551以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/11(木) 23:05:24.39Mx+9+um90 (1/1)

会話


552以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/11(木) 23:25:14.104vlMTD6q0 (10/10)

↓1 会話内容
①サンダースさ、普段体動かしたいってよく言ってるよね?今、ブイズじゃないんだけど、体動かしたいって言ってる子がいるんだ
②サンダースって何か好きなものとかある?
③サンダース、お前は今俺たちを狙ってきている敵についてどう思う?
④さっき見ていたアニメ、どんなのだったんだ?
⑤自由安価(要記述)

今日はここまでで。明日無理そうなので次は月曜にします。


553以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/11(木) 23:43:50.03RFdE633DO (2/2)

2


554以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/15(月) 23:05:49.403bH+quNx0 (1/2)

カナタ「サンダースって何か好きなものとかある?」

サンダース「あん?」サンダースは首を傾げた「なんだぁ?藪から棒に」

カナタ「普段頑張ってるサンダースを労いたくなってね、だから好きなものを」

サンダース「あーそういうあれか。別にいいぜ、そういうの。俺としちゃあ、お前に色々恩返ししているようなつもりなだけだぜ?だから要らねーよ」

飛び乗ってた机から床に「よっ」と言いながら降りた。

サンダース「それに報酬?ご褒美?なんつーんだろな。そういうのなんかこっぱずかしいだろ?はは」

カナタ「いや、恥ずかしいとかはないんだけど……」

サンダース「そうかぁ?ま、なんだ、俺はカナタが元気にやってけてる姿が見れれば十分だよ」

カナタ「うーん」


↓1 どうする?
①なんとか言いくるめて好きなものを聞き出そうと頑張る
②『好きなもの』ではなく『好きな場所』について聞く
③好きなものではなく逆に嫌いなものについて聞く
④話を変える(>>552の他の選択肢から)
⑤自由安価(要記述)


555以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/15(月) 23:18:14.174mcwFpmDO (1/1)

3


556以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/15(月) 23:36:30.003bH+quNx0 (2/2)

カナタ「じゃあさ、サンダース」

サンダース「ん?」

カナタ「これは純粋に興味からなんだけどさ、好きなものじゃなくて逆に嫌いなものってある?」

サンダース「嫌いなものか……そうだなぁ」

サンダース「強いてあげるなら、おばけだな」

カナタ「ゴーストタイプのポケモン?」

サンダース「いや、ポケモンじゃなくておばけだ」

サンダース「どうにも苦手なんだよなぁ……なんつうの?霊感強いわけでもねぇんだけどおばけの耐性なくてよ」

サンダース「だってさぁ!怖くね?触れないしいきなり脅かしてくっし倒せねぇし」

サンダース「しかも出てくんの夜あんま見えないとことかでさ……てか、そういうカナタはどうなんだよ」


↓1 コンマ2桁
1~25 私も苦手だよ。馬があうね
26~75 普通かなぁ。サンダースほど怖がりじゃないけど
76~99 好きだよ、オカルト話。



557以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/15(月) 23:38:55.730Qd497Yc0 (1/1)




558以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/16(火) 00:10:27.34ZK/lkHLB0 (1/1)

今日はここまでで。次はできたら水曜か、木曜にします


559以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/16(火) 21:29:27.00Idb5GBeH0 (1/1)

乙 更新再開してたんだ


560以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/18(木) 01:09:12.84Ya+nKama0 (1/3)

明日にします
待っててくれた方、すみません


561以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/18(木) 21:41:00.02Ya+nKama0 (2/3)

カナタ「普通かなぁ。サンダースほど怖がりじゃないけど……」

サンダース「……もしかして幻滅したか?」

私は首を傾げた。

サンダース「いやさ、俺さ……おばけ怖いとか、普段そういう風には見えねぇだろ?頑張って去勢張ってっけど、実は俺大したことねぇんだよ」

サンダース「戦いとかでよぉ、情けねぇ姿だったら結構みせてっけど……こういう弱点とか話したことなかったし幻滅したかと思ってよ」


①幻滅はしてないけど、もっと早く今の情報は聞きたかったよ
②別に大丈夫だよ。それぞれ苦手なものってあるしね
③むしろ逆に聞きたいけど、これで幻滅するような人間に見えてる?
④自由安価(要記述)


562以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/18(木) 22:02:18.22pkxVBndUO (1/1)


私だって苦手なものはある。むしろそういう情報を聞けて安心したよ


563以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/18(木) 22:33:27.77Ya+nKama0 (3/3)

