらない。
 この二つを現在の御坂の状況に当てはめてみる。
 この絶望的な状況を前に御坂がとれる選択は三つ。
 恐怖に震えて動けないでいるか、一目散に逃げるか、100パーセント死ぬと分かっていて挑むか。
 恐怖で震えて動けないでいるのは飛行機の例えでは前者に当てはまる。眼前の死を前に、なんとか死が自分から離れてくれまいかとあり得ない選択を望んでしまう。その結果は語るまでもないだろう。
 逃げる、これは選択肢としてそもそも存在しない。殺意に満ちた一方通行アクセラレータを前に逃げることなど不可能すぎて笑えるくらいだ。
 挑む、この選択は飛行機の例えで言う後者に当てはまる。能動的なバカの行い。もちろん結果は自明の理だ。
 ではここで御坂がとった選択はいったいどのようなモノだろうか?
「……………………………」
 眼前の一方通行死を前に、御坂は心の底から際限なく湧き上がってくる恐怖を押さえつけ、それでもなお相対する。
 そんな選択をとった。
 分かっている。
 『勝てない』。
 この一方通行死には勝てない。
 例え、一京分の一の奇跡が一京回起こったとしても、地球の自転が逆に回り出したとしても、勝てない。
 存在の位階が違う。
 存在の格が違う。
 立っているステージが違う。
 これはそう、
 悪魔とか言われる存在だ。
 だって、わかる。
 『人間』ではないと。
 もはや『人間』ではないと。
 いったい、消えていたわずかな時間の間に何があったというのか。何が一方通行アクセラレータをここまで変質させたのか。
 こんな化物にしたのか。
 『勝てない』。
 その事実を、胸の内で反芻させ、何度も確認し、それでもなお、御坂は挑むという選択肢をとった。
 それしか取れなかった。
 逃げるなんて出来ない。それは愛しい妹達シスターズを見捨てることになるから。
 恐怖で震える暇などない。それは愛しい妹達シスターズを[ピーーー]ことにつながるから。
 挑むことは死に直結するが、それでもなお挑む価値がある。
 なぜならば、御坂はすでに分かっていた。気付いていた。
 
 総・体・と・ミ・サ・カ・1・9・0・9・0・号・が・隠・し・た・そ・の・絶・望・の・真・実・に・。
 
 ヒントはあったのだ。
 御坂美琴という個がここにいるというその時点で、答えは示されていた。
 だから、
 死ぬことに恐怖心などない。
 ある意味では開き直って、御坂は眼前の一方通行死に立ち向かうために駆け出し、
 
 
 
 い・つ・の・ま・に・か・右・腕・が・切・断・さ・れ・た・。
 
 




761以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:43:05.27cjuCqyCh0 (49/58)

「ぎ」
 その口から絶叫が零れ落ちた。
「ぎぎゃがああああああアアアアアアアアアアアアああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
 恥も外聞も投げ出し御坂は地面を無様に転がった。
 電気信号は制御され、御坂の身体は痛みを感じないはずなのに
 何をされたか全く理解できなかった。。
 事前情報はある。一方通行アクセラレータに関する事前情報は手に入れている。
 ベクトル操作能力。この世に存在するあらゆるベクトルを操るその力。
 一方通行アクセラレータの攻撃はすべてそのベクトル操作によってなされるはずだ。非力なその身体、その拳ではどんなに力をこめたとしても人体にダメージを与えることはできないだろう。
 ならば、この攻撃も何らかのベクトルを操作してのもののはずだ。
 であるならば、いったい、いったい、いったい、何を、何のベクトルを操作したというのだ。
 この遠距離攻撃はどんなベクトルを操作したモノなのだ。
(空、気………を………?)
 いや違う。
(なら、粒子を………………?) 
 それも違う。
 そんな小さなものではない。そう御坂は判断した。
 分かるのだ。
 感覚で。
 そういったものによる攻撃ではないということだ。
 この右腕が切られたその瞬間、一方通行アクセラレータは右腕を、まるで斬撃を飛ばすかのようにふるっていた。
 だが違う。空気操作では無い。鎌鼬かまいたちのような攻撃方法では無い。
 そもそも空気は動いていなかった。
 形容しがたいその攻撃を、それでもあえて説明するのであれば。
 
 御坂美琴はこう説明するだろう。
 
 まるで、
 
 
 ま・る・で・世・界・そ・の・も・の・に・拒・絶・さ・れ・た・よ・う・な・攻・撃・だ・
 
 
 と。
 
 一方通行アクセラレータがいったい何を操っているのか。
 何を使って御坂に攻撃したのか。
 それを理解することはそう簡単には出来ない。
 少なくとも現状の御坂では理解できない。
 だから、当然次の一撃を避けることもできなかった。
 世界そのものから拒絶されるような攻撃。ただ人たる御坂に、それを避ける術すべは絶無である。
 攻撃を示すような明確なアクションは存在しなかった。
 ただ、一つわかったのはその攻撃が示す結果だけ。
 
 ベギュッ!!!、と。
 何かわけのわからない力が御坂の身体全体に奔はしった。
 
「……………―――――っっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!」
 悲鳴を上げることすらできない刹那の時間。
 一秒にも満たない一瞬の時の中で、
 ただ明確に御坂は消えた。
 その存在という存在のすべてを、塵も残さず消し去られた。
 
 
 
 
 
 故にこれは二度目の敗北。
 蘇り、生き返り、
 甦り、黄泉帰った御坂は、
 ここにもう一度『死んだ』。
 



御坂美琴二度目の死亡。厳密に言えば死亡ではなく消失ですが。


762以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:44:51.83cjuCqyCh0 (50/58)

ミサカ19090号と研究者① マッドサイエンティスト 彼女① 疾走 一方通行④ わからない

 再び御坂美琴が死んだ。その事実をミサカ19090号はミサカネットワークを通じた情報網で認識した。
「やれやれ、総体め。やはり、二・回・目・の・お・姉・様・じゃ一方通行アクセラレータには勝てなかったじゃないですか」
 今、ミサカ19090号はとある研究者に会いに来ていた。
 ある意味ではこの実験の契機を作り出した人物。
 ある意味ではこの実験を主導している人物。
 狂って狂って狂って狂って狂っているが、その頭脳だけは確かに学園都市最高レベルであり、その狂気にさえ目を瞑つむれば学園都市最高の研究者であるという事実だけが残る。
 天辺の中でも突き抜けた頂点の中でも最高の研究者。
 存在だけで言えばかの秘匿され秘密にされ抹消され無視され非存在として扱われ禁忌と言われた木原一族の中の木原一族、『木原五行』と同レベルの天才研究者。
 理不尽にして理解不能のながらも、良くも悪くも学園都市の研究者の中で有名な老人。
 そんな彼に、ミサカ19090号は会いに来ていた。
 トントントントンと一定のリズムを刻みながら歩き続け、ついにミサカ19090号は彼のいる建物の入り口に辿り着く。
「さて」
 言葉を出したのはこれから会う最悪の研究者に感じてしまう遺伝子レベルの恐怖心をごまかすためか。肥大された悪感情を、言葉を出すことで意識しないように意識するためか。
 目の前にそびえたつ極普通の建物魔王城を見る。
 その建物は、外観だけで言えば本当に普通の建物だ。
 壁面の色、建物としての形、窓の構成、入り口の位置、階層構造、物資搬入口、屋上の開放具合。
 周りにある建物と何ら変わらないその外観は、確かにこの建物が他と何も変わらない事実を示していた。
 だが逆説、それはこうも言えるのではないだろうか。
 画一的に統合された外観で構成された数十の建物がある。その事実は逆を言えば、外観で目指すべき建物を判別できないという事を表すのではないだろうか。
 壁面の色、建物としての形、窓の構成、入り口の位置、階層構造、物資搬入口、屋上の開放具合。それらすべてが同じという事は特定の建物であることを示す特徴が存在しないという事。つまり、どの建物が目指すべき建物なのか事前情報がないと分からない。
「ミサカ19090号です、とミサカ19090号はインターホン越しに伝えます」
 扉の前につけられた内部に通じるインターホンのボタンを押し、ミサカ19090号は内部の人間に自らの訪問を告げた。
「………………ミサカ19090号様……ですか?申し訳ありませんが訪問の予定等はありますか?何分、先生はお忙しい方でして」
 それに対して対応したのは若い女の声だった。おそらくは彼の助手か秘書か、そういった立場の人物だろう。
「いえ、予定はないです」
 正直にミサカ19090号は言う。そもそも二度御坂美琴が負ける、その事態こそが変えられないイレギュラーなのだから。
「……でしたら、申し訳ありませんが」
 対応する声が、断りの文言を言おうとした時だった。
 そこに割り込んでくるしゃがれた声があった。
「うん、通してあげたまえ」
「……っ、先生!」
 建物の中の若い女が緊張状態に陥ったのがわかった。しゃがれた声の主を先生と呼ぶのであれば、やはり女にとってその男は重要な存在なのだろう。
「分かりました。今開けます、ミサカ19090号様」
 目の前の扉が左右に分けられて開いていく。その開け放たれた扉の先に続く通路をミサカ19090号はまっすぐと進んでいった。
 絵画も壺もいっさい装飾品も存在しない殺風景な通路。無機質で無色なその景色はこの建物の持ち主の内面を表すにはふさわしいものだった。
 何度か曲がり角をまわり、入り組んだ通路を歩き、扉を潜り抜け、階段を下り上り、
 ミサカ19090号は一つの部屋の前に辿り着いた。
 到着の合図を告げるためにコンコンと扉をたたく動作をする。
 その前に部屋の中から声がかけられた。
「開いてるから入りたまえー」
「っ!」
 監視カメラでミサカ19090号がここに来る様を見ていたのだろうか?
 それとも足音や気配といった情報を察知して扉の前に来たことに気付いたのか?
 ともかく建物の主はミサカ19090号がアクションを起こすよりも早く、アクションを起こした。
「………失礼…………します……」
 無意識に陥ってしまう緊張状態を無理やりごまかしながら、ミサカ19090号は扉を開け部屋の中に入った。
「やぁ」
 いっそ気さくに、その男は片手を上げて挨拶をする。
 キャラではない行動をとるのは少しでもミサカ19090号の警戒心を薄くしたいと思っているからか。いや違う。この男がそんな殊勝な考えを抱くわけがない。
 であるとすればその行動は素なのか。
 それともミサカ19090号では考え付かないほど深い思想があるのか。
「正直なところを言えば、君の方から来てくれるとは思っていなかったよ?君たちに干渉するのは大覇聖祭の時になる予定だったからねぇ」
 歪んだ笑みを浮かべながら、しわだらけの顔でその老人は言う。
 身に纏まとう白衣は新品のものなのだろう。その白すぎる白衣は老人の暗黒の思想とは対照的なものだ。
 一瞬でも気を抜けばミサカ19090号はすぐさまここから逃げ出してしまうだろう。悪意の感情をことさら敏感に感じてしまう彼女は、実のところ自分の心に浮かぶ恐怖と戦うことで精いっぱいだった。
 だがいつまでも恐怖と戦っているわけにはいかない。ここから先を生き抜くためには、自らの安全を確保するためには、
 目の前の狂科学者マッドサイエンティストの協力は必須なのだから。
「では、お願いします、とミサカ19090号はあなたに向かって頭を下げます」
 


