1 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 18:29:13.87pr887nJ8O (1/26)

なぞのばしょ



セレナ「う~ん・・・」ムクッ

セレナ「あれ? ここ・・・どこ? 私確か、ホウエンのポケモンコンテストに向かう途中で・・・」

???「キガツイタノネセレナ」

セレナ「え?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1562837353



2 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 18:37:08.22pr887nJ8O (2/26)

テールナー「ナー」

セレナ「テールナー!」

セレナ「良かったわテールナー! テールナーもここにいたのね!」

テールナー「・・・」

セレナ「ねえテールナー? ここ、どこなの? 気がついたら私、ここにいて・・・」

テールナー「ナー?」

セレナ「それに・・・さっきの声・・・誰なの? 怖くなってきたわ」ブルブル

セレナ「とにかく、みんなを出してどこか出口を・・・」ゴソゴソ

テールナー「・・・」

セレナ「あ、あれ? モンスターボールが・・・」


3 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 18:50:28.02pr887nJ8O (3/26)

テールナー「ココハアナタノココロノナカヨセレナ」

セレナ「え? 心の中・・・って、えーーっ!?」

セレナ「テールナーが喋ってる!?」

テールナー「クスクス。 セレナノココロノナカダカラトウゼンヨ」

セレナ「ここは私の心の中で 人の言葉を話すテールナー・・・」

セレナ「な、なに?? どういう事?? 頭の中がパンクしそうよ!」フシュシュー

テールナー「クスクス。ソノウチナレルワヨ」

セレナ(とりあえず・・・夢の中って事にしておこ)

セレナ「ねえテールナー。 とにかくここから出して! 早く準備しなきゃコンテストの時間に間に合わないわ!」

テールナー「ムリヨ」

セレナ「無理って・・・なんでよ?」

テールナー「・・・」

セレナ「・・・テールナー。 ヤンチャムとニンフィアはどこ?」

テールナー「セレナ」

セレナ「なに?」

テールナー「ワタシトゲームヲシヨウヨ」


4 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 19:00:29.28pr887nJ8O (4/26)

セレナ「ゲーム・・・?」

テールナー「ソウ。ゲームヨ?」ニッコリ

セレナ「何言ってるのよテールナー! 今はゲームなんかよりも、ここから出ることを・・・」

テールナー「コノゲームガオワッタラセレナヲモトノセカイニカエシテアゲルワ」ニッコリ

セレナ「元の世界に・・・?」

テールナー「ダイジョイブヨセレナ。 オビエナイデ? カンタンナセンタクシゲームダカラ」

セレナ「選択肢ゲーム?」

テールナー「セレナハタダワタシガダシタフタツノセンタクシノウチ ドチラカヲエラブダケデイイ」

テールナー「ソレダケデモトノセカイニカエレルワ」

セレナ「それだけで元の世界に・・・」

テールナー「サイショノセンタクヨセレナ?」

テールナー「ゲーム・・・やる? やらない?」

セレナ(よくわかんないけどこの世界の主導権はテールナーが握ってるみたいだし・・・逆らったらまずそうね・・・)

セレナ(それに、ただどっちかを選ぶだけのゲームなら簡単そうね。 それでこのよくわかんない世界から抜け出せるなら!)

セレナ「わかったわテールナー! やるわ!」

テールナー「キマリネ?」


5 ◆WpzvuYy4mw2019/07/11(木) 19:05:01.98atv9SAHa0 (1/1)

初っ端から怖いww 
いったいどんなゲームが始まるというのか
期待です


6 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 19:09:49.43pr887nJ8O (5/26)

テールナー「ジャアサイショノセンタクシヨ」

セレナ「最初? え? 一回で終わりじゃないの?」


ズ ズ ズ


セレナ「な、なによこの音・・・」


ダシテクダサーイ

ココハドコナンダー


セレナ「それに、この声・・・まさか・・・」チラッ


シトロン「出して下さい! 何なんですかこのカプセルは!」

ティエルノ「いったいここはどこなんだよー!」


セレナ「シトロン・・・ティエルノ・・・?」

セレナ「まさか!?」バッ

テールナー「クスクス」


7 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 19:16:52.78pr887nJ8O (6/26)

