1以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:22:45JwD4f0MY (1/22)

遊戯王ARC-V及びアイドルマスターシンデレラガールズのクロスオーバー作品です。
遊戯王ARC-Vの原作改編を含みます。
リンクモンスターは存在せずフィールドもマスタールール3のものを採用していますが、カードプールは最新のものを採用。
1はデレステPなのでモバマスネタわかりません。

2年前にエタったSSのリベンジです。どうかお付き合いください


P「そうさ。これからのライブをより良くできるようにって勧められたんだ」

美玲「おお……!デュエルの大会なんてウチ、初めてだッ!」

P「ただ、参加資格取得のための条件があるんだ」

美玲「条件?」

P「公式戦の勝率が6割を越えている場合、もしくは公式戦を6連勝した場合だね」

美玲「6割……ね、プロデューサー。ウチの勝率って……」

P「公式戦の勝率は……5割だね」

美玲「足りてない……ッ!」

P「母数が少ないから仕方ない。でも美玲の腕は確かさ、6連勝も狙える。時間はまだあるし公式戦の手配を進めるよ」

美玲「……おうッ!」


2以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:23:25JwD4f0MY (2/22)

美玲「今日も公式戦だなッ!」

P「前回の勝利で5連勝だし、今日勝てば資格ゲット。油断しないようにね」

美玲「ああッ!……って、うわッ!?」

???「!?うわわ、あ、危なーい!」ドシン

美玲「ぎゃあッ!?」ドシン

P「美玲!大丈夫!?」

美玲「うぅ……大丈夫、でもお尻がちょっと痛いカモ……」

???「ご、ごめん!慌ててたから……」


3以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:24:01JwD4f0MY (3/22)

マテー!サカキユウヤー!

???「げっ、来た……!」

P「君、追われてるのか!なら……こっちだよ」グイッ

???「えっ、ちょっと、何?」

美玲「プロデューサー!?」

P「美玲も、早くこっちへ!」

美玲「えッ、あ、ああッ!」ダッ

???「ちょっとあんた、何処へ行くんだよ!」

P「なんで追われてるかは知らないけど、とりあえず大通りまで出るよ!」ダッ

???「え?ちょ、ちょっと~!」ダッ


4以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:26:38JwD4f0MY (4/22)

~数十秒後~


P「よし、追っ手は撒いたみたいだね」

???「……どうして突然会った俺に協力を?」

P「君、榊遊矢だろう?」

遊矢「そ、そうだけど。なんで俺の事……」

美玲「あッ!榊遊矢って、確かウチの対戦相手……!」

遊矢「えっ、それじゃあ君が早坂美玲?」

美玲「そう!ウチが早坂美玲だッ!」

遊矢「そっか。ごめん、公式戦に遅れちゃうかな?」

P「今から走れば間に合うよ。さあ、遊矢。君のホームグラウンドに案内してくれるかな?」

遊矢「ああ!じゃあ、ついてきて」

美玲「急ぐぞッ!」


5以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:29:38JwD4f0MY (5/22)

~遊勝塾~


ニコ「あっ、遊矢君。もう何処にいたんですか~?」

遊矢「ごめん、色々あってさ。でも対戦相手と合うことはできたよ」

ニコ「ええいつのまに……」

P「遅れて申し訳ありません。346プロダクション所属の早坂美玲、そしてそのプロデューサーです」

ニコ「あ、どうも。元はストロング石島の、今では遊矢君のマネージャーを務めますニコ・スマイリーです」

美玲「ユウヤ!今日のデュエル、ウチは必ず勝つッ!」

遊矢「ああ。俺も全力で俺のデュエルを貫くさ!」

修造「いよーし遊矢!今日も熱血デュエルだ!アクションフィールドオン!フィールド魔法、《星明かりの舞台》!」

美玲「戦いの殿堂に集いしデュエリスト達がッ!」

遊矢「モンスターと共に地を蹴り宙を舞い!」

美玲「フィールド内を駆け巡る!」

遊矢「見よ、これぞデュエルの最強進化系!」

皆「アクショーン……!」

「「デュエル!」」


6以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:31:57JwD4f0MY (6/22)

美玲「ウチのターン!手札から『激昂のミノタウルス』を召喚だッ!」

《激昂のミノタウルス》
効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1700/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

美玲「そしてカードを1枚セットして……ターンエンド!」ダッ

遊矢「!!アクションカードか……俺のターン!」

遊矢「俺は手札から『EM(エンタメイト)ウィップ・バイパー』を召喚!」

《EMウィップ・バイパー》 (アニメ効果)
効果モンスター
星4/地属性/爬虫類族/攻1700/守 900
(1):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示の
モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで入れ替える。

美玲「攻撃力はミノタウルスと互角だな……」

遊矢「そしてウィップバイパーのモンスター効果発動!ミノタウルスを選択し、ターンの終わりまで、その攻撃力と守備力を入れ換える!」

美玲「んなッ……!あった、アクションカード!」パシッ


7以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:32:29JwD4f0MY (7/22)

美玲「守備力が攻撃力になるのなら、その前に発動だッ!アクションマジック、『ケミカルライト』!ミノタウルスの守備力を、ターン終了まで800アップさせるッ!」

《ケミカルライト》(SSオリジナル)
A魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの守備力はターン終了時まで800アップする。

遊矢「何……!」

アユ「せっかくウィップバイパーの方が攻撃力が高くなると思ったのに、守備力を上げられたから上回られちゃったぁ」

遊矢「それなら……こっちも!」パシッ

遊矢「バトル!ウィップバイパーで、ミノタウルスを攻撃!」

遊矢「この瞬間アクションマジック、『スポット・スター』を発動!」

《スポット・スター》(SSオリジナル)
A魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで300アップし、
このターン、コントローラーのフィールドの
対象モンスター以外のモンスターは効果の対象にならない。

遊矢「これでウィップバイパーの攻撃力が上回る!」

美玲「やられた……ぐぅッ!」LP4000→3900

フトシ「アクションカードの応酬!しびれちゃうぜ……」


8以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:33:31JwD4f0MY (8/22)

遊矢「俺はカードを2枚伏せ、ターン終了だ!」ダッ

美玲「すかさずAカードを取りに行く気か……負けないぞッ!ウチのターン!」

美玲「手札から『妖海のアウトロール』を召喚!」

《妖海のアウトロール》
チューナー・効果モンスター
星3/水属性/獣戦士族/攻1000/守1300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分は獣戦士族モンスターしか特殊召喚できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の獣戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
このカードの属性・レベルはターン終了時まで、そのモンスターと同じになる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
このカードと同じ属性・レベルを持つ獣戦士族モンスター1体を手札から特殊召喚する。

遊矢(Aカードは何処にある……?)

美玲「アウトロールの効果発動ッ!召喚に成功したことで、墓地の獣戦士族……激昂のミノタウルスと同じレベル4・地属性になる!」

美玲「追加で効果発動だッ!1ターンに1度、手札からアウトロールと同じレベル・属性の獣戦士を呼び出せる!」

遊矢「ってことはつまり、ミノタウルスと同じレベル4・地属性の……」


9以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:34:08JwD4f0MY (9/22)

美玲「そう!ウチはレオンタウロスを特殊召喚!」

《レオンタウロス》
効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1500/守1600
(1):このカードが通常モンスター以外のモンスターと戦闘を行うダメージステップの間、
このカードの攻撃力は500アップする。

美玲「バトル!レオンタウロスでウィップバイパーを攻撃!」

遊矢「ウィップバイパーの方が攻撃力は上だ!」

美玲「ふふんッ!レオンタウロスは通常モンスター以外とバトルする時、攻撃力が500アップするッ!」

遊矢「ええっ!?俺通常モンスターなんか持ってないよ~!」

遊矢「……あ、あった、照明の上にAカード!頼むウィップバイパー!」

ウィップバイパー「シェア!」

柚子「遊矢を投げた!?」

遊矢「よし取った!」パシッ

遊矢「(……ダメだ、このカードじゃ攻撃はしのげない!)ぐあッ!」LP4000→3700

タツヤ「ああ!遊矢兄ちゃんが落ちちゃう!」


10以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:34:54JwD4f0MY (10/22)

遊矢「トラップ発動!『EMリバイバル』!俺のモンスターが破壊されたとき、手札か墓地からエンタメイト1体を特殊召喚できる!」

《EMリバイバル》
通常罠
(1):自分フィールドのモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分の手札・墓地から「EM」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

遊矢「戻ってこい、ウィップバイパー!」

ウィップバイパー「シャア!」パシッ

遊矢「ふぅ……危ない危ない」

美玲「くッ、アウトロールじゃ追撃はできない……カードを1枚伏せて、ターンエンドッ!」

遊矢「俺のターン!……レディースエーンジェントルメーン!」

遊矢「さあ皆様!これから世にも珍しく不思議なものをご覧に入れましょう!」

美玲「!?なんだ、コイツ……」

P「あれが榊遊矢の十八番、エンタメデュエルだ」

美玲「エンタメ……?」

遊矢「私はスケール2のEMインコーラスと、スケール8の時読みの魔術師で、ペンデュラムスケールをセッティング!」


11以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:35:31JwD4f0MY (11/22)

《EMインコーラス》
ペンデュラム・効果モンスター
星3/風属性/鳥獣族/攻 500/守 500
【Pスケール:青2/赤2】
(1):1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンに「EMインコーラス」以外の
「EM」カード、「魔術師」カード、「オッドアイズ」カードの内、
いずれかが存在する場合に発動できる。
このカードのPスケールはターン終了時まで7になる。
【モンスター効果】
(1):このカードが戦闘で破壊された場合に発動できる。
デッキからPモンスター以外の「EM」モンスター1体を特殊召喚する

《時読みの魔術師》 (アニメ効果)
ペンデュラム・効果モンスター
星3/闇属性/魔法使い族/攻1200/守 600
【Pスケール:青8/赤8】
(1):1ターンに1度、自分のPモンスター1体を対象として罠カードが発動した時に発動できる。
そのカードの効果と発動を無効にする。
その後、その罠カードは墓地へ送らずそのままセットする。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、自分または相手のPゾーンのカードを対象として魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その効果を無効にする。

美玲「な、なんだそれ……ペンデュラム!?」

P「ペンデュラムモンスターは魔法カード扱いでペンデュラムゾーンに発動することができ、2枚のペンデュラムスケールの間に存在するレベルのモンスターをペンデュラム召喚で同時に特殊召喚することができるそうだ」

美玲「難しくてサッパリだぞッ!?」


12以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:36:42JwD4f0MY (12/22)

P「つまり、遊矢君は今からレベル3から7のモンスターが同時に召喚可能になった。気を付けろ!」

遊矢「揺れろ、魂のペンデュラム。天空に描け光のアーク!ペンデュラム召喚!現れろ、俺のモンスター達!」

遊矢「レベル3!『EMファイア・マフライオ!』」

《EMファイア・マフライオ》 (アニメ効果)
ペンデュラム・効果モンスター
星3/炎属性/獣族/攻 800/守 800
【Pスケール:青5/赤5】
(1):自分フィールドのPモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
Pゾーンのこのカードを特殊召喚する。
【モンスター効果】
(1):1ターンに1度、自分のPモンスターが
相手モンスターを戦闘で破壊したダメージ計算後に発動できる。
その自分のモンスターは、バトルフェイズ終了時まで攻撃力が200アップし、
もう1度だけ続けて攻撃できる。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。

遊矢「そして!雄々しくも美しく輝く二色の眼!『オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン』!」

《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》 (アニメ効果)
ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
【Pスケール:青4/赤4】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分のPモンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にできる。
【モンスター効果】
(1):このカードがレベル5以上のモンスターと戦闘を行う場合、
このカードが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。


13以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:37:38JwD4f0MY (13/22)

美玲「な、なんかエースっぽくてカッコイイのが出てきたぞ……!」

遊矢「世にも珍しき二色の眼を持つ龍、オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンでございます!」

遊矢「バトル!オッドアイズでレオンタウルスを攻撃!」

美玲「オッドアイズは効果モンスター、攻撃力は500上がるッ!」

美玲「さらに罠カード発動、『幻獣の角』!これをレオンタウルスに装備して、攻撃力を800アップする!」

《幻獣の角》
通常罠
(1):自分の獣族・獣戦士族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
このカードを攻撃力800アップの装備カード扱いとして、そのモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードを装備したモンスターが
相手モンスターを戦闘で破壊し墓地へ送った場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

タツヤ「ああ!攻撃力がオッドアイズを上回った!」

フトシ「このままじゃオッドアイズがやられちゃう~」

遊矢「心配御無用!アクションマジック、『突撃』!自分のモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に発動でき、そのモンスターの攻撃力はバトル中600アップします!」

《突撃》
A魔法
(1):自分のモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力はそのダメージ計算時のみ600アップする。

美玲「んな、攻撃力3100……ぐあッ!」LP3900→3600


14以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:38:39JwD4f0MY (14/22)

遊矢「さらにここでファイア・マフライオのモンスター効果!Pモンスターが相手モンスターを破壊した時、そのモンスターの攻撃力を200アップさせ、もう一度攻撃できる権利を与える!」

美玲「おおっ、火の輪潜り……凄い……ッ、じゃない、Aカードを探さなきゃ……」ダッ

遊矢「いけオッドアイズ!2回目の権利でアウトロールを攻撃、螺旋のストライクバースト!」

アユ「いっちゃえー遊矢お兄ちゃん!」

美玲「……よし、あった!」パシッ

美玲「効果も当たりッ!アクションマジック、『神秘』を発動!戦闘または効果ダメージを半分にするッ!」LP3600→2750

《神秘》(SSオリジナル)
A魔法
(1):このターン、自分が受けるダメージを1度だけ半分にする。

遊矢「私はこれにてターンエンドです!」

P「美玲、大丈夫?」

美玲「どうってことないッ!私のターン!」

美玲「……ユーヤ!オマエがペンデュラム召喚なら、ウチは……シンクロ召喚だ!」

遊矢「なんだって!?」

柚子「シンクロ召喚って……!」

美玲「ウチの場にモンスターが存在しないことで、手札から『カイザー・ブラッド・ヴォルス』を特殊召喚!」


15以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:39:11JwD4f0MY (15/22)

《カイザー・ブラッド・ヴォルス》
効果モンスター
星5/闇属性/獣戦士族/攻1900/守1200
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動する。
このカードの攻撃力は500アップする。
(3):このカードが戦闘で破壊された場合に発動する。
このカードを破壊したモンスターの攻撃力は500ダウンする。

美玲「永続トラップ、リビングデッドの呼び声!墓地のモンスター……アウトロールを攻撃表示で特殊召喚するッ!」ダッ

《リビングデッドの呼び声》
永続罠
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

遊矢(走り出した、ってことはAカード……!)ダッ

美玲「レベル5のカイザー・ブラッド・ヴォルスに、レベル3のアウトロールをチューニング!」

美玲「逆巻け、そして思考を支配しろッ……シンクロ召喚!レベル8、『メンタルスフィア・デーモン』ッ!」


16以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:40:02JwD4f0MY (16/22)

《メンタルスフィア・デーモン》
シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/サイキック族/攻2700/守2300
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが戦闘でモンスターを破壊し墓地へ送った場合に発動する。
そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。
(2):サイキック族モンスター1体のみを対象とする魔法・罠カードが発動した時、
1000LPを払って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

遊矢「攻撃力2700……これが美玲のエースか!」

美玲「バトルだ!メンタルスフィアでオッドアイズ・ペンデュラムに攻撃!ダークスフィア・スクラッチ!」

遊矢「くっ……あった!アクションマジック、『回避』!相手モンスターの攻撃を無効にする!」

《回避》
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃を無効にする。

フトシ「出た!遊矢兄ちゃんのアクション防御だ!」

美玲「させない、ウチはメンタルスフィアの効果を発動!サイキック族1体のみが魔法・罠の対象になった事でライフを1000払ってその発動を無効にする!」LP2750→1750

遊矢「ぐっ、オッドアイズ……!」LP3700→3500

美玲「さらにメンタルスフィアは戦闘でモンスターを墓地へ送った時、その元々の攻撃力分ライフを回復……って、アレ?」

P「美玲。ペンデュラムモンスターは普通のモンスターとは違って、フィールドから墓地へはいかずにエクストラデッキに送られる」


17以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:40:37JwD4f0MY (17/22)

P「加えてペンデュラム召喚は、エクストラデッキに送られたモンスターも呼び出せるらしい」

美玲「ぐっ、だから先に言えってば……まあ、アクションカードも拾えたし。カードを1枚伏せて、ターンエンドッ!」

遊矢「俺のターン!今一度揺れろ、魂のペンデュラム!天空に描け光のアーク!」

遊矢「ペンデュラム召喚!エクストラデッキから蘇れ!」

遊矢「レベル7、オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン!そして手札からレベル4、EMホタルクス!」

《EMホタルクス》
ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/昆虫族/攻1200/守1600
【Pスケール:青5/赤5】
(1):1ターンに1度、相手モンスターの攻撃宣言時に
自分フィールドの「EM」モンスター1体をリリースして発動できる。
その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。
【モンスター効果】
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスターが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。

遊矢「いくぞ、オッドアイズ!」サッ

美玲「あッ、ユーヤがオッドアイズの背中に乗った!」

P「狙うはスピーカーの所のアクションカードか!」

美玲「くっ……メンタルスフィア・デーモン!妨害だッ!」


18以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:41:15JwD4f0MY (18/22)

フトシ「あのモンスター、飛べるから追いつかれちゃうよ~!」

遊矢「フッ……狙いはこっちさ!」バッ

美玲「え、降りた!?」カンコーン

修造「足元の方にアクションカードが……それを狙っていたのか!」

遊矢「アクションマジック、スポット・スター!オッドアイズの攻撃力を300アップさせる!」

美玲「攻撃力を上回られた……!」

美玲(でも、攻撃宣言時に今伏せている『波動障壁』を使えば守備力分のダメージ。それにこのアクションマジック『チアーアップ・ガード』を加えれば……)

《波動障壁》
通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に自分フィールドのSモンスター1体をリリースして発動できる。
相手フィールドのモンスターを全て守備表示にする。
その後、攻撃モンスターの守備力分のダメージを相手に与える。

《チアーアップ・ガード》(SSオリジナル)
A魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター2体を対象として発動できる。
ターン終了時まで対象のモンスター1体の守備力は、
もう1体の元々の攻撃力の半分の数値分アップする。
この効果の発動後このターン、相手が受ける戦闘ダメ―ジは半分になる。

美玲(3650のダメージで、ウチの勝利だッ!)


