397 ◆DbtGHHDsis2019/07/03(水) 20:36:07.40MR1251D3O (2/2)

提督「はぁっはぁぁっ!おじさんっ敷波ちゃんでいっぱいだあぁっ…」

敷波「あっあっ…はやんっ♥触手集まってるぅっ♥お股っアソコにぃっ♥」


ぐちゅぴゅっぐちゅぴゅっ!


敷波「いっあっあっ♥ちゅーちゅーらめぇっ♥むねぇっ♥あたしのおっぱいぃっ♥」

提督「おっおっおっ!敷波ちゃんの乳首を大量触手で弄ったらっ!敷波ちゃんがおじさんにっすごいしがみついてぇっ!おうおっおうおぉっ!」

敷波「とまらなひぃっ♥にゃあんっそこっきゅるきゅるぅっ…はっあっあっあっ♥とまってぇっ♥ほんとダメだからぁっ♥」


がくがくがくがくっ…


提督「へはああぁぁっ!大陰唇開いちゃうぞっ!敷波ちゃんのヌレヌレまんこっ!弄って弄って…」

提督「ふひひいぃぃっ!イこう敷波ちゃんっ!おじさんがっ敷波ちゃんの乳首とおまんことクリトリスっ!いっぱい弄ってあげるからっ!」

敷波「イクのらめっ♥あちゅひぃっ♥しゅごいいっぱい動いっ…あ♥あ♥あああぁぁっ…はああぁぁぁ~~~っっっ♥」


びくんっ!びくんっ!


敷波「ふあっあっ♥これっしゅごぉっ♥ふにゅううぅぅ~っ♥はぁっはぁっ…はぁんっ…ああぁ…あんっ♥」


びくびくっ…


提督「ふひっふひひひっ…敷波ちゃん、触手に包まれて初イキだったねぇ?どぉれ…あぁぁ~敷波ちゃん、全身が弛緩して顔もトロントロンだぁ」

敷波「ふ~、はぁ~…あふんっ♥ひ、ヒドイよぉ…♥」

提督「ちょっと強引だったけどね。おじさん、敷波ちゃんの、そのイッた後の顔が見たかったんだ…ちゅむ」

敷波「んんー♥ちゅむ♥くにゅぷ♥ちゅぱぁ♥んう…あん♥おじさんがくねくねしてるぅ…♥」

提督「はぁ、はぁ…へへへへ。おじさん、敷波ちゃんにチンポと触手をこすりつけて気持ちよくなっちゃってるよぉ~」


398 ◆DbtGHHDsis2019/07/04(木) 00:00:11.31dQ5kspSfO (1/2)

敷波「ちょっふあっ♥しょくしゅぅっ♥なんかどんどんはやくぅっ♥またアソコっ♥おまんこかきまわされてぇっ♥」

提督「はぁはぁはぁっ!ああぁぁ敷波ちゃんっ!敷波ちゃんがきもちよくってっああぁぁっああぁぁっ!」

敷波「そんなぁっ♥しょんなにぃっ♥あたしっおっぱいもおっきくないのにぃっ♥かわいくないのにぃっ♥」

提督「関係ないぃっ!敷波ちゃんがかわいくて気持ちよくってっ!」

敷波「そ、そんなにぃっあっ♥そんなにあたし…きもちいい?」

提督「きもちいいぃっ!しきなみちゃんすごいぃっ!またっまたイキそっイキそぉっ!」


ぶぢゅっぶぢゅぷっのぷっのぷっ!


敷波「やだっうれしっ…あたしでせーし♥ぴゅっぴゅしていいからぁっ♥あはっあたしもイキそっ♥またイクっ♥」


がくがくがくがくっ!


提督「あぁ~あ~…あっでるっ!身体から精子でるっ…あぉうぅっ!あぁおおおおぉぉうっ!」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


敷波「ふやああぁぁぁっ♥びゅわってぇっ♥せーしいっぱいぃっ♥あっイクイクイクイクぅっ♥」


びくびくっびくんっ!


敷波「しゅごひいいぃぃっ♥せーししゅごひいいぃぃっ♥ぜんしん包まれちゃううぅぅ~っ♥」


がくがくがくがくっ!


敷波「はぁんっ♥しゅごいイッくうぅぅっ♥ああぁぁぁ~っ♥はにゃんっあんっ♥ああぁぁっ…はぁはぁはぁ…あはぁ…♥」

提督「ああぁ…す、すごいでたぁ…しきなみちゃん、ベッドに降ろすから」


にゅるぅ、どちゃあぁぁ…


敷波「ふにゃんっ♥はぁ、はぁ…あぁん♥ホントにあたし…ふく脱げちゃってるぅ…♥」

敷波「あはぁ…あたし、ヌルヌルして…やぁん♥身体にぃ…しろくてぷるぷるのぉ♥おじさんのせーしいっぱぁい…♥」


399 ◆DbtGHHDsis2019/07/04(木) 00:02:03.62dQ5kspSfO (2/2)

全ての体毛から射精したいが…次の更新じゃ終わらないっぽい?
今回の更新は、ここで終わります。


400 ◆DbtGHHDsis2019/07/08(月) 21:02:20.04/P993kmXO (1/5)

提督「ああぁぁ…敷波ちゃん、身体中が粘液でヌメヌメにぃ…ヌメヌメに精子の塊が混ざっちゃってるぅ」

敷波「あは♥おじさんがしゃせーしたとき、あたしと触手の間にぃ…せーしがびゅわって広がっちゃってたぁ♥」

敷波「せーし…指ですくっちゃお♥ふわぁ♥ぷるぷるのにちゃにちゃだぁ♥ん~♥はむ♥」

提督「おっおっおぉ…敷波ちゃんが、おじさんの精子を口にぃ…」

敷波「ちゅちゅう~♥んう♥しょっぱぁい♥でも口の中でぷるんぷるん♥おいしーかもぉ♥ちゅ、ちゅる♥」

提督(し、敷波ちゃん…指をちゅっぱちゅっぱしながら身体をくねくねさせて、目付きもトロンと…)

提督「ああぁ~敷波ちゃんん~」

敷波「ふぇ…きゃんっ♥おじさんがばぁってぇ♥あむん♥ちゅむうぅ~♥ふぅーんふぅー♥んちゅ♥ちゅぱぁっいきなりキスぅ♥」

提督「ちゅむ~ちゅぴっ…し、敷波ちゃん、おじさんガマンできないっ…」

敷波「あぁんっ♥おじさんのおちんちん勃っちゃってるぅ♥ふにゃんっ♥脚ひろげっ♥」

提督「おじさん入れたいっ!おじさんのチンポっ敷波ちゃんにぃっ…」

敷波「いいよぉ♥ちんちんずにゅってぇ♥あっあっ♥」


ぷちゅっ…


提督「ち、チンポの先っちょ、敷波ちゃんのおまんこにぃ…ほあぁっ!?」


どびゅっ!どくっどくっ!


敷波「にゃあぁっ♥びゅわってぇっ♥」

提督「あぁっ!あっあっ…で、でちゃったぁ~…しきなみちゃんのおまんこ、からだぁ、きもちよすぎぃ~」

敷波「ほ、ほんと?あたしの身体、きもちいいの…?」

提督「はへっ、へへへぇ…すごい、すごいよぉ…おぉっ」


にゅぷ…


提督「あああぁぁ…しきなみちゃんのおまんこにチンポの先っちょ入れたら、また勃起しちゃったぁ」

敷波「あんっ♥ほんとにちんちんカチンカチンだぁ♥きてぇ♥ずぷずぷしながらびゅわってぇ♥」


401 ◆DbtGHHDsis2019/07/08(月) 21:45:51.08/P993kmXO (2/5)

提督「い、いれるよ敷波ちゃん?く、ぐうぅぅ~」

敷波「はぁっはぁっ♥おじさん歯ぁギリギリゆってるぅ…んあっ♥」


ぐぽぉ…


提督「ああぁ、亀頭はいって…ううぅぅっ!?」

提督(ヤバいヤバいヤバい!敷波ちゃんのおまんこが、亀頭に染み込む感じっ…!)

敷波「おっきいぃっ♥ちんちんおっきいよぉっ♥あっあっ♥きてるっおくきてるぅっ♥」

提督「とまっ止まらないぃっ!あっ敷波ちゃんのきれいな乳首がピンピンに…ほあぁっ!」


びゅくっびゅくっびゅくっ!


敷波「ふにゃああぁぁっ♥あ~♥せーしでたぁ♥しゅごいおくにあたってたぁ~♥」

敷波「はぁはぁ…♥せーし染みてるぅ♥おまんこにせーし…すごぉい♥」

提督「ひいぃっ!しきなみちゃん腰振っちゃってるぅ…あぁっまたチンポがっ」

敷波「あはぁ~♥ちんちんかたくなったぁ♥またくるぅ♥ずぷずぷきて…んみゃっ♥」


ずちゅうぅ~


提督「ちっチンポ全部はいっ…あっあっ!うぐううぅぅ~っ!」

敷波「はぁーはぁー♥ふあぁっ♥おじさんがあたしを抱きしめてっ…♥」

敷波「しゅごいぃ♥ちんちんいれて抱きしめられるのぉ♥しゅごいきもちーよぉ~♥」

提督「あっあっ…敷波ちゃんのかわいい声がぁ~耳元でぇ…あっあっ」


かくかくかくかくっ!
ぢゅぷぢゅぷぢゅぷぢゅぷっ!


敷波「やっあっあっ♥ちんちん動いてぇっ♥こすれっこしゅれっ♥」

提督「しまっしまるっ!しきなみちゃんのおまんこがっ…ああぁぁぁっ!」


402 ◆DbtGHHDsis2019/07/08(月) 22:25:54.98/P993kmXO (3/5)

提督「ほおおぅぅっ!おおおおぉぉ~っ!」


ぎしぎしぎしぎしっ!
ぱんぱんぱんぱんぱんっ!


提督「ごめっごめんよ敷波ちゃんんっ!おじさんとまらなひぃっ!チンポとまらなひぃっ!」

敷波「しゅごっあっ♥しゅごいかたいのっ♥こしゅれっふあぁっ♥あっらめっんううぅぅ~っ♥」


がくがくがくがくっ!


提督「ひひゃあぁぁっすげぇ締まっ…へあああぁぁぁっ!」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


提督「あっあっ!あひっでたぁ~しきなみちゃんのからだぁ~ぎぼぢいいぃ~」

敷波「あ~♥あぁんっ♥もぉらめぇ♥とけちゃったよぉ♥あっあっあっあっあっ♥」


ずちゅずちゅずちゅずちゅっ!


提督「はぁっはぁっはぁっ!またしゃせーしそうっ!しきなみちゃんの子宮を精子でっ…あっあっあっ!」

敷波「もっとぉ♥もっとしゃせーしよっ♥ぜったいきもちーからぁっ♥」

提督「うんっうんっ!チンポを子宮口にねじ込んで射精するっ!しきなみちゃんの子宮を精子漬けっ…あっでるでるでるでるでるっ!」

敷波「おじさんがいっぱいぃっ♥ふあぁっ♥なんかがくがくってぇっ♥あっあっ…あああぁぁぁ~っっっ♥」


ぐちゅううぅぅぅっ!
びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


敷波「やっでてるぅっ♥あああぁぁぁっ♥はにゃんっ♥んううぅぅ~っ♥あはぁっはぁっはぁっ…ああぁ…あぁん…♥」

提督「かあああぁぁっ!あっあっ!あああぁぁ~…へへへ、しきなみちゃんがぁ、しゃせーでイッちゃったぁ…」

敷波「はぁ、はぁ…えへへ♥あたしイッたんだぁ♥ふふ、おじしゃん嬉しそぉ…ちゅ♥んっ…ちゅぴ♥えへへ…ちゅむぅ♥」


403 ◆DbtGHHDsis2019/07/08(月) 22:50:00.32/P993kmXO (4/5)

提督「はぁはぁ…それにしても」

提督(えらく連続射精したものだなぁ…敷波ちゃんとは、身体の相性がいいってことか…って!)

敷波「んっんっ…あぁん♥」

提督「ちょっ敷波ちゃんんっ!おまんこ締めながら腰をフリフリっ…ほああぁぁっ…」

敷波「あははぁ♥やっぱりおっきくなっちゃったぁ♥んうぅ~おまんこキチキチしてるぅ♥」

敷波「ね、おじさん…あたしのおまんこきもちいい?好き?」

提督「はわわわ…敷波ちゃんの目がエロくって…あっあっあっ」


ぬぷうぅ~にゅるぅっ


提督「はぁっはぁっ!好きぃっ!敷波ちゃんのおまんこがぁっ!いやっ敷波ちゃんがぁっ!おじさんっ敷波ちゃんが大好きだああぁぁっ!!」

敷波「………ふふっ♥」



ぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅ…


敷波「ふふふっ♥これ騎乗位っていうんだよね♥はぁっはぁっ♥おまんこすりすり~♥」

提督「あぁ~あぁ~」

敷波「すごぉい♥おじさんの目がイッちゃってるぅ♥ねーおじさん♥あたしで何回しゃせーしたかなぁ?」

提督「はぁっはぁっ…わっわかんないぃっ!たくさんっ!すげぇしゃせーしたぁ~っ!」

敷波「ふふ…あっあっあっ♥すごおっ♥下からずぷずぷぅっ♥これしゅごいよぉ~♥」

提督「あぁぁ~敷波ちゃんきもちよさそう~…あっあっイキそっイキそっ」

敷波「あたしっあたしもぉっ♥いっしょにイこぉっ♥おじしゃんとイクぅっ♥あぁ~あぁ~…あああぁぁぁ~~~っっ♥」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


敷波「あああぁぁぁっ♥しゅごいびゅるびゅるぅっ♥イッあああぁんっ♥はぁ~はあぁん♥すきぃ♥おじしゃんらいしゅきぃ…♥」


404 ◆DbtGHHDsis2019/07/08(月) 22:56:21.95/P993kmXO (5/5)

これにて、第十九駆逐隊編は終了です。なんか、敷波の路線が変わったようで申し訳ない。

これより本編に戻り、次の移動先を決めます。

・講義室
・工廠(改造室)
・工廠(試薬室)
・映像解析室

の4択で行きます。

安価下1~4で、最もコンマが高い選択肢で行きます。


405以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/08(月) 22:59:05.11X1241OVMO (1/1)

映像解析室


406以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/08(月) 22:59:19.86t7wx9XMCo (1/1)

改造室


407以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/08(月) 23:00:54.10FoHc4mV2O (1/1)

試薬室


408以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/08(月) 23:03:11.04GbjdvFzeO (1/1)

映像解析室


409以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/08(月) 23:58:41.112SYY1cEM0 (1/1)

おじさんとの夜戦にはまった敷波ちゃんで善きかな


410以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/09(火) 00:07:38.89dyEndXzBO (1/1)

敷波みたいな娘は一度甘えられる相手に転んだら
抜け出すことができなくなりそうだな
それがまた良いんだが


411以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/09(火) 01:21:29.377NnZqbfDO (1/1)

改造室決定?
改造って提督の体毛から精液が出るみたいな?



412 ◆DbtGHHDsis2019/07/09(火) 02:24:26.56FjpEUTFDO (1/3)

>>409
みんながおじさんにハマってしまう…素晴らしいことです
>>410
おじさんが、後は責任持ってヤってくれることでしょう。何も問題無いね
>>411
改造室に決定ですね。ただ、改造するのは『中身』になりそう


413 ◆DbtGHHDsis2019/07/09(火) 02:53:28.13FjpEUTFDO (2/3)

提督「さぁて…昼休憩後の再集合だね」

摩耶「ん。気分切り替えて行こうぜ!」

青葉「はぁ…摩耶さん、元気を取り戻せたんですね」

摩耶「まぁな。『この鎮守府はこんなもんだ』って考えることにした」

提督「そうかね。しかし…」

提督「………」

摩耶「何だよ?お前が口ごもるなんて珍しいな」

提督「うーむ…いや、いい。行くだけ行こう」

青葉「何ですかー?何かヤバい場所なんですか?」

摩耶「さっきの拷問室も大概だったじゃねーか」

提督「いやね。今から君らが見るハメになるのは、鎮守府の『負の側面』ってヤツだ」

提督「君たち艦娘は、とても魅力的だ。そう、とても…」

提督「で、やっぱりいる訳だ。艦娘を、『ただそれだけ』の目でしか見ないヤツが…なんとなくでも分かるよな?」

青葉「え、ええまあ」

摩耶(お前みたいな…って言ったら、青葉に反発されそうだなー)

提督「そして…やり過ぎるバカもいてだね。大切なはずの艦娘を『壊しちゃう』提督が」

提督「その『壊された』艦娘を改造…っていうか、再生させる役目を、ウチは請け負っていたんだよねぇ」

摩耶「青葉…知ってたか?」

青葉「い、いえ全然」

提督「二人には、事前に約束してもらおう。何があっても、おじさんの邪魔はしないとね」

摩耶「あ、ああ」

青葉「わ、分かりました」

提督「もし…片方が気持ち悪くなったりしたら。もう片方が連れ出して介抱すること。いいかい?」

摩耶「わかった。任せろ」

青葉「はい!大丈夫です!」


414 ◆DbtGHHDsis2019/07/09(火) 03:05:05.73FjpEUTFDO (3/3)

おじさんに再生される艦娘とは?安価下1でお願いします。ただし…

>>337>>338のリストで『♥』マークがついていない艦娘を選択願います。

さらに、諸事情により

・加賀
・祥鳳
・秋津洲
・古鷹
・最上
・敷波

上記六人を除いた中から選択願います。


415以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/09(火) 03:49:53.39oEGJWhbpO (1/1)

朝風


416以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/10(水) 11:55:09.37/5JhXkMh0 (1/1)

金剛


417以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/10(水) 19:40:07.94OUKazX8DO (1/1)

朝風か、金剛も交ざる?


418以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/10(水) 19:43:20.686f0mxBhno (1/1)

なぜ?


419以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/10(水) 20:13:30.44uv4XTJhL0 (1/1)

朝風のおでこにおじさんの射精カットイン確定


420以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/10(水) 22:48:29.71Ne9ptRuQ0 (1/1)

金剛はギャラリーで登場して欲しいっす 加賀さんと最上んはどういう理由なんだろうね?


421以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/10(水) 22:51:35.06m+ItgUn1O (1/1)

いやいや安価外だろうに
そもそも一日も安価に遅れて何言ってんのさ


422以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/10(水) 23:57:55.12XoYbfHbr0 (1/1)

金剛おばさんは鎮守府の諸事情とか知ってそうではあるが安価残念

改造室では朝風のオデコを改造するんですね、分かります。


423以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/12(金) 03:02:30.47fN83JPmDO (1/1)

改造室だと明石か夕張かな?


424以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/13(土) 14:32:26.51jKGuz8rZO (1/1)

金剛ボッシュート 夕張出るかな?


425以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/13(土) 15:48:48.63F7q7LoSYO (1/1)

なぜそんなに他の艦娘を出したがるんだ…


426以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/14(日) 17:48:42.77vrAuG7Ps0 (1/1)

摩耶と提督は確実に出る(名推理)


427以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/15(月) 21:27:05.33U7T+abkn0 (1/1)

まあ出るのは艦娘の五臓六腑に文字通り染み渡る提督のザー汁なんですけどね


428以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/16(火) 00:50:29.94Ff0cc6xDO (1/1)

提督の触手ザーメンが朝風を襲う…のか?
楽しみッス


429以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/20(土) 02:19:49.31KmfAm/CDO (1/1)

○○3「私の出番ですね」明石「座ってろ(威圧)」


430以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/21(日) 22:17:05.17t4Z+fA0g0 (1/1)

敬語で話す提督さん


431 ◆DbtGHHDsis2019/07/25(木) 23:11:35.69ab9v5oJHO (1/2)

なかなか更新できない…と思っていたら二週間以上経っていた…
>>417
金剛も、惜しいところまでイッてたけどねぇ
>>418
今まで、何回か安価指定以外の艦娘も出していたからね。割とユルユルだった
>>419
一発目は、朝風のおでこに決まりだね
>>420
なぜなのかは、下で説明しましょう
>>421
ま、今回は朝風とサシで対決してもらおうと思う
>>422
おでこと、その奥も改造して行こうと思っている
>>423
試薬室にて、夕張に出てもらおうかな?明石は出演済みだしね
>>424
完全に開き直った夕張が見られるといいなぁ
>>425
まあまあ。こちらとしても、乱交パターンに持ち込みたい気分が少しある
>>426
青葉も出る。間違いないw
>>427
脊髄から脳髄まで染み渡るだろう
>>428
その楽しみに応えられたらいいけどね
>>429
提督か大淀かで変わるな。…大淀も、安価指定されたこと無かったね
>>430
敬語でねちねち攻める別パターンなおじさんも…アリだな


432 ◆DbtGHHDsis2019/07/25(木) 23:26:18.88ab9v5oJHO (2/2)

なぜ指定を遠慮してもらったか。過去に安価指定されたことがある、つまり元々この鎮守府にいる艦娘だったからだ

・加賀…寝落ち死亡エンドの犠牲者
・祥鳳…アへアへ提督の犠牲者。未だ未通です
・秋津洲…おじさん料理の犠牲者。キャラが変わり過ぎているかも
・古鷹…変な仏心を出した提督のせいで未だに未通。今度は逃がさん
・最上…バスツアーでゲスト出演してたね。いつか実力を見せてもらわないと
・敷波…保健室プレイしてて、外部から来るのはおかしいよな?

更に…
・鹿島…我らが教官。いつかまた講義に来て欲しいね
・漣…おじさん提督とは未対決。どうなることか


こんなところだろうか


433以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/26(金) 21:25:33.49d7efeKBiO (1/1)

青葉が触手化したら撮影楽だね


434以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/26(金) 22:54:59.66Jaj7RjVV0 (1/1)

加賀さんは赤城さんに慰めてもらうんや


435以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/26(金) 23:49:48.63q3h8oCgb0 (1/1)

秋津洲は触手の変わりにチン〇生えてそうだ


436以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/27(土) 01:51:55.2380zjWC3DO (1/1)

鹿島教官はエログッズ講義とか改造体験学習とかやりそう。

ガチ勢は今後、提督みたいに活躍出来るのか。
艦娘を襲う事はないだろうし、遊ぶ事はあっても


437以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/27(土) 21:29:17.56j6wBln0P0 (1/1)

朝風と遊ぶ提督(意味深)


438以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/30(火) 01:05:36.48hEGN3bal0 (1/1)

妙高も凄かったけど朝風も凄い事になりそう(小並感) ガチ嫁は自分の分身で触手[田島「チ○コ破裂するっ!」]してそう(人外感)


439以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/31(水) 23:21:13.51v+z5R1bs0 (1/1)

スライム提督「暑い…(ドロォ)」


440以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/02(金) 20:18:48.02LCdCSjODO (1/1)

大淀提督「混ざりました…(ベチョ)」


441以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/03(土) 01:54:52.32vAL5QQXE0 (1/1)

提督大淀フォーム
提督明石フォーム
提督間宮フォーム

的な


442以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/03(土) 12:41:06.01mNxeRn3dO (1/1)

赤城アイオワ妙高提督



443 ◆DbtGHHDsis2019/08/04(日) 17:58:48.56nXL0HBP+O (1/6)

>>433
いつかまた、型式での乱交パーティーやるときには、リポーターやってもらおうかな
>>434
男装の赤城さんって、けっこうカッコいいもんね。余計なモノも生えているかも知れないけど
>>435
どんな壊れっぷりを見せてくれるだろうか?
>>436
構想はできているが…案外、くだらない講義内容かも知れない。ガチ勢は安価次第だね
>>437
こいつは命を賭けたゲームだ…的な話になりそう
>>438
自分の分身か…果たしてイケるんだろうか?
>>439
ホントに溶けそうな暑さですねぇ
>>440
溶けて混ざっちゃったら、汗まみれのアレが楽しめないなぁ
>>441
好みを完璧に把握した提督って訳だね
>>442
みんな性的に大喰らいだ。一対一でイケるかなー?


444 ◆DbtGHHDsis2019/08/04(日) 19:52:11.99nXL0HBP+O (2/6)

提督「よし…この部屋だ。開けるよ」


がちゃっ


摩耶「っと、ノックも無しに…うっ」

摩耶(空気がよどんで…また匂いもキツいなぁ…)

青葉「ふわぁ…またキッツいメス臭ですねぇ」

摩耶(め、メス臭ってのか。ヤな表現だな)

摩耶「おっ、ベッドの上に誰かいるのか…って、裸かよ」

提督「まあね。服は、着せる端から脱いでっちゃうんだよね。当然、艤装?何それ?ってな状態でさ」

摩耶「いや、そんなんじゃ…」

提督「そう。ズバリ『使い物にならない』って訳だね」

青葉「しかも…自分で弄っちゃってますよ。うつ伏せの姿勢で」


にちゅっぐちゅっ…


朝風「はぁっはぁっ♥ゆびぃ~とまんないよぉ~♥はうぅ~…イケない、イケないぃ~…」

提督「紹介しよう。神風型駆逐艦の二番艦、朝風ちゃんだ」

朝風「ふぇ…あー♥しれーかんしゃまぁ♥ちんちんもっこりのしれーかんしゃまだぁ~♥」

摩耶「うっ…よつんばいで近寄って来てる」

青葉「目の焦点が合ってないっていうか、目に光が無いっていうか…」

提督「いわゆる、ハイライトオフってヤツだな…ふおっ」

朝風「はぁ~はぁぁ~♥ちんちんこすこす~♥しゅごひぃ♥しゅごいかたぁ~い♥しれーかんしゃまぁ~♥」

青葉「挨拶抜きに、いきなりおじさんの股間さすさすですかぁ…」

摩耶「司令官様って…朝風って、提督のこと、そんな風に呼ぶヤツなのか?」

青葉「え…青葉も、その辺は詳しくは…」

提督(二人とも。目の前の朝風ちゃんは、本来とは全く別物だからね…)

摩耶「うえっ!?お、おう…」

青葉「は、はぁ…」

青葉(おじさん、いきなりテレパシーで…しかも摩耶さん、テレパシーを受け取れるようになっちゃってる…)


445 ◆DbtGHHDsis2019/08/04(日) 20:30:52.53nXL0HBP+O (3/6)

じじじぃぃ~


朝風「チャックおろしちゃいましゅ~♥ふにゃあ~においしゅごいぃ♥ちんちんのにおいぃ♥」


ごそごそ…ぼろんっ


朝風「あれぇ…おちんちんズルムケれしゅ~…チンカスおそーじ出来ないぃ…」

摩耶(か、カスって…コイツ、前の鎮守府じゃ…)

青葉(粗末なおちんちん相手に、ムチャさせられてたのかなぁ…)

朝風「あーでもぉ、先っちょヌルヌルぅ~♥えへへ~れろぉ~♥」

提督「む、むむぅ」

朝風「あっあっ♥しゅごいかたぁい♥手で持ってないとハネちゃいましゅ~♥はぁはぁはぁ…ちゅむっちゅむぅ♥」


にっちゅにっちゅにっちゅにっちゅ


摩耶(あ、朝風…締まりのない顔つきでアレをシコシコこすって…射精させにかかってるぞ)

提督「はぁはぁはぁ…っ」

朝風「あああぁ~♥いっぱいせーし出ちゃいそお♥おいしいせーし♥ちんちんの先っちょぉ…あむ♥」

提督「おおぉっ…あっでるぅっ!」


びゅるるうぅぅっ!


朝風「ふぷあっ♥ふにゃあああぁぁっ♥」

青葉(おおぉっ!ちんちんが跳ねちゃって、朝風ちゃんのおでこにモロに射精しちゃったっ!)

提督「うっおおぉっ!ほぉうっ!」


びゅくびゅくっびゅくんっ!


摩耶(うっわ!まだ射精してるっ!朝風の頭の上を越えちゃったぞ!)

朝風「いやぁん…せーし、床にびゅるびゅるぅ…もったいないよぉ~れろぉれろぉ~ちゅちゅぅ~♥」

摩耶(うげ…朝風、床に這いつくばって、床に飛び散った精液を舐め取ってる…)


446 ◆DbtGHHDsis2019/08/04(日) 22:51:33.09nXL0HBP+O (4/6)

提督「ったく…ここまで艦娘を貶めるとはねぇ」


ぷち、ぷち、ぷち
ばさぁっ!


摩耶「おおぅ…」

摩耶(提督、いきなり服を脱ぎ捨てて全裸に…改めて見ると凄いカラダだよなぁ)

提督「さて…朝風ちゃん、そのままの姿勢でね」

朝風「ふやあぁんっ♥しれーかんしゃまがぁ♥はだかでがばぁってぇ♥あっあっ♥ちんちんっ♥ちんちんあたってまひゅ~♥」

青葉(ほほぉ…おじさん、這いつくばった朝風ちゃんに覆い被さって、朝風ちゃんの腰に股間をグイグイ…)

提督「くっくっくっ、そのままチンポを挿入…」

提督「すると思ったかね?」


にゅぷぷっにゅぷっ


朝風「へあっあっ♥なんかにゅるってぇ♥しゅごっ♥なんかいっぱいのにゅるにゅるぅ~♥」

提督「ふふふ。にゅるにゅるしてるのは…僕の陰毛触手だ」

朝風「ほひっほひひぃっ♥おまんこぉっ♥膣口っちつこーがいっぱいぃっ♥」

青葉「えっと…ちんちん、入ってないですねぇ…」

摩耶「うーん…でも朝風、提督の腰に、自分の腰を擦り付けるみたいにカクカクしてるなぁ」

提督「まずは朝風ちゃんの膣口全体を、陰毛触手でにゅるにゅる洗ってあげるんだよ…」

朝風「おぉーほおおぉー♥はみゅあああぁぁ~♥」

提督「朝風ちゃんのいやらしいところ、いーっぱいにゅるにゅるにゅぷにゅぷしてね…チンポ挿入はだいぶ後になっちゃうだろうなぁ…ひっひひひ」

朝風「ほひぇぇ~♥あふわぁ♥はぁはあぁぁ~♥」

摩耶「何だ?提督が朝風の耳元でボソボソささやくと、朝風が…」

朝風「朝風ちゃん、口が半開きになって…あ、ヨダレ垂らしちゃってますねぇ」


447 ◆DbtGHHDsis2019/08/04(日) 23:45:48.45nXL0HBP+O (5/6)

提督「くっくっくっ…膣口のピクピク度合いが激しくなって来ちゃったねぇ…コラコラ、逃げちゃダメだよ~」

青葉「あらら…離れそうな朝風ちゃんの腰、おじさんにがっしり抱えられちゃいましたねぇ」

朝風「ひっひにゅあぁんっ♥ふじゅひっひゃんっ♥はぁーほおおぉ~っ♥」


摩耶「朝風…もう何言ってんのか分かんなくなっちゃってんな」

青葉「本当に…ずうっと耳元でささやかれて、頭おかしくなりそうなのかも」

摩耶「ん…?提督がああやってニヤニヤボソボソしてるの、なんか意味あんのか?」

青葉「意味あるどころじゃないですよぉ。ホント、頭の中がトロントロンになっちゃいますからねぇ」

青葉「やっばい、思い出しちゃう…♥背後から抱きしめられてささやかれて…気が付いたら、ベッドがビシャビシャになってるなんてザラですからね~♥」

摩耶「お、おう」

青葉「隣では、騎乗位の衣笠が、すんごい勢いで腰振ってましたね~♥完全にイッちゃった目で♥」

摩耶「そこはバラしてやるなよ」


提督「むふふふ。膣口はいい感じなので、そろそろ奥に」

朝風「ほ~ごおおぉ♥おぐぅおぐぅおおぉ~♥」

提督「くっくっくっ、こっちのね」


つぷうぅぅ~


朝風「あんにゃあぁ~♥ちゅがうぅ♥ほっじゅあぁ~♥」

提督「へっへへへ。キレイなお尻の穴だよねぇ」

朝風「ぴみいいぃ~♥あぢゅっあちゅあぁぁ~♥」

提督「ははは。細ーい触手を、たった一本挿入しただけなのにねぇ?」

提督「ちなみに、こっちは陰毛触手ではなく…腹毛触手だからね。無理なく入れられる場所だろう?」

提督「触手からは間断なく粘液が染み出て来ちゃってるから。潤滑性を上げないと痛いもんね。どうかな、痛かったりする?」

朝風「いだぐないぃ♥ちゅごひぃっ♥ほぁーほほあああぁぁっ♥」


448 ◆DbtGHHDsis2019/08/04(日) 23:47:42.69nXL0HBP+O (6/6)

「何言ってんのか分かんない」ってのも、表現として難しいね
今回の更新は、ここで終わります


449以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/05(月) 00:04:27.43tt3IRIaDO (1/1)

テンポいい感じ、提督の体毛は笑う



450以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/05(月) 00:08:20.50z0rFZ10to (1/1)

全身触手って便利で憧れる


451以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/06(火) 00:50:15.60LnfpTW+O0 (1/1)

何してんのかは大体は分かる感じ


452 ◆DbtGHHDsis2019/08/10(土) 18:56:33.05AakIcxCAO (1/5)

>>449
ちょっと描写が足りないかなぁと思っていたけど、逆にテンポが良くなってるって訳か。勉強になる
>>450
憧れるけど、白昼堂々と晒せないよね
>>451
大体分かるんだったら良いね。主題は朝風の痴態なんだし


453 ◆DbtGHHDsis2019/08/10(土) 19:27:56.56AakIcxCAO (2/5)

提督「くっくっくっ…かわいい艦娘に背後からのし掛かると、ケダモノ感がマシマシだよねぇ」

提督「むっふっふっ。そして、下ばかりじゃなくてね」


ぐちゅっぷちゅっ


提督「陰毛だけじゃなく、胸毛も凄いからね。触手化した胸毛が…」

朝風「はぁーっはぁーっ♥うにゅうにゅぎだぁ~♥あっあっあっあっ♥」

提督「うひひひひ。胸毛触手が君の背中からにゅるにゅる伸びて…ほぉら、おっぱいの裾から頂上に…」

朝風「ふみゅうぅぅっ♥きちゅっきちゃらめぇ♥へんあああぁぁ~っ♥」

提督「おおぉ、なんと素晴らしいおっぱいだろう!?大き過ぎず小さ過ぎず、しかし弾力に溢れているっ!そして、硬さと感度を持ち合わせた乳首がマーベラスっ!」

朝風「はにっはぁっ♥つむつむしゃきぃっ♥ひいーひぃあああぁぁ~っ♥」

提督「おやおや?おっぱいをにゅるにゅるしてるのに、どうして腰をカクカクさせているのかなぁ?」

朝風「あぁ~ひぃっ♥こしゅうぅぅっ♥」

提督「そっかそっか!お尻の触手が足りない訳だね。そりゃ一本だけじゃ話にならないよなぁ」

朝風「ちぎゅっちっ…ほおおあぁ♥」


つぷぅ、つぷぅ、つぷうぅ~


提督「更に、三本ぐらいかな。細い触手だから大丈夫だよな?おおぉー、ぎゅうぎゅう締め付けちゃって」

朝風「ひんにゃあぁぁっ♥あーひっ♥あぐあぁ~っ♥」

提督「んー、おっかしいなぁ。腰カクカクが収まらない…」

提督「あぁ、失敬失敬。ビンビンに勃起したクリトリスだ。こっちに欲しかったんだね、こいつは失敗だったね」

朝風「はふあ、はふあぁ…あきゅあああぁぁ~っ♥」

提督「腹毛、チン毛、そして玉袋の毛だ。一気にクリトリス巻き巻き~うひひひひひ」

朝風「こえへっらめええぇぇんっ♥イんぐぅっ♥イグイグイグっんぐうぅぅ~っ♥」


がくがくがくがくっ!
ぷしゃあああぁぁっ!


454 ◆DbtGHHDsis2019/08/10(土) 20:15:46.20AakIcxCAO (3/5)

朝風「はにゃあああぁぁっ♥はぁっはぁっはぁぁっ♥はぁ~はぉほおおぉぉ…ふっおっ♥お~おぉ~♥」

提督「むふふふ、潮吹きしちゃったねぇ。まだ、膣の中は弄ってないってのに」

提督「まあ、楽しみは後に取っておくものだよね。しかし、凄い顔だねぇ…摩耶ちゃんたちの方に向きを変えて、よいしょっと…」

提督「せっかくだから、凄いアへ顔を見てもらおうね。お二人さん、このコの顔が見えるかな?」

摩耶「あ、あぁ…一応」

青葉「ふわぁ…涙と鼻水とヨダレまみれですねぇ」

朝風「えへっ♥えひゅえっ♥ふんにゅうぅぅ♥うごひてりゅ~♥ほっほっおおぉ♥」

提督「くっくっくっ…ずうっと耳元でささやかれてるとさ。まるで、頭の中までにゅるにゅるされてるみたいだろう?」

朝風「はぁぁー♥あんじゅあぁー♥」


がくがくがくがくっ…


摩耶(スゲーなぁ…朝風、ガクガクしながら寄り目になっちゃって。けど、なんとなくニヤついてるみたいなんだよな)


ぷしゅ、ぽとぽと…


提督「…うん?へっへっへっ、おしっこ漏らしちゃってるねぇ。脳ミソをプルンプルンされて、ユルユルになっちゃったかな?」

朝風「ふにゅ、ふまくて…んお♥」


つぷ、にゅぅるるぅ


提督「だから、尿道にも触手を挿入しておこうね~ひっひひひひ」

朝風「ひんじっひんんー♥あばあああぁぁー♥あぎっあんぎいいぃぃ~っ♥」

朝風「わわ…うつ伏せの姿勢から背中が反り返っちゃった」

提督「安心しなさい、尿道へは一本だけだからさ。その分、お尻は二本ほどプラスね」


つぷぅっつぷぅっ


朝風「あしゅふぅっ♥おんっおぉんっ♥」


455 ◆DbtGHHDsis2019/08/10(土) 20:55:48.13AakIcxCAO (4/5)

提督「おっと!危ない危ない、お尻に触手を増やしたとたん、身体ががくんってなっちゃったねぇ」

摩耶「あっぶねー、フローリングの床につんのめるとこだったぞ」

青葉「おじさんが抱き止めてセーフでしたね。あ、またおじさんがのし掛かって…」

提督「待たせたね。いよいよ、膣内に触手を挿入するからね…ほぉら」

朝風「あぁ~あおぉぉ~♥ぐるぅ~ぎだぁ~♥はがひあぁぁ~♥」


びくっびくっ


摩耶「舌が口からはみ出して…あ、白目剥いてる」

青葉「口からも、おまんこからもダラダラですねぇ…」

提督「うぅむ、締め付けられながらの進入だね。けど、そろそろ奥に」

朝風「はぁっはぁっ…あきゃあぁんっ♥じゅごぉっ♥いっばいぃっ♥うごきゅちゅぅっ♥」

提督「うんうん、子宮口に触手が到達したね。おっ、触手がグイグイ押されて…子宮が降りてくるってヤツだな」

朝風「はーふーんっ♥あこきゅっおぉっ…あ~あ~♥」


ぶぢゅぷっ、ぼたぼたぼた…


提督「あぁ~また潮吹いちゃったねぇ。腰が休みなくカクカクしちゃってるし」

提督「しかしねぇ、まだ先があるんだよ。ここから先が…くっくっくっ」

摩耶「な、なんだよ先って?」

青葉「子宮口から、さらに触手を挿入して…子宮を撫で撫でするんですよ」

提督「詳しいねぇ青葉ちゃん。ってか経験済みだもんね…では行くぞ」


つぷぅつぷぅ~


朝風「けああぁぁーっ♥あんじゃっはぁっ♥あいんんっ♥おっおこおぉぉ~っ♥」


がりっがりりっ!


摩耶「わわ…床を爪でガリガリ引っ掻いてるぞ…」

青葉「けど、朝風ちゃんは白目剥いてアへっちゃってますねぇ…心配しなくても大丈夫ですよぉ」

摩耶(あ…青葉スゲー…ちょっとナメてて申し訳なかったけど)


456 ◆DbtGHHDsis2019/08/10(土) 20:57:16.49AakIcxCAO (5/5)

朝風の転生まで、後少し…
今回の更新は、ここで終わります


457以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/10(土) 21:46:59.99RBL8Uzf70 (1/1)

元ブラック鎮守府からどピンク鎮守府へ
みんなしあわせ


458以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 01:27:38.3981aEuQR50 (1/1)

朝風ぇ…松風もビックリやろな 


459 ◆DbtGHHDsis2019/08/11(日) 17:52:03.80HvI6EEkrO (1/11)

>>457
そうそう。みーんなアへアへで幸せになっちゃうぞ~…と
>>458
一連の出来事を松風に見せずに済んで良かったと思う


460以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 18:32:18.49KyOiVxWp0 (1/1)

折角青葉がいるならNTR報告ビデオレター風撮影でもして松風に見せてあげれば・・・


461 ◆DbtGHHDsis2019/08/11(日) 18:55:04.58HvI6EEkrO (2/11)

>>460
鬼がいるw今回は一応、「本当の朝風を取り戻す」ってのが目的なので。軽いショックな話は、映像解析室でやる予定。選ばれるかはわからないが。


462以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 18:59:40.62Iyr/B6T7o (1/2)

みんなエロトラクイズに参加するくらいだから提督のことは好きなんだよね


463 ◆DbtGHHDsis2019/08/11(日) 19:22:05.87HvI6EEkrO (3/11)

朝風「ふみゃああうっ♥ひんぎょおぉ~っ♥おっおぉうっ♥」

提督「くっくくく。お尻も尿道も…おっぱいもクリトリスも同時に弄ってるからねぇ」

朝風「ぎぎゅうぅ~っ♥あっひあぁっ♥」

提督「ちっちゃい子宮をもれなくぬーるぬる~…膣道もあわせてぬーるぬる~ぐひひひひ」

提督「しかし凄いね。腰がグリグリ押し付けられて…こっちが痛いくらいだもんねぇ」


青葉「…摩耶さん」

摩耶「安心しろ、邪魔すんなってんだろ?約束だもんな」

青葉「すみません。摩耶さん、ギリギリ歯ぎしりしていたもんで…」

摩耶「やっぱり心配だからさ、でも…」

青葉「…でも?」

摩耶「あたしは一応、提督を信頼してるからな」


朝風「ほーっ♥こほおおぉぉ~っ♥ひゃみゅぎゅっ♥ひゃみゅぎゅんっイグぅっ♥ひゅやあああぁぁぁ~っ♥」


がくがくがくがくっ!
ぶぢゅあぁぁっぼとぼとぼたっ!


提督「このくらいにしておくか…じゃあ、触手を全部抜くからね…」


にゅるんっにゅるぷっ!