シトロン「セレナ!?」

ティエルノ「セレナ!! ここはどこなんだい!? それに僕とシトロンが容れられてるカプセルは・・・」

セレナ「こ、これ・・・何の冗談よテールナー!!」

テールナー「セレナ。 ココハアナタノココロノナカ」

セレナ「え?」

テールナー「ナンデシトロントティエルノガカプセルニイレラレテルカノコタエハデテルワヨネ?」ニッコリ

セレナ「ぁ・・・」ガクガク

テールナー「サァエランデ?」

テールナー「セレナ」


8 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 19:26:21.85pr887nJ8O (7/26)

セレナ「え、選ぶって・・・何の冗談よテールナー? そんなの選べるわけ・・・」

テールナー「ジョウダン?」

シトロン「セレナ! もしかして脱出方法があるんですか!?」

ティエルノ「オーライ! セレナ! なら僕とシトロンをここから出してくれないかい?」

セレナ「う、うん! 待ってて二人とも! 今出してあげるわ!」

テールナー「クスクス」

セレナ「テールナー! カプセルに向かってかえんほうしゃ!!」

テールナー「セレナ。 ハヤクドッチニスルカキメテ? マダヒトツメノセンタクシヨ?」

セレナ「テールナー! かえんほうしゃ!!」

テールナー「・・・ソウ。 ダッタラ・・・セレナガエラビヤスイヨウニアドバイスシテアゲル」

セレナ「なにやってるのよテールナー!!」

セレナ「私の言うこと・・・聞きなさいよ!!」


9 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 19:46:24.10pr887nJ8O (8/26)

テールナー「シトロンハトッテモヤサシクテタヨリニナッタ」

セレナ「え?」

テールナー「ユリーカヤサトシ。 ソレニセレナ アナタガコマッタトキニハスグニテヲサシノベテクレタ」

テールナー「シトロンノマシンハヘンナモノモアッタケド ソレデモワタシタチノタメッテ アナタハカンシャシテタハ」

テールナー「トッテモヤサシクテタヨリニナルナカマシトロン」

セレナ「テールナー!!かえんほうしゃ!!」

シトロン「・・・何でテールナーはセレナの言うことを聞かないんでしょうか?」

ティエルノ「セレナ・・・さっきからいったい誰と話してるんだい?」

テールナー「ティエルノハ・・・トッテモヨウキデイガイトバトルガツヨクッテ」

セレナ「テールナー!! 私の言うこと聞きなさいよ!!」

テールナー「セレナ。 アナタニコウイヲムケテタ ナニモナイアナタニ」

セレナ「テールナー!!」

テールナー「チョッピリメイワクダッタケド・・・コウイヲムケラレテワルイキハシナカッタ」

テールナー「クスクス。アナタモオンナノコダモンネ? セレナ」

シトロン「セレナ!!」バンバンッ

ティエルノ「セレナ!!」バンバンッ

セレナ「シトロン! ティエルノ! 今助けてあげるわ! もうちょっとだけ待って・・・」

テールナー「ソウ。 ドッチヲエラブカキマッタノネ? セレナ」

セレナ「え?」ビクッ

セレナ「な、なに言ってるのよテールナー! 私、どっちか選ぶなんて・・・」

テールナー「ココハセレナノココロノナカ。 アナタノカンガエハスベテワタシニツツヌケ」

セレナ「・・・え?」ゾクッ

シトロン「ど、どういうことですか?」

ティエルノ「選ぶ? 何を?」

テールナー「セレナノクチカライエナイノナラ・・・ワタシカライッテアゲルワ? アナタノセンタクシヲ」

セレナ「もうやめてよテールナー! もう嫌よ!」

セレナ「二人を解放してあげて!!」

テールナー「バイバイ」チラッ

シトロン・ティエルノ「?」


10 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 20:02:56.66pr887nJ8O (9/26)