カナタ「私だって苦手なものはある。むしろそういう情報を聞けて安心したよ」

私はなるべくサンダースが気にしないように答えた。

サンダース「そうか、ならよかった」

カナタ「今まで大変だったんじゃないか?」

サンダース「大変?」

カナタ「ほら、よくブイズみんなでテレビとか見てるけど、心霊番組好きそうな子とかいない?」

カナタ「そういう時大変だったんじゃないかってね」

サンダース「あー……確かにそういう時もあったけど、でもあんま困ったことはなかったぜ」

サンダース「シャワーズにはこっそり言っておいて俺がいる時にそういう番組になりそうだったらさりげなく変えて貰ったりしてたし」

サンダース「最悪そういうやつが心霊番組見始めたら俺が席はずしゃいい訳で……」

あっけらかんとサンダースは答える。

そういえば私はブイズたちがどんなテレビを見ているか、普段よく把握していない。

どんなテレビ番組を見ているか、そういう話題の切り口もあるな、と話を聞きながらふと考えていた。


↓1 コンマ一桁×2 サンダースの好感度上昇


↓2 寝るまでにはまだ時間がある。何をしようか。
会話(選択肢は>>552。②はサンダースって何か好きなものとかある?ではなく「サンダースの好きな番組は?」に変化)
ボディタッチ(好感度上昇は運)
遊ぶ(好感度微上昇)
自由安価指定(好感度上下はその時々の行動による)

今日はここまでで。次は来週月曜以降になりそうです。


564以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/18(木) 22:34:46.63csAuhjGDO (1/1)

遊ぶ


565以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/18(木) 22:37:19.22tfFXBdCc0 (1/1)


会話②で


566以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/22(月) 16:30:18.25VQjfGFUV0 (1/2)

カナタ「サンダース、そういえばさ」

サンダース「ん?」

カナタ「サンダースの好きな番組とかって何かあるのか?」

サンダース「そりゃぁ……」


↓1 コンマ1桁
0~24 クイズバラエティ
25~50 ドラマ
51~75 ニュース
76~99 お笑い
(コンマ次第でサンダースと仲のいいブイズが変化します)


567以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/22(月) 16:57:07.34VQjfGFUV0 (2/2)

中断します。
安価下


568以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/22(月) 17:05:11.36v0DJAk4P0 (1/1)




569以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/23(火) 00:42:19.66pQfZYPyK0 (1/6)

サンダース「ドラマだな。一緒にブースターとよく見てんだけど、割と楽しいぜ?」

サンダース「まあアイツは恋愛ものが好きみたいだけど、俺はやっぱミステリーものだな」

サンダース「恋愛ものも悪くねぇぜ?」

サンダース「けどな、やっぱ俺はこう、先の見えない展開にワクワクしたいし、犯人と推理側との息詰まる知能戦っつうの?そういう駆け引きが楽しい話が見たいしやっぱり俺はミステリーだな」

カナタ「そうなんだ……」

カナタ「>>570」


>>570
①ちょっと意外だったな
②よくシャワーズとも一緒に見るの?
③今度一緒に見ていい?
④自由安価(要記述)


570以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/23(火) 00:42:35.02BLJIjyB00 (1/1)

2


571以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/23(火) 00:46:31.35pQfZYPyK0 (2/6)

カナタ「よくシャワーズとも一緒に見るの?」

サンダース「あん……?」

↓1 コンマが奇数でイベント発生 偶数でイベントなし


572以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/23(火) 00:59:58.16ix8iTzMDO (1/1)

はい


573以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/23(火) 01:29:10.12pQfZYPyK0 (3/6)

※(バッド)イベント未発生。通常進行。


サンダース「お、よく知ってんなぁ!そうだよ。アイツドラマだけじゃなくて小説とか結構読むしな」

カナタ「そうなの?あんまり本借りてこないけど」

サンダース「そりゃあお前だってシャワーズは……あ、やっべ」

カナタ「ん?」

サンダース「あーでもな、これ言っちまっていいんかなー……隠しときたいかもしんねぇしなぁ」

カナタ「え、何?」

ずいっと顔を寄せてみた。

サンダースは右前足で私の顔を押しとどめた。

サンダース「顔ちけぇっての。まあ、本人……ありゃ、本ブイズか……に俺が言ったって言わなきゃ言ってもいいけどよ」

カナタ「言わない言わない」

サンダース「その2回同じ事言って繰り返す奴で返事するとこ見ると絶対喋るわ」

カナタ「言わないから。ていうか今の凄い早口だったな」



574以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/23(火) 01:51:25.76pQfZYPyK0 (4/6)

