602 ◆apd8UAIHlARG2019/07/30(火) 16:50:44.076iRc2EVB0 (2/2)

二人は揃って全裸で、マスターに擦り寄る。

ランサーアルトリア「……マスター……んっ、はぅ」

大きな尻を揉みながら、彼の胸板に大きな胸を押し付ける。

セイバーアルトリア「ま、ちゅっ、んんっ、ます、た……んむぅ」

舌を絡ませつつ、彼女の秘所に指を滑り込ませる。

忠実、従順な二人は彼の愛撫を受けつつ竿や玉を優しく撫でる。

三人の準備が終わった頃、彼は唇を離し二人の顔を見る。

期待に瞳を潤ませ、乞うように彼を見上げる。

この夜はどう過ごすか、彼は贅沢に悩む。



エッチの内容、>>下、>>下2


603以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/30(火) 16:57:31.67+pSJwm300 (1/1)

両手を恋人繋しながらいちゃラブ正常位


604以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/30(火) 17:10:11.43GY0j3XxRO (1/1)

wパイズリフェラ


605 ◆apd8UAIHlARG2019/07/31(水) 00:04:49.81qF0atkPs0 (1/1)

>>603
3Pなんだから一人分しか描写してないで二人分描写するか3Pならではの安価を出したまえ!

再安価、>>下


606以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/31(水) 00:12:04.90vpBVlNdZ0 (1/1)

連結してゼリー浣腸排泄相撲させる
勝った方からアナルセックス


607 ◆apd8UAIHlARG2019/08/01(木) 18:05:15.57YDke7ASr0 (1/2)

2人の胸に挟ませ、彼はゼリーを2人に注入する。

数分もすれば、水分を吸いゼリーの体積は増えるだろう。

セイバーアルトリア「ん、れるっ、んむっ」

ランサーアルトリア「はぅ、ん……むぷっ」

大きな胸で肉棒を挟み、慎ましい胸で亀頭を刺激する。

互いの舌を絡めるようにしながら鈴口を刺激すると、濃く熱い精液が口や顔めがけ放たれる。

セイバーアルトリア「……れろっ、ん……んれろぉっ」

ランサーアルトリア「ちゅぅっ、ん、はふ……じゅるっ」

自分の顔の精液を舌で舐めとっていると、ゼリーの膨張が収まる。

ぐだ男「それじゃあ、頑張ってね?」

チューブが2人のアナルを連結し、2人の腹の内容物がちょうど中央で拮抗する。

ランサーアルトリア「ふっ、ん゛ん゛っ……く、ぅっ!」

セイバーアルトリア「はう、う、う゛っ!」

2人がイきむと、徐々に均衡が崩れる。

セイバーアルトリア「は、んんんんんんっ!」

……セイバーの方のアルトリアが、ゼリーをすべてひり出す。

ランサーアルトリア「ほ、んほぉぉっ!?」

2人分のゼリーを浣腸された彼女の肛門に、彼はアナルプラグをねじ込む。

妊婦のように腹が膨れている彼女を一度放置し、彼はセイバーを抱く。

セイバーアルトリア「あっ、ひっ、んひゃぁぁ!?」

体力も減った彼女は容易に持ち上げられ、自重を肉棒で支えられる。

セイバーアルトリア「お゛、んお゛っ、ひああ!?」

足を抱えられ、完全に雌穴として扱われる。


608 ◆apd8UAIHlARG2019/08/01(木) 18:26:02.84YDke7ASr0 (2/2)

式「……ふぅ……うっ」

藤乃「……ん、んっ……」

ぐだ男「広めに設定したから、結構オモチャもあるね」

シミュレーターで再現したホテルの一室を眺めながら、2人の尻肉を弄る。

彼の指でダラダラと愛液を分泌させ、2人の服の下からは濃い雌の匂いがしていた。

お互いが抱かれていることに気づいたのは最近だが、何故か腑に落ちた……同時に、お互いに激しく意識してしまう。

ぐだ男「シャワー浴びてくるから、ゆっくりしてて」

彼は実害が出る前に行動に移すことにした。

少なくとも2人を平等に抱き、愛す……それも1人を抱いている時と同じ程に。

ぐだ男「2人分か……頑張らないと……」

戦意十分な身体に精力剤の水薬も飲み、彼は2人が待つ寝室に向かう。



エッチの内容、>>下、>>下2


609以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/01(木) 18:35:40.79x2/54eaxO (1/1)

ベッドの上で式と藤乃が重なり合って交互に挿入
淫乱におねだりできた方に中出ししてあげる


610以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/01(木) 18:37:29.04SNHry41go (1/1)

二人を可能な限り平等に愛しながらセックスするが流石に途中で体力が切れてしまう
だが、ダヴィンチちゃんに持たされていた精力剤(ただ使って変なことになっても責任は取らない)の存在を思い出して使用
獣のような精力とセックスで二人を犯し尽くして、まるで妊娠したかのように腹を膨らませる(所謂、精液ボテ)


611 ◆apd8UAIHlARG2019/08/05(月) 12:49:44.98gg5TBJx50 (1/2)