朝風「あぁー♥ひゅみゃあぁ~♥ふんぎぃっ♥」

提督「よしよし、身体を床に横たえて…と。おぉー、触手を抜いた後でも、身体が反り返っちゃってるねぇ」

摩耶「あぁ…身体がギックンギックンしちゃってる…」

青葉「…うん、だんだん収まっては来てますねぇ」

摩耶(しっかし…正直、見てて怖いな。朝風の頭の中、壊れちゃってるんじゃねーかな…)

朝風「はぁ~はぁ~っ♥あぎんっ♥んあぁ…はんっ♥はぁ、はぁ…あはぁ…♥」


464以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 19:23:59.45jB87+zyDO (1/1)

横の青葉もヤッてるときは似たようなもんだからでえじょうぶだ


465 ◆DbtGHHDsis2019/08/11(日) 19:36:56.99HvI6EEkrO (4/11)

>>462
だと思うけどねぇ。まあ、紆余曲折あっても「おじしゃんらいしゅきぃ~♥」って展開になる
>>464
似て非なる展開かも知れないねぇ


466 ◆DbtGHHDsis2019/08/11(日) 20:08:22.99HvI6EEkrO (5/11)

提督「…うむ。だいぶ呼吸と痙攣が収まってきたようだ。ここらで、自己紹介と行こうか」

朝風「はぁ…はぁん…ふえ?」

提督「寝っ転がったままで構わないからさ。そこに、先任艦娘が二人いるだろう?君の名前を教えてあげなよ」

朝風「はぁい♥えっと、なまへ…なまへぇ~…」

青葉(朝風ちゃん…頭と視線をゆらゆらさせながら考え込んでる…)

摩耶(お、おいおい…自分の名前が思い出せないのかよ)

朝風「ふあぁ…なまへ…」

提督「くっくっくっ…君の名前は朝風だ。神風型駆逐艦二番艦、朝風だよ」

朝風「あはぁ~♥あしゃかじぇ♥わたひ、あしゃかじぇ~♥」

提督「ふふふ、そうとも。我々の鎮守府も、ついに神風型駆逐艦二番艦を迎えたって訳だ。栄えある第五駆逐隊の復活だッ!」

朝風「あぁ…ふふっ♥そっかぁ…私、艦娘として復活したんだぁ…♥」

摩耶「おぉ…朝風の目がキラキラして…最初とは違うぞ!」

青葉「ハイライトオン状態ですねっ!いいですねぇ!」

提督「改めて挨拶だ。僕が、当鎮守府の司令官だよ。フツーに『おじさん』と呼んでくれ」

朝風「え、ええ。っていうか、あの…おじさん、裸なんだけど…っていうか、おっおちんち…」

提督「むふふふふ。なぜ裸なのか?それはね…ちゅむうぅ~」

朝風「んんんー♥んふうぅ~♥あぷっちゅちゅぅ♥んん~♥ちゅぱぁ…あん♥」

提督「歓迎の意味を込めて、朝風ちゃんと『初めて』愛し合うためだッ!ぐひひひひ~」

朝風「あっあっ…ちゅーされたぁ♥いきなりぃ…『初めて』だったのにぃ…♥」


摩耶「………!?」

青葉「いやあの摩耶さん、青葉の顔を見られても…」


467 ◆DbtGHHDsis2019/08/11(日) 21:16:10.67HvI6EEkrO (6/11)

提督「こんな、床の上じゃ何だから…よいしょっと!」

朝風「きゃあああぁっ♥やっちょっいきなりぃっ♥」

朝風(いっいきなりお姫様抱っこ♥でっでもぉ♥おじさんが凄い近くてっ♥)

提督「わっははは、朝風ちゃんの顔が真っ赤だなぁ。朝風ちゃん、おじさん汗臭くない?大丈夫?」

朝風「え、えっとぉ…べ、別にいいけどっ…はぁっはぁっ♥」

朝風(す、すごいツンツン来るけどっ♥すごいぃっ♥匂いと熱とっ…おじさんの筋肉ぅっ♥)

提督「むふふふ、よーしベッドに降ろしてぇ…朝風ちゃんと改めてキス!ちゅむうぅ~」

朝風「ふにゃっんちゅっ♥んーんん…れろぉ♥あぁんっ♥ちゅむぅちゅくっ♥ちゅぱぁ♥」

提督「くっくっくっ、朝風ちゃんの目が色っぽいねぇ。抱きしめながらのキスがサイコー!朝風ちゃんの身体も柔らかく且つプリップリ!」

朝風「はぁ、はぁ…あん♥おじさんの胸板しゅごいぃ♥ふあぁ~ちんちんが…♥」

提督「そうとも。朝風ちゃんが大好き過ぎて、もうチンポがビンビンだ。はぁはぁはぁ…むおっ」


くちゅっ…


朝風「へっ…ちょっと待っ…あああぁぁぁ~っ♥」


ぢゅぐぶぶぶぶっ!


朝風「あ~あぁ~♥おっきっおっきいぃ~♥ちんちんん~♥はぁぁ…んあぁっ♥」

提督「はぁはぁ…へひひひひ!朝風ちゃん、チンポを挿入したとたんに軽くイッちゃったねぇ?『初めて』のチンポはどうだい?」

朝風「はぁっはぁっ…しゅごいぃ♥しゅごいわぁ♥『初めて』のぉ…おじしゃんに『初めて』あげちゃったぁ~♥」


摩耶「なあ…これって、記憶の改竄ってヤツか?」

青葉「っていうか…きっと、頭の中を、根底から創り変えたんじゃないかなぁ…」


468 ◆DbtGHHDsis2019/08/11(日) 22:29:54.55HvI6EEkrO (7/11)

提督「あああぁぁ~朝風ちゃんのおまんこすっげぇ~…汁だくのヒダヒダのねっとりさと…はぁ~はぁ~」


ぐちゅりいぃ~


朝風「はぁっはぁっ…あうぅ~♥いっぱいぃ♥中で反り返ってぇ…あんっ♥しゅごっこしゅれっあんっ♥」


ぐっぢゅぐっぢゅぐっぢゅぐっぢゅ!
ぱんぱんぱんぱんっ!


提督「ほうっおっおっ!チンポもこすれてるぅっ!うほっ朝風ちゃんのおまんこ汁がっ玉袋まで垂れっ…!」

朝風「これっあっ♥しゅごひっあんっ♥ちんちんこしゅれるのっ…んあぁ~っ♥はぁんっ♥あはぁっあっあっあっ♥」


摩耶「早くもフルスロットルだなぁ…提督と朝風」

青葉「おじさん、朝風ちゃんにべったり正常位でズポズポ…あ、朝風ちゃんの脚がおじさんの腰をホールドしちゃってますねぇ」


提督「あっあっあっ…もっでるっ!精子でるっ朝風ちゃんっ!あぁ~あぁぁ~…あっでるでるでるでるっ!」

朝風「はぁっはぁっ♥ふにゃんっちんちんぢゅんぢゅんんっ♥いいよぉっしゃせーして…おじしゃんしゅきぃっ♥あっあっ♥」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!
どぷどぷっどぷどぷぅっ!


朝風「はあああぁぁんっ♥しゅごひいいぃぃっ♥せーしあっ♥あぅあああぁぁんっ♥イッイクイクイクうぅぅ~っ♥」

提督「くぅあああぁぁっ!あぁっ!あっあぁ~…はぁはぁはぁ…朝風ちゃん、朝風ちゃん大好きぃ~…」

朝風「はぁ~はぁ~♥ああ…しゅごいぃ♥おじしゃんのせーしいっぱいぃ♥はぁぁ…あん♥ふふっ…おじさん汗びっしょりぃ♥」

提督「は、はは。ああぁ~朝風ちゃん、気持ちよすぎだったぁ…」

朝風「んもぅ…おじさん、精子出し過ぎぃ♥んっ♥ちゅ、ちゅ…♥」


469 ◆DbtGHHDsis2019/08/11(日) 23:06:25.22HvI6EEkrO (8/11)

提督「やぁ朝風ちゃん。シャワーでキレイになってくれたねぇ。くっくっ、バスタオル一枚にまとめた髪が色っぽいねぇ」

朝風「もう…おじさん、目がスケベ過ぎよ♥ってか…おじさん、まだ裸なのね」

提督「はっははは、おじさんだからねぇ。さて…朝風ちゃんには、とっておきのプレゼントがあるんだがね」

朝風「あら、何かしら…って!」


ぬぶおぉ~


提督「チンポと玉袋を切り離し…ああ大丈夫、また生えるからね」


ぬぬぅ~


摩耶「おおぉ、ホントにまた生えてきたぞ」

提督「ふっふふふ。さらに、チンポユニットからサオを離して…朝風ちゃんのおっぱいの谷間に!」

朝風「ふわああぁぁっ!ちょっ下にドロォって…あ、あら?」

提督「むふふふふ。バスタオルで見えないけどね。まずは朝風ちゃんに、パンツをプレゼント!さらに、玉は二つあるから…ぐひひひひ」

朝風「ま、まさか…」

提督「ふひひひひ、また朝風ちゃんの谷間に投入!」

朝風「やああぁぁっ!って…こ、これは…」

提督「朝風ちゃんのブラジャーも完成!色は、両方とも青で統一したぞぉ」

朝風「えーっと…あ、ホントに青色。あ、ありがとう…♥」

提督「この鎮守府の特色としてね。ウチの艦娘の普段着は、おじさんの触手でできているんだよ。もっとも、出撃や船団護衛の際は、正規の制服を着てもらうがね」

青葉「うんうん!いつでも、おじさんと一緒ですからねー♥」

摩耶「え。青葉の服、触手でできてんのか…あ!だから、一瞬で体操服に変わったのか!」

青葉「やっと気づいたんですか。便利ですよー?なんせ、いつでもいろんな格好に変わりますしぃ」

摩耶「は、はぁ。便利…あ~便利かもなぁ…?」

青葉(あ、摩耶さんがグルグル目になって混乱しちゃってますねぇ)


470 ◆DbtGHHDsis2019/08/11(日) 23:11:00.33HvI6EEkrO (9/11)

次の移動先を決めます。

・講義室
・工廠(試薬室)
・映像解析室
・エステルーム

の4択で行きます。

安価下1~4で、最もコンマが高い選択肢で行きます。


471以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:11:27.08Iyr/B6T7o (2/2)

エステ


472以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:12:47.461Yy6zUiCo (1/1)

講義室


473以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:12:48.39agFOE/2Fo (1/2)

映像解析室


474以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:14:04.55n7t7Erl+O (1/1)

エステ


475以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:18:46.163kU/FY6DO (1/2)

エステ、女が女をやるんかね?


476以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:20:59.77agFOE/2Fo (2/2)

おじさんエステじゃないかな


477以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:24:05.15mI8VTSR9O (1/2)

エロスライム化したおじさん提督が
全身包み込んでマッサージとかやって
受ける側は外から見るとスライムの中で
ひたすら悶えてるようにしか見えない感じか


478 ◆DbtGHHDsis2019/08/11(日) 23:24:30.52HvI6EEkrO (10/11)

>>475
普通は、女性の施術士でしょうけどね。フツーはね。
>>476
おじさんだったり、ナニだったりかもしれない


479 ◆DbtGHHDsis2019/08/11(日) 23:25:56.44HvI6EEkrO (11/11)

>>477
まさにソレ!…なんだが、選択肢の一つにさせていただく。


480以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:33:00.84mI8VTSR9O (2/2)

おじさんスライム
青:普通にマッサージ効果でリラックス
緑:筋肉を弛緩させて無抵抗に
赤:媚薬が回って全身性感帯に
桃:穴という穴をみっちり塞いでアヘェ
白:おっぱいのサイズをいじったり母乳が出るように改造
黒:スライムと同化してぐっすり睡眠
便利ですね(小並)


481以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:37:02.69i6mYelQp0 (1/1)

??「エステといえばこのわたくし、く(音声はここで途切れている)


482以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:40:04.003kU/FY6DO (2/2)

ガチ勢が助手やっても良いと思う、
そうでもなきゃ出番ないだろうし…おじさんと3pとか


483以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:44:31.05+gGbseaO0 (1/1)

エロエロになるターゲットの娘
助手と解説をやりながら自らも悶えまくるく『ひゃあっ!?』
合いの手を入れながら悶えまくる青葉
悶々としながら突っ込みを入れる摩耶
嬉々として皆に付き入れたりエステを行うおじさん

完璧だな


484以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/11(日) 23:58:17.36sgEGZrrV0 (1/1)

リンパがね……(さわさわ)


485 ◆DbtGHHDsis2019/08/12(月) 00:00:30.83ajjdbQiSO (1/9)

摩耶「あぁ~んん~」

提督「さっきからどうしたんだ摩耶ちゃんは」

青葉「いろんな出来事が、摩耶さんの中で消化しきれてないみたいですねぇ。体調自体は問題ないそうですけど」

提督「ふーむ…よし!ここらで一発、リフレッシュと行こうか!新設された、エステルームに連れて行ってあげよう!」

青葉「ほう!これまた面白そうなのが出来ましたね!」

提督「ふひひひひ、だろ?やっぱり、女性の職場アンド居住地だからねぇ」

摩耶「むむぅ~…へ?エステルーム?」

青葉「ねっねっ!?行きましょーよ摩耶さん!青葉、エステなんて初めてですよー♥」

摩耶「あぁ、うん…あたしも経験無いけど…そうだな、行ってみっか」



摩耶「さて。説明してもらおうか…青葉」

青葉「いやいやいや!?青葉に聞かれてもわかんないですって!」

摩耶「はぁ~あ、こんなこったろーと思ったよチキショー!」

摩耶「施術台の向こう、ふんどし一丁の提督が腕組みしてるよ。すっげーニヤつきながらさぁ…」

提督「ふーむ、気に入らないかな?ならば、別コースもあるんだがね」

青葉「別コースですかぁ…あの巨大おちんちんの事ですよね」

提督「むふふふ。睦月型が最高評価を付けてるぞぉ?全身をカウパー腺液と精液に浸しつつ、触手によるマッサージで…」

摩耶「あぁ、それだけ聞けば十分だ。…って、もう一つコースがあるな。説明欄が空白だけど」

提督「お客さん、お目が高いですねぇ…こちらの部屋だけど」

青葉「なんか、薄暗い部屋ですねぇ…うぇっ!?」

摩耶「ど、どうしたんだよ…い!?床一面に、あの淫紋が…!?」

青葉「ア○ビア風衣装の女の人が、おっぱい丸出しで変なダンスを…妙高さん!?」

提督「淫らな空気に身も心も浸し、全ての面で美しく生まれ変わりましょうってコンセプトで…妙高ちゃんは助手ね」

摩耶「もはやエステですらねーぞ!?」


486 ◆DbtGHHDsis2019/08/12(月) 00:10:47.77ajjdbQiSO (2/9)

>>477さん、許してくれ。書いてるうちに夢中になって、スライムネタを忘れちゃった…
>>480
流れ作業で変貌しちゃいそうだなぁ…何気に、洗脳ネタ、大好きよ(阿賀野風)
>>481
確かに、君だろうけどねぇ。効き目があるエステが嫌いな女性って少ないだろうなぁ
>>482
ガチ勢ではなかったけど…まるで、展開が予想されていたようだ
>>483
摩耶も、そろそろ悶々とするだけの段階から進んでいいんじゃないかなーと思う
>>484
その「さわさわ」に、何か魔性が宿っている気がする


487 ◆DbtGHHDsis2019/08/12(月) 00:17:11.68ajjdbQiSO (3/9)

急な話ですが…ゲストに登場してもらおうと思います。つまり、摩耶・青葉・ゲストの三人で、それぞれのコースを一つ選んでもらうって訳です。

たまたま通りがかり、エステ体験をする艦娘は誰でしょう?安価下1でお願いします。

ゲスト募集をもって、今回の更新を終わります。皆さん、お疲れ様でした。


488以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/12(月) 00:17:49.37cwcSm21+o (1/2)

ポーラ


489以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/12(月) 00:21:20.32reozIlpQO (1/1)

おつー
青葉は全部体験させてもう1人ゲストでも良いかもしんない


490以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/12(月) 00:23:28.82vGg7PI7BO (1/1)

全員重巡か
興奮してきた


491以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/12(月) 00:42:16.20ucQX00aDO (1/1)

この妙高姉は提督と同じ身長なら個人的に嬉しい


492以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/12(月) 11:31:50.55oxB9afSTO (1/1)

提督がお誘いする前に、おじさんの睾丸漬けたお酒に手ぇ出して既に淫乱娘状態になってそうな


493 ◆DbtGHHDsis2019/08/12(月) 19:21:15.24ajjdbQiSO (4/9)

>>489
おつーありがとう。青葉の痴態もいいが、他の二人も捨てたもんじゃないぞぉ?
>>490
重巡のいいところ、いっぱい見られそう
>>491
妙高型って、背が高いイメージあるからね。提督より少し低いイメージで見てもらえたらいい
>>492
確かに、酒ならなんでもいいみたいだし…まあ行ってみましょう


494 ◆DbtGHHDsis2019/08/12(月) 20:05:35.32ajjdbQiSO (5/9)

提督「さてさて。三つのコースのうち、どれを選んでもらえるのかなぁ~?ふひひひひ」

摩耶「待て待て待て!あたしら、やるとは一言も言ってねーぞ!?なぁ青葉!?あおっ…!?」

青葉「うーむむ…チンポ風呂コース…いやいや…」

摩耶(だ、ダメだ。青葉のヤツ、微かに腰をもじもじさせながら、コース表に見入ってやがる…)

青葉「あ、ちなみにですね摩耶さん。このエステルーム訪問をもって、青葉は報道艦任務を終了しますので」

摩耶「な、な…なんでだよ!?」

青葉「実はですねぇ…ここまでご一緒して…青葉、もうガマンできない状態ですのでぇ…」

青葉「エステ体験の後は、ずうっとおじさんと一緒にぃ…いいでしょ?おじさん♥」

提督「もちろんだとも。いーっぱいおじさんと遊ぼうねーぐひひひひ」

摩耶「な、なんて身勝手なヤツらだよ…」

提督「つーか、摩耶ちゃんも一緒に遊べばいいじゃない。執務は加賀さんが受け持ってるんだし」

摩耶「あ。詰んでたわあたし」

ポーラ「んーふふ~♪…何ですか~エステルーム~?」

摩耶「ん…なんだよ、ポーラか」

ポーラ「おぉ~摩耶さんに青葉さん~、先客がいたんですね~」

青葉「おぉっとぉ!?欠けたピースが埋まりましたね~!」

摩耶「いやいや。せめて、他人を巻き込むなよ…あ、ポーラならいっかぁ…」


……
………

ポーラ「なるほどぉ~、三人で、どれか一つのコースを選ぶ訳ですねぇ」

青葉「いやー話が早いですねぇ!で、選ぶ方法なんですけどぉ…」

摩耶「フツーにじゃんけんでいいんじゃねーの?」

青葉「あれ。ノリノリですね摩耶さん」

摩耶「心が折れてんだよ。ところでポーラ、何でここに?」

ポーラ「今日はお休みでしたからぁ、一緒に飲んでくれる人を探してたんですよね~なぜかそんな気分で~」

摩耶「あーあ…一人で飲んでたら良かったのになぁ」


495 ◆DbtGHHDsis2019/08/12(月) 20:29:07.01ajjdbQiSO (6/9)

青葉「じゃんけんって言っても…ポーラさん、じゃんけんって知ってます?」

ポーラ「大丈夫ですよ~、パーがグーに勝ってぇ、グーがチョキにぃ…」

摩耶「大丈夫そうだな」

青葉「ですねぇ。ただ、どうします?いちばん負けた人が…」

摩耶「まあ…アレだろうなぁ」

ポーラ「ん~…変わった匂いがしてるぅ…あ、妙高さんが踊ってるぅ」

摩耶「ポーラ…あれ見て、どう思う?」

ポーラ「えーとぉ…なんか楽しそうですねぇ~」

摩耶「知らないって幸せだよなぁ」

青葉「じゃあ…次に負けた人が…」

ポーラ「あぁ~、あれが噂のチンポ風呂ですねぇ~!おぉう、おっきいのがふにんふにんしてますねぇ~」

摩耶「獲物が待ちきれないって感じだな」

青葉「ふーむ。じゃ、チンポ風呂は最後にとっておきますかぁ」

ポーラ「いいですよぉ~ん~なんか燃えてきましたねぇ~」

摩耶「ったく…しょーがねーなぁ」

青葉「っと、摩耶さん。指をバキボキ鳴らして…気合い入り過ぎじゃ」

摩耶「あたしに構うな。覚悟は決まったぜ…!」

青葉(ま、摩耶さん…完全に目が据わっちゃってます…)

摩耶「行くぜッ!文句は言いっこなしッ!」

ポーラ「じゃ~んけ~ん…」

青葉「ぽんっ!」


まず、特別コース(魔界編)に当たるのは誰でしょう?
安価下1でお願いします。


496以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/12(月) 20:30:51.00pgwzLy4eO (1/1)

ポーラ


497 ◆DbtGHHDsis2019/08/12(月) 21:09:02.18ajjdbQiSO (7/9)

ポーラ「あぁ~負けちゃいましたぁ~チンポ風呂~…」

摩耶(ガチで残念がってんなぁ)

ポーラ「んーでもぉ…これもこれで面白そうだし~行って来ますねぇ~」


からからから~、ぴしゃん


青葉(ポーラさん…軽く手を振りながら…)

摩耶「…行っちまったな」

青葉「い、いやいや…永いお別れって訳でもないのに」

摩耶「だってさぁ。次に会うときのポーラ、以前のポーラとは確実に違うわけだろ?」

摩耶「ひょっとしたら…いきなり妙高と同じ、乳丸出しの格好で出て…来たり…」

青葉「あんまり、普段と違いが無いんじゃないですか?」

摩耶「だよな。自分で、言ってる途中で気が付いたよ…あはははは」

青葉「ですよねー?あっはははは!」

摩耶「くっくっくっ…さて。次はあたしたちの番だな」

青葉「チンポ風呂か、ふんどしおじさんか…恨みっこなしですよ~?」

摩耶「言われるまでもねえ。行くぜッ!じゃんけんッ!」

青葉「ぽんっ!」


じゃんけんに負けて、おじさんエステに当たるのは?
安価下1でお願いします。


498以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/12(月) 21:10:29.84cwcSm21+o (2/2)

青葉


499 ◆DbtGHHDsis2019/08/12(月) 21:46:07.84ajjdbQiSO (8/9)

青葉「いよおおぉっしっ!!ふんどしおじさんけってええぇぇいぃっ!!」

摩耶「おっ、おう。えらい喜びようだな…」

青葉「あ、失礼しました。ひそかに狙っていたもんですから」

青葉「だって、ねぇ摩耶さん。おじさんですよ?エステを終えた後どうなるか…だいたい想像つくでしょ?」

摩耶「ま…まあ一応」

青葉「ではでは!また後日お会いしましょう!失礼しまーすっ!」


からからから~、ぴしゃん!


摩耶「………」

摩耶「さぁ~て、と…」

摩耶「改めて見ると…でけーな」

マラ提督「摩耶ちゃん。事前に脱衣してもらえる?君の右側に着替えコーナーがあるだろ?中にバスタオルもあるからさ」

摩耶「んいっ!?お、お前しゃべれたのかよ!?」

マラ提督「まぁね。それよりも、早く早く~!」

摩耶「うーむ…あ、アレの先から、なんか細いのがにゅるにゅるしてんなぁ」

摩耶(うーむむ…正直、深海棲艦を相手にする方が気楽な気がするんだけどなぁ)

摩耶「………っ!」


ぱんぱんっ!


摩耶「よっしゃ!待ってろ提督!」

マラ提督「…う、うん。しかし摩耶ちゃん、自分の頬を自ら叩いちゃって。別に気合い入れなくてもいいのになぁ」


500 ◆DbtGHHDsis2019/08/12(月) 21:48:09.04ajjdbQiSO (9/9)

とりあえず…ポーラ、青葉、摩耶の順番で進めようと思います
今回の更新は、ここで終わります


501以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/12(月) 22:13:54.10EZE0SEB/0 (1/1)

ポーラ・青葉・摩耶が変わる…肉体的変化があれば面白い


502以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/13(火) 00:23:13.50OXmhNQoDO (1/1)

妙高は尻尾ありそう


503 ◆DbtGHHDsis2019/08/13(火) 16:14:04.12PAXIMlu3O (1/5)

>>501
肉体的変化かぁ…少なくとも、感度は上がると思うけど
>>502
犬歯も耳も尖っているかもしれない


504 ◆DbtGHHDsis2019/08/13(火) 17:23:40.20PAXIMlu3O (2/5)

しゃんっ、しゃんっ…


妙高「いらっしゃいませ、ポーラさん。ふふ…♥どうぞ、部屋の中央に」

ポーラ「よろしくお願いします~、えーと、この紋様の…」

妙高「ええ。真ん中に座っていただければ」

ポーラ「は~い、じゃあ失礼して~」


しゃんっ、しゃんっ…


ポーラ(妙高さん、腰を左右に振りながら、ゆっくりとポーラの周囲をぐるぐる回ってますぅ)

ポーラ(妙高さんの衣装、ベリーダンスで着るコスチュームっぽいですねぇ~。薄いピンクでかわいいなぁ。トップスを着てないので、おっぱいは丸出しですけど~)

ポーラ(しゃんしゃん鳴ってるのは、腰周りの装飾ですね~。というより、スリットスカートが今にも落っこちそうです~、ってかスケスケ過ぎてパンツが丸見え~)

ポーラ「あれ~、妙高さんのおへその下、床と同じ紋様が~」

妙高「ええ。前髪で分かりにくいですが、額にも紋様が刻まれていますよ」

ポーラ「そうなんですかぁ。全然気付きませんでした~」

妙高「普段は、見えないようにしてますからね…ここでは、その手の遠慮は無用です。ポーラさん、あなたもね。ふふふ♥」

ポーラ「あぁ~、だから妙高さん、おっぱいも丸出しなんですね~」

妙高「その通りです♥今の私…正直、楽しいですねぇ♥」


にたあぁぁ~


ポーラ「うわぁ~妙高さん、すっごい笑顔です~。いいなぁ~、ポーラもやりたくなっちゃいますねぇ~」


505 ◆DbtGHHDsis2019/08/13(火) 21:10:58.82PAXIMlu3O (3/5)

妙高「あらあら…非常に喜ばしいですね。ならば…」


ぐにゅ、ぬぬぅ~


ポーラ「んお?床から何かがにょきにょきと…グラスが出てきましたねぇ~」

妙高「ポーラさんのお気持ちに応えて、一杯進呈いたしましょう…ふふふ♥」

ポーラ「おおぉ!お酒が入ってる!いただきますねぇ~んっんっん~♪」

ポーラ「ふはあぁ~♪なかなかの度数でした~!匂いがツンツンですけどぉ、すっごくおいしいぃ~♥」

妙高「いきなりイッキですか…ちょっと意表を突かれましたね…」

ポーラ「ん~ふ~♪最近はザラ姉様が厳しくて、なかなか大っぴらに飲めませんでしたから~…はふぅ♥」

妙高「そうですか…まあ、ザラさんの前では仕方ありませんが、『私たち』の前でなら、多少はハメを外していただいても構いませんよ♥」

妙高「そう…こんな風に…♥」

ポーラ「…あれ~?空けたグラスに、いつの間にかお酒が…?」

提督「そう、この酒を、おじさんが口に含んでね…ちゅむぅ~」

ポーラ「んんん~っ!?んむっこくっこくっ…」

提督「ちゅっちゅむ…ふぅ~、くっくっくっ」

ポーラ「んんぅ…あ~びっくりしました~…いきなり初めての口移しぃ~」

提督「はっははは。ポーラちゃん、ちょっと恨めし気だねぇ。つまり、これが『我々流』のハメの外し方なんだよ。なぁ妙高ちゃん?」

妙高「うふふ…♥おじさまぁ♥この妙高にもぉ…んんぅ~♥」

提督「ちゅむぅ~」

妙高「ふぅんっ♥こくっこくっ…んちゅ♥はふぅ♥ちゅくっちゅぷ♥んうぅ~♥」

ポーラ「ほえぇ~…」

ポーラ(すっごいなぁ~、提督と妙高さん、口移しの後もヌルンヌルンのキス…妙高さんの腕が提督の首にまわされて、妙高さんのおっぱいが提督の胸板にぷりんぷりんして~…)

ポーラ(なるほどぉ~、提督とニホーンの艦娘、薄暗い部屋でお酒を飲みながら、こうしてハメを外してたんだぁ~♥ポーラも仲間に入れてもらおう~♥ちょうど、ポーラも頭がフワフワしてきたしぃ~♥)


506 ◆DbtGHHDsis2019/08/13(火) 23:31:03.53PAXIMlu3O (4/5)

提督「ぷはぁ…ふひひひひ。ポーラちゃんったら、おじさんと妙高ちゃんのキス、楽しそうに見ていたねぇ」

ポーラ「えへへ、はい~♥お酒を飲みつつ、抱き合いながら気持ちよさそう~♥」

提督「お酒を、ってところが先立つようだが、まあ良かろう。ポーラちゃんも混ざるかい?」

ポーラ「ぜひ~♥ザラ姉様もいませんしぃ、楽しいフェスタにしちゃいましょう~♪」

提督「ぐひひひひ。ならば、さっそくフェスタの衣装に変わってもらうとしよう…」


ぐにゅぐにゅぐにゅ~


ポーラ「ふおぉ~?ポーラの周りに、床から細いうねうねが…あわあああぁっ!?」


にゅるにゅるぅっにちゅちゅっ!


ポーラ「やあああぁぁっ!?ちょっ服の隙間から入っ…ひゃっあぁっふいっ♥そこっぬるってぇっ♥」

提督「むふふふふ…我々の流儀に戸惑ってるようだねぇ…しかし、完了したよポーラちゃん」

ポーラ「ふひいぃ~…はぁ、はぁ…ん、あ!?ポーラの服が…!」

提督「当鎮守府名物、艦娘衣装変更だぞ~?デザインは妙高ちゃんと一緒にしたからね。色はワインレッドで決まりだな」

ポーラ「おおぉ~…ぬるぬるってしてただけなのに~凄いですね~!」

妙高「ポーラさんの制服は、あちらの棚に入っています。その格好のまま、部屋から出てはいけませんよ?」

ポーラ「あぁ~、おっぱい丸出しですもんね~帰りに着替えますねぇ~」

提督「さて、コスチュームが決まったところでネタばらしだ。さっき飲んでくれた酒なんだがね」

妙高「ふふふ…♥」

ポーラ「ん~、また床からにょきにょきと…ボトルですか~…何か入ってますねぇ~?」

提督「ウチの秘蔵品だ。おじさんのチンポ漬けの酒だぞぉ~」

ポーラ「ふわわ…ポーラがさっき飲んだのが…はぁっはぁっ♥トーヨーの神秘です~♥」

妙高「ステキなお酒ですね…♥あらあら、ポーラさんのかわいい乳首♥尖って来ちゃってますねぇ♥何せ、おっぱいが完全に露出した衣装ですから…うふふ♥」


507 ◆DbtGHHDsis2019/08/13(火) 23:33:38.80PAXIMlu3O (5/5)

ベリーダンスの衣装(トップレス)ってどんなの?
…お手数ですが、各自でお調べ、ご想像願います。
今回の更新は、ここで終わります。


508 ◆DbtGHHDsis2019/08/14(水) 16:26:37.21W/EPiiF9O (1/5)

提督「さぁて。改まってポーラちゃんに贈杯と行くか」

ポーラ「あはは~さっきはいきなりでしたからねぇ~。こう、提督の首に腕をまわしてぇ~♥」

提督「いいねぇ。ポーラちゃんの柔らかい身体がぺったりくっついて。ぐふふふ、おっぱいがぷにんぷにん~!では、チンポ酒を口に含んで…」

ポーラ「それでは~いただきます~♥んぷんぅ~♥ふちゅ♥んーこくっこくっ♥んにゅ~るろぉれろぉ~♥くちゅるっちゅくっ♥」

提督「ちゅちゅ…ぷはぁ。へっへっへっ、ポーラちゃんとの酒は楽しいなぁ」

ポーラ「ふぅん~♥すっごくおいしいぃ~♥お酒が提督の舌でぬるんぬるんですぅ~♥ワインチョコよりも早く身体がぁ~♥」

提督「ディープな口移し、ポーラちゃんにも効いたみたいだねぇ。おじさんとしても、ポーラちゃんの身体とおっぱいすりすりが効いたよ。おかげで…」

ポーラ「ん~?提督のお股が尖っちゃってますね~?」

提督「そうだろう。この股間に、何が隠れているかって話だ。ちょっと失礼、おじさん立ち上がってみるね」

ポーラ「はい~、どうぞ~…っと、提督の制服が~…」


どろぉどろぉ~


ポーラ「おおぉ~、提督の制服が溶けて、裸にぃ~お股ににょっきりぃ~」

妙高「おじさまのおちんちんですね♥あぁ…亀頭が、おへそにくっついちゃいそう…♥」

ポーラ(妙高さん、あふあふしながら提督のお股の…おちんちんを見てるなぁ。両手を自分のお股に突っ込んで…ポーラも、その辺があっつくなっちゃってるしぃ~♥)

妙高「はぁ~はぁ~♥ポーラさん…おじさまのチンポ酒の、別の飲み方についてレクチャーいたしますね♥」

妙高「おじさまのおちんちんから、精液をびゅるびゅるさせます…こうしてぇ…♥」

妙高「おちんちんをゆっくり撫で撫でしながら、先っちょの膨らんだところにキスを…ちゅ、ちゅむぅ♥」

提督「おおぉ~ふひぃっ…ああぁ~きもちいい~…」


509 ◆DbtGHHDsis2019/08/14(水) 17:54:25.27W/EPiiF9O (2/5)

妙高「んふぅ♥れろぉ~♥ふふふ♥ちゅっちゅっ♥」

ポーラ「ほあぁ~…♥」

ポーラ(妙高さん~すっごい嬉しそう~おちんちんの根元から膨らんだところまで舌でれーろれーろ~♥提督、ときどき腰をヒクヒクさせちゃってるぅ~♥)

妙高「ふふふ♥ポーラさんったら、私のフェラチオ、食い入るように見ちゃってますね♥」

妙高「どうせなら…ご一緒にいかが?」

ポーラ「はぁ~い♥ポーラ、フェラチオに挑戦します~♥ちんちんの硬いところぉ♥ちゅ~♥」

提督「ふひひひひ…この二人のダブルフェラか、想像もしてなかったなぁ」

妙高「おじさま、とっても嬉しそう♥舌にヨダレをたーっぷり乗せて…べちょお♥れ~…♥」

ポーラ「ふわぁ~おちんちんに妙高さんのヨダレがだらぁ~ってぇ♥ポーラのヨダレもぉ…べちょお~♥」

妙高「おちんちんのサオが、あっという間にヌトヌトになりましたぁ♥亀頭…カメさんにも、れ~…♥」

提督「はぁっはぁっ…妙高ちゃんのヨダレが先っちょにダラダラ~あったかくてやらしいぃ~」

ポーラ「あはぁ~♥じゃあポーラ、妙高さんのヨダレをカメさんに塗り塗りします~♥」

妙高「素晴らしいですポーラさん…先っちょの、パクパクしてる穴にも、ヨダレを塗り込んで下さいね♥私は下のタマタマをもみもみ~♥」

ポーラ「ん~…ヨダレとは違うのがぁ…ヌルヌルしてます~しょっぱい~?」

妙高「カウパー腺液ですね♥体液だから、しょっぱいんですよ…おじさまが気持ちよくなってる証拠ですねぇ♥」

ポーラ「はぁ~はぁ~♥においもけっこうしますね~♥ポーラまでぇ~お股とおっぱいがきもちよくなって来ちゃいましたぁ~♥」

妙高「ふふふ…妙高も、丸出しのおっぱいとおまんこがジュンジュンですからぁ♥」

提督「ぐひひひひぃ…おじさんのチンポも、亀頭が膨張してたまんないからねぇ」

ポーラ「はぁ~ん♥このフェスタいいですぅ~♥みんなではぁはぁしながらきもちよくってぇ~♥」


510 ◆DbtGHHDsis2019/08/14(水) 19:46:08.44W/EPiiF9O (3/5)

妙高「見てください…おじさまのカメさん、こんなにパンパンになっちゃいました♥ですので…♥」

ポーラ「ほおぉ~カメさんをれーろれーろしてぇ~わぁ~♥」


くぽおおぉぉ~


提督「おぉほおぉ~…妙高ちゃんの口の中すっげえ…あっあっあっ」

妙高「んふ~♥ぐぷるっんぢゅっ♥ぬぷぷぅ~♥」

ポーラ「おおぉ~妙高さん、カメさんを口にぐっぽりして~ほっぺたボコンボコンしてるぅ~♥」

提督「はぁはぁはぁ…亀頭を咥えて、吸い込みながら、舌で亀頭をれろんれろんしてるんだよっ…くううぅぅっ!」

妙高「んふぅ~ぐっぽぐっぽぐっぽぐっぽぐっぽ♥」

提督「いぎぎぎぎぃ~っ!なんちゅうスロートっ…うぅぅ~っ!」

妙高「んぽあ…はぁはぁ、ふふふ♥おじさまったら歯をくいしばっちゃってます♥妙高のぐぽぐぽがきもちいいんですねぇ♥」

提督「ふーふーふー…うううぅぅっ!」


にちゅにちゅにちゅにちゅっ!


妙高「妙高とポーラさんの共同作業で溜まりに溜まったザーメン♥仕上げの手コキでびゅるびゅるしてくださいねぇ♥ポーラさん、おちんちんの近くに顔を寄せて…♥」

ポーラ「はぁ~い♥ふわぁ~妙高さんの手が~すっごい速さでちんちんにちゅにちゅ~♥」

提督「あぁ~あぁ~…あっでるでるでるでるううぅぅっ!」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


ポーラ「ふやああぁぁんっ♥はわああぁぁ~白いのいっぱぁい♥はあぁ~ポーラの顔にいっぱいぃ~♥」

妙高「きゃあああぁんっ♥ああぁ~顔も髪もぉ…せーしいっぱいですぅ…♥」

提督「はぁっはぁっはぁっ…ああぁぁ~、おひっ!おほおおぉぉ~…ふひひひひぃ、ポーラちゃんも妙高ちゃんも、おじさんの精子まみれになっちゃったぁ~」


511 ◆DbtGHHDsis2019/08/14(水) 22:44:08.32W/EPiiF9O (4/5)

妙高「はぁ、はぁ…ポーラさん、それでは、もう一つの飲み方についてですが…射精後のおじさんのおちんちんをしゅっしゅしてぇ…♥」

提督「ふおぉうぅっ…おおぉ~」

ポーラ「あぁ~♥てーとくのおちんちんから~せーしがにゅるぅ~♥」

妙高「ふふ♥びゅるびゅるしましたが、まだ精子が残っています♥この精子を指ですくって…♥」


ぬるぅ~


妙高「チンポ酒が入ったグラスのふちに精子を付けて…さあポーラさん、召し上がれ♥」

ポーラ「はぁぁ~ソルティドッグみたい~♥いただきます~♥んくっんくっ…♥」

妙高「グラスのふちに、精子が残っていますねぇ♥それを…♥」

ポーラ「もったいないぃ~♥れろぉ~ちゅちゅ~♥はぁぁ~ごちそうさまでしたぁ~♥お口の中にせーしぷるぷるぅ~♥ごっくん♥おいしい~こんなお酒はじめてですぅ~♥」

提督「くっくっくっ…変わった飲み方だがね、気に入ってくれたかな?」

ポーラ「はぁい♥ツンツンしたあとにぃ~しょっぱさが効いてておいしーですぅ~♥」

提督「いいねぇ。新たな飲み方が開発できて、鳳翔ちゃんが喜ぶ…おおぅっ!?」

妙高「おじさまが大量射精してくれましたので、こうしてお掃除します♥れろぉ~れろぉぉ~♥はもぉ♥ぢゅっちゅぢゅっちゅぢゅっちゅ♥」

ポーラ「あんっ♥そうですねぇ~妙高さんとポーラのヨダレでネトネトですもんねぇ~♥」

妙高「ぢゅぽんっ…その通りです♥あと、サオに残った精子を残さず吸い取らなければなりませんから♥さあポーラさん…♥」

ポーラ「はぁ~い♥ポーラもおそーじぃ♥あ~ん♥あもぉ♥ぢゅうぅ~ぐっぽぐっぽぐっぽぐっぽ~♥ん~んん~♥」

妙高「素晴らしいですポーラさん…ぢゅーぢゅーしながら、自主的にちんちんぐぽぐぽ♥おかげで、おじさまのおちんちんがぁ…♥」

ポーラ「ぷはぁ~♥あれぇ~せーしびゅるびゅるしたのにぃ~ちんちんまたおっきくなっちゃったぁ~♥」


512 ◆DbtGHHDsis2019/08/14(水) 22:45:31.15W/EPiiF9O (5/5)

艦娘の痴的好奇心には限度が無い
今回の更新は、ここで終わります


513以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/14(水) 23:45:06.12nuMjDZfL0 (1/1)

やったぜ、ポーラ
おじさんドリンクは飲み放題だぜ


514以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/15(木) 00:37:40.11C6f8DAkDO (1/1)

ザラにも飲ませたれ


515 ◆DbtGHHDsis2019/08/15(木) 18:20:35.05a7eE3jFeO (1/5)

>>513
飲み放題なので、お姉さんやお友達をお誘いして来店していただきたいですね
>>514
飲んでもらった上で、妙高さんたちに『ご協力』いただきたいですね


516 ◆DbtGHHDsis2019/08/15(木) 21:01:35.09a7eE3jFeO (2/5)

提督「ふぅ~ふぅ~、いけないコたちだねぇ?まぁたおじさんのチンポをビンビンにしちゃって…」

妙高「あはぁ♥おじさまの目が狙ってますぅ♥ケダモノみたいに私たちの身体をジロジロ…きゃあああぁぁんっ♥」


がばああぁぁっ!


提督「はぁっはぁっはぁ!妙高ちゃんも、おじさんのチンポをエロい目で見てただろぉ~!?だから押し倒してブチ込んじゃうからねぇ…」


ぷちゅっ、どろぉ~


提督「ぐひひひひ…妙高ちゃんとポーラちゃんの衣装、おじさんの触手でできてるからね」

妙高「溶けちゃいましたぁ♥スリットスカートもパンツもぉ♥だからちんちんブチ込んでくださっ…はあああぁぁんっ♥」


ぬぐちゅううぅぅ~っ!


妙高「しゅごおっ♥しゅごいおくぅっ♥あっイクっイっ…いいいぃぃ~っ♥」

提督「おおぉぉぉっ、おまんこ締まるぅっ…おっ妙高ちゃんのけ反りっ!」

妙高「はぁぁんっ♥はぁ~はぁ~はぁぁ~♥イッひゃいまひたぁ~♥ふあぁっ♥」

提督「ひっひひひひ…予想通り、手前から奥までびっしょりだったねぇ?」

妙高「あぁ~あぁぁ~♥一気にぃ~一気にずんずんしゅきぃ♥おじしゃまのちんちんっ…あっあっあっあっ♥」


ぐちゅぐちゅぬぷぐぷっ!


