274 ◆iOyZuzKYAc2019/08/12(月) 12:06:08.02pLVSCbM/0 (6/11)




「ねえ、お母様」

”どうしました、ミヅキ”

 ヴェールの向こうに、ミヅキは呼びかけた。

「あたしにも、おっぱい」

”ええ、良いですよ。こちらにいらっしゃい”

「あたしだけじゃなきゃ嫌。そこのクソガキは追い出して」

 ヴェールの向こうの影は、二人分。玉座に座るお母様に縋り付いて、ユウダイが乳を吸っているのだ。

”いけませんよ。この子も母の子ですから、みんな平等です”

「嫌だ!」

 ミヅキは叫ぶと、あの生意気な少年を引きずり降ろさんと、ヴェールに向かって突進した。が

”ミヅキ!”

「ぎゃっ!?」

 突然、巨大な拳が現れ、ミヅキの体を殴り飛ばした。

”母の子がいがみ合うことは許しません! 何度言えば分かるのですか!?”

「…お母様のバカっ!!」

 ミヅキは吐き捨てると、聖堂から走り去っていった。
 入れ替わるように、作業着姿の男が入ってきた。

「反抗期、ですな。子を愛すればこそ、子に苦しむこともあります」

”甲太…”

 ガイアメモリ工場長、真堂甲太は、持ってきた小さなケースを恭しく差し上げた。

「…新たなお母様の愛子のために、新たな力をご用意いたしました」

”ありがとうございます。…さあ、ユウダイ”

「はい、お母様」

 ヴェールを捲って、朝塚ユウダイが姿を現す。相変わらず服を着ていない彼の前で、真堂はケースを開けた。



275 ◆iOyZuzKYAc2019/08/12(月) 12:06:42.08pLVSCbM/0 (7/11)

 中には、一本のガイアメモリが鎮座していた。

「食い物にされる立場から一転、捕食者にまで上り詰めた。幸運な君には、このメモリが相応しい」

 メモリを手に取ると、ユウダイは目の前に掲げた。
 白い筐体に、花冠めいた『C』の文字。ガイアウィスパーが、弾むように自らの名を告げた。



『クローバー』






276 ◆iOyZuzKYAc2019/08/12(月) 20:34:54.20pLVSCbM/0 (8/11)




 悲鳴のもとへ駆けつけると、そこには一体の奇妙な怪人がいて、女を掴んで連れ去ろうとするところであった。

『おい、待て!』

「…うん?」

 振り向いた怪人。アメリカンコミックのヒーローのようにやたらマッチョな人型をしていて、右半身が黒、左半身が緑色に塗装されている。その腰には、歪ながらファンタジーのそれに似たドライバーらしきものが装着されていた。そもそも怪人は皆奇妙と言われればそうなのだが、この怪人は今までとは何かが違った。存在自体が、違和感なのだ。言うなれば、海の底を猫が平泳ぎしているような…

「おお、『お前も』仮面ライダーか!」

『お前も? 仮面ライダーは俺1人だ!』

 剣を抜き、斬りかかるファンタジー。

「いいや、俺も仮面ライダーだっ!」

 拳で応戦する、自称仮面ライダー。濁った赤の複眼が点滅する。
 剣がその肩口を切り裂いた時、ファンタジーは強い違和感を覚えた。

『軽すぎる…?』

 確かに刃が相手を捉えたはずなのに、斬った感触がしないのだ。その割に見た目のダメージは大きく、相手の肩には深い傷痕が付いていた。

「おおう、やるな…」

 傷痕が、瞬く間に塞がっていく。やはり、見た目ほどのダメージは無いようだ。

『やり辛い…』

 斬り結ぶ両者。しかし、まるで暖簾を殴っているかのように、手応えがない。
 とうとう業を煮やして、ファンタジーは魔術師にの姿に変わった。

『こいつはどうだっ!』

 魔法陣から噴き出す炎が、仮面ライダーもどきの体を包む。

「ぎゃあぁぁぁっ!? やめろっ、やめんかっ!」

『効いてるな。このまま…』

 ところがある瞬間、炎が幻のように消えてしまった。

「ふぃ〜、危ないところであった」

『こっ、この野郎…』

 平然と立つドーパントに、苛立つファンタジー。両手に魔法陣を出現させると

『喰らえぇ!!』

 ありったけの炎を、敵目掛けて撃ち込んだ。
 ドーパントは、迫りくる炎の弾幕を目の前に___

 ___横を、向いた。



277 ◆iOyZuzKYAc2019/08/12(月) 20:35:23.87pLVSCbM/0 (9/11)

『!?』

 ファンタジーは目を疑った。
 横を向いたドーパントの体には、『厚み』が無かった。切り抜いた紙のように薄っぺらな体を自在に折り曲げて、飛んでくる炎を巧みにすり抜けていく。

『な、何かおかしいぞ…?』

 ファンタジーが攻撃を止めると、ドーパントは近くにあった建物の壁に走り寄り、ぴったりと張り付いた。
 次の瞬間、その体から色が消え…溶け込むかのように、壁の中へと消えてしまった。



 北風町、博物交易第九貨物集積場四番倉庫。すなわち、旧ミュージアムのガイアメモリ製造工場にて。蜜屋と真堂が向かい合っていた。相変わらず平然と立つ真堂に、敵意の目を向ける蜜屋。その後ろでは、彼女の生徒たちが同様に色めき立って真堂を睨んでいた。

「…どういうことかしら」

「何がかね?」

「とぼけないで。ユウダイに、例の試作品を渡したのは、あなたでしょう」

「私が?」

 真堂は、驚いた顔をした。

「流石に、君やお母様以外に大事な試作品は渡さんよ。何かの間違いじゃないのか」

「目の前で、アレを使うところを見たわ。それならあの試作品は、一体誰に渡したの」

「君でなければ、お母様以外にいないさ。…ああ、実際、進捗を訊かれた時にお渡ししたんだった」

「…」

 蜜屋はしばらく、黙って真堂を睨みつけていたが、やがて溜め息を吐いた。

「…お母様、が」

「何かお考えの上でだろう。そう気を落とすな。生徒たちを匿うスペースくらいなら、用意しよう」

「ええ、感謝するわ」

 生徒たちを先導し、その場を立ち去ろうとする、蜜屋。去り際、彼女は質問した。

「…例のモノ、完成はまだなの?」

「あと少しさ。お母様から、『記憶』は全て頂いた。後は出力を調整するだけだ」

「早めにお願いね」

「もちろん」

 真堂は頷いた。



278 ◆iOyZuzKYAc2019/08/12(月) 20:36:00.72pLVSCbM/0 (10/11)




「や〜れやれだ…」

 落書きだらけの橋の下で、男は息を吐いた。よく見ると、柱にスプレーで書かれたような落書きは、全てが助けを求めるような人間の絵であった。

「風都を逃れてこの町に来たが、ここでも仮面ライダーかぁ。ぼくの『作品』は、いつになったら完成するやら…」

「いい方法、教えてあげよっか」

「…ほ〜う?」

 不意に投げかけられた声に、男は動じることなく応えた。
 歩いてきたのは、白いロリータ服の少女。男は、眼鏡をくいと正した。

「仮面ライダーには、どうしようもない弱点があるの。まあ、普通のドーパントからしたら寧ろ危ない相手なんだけど…君にとっては、弱点」

「面白いことを言うねぇ。君、さてはぼくの同類だな?」

「ま、そんなとこ」

「よし、乗った!」

 男は、笑顔で膝を叩いた。そうして、少女の肩に手を置くと、言った。

「じゃあ今からラーメン食いに行こう。…心配ない、ぼくが奢るからね」


279 ◆iOyZuzKYAc2019/08/12(月) 20:40:28.60pLVSCbM/0 (11/11)

『向き合うC/はりぼてのヒーロー』完

今夜はここまで


280以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/16(金) 20:23:13.15E/nIDYtVO (1/1)

大丈夫かな…ほぼ毎日更新してたから心配だ


281以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/16(金) 21:32:50.83VqzO5tm3O (1/1)

お盆だしなあ


282 ◆iOyZuzKYAc2019/08/16(金) 23:35:29.71g6NlXmyk0 (1/2)




「海野君、あなたが仮面ライダーに針を刺したのね」

「は、はいっ」

「よくやったわ。何でも、望むものを言いなさい」

 蜜屋の言葉に、海野はためらいがちに言った。

「…この前、久し振りに会った友達に、まだ童貞なのかと笑われて…だから」

「そう、分かったわ」

 蜜屋は頷くと、後ろの方にいた女子生徒に向かって言った。

「貝原さん。前に出て、服を脱ぎなさい」

「えっ…」

「敵の攻撃を前に、寝ているだけだった劣等生に存在意義を与えると言ってるの。…早く!」

「っ、は、はいっ…」

 おずおずと前に出ると、貝原と呼ばれた少女は震える手でセーラー服のホックを外し始めた。

「っ…ひっ…」

 スカートが滑り落ち、下着姿になる。蜜屋に睨まれると、少女は下着に指をかけた。
 啜り泣きながら、裸になる貝原。蜜屋は海野に手招きすると、言った。

「さあ、貝原さんがあなたの相手になってくれるそうよ」

「い、良いんですか?」

「もちろん。あなたは優秀な生徒だもの。当然の権利よ」

「じゃあ…」



「い、いくよ…」

「待って、まだ……痛っ、あっ!」

「はっ、あ、あぁっ!」

「痛い、痛いっ! やだっ」

「はあっ、はあっ、ああっ、すごっ、あっ」

「いやっ! 許してっ、ごめんなさい、ゆるして、ごめんなさいっ」

「はっ、はっ…あっ、くるっ、あっ」

「…! やだっ! 抜いて、やめっ、お願い抜いてっ!」

「あっ…くぅっ…」

「嫌、出さないでっ、やっ…い、嫌あぁぁぁぁあぁっっ!!」






283 ◆iOyZuzKYAc2019/08/16(金) 23:48:26.88g6NlXmyk0 (2/2)




「仮面ライダーには、協力者がいるの。何とかっていう、白いスーツに金ピカネクタイの、いけ好かない女」

「ふむ」

 北風町のとある飲み屋街。赤提灯の屋台に並んで腰掛けて、ミヅキと眼鏡の男は、大きななるとの載ったラーメンを啜っていた。

「実は、そいつもドーパントなんだけど〜…それも、めちゃくちゃ強いドーパントなんだけど…でも、君のガイアメモリとは相性が悪いみたいなんだよね」

 握り箸でなるとを突き刺しながら説明するミヅキ。実際の所、これらの情報は全て、真堂からカラダで搾り取ったものであった。

「そいつさえ君が引き受けてくれるなら、仮面ライダーはあたしが始末したげる」

「それは魅力的な話だね。…仮面ライダーは、2人も要らないからね」

「…そうだね」

 曖昧に頷くミヅキ。
 ラーメンを完食すると、男は立ち上がった。

「ご馳走様。隣町だが、美味い風都ラーメンだったよ」

「どうも」

 無愛想に会釈する店主。男はニッと笑った。

「…是非、ぼくの『作品』で振る舞って欲しいものだ」

「はい?」

 首を傾げる店主。男は、懐からパステルカラーのガイアメモリを取り出した。



 空になった屋台。叫ぶ人の顔が描かれたメニュー板を取り上げると、男とミヅキは、満足げに飲み屋街を去って行った。






284 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 00:20:55.37kdFZsgbw0 (1/18)




「『カートゥーン』のメモリ、でしょう」

「カートゥーン」

 『ばそ風北』で、蕎麦を注文した徹とリンカ。料理が届くのを待ちながら、リンカはおもむろに口を開いた。

「貴方の証言によると、そのドーパントの外見は風都の仮面ライダーに酷似しています。ですが、粗が目立つ。本物は配色が左右逆ですし、貴方の言うように筋肉質な体型ではありません」

「偽物に成りすますメモリじゃないのか」

「『ダミー』メモリは現存しています。ですが、体に厚みが無い、物理攻撃が通用しない、壁に溶け込むといった特徴はダミーにはありません。何より…」

「ほい、お蕎麦2人前」

「どうも。…カートゥーンメモリだとすれば、人を拉致しようとしていたことに説明がつきます」

「へえ? どうして」

「カートゥーンドーパントは、現実世界の他に、その名の通りアニメーションの世界を創り出すことができます。その世界の強度を保つには、アニメーション世界の住民、すなわち人間が必要です」

「なるほど、だから人を攫ってたってわけか。……にしても、ティーチャーに続いてまた異世界か」

 割り箸を割りながら、溜め息を吐く。

「ガイアメモリってのは、恐ろしいな。早くこの町から、滅ぼさないと」

「…ええ、そうですね」

 何故か少し躊躇って、リンカは頷いた。



 明け方。まだベッドで眠っている徹を尻目に、リンカは誰かと通話していた。

「…ええ、分かっています。ですが、今はまだ能力の全容が見えない」

 ちらちらと徹の方を窺いながら、努めて冷静に答える。

「財団の力で、制御できるか…或いは、コストに見合った効果を得られるか」

 会話しながら、彼女は硬く目を閉じた。そのまま二言三言、話していたが、やがて目を開くと、彼女はきっぱりと言った。

「…ええ。そうなった暁には……仮面ライダーは、もはや不要です。私の手で処分します」



285 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 00:21:59.35kdFZsgbw0 (2/18)

 電話を切ると、リンカは目を閉じた。

「私、は…」

 徹の横たわるベッドに腰掛け、そっと彼の肩に触れる。

「…必要なことを、成すだけ」

 金色のネクタイを、緩める。上着を脱ぎ、シャツのボタンに手をかけて…

「…!」

 はっと、部屋の窓に駆け寄った。
 窓から見える道路に、人影が一つ。下から真っ直ぐに、リンカを見つめている。
 リンカは服を直すと、Xマグナムとガイアドライバー、そしてガイアメモリを鞄に詰めて外へ飛び出した。

「やあ、聞いた通りの金ネクタイだ」

「何の用でしょう」

 街灯の下で待ち受けていたのは、1人の中年男。白髪交じりの長髪に、銀縁の丸眼鏡をかけている。
 男はリンカの質問に答えず、続けた。

「だが…美しい。ぼくの『作品』に添えるに相応しい…!」



『カートゥーン』



「!!」

 すぐさま銃を抜き、男に向けて連射する。
 爆炎の中で、男の体は緑と黒のヒーローもどきへと変化していく。それと同時に、彼の体から実在感とでも言うべきものが抜け落ちていくのに、リンカは気付いた。

「…わざわざ墓穴に飛び込んできましたか」トゥルース

「まさか。君の墓穴を掘りに来たのさ」

 男が言った次の瞬間、その体がコンクリートの地面に吸い込まれるように消えた。と思いきや、今度はトゥルースドーパントの体が地面へと引きずり込まれていった。

「!?」

 見ると、足元にはいつの間にか、色鮮やかな町の絵が描かれていた。
 そこへ駆け寄ってくる、銀の影。

「! メモコーン、来ないで…」

 アニメーションの町へと消えていく、金の女神。後を追うように、銀の一角獣がその中へ飛び込んだ。


286 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 00:33:52.81kdFZsgbw0 (3/18)




「…リンカ?」

 はっと、徹は目を覚ました。何か、嫌な予感がしたのだ。
 それと同時に、彼の耳に微かな声が届いた。



「メモコーン、来ないで…」



「!!」

 徹は跳ね起きると、枕元のドライバーとメモリを取り上げた。

『ファンタジー』

「変身!」

 勢いよく窓を開けると、騎士の姿に変身しながら外へと飛び降りた。

「リンカ! ……っ!?」

 着地して、その地面にパステルカラーの町が描かれているのに気付いた。その中には数人の人間が、助けを求めるように彷徨っている。そして、その中に

「リンカ!!」

 先日対峙したドーパントと向き合う、真実の女神の姿を見つけた。
 ファンタジーは助けに行こうと地面を踏みつけたが、反応がない。

「クソっ、どうすれば…」

「どうしようもない、かな〜」

「!!」

 顔を上げたファンタジー。その目の前に、悠々と姿を表した、ピンクのドレスの少女。

「ミヅキ…」

「逢いに来たよ、仮面ライダーさん」

 彼女は、片手でスカートの裾を小さくたくし上げた。白い太腿に、黒いコネクターが露わになる。

「一応訊くけど…あんな女は捨てて、あたしと一緒にお母様のところへ行こう?」

「断る!」

「…だよね〜」ラビット

 ラメやスパンコールで彩られた、ピンクのメモリが突き刺さる。ミヅキの体が靄に包まれると、薄桃色のウサギの怪人へと姿を変えた。
 その場で跳躍し、飛び蹴りを見舞うラビットドーパント。それを剣で受け止めると、ファンタジーは言った。

「悪いが、今はあんたに構ってる暇は無いんだ。リンカを、助けに行く!」


287 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 00:34:54.02kdFZsgbw0 (4/18)

今夜はここまで


288 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 00:36:22.27kdFZsgbw0 (5/18)

(更新が減って申し訳ない。仕事が忙しい時期なんです)

(ところで、ファンタジーの最終フォームってどんなのだと思います?)


289以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 00:37:17.40NKm713bmo (1/1)

おつおつー
うーん、ファンタジーだし神様か王様かな?


290以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 03:05:07.36eXZxqcJSO (1/1)

剣と魔法両対応する勇者フォームが固い?
当初の設定だと魔物フォームもなれる的なあれ書いてなかったっけ。とすれば魔王もか
ブレイブ……ジオウ……被ってるじゃないかおのれディケイド!

幻想を現実に的な意味で、造物主としてのクリエイターとか


291以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 08:35:31.36c/p4W+oR0 (1/1)

ファンタジーで最終といえばファイナルファンタジー


292 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 09:50:05.95kdFZsgbw0 (6/18)




「…!」

 気が付くと、リンカは色鮮やかな都市の真ん中に立っていた。左右には、ピンクや緑色のビル群。目の前には、例の仮面ライダーもどき。ビルの隙間を縫うように歩くのは、虚ろな目をした人間たち。そして空には、今までいた北風町の住宅街が、薄っすらと見えた。

「この町は、偽りです」

 冷静に、彼女は杖を掲げた。

「人々の魂で塗り固めた、空想の世界。偽りの産物」

「…ああ、当然さ」

 カートゥーンドーパントは、当然のように言い放った。

「…何ですって?」

「だって、カートゥーンとはそういうものだろう? 作り話、空想、想像。それこそが物語。……それこそが、物語の『真実』」

「!!」

 どぎつい街並みが、急に現実感を帯び始めた。

「それとも、ノンフィクション以外は認めないタチかね? そりゃあ損だ」

 明らかに偽物のようだったドーパントの姿が、いつか資料で見た本物の仮面ライダーに近付いていく。周囲に、旋風が吹き始めた。



293 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 10:03:12.08kdFZsgbw0 (7/18)

「…関係ない!」

 虹色の翼を広げ、鋭い羽を飛ばす。
 ところが、ドーパントが片手を上げると、羽は風に巻き込まれて明後日の方向へと飛んで行ってしまった。

「この世界では、俺が真実だぜ」

『サイクロン』『トリガー』

 怪人の右半身が、黒から青色へと変わる。その手に青色の銃を握ると、高速の弾丸をトゥルースドーパントに向けて放った。

「! ああぁっ!?」

 避けきれず、胸に直撃した。凄まじいダメージに、彼女は膝を突いた。

「良いねぇ、仮面ライダーはこうでなくっちゃ!」

『ヒート』『トリガー』

「ヒーローが活躍する、そのための街。それこそがぼくの目指す『作品』! そのためには、やられる怪人も必要だ…」

『トリガー! マキシマムドライブ』

「このっ…偽り、です…この、街は…」

「言いたいだけ言え。ここでは、俺が真実だ!」

 銃口に、眩い炎の玉が膨れ上がっていく。そして、目の前の怪人に引導を渡すべく、引き金を引こうとした、その時

「…むっ!?」

 彼の手に銀色の影が激突し、銃を弾き飛ばしてしまった。

「! メモコーン…」

「何だよ、無粋な…」

 仮面ライダー目掛けて、さらなる突撃を仕掛けんとする一角獣。ところが、それにまた別の影が突っ込んできた。

「…まあ、こっちにもいるんだがね。『ファング』!」

『ファング』『ジョーカー』

 仮面ライダーが、白と黒の獰猛な姿へと変わる。
 怪人は、杖に縋ってどうにか立ち上がると、ふと空を見上げた。

「!」

 そこには、兎のドーパントと交戦する銀色の騎士の姿があった。
 怪人は叫んだ。

「メモコーン! 私は…私は、良いからあの人を」

「そうホイホイと行き来できるとでも?」

 仮面ライダーは怪人の胸ぐらを掴むと、無理やり立たせた。

『アームファング』

「さあ…ぼくの作品になれ!」


294 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 11:52:12.28kdFZsgbw0 (8/18)




「ぐっ、がぁっ…」

 顎に膝蹴りを受け、仰向けに倒れるファンタジー。その上に馬乗りになると、ラビットドーパントは囁いた。

「ねぇ…一緒に来てよ。あたし、あなたのこと大好きだから」

『敵同士だったあんたから、そこまで言ってもらえて嬉しいよ。だが、これだけは譲れない…!』

 相手の腕を掴んで引き倒すと、逆に馬乗りになる。

『もう、戦うのは止めるんだ、ミヅキ! このまま心と体を傷付けて、何になる』

「お母様が、あたしを愛してくれる!」

 高く跳ね上げた脚が、ファンタジーの後頭部を直撃した。その体が前のめりに吹き飛ばされ、転がった。

『ぐあっ!?』

「…あなたも、愛してもらえる。一緒に」

『断る!!』

 体制を立て直すと、素手で殴りかかった。
 ところがその時、何かに引っ張られるように、彼の動きが止まった。

『…?』

 見ると、彼の足首と腕に、緑色の蔦のようなものが絡みついている。

「!」

 兎のドーパントが、はっと後ろを向いた。その視線を追って、気付いた。



295 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 11:54:27.12kdFZsgbw0 (9/18)

『!! ゆ、ユウダイ君…?』

「…こんにちは、仮面ライダー」

 新たな乱入者…それは、ティーチャードーパントに挑んで死んだはずの、朝塚ユウダイであった。
 彼はラビットドーパントの方を見ると、呆れたような声で言った。

「何遊んでんの。さっさと殺して、お母様に産み直してもらえばいいのに」

「うるさい…!」

 憎々しげに唸るウサギ。ユウダイは口元を歪めると…懐から、純白のガイアメモリを取り出した。

『!? な、何をする気だ!』

「同じお母様の子として、お姉ちゃんに加勢するんだ」



『クローバー』



『! やめろ! 君のお母さんは、そんなこと』

「お母さん? 僕の親は、お母様だけだ」

 純白のメモリを、喉に突き立てる。
 その体が、緑色の草と、白い花に覆われていく。
 それと同時に、ファンタジーの体まで緑の草に包まれていった。

『っ、マズい…』

 魔術師の姿になり、炎で草を焼き払う。しかし、それ以上のスピードで茎が伸び、彼の体を締め上げていく。
 その光景を前に、ラビットドーパント…ミヅキは…

「…お姉ちゃんって、言うな!」

 ユウダイの方へ、飛び蹴りを仕掛けた。

「…」

 彼が片手を上げると、無数の草が伸び、矢の如き蹴りを柔らかく受け止めてしまった。

「お姉ちゃん、反抗期は止めにしよう?」

「クソがっ…この、雑草野郎…」

 悪態を吐きながら、纏わりつく草…シロツメクサの茎と葉に噛みつき、食い千切る。
 内輪揉めを始める2人を前に、ファンタジーはどうにか拘束を脱すると、足元に目をやった。

『!!』

 それを見た瞬間。考えるより先に彼は、白いマントをはためかせ、パステルカラーのアニメーションの世界へと、飛び込んでいった。


296 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 12:59:39.42kdFZsgbw0 (10/18)




「…」

 金の装飾は削り落とされ、白の長衣は切り裂かれ、あちこちから青い血が流れる。白と黒の仮面ライダーは、執拗に腕の刃で怪人を斬りつける。彼の足元には、小さな一角獣が力尽きて倒れていた。
 薄れゆく意識の中で、彼女はぼんやりと考えた。

(…ここで、終われば…彼を、裏切らずに済む…)

「これで、トドメだ!」

『ファング! マキシマムドライブ』

 踵に、白い刃が出現する。そのまま飛び上がり、瀕死の怪人に、正義のキックを……



『……おい』



「…っ!?」

 高速回転するキックは、崩れ落ちる怪人ではなく、突然立ちはだかった銀色の騎士を捉えた。

「っ、このままっ…」

『…』

 鋭い刃が、騎士の鎧を砕き、剥がしていく。
 ___その下にある、漆黒の獣が、姿を現す。騎士でも魔術師でもない、お伽噺の……怪物。

「! な、何だ、その姿は」

「…駄目…とお、る…」



『グウゥゥ・・・』



 棘と刃に覆われた、禍々しい黒のボディ。深紅の複眼の下で、乱杭歯が軋んだ。



297 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 13:00:08.83kdFZsgbw0 (11/18)

『ア゛ア゛ァァァァアアァッッ!!!』

 獣が、吠えた。彼は地面を蹴ると、凄まじい勢いで仮面ライダーに襲いかかった。

「ぐわっ!?」

 鋭い爪が、仮面ライダーの体を切り裂いた。咄嗟に腕の刃で応戦するが、その刃まで切り落とされた。

「何だっ、何だこれはっ!?」

「徹…徹っ! ……メモコーン!!」

 リンカの叫びに呼応するように、メモコーンが再び立ち上がった。カートゥーンドーパントを組み敷いて、一方的に蹂躙するファンタジーの元へ駆けつけると、その頭に頭突きを喰らわせた。

『グァッ! ……っ、はっ』

 彼の動きが止まった。一瞬、彼は戸惑うように周囲を見回した。そして足元に寄ってきた一角獣に気づくと、すぐにそれを拾い上げた。脚を折り畳むと……
 ……胴体を、二つに割った。

「!」

 中から現れたのは、黄色いガイアメモリ。噛み合う5本の牙が『W』の字を形作っている。



298 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 13:04:54.78kdFZsgbw0 (12/18)




『ワイルド』






299 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 13:07:08.74kdFZsgbw0 (13/18)

「ファンタジーの…第三の姿…!」

『超…変身!!』

 ドライバーに装填し、変形させる。メモコーンの体が、咆哮する竜の頭部となってドライバーと結合する。

『ワイルド』

『おお…うおおおぉぉぉぉ!!!』

 黒い体に、黄色のたてがみが生える。全身に青と赤のラインが走り、流麗な装甲を形成していく。
 ファンタジーが、言った。

『お前の身勝手な夢…物語は、俺が止める!』

「馬鹿な、ここは俺の世界だ! ここでは…」

『それは、どうかな』

 彼が言った瞬間、周囲の景色が一変した。
 鮮やかなビル群は消え、一面の草原に。標識の代わりに巨木が立ち、当てもなく走る車は自由な獣立ちへと変化した。そして、虚ろな目で彷徨う人々は、我に返ったように立ち止まり、互いを見つめ合った。
 その、無数の視線が、世界の中心に注がれる。
 そこにいたのは、歪なコスチュームを来た怪人と、野性的な装甲を纏ったヒーロー。



「が…頑張れ!」

「仮面ライダー! 頑張れーっ!」

「やっつけろー!」



「馬鹿な! こんなこと、ここは俺の…」

『お前だけの世界じゃない。ここにいる、全ての人たち、皆の世界だ! そして…』

 竜の上顎を押し、三度、噛み合わせる。

『ワイルド! マキシマムドライブ』

『この俺が…仮面ライダーファンタジーがいる限り…より強い想像が、より強い願いが勝つ!!』

 青と赤の装甲が、右足に収束していく。地面を蹴って高く跳び上がると、装甲は一本の巨大な刃となった。

『ワイルド・バイト!!』

 空中で右足を高く振り上げ…そして、振り下ろした。
 巨大な牙を纏った踵落としが、ドーパントの体を真っ二つに切り裂いた。

「あ…が…ぐわあああぁぁぁぁっっっ!!!」

 爆散するドーパント。
 次の瞬間、周囲は元の北風町に戻り、倒れ伏す1人の男と、解放された大勢の人々が残された。

『…リンカ』

「…」

 ファンタジーは、倒れて動かない女の体を抱き上げると…地面を蹴り、どこかへと去ってしまったのであった。


300 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 13:07:59.72kdFZsgbw0 (14/18)

『向き合うC/願いの世界』完

アバンタイトルの前に設定投下します


301 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 13:20:58.05kdFZsgbw0 (15/18)

『カートゥーンドーパント』

 『漫画』の記憶を内包するガイアメモリで、正体不明のストリート画家が変身したドーパント。ファンタジー同様、変身後の姿は変身者の意思によって変わるが、彼は以前自分と戦い、風都から追放した仮面ライダーの姿を模倣している。しかしその配色は左右逆で、体型もかなりマッシブになっており、ドライバーの形も歪。
 現実世界では薄紙を切り抜いたようなペラペラの体で行動しているが、これは本体から投影された像に過ぎず、どれだけ傷付けてもダメージを与えることはできない。本体は、後述するアニメーション世界の中に存在している。
 このドーパントは、平面に絵を描くことで想像の世界を創り出すことができる。描いただけでは本人が隠れる程度のスペースしか確保できないが、人を攫い、その世界に引きずり込んで『住民』とすることで、世界の広さと強固さを増すことができる。また、その世界においてはドーパントの姿は自身の想像により近くなり、更に力もより強くなる。この世界においては、彼は以前戦った仮面ライダーの各フォームと必殺技まで再現してみせた。つまり彼は、以前ファングジョーカーの必殺技ファングストライザーを喰らったことになるが、あくまで前述の虚像であったため生還することができた。もしエクストリームまで出されていたら、彼は風都で尽きていただろう。
 引きずり込んだアニメーション世界の中で、空想、作り話こそがカートゥーンの真実と宣言することで、トゥルースドーパントの一切の干渉を断ち切り、一方的に優位に立つことができた。しかし乱入してきたファンタジーによって、同系統の『空想』の力を叩き込まれたことで世界の強度が揺らいだ。そして、攫われた人々の声援を受けたファンタジーの必殺技によって、彼と彼の世界は滅ぼされたのであった。
 メモリはパステルカラー迷彩という変わった配色。漫画のコマを繋ぎ合わせたような線で『C』と書かれている。


302 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 13:33:07.34kdFZsgbw0 (16/18)

『ワイルドメモリ/仮面ライダーファンタジー・ワイルド』

 『野生』の記憶を内包する、次世代型ガイアメモリ。ファンタジーが後述する暴走態になったときにメモコーンの胴体から出現するが、普段は存在しないメモリ。
 『空想』の記憶を持つファンタジーメモリであるが、ドライバーを介して毒性を除去しているために騎士や魔術師の姿となっているだけで、ドーパントとしての本来の姿は、棘や刃に覆われた黒い体の、禍々しい魔物である。激情に身を任せたファンタジーは装甲が崩壊し、この姿になって暴走してしまう。普段の姿の数倍の膂力や敏捷性を発揮するが、理性は失われ、ただ怒りに任せて目に見える全てを破壊しにかかる怪物と成り果ててしまう。
 しかし、ドライバーにワイルドメモリを装填することで、ファンタジーは理性を取り戻すことができる。これこそが、仮面ライダーファンタジー・ワイルドである。
 元の黒いボディの上から、青と赤の帯が鎧のように体の周りを走る。この帯は必要に応じて形を変え、盾になったり武器になったりする。そのため暴走態からややスピードは落ちるが、怪力は顕在で、かつ理性があるため荒々しくも効率的な戦闘を行うことができる。まさに、ファンタジーにとってのワイルドカード。『切り札』である。
 メモリの色は黄色。牙を噛み合せたような意匠で『W』と書かれている。このメモリをロストドライバーに装填して変形させることで、咆哮する竜の頭部のような形になる。



 なお、本編登場はこの一回きり。電王のウィングフォームやフォーゼのロケットステイツのような、いわゆる劇場版限定フォーム。ファンタジー・ワイルドの活躍が見たいお友達は、この夏、映画館へ急げ!


303以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 14:01:08.615bUaLLFN0 (1/1)

(でもユニコーンのなかに内蔵されてるならナズェヅガワナインディスって気分になるような)


304以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 15:30:32.492zUVqJSsO (1/1)

アイアンメイデン・ドーパント

「鉄の処女」ことアイアンメイデンのガイアメモリから生まれるドーパント
顔はアイアンメイデンに付けられた女性の顔、体色は青銅色で女性らしい豊満な体つき
背中にはマントを羽織っている。右手にはハートを模した赤い宝石の付いた錫杖を、左手には鳥籠の様なものを持っている どことなく貴族風
女性特効を持ちドーパントになっていようとも女性には強い、また女性の血を浴びると強化していく。左手の鳥籠には気に入った女性を閉じ込める能力があり、ここに閉じ込めた女性を飼育して自分好みの血に育てることもできる。
アイアンメイデンは伝承の存在ではあるが実際に展示品として作られているため迂闊に「真実」の能力で否定しようとすると痛い目に合う


305以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 16:20:09.82jgn5oy/8O (1/1)

劇場ボス相当だったのかあのオッサン…
敵側も結構好きで、ミズキちゃんクソガキのクソビッチなのにヒロインっぽくて気になってるけど、蜜屋先生やミズキのHシーンありますか?


306 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 20:57:18.97kdFZsgbw0 (17/18)




 どこを進んだのだろう。自分でも分からないまま、気が付くと彼は、町の北にある、山の頂上近くにいた。
 リンカの体をそっと下ろすと、ドライバーからメモリを外し、変身を解除する。不思議なことにワイルドメモリは、抜いた途端に光になって消え、メモコーンは独りでに元の形に戻って走り去った。野生の装甲が解けた瞬間、彼はその場に膝を突いた。

「徹…」

「…いや、大丈夫だ」

 徹は、弱々しく微笑んだ。それを心配そうに見つめるリンカも、傷だらけであった。
 見上げると、朝日が昇るところであった。

「…ああ、今日もいい天気だ」

 木漏れ日に目を細めながら、彼は息を吐いた。その隣に、リンカがそっと寄り添った。

「ガキの頃、夏休みにな。朝早くに家を抜け出して、こうして山に登って…カブトムシを捕まえたり、走り回ったり…こうして、空を見上げたり。雨が降っても、木に遮られて思ったほど濡れないし…」

「…」

「俺は…この町が好きなんだ。でかい風都の隣で、いろんな苦労をしながらも俺たちを育ててくれた、優しい母親のような、この町が」

「母親…ですか」

「ああ」

 徹は、真面目に頷いた。

「だから、勝手に母を名乗って、この町の人たちを傷付ける奴を、俺は許せない」

「そういうことですか。…」

 沈黙。やがてリンカは、彼に体を預けるように寄りかかった。

「私は…可能な限り、それを支援したいと思っています」

「何だよ、煮え切らないな」

 徹は苦笑した。

「…」

「…リンカ?」

 呼びかける徹。リンカは、しばらく黙って彼の肩に寄り添っていたが、不意に彼の首に両腕を回して抱き寄せた。

「おい…朝だぞ?」

「いつ次の襲撃があるか、分かりませんから」

 彼の胸に縋り、顔を見上げる。撫で付けた髪はすっかり乱れて、額や頬にかかる毛先が妙に艶かしく見えた。

「…本当に、するのか」

「私は、それを希望します」

「そうか。…分かった」

 徹は頷くと、彼女の首を抱き寄せた。
 木漏れ日の下で、2人は初めて、一つになった。



「な、何なんだね君は!?」

 工場の入り口に立って、真堂は叫んだ。彼の目の前には、白い詰め襟の服を着た、がたいの良い男がニヤニヤしながら立っていた。

「あ? てめえらの新しいご主人さまだよ」

「馬鹿なことを。お母様を差し置いて、この私が服従するものか!」アイソポッド!

