1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 15:31:50.73Q7SW/6CmO (1/1)

ひぐらしのなく頃に安価コンマスレ


俺家

俺「んしょっ…と」ドスンッ

俺「ふぅ…。ようやく荷物整理も一段落ついたな」

階段「」ストッストッ

俺「爺ちゃん。俺、時間余ったしちょっと村の中散策してくるよ」

爺さん「構わんが暗くなる前に帰るんだぞ」

俺「分かってるって」スタスタ

扉「」ガラッ




雛見沢村

ひぐらし「」カナカナカナカナ

俺(俺はちょっと訳があって、祖父に引き取られる事になり)

俺(今日からこの静かな村…雛見沢村で住む事になった)

俺「しっかし、なんつーか…本当に何も無い所だな…」スタスタ

俺(俺は前までは都会に住んでいた事も有り、今は見渡せば常に視界には緑が拡がる光景に戸惑いを感じている…)

爺さん「こんばんわ」ペコリ

俺「あ…こんばんわ」ペコリ

俺(村に住む人口約2000人。ただ、ここに来るまで俺が見てきた村に住む人は全て老人…)

俺(都会に住んでた頃と違って、挨拶もする気の良さそうな人ばかりなのは流石だと思うが…)

俺(俺は明日からこの村にある分校に通う事になってるけど…まさか、分校に通う生徒が俺一人なんて事は無いよな?…)

俺(…と、若干不安を感じつつあるんだが)スタスタ

俺「ただこの村は見ての通り空気は美味いと感じる事はできるし、こう言う所に住むのも案外悪くないのかもな」

俺「お…?あれは…」


村を一人で散策していた俺の眼前には…
1まさかのゴミ山があった
21軒だけこの村に似つかわしく無い家があった
3神社の鳥居があった


多数決下3まで

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1566714710



2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 15:32:40.37AkqemF2Ho (1/1)

1


3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 15:33:06.06O3Bu//nqo (1/1)

3


4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 15:34:39.93pdqnjmG10 (1/3)

1


5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 15:43:08.26jFDtduBfo (1/1)

ひぐらしだと誰の好感度を上げるの優先した方がいいのかな


6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 15:45:02.75KyjNiWugO (1/2)

ループの権利を持ってる梨花と発症しやすい詩音とかかな


7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 16:01:30.94A+PG85re0 (1/1)

正解率1%だっけ、ネタバレで良いから回答教えて


8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 16:13:17.528vMH5NdB0 (1/1)

ゴミ山

俺「あ、あれ?なんだここ!?うわっ!ゴミの山だ…」

カラス「」カア-ッカア-ッ

俺「なんかカラスがよく鳴いてるなぁと思ったら…」

俺「綺麗な村だって思ってたけど、どうしてこんな所にゴミの山なんかあるんだ?」

俺「不法投棄…?にしては数が多過ぎるような…」

俺(うーん…。爺ちゃんなら何か知ってるのかなぁ…帰って聞いてみるかな)

俺「…?」

人影「」スッ...

俺「ん?アレは…」



コンマ下二桁
31以上竜宮レナとの出会いだった(俺、レナ発症時はキーキャラになる因果に)
30以下こんな所に人かと思ったが、見間違いで誰も居なかった…(俺、???レベル上昇)


安価下


9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 16:13:52.60hQlHivTQ0 (1/2)




10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 16:22:07.52hQlHivTQ0 (2/2)

正解率1パーって要は圭一のほうが狂ってたってことじゃなかったっけ


11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 16:41:10.73T1faIggb0 (1/1)

さて、このひぐらしでは一体誰が俺君の嫁になるか...


12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 17:05:09.63wh2eW/nv0 (1/1)

まどマギやっと終わったかと思ったら種も終わったかと思ったらひぐらしが同時に始まっていた件
まどマギで16スレもやったあのしつこさはどこ行った?


13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 17:13:10.578AAD9l47o (1/1)

真相知ってる梨花か、発症しやすいメンバー抑えとくのがいいのかね


14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 17:28:55.00L8fGSAW/o (1/1)

関わらないようにして惨劇を完全スルーするとどうなるんだっけ?


15以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2019/08/25(日) 17:36:44.01dmQi/5Ff0 (1/1)

>>14
惨劇を完全にスルーしても、最終的に緊急マニュアルが発動して村人全員皆殺しにされて終わるだけだよ
奇跡的に生き残ったとしても、最終的には始末されるのがオチだね


16以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 17:39:11.11Y2fMCa09O (1/2)

コンマ60
ゴミの山

レナ「ん?」クルッ

俺「へ?」

俺(こんな所に…俺と同じくらいの女の子?)

レナ「あ…はじめまして」ニコッ

俺「へ?あ、あぁ。は、はじめまして…」

レナ「この村の人かなぁ?かなぁ?」

俺「え?そうだけど…どうして?」

レナ「ううん。学校でも見かけた事無かったから、違うのかなって」

俺「ああ…実は今日引っ越して来たばかりで…」

レナ「そうなんだ!じゃあ明日から学校来るのかな?かな?」ペカ-

俺「うん。その予定だけど…」

俺(なんなんだこの子…?かなかなかなかな変わってるな)

レナ「じゃあ明日また会う事になりそうだね。私は竜宮レナ。レナって呼んでね」ニコッ

俺「レナ…?俺は俺だ」

レナ「俺君だね。宜しく」ニコッ

俺「宜しく」


ーーそれが、俺と竜宮レナとの出会いだった

これから先…俺は何度も何度もそこで彼女と初めて出会う事になるとは、この時は思っても居なかった…



レナ「じゃあそろそろ宝探しも終わろうかな?」スクッ

俺「宝探し?」

レナ「うん。ここはレナのお宝発掘現場なんだよ。だよ?」ニコニコ

俺「…ゴミ山じゃなくて?」

レナ「えぇ~!酷いよぅ~…。ここにはかぁいい物がいっぱい眠ってるんだよ!?」

俺「かぁいい物がこの中に…」

ゴミ山「」

レナ「うん!」

俺「…。」


1不思議ちゃんだが、何故か結構タイプの子だった
2普通に変な子だな…と思った
3…レナって変わった名前だなと疑問を感じた
4埋まってるのは本当にかぁいい物だけかな?なーんて


多数決下3まで


17以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 17:41:49.427GYbMMzdo (1/1)

3


18以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 17:41:49.52KyjNiWugO (2/2)

2


19以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 17:42:22.89hnekgJvqO (1/1)

2


20以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 17:42:39.36pdqnjmG10 (2/3)

4


21以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 17:59:20.54yhdNpSui0 (1/1)

1


22以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 18:20:11.49MwlFTATa0 (1/1)

ひぐらしキャラで1番好みなのはレナ、声と外見が特に好み


23以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 18:24:25.79DRWygN9zo (1/1)

>>15
外出てればスルーしてもらえるんじゃなかったっけ?
アニメでレナが生き残ってたような


24以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 18:27:14.08pdqnjmG10 (3/3)

暇潰しも語り部は生きてるんだっけ


25以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 18:50:10.07Y2fMCa09O (2/2)

ゴミの山

俺(……ゴミが可愛いだなんて、変な子だな)ジッ

レナ「どうして引いてるのかな?かなぁ?」ニコニコ

俺「え!?あ、い、いや別にそんな事思って無いぞ!?」ドキッ

レナ「…本当?」

俺「あ、ああ…本当本当」

俺(なんだこの子…。変人なのに意外に鋭い…)

レナ「そっかぁ。じゃあ帰ろっか」スタスタ

俺「ああ…」

俺(一緒に帰るんだ…)スタスタ



帰り道

レナ「はぅ~…でも今日は残念だったなぁ…」トボトボ…

俺「かぁいい物が見つからなくて?」スタスタ

レナ「うん…。新しいゴミ山ができたら見つかるかなぁ?かなぁ?」

俺「新しいのも運ばれて来るのか…。なぁレナ。どうしてあそこ、ゴミの山なんだ?」

レナ「ん?詳しくは知らないけど、ダムの工事をやってた場所なんだって」

俺「ダムなんて作ろうとしてたのか」

レナ「結局中止になったらしいけどね」

俺「らしいって、レナは?」

レナ「レナも去年引っ越して来たからあまり知らないの」

俺「レナも転校生だったのか」スタスタ

レナ「うん!圭一君もだよ」

俺「圭一?」

レナ「俺君より先に1ヶ月前引っ越して来た男の子だよ。だよ?」

俺「ふーん。時期が被るなんて奇遇なもんだ」

レナ「そうだね」

レナ「ここでね。いつも圭一君と待ち合わせして、もうちょっと行った先で魅ぃちゃんと待ち合わせして毎日一緒に行ってるんだよ」

俺「なんだ。思ってたより学生って居るんだな」

レナ「うん!良かったら俺君も明日から一緒に行こう」

俺「あ、ああ…」

レナ「やったぁ。じゃあ待ってるね。それじゃ私、家あっちだから…また明日」ニコニコ

俺「じゃあな」フリフリ

俺(…やっぱり色々…変な奴だよな)スタスタ



レナの好感度が1に上がった


26以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 22:00:30.06D9Jqp/590 (1/1)

やっぱ同時進行とかやるとどっちかが更新遅れるんだよなぁ…


27以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/25(日) 23:48:25.94HpYQw2+Q0 (1/1)

初めてやるこっちメインで何度も繰り返した種はサブにしたら?


28以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 00:05:16.12MwWh08EEO (1/16)

通学路

俺(うーむ…。転校生みたいな扱いってなんか緊張するなぁ…)スタスタ

俺(どんな奴等がいるんだろうか…)スタスタ

レナ「あっ、俺くーん。こっちこっち。おはよう」ニコッ

俺「ああ。おはよう…じゃなくて、あれ?レナ。早いな…俺結構早く出たつもりだったんだが…」

レナ「うん。初めての待ち合わせから俺君を待たせる訳にはいかないなぁって思っちゃって」

俺「ああ、そうなんだ…」

俺(変な子だけど、優しいのかな?…)

レナ「もう少ししたら圭一君も来ると思うから、ちょっと待ってよう」

俺「ああ」

レナ「まだかなぁ。かなぁ~?」

俺「俺達が早いだけで、その圭一って奴が時間通りに来るならまだこないだろ」

レナ「うん。そうだね」

俺「いや、そうだねって…」

レナ「でも俺君を紹介したいし、早く来て欲しいなぁ~」

俺(やっぱ呑気な奴だな…)

俺(圭一が来るまでレナに何か聞いてみるかな?)


1レナの名前って珍しいよな?
2レナはどうしてここに越してくる事になったんだ?
3…いや、特に何も知る必要無いや
4その他


多数決下3まで


29以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 00:07:52.59JnrxH8vto (1/1)

2


30以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 00:11:54.96plM6X+DYo (1/5)

2


31以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 00:15:19.81CtZgxYWS0 (1/2)

2


32以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 09:51:08.03MwWh08EEO (2/16)

通学路

俺「そう言えばレナは、どうしてここに越して来る事になったんだ?」

レナ「うーん、ちょっと家の事情でね…ここには私が小さい頃に住んでた事があったから、それで戻ろうってなって」

俺「家の事情でこんなド田舎に…あ、例えば親達にトラブルがあったとか?」

レナ「…。」

俺「なんて冗談だよ。ごめーー」

レナ「…どうしてそう言う事聞くの?」

俺「ん…?」

レナ「…。」

俺「あ、え…?れ、レナ…?」

レナ「…別にそう言う事は俺君が知る必要なんて無いよね?俺君は私のなんでも無いんだから」

俺「あ…あぁ…」

俺(あ、あれ?地雷踏んだ…?レナの雰囲気が急にガラッと…)


圭一「悪いレナ。お待たせ~…ってうおお!?お前誰だ!?」タッタダタッ

俺「あ、えっと…」クルッ

圭一「レナが男連れてるだと!?そ、そんな馬鹿な!?」

レナ「あはは。違うよ圭一君。彼は俺君。昨日こっちに引っ越して来て、今日から私達と同じ学校に通う事になる転校生だよ」

圭一「転校生~?あー、なんだ驚いたぜ。でもなんでレナが?」

レナ「昨日宝探ししてたら偶然会ってお友達になったんだよ。ねっ?」

俺「あ、ああ…。うん…」

圭一「なんか彼は未だ友達と思ってなさそうだぞ…」

レナ「ええっ!?そんな事無いよ~ね?俺君?私達もうお友達だよね?」ニコッ

俺「う、うんうん。友達、友達」

圭一「うーん…イマイチしっくり来ないが、レナの友達って事は悪い奴じゃ無さそうだな。オレは前原圭一。宜しくな!」スッ

俺(なんか一直線で結構熱い男っぽい奴だな。圭一とは仲良くなれそうだ)

俺「俺は俺だ。宜しく」ギュッ



圭一の好感度が3に上がった


33以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 14:09:46.33NNX3EuBtO (1/1)

これはモーホーENDでレナとかめっちゃBL好きそう


34以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 14:28:06.106DBarlAyO (1/1)

原作と同じで終末作戦全員生存が目標点か


35以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 15:32:07.30u72J2TuSO (1/1)

犯人は富竹!凶器は角材!!動機はフラッシュ!!!


36以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 16:21:55.76MwWh08EEO (3/16)

通学路

圭一「実はオレも先月越してきたばかりでさ。ちょうど同年代の男友達も欲しいなと思ってたんだ」スタスタ

俺「ん?学校に男は居ないのか?」スタスタ

圭一「いやぁいるっちゃいるんだが、歳下ばかりでさぁ」

俺「ああ、分校だったな。なるほど、そう言う事か」 

レナ「うふふ。良かったね、圭一君」ニコッ

圭一「ああ!何か分からない事があったら、いつでもオレに相談してくれ!」

レナ「圭一君も未だ完全には分からないんじゃないかな?かなぁ?」スタスタ

圭一「ん~まぁな。でも前に2人が案内してくれたから、ある程度は分かって来てるぞ」スタスタ

俺「……。」スタスタ

俺(レナの奴、今は元通りだな。さっきの暗い感じはいったいなんだったんだろうか…)ジッ

レナ「圭一君の時みたいに俺君も案内してあげなきゃね」スタスタ

圭一「ああ!勿論だぜ!」スタスタ

俺(…俺の勘違いか。それとも、さっきのがレナの本性ーー)スタスタ

レナ「俺君?」ヒョコッ

俺「え?わ、わぁっ!?ど、どうしたんだ!?」

圭一「はは、何レナにそんな驚いてんだよ」

レナ「そうだよ~こっちの方がびっくりしたよ」

俺「ええっと…なんだったっけ?」

圭一「ほら、そこに魅音が待ってるからさ」

俺「ん?」

魅音「おっ」


37以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 16:31:28.98MwWh08EEO (4/16)

通学路

魅音「圭ちゃん。レナ。おはよう」

レナ「おはよう魅ぃちゃん」

俺「あ…」ジッ

魅音「あるぇー?見かけない顔だね。僕?」

レナ「紹介するね。昨日こっちに引っ越して来た俺君。今日から私達と同じ学校に通うんだって」

魅音「ほー?」ジロジロ

俺「あ、えっと…」

魅音「はは、冗談だって。そんなに緊張しなくて良いから。あたしは園崎魅音」

魅音「学校で一番歳上だから、一応委員長やってるんだ」

俺「あぁ…歳上なんだ。俺です。宜しくお願いします」

魅音「敬語も無しで良いよ。あと魅音で良い。と言うか寧ろそうして欲しいかな」

俺「あ、ああ。分かった魅音…」

魅音「それで宜しい」

圭一「まぁ実際魅音は歳が上なだけで、勉強はオレから教わってるくらいだしなぁ」

魅音「ちょっ!?圭ちゃん!?それは言わない約束でしょーが!//」

圭一「どっちにしろ直ぐバレるって」

魅音「いや、そうだけど…うぅっ!放課後になったら覚えておきなさいよ~!」タッタッタッ

圭一「ははは!今日はオレはビリにはならねーよ~」タッタッタッ



俺「あれ?行っちゃった…」

レナ「ふふ。いつもの事だよ」

俺「仲良いんだな圭一と魅音は」

レナ「そうだね。学年は違うけど2人は多分一番仲良いんじゃないかな?かな?」

俺「ふーん。凄いな。圭一は」

レナ「俺君は?」

俺「俺も馴染めるように頑張るよ」

レナ「うん!頑張ってね」ニコッ

俺「…。」

俺(…やっぱり、気の所為だったのかな)



魅音の好感度が2に上がった


38以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 17:26:14.88MwWh08EEO (5/16)

雛見沢分校
教室

俺「俺です。宜しくお願いします」ペコリ

知恵「皆んなも仲良くしてあげてね」

子供達「…。」ホケ-ッ

俺(なるほど…俺、レナ、圭一、魅音以外は皆んな小学生だったのか…と言うか結構子供居たんだな…ん?)

梨花「…。」ジッ

俺(なんだあの子。やたら見てくるけど、俺の顔に何か付いてるか?ちゃんと顔は洗って来た筈だが)

圭一「勿論だぜ!同じ最近越して来た者同士仲良くやろうな!」ガタッ

知恵「ふふ。良かったわね俺君」

俺「ど、どうも…」

俺(そして圭一は相変わらず熱いな…)



授業中

俺(なるほど。先生も各学年同時に見て手が回らないから、俺達も歳が近い者同士机をくっつけて自習を行うのか)

圭一「へぇ~。俺って結構勉強できんだな」

俺「いや、そんな事は…たまたまこの範囲は既に習ってただけで…」

圭一「いやいや、実際助かるぜ。今まではレナだけじゃなく、魅音まで見てやらないといけなかったけど、お前が居てくれりゃオレの負担も減る」

俺「いや、俺も圭一に見て貰う事あると思うが…」

魅音「てか負担って何さー」

圭一「だってお前、来年受験生なのにオレ達と同じ範囲やってて心配になるレベルだしさ…」

魅音「うっ…それはそうだけど…」

俺「受験って事は、この村を出るのか?」

魅音「まぁ少しだけね。直ぐに帰って来る事になると思うけど…」

俺「え?どうして?」

レナ「魅ぃちゃんは御三家の次期当主だから…」

俺「ああ、確か爺ちゃんから御三家とか聞いたけど…えっ、マジ!?」

レナ「ちなみにあそこにいる子はもう古手家当主だよ」

俺「え?あの子が…」



梨花「沙都子。ここの問題はこうすればできるのですよ」


俺(さっき何故かやたら俺の事をジロジロ見てた子だよな…?あんな小さいのにもう当主なんだ)


39以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 17:30:36.46x1CLO1c5o (1/4)

俺君の殺され方くらいはオリジナリティ見せてくれよ


40以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 17:59:19.58JKJaauKm0 (1/1)

>>15
最後の惨劇が起こった際に村の外(オキノミヤ辺り)にいれば助かる
村にいて生き残ってしまったら始末
だったかなたぶん


41以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 18:00:43.90plM6X+DYo (2/5)

なーに祭囃し編という正解がある


42以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 18:06:12.53MwWh08EEO (6/16)

undefined


43以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 18:07:10.10MwWh08EEO (7/16)

放課後
教室

廊下「チリンチリン」

知恵「それじゃあ今日はこれまで、皆んなまた明日」

子供達「ワ-イ!!アハハハ」タッタッタッ

俺(普通に終わった。分校ってどんなもんかと緊張したけど、受けてみたらいつもと変わらなかったな)

俺(さてと、帰ったら何をーー)スクッ

魅音「集ー号ー!!」

俺「うん?」

圭一「フッ」サッ

レナ「あは」サッ

梨花「にぱー」サッ

沙都子「おーっほっほっ」サッ

俺「な、何…?」

魅音「さてと、今日は我が部に仮入部する候補者がいる」

レナ「わー」パチパチパチ

圭一「待ってましたぁ」

梨花「新入部員なのですよ~」

沙都子「圭一さんより骨のある方なら良いのですけど」

俺「……俺?」

魅音「そう、君だ!君に我が部への仮入部を許可する!」

圭一「こうなったらぶっちゃけ仮入部じゃなくて入部だけどな」

俺「ちょっと意味が分からないんだが…部活?」



44以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 18:07:37.93MwWh08EEO (8/16)

教室

魅音「オホン。えー我が部はだな。複雑化する社会に対応する為、活動毎に提案される様々な条件下、時には順応、或いは逆境から如何にしてーー」

梨花「つまり皆んなでゲームして遊ぶ部活なのです」

魅音「うぐっ…またしても、まぁいいや。本当はこの部活に参加する為には凡ゆる条件をクリアしてようやく参加できるんだけど」

魅音「もうあたし達の友達って事で、特別に免除してあげよう!」

俺「お、おう…」

圭一「てかそんなんあったっけ」

俺「まぁ皆んなで楽しくやる娯楽部みたいなもんだろ?それくらいなら俺もーー」

魅音「甘い!これだから都会育ちは甘いんだよ!」

俺「へ?」

魅音「皆んなでゴールなんて甘ったるい考えはあり得ない。狙うのは1位のみ!」

俺「いや、一位って…流石に沙都子ちゃんと梨花ちゃんにはハンデがあるんじゃ…」チラッ

沙都子「あっ!今わたくし達を馬鹿にしましたわね!?確実に貴方よりかは実力は上ですわよ!」

梨花「間違い無いのですよ~」

俺「ええ…」

圭一「2人の言ってる事はマジだぜ。オレ達より歳が下だからって侮らない方が良い」

沙都子「流石!いつもビリの圭一さんは分かってらっしゃいますわね」

圭一「うるせえ!今日こそみてろよ!」

俺(…この2人、見かけによらずそんなにやり手なのか!)


沙都子の好感度が2に上がった
梨花の好感度が2に上がった


45以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 18:37:13.85MwWh08EEO (9/16)

教室

魅音「じゃあ新入部員歓迎会って事で、今日はいつも通り簡単なジジ抜きにしよう。ジジ抜きだったら公平だしできるよね?」

俺「ああ、それなら俺にも勝機がありそうだ」

圭一「…。」ニヤッ

ロッカー「」ガサゴソ

魅音「ちなみに罰ゲームも有りだから頑張ってね~」シャカシャカ

俺「罰ゲーム?」

圭一「1位がビリの奴になんでも命令できるんだ」

俺「な、なんでもだって!?」キョロキョロ

魅音「そう、なんでも」ニヤニヤ

レナ「あんまり恥ずかしいのは、勘弁して欲しいかな…?かなぁ?//」

俺(魅音とレナに…いや…)ゴクリッ

梨花「俺は何を命令したいのでしょうか?」ニコニコ

俺(梨花ちゃんも有りっちゃ有り…そして…)

圭一「い、いや、おまっ!?俺を見るなよ!?///」

俺(……。沙都子ちゃんはーー)

沙都子「まぁ新入部員が1位になるなんてあり得ませんから、考えている願いは叶いませんわ」

俺「へ?だってこんなん運ゲーじゃん?」

圭一「…ふふ。だと思うだろう?」

俺「…え?」


46以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 18:44:01.72MwWh08EEO (10/16)

教室

魅音「じゃっ、1枚カードを抜くよ~」スッ

裏側のカード「」

圭一&レナ&沙都子&梨花「…。」ジッ

俺「な、なんで皆んなそんな裏側のカードを見つめて…まさか…」

圭一「そのまさかだ」

沙都子「そのトランプの折り目や切れ方とかでわたくし達には全てのカードが分かるのですわ」

俺「え?」

沙都子「会則第2条。勝つ為には凡ゆる努力をする事ですわ」

圭一「オレも最初はこれで嵌められたけど、今ならある程度のカードは分かる」

レナ「いくつかのカードは特徴だから直ぐに俺君も覚えられるよー」

俺「…なるほどな。公平とか言って油断させといて、密かに経験者有利のルールで挑んで来るとは」

魅音「あれ?怖くなっちゃった?」ニヤニヤ

俺「いや、何でも有りのルールって事だな!受けて立つ!」サッ

圭一「おおっ!男らしいぜ!頑張れよ!」

沙都子「頑張るのは男性方お2人ですけどね」

俺(うーん…1位取ったら誰に何を命令するか…)


コンマ下二桁
99特殊能力持ち俺、余裕で1位だった(梨花の好感度がMAXに)
81以上勘だけでゴリ押した結果何故かビリは免れ、いつも通り圭一がビリに(部活メンバーの好感度が2上昇。梨花のみ4に上昇。俺、勘が良くなるようになる。ルート分岐への選択肢追加)
51~80ビリにはなったが、カンニングをして一矢は報いた(冷静さはある俺、部活メンバーの好感度が1上昇。圭一、魅音のみ2上昇)
50以下普通に皆んなとは実力が違い過ぎてビリに(部活メンバーの好感度が1上昇。俺、???+1)


安価下


47以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 18:44:42.61plM6X+DYo (3/5)

99


48以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 18:45:07.29x1CLO1c5o (2/4)

賭場でのイカサマがバレて都会から逃げてきた俺君


49以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 21:08:53.45MwWh08EEO (11/16)

undefined


50以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 21:09:20.11MwWh08EEO (12/16)

コンマ61
教室

俺「ぐぬぬぬぬ…。全然1位取れない…」ポカ-ンッ

レナ 「もう俺君がビリ確定だね…」

沙都子「おーほっほっ。だから言ったでございましょう?わたくし達に勝つなんて100万年早いと」

梨花「かわいそ、かわいそなのですよ~」

圭一「何とかオレも魅音にババを引かせてやろうかと頑張ってたんだが、すまねえ。相変わらずオレもお前が居なきゃビリだった…」

魅音「あっはっはっ。まぁルールはルールだからね。もうビリは俺で1位はあたしに決まったけど、ラスト行くよ~」シャカシャカ

俺「くっ…それでも最後の最後まで諦めんぞ!せめてなんとか一矢報いてやる!」

圭一「おっ、良いじゃねえか!その調子だぜ俺!」

魅音「まっ、頑張ってね~」シャッシャッシャッ

俺(…とは言ったものの、俺の手札にあるカードはほぼ全員に中身がバレてる)

俺(俺が誰よりも早く上がる為には、ババを引かずにほぼ毎回カードを揃えなきゃならないが…)

俺(俺は皆んなのようにカードの特徴なんてロクに覚えていない…)

俺(このままでは絶対的不利だが、落ち着いて考えろ俺。勝つ為には何でもアリのルール)

カード「」パサッ

俺(俺もレナから引く時のカードの種類が分かれば…)チラッ

俺(必ず何処かに何かヒントになるものがあるはずだ…)チラッ

俺(あ……)

レナ「じゃあ1枚選んでね」スッ

俺「あ、ああ…」スッ




51以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 21:10:42.83MwWh08EEO (13/16)

教室
数分後

沙都子「そ、そんな馬鹿な…ですわ…」スッ

俺「悪いな。カードが無くなったから1位で上がりだ」パサッ

魅音「えー嘘~!?最後にどうしちゃった訳?」

俺「俺、眼は良いんだよな」

魅音「眼?」

俺「あそこのガラスから角度を変えて見れば、レナの手札が全て薄っすら見えてたんだ」

魅音「ええぇ!?」

沙都子「か、カンニングですわ!?」

俺「後はレナが圭一から俺のペアになるカードを引いてくれるかが問題だったが、運良くストレートでレナが引いてくれてたからな」

俺「ちなみにババは圭一の表情的に圭一が持ったままだったんだろう」ドヤアッ

圭一「なっ...!?凄いじゃねえか俺!」

梨花「覚醒したのですよ」

レナ「有言実行できたね。おめでとう」

魅音「まぁ新入部員としてはこれくらいはやってくれなくちゃ面白く無いしねぇ~」

俺「見直したか?」ドヤアッ

魅音「まぁ罰ゲームを受けるのは変わらないんだけど」ニヤニヤ

俺「あっ…」

俺(そうだった…何やらされるんだ…)



圭一の好感度が5に上がった
レナの好感度が2に上がった
魅音の好感度が4に上がった
沙都子の好感度が3に上がった
梨花の好感度が3に上がった


52以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 21:19:26.16MwWh08EEO (14/16)

雛見沢学校前

レナ「それじゃまたね皆んな」

圭一「おう。またな~」

魅音「気を付けてね~」

レナ「はぅ~!」タッタッタッ

俺「レナはあんなに急いで何処に向かったんだ?」顔中落書き

魅音「宝探しだよ」

俺「あぁ、昨日みたいにゴミの山で…部活が終わって未だそんな事する元気があるとは…」

圭一「しっかしあいつも毎日毎日飽きねえなぁ」

圭一「俺も今日はこのまま帰るのか?」

俺「え?」

圭一「だったらオレ達と一緒に帰ろうぜ?」

魅音「うん。何か分からない事とかあったら教えたげるよ」

俺(うーん…)


1圭一&魅音と一緒にそのまま帰る
2俺もレナを手伝いにゴミの山に行ってみる
3あえて探検も兼ねて逆方向から帰る


多数決下5まで


53以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 21:20:08.73plM6X+DYo (4/5)

1


54以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 21:20:22.29sbRkO9Upo (1/1)

1


55以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 21:22:06.47H9jx1kWSo (1/1)

1


56以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 23:20:30.84MwWh08EEO (15/16)

帰り道

俺「ここだけの話さ。レナの奴って変わってないか…?」スタスタ

圭一「そりゃ皆んなが思ってるよ」スタスタ

俺「あ、やっぱり」

魅音「趣味も変わってるけど、一度可愛いモードに入っちゃうと周りが見えなくなっちゃうからね」スタスタ

圭一「だから年頃なのに、あんな場所に居ても周りの目が気にならないんだな」

俺「……。」

俺(…今朝一瞬見たちょっと怖いレナだったら、周りが見えなくなる可能性なんて無さそうだが…)

俺(全ては演技で、あそこに行くのはレナにとって何か利用があるとか…?)

圭一「ん?どうした?また何か思いついたのか?」

俺「あ、いや…何でもない」

俺(フッ…気の所為だな)

魅音「昨日越して来たんだよね?今のところ何か分からない事とかある?」

俺「今のところ…?うーん…」

俺(今気になるのはこれくらいか…)


1何故こんなに綺麗な村なのにゴミ山なんてあるのか
2梨花ちゃんが気になる…
3魅音と圭一って付き合ってるの?