提督「妙高ちゃん、一気に奥まで突き刺されるの大好きだもんねぇ?そしてぇっ!?」

妙高「やっあっあっあんっ♥ずこずこいいっ♥らめっしゅごおっ♥はやいのしゅきれひゅっ♥んああぁぁっ♥」

ポーラ「んうぅ~てーとくのぉ…おじさまのおちんちん~妙高さんのお股にずっぽりぃ~♥はじめて見ますぅ~♥…ふぃっ!?あっあっあっ♥」

提督2「ポーラちゃんの、おまんこの下からこんにちは~くっくっくっ」


517 ◆DbtGHHDsis2019/08/15(木) 21:37:00.69a7eE3jFeO (3/5)

ぬるんっぴちゃっ


ポーラ「はぁんっあっあっ♥こんなぁっ♥いきなりダメですぅ~っ♥」

提督2「ふひひひひ。ポーラちゃんったら、おじさんと妙高ちゃんのセックス、熱心に覗き込んでたねぇ?自分のスカートとパンツがなくなったことにも気付かないで…うひひひひ」

ポーラ「はわあぁ~♥ポーラのスカートとパンツぅ~んぅっ♥そこれろれろぉ~♥」

提督2「いやね。経験の無いポーラちゃんに、いきなりブチ込む訳にもいかないだろ?まずは、ポーラちゃんのおまんこをほぐしてヌルヌルにしないとねぇ」

ポーラ「ふぅ~ん~んぅ~♥」

提督2「予想以上に濡れてはいたけど、おまんこの奥はわからないからね。いーっぱいぺろぺろしておかねば…大陰唇の裏を全体的に~」

ポーラ「はううぅぅ~♥はぁっはぁっはぁっ♥れろれろとまんないぃ~♥」

提督2「ポーラちゃん、おじさんの頭の両側に手をついてね…そうそう。後は、クンニに集中してくれれば」

ポーラ「はにゅうぅ~はいぃ~♥ああぁぁっそこっそこぉ~っ♥」

提督2「うんうん。舌を二股にして、ポーラちゃんのクリトリスも弄ってあげるね」

ポーラ「はわあぁっ♥んぅいいぃぃ~っ♥」


ぬっちゅぬっちゅぬちゅっ!


提督2「いいねぇ。ポーラちゃんの腰が前後にカクカクし始めたぞぉ?あぁ、気にせずおじさんの顔にぐりんぐりんしててね」

ポーラ「はぅ~はぁうぅ~♥じゅるっ♥あぁ~ヨダレ垂れちゃったぁ~♥あっあっあっ♥」

提督2「オッケーオッケー!ベーネベーネ!どんどん、床にエロい汁を染み込ませちゃおう!くっくっくっ」


どっくん、どっくん…


提督「そうとも。淫靡な…エロエロな汁と空気を充満させないとねっ!ふほほ~床の淫紋もドクンドクンしちゃってるぞぉ~ふんふんふんふんっ!」


518 ◆DbtGHHDsis2019/08/15(木) 22:12:17.08a7eE3jFeO (4/5)

ぱんぱんぱんぱんっ!


妙高「きもちーっ♥きもちーれすぅっ♥ちんちんぱこぱこぉっ…あっあひっ♥あひいいぃぃんっ♥」


ぷしゅっぷぢゅううぅぅっ!


提督「おっおっ…妙高ちゃんもハメ潮しちゃったねぇ~むひひひひ」

妙高「ふあああぁぁ~♥みょうこうもぉ…いやらしいお汁びゅるびゅるしましゅ~♥ふあっなんかでりゅっでりゅぅ~♥」


ぐむぐむぐむ…ずりゅんっ!


提督「んん?ほお、妙高ちゃんから尻尾が生えちゃった」

妙高「へあああぁぁ~♥みょうこう、淫魔になってるぅ~♥いやらしくぅ~♥」

提督「いいことだ、妙高ちゃんがエロく進化してるってことだし…この尻尾、先っちょがチンポみたいに膨らんでるな。握って、れろぉ~」

妙高「やっあっあっあっ♥れろれろらめれすぅっ♥なんかじんじんんっ…♥」

提督「おっおうっ!へっへへ、先っちょれろれろしたら、妙高ちゃんのおまんこが締まってぬちゅぬちゅしてきたぞぉ?なるほどねぇ~」

提督2「ふーむ、妙高ちゃんの淫魔化が進行かぁ…きっと、この部屋のおかげだねぇ」

提督「ならば…この尻尾をちゅぱちゅぱしながら、チンポをずぽずぽすればいい訳だ…ぐひひひひ」

妙高「はぁっはぁっ…ちょっ待っ…あああぁぁぁ~っ♥」


れろれろぉ~ちゅうぅ~
どちゅどちゅどちゅどちゅっ!


妙高「~~~~~っ♥」

妙高「…はあぁっ♥あっがっあっあっあっ♥イッあっ♥いあはあああぁぁぁっ♥」

提督「おおぉうっ!妙高ちゃん、のけ反りながら白目剥いちゃったよ。こりゃ効くねぇ~」

妙高「おがじっ♥おがじぐぅっ♥ふいいぃぃぃんっ♥らめぇ~♥あだましろくぅっ♥おおぉぉ~っ♥」


519 ◆DbtGHHDsis2019/08/15(木) 22:13:39.90a7eE3jFeO (5/5)

明日から、また更新ペースがガタ落ちするんだろうなぁ
今回の更新は、ここで終わります


520 ◆DbtGHHDsis2019/08/16(金) 16:45:09.031WDXJliyO (1/1)

ポーラ「ふあぁ~♥みょーこーさんの顔~すっごいしかめた後にぃ~へにゃあってぇ~♥ひあんっ♥んうぅ~♥」

提督2「むふふふふ…ポーラちゃんも、すーぐあんな顔になっちゃうからね。いひゃあ~小陰唇が充血しまくり」

ポーラ「あぁ~ん♥はむはむしゅごいぃ~♥ふあっなんかみょーこーさんからふわふわきてるぅ~♥」

提督2「うんうん、妙高ちゃんの淫らな波がビンビン伝わってるんだねぇ」

提督「素晴らしいな!なので、妙高ちゃんの尻尾を激しくしゃぶしゃぶ~」

妙高「らめらめらめぇ~♥ふやあぁっちんちんずぽずぽもぉっ♥ふっいっいっ…らめっでちゃうでちゃうぅぅぅ~っ♥」


びゅくんびゅくんびゅくんっ!


提督「ぷわぁっ!ふっおおぉ~…妙高ちゃんの尻尾からびゅーびゅー出たぁ…あれ、透明だな」

提督2「ありゃりゃ、おじさん顔射されちゃったよ」

妙高「ふいいぃ~♥びゅるぅってぇ♥しゃせーしちゃいまひたぁ~♥ああぁ~しっぽじんじんしちゃってましゅぅ~♥」

提督「しょうがないなぁ妙高ちゃん、おじさんより先に射精しちゃって。よっし、おじさんも射精しちゃおう!」


ずちゅずちゅずちゅずちゅっ!


妙高「あっあっあっあっあっ♥ひゃめっイクっぐうぅっ♥あはぁっイッあっあっ♥しゅごっおおぉっ♥おおぉぉ~っ♥」

提督2「さすが妙高ちゃんだ。高速ピストンで連続アクメ…おっ、ポーラちゃんのおまんこも収縮が激しくなって来ちゃって…」

ポーラ「はぁはぁはぁはぁ♥みょーこーさんしゅごいれすぅ~♥しゅごいきもちよさそう~♥」

提督2「ならば、ポーラちゃんはどうなのかな?細い舌触手を挿入して…」


つぷううぅぅ~


ポーラ「ふやあああぁぁ~♥はいったぁ~♥にゅるにゅっんううぅぅ~♥」

提督2「おおぉ~、ポーラちゃんの膣が締まって、おまんこ汁がじゅぷじゅぷぅ~」


521 ◆DbtGHHDsis2019/08/16(金) 17:27:46.0342pul8nwO (1/5)

ポーラ「ふきゅっ♥んきゅううぅぅ~っ♥ふにぃんっ♥あぁ~あぁぁ~♥」

提督2「むぐううぅぅっ!ポーラちゃんのおまんこぐりぐりが激しくっ…むおおぉぉ~っ!」

提督「ああぁ~でそうっはぁはぁはぁはぁっ!」

妙高「ふああぁぁっ♥くるぅ~♥せーしっくるうぅぅっ♥」

ポーラ「はうぅ~ふああぁぁっ♥にちゅってぇ♥おくにきまひたぁ~あぁ~あぁぁ…あはあああぁぁっ♥」


がくがくがくがくっ!
ぷしゅ、ぶぢゅううぅぅ~…


提督2「おおぉっ!ポーラちゃんの初イキだっ!ちょっと潮も吹いちゃったぞぉ~いひひひひっ!」

提督「ほおおっおおっ!おじさんもイくぞっ!あっでるでるでるでるぅっ…おぉあああぁぁぁっ!」

妙高「みょーこーもイキまひゅぅっ♥やらしいしきゅーにせーしっ…ああぁぁ~…はあああぁぁぁっ♥」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


妙高「しゅごおっイッ♥んいいいぃぃぃ~っ♥いきっいっ…ひぃんっ♥ああぁ…はぁ~はぁ~…あはぁん♥しきゅーいっぱいれしゅ~…♥」

ポーラ「はぁ、はぁ…んふぅ~♥ぽーらイッひゃいまひたぁ~♥おまた…おまんこぉ♥きゅんきゅんして~ゆるゆるぅ♥あ~でもぉ~じんじんしてるぅ~…ふぃんっ♥」


にゅるる、つぽぉ


提督2「ポーラちゃんのおまんこから舌触手を抜いて…とりあえず、お股から脱出だ」

ポーラ「はぁぁ~はふうぅ~♥ふにゃあん…♥」

提督2「あらら。ポーラちゃん、床に横になっちゃった」

ポーラ「あしにぃ…からだに力はいらないれすぅ~♥はぁん…♥」


522 ◆DbtGHHDsis2019/08/16(金) 19:58:29.9842pul8nwO (2/5)

提督2「うんうん。なかなかのイキっぷりだったねポーラちゃん。おかげで…」


つつ~、ぴんっ


ポーラ「いやぁん♥おっぱいいじるのらめれすぅ~♥」

提督2「ポーラちゃんの全身の感度が上昇中だ。おまんこも、奥までびっしょりだったしぃ…」

提督「感度が上昇した末に、どうなるかだねぇ。ポーラちゃん、おじさんと妙高ちゃんを見てごらん?」


ぬぬぅ~、ぬぽんっ


妙高「んああぁっ♥ちんちん抜けちゃったぁ…ポーラさん、見てくらさいぃ…うふふ♥」

ポーラ「んぅ…あはぁ♥みょーこーさん脚開いてるぅ~♥おまんこからぁ~♥」


こぷっ、どぅぽぉ


妙高「みえますかぁ?おっきいおちんちんをずぽずぽされた妙高のおまんこぉ♥いーっぱいびゅるびゅるされたせーしがぁ…あん♥」

ポーラ「いっぱいぃ~♥あとからあとから出てくるぅ~♥」

妙高「みっちりしたおまんこでぇ…ちんちんずぽずぽしてぇ…きもちよくなって…しゃせー♥されちゃいましたぁ♥カメさんごりごりしてトロトロのおまんこにぃ♥すっごくきもちーですよぉ♥」

ポーラ「はぁ~はぁ~♥」

妙高「ふぅんっ♥またどろぉってぇ♥かたまりのせーし♥おまんここしゅれひゃいましゅ…あっあっあっあっ♥」

提督「ぐひっぐひひひひ!妙高ちゃんったら、指で精子をおまんこに塗り塗りしちゃって…おっぱいも自分でもみもみかぁ~」

ポーラ「あぁ~あぁぁ~♥んあぁ♥おまんこくちゅくちゅきもちーれすぅ~♥とまんないぃ~とまんないれしゅ~♥」

提督2「おやおやおや…ポーラちゃんまで、つられてオナニーしちゃってる。ぐふふふふ…あぁ~チンポがギンギンだぁ~」

ポーラ「あぁ~ん♥おじしゃまのおちんちん~♥またぐいーんってしてましゅ~♥さきっちょおっきい~♥ぽーらのちんちんしゅごいれしゅ~♥」


523 ◆DbtGHHDsis2019/08/16(金) 20:41:10.6242pul8nwO (3/5)

提督2「くっくっくっ。そうとも、このチンポはポーラちゃんのモノだ…ほぉ~ら」


ぷちゅり…


ポーラ「ふみゃ~ん♥ちんちんぷちゅってぇ~♥」

提督2「すでに、大陰唇が開いていたからね。チンポの先っちょが、ポーラちゃんの膣口に潜り込んじゃうよ」

ポーラ「はぁ~はぁ~♥ちんちんあつぅい♥んうぅぅ~♥」

提督2「いや~嬉しいなぁ。ポーラちゃん、アヒアヒしながらチンポを迎えてくれるんだねぇ。ふほっポーラちゃんの腰がカクカクして…」


ぷるんっにちゅっ


ポーラ「きゃあんっ♥こしゅれっこしゅれぇ~っ♥」

提督2「はっはは、跳ねたチンポが、ポーラちゃんのクリトリスをツンツンしちゃった。ポーラちゃんのクリトリス、おじさんのチンポ並みにピンピンだったねぇ」

ポーラ「いじわるぅ♥いじわるれすぅ~♥ふあっあっ…♥」


ぬちゅ、むむぅ~


提督2「むふふふふ、いじわるし過ぎたねぇ。改めてチンポを膣口に…おぉっ…!」

ポーラ「ああぁ~ふくらんでりゅ~♥ぽーらのおまんこふくらんっ…あふっ♥」


ぐぽぉ…ぷちゅ


提督2「ふぅ~ふぅ~…よーしポーラちゃん、おまんこに亀頭が入ったよ。むぅ、隙間から汁が」

ポーラ「ふあぁ~♥ぽーらにもおちんちん~♥おちんちんずぽぉってぇ~♥あっあっあっ♥」

提督2「むむぅ…じわじわ挿入して行くからねポーラちゃん。深呼吸しながら…痛かったらガマンしないでね」

ポーラ「はいぃ~♥ふぅ~はぁ~はぁぁんっ♥ほんとにごりごりゆってるぅ~♥あつくてかたぁい♥あっあっ…きゃんっ♥」


ずちゅうぅ…


ポーラ「あぁ~あぁ~♥いっぱいぃ~♥ちんちんいっぱいれしゅ~♥おくぅ~ずちゅうってぇ~♥」


524 ◆DbtGHHDsis2019/08/16(金) 21:50:23.3742pul8nwO (4/5)

提督2「はぁ~はぁ~…痛くない?ポーラちゃん」

ポーラ「らいじょぶれすぅ~♥ちょっときついれすけど~…はぁぁ~♥おちんちんしゅごいぃ~♥こんなにぃ…ぽーらの中がいっぱいぃ~♥」


ぬぐちゅううぅぅ…


提督2「ほおおぉぉ~…チンポが、ポーラちゃんの膣壁でじっくり締め付けられて味見されてるみたいだなぁ…」

ポーラ「えへへぇ…♥さきっちょぶっくりしてぇ~反りかえってるぅ~♥あっぴくってしたぁ~♥」

提督2「はっはは…やはり、ポーラちゃんは、チンポの味にも長けているようだ…そしてね」

ポーラ「ふぇ…?あっあっあっ♥ちんちんぐりぐりぃ~♥なかぐりぐっ…んううぅぅ~っ♥」

提督2「へ、へへへへ…妙高ちゃんの説明通りだろ?ポーラちゃんの膣壁を、ガン反りチンポでずぽずぽして、おまんこをトロトロにするんだ…ワンストローク動いたけど、大丈夫かな?」

ポーラ「らいじょぶれすぅ~♥おへそから下がヒクヒクしましゅけどぉ~♥もうちょっと動いて欲しい~♥」

提督2「素晴らしいなポーラちゃん!おじさんはタマがヒクヒクするよ…ちゅむぅ~」

ポーラ「ふむぅ~♥あむちゅ♥ちゅろっぴちゅ♥ぷはぁ~キスぅ~♥あっあっあっ♥」


ぬぐぷぷぷ…ずにゅ~
ぬぐぷぷぷ…ずにゅ~


ポーラ「あぁぁ~♥ちんちんとまんなひぃ~♥はぁっはぁっあんっ♥ちんちんもキスしてりゅ~♥おくにちゅっちゅっ♥」

提督2「いろんなキスがあるからねポーラちゃんっ!あぁ~ポーラちゃんの膣壁きもちいい~はぁっはぁっはぁっはぁっ!」

妙高「すてきぃ…ポーラさん、初めてのおちんちん、美味しそうにずぽずぽ食べちゃってますねぇ♥あはぁ…妙高の顔のせーし♥乾いてばりぱりしてきちゃいましたぁ…れろぉ♥」

提督「おぉんっ!妙高ちゃんの舌が伸びて、おじさんのチンポに巻きついちゃって…おぉ、耳たぶもとんがってきちゃってるぞぉ」


525 ◆DbtGHHDsis2019/08/16(金) 21:52:39.7742pul8nwO (5/5)

進化する妙高、魔界に片足突っ込んでいるポーラ…いいですねぇ~けど、エステの『エ』の字も無い…
今回の更新は、ここで終わります


526以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/16(金) 22:03:10.18NZjPWYF1O (1/1)

乙乙
エステ成分はポーラが散々イッてから我に返ったら
体調良くて頭スッキリしていてデトックス効果しっかり作用したの確認してから
妙高さん共々更に効果を高めようってことで今よりグッチョグチョに
とかで良いんでないかね


527以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/16(金) 23:17:08.28vg2nn5TX0 (1/1)

妙高さんエロス 尻尾の淫液注入でポーラを堕とす


528以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 09:32:56.57xnI5OEBU0 (1/1)

尻尾生やせるくらいだし、そのうち自力で大淀さんやアイオワさんレベルまで形態変化できる艦娘が出てきそう


529以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/17(土) 10:55:44.14dfebjRJDO (1/1)

この調子だとフンドシおばさんいそう


530以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/18(日) 03:29:17.70LYvzq7NDO (1/1)

巨大チンポ(提督)を挿入する巨大マン○(嫁達)


531以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/18(日) 14:27:02.06KYCZnGIrO (1/1)

アイオワあたりなにしてんだろう



532以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/19(月) 23:41:37.04Qen2qQi90 (1/1)

何故か身長5Mのアイオワを妄想した、艤装無しでも強くなれるよう特訓してんじゃね?


533以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/21(水) 00:49:48.05kTsMMGBw0 (1/1)

フンドシおばさんは赤城が似合いそうだしダンベルで鍛えてそうだ




534以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/21(水) 22:27:50.46c3wbxUbS0 (1/1)

妙高さん変わり過ぎ問題


535以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 01:06:08.21cHVv1TrDO (1/1)

艦娘の変身が見れるのは嬉しい 鹿島は妙高に先を越されるとは…


536以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 21:21:04.15+ApL1DdO0 (1/1)

重巡勢は漏れなく淫魔の素質があると思う


537以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/24(土) 19:47:08.56i8YX+yZDO (1/1)

つか褌おじさん我慢できずに他の艦娘とヤってるでしょ
チンポ風呂はどう描くのかな、明石サンが乱入したら面白そう


538以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/24(土) 20:17:56.377GVP0G2zO (1/1)

チンポ風呂がどんなものかは以下過去スレを参照
【艦これ】提督「今日は皆さんに犯し合いをしてもらいます」【安価】
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1513760608/


539 ◆DbtGHHDsis2019/08/24(土) 22:33:04.59nxJ0SdvmO (1/1)

一週間以上更新できず申し訳ない。今日もムリだし、せめてコメ返し

>>526
乙乙ありがとう。デトックス効果っつーか、何か別なモノが入ってくる感じだろうか。ポーラにとってはマイナスにはならないだろう
>>527
エロにノリノリの妙高さんで良かった。ポーラにも色々注入してやって欲しい
>>528
むしろ、カッコガチ組との融和・融合を目指して欲しいかな?みんなでエロエロに進化しましょう
>>529
映像解析室にて、その正体がわかるかもしれない
>>530
一瞬、考え込んでしまった。チ○ポ風呂を飲み込むマ○コ風呂?
>>531
真面目な話、登場しない艦娘は、通常業務に取り組んでいる。鎮守府が正常に運営されてこそのエロ話だし
>>532
本人がでかくなれば、艤装もでかくなるんだろうなぁ。彼女、撃つの大好きそうだからね
>>533
明日の執務艦は、フンドシ赤城で決まりですね
>>534
確かに変わり過ぎだ…が、淫魔化の先駆けとして適任だと思う
>>535
鹿島も、先を越されたが、最終的に同じレベルに追い付いてくれるはず
>>536
改めて…重巡ってエロいな。海外艦もまだまだ来て欲しい
>>537
まあまあ…フンドシおじさんと青葉の、二人っきりの世界だ。摩耶にも参考になるんでないかな?
>>538
探してくれてありがとう。どっかの財団の管理・監視対象になりかねない触手エロおじさんですね


540以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/31(土) 12:33:20.73+0aw9SpjO (1/1)

大淀3「8月も終わりですね~」ドピュ


541以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/31(土) 21:01:03.45C+fElpcp0 (1/1)

ちんぽ風呂に最上ん棒が混ざってそう


542以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/31(土) 23:31:28.34p9xpuNFp0 (1/1)

ポーラに尻尾生えたら其処から御酒がでるイメージ


543以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/01(日) 14:21:57.43xuAJl+ADO (1/1)

九月乙 褌編が気になる


544以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/01(日) 22:21:39.59rhcv2k9e0 (1/1)

青葉と提督は増殖までイってほしいデス


545以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/04(水) 22:01:33.94ttb9bJrH0 (1/1)

ポーラ「見てください~。ポーラが触った液体はみんなお酒になっちゃうんです~」
提督「ミダス王だ、これ」
憲兵「憲兵だ!酒税法違反で逮捕する!」
提督「おっと」




憲兵「んほぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ」
提督「彡(^)(^)」



546以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/05(木) 00:30:51.44RzIMi2ZDO (1/1)

憲兵他♂が女体化する際は提督ガチ嫁に掘られるのか挿れられるのか、女性提督化or男の娘化すればいい(迷案)。そうだろ時雨くん!


547以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/05(木) 18:28:07.686OUrTlaa0 (1/1)

摩耶さま頑張って


548以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/06(金) 23:15:04.53Z89shxKr0 (1/1)

バスツアー魔界編とか・妙高「じゃけん淫紋しましょうね~(^^)」・艦娘「おほぉ」


549以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/07(土) 12:12:14.422fNksX0r0 (1/2)

>>546

逆に提督と一緒に女体化して艦娘に調教される妄想をしたら興奮した...( *´ Д `)


550以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/07(土) 12:13:49.702fNksX0r0 (2/2)

sage忘れた...。すまんぬ...(* ´ Д `)


551以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/14(土) 06:18:07.24w7YRiesDO (1/1)

妙高とポーラ…魔界鎮守府だね…


552 ◆DbtGHHDsis2019/09/15(日) 19:51:33.51dFHLx/+2O (1/1)

いい加減、更新しないといけないのになぁ…
>>540
九月も終わりそうな勢いですよねぇ…
>>541
「最上が装着した後の棒」ならあり得るかもしれない
>>542
艦娘が一口でも飲んだら、トランス状態になりかねない酒なんだろうなぁ
>>543
割とイチャイチャ系な話を予定しているけれど…先のことは分からないなぁ
>>544
増殖したおじさんにメチャクチャされる青葉っていいよね
>>545
憲兵(女体化)編もいいけど、オリキャラだし…タイミングを見てヤリたい
>>546
時雨って、なんていうか…体つきがエロいっすね(直球)
>>547
頑張って欲しいが…このスレ内で完了できるか不安になっている
>>548
鎮守府の深淵を覗きこむ探訪ツアーになってしまう。参加者は全員、無事には済まない
>>549
>>550
ageたのは気にしないでね。提督の女体化もいいが、きっと触手一本分がダメになっちゃいそう
>>551
次に仲魔入りするのは誰だろう?楽しみです


553 ◆DbtGHHDsis2019/09/16(月) 21:15:15.95mnisiEvoO (1/4)

妙高「んふぅ~♥はぁ~はぁ~♥」


ぬちゅりゅっむりゅりゅぅ~
ぐちゅっぐちゅっぐちゅっ


提督「ぐひっ!ふひぃ~っ!巻きついた妙高ちゃんの舌っ!チンポをぐりんぐりんしながら締め付けっ…おうっ」


ぢゅるるんっ!


妙高「うふふ♥おじさまのちんちん♥舌で巻き巻きしたらガチガチにぃ♥ああぁ…反りかえって、妙高のヨダレでヌトヌトのおちんちん…♥」


ぬるうぅ~


提督「はぁ~はぁ~…妙高ちゃん、おじさんのチンポに頰づりしちゃって…妙高ちゃんの顔までヌトヌトにぃ~」

妙高「はぁん♥ちんちんからカウパーにゅるにゅるぅ♥妙高の顔に塗り塗りしたいんですねぇ♥すてきぃ♥艦娘にずぽずぽするとアヘアヘになっちゃう、すてきなおちんちん…♥」


ぬちゅりゅぬちゅりゅ


提督「はぁーはぁーはぁぁー」

妙高「あっあっあっ♥ちんちんシコシコしたら、おじさまの腰がカクカク~♥」

提督「妙高ちゃんっ妙高ちゃんっ…ち、チンポのっ、亀頭っ、全部シコシコしてくれっ…あっあっあっあっ」


ぬちゅぬちゅぬちゅぬちゅ


妙高「はぁはぁはぁっ♥せーしでちゃいますぅっ♥またぁっ♥みょーこーの顔がせーしまみれにぃ~♥」

提督「精子っ、精子を重ね塗りしてあげるっ…あっでるでるでるでるぅっ!」

妙高「はぁぁ~…きゃんっ♥ふやあああぁぁぁ~っ♥」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!
どくどくどくどくどくっ!


妙高「はああぁぁんっ♥あっあっ…あはぁ♥見ちゃいまひたぁ♥カメさんがぶくってして、せーしびゅるびゅるするのぉ…♥」

妙高「んうぅ…♥せーしあつぅい♥顔いっぱいにぃ…すごいぃ♥おじさまぁ♥せーしありがとうございましゅ…♥」


554 ◆DbtGHHDsis2019/09/16(月) 21:56:47.90mnisiEvoO (2/4)

ぬぶっぐちゅっぐちゅっぐちゅっ!


ポーラ「あっあっあっあっ♥そこいい~♥そこにこすれっ♥こしゅれるのぉ~♥」

提督2「はぁっはぁっはぁっ!ふへへへへ…おへそと膣口の間辺りかな?よしよし…!」

ポーラ「ひあぁぁ~♥しゅごおっ♥しゅごいこしゅれぇっ♥あっらめれすっあっあっ…あはあぁぁ~っ♥」


がくがくがくがくっ!


ポーラ「んううぅぅ~っ♥ふんうぅ~っ♥ふはぁっはぁっはぁぁ~♥」

提督2「むううぅぅ~…はぁはぁはぁ…いいねぇポーラちゃん、チンポが隙間なくぎゅーぎゅーされちゃったよ」

ポーラ「はううぅぅ~♥チカチカしましゅ~♥おまんこぉ~…ぽーらがトロトロにぃ…あぁんっ♥とまんないぃ~♥ちんちんとまんなひぃぃ~♥」

提督2「ポーラちゃんがイクの見てっ…おじさんもイきそっ!はぁはぁはぁはぁっ!」


どぢゅどぢゅどぢゅどぢゅどぢゅっ!


ポーラ「イッあっあっ♥あっまたぁ~♥ふにゅん~♥しゅごっらめぇ~えあぁんっ♥とまんないれしゅ~♥しゅごひのとまんなひぃ~っ♥」

提督2「ポーラちゃんがっチンポずぽずぽで連続イキっ…あっもっムリぃっ!あぁぁ!あぁおおおぉぉっ!」

ポーラ「あっおくぅっ♥ちんちんぐちゅってぇ…ふあぁ~♥」


どびゅっ!びゅるぅっ!
どくっどくっどくどくどくっ!


ポーラ「ふにゃああぁぁ~っ♥でてるぅ~♥しゅごいでてぇっあああぁぁぁ~っ♥あんっ♥あふぅんっ♥あぁぁ~…はぁん…♥」

提督2「はぁ~はぁ~…すげぇ射精ぃ~…膣内射精でポーラちゃんイッちゃったぁ…ふへへへへ」

ポーラ「はぁ~はぁ~…♥えへへ♥おなかいっぱひぃ~♥びゅるびゅるでぇ…ぽーらしゅごかったぁ~…♥」


555 ◆DbtGHHDsis2019/09/16(月) 22:43:02.50mnisiEvoO (3/4)

ポーラ「ふにゅうぅ~♥お酒もおいしーけどぉ…おちんちんもおいしかったれしゅ~♥あ~♥ここにも~おちんちん~♥」

妙高「きゃあぁぁんっ♥ポーラさんっ私のしっぽ…あっあっ♥」

ポーラ「んっんぅ~♥れろぉれろぉ~♥こっちのおちんちんもおいしーれすぅ~♥」

提督2「くっくっくっ。ポーラちゃんったら、妙高ちゃんのしっぽをちゅむちゅむしながら自分のお腹を撫で撫で…おや?ポーラちゃんの下腹部に淫紋が…」

ポーラ「はぁ~はぁぁ~♥おなかあつくてぇ~なでなできもちいーれすぅ~♥ちゅぴぃ♥」

提督2「うんうん…ポーラちゃんも、エロさに不足は無い訳だ。ポーラちゃん、おじさんの右手を見てごらん?」

ポーラ「ふぇ~?あぁ~♥おじさまの手のひらにぃ~いやらしいのがぁ~♥」

提督2「そうとも。この手のひらを、ポーラちゃんの額にぃ…」


ぐちゅううぅぅ~


ポーラ「ふやああぁぁ~♥なんかぐちゅってぇ~♥」

提督2「仕上げだよポーラちゃん。今回だけでなく、これから先も、エロエロに楽しむための…洗礼だね」

ポーラ「あぁぁ~淫魔になっちゃうぅ~♥あっあっあっあっ♥」


がくがくがくがくっ…


ポーラ「しゅごひいいぃ~♥あたまにびゅるびゅるぅ~♥あたまにはいってりゅぅぅ~♥しゃせぇー♥あたまにしゃせーきてまひゅぅ~あああぁぁぁ~♥」


びくんびくんびくんびくんっ!


提督2「おおおぉぉっ!おぉっ…さて、ポーラちゃんの額から手を離すと…」

妙高「あはぁ~♥ポーラさんの額にぃ…淫紋がくっきりぃ♥すてきですポーラさん…♥」

ポーラ「あぁ~♥あぁぁ~♥あたまにしゃせぇー♥ぽーら淫魔になっひゃいまひたぁ~♥あんっ♥」

提督2「ポーラちゃん…次は、お姉ちゃんも仲魔に入れてあげようね」

ポーラ「はぁい♥ザラねーさまと一緒にぃ~おじしゃまのちんちんれろれろしますねぇ~♥」


556 ◆DbtGHHDsis2019/09/16(月) 22:44:46.24mnisiEvoO (4/4)

ポーラの洗礼を持って、ポーラ編は終わり。次は青葉とヌチャヌチャだ
今回の更新は、ここで終わります


557以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/16(月) 22:45:22.76tgEyzgiIO (1/1)

えっちでいいね~


558以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/16(月) 22:56:16.86ABA45G5DO (1/1)

青葉が褌をはく


559以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/17(火) 10:46:04.56TICgFrGhO (1/1)

青葉、恵体になりそう、腹筋付きで


560以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/17(火) 11:35:44.49icUJoNw5O (1/1)

恵体(長距離航行ができるようお腹の燃料タンクをおじさんに容量拡張改修&満タンされた)


561以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/17(火) 19:52:21.88qA6BGeKDO (1/1)

モリマンと化したフンドシ青葉


562以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/17(火) 19:56:37.942jPeUS0wO (1/1)

青葉のクリはまだ皮被り矯正で敏感なままなのかな?


563以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/18(水) 00:20:29.03qE2LIEuu0 (1/1)

ポーラが妙高の尻尾をチン●と間違えるシーン好き


564以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/18(水) 00:57:21.07kKvmZUuDO (1/1)

クリトリス肥大化で触手オナホ搾精される青葉、ニコニコ笑うフンドシ提督


565以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/18(水) 22:53:02.45p5Cskbpy0 (1/1)

おじさんのプロテイン(白濁)を注入されるんですね、分かります


566以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 01:13:23.01A52UfS9DO (1/1)

明石撮影班(撮影・音声・照明・配信・触手)青葉、醜聞騒動で復讐されるの巻


567以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 13:35:19.79u898vMdiO (1/1)

青葉はいじめたくなる、ちょっと



568以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/22(日) 22:54:36.62eIGHemIa0 (1/1)

「整体レイプ!褌一丁と化した提督」


569 ◆DbtGHHDsis2019/09/25(水) 15:58:43.75OEwft9++O (1/5)

>>557
ありがとう。もう少し、ポーラの脳内がおじさんでいっぱいになる描写をしたかったけど
>>558
フンドシもいいけど、今回は紐ビキニ(青)でイクぞぉ
>>559
腹筋青葉かぁ…案外、脱ぐと凄いのかもしれないなぁ
>>560
エロの長距離航行か。脳内と心肺機能を鍛えた方がいいかな
>>561
さらに永久脱毛もすると、羞恥心も高められそうだ
>>562
さすがに、通常時は、表皮で保護できるようになっていて欲しい気もする
>>563
いいところに目をつけてくれて嬉しい
>>564
こういったキワモノ体験も記事にして欲しいよねぇ
>>565
最終的にはね。筋肥大効果は無さそう
>>566
おじさん軍団にマワされるシーンを、鎮守府全体に放送される…のかも
>>567
ちょっとだけね。両手をバンザイ状態で軽く押さえてね
>>568
青葉の第二弾は、これで決まりだ


570 ◆DbtGHHDsis2019/09/25(水) 16:56:30.13OEwft9++O (2/5)

青葉「失礼しまーす…えへへ♥」

提督3「いらっしゃい、青葉ちゃん。くっくくく」

青葉「控室に入ったとたん、青葉の服が水着に変化しちゃいましたねー♥」

提督3「そうだろう。その格好で施術していくって訳だ」

提督3「ホルタービキニとタイサイドビキニの組み合わせ。色は、上下とも青で統一…シンプルながらもセクシーだよねぇ」

提督3「むふふふふ…紐っていいよねぇ。おじさんの、いちばん好きなデザインなんだがね。青葉ちゃん的にはどうかな?」

青葉「え、えっと…正直、みんなの前で着るには…恥ずかしいかなぁ…♥」

提督3「そうか。まあ今回は、おじさんと二人きりだからね」

提督3「青葉ちゃん、恥ずかしそうに縮こまりながらも、おじさんにチラチラ視線を送っちゃってるねぇ。せっかくなので、おじさんの格好について、青葉ちゃんから説明してくれるかな?」

青葉「は、はい♥そのぉ、おじさんはフンドシ一丁…です♥すっごい筋肉が…モコモコしてます♥汗が…うっすら浮いてキラキラして…♥」

青葉「ふ、フンドシが…盛り上がっちゃってます♥赤いフンドシが、上にもっこりして…さ、先っちょの色が変わっちゃってます…♥」

提督3「控室に入った青葉ちゃんのさ、『はわわ!青葉の服がぁっ!?あっ…水着になっちゃったぁ…♥』って声を聞いて、先っちょがヌルヌルしてきちゃったんだよねぇ」

青葉「や、やだぁ…♥」

提督3「くっくっくっ。しかし青葉ちゃんも、顔がニヤけちゃってるからねぇ」

提督3「そして…今回使用するのが、この特殊ローションだ」

青葉「ボトルに入った…色は透明ですねぇ。匂いは…うん、無臭ですねぇ」

提督3「明石ちゃん特製だ。肌のキメが整う効果があるそうだ。発汗性も高いらしい」

青葉「それだけ…ですか?」

提督3「明石ちゃん特製だぞぉ?ここからは、実際に使用してのお楽しみってヤツだ。ぐひひひひ」

青葉「やぁん♥おじさんの目がぁ…一気にいやらしくなっちゃいましたぁ♥」


571 ◆DbtGHHDsis2019/09/25(水) 18:52:30.90OEwft9++O (3/5)

提督3「さてさて、青葉ちゃん。さっそく施術台に、うつ伏せになってもらおう。腕は前に、顔の下にね」

青葉「は、はい♥」


ぎしっ…


提督3「うんうん。青葉ちゃん、肌がキレイだねぇ。首筋、背中、太腿の裏、ふくらはぎ。ツヤツヤのキラッキラ」

青葉「あ、ありがとうございます…♥」

提督3「ローション塗り塗りが楽しみだよ。ではビキニの紐を解いていくぞぉ、首からね」


するするぅ~


提督3「うーむ…」

青葉「お、おじさん…手が止まっちゃいましたけど。どうしたんですか?」

提督3「あ、いや。こうやって、女性の水着を脱がせるの初めてでさ。不思議な感動が…では次、背中部分をするする~っと」

提督3「紐をサイドによけて…青葉ちゃんの背中があらわに…くくく」

青葉「お、思ったより、背中がスースーしますねぇ…♥」

提督3「ほう。女性側からしても、そう感じちゃうんだ。紐といえど、バカには出来んもんだ」

提督3「うつ伏せだから、青葉ちゃんのおっぱいが柔らかく潰れちゃってるのが良く見える。脇もキレイだ」

青葉「ああぁ♥観察しないでください…♥」

提督3「ふひひひひ…青葉ちゃんの肌が、恥ずかしさで赤くなっちゃって。汗も少し浮いてきたようだ」

提督3「さらに…パンツの紐も解いちゃうぞぉ~いひひひひ」


しゅるしゅる~


青葉「そ、そっちもですかぁ?あぁんっ♥」

提督3「当然じゃないか青葉ちゃん。これこそ男のロマンなんだからさ」

提督3「両脇とも、紐が解けちゃった訳だが…青葉ちゃん、現状の感覚についてリポートしてくれるかな?」

青葉「り、リポートって…えっとぉ…」

青葉「む、結んでた紐が解けて…み、水着が浮いてるみたいで…はぁはぁ…♥」


572 ◆DbtGHHDsis2019/09/25(水) 19:50:51.71OEwft9++O (4/5)

提督3「むふふふふ。青葉ちゃんの目が潤んでキラキラしてきちゃったね。おじさんもつられて、チンポがジクジクしてきちゃってるぞぉ」

青葉「んうぅ~♥ホントだぁ♥フンドシがさっきよりもっこりしちゃってますぅ♥」

提督3「へっへへ、だろう?かわいい青葉ちゃんが、おじさんをコーフンさせちゃってるんだよ。だからぁ…」


どろおぉぉ~


青葉「ひあぁんんっ♥背中にどろどろってぇっ♥」

提督3「特製ローションをぬーりぬりしていくからねぇ~いひひひひ」

青葉「はぁはぁ…はあぁ~♥あったかいローションですねぇ♥きもちいい~♥」

提督3「体温程度に温めておいたんだ。肌に馴染みやすいようにね」

提督3「青葉ちゃんの肌、本当にキレイだなぁ。ローションの滑りが素晴らしいよ」

青葉「あ、ありがとうございます♥はぁ~はぁ~♥んぅ♥」

提督3「背中全体にぬーりぬーり…襟足もね」

青葉「ひあぁぁっ♥」


びくびくっ!


提督3「おやおや。青葉ちゃんは襟足が敏感なのね。ぐひひひひ」

青葉「い、いえその…ふいいぃぃっ♥」

提督3「脇と脇腹もね。気分はどうだい青葉ちゃん?」

青葉「はぁはぁ…はんっ♥す、すみませ…くうぅんっ♥」

提督3「うひひひひ…女の子にローション塗り塗りって楽しいねぇ。はぁ~はぁ~」

青葉「やぁん♥おじさん息荒いですぅ♥な、なんか汗の匂いがツンツンしてきちゃってるよぉ♥」

提督3「ぐふふふふ。おや青葉ちゃん、太腿がもじもじしちゃってるねぇ?よしよし、こちらもローションをぬーりぬりしてあげようねー」

青葉「あっあっあっ…♥うわあぁ~すっごいヌルヌルぅ~♥なんかローションがあつくなってきちゃってるような…♥」


573 ◆DbtGHHDsis2019/09/25(水) 19:58:57.95OEwft9++O (5/5)

更新期間が長くなりつつ、しかもチビチビ書き込みで申し訳ない
今回の更新は、ここで終わります


574以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/27(金) 23:10:31.32CnH8yZLO0 (1/1)

明石特製のローション(ゴクリッ


575以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/29(日) 00:07:11.436YBzDAeA0 (1/1)

乙 そのローションに秘密が、、、?


576以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/29(日) 02:11:14.82/C9ynx6DO (1/1)

○○嫁「青葉ネチョヌチョ確定」


577以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/29(日) 13:10:43.31KikoeuyUO (1/1)

◯んこ酒みたいなローション?


578以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/01(火) 20:09:27.65LmJI7+1b0 (1/1)

おじさんのバリエーションは異常
その反面で嫁はんたち割喰ってる感じ、頑張れ



579以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/04(金) 12:49:49.68fkBDTn9tO (1/1)

明石のことだから何か入ってんだろう 何か


580以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/05(土) 00:54:51.050aUH0vn20 (1/1)

明石「うふふ。そりゃあ入ってますよ……ビタミンC!」
大淀「ビタミンB!」
間宮「着色料保存料ゼロ!」

三人「元気はつらつ!」


581 ◆DbtGHHDsis2019/10/07(月) 18:36:27.36lmWprk9IO (1/5)

10月に入ったってのに、まるで更新できないなぁ…
>>574
生ツバ飲むほどのモノかどうか…
>>575
乙ありがとう。秘密は、あるっちゃあるけどねぇ
>>576
さて、○○には何が入るだろう?
>>577
どんな成分が入ってるか…説明の機会があるかな?
>>578
異常ってほどでもないと思うが…そのバリエーションのおかげで、艦娘が輝くってこともある…はず
>>579
明石のことだからね。期待してるよ明石ちゃん
>>580
こういう、爽やか三人組なら良かったのにねぇ


582 ◆DbtGHHDsis2019/10/07(月) 19:42:12.51lmWprk9IO (2/5)

提督3「太腿の次は、ふくらはぎだね~。いやぁ、キレイな脚だよねぇ~ぬーりぬーり」

青葉「あ、ありがとうございます…ふやあぁ~♥」

提督3「そして…いよいよお尻をぬっちゃぬちゃする…と。ローションも足さねばならんなぁ」

青葉「あっあっ…トロトロぉ~♥あったかいよぉ~♥」

提督3「むひひひひ。ローションが足されたところで…イクよ青葉ちゃん」

青葉「は、はひ…ひあぁぁ~♥」


ぬぷるっぴちゃっにゅりぃ~


青葉「はぁ~はぁ~♥ふあああぁぁ~♥」

提督3「青葉ちゃんの、形がグッドなお尻をマッサージマッサージぃ~感想あるかい?青葉ちゃん」

青葉「あっあのっ♥おじさんの手がぁっ♥ゴツゴツの手がすごいですぅっ♥おっきい手がヌルヌルぅってぇっ♥」

提督3「いいねぇ青葉ちゃん…よーし、これくらいかな。さて、今度は仰向けになってもらおうかな」

青葉「はぁ、はぁ…はぁい♥」

提督3「ふーむ。青葉ちゃんの肌に、うっすら汗が浮いてるね。このまま、ガバッと覆い被さると気持ちいいだろうなぁ」

青葉「はぁ~はぁ~♥」

提督3「おっと、ぐひひひひ。青葉ちゃんの目にハートマークが浮かんじゃったねぇ。しかし、ここはエステルームだからね」


とろおぉ~


青葉「はぁんっ♥」

提督3「マッサージを続行だ。お腹にローションをとろぉ~っとね」

提督3「お腹の正面と、脇腹もね。むう、ムダな肉が無い。かといって痩せすぎって訳でもなく…素晴らしいバランスだぞ青葉ちゃん!」

青葉「あっありがとうございまっ…ひあぁんっ♥」

提督3「あばらの辺りをマッサージしただけだがね。意外な性感帯だったりしたかな?ふひひひひ」


583 ◆DbtGHHDsis2019/10/07(月) 20:35:42.90lmWprk9IO (3/5)

提督3「あばら辺りを集中的に攻めてもいいが…さらに上も行ってみるか。おっぱいの脇を通りつつ…」


ぬぷちゅっ!