 赤褐色のガイアメモリを取り出した真堂。白い服の男は、相変わらずニヤニヤしたまま、懐から濃緑色のメモリと、そしてロストドライバーを取り出した。

「良いぜ。ペットの躾は、飼い主の最初の仕事だ」

 ドライバーを装着し、メモリを掲げてみせる。

「…生物種としての、格の違いを見せてやる」


307 ◆iOyZuzKYAc2019/08/17(土) 22:45:26.85kdFZsgbw0 (18/18)

言い忘れてた

今夜はここまで


308 ◆iOyZuzKYAc2019/08/18(日) 16:57:32.50t9aDLu/h0 (1/3)

>>306の新キャラだけど、使用メモリは安価とった方が良いかな
それとも>>1が考えてたやつのままで良いかな?


309以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/18(日) 17:18:48.79nS4RuzFWO (1/2)

出来るなら安価したいな


310以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/18(日) 17:21:36.054OEv98ky0 (1/2)

安価がいいけど無理なさらず


311 ◆iOyZuzKYAc2019/08/18(日) 17:32:39.82t9aDLu/h0 (2/3)

よし、安価しよう!

↓1〜3でコンマ最大 財団Xのエージェント・ガイキが使用するガイアメモリ


312以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/18(日) 17:34:58.39KSXlGS+iO (1/1)

「フォールダウン」

「堕落」の記憶を持つガイアメモリ


313以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/18(日) 17:36:54.784OEv98ky0 (2/2)

ドミネーター(支配者)


314以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/18(日) 17:44:43.109lbYD8/k0 (1/1)

キング(王)


315以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/18(日) 17:45:58.31nS4RuzFWO (2/2)

トランス
「変化」の記憶を持つ


316 ◆iOyZuzKYAc2019/08/18(日) 19:03:26.95t9aDLu/h0 (3/3)

というわけで仮面ライダードミネーターとなりました

設定厨なので設定の供養だけさせて



『エボリューションメモリ』

 『進化』の記憶を内包する次世代型ガイアメモリ。本来、単独での使用は想定されておらず、他のメモリと同時に使用することで能力を進化、向上させることを目的として作られた。
 ___しかし、選ばれし者ならば単独で使用することで、人間の可能性、限りなき進化の顎(あぎと)に辿り着けるかもしれない。



 メモリの色は濃緑。未来へ伸びる矢印と、遺伝子の二重螺旋が『E』の字を描いている。


317 ◆iOyZuzKYAc2019/08/23(金) 14:22:32.43wdtQfa3v0 (1/2)

 『友長産婦人科』と書かれた看板の前で、2人は立ち止まった。
 愛巣会での一件の後、超常犯罪捜査課に依頼して、塾の専属医だという友長真澄について調べてもらっていた。騒ぎに乗じて彼女も姿を消しており、蜜屋や母神教と何らかの関係がある可能性が高いと、徹とリンカは考えていた。
 調査の結果、友長真澄という名の女医は日本国内に2人見つかった。その内1人は、九州の大学で研究室に勤めていた。そしてもう1人が風都で、産婦人科をしていた。年齢は48歳ということだが、塾で見た友長は年齢を推測しにくい容姿をしていたため、敢えて気にしないことにした。

「すみません」

 患者が少ない頃を見計らって、受付の事務員に声をかけた。

「診察券はお持ちですか?」

「あ、いえ、そういうわけではなくて」

 どうやら、受診に来た夫婦だと思われたらしい。慌てて否定すると、彼は奥をちらりと窺い、尋ねた。

「…あの、先生にお話を窺いたいのですが。私、記者をしている力野と申します。…」



 閉院後の診察室で、友長と向かい合った2人は、これは別人だとすぐに分かった。

「アポイントも無しに、何の御用でしょうか?」

 明らかに不愉快な声色で問う彼女は、塾で見た女とは程遠い。そもそも、目の前の友長医師は太っている。あの塾にいた友長は、胸は大きかったが腰は細かった。

「突然お邪魔してしまい、申し訳ありません。実は私たち、ある事件を追っておりまして」

 故に、作戦を変えた。
 徹は鞄から、一枚の顔写真を取り出した。これは警察署で予め作ってもらった、友長のモンタージュであった。

「この顔に見覚えはありませんか?」

「…」

 写真を受け取り、一瞥した瞬間、彼女の顔が小さく歪んだ。

「心当たりが?」

「…いえ」

 彼女は首を横に振ると、写真を突き返した。

「知っているとしても、患者さんの情報です。言うわけにはいきません」

「…はい」

 そう言われると、警察でもない2人には手の出しようがない。ここのところは、大人しく引き下がることにした。



「得意の口八丁で何とかなりませんか」

「ならねえよ。警察ならともかく、ただの記者には…だが」

 彼は、振り返って医院を一瞥した。

「あの女が、でたらめにここの医者の名を騙ったわけじゃないのは分かった」

「何か、接点がありそうな反応でした」

「ああ。それも、良い思い出じゃない。これがもし、『産婦人科医として』悪い思い出だとしたら…」

「厄介な患者。不可逆の病態。分娩の失敗。或いは…」

「…中絶。あの顔を見るに、一度や二度じゃなさそうだな」

「調べてみましょう。…但し、今度は警察と一緒に、です」



318 ◆iOyZuzKYAc2019/08/23(金) 14:23:21.20wdtQfa3v0 (2/2)




 収穫は、思わぬところから得られた。
 リンカが坂間刑事と共に市役所に行っている間に、何とアイドルドーパントの変身者だった太田衣麻理が、警察病院で目を覚ましたのだ。

「…ど、どうも」

 徹が病室を訪れると、衣麻理は顔を赤くして俯いた。メモリの副作用で自己顕示欲が増幅していた彼女は、徹の目の前で裸になり、そのまま通りへと出ていったことがある。彼を見ると、その時のことを思い出してしまうのだろう。

「体調は大丈夫ですか?」

「は、はい…まだ、頭ががんがんしますけど…」

 実際の所、彼女が目覚めるのはもっと先だと思っていた。ガイアメモリは、使い込むほどメモリブレイクされたときの反動が大きいことが多い。倒される直前の彼女は、かなりの力を溜め込んでいた。それでもこうして回復したのは、メモリとの相性が良かったのか、それとも能力の強化が可逆的なものであったからか。
 それにしても、こうしてガイアメモリの影響を脱した太田衣麻理は、言い方は悪いが美人ではなく、どこにでもいるような平凡な顔つきをしていた。彼女のインタビュー記事を依頼した藤沢も、「何でこんなののために、大はしゃぎで記事作ったんだろ…」と首を捻っていた。当然、記事は没になった。

「起き抜けで申し訳ないんですけど…」

 彼は、鞄から友長のモンタージュ写真を取り出した。

「ガイアメモリに関わったあなたなら、何か心当たりが無いかなと」

「この人は…」

 正直なところ、徹はあまり期待していなかった。彼女にメモリを与えたのは、母神教から離れていた頃のミヅキだ。蜜屋に近いと思われる友長のことを、彼女が知っているとは思えなかった。
 ところが、衣麻理は何かに気付いたように頷いた。

「…『バチカゼ』のボーカルに似てる、気がします」

「『バチカゼ』?」

 首をひねる徹。衣麻理は、説明した。

「正式には、『薔薇とチークと北風乙女』で、略して『バチカゼ』って言うんですけど…インディーズのバンドで、メジャーデビューの話もあった、その筋では割と有名なガールズバンドだったんです。でも、何年か前に急に活動休止になって、それからしばらくして解散しちゃんたんです」

「で、この人がバチカゼのボーカルだと?」

「私、結構ライブとか行ってたんですよ? 最後に見た時はもう少し若かったけど…」

 それから彼女は、不意に声を潜めた。

「…この人も、やっぱりガイアメモリに?」

「まだ分かりませんが」

「やっぱり…」

 徹は、驚いて言った。

「やっぱり? ガイアメモリに手を出すような心当たりが?」

「そういうわけじゃないですけど、バチカゼって結構黒い噂が多くて…活動休止になった理由も、ボーカルが失踪したからだって言うのが、一番有力な説なんです」

「失踪…」

 沈んだ面持ちで、頷く衣麻理。フーチューバーなるものを志した彼女の原点が、或いは黒い騒ぎの果てに消えた、そのインディーズバンドであったのかもしれない。



「バチカゼは、もう終わったの!」

 とあるライブハウスの楽屋で、レザージャケットを着た女が叫んだ。目の前にいるのは、汚れた格好の中年女。隈の浮いた目をぎらつかせながら、反論する。

「終わってないわ! まだやれる。また…一つに」

「なれない…なれるわけない…だって、シノはもう」


319 ◆iOyZuzKYAc2019/08/24(土) 00:34:44.35oOO+vY460 (1/6)

「シノは、生きてるわ」

「えっ?」

 乾いた唇を歪めて、女が言う。

「生きてるわ。そして、あたしたちを待ってる。だから、あたしたちはまた一つになって、シノを迎えてあげないと」

 レザージャケットの顔に、狼狽が浮かぶ。

「…で、でも」

「大丈夫。…シノは、全部許してくれる」

 言いながら彼女は……悪魔の小匣を、取り出した。

「!? な、何それ」

「さあ…一つになりましょ。また、『バチカゼ』として、一つに…!!」



「薔薇とチークと北風乙女。14年前に結成されたガールズバンドで、メンバーは全員北風町出身の5人」

 徹が、パソコンの前で言う。隣でリンカが、黙って耳を傾けている。

「リードギターのエナ。リズムギター兼コーラスのサヤ。ベースのタラ。ドラムのママオ。そして、ボーカルのシノ。…本名、成瀬ヨシノ」

「連絡を受けて、戸籍を確認しましたが、3年前に成瀬の死亡届が提出されていました」

「ああ。よく探したら、その頃に彼女の自殺が、一部の芸能紙で報じられていた。だが、海岸に遺書と靴が置かれていただけで、遺体は見つかっていないらしい」

「では、成瀬が今も生きていて、母神教に関わっている、と?」

「ああ。まだ断言はできないが…」

 その時、徹の携帯が鳴った。画面には『植木警部』の文字。

”大変だ、東吹寄のオフィスビルにドーパントだ!”

「すぐに行きます!」

 徹は電話を切ると、立ち上がった。

「久し振りに植木さんに呼ばれた気がするな。…リンカ、行ってくる!」


320 ◆iOyZuzKYAc2019/08/24(土) 00:35:49.15oOO+vY460 (2/6)

今夜はここまで


321以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/24(土) 22:44:00.29oOO+vY460 (3/6)




 東吹寄は、北風駅から電車で3駅離れたところにある地区で、土地が広く交通の便も良いため企業のオフィスが集中している。その中でもひときわ目立つ高層ビル(と言ってもせいぜい15階建てだが)の前に、警察車両が並んでいた。

「近付かないで! ここは迂回してください!」

 交通整理を行う若い警官は、猛スピードで接近してくる白銀のバイクと、それに跨る西洋騎士に気付くと、ぽかんと口を開けた。

「え…」

『ちょっと通らせてもらうぜ!』

 仮面ライダーはハンドルを切ると、警官を避けて破壊されたビルの入り口に向かって突撃した。



「タラー、どこにいるのー?」

 屋内に入ると、気の抜けたような声が聞こえてきた。どうやら、ドーパントは上の階にいるらしい。それにしても、やたらと通る声だ。壁や天井が、びりびりと揺れている。
 バイクを駆って、階段を駆け上がると、敵は何と6階にいた。

『見つけたぞ、ドーパント!』

「…?」

 背後から飛んできた呼び声に、ドーパントが振り向いた。
 やたらと不格好な体型であった。黒いスピーカーのような胴体で、人間なら頭がある部分には何もなく、代わりに両肩からエレキギターのネックが飛び出している。腕はシンバルや太鼓を雑にくっつけたような形状で、脚は色とりどりのケーブルがもつれ合ってできていた。

「誰、あんた」

『仮面ライダーファンタジー。お前を、止めに来た!』

「何よ、それ」

 面倒くさそうに応えると…突然、ドーパントが大声で叫んだ。

『っ!?』

 2本分のギターサウンドが、ファンタジーを襲う。凄まじい音量と圧力に、彼は思わず後退した。



322 ◆iOyZuzKYAc2019/08/24(土) 22:44:35.40oOO+vY460 (4/6)

『なっ、何だこれ……メモコーン!』

 駆けつけた一角獣を変形させ、ドライバーに装填する。

『楽器のドーパント、か…?』クエスト!

『だったら、こいつでどうだ!』

 赤と白の魔術師となり、両手を前に突き出す。現れた魔法陣の周囲の空気が、円形に歪んだ。

『くっ…空気が無けれが音は伝わらないが、流石にこの辺全部真空は無理か…っ』

「何だか知らないけど、邪魔しないでよね」

 楽器のドーパントはファンタジーに歩み寄ると、左手にくっついたバスドラムで彼を殴りつけた。

『このっ!』

 防御を解除して躱すと、クエストワンドを出現させた。タムやシンバルで攻撃するドライバーに、杖で応戦する。

「ふんっ! ふんっ!」

『たあっ! せっ!』

 打ち合う度に、腕が痺れるほどの衝撃が襲う。まるで、数人に同時に殴られているかのようだ。
 ファンタジーは一歩下がると、杖を突き出した。

『喰らえっ!』

 杖から水が噴き出し、スピーカーに降りかかる。

「! アンプが…」

 ドーパントは咄嗟に横に躱すと、左手を大きく振った。肘のあたりに付いたシンバルが、鋭い刃のように飛来する。
 それを避けると、ファンタジーは今度は炎を放った。

「もうっ! さっきから機材に何てことを!」

『嫌なら、大人しくメモリブレイクさせろ』

「嫌。タラを探さないと。あの人で最後なのに」

『タラ? それは…』

 言いかけて、彼ははっとなった。

『…まさか、バチカゼの』



323 ◆iOyZuzKYAc2019/08/24(土) 22:45:15.79oOO+vY460 (5/6)

「バチカゼは復活するわ! 再び、一つになるの!」

 ドーパントが叫んだ次の瞬間、胴体のスピーカーから再び大音量のサウンドが流れ出した。爆音に絶えてよく聴いてみると、ギターだけでなくドラムのサウンドも混じっている。そして、何かの曲を演奏しているようであった。

『クソっ、これは…』

「タラ、タラ! 逃げないで! 一緒にシノを迎えましょう!」

 歌うように叫ぶドーパント。ファンタジーは片耳を塞ぎながら、杖を振りかざすと…

『…せいっ!』

 床を、杖の先で叩いた。そこから大きなヒビが走り、ドーパントの方へと伸びていく。

「そして、バチカゼは再び…ッッ!?」

 ドーパントの声が止まった。
 そして遂に、床が崩れ落ちた。

「ああああっっ…!?」

 下の階へと落ちていくドーパント。それを追いかけるようにファンタジーは床の穴に飛び込んだ。

『クエスト・ラストアンサー!』クエスト! マキシマムドライブ

 落ちていくドーパント目掛けて、銀色のグリフォンが吶喊を仕掛ける。迫りくる危機に、ドーパントは…

「…ふんっ!」

 突然、体をばらばらに分解した。

『!?』

 砕けていくドーパントを素通りして、1階の床に激突するファンタジー。すれ違いざまに彼が見たのは、ばらばらに漂って消えていく、2本のギターと、ドラムセットであった。


324 ◆iOyZuzKYAc2019/08/24(土) 22:46:58.41oOO+vY460 (6/6)

『Oの亡霊/一人ぼっちのロックバンド』完

今夜はここまで


325 ◆iOyZuzKYAc2019/08/29(木) 22:01:01.55hQKFxfpJ0 (1/4)

「あんたが、バチカゼの元ベーシストのタラ、本名を足立宝だね」

 植木の問いかけに、足立はおずおずと頷いた。
 楽器のドーパントが出現したオフィスビルの6階には、ある音楽プロダクションがあった。バチカゼ解散後、足立は音楽プロデューサーとして頭角を現し、現在はそのプロダクションで働いているのであった。しかしドーパントが現れた時、幸運にも彼女は仕事で外出していて不在だった。

「プロダクションを襲った怪物は、あんたの名を呼んでたそうだ。何か、心当たりは無いか?」

「…」

 足立は黙って手元を見つめると、やがておもむろにポケットに手を入れ、スマートフォンを取り出した。

「…2日前、知らないアドレスからメールが来ました」

 画面には、『不明な差出人』から届いた、一通の電子メールが表示されていた。



”バチカゼは再結成する。あなたが最後”



「…バチカゼは、もう終わった存在なのに。この人は、何度も何度も再結成だ、復活だ、会いに来いって…」

「そして無視していたら、とうとう向こうから?」

「そういうことだと、思います」

 そこへ、坂間ともう一人の若い警官が入ってきた。

「失礼します」

「おう、どうだった」

「既に死亡届の出ている成瀬以外の、元メンバーの行方を追ってますが…最後に自宅近くでドラムの比高麻央が目撃されたのを最後に、全員消息を絶っています」

「そうか…」

「…」

 黙り込む足立に、植木は声をかけた。

「…率直に言って、犯人はバンドの元メンバーの誰かだろう。改めて訊くが、何か心当たりは無いか」



326 ◆iOyZuzKYAc2019/08/29(木) 22:01:36.44hQKFxfpJ0 (2/4)

「…別に。強いて言うなら、不思議です」

「不思議?」

「だって…バチカゼがばらばらになって、もう10年近いのに…何で今更、よりを戻そうっての? あんなに取り返しのつかないことになったのに、どうして…!」

 拳を震わせる足立。植木と坂間は、何も言えずに顔を見合わせた。



 その頃。警察署の会議室では、徹とリンカ、そして衣麻理の3人が、スクリーンでライブのDVDを鑑賞していた。無論、バチカゼのライブである。衣麻理が実際に客として参加した回のもので、後日僅かに販売されたDVDも、彼女が入手したものであった。

「確かに、ボーカルは友長真澄に似ていますね」

 マイクを握る女を凝視しながら、リンカが言った。個人制作らしく画質の荒い映像であったが、確かにボーカルのシノは、愛巣会で会った友長の若い頃といった感じで、ほとんど同一人物のように見えた。

「…デビューしてから5年もしない内に、どこかのレーベルからメジャーデビューの話は来てたらしいんですよ」

 じっとスクリーンを見つめながら、衣麻理がぽつりと言った。

「でも…デビューさせようとしていたのは、バチカゼじゃなくて、シノ個人だったんです」

「それで、メンバーとの間に軋轢が?」

「あくまで、噂ですけど…」

 画面から目を離さない衣麻理。徹も、彼女の横でスクリーンに目を凝らす。そのスカウトは、5人の中で彼女にだけ、輝く何かを見つけたのだろうか…
 バンドの歌をバックに、一瞬だけ観客席が映った。

「…! 止めて!」

 突然、リンカが叫んだ。

「えっ? あっ、はい…」

「10秒巻き戻して。…」

 再び観客席が映る。ぐるりと見回すカメラワークの途中で、リンカが映像を止めた。

「ここ、最前列に」

「うん? ……あっ!」

 彼女の指差す先を見て、徹は驚愕した。

「何で…何で、九頭がここに…!?」

 2人の注目する先。観客席の最前列には、サビのメロディに合わせて手を振る、元ガイアメモリ密売人の、九頭英生の姿が映っていた。



327 ◆iOyZuzKYAc2019/08/29(木) 22:03:09.72hQKFxfpJ0 (3/4)




「あんたもロックンロールを聴くんだな」

 部屋に入ってくるや、白い詰襟服の男は蜜屋の座る椅子に歩み寄り、後ろから彼女の肩に腕を回した。この馴れ馴れしい髭面の偉丈夫に、蜜屋は僅かに眉をひそめるものの、あくまで穏やかな声で応えた。

「ええ。生徒たちの嗜好は把握しておくべきだもの」

「生徒、ねえ。あんた自身はどうなんだよ」

「…別に。興味ないわ」

「ははっ、そうかよ」

 男は笑うと、肩に回した手を伸ばし、彼女の胸を掴んだ。

「…悪いことは言わないわ。もう少し、若い娘にしておきなさい」

「俺はな、強い女が好きなんだよ。俺より強い女なら、なおさら良い」

「だったら…」

 そこへ、真堂が乱暴にドアを開けて入ってきた。

「おい、お前!」

「…ンだよ、騒がしいなコータ」

「ンだよじゃない! 試作品のメモリを勝手に持ち出して…お母様に知れたら、どうなるか」

「良いじゃねえか。あんたらの大事なお母様とやらを、湿っぽい聖堂から引きずり出せたら、大したもんじゃねえか」

「き、貴様…」

 いきり立つ真堂。男は退屈そうに言う。

「大体、あんなのはオマケだ。…『X』のメモリは、いつになったら完成する?」

「…あと、少しだ」

「期待してるぜ」

 全く心の無い口調。真堂は唇を噛んだ。


328 ◆iOyZuzKYAc2019/08/29(木) 22:03:40.54hQKFxfpJ0 (4/4)

今夜はここまで

蜜屋先生のエロって需要ある…?


329以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/29(木) 22:30:31.01YHMGU6IIO (1/1)


エロ需要…あると思う(こなみ)


330以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/29(木) 22:47:32.426E2e2MJoO (1/1)

あります


331 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 09:25:51.71XnmVGGyV0 (1/14)




 捜査は難航を極めていた。最後に目撃されたのはドラムのママオだが、その前日にはリードギターのエナが、さらにその日の早朝には、ギターコーラスのサヤがそれぞれ別の場所で目撃されていたことが判明した。ママオがギターの2人を順に呼び出して襲ったと考えるのは簡単だが、同じことはその2人に対しても言える。ほとんど同時期に目撃されたために、3人への疑いが同じレベルになってしまったのだ。
 失踪する前の行動が少しでも掴めないか。そう思った植木と徹は、リードギターのエナ、本名を出水恵那の夫、出水涼に話を聞いていた。

「本当に、突然でした」

 出水は、暗い顔で答えた。

「でも、言われてみれば…いなくなる直前に、何か携帯に着信があったような気もします。ただ、妻とは言え他人の携帯を覗くのはマナー違反ですから」

「…失礼ですが、奥様とはどちらで出会われたのですか?」

「ああ。彼女も僕も、音楽の仕事をしてまして。レコーディングのスタジオでばったり会って、それ以来」

 彼は、部屋の壁に張られた写真に目を遣った。そこには、ギターを提げたエナと、トランペットを持った出水の姿が映っていた。



「出水恵那はシロだろうか」

 独り言のように、植木が零した。徹は首を横に振った。

「そう考えるのは早いと思います。そもそも、出水涼が共犯である可能性もあります」

「彼が?」

「ええ。…調べた所によると、2人はバチカゼの解散前には既に交際しています。10年近く連れ添った相手が急にいなくなったにしては、動揺が小さい気がします」

「いなくなることが、彼の中で既に織り込み済みだった、と?」

「ええ。こうやって口に出すと、別の可能性まで出てきちゃいますね」

「当てようか。…出水が別のメンバーと通じていて、協力して恵那を陥れた」

 徹は頷いた。頷いておいて、溜め息を吐いた。

「…あくまで、憶測です。と言うより、妄想に近い」

「とにかく、今は足立の周辺を警戒した方が良いだろうな」

「私もそう思います」

 現在、足立は本人の了承のもと少し離れたホテルに移ってもらい、そこで数人の警官による護衛を受けている。それとは別に、足立の自宅の方にはリンカが控えていて、ドーパントが襲撃してくるのを待っていた。



332 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 11:30:09.61XnmVGGyV0 (2/14)




 ところがその翌日、植木の携帯に届いたのは、ホテルで警護にあたる警官からの救助要請だった。

”ど、ドーパント、が…”

「何だと!? リンカさんから何か連絡は?」

”いえ…敵は直接、こちらに来たものと…うわあっ!”

「おいっ! マルタイは無事なのか?」

”坂間さんが、連れて逃げて…”

「分かった。君は身の安全を確保して、可能なら周囲の人の避難誘導を頼む」

 植木は部下と共にパトカーに飛び乗ると、サイレンを鳴らして走り出した。
 走り出して数分後、その隣を銀色のバイクが猛スピードで駆け抜けていった。



 足立の自宅から十分離れた場所にある、古びたビジネスホテル。その入口は、粉々に破壊されていた。

『遅かったか…!』

 既にセイバーメモリを装填し、蒼と銀の騎士の姿となったファンタジーは、足早にホテルの中へと進んだ。
 例によって、ホテルの中ではドーパントの声が壁を震わせながら響き渡っていた。

「タラ、逃げないでよ、タラー!」

『…! 坂間刑事!』

 エントランスに、坂間が倒れているのに気付き、彼は駆け寄った。

『大丈夫ですか?!』

「…っ、足立が、まだ上に…ここまで逃げてきたは良いが、見つかってしまった…足立は追いかけられて、咄嗟に階段を上って、行ってしまった」

『すぐ行きます。ここで休んでてください』

 ひしゃげた非常階段のドアをくぐると、ファンタジーは上の階を目指した。



333 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 11:30:37.74XnmVGGyV0 (3/14)




「やっと見つけた…」

 廊下の突き当りで、追い詰められた足立に、楽器のドーパントが迫る。

「来ないで…来ないでよ」

「これで、皆でシノを迎えられるね。さあ、もう一度一つに」

『そこまでだ!!』

 そこへ、仮面ライダーが現れた。彼は、驚いて振り返ったドーパント目掛けて、渾身の飛び蹴りを見舞った。

「きゃあっ!?」

『何でここが分かったのか知らないが…とにかく、倒す!』

 剣を構えるファンタジー。ドーパントが金切り声を上げる。

「邪魔しないで!! 私たちの夢を…」

「あんた1人の夢だ!!」

 突然、足立が叫んだ。

「シノはあたしたちを裏切った。そして死んだ! バチカゼはばらばらになって、それぞれが自分の道を見つけたのに。どうして、今更…」

「シノは生きてるわ。そして、バチカゼはまた蘇る…!」

『蘇るってんなら、まっとうに再結成してくれ! ガイアメモリなんて使うんじゃない!』

 ファンタジーは剣を振り上げると、ドーパントに斬りつけた。ドーパントも、シンバルの刃で応戦する。

『足立さん、今のうちに逃げるんだ!』

「逃さない!」

 ドーパントの足から無数のケーブルが伸び、足立の体に巻き付いた。

「っ、放してっ」

『!』

 ファンタジーは、両手で剣を大きく振りかぶった。

『ジャスティセイバー・雷切!!』

 次の瞬間、刀身を白い電光が走った。雷の刃で、足立に纏わりつくケーブルを一太刀に切断すると、返す刀でドーパントを斬った。

「ぐぅっ…!」



334 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 11:33:53.68XnmVGGyV0 (4/14)

『せいっ、たあっ! …はあぁっ!!』

「ぐあっ」

 袈裟に斬りつけた刃が、ドーパントの肩口を深く切り裂く。致命的な一撃に、とうとうドーパントが膝を突いた。

『トドメだ!』セイバー! マキシマムドライブ

 蒼い閃光が、ドーパントに迫る。ドーパントは、膝立ちのまま体をファンタジーに向けると…
 突然、胴体のスピーカーから甲高い音が鳴り響いた。

『くっ、ああぁっ!?』

 剣閃が逸れる。その隙にドーパントは素早くケーブルを伸ばし、足立の体を捉えて引き寄せた。

『! やっ、やめろっ!』

「嫌っ! 放してっ!」

 メモリを換える暇もない。ファンタジーは咄嗟に剣を振りかざしたが、足立の体を盾にされてしまい、動けない。

「あ、あぁ…」

 彼女の体が、ケーブルの中に呑み込まれていく。やがて…ドーパントの背中から、もう一本のギターネックが生えてきた。しかし、両肩の二本と違い、弦は4本だ。

『…このぉっ!!』

 耳をつんざく高音に耐えながら、剣を構えるファンタジー。その目の前で、ドーパントは突然、変身を解除した。

『!?』

「…」

 そこに立っていたのは、先程ドーパントに取り込まれたはずの、足立自身であった。

『どういうことだ…?』

「これで、揃った…」

 熱に浮かされたように、足立が言う。次の瞬間、その姿がゆらゆらと波打ち、そして消えた。

「力野さん! …こ、これは」

「…逃げられました」

 変身を解除しながら、徹は悔しげに言った。

「ですが…犯人は分かりました」


335 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 16:30:06.43XnmVGGyV0 (5/14)




 邸宅の前にタクシーを停めると、出水涼は車を降りた。その顔には、隠しきれない興奮の色が浮かんでいた。

「ふ、ふふ…これで、ようやく…」

「出水、涼さん」

 突然、背後から飛んできた声に、彼ははっと振り返った。
 そこには、腕組みする植木と、徹が立っていた。

「…何ですか」

「あなたの奥様を攫ったと思われる犯人…あなたなら、お分かりでしょう?」

「何の話です。そんなの、こっちが知りたいくらいだ」

「あのドーパントには」

 徹が、一歩前に進み出た。

「取り込んだ相手の得意とする楽器を、自分の体に出現させて利用するという特徴があった。実際、ベーシストの足立宝が取り込まれた後、奴の体からはベースのネックが生えてきた」

「…」

 強張った顔で、2人を睨む出水。徹は続ける。

「だが…追い詰められたドーパントが発した音は、今までに取り込んだメンバー…ギター、ドラム、そのどれとも違っていた。……あれは、トランペットの音だった」

「!」

「出水さん、あんた、トランペット奏者なんだろう?」

 突然、植木がぶっきらぼうな口調になって言った。

「失踪したメンバーと近いところにいながら、自分は狙われず…そして、ドーパントはバンドにいないはずのトランペットの音を発した。つまり、あの中には既に誰かトランペット奏者が取り込まれていた!」

「本当にバチカゼの再結成だけが望みなら、トランペットは必要なかったはずだ。なのに何故、ドーパントはトランペットまで取り込んだのか? …他ならぬトランペット奏者、お前がドーパントだからだ!」

 出水を指差し、断ずる徹。出水は…

「…馬鹿な。さっきから聞いていれば、まるで自分が実際に見て、聞いたかのような言い方。恵那や、他の人たちが襲われるところを、君たちは見たのか?」

「見たさ」ファンタジー

「!?」

 徹は、躊躇なくガイアメモリを掲げてみせた。それが、つい先程交戦した仮面ライダーのメモリだと分かった瞬間、出水の顔に狼狽が浮かんだ。

「…そういう、ことか!」

 彼はジャケットの懐に手を入れると、金色のガイアメモリを取り出した。筐体には、音符の載った五線で『O』と書かれている。

「! ゴールドメモリ…!?」



336 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 16:30:47.34XnmVGGyV0 (6/14)




『オーケストラ』



「これが…僕の夢だ…!」

「変身!」

 メモリを耳に挿す出水。徹は変身すると、セイバーメモリを装填した。

『いくぞ!』

「邪魔なんてさせない…させないわ!」

 ドーパントが、数人分の女の声を重ねたような声で叫んだ。
 夜の高級住宅街で、激しい戦闘が始まった。

「バチカゼは…私の、夢だった!」

『お前も、ファンだったってことか』

 バスドラムの拳を躱し、剣を突き出す。

「初めて見た時から…輝くものを感じてた! 一緒に、ステージに立ちたいって思ってた!」

『だったら何故ガイアメモリに手を出した! 恵那さんを説得すれば良かったのに』

「そんなのは無理よ! シノはもう死んだ…だから、諦めてた。でもあの日、神の力を得た!」

 高速回転するシンバルが、ファンタジーの胸元目掛けて飛んでくる。それを弾き飛ばすと、彼は呻いた。

『お前も『神』か…!』

「そして今、メンバーが揃った! 今なら!」

 オーケストラドーパントが、後ろへ下がる。それから両腕を広げると、スピーカーから大音量のサウンドが鳴り響いた。
 それは、先日観たビデオに収録されていた、バチカゼの曲であった。

『もっと…やり方があったはずだろ!』

 ファンタジーは、剣を高く掲げた。その刀身を、白い稲妻が走る。

『ジャスティセイバー…雷切!!』

 振り下ろした切っ先から雷が迸り、ドーパントを襲う。が

「はははははっ!! もう効かない、効かないわ!!」

 足のケーブルから電気が吸収され、音量が更に増していく。

『クソっ、駄目か…』



「おい、うるさいぞ!」

「今何時だと思ってるの?!」



 そこへ、いくつかの怒声が飛んできた。見ると、数件の民家から住民が顔を出している。どうやら、迷惑なパフォーマーがいると思われたらしい。

『危ない!』

「…折角だから、コーラス隊に加わってもらいましょうか」

 ドーパントが言った瞬間、足のケーブルが四方八方へと伸びて、住民を捕らえた。そのまま素早く引き寄せ、体に取り込んでしまった。

『やめっ…』

「ふふふふ…シノには敵わないけど、数合わせくらいなら…」

 遂に、ドーパントの頭が生えてきた。黒いマイクのような頭部には、顔がなく、大きく開かれた口だけが無数に付いていた。

「さあ…シノに会いに行きましょ!」

 大音量で音楽を流しながら、ドーパントが走り出した。


337 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 18:36:48.94XnmVGGyV0 (7/14)




 すれ違う人々を吸収しながら、逃走するドーパント。それをバイクで追跡するファンタジー。人間を取り込むたびにドーパントには口が増え、身体もどんどん大きくなっていく。
 やがて住宅街を抜け、繁華街に出る頃には、全長数メートルを超える巨大な怪物になっていた。

「シノ! シノ! どこにいるの! 私たちはここよ!!」

『止まれ、止まれーっ!』

 クエストメモリに換装し、杖を振りかざす。次々に火の玉をぶつけるが、怪物は止まらない。
 何か、手はないのか。絶望的な気持ちでハンドルを握っていたその時

「…?」

 突然、オーケストラドーパントが歩みを止めた。

『な、何が…』

 立ち止まり、見つめる先には、1人の男が立っていた。



「…貴方を、生かしておくわけにはいきません!」



『あれは…九頭?』

 逃げ惑う人々の真ん中に立つのは、怒りに燃えた顔の九頭英生であった。その両脇には、ミヅキとユウダイも控えている。

「残しておいてはならない、悪夢の残渣…兄弟たち、あれをお母様の目に触れさせてはなりませんよ!」マスカレイド

「は〜い」ラビット

「頑張ろうね、お姉ちゃん」クローバー

 3人は各々メモリを挿し、ドーパントに変身した。その間際、ミヅキがファンタジーに気付いて、笑顔で手を振った。それから一転、緑と白に包まれていくユウダイに向かって舌打ちした。
 白い花冠を被った、天使のような少年…クローバードーパントが両手をかざすと、オーケストラの体にシロツメクサが何重にも巻き付いた。そこへ、ラビットドーパントが飛び蹴りを見舞った。

