1 ◆Try7rHwMFw2019/07/11(木) 23:32:14.00ywpdJDI2O (1/4)

SS速報板「オルランドゥ大武術会」シリーズのR18版です。
基本本筋のR18描写を書いていく板になります。
本筋に関連するコンマ判定や安価選択がある場合もありますので、その点ご留意下さい。
(ただし、安価選択の多くはプレイ内容に関わるものです)
コンマ判定のルールは本スレに準じます。

描写が必要な場面のみこちらに投下しますので、更新は遅めです。
SS速報板の本スレと併せてお楽しみ下さい。


2 ◆Try7rHwMFw2019/07/11(木) 23:32:53.85ywpdJDI2O (2/4)

現行スレはこちらです。

【安価】オルランドゥ大武術会4【コンマ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561507159/


3 ◆Try7rHwMFw2019/07/11(木) 23:36:03.93ywpdJDI2O (3/4)

なお、以下の描写が苦手な方は読み飛ばすことをお勧めします。

・男の娘
・男の娘受け
・ふたなり
・ふたなり受け


4 ◆Try7rHwMFw2019/07/11(木) 23:59:11.81ywpdJDI2O (4/4)

簡単なキャラクター紹介

・クラン(クララ)
主人公。男の娘だが、今の所経験は女性とふたなりのみ。非童貞非処女。
15歳。武術の達人だが背は小さめ。「神」の依り代であるらしい。

・ラーナ
ヒロイン1。エルフ。エッチは大好きで絶倫。クランとは恋人というより内縁の妻。非処女。
28歳だが外見年齢は14歳ぐらい。ちっこい。貧乳。攻めるのは好き。

・ミーシャ
ヒロイン2。ふたなりで王女様。本質的にはややメンヘラ気味だが、今は安定している。ふたなりであることは国家機密級。
16歳。エッチは好き。基本攻めばかり。非童貞処女。普乳~大きめ。
クランとは違う「神」の依り代らしい。

・アナスタシア
ヒロイン3。翼を持つ翼人でプリースト。本質的にはややメンヘラ気味。ミーシャとは恋人同士だが、立場上表に出せない。
27歳。エッチは愛情が大事と考えており、快楽は副次的なものと考えている。奉仕好き。非処女。巨乳。

なお、ふたなり薬が何本かあります。


5 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 00:00:05.90bpIr9kp/O (1/2)

では、少しだけ本編を進めます。


6以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 00:00:33.58VA+F0wkcO (1/1)

>>3
ではそっ閉じます


7 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 00:19:25.85bpIr9kp/O (2/2)

#

「失礼します」

ミーシャ様の部屋を訪ねると、薄いネグリジェ姿の彼女が微笑んで出迎えた。

「お待ちしておりましたわ」

僕はその姿を見て、その美しさに思わず息を飲んだ。ネグリジェの下には、大きめの乳房。乳首は既に軽く勃っていた。
……下着は下だけ着けてるけど、その先端からはピンク色の肉が覗いていた。
鍛えているからか、身体には無駄な肉がなかった。まるで彫刻か何かのようだ。

「んっ」

後ろのラーナが咳払いをした。

「その格好ということは……」

「ええ。アナ?」

アナスタシアが奥の方から恥ずかしそうにやって来た。ミーシャ様とお揃いのネグリジェを、豊かな乳房が押し上げている。
無駄のないミーシャの身体と違い、少し肉がある彼女のそれはとても柔らかそうだった。

「……お待たせしました」

「いいんですか?」

コクン、とアナスタシアが頷いた。

「ちゃんとミーシャ様を愛して下さるなら……あの方の悦びは、私のそれでもありますから」

「……分かりました。じゃあ、これを」

僕はパーシャさんから貰ったお香を炊いた。むわん、と腰と後頭部に響くような、甘い香りがし始める。

「……前に使った時も思ったけど、これ、すごいねぇ」

ラーナの目がとろんと潤んできた。僕の首に腕をかけ、体重を掛けてくる。

「……本当、身体が蕩けていくような香りですわ……ねえ、アナ」

「……はいっ」

2人が「んちゅっ……」と熱いキスを交わし始めた。
ぼおっとしている僕の耳に、熱くて滑らかな肉が触れる。

「ひゃいっ!?」

「ダメだよぉ、そっちばっかりじゃ。今は私を見て?」


じゅるるるるっっ


耳の中に、滑らかで柔らかい肉が入ってきた。


「あうううっっ!!?ラ、ラーナぁ……」


後頭部の右側が、急にピリピリとしたもので満たされていくのを感じた。僕は立っていられなくなって、思わず天蓋付きの巨大なベッドに倒れ込んだ。


「んふふっ。今日は一杯、いーっぱい気持ちよくなろ?」


そう言うとラーナは、また耳に舌を滑り込ませた。舐めてない左耳にも、指をサワサワとなぞらせている。
音と感触で、頭がおかしくなりそうだ。


8 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 09:27:05.96HYcTYNenO (1/2)