19以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:41:46JwD4f0MY (19/22)

遊矢「バトルだ!オッドアイズで、メンタルスフィア・デーモンを攻撃!」

美玲「来た、トラップ発――」

遊矢「いや、ここでEMホタルクスの効果!EMかオッドアイズが攻撃するとき、相手は魔法・罠カードを発動できない!」

美玲「な、何だとッ……!?」

遊矢「そしてオッドアイズの効果!レベル5以上のモンスターとの戦闘で与えるダメージを2倍にする!リアクション・フォース!」

美玲「たった100増えただけじゃんかぁ……」LP1750→1550

遊矢「ファイア・マフライオの効果で、攻撃力を200上げて再度攻撃を可能にする!」

遊矢「これでフィナーレ!オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンでダイレクトアタック!螺旋のストライク・バースト!」

美玲「う……うわあーッ!!」LP1550→0 ピーッ

遊矢「これが榊遊勝直伝のエンタメデュエルでございました!」


20以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:43:11JwD4f0MY (20/22)

P「美玲、大丈夫?」

美玲「べ、別にヘーキだし……」

P「しかし彼のエンタメデュエル。初めて見たが、なかなかいいものだったね」

美玲「……ウン。悔しいけど、楽しかった」

P「さて!5連勝が途切れたからって、次また6連勝する必要はない」

P「5連勝のおかげで勝率は5割を超している。あともう少し頑張ろう、美玲!」

美玲「プロデューサー……。ああ!ウチはまだ止まらない!」

美玲「目指せ、舞網チャンピオンシップッ!」


21以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:43:45JwD4f0MY (21/22)

~レオ・コーポレーション~


零児「中島。榊遊矢のデュエルデータは?」

中島「たった今、映像・デュエルログともに完了しました」

零児「そうか……ご苦労だった。」

零児(それにしてもこの対戦相手。早坂美玲……か)

零児(LDS以外でのシンクロ召喚使用者)

零児(浦月プロダクション所属の新人アイドル)

零児(活動の幅を広げるために舞網チャンピオンシップ優勝を狙い、日々デュエルを精進中……)

零児(興味深い。彼女についても今後の動向を探るとしよう)

零児「それはそうと。例の連続襲撃事件についてはどうなっている?」

中島「はっ。それが――」


22以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/13(火) 20:47:25JwD4f0MY (22/22)

とりあえず今回はここまで
何か感想や不可解な点など有れば、伝えてもらえると嬉しいですし、励みになります


23以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:26:34RRh6rBGs (1/16)

~一週間後~


美玲「プロデューサー、今日の相手はどんなだ?」

P「相手は九庵堂 栄太。クイズ番組で大活躍中の少年だよ」

美玲「クイズ番組……」

P「彼の知識量は波の大人も悠々と超えるほどだ」

P「知識があるからデュエルが強い、というのは話が別だけど。知識が豊富という事は、それだけこちらの動きに対抗する策が多いという事だ」

P「脅かすようになってしまったけど、大丈夫。美玲ならきっと勝てるさ」

美玲「プロデューサー……わかった!ウチはやるぞッ!」


24以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:27:41RRh6rBGs (2/16)

栄太「僕は九庵堂栄太。君が今日の対戦相手だね」

美玲「ああッ。よろしくな!」

栄太「お互いにとって良きデュエルにしようじゃないか……まあ、勝者はこの僕だがね」

美玲「フン、そんな事言ってられるのも今のうちだッ!絶対に勝つ!」

P「アクションフィールドオン!フィールド魔法、『ユニバース・ライブラリー』!」

美玲「戦いの殿堂に集いしデュエリスト達が、モンスターと共に地を蹴り宙を舞い!」

栄太「フィールド内を駆け巡る。見よ、これぞデュエルの最強進化系。アクション――」

「「デュエル!!」」


25以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:28:51RRh6rBGs (3/16)

栄太「先攻はこの僕。『クイズーモンキー』を召喚!」

《クイズーモンキー》(テキスト未確定により独自解釈)
星1/闇属性/獣族/攻0/守0
(1):このカードが相手モンスターに攻撃される攻撃宣言時に発動できる。
相手は0から5の数字を宣言する。
このバトルフェイズ終了時、自分フィールドに存在する「クイズー」モンスターの数が
宣言された数字と同じ場合、相手は10000LP回復する。
違った場合、このカードが墓地にいる場合は特殊召喚し、相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊する。
その後、このカードの攻撃力・守備力は、破壊したモンスターの元々の攻撃力・守備力と同じになる。

美玲「攻撃力0のモンスター……」

栄太「ゼロとはすべての始まりであり、またすべての終結点でもある」

栄太「すなわちゼロとは無限の可能性。僕はカードを1枚伏せてターンエンドだよ」

P「気を付けて、どんな効果を持っているかわからない」

美玲「わかってるッ、ウチのターン!」

美玲「『ウィングド・ライノ』を召喚!」

《ウィングド・ライノ》
星4/風属性/獣戦士族/攻1800/守500
(1):罠カードが発動した時に発動できる。
フィールドの表側表示のこのカードを持ち主の手札に戻す。


26以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:29:39RRh6rBGs (4/16)

美玲「バトルだッ!ウィングド・ライノでクイズーモンキーを――」

栄太「クイズーモンキーの効果発動。このカードがバトルする時、相手は、バトルフェイズ終了時の僕のフィールドのクイズーモンスターの数を宣言する!」

栄太「宣言通りなら早坂さんのライフは1000回復」

栄太「違っていたら、自身が墓地にいれば特殊召喚したのち、相手モンスター1体を破壊して、そのモンスター攻撃力・守備力を得る」

美玲「えっ……?」

栄太「クイズーモンキーを破壊できるなら0体、破壊できないなら1体。そう宣言すればいいだけさ」

美玲「……その効果を使うってことは、その伏せカードはこの攻撃を防ぐカードってことだな」

美玲「乗ってやるッ!ウチの宣言は0体だ!いけ、ウィングド・ライノ!」

栄太「永続トラップ発動。『ですが!』。1ターンに1度、クイズーモンスターの破壊、およびその戦闘で発生するダメージを無効にする」

《ですが!》
永続罠
(1):自分フィールドの「クイズー」モンスターが戦闘を行う場合、
そのモンスター1体を対象としてこの効果を発動できる。
1ターンに1度、そのモンスターはその戦闘では破壊されず、
そのモンスターの戦闘で発生する戦闘ダメージは0になる。

美玲「ドンピシャか、でもウィングド・ライノの効果!トラップが発動した時、このカードを手札に戻すことができる!」

栄太「なるほどね……僕のクイズーモンスターは1体」

栄太「クイズは不正解だが、キミのモンスターはいない。よって破壊が行えず、攻撃力は0のままだ」


27以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:30:42RRh6rBGs (5/16)

美玲「カードを3枚伏せてターンエンド!」

栄太「僕のターン。折角のがら空きだ、攻めに転じよう」スッ

P「あれはアクションカード……いつの間に」

栄太「アクションマジック、『虎の巻』。これでクイズーモンキーの攻撃力を500アップするよ」

《虎の巻》(SSオリジナル)
A魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。

栄太「そしてバトルだ。クイズーモンキーでダイレクトアタック!」

美玲「ウチもアクションカードだッ!」ダッ

栄太「では僕は、その隙に二の矢三の矢を手に入れるまで」タッ

美玲「あった!……でもこれじゃないッ……!」LP4000→3500

栄太「不正解のカードを引いてしまったようだね。この瞬間、手札の『スフィンクイズー』の効果!」


28以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:31:59RRh6rBGs (6/16)

《スフィンクイズー》(テキスト未確定により独自解釈)
効果モンスター
星5/光属性/岩石族/攻1000/守1000
(1):自分の「クイズー」モンスターが戦闘で相手にダメージを与えた場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに他の「クイズー」モンスターが存在する場合、
このカードは攻撃対象にならない。
(3):自分フィールドの「クイズー」モンスターが相手モンスターに攻撃される攻撃宣言時に発動できる。
相手はフィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。
そのモンスターがフィールドの最も高い攻撃力を持つモンスターだった場合、
そのモンスターを破壊し、コントローラーはそのモンスターの攻撃力分のダメージを受ける。
違った場合、バトルフェイズを終了する。

栄太「クイズーモンスターが戦闘ダメージを与えた時、このカードを特殊召喚できる!」

美玲「モンスターが増えたか……」

栄太「さらに……」パシッ

栄太「アクションマジック、『龍の巻』。モンスターの攻撃力の変化を移し替える。僕はクイズーモンキーからスフィンクイズーへと、攻撃力を再配置!」

《龍の巻》(SSオリジナル)
A魔法
(1):フィールドの元々の攻撃力より高い攻撃力を持つ
表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
フィールドのモンスター1体を選ぶ。そのモンスターの攻撃力は、
対象のモンスターの元々の攻撃力と攻撃力の差の数値分だけアップする。
その後、対象のモンスターの攻撃力を元々の攻撃力に戻す。

美玲「んなあ……」


29以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:32:54RRh6rBGs (7/16)

P「彼、このフィールドのアクションマジックを知っているかのように……」

栄太「アクションデュエリストなら、アクションフィールドについての知識を付けるのは当然だろう?スフィンクイズーでダイレクトアタック!」

美玲「ぐっ……」LP3500→2000

栄太「その分だと、君の引いたカードは『奇跡』あたりじゃないかな?カードを1枚伏せてターンエンドだ」

美玲「(当たってるし……)ウチのターン!」

美玲「モンスターがいない事で、カイザー・ブラッド・ヴォルスを特殊召喚!」

美玲「さらにウィングド・ライノを召喚!」

P「なるほど。モンスターが2体いれば、クイズーモンキーの効果に1体と宣言して破壊を回避できる!

美玲「バトルだ!ウィングド・ライノでクイズーモンキーを――」

栄太「クイズーモンキーの効果発動!バトルフェイズ終了時、僕の場のクイズーモンスターの数は何体でしょう?」

美玲「1体を宣言!いけウィングド・ライノ!」

栄太「おっと。この瞬間、スフィンクイズーの効果も発動!」

美玲「げ、ソイツもか……」

栄太「クイズーモンスターが攻撃を受けるときに発動でき、フィールドで1番攻撃力が高いモンスター1体を選んでもらう」


30以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:33:36RRh6rBGs (8/16)

栄太「正解すればそのそのモンスターを破壊し、コントローラーに攻撃力分のダメージを与える」

栄太「不正解ならば、バトルフェイズは強制終了だ」

P「攻撃を通すためにはカイザー・ブラッド・ヴォルスを手放して、ライフを1900削る必要がある……」

美玲「でもモンスターを失うだけじゃなく、大ダメージも受けてしまうわけにはいかないッ……」

栄太「シンキングタイムは終わりだ。答えをどうぞ?」

美玲「……クイズーモンキーだ」

栄太「そうか……残念だけどクイズは不正解。スフィンクイズーの効果でバトルは終了!」

栄太「そしてクイズーモンキーの問題には1体と宣言したが、僕のフィールドには2体。これも不正解!」

美玲「くっ……」

栄太「ペナルティとしてカイザー・ブラッド・ヴォルスを破壊!その攻撃力をクイズーモンキーは得る」

美玲「……カードを1枚伏せてターンエンド!」

栄太「追い詰められてるね。僕のターン!」

栄太「バトル。クイズーモンキーでウィングド・ライノに攻撃!」


31以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:34:08RRh6rBGs (9/16)

美玲「アクションマジック、『奇跡』!戦闘破壊を無効にし、ダメージを半分にする!」LP2000→1950

《奇跡》
A魔法
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターは戦闘では破壊されず、戦闘ダメージは半分になる。

栄太「フン、やっぱりね。トラップ発動、『カイシュート』!レベル4以下のクイズーモンスターの攻撃力を、別のクイズーモンスターに移し替える」

《カイシュート》(テキスト未確定による独自解釈)
通常罠
(1):自分フィールドのレベル4以下の
「クイズー」モンスター1体を対象として発動できる。
フィールドの表側表示モンスター1体を選ぶ。
そのモンスターの攻撃力は、対象モンスターの攻撃力分アップする。
その後、対象モンスターを持ち主の手札に戻す。

栄太「クイズーモンキーの攻撃力1800分、スフィンクイズーの攻撃力をアップ!そしてクイズーモンキーは手札に戻る」

美玲「攻撃力3300……!?」ダッ

栄太「おっと、そっちのアクションカードはいけないね……」パシッ

栄太「スフィンクイズーでウィングド・ライノを攻撃!」

美玲「あった!アクションマジック、『豹の巻』!墓地の魔法カード1枚につき300、モンスターの攻撃力を下げる!」


32以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:36:07RRh6rBGs (10/16)

《豹の巻》(SSオリジナル)
A魔法
(1):モンスターが戦闘を行うダメージ計算時、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は、ダメージステップ終了時まで
お互いの墓地の魔法カードの数×400ダウンする。

美玲「これで1200ダウンだ。さらにトラップ発動、『幻獣の角』!これでウィングド・ライノの攻撃力を800アップするッ!」

栄太「そうはいかないよ。アクションマジック、『武の巻』!モンスターの戦闘破壊を無効にするかわりに、バトルするモンスター同士のの攻撃力を入れ替える」

《武の巻》(SSオリジナル)
A魔法
(1):モンスター同士が戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
その戦闘でお互いのモンスターは破壊されず、
そのモンスター2体の攻撃力をダメージ計算時のみ入れ替える。

美玲「んな……!?」

栄太「これでこちらは2600、そちらが2100だ」

美玲「ぐぅ……」LP1950→1250

栄太「2体の攻撃力は元に戻り豹の巻の効果も消える」

栄太「そして速攻魔法『泣きのもう1回!』!クイズーモンスターがモンスターを破壊できなかった時、攻撃力を1000アップしてもう1度攻撃できる!」


33以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:37:06RRh6rBGs (11/16)

《泣きのもう1回!》(SSオリジナル)
速攻魔法
(1):自分の「クイズー」モンスターの攻撃で相手モンスターが破壊されなかったダメージステップ終了時に発動できる。
その自分モンスターの攻撃力は1000アップし、このバトルフェイズ中もう1度だけ攻撃できる。
この時、そのモンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。

美玲「攻撃力4300でもう1度……!?」

栄太「とどめだ。スフィンクイズーでウィングド・ライノを攻撃!」

美玲「くっ……こうなったら!飛べ、ウィングド・ライノ!」

栄太「?今さら何を……」

栄太「はっ!そうか、このフィールドは天井に1枚だけアクションカードがある!」カンコーン

26
美玲「間に合ったッ!!アクションカード、『アンコール』!墓地のアクションマジック――奇跡の効果を使用する!」

《アンコール》
A魔法
(1):以下の効果から1つを選択して発動する。
●自分の墓地のA魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を発動する。
●このカードを破壊する。

栄太「く、だが半分でもダメージは受けてもらう!」

美玲「大したことない!さあどうだッ、まだバトルフェイズは続行か?」LP1250→150


34以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:37:53RRh6rBGs (12/16)

栄太「終了するよ。僕はクイズーモンキーを召喚。泣きのもう1回の効果は終了し、ターンエンド!」

美玲「よし、これなら行ける!私のターン、ドロー!」

美玲「装備魔法、ビッグバン・シュートをスフィンクイズーに装備!攻撃力が400アップする」

栄太「僕のモンスターに……」

美玲「チューナーモンスター、『柴戦士タロ』を召喚!レベル4のウィングド・ライノに、レベル2の柴戦士タロをチューニング!」

《柴戦士タロ》
チューナー(効果モンスター)
星2/地属性/獣戦士族/攻 800/守 600
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

栄太「これは、シンクロ召喚……!?」

美玲「振り翳せ、そして自分を取り戻せッ!シンクロ召喚!レベル6、『獣神ヴァルカン』ッ!」


35以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:38:30RRh6rBGs (13/16)

《獣神ヴァルカン》
シンクロ・効果モンスター
星6/炎属性/獣戦士族/攻2000/守1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合、
自分及び相手フィールドの表側表示のカードを1枚ずつ対象として発動する。
その自分及び相手の表側表示のカードを手札に戻す。
このターン、自分はこの効果で手札に戻したカード
及びそれらの同名カードの効果を発動できない。

美玲「ヴァルカンの効果発動、お互いのフィールドの表側表示カードを1枚ずつ手札に戻すッ!ビッグバン・シュートとですが!を選択!」

栄太「そのカードがフィールドを離れたとき、装備モンスターは除外される。うまいコンボだね」

栄太「そしてシンクロ召喚。知ってはいたが、実際に見たのは初めてだよ」

美玲「それはどうも!バトルフェイズ、ヴァルカンでクイズーモンキーを攻撃!」

栄太「クイズーモンキーの効果発動!」

美玲「関係ないッ!0体だ!」

栄太「……まあそうだよね」LP4000→2000

美玲「トラップ発動、『戦線復帰』!モンスター1体を墓地から守備表示で特殊召喚する。蘇れ、柴戦士タロ!」


36以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:39:27RRh6rBGs (14/16)

《戦線復帰》
通常罠
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

栄太「でも、守備表示で出しても追撃はできない!」

美玲「ああ。だからこうする!トラップ発動、『緊急同調』!バトルフェイズ中にシンクロ召喚を行う!」

《緊急同調》
通常罠
(1):自分・相手のバトルフェイズに発動できる。
Sモンスター1体をS召喚する。

栄太「な……何!?」

美玲「レベル6のヴァルカンに、レベル2のタロをチューニング!」

美玲「逆巻け、そして思考を支配しろッ!シンクロ召喚!レベル8、『メンタルスフィア・デーモン』ッ!」

栄太「攻撃力2700……そんな……」

美玲「これで終わり!メンタルスフィア・デーモンでダイレクトアタックだッ!ダークスフィア・スクラッチ!」

栄太「馬鹿なあああ……っ!」LP2000→0 ピーッ

美玲「どうだッ!これがウチの実力だー!」


37以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:40:07RRh6rBGs (15/16)

P「おめでとう、美玲!これで勝率は6割!舞網チャンピオンシップ出場資格獲得だ!」

美玲「いやったぞー!」

栄太「いやあ、見事なデュエルだったよ」

美玲「エイタ……」

栄太「僕のクイズーコンボを、シンクロモンスターの効果で突破するとは。僕の知識不足を嘆くばかりだ」

美玲「オマエだって、面白いコンボを見せてくれた。気を落とすなって!」

栄太「Merci du fond du coeur。本戦も頑張ってくれ給えよ」

美玲「め、めるし……何て?」

栄太「フフ。さて問題です。今僕は何と言ったでしょうか?」

美玲「わ……わかるかーッ!」

P(これでやっと本戦出場だ。ここで好成績を出すことができれば、今後の活動もより良くなるだろう)

P(共に頑張っていこう、美玲!)