テールナー「ティエルノ」ニッコリ

ティエルノ「え?」

ドロッ

ティエルノ「う、うわわ! なんだいこれ! 体がトケテ・・・」ドロロ

シトロン「ティエルノ! どうしたんですか!」バンバンッ

ティエルノ「あ・・・ぁ・・・」ドロロ

セレナ「い、嫌! なんでよ! ティエルノに何やってるのよテールナー!!」

テールナー「クスクス」

ティエルノ「ぁ・・・」ドロドロ

シトロン「ひいっ! ティエルノが溶けて・・・」ガタガタ

セレナ「なに笑ってるのよテールナー!! もうやめ・・・」

テールナー「ヤメル?」

セレナ「え?」ビクッ

テールナー「ヒガイシャブラナイデヨセレナ アナタハセンタクシデシトロンヲエランダ。 ダカラエラバレナカッタティエルノハキエル」

テールナー「ソレハセレナガイチバンワカッテルワヨネ?」ニッコリ

セレナ「違う・・・私は・・・」ガタガタ

ティエルノ「セ・・・レ・・・


ドロッ


シトロン「ティエルノ・・・」

セレナ「イヤーーーッ!!」


11 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 20:17:40.84pr887nJ8O (10/26)

セレナ「なんで・・・なんでよ・・・」ググッ

テールナー「ナンデ? サッキモイッタワヨネ? コレハセレナガエランダ・・・」

セレナ「うるさいッ!!」

テールナー「クスクス」

シトロン「・・・セレナ・・・何でティエルノを・・・」

セレナ「え?」

シトロン「僕をこんなカプセルに容れて・・・ティエルノをあんなにして・・・いったい何がしたいんですかセレナ!!」

セレナ「な、何言ってるのよシトロン! 私じゃないわ! さっきの会話聞いてたわよね!? これはテールナーが・・・」

シトロン「会話? 何を言ってるんですか! 惚けるのもいい加減にしてください!!」

セレナ「惚ける・・・?」

テールナー「クスクス。 セレナ イイワスレタケド・・・ワタシノコエハアナタニシカキコエナイノヨ」

セレナ「・・・な!?」

シトロン「・・・もう嫌です・・・ここから出してくださいよセレナ・・・」

テールナー「キットシトロンノメニハ・・・アナタガブツブツヒトリゴトヲイイナガラティエルノヲコロシタヨウニシカミエナイデショウネ?」クスクス

セレナ「そんな・・・」


12 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 20:32:45.03pr887nJ8O (11/26)

セレナ「何が目的なのよ!!」

テールナー「クスクス」

セレナ「・・・人の命を弄んでおいて笑ってんじゃないわよ!!」ガッ

テールナー「!」

セレナ「あんたなんかテールナーじゃない・・・バケモノよ!! ティエルノを・・・本物のテールナーを返して!!」

テールナー「・・・ふっ」

ぼうっ

セレナ「キャッ! 熱いっ!」ドサッ

テールナー「イイカゲンミグルシイイイワケハヤメテセレナ」

セレナ「い、言い訳・・・?」

テールナー「アナタハサイショニゲームヲ『スル』カ『シナイ』カノセンタクシデ『スル』ヲエランダ」

セレナ「!」

テールナー「ティエルノヲコロシタノモ・・・タニンノイノチヲモテアソンダノモ・・・バケモノナノモ・・・」

セレナ「ち、違うの! 私は・・・」ガタガタ

テールナー「ゼンブアンタヨ」

テールナー「セレナ!」

セレナ「違う! 違うのよ! いや・・・イヤーー!!」ガタガタ

シトロン「・・・」


13 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 20:57:51.14pr887nJ8O (12/26)

テールナー「サア ツギノセンタクシヨセレナ」


ズ ズ ズ


セレナ「い、嫌よ! もうやめて・・・!」ガタガタ

シトロン「・・・」


だしてよー


セレナ「・・・え?」ピクッ

シトロン「この声は!」ガタッ

テールナー「クスクス」

ユリーカ「いやだよ! なにここ! 怖いよー!」バンバンッ

セレナ「そんな・・・」

シトロン「ユリーカ!!」


14 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 21:38:29.67pr887nJ8O (13/26)