式「あっ……ん、はぅっ!?」

藤乃「んっ、ひ、ふああ!?」

二人を順番に突き上げ、存分にイかせまくる。

式「くれっ、なかにっ、いっぱいっ、せーし、くれぇ!」

藤乃「わたしに、くださいっ、ドプドプッ、出してください!」

彼は四つん這いになっている式の腰を掴み、最後の射精を注ぐ。

式「んっ、ひ、あ、あ……ぁっ!」

……すっかり空っぽになった陰嚢は、一回り程小さくなっていた。

ぐだ男「……ちょ、っと……補給する、ね」

式「はぁ…………はぁ……はぁ……」

藤乃「無茶は、しないほうが……ひゃぁっ!?」

彼は水薬が入っていたフラスコをベッドに投げ、復活した肉棒を藤乃にねじ込む。

藤乃「ゃっ、んっ、ふあっ、くぅっ!?」

復活した彼の肉棒はより凶悪に屹立し、獣のように藤乃を犯す。

式「かっ、んっ、ぐぅっ、うああっ!?」

獣欲を二人にぶちまけ、精液で二人の腹を孕ませたように膨らます。

藤乃「は……はぁ、ん……はぁ……」

式「だし、すぎだ……ばか……」


612 ◆apd8UAIHlARG2019/08/05(月) 13:43:54.32gg5TBJx50 (2/2)

巴「おはようございます」

……彼は目を開け、身を起こす。

巴「昨夜は熱中してしまいましたね」

ぐだ男「……ほんとだ、寝坊だ」

彼は昨夜の白熱した戦いを思い出す。

ぐだ男「今日は勝てる気がするな」

巴「ふふ……げえむはまず朝食を食べてからにいたしましょう、食堂から貰ってきました」

そういい、湯気が立つ白米やみそ汁の乗ったお盆を彼の前に出す。

ぐだ男「じゃ、いただきまーす」

手を合わせ、彼は朝餉にありつく。

そんな彼を、巴御前は静かに見つめ笑みをこぼす。



エッチの内容、>>下、>>下2


613以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/05(月) 13:52:12.67QMYxzXcNO (1/1)

乳首にピアスをはめる
巴にゲームをさせて後ろから乳首ピアスを引っ張って引っ張る方向と同じ向きに操作をさせる
できなかったら罰ゲームとしてクリトリス にもピアス


614以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/05(月) 14:44:24.6096O58cnUO (1/1)

刺身を巴の女体盛りに盛り付けて食べる
巴の胸から母乳が出るようにして、母乳を刺身にかけて食べる


615以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/06(火) 01:47:08.80Csr0MRki0 (1/1)

急にマニアックになりましたね…


616 ◆apd8UAIHlARG2019/08/07(水) 14:05:18.71NgCe4CVm0 (1/1)

一個目と二個目の安価がつなげ辛いから申し訳ないが再安価

再安価、>>下


617以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/07(水) 15:33:08.49DV89EDWYO (1/1)

ピアスに鈴をつけてゲームさせる


618以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/07(水) 16:13:26.95tqT9eJNmO (1/1)

更新おつおつ


619 ◆apd8UAIHlARG2019/08/11(日) 06:30:59.25OMy261be0 (1/2)

巴「んっ、はぅっ!?」

彼女を膝の上に乗せ、ゲームを始める。

巴「ひ、あんっ、んぅっ!」

ビクビクと身体を震わせ、コントローラーを握る。

操作はピアスの通りにするルールだったが、彼女は操作ミスを繰り返しクリトリスのピアスは確定となった。

彼は案が浮かばずピアスに鈴をつけ、どれほど自分がイったか分かるようにした。

巴「じ、慈悲、を、ぉほっ!?」

ジックリとクリトリスや乳首の調教を続け、彼はじっくりと巴の乳首を弄り続ける。


620 ◆apd8UAIHlARG2019/08/11(日) 06:46:52.09OMy261be0 (2/2)

ライネス「ふふん、暇かね我が弟子よ」

意気揚々と彼の部屋に入ると、既に先客がいた。

グレイ「あ、ライネスさん……」

ライネス「ほう? 二人でお茶会とは……釣れないなぁ弟子よ、それともこれから蜜月の予定でも入っていたのかね?」

ぐだ男「あはは……普通にお茶を振舞ってただけだよ」

苦笑いする彼の横に彼女は座る。

ライネス「気を付けたまえグレイ、彼はこんな顔でかなりの肉食系だぞ?」

グレイ「……肉食……?」

愉快そうに笑うライネスと、小首を傾げるグレイに挟まれながら彼は自分が淹れた紅茶を飲む。



エッチの内容、>>下、>>下2


621以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 21:52:57.464AxpuZQI0 (1/1)

オナニー実況をお互いにする


622以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 22:33:22.15ybADouUFo (1/1)

グレイと2人でライネスを弄ってあげる
イキ疲れて気絶させるまでやったら今度はグレイを種付けプレスで圧倒させる


623 ◆apd8UAIHlARG2019/08/13(火) 14:46:22.725fHLya4s0 (1/2)