青葉「そっそこダメっ!ひゃあああぁぁっ!」

提督3「同じ脇でも、肩の脇だぞぉ~いひひひひっ!」

青葉「そこヤバいですっ!あうあっうきいっ!ひゃははははっ!」

提督3「うーむ、性感帯を通り過ぎてくすぐったいだけか?仕方ない、肩から二の腕に行くか」

青葉「はぁ~はぁ~…す、すみません…ふうぅ~」

提督3「まあね。大事なのは『ローションを全身に塗り込む』ってことだからさ」

青葉「そ、そうなんですか…ふやんっ♥指先まで…♥」

提督3「青葉ちゃんの指ってキレイだねぇ。そのキレイな指がヌルヌルに…くっくっくっくっ」

青葉(わ、わ…よくよく見ると…おじさんのフンドシの前…さっきよりおっきいよぉ~♥)

提督3「むふふふふ。キレイな青葉ちゃんを、怪しげな液体でヌルヌルにしているってのに興奮しちゃってるんだよ。ふひひひひ」

青葉「ありゃ、視線がバレちゃってますねぇ…えへへ♥」

提督3「なぁに、構わん構わん!指の次は、どこに行くかな?」

提督3「ふっふっふっ…光り輝く太腿にしよう!ローションを足して~」


とろおぉ~ぬっちゃあぁ~


提督3「いやぁー素晴らしい!ツヤッツヤのプルップル!表現の乏しいおじさんでスマンなぁ青葉ちゃん」

青葉「い、いえ…はぁはぁ♥」

提督3「しっとりした肌触り…すねも、くるぶしも、足の甲も、かかとも…足の指先も…いひひひひ」

青葉「はぁはぁ♥やんっ♥足の指の間までぇっ♥」


提督3「ふむ…『ほぼ』全身にローションを塗り込めたね。青葉ちゃん、既に放心状態だけど…くっくっくっ」

青葉「はぁ…はぁ…き、きもちよかったですぅ…♥」


584 ◆DbtGHHDsis2019/10/07(月) 21:12:09.24lmWprk9IO (4/5)

提督3「さてさて、今回ぬりぬりした特製ローション…だいぶ馴染んできたんじゃないかな青葉ちゃん」

青葉「はうぅ~♥身体あっついですぅ…って、えぇっ!?」


ぬぷりぃ、ちょぷぷ…


青葉「わあああぁぁっ!?あっ青葉の脚がっ!?ひえぇっ腕もぉっ!?」

提督3「青葉ちゃん落ち着いて。深呼吸しながら、本来の自分の身体がどんなものか想像して…」

青葉「すぅ~はぁ~…あ、元の身体に戻ったぁ…」

提督3「うひひひひ。このローション、時間限定で触手に変化できるってモノだそうだよ。どのくらいかは人それぞれらしいけどね」

青葉「あぁ~ビックリしたぁ…けど、またすごいモノ開発しましたね明石さん」

提督3「だろう?まあ、ケッコンカッコガチしない限り、手に入らない能力を味わえる訳だ…ふおっ!?」


ぬちゃあああぁぁ…


青葉2「なるほどですねぇ~♥これで、増殖した青葉でぇ…いーっぱい青葉とぬるんぬるんできちゃう訳ですねぇ~♥」

提督3「おおおぉ~、ヌルヌルの青葉ちゃんが背後から…ふひゃっ」

青葉2「こっちの青葉、最初っからハダカですよぉ♥おじさんに抱きついちゃいまーす♥あんっ♥おじさんの身体すごぉい♥あつくてかたぁい♥」

提督3「あああぁ~青葉ちゃんのおっぱいがぷりんぷりんしてるぅ~ヌルヌルのぷりんぷりんだぁ~」

青葉「あはぁ♥おじさんのフンドシ溶けちゃいましたぁ♥ギンギンになったおちんちん上向いちゃってますねぇ♥ちんちんれろぉ~♥」

提督3「おおぉっ!青葉ちゃん、いきなり触手化能力を利用して…ふおっ」

青葉2「えへへー♥一度やってみたかったんですよねー♥たくさんの青葉で、おじさんとえっちなことするの♥おじさんの耳れろぉ~♥」

青葉「れろぉ~ちゅちゅっ♥コントロールできるかわかんないから、二人だけですけどぉ…二人の青葉で、いーっぱいえっちなことしましょーね♥ちんちんの先っちょれろれろぉ~♥」


585 ◆DbtGHHDsis2019/10/07(月) 21:13:52.43lmWprk9IO (5/5)

あぁ~こんな秘密があったんですね~
今回の更新は、ここで終わります


586以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/07(月) 21:21:42.53b5t1zVNFo (1/1)

陥没乳首青葉と陥没乳首じゃなくなった青葉


587以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/07(月) 22:55:48.72bnjYAKp10 (1/1)

感度3000倍かと思ったら予想を外した、ローション乙


588以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/07(月) 23:31:06.75+uWTiysDO (1/1)

ローションに提督が入ってるのかと思いきや…青葉進化


589以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/13(日) 21:39:07.56bf8CYpca0 (1/1)

小さい青葉2と大きい青葉1


590以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/15(火) 00:30:19.16FdtYraSo0 (1/1)

艦娘が増えた展開ってエロトラクイズの大淀に続き2人目?
青葉も増えるという事は普通に日常が騒がしくなりそう(パパラッチ的な意味で)


591 ◆DbtGHHDsis2019/10/21(月) 07:44:27.39mURO4rSvO (1/6)

>>586
片方は、自分の理想の青葉かも知れないなぁ
>>587
乙ありがとう。感度バージョンも考えたけど、ダブル青葉もいいぞぉ
>>588
ノリノリの女の子二人と遊びたい気分だった
>>589
ナニが大きかったり小さかったりするんだろうか…?
>>590
残念だが、時間制限付きなんだよねぇ。大淀みたいに好き勝手できるのは先の話だね


592 ◆DbtGHHDsis2019/10/21(月) 08:28:55.90mURO4rSvO (2/6)

提督3「ふひゃっ、ふひひひひ…せっかくのダブル青葉ちゃんだからねぇ。ゆったり楽しみたいもんだ…そこで」


ぐむぐむぐむぐむ…


青葉2「おお~…施術台がキングサイズのベッドに!」

青葉「マットもふっかふかですねぇ~!」

提督3「さぁおいで二人とも」

青葉2「えへへ~♥仰向けのおじさんにぃ…ちゅー♥」

青葉「こちらの青葉は、おじさんの脚の間にポジション取りですよぉ♥」

提督3「うーむ、身体中が青葉ちゃんでいっぱい!おじさん幸せ~ぐひひひひ」

青葉2「おじさんっ♥おじさんっ♥んちゅ♥ふむんっ♥ちゅるる♥あむ♥」

青葉「同じ青葉に、ディープキスとフェラを同時にされちゃうおじさん…れろおぉ~♥」

提督3「ちゅちゅ…ぷはっ!こりゃすっごい!おわっ…」

青葉2「うわぁ~♥青葉ったら、おじさんのおちんちん、根元から先っちょまで♥すっごいねっとり舐め舐めしちゃってるぅ~♥」

青葉「だってぇ~おじさんのおちんちんおいしーからぁ♥先っちょぬるぬるしてきちゃったぁ♥」

青葉2「ホントーに美味しそうにフェラするなぁ♥おじさん、鼻の穴フガフガしちゃってるぅ♥ちゅっちゅっ♥」

青葉「あはは♥おじさん、顔にキスの雨ですねぇ♥妬けちゃうなぁ…なのでぇ、ふもぉ♥ぐぷぷぷぅ~♥」

提督3「くおおおぉ~」

青葉2「おぉ~♥ピンピンのおちんちんが青葉のお口にぐっぽりぃ♥おじさんの全身がガクガクしてきちゃいましたぁ~♥」

提督3「あう、あう…あああぁ~っ!」

青葉2「ゆっくりちんちんを出し入れしつつ、カメさんとサオを舌でれろれろしちゃってますね~♥青葉のフェラ、きもちいーですか?えへへー♥」

提督3「きっきもちいいっ!すっごいきもちいいよぉ~っ!」


593 ◆DbtGHHDsis2019/10/21(月) 09:10:40.59mURO4rSvO (3/6)

青葉2「さてさて…ボトルからローションをたっぷり取ってぇ♥青葉のおっぱいに塗って…あぁんっ♥」

提督3「えっちょっ…ふおおおぉ!」


ぬちょおぉっ!
ぬるうぅぅ~っ!


青葉2「あっすごおっ♥おじさんの身体にっ♥おっぱいぬるぬるきもちいいよぉ♥」

提督3「あっあっ!青葉ちゃんの柔らかおっぱいがぁっ!ピンピンの乳首がこりこりぃっ!」

青葉2「はぁっはぁっはぁんっ♥すきぃっ♥陥没乳首治してくれたおじさんだいすきぃっ♥」

提督3「ふおおっ…おっおじさんも、青葉ちゃんが大好きだっ…!」

青葉「………♥」


ぐっぷぐっぷぐっぷぐっぷ!


提督3「あっあっあっ!青葉ちゃんのすごいスロートっ…ヤバいっでちゃうでちゃうっ…あああぁぁっ!」


ぷぽんっ!
びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


青葉「ふにゃあああぁぁっ♥はぅんっ…♥」

青葉2「あはぁ~♥お口からちんちん跳ねて…青葉、顔にせーしぶっかけられちゃいましたぁ♥すっごいいっぱいぃ♥」

青葉「はぁ、はぁ…えへへ♥あぁん♥お布団にぽたぽた垂れちゃう~♥」

青葉2「もったいないですからぁ♥青葉がぺろぺろしちゃいましょうね♥れろぉ~♥」

青葉「きゃあんっ♥青葉の顔ぺろぺろダメぇ~♥せーしとられちゃうぅ♥ちゅっちゅっ♥」

青葉2「やんっ♥んちゅっ♥くちゅっくちゅっ♥」

提督3「あ、青葉ちゃんと青葉ちゃんがキス…精液をちゅぱちゅぱし合ってるぅ~」

青葉「ちゅぱぁ、ふぅんっ♥あ~♥青葉たちのぺろぺろ見て…またおじさんのおちんちん♥おっきしちゃいましたぁ~♥」

青葉2「おっきしちゃったらぁ…ちんちんの先っちょから白いの出ちゃってるぅ♥すっごいやらしいですぅ…♥」


594 ◆DbtGHHDsis2019/10/21(月) 12:59:47.93mURO4rSvO (4/6)

青葉「それじゃ、青葉は仰向けになるからぁ…♥」

青葉2「こっちの青葉は、その上にぃ…ん♥」

提督3「あ、あぅあ…」

青葉「すごぉい♥おじさんのおちんちん、またおっきくなっちゃいましたぁ♥」

青葉2「えへへ♥ふーふー言いながら青葉たち見ちゃってるぅ♥」

提督3「はぁーはぁー…正常位の青葉ちゃんとぉ、バックの青葉ちゃんん~」

青葉「ふにゃんっ♥上の青葉のおっぱい♥ぷにんぷにんしちゃってるよぉ~♥」

青葉「青葉って肌キレイだよねぇ♥すりすりするのきもちいい~♥」

提督3「あっあっ…おじさん弄ってないのに、青葉ちゃんのおまんこが開いちゃってるぅ…濡れてテラテラしちゃって…おおおぉぉ~」

青葉「だってぇ~おじさんのゴツゴツの手でローション塗り塗りされちゃいましたからぁ♥」

青葉2「でもぉ…肝心なところはさわってくれなくてぇ♥逆にコーフンしちゃいましたぁ♥」

提督3「はぁーはぁー!ゴメンよ青葉ちゃんっ!だから今すぐっ…ふおおおぉぉっ!」


にゅぶっぐちゅううぅぅ~っ!


青葉2「はあああぁぁぁんっ♥」

青葉「わっわっ…バックの青葉からそーにゅーされちゃったぁ~♥」

青葉2「はぁ~はぁ~♥しゅごおっ♥ちんちんはいっちゃったぁ♥おくぅ♥おくぅっ♥」

提督3「ふひぃっふひぃっ!ぜっ全部入れちゃったぁ…おぉっ!締まりながら吸われっ…!」

青葉「すごぉい♥青葉イッちゃってるぅ♥ビクビクしてるのが青葉にも伝わっちゃうぅ~♥」

青葉2「はぁ~はぁ~♥らってぇ~こんなのガマンれきなひぃ…あああぁぁ~っ♥」


ずちゅずちゅずちゅずちゅっ!


提督3「おっおっ!おじさんのチンポがぬぢゅぬぢゅっ!ほおぉぉ~っ!」

青葉2「しゅごひぃっ♥しゅごおっ♥ごりごりしゅごひぃっ♥あっあっあっあっ♥」


595 ◆DbtGHHDsis2019/10/21(月) 14:00:24.44mURO4rSvO (5/6)

青葉「すごぉい♥ちんちんずぽずぽされて青葉イキまくってますぅ♥顔が歪んだりトロけたりぃ…あああぁぁぁ~っ♥」


ぬぼぉっ!
にゅぶっぐちゅううぅぅ~っ!


青葉「はぁんっ♥らめぇっ♥こんどはこっちぃっ…んいいぃぃぃっ♥」

青葉2「はぁーはぁー…あはぁ♥こっちの青葉もイッちゃいまひたぁ♥おくちが半開きぃ♥んちゅううぅぅ~♥」

青葉「んん~ちゅぷる♥ぷはぁ♥ちゅーされたぁ♥あおばにちゅー…あっあっあっあっ♥」


どちゅどちゅどちゅどちゅっ!
ぎしぎしぎしぎしぎしっ!


提督3「あぁ~あぁ~…青葉ちゃんすごいっ!おじさん精子出したいぃっ!」

青葉「らしてぇっ♥らしてくらひゃいっ♥しゅごい濃いのっ…ふやあぁんっ♥」


びゅくびゅくびゅくびゅくぅっ!


青葉「でてるぅっ♥しゅごおっんぅううぅぅぅ~っ♥」

青葉2「ふあぁ~♥しゅごいイッてるぅ♥青葉の歯がカチカチ…ひあああぁぁんっ♥」


にゅぶぶぶぶっ!


提督3「青葉ちゃんにいっぱいしゃせーっ…おっおっおっおっ!」


ぱんぱんぱんぱんぱんっ!


青葉2「らめっイクっ♥びゅるびゅるしたのにっかたぁい♥ちんちんしゅごおっ…あああぁぁ~っ♥」


どぷどぷどぷどぷどぷぅっ!


青葉2「あああぁぁぁっ♥せーししゅごおっ♥はぅんんっ♥んいいぃぃ…あああぁ…あん♥」

青葉「すごぉい…青葉イッたら、こうなるんだぁ♥舌出してビクビクしちゃってるぅ…♥」

青葉2「はぁ…はぁ…♥しゃせーされたあおばぁ…きもちいーよぉ…えへへ…♥」


596 ◆DbtGHHDsis2019/10/21(月) 14:02:31.21mURO4rSvO (6/6)

青葉編は、いったん区切ります。いよいよ摩耶編です。
まあ、あくまでも「触り」ですけどね。


597 ◆DbtGHHDsis2019/10/21(月) 14:38:49.18NSfGSrTIO (1/1)

摩耶「待たせたな、提督」

マラ提督「いやいや、待ってる時間も楽しかったよ。…むむ~」

摩耶(どでかいアレがぐねんぐねんしてる…多分、あたしをジロジロ見てるんだろなー)

マラ提督「ふぅ~…バスタオル一枚だけの摩耶ちゃん…結構の一言に尽きる」

摩耶(いきなり、ぐいっと反り返っちゃったぞ。しかし、あの青黒い筋みたいなのって血管か?やっぱグロいなぁ)

マラ提督「さぁ、施術を始めるとするか」


にゅるにゅるにゅる~


摩耶「げげ…アレの先から、細いにゅるにゅるが何本も…」

マラ提督「そう。この触手で、摩耶ちゃんを施術機器に入れ込む訳だ」

摩耶「機器って、お前…おっと」

マラ提督「むふふふふ。摩耶ちゃんをお姫様抱っこしちゃったぞ~」

摩耶「触手でな。ロマンの欠片もねーぞ」

摩耶(っと、だんだん上がって…アレの真上まで来ちまった。けっこう高いな)

マラ提督「かもしれないなぁ…あ、摩耶ちゃん、目をつぶってくれるかな?」

摩耶「あ?何でだよ?」

マラ提督「想像してごらんよ。これから、チンポの先っちょが開いて摩耶ちゃんをずっぽりするんだが…」

マラ提督「やっぱり、赤黒い粘膜が見えちゃう訳だ。それを見て、気持ち悪くなったりするとマズいし」

摩耶「…ったく。まあ、ここまで来たからにはな。これでいいか?」

マラ提督「よしよし。では行くよ~」


ぐぱあぁぁ~


摩耶(うっ、何かヘンなにおいが…多分、先が開いたんだ…)

マラ提督「そーれ、一気に!」


どぷおおおぉぉっ!


摩耶「うひいいぃぃっ!うっあ、あああぁぁ…」


598以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/21(月) 17:02:08.60jacyjxLA0 (1/1)

これはこれはご立派な提督様だ……


599 ◆DbtGHHDsis2019/10/21(月) 17:03:13.08z42+FK3aO (1/1)

マラ提督「よーし、摩耶ちゃんの全身をずっぽり出来たね。目を開けても大丈夫だよー?」

摩耶「あ、ああ。く、首から下が…」

マラ提督「垂直の砂風呂みたいなものかな」

摩耶「全然ちがうだろ。つーか、あたしてっきり頭まで呑み込まれるもんだと」

マラ提督「以前はね。しかし、やはり呼吸の面でキツいようでねぇ。首から上は出すようにしたよ。一方で、熱さはどうだい?」

摩耶「あー、まあ…熱いってほどでも…っておい!あたしのバスタオルどうしたんだよ!?ヌメヌメしたのが直接っ…!?」

マラ提督「吸収しちゃったよ。あのバスタオル、触手で出来たものだし。施術に必要ないだろ?」

摩耶「あたしには必要なんだよっ!ちょっんあっ♥吸い付くのヤメロってんだコラ!?」

マラ提督「まあまあ落ち着いて摩耶ちゃん。君は今、何の中で暴れてるのかな?」

摩耶「何って、ナニだろ!?」

マラ提督「そう、ナニだね。でさ、本来、このナニからは何が吹き出すのかな?」

摩耶「い、いやその…アレが…」

マラ提督「そう、アレだよ。そのアレが、なぜ吹き出すかは…わかっているよな摩耶ちゃん」

摩耶「あ…あの…」

マラ提督「お分かりのようだ。摩耶ちゃんがチンポの中で暴れ、刺激を受け続けたなら…」

摩耶「………」

マラ提督「いきなり精液が吹き出し、摩耶ちゃんを砲弾みたいに吹き飛ばすかもしれない」

摩耶「クソの上にゲスいな、だから大人しくしろってか…もうどうにでもしやがれ…んっ♥」

マラ提督「まあまあ摩耶ちゃん。悪いようにはしないからさぁ…ちょっと変わった砂風呂みたいなものだと思ってさぁ」

摩耶「ぜんぜん別物だろ…そういやあたし、砂風呂も入ったことねーや」

マラ提督「そうか。実は、おじさんも未体験だ。いつか二人で体験してみたいよなぁ」

摩耶「えっ…お、おう…♥」


600 ◆DbtGHHDsis2019/10/21(月) 17:23:12.167gbC7i5FO (1/1)

>>598
最早、宗教的偶像かもしれない。あと1レスやります


601 ◆DbtGHHDsis2019/10/21(月) 17:51:18.21e1Vqu85jO (1/1)

………
……



摩耶「ふ~…んっ♥」

マラ提督「摩耶ちゃん、だいぶリラックスしてきたみたいだねぇ」

摩耶「ん~?…まあ、少しはな」

摩耶(確かに、だいぶ落ち着いてきたな。なんかヌメヌメ動いて、ときどきヘンなところをアレする以外は…まあ)

摩耶(慣れてくると…ちょうどいい温度だよなぁ。ゆっくり肌の上を動くのも…あ、アレの中で無きゃ悪くないし)

マラ提督(摩耶ちゃんの身体に密着しているから分かる。心臓の鼓動も落ち着いたし…)

マラ提督(本来なら、摩耶ちゃんの肌触りの素晴らしさ、スタイルの抜群さを説明したいが…彼女を刺激したくないからねぇ)

マラ提督「小耳に挟んだんだが…摩耶ちゃんはムード重視派なんだって?」

摩耶「えっ…ま、まあな」

マラ提督「ムードかぁ…とりあえず、僕と摩耶ちゃんの二人きりだわな。終業ラッパ後の、静かな喫茶店」

摩耶「んお?なんか意外な場所を…」

マラ提督「ん、おかしいかな?静かに話を聞ける場所だと思ったけど」

摩耶「は、話か。話…だよなぁ」

マラ提督「たいした話でなくても、話を聞く相手と場所があればいい…なんて思ってね」

摩耶「はぁ…お前、そんなこと考えるヤツだったんだなぁ」

マラ提督「学生時代の憧れだったんだ。ま、そんな相手、いなかったけどねぇ」

摩耶「そ、そうか」

マラ提督「今のは余談だ。一方、摩耶ちゃんの知らないムードってのもあるんだよ…ぐひひひひ」


にゅるにゅるにゅる~


摩耶「えっちょっ…あたしの首周りから触手が…いっ!?あたしの頭に先っちょがくっついて…!?」


ぴとっぴとっぴとっ


マラ提督「摩耶ちゃん、目をつぶってくれ。摩耶ちゃんの脳内に直接、イメージを送ってあげるから」

摩耶「うおお…あ、なんか映像が…げげ…」


602 ◆DbtGHHDsis2019/10/21(月) 17:53:01.83sJ9nc4xOO (1/1)

この三日で話数を稼げるといいなぁ
今回は、ここで終わります


603以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/21(月) 18:19:00.36lTt5pgzZo (1/1)


マーラ様提督すごい


604以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/21(月) 21:06:28.50kQO9+HmP0 (1/1)

乙 摩耶さん提督好き過ぎるなコレ 


605 ◆DbtGHHDsis2019/10/22(火) 12:55:15.44myn+t51YO (1/1)

>>603
乙ありがとう。作中から「マーラ様提督」と書いておけばよかったと思ったw
>>604
乙ありがとう。情の深い女です


606 ◆DbtGHHDsis2019/10/22(火) 13:34:00.99YqyiYA5ZO (1/1)

ぎっしぎっしぎっしぎっし!


青葉『あっあっあっあっ♥』

青葉2『ふあぁ~♥青葉の腰がぐりんぐりん~♥これ対面座位っていうんですよねぇ♥』

提督3『ぐひひひひ、かわいい青葉ちゃんと向かい合える体位だ。すぐそばでぴっとりしてる青葉ちゃんにも…ちゅー』

青葉2『んん~♥ふぁむ♥ちゅぷっ♥ぢゅるっ♥』

青葉『はぁっはぁぁっ♥しゅごひぃ♥ねっとりちゅーしてるぅ~♥』


摩耶「マジか…青葉が殖えてる」

マラ提督「時間限定だけどね。それはともかく…摩耶ちゃんから見て、どうだい?なかなかアツイ状況じゃない?」

摩耶「ま、まあな…んくぅっ♥」


青葉『はぁーはぁー♥おっき♥ちんちんおっきくぅ~♥』

提督3『ああぁ~…また精子出ちゃいそうだから…よいしょ』

青葉2『あん♥青葉をベッドに倒してぇ…正常位でびゅるびゅるぅ~♥』

提督3『はぁはぁ…ちゅむぅ』

青葉『んちゅー♥あむ♥れろぉれろっちゅぱぁ…あんっ♥あっあっあっあぁっ♥』


ぎしぎしぎしぎしぎしっ!


青葉『しゅごっらめっ♥ちんちんしゅごひっあっイッ♥イキそっイキそっ…あああぁぁぁ~っ♥』

提督3『ほおおおぉぉっ!おおおぉ!おおっ…ああぁ~』

青葉2『はぁん…青葉とおじさん、腰を押し付け合ってるぅ~♥すっごいしゃせーされちゃってますねぇ…♥』

提督3『ああぁ~…青葉ちゃん、青葉ちゃん…』

青葉『あはぁ…おじしゃん、おじしゃん…♥』

青葉2『青葉ったらぁ…顔のあちこちにちゅーされてとろんとろんだぁ♥すごぉい…♥』


摩耶(何度も見せつけられてるけど…さっきまでフツーに一緒に行動してたヤツが…ああなってんだよなぁ)


607 ◆DbtGHHDsis2019/10/22(火) 16:34:09.22fo4uJZgaO (1/3)

青葉2『ふにゃあんっ♥あっあっあっあっ♥』


ぬちゅっ、くちゅくちゅくちゅっ


提督3『ふえへへへ…実況中継しながらジュクジュクになってたみたいだねぇ、青葉ちゃんのおまんこ』

青葉2『んんぅっ♥だってだってぇ♥青葉がずぽずぽされてっすっごいきもちよさそうだったからっ…ふあ~♥』


ぬぼぉっ!


提督3『その気持ち良さを、青葉ちゃんにプレゼントしなきゃだな。ふひひひひ』

青葉2『すごい勃ってるぅ~♥いっぱいしゃせーしたのにぃ♥はぁ~はぁ~♥』

青葉『ああん、ちんちん抜けちゃったぁ…でも青葉がずぽずぽされちゃうぅ~♥』

提督3『前置きは無し、一気に青葉ちゃんを押し倒して…おほおおおぉぉ~っ!』


ぬぢゅぶぶぶぶっ!


青葉2『ふにゅうううぅぅ~♥んいいぃぃっ♥あっあっ…♥』

青葉『やぁん♥青葉ったらぁ…ちんちん入れただけでイッちゃったぁ♥』

青葉2『ムリぃ…♥ガマンれきなひぃ♥ふあっあっあっあっあっ♥』


ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ!
ぱんぱんぱんぱんぱんっ!


提督3『あっスゲっはぁはぁはぁっ!射精した後でチンポが敏感っ!青葉ちゃんのおまんこ気持ちいいっ!』

青葉2『あおばもぉっ♥しゅごっイクっ♥イクイクイクぅ~っ♥あはっあんっ♥あっあっまたぁっ♥はぅあああぁぁ~っ♥』

青葉『すごいぃ…おじさん、ケダモノみたいに青葉にのしかかっちゃってぇ♥青葉も腰カクカク振っちゃってますぅ♥』


摩耶「うーん…青葉の目、すんごいうっとりしちゃってるなぁ…ふあっ♥」


608 ◆DbtGHHDsis2019/10/22(火) 19:45:23.60fo4uJZgaO (2/3)

摩耶「て、提督よぉ…あ、あんまりその辺りウネウネするの…はぁはぁ…♥」

マラ提督「その辺り?ヘソの下辺り?」

摩耶「そ、そう…うっ♥」

マラ提督「そうか。じゃ、控え目にして…指をにゅるにゅるしてみるか」

摩耶「うっうあ…すんごい動いてるぅ~…♥」


提督3『はぁはぁはぁはぁ…』

青葉2『ひうっいっ♥あああぁ~♥』

青葉『はぁはぁ…おじさんの汗すごぉい♥青葉にぽたぽたしてますぅ♥ベッドすごい揺れてるぅ~♥』


ぎしぎしぎしぎしぎしっ!


提督3『あぁ~ああぁ~…あ~イキそ~イキそ~…あ、あ、あぁぁ~』

青葉2『あおばもイキそっ♥はぁはぁはぁっ♥イクっイッ♥あはあぁ~っ♥』

提督3『でるっでるっ…青葉ちゃんっおじさんでるっ!あっあっ!おおあああぁぁ~っ!』


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


青葉2『でてるうぅぅっ♥あっしゅごっイッ♥あああぁぁぁ~っ♥』


摩耶(中に出されてる…何度見てもすんごいな…うっ…♥)


じゅぷんじゅぷんっ!


摩耶「な、なんだ?あたしとアレの間の液量が増えて…?」

マラ提督「はぁ、はぁ…あ、いや…おじさんも射精しちゃった…」

摩耶「いぃっ!?え、えっと…?」

マラ提督「いやその。摩耶ちゃんとチンポの肉壁の間でヌメヌメしてたのは、おじさんのカウパー腺液だった訳だが」

摩耶「うぐ…あの、射精の前に出てたヤツだよな…?」

マラ提督「そうそう。で、いま現在…カウパー腺液に、おじさんの精液が混ざった訳だね」

摩耶「ううぅ…あ、あたしもアレまみれになっちまった…」


609 ◆DbtGHHDsis2019/10/22(火) 19:46:49.23fo4uJZgaO (3/3)

実況中継シーンが続く
今回は、ここで終わります


610以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/23(水) 13:21:02.53V/iFRobA0 (1/1)

徐々に心身ガード下げて受け入れていく感じの摩耶と
それを引き出す意味合いも兼ねた全開の青葉
この緩急がたまらんね


611 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 13:21:53.27T5KFW409O (1/2)

マラ提督「ま、気を取り直してさ。もう一方の様子はどうかな?」

摩耶「妙高とポーラか…見る前からヤバそうだけど…」


妙高『んふぅ~♥』

ポーラ『はぁぁ~♥みょーこーしゃんらめれしゅ~♥』


にちゅにちゅにちゅにちゅ


ポーラ『ポーラのしっぽおぉ~♥しこしこしすぎいぃ~♥』

妙高『ふふふ♥ポーラさんはガクガクし過ぎですねぇ♥』


摩耶「ポーラのおでこと…下っ腹に刻印がある。しっぽまで生えて…あーあ、やっぱりポーラ、ああなっちまったかぁ…」

マラ提督「うむ。素晴らしい順応性だったねぇ」

摩耶「ちなみにさ。淫魔化して、なんか強化に繋がったりすんのか?」

マラ提督「それはねぇ…経過を観察してみないと分からないなぁ」

マラ提督「…まあ、鎮守府での生活は楽しくなりそうだけどね」

摩耶「楽しい…まあ楽しいかもしんないけどよぉ…」


提督『くっくっくっ。ポーラちゃん、アフアフしちゃってるけど…』

提督2『この光景を見てガチガチになっちゃったおじさんたちのチンポ、しこしこ出来るかなぁ?』

ポーラ『ああぁ~♥ぽーらに興奮しちゃったおちんちん~♥両手でしこしこ~♥』


ぬちゅうぅ~
にっちゅにっちゅにっちゅ…


提督『うひっ!ポーラちゃんの手、やーらかいなぁ~』

提督2『あぁ~きもちいい~うひひひひ』


摩耶「これが、サバトってヤツか」

マラ提督「悪魔崇拝はしてないけどね」


612 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 13:51:34.38T5KFW409O (2/2)

>>610
書く側としても、対摩耶はメチャクチャやりたい衝動を必死で抑えて、青葉たちで弾けて…って感じ


613 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 15:13:42.36cI6FUuGtO (1/1)

ポーラ『あぁん♥両手にそれぞれおちんちんですぅ~♥ぬるぬるぅ~♥んっんいぃ~♥』

妙高『うふふ…ポーラさんの邪魔にならない程度に、ポーラさんのしっぽをしこしこですよぉ♥』

ポーラ『はぁ~はぁ~♥ふあ~でそう~でちゃいそ…あんっ♥』

妙高『大丈夫です、しっぽからびゅるびゅるしそうになったら、しこしこは止めてあげますからね♥』

提督『むふふふふ、どうせならポーラちゃん、おじさんたちと一緒に射精すればいいよね』

提督2『溜めて溜めて…思い切りどぴゅどぴゅっての、すっごいきもちいいからねぇ~ぐひひひひ』

ポーラ『はぁぁ~はひぃ~♥いっぱいガマンしてぇ~どぴゅってしますねぇ~♥はぁ~はぁ~♥』


にっちゅにっちゅにっちゅ…


ポーラ『あぁ~あぁ~…ふやん♥しっぽにちゅにちゅぅ~♥』

妙高『はーい、きちんと止めてあげますよぉ♥すてきぃ♥先っちょからヌルヌル~♥』

ポーラ『ああぁ~しゃせーできません~♥れもぉ~おじしゃんちんちんもぬるぬるぅ~でてるぅ~♥』

提督『ふへへへぇ~はぁぁ~』

提督2『うむむ…あぁ~チンポに精液溜まってくるぅ~』

ポーラ『どんどん~ちんちんからにゅるにゅるぅ~♥れろぉ♥しょっぱいれしゅ~♥こっちもれろぉ♥おいひいぃ~♥』

提督『はぁ~はぁ~…そうそう、どんどんチンポをれろれろしてね』

提督2『うおぉ~…ガマンが厳しくなってきちゃってるぅ~』

妙高『ポーラさん、熱心な手コキですねぇ…ご褒美に、先っちょれろぉ~♥』

ポーラ『らめぇ~れろれろらめれしゅ~んいぃっ♥』

妙高『だぁめ♥あくまでも、おじさまと同時フィニッシュですよぉ♥しっぽをキュッしてあげますからねぇ♥』

ポーラ『ああぁ~しゃせーとまってましゅ~♥ほおぉ~ううぅ~♥』


摩耶(ポーラのヤツ…ヨダレ垂らしながらも、しこしこは続け…あたしまでアレな気分にぃ…♥)


614 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 16:13:49.62uNxMa8t5O (1/1)

にゅるぅ~ちゅぷぷっ


摩耶「ひあぁっ♥ちょっコラぁっ♥脚の間にぃっ♥」

マラ提督「いやさ。今の摩耶ちゃん、いわゆる立ちっぱなしの姿勢だろ?寄っ掛かるアレが必要かなーと」

摩耶「ウソつけぇっ♥よっ寄っ掛かるとこがっ何でにゅるにゅるしてんだよっ♥」

マラ提督「まあまあまあ…とりあえず深呼吸しながらさぁ。慣れだよ慣れ」

摩耶「はぁ~はぁ~♥はぁぁ~♥ちっちくしょー…うっ♥」

摩耶(にゅるにゅるして…なんかトプトプ鳴ってるぅ…アソコ…股が縮こまる感じがっ…♥)

マラ提督「ゆーっくり倒して行くよ、床に平行な方が楽だろうし。頭のカバーもね」

摩耶「ふぇ…?頭の支えが出てきて…なんか弾力があるな」

マラ提督「おじさんのチンポのサオの弾力と一緒だね。ってかチンポ枕だね」

摩耶「ほあぁっ!?」

マラ提督「ほらほら摩耶ちゃん、リラックスリラックス!他に素材が無いんだからさ、贅沢は敵だよ?」

摩耶「ううぅ~…しゃーねーな…」

摩耶(む、無駄にあたしの頭にフィットするのが腹立つ…ってか、背中から尻もうにゅうにゅしてるぅ~♥)

摩耶「あ、あのさ?仰向けの姿勢になって楽になったし…ふいっ♥あたしの脚の間のぉっ…と、止めてくんねーかな…はぁはぁ♥」

マラ提督「摩耶ちゃん。君は大事なことを忘れている…」

摩耶「だ、大事なことぉ?んくっ♥」

マラ提督「摩耶ちゃん、君はエステルームを利用するにあたり…チンポ風呂コースを選択した。だろ?」

摩耶「はぁ…あぁぁ…♥」

マラ提督「ここまで来ちゃったんだからさ…ヘンな抵抗感を持たず、未知のリラクゼーションを味わって欲しい訳だよ!わっはっはっはっ!」

摩耶「あ、あたし…もうダメだぁ…あっあっあっあっ♥」


615 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 17:32:49.61nEx6TEuXO (1/1)

提督『はぁはぁはぁ…ポーラちゃんったら、腰カクカクが激しくなってきちゃったねぇ』

提督2『しっぽをしこしこされてるのにねぇ、腰が動いちゃうんだねぇ…ふううぅ~』

ポーラ『うごいちゃいまひゅ~♥はぁっはぁっはぁっ♥』

妙高『しこしこして~止めて~の間隔が短くなってきちゃいましたねぇ♥止めたときのドクドクも凄いですしぃ…♥』

提督『そっかそっか、そろそろ解き放ってあげないとかわいそう…うっ』

提督2『おじさんたちも限界だしっ!ポーラちゃんに精子ぶっかけちゃうからねぇ…はぁっあっあっあっ』

妙高『では、ポーラさんのしっぽの先を、私の顔の前に…私の顔にぶちまけてくださいね~♥』


にちゅにちゅにちゅにちゅぅっ!


ポーラ『あぁ~あぁぁ~♥もぉらめれしゅ~♥あっでひゃうっでひゃうぅ~ひいいぃぃんんっ♥』

提督『こっこっちもっおっ!おおっおっ!おおあああぁぁっ!』

提督2『だすよポーラちゃんんっ!あっでるでるでるでるぅっ!』


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!
どくっどくっどくどくどくっ!
がくがくがくがくがくっ!


ポーラ『はあああぁぁぁ~っ♥あああぁ~っ♥あっあっ…あああぁ~♥』

妙高『うふあぁっ♥あぁんっ♥あぁぁ…すっごい量がどぴゅってぇ~♥ポーラさんのしゃせー♥顔にいっぱいぃ…♥』

提督『おおぉ~…はぁはぁ、うひひひひ…すげえでちゃったぁ』

提督2『ふううぅ~…ははは、ポーラちゃんも妙高ちゃんも、盛大にぶっかけられちゃったねぇ…』

ポーラ『はにゃあぁ~♥あん♥どろどろ垂れちゃいまひゅ~♥どぴゅどぴゅしゅごかったれひゅ~…♥』

妙高『うふふ…ポーラさんのしっぽぉ…いやらしくてすてきぃ…♥量もいっぱいでしたねぇ♥あはぁ♥』


616 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 18:15:00.43Pz1AderrO (1/3)

摩耶「はぁぁ…ポーラのヤツぅ、すっごいぶっかけられて…あんっ♥」


ぐちゅぽっぱぷっにゅぷっ


摩耶「あっあっ…あたしのむねぇ♥すっごいもみもみぃ…♥」

マラ提督「摩耶ちゃんには抵抗感あるだろうけどさぁ、おじさんは今、幸せいっぱいなんだよなぁ~!ずーっと、摩耶ちゃんのおっぱいをもみもみしたかったからねぇ」

摩耶「はぁはぁ…バカだぁ♥そんなにあたしのむね…おっぱい揉みたかったのかよ~♥」

マラ提督「そんなに!だよ。そして、ピンピンの乳首もクリクリと」

摩耶「あぁんっこらぁ~♥ちょっふあぁ♥」


びくっびくっ!


摩耶「すっごいぃ♥や、やさしく揉んでくれるんだぁ♥れもぉちくびいじりすぎだろぉ♥」

マラ提督「はぁはぁはぁ…あぁ~摩耶ちゃんのおまんこからヌルヌルが来ちゃってるぞぉ~」

摩耶「らってぇ♥しょーがねーだろぉ♥はわあぁぁっ♥」


ずりゅううぅぅっ!


摩耶「あっあっあっ♥しっしりの間にぃっ♥」

マラ提督「こっこれで、摩耶ちゃんの全てを覆っちゃったぞぉ」

摩耶「あああぁぁぁ~♥これおかしいぃっ♥すげえぬめぬめするぅっ♥あっそこっそこぉっ♥」

マラ提督「摩耶ちゃんの膣口とクリトリスだぁっ!ジュクジュクだぁ~」

摩耶「あ~♥あぁ~♥なんかくるぅっ♥ふいっあっあっ♥」

マラ提督「イこう摩耶ちゃん!ガマンはダメだ!むううぅぅ~っ!」

摩耶「ムリぃっもっムリっはぁんっ♥イクイクイクイクぅ~っ♥」


びくんびくんびくんびくんっ!


摩耶「はあああぁぁっ♥はひっいっ♥はぁっはぁっ…ああぁぁ…しゅごひぃ…イッたぁ♥あたひ…イッひゃったぁ…♥」


617 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 18:32:36.84Pz1AderrO (2/3)

………
……



摩耶「ほあぁ~…♥ダメだぁ、考えがまとまんないや…」

摩耶(デカいアレのエステ?が終わってぇ…明石特製のカプセルで、身体をキレイにして、制服着て…)

摩耶(『さすがに疲れたろ?今日の残りは休みにしよう』って提督が言ってくれて…)

摩耶「疲れたのかなぁ…んっ♥なんか、まだなんか残ってるみたいな…♥」

摩耶(ち、乳首と…く、クリトリスが…っつーか、ヘソの下辺りが…うぅ♥)

摩耶「い、いったん部屋に戻るかぁ…あれ?」


かさっ…


摩耶「スカートのポケットに何か入ってる。紙か…うおおおぉぉっ!?」

摩耶(こっこっこれっ…ハートみたいな形の…淫紋が…!?)

摩耶「これっこれっ…枕の下に敷いて寝ると…ってヤツだよな…はぁはぁはぁ」

摩耶「どっどうしようどうしよう!?こ、これっ…」


どうする摩耶!?

安価下1のコンマ以下で決まります。

01~49…敷かない
50~98…敷いて寝る
ゾロ目 …敷いて寝る


お願いいたします。


618以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/23(水) 19:09:50.88sq1N1M1iO (1/1)

はい


619以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/23(水) 20:00:14.531i1JQcAX0 (1/1)

88(摩耶)と語呂合わせ出来そうなゾロ目だな、素晴らしい
特殊イベントは残念ながら無しかね


620 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 20:19:37.42Pz1AderrO (3/3)

>>618
ありがとう、よくやってくれました
>>619
ゾロ目が来るとは思ってなかったね。特殊イベントは…残念ながら考えてなかったねぇ…


621以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/23(水) 20:27:09.71/l9ssX++o (1/1)

布団の下に「敷いて寝れ」ば全身に効果が有るとか


622 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 20:41:54.61Tp+wzToYO (1/2)

摩耶「ごくっ…」

摩耶「よ、夜になったな。ね、寝なきゃいけない…よな」

摩耶(あたしのスカートのポケットに入ってた、淫紋の紙…)

摩耶(こっ、これを枕の下に敷いて寝れば…あ、あの、あれ…)

摩耶(うぐ…すっげー喉がカラカラだ)

摩耶「ふ~ふぅ~…クソッ!」


ごくっごくっごくっごくっ!


摩耶「かあッ!…あ、500のペットボトルのお茶、全部飲んじまった…」

摩耶「…やべー、全部飲んでも…すっげー心臓がドキドキしてる」

摩耶「………」


かさ…ばふっ!


