1>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/02/14(木) 22:26:56.01eXDgnWUT0 (1/1)

※注意※
東方二次創作です。
オリ貴方が幻想郷でいろいろやります。 やりたいです。
原作設定崩壊しまくり&キャラ崩壊が大変含まれます。
文章力に乏しい 。乏しすぎる。
どうぶつの森進行。何も起こさなきゃ何も始まらない。
結構不定期更新

まあn番煎じですし、すごく至らぬ点もありますが、気長にやろうと思っております。
基本的には一番下の一桁で行い、1が悪く0が良い、00は特殊と考えていただければいいです。
ぞろ目ボーナスは二桁でぞろ目(-.11など)で何かしらのボーナスが付きます。(基本+2)
詳しいことは前スレにて

安価などは↓2、↓1-3などで表します。
 
R-18G、過度な下ネタなどは勘弁して下さい。
(R-18はシチュさえあってれば受け付るよ。その時は描写、頑張らせていただきます。期待はしないでね。)

詳しい設定等は前スレ等参照。 めんどい場合はいつ質問してくれても構わないです。

それでも、「見たいと心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!」という人は、どうぞごゆっくり…


2>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/02/15(金) 00:54:33.79XAXedpuK0 (1/2)

第一スレ(初代制作~初代中盤)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1452621588/#header

第二スレ(初代中盤~二代前半)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1454254051/#footer

第三スレ(二代前半~三代最前半)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1456506522/#header

第四スレ(三代最前半~三代途中)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1463414397/#footer

第五スレ(三代目途中~四代目序盤)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1472490154/#footer

第六スレ(四代目序盤~四代目終盤)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491105605/#footer

第七スレ(四代目終盤~五代目終盤)
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1500742496/#header

前スレ(五代目終盤~六代目中盤)
https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510846388/#footer


3>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/02/15(金) 01:14:35.69XAXedpuK0 (2/2)

リンク…
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1510846388/#footer

さて、ここは明日から使います。
先に前スレを埋めて1000ボの確定をさせてくだちぃ


4無名者2019/02/18(月) 15:25:42.02u9XnVW330 (1/1)

先程は連投失礼致しました。以後気をつけます。


5>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/02/18(月) 17:32:56.40OR8CA25m0 (1/1)

おまたせ。

なんやかんやで九スレ目。
張り切って参りましょう。

1000ボ豊ミチ了解しました!
とりあえず今は普通に進めます。
最終結果、もしヒロイン豊姫じゃなければミチルの代が終わり次第if世界線の豊ミチを書きます。
…それでよろしいですかね?


・サニー達と初めて遭遇して再会したときに口があんぐりと開いていたなと懐かしげに言うミチル様
・ルナ「サニーからこのまえクラウンピースとミチルさんと一緒に夜桜を見たと聞いたわよ?起こしてくれてもよかったのに」
・少し冷えたのか震えるルナを膝に乗せる
 これなら多少は暖かいだろう?


