1リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 00:49:34.09o0OAyAl4O (1/24)

以前別サイトに投稿した作品になります
感想や意見などいただければ幸いです


2リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 00:55:00.31o0OAyAl4O (2/24)

───ヨウくん自室

ヨウ「はぁ…… リーリエ……」

アシレーヌ「大丈夫ですかヨウさん?」

ヨウ「あぁ、アシレーヌたそ。うん、大丈夫……」

アシレーヌ「シャッキリしてくださいな。リーリエさんがいなくなって寂しいのは分かりますけど」

ヨウ「んー、分かってるよ……」グテー

アシレーヌ「まったく……」


3リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 00:56:58.95o0OAyAl4O (3/24)

ママ「ヨウ~、お使い行ってきてくれる~?」ガチャ

ヨウ「んあ~……」

ママ「あらあら、まだこんな感じなの?」

アシレーヌ「お母様からも言ってあげてください」

ママ「ふふっ、仕方ないんじゃない? この子も恋多き年頃ってことよ」

アシレーヌ「はぁ……」

ママ「仕方ない、お使いは私が行きますか」

アシレーヌ「あっ、でしたら私が行って参ります」

ママ「あらホント? それじゃあお願いしちゃおうかしら」

アシレーヌ「はい。ヨウさん、少し出掛けてきます」

ヨウ「ん~……」


4リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 00:59:53.41o0OAyAl4O (4/24)

アシレーヌ「まったくヨウさんは、もう少しチャンピオンとしての自覚を持ってほしいものです」ペッタペッタ←歩いてる

ハウ「あっ、やっほーアシレーヌ!」

ガオガエン「!? アシレーヌたん!」

アシレーヌ「ハウさん、ごきげんよう」ペコリ

ヨウ「ごきげんよう~。ヨウの調子はどう?」

アシレーヌ「相変わらず心ここにあらずといった感じです」

ハウ「あー、やっぱりか~」

ガオガエン「アシレーヌたんこそ、相変わらず美しいな。どうだ、これから俺と夜のレーティングバトルでも?」

アシレーヌ「死んでください」

ガオガエン「おぅふっ、効果抜群……///」ビクン

アシレーヌ「何が夜のレーティングバトルですか。1000以下の低レートが気安く話し掛けないでください」

ガオガエン「くっほぅ!!」ドピュ

ガオガエンは倒れた!


5リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:01:26.27o0OAyAl4O (5/24)

ハウ「これからお家に行っても大丈夫かな? 久しぶりに会いに行こうと思ってたんだー」

アシレーヌ「もちろんです。ハウさんに会えば元気になってくれるかもしれません。私もちょうどお使いが終わったところでしたので」

ハウ「よし、それじゃあ行こっか!」

アシレーヌ「はい」

ガオガエン「」ビクンビクン



6リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:02:27.88o0OAyAl4O (6/24)

───ヨウくん家

アシレーヌ「ただいま戻りました」

ハウ「こんにちは~!」

ママ「おかえり~。あらハウくん、いらっしゃい」

アシレーヌ「お母様、お使いのお品です」

ママ「はいご苦労様。ヨウなら部屋にいるから上がってちょうだい」

ハウ「はい、おじゃまします!」



7リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:04:49.82o0OAyAl4O (7/24)

───ヨウくん自室

アシレーヌ「ヨウさん、ハウさんがいらっしゃいましたよ」

ハウ「やっほーヨウ、調子はどう?」

ヨウ「お~ハウ、ひさしぶりぃ……」グテー

アシレーヌ「私が出掛けた時と同じ体勢ですね」

ハウ「重症だねー」

アシレーヌ「もうっ、せっかくお友達が来てくれたんですからちゃんとしてください!」プンプン

ヨウ「ん~……」ムクッ

ハウ「あ、起きた」

ヨウ「あんましアシレーヌたそ怒らせちゃうのもな」

アシレーヌ「まったく……」


8リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:07:15.89o0OAyAl4O (8/24)