763以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:45:47.95cjuCqyCh0 (51/58)

要件を言う必要はない。
 ここにミサカ19090号が来たということの意味、それは目の前の老人が一番わかっているだろうから。
「任せておきたまえよー。巷ちまたではマッドサイエンティストだとか散々な評判を受けている僕だが、神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くものSYSTEM研究において僕を上回る研究者はいないからねえ」
 自信があるのではない単なる事実として老人はのたまった。
 そして、棚に置いてある特殊なヘッドギアを掴みミサカ19090号に渡してくる。
「…………………っ」
 覚悟はできている。
 これはミサカ19090号自身が助かるために必要なこと。
 躊躇う余地はない。手段はもうそれしか残されていないのだから。
「ミサカは………………」
 躊躇は一瞬だった。
 ミサカ19090号はいくつもの配線でつながったそのヘッドギアを自らの頭にかぶせた。
 それを確認し、白衣を着た老人が機械類のスイッチを入れる。
 すると、
「あっ、ぐぎっ!っぃ!!!ぎゃ、…………ぁ」
 呻くような悲鳴を上げてミサカ19090号はどさっと床に倒れた。
 その様子を不気味な顔で観察した老人は、さらに機械類のスイッチやレバー、パソコンのプログラム等をいじりまわしながら言った。
「さぁ、実験を始めよう」
 そう言って、彼は、白衣をまとった初老の男は、
「御坂君は天上の意思レベルシックスに辿り着けるかな?」
 木原幻生は静かに嗤った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 『彼女』は走っていた。
「―――はぁ、はぁ、はぁ……」
 全身全霊の全開全力で、息も絶え絶えに、学園都市の街の中をただひたすらに走っていた。
 『その場所』に行くために。
 すべてを救うために。
 迷いのないその足取りはただひたすらに『その場所』に辿り着くためだけにまわされ、戸惑いのないその瞳にはただ唯一の目的だけが見え隠れする。
「……っ!―――、がっ!!!」
 途端、あまりにも速く駆けすぎたからだろう。地盤沈下がおき、亀裂のはしったコンクリートに足をとられ『彼女』は思わず転倒してしまう。その無様なさまは、まるで100パーセントの死へと進む『彼女』を殺させないための意思が働いているかのようだった。
「―――っ、ぅぅううう……」
 痛みに耐えて立ち上がる。
 強い光を灯した瞳を携えているのはいったい誰なのだろうか?
 『彼女』は白いソックスをはいていた。
 『彼女』は茶髪だった。
 『彼女』は常盤台の制服を着ていた。
 『彼女』は生まれたばかりの存在だった。
 五体満足でありながらも数千を超える死を経験し、心身健常でありながらも常に傷付いている。
「―――あは、あははは、あは」
 立ち上がった『彼女』は再び走り始める。『彼女』は武器など持っていない。『彼女』は防具など持っていない。『彼女』は戦闘の手助けになるものなど何一つ持っていない。『彼女』は逃走の手助けになるものなど何一つ持っていない。
 だが行く。走る。駆ける。
 迷いはない。
 『その場所』に行く理由がある。『その場所』に行かなくてはならない理由がある。
 『彼女』の目指す『その場所』。
「待って……」
 あの人はきっと来るなというだろう、と『彼女』は思っていた。
 自分のこの行いはあの人の行動とは反するものだ。それは分かっている。
 だが、仕方ない。
 本当に仕方がないのだ。
「待っていてください……」
 変わったから。
 変わってしまったから。
 何が?
 すべてが。
「お姉様」
 『彼女』は、
 妹達シスターズの一人である『彼女』は、
 そう言って御坂美琴のいる操車場まで走っていった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 


764以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:46:20.86cjuCqyCh0 (52/58)

「ncfil疑ocnbtr問dicgby」
 一方通行アクセラレータは自らの身体に疑問を感じていた。といっても傷ついてなお動く体にでは無い。そんなことを疑問に思う思考など今はもうほとんどなくなっていた。
 だから疑問に思ったのは別のこと。
 今の自分自身の行動についてだった。
 すなわち、
 
 今・俺・は・何・を・し・た・?
 
「………………………………」
 御坂を攻撃したことはわかる。それはきちんと意識している。御坂を攻撃したことは一方通行アクセラレータ自身の意思であり、その行動は誰かに操られたものでは決してない。
 そう、それはそうなのだが……。
 
 どうやって?
 
 一方通行アクセラレータには分からなかった。自分自身がどうやって御坂を攻撃したのかわからなかった。
 例えるならば数学の問題で途中式がわからずに答えだけ分かった感覚に近い。
 その事象がどういう理屈でどういう過程を経て起きたのかさっぱりわからない。攻撃をふるったのは一方通行アクセラレータ自身なのにそれの結果だけしか認識できなかった。
 自分自身が何をしたのかわからない。
 どうして御坂が消えたのかわからない。
 わからない。
 何が?
 わからない。
 なんで?
 わからない。
 何を?
 わからない。
 わからない。わからない。
 わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。
 わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。わからない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    






      



 
                      彼女がいた。
 
 
      
 
 
 
 
 
 
 
 
 



765以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:49:40.96cjuCqyCh0 (53/58)

https://syosetu.org/novel/56774/86.html
御坂美琴と一方通行① 化物二匹 裂ヶ淵瞑娥と常世涯最果① 一方通行の戦い

 『彼女』も『彼』も結局たどりついたのは『そこ』だった。
 『彼女』も『彼』も結局『その力』を手に入れてしまった。
 それは悪いことか?
 それはいけないことか?
 そうじゃない。悪いことじゃない。いけないことじゃない。間違っていることじゃない。邪道じゃない。心がねじ曲がっているわけでは無い。
 狂っていて壊れていて終わっていて死んでいて壊死して正気でなくて破滅して歪んでいたとしても、
 それでも、
 だとしても、それでも絶対に、絶対に絶対にぜったいにぜったいに間違ってなんかない。
 それだけは言える。
 確実に言える。
 だから、ここにいる。
 互いが信じるモノのため。
 正義でなくても悪でなくても。
 生きていても死んでいても。
 人間じゃなくても怪物になっても。
 化物になっても人外になっても。
 友人知人恋人家族親友同級生先輩後輩同類同僚愛人大人子供男女老若幼黒人白人混血大統領首相議員秘書統領首領頂点底辺中間理事長校長寮監甥姪幼馴染犯罪者青少年少女未成年成人聖人悪党宗教家狂信者同性愛者差別者馬鹿賢者美醜障害者健常者重篤患者担任主任黒髪白髪金髪銀髪色黒極道外国人劣化模造品。
 すべてを敵にしても誰もそばにいなくても。
 憧憬侮蔑畏怖恐怖憐憫殺意歓喜嫌悪心配軽蔑失望希望羞恥憎悪驚愕愛憎嫉妬快楽憤怒興奮安心。
 あらゆる感情を向けられても。
 目的があった。
 目標があった。
 助けたいとか、救いたいとか、独りは嫌だとか、そばにいてほしいとか。
 子供のように純粋で、それゆえに何よりも残酷な願いがあった。
 そのために『力』を欲したのが悪いことのわけがないだろう。だって、その願いは純白で、その思いは金色こんじきで、
 悪いことをしたかったわけでは無い。
 誰だって廃棄されるように死ぬ妹を助けたいと思うだろう?
 誰だって永遠に独りでいるのは嫌だと思うだろう?
 悪事をなそうとしたのではない。
 誰だって幸せになる権利はあるはずだ。誰だって幸せになるために努力していいはずだ。
 積極的に『悪』になろうとしたわけでは無い。
 二人とも、ただ手段がなかっただけだ。
 環境が悪くて、過去の自分が悪くて、手にした力が強大すぎて、周囲の大人は悪い奴ばかりで、助けなんて来なくて、自分自身でどうにかするしかなくて、味方なんていなくて、
 無自覚に誘導されていて、無意識に行動を制限されていた。
 だから、気付いたらこんな手段をとるしかなくなっていた。
 責任転嫁?
 選択したのは彼彼女かれかのじょだから責任は彼彼女自身にある?
 なるほど。確かにそうかもしれない。
 誘導されて追い込まれていたとはいえ選択したのは彼彼女自身。ならば、全責任は別の誰かではなく彼彼女にある。
 一理ある。
 だがあまりにも酷ではないか。
 確かに彼彼女は確かに力を持っていて、選択したのは彼彼女自身。だが考えてみてほしい。彼彼女はまだ子供ではないか。発展途上の、将来が楽しみだなどと言われるレベルの子供ではないか。
 それなのに全責任は彼彼女にあると言うのか?
 周りを囲って都合のいいように動かした悪党には何の責任もないと?
 
 そんなバカな話があるか!!!
 