ルナ「……」ブルッ…

ミチル「…どうした?寒いのか?」

ルナ「そうね…少し寒い。」

ミチル「…よっと。(膝の上に乗せる)
  これなら多少暖かいだろう?」

ルナ「…あなたは少しデリカシーというのを学んだほうがいいわね。
   こんなちんちくりんな妖精だけど、一応女の子なのよ?」

ミチル「おっと。これはすまん。
  配慮が足りなかった。」

ルナ「まあ…実際暖かいからそのままでいいわ。
   地面より少し柔らかいから、おしりも痛くならないし。」


ミチル「…覚えてるか?サニーとスターと初めて会った日のこと。」

ルナ「覚えているわよ。あれも随分と懐かしいわね。」

ミチル「私がたまたま神社の大木を見に来た時のことだったな。
  あの時お前はあんぐりと口を開けていたな。」

ルナ「…そりゃ驚きもするでしょう。
   昔々の知り合いがこんなに大きくなって。しかも私のこと覚えてくれてたんだもの。」

ミチル「簡単に忘れはせんよ。
  逆に私は昔と全く姿が変わってなくて驚いた。」

ルナ「妖精は成長の必要がないからね。
   言わば自然の化身…そして私は月の精。
   なおさら変わらないのは無理ないわ。」

ミチル「でも、変わってないからこそお前だとわかったこともある。
  昔から何も変わってなくて安心したぞ。」


ルナ「そういうあなたはちょっと変わったけどね。」


ルナ「そうそう。ちょっと前にサニーからピースとミチルさんで一緒に夜桜を見たと聞いたわ。
   そんな楽しそうなことしてるなら起こしてくれて構わなかったのに。というか、多分寝てなかったし。」

ミチル「もし寝ていた時に悪いだろう。
  スターも起こしてしまうかもしれなかったし。」

ルナ「あんまりそういうこと気にしてくれなくてもいいわよ。」

ミチル「…そうだな。
  じゃあ、次何かあった時、起きているようであれば呼びに行く。」

ルナ「そうね。そっちのほうがいいわ。」


夕行動
直下
1.おさんぽ
2.ここがいいと思います!(指定)
3.ルナチャイルドと!
4.三妖精の大樹にまだいる
5.其の他いい案があれば…


6以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/18(月) 17:46:03.65BM8XPIBQO (1/1)

3


7>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/02/20(水) 18:25:09.68KZFB4FjB0 (1/1)

おまたせ。


3.ルナとまだ一緒にいる


ルナ「もうすっかり日も落ちて、空が茜色になってきたわね。
   あなたは是非曲直庁まで帰らなくていいの?」

ミチル「大体の仕事は終わってるしな。
  特に急いで帰る必要もない。」

ルナ「そう。ならまだここにいてもらおうかしら。
   この膝、少しばかり居心地が良くて。離れるのがもったいないわ。」


ルナと話すことすること
↓1-3




8以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/20(水) 18:38:54.17iDo69awBo (1/1)

今度くるときは菓子になにかリクエストがあるか聞いてみる


9以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/20(水) 18:53:10.01Jzsn9GJ30 (1/1)

子供ができたらこんな感じだろうかと考えながら頭を撫でたりする


10以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/20(水) 20:13:29.19raxcvWuY0 (1/1)

サニーとクラピ登場、膝に乗ってるところをバッチリ見られる


11>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/02/24(日) 06:53:41.336kwQCfmC0 (1/2)

おまたせ。

・今度くるときは菓子になにかリクエストがあるか聞いてみる
・子供ができたらこんな感じだろうかと考えながら頭を撫でたりする
・サニーとクラピ登場、膝に乗ってるところをバッチリ見られる


ミチル「…」ナデナデ

ルナ「…何よ?何企んでるの?」

ミチル「私にも子供がいたらこんな感じなのだろうかと思っていただけだ。
  あんまり気にするな。」

ルナ「子供ねぇ。私、これでもそんじょそこらの妖精よりは長生きしているつもりなんだけど。
   もしかしたら生まれら時期はあなたたちと同じかもしれないわよ?」

ミチル「そうだな…妖精は私が子供のころからいるからな。
  だが、大抵の妖精は今も昔も変わらず子供っぽい性格だが。」

ルナ「私が異常といいたいの?」

ミチル「異常は言い過ぎだが、変わっているとは思う。」

ルナ「まぁ、言われなれてるからいいんだけどね。」


12>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/02/24(日) 06:54:07.806kwQCfmC0 (2/2)