多数決下3まで


57以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 23:21:33.15x1CLO1c5o (3/4)




58以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 23:22:10.69EWZiBDyao (1/1)

1


59以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 23:25:04.920LBFTV8gO (1/2)

2


60以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 23:41:04.23MwWh08EEO (16/16)

帰り道

俺「梨花ちゃんが気になる…」

魅音「えぇっ!?」ビクッ

圭一「…お、おいおい。犯罪は勘弁だぜ?」

魅音「い、いやまぁ!未だそうと決まった訳じゃないし?」

俺「…。」

魅音「梨花ちゃんがどんな風に気になるのか、おじさん教えて欲しいなーなんて…」

俺「…。」


1何故か分からないけど、放っておけないと言うかなんと言うか…説明しにくいがなんとなく気になった
2…あの子。ひょっとして俺の事好きなのかも?
3一人の女の子として気になる…結婚したい!
4その他


多数決下5まで


61以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 23:41:53.97CtZgxYWS0 (2/2)

1


62以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 23:42:51.10y0+HcoFi0 (1/1)

1


63以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 23:47:33.05x1CLO1c5o (4/4)




64以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 23:48:28.800LBFTV8gO (2/2)

3


65以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/26(月) 23:49:29.85plM6X+DYo (5/5)

1


66以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 00:07:23.93Q2cZhVpsO (1/1)

帰り道

俺「何故か分からないけど、放っておけないと言うかなんと言うか…」

魅音「う~ん?好きとかそう言うんじゃなくて?」

俺「んな訳無いだろ!犯罪じゃないか!」

魅音「い、いや、冗談だって。ははは」

魅音(てかこっちの方が驚いたんだけど)

圭一「具体的にはどんな風に気になったんだ?」

俺「説明しにくいが、俺の身体が自然と惹かれるような…そんな感覚?」

魅音「うーん、よくわかんないなぁ…」

圭一「おっ、閃いたぞ!二人は生まれ変わり前は実は夫婦だったとかじゃないか!?ははは」スタスタ

魅音「ははは、何それ。だとしたら世間狭過ぎでしょ」スタスタ

俺「まぁあり得ないけど、面白い話ではあるな」スタスタ



コンマ下二桁
91以上俺、本当に羽入の旦那の生まれ変わりだった(死亡時、記憶完全引き継ぎ可能)
81~90俺、本当に桜花の旦那の生まれ変わりだった(死亡時、ふとしたキッカケで記憶回復可能に)
51~80俺、実は古手家の血を少しだけ引いていた(違う世界へ行った時、過去に起こした過ちのみ思い出せる確率上昇)
50以下本当になんとなく気になっただけだった


安価下


67以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 00:08:59.115r8U5SJJO (1/2)

いけ


68以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 00:09:04.07X80+7kRTo (1/2)




69以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 00:09:06.80hzv7ScIDO (1/1)

あい


70以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 00:09:31.80wT8uuhjUo (1/5)

古手陸ならず


71以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 00:10:15.055r8U5SJJO (2/2)

すまん


72以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 00:10:19.19X80+7kRTo (2/2)

この俺不良品じゃん


73以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 00:17:20.89Fyl8+/gb0 (1/4)

ゾロ目意味がないんだっけ?


74以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 01:15:13.96DG87cjLaO (1/8)

コンマ11(ボナにより梨花好感度4に上昇)
帰り道

魅音「それじゃあまた明日ね。圭ちゃん。俺」フリフリ

圭一「おう。またな~」フリフリ

俺「ばいばーい」フリフリ

圭一「で、どうだったよ?」スタスタ

俺「うん?」スタスタ

圭一「転校してきて初日の感想だよ」

俺「ああ、最初は緊張したけどやって行けそうだよ」

圭一「そうか。そりゃ良かった」

俺「部活の皆んなも個性豊かだけど、皆んな良い奴だしな」

圭一「だよなぁ。オレも彼奴らの事は仲間だと思ってるよ」

俺「仲間…」

圭一「あ、勿論これからは俺も大切だぞ?」

俺「スマン…。俺、そっちの気は…」

圭一「お、おいおいおい!だからオレもそっちの気は無えよ!?」

俺「あはは。冗談だって」

圭一「…実際男子はオレ達しか居ねえから、他の奴に変な勘違いされないように気をつけてくれよ?」

俺「ああ、それは分かってるよ」

圭一「ったく…」

俺(まぁ実際なんだかんだで、今の所一番親しいのは圭一だけどな)

圭一「それじゃあオレ、こっちだから」

俺(…朝のレナがおかしかった事、圭一に聞いてみるか?)


1レナの様子が朝一瞬おかしく見えた事を圭一に相談してみる
2黙っておく

多数決下3まで


75以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 01:18:13.99wT8uuhjUo (2/5)

1は鬼隠し編に突入しちゃうかな?

2で


76以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 01:47:44.96lJ2nMfh30 (1/3)

2


77以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 01:49:17.19Fyl8+/gb0 (2/4)

2


78以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 02:05:54.61DG87cjLaO (2/8)

帰り道

俺(…いや、圭一を巻き込んでまで相談する事じゃない)

俺(朝のレナの事は俺1人で抱えておこう…)

圭一「ん?どうしたんだよ」

俺「いや、何でもない。それじゃまた明日な」

圭一「おう!じゃな」スタスタ  

俺「…。」

俺「はぁ…。なんか緊張してか今日は疲れたし帰るか」スタスタ


カナカナカナカナ...


俺(と言うか夕方は随分蝉の鳴き声が五月蝿いんだな…)

ペタッ...

俺「…うん?」クルッ

シ-ンッ

俺(蝉の鳴き声の他に違う音も一瞬聞こえたような気がしたが…気の所為だな)スタスタ


俺の???レベルが上昇した


79以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 10:08:29.85yAO60lLNo (1/1)

レナがゴミ山にいるのって何か理由があったんだっけ?


80以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 10:21:44.83ciVs+wFIO (1/1)

罪滅ぼしだと自分の居場所を探してる確保してるみたいな感じだった気がする


81以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 11:26:13.681mhCgYqy0 (1/1)

ひぐらし知ってるとどうすればいいかはなんとなくわかるけど何がどうできるかそれがどうなるかわからんからまずはやってみないとなぁ


82以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 11:41:54.813oDblFW3O (1/2)

>>79
人が埋まってる


83以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 12:25:13.60i99AV/E7O (1/1)

理由になってなくない?埋まってる人を探してるの?


84以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 12:28:38.703mArnAlV0 (1/5)

罪滅し編ではレナがとある物を隠してるからでそれ以外の編では単純にかぁいいもの探しってだけの理由だった筈


85以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 14:20:12.84VKDLLYjYO (1/1)

パパが美人局に引っかかって家に居づらいから、ゴミ山の秘密基地に入り浸ってるんだっけか


86以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 15:48:44.69DG87cjLaO (3/8)

帰り道

俺(もうすぐ家に着くな)スタスタ

俺「ん?」

富竹「…。」カシャッカシャッ

俺(なんだあの人?あんな所で田圃なんか撮って…)

富竹「…。」カシャッカシャッ

俺(カメラに如何にもアウトドアっぽい服装に、ガタイの良い身体…)

俺(…見た目的にこの村の人じゃ無さそうだが…もしかして変質者?)

俺(うわ…家の近くに変質者なんて住んでたら嫌だな…)

富竹「…うーん」

俺(…どうしよう)


1話かけてみる
2無視して通り過ぎる


多数決下3まで


87以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 15:49:23.4313KScACFO (1/1)

1


88以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 15:50:53.07wT8uuhjUo (3/5)

1


89以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 15:54:16.79goaW01adO (1/1)

1


90以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 16:29:35.863oDblFW3O (2/2)

富竹、俺、圭一の男3人がこんな田舎で出会い何も起きないはずもなく富竹と肉欲に溺れていくのか


91以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 17:15:44.91DG87cjLaO (4/8)

雛見沢
帰り道

俺「あの…すみません」

富竹「わっ!びっくりしたぁ!」クルッ

俺「いや、びっくりしたのはこっちの方なんだけどな…」

俺「…と言うか、こんな所で何やってるんですか?」

富竹「ん?あぁ、ちょっと野鳥の撮影をね」スッ 

カメラ「」

俺「野鳥の撮影?」

富竹「うん。僕は富竹。フリーのカメラマンさ」

俺「あぁ、カメラマンの人だったんですか…」

富竹「そうだよ。この雛見沢には偶に来るんだ」

俺(ならこの雛見沢には居なさそうでも問題無いか)

富竹「君は雛見沢の人かい?」

俺「え?えぇ、まぁ昨日越して来たばかりですけど…」

富竹「そうか。昨日引っ越して来たんだ。それじゃあ良い時期に引っ越して来たじゃないか」

俺「うん?良い時期に…ですか?」

富竹「ああ。もう直この村には年1回のお祭りがあるんだよ」

俺「へー。そんな祭りがもう直あるんだ」

富竹「ただ…」

俺「はい?」

富竹「…今年は何も起こらないと良いよね」

俺「え?何がです?」

富竹「毎年祭りの日になると、村の誰かが死に、誰かが行方不明になる事件が起きるんだ…」

俺「……。」

俺「……はい?」

富竹「この村の人達はオヤシロ様の祟りだって言ってるけど、実際の所どうなんだろうね…」

俺(いやいやいや、初耳だぞ俺…!?そんな事、爺ちゃんもレナも魅音も誰も…)

富竹「いや、驚かせてすまなかったね。それじゃあ僕は行くから。それじゃあね。えっと…」

俺「お、俺です…」

富竹「俺君か。それじゃっ!」スタスタ

俺「はぁ…」

俺「…。」

俺(祭りの日になると村の誰かが死に、誰かが行方不明に…)

俺「オヤシロ様の祟り…か」



富竹の好感度が2に上がった


92以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 17:25:27.05DG87cjLaO (5/8)

俺部屋

俺(おやしろ様の祟り…爺ちゃんは只の迷信だって言ってたけど…)

俺(気になるな…。村の誰かがって事は…次の被害者は俺の知り合いの誰か、部活のメンバーの可能性もある…)

俺(…そして、俺自身が祟りの犠牲になる可能性も)

俺「いやいや、只の迷信だな。考え過ぎだ」フルフル

俺「…。」

雨「」ポツッポツッ...ザアアァァ...

俺「雨だ…。流石に今日は外出れないな」

俺「今日は家で大人しくしておこう…」

俺(そして明日になったら、誰か知ってそうな奴にオヤシロ様の祟りについて聞いてみるかな…)

俺「…。」ゴロンッ


93以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 17:33:12.82DG87cjLaO (6/8)

雛見沢

俺「おはようレナ。相変わらず早いな」スタスタ

レナ「おはよう俺君」

俺「圭一は?」

レナ「そろそろ来ると思うよ」

俺「そっか。昨日はあれから何かかぁいいお宝は見つかったのか?」

レナ「ううん。昨日は雨降ってきちゃったから…」

俺「ああ、通り雨降ってたけど大丈夫だったか?」

俺「傘持って無かったろ?あそこ雨宿りできそうな場所なんて無いし、雨に打たれて風邪とか引いたんじゃ…」

レナ「あ、ううん。大丈夫だよ。昨日はもうお家に戻ってた所だからあまり濡れなかったし」

俺「そっか。なら良いんだけど」

レナ「心配してくれてありがとう俺君」ニコッ

俺「あ、いや…」

俺(さっき雨降って来て中止にしたって言わなかったか?なのに今は先に帰っていたって…?)

俺(…どう言う事だ?)

レナ「圭一君まだかなぁ~」

俺「…。」


1レナにオヤシロ様の祟りについて何か知ってるか聞いてみる
2レナは何か怖いのでやめておこう…


多数決下3まで


94以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 17:38:13.44y1GDqoXjo (1/1)




95以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 17:38:29.065/OEoCgqo (1/1)

2


96以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 17:38:33.786IeMuhq2o (1/1)

1


97以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 17:49:42.30J045oR9Z0 (1/1)

2


98以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 17:50:22.83qc87WOv+0 (1/1)

2
地雷踏むと絶対に余計なことになる


99以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 17:57:44.193mArnAlV0 (2/5)

ひぐらしに関しては地雷に突っ込んでいってかないと意味がないぞ? まどマギ以上のループ前提なんだから


100以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 18:00:03.92Fyl8+/gb0 (3/4)

タイミングだろう。突っ込む時と場合による


101以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 18:06:31.513mArnAlV0 (3/5)

それはわかってるよ。 肝心なところでビビっちゃダメだって言いたいだけ


102以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 18:26:09.63wT8uuhjUo (4/5)

何とも関わらないと盥回し編だっけ
正直ループ上等だから気長にね


103以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 18:29:47.15lJ2nMfh30 (2/3)

現状俺くんは記憶を持ち越せないから梨花ちゃんと仲良くならないと


104以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 18:37:17.103mArnAlV0 (4/5)

梨花ちゃまに「コイツ使える」って思わせなきゃリセマラでたまに出るレアキャラくらいにしか扱われなくなりそうだしな


105以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 18:40:28.54DG87cjLaO (7/8)

雛見沢
通学路

俺「なあレナ。オヤシロ様の祟りって、何か知ってるか?」

レナ「…。」ピクッ

俺(…ヘラヘラしてたレナの顔付きが冷たい物に突然変わった。これは、何か知ってるな?)

俺「実は昨日さ、綿流しの祭りの日にオヤシロ様の祟りって呼ばれてる怪死事件が起きるって知ったんだが…」

俺「それって、只の村の迷信だよな?事件には犯人が居て、毎年祭りの日に偶然ーー」

「オヤシロ様は、いるよ?」

俺「………え?いや、う、嘘…だろ…?」

レナ「人間の犯人なんていない…。全てはオヤシロ様が決める事だもの」

俺「いやいや…。そんな、オヤシロ様って…レナは迷信を信じてるのか?」

レナ「信じるとか信じないじゃない。オヤシロ様はいるの」

俺「…。」

俺(…俺は、気楽に聞いたつもりだったんだが…もしかするとレナのとんでもない地雷を踏み抜いたのかもしれない)

レナ「俺君は会った事無い?オヤシロ様?」

俺「ある訳無いだろ…」

レナ「レナはね。あるよ?」

俺「…え?」

レナ「ずっと許して貰いながら、付いてくるの。ひたひた…ひたひた…って。学校へも、お家にも、枕元にも」

俺「…。」ゴクリッ

レナ「だからね。レナは【転校】して雛見沢に帰って来たの」

俺「な、なんだよ…転校って…?お前、何言って…」

レナ「俺君も感じた事無いかな?オヤシロ様の存在」

俺「お、俺は…何もーー」

レナ「あははははははははは!」

俺「…!」ビクッ

俺(レナは突然豹変したかのように、笑っていた…笑い続けていた…)


俺の???レベルが更に上がった



106以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 18:48:05.87CEPsszVYo (1/1)

ループして記憶を持ち越せる梨花ちゃんと仲良くするのは重要だな。ループしても好感度が継続しそうだから最初の週で仲良くならないと後から苦労するかも


107以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 18:54:38.75+27i2ZC4O (1/2)

もしかしたら周回の時にコンマ次第では圭一がいないとかもあるんだろうか


108以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 18:57:38.75+27i2ZC4O (2/2)

もしかしたら周回の時にコンマ次第では圭一がいないとかもあるんだろうか


109以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 18:59:04.99DG87cjLaO (8/8)

通学路

圭一「2人ともお待たせ~」

レナ「もう~遅いよ圭一君」

圭一「いやぁ。悪い悪い」

俺「…。」

圭一「ん?どうしたんだ俺?」

俺「あ、いや…何でも無い…」

圭一「うん?」

レナ「大丈夫だよね?俺君?」

俺「あ、ああ…」

圭一「??」

レナ「ほら。魅ぃちゃんも待ってるだろうし急ごう」

圭一「ああ、そうだな」

俺(レナは、圭一が来た頃にはもう元に戻っていた…)

俺(俺が見たさっきのレナはいったい何なのか…)

俺(それに、転校って……)



レナ『もし俺君の所にもオヤシロ様が現れたら、レナに相談してね』

レナ『オヤシロ様の存在を知ってるレナだけが、理解できるから』

レナ『俺君の事は悟史君の時みたいに絶対に転校なんてさせないから』

レナ『あはははははははははは!』



俺「…。」スタスタ

圭一「それでお袋からレナに伝言。漬け物美味しかったってー」スタスタ

レナ「ううん。どういたしまして」ニコッ

魅音「おはよう。3人とも」

圭一「おう」

レナ「おはよう魅いちゃん」

俺「よう…」

俺(圭一も魅音も全て知ってるのかな…。オヤシロ様の祟りの事も…レナの豹変の事も…転校の事も…悟史って奴の事も…)

俺(それとも、皆んなして知らないフリして俺を騙してるのか?…)スタスタ



110以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 19:04:22.57VFo8VLGOO (1/1)

レベル3ってところか


111以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 19:05:07.16lJ2nMfh30 (3/3)

???は疑心暗鬼のレベルかな、このままじゃ圭一みたいにバット振り回しそう


112以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 19:24:46.10Fyl8+/gb0 (4/4)

梨花ちゃんと関わって知るべきだと思うな


113以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 19:26:09.74X80+7kRT0 (1/1)

この状況でループしても終わらんから死んだらリセットしろよ


114以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 19:29:22.35VA+zk8lTo (1/1)

もうL3か


115以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 19:32:43.663mArnAlV0 (5/5)

>>113
なんで終わらんと決めつけてんの?まだ1周目でどうなるかわかんないのにもう終わらんと決めつける理由をハッキリと教えてくれる?
それとも俺君は特別な存在にならないと気が済まない人なの?



116以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 20:01:28.42PrDJJz2co (1/1)

ひぐらしは主人公だから一番活躍出来るとも限らないんだよな
圭一だって最後辺りはそこまで目立ってなかったし


117以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 21:44:33.03Yr8AWJzAO (1/1)

雛見沢分校

俺(俺の不安を他所に学校へ行けば、いつもと何も変わらない)

俺(ここだけは昨日と同じだった)

圭一「あー。ここの問題はだな」

魅音「いつもいつも悪いね~圭ちゃん」

レナ「ねえ俺君?レナもよく分からない所があって、ここの問題はどうやるのかな?かな?」

俺「え?あ、ああ…ここは…」チラッ

レナ「うん?どうしたのかな?かな?」ニコニコ

俺「…。」

俺(レナは何とも思って無いのか?朝の事は何も…)

俺「…いや、何でも無い。ここはだなーー」

レナ「うん!」ニコニコ



放課後

魅音「さーて、では本日も部活始めるよ~!」

圭一「やるぜ~!」

梨花「おー!なのです」

沙都子「今日こそは俺さんは勝てると良いですわね」

俺(今の俺にとって、この部活の時間だけは唯一心の底から楽しい時間だな)

レナ「ごめん皆んな。レナちょっと今日家の用事があって早く帰らなくちゃいけないんだ」

俺「え?」

魅音「ありゃあ。じゃあ今日はレナ抜きでやるか」

沙都子「レナさんが先に帰るなんて珍しいですわね」

レナ「本当にごめんね。それじゃ皆んなまた明日」スタスタ

圭一「げっ、レナが帰っちまったか…。お前は残るよな?でないとオレがビリの可能性が高くなっちまう」

俺「え?」


1勿論今日も部活に参加する
2俺も今日は用事があると言って抜け出す

多数決下3まで


118以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 21:46:45.29wT8uuhjUo (5/5)

レナへの疑惑解消した方がいいんかな
2


119以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 21:54:16.8421owgQkZO (1/1)

1
今仲間と離れたら俺君が発症する


120以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 21:55:23.6680JLNDYlO (1/1)

1


121以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/27(火) 22:01:46.60rs66IkLN0 (1/1)

しかし、いったいどのルートへ向かっているんだろ。今のところ見当がつかない。


122以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 00:08:05.77bL0Txq43O (1/3)

放課後
教室

俺「勿論今日も参加するよ」

圭一「そうこなくちゃな!」

俺「で、今日は何するんだ?昨日みたいな新入部員不利なルールは勘弁だぜ」

魅音「ふっふっふっ、そう言うと思って今日は新しい遊び道具を持って来たんだよね~」スタスタ

ロッカー「」ガサガサ

圭一「新しい遊び道具?」

梨花「楽しみなのです」

沙都子「新しい遊び道具でも、わたくしは負けませんわ」

俺「で?その新しい遊び道具って?」

魅音「じゃじゃーん!」

俺「うん?」

圭一「これは…」

沙都子「銃…でしょうか?」

梨花「お祭りの時の出店にある奴なのですよ~」

魅音「梨花ちゃん正解!今日は射的で勝負を行う!」

俺「射的かぁ…」

圭一「ほぅ…」

魅音「机の上に的を並べるから、合計5回やって一番点数が高かった人の勝ち」

魅音「ね?これならハンデも無いでしょ?」ニヤニヤ

俺「まぁこれなら確かに皆んな初めてっぽいしな…」

圭一「へぇ、面白いじゃねえか!」

沙都子「わたくしはどんな種目でも、圭一さんと俺さんのお2人には負ける事はありませんわ」

梨花「みー。僕も頑張るのですよ~」



コンマ下二桁
71以上射的には自信のあった俺、ぶっちぎりの1位に(魅音、圭一、沙都子の好感度が1上昇。梨花の好感度が2上昇。俺、専用武器追加。ビリに命令権)
70以下まさかの圭一が1位に(魅音好感度1上昇のみ)


安価下


123以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 00:11:21.05928hT7Rco (1/1)




124以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 00:12:00.28QSbRw6750 (1/2)

まかせろ


125以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 00:27:38.13i3VkAhpQO (1/2)

へたくそw


126以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 00:40:28.99bL0Txq43O (2/3)

コンマ05
帰り道

魅音「やー、まさか圭ちゃんがトップになるなんて流石に予想していなかったわぁ…」スタスタ

圭一「へへっ、やっぱ1位は気分良いなぁ!」スタスタ

沙都子「むー!絶対インチキしたに違いありませんわ!」スタスタ

圭一「おいおい、変な疑いは止してくれ。オレは正々堂々と戦って勝利をもぎとったんだぜ?」

俺「ビリだった梨花ちゃんへの命令が凄まじい変態っぷりでちょっとヒいたけどな…」スタスタ

梨花「本当なのですよ…圭一は変態なのです…///」スタスタ

梨花「」エンジェルモートコスプレ

魅音「まぁ勝ったら何でも命令できるのがルールだったからね」

俺「しかし、この服どうやって入手したんだ?」

魅音「んーちょっと興宮に居る知り合いから譲って貰ってさ」

俺「興宮っつーと隣町の?そこにこんな服着る店が?」

魅音「ま、まぁ良いじゃん。そこは…あはは」

沙都子「でもどうしてこの服を?」

魅音「え?あーそれは…」

圭一「はっ!?さては魅音!この服を俺達に着せる為に取り寄せたな!?」

魅音「んー、何の事かおじさん分からないなぁ~」

圭一「くっ、絶対に俺達男子組みは負け無いからな!」

俺「圭一は案外似合うかもしれんが」

圭一「おいっ!?」

沙都子「大丈夫です。次はお2人纏めて着させてあげますから」

魅音「うんうん。むしろもっと恥ずかしい奴持って来るから覚悟しててよ?」

圭一「くっ…覚悟するのはそっちの方だぜ!!」

梨花「僕はこれ以上過激な奴になって行くのは反対なのです…///」スタスタ

全員「ははははは」スタスタ

俺(なんだ。俺が抱いてた疑問は気の所為だったっぽいな。こいつらが俺に隠し事してるなんて思えない)

俺(きっと変なのは先に帰ったレナだけだな)

梨花「…。」スタスタ



魅音の好感度が5に上がった


127以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 00:53:59.56bL0Txq43O (3/3)

翌日
通学路

圭一「おっ、よう」

俺「あれ?レナは?」スタスタ

圭一「さあ?オレもまさか自分が最初だなんて思ってなかったからさ」

俺「レナが遅刻なんて珍しいな」

圭一「ああ。こんな事初めてだよ」

俺「いつも待って貰ってるし、もう少し待ってみるか」

圭一「そうだな」

俺(何か圭一に話題を振ってみるか?)


1圭一はオヤシロ様って知ってるか?
2圭一はどうして射的の腕が良かったんだ?
3圭一、俺の事どう思う?
4その他


多数決下3まで


128以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 00:55:52.71GwudITAho (1/1)

1


129以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 01:04:22.62QSbRw6750 (2/2)

4
誰が好きなんだ?


130以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 01:17:41.93TT5+eDZao (1/1)

1


131以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 03:56:08.03aM+nHMhv0 (1/2)

雛見沢
通学路

俺「なぁ…。圭一はオヤシロ様って知ってるか?」

圭一「オヤシロ様ぁ?なんだそれ?」

俺「…え?あ、知らないのか?」

圭一「なんかのアニメの敵役のキャラとかだろ?」

俺「ぁ…」

圭一「ほら、やっぱりな。でも残念だけど、オレあんましそう言うの見ないから分からないんだよなぁ~」

俺(…嘘をついてる感じはしない。もしかして圭一はオヤシロ様について知らないのか?)

圭一「どちらかと言うと、見るのはバラエティとかそう言うのばっかでさはは」

俺(いや、圭一なら知らなくてもおかしく無いよな…先月この村に引っ越して来たばかりだし…)

俺「あぁ、知らないなら良いんだ…」

圭一「いやぁ悪いな」

俺(…圭一は俺と同じ。未だこの村に染まっていない側の人間。…俺の味方側だって事は確認できた)

レナ「おはよう2人とも。ごめんお待たせ~」タッタッタッ

圭一「おっ来たか。珍しいな。レナが寝坊なんて」

俺(レナ…)

レナ「うん。ちょっと忙しくてね…俺君?」

俺「ううん。何でも無い。じゃあ行こうか。もう魅音も待ってるだろうし」スタスタ

レナ「うん!」スタスタ

俺(圭一は全く知らなくて、逆にそれが安心できたが…)

俺(魅音とか梨花ちゃんや沙都子ちゃんはレナと同じでオヤシロ様について何か知ってるんだろうか…)


132以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 08:24:44.09M6LHZZ4p0 (1/1)

レベルは下がらんのかな?原作者が言うには行動しだいでかわるっぽいけど
例えば圭一が勇気を出してレナを迎え入れていれば(ドア指はさみ事件)良い方向に転がったとか

原作者発言以外だと、高野式呼吸法とか睡眠をよくとれば改善するとか言われてたな


133以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 13:09:01.38aM+nHMhv0 (2/2)

雛見沢分校
放課後

魅音「よーし!今日も部活始めるよ~」

レナ「ごめん皆んな。レナ今日も家の用事があって早く帰らなくちゃいけないの…」

俺「え?」

魅音「あちゃー…」

圭一「なんだよまたかよ」

レナ「うん。本当にごめんね…それじゃ皆んな。また明日」スタスタ

扉「」バタンッ

沙都子「レナさん、最近忙しいんですのね」

魅音「まぁレナの家、片親だから色々と忙しい気持ちも分かるよ」

俺「え?てか片親なんだ?レナん家って」

圭一「そういや俺は知らなかったっか」

俺「ああ、初耳だ」

圭一「まっ、忙しいのは直ぐに終わってまたいつも通り元に戻るだろ」

梨花「はい。レナの分まで楽しむのですよ」

魅音「良いねえ梨花ちゃん。じゃあ今日は何のゲームをしようかなぁ~」スタスタ

ロッカー「」ガサガサ

俺(レナの様子が変だと気付いてるのは俺だけか?…)

俺(それとも皆んな知っててスルーしてるのか?圭一以外…)

俺「…。」

圭一「ん?どうした?」



1いいや。レナには構わずいつも通り部活に参加しよう
2俺も今日は用事があって…(レナ追跡)

多数決下3まで


134以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 13:10:24.50SoPX+uv/O (1/3)

どうすればいいのかわからない、安価任せた


135以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 13:13:16.74K4XdhjczO (1/1)

2


136以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 13:29:29.523mj+XNWJO (1/2)

1



137以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 13:35:05.37ZG4FiBFjo (1/1)

1


138以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 13:38:31.08ecoG55YQ0 (1/1)

レナの方にいったら死体発見ルートかな


139以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 13:39:57.94SoPX+uv/O (2/3)

それはいいことなのか?


140以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 13:52:36.483mj+XNWJO (2/2)

死体見つけると学校襲撃になるかな
好感度低すぎるとその場で殺されるとかもあるだろう


141以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 13:59:20.50SoPX+uv/O (3/3)

そうなのか…


142以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 14:32:37.630fQvPe9wO (1/1)

まだリナ殺してるかは分からないのでは?


143以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 15:00:19.54i3VkAhpQO (2/2)

レナの好感度2だからねこそこそ嗅ぎまわってたら鉈女が出てくるぞ


144以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 20:12:38.90Q1K525jM0 (1/1)

何編かによって部活メンバー全員の行動が左右されるからなぁ



145以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 20:29:00.91Wk/HTzxe0 (1/1)

男の行動やらコンマで何編かわかっていくとか?


146以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/28(水) 20:52:27.81erOKI2l60 (1/1)

今のところ鬼隠しか罪滅しっぽいけどどうなんだろう?


147以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 00:22:22.46ub6UUNCVO (1/1)

雛見沢分校

俺「いや、何でもない。勿論俺も今日こそ1位狙いで参加するぞ!」

魅音「おっ。今日は気合いが入ってるねぇ~」

梨花「みー。それは楽しみなのですよ」

圭一「そうこなくっちゃな!」

沙都子「1位を狙うのも良いですが俺さんは先ず、ビリにならない努力からするべきですわ」

俺(レナにはもう、構う事無いだろう)

俺「…。」

俺(…あいつは、この中でも唯一狂ってる)

俺(…そして、これ以上あいつと関わると俺まで狂って来る予感もする)

俺(レナはこちらからちょっかいをかけなければ、今の所何もして来ないんだし)

俺(下手に藪蛇する必要も無い)

俺(俺の仲間は…)

魅音「んー。それじゃあ今日は何をするかね」ゴソゴソ

圭一「どんなもんでもオレがまた1位だ!」

沙都子「今日こそは負けませんわよ」

梨花「今日は俺に僕が昨日着た服を着てもらうのです~」

俺「いや、それは勘弁」

俺(魅音、圭一、沙都子ちゃん、梨花ちゃん…この4人だ!)



ーーーそれからと言うもの、レナだけは相変わらず部活に参加しない日が続いたが、俺はもう気にもしなくなった
仲間達と部活に打ち込む事でいつしかオヤシロ様の祟りの事も忘れて、心無しか心も軽くなったような気がしていた…


そして…。遂に綿流しの祭りの日がやってくる…



魅音、沙都子、梨花の好感度が5に上がった
圭一の好感度が6に上がった
俺の???レベルが下がった


148以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 09:17:32.77R8zoXv0Xo (1/1)

これは鉄平とリナ死んでるな


149以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 09:53:56.44dgoqOllLO (1/3)

罪滅ぼしっぽいね


150以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 10:53:19.13jSiBFs2kO (1/1)

罪滅しのなり損ない、宵越し編のルートっぽくなりそう


151以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 12:03:55.22UCbTvXPr0 (1/2)

事態は悪化してるけど、1回目は好感度稼ぎでいいかもね
一人は持ち越せるかもだし


152以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 14:58:37.82AoaprHCpO (1/2)

雛見沢
神社

俺(今日は年一回の雛見沢の綿流し祭りがある)

俺(綿流しとは魅音曰く、痛んで使えなくなった布団や広袖とかに感謝しながら沢に流す行事らしい)

俺(そして梨花ちゃんが実行委員で、巫女役を務める)

レナ「はぅ~!あれかぁいいなぁ!」

熊の人形「」

俺(部活をサボりがちだったレナも最近からはようやく合流しだして、今は俺達と一緒に居る)

圭一「射的か…取ってやるよ」

レナ「本当~!?圭一君!」

魅音「そういや圭ちゃんは射的上手かったからね~」

俺(…俺は今でもレナはいつまた豹変するのかと全く信じていないが、今の所は大丈夫そうである)

圭一「ほらよ」スッ

レナ「はぅ~!ありがとう圭一君~!//」

圭一「へへっ。良かったな」

魅音「圭ちゃん。おじさんの分は?」

圭一「ん?魅音も何か欲しいのがあるのか?と言ってももう目ぼしい奴は無いが…」

魅音「え?う、ううん。言ってみただけだよ!//」

俺(…それにしても圭一の奴…仲間に対して俺と違って疑ってかかる事なく、真っ直ぐに信じてる分いつの間にかモテモテだな)

俺(本人は無茶苦茶鈍感で全く気付いていないが)

沙都子「むむぅ…」ジッ

俺「ん?どうした沙都子ちゃん?」

沙都子「何でもありませんわ。そろそろ梨花のお勤めが始まるので行きましょう俺さん」スタスタ

俺「あ、ああ。分かった」スタスタ

沙都子「ふん。圭一さんたらデレデレしちゃってみっともない」スタスタ

俺「…。」スタスタ

俺(なんだ。もしかして沙都子ちゃんもヤキモチ妬いてるのか?)