 それこそ責任転嫁だ。責任を押し付けている。
 彼彼女に責任なんてない。負うべき責など何一つとして存在しない。無数の分かれ道が存在するはずの道を歩いていたのに、気がついたら一つ以外の道はすべて落石悪意によってふさがれていた。
 だから、歩むしかなかったのだ。その道を。
 それを本人の責任というか?その道を歩くしかなかったのに?
 あまりにもあんまりだ。
 その正論は暴論だ。
 責任はすべて周囲の人間にある。それでいいだろう?押し付けるにはあまりに彼彼女は若い。いっそ幼いといってもいいほどに。
 …………結果論として、彼彼女は落石悪意によってふさがれていない一本道を歩んだ。それは逃れようもない事実ではある。
 その先に地獄しかないと知っても歩むしかなかった。
 後戻りは許されないし、立ち止まることは許せない。
 だから進む。前に。先に。
 ブラックホールに引きずり込まれるように、その道に吸い込まれていった。
 もしもの仮定の話ではあるが、例えば彼女がたったひとりで抱え込まずに、誰かに助けを求めていればその落石悪意を壊せたかもしれない。
 例えば彼が自らの一番奥にある衝動を言葉で具現化できるだけの覚悟があれば、その落石悪意を乗り越えられたかもしれない。
 だが、できなかった。抱え込んで、独りになって、『その力』を手に入れた。
 だから『ここ』に来た。
 だから『この場所』で相対している。
 未来は誰にもわからない。その彼彼女が『その力』を手に入れるなんてだれも予測できなかった。
 奇跡的な偶然と不断の覚悟で彼彼女は誰かが作った『物語の枠ストーリーライン』の中から飛び出した。
 強く、強く、強く。ただひたすらに強く。
 無自覚だろうが何だろうが彼彼女は今この瞬間に人間を超えていた。人外になっていた。
決められた枠を飛び出した二人にどんな未来が待ち受けるかはわからない。彼彼女は例え今だけだとしても、誰の掌の上にもいないのだから。
 
 そして、
 だから、
 つまり、
 それで、
 ゆえに、
 しかし、
 けれど、
 
 




766以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:50:22.28cjuCqyCh0 (54/58)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この戦闘が最後。
 この戦いで終わり。
 人ならざる化物が二匹。
 操車場で狂った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 夜の暗闇がいっそう深みを増す深夜と呼ばれるような時間帯で、一人の少年と一人の少女が明確に敵対していた。
「天地破壊流てんちはかいりゅう拳術けんじゅつ。無音爆むおんばく」
 少女の名は裂ヶ淵瞑娥さくがぶちめいが。学園都市の『闇』の中に存在するフリーの傭兵組織の一つ彼者誰時に輝く月シャイニングムーンの団長である。
 身に纏まとう装備は瞑娥のためだけに作られた特殊装備。世界に一つしかないその装備は瞑娥が全力をふるうのにふさわしいものである。
「あぁあぁ、逃げられたぁ」
 そして相対する少年の名は常世涯最果とこよのはてさいはて。学園都市に数多く存在する風紀委員ジャッジメント支部をまとめ上げ、有事の際にはそれらをまとめて指揮する権限すら与えられている組織風紀委員本部セントラルジャッジメントに所属する封印戦力と呼ばれる存在の一人である。
 専用装備は体内保存式緊急自殺用超威力爆弾『オメガジエンド』。『オメガジエンド』の自爆による攻撃はそう簡単に逃れられるものではない。
「天地破壊流体術。廻り廻れよこの世界インフィニティモーメント」
 二人は戦っていた。
 戦っていた。
 戦って
 い・た・。
 過去形である。
 すでに、二人の戦闘は戦いのていを成していなかった。
 一方的にふるわれる暴力を前に片方が無抵抗でいるしかないというのならば、それは戦いでは無い。
 蹂躙であり虐殺であり暴虐である。
 最果と瞑娥。この二人の戦闘力は数値化したとすれば10ケタ以上の差がある。勝てるわけがないのだ。純粋な戦闘能力で言えば瞑娥は間違いなく最強の一角。対して最果の戦闘力はせいぜい最強三歩手前レベル。
 戦いなど成立するわけがないのだ。
 だから最果は瞑娥に一方的に殺されていた。
 
 否、
 
 殺され続けていた。
「天地破壊流布術。髑髏されこうべ」
 まず、奇襲によって一度殺された。おかげで最果は脳幹を逃がすはめになってしまった。
 その後、突如襲ってきた瞑娥に対応するためにとりあえず最果は『オメガジエンド』を使って戦闘行為をリセットしようとした。
 例え万全の態勢で最果に攻撃を仕掛けてきたとしても自爆という行為を止めることはそう簡単なことでは無い。なにせ、『オメガジエンド』は最果の意思一つで自爆させることが可能な究極の自殺道具なのだから。
 だが、何事にも例外がある。
 人間は『行動を起こそう』と思い立ってから実際に行動に出るまでにわずかなラグが存在する。そのラグは体内を制御する電気信号の関係で通常どう頑張っても0.16秒以下には縮まらない。
 もちろんそのラグを無理やり縮める例外達はいるが残念なことに最果はその例外では無かった。
 だから、『自爆しよう』と思ってから『オメガジエンド』を自爆させるまで0.2秒ほどのラグが発生した。
 そのわずかな時間の間にすでに瞑娥は行動を起こしていた。
「天地破壊流体術。天落しあまおとし」
 天地破壊流。
体術、拳術、銃術、布術、音術、剣術等数多くの武技が存在する流派である。
 瞑娥はその天地破壊流の技を使って、最果が行動を起こさせるまもなく殺した。
 瞑娥が最果を[ピーーー]ために使った技の名は『無音爆』。天地破壊流の拳術の一つである。走り出す際に足の一部に強烈な力を発することで速度を上げ、通常の数倍のスピードで相手との距離を詰め、そのまま拳を放つ。
 簡単に言えば、素早く近づいて素早く殴る技である。
 次に放った技は廻り廻れよこの世界インフィニティモーメント。天地破壊流体術の一つ。相手の腹を殴り一度相手を浮かした状態にして、その状態の相手の頭を上から下に蹴り、地面に向かう相手を再び殴って浮かし、さらに頭を蹴って、殴って、蹴って……。エンドレスでそれを繰り返し相手を[ピーーー]技。
 そして髑髏されこうべ。天地破壊流の布術の一つ。布で相手の頭蓋を覆い、その布を回して相手の首の骨を回し折る技である。
 それらを無抵抗のままくらってしまった最果は当然のごとく死んだ。
 だが、瞑娥は追撃の手を緩めない。
 先ほどの脳幹と最果の戦いを見て分かったことが一つあったから。
 


767以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:50:49.93cjuCqyCh0 (55/58)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この戦闘が最後。
 この戦いで終わり。
 人ならざる化物が二匹。
 操車場で狂った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 夜の暗闇がいっそう深みを増す深夜と呼ばれるような時間帯で、一人の少年と一人の少女が明確に敵対していた。
「天地破壊流てんちはかいりゅう拳術けんじゅつ。無音爆むおんばく」
 少女の名は裂ヶ淵瞑娥さくがぶちめいが。学園都市の『闇』の中に存在するフリーの傭兵組織の一つ彼者誰時に輝く月シャイニングムーンの団長である。
 身に纏まとう装備は瞑娥のためだけに作られた特殊装備。世界に一つしかないその装備は瞑娥が全力をふるうのにふさわしいものである。
「あぁあぁ、逃げられたぁ」
 そして相対する少年の名は常世涯最果とこよのはてさいはて。学園都市に数多く存在する風紀委員ジャッジメント支部をまとめ上げ、有事の際にはそれらをまとめて指揮する権限すら与えられている組織風紀委員本部セントラルジャッジメントに所属する封印戦力と呼ばれる存在の一人である。
 専用装備は体内保存式緊急自殺用超威力爆弾『オメガジエンド』。『オメガジエンド』の自爆による攻撃はそう簡単に逃れられるものではない。
「天地破壊流体術。廻り廻れよこの世界インフィニティモーメント」
 二人は戦っていた。
 戦っていた。
 戦って
 い・た・。
 過去形である。
 すでに、二人の戦闘は戦いのていを成していなかった。
 一方的にふるわれる暴力を前に片方が無抵抗でいるしかないというのならば、それは戦いでは無い。
 蹂躙であり虐殺であり暴虐である。
 最果と瞑娥。この二人の戦闘力は数値化したとすれば10ケタ以上の差がある。勝てるわけがないのだ。純粋な戦闘能力で言えば瞑娥は間違いなく最強の一角。対して最果の戦闘力はせいぜい最強三歩手前レベル。
 戦いなど成立するわけがないのだ。
 だから最果は瞑娥に一方的に殺されていた。
 
 否、
 
 殺され続けていた。
「天地破壊流布術。髑髏されこうべ」
 まず、奇襲によって一度殺された。おかげで最果は脳幹を逃がすはめになってしまった。
 その後、突如襲ってきた瞑娥に対応するためにとりあえず最果は『オメガジエンド』を使って戦闘行為をリセットしようとした。
 例え万全の態勢で最果に攻撃を仕掛けてきたとしても自爆という行為を止めることはそう簡単なことでは無い。なにせ、『オメガジエンド』は最果の意思一つで自爆させることが可能な究極の自殺道具なのだから。
 だが、何事にも例外がある。
 人間は『行動を起こそう』と思い立ってから実際に行動に出るまでにわずかなラグが存在する。そのラグは体内を制御する電気信号の関係で通常どう頑張っても0.16秒以下には縮まらない。
 もちろんそのラグを無理やり縮める例外達はいるが残念なことに最果はその例外では無かった。
 だから、『自爆しよう』と思ってから『オメガジエンド』を自爆させるまで0.2秒ほどのラグが発生した。
 そのわずかな時間の間にすでに瞑娥は行動を起こしていた。
「天地破壊流体術。天落しあまおとし」
 天地破壊流。
体術、拳術、銃術、布術、音術、剣術等数多くの武技が存在する流派である。
 瞑娥はその天地破壊流の技を使って、最果が行動を起こさせるまもなく殺した。
 瞑娥が最果を[ピーーー]ために使った技の名は『無音爆』。天地破壊流の拳術の一つである。走り出す際に足の一部に強烈な力を発することで速度を上げ、通常の数倍のスピードで相手との距離を詰め、そのまま拳を放つ。
 簡単に言えば、素早く近づいて素早く殴る技である。
 次に放った技は廻り廻れよこの世界インフィニティモーメント。天地破壊流体術の一つ。相手の腹を殴り一度相手を浮かした状態にして、その状態の相手の頭を上から下に蹴り、地面に向かう相手を再び殴って浮かし、さらに頭を蹴って、殴って、蹴って……。エンドレスでそれを繰り返し相手を[ピーーー]技。
 そして髑髏されこうべ。天地破壊流の布術の一つ。布で相手の頭蓋を覆い、その布を回して相手の
首の骨を回し折る技である。
 それらを無抵抗のままくらってしまった最果は当然のごとく死んだ。
 だが、瞑娥は追撃の手を緩めない。
 先ほどの脳幹と最果の戦いを見て分かったことが一つあったから。
 


768以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 19:52:05.06cjuCqyCh0 (56/58)