クラピ「あっ!みっちー様だ!みっちー様~!!」

サニー「ほんとだ!ルナもいる!」

ミチル「おぉ。お前たちも遊びに外に出てきたか。」

ルナ「私は別に遊びに来たわけじゃないんだけど…」

クラピ「ちょっと!ルナずるいぞ!
   私もみっちー様の上に乗りたい!」

ルナ「残念ね。今は私のスペースなの。」

ミチル「まあまあ。ほら、おんぶでもしてやるから背中使え。」

サニー「…私は?」

ミチル「…あ~……」

クラピ「あっはっは!残念ね!
   このみっちー様二人用なんだ!」

ルナ「悪いわね。」

サニー「へっ!いいもんね!私ルナに膝枕してもらうから!」

ルナ「ちょっと…お茶飲みにくいじゃない。」

サニー「うるさいうるさい!」膝枕されながら

ミチル「…ほぼ私の膝なんだが…まあいい。
  ほら、お前たちもまんじゅう食べていいぞ。
  だが、スターの分は残しておけよ?」

サニー「やったぁ!」

クラピ「さっすがみっちー様!
   あたい達の欲しいものを平然と分けてくれる!
   そこにシビレるぜぃ!」

ルナ「…」モグモグ

ミチル「そうだ。今度来るときは何がいい?
  できる限り反映させてやろう。」

クラピ「マジで!?
   あたいチョコがいい!チョコ!
   あっでも団子もいいな!ケーキでもいい!」

サニー「私クッキーがいい!」

ルナ「そうね…お茶に合うなら何でもいいわ。」

ミチル「わかった。
  次来る時までには用意しておこう。」



夜行動
直下
1.おさんぽ!
2.此処がいいで候(指定)
3.三人(?)の妖精と
4.三妖精の大樹にて待つ。
5.其の他いい案があれば…


13無名者2019/02/24(日) 07:35:12.49SccCUKcJ0 (1/1)

4
遅れてスターも来るそして何故か引っ付いてきたチルノ&大ちゃん


14以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/24(日) 15:51:49.58kaUzIWdp0 (1/1)

無名者とかいうそこの貴方
貴方はそろそろsageを入れることと、名前は基本未記入にすることを学びなさい


15以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/25(月) 11:06:59.80ScYQSZWj0 (1/2)

>>14ご指摘ありがとうございます。以後気をつけます。m(_ _)m


16以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/25(月) 11:09:32.21ScYQSZWj0 (2/2)

ミスった


17>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/02/28(木) 04:05:11.13/BjdljFY0 (1/1)

おまたせ


>>13
大変申し訳ない。
前スレ468や851で言っていたと思うけど、一家団欒の夕食やイベントごと以外の登場キャラは3人までとさせていただいています…
勝手で申し訳ないんだけど、これ以上増やすと 特定のキャラのセリフ数が目に見えて減ってしまうのと、
>>1が登場キャラのあれこれを把握しきれないという理由で今回は再安価をさせていただきます…
三妖精+クラピやホリズムリバー等の四人セットなら考えますが、今回はごめんなさい。

本当はさっさと来て>>13のほかの意見を聞きたかったですが、もとのIDなんて跡形もないと思うので、
今回は直下の再暗化とさせていただきます。
直下

ごめんね>>13さん。


18以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/28(木) 06:03:33.13NPurU/Vu0 (1/1)

自室に戻って瞑想して寝ようか
睡眠必要ないけどさ!オフトゥンの魔翌力に引き寄せられるのさ!


19以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/02/28(木) 22:15:38.500RPq5k5N0 (1/1)

>>17いえいえ、こちらこそ迷惑をお掛けしてしまって申し訳ないです。m(_ _)m


20>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/03/06(水) 16:44:30.30d5b29hI30 (1/1)

おまたせ。


5.オフトゥンの魔力には抗えない!


ミチル「さて、私はそろそろ帰るとするかな。」

クラピ「え~みっちー様もう行っちゃうの?
   もう少しいればいいのに…」

サニー「そうだよ~。もう少しこうしてたい…」

ルナ「わがまま言わないの。
   そんなこと言ってたら帰りたくても帰れないじゃない。」

ミチル「すまんな。また近いうちに会いに行ってやるから。」

サニー「本当?約束だよ?」

クラピ「ん~…わかった!また会いに来てね!」

ルナ「それじゃあ。またね。」

ミチル「ああ。」


―――是非曲直庁・城之内部屋


ミチル「…数日ぶりの眠りだ。
  特に疲れたわけでもないが…一応な!夢世界の監視ということでだな!
  …私は誰に話してるんだろうな。
  さて、寝るとするか。…おやすみ。」