俺(圭一本当にモテるな。ギャルゲーの主人公かよ)クスッ

俺「で?梨花ちゃんのお勤めってどんなのなんだ?」

沙都子「それは見てのお楽しみですわ。きっと俺さんも梨花に惚れ直す筈です」

俺「へぇ。そんなに凄いんだ」

俺(…てかそもそも惚れてないんだが)

俺「ん?あれは…」

富竹「…。」つカメラ

俺(最前列に居るのは富竹さんじゃないか。梨花ちゃんを撮るつもりなのか?)


153以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 15:19:25.20AoaprHCpO (2/2)

雛見沢
神社

太鼓「」ドンッ

梨花「…。」シャッシャッ

綿「」ザッ

俺「へえ。いつもの梨花ちゃんとは全然違うんだな」

沙都子「おーほっほっ。梨花は本気になればなんでも熟せますのよ!」

俺(つまりいつもの梨花ちゃんは猫被りで、本来の梨花ちゃんじゃないと…梨花ちゃんらしいな)

俺(と言うか猫被りじゃなく、狸の梨花ちゃんの方が正しいかも)

富竹「…。」カシャッカシャッ

俺(…それにしても富竹さんかなり梨花ちゃんの事撮るじゃん。メインは野鳥の撮影ってのは何処行った)

魅音「おーいたいた」スタスタ

圭一「おいおい2人とも何処行ってたんだ?」スタスタ

俺「いや、もう梨花ちゃんのお勤めが始まりそうだったからさ」

沙都子「先に場所の確保をしておいたのですわ」

レナ「はぅ~梨花ちゃんの巫女姿かぁいいよぅ。お持ち帰りしたい~!」クネクネ

魅音「いやいや、今梨花ちゃんをお持ち帰りしたら主役が居なくなるよ」




数十分後

魅音「お疲れ様梨花ちゃん」

レナ「かぁいかったよぅ~」

沙都子「よく頑張りましたわ」

梨花「みー!ありがとなのですよ」

梨花「俺、圭一。僕の姿はどうでしたか?」

圭一「最高だったぜ梨花ちゃん!」

俺「ああ、神秘的だった。また来年も見れたら良いな」

梨花「それは良かったのです。来年もまた頑張るのですよ」ニパ-


154以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 15:43:48.338nV6FkO00 (1/5)

雛見沢


職員「はいどうぞ」スッ

綿「」

俺「どうも…」

魅音「圭ちゃんと俺は初めてだったよね。これをこう言う風に川に流して感謝するの」パンッ

綿「」ユラ-ッ

圭一「なるほどなぁ」スッ

綿「」ユラ-ッ

圭一「こうか?ありがとうございますって」パンッ

魅音「そうそう。別に口に出す必要は無いけど」

魅音「さっ、俺もやってみなよ」

俺「ああ」スタスタ

俺(綿流し…か)スッ

レナ「あっ...」フラッ

俺「あたっ…」ドンッボトッ

綿「」ヒュ-ンッ

俺(げっ…レナ…)

俺「…れ、レナ?どうしたんだ?」

レナ「う、ううん。ちょっと頭がクラっとしちゃって…ごめんね」

俺「なんだよ?熱でもあるのか?」

レナ「うーん…大丈夫だと思うけど…」

綿「」ユラ-ッ

レナ「あぁ…。俺君の綿…行っちゃった…」

俺「ま、まぁ別に来年もできるからさ。今年できなくても問題無いさ!気にするなよ」

俺(レナの事はあまり刺激しない方が良い…ここは優しくしておこう…)

レナ「俺君初めてだったのに…。本当にごめんね…」

俺「い、いいっていいって!」チラッ


俺が流す予定だった綿「」ユラ-ッ




魅音「皆んな綿流し終わったぁ?」

圭一「おう!」

梨花「はいです」

沙都子「ええ。問題ありませんわ」

レナ「う、うん…」スタスタ

俺「ああ。終わったよ」スタスタ

俺(綿流しの祭り…。連続怪死事件…。オヤシロ様の祟り……)

俺(…レナに触れたら封じ込めてた物色々思い出して来て…ちょっと怖くなってしまった)ブルッ

俺(うっ…なんかブルってションベンしたくなって来たな…)


1一人で行ってサッと済ませてくる
2一人は怖いので圭一を連れションに連れて行く


多数決下3まで


155以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 15:54:14.68f0cq+y3VO (1/1)

2


156以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 16:04:38.99beIjn65So (1/1)

2


157以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 16:24:26.62MV8w+4gJo (1/1)

2


158以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 16:25:15.00dnoqRDya0 (1/1)

2


159以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 16:38:53.926C0gHditO (1/1)

グッバイ俺くん&圭一


160以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 16:52:28.878nV6FkO00 (2/5)

雛見沢
川の側

俺「圭一」

圭一「ん~?なんだよ?」

俺「…ちょっとションベン行きたいんだが、一緒に行かないか?」

圭一「えー?うーん。まぁオレもちょっとしたかったから別に良いけど」

魅音「何々男同士で盛り上がっちゃって~」ニヤニヤ

俺「いや、そうじゃなくて」

圭一「悪い。俺達ちょっとションベン行ってくるわ」

魅音「なんだ。そんな事か」

俺「逆に他に何を想像してた」

沙都子「もう、言い方がはしたないですわ圭一さんたら」

圭一「ははは、悪い。と言う事でちょっと行って来るからこの辺で待っててくれ」スタスタ

梨花「お手洗いは入り口の方なのですよー」

俺「了解。じゃ、チャチャっと済ませて来る」



男子トイレ内

圭一「ふぅ~。たらふく食べて、たらふく飲んだ分よく出るなぁ…」ジョロロロロ...

俺「ああ…。スッキリしたぁ…」ジョロロロ...

俺「よし、じゃあ皆んな待たせてるだろうし直ぐ戻るか」ジッ

圭一「ああ」ジッ



川の側

圭一「あれ?あいつら何処行ったんだ?」キョロキョロ

俺「ここ未だ結構人が多いからな。先に少しだけどっか移動したのかも」キョロキョロ

俺「探せば近くに居るとおもうんだが…」キョロキョロ

圭一「お?あそこに居るのって鷹野さんじゃん」スタスタ

俺「え?圭一?何処に…鷹野さんって誰…?」スタスタ

鷹野「あら前原君。こんばんわ」

圭一「うっす」

俺(…大人の女の人だ。こんな人も村に居たんだ)



161以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 17:10:02.52k/B1lHvOO (1/1)

あっ


162以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 17:13:41.258nV6FkO00 (3/5)

雛見沢
川の側

鷹野「前原君。こっちの子は?お友達?」

圭一「はい。先々週くらいにこの村に越して来た…」

俺「俺です。宜しくお願いします」ペコリッ

鷹野「私は鷹野三四。宜しくね」クスクス

俺「ど、どうも…///」

俺(なんつーか、レナや魅音には無い大人の魅力が凄い…)

圭一「鷹野さんはこの村の診療所の看護婦さんをしてるんだ」

俺「そうなのか…。診療所なんて未だ行った事無いから、こんな若くて綺麗な人が居るなんて知らなかったな…」

鷹野「あら、俺君は上手いわね」クスクス

圭一「診療所の先生も結構個性的だけどな…」

俺「へぇ。今度時間があったら行ってみるかな」

鷹野「ええ、是非いらっしゃい」

圭一「ところでこの辺で魅音達、見ませんでしたか?逸れちゃって」

鷹野「いいえ、見てないわね。私は次郎さんと待ち合わせしていただけだから」

俺&圭一「「次郎…?」」

富竹「やぁごめんごめん。少し遅れちゃって」スタスタ

俺&圭一「「あ、富竹さん」」

俺「え?」チラッ

圭一「あれ?俺も知り合いだったのか?」チラッ

俺「ああ、いや圭一も知り合いだったとは…」

富竹「いやぁ僕は結構色んな場所で撮影を行ってるからね。この村の人達とは顔馴染みが多いんだよ」

俺「なるほど…」

圭一「2人はどう言う仲なんですか?」

富竹「え?あ、いやぁ僕らは…//」

鷹野「只のカメラ仲間よ。ね?次郎さん?」スッ

カメラ「」

富竹「…そ、そうだね」

俺「…。」

俺(…ここは男女逆で温度差があるな)


163以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 18:06:30.758nV6FkO00 (4/5)

雛見沢
川の側

鷹野「どう2人とも?この村には慣れたかしら?」

圭一「いやぁ、未だオレの知らない事もいっぱいあるみたいで…」

俺「俺も知っての通り、未だ診療所にすら行った事すら無いので…」

鷹野「あら、そうなの?何か知りたい事があるのかしら?」

俺(…オヤシロ様の祟りの事は…聞きたく無いな)

圭一「例えば、ダム工事の事とか…バラバラ殺人の事とか…」

俺「えっ…?」

圭一「悪い。俺は越して来たばかりで知らなかっただろうけど…あったんだよ…。あのゴミの山で…」

俺「…!?」ドクンッ

富竹「あったよ。ちょうど四年前の今頃だったかな…」

鷹野「お年寄り達はオヤシロ様の祟りだと疑わなかったみたいね」

俺「オヤシロ様の、祟り…」

俺(まただ…。またこの単語が俺に…)ゾクッ

富竹「毎年、綿流しの日になると誰かが死ぬんだよ」

鷹野「そして、誰かが行方不明になる」クスッ

圭一「…。」ゴクリッ

富竹「バラバラ殺人のあった四年前は、ダム建設現場の監督が死に、その作業員が行方不明になった。今も見つかっていない」

俺(あ…)

富竹「その翌年は、雛見沢の住人でありながらダムの誘致派だった男が、旅行先で崖下の濁流に転落して死亡した」

富竹「奥さんに至っては死体も上がっていない」

俺(1人死に、1人行方不明に…)

鷹野「更に翌年、神社の神主が原因不明の奇病で急死したの。奥さんはその晩の内に沼に入水自殺…」

俺(これも…)

富竹「更に翌年。これも綿流しの晩、今度は近所の主婦が撲殺体で発見された」

富竹「そして、5年目の綿流しってのがつまり…」

俺&圭一「ぁ…」ドクンッ

鷹野「今日なの」クスッ


俺の???レベルが更に上がった
圭一の???レベルが無茶苦茶上がった


164以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 18:33:53.168nV6FkO00 (5/5)

雛見沢
川の側

魅音「あっ!いたいたおーい圭ちゃん。俺~」

圭一「…!」ビクッ

俺「魅音…」クルッ

沙都子「もう、お2人ともちょっと用を足すだけでお時間がかかり過ぎですわ」

レナ「探したよ~」

富竹「おっ、良かったじゃないか。合流できたみたいだね」

俺「え、ええ…それじゃあ俺達、行きますから…」クルッ

圭一「そ、それじゃあ…」クルッ

鷹野「今夜はお互い気をつけましょうね」クスクスッ

俺(誰か死に、誰か行方不明に…か…)スタスタ

圭一「…。」スタスタ


ーーその後、俺と圭一はお互いそれ以上オヤシロ様の祟りの話題には触れる事無く、皆んなとは解散する事になった…

そう、俺達は単純に怖かったのだ…



帰り道

俺「そ、それじゃあな…」

圭一「あ、ああ…。日付けが変わるまでは気をつけろよ」

俺「そっちもな…」

圭一「あ、ああ…」

俺&圭一「…。」


1(これ以上何も考えない方が良い…)それじゃあ…
2明日、梨花ちゃんにもオヤシロ様の祟りについて聞いてみよう…
3今から2人であのゴミ山、見に行ってみないか…?
4日が変わるまで、今から2人で部活しないか?


多数決下4まで

圭一の好感度が7に上がった


165以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 18:35:07.05MUGngdT9o (1/1)

2


166以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 18:36:43.72/ynFzPaGO (1/1)

4


167以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 18:37:32.51UCbTvXPr0 (2/2)

2


168以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 18:37:58.72vOhYNf+Oo (1/1)

4


169以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 18:39:52.745yGn0hSvO (1/1)

4


170以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 18:40:13.64cWptG/Oj0 (1/1)

2


171以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 19:14:48.01XhNE8vuD0 (1/1)

どっちも気になるから2倍速でおなしゃす!


172以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 20:39:31.124T511oOT0 (1/1)

いよいよ怖くなってくるころか。


173以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 21:23:02.27dgoqOllLO (2/3)

怖いもの見たさで3が見たかったぜ


174以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 22:00:14.55N07RhNVfO (1/2)

雛見沢
帰り道

俺「な、なぁ!」クルッ

圭一「な、なんだよ。急に驚かすなよ…」クルッ

俺「日が変わるまで2人で部活しないか…?」

圭一「2人で部活ってなんだよ…」

俺「そりゃあお前、こんな時は…」

圭一「こんな時は…?」

俺「…。」ジッ

圭一「…。」ジッ



圭一の家

圭一の部屋「コレハマエニオレガスンデイタトコロデジッサイニオキタコトナンダガ...」
圭一の部屋「オマエ!コンナトキニカイダンバナシカヨ!!」
圭一の部屋「オレハアルドウキュウセイトイッショニイツモドオリカエッテイタンダ...」
圭一の部屋「オ…オウ...」
圭一の部屋「ダガチョウドショッピングモ-ルヘイッタカエリニ...」
圭一の部屋「…カエリニ?」
圭一の部屋「ギャ--!!」
圭一の部屋「ギャ--!!??」
圭一の部屋「...ト…イマノハジョウダンダ」
圭一の部屋「ヤメテクレ...モウヤメテクレ...」
圭一の部屋「ソレニシテモオマエノコエッテサ...ガンダムノシュジンコウニニテルヨナ」
圭一の部屋「ア-ヨクイワレルヨソレ」


ーーその日は圭一と2人で楽しく話していると、気が付けば夜中の2時になっていた



翌日
雛見沢分校廊下

圭一「はぁ…結局祟りは俺達の身には起こらなかったんだな…」

俺「いや、そもそも全て偶然が重なってただけで、本当は祟りなんて最初から無かったんじゃないか?」

圭一「ああ、そうだよな…。やっぱそうだよなぁ」

俺「はは、俺達あの鷹野さんって人の言葉を真に受け過ぎだったんだよ」

圭一「実はオレもそう思ってたんだよ。はははは」


ーー俺達は祟りの事を考え過ぎだったと、お互い笑い合っていた
しかし…


知恵「前原君、俺君。ここに居たのね。お客さんが来ているわよ」

俺&圭一「…え?」


オヤシロ様の祟りは今年も起きていたのだった……


圭一の好感度が9に上がった


175以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 22:19:18.72dgoqOllLO (3/3)

仲良しだなw


176以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/29(木) 23:31:47.74N07RhNVfO (2/2)

雛見沢分校
玄関

大石「俺さんと前原さんですか」

俺(…あれ?誰だ?)

圭一(なんだ?)

大石「私の名前は大石と言う物です」

圭一「はぁ…」

俺(圭一も知らない人か)

大石「私の車はエアコンが効いてますから、そっちでお話ししましょう」スッ

警察手帳「」

圭一「え?このマークって…」

俺「…警察?」



大石車内

大石「改めまして、私は興宮署の大石と言う者です」

圭一「…警察の人がいったい俺達に何の用ですか?」

俺「…俺達、何か捕まるような事したっけ?」

圭一「いや…」フルフル

大石「いえ、お2人ではありません」

俺&圭一「「??」」

大石「この男性をご存知ですか?」スッ

写真「富竹」

俺「ん?富竹さん?」

圭一「あの、富竹さんがどうしたんですか?」

大石「ええ。お二人は昨夜、富竹さんとお話ししていましたよね?」

俺「…え?」

大石「目撃者も出ています」

圭一「はぁ…。でもそれがどうしたんです?」

大石「実は富竹次郎さんなんですが…。昨夜、お亡くなりになりました」

圭一「……えっ?」

俺「……はい?」



177以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 04:04:19.11oKvsMdQ9O (1/3)

大石の車内

大石「何かお二人は気になる事があったなら言って下さい」

圭一「き、気になる事って…」

大石「…綿流しの日に殺された。お二人にはそれが、どう言う意味があるのか解りますよね?」

俺「ま、まさか…」

圭一「オヤシロ様の祟り…!」

大石「そう、そのまさかです」

圭一「っ…」

俺「…富竹さんにいったい何があったんですか?」

大石「第1発見は、祭りの警備を終えて帰宅途中のウチのワゴンでした」スッ

メモ帳「」ペラッ

大石「時刻は24時5分前。場所は…町へ出る道路が、ちょうど舗装道路に変わるところでした」

大石「街灯が殆ど無い道です。その暗闇の中で路肩に倒れてる富竹さんを発見しましてね」

大石「地面いっぱいに、血と汚物が広がっていました」

圭一「うっ…」オエッ...

大石「検視の結果、自分の爪で喉を…」

俺「爪…?」

大石「富竹さんは何を思ったか、自分の爪でガリガリガリガリ…」

ライター「」シュボッ

大石「そして、傷付けてはいけない大切な血管にまで爪が届き…」

大石「薬物を疑いましたが、そう言う類の物は検出できませんでした」

俺「…。」スッ

富竹が首を真っ赤に染めて死んでいる写真「」

圭一「うっ…お前よくそんなの見れるな…」オェッ

俺「…他に何か特徴は?」

大石「他には身体に幾つもの外傷が発見されましてねぇ…」

圭一「外傷…?」

俺「誰かが富竹さんに乱暴したんですか?」

大石「ええ…。それも複数犯の可能性があるんですよ」

俺(……ん?犯人は複数犯?)

大石「死亡推定時刻は21時から23時頃のようです。つまりお二人と別れて直ぐ…」

圭一「一緒に居た鷹野さんは…?」

大石「行方不明です。事件に巻き込まれた可能性が極めて高いです」

俺「1人死に、1人が行方不明に…」

圭一「オヤシロ様の祟りと…一致する…」ビクッ


178以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 04:20:15.39oKvsMdQ9O (2/3)

大石の車内

大石「このままでは富竹次郎さんはオヤシロ様の祟りで死んだ事になってしまいます」クルッ

大石「事件の晩、神聖な儀式の時にカメラをバシャバシャ撮っていた物だからオヤシロ様の怒りに触れた」

俺「確かに富竹さんは最前列で梨花ちゃんを撮りまくってたけど、そんな…」

大石「そう言う話になってしまうんですよ」

圭一「ま、待って下さい!だ、だいたいバチとか、祟りとかで人が死ぬなんて!」

大石「そう言う事ですよ前原さん。祟りを信じて居ない雛見沢の方の協力が不可欠なのです」

大石「何でも結構です。不確かな物で構いませんから…あーこれ。私の電話番号です」スッ

名刺みたいな物「」

俺「ん…」スッ

大石「今日ここでした話は全て内緒です。特に、園崎さん達には絶対に知られないようにして下さい」

圭一「ん?園崎って…魅音の事か?なんで…」

大石「この村の誰がどれくらい関わっているのか、全く分からないんですよ」

大石「だからこそ、口外して欲しく無いんです」

圭一「そんな…」

大石「じゃあこう考えましょう。祟りを盲信する村人の皆んなを心配させたく無いから内緒」

大石「そう言う事でどうです?」

圭一「あ…はい…」

大石「俺さんは?」

俺「…え?あ、はい」

大石「では、何か分かった事があれば連絡して下さいね」

車「」バタンッ


179以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 04:38:33.11oKvsMdQ9O (3/3)

雛見沢分校

圭一「なんか、大変な事になっちゃったな…」スタスタ

俺「ああ…」スタスタ

圭一「オレ達は祟りには合わなかったけど、富竹さん達が…」

俺「…。」

圭一「と、とりあえずさ。いつも通り放課後は部活をして気持ちを落ち着かせようぜ」

俺「ああ。そうだな…」



放課後

魅音「ごめん皆んな。私、今日はちょっと用事があってさ。だから悪いんだけど、今日の部活は無し!」

圭一「え…」

魅音「本当ごめん!!」スタスタ

レナ「レナもちょっと用事ができちゃったから今日は圭一君と俺君で帰っててくれないかな?かな?」

俺「あ、ああ…分かった…」

レナ「また明日ね」スタスタ

梨花「残念ですが仕方ないのです。帰りましょう沙都子。また明日です俺、圭一」スタスタ

沙都子「そうですわね。では皆さまご機嫌よう」スタスタ

俺&圭一「…。」



帰り道

圭一「なんかさぁ、急にあいつらよそよそしくなってねえか?」スタスタ

俺「うーん…」スタスタ

圭一「オレ達が未だ越してきたばかりで村に馴染んで無いからかよ」スタスタ

俺「どうだろうな」スタスタ

圭一「…。」

圭一「…なぁ、どうする?」

俺「…え?」

圭一「ほら、昼間話した警察の大石って人の…」

俺「ああ…」


1とりあえず、大石って人に言われた通り何か分かった事があれば連絡で良いんじゃ無いか…?(俺、圭一と同じスタイル)
2お、俺は関係無い…。巻き込まれるのはもう沢山だ…(俺、超消極的スタイル)
3オヤシロ様の祟りなんて絶対に存在しない。俺は必ず犯人を突き止める!じっちゃんの名にかけて!(俺、積極的に調査する。既に犯人の目星も付いていた)


多数決下3まで


180以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 04:46:35.87szmTjIBXo (1/2)

1


181以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 04:49:39.64TsGPLbbU0 (1/1)

1


182以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 05:11:31.294k3ByETt0 (1/11)

雛見沢
帰り道

俺「とりあえず、大石って人に言われた通り何か分かった事があれば連絡で良いんじゃ無いか…?」

圭一「そうだよな…。今の所そうするしか無いよな…」

俺「ああ…。それじゃあな」クルッ

圭一「な、なぁっ!」

俺「え?」クルッ

圭一「お、お前はオレと同じ側の人間だよな…?」

俺「…は?圭一。お前、何言って…」

圭一「答えてくれ!」

俺「あ?…」

圭一「オレ達は仲間…だよな?…」

俺(なんだよこいつ。急にどうしたんだ…?)

圭一「はぁ…はぁ…」

俺(やたら目が血走ってるような…大丈夫か圭一?とりあえずここは…)


1…正直。俺も他の連中の事はもうよく分からないが、俺だけは間違いなく圭一の仲間だよ
2いや、俺だけじゃなく魅音達も仲間だろ?何言ってんだ?
3どうしたんだよ圭一。らしくも無い。病院にでも行った方が良いぞ


多数決下3まで


183以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 05:45:08.10iFiTRuyBo (1/1)

1


184以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 06:00:40.39fmHDRTa+0 (1/3)

1


185以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 07:01:41.81HCr2eHWAo (1/1)




186以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 07:47:14.72fdjMbZvlo (1/1)

うーんこれは仲良く発症ルート


187以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 08:25:59.75cm6TNZOK0 (1/1)

1


188以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 08:58:41.87J7V+JsFM0 (1/2)

もしくは発狂した圭一に殺されるか…


189以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 09:00:45.48cf+2c3L2O (1/2)

詰む滅ぼし


190以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 10:11:07.60RT/PKdYcO (1/2)

罪滅しの圭一ムーブすればワンチャンあんじゃね


191以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 11:11:56.484k3ByETt0 (2/11)

帰り道

俺「…正直。俺も他の連中の事はもうよく分からないが、俺だけは間違いなく圭一の仲間だよ」

圭一「よ、良かったぜ…それを聞けただけでも…」

俺「…だけど、俺達も自衛用の武器を持つ必要があるかもしれん」

圭一「ぶ、武器…!?」

俺「ああ、何かあってからじゃ俺達も鬼隠しされた事にされちまって死人に口無しだ…」

圭一「…。」ゴクリッ

俺「大石って刑事も言ってたが、村の連中がどれだけ俺達の敵なのか分からない」

俺「…多分、魅音やレナは間違いなく事件に関わってるだろうな」

圭一「あいつらが…?」

俺「もしかしたら梨花ちゃんだって俺達を欺いてる可能性もある」

圭一「えっ…」

俺「だって考えても見ろよ。普段の梨花ちゃんは…」

圭一「そ、そうだ…。部活内での梨花ちゃんの渾名は…【狸の梨花ちゃん】…」

俺「…俺達を欺くのだって、容易な筈」

圭一「う…」ドクンッ

俺「とにかく万が一に備えて自衛ができる手段を持つ。何かあれば連絡は密に行う。なるべく単独行動は避ける…」

俺「この3つは必ずやっておくべきだろうな」

圭一「わ、分かった!とりあえず家に帰ったら何か探してみる!」

俺「ああ」コクッ



俺家

俺(…と言っても、俺が自衛用に持っても怪しまれなさそうな物)

俺(やはり常に携帯してても連中に怪しまれない奴が良いが…今のところ家にあるのは…)

サバイバルナイフ「」

俺(…爺ちゃんがよく使ってる斬れ味の良いナイフ)

アイスピック「」

俺(肌身離さず忍ばせられるアイスピック…)

弓「」

俺(転校前にクラブで使っていた弓…)

俺(どれにするべきか…)



1身体をズタズタに斬り裂けるサバイバルナイフ
2忍び込ませて目を潰す用にアイスピック
3遠距離から心臓を狙い撃てるように弓
4どれも違う…。学校…もしくは、ゴミ山に行けば何かあるかもしれん


多数決下3まで


俺の???レベルが無茶苦茶高くなった


192以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 11:15:25.95ktlWwpOuo (1/4)

4


193以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 11:27:50.61cI3vJ1Np0 (1/3)

4
て言うかなんで圭一とだけ仲良くなるような選択肢を選ぶんだ。ホモなのか


194以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 11:31:55.9727sVrkt7o (1/1)

2
知らなかったのか?


195以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 11:33:02.08VQmwDQH40 (1/1)

なんか過激思想になっちゃって...ここまでくるとレベル4?


196以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 11:51:12.98ktlWwpOuo (2/4)

単発は駄目なんだっけ?


197以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 12:00:47.85cI3vJ1Np0 (2/3)

金田一俺くんで良かったと思うけどなあ。何故発症寸前の圭一とおんなじ思想にするのか


198以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 12:13:29.40NDo6TVv7o (1/1)

しかしどう安価を絞ろうとも富竹死んだ時点で大団円は無理なのだ


199以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 12:19:50.994k3ByETt0 (3/11)

俺家

俺(どれも違う…。学校…もしくはゴミ山へ行けば何かあるかもしれん…)

俺「明日朝早く行って探してみるか…」


翌朝
雛見沢分校

ロッカー「」ガチャッ

俺「何か武器になりそうな物…あっ」

金属バット「」

俺「金属バットか…」

俺「俺は野球なんて経験無いし、こんな物持ってたら却って怪しんでると警戒されるかもしれん…」

俺「これは圭一に残してやるか。他には…無さそうだな。やっぱり放課後ゴミ山に探しに行ってみるか」スッ

金属バット「」ゴトッ

俺「……ん?」

金属バットの柄の部分「悟史」

俺「悟史……?悟史って名前の奴はこのクラスには居ないよな?」

俺「あ…」



レナ『もし俺君の所にもオヤシロ様が現れたら、レナに相談してね』

レナ『オヤシロ様の存在を知ってるレナだけが、理解できるから』

レナ『俺君の事は悟史君の時みたいに絶対に転校なんてさせないから』


俺「悟史って…。確か転校した…」

扉「」ガラッ

俺「…!」ビクッ

沙都子「あらあら俺さん。今日はお早いですわね」

梨花「こんな朝早くにどうしたのですか?今日はレナ達と一緒
じゃないですか?」

俺「え…あ…。ちょ、ちょっと今日はその…」

俺(びっくりした…。だけど、この二人なら未だ丸腰状態でも何とか対応できる…)

沙都子「あ…そのバットは…」

俺手「悟史のバット」

俺「……え?」

沙都子「…俺さん。それを、どうするおつもりなんですの?」

俺「べ、別に…どうもしないけど…?こんな物クラスにあったんだなぁって…」

沙都子「…そう。なら別に良いんですの」スタスタ

俺(なんだ?)

梨花「…。」

梨花「俺、そのバットは大切な物なのです。ちゃんと元の場所へ戻しておいて欲しいのですよ…」

俺「あ、ああ。分かってるよ…」

俺「…。」スッ

ロッカー「悟史のバット」ゴトッ

俺(……ああ、分かってる。俺が武器を持つと厄介だからだろ)


梨花「…。」

梨花「…。」クルッスタスタ


200以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 12:31:45.39rxtJFfjao (1/2)

最初から大団円ルートよりもバッドエンドから回収したい


201以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 12:44:18.214k3ByETt0 (4/11)

教室

魅音「あるぇー?俺、どうしたの?私達より早く登校しちゃってさ」

俺「あ…い、いやぁ…。何か部活での題材が先に分かっとけば、対策のしようもあると思ってさ…」

魅音「ほほぅ~!流石新入部員!なかなか見所があるねぇ~」

俺「はは、だろ?部活じゃ何でも有りがルールだったからな」

魅音「うんうん。会則に則ってちゃんと行動してるねぇ~おじさんはこんな優秀な新入部員を迎え入れられて嬉しいぞ」スタスタ

俺(…よし。魅音は誤魔化す事ができた)

圭一「よ、よぅ…。今日は早かったんだな…」スタスタ

俺「お、おぅ…」

俺(圭一。何か武器は…)ジッ

圭一(いや、未だ…)フルフル

俺(…だろうな。ここに金属バットがあるからそれ使え)

圭一「…。」コクッ

レナ「おはよう俺君。今日は先行っちゃってたんだね…」

俺「レナ…」

俺(…俺の勘が告げてる。この女は、一番危険な女だと)

俺「あ、ああ…。悪かったな、何の連絡もせずに…」

レナ「…ううん。何か部活で使えそうな物見つかったかな?かな?」

俺「いや、それがあんまり…」

レナ「そっかぁ、残念だったね」スタスタ

俺「ああ…」

レナ「よいしょっと」ガタッ

俺(なんだ?驚くくらいに何も詮索して来なかったな。これはいったい…)

レナ「どうしたの俺君?もうすぐ先生来るから、席に着いた方が良いよ」ニコニコ

俺「あ、ああ。分かってるよ…」

俺(相変わらずレナだけは読めなさ過ぎて気味悪い…)スタスタ


202以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 13:06:39.134k3ByETt0 (5/11)

雛見沢分校
廊下
昼休み

圭一「えぇっ!?お前、あのゴミ山へ行くのか?」

俺「ああ、多分今日も部活は無いだろうしな」

圭一「一人で行くのか…?」

俺「まぁちょっと武器を探して帰って来るだけだから大丈夫だろ」

俺「その代わり、圭一にはレナの事を頼めるか?」

圭一「えぇっ…」

俺「一緒に帰るだけで良い。なんだったらロッカーにある金属バットも持ってたら良い。護身用にはなるだろ?」

圭一「いや、なるけどさぁ…まぁ分かったよ。一緒に帰るよ」

俺「すまん。それで、そっちは何か新たな情報は掴めたか?」

圭一「いや…そっちは?」

俺「俺は悟史って転校した奴の事、大石って刑事に聞いてみようと思う」

圭一「悟史?あ…そういや、さっき机でうつらうつらしてる時さ、オレの後ろの席で魅音とレナがさ」

圭一「鬼隠しがどうとかってヒソヒソ話してたのが聞こえてきて…」

俺「鬼隠し?…」

圭一「ああ、悟史はダメだったって言ってたような気がする…」

俺「…。」

俺「…そうか。鬼隠しって言葉はよく分からないが、あの二人はやっぱり黒だって事は間違いなさそうだな」

圭一「ああ、絶対オレ達に隠してる事がある筈だ…」

俺「武器の調達急がないとな…。そして大石って刑事なら鬼隠しって意味分かるかもしれん。帰ったら聞いてみよう」

圭一「ああ」コクッ  



教室の扉の隙間「」スッ


203以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 13:17:00.714k3ByETt0 (6/11)

放課後
ゴミの山

ガラクタ「」ガラッ... 