つまり、
 
 常・世・涯・最・果・は・死・な・な・い・。
 
 少なくとも、物理的手段では死なない。
 それは現実に証明されている。
 その証拠に、
「無駄無駄無駄無駄ぁ」
 視界の中でいまだに最果は生きている。笑っている。話している。
「この程度の攻撃じゃ私の能力は突破できないよぉ」
 何度も何度も殺しているのに。首を折り、心臓を破壊し、胴体を粉砕し、首を折り、五体を砕き、破壊し、壊しているのに、
 死なない。
 不死。
 殺せない存在。
「なんせ、私はきゅ」
 瞑娥に戯言を積極的に聞く趣味などない。だから、最果が何かを言おうとしているのを遮り、五度ごたび攻撃を仕掛けた。
「天地破壊流体術。天落しあまおとし」
 天地破壊流体術天落しあまおとし。足を大きく振り上げ、下に振り下ろす。ただそれだけの技である。といっても、瞑娥ほどの実力者が行えばそれだけで必殺になるのだが。
 肉が砕ける音がした。
 降り下ろした足が最果の頭蓋に突き刺さり、その頭が砕け散る。
 だが、
「無駄だってぇ」
 それでもなお、死なない。
「私を[ピーーー]ことは誰にもできない。……『神』なら別だけどね」
 暗に『お前に私は殺せない』と言い放った最果。それはただ厳然たる事実として二人の間にあった。
とはいっても瞑娥に最果を[ピーーー]ことが出来ないように、最果にも瞑娥を[ピーーー]ことは出来ない。純粋な戦闘力の差として死なないから殺せるなどといった単純なものではないのだ。
 いくら死ななくても、それだけで殺せるほど瞑娥は『弱く』ない。
 故に、最果は呟いた。
「まぁ、このまま戦ってもいいけどぉ。そろそろタイムアップかな?」
 時間切れタイムアップだ、と。
「っ、させない!」
 突如として、二人がいる道に一つの影が高速で飛来した。
「こんにちは。そして、さようなら」
 上空から飛来した人影が最果の両腕を掴んで、空にさらった。
 その影を追いかけるようにして瞑娥は両の拳けんをふるう。飛び去った二人を墜落させるために。
 右腕で斬撃を放ち、左腕で服のボタンをむしり取って飛ばした。
「天地破壊流剣術。天に舞う剣影エアスラッシュッッッ!!!」
 放たれた攻撃は空を裂くようにして最果たちの方向に向かっていった。
確信をもって放たれたその一撃。空を飛ぶ二人に向かって放たれた一撃は、まともに当たれば墜落することは確定である。だからその影は瞑娥の攻撃に対処した。
「はははははは」
「っ、くッッッ!!!」
 トンッ、と影は空を蹴って方向転換をした。
 空中反転エアライドターン。
 空を蹴って進行方向を変える技である。
 あまりにも急激な方向転換で対象を捕捉し損ねた一撃は、当然影には当たらない。
 そして、追撃を仕掛けるにはあまりにも距離が離れすぎた。
「……逃げられた」
 上空に連れ去られた最果を見ながら、瞑娥は自らの行動の失敗を知った。結局最果を[ピーーー]手段は見つからなかった。脳幹を送り届けるという目的は果たせたものの最果てには逃げられたしまった。
 とりあえず次善の策は成功したがそれもどこまで効力を発揮できるかわからない。
「…………………………」
 これ以上出来ることはもうないと瞑娥は判断した。戦闘はこれ以上行う理由がないし、次の行動は風紀委員本部セントラルジャッジメントの行動を待ってからでないとならない。
 攻勢をこちらからかけることはできないのだから。
 ひとまず戦いは終結した。
 
 
 
 8月21日夜の風紀委員本部セントラルジャッジメントと彼者誰時に輝く月シャイニングムーンの戦いは、ここで終わった。
 
 
 
 
 

物語の鉄則 重要そうな情報は何らかの原因によって序盤には読者に知らされない。




謝罪。

読み直していたら超重要な伏線の記載ミスを発見しました。大変申しわけございません。
あり得ないミスです。読者に対して非常にアンフェアでした。本当に申し訳ありません。
一番気を付けていた伏線の配置ミスをしてしまったことに全く申し開きようもありません。ごめんなさい。本当にごめんなさい。
伏線の配置ミスは御坂美琴と一方通行③ 二重超電磁砲(ダブルレールガン)【及び御坂美琴と一方通行④ 超電磁砲弾き(クロッシングレールガン)】にあります。
昨日修正しましたが、もう本当にチェックミスを後悔しています。
一応この伏線が無くてもとある事象の真相にはたどり着けると思いますが、それにしてもありえないミスです。しかもかなり矛盾のある描写を書いてしまいました。あぁ、なんで気付かなかったんだ私は……。

もう本当に平身低頭謝罪します。ごめんなさい。

愚図で愚かな作者ですが、見捨てずこれから先もこの作品を読み続けてくれるとうれしいです。

今回は私の不手際により読者に対して不公平な文章となっていしまい申し訳ありませんでした。

なお、次の更新については本来なら3日後に行うつもりでしたが、他にもミスがあるかもしれないという怖さもあり5日後にさせていただきます。3日置きの更新を楽しみにしてくださっていた人がいれば申し訳ありません。


769以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 22:02:22.46cjuCqyCh0 (57/58)

とある暗部の御坂美琴(2周目)
https://syosetu.org/novel/56774/
原作:とある魔術の禁書目録
タグ:R-15 残酷な描写 とある科学の超電磁砲 暗部 上条当麻 鬱 独自設定 中二病 闇堕ち 群像劇 執着 依存 オリジナル展開 原作キャラ死亡 御坂美琴 絶望 シリアス 狂気 オリキャラ多数 裏切り 策略
▼下部メニューに飛ぶ

 大切なモノを護るために、あなたは何処どこまで捨てられますか?

 大切な人を助けるために、あなたは己の命身体を棄すてられますか?

 自分の魂魄凡てを捧げても喪うしないたくないモノ、ありますか?

 無明の闇に堕おちていけ。罪に穢けがれし気高き魂よ、汝なんじが生に幾多の禍難かなんが在あらんことを希こいねがって。



 ※亀の歩みよりも展開が遅いです。スピーディーな展開を求める人には確実に合いません
 ※多数の視点で物語が進むため展開が非常に遅いです。
 ※この小説は本編最新刊はもとより超電磁砲最新話、マンガ一方通行最新話、超電磁砲PSP、蛇足またはとある事件の終幕 、クロスオーバー小説、偽典・超電磁砲 、アニメ超電磁砲一期二期オリジナルエピソード、エンデュミオン、頂点決戦、群奏活劇、バーチャロン、とある魔術の禁書目録SP、一番くじ限定電撃鎌池和馬10周年文庫、学芸都市SS、能力実演旅行SS、とある魔術の禁書目録PSP、画集小説、下敷き小説、コールドゲーム、アストラル・バディの設定が入り混じっています。
 ※『白衣の男』と御坂美琴⑪ 脅迫までは一話2500文字それ以降は一話5000文字になっております。
 ※あらすじがver5になりました。前のあらすじが見たい人は活動報告の方へどうぞ。
 ※題名を『とある闇の中の超能力者』から『とある暗部の御坂美琴』に変更しました。
 ※ネット小説だからこそ出来るギミックを各所に取り込んでいます。
 ※前書きとあとがきには重要な伏線を仕込んでいます。必ず表示させてください。


お気に入り、高評価頼むで~
オリキャラが魔神をゴミ扱いするのがスカッとする



770以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 22:05:47.98GUeR2tV7o (1/1)

ウザいから止めて
作者の宣伝か?


771以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/21(土) 22:06:29.90cjuCqyCh0 (58/58)


魔神が雑魚ってことはありませんのでご安心を。魔神に基礎スペックから勝てる存在は理外人外12名のみです。これは絶対に揺らがないので。
まぁ木原五行やパトリシア=バードウェイは|王の遺産《レガリア》を持っているので魔神に対抗は出来ますし、空白の主は絶対値で張り合う事は出来ますが。

白き女王は■■■■によって■■することは一応可能ですが、正直白き女王はこの|■■■《■■■■■■■■■■》では[ピーーー]ことが出来ます。なぜならば『穢れなき真実の剣持つ「白き」女王《iu・nu・fb・a・wuh・ei・kx・eu・pl・vjz》』は既に『|■■《■■■■■》』で――――――。
いえ、これは一応ネタバレになるので避けておきましょうか。
むしろ理外人外に対抗できるのは現状ならばアンナ=シュプンゲルが最有力候補ですかね。あるいはドラゴンキラー。あるいは東川守。あるいは俺。あるいは『ウミガメもどき』。あるいは『編み物のヒツジ』。
最も、本当の意味での最有力候補は『訪れた者の願いを歪んだ形で叶えてしまう街』から脱出した1人の少年と1人の少女ですが。




鎌池和馬作品最強キャラを蹂躙するメタ視点オリキャラを畏れよ



772以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 00:15:15.75ws8mCNdp0 (1/1)

何この流れ?気持ち悪いんですケド!