38以下、名無しが深夜にお送りします2019/08/14(水) 20:40:48RRh6rBGs (16/16)

~某場所~

?「全員揃ってる?」

??「重役出勤ご苦労様、リーダー」

?「うるさい」

???「首領。まだお嬢様がいらしていません」

????「大方、今日も猫漁りであろう」

?「全くしょうがないわね……」

??「そこが素敵なんじゃん。ああマイプリンセス、早く来ないかな~」

?????「お待たせ。今日も五着かぁ」

???「……噂をすれば。霧絵様。おはようございます」

霧絵「おはよう。というわけで、5人全員揃った――揃いました。首領」

?「まあいいわ。今日の会議を始めましょう」

?「今日はこの男……榊遊矢について!」


39以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:10:15Lz0OgyZI (1/23)

~数週間後~

P「美玲!準備はいい?」

P「楽しみ過ぎて夜寝られなかったりしなかった?」

美玲「何の心配をしてるんだ……大丈夫!」

P「分かっていると思うが、舞網チャンピオンシップについて改めて説明しよう」

美玲「おうッ!」

P「この大会はジュニア、ジュニアユース、ユースの3部門に分けて行われる」

P「美玲はジュニアユース。これに優勝すると自動的にユースクラスに昇格できるんだ!」

美玲「ウチは絶対に負けない!どんな相手でも勝ち上がって見せるッ!」

P「その意気だ。今年は遊矢のいる遊勝塾や主催レオ・コーポレーション直属のLDS、前年度準優勝者を擁する梁山泊塾も出場する」

P「それだけじゃない。この大会には日本中、いや世界中のデュエリストが参戦している!」

P「強敵揃いだが、またとない絶好の機会だ。存分に力を発揮しよう!」

P「さあ出発だ!しっかり捕まっていてよな!」

美玲「ああ!行くぞッ!」


40以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:11:11Lz0OgyZI (2/23)

レポーター「ご覧ください!舞網市内はまさにデュエル一色!」

レポーター「そうです。今日からこの街最大のイベント、舞網チャンピオンシップが始まるのです!」

レポーター「なんといってもこの舞網市はリアル・ソリッド・ヴィジョンシステムを開発したレオ・コーポレーションのお膝元!」

レポーター「この大会も世界最大級のデュエル大会として注目されており、海外からも多数のデュエリストが参加」

レポーター「さらには観戦目的の観光客も大勢この舞網市を訪れています!」

美玲「す、凄い盛り上がりだな……」

P「さすがはレオ・コーポレーションといったところか……」

美玲「出かけはなんともなかったけど、緊張してきたぞ」

P「ガチガチだと足元を掬われるし、そう緊張しないで。ね」

美玲「そうだけどサ……」

柚子「遊矢はいた!?」

フトシ「何処にもいないよ~」

美玲「ん?あれってユウヤの……」


41以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:11:57Lz0OgyZI (3/23)

アユ「あ!この前のお姉ちゃん!」

美玲「早坂美玲だ。ユウヤがどうかしたのか?」

柚子「早坂さん。実は遊矢がまだ来てなくて……」

美玲「はぁ!?もうすぐ開会式だぞッ!」

P「わかった。俺達も探してみよう、美玲」

柚子「え、いいのにそんな……」

美玲「一度デュエルしたらもう他人じゃないし。早く探すぞッ!」

柚子「……ありがとう!早坂さん!」

美玲「美玲でいいよ。ウチもユズって呼んでいい?」

柚子「ええ!じゃあ美玲、またここで!」

素良「ねえ、今の誰?」

タツヤ「前に遊矢兄ちゃんと戦ったんだ。シンクロ召喚を使うデュエリストだったよ」

素良「シンクロ召喚……」


42以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:12:27Lz0OgyZI (4/23)

P「駄目だ。これだけ探し回ってもいないってことは、会場内にはいないんだろう」

柚子「全く、どこで何やってるのよ……」

サカキユウヤガニゲタッテサ
エェ!?チチオヤトオナジジャン!

美玲「なんだ……?」

アユ「柚子姉ちゃん、どうしよう……」

遊矢「あ、いたいた!おーい柚子!みんな!」

柚子「遊矢!?」

遊矢「おまたせ」

柚子「こんなに心配させてどこウロウロしてたのよ!?」

遊矢「ごめんごめん、ちょっと用事があってさ。そろそろ入場だろ?並びに行こうぜ!」


43以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:13:04Lz0OgyZI (5/23)

柚子「アンタって人は……」

遊矢「まあまあ。ってあれ、美玲とそのプロデューサー?」

P「俺達も遊矢を探していたんだよ」

美玲「そうだぞッ」

遊矢「そうだったのか……悪かったよ」

P「まあ、間に合ったのなら大丈夫さ」

遊矢「ん?ということは美玲も参加資格を……」

美玲「ふふん、一回負けただけじゃウチは折れない!また戦えるのを楽しみにしてるぞッ!」

遊矢「ああ。お互い勝ち抜こう!」


44以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:16:03Lz0OgyZI (6/23)

暗黒寺「久しぶりだな、弱虫!」

遊矢「お前は!?」

暗黒寺「大事な大会前だからてっきり逃げ出したと思ったぜ。お前の親父みたいに」

遊矢「何……!?」

美玲「なあプロデューサー……どうしてユーヤはあんなに?」

P「……彼の父親・榊遊勝は、有名なプロデュエリストだったんだ」

P「だがストロング石島との試合の時、遊勝さんは会場に姿を現さなかった」

P「それ以来遊勝さんは試合から逃げた臆病者のレッテルを貼られ、息子である遊矢も臆病者呼ばわりだ」


45以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:17:02Lz0OgyZI (7/23)

美玲「なんだって……そんなの不当だッ、親が本当に臆病者だったとしても、ユーヤをそう決めつけるのはおかしい!」

P「一度根付いたイメージは、そう覆らないものなんだ」

P「後になって遊矢はそのストロング石島とのデュエルに勝利したが、未知の力・ペンデュラム召喚はズル呼ばわり」

P「それに挫けず、彼はエンタメ・デュエルで人々に笑顔を届けようとしている。美玲と同い年なのに、立派だよ」

美玲「ユーヤ……そんな過去があったのか」

P「おっと。だからと言って、美玲が劣っているわけじゃない。全力でデュエルを楽しもう!」

美玲「……うん。大丈夫。ウチが遊矢のエンタメに応えて、会場を盛り上げればいいんだッ!」


46以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:17:37Lz0OgyZI (8/23)

権現坂「そこまでだ、暗黒寺ゲン」ガシッ

遊矢「権現坂!」

暗黒寺「ヘッ、兄弟子を呼び捨てか」

権現坂「アンタはもう兄弟子ではない」

暗黒寺「……」

権現坂「……」

美玲「うわ、ただならぬ雰囲気……」

P「これは彼らが自分で解決する問題だ。あちらは彼に任せて、俺たちは整列しよう。まもなく入場だ」

美玲「……ああッ!」


47以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:18:16Lz0OgyZI (9/23)

~開会式~
ニコ「大変ながらくお待たせいたしました。年に一度のデュエリスト達の祭典、舞網チャンピオンシップの開幕です!」

ニコ「開会式の進行はこのニコ・スマイリーがあい務めさせていただきます!」

美玲「あの人がやるんだ……」



P「あのナイトオブデュエルズというチーム、海外参加なだけあって手強そうだったね」

美玲「全身甲冑はどうかと思うけどなー」

P「まあ、デュエルの腕には関係ないと思うよ」



美玲「遊矢のところは皆出場できるんだなッ!」

P「さすが遊勝塾。修造さんも頑張ってるなー」

美玲「プロデューサーはあの塾長を知ってるのか?」

P「彼もまたプロデュエリストだったんだよ」



美玲「遊矢が宣誓を!?」

P「打ち合わせなしで任せるとはたまげたな……」


48以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:18:52Lz0OgyZI (10/23)

ニコ「ではさっそく1回戦の組み合わせを発表いたします!」

ニコ「選手の皆さんは登録カードを各自ディスクにセットしてくださ~い」

美玲「へ~、このカードをセットすると対戦相手が表示されるんだな!」

P「さすがレオ・コーポレーションと言ったところか……」

美玲「プロデューサー、それさっきも聞いたぞ」

P「ところで、対戦相手は誰だったんだ?」

美玲「うーんと……デュエルっ子クラブの斜芽美枝代」

P「アイドルデュエリスト対決か。ここで勝ってファンを新規獲得しよう!」

美玲「おう!それに早速今から試合だ。頑張るぞッ!」


49以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:20:06Lz0OgyZI (11/23)

ナナメー!

美伎代「右よ!」

ウオオオオオオオオ!!

美伎代「ファンのみんな、来てくれてありがとー!」

美伎代「今日もみんなのハートを特殊召喚!」

ワアアアアアアアア!!

美玲「す、凄いファンの勢い……」

P「気圧されちゃダメだ。美玲は美玲の力でぶつかって行け!」

美玲「モチロンだ!アイドル早坂美玲の力を見せてやる!」


50以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:20:37Lz0OgyZI (12/23)

ニコ「アクションフィールドオン!フィールド魔法、『天空の聖域』!」

美玲「戦いの殿堂に集いしデュエリスト達が!」

美伎代「モンスターと共に地を蹴り宙を舞い!」

美玲「フィールド内を駆け巡る!」

美伎代「見よ、これぞデュエルの最強進化系!」

ニコ「アクション――!」

「「デュエル!!」」


51以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:22:02Lz0OgyZI (13/23)

美伎代「私の先攻。手札から『勝利の導き手 フレイヤ』を召喚!」

《勝利の導き手フレイヤ》
効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 100/守 100
(1):自分フィールドに「勝利の導き手フレイヤ」以外の
天使族モンスターが存在する場合、
相手はこのカードを攻撃対象に選択できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの天使族モンスターの攻撃力・守備力は400アップする。

美玲「天使族モンスターか……」

美伎代「さらに永続魔法、『コート・オブ・ジャスティス』発動!」

《コート・オブ・ジャスティス》
永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札から天使族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は自分フィールドにレベル1の天使族モンスターが存在する場合に発動と処理ができる。

美伎代「このカードはレベル1の天使族がいる時、手札から天使族モンスター1体を特殊召喚できる」


52以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:23:15Lz0OgyZI (14/23)

美伎代「その効果で、手札から『ジェルエンデュオ』を特殊召喚!」

《ジェルエンデュオ》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1700/守 0
(1):天使族・光属性モンスターをアドバンス召喚する場合、
このカードは2体分のリリースにできる。
(2):このカードは戦闘では破壊されない。
(3):自分が戦闘・効果でダメージを受けた場合に発動する。
フィールドの表側表示のこのカードを破壊する。

美伎代「そしてフレイヤがいる限り、天使族モンスターの攻撃力・守備力は400アップしまーす!」

美玲「攻撃力は2100か……守備表示だけど」

美玲「しかもフレイヤは攻撃対象にできなくて、ジェルエンデュオは戦闘で破壊されないんだろ」

美伎代「その通り。私はカードを1枚伏せてターンエンド!」

美玲「ウチのターン!よし、手札から『幻獣ワイルドホーン』を召喚ッ!」

《幻獣ワイルドホーン》
効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1700/守 0
(1):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。


53以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:26:22Lz0OgyZI (15/23)

美玲「このカードは貫通効果持ちだ。そしてジェルエンデュオはダメージを受けた時破壊されるッ!」

美伎代「なるほど、でも通すわけにはいかない……」ダッ

美玲「アクションカード、取られる前にバトルだッ!ワイルドホーンでジェルエンデュオを攻撃!」

ウワー!アブナイ!ミキヨチャーン!

美伎代「心配ありがとー!でも大丈夫!トラップ発動、『光子化』!」

《光子化》
通常罠
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、
攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
その攻撃を無効にし、自分フィールドの光属性モンスター1体を選ぶ。
そのモンスターの攻撃力は、自分のターン終了時まで攻撃モンスターの攻撃力分アップする。

美伎代「ワイルドホーンの攻撃力は無効、そしてその攻撃力1700をフレイヤの攻撃力に加える☆」

美玲「くっ……カードを2枚伏せてターンエンド!」

美伎代「アクションカードも手に入っちゃったし、全然問題ない!私のターン!」

美伎代「コート・オブ・ジャスティスの効果を発動!レベル7、『翼を織りなす者』を特殊召喚!」

《翼を織りなす者》
通常モンスター
星7/光属性/天使族/攻2750/守2400
6枚の翼をもつハイエンジェル。人々の自由と希望を司っている。


54以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:27:20Lz0OgyZI (16/23)

美玲「フレイヤと合わせて、攻撃力3150……!?」

美伎代「まだまだこれから!手札から2体目のフレイヤを召喚!」

美玲「んなっ……」

P「相手の総攻撃力は……9550!?まずいぞ!」

美玲「このまま負けるかッ!永続トラップ、『安全地帯』!」

《安全地帯》
永続罠
フィールドの表側攻撃表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
その表側表示モンスターは、相手の効果の対象にならず、
戦闘及び相手の効果では破壊されず、相手に直接攻撃できない。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

美玲「これでワイルドホーンの戦闘破壊を無効にし、ダメージを軽減する!」

美玲(そして万が一に備えて、アクションカードを探す!)ダッ

美伎代「それでも大ダメージは与えられる。ジェルエンデュオ、フレイヤ、翼を織りなす者でワイルドホーンを攻撃!」

美玲「ぐぅぅぅぅ!」LP4000→3200→2300→450

P「美玲!大丈夫!?」

美玲「へーきだし……!」


55以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:28:44Lz0OgyZI (17/23)

美伎代「悪いけど、ここで終わってもらおうかな!」

美伎代「アクションマジック、『ライト・ライン』!これで2体目のフレイヤも直接攻撃ができる!」

《ライト・ライン》(SSオリジナル)
A魔法
(1):自分フィールドの、最も攻撃力が低い
攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは直接攻撃できる。

P「2体目のフレイヤの攻撃力は900、これが通れば……まずい!」

美玲「(あった、アクションカード!)うおーッ!」バッ

ドカーン!

ヤッター!ミキヨチャーン!

P「美玲……!」

美伎代「これで私の勝利――!?」

美玲「フン、アクションマジック『ダメージ・バニッシュ』!」

《ダメージ・バニッシュ》
A魔法
(1):自分が戦闘ダメージを受ける場合に発動できる。
その戦闘ダメージを0にする。


56以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:29:53Lz0OgyZI (18/23)

美伎代「戦闘ダメージを0にするカード……!」

P「ほっ……」

美伎代「それでも、私の方が有利。ターンエンド!」

美玲「私のターン、ドロー!『突撃ライノス』を召喚!」

《突撃ライノス》
効果モンスター
星3/地属性/獣戦士族/攻1500/守1500
(1):1ターンに1度、隣の使用していないメインモンスターゾーンを指定して発動できる。
このカードをそのメインモンスターゾーンに移動する。
(2):このカードが同じ縦列の相手モンスターに攻撃する場合、
このカードの攻撃力はダメージステップの間500アップする。

美玲「さらに『ダウンビート』発動ッ!モンスターをリリースし、種族・属性が同じでレベルが1つ低いモンスターを特殊召喚する!」

《ダウンビート》
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターと元々の種族・属性が同じで
元々のレベルが1つ低いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。


57以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:31:01Lz0OgyZI (19/23)

美玲「チューナーモンスター、柴戦士タロを特殊召喚!」

美伎代「チューナー……シンクロ召喚!」

美玲「慌てるなって。ウチは2枚目の安全地帯を、ジェルエンデュオを対象として発動!」

美伎代「私のモンスターを……?」

美玲「行くぞッ!レベル4のワイルドホーンにレベル2のタロをチューニング!」

美玲「振り翳せ、そして自分を取り戻せッ!シンクロ召喚!レベル6、『獣神ヴァルカン』ッ!」

美玲「ヴァルカンがシンクロ召喚に成功した時、お互いの表側表示カードを手札に戻す!翼を織りなす者と、安全地帯を選択ッ!」

美伎代「あっ、安全地帯はフィールドを離れると対象モンスターを破壊する……!」

美玲「そして魔法カード、『シンクロキャンセル』!ヴァルカンをエクストラデッキに戻し、シンクロ素材モンスター――ワイルドホーンとタロを墓地から呼び戻すッ!」

《シンクロキャンセル》
通常魔法
(1):フィールドのSモンスター1体を対象として発動できる。
そのSモンスターを持ち主のEXデッキに戻す。
その後、EXデッキに戻したそのモンスターのS召喚に使用した
S素材モンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、
その一組を自分フィールドに特殊召喚できる。


58以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:31:36Lz0OgyZI (20/23)

美伎代「!まさかもう1度ヴァルカンを!」

美玲「いや、ヴァルカンの効果は1ターンに1度。ウチはレベル4のワイルドホーンに、レベル2のタロをチューニング!」

美玲「顧みろ、そして未来を切り刻め……シンクロ召喚!レベル6、『サイコ・デビル』ッ!」

《サイコ・デビル》
シンクロ・効果モンスター
星6/風属性/サイキック族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のサイキック族モンスター1体以上
(1):1ターンに1度、発動できる。相手の手札をランダムに1枚選び、
そのカードの種類(モンスター・魔法・罠)を当てる。
当たった場合、このカードの攻撃力は次の相手ターンの終了時まで1000アップする。

美玲「サイコ・デビルの効果発動。相手の手札のカード1枚の種類を言い当てる!」

美玲「でもまあ、ヴァルカンの効果で戻した翼を織りなす者だから。当然モンスターカードッ!」

美伎代「そんなコンボが……」

美玲「当たったことで、サイコ・デビルの攻撃力を1000アップだッ!」

美玲「そしてフィールドにはフレイヤしかいない、攻撃対象にできる。バトルだ!サイコ・デビルでフレイヤを攻撃ッ!」

美伎代「くっ……でもコート・オブ・ジャスティスの効果で次のターン展開できる!」LP4000→1500


59以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:32:16Lz0OgyZI (21/23)

美玲「オマエに次のターンは来ない!アクションマジック、『ダブル・バンキング』発動!」

《ダブル・バンキング》(漫画効果)
A魔法
(1):手札を1枚捨てて発動できる。自分フィールドのモンスターは、
このターン戦闘で相手モンスターを破壊した場合にもう1度だけ攻撃できる。

美伎代「いつの間に!?」

美玲「さっき取ったとき、近くにあったのさ!」

美玲「手札を捨てることで、戦闘破壊したモンスターは追加攻撃できる!」

美伎代「そんな……」

美玲「これでフィナーレだッ!サイコ・デビルで残ったフレイヤを攻撃!サイコ・スパイク・エッジ!」

美伎代「キャーーーー!!」LP1500→0 ピーッ

ミキヨチャーン!