摩耶「ま、枕の下に…敷いてしまった」

摩耶(いや、まあ…あたしとしては、なぁ…)

摩耶(て、提督のことは…アレな目で艦娘を見るって点ではどうかとは思うが)

摩耶(いやでも…突き詰めると…それほどイヤでも…昼間、まあ…アレだったし)

摩耶「ぐびぃっ…」

摩耶「ふぅ~ふぅ~…」


ぼふっばさっ!


摩耶(ね…寝てしまった…)

摩耶「はぁ…はぁ…♥」

摩耶「あの…アレだ。あたしも最高練度なんだし!そのうち、艦隊のためにケッコンしなきゃだし!だ、だから、だから…」

摩耶「こうなったら!みんなでヤりゃいいんだヤりゃ!」

摩耶(………)

摩耶(さ、さすがのあたしも…不安だぁ…)

摩耶「あ、電気消さなきゃ。…あれ?」

摩耶(パジャマ…どうしよう?着たままでいいのかぁ…?)

摩耶(ま、いっか…とりあえず着とこ…)


623 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 20:48:58.13Tp+wzToYO (2/2)

>>621
Σ(゚Д゚;)
でも、時すでに遅しだよねぇ…


624 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 21:26:08.54YPVAnfvdO (1/1)

摩耶(ね、寝れねー…と、とにかく目を閉じて…)

摩耶(うへー…心臓がメチャクチャ鳴っちまって…って、え!?)


妙高『あっあっあっあっ♥しゅごおっ♥あはあぁんっ♥』

提督『ふぅ~、ふひひひひ。バックから犯す妙高ちゃんサイコー!ふんっ!ふんっ!ふんっふんっ!』

妙高『ふおぉっ♥ほおぉぉ~♥ケダモノのおじしゃまぁ~♥すてきぃ♥すてきぃっ…あっあっあっあっ♥』

ポーラ『はみゅううぅぅ~♥ちゅうぅ♥れろぉあむん♥んぱぁ~あっあっあっあぁんっ♥』

提督2『はぁっはぁっ…どうだいポーラちゃん、対面座位だと、キスしながらずぽずぽできるぞぉ~』

ポーラ『はうぅ~あぁ~♥しゅごいあたまぁ♥ふわふわしましゅ~♥』


摩耶(ま、また頭の中に映像が…ってか!な、なんだコイツら!?昼間、さんざんヤッてたくせにぃっ!?)


明石『ふっふっふっ…♥真面目一点張りの妙高さん、お酒以外に興味無さげなポーラさんが…ステキな光景ですねぇ♥』


摩耶(な、な…明石!?何でコイツが出てくるんだぁ!?)


提督3『ふはははは…周りに、そう思わせておいてのコレだよ。…今回もお疲れだったね』

明石『些細なことです。艦隊の強化のために…うふふっ♥』

提督3『まさか、自前で結婚指輪を造れるようになるとはねぇ。しかし…』

明石『本当に、本物の指輪か?ってことですよね?ですのでぇ…♥』

提督3『いろんな意味で面倒をかける。こっそり演習するの、大変だったろ?』

明石『まあ、骨を折ってくれたのは大淀ですので…彼女も後で』

提督3『もちろんだとも。というか、後と言わずに』

大淀『うふふ…♥嬉しいお言葉です、おじさま♥』

明石『ありゃりゃ、居たんだ大淀。まあいいでしょ。これより、私のケッコンカッコカリ(実験)とぉ…♥』

大淀『私と明石の仲魔入り(実験)ですね…うふふ…♥』


625 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 21:50:11.700flGvVbhO (1/1)

提督3『では、この指輪をケースから取り出し…明石ちゃん、手を』

明石『はぁ~はぁ~♥あんっ…♥』


摩耶(く、くっそー…あたしより先に…ってか、提督たちと、ヤッてる妙高とポーラはともかく、何で明石と大淀も全裸なんだ?)


すうぅっ…


明石『はぁ~はぁ~♥ハメちゃったぁ♥指輪ハメちゃったぁ~♥あっあっ…あああぁぁぁっ♥』


ぷしゃああぁぁっ!


大淀『あらあら♥明石ったら、指輪をハメられて潮吹きしちゃった♥腰までカクカクしちゃって…♥』

明石『だ、だってぇ…指輪すごいよぉ♥頭の中がぁ♥おじさんでいっぱいにぃ~♥』

提督3『嬉しいねぇ、乳首までピンピンだし…で、大淀ちゃん』

大淀『少々お待ち下さい…はい。明石の練度が上がって…各種能力の上昇が認められます』

明石『あはぁ~♥実験成功ですぅ♥よかったぁ♥』

提督3『よーしよし。これで、彼女にも指輪を渡せる訳だ…ぐひひひひ』

大淀『うふふ…はぁはぁ♥で、では次にぃ…♥』

提督4『大淀ちゃんに、洗礼を授けるのは僕だよ。さあ大淀ちゃん』


ずずずずず…


大淀『はぁん…おじさまの手のひらに、いやらしい模様がぁ…♥』

提督3『すでにケッコンカッコガチした艦に、刻印を施すとどうなるか?』

明石『わくわく♥』


摩耶(そ、そっか…確かに、万が一ってこともあるもんな)


明石『楽しみですねぇ~♥今後の仲魔のためにもね…ふっふっ♥』


626 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 22:55:07.57LIYIbPD3O (1/1)

にちゅううぅぅ~


大淀『んあああぁぁ~♥』

明石『おおぉ~…早くも、大淀の目がイッちゃってますねぇ♥ほらほら大淀、状況説明しなきゃ♥』

大淀『はぁんっはひっ♥あたまにぃ♥ひゅごいやらしーのぉ♥おっおっおっ♥』

明石『頭に刻印するのに、手のひらを額に当てられてるのに…ぺたん座りで腰をカクカク前後に振っちゃってるんですよねぇ…さあーて♥』

提督4『イクよ大淀ちゃん。覚悟はいいかい?』

大淀『はひっはひぃっ…おおんっ♥おおおぉぉぉ~っ♥』


どんっ!


摩耶「ふあああぁぁぁっ♥」

大淀『おおぉーッ♥くにゅぅあああぁぁーッ♥ひんぎいいぃぃんっ♥』


がくがくがくがくっ!
ぷしゃああぁぁぁっ!


明石『ひゃああぁ~…でも、叫んで嬉ションしてるだけじゃ分かんないんだけどねぇ…』

妙高『ひあぁっしゅごおっ♥いやらしいのどばどばぁっあっあっあっあっ♥』

ポーラ『あたまにびゅるびゅるぅ~♥すてきれしゅ~あぁんっ♥』

大淀『おおぉ~っ♥おんっ♥ほおぉ~おぉ~…はぁ~はぁ~…あああぁ…あんっ♥』


ぬちゃあぁ~、どさり


明石『大淀、びくんびくんしながら仰向けに倒れ込んじゃいましたが…おお!額に刻印が…♥』

大淀『はぁ、はぁ…あんっ♥しゅごひぃ…あたまぁ♥あたまにびゅるびゅるぅ~…ふあっ♥』

明石『なーるほど。頭に何かするのは分かりました…けど、お腹の刻印はどうするんだろう?』

提督4『それは、コレだ』

明石『ほっほーう。おじさんのギンギンおちんちんが、なにやら黒いのを立ちのぼらせながら…ふひひひひ♥』


627 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 23:20:14.48eJWJIxUnO (1/3)

摩耶「うっくっ…はぁはぁはぁ…♥なんかっ、大淀がヤられたときぃっ♥あたしにも、どばぁってぇ…♥あっあっ♥」


ぬるうぅぅ~


摩耶「はわっ…あ、アソコっ…お、おまんこがヌルヌルにぃ…♥」

提督4『さぁ大淀ちゃん。仕上げにかかるからねぇ…ふひひひひ』

大淀『あ~♥おじしゃまぁ~♥おーよどをいんまにぃ…ひやあああぁぁ~♥』


ぐぷううぅぅっ!


明石『ふおぉ~♥大淀の両足首を掴んで脚を開いて、ノータイムでちんちん挿入ですねぇ~♥』


どちゅどちゅどちゅどちゅっ!


大淀『ほおぉっイッ♥んいいあぁ…あんっ♥あっあっあっあっあぁぁ~…はぁんっ♥』

明石『いつ見てもスゲーなー大淀の連続アクメ…舌も口からはみ出しちゃってるし♥』

提督5『明石ちゃん、状況説明ありがとう。しかし、ここからは…へっへっへっへっ』

明石『へ…あぁ…♥手のひらに淫紋がぁ…はぁはぁはぁはぁ♥』

提督5『そうとも。いよいよ明石ちゃんの番だぞぉ~』

明石『はっはひっ♥おっお願いしましゅっ♥んぴっ♥』


にちゅううぅぅ~


明石『あがあぁ~♥ほんとぉ♥ほんとにあたまぁ♥ずぶってきたぁ~♥』

摩耶「ちょっ…ちょっと待て…♥」

提督5『頭の中、おじさんでいっぱいにしてあげるからね~…むん!』


びゅるうううぅぅぅ~っ!


明石『ふぎいいぃぃぃ~っ♥ひぎぃあああぁぁぁっイッあああぁぁっ♥』

摩耶「はにゃあああぁぁっ!しゅごっイクっ♥あたひもイクうぅ~っ♥」


628 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 23:21:57.86eJWJIxUnO (2/3)

本当は、摩耶の現場召喚まで書きたかったんだけど…
今回の更新は、ここで終わります


629 ◆DbtGHHDsis2019/10/23(水) 23:28:23.35eJWJIxUnO (3/3)

安価で選ばれていない艦娘を唐突に登場させるについては、いろいろ問題があるよなーと思う。
ただ今後、話の展開に詰まりそうなときに活きてくる伏線っつーかね(回収できるかどうかもわからんが)…広い心で読んでくれると助かるっす


630以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/23(水) 23:50:03.64QcDpFDD30 (1/1)

乙、明石大淀当たりは別に出しても構わないかな、っと個人的に思う


631以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/24(木) 00:27:05.29SswAsNmuO (1/1)

その二人は実際これまでも協力者やら助手やらの
ポジション務めてきてるし特に問題ないでしょ


632以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/24(木) 16:34:51.555+RLj2BW0 (1/1)

大丈夫
明石や大淀さん以外の艦娘たちも見えない(描写のない)とこでおじさんからズコズコバコバコズドンズドンドパドパァされてるから


633以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/24(木) 23:09:13.42TWqG49We0 (1/1)

明石大淀のポジションはソレでいいと思う


634 ◆DbtGHHDsis2019/10/31(木) 22:34:41.60VP/PFlSBO (1/2)

>>630
乙ありがとう。登場だけでなく、エロシーンともなるとなぁ…と
>>631
協力者(エロ)、助手(エロ)って感じだったもんね。問題ないなら良かった
>>632
まさに、エロトラ番外編がそうだったね…
>>633
たまにエロやるならいいのかな…こちらも助かる


635 ◆DbtGHHDsis2019/10/31(木) 23:41:49.90VP/PFlSBO (2/2)

明石『んいいぃぃ~っ♥はふっあっ♥これへっしゅごほおぉぉっ♥』


がくがくがくがくっ!
ぷしゃあああぁぁっ!


摩耶「しゅごっあっ♥ふいんっ♥なんかびゅるびゅるきてっあああぁぁぁ~っ♥」


ぷしゃあああぁぁっ!


大淀『あぁんっあかひぃっ♥がくがくしながらぷしゃってしてりゅうぅんっ♥』

明石『ほおぉぉ~っ♥しゅんごひいいぃ~…んひっ…♥』

提督5『ふぅ~ふぅ~…よーし、明石ちゃんにも刻印しちゃったぞぉ。くくく…明石ちゃんも仰向けに倒れ込んでびくんびくんしちゃってる』

明石『はひぃ…♥頭からぁ…背筋までびゅるびゅるぅ…♥』


摩耶「ああぁぁ~♥あたひもぉ…ぷしゃってしちゃったぁ♥はぁ~はぁ~♥」

摩耶「あっあっ…びしょびしょにぃ♥ぱ、パジャマも…パンツもぉ♥」


明石『はぁ、はぁ…ふやああぁ♥くろいちんちんっ♥しゅごい勃っちゃってましゅ~♥ひぁんっ♥』

摩耶「あっあっ…ち、ちんちんっ♥ぶっといおちんちんっ♥明石のおまんこにぃ♥」

摩耶「はぁっはぁんっ♥ていとくっ♥おじさんっ♥明石のおまんこぷちゅぷちゅしながら、明石のからだぁ…おっぱいむにむにしてるぅ~♥」

摩耶「はぁっはぁっあんっ♥しゅごいぃ♥あたひのからだぁ♥おっぱいむにむにするのぉ♥しゅごいきもちいいよぉ~♥」

摩耶「ぱ、ぱじゃま、脱がなきゃっ♥はぁはぁ♥ぱんつもぉ♥」


ごそごそ…


摩耶「あ、あははぁ♥あたひも裸になっちゃったぁ♥はぁ~はぁ~♥しゅごひぃ♥これしゅごいぃ~♥」


636 ◆DbtGHHDsis2019/11/01(金) 22:57:51.73gnh+TV66O (1/1)

ずちゅずちゅずちゅずちゅっ!


提督4『ほごっほおおおぉぉっ…あ~でそうでそうっ…!』

大淀『はぁっあんっ♥しゅっごっあっ♥イッイクっあんっ♥』

提督4『ふひひひひぃっ…あ~でるでるでるぅっ…大淀ちゃんを淫魔にする精子でるぅっ!』

大淀『らしてくらひゃひっ♥おじしゃまのせーしぃっ♥わらひを変えちゃうせーしぃぃ~っ♥』


摩耶「はぁっはぁっはぁっ♥ずぽずぽしてたおじしゃんがぁっ♥よだれ垂らしながらしゃせーするぅ…あはぁ♥」


提督4『でるでるでるでるっ…おぉあああぁぁぁ~っ!』


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


大淀『ふやあああぁぁぁっ♥しゅごっあっ♥あぁ~♥あはあああぁぁ…♥』

明石『はぁん♥大淀、くろいちんちんからびゅるびゅるされちゃったぁ…あん♥大淀のお腹にやらしいの…♥』

大淀『はぁ~はぁ~…ああぁ♥わらひのおへその下ぁ♥おじしゃまのしるしぃ~♥』


摩耶「あっあっ…しゅごいよぉ♥大淀のおでことお腹ぁ、いやらしい…あっ…♥」


提督5『大淀ちゃん、淫紋を刻印されちゃったねぇ…くっくっくっ…さぁ明石ちゃん、覚悟はいいかい?むうぅ~、ほおぉぉ~』

摩耶「はぁぁ~♥おっきいおちんちん~♥明石のおまんこにずぽぉってぇ♥」

明石『あっあっ…はぁんっ♥ちんちんはいっ…あはぁ♥ちんちんはいっちゃったぁ♥ちんちんいっぱいぃ~あっあっあっ♥』


ぬっぬっぬっぬっぶっ!


明石『いっいきなりぃっ♥ちんちんずぽずぽあっ♥あっひっあっあっ♥』

大淀『ふあぁ…おじしゃま、いきなり明石にずぽずぽぉ♥すぐにしゃせー♥しちゃいましゅ~♥』


637 ◆DbtGHHDsis2019/11/02(土) 19:08:12.83Rbv4sOdxO (1/2)

摩耶「んうぅ~♥明石にちんちんずぽずぽしてるぅ♥ちんちんヌメヌメしてるぅ~♥」

大淀『あぁん♥おじさまのちんちん♥明石のおまんこ汁まみれですぅ♥』

提督5『ふぅぅっふひひひひっ!明石ちゃんのトロトロまんこに、熱い汁がきもちいいぃ~っ!あっすっげー締め付けっ…!』

明石『あっあっあっあっ♥ちんちんおっきっ♥ふいっいっ…♥』

提督5『おおぉっ…明石ちゃん、のけ反りながらギュンギュン締まって…』

明石『あはぁっあんっ♥イッあっあっあっ♥とまんなひっ♥ちんちんずぽずぽとまんなひぃっ♥』

摩耶「はぁはぁはぁっ♥おじさんしゅごいぃ♥しゅごいカクカク動いて、明石のおっぱいぶるんぶるんしちゃってるぅ♥あっあっあっ♥」


にちゅにちゅにちゅにちゅ…


摩耶「んいぃっ♥あたひのおまんこぉっ♥指でにちゅにちゅっ♥これしゅごひぃっ♥」

提督5『はぁはぁはぁはぁっ!あぁ~でそうっあっあっ…』

明石『はぁぁ~でちゃうぅ♥わるいせーしくるうぅ~♥』

提督5『あぁ~あぁぁ~でるっ…でるでるでるでるでるぅっ!』

摩耶「ああぁ~♥明石の目がイッちゃってるぅ♥すごいイッてるんだぁ♥あたひっあたひもイキそぉ♥イッ…あああぁぁ~っ♥」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅ!


明石『あっでてりゅっイッくぅっ♥イクイクイクイクぅっ♥しゅごいでてりゅううぅぅ~っ♥』

提督5『おおっおおんっ!あっあああぁぁ~っ!あっあっ…はあぁ~、すっげーでちゃったぁ~…うひひひひぃ』

大淀『あぁん…明石のお腹にじわぁってぇ♥淫紋が浮かんできちゃいましたぁ…すてきぃ♥』

明石『はぁ…はぁ…あはぁ~♥しきゅーじんじんするぅ♥ケッコンしてぇ…おじしゃんの淫魔になっひゃいまひたぁ…はぁん♥』


638 ◆DbtGHHDsis2019/11/02(土) 19:09:55.82Rbv4sOdxO (2/2)

三日で3スレかぁ…やっと摩耶編の本番に行けるなぁ
今回の更新は、ここで終わります


639以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/03(日) 01:14:06.85nvTgdToYo (1/1)

3レスっす乙 尻尾から精液出すのかな?
よく考えれば大淀の変身のバリエーション少ない印象だから次スレ期待



640以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/03(日) 01:58:25.84A+zweZbDO (1/1)

摩耶さん堕ちてる 増殖してもいいような感じ


641 ◆DbtGHHDsis2019/11/05(火) 06:06:33.32bThFRr+LO (1/4)

>>639
あっ3「レス」だった乙ありがとう。変身のバリエーションかぁ…ってか、まだ次スレの話は早いっす
>>640
まぁねぇ、ここまでして堕ちなきゃどうしよって話だよねぇ


642 ◆DbtGHHDsis2019/11/05(火) 06:36:38.20bThFRr+LO (2/4)

提督5『ぐへへへへ…こんなに射精したのに、まだまだ貪欲にきゅーきゅー締まっちゃってる…ちゅー』

明石『んうぅー♥ちゅむ♥はぷぅにゅぷ♥ちゅっちゅっ…はぁ~♥』


摩耶「ああぁ…すっごいとろんとろんのキスしてるぅ♥」


提督『あ、あ、あぁ~あぁ~…あっでるっ妙高ちゃんでちゃうぅっ!』

妙高『あっあっくるぅっ♥先っちょぶくってっ…ふやあああぁぁっ♥あああぁぁっ…はぁんっ♥あはぁ…あぁ~♥』

提督2『はぁはぁはぁはぁっ…おっおっ!でるっポーラちゃんっおじさんもでるからっ!があああぁぁ~っ!』

ポーラ『ふにあああぁぁ~っ♥あぁ~あぁぁ~…しゅごいどくどくゆってまひゅ~んいぃっ♥はぁぁ…しゅごおぉ~…♥』


摩耶「しゅごひぃ…みんなしゃせーあひあひゆってるぅ♥ちんちんどぷどぷして…ずるいっずるいよぉ~っ♥あたしより先にしゃせーされてぇ…♥」


ずぶずぶずぶずぶ…


摩耶「んん…なんかあたし、ベッドに沈んで…」


ずぶうぅ…


摩耶「あはぁ~♥あったかぁい♥ぬるぬるしてるぅ~♥なんかふわふわしてるぅ~♥」

………
……


摩耶「あ、あれ…?」

明石「うふふっ♥きちゃいましたねぇ~摩耶さん♥」

大淀「お待ちしていました摩耶さん…ふふふ…♥」

妙高「ああん♥摩耶さんまで仲魔にぃ…すてきぃ♥」

ポーラ「エステルーム以来ですねぇ~♥摩耶さんも裸でぇ…おっぱいおっきいですぅ~♥」

摩耶「あっあっあっ♥きちゃったぁ♥なんかこの部屋、むわってしてるよぉ…♥」


643 ◆DbtGHHDsis2019/11/05(火) 07:12:27.93bThFRr+LO (3/4)

提督3「うひひひひ…おでことお腹に淫紋を刻まれた摩耶ちゃんだ。はぁはぁはぁ…」

摩耶「あはぁ~♥おなかぁ♥しきゅーじんじんしちゃってるぅ♥あたまもぉ…ふっとーしちゃうよぉ♥」

提督3「ふひっふひひひひ!ほらほらおいで摩耶ちゃん」

摩耶「うんっうんっ♥ふやん♥」


にちゃあああぁぁ~


提督3「はぁはぁ…摩耶ちゃんを抱きしめちゃったぞぉ~!なんて気持ち良さだよ!?」

摩耶「しゅごおっ♥おじさん汗びっしょりぃ♥」

提督3「ゴメンなぁ摩耶ちゃん。摩耶ちゃんが、おじさんの汗まみれになっちゃったよ。イヤかな?」

摩耶「はぁ~はぁ~♥においツンツンするけどぉ♥イヤじゃないし♥うあぁ~ちんちんぬるぬるしてるぅ~♥」

提督3「摩耶ちゃんのお腹にぴっとり付けたチンポだね。カウパーが漏れて摩耶ちゃんに塗っちゃってるんだよ」

摩耶「かたぁい♥すっごいぐいぐいされてるぅ~♥」

提督3「許してくれ摩耶ちゃん。摩耶ちゃんが気持ち良すぎてビンビンになっちゃってるんだ」

摩耶「あたしでぇ♥ちんちんおっきしてるぅ♥ふにゃっ♥ひゃんっ♥ちょっこらぁ~♥」

大淀「すてきですぅ♥摩耶さん、顔にいーっぱいちゅっちゅされてますねぇ♥」

明石「早くも、摩耶さんの表情がとろんとろんですねぇ♥」

ポーラ「摩耶さんの~目がハートですぅ~♥ちゅっちゅされて嬉しそうです~♥」

妙高「摩耶さんったらぁ…髪がくしゃくしゃですねぇ♥私たちのエッチ見ながらクチュクチュしてましたものねぇ♥」

摩耶「見てたのかよぉ♥だってちんちんずぽずぽ凄かったからぁ♥あっあっあっ♥」


ぬろぉ~にちゃにちゃ…


提督3「むふふふ。確かに、摩耶ちゃんのおまんこから脚の間、膝までビショビショだねぇ?全てが最高だよ摩耶ちゃん…くっくっくっくっ」


644 ◆DbtGHHDsis2019/11/05(火) 07:16:27.23bThFRr+LO (4/4)

しばらく、摩耶with淫魔シスターズの大乱交になるだろう。球磨型(球磨除く)乱交編は次スレになりかねない。構成とか考えなかった結果だ…申し訳ない
今回の更新は、ここで終わります


645以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/05(火) 13:03:15.34p4eGDsVA0 (1/1)


できれば摩耶は口調だけは提督に対してぶっきらぼうなままであってほしい
お前なんかがあたしをぉ~手込めにするなんざじゅうねえっ、はや、い、いくっいくいくぅ

みたいな


646以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/08(金) 23:41:03.94G1FJ2Y/O0 (1/1)

淫魔だらけの鎮守府


647以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/11(月) 05:30:05.64+gmXcIwt0 (1/1)

裏でこんなことが繰り広げられているのを知らずド真面目に艦娘として働いてる子がいると思うとぼかぁもう……


648 ◆DbtGHHDsis2019/11/13(水) 14:49:01.59gXUNNySWO (1/10)

>>645
乙ありがとう。摩耶の口調は迷ったんだけど…前後不覚にヘロヘロな摩耶を書きたかったこともあるしねぇ
>>646
淫魔ネタ、既にヨソで書かれてるし、実は気乗りしていなかった。しかし、「頭にびゅるびゅる」を書きたい欲が勝ってしまった
>>647
そんなド真面目艦娘を引き込む瞬間がたまらない


649 ◆DbtGHHDsis2019/11/13(水) 16:01:15.88gXUNNySWO (2/10)

にゅぷっにちゅにちゅっ…


摩耶「あっらめっあっ♥すっごい動いてぇっ♥」

提督3「むふふふ…摩耶ちゃんのおまんこ濡れ過ぎじゃないか?でも熱くってトロトロで弄りがいがあるよ。自分で弄るのと、おじさんの指でぐちゅぐちゅされるの…摩耶ちゃんはどっちが好きかなぁ?」

摩耶「とまんなひっ♥ゴツゴツの指ぃ♥はぁはぁはぁっ♥」

大淀「処女の摩耶さんなら、自分で弄ると寸前でセーブしちゃうでしょうから…♥」

妙高「ふふ…ここでおじさまに完イキさせていただく方がいいですねぇ♥」

ポーラ「あはぁ~♥ポーラまでぇ~くちゅくちゅされてるみたいですぅ~♥」

明石「いいですねぇ~♥摩耶さんの両腕、おじさんの首にしっかり巻きついちゃって♥腰もカクカクしちゃってますよぉ♥」

摩耶「もっもぉらめぇっ♥それ以上らめっ♥ほんとらめらからぁっ♥ゆびかたぁいっ♥ほっほんとにぃっ…あ♥あ♥」

提督3「いやーあ、摩耶ちゃんのチンポ…クリトリスもヌルヌルのビンビンだからねぇ?ここらで重点的に」

摩耶「んいいぃぃっ♥いっいっイッ♥~~~~~っ♥」


びくびくびくびくっ!


摩耶「はぁっあっ♥ふいっんんぅ~っ♥ほっおぉっ…はぁ~はぁ~はぁ~♥あぁ~…♥」

提督3「おぉ~…摩耶ちゃんイッちゃったよ。ついに摩耶ちゃんの初イキが見れちゃったねぇ」

摩耶「はぁん…ばかやろぉ♥らめってゆったのにぃ…♥」

提督3「はは、悪い悪い。しかし、なかなか良かったみたいだね。摩耶ちゃんヨダレ垂らしちゃってるからねぇ…れろぉ~ちゅむ」

摩耶「あむん♥くぷぷ♥ちゅちゅ…ぢゅる♥れろぉれろぉ~くちゅ♥」

ポーラ「わぁー♥おじさまのぉ~ヨダレお返しキスですぅ~♥」

妙高「ふぅんっ♥すっごいねっとりキス…♥」


650 ◆DbtGHHDsis2019/11/13(水) 18:30:13.85gXUNNySWO (3/10)

摩耶「ちゅる…ぷはぁ♥あん♥ちゅーしちゃったぁ♥」

提督3「ふうぅ~…摩耶ちゃんとのキス最高だぁ~ちゅっちゅっ」

摩耶「はにゃん♥やんっ♥またあたひの顔にキスぅ…んむんっ♥ちゅっちゅぴぃ♥あむぅ~♥」

明石「いいなぁ~摩耶さん、顔にいっぱいキスされて、唇にディープキスされて…を繰り返されちゃってますねぇ♥」

提督3「ちゅむ…ぷはぁ、れろぉ~れろぉ~」

摩耶「はわあぁ~♥はぁっはぁっ♥ひあっ♥」

妙高「あらあら…摩耶さん、押し倒されて、首筋から鎖骨をれろんれろん…♥」

大淀「おじさま、摩耶さんの全身を舐め舐めちゅーちゅーするんですねぇ♥あん♥」

提督3「ふふぅぅ~ちゅうぅ~ちゅぽぉっ!うひひひひ~」

ポーラ「あはぁ~♥摩耶さんの首筋にぃ~キスマーク付いちゃいましたぁ~♥」

摩耶「こ、こらぁ~♥強く吸いすぎぃ♥あっあっあっあっ♥」

提督3「はぁはぁはぁ…摩耶ちゃんのおっぱいぃ~ちくびぃ~ぐひひひひ」

明石「摩耶さんのおっぱいをねっとりもみもみしながら、乳首をれろれろ…はぁ~はぁ~♥」

大淀「すてきぃ♥摩耶さん、いーっぱい弄られながら気持ち良さそうにくねくね…んぅ♥」

摩耶「すっ吸いすぎぃっ♥あふっあっ…あぁん♥はぁっはぅんっ♥」

ポーラ「すっごいぃ~♥摩耶さんのお腹もちゅーちゅー…おじさまの唇が這いまわっちゃって…摩耶さん軽くイッちゃってますよぉ~♥」

提督3「ちゅぱぁ…あぁぁ~摩耶ちゃんの太ももキレイだぁ~れーろれーろ」

摩耶「しゅごおっ♥おじしゃんあたひにいっぱいぃっ♥いっぱいれろれろぉ~♥」

妙高「ふふふ…いかがですか摩耶さん?大好きなおじさまが、すっごいコーフンしながら、摩耶さんにガツガツしちゃってますよぉ♥」

摩耶「あぁぁ~♥おじしゃんっ♥おじしゃんんっ♥おじしゃんしゅごひいぃ~♥」


651以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/13(水) 19:08:03.35pifAx84YO (1/2)

幻覚で少し前の堕ちてない自分が驚愕している様子を見せて
堕ちた自分を懺悔させつつおじさん最高宣言させてほしい


652以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/13(水) 19:49:51.58oWTiU7JM0 (1/1)

この人のスレは最高だな


653 ◆DbtGHHDsis2019/11/13(水) 20:24:54.72gXUNNySWO (4/10)

>>651
比較検討って大事だよね。思いもつかないアイデアありがとう。懺悔はしなくていいけどwこのアイデアを使うかどうかは約束できない(忘れるかもしれないから)が、おじさん最高宣言はさせたいなぁ
>>652
ありがとう。照れるなぁw


654以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/13(水) 20:26:35.51pifAx84YO (2/2)

懺悔はもっと早くにおじさんのものになろうとしなかったことに対してでもええんやで


655以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/13(水) 20:26:43.2226oUX1U1o (1/3)

可哀想な娘がいないのはいいことだ


656 ◆DbtGHHDsis2019/11/13(水) 20:58:19.22gXUNNySWO (5/10)

提督3「ふはぁぁ~…摩耶ちゃんのエロ汁でベタベタの太もも、ごちそうさまだよ」

摩耶「はぁ~はぁ~♥な、なにがごちそうさまだよぉ…んっ♥」

提督3「くっくっくっ…摩耶ちゃんの脚が軽く開いちゃってるねぇ」

明石「あん♥おまんこの…大陰唇が、うっすら開いちゃってますねぇ♥ここからでもわかっちゃいますよぉ♥」

大淀「うふふ♥摩耶さん、せっかくですから…さらに脚を開いて膝を立てていただけますか?」

摩耶「え…でもぉ…♥」

妙高「このあと、おちんちんがずぽずぽされる摩耶さんのおまんこ♥すっごくいやらしそう…はぁはぁ♥」


ず、ずずずず…


提督3「おっと…みんなから立ちのぼる淫気が濃くなってきちゃってるなぁ」

摩耶「はぁ~はぁ~♥わ、わかったよぉ…はぁぁ~♥」

ポーラ「あぁん♥摩耶さんの脚が開いちゃいましたぁ~♥摩耶さん、顔を両手で隠しちゃってますけどぉ~♥」

提督3「うんうん。おじさんは腹這いになって…いひゃあ~」

摩耶「あぁぁ~…おじしゃん♥あたひのおまんこに顔近づきすぎぃ♥ふんふんしてるぅ♥」

提督3「ふうぅ~、ふおおぉぉ~…れろおおぉ~」

摩耶「ひあああぁぁっ♥ちょっいきなりぃっ♥あっふあぁ~っ♥」

妙高「あぁ~♥おじさまったらぁ、摩耶さんの太ももを抱えて…予告なしにクンニリングスですぅ♥」

明石「ふいぃ~♥な、なんか私までクンニされてるみたいぃ~♥」

大淀「おまんこれろれろされて…摩耶さんのおっぱいがぷるんぷるんしちゃってますねぇ♥」

ポーラ「摩耶さんのおっぱい…乳首がピンピンですぅ~♥はぁはぁ…ポーラのおっぱいもジンジン~♥」

摩耶「やっやらしいぃっ♥みんなやらしいよぉ~♥んいっやめっあっあっあっあっ♥」


657 ◆DbtGHHDsis2019/11/13(水) 21:11:47.40gXUNNySWO (6/10)

>>654
そっかぁ…チ○ポ抜き差しクライマックスで、そのセリフが飛び出す訳だね
>>655
何も知らず、指一本触れられていない艦娘が…と、ふと思った


658 ◆DbtGHHDsis2019/11/13(水) 21:34:42.69gXUNNySWO (7/10)

提督3「へへへへぇ~摩耶ちゃんの大陰唇のふちをねっとりぃ~」

摩耶「あぁ~っ♥はぁんっ♥しゅごおっしゅごひれろれろぉ~っ♥」

提督3「いひひひひ…摩耶ちゃんったら、外側をチロチロされただけで腰をフリフリしちゃってねぇ。奥までイッたら、どうなっちゃうんだろう?」

摩耶「はぁ~はぁ~♥わ、わかんねーよぉ~♥」

提督3「おじさん、摩耶ちゃんのおまんこを開いて見てみたいなぁ…そこでだ」

提督3「摩耶ちゃん自身でさ、膝を持って脚をいーっぱい開いて欲しいんだよねぇ」

摩耶「え、え…でもぉ…♥」

提督3「ねっねっ!頼むよ摩耶ちゃん!」

摩耶「し、しょーがねーなぁ…♥ひ、膝を裏から持ってぇ…ああぁ~♥あたしぃ…すっごいおまんこ見せちゃってるぅ~♥」


がくがくがく…
ぷちゅうぅっ


ポーラ「すっごいぃ~♥摩耶さんコーフンしてガクガクしてますぅ~♥」

妙高「あらぁ…おまんこからピュルッてしましたね♥また軽くイッちゃってますねぇ♥」

摩耶「はぁぁん…♥らってらってぇ…いやんっ♥」


ぬちゃあああぁぁ~


提督3「ふへへへへ…摩耶ちゃんの大陰唇、指で開いちゃったぞぉ~?おおぉ、充血してぼってり!しかし、汁でヌラヌラだぁ」

摩耶「あぁ~あぁ~♥しゅごい見てるぅ♥あたひのおまんこ見られちゃってるぅ~♥」


ぷちゅっぶぢゅ…


提督3「ふひひひひ。素晴らしいぞ摩耶ちゃん!れろれろの前に、おまんこから汁をぶぢゅぶぢゅ溢れさせちゃってる!あぁ~おじさんもイッちゃいそ~」


659 ◆DbtGHHDsis2019/11/13(水) 22:32:00.62gXUNNySWO (8/10)

摩耶「はぁはぁはぁ…おじしゃんもぴゅるってしてるぅ♥あはぁ♥あたひとおんなじぃ♥」

提督3「そうとも、頭の中がエロいことでいっぱいなんだ。だから…れろぉ~」

摩耶「あっいっあっ♥らめっらめぇ~♥」

大淀「あぁん♥摩耶さんのヌレヌレまんこにぃ♥おじさまの舌がぬちょぉ~ってぇ♥」

明石「舌に、おじさんのヨダレがいーっぱい乗っちゃってるんですねぇ♥ふぅ~ふぅ~♥」


ぬろんっぷちゅっぢゅるるる~


摩耶「んいいぃっいっ♥あっあ~♥んあっあんっ♥はひあっあっあっ♥」

ポーラ「すごいぃ~♥摩耶さんのけ反っちゃってますぅ~♥」

妙高「はぁはぁ♥おじさまのすっごいクンニぃ♥摩耶さんの小陰唇に膣口…粘膜れろんれろん♥」

提督3「むふふふふ…つぷ」

摩耶「~~~~~っっ♥」


ぷぢゅっぷしゃああぁぁっ!


摩耶「はぁぁんっ♥あぁーっ♥あ~あ~…はぁっはぁっ…あはぁぁ~♥」

提督3「うひひひひ…舌を膣口に入れたとたんに潮吹きしちゃったねぇ。おじさんの顔がビショビショ」

摩耶「あぁぁ…でちゃったぁ~♥ガマンれきなひぃ♥とけひゃうぅ~♥」

明石「あははぁ♥摩耶さんの顔がとろんとろん~♥完全に目がイッちゃってますねぇ~♥」

提督3「ぐひひひひ。仕上げに…ピンピンに勃っちゃった摩耶ちゃんのクリトリスをぴろぴろしてあげようね」

摩耶「らめぇ…♥おかひくなるぅ♥らめらからぁ…♥」

提督3「摩耶ちゃんの頭の中を、おじさんでいっぱいにしたいからさ。行くぞっ!」


ぷぶちゅぷっるちゅるちゅるちゅっ!


摩耶「ひあああぁぁ~っ♥イクイクイクイクぅっ♥おじしゃっおじしゃああぁんっ♥はぁっはぁっはぁっ♥あぁ…あんっ♥しゅごひぃ♥おじしゃんしゅごひよぉ…♥」


660 ◆DbtGHHDsis2019/11/13(水) 22:34:11.57gXUNNySWO (9/10)

摩耶と妙高とポーラの脱毛なども行う予定
今回の更新は、ここで終わります


661以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/13(水) 22:39:12.3426oUX1U1o (2/3)

えっ…脱毛しちゃうの…


662 ◆DbtGHHDsis2019/11/13(水) 22:58:57.92gXUNNySWO (10/10)

>>661
一応の理由として…
1・下腹部の淫紋がくっきり見える
2・前スレの脱毛描写が、個人的に気に入っている
3・艦娘本人に「私はおじさんのモノ~♥」って意識を持たせたい

って感じ。まあまだ決定事項ではない


663以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/13(水) 23:14:36.90fTUr7a+kO (1/1)

実はパイパン派…(ボソッ)


664以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/13(水) 23:19:05.4726oUX1U1o (3/3)

仕方がないのか…じっとりと濡れた陰毛はエロくて好きなんだ


665 ◆DbtGHHDsis2019/11/14(木) 11:04:59.64p1pR+fFGO (1/6)

>>663
そういう人もいるんだよねぇ
>>664
こちらの意見もある。半々ぐらいかな?…艦娘が勝手に生やすという手もある


666 ◆DbtGHHDsis2019/11/14(木) 13:59:31.59p1pR+fFGO (2/6)

がくがくがくがくっ!
ぷしゃああぁぁっ!


提督3「わぷっ!…うへへへへ。いやー凄いな摩耶ちゃん、またまた潮をおじさんの顔にぶちまけちゃって」

摩耶「あぁ~っ♥はぁはぁはぁ…はぁぁ~♥ふやあぁ~♥またでひゃったぁ~♥」


かくっかくっかくっ…


ポーラ「摩耶さん、半笑いで腰カクカクしちゃってますぅ~♥きもちよさそお~♥」

摩耶「あはぁ♥しゅごひきもちかったぁ♥おじしゃんべろんべろん~♥」

提督3「へっへへへへ。摩耶ちゃんのびくびく快感が、おじさんにビンビンきちゃうねぇ」

摩耶「あ~♥おじしゃんの顔びしょびしょらぁ♥」

提督3「むふふふふ。せっかくだからさ、摩耶ちゃんにぺろぺろして、キレイキレイにして欲しいなぁ」

摩耶「あぁん♥おじしゃんのかお~♥へへぇ~れろぉ~れろぉ~♥」

大淀「うふふっ♥摩耶さん、おじさまの顔中をぺろぺろしちゃってますねぇ♥」

摩耶「んふぅ~♥しょっぱぁい♥はぁ~はぁ~…んちゅうぅ~♥」

明石「おぉ~♥そのまま、ねっとりキスに移行とは…アツアツでムード満点ですねぇ~♥」

妙高「おじさまと摩耶さんの身体が密着してぇ…摩耶さんのおっぱいプニプニですねぇ♥はぁはぁ♥」

提督3「ちゅるる…ちゅぱぁ…ぐひひひひ、おじさんの顔もキレイになったし…ありがとう摩耶ちゃん」

摩耶「はぁはぁ…へへ♥あん…♥」

提督3「ふひひひひ。摩耶ちゃんの視線が、おじさんのチンポに釘付けだねぇ」

摩耶「あっあっ♥あたひに先っちょ向いちゃってるぅ~♥しゅごひぃ♥ふとぉい♥」

提督3「そうだとも。摩耶ちゃんの為にギンギンになっちゃったチンポだ。摩耶ちゃんだけのチンポだぞぉ~むひひひひ」


667以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/14(木) 14:35:54.78l+IfeVfSO (1/1)

抜けた陰毛の活用先
・おじさんの魔翌力で媚薬を注入する針になってみんなにプスリ
・おじさんの魔翌力で束ねたリングになってクリトリスやラビアの装飾具に
・おじさんの魔翌力でそのまま淫紋のタトゥーに。焼けるほど痛いのに気持ち良い感じで
・おじさんの魔翌力で大勢の小さなおじさんに変化してあちこちを舐め触りまくり
・おじさんの魔翌力で淫具に変わってギャラリーが活用しだす

一瞬でこんなに思い付いてしまったのは摩耶がとてもエロいせいです


668 ◆DbtGHHDsis2019/11/14(木) 15:44:41.47p1pR+fFGO (3/6)

>>667
よくこんなに思いつくなぁwけど、摩耶がエロいせいなら仕方ないですね


669 ◆DbtGHHDsis2019/11/14(木) 16:20:20.37p1pR+fFGO (4/6)

提督3「どーれ…近くで見て見るかい?摩耶ちゃん」

摩耶「はぁ~はぁ~…あぁ~♥」

大淀「ふふ…おじさま、摩耶さんの身体をまたぐみたいにして、おちんちんを摩耶さんの顔の上に…♥」

提督3「摩耶ちゃんで興奮し過ぎて、チンポがほぼ垂直に勃っちゃってるからね。手でぐいっとね」

摩耶「ひぁんっ♥すっごい近いぃ♥においすごいぃ~♥」

妙高「はぁはぁ…おじさまのちんちん♥仰向けの摩耶さんの顔の近くにぃ♥摩耶さんったら口が半開きですよぉ♥」

明石「摩耶さん、うっとりしながら、目がキラキラしちゃってますねぇ♥ふふ…♥」

摩耶「先っちょぶくってしてぇ…ヌルヌルしてるぅ♥」

提督3「くっくっくっ。摩耶ちゃんで興奮して、カウパー腺液がダダ漏れだった訳だろ?で、チンポの先っちょを摩耶ちゃんのお腹にくりくりしてたからね…ふひっ、説明してたら興奮してっ…」

摩耶「あ~先っちょからにゅるってぇ…ふやんっ♥」


にゅるぅ~、ぽたぁ~


ポーラ「あ~♥摩耶さんの顔にぃ~かうぱー垂れちゃいましたぁ~♥」

提督3「あっやべっ…ゴメンよ摩耶ちゃん、おじさん興奮し過ぎて」

摩耶「あはぁ♥ほんとにこーふんし過ぎぃ♥ゆびですくってぇ…♥」

摩耶「ふあぁ~♥しゅごいねとねと~♥ゆびで糸引いてるぅ…あむ♥」

妙高「あらあら♥摩耶さん、おじさまのカウパー付いた指ぃ♥お口に含んじゃったぁ♥」

摩耶「んんぅ~♥これもしょっぱぁい♥れもぉ…ぬるんぬるんして変な感じぃ♥ふふ♥ちゅぴぃっちゅぴっ♥」

提督3「はぁ~はぁ~…摩耶ちゃんがぁ、うっとり微笑みながら、おじさんのチンポ汁をちゅぱちゅぱぁ…おおおぉぉ~」

大淀「あっあっ♥おじさまフゴフゴゆってますぅ♥目が血走って、汗もダラダラぁ♥ケダモノさんになっちゃってますねぇ♥」


670 ◆DbtGHHDsis2019/11/14(木) 17:20:07.34p1pR+fFGO (5/6)

提督3「はぁはぁはぁ…おうっ!?」

摩耶「あぁん♥おじしゃんのちんちんかたぁい♥やぁん♥きゅって握ったらぴくってしたぁ♥」

提督3「うおおぉぉ~、摩耶ちゃんがチンポをシコシコっ…はぁっはぁっはぁっ」

摩耶「これしゅごぉい♥ちゃんと持ってないと跳ねちまうぅ♥」


にっちゅにっちゅにっちゅにっちゅ


摩耶「ふあぁ~♥また先っちょから垂れちゃうぅ♥あーん♥」


にゅるぅ~ぽたぁ


ポーラ「摩耶さん、ちんちんシコシコして溢れたカウパー、舌で受け止めちゃったぁ~♥おいしそ~♥」

摩耶「えへへ~♥へんなあじぃ♥にゅるにゅるとまんないぃ♥おじしゃんきもちいーかぁ?」

提督3「はぁはぁはぁ…あああぁぁ~」


にゅぐにゅぐにゅぐ…


明石「ありゃ、おじさんの右手が黒い触手ハンドに…?」


ぺとぉ~ぬちゅぅ~


摩耶「はにゃあああぁぁっ♥あっあっあっあっ♥」

妙高「あんっ♥ぬるぬる触手ぅ♥摩耶さんのおまんこをかき回してますぅ♥」

摩耶「こっこらぁっ♥んいぃっちんちんしこしこできなひぃっ♥」

提督3「はぁはぁはぁっ!だって摩耶ちゃん、おじさんだけ気持ち良かったら不公平だからさっ!」

摩耶「んああぁぁっ♥そこらめぇしゅごおっ♥あぁんっ♥あっあっあっあっ♥」


にちゅにちゅにちゅにちゅっ!