ハウ「リーリエがいなくなって寂しいのも分かるけどさ、いつかは帰ってくるんだから元気出しなよ!」

ヨウ「いつかは…… いつかはか……」シュン

ハウ「ありゃ、やっぱダメか」

アシレーヌ「最近はずっとこの調子なんです」

ヨウ「リーリエ……」

ハウ「ん~…… よしっ、これからみんなで出掛けようよ!」

ヨウ「んあ?」

アシレーヌ「お出掛けですか?」

ヨウ「そっ、気分転換にさ。アーカラ島のみんなにでも会いに行こうよ」

ヨウ「アーカラ島か~……、久々にマオっぱいに会いたいかも」ボソッ

アシレーヌ「ヨウさん?」

ヨウ「なんでもないよ」

ハウ「じゃあ行くってことでOK?」

ヨウ「ん、行く」


9リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:10:08.44o0OAyAl4O (9/24)

───ククイ博士の研究所

ククイ「バーネットっ…… バーネットっ……!」パンパン!

バーネット「ああんっ、ククイくん……っ!///」ビクンビクン

───ヨウくん家前

ハウ「なんかククイ博士の研究所がすごい揺れてるね。相変わらず自分の体で直接ポケモンの技を受けてるのかな、ククイ博士は?」

ヨウ「さあな。技を受けてるのはバーネット博士じゃないか?」

ハウ「そうなの?」

ヨウ「まぁ、どーでもいいけどさ。カモン、リザードン!」キラーン

バサッ!

リザードン「こちらは各駅停車、ポニ行きです。途中アーカラ、ウラウラに停まります」

ハウ「ヨウのリザードンはマジメだよね~」

ヨウ「いや、Y型の臆病だよ? よっこらセックス」ヒョイッ

リザードン「ドアが閉まります。ご注意ください」

ヨウ「ほら、ハウも」

ハウ「うん」ヒョイッ

ヨウ「しっかり掴まってろよー」

ハウ「了解」ギュッ

ヨウ「っ!///」トゥンク


10リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:12:14.12o0OAyAl4O (10/24)

───アーカラ島

リザードン「ご乗車ありがとうございました。アーカラ島、アーカラ島。お出口は両側です」

ヨウ「ふぅ、やっぱリザードンライドは安全運転に限るな」シュタッ

ハウ「ぼくは何となく身の危険を感じたけどねー」シュタッ

ヨウ「アーカラ島か、ライチさんは結婚したかな?」

ハウ「初っぱなから地雷撒いてくのやめてくれる?」

ガオガエン「ステロは最初に撒くのが効果的だけどな」ポンッ

アシレーヌ「ヨウさん、あまりデリカシーのないこと言わないでください」ポンッ

おっさん「はいはい、私は姓名判断師。ポケモンの名前を占ってあげるよ?」

ヨウ「何だコイツいきなり」

ガオガエン「お願いします」

おっさん「よしっ、今日からキミの名前は『ホモまつり』だ! 前よりいい名前になったじゃないか、よかったな!」

ガオガエン「」

ヨウ「そろそろ行こうぜー」

アシレーヌ「はい」ペッタペッタ

ハウ「そだねー。行くよホモまつり」

ホモまつり「」


11リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:14:31.19o0OAyAl4O (11/24)

───ロイヤルアベニュー

カキ「カキです」

ヨウ「知ってる」

マオ「2人とも久しぶりー!」

スイレン「ご無沙汰してます」ペコリ

ハウ「やっほー、急にごめんね?」

マオ「大丈夫だよー。私達も会いたかったし!」

ヨウ「マジか。じゃあさっそくマオっぱいを……」

アシレーヌのアクアジェット!

ヨウ「ぶフォッ!?」

ヨウは倒れた!


12リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:15:03.60o0OAyAl4O (12/24)

スイレン「お見事」パチパチ

アシレーヌ「まったく……」

ヨウ「」チーン

ハウ「会いたかったって、何かあったの?」

マオ「カキがダンスの勉強してるのは知ってるでしょ? 今日はその成果を私達に披露したいんだって」

カキ「せっかくだから2人も見ていってくれると有難い」

ハウ「なるほどねー。それはぜひ見せてもらうよ!」


13リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:16:25.91o0OAyAl4O (13/24)