60以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:33:31Lz0OgyZI (22/23)

ニコ「け、決着ゥー!1回戦第1試合、アイドルデュエリスト対決の勝者!浦月プロダクション、早坂選手ー!」

美玲「ブイッ!」

P「やったね美玲!1回戦突破確定だ!」

美玲「ああ、ウチはやったぞッ!」

美伎代「私より強いアイドルがいたなんて。驚いたし、清々しいわ」

美玲「ミキヨ……」

美伎代「きっと、貴女ならアイドル界を牽引できるって期待してる」

美玲「……ああ、オマエの想い受け取った。絶対勝ち上がって優勝するッ!」


61以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/01(日) 09:34:03Lz0OgyZI (23/23)

P「さて。今日の試合は終わったけど、美玲はどうする?」

美玲「そうだなァ……」

美玲「他にやることもないし、試合の観戦しかないよなッ!」

P「よし。それなら今から始まるアユちゃんの試合はどうかな」

美玲「アユって、遊勝塾の?」

P「そう、ジュニアクラスで彼女の試合がまもなく開始されるんだ」

美玲「よーし、決まりだなッ。行くぞプロデューサー!」

P「合点承知の助!」


62以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:15:48TZ/bhfeM (1/18)

美玲「よし、ここだな」

P「お、やはり遊矢たちが応援に来ているようだぞ」

美玲「本当だ。おーい、ユーヤーッ!ユズーッ!」

遊矢「美玲!アユの応援に来てくれたのか?」

美玲「応援というか、まあ観戦だなッ。一応ウチらはライバルなわけだし」

美玲「なんか偵察みたいでちょっと悪いけど」

遊矢「別にいいって。美玲もアユの晴れ舞台見て行けよ」

美玲「ああッ!」

権現坂「お前が早坂美玲か!」

美玲「あ、さっきの厳ついやつ……」

権現坂「俺は権現坂昇。遊矢の親友だ」

美玲「そうだったのかッ、ウチはその通り早坂美玲。よろしくなッ!」

美玲「ところで、デュエルの状況は?」

柚子「アユちゃんの先攻1ターン目が終わったところで、これから相手のターンよ」

美玲「相手は……LDSのレイラってやつか」


63以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:16:19TZ/bhfeM (2/18)

零羅「僕は手札からマジックカード、『ペルソナ・シャッター・レイヤー1』を発動――」

~十数分後~

零羅「『CCC武融化身ウォーター・ソード』が攻撃する時、他の水属性モンスターすべての攻撃力をこのカードに加える!」

権現坂「『アクアアクトレス・アロワナ』の攻撃力2000が加わり、攻撃力は4400!」

柚子「それじゃアユちゃんは……!」

アユ「うっ……うわぁー!!!!」LP1900→0

遊矢「アユ!大丈夫か!?」

アユ「みんな、ごめんね、私……頑張ったけど負けちゃった……」

遊矢「アユ。負けたら明日勝てばいい」

遊矢「明日の勝利を信じて、一歩踏み出すんだ!」

美玲「ユーヤ……」


64以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:17:16TZ/bhfeM (3/18)

権現坂「そうだ。かくいう遊矢もこの男権現坂にどれだけデュエルで負けた事か」

遊矢「って余計な事言うなよ!せっかくいい感じに決めてたのに!」

アユ「フフッ……アハハ!」

レポーター「それではみごと勝利を収めた零羅君にインタビューしてみましょう!零羅君、今のお気持ちは?」

零羅「……」

レポーター「え、えーと……勝利者インタビューをですね……」

零羅「……」スタスタ

レポーター「えっ、えぇ~……」

タツヤ「あ、あの……キミ、融合召喚も使えるんだ」

零羅「……」スタスタ

タツヤ「すごい……ね……」

零羅「……」

零児「その調子だ」

零羅「兄様……」


65以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:17:53TZ/bhfeM (4/18)

美玲「凄いデュエルだったな、プロデューサー」

P「そうだな。アユちゃんも強い動きだったが、零羅君はそれを凌ぐ強さだった」

美玲「LDSはジュニアクラスにも凄いデュエリストを抱えてるんだな……」

P「LDSといえば、この後は柚子ちゃんの試合がある。対戦相手はLDSの融合使いらしいよ」

美玲「ユズがLDSと?」

P「アユちゃんの仇を取ると言っていた。しかしそれだけじゃなく、なにか因縁のある対決らしい」

美玲「そうかッ。それなら、その試合も観ておこう!」

P「ああ。絶対面白いデュエルになるはずだ」


66以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:18:25TZ/bhfeM (5/18)

~試合後~

ニコ「アクションカードの取り合いが勝敗を分けたこのデュエル!」

ニコ「制したのは遊勝塾・柊選手ッ!」

美玲「まさか、ユズも融合召喚を使えるなんてな」

P「遊勝塾に最近加入した、紫雲院素良という子が実は融合召喚使いらしいんだ」

美玲「ということは、そのソラってやつが柚子に融合を教えたのか」

P「まあそういうことだろうね。今朝、柚子ちゃんと一緒にいた青髪の子だよ」

美玲「そういえば、確かにいたっけな……」

P「うちでは融合召喚は扱ってないから、使い手と当たると不利になるかもしれない」

P「美玲は第一試合だったから、明日まで試合はない。特訓だ!融合使いとの戦い方を一緒に学んでいこう!」

美玲「……ああッ!ウチはもっと強くなってやるぞッ!」


67以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:20:11TZ/bhfeM (6/18)

~レオ・コーポレーション~

零児「中島。早坂美玲のデュエルデータは?」

中島「たった今、映像・デュエルログともに完了しました」

零児「そうか……ご苦労だった。」

零児(彼女のデュエルも、順調に成長しているらしい)

零児(二回戦の結果次第で、最終的に我々への利害を判断することになるだろう)

零児「引き続きデータ収集を任せる」

零児「それと、ペンデュラムカードは間に合いそうか?」

中島「はっ、問題ありません。ただいまテストルームにて使わせております」

零児「そうか……ペンデュラムは我々の武器になり得る存在だ。絶対に成功させなければならない」

中島「承知しております」


68以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:20:48TZ/bhfeM (7/18)

~翌日~

P「魔法カード、『融合』を発動。手札の『セイント・バード』と『スカイ・ハンター』を融合素材として墓地へ送る」

《融合》
通常魔法
(1):自分の手札・フィールドから、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

《セイント・バード》
通常モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守1100
非常に尾の長い鳥。全身から聖なる光を発する。

《スカイ・ハンター》
通常モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1550/守1200
羽に隠し持っているナイフを空から降らせて攻撃する。

P「融合召喚!レベル6、『紅陽鳥』!」

《紅陽鳥》
融合モンスター
星6/炎属性/鳥獣族/攻2300/守1800
「セイント・バード」+「スカイ・ハンター」


69以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:22:24TZ/bhfeM (8/18)

美玲「リバースカードオープン!罠カード、『ヘル・ポリマー』!『セイント・バード』をリリースし、『紅陽鳥』のコントロールを得る!」

《ヘル・ポリマー》
通常罠
(1):相手がモンスターの融合召喚に成功した時、自分フィールドのモンスター1体をリリースし、
その融合召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントロールを得る。

P「それを伏せてたか……ターンエンド!」

美玲「ウチのターン!」

美玲「バトルだ、プロデューサー!『紅陽鳥』でダイレクトアタックだッ!」

P「負けた……!」LP2000→0 ピーッ


70以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:23:00TZ/bhfeM (9/18)

P「これで融合召喚、及び融合モンスターについては理解できた?」

美玲「ああッ。もう怖いものじゃないぞ」

P「私自身もこれで融合の基礎はマスターできたはずだ」

美玲「これで安心だなッ!」

P「基礎中の基礎だし、古いカードだからまだ油断はできないよ」

P「昨日の柚子ちゃんの試合のように、手札と場に融合素材がなくなったとしてもデッキから融合できるカードも存在する」

美玲「ああ。ユズも、融合魔法を使わない融合召喚をしていたしな」

美玲「あとはウチのプレイング次第。二回戦も頑張ろうッ!」

P「……お、どうやらそろそろ遊矢の試合が始まるらしい」

美玲「なんだって!それは観に行くしかないッ!行くぞプロデューサー!」


71以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:23:37TZ/bhfeM (10/18)

~会場~

美玲「相手は沢渡シンゴってやつかッ」

P「LDSの新鋭だ。実力は未知数だが……」

~~~~

美玲「んなッ、相手もペンデュラムカードを……!?」

P「流石LDS……ペンデュラムまで開発を進めていたのか!」

美玲「しかしペンデュラム召喚の応酬……熱いなッ!」

~~~~

P「遊矢は手札にもフィールドにもカードがない……まずいな」

美玲「いや、ユーヤはきっとこのドローで逆転するつもりだッ!」

遊矢「次のドローが全てをかけたディスティニードローとなります。見事引き込めましたらご喝采!」

遊矢「ドロオオオオオ!!!!」


72以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:24:12TZ/bhfeM (11/18)

遊矢「『トランプ・ウィッチ』のペンデュラム効果発動!バトル中にモンスターを融合召喚する!」

P「やはり遊矢も融合召喚を!」

美玲「ペンデュラムの効果で融合召喚……凄い!」

~~~~

遊矢「『ビーストアイズ』がモンスターを破壊した時、融合素材とした獣族モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える!」

美玲「『ドラミング・コング』は攻撃力1600……!」

沢渡「ぐわーーーーっ!!!!」LP1200→0 ピーッ

ニコ「決まりましたー!第二試合、勝者は榊選手!」

美玲「うおおおおお!!」

P「なんて熱い攻防……私は今とても感動している!」


73以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:24:57TZ/bhfeM (12/18)

美玲「凄かったなッ!ユーヤとシンゴのペンデュラム合戦!」

P「ああ。彼らこそまさに真のエンターテイナーだ!本物の輝きを見せてくれた!素晴らしい攻防だった……!」

美玲「プロデューサー、表現が被ってるぞ」

P「それくらい感動しているんだ。遊勝さんの現役時代を思い出すよ」

美玲「榊遊勝、か……」

美玲「それから、ユーヤもやっぱり融合召喚を使ってたよな」

P「ああ。優勝できるかどうかには、融合対策の成功が深くかかわってくるかもしれない」

P「……この後、紫雲院素良くんの試合があるから、それを観戦したらまた練習をしようか」

美玲「ユーヤとユズに融合を教えたやつか……了解だッ!」


74以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:25:31TZ/bhfeM (13/18)

黒咲「かつて俺の故郷でもデュエルは最高のショーだった」

黒咲「そうだ、最高の……」

黒咲「大人も子供も誰もがそれを無邪気に楽しみ、デュエリスト達はみんなの憧れの的だった」

黒咲「――あの日までは」

黒咲「あの日突如として襲い掛かってきた敵によって俺たちの街は、戦場と化した」

素良「敵?戦場?」

美玲「オイオイオイ……なんだアイツ?」

P「一体何を……?」


75以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:26:01TZ/bhfeM (14/18)

黒咲「これで貴様のモンスターの攻撃は終わった。その効果も消えたという事だ」

素良「何だと!?」

黒咲「速攻魔法、『RUM-ラプターズ・フォース』発動!」

黒咲「この戦闘で破壊された『ライズ・ファルコン』を特殊召喚し、ランクが1つ高いレイド・ラプターズにランクアップさせる!」

美玲「ランクアップ!?」

P「なんだその召喚は!?」

黒咲「獰猛なる隼よ。激戦を切り抜けしその翼翻し、寄せ来る敵を打ち破れ!」

黒咲「ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!現れろォ!ランク5!『RR-ブレイズ・ファルコン』ッ!」


76以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:26:32TZ/bhfeM (15/18)

黒咲「貴様達はいつも笑いながら俺の仲間たちを襲い続けた」

黒咲「だが、もはや俺達は無抵抗で打倒される獲物ではない!」

素良「はぁ?余裕がない?」

素良「冗談言うなよ。こんなデュエル、キャンディ舐めながらだって僕にはできる!」バキッ

素良「遊びさ。本気でやるわけないじゃん!」

素良「僕の仲間だってそう。みんな遊びで君達を狩ってるんだ」

素良「だって君達は僕らにとって、ハンティングゲームの獲物なんだから!」

美玲「ソラ……!?」

P「一体何を……!?」


77以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:27:07TZ/bhfeM (16/18)

素良「マジックカード、『魔玩具融合』を発動!」

素良「悪魔宿りし非情の玩具よ。歯向かう愚民を根こそぎ滅ぼせ!」

素良「現れろ、全ての玩具の結合魔獣!『デストーイ・マッド・キマイラ』!」

美玲「な、なんだこのモンスターッ!?」

P「ヒェッ……」

~~~~

黒咲「仲間は、必ず奪い返す!速攻魔法、『RUM-レボリューション・フォース』!」

黒咲「誇り高き隼よ。英雄の血潮に染まる翼翻し、革命の道を突き進めッ!」

黒咲「ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!現れろォ!ランク6!『RR-レボリューション・ファルコン』!ッ」

美玲「またランクアップ……!」

P「どれだけ進化するんだ!」


78以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:27:38TZ/bhfeM (17/18)

黒咲「『レボリューション・ファルコン』の効果発動!このカードがレイド・ラプターズを素材としてランクアップした時」

黒咲「相手が特殊召喚したモンスター1体を破壊し、そしてその攻撃力の半分のダメージを与える!」

黒咲「革命の火に焼かれて、散れェェ!!!!」

素良「ッ――――!」LP1300→0 ピーッ

……

ニコ「ん、お……か、勝ったのは黒咲選手!」

美玲「あ……」

P「……!」


79以下、名無しが深夜にお送りします2019/09/24(火) 13:28:12TZ/bhfeM (18/18)

美玲「なんだよ、アレ……」

P「……今まで見た中で最も凄絶なデュエルだった」

P「デュエルモンスターズの域を超えて、まるで戦場のような……」

美玲「ユーヤとシンゴの時と、全然違う……」

美玲「それにハンティングゲームだとか、戦場だとか……もうわけがわからないッ!」

P「……美玲、落ち着こう」

P「取り敢えず、素良くんの事が心配だ。医務室へ向かおう」


80以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/15(火) 07:32:05kTAVj6EI (1/9)

~医務室前~

美玲「……あ、ユーヤ」

遊矢「美玲、そしてプロデューサー。来てくれたんだ」

P「遊矢の友達があんな怪我だ。放っておくわけにはいかない」

修造「ですが、素良は応急処置後にレオ・コーポレーション本社に移されるようです」

修造「LDSには優秀な医療チームもあると聞きますし……恐らく心配ないでしょう。我々には無事を祈る事しかできません」

P「そうですか……」

アユ「もしフィールド魔法が消える前に建物のガレキが当たってたりしたら……」

遊矢「黒咲隼……ッ!」

美玲「……」


81以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/15(火) 07:32:42kTAVj6EI (2/9)

修造「それじゃあ俺と洋子さんは子供たちを送っていくから、素良の事頼んだぞ!」

修造「では、失礼します」

P「ええ。こちらはお任せください」

P「じゃあ私はプロダクションに連絡を取るから、美玲とみんなは少し待っててね」

遊矢「……」

美玲「なあ、ユーヤ。あの黒咲隼っていう奴の事、知ってるのか?」

遊矢「えっ?どうして……」

美玲「さっきの様子で、そんな気がしたから」

権現坂「俺も気になっていた。知っていることを教えてくれ」

遊矢「ああ……黒咲はLDSを何度も襲った襲撃犯だ」

遊矢「俺は目の前でトップチームがやられてるのを見たし、柚子は……」

柚子「その襲撃犯を追ってた真澄が襲われそうになってるのを見たわ……でも、真澄は――」


82以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/15(火) 07:33:14kTAVj6EI (3/9)

権現坂「追っていた敵を、仲間だと!?」

美玲「どういう事だよ、ソレ……」

柚子「真澄がなぜそんなことを言ったのかはわからない」

柚子「でも、LDSを襲うのは仲間を救うためだってユートが言ってた」

遊矢「ユート……?」

美玲「誰のことだ?」

柚子「前に、私が沢渡とデュエルしようとした時――」

権現坂「ではそのユートという男が沢渡を襲った犯人!」

権現坂「なぜ今まで黙っていた?柚子が真実を語れば濡れ衣を着せられることも……」

権現坂「まさか疑っていたのか!?遊矢を!」

柚子「そんなことない!だって遊矢はエクシーズを使わないし」

柚子「でも……」

美玲「おいおいおい!ノボルもユズも落ち着けって」


83以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/15(火) 07:33:44kTAVj6EI (4/9)

遊矢「ユート……俺にそっくりな男。柚子のブレスレットが光ると消えてしまうという男か」

美玲「消える!?」

柚子「なぜこのブレスレットが光ると、ユートがいなくなるのかはわからない」

柚子「遊矢が変装してるのかもと思ったけど、そんなことする理由がない」

権現坂「遊矢がLDSを襲う理由もな……」

遊矢「襲うのは敵に捕らわれた仲間を救うための手段」

柚子「ええ。ユートはそう言ったわ」

権現坂「敵とは誰だ。LDSとは違うのか?」

柚子「それは――」


84以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/15(火) 07:34:23kTAVj6EI (5/9)

美玲「融合は、敵?」

権現坂「そう言ったのかユートは?」

柚子「うん」

遊矢「黒咲はユートの仲間。だからあいつはあんなにも素良に敵意を」

権現坂「お前達、素良がどこから来たか聞いているのか?」

柚子「いいえ」

遊矢「訊いてもあいつすぐごまかすし」

権現坂「何か因縁があるのかもしれん。黒咲とユート、そして素良の間に」

美玲「因縁?」

権現坂「黒咲達はエクシーズ使い。素良はそれと敵対する融合塾の一員だったとか」

遊矢「まさか黒咲やユートが救いたいという仲間って素良達に――」


85以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/15(火) 07:35:01kTAVj6EI (6/9)

権現坂「仲間とは、黒咲の妹!?」

柚子「ええ。ユートはそう言ったわ」

遊矢「もし本当に素良の仲間が黒咲の妹を、その瑠璃って子を連れ去ったのだとしたら」

遊矢「奴の素良への敵意はわかる。けど……」

美玲「じゃあシュンはソラと戦うためにLDSに?」

権現坂「いや、やつは以前からLDSだと真澄は言った。――ならばなぜ妹を取り戻すための手段としてLDSを襲う?」

権現坂「……うおおおわからん!一体どういうことだ!?」

美玲「ウチも全然だッ!頭がこんがらがってきたぞ」

遊矢「融合とエクシーズ……ただの塾同士の争いとは思えない。何かもっと大きな力が――」


86以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/15(火) 07:35:50kTAVj6EI (7/9)

イタカ?イエ、コチラニハ

ドコニイッタ?ムコウヲサガシマス!

権現坂「ん?何の騒ぎだ?」

モウソトニデテシマッタノカモシレン

スグニホンシャニレンラクヲ!シウンインソラガニゲダシタト!

美玲「なんだって……!」

遊矢「素良が!?」

P「なんだなんだ、どうした?」

美玲「プロデューサーッ!ソラがいなくなったって!」


87以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/15(火) 07:36:38kTAVj6EI (8/9)

柚子「お父さんもすぐ駆けつけるって」

美玲「よし、それじゃあ手分けして探すぞッ」

権現坂「俺は海の方へ」

遊矢「それじゃ俺は中央公園の方へ」

柚子「私は向こうへ行くわ」

美玲「じゃあウチは残ったこっちだな。行くぞプロデューサー!」

P「見つかったら連絡するんだぞ!」

美玲「ソラの奴、あんな怪我で何処へ……?」


88以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/15(火) 07:38:11kTAVj6EI (9/9)

美玲「どうだ、ソラはいたかッ!?」

P「駄目だ、見つからない。他の3人がいる方に居るのかも」

美玲「でも連絡は無いし、まだ誰も見つけてないってことなんじゃ」

P「まあそういうことだろうけど……」

美玲「あ、ユズから連絡だ!見つかったのかな」

柚子『美玲、権現坂、今すぐ中央公園に来て!遊矢が倒れてる!』

美玲「な、なんだってッ!?」

P「大変だ。今すぐ中央公園に行こう――」


89以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 12:31:10bwmImO5A (1/19)

~2日後~

美玲「もしもし、ユズか?」

美玲「ああ、ユーヤの事なんだけど……」

美玲「……そっか。今日のレッスンが終わったら、ウチも向かうよ」

美玲「それまでユーヤの事は頼む。じゃあなッ」ピッ

P「遊矢の容態は?」

美玲「もう2日も経つのに、まだ目を覚まさないって」

P「今日も駄目か……素良君も見つからないし、どうしたものか」

美玲「ユーヤの事は心配だッ。けど、ウチにもやることがある」

美玲「気を取られて負けるようじゃ、カッコ悪いもんな!」

P「美玲……強くなったね」

美玲「ウチはいつでも強いぞッ」

P「じゃあ、レッスンを再開しよう!」


90以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 12:32:24bwmImO5A (2/19)

~榊家~

洋子「いらっしゃい!あなたが美玲ちゃんね」

美玲「洋子さん。遊矢の容態は……?」

洋子「それがね、遊矢はさっき目を覚ましたんだよ」

美玲「なんだってッ!」

美玲「遊矢ーッ!」バタッ

遊矢「……え、美玲!?」

柚子「お見舞いに来るって言ってたのよ」

美玲「ああ、良かった……」

美玲「ユーヤ!二日も目を覚まさないってどういうことだよッ!」

遊矢「わ、悪かったよ……」

柚子「よかったね、美玲」


91以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 12:33:18bwmImO5A (3/19)

遊矢「ところで大会は?どうなってる?」

美玲「ジュニアユースは今日で一回戦が終わりだッ」

柚子「ちょうど今あの占い塾の方中ミエルが……」

美玲「ミエル?」

遊矢「ああ。俺が予選で戦った相手だよ」

柚子「儀式召喚とリバースモンスターを使用する珍しいデュエルスタイルなのよ」

美玲「へー!そんなデュエリストもいるんだなッ!」

柚子「……あれ?ミエルの試合は?」

柚子「終わってる……」

美玲「え?」

柚子「風魔塾の月影って人に、ワンターンキルで……!」


92以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 15:53:59bwmImO5A (4/19)

~数分前、会場~

ミエル「深い眠りに就かせてやるわ。永遠にね!」

月影「……!」

ミエル「ミエルのターン!儀式魔法、『高等儀式術』発動!」

《高等儀式術》
儀式魔法
儀式モンスターの降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、
デッキから通常モンスターを墓地へ送り、
手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

ミエル「デッキから『占い魔女スィーちゃん』と『占い魔女アンちゃん』を墓地へ送る!」

《占い魔女スィーちゃん》(アニメ版)
通常モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードをドローした今日のあなたの運勢は、ちょっと悪いかも。
ラッキーナンバーは、4。
ラッキーカラーは、青。
ラッキーアイテムは、傘。
東に向かうと運が向いてくるかもね。


93以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 15:55:07bwmImO5A (5/19)

《占い魔女アンちゃん》(アニメ版)
通常モンスター
星5/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0
このカードをドローした今日のあなたの運勢は、アンハッピ~。
ラッキーナンバーは、5。
ラッキーカラーは、紫。
ラッキーアイテムは、サングラス。
落し物に注意して!