「ぐうぅっ…」

 呻くオーケストラドーパント。シンバルやタムの腕を振り回しながら、多重コーラスを響かせた。

「うるっさい! この音痴!」



338 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 18:37:15.44XnmVGGyV0 (8/14)

 キックの反動で飛び上がり、今度は踵落とし。動けない敵を、軽やかに傷付けていく。
 そして遂に、巨獣が頭を地に伏せた。すかさずマスカレイドドーパントが、どこからともなく取り出したロケット弾を撃ち込む。

「死ね、死ね! 無かった過去です! 貴方達は…」

『おい待て! それ以上やったら死ぬぞ!』セイバー! マキシマムドライブ

 トドメを刺される前に、メモリブレイクだけでもしようと剣を構え、バイクで迫る。ところが

『…ぐわあぁっ!?』

 突然、正面から何かが激突し、ファンタジーはバイクごと跳ね飛ばされた。
 次の瞬間、辺りが白い光に包まれた。

「! いけません…」

 懇願する九頭。その隣に光が収束した。そして、その中から現れたのは…

『はあっ……っ! 友長、真澄…』



「…」



 友長は一瞬、虚ろな目で目の前の怪物を眺めた。が、すぐに異様な光が灯った。

「…ああ。そう。そうなのね」

「シノ! シノ! やっと会えた!!」

 たちまち息を吹き返す、オーケストラドーパント。シロツメクサの拘束を引きちぎり、連撃するラビットドーパントをはたき落とした。

「ぐえっ」

「さあ、こっちに来て…バチカゼを、もう一度!」

 呼びかける、かつての友。友長真澄、いや、成瀬ヨシノは、穏やかな笑みを浮かべると…



339 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 18:37:47.06XnmVGGyV0 (9/14)




「…あなたも、『母』が愛しましょう」





340 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 18:38:14.57XnmVGGyV0 (10/14)

『…今、何て言った?』

 呟いたその時、成瀬の体から白い光が迸った。溶け出すようにその体が霞み…やがて、そこに立っていたのは、マリア像めいた白い肌の、美しい女のドーパントであった。

「なりません…『お母様』!」

 引き留めようとする九頭。しかし成瀬…『お母様』は構わず、片手を軽く突き出した。

「ぐあああぁっぁっっ!?!」

 たったそれだけで、巨大なオーケストラドーパントの体が空高く打ち上げられた。
 落ちてくるドーパント。『お母様』が両腕を広げると、その着地点に巨大な裂け目が開いた。

「さあ…母の胎内へ、おかえりなさい」

「嫌、あ、あああっ…」

 蒸気を発する巨大な穴に、ドーパントが呑み込まれていく。助けを求めるように突き出したトランペットのベルが、根本からぼっきりと折れて、消えた。


341 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 18:38:42.50XnmVGGyV0 (11/14)

『…なんてこった』

 呆然と、ファンタジーは呟いた。出水やバチカゼのメンバーだけではない。道中で取り込まれた多くの人々ごと、あの穴に消えてしまった。

「また会いましたね、仮面ライダー」

『お前が…お母様…』

 ファンタジーは、剣を構えた。
 お母様は動じない。

「あのドーパントが心配なら、それは不要ですよ。あの子達は、母の中で再び生まれる時を待っています」

『! じゃあ、九頭が今も生きているのも』

「お母様の愛あってのことです」

 マスカレイドドーパントが、2人の間に割って入った。

「お母様は、敵である貴方にも愛を注いでくださるのです。跪きなさい。それだけが、貴方の」

『…九頭』

 ファンタジーは、彼の言葉を遮った。

『お前…バチカゼのファンだったんだな』

「やめなさい! その名を出すな! その名を、お母様に聞かせるな…」

「英生」

『成瀬ヨシノにメモリを与えたのは、お前なんだろ? …彼女を、愛していたのか。彼女に、何があった? バチカゼは、どうして崩壊した』

「やめろやめろやめろぉーっっ!!!」

 九頭は絶叫しながら、ファンタジーに殴りかかろうとした。が、その動きはすぐに止まった。

「…英生。あなたが怒ることはありませんよ」

「お母様! 放してください…さもなくば」

 彼の言葉は、途中で途切れた。見えない力が、彼の体をぺしゃんこに握り潰してしまったのだ。
 メモリの機能で爆散する九頭。その後ろで、お母様は握った手を広げた。

『…お前がやったのか』

「彼はまた生まれてきます。何度も通った道です。それより」

 マリア像めいた顔が、ファンタジーを捉えた。

「母は、あなたを愛したい。母と共に、帰りましょう?」

『…断る』

 ドーパントの体が光に包まれ、また成瀬の姿に戻った。

「…いつでも、待っていますよ」

「待ってるよ〜!」

 いつの間にか変身を解き、手を振るミヅキ。次の瞬間、ミズキとユウダイ、そして成瀬ヨシノの姿は、光の中に消えてしまった。


342 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 22:21:31.46XnmVGGyV0 (12/14)




「…はい。能力の正体が分かりました。あのメモリは…」

 深夜。アパートの玄関先に出て、リンカが電話をかけている。早口に情報を交わすと、彼女は電話を切って、部屋の中に戻った。
 そこには、徹が立っていた。

「!」

「…ああ。用事は済んだか」

「な、ぜ…貴方が、起きて…」

「いや、喉が乾いただけだよ」

 眠そうな顔で笑う徹。その顔を見た瞬間、リンカは何も言わず、彼に縋り付いた。

「ど、どうした? 何かあったか」

「…」

 リンカは黙って、彼の体を押して寝室まで入った。そうして彼をベッドの上に押し倒すと、自分はその上に跨った。

「私は…貴方、に…」

 乱暴にシャツを脱ぎ、質素なブラも外す。慎ましい乳房を露わにすると、背を曲げて彼の唇を奪った。

「んっ…っは。…嫌なことでもあったんだな」

「…」

 残りの衣服も脱ぎ、徹の服も脱がせていく。裸の胸に、涙の雫がぽたぽたと落ちるのを、徹は何も言わず感じていた。



「…おう。ご苦労」

 男は通話を切ると、携帯を放り投げた。

「随分とお仕事熱心なのね」

 彼の下で、蜜屋が嫌味っぽく言った。男は嗤った。

「悪い悪い。もうしねえから」

 言いながら彼女の乳房を乱暴に掴み、腰を大きく振った。

「んっ」

「いい具合じゃねえか。流石に先生は、ガキとつるんでるだけあってカラダが若い」

「教育、指導しているの。遊んでるんじゃないわ」

「はいはい、そうだな」

 腰を振りながら、男は彼女の乳首に歯を立てた。身動ぎする蜜屋。

「っ、あぁ…中で出すから、孕めよ…」

「あっ…無茶、言わないで…っ」

 男の動きが止まった。肩を震わす男。腹の中に広がる熱に、蜜屋は思わず湿った声を上げた。



 その部屋の向こうでは、真堂が緊張の面持ちで机の上を見つめていた。

「つ…遂に、完成した…だが…」

 作業台の上の、真新しいガイアメモリ。それを取り上げると、彼はごくりと唾を呑んだ。

「…あいつらは、もはや信用ならん…ならば…」

 彼は辺りを窺うと、作業着のポケットから古びた二つ折りの携帯電話を取り出した。番号をプッシュし、耳に当てる。

「…もしもし、私だ。すぐに来てくれ。…いや、そんなことではない、もっと重要なことだ…」


343 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 22:22:24.44XnmVGGyV0 (13/14)

『Oの亡霊/消えざる過去』完

今夜はここまで


344 ◆iOyZuzKYAc2019/08/31(土) 22:37:37.95XnmVGGyV0 (14/14)

『オーケストラドーパント』

 『楽団』の記憶を内包するガイアメモリで、トランペット奏者の出水涼が変身するドーパント。ただ変身しただけの場合、スピーカーのような胴体からケーブルめいた手足が生えているだけの、貧弱なドーパントに過ぎない。しかし、このドーパントは他の人間を吸収・同化することで能力が増していく。特に相手が楽器の演奏者である場合、体にその楽器のパーツが追加されていき、スピーカーから出せる音も増えていく。また、吸収した人間の姿に変身することもできる。そのため出水は、バチカゼの元メンバーの前に現れる時は、誰か他のメンバーの姿を取った。しかしその一方で、ある程度意識も残るため、変身時は複数人の意識が混合した、曖昧な状態となる。男である出水が、変身後は女の声や口調になっていたのも、このためである。
 フリーのトランペット奏者でありながら、結成時からの『薔薇とチークと北風乙女』のファンであった彼は、いつか彼女らのサポートメンバーとして共にステージに立つ日を夢見ていた。しかし、その夢は叶わずバンドは解散。ギタリストの財都丸恵那と結ばれるものの、満たされない日々を送っていた。そんなある時、白い服の男からこのメモリを渡され、「ボーカルのシノは生きている」と告げられる。その言葉を信じた彼はメモリを使用。妻の恵那に始まり、次々とメンバーを取り込んでいくこととなった。
 メモリの色は金。音符の載った五線譜が円を描き、『O』の文字を形成している。金塗りではあるが正式な幹部メモリではなく、ミュージアム崩壊後に作られた新種のメモリ。色も幹部メモリを意識したわけではなく、金管楽器の色をイメージしただけである。



>>208をかなりアレンジして採用させていただきました。ありがとうございました!
…もう少し、設定を活かしたかったと反省


345以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/01(日) 08:15:14.49ZyI+mWr60 (1/2)




346以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/01(日) 12:31:06.87+n4C8cgpO (1/1)

プラトニックドーパント

『純粋』の記憶を内包するガイアメモリで変身したドーパント
ありとあらゆる不純物を消し去り、変身者の望むモノのみを残す光を放つ能力を持つ
特に、ドーパントや仮面ライダー等変身の類いで力を得ている存在には抵抗すらままならないだろう
光は概念的な存在であり、光を遮る。遮蔽物に隠れる等の行動では光を止める事は出来ない
対抗するには、純粋な想い。『誰かを助けたい』という善意から『何があっても倒す』という決意。『生きたい』という単純な想いでも効果がある

このドーパントに変身出来るという事はそれだけ使用者に純粋な想いがあるという事の証明でもある
生半可な気持ちでメモリを起動させた場合、強い拒絶反応が起きてしまう(ファイズのベルトの様な感じ)


347 ◆iOyZuzKYAc2019/09/01(日) 21:39:58.98UpIexPQU0 (1/1)

(ここんとこ特殊系多いから、シンプルに殴って強いドーパントが欲しい)

(贅沢言うとまだ使ってないアルファベットのがいい)


348以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/01(日) 23:01:57.33ZyI+mWr60 (2/2)

こんな感じ?

マッスル・ドーパント
『筋肉』の記憶を内包するメモリ。ドーパント体は全身が異常なほど膨れ上がった赤い筋肉でできている。
特殊能力は無い…しいて言うなら並みのドーパントを遥かに凌駕する身体能力である。
メモリに惹かれる人物は『強靭な肉体(筋肉)を持つが精神が脆弱なもの』か『健全な精神を持つが貧弱(あるいは病弱)な肉体で強靭な肉体へのあこがれが強いもの』のどちらかという両極端なのがあるいみこのメモリの最大の特徴


349以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/01(日) 23:07:13.77K+7NWXoxO (1/2)

アコナイト、アペタイト
バンブルビー
クローバー
D未消化
アースクエイク
ファンタジー、ファイアーアント、(false)
ガー「ゴッド!」
ホーネット
アイソポッド、アイドル
J、K未消化
ロングホーン
M、N未消化
オーケストラ
P未消化
クエスト、クインビー
ラビット、リインカーネーション
セイバー
トゥルース、ティーチャー
ユニコーン?
V未消化
ワサビ、ワイルド
X_t___
YZ未消化

DJKMNPVYZ が未消化アルファベットの模様


350以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/01(日) 23:14:12.91K+7NWXoxO (2/2)

なお、アルファベット一字検索で探して各メモリ解説を探したので、解説でアルファベットが示されてないと抜けてるかも。というかカートゥーン(C)抜けてた
あと、アノマロやマスカレイドとかの本家産メモリは省いてあります。



351以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/02(月) 00:03:47.72iUpfNQ7jO (1/1)

まとめた勢いで

ネブラ・ドーパント
古代のオーパーツ、ネブラディスクの記憶を内包するメモリで変身する。
メモリの色は緑青(ろくしょう)色で、怪人体も同じ緑青色のずんぐりした鎧状の体に、金色の金属質で顔に太陽、胸に三日月、その他の部位に星の意匠がちりばめられている。
両腕にも、実物のネブラディスクにおける弧枠にあたる金色のラインがある。

ネブラディスクは一年365日の太陽暦と、一年354日の太陰暦の二つの暦のすりあわせを行うため用いられていたと推定されている。
そこから、このドーパントは二つの時間の流れを発生させる限定的な時間操作を行える。
腕にある金のラインで指し示した範囲または対象の時間の流れを、二倍程度早めるか遅くすることができる。持続時間は最大で(通常の時間の流れ側における)10分。
範囲の設定は最大で半径10m程度。同時には一つの対象または範囲にしか影響できない。

例えば自身の時間を早めて高速移動したり、相手を遅くしたり、カップ麺の待ち時間を半減させたりするだけでなく、
殴った拳が衝撃を与えている時間を長くして威力を高めたり、出血する傷口を加速して消耗を早めるなど、工夫次第での応用が自在に行える。


ナスカとかの古代ネタが足りなかったのでこんなものを


352以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/02(月) 21:50:39.423f2FwQtw0 (1/1)

バガボンド・ドーパント

『放浪者』の記憶を内包するガイアメモリで変身。
メモリの色はビリジアン(暗い青緑色)で、後姿の人物のまとっているマントが風にたなびいてVの字を作っている。
ドーパントは三度笠を被り、着流しの上にマントを纏い、下駄を履いている。肌は白く、顔は食いしばった骸骨を連想させる。また、腰に刀を差している。
メイン武器はこの刀で、直接切るほかに斬撃を飛ばしたりすることもできる。
また、体力を大幅に消耗するが高速移動もできる(単純な速度はアクセルトライアルと互角だがこちらの方が使い勝手が悪い)
更に「放浪者」という特性からか拘束・束縛を無効化できる(例えるならウィザードのバインドや鎧武のナギナタ無双スライサーのオレンジ型のエネルギーなど)


353以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/03(火) 15:36:39.29wo0bZCki0 (1/1)

ゾーメモリ

象ではなくゾー。ネパール等で飼われている牛とヤクの交配種の記憶を有している。
英語の綴りは様々だが、Z枠なので「ZO」でお願いします。



354以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/04(水) 08:19:42.48hyyD9Jm90 (1/1)

「J」……ジャスティスメモリ

『正義』の記憶を内包するメモリ。相性のいい人物は正義感の強い人物。言うならば王道の少年漫画の主人公のような人。
ドーパント体はご当地ヒーローのような姿だが使用者によって違う。
このメモリの恐るべきところはドライバーを利用しても防ぎきれない程の非常に強い毒性で、他者のために動く高潔な人物も己にとって不快な人物を正義のもとに排除する独裁者みたいまでに人格を変化させてしまう。

-----勝ったほうが正義、勝てば官軍なのだから


355以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/04(水) 12:39:21.28UgfI2Gg9O (1/1)

イールド・ドーパント(yield)

『対価交換』の記憶を宿すメモリで変身したドーパント。手が札束を横に並べている図でyの字になっている
対価を支払う事で自らの性能を引き上げる。特に高額な物を支払えば支払う程、腕力やスピードは格段に上がる
また、敢えてスペックをダウンさせる事で下げた分を他の能力に上乗せする事も可能。(スピードを落とした代わりにパワーを増やす等)
無限に成長を続けるという性質上、理論の上だけならばこのメモリを倒す事は不可能である
支払うものは何でもいいが、イールドという言葉の性質上、札束や金等の通貨類が好ましい



356以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/06(金) 14:04:49.39eq5+Bn1M0 (1/1)

ディテクティブ・ドーパント
『探偵』の記憶を内包するメモリ。ドーパント体は鳥打帽状の頭部に、レンズを嵌めたような巨大な目が特徴。
メモリには、パイプと紫煙でDの字が形作られている。
ホームズの意匠に引っ張られているものの、どちらかというと名探偵よりも現実的な探偵に寄っている。
主な能力は張り込みのための気配遮断、暗視や望遠・広域視野といった超視力、聞き込みの質問に答えさせるための簡易な催眠能力、推理・推論に関する知能向上。
戦闘に際しては、敵の行動を推理しての先読みで回避や行動潰しができることが強みであるが、ドーパントとしては中の下程度のパワーしかない。
しかし、パワーのある味方がいる場合、推理力から繰り出すサポートは強力だろう

ええ、ほんへに喧嘩売る単語チョイスです


357 ◆iOyZuzKYAc2019/09/06(金) 15:35:22.93ROqWK1C30 (1/1)

W10周年めでてえ


358 ◆iOyZuzKYAc2019/09/06(金) 21:48:04.91DtuaOLmG0 (1/8)

「…」

 公園の身障者用トイレの前で、徹は黙って立ち尽くしていた。
 ここは、彼とミヅキが初めて会った場所。しかし今、閉じた扉の中からは、何の音も、誰の声も聞こえてこない。

「…駄目、だよな」

 諦めて去ろうとしたその時、後ろから彼の肩を叩く者がいた。

「!」

「やっほ~、仮面ライダーさん」

 振り向くと、そこにいたのはミヅキ。彼女は軽く跳び上がると、彼の首にかじりついてキスをした。

「あたしに逢いに来たの。嬉しい!」

 徹の手を引き、身障者用トイレに入ろうとする。しかし徹が動こうとしないので、怪訝な顔で振り返った。

「どうしたの? エッチしようよ」

「いや、ちょっと待ってくれ。その前に…」

 彼は、ちらりと周囲を窺った。既に夜も深い時間だが、いつの間にか数人の男たちが集まっていて、ただならぬ表情で徹の方を睨んでいた。

「…場所を変えようか。目立つし、何だか雨も降りそうだ」



 果たして、コンビニで買った惣菜を手に、煙草臭いラブホテルの一室に転がり込む頃には、外では土砂降りの雨が降っていた。

「仮面ライダーって、意外と庶民的なんだね~」

 コンビニのレジで温めて、既に冷め始めたスパゲティを啜りながら、ミヅキが言った。

「普段は売れないフリー記者なんだよ。前に名刺渡したろ」

「あはっ、捨てちゃった」

「ああ、ちらりとも見ないでな」



359 ◆iOyZuzKYAc2019/09/06(金) 21:48:40.49DtuaOLmG0 (2/8)

 徹は唐揚げを一個、口に入れた。咀嚼し、飲み込んで、それから口を開いた。

「…お母様の正体は、最初から知ってたのか」

「正体? …変身する前の姿なら、あたしはちょいちょい見てたけど。クズのおじさんもね」

「それが誰かまでは、知らなかったのか?」

「別に。お母様はお母様でしょ」

 プラスチックの皿に付いたソースを舐めるミヅキ。徹は少し考えて、また尋ねた。

「皆が皆、あの姿を見てるわけじゃないのか」

「うーん、あの蜂ババアの前で変身を解いてるところは、見たことないかな」

「! そうなのか」

 それが本当なら、蜜屋は自身の根城の奥に、他ならぬ自分の親玉がいたことを知らなかったことになる。思えば、お母様の直属となったユウダイも、元はと言えば蜜屋に洗脳された生徒の一員であった。友長真澄と名乗っていたあの時、自分は蜜屋のやり方に疑問を抱いていると言っていたことからも、お母様は蜜屋を快く思っていない、或いは、既に敵対してしまっているのかも知れない。

「ね、一緒に食べようよ」

 差し出されたロールケーキを頬張りながら、徹はぼんやりと次の質問を考えていた。
 しかし、思考は下半身に伝わる生温かい感触に遮られた。

「! ミヅキ…」

「んっ、む…」

 いつの間にか彼女は、ベッドに腰掛ける徹の膝の間に座り込んで、彼の一物をズボンのファスナーから取り出して口に入れていた。

「…察してるかも知れないが、俺はリンカと同居してるんだぞ」

「ちゅ、れ…んむっ…」

「あまり大きな声では言えないが、寝たこともある」

「…ん、くっ、っぷぁ…ん…」

「だから、あんたとは…あ゛痛っ!?」

 勃ちかけの陰茎に歯を立てられて、徹は悲鳴を上げた。



360 ◆iOyZuzKYAc2019/09/06(金) 21:49:26.38DtuaOLmG0 (3/8)

「…うるさいな~。フェラ中に話しかけないでって、前にも言ったでしょ」

 不機嫌そうに言うミヅキ。徹はイチモツに傷が付いていないか確認しながら、諭すように言う。

「だから、こういうことは良くないって言いたいんだよ」

「何がいけないの? あたし、雑草以外の男とは皆エッチしたよ? あなたが、あの金ピカネクタイと寝たから、何?」

「…俺は、リンカが好きだ」

「…」

 ミヅキは、呆然と彼を見た。ぽつりと、その唇から言葉が零れた。

「…あたしじゃ、ダメ?」

「あんたのことは大事に思ってる。助けたいとも思ってる。だけど…女としてとか、セックスしたいとか、そういう意味じゃない」

「じゃあどういう意味なの!」

 突然、彼女が声を張り上げた。

「好きなら、エッチするでしょ! そうじゃない関係があるの? そんなの…あたし、知らない!」

「!」

 徹ははっとなった。
 幼い頃から母子家庭で育った彼女が、最初に出会った男は、女を性欲の捌け口としか考えない男だった。そこから孤児院、何処とも知れない路上、そして母神教で、彼女は人の温もりを知ることができただろうか。カラダを代償にしない関係を、一度でも築けたことがあっただろうか。

「誰も…あたし『だけ』を、愛してくれない…お母様だって…」

「…」

 何と声をかけていいか分からず、黙り込む徹。ミヅキは立ち上がると、部屋の隅へと歩いて、そのまま座り込んでしまった。



361 ◆iOyZuzKYAc2019/09/06(金) 21:49:54.79DtuaOLmG0 (4/8)




「…!」

 のしかかる体の重みで目が覚めた。

「愛してよっ…ねえっ…エッチしてよ…っ!」

 暗がりの中で、彼に跨って激しく腰を振る少女。
 彼は思わず、痩せこけたその体を強く抱き締めた。

「ミヅキ…ミヅキっ…!」

「あんっ…好きだから…好きって、言ってよぉ…」

「ミヅキ…俺は…」

 言いかけたその時、突然、ベッドの隅に転がった彼の携帯電話が鳴った。

「えっ…」

「! …」

 徹は一瞬躊躇って、恐る恐る携帯を手に取った。画面には、リンカの名が表示されている。
 徹は、ミヅキの方をちらりと見た。

「…聞かせちゃおうよ。あたしたちが、愛し合うところ!」

 彼女は悪戯っぽく言うと、彼の手から携帯を取り上げ、通話をタップした。


362 ◆iOyZuzKYAc2019/09/06(金) 21:50:24.25DtuaOLmG0 (5/8)

 ところが、聞こえてきたのはリンカの声ではなかった。



”…ごきげんよう、仮面ライダー”



「なっ!?」

「ウジ虫ババア…何で」

 スピーカーから聞こえてきたのは、愛巣会で聞いた、蜜屋志羽子のそれであった。



”どこで遊んでいるのかしら? あなたのとこの娘、寂しそうにしてたわよ”

「! おい! リンカをどうした!?」

 徹は電話をひったくると、画面に向かって叫んだ。

”円城寺さんは…今、私たちが預かってるわ”

「どこだ!」

”前に来たでしょう? 真堂の、ガイアメモリ製造工場…早くしないと、この娘がどうなるかしらね”

「貴様…」

 徹はベッドから飛び降りると、玄関に向かって突進した。そして、料金を入れないと出られないことを思い出して、地団駄を踏みながら部屋を見回した。

「窓を蹴破るか…」

 そんなことを呟いた瞬間、ミヅキが無言で立ち上がり、そして跳躍した。

「…はああぁっ!!」

 ハイドープの人間離れした脚力が、鉄の扉を襖か何かのようにぶち破る。着地したミヅキは、彼の顔を見ないで言った。

「行けば」

「ミヅキ…」

「勝手にしろっ!!」

「…っ」

 徹は歯噛みすると、部屋を飛び出して行った。
 後に残されたミヅキは、崩れるようにその場に座り込むと、声を上げて泣き出した。泣きながら、ポケットの中から何かを取り出した。

「ひぐっ…もういい…もういいもんっ…」

 七色に光るそれは、禁断の力。

「全部…全部、ぶっ壊してやるっ!!」


363 ◆iOyZuzKYAc2019/09/06(金) 23:01:30.89DtuaOLmG0 (6/8)




 土砂降りの雨を裂いて、銀色のバイクが走る。貨物集積所のゲートを突破し、四番倉庫へと向かう。
 開け放たれたシャッターをくぐると、そこには真堂が、物憂げな顔で立ってた。

「…来たか、仮面ライダー」

 彼は沈んだ声で言うと、赤褐色のガイアメモリを取り出した。

「君みたいな、分かりやすい敵だけならどんなに良かったことか…!」アイソポッド

「リンカを…リンカを返せ!!」ファンタジー! セイバー!

『おおおおおおっっ!!』

「ふぅんっ!」

 剣と硬質な腕がぶつかり合う。

「姿を変えようと、君の剣で私を傷付けることはできんよ!」

『おおらぁっ! たあぁっ!』

 ファンタジーは構わず、剣を振るって何度も斬りつける。斬りつけ、叩きつけ、突きつける。
 とうとう、アイソポッドドーパントが苛々と唸った。

「しつこいね、君も!」

 彼は後ろへ下がると、やおら雄叫びを上げた。
 次の瞬間、その体が何倍にも膨れ上がり、ダイオウグソクムシめいた巨大な怪物へと変化した。

「大人しく、捕食者に喰われたまえよ!!」

『…待っていたぞ』クエスト!

「何…?」

 メモリを換装し、魔術師の姿となったファンタジー。その頭上に、巨大な魔法陣が浮かび上がった。
 彼は右手を硬く握り、肘を曲げると…

『…おりゃああぁぁぁぁっっっ!!!!』

 頭上の魔法陣目掛けて、思い切り拳を突き上げた。
 すると、巨大な怪物の足元から、更に巨大な拳が出現してドーパントの体を下から殴りつけ、ひっくり返してしまった。

「うわああぁぁっ!!?」

 仰向けにひっくり返り、短い手足をばたつかせるドーパント。

『その体じゃ、簡単には戻れないだろ。そして…』セイバー!

『…硬い殻に覆われてるのは、背中側。つまり、腹の方が弱点だ!』セイバー! マキシマムドライブ

 白いマントが翼のようにひらめき、騎士の体が宙へと浮かび上がる。
 空中で、彼は白と蒼に輝く剣を振り上げた。

『セイバー…ジャスティスラッシュ!!』

「ぎゃあああぁっっっ!!」

 輝く剣閃が、無防備なドーパントの腹を縦に切り裂く。断末魔と共に、怪物の体が爆ぜた。

「く、そ…こんな、ところで…は」

 燻る炎の中で、真堂が藻掻く。その後ろ首からメモリが抜け落ち、砕け散った。



364 ◆iOyZuzKYAc2019/09/06(金) 23:02:07.32DtuaOLmG0 (7/8)

『…リンカを、探さないと』

 リンカが囚われている工場を目指して、倉庫の奥へ進もうとするファンタジー。ところが

「…ははっ」

 突然、荒れ果てた倉庫の中に、不敵な笑いがこだました。

『誰だっ!?』

「コータがやられたか。そりゃご苦労」

 奥から悠々と歩いてきたのは、白い詰襟服の、大柄な男。その隣には、蜜屋も控えている。

『蜜屋! リンカを出せ!』

「少しは落ち着きなさいな。慌てたら、ケアレスミスが増えるわ」

「そうそう、先生もそう言ってることだしよ」

 男は、ニヤニヤ嗤いながら一歩前へ出てきた。

「…もうちょっと、遊ぼうぜ」

 その手に、深緑色のガイアメモリ。そして…

『メモリ、と…ドライバー!?』

 ロストドライバーを腰に装着し、メモリを目の前に掲げる。筐体には、角張った刃のような字で『D』と書かれている。
 ガイアウィスパーが、メモリの名を告げる。



『ドミネーター』



「生物種としての、格の違いを見せてやる。……変身」


365 ◆iOyZuzKYAc2019/09/06(金) 23:04:37.67DtuaOLmG0 (8/8)

『Dの闖入/ひび割れた愛』完

今夜はここまで


366 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 19:35:31.05DHKSSogP0 (1/13)

『ドミネーター』

 ベルトを中心に、装甲が男の体を覆っていく。見る見る内に彼の体は、陸軍兵めいた深緑色のスーツに黒い防弾ジャケット、そしてガスマスクめいた複眼マスクに包まれた。その右手には、灰色の無骨なグローブが嵌っている。

『じゃ、楽しもうぜ…っ!』

『くっ!?』

 目にも留まらぬスピードで、ドミネーターが肉薄する。突き出された正拳を剣で受けると、凄まじい衝撃がファンタジーの両腕を襲った。

『はっ、おらっ! どうしたァっ!』

『ぐっ…ふっ、うぅっ!』

 素早いキックとパンチの連撃を、間一髪で躱す。洗練された敵の動きからは、豊富な戦闘経験が伺われた。

『せぇやっ!』

『! たあっ!』

 回し蹴りを屈んで躱すと、すかさず剣を斬り上げた。
 切っ先が、仮面の鼻先を掠った。

『はっはっはぁっ! 良いじゃねえか! 人間らしく足掻けよ!』

 ドミネーターは一切怯まず、更に一歩踏み出し、拳を突き出した。

『ぐ、あっ!?』

 止めきれず、拳が鎧の腹部にめり込んだ。一撃で、硬い装甲に亀裂が走った。
 更に、前蹴りが膝を砕く。

『があぁっ!』

 膝を突いたファンタジー。そこへドミネーターが、片足を大きく振り上げた。

『…ぬんっ!』

『!』

 どうにか脇に転がり、落雷の如き踵落としを避ける。彼のすぐ隣で、コンクリートの床が大きくひび割れた。



367 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 19:36:09.69DHKSSogP0 (2/13)

 その足に向かって、剣を突き出した。

『このっ…!』

『セコいことすんじゃねえ!』

『あぁっ!』

 切っ先を蹴られ、剣が遠くへ飛んでいく。更に続くキックを両腕で受け止めると、転がって距離を取った。
 立ち上がり、拳を構える。剣を拾いに行く暇はない。

『はぁっ…はぁっ…』

『そうだ。最後まで足掻け。そして…格の違いを思い知れ!』

 拳が交差する。アッパーカットが空を切ると、カウンターのボディブローが突き刺さった。バックステップで衝撃を逃し、顔面へ手を伸ばす。それさえ軽くいなすと、逆のその手を掴まれた。

『おら…よォっ!』

『がはっ…!』

 引き寄せ、腹に重い一撃。思わずうずくまったその顎に、爪先蹴りが炸裂した。

『ぐっ、ああぁぁぁっ!!?』

 ファンタジーの体が天井近くまで吹き飛び…そして、床に墜落した。

『っ…く、そ…』

『ま、こんなもんだな』

 仰向けに倒れるファンタジー。ドミネーターは、ドライバーからメモリを抜くと、腰のスロットに装填した。

『ドミネーター! マキシマムドライブ』

 悠々と歩み寄る、その右足から、緑色のスパークが飛び散った。光と熱を放つその足を、大きく振り上げると…

『…あばよ』

『ぎゃああぁぁぁぁっっっ!!』

 重い、あまりにも重いストンプが、彼の胸を踏み砕いた。装甲が爆ぜ、仮面が砕け、変身が解除される。

「…が、っ」

 力尽きた徹。男も変身を解除すると、蜜屋のもとへと戻って行った。そのまま彼女と何か言葉を交わしているが、徹の耳には届かない。

「…!」

 動けない彼の視界に、白いスーツが入ってきた。

「…」

「り、んか…」

 攫われたはずのリンカが、無表情に彼を見下ろしている。幸い、傷は無さそうだ。かすれた声で、徹が訴える。

「にげろ…りん、か…にげ…」

「…」

 彼女は何も言わず、彼の脇に屈み込むと…



368 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 19:36:39.32DHKSSogP0 (3/13)




 ……彼の腰から、ドライバーとメモリを外した。





369 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 19:37:17.19DHKSSogP0 (4/13)

「…え?」

「ご苦労さまでした、力野徹」

 彼女はいつもの無感情な声で言うと、ドライバーとメモリを手に男の方へ歩み寄った。

「! だめ、だ…そっちは…」

 しかしリンカは構わず、奪ったそれらのガジェットを、男に差し出した。

「『ガイキ』。事前の計画通り、ファンタジーメモリとロストドライバーを回収しました」

「おう、ご苦労」

 ガイキと呼ばれた男は、興味無さそうに応えた。
 リンカが、徹の方に向かって言う。

「財団Xによる、ガイアメモリ計画へのご協力、ありがとうございました。お陰様で、メモリ新造への道筋が立ちましたので、貴方との協力はここまでになります」

「ど…どういう…ことだ…」

「ミュージアムが崩壊し、T2計画も頓挫し、ガイアメモリ計画は長らく凍結となっていました。最初私たちは、破棄された計画の残滓が他の計画を邪魔することを危惧して、対象の組織を殲滅することを目的に動いていました。しかし、メモリの新造が可能となれば話は別です。組織の主導権を財団が奪還し、再び計画を始動することにしました」

「! じゃあ…あんたたち、これから」

 リンカは目を細めた。

「…無軌道な暴力は殲滅します。メモリの力は、正しく理性的に用いられます。ご安心ください」

「待て…よ…!」

 少しずつ、体力が戻ってきた。どうにか体を起こすと、徹は叫んだ。

「正しい、使い方なんてあるかよ…ガイアメモリは、この町からなくす…じゃないと」

「貸与していた、ドライバーとメモリは返却していただきます。命までは奪いません。貴方は…全て忘れて、明日から元の生活に戻りなさい」

「ふざけるな!! それで良いのかよ、あんたは…」

「帰って!」



370 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 19:37:47.06DHKSSogP0 (5/13)

「!?」

 突然、リンカが声を張り上げた。はっとその顔を見ると、彼女の目元が小さく震えていた。
 その少し後ろでは、ガイキと蜜屋が、じっと2人のやり取りを眺めていた。ガイキの手には、深緑色のメモリ。『良いならいつでも殺すぞ?』と言わんばかりに、とんとんとメモリを指で叩く。

「お願いだから…」

「リンカ…」

 震える手を床に突き、力を振り絞って立ち上がる。そして、リンカに何か言葉をかけようとした時

 彼の隣を、何かが猛スピードで駆け抜けた。

「!」

 ピンク色の風が、リンカに向かって突進する。そして、絶叫しながら懇親の飛び蹴りを見舞った。

「貴女は…っ!」トゥルース

 咄嗟に変身し、防御したリンカの腕に蹴りが突き刺さる。声を上げる間も無く、彼女の体は後ろの壁まで吹き飛ばされていった。
 突然の闖入者は、徹を庇うように立ちはだかると、怒りに燃えた声で怒鳴った。