グレイ「ふ、あぅ……ん、く、ぁ!」

ライネス「……ひ、ぅんッ、うあ、んんんっ」

二人の少女に自慰を命じ、それを眺める。

彼女達は懸命に指を動かし、媚びるように彼に目線を向ける。

グレイ「んぅっ、ふぅっ……せ、拙は、もう、イきます……っ、浅い、ところ……ほじり、ながら……ん、ぅぅっ!?」

潮を吹きながらグレイはフードの下で顔を蕩けさせる。

ライネス「わた、しも……っ、クリトリス、んっ、はっ、んひゃぁぁぁ!?」

小さな豆を弄りつつ、足先をピンと反らせる。

ライネス「はぁーっ、はぁー……んほぉぉっ!?」

彼は絶頂の余韻に浸る彼女を押し倒し、痙攣している膣にねじ込む。

グレイ「……ん、ちゅ、んむ……れる」

ライネス「んむっ!? むぷっ、ふぅ!?」

彼が目配せしグレイはライネスと唇を重ねる、彼は正常位でライネスを犯しながらグレイの弱点を荒々しく指で弄る。

……数十分ほど休みなく雌穴を穿ってやると、ライネスは痙攣しながら気絶する。

グレイ「……ぷ、は……マスター……拙も、お願いします……」

トロリと愛液で糸を引かせながら、スカートをめくる。

彼はカエルの様に足を広げるライネスをどかせ、次の雌を抱く。

グレイ「ひ、んっ! あっ、あんっ、あぁぁっ!?」

細い体を組み伏せ、そのまま彼専用の子袋に肉棒を押しつぶす。

グレイ「あ゛、ます、たっ、んぐっ、はへっ、んへぇぇ!?」

彼女の身体を押しつぶしながら、存分に彼女の奥で精液をぶちまける。


624以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/13(火) 15:10:29.86wWXkpg9CO (1/1)

エッッッッッ 更新おつおつ


625 ◆apd8UAIHlARG2019/08/13(火) 15:31:11.385fHLya4s0 (2/2)

彼はプールサイドに上がり、ドリンクに口をつける。

玉藻「たまには良いものですねぇ、プール」

空のボトルを受け取り、クーラーボックスから新たに玉藻が取り出す。

ネロ「うむ、唸る熱気もいいが、冷えた身体を湯船で温めるのもいいな!」

併設されているジャグジーに浸かっていたネロは湯船から出て彼の腕を抱く。

暖かな肌と、柔らかな胸を感じる。

玉藻「それよりぃ、お昼にしません? ずっと遊びっぱなしじゃないですかぁ」

濡れたシャツの冷たさと、背に乗る胸の重さを感じる。

ぐだ男「もうちょっと玉藻も遊ぼうよ、一緒にさ」

二人の手を握り、彼はプールに誘う。

……そんな風に僅かなの息抜きをしながら一日を過ごす。



エッチの内容、>>下、>>下2


626以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/14(水) 05:03:47.83uQaJUt+yo (1/1)

玉藻に触手を取り付けて乳首やクリをゴシゴシさせてる間、ネロを駅弁スタイルでガン突き。一度出したら今度はネロに取り付け玉藻て種付け


627以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/14(水) 17:43:48.82MabceZrpO (1/1)

WパイズリしてもらいながらWフェラ


628 ◆apd8UAIHlARG2019/08/15(木) 15:40:58.37ZvqdQ8ES0 (1/4)

ネロ「んっ、お゛っ、マスタッ、んへっ、ひっ、んんんっ!?」

彼女の肉感的な身体を持ち上げ、遠慮なく突きあげる。

体重のかかったピストンにネロは絶頂を繰り返し、子宮で精液を受け止める。

ネロ「お、おほっ、ふぅっ、んん……っ」

チェアに寝かせると、次は玉藻に移る。

玉藻「ま、マスタァ……っ、んんっ!?」

待たされていた玉藻の股間にはヒトデの様な海魔が張り付いていた。

玉藻「ふひぁぁぁっ!?」

それを引きはがす、張り付いていた側はまるで肉のブラシの様なものがみっちりと敷き詰められていた。

それがうねうねと動き、クリトリスを執拗に嬲っていたのが想像できる。

彼はその海魔を今度は精液がこぼれ出しているネロに張り付け、玉藻に今度は挿入する。

玉藻「あんっ、ふあっ、ひゃぅぅっ!?」

海魔の執拗な前戯で腰砕けな玉藻を立ちバックで犯し、肉棒に媚びてくる膣肉を容赦なく突きあげる。

降りきった子宮口をこじ開けるように押し付け、特濃の精液を流し込む。

玉藻「はぁーっ、はぁ……はへぇ……」

引き抜かれるとともに、彼女はプールサイドにへたり込む。

二人を使い終えた彼は、チェアに腰掛ける。

ネロ「お疲れ、さまだ、んんっ、ちゅ、んれろ」

玉藻「ぬ、抜け駆けは……許しませんよ……っ、はむ」

雌二匹は媚びるように胸に肉棒を挟み、なお頭を出す肉棒に舌を這わす。

極上の女体を楽しみながら二人の頭を撫でる。


629 ◆apd8UAIHlARG2019/08/15(木) 16:00:08.63ZvqdQ8ES0 (2/4)

彼は身の不自由さを感じつつ目を開ける。

BB「起きましたかぁ? センパイ?」

武則天「くっふっふー、目覚めはどうだマスター」

……彼の知っているサーヴァントでも指折りの加虐的なドSサーヴァント……その二人組だ。

このまま椅子に縛られていてはどうすることもできないだろう。

ぐだ男「……な、何が目的だ……!」

そう聞きつつ、ゆっくりと悟られぬよう腕の縄抜けを始める。

BB「目的だなんて……BBちゃん、センパイの疲れを癒そうとサプライズを計画したのに……クスン」

武則天「にゅふふ、その通り! なーんにも悪いことは考えてないぞ?」

まるで言葉と表情が伴っていない説明を聞きつつ、彼は縄抜けを達成する。

BB「それじゃ、毎度毎度痛い目に合うのも飽きたので……速攻BBスロットを回しちゃいましょう!」

そういうと、彼の目の前にスロットが現れ回転を始める。

武則天「くっふっふ、どうなるか見ものじゃのぅ、妾より小さくなるのも面白そうじゃ」

愉快そうに笑う小悪魔二人は、愉快そうに笑う。



エッチの内容、>>下、>>下2


630以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/15(木) 16:01:13.99+1WEQoT/o (1/1)