773以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 00:58:16.533OJgtAFD0 (1/55)

undefined


774以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 09:00:24.46+j1YBBrS0 (1/1)

外伝は割とどうでもいいから本編の最新刊早く出してほしい
土御門達の後輩になった上条さんを早く見たい


775以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 21:49:11.59TItAR8V30 (1/1)

頑迷に「普通の高校生」枠に入れられてた上条さんだが、ついに普通の高校生じゃなくなるのか
普通「以下」の高校生に・・・


776以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:06:08.60KRWK+mt40 (1/1)

>>709
原作では無理筋だしね…


777以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:20:02.853OJgtAFD0 (2/55)

https://syosetu.org/novel/56774/87.html
御坂美琴と一方通行② 進化深化神化

 先手を取ったのは女の姿をした化物だった。
「――――――――――――――――――――――――――――――――――――」
 操車場に無造作に置いてあるコンテナを女は磁力で操作して、男にぶつけていく。いや、コンテナだけでは無い。移動用のレール、地面の中にある砂鉄、周囲に存在する磁力で操れるものすべてを操って女は男に攻撃を仕掛けた。
 それに対応したのは男の姿をした血みどろの化物。
「cbywliugu操ovcopb作uhjkhbg」
 『進化』し『深化』し『神化』した男には生半可な攻撃は通用しない。世・界・を・書・き・換・え・る・力・を部分的かつ時間制限がありながらも手に入れた男は、自覚は無いながらも『頂点の領域』に手を伸ばしているのだ。
 ガタガタガラガラガタン!!!!!
 世界が変わる。
 世界が書き換わる。
 『神』が書き換えた。
「vrleerjm敵cirtnbvkhz確認」
 そして、『神』はその力をふるう。
 莫大で絶大で数値化できず現象として確認できない。
 未知にして既知。
 前人未踏にして既視感を感じる力。
 それを女にふる
 
「---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――」
 
 う前・に・さ・ら・に・上・か・ら・重・ね・ら・れ・た・力・に・塗・り・つ・ぶ・さ・れ・た・。
 
「yqbieiwixnot………………?」
 疑問を感じた。
 今の男の『力』に対抗できるのは男と同種の『力』を持っている存在だけだ。人間じゃ対抗できないし対応できない。
 出来るはずもない。
 ならば、目の前の女も男と同じ『力』を持っている。
 
 訳では無い。
 
 二人の力は同種類でありながらも同種類では無い。
 アプローチが違うのだ。
 終着点ゴールに辿り着くためのルートが違う。ルートMを通って『力』を手に入れた男とルートSを通って『力』を手に入れた女。
 こことは違う世界における有機にして神にも等しい力の片鱗を振るうモノと
 この世界から別の世界に干渉し別の世界の力を引き出しているモノ。
 違う方向から『力』に辿りついたモノ達。
 対極にして一体。
 一対では無い表裏。
 科学と魔術。
 理論と信仰。
 自力と他力。
 自覚と無自覚。
 意識と無意識。
 本能と理性。
 神と人。
 強さと強さ。
 その違いは紅色と朱色の違いを明確化しろというぐらいは難しいことだが、確かに違う。
 そして、その違いはこの戦いにおいて極微小ながらも致命的な差となった。
「bboev攻撃wjcm確ogjgu認yvibcoe。bcin即ihuhwg時bnxyvoeb対応oiyubk」
 次のアクションに移る。
 
 「「――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――」」
 
 
 
 『力』を手に入れた代償なのだろうか。男には足りないものがあった。それはつい先ほどまでの男なら、始まりの領域にいた頃の男なら持っていたはずのもので、『空白の主』を見たときの男なら考えていたもので、
 すなわち足りなかった。足りなかった。足りなかった。
 
 危機感が。
 
「vilghuieygrvghuivybu――――――――――――!!!!!!!???」
 その声は悲鳴では無い。痛いという感覚はもはや男には存在しない。『痛み』を感じるには男はあまりにも人間から離れすぎた。そんな普通の感覚を感じるにはあまりにも男は『強すぎた』。
 だからその声は悲鳴ではなく戸惑い。
 
 な・ぜ・自・分・の・方・が・傷・つ・い・て・い・る・の・か・と・い・う・戸・惑・い・だ・。
 
 『力』の質では圧倒的に男の方が上だったはずだ。そして『力』の量では男も女も一人ずつなので互角のはず。
 『力』=質×量、という式が成り立つのならばここで男が押し負けるのはおかしい。計算式が合わない。


778以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:20:35.153OJgtAFD0 (3/55)

こんな考え方がある。
 量より質。
 戦争において一騎当千、一騎当万、一騎当億の猛者が一人いる方が雑兵が一万、一億、一兆人いる方よりも勝ちやすいという考えだ。一騎当億の猛者ならば相手が何人いようが負けることはない。雑魚がいくらいても雑魚には変わらないし、0にいくつをかけても0なのは変わらないのだ。
 男の考えはまさにそれだった。量より質。質の差で圧倒して責め立てる。それが『力』を手に入れた男の考えだった。
 対して女の考えは男とは真逆だった。
 質より量。
 戦争において一騎当千、一騎当万、一騎当億の猛者が一人いるよりも雑兵が一万、一億、一兆人いる方が勝ちやすいという考えだ。一騎当億の猛者といえでもしょせんは人。疲弊しすれば腹も減る。永遠に休憩もなしに戦い続けることなどできない。
 ならば、雑兵を一兆人用意していた方が替えもきき、疲れもあまりせず、使いやすい。そんな考えに基づいた案だ。
女の考えはまさにそれだった。質より量。量の差で圧倒して責め立てる。それが『力』を手に入れた女達の考えだった。
 女は知っていた、感じていた。
 質では勝てないという事は分かっていた。『力』を完全に理解したわけでも、『力』を完全に掌握したわけでもないが、だからこそ『差』がわかる。
 絶対的な質の差を自覚できる。
「「――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――」」
 ならば質での戦いは止めよう。そのステージで勝てないのならば別のステージで戦うべきなのだ。
 量より質。質より量。
 どちらも欠点と利点の双方を抱えている。
 量より質というのは量が確保できなかったものの言う言い訳で、質より量というのは質を確保できなかったものの言う言い訳だ。
 そして女には質がない。男よりも弱い質しかない。
 ならば、
 
 足・り・な・い・質・を・量・で・補・え・ば・い・い・。
 
「「――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――」」
 その発想は男の中にはなかった。
 男は常に一人だったから。男のそばには誰も、誰一人としていなかったから。一人は孤独だ。独りは寂しい。人は、いや人では無くても、独りでは生きられないのだ。
 それは何も物質的な話だけでは無い。
 精神的な話の比率の方が多い。
 孤独は生命を[ピーーー]。独りは寂しくて退屈だ。ましてや周りに信用できる人も友人も親もいない男なら、利用しようとしてくる研究者しかいない男なら、それはもう当然の話だった。
 少なく見積もっても7年以上男は独りだった。
 その7年は男の根幹を変えるには十分すぎる年月だった。
 優しさでは生きられない。
 情けをかけては生きられない。
 信用すれば生きられない。
 友がいれば生きられない
 弱くては生きられない。
 非情にならなくては生きられない。
 利用しなくては生きられない。
 思惑を見破らなければ生きられない。
 独りでなくては生きられない。
 強くならないと、
 『強く』ないと、
 生きられない。
 ならばある意味では当然。協力という発想が浮かばないのは独りの男の本質をあらわしていたのだろう。狂った『闇』の中を独りで生き抜く、その地獄の中で摩耗した精神はとっくの昔に終わっていた。
 
 そう、
 
 男の、
 
 一方通行アクセラレータの、
 
 ×××××の心は、もうずいぶん昔に壊れていた。
 
「byvybl解ierchgi析bwyv。Gkor対tyyb応zmobk」
 一方通行アクセラレータは女になぜ負けたのかを思考する。いくつもの可能性を並列で考え、点滅する思考の中で対応策を模索する。
 『力』の質では勝っている。なのに負けたという事はもう一つの要素『量』で敗北したという事に他ならない。
 つまり、と一方通行アクセラレータは結論付ける。
 その事実を認識して、そして怒りをあらわにする。
 
 女には女のほかにも『力』を使える協力者がいる!!!
 
 女は独りではない!!!
 
「ibov不yewybc許govi!Vtvio絶対yrwbv殺害ibhny!」
 怒りをこめて、叫ぶ。
 『力』を得たが故に一方通行アクセラレータはその感情を爆発させていた。『力』を得た代償のように、まるで生贄にささげたかのように、自らの内にあるその感情を爆発させていた。
 
 す・な・わ・ち・悔・し・い・と・。
 
 あ・る・い・は・ず・る・い・と・。
 



779以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:21:03.423OJgtAFD0 (4/55)

 何が違うというのだ。
 目の前の女と一方通行アクセラレータの何が違うというのだ。
 同じではないか。
 超能力チカラの強度レベルは同じではないか。
 それなのになぜこんなにも違う。
 なぜ違うのだ。
 表で幸せに暮らしていた少女と『闇』の地獄を生き抜いた一方通行アクセラレータ。
 親しい頼れる仲間達がたくさんいる少女と孤独で独りで敵ばかりの世界で生きてきた一方通行アクセラレータ。
 誰かを助けたくて戦っている少女と幸せになりたくて戦っている一方通行アクセラレータ。
 最強の超能力者レベルファイブと超能力者レベルファイブの第三位。
 表の世界で生きているからこそ『日常』の価値がわからなかった少女と『闇』の中で抗っていたからこそ『日常』の価値がわかる一方通行アクセラレータ。
 正反対でありながら一体ではなく、
 裏表でありながらも一対では無い。
 逆でありながら同一でもある。
 そんな二人。
 そんな彼彼女。
 女と男。
 御坂美琴と一方通行アクセラレータ。
「aaaaaaAAAaAaaaaaaaaaAAAAaaaaaAaaaAAAAAAAAAAAAAAAaaaaa!!!!!」
 一方通行アクセラレータはこの状況になってやっと気づけた。
 なぜ、自分が戦ってきたのか。絶対能力進化実験レべルシックスシフトに参加したのか。絶対能力者レべルシックスを目指したのか。二万体の妹達シスターズを[ピーーー]などという怠い実験を続けてきたのか。
 やっと、その理由がわかった。
 
 つまり、
 
 一方通行アクセラレータは
 
 幸せになりたかったのだ。
 
「「―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――」」
 
 目の前に立つ御坂美琴を見る。
 ずいぶんとその姿は変わっていた。
 初めに着ていた常盤台の制服はどこへやら、いつのまにか御坂の姿は異形へと変身を遂げていた。
 瞳の色は白と黒ではなく完全な黒目へと変わっている。
 背中からはまるで羽のようなものが四本生えている。
 髪の色は茶色から白へと変化している。
 その身体からはオゾンを構成していた時とは比べものにならないほどの紫電が放たれている。
 さらに髪の中から巻き角のようなものも見えている。
 
 その姿を形容するのならば、
 
 
『雷神』
 
 
 そう呼ぶのがふさわしい。
 雷の、雷いかづちの神。
 一方通行アクセラレータとは別ベクトルでいたった『神』という座。
 至っていた。到っていたのだ。その『域』に。
 
 ぶつかり合う『力』の中で、重なり合う『世界』の中で、塗りつぶし合う『色』の中で、
 一方通行アクセラレータは、御坂美琴は、
 ただ戦う。
 人間をやめた彼彼女らのその戦いは一般人には理解できない。
 
 いや、厳密に言うのならば、
 
 一方通行アクセラレータは人間を完全にやめたわけでは無いのだが。


780以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:21:47.533OJgtAFD0 (5/55)

https://syosetu.org/novel/56774/88.html
御坂美琴と一方通行③ 戦いは未だ終わらず 千疋百目④ 救いの手 木葉桜十五夜と扼ヶ淵埋娥① 白の思惑