「…殺す。殺す、殺す、殺す殺す殺すっっっ!!!」

「ミヅキ…?」

 ミヅキは、綺羅びやかなピンク色のメモリを掲げた。

「よくも…よくもあたしから、彼を奪っといて…ゴミクズみたいに、捨てたな! てめえらは殺す! ぐっちゃぐちゃにして殺す!!」

『ラビット』

 しかし彼女は、それをコネクタに挿さず、更にもう一本のメモリを掲げた。
 それを見た蜜屋とガイキの顔に、初めて動揺が浮かんだ。

「!? それは」

「おいおい、いつの間に完成してたのかよ…?」

 七色の、サイケデリックな光を放つガイアメモリ。徹やガイキの所持する、仮面ライダーのメモリと同じ形状をしたそれには、もつれ合う2人の人間が『X』の字を形作っていた。
 ミヅキが、徹を振り返った。

「ちょっと待っててね。こいつら殺して、それから一緒に帰ろ」

「待て、止めろ…」

 ミヅキが、2本目のメモリのスイッチを押した。


371 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 19:39:21.89DHKSSogP0 (6/13)




『エクスタシー』





372 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 19:40:07.44DHKSSogP0 (7/13)

「っ…」

 ミヅキの体が、一瞬、強張る。それでも彼女は両手でスカートの裾を掴むと、顔の高さまで大きく捲り上げた。
 彼女の腿には、ラビットメモリのコネクタがある。しかし今、何も無かった方の腿にも、黒い生体コネクタが刻まれていた。

「はぁっ…はぁっ…っ」

 スカートの裾を咥え、2本のメモリを振りかざす。

「エクス…タシィィィィッッッ!!」

『ラビット』『エクスタシー』

「っ、あっ…あ。ああっ…ああああああっっ!!」

 メモリを挿した瞬間、その体がガクガクと震えだした。丸見えの白いショーツに、染みが広がり、震える太腿の間をびちゃびちゃと音を立てて滴り落ちた。

「ああっ、うっ、くあっ、あぁんっ…ああああっ…」

 失禁しながら痙攣するミヅキ。その体を、ピンクと紫の光が包み…やがて、毒々しい紫の、兎の怪人へと姿を変えた。

「はぁ…っ…うああああああっっっ!!!!」

 金切り声を上げたその瞬間、ラビットドーパントの姿が消えた。

「!? …ぐわっ!」

 瞬きする間も無く、ガイキと蜜屋の体が吹き飛んだ。
 ラビットは、壁際にうずくまるトゥルースドーパントに狙いを定めると、超高速で突進し、飛び蹴りを浴びせた。

「く、うぅっ…!」

「死ね! 死ね! 殺す!」

 かざした杖が、蹴り折られる。ラビットドーパントは執拗に、何度も蹴り続ける。

「お前だけは…絶対殺す…!」

 遂に倒れ伏したトゥルースドーパント。ラビットは空高く跳び上がると、トドメの一撃を見舞わんと、足を振り下ろし…

「…ぐっ…!」

 しかし、それが敵の背中に突き刺さる前に、空中で飛び蹴りが彼女を襲った。



373 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 22:40:00.37DHKSSogP0 (8/13)

『コータめ、余計なことしやがって』

 ラビットの前に着地したドミネーターが、舌打ちする。ラビットはすぐに立ち上がると、ドミネーターにキックを放った。

「殺す! お前も殺す! みんな殺す!!」

『おう、やってみろ!』

「止めろミヅキ! もう、止めてくれ…」

 しかし、2人は戦いを止めない。目にも留まらぬ速さで飛来するキックを、ドミネーターは正確に防いでいく。

『甘い!』

 ハイキックを片手で捕らえると、その足をぐいと捻った。ところがラビットドーパントはその場で跳躍すると、体ごと回転させ、その上自由な足でドミネーターの側頭部に回し蹴りを叩き込んだ。

『うぐっ…やるじゃねえか…!』

 首をゴキゴキと鳴らし、拳を構え直す。

『どらぁっ!』

「ああああっ!」

 ドミネーターが正拳を、ラビットが飛び蹴りを、それぞれ打ち込む。拳と足がぶつかり合い、火花が散った。

『らあっ! でえやっ!』

 ボディブロー、アッパー、フック。今度はドミネーターの連撃がラビットを追い詰める。

「くっ、うっ、ああっ!」

 突然、ラビットがその場に膝を突いた。

『はっ…楽しかったぜ…』

 片足を大きく振り上げ、彼女の頭を踏み砕かんとする。が

「…っっっ!!」

『ぐぇっ!?』



374 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 22:40:28.65DHKSSogP0 (9/13)

 無防備な腹に、ミサイルの如き頭突きが深々と突き刺さった。

「はぁっ…殺す…殺すぅっ!!」

 倒れたドミネーターの胸を、強く踏みつける。トドメとばかりに、片足を振り上げたその時

「…ぐっ!?」

 突然、彼女が胸を押さえて固まった。
 見ると、その胸には巨大な棘が刺さっていた。

「何を遊んでいるの」

 歩み寄ってきたのは、女王蜂。毒針の飛び出た右腕を、顔の前に掲げている。

「本当に。あなたは、最期まで出来の悪い生徒だったわね」

「ぐっ…あっ、があぁっ…」

 悶え苦しむラビットドーパント。
 拘束を脱したドミネーターが、舌打ちしながらメモリをドライバーから抜いた。

『けっ、ままならねえや』

 メモリを、今度は右手のグローブにあるスロットに挿し、左の掌で叩く。

『ドミネーター! マキシマムドライブ』

 右の掌を、苦しむラビットドーパントに向ける。すると、彼女の太腿から七色のメモリが抜け、彼の手に飛んでいった。

「! あぁっ…」

 兎の体から紫色が抜け落ち、元の薄桃色に戻っていく。
 ドミネーターが右手でメモリを握りしめると、メモリからスパークが弾けて、彼の手に吸い込まれていった。

『…ほう、まだ立つか。良いじゃねえか』

 彼は、ゆっくりと彼女の方へ歩み寄った。

「! 止めろ…止めろ! もう…」

 叫ぶ徹。
 ドミネーターが、メモリを握った手を、腰溜めに構える。そして

『…でえぇやあぁぁっっっ!!!』



375 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 22:40:54.92DHKSSogP0 (10/13)

「ぎゃああぁぁあぁああぁっっっ……!!」

 至近距離のパンチが、彼女の胸を貫いた。薄桃色の体が、何度も爆ぜた。毛が抜け、皮が剥がれ、耳が弾け飛んだ。
 そして……そこにいたのは、血塗れで横たわる、小さな少女であった。

「ミヅキ…ミヅキ…?」

 足を引きずって、徹が彼女の元へ駆け寄る。

「ミヅキ! おいミヅキ!!」

 動かない彼女を、どうにか抱き起こす。
 ミヅキが、薄く目を開けた。

「…仮面、ライダー…さん」

「ミヅキ、しっかりしろ! ミヅキ…」

 彼女は、虚ろな目で彼の姿を認めると、血と一緒に言葉を零した。

「…あたしがいなくなったら…寂しい?」

「寂しいに決まってるだろ! だから死ぬな、しっかりしろ…っ!」

 ミヅキは、弱々しく微笑んだ。

「そう。……よかっ、た…」

 その、口元から。目元から。力が抜け…

「ミヅキ…ミヅキ! おい! ミヅキ…!!」

 徹は、彼女の体を抱き上げると、よろよろと倉庫の出口を目指した。

「帰ろう…もう、休もう…」

 ガイキは鼻を鳴らすと、蜜屋の肩を掴んで奥へと引っ込んでいった。リンカは、蹴られた腹を押さえながら、無表情に逃げていく2人を見つめていた。


376 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 22:42:07.26DHKSSogP0 (11/13)

「帰るぞ…一緒に…もう、これ以上…」



 徹の腕の中で、ミヅキの体がどんどん軽くなっていく。

 さらさらと音を立てて、彼女の体が崩れていく。___彼の腕から、落ちていく。



「嫌だ…ミヅキ…ああ…」



 土砂降りの集積所。傷だらけの彼の腕に遺されたのは、ピンク色のガイアメモリだけだった。



「ああ…あぁ……ああああああああ…!!!」



 殴りつけるような雨の中、ボロボロのメモリを胸に抱いて、徹は吠えるように泣き叫んだ。


377 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 22:43:44.86DHKSSogP0 (12/13)

『Dの闖入/砕けた命』完

今夜はここまで


378以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/07(土) 22:49:17.434R8vdsKUO (1/1)


これミヅキはガチの退場なのかお母様に産み直してもらうのか
と言うか仮面ライダーじゃなくなった徹はこの先生きのこれるのか


379 ◆iOyZuzKYAc2019/09/07(土) 23:00:18.32DHKSSogP0 (13/13)

『仮面ライダードミネーター』

 『支配者』の記憶を内包するガイアメモリで、財団Xのエージェント・ガイキが変身した姿。深緑色の軍服めいたスーツに、黒い防弾ジャケットとブーツ、灰色のグローブを身に着けており、ガスマスクめいた複眼マスクの上から臙脂色のベレー帽を被っている。
 エターナルメモリのように、他のガイアメモリを支配する能力を持っているが、変身態でその力が常に発揮されているわけではなく、マキシマムドライブの時にのみ行使することができる。しかし、能力を使わずとも純粋な身体強化だけで並大抵のドーパントを圧倒することができ、特に戦闘狂のガイキは強化された肉体による格闘戦の方を好む。
 必殺技は、極限まで強化された脚力によるストンプ攻撃『ドミネーター・インフリンジ』と、相手のメモリを強制的に抜去し、メモリの力を吸収する『パーフェクト・ドミネーション』。後者は、吸収した力を相手に叩き込む二段攻撃も可能。但し、自分より適合率の高い相手からはメモリを奪うことができず、そもそもガイキ自身がこの技をあまり好まない。ミヅキに対して使用した時には、殆ど癒着と言っていいレベルで適合していたラビットメモリは奪えず、使ったばかりのエクスタシーメモリだけを奪う結果となった。
 メモリの色は深緑。刃のような字で『D』と書かれている。


380以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/07(土) 23:00:32.76Aq/xQ2zY0 (1/1)


ミヅキの退場悲しい…
これ途中の選択肢で先生の方を選んでいたら立場が逆になったのかな?


381以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/07(土) 23:13:26.93+5XkFa9jO (1/1)

おおう……退場なのかどうなるのか
この状況からどうやって逆転できるのか


382以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/08(日) 08:05:04.74FXClcXRCO (1/1)

空気読まずにチートをぶん投げる
ゼニス・ドーパント

『頂点』の記憶を宿したガイアメモリで変身したドーパント
巨大な剣を携え、背にはマントをはためかせたヒロイックな容姿だが、色はベタ塗りの様な黒一色
他のメモリを使用すると、変身後は異形となる事が珍しいドーパント態においては逆に異質な勇ましい姿となっている

このメモリの何よりも特異な点は、『自分よりも格下のメモリからの干渉を受けない』事
A~Zのメモリ。即ちゼニスメモリ以外で変身したドーパント等の特殊な力はこのメモリには通用しない
メモリの能力頼みのドーパントや仮面ライダー等はそれだけで殺されたも同前であり、成す術なく薙ぎ倒される
本体の出力自体も他のメモリとは桁違いのパワーであり、ただ剣を奮うだけでも凄まじい驚異と成りうるだろう
正しく、ドーパントの頂点。並みの相手では足元にすら届かない天上のメモリ

まともに対抗できるのはメモリの中でも最高ランクのゴールドメモリの数々
もしくはこのメモリに左右されない力を持つ、ある『J』の記憶が宿ったメモリ。あるいは頂点に挑もうとする勇者……
メモリの色は金をも塗り潰すという意味で漆黒。下の道から伸びる階段。そしてその上に更に続く道で『Z』になっている

奇しくもこのメモリを超えうる力を持つと推測されるメモリの色も、また同じく黒である


イメージはラスボス手前の準ボスか最強フォームのサンドバッグ
正直盛りすぎた感が否めないのでもし使用される際に適宜デチューンしてくださるとありがたいです


383以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/08(日) 09:02:11.89FHqBvjsC0 (1/1)

思いついちゃたので投稿

ゼノ(XENO)メモリ

『異端』の記憶を宿したガイアメモリで、単独ではなく別のガイアメモリと組み合わせて使うのが前提のメモリ
このメモリの特徴的なのは単純に他のメモリを強化するのではなく、メモリに本来想定されていない『異端』な力を使用可能にさせるという点。
例えば『熱さ』を内包するヒートメモリと同時に使用すると、『零度以下』の『熱さ』……つまり冷気の力も使用させられる。(ある意味拡大解釈に近いかも?)
当然、本来想定されていない力を引き出すので同時使用したメモリには相当負荷をかけるため1回で壊れる可能性も高く、下手をしたらメモリの毒素で使用者が廃人になる可能性もある。


384 ◆iOyZuzKYAc2019/09/08(日) 09:29:03.34KKcmRQqT0 (1/1)

『エクスタシーメモリ』

 『絶頂』の記憶を内包する、母神教によって造られた新造の次世代型ガイアメモリ。エクストリームに継ぐ、第二の『X』のメモリ。
 単独で使用すると、たった1回で脳を完全に破壊し、廃人となってしまうほどの快感を与える。そのため、エクスタシードーパントというものは存在しない。しかし、一部のメモリと組み合わせて使うことで、能力を大幅に向上させることができる。特に、死ぬまで発情期の続く『ラビット』や、性欲の対象となりやすい『アイドル』、そのまま『ラースト(性欲)』などとの相性が良い。
 しかし、それすらも副産物でしかなく、母神教の首魁がこのメモリを造らせた目的は、もっと別にあるようだ。
 メモリの色はサイケデリックな虹色。絡み合って身悶えする男女が『X』の字を形作っている。



 ちなみに、エクスタシーの綴りは本来"ecstasy"であるが、このメモリでは"Xtasy"となっている。


385以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/08(日) 09:42:07.64P2OWLt9FO (1/1)

ハーピィレディだ(遊戯王並感)


386以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/08(日) 20:12:20.26v0wRr0ZC0 (1/1)

悲しきエクストリーム枠かぁ……


387 ◆iOyZuzKYAc2019/09/11(水) 22:06:14.88LapuAGZv0 (1/8)

 気が付くと彼は、警察に保護されて病院にいた。

「…」

「力野さん…何があったか、そろそろ教えてくれないか」

 呆然とベッドに横たわる徹に、植木が話しかけた。

「…」

「なあ…それにリンカさんは、どうしたんだ?」

「! …」

 徹が、虚ろな目で植木を見た。それから、ぽつりと言った。

「…不器用な奴」

「はぁ?」

「あんな顔するくらいなら…最初から、裏切らなきゃ良いのに…それか、さっさと俺のことなんて、捨てちまえば良かったんだ…」

「…まさか、彼女が裏切ったのか」

「…」

 徹は何も言わず、頭まで布団を被ってうずくまってしまった。



388 ◆iOyZuzKYAc2019/09/11(水) 22:06:50.87LapuAGZv0 (2/8)




 一体、どれほどの時間こうしていただろう。枕元に忍び寄る足音に、徹は目を覚ました。
 傷の痛みに耐えながら、枕元の電灯を点ける。

「…!」

「こんばんは、仮面ライダーさん」

 そこに立っていたのは、友長真澄…もとい、成瀬ヨシノ。即ち、母神教の首魁、『お母様』その人であった。

「何で、あんたがここに」

「愛しい子の、お顔を見に」

「…」

 徹は体を起こし、ベッドの縁に座った。

「…今のあんたは? 『友長真澄』か? それとも『お母様』か?」

「その二つに、違いはありません。揺らぐことも」

「じゃあ、今も変わらず『お母様』なんだな? …」

 年を押した上で、徹は尋ねた。

「…蜜屋を見張ってたな。部下なのに、信用してなかったのか」

「子を心配するのは、母の常です」

 そう言うと成瀬は、徹の手を掴んで立たせた。
 その背中から、白い光が溢れ出す。

「おい…何をする気だ」

「帰りましょう、愛しい子。…母は今、深い悲しみを感じています」

「ミヅキが、死んだからか」

「…」

 光が、成瀬と徹を包み込む。



389 ◆iOyZuzKYAc2019/09/11(水) 22:07:17.90LapuAGZv0 (3/8)

 やがて2人は、真っ白な空間に佇んでいた。

「ここは…」

「母の、記憶の世界です」

 成瀬がそう言うと、どこからともなく無数の本棚が出現し、2人を取り囲んだ。

「! まさか、ここは」

「母は、全ての母ですから…全て、知っているのですよ」

 本棚がするするとスライドし、遠ざかっていく。その中で、一つの本棚が2人の前に移動してきた
。大きな本棚には、たった一冊だけ本が置かれていた。

「もちろん、あなたのことも」

「これは…」

 手に取ると、革張りの表紙には『力野徹』と書かれていた。
 ぱらぱらと捲ると、そこに記されていたのは、彼が今まで歩んできた人生。あるページで、紙を捲る手が止まった。

「…」

 炎上する高層ビル。溶解するコンクリート。誰かに引きずられながら伸ばした手の先で…両親が、マグマの下に消えた。

「…風都…超常犯罪…」

 仮面ライダーは、彼を、彼の両親を、救ってはくれなかった。当時高校生だった彼は、その時から明確に、風都を憎むようになったのだ。

「…」

 本を閉じ、棚に戻す。
 いつの間にか白い空間は消え、徹と成瀬は、薄暗い祭壇の前に立っていた。

「…ここが、母神教の本拠地か」

「ようこそ、母の家へ」

 成瀬は、両腕を広げて歓迎のジェスチャーをしてみせた。
 徹は動かず、また質問した。

「何故、俺をここに連れてきた?」

「病院で寝ているより、ここで待っていれば、あなたの求めるものが来てくれるのでは?」

「!!」



390 ◆iOyZuzKYAc2019/09/11(水) 22:09:07.58LapuAGZv0 (4/8)

 徹は、はっとなった。
 財団Xが、ガイアメモリの新造能力を求めているとしたら、邪魔な仮面ライダーを排除した後に来るのは、その能力を持つ『お母様』の所に違いなかった。
 徹が何か言いかけたその時、成瀬が突然、自分の着ているシャツのボタンを外し始めた。

「!? 何を」

 シャツの前をはだけると、黒いブラジャーのフロントホックを外した。細い体に不釣り合いなほどに豊満な乳房が露わになり、徹は思わず目を逸しかけた。
 しかし、逸らせなかったのは、大きく膨らんだ胸の谷間に、黒い生体コネクターがくっきりと刻まれていたからだった。
 成瀬が、両手を胸元にあてがった。

「っ、く…ぅぅっ…!」

 徹は最初、メモリを挿すところを見せるのかと思った。しかし、実際はその逆であった。
 歯を食いしばる成瀬。そのコネクタから、金色のメモリがゆっくりと顔を出した。

「!」

「くっ…ああぁっ…!」

 苦しげな声を上げながら、メモリを引き抜くと、成瀬はそれを徹に差し出した。

「これは…」

 金色の筐体。リンカのそれと同じ、ゴールドメモリである。そこに描かれているのは、1人の赤子の絵であった。

「…いや、これは」



391 ◆iOyZuzKYAc2019/09/11(水) 22:09:40.86LapuAGZv0 (5/8)

 よく見ると、その赤子は2本の腕に抱かれている。両腕に抱いた赤子を、母親の視点から見た絵なのだと、徹は察した。そして、赤子を抱く2本の腕は、『M』の字に組まれていた。



「母神教の首魁が所持するメモリ、その名称は『マザー』です」

「電話でも聞いたが、まんまだな」

 ソファに深々と沈みながら、ガイキが欠伸混じりに返した。

「ミュージアム最初期に造られたにも関わらず、現在に至るまで放置されてきたゴールドメモリです。人間の遺伝子を体内に取り込むことで、胎内でクローンを育成し、出産するなどの能力を持ちます」

「うわキモ。…そいつが何で、地球の本棚にアクセスする権限を持ってやがる?」

「神話の神々にも、母親は存在します。特に、ギリシャ神話の主神ゼウスの母は、地母神ガイアです」

「クレイドールエクストリームがヒトと地球を繋ぐ巫女なら、マザードーパントは地球そのものってわけか。……こじつけにも程があるぜ」

「無論、ただの使用者がその領域に到達することは不可能です。成瀬ヨシノとマザーメモリの適合率は、99.9%以上……或いは、100%かも知れません。抜去はほぼ不可能でしょう。メモリブレイクは、成瀬の死を意味します」

「しねえしねえ。要は生かしたまま、言うこと聞かせりゃ良いんだろ?」

 ガイキが言ったその時、1人の少年が割り込んできた。

「ガイキさん、準備ができました」

「あいよ」

 彼はソファから立ち上がると、リンカの肩を叩いた。

「おら、行くぞ」

「…はい」

 リンカは、小さく頷いた。
 部屋を出て、少年に続いて廊下を進むと、正方形の広い部屋に出た。白いリノリウムの床には、囲碁や将棋の盤面めいて、黒い線が等間隔に引かれている。



392 ◆iOyZuzKYAc2019/09/11(水) 22:10:36.12LapuAGZv0 (6/8)

 よく見ると、その赤子は2本の腕に抱かれている。両腕に抱いた赤子を、母親の視点から見た絵なのだと、徹は察した。そして、赤子を抱く2本の腕は、『M』の字に組まれていた。



「母神教の首魁が所持するメモリ、その名称は『マザー』です」

「電話でも聞いたが、まんまだな」

 ソファに深々と沈みながら、ガイキが欠伸混じりに返した。

「ミュージアム最初期に造られたにも関わらず、現在に至るまで放置されてきたゴールドメモリです。人間の遺伝子を体内に取り込むことで、胎内でクローンを育成し、出産するなどの能力を持ちます」

「うわキモ。…そいつが何で、地球の本棚にアクセスする権限を持ってやがる?」

「神話の神々にも、母親は存在します。特に、ギリシャ神話の主神ゼウスの母は、地母神ガイアです」

「クレイドールエクストリームがヒトと地球を繋ぐ巫女なら、マザードーパントは地球そのものってわけか。……こじつけにも程があるぜ」

「無論、ただの使用者がその領域に到達することは不可能です。成瀬ヨシノとマザーメモリの適合率は、99.9%以上……或いは、100%かも知れません。抜去はほぼ不可能でしょう。メモリブレイクは、成瀬の死を意味します」

「しねえしねえ。要は生かしたまま、言うこと聞かせりゃ良いんだろ?」

 ガイキが言ったその時、1人の少年が割り込んできた。

「ガイキさん、準備ができました」

「あいよ」

 彼はソファから立ち上がると、リンカの肩を叩いた。

「おら、行くぞ」

「…はい」

 リンカは、小さく頷いた。
 部屋を出て、少年に続いて廊下を進むと、正方形の広い部屋に出た。白いリノリウムの床には、囲碁や将棋の盤面めいて、黒い線が等間隔に引かれている。



393 ◆iOyZuzKYAc2019/09/11(水) 22:11:03.89LapuAGZv0 (7/8)

 その部屋の中心に立つと、少年は一本のガイアメモリを取り出した。

『ゾーン』

 少年の体が、小さな黒いピラミッドめいた形状になり、宙へと浮かび上がる。
 次の瞬間、白い床からホログラムのように、建物や道路の小さな映像が現れた。それはよく見ると、北風町の全体図を精巧に投影したものであった。

「…俺は止めねえぜ」

 突然、ガイキが口を開いた。

「何がですか」

「とぼけるなよ。…未練たっぷりなんだろ? あいつに」

「…」

 リンカは、何も言わない。
 彼らの足元で、ある一件の建物が点滅し始めた。それは、母神教の本部であった。

「では、転送します…!」

 頭上で、黒いピラミッドが宣言した。
 と、瞬く間に2人の体が、点滅する建物の映像に吸い込まれて、消えた。


394 ◆iOyZuzKYAc2019/09/11(水) 22:11:34.07LapuAGZv0 (8/8)

今夜はここまで


395 ◆iOyZuzKYAc2019/09/13(金) 23:25:06.34tz1p4c9m0 (1/1)

ゆるくない募

>>351みたいなオーパーツ系のメモリ

今週末は更新できなそう


396以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/13(金) 23:52:58.94wzflFxp50 (1/1)

ストーンヘンジ・ドーパント

「ストーンヘンジ」の記憶を持つメモリの力で変身するドーパント
身体は直立巨石に手足が生えているだけなので一見弱そうに見える
ストーンヘンジの成り立ちには諸説あるが、古代の天文観測所という見解を強く発揮しており、空の見えるところで夜には星座の力を借りる強力な力を持つ
例えば射手座が出ているときにはボウガンの様な強力な射撃部気がしようで着たり、蛇つかい座が出ているときにはエナジーの蛇を扱ったりすることもできる。
なら、昼に戦えばいいのかというとそんな単純な話でなく、太陽礼拝の意味もあったという話による記憶から太陽の力を一部使うことが出来たりもする。

ゾディアーツではない。



397以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/14(土) 00:14:37.90pCR8YhLB0 (1/1)

お疲れやで……

ピラー・ドーパント
『柱』、なかでも錆びない鉄柱のオーパーツとして知られる『アショカ・ピラー』の記憶を内包するメモリの力で変身する。
黒鉄色のメモリで、パルテノン神殿のような柱の意匠がPの字を描いている。
ドーパント体も黒鉄の、胴体にあたる一本と、両腕の位置に浮翌遊する二本の合計三本の鉄柱になる。
ドーパント状態で胴体部は地面に刺さり全く移動することはできないが、折れず、錆びず、敵からの干渉をほとんど受けない
両腕の二本の鉄柱は、蛇神ヴァースキを貫いているとする伝説にちなんで、槍やパイルのように射出でき、固定砲台として機能する。


398以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/14(土) 10:18:55.53sBDxg8KaO (1/1)

ヴィマーナ・ドーパント


神々の持つ空飛ぶ戦車『ヴィマーナ』の記憶を内包したドーパント
戦車、車、飛行機、宮殿等の諸説あるが、このメモリでは主に空中戦車としての面が強い
ドーパント体は非常に巨体であり、数十人乗り込んでもまだ余裕がある程頑強。そしてどれだけ無理な旋回をしても振り落とされない
火炎と水流を放射する攻撃を得意とし、上空からの空爆だけで甚大な被害を巻き起こす
メモリの色は火を表すオレンジ。戦闘機が空気をかき分け、そのかき分けた衝撃がVの字となっている


399 ◆iOyZuzKYAc2019/09/14(土) 17:18:24.22HlPuoY2x0 (1/1)

ネブラを採用するにあたって、相方が欲しいんだ
ネタバレすると、変身者は若い女

現時点ではヴォイニッチが浮かんでる


400以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/14(土) 18:15:22.244mU/SF5YO (1/1)

ヴォイニッチで良いと思うけど・・・案を置く

モナリザ・ドーパント

「モナリザ」の記憶で変身するドーパント
見た目は長髪の聖母の様な女性で杖を所持している
モナリザ・・・ガレリオのモナリザには不思議な点がある。それは恐竜らしきものが描かれているということだ。あの時代にどのようにして恐竜を知ることが出来たのか・・・謎に包まれている
その為かこのドーパントも恐竜態に変身することが出来る


401以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/15(日) 02:33:58.359WYe3VJVO (1/1)

ゆるくなくモチーフ指定したらめっちゃ集まってて草


402 ◆iOyZuzKYAc2019/09/15(日) 08:12:38.93XQ6LdapB0 (1/1)

(PC無いから更新できないけど、集まったアイデアを見ると書くのが楽しみになる)

(ストーリー展開まで安価したスレを今まで散々エタらせてきたけど、このくらいの安価でも自分の思いもよらない展開に繋がって楽しい)


403以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/15(日) 16:20:15.14SiWZ6axDO (1/1)

そういや今までどれだけ採用されたんだっけ
もう7~8くらい採用されてる?


404以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/15(日) 17:11:36.97kQId8ESUO (1/1)

>>403
カートゥーン
ファンタジー
アイドル
オーケストラ(提案時バンド)
クエスト
リインカーネーション
セイバー
トゥルース、ティーチャー
ワイルド

名前募集のもの含めてこれくらい採用されてるかな。漏れてたら失敬


405 ◆iOyZuzKYAc2019/09/17(火) 20:23:41.61ZkCaa3cg0 (1/7)

 次の瞬間、2人は薄暗い聖堂の真ん中に立っていた。祭壇のあるべき部屋の前方には、分厚い虹色のヴェールがかかっている。そこから、一つの人影が透けて見えた。

”待っていましたよ、子どもたち”

「財団Xです。アポイントも取らずに申し訳ありません。私たちは、貴女がたと取引を」

「よお、お母様とやら!」

 ガイキが、大声で割り込んだ。

「俺たちに従え。さもなきゃ殺す」

”…”

 あまりに乱暴な言い方に、ヴェールの向こうの人影は絶句し、リンカは溜め息を吐いた。

”…母は、あなた方を愛したい”

「好きにしろよ。だが、俺たちの言うことには従ってもらう」

「現時点で、私たちの利害は衝突しないと考えています。どうでしょうか。…貴女が、ガイアメモリをこの町に広げる理由を、聞かせていただけますか」

 リンカの問いかけに、人影がゆらりと動いた。

”母は、全てを愛しています。全ての母であるが故に。ですが…”

「何か問題が?」

”子は多く、母は独り。全てを愛しても、それは伝わり難い…現にミヅキは、誰よりも愛を求めていたのに、母はそれに応えられなかった…”

「挙げ句、仮面ライダーとやらに寝取られちまったな。ははっ!」

”まさか。兄妹が睦み合うことを嫌う母がいましょうか”

「…」

 ガイキは、うんざりした顔でリンカを見た。

「…それで? 結論は」

”ガイアメモリは、母の知恵。一度でも触れたものは皆、母の腕の中。腕の中で……一つになる”

「なるほど、そりゃあ良い」

 ようやくガイキが頷いた。

「目指すところは大体一緒だな。よし、交渉成立……っぐ!?」

「っ!」

 手を叩こうとしたその時、彼が呻き声を上げた。一拍遅れて、リンカがその場に膝を突いた。



406 ◆iOyZuzKYAc2019/09/17(火) 20:24:09.19ZkCaa3cg0 (2/7)

「もちろん、君たち2人も一緒だよ」

「こ、の、野郎…」

 振り返ると、そこにはシロツメクサの冠を被った、天使のような少年が立っていた。その手には、四つ葉のクローバーを模した重いメイス。

「『お母様』は必要だが、テメエはぶっ殺す…」ドミネーター!

「…やむを得ません」トゥルース

”ユウダイ。程々に、ですよ”

「はい、お母様」

 ヴェールが開き、中からマリア像めいた白い女のドーパントが姿を現した。ドミネーターとトゥルースドーパントは、拳や杖を構えてそれらと向き合った。



『…ケッ』

「っ…」

 肩で息しながら、舌打ちするドミネーター。その隣でトゥルースドーパントも、深呼吸を繰り返す。

”気負うことはありません、我が子たち。母に委ねなさい”

 ゆっくりと祭壇を降り、2人に歩み寄るマザードーパント。彼女は2人を交互に見て、それから何か言おうとして……おもむろに、後ろを振り返った。

「!」

「! お前は…!」

 そこには、右手の毒針を構え、今まさに主の背中に突き立てんとしていた、クイーンビードーパントがいた。

”母に、その毒を向けますか”

「…」

 奇襲を見破られ、狼狽する女王蜂。いきり立つクローバードーパントを制すると、マザードーパントは、一言、呼びかけた。

”…『蜜屋先生』”

「!! その声、まさかあなたは」

 白い光が、マザードーパントの体を包む。光が収まった時、そこに立っていたのは、ブラウスに白衣を纏った、自身の塾の専従医であった。

「友長…先生……ああ…」

 女王蜂は呆然と呻くと…突然、ヒステリックな声で叫んだ。

「あああっ! あと少し、もう少しだったのに!! 誰も、誰にも私は…」

 叫びながら、腕を振り上げ、そして突き出した。

「やめろ、このっ…!」

 クローバーが駆け出すが、ドミネーターに阻まれる。

”…っ”



407 ◆iOyZuzKYAc2019/09/17(火) 20:24:51.50ZkCaa3cg0 (3/7)

「はぁっ…はぁっ…」

 女の胸に、猛毒の針が深々と突き刺さる。
 女王蜂が腕を引くと、女が崩れ落ちた。

「お母様!!」

”案ずることは…あなたが、求めるなら…母、は…”

「…マザードーパントを確保しました」

 倒れた女を、変身を解除したリンカが拘束した。ドミネーターもクローバーに致命のストンプを見舞い、意識を奪う。

「よし、撤収だ」

 メモリを抜きながら、ガイキが宣言した。

「…ええ」

 3人と1人で、聖堂の出口に向かった、その時。



408 ◆iOyZuzKYAc2019/09/17(火) 20:25:18.11ZkCaa3cg0 (4/7)




「…熊笹が、死んだ」



「!?」

 リンカが息を呑んだ。



「朝塚芳花も死んだ。顔も知らないドーパントを、何人も殺した」



 たどたどしい足音。ガイキが、ニヤリと嗤った。

「へぇ、まだ来やがるか」



「ミヅキが…死んだ…!」



 聖堂に現れた、もう一つの影。汗の滲んだ病衣を着て、全身に包帯やガーゼを当てた、傷だらけの男。

「俺は!」

 男が…力野徹が、叫んだ。そして、右手を振りかざした。

「お前らを止める! 命に代えても!!」

 その手に握られているものを見て、リンカが叫んだ。

「駄目!! それだけは」



409 ◆iOyZuzKYAc2019/09/17(火) 20:26:06.07ZkCaa3cg0 (5/7)

 病衣の前を開ける。青紫の痣が広がる胸の真ん中には、黒いコネクターが刻まれていた。
 そして、右手に掴んだ最後の武器。装飾は剥がれ、筐体にはヒビが入った、ボロボロのメモリ。蝋燭の光に照らされて、鈍いピンクの光を放っている。

「済まない、ミヅキ。もう少しだけ…身勝手な大人に、付き合ってくれ」


410 ◆iOyZuzKYAc2019/09/17(火) 20:26:32.06ZkCaa3cg0 (6/7)




『ラビット』





411 ◆iOyZuzKYAc2019/09/17(火) 20:27:34.83ZkCaa3cg0 (7/7)

『逆襲のF/命に代えても』完

今夜はここまで


412以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/17(火) 21:39:48.61lxzUokIeO (1/1)

乙、これはミヅキ正ヒロインですわ
ウサギでファンタジーというと、最強フォームは不思議の国のアリスフォーム?


413以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/18(水) 18:59:03.36o4xRgd6ZO (1/1)

ところでマスカレイドとか見るに同じメモリなら誰が変身しても見た目は同じになるっぽい?
なら徹は腰から尻にかけて肉付きがいい女性的な見た目のバニーおっさんに……?