二人で同時に金玉フェラと竿フェラ


631以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/15(木) 16:10:09.57j/IzTkA1O (1/1)

スロットの結果絶倫巨根女殺しをゲット
コキ穴二匹を逆に縛って手マンでアヘらせる
BBちゃんにはスパンキングしながらバックで犯す
ふーやーちゃんはアナル固めして2人揃ってオナホ宣言させる


632 ◆apd8UAIHlARG2019/08/15(木) 20:35:15.19ZvqdQ8ES0 (3/4)


武則天「お゛っ、んおおお゛っ、んへぇえ゛っ!?」

BB「待っ、ほお゛っ!? へっ!? ひああぁぁっ!?」

……スロットの結果、二人は彼の手マンだけでイかされ続けることになった。

虫や犬の可能性もあったものの、スロットの結果には女殺しや絶倫に巨根だった。

その太さはBBの太ももにも匹敵し、その長さは容易に武則天の胸まで届く。

武則天「ひっ、ひぃっ!? んほぉぉぉ!?」

BB「ああ゛ぁぁ!? ふぐぅっ!? イぐぅぅぅ!?」

この手マンの連続絶頂も彼にとっては片手間のそれでありながら、とっくに十数度は絶頂した。

……ゆっくりと指を引き抜くと、二人は尻を高く上げながら絶頂の余韻に浸る。

BB「ひ、ひぃ……あ゛っ、う、んひい゛ぃぃっ!?」

その尻たぶを掴み、巨根をバックからねじ込む。

ゴツゴツと子宮を突き、容赦なく雌肉を酷使させる。

時には大振りな尻肉を叩きながら、腰を打ち付け最奥に射精する。

BB「んひあぁぁぁぁぁ!?」

乱暴に引き抜き、欲望のままに次の雌に向かう。

武則天「……んぎぃぃいぃいいっ!?」

後ろから足を抱えるようにして小さな体を持ち上げ、後ろから凶悪なソレをねじ込む。

内臓を押し上げ、腸側から子宮を押しつぶす。

重機のようなピストンは小さな体躯には収まらず、腹の上から肉棒が浮かぶ。

武則天「お゛っ、んお゛お゛お゛お゛!?!?」

十数秒間ほど射精し、腸を満タンにし胃にまで到達する。

……彼は雌二匹を味わい終え、ベッドに腰かける。

BB「センパイ……つ、つぎは……お願い、しますっ、BBちゃん、のぉ……使ってください……」

武則天「わ、妾は、ま、まだ……子袋も、空いておるからぁ……」

BB「もっと、もっとぉ……いっぱい、つかってください……んっ、れろっ」

武則天「ちゅっ、ちゅうっ……妾じゃぁ……蜜壺、つかってくれぇ……」

女殺しを付与された彼は二人の無様なオナホに変え、それぞれ肉槍や陰嚢を舌や口で奉仕しながら媚びてくる。


633 ◆apd8UAIHlARG2019/08/15(木) 23:31:29.72ZvqdQ8ES0 (4/4)

アルトリアオルタ「……待っていたぞ、ご主人様」

ベッドの上にはカチューシャに黒い水着とエプロンと言ういでたちのアルトリアオルタ、そして。

ナイチンゲール「……………………」

蛍光色の、ビキニのようなものに身を包んだナイチンゲールが座っていた。

奉仕する側の二人は、マスターの衣服を脱ぐのを手伝う、

年とは不相応に引き締まった少年の身体は、二人の女の部分をくすぐるには十分だった。

ナイチンゲール「避妊具の装着を推奨します」

おもむろにナイチンゲールがハイソックスに挟んでいたコンドームを口で装着させる。

ピンクのゴムで覆われた肉棒は、脈をうちながら屹立させる。

アルトリアオルタ「準備はできたな? さぁ、好きなだけ貪るがいい」



エッチの内容、>>下、>>下2


634以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/15(木) 23:44:01.61RCp8nutA0 (1/1)

ナイチンゲールが途中で自分でつけたコンドームを自ら外すよう懇願して残りのコンドームをアルトリアオルタと共に宝具で滅した後に双方下品な言葉を沢山使って情けなく懇願して両穴を徹底的に躾けてもらい精子でボテ腹にしてもらう


635以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/16(金) 00:16:26.88jroucQTmo (1/1)

浣腸剤を打ち込み、がに股腰振りダンスをさせ下品な言葉で誘惑してもらう。途中で手マンをしてあげると双方漏らしながらアヘ顔を決める


636 ◆apd8UAIHlARG2019/08/16(金) 00:59:20.89cvAN7pmK0 (1/3)