空き缶「」カラカラッ

俺「…。」ザッ

俺(予想した通り、今日も魅音が用事があるとかで部活は無かった)

俺(…俺の予想が正しければ多分園崎家は今頃逃走中の鷹野さんを探してるか、或いは死体の処理に追われてるんだろう)

俺(…富竹さんと鷹野さんの件が片付いたら、次のターゲットは村に未だに馴染め無い俺や圭一になる可能性がある)

俺(圭一がレナと帰ってる間に、急いで武器になりそうな物を探さないと…)

ゴミの山「」ガラッガララッ


コンマ下二桁
71以上木刀を発見した
70以下大した武器は見つけられなかったが、俺はレナが犯人だと言う決定的証拠を見つけてしまった…


安価下


204以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 13:21:15.94DQlZjjF5o (1/1)




205以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 13:55:12.85wF8sqFhGO (1/3)

これは良いのか悪いのか


206以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 14:31:54.43RT/PKdYcO (2/2)

大円団行くには梨花ちゃんのやる気出させないとね


207以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 14:49:02.214k3ByETt0 (7/11)

コンマ94
ゴミの山

俺「おっ…これは…」ガシッ

木刀「」

俺「木刀…?どうしてこんな所にこんな物があるのか知らないが、よし。これなら最低限は…」

「今日は一人でお宝探しかなぁ?かなぁ?」

俺「…!」ビクッ

俺「レ……レナ…?」クルッ

俺「あ…」ドクンッ

レナ「用事があるなんて嘘付かずに、レナも誘ってくれたら良かったのに。ねえ俺君」ニコニコ

俺「うっ……」ゴクリッ  

俺(いつの間にか背後に立っていたレナの右手には…。握られていた…)

俺(間違い無くここで、俺を始末しようと言う意思を持った凶器が…)

俺「レナ…?そ、それは…なんだよ…」ドクンッドクンッ

レナ「え~?」

俺「その右手に持ってる奴は何なんだよ!?」ドクンッドクンッ

レナ「あぁ、これ?これは今から俺君と宝探しする為に必要になるかなぁって思って」ニコニコ

レナ右手「」つ鉈

俺「ッ…!」ビクンッ



208以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 15:38:41.59cf+2c3L2O (2/2)

この週は手遅れだからなぁ
まどマギみたいな周回プレイにはなる


209以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 15:45:04.804k3ByETt0 (8/11)

ゴミの山

俺「お、お宝探しにそんな鉈なんて必要無いだろ!?」

レナ「…それなら俺君がその手に持ってる刀も必要無いんじゃないかな?かなぁ?」

俺「うっ…!」

俺(や、ヤバイ…。今のレナはヤバイ。雰囲気で分かる…。学校でヘラヘラしてる時のレナとは違う…)ドクンッ

俺(オヤシロ様の祟りについて語った時のヤバイ方だ…)ドクンッ

俺「て、てか何でこんな所に居るんだよ!?」

俺「レナは圭一と帰ったんじゃ無かったのかよ!?」

レナ「レナ、圭一君と一緒に帰って無いよ」

俺「えっ…!?」ドクンッ

レナ「だってレナ。俺君と宝探しする為にずっと背後を歩いてたもん」

俺「う、嘘…だろ…?」

レナ「嘘じゃないよ。圭一君なら一人で帰ったもん」

俺「嘘だッ!!!」

カラスの群れ「」バサッバサッバサッ

俺(圭一はレナと一緒に帰るって俺に約束してくれた。その圭一が裏切るなんて…)

俺(いや、そもそも圭一すらああやって俺を油断させる為に味方のフリして近付いて…)ドクンッドクンッ

レナ「あーあ。俺君が突然大きな声出すから、カラスさん達驚いて行っちゃったよ」ピョンッ

俺「くっ…来るな…!来るなっつってんだよ!」ブンッ

レナ「それにね。レナ知ってるんだよ?嘘ついてるのは俺君の方だって」スタスタ

俺「……え?」

レナ「昨日の昼間、俺君達が話してたのは先生とだって言ってたけど。それ嘘だよね?」スタスタ

俺「な…なんで…」

俺(そ、そんな…それは俺と圭一しか知らない筈…。ま、まさか本当に圭一がレナ達に…?)

レナ「俺君に内緒や隠しごとがあるようにね。レナ達にもあるんだよ…」ニコニコ

俺「あ…あぁ……」


レナ好感度2
コンマ下二桁
81以上俺、もう逃げ場は無いと悟り木刀でレナに襲い掛かるも鉈で止められてしまう(俺&レナ???レベルMAXに。俺&レナ殺し合いして逆に正気に戻ってくるも両者死亡)
31~80俺、レナの言う事は何も信じられず突き飛ばして逃げる
30以下俺、圭一すら信じられ無い疑心暗鬼になりレナを突き飛ばして帰宅(俺???レベルMAXに)


安価下


210以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 15:47:50.29vc0j/ksxO (1/1)




211以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 16:21:23.21y36y9WI1O (1/1)

嘘だってお前がいうんかーい


212以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 16:23:18.03J7V+JsFM0 (2/2)

うーんまあひでぇ展開、コンマでもまあ最初だし…で片は付くか?



213以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 16:26:29.37ktlWwpOuo (3/4)

ひぐらしならまぁ初手バッドエンドでも十分納得できるから問題ない


214以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 16:38:46.64CueCGihVO (1/3)

ひぐらしらしい素晴らしいバッドエンドに向かってるねぇ~


215以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 16:51:14.94+Dm1UnnvO (1/1)

コンマ29
ゴミの山

レナ「俺君は未だ見えていないかな?オヤシロ様の存在」

俺「あ…あぁ…」

レナ「もし見えてたら私に相談して欲しいな」ギュッ

俺手「」ギュッ

俺「わ…わああああぁぁっ!!」ドンッ

レナ「あはははははははは!!」

俺「くっ…はぁっ!はぁっ!はぁっ!」タッタッタッ



ーー俺は、レナの前から全力で逃げ出した


帰り道

俺「はぁ…はぁ…はぁ…」クルッ

シ-ンッ

俺「よ、良かった…。追って来ない…。撒いた…のか…はぁ…はぁ…」スクッ

俺「と、とにかく急いで家に帰ろう…。もう圭一も…この村の人間は誰も信用できない…」タッタッタッ

俺「はぁ…はぁ…」タッタッタッ

ひた…

俺「え…?だ、誰だ!?」クルッ

シ-ン...

俺「…なんだよ気の所為かよ」クルッ

ひたひた…

俺「…!?」クルッ

シ-ン...

俺「だ、誰だ!?誰なんだよ!?着いて来るな!!」タッタッタッ

ひたひたひたひたひたひたひたひた

俺「ひ、ひいいいぃっ!?もうやめてくれえーっ!!」タッタッタッ

扉「」バタンッ


俺家

俺「はぁ…はぁ…はぁ…はぁ…」

俺「な、なんだよこの村…訳が分からない…」

俺(レナも、圭一も、魅音も、梨花ちゃんも、沙都子も…皆んな、皆んなして村ぐるみで俺を殺そうと…)

俺「くっ…まともなのは俺だけか!」


216以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 16:59:52.594k3ByETt0 (9/11)

俺部屋

俺「くそっ!クソっ!!」ドンッ

俺「俺はただ…皆んなと楽しく部活して、笑い合って暮らしたかっただけなのに…」

俺「どうして…。こんな事に…」ポロポロ

俺「うっ…うぅっ…」ポロポロ


家の外「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…」


俺「うっ…な、なんだ…?外から…?」スタスタ

カーテン「」シャッ


レナ「ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいーーー」



俺「…!?」ドクンッ

カーテン「」シャッ

俺「れ、レナっ!?そんな…俺ん家まで着いて来たのか!?」ドクンッドクンッ

俺「はぁ…はぁ…はぁ…」ドクンッドクンッ

俺(だ、駄目だ…。もう、俺はこの村の住人から逃げられない…)チラッ

木刀「」

俺「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」ドクンッドクンッドクンッ


1そうだ梨花ちゃんだ…。狸の梨花ちゃんが女王なんだ。あの子さえ殺せば、皆んな元に戻る筈だ…
2こうなったら殺られる前に…こっちから皆んな殺ってしまうしかない!
3もう嫌だ…どうして俺ばっかりがこんな目に…。誰か助けて…助けてくれ…マドカァ…(ガリガリガリガリガリ…)


多数決下4まで



217以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:01:53.66rxtJFfjao (2/2)

2


218以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:02:48.28CueCGihVO (2/3)

3


219以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:09:00.91ktlWwpOuo (4/4)

3


220以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:11:19.68cI3vJ1Np0 (3/3)

3


221以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:24:25.93kdsu3tBAO (1/1)

平行世界のピンクに助けを求めるなw


222以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:28:15.43CueCGihVO (3/3)

すまん、最後の半角ちゃんとみてなかったわ


223以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:34:47.01wF8sqFhGO (2/3)

周回でなにが持ち越されるんだろ


224以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:39:47.96xcJnVUhQO (1/1)

俺部屋

俺「うっ…うぅっ…」ポロポロ

俺「もう嫌だ…」ガリッ

俺「どうして俺ばっかりがこんな目に…」ガリガリ

俺「うっ…うっ…誰か、助けて…」ガリガリガリ

俺「助けてくれ……マドカァ…」ガリガリガリガリガリ…


ブシュッ...



興宮署

電話「」プルルルルル

大石「あーはい。もしもし。こちら興宮署の大石ですが?」

俺『も…もしもし…。大石さん…ゲホッ…ですか…?』

大石「ん?その声は俺さんですか?どうしましたか?前原さんから貴方と連絡が取れなくなったと聞いておりましたが…」

俺『ゲホッ…うっ…』

大石「いったい何があったんです?」カキカキ

メモ「俺さんの自宅へ。パトを向かわせて」サッ

俺『あ、あの…ゴホッ…』

大石「落ち着いて。俺さん。今、どう言う状況なんです?」

俺『お、俺…人間の犯人がいるって思ってたんですけど…ゴホッ…』

俺『オヤシロ様ってのは…ほ、本当…に…そ、存在…かはっ…した…みたいです…』

大石「なんですって!?」

俺『く…詳しい事は分かりませ…ごほっ…んが、圭一と…レナ
と…魅音はぐ、グル…です…』

大石「え?前原さんも?ですか?」

俺『そ…それで…オヤシロ様ってのの、正体…は……』

大石「正体は…」ゴクリッ

俺『あっ…がはっ!!』

大石「ん?俺さん!?貴方まさか、自分の爪で喉をひっかいてるんじゃ…」

俺『ああぁぁぁっ…そ、そう…ぐふっ…これが…俺…与えられ……ば…』ドサッ

大石「俺さん!?俺さん!?」

電話「」ツ-...ツ-...

大石「俺さん…」



ーーそうして、俺は富竹さんと同じく喉を掻き毟って死んだ

昭和58年6月21日の事だった

その後の皆んなや雛見沢がどうなったのかは、俺は知らない

ただオヤシロ様と言う存在は、レナの言う通り本当に存在していたのだけは最後の最期に分かった…



カナカナカナカナ....


225以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:44:12.484k3ByETt0 (10/11)

翻弄されて発症。自殺END


1この編をやり直す
2このまま次の編へ進む


多数決下5まで


226以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:46:41.70fmHDRTa+0 (2/3)

2


227以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:47:41.16szmTjIBXo (2/2)

2


228以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:47:50.69KV4/bTPdO (1/1)

2原作通り次の編


229以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:48:39.80SJIeC7jyO (1/2)

質問タイム有りなら1


230以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:50:07.56MYzL6fBv0 (1/1)




231以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:51:24.90SJIeC7jyO (2/2)

梨花ちゃんの好感度や俺君の過ちを思い返すのは引き継ぐのか教えてくれても


232以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 17:51:31.33XPt6r+h3o (1/1)

自動で次の編ではなくこの編をやり直す選択が出来るようになったのはありがたいです。どうもありがとうございます。


233以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 18:02:29.764k3ByETt0 (11/11)

>>231
特殊な家系や個体では無いので全て完全にリセットです
梨花→何か奇跡を見せて上限突破させていないと引き継げません
過ちはおかして無いので思い返す物もありません



次の編へ進みます


234以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 18:07:21.83wF8sqFhGO (3/3)

もう一度やって
>>66に行くのが正解だったか



235以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 18:07:29.25fmHDRTa+0 (3/3)

次は綿流し編か


236以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 18:12:10.810sQNVgW20 (1/1)

記憶のない俺の無能さはまどマギで嫌というほど味わったからなあ
最悪バッドエンドループから抜け出せなくなるで


237以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 19:10:06.01y8iMYKpRO (1/1)

せやな


238以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/08/30(金) 20:38:25.40ubwwwPPYo (1/1)

そのうち圭一が何とかしてくれるやろ


239以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 01:15:15.679id9YT+vO (1/3)

なんでこっちはもう終わらせるって選択肢無いの?


240以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 01:22:52.02b+PRb5wC0 (1/5)

失せろ種厨


241以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 01:25:58.11n9ao3lk8o (1/2)

まだ一度も終わりにたどり着いてないから


242以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 01:28:19.309id9YT+vO (2/3)

ENDって書いてあるじゃん終わりに辿り着いてるでしょ

これで違うっていうなら向こうだってまだ終わってない


243以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 01:31:45.74n9ao3lk8o (2/2)

次の編へ進むって書いてるでしょ?
ここのENDは繰り返しの第一章目が終わったにすぎない
種は最後まで戦ってエンドを迎えてる
終わらせたいなら協力して謎を解決しろってこったな


244以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 01:38:03.70b+PRb5wC0 (2/5)

種は過去に1がやってる。ひぐらしは今回が初
そもそも種は今回のエンドより前にひぐらしに負けてたのに1が温情出続けてただけ
その温情ですら1回最初からやり直してる
これらの結果1が判断して入れただけだろ
しかも時間すら指定してくれてあの圧倒的ホームの場で負けたんだからこれ以上ガヤガヤ言うなよ


245以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 01:41:46.97hqxDcuKp0 (1/25)

雛見沢

レナ「俺君。こっちで魅ぃちゃんが待ってるから~」ギコギコ

俺「日曜も部活するんだなぁ」ギコギコ

レナ「魅ぃちゃんが圭一君に負けたままじゃ終われないって。ふふふ」

俺「あぁ…なるほど。確かに昨日は珍しく圭一が1位だったなぁ」

レナ「俺君も早く1位取れる日が来ると良いね」ニコッ

俺「」ガクッ

レナ「ふふふ」

俺(レナは俺が初めてこの村で出会った同級生で、こんな風に未だ越して来て間もない俺は場所が分からないだろうと親切に目的地まで道案内してくれる事が多い)

レナ「ん?どうしたのかな?かな?」

俺「いや、なんでも」フルフル

俺(語尾を繰り返す癖があったり、かぁいいモードに入ったり、名前が珍しかったり、ゴミ山が住処だったり…実はかなり鋭かったり…)

俺(…まぁ色々変な所はあるが多分良い子だろう)

魅音「おっす、レナ。俺」

レナ「おはよう魅ぃちゃん」キイッ

俺「よっ」キイッ

俺(魅音は我らが部活の部長。何をやらしても卒なく熟し、放課後の部活では1位を獲得する事が非常に多い)

魅音「んー…それにしても圭ちゃん遅いなぁ…」

レナ「圭一君は朝寝坊さんだね。だね」

俺(…俺達の1学年上で、今年受験生なのだが圭一から勉強を教えて貰っていたり、あるぇー?やおじさんが口癖なのが謎だが多分良い奴だろう)

俺「しかし自転車なんか持ち出して、今日の部活は何処でやるんだ?」

魅音「んー。ちょっと興宮の方でね。ま、着いてからのお楽しみって事で」

俺「ふーん。着いてからのお楽しみ…」

俺(隣町か。そういや未だ行った事無かったな…)

魅音「まぁ未だ俺は来て数日だし仕方ないよなぁ…」

俺「そうそう…ってこら。人の気持ちを代弁するな!」

魅音「あはははは」


246以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 01:42:08.05cbGTB4qXO (1/1)

ここも原作通り8回ループになるのかね


247以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 01:43:45.77Z/sOCTjAO (1/1)

向こうの種継続派だった人も言ってるが負けたのなら潔く勝者を祝福して手伝っやれって話よ


248以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 01:52:12.219id9YT+vO (3/3)

確かにそうだな。祝福するべきだった

はやく種やりたいからさっさと終われるようにするか


249以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 01:58:05.91hqxDcuKp0 (2/25)

雛見沢

圭一「悪りぃ待たせたな」キイッ

魅音「圭ちゃんおそーい」

レナ「おはよう圭一君」

俺「相変わらずいつも最後に来るな」

圭一「そりゃあ休みの日だから寝てたからな!」ドヤアッ

俺「いや、そんなドヤ顔で言われても困る」

俺(圭一は俺より先に1ヶ月早くこの村に越して来た同級生だ。絵に描いたような熱血漢だが、頭もかなりキレる)

圭一「で、今日はどんな部活内容なんだ?」

魅音「今日は私達の決戦に相応しい飛び切りのステージを用意したんだよねえ~」ニヤニヤ

圭一「ほぉ…そりゃ熱いな。昨日のようにオレが何度だって勝つに決まってるけどな」

魅音「ふふふ。そりゃ楽しみだねぇ~」

俺(圭一と魅音は他のメンバーと比べると頭一つ抜けて友達と言う枠を超える位には仲が良い…だが、鈍感の圭一はその事に全く気付いていない)

俺(…まぁ圭一にも選ぶ権利はあるし、別に良いんだろうが…魅音は少し気の毒である)

俺「梨花ちゃんと沙都子ちゃんが待ってるんだろ?行かなくて良いのか?」

魅音「ああそうだった。行こう行こう」ギコギコ

圭一「おう!」ギコギコ

レナ「車に気を付けて着いてきてね」ギコギコ

俺「分かった」ギコギコ

俺(隣町かぁ~。何があるんだろ)


250以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 02:10:29.31hqxDcuKp0 (3/25)

玩具屋前

俺「ここ?」

魅音「うん。ここ」

圭一「しかし、なんか普通の玩具屋なのに子供がすげーいっぱいいるな…」

俺「ああ…」

子供達「」ガヤガヤ

圭一「もしかして今日はあの店で何かイベントとかあるのか?」

魅音「その通り!なんと優勝賞金は5万円!」

俺「な、何~ッ!?」

圭一「ご、5万円!?」

沙都子「あ、皆様方~」フリフリ

梨花「お待ちしてましたです」ニコッ

俺(あの2人はトラップ使いの沙都子ちゃんに、狸の梨花ちゃん)

俺(2人とも部活メンバーだが、これまた歳も離れてる筈なのに、俺よりも遥かに…)

俺(時にはレナや圭一よりも実力がある部活メンバーである)

俺(ここに越して来た俺は、今はこの5人と一緒に部活のメンバーをやって一緒に居る事が多い)

魅音「んじゃ、早速行ってみよう!」スタスタ


251以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 02:25:35.82hqxDcuKp0 (4/25)

玩具屋内

圭一「なるほど。ここが今日の部活の場って事か」

魅音「私、この店のおじさんと仲良しでね。たまーに客寄せイベントって事でゲーム大会を開かせて貰ってるんだよ」スタスタ

圭一「へぇ…」スタスタ



俺「ゲーム大会に5万円なんか賞金が出るんだな…」スタスタ

レナ「実は魅ぃちゃんの自腹なんだよ。だよ?」スタスタ

俺「なっ…!?えぇっ!?ま、マジか…」

レナ「うん」

俺「…なるほど。それ程、圭一に負けたのが悔しかったんだな魅音の奴」

俺「しかし、俺達も居る事を忘れられたら困るぜ!」

レナ「今日は大勢の部活だし、今日こそ1位取れると良いね」

俺「」ガクッ

沙都子「おーほっほっ!今日1位を取るのは魅音さんでも圭一さんでも俺さんでもありませんわ!」スタスタ

沙都子「今日はわたくしが1位を取らせて頂きますの!」

梨花「僕も頑張るのですよ~。にぱ~」スタスタ

魅音「ちなみにいつもはビリの人のみだけど、今日の優勝者は負けたメンバーを自由にして良し!」

圭一「上等だぜ!」

俺(種目はカルタ大会か…。これなら俺にも勝機が…といつもみたいに考えていたら確実に負ける…)

俺(圭一と魅音の争いから漁夫の利を得る方法と、レナのパンチを躱して、沙都子のトラップに嵌まらず、梨花ちゃんの取り巻きを制する方法を考え無いと…)

俺(対戦中にそれを思いつく事ができれば、俺にも勝機がある)グッ

コンマ下二桁
91以上俺、閃く(俺まさかの単独首位に。俺、5万円+人形ゲット)
90以下俺達4人は入る隙すら無いくらい、最後は魅音と圭一のデットヒートだった

安価下


252以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 02:30:07.77cPgjxstPO (1/2)

コンマ神は今日も絶好調。


253以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 02:38:12.80hqxDcuKp0 (5/25)

コンマ77(7ゾロボナ)


1敗退した4人の中では善戦した方でトップだった(部活メンバー全員の好感度が3から4に上昇)
220%難度を下げて再判定
3巻き戻り権利ストック

多数決下3まで


254以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 02:41:53.89b+PRb5wC0 (3/5)

3


255以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 02:42:30.63cPgjxstPO (2/2)

1


256以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 02:53:43.53B47zRFZ/O (1/1)

1


257以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 02:53:46.56fomR3srQ0 (1/2)

1


258以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 03:13:29.60hqxDcuKp0 (6/25)

玩具屋内

俺「くぅ~…頑張った…」

俺が取ったカルタ「中くらいの山」

レナ「わぁ。今日は凄いね俺君。レナよりも沙都子ちゃんよりも梨花ちゃんよりも多いかな?かなぁ?」

沙都子「そんな、あり得ませんわ~!わたくしが俺さんにも負けてしまうなんてー!」

梨花「みー。また俺にイカサマされたのです…」

俺「イカサマて…勝つ為には何でも有りらしいから、実力の無い俺が勝ち上がるにはこうするしかないんだよ」

沙都子「今日はいったいどんなイカサマをしたんですの!?」

俺「…いや、でも足らなかった。もう少し早ければ届いたんだが…あの2人には届かなかった…」ジッ

圭一の取ったカルタ「かなりの山」ドンッ

圭一「まっ、オレも本気だったしな。入ったばっかりの新入部員には負けられねえよ」

魅音「全く、その通りだねえ圭ちゃん。末恐ろしい新入部員が入って来たもんだよ」

魅音の取ったカルタ「かなりの山」ドンッ

俺「やっぱりあの2人は次元が違うな…くっ…今日こそは1位を目指していたんだが…。無念…」

梨花「かわいそ、かわいそなのですよ~」ナデナデ

俺「はぁ…後は頂上対決か。魅音か圭一か…」

魅音「ラスト1枚…」

圭一「ああ、読み上げてくれ!おじさん!」

玩具屋の主人「あ、ああ。コホンーー」

魅音「…。」ジッ

圭一「…。」ジッ

時計「3時コチッ」コ-ンコ-ンコ-ン

魅音「ちょっと待ったあ!!」

俺「うん?」

圭一「え?」

魅音「この勝負、ここまで。後は園崎魅音に預からせて貰うよ」



部活メンバーの好感度が4に上がった


259以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 03:26:43.55hqxDcuKp0 (7/25)

玩具屋前

圭一「な、なぁにぃ~!?こら魅音!逃げる気か!?」ジタバタ

魅音「ごめん圭ちゃん。私これからバイトなんだよね~」

俺「なんだ魅音。バイトなんかしてたんだ?」

魅音「うん。ちょっとね~」

圭一「なんだよそれ!オレは聞いてないぞ!?」ジタバタ

玩具屋の主人「まぁまぁ、優勝賞金は今度に回すとして…今日の所はこれで」スッ

小包み「」

圭一「ん?…ええっ!?なんだよこれぇ~?」スッ

人形「」

俺「なんだ。人形か…」

沙都子「あらあら、可愛いのが出てきましたわ」

梨花「…//」ポッ

レナ「はぅ~。良いな良いなぁ~お持ち帰りぃ~///」クネクネ

魅音「はははは。圭ちゃんには似合わない物貰ったねぇ~」

圭一「はぁ…どうせ…」

俺(…まぁ普通に考えて男の俺達には必要無いよな。圭一、これどうするんだろ)


俺or梨花フラグ無し
コンマ下二桁
11以上圭一、レナにあげた
10以下圭一「お、俺…。良かったら…やるよ///」(圭一からの好感度が10に上昇)

安価下


260以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 03:38:07.89b+PRb5wC0 (4/5)

ホモ


261以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 04:04:11.59hqxDcuKp0 (8/25)

コンマ89
玩具屋前

圭一「やるよ」スッ

レナ「えっ?くれるの…?レナに?///」

俺(あ、レナにあげた)

圭一「可愛い物と言えばレナだろ?」

レナ「ありがとう!はぅ~///」人形スリスリ

圭一「オレがこんなの持ってても仕方無いし…。魅音も、似合わないタイプだしな」ニカッ

俺(げっ…圭一……)

魅音「あ……よーく分かってるじゃない。あたしもさ、どうして男に生まれなかったんだろうって思う時、あるんだよね~…あはははは…」クルッスタスタ

圭一「おっ!よく分かってんじゃん!」

レナ「…。」

俺(…圭一、幾ら何でも鈍感過ぎる…。デリカシーなさすぎだろ…これじゃ魅音はあんまりだ…)

魅音「ん…んじゃーね皆んな。また明日」ギコギコ

圭一「おう!」

レナ「ばいばーい」フリフリ

俺「じゃな」フリフリ

圭一腹「」グウゥ...

俺&レナ&梨花&沙都子「うん?」

圭一「あ…はは、なんかオレ、腹減ったな。なんか食ってかね?」

レナ「ごめんレナはお夕飯の支度があるから」

梨花「僕達もお買い物して帰らないと駄目なのです」

沙都子「残念ですわ~」

俺「俺は…」


1仕方ない。俺が付き合ってやるよ(圭一の好感度5に上昇)
2俺も、爺ちゃんの飯作らないといけないしレナと一緒に帰るよ(レナの好感度5に上昇)

多数決下3まで


262以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 04:06:42.51cepnjxgLo (1/3)

2


263以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 04:07:57.05SYm66isdo (1/1)

1


264以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 04:12:16.15SbE7KKIvO (1/1)

2


265以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 10:59:22.08WXFwXpoFO (1/2)

今はまだエンドにたどり着いていないから皆手伝おうとしてるけどエンドたどり着いたら種派とひぐらし派とその他派で争いが生じるだろうな・・・


266以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 11:25:06.01jjOKOOmG0 (1/2)

なんで種終わらせたし
ひぐらしの方に種厨が流れ込んで荒れるってわかってんのかよ


267以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 11:38:06.65NvsnDJyDO (1/2)

流石にツートラックとかイッチの負担大だし、
荒れれば荒れるほどこちらが終わらなくて困るのは種派だけどな


268以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 11:49:10.847OZutiEM0 (1/1)

なんか身勝手な読者様たちがわらわらと居て笑えるな
別にイッチは頼まれて仕事として書いてるわけじゃないんだから
必要以上の批判や過去作への未練をたらたらと書き連ねてる人はもう自分で書きなさいよ
なにか言うとしても前向きなこれからを応援するような事を書けんのかね!


269以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 12:30:51.85WdxR/qvPo (1/1)

別に種終わるのはいいんだけどこっち一本にして速度上がるの?
変わらんなら終わらせる意味ないよね


270以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 13:03:23.161yD2Cey7O (1/1)

少なくとも二本同時だからと言い訳はされなくなる


271以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 13:10:17.72hqxDcuKp0 (9/25)

玩具屋前

俺「俺も、爺ちゃんの飯作らないといけないしレナと一緒に帰るよ」

圭一「あー…そっか。じゃっ、オレ一人で行ってみる。また明日な」

俺「ああ、んじゃな」

レナ「またね~」



帰り道

俺「なぁレナ」ギコギコ

レナ「ん?」ギコギコ

俺「圭一が人形の件で魅音に言ってたアレ…。酷くなかったか?」

レナ「あぁ…俺君も気付いてたんだ。折角お人形貰えたけど、レナもなんだかなぁって気分になっちゃったかな…」

レナ「でも私の手から魅ぃちゃんに渡しても意味ないし…」

俺「ぶっちゃけさ。魅音は圭一の事が好きなんだろ?」

俺(…あれ?と言うか今…?)