414 ◆iOyZuzKYAc2019/09/19(木) 20:57:10.634l4UuHBQ0 (1/6)

「うおおおおおおっ!!」

「やめて!!」

 駆け寄ろうとしたリンカの前に、銀色の影が立ちはだかった。

「メモコーン…!?」

 徹の胸に、ピンク色のガイアメモリが突き立てられた。その体が、黒い霧に覆われていく。

「っ、おおおっ…ああっ、くああああっっっ!!!」

 絶叫する徹。傷だらけの体が、黒い外骨格に覆われる。禍々しい外殻は、更に鮮紅色の体毛に覆われ、辛うじて歪んだ獣の形へ変わっていく。
 やがて、彼は赤と黒の、兎の魔物となった。

「はぁっ…はぁっ…おおおおおっっ!!」

 徹が…ラビットドーパントが、駆け出した。

「! 来い」ドミネーター

『おらあっ!』

「らあぁぁぁっ!!」

 飛び回し蹴りを腕で受けると、ドミネーターが拳で応戦した。更に、メモコーンが鋭い角で、ドミネーターの動きを妨害する。

「そんな…あのメモリを使って、それでも戦うというの…?」

 二人の戦いに取り残されたリンカが、呆然と呟いた。

「あれは…兎ノ原美月の内臓を、そのまま移植するようなものなのに」



415 ◆iOyZuzKYAc2019/09/19(木) 20:57:42.754l4UuHBQ0 (2/6)

「はああっ!」

『ふんっ!』

 方やキック、方やパンチで、互いを傷付け合うドミネーターとラビットドーパント。力量は明らかにドミネーターが上。しかし、メモコーンの補助で互角に渡り合っている。
 ところが、そのメモコーンが、おもむろにラビットを離れた。

「っく、邪魔を…!」

 彼が突撃したのは、クイーンビードーパント。いつの間にラビットの背後の周り、毒針を撃ち込まんとしていた。
 しかし、その隙をドミネーターは見逃さない。

『貰ったぁ!』

「ぐっ、はっ…」

 腹部にワンツーパンチを叩き込まれ、膝を突くラビット。
 ドミネーターが、メモリを右手のグローブに装填する。

『悪いが、今はお仕事中なんだよ。さっさと片付けさせてもらう』ドミネーター! マキシマムドライブ

「っ、ぐ、ああっ、あああぁっ…」

 悶え苦しむラビットドーパント。その胸からピンクのメモリが引き抜かれ、ドミネーターの右手へと飛んでいく。
 それを握りしめると、メモリから緑のスパークを吸収しながら、拳を振りかざす。

『作り主に楯突くんじゃ……ねぇっっっ!!!』

「メモコーン!!?」

 突進してくるメモコーンに、渾身の一撃を見舞う。スパークを纏った拳が頭を直撃し、メモコーンが粉々に砕け散った。



416 ◆iOyZuzKYAc2019/09/19(木) 20:58:13.624l4UuHBQ0 (3/6)

 そして…

「あ…あっ、ぁ…」

 ドミネーターの手の中で、メモリが砕け、床へと落ちていく。
 ラビットドーパントの外装が崩れ、消滅していく。

「…」

 冷たい床に、徹が倒れ伏した。

「…」

『…ま、計画に影響は無え。帰るぞ、リンカ、先生』

 倒れて動かない徹を捨てて、出口へと向かうドミネーター。ところが



「…」



『…何のつもりだ』

 今度は、リンカ。去ろうとする彼の前に、立ちはだかる。

「彼が、最後まで命を賭けるのならば…私はもはや、それを踏みにじることはできません」

『へえ』

 やっぱりな、そう言わんばかりにドミネーターが鼻を鳴らす。

『一応、お作法として言っておくぜ。……財団を、裏切る気か』

「これは、裏切りではありません」

『ほう?』

 リンカはスーツの懐に手を入れると、何かをドミネーターの足元に投げつけた。
 それは、『辞表』と書かれた白い封筒であった。

「何故なら、私は今この時を以て、財団Xを退職するからです。そう…」

 黄金のメモリと、ガイアドライバーを掲げ、毅然と宣言する。



417 ◆iOyZuzKYAc2019/09/19(木) 20:59:55.734l4UuHBQ0 (4/6)




「…寿退社です」トゥルース





418 ◆iOyZuzKYAc2019/09/19(木) 21:00:29.244l4UuHBQ0 (5/6)

今夜はここまで


419 ◆iOyZuzKYAc2019/09/19(木) 21:13:30.074l4UuHBQ0 (6/6)

正ヒロインはあくまでリンカです(断固たる意思)


420 ◆iOyZuzKYAc2019/09/20(金) 23:00:16.41ZetHopgw0 (1/4)




『おらおらぁっ! どうしたぁっ!』

「く、あっ…!」

 壁に叩きつけられ、崩れ落ちるトゥルースドーパント。拳を突き出したドミネーターの足元には、無数の羽が突き刺さったクイーンビーが倒れている。
 ドミネーターと交戦するより先に、彼女は迅速にクイーンビーを無力化した。この女王蜂の不意打ちを、間近に何度も見てきたからだ。
 果たして、それ自体は成功したものの、その程度でドミネーターの優位が揺らぐことなど無かった。

『足掻けよ、人間!』

 髪を掴んで立たせると、腹に膝を打ち込む。前のめりになったその首を掴むと、ぐいと吊り上げた。

「ぐっ、くぅっ…」

『コトブキ退社だか何だか知らねえが、宣ったからにはやってみせろよ』

「っ…く…」

 ぎりぎりと首を締め上げるドミネーター。その腕を掴む彼女の手から、力が抜けていく。

『…何だよ、呆気ねえ』

 ドミネーターが舌打ちする。彼は片手を拳に固めると、言った。

『兄弟たちによろしくな。…あばよ』



421 ◆iOyZuzKYAc2019/09/20(金) 23:02:40.11ZetHopgw0 (2/4)




「…」



 爆音。打撃音。怒声。



「…」



 崩れる音。砕ける音。倒れる音。



「…っ」



 違う。



「…こんな」



 こんなものは、求めてない。



「俺が…」



 夢見たのは。願ったのは。



「俺たち、が…」



 妄想か? 空想なのか?

 _____違う!



「…守る、この、町を……っ!」



 この想いは。この、願いは。



「……真実だっ!!」


422 ◆iOyZuzKYAc2019/09/20(金) 23:10:56.70ZetHopgw0 (3/4)

『!?』

「…!」

 突然、トゥルースドーパントの体が金色に光った。ドミネーターが咄嗟に手を離すと、彼女の体は眩い光を放ちながら、倒れ伏す徹の元へ、ゆっくりと滑っていった。

「はぁっ…くっ、はあっ…!」

「徹…」

 金色のガイアメモリが独りでに抜け、彼女の手に戻った。
 徹はよろよろと立ち上がると、彼女に向かって手を差し伸べた。

「リンカ…」

「…ええ」

 リンカは頷くと、懐からロストドライバーと、ファンタジーメモリを取り出し、その手に握らせた。
 次の瞬間

「っ!」

「!!」

 二人の手の中で、ドライバーが金と銀の閃光を放った。それだけではない。リンカの腰に巻かれたガイアドライバーまでもが、金と銀に輝き始めた。
 そして、光が収まった時…

「これは…」

「メモリのスロットが…増えた?」

 空白だったドライバーの左側に、新たなスロットが追加されていた。しかも、リンカのガイアドライバーもまた、それと同じものに姿を変えていた。
 リンカの左手に握られたガイアメモリの外装が、融けるように剥がれ落ちた。その中から現れたのは、同じ黄金の、真実のメモリ。___仮面ライダーの、メモリ。


423 ◆iOyZuzKYAc2019/09/20(金) 23:11:41.31ZetHopgw0 (4/4)

「…リンカ」

 徹は、リンカの目を真っ直ぐに見た。

「俺の空想に…俺の、夢に。……付き合ってくれるか」

「もちろんです」

 リンカは、頷いた。ぎこちなく笑んだその頬を、一筋の涙が伝った。

「貴方の願い。いえ、私たちの願い。夢から、真実にしましょう」

 徹はドライバーを装着すると、リンカの左側に立った。そして、それぞれのメモリを掲げた。



『トゥルース』『ファンタジー』



「「変身!!」」






424 ◆iOyZuzKYAc2019/09/21(土) 00:17:18.72KwtiTXI/0 (1/4)

 リンカが、ドライバーの右のスロットに、金のメモリを装填した。挿し込まれたメモリはデータの光となって消え、徹の装着するドライバーの右側に出現した。
 それを掌で押し込むと、徹は銀のメモリを左のスロットに装填した。そして、2本のスロットを、両手で左右に展開した。

『トゥルース』『ファンタジー』

 徹の体が、黒い外骨格に覆われていく。それは、騎士の鎧の下に秘められた、禍々しい魔物の姿であった。
 しかし、それが動き出すより先に、黄金の鳥のような獣が飛来し、その翼で後ろから彼を包み込んだ。翼は鎧となり、仮面となった。また、徹の体からも銀色の光が浮かび上がり、噛み合うように彼の装甲を形成した。

『…』

 金と銀の騎士。彼は、ゆっくりと顔を上げると……ふと、自分の右側に目を遣った。

『…リンカ? あれ? リンカ、どこ行った?』

”ここです”

『えっ!? いや、ここって』

”貴方の中です。…どうやら、私たちは2人で、1人の仮面ライダーを形成しているようです”

『ふ、2人で…? そんなのアリかよ!?』

”こうして有るのだからアリです。そんなことより、今は”

『!』

 はっと、前に目を向ける。
 腕組しながら律儀に待っていたと思しきドミネーターは、やれやれと言った様子で腕を解いた。

『…終わったか?』

『ああ。…今度こそ、お前を倒す!!』

『上等だ。…おらあっ!』

 ドミネーターが突進し、正拳突きを見舞う。ところが

『っ、硬ぇっ…』

『くっ…効かねえっ!』

 その腕を掴み、引き寄せてから顔面を殴りつけた。

『ぐわああぁっ!?』

 一撃で吹き飛ばされ、壁に激突するドミネーター。
 ファンタジーは追撃せず、破壊されたメモコーンに片手をかざした。
 すると、ばらばらになったメモコーンの破片と、砕け散ったラビットメモリが一所に集まり、元通りの一角獣の形に戻った。
 更に、もう片方の手をかざすと、金と銀の大剣が出現した。

『メモコーン!』

 復活したメモコーンが、彼の手元までジャンプした。それをキャッチすると、頭部から青いメモリを取り出した。
 メモリを大剣の鍔に挿し込み、変形させる。

『セイバー! マキシマムドライブ』

 高く掲げた剣から、黄金の光刃が伸びた。そして、それを…真っ直ぐに、振り下ろした。

『セイバー…トゥルーカリバー!!』

『ぐわぁぁぁぁぁっっっ!!?』

 聖堂の天井ごと、刃がドミネーターを切り裂く。
 叫び声とともにドミネーターの体が爆炎に包まれ…そして、クイーンビー諸共mどこへともなく消えた。


425 ◆iOyZuzKYAc2019/09/21(土) 00:18:09.34KwtiTXI/0 (2/4)

『逆襲のF/夢を真実に』完

今夜はここまで


426 ◆iOyZuzKYAc2019/09/21(土) 00:36:44.54KwtiTXI/0 (3/4)

『ラビットドーパント・ヴォーパル』

 ミヅキの遺したラビットメモリで、力野徹が変身した姿。外観はファンタジーの素体から、鮮紅色の毛が生え、頭部には鋭い耳が伸びている。元のラビットドーパント同様、蹴り技を主体とした戦闘を行うが、徹の戦闘経験のため拳も使うことがある。
 このラビットメモリは、ミヅキが長期間に渡って頻回に使用したものであり、もはや彼女の体の一部と言って良いほどに適合していた。このメモリを彼女以外の人間が使うことは、彼女の臓器を特別な処置なしにそのまま移植するようなものであり、普通ならば挿入した瞬間に凄まじい拒絶反応で死に至る。ガイアドライバーで毒性を軽減し、体の外ぎりぎりに留めていたリンカでさえ、人格に変調を来し、体調を崩すことになった。
 それでも徹がこのメモリを使用して生存し、あまつさえ戦闘を行うことができたのは、彼の体に残ったファンタジーメモリの因子が彼を守ったこと、そしてラビットメモリに遺されたミヅキの最期の意思が、彼の体を受け入れたからであった。
 しかし、それでも急ごしらえの戦闘態であることには変わりなく、熟練の戦士であるドミネーターの前では無力であった。パーフェクト・ドミネーションによってメモリを強制的に抜去され、メモリブレイクされることとなった。


427 ◆iOyZuzKYAc2019/09/21(土) 09:19:57.36KwtiTXI/0 (4/4)

というわけで、>>288の正解は『ダブルドライバー化してリンカと融合』でした
高適合ファンタジーの理想を現実にする力が久々に活かされた形になる


428以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 15:53:05.78aYypJTI+O (1/1)

マニュアルドーパント


manualメモリで変身するドーパント。
物の正しい扱い方を発見して教える能力を持ち、本来なら非戦闘型で見た目も白衣にだて眼鏡、そしてマスカレイドそっくりである。物にはガイアメモリも該当しており、新参者だろうと半ば発狂してようとすぐに力の扱い方を伝授させることが可能。何を優先させて教え込むかも決められる。
ギジメモリ、ドライバー等も扱い方を即時発見して使いこなせる。暗証番号等でロックされた道具に関してはさすがに時間かかる。また、地球の本棚等の自分の手に余るものに対しても扱い方を理解でき、実践はできずとも他人に教えることができる。

このmanualメモリ自体も最初は変身用ではなく、ガイアメモリ製造を効率良くする為の中継装置だった



■戦術例
 ドーパントに触れて能力や身体の扱い方を即座に教え、戦わせる。初陣マスカレイドでもアクロバティックな動きが可能になり、集団戦術で撹乱などの高度な戦術を叩き込ませることも可能。
 マニュアルドーパント自体に戦闘向けな特殊能力はないが、体術や武器の心得、サバイバル術等を自分に教え込むことでマニュアル通りにこなせる。更に変身解除しても知識と経験は残るので、毒素に汚染されるリスクを減らせることも可能。また、元々非戦闘用なので肉体よりも精神へ毒素が回りやすいが、脳の扱い方つまり考え方を調べてしまえば解決できてしまう。なおメモリブレイクされても教え込んだ知識と経験は消えない


429 ◆iOyZuzKYAc2019/09/22(日) 20:24:24.11Hx5VlaEO0 (1/5)

「この度は、大変ご迷惑をおかけしました」

 徹と植木の前で、リンカは深々と頭を下げた。

「そんな顔するなよ。あんただって、やりたくてやってたわけじゃないんだろ?」

「ですが、貴方にあそこまでの無理を強いる結果となったのは事実です」

「ちょっ、ちょっと待ってくれ」

 植木が口を挟んだ。

「私にはまだ、事態がよく呑み込めてないんだ。…リンカさんが、一度は力野さんを裏切った。でも戻ってきた、そういうことで良いのか?」

「やや語弊があります。元々私は、彼を一方的に利用し、役割を終えた後は切り捨てる予定でいました。しかし、彼と行動を共にする内に、私の心境が変化しました」

「まあ、色々あったんですよ。色々」

 強引に徹が纏めようとするので、植木は「ううむ」と唸った。

「とにかく…今は、信用して良いのか?」

「はい」

 リンカが頷く。

「…そうか。それなら良い」

 植木は、ソファから立ち上がった。そうして、応接室を出ようとした。

「どちらへ?」

「あっ、伝えてなかったかな。…力野さんが病院から消えた頃に、井野が目を覚ましたんだ」

「!!」

 徹とリンカは思わず立ち上がった。
 井野定は、元は普通の会社員であった。しかし、就職したばかりの妹が過重労働に耐えかねて自殺したことで、彼女を死に追いやった会社に復讐すべくガイアメモリに手を出し、大惨劇を引き起こした。その過程で彼は、母神教の中枢に触れたらしい。今まで捕らえてきた犯罪者の中でも、特に重要な人物であった。

「彼は、今どこに」

「まだ集中治療室だ。どうする? もう彼はメモリを持っていないが、付いてくるか?」

「…行きましょう」

 リンカが言う。徹も頷いた。



430 ◆iOyZuzKYAc2019/09/22(日) 20:24:51.78Hx5VlaEO0 (2/5)




 警察病院の集中治療室には、物々しい警備体制が敷かれていた。井野を始め、ガイアメモリ犯罪者たちが数人入院しているのもあるが、一番の原因は最奥の個室に寝かされた、1人の新患にある。
 母神教本部にて、クイーンビードーパントの毒針を受け、瀕死のマザードーパント・成瀬ヨシノ。ガイキを撃退した2人は、共に倒されたクローバードーパント・朝塚ユウダイと一緒に、彼女もこの病院に連れてきたのであった。
 しかし、徹たちの今の目的は彼女ではない。スタッフステーション近くのベッドに近寄ると、先に来て待っていた坂間が植木に敬礼した。

「…やあ」

「…」

 数本の点滴に繋がれた井野は、ベッドの上で体を起こしたまま、険しい顔で自分の手元を見つめていた。

「井野定さん、ですね?」

 徹が、声をかけた。

「…ああ」

 掠れた声で、井野は肯定した。

「貴方は…母神教の本部で、その教祖と会いましたね」

「…」

 彼は、肯定も否定もせず、逆に聞き返した。

「…おれは、死刑になるのか」

「…」

 徹は、植木の方をちらりと見た。植木は、硬い声で答えた。

「…それは、我々が決めることじゃない。然るべき裁判で決めることだ」

「…」

 井野は、再び口を閉ざしてしまった。
 3人は顔を見合わせると、その場を離れ、成瀬の方へ向かうことにした。

「今となっては、彼の証言はさほど重要ではありません」

 一番奥の個室に向かいながら、リンカが小声で言った。

「私たちは既に、『お母様』の正体、およびその能力について把握しています。何より、この先にその『お母様』自身を確保しています」

「だけど、それはあくまでカタログスペックの話だろ?」

 徹が反論した。

「そいつを友長、じゃない成瀬が、どんな風に使うのかは知っておきたい。それこそ、どうやって相手の心を捉えるのかとか、どうやって自分を『お母様』と呼ばせるまでに洗脳するのか、とか」

「…」

 考え込むリンカ。植木は、ふと立ち止まって口を開いた。

「…どうする。ある程度分かるまでは、接触は控えておくか?」



431 ◆iOyZuzKYAc2019/09/22(日) 20:26:09.66Hx5VlaEO0 (3/5)

「…確かに。今のところは、念の為そうしておきましょう」

 リンカは頷いた。



 ___その夜。固く閉ざされた、集中治療室の個室にて。
 ベッドに横たわる女に縋り付いて、一人の男がむせび泣いていた。

「ああ、おいたわしやお母様…まさか真堂さんを救出している間に、このようなことになっていようとは…」

 『お母様』は、何も言わない。

「蜜屋は裏切り、真堂さんとユウダイ君は倒され、ミヅキは…あの娘は…あぁ…」

 無機質な心電図の音が、すすり泣く声を無神経に切り刻む。
 閉じた扉の外では、見張りの警官が死んだように眠りこけていた。警官だけではない。医者も看護師も、誰もが深く眠り込んで、少しも男の存在に気付かない。

「これも、我らにとって乗り越えるべき、試練なのでしょうか、お母様…」

 その時、部屋の扉を叩く音がした。

「! 誰です」

 振り返り、鍵を外して細く扉を開ける。
 向こうに立っていたのは、病衣を着た一人の男。

「貴方は…」

「井野と言う者だ。……あんたには、『アースクエイク』と言ったほうが通じるか?」

「! ああ、思い出しました。ミヅキが連れて来た」

 男は、井野を部屋に招き入れた。

「仮面ライダーの憂き目に遭いながら、よくぞ戻られました」

「おれには、もうお母様しかない。復讐も、会社も、全て失った…だからせめて、妹だけでも」

「ですが…お母様は今、このような有様で」

「…っ」

 突然、ベッドの上の女が、小さく身じろぎした。

「! お母様」

「定…あなたの…妹の、お骨を…」

「生き返らせてくれるのか!?」

「あなたの…妹なら…母、の、娘…」

「頼む!」

 井野は、ベッドの前に平伏した。

「遊香を取り戻せるなら…おれは何だってする! だから」

「…井野さん」

 男が、その隣に膝を突いた。

「貴方の想いは、しかと聞き届けました。妹さんを取り戻した暁には…共に、お母様の愛を守り抜きましょう」

 そう言うと彼は、井野に一本のガイアメモリを差し出した。
 緑青色のメモリには、円形に歪んだ線で『N』と書かれていた。

「真堂さんが、命懸けで持って帰ってきたものの一つです。…きっと、貴方なら使いこなせるでしょう」


432 ◆iOyZuzKYAc2019/09/22(日) 20:27:51.10Hx5VlaEO0 (4/5)

 井野は頷くと、メモリを掲げ…自らの左胸に、突き立てた。



『ネブラ』





433 ◆iOyZuzKYAc2019/09/22(日) 20:28:26.36Hx5VlaEO0 (5/5)

今夜はここまで

やっぱ皆さん、ミヅキには復活してほしい感じです?


434以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 20:35:31.47UcBzZ7Da0 (1/1)



個人的にはWヒロインでリンカと取り合って欲しいという思いはある


435以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 21:49:07.28h5DOwP5BO (1/1)

クール系とビッチ系で凸凹Wヒロインやってほしいなあ


436以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:14:31.25osh2geEc0 (1/1)

でも、なんかただけろっと復活しちゃうのも、あの最期を湿気らせるような
一波乱か二波乱あるか、または制限付きとか、何かはあってほしい


437 ◆iOyZuzKYAc2019/09/23(月) 15:27:13.62DDkFWd8A0 (1/6)

 『ばそ風北』の暖簾をくぐると、店主が目ざとく見つけて、声をかけてきた。

「いらっしゃい、徹ちゃんにリンカちゃん。久し振り…」

 言いかけて、ふと気付く。

「…あれ? リンカちゃん、雰囲気変わったね。それに、いつものスーツじゃないし」

「そうですね」

 リンカは頷いた。
 確かに、財団Xを抜けてから、彼女はトレードマークの白スーツを遂に脱いだ。



↓1〜3でコンマ最大 リンカの私服


438以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/23(月) 15:31:04.58VvbAv5Bwo (1/1)

「りんか」と達筆な毛質書体で書かれたブカブカのクソダサTシャツにショートパンツ


439以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/23(月) 15:34:34.47n+0oK37M0 (1/1)

ブカブカジャージにチノパン


440以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/23(月) 15:37:21.69v5QES/ISo (1/1)

こういうのと
https://apple-believer.com/mysterious-cat-t-shirt/
ジャージとスウェット


441以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/23(月) 15:38:55.24Nmv1RSQkO (1/2)

どうあってもクソダサや色物にしたいすぎる……


442 ◆iOyZuzKYAc2019/09/23(月) 15:48:35.66DDkFWd8A0 (2/6)

玄さん路線で行くのか(困惑)


443以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/23(月) 16:02:39.20LX/074rz0 (1/1)

上下統一していないから更に酷い可能性(せめてジャージセットかスウェットセット……)
これの隣を歩くって何の罰ゲーム?


444以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/23(月) 16:20:28.56h+dgq5apO (1/1)

>>1公認正ヒロインなのに玄さん路線を走るのか(困惑)
加頭は元よりガイキは熟女フェチだし財団メンバーはどっかおかしすぎる…


445意地でも金ネクタイだけは差し込むつもりだったけど流石に諦めた  ◆iOyZuzKYAc2019/09/23(月) 16:29:11.35DDkFWd8A0 (3/6)

「にしても…こういうのが趣味だったなんて」

「?」

 きょとんとするリンカ。
 濃紺のTシャツには、無数の星々や銀河、そして手前で目を見開き、何かの啓蒙を得たような猫がでかでかとプリントされている。その上から灰色のジャージを羽織り、下も同色のスウェットという、非常にラフな格好をしていた。

「流石に、この装いにネクタイは合わないかと」

「いや、そういう問題じゃなくて…ま、良いや。おっちゃん、北風蕎麦二つね」

「あいよ」



 蕎麦を待ちながら、2人はファンタジーの新たな姿について話し合った。

「ドライバーが、全く別物になったんだよな」

 テーブルの上に、2本挿しとなった新たなドライバーを置く。リンカも今、同じ物を所持している。彼女はそれに加えて、所持していたトゥルースメモリの形まで変わってしまった。

「風都の仮面ライダーが、これと同一のものを使用します」

「えぇ…」

 徹は思わず、不満げな声を出した。彼は風都が嫌いだし、それに付随して向こうの仮面ライダーに対しても良い印象を持っていない。それが、同じものを使う羽目になったこと、何より、彼自身がこの形を、リンカと2人で力を合わせて戦うという、このドライバーを求めたことが、彼にとっては認めがたい事実であった。

「どのみちドライバーもメモリも、元は一つの組織が作ったものです。重複は避けられません。ただ、個人的に一つ、解決しておきたい問題が」

「何だ?」

「名称です。これまでは、貴方の使用するファンタジーメモリに準じて、仮面ライダーファンタジーと呼称していました。ですが、ここに私のトゥルースメモリが加わるとなると話は別です」

「『仮面ライダートゥルーファンタジー』…何だか分かんねえけど、どっかから怒られそうな名前だな」

「ここで一つ、新たな名称を考えるのはどうでしょう」

「そうだな…」

 徹は、考え込んだ。



↓1〜3で>>1が気に入ったやつ 新たな仮面ライダーの名称


446以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/23(月) 16:35:06.04gttkaaGu0 (1/1)

イカロス


447以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/23(月) 16:37:21.50Nmv1RSQkO (2/2)

仮面ライダーデュアル(仮面ライダーデュアル トゥルースファンタジー)


448以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/23(月) 16:52:10.17PpeV36IH0 (1/1)

仮面ライダーフュージョン


449 ◆iOyZuzKYAc2019/09/23(月) 17:13:04.18DDkFWd8A0 (4/6)

「…『デュアル』」

「二重、二通り…そういった意味ですね。良いと思います」

「よし、仮面ライダーデュアル。それで決まりだな」

「はい、お蕎麦2人前」

「! どうも」

 慌ててドライバーを引っ込めると、テーブルの上に二杯の蕎麦が並んだ。
 2人は手を合わせると、蕎麦を食べ始めた。


450 ◆iOyZuzKYAc2019/09/23(月) 17:13:37.06DDkFWd8A0 (5/6)

今日はここまで

何故トゥルーファンタジーじゃ駄目なのかと言うと、今後トゥルーファンタジー以外の組み合わせも出てくるかもしれないからですね


451 ◆iOyZuzKYAc2019/09/23(月) 17:34:58.20DDkFWd8A0 (6/6)

『仮面ライダーデュアル トゥルーファンタジー』

 ファンタジーメモリの能力に、徹とリンカの強い想いが作用することで、彼のロストドライバーとリンカのガイアドライバーは、ダブルドライバーへと姿を変えた。また、それに合わせてリンカのトゥルースメモリも次世代型へと進化した。
 ソウルサイドにリンカのトゥルースメモリを、ボディサイドに徹のファンタジーメモリを装填し、ドライバーを展開することで変身する、新たな戦士。ファンタジーの魔物めいた素体の上からトゥルースドーパントを模した金色の鳥が覆いかぶさり、装甲となる。黄金の重厚な甲冑に、宝石の装飾が付いた綺羅びやかな外見で、ファンタジーの翼にもなる白いマントは健在。
 『空想』の力に『真実』が加わることで、『空想を真実にする』というファンタジーの能力が更に強化されている。念じるだけで破壊された物を修復したり、自在に武器を具現化したりと、その力は変幻自在。また、2本のガイアメモリに2人分の力が合わさることで、単純な出力もファンタジー単体のほぼ2倍にまで向上している。
 専用武器『イデアカリバー』は金色の刃の大剣で、鍔にメモリスロットがある。ここにファンタジーメモリやセイバー、クエストなどを挿し込むことで必殺技を発動する。


452以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/24(火) 00:30:06.50Z26lYzr2o (1/1)



今全部読んだけどこんな面白いSSあったなら早く知りたかった


453以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/24(火) 12:22:36.65SSSgc/ULO (1/1)


じゃあミズキとエッチして生まれるラビットファンタジーやリンカとミズキのレズセで出来るラビットトゥルースもあるんです?


454以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/24(火) 22:55:26.71Rd6Dw0BU0 (1/1)

イレイサードーパント

消すことに特化したドーパントであり、当該ドーパントの攻撃を受け続けると消しゴムで消すように受けた箇所が少しずつ消えてしまう。内部粛清用に開発された真っ白なEraserメモリで変身する。また、力を調節すれば相手の声帯のみや五感のみを消すこと、更には飛んでくるエネルギー体ですら消すことが可能。身体が白いゴム状でできており、ある程度は物理攻撃を吸収できる。

デメリットとして力を酷使すると身体から消しカスが発生して小さくなってしまう。消せる範囲が狭まり、そのままメモリブレイクされると変身者も小さくなってしまう。が、酷い場合は身体のあちこちが消えて出血、更に酷い場合は即死する。
アップグレードしてデリートドーパントになれるとの噂もあるが、果たして……


455以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/25(水) 11:07:45.66jAWDUQXE0 (1/1)

ホルスタインドーパント


「Holstein(乳牛)」の記憶を内包するメモリで変身する。巨乳でミルクが吹き出る。一見ギャグキャラに見えるが、突進の直撃でビル1棟を簡単に崩せる破壊力もある。

ホルスタインドーパントのミルクには微弱な幼児退行効果と、高濃度な栄養素と中毒性があり、これ無しでは生きていけなくなる人間どころか他ドーパントもいる程。逆にこれだけで生きていけるとも言える

効率よく噴乳するために過食と男性とのセックスからの妊娠がほぼ日常化しており、ホルスタインドーパントから積極的に行う。

女性が変身すれば変身解除しても巨乳化&ミルクが出るようになる。


456以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/25(水) 12:46:03.51+VlKks72o (1/1)

『ナイトドーパント』

騎士の甲冑を纏った人型の蝙蝠の様なドーパント。
使用するメモリが『Knight(騎士)』と『Night(夜)』の二種類の異なる記憶を内包する特殊なメモリ(類例:親子丼ドーパント)。メモリの色は紺色。

『Knight』の高度な剣術及び騎乗術、防御力の高さと『Night』に含まれる『バット』の超音波『ヴァンパイア』の吸血や飛行能力等複数の能力を持つ

強力なメモリだが精神汚染の影響が強く『Knight』による正々堂々とした騎士道精神『Night』による卑怯で陰鬱な非道さを同時に反映される為、精神が耐えられず廃人になる事が多く、耐えられても二重人格になる等人格が破綻する


457 ◆iOyZuzKYAc2019/09/26(木) 15:32:16.27WFm+5eyi0 (1/1)

誤解しないで欲しいけど、リンカの玄さん路線は別に嫌というわけじゃないんだ
彼女は『真面目だけどどこかズレてる人』だから、そのズレがファッションセンスに現れてるという意味では当てはまる
ちなみに彼女は『非人間でありたいただの人間』でもある



(ガイキはそもそも人間じゃ)ないです


458 ◆iOyZuzKYAc2019/09/26(木) 20:45:09.72kX3/gByT0 (1/1)




「…」

 裸の胸板に頬を寄せたまま、蜜屋は黙りこくっている。

「先生でも取り乱すことがあるんだな」

 いつものような軽い口振りで、ガイキが投げかけた。蜜屋は、彼の胸に彫られた奇妙な刺青を指でなぞると、ぽつりと言った。

「…私は、良い先生になりたいの」

「ああ、知ってるよ」

「誰も虐げない、虐げられない、平和な教室…そのためには、教師が強くないといけないわ」

「そうだな」

 無関心そうに相槌を打つガイキ。蜜屋は、そんな彼の態度を気にも留めない。

「…あの娘が気がかり?」

「どいつが?」

「あの、リンカさん」

「まさか」

 彼は鼻で笑った。

「奴は半人前だよ。財団みたいなお硬い所にいるより、惚れた男のとこにいた方が、もっと伸び伸びやれるだろうさ。ま、そういう意味じゃこれからに期待はしてる」

「敵になったのに?」

「敵だから、だろうが」

 シーツの中に、手を差し入れる。蜜屋が、不機嫌そうに息を吐く。

「弱者を一方的に殺して、何になる? 弱い人間が、足掻きに足掻いて俺たちと殴り合うから楽しいんだ。…最終的に、殴り殺しちまってもな」

「弱い人間、ねぇ。それは私も入っていて?」

「どうだろうな。一つ言っておくと、蜂野郎の知り合いはいたが、あんたほどじゃ無かったぜ」

 ガイキは、喉の奥でくっくっと嗤った。


459以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/27(金) 00:22:40.69rGwfioHm0 (1/1)

ソウルドーパント


soul(魂)の記憶を内包したメモリで変身するが、その姿と強さは変身者それぞれ。攻撃的だが防御面に劣る者、傷を癒す事に特化した者、常に燃えるが自分を見失わない者、知識と念動力に優れた者等様々である。

正確には使用者の魂となる本心を怪物として曝け出させるメモリで、心の内にストレスを溜め込む者や闇を抱える者である程、化け物として強大な力を得る。

適合率が高ければ、内心異性だったり向上心が高い場合は本当に異性へ変身できたり自分を前向きに変えるなどの素敵要素もある。


使用し続けると反動で本心を自力で表に出せなくなるデメリットがある。この点はスパイにとってはありがたい恩恵になるかもしれない。
また、人によっては体が本心についていけずに疲弊からの幽体離脱することもある。そして一部のソウルドーパントはアップグレードすればウルトラが付くドーパントになれると夢見ている


460 ◆iOyZuzKYAc2019/09/28(土) 18:34:38.82Kg0WR2II0 (1/5)




「井野がいなくなっただと!?」

 電話口で、植木が怒鳴った。

「坂間たちは何をしてたんだ! 他のスタッフもいただろう?」

 語気を荒げる植木の側で、徹とリンカは静かに、受話器から漏れ聞こえる声に耳を澄ましていた。

”それが、いつの間にか全員が眠っていて…”

「眠っていただと?」

”翌朝、医師の一人が目を覚ました頃には、既に井野のベッドは空で、代わりに一人の看護師が眠っていました。その場にいたほぼ全員が目を覚ましましたが、その看護師はまだ起きません”

「植木さん、ちょっと失礼」

 リンカは受話器を取り上げると、早口に言った。

「もしもし、円城寺です。その看護師には誰も近づけないでください。詳しいことは後ほど説明します。その際に、そちらの詳細もお聞かせ願います」

 一方的に告げると、受話器を植木に返し、徹に向かって言った。

「急ぎましょう。その看護師に、何らかの手が加えられた可能性があります」



 バイクから降り、警察病院の入り口まで走りながら、リンカが徹に尋ねた。

「熊笹修一郎が遺したメモリを覚えていますか」

「ああ。アイソポッドとかいう新しいメモリの試作品だろ?」

「いえ、今回は同封されていた別のメモリです」

「えっと…トリケラトプスとか…」

「『スリープ』というメモリがありました。それ自体は新しいものではありませんが、あの工場で量産できることに変わりありません」

「それが使われたかもしれないんだな」

 集中治療室の入り口に、坂間が立っていた。彼は2人の姿を認めると、悔しげに言った。

「私たちがいながら、みすみす逃してしまった…」

「件の看護師は」

「…井野がいたベッドだ」

 2人は坂間を置いて、集中治療室に入っていった。



461 ◆iOyZuzKYAc2019/09/28(土) 18:35:06.35Kg0WR2II0 (2/5)

 警官の捌けた集中治療室。井野の眠っていたベッドには、確かに一人の若い看護師が横たわって、寝息を立てていた。

「この看護師とスリープメモリの適合率に依りますが、おそらく徹と私なら影響を受けることは無いでしょう」

 恐る恐る歩み寄ると、徹は全身が重くなるような感覚を覚えた。

「だ、大丈夫なのか…?」

「このメモリは、使用した瞬間が最も危険です。ですが使用者以外は、遅かれ早かれ抵抗力を得て影響を脱することができます」

 言いながらリンカは、看護師の肩を掴んでぐいとひっくり返した。

「! ありました」

 露わになった彼女のうなじには、黒い生体コネクターが刻まれていた。

「おそらく、面会客を装いここまで案内させておいて、後ろからメモリを挿入したのでしょう」

 そう言って、ドライバーとトゥルースメモリを取り出す。

「どうするんだ?」

「当然、メモリブレイクです」トゥルース!