準微運動代わりに一箱分ゴム射を決めた彼は、令呪を使い2人にダンスをさせる。

まだ右側のハイソックスにあるのだろうが、10発ずつ2人を使ったので彼女達の小休止を兼ねた見世物が始まる。

浣腸剤が詰まった尻をガニ股ダンスで揺らし、胸を強調するように頭の後ろに手を組ませ下品に踊らせる。

その腰には精液の詰まった水風船が腰回りを彩るように飾られていた。

ナイチンゲール「ふっ、ふぅっ、生前未使用のっ、生中出し専用サーヴァントですっ、マスターの、極太注射でハメてくださいっ」

アルトリアオルタ「ご主人様を誘惑する、ドスケベメイドのマスター専用マンコ……んっ、御奉仕させてくれ……っ」

令呪には縛る力はない……先の二画は、2人へのチン媚びダンスへの体力回復に当てられた。

無論、彼にとっては焼け石に水だが……。

アルトリアオルタ「んぉぉおおおおぉぉおぉォオッ!?」

ナイチンゲール「イぐっ、イくイくイくイぐぅぅぅっ!?」

彼が優しく手マンをすれば、容易く絶頂し腹のなかで固形化したゼリーがブリブリと排泄される。

ピンクとシアンのゼリーを遠慮なく排泄し終えた2人をベッドに押し倒す。

いざ二回戦、というところでナイチンゲールが口を挟む。

ナイチンゲール「なかっ、中出ししてくださいっ、子宮が疼いてっ、お願いしますっ」

アルトリアオルタ「そ、そうだっ、メイドに獣慾を吐き出すのは、ご主人様の特権だろう?」

ナイチンゲール「チンポッ、生チンポをくださいっ、ドスケベナースの未使用子宮をっ、ザーメン排泄専用子宮に使ってくださいっ」

アルトリアオルタ「生ハメ交尾でお仕置きしてくれっ、エロメイドにデカチン折檻っ、オナホメイドに再就職させてくれっ」

二匹の雌の懇願を聞き入れた彼は、乱暴に玩具を2人の尻穴にねじ込む。

ぐだ男「ぶっ壊す気でヤってあげるよ、2人とも」

そんな極上の殺し文句だけで再び子宮に屈服させつつ、彼は雑魚雌穴を明けるまで使い潰した。

たとえナイチンゲールが制止を求めても、アルトリアオルタが気絶しても蹂躙は止まらなかった。

……2人の腹が妊婦のように膨れ上がった頃、ようやく2人は解放された。


637 ◆apd8UAIHlARG2019/08/16(金) 01:15:13.22cvAN7pmK0 (2/3)

ぐだ男「三人、朝までで」

彼は受付にそう言いつつ、鍵を受け取る。

その両脇には、現代の衣装に身を包んだジャンヌオルタとアルトリアオルタがいた。

おかしなところといえば、鍵をポケットに入れた途端2人の尻を掴み上げたところだろう。

ジャンヌオルタ「っ、部屋まで待てないの……!?」

アルトリアオルタ「まったく……んっ」

もちろん2人は拒もうとはしない、そもそも拒むようであればここには来ないだろう。

新宿特異点の安いラブホテル、そのチープさはカルデアの清潔なマイルームでは感じられぬ背徳感を味わえる。

部屋に入ると尻を揉んでいた腕が腰にまで上がり、2人を抱き寄せそれぞれと舌を絡める。

ジャンヌオルタ「んっ、んむぷ……ちゅ、むる……で、シャワーは誰からにするのよ」

アルトリアオルタ「じゅる……はふっ、んんんっ……必要ない、どうせ汚れる……」

2人をベッドまで連れ込み、2人に挟まれるようにベッドに腰掛ける。



エッチの内容、>>下、>>下2


638以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/16(金) 01:31:45.59Jg/jloFe0 (1/1)

オルタ同士でイカせあい、勝った方とする


639以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/16(金) 01:36:52.70Ud7VzJ/vO (1/1)

↑+負けた方にはオナ禁でずっと勝った方とヤッている光景を見させ延々と精液を浴びて勝った方からのマンコやケツ穴から出た精液もぶっかけられる


640 ◆apd8UAIHlARG2019/08/16(金) 10:39:23.54cvAN7pmK0 (3/3)

勝ったのはどっちか
>>下


641以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/16(金) 10:50:44.14CuZbX77kO (1/1)

ジャンヌ


642 ◆apd8UAIHlARG2019/08/17(土) 01:47:38.67npXu0yjX0 (1/5)