……ツツッ……


「いあっっ!!」


胸に突然鋭い快感が襲った。


「……んふふっ。本当、クランったらすっかり感じる所も女の子とおんなじになったねぇ。
あ、今は『クララ』だから女の子かぁ」

「い、言わないでっ……ひうっ」

耳元で囁かれ、また耳朶の辺りを舐められた。胸と腰の奥に、甘くて蕩けるような痺れが生まれ始めていた。

……このままラーナに身を委ねるのも悪くないんだけど。

「ふふっ。可愛いなぁ……ひぃんっ!!?」

僕はローブの合間に手を差し込み、上に乗っているラーナの小さな膨らみの先端を軽く撫でた。
彼女も下着は下だけだ。もう初めからやる気だったみたいで、下着の一部の色が少し変わっている。

「乳首が弱いのは……ラーナも同じだよね?」

「んんっ!!こ、このっ……クララは、素直に気持ちよくなってればいいのっ!!」

首の辺りを甘噛みし、彼女の両手が僕のささやかな2つの先端へと伸びる。そして、触るか触らないかの微妙な感触で、同時に……


「「カリッ」」


「いうっっっ!!!あ゛あ゛……!!?」


その瞬間、僕の腰が自分の意思とは関係なく跳ねた。き、気持ちいいよぉ……!!


「ほぉら、やっぱ女の子じゃない。男の娘クリトリスも、すっかり濡れちゃって。本当にエッチだよねぇ」

「ひっ、ど、どっちがっ」

「もう、口答えしないの」


カリカリッ


ビクビクビクっと僕は痙攣した。こんな軽い刺激なのに、身体はもうピリピリとした気持ちよさでいっぱいだ。
そういや、前の時は師匠にずっとこれやられてたんだった……。
いけそうでいけない快感がずっと続いて、もどかしいけどすごくいい。それを思い出して、期待で腰の奥がまた少し溶けた。

ふと横を見ると、アナスタシアが全裸に剥かれ、ミーシャ様に胸を可愛がられている所だった。
彼女は声を出すまいと、必死で指を噛んでいる。

「ふうっ……!!んんっ………!!ミ、ミーシャぁ……」

「フフッ、アナったらいつも通りなのね。クララみたいに声を出せばいいのに」

「でっ、でもっ……ひぃっ…………!!」

クチュ、という水音が聞こえた。

「それともこっちで声を出す?ねぇ、どうなの?」


クチュクチュクチュっ……!!


「………ひぎっ………ミーシャ、ミーシャぁ……!!」


白い肌が紅に染まったアナスタシアは、哀願するように僕を見た。


「むう、そっちも盛り上がってるなぁ。どうする?混ざる?」


1 混ざってみる
2 このままラーナにされたままにする
3 ラーナを逆に攻めることにする


9 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 09:27:33.59HYcTYNenO (2/2)

※2票先取です


10以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 09:55:17.31xxqfydlDO (1/3)

1


11以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 11:18:17.39z3I8dfdq0 (1/2)

1


12 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 11:57:50.80yzPK5N7nO (1/1)

僕は小さく頷いた。……ラーナとだけでもこんなに気持ちいいのに、4人でしたら……どうなるんだろう?

僕の上に乗っているラーナがローブを脱いで、隣のミーシャ様をつついた。

「んんっ、良さそうね……あ、ラーナさん?」

「あ、盛り上がってるところごめんなさい。4人でしようかなって話になったんだけど、どうします?」

ミーシャ様は唇に指を当てて考えている。

奇数……クララ総受け
偶数……アナスタシア総受け(?)
6の倍数か95~00、ゾロ目……スワップ
(66か99、00のみ特殊イベントが確定)


13以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 12:22:10.57xxqfydlDO (2/3)

はい


14 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 19:08:51.177zNPUisOO (1/7)