ユリーカ「お兄ちゃん・・・セレナ・・・?」ズズッ

シトロン「ユリーカ! 何でここに!?」

ユリーカ「わかんないよそんなの・・・お兄ちゃんだってなんで?」

シトロン「それは・・・」チラッ

セレナ「・・・テールナー。 ユリーカを解放しなさい! ユリーカはまだ子供よ!」

テールナー「カイホウ?」

セレナ「そうよ! 早くして! ユリーカが怖がってるじゃない!」

ユリーカ「セレナ・・・」

テールナー「ユリーカトシトロン。 ドッチヲイカスカ・・・ サアエランデ? セレナ」ニッコリ

セレナ「なっ・・・!?」

ユリーカ「お兄ちゃん? ユリーカ達、どうなっちゃうの?」グズッ

シトロン「大丈夫ですよユリーカ。 僕がついてます」ニッコリ

ユリーカ「お兄ちゃん・・・」

セレナ「・・・ユリーカ。 今そこから出してあげるからね?」

ユリーカ「セレナ?」


15 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 21:43:25.79pr887nJ8O (14/26)

セレナ「やぁーーッ!!」

ゴンッ!

ゴンッ!

ユリーカ「え!?」ビクッ

シトロン「セレナ! 何をやっているんですか!」

セレナ「なにって・・・カプセルを割るのよ!」

ゴンッ!

ゴンッ!

シトロン「カプセルを割る!? そ、そんな・・・素手でですか!?」

セレナ「そうよ! だって・・・それしかないじゃない!」

ゴンッ!

ゴンッ!

テールナー「・・・」

セレナ「待っててねユリーカ! 今出してあげるから!」ニッコリ

ユリーカ「セレナァ・・・」グズッ

ゴンッ!

ゴンッ!


16 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 21:53:39.46pr887nJ8O (15/26)

テールナー「ユリーカハ・・・アナタノヨウナニンゲンデモ ホントウノアネノヨウニシタッテクレタ」

セレナ「なんで・・・なんで割れないのよッ! このカプセル!」

ゴンッ!

ガンッ!

テールナー「ソシテアナタモ ジブンヲシタウユリーカヲホントウノイモウトノヨウニカワイガッタ」

ガンッ!

ガツン!

シトロン「も、もうやめてくださいセレナ!」

ユリーカ「セレナ! 手から血がァ・・・」グズッ

セレナ「大丈夫よこれくらい! ユリーカが終わったらシトロンだからね?」ニッコリ

シトロン「セレナ・・・」

ガツン!

ガツン!

テールナー「イトオシイ ホントウニイトオシイ・・・」

テールナー「キットコレガ『アイ』ナノネ?」

セレナ「うっ!」ズキン

シトロン「セレナ!」

セレナ「へ、平気よ・・・」ズキズキ

セレナ(これくらいの痛み・・・シトロンやユリーカ・・・ティエルノの痛みに比べたら・・・)

セレナ「・・・うわァァァァ!!」ブンッ

シトロン「もうやめてくださいセレナ」

セレナ「・・・え?」ピタッ


17 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 22:02:57.66pr887nJ8O (16/26)

シトロン「ユリーカ。 ユリーカは強い子だから僕がいなくても大丈夫ですね?」ニッコリ

ユリーカ「お兄・・・ちゃん?」グズッ

セレナ「な、何言ってるのよシトロン! あきらめるなんて・・・」

シトロン「セレナ!」

セレナ「・・・え?」

シトロン「・・・さっきは疑ってごめんなさい。 ユリーカや僕を必死に助けようとするセレナの姿を見て、自分の馬鹿さ加減に気がつきました」

セレナ「シトロン・・・?」

テールナー「・・・」

シトロン「そして・・・」

シトロン「ユリーカを助けてくれてありが・・・」

どろっ

びちゃっ

ユリーカ「・・・お兄ちゃんが・・・溶けた・・・?」ガクガク

セレナ「シトロン! シトロン!!」バンバンッ

テールナー「クスクス」

ユリーカ「や、やだよお兄ちゃん・・・ユリーカを一人にしないでよ・・・」

セレナ「なんで・・・なんでよッ! シトロン!」ガクン

ユリーカ「お兄ちゃん・・・」グズッ


おにいちゃーん!!