───ヴェラ火山

アシレーヌ「うぅ……」

ヨウ「あぁ、アシレーヌたそにはこの暑さはキツいよね。ほら、戻っておいで」モンボヒョイ

アシレーヌ「すみません、そうさせて頂きます……」ヒュン

ハウ「ホモまつりは大丈夫だよね?」

ホモまつり「……いや、俺も戻る」

ハウ「えっ、なんで?」

ホモまつり「……なんでも」

ハウ「んー、まぁいいけど」モンボヒョイ

ホモまつり「はぁ……」ヒュン


14リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:17:21.18o0OAyAl4O (14/24)

カキ「では皆さん、僭越ながら踊らせて頂きます」スッ

ヨウ「いよっ!」パチパチ

スイレン「やったれー」パチパチ

カキ「では…… はっ!」バッ

ハウ「おぉ!」

マオ「すごい、キレっキレ!」

カキ「はっ、はっ!」バッ バッ!

ヨウ (確かにすごい躍りだ。豪快な動きなのに繊細さすら感じさせる身のこなし。そして何より、カキの洗練された肉体。しなやかな筋肉が一つ一つの技をさらに美しく表現し、迸る汗はその姿を艶やかに彩っている……)

ヨウ「やばい勃ってきた」

ハウ「思考と発言逆にしてくれる?」



15リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:18:24.43o0OAyAl4O (15/24)

カキ「はっ!」シュタッ

スイレン「おぉ~」パチパチ

マオ「すごいよカキ!」パチパチ

ハウ「ホントホント!」パチパチ

ヨウ「いよっ!」コカンオサエー

カキ「洗練された肉体に喜んだヨウは嬉しくて勃起したくなるのです」


16リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:19:36.03o0OAyAl4O (16/24)

───アイナ食堂

スイレン「そういえば、リーリエはまだカントーから戻ってきてないのですか?」

ヨウ「そうなんだよ……」

ハウ「それでヨウが落ち込んでてねー。気分転換にみんなに会いに来たんだー」

カキ「なるほどな。まぁ、初めて会った頃から仲が良かったからな、ヨウとリーリエは」

マオ「遠距離恋愛ってやつだね~。はい、どうぞ」コトッ

ヨウ「マオっぱいの手料理キターーー(゜∀゜)ーーーー!!!!!」

スイレン「ホントに落ち込んでるんですかコイツ?」

ハウ「もうボクもわからんね」

カキ「マオの手料理に喜んだヨウは嬉しくて勃起したくなるのです」


17リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:21:37.46o0OAyAl4O (17/24)

───スイレン家前

スイレン「せっかくですし、妹たちにも会っていってください」

ヨウ「ホウちゃんスイちゃんか……」ハァハァ

ハウ「アシレーヌ、アクアジェットの用意お願いね」

アシレーヌ「言われるまでもありません」

───ガチャ

ライチ「お願いしますっ!私に男を落とす極意を教えてくださいっ!!」ドケザッ

スイレンママ「ちょ、ちょっとライチさん! 頭を上げてください!」アセアセ

スイレン「」

ハウ「えぇ……」

ヨウ「ほぅ」


18リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:22:30.17o0OAyAl4O (18/24)

ライチ「奥さんなら知っているのでしょう!? 男を惹き付ける女の魅力を! どうかそれを私にご教授くださいっ!」ドケザッ

ホウ「女の魅力って?」

スイ「さぁ?」

スイレンママ「やっ、やめてください子供達の前で! お願いですから!」アセアセ

ライチ「いいえっ! 教えてくれるまで、私はこの姿勢を崩しません! 岩の如くっ!!」ドケザッ

カキ「ふむ、流石はライチさんだ。意志の固さが尋常ではないな」

マオ「あーはなりたくないね~」


19リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:23:18.40o0OAyAl4O (19/24)

ライチ「お願いしますっ!どうか、どうか私にそのエロさの秘訣をおs」

スイレン「オニシズクモ、アクアブレイク」

オニシズクモ「うぃ」スガガッ!

ライチ「グフぅっ!?」

効果は抜群だ!
ライチは倒れた!