2人は浅ましく互いの秘部に舌をねじ込む。

無論そこに愛情などはなく、先に絶頂させれば彼に抱かれるという特典があるからこそ熱心に奉仕しているに過ぎない。

二匹の蛇が尾を食い合っているような光景を眺めていると、小さく震えて絶頂したアルトリアオルタを確認する。

ジャンヌオルタ「はぁーっ、はぁ……ざまぁみなさいっ、あんたにとられるわけにいかないのよっ」

ぐだ男「そんなに俺のこと好きだったの?」

耳元で囁くと、真っ赤になって否定する。

ジャンヌオルタ「なっ、冗談じゃないわっ、とられるくらいなら、んおおぉっ!?」

バックからつきながら、片足を持ち上げる。

奥に響く体位であり、雄に自由を奪われてしまう体位。

現代の衣装を着たまま犯され、ノーブラの胸がブルンブルンと揺れる。

彼は遠慮なく雌に射精し、自分はマスターだと霊基と子宮に刻みつける。

ぐだ男「……アルトリア、舌出してっ」

尿道に残った精液を舌の上に射精し嚥下させる。

ジャンヌオルタ「……んひぃぃっ!?」

その後彼はアナルに2発、子宮に3発射精しその度に余り物を雌に分けてやる。

ぐだ男「……オルタ、ちょっと邪魔だし出しちゃって」

令呪を使うと、ジャンヌオルタは奇妙な声を上げ、マスターは地面についていた足も抱えて彼に抱きかかえられたままM字開脚をする。

……そのまま膣やアナルの精液が逆流し、アルトリアオルタの現代の衣装を白く染める。

ジャンヌオルタ「お゛っ、お゛ほっ、出るっ、ブリブリッ、精液っ、んお゛ほっ!?」

無様に精液をアルトリアオルタの頭にかけつつ、排泄を終える。

ぐだ男「それじゃぁジャンヌオルタ、二回戦しようか……あ、アルトリアオルタはそこでまってて、気が向いたら使うよ」

アルトリアオルタ「………………」

その後アルトリアオルタが土下座ハメ乞いするまで、ジャンヌオルタは1人でマスターを独占するのに成功した。


643 ◆apd8UAIHlARG2019/08/17(土) 02:01:23.49npXu0yjX0 (2/5)

鈴鹿「……んっ……」

目を覚ますと全裸の鈴鹿御前が寝息を立てていた。

確か昨晩は彼女の部屋に招かれ、そのまま犯したのだった。

そうと分かれば遠慮なく胸を揉む。

鈴鹿「ん、ぁ……おっは、マスター……」

トロンとした表情を浮かべながら、鈴鹿御前は身を起こす。

鈴鹿「マスター、今日フリー?」

特に用事がないことを伝えると、満足そうに頷く。

鈴鹿「んうっ、はうっ……今日はいちんちじゅう、ヤれるよね」

ヤり部屋化決定した時点で、彼の肉槍は全席そのものになる。



エッチの内容、>>下、>>下2


644以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 02:03:40.85HrYL6EKN0 (1/1)

ベロチュー+正常位


645以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 02:43:16.60h581S3eU0 (1/2)

田村麻呂とどっちが気持ちいいか聞きながらするsage


646以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 02:44:13.04h581S3eU0 (2/2)

すまんミスった


647以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 02:48:35.43djM7J1Yi0 (1/1)

ケモ耳の中に中出ししまくりケモ耳をマンコより気持ち良く感じられるようにする


648 ◆apd8UAIHlARG2019/08/17(土) 22:19:43.45npXu0yjX0 (3/5)

NTRは書いてて辛いのでノー
不倫エッチまではいいけど……あと耳射も書けそうにないので、すまんの

最安価、>>下


649以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 22:22:33.75bwHObgkRO (1/1)

弱点探しするように浅いところから奥へと攻めていく


650 ◆apd8UAIHlARG2019/08/17(土) 23:03:55.23npXu0yjX0 (4/5)

彼は昨晩使った女体を抱き、彼専用の肉穴を抉る。

今回は丹念に、念入りに。

どこが弱点か探っていく。

鈴鹿「うっ、うひっ、んひゃぁっ!?」

普段よりも丁寧なそれに、腰が浮き上がる。

そんな喧しい口を口で塞ぎ、瑞々しい女体を楽しむ。

鈴鹿「んっ、んふっ、ふぅんっ!?」

Gスポットからポルチオまで、カリで削りながら体重をかけ犯す。

ベッドの上で背を反らす彼女を抱きしめ、子宮口に濃い精液を流し込む。

動物的な匂いに汗、それに愛液の香りを楽しみつつ弱点の割れた彼女に調教を施しその日1日を過ごす。


651 ◆apd8UAIHlARG2019/08/17(土) 23:22:38.18npXu0yjX0 (5/5)

景虎「……マスターですか、こんばんわ」

彼女の部屋にはいると、珍しく酒も飲まずにベッドに腰掛けていた。

マスターは手招きされるまま彼女の横に座る。

景虎「ふふ、これこれ……落ち着きます」

彼の膝に頭を乗せ、彼女はリラックスをはじめる。

サーヴァントには生前できなかったことをやろうとするサーヴァントもいるが、彼女のこの平穏な横顔もそれの一つだろう。

そう思いつつ、彼は彼女の頭を撫でる。

景虎「……ふふふ……お酒を飲むのを忘れたので、眠るまでお願いしますね?」

それが目的かと理解し、彼は苦笑いしながら美しい白髪を風に揺らす。



エッチの内容、>>下、>>下2


652以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 23:31:24.02V+rf41rA0 (1/1)

お虎さんはウォシュレットでも感じちゃう雑魚アナルなのか検証勝負
浴室に連れ込み対面駅弁で突きつつアナルには代わりにシャワーを強で当てほぼ未経験のチョロマンと敏感アナルを同時に責められあっという間に敗北、にゃーにゃー鳴かされ続け行為後猫尻尾アナルパールと首輪をつけられ雌猫性奴隷になる


653以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/21(水) 20:20:46.51y1eCnv7Ro (1/1)

更新無いなと思たら安価待ちだったか
犯る前にアナルに電動バイブを突っ込ませつつ、散歩
人がいる前で起動させたり、逆にいない所で手動でズボズボしてあげる。


654 ◆apd8UAIHlARG2019/08/23(金) 00:48:51.30WhCbNVSn0 (1/4)