夢判定
直下
6以上で見る

もし見た場合の内容
↓2


ドレェさんと会える可能性
↓3
5以上で会える


21以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/06(水) 16:48:28.87XtQ9bNsdo (1/1)

みるみるみーる


22以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/06(水) 16:51:22.37af2s5o35O (1/1)

幼き日の豊姉との出逢い


23以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/06(水) 16:59:48.16usKR8B3UO (1/1)

ドレミィィィィィ


24>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/03/07(木) 04:59:22.41eLY9/wGF0 (1/1)

おまたせ。
やったぁ!
見れるし会えるよ!


でも、その前にドレェさんとの好感度をば

ドレェさんの好感度
直下
コンマで会えた+1

ドレェさんとの関係
↓2



25以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/07(木) 05:13:16.80xKJygcgA0 (1/1)

好感度


26以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/07(木) 08:21:35.878dvvGWUso (1/1)

親友


27以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/07(木) 08:38:48.00gTFUnvEXO (1/1)

昔ミチルが夢の世界に侵攻したことがある


28>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/03/09(土) 09:35:37.19bQq0mkCa0 (1/2)

おまたせ。

>>27要素も追加じゃぁ!
ドレ16「ずいぶん昔にひと悶着ありましてね。そのあとは割と何でも話せる仲ですよ。」(親友)

幼き日の豊姫との出会い


――ある地上の外れ


みち「…」

とよ「ねえねえ。君、こんなところでどうしたの?
   ここにいるといろんな人に怒られちゃうよ?」

みち「あ…えっと…何でもないよ…
   そ、そんなこと言ったら君だって…」

とよ「ふぅん。わたしは綿月豊姫!これでも海の神様よ!
   あなたは?名前のある神?」

みち「…ぼ、ぼくはみちる…城之内ミチル…
   えっと…雷の神様…
   …それで…僕に何か用…?」

とよ「いや、誰もかまってくれなくて暇だからちょっとお散歩してたの。
   みんな私の妹のことで忙しいのよ。」

みち「ふぅん…」

とよ「ねえねえ!あなたも暇なら少しお話しましょうよ!」

みち「…なんで君は…」

とよ「とよひめ!さっき教えたでしょ?
   豊ちゃんって呼んでもいいのよ?」

みち「と…とよちゃん…//」

とよ「ん~~!かわいいわねミチル君!
   なんか弟みたい!」ナデナデ

みち「そ…そんな…やめてよ…かわいいとか…//」

とよ「あらあら?恥ずかしいのかしら?
   そんなところもかわいいわね♪」

みち「ちょっと…あの…えっと…//」

とよ「えへへぇ~♪」ナデナデ


ミチルがなんでそこにいたのかとか、依姫との出会いとか。
其の他のいろいろなことはこれから割と後に語られることになる。


29>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/03/09(土) 09:36:05.20bQq0mkCa0 (2/2)

ドレ「……」ニヤニヤ

ミチル「……//」

ドレ「…珍しいじゃないですか。
   あんな夢を見るなんて。月の重鎮達となにかあったんですか?」

ミチル「…夢の内容がお前に筒抜けなのを忘れていた。
  特に何もないか夢の内容についてはあんまり触れてくれるな。」

ドレ「まあいいでしょう。
   夢の世界のことですからね。色々な人の多くの一面を見ることができますよ。
   特に身近な人の意外な一面とかね。」

ミチル「…はぁ。特段ここに寄るつもりはなかったんだがな。」

ドレ「しょうがないじゃないですか。来たくなくても来ちゃうんですから。。
   あなたに関してはそれなりの確率で来れると言えども狙ってこない限り所詮は運です。」

ミチル「…はぁ。」

ドレ「まあまあ。そんなに気を落とさないでください。
   私とあなたの仲じゃないですか。お茶でも出しますよ。」

ミチル「夢の世界の創造物だろうに…」

ドレ「カロリー0で糖質0。とてもヘルシーな食べ物ですよ?
   何かリクエストあります?」

ミチル「お前の食べるものに合わせる。」

ドレ「そうですか。」


ドレェさんと話すことすること
↓1-3


30以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/09(土) 09:48:53.75T0d4GoIUo (1/1)

そういえば週刊紙をみたが枕を作ったそうじゃないか。金は払うから一人働きすぎな者がいるからくれないか?