「大丈夫なのか…?」ファンタジー!

「「変身!」」

 徹の体が黒い外骨格に覆われる。リンカの体が金色の鳥の姿に変わると、徹の外骨格を更に包み込み、金色の装甲となった。これこそが仮面ライダーデュアル・トゥルーファンタジーである。

”ここは、こうしましょう”

 デュアルはドライバーからトゥルースメモリを抜くと、腰のスロットに挿した。

『トゥルース! マキシマムドライブ』

 両手をコネクターにかざし、力を込める。すると、コネクターからゆっくりと、灰色のメモリが抜けてきた。

『その力は…力? とにかく偽りだ…!』

 その手に収まった、灰色のガイアメモリ。渦巻く羊の角を組み合わせたような字で『S』と書かれている。強く握りしめると、それは簡単に砕け散った。

「…っ」

 看護師が、目を覚ました。

『! 大丈夫ですか』

「…」

 彼女は、数度瞬きすると、ふと眉をひそめた。

『? 何か…』

「う、後ろに」

『!』

 はっと振り返る。そこには、ナイフを振りかぶったマスカレイドドーパントいた。


462 ◆iOyZuzKYAc2019/09/28(土) 18:37:14.92Kg0WR2II0 (3/5)

「! …死になさい!」

 臆さず、刃を振り下ろすマスカレイド。が

「…くっ!?」

『…たあっ!』

「ぐわあぁっっ!!?」

 デュアルの装甲には傷一つ付かず、逆に彼の放ったパンチで壁まで吹き飛ばされてしまった。

「九頭さん!」

 そこへ駆け寄ってきたのは

「…仮面、ライダー」

『あんた…』

 憔悴した顔で立っていたのは、井野定。脇には、白い骨壷を抱えている。

『何で…何でそこまでして、妹にこだわるんだ!? これ以上、罪を重ねて…』

「うるさい! 復讐に手を伸ばしたばかりに、おれはもう贖いきれない罪を犯した。もう、帰るとこなんてないんだ…だったらせめて、妹だけでも!」

『妹さんは、それを望むのか!? 血に塗れた手で生き返って、喜ぶとでも思うのか』

「それを決めるのは、遊香だ…!」

「い、井野、さん…」

 よろよろと歩み寄ってきたマスカレイドドーパントに骨壷を預けると…彼は、懐から緑青色のガイアメモリを取り出した。

『! それは』



463 ◆iOyZuzKYAc2019/09/28(土) 19:15:32.39Kg0WR2II0 (4/5)




『ネブラ』



「…最初から、このメモリに出会えていれば。不要な殺人なんて、しなくてよかったんだ…」

 それから彼は、突然吼えた。シャツの前を引き裂き、左胸のコネクターに、メモリを突き立てた。
 彼の体が、青銅の重厚な鎧に覆われていく。全体的に丸みを帯びたその鎧には、無数の金の鋲が打たれており、兜には円が、肩には三日月が、そして両腕には弧を描いた線が、それぞれ金で彫り込まれていた。
 右手に斧を、左手に短剣を握ると、井野は…ネブラドーパントは、言った。

「これ以上…おれに、人を傷付けさせないでくれ…!」


464 ◆iOyZuzKYAc2019/09/28(土) 19:16:57.38Kg0WR2II0 (5/5)

『Nは帰れない/眠れる病院』完

今夜はここまで

にしても警察病院襲撃され過ぎな?


465 ◆iOyZuzKYAc2019/09/29(日) 16:29:55.185Da7Mps90 (1/11)

『…!』

「やあっ!」

 斧を左手で止めると、右手に金色の大剣、イデアカリバーを出現させる。

『もう、止めるんだ!』

 下から斬り上げた剣を、左の短剣で受け流す。そのまま斧を振り下ろした。

「止められるか! もう、止まれない…」

 大剣で、大振りの一撃を受け止める。
 と、突然、彼の腕に走る、金色の線が光り始めた。そして次の瞬間

『…っ、あぁっ!?』

 いきなりネブラドーパントの腕が、目にも留まらぬ速さで閃き、数十発に及ぶ斬撃をデュアルの体に見舞ったのだ。
 幸い、装甲の傷は軽微。しかし、衝撃が大きい。

『くっ…一体、何が』

”ネブラ…このガイアメモリが有する記憶は、『ネブラディスク』でしょう”

『ネブラディスクって、オーパーツの?』

”ええ。青銅と金で造られた円盤です。その用途は、太陽暦と太陰暦の同期という説が有力です”

『えっと、つまり?』

”2つの異なる時間流の同期、すなわち時間操作がドーパントの能力であると推測します”

『…よし、大体分かった!』

「余所見するな!」

 振り下ろした斧を、片手で掴んだ。更に剣を握った左手も掴むと、そのまま鎧の胸を蹴りつけた。

「ぐぅっ…」

『要は動けなくすりゃ良いんだろ。いくら速くても、動けなきゃ意味がない!』



466 ◆iOyZuzKYAc2019/09/29(日) 16:30:24.445Da7Mps90 (2/11)

 両腕を掴んだまま、繰り返し蹴りを叩き込む。攻撃を続けながら、ふとリンカがこぼした。

”…何かおかしい”

『うん?』

”周囲の動きが、やけに早いような”

『? …!!』

 彼女の言う意味に気付いた瞬間、デュアルは金色に光るネブラドーパントの腕を離した。途端に体が軽くなった。いつの間にか彼の体には、重力めいた反発力が働いていたのだ。
 そして、彼がネブラドーパントに釘付けになっている間に、マスカレイドドーパントが骨壷を持って、最奥の個室に向かって突進していた。

『止めろ!』

 追いかけるデュアル。しかし、その足にネブラドーパントがタックルし、動きを封じる。その腕のラインが光り、彼の動きが更に鈍くなっていく。今なら分かる。これは、先程の時間操作の逆で、デュアルに流れる時間を遅くしているのだ。

「ここは、譲れません!」

 マスカレイドとは言え、ドーパントはドーパントである。人間離れした脚力で駆け抜け、あっという間に個室の扉に辿り着き、中へと押し入った。

「お母様!」

「…」

 白いベッドの上で、『お母様』がゆっくりと目を開けた。

『! 成瀬…』

「お母様、こちらを…」

 成瀬の体が、白いマリア像めいた姿に変わる。マスカレイドが布団を剥ぎ取ると、その腹には大きな裂け目が開いていた。
 そこに、骨壷を押し込んだ。

「井野さん!」

「ああ!」

 ネブラドーパントが、デュアルの足を離した。そして今度は自分の時間を加速させると、マザードーパントの元へ駆け寄った。

「頼むぞ、お母様…」

 光る腕で、彼女の腹に触れた。



467 ◆iOyZuzKYAc2019/09/29(日) 16:30:51.305Da7Mps90 (3/11)

 すると、見る見る内にその腹が、大きく膨れ上がってきた。

『くっ…もう、止められないのか…』

「邪魔はさせませんよ!」

 マスカレイドが立ちはだかる。

”マザードーパントには、僅かな遺伝子から人間のクローンを造る能力があります”

『それで妹のクローンを…』

「お母様の中で育まれるのは、クローンなどではありません。死した子どもたちが、還ってくるのです!」

『そんなことが有るものか! お前たちは間違ってる…!』

 大剣を振り上げ、マスカレイドに斬りつけた。
 そうこうしている間にも、マザードーパントの腹では『何か』が成長を続けていく。

『邪魔だ、このっ…』

 マスカレイドドーパントを蹴り倒し、剣を叩きつけようとする。ところが、その動きが途中で止まった。

「はっ…はぁっ…」

 振り返ると、そこにはシロツメクサの少年が立っていて、無数の蔓を伸ばしていた。

『ユウダイ君…いつの間に』

「僕は、運が良いんだ…」

 クローバーの茎で、デュアルの両腕を締め付けながら、クローバードーパントが呟いた。

「この前受けた攻撃も、本当に危ない所は外れた。そして、またこうやって、お母様のために戦える…」

『それまでに、自分がどんな目に遭ったか覚えてないのか!?』

「覚えてるさ」

 彼は、憎々しげに唸った。

「僕は、惨めな人間だった。全部、あの女…蜜屋のせいだ…!」

 メイスを構え、デュアルに打ち掛かる。

『! せぇやっ!』

 それを足で打ち返すと、両腕に力を込め、蔦を引きちぎった。

「なっ」

『それだけじゃない…お前は、もっと大事なことを忘れてるんだ!』

 剣を振るい、打ち合う。突き出したメイスを払い、腹に深く斬りつけた。

「くぁっ…!」

 追いすがってくるマスカレイドドーパントをいなし、マザードーパントとネブラドーパントの元へ歩み寄る。



468 ◆iOyZuzKYAc2019/09/29(日) 16:32:03.795Da7Mps90 (4/11)

『井野!』

「もう遅い…!」

 ネブラドーパントは、マザーの腹から手を離した。既に、その腹は、妊婦のそれよりも大きく膨れ上がっており、中で何かが蠢いているように揺れていた。

「定…さぁ…」

「すまない、お母様…必ず、すぐに取り戻す!」

 そう言うと彼は、両手で短剣を握ると…



 ___マザードーパントの腹に、深々と突き刺した。



『!!? 何をする!?』

「あっ、あ゛っ、ああぁぁっ…」

 青銅の剣が、白い腹を縦に切り裂く。夥しい血が噴き出し、部屋を赤く染める。
 駆け出したデュアルの足を、マスカレイドドーパントが掴んだ。

「私だって辛い! だが、今のお母様には、子供一人産み落とす力さえ残されていないのです…!」

『だからって、何でこんなことを!』

「これが! お母様の、愛なのです!」

 血塗れの腹に両手を突っ込むネブラドーパント。ずるりと音を立てて引き出されたその手には…

「…」

「遊香…」

 一人の女が、抱かれていた。

「井野さん、引き上げるよ!」

『待てっ!』

「行かせません!」

 裸の女を腕に抱き、両腕を金に光らせるネブラドーパント。そこへ、クローバードーパントが合流した。
 マスカレイドドーパントは一人、デュアルの背中にしがみつく。

「井野さん、ユウダイ君…私は、これまでです」

「おじさん…ありがとう」

「九頭さん、必ずお母様は、生き返らせる!」

 3人の姿が、一瞬にして消えた。時間操作で、どこかへと走り去ったのだろう。
 マスカレイドドーパントは、震える声で宣言した。

「もう、お母様はいない…これが私の、最期の親孝行です…!」

『…お断りします』

「えっ?」

 戸惑うマスカレイドドーパント。と、突然その体から、黒と白のガイアメモリが抜け、デュアルの手に収まった。
 九頭は、へなへなとその場に膝を突いた。

『…っと、リンカ、いきなり体動かすからびっくりしたぞ』

”失礼しました。ですがこれで、自爆は封じました”

『ああ。…九頭英生。色々思うところが有るだろうが…』

 マスカレイドメモリを、粉々に握り潰す。

『…お前は、ここまでだ。おとなしく、お縄につけ』

 九頭は、その場に泣き崩れた。


469 ◆iOyZuzKYAc2019/09/29(日) 16:51:54.965Da7Mps90 (5/11)




 聖堂にて。長椅子に腰掛けて、うとうとしていた真堂は、足音に目を覚ました。

「あぁ…九頭さん、帰ったか…」

 ところが、入ってきたのは九頭ではない。朝塚ユウダイはともかく、裸の女を抱いた見知らぬ男に、真堂は怪訝な目を向けた。

「…あんた、何者だ?」

「あんたが真堂か。九頭さんから話は聞いてる。…このメモリも、ありがたく使わせてもらっている」

「! ネブラメモリ…新しい同志なのか。そうか…」

「でも…おじさんは、仮面ライダーを止めるために…」

「気を落とすな、ユウダイ君。またお母様が…」

 そこまで言って、言葉が途切れた。

「…お母様…は?」

「…死んだ」

「は?」

 井野は、重々しく頷いた。

「遊香を、腹の中で育てたまでは良かった。だが、産み落とすことができなかった。だから、おれが腹を裂いて取り出した」

「…本当、なのかね」

「ああ」

 井野は、女を祭壇の上に横たえながら答えた。

「…き、貴様ぁっっ!!」

 赤茶色のメモリを取り出す真堂。

「待って!」

 そこへ、ユウダイが割って入った。

「井野さんは、お母様の言うことに従っただけなんだ! それに、言うとおりにすればお母様は帰ってくるって」

「帰ってくるだと? 死者が帰ってくるのは、お母様の力だ! そのお母様が亡くなった今、どうやって」



470 ◆iOyZuzKYAc2019/09/29(日) 16:52:21.315Da7Mps90 (6/11)

「…真堂さん、あんたが持ち帰ったメモリについて、九頭さんに聞いた」

「!」

 井野は、遊香の体にヴェールを被せると、真堂に歩み寄った。

「それを使えば、お母様は生き返るそうだ。…心当たりは無いか」

「…」

 真堂は、黙ってどこかへと立ち去った。

 数分後、帰ってきた彼の手には、一つの小さなケースが握られていた。
 開けると、中には5本のガイアメモリが収まっていた。

「『ピラー』、『ストーンヘンジ』、『ヴィマーナ』、『モナ・リザ』…そして」

 右端にある、生成り色のガイアメモリ。そこには、奇妙な黒い曲線で『V』と書かれていた。

「意味など持たない記憶だ…だが、言い換えれば『どんな意味でも持たせられる』」

 真堂はメモリを掲げると、そっとスイッチを押した。


471 ◆iOyZuzKYAc2019/09/29(日) 16:52:49.115Da7Mps90 (7/11)




『ヴォイニッチ』





472 ◆iOyZuzKYAc2019/09/29(日) 16:53:41.465Da7Mps90 (8/11)

『Nは止まれない/血塗れの手』完

今日はここまで


473以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/29(日) 17:22:23.827cknQ4aPO (1/1)

乙、まさかゆるくない募で集まった奴全採用?
これ作劇的には第二部始動かな


474 ◆iOyZuzKYAc2019/09/29(日) 18:00:22.245Da7Mps90 (9/11)

『ネブラドーパント』

 『ネブラディスク』の記憶を内包するガイアメモリで、井野定が変身したドーパント。緑青色の分厚い鎧で全身を固め、その体表には、金色の鋲が星図めいて無数に打ち込まれている。また、フルフェイスの兜の額には太陽を模した円が、胸から左右の肩にかけては三日月が、両腕には弧を描いた線がそれぞれ金で彫り込まれている。戦闘時には、青銅の斧と短剣を両手に持って戦う。
 紀元前のヨーロッパ、今のドイツに当たる地域で用いられたとされるネブラディスクは、太陽の運行を計測し、太陰暦と季節を同期させるために用いられたという説が有力である。そこからこのメモリには『太陽暦と太陰暦、2つの暦を行き来する』、即ち限定的ながら時間を操る能力がある。具体的には、腕に彫られた金の線が光る時、今より進んだ暦に移動することで高速化、逆に遅れた暦に移動することで低速化することができる。また、自分だけでなく触れた相手の時間をも操作することができる。ちなみに、使用する斧と剣は、ネブラディスクと共に発掘された副葬品と同じ形をしている。
 ガイキの襲撃によって工場が掌握された直後に、真堂が密かに製造し秘匿していた6本のガイアメモリの内の1本。これ自体は新造のメモリではないが、北風町の工場では製造されておらず、かつて真堂が別の工場に勤務していたときの記憶を頼りに作り上げた。
 メモリの色は緑青色。縦線が半円形に曲がった字で、円のような『N』が書かれている。ゼロメモリの『Z』が90°回転したものと考えると分かりやすい


475 ◆iOyZuzKYAc2019/09/29(日) 18:27:48.865Da7Mps90 (10/11)

忘れてた

>>351を採用させていただきました。ありがとうございました!

そしてもう一つ



『マザードーパント』

 『母』の記憶を内包するガイアメモリで、元歌手の成瀬ヨシノが変身したドーパント。白い、マリア像めいた美しい女の姿で、七色に輝くヴェールのような長衣を纏っている。
 地球の本棚に収蔵されている『母』の本。そのページ数はあまりにも多く、人生をいくつ使っても読み切ることができないほどに情報に溢れている。神話を紐解けば、名だたる英雄や、神々にさえも母はいた。この世界を作り給うた神の母とは、即ち星、地球であった。特に、ギリシャ神話における主神ゼウスの母は、タイタン族の地母神ガイアである。そのことからマザードーパントは、自らの所有物として地球の本棚にアクセスする権限を持つ特異な存在である。
 また、僅かな肉片や朽ちた骨であっても、遺伝子が残っていれば子宮に取り込むことで、胎内で遺伝子の持ち主を育成し、産み落とすことができる。生まれた子は無限に湧き出るマザードーパントの母乳を飲むことで体力を回復し、そして彼女を唯一の母と慕うことになる。母乳を飲まなくとも、対峙するだけで全ての生物は彼女に対して言葉にならない郷愁を感じ、精神の弱い者はそれだけで彼女を母と求めるようになる。
 元々戦闘力はさほど高くはないが、戦う際には見えない巨大な手を繰り出したり、適合率が高ければ空間に巨大な『穴』を開けて、相手を呑み込むなどできる。

 テラーメモリと同時期、即ちミュージアムがガイアメモリ製造に手を染めた最初期に造られた幹部メモリ。しかし、どういうわけかミュージアム下では一度も使用されることなく破棄され、巡り巡って下部構成員であった九頭英生の手に渡った。彼はある理由から、個人的にファンであったインディーズバンドのボーカルであった成瀬ヨシノにこれを渡し、以後は彼女に忠実に仕えることとなった。成瀬とマザーメモリの適合率はほぼ100%、少なくとも加頭とユートピアメモリ以上の適合率を叩き出している。そのため彼女はマザーメモリの能力をほぼ完全に引き出し、自在に使うことができる。その反面、人格は破綻しており、自らを『母』と称し、自分以外の全ての人間を我が子として扱っている。また、完全に体の一部と化しているメモリは、抜去にさえ苦痛を伴い、長時間メモリが体外にあると命に危険が及ぶ。そのためメモリは常時挿しっぱなしで、人間態とドーパント態を自由に行き来する。当然、メモリブレイクは彼女の死を意味する。
 メモリの色は当然金。赤子を抱く2本の腕は、子を抱く母親の視点から見ると『M』の字に見える。




















 悪魔にも、母親がいた。

 しかし、父は彼女を捨て『恐怖』を取った。





 _______母は、修羅となった。


476 ◆iOyZuzKYAc2019/09/29(日) 21:12:33.735Da7Mps90 (11/11)

(流石にゆるくない募全部にガッツリ出番は無いかな)

(でもあの中の2個ぐらいは使う予定)


477以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/29(日) 21:28:34.99hWkzCjTx0 (1/1)


猫のクソダサTでフェレンゲルシュターデンメモリって電波が降ってきた(唐突)
能力は全く思いつかない


478 ◆iOyZuzKYAc2019/09/30(月) 21:35:07.02/5JLEsTE0 (1/1)

「…おや?」

 いつものように、知的好奇心の赴くまま、立ち並ぶ本棚の間を歩いていた青年は、ある棚の裏に縮こまる一人の少女に気付いて、足を止めた。

「君は、誰だい?」

「…」

 黙りこくる少女。薄汚れたワンピースを着て、膝を抱えて座ったまま、小さく震えている。

「ここには、僕しか入れない筈なんだけどな。もしかして、最近誰かの気配がしてたの、君だったのかい?」

「…」

 青年は、やれやれと言った様子で、髪留め代わりの蛇の目クリップを指で弄った。

「…まぁ、害が無いなら良いか。僕は調べ物が有るから、邪魔しないでくれよ」



「検索を始めよう。キーワードは…」

 白い空間を、無数の本棚が行き来する。頭上を飛び交う分厚い古書の群れを、少女はじっと眺めている。

「『街』。『異世界』。『恐竜』…」

「…!」

 突然、少女が立ち上がり、頭上を駆け抜けた一冊の本に向かって手を伸ばした。

「…駄目だな、もう少し絞り込まないと……うん?」

 それに気付いた青年が、慌てて駆け寄る。

「待て、何をする気だ……っ、いや、なんでも無いよ翔太郎。こっちの話だ…」

 虚空に向かって弁明しながら、少女が手に取った本の表紙に目を走らせる。

「『ラビット』…ウサギ? これが欲しかったのかい?」

「…」

 ところが、『ラビット』の本は固く閉じていて、少女がどれだけ力を込めても、表紙さえ捲れない。
 不審に思った青年が取り上げてみると、表紙はいとも簡単に開いた。

「…ああ、なるほど。君は『記憶』なんだ」

 本を閉じ、飛来した棚に戻す。

「地球の記憶は、お互い勝手に干渉することはできない。モノの意味が、独りでに変わったら困るからね。君という人物について書かれた本が人格を得たのか、はたまたここに迷い込んだ君の魂が、本と結合したのか…」

 そこまで言って青年は、くすりと笑った。

「…つまり君は、ウサギを追いかけてここまで来たのか。まるで『アレ』みたいだ。ええと…」

 一台の本棚が、青年の前に飛んでくる。そこに1冊だけ置かれた本を手に取ると、表紙を開いて少女に差し出した。

「……そう。君はまるで…不思議の国の、『アリス』だ」


479以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/30(月) 21:56:09.27Bvxr52N30 (1/1)

粋と粋がすぎるでしょこのたった1レスのシーン


480 ◆iOyZuzKYAc2019/10/01(火) 21:46:39.19/Qp+Syw30 (1/4)




 『お母様』が、死んだ。
 その胎で一人の女を育て、そしてネブラドーパントによって腹を切り裂かれて死んだ。
 母神教の残党に奪われないよう、遺体は検視の後速やかに火葬された。解剖も検討されたが、マザードーパントがドーパント態から元に戻らず、また遺体に手を加えることによる危険が予測できないということで、見送られた。
 体内にあるはずのマザーメモリは、焼却炉から出た遺骨のどこを探しても、出てくることは無かった。

「終わった…のか?」

 曇天の公園。ベンチに座り込んで、徹がぽつりと零した。

「成瀬が死んで、ガイアメモリを造る能力は失われて…俺たちの戦いは、もう終わったのか?」

「いいえ」

 隣りに座ったリンカが、きっぱりと否定した。

「失われたのはあくまでメモリを『新造』する手段です。まだ『量産』する手段は残されています。何より、母神教自体は未だ健在です。それに…」

 声を潜め、続ける。

「…彼らが、『お母様』を復活させると言っていたことが気にかかる」

「そんなこと、できるのか? 死人を生き返らせること自体が、成瀬の力なんだろ?」

 すると彼女は少し考えて、やがて言った。

「…できなくもない、と言えます」

「歯切れが悪いな」

「手段はいくつか考えられます。それを、彼らに実行可能か…最も現実的な手段で、成功率は2割弱でしょうか」

「そんなものか」

「いえ、彼らにとって2割は、十分に高いと言えます。この状況です。可能性が1%でもあるなら、彼らは進んで命でも賭けるでしょう」

「…そうか」

 徹は長く息を吐くと…勢いよく立ち上がった。

「そうだよな。あんな終わり方は無いよな。…まだ、戦いは終わっちゃいない。そもそも、ガイキたちだってまだいるんだ」

「現状ガイアメモリ製造工場は、彼らが掌握しています。新たな力で、ドミネーターに対抗できるようになった今、彼らを先に攻めた方が良いかもしれませんね」



481 ◆iOyZuzKYAc2019/10/01(火) 21:47:14.66/Qp+Syw30 (2/4)




 ところが、彼らが工場に攻め入る算段を立てている最中に、アパートに来客があった。
 覗き穴越しに来客の姿を認めた時、徹は居留守を決め込もうかと迷った。だが、よく考えたらベランダからは部屋の明かりが漏れているし、耳をすませば薄い壁越しに会話だって聞こえたかもしれない。何より、居留守が『彼』にバレると、後が面倒臭い。徹は諦めて、ドアを開けた。

「やあ、久し振りだねえ。力野クン」

「…何の用ですか、亀井戸さん?」

 粘つくような笑みを向ける、背の低い男。午後8時に厚かましくアパートに押しかけてきたこの男は、悪びれる様子もなく言った。

「こんなとこじゃ何だからさ。中で話そうよ」



 亀井戸純吉。徹と同じフリーライター。徹や熊笹修一郎が社会問題を中心に扱うなら、彼は芸能人のスキャンダルや、風俗のレポートといった下世話な記事を中心に書いていた。別にそれは構わないのだが、彼はそもそも人格に難があり、同業者からも敬遠されている。徹もできることなら関わりたくないとは思っているのだが、悪いことに彼は、徹の大学の先輩であった。
 その亀井戸は今、テレビを挟んでちゃぶ台の前に居座り、徹のとっておきのビールを当然のように啜っていた。

「…で、何の用ですか? 亀井戸さん、家が近所ってわけでも無いでしょう?」

「まあまあ、落ち着きなよ」

 彼は例の粘っこい笑みを浮かべると、台所の方に目を遣り、言った。

「…アレが君の、『コレ』かい?」

 小指を立てる、古臭いサイン。台所では、来客のためにリンカが簡単なつまみを作っている。

「…そんなところです」

「聞いたよ。いつの間に君が女のヒモになったって。確かに、あれは中々働き者に」

 その言葉は、ちゃぶ台に皿を叩きつける鈍い音に遮られた。

「残念ながら、私は先日勤め先を退職しました。現在、家計は徹に依存しています。あとこちらは茄子の煮浸しです」

「ん、どうも」

 動じることなく会釈すると、茄子を咀嚼しながら話し始めた。



482 ◆iOyZuzKYAc2019/10/01(火) 21:47:51.03/Qp+Syw30 (3/4)

「…仕事を手伝って欲しくてさ」

「仕事? 芸能関係は苦手って前に言った筈ですけど」

「知ってるよ。俺が持ってきたのは、別のやつ。…最近、風車町でちょっとした話題になってる店があってね」

「帰ってください」

 徹は立ち上がると、玄関を指差した。

「前ならともかく、恋人がいるのに風俗レポなんてするわけ無いでしょう。他を当たってください」

「まあまあ」

 彼は立ち上がろうともせず、ビール缶に口をつけた。

「風俗は風俗なんだけど、体験記とはちょっと違うんだ。何しろ、ちょっとヤバ気なことになっててね。もしかしたら、力野クンの得意分野に繋がるかも」

「…」

 徹は黙って、目を細めた。亀井戸が続ける。

「ヤバいクスリが出回ってるかもしれない。その辺を調べてもらいたくてね」

 そう言うと彼は、鞄の中から一枚の紙切れを取り出した。

「これ、店の概要。手伝ってもらえるなら、返事頂戴。じゃ」

 それだけ言うと彼はおもむろに立ち上がり、さっさとアパートを出ていってしまった。



「じゃあ、後で合流しよう」

「何かあれば、すぐに連絡します」

 そう言うと2人は、夜の歓楽街で別々の方向へ歩き出した。片方は薄暗い路地のバーへ。もう片方は、件の風俗店へ。
 ___バーに向かったのは、徹。そして風俗店に向かったのは、リンカの方であった。


483 ◆iOyZuzKYAc2019/10/01(火) 21:48:46.82/Qp+Syw30 (4/4)

今夜はここまで

今回採用したアイデアがもっと早く出てきていたら、リンカが裏切る前にこの話をやりたかった


484 ◆iOyZuzKYAc2019/10/04(金) 22:13:15.27MBzm6WpE0 (1/8)




 がらんとしたバーに踏み入ると、徹はカウンターの真ん中に陣取った。

「…何か、前に来たことある?」

 開口一番、無愛想なマスターが言う。徹は軽く笑った。

「ああ、1年くらい前に。…生ビール1つ」

 ジョッキを受け取ると、泡に口だけ付けて、それからおもむろに尋ねた。

「何か面白い話無い? この辺で」

「こっちが知りたいくらいだよ」

 素気なく切り捨てるマスター。徹は引かない。

「まあ待てよ。この辺りなら、ブンヤ好みの話題には事欠かないだろ? ヤクザとか、女とか」

「女、ねえ」

 マスターが鼻を鳴らす。

「流石、ビジネスウーマンのヒモは言うことが違う」

「はあ?」

 思わず、徹は身を乗り出した。隅のテーブルで縮こまっていた老人が、ちらりと彼の方を覗き見た。

「同業者の間で噂になってるよ。背の高い、スーツの女といつも一緒に歩いて、一緒の家に帰ってるって。二人暮らしならいい加減引っ越したら良いのに」

「同棲は否定しないけど、ヒモじゃねえからな?」

 ビールを一口、飲み込む。

「…仕事だよ、仕事。亀井戸さんに頼まれたんだよ。あるイメクラが、ヤバい薬に手を染めてるんじゃないかってことで、調べてるんだ」

「ああ、『天国牧場』のことか。にしても、あんたも災難だったね。ドブ亀の頼みなんて断っちまえばいいのに」

「すぐ名前が出てくるくらいには、噂になってるわけだ。…断りたいのは山々だけど、あの人、大学のサークルの先輩だったんだよ。断ったら、後輩連中にどんなデタラメ流されるか」

「あんたも苦労人だね。これはサービスだよ」

 小皿にポテトチップスを盛ってくれた。



485 ◆iOyZuzKYAc2019/10/04(金) 22:13:45.74MBzm6WpE0 (2/8)

「ありがとう。…で、その『天国牧場』とやら。どうやら幼児プレイの店だというのは事前に調べてきたんだが…ズバリ、どんな薬が出回ってるんだ?」

「ホルモン剤、かな。それも、違法輸入だって中々無いくらい、とびきり強いやつさ」

「ホルモン剤…じゃあアレか、コンパニオンの胸が、急に大きくなったとか」

「それだけじゃない。なんと、おっぱいが出るようになったって話さ。それも、一人二人じゃない。ここで話してった奴、一人残らずそれを見たんだから、きっと全員そうなってるんだろう」

「なるほど…」

 チップスを一枚、噛んで考える。
 この不本意な案件を彼が受けたのは、当然裏にガイアメモリが絡んでいると睨んだからだ。それでも、リンカがいながら実地調査に徹が赴くのは憚られたので、こうして馴染みの安酒屋に足を運んだのであった。
 ちなみに、最初の険悪なやり取りは、2人が顔を合わせた時の、一種のルーティンであった。

「…だが、どうやって仕入れた…?」

 既に徹は、目的のブツが薬ではなくガイアメモリと想定している。裏で取引されるガイアメモリは高額だ。コンパニオン全員が所持しているとしたら、それにかかるコストも相当なものになるだろう。母神教が直接関わっているのか、或いはとんでもない財力の持ち主が糸を引いているのか…

「さあね、このご時世、通販で何だって買えるだろうし…」

 店のドアが一瞬開いて、すぐに閉じた。酔っ払いが、入る店を間違えたのだろう。気にすることもなく、2人は会話を続ける。隅の方では、老人がグラスに頬ずりしながらいびきをかいていた。



「お兄さん、寄ってかない?」

 客引きの声を聞き流しながら、リンカは目当ての店へ真っ直ぐに突き進む。
 そう、『お兄さん』である。元々背が高く、中性的な格好をしていたリンカであるが、洗いざらしのジーンズに地味なブルゾンを着て、髪を雑に掻き上げると、もうその辺の、それもかなり顔の良いヤンクと見分けがつかない。客引きは勿論のこと、裏路地で煙草を吹かしていた商売女たちでさえ、物陰から身を乗り出しては興奮気味にひそひそと話し合っていた。
 しかし、彼女の目当てはそこには無い。雑居ビルの階段を登り、牛柄の看板の前で立ち止まると、店の名を呟いた。

「『天国牧場』…」

 金属の扉を押し開ける。


486 ◆iOyZuzKYAc2019/10/04(金) 22:14:42.75MBzm6WpE0 (3/8)

「! いらっしゃいませー!」

 カウンター越しに、若い男が声を張り上げた。扉を閉め、歩み寄ると、彼はラミネートされた紙を差し出した。

「どなたか、気になる娘はいますか?」

「…いえ」

「ではフリーですね。何分コースにしますか?」

「…」

 時間ごとに値段が書かれている。下の方には、追加サービスについても書かれていた。

「…50分コースで」

 掠れた声で答える。流石に普段の声だと、女だとバレる。

「オプションはどうなさいますか?」

 男の指す文字列に目を走らせて、リンカは思わず瞬きした。バイブ貸し出し、聖水プレイ、3Pコース…ここに徹がいなくて良かった。彼がどんな反応をするか、想像はできなくもないが、絶対に見たくない。
 断ろうとして、ある一節に目が留まった。

「…裸エプロン」

「50分フリー、裸エプロンですね。合計で2万円になります」

 財布から万札を2枚抜き出し、差し出すと、すぐ横の待合室に案内された。煙草臭い部屋には、既に10人近くの男たちがいて、ソファに座ってスマホを弄ったり、テレビに流れる怪しげな精力剤のCMを眺めたりしていた。


487 ◆iOyZuzKYAc2019/10/04(金) 22:53:19.82MBzm6WpE0 (4/8)




 2時間近く待って、ようやく呼ばれた。
 待合室の出口で注意事項を聞くと、奥に通された。ずらりと並んだ部屋の一つに入ると、一人の女が立って、待っていた。

「あら、おかえりなさ〜い!」

「…どうも」

 小さく会釈したリンカに、肩透かしを喰らったような顔をする女。化粧の厚い、ぎりぎり若いと言える顔。小柄だが、異様に胸が大きい。そして、リンカの注文通り、白黒の牛柄エプロンの他には、何も身につけていなかった。

「じゃあ、お部屋に入ろっか」

 リンカに背を向け、部屋の奥へ歩いていく女。リンカは素早くその全身に目を走らせた。当然、趣味とか性的嗜好ではない。この格好なら、メモリの生体コネクターを探すのに丁度良いと考えたのだ。
 しかし、目当てのコネクターが見当たらない。女は防水シートの上に正座すると、膝をぽんぽんと叩いた。

「ほ〜ら、膝枕してあげるね」

「…はい」

 恐る恐る腰を下ろし、彼女の腿に頭を載せる。上を向くと、大きくせり出した乳房が、リンカの視界一杯に広がった。
 女は、リンカの頭を優しく撫で始めた。

「よ〜しよ〜し、いい子いい子…辛いときは、た〜くさん、ママに甘えてね…」

「ママ…」

 思わず、呟いた。

「そう、ママでちゅよ〜。いい子いい子…」

「…」



488 ◆iOyZuzKYAc2019/10/04(金) 22:54:15.31MBzm6WpE0 (5/8)