提督3「うおっすげっおおおぉぉ…あぁ~でそうでそう~あっでるでるでるでるぅぅぅっ!」

摩耶「あたひっあたひもぉっ♥いっしょにイクぅっ♥おじしゃんとイッ…あああぁぁぁ~っ♥」


671 ◆DbtGHHDsis2019/11/14(木) 18:17:13.50p1pR+fFGO (6/6)

びゅるうううぅぅっ!
がくがくがくがくっ!


提督3「おおおぉぉぉっ!おぉ~…はぁっ、はぁはぁはぁ…すげえでたぁ~」

摩耶「はあああぁぁっ♥ああぁ…はぁはぁはぁ…♥あれ?」

明石「あぁ~びっくりしたぁ…おじさんの精液、摩耶さんの顔の上を飛び超えちゃいましたねぇ。座ってた私の脚にべっとり…」

摩耶「あぁっずるいぞ明石ぃ!あたしの顔にいっぱい掛かるはずだったのにぃ~っ!」

明石「ま、まあまあ…顔射の楽しみは、後にとっておけばいいじゃないですか♥ほらぁ…おじさんのちんちんの先っちょにぃ…♥」

摩耶「へ…あ♥ほんとに先っちょにぃ…あぁん♥」


ぬちゅる、ぬろぉ~


提督3「ま、まあ機嫌直してよ摩耶ちゃん。ゆーっくり、摩耶ちゃんのおまんこ、触手ハンドで弄ってあげるからさ」

摩耶「んぅ~♥あったかいのぬるぬるぅ~♥はぁ~はぁ~…先っちょのせーし♥ゆびですくっちゃお♥あっあっ…ぱく♥」

大淀「うふふっ♥摩耶さんがびゅるびゅるさせちゃったせーし♥おいしそーにむぐむぐ~♥」

摩耶「へへ…ぷるんぷるん♥あ…ふあ~♥おじさんのちんちん♥またおっきくぅ~♥」

提督3「へ、へへ…おいしそーに精子をむぐむぐする摩耶ちゃん…はぁはぁ」

摩耶「あはぁ♥ちんちんすごぉい♥あっあっあっ…♥」

提督3「摩耶ちゃんの顔が切なそうだね。ありゃ、お腹の淫紋をなでなで…くっくっくっくっ」

摩耶「んぅ…おじさんが下がって…あんっ♥」


ぷちゅうぅ~


提督3「お、おじさんガマンできないよ。摩耶ちゃんにチンポぶちこみたい」

摩耶「はああぁぁ~♥ちんちんぷちゅぷちゅしてるぅ♥あたひのおまんこにぃ♥するぅ♥おじしゃんとせっくすするぅ~♥」


672 ◆DbtGHHDsis2019/11/14(木) 23:38:45.80GwWJflCiO (1/1)

摩耶「はぁ~はぁ~♥んぅ~♥」


くむぷ…


摩耶「あっあっ♥先っちょはいってるぅっ♥あついぃ♥ちんちんあつひよぉ♥」

提督3「ふぅ~ふぅ~…膣口にすこーしチンポが入ったけどね。うひぃ~この時点できもちいい~!摩耶ちゃんの膣口が、ヨダレだらだらでチンポをあむあむしちゃってるから」

摩耶「はぅんっ♥なんか染みてるぅ♥なんかじわじわしてるうぅ~♥」

提督3「くっくっくっ、それはねぇ…おじさんのカウパーが、摩耶ちゃんのおまんこににゅるにゅる出ちゃってるからなんだよねぇ」

摩耶「ふやあぁん♥あたひのおまんこぉ♥おじしゃんのやらしいのっ…ふあぁっ♥」


ぴくんっぴくんっ…


摩耶「はふんっ♥はあぁ~♥しゅごひぃ♥ちんちんしゅごひいぃ~♥」

提督3「ありゃりゃ。摩耶ちゃん、軽くイッちゃったね…そのまま、深呼吸しながら力抜いててね?」

摩耶「わかったぁ…あっあっ♥」


ぐぶんっ!のぷ…


提督3「よっしゃ!摩耶ちゃん頑張ったね、亀頭…チンポの先の、膨らみが挿入できたよ」

摩耶「はふぅっ♥あはぁ~♥おっきいぃ♥しゅごいぶくってぇ~♥」


こぷぷっ、にゅぐぶ


摩耶「あぁん♥もっとぉ♥おじしゃんもっとおくぅ~♥」

提督3「摩耶ちゃん、目がハートになっちゃってるねぇ。痛みもないっぽいし…よっし、もう少し奥にね」


ぬぶぶぶぶ…


摩耶「ひあぁ~♥くるぅ~♥あっついのぉ♥んふあぁぁっ♥らめらめらめぇ♥んっいぃっ♥」

提督3「ふひゃあ~…摩耶ちゃんの膣壁がびくびく…チンポ初挿入の途中でイッちゃってるなぁ摩耶ちゃん」


673 ◆DbtGHHDsis2019/11/15(金) 01:27:31.15xqmGbC8OO (1/4)

ぬぬぬ~…


摩耶「あ~♥あ~♥あにゃっ…♥」


つぷぅ…


提督3「はぁはぁ…おおぉ…入ったぁ、入ったよ摩耶ちゃん。おじさんのチンポ、摩耶ちゃんに全部入っちゃった」

摩耶「うんっうんっ♥いちばんおくぅ♥ちゅってしてるぅ~♥」

明石「ふはぁ~…緊張の時間でしたねぇ。おめでとうございます摩耶さん♥」

大淀「うふふっ、おめでとうございます摩耶さん♥大好きなおじさまにぃ…バージンあげられましたね♥」

妙高「おめでとうございます♥摩耶さん、汗びっしょり…おじさまと一緒ですね♥」

ポーラ「摩耶さん~ブラーヴァですぅ~♥なんか摩耶さん~すっごくキラキラしちゃってますぅ~♥」

摩耶「はぁぁん♥みんなありがとう♥なんかすっごい喜ばれちゃってるぅ♥」

提督3「摩耶ちゃん、よく頑張ったねぇ…おじさんからもおめでとうだよ…ちゅー」

摩耶「んふぅ♥ちゅっちゅっ♥あむん♥ぢゅるぅ~ちゅぱぁ♥あぁ…おじさん♥おじさん…ふにゃあん♥」

明石「すてきぃ♥摩耶さん、ちんちんずっぽりされながら、おじさんに抱きしめられちゃってぇ♥」

摩耶「ふあぁ~♥おじしゃんしゅごお♥おじしゃんの身体しゅごいよぉ~♥」

大淀「いいですねぇ♥おじさまの身体、すっごくムキムキで逞しくってぇ…見てるだけでイッちゃいそうですからぁ♥」

妙高「摩耶さんの脚、早くもおじさまの腰をホールドしちゃってますね♥あんっ♥」

ポーラ「摩耶さんの両手もおじさまの背中にぃ~がっちりまわされちゃってますぅ~♥」

提督3「むふふふふ。摩耶ちゃんの身体、すっごく柔らかいのにプリップリの弾力性…なのに、なんかすっぽり包まれてるみたいだねぇ。最っ高の気分!摩耶ちゃん大好きだぁ~!」


674 ◆DbtGHHDsis2019/11/15(金) 05:27:12.14xqmGbC8OO (2/4)

摩耶「んっんっ♥あんっ♥ちんちんうごいてっ♥なかでくりくりしてるぅ~♥」

提督3「あ、はは…精液が暴発しそうなのガマンしたりして動いちゃってるんだな」

提督3「どうだろう摩耶ちゃん。おじさん、ゆーっくりチンポ抜き差ししてみていい?」

提督3「摩耶ちゃんのびしょびしょのさ、プリップリの膣壁…チンポの出っ張りでコスコスしてみたいんだ」

摩耶「はぁ~はぁ~♥い、いいぞぉ♥」

提督3「よしよし、身体を少し離して…痛かったら言ってね」

摩耶「う、うん…あああぁぁ~♥」


ぬぶううぅぅ~


摩耶「ああぁ~♥これしゅごおっ♥しゅごいごりごりぃ~っ♥」

提督3「ひ、ひひ。膣口近くまでチンポが抜けちゃった。そしてぇ~」


ぬぢゅううぅぅ~


摩耶「ひぃああぁぁ~♥またきたぁ~♥かたいのぉ♥はぅんっ♥」

提督3「ふふ、ぐふふふ…さあ、またチンポがずっぽりだ。ありゃ、摩耶ちゃんアヒアヒしながらヨダレ垂らしちゃってる」

摩耶「あぁ~♥あぁんっ♥ちんちんしゅごいぃ♥せっくすすごいよぉ♥あっあっあっあっ♥」

提督3「うっおっおっ!まっ摩耶ちゃん、自分から腰を振ってっ…!」

摩耶「はぁっはぁっはぁっ♥こしゅれてるぅっ♥おっきくてかたいおちんちんっ♥」

提督3「はおおぉぉ…ほおおぉぉっ!」


ぬぢゅぬぢゅぬぢゅぬぢゅっ!


摩耶「ふにゃあああぁぁっ♥これぇっこれしゅごっあんっ♥あんっあんっあんっあんっ♥」

提督3「はぁはぁはぁ…連続でずぽずぽしちゃったけど…摩耶ちゃん、痛かったりしないの?」

摩耶「とけひゃうっ♥こしゅれてとけひゃうからぁっ♥もっとぉ♥もっとぉぉ~っ♥」


675 ◆DbtGHHDsis2019/11/15(金) 06:19:43.63xqmGbC8OO (3/4)

提督3「はぁはぁはぁはぁっ!摩耶ちゃん摩耶ちゃん摩耶ちゃんんっ!」


どちゅどちゅどちゅどちゅっ!
ぱんぱんぱんぱんぱんっ!


摩耶「あっしゅごっおっ♥もっらめっイッひゃうイッひゃう♥んぅあはあああぁぁ~っ♥あひんっあんっあんっ♥」

妙高「すてきぃ…♥おじさま、摩耶さんにのしかかってずぽずぽしちゃってますぅ♥」

大淀「あぁん♥摩耶さん、のけ反ったり脱力したりぃ…連続アクメですぅ~♥」

提督3「あっあっあぁ~っ!摩耶ちゃんすっげきもちいいっあっおっおっおぉぉっ!」

摩耶「ちんちんしゅごっイクぅっ♥あたひもきもちっ…んあ♥こんなぁっ♥きもちーことぉっ♥もっもっとはやくすればよかっあんっ♥」

ポーラ「おじさまも摩耶さんもぉ~すっごいヘコヘコぱんぱんしちゃってますぅ~♥」

明石「すごぉい♥おじさんと摩耶さん、固く抱きしめあっちゃって…摩耶さんの脚が、おじさんの腰にしっかり巻かれちゃってますねぇ♥」

提督3「おっおっおっ!もっおじさんでちゃうっ!あぁ~あぁ~」

摩耶「やあぁんっせーしっ♥せーしくるぅっふやっイッ♥」

提督3「まっ摩耶ちゃんっでるっ!でるでるでるでるぅ~おぉああぁぁぁ~っ!」


びゅるううぅぅぅ~っ!


摩耶「あああぁぁぁ~っ♥せーししゅごおっ♥しゅごいぃ♥とまんなひぃ~っ♥」


どぷどぷどぷどぷぅっ!


提督3「ぐひいいぃっしゃせーとまんないぃっ!あうあぁ~…あっあっ…ふひっひっ…はぁおおぉぉ~」

摩耶「あ~♥あ~♥しゅごひイッひゃったぁ♥…せーしいっぱいらぁ♥おじしゃんさいこぉ~♥おじしゃんしゅごひいぃ…あん♥」


676 ◆DbtGHHDsis2019/11/15(金) 06:21:42.60xqmGbC8OO (4/4)

ついに摩耶にナニできた…が!これは始まりに過ぎない…
でも今回は、ここで終わります


677以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/15(金) 11:19:26.18dayx0etA0 (1/1)


摩耶といえば対空
そう考えると意識飛んでもホールド外さなそう


678 ◆DbtGHHDsis2019/11/20(水) 14:17:18.63an7twUC+O (1/7)

>>677
乙ありがとう。おじさん、摩耶に完全にホールドされているって訳だね。こういう女が好きだ


679 ◆DbtGHHDsis2019/11/20(水) 15:44:04.43an7twUC+O (2/7)

提督3「はふはあぁぁ~、摩耶ちゃんだって最高だよ…ちゅ」

摩耶「んぅ~ちゅむ♥へへ…ちゅっちゅっ♥おじしゃんしゅごい汗びっしょりぃ♥」

提督3「はは…ずぽずぽしてたときも、摩耶ちゃんに汗がボタボタ落としちゃってたけど…イヤだったんじゃない?」

摩耶「ふえ?気がつかなかったけどぉ…いいよ別に。っていうか、あたしの身体中、おじさんの汗でいっぱいだぁ♥ぬるぬるぅ~♥」

提督3「むふふふ、おじさんだって摩耶ちゃんの汗でいっぱいだもんね」

明石「お二人とも、ちんちんずっぽりしたまま幸せそうですねぇ♥」

ポーラ「うっとりしながらちゅっちゅしてますねぇ~♥」

摩耶「ん、あれ?おじさんのおちんちんが…」

提督3「はは…射精後だからね。摩耶ちゃんのおまんこの中で少ししぼんじゃったね」

摩耶「そっかぁ…しぼんじゃうんだ…んっ♥」

提督3「ふっふっふっ。チンポがしぼんで、摩耶ちゃんの子宮の精液が膣壁にドロドロと…」

摩耶「ちょっあっ♥なんか動いてるぅっ♥なかからっくりんくりんしてるぅ~♥」

提督3「おじさんの精子ねぇ…本来は卵子に集まるはずなのに、なぜか子宮や膣壁に頭をくりんくりんするんだよねぇ」

摩耶「はぁ~はぁ~♥これおかひいっ♥しゅごいいっぱいぃっ♥いっぱいうごいてぇっ♥」

妙高「あぁん♥おじさまの精子も、摩耶さんのおまんこが大好きなんですねぇ♥精子が摩耶さんにちゅっちゅしちゃってます~♥」

摩耶「あああぁぁぁ~っ♥うれっうれひいよぉ~っ♥おじしゃんのせーしぃっ♥あたひのことしゅきってぇ~♥」

大淀「あらあら♥摩耶さんの顔と胸元がピンク色に上気しちゃいましたぁ♥うふふっ、摩耶さんったら腰までフリフリし始めて…♥」

提督3「ひっひひぃ…摩耶ちゃんのおまんこ、すっごいじゅぷじゅぷ言い出してるね。締め付けと吸い込みも激しいし…はぁはぁ、おかげで」

摩耶「あっあっあっ♥ちんちんおっき♥またちんちんおっきくなっちゃったぁ~♥」


680 ◆DbtGHHDsis2019/11/20(水) 17:38:03.74an7twUC+O (3/7)

提督3「はぁ~はふあああぁぁ~べろぉべろぉぉ~ちゅむぅ~」

摩耶「あっはぁっ♥んくぅ♥らめぇ~またきすまーくついちゃうぅ~♥」

提督3「ぐひひひひ、いいじゃないか摩耶ちゃん。のけ反った首筋べろべろ…ふほっ、新しいキスマーク付けちゃったぞぉ~」

摩耶「あはぁ♥またきすまーくぅ♥あっあっあっあっ♥」


ぐっぷぐっぷぐっぷぐっぷ!


摩耶「しゅごおっ♥またちんちんずぽずぽっ♥らめっあんっらめっ♥」

提督3「はへっ、へへへへ…タマへの精子装填も完了したからね。あっすげっきもちいいっ」

摩耶「ふぅん~♥またせーしいっぱいぃ~♥」

提督3「そうだとも。チンポをいーっぱいずぽずぽして、摩耶ちゃんの膣壁に精子を混ぜ混ぜしつつ…」

提督3「また大量射精して、摩耶ちゃんの子宮、卵巣まで、おじさんの精子でいっぱいにしたいんだ…いいだろう?」

摩耶「いいっいいっ♥しゅごくいいっ…あっあっあっ♥あああぁぁぁ~っ♥」


どぢゅどぢゅどぢゅどぢゅ!
ぱんぱんぱんぱんぱんっ!


摩耶「イクイクイクイクぅっ♥んかっあっ♥しゅごっとまんなひっ♥んひいいぃぃっ♥はぁっはぁはぁはぁ…あっあっまっまたイクイクっイッ♥」

妙高「摩耶さん、すてきぃ♥ぶっとくてカチカチのちんちんがずぽずぽぉ…♥」

大淀「あれだけのハードピストンなのに、イキまくりですもんねぇ♥摩耶さん、さすがですぅ♥」

ポーラ「いっぱいイッて、身体がくねくねしちゃってますね~♥あ~♥摩耶さんから、すっごい濃い淫気が吹き出しちゃってますぅ~♥」

明石「スケベなおじさんに応えて、淫魔化がガンガン進行しちゃってますねぇ♥」


681 ◆DbtGHHDsis2019/11/20(水) 18:48:53.61an7twUC+O (4/7)

ぐぷぐぷぐぷぐぷっ!


提督3「はぁはぁはぁはぁ…あぁ~でそうっ射精しそうっ…!」

摩耶「やんっあぁっ♥とけひゃうっ♥ちんちんしゅごくっ♥おっきっ♥」

提督3「あっでるでるでるっ!摩耶ちゃんでちゃうぅっ!あぁっあああぁぁぁっ…あああぁぁぁっっ!!」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


摩耶「ひあああぁぁ~っ♥しゅごっあんっ♥あはぁぁ~っ♥んうぅっ♥はぁ~はぁ~…あん…♥」

妙高「あぁぁ…膣内でいっぱいぃ♥いっぱいしゃせーされちゃってますぅ…はぁはぁ♥」

ポーラ「おじさまと摩耶さん…ガクガクしながら、アソコを押し付けあってますね~♥」

大淀「すてきぃ…おじさまと摩耶さん、顔も目も、完全にイッちゃってますねぇ…うふふっ♥」

提督3「ぐひひぃ…はぁはぁ、またいっぱい出しちゃった…摩耶ちゃん大好きだぁ~ちゅ、ちゅむ」

摩耶「はぁ、はぁ…あはは♥おくまでいっぱいぃ…おじしゃんらいしゅきぃ…ちゅっ♥」

提督3「はぁぁ…摩耶ちゃん、いったんチンポ抜いていい?精液がいっぱいになってるし」

摩耶「えぇ…?やだぁ♥ちんちんずっといれてたいぃ…んあ?」

妙高「むむむ…」


ポーラ「あら~?頭の中に映像が…あ~妙高さんのおまんこからぁ~せーしいっぱいぃ~♥」

明石「ありゃりゃ、妙高さんからテレパシーが…なるほど、摩耶さんにも同じことして欲しい…と♥」

摩耶「あぁ…しょうがねーな、あたしのおまんこからゴポゴポするの見たいんだぁ…♥」

提督3「妙高ちゃん、仲間が欲しいんだねぇ…くっくっくっ。では…むんっ」


ぐぶぷっ…ぬぽんっ!


提督3「おほっ…はぁぁ~。やはり締め付けと吸い込みが凄いや。チンポ抜くのも一苦労だった。…さて」


682 ◆DbtGHHDsis2019/11/20(水) 19:43:37.99an7twUC+O (5/7)

提督3「摩耶ちゃん、仰向けのままでね。膝を立てて脚を開くんだ」

摩耶「う、うん…ふあぁっ♥しゅごいでてるぅ♥らめぇ♥はぁんっ♥」


ぶぢゅっ、どぽおぉ~


大淀「あらぁ…精液、白くて泡立って…よーく見えますねぇ♥」

摩耶「はぁ~はぁ~♥みんな見てるぅ♥しゅごいじろじろぉ♥」

妙高「あはぁ♥ゆっくりですけど、摩耶さんの腰がくねくねしちゃってますぅ♥」

摩耶「だってぇ…あっついのがぁ♥おまんこからどろぉってぇ♥んあぁ~♥しきゅーのなかぁ♥まだくりんくりんしてるぅ~♥」


ぐちゅっぐちゅっじゅりぃっ


ポーラ「あぁん♥摩耶さん、両手でせーしをおまんこにぬりぬりぃ~♥アソコの毛まで白いぐちゅぐちゅにぃ~♥」

明石「ふわぁ~、陰毛が精子まみれ…いいですねぇ♥けどぉ、ツルツルのアソコが精子まみれってのもグッドですよぉ~?」

妙高「あら…確かに。明石さんと大淀さん、アソコの毛が…」

明石「ふっふふふ!おじさんの脱毛術により、ツルツルになっちゃったんですよね~♥」

ポーラ「メチャクチャ自慢気ですね~。けど気になりますぅ~」

明石「ふぅむ…」


じろじろ…


妙高「あ、あの。あまりじろじろ見ないで欲しいんですが…」

明石「あ、失礼。ポーラさんは、うっすら生えてる程度ですねぇ。しかし妙高さん…」

妙高「い、いえあの…」

明石「淫紋が、半分近く隠れちゃってますねぇ…」

妙高「………」

明石「ああぁ、落ち込まないで下さい。そんな妙高さんにオススメするのがぁ…アレですよアレ!くっくっくっくっ」


683 ◆DbtGHHDsis2019/11/20(水) 20:51:16.02an7twUC+O (6/7)

明石「ここは一発、『見本』ってモノを見せる必要がありますねぇ…ねぇ~おじさん~♥」

提督5「む?ま、まあそうだけど。でも明石ちゃん、脱毛は既に完了して」

明石「え、あ。脱毛完了した状態でぢゅーぢゅーするの、マズかったりしますかね?」

提督5「いや、ヤること自体に問題はないけど。比較して見せるってことができないな…と」

明石「た、確かに…」

大淀「おじさまぁ♥この大淀、またアソコの毛がいっぱいにぃ♥いーっぱいぢゅーぢゅーされてツルツルになりたいですぅ♥」

明石「あっコイツ!自分の触手で陰毛生やしてやがる!意味ないでしょそれ!?」

提督4「まあいいじゃない、見本を見せるだけなんだから。ほーら大淀ちゃん、おじさんの両手がぐちょぐちょだぞぉ?うつぶせになって、みんなにお尻を向けちゃいなさい…ぐひひひひ」

提督5「だよなぁ。明石ちゃん、君は仰向けでね。みんなに向かって脚を開くんだ。くっくっくっくっ」

大淀「はぁ~はぁ~♥はぁい♥おっぱいを床のカーペットにぺったり付けて、膝を立ててぇ…♥」

提督4「そうそう。自分でお尻を掴んで開いてね。ほーう、お尻の穴の周りまで毛が生えて。さすが大淀ちゃん、細かいねぇ」

大淀「はぁ~はぁ~♥ありがとうごじゃいましゅ♥ふあぁ~しゅごい見られちゃってましゅ…♥」

提督5「早くも大淀ちゃん、舌が回らなくなっちゃってるねぇ。そして明石ちゃん…むひひひひ、脚を開いた上に、膝を自分で持っちゃって」

明石「はぁ~はぁ~♥こ、こうしたらぁ…よく見えるはずれしゅからぁ♥ふやんっ♥」

提督5「おやおや。明石ちゃんのおまんこから、すこーしぴゅるって出ちゃったねぇ。期待しちゃってるんだねぇ…うひひひひ」

提督4「おじさんたちの両手が、触手と化してうねうねしてるだろ?妙高ちゃんとポーラちゃん、薄々想像つくよね?」

妙高「ごくっ…♥」

ポーラ「わくわく♥」

提督5「この両手をね、大淀ちゃんと明石ちゃんのおまんこ…お尻の穴までぺったりくっ付けて。いーっぱいじゅっくじゅっくぢゅーぢゅーする。シンプルだけど、なかなか好評みたいだね。くっくっくっくっ…」


684 ◆DbtGHHDsis2019/11/20(水) 20:53:20.62an7twUC+O (7/7)

大淀と明石で見本を見せ、空気を読みつつ妙高・ポーラと脱毛が進んで行く
今回の更新は、ここで終わります


685以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/20(水) 22:17:56.06tFbOlIcTO (1/1)

乙です
誰か駆逐艦か軽巡で生えかけや生えたてを
ツルツルにする描写とか軽い回想でも良いので
見てみたいかも


686以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/21(木) 17:49:02.35xFHhOBVl0 (1/1)

高翌雄が見たいな


687以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/23(土) 02:38:13.60qgrXyjE70 (1/1)

>>663

剛毛とかは?。わかめ酒プレイが出きるし、剛毛のだらしなさが逆にエロく感じる(`・ω・´)。しかし毛に対するプレイは未だでてないのかな?(・ω・`)


688以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/23(土) 02:58:18.99aBRryEXeo (1/1)

陰毛のかき揚げ


689以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/26(火) 01:28:58.78IF4q64BDO (1/1)

陰毛が究極生命体 髪の毛が触手になるのかな?


690 ◆DbtGHHDsis2019/11/29(金) 00:53:29.15cRhUycj1O (1/1)

>>685
乙ありがとう。回想で出すとしたら能代かな?ただ、実演者として大淀・明石がいるからねぇ
>>686
高雄か…私も見たい。安価神にお任せだね
>>687
毛のプレイは未経験だった。いつかやってみたい。いい酒も入っているしね
>>688
ひじきのかき揚げみたいなものかな?
>>689
あまり、髪の毛がうねうねってのは書く気にならないような…


691以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/29(金) 13:14:07.812LRNGAd+0 (1/1)

髪の毛使うならば
・共通
尿道責め(効くんだぁこれが…)
・男から
単純に撫でて上げて髪の手入れなんかを褒めたりピロートークするシーンて良いよね
あとは髪に限らない毛になるけど
本作に限っては乳首やクリなんかに特別な効果与えたものを突き刺して快感与えるか
単純に陰毛を陰部ごとわしゃわしゃ愛撫してあげるとか
・女から
ポーラの髪コキ絶対気持ち良いわ(証明完了)
あとはちょっと乱暴な描写が難しいけどイラマやバックで
Mの素質あるか開発進んでる娘の髪掴んでのプレイとかも有りか
陰毛ならば複数人プレイで挿入してない娘に腕に跨がらせてたわしをやらせるとか

続き待ってます(迫真)


692以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/29(金) 21:43:47.07zMq/SaVU0 (1/1)

↑今の作者に要望を応える余力があれば…更新待ってます


693 ◆DbtGHHDsis2019/12/01(日) 21:42:03.60O9yMS2G9O (1/1)

>>691
尿道攻め、良いよねぇ…髪に念を流し、柔らかドリル攻めしたいなぁ。ピロートークも良い。ずぽずぽしてどぴゅっ!で終わりってのが多くていかん。即物的過ぎなのよねぇ…
ポーラのふわふわヘア、気持ちいいだろうなぁ。そして、黒髪ストレートなコの髪コキも良いだろう。
髪を掴んでのイラマチオは、正直キツイかな。好きな人は好きなんでしょうけどねぇ
>>692
余力…そう、余力なのよね。やりたいことはいっぱいあるのに…今回も更新できない。摩耶のケッコンカッコガチを完成させ、次の「痴者の宮殿探訪ツアー」やりたいのに…最上・瑞鶴・鳳翔・龍驤・夕張の「美乳特戦隊」の乳首を優しくちゅっぱちゅっぱしてハート目にして盛大に射精したいのに…申し訳ない


694 ◆DbtGHHDsis2019/12/02(月) 21:03:54.944DqOznLqO (1/7)

大淀「はあぁー♥はおぉー♥」

明石「ごくっ…はぁぁ~♥」

提督4「ふひひひひ。二人とも、期待に胸をふくらませ過ぎだよねぇ」

提督5「妙高ちゃんとポーラちゃんも、食いつかんばかりに覗き込んじゃってるし。明日は我が身だからねぇ」

妙高「ど、どれくらい凄いんでしょうか…♥」

ポーラ「な、なんか…こっちまでむずむず~♥」

提督4「くっくっくっ…では行ってみよう」


ぐちゅうぅぅ~


大淀「おおおぉぉぉ~♥」

提督4「ぐひひひひ、まさにメスの…ケダモノの喘ぎだね」

提督5「お待たせ、明石ちゃん。妙高ちゃんとポーラちゃんに、しっかり見せてあげるんだよ」


にゅぢゅうぅぅ~


明石「ひゅいいぃぃぃ~♥」


がりっがりりっ


ポーラ「はわわ~♥大淀さん、半分白目剥いて、カーペットがりがりひっかいちゃってますぅ~♥」

妙高「す、凄い…大淀さんのメガネが曇っちゃって…♥明石さんも、凄い勢いで腰をふりふり…♥」

提督4「お尻の穴までぺったり覆って…さぁ大淀ちゃん、自分の状態を説明してくれるかい?」

大淀「いひいいぃぃ~♥おほおおおぉぉ~っ♥」

提督5「おいおい。大淀ちゃん、手をバタバタしながらお尻をカクカクしてるだけじゃないか。仕方ない、明石ちゃんに解説を」

明石「ひゅごひいぃぃ~っ♥これらめれひゅっ♥ほおっほおおぉぉっ♥」

提督4「あーあ、しょうがないなぁ。悪いけど…妙高ちゃん、ポーラちゃん。この二人の様子から察してくれないかな?」

提督5「おまんこからお尻の穴をみっちり覆って、ぐねぐねぐちゅぐちゅしてるのを見て、想像してもらうしかないやね…くっくっくっくっ」


695 ◆DbtGHHDsis2019/12/02(月) 21:42:46.214DqOznLqO (2/7)

大淀「おおぉーっ♥あひあああぁぁぁ~っ♥」


ぶしゅっぶしゅああぁぁっ!
ぼたっぼたぼたぼたっ!


妙高「きゃあんっ♥大淀さんったら、ぐねぐねぐちゅぐちゅされながら潮吹きしちゃいましたぁ♥カーペットに潮がぼたぼた落ちてますぅ~♥」

明石「いひいいぃぃっ♥んいあああぁぁぁ~っ♥」


ぶしゅっぶしゅああぁぁっ!


ポーラ「ふわあぁ~♥明石さんの手、膝から離れちゃいました~♥うわ~身体のけ反ってるぅ~♥」

提督4「うむ…そろそろ完了だね」

提督5「よーし、じゃあ触手をゆっくり剥がして…」


にゅりにゅりにゅりぃ~


大淀「んおおおぉぉ~っ♥ほーっほーっ…ほはああぁぁ…♥」

明石「んにゅうぅ~♥あへっ♥へあはあぁぁ~…♥」


がくがくがくがくっ…


提督4「二人とも、全身ガクガクしちゃってるけど…なんとか、妙高ちゃんとポーラちゃんに、施術後の様子を見せてあげようよ」

大淀「しゅ、しゅみましぇん…♥はぁはぁ…おしり、開いてぇ…♥」

明石「はぁはぁ…♥ひ、膝を持ってぇ…あぁん♥」

妙高「あん…♥つ、ツルツルです…♥お、お尻の穴まで…♥」

ポーラ「すごぉい…♥ツルツルのおまんこも、お尻も…ヌルヌルで光っちゃってますぅ~♥」

大淀「ふあぁぁ…♥しゅごい見られちゃってましゅ♥おーよどのぉ…ツルツルのぉ♥ヌメヌメのおまんことおしりぃ~♥」

明石「見られてぇ…しゅごいあつぅい♥ツルツルのおまんことぉ…おしりぃ♥もっと見てくらしゃい…あん♥」


696 ◆DbtGHHDsis2019/12/02(月) 22:20:08.714DqOznLqO (3/7)

提督4「まあ、妙高ちゃんとポーラちゃんへの説明は出来なかったけど」

提督5「おじさんたちのチンポを勃起させるのには充分なんだよな」

大淀「あはあぁ~♥ちんちんおっきしてましゅ~♥おじしゃまのおちんちん~♥」

明石「はぁぁん♥ちんちん上向いちゃってましゅ~♥しゅごひいぃ~♥」

提督4「いひひひひ…いいねぇ。大淀ちゃんと明石ちゃん、全身から汗が吹き出しちゃってるだろぉ?」

提督5「ぐふふふふ…脱毛施術後は、ギンギンチンポを一気にブチ込むのが約束だったよねぇ?」

大淀「ブチ込んでくらしゃいぃっ♥一気にずんってぇ…へあああぁぁぁぁ~っ♥」


ずぷうううぅぅぅっ!


大淀「んおおぉっイッ♥あっあっ…はぁ~はぁぁ~っ♥」

明石「しゅごいぃ~♥大淀、バックから一気にぃ…はあああぁぁぁぁ~っ♥」


ずぷうううぅぅぅっ!


明石「ふあぁっしゅごおっ♥んきぃっイッあっ♥あはぁっ♥あああぁぁぁ~♥」

提督4「おおぉっ締まるっ…へっへへへへ、チンポ入れただけでイッちゃったね大淀ちゃん」

提督5「明石ちゃんもね…おっすげぇ締まってる。あぁ~きもちいい~」

大淀「イッ…イッひゃいまひたぁ♥ツルツルになってぇ…グヂュグヂュになっひゃったおまんこぉ♥」

明石「はぁ~はぁ~♥しゅごくいいれしゅ~♥おじしゃんのおちんちんしゅごひぃ~♥」

提督4「むひひひひ…嬉しいねぇ。脱毛施術で、グヂュグヂュに気持ちいいおまんこになっちゃう訳だね」

提督5「気になる陰毛をキレイにして、精子をたくさんびゅるびゅるするおまんこになる…と。検討の余地があるんじゃない、妙高ちゃんにポーラちゃん?くっくっくっくっ…」

妙高「あぁん…はぁはぁ♥」

ポーラ「はぁはぁ…すてきぃ~♥ポーラも、ポーラもぉ~♥」


697 ◆DbtGHHDsis2019/12/02(月) 22:49:35.624DqOznLqO (4/7)

提督4「おっあっ…ぐっ」

大淀「ふやっ♥いまぴゅるってぇ♥おじしゃまのせーえきぃ♥」

提督5「はぁっ…うぅっ」

明石「やぁんっ♥ちんちんっ♥おまんこの中でおっきくぅ~♥」

提督4「おっ大淀ちゃんっ!ゴメンっおじさん射精しちゃいそうっ…!」

提督5「明石ちゃんっ、おっおじさんもイッちゃいそうでっ…!」

大淀「はひっはひぃっ♥遠慮しないでくらしゃいっ♥いっぱいびゅるびゅるっ…あっあっあっあっ♥」


ずちゅずちゅずちゅずちゅっ!


明石「いいれしゅうっ♥明石にいっぱいびゅるびゅるしてっ…はあああぁぁんっ♥しゅごっあっ♥しゅごいずぽずぽっあっ♥」


ぱんぱんぱんぱんぱんっ!


妙高「はぁ~はぁ~♥おじさま、すっごいケダモノさんにぃ…♥」

ポーラ「おじさまの目がイッちゃってます~♥ツルツルまんこで、すっごいコーフンしちゃうんですね~♥」

提督4「あ~あ~あ~…もっもうでるっ!でるでるでるでるっ…おぉあああぁぁぁ~っ!」

提督5「ゴメンっでるっでるっ!あっヤベッでるぅっ!」

大淀「しゅごっイクっ♥イクイクイクイクぅっ♥あはっ…せーしくるぅっ…あああぁぁぁぁっ♥」

明石「らしてくらしゃいぃっ♥あっイッ♥しゃせーイクぅっ♥ふあぁっせーし♥せーしでっ…あああぁぁぁぁ~っ♥」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!
びゅるうううぅぅぅ~っ!


大淀「あにゃあああぁぁんっ♥しゅごっあっ♥せーしでてるぅ~っ♥んにゅううぅぅぅ~っ♥あんっあっ…ああぁぁ…♥」

明石「はあああぁぁぁっ♥しゃせーしゅごっ♥イッくうううぅぅ~っ…あはぁっ♥ああぁぁ…あん…♥」


698 ◆DbtGHHDsis2019/12/02(月) 23:18:29.404DqOznLqO (5/7)

妙高「はぁはぁ…あぁん♥大淀さんと明石さん、全身を痙攣させて中出しされちゃってますぅ…♥」

ポーラ「二人とも半笑いでびくんびくんしてる~♥すっごいきもちーんですねぇ~♥」

大淀「はぁぁ~…はぁっ♥せーしいっぱいれしゅ…あんっ♥」

明石「んふんっ♥はぁはぁ…はぁっ♥おじしゃんらいしゅきぃ…あはっ♥」

提督4「ふひ、ふひ…おじさんもガクガクしちゃってる…くっ」

提督5「へへ、へへ…あぁ~きもちいい~…ひひっ」

提督「すごいねぇ、おじさんの自我が崩壊寸前じゃないか」

提督2「さーて、どうする?脱毛プレイ、やってみるかい?」

妙高「はぁ~はぁ~♥し、しますっ♥妙高の陰毛、ツルツルにして欲しいですぅっ♥」

提督「よーし。妙高ちゃん、ツルツル決定だ。うひひひひ」

ポーラ「ポーラもぉ~♥ポーラもツルツルになりたいですぅ~♥」

提督2「ぐひひひひ、ポーラちゃんもツルツル仲間っと。で…」

摩耶「はぁ~♥はぁ~♥」

提督3「残るは摩耶ちゃんだけだが…摩耶ちゃんの陰毛、そんなに濃くないけどねぇ…」

摩耶「けどぉ…あたしだけ生えてるの、ヘンだしぃ…♥」

提督3「うひひひひ…ぺっとりぐちゅぐちゅでイッた後、いーっぱい射精して欲しいんだろ?」

摩耶「う…うん…えへへ♥」

提督3「あっヤベッ。摩耶ちゃんのえへへ笑いで勃っちゃったよ…よっしゃ!摩耶ちゃんも脱毛だっ!」

提督「ならば、方法だがね…こうしよう」

提督2「おじさんたち、仰向けに寝転がって、チンポを股で抑える。すると…くっくっくっくっ」


むちゅるっにゅぷっぴちゅっ…


妙高「はぁぁ…♥おじさまの陰毛、ウネウネの触手にぃ…♥」

提督3「だろ?みんな、おじさんに乗っかって、陰毛触手におまんこをぺっとりくっ付ける訳だ。いったいどうなっちゃうのかなぁ?くっくっくっくっ」


699以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/02(月) 23:19:34.01COeT0CuQO (1/1)

みんな脱毛しちゃうの😢


700 ◆DbtGHHDsis2019/12/02(月) 23:23:54.494DqOznLqO (6/7)

迷いに迷って…みーんなツルツルだっ!まあ、別の機会に、陰毛を再生させるって手もあるかも知れないし…
そういえば、最近全然安価募集してない。安価募集は、最後の最後。次作の司会を決めるまで無さそう。
今回の更新は、ここで終わります


701 ◆DbtGHHDsis2019/12/02(月) 23:26:07.484DqOznLqO (7/7)

>>699
申し訳ない。何故かわからないが、「みーんなツルツルだぁーあひゃひゃひゃひゃ~」って気分に支配されていた…


702以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/03(火) 11:42:04.96wfk7lxO6O (1/1)

ツルツルにしたから装甲-1だな!


703 ◆DbtGHHDsis2019/12/06(金) 14:22:34.21ywU1bESVO (1/9)

>>702
さすがに、能力減少はしないでしょうが…エロシーンでは心細さがあるかもねぇ


704以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/06(金) 14:44:46.740p5AfTsEO (1/1)

ポーラのしっとりふわふわブロンド陰毛😢


705 ◆DbtGHHDsis2019/12/06(金) 18:44:12.39ywU1bESVO (2/9)

>>704
うーん…なんか急に陰毛がもったいなく思えてきちゃった。仕方ないので、ザラ姉様の陰毛保護に期待だ


706 ◆DbtGHHDsis2019/12/06(金) 19:14:13.46ywU1bESVO (3/9)

提督「さあみんな、おじさんの上にいらっしゃい」

妙高「承知しましたぁ♥んうぅ…あんっ♥」


ぬぷちゅうぅ~


妙高「はぁ~はぁ~♥んいぃっ♥お股にぃ~あっついのぉっ…♥」

ポーラ「妙高さんのお股にぃ~細かいにゅるにゅるがピチピチしてますぅ~♥」

妙高「あぁん♥おじしゃまにぃ…のっかっちゃいまひたぁ♥胸毛すごぉい♥汗でビシャビシャのっ…ほあぁっ♥」

提督「ほっほーう。お尻の穴をにゅるにゅるして、ビクッと来たね妙高ちゃん」

妙高「んぎっいぃぃ~♥じゅるってぇっ♥あっあっあっ♥」

提督「大陰唇も、もれなく脱毛するからね~。そして前もね…淫紋がはっきりくっきり見えないとダメだもんねぇ」

妙高「あひあああぁぁっ♥はひっはひぃっ♥みょうこうはおじしゃまの淫魔れしゅからぁっ♥いやらしいの見せましゅうぅっ♥」


びったんびったんっ!