ミエル「これにより『聖占術姫タロットレイ』の儀式召喚を執り行うことが可能となる!」

ミエル「全てを見通す太古の巫女よ。古の秘術によりて今よみがえれ!儀式召喚!レベル9!聖占術姫タロットレイ!」

《聖占術姫タロットレイ》(アニメ版)
儀式・効果モンスター
星9/光属性/天使族/攻 2700/守 1200
「聖占術の儀式」により降臨。
(1):1ターンに1度、発動できる。
自分フィールドのリバースモンスターを全て裏側守備表示にする。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
(2):相手ターンに1度、発動できる。
自分フィールドの裏側守備表示モンスターを全て表側攻撃表示にする。


94以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 15:55:52bwmImO5A (6/19)

ミエル「さらに魔法カード、『二重召喚』。これでミエルは1ターンに2度の通常召喚ができるわ」

《二重召喚》
通常魔法
(1):このターン自分は通常召喚を2回まで行う事ができる。

ミエル「これで私はモンスターを2体裏側守備表示で召喚。ミエルはこれでターンエンドよ」

月影「拙者のターン。手札から魔法カード『忍法 朧分身の術』を発動!」

《忍法 朧分身の術》(未OCG)
通常魔法
(1):手札からレベル4以下の「忍者」モンスター1体を特殊召喚する。

月影「これにより手札から『黄昏の忍者-シンゲツ』を特殊召喚!」

《黄昏の忍者-シンゲツ》(アニメ版)
効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻 1500/守 100
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手はこのカード以外の「忍者」モンスターを攻撃対象にできない。

月影「さらにシンゲツをリリースし、『黄昏の中忍-ニチリン』をアドバンス召喚!」


95以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 15:59:41bwmImO5A (7/19)

《黄昏の中忍-ニチリン》
効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻2300/守1000
このカードはルール上「忍者」カードとしても扱う。
(1):1ターンに1度、手札から「忍者」モンスター1体を捨て、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●このターン、自分フィールドの「忍者」モンスター及び
「忍法」カードは戦闘・効果では破壊されない。
●自分フィールドの「忍者」モンスター1体を選び、
その攻撃力をターン終了時まで1000アップする。

月影「ニチリンは忍者モンスターとして扱う。よって拙者は『幻影忍法-朧手裏剣』を発動!」

《幻影忍法-朧手裏剣》(未OCG)
永続魔法
自分フィールドに「忍者」モンスターが存在する場合にこのカードを発動できる。
(1):「忍者」モンスターが自分フィールドに存在しない場合、このカードを破壊する。
(2):自分がカードを手札に加えた場合にこの効果を発動できる。
そのカード1枚を墓地へ送り、300ダメージを相手に与える。

月影「このカードは忍者の存在なくして存在することは出来ぬ」

月影「しかし拙者がカードを手札に加える度、それを墓地へと送ることにより、300のダメージを発する事が出来る」

ミエル「カードを手札に加える……まさか!」カンコーン

月影「そう。アクションカードを手札に加え、それを墓地へ送ることで、其方のライフをこのターンで0にする」


96以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:03:18bwmImO5A (8/19)

ミエル「そうはいかないわ。タロットレイの効果!相手ターンに1度、すべての裏守備モンスターを攻撃表示にする!」

ミエル「『深淵の暗殺者』のリバース効果!これでニチリンは破壊よ!」

《深淵の暗殺者》
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 200/守 500
(1):このカードがリバースした場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを破壊する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合、
自分の墓地のこのカード以外のリバースモンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを手札に加える。

月影「ニチリンの効果発動!手札から2体目のシンゲツを捨てることにより、このターン忍者と忍法は破壊を免れる」

ミエル「そんな……」

月影「アクションカードを14枚も、拙者には容易い。風魔一族の朧手裏剣を受け散るがいい!」

ミエル「きゃああああ!!!」LP4000→…→0 ピーッ


97以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:05:06bwmImO5A (9/19)

~現在~

遊矢「ミエルが?やっぱりレベル高いな、舞網チャンピオンシップは」

遊矢「俺達が知らない実力者もたくさん出てるんだ」

柚子「ジュニアクラスではもう二回戦に入ってて、昨日フトシ君がLDSの零羅君と戦ったんだけど」

遊矢「零羅って、あのアユに勝った?」

美玲「ああッ」

美玲「あの時は融合召喚を使ったけど、今度は――」


98以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:05:44bwmImO5A (10/19)

~1日前~

フトシ「オレのターン!よーし、痺れさせてやるぜ!」

フトシ「『らくがきじゅう-ぱきけ』の効果!このカードはモンスターがいないプレイヤーのフィールドに特殊召喚できる!」

《らくがきじゅう-ぱきけ》(SSオリジナル)
星4/地属性/岩石族/攻1300/守1300
(1):このカードはモンスターをコントロールしていない
プレイヤーのフィールドに手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
手札から「らくがきじゅう」モンスター1体を特殊召喚する。

フトシ「このぱきけをお互いのフィールドに特殊召喚だ!」

零羅「……」

フトシ「そしてこのカードはらくがきじゅう1体でアドバンス召喚ができる。オレはぱきけをリリース!」

フトシ「アドバンス召喚だ!来い、レベル8!『らくがきじゅう-てらの』!」

《らくがきじゅう-てらの》(未OCG)
効果モンスター
星8/地属性/恐竜族/攻 2400/守 1200
このカードは「らくがきじゅう」モンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、ターン終了時まで、
このカードの攻撃力はその破壊したモンスターの攻撃力の半分だけアップする。


99以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:06:41bwmImO5A (11/19)

フトシ「てらのの効果発動だ!相手モンスターを破壊して、その攻撃力の半分をもらう!」

フトシ「ぱきけを破壊して、その攻撃力の半分の650をてらのに加えるぜ!」

フトシ「それだけじゃないぜぇ!ぱきけが破壊されたことで、オレは手札から『らくがきじゅう-すてご』を特殊召喚!」

《らくがきじゅう-すてご》(効果未判明による魔改造)
星6/地属性/岩石族/攻1200/守2500
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手はこのカード以外の「らくがきじゅう」モンスターを攻撃・効果の対象に選択できない。
(2):攻撃表表示のこのカードがこのカード以下のレベルの攻撃表示モンスターと戦闘を行うバトルステップ時、
自分の墓地の「らくがきじゅう」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードとそのモンスターを守備表示にする。

フトシ「最後に『らくがきちょう-せんこうは』を発動!このターン攻撃できない代わりに、てらのの攻撃力の半分の……あー……1525ダメージだぜ!」

《らくがきちょう-せんこうは》(SSオリジナル)
通常魔法
このカードを発動するターン、自分は攻撃宣言できない。
①:自分フィールドの「らくがきじゅう」1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

零羅「……!」LP4000→2475

ニコ「フトシ君、鮮やかなコンボで先制パンチを決めたーっ!」

フトシ「すてごがいる限りてらのは攻撃と効果の対象にできないし、このカード以下のレベルのモンスターと戦闘するときはお互いに守備表示にできる!」

フトシ「簡単には痺れはしないぜ?オレはこれでターンエンドだ!」


100以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:09:58bwmImO5A (12/19)

零羅「僕のターン、ドロー」

零羅「……『CC隻眼のパスト・アイ』を召喚」

《CC隻眼のパスト・アイ》(未OCG)
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 1400/守 1000
①:このカードを融合召喚・S召喚・X召喚の素材とする場合、
他の素材は自分フィールド以外のモンスターでなければならない。

フトシ「あれはアユの時の……ってことは融合召喚!?」

零羅「僕は速攻魔法、『パスト・チューニング』を発動。すてごのレベルを6から3にしてこのカードに移し替え、チューナーとしたパスト・アイとこのカードとでシンクロ召喚する」

《パスト・チューニング》(未OCG)
速攻魔法
①:自分フィールドに「CC隻眼のパスト・アイ」が存在する場合、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターのレベルはこのターンのエンドフェイズまで、以下の数値になる。
●レベル1~4のモンスター:レベル1
●レベル5~6のモンスター:レベル3
●レベル7以上のモンスター:レベル5
その後、このカードをモンスターとして扱い、
このカードの種族・属性・レベル・攻撃力・守備力を対象のモンスターと同じにする。
また、自分フィールドの「CC隻眼のパスト・アイ」1体をチューナーとして扱い、その効果を無効にする。
さらにその後、このカードの効果でモンスター扱いとしたこのカードと
チューナー扱いとした「CC隻眼のパスト・アイ」のみを素材としてS召喚する。
この効果でS召喚したモンスターはエンドフェイズに破壊される。


101以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:10:44bwmImO5A (13/19)


フトシ「え!?シンクロ!?」

零羅「描き出されし古代の剣竜よ、我が目と調和しその力捧げよ。シンクロ召喚!」

零羅「現れよ、全てを撃ち抜く精巧なる銃!レベル6、『CCC撃調化身ロック・シューター』!」

《CCC撃調化身ロック・シューター》(一部未判明により捏造)
融合・効果
星6/地属性/悪魔族/攻2200/守2400
「CC隻眼のパスト・アイ」+チューナー以外の地属性モンスター1体以上
(1):このカードの攻撃力は、相手フィールドの全ての
地属性モンスターのレベルの合計×200アップする。
(2):1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を
対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は1000ダウンする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

フトシ「すてごのレベルが下がったから効果が発動できない……!」

零羅「ロック・シューターの効果。すてごの攻撃力を1000ダウン下げる」

零羅「さらにこのカードの攻撃力は、相手の地属性モンスターのレベル×200上がる」

フトシ「てらのとすてごは合計11、つまり2200アップして……攻撃力4400!?」

零羅「バトルだ。ロック・シューターですてごを攻撃!」

フトシ「しびれるうううううーーー!!!」LP4000→0 ピーッ


102以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:16:52bwmImO5A (14/19)

~現在~

遊矢「シンクロを!?」

美玲「ああッ」

柚子「ジュニアと言ってもあの子もLDSだし、もしかしたらあの赤馬零児みたいに」

柚子「融合、シンクロ、そしてエクシーズも使えるのかも」

遊矢「融合……シンクロ……エクシーズ……」

美玲「ユーヤ、どうしたんだ?」

遊矢「あの夜、ユートに会った」

柚子「ユート……!」

遊矢「あいつが言ってたんだ。この世界は4つの次元に分かれてるって」

柚子「4つの次元?」

遊矢「融合、シンクロ、エクシーズ次元。そして俺達が住むスタンダード」

遊矢「素良は融合、黒咲とユートはエクシーズ次元から来て、その2つの次元は戦っている」


103以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:17:35bwmImO5A (15/19)

遊矢「そして素良は俺の目の前でユートと戦って――消えた」

美玲「消えた!?」

遊矢「融合次元に戻されたんだって、ユートは言ってた」

遊矢「そしてその後、ユーゴが来て」

柚子「ユーゴって?」

遊矢「ユーゴも俺とそっくりな、もう1人の男。そいつはバイクのような物に乗って現れた」

遊矢「ユーゴはおそらくシンクロ次元のデュエリスト」

美玲「シンクロ……?ユートは融合と戦ってるんじゃないのか?攫われたルリを救うために……」

遊矢「その攫った敵がユーゴかもしれない。ユートはシンクロには融合の手先がいると言っていた」

遊矢「2人は前も戦っているらしい。もしかしたらその時に……」


104以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:18:22bwmImO5A (16/19)

遊矢「……」ピラッ

美玲「ん、そのカードは?」

遊矢「……『ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン』」

柚子「それは!どうしてユートのカードを遊矢が!?」

遊矢「あいつは、俺を庇い、その時にこれを託された」

遊矢「その時に気絶したみたいで、その後のことは何も。ユートがどうなったのかも」

遊矢「だけどなぜ、俺にこのカードを?ユートはデュエルで笑顔をって俺に言った」

遊矢「そしてこのカードを俺に。どうしてそんなことを……」

遊矢「わからない……!ユートだけじゃない」

遊矢「ユーゴってのも何者なんだ?なぜあいつらは俺にそっくりな顔をしているんだ!?」

美玲「なあ、落ち着けって!」

遊矢「……わからない。なんなんだよいったい、ユートもユーゴもどうして……」


105以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:20:45bwmImO5A (17/19)

柚子「遊矢だけじゃないわ。私にもそっくりな人が」

遊矢美玲「「えっ?」」

柚子「瑠璃よ。彼女は私にそっくりだってユートが」

遊矢「なんだって!それは本当か!?」

柚子「うん。最初は驚いたって。だから私のことを瑠璃って」

美玲「なんだよそれ……ユーヤはユートとユーゴにそっくりで、ユズはルリとそっくり?どういうことなんだッ」

遊矢「――黒咲なら」

柚子「え?」

遊矢「黒咲はユートの仲間だ。素良もユートもいなくなった今、話を聞けるのはあいつしかいない」

遊矢「次元のことや俺達にそっくりな人たちのこと。それに瑠璃……あいつは瑠璃のお兄さんなんだろ?」

柚子「うん……」


106以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:21:35bwmImO5A (18/19)

遊矢「母さん、ちょっと出かけてくる!」

洋子「ちょっと。出かけるってどこに?」

遊矢「センターコート!」

柚子美玲(無言の会釈)

洋子「まったく、2日も寝てたのに……」

洋子「思い立ったらすぐ行動に移さないといけないなんて」

洋子「ますますあなたに似てきたかもね」


107以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/16(水) 16:24:49bwmImO5A (19/19)

~モニター前~

北斗『エクシーズ召喚!『セイクリッド・プレアデス』!』

北斗『エクシーズ召喚!『セイクリッド・トレミスM7』!』

タツヤ「急ごう!」

セレナ「……」

アユ「あ……あれ?」

タツヤ「アユ、何してるの?」

アユ「今あそこに柚子お姉ちゃんが……」

フトシ「いるわけないだろ~」

タツヤ「今頃みんなセンターコートに着いてるよ」

フトシ「グズグズしてると置いてくぞ!」

アユ「あ!待って!」


108以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 12:55:43IqlDWvOU (1/16)

~センターコート~

権現坂「うおおおお!!遊矢ー!!この男権現坂、これほど嬉しいことはない!!」ダキッ

遊矢「そんな大げさな……」

修造「いやいや、みんな本当に心配したんだぞ?遊矢が二度と目を覚まさなかったらどうしようって」

アユ「遊矢おにいちゃ~ん!」

タツヤ「よかった、無事で!」

フトシ「嬉しすぎて痺れちゃうぜ!」

遊矢「みんな、ありがとう」

フトシ「これで後は素良さえ戻ってくれば!」

アユ「遊勝塾もすっかり元通りね!」

P「そうさ。まだ浮かれるわけにはいかない」

遊矢柚子美玲「……」


109以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 12:56:20IqlDWvOU (2/16)

修造「すまん遊矢。あれから探し続けているんだが、素良の行方は今も……」

遊矢「あっ、あの――」

フトシ「ゴメン!」

遊矢「え?」

フトシ「本当は俺も浮かれてる場合じゃないんだ。実は昨日負けちゃって……」

遊矢「聞いたよ。あの零羅って子に今度はシンクロ召喚決められたんだろ?」

フトシ「うん……まさかシンクロ召喚まで使うなんて。驚きすぎてしびれちゃったよ」

遊矢「だったら次はフトシが痺れさせろ!」

遊矢「次の大会まで一年。遊勝塾でエンタメデュエルをしっかり鍛えて――」


110以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 12:57:06IqlDWvOU (3/16)

素良『次なんてない!本当の戦いに、次なんてないんだ!』

遊矢「――!」

フトシ「遊矢兄ちゃん?」

権現坂「どうした、遊矢?」

遊矢「い、いや……」

ミエル「ダーリン……!目覚めたのね!」

遊矢「ミエル。……!」

ミエル「ミエルの体を張ったお祈りが、命を懸けたお祈りが通じたんだわ~!」トツゲキ

遊矢(無言のスルー)

ミエル「あれ?いや~!」ドシン


111以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 12:57:51IqlDWvOU (4/16)

北斗「なんだ、見に来てたのか。どうだい?僕の本当の力を目の当たりにした感想は。遊勝塾で戦った時はまぐれで――」

遊矢「黒咲に会いたい。あいつに話があるんだ」

真澄「話って?」

柚子「ええ。それは彼に直接言うわ」

真澄「あっ、柚子……」

美玲「シュンに会わせてほしい。色々聞きたいことがあるんだッ」

刃「無理だな。黒咲さんはお前らなんか相手にしねえよ。俺達だってめったに話せないんだから」

刃「ま、せっかく来たんだし見とけよ。俺と勝鬨勇雄の戦いだ、損はさせねえぜ」


112以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 12:58:28IqlDWvOU (5/16)

~会場~

ニコ「いよいよジュニアユース選手権1回戦最後の試合でございます!」

ニコ「この戦いの勝者が2回戦で進む32人目の勇者となるのです!」

刃勝鬨「「デュエル!!」」

遊矢「……」

遊矢「……!?なんだ、これ……」

勝鬨「フッ!」バキッ

刃「ぐわあああ!!!」

勝鬨「フン!」ドゴォ

刃「ぐほっ……!!」

勝鬨「セイッ!」ズガァ

刃「がああああ!!!」

遊矢「ひどい……これが梁山泊のデュエル……」スクッ

遊矢「……!」ギリギリ

美玲「ユーヤ?」


113以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 12:58:59IqlDWvOU (6/16)

刃「……」LP…→0 ピーッ

ニコ「こ、これにて……一回戦の試合はすべて終了いたしました」

ニコ「続いて二回戦の組み合わせを発表いたします」

ニコ「勝ち上がった皆さんは登録カードをセットしてください!」

権現坂「俺は明日の第一試合、相手はビックリ塾の種子島有蔵だ」

柚子「私は二日目の第二試合、対戦相手は……えっ、美玲!?」

美玲「ウチとユズが対戦か……見てろユーヤ、勝つのはウチだッ!」

柚子「それはどうかしら。私も負けるつもりはないわよ!」


114以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 13:00:16IqlDWvOU (7/16)

タツヤ「遊矢兄ちゃんは?……あっ、勝鬨勇雄!」

アユ「そんな……」

美玲「ユーヤ……」

遊矢「ユートは俺に、デュエルで笑顔をと言った。あいつが本当に伝えたかったのは何なのかはわからない」

遊矢「けど、俺は自分の信じたデュエルをやる!それがユートの思いに応えることになると思うから!」

柚子「!……うん!」

遊矢(勝鬨勇雄.俺はお前のデュエルは認めない)

遊矢(デュエルは人を笑顔にするもの。俺のデュエルでお前に笑顔を取り戻してみせる!)