 交錯する『力』と『力』。
 ぶつかり合う『世界』と『世界』。
 塗り潰し合う『色』と『色』。
 ひょっとしたらそれだけで世界は簡単に終わるのかもしれない。そう思えるほどに莫大な『力』がぶつかり合っている。
 音はなく、光はなく、認識できずともただそこに確かにある『力』。
 御坂も一方通行アクセラレータもただその『力』をぶつけあっているのだ。
「hilywe世ybviqx界oiur操作bvbpo」
「「――――――――――――――――――――――――――――――――――――――」」
 質の高い力と量の多い力が互いを攻撃しあう。先ほどの交錯では勝敗は量の側、つまり御坂の側に傾いた。
 では、今回はどうだろうか?
「―――――――――――ッッッ!!!!!」
 今回の交錯では勝敗は一方通行アクセラレータの側に傾いた。
 理由としては主に二つ。
 まず一つ。一方通行アクセラレータは既に世界を操るその力が起こす事象を目撃していたという事。
 目撃したという事は理論や理屈がわからなくともその『チカラ』が起こす結果だけで分かるという事だ。一方通行アクセラレータほどの頭脳を持つ人間からすれば結果から逆算して過程を導き出すことはそう難しくない。
 そして二つ。一方通行アクセラレータの持っている超能力チカラがベクトル操作だという事。
 この世のほとんどのものはベクトルが存在する。ベクトルが存在しないモノなんてそうそう存在しない。そして、それは世界にも同じことだ。
 重・な・り・合・っ・た・位・相・に・だ・っ・て・重・な・る・と・い・う・事・象・が・存・在・す・る・以・上・ベ・ク・ト・ル・が・存・在・す・る・。
 重なるという事は上下の関係があるということ。上下の関係があるということはベクトルがあるという事。
 そしてベクトルがあるのならば一方通行アクセラレータはそれを操れる。一方通行アクセラレータの超能力はベクトル操作。その根本にあるモノも手伝って一方通行アクセラレータの操る『力』は、『力』を得てから間もなく、その『力』がどんなものなのか正確には理解していないのにもかかわらずかなりの質にあった。
 だから今回の交錯は一方通行アクセラレータが勝った。
 これで一勝一敗。文字だけを見れば戦績は互角である。
 文字だけを見れば、だが。
「hilywe世ybviqx界oiur操作bvbpo!!!」
「「――――――――――――――――――――――――――――――――――――――!!!!!」」
 ぶつかり合う『力』。その中に隠された思い。秘められた真実と偽りで塗り固められた人生。
 同じ『力』を持つ者同士の戦いの中で、同列にあるはずの存在でも、やはり勝っているのは一方通行アクセラレータだ。一度ずつ攻撃を通したが、通った攻撃の具合は一方通行アクセラレータの方がはるかに大きい。
 このまま戦っていけば順当に一方通行アクセラレータが勝つだろう。
 やはり、質を主とするものと量を主とするモノの戦いは質を持つモノに天秤が傾く。量を用意するのならば十や百ではなく万ぐらいの量を用意しないと一方通行アクセラレータには対抗できないだろう。
 二対一の現状では御坂の方が不利だ。
「「――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――」」
 このままでは負ける。そう御坂は思う。働かない思考の中でもそんな考えが浮かぶ。『敗北』という二文字が脳裏をよぎり、よぎる。
 方法を変えてこの状況を変えなければならない。『敗北』から『勝利』に結果を変えるために。
 現在の戦いは互いの『力』をぶつけ合い、互いの『色』で『世界』を染め上げる合戦だ。そしてこのままその戦い方を続ければ先に御坂の方が力尽きる。長期戦闘とは消耗戦とニアリーイコールなのだ。
 だから、短期決戦を挑むしかない。
 ザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザ
 と、
 御坂の姿がさらに変化する。
 Phase5.1からPhase5.12とでも呼べる姿にわずかだけ変化する。
 進化し深化し神化する。
 その『しんか』は果たして御坂にどんな影響を与えているのだろうか。
 いい影響か悪い影響なのか。もう戻れないところまできてしまったのか。
 わからないし、わからなくていい。
 そんなことはもうどうでもいい。
「―――――――――――――――――――――――――――――」
 構えて、かまえた。
 拳を握る。
 強く、硬く。
 掌に『力』を握ってそれをぶつける。無理やりの強引な攻撃だが、仕方がない。
 それしか方法が思いつかないのだから。
 いや、思いつけないのだから。
 ぐっと足に力を入れて走る。奔る。
 遠距離戦から近距離戦への切り替え、それで『勝つ』。勝って見せる。
 走り出す御坂。
 もしかしたら、その意志が一方通行アクセラレータにも伝わったのだろうか?
 御坂美琴が駆けだしたのと同じタイミングで一方通行アクセラレータも御坂に向かって駆けだした。
「「―――――――――――――――――――」」
 縮まる距離と接近する身体。
 
 そして二人が接触する直前に、
 
 互いの瞳の中に互いの過去を見た。
「yiviuleruhfihgsitkgofukrhkgeuingn――――――ッッッ!!!!!」
「――――――――――――――――――――――ッッッ!!!!!」
 
 それは
 
 もしかしたら、
 
 最初で最後の
 
 分かり合えるチャンスだったのかもしれない。
 




781以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:22:46.923OJgtAFD0 (6/55)

崩落開始から10分ほどが経過し、ようやく地下下水道の崩落は終わった。
「……………はぁ」
 安心からか思わず百目の身体が崩れ落ちる。危なかった。ギリギリだった。何度か死ぬかと思った。
 砕いて作った穴の中でやっと百目は安心できる時間を手に入れた。その時間はわずかかもしれないが少なくとも死の危険から離れることが出来た。それがわかっただけでもこの状況を思考する余裕が出てくる。
「……………………さて」
 どうやって脱出するかを考える。作った穴の入り口は崩落した地下下水道のコンクリートで埋まってしまっている。それをどうにか掘り起こすか、それとも別ルートを作るかしなければ脱出は不可能であろう。
 崩落の音が止んだとはいえいまだ崩落の危険性があるのは変わらない。そして白井と共に脱出しなければならない現状別ルートを作るのはかなりの危険性を感じてしまう。どちらの選択肢をとるべきかと言えば、どちらかといえば少しずつ掘り起こして脱出したほうがいいように思える。
「やりますか」
 危険なのは変わらないが酸素や食料等の問題もあり早急に脱出しなければならない。多少の危険性には目を瞑つむるべきだろう。
 本当の本当の本当に危なくなったら緊急装置ベイルアウトを使えばいい。だれにも頼らずこの崩落をしのぎ切ったのだ。切られることはないだろう。
 目の前に乱雑に置かれた瓦礫をみやる。単純に殴ったり蹴ったり動かしたりすればそれだけでこの瓦礫は崩れ落ち、穴の中に入ってくるだろう。現在ですらギリギリの均衡によって瓦礫は積み重なっているのだから。
 故に膨大な数のパズルを組み上げるかのように慎重かつ大胆に行動しなければならない。落ち着いて、積極的に動かなくてはならない。
「すぅ――――――」
 覚悟を決めて、百目は積み重なった瓦礫を取り除く作業に入
 
 ることは出来なかった。
 
 百目がアクションを起こす前に別の人間がアクションを起こしたからだ。
 
「………こ………れ………、――――――は」
 
 すべてがすべて消えていた。
 何もかもが一切合切消失していた。
 全部、全部、全部なくなってしまった。
 
 目・の・前・に・あ・っ・た・は・ず・の・瓦・礫・の・山・が・い・つ・の・間・に・か・消・失・し・た・。
 
 目をつぶったことも、目を逸らすこともしていない。瞬きすら行えないような刹那の時間の間でいつの間にか目の前が更地になっていた。
 ドクンッ!!!と百目の心臓がひどく高まる。
 緊張によって全身が無意識にこわばってしまう。
 知っている。知っている。知っている。知っている。しっている。しっている。しっている。
 百目はこの意味不明な現象をしっている。
 
 シッテイル。
 
「ここにいましたか」
 
 
 
 
 声が、き、こ、、、、、、、、?、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、えeeEEE//-eえeeEeEEEEEEEEEeeeeeeeeeeeeえええええええええええええええええええええええええええええええええええええeeeeeEEEEEEEEEEEEeeeeeeeeeeeetetettttttttetteeetてえててttttetetetettetてててtttttってえててえええええええええええええええ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ???????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「あぁ、そういえば拘束リミッターを外したままでしたね」
 
 薄れゆく意識の中でそんな声が聞こえた。



782以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:23:26.803OJgtAFD0 (7/55)