レナ「え?そ、それってどう言う事かな?かな?…///」

俺「一人の女性として圭一に惹かれてるって俺は思ってるんだが…違うか?」

レナ「…ううん。多分、そうだろうね」ニコッ

俺「だよなぁ。まぁ、当の圭一は超が付くくらい鈍感でデリカシーも無いから、魅音は見ててかなり可哀想だよ」

レナ「うん…そうだね。ちょっと女の子の気持ちが分かって無さ過ぎるかな圭一君は…」

俺「しかし部員内で恋かぁ」

レナ「はぅ…///」

俺「まぁ皆んな言っても年頃だし、そんな浮ついた話が1つや2つくらいあってもおかしくは無いと思うけどな」

レナ「うん、そうだね。俺君も誰か気になる子とかいる?」

俺「え?お、俺!?俺は…」


1俺、実は魅音の事好きだったのになぁ…
2お、俺は…。レ…レナの事が……好き…かも…
3居ないかな。今の所は


多数決下3まで

レナの好感度が5に上がった



272以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 13:11:20.25cepnjxgLo (2/3)

3


273以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 13:12:00.57b+PRb5wC0 (5/5)

3


274以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 13:12:12.54StwekgYiO (1/1)

2


275以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 13:17:00.433lY4T1oRo (1/2)

1


276以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 13:17:52.64UqMQ9PVeO (1/1)

1


277以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 14:44:01.75hqxDcuKp0 (10/25)

雛見沢
帰り道

俺「俺は未だ居ないかな?今の所は…越してきたばっかだし」

レナ「…あぁ、そうなんだ」

俺「と言うか、どうしてそんな事俺に聞くんだよ?」

レナ「ううん。もし居たならレナが圭一君と魅ぃちゃんみたいにならないように、フォローしてあげようかなって思ったんだけど」

俺「フォローって…そう言う事は直ぐに真っ赤になるレナには無理だろ。ははは」

レナ「はぅ~!そ、そんな事無いよぅ~!///」

俺「まぁ、いつかできた時はレナにも相談するよ」

レナ「うん。じゃあ期待して待ってるね」ニコッ

俺「おう、それじゃ俺こっちだから。またな」ギコギコ

レナ「ばいば~い。また明日ね~」フリフリ

レナ「…。」



278以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 15:12:53.62hqxDcuKp0 (11/25)

undefined


279以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 15:13:37.71hqxDcuKp0 (12/25)

翌日
雛見沢帰り道

魅音「へえ、今日お父さんもお母さんも居ないんだ」スタスタ

圭一「全く。育ちざかりの子供を放ったらかしてとんだ鬼親だぜ」スタスタ

魅音「あはははは。文句言わないの。んじゃーまた明日」

レナ「今日もバイト~?」

俺「最近多いな」

魅音「そ、慣れないウチは早目に来いって言われてんの」

圭一「やっぱりウェイトレスって大変なんだな」

レナ「ほえ?」

俺「魅音のバイトってウェイトレスだったのか?」

魅音「違う違う!あたしは玩具屋!おじさんに店番頼まれちゃってさ」

魅音「ウェイトレスやってるのは詩音の方!」

圭一「あーごめんごめん。間違えた」ニヤッ

俺「ん?てかさ待ってくれ」

レナ「詩音って誰かな?」

圭一「あぁ、魅音の双子の妹なんだけどさ。性格はぜんっぜん違うんだ」

魅音「そうそう。外見は似てるんだけど性格は大違いでね」

魅音「あたしは優しくて思いやりのある性格だけど、詩音は冷めてておっかないんだよねえ!あっはははははは」

圭一「……。」

俺「むしろ魅音に双子の妹なんて居たのが驚きなんだが…レナは知ってたのか?」

レナ「ううん。レナも知らなかったよ~。 お家に行っても会った事無かったし」

俺「へえ。一年付き合いがあるレナも初耳か」

魅音「あ、え、ええと…その、ほら!ばっちゃと住んでるのあたしだけだから!詩音は興宮の実家に住んでるの!」

魅音「あんまし仲良く無いから行き来もあんまないしさ…」

レナ「ふーん。レナも会ってみたいな。何処のお店で働いてるのかな?」

俺「ああ。俺達にも紹介しろよ」

魅音「あー…その!ごめん!バイト急ぐから!また明日!明日!明日~」ビュ-ンッ

俺「あ…」

圭一「逃げたな…」

レナ「変な魅いちゃん…」


280以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 15:14:23.97hqxDcuKp0 (13/25)

帰り道

俺「俺達に双子の妹を紹介したくなかったとか?」

レナ「うーん。でも魅ぃちゃん。なんだか可愛かった!なんでかな?なんでかなぁ?」

俺(俺には分からんかったが…)

俺「まぁ魅音がバイトなら部活無いのも納得だな。二人はこの後どうするんだ?」

圭一「オレは帰って何か自分で作らねーと飢え死ぬ…」

俺「1日で大袈裟過ぎる…。レナは?」

レナ「レナも今日は時間あるし買い物にでも行こうかな」

俺「ふーん。そっか」

レナ「俺君は?」


1俺も今日は真っ直ぐ帰って飯食って寝よう(イベント挟まず翌日へ)
2ゴミ山に行って雛見沢連続殺人について調べる
3圭一、良かったら俺が何か作ってやろうか?
4魅音のバイト姿見に行ってみようかな


多数決下3まで


281以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 15:14:41.34i5Prf6a90 (1/1)




282以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 15:17:52.18smQ0+UXn0 (1/2)

4


283以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 15:18:05.44X/XbUdZO0 (1/1)

4


284以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 15:19:13.43fomR3srQ0 (2/2)

2


285以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 15:56:38.43hqxDcuKp0 (14/25)

興宮
玩具屋

自転車「」キイッ

俺「魅音がバイトしてるのって…玩具屋って言ってたから、昨日の店だよな?」

俺「あれ?でも何で玩具屋に居たのに、昨日は3時になったら別の場所にバイトへ向かったんだ?」

俺「……?」

俺「うーん、よく分からんが今日は居るだろ」スタスタ

玩具屋の入り口「」

俺(やっぱイベントが無い日は結構閑散としてるなぁ…)

俺「ん?」

玩具屋の主人「いらっしゃい。おや、君は昨日の…俺君だったかな?」

俺「あ、はい。魅音て居てますか?」

玩具屋の主人「え?魅音ちゃん?ううん。今日はバイトの日じゃ無いからね」

俺「へ?…あ、ああ。そう…なんですか…」

玩具屋の主人「なんだい?何か伝えたい事とかあったのかな?」

俺「あ、いえ…気にしないで下さい。明日学校でまた会えますから…」スタスタ

玩具屋の主人「??」



玩具屋の前

俺「……あれ?どう言う事だ?」

俺「あいつ今日バイトって言ってたから、わざわざ冷やかしに来てやったってのに…居ない?」

俺「やっぱり玩具屋じゃなくてウェイトレスやってるのか?」

俺「でもウェイトレスなんて言っても、何処の店に居るのか分からないしなぁ…」

俺腹「」グゥ...

俺「はぁ…。無駄足踏んでお腹空いて来たな俺も…」  

自転車「」ガシャンッ

俺「もう真っ直ぐ帰るか…」

自転車「」ギコギコ

俺「うん?」

エンジェルモート「」

俺「へえ。隣町にはこんなに大きいファミレスがあったのか。初めて知ったな」

俺腹「」グウゥ...

俺「…。」


1エンジェルモートと言う店で食べて行く
2…いや、帰って爺ちゃんと一緒に食べよう(俺、関わらない)


多数決下5まで


286以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 15:59:12.34CuQKB/hcO (1/1)

1


287以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 15:59:40.27hAQxHKlzO (1/1)

もう人形レナに渡して惨劇不可避だし1で関わったらまた道連れで発症させられる
2


288以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 15:59:50.18cepnjxgLo (3/3)

1


289以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 16:00:29.20T1cY9WpaO (1/1)

2


290以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 16:00:35.09+2ecR8Syo (1/3)

2


291以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 16:00:57.81/KXS1SEVO (1/1)

2


292以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 16:08:02.41smQ0+UXn0 (2/2)

別に祭具殿に入らなければいいだけなのにここで固まると思ってんの?チキンだねぇ


293以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 16:10:29.55Ycq/eGiE0 (1/1)

今度、終わったらどうすればいいか>>1に聞くしかないんじゃないか?


294以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 16:17:08.69jjOKOOmG0 (2/2)

序盤からチキンになりすぎ
それとすぐに>>1に聞けばいいとか言っちゃうのはスレの楽しみ潰すのと同義だからやめてくれない?


295以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 16:21:14.37NvsnDJyDO (2/2)

死んだところで因果点やら能力低下とかのペナルティないんだからガンガン関わった方がよくね?
さらに言えば原作でもループ8回はあるから最初から死なずにクリアするって考えが間違えっぽいし


296以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 16:30:52.22hqxDcuKp0 (15/25)

翌日
通学路

レナ「おはよう。魅ぃちゃん」スタスタ

俺「おはよう」スタスタ

圭一「ふあぁ…よう魅音…」スタスタ

魅音「3人共おはよう。それじゃあ行こっか」スタスタ  

俺「なぁ魅音」

魅音「ん?どったの?」

俺「お前、昨日本当にバイト行ったのか…?」

魅音「え?な、なんで?」

レナ「俺君、昨日魅ぃちゃんの頑張りを見に玩具屋まで行ったんだって」

魅音「あ、ああ!あぁ~なるほどね~」

魅音「いやぁ実は昨日ちょうど帰ったら家の用事入っちゃってさぁ~」

俺「休んだって事か?」

魅音「そ、そうそう。休むしか無かったんだよね~」

俺「へえ。まぁ園崎家は忙しいから、それなら仕方ないな」

魅音「うんうん。また今度来てよ。今度はちゃんと待ってるからさ」スタスタ

俺「あぁ、分かった。また時間があったら行くよ」スタスタ

レナ「…。」スタスタ

圭一「うしし」ニヤニヤ


297以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 16:45:18.003lY4T1oRo (2/2)

なーに原作通りなら最低100年はループできる


298以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:00:12.19hqxDcuKp0 (16/25)

undefined


299以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:00:38.86hqxDcuKp0 (17/25)

雛見沢分校
放課後

圭一「で、今日のゲームはなんだ?」

レナ「それよりレナは、今日の罰ゲームは何だ?の方が先だと思うな」ニコニコ

俺「辞めてくれそのセリフは~俺か圭一がビリになるの確信してるみたいじゃないか」ガ-ン

魅音「しししっ!そうだよ!今日はしかもとびっきりのを用意したよ~!」クルクルッ

梨花「ごめんなさいです~…。僕はちょっとやりたい事がありますです…」

魅音「あれれれれ?」クルクルクルドカ-ンッ

俺&圭一&レナ「ん?」

魅音「どうしたの~…?」

レナ「あっ、そうか。綿流しの練習だね」

俺「ああ、確か年一回の祭りがあって梨花ちゃん所が実行委員なんだったっけ?」

沙都子「そうですわ。今度の日曜ですもの。梨花は猛特訓中なのですわよ」

梨花「みー…」ニコッ

魅音「ああ、そっかぁ。じゃあ今日の部活は中止だね~…」

梨花「ごめんなさいなのです。でも、頑張りますですよ」ニコッ

魅音「うん」

レナ「皆んな応援してるからね」

圭一「梨花ちゃん、大会か何かなのか?どうして俺が知っててオレが知らないんだ?」

俺「え?回覧板に書いてただろ?」

圭一「回覧板?そんなもんあるのか?」

魅音「ええ、圭ちゃん家には行ってないのぉ~?今度の日曜は綿流しのお祭り」

圭一「あーそう言えば、そんなような事をお袋が言ってたような…」

俺「祭りの存在自体知らなかったのか…」

魅音「しっかりしてよね~」


300以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:01:24.94hqxDcuKp0 (18/25)

教室

レナ「綿流しのメイン儀式で巫女さんがやる奉納の舞ってのを梨花ちゃんがやるんだよ」

魅音「そうそう。鍬を持って舞を踊るんだけど、その鍬がすんごく重いらしくて、梨花ちゃん。餅つき用の杵持って練習してるらしいよ」

俺「餅つき用の杵なんて持てるんだな梨花ちゃん。あの小ささで…」

圭一「人は見かけによらないって事か」

レナ「見かけとは逆が真かもしれないよ?」

俺「それはレナの事だろ?」

レナ「はぅ~!?違うよぅ!///」

魅音「あはは。あ、いっけね、あたしも今日バイトだ!先帰るね」タッタッタッ

レナ「うんバイバイ」

圭一「人は見かけによらないって事は、あの魅音も実は良い人って事か?」

レナ「魅ぃちゃんは良い人だよ。いっつも皆んなのリーダーとして頑張ってるけど、本当はとっても可愛い女の子なんだよ」ニコッ

圭一「可愛い女の子?」

俺(フッ…圭一がそれに気付けたら魅音も苦労しないよ)

圭一「まっ、そうかもな」

レナ「うん」ニコッ

俺(…あれ?)


301以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:08:29.35hqxDcuKp0 (19/25)

帰り道

俺「今日は2人とももう帰るのか?」スタスタ

圭一「ああ、ちょっと今日はオレ。用事があるんだ」スタスタ

圭一カバンの中「弁当の容器」

俺「…圭一が用事なんて珍しいな」

圭一「おい!お前の中でどんだけ暇人扱いされてんだよオレは!」

レナ「あははは」

俺「レナはどうするんだ?」

レナ「ん~レナはね。今日は部活も早く終わったし、この後予定も無いから宝探しに行くつもりだよ?だよ?」

俺「宝探しか」

圭一「またあのゴミ山に行くのかよ…」

レナ「ゴミじゃないよぅ~!レナにとっては宝の山だもん!」

圭一「俺はどうすんだ?」

俺「俺は…」


1最近疲れてるし帰ってぐっすり寝るよ(綿流し当日へ飛びます)
2俺も今日は暇だしレナの宝探しに付き合うよ

多数決下3まで


302以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:09:14.88WXFwXpoFO (2/2)

2


303以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:10:18.56zg4+s9dzO (1/2)

2


304以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:11:14.878AM5Jmy30 (1/1)

2


305以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:36:50.5873BD1HC10 (1/3)

これぞというタイミングでビシッとコンマを決めてくる人ってなんかコツとかあるのかな 裏山


306以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:38:18.09hqxDcuKp0 (20/25)

帰り道

俺「俺も今日は暇だし、レナの宝探しに付き合うよ」

レナ「えー本当!?俺君が一緒に手伝ってくれる。1人じゃ取れないかぁいい物も発掘できる。嬉しいな!嬉しいなぁ~///」

圭一「そっか。じゃあまた明日な」スタスタ

俺「おう。じゃあな」

レナ「また明日ね~圭一君」

俺「じゃあ行くか」

レナ「うん。あ、ちょっとレナの家に寄って行っても良いかな?かな?」

俺「え?あぁ、良いけど…」


レナ家前

レナ「お待たせ~」スタスタ

俺「…。」ジッ

レナ右手「鉈」

俺「どうして宝探しに鉈…?」

レナ「必要になるかと思って」ニコニコ

俺「いや、どんな宝探しだよ…まぁ別に良いけど、こっち向けたりするなよ。危ないから」

レナ「うん!分かってるよ」ニコニコ

俺(…側から見たら鉈持った怖い子だ)


307以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:43:02.96hqxDcuKp0 (21/25)

ゴミの山

俺(相変わらずここはゴミ山だな…)

レナ「はぅ~!今日はどんなかぁいい物が見つかるかなぁ~」

俺「…。」

俺(そう言えば俺とレナはここで初めて会ったんだよな…)

俺(そして何度か一緒に宝探しをする内に、俺はこれを見つけた)

古い週刊誌「」

俺(…ここで昔、バラバラ殺人があったらしいが…まぁレナも去年越して来たらしいので聞いていないが)スタスタ

俺「しかし、こんな限定された足場をよくもまぁ走り回れるもんだ」

俺「レナの奴、どれだけここに…」

床「」ツルンッ

俺「どわっ!?」

レナ「あっ、大丈夫!?」ガシッ

俺「あ、ああ悪いな…。助かった…」

俺「…。」

レナ「ん?どうしたのかな?俺君?何処か怪我でもしちゃった?」

俺(前に一緒に来た時よりも距離は縮まったと思うし、この際レナにもう少し踏み込んだ質問をしてみるか?)


1レナの地雷を踏まないよう特に何も聞かない
2逆にレナは好きな人とか居るのか?
3……ここで昔、バラバラ殺人ってあったよな?
4魅音の双子の妹ってさ、本当に存在するのかな?
5オヤシロ様の祟りって…何なんだ?
6選べない(※レナを殺していないor殺されていない)


多数決下5まで

レナの好感度が6に上がった


308以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:44:02.44Tfai4t49O (1/1)

4


309以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:45:56.9573BD1HC10 (2/3)

2


310以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:48:12.00dP2XOzIY0 (1/1)

2


311以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 17:49:54.93+2ecR8Syo (2/3)

2


312以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 18:12:18.52hqxDcuKp0 (22/25)

ゴミの山

俺「…な、なぁレナ」

レナ「うん?」

俺「前に2人で帰った時、レナは俺に好きな人が居るか聞いたじゃん?」

レナ「え?あぁ…うん」

俺「そんで俺は居ないと答えた」

レナ「言ってたね。それがどうかしたの?」

俺「じゃあ逆に聞くが、レナは好きな人とか居るのか?」

レナ「えっ、えぇ!?///」ボッ

レナ「ど、ど、ど、どうしてそんな事聞くのかな?かなぁ!?///」

俺「いや、居ないなら居ないで良いんだ。ただ、魅音と同じように居るとしたら…」

俺「俺も、レナの恋は応援したいなって思って…」

レナ「はぅ…///」カアァッ...

俺「居る…のか?」ドクンッ

俺(あ、あれ?なんか聞いてる俺まで緊張して来た…)ドキッドキッ

レナ「れ…レナは…レナは…///」

俺「…。」ゴクリッ


レナ好感度6(レナフラグ構築失敗ルート)
コンマ下二桁
11レナ「大石さん」(昼壊し編へ)
81以上レナ「レナは…お、俺君の事…///」(レナ好感度上昇。選択肢へ)
21~80レナ「レナは皆んなの事が好きだよ」(相変わらず本心は見せてくれないレナ)
11~20レナ「レナもね、本当は圭一君の事…」(レナ、魅音達と泥沼に)
10以下レナ「…私は、好きとか嫌いとか…そんな感情はくだらないって思ってるよ」(レナの爆弾を起爆させてしまった)



安価下


313以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 18:13:19.50zg4+s9dzO (2/2)

どや


314以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 18:19:01.53zG93Q0BZO (1/1)

フラグ構築して付き合って俺君とレナが生きたら綿流し編でレナEND行けそうだな
ここだと緊急マニュアル発動しないし


315以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 18:29:47.07+2ecR8Syo (3/3)

微妙な結果だな
レナの好感度を上げたほうがいいのかはわからんが


316以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 18:30:53.98MvAWo5Aoo (1/1)

デイブレイク見たかったなww


317以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 18:41:10.28hqxDcuKp0 (23/25)

コンマ50
ゴミの山

レナ「レナは、皆んなの事が好きだよ」

俺「あ…」

レナ「魅ぃちゃんも圭一君も梨花ちゃんも沙都子ちゃんも…勿論俺君も皆んなの事が大好きかな?///」

レナ「だから俺君はレナよりも魅ぃちゃんを応援してあげて欲しいかな」ニコッ

俺「…。」

レナ「ん?どうしたのかな?かなぁ?」

俺「いや、レナがそう答えるのは知ってたって思ってな」

レナ「ほぇ?」

俺「何でもない。ほら、宝探し。始めようぜ」クルッ

レナ「あ…うん。今日は俺君と一緒だし、かぁいいもの見つかるかなぁ~//」

俺「フッ…」スタスタ

俺「…。」

俺(今のレナはいつもと変わらない。全員に優しくて、突然かぁいいモードに入る時があって、そして妙に気が利く…)

レナ「うーん。こっち探してみようかなぁ」トンッ

俺(…でも俺は…多分俺しか気付いていないが)

レナ「かぁいぃ物でておいで~」ガサゴソ

俺(レナが時折一瞬だけだが、今とは全く違う…とても冷たくて悲しい顔を見せる時があり…今のレナは仮面を被っていると思う時がある)


レナ『見かけとは逆が真かもしれないよ?』


俺(いつか俺は、レナの本心が助けを求めて来た時…ちゃんと打ち解けて彼女を救う事ができるだろうか…)

レナ「あ、俺君こっち来て~」

俺「あぁ、待ってくれ」スッ

俺(いつかきっと、レナの本心と話せる日が来たら良いな…)


318以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 18:54:03.48hqxDcuKp0 (24/25)

綿流し祭り当日

俺(それから、綿流しの日がやって来た)

レナ「はぅ~今年もやってるねぇ~//」キョロキョロ

俺「結構人が来てるなぁ」スタスタ

魅音「そりゃそうだよ!年一回のこの村の一大イベントだからね!」スタスタ

圭一「今日はここが部活会場か!楽しみだぜ!」スタスタ

沙都子「遅いでございますわよ皆様方」スタスタ

梨花「こんにちはですよ」スタスタ

レナ「はぅ~!梨花ちゃんの巫女服姿かぁいいよ~!お持ち帰りしたい~!///」クネクネ

圭一「はは…レナはいつも通りだな」

梨花「どうですか俺?似合ってますですか?」

俺「ああ、バッチリ決まってる。夜の奉納演舞もしっかり目に焼き付けるからな」

梨花「はいです」ニコッ

魅音「じゃ、時間も無いし早速行ってみよ~う!」



ーーその後、俺達は綿菓子早食い対決やたこ焼き早食い対決。レナと梨花がダメだった射的を圭一が見事に1撃で仕留めて驚かされたりと祭りを楽しんだ

そして夜…


319以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 18:54:35.9873BD1HC10 (3/3)

>>233で全て完全にリセットってかいてあるけど 他にリセットされるされない設定はあるんだろうか
聞ける範囲でいいので

特に >>8の (俺、レナ発症時はキーキャラになる因果に) と
>>66の 生まれ変わりではない凡人設定がこれからのコンマで変わる可能性があるのか が気になる


320以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 19:44:17.46hqxDcuKp0 (25/25)

舞台

梨花「はっ!」鍬シャッシャッ

大人達「」ガヤガヤ

沙都子「人が多いでございますわねぇ…」

俺「ああ…。まさかこんなに客が集まるとはな…」

俺「これじゃ俺は背伸びすれば未だ微かに見えるが…沙都子ちゃん。見えるか?」

沙都子「いいえ、残念ですが全く…今年は諦めるしか無さそうですわね…」

俺「はぁ…人に流されて皆んなとも逸れてしまったしなぁ…」

俺「仕方ない」スッ

沙都子「わっ!?ちょっ!?お、俺さん!?レディーになんて事を!///」ガシッ

俺「ほら。これで梨花ちゃんの奉納演舞見えるだろう?」

肩車「」

沙都子「で、ですが…俺さんは…」

俺「1人が微かに見えるより、1人がしっかり見えた方が良いって。それに、梨花ちゃんの隣で常に練習を応援してたのは沙都子ちゃんなんだから」

俺「沙都子ちゃんがしっかり見てくれた方が梨花ちゃんも喜ぶよ」

沙都子「…///」カアァッ

俺「俺は雰囲気を楽しむから」

沙都子「れ、レディーの身体に気安く触れたのですから、礼はしませんわよ?///」

俺「はいはい。ははは」

俺(それにしても皆んな何処に行ったのかなぁ)



321以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/01(日) 20:43:29.03Aq9uNpYS0 (1/1)

個人的にレナが好きなのでフラグはゆっくりでいい流れ


322以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 00:19:29.57ch8wajimO (1/2)

川の近く

魅音「おーい3人共こっちこっち!」

梨花「みー。見つけましたですよ」スタスタ

俺「おうレナ。魅音。探したぞ」スタスタ

レナ「こっちも探してたんだよ~?」

沙都子「あら?圭一さんだけ見当たりませんわね?」スタスタ

俺「一緒じゃなかったのか?」

レナ「ううん。そっちに一緒に居ると思ってたんだけど…」

魅音「トイレか何かに行ったまま迷子になっちゃったのかな?」

沙都子「はぁ…これからが綿流しの始まりですのに…」

俺「やり方を知らない圭一が一人で先に沢に降りたとは考えられ無いし…」

梨花「だったら、一度お手洗いのある神社の方へ戻ってみると良いのですよ」

魅音「そうだね。よし。行ってみよう」スタスタ



323以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 00:29:34.23ch8wajimO (2/2)

神社

圭一「はー…」

梨花「やっと見つけたましたですよ」ギュウッ

圭一「わっ!?梨花ちゃん!?」ビクウッ
 
俺「どうしてそんなに驚いてんだ?」

圭一「あ…いや、別に…」

俺(…ん?)

魅音「もー。何処行ってたのさ圭ちゃん」

レナ「皆んな探したんだよ?だよ?」

沙都子「全く。これから沢に行こうって時に」

圭一「悪い…。ちょっと人酔いしてさ…」

梨花「僕の奉納演舞は見てくれたですか?」

圭一「あ、ああ!ミスも無く完璧だったな梨花ちゃん!」

俺「……圭一?」

圭一「へ?」

梨花「みー…」

魅音「そ、そうだよ!あんなのミスの内に入らないって!」

レナ「うん!凄く良かったもん!」

圭一「ぁ…」

俺(なんか圭一の様子が変だが…もしかしてこの辺りで何かしてたのか…?)キョロキョロ

祭具殿「」

俺「???」

俺(ん?あんな所にも寺があったのか。今は使って無いみたいだけど)

魅音「圭ちゃん。ちょっと来て」ギュッスタスタ

圭一「あ、な、なんだよ魅音?」スタスタ

俺「ん?なんだ?2人きりで…」

レナ「分かんないけど、2人きりでお話しさせてあげよ」ニコッ

俺「あ、ああ…」



ーーその後、俺達は沢で綿流しの儀を終えてそれぞれ帰宅した


324以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 00:33:54.87/B4IiiXm0 (1/1)

さて、最初は何編の話が来るんだろう、鉄平が帰って来たら祟り殺し編だけど
そんな気配は無いし最初はやっぱり綿流し編からかな、


325以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 01:07:27.21qQa/h4sH0 (1/1)

梨花ちゃまぁ!!


326以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 01:46:57.774FB509Fm0 (1/6)

とりあえずゲームと同じ進行なのかな
鬼隠しもどきの後にこれだし
七、八回でクリア出来ないと詰みかな?


327以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 02:04:14.61b8TrAGEgo (1/3)

同人?の頃だと8種類くらいだったがアニメ・ゲーム・漫画でもっと話増えてるらしいからな。
だからいくらでも出来るぜ!


328以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 03:19:32.57sGoVIR/So (1/2)

祭具殿に行ったら何を見つけたの?


329以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 04:25:19.12NCuwaY550 (1/15)

翌朝
通学路

圭一「はぁ~祭りの翌日に学校とかかったるいなぁ~」

俺「確かに昨日は夜遅くまで遊んだしなぁ…」

俺「てかそれにしても…」

レナ「魅ぃちゃんが連絡も無しに遅刻なんて珍しいね」

俺「園崎家だから、昨日の今日だし色々あるんじゃないか?」

レナ「うーん…去年はそんな事無かった気がするけど…」

圭一「先行ってようぜ。どうせ後から来るだろ」スタスタ

俺「だな。このままだと俺達が遅刻しちまうし」スタスタ

レナ「そうだね。行っとこっか」スタスタ



雛見沢分校

蛇口「」ジャ-ッ

俺「ここの水は冷たいなぁ…雛見沢は暑いから気持ち良い」

圭一「ああ。まるで二日酔いに効く冷たさだ」

俺「いや、お前酒なんて飲んで無いだろ」

魅音「やあやあ2人とも」スタスタ

俺「あ、魅音」

圭一「遅かったじゃねえか。どうしたんだ?体調悪いのか?顔色もなんか良く無いぞ?」

魅音「うーん…ちょっとね」クイッ

俺「うん?」

魅音「昨日お祭りの後、親族の宴会に巻き込まれちゃってさ…それでチョイっと…」

圭一「二日酔いかよ~」

俺(魅音は本当に飲んだのか…)

魅音「勘弁してよ~。体調悪いのは本当なんだからさ」

魅音「あ、俺。ちょっと圭ちゃんと2人きりで話したい事があるからちょっと席外してくれない?」

俺「え?あ、ああ…別に良いけどさ…」スタスタ

魅音「悪いね」

圭一「えーなんだよ。突然2人きりで話って、言っとくがオレはーー」

俺「……。」スタスタ

俺(…うーん…なんだろう?…この違和感みたいな感じは)

俺「まぁいいか…」

玄関扉「」ガラガラ


330以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 05:02:13.28P7LJsgCLO (1/2)

前回が鬼隠し+罪滅しだったわけだから
出題編+解答編でやって行くんじゃねーかな


331以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 06:15:39.48i0OcdjFY0 (1/2)

完全に綿流しかなぁこれは


332以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 10:50:57.36YU+11Awq0 (1/1)

この魅音はおそらく...あの時あれをしなかったのがどこまで影響するか...


333以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 11:53:19.443d8m/Kst0 (1/2)

>>332
そういう抽象的な言い方は二度とするな
あの時ってどこだよレス番を言え
あれとは何だ


334以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 11:54:27.14LvUdnxe0o (1/1)

こいつの言うこと聞かなくていいし答えなくていいよ


335以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 12:23:45.434FB509Fm0 (2/6)

このまま普通に進めば余ったレナルートだな!

ただのレアキャラ扱いなら敵じゃないと判断して梨花ちゃん来てくれないかね


336以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 13:08:49.94NCuwaY550 (2/15)

放課後
教室

俺「さーて魅音。今日の部活は何だ?」

圭一「ようやく全員揃ったし、久々に日常の部活だな。早速1位を頂くぜ!」

魅音「ごめん!ちょっとどうしても外せない用事があってさ。部活なんかやってる場合じゃないんだ」

圭一「えーなんだよそれ~…」

俺「…ん?」

俺(まただ。また何か違和感が…)

レナ「まあ仕方ないよ。魅ぃちゃんもお祭りの後で色々忙しいみたいだしさ。落ち着いたらまたやろう?」

沙都子「そうですわね。1番強い魅音さん抜きでやってもつまりませんもの」

梨花「早く休んで体調も元に戻すのですよ~」

魅音「うん。それじゃまたね皆んな」タッタッタッ

梨花「それじゃあ今日は僕達も帰りますです」

沙都子「ごめんあそばせ」

圭一「おう」

俺「また明日~」

レナ「ばいば~い」

レナ「レナ達も帰ろっか」

俺「ああ」



帰り道

圭一「最近はよくこの3人で帰る事が増えたな」スタスタ

レナ「魅ぃちゃんがバイトに家の用事に忙しいからね。仕方ないよ」スタスタ

レナ「レナも今日は用事あるから帰るね」

俺「お?おう」

圭一「じゃあな」

レナ「また明日ね~」

俺「バイバイ~」

俺「俺達も未だ昨日の祭り疲れ抜け切って無いし、今日は家でゆっくりするか」

圭一「そうだな」

俺「それじゃ」スタスタ

圭一「またな」スタスタ


337以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 13:21:00.39NCuwaY550 (3/15)

俺家

茶碗「」キュッキュッ

蛇口「」ジャ-

俺「……。」バシャバシャ

俺(うーん…。なんか今日、圭一以外皆んな余所余所しかったと言うかなんと言うか…)

俺(祭りが終わってから、何か違和感を感じる事が多くて変な感じだな…)

俺(…もしかして祭りの時に何かあったのか?)

俺(と言っても俺はずっと部活メンバー達と一緒だったし、何かした覚えも無いんだが…)

俺(…むしろ祭りの時、様子が変だったのは圭一だよな?)