115以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 13:00:51IqlDWvOU (8/16)

~翌日~

権現坂「そこだ!ダイレクトアタック!」

種子島「な、なんでわかったあああ!!!」LP400→0 ピーッ

権現坂「何の此れ式!」

ニコ「変幻自在のトリックデュエル、破れたり!権現坂道場・権現坂昇選手、ビックリ塾の種子島有蔵選手を下しました!」

アユ「やった、勝った……」

タツヤ「次は遊矢兄ちゃんの番だね……」

修造「おいおい、見てるお前たちが緊張してどうする?」

柚子「だって今日の対戦相手は、あの勝鬨勇雄よ」

フトシ「しびれるくらい凄まじかったぜ」

修造「デュエルに笑顔は禁物。それが武闘派・梁山泊の流儀だからな」


116以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 13:01:36IqlDWvOU (9/16)


美玲「せっかくユーヤが戻ってきたってのに、あのイサオってやつの相手だなんて」

P「彼なら大丈夫だよ。あの白熱した1回戦を観ただろう?」

美玲「でもそれは、シンゴがエンタメデュエルに応えたから盛り上がっただけだろ?」

美玲「今回、あいつは付き合ってくれそうにないぞッ」

P「そうだね……とはいえ、昨日の試合を見てから遊矢は張り切っている」

P「きっと勝鬨勇雄も笑顔になれるようなエンタメを見せてくれるさ」

遊矢勝鬨「「デュエル!!」」


117以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 13:02:10IqlDWvOU (10/16)

イイゾユウヤ! カッコイー!

遊矢「アハハハ!」

修造「遊矢のやつ、相手が誰だろうといつも通りだ!」

柚子「いつも通り……」

美玲「昨日のこと、ユートの事や次元の事で動揺してないはずないってのに……」

柚子「なのに遊矢は自分が向き合わなきゃいけないことに、ちゃんと向き合ってる」


118以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 13:03:12IqlDWvOU (11/16)

勝鬨「自分はマジックカード、融合を発動。」

勝鬨「天翔ける星。地を飛び。今一つとなって、悠久の覇者たる星と輝け!」

勝鬨「融合召喚!来い、覇勝星イダテン!」

P「融合召喚だと!?昨年のデータには使用した記録はなかった……」

美玲「今年の優勝を目指して進化してきたってことか」

美玲「……それにしても。レイラ、マスミ、ユズ、ソラにイサオ。融合使いが多いんだなッ」

P「やはり融合の勉強はしておいて正解だった。社長には頭が上がらないよ」

美玲「え、あの融合カードって社長が用意してくれてたのか……」


119以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 13:03:55IqlDWvOU (12/16)

遊矢「あれは絶対もらう!」

勝鬨「させん、バトルだ!自分はイダテンでビーストアイズを攻撃!」

勝鬨「ビーストアイズの攻撃力は0になる。勝利の風は、本当の闇を見た者だけに吹く!」

遊矢「諦めて……たまるかあああああ!!」

ニコ「ああっと榊選手!アクションカードを取られることは阻止したが、大ダメージで残りライフは100!」

美玲「ユーヤッ!」

勝鬨「首の皮一枚で繋がったが、お前の闇はすぐそこだ」

勝鬨「ひたすら暗い闇の中に落ちるがいい」

遊矢「……!ぐっ……!」

遊矢「があっ……!」

美玲「な、なんだ?どうしたんだユーヤのやつ……」

P「様子があきらかに尋常ではない、何が……?」


120以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 13:04:26IqlDWvOU (13/16)

遊矢「揺れろ、魂のペンデュラム。天空に描け光のアーク!」

遊矢「ペンデュラム召喚!出でよ、我がしもべのモンスター達よ!」

美玲「怖いぞ、遊矢……?」

遊矢「俺はレベル4のラクダウンとシルバー・クロウで、オーバーレイ!」

P「な、あの動きはなんだ!?」

美玲「レベル4……まさか!?」

遊矢「漆黒の闇より、愚鈍なる力に抗う反逆の牙。今降臨せよ!」

遊矢「エクシーズ召喚!現れろ、ランク4!ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン!」

勝鬨「なんだと!?」

美玲「やっぱり、あれは昨日の……!」


121以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 13:04:59IqlDWvOU (14/16)

遊矢「バトルだ。ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴンで、覇勝星イダテンを攻撃!」

勝鬨「イダテンの効果発動!このカード以下のレベルのモンスターと戦闘を行う場合、相手モンスターの攻撃力は0になる!」

遊矢「エクシーズモンスターはレベルを持たない。よって効果は無効」

勝鬨「何、レベルを持たないならレベル0ではないのか!?」

遊矢「反逆の、ライトニング・ディスオベイ!」

勝鬨「ぐああああああ!!!!」LP4000→0 ピーッ

観客「……」

美玲「なに、これ……」

P「……」


122以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 13:06:11IqlDWvOU (15/16)

ニコ「……しょ、勝者は榊選手です……」

修造「あ、い、いいぞー遊矢ー……」

フトシ「しびれるくらいこええ……」

タツヤ「……別人みたい」

遊矢「……はっ!勝鬨!」

遊矢「だ……大丈夫か?」

勝鬨「!フン!」バシッ

遊矢「え……」

梁山泊勢「……」ゾロゾロ

勝鬨(無言の辞儀)

遊矢「え……なんなんだ?この感じは……」


123以下、名無しが深夜にお送りします2019/10/17(木) 13:06:48IqlDWvOU (16/16)

?「――これが榊遊矢の二回戦のデュエルよ」

???「なんとも狂暴で荒々しい姿ですね……」

??「会場は唖然としてるけど、私らにとっちゃ朗報だよね」

???「ええ。我々の使命がより明確になりますわ」

????「碧葉よ。お前はどう思う?」

碧葉「もちろん朱里・素直と同意見よ。これで私達のモチベーションも上がるというものじゃない」

霧絵「うん。特に碧葉は本当にこれでいいのかしらって悩んでたし、よかったね」

碧葉「うるさいわね。あと会議中は首領と呼べって言ったでしょう」

霧絵「ごめんね、首領」

素直「それでは引き続き、私と深玄は榊遊矢の周囲の人間を調査しますわ」

深玄「ああ。何か繋がることがあれば報告しよう」

朱里「それで私と霧絵たそが本人の動向を探る。今までと変わらないなあ」

碧葉「嫌なら『フォース』から抜けてもらうけど」

朱里「あーはいはい。首領様の仰せの通りに~」


124以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:13:080kTksTiA (1/20)

~翌日~

ニコ「本日第二試合!二回戦の対戦は……遊勝塾、柊柚子選手!」

イケー! ユズチャーン!

ニコ「対するは浦月プロダクション、早坂美玲選手!」

ミレイチャーン! ガンバッテー!

タツヤ「二人とも、一回戦が白熱したからかファンが増えてるね」

アユ「柚子お姉ちゃーん!美玲お姉ちゃーん!」

フトシ「絶対しびれさせてくれよー!」

遊矢「……」

ミ!レ!イ! ミ!レ!イ!

美玲「いつの間にか、ウチの人気も高まってたんだなッ」

柚子「ええ、流石美玲ね……だけど私も遊勝塾の看板娘よ。本当のエンタメデュエルを見せてあげるわ!」

美玲「ああ。遊矢のためにも、ウチらのデュエルで会場を盛り上げてみせるッ!」


125以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:13:560kTksTiA (2/20)

ニコ「アクションフィールドオン!フィールド魔法、『雲上のライブステージ』!」

柚子「戦いの殿堂に集いしデュエリスト達が!」

美玲「モンスターと共に地を蹴り宙を舞い!」

柚子「フィールド内を駆け巡る!」

美玲「見よ、これぞデュエルの最強進化形!」

ニコ「アクション――!」

「「デュエル!!」」

美玲「ウチのターン。自分フィールドにモンスターがいないとき、カイザー・ブラッド・ヴォルスを特殊召喚できる!」

美玲「さらにチューナーモンスター、『リ・バイブル』を召喚!」

《リ・バイブル》
チューナー・効果モンスター
星1/地属性/サイキック族/攻 700/守 300
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在し、
自分のEXデッキの枚数が相手よりも5枚以上少ない場合、
2000LPを払って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、
フィールドから離れた場合に除外される。


126以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:15:010kTksTiA (3/20)


柚子「チューナー……1ターン目からシンクロ召喚ってわけね」

美玲「そうだッ。みんな見てろよ、これがウチのデュエルだ!」

美玲「レベル5のカイザー・ブラッド・ヴォルスにレベル1のリ・バイブルをチューニング!」

ニコ「おーっと!ここで早坂選手お得意のシンクロ召喚です!」

P「いいぞ美玲!」

美玲「行き着け、そして力を統御しろ……シンクロ召喚!」

美玲「大地を踏み均せ!レベル6、『ハイパーサイコライザー』!」

《ハイパーサイコライザー》
シンクロ・効果モンスター
星6/地属性/サイキック族/攻2000/守 600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードの攻撃力より低い攻撃力を持つモンスターは攻撃できず、
このカードの攻撃力より高い攻撃力を持つフィールドのモンスターは効果を発動できない。
(2):このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、自分の墓地の、
種族と属性が同じとなるチューナー1体とチューナー以外のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

ニコ「来たーっ!大会では初めて顔を見せるモンスターであります!」


127以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:16:100kTksTiA (4/20)

美玲「このモンスターが場に存在すると、自分より低い攻撃力のモンスターは攻撃ができない」

美玲「逆に、攻撃力が高いモンスターは効果が使えなくなるッ」

柚子「面倒なモンスター……でもどうってことないわ」

美玲「ウチはカードを2枚伏せてターン終了だ!」

柚子「私のターン、ドロー!」

美玲「リバースカードオープン!永続トラップ、『追走の翼』をライザーを対象に発動!」

《追走の翼》
永続罠
自分フィールドのSモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、対象のモンスターは戦闘及び相手の効果では破壊されない。
(2):対象のモンスターがレベル5以上の相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターを破壊する。
対象のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、この効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(3):対象のモンスターがフィールドから離れた場合にこのカードは破壊される。

美玲「このカードがある限り、ライザーは戦闘と相手の効果じゃ破壊されない」

美玲「さらにレベル5以上のモンスターとの戦闘は行わずにモンスターを破壊する!」

柚子「なんですって……!」

修造「これでは、攻撃力で上回っていても除去することができない!」


128以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:17:120kTksTiA (5/20)

権現坂「それに柚子の融合モンスター。マイスタリン・シューベルトはレベル6だから、戦闘に参加させれば破壊されてしまう」

権現坂「そしてブルーム・ディーヴァは攻撃力が低い。相手の攻撃はけん制できるが、逆にこちらも攻撃を仕掛けることができない」

フトシ「縛りに縛られでしびれそうだぜ……」

柚子「……この程度じゃ私は止まらないわ。相手のみモンスターがいることで、手札から『幻奏の歌姫ソロ』を特殊召喚!」

《幻奏の歌姫ソロ》(アニメ版)
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 1600/守 1000
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

柚子「さらに『幻奏の音女アリア』を召喚!」


129以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:17:460kTksTiA (6/20)

《幻奏の音女アリア》(アニメ版、一部効果独自解釈)
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 1600/守 1200
①:1ターンに1度、このカードの攻撃で相手が
戦闘ダメージを受けなかったターンのメインフェイズ2に発動できる。
800ダメージを相手に与える。

美玲「下級モンスターを並べるだけ……?一体何を――」

柚子「メインフェイズを終了。バトルよ!」

美玲「――んなッ!?何かある……アクションカードを!」ダッ

柚子「速攻魔法、『ピアニッシモ』発動!このターン、ハイパーサイコライザーは攻撃力が100になり、戦闘破壊されない!」

《ピアニッシモ》(アニメ版)
速攻魔法
(1):フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで100になり、このターン戦闘では破壊されない。

美玲「くっ……!攻撃力が!」


130以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:18:550kTksTiA (7/20)

柚子「これで攻撃が可能になるわ!ソロでハイパーサイコライザーを攻撃!」

美玲「ぐっ!」LP4000→2500

柚子「続けてアリアでハイパーサイコライザーを攻撃!シャープネス・ヴォイス!」

美玲「二度も食らうもんか!」パシッ

美玲「アクションマジック、ダメージ・バニッシュ!戦闘ダメージを0にする!」

柚子「防いだわね……でも!」パシッ

柚子「こっちもアクションマジック、『ア・テンポ』!モンスターの攻撃力が変化しているとき、それをもとの数値に戻す!」

《ア・テンポ》(SSオリジナル)
A魔法
(1):フィールドの、攻撃力が元々の数値と異なるモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は元々の攻撃力の数値になる。


131以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:20:380kTksTiA (8/20)

柚子「これでハイパーサイコライザーは攻撃力が2000に戻るわ」

美玲「効果の範囲を無理やり変えたのかッ!」

柚子「その通り。アリアの効果!相手に戦闘ダメージを与えられなかった場合、800ポイントのダメージを相手プレイヤーに与える!リゾネイト・ウェーブ」

美玲「やってくれるな……ッ!」LP2500→1700

修造「いいぞー!柚子ー!」

タツヤ「さすが柚子姉ちゃんだ。あのロックも気にせずにライフポイントを削り取ってる!」

遊矢「ハハ……」

遊矢(昨日のデュエル、なんであんなことに……)


132以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:22:040kTksTiA (9/20)

柚子「私はカードを1枚伏せてターンエンド!」

美玲「してられちゃったけど、ライザーの攻撃力は元に戻っている。ウチのターン!」

美玲(アクションカードを探しながら……)

美玲「ウィングド・ライノを召喚!そしてバトル、ハイパーサイコライザーでアリアを攻撃!ハイパー――」

柚子「トラップ発動!『分断の壁』!このターンバトルする相手モンスターの攻撃力は、相手モンスター1体につき800ダウンするわ!」

《分断の壁》(アニメ版)
通常罠
①:このターン、以下の効果を適用する。
●戦闘を行う相手モンスターの攻撃力は、
相手フィールドのモンスターの数×800ダウンする。

美玲「……!ウィングド・ライノの効果!罠カードの発動時、このカードを手札に戻す!」

柚子「それでもハイパーサイコライザーの攻撃力は1200!そしてその攻撃は止まらないわ!」

美玲「その結果は……このカードが決めてくれるさッ!」パシッ

柚子「あの足場にアクションカードがあったのね……!」


133以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:23:120kTksTiA (10/20)

美玲「ラッキーだ。アクションマジック、『フォルツァート』!モンスターの攻撃力を500だけ上昇させる!」

《フォルツァート》(SSオリジナル)
A魔法
①:自分のモンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。

柚子「やるわね……」LP4000→3900

美玲「ウチはこれでターンエンド!フォルツァートの効果は終了する」

美玲「攻撃力は下がったけど、おかげで効果を発動できない範囲は広がった。どうする、ユズ!」

柚子「ライフをなかなか削れず、攻撃力も劣っている状況。その言葉をそのまま返すわ!」ダッ

美玲「言ってくれるな……!」ダッ


134以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:24:050kTksTiA (11/20)

イイゾー!フタリトモガンバレー!

アツイゼー!ウオオオオネッケツダー!

遊矢「……!」

ユート『みんなの未来に、笑顔を……!』

遊矢「二人のデュエルで、観客達が笑顔に……」

遊矢(そうだ、これがデュエルだ……俺は何をやってるんだ!)

柚子「私のターン、ドロー!」

柚子「永続魔法、『スローテンポ』。通常召喚したターンそのモンスターは攻撃できない」

《スローテンポ》(未OCG)
永続魔法
①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
通常召喚されたモンスターは、そのターンには攻撃できない。


135以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:24:410kTksTiA (12/20)

美玲「?このタイミングでどうして……」

柚子「魔法カード、『幻奏のオーバートーン』!お互いのフィールドの表側表示の魔法・罠カードの効果をこのターン無効にする!」

《幻奏のオーバートーン》(SSオリジナル)
通常魔法
①:自分フィールドに「幻奏」モンスターが存在する場合、
お互いのフィールドの表側表示の魔法・罠カードをそれぞれ
1枚ずつ対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
②:墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードをデッキに戻し、自分はデッキから1枚ドローする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

美玲「あっ……!」

柚子「これで厄介な追走の翼は効かない。バトル!ソロでライザーに攻撃!」

美玲「アクションマジック、あった!……ぐっ!」LP1700→1300

柚子「局面に合わないカードを引いちゃった?私はこれでターンエンド!」


136以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:26:170kTksTiA (13/20)

美玲「……ウチのターン、ドロー!」

美玲「よし!魔法カード、『死者転生』!手札のウィングド・ライノを墓地へ捨て、カイザー・ブラッド・ヴォルスを手札に加える」

美玲「そして、そのまま特殊召喚するッ!」

柚子「攻撃力1900……」

美玲「悪いなユズ、これじゃ終わらない。チューナーモンスター、妖海のアウトロールを召喚する!」

柚子「また、チューナーモンスターを!」

美玲「もう1度決めてやる!レベル5のカイザーにレベル3のアウトロールをチューニング!」

美玲「逆巻け、そして思考を支配しろッ!シンクロ召喚!レベル8、『メンタルスフィア・デーモン』ッ!」

ニコ「出ました!早坂選手のエースモンスターですっ!」


137以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:27:450kTksTiA (14/20)

柚子「私のターン……ドロー!!」

美玲「ユズ!オマエが狙ってるカードは、ウチのほうが先に届く!」

柚子「そして!アクションカードも……!」バッ

美玲「なにっ、あんな高さから飛び降りた!?」カンコーン

柚子「ふう……いよっと。頂いたわ」

ウオー!スゲー! マジストロング!

修造「柚子う……!」

フトシ「さすが柚子姉ちゃん!しびれるぅ~!」

柚子「墓地のオーバートーンの効果発動!私の場のスローテンポをデッキに戻して、カードを1枚ドローする効果」

柚子「私はこれに勝負を賭けるわ!」ドン

美玲「そっか……!ユズ!ウチに、全力を見せて勝ってみろッ!」

修造「いけー柚子!」

タツヤ「柚子姉ちゃーん!」


138以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:29:570kTksTiA (15/20)

柚子(ここで引き当てたら、私の勝ち。でも引けなかったら、それは――)

遊矢「柚子ーーーーー!!!!」

柚子「――遊矢!?」

遊矢「頑張れ、柚子!お前のエンタメを見せてやれ!」

美玲「ユーヤ……」

柚子「遊矢、元気を取り戻したのね……うん、絶対成功させるんだから!」

柚子「これが私の……ディスティニードローッ!」シュピィ

美玲「……」

柚子「……」

柚子「私は『幻奏の歌姫ソプラノ』を召喚!」

《幻奏の歌姫ソプラノ》(アニメ効果)
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻 1400/守 1400
①:融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターとして、
自分フィールドのこのカードと自分の手札・フィールドのモンスターを墓地へ送る事で、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚できる。

美玲「来るか、ユズの融合召喚!」


139以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:32:170kTksTiA (16/20)

柚子「ここで――!」

P「……?」

柚子「――ここでアクションマジック、『純白の裏拍』!自分フィールドのモンスターと属性が同じで種族が異なる、低いレベルのモンスターを手札から特殊召喚できる!