18 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 22:13:37.13pr887nJ8O (17/26)

ユリーカ「うわァァァァん!! いやだよおにいちゃーん!!」

テールナー「クスクス」

セレナ「・・・お前ェッ!!」ギロ

テールナー「ヘタクソナエンギヲアリガトウセレナ。 ワラエタワ」クスクス

セレナ「演技・・・?」グズッ

テールナー「ソウヨ? ダッテアナタ・・・シトロントユリーカヲエラブトキヅイタトキニハモウ キメテタワヨネ?」

テールナー「シトロンヲコロスコトヲ」

セレナ「そ、そんな!? 違うわ! 勝手なこと言わないで!」

テールナー「マダエンギスルノ? リッパニジョユウネ? ヨカッタジャナイセレナ クスクス」

セレナ「違うッ! 違う!」

テールナー「アソコデナイテイルユリーカニイッテアゲタラ?」チラッ

ユリーカ「おにいちゃぁぁん!!」

テールナー「オマエノアニヲコロシタノハワタシダッテ」ニッコリ

セレナ「違うわ! ちがう! チガウ!!!」


19 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 22:21:16.81pr887nJ8O (18/26)

ユリーカ「うわァァァァん!!」

セレナ「チガウ・・・ちがうのよユリーカ? 私じゃないのよ?」フラッ

テールナー「クスクス。 サアセレナ ツギノセンタクシヨ?」

セレナ「選択・・・」


ズ ズ ズ


どこだここー?


セレナ「・・・」

テールナー「ソウネ? ココマデキタラワカッテルミタイネ ツギノセンタクガ」

サトシ「おーい? ピカチュウー! ロトムー!」

セレナ「サトシ・・・」


20 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 22:26:07.18pr887nJ8O (19/26)

サトシ「セレナ? 何でいるんだ?」

セレナ「・・・」

サトシ「おっかしーなー? オレ、スクールにいた筈なのに・・・みんないないし・・・」

サトシ「・・・何でこんなモンスターボール? みたいなのに入ってんの?」

セレナ「・・・」

ユリーカ「うわァァァァん!!」

サトシ「えっ!? ユリーカまでいる?」ビクッ

サトシ「ど、どうしたんだよユリーカ! 何で泣いてんだ!?」

ユリーカ「おにいちゃァァァん!!」

セレナ「・・・」


21 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 22:33:55.38pr887nJ8O (20/26)

テールナー「サトシハオンジンダッタ」

サトシ「テールナー?」

テールナー「ツマラナイワタシハサトシノセナカヲミテ・・・ソシテジブンノススムミチヲキメタ」

セレナ「チガウノよサトシ! ワタシじゃナイ! シンジてヨ!」

サトシ「セ、セレナ?」ビクッ

テールナー「ミチシルベデオンジン・・・カロスノダビデカンシャモタクサンツタエタ」

ユリーカ「うわァァァァん!!」

セレナ「助けて・・・助けてよサトシ!!」バンバンッ

サトシ「お、おい! 落ち着けよセレナ!」

テールナー「ソンナサトシニ・・・ツタエナキャナラナイコトガアルワヨネ セレナ?」

セレナ「サトシ!!」バンバンッ


22 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 22:37:07.73pr887nJ8O (21/26)

テールナー「アリガトウ。 ソシテ・・・」

セレナ「助けて・・・タスケテサトシ!!」

サトシ「どうなってんだよ! とにかく・・・」
























テールナー「ゴメンネ」


23 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 22:43:09.56pr887nJ8O (22/26)

サトシ「状きょ

どろっ

べちゃっ

セレナ「・・・サ、サトシ?」

ユリーカ「うわァァァァん!!もういやだーーッ!!」

テールナー「クスクス」

セレナ「溶けちゃった・・・サトシも・・・シトロンも・・・ティエルノも・・・」

セレナ「ハハ…アハハハハハ…」

テールナー「バカネ? コウナルコトハワカッテタワヨ?」

テールナー「ハジメカラ」クスクス

セレナ「ハハ…ハハハハハ」


24 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 22:51:53.41pr887nJ8O (23/26)