「……じゃあ、私たちがそっち行きましょうか?殿方の身体、興味がありますの」

ミーシャ様がニコリと笑った。無邪気だけど、どこか怖くて……それでいてとても艶っぽい笑みだ。

僕は思わず身体を揺すった。ミーシャ様たちが来るのが嫌だとか、上に乗っているラーナが重いだとか、そういうんじゃない。
……これからどうなるんだろうという、期待と恐れ。そのために一度、快感を落ち着かせたかったんだ。

「あっ、暴れちゃダメだよ?ほら」

ラーナが身体を倒し、押さえ込むように唇で僕のそれをふさいだ。

「むうっ!?あふっ……ちゅるっ……あむん……」

「じゅるっ、ちゅるじゅるっ……んん……」

ラーナの小さな舌が甘い。蕩けるようなその柔らかさに、僕はぼおっとなる。
いつまで絡ませ続けても、全然飽きない。ラーナとのキスは、いつだってそうだ。

その甘やかすようなキスに酔っていると……


さわっ……


「んんんっっ!!?」


下着越しに、僕の竿が軽く撫でられた。そして……


つーっ……つつっ……クリクリ……


「ンーッ、ンーッ!!」


何これっ!?下着越しで触るか触らないかぐらいなのに……僕の感じる所を、的確に攻めている?
そして、下着は下ろされ、竿が空気に触れた。「ウフフ」と笑う声が、遠くから聞こえた。

「やっぱり、ミーシャ様と感じる場所は同じなのですね……少し大きいけど、硬さは……同じぐらいですね。
ミーシャ様も、『奉仕』されます?」

「そう、ですわね……でも、ちょっと自信が」

「なら、一度そちらで見てくださいね。……あむっ」


れるっ、チロチロ……ちゅっ


僕の先端が、温かくて滑ったものに包まれた。……またさっきみたいな、優しい……優しすぎる愛撫だ。
でも、刺激がないわけじゃない。むしろ、じわりじわりと弱火でスープを煮立てるように、僕の腰の奥に確実に火を付けているっ!?


「んーっ!!!んんー!!……ぷはっ、ラ、ラーナぁ……ひうううっっ!!?」


ラーナは唇から舌を抜くと、それを僕の乳首へと這わす。こっちもチロチロと、とても軽い舐め方だ。

なのに。……なのにぃ……!!


「うわああああっっ!!溶けちゃう!!溶けちゃうよぉっ……!!!」


優しい快楽の火は、竿や乳首から全身に拡がり、ゆっくりと僕を焼き尽くそうとし始めていた。
腰の奥が……お尻の中が熱い。熱くて、熱くて、脳まで熱が届いてしまいそうだ。

奇数 ミーシャは下半身へ
偶数 ミーシャは上半身へ
ゾロ目、95~00 かわいいっ!我慢できないっ


15以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 19:10:19.79Nwc+gbWx0 (1/2)




16 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 19:43:16.997zNPUisOO (2/7)

「アナ、もうそろそろ、いいかしら?」

朦朧とした意識の外で、誰かの声が聞こえる。

「ええ。ミーシャ様がいつもされて、気持ちよくされるようにすればいいのですよ?」

「……わ、分かりましたわ。確か、竿の横を、こう……」


……レロォッ


「ひぐっ」


緩く、柔らかいものがガチガチになった僕自身の側面を撫でた。
最初はたどたどしかったけど、やがて僕の反応を見ながら気づいたのか、
カリの周囲をゆっくりなぞったり、一番先端の部分をツンツンとつついたりしてきた。……うわあっ、上手いっ!!


「ちゅるちゅる、ずずっ……ああむっ、チロチロっ……」


「いいっっ!!?ぎもぢいい゛っ!!……ひっ、ひあああんんっっ!!?」


激しくなる下への攻めに合わせて、ラーナの両乳首への愛撫も激しくなる。
先端をカリカリッって爪で引っ掻いたり、吸ったり、甘く噛んだり、つねってみたり……

……もう身体全体が気持ちよくて、溶けてしまいそうだよぉっ!!