ぐだ男「うん、それじゃあ」

彼は景虎が絡み付いていない方の腕を振り、気安く笑いかける。

俯いた彼女は彼を離さぬように腕を抱きしめ、柔らかな肢体を腕で彼は味わう。

ぐだ男「……挨拶はちゃんとしないと、お虎さん?」

景虎「んっ、んにゃっ、んほぉっっ!?」

空いた腕が震えるバイブを掴み、乱暴に腸内を掻き混ぜる。

彼女は自室から彼の部屋まで凶悪なバイブを尻にねじ込まれ、何度も絶頂しながら散歩をこなした。

完全に性器に作り変えられた肛門は、性感帯としてオモチャに犯され尽かされた。

ぐだ男「ほら、続きはこっちでね?」

十数回目の絶頂中、彼に連れられ部屋へと入る……それは彼女にとって天国の扉か、はたまた地獄の釜か……。

景虎「あ、あはは……っ」

そよ顔を見れば、どちらを期待しているのか想像に容易い。

……浴室に運び込まれるまで彼に手ずから衣服を剥ぎ取られ、脱衣所に入るまでに下着一枚になる。

景虎「ます、た……んにゃうっ!!」

駅弁でまだ使い込んでいない膣を攻め、シャワーを肛門に当てる。

もはや理性が蕩け、子宮は手懐けられ、肛門は躾終わった。

……越後の虎と呼ばれた軍神も、愛するマスターの前では調教済みの雌猫でしかない。

景虎「にゃっ、んおっ、ふいっ、んにゃぁっ!?」

膣の奥に無遠慮に吐き出された精液を、浅ましく子宮口は吸い上げていく。

景虎「はっ、はぁっ、はひっ……にゃー、にゃぁー……マスターッ、もっと私を使って欲しいにゃあっ、頭撫でながら……交尾ぃ……」

彼は笑いながら首輪をつけ尻尾のついたディルドをアナルにねじ込み、雌猫性奴隷をベッドに連れていく。

……その夜、雌の嬌声と愛の言葉が途切れることはなかった。


655 ◆apd8UAIHlARG2019/08/23(金) 00:53:02.33WhCbNVSn0 (2/4)


エッチするサーヴァント
3Pまでなら可
(安価例:『1とあ、A、い 』など、最低数字とアルファベットとひらがなから1人ずつ)

1、メディアリリィ
2、モードレッド
3、ジャンヌオルタ
4、スカサハ
5、頼光
6、アタランテ
7、タマモキャット
8、ドレイク
9、アビゲイル
10、ジャンヌ
11、玉藻
12、式
13、マシュ

A、ジャック
B、浅上藤乃
C、巴御前
D、セイバーアルトリア
E、BB
F、刑部姫
G、武則天
H、鈴鹿御前
I、紅閻魔
J、シェヘラザード
K、沖田総司
L、望月千代女
M、ランサーアルトリア

あ、マタ・ハリ
い、ブラダマンテ
う、スルーズ
え、メイヴ
お、マルタ
か、ネロ
き、長尾景虎
く、静謐のハサン
け、ナイチンゲール
こ、ライネス
さ、グレイ
し、アルトリアオルタ
す、エリザベート

>>下、>>下2、>>下3、>>下4、>>下5、>>下6、下7


656以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 01:00:00.2295lG/q5qo (1/1)

10とお Mとさ こ


657以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 01:06:28.83baNlusVxo (1/1)

8
H
か11


658以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 01:10:10.07W7BbdfqBO (1/1)

4とE
B



659以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 01:11:23.00sRrzMeJA0 (1/4)

3、6と9、Gとえ


660以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 01:11:37.82sRrzMeJA0 (2/4)

6と9、3、Gとえ


661以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 01:12:39.03sRrzMeJA0 (3/4)

すまない。>>659の方はなしで


662 ◆apd8UAIHlARG2019/08/23(金) 01:20:29.39WhCbNVSn0 (3/4)

>>660は安価の条件を満たしてないです、もう一人アルファベットかひらがなから選んでください


663以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 01:28:18.51OXjn2lN80 (1/1)

12、K、え


664以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 01:29:46.44K6sq6XvjO (1/1)

12、A、か


665以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 01:48:52.60BpHq1kZzO (1/1)

13
2とD



666以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 02:00:05.82XdjyZN/Xo (1/1)

9 E こ 他鯖とも犯りたいぞぉ!


667以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 02:06:59.04sRrzMeJA0 (4/4)

>>662
だったら>>660の3ジャンヌオルタの部分をI紅閻魔に変更でお願いします



668 ◆apd8UAIHlARG2019/08/23(金) 11:25:55.65WhCbNVSn0 (4/4)

ぐだ男「マルタさんっ、ちょっと隠れさせて!」

マルタ「えっ、なに?」

言うが早いか、彼は彼女の部屋のシーツの中に潜り込む。

……その数十秒後、追跡者がやってくる。

ジャンヌ「ふふふ、隠れることはありませんよ? お姉ちゃんは優しくするので」

マルタ「じゃ、ジャンヌ……」

なぜ逃げてきたのか、彼女はここで察する。

ジャンヌ「あらマルタ様、少しお邪魔しますね?」

その言葉と共に光の輪がシーツごとマスターを捕獲する。

マルタ「ジャンヌ、その……今日は、えっと……予定があるって言っていたし、また別の日にしたらどうかしら?」

……普段の霊基はともかく、彼の口からなんども聞く……「姉怖い」……はっちゃけた水着霊基の暴走をマルタは察する。

ジャンヌ「あら? 弟くん、どんなご用件があるのですか?」

ぐだ男「もがごごごごご」

マルタ「えっと…………私と、トレーニング……」

ジャンヌ「なるほど……普段から姉さん姉さんと聞こえていましたが……いつか現れると思っていましたよ!」

理解が追いついていないマルタにジャンヌは暴走を続ける。

ジャンヌ「姉の座を脅かすときは来ると思っていましたが……マルタ様が相手ならば不足ありません!」

マルタ「……こりゃ逃げるわね…………」



エッチの内容、>>下、>>下2


669以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 19:44:45.42Bnh2a/vQO (1/1)