テールナー「・・・」


ウィーン


セレナ「カプセルのドアが開いた!?」

ユリーカ「あうっ!」ドサッ

セレナ「ユリーカ!」

テールナー「オメデトウユリーカ」

セレナ「大丈夫!? ユリーカ! 怪我はない?」

ユリーカ「ゼレナァ・・・!」グズッ

テールナー「アナタハサイゴマデセレナニエラバレタワ」

セレナ「最後・・・?」

ユリーカ「うえぇ・・・」グズッ

テールナー「ソウヨ? サッキノガサイゴ」

テールナー「コレデゲームハシュウリョウヨ?」ニッコリ

セレナ「ゲームが・・・終わった?」


25 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 23:04:45.49pr887nJ8O (24/26)

ユリーカ「ゼレナ・・・」ギュ

セレナ「あ ごめんねユリーカ?」ギュ

セレナ「もう大丈夫・・・ユリーカのことは私が命をかけてでも守るから」ナデナデ

ユリーカ「ぅん・・・」グズッ

テールナー「イツマデモグダグタトシテイタアナタガ・・・ヨクココマデケツダンデキルヨウニセイチョウタワネ セレナ」ニッコリ

セレナ「・・・」キッ

テールナー「ソウ ソノメ・・・ツヨクナッタワネ セレナ」

セレナ「・・・」

テールナー「ジツヲイウトワタシ コノゲームデアナタガエラブセンタクシハゼンブワカッテタノヨ」

テールナー「ダッテ・・・ ズットセレナヤユリーカ・・・サトシヤシトロントイッショニタビヲシテタカラ」

セレナ「私は・・・あなた何かと一緒にカロスを旅した覚えなんてないわ!」

セレナ「あなた・・・何者なの?」

テールナー「・・・」


26 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 23:20:45.50pr887nJ8O (25/26)

テールナー「ジンセイハドンナコトデモカナラズジョレツヲツケテシマウモノヨ」

セレナ「序列?」

テールナー「ソウヨ イマサッキセレナガトモダチヲセンタクシタミタイニネ」

セレナ「ち、違うわ! 私は序列なんてつけてない! それはあなたが勝手にやった事よ!」

セレナ「シトロンもサトシもユリーカも・・・ティエルノだって私の大切な仲間で友達よ! 誰が一番なんてないわ!」

テールナー「クスクス」

セレナ「な、なにがおかしいのよ!」

テールナー「イイエツケテルワ? ムイシキダトシテモ・・・ソレハセレナガイチバンワカッテルワヨネ? ダッテ」

セレナ「!」

テールナー「ソノケッカガソレヨネ?」チラッ

ユリーカ「え・・・?」ビクッ

セレナ「ち、違うわ! これは・・・」

テールナー「・・・ジブンデキヅカナクテモ カナラズドコカデ ダレモガ ジブンダケノジュンバンヲツクル・・・」

テールナー「ダカラアラソイガオキルノヨ」クスクス

セレナ「・・・何が言いたいのよ?」

テールナー「ソレハアナタガイチバンヨクワカッテルンジャナイ? セレナ」クスクス


27 ◆z5oSpghllk2019/07/11(木) 23:34:40.71pr887nJ8O (26/26)

テールナー「マアイイワ。 ゲームハシュウリョウネ ヤクソクドオリセレナトユリーカヲモトノセカイニ・・・」

セレナ「ふざけないで!!」

テールナー「!」

セレナ「その前に・・・返してよッ! ティエルノを・・・サトシをシトロンを・・・」

テールナー「・・・」

セレナ「ヤンチャムを・・・ニンフィアを・・・」

セレナ「テールナーを返せバケモノッ!!」

テールナー「クスクス。 ソウ・・・ヤサシイノネセレナ・・・ジャア・・・ココマデゲームヲシテキタゴホウビニ・・・」

セレナ「返してくれるの!?」

ユリーカ「お兄ちゃん・・・」

テールナー「ボーナスゲームヲシテアゲルワ?」ニッコリ


28以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/12(金) 10:55:30.67VxuZSaMv0 (1/1)

よく分からんぜよ!


29以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/13(土) 04:55:28.79DlsWMoc10 (1/1)

ちゃんとボーナスゲームでオチがつきましたね
ただユリーカとサトシでユリーカの方を選ぶとは思いませんでした。