蛇口「」キュッ

俺(うーむ…やっぱり何かあったのかなぁ…)


コンマ下二桁
21以上レナ、俺の家に来て今起きている事を説明してくれる
20以下俺、誰からも何も知らされず(俺???レベル上昇)


安価下



338以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 13:22:34.76pxLmVGLwo (1/1)

はい


339以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 13:42:09.28Ul1W4MD6O (1/2)

何が起きてる最中なんだろ、もう細かな部分忘れた


340以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 13:55:08.08NCuwaY550 (4/15)

undefined


341以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 13:55:34.96NCuwaY550 (5/15)

コンマ76
俺家

ピンポ-ンッ

俺「ん?もう爺ちゃん帰って来たのか?」

俺(今日の夕方は村の会合があるって言ってたのに、かなり速いな…今日は爺ちゃんが飯担当の日だから早く帰って来たのか?)スタスタ

俺「まぁいいや。俺お腹空いたよ~。早く何か作ってくれ~」

扉「」ガチャッ

レナ「あれ?俺君お腹空いてるの?レナ、何か作ろうか?」

俺「どわぁっ!?れ、レナ!?///」

レナ「こんばんわ俺君」ニコッ

俺「あ、アレ?今日は用事があったんじゃ無いのか?」

レナ「うん。俺君に用事があったんだよ?だよ?」

俺「…え?俺に?」

レナ「ここじゃ話しにくいから、お家にお邪魔させて貰っても良いかな?かな?」

俺「あ、あぁ…別に良いけど…どうぞ」

レナ「はぅ~。俺君のお家お邪魔しま~す」スタスタ

俺(びっくりした…。急にどうしたんだレナの奴。わざわざ俺の家に来てまで話したい事って…)



342以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 13:56:58.11NCuwaY550 (6/15)

俺家

レナ「はい。召し上がれ♪」

肉じゃが「」トンッ

俺「おおお!いただきまーす!」ガツガツ

レナ「どうかな?かな?」

俺「うん。美味い…レナは将来良いお嫁さんになると思う」

レナ「お、お嫁さん…はぅ…///」カアァッ...

俺「はむはむ」ガツガツ

レナ「俺君のお家にお邪魔したのはレナが初めてだよね?」

俺「ん?ああ、まぁそうだな。レナとはこの町で一番最初に会ったり、世話になる事が一番多かったり。色々と縁があるのかもしれない」

レナ 「俺君もレナと同じ事考えてくれてたんだ。良かった//」

俺「ふぅ…食べた食べた。ご馳走さまでした」

レナ「食器もレナが片そうか?」

俺「いや、良いよ。それくらい自分でやらないと直ぐに癖着いて怠けるから」スタスタ

レナ「そっか。俺君しっかりしてるんだね」ニコニコ

俺「それで、レナが俺に話したい事ってなんなんだ?」

レナ「…うん」

俺(思い当たる節が無い。レナと最後に2人きりで話したのは好きな人の事だし…)

俺(あ、も、もしかしてこれって……遂に圭一にだけじゃなく、俺にも春が来たのか?シチュエーションもバッチリだし…///)ドキッドキッドキッ

レナ「…。」

俺「…。」ドキッドキッドキッ

レナ「あの…」

俺「あ…」ドキンッ!

レナ「圭一君の事なんだけど…」

俺「」ガクンッ

レナ「あ、お、俺君!?どうしたのかな?かな?」

俺(…なんだ。期待して損した。いや、そりゃそうだよな…レナは未だ本心を俺に見せてくれて無いんだし)


343以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 14:24:17.72NCuwaY550 (7/15)

俺家

俺「それで、圭一がどうしたんだ?」

レナ「うん…俺君ならお祭りの日に、圭一君が様子が変だったの気付いてると思ったんだけど…」

俺「ん?ああ、1人だけ行方不明になったり、梨花ちゃんの演舞実は見てなかったり…何か俺達に隠してる感じだったな」

レナ「あ…やっぱり俺君も気付いてたんだ」

俺「まぁレナ程じゃないが、俺も結構…人の態度や様子で大体は感じ取れるからな」

レナ「うん。そうだよね。俺君はそんな人だよね」

俺「ああ…」

俺(…だからこそ、多分俺とレナはお互い未だちゃんと話して無いと知ってて、何処かに壁があるんだろうな)

俺「あの時圭一が何かしたのか?」

レナ「うん…実はね。圭一君が居た近くに神社があったのは気付いてた?…」

俺「ん?ああ、帰りに梨花ちゃんに聞いたらあそこは使われて無い場所だから、一般人は立ち入り禁止だって言ってたけど…」

レナ「うん、そうなの。実はあそこは開かずの祭具殿って呼ばれてて、古手家の人間以外は穢れを持ち込むから立ち入り禁止になってた聖域だったんだ…」

俺「開かずの祭具殿か…。あ、まさか…」

レナ「そう…。圭一君達4人は梨花ちゃんの演舞で人が見ていない間に締められていた筈の鍵を開けて中へ入っちゃったの」

俺「4人…?圭一の他にも誰かが?」

レナ「中に入ったのは、富竹さんって言うカメラマンの人と鷹野さんって言う診療所で働いてる看護婦さん」

俺「知らない人達だな…他には?」

レナ「後は圭一君と…魅ーちゃんの双子の妹…」

俺「魅音の双子の妹…あ、確か詩音って言う…。まさか本当に存在していたとは…」

レナ「うん。レナも今日学校で魅ーちゃんから聞いて驚いたよ…」


344以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 14:50:41.26NCuwaY550 (8/15)

俺家

レナ「それでね。その4人には共通点があって…」

俺「共通点?」

レナ「皆んな、村の外から来てる人達なんだ…」

レナ「富竹さんはこの時期村に来たり来なかったり…鷹野さんは東京から来てる人だし、詩ーちゃんは興宮の人…圭一君は最近引っ越してきたばかり…」

俺「なるほど…」

レナ「この大事な時期にこんな事されて、また起きるんじゃないかって村の人達は本当に怒ってる…」

俺「大事な時期って何だ?」

レナ「…オヤシロ様の祟り」

俺「オヤシロ様の祟り?なんだそれ?…」

レナ「実はね…。本当は俺君には村を嫌いにならないで欲しかったから、皆んなで知られないようにしてたんだけど…」

俺「あ、ああ…」

レナ「綿流しのお祭りの日になると、この村は毎年1人死んで1人行方不明になる…オヤシロ様の祟りが毎年起きてたの…」

俺「えぇっ!?なんだそりゃっ!?」

レナ「隠しててごめんね…」

俺「あ、あぁ…いや…。なるほど、だから祭りの時普通の祭りにしてはやたらと警察の警備の人が多いなと感じたのか…」

レナ「うん…。それで話を戻すけど、その聖域を穢した4人はオヤシロ様の怒りを買ってまた祟りを起こすんじゃないかって言われてるの…」

俺「…。」ゴクリッ

レナ「魅ーちゃんだって今朝は凄く怒ってたよ…」

俺「あの魅音が怒るなんて余程だな…。まぁこの村を管轄してる園崎家なら当然か…」

俺(いや、この事を圭一と2人で話す為に今朝俺は席を外されたのか…)

レナ「でも圭一君が私達仲間にも嘘吐いてる事に、魅ーちゃんは怒ってるんだと思うの…」

俺「あぁ…まぁ俺もなんつーか、圭一に嘘吐かれてるんだなぁって気分にはなるが…魅音と圭一は特別仲良かったし、そうなのかも…」

レナ「だからね、レナ達は圭一君が自分からごめんなさいって謝って来るまで、本当は知ってた事を黙っておこうと思うの」

俺「確かに、自分からごめんなさいして来れば流石の魅音も許してくれるか。まぁ許さなかったとしても、俺達もフォローすれば良いか」

レナ「うん。そうだね」ニコッ


345以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 15:08:15.20NCuwaY550 (9/15)

俺家

俺「梨花ちゃん達はその事、知ってるのか?」

レナ「梨花ちゃんは古手家の当主様だよ。知ってるに違いないよ」

俺「だよな。ちなみに魅音が許してもまさかの梨花ちゃんが許してくれ無いとか無いよな…?」

レナ「梨花ちゃんならそんな事気にもしてないと思うかな?」

俺「そうか。なら良かった」ホッ

レナ「それじゃ、俺君にも説明ができたしレナはそろそろ帰るね。お父さんのお夕飯も作ってあげないと」スクッ

俺「ああ、わざわざありがとな。レナが俺に説明に来てくれなきゃ、きっと自分で色々嗅ぎ回ってどうして皆んな俺だけ仲間外れにするんだーって思ってた筈だよ」

レナ「うん。俺君ならきっとそうするだろうなぁって思ったから、先に話しておいて良かった」

俺「流石にレナは俺の事、よく分かってるな」

レナ「あははは。俺君もレナの仲間だからね」

俺(仲間…か)

俺「見送って行こうか?」

レナ「ううん。家直ぐ近くだから大丈夫だよ。だよ?」

俺「そっか。じゃあまた明日学校でな」

レナ「うん。おやすみ俺君。それじゃあまたね~」フリフリ

扉「」バタンッ

俺「…。」

俺「はぁ…オヤシロ様の祟りか…。まさかこの静かな村でそんな事件が毎年起きてたとはな…」

俺「でもレナには本当に感謝だな。先に言っといてくれたから、後から知って変に疑心暗鬼にならずに済んだ」

俺「後は圭一と魅音の問題か…」

俺「こればっかりは流石にレナの言う通り、俺が首を挟む事じゃ無いな」スタスタ


346以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 15:25:11.78NCuwaY550 (10/15)

翌日
雛見沢分校廊下
昼休み

俺(今日も魅音は遅刻していつもの待ち合わせ場所に現れなかった)

俺(…いや、今日に限っては遅刻する理由も納得できる)

俺(俺は朝爺ちゃんから聞いたのだが、この村の村長…公由さんが会合後に行方不明になってしまったらしい…)

教室に居る子供達「」ヒソヒソ

俺(流石に村長レベルの人が居なくなると、子供達にも噂は広まるみたいだ。今日は学校中でその話題が持ちきりだった)

俺(この村の村長が突然行方不明になる理由が分からない…)

俺「あ、そうだ。確か昨日…レナがオヤシロ様の祟りは1人が死んで、1人が行方不明になるって言ってたよな…」

俺(…もしかしてこれって、オヤシロ様の祟りなのか?)

レナ「…。」

俺(教室で1人考え事をしてるレナならまた何か知ってて教えてくれるかもしれない)チラッ

俺(どうする…?)


1レナに村長が行方不明になった事について詳しく聞いてみる
2あれ?外に居るのは魅音と梨花ちゃん、珍しい組み合わせだな。何話してるんだ…?
3沙都子は何も知らないのか探ってみる


多数決下5まで


347以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 15:27:52.00wBql0YZSo (1/4)

1


348以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 15:28:27.47ziznSQodO (1/1)

2


349以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 15:29:22.73CIRIXmLIO (1/1)

2


350以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 15:29:55.30b8TrAGEgo (2/3)

2


351以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 15:30:17.21JiKjRqDWO (1/1)

2
だが助かっちゃ駄目なんだよな
難しいが梨花に認識されなきゃ始まらん


352以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 16:01:49.70NCuwaY550 (11/15)

雛見沢分校
廊下

俺「あれ?外に居るのは魅音と梨花ちゃん?」


花壇前

魅音「ーー!!」

梨花「ーー」フルフル


俺「珍しい組み合わせだな…いったい何話してるんだろ?」

俺「なんか揉めてるようだし、行ってみるか」



花壇前

魅音「あんたが決めることじゃないでしょお!? そりゃ、オヤシロさまが決めること!」ガッ

梨花「僕はオヤシロさまの巫女ですよ」胸倉グッ

魅音「じゃあ何? あんたはオヤシロさまの声を直接聞いて確認したとでも言うわけ?」

梨花「…。」コクッ

魅音「かあ~! こんなのが古手家の頭首だとはねえ! まったく、嘆かわしい!」

梨花「魅ぃが何を怒っているのか僕にはよくわからないのですよ…」

魅音「すっとぼけやがってえ!」平手ブウンッ

梨花「うっ…」目スッ

俺「やめろ魅音!」手ガッ

魅音「ッ…!」グッ

梨花「あっ…俺…」

俺「何を話してたのか知らないがやり過ぎだ。手まで挙げる事無いだろう?」

魅音「チッ!こいつが舐めた事ばっか言ってるからだよ」ドンッ

梨花「うっ…」ドサッ

俺「あっ…梨花ちゃん!?大丈夫か?」タッ

梨花「ええ、大丈夫なのですよ」ニコッ

俺「はぁ…なら良かった。魅音!お前…!」

魅音「公由家頭首はケジメをつけてもらうことになった。だから消えた!」

俺「えっ……?それって…お前…」

梨花「…。」ウルッ

魅音「あと残っているのは前原圭一だけ…。こいつは古手家に頼むことにする」

俺「み、魅音。お前…それ本気で言ってるのか…?」

魅音「アンタもこの村に来たばっかで何にも分かって無い癖に、あんまり出しゃばった真似ばかりしてたら祖父諸共、只じゃおかないからね!」ギロッ

俺「うっ…!」ビクッ

俺(こ、こいつ…マジだ!なんて冷たい目をしてるんだ…)ドクンッ

魅音「チッ…」スタスタ

梨花「うっ…」ポロッ

俺(あ、アレがレナが言ってた…怒った時の魅音なのか…?まるで祭りの時の頃とは別人じゃないか…)


353以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 16:28:00.20NCuwaY550 (12/15)

花壇前

俺「梨花ちゃん。すまない…怖くなかったか?」

梨花「今の魅ぃはとても怖かったのですよ…」ウルッ

俺「あ…やっぱり…」

俺(正直俺も怖かったもん…)

梨花「でも、魅ぃに叩かれる前に俺が駆け付けて止めてくれた事の方が嬉しかったのですよ」ニコッ

俺「フッ…そっか…。なら良かった」

俺「立てるか?教室へ戻ろう」スッ

梨花「はいです」ギュッ



花壇

俺「でもさ…。魅音が言ってた公由家頭首って、村長さんの事だよな…」スタスタ

梨花「はいです…」スタスタ

俺「それをケジメを取って消えさせたって…もしかして犯人は魅音…なのか…?」

梨花「グスッ…」ポロッ

俺「あ、あぁ…梨花ちゃん…」

梨花「違うのです。魅ぃが悪い訳じゃ無いのですよ…」ポロポロ

俺「じゃあいったい誰が…。と、とりあえず泣き止もうか…」

梨花「クスンッ…クスンッ…」ポロポロ

圭一「おい俺、何梨花ちゃんを泣かせてるんだよ…」スタスタ

俺「ゲッ…圭一。誤解だ…。俺は別に…」

梨花「そうなのです…。俺は勝手に転んだ僕を助けに来てくれただけなのですよ」

俺「えっ…?」

圭一「あ、そうだったのか…。悪ぃ、疑って…」

俺「いや、別に良いけどさ…」

俺(…梨花ちゃん。魅音と話して突き飛ばされた事は秘密にしておくのか?)

梨花「…それよりも圭一、お祭りの晩。何か悪い事しましたか?」

圭一「あ…」

俺「…。」


354以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 17:05:21.08NCuwaY550 (13/15)

帰り道

俺(あの後、梨花ちゃんの例え話に圭一は食いつき…。それは、自分は祭具殿に忍び混んだと白状しているような物だった)

俺(梨花ちゃんはレナの予想通り許していたが、姉猫の魅音は激怒していると圭一に釘を刺していた)

俺(そして、魅音があんな状態なので今日から放課後の部活は無しにしようと言う事が決まった)

俺(確かに、あの状態の魅音とは楽しく部活ができるとは思えない…)

レナ「それじゃあね。俺君、圭一君」フリフリ

俺「ああ、またな」フリフリ

圭一「じゃな…」

圭一「珍しいな。今日はレナと遊ばないのか?」

俺「ああ、まぁ今日はちょっと調べたい事があるからな」

圭一「調べたい事って…その…」

俺「…安心しろ。昼間お前から聞いた事は、俺も誰にも話さないから」

圭一「…。」

俺「その代わりしっかり反省して、誰に謝れば許してくれるのかをよく考えろよ」

圭一「ああ…」

俺「それじゃあ、また明日な」スタスタ

圭一「おう…」スタスタ



俺家前

俺「はぁ…」

俺(…俺には魅音が本当に村長を消し去ったのか、どうしても信じられない)

俺(でも村長の家を訪ねて、村長が本当に行方不明になっていたとしたら…その時は…)

俺(魅音には警察に自首して貰おう…)


コンマ下二桁
41以上醤油を貰いに魅音の家へ向かっていた梨花ちゃんと出会った(選択肢へ)
40以下誰とも出会わず、村長の家に着いた


安価下


355以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 17:07:21.85wBql0YZSo (2/4)




356以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 17:07:53.344FB509Fm0 (3/6)

勝ったな


357以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 17:45:39.66NCuwaY550 (14/15)

コンマ85
雛見沢

俺「…。」スタスタ

俺(古手家しか入ってはいけない聖域の祭具殿へ一緒に忍び込んだ富竹と鷹野圭一と魅音の双子の妹詩音…)

俺(皆んな村の人間では無い言う共通点…)

俺(魅音への違和感…。俺や圭一を消そうとしたり、梨花ちゃんに暴力を振るったり、綿流しの祭りの日を機に人が変わったかのような魅音…)

俺「うーん…もう少しで何かが繋がりそうなんだけどな…」スタスタ

「あ、俺。こんばんわです。こんな所でどうしたのですか?」キイッ

俺「ん?あ、梨花ちゃんじゃないか」

梨花「俺の家は向こう側の筈ですが、今日はこっち側に用事ですか?」

俺「あ、ああちょっとな。梨花ちゃんは?」

梨花「僕はこれから魅ぃのお家にお醤油を分けて頂きに行く所なのですよ」

醤油の瓶「」
回覧板「」

俺「醤油を分けて貰いに?ああ、そっか。何か回覧板にあったっけ?」


『秋田の親戚から届いた、本場仕込みの醤油、お分けします。お気軽に園崎までどうぞ。』


梨花「そうなのです。ちょうど僕のお家のお醤油が切らしてしまい、夕食に必要になったので取りに行こうと思っているのです」

俺「なるほどな」

梨花「では沙都子もお腹をぺこぺこに空かせて待っているので、急ぐのですよ。俺、また明日学校で会いましょうなのです」ギコギコ

俺「あ、ああ…。またな…」

俺「…。」


1梨花ちゃん…。昼間、魅音にあんなに痛めつけられてたのに…本当に大丈夫か?(更に選択肢へ)
2まぁいいや。俺は俺のやる事をしよう(見送る)


多数決下5まで


358以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 17:46:53.65Ul1W4MD6O (2/2)

部活メンバーが誰かをやったらその時点でヤバいエンドにしかいかないの確定してるようなものだから難しい


359以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 17:51:01.90rzqaVg1eo (1/2)

1
村長の家行っても何もないような


360以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 17:51:28.38GPCHsqcZO (1/1)

1


361以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 17:51:52.89fWG+6J3to (1/1)

1


362以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 17:52:12.77qsZ5jl6yO (1/1)

1


363以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 18:45:37.25NCuwaY550 (15/15)

雛見沢

俺「梨花ちゃん…。昼間、魅音にあんなに痛めつけられてたのに…本当に大丈夫か?」

俺「…。」



園崎家

梨花「魅ぃ。お醤油を分けて頂き、助かったのです」

魅音「気にする事無いよ。じゃあ用が済んだらーー」

梨花「魅ぃにもう一つだけお願いがあるのです」

魅音「私にお願い…?」

梨花「はいです。この注射を魅ぃに使って欲しいのです…」スッ

注射器「」

魅音「………何それ」

梨花「これを射てば、魅ぃの病気も治って元気になるです。皆んなとも今まで通り楽しく部活もできるようになるのですよ」

魅音「……。」

魅音「ヘッ…けケッ…」

梨花「魅ぃ?…」

魅音「はっ!それで私を殺ろうったって、そうはいかないよ!」ブンッ

梨花首「」ガシッ

梨花「がっ…!」グッ

醤油の瓶「」パシャ-ンッ

魅音「ははっ!そんな優しそうに声を掛けたら、この私がそんな怪しい注射なんか素直に使ってくれるとでも思ったか!?」

梨花「ち…違うのです…。僕は……魅ぃを……」グググッ

魅音「だったら言う通り。何の薬だかアンタの身体で試してやろうじゃないか!」スッ

注射器「」ガッ

梨花「うっ…」ググッ

魅音「ふふふふふ…」注射器スッ

梨花腕「」

梨花「ッ…!」

「やめろ!魅音!!」タックルッ

魅音「がっ!」ドンッ

注射器「」ヒュ-ンッ

注射器「」パリンッ

「ふぅ…。間一髪だったか…」

梨花「ゴホッ!…ゴホッ!…お…俺…?どうしてここに…」

俺「梨花ちゃんの事が心配だったから、後を尾けて魅音の家の前で待っていたんたんだ」

俺「そうしたら中から何かが割れる音が聞こえたから…とにかく、間に合って良かった」

梨花「俺…」


364以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 19:01:20.34i0OcdjFY0 (2/2)

原作にない展開になったか


365以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 19:02:17.83EOtWx0ZF0 (1/1)

コンマが来るぞ、気をつけろ!


366以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 19:07:32.87wBql0YZSo (3/4)

コンマはまかせろ


367以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 19:15:53.90NqIoRpi3o (1/2)

ここは俺に任せてもらおうか


368以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 19:21:37.45j6paGo7l0 (1/2)

任せた


369以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 19:29:46.63Gv9KLa+pO (1/1)

園崎家

魅音「クソッ!またお前かぁ!」ムクリッ

俺「魅音。どうしてこんな事を…もうやめろ!」

魅音「はっ…何を言うかと思ったら…。そいつが園崎本家当主後継ぎの私を殺そうとして来たのよ。その注射で!」

割れた注射器「」

俺「えっ…?」クルッ

梨花「…。」

俺「ほ、本当なのか…?梨花ちゃん…」

魅音「そう…罰を受けるべきはそいつなのよ!」タッタッタッ

俺「はっ!?」サッ

俺腕「」包丁ブシュウッ  

俺「ぐあああぁっ!?」ブシャアッ

梨花「俺!?」

魅音「ははははは!ヒーローのように格好良く助けに現れたつもりだったの?」

俺「はぁ…はぁ…」ドクドク...

魅音「あはははざまぁ無いねぇ…言ったでしょ?出しゃばった真似ばかりしたら許さないって!!」

俺「つっ…」フラ...

俺(クソッ…。仲間だと思って油断した…。まさか、躊躇無く心臓を狙って来るとは…)

俺腕「」血ボタボタ

魅音「ケケッ…どちらにせよ二度も私の邪魔をしたアンタももう許さない。罰を受けて貰うわよ!地下の拷問部屋で!」

俺「拷問…だと?み…魅音…。お前……くっ…」腕ドクドク...

梨花「ッ…!」

魅音「とりあえずアンタには罰として全ての指に釘を撃ち込む」

俺「くっ…拷問しながら、殺す気か…」ドクドク...

梨花「やめて…」

魅音「何本目にアンタがくたばるか楽しみだなぁ~!」

俺「はぁ…はぁ…」ドクドク

梨花「もうやめて!!!」


370以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 20:01:02.59wBql0YZSo (4/4)

記憶持ち越しの判定は一周目のループでしかないのかな?
そうなると詰まったら一周目からやり直しもありえるのかも


371以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 20:33:22.47sGoVIR/So (2/2)

この魅音って本物の方の魅音?
入れ替わってる?


372以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 20:36:12.29xd8Q3laDO (1/1)

入れ替わってる間本物って何してたんだっけ


373以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 20:39:14.00baNZzw/D0 (1/1)

ややこしいけど、詩音が本物の魅音だからね
で、この魅音は詩音が入れ替わった魅音
本物の魅音が入れ替わった詩音が魅音と入れ替わった……何言ってるかわからんくなった


374以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 20:39:25.32rzqaVg1eo (2/2)

園崎家の地下に閉じ込められてるよ


375以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 20:46:29.144FB509Fm0 (4/6)

原作と同じだろうから次の日には入れ替わってるよ
詩音と会ってない俺からしたら訳が分からないだろうな


376以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 21:12:59.02Y/kgaCH2o (1/1)

あ、やっぱり入れ替わってたんだ。俺が違和感あるって何度も言ってたしね
本物の魅音(現詩音)は可哀相過ぎるよな…そりゃ発狂するわ


377以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 21:26:53.374FB509Fm0 (5/6)

梨花ちゃんの覚えは良くなったからな
とりあえずどう転んでもプラス周回になったな


378以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 21:58:09.96P7LJsgCLO (2/2)

ただこのまま梨花ちゃん助けると大災害発生してしまうという



379以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 22:02:01.653d8m/Kst0 (2/2)

つまり
自分を詩音だと思いこんでる魅音が
自分を魅音だと思いこんでる詩音に代わって
魅音を名乗って動いてるってこと?


380以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 22:10:32.218NXlcx430 (1/1)

思い込んでる、とは違う確認班。
原作開始数年前、幼少時に魅音(今詩音)は鯛が食べたい詩音(現魅音)の為に入れ替わった。
入れ替わった元詩音が鬼の入れ墨入れられちゃったから、元に戻れず
詩音は魅音、魅音は詩音として生きなきゃいけなくなった。


381以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 22:10:52.08edaOX5l80 (1/3)

少し違う。
詩音も魅音も自分が本来の名前と入れ替わってしまったことは知っている。

二人はよく入れ替わって遊んでいたら、
後継者である印を詩音に入れられてしまって入れ替わりを戻せなくなってしまった。




382以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 22:31:26.38HeKSiQ7T0 (1/2)

どの道今回ので詩音を倒せても鷹野達山狗に立ち向かう事は不可能出しな、
流石に今回の主人公に梨花ちゃんを助けたいなら自衛隊の特殊部隊1個中隊200人を相手に戦う何て無理出し


383以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 22:40:36.70MeTDsCSy0 (1/2)

俺がガンダムだ!


384以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 22:49:53.02RAp7BQ7JO (1/1)

ワクワクがとまらん


385以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 23:07:57.64m5RvlqrBO (1/1)

園崎家

梨花「…。」スタスタ

俺「梨花ちゃん…」

魅音「へぇ。何?アンタも殺されたいって?」

梨花「俺の罪は私が全て被る。アンタの好きな拷問も私が彼の分まで全て受けてあげるわ…」

俺「なっ…!?」

俺(梨花ちゃんがこんな風に話せるのも驚きだが…梨花ちゃんは何を言って…)

魅音「…何?アンタが、こいつの代わりに?」ケラケラ

梨花「…アンタが嫌いなオヤシロ様の言葉を聞く事ができる私が拷問を受けてあげるって言ってんの」

梨花「それならアンタだって文句無いでしょう?…だから俺の事は見逃してあげて!」

俺「り…梨花ちゃん!?何を…!」

魅音「ふへへへへっ!何今更気持ち悪い友情ごっこをしてんの!?反吐が出るわ!」

魅音「まっ、良いけど。あまりにもあっさり死んだら、約束は守れないかもね~」

梨花「フッ…楽しませてあげるわよ…」スタスタ

俺「ま、待て梨花ちゃん!行くな!行っちゃダメだ!」

梨花「心配要らないのです俺。きっとまた、会えますですよ」ニコッ

俺「梨花ちゃん…」

梨花「…助けに来てくれてありがとう。100年振りに嬉しかったわ」ボソッ

俺「ッ…!」


1俺のこの命に代えても、君を助けてみせる!(最後の力を振り絞り魅音に掴みかかる。レナと特別な関係ではないので判定無しで俺拷問死確定)
2俺は魅音に地下室へ連れて行かれる梨花ちゃんを呆然と見送る事しかできなかった…


多数決下5まで



386以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 23:10:54.05Vg46yUlKo (1/1)

助けたい1


387以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 23:12:16.80b8TrAGEgo (3/3)

1
梨花ちゃんが絶望してしまうかもしれんが少しでも希望を見出してほしい


388以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 23:12:39.06MeTDsCSy0 (2/2)

1


389以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 23:12:57.91edaOX5l80 (2/3)

1


390以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 23:13:04.91NqIoRpi3o (2/2)

1
関係を作らなければ物事の解決に動かないからな


391以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 23:16:53.77edaOX5l80 (3/3)

俺の死は果たして何らかの影響をもたらすのであろうか?


392以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 23:16:59.504FB509Fm0 (6/6)

ここで見逃しちゃ男が廃るからな
普通に無駄死にだが
見逃して後悔する方が記憶持ち越し出来たかな


393以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 23:22:06.19j6paGo7l0 (2/2)

これレナに告ってて多分コンマ判定に勝利してたら延命できてたのかな


394以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/02(月) 23:35:32.88HeKSiQ7T0 (2/2)

仮にレナの好感度高が高くて助けに来てくれたとしてもその後の鷹野達山狗による雛見沢全滅が待ってるだけ
可哀想だけど梨花ちゃんを助ける選択肢をしてる時点でここで詩音に殺されるか、鷹野に殺されるかの違いが
あるだけ


395以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 00:06:24.83jU5wJiW50 (1/2)

この貴方がスーパーマンにでも変身出来れば大丈夫何だろうけど、そんな都合の良い展開起きる訳ないしな


396以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 00:26:21.04XWbLbG/BO (1/3)

園崎家

俺(梨花ちゃんが最後に俺に向かって言った言葉の意味は、理解できなかったが…)

俺(梨花ちゃんの目は既に、自分の死を受け入れているような気がした)

俺「う…おおおぉぉっ!」ダッ

梨花「俺!?」


ーー俺には、そんな悲しい目をした女の子を放っておく事などできる筈もなかった



俺「魅音!!」ガシッ

魅音「こいつ!そんな状態でまだ私に歯向かって来るか!」ガシッ

梨花「俺!やめて!もういい!もういいから!」

俺「俺のこの命に代えても…君を助けてみせる!」グッ

梨花「えっ…!?」ハッ

魅音「黙れ!!」ガッ

俺包丁で刺された左腕「」ギュウッ

俺「ぐあぁぁぁっ!!」ブシャアッ

梨花「俺!!」

俺「に…逃げろ梨花ちゃん!今の内に、早く逃げろ!!」ググッ

魅音「この!未だ刺されたりねえか!?」ブウンッ

俺肩「」包丁ブシュウッ

俺「あぐうっ!!」ボタボタ 

魅音「くっ!?これでも未だ離さないだって!?」ググッ

俺「くっ…」魅音腕ガシッ

梨花「やめて!私なら……やめて!魅音!」ウルッ

魅音「コイツは絶対に許さない!!」ガシッ

俺「逃げろ!!早く!!」ズルッ

梨花「あぁ……」ポロッ

俺「俺の死を無駄にする気かぁ!!?」

梨花「…!」ポロポロ

梨花「うぅっ……」タッタッタッ

魅音「待て!!」

魅音足「」ガシッ

魅音「なっ…!?」

俺「へ…へへ…。絶対に…行かせる…かよ…」ググッ

扉「」ガラッ

俺(よし…。梨花ちゃんは…逃げられた…な……)

魅音「ああぁぁぁっ!!お前えぇぇっ!!」スッ

スタンガン「」バチイッ

俺「うぐっ!?」ビリッ

俺「」ドサリッ

魅音「はぁ…はぁ…はぁ…」

魅音「ふ…ふふ…ふひひひひひっ。指を1本ずつなんて甘い。邪魔ばっかりするこいつは、とびっきりの拷問で殺してやる!くけけけけ!」ガシッ

俺「」ズルズル...