 ママ。母親。…お母様。
 何故、人はこうまで女親に固執するのだろう? リンカは、疑問を自覚した。彼女にも親はいたのだろう。しかし、まるで記憶に残っていない。それはつまり、彼女にとって親というものが、その程度の存在に過ぎなかったのだろう。
 しかし、多くの人にとってそれは普通ではないらしい。母親の存在を常に求めているからこそ、この小さな女を求め、甘えるのだろう。そういう意味では、この商売女も、あのマザードーパントも、そう違わない存在なのかもしれない。

「…さ、おっぱいの時間でちゅよ〜」

「!」

 考え込んでいて、今の状況を忘れていた。女はエプロンの紐を解くと、胸当てを捲って巨大な乳房を剥き出しにした。それを下から見上げていたリンカは、遂に見つけた。
 右乳房の下に刻まれた、生体コネクターを。

「は〜い、どうぞ」

「んむっ…!?」

 しかし、それを指摘するより先に、茶色い乳首を口に突っ込まれた。思わず吸うと、甘い母乳が大量に噴き出した。

「んっ…?!」

「いっぱい吸って、いっぱい飲んでね…」

 撫でる女と裏腹に、リンカの中のトゥルースメモリの因子が、このミルクは危険だと告げる。口当たりが良く、栄養も豊富に含まれているようだが、それ以外に強力な依存物質めいたものが混ざっている。トゥルースメモリの力で抵抗しているが、それがなければ彼女は、徹の元へは帰れなくなっていただろう。
 女が、リンカのズボンの股間に手を伸ばす。

「…あら、ママのおっぱいで、ここも大きく…大きく…?」

 ところが、目当てのモノが触れない。女の顔が強張った。

「…君、もしかして」

「…っは、隠していて申し訳ありませんでした」

 リンカは、乳首と口の中のミルクを吐き出すと、すっくと立ち上がった。

「私は女です。そして、貴女はガイアメモリ使用者ですね。その身体変化を見るに、使用メモリは『ホルスタイン』か、『ジャージー』か…」

「! お前、一体何者…」

「名もなきフリー記者Bです。そして」

 ブルゾンの内ポケットから、無骨な大型拳銃を抜き、女に向ける。

「ガイアメモリは殲滅します」

「…知られたからには、生かしておけない…!」

 女は、部屋の隅にあるクローゼットに突進した。

「逃しません」ワイヤー

 銀のワイヤーが、彼女の足を絡め取る。しかしその頃には、女の手には、白と黒のガイアメモリが握られていた。丸みを帯びた牛柄の文字で『H』と書かれている。



『ホルスタイン』



 右の乳房を持ち上げ、コネクターにメモリを挿す。すると、その下から更に2つの乳房が生えてきた。全身が白と黒の体毛に覆われ、四肢が分厚い筋肉に覆われていく。
 足に絡まったワイヤーを引きちぎると、牛の怪人は唸った。

「店長の命令だから…ここで、殺す…!」


489 ◆iOyZuzKYAc2019/10/04(金) 22:55:01.55MBzm6WpE0 (6/8)

『Hな誘惑/不本意な仕事』完
そして今夜はここまで

土日の更新はありません


490 ◆iOyZuzKYAc2019/10/04(金) 22:55:32.41MBzm6WpE0 (7/8)

『Hな誘惑/不本意な仕事』完
そして今夜はここまで

土日の更新はありません


491 ◆iOyZuzKYAc2019/10/04(金) 23:03:19.73MBzm6WpE0 (8/8)

『ホルスタインドーパント』

 『ホルスタイン種』の記憶を内包するガイアメモリで、イメージクラブ『天国牧場』のコンパニオンたちが変身したドーパント。全身を白と黒の体毛と分厚い筋肉に覆われ、手足の先には硬い蹄が付いている。パンチの一撃でコンクリートに穴を開け、突進からの頭突きはプレハブ小屋なら簡単に粉砕するほどの威力。また、四つの乳首からはレーザービームめいて母乳を発射することもできる。
 この母乳は普通に飲むこともできる。甘く、栄養満点で、それだけで健康に生命が維持できるという理想的な飲み物だが、その反面強い依存性があり、副作用として飲めば飲むほど幼児退行していくという代物。
 女性がこのメモリを使用すると、人間態においても乳房が異常に発育し、常に母乳を分泌するようになる。この母乳も、ドーパント態で出せるものと同一である。
 ちなみに、類似品に『ジャージー』『ガンジー』『エアシャー』などがある。メモリの概要は殆ど変わらないが、母乳の味が微妙に異なるらしい。


492以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/05(土) 11:28:35.40vZi5BTOL0 (1/1)

マウスドーパント


ねずみの記憶を内包したメモリで変身する。
すばしっこい動きと爪攻撃で敵を翻弄し、噛みつきで即効性の毒を盛ることができる。ただし数十回の噛みつき程度では致死量に到達することはない。毒がまわっても動きが鈍くなり、意識が朦朧とし立てなくなり、発情してしまう程度である。

メス型の場合は非常に高い繁殖力を持っており、1人の男性やオス型ドーパントと1回交わっただけでたった数分で赤子を量産し、赤子の成長速度も早く更に数分もすれば自律できるようになって自ら異性を性的に襲うようになる。

上記の特性を活かして数で相手を押し潰し、犯しつくす戦法がメインになる。また、赤子にも両ドーパントの遺伝子情報が継承されており、実質生きた複合メモリである。その為、実験用マウスドーパントに他ドーパントの精液を注入し、産まれた赤子を忠実な兵士として育て上げる計画が立案されたことがある。


因みに、通常のネズミでも種によっては一度の出産で30匹生まれるとか。


493 ◆iOyZuzKYAc2019/10/06(日) 10:53:48.08hafy2tlB0 (1/1)

蜂女が仮面ライダーになる時代かぁ(Twitter見ながら)


494 ◆iOyZuzKYAc2019/10/07(月) 21:39:45.03ET1nUWoG0 (1/5)




 バーを出たところで、携帯が鳴った。

「! 早かったな…もしもし」

”ドーパントです。使用メモリはホルスタイン。現在、店内を逃走中です。既にドライバーを装着し、メモリを装填しています”

「うおっ、分かった!」

 慌ててドライバーを装着した瞬間、右のスロットに金のメモリが出現した。

「変身!」ファンタジー!

 左のスロットに銀のメモリを装填する。それから人のいない路地に駆け込むと、素早くドライバーを展開した。
 黒い外骨格を纏いながら、徹はビルの壁を蹴り、夜の空へと躍り上がった。そこへ金色の鳥が飛んできて、彼の体を包み込んだ。
 白いマントを翼に変えて、仮面ライダーデュアルが街の上空を滑空する。

『店の嬢がドーパントに変身したのか』

”はい。部屋から出て逃走している最中に、同じドーパントが別の部屋から数体ほど出てきました”

『やっぱり、コンパニオン全員がドーパントに…』

 雑居ビルの2階。牛柄の看板の前に降り立つと、扉を蹴り破って押し入った。
 店の中では、数体の雌牛のドーパントが、混乱しながら廊下をうろついていた。

「あの女、どこ?」

「急に消えたと思ったら…」



495 ◆iOyZuzKYAc2019/10/07(月) 21:40:36.09ET1nUWoG0 (2/5)

『おい!』

 イデアカリバーを手に、デュアルが声を張り上げた。

『こんなところに、ドーパントがたくさんいたとはな。全員、メモリブレイクだ!!』

「! お前は…」

「仮面ライダー!?」

「か、仮面ライダーだと!」

 カウンターの向こうから、男の店員が素っ頓狂な声を上げた。

「ま、まずい、皆でやっつけるんだ!」

 男の号令に、その場にいたドーパントが一斉に突っ込んできた。

『! おらっ!』

 先頭の一体に、剣を叩き込む。

『くっ…』

 凄まじい衝撃に、思わず数歩後ずさる。そこへ、更に数体が突進してきた。
 これ以上は受けきれない。デュアルは天井すれすれまで飛び上がり、集団の後ろへ着地した。

『これでも…喰らえ!』

 大剣を大きく振るい、金の衝撃波を飛ばす。

「きゃあっ!?」

 数体のドーパントが吹き飛ばされ、壁に衝突した。すかさず前進し、先頭の一体を斬り伏せた。

「くあっ…!?」

「やっ、やめろやめろ!」

 男が身を乗り出す。が、すぐに引っ込んだ。目と鼻の先を、鋭い角を持った銀色の影が、猛スピードで駆け抜けたからだ。

『メモコーン!』



496 ◆iOyZuzKYAc2019/10/07(月) 21:43:43.95ET1nUWoG0 (3/5)

 銀の一角獣は歌うように嘶くと、デュアルの手元に収まった。
 赤のメモリを取り出し、イデアカリバーの鍔に装填する。



『クエスト! マキシマムドライブ』



『クエスト・ファイナルファンタズム!!』

 剣から銀色の光が迸る。光は、無数の一角獣やグリフォン、ドラゴンといった幻想の獣へと変わり、ドーパントたちへ一斉に襲いかかった。

「きゃああぁっ!」

「ぎゃあぁっ!?」

 雌牛たちの体からガイアメモリが抜け落ち、次々に砕け散っていく。

「ひっ…た、助けっ…」

”そう言えば、他の客は…?”

『! 待合室は?』

 リンカの案内で待合室に足を踏み入れる。
 そこでは、一体の雌牛のドーパントが、数人の客に乳を飲ませていた。



「はぁい、怖くないからね〜…」

「ママぁ…」「ママ、俺にも…」「ママ…」






497 ◆iOyZuzKYAc2019/10/07(月) 21:45:28.03ET1nUWoG0 (4/5)

『…何だコレ』

「!?」

 思わず呟いた声に、ドーパントが反応した。彼女は弾かれたように立ち上がると、相手が誰なのか確認し、ゆっくりと両手を上げた。
 雌牛から人間の姿に戻っていく。右の乳房から白と黒のメモリが抜け、床に落ちた。

『…そのまま、動くなよ。警察を呼ぶから』

 逃げようとする客の1人を捕まえ、携帯電話を取り上げて110番。

『もしもし。植木さんに繋いで欲しい…』

「…駄目だ」

 突然、向こうから誰かが呟いた。

「このままじゃ…おれが、殺される…!」

『うん?』

 見ると、店員の男が、ゆっくりとデュアルに向かって歩いてきていた。

『命までは取らない。メモリは破壊するが…』

「い、い、嫌だあああぁぁぁっっっ!!」

『!?』

 男は突然叫ぶと、走り出した。女が床に落としたガイアメモリを拾うと、左手に突き立てた。

『おい、止めろ!』

「おおおっっ…おあっ…あっ…」

 その体が、白と黒の体毛に覆われていく。四肢が、筋肉で膨れ上がり、体格が増していき…

 ____突然、ずたずたに裂けた。

「ぎゃああああっっっぁあぁっっ…」

 絶叫しながら、全身から血を噴く男。デュアルは咄嗟にトゥルースメモリを抜くと、腰のスロットに挿し替えた。

『止めなさい! ヒトは、牛ではない…』トゥルース! マキシマムドライブ

『だから…雄だからと言って、殺される道理はない…!』

”えっ、そういうことなのか!?”

 体の統制権を預けた徹が、リンカに問いかける。リンカは、出血する男に掌を向けながら答える。

『ホルスタインに限った話ではありません。乳牛や、採卵鶏の雄に商品価値は無い…生まれてすぐに殺される運命です。恐らく、そのメモリを男性が使った場合も』

「あ゛っ、ああっお゛っ……ごはあっ」

 男が、どろりとした血を吐いた。裂けた腹から、内臓が零れ落ちた。それを見た客とコンパニオンが、一斉に嘔吐した。
 地獄のような景色の中で、遂に男は事切れた。


498 ◆iOyZuzKYAc2019/10/07(月) 21:46:28.41ET1nUWoG0 (5/5)

今夜はここまで


499 ◆iOyZuzKYAc2019/10/10(木) 20:56:23.74xOqbS3wr0 (1/5)




「…」

 青年が、ページを捲る。隣に座った少女が、食い入るように中身を読む。

「熱心に閲覧するのに、君については少しも閲覧させてくれないようだ。『アリス』」

 やれやれと肩を竦める。一言も発しない、地球の記憶にも関わらず本の形すらしていないこの少女を、青年は便宜的に『アリス』と呼ぶことにした。彼が差し出した『不思議の国のアリス』を、彼女がいたく気に入ったからだ。

「…まぁ、良いけど。ここから出られずにいるということは、君の肉体は既に消滅している可能性が高い。かと言って、完全に死んだわけでもなさそうだし。…」

 と、ここで青年は、遠い目になった。ぽつり、呟く。

「…まるで、昔の僕みたいだ」

「…」

 気付くと、少女が訴えかけるように彼の方を見ている。彼は、またページを捲った。

「…良いや、君が出られるようになるまで、少しは付き合ってやるとしよう。僕も、少しは辛抱を覚えたからね」



500 ◆iOyZuzKYAc2019/10/10(木) 20:57:04.44xOqbS3wr0 (2/5)




「メモリは店長から貰ったの」

 取調室にて。コンパニオンの1人が証言した。

「他の娘も?」

「うん」

 女が頷く。ホルスタインメモリを自ら使用し、悲惨な死を遂げたあの男が、『天国牧場』の店長だったらしい。

「先輩はもう持ってたし、後輩の娘も面接通ったすぐ後に貰ってたみたい」

「だが、ガイアメモリはそう何本も手に入るものじゃないぞ。店長がどこから仕入れてたのか、心当たりは無いのか?」

「さあ? 給料日以外に、店長とはあんまり関わらないようにしてたし。…あ、でも」

 女は、不意に声を潜めた。

「…その給料日前に、店長がどこかに電話をかけてた。何か、おどおどしながら謝ってたけど、何だったんだろね?」



 同刻、徹とリンカの2人は、鉄格子を挟んで1人の男と向かい合っていた。

「…九頭。いい加減、何か喋ったらどうだ」



501 ◆iOyZuzKYAc2019/10/10(木) 20:58:17.19xOqbS3wr0 (3/5)

「…」

 独房の隅に座り込んで、2人をじっと睨むのは、九頭英生。元ミュージアムのガイアメモリ密売人にして、母神教のナンバー2。しかし、彼は仮面ライダーを道連れに自爆しようとしたところでマスカレイドメモリを引き抜かれ、破壊されてしまった。
 今、彼は独房に籠もり、食事も口にせず、黙って座り込んでいる。

「本当に、成瀬が生き返ると思っているのか」

「当然です。お母様は、必ず帰ってこられる」

「どうやって? マザードーパントの力が無ければ、死者を復元することはできないはず」

 リンカの問いかけに、九頭はうわ言のように答える。

「子供らの、強い想いが…必ずや」

「…」

 徹は、この対話を打ち切った。代わりに、ポケットから白と黒のガイアメモリを取り出し、九頭に見せた。これは、死の間際に店長の手から抜け落ちたものだ。メモリの副作用で命を落とす前に抜去したかったのだが、結局間に合わなかった。

「これを、風車町の店に売ったのか」

「…ふん」

 メモリを一瞥すると、九頭は鼻を鳴らした。

「懐かしい代物ですね。とうに投げ出した計画です」

「計画?」

「これくらいは話してもいいでしょう。…単一のメモリを、効率的に拡散する実験…しかし、預ける相手を間違えました」

「間違えた? 風俗店の店長に渡せば、店のために使うのは分かりきってただろ?」

 すると九頭は、怪訝な目で徹を見た。

「店長? 私は、そんな者には渡していませんよ?」

「何だと?」

「私が、そのメモリを渡したのは…」


502 ◆iOyZuzKYAc2019/10/10(木) 21:08:35.03xOqbS3wr0 (4/5)

今夜はここまで

人の考察とか見るのめっちゃ好きなので、どんどん考察とか雑談してくれると嬉しい
もっとも>>1の作話下手だから考察の余地無いかもだけど


503以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/10(木) 21:56:11.412JizHVVHO (1/1)

乙、オーケストラの件から考えるとメモリ犯罪に関与してるのは母神教だけじゃなさそうね
ガイキは人じゃないって言ってたけど、もしかしてNEVER?


504 ◆iOyZuzKYAc2019/10/10(木) 22:24:19.02xOqbS3wr0 (5/5)

安価によって当初想定してた流れが変わることがある。今の所、全部いい方向に進んでる
例を挙げるなら、リンカのメモリは当初『ロスト』を想定してたけど、安価で『トゥルース』になったことで徹の『ファンタジー』とダブルドライバーで強化形態という設定に繋がった

あと、一番気に入ってるのがドミネーター。飛び蹴り一辺倒のライダーキックの中、踏み付け攻撃をライダーキックと言い張る設定が作ってて非常に気持ち良かった。メモリぶっこ抜きパンチも、『ドミネーター』という単語から着想を得たし。ちなみに、アクセルのエンジンブレードのボツ案がこんな感じで敵のメモリを奪ってエネルギーを使い捨てるという設定だったらしい


505以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/10(木) 23:15:39.84Cu+uFkf3O (1/1)

せっかくだし質問するけど、>>1が募集ドーパントで気に入ってるのってどこら辺?勿論全部採用されてるから好みだけって前提で


506以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/10(木) 23:35:03.288DTFaQ3E0 (1/1)

ロストファンタジーってなると闇堕ちした感じになるね
後、>>1が供養していたエボリューションの設定が好き。


507 ◆iOyZuzKYAc2019/10/11(金) 18:13:06.01kxhnlOvV0 (1/6)

>>505は採用したドーパントの中でどれが気に入ってるかって意味なのか、それとも採用した各ドーパントのどこが気に入ってるかって意味なのかな?

前者なら、設定を余さず活かせたという意味でアイドルかな。女ドーパントがやたらエロい所にメモリを挿すのが好き(特にホッパーとか)で、ニチアサに不適切なレベルまで振り切れたのも良かった。
逆に設定を活かせなかったと後悔してるのがオーケストラ。活かすどころか、オーケストラの設定は能力よろしく後付に後付を重ねたもので、途中までは本当にバチカゼのメンバーの誰かを変身者にするつもりだった。おかげで男を女口調で喋らせた辻褄を合わせるために、だいぶ苦しい設定を付け加えてしまった。


508以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/11(金) 19:18:14.210w5sJ4n60 (1/1)

>男を女口調で喋らせた
よくあることだからへーきへーき(二つ後のライダーとか)


509 ◆iOyZuzKYAc2019/10/11(金) 22:50:53.50kxhnlOvV0 (2/6)




「あっ! あぁっ! んっ! はあっ…!」

 あるホテルの一室にて。悲鳴のような嬌声を上げ、腰を振る裸の女。その下で獣のように唸る、小柄な男。

「ほらっ、動け、動けっ!」

「やだっ、もう、限界っ…許してっ」

 泣きながら懇願する女。男は、容赦なく腰を突き上げる。

「ぎっ」

「誰のおかげで、食えてると思ってるっ! ほら、もっと…」

 その時、金属の扉をノックする音が響いた。
 男は無視して、女の腰を掴んで揺さぶり続ける。

「へへへっ…昨日は外したが、今日こそは力野の方が店に行くだろう…その隙に、あの女を」

 次の瞬間
 分厚い扉が、爆音と共に外側から吹き飛んだ。

「…うん?」

「はっ…ひっ…ぐぇっ」

 男はそこで初めて異変に気付き、女を腰の上から突き落とした。

「な、何だよ…? …!」

 威圧的な靴音を立て、部屋に押し入ってきたのは、例のあの女。

「おっと、君は…力野クンとこの娘じゃないか」

 男は例の粘ついた笑みを浮かべながら、全裸のままゆっくりと近寄った。この女、何やらとんでもなくダサいTシャツを着ているが、それは置いておこう。

「どうしたんだい? もしかして、俺に逢いたくなったのか」

 言いかけた言葉が、途中で途切れた。



510 ◆iOyZuzKYAc2019/10/11(金) 22:51:30.27kxhnlOvV0 (3/6)

 彼の口には、無骨な大型拳銃がぴったりと突きつけられていた。

「っ…てめえまさか、ヤクザか」

「名もなきフリー記者Bです。そして」

 部屋に入ってくる、もう一人の人物。彼の姿を認めた時、男の顔から笑みが消えた。

「…亀井戸さん」

「力野…」

 徹は、溜め息を吐いた。

「俺に持ってきた仕事…アレ、亀井戸さんの自作自演だったんですね」

「…何の話だよ」

「とぼけるな!」

 突然、徹が声を張り上げた。

「あんたは、母神教から大量のガイアメモリを供与された。目的は、1種類のメモリをある地域に、どれだけ広げられるかという実験のため。その実験場として風車町が選ばれ、持ち込む役として多くの店に顔が利くあんたが選ばれた。だが」

「貴方は、イメージクラブの店長と結託し、その店にのみメモリを貸与した。コンパニオンにメモリを使用させることで人間離れした力を与え、店の評判を上げ、そして売上の一部を受け取った」

「何で俺に、その裏を暴かせようとしたのか考えたが…あんた、俺を店で始末して、その隙にリンカを寝取る気だったな?」

 リンカが、蔑むような目で亀井戸を睨んだ。
 亀井戸は、きょときょとと2人を交互に見て、それからやっと口を開いた。

「…だったら、何だ」



511 ◆iOyZuzKYAc2019/10/11(金) 22:52:08.26kxhnlOvV0 (4/6)

 そこへ、更に2人の男が駆け込んできた。

「!?」

「北風署、超常現象捜査課の植木だ」

「同じく坂間だ! 亀井戸純吉、お前を逮捕する!」

「…っ」

 それを見た亀井戸は…

「…はっ…ははっ…かっはははははっ…!」

「何が可笑しい!?」

「人間4人で、何をするかと思ったら。逮捕だぁ? かひっ、ひゃひゃっひゃひゃっ…」

 哄笑しながら、彼は…おもむろに、床に倒れた女を引き起こした。

「何をする!?」

 彼は、女の右の乳首を乱暴につまむと、上に引っ張った。異様に膨らんだ乳房の下側には、黒いコネクターが刻まれていた。

「いっ、くっ…」

 苦しげに喘ぐ女。そのコネクタから、白と黒のメモリが抜け落ちる。



512 ◆iOyZuzKYAc2019/10/11(金) 22:54:34.12kxhnlOvV0 (5/6)

 それを手に取ると、亀井戸は4人を見回した。

「乳牛の雄の存在意義って、何だと思う?」

「やめろ、そいつは男が使ったら」

「ンなもん、決まってるよなァ!」

 そう言うと亀井戸は、いきなり自らの股間を掴んだ。黒い毛に覆われた陰嚢を持ち上げると、なんとその裏側に、ガイアメモリのコネクターがあった。



『ホルスタイン』



 乳牛のメモリが、男性器の中へと吸い込まれていく。と、その全身が白黒の毛と、鋼のような筋肉に覆われていった。頭からは黒く太い角が2本生え、手足の先は頑丈な蹄となり…そして、陰茎は突撃槍めいて太く、長く、鋭く尖り、陰嚢は床に付かんばかりに膨れ上がった。

「へっへぇ…俺は、『選ばれた』雄だ…」

「なるほど」

 冷めた口調で、リンカが言う。

「種牛になれば、雄でも生きながらえるわけですか」

「男は殺す! 何故なら、俺が一番優れた雄だからだ。そして、女は犯す。ひひっ…死ぬまで孕ませてやるからな…」

「上等だ。リンカは、絶対に渡さない…」

 怒りに燃える声で、徹が唸った。彼が懐から取り出した物に、ホルスタインドーパントが目を見開いた。

「それは…!」

「予め答えておきます。……貴方との性交渉は、断じてお断りします」トゥルース!

「植木さん、坂間さん、下がっていてください。……こいつを合法的にぶちのめす、またとない機会だ…!」ファンタジー!



「「変身!!」」


513 ◆iOyZuzKYAc2019/10/11(金) 22:55:50.45kxhnlOvV0 (6/6)

今夜はここまで


514以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/12(土) 02:07:32.88e+phcqOu0 (1/1)

ボスドーパント


団体や組織を率いるboss(ボス)の記憶を内包した、葉巻に偽装された特製メモリで変身する。
メモリまたは当該ドーパントが、ボスに相応しい使用者を選ぶ。たとえ過剰適合者だとしても選ばれてない使用者には反応しない。ボスの素質を磨けば選ばれやすくなる。

当該ドーパントにボスの経験がなくても組織を纏め上げ、無線などを使用せずに遠距離でも部隊を動かす事ができる。また、当該ドーパントに危険が迫ると配下が即座にカバーしようとする。イメージするなら某歯車VのBIG BOSSがやれることに近い

最大の特徴はボスドーパントへ変身直後に周囲の人々やドーパントを即座に集め、忠誠心を芽生えさせて本心から誓わせる事。大半は当該ドーパントに従うが、少しでも同意できないと感じれば人間でも術中から抜け出す事ができる。


メモリの使用者候補はレジスタンスリーダー、マフィアのボス、社長等ではあるが、職歴に関係なくメモリに選ばれる事もある。

個人的には財団Xから抜け出した者達のレジスタンスリーダーとかが使用してそう


515以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/13(日) 12:27:09.98A/tw376t0 (1/1)

ウィッチドーパント


魔女(witch)の記憶を内包したメモリで変身する者と、メモリそのものが人型へ変身する者がある。仮面ライダーウィザード並みかそれ以上に様々な属性魔法を使いこなし、当該ドーパント自身や周辺のモノへ魔法をかけて強化や変形も得意とする。薬草や占い等の知識も豊富である

また正史である魔女狩り被害者達の記憶も内包しており、自分等を助けなかった異端扱いされない人間達への怒りや憎しみが変身者の闘争本能を加速させる。
反面当該ドーパントを自主的に守ろうとする人間、特に子供を見つけると恩を感じて全力で守る上に保護しようとする。個体によっては保護した相手に対して知恵を与え、生身で魔法を使役できるように教育することもある


なおハロウィンの時期になって人々が異端な格好(仮装)しているのを見ると大人しくなる


516 ◆iOyZuzKYAc2019/10/13(日) 15:05:17.82rQ/NewS60 (1/8)

「ぬうああっ!」

『たあぁっ!』

 蹄と大剣が激突した。強い衝撃に、剣を握る腕に痺れが伝った。

『硬ったぁ…このっ!』

 胸を蹴り飛ばすと、よろめいた相手に向かって切っ先を突き出した。しかし、分厚い胸筋が刃を受け付けない。
 ホルスタインドーパントはその場で床を蹴ると、頭突きを見舞ってきた。

『危なっ!?』

 咄嗟に横に躱す。重機の如き突進が、勢い余って壁をぶち抜いた。隣の部屋のカップルが、悲鳴を上げて逃げていく。

「はぁ…はぁ…」

 ゆっくりと振り返る、ホルスタインドーパント。彼は唸り声を上げると……突然、反り上がって腰を突き出した。
 と、突撃槍のような巨大な陰茎から、白い液体が勢いよく噴き出してきた。

「ぬぅっ!」

『っ!』

 生臭いは、躱したデュアルのすぐ横を駆け抜け、キングサイズのベッドを吹き飛ばした。



517 ◆iOyZuzKYAc2019/10/13(日) 15:05:59.80rQ/NewS60 (2/8)

「ぬんっ! ふんっ! ふぅっ!」

『…リンカ』

”特に言うことはありません”

 次々に飛んでくる精液を躱しながら、デュアルはイデアカリバーを左手に持ち替え、右手にXマグナムを握った。

「おらっ、死ねっ! 死ね…」

『うるさい!』ミサイル

「ぎえぇぇっ!!?」

 小型ミサイルが股間を直撃し、ひっくり返る牛男。

「こ、この野郎…!!」

 起き上がると、怒りに任せて突っ込んできた。

『お任せください』ワイヤー

 突進してくるホルスタインドーパントに向かって、ワイヤーを放つ。銀色のワイヤーが牛の角に絡みついた。デュアルはその場で飛び上がり、突進を躱すと、そのままワイヤーを掴んで引っ張り、背中に跨った。

『っと、リンカも無茶するぜ…そらっ!』

 銃を手放し、片手でワイヤーをしっかり握ると、ぐいと引っ張った。

「ぐぅっ、降りろ、降りろっ!」

『断るっ! 散々、良いように使いやがって!』

 ロデオめいて、暴れるドーパントを繰るデュアル。部屋を破壊しながら走り回り、遂に壁を突き破ってホテルの外まで飛び出した。



518 ◆iOyZuzKYAc2019/10/13(日) 15:06:27.70rQ/NewS60 (3/8)

 そこは、3階であった。



「きゃぁーっ!?」

「ば、化け物だ!!」



「ぐぇっ」

 コンクリートに叩きつけられ、ぐったりとするホルスタインドーパント。その背中に___

『はあぁっ!!』

「ぎゃあぁーっ!!」

 深々と、大剣を突き立てた。
 背中から降りたデュアルは、ファンタジーメモリを腰のスロットに装填した。



『ファンタジー! マキシマムドライブ』



 苦しむドーパントを、遠くへと蹴り飛ばす。
 デュアルの装甲が剥がれ、金色の鳥となって翼を広げた。そのまま猛スピードで、飛んでいくドーパントを追って駆け出した。

『デュアル…エクスプロージョン!!』

 飛び上がった彼の足に、黄金の鳥が刃のように寄り添う。飛び蹴りが、金と銀の矢となって、ホルスタインドーパントを貫いた。

「ぐわあぁぁぁぁっっっ!!!」

 爆ぜるドーパント。爆炎の中で、全裸の亀井戸純吉が崩れ落ちる。その傍らには、粉々に砕けたガイアメモリが散らばっていた。


519 ◆iOyZuzKYAc2019/10/13(日) 15:39:21.75rQ/NewS60 (4/8)




「…感じます」

 暗い独房の片隅で、やつれた男がぽつりと呟いた。

「お母様が、お戻りになられる…あの、外宇宙の秘技で…」

 鉄格子の外では、腕組した看守が黙って目を光らせている。

「…そう、『ヴォイニッチ』の、大いなる奥義で」

 別の看守が、欠伸しながら降りてきた。元いた看守は短く言葉をかわすと、その場を去っていった。



「…そうか。マザードーパントを生き返らせる算段はあるんだな」

 電話口で、ガイキが念を押した。

「分かった。引き続き、サツとメモリ使用者を見張ってろ。そう、他のやつにも伝えておけ」

 通話を切ると、ガイキは携帯を放り捨て、ソファに沈んで溜め息を吐いた。

「警察に、内通者がいるんですか」

「リンカの仕事だ」

 女生徒の一人、速水かなえの問いかけに、ガイキは可笑しそうに喉を鳴らした。

「やれやれ、あいつが退職前に全部済ましといてくれて良かったぜ。俺は苦手だからな、こういう潜入とか根回しとか」

「…その、マザードーパントというのを生き返らせるのは、どうしてですか?」

「仕事だからだ」

 即答するガイキ。かなえは食い下がる。

「仕事だからって、どうして」

「何でだろうな。お前も、いずれ大人になったら分かるだろうよ。皆が皆、お前らの先生みたいに働きたくて働いてるわけじゃねえ」

 ふと遠い目になり、ぼそっと呟く。

「…ギヅビバデデロ、ギジャバスススダバシザ」

「えっ?」

「…何でもねえ。それより、先生を呼べ。お前らにも、もう一働きしてもらうぜ」


520 ◆iOyZuzKYAc2019/10/13(日) 15:40:05.00rQ/NewS60 (5/8)

『Hな誘惑/選ばれし男』完

今日はここまで


521以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/13(日) 16:05:44.25K6SJCqDR0 (1/1)



ガイキ…ゴラゲパゲゲルンムセギジャジャ?


522 ◆iOyZuzKYAc2019/10/13(日) 16:08:30.86rQ/NewS60 (6/8)

『ホルスタインドーパント(種牛)』

 『ホルスタイン種』の記憶を内包するガイアメモリで、フリーライターの亀井戸純吉が変身したドーパント。
 ホルスタイン種を始めとする乳牛は、基本的に雌にしか商品価値が無い。そのため、雄の仔牛は生まれてすぐに処分されるか、せいぜい肉牛にされるのが普通である。そのため男性がホルスタインメモリを使用すると、変身した瞬間に生きたままシュレッダーに放り込まれたかのように、全身がずたずたに引き裂かれて死亡する。
 しかし、一つだけ例外がある。雌牛を孕ませるために存在する雄牛、すなわち種牛である。
 一定以上の適合率を持つ男性がホルスタインメモリを使用すると、優れた遺伝子を持つ種牛に相応しい雄として、例外的にドーパント態に変身しても死亡せず活動することができる。その場合は優れた雄であるという前提があるため、女性が変身した場合よりも更に強い力を持つことになる。具体的には、蹄によるパンチで鉄板をぶち抜き、頭突きでビルを倒壊させ、最高速で突っ込んでくる電車を真正面から受け止めることができる。また、分厚い筋肉は極めて硬く、生半可な刃はまるで通さない。雌と最も異なる点としては、乳房の代わりに巨大な陰茎と陰嚢があり、母乳の代わりに精液を弾丸めいて飛ばしてくる。これを雌のホルスタインドーパントが喰らうと、それだけで妊娠する。ホルスタインだけでなく、他の牛系ドーパントも同様に孕ませることができる。
 九頭英生は、単一のガイアメモリを効率的に広める実験として、風車町にホルスタインメモリを拡散する速度を観測しようとした。その足がかりとして、町の人間に顔の効く亀井戸に無制限にメモリを供給した。しかし亀井戸は、それをむやみに広げることはせず、目を付けていたイメージクラブの店長を脅迫し、店のコンパニオンにメモリを使わせた。ホルスタインメモリの力を得た女性たちは風車町で評判となり、店は急速に売上を伸ばしたが、その半分は亀井戸に奪われることとなった。また、雇ったコンパニオンの中で一番人気の女も、亀井戸が独占していた。
 富と女を得た亀井戸であったが、その欲望に底は無かった。同業者の力野徹が金持ち女と同棲しているという噂を聞くや、彼に接近し、店の闇を暴くという建前の元、彼を店に行くように仕向け、その隙に彼の女、つまりはリンカを寝取ろうと画策した。しかし、最初からガイアメモリの存在を疑った2人に、自身の悪事を暴かれることとなった。
 メモリの色は白と黒の牛柄。下半分は丸みを帯びた牛柄の線、上半分は牛の角めいた尖った線で『H』と書かれている。


523 ◆iOyZuzKYAc2019/10/13(日) 16:10:55.88rQ/NewS60 (7/8)

>>455をアレンジして採用させていただきました。ありがとうございました!