スイレン「……」ポイッ

ライチ「」ズシャ……

ヨウ「憐れ」


20リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:24:17.90o0OAyAl4O (20/24)

スイレン「お母さん、ただいま帰りました」

お母さん「あ、あらお帰り/// みんなもいらっしゃい///」

ヨウ「ご無沙汰してます」

ホウ「ヨウだ!」

スイ「お姉ちゃんのボーイフレンド?」

スイレン「勘弁してください」

ハウ「おじゃましまーす」

ホウ「ハウだ!」

スイ「お姉ちゃんのボーイフレンド?」

スイレン「普通のお友達です」

カキ「カキです」

ホウ「カキだ!」

スイ「お姉ちゃんのボーイフレンド?」

スイレン「活きのいいダンサーです」

マオ「2人とも相変わらず元気だね~」

ホウ「マオだ!」

スイ「お姉ちゃんのガールフレンド?」

スイレン「嫁です」

マオ「えっ?///」


21リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:25:35.52o0OAyAl4O (21/24)

ヨウ「ほら、たかいたか~~い」

ホウ「アハハハハ!」キャッキャッ

スイ「スイも! スイも!」

ハウ「それじゃあスイちゃんにはボクがしてあげるね~」

スイ「わ~い!」

スイレンママ「みんな今日はお夕飯食べてって」

カキ「いいんですか?」

スイレンママ「もちろん♪」

マオ「やった~! おばさんのご飯美味しくて大好き!」

スイレン「ふふっ、マオちゃんに誉めてもらえるなんて嬉しいわ」

ヨウ「二度も美人の手料理にありつけるとはな」タカイタカーイ

ホウ「キャッキャッ」

ハウ「ホウちゃん持ちながら変なこと言うな」


22リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:27:48.17o0OAyAl4O (22/24)

───スイレン家前

ハウ「おじゃましました~」

ヨウ「ご飯ご馳走さまでした」

スイレンママ「またいつでも来てね」

ホウ「バイバ~イ!」

スイ「またね~!」

───ロイヤルアベニュー

ハウ「今日はありがとねー。楽しかったよ!」

マオ「こちらこそ! また遊びに来てね!」

スイレン「お待ちしてます」

カキ「ヨウはどうだ。気晴らしになったか?」

ヨウ「……あぁ、おかげで少し元気出たよ」

マオ「今度はリーリエと来なよ。ご馳走するからさ!」

ヨウ「そうだな……」

スイレン「あまり落ち込んでると、リーリエが帰ってきたときに心配させてしまいますよ?」

カキ「島巡りをしていた頃を思い出せ。多くの困難に立ち向かう強い心を、お前は持っていたはずだ」

ヨウ「ん……。ありがとな、みんな」





23リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:29:57.91o0OAyAl4O (23/24)

───翌朝 ヨウくん自室

ヨウ「……」グテー

ハウ「ありゃ、あんまり変わってないみたいだね?」

アシレーヌ「以前より食欲とかは出てきたみたいなんですけど……」

ホモまつり「そう簡単にはいかないみたいだな」

ヨウ「リーリエ……」

ハウ「ふむ、それじゃあ今日も出掛けてみようか!」

アシレーヌ「そうですね。少しでもお外に出るのはいいことだと思います」

ハウ「ほらヨウいくよ。準備して」

ヨウ「ん~……」


24リングマ ◆MgVjNaF4Y22019/07/23(火) 01:31:34.65o0OAyAl4O (24/24)

───ククイ博士の研究所

ククイ「ハァハァ…… 愛してるぞバーネット……っ!」パンパン!

バーネット「わ、私もぉ……///」ビクンビクン

───ヨウくん家前

ハウ「今日も研究所が揺れてるよ。ククイ博士、研究頑張ってるみたいだねー」

ヨウ「バーネット博士も同じくらい頑張ってるんじゃないか?」

ハウ「そうなの?」

ヨウ「まぁ、どーでもいいけどさ。カモン、リザードン!」キラーン

バサッ!

リザードン「こちらは各駅停車、ポニ行きです。途中アーカラ、ウラウラに停まります」

ハウ「今日はウラウラ島に行こうか」

ヨウ「ん、了解。よっこらセックス」ヒョイッ

リザードン「ドアが閉まります。ご注意ください」

ヨウ「ほら、ハウも」

ハウ「うん」ヒョイッ

ヨウ「しっかり掴まってろよー」

ハウ「うん、まぁほどほどに掴まってるよ」キュッ

ヨウ「っ!///」トゥンク


25以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/24(水) 09:21:13.55xQL+142O0 (1/1)

https://pokemonbbs.com/poke/read.cgi?no=1007879
転載厳禁害悪管理人の所からの転載はまずいですね