摩耶「あれ…妙高に尻尾が…耳も尖って…うあぁ~♥妙高から、なんかムワムワしたのがぁ…♥」

提督2「いずれ…みーんな、あんな風になっちゃう訳だね。頭の中がピンク一色になるってね。ほらポーラちゃん」

ポーラ「はぁ~い♥ポーラもおじさまにのっかっちゃいますぅ~♥はうっ…はあああぁぁぁ~♥」


ぬぷぅっぢゅぬうぅぅ~


提督2「いひひひひ。おじさんの触手陰毛にポーラちゃんの汁が染み込んでっちゃう、あっついねぇ」

ポーラ「ポーラにもぉ~♥おじしゃまのあっついのぉ~しみちゃってましゅぅ~♥あはあぁ~♥」

提督2「ポーラちゃん、おじさんの胸板に手を置いて」

ポーラ「はぁ~はぁ~♥ふあ~しゅごいぃ~♥カチカチれひゅ~♥きんにくしゅごひれひゅ~♥あっあひぃ~♥」

提督2「ポーラちゃんの、お尻の穴も忘れずにね。ぬるうぅ~っとね…くっくっくっくっ」


707以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/06(金) 19:22:59.43IN1eh/XwO (1/1)

獣化する時に
耳毛や尻尾を覆う毛と一緒に
陰毛や脇毛もその都度生えてくるようにすれば良い(天才の発想)


708 ◆DbtGHHDsis2019/12/06(金) 19:42:01.85ywU1bESVO (4/9)

>>707
獣化か。全く無い発想だった…「獣っ娘化する艦娘」で安価取ったら、全然毛色の違うのが来るかもしれない。覚えてたら、ね


709 ◆DbtGHHDsis2019/12/06(金) 20:08:50.96ywU1bESVO (5/9)

摩耶「はぁ~はぁ~♥」

提督3「おやおや摩耶ちゃん。起き上がって腰をユサユサしちゃってるねぇ」

摩耶「あ、あたし…あたしもぉ…♥」

提督3「んー、脱毛しちゃうかい?見た限り、そんなに濃くなさそうなんだけど」

明石「はぁ…はぁ…♥せーしいっぱぁい♥おじしゃん、ツルツルまんこにコーフンして…大量射精しちゃいましたぁ~♥」

摩耶「ほ…ホントか…?」

大淀「あはぁ♥陰毛があったときよりぃ…敏感になってぇ、すっごいきもちーれしゅ~♥」

摩耶「はぁ~はぁ~♥」

妙高「あっあっあっあっ♥しゅごひっあっ♥しみてまひゅ♥おまんことおしりぃ~♥」

摩耶「す、すっげー…妙高、おじさんにまたがってすげー勢いで腰振って…♥」

ポーラ「かき回されてまひゅ~♥ふあぁ~ちゅーちゅー吸われぇ~らめれひゅ~♥」

摩耶「あ~♥あ~♥みんなからぁ♥いやらしいのぉ♥ムワムワしたの来てるよぉ~♥」

提督3「むひひひひ、周りから淫気が吹き出しちゃってるねぇ…おっと、摩耶ちゃんがまたがってきちゃったよ」

摩耶「あっあたひもぉっ♥ツルツルになるぅっ…はぅあぁぁ~♥」


くにゅうぅぅ~ちゅぷぷっ!


摩耶「あっあっあっあっ♥ほんとぉっ♥ほんとにくるぅっ♥おまんこにいっぱいぃっ♥」

提督3「ぐひひひひ…早くも、摩耶ちゃんがおまんこをグリグリ押し付けてきちゃったねぇ」

摩耶「これぇっこれしゅごおっ♥あっあっ…うふああぁぁ~っ♥」

提督3「お尻の穴もにゅるにゅる~…おぉ~、摩耶ちゃんの乳首がピンピンに尖っちゃってるねぇ」


ぱぷっむにゅん


摩耶「あはあぁんっ♥おっぱいもみもみぃっ♥あっらめっ…んううぅぅぅ~♥」

提督3「ピンピンの乳首もくりくりしながらね。あぁ~摩耶ちゃんの身体がのけ反ってピクピク…むふふふふ」


710 ◆DbtGHHDsis2019/12/06(金) 21:55:07.91ywU1bESVO (6/9)

ぬるぅっぢゅぢゅ~ぬぷぅっ!


妙高「すわれへるうぅ~っ♥すったとこぉっぬるぬるぅっイクぅっ♥」

ポーラ「あつひぃっあつひとこぉ~っ♥ひあっおっぱいもみもみぃ~っ♥」

摩耶「あはあぁ~っ♥しゅごひくるぅっ♥おしりおしりおしりいぃぃ~っ♥」

提督「うわっはははは!ほーらほらーどんどん抜いちゃうぞぉ~」

提督2「おぉう、みんなアヒアヒしながら腰振りまくりだね~」

提督3「おっおっ…みんな腰振るから、おじさんの胸元にまで汁が飛んできちゃうなぁ」

摩耶「らめらめらめぇっ♥うごいてるのにぃっ♥すわれぇっイッあんっ♥」

ポーラ「らめれひゅ~♥おしりぃイクぅ~っ♥イッひゃいまひゅ~ああぁぁぁ~っ♥」

妙高「とまんなひぃっあっ♥しゅごっイッ♥またぁっまたイクぅ~っ♥」


がくがくがくがくっ!
ぷしゃああぁぁぁっ!


提督3「わっ!みんな潮吹いちゃってるよ、おまんこ内部は弄ってないのにねぇ」

提督2「お尻の穴は弄ってるけどね。やっぱり粘膜に近いところはね」

提督「よしよし…じゃあみんな、ぺっとり張り付いた触手をぺりぺり剥がしていくからね」

妙高「はぁ~はぁ~…あああぁぁぁ~っ♥」


にゅりにゅりにゅりにゅりぃ~


ポーラ「あっらめぇ~っ♥しゅごひぃ~しゅごひぺりぺりぃぃ~イクぅ~イッ…いああぁぁぁ~っ♥」

摩耶「ちょっ待っ…んあああぁぁ~っ♥ひいぃっはがれっはがれてイクぅっ♥イクイクイクイクぅ~っ♥」


ぺりぺりぃっ…


妙高「かはぁっあっ♥はがれまひたぁ~♥はぅんっ♥おまんこあつぅい♥あはあぁぁ…♥」


711 ◆DbtGHHDsis2019/12/06(金) 22:39:23.02ywU1bESVO (7/9)

摩耶「はぁ~♥はぁ~♥あたまぁ…おかひくなりそぉ…♥ふあぁっ♥びくびくとまんなひぃ…んいぃっ♥」

ポーラ「あぁぁ~♥なんかすーすーしましゅ~♥」

提督「くっくっくっくっ…これを定期的に繰り返して、ツルツル状態を保つ訳だな」

ポーラ「はぁ~い…へあぁっ♥なんかでりゅぅ~♥なんかでひゃいまひゅぅ~っ♥」


ぐぐぐ…ずりゅうぅぅっ!


提督2「おぉっと。ポーラちゃんにも、尻尾が生えちゃったねぇ」

提督3「耳も尖っちゃって、淫魔化が進行して行ってるなぁ」

ポーラ「はぁぁ~♥はううぅぅ~♥あははぁ~♥ぽーら、どんどんいやらしくぅ…んああぁぁっ♥」

妙高「うふふふ…♥ポーラさん、先ほど、私の尻尾をれろれろして下さいましたね♥ようやく、お返しがかなうということでぇ…れろぉ~れろぉ~♥」

ポーラ「らめえぇぇ~♥いますっごい敏感れしゅからぁ~っ♥」

妙高「うふふっ♥イッたばかりですからぁ♥なおさら、妙高のれろれろがきもちいいですよぉ♥先っちょもちゅーちゅー♥」

ポーラ「ほんとにらめれひゅ~っ♥イッひゃいまひゅからぁ~っ♥あぁ~♥あはあぁぁ~っ♥」

大淀「すてきぃ♥ポーラさん、生えたばかりの尻尾をれろれろされてガクガクしちゃってますぅ♥」

明石「尻尾ってきもちいいんですねぇ♥私と大淀と摩耶さんには、いつ生えるんでしょうか…あん♥」

摩耶「ふあぁ…ポーラのヤツぅ、すっごいきもち良さそう…はわああぁぁっ♥」

提督3「うひひひひ…摩耶ちゃんのお尻、キレイに脱毛できたからねぇ。おじさんがべろんべろんしてあげちゃうぞぉ~れろれろぉ~ぢゅぢゅぢゅ~」

摩耶「ちょっ止めっきたないからぁっ♥うはあぁぁっ♥あぁ~♥あぁぁ~♥」


ぬぷっじゅるるっぴちゃっ!


712 ◆DbtGHHDsis2019/12/06(金) 23:37:47.89ywU1bESVO (8/9)

妙高「うーん…尻尾を、ここまで至近距離で見るのは初めてですが。本当に、先っちょはおちんちんにそっくりですねぇ♥違いは、色ですね。尻尾は真っ黒です…しこしこしこ~♥」

ポーラ「~~~~~っ♥」

妙高「だーめ♥もう少し楽しませて下さいね♥ぎゅっして、びゅるびゅるしないようにしてあげます♥いやんっ♥カメさんがおっきくなっちゃいましたー♥」

ポーラ「はぁはぁはぁっ♥あぁ…ああぁぁ~♥ふやぁっ♥先っちょれろれろぉ~っ♥」

妙高「先っちょから、透明なお汁がにゅるにゅるぅ♥ますます、おちんちんといっしょ♥」

ポーラ「あっあっあっあっ♥またしこしこ~っ♥イきたいぃ~♥ぽーらびゅるびゅるしたいれひゅぅ~っ♥」

妙高「承知しました♥では失礼して…あもぉ♥んっぐんっぐんっぐんっぐ♥」

提督「おおぉ~、妙高ちゃんの本気フェラだ。こりゃ保たないねぇ」

ポーラ「あっあっあっあっ♥もっもうらめぇ~っ♥でるぅ~♥でるでるでるでるぅ~っ♥」

妙高「んぽぁっ♥仕上げにぃ…しこしこしこしこ~…きゃああぁぁんっ♥」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


ポーラ「ああぁぁぁ~っ♥あひあっ♥んいいぃぃ~…あぁん♥はぁ~はぁ~…びゅるってぇ~♥しゃせーびゅるびゅるしちゃいまひたぁ~♥」


摩耶「あぁ~♥あはぁ…ふやああぁぁっ♥」


ぬぷううぅぅ~


摩耶「ちょっ止めぇっ♥そこちがぁっ♥ああぁぁぁ~っ♥」

提督3「うひひひひ、予告無しだとショックが大きいみたいだね。摩耶ちゃんのお尻の穴に、極細触手を差し込んだんだけど」

摩耶「ひぃああぁぁっ♥あちゅひぃっ♥ぬるぬるうごいてるぅ~っ♥」

提督3「そうとも。触手からはカウパー腺液がにゅるにゅる出ているからね。痛かったら言ってね摩耶ちゃん」


713 ◆DbtGHHDsis2019/12/06(金) 23:40:00.84ywU1bESVO (9/9)

微Sな妙高、全てを捧げる摩耶様…最高じゃないか
今回の更新は、ここで終わります


714以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/07(土) 01:17:57.47oAv1GHSDO (1/1)

乙 大淀は変身できるはず


715以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/07(土) 02:19:46.373E0LcSUF0 (1/1)

お疲れー(´・ω・`)。ネタ作り等大変だろうけど気長に楽しみに待ってる(`・ω・´)。


716以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/07(土) 13:32:30.71mhad0awxO (1/1)

乙です
獣化は淫魔化とは別の機会に
ハロウィン(めっちゃリアル時期とずれるけど)で
短編なり長編なりやる際のベースのネタでやるのも有りかもね


717以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/18(水) 23:04:10.96XQXo4U4Uo (1/1)

尻尾も触手もぬるぬる~ってあと2週間ちょいで今年も終わりか…


718 ◆DbtGHHDsis2019/12/20(金) 21:07:42.61+dOwSyYcO (1/1)

いつの間にか二週間が経ってしまった。こりゃ年末まで更新できないかもしれない…
>>714
乙ありがとう。確かに大淀は変身可能だが…何に変身してもらおうかな?
>>715
お疲れさんです。子供の頃、「他人を待たせるな!」と叱られたのを思い出す。けど待たせてしまう…
>>716
乙ありがとうです。次のシリーズで「獣化の間」でも入れようかな
>>717
今年中に完結させたかったけどね。まあ、摩耶様をどっぷりエロにハメられたから良かった


719以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/23(月) 23:15:47.986J5XrJsS0 (1/2)

更新来たーー(≧∇≦)ーー!!

乙カレーです(´・ω・`)。
年末等の期間は忙しいからね。ゆっくりした時に更新すればええさ(`・ω・´)。


720以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/23(月) 23:17:15.666J5XrJsS0 (2/2)

すんません...sageわすれてた...


721以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/24(火) 17:37:02.43dlFAXXLZ0 (1/1)

大淀「みんなアへ顔でいて欲しいんです!だから見ててください!私の変身!」カッ

\大淀駆逐艦mode/

明石「睦月型ぐらいにまで小さくなった……」

提督「!!!!」ムクムクムクムクムク


722以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/25(水) 17:37:31.231sUQ1DeDO (1/1)

逆に大和長門の長身コスプレした大淀も有りやな



723 ◆DbtGHHDsis2019/12/29(日) 11:12:15.34U80RunFEO (1/8)

>>719
そんな風に言ってもらえると助かります。ようやく来ました、お疲れさまです。
>>720
ドンマイ
>>721
ロリ相手だからギンギンって訳でもないだろうが…普段とのギャップって大事だよね
>>722
衣装チェンジっていいよね。絵が描ける人がうらやましい


724 ◆DbtGHHDsis2019/12/29(日) 11:45:08.72U80RunFEO (2/8)

摩耶「ひぃああぁっ♥くぅうううぅぅ~♥」

提督3「そうそう。うつ伏せのまま膝を立てて、お尻を高くね。上半身をカーペットにべったり着けて」


ぐにゅる~ぐにゅるぅ~


摩耶「あぁ~♥はぁはぁはぁはぁ♥うごいてるぅ~♥ぬぽぬぽゆってるぅ~♥」

大淀「摩耶さん、カーペットに横顔を押し付けて…ヨダレがダダ漏れですねぇ♥」

明石「背中に汗が浮いてキラキラ…摩耶さんの背中、キレイです~♥」

提督3「摩耶ちゃん、深呼吸しながらね。なかなか難しいだろうけど、気持ちを落ち着かせながら」

摩耶「うんっうんっ♥はぁ~はぁ~♥あぁ~あぁぁ~♥」

提督3「うひひひひ…弄ってるのはお尻なのに、摩耶ちゃんのクリトリスが勃起しちゃってるねぇ。おじさんのチンポもあわせて勃起しちゃうよ」

ポーラ「はぁ、はぁ…あぁ~♥おじしゃまのちんちん♥すっごい上向いちゃってますぅ~♥」

妙高「はぁん♥摩耶さんの腰もユラユラ動いてます♥お尻も気持ちいいですからねぇ♥」

摩耶「へあぁ~…ふあっ♥どぷってゆったぁ♥あついのどぷってぇ~♥」

提督3「粘液は常に出しておかないとね。どうだい摩耶ちゃん、触手でお尻をぬぽぬぽされるの?」

摩耶「はぁん…なんかヘン~♥おしりもぉ…おまんこもヘンだよぉ~♥」

提督3「ふぅむ…くっくっくっ。摩耶ちゃんの顔、完全にイッちゃってるねぇ」

提督3「男と違って、女性のお尻に性感帯は無いんだがね。気分的なものかもしれないねぇ」

摩耶「らってらってぇ~♥おしりおかしいよぉ~♥…あっあっ♥はやあああぁぁ~っ♥」

提督3「むふふふふ。そのカーペット、おじさんの触手で出来てるからね。そんなところにおっぱいを押し付けてるとさ」

摩耶「ひあああぁぁんっ♥すわれてりゅぅ~っ♥おっぱいぃっ♥ちくびぃっ♥」


725 ◆DbtGHHDsis2019/12/29(日) 12:37:09.46U80RunFEO (3/8)

ポーラ「あぁ~♥摩耶さんのおっぱいにぃ~カーペットから伸びた触手がうにゅうにゅしちゃってますぅ~♥きもちよさそう~♥」

妙高「すてきぃ♥摩耶さんのおっきいおっぱい♥カーペットに押し付けられてむにむにぃ♥触手の粘液でネトネトしちゃってますぅ♥」

摩耶「こっこれらめぇっ♥あっでひゃうでひゃうっ…♥」


ぷしゅっ、ぼたぼたぼた…


提督3「あらら摩耶ちゃん、おまんこは一切弄ってないのに潮吹いちゃったよ。そんなにお尻ぬぽぬぽが気に入ったんだねぇ」

摩耶「あああぁ…ヘンだからぁっ♥なんかヘンだからぁ…にゃあああぁぁんっ♥」


つぷぅっぬぷぅっ


提督3「さらに、お尻の触手を増やしてあげるね。とりあえず二本…うひひひひ」

摩耶「あぁ~あぁぁ~♥またはいったぁ~♥ひろがるぅっ♥おじりひろがっちゃうぅ~っ♥」


がりっがりりっ


提督3「あ~あ、摩耶ちゃんったらカーペットをかきむしっちゃって…まあ触手だ、どんだけガリガリしても大丈夫だしね」


大淀「すごい…摩耶さん♥お尻をぬぽぬぽされるの、すっごいきもちよさそう…♥」

明石「うーむ…人によりけりでしょうけど」

大淀「あら。明石はお尻、気に入らなかったの?」

明石「あー、イヤってほどじゃないけど…まあ、おまんこの方が…ねぇ」

大淀「そう…私、お尻でシたこと無いから分からなくって」

明石「え。自分は、あれだけおじさんのお尻弄ってるクセに!?」

大淀「い、いやその…ほおおおぉぉっ♥」


つぷううぅぅ~


提督4「いや~あ大淀ちゃん、すまなかった!そんなにお尻を待ち焦がれていたとはねぇ?さっそくぬぽぬぽしちゃうからねぇ~くっくっくっくっ」


726 ◆DbtGHHDsis2019/12/29(日) 16:50:01.17U80RunFEO (4/8)

大淀「あっあっあっあっ♥ほそいけどぉっ♥しゅごいおっきいっ♥あついれしゅっ♥」

提督4「うんうん。初めてなら、ショックも大きいだろうからね。ヌメヌメさせながら慣らして行こうね大淀ちゃん」

大淀「はううぅぅ~♥ちゅぶちゅぶゆってまひゅぅっ♥はぁ~はぁ~はぁ~♥」

提督4「やはり、大淀ちゃんは賢いねぇ。何も言われてないのに、深呼吸しながら力を抜いている」

大淀「はああぁぁ~♥お褒めいただきぃっ♥うれひいれしゅ~おじしゃまぁ~♥」

提督4「そんな大淀ちゃんにプレゼントだ。目の前の、カーペットを見てごらん」

大淀「ふえ…?あはぁ♥カーペットがうにゅうにゅ~♥こ、ここにぃ…おっぱいぃ♥」


ぬちゃあぁ~
ぬちゅぷっこぷぷっ


明石「おおぉ…大淀、さっそく摩耶さんと同じ態勢になって。いきなりびくんびくんしちゃってますねぇ♥」

大淀「あったかぁい♥んうぅんっ♥おっぱいちゅーちゅーやらしいぃっ♥イクっイクぅっ♥」


がくがくがくがくっ…


大淀「あはぁ~♥イッひゃいまひたぁ♥ふあっおじりおじりおじりいぃ~っ♥」


ぼととっぼたぼたっ


明石「すっげー…大淀のやらしい汁と、触手の粘液が混ざってボタボタ落ちてますねぇ♥」

明石「どれ、大淀の顔を…うひゃあ~、寄り目アーンド半白目だわ。初めてなのに、お尻が気に入ったんだねー大淀♥」

大淀「しゅきぃっ♥しゅきれしゅっ♥おじしゃまのしょくしゅぅっ♥おじりぬぽぬっあっあっあっ♥」


がりっがりっがりっ


大淀「ふいいぃぃっ♥はぁ~はぁ~はぁ~♥イッだぁ♥イッひゃいまひたぁ~♥」

提督4「きひひひひ。大淀ちゃんまでカーペットがりがりしながらイッちゃったねぇ」


727以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/29(日) 16:55:45.34ZbJlSXSA0 (1/1)

実際こんな鍛えられて引き締まっていて
なのにエロスを感じさせるダイナマイトボディな女の子に対して
ホモでもなきゃ欲情しない方が無理だと思います


728 ◆DbtGHHDsis2019/12/29(日) 17:17:09.24U80RunFEO (5/8)

>>727
欲情するだけでなく、実際に襲い掛かからねば失礼だとさえ思います。実社会では叶わぬ願いですが


729 ◆DbtGHHDsis2019/12/29(日) 17:45:08.62U80RunFEO (6/8)

摩耶「しゅごひいぃ~♥大淀もイッてるぅ♥おじりでしゅごひイッちゃっあっ♥イクイクイクイクぅ~っ♥」

大淀「はあぁんっ♥おじりでイッひゃう摩耶しゃんすてきれしゅ~♥あっらめらめらめぇ~っ♥おっぱいもしゅごおっあんっ♥」

明石「うっわぁ~♥二人とも、完全にイッちゃってますねぇ~♥大淀はまだしも、摩耶さんまでアヘアヘに」

提督5「むひひひひ…明石ちゃん、他人事みたいに言ってる場合かね?」

明石「うぉわあぁぁっ!?…あ~びっくりしたぁ、つい二人に夢中になっちゃってたから」

提督5「無理もない、かなりのはっちゃけぶりだからねぇ。しかし…くっくっくっくっ」

明石「え、え…へああぁぁっ♥」


つぷううぅぅ~


明石「あぁぁっ♥わっわたしぃっ♥わたひにもぉっ♥ふあっうごいてるぅ~っ♥」

提督5「うほほ!お尻に触手を差し込んだのに、明石ちゃんの乳首が、あっという間にピンピンになっちゃったねぇ。あ~あ~、力入れちゃダメだよ明石ちゃん。ここは二人にならって」

明石「はひっはひぃっ♥し、深呼吸しながらぁ…ふあ~♥」


うにゅるっぷぷっ


提督5「無論、明石ちゃんにも準備しているからね…触手カーペットをさ」

明石「はぁ~はぁ~♥こ、ここにおっぱいを…はぁんっ♥」


ぺちょおおおぉぉ~


明石「あっあっあっ♥これぇっ♥しゅごいきもちーれひゅぅ♥ふにゃんっ♥ちくびぃっ♥しゅごいぴろぴろしてましゅ~♥」

提督5「明石ちゃんの顔、あっという間にとろんとろんになっちゃったねぇ。お尻ぬぽぬぽも同時にね」

明石「ほおおおぉぉ~っ♥しゅごひぃっ♥しゅごいうごいてるぅっ♥ああぁぁぁ~っ♥」

提督5「ありゃりゃ…明石ちゃんは、摩耶ちゃんや大淀ちゃんより、お尻フリフリが激しいねぇ…むひひひひ」


730 ◆DbtGHHDsis2019/12/29(日) 19:42:35.02U80RunFEO (7/8)

提督5「ほーらほら、粘液を出しながらぬっぽぬぽ~いひひひひ」

明石「らめれひゅ~っ♥あっしゅごっ♥おくきてりゅぅ~っ♥ふあっあつっ♥あひゅいれひゅぅ~♥」

提督5「ふーむむ…明石ちゃんのクリトリスがギンギンに勃起しちゃってるねぇ?今弄ってるのはお尻なのにね?」

明石「しゅみっしゅみましぇんんっ♥おじりぃっ♥おじりぬぽぬぽされへぇっ♥」

提督5「ほーう…お尻をぬぽぬぽすると、明石ちゃんは気持ち良くってクリトリスを勃起させちゃう訳かぁ~」

明石「はひっはひぃっ♥いっいひいいぃぃ~っ♥」

提督5「んーしかし…明石ちゃんは、おっぱいもむにむにネトネトされているだろ?こっちは気にならないのかな」

明石「いいれしゅっ♥おっぱいもいいっ♥きもちいーれしゅ~っ♥」

提督5「素晴らしいなぁ!明石ちゃんの表情も幸せそうにアヘアヘだもんね。あぁ~チンポがギンギンで痛いぐらいだ」

明石「ちんちんっ♥ちんちんん~っ♥おじりぃっ♥おじりにぃ~っ♥」

提督5「まあまあ…もっともっと、穴をほぐしておかなきゃねぇ。おっぱいも、しーっかりもみもみしないと。明石ちゃんの生乳、見ただけで射精しちゃうスケベさなんだからさ」


大淀「ほおおぉぉ~♥んあっ♥でてるぅ~♥はいってるぅ~♥」

提督4「むふふふふ…触手をぬぽぬぽするたび、大淀ちゃんのお尻も前後に動いちゃうねぇ」

大淀「ひっひっぱられぇっ♥ふやんっおされへるぅっ♥あ~イきそぉイきそぉ~…おおおぉぉっ♥」


がくがくがくがくっ…


大淀「ほおおぉぉんっ♥ほぉあっ♥はぁ~はぁ~はぁ~♥」

提督4「むむぅ。大淀ちゃん、またケツアクメをキメちゃったねぇ。これ何度目かな?」

大淀「はぁはぁはぁ…わからないれひゅ~♥いっぱいイキまひたぁ♥あぁぁ~しゅごいれひゅ~♥」

提督4「いや素晴らしい。お尻をぬぽぬぽされて、クリトリスも乳首もピンピンだ。大淀ちゃんの全てがおまんこなんだねぇ…くっくっくっくっ」


731 ◆DbtGHHDsis2019/12/29(日) 19:44:32.88U80RunFEO (8/8)

ずいぶん更新が滞って申し訳ない。明日も更新できたらいいけどなぁ
今回の更新は、ここで終わります


732 ◆DbtGHHDsis2019/12/31(火) 11:43:59.49L3+RvDF1O (1/3)

ポーラ「すごいです~♥摩耶さんも大淀さんも明石さんも~、お尻カクカクしながらアヘアヘ~♥」

妙高「はぁ~はぁ~♥こ、こっちまで…あちこちがムズムズしてきちゃいます…♥」

提督2「ありがたい反応だねぇ。ポーラちゃんも、腰がユサユサ動いちゃってるからねぇ」

ポーラ「ふああぁぁ~♥ポーラもおしりぃ♥おしりぬぽぬぽされちゃいますぅ~♥」

提督2「ほーお、お尻に興味あったのねポーラちゃん。いいことだ、くっくっくっくっ」

提督2「では、さっそくだポーラちゃん。うつ伏せになって、膝を立ててだね」

ポーラ「はぁはぁ♥はぁ~い♥ふやんっ♥おしりなでなでされちゃってますぅ~♥」

提督2「いひひひひ、ポーラちゃんの肌ってキレイだねぇ。おじさんの手にしっとりとねぇ…」

ポーラ「あ、ありがとうございますぅ~♥おじさまの手がゴツゴツしてて~おしりきもちいいですぅ~♥」

提督2「うんうん、今が通常の手だね。これが…」


ぐちゅにゅるぅ~


ポーラ「あ~♥あ~♥ぬるぬるぅ~♥いきなりあつくてぇ~ぬるぬるれすぅ~♥」

提督2「両手とも触手に変身だ。ポーラちゃん、ゴツゴツとヌルヌルの、どっちが好みなのかなぁ~?」

ポーラ「えっと、えっとぉ~…はぁ~はぁ~♥うぅ~ん…ふやあああぁぁ~っ♥」


つぷううぅぅ~


提督2「ぐひひひひ…どっちも好きってことにしておこっか!そして、極細触手をお尻に差し込んじゃったぞぉ」

ポーラ「あぅぅ~あはあああぁぁ~っ♥ほんとにあついぃ~♥ぬるぬるれすぅ~♥」

提督2「ふーむ…よしよし。痛みや嫌悪感は無いみたいだね。ポーラちゃんのかわいい舌が、半開きの口から出ちゃってる…むふふふふ」

ポーラ「ほぉ~っ♥ほおおぉぉ~♥しゅごお~♥おしりからぁ~どぷどぷゆってまひゅぅ~♥ぬるぬるいっぱい出てまひゅぅ~♥」


733以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/31(火) 11:49:31.88lYX8+OoA0 (1/1)

マット下からのアングルが見られるならば
300万出すわ


734 ◆DbtGHHDsis2019/12/31(火) 13:17:06.41L3+RvDF1O (2/3)

>>733
逆に考えると、どんなに大金積んでも見られない光景なんだよねぇ


735 ◆DbtGHHDsis2019/12/31(火) 13:57:40.60L3+RvDF1O (3/3)

ポーラ「あぁ~♥ああぁぁ~♥ふにゃんっ♥おっぱいぃ~っ♥おっぱいもくにゅくにゅぅ~っ♥」

提督2「むひひひひ…いやーポーラちゃんのやわらかおっぱい、素晴らしい!乳首もすでにピンピンだったねぇ」

ポーラ「ちくびぃ~♥くりくりされてまひゅぅ~…はおおぉぉ~っ♥おじり抜かれぇ~♥あぁ~またはいっだぁ~っ♥」


がりっがりがりぃっ


提督2「お尻ぬぽぬぽも忘れずにね。口調と裏腹に、ハードにカーペットがりがりしちゃってるねぇポーラちゃん」

ポーラ「しゅごお~♥これしゅごひいぃぃ~っ♥あひっいんっ♥あはあああぁぁ~っ♥」

提督2「あらあら、もうケツアクメしちゃって…ポーラちゃん、イったときは、ちゃんと言わないとダメだよ?」

ポーラ「しゅみましぇんん~♥ほおおぉぉ~♥おじりぃ~とまんなひれひゅぅ~っ♥」


提督「さてさて…っと」

妙高「はぁ~はぁぁ~っ♥」

提督「ありゃりゃ。妙高ちゃん、すでにうつ伏せの立て膝態勢になっちゃってるよ。しかも、後ろ手でお尻を開いちゃって…」

妙高「おじしゃまぁ♥おじしゃまぁ~♥み、妙高にもぉっ♥」

提督「ははは、焦らし過ぎちゃったねぇ。ふーむふむ、お尻の穴周辺、ツルッツルだねぇ。脱毛したから当然だけど」

妙高「あはぁ♥おじしゃまにキレイにしていただいたおしりぃ♥じゅるっ♥おじしゃまのおしりれすぅっ♥」

提督「ヨダレをすすりながらのアピールかぁ~…以前の妙高ちゃんからは想像もつかないねぇ」

妙高「いいんれすぅっ♥あたまふわふわになってぇ…おじしゃまとアヘアヘするの好きれすぅっ♥おじしゃまぁっ♥」

提督「あぁ…妙高ちゃん、そんなにおじさんを気に入ってくれるなんて…ならば、妙高ちゃんの全てに報わねばならないねぇ」


つぷううぅぅ~


妙高「おぉほおおおぉぉ~っ♥」


736 ◆DbtGHHDsis2019/12/31(火) 22:30:44.82vZNmBzvqO (1/2)

提督「まずは一本…うーむ、触手の呑み込みっぷりが凄いねぇ」

妙高「ほおぉっおぉぉっ♥おいひっ♥しょくしゅおいひいれひゅぅ~っ♥」

提督「嬉し過ぎる反応だねぇ。なんなら、一本だけと言わずに…」

妙高「あ、あひ…あひあああぁぁ~っ♥」


ぬちゅっつぷううぅぅ~


妙高「おぉあああぁぁ~っ♥ふえたぁっ♥しょくしゅふえまひたぁ♥しゅごおっおぉんっ♥」

提督「一気に二本増やしたけど…お尻フリフリが激しくなっちゃった。妙高ちゃん、苦しかったりしないの?」

妙高「らいじょうぶれひゅ♥もっどおぉっ♥もっどいっぱいしょくしゅほひいれひゅぅ~っ♥」

提督「いやははは…まああせらずにさぁ、おっぱいもモニュモニュさせて欲しいんだよなぁ」

妙高「はひっはひぃっ♥みょうこうのやらしいからだぁ♥いっぱいモニュモニュしてくらひゃいぃ…ひいぃんっ♥おっぱいしゅごひいぃぃ~っ♥」


ぽぷぅっぐぽぉっどぷぷぅっ


妙高「おっおっおぉぉっ♥しゅごおっおぉぉ~っ♥」

提督「三本の触手を交互に抜き差し~…妙高ちゃんの喘ぎ声が凄いよ、まさにメスのケダモノって感じだ」

妙高「けだものぉっ♥けだものれすぅっ♥おっ♥おじしゃまにぬぽぬぽされるけだものれすぅ~っ♥」

提督「ふおぉ~…さすがは妙高ちゃんだ。おじさんも射精しちゃいそう…はぁはぁはぁ」

妙高「うれっうれひいれしゅっ♥あっらめっイッ…らめええぇぇ~っ♥」


ぷしゃあああぁぁ~っ!


妙高「おほおおぉぉんっ♥しゅごひぃっいぃっ♥おおぉ~♥イッひゃあぁ~♥」


がくがくがくがくっ…


妙高「あっあっあんっ♥とまんなひぃっ♥がくがくとまんなひれひゅぅ~♥おっ♥おぉんっ♥おおぉぉ~♥」


737 ◆DbtGHHDsis2019/12/31(火) 22:34:11.56vZNmBzvqO (2/2)

今年、読んでくれたりいろいろコメントくれたり、本当にありがとうございました
皆さんよいお年を~


738以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/01(水) 01:06:28.1016EPy+F/O (1/1)

乙、良いお年を

マニアックだけどアナル触手からは
吹いた潮や愛液取り込んだ液体を浣腸したり
その際に媚薬みたいな成分配合して
より前後不覚にするか直腸辺りまでの
綺麗な粘膜を内視鏡みたいに映して
実況して周知させたりしてくれると俺得です


739以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/01(水) 01:10:02.66dIvYbnpNo (1/1)

あけおめこよろちくび


740 ◆DbtGHHDsis2020/01/02(木) 17:15:53.740gSGVAdEO (1/5)

皆さん、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
>>738
明けましておめでとう。今年もよろしくお願いします。そして、乙ありがとう。
内視鏡プレイとは…思い付かなかった。チ○ポ挿入まで長引くが、やらせていただこう
>>739
あけおめこ(直球)ちくびピンピン…我ながらアホな挨拶だなぁw


741 ◆DbtGHHDsis2020/01/02(木) 17:48:03.520gSGVAdEO (2/5)

提督4「うーむ、周りの喘ぎ声に釣られて、大淀ちゃんのお尻もほぐれて来たっぽいねぇ」

大淀「おおぉぉ~♥しょくしゅでほぐれてきまひたぁ…あぁおおぉぉっ♥ふえぇっ♥しょくしゅふえまひだぁぁ~っ♥はおぉっまたあぁぁ~っ♥」

提督4「うんうん、プラス二本で…大淀ちゃん、どんな感じ?痛かったりするなら言わなきゃダメだよ?」

大淀「らいじょーぶれひゅ♥いひぃあぁぁ~♥がぎまわざれでりゅぅ~っ♥おぉ~♥お~お~♥」

明石「となりの大淀しゅごい…いぃああぁぁぁ~っ♥ごっぢぃっ♥ごっぢもぎだぁ~っ♥あっあっあっあふおぉ~っ♥」

明石「………」

明石「おおぉっ♥しゅごほおぉぉ~っ♥」

提督5「おぉ~、明石ちゃんの意識が飛んじゃったよ。明石ちゃん、聞こえるかい?」

明石「ふぎひぃっ♥はいぃっ♥おじしゃんんっ♥」

提督5「明石ちゃんは、お尻ぬぽぬぽは二回目だったよな。久々のお尻の感想が聞きたいねぇ?」

明石「かんそっ♥がんぞおぉ~っ♥あぢゅひいぃんっ♥おじりどげでまひゅううぅぅ~っ♥あっあはあぁっ♥」

提督5「ふーむ、三本に増やしても大丈夫って感じだな。ならば…」


ぬぐぬぐぬぐ~


提督5「まずは、触手でプロジェクターを用意してだね。部屋を暗くした上で…スイッチオン!」

明石「はぁ~はぁ~♥部屋の壁に画面が…ほぉんっ♥」

提督5「明石ちゃんのお尻をぬぽぬぽしていた触手を、一本だけ抜いてね」

明石「な、なんでぬくんれすかぁ…あぁ~♥」

提督5「くくくく、見えるよな?触手の先端に目玉がねぇ…ファイバースコープみたいなもんだ」

提督5「さぁーて、改めて差し込むからねー明石ちゃん。いひひひひ」

明石「みられぢゃふうぅぅ~おんっ♥おおぉぉ~っ♥」

提督5「プロジェクターから壁に、触手スコープからの映像が映るって訳だ。おじさんも地味に進歩してるよねぇ…くっくっくっくっ」


742 ◆DbtGHHDsis2020/01/02(木) 20:58:07.170gSGVAdEO (3/5)

ぐむぷ、ぬぼぉ、ぶぢゅっ…


提督5「おぉ~、画面もだけど…まずは音のインパクトが凄いねぇ」

大淀「ふぅおおぉ~♥しゅごいやらしいぃ♥はきゅっ♥うちがわつんつんらめれひゅぅ~♥」

摩耶「はぁ~はぁ~♥おっ♥おじりあかくてぇ♥おぉぉ~♥くろいしょくしゅっ♥明石にすりすりじでりゅうぅ~っ♥」

明石「くほおぉんっ♥みられでりゅぅ~♥わたひのおじりぃ♥はぁっうごひっ♥おおぉぉぉっ♥」


がりっがりっがりぃっ!


提督5「明石ちゃんったら、半笑いしながらカーペット引っ掻いちゃって…うおっ、触手をぎりぎり締め付けてるねぇ。画面と感触がリンクして変な感じだぁ」

ポーラ「しゅごおぉ~♥明石さんのおじりがギュンギュンしちゃってましゅ~…はぁおおぉぉぉ~っ♥」

提督2「ポーラちゃんも触手マシマシでね。いっひひひひ、ポーラちゃんのお尻、外も中も柔らかいんだねぇ」

ポーラ「らめれひゅぅ~っ♥ずぷってくるとぉ~っ…おほぉあああぁぁ~っ♥」


ぷしゃあああぁぁ~っ!


ポーラ「イぐぅ~っ♥ほぉっおぉっ…あはあぁ~♥おじりでぷしゃってぇ~♥おっおっお~っ♥」

提督2「いや凄い。おじさん、ポーラちゃんのクリトリスや膣壁には一切手出ししてないんだけどねぇ」

提督2「こりゃ確認しなきゃダメだな。ポーラちゃんのお尻に画面チェンジだね」

ポーラ「おぉ~おおぉ~っ♥ふあぁ~画面が変わってぇ~ぽーらのおじりぃ~♥ぬめぬめしてまひゅうぅ~&heart;」

提督2「ふーむ…明石ちゃんに比べて、すこーし泡立ってるなぁ。おっと締め付けが…コラコラ、中の様子がわからなくなっちゃうよポーラちゃん」

ポーラ「しゅみましぇんん~♥おほぉ♥れもぉ~きゅっきゅするとぉ~しゅごいきもちーれすぅ~♥」

提督2「ふっおぉっ…ははは、実はおじさんも、お尻できゅっきゅされると気持ち良かったりするんだよねぇ」


743 ◆DbtGHHDsis2020/01/02(木) 23:52:30.950gSGVAdEO (4/5)

提督「いやー、みんないい感じ。ならば、我が妙高ちゃんはどうかな?」

妙高「おぉほおおおぉぉっ♥みなしゃんんっ♥みょうこうのおじりぃ♥いやらしいぐねぐねみてくらひゃいぃっ♥」

提督「おいおい、見て下さいと言いつつ、お尻きゅっきゅしちゃってるじゃないか妙高ちゃん。深呼吸しながら力抜いて」

妙高「しゅみましぇんんっ♥はぁ~はぁ~はぁ~♥」

提督「そうそう、その調子…ほーら見えたぞぉ~」

摩耶「ふあぁ…あんっ♥しゅごいにちゃにちゃしてりゅぅ~♥しょくしゅでなでなでされてぇ♥ぴくってぇ~♥」

妙高「ありがとうごじゃいっ…んおおぉぉぉ~っ♥おあぁ…イッひゃいまひたぁ~♥おじりみられてイッひゃいまひたぁ~♥」


びくんっびくんっ…


大淀「はぁ~はぁ~♥うあぁ~、妙高しゃんからぁ♥いやらしいのがぁ♥もわってぇ…あっあっあっあっ♥イキそっイッ…んおおぉんっ♥」

明石「へあっあっ♥にゃにこれぇっ♥あっらめっあっ♥あぁおおぉぉ~っ♥イクイクイクイクぅ~っ♥」

ポーラ「はぁおおぉぉ~っ♥ほおぉっおぉ~っ♥はぁ~はぁ~…へあぁ~♥ぽーらもイッひゃったぁ~♥」

摩耶「~~~~~っ♥」


がくがくがくがくっ!
ぷしゃあああぁぁぁっ!


摩耶「おぉっ…おおぉっ…ほぉっ♥あああぁぁ~♥なんれぇ…?しゅごいイッだぁ…♥あひ…あはははぁ~♥」

提督「吹き出す淫気の濃さと量、ヤバいねぇ妙高ちゃん。備えをしてない艦娘だと、ひとたまりもないよなぁ」

妙高「しゅみましぇんん…みんなうまくぅっ♥あへあへできるようにぃっ♥みょうこうれんしゅーしましゅ~♥はぁ~はぁ~♥」

提督「頼むぜ妙高ちゃん。みーんなで楽しくずぽずぽってのが、この鎮守府のモットーなんだからさ!ぐひひひひ」

妙高「しょーちしましたぁ♥みょうこうがたぁっ♥かんむすみんなでぇっ♥おじしゃまとあへあへぇ~♥はぁ~はぁぁっ♥」


744 ◆DbtGHHDsis2020/01/02(木) 23:57:32.900gSGVAdEO (5/5)

Q.新年一発目から文字変換ミスっちまった、どうすんだこれ?
A.スミマセン、またコツコツ進行させます。
今回の更新は、ここで終わります。「前後不覚にメロメロになる液体噴射・噴霧」は、次回に行う予定です。


745 ◆DbtGHHDsis2020/01/03(金) 17:27:51.67STBAv0y6O (1/6)

ポーラ「おおぉ~♥ザラねーしゃまぁっ♥ぽーらもザラねーしゃまとずぽずぽしましゅ~♥」

提督2「おっちょっ…ポーラちゃんからも淫気がっ…あっやべっあぁぁっ!」


びゅくっびゅくっびゅくんっ!


ポーラ「ふやあぁ~っ♥なんかおしりと背中にぃ~♥どろってぇ~♥」

提督2「ほおぉっ!おぉ~…しまったぁ~射精しちゃったよ…あぁ、ポーラちゃんのお尻と背中にどっぷり…」

ポーラ「はぁんっ♥おじしゃまぁ♥しゃせーしちゃったぁ~♥ぽーらがやらしいからぁ~♥」

大淀「すてきぃ♥おーよどもせーしぶっかけられたいれひゅ~♥おじしゃまぁ…♥」

提督4「いや、あのっ…わわっ大淀ちゃんからも淫気が…あっあっあっ!」


びゅるびゅるびゅるびゅるぅっ!