ドーパントを採用するときは、それで一話書けるかどうかで判断してる


524以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/13(日) 18:29:42.458bE5hpecO (1/1)

お前グロンギかよぉ!?ヒューマギアも出さないと(一作目繋がり感)


525以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/13(日) 21:36:10.21eHBf9GZXO (1/1)

スクラップ・ドーパント

『クズ鉄』の記憶を内包したガイアメモリで変身したドーパント
変身した当初は眩い様な銀色の精悍な姿のロボットだが、直ぐに朽ち果てた色へと変色してしまう
動き方も壊れた機械の様にぎこちなく、ノロノロとした鈍重な行動やバグが発生したかの様な怪音が体から聞こえてくる
当初はそのあまりに無惨な姿から、記憶通り廃棄される運命だったメモリだった

しかし『廃材を吸収して力を増す』特性が判明してからは、一転して有力なメモリとして扱われる様になった
特に廃棄された重機や既に住む人間のいなくなくなった廃屋等の人間に棄てられた物は相性が良いのか、ドーパント体に融合してしまう
戦い方はパワー任せの力業。その為このドーパントが暴れて被害が出れば出る程に強化されていってしまう

副次的な作用として、触れた物の使用された記憶がある程度把握できる
しかし、それは捨てられた物に限定される為使い勝手はあまり良くない
メモリの色は錆色。潰されたひしゃげた鉄骨がSの字になっている


526以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/13(日) 21:47:39.90PE9rlkjy0 (1/1)

廃材でパワーアップ……
そういえばブレイクしたメモリって廃材みたいなもんだよな?


527 ◆iOyZuzKYAc2019/10/13(日) 23:04:45.14rQ/NewS60 (8/8)

(それより北風町には産廃の廃棄場がある)


528以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/14(月) 02:41:59.91+2w61bt8o (1/1)

廃棄場があって廃棄される予定だったメモリがある
これ、廃棄された屑メモリと運命的な出会いでもシナリオが出来そう?


529 ◆iOyZuzKYAc2019/10/14(月) 19:20:10.24u+XlMcTc0 (1/6)

「う、あっ、ああっ…ああぁぁあぁあああぁぁぁっっっ!!!」

 絶叫し、崩れ落ちる男。その掌から、生成り色のメモリが抜け落ちる。それを拾い上げると、井野は苛立たしげに息を吐いた。

「クソッ…こいつも駄目か」

 目を向けた祭壇には、ヴェールを被った若い女が横たわっている。彼の妹、井野遊香である。半年に自殺した彼女は、兄である定と、母神教の首魁・成瀬ヨシノ、すなわちマザードーパントによって生き返った。しかし、成瀬の腹から取り出されてから、彼女は一度も目を覚まさない。マザードーパントの腹から生まれた子は、マザードーパントの母乳によって体力を取り戻す必要があるからだ。
 しかし、遊香の出産と引き換えに、成瀬は命を失った。成瀬を再び生き返らせるには、この生成り色のメモリ、『ヴォイニッチ』の力が必要であった。

「次を連れてくるよ。井野さん、それ隠しといて」

 朝塚ユウダイが、聖堂を出て行く。
 ヴォイニッチメモリの具体的な能力は、誰も知らない。一つ言えるのは、ごく僅かな選ばれた人間が使用しなければ、瞬時に精神が崩壊し、二度と戻れなくなるということだ。
 井野は、動かなくなった男を担ぎ上げると、祭壇の裏に放り捨てた。何も知らない母神教の信者を、次々とここに呼び出してはメモリを試しているが、まだ一人もメモリに耐えきれた者はいない。

「遊香…待ってろよ…」



530 ◆iOyZuzKYAc2019/10/14(月) 19:20:41.99u+XlMcTc0 (2/6)

「よう」

「!?」

 突然、背後から飛んできた声に、井野ははっと振り返った。
 見ると、そこには白い詰め襟を着た髭面の大男が、目を細めて立っていた。
 と、その隣に眼鏡を掛けた中年の女が、そして背後に、30人ほどの少年少女が手品めいて瞬時に姿を現した。

「誰だ!?」

「マザードーパントを生き返らせるんだろ? 手伝いに来たぜ」

「誰だと言っている…」ネブラ

「てめえにそれを訊く権利は無え!」

 いきなり、男が井野の胸を掌で衝いた。あまりの衝撃に息が止まり、井野がその場に膝を突く。

「くっ……っ! あ、あんた…」

 井野の目が、隣に立つ女の方を向いた。

「見たこと、あるぞ…そうだ、前にここで」

「ああ、誰と思えば。前にミヅキが連れて来た」

「そうか…同じ、お母様の…げほっ」

 咳き込みながら、どうにか立ち上がる。それから、先程拾った生成り色のメモリを女に見せる。

「これを…このメモリを、使える人間を探せば…お母様が、戻ってくる」

「へえ」

 男が、メモリをひったくった。

「おい、ガキども。ポイント稼ぎのチャンスだぞ。誰か、試してみるか」

「よせ! 選ばれた者以外が使えば、一瞬で廃人になるぞ」

 その言葉に、女が息を呑んだ。

「だ、駄目よ! そんなこと、私の生徒たちにさせるわけには」

「先生…」



531 ◆iOyZuzKYAc2019/10/14(月) 19:22:16.88u+XlMcTc0 (3/6)

 ある生徒が、思わず口を開く。ひそひそと話し合う声がして、やがてその中の一人が何か言おうとした、その時

「…うん? そこにいるのは」

「! …あぁっ!?」

 突然、聖堂の床から大量の植物が伸び、生徒や女の体を雁字搦めに絡め取った。
 その間を縫って、一人の少年が井野の隣に姿を現した。

「久し振りだね、愛巣会の小蝿クンたち」

「! あなたは…」

 目を見開く女に、少年…ユウダイは、歯を剥き出して唸った。

「そして…蜜屋先生。僕から全てを奪った、腐れウジ虫女…!」クローバー

「糞ガキめ…」ドミネーター!

 白服の男…ガイキが変身し、クローバードーパントに殴りかかる。それをメイスで受け流すと、彼は叫んだ。

「井野さん!」

「ああ!」ネブラ

 青銅の騎士が、ドミネーターに斬りかかる。迎え撃とうとした拳に、クローバーの茎が絡みついた。

「っ、クソがっ!」

 振り払った拍子に、奪ったヴォイニッチメモリが手から離れた。

「しまっ」

「…はい、キャッチ」

 飛んできたメモリは、吸い込まれるようにクローバーの手に。彼はニヤリと嗤った。

「僕は、運が良いんだ。そして」

 縛られた蜜屋と、彼女の生徒たちに向き直る。

「…丁度ここに、良い実験体がたくさんいるね」

「止めなさい!生徒たちに手出ししたら、許さないわ」

「僕も、少し前までそっちにいた。でも、あんたは僕をクズだと捨てた! …そこで見てなよ。あんたが僕にしたみたいに…僕も、あんたから奪ってやる…!」



532 ◆iOyZuzKYAc2019/10/14(月) 19:23:45.11u+XlMcTc0 (4/6)




「…何だ、どうなってる?」

「もぬけの殻ですね」

 工場を見回して、徹とリンカは首をひねった。
 博物交易、第九貨物集積所四番倉庫。すなわち、北風町に存在するガイアメモリ製造工場である。リンカの案内で工場に侵入したは良いものの、そこには人の気配がまるで無かった。

「ガイキや蜜屋はともかく、他の作業員もいない…」

 見たことの無いような機械や、文字と画像で埋め尽くされた巨大な画面。つい最近まで動いていた気配はあるのだが、そこには誰もいない。

「どこかに出かけているのでしょうか。それこそ、母神教の本拠地などに」

「だが、どうやって? 敷地の前に、新しい車の跡なんかは無かったし…」

「方法ならあります」

 そう言うとリンカは、徹を先導して壁にある質素な金属の扉を開け、中に入った。薄暗い廊下を歩き、また別の扉を開けると、そこは白い正方形の小部屋であった。
 等間隔に黒い線の引かれた床に座って、一人の少年が本を読んでいる。

「…! 誰だ…」

 慌てて立ち上がる少年。彼はリンカの姿を認めると、声を張り上げた。

「リ、リンカさん!? 何をしに来たんですか」

「ガイキたちをどこに転送しましたか。答えなさい」

 Xマグナムを突きつけ、問いただすリンカ。少年は上ずった声で答える。

「ぼ、母神教本部…聖堂に」

「やっぱり…目的は何だ。母神教の掌握か?」

「そんなこと、ぼくは知らない! ガイキさんの命令で、皆を転送しただけだ」

「では、私たちも転送しなさい」

「そ、そんなこと」

「では、ここで貴方の所持する『ゾーンメモリ』を破壊します。…ガイキや他の皆さんが帰る手段を失うことになりますが、よろしいですね?」

「…」

 少年は歯ぎしりすると、ポケットから一本のガイアメモリを取り出した。

「先生たちの邪魔をしないでくださいよ…」ゾーン

「それは、あちらの行動によります。…忠告しておきますが、他の場所に転送しようとは思わないことです」トゥルース!

 ドライバーを装着しながら、リンカが釘を刺す。

「今、私はトゥルースメモリを装填しました。偽りは、全て暴かれます。…徹」

「ああ。今のうちに…変身!」ファンタジー!

 白い部屋に、北風町の風景がミニチュアサイズで投影されていく。その中の一箇所が白く点滅し…デュアルの姿が、部屋から消えた。


533 ◆iOyZuzKYAc2019/10/14(月) 19:24:33.72u+XlMcTc0 (5/6)

今夜はここまで


534以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/14(月) 21:08:01.78RkUNHFgJO (1/1)

荒らし速報

ID: +vAJUinAO、ID: XxAEAIo80、ID:vuMJPVEE0、ID: Ao8Lv9x9O、ID: cJcQzrkpo 、ID: 6ra6liDjO
ID: 89tlEEMSo

以上のIDが他スレにて悪質な荒らし行為をしている事が確認されました。
これ等のIDは荒らし目的のクソ安価を出しますのでご注意ください。


535 ◆iOyZuzKYAc2019/10/14(月) 21:12:46.80u+XlMcTc0 (6/6)

『クローバードーパント』

 『シロツメクサ』の記憶を内包するガイアメモリで、学生の朝塚ユウダイが変身したドーパント。シロツメクサの花冠を被った、石膏像の天使のような姿をしており、四葉のクローバーを模したメイス(レンゲルラウザーよりは柄が短い)を振るったり、シロツメクサを自在に伸ばして敵を拘束したりできる。汎用性の高いメモリだが、それ以上に厄介なのは四葉のクローバーが持つ『幸運の象徴』に由来する、使用者の運の強化である。急いでいる時は目の前の信号は全て青になり、予報が雨の日に傘を忘れれば空は晴れ渡り、シャリシャリ君は食べたいだけ当たりが出て、自分を狙った攻撃は全て急所を外す。そのため、致命傷を与えるにはそれを上回る幸運か、運では追いつかないほどの飽和攻撃が必要となる。
 母親である朝塚芳花を失ってなお蜜屋に洗脳されたままだったユウダイを、塾の専属医・友永真澄として行動していた成瀬ヨシノは密かに呼び寄せ、洗脳を解除する。そうして彼の復讐心を煽り、エクスタシーメモリの試作品を持たせて蜜屋に特攻させた。返り討ちに遭い死亡した彼の遺体を回収した成瀬は、マザードーパントの力で彼を再出産し、自身の子として新たな洗脳をかけた。塾の落ちこぼれとして蜜屋に虐げられながら、お母様に目をかけられ、深い寵愛を受けることになった『幸運』な彼に相応しいメモリとして真堂が与えたのが、クローバーメモリであった。
 メモリの色は美しい純白。シロツメクサを編んだような線で『C』と書かれている。ホーネットメモリを挿す左手首のコネクターは再出産の際に失われ、このメモリのコネクターは母親のアコナイトメモリと同じく、喉に刻まれている。


536 ◆iOyZuzKYAc2019/10/16(水) 19:11:06.60CLo+hCJo0 (1/1)

(CSMダブルドライバー買おうかな…)


537 ◆iOyZuzKYAc2019/10/18(金) 21:25:39.68JTXqOQ800 (1/7)




「嫌ああぁぁっ!!」「うわああぁっ!」「ひっ、い、あっ」

 蔦に拘束された生徒たちが、次々にメモリを挿し込まれては、泡を吹いて動かなくなる。蜜屋が悲鳴を上げた。

「止めて! 私の生徒を…」

 クローバードーパントは構わずに、寧ろ悲鳴を愉しむように、生徒たちにメモリを押し付けていく。

「あ…あぁ…」

 壊されていく、蜜屋の生徒たち。ドミネーターはネブラドーパントにかかりきりだ。
 蜜屋の視界には、過ぎし日の光景がフラッシュバックしていた。



 ___壊されたランドセル。折られた鉛筆。

 ”しわしわの志羽子、しわくちゃババア!”

 ___泥の塗られた机。トイレの個室で泣いていたら、上から水が降ってきた。

 ”べとべと蜜屋、しわくちゃ志羽子!”

 ___教師は、何も言わなかった。助けてはくれなかった。



「嫌…止めて…嫌あぁぁぁっっ!!」



『クイーンビー』



 スーツのポケットから、黄色と黒のメモリが飛び出し、蜜屋の後頭部に収まった。



538 ◆iOyZuzKYAc2019/10/18(金) 21:26:11.97JTXqOQ800 (2/7)

「はぁ…はぁ…あああっ!!」

 女王蜂は絡みつく草を引きちぎると、虹色の翅を震わせてクローバードーパントに突進した。
 速水かなえにメモリを挿そうとしていた彼は、不意打ちに成す術なく弾き飛ばされた。

「私が…教師が…一番強くないと…」

「…ははっ」

 立ち上がりながら、クローバードーパントが嗤う。

「お母様に聞いたよ。あんた、子供の頃は虐められる側だったんだ」

「…ええ、そうよ」

「虐めたいから、あんたは教師になったんだ!」

「違う! 私は…」

 翅を震わせると、生徒たちの持つホーネットメモリが独りでに動き出し、各々のコネクターに刺さった。
 拘束が破られ、たちまち彼は無数のホーネットドーパントに囲まれた。

「完璧な教室…完璧な、生徒たち。成績の差こそあれ、誰も虐げない、虐げられない」

「子供相手にふんぞり返って、惨めなオバサンだ」

「教師が、私が一番強くないと! …ええ、少し考えれば分かるもの。この社会は、弱者を虐げてきた人間が作り上げてきた。彼らの都合の良いように」

「だから上に立って、人を虐げるんだ。弱い自分の憂さ晴らしに!」

「弱い人間の意見が必要だわ。教室をより良いものにするために」

「弱い人間をあんたが踏み躙ったから、今、僕がここにいるんだ!!」

 メイスを振りかざすと、クローバードーパントは女王蜂に襲いかかった。



539 ◆iOyZuzKYAc2019/10/18(金) 21:27:18.45JTXqOQ800 (3/7)




 突き出された短剣を軽く躱すと、肘に手刀を叩き込む。よろめいた隙に、こめかみに肘鉄。崩れた相手の脳天に、瓦割りめいて拳を…
 しかし、青銅の手甲に刻まれた金の線が光ると、敵の体は瞬時にずれた場所へ移動した。

『ちょこまかと…』

 苛立たしげに唸るドミネーター。マキシマムドライブも試したが、適合率が高くメモリが奪えない。
 振り下ろされた斧を受け止めると、呼びかけた。

『おい、何で俺たちが殴り合ってる!?』

「…」

『マザードーパントを生き返らせたいのは、お互い様だろうが! ここで俺たちが潰し合ったら、どっちも損だぞ!』

「…」

 彼の言葉に、ネブラドーパントは少しの間動きを止め…やがてゆっくりと武器を下ろした。

『ああ…そうだ。それで良い』

 ドミネーターは、ドライバーからメモリを抜き、変身を解除した。

「難しい話は後回しだ。今は、あの女を生き返ら」

 言いかけた言葉が、不意に途切れた。



540 ◆iOyZuzKYAc2019/10/18(金) 21:28:01.67JTXqOQ800 (4/7)

「…?」

 ガイキは、ゆっくりと顔を下ろした。



 見下ろした、自身の胸。

 白い服を紅く染めて、キチン質の硬い腕が、彼の胸を貫いていた。



「お前は…お母様の、敵だ…!!」



 振り返ると、そこにはダンゴムシめいた、赤茶色の怪人。

「…クソが」

 血と共に、彼は悪態を吐いた。



541 ◆iOyZuzKYAc2019/10/18(金) 21:28:30.73JTXqOQ800 (5/7)




「ぐぅっ…くあっ」

「完璧な教室に、貴方は不要よ。…それに、ミヅキもね」

 無数のスズメバチに蹂躙されるクローバードーパントを見下ろしながら、女王蜂は冷たく言い放つ。

「クソぉ…お姉ちゃんまで、よくも…ぐあっ!」

 踏み付けられ、思わず声を上げる。

「…その辺にしておきましょうか。さあ、不良生徒に止めを」

「はい、先生!」

 取り囲むホーネットドーパントたちが一斉に飛び上がり、尻の棘を向ける。そして、かつての級友を串刺しにしようとした、その時



『そこまでだ!!』



「!? …あ゛っ!」

 突然、ホーネットドーパントたちの体が床に落ちた。その体から次々にメモリが抜け、砕けていく。

「何事!?」

 倒れ伏す生徒たちを押しのけ、クローバーとクイーンビーの間に現れたのは、金と銀の騎士。

「仮面ライダー…!」

『蜜屋…ガイキ…母神教…全部まとめてぶっ潰す!』

 大剣を構えると、デュアルは女王蜂に斬りかかった。

「また私の邪魔を…!」

 両腕で斬撃を止める。翅を広げて下がると、肩から白い弾丸を飛ばしてきた。
 蜂の子めいた砲撃を剣で撃ち落としながら、デュアルは肉薄する。そして、また下がろうとしたクイーンビーに、重い袈裟斬りを見舞った。

「ああぁっ!」



542 ◆iOyZuzKYAc2019/10/18(金) 21:28:58.42JTXqOQ800 (6/7)

「先生!」ロングホーン

「よくも…!」バンブルビー

『邪魔だ! …メモコーン!』

 立ち塞がる生徒を斬り払うと、どこからともなく駆け寄ってきた一角獣を変形させ、剣の鍔に嵌め込む。

『これで終わりだ…』セイバー! マキシマムドライブ

 金色に光り輝く剣を、女王蜂に振り下ろそうとした、その時

「…!! 止めて!!」

『!?』

 突然、クイーンビードーパントが向こうを指して叫んだ。



「お前は…お母様の、敵だ…!」



 唸るような声。そこに立っていたのは、アイソポッドドーパント・真堂甲太。その、鋭く尖った甲殻の腕が…

『ガイキ…!?』

 ガイキ。財団Xのエージェント。リンカの元上司。ドミネーターの変身者。___ミヅキを殺した、張本人。
 その彼の背中を、アイソポッドドーパントの腕が、真っ直ぐに刺し貫いていた。

「小崎君、速水さん! あの人を…」

「えっ? は、はいっ!」

 蜜屋の命令に、バンブルビーとロングホーンがガイキの元へ走る。

”…徹。今のうちに”

『っ、分かってる…!』

 金の光を放つ剣を、頭上に構える。

『セイバー…トゥルーカリバー!!』

 振り下ろされた必殺の剣を、女王蜂は防御もせず、呆然と受け止めた。


543 ◆iOyZuzKYAc2019/10/18(金) 21:39:56.73JTXqOQ800 (7/7)

『禁断のV/踏みにじられた叫び』完

今夜はここまで


544 ◆iOyZuzKYAc2019/10/19(土) 21:24:18.54IyRrgWkZ0 (1/5)




「ゾーンメモリを持っているのが、自分たちだけだとでも思ったかね」

 円形の口を軋ませて、等脚類の大王が嗤う。

「あれは我が工場の売れ筋でね。当然、何本も製造してあるし、忠実な職人たちの中にはメモリを扱えるものもいる。今頃、あの工場はもぬけの殻だ。私が確保した別の工場に、一人残らず転送したのだからな!!」

「…」

 哄笑するアイソポッドドーパント。心臓を貫かれたガイキは、黙って突っ立ったまま動かない。

「これは没収する」

 ネブラドーパントが、ガイキの腰からロストドライバーを毟り取った。

「所詮、財団とて少し大きいだけの被捕食動物に過ぎん! 真の肉食獣は…」

「…おい」

 突然、ガイキの口が動いた。

「ガイキさん!」

「加勢します…」

「来るんじゃねえ!!」

 駆け寄ってきた二匹の虫たちを一喝すると、やおら胸から突き出た腕を、両手で掴んだ。そして

「…ぬあぁっ!」

「ぎゃああぁぁぁっ!!?」

 ぼっきりとへし折り、そのまま引きちぎった。



545 ◆iOyZuzKYAc2019/10/19(土) 21:24:47.58IyRrgWkZ0 (2/5)

「はぁっ…はぁっ……おおおおおおっっっ!!!」

 ガイキは吼えると、真っ赤に染まった服を掴み、引き裂いた。
 露わになった、彼の上半身。血塗れの分厚い胸板には、奇妙な黒い刺青が刻まれていた。それはよく見ると、巨大な甲羅と鋭い嘴を持った、コウイカのようであった。
 そして…彼の胸の真ん中に空いた穴。向こうの景色まで見えそうなほどに大きなその穴が、見る見る内に塞がっていく。

「なっ…何故だ…!?」

「ガイキさん、一体…」

「…」

 ガイキは、唸り声を上げながら振り返ると、逃げようとするアイソポッドドーパントの肩を掴んだ。

「ひっ…は、離せ、離せっ…」

 唸る彼の顔が、めきめきと音を立てて歪んでいく。目はぎょろりと大きく、黄色と黒の鋭い虹彩へ。口は黒く尖った嘴へ。全身の皮膚が青白く変色し、顎髭は無数の白い触手へと変わった。筋肉質な白い肉体を覆うように半透明の外殻が隆起し、そして今までドライバーを巻いていた腰には、灰色の石版めいたバックルが出現した。
 禍々しい烏賊の怪人となったガイキが、嘴を大きく開けた。次の瞬間

「はあっ!」

「…っ!? あっ、あああっ! ぎゃああっ! あ゛あっ!?」

 口から噴き出したのは、煙を上げる真っ黒な液体。それを浴びたドーパントの頭部が、燃え上がった。
 絶叫するアイソポッド。しかし、ガイキは噴射を止めない。

「あ゛っ、あ゛ああっ…あ、がっ…」

 とうとう、丸いキチン質の頭が爆ぜた。血と脳漿を撒き散らすそれを床に放り捨てると、ガイキは床に倒れたクローバードーパントの元へ歩み寄った。

「…」

「…花は」

 掠れた声で唸ると、動かない少年を両手で吊り上げた。

「嫌いなんだよぉ!!」

「ああああっっ!!」

 そのまま、床に叩きつける。その衝撃に、掴んでいた生成り色のメモリが手から離れ、宙に舞った。



546 ◆iOyZuzKYAc2019/10/19(土) 21:25:58.91IyRrgWkZ0 (3/5)

 それを空中でキャッチすると、今度は祭壇の方へと突き進んだ。

「…!! やめろ!!」

 彼の意図の気付いたネブラドーパントが、止めに入る。

『なっ、何をする気だ!?』

 呆然と成り行きを見守っていたデュアルも、我に返って走り出す。

「全部…知ってんだよ…このメモリも…誰に、適合するかも…」

 呟きながら目指すのは、祭壇の上。眠ったまま目覚めない、井野遊香。

「止めろ! 止めろ! 止めるんだ!!」

「マザードーパントを…寄越せぇっ!!」



『ヴォイニッチ』



 ヴェールを剥がし、裸の胸元に、メモリを突き立てた。


547 ◆iOyZuzKYAc2019/10/19(土) 21:58:15.22IyRrgWkZ0 (4/5)

今夜はここまで


548 ◆iOyZuzKYAc2019/10/19(土) 22:33:09.75IyRrgWkZ0 (5/5)

『マシンオトギハクバー』

 仮面ライダーファンタジー、デュアル専用バイク。白い流麗なシルエットで、ファンタジーの仮面を模したフロントカウルに、馬のたてがみを模した銀のサイドカウルを装備。最高速度712km/h。運転手の念に応じて角が生えたり、翼が生えて空を飛んだりすることができる。素体はHONDA CBR1000RR。
 初登場時は放置自転車を変形させて搭乗したが、以降は自費でマウンテンバイクを購入し、必要時に念じるとバイクに変形するようにしてある。これは徹だけでなくリンカもできるので、彼が出払っているときにリンカがバイクで迎えに行くことも可能。


549 ◆iOyZuzKYAc2019/10/20(日) 08:14:47.06v/svdJfm0 (1/10)

(これでもイクサリオンよりは遅いんだぜ)


550以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/20(日) 10:32:52.28Y1JDfk0zO (1/1)

マジかよやっぱ753は315だわ


551 ◆iOyZuzKYAc2019/10/20(日) 15:21:23.78v/svdJfm0 (2/10)




『ヴォイニッチ』



 生成り色のメモリが、胸に吸い込まれていく。その肌に、無数の奇妙な文字が浮かび上がった。
 と、硬く閉じられていたその目が、ぱっと開いた。

「遊香…遊香?」

 吊り上げられるように、その体がゆっくりと起き上がる。彼女の肌の上を、夥しい数の未解読文字が駆け抜ける。文字に混じって、天体、植物、そして人間の絵も流れていく。
 そして…祭壇の上に立ち上がった遊香が、両手を広げた。

「? …ああっ!?」

「…ぁ」

 立ち尽くすネブラドーパントと、倒れ伏すクローバードーパント。その体から、各々のガイアメモリが抜け、彼女の手の中へと収まった。
 遊香が、遂に口を開く。

”星”

 ネブラメモリが、右の手へ。

”根”

 クローバーメモリが、左の手へ。
 握りしめた瞬間、その足元からシダのような奇妙な植物が急速に伸び始めた。更に、その頭上には青と赤の光を放つ、不気味な顔を持つ白の球体が出現した。

「な、何が…」

「…これで良い」

 ガイキの姿が、人間に戻っていく。その口から顎にかけて、赤く焼け爛れている。

「回収しろ」

 どこへともなく呟いた瞬間、彼と二匹の昆虫、すなわちバンブルビードーパントとロングホーンドーパントが、姿を消した。



552 ◆iOyZuzKYAc2019/10/20(日) 15:21:58.98v/svdJfm0 (3/10)

”徹。私たちも撤収しましょう”

『だけど…!』

 見回すと、メモリを破壊された生徒たち、それに蜜屋。聖堂は、未知の植物に急速に埋め尽くされていく。

”…では、できる限り回収して警察に引き渡しましょう”

『ああ!』

 近くにあった長椅子に触れると、木材が独りでに動き出した。近くの長椅子や床の木材を剥がし取ると、組み合わさって無数の腕を持つ木製の重機めいた形に変わった。
 それに跨ると、デュアルは叫んだ。

『皆、連れて帰るぞ!』

 木でできた腕が動き出し、逃げ遅れた生徒たちを捕まえていく。最後に蜜屋を捕らえると、デュアルはファンタジーメモリを抜き、機体に突き立てた。木の機体が金属質な銀色に変化すると、力強い音を立てて前進を始めた。



 本棚の立ち並ぶ白い空間。開きっぱなしの本を、座ってじっと眺めている少女の元へ、青年が近寄ってきた。

「君について、閲覧させてもらった」

 彼の言葉を理解してか否か、彼女は次のページを催促するように掌で本を叩く。

「僕の相棒は探偵でね。地球の本棚が使えなくても、君という人物について知るには十分だ。……『北風町の仮面ライダー』と戦っていた兎のドーパントは、君だったんだね。アリス…いや、兎ノ原美月」

 少女は一切の興味を示すことなく、本のページを叩き続ける。
 その手が一瞬、本をすり抜けた。

「…そして、君がここにいられる時間は、残り少ないようだ」

 青年は屈み込むと、本のページを捲った。食い入るように続きを読む少女に、彼は声をかけた。

「君という存在が消えかけているのか、あるいは君が収まるべき場所が出来上がりつつあるのか」

 少女は、応えない。ただ一心に、不思議の国を旅するもう一人の少女を、目で追いかけている。

「行かなくて良いのかい?」

「…」

 開かれたページを読み終えて、少女が顔を上げる。
 青年が、またページを捲る。

「…そうだね。まだ、その時じゃない。時計を持った兎は、まだここにはいない」

 少女に背を向ける。その姿が、ふっと消えた。



553 ◆iOyZuzKYAc2019/10/20(日) 15:23:39.37v/svdJfm0 (4/10)




「…」

「…フィリップ?」

 ガレージの真ん中でぼうっと立っていた青年に、髪の長いグラマラスな女が声をかけた。

「…ああ。大丈夫だ」

 彼は梯子を登ると、隅に置かれた机の前に座った。

「ときめ。悪いけど、もう少し翔太郎と『猫を探して』いてくれないか」

 すると女は、悪戯を覚えた子供のように微笑み、頷いた。

「うん、分かった」

 ガレージを出ようとして、ふと足を止める。

「…アリスのこと、良いの?」

「何が?」

「ここに引き込もって、お話してるだけで良いの?」

「ああ、良いんだ。これが僕にできる、精一杯だから」

 青年は机の端に置かれた、小さな箱を見つめながら答えた。

「でも、調べさせるだけ調べさせといて…翔太郎も気にしてたよ?」

「翔太郎に話せば、絶対立ち向かおうとする。僕たちもまだ、大きな敵を抱えているのに…それに」

 彼は、瞬きもせずに続けた。

「…今は、そっとしておこう。あの町の仮面ライダーは…僕たちが、と言うよりもこの街のことが、嫌いみたいだから」

「…じゃあ、もう暫く猫探しして、翔太郎をここに近付けないようにする」

「頼んだよ」

 去っていく女を見送ると、彼はぼそっと独りごちた。

「亜樹ちゃんは育休。翔太郎は猫探し。…こんなとこ、2人に見られるわけにはいかないからな」

 ノートパソコンを開く。そこに繋がれていたのは、砕け散ったピンク色のガイアメモリ。数日前に彼の前に現れた、謎の一角獣型メモリガジェットが吐き出したものだ。
 そして、それと回路を成すように繋がれた、1本のメモリ。接続されているのは、解析のためではない。『出力』のためだ。

「…何しろ…十数年ぶりに、僕がまた『悪魔』になるんだから」


554 ◆iOyZuzKYAc2019/10/20(日) 15:51:58.73v/svdJfm0 (5/10)

(時系列とか気にしてはいけない)

今日は多分ここまで


555以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/20(日) 16:22:17.99pfJf0duFO (1/1)

乙、まあ風都探偵時空なのに所長が育休してる時点でね


556 ◆iOyZuzKYAc2019/10/20(日) 20:12:30.17v/svdJfm0 (6/10)

(TV本編、小説(未読)、風都探偵から他のSSまで、様々なものが混じって混沌としている)


557やっぱりもうちょっと続ける  ◆iOyZuzKYAc2019/10/20(日) 22:20:00.78v/svdJfm0 (7/10)




「どうして先生を置き去りにしたんだ!」

 小崎が、ゾーンの少年に詰め寄った。少年は後ずさりながら弁明した。

「が、ガイキさんから、撤退するときは戦力になる者だけを回収するよう言われてたんだ! ここから、皆が見えてたわけじゃないし…強いエネルギーを発してる反応だけを回収したら、こうなったんだ」

「だからって、先生を…」

「おれだってびっくりしたよ! まさか先生が、やられたなんて…」

「ちくしょう、仮面ライダーめ…!」

 小崎はその場に崩れると、拳で床を殴った。



 一方、工場の休憩室にて。服を着たままシャワールームに入ると、ガイキは蛇口を全開にした。
 冷たい水が頭から降り注ぐ。赤熱した鉄を水に浸したような音がして、シャワールームが一瞬で煙に包まれた。
 その外では、速水かなえが不安げな顔で立っていて、すりガラスの向こうをじっと見つめている。

「あの…ガイキさん、あなたは一体…」

「…ど、が」

 しゃがれた声が聞こえてくる。それから唸るように一言二言発しようとして、諦めたように黙り込んだ。

「…ガイキさん?」

 呼びかけるかなえ。返ってきたのは、今まで聞いたことのない言語であった。

「ボゾグジャベデ…リントンボドダグ、グラブザバゲバギ」

「えっ? あの、何語…」

 戸惑うかなえに、ガイキは耳障りな声で告げた。



558 ◆iOyZuzKYAc2019/10/20(日) 22:20:28.54v/svdJfm0 (8/10)

「ゴセバ…グロンギン、ラベギブザ…」



「ガイキ…正式名称を、『メ・ガイキ・ギ』」

 救出した人々を警察に任せた後、ようやく家に辿り着いた。鍵を締め、飲み物を用意し、落ち着いてからリンカは話し始めた。

「今から30年以上前、東京近辺で起きた未確認生命体による事件を知っていますか」

「俺が生まれる前だけど…たまにテレビとかで聞く」

「一部の警察組織を壊滅させ、首都圏で4000人近くの犠牲者を出した事件…それを引き起こした未確認生命体、グロンギ族の、現在確認されている唯一の生き残りが彼です」

「ま、待ってくれ! じゃああいつは、人間じゃ」

「はい。彼は人間ではありません。と言うより、財団Xのエージェントにおいて、私のような人間は少数派です」

 そう言うと彼女は、お茶を一口飲んだ。

「…彼が財団に加わった正式な経緯を、私は知りません。確実に言えるのは、彼が他のグロンギ族と違い、無差別的な殺人を好まないこと。そして、財団に忠実な職員であることだけです」

「何だよそれ…じゃあ、デュアルの力で倒せるのか?」

「分かりません。ドーパントでない以上、メモリブレイクによる無力化は不可能です。また、グロンギ族には高い肉体回復能力があり、致命傷を与えるのは困難です。しかし」

「しかし、何だよ?」

「…彼の近くで働いていた私の、私見ではありますが…彼は、理知的で理性的な人物です。ガイアメモリの新造手段を確保するために不要な殺戮は行わないでしょうし、もし任務に失敗したとしても、財団の命令に従って直ちに撤退するでしょう」

「だがあいつは、ミヅキを殺した!」

「兎ノ原美月から仕掛けた交戦の結果として、です。彼は理性的ですが、当然慈悲深いわけではない。降り掛かった火の粉は払いますし、売られた喧嘩は全力で買う」

「じゃあ、どうすれば…」

「…今は、母神教に専念しましょう。マザードーパント復活の引き金は引かれてしまったようですが、まだ手遅れと決まったわけではありません。彼らの妨害をしつつ、ガイキたちはその都度、応戦することにするべきでしょう」

「…」

 難しい顔で黙りこくる徹。リンカは、ふっと息を吐くと、彼の肩に手を置いた。

「…仇討ちに囚われないでください。私は…貴方を、失いたくない」



559 ◆iOyZuzKYAc2019/10/20(日) 22:21:44.52v/svdJfm0 (9/10)

「!」

 リンカが、彼の首に腕を回す。

「最後まで彼女と敵対していた私が言うのは憚られますが…彼女は死に、私は生きている。そして、貴方も」

「…」

「母神教が何と言おうと、命は一つしかありません。どうか、死なないで…死に、走らないで」

 徹は、ゆっくりとその背中に、腕を回した。

「…ああ」

 細い彼女の体をきつく抱きしめながら、彼は絞り出すように答えた。


560 ◆iOyZuzKYAc2019/10/20(日) 22:22:51.87v/svdJfm0 (10/10)

『禁断のV/死んだ女と生きている女』完

今度こそ、今夜はここまで