 木葉桜十五夜。
 最強原石、風紀委員本部セントラルジャッジメント最後の切り札、委員長の懐刀、意思無き人形、正義の尖兵等様々な二つ名を持つ、
 風紀委員本部セントラルジャッジメント最強にして最高の存在である。
 別格であり別位であり位階の違う『人間』。
 『神』を引きずり降ろせる『力』を保持する、存在の領域からして違う『人間』。
 普段十五夜は自らの『力』に十の拘束リミッターをかけている。その十の拘束リミッターは十五夜の力を制限するのと同時に、十五夜の存在を制限していた。
 『神』がこの世界に降りてくれば世界の容量の問題で世界がたやすく壊れてしまうように、十五夜も自らの存在に制限をかけていなければ人類や生命体に対する影響が大きすぎる。間近に接近しただけで意志の弱い人間なら自殺しかねないほどの存在感が十五夜にはあるのだ。
 それは正しすぎるからでも間違いすぎているからでも眩しすぎるからでも暗すぎるからでもない。
 単純に『力』が強すぎるのだ。
 力にあてられる、と言い換えてもいいかもしれない。殺・さ・れ・る・前・に・死・の・う・な・ん・て・考・え・が・浮・か・ぶ・ほ・ど・十・五・夜・は・強・す・ぎ・た・。
 そんな思いが人を自殺に走らせる。
 だから、百目は気絶した。
 百目だから、気絶で済んだ。
 仮にこれが百目ではなくただの一般人だったら十五夜の前には死体の山が気付かれているだろう。風紀委員本部セントラルジャッジメント序列ランキング10位、千疋百目だからこそ、その心の強さが百目を自殺させず気絶で済ませた。
 それを十五夜もきちんと認識している。
「………………まさか、白井黒子のことも守っているとは」
 穴の奥で横たわる白井のことを見て十五夜は意外そうにうなずいた。
 百目が白井を守る理由は本来なら無かった。存在しなかった。
 だってそうだろう?百目が崩落する地下下水道を脱出するためにはどう考えても白井は邪魔だ。理屈だっていろいろ考えても可能性的に考えれば百目一人で既定のルートを、又は既定では無いルートを通って地上にいった方が助かる確率は高い。
 なのに百目は白井を助けた。自らの危険性も顧かえりみずに。
 99パーセント目的を達成できなくなるであろう緊急装置ベイルアウトの使用すら検討に入れて。
 その理由は、
「世界物語キャラクターストーリー理論。宿敵ライバル……ですか。悪の組織の大幹部である私には縁のない話ですが…………まさか中心点がずれているんですか?」
 呟いて、呟いて、
 十五夜に声がかかる。
「夜五十十五夜」
 振り返る。
「なんのようでしょうか?」
 上条を背負っている無傷の埋娥が十五夜に声をかけてきた。埋娥の身体は地下下水道の崩落に巻き込まれたにもかかわらず怪我一つしていない。そして気絶している上条の身体も同じように傷の一つもなく、怪我の一つもしていなかった。
 抱えた上条を十五夜のそばに投げ捨てて、埋娥は言う。
「だ・ん・な・オ・リ・ナ・シ・の・人・の・あ・が・で・ま・こ・ど・は・れ・こ・局・結・?」
「さ・ぁ・、わ・か・り・ま・せ・ん・よ・。委・員・長・に・隠・し・事・が・多・い・の・は・い・つ・も・の・こ・と・で・し・ょ・う・。私・が・始・ま・り・の・領・域・に・侵・入・し・た・の・だ・っ・て・本・当・に・予・想・外・だ・っ・た・の・か・ど・う・か・……」
 結局のところ十五夜とて白白白のことを完全に理解しているのではないのだ。
 いや、誰も白のことを真の意味で理解などできない。
 風紀委員本部セントラルジャッジメント委員長白白白。風紀委員本部セントラルジャッジメントに所属する誰よりも弱くありながら、誰も持たない強さですべてを従える本物の怪物を理解することなど、誰にも不可能なのだから。
 なぜなら、白とその他の生物はわずかな例外を除いて、
 
 見・え・て・い・る・景・色・が・違・う・の・だ・か・ら・。
 



位相にベクトルが存在するかは明示されていませんが、重なっているという事は上下関係がありベクトルが存在する、と私は解釈しました。
いうまでもなく、独自設定です。


783以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:23:58.923OJgtAFD0 (8/55)

https://syosetu.org/novel/56774/89.html
御坂美琴と一方通行④ 幸せとシアワセ

 
 ザザ
 
 ×××××は外で遊ぶことが好きだった。
 小学生である×××××は同年代の友人たちとサッカーをして遊ぶのが大好きだった。
 そして、今日も×××××は公園でサッカーをしていた。
「いっけぇ!××君!!!」
 友人が出したどんぴしゃりなタイミングのパスを右のつま先で軽くボールをタッチすることで絶妙な弾みを起こし自らの前に落とす。前方にいるディフェンダーは三人だけ。フォワードの×××××がこの三人を抜かすことが出来れば、あとはキーパーとの一対一だ。
 ×××××のテクニックを駆使すればキーパーと一対一の状況ならまず負けない。だから、キーパーとの一対一に持ち込むためにまずは前方の三人を避けないと。
「絶対に止めろおおおおおおお!!!!!」
 子供同士の遊びにしては少々大袈裟な声を上げて敵キーパーが味方ディフェンダーを鼓舞する。だが無駄だ。スポーツの実力差というものは一長一短では縮まらない。
 まず向かってきた一人目。×××××は一人目のディフェンダーを避けるように一度ボールを右前に出した。
 ボールの勢いはかなり速い。このままの速度でボールが転がれば×××××がボールに追いつくよりも早く、一人目のディフェンダーがボールに触れるだろう。
「っっっ!!!」
 一人目のディフェンダーは全力で走って自らの前に転がってきたボールに足をのばす。このサッカーですでに×××××は2点も取っている。いくら遊びといえどもさすがに×××××の敵チームは悔しかった。
 だから、焦りが出たのだろうか。
 一人目のディフェンダーは勢いよくボールに足先を触れてしまった。幼い一人目のディフェンダーにボールを足先でトラップするような技術はなかったのに。
「あっ」
 足先に触れたボールが予想以上に弾んでしまう。そして、触れたボールはそのままの勢いで走ってきた×××××の足元に収まってしまった。
「っ」
 急いで態勢を立て直し、×××××の進路上に立ちふさがろうとする一人目のディフェンダー。その横を余裕の表情で×××××は通り過ぎる。
 
 ザザザザザザザザ
 
 残るディフェンダーは二人。
「行かせるかっ!」
「行かせないよっ!」
 一人一人で当たっては突破されると思ったのだろう。残った二人のディフェンダーはそれぞれ右前と左前から一斉に攻撃を仕掛けてきた。進行方向をふさがれた×××××はさすがに今の勢いのまま前に進むことは出来ない。
 とっさに左右を見て誰かにボールをパスできないかを考える。そして、すぐにその考えを否定した。
 ここまでボールを運んできたのはまぎれもなく×××××の技術のおかげだ。今更誰かを頼ったところで状況が好転するとは思えない。
 ならば、と×××××は一度停止した。
「「――――――っっっ!!!」」
 ×××××のその行動に好機を見出した二人のディフェンダーが一気に距離を詰めてくる。さしもの×××××も極近距離から二人がかりでボールを求められては防ぎきれるかわからない。
 だから、×××××は二人のディフェンダーと自分自身の距離が二人のディフェンダーはギリギリボールに触れられず、自分自身はボールにワンタッチだけできる絶妙なタイミングになるまで待ってから行動を起こした。
「「なっ!!!」」
 驚愕の声が被った。
 距離とタイミングがそろう絶妙な位置で×××××は一度ボールを止め、つま先をボールの下にもぐらせて一気に上にあげる。
 ボールは二人のディフェンダーの頭上を通りその後ろに転がった。
「っっっ!!!」
「くっ!」
 振り返るがもう遅い。
 追いすがるがもう間に合わない。
 自らの上を行くボールに視線を送りながらも動けない二人のディフェンダーを置いて、×××××は一気にボールの落下予測地点にかけた。
 落ちてきたボールを足元で弾ませてトラップする。
 
 さぁ、これザザザでキーザザザザザパーと一ザ対一ザザザザザだ。
 
「こいよ……っ!!!」
 自らを鼓舞する敵キーパーを前に×××××は冷静に足を運ぶ。不意を突かれたディフェンダーが戻ってくるまでそれほど時間はないだろう。すばやくボールをゴールに叩きこまなければならない。
 さっさっさっ、と前にボールをけり出しながらまたぐようにしてボールの上に足を走らせた。
 シザース。
 そう言われるフェイント技術の一つである。
「あっ」
 高速のフェイントに引っかかって体が傾いてしまった敵キーパーに、もはや×××××を止める術はない。いとも簡単に敵キーパーを避けた×××××はそのままの勢いでボールをゴールに叩きこんだ。
 味方側から歓声が上がる。
 敵側から残念そうな声が上がる。
 そう声を背に受け×××××は味方の陣地に戻った。
 仲間に近寄れらもみくちゃにされる。
「よっしゃあ!さすが××だぜ。もうこれで三点目じゃんかよ!!!……あぁ、なんだっけ?三点目って確か特別な言葉があったよな?ボウリングのストライク、みたいな?」
「ハットトリック」
「そうそれだ!ハットトリックなんて超すげぇぜ!お前らもそう思うだろ!!!」
 まったくだ、すごいすごい、さすがだぜ、かっこいい。
 誰でも思いつくような美辞麗句を心の底から言う味方チームの人間に×××××は微笑んだ。×××××からしたら全然たいしたことをしているわけでは無い。なのに褒められるなんてなんだかむずがゆい。
「よっしゃあお前ら!もう十点位取ってやろうぜぇ!」
 気合を入れる見方を前に自然と×××××も微笑む。
 
 ザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザ
 



784以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:24:38.623OJgtAFD0 (9/55)

あぁ、楽しいなぁ。
 本当に幸せだ。
 こんないつもの日常がずっと続けばいいのに。
 こんな幸福な世界がずっと変わらなければいいのに。
 これからも、
 いつまでも、
 ずっと、永久に、永遠に、
 戦いなんてしたくないんだ。
 誰も殺したくなんてないんだ。
 友人が欲しいだけなんだ。
(……?)
 戦い?殺したくない?友達が欲しい?
 何を言っているんだ?
 友達なら隣にいてサッカーをしているだろう。
 戦いとか殺し合いとかこの国で起こるわけがないだろう。
 平凡な少年の×××××はそんな非日常とは無縁なのだから。
「おーい。何してんだよ××!早く来いよ!」
 ボーとしていた××は味方から声をかけられて正気を取り戻し前線へとかけていく。胸に巣食った疑問はいつの間にか消えていた。
 だから、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 ザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザザ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 真・実・か・ら・目・を・逸・ら・し・て・一方通行アクセラレータは・幸・せ・な・世・界・を・甘・受・し・た・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ぇ様……姉様」
 自らを呼ぶ声が聞こえる。
 罪を犯した御坂を呼ぶ声が聞こえる。
「姉様……お姉様!!!」
 瞳を開ける。開けざるを得ない。
 だって、その呼び方をする人はたった一人しかいない。
 もうたった一人しかいない。
 あの子とはもう、会えない。会わない。
「もうっ、大丈夫ですの?お姉様?」
 
 瞳・を・開・け・た・先・に・立・っ・て・い・た・の・は・白・井・黒・子・だ・っ・た・。
 
 



785以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:24:42.00ExYQ4hEPo (1/2)

また荒らし来たよ


786以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:25:17.793OJgtAFD0 (10/55)