ジャンヌとマルタと交互におセッセして格付け


670以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 20:35:14.09JcHK2+TE0 (1/1)

無茶苦茶セックスして2人とも屈服させる


671 ◆apd8UAIHlARG2019/08/24(土) 00:00:40.89L01VzhX60 (1/1)

何回か言ったけど勝ち負けだのは安価内で完結させてください
こっちに文句言われても困るので今後は再安価するかもね
安価で勝敗を決めといてくださいね

とにかくこれ以降はこう言った安価はしないです

格付けの結果、>>下


672以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/24(土) 00:16:59.5652+j2CxsO (1/1)

ジャンヌ


673 ◆apd8UAIHlARG2019/08/26(月) 15:25:43.23tQ08BMXc0 (1/2)

マルタ「はーっ、はぁーっ、んはぁ……」

ジャンヌ「あっ、あ゛っ、ひおっ、んほぉっ!?」

それぞれ二発ずつ射精してもなお、彼の猛りは抑えられない。

五回戦目でも萎えず衰えず、使い慣れたジャンヌの膣を抉っていく。

ジャンヌ「っは、んおっ、ほぉっ!? お゛っ、おぉっ、くひぃっ!?」

腰をがっちり掴み、バックで容赦なく突きあげる。

すっかり彼のものに順応したジャンヌの雌穴は、丁寧に奉仕するように彼の肉棒に絡みついてくる。

ジャンヌ「あぁっ!? んひぁぁぁぁあ!?」

三発目の精液を子宮で受け止め、残らず注がれる。

ジャンヌ「おっ……あへっ……ひ、んっ……」

大きな尻を震わせながらベッドにうずまり、痙攣しながら絶頂の余韻に浸る。

ぐだ男「……ジャンヌに比べたら、まだまだマルタさんのは慣れてないかなぁ?」

マルタ「えっ、な……ま、まだっ……ひああっ!?」

六回戦、まだ屹立した肉棒を正常位でねじ込まれる。

体重をかけて子宮を押しつぶすと、既に注いだ精液が溢れ出す。

マルタ「お゛っ、んお゛っ、んへぇっ!?」

暴力的なまでのピストンでマルタを解しつつ、しっかりと彼女を堕としていく。


674 ◆apd8UAIHlARG2019/08/26(月) 16:39:34.10tQ08BMXc0 (2/2)

グレイ「……あ、あの……槍の、アーサー王を……連れてきました」

アルトリア「はい、アルトリア、ここに」

二人をマイルームに呼び出し、彼はニコニコともてなす準備をする。

ぐだ男「悪いねアルトリア、グレイは君に縁のある……うーん、ちょっと説明が難しいんだけれど……」

アルトリア「ええ……ある程度はこちらも推測はできます……こうした場を開いてくださったのはいい機会だと思います」

彼女は薄く笑みを浮かべながら、グレイに視線を落とす。

アルトリア「よろしくお願いします、グレイ……今は同じマスターに仕える者同士です」

グレイ「はっ、はい……」

彼は二人の様子を見ながら、食堂から譲ってもらった紅茶とお茶菓子をテーブルに乗せる。

ぐだ男(二人ともお喋りって感じじゃないし、いくらか話を回さないとな……)
 
彼はそう思いながら、二人の談笑を観察する。



エッチの内容、>>下、>>下2


675以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/26(月) 16:49:08.72W79fjVbMO (1/1)

アルトリアは最早剛毛でとてつもない量のロング腋毛、ロングマン毛となっておりそれをグレイに押し付けて匂いだけで連続絶頂させ腋毛とマン毛の虜にする


676以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/26(月) 20:01:43.08/9e/3wmP0 (1/1)

腋毛は一分袖の服では最早全く隠し切れなくマン毛はショートパンツ程度の長さのズボンなら簡単にはみ毛する長さになっているアルトリアの陰毛だが当の本人は全く隠そうともせず誇りとして陰毛をぐだ男の命令が終わった後も2度と処理をしないと決め魅力として昇華させた陰毛と腋が織り成すの甘く芳醇な香りをグレイに当てる
距離が開いているのに匂いだけでグレイは潮吹きマジ深イキを決めてしまい陰毛に首っ丈になりアヘ顔を晒しながらアルトリアの腋毛にダイブして腋に顔面を擦り付けながら連続絶頂
加えてアルトリアがぐだ男にアナルを徹底的にぐっちゃぐちゃに犯されケツマンコやケツ穴と言った下品な言葉を絶叫しながら失神寸前アクメをキメて犯されたことにより生じた発汗で匂いはより芳醇なものとなり自身は腋に顔面を擦り付けているだけなのに獣のような大絶叫アヘ顔失神アクメをして腋毛やマン毛を処理しない事を決めるグレイ


677以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/26(月) 20:10:21.15qlwLDv/TO (1/1)

アルトリアのケツに腹が膨れるほど中出し
その後グレイの上に跨って立ったままぶち撒けさせる


678以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/15(日) 19:47:03.57VzJXEtzF0 (1/1)

あげ


679以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/15(日) 22:18:54.74jorp6Xqy0 (1/1)

>>1の霊圧が・・・消えた?