1 ◆8TImjtGSKs2019/08/23(金) 19:36:54.D1apNcw (1/11)

※ラブライブ×ダンガンロンパ 2スレ目です
※そのため死亡描写あり〼
前スレ:
https://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1506186240/


2 ◆8TImjtGSKs2019/08/23(金) 19:38:46.D1apNcw (2/11)



      【!】
前回の続きからSSを再開致します
よろしいでしょうか?

    前回終了時の状態
  Chapter.5 (非)日常編
 
  〔はい〕   いいえ



3 ◆8TImjtGSKs2019/08/23(金) 19:39:25.D1apNcw (3/11)

モノっちー「いやいや、むしろ逆なんだよネ」

璃奈「逆……(>_<。)?」

モノっちー「ボクはこの部屋を“当時のままにしておいた”。保存資料みたいなものだよ」

モノっちー「以上、それなりに意地悪なヒントでした」

モノっちー「でもさ。この学園に来る前でも、毎日のように事件や事故のニュースはあったでしょ?」

モノっちー「どんなに凄惨な出来事でも、年月が経てば風化していくんだ」

モノっちー「忘れられないように保存していたボクは、むしろ感謝されるべきなのかもネ」

モノっちー「うけけけけ……」

歩夢(当時のままにしておいた……?)

歩夢(モノっちー以外の誰かが、こんなことを……?)


4 ◆8TImjtGSKs2019/08/23(金) 19:40:16.D1apNcw (4/11)

────夜、歩夢の個室

ピンポーン

歩夢「……?」

歩夢(就寝アナウンスのしばらく後。突然、インターホンが鳴った)

歩夢(鞠莉さんの一件から、気を付けろと忠告は受けている)

歩夢(もし千歌ちゃんだとしたら──)ガチャリ

千歌「……」

歩夢「……」バタン

歩夢(扉をすぐに閉めるように。その言いつけ自体は守ったのだが……)

千歌「……危ないなあ。挟んだ衝撃で暴発したら、大変なことになっちゃうよ?」

千歌「歩夢ちゃんを撃ちたくはないからさ。少し、話を聞いてもらえないかな?」

歩夢(……結局、拳銃の脅迫に負けた私は、彼女を部屋に招き入れることになってしまった)


5 ◆8TImjtGSKs2019/08/23(金) 19:41:08.D1apNcw (5/11)

歩夢「……何しに来たの?」

千歌「余計なことをしなければ撃つつもりはないから、あんまり警戒しないでよ」

千歌「余計な発言だったら、幾らでも受け付けるからさ」

歩夢「……ノートパソコンを盗んだのも、あなただよね」

千歌「まあそうなるね。ところで……歩夢ちゃんは見た? 第2多目的室」

歩夢「……っ」

千歌「その様子だと……見てないか、見ても大した発見は出来てないのかな?」

歩夢「そんなことを言いに来たんだったら……」

千歌「出ていけって? むしろ、歩夢ちゃんが出て行って、みんなをインターホンで起こした方が早いんじゃないかな?」

千歌「でないと、これの餌食になっちゃうかもね……と言いたいところだけど、中身は空っぽなんだよ、ほら」カチャリ

歩夢「……」

歩夢(弾倉の中には、弾が一発も入ってない。ただのハッタリだったのか)


6 ◆8TImjtGSKs2019/08/23(金) 19:41:59.D1apNcw (6/11)

千歌「私はただ、手伝いをしてあげたいんだ」

歩夢「どういうこと?」

千歌「ここから脱出するための、だよ。というわけで、ちょっと耳貸してよ。モノっちーに聞かれたら不味いでしょ?」

歩夢「……」

歩夢(言われるがまま、彼女の話に耳を傾ける)

千歌「第2多目的室にも、小窓とそれを覆う鉄板があった。それくらいは知ってるよね?」

千歌「実はあの部屋の鉄板、少し外れ掛かってるんだ」

歩夢(あの部屋の、窓の鉄板が……?)