「……ぁ」
 白井黒子が、
「えっと大丈夫ですか?御坂さん」
 初春飾利が、
「急にボーとしてどうしたんですか?御坂さん」
 佐天涙子が、
 いた。
 
 
「………………………………………………」
 
 
  ■た■。
 
 
「お姉様……?」
 心配そうに白井が声をかけてくる。そこには純粋に他者を案じる意志があって、ただ心配だと不安だという思いがいたわしいほどに伝わってきた。
「ごめん黒子。ちょっとボーとしちゃって」
 先ほどまで考えていたことが何だったのかもはや御坂は思い出せなかった。重要なことのように思えて、でも思い出せないという事は重要なことでは無いように思えて、御坂はもう思い出せなかった。
「もうっ、しっかりしてくださいよー、御坂さん。これからみんなで枝先さんの所にお見舞いに行くんですから~」
「まぁまぁ佐天さん。御坂さんだって疲れてるんですから」
 歩きながらもボーとした御坂を気づかうように佐天が冗談気味に御坂を責め初春がそれをたしなめる。佐天と初春の二人からも白井と同じように純粋に他者を案じる意志があって、ただ心配だと不安だという思いが伝わってきた
 
 
  いた■。
 
 
「ごめんごめん。それで何の話だったっけ?」
「枝先さんの調子はどうなのかっていう話ですわ、お姉様」
 呆れるように白井が先ほどまでの会話の内容を伝える。そこにはいまだ心配の色があったが、さすがに白井はここで御坂を問い詰めるような人間では無い。
「あぁ、そういえばそうだったわね。それでどうなの、春上さん?」
 御坂は自らがボーとしていた事実をごまかすかのように春上に問いを投げかけた。
「うん。絆理ちゃんなら今はもう完全に落ち着いてるみたい。お医者さんも安心していいって」
「そう、……ならとりあえずは一安心ね」
 ほっとして御坂は一つうなずいた。御坂のほかにも、白井も初春も佐天も安心するようにうなずく。結局みんな心配していたのだ。なんだかんだで体晶のファーストサンプルに関わる事件が無事に収束し、枝先絆理が助かったのだとしても、やはりその無事な姿を見聞きするまで安心はできなかった。
 だがそれも枝先のもとに足しげく通っている春上が枝先の無事を保証することである程度は解消された。
「正直、ほっとしましたわ」
「うん。一応無事だとは知ってたけど、やっぱり心配だったしね」
 
 
  いたい。
 
 
「でも、やっぱり絆理ちゃんもずっと一人で病室にいると暇だから、皆が来てくれて喜ぶと思うの。あれで絆理ちゃん寂しがり屋さんだから」
「確かにそうですね。なんといっても春上さんが精神感応テレパスを使う時だけは精神感応テレパスの強度が上がるくらいの寂しがり屋さんですから」
 茶化したように初春が言う。
 
 
  いたいたいたいたいいt。
 
 
 出会ってからの時間は短いがその関係性は竹馬の友といってもいい位に親しい。あえて過去を何でもないように言うことで気にしていないし、気にしなくていいと言外に示すこともできる。
 とはいっても初春は狙ってそれをやっているわけではなのだが。
「本当にそうなの。だから皆が来れば絶対に喜ぶの」
「ふっふふーん。そのためにわざわざ常盤台の超絶高級ケーキも買ったんだしね。これで喜ばないはずはなーーーい!」
 
 
  いたいいたいたいいたいたいたたたたtttttaaaaaa。
 
 
 はりきった調子で佐天が手に持つ袋を掲げる。中に白い直方体の箱が入ったそれは常盤台の超高級ケーキ店のケーキが入った枝先へのお土産だった。
 一個数千円するかしないかという超高級品を惜しみなく買えてしまうことで、御坂や白井という常盤台生の財力が見え隠れする。
「私もこんな高級ケーキ初めて見ました。御坂さんたちはいつもこんな美味しいものを食べてるんですか?」
「いや、さすがにそんな頻繁に食べてるわけじゃないわよ」
「そうですわ、初春。そんな頻繁に食べたらただでさえ増えていく体重が大変なことに……っ!ああ恐ろしいですわ!」
 わざとらしく両腕で身体を抱えるようなしぐさをして震える白井。
「そんな大げさな……。あっ、そういえばなんですけど」
 唐突に、何か思い出したかのように、嬉し気かつ得意げにに佐天は自分の得意分野を語った。
「ケーキといえば最近ネットで見た都市伝説に……こんな話が」
 御坂達五人はそんな風に何でもないようなことを語りながら。枝先絆理のいる病院へと歩いて行った。
 はたから見てしまえば、彼女達ほど親友といっていい存在はないだろう。打算では無い協力と策謀の関わらない信頼とただ純粋な親愛を共有する彼女達の仲を裂ける人なんてきっといないのだから。
 
 
 
 
 
 
            
  いたいたいたいあうあいあたいあたいあたいいたいたいたいあうあいあたいあたいあたいあたいあたいたいあたたいあたいたいたいたいいたいいたいあたいあたいたいあたたいあたいたいたいたいいたいいたい痛い痛い痛いイタイいたいイタイイタイイタイ痛い痛い痛い遺体痛い遺体遺体遺体遺体遺体いたい痛い遺体遺体痛い痛い遺体痛い痛い痛い痛い遺体遺体遺体遺体遺体遺体遺体遺体痛い痛い痛い痛い痛いいたいたたいたいたいいたいたいたいいたい遺体遺体遺体遺体痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛いいたいたたいたいたいいたいたいたいいたい遺体イタイイタイタイイタイイタイイタイイあいたいいいいいいいいいいいいいいいいぃぃぃいイイイイイイィィッィィィッィィィィィィィィ!!!!!!!!!!
 
      
 
 
 多・少・の・違・和・感・を・抱・え・な・が・ら・も・御・坂・美・琴・は・幸・せ・な・世・界・を・享・受・し・た・。


787以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:26:26.773OJgtAFD0 (11/55)

https://syosetu.org/novel/56774/90.html
御坂美琴① 罪人はここにいた

 しばらく五人で談笑しながら道を歩いて、御坂達は絆理のいる病院に辿り着いた。その後、絆理に面会するための許可を受付で求めた御坂達は、無事に面会の許可をもらい絆理のいる病室に向かっていた。
 いくつもの扉を超えて御坂達は絆理のいる病室の前へとたどり着く。
 そして、春上が絆理の病室の扉を開けた。
「こんにちは。絆理ちゃん」
 長い間身体を動かせなかったことで衰えた手の筋力を手の中のボールを使って鍛えていた絆理が、それに気づいてうれしそうな声を上げる。
「あぁ、衿衣ちゃん。――――――どうしたの?」
 扉を開けただけで病室の中に入らない春上を見て絆理が不思議そうな声を上げる。いつもならすぐに入ってくるのに、という疑問が見え隠れした。
 それを見て『ふふふん』と機嫌よさそうに春上の顔がにやける。
「「「「こんにちは(ですの)!!!」」」」
 扉が完全に開いて御坂達四人が姿を現した。
「みんなぁ!!!」
 春上だけではなく友人である御坂達が姿を見せたことに絆理の顔もにやける。それを見て御坂達も自然に笑顔になった。
 そして、佐天が持っている袋を掲げて絆理に差し出した。
「常盤台の超絶美味しいケーキを買ってきたんで、みんなで一緒に食べましょう!」
「うん!!!」
 入院生活で食事制限をされていた絆理は本当にうれしそうにうなずいた。
 
 
 
 
 
 
 
 その後しばらくケーキを食べながら会話を楽しんでいた六人だが御坂の飲み物を買いに行こう!という提案に白井と初春と佐天の三人が引っ張り出され、病室に絆理と春上の二人が残ることになった。
「それで、結局何なんですか」
 唐突に理由もわからず外に連れ出された佐天は御坂に疑問をぶつける。まさか本当にジュースを買いに行くだけのようで外にでたわけではあるまい。それだったら何も四人で出る必要はないのだから。御坂と白井の二人、もっと言えば御坂一人でもよかったはずだ。
「まぁまぁ、まずはジュースを」
「あっ」
 佐天の疑問に説明を返そうとした御坂の声を初春が遮った。
「ん?」
 向かって左側のガラス壁の向こうを見て声を上げた初春につられるようにして、御坂達三人もガラス壁の向こうを見やる。
 そこには病を克服するために、日常生活に戻るためにリハビリをしている少年少女がいた。
 
 
 ふっ、と。
 
 
 その光景を見て、御坂の胸の内に思い浮かぶものがあった。
 
 
 
 
「あ・っ・………………」
 
 
 
 自らと瓜二つの少女が全身を破裂させてしん
 
 
 
 思い出すな、と御坂の心が叫ぶ。
 
『君のDNAマップを提供してもらえないだろうか?』
 
 思い出すな、と御坂の心が叫ぶ。
 
『やはりお姉さまは実験の関係者ではないのですね』
 
 思い出してはならない、と御坂の心が叫ぶ。
 
『お姉さまから頂いた初めてのプレゼントですから』
 
 思い出したらもう後戻りはできない。
 
『オマエ、オリジナルかァ』
 
 今なら、まだ、幸せでいられる。
 
『俺に挑もうと思う事すら許さねえほどの絶対的なチカラ。『無敵レベルシックス』が欲しーンだよ。オマエも超能力者レベルファイブなら分かンだろ?』
 
 今なら、まだ、戻れる。



788以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:27:29.803OJgtAFD0 (12/55)

『一方通行アクセラレータだ。ヨロシク』
 
 まだ、まだ、まだ、まだ、まだ、まだ。
 
『借り物の身体に借り物の心。単価にして一八万円の実験動物ですから』
 
 まだ、戻れる。
 
『結局、コイツは私に殺されるために生まれてきたんだ、ってね』
 
 内なる御坂がそんなことをささやく。
 
『帰したわ。アンタとはサシで勝負したいしね。超電磁砲レールガン』
 
 だが、
 
『計画というのが絶対能力進化レベルシックスシフト計画を指すのなら予定通り進行中です、とミサカは答えます』
 
 だけど、
 
『それがこの街の治安を脅かすなら、たとえお姉様が相手でも』
 
 
 
 
 
 
 
「い・い・え・」
 
 
 
 
 
 
 だから御坂美琴は否定する。
 
 
「もう……」
 
 
 不快すぎる。
 
 
「そんなことはもう……」
 
 
 煩わずらわしい。
 
 
「こんな幸せは……」
 
 
 邪魔だ。
 
 
「どうでもいいのよ」
 
 
 こいつらはもはや纏まとわりつく障害にすぎない。
 
 
「お姉様?」
「御坂さん?」
 
 
 だから、
 
 
 
 [ピーーー]よ、塵ゴミがっ!!!
 
 
 
 
 躊躇いなど一寸も存在しなかった。
 躊躇など刹那すら感じなかった。
 
 
 
 ただ、電流で親友邪魔者を薙ぎ払った。