397以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 00:44:29.04XWbLbG/BO (2/3)

拷問部屋

俺「う…」パチリッ

俺「こ…ここ…は…」キョロキョロ

俺「痛っ…」

肩「」ズキズキ...
腕「」ズキンッ

俺「くっ…そうか…。俺…」ガシャンッ

俺左右の手「」金具

俺「……なるほど」

魅音「ようやくお目覚め?」

俺「魅音…」

魅音「フン。簡単に死なれないように止血した甲斐があったわ」

俺「フッ…拷問する為にか?死なせた方が早かったろうに…。まるで拷問狂だな…」

魅音「何とでも言えばいいわ」カチャカチャ

俺「…こんな事をしても、もう今頃逃げ切った梨花ちゃんが警察に通報してる」

俺「お前も捕まるだけだぞ…」

魅音「そうね。でも、それでも構わない。私の邪魔ばっかりしたアンタだけは楽に殺してはやらない」ニヤリッ

俺「…。」
 
魅音「これ。分かる?」スッ

メス「」

魅音「今からアンタの身体に昔の綿流しの祭りと同じ儀式をしてやるわ」

俺「昔の綿流しの祭り…?」

魅音「そう。腹を開いてアンタの腸を引きずり出してやる」

俺「…!?」ビクッ

魅音「そうそう。その顔、その顔が見たかったのよね」ニヤッ

俺「ッ…」

魅音「あー楽しみだわぁ!!くけけけけ!!」

俺(狂ってやがる…)


398以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 00:45:09.14BcUJuDPbO (1/3)

でかした!


399以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 00:54:26.64tTzctFGvo (1/1)

ぐ、グロはやめてけろ


400以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 01:03:05.80XWbLbG/BO (3/3)

拷問部屋

メス「」ズブッ

俺「う…うぐっ…」ブシャッ

俺腹「」パカッ

魅音「えーと、この辺だったかなぁ」ズボッ

俺「あ…が…が…」

魅音「これこれ。これだよね?」ギュッ

俺腸「」スル...

俺「コヒュー…コヒュー…」

魅音「どう?怖い?今からアンタのこれを引き抜くんだよ?」ニヤニヤ

俺「コヒュー…コヒュー…がはっ…」血ドバアッ

魅音「あんな小娘なんか助けなかったら、アンタはこんな目に合わなかったのにって後悔してる?」ニヤニヤ

俺「ふ…寧ろ…梨花ちゃん…が…こんな目に遭わなくてコヒュー…良かったって…安心してる…さ…」

魅音「あっそ」スッ

俺「あがあっ!?ゴポォっ!」ドバアッ

俺「ひゅー…ひゅー…」

魅音「ふーん。なかなか死なないもんだね…どう?痛い?」

俺「…あ…ぁ…お前が…本物の魅音なら…死ぬ程痛かった…ろうな…」ドクドク...

魅音?「…?」

俺「でも…お前は…偽物だ…」

魅音?「…はぁ?私が、偽物だって?」

俺「俺達は…知ってる。俺達の…魅音は…何があっても…こんな事をしない…」

俺「仲間を…はぁ…殺して…喜んだりしない!」

魅音?「あぁっ!?」

俺「大方…お前は…魅音の双子の…」ドクドク...

魅音?「ッ…!」ブチッ

俺「姿形が一緒で…大人は…騙せても…俺達部活メンバーは…絶対に!!」ブシャアッ

魅音?「ああああぁ!!黙れえええぇ!!」ガシッ

腸「」グイイッ

俺「はははは…!ざ…ざまぁ見たか。あはははははーー」

魅音?「あああぁぁぁっ!!」

俺(そうだ。俺達部活メンバーの絆はそう簡単に壊せ無い。誰でもあっても、何があっても…決して…)

俺(俺達は、いつだってーーー)


ブチイッ



カナカナカナカナ…


401以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 01:44:24.161MBiTYg40 (1/2)

俺くんメンタルやべーな


402以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 02:34:15.72acFGA6m1O (1/1)

俺家

俺「んしょっ…と」ドスンッ

俺「ふぅ…。ようやく荷物整理も一段落ついたな」

階段「」ストッストッ

俺「爺ちゃん。俺、時間余ったしちょっと村の中散策してくるよ」

爺さん「構わんが暗くなる前に帰るんだぞ」

俺「分かってるって」スタスタ

扉「」ガラッ



雛見沢村

ひぐらし「」カナカナカナカナ

俺(俺はちょっと訳があって、祖父に引き取られる事になり)

俺(今日からこの静かな村…雛見沢村で住む事になった)

俺「しっかし、なんつーか…本当に何も無い所だ…な?」スタスタ


梨花「あ…」

バッグ「」ドサッ


俺(…あれ?なんだ?この村に住む女の子か?)

梨花「うっ…あぁっ…」ポロッ

俺(エッ!?)

梨花「俺!俺~!」タッタッタッ

俺「え?あ…」ギュウッ

梨花「アンタ!全然っ来ないんだから…バカァ…バカァ…」ポロポロ

俺「え?…えーっと…」

梨花「うっ…グスッ…お礼の一つも言えないじゃない…」ポロポロ

俺(どっかで会った事あったっけな?…無いと思うが…いや、記憶には無いが、会ったような気もするが…)

梨花「グスッ…結局、運命は変えられなかったけど…私の為に…ありがとう…」ポロポロ

俺「あ、ああ…」

俺(分からん…だけど…)

俺「今度はその運命とやら、変えられると良いな」ニコッ

梨花「うん…。俺が来てくれたから、今度こそ…」ギュウッ

俺(初めて来て初めて会う筈なのに、懐かしい気もするんだよな。この村もこの子も)ナデナデ


梨花の好感度が7に上がった

to be continued


403以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 02:43:05.561MBiTYg40 (2/2)

いかん、ほむほむを幻視してしまった


404以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 02:53:04.05bKQgvx60o (1/1)

命を懸けたんだから一気に9くらいまで上がっても良いと思うんだが
それにしても、普段は紙メンタルなのに時々鋼メンタルになるなこの俺くん


405以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 02:54:08.91h4NuiaG0o (1/1)

かわいい


406以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 03:30:32.81v1/wN2elO (1/1)

仲間を信じ続けた結果、何かを残す事ができたEND


1最初からやり直す
2この編をやり直す
3次の編へ進む


場所決めは5時以降(再度時間お知らせします)
それまで質問下3まで受け付け


407以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 03:53:22.364KiKeOxho (1/1)

>>66の判定は最初からやり直さないとこれ以降出ることはありませんか?


408以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 04:12:26.127VyRaFLTO (1/1)

>>407
1周目限定なのでありません


409以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 04:35:47.67kMrJ2pBF0 (1/2)

難易度変更って可能ですか?


410以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 04:59:09.930xMN7Q5B0 (1/3)

>>407 >>408 最初からやり直せばまた>>66の判定が受けられるって解釈でOK?

1最初からやり直すを選ぶと その次の周は>>245からと似た状況ではじまる?
それとも 今回の 3次の編へ進む と同じ編も選べますか?


411以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 05:12:49.69cbcu7QRh0 (1/10)

>>409
できません
しかし同じ編をやり直した場合のみ全コンマ20%減少

>>410
そうです
1周目で普通に終わればその予定です。変わる場合もあります
1周目の設定が変わった場合2飛ばして3の編へ飛ぶ事はできません



412以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 05:26:28.50cbcu7QRh0 (2/10)

やり直し場所決めを6時に決めます


413以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 05:28:29.36nbpBwgGCO (1/3)

単発回避


414以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 05:33:15.970xMN7Q5B0 (2/3)

ありがとうございます
(A編→B編→C編→C編→D編)→(A編→A編→E編→…… みたいなかんじだろうか

ツンツン梨花ちゃまがみたいかそうでないと困る自体にならない限り 最初の編で粘ったほうが楽なのかも


415以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 06:00:07.19cbcu7QRh0 (3/10)

やり直し場所決め


1最初からやり直す
2この編をやり直す
3次の編へ進む


多数決下5まで


416以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 06:00:18.23TJpdVj/30 (1/3)

3


417以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 06:03:13.72xCOv/prr0 (1/1)

3


418以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 06:04:57.49nbpBwgGCO (2/3)

3


419以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 06:07:37.39BcUJuDPbO (2/3)

俺出現はかなりレアなのか


420以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 06:07:41.770xMN7Q5B0 (3/3)

1最初からやり直す


3と1で迷うけどもし梨花の協力が得られても他のコンマが厳しいことに変わりはないので


421以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 08:02:57.81qNhDtGtdO (1/1)

3


422以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 09:13:59.25soJj2s9Z0 (1/3)

3
俺ってあの刑事さんみたいなポジなのね。


423以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 10:35:31.94yUrzgHE9O (1/1)

鉄平のワシを信じてルートはありますか?


424以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 13:31:27.20cbcu7QRh0 (4/10)

興宮

電車「」プウ-ンッ

俺「地図によると…ここから歩いて少しの村か…」


ーー桜が咲く季節…。俺は訳あって2ヶ月後に引っ越し予定の祖父の家を下見に、この鹿骨市へやって来ていた


俺「雛見沢村って所だよな…?この先にそんなのあったっけか?まぁいいや。行こう」スタスタ


普段の俺なら絶対に引っ越し先に下見なんて来ないが、今回は予定がキャンセルで暇になったのと…

引っ越し予定の雛見沢村と言う所に何か引かれるような物があったりと奇跡的に色んな事が重なって、俺は下見に行ってみようと言う行動に出たのだった


425以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 13:32:57.77cbcu7QRh0 (5/10)

興宮

俺(ど田舎で、交通の便も悪い爺ちゃんの家に最後に来たのは、俺が物心着く前だったから全く覚えて無いんだよな…)

俺(基本的に親族の集まりには毎回爺ちゃんの方に村から出て来て貰ってたし…)

???「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」タッタッタッ

俺「しっかしこの地図、見にくいなぁ…」地図ジッ

???「はぁっ…はぁっ…あっ!」タッタッ

俺「ん?…えっ!?」

ドガッ

俺「いっ…つつつ…」ドサッ

???「つっ…このクソガキが!何処見て歩いてんだ!」

俺「……。」イラッ

俺(…なんだこのピンク髪の大人の女。そっちがぶつかって来た癖にムカつくな)

「そっちに行ったぞ!!」

ピンク髪の大人「はっ!?」スクッ

俺(…なんだこの人?追われてんのか?)


路地裏

ゴミ箱の裏「」ピンク髪の大人の女サッ

ピンク髪の大人「おいクソガキ。私の場所バラしたら殺すからな…」

俺「…。」



チンピラ風の大人達「この辺りに来た筈だ!逃すな!」タッタッタッ

俺(うわぁ…。やっぱり、いかにもっぽそうな人達がゾロゾロ来た…)

俺(こんな田舎にもあるんだなぁ…)

スーツ姿の大人「お、あー君。さっきこの辺りでピンク髪のショートヘアの女性を見なかったかな?」

俺「え?あー…」チラッ


ゴミ箱の裏
ピンク髪の大人「…!」ビクンッ


1そこのゴミ箱の裏に隠れています
2向こうに走って行きました

多数決下5まで


426以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 13:41:53.046Z/ibehU0 (1/1)

2


427以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 13:43:15.87soJj2s9Z0 (2/3)

1


428以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 13:47:35.70PFwZ04BXO (1/1)

2


429以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 13:47:51.88BNXZH7u3o (1/2)

誰だこのピンク髪
2


430以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 13:47:54.879QB9Avyn0 (1/2)

2


431以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 13:52:39.42R6FedtGCO (1/2)

リナ生きてると罪滅し編で死んでると祟殺し編やっけ


432以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 13:52:43.06GtpkocckO (1/1)

リナ助けたら鉄平が帰ってこなくて祟殺し編が始まらないがさてどうなるか


433以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 13:52:53.67BcUJuDPbO (3/3)

リナ死亡で鉄平が帰って来るんだっけ?



434以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 14:05:30.16cbcu7QRh0 (6/10)

興宮

俺「向こうに走って行きました」

スーツ姿の大人「ん?向こうか。ありがとう。向こうに行くぞ!」

チンピラ風の大人達「「「逃すな!絶対にとっつかまえろ!!」」」タッタッタッ

俺「…。」

俺(…たかが1人の女があんな人数のヤクザっぽい人達に追われるとか、いったい何しでかしたんだよ)

ゴミ箱「」ガラッ

ピンク髪の大人「へえ。まさか助けてくれるなんてねぇ」スタスタ

俺「…。」チラッ

ピンク髪の大人「さっきはクソガキなんて言って悪かったね坊や」

俺「…。」

ピンク髪の大人「そうだ。助けてくれた代わりにに何かお礼しなきゃね。何か欲しい物でもあるかい?」

ピンク髪の大人「今は結構持ち合わせがあるんだ。何でも買ってあげるよ」

俺「…。」


1…何も要らない。俺に二度と関わるな
2マネープリーズ
3身体で払え(コンマ判定)


多数決下5まで


435以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 14:06:45.366tsiB6jK0 (1/1)

1


436以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 14:07:11.89HUddqykb0 (1/1)

1


437以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 14:07:55.45LXwCA12L0 (1/1)

2


438以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 14:09:16.22R6FedtGCO (2/2)

1


439以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 14:10:37.97soJj2s9Z0 (3/3)

1


440以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 14:29:44.92cbcu7QRh0 (7/10)

興宮

俺(…こう言う輩とは何も関係を持たない方が良い。俺の直感が危険信号を出している!)

ピンク髪の女「さぁ。何が欲しいの?お姉さんに言ってみなさい」

俺「…何も要らない。俺に二度と関わるな!」

ピンク髪の女「…あ?」

俺「じゃあ俺、先急ぎますから…」タッタッタッ

ピンク髪の女「…。」

ピンク髪の女「チッ…可愛くないねえ。これだからガキは嫌いなんだ…」スタスタ

ピンク髪の女「まぁ良い。あんなガキなんかどうでも…」

ピンク髪の女「今は興宮に居るのはヤバイから、暫く身を潜めさせて貰って匿ってくれそうな奴を探さないと…)スタスタ

ピンク髪の女「フッ…できれば訳有りの金持ちとかが良いわねぇ…」ニヤッ




雛見沢

祖父の家「」

俺「あったあった。ここ…だよな?」

俺(ここが2ヶ月後に俺が越して来る事になる家か)

俺「はぁ…。しかし駅に着いて早々変なトラブルに巻き込まれかけるとはな…」

俺(田舎だからああ言うの無いとは思ってたけど、逆に多いのかな…)

俺「…まぁいいや。もうさっきの女とは、もう二度と会う事は無いだろうし」スタスタ



ーーしかし後日、俺はさっきの女を助けた事を…死ぬ程後悔させられる事になるのだった…


441以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 14:39:30.12R6WenyLDO (1/2)

誰だか忘れてたけどそういえば野放しにしたらいけない奴だった


442以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 15:06:40.81WgmFQoCsO (1/1)

こいつ生きてるとレナの父親に美人局するんだっけか。かと言って死んだら死んだで鉄平帰ってくるしどうしたらええねん


443以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 16:31:29.52aTFvn346O (1/1)

レナ「カナカナカナカナ」


444以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 16:37:06.51HA969GQ8O (1/1)

もしやじいさんに色仕掛けか?


445以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 16:51:44.81Wp/LbxkQ0 (1/4)

今回は最初の選択で話がガラリと変わるからよっぽどいい結果で終わらない限り一回はやり直したほうがいいかもね


446以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 17:19:03.44Mo0o4AX20 (1/1)

これは…レナに色々と関わることが出来たらいい方向に変わると信じたいが…


447以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 17:32:02.48thrVxq4mO (1/2)

途中でやり直ししてgdgdにするより最後まで行った方がいいと思う


448以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 17:39:55.70cbcu7QRh0 (8/10)

雛見沢分校

俺(あれから2ヶ月後、予定通りこっちに越して来た俺はゴミの山と言う変な場所でレナと出会い、皆んなとも出会い…)

俺(魅音が部長を務める部活へと入部した…いや、させられた…)


校舎の壁
俺「ふぅ…」チラッ

俺(部活の面々は個性溢れる能力をフルに活用して、皆んなが皆んな手強くて入って数日の俺は未だに1位は取った事が無い…)

俺「…よし、異常無し」キョロキョロ

俺(そして今回は体育の授業で水鉄砲対決をする事になったが、当然最後に生き残ったのは俺達部活メンバーである)

俺「ふぅ…弾切れは死に直結だしなぁ…」バケツチャポッ

俺(しかし俺には、今回だけは絶対に最後まで生き残らないといけない理由がある)

俺「約束。したしな…」


数十分前

レナ『はぅ~今日は水鉄砲対決かぁ…。優勝候補はやっぱり魅ぃちゃんかなぁ。沙都子ちゃんかなぁ…それとも偶に覚醒する圭一君かなぁ?』

俺『レナかもしれないじゃないか』

レナ『ええ?レナは無いよ~…』

俺『…。』

俺『確かに今のレナはかぁいいモードじゃない』

俺『だけど、レナならできるだろ?』

レナ『ほえ?…』

俺『そんな偽りのレナを演じなくても、レナが本気になればいつだって誰よりも強いレナになれるだろ』

レナ『…俺君が言ってる事、レナには分かんないかな?かなぁ?』

俺『俺もここに越して来る前、色々あったんだ…。だから、他人が嘘付いてるのかとかどうか結構敏感なんだよ。レナと同じように』

レナ『…。』

俺『今日は俺に遠慮する事は無い。レナの本気を見せてくれ』

レナ『…。』

レナ『約束はできないかな…。皆んなが強いのは本当だし…』

俺『だったら、俺も最後まで勝ち上がって待ってる。そこで戦おう!』

レナ『…いつもビリの俺君が1位に?』

俺『あ、ああ。俺も今日は本気の本気を出して必ず生き残ってみせる!』

レナ『クスッ…それなら、良いかな?』

レナ『じゃあ俺君。約束だよ?』

俺『ああ!』コクッ

俺(レナの目にやる気が入った。これはかぁいいモードよりも強いレナだ。必ず勝ち上がって来る筈…)

俺(後は俺も約束を守れるように勝ち上がらないと)


449以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 17:41:54.70TJpdVj/30 (2/3)

罪滅し編じゃあああい!


450以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 17:49:38.49SmnwHSqG0 (1/1)

フラグの条件である「レナと闘うor殺害される」がクリアできるルートやな。


451以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 17:59:17.86Wp/LbxkQ0 (2/4)

コンマ大丈夫か


452以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 17:59:46.86cbcu7QRh0 (9/10)

雛見沢分校
校舎の裏

俺「よし…そろそろ良いかな?ーー」

「俺!見つけましたですよ!」

俺「ゲッ!?」

梨花「にぱー」ニコッ

俺(い、一番見つかりたく無い子に見つかった…)

俺「梨花ちゃん…今日も…か?」

梨花「そう。よく分かっているのです。今日もなのですよ~」カチャッ

俺「きょ、今日だけはどうか…見逃して貰う訳には…」

梨花「フッ…それは無理ね」ニコッ

水鉄砲「」パシャッ

俺「ウヒィっ!?黒梨花だ!?」サッタッタッタッ

梨花「チッ!水鉄砲を置いて避けられた…」タッタッタッ

俺(この子は古手梨花ちゃん。何故か会ったばかりの筈の俺に異様に懐いているが、部活では基本的に新入部員の俺を優先して狙って来る…)

俺(理不尽過ぎるので、ある時。本人に直接聞いてみた所…)


梨花『僕は俺が負けてビリになった所を、かぁいそかぁいそして慰めてあげたいのですよ。にぱ~』ニコッ


俺(可愛いのか可愛く無いのか…。とりあえず、S気質たっぷりな変態的な趣味を持っている事は確かだ…)

俺(そして普段誰に対しても丁寧語で話している癖に、2人きりになると口調や一人称が僕から私に変わる時がある…)

俺「くっ…武器が無い…。このままだと反撃が全く…」

梨花「待ちなさい俺!諦めて私に倒されなさい!」タッタッタッ

俺(俺はこれを黒梨花と呼んでいるが、どちらが本当の梨花ちゃんなのかは分からない…)タッタッタッ

俺(そして、そんなこんなで梨花ちゃんが俺ばかり虐めようとする所を…)

圭一「今だ!俺と梨花ちゃん!二枚抜きだぜ!」カチャッ

梨花「はっ!圭一!?」

俺(…こう言う風に、第3者に介入されて2人まとめて脱落する事が非常に多い)

俺「て、鉄砲が無い時に…」

梨花「みー!?」

圭一「貰ったぁ!」カチッ

水鉄砲「」パシャッ

俺(レナとの約束ーー)


俺(銃スキル無し)
コンマ下二桁
71以上俺、咄嗟に体操服を盾に使い圭一をカウンターで撃破した(レナ好感度6に上昇)
70以下梨花ちゃん諸共被弾して脱落してしまった(レナ好感度2に低下)

安価下2


453以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:01:33.87mQeiCGe90 (1/1)

はい


454以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:02:06.585pNRh0cb0 (1/1)




455以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:02:45.80lhv08rD0O (1/1)

有☆能


456以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:04:00.97Wp/LbxkQ0 (3/4)

下2だから失敗だぞ


457以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:06:13.16ahk0F9rnO (1/1)

下2以外全部成功してるのに…
7ゾロの時にやり直し権利ストックしておくべきだったな


458以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:06:51.91oLyRCbMm0 (1/1)

これは痛すぎる。でも、こういう時に限って下2にしちゃうのはむかーしからあることだけどね
唐突に下2にしてロクな結果にならない


459以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:07:10.91nbpBwgGCO (3/3)

ドンピシャで失敗とか草生える


460以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:14:36.62thrVxq4mO (2/2)

30パーなら普通は失敗だろ
完璧を望みすぎなんだよ


461以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:17:12.36TQFRiH8Mo (1/1)

ドンピシャで失敗してたらあぁ~ってがっかりするくらい普通でしょ


462以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:19:46.85BxfPBnkQo (1/1)

相変わらず唐突な下2がピンポイントすぎる


463以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:23:08.72TJpdVj/30 (3/3)

まあいいさ、ここで失敗しても次のループ入れば20%軽減されるんだしな


464以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:23:26.59BNXZH7u3o (2/2)

コンマは狙えるがいつ投稿されるかわからんから取れなかったな


465以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:24:12.75NQUT62sJ0 (1/1)

やり直すならこの周は地雷っぽい選択肢選んでどうなるか確認しておくのもいいか


466以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:27:42.230ZfbOo4w0 (1/1)

なんで下1に統一しないのかが分からないのは俺だけ?


467以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:28:51.84Wp/LbxkQ0 (4/4)

狙い打ち避けるためじゃね


468以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:31:45.60R6WenyLDO (2/2)

高コンマ狙って取れるならその人が居る限り取られ続けるのかな
連取りしないにしても


469以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 18:33:20.79cbcu7QRh0 (10/10)

コンマ58
雛見沢分校

パシャッ

俺「はぁ…」ビシャビシャ

梨花「負けたのですよー…」ビシャビシャ

圭一「よっしゃあ!後は魅音だな!」タッタッタッ

レナ「えー?…俺君脱落しちゃったの?」タッタッタッ

俺「ああ…。悪い…」

レナ「そっかぁ…。残念だなぁ。やっぱり俺君には荷が重かったかぁ…」

俺「あんな偉そうな事言っといて、返す言葉も無い…」

梨花「みー?…」

レナ「…。」

レナ「ううんいいよ。じゃあレナは勝つから、罰ゲームは覚悟しておいてね」ニコッ

俺「うっ…」ゾクッ

レナ「それじゃあチャチャっと残りの皆んなも倒して来るね~」タッタッタッ

梨花「今日のレナは随分自信がありますですね。俺、レナと何か約束していたですか?」

俺「うん。2人で最後まで生き残って最高の場で戦おうって…」

梨花「フッ…入部したばっかり俺がそう簡単に皆んなを蹴落として勝ち上がるなんて無理よ」ニヤッ

俺「」ガ-ン

梨花「ふふ。かぁいそかぁいそなのですよ~」ナデナデ

俺「…ちなみに言っとくけど、梨花ちゃんも罰ゲームの対象なんだからな」

梨花「はっ!」ガ-ン

俺(折角本当のレナと仲良くなるチャンスだったが…。これは逆に失望されただろうなぁ…)


レナの好感度が2に下がった


470以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 19:45:46.13P+1gpRj5o (1/1)

草はえる


471以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 19:53:31.799QB9Avyn0 (2/2)

狙いすましたような下2に吹いた


472以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 20:05:33.89kMrJ2pBF0 (2/2)

種死で低コンマだが狙い撃ち三連されたからなw


473以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 20:14:14.6474Y/9f2f0 (1/1)

この章をやり直すというのを考えてもいいかもね


474以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 21:51:22.90Beo95hKd0 (1/1)

まだ慌てる時間じゃない


475以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 21:56:18.05jU5wJiW50 (2/2)

コンマはしゃあない、焦らずゆっくりやろう


476以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/03(火) 21:59:49.76avcSdxjYO (1/1)

エンジェルモート

梨花「エンジェルモートへようこそなのです~」ニコッ

梨花エンジェルモート衣装「」

レナ「はぅ~!!かぁいいよ~梨花ちゃんお持ち帰りぃ~!///」クネクネ

梨花「そ、そんなに見られると…恥ずかしいのですよ…///」

魅音「お待ちどうさま~」スッ

ホットケーキ「」コトッ

沙都子「只今参りますわ~」スタスタ

レナ「魅ぃちゃんのウェイトレス姿も沙都子ちゃんのメイド服姿もかぁいいよ~!///」クネクネ

俺「な、何で俺達まで…///」

俺ナース衣装「」

圭一「いや、何でオレはバニーなんだよ!?///」

圭一バニー姿「」

魅音「ははは。罰ゲームだから仕方ないね」

レナ「大丈夫だよ。2人ともよく似合ってるから」

俺「嬉しく無い…」

圭一「酷過ぎる罰ゲームだ…」

俺(結局、あの後レナが一人勝ちして俺達は園崎家が取り仕切ってるファミレスでそれぞれコスプレして働かされる事となった)

俺(はぁ…やっぱりレナはやればできるんだよな…。それに比べて俺……)

レナ「はぅ~皆んなお持ち帰りしたぃぃ~!!///」クネクネ

俺(まぁレナが喜んでるならそれでも…)

入江「いいえ。沙都子ちゃんは僕がお持ち帰りします!!」シャキ-ンッ

俺「うん?」

レナ「駄目駄目駄目ぇ~っ!!レナのお持ち帰りを邪魔する人は…」

ドガッバキッボコッ 



入江「こ、これくらいで…僕は沙都子ちゃんを諦めませんよ~!!」ボコボコ

沙都子「いやー!」タッタッタッ

入江「沙都子ちゃ~ん!」タッタッタッ

レナ「沙都子ちゃんはレナの物~!」タッタッタッ


俺「…てか誰だあれ?」

梨花「アレはこの村の診療所の入江と言うお医者様なのです」

俺「へえ。この村の診療所の医者かぁ」

梨花「…ちなみに沙都子に求婚しようとしてるロリコンよ」

俺「…。」

俺「…なんつーかやっぱ個性豊かな人が多い村だな」


477以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:09:11.88yIqX8eW8O (1/5)

エンジェルモート

「えー?満席ぃ?」

俺(あれ?女性客?この店に珍しいな…)チラッ

ピンク髪の女「仕方ないわね。じゃあテイクアウトお願いできる?」

俺(あれ?…あの女の人、前にどっかで…どこだったっけ?なんかあんまり良い思い出じゃなかった気がするけど…)

レナ「はぅ~!レナがお持ち帰りぃ~!」バタバタ

ピンク髪の女「ん?あら、レナちゃんじゃない!こんなとこで会うなんて奇遇ね!」

レナ「あ!リナさん!こんにちは」ペコリ

俺(え?あれ?レナの知り合いか…?って事は俺の勘違いの人違いだったか?いや未だ……)ジッ

リナ「これ、持って帰ってあの人と一緒に食べようと思っているのよ」

リナ「レナちゃんも好きなの選んで良いわよ」

レナ「本当ですか?ありがとうございます!じゃあレナは…」

俺(なんだ。仲…良さそうだな。やっぱり俺の勘違いだったか)

魅音「俺、3番テーブルお願い」

俺「あ、了解」クルッ

レナ「じゃあレナはこれで」

俺(レナの母親…にしては若過ぎるし、魅音が前にレナは父親と2人で暮らしてるって言ってたよな)

俺(2人がどんな関係なのか、気になるが…とりあえず今は仕事しないと…)

俺「いらっしゃいませ。ご注文をお聞きします」



ーーそうして、店が混んで来た為にレナは先に帰り俺達は時間まで働いてから帰った


478以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:15:36.627++X7f7GO (1/1)

園崎家の金に手を出したリナが雛見沢に帰って来るなんてあり得なくね


479以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:32:43.03yIqX8eW8O (2/5)

帰り道

圭一「ふぃー疲れた」スタスタ

俺「変な格好で終日やらされたしな…」スタスタ

魅音「あはははは。お疲れ様2人共」スタスタ

俺「まさか平日の罰ゲームを学校が休みの日に呼び出されてやらされるとは思わなんだ…」

魅音「ははは。これが我が部の罰ゲームの怖い所だね」

俺「いや、罰ゲームの内容が酷過ぎて笑えないんだが…」

圭一「でも、悪くないだろ?」

俺「え?」

圭一「俺だって皆んなと部活して、楽しいと思ってるだろって?」

俺「ああ、そりゃあな。下見して引っ越して来るのを少し早めて正解だったよ」ニコッ

魅音「へぇ初耳だ。俺はそんな下見しただけで雛見沢を気に入ってくれたんだ」

俺「ああ、たまたまその時に梨花ちゃんと出会ってな…」

圭一「梨花ちゃんと?」

俺(…いや、どちらかと言えば何故かバス停で待ち伏せされていた…の方が正しいのかな?)

俺「早く引っ越して来てくれ~って頼まれてな」

魅音「あれ?でも2人って面識あったっけ?」

俺「いやぁ、俺の記憶には無いんだが…」

圭一「え?でも実際、俺と梨花ちゃんはかなり仲良いよな」

俺「そ、そうか…?」

魅音「うん。ありゃあ私の目から見ても相当懐かれてるよ」

俺(やっぱり皆んなの目から見ても俺は梨花ちゃんに懐かれてるって思われてるのか)

俺「でも本当に面識は無いんだよな…俺の記憶には」

圭一「だったら逆に俺は梨花ちゃんの事をどう思ってるんだよ?」

俺「え?俺?俺は…」



1何故か分からないけど、放っておけないと言うかなんと言うか…説明しにくいがなんとなく俺も気になるんだよな
2…あの子。ひょっとして俺の事好きなのかも? って
3一人の女の子として気になる…いつか結婚したい!


多数決下5まで


480以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:36:52.16FmmNHEEXo (1/2)

1


481以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:37:32.36tm5BTWbZo (1/1)

3


482以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:37:33.55QmK35nHVO (1/1)

1


483以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:38:15.077bmJ0jlo0 (1/11)

1


484以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:38:26.56jpdT/15Xo (1/1)

3はどうなるんだ。ロリコン扱いとか?
もしくは梨花からの好感度が上がるとか


485以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:49:53.25yIqX8eW8O (3/5)

帰り道

俺「何故か分からないけど、放っておけないと言うかなんと言うか…」

魅音「う~ん?好きとかそう言うんじゃなくて?」

俺「んな訳無いだろ!?犯罪じゃないか!」

俺(…あ、あれ?)