31以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/09(土) 13:52:12.80keJa6Htko (1/1)

ドレミィ
最近あんまり親友である私に会いに来てくれなくて寂しかったですねえ


32以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/09(土) 14:19:49.60TLeyhyLyO (1/1)

侵攻してきた時と全然雰囲気違いますね
小さい貴方も好きですよ


33以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/14(木) 21:58:12.20asN/IN/40 (1/1)

まだか


34>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/03/15(金) 16:36:24.90oTvFxsuj0 (1/1)

おまたせ。
思ってたより3倍くらい遅くなってしまって申し訳ないです。
色々忙しいねんな…ごめんね。


・そういえば週刊紙をみたが枕を作ったそうじゃないか。金は払うから一人働きすぎな者がいるからくれないか?
・ドレ「最近あんまり親友である私に会いに来てくれなくて寂しかったですねえ 」
・侵攻してきた時と全然雰囲気違いますね
 小さい貴方も好きですよ


ドレ「最近来てくれなかったので寂しかったですねぇ。
   何してたんですか?浮気ですか?」

ミチル「何を言うか。そもそもお前と私はそういう仲ではないだろう。
  まあ、あんまり眠らない生活だったからな。」

ドレ「どっかの…それこそ月の人たちと浮気でもしてたんですかぁ?」

ミチル「お前…人の話を聞け。」

ドレ「だってあんな夢見せられたらねぇ?
   茶化したくもなりますよ。」

ミチル「…はぁ。お前は本当に…」

ドレ「昔から変わらないも何もねぇ?
   あなたと比べれば変わってないのも当然でしょう?
   気性が荒かった頃のミチル君は随分とおとなしくなりましたからねぇ?」

ミチル「…ぐうの音も出ないな。」

ドレ「でも、私もミチル君が子供のころに出会ってればなぁ。
   あの夢に出てきたミチル君も小さくてかわいかったですし。ぶっちゃけ好きです。」

ミチル「な、何を言ってるんだ!?」

ドレ「子供のころの貴方の話ですよ。
   別に今は親友程度に思ってます。
   …まあ、求められるのは吝かではないですけどね。」

ミチル「親友にそんなことできるか!」

ドレ「…初心すぎ。もう少し耐性持ったら?
   そういうのは早々に直しとかないといざって時にヘタりますよ?」

ミチル「全く…私はこのままでいい。」

ドレ「初心なくせに頑固とか…」

ミチル「うるさいなぁ…
  私だってそんなことはわかってる。」

ドレ「どうだかね。」


ミチル「そういえば、週刊誌を見たんだが枕を作っていいるそうじゃないか。」

ドレ「見てくれましたか。
   そうですね。正確にはその人に合った枕を作っているのほうが正しいですね。」

ミチル「それで、相談なんだが、私の同僚に」

ドレ「映姫様のことですね。」

ミチル「…映姫殿がきちんと休息をとれる枕が欲しい。
  もちろん、タダでとは言わんよ。」

ドレ「あ、お買い上げですか。
   じゃあ、また後日、本人の映姫様と一緒に来てください。
   いろいろ検討しなければならないことがあるので。」

ミチル「助かる。」

ドレ「いえいえ。こちらとしてもいいデータが取れそうでよかったですよ。」


深夜行動
直下
1.起きて幻想郷の散歩に繰り出す
2.起きてどこか行く(指定)
3.起きないでまだドレェさんと話す
4.起きて是非曲直庁にいる
5.其の他いい案があれば…


35以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/15(金) 16:41:56.05pp+i/viS0 (1/2)

4ン


36以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/15(金) 