《純白の裏拍》(SSオリジナル)
A魔法
(1):自分フィールドのモンスター1体を選び、
そのモンスターよりレベルが低く、
同じ属性で種族が異なるモンスター1体を手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果を発動できない。

柚子「私はレベル2、光属性・岩石族『クリスタル・ローズ』を特殊召喚!」

《クリスタル・ローズ》(アニメ版)
効果モンスター
星2/光属性/岩石族/攻 500/守 500
①:フィールドのこのカードは融合モンスターカードに記された
融合素材モンスター1体の代わりにできる。

美玲「あれはマスミが使ったカード!」

柚子「このカードは融合素材モンスターの代用にできる。私はこのカードを『幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト』扱いとする!」

美玲「そしてソプラノは、融合カードなしで融合する効果がある!」

柚子「私はソプラノとモーツァルト扱いのクリスタル・ローズを融合!天使のさえずりよ!至高の天才よ!タクトの導きにより力重ねよ!」

柚子「融合召喚!今こそ舞台に、勝利の花を!『幻奏の花歌聖ブルーム・ディーヴァ』!」


140以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 19:34:560kTksTiA (17/20)

《幻奏の花歌聖ブルーム・ディーヴァ》(アニメ版、一部独自解釈)
融合・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻 1000/守 2000
「幻奏の歌姫」モンスター+「幻奏」モンスター
①:このカードが特殊召喚された相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。
このカードはその戦闘では破壊されず、その戦闘によって自分が受ける戦闘ダメージは代わりに相手が受ける。
ダメージステップ終了時、その相手モンスターを破壊する。

ウオオオオ! シンクロニユウゴウ、モエルゼ!
ナニアレナニアレ! キレイナモンスター!

美玲「会場が、さらに盛り上がってる……」

柚子「美玲、『覚えてる?』ブルーム・ディーヴァは戦闘ダメージと戦闘破壊を跳ね返す!」

美玲「ああ……わかってる。来い!」

柚子「バトル!ブルーム・ディーヴァでメンタルスフィア・デーモンを攻撃!」

美玲「……残念だったな!トラップ発動、『波動障壁』!シンクロモンスター、メンタルスフィアをリリースしてブルーム・ディーヴァを守備表示にする」

美玲「そして攻撃モンスターの守備力分のダメージを相手に与える!」

遊矢「ブルーム・ディーヴァの守備力は2000、そして柚子のライフも2000……」

フトシ「柚子姉ちゃーん!」

美玲「これでウチの勝ちだッ!」


141以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 20:02:180kTksTiA (18/20)

柚子「……残念だったわね!」

美玲「へ?」

柚子「トラップ発動、『幻奏のイリュージョン』!自分のバトルフェイズに相手が発動したトラップを無効にする!」

《幻奏のイリュージョン》(アニメ版)
通常罠
①:自分のバトルフェイズ中に相手が罠カードを発動した場合、
自分フィールドの「幻奏」モンスター1体を対象として発動できる。
その罠カードの効果を無効にする。
さらに、このターン対象のモンスターは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

美玲「なんだって……!」

柚子「さらに、このターン幻奏モンスターは2回攻撃できる!」

権現坂「流石だ柚子ー!」

柚子「そして。ここにアクションマジック、『アクション・リユース』を発動!相手の墓地のアクションカードを使うことができる!」

《アクション・リユース》
A魔法
①:相手の墓地のA魔法カード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果を発動する。


142以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 20:02:560kTksTiA (19/20)

美玲「な……!まさか、さっき少し止まっていたのって」

柚子「そう、これを見つけたから!美玲の墓地のスターライト・アップを発動!ブルーム・ディーヴァの攻撃力は600アップ!」

美玲「……はは。ユズ!完敗だ!ウチの、そしてミキヨの分まで頑張れよ!」

柚子「!……ええ!ブルーム・ディーヴァで2回のダイレクトアタック!イリュージョン・ダブル・シャウト!」

美玲「うわああああああ!!!!」LP2900→1300→0 ピーッ

ニコ「ついに、ついに決まりました!勝者は遊勝塾、柊選手!」

ニコ「本当に本当に、素晴らしいデュエルでした!」

柚子「ふふっ」

修造「うおおおお!燃えた、燃えたぞ!熱血だー!」

タツヤアユフトシ「やったー!」

遊矢「柚子……美玲……二人のおかげで、俺は前を見つめなおせたよ」

遊矢「最高のデュエルをありがとう……!」


143以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/05(火) 20:03:450kTksTiA (20/20)

P「美玲。お疲れ様」

美玲「プロデューサー。ゴメン……負けちゃった」

P「いいデュエルだったよ。昨日の会場の雰囲気を覆す盛り上がりだ」

美玲「でも、優勝どころかベスト32……こんな結果じゃ社長もガッカリしてるだろッ」

P「社長が舞網チャンピオンシップを勧めたのは、美玲の活動の幅をより広げるためだ」

P「この柚子ちゃんとの試合は、世界中でも注目されたはず。その影響で今後の仕事も良くなるというわけだ」

美玲「ホントに……?」

P「それに、この敗北の悔しさで美玲はさらに強くなれるはずだよ」

美玲「!別に悔しくなんかッ――」

美玲「――いや、ホントは悔しい。今日はウチが勝ちたかった」

P「とりあえず、明日は事務所に戻って報告しよう」

美玲「ああッ」


144以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:19:17TZAq2r4M (1/20)

~翌日、浦月プロダクション~

P「社長。失礼します」

「はい、どうぞ」

P「早坂美玲、及びプロデューサーです。ご存知かとは思いますが、舞網チャンピオンシップの結果をご報告いたします」

「ご苦労様です」

P「一回戦。デュエルっ子クラブの斜芽美技代との一戦では、連続攻撃で大ダメージを受けるも、連続シンクロ召喚を成功させみごと勝利しました」

P「二回戦。遊勝塾の柊柚子との一戦では、ロックを掻い潜られましたが、エースモンスターのシンクロ召喚でライフを逆転します」

P「しかしその後融合召喚を許し、結果的にそのモンスターの攻撃により敗北しましたですが!それは美玲のデュエルが不甲斐ないものであったというわけではなく――」

「わかっていますよ。貴方も美玲も、健闘しましたね」

P「――!」

「どちらの試合も、会場を大いに盛り上がらせてくれました」

「そしてわがプロダクションのデュエルモンスターズの実力も、しっかりと知れ渡りました」

「当初の目的の通り、これからのライブはより良いものになるでしょう」

P「社長……!ありがとうございます!」


145以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:21:02TZAq2r4M (2/20)

P「よかったね。社長には好印象だ」

美玲「ああ。ウチはこれでよかったんだな」

P「デュエルというのは、勝敗がすべてじゃない」

P「もちろん勝利することは喜ばしいが、勝利さえあれば何をも捨てていいわけじゃない」

P「どうせデュエルをするなら、楽しくいかなきゃだ」

美玲「それ、ユーショーって人の言葉か?」

P「……バレたか!」

美玲「前もそんなこと言ってただろッ」

P「しょうがないでしょ?好きなんだから」

P「そんなことよりだ。今日からは今までより踏み込んだトレーニングをするぞ!」

美玲「踏み込んだって?」

P「ああ。以前やった融合に加えてエクシーズ召喚を、そしてペンデュラム召喚を学ぶ」

美玲「おおッ!できるのか!?」

P「今回もプロダクションがカードを用意してくれた。まずはエクシーズだ!」


146以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:23:05TZAq2r4M (3/20)

~後日、デュエルルーム~

美玲「レベル5となった『ゼンマイソルジャー』と『ゼンマイドッグ』でオーバーレイ!」

《ゼンマイソルジャー》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1800/守1200
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度、発動できる。
ターン終了時まで、このカードのレベルは1つ上がり、
攻撃力が400アップする。

《ゼンマイドッグ》
効果モンスター
星3/地属性/獣族/攻1200/守 900
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度、発動できる。
ターン終了時まで、このカードのレベルは2つ上がり、
攻撃力が600アップする。

美玲「2体のモンスターでオーバーレイ・ネットワークを構築、エクシーズ召喚!現れろ、ランク5!『始祖の守護者ティラス』!」


147以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:24:09TZAq2r4M (4/20)

《始祖の守護者ティラス》
エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/天使族/攻2600/守1700
レベル5モンスター×2
(1):このカードがX素材を持っている限り、このカードは以下の効果を得る。
●このカードは効果では破壊されない。
●このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
このカードのX素材を1つ取り除く。

美玲「いけ、ティラス!ダイレクトアタックだ!」

P「トラップ発動、『Vain-裏切りの嘲笑』!ティラスはこのターン攻撃できない!」

《Vain-裏切りの嘲笑》
永続罠
(1):相手のXモンスターの攻撃宣言時、
そのモンスターを対象としてこのカードを発動できる。
対象のモンスターは攻撃できず、果は無効化される。
そのモンスターがフィールドを離れた場合にこのカードは破壊される。
(2):対象のモンスターがモンスターゾーンに存在する場合、相手エンドフェイズに発動する。
相手のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。


148以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:24:47TZAq2r4M (5/20)

美玲「カウンター罠、『エクシーズ・リフレクト』!その発動を無効にして800ダメージを与える!」

《エクシーズ・リフレクト》
カウンター罠
(1):フィールドのXモンスターを対象とするモンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
その後、800ダメージを相手に与える。

P「くっ……」LP3000→2200

美玲「ティラスの攻撃は続行!行け!」

P「負けたよ……」LP2200→0

P「これでエクシーズも習得できたみたいだね」

美玲「ああッ。融合もエクシーズも敵じゃないぞ!」

P「それじゃ次はペンデュラムを――」プルルルル

P「ん、通信だ。もしもし、浦月プロの……」

P「……え。はい、はい。すぐ向かいます」ピッ

美玲「どうしたんだ、プロデューサー?」

P「社長がお呼びだ。特訓は中止、すぐに向かおう」

美玲「社長が?何だろ……」


149以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:28:44TZAq2r4M (6/20)

~社長室~

P「二人ともそろっております」

「トレーニング中にごめんなさい。しかし緊急の連絡なのです」

美玲「緊急?」

「たった今、レオ・コーポレーションの社長から直々に連絡を受けました」

P「レオ・コーポレーションの赤馬零児が?」

「はい。今、大会で何が起こっているのか」

「そしてこの世界の真実。全て話してくださいました」

美玲「真実って……?」

「ええ――」


150以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:29:20TZAq2r4M (7/20)

~少し前~

「社長。お電話です」

「堀川。ありがとうございます、どちらから?」

堀川「レオ・コーポレーションです」

「?……わかりました」パッ

頼絵「こちら、浦月プロダクション。社長の浦月頼絵です」

零児『ご多忙の折恐れ入ります。赤馬零児です』

頼絵「あら。わざわざ社長の貴方が電話だなんて、どうかいたしましたか?」

零児『浦月社長は、現在開催されている舞網チャンピオンシップの現状をご理解いただけているでしょうか』

頼絵「はい。なんでも三回戦からは急遽トーナメントから舞網市内でのバトルロイヤルとなったと」

頼絵「そして中継カメラの回線不良で、現在はジュニアクラスの決勝戦以外の模様は不明。ですよね」

零児『その節は非常に申し訳ありません。しかし、これは市民のパニックを軽減するために必要な処置なのです』

頼絵「それは、中継されていない裏側にて尋常ではない事態が起きている、ということでしょうか?」

零児『話がお早くて助かります』


151以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:29:54TZAq2r4M (8/20)

零児『実は信じがたいことに、この世界には別次元からの侵略者が多数存在しています』

頼絵「別次元……」

零児『そこでユースクラスの上位8名を対抗組織「ランサーズ」と称し、ジュニアユースのバトルロイヤルに紛れて迎撃に向かわせました』

零児『ところが、彼らでは侵略者たちの実力には及ばず、一人を残して全滅してしまいました』

零児『現在、迎撃を行っているのはジュニアユースの選手たちですが、これも劣勢に陥っています』

零児『つきましては、貴社が誇る新世代のデュエリスト、早坂美玲の力をお借りしたい』

頼絵「うちの美玲を。それはどうしてでしょう」

零児『異次元の力には、昔の技術で太刀打ちはできません』

零児『しかし彼女を含む世代、称するなら「榊遊矢世代」は、ペンデュラム召喚に抵抗なく順応して、新たな武器を手にした』

零児『そのうえで彼女は、美玲は必要な存在なのです。どうかお力添えいただけないでしょうか』

頼絵「話はわかりました。ところで、その侵略者とやらの迎撃に成功したあと、貴方はどうするつもりですか?」

頼絵「異次元の住人だというのなら、今来訪した者を倒したところで、一方的に侵略しに現れるだけです」

頼絵「こちらは異次元に手出しすることは不可能なのでしょう?」


152以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:30:43TZAq2r4M (9/20)

零児『迎撃に成功したメンバーでランサーズを再結成します。そして我々の技術で開発した次元移動装置を使い、侵略者の次元へと向かう予定です』

頼絵「ということは、美玲も貴方の装置を使って別次元へ行くというのですか?」

頼絵「それは、まだ14歳の女の子を戦争の道具として死地に送り込むことを意味しているのではないですか?」

零児『我々は戦争をしに向かうのではありません。戦争を止めるために向かうのです』

頼絵「戦争を止めるための戦争が正義だとおっしゃるのですか」

零児『戦争を用いずに戦争を止める方法があるとしたら……?』

頼絵「何ですって?」

零児『榊遊矢の「エンタメデュエル」。それは人々に笑顔をもたらす最高のショーです』

零児『たとえそれが悪人であってもね』

頼絵「侵略行為を働く敵が、エンターテインメントを真に受けて侵略をやめるでしょうか。にわかに信じられませんね」

頼絵「それに榊遊矢といえば、二回戦で相手を打ちのめす残忍なデュエルをしたと聞きました。なおさら信用できませんが……」


153以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:32:55TZAq2r4M (10/20)

零児『一回戦、そしてバトルロイヤル中の試合の情報は入っていないのですか?』

零児『一回戦では沢渡シンゴと熱い攻防を繰り広げ、バトルロイヤルではデニス・マックフィールドとのタッグで華麗な勝利を収めました』

零児『今名を挙げた2人は、どちらもエンタメデュエルに感化された者です』

頼絵「わかりました。しかし、戦争の道具ではないとしても死地に送り込むことは確かなはず」

頼絵「あなたに戦地で、それに異次元で美玲の安全が保障できるのですか?」

零児『我々にはアクションデュエルという武器があります。他次元のデュエリストには優位性があるでしょう』

零児『そして榊遊矢世代の秀でた順応力なら、他次元の情勢も問題ありません。早坂美鈴もその一人だ』

頼絵「はぁ……そこまでおっしゃるのでしたら、認めざるを得ませんね」

頼絵「ですが、それは私の一存では決めかねます。美玲と、そしてそのプロデューサーが受け入れれば、美玲は晴れてランサーズの一員です」

頼絵「2人をそちらに向かわせましょう――」


154以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:33:29TZAq2r4M (11/20)

P「な……なんだって?別次元の侵略者!?」

美玲「まさか、融合次元の……ッ!」

P「融合次元?美玲、何か知ってるのか」

美玲「!やば……」

頼絵「美玲。あなたは別次元が存在することを知っていたのですね」

美玲「あ、あはは……」

頼絵「その融合次元かどうかはわかりませんが、話した通り貴方たちには至急レオ・デュエルスクールに向かってもらいます」

頼絵「車は用意しました。どうするかは貴方たちがあちらに伝えなさい」

美玲「……はい」

P「いきなりで呑み込めませんが……わかりました。向かいます」


155以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:35:47TZAq2r4M (12/20)

~レオ・コーポレーション~

沢渡「おせーぞ、早坂美玲!」

美玲「な、オマエはシンゴ!どうしてここにいるんだ!?」

沢渡「俺もお前も同じだ!アカデミアをぶっ倒してランサーズになるためにここにいる!」

P「アカデミア……?」

美玲「ユートの言ってたヤツか。ってことは、やっぱり融合次次元なんだなッ!?」

沢渡「そうさ。アカデミアの精鋭、オベリスクフォースってヤツらが来ている」

P「それが侵略者たちの名前ということか……」

沢渡「詳しいことは赤馬零児に聞け!俺は行くぜ!」

美玲「な、おいシンゴ!どこ行くんだ!」

美玲「行っちゃったし……」

P「アカデミアとやらの場所をすでに聞いていたのかもしれない。俺たちも話を聞こう」


156以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:36:19TZAq2r4M (13/20)

~管制室~

零児「よく来てくれた。早坂美鈴、そしてプロデューサー」

零児「経緯は浦月社長に話した通りだ。早坂美玲、君の力を借りたい」

美玲「ウチの……」

美玲(まさか、舞網がそんなことになってるなんて……)

美玲(……アカデミアは、ユートとシュンの敵でソラの所属だ)

美玲(エクシーズ次元を壊滅させたら、今度はこっちを、スタンダードを襲うのか?)

美玲(ユートとシュンを追って?それとも別の目的がッ?)

美玲(……考えたってわからないッ!でも、この次元も壊滅させられるのを黙って見過ごすわけにもいかない)

P「……考え込んでるね。美玲」

美玲「そりゃそうだッ。いきなりで頭がぐちゃぐちゃになりそう」


157以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:36:52TZAq2r4M (14/20)

美玲「……でも、ウチはこの舞網が好き。ユーヤ、ユズ、みんなのいるこの街を守りたいッ!」

美玲「赤馬零児。ウチの力が必要なら、オベリスクフォースっていう奴らを倒してやるッ!それでスタンダードを守るんだッ!」

零児「スタンダード……榊遊矢から聞いたのか」

P「美玲……!わかった。俺は美玲の意見を尊重する」

P「でも、社長さん。俺は担当プロデューサーとして美玲を守る義務がある」

P「俺も別次元とやらに、美玲と一緒に向かわせてもらいたい!」

美玲「プロデューサー……」

零児「……良いだろう。契約成立だ」

零児「それに当たって、早坂美鈴。君にプレゼントがある」

美玲「プレゼントって?」


158以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:38:13TZAq2r4M (15/20)

零児「ああ。中島、あれを」

中島「はっ!早坂美鈴、君のためのペンデュラムカードだ。受け取れ」

美玲「ペンデュラムカード……!」

零児「浦月プロダクションに差し上げたペンデュラムカードはバトルロイヤル用と同じ量産型だが、それはオリジナルのものだ」

零児「使うも使わないも自由だが、君に渡しておく」

美玲「ふふ、こんなありがたいことはないぞッ。これでウチはより強くなる」

P「それはいいけど、ペンデュラムの学習はまだだったはず。練習もなしに使える?」

美玲「あ、そーいえばそうかッ……」

零児「それならばここのデュエルルームを使うといい」


159以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:39:30TZAq2r4M (16/20)

~デュエルルーム~

美玲「行くぞッ、ペンデュラム召喚!レベル6、『暗黒のマンティコア』!」

《暗黒のマンティコア》
効果モンスター
星6/炎属性/獣戦士族/攻2300/守1000
(1):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズ、
自分の手札・フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地のこのカードを特殊召喚する。

美玲「そしてレベル6のマンティコアにレベル2のタロをチューニング!」

美玲「シンクロ召喚!メンタルスフィア・デーモンッ!」

美玲「よし……できた!ペンデュラム召喚!」

P「これならバッチリなはずだ。いいぞ美玲!」

零児「流石だ。ペンデュラムに容易に順応した」

美玲「さあ、オベリスク・フォースの居場所に案内してもらうぞッ!」

零児「いや、その必要はない。沢渡シンゴの乱入により、オベリスク・フォースとは決着が見えてきた」


160以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:41:24TZAq2r4M (17/20)

美玲「んなッ!練習に時間をかけすぎたか……」

零児「現在は、榊遊矢と紫雲院素良のデュエルが行われている」

美玲「ソラが!?」

零児「彼はバトルロイヤル中、オベリスク・フォースと共に現れた」

零児「その後はデュエルによって黒咲隼を手負いにし、風魔日影をカードにした」

P「カードにした……?どういうことなんだ」

零児「融合次元、アカデミアのデュエリストは人間をカードにする装置を使用している」

零児「このカードは、バトルロイヤルに参加していたデュエリスト2人のものだ」ピラッ

P「……!これは……カードに封じ込められているのか……?」

美玲「うええ……」


161以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:42:13TZAq2r4M (18/20)