大淀「ふにゃあああぁぁっ♥あはぁ~♥せーしいっぱぁい♥せなかどろどろしてましゅぅ~♥」

明石「あっ大淀ずるいっ!あっあっ♥となりの大淀からぁ♥むわっとしたのっ…ほおぉぉぉ~っ♥」

提督5「げげっ明石ちゃんに誘爆っ…あっでるでるでるでるぅっ!」


どびゅうううぅぅぅ~っ!


提督5「おおぉぉぉっ!おぉっ…あぁ~、あぁぁ~でちゃったぁ~」

提督「いや待って待って…」

妙高「あはぁ~♥しゅごいいっぱいぃ♥うふふ♥おじしゃまもぉ…いーっぱいしゃせーしてくらひゃい…♥」

提督「あっあっ…もっダメっ!でるでるでるでるぅ~っ!」


びゅるぅっ!どくどくどくどくっ!


提督「くおおぉぉぉっ!おぉぉ~…み、妙高ちゃんにぃ~ぶっかけちゃったぁ~」

妙高「あああぁぁ~っ♥はぁ~はぁ~♥はぁん…せーしいっぱぁい♥あったかいれすぅ~♥」


746 ◆DbtGHHDsis2020/01/03(金) 18:47:23.52STBAv0y6O (2/6)

摩耶「あはぁ♥みんなびゅるびゅるされてるぅ♥あたひぃ♥あたひにもぉ♥」

提督3「い、いやあの。あんまり早く射精しちゃうとさぁ、あの、アレ」

摩耶「………♥」


ぐぢゅううぅぅ~


提督3「あわあぁっ!お尻の触手が締め付けられっ…あっ」


びゅくびゅくびゅくびゅくっ!


提督3「あっあっ!まっ摩耶ちゃんからすごいのがぁ~」


がくがくがくがくっ…


提督3「ひへっ、んひっ、ふっおっ…へ、へへへへ…」

摩耶「あははぁ♥おじさん大好きって念じながら、お尻きゅっきゅしたらぁ♥おじさんびゅるびゅるしちゃったぞぉ♥うあぁ~♥おしりと背中どろどろぉ~♥」

提督3「はぁ~はぁ~…一瞬、頭が真っ白になっちゃった…」

摩耶「ほらぁ~♥おじさん、あたしのおしりぃ♥みんなに見せなきゃダメだろぉ♥」

提督3「あ、あぁ…じゃあ摩耶ちゃんのお尻を」


にちゅっにちゅっとぷっ


提督3「よーし、摩耶ちゃんのお尻だぞ。うんうん、キレイなのに…触手で内壁ねっとりしてあげると…」

摩耶「はぁ~はぁ~♥またうねうねぇ~♥しょくしゅがうねうねするのぉ♥しゅごいわかっひゃうよぉ~♥」

提督3「ふ、ふふふ。摩耶ちゃんのお尻、またゆっくりくねくねし始めちゃってるねぇ。摩耶ちゃん、触手でお尻弄るの、気に入ってくれたかな?」

摩耶「うんっうんっ♥しゅきぃっ♥おじりぃっ♥しゅごいカッカしてぇ~♥」

妙高「あぁ…♥摩耶しゃんたらぁ♥半分白目剥きながらくねくねぇ♥おじりきもちいい~♥」

ポーラ「摩耶しゃんのおしりきれいれしゅ~♥うす赤くってぇ~しゅごいねっとりぃ~しょくしゅをねぶねぶしちゃってましゅ~♥」


747 ◆DbtGHHDsis2020/01/03(金) 19:44:09.73STBAv0y6O (3/6)

大淀「はぁ~はぁ~♥摩耶しゃんまでぇ♥おじしゃまが大好きなんれすねぇ♥うれひいれしゅ~♥おじしゃまらいしゅきぃ~♥」

提督4「は、はは…また大淀ちゃんから凄まじい淫気が…あ~またチンポ勃っちゃったよ」

大淀「あはぁ~♥おじしゃまのちんちんっ♥またむくむくぅ~♥汗もびっしょりぃ♥」

提督4「いや参ったね。しかし、この汗がポイントなんだよ大淀ちゃん。むむむむ…」

提督5「くくくく、こっちのおじさんも汗びっしょり…使わない手はないねぇ」

提督「むふふふふ…おじさんたちの汗がミスト状態になっちゃって」

提督2「空調が効いてるのに暑いねぇ…ぐひひひひ」

提督3「射精のお返しもしなきゃならんしね…おおぉぉ~」


しゅううぅぅぅ~


妙高「はぁ~はぁ~♥なんかへんれしゅ~♥あたまぁ♥なんかふわふわしてぇ~♥」

ポーラ「あ~♥あ~♥おじりぃ♥おじりぃ~♥なんかおっぱいぃ~♥」

摩耶「あっあっあっあっ♥あたまぁしろくなっ…あ~イキそぉイキそぉ~♥」

明石「ふううぅぅんっ♥おじしゃんんっ♥なんかおじしゃんがいっぱいれしゅ~♥」

大淀「あああぁぁ~♥くりとりすぅ♥ひうっおっぱいぃ♥おじりぃ~おじりぃ~♥」

提督4「新技・おじさんミストだ。全身に吸引してもらって、みんなの頭の中からチンポでいーっぱいにしちゃうからねぇ~むひひひひ」

大淀「あっあっあっ♥あたまぁちんちんっ♥おーよどにおちんちん~っ♥んいいぃぃ~っ♥」


びくんびくんびくんっ!


大淀「はぁはぁはぁぁっ♥ああぁぁ~っ♥イッひゃったぁ~♥おじしゃまいっぱいれしゅぅ~♥おじしゃまらいしゅきぃ♥」


748 ◆DbtGHHDsis2020/01/03(金) 21:31:53.67STBAv0y6O (4/6)

提督4「どれどれ。おじさんミストを吸い込んだ大淀ちゃんのお尻、どうなったかなぁ~うひひひひ」

大淀「みられひゃうぅっ♥みなしゃんみてくらひゃいぃっ♥おじしゃまのしょくしゅ♥らいしゅきしてりゅおーよどのおじりぃ~♥」

提督4「さあ映ったぞぉ…うっひゃ~、これぞ『激しい蠕動』ってヤツだよなぁ」


んぐぢゅっぐぼぉっぶぢゅっ


提督4「音に圧倒されちゃうねぇ。ヌメヌメした内壁がうねんうねん…汁が飛んできそう」

大淀「しゅごひぃ~♥おーよどのおじりしゅごひれひゅ~っ♥」

明石「あ~♥あ~♥おーよどのおじりしゅごひぃ♥おじしゃんのしょくしゅっ♥いっぱいうにゅうにゅ~♥」

ポーラ「みてるだけでイッひゃいそぉ~♥イッイクぅ~ほんとにイッひゃいまひゅぅ~っ♥」

妙高「おーよどしゃんのぉ♥目がイッひゃってまひゅ♥舌もれろんれろんっ♥しゅごいやらしいれひゅぅ~♥」

摩耶「しゅごひいぃっ♥おーよどのおじりしゅごひきもちよさそお♥あたひもきもちーよぉっ♥」

提督4「大淀ちゃん、聞こえるかい?みーんな大絶賛だよ、大淀ちゃんのスケベなお尻」

大淀「みなしゃんっ♥ありがとうごじゃいましゅぅ~♥あ~イキそぉ♥またイキそぉぉ~っ♥」

提督4「ならば、盛大にイかせてあげよう。おじさんが吸引した、みんなの淫気を液化して、大淀ちゃんのお尻の内壁にぴゅーぴゅーしてあげるからねぇ~くっくっくっくっ」

大淀「おじしゃましゅごひぃ♥しぉんなことれきるんれしゅかぁっ♥おじしゃますてきいぃ~♥あ~ぎだぁ~っ♥ぴゅーぴゅーぎだああぁぁぁ~っ♥」


がくんがくんっがくがくがくっ!


大淀「おおおぉぉぉっ♥イぎゅうぅおおぉぉっ♥おおぉんっ♥ほごぁっ♥あぁ…おぉほおおおぉぉ~♥ほへっ♥はぁはぁはぁ…おおぉぉ~♥」


749 ◆DbtGHHDsis2020/01/03(金) 22:30:07.12STBAv0y6O (5/6)

提督4「おぉ~…ここまで大淀ちゃんが喘ぐのって初めてじゃない?いっつもイキまくってるけど」

大淀「おおぉぉ~♥らってしゅごひんれひゅぅ~♥しゅごいイキまひたぁ♥あっまたうねうねぇっ♥」

明石「はぁ~はぁ~♥んあっ♥おーよどのおじりぃかくかくしゅごひぃ♥んひっ…ひぃあっ♥なんかぎだぁっ♥ぴゅーぴゅーじでりゅうぅっ♥」

提督5「はっははは。明石ちゃんもさ、大淀ちゃんと一緒にアヘアヘしたいだろうなぁ~と。凝縮淫液ぴゅーぴゅーだぞぉ~」

明石「らめらめっらめっ…おほおおおぉぉ~っ♥これしゅごおっ♥あぁぁ~っ♥ほおっイッ♥とまんなひぃっ♥とまんなひれひゅぅ~っ♥」

明石「………」

明石「…おっ♥ほおああぁぁ♥イッだぁ♥あだまイッひゃいまじだぁ~♥んへええぇぇ~♥」


がくがくがくがくっ…


提督5「あの明石ちゃんが、意識を飛ばしちゃうとはねぇ。どうしたのってくらいに腰カクカクさせちゃってるし」

提督「しかし、必要なステップなんだよねぇ。なにせ、こーんなぶっといチンポを、お尻にずぽずぽするんだからさ…ねぇ妙高ちゃん?」

妙高「はひっはひぃっ♥ばかになりましゅっ♥あたまぁほへぇってなってぇ♥おじしゃまのちんちんずぽずぽしましゅ~っ♥あっあっあっあっ♥」


びゅるっびゅるるうぅっ!


妙高「あぅああぁぁぁっ♥あひんっ♥はぁ~はぁ~♥でひゃいまひたぁ♥しっぽびゅるびゅるしちゃいまひたぁ~♥」

提督「あーらら…おじさん、妙高ちゃんのしっぽには指一本触れてないけどねぇ。こんなだったら、お尻ぴゅーぴゅーいらないのかなぁ?」

妙高「いりまひゅうぅっ♥おじしゃまのぴゅーぴゅーいりまひゅぅ~っ♥」

提督「あー冗談冗談!冗談だよ妙高ちゃん!みんな漏れなくぴゅーぴゅーのずぽずぽするからさ!おじさんのチンポに賭けてね、うひひひひ」


750 ◆DbtGHHDsis2020/01/03(金) 22:33:49.97STBAv0y6O (6/6)

>>738殿、アイデア提供ありがとうございます。ただ、求められたクオリティをクリア出来たかどうかは…別の話で申し訳ない。
相変わらず誤字脱字が多いが、今年もよろしくお願いします。
今回の更新は、ここで終わります。



751 ◆DbtGHHDsis2020/01/05(日) 20:01:06.76djkDGLoRO (1/4)

提督「それではイクよ妙高ちゃん。心の準備は出来たかな?」

妙高「はひぃっはひいぃっ♥らいじょうぶれひゅからぁっ♥…おっ♥」


がくがくがくがくっ…


妙高「………」

妙高「…ほおおおぉぉっ♥これしゅごおっ♥おじりあひゅいひぃ~っ♥らめらめらめぇ♥しゅごひぢゅぼぢゅぼぉ~っ♥」

摩耶「あ~♥あ~♥みょうこうの目がぁ♥くるんってしてたぁ♥」

ポーラ「みょうこうしゃん♥しゅごいイッてたぁ~♥お口がほぁ~って開いてぇ♥しょくしゅがぢゅっぼぢゅっぼぉ~♥」

妙高「うごいてりゅうぅっ♥あっおっ♥とけひゃうんっ♥うっおっおっ♥」

提督「溶けちゃうのかぁ~…お尻が?頭が?」

妙高「どっちもぉっ♥おじりとけまひゅっ♥あだまっあだまもぉ~っ♥」

提督「いいことだ。トロトロのお尻にチンポぶち込んでアヘアヘにならないと…おじさんと一緒にね」

妙高「いっしょおぉっ♥おじしゃまといっしょおぉ~っ♥おぉおおぉぉ~っ♥」

ポーラ「はぁ~はぁ~♥みょうこうしゃんのおじりぢゅぼぢゅぼぉ~♥ぽーらのおじりもうごいてまひゅぅ~♥」

提督2「ぐひひひひ…ポーラちゃんのお尻、今のままでも気持ちよさそうだ」

ポーラ「らめれしゅぅ~♥ぽーらもぴゅーぴゅーほしいれしゅぅ~♥」

提督2「そりゃそうだろう。おじさん、仲間外れは大嫌いだからね。ポーラちゃんにもぴゅーぴゅーしちゃうよ~?」

ポーラ「よかったれひゅぅ~♥はやくぅ~♥はやくぴゅーぴゅーほしいれひゅぅ~♥」

提督2「腰をフリフリしながらのおねだり…しっぽもビタンビタンしちゃってるねぇ…よぉーしイクよポーラちゃん」

摩耶「はぁ~はぁ~♥」

提督3「摩耶ちゃん、ポーラちゃうを見過ぎだよ。まあ無理も無いか」

ポーラ「くるぅ~♥ぴゅーぴゅーくっ…ああぁ~ぎだぁ~っ♥あっイッ…♥」


752 ◆DbtGHHDsis2020/01/05(日) 21:58:46.95djkDGLoRO (2/4)

ポーラ「うひゅっおっ…♥」

摩耶(ああぁ~♥ポーラの口がほおって開いてぇ♥あっすっごい腰振ってるぅ…あ~♥目がくるんっ♥)

ポーラ「………」

ポーラ「こっおっ♥ほおおおぉ~っ♥おぉんっ♥おっお~っ♥」

摩耶(すっごいよぉ♥がくがくしたポーラにぃ♥さらにいっぱいぬぽんぬぽんしてるぅ~♥ぜーったいきもちいーよ~♥)

摩耶「はぁ~はぁ~…へあっ♥あっあっ♥かきまわすのらめぇっ♥」

提督3「ふひひひひ。やらしいのぴゅーぴゅーする前に慣らしてるんだ。ポーラちゃん、君のアヘアヘ姿、摩耶ちゃんがはぁはぁしながら見てたぞぉ?」

ポーラ「ほおおおぉぉ~っ♥まやしゃんっまやしゃんん~っ♥」

摩耶「らってらってぇっ♥あたひもぴゅーぴゅーされるからぁ♥ぽーらきもちよさそお~♥」

ポーラ「きもちーれしゅぅ~っ♥おじりぬるんぬるんじでぇ~♥おがじっおがじいれひゅぅ~っ♥」

摩耶「はぁ~はぁ~っ♥あたひぃ♥つぎぃっあたひぃっ♥」


かくかくかくかくっ!


提督3「いやハハ。摩耶ちゃん、腰フリフリし過ぎだろ」

摩耶「いいっいいっ♥あたひは淫魔だろぉっ♥おじしゃんにぴゅーぴゅーされてぇっ♥あたまぁほあってなるんだぞぉっ♥」

提督3「ふむふむ…その後、摩耶ちゃんのお尻に、おじさんチンポをずぽずぽする訳だよな?」

摩耶「するぅっ♥するぅっ♥ちんちんずぽずぽしてぇっ♥せーしびゅるびゅるしてもらふうぅ~っ♥」

提督3「素晴らしいっ!こんなにも、摩耶ちゃんがおじさんのチンポを待ち焦がれてくれるとはっ!」


ぬぐぢゅっずぶぢゅっ!


摩耶「おおおぉぉっ♥しょくしゅっ♥おじりうごいでりゅうぅっ♥しゅごっお~っ♥おじしゃんあたひのおじりぃっ♥しゅごひしゅきぃってぇ~っ♥」


753 ◆DbtGHHDsis2020/01/05(日) 22:54:36.14djkDGLoRO (3/4)

ぬぽぉ、ぢゅぢゅ…


摩耶「おおんっおっ…はぁはぁ♥しょくしゅ、ゆっくりぃ…♥」

提督3「摩耶ちゃん、深呼吸しながら…気分を落ち着かせてね。いよいよぴゅーぴゅーするんだから」

摩耶「くるぅっくるぅっ…はぁ~はぁ~…ああぁぁ…♥」

提督3「そうそう、それでは…」


ぴちゅううぅぅ~


摩耶「おおおぉぉ~♥」


がくがくがくっ…

摩耶「きたぁ~きたぁ~♥しみてりゅうぅっ♥おじりにじわってぇ…あぁんっ♥うねってるぅ♥しょくしゅこりこりぃっ♥」

提督3「ん?触手は動かしてないよ。摩耶ちゃんの内壁が、触手をぎゅんぎゅんしてきてるけど」

摩耶「うそだぁ~っ♥らめらめぇっ♥こしゅれへるからぁっ♥」

提督3「感度も上がっちゃってるんだね。摩耶ちゃんのキレイな背中がピクピクしちゃってる」

摩耶「あ~♥あ~♥もっむりっむりっイッ…♥」

摩耶「~~~~~っ♥」

提督3「ふほほ、摩耶ちゃんのお尻もビクビクって来たね。ここで、お尻の触手をくちゅくちゅっと」

摩耶「んかっ…♥」

摩耶「………」

摩耶「…がっ♥あぁおおおぉぉ~っ♥」

提督3「おぉ~、摩耶ちゃんも白目剥いちゃった。摩耶ちゃん、今どんな感じ?」

摩耶「んへええぇぇ♥えへへ♥イッひゃったぁ♥あたまぁしろい~♥」


びくんっ、びくんっ


提督3「はぁ~はぁ~…摩耶ちゃん、舌が口から、でろ~んって出ちゃって…おまんこより感度が上なんじゃないか?うひひひひ」


754 ◆DbtGHHDsis2020/01/05(日) 23:32:18.36djkDGLoRO (4/4)

ぬぽん、ぬぽお、ぬぽぉ…


摩耶「ほおぉんっ♥ほっお…はぁん…おしりからぁしょくしゅぬけちゃったぁ…なんれぇ…?」

提督3「決まっているだろ摩耶ちゃん。コレを入れなきゃいけないからね」

摩耶「へ…あはぁ♥おちんちん~♥しゅごいぐいーんってしてるぅ~♥」

提督3「ねっとりぐぢゅぐぢゅになっちゃった摩耶ちゃんのお尻、想像しただけでガチガチだよ…しかし」

提督3「こーんなにぶっとくてカチカチの、いきなりぶち込む訳にはいかないぞ。分かるだろ摩耶ちゃん」

摩耶「で、でもぉ~♥ちんちんほしいっ♥ほしいよぉ~♥」

提督3「周りを気にせずチンポをねだる摩耶ちゃん…大好きだ。安心しなさい」

摩耶「あ…ちんちん、細くなっちゃった…」

提督3「ボードマーカー(極細)くらいにね。しかし、ちゃんと亀頭は太くなってるよな」

提督3「摩耶ちゃんのお尻に、極力安全にチンポを挿入するのが最優先。挿入の後、徐々に元に戻すって作戦だ」

摩耶「おじしゃんっ♥おじしゃんやさしい~♥ふにゃっ♥」


ぷちゅんっ


摩耶「はぁ~はぁ~♥ちんちんぷちゅってぇ♥んうぅ~♥おじりぃ♥ちんちんはいってないのにぃ♥おじりひくひくしてりゅうぅ~っ♥」

提督3「チンポの先っちょ、亀頭、サオの表面全体からねとねとカウパー腺液を出しつつ…む」

摩耶「あちゅひぃっ♥じわってぇ♥あっはいるはいるぅっ…お♥」


くぷぅ…


提督3「ふぅ~ふぅ~…亀頭が入ったね。摩耶ちゃん、痛かったりしない?」

摩耶「カメしゃんはいっだぁ~♥いたくなひっ♥カメしゃんじわじわしてりゅうぅ~っ♥」


755 ◆DbtGHHDsis2020/01/06(月) 00:00:00.31R4nvoRWuO (1/3)

提督3「はぁはぁ…気をつけないと押し出されちゃうな。あ~でもトロトロだ、下準備がしっかりできていたね」

摩耶「かたいぃっ♥カメしゃんかたぁい♥ほそいのにぃ~ふといよぉ~っ♥」

妙高「摩耶しゃんの歯がガチガチゆってりゅ~♥でもぉ…目がイッひゃってまひゅぅ~♥」

提督3「摩耶ちゃん、みんなが摩耶ちゃんを見守ってるからね。安心して…身体の力を抜いてね」

摩耶「うんっうんっ♥みんなありがとお♥はぁ~はぁ~♥あ~ぐるぅ~♥ちんちんおくぅ~♥」

大淀「はぁっはぁんっ♥ちんちんはいってくとぉ♥摩耶しゃんがくがくしちゃってまひゅ♥寄り目になって…きもちよさそお♥」

摩耶「ぎもぢい~♥ぎもぢい~よぉ~♥はいるぅ♥ずぶずぶぅ~っ♥」

摩耶「………」

摩耶「…ぉほっ♥おぉほおおおぉぉ~っ♥」

明石「摩耶しゃんのあたまぁ♥あたまのなかぁ♥とんじゃってまひゅ~♥摩耶しゃんそーにゅーだけでイッひゃってまひゅぅ~♥」

摩耶「イッだぁっ♥しゅごいイッひゃっだぁ~っ♥ちんちんとまんなひぃっ♥あたまぁ♥あたまイクぅ~っ♥」

ポーラ「摩耶しゃんびくんびくん~♥ちんちんの途中でイッひゃってまひゅぅ~♥」

摩耶「ほおぉ~ほおぉぉ~っ♥おじしゃんぎもぢいひぃ~っ♥ちんちんっちんちっ…お♥」

提督3「はぁ、はぁ…入ったぁ~…摩耶ちゃん、おじさんのチンポ、全部入っちゃったよ」

摩耶「あぁおおぉ~♥ちんちんはいっだぁ~♥おじりぃおじりぃ~♥おじりもぉ…おじしゃんにあげひゃっだぁ~っ♥あはっ…♥」


びくんびくんびくんっ!


提督3「うぎひいぃ~っ!イッたとたんにマジイキぃっ…ひっひひ、摩耶ちゃんのお尻のバージンもいただいちゃった。おじさんの幸せ度数、きっと測定不能だ…ぐひひひひ」


756 ◆DbtGHHDsis2020/01/06(月) 00:02:04.07R4nvoRWuO (2/3)

摩耶にチ○ポ挿入するまでは行きたかった。きっと明日からは進行スピード落ちるだろう
今回の更新は、ここで終わります


757 ◆DbtGHHDsis2020/01/06(月) 00:15:37.89R4nvoRWuO (3/3)

見返すと、なんか日本語おかしいな…申し訳ない。仕事明けはやっぱりダメだ


758 ◆DbtGHHDsis2020/01/09(木) 12:43:47.92BZ3oODXoO (1/1)

摩耶「んおぉっ♥ひぃんっ♥はぁぁ…イッだぁ♥ちんちんはいっただけでぇ…イッひゃったぁ…あぁおおおぉぉっ♥」


ずりゅううぅぅ~


摩耶「ぬげでりゅうぅぅっ♥おじりがらぁぁっ♥あぁおぉぉっ♥」

提督3「ま、摩耶ちゃん。かるーくチンポ抜いてみたけど…痛かった?」

摩耶「んくああぁぁっ…いだぐなひけどぉ♥めくれてりゅうぅっ♥おじりめくれでぇっ♥ほおおぉぉぉ~っ♥」

提督3「今度は、チンポを押し込んで…摩耶ちゃんの上半身がブルブル震えてるねぇ」

摩耶「ああぁ…おぉおおぉぉ…♥」


ぷしゅっ…ぼたぼたぼた…


提督3「おっと、潮吹きだ。おまんこは全く弄ってないけど」


ずりゅううぅぅ~ぬぶぶっ!
ずりゅううぅぅ~ぬぶぶっ!


摩耶「ほおぉんっ♥おぉぉっ♥ほおぉんっ♥おあぁぁっ♥」

提督3「潤滑剤のおかげで、チンポの抜き差し事態はスムーズだけどね。摩耶ちゃん、お尻のチンポの感覚は?」

摩耶「じぬぅっ♥おがひいっ♥ちんちんわかるぅっ♥しゅごひぐぢゅぐぢゅゆってりゅうぅ~っ♥」

提督3「むうぅ…摩耶ちゃんのつき出された舌から、ヨダレがダラダラ流れちゃってる。表情をトロトロにしちゃって…摩耶ちゃん、おじさんのチンポ気に入った?」

摩耶「しゅごひいぃぃ~っ♥ちんちんおっきい♥おじりがいっぱぁい」

提督3「くっくっくっ。淫液ぐぢゅぐぢゅ、気持ちいいんだね摩耶ちゃん」

摩耶「ぎもぢいひぃんっ♥これおがじいぃっ♥しんじゃうしんじゃう」


759 ◆DbtGHHDsis2020/01/11(土) 22:56:47.48OJx+ADzyO (1/1)

提督3「はぁはぁはぁ…ま、摩耶ちゃん。痛みがないなら、おじさん、チンポ軽くずぽずぽしていいかな?」

摩耶「いいっいいっ♥ちんちんぐいぐいほしいっ…おおぉぉぉっ♥」


ずぢゅずぢゅずぢゅずぢゅっ!


摩耶「ほおぉっ♥これしゅごっ♥んおぉぉぉ~っ♥」


がくがくがくがくっ!


提督3「はぁ~はぁ~…ま、摩耶ちゃん…激しく抜き差ししたけど、大丈夫?」

摩耶「らいじょうぶじゃなひぃ♥あだまぱちぱちゆってりゅぅっ♥ほぉんっ♥ほおぉぉ~♥」

明石「摩耶しゃんしゅごいぃ♥口が半開きでぇ…鼻の舌伸びてりゅぅ~♥」

摩耶「えへへぇ♥ちんちんしゅごいよぉ♥おじりでいっぱひぃ♥しゅごひこしゅれへりゅぅ~♥」


ぷしゅっぼたぼたぼた…


摩耶「あぁ~♥あはあぁぁ~♥」

大淀「はぁぁ~♥まやしゃん、白目剥きながらぁ♥おまんこぼたぼたぁ~♥あたまばかになっひゃってまひゅ~♥」

摩耶「ばかじゃなひぃ♥あたまおじしゃんでいっぱひぃ♥おじしゃんのちんちんでいっぱひぃ~♥」

大淀「すてきぃ♥まやしゃんがぁ♥おじしゃまでせーふくされひゃいまひたぁ~♥ほぉっ♥」


ぬちゅ…


提督4「大淀ちゃん、それは違うぞぉ?死に物狂いでアピールを繰り返した結果、ついに摩耶ちゃんが振り向いてくれたんだ」

大淀「はぁはぁはぁっ♥そうれしたぁ♥まやしゃんがぁ♥おじしゃまらいしゅきにぃっ♥おじしゃまらいしゅきれしゅっ♥おあっ♥ちんちんくりゅぅっ♥おーよどのおじりにっ…♥」

提督4「ついに、妻の大淀ちゃんのキレイなお尻にっ…ひひひっ、チンポをずぽずぽできちゃうぅっ…ほぉっ」


ぐぷんっ…


760 ◆DbtGHHDsis2020/01/12(日) 23:04:38.93M1X7FhzwO (1/1)

大淀「んいいぃぃ♥ぶくってしてぇ…はぁおぉ~♥はいっでまひゅぅ~♥かたまりはいっでぇ…♥」

提督4「摩耶ちゃんのときと同じだね。チンポを細くした上で、まずは亀頭だけを」

大淀「はぁぁんっ♥はやくぅっ♥ちんちんぜんぶほしーれひゅぅ~っ♥」

提督4「焦っちゃダメダメ。ここで、カウパー腺液を注入して…」

大淀「ほおおおぉぉぉ~♥ぢゅぶぢゅぶぅっ♥おじりぢゅぶぢゅぶゆってまひゅ~っ♥あつぅっ♥しみてりゅぅ~っ♥」


かくかくかくかくっ!


提督4「コラコラ大淀ちゃん、腰をカクカク振っちゃダメだよ。ただでさえチンポが押し出されそうなのに、チンポ抜けちゃうよ?」

大淀「あっあっあっ♥しゅみましぇんんっ♥んおぉ~っ♥はいるはいるぅ♥ちんちんはいっでぐるぅ~っ♥」

明石「はぁはぁはぁ♥大淀のおしりのちんちんっ♥ずぶずぶはいってくぅ~♥」

大淀「おぉっ♥ひろがるぅっ♥おくぐるぅ~♥」

摩耶「はぁはぁはぁっ♥かたぁいっ♥おじり埋まってぇっ♥埋まったとこずぽずぽぉっ♥」

大淀「あ~♥あ~♥まやしゃんきもちよさそお~…お♥」


ぐぢゅ…


提督4「はぁはぁ…大淀ちゃん、チンポ全部入っちゃったぞぉ?あぁ~お尻あっついねぇ」

大淀「はいっひゃいまひたぁ~♥かたいのぉっ♥しゅごひぐっさりぃっ…んおぉっ♥おぉああぁぁ~っ♥」


びくんっびくんっびくんっ!


大淀「はぁぁっ♥はぁ~はぁ~♥おぉああぁぁ…イッだぁ♥おーよどイッひゃいまひたぁ~♥溶けひゃうぅ♥おーよどとけひゃいまひゅぅ~♥」


761 ◆DbtGHHDsis2020/01/14(火) 00:27:45.362q/AgYsxO (1/2)

提督4「溶けちゃいますって言うけど…乳首はピンピンだよねぇ。うつ伏せで、お尻を突き上げてる大淀ちゃん」


うにゅるっくちゅるっ


大淀「あはぁっ♥おっぱいぃっ♥しゅごいうねうねぇっ♥」

提督4「おっぱいをカーペットに押し付けてるけど、カーペットも触手製だからねぇ」

提督4「お尻に射精した後は正常位に変わって、おじさんの胸板で、大淀ちゃんのピンピン乳首をくりくりしたいなぁ~うひひひひ」

大淀「はひっはひいぃ~っ♥いっぱいちゅーしながらぁ…あぁおおおぉぉぉ~っ♥」


ぢゅぬううぅぅぅ~


大淀「おじりおじりおじりいぃ~っ♥ぬげでりゅうぅ~っ♥ぬくのらめれひゅぅ~っ♥」

提督4「ぐぐぐっ…カウパーで潤滑してるのに、大淀ちゃんのお尻が吸い付いてくるぅっ!やっぱり、ふんわり包むおまんことは違って締め付けも凄い」

大淀「おっきっ♥ちんちんおっぎひいぃ~っ♥おぉんっ♥またはいってくりゅうぅぅ~っ♥」


がくがくがくがくっ!


大淀「ほおぉ~っ♥ああぁぁぁ~っ♥めくれたおじりぃ♥しゅごひ押し込んでぇ~っ♥」

提督4「はぁ、はぁ…くくく」

大淀「あぁおぉっ♥ぬげりゅぅっんおぉっ♥めくれっんおぉっ♥」


ぢゅぬうぅ~ぐぶぶっ!
ぢゅぬうぅ~ぐぶぶっ!


提督4「はぁはぁはぁ…何回かチンポ抜き差ししたけど…大淀ちゃん、痛かったりしない?」

大淀「これらめぇ~♥あだまおがじぐぅ♥おじりあつくてぇ♥とけひゃいまひゅぅ~♥ほおおぉぉ~♥」

提督4「ぐひひひひ…白目剥きながらアヘアヘしちゃってるんだね。もうちょっと擦ってみようね大淀ちゃん…チンポもじわじわ太くしていくからね」


762 ◆DbtGHHDsis2020/01/14(火) 22:32:04.202q/AgYsxO (2/2)

ポーラ「はぁぁ~♥まやしゃんとおーよどしゃんにぃ~ちんちんはいっひゃいまひたぁ~♥目がくるんってぇ~♥ほおぉっ♥」


ぬぽっぬぶんっ…


ポーラ「はぁ~はぁ~♥おじりのしょくしゅ抜けひゃいまひたぁ~♥ああぁ~おしりなでなでぇ~♥」

提督2「くっくっくっ…ポーラちゃんのお尻、とっても柔らかいよねぇ。肌も白くてキメも細かくて、おじさんの手に吸い付いてくる」

ポーラ「へああぁぁ~♥ありがとうごじゃいましゅ~♥あっあっあっ♥おっぱいぃ~♥おっぱいぬちゅぬちゅとまんなひれしゅ~♥」

提督2「気持ちいいだろう?ポーラちゃんの背中とお尻が細かく震えちゃってる…むふふふふ」

提督2「お尻の穴も、合わせてパクパクしちゃって…粘液でぬめってキラキラ光ってる。毛が無いからキレイだよぉ」

ポーラ「あぁぁ~♥おじりぃしゅごいジロジロ見られちゃってまひゅぅ~♥しゅごいわかりまひゅぅ~♥んおぉ♥」


ぷぷちゅ…


ポーラ「はぁ~はぁ~はぁ~♥あたっちゃってまひゅぅ~♥これおちんちん~♥おちんちんがおじりぃ~♥」

提督2「ありゃりゃ、チンポをお尻の穴に当てたとたん、ポーラちゃんも腰をカクカク振っちゃって。つまり、おじさんのチンポを、ポーラちゃんのお尻にずぶって入れちゃっていいってことかなぁ?」

ポーラ「いいぃ~っ♥ちんちんいれていいれしゅ~っ♥ぜったいきもちーれひゅからぁ~っ♥」

提督2「もちろん、最初は細めたチンポだからね。ただ、衝撃は大きいはず…深呼吸しながら力抜いててね?」

ポーラ「はぁぁ~♥はひいぃ~っ♥はぁ~はぁ~…あっあっあっ♥」


ぐっ…ぬぷぅ~


ポーラ「はいったぁ~♥ほんとにぶくってぇ~っ♥ふぅにゅうぅぅ~っ♥」

提督2「ふぅ~ふぅ~…ポーラちゃんのお尻の中、すごく熱いねぇ。亀頭にジンジン熱が染みる…ふひひひひ」


763 ◆DbtGHHDsis2020/01/16(木) 18:17:57.968odKFMx3O (1/3)

ポーラ「はぁ~はぁ~♥おっきいのぉ♥おじりにおっきいのぉ~…んいあぁ~っ♥じわってぇ~♥おじりにじわってでてましゅぅ~っ♥」

提督2「当然、ポーラちゃんにもカウパー注入だぞぉ?チンポの出し入れに潤滑性は必須だ」

ポーラ「あぁぁ~ありがとうごじゃいましゅ~♥ながれてきまひゅぅ~♥おじりのぉ♥おじりのおくにとろとろぉ~…あっあっあっ♥」


ぢゅにゅううぅぅ~


ポーラ「ほおおおぉぉ~っ♥はいるはいるぅ~っ♥おぉ~っ♥ちんちんはいってきてりゅうぅぅ~っ♥」

妙高「あぁん♥ぽーらしゃんったらぁ♥おくちがだらしなく開いちゃってまひゅ♥突き出した舌からヨダレがたらたらぁ♥あっあっあっ♥しょくしゅかきまわひてりゅうぅ♥みょうこうのおじりぃ~っ♥」

ポーラ「こほおおおぉぉ~っ♥ちんちんかたぁい♥ひいぃ~っ♥」

提督2「うぐぐ…細めたチンポでも、すごく締め付けられて…ポーラちゃん、力抜かないと」

ポーラ「はひっはひいぃ~っ♥あぁぁ~っ♥はあぁぁ~っ♥」

提督2「うーむ、あまり変わらない。ポーラちゃん、痛みがあったりしないの?」

ポーラ「いだぐなひれひゅぅ~っ♥おぉぉ♥れもいっぱいぃ~♥あっついちんちんがいっぱいれひゅぅ~っ♥」

提督2「そ、そうか。あともう少しで全部入っちゃうからね」

ポーラ「もぉちょっとぉ~っ♥れもいっぱいぃ~っ♥ほごっ♥」


ぬぢゅ…


提督2「よぉし、はぁはぁはぁ…ポーラちゃん、おめでとう。ポーラちゃんのお尻に、チンポが全部入っちゃったよ」

ポーラ「はぁ~はぁ~♥あうぅぅ~♥ちんちんはいっひゃったぁ~♥おじしゃまありがとうごじゃいましゅぅ~♥んあっあっ♥」


がくがくがくがくっ…


764 ◆DbtGHHDsis2020/01/16(木) 19:34:10.948odKFMx3O (2/3)

ポーラ「ほおぉんっ♥おぉぉ~っ♥はぁ~はぁ~♥しゅごぉ~♥イッひゃったぁ~♥ちんちんはいってぇ♥ぽーらイッひゃいまひたぁ~♥」

提督2「はっはは、素晴らしいなポーラちゃん。ぐぐっ、チンポ締め付けられてるぅっ!」

ポーラ「はぁはぁ…えへへぇ~♥ぶくってしたちんちん~♥おじりでぴくぴくしてまひゅぅ~♥はぁううぅぅ~っ♥」


ずにゅぅ~、ぐぢゅ…


ポーラ「あぁおおおぉぉ~っ♥はぁ~はぁ~♥ぐいってしてぇ~♥またずぶってぇ~♥」

提督2「ふぅ~ふぅ~…ちょっとだけ抜き差ししてみたけど」

ポーラ「はううぅぅ~っ♥あたまぁ♥あたまぱちぱちってぇ♥おじりとけひゃいまひゅぅ~♥」

提督2「よしよし。ここで、さらにカウパー腺液をチンポ全面から出しつつ」

ポーラ「ふぎゅううぅぅ~っ♥じわぁってぇ~♥あっあっあっ♥ぬけひゃうぬけひゃうぅ~っ♥あっくるくるぐるぅ~っ♥」


ずにゅううぅぅ~、ぐぶぶぶぶ…


ポーラ「ほおおおぉぉ~っ♥おおおぉぉぉ~っ♥あひっいっ♥あはあぁぁ~っ♥」

明石「しゅごひいぃ~♥ぽーらしゃんっ♥目がイッひゃてまひゅ~♥みんなイッひゃってりゅぅ~…あっあっあっ♥おっぱいおっぱいぃっ♥ちくびピンピンらめれひゅっ♥あっしゅごっ♥おじりおじりおじりいぃぃ~っ♥」

提督2「ひひひひひ。ポーラちゃんの目、ほんとにイッちゃってるねぇ。ポーラちゃん本人の感想はどうだろう?」

ポーラ「あぁおぉぉ~♥おじりめくれてぇ~♥めくれたおじりにぃ~ちんちんずぶぅってぇ~♥」

提督2「うんうん、そしたら?」

ポーラ「あ~♥あぁ~♥あだまぱちぱちしてぇ…とろとろになりまひゅぅ~♥おじりしゅごひれひゅぅ~♥」


765 ◆DbtGHHDsis2020/01/16(木) 22:56:53.038odKFMx3O (3/3)

提督2「よしよし。ここから、連続してチンポを抜き差ししてみよう。痛かったら言うんだよポーラちゃん」

ポーラ「はひいぃ~…おおぉ~っ♥んううぅ~っ♥あひっ♥ひゅぎいいぃぃ~っ♥」


ぢゅにゅうぅぅ~、ぐぶぶぶ~


提督2「ふぅ~はぁ~、カウパーをさらに足して…さらに抜き差しぃ~」

ポーラ「ほぉんっおぉ~っ♥しみてりゅぅ~っ♥あつひのしみてぇ~ぐりぐりぃ~っ♥ほっおんっ♥はぁはぁはぁ♥はぅああぁぁ~っ♥」


提督「くっくくく…妙高ちゃん、隣のポーラちゃんから視線が外れないねぇ?」

妙高「はぁ~はぁ~♥あっあっ♥きもちよさそお♥おっ♥ぽーらしゃんきもちよさそおれひゅ~♥」

提督「ふむ。しかし妙高ちゃんも、お尻とおっぱい、いーっぱいぬちゅぬちゅされてるんだけどね」

妙高「ふいぃんっ♥きもちーれひゅ♥おじりとおっぱいぃ♥きもちーれひゅぅ~っ♥」

提督「あはははは。実は欲張りな妙高ちゃんだ、触手もいいけど…?」

妙高「ちんちんほしーれひゅ♥おじしゃまのすてきなおちんちんっ♥みょうこうのいやらしいおじりにぃっ♥ずこずこほしーれひゅぅ~っ♥」

提督「そういうことだよなぁ。こっちが申し訳ないくらい、みんなを見てたからねぇ…」


ぬぽっ、ぬぽぉ…


妙高「ほぉんっ♥ほおぉ~…はぁ~、はぁ~…♥」

提督「まずは触手を抜いて、と。ぐひひひひ…お尻の穴、粘液でヌメヌメになっちゃったよ。ぽっかり開いたままで…」

提督「淫魔の洗礼を受けたとき、お尻までヤッちゃったからね」

妙高「はひぃっ♥みょうこうのおじしゃまぁ♥おじりまでずぽずぽしてくだしゃいまひたぁ♥しゅごかったれひゅぅ~♥おじしゃますてきれひゅぅ~♥」

提督「あ、はは…なんか照れるな。ならば…」


766 ◆DbtGHHDsis2020/01/19(日) 12:48:46.52PMyMLvVAO (1/1)

ぬちゅ…


妙高「あはぁぁぁ~っ♥きたぁっ♥ちんちんっ♥おじりにちんちんっ♥」

提督「例によって、細めたチンポだよ。お尻の中で、じわじわ太くしていくからね妙高ちゃん」

妙高「はひぃっはひいぃ~っ♥ほおぉっ♥ぬぽってきまひたぁぁ~っ♥ちんちんかたぁいっ♥おくぅっおくぅぅ~っ♥」


ぐぷぷぷ…


提督「ぐひひひひ…おっ、妙高ちゃんの乳首が、さらにピンピンに尖ってきちゃったね。ピロピロ弾く?ちゅーちゅー吸った方がいい?」

妙高「あ~&heartsあ~♥ピロピロ弾くのいいぃ~♥あ~れもぉ…ちゅーちゅーもっ…おっおっおっ♥」


ぢゅにゅうぅぅ~


提督「相変わらず優柔不断だなぁ妙高ちゃんは。間を取って、チンポを押し進めてみたよ」

妙高「ほおおぉぉぉ~っ♥しゅごひぃっ♥おくくるぅっ♥おじり埋まっていきまひゅぅっ♥ふみゃあぁっ♥ちくびもしゅごひぃっ♥」

提督「右側はピロピロ弾いて、左側はちゅーちゅー吸って。同時に捌くって大事だよな」

妙高「おおぉっごっ♥イキそっイッ♥ふぁはっ♥おぉんっ♥」


ぢゅぐうぅ…


提督「ふひひひひ…ほーれ、チンポが全部入っちゃった。うひぁ~締め付けられてチンポが潰れそう」

妙高「はひぃっ♥ちんちんはいりまひたぁ~♥ありがとうごじゃいまひゅぅっ♥はぁぁっ♥はぁっ…はぁぁ~おぉぉ~っ♥」

提督「うおっすげっ…チンポをお尻全部に入れたとたんに、妙高ちゃんイッちゃったよ」


ぼたっぼたたっ…