千歌「そう。だからさ、それを外せば学園の外に出られるんじゃないかな」

歩夢(外に……出られる……?)


7 ◆8TImjtGSKs2019/08/23(金) 19:42:34.D1apNcw (7/11)

千歌「この学園の秘密とか、モノっちーの正体とか。色々気にはなるだろうけど、そういうのは脱出してからでいいんだよ」

千歌「まずは安全な場所に逃げる。それでいいと思わない?」

歩夢(千歌ちゃんの話は、もっともだ)

歩夢(この学園を脱出さえしてしまえば、モノっちーも迂闊に手出しは出来ないだろう)

千歌「でもさ。全員があの部屋に行って、モノっちーに気付かれたらおしまいでしょ?」

千歌「だから、私がモノっちーの注意を引きつけておく」

千歌「その上で……これを使って欲しいんだ」

歩夢(そう言って、何かの箱を渡された)

歩夢(中を確認して見ると、ドライバーやレンチ、ハンマーなどなど。いわゆる工具セットだ)

千歌「流石に、4階から逃げるとなればロープは準備しておいた方がいいかもね」

千歌「そういうワケだからさ。頼んだよ」


8 ◆8TImjtGSKs2019/08/23(金) 19:43:33.D1apNcw (8/11)

歩夢「……待って。だったら、鞠莉さんを襲う必要はあったの?」

千歌「ちゃんと理由はあるよ。けど、話すのはここを無事に出られたら」

歩夢「……」

千歌「じゃあね。おやすみ、歩夢ちゃん」

歩夢「お、おやすみ……」

歩夢(渡された箱を手にしながら、考える)

歩夢(確かに、千歌ちゃんの話は筋が通っている。脱出してしまえば、全てを終わらせることが出来る)

歩夢(その筈なのに……この感覚は、何だろう?)

歩夢(何かが歯に詰まっているような違和感は……何なんだろう?)

歩夢(大切な何かを忘れているような……)


9 ◆8TImjtGSKs2019/08/23(金) 19:44:15.D1apNcw (9/11)

歩夢(……っ、何を考えているんだ、私)

歩夢(疑問を全て投げ出してでも、ここを出ることが最優先の筈)

歩夢(だったら、答えは決まっている)

歩夢(……そう言い聞かせて、私は布団に体を潜らせた)


10 ◆8TImjtGSKs2019/08/23(金) 19:44:57.D1apNcw (10/11)

~モノっちー劇場~

悪意とは関わるな……そういう考えが、世間に蔓延っているよネ。

けど、本当にそれでいいのかなって、ボクは思うんだ。

悪意を持った人は、どこからでも湧いて来る。

突然、自分が悪意にさらされる時が来るかも知れない。

そういった時のために少しは悪意を知っておくべきだと、ボクは思うんだ。

悪意を知っていれば、それに対する対処が思いつく。

悪意を知っているから、友人だと思っていた人が悪意を持っている可能性に気付くことが出来る。

要は、一種の予防接種みたいなものだネ!

……けど気を付けて欲しいのは、予防接種とはウイルスを身体に投与するもの。

付き合い方を間違えると、オマエもウイルスに乗っ取られるかも知れないよ……?


11 ◆8TImjtGSKs2019/08/23(金) 19:46:01.D1apNcw (11/11)

今回はここまで。
2スレ目突入です。もうしばらくお付き合い頂ければ、幸いです。


12以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/23(金) 23:23:509lc3Cel6 (1/1)

いきなりセーブしますか?って出てドキッとした
楽しみにしてる


13以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/24(土) 01:50:20mKPEAxEM (1/1)

おつおつ
μ’sの影がちらついてまいりました


14以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/27(火) 22:42:56XZkWOs62 (1/1)

乙!ついに2スレ目か……次回も楽しみにしてる