零児「そして、この次元に来ているのは彼とオベリスク・フォースだけではない」

零児「柊柚子とそっくりな少女、セレナ。彼女もまたアカデミアのデュエリストだ」

美玲「!柚子にそっくりなヤツが、瑠璃以外にも……」

零児「元はと言えば、侵略者は全て彼女を連れ戻すための人員だ」

零児「彼らはその過程でこの街を襲っているに過ぎない」

美玲「じゃあ、そのセレナを引き渡せばいいんじゃ……」

零児「彼女は我々にとって有力な交渉材料。渡すことはできない」

零児「それに彼女がアカデミアに戻されようとそうでなかろうと、この次元が危険に晒されることに変わりはないのだから」

P「そんな……」

零児「そのためにランサーズが必要だったのだ。我々がアカデミアを止める」

零児「それにセレナは柊柚子の説得で、アカデミアの思想から離反の動きを見せている。彼女もランサーズの一員として戦ってもらう」

美玲「ユズが……」

零児「その柊柚子も、すでにこの次元にはいないが……」


162以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:42:59TZAq2r4M (19/20)

P「柚子ちゃんもアカデミアに……!?」

零児「いや、柊柚子はカード化されてはいない事は明白。アカデミアに連れ去られてもいない」

零児「だがそれを今榊遊矢に伝える事はない」

美鈴「何だって?」

零児「私はこれからジュニアユースの彼らと合流し、榊遊矢とのデュエルに持ち込む」

零児「柊柚子への想いの強さを引き出し、彼の兵士としての能力を向上させよう」

美鈴「そんな真実を隠して遊矢を利用するような真似させるかッ!」

零児「アカデミアは強大な組織。我々が今よりもパワーアップしなければ対抗は不可能だ」

零児「そのために必要な工程だと言えよう。違うか?」

美鈴「……間違ってるッ!」

P「よせ美鈴!」


163以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/22(金) 22:43:40TZAq2r4M (20/20)

零児「早坂美鈴。君は直情的だ。自らの発言の筋道が無い」

零児「感情をむき出しにするようでは、戦場ではいの一番に狩られることになるだろうな」

美鈴「……レージ。ウチとデュエルだッ!ウチが勝てば遊矢に真実を伝えて、兵士として利用するのをやめると約束しろッ!」

零児「ほう、私に挑むか……いいだろう。君が勝てば約束は守ろう」

P「落ち着け美鈴!」

零児「アクションフィールド展開!フィールド魔法、『絶海の孤島』!」

美鈴「こ……これは?」

零児「この景色は融合次元、アカデミアを再現したものだ」

P「ということは、アカデミアに行ったことがあると!?」

零児「さあ、始めよう」

美鈴「……ああッ!」

「「デュエル!」」


164以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:14:05cKdJrVs2 (1/16)

零児「私のターン。手札の『DDスワラル・スライム』の効果を発動!」

《DDスワラル・スライム》(アニメ版)
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 200/守 200
(1):手札のこのカードと手札の「DD」モンスターを、
融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターとして墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚できる。

零児「このカードを含む手札のモンスターを素材に、DDD融合モンスターを融合召喚する!」

美鈴「融合カードなしの融合召喚……!」

零児「スワラル・スライムと『DD魔導賢者コペルニクス』を融合!」

《DD魔導賢者コペルニクス》
ペンデュラム・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化できない。
(2):このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、
自分にダメージを与える魔法カードの効果が発動した場合、その効果を無効にできる。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
「DD魔導賢者コペルニクス」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「DD魔導賢者コペルニクス」以外の「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を墓地へ送る。


165以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:14:35cKdJrVs2 (2/16)


零児「自在に形を変える神秘の渦よ、世界を覆す賢者よ。今ひとつとなりて新たな王を生み出さん!」

零児「融合召喚!生誕せよ、レベル6!『DDD烈火王テムジン』!」

《DDD烈火王テムジン》
融合・効果モンスター
星6/炎属性/悪魔族/攻 2000/守 1500
「DD」モンスター×2
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、
自分フィールドにこのカード以外の「DD」モンスターが特殊召喚された場合、
自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、
自分の墓地の「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

零児「さらにチューナーモンスター、『DDナイト・ハウリング』を召喚。このカードが召喚に成功したことで、墓地のコペルニクスを特殊召喚する!」

《DDナイト・ハウリング》
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻 300/守 600
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力・守備力は0になり、
そのモンスターが破壊された場合に自分は1000ダメージを受ける。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。


166以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:15:08cKdJrVs2 (3/16)

美鈴「チューナー……シンクロ召喚も使えるのかッ」

零児「コペルニクスの効果発動!召喚または特殊召喚に成功した時、DDか契約書を墓地に送ることができる。『DDバフォメット』を墓地へと送る!」

《DDバフォメット》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 1400/守 1800
(1):1ターンに1度、「DDバフォメット」以外の自分フィールドの「DD」モンスター1体を対象とし、
1~8までの任意のレベルを宣言して発動できる。
そのモンスターはターン終了時まで宣言したレベルになる。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「DD」モンスターしか特殊召喚できない。

零児「私はレベル4のコペルニクスにレベル3のナイト・ハウリングをチューニング!」

零児「闇を切り裂く咆哮よ。疾風の速さを得て新たな王の産声となれ!シンクロ召喚!生誕せよ、レベル7!『DDD疾風王アレクサンダー』!」

《DDD疾風王アレクサンダー》
シンクロ・効果モンスター
星7/風属性/悪魔族/攻2500/守2000
「DD」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、
自分フィールドにこのカード以外の「DD」モンスターが召喚・特殊召喚された場合、
自分の墓地のレベル4以下の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

零児「この瞬間、テムジンのモンスター効果発動!DDモンスターが特殊召喚された事で、墓地のDDバフォメットを特殊召喚する!」

零児「アレクサンダーも同じく、バフォメットの特殊召喚をトリガーとして墓地のDDを復活させる。DDスワラル・スライムを特殊召喚!」


167以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:15:39cKdJrVs2 (4/16)

零児「バフォメットのモンスター効果も発動。スワラル・スライムのレベルを2から4に変更する」

P「レベル4のモンスターが2体……!これは!」

零児「私はレベル4となったスワラル・スライムとバフォメットで、オーバーレイ・ネットワークを構築!」

零児「この世の全てを統べるため、今世界の頂に降臨せよ!エクシーズ召喚!生誕せよ、ランク4!『DDD怒濤王シーザー』!」

《DDD怒濤王シーザー》(アニメ版)
エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/悪魔族/攻2400/守1200
悪魔族レベル4モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
このターンに破壊されたモンスターをバトルフェイズ終了時に、
自分の墓地から可能な限り特殊召喚する。
次のスタンバイフェイズ、自分はフィールドに存在する
この効果で特殊召喚したモンスターの数×1000ダメージを受ける。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「契約書」カード1枚を手札に加える。

美鈴「融合……シンクロ……エクシーズ……ッ!」

P「なんてことだ。赤馬零児はすべての召喚法を操れるというのか!」


168以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:16:09cKdJrVs2 (5/16)

零児「最後に永続魔法、『独占封印の契約書』を発動!」

《独占封印の契約書》(未OCG)
永続魔法
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(2):自分フィールドに融合・S・X・Pモンスターの内、
いずれかが表側表示で存在する限り、
相手はそのモンスターと同じ種類のモンスターをエクストラデッキから特殊召喚できない。

零児「このカードがある限り、私はエクストラデッキからの特殊召喚が封じられるが、私のフィールドのモンスターの種類と同じモンスターを相手は呼べなくなる!」

零児「つまり融合召喚とエクシーズ召喚、そして――君の得意とするシンクロ召喚も封じられた」

美鈴「んなッ……なんだって!?」

零児「私はカードを1枚伏せてターンエンド。さあ、私を超えてみろ」

P「まずい……まずいぞ!」

美鈴「……ウチのターン、ドロー」


169以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:18:00cKdJrVs2 (6/16)

美鈴「スケール2の『ドラコニアの獣竜騎兵』とスケール7の『ドラコニアの海竜騎兵』で、ペンデュラムスケールをセッティング!」

《ドラコニアの獣竜騎兵》
ペンデュラム・通常モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1800/守 200
【Pスケール:青2/赤2】
(1):1ターンに1度、自分の通常モンスターが
戦闘で相手モンスターを破壊したダメージ計算後に発動できる。
デッキからレベル4以上の通常モンスター1体を手札に加える。
【モンスター情報】
龍人族の国、ドラコニア帝国が有する竜騎士団の陸兵部隊。
鳥銃と鉄槍によるコンビネーション攻撃には隙が無く、
レプティア皇国などの周辺国から恐れられている。

《ドラコニアの海竜騎兵》
ペンデュラム・通常モンスター
星3/水属性/海竜族/攻 200/守2100
【Pスケール:青7/赤7】
「ドラコニアの海竜騎兵」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手のモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
手札から通常モンスター1体を特殊召喚する。
【モンスター情報】
龍人族の国、ドラコニア帝国が有する竜騎士団の海兵部隊。
深海から音も無く忍び寄る隠密作戦に長けている。
対岸のディノン公国兵とは、領海を巡り小競り合いが続いている状態である。

美鈴「ペンデュラム召喚!現れろッ、ウチのモンスター達!」


170以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:18:44cKdJrVs2 (7/16)

美鈴「レベル3、『妖海のアウトロール』!レベル4、『ジェネティック・ワーウルフ』!レベル5、『カイザー・ブラッド・ヴォルス』!」

《ジェネティック・ワーウルフ》
通常モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻2000/守 100
遺伝子操作により強化された人狼。
本来の優しき心は完全に破壊され、
闘う事でしか生きる事ができない体になってしまった。
その破壊力は計り知れない。

美鈴「バトルだッ!ジェネティック・ワーウルフでテムジンを攻撃!」ダッ

P「アクションカードか!」

美鈴「この戦闘は相打ちだ。ケド、獣竜騎兵のペンデュラム効果発動!通常モンスターが相手モンスターを破壊したダメージ計算後、デッキからレベル4以上の通常モンスターを手札に加えられる!」

美鈴「そしてモンスターが戦闘で破壊されたとき、海竜騎兵のペンデュラム効果が発動!手札から通常モンスターを特殊召喚できる!」

P「なるほど!この2枚のコンボでデッキから即座に通常モンスターを呼び出せるのか!」

美鈴「来いッ、『スパイラルドラゴン』!」

《スパイラルドラゴン》
通常モンスター
星8/水属性/海竜族/攻2900/守2900
海流の渦をつくり出し人々を襲うと伝えられる海竜。
巨大なヒレから放たれるスパイラルウェーブは全てを飲み込む。

零児「攻撃力2900……」


171以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:19:37cKdJrVs2 (8/16)

美鈴「いけ、スパイラルドラゴンでアレクサンダーを攻撃!スパイラルウェーブ!」

零児「……」LP4000→3600

美鈴「……!今の衝撃で。見つけたッ!」パシッ

美鈴「カイザー・ブラッド・ヴォルスでシーザーを攻撃!」

零児「迎え撃て、シーザー!」

美鈴「アクションマジック、突撃!カイザー・ブラッド・ヴォルスの攻撃力を600アップさせるッ!」

零児「……!」LP3600→3500

美鈴「戦闘が終わると突撃の効果は終了するけど、この戦闘破壊に成功した事で攻撃力は500上がる!そしてアウトロールでダイレクトアタック!」

零児「くっ……!」LP3500→2500

零児「シーザーの効果発動。フィールドから墓地へ送られたことで、『地獄門の契約書』をデッキから手札に加える」

《地獄門の契約書》(アニメ版)
永続魔法
(1):自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は1000ダメージを受ける。
(2):1ターンに1度、この効果を発動できる。
デッキからレベル4以下の「DD」モンスター1体を手札に加える。

P「いいぞ!相手モンスターを一掃した!」

美鈴「ああッ、これでシンクロ召喚も――」


172以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:20:12cKdJrVs2 (9/16)

美鈴「――なッ……なんで破壊したはずのモンスターがフィールドに居るんだ!?」

零児「私は破壊される直前、怒濤王シーザーの効果を発動していた」

零児「オーバーレイ・ユニットを1つ使うことで、バトルフェイズ終了時にこのターン戦闘破壊されたモンスターを全て特殊召喚することができる」

美鈴「ッ……!これじゃシンクロ召喚ができない……カードを1枚伏せてターンエンド。突撃の!」

零児「ただしその代償に、次のスタンバイフェイズに私は1体につき1000のライフを失う」

P「自ら3000ダメージを受けるつもりか!」

零児「フ……まさか。トラップ発動。『DDDの人事権』!この3体をエクストラデッキに戻し、デッキから『DD魔導賢者ニュートン』と『DDD壊薙王アビス・ラグナロク』を手札に加える」

《DD魔導賢者ニュートン》
ペンデュラム・効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻 0/守 0
【Pスケール:青10/赤10】
(1):自分は「DD」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
(2):このカードがPゾーンに存在する限り1度だけ、
自分にダメージを与える罠カードの効果が発動した場合、その効果を無効にできる。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
このカード名のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、「DD魔導賢者ニュートン」以外の自分の墓地の、
「DD」カードまたは「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。


173以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:20:54cKdJrVs2 (10/16)

《DDD壊薙王アビス・ラグナロク》
ペンデュラム・効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2200/守3000
【Pスケール:青5/赤5】
「DDD壊薙王アビス・ラグナロク」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分が「DD」モンスターを特殊召喚した場合、
自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、自分は1000ダメージを受ける。
このターン、相手が受ける戦闘ダメージは半分になる。
【モンスター効果】
「DDD壊薙王アビス・ラグナロク」の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「DDD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの「DD」モンスター1体をリリースし、
相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。

美鈴「デメリットを回避するカードも用意してたのか……ッ」

零児「そして私のターン、ドロー。永続魔法、地獄門の契約書を発動し、この効果で『DDオルトロス』を手札に加える」


174以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:21:38cKdJrVs2 (11/16)

《DDオルトロス》
ペンデュラム・チューナー・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 600/守1800
【Pスケール:青3/赤3】
(1):1ターンに1度、フィールドの魔法・罠カード1枚と、
このカード以外の自分フィールドの「DD」カードまたは
「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
【モンスター効果】
(1):自分が戦闘・効果でダメージを受けた時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが特殊召喚に成功したターン、
自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。

零児「そして私はスケール3のDDオルトロスと、スケール10のDD魔導賢者ニュートンでペンデュラムスケールをセッティング。これでレベル4から9のモンスターが同時に召喚可能!」

美鈴「レージもペンデュラムを……」

零児「DDオルトロスのペンデュラム効果発動!フィールドの魔法・罠カードと、他のDDか契約書を共に破壊する」

零児「私が選択するのは君の伏せカードと、独占封印の契約書!」

美鈴「くっ、破壊される前に永続トラップ発動!『ビーストライザー』!獣族・獣戦士族モンスターを除外することで、別の獣族・獣戦士族に攻撃力を移し替える!」

《ビーストライザー》
永続罠
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の獣族・獣戦士族モンスター1体を除外し、
自分フィールドの獣族・獣戦士族モンスター1体を対象として発動できる。
その自分の獣族・獣戦士族モンスターの攻撃力は、
この効果を発動するために除外したモンスターの元々の攻撃力分アップする。


175以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:22:39cKdJrVs2 (12/16)

美鈴「アウトロールを除外し、攻撃力1000をカイザー・ブラッド・ヴォルスに加える……!」

零児「だが攻撃力が上がっても3400。対処は簡単だ」

P「独占封印の契約書が無くなったことで、エクストラデッキからの特殊召喚が解禁された……!」

零児「我が魂を揺らす大いなる力よ。その身に宿りて、闇を引き裂く新たな光となれ!ペンデュラム召喚!現れろ、私のモンスター達よ!」

零児「エクストラデッキからレベル4、DD魔導賢者コペルニクス。レベル4、『DDリリス』!そしてレベル8!DDD壊薙王アビス・ラグナロク!」

《DDリリス》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 100/守2100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分の墓地の「DD」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
●自分のEXデッキから、表側表示の「DD」Pモンスター1体を手札に加える。

零児「DDリリスの特殊召喚に成功したことで、墓地からDDナイト・ハウリングを手札に加える」

零児「さらにコペルニクスの効果により、デッキから『DDネクロ・スライム』を墓地へ送る!」


176以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:23:46cKdJrVs2 (13/16)

《DDネクロ・スライム》(アニメ版)
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 300
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分フィールドから、「DDD」融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

零児「レベル4のコペルニクスとリリスでオーバーレイ!再び現れよ、怒濤王シーザー!」

零児「さらにDDナイト・ハウリングを召喚し、墓地のDDバフォメットを特殊召喚!」

零児「レベル4のバフォメットにレベル3のナイト・ハウリングをチューニング。再び現れよ、疾風王アレクサンダー!」

美鈴「またさっきのが……」

零児「そして墓地のDDネクロ・スライムの効果!このカードを墓地から除外し、融合召喚を行う!」

美鈴「また融合カードなしの融合召喚!?」

P「しかも、ペンデュラム召喚からの融合召喚……!」


177以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:24:20cKdJrVs2 (14/16)

零児「シーザーとアビス・ラグナロクを融合。神々の黄昏を打ち破り、押し寄せる波の勢いで新たな世界を切り開け!」

零児「融合召喚!出現せよ!極限の独裁神、レベル10!『DDD怒濤壊薙王カエサル・ラグナロク』!」

《DDD怒濤壊薙王カエサル・ラグナロク》
融合・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻3200/守3000
「DDD」モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードが戦闘を行う攻撃宣言時に、
このカード以外の自分フィールドの「DD」カードまたは
「契約書」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻し、このカードと戦闘を行うモンスター以外の
相手フィールドの表側表示モンスター1体を選んで
装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、
このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力分アップする。

美鈴「攻撃力3200……それならまだ大丈夫!」


178以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:25:07cKdJrVs2 (15/16)

零児「バトルフェイズ。カエサル・ラグナロクでアウトロールを攻撃!」

美鈴「ッ!?何かある。アクションカードだ!」ダッ

零児「攻撃宣言の瞬間、カエサル・ラグナロクの効果発動!DDか契約書を手札に戻すことで、攻撃対象以外の相手モンスターを装備する」

零児「地獄門の契約書を手札に戻し、スパイラルドラゴンを装備する!さらにカエサル・ラグナロクの攻撃力は、スパイラルドラゴンの攻撃力の2900分アップする!」

P「攻撃力6100!?」

美鈴「ぐあッ……!?」LP4000→1300

P「美鈴ッ!」

零児「終わりだ。疾風王アレクサンダーでダイレクトアタック!レイジ・オブ・ガスト!」

美鈴「カードは……あった!……くっ、このカードじゃ――」

美鈴「――うわああああああ!!!!」LP1300→0


179以下、名無しが深夜にお送りします2019/11/23(土) 22:26:33cKdJrVs2 (16/16)

P「美鈴ー!大丈夫!?」

美鈴「ぐ……!」

零児「私の勝ちだ。ペンデュラム召喚の使いこなしは見事だが、やはりまだ甘い。榊遊矢とのデュエルは予定通り進行する」

零児「君達にも着いてきてもらうが、話はすべて私が行う。黙って見ているがいい……中島、ハートランドの用意と会場説明の準備を頼む」

中島「はっ!」

美鈴「く……くそッ……!」

P「赤馬零児……やけに美鈴を煽り立てるような言動が目立った」

P「遊矢と同じように力を引き出すためか……?」