「ふふっ、クララって本当に女の子みたいだよねぇ。というか、男の娘なんだから当然かな?
ミーシャ様、逝かせちゃいま……」

ラーナが乳首を弄るのをやめた。僕も曖昧なままそっちを見ると……


「じゅるっ、じゅじゅっ……ひいっ!?ア、アナぁっ……まだそっちはいいからぁっ!!」

「だって私だけやることがないんですもの。こっちはこっちでご奉仕したいんです」

ぬちゃぬちゃぬちゃと、粘っこい音が聞こえる。アナスタシアは僕のを吸うミーシャ様の後ろに回り、何かを扱き上げているようだった。

少しだけ2人の愛撫から逃れた僕は……

1 そのまま様子を見る
2 身体を起こしてラーナに反撃する
3 身体を起こしてミーシャに口付けする

※2票先取


17以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 19:49:29.06qSQ8YU9f0 (1/3)

3


18以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 19:51:34.94xxqfydlDO (3/3)

1


19以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 19:52:44.08Nwc+gbWx0 (2/2)

3


20以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 19:53:23.94z3I8dfdq0 (2/2)

3


21 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 20:07:09.607zNPUisOO (3/7)

僕は快感で重くなった身体を起こした。ミーシャ様は唇を噛み、何かに耐えているようだ。
白い肌が桃色に染まって、とても可愛い。普段は綺麗で隙がない美しさだけど、今の彼女には愛しさを感じた。

「はあっ、はあっ……ラーナ、ちょっとどいて」

「え?」

僕は四つん這いになって喘いでいるミーシャ様に近付く。


……ああ、本当に可愛いなぁ……


あむっ


「ふうううっっっ……!???」


唇を重ね、舌を静かに挿し入れる。上唇の裏、舌の裏。口の中の敏感な場所を、僕は丁寧になぞっていく。


「らめぇ……じゅるるっ……らめれすわぁ……アナっ、あむっ、んんんっ!!!クララ様もぉ……!!」


目を固くつぶって、必死に我慢している。……すごく気持ち良さそう……。


01~25 らめ、らめらめぇええ!!!
25~70 らめ、らめらめ「ひうううっ!!」
71~90 らめっ!!……クララ様、それはダメですわ……
91~00 らめっ!!……クララ様ぁ……お願いがありますの

(95以上で??)


22以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 20:08:06.86xfrPJIIM0 (1/2)




23 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 20:28:36.037zNPUisOO (4/7)

ミーシャ様が、一層固く目をつぶった。……あ、出ちゃうのかな。

その時、彼女が唇を離した。

「らめっ!!……ダメですわっ、クララ様っ!!アナも止めなさいっ!!」

「えっ!?」

ふーっ、ふーっと荒い息を吐きながら、濡れきった目でミーシャ様が僕を見る。

「今日はっ、クララ様を気持ちよくして差し上げるのに……私だけ達してしまっては、申し訳ないですわっ。
クララ様のも、もう張り詰めてて、一杯一杯ですし……」

「す、すみませんミーシャ様。つい、いつものようなお可愛い顔を見たいなと……」

「……アナ、それは後ででいいですわ。ねぇクララ様、もう一度口付け、お願いできませんこと?」

「はっ、はいっ」

ウフフとミーシャ様が笑った。

「もう、畏まらなくていいのですよ?ここにいるのは、ただのミーシャとクララ。敬語もなしでいきましょう?」

そう言うと彼女は僕の顔に手をそっと添え、唇を再び重ねた。

「ちゅっ、ちゅるっ……ああむっ……」

「あむっ、れろっ……じゅるっ……んんっ!!?」

僕の竿に、熱くて硬い物が当たる。ぬめぬめしたそれがぶつかる度に、快感が身体の芯を走り抜けていった。

「あー、今度は私が仲間外れだ。妬いちゃうから、こうしよっと」


きゅうっっっ


「ひいいいいっっ!!!」


乳首から電撃に撃たれたような、甘鋭い快感が腰の奥に走る!!
ああっ、本当に溶けそう……でも、でも何か足りない……。


01~80 ミーシャさ……ミーシャぁ……もう、挿れてぇ……?
81~00 クララぁ……お願いが、ありますの……


24以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 20:33:17.06qSQ8YU9f0 (2/3)

はあ


25 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 20:54:26.997zNPUisOO (5/7)

「ぷはぁっ」

僕は唇を離した。……もう、我慢できないっ。


「ミーシャさ……ミーシャぁ……もう、挿れてぇ……?」


「……はあっ、はあっ……あ、あら、貴方が挿れるのではなくって?」


僕の顔が熱くなった。……そうだ、そっちもあったんだっけ。
でも、腰の奥の疼きを押さえるには、こっちの方がいい気がする。

……何より、師匠にされた時に覚えてしまった、奥をコンコンと突かれる気持ちよさ。
逝っても逝っても終わらない、意識がどこかに消えてしまうあの快感を、もう一度味わいたかったんだ。

ラーナが呆れたように溜め息をついた。

「ほんっとにクララって『女の子』だよねえ……おちんちん、もう要らないんじゃない?」

「えっ!?それは、やだよ……ラーナを気持ちよくしてあげられなくなっちゃうもん……」

「…………!!それは、そっか……じゃあ、それは後でね?」

「うん、分かった……」

僕はベッドに仰向けで寝転がり、足を開く。

「……殿方に挿れる場合って……この、不浄の穴に挿れますの?」

「うん……でも、何度も水で中はきれいにしてあるから。後、滑りがないと思うから、これ使って……」

僕は、パーシャさんから前にもらった小瓶を化粧台から取った。師匠が「生える薬」を飲んだ時にも使ったものだ。
栓を空け、一筋液体を塗る。トロォっとした感触と共に、猛烈な熱さが身体を駆け抜けた。

「ひぐうっ!!!」

「だ、大丈夫ですの??」

「う、うん……気持ちいいだけだから……媚薬、入りなの……」

僕はミーシャを抱き寄せた。

「もう、一つになる準備はできてるからぁ……ね?」

彼女は決心したように頷いた。そして、僕の「おまんこ」に熱い肉の塊が触れる。

「じゃあ……行きますわよ?」

僕が頷くと同時に。



ズズズッ…………!!!!


「あああああああっっっっ!!!!」


僕の身体は満たされ、そして僕の先端からはドロォと白くて粘っこい液体が漏れた。


……あ゛あ゛っ……本当に、幸せ……


※80以上で重要イベント開始


26以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 20:57:13.52qSQ8YU9f0 (3/3)




27 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 21:26:58.087zNPUisOO (6/7)

「……あら?もう達してしまわれたのですか?」

「んー、それ漏れただけだから大丈夫だよ。遠慮なく突いていいよ」

ラーナの言葉に、ミーシャが「はいっ!」と腰を打ち付ける。


どちゅっ


「ひぐぅぅっっ………!!」


奥を一気に突かれ、痺れが全身へと拡がった。師匠のよりは長くないけど……

「行きますわね」


どちゅっ、どちゅっ、ずりゅっ


「ひっ、ひっ、ひいいいっっ!!」


反り返りが凄くてしかも硬いから……僕の腰の、おちんちんの裏にある凄く気持ちいい所が、的確に突かれちゃうっ!!


「ひう、ひうっ、ミーシャ、ミーシャぁあ」

「可愛い、可愛いですわっ!!ああっ、これが男の娘なのですねっ……!!」

快感で蕩けた笑みを、ミーシャが浮かべた。多分、僕も似たような感じなんだろうな……。
僕の上で、彼女の乳房が揺れている。僕は思わず、その先端をペロッと舐めた。

「ひいっっっ!!!胸は、胸は感じちゃうからぁ」

「あむっ、あむっ。
ん゛ん゛っ………!!いいよぉ、どろどろに、溶けちゃうよぉ……!!」

誰かに僕の乳首をぎゅっと摘ままれると、電撃のような痺れが拡がり、僕の竿からまたピュッと漏れた。
……頭が焼ききれるように、気持ちいいっ……!!

「2人だけ盛り上がっちゃダメだよぉ。アナスタシアは、ミーシャの女の子をね?」

「ええ。いいですわ!」

ちゅるっ

「いいいいっっっ!!?ア、アナぁぁ!!?」

「ミーシャ、両方で気持ちよくなってくださいね?」

ペチャペチャという水音と、ズチュズチュという粘液の擦れる音。そして、快感を貪る2人の喘ぎだけが、部屋に響いていた。

そして。


「うぐううううっっっ!!!!
もうダメ、だめだめだめぇええ!!」


凄く熱くて、鋭くて、甘ったるい波が、腰の奥を押し流そうとしている。
師匠の時みたいな、どこまでも続く快感とはちょっと違うけど、これはこれで物凄くいいっ!!!


いやいやと、駄々っ子のように首を振る僕に、ミーシャが唇を思い切り重ねた。


「むーっ!!!むーっっっ!!!
はふっ、好き、好きですわぁ!!
このまま、一緒に、一緒にいいいい!!!」


僕はガクガクと首を縦に振った。


もう、逝っちゃう、逝っちゃうっ……!!!


「「い、いぐうううううう!!!」」


01~50 特になし
51~80 フラッシュバック
81~94 宝石が少し光る
95~00 重要イベントへ


28以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 21:28:06.68xfrPJIIM0 (2/2)




29 ◆Try7rHwMFw2019/07/12(金) 21:29:43.307zNPUisOO (7/7)

中断します。


30 ◆Try7rHwMFw2019/07/13(土) 00:25:20.06pXS6Yrc0O (1/1)



「ああああああっっっっ!!!!」


……

…………

白い光が見えた。ああ、溶けてる。とろとろに、真っ白に……

中に熱いものが放たれ、僕も精を激しく迸らせているのが分かった。それがまた、僕の意識を飛ばしていく。

……

…………

…………ジジッ


『ああああああっっっっ!!!!』


……あれ、おかしいな。何で僕は、上から僕を見てるんだろう。
……でも、僕の上にいるのは……ミーシャじゃない。髪こそ金髪だけど、ずっと短いし……。


…………ジジッ


意識が引き戻されていく。


「はっ?……はあっ、はあっ、はあっ……」


強い気だるさと、甘い快感の余韻。ミーシャは満足そうに、僕に身体を預けていた。


「ああ……すごい……」

「……ミーシャ様、じゃなくってミーシャ?」

「……な、何です、の……?」

「……達した後、何か、見えませんでした?」

01~20 いえ、何も
21~60 そう言えば、何か……
61~94 ……貴女もですの?
95~00 上+α


31以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/13(土) 01:09:53.97tLnzfAkMo (1/1)




32 ◆Try7rHwMFw2019/07/13(土) 16:11:57.91FYzyRq2RO (1/7)

ミーシャがむうと唇に指を当てた。

「……そう言えば、達した瞬間、上から部屋を見ていたような……でも、あれって私たちではありませんでしたよね?」

「えっ!!?」とラーナが叫んだ。

「それ、私たちも見たよ?クランに似た誰かの上に、男の子……いや裸の女の子が乗ってた」

「私もです。……達してたみたいですけど、どこか悲痛な感じが……」

僕ら4人は、顔を見合わせた。

「同じ光景を、いっぺんに見たってこと?」

「多分……色々な話を総合すると、多分あれは僕のご先祖様じゃないかな……。で、睦み合ってたのは」

「……私の宝石の中の人物?でも、怪物だって言われてませんでしたっけ?」

僕は少し間を置いて、ミーシャに答えた。

「……『一角獣の依り代』とか言われてたから、多分その『一角獣』が憑依する前なんだろうね。
そして、ご先祖様とは恋人同士だった。僕らがした時に、この光景が見えた理由はよく分からないけど」

※95以上で?


33以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/13(土) 16:19:39.00p9HWGaTF0 (1/1)

ほい


34以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/13(土) 16:19:45.74V9b8OSFc0 (1/1)

はい


35 ◆Try7rHwMFw2019/07/13(土) 16:23:57.47FYzyRq2RO (2/7)

※偶奇判定です。

奇数 ファンブル無効権全消費
偶数 重要イベントへ


36以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/13(土) 16:24:20.99ByaSzSgk0 (1/1)




37 ◆Try7rHwMFw2019/07/13(土) 16:24:24.32FYzyRq2RO (3/7)

コンマ下3とします。


38以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/13(土) 16:25:39.97MtBtpQWm0 (1/1)

ここ00とかww


39以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/13(土) 16:25:41.59rvuDZkCDO (1/2)

はい


40 ◆Try7rHwMFw2019/07/13(土) 16:27:11.13FYzyRq2RO (4/7)

※再判定です。


41以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/13(土) 16:27:33.30rvuDZkCDO (2/2)

はい


42 ◆Try7rHwMFw2019/07/13(土) 16:35:03.04FYzyRq2RO (5/7)

……妙な沈黙が流れた。何かの因果なんだろうけど。

「んー、考えてもしょうがないし、この話は忘れよ?」

パン、と手を叩いてラーナが言う。まあ、それもそうかな。

「ですわね。じゃあ、今度はどうします?ラーナさんやアナは、まだ気持ちよくなってないですし」

「ん、そだね。じゃあ、今度は普段通りにしてみる?で、互いに見せ合うの。
あ、私にもさん付けはなくていいわ。肌を重ねておいて、他人行儀なのって変だし」

「ですわね。まだ夜は長いですし……皆で楽しみましょうね」

僕はゾクッとした。……これ、体力もつのかな……


43 ◆Try7rHwMFw2019/07/13(土) 16:37:07.00FYzyRq2RO (6/7)

以下の判定などは本スレに戻ります。

今後のこのスレですが、R18展開かつ重要イベントに発展する可能性のある展開の場合に使うこととします。
軽い番外編にも使う方針です(R18とは限りませんが)。


44 ◆Try7rHwMFw2019/07/13(土) 16:37:40.74FYzyRq2RO (7/7)

では、本スレに戻ります。

【安価】オルランドゥ大武術会4【コンマ】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1561507159/


45 ◆Try7rHwMFw2019/07/24(水) 08:51:08.29iPWQ5dw6O (1/3)

テスト


46 ◆Try7rHwMFw2019/07/24(水) 08:52:52.30iPWQ5dw6O (2/3)

#

「……本当にするの?」

「ラーナも我慢できないでしょ」

僕はラーナの服を脱がしながら言う。ベッドの傍には、興味津々という感じでミラが座っている。
……これは確かにやりにくいなぁ。

「おい、やらないのカ?」

「そんなにすぐにできないよ……。そもそも挿れて終わりじゃないの。
ちゃんと雰囲気作って、互いにある程度感じ合って、それからやっとなわけ」

「面倒なものだナ。生殖行為とは」

僕とラーナは互いに下着だけになった。

「じゃあ、するよ」

「……うん」

まずは唇を重ね合わせる。ゆっくりと、それでいてねっとりと。
激しくするよりも、こうやって互いをじっくり燃え上がらせる方が僕は好きだ。

「んふ……はむっ……れるっ……」

「ちゅる……ああむっ……ふふ、もうおっきい」

ラーナが艶っぽく笑い、下着の上からそっと僕のを撫でた。僕は彼女の頭を引き寄せ、もっと深く舌を挿し入れる。
右手で、ブラジャーのホックを外す。片手だけで外すのも、大分慣れてきた。

「ああむっ……ちゅっ……んんっ!?」

右手で彼女の小さな胸を揉む。弱く、触れるか触れないか程度に。
そして、ゆっくりと乳首へと指を這わす。まずは乳輪を円を描くように、じっくりと。

「ふうんっ……はうっ……」

じりじりと、弱火で焼くように。こうやって少し焦らした方が、後の燃え上がり方が激しくなる。

「じゅるっ……れるっ……」

「るるっ……ひあああっ!!?」

乳首をそっと触ると、ラーナの腰が跳ね上がった。僕は思わず笑う。
乳首への刺激は最初はごく弱く。そして、一番先の部分を弱く爪でひっかくと、「ひいいんっ」と嬌声をあげた。

「ああんっ……!!ね、ねぇ、何でそんなに上手くなってるの??……ひううっ!!」

「ふふ。そりゃ、あれだけされてたらね。自分がされて悦かったことを試してるだけだよ」

そう言うと、乳首をカリッと爪ではじく。


「ひううっっ!!!い、いいよぉ……!!!」


普段ラーナには責められっぱなしだから、こういうのもたまにはいい。
師匠からされたやり方を真似してるだけだけど、こうしてみるとたまに「女の子」になるのも悪くないな。

僕は唇を胸に這わせる。指と同じように、ゆっくり、じっくりと。弱くもう片方の乳首を甘く噛むと……

「ひいいいいい!!!」

ラーナの腰が跳ねた。ショーツはもうかなり濡れている。


47 ◆Try7rHwMFw2019/07/24(水) 09:51:03.74iPWQ5dw6O (3/3)

「フム、ここがいいのカ」

ふにょん、という感触と共に、柔らかくて生暖かいものが僕の乳首に触れた。

「……ひうっ!?……み、ミラ??」

いつの間に僕の背後に来ていたミラが、ゼリー状の指を僕の胸に当てている。

「ム?良くなかったカ?」

「いや、そうじゃないけど……いきなりどうしたの?」

「いや、見ているだけでは退屈になってナ。動きはないのにラーナがあそこまで心地よさそうなのは、とても不思議ダ」

ヌルヌルと、彼女の指が僕の乳首を「舐める」。人間の指と違い、彼女の指は柔らかい。鋭い刺激はないけど、粘っこい感触がとてもいい。

「うぐっ!!はぁはぁ……はあうっっっ!!?」

レロっと、僕の下半身が生暖かいもので舐められた。これはミラのじゃない。

「……はふぅ……散々、してくれたから、お返しね」

いつの間に下着は剥ぎ取られ、ラーナが好色な笑みを浮かべていた。
……あ、結局こうなるんだな……。


ジュルルルルッッ


「ひいいいっ!!!ダメダメダメッッ!!強いぃ!!」

「ジュルル、アムアム……ほう?きほひいいれしょ??ああむっ」

強く吸われながら、舌が先っぽの穴をクリクリとほじっている。熱い塊が腰の奥からせり上がり始めているのを感じた。

それに拍車をかけているのが、ミラの胸への愛撫だ。


チュタッ、チュタッ、チュ……


粘液音と共に、彼女の両手が後ろから僕の乳首を弄っている。強くはないんっだけど、滑った感触が凄く……いい。


「これでいいのカ?これだけで感じるのダナ」

「やめ……!!や、やめてぇっ!!もう、出そうなのぉ!!!」

01~40 ふふっ、じゃあまず最初はお口でね?
41~70 ミラが胸への愛撫をやめた
71~94 ねえ、ミラも舐めてみる?
95~00 上+α


48以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/24(水) 09:54:18.92GKj0SvHDO (1/1)

はい


49 ◆Try7rHwMFw2019/07/24(水) 12:12:24.52XK1JuggCO (1/3)

……あれ?

ペニスへの愛撫が、急に止まった。

「ねえ、ミラも舐めてみる?」

「ホウ、いいのカ?」

「うん。やり方は、私が教えたげるから」

ぬるっとミラが下半身へと動く。

「もう逝きそうになってるから、少し焦らした方がいいかもね。敏感なカリ……出っ張った所の部分は避けて、玉に近いとこからゆっくり舐めてみて」

「ム、やってみル」


ヌロォ……


「ひぐっ!?」


ヌルヌルとした生暖かい何かが、付け根の辺りを撫でた。弱いんだけど……それが腰の奥をじわりと焼け焦がして行く。
出そうなのに出ない。でも、腰がとろとろ溶かされていく。「女の子イキ」とはまた違う、ジリジリとした快感が全身に走る。

「ヌルゥ……ペチャッ……ん?先から何かが垂れてきたゾ?これが、命の素か?」

「その先走り、だね。男の女の子みたいに、気持ちよくなると濡れちゃうの。
クランは『男の娘』だから特にね。美味しいよ?」

「ン、ならば舐めてみるか」


ルロォオ…………


「あああああっっ!!」


※30以下で暴発


50 ◆Try7rHwMFw2019/07/24(水) 12:20:49.49XK1JuggCO (2/3)

※一部誤字訂正

……あれ?

ペニスへの愛撫が、急に止まった。

「ねえ、ミラも舐めてみる?」

「ホウ、いいのカ?」

「うん。やり方は、私が教えたげるから」

ぬるっとミラが下半身へと動く。

「もう逝きそうになってるから、少し焦らした方がいいかもね。敏感なカリ……出っ張った所の部分は避けて、玉に近いとこからゆっくり舐めてみて」

「ム、やってみル」


ヌロォ……


「ひぐっ!?」


ヌルヌルとした生暖かい何かが、付け根の辺りを撫でた。弱いんだけど……それが腰の奥をじわりと焼け焦がして行く。
出そうなのに出ない。でも、腰がとろとろ溶かされていく。「女の子イキ」とはまた違う、ジリジリとした快感が全身に走る。

「ヌルゥ……ペチャッ……ん?先から何かが垂れてきたゾ?これが、命の素か?」

「その先走り、だね。男も女の子みたいに、気持ちよくなると濡れちゃうの。
クランは『男の娘』だから特にね。美味しいよ?」

「ン、ならば舐めてみるか」


ルロォオ…………


「あああああっっ!!」


※30以下で暴発


51以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/24(水) 12:27:08.268zVl29YE0 (1/1)

はい


52 ◆Try7rHwMFw2019/07/24(水) 12:42:38.75XK1JuggCO (3/3)

竿を暖かくヌメヌメしたモノが這っていく。腰の奥の熱い塊が、一気にせり上がって来た。


……もう、溶けちゃう。我慢なんてできないよぉ!!


「いぐぅぅぅ……!!!!」


ズピュッ!!!ズピュッ!!!


勢いよく精が放たれる。頭の中は、真っ白だ。

「あーあ。まだまだこれからだってのに射精しちゃって。そんなにミラの、気持ちよかったの?妬けちゃうなぁ」

霞む視界に、ラーナの膨れっ面が見えた。ミラは、僕のお腹にかかった白い液体を、ペロリと一舐めした。

01~70 まずいナ
71~85 まずイ、が癖になるナ
86~94 旨いゾ!!?
95~00 特殊イベントへ


53以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/24(水) 12:42:53.78yVqMsZ+10 (1/1)