サンダース「ま、別に大した秘密でもないし言うか。実はな、アイツいついつも町に買い出しに行ってんだろ?メシ代持ってさ」

カナタ「うん」

サンダース「俺時々体動かすためについていくんだけどよ、アイツ買い出しの時毎回毎回本屋行って立ち読みしてんだぜ?」

カナタ「毎回?」

サンダース「そう、毎回よ。で、ちまちま読んで最後まで読み切っちまうんだよ、アイツ」

サンダース「そんで、帰り道に『今日はどこどこまで読んだ~虹の童どうなっちゃうんだろ』とか『最後まで読み切っちゃったー晶吾先生って神だわー』とかなんとかかんとか色々うるさいんだよな、一緒に聞く俺の身にもなれっつーの」

カナタ「さ、災難だな」

サンダース「いやー話す内容は全然いいんんだよ。俺もそれ系は好きだし、たださぁ、話す量が尋常じゃないんだわこれが」

カナタ「ハハハ……」

サンダースが押されている様子を想像して私は少し変な笑いが出た。

カナタ「というか、その、ブイズが本屋で堂々と本読んでるのって本屋側が怒らないの?」

サンダース「ああ、本屋?なんか『野生のシャワーズが本を読みに来る書店』って逆に話題になってるんだと」

サンダース「その関係ですごい店主も寛容なんだわ。本読んでるシャワーズの隣で写真撮ってることもよくあるしな」

サンダース「俺としちゃちょっと精神図太えなコイツとは思ってんだけど、ま、本人が気にしてないっぽいしな」


575以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/23(火) 02:13:20.94pQfZYPyK0 (5/6)

カナタ「そうだったんだね。それにしても、本人や本屋が気にしてないとはいえ立ち読みで丸々読んじゃうのはダメでしょ……今度謝りにいかないと」

私がため息とともに額に手を当てたのを見て、サンダースは首を傾げた。

サンダース「え、ダメなのか?人もやってねぇかアレ」

カナタ「やってるけど本来はダメなの」

カナタ「どんな本か確認して買うのはいいけど、本を丸々一冊読んだり立ち読みで他の本を買う人の邪魔したり、立ち読みしたりした後本を滅茶苦茶な場所に置いて順番滅茶苦茶にしたり」

カナタ「最悪な客の場合立ち読みの後変な置き方して本に折り目がついたりして迷惑かけるんだから。本来は立ち読みは人もやっちゃダメなの」

サンダース「詳しいな、本屋の知り合いでもいんのか?」

カナタ「私だって本好きだよ、ほらこれ」私はベッド脇の古本屋で買ったエッセイを持ち上げてみた「だからちょっと立ち読みについては思うところがあるんだ」

カナタ「それにマユが話してくれたことあったしね。実家で働いて稼ぐの嫌だって言って本屋で一時アルバイトしてたって」

サンダース「あー、なる。にしてもそれダメだったんかぁ」

カナタ「ダメだよ……あー、なんて謝れば」

サンダース「おい、秘密にしておく話はどうした」

カナタ「あ、そうか……話で聞いたってことにできないな。じゃあ、本人が本屋で立ち読みしてる現場に居合わせなきゃな」

サンダース「はるか?」

カナタ「え、何を?暗闇でもわかるように蛍光シールとか?」

サンダース「違うっつの、はるっつったら熱さまシート!」

よっ!といいつつポーズを決める。

……?変な間が流れた。

サンダース「なんとか言えよ俺がすべったみたいじゃねーか」

べち、と叩かれる。どうやらボケたらしい。

カナタ「いや今のボケが唐突すぎて実際すべってたと思うけど」

サンダース「言うな、俺も唐突なのはうすうす気づいてたし」

言いつつちょっと赤面するサンダース。恥ずかしさからか鼻頭を左足でこすった。

サンダース「ごほん、んん。で、だ。はるっていうのはよぉ、現場での張り込み一択だろ?」

カナタ「一択ではないけど」

サンダース「そこで、お前が先回りして居りゃ万事解決ってわけだ」

カナタ「そっか、確かにそうだね」

サンダース「今度シャワーズが居ない外出時によ、案内してやるぜ」

カナタ「>>577」


>>577
①頼むよ、サンダース。
②なるべく早くに頼むよ。
③サンキュ、相棒。
④自由安価(要記述)
(話の流れは変わりませんが、返事によって直後の好感度上昇倍率が変化します)


576以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/23(火) 02:14:04.88pQfZYPyK0 (6/6)

今日はここまでで。次は明後日か明々後日にします。


577以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/23(火) 06:48:47.168w4ZulbO0 (1/1)


3