魅音「い、いや、冗談だって。ははは…」

圭一「具体的にはどんな風に気になったんだ?」

俺「説明しにくいが、俺の身体が自然と惹かれるような…そんな感覚?」

魅音「うーん、よくわかんないなぁ…」

圭一「おっ、閃いたぞ!二人は生まれ変わり前は実は夫婦だったとかじゃないか!?ははは」スタスタ

魅音「ははは、何それ。だとしたら世間狭過ぎでしょ」スタスタ

俺「……。」

俺「…なぁ、俺の気の所為だと思うんだけど…前にもこんな会話しなかったっけ?」

魅音「へ?突然何言ってんの?」

圭一「ああ。した事無いぞ。こんな会話」

俺「…。」

魅音&圭一「??」

俺「いや、そうだよなぁ。ごめん。変な事言って…」

魅音「ははは。変な俺」

圭一「あっ、でもオレもよく夢の内容が正夢になりそうな時あるぞ」

魅音「へぇ。圭ちゃんも?どんな?」

圭一「オレが1位になって皆んなにメイド服着させてご奉仕三昧の命令する夢だ!」

魅音「うん。そりゃ夢のままで終わるだろうね」

俺(やっぱり只の気の所為か…)スタスタ


486以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:54:55.58yIqX8eW8O (4/5)

帰り道

圭一「それじゃーなー」フリフリ

俺「ああ、また明日~」

俺「はぁ…今日は疲れたし、さっさと家に帰って休みたいな…」スタスタ

俺「ん?」

富竹「…。」カシャッカシャッ

俺(なんだあの人?あんな所で田圃…?なんか撮って…)

富竹「…。」カシャッカシャッ

俺(カメラに如何にもアウトドアっぽい服装に、ガタイの良い身体…)

俺(…見た目的にあの人、この村の人じゃ無さそうだが…もしかして変質者か?)

俺(うわ…家の近くに変質者なんて住んでたら嫌だな…)

富竹「…うーん」

俺(…どうしよう)


1話かけてみるか
2関わらないようにスルーするか


多数決下3まで


487以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:55:36.73G97QUXdqo (1/1)

1


488以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:56:08.787bmJ0jlo0 (2/11)

前に出た選択肢と似たような選択肢選んだら記憶を思い出すのか?


489以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:56:57.637bmJ0jlo0 (3/11)

1


490以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 00:59:29.24BE37P6XX0 (1/9)

1
かもしれん
とはいえ現状思い出しても黒幕には勝てんし慌てることはない
一回村滅ぶの見なきゃな


491以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 05:08:51.69SX3PDwXV0 (1/13)

雛見沢
帰り道

俺「あの…すみません」

富竹「わっ!びっくりしたぁ!」クルッ

俺「いや、びっくりしたのはこっちの方なんだけど…」

俺「…と言うか、こんな所で何やってるんですか?」

富竹「ん?あぁ、ちょっと野鳥の撮影をね」スッ 

カメラ「」

俺「野鳥の撮影?」

富竹「うん。僕は富竹。フリーのカメラマンさ」

俺「あぁ、カメラマンの人だったんですか」

富竹「そうだよ。この雛見沢には偶に来るんだ」

俺(ならこの雛見沢には居なさそうでも問題無いか)

富竹「君は雛見沢の人かい?」

俺「え?えぇ、まぁ…言っても最近越して来たばかりですけど…」

富竹「そうか。最近引っ越して来たんだ。それじゃあ良い時期に引っ越して来たじゃないか」

俺「うん?良い時期に…ですか?」

富竹「ああ。もう直この村には年1回のお祭りがあるんだよ」

俺(あー確か梨花ちゃんが綿流しのお祭りがあるって言ってたっけな?)

富竹「ただ…」

俺「はい?」

富竹「…今年は何も起こらないと良いよね」

俺「え?何がです?」

富竹「毎年祭りの日になると、村の誰かが死に、誰かが行方不明になる事件が起きるんだ…」

俺「……。」

俺「……はい?」

富竹「この村の人達はオヤシロ様の祟りだって言ってるけど…実際の所どうなんだろうね…」

俺(…それは聞いてないな。レナも魅音も梨花ちゃんも教えてくれて無い)

富竹「いや、驚かせてすまなかったね。それじゃあ僕は行くから。それじゃあね。えっと…」

俺「お、俺です…」

富竹「俺君か。それじゃっ!」スタスタ

俺「はぁ…」

俺「…。」

俺(祭りの日になると村の誰かが死に、誰かが行方不明になる…)

俺「オヤシロ様の祟りか…」

俺「明日レナか梨花ちゃん辺りに詳しく聞いてみよう」


富竹の好感度が2に上がった


492以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 05:12:11.07SX3PDwXV0 (2/13)

俺部屋

俺(オヤシロ様の祟り…爺ちゃんはそんなの只の迷信だって言ってたけど…)

俺(もし今年も起きた場合の被害者は、村の誰か…)

俺(被害者は俺の知り合いの誰か、部活のメンバーの可能性もある…)

俺(…そして、俺自身が祟りの犠牲になる可能性も)

俺「いやいや、只の迷信だよな」フルフル

俺「…。」

雨「」ポツッポツッ...ザアアァァ...

俺「あ、雨だ…。珍しい」

俺(明日になったら、誰か知ってそうな奴にオヤシロ様の祟りについて聞いてみるかな)


493以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 05:26:13.85SX3PDwXV0 (3/13)

雛見沢

俺「おはようレナ。いつも通り早いな」スタスタ

レナ「おはよう俺君。俺君も圭一君も待たせちゃ悪いからね」

俺「相変わらず圭一が最後か」

レナ「そうみたいだね…」

レナ「それにしても…昨日は皆んなのコスプレ姿かぁいかったなぁ…///」

俺(うっ…それはもう忘れさせてくれ。話題強引に変えてやろ…)

俺「そ、そういや昨日の夕方頃さ。雨凄かったな」

レナ「え?ああ、うん。ちょっとびっくりしたかな?かな?」

俺「俺はもう家に居たけど、レナは雨に当たったりしなかったか?」

レナ「うん。ちょうど家に帰ってたから心配要らないよ」

俺「そっか。なら良いんだけど…」

レナ「えへへ。心配してくれてありがとう俺君」ニコッ

俺「あ、いや…」

レナ「圭一君まだかなぁ~」

俺「…。」


1レナにオヤシロ様の祟りについて何か知ってるか聞いてみる
2昨日のあの女の人とは知り合いか何かなのか?


多数決下3まで


494以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 05:36:43.45It5svgZNO (1/1)

2


495以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 06:54:36.57mpzJPeJx0 (1/4)

1


496以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 07:03:23.90b4X/anbQ0 (1/3)

2


497以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 10:31:33.68spxBGNyoO (1/1)

鬼隠し自体がレアイベントだからあえて1選ぶのもありだったかもなーわからん


498以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 11:12:35.50D7fgHc79O (1/2)

どっちも地雷な気がする


499以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 11:40:23.36+BxPzWjy0 (1/1)

アイテム消費とかもなくこの主人公をやり直せるってわかってると気が楽だな


500以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 12:29:19.01BE37P6XX0 (2/9)

しかしこの梨花ちゃん可愛いな
羽入関連じゃなきゃ見られないから割りと先取りになったな


501以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 14:36:39.45SX3PDwXV0 (4/13)

通学路

俺「なぁレナ。昨日のあの女の人とは知り合いなのか?」

レナ「昨日のあの女の人~?誰の事かな?かなぁ?」

俺「ほら。エンジェルモートに来たピンク髪の…リナ、だっけか?」

レナ「あぁ…。俺君も見てたんだ…」

俺(…ん?見ていない方が良かったのか?)

レナ「リナさん。私じゃなくてお父さんの知り合いでね…」

俺「ああ、父親の…」

レナ「きっとレナも仲良くならなきゃいけないんだけど、ちょっと未だ…」

俺「うん?…え?それって…」

レナ「もうやめよ?このお話」ニコッ

俺「あ、ああ…」

俺(…一方的に会話を終わらされてしまった。俺がこの問題に踏み込むにはレナとの親密さが足りなかったらしい)

俺(でもレナは誰にも本当の心を開いてくれないからな…。全て一人で抱え込んで行くつもりだろうか…)

圭一「よぅ二人とも。悪いな、いつも待たせちまって」スタスタ

レナ「おはよう圭一君」

俺「おう。じゃあ行くか」


ーーそうして、俺達はいつも通りの会話をしながら登校した



502以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 14:50:19.05yIqX8eW8O (5/5)

雛見沢分校
放課後

魅音「さーて、では本日も部活始めるよ~!」

圭一「やるぜ~!」

梨花「ファイト。おー!なのです」

沙都子「今日こそは俺さんは勝てると良いですわね」

俺「ああ、今日こそ1位だ!」

レナ「ごめん皆んな。レナちょっと今日家の用事があって早く帰らなくちゃいけないんだ」

俺「え?」

魅音「ありゃあ…。じゃあ今日はレナ抜きでやるか」

沙都子「レナさんが先に帰るなんて珍しいですわね」

レナ「本当にごめんね…。それじゃ皆んなまた明日!」スタスタ

圭一「げっ、レナが帰っちまったか…。お前は残るよな?」

俺「え?ああ、勿論」

俺(今日は梨花ちゃんに聞きたい事があったし)ジッ

梨花「みぃ!?俺が僕の身体を凝視しているのです。変態さんなのです」

圭一「おまっ!?まさかやっぱり!?」

俺「おいっ!俺を入江先生と一緒くたにしないでくれ」

魅音「あはははは」


503以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 15:19:24.23SX3PDwXV0 (5/13)

雛見沢分校
廊下

梨花「オヤシロ様の祟り…ですか?」

俺「ああ、昨日フリーのカメラマンしてる人から聞いたんだが…」

梨花「…。」

梨花「あぁ、あのデリカシーの無いメガネね…」

俺(あ、黒梨花にスイッチ入った)

俺「と言うかメガネって…。と言うか梨花ちゃんも富竹さんの事知ってたのか」

梨花「皆んな知ってるわよ…。この村に似つかわしく無いあんな浮いた人間の事は」

俺「やっぱ浮いてるんだ…。で?やっぱりオヤシロ様の祟りって存在するのか?」

梨花「…。」

俺「??」

梨花「…俺は存在すると思うですか?」

俺「…え?」

俺(今度はいつもの梨花ちゃんに戻った)

梨花「僕が、そんな祟りのある村に俺に来て欲しいと誘うと…」

俺「い、いや、梨花ちゃんの事は疑って無いよ!?ただどうなのかなってさ…」

梨花「…。」

梨花「確かに毎年、事故は重なってますが全て偶然なのです。オヤシロ様の祟りなんて物は存在しないのですよ」

俺「全て偶然が重なっただけ…なのか?どうしてそんな事が分かるんだ?」

梨花「だってオヤシロ様本人もそう言っているのですよ」

俺「へ?…オヤシロ様本人?」

梨花「フッ…そうよね、羽入…」チラッ

俺「羽入…?」チラッ

廊下「」シ-ン

俺「??」

梨花「早く戻った方が良いと思うのですよ俺。これ以上二人で一緒に席を外していると、僕と俺がまた逢い引きしてると噂されてしまうのですよ」

俺「いや、その噂を広めたのは梨花ちゃんじゃないか…。と言うか寧ろ楽しんでるだろ?俺が困った顔をするのを見て…」

梨花「みぃ?僕には俺の言っている事が分からないのですよ。にぱ~」ニコッ

俺「はぁ…まぁ戻るとするか」スタスタ

俺(…さっき、梨花ちゃんは隣を見て羽入って話しかけたよな…?梨花ちゃんにしか見えない幽霊か何かでも居るのか?)

俺(それがオヤシロ様本人だって…?)

俺「…。」

俺(本当に梨花ちゃんの事はよく分からんな…)

俺(懐かれてるのは実感できるが…懐かれている理由も、梨花ちゃん本人の事も、何が望みなのかも…)


504以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 16:01:56.44SX3PDwXV0 (6/13)

雛見沢分校

俺(翌日、珍しく今朝はレナが待ち合わせに遅刻したが…それ以外は特に何も変わらない日常…。いつも通りの毎日だった)

俺(今日は小学生以下は5限で終了な為、俺達4人だけで6限を受ける事になっていた)

俺(その為、校庭で梨花ちゃんや沙都子は他の子供達と遊びながら俺達の6限が終わるのを待っている)


校庭

梨花「とりゃあーなのです!」ポ-ンッ

沙都子「おーっほっほっ。そんな簡単にわたくしは当たりませんわ」サッ



教室

俺「ちびっ子達は校庭でドッチボールしてるのか」

魅音「しっかし最近は平和ですなぁ」

圭一「いやぁ、平和過ぎて退屈だぜぇ…」

レナ「そうかなぁ?レナは平和で退屈なの、好きだよ~」

圭一「レナは日々が幸せそうで良いよなぁ~」

レナ「…。」

俺(うわ…。今の発言はダメだ。絶対レナを内心イラつかせた筈…)

魅音「あはは、そんなの羨ましがられても困るよねぇ~」

圭一「日々の退屈を幸せに過ごす方法があるなら、教えてくれよ」

俺「…。」

レナ「…そんなの簡単だよ。気付くだけだもん」

圭一「気付くって?」

レナ「幸せの日々が、有限である事に…」

圭一「おん??」

魅音「むーり無理。圭ちゃんにレナの哲学は通用しないって!ね~?あははは」タッタッタッタッ

圭一「なー!?人をデリカシーの無い野蛮人扱いするなぁ!」タッタッタッ

俺「あ、魅音?圭一!?何処行くんだ?次の授業遅れるぞ~?…ん?レナ…?」クルッ

レナ「そうだよ…幸せな日々は、有限なんだよね…」ボソッ

俺「レナ?何か悩みでもあるのか…?」

レナ「…。」

俺「俺で良かったら相談に乗るぞ?仲間なんだしさ」

レナ「…無理だよ。…俺君に相談したって」

俺「え?」

レナ「仲間なんて…所詮……」

俺「れ、レナ…?どうしたんだよ?」

レナ「…ううん。嘘、何でもない」ニコッ

俺「レナ…?」

レナ「授業、始まるよ?私達は怒られる前に席に着いとこ」

俺「あ、ああ…そうだな」ガタッ

レナ「…。」ガタッ

俺(なんだレナの奴?今、一瞬…)


505以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 16:17:51.00SX3PDwXV0 (7/13)

雛見沢分校
放課後

魅音「よーし!じゃあ今日も部活始めるよ~」

レナ「ごめん皆んな。レナ今日も家の用事があって早く帰らなくちゃいけないの…」

俺「…え?」

魅音「あちゃー…」

圭一「なんだよ。またかよ」

レナ「うん。本当にごめんね…それじゃ皆んな。また明日」スタスタ

扉「」ガラッ

沙都子「レナさん、最近忙しいんですのね」

魅音「まぁレナの家、片親だから色々と忙しい気持ちも分かるよ」

俺「え?てか片親だったんだ?レナん家って」

圭一「そういや俺は知らなかったっか」

俺「あ、ああ。初耳だ…」

圭一「まっ、忙しいのは直ぐに終わってまたいつも通り元に戻るだろ」

梨花「はい。レナの分まで楽しむのですよ」

魅音「良いねえ梨花ちゃん。じゃあ今日は何のゲームをしようかなぁ~」スタスタ

ロッカー「」ガサガサ

俺「…。」


レナ『リナさん。私じゃなくてお父さんの知り合いでね…』

俺『ああ、父親の…』

レナ『きっとレナも仲良くならなきゃいけないんだけど、ちょっと未だ…』


俺(レナが片親だったって事は、やっぱりあの時のアレは…)


レナ『そうだよ…。幸せな日々は、有限なんだよね…』ボソッ


俺(もしかしてレナの奴…新しく親になるかもしれない人と上手く行って無いのかな…?)



圭一「さぁ、今日のゲームは何だ?」

沙都子「それよりも今日の罰ゲームは何だ?でございましょう?」

魅音「あはははは。その通りだね」


俺(皆んなはレナの事には全く気付いて無いみたいだし、ここはやはり俺が…)

梨花「…。」ジッ

梨花「俺、ちょっと付いて来て欲しいのですよ」ガシッ

俺「え?あ?り、梨花ちゃん!?」グイッ

圭一「え?二人とも何処行くんだ?」

梨花「みぃ。直ぐに戻るのですよ」ニコッ


506以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 16:31:17.92SX3PDwXV0 (8/13)

雛見沢分校
保健室

俺「ど、どうしたんだよ梨花ちゃん?急に俺を連れ出して…」

梨花「俺、これからレナを追ってゴミ山へ向かおうとしていませんか?」

俺「えっ…!?」ドキンッ

俺(な、何故考えていた事がバレたんだ…)ドクンッ

梨花「あそこはバラバラ殺人事件の幽霊が出るから、近寄らない方が良いのですよ」

俺「…え?あ、ああ…だけどさ…」

梨花「…。」

梨花「…彼処へは、もう行くなって言ってるのよ」

俺「な、なんで…?レナは俺達の仲間…だろ?仲間が苦しんでる時は、手を差し伸べ無いと…」

梨花「…。」

梨花「行けば俺も酷い目に遭ってしまうのです…」

俺「俺も?梨花ちゃんの言ってる事が分からない」

梨花「…。」

俺「どうして梨花ちゃんにはそんな事が分かるんだ…?」

梨花「もう、決まっている事なのですよ…」

俺「…。」ゴクリッ


1それでも俺はレナを放ってはおけない!(レナを追いかける)
2梨花ちゃんに言われた通り、大人しく部活に戻ろう…


多数決下5まで


507以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 16:33:22.40kVmMKpQu0 (1/4)

1 つまり、レナ版鬼隠し編のかのうせいもあるか。


508以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 16:35:31.617ZG1BA+1O (1/1)

1


509以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 16:36:34.89BE37P6XX0 (3/9)

1
水鉄砲で負けたから普通に爆死しそうだが
まぁいずれ来る記憶持ち越しの為に死んで貰おう
鬼隠しもどきはやってるから今回思い出すかもしれんし



510以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 16:36:52.36XypoyMva0 (1/2)

1


511以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 16:48:06.556kvRjzX7O (1/2)

1


512以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 16:59:32.25SX3PDwXV0 (9/13)

雛見沢分校
保健室

俺「…。」

俺「ごめん……」

梨花「あ…」

俺「それでも俺は、レナを放ってはおけない!」

梨花「ま、待って!」

俺「悪い!皆んなには部活休むって言っといてくれ!」タッタッタッ

扉「」ガラッ

梨花「ああ…」

梨花「…。」ベッドストッ

梨花「どう…して…」

梨花「やっぱり馬鹿よ…。あいつ…」

梨花「全然っ来ない癖に…グスッ…うっ…」

梨花「もしかしたら会えるのは…これが最後になるかもしれないのに…」ポロッ

梨花「…。」

梨花「そんな事、あんたに言われなくても分かってるわよ…。少しでも希望を見てた私の方が馬鹿だったって…」

梨花「私は100年も生きたのよ…。裏切られるのには慣れてるから心配要らないわよ…」

梨花「それに私にはあんたが付いてるんだもの…。ねぇ、羽入?」

梨花「…。」グスッ



513以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 17:16:54.307bmJ0jlo0 (4/11)

フラグが折れたか?


514以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 17:24:52.36kVmMKpQu0 (2/4)

俺が来るのってそんなにレアケースなのね。


515以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 17:27:08.47D7fgHc79O (2/2)

コンマ一つ悲惨なだけでバッドエンド一直線か


516以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 17:27:42.44uJJFCbSF0 (1/2)

俺視点で見てるから次のループなだけで梨花視点では何回も死んでやっと北のか


517以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 17:28:48.49SX3PDwXV0 (10/13)

ゴミの山

俺「はぁっ…はぁっ…はぁっ…」タッタッタッ

俺(助けを求めている声があるのに、それを無視してはいけない…)

俺(俺はそれを知っている…。どうなるのかもう…分かっていた筈…。なのに、俺はまた同じ事を…)タッタッタッ

俺(きっと、レナはずっと前から助けを求めていたんだ。なのに、俺は皆んなと一緒に楽しむ事を優先してそれに全く気付かず…)

俺「レナ!?ここに居るんだろ!?何処だ!?」

ドゴオッ!!

俺「!?」

俺(な、なんだ?今、彼処の死角の辺りから…物凄い音が…)ストッストッ

俺「はぁ…はぁ…」ストッストッ

俺(誰かが居る…人の気配がする…)

俺「…。」

俺(頼む。何かの間違いであってくれ…)ドクンッ

俺「あ…あぁ…。…レ…な…」



レナ「はぁ…はぁ…はぁ…」

リナ「」ドクドク...

レナ右手「」血みどろの鉄パイプ

レナ「あ……。俺…君…?」



ーー俺は、間に合わなかった…


518以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 17:30:51.06dc/OLJ34O (1/3)

全然来ないと言っているあたり、何回に一回来るか来ないか、なんだろうな。頻度を知りたいね。


519以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 17:49:29.36md9vE/UZ0 (1/2)

フラグというか好感度というか、足りなかったか...コンマ判定で間に合うか?と思ったが
まだ所謂カケラが全然足りてないんだな...


520以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 17:53:09.487bmJ0jlo0 (5/11)

進め方としては間違いはなかったんじゃないかな。水鉄砲対決のコンマだけが惜しかった


521以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 18:09:39.81SX3PDwXV0 (11/13)

ゴミの山

俺(…レナは、リナとか言う女を見るも無残なくらいに鉄パイプで滅多打ちにして殺害していた)

俺「それはレナが…やったのか…」

レナ「…。」

レナ「うん…そうだね…。レナがやった。殺してやったんだ」

俺「……。」

リナ「」ドクドク

レナ「この女が、私から幸せを奪おうとしたから!こうしてやったの!!」

レナ「あははははははは!」

俺「……。」

俺「レナ…。警察に自首しよう…」

レナ「自首?何言ってるの?」

俺「え?…」

レナ「嫌だよ…私は幸せになるんだ!絶対に自首なんかしない!!」

俺「……なら、その死体をどうする気だよ?」

レナ「私ならこの女の死体を完全に隠す事だってできる!」

俺「そんな…人が死んでて完全に隠す事なんて…」

レナ「心配しなくても大丈夫だよ。この女は元々いつ消されても仕方なかった経歴を持つ卑しい女だし、この村で処理すれば園崎家の所為にだってできる」

俺「魅音の所を隠れ蓑に使うつもりか…」

レナ「うん。後は目撃者の俺君かな」

俺「…。」ゾクッ

レナ「私、俺君の事もね。一番最後に転校して来たけどちゃんと仲間だって思ってるし、できれば私の日常だって壊したく無いんだ」

レナ「でもね。私の幸せを、俺君が邪魔するって言うなら…」

鉄パイプ「」カチャッ

俺「…。」


1そんな事をして手に入れた未来に、幸せなんか絶対にやって来る筈が無い!(俺、無抵抗のまま死亡)
2わ、分かった。俺も協力するよ…(俺、???レベル+2)
3選べない(※俺が他の世界で仲間の誰かを殺した事が無い)


多数決下5まで



522以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 18:10:57.89JUUmUS91o (1/1)

2


523以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 18:11:56.59dc/OLJ34O (2/3)

1


524以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 18:12:00.986kvRjzX7O (2/2)

1


525以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 18:12:53.99md9vE/UZ0 (2/2)

1
俺君...貫けるかはわからんが業は背負ってほしくないねぇ


526以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 18:13:03.60+SZCWbd7O (1/1)

1


527以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 18:14:55.28XypoyMva0 (2/2)

1


528以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 18:22:17.57kVmMKpQu0 (3/4)

乙。梨花ちゃんは正しかったな。この結末を見通していたんだ。


529以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 18:31:41.48r+oEUeab0 (1/4)

この章やり直しした方がいいのかな? 何となくこのルートも気になる


530以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 18:59:56.22SX3PDwXV0 (12/13)

ゴミ山

俺「フッ…そんな風に脅したら、この俺が首を縦に振るとでも思ってたのか?」

レナ「…。」グッ

俺「そんな事をして手に入れた未来に、幸せなんか絶対にやってくる筈が無い!」

レナ「…だったら、俺君の口も封じるしかないかな?」つ鉄パイプグッ

俺「フン…やれるもんならやってみろよ!本当にやれるならな!」

レナ「あはははははは!私はもう1人殺ってるんだよ?今更もう1人殺すのに抵抗なんてある訳無いのに!」ザッ

俺「うっ…」

レナ「残念だなぁ…最後に来た俺君が、もう転校しちゃう事になるなんて!!」ブウンッ

俺「……。」フッ...


ベシッガアンッドガッドゴッボキイッ!!


531以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 19:05:33.70SX3PDwXV0 (13/13)

ゴミ山

レナ「はぁ…はぁ…はぁ…」

俺「はぁ…はぁ…」ドクドク…

レナ「…どうして何の抵抗もしないのかな?かなぁ!?」

俺「…。」

俺腕「」グネッ
俺頭「」ボコッ
俺顔「」ドクドク

レナ「私にあんなに偉そうな事言っといて、このままあっさり死んじゃいたいのかな!?」

俺「はぁ…はぁ…レナこそどうしたよ…。本気のレナなら…とっくの昔に俺を殺せてる筈だろ…?」ドクドク...

俺「顔に似合わず…拷問癖でもあったか…?それとも…やっぱり躊躇ってるのかよ…?」

レナ「…!」ブウンッ

俺「うっ…」ボゴオッ

レナ「あはははははは!躊躇なんてそんな訳無いでしょ!変な俺君!」

俺「……。」

レナ「ちゃんと次で最後にするよ?」ザゥ

俺「…」フラッ

レナ「……。」グッ

レナ「…転校しちゃう前に、皆んなに伝えておきたい事があったら聞いとくよ?」

俺「……だっ…たら…レナに…一言だけ…頼む…」ドクドク...

レナ「……え?」

俺「こんな風に、ずっと擦り切れる寸前だったのにさ…。転校して来たばかりの俺に…」

俺「一番…優しくしてくれて…。部活でも常に…気を遣ってくれてさ…」

レナ「…。」

俺「なのに俺は…レナが苦しんでた事には…何も気付けず…約束も…守れず…」

レナ「……。」グッ

俺「ごめんな……。救ってあげられなくって....って……」ニコッ

レナ「……。」ポロッ

俺「」フッ

ドサリッ…


532以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 19:14:44.357bmJ0jlo0 (6/11)

なんかひぐらしの俺くんえらいイケメンやな


533以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 19:29:33.23OQIvpBXU0 (1/1)

梨花ちゃんが惚れちゃうわけだ・・・コンマ神は羽入に憑かれてるのか?w


534以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 19:35:11.57dc/OLJ34O (3/3)

コンマ判定が1回だけならこの周回をやり直すのもありか?
時間がかかりそうだけど。


535以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 19:37:54.57FmmNHEEXo (2/2)

まどマギも最初はただただイケメンだったのに途中で変態俺になる要素が入りだしたんだよな


536以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 19:39:17.662D7egrDw0 (1/2)

個人的には俺くんにはこのまま誰も殺さず業も背負わずに行って欲しい気持ちがあるけど、難易度高いのかな


537以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 19:40:49.27Fz92XNKI0 (1/1)

レナと梨花がヒロイン候補かな


538以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 20:11:57.78iS3i0LduO (1/1)

梨花の忠告無視してかっこつけときながら手遅れで尚且つ死亡
この周の俺は典型的な自己満足型の馬鹿にしか見えなかったな


539以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 20:26:14.61b4X/anbQ0 (2/3)

でもレナに殺されてないと回収できないフラグもあったし良かったんじゃね?まぁ、初周は間違った選択しても最後までやり直しせずに見通したい


540以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 20:28:23.70gJ+1MJPIO (1/1)

最低でも誰だけ助ければ良いってラインは決めておかないと
まどマギの時みたくどっちらけの選択ばかりして終始ぐだつきそう


541以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 20:40:47.41r+oEUeab0 (2/4)

ひぐらしはまどマギと違って誰か欠けた瞬間詰みだからその考えには反対だな


542以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 20:40:58.142D7egrDw0 (2/2)

まどマギと違って、最終的には村丸ごと救わなくちゃならないのがネック


543以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 20:44:13.33BE37P6XX0 (4/9)

まぁ一貫性はある
死ぬと分かってる程度で女放置も犯罪加担もするもんじゃないしね
ここで協力するならゲームと大差ないしな


544以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 20:44:45.107bmJ0jlo0 (7/11)

そんなのを決めること自体がぐだつく原因だろ。
人によって好きなキャラが違うんだから好きなキャラが最悪死んでもいいなんて言われて納得するはずないだろ、だから救えるキャラは全員救うぐらいのきもちでいった方がいい


545以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 20:46:47.37BE37P6XX0 (5/9)

とはいえ大災害を経験しないと記憶持ち越したところでな
梨花は滅菌作戦知らないわけだし


546以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 20:52:30.43unDO0hdM0 (1/1)

富竹や入江、大石に赤坂、園崎家の協力も必要だからな


547以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 21:49:15.28xC7dhLW60 (1/1)

巻き戻し候補は>>506でおk?


548以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 21:51:05.37ZuYttUljo (1/2)

巻き戻す必要なくね
このまま進めればいいじゃん


549以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 21:52:15.26r+oEUeab0 (3/4)

巻き戻しはないぞ?
この章を初めからにするか次の章に進むかひぐらし自体を初めからにするかのどれか


550以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 22:20:07.657bmJ0jlo0 (8/11)

今回コンマ一回だけでそれ失敗してここまで来たんだから再現簡単だし一回この辺の最初からやり直してもいいんじゃないか?戻すことのデメリットもないんだし


551以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 22:31:44.97kVmMKpQu0 (4/4)

そのまま行けばいいと思うけどな。わざわざ戻すことに意味があるとも思えない。


552以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 22:34:20.57b4X/anbQ0 (3/3)

ゲームとかでもそうだけど気に入らない展開だとすぐリセットみたいなこと繰り返してるとダレるし萎える原因にもなるからとりあえず通しで進めた方が良い


553以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 22:48:23.61mpzJPeJx0 (2/4)

鬼隠し編の圭一とレナみたいになったし今回の行動は無駄にはならんだろう
いつかレナが思い出すかもしれんし


554以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 22:48:47.487bmJ0jlo0 (9/11)

これゲームじゃないから明確なゴールがあるわけじゃないんだぞ?ある周まで行くと自動的にエンドになるわけじゃなさそうだしある程度リセットしながら進めていったほうがいいだろ。通しで行ってどうしようもなくなってきたから最初からやろうってなったらそっちのほうがダレるだろ。このあとの描写次第だけど悪い方に傾いたら素直にやり直したほうがいい。


555以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 22:53:13.68rhJNoZ+so (1/1)

どこがどうダメだったのか具体的に言ってみ
内容によっては賛同してくれるかもよ


556以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 23:01:45.42XOXBfAZyo (1/1)

全部一本道ならやり直しながらってのもいいけど
分岐が複雑になったら混乱するだけだぞ


557以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 23:05:08.90BE37P6XX0 (6/9)

レナ放置しても多分大災害まで生き残れないから意味ないしな


558以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 23:07:52.29tb/iCZt40 (1/1)

ここまできたら割と一本道な気がする


559以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/04(水) 23:09:47.62uJJFCbSF0 (2/2)

>>425でリナを助けて >>434でリナに関わらない
>>452でコンマ判定 >>479で梨花ほっとけない >>486で富竹に話しかける
>>493でレナにリナのことを聞く >>506でレナを追う >>521で無抵抗
もしやり直す場合>>452でコンマに勝った場合レナを救うためにがんばるルートにいきそうだけど
他に変えようのある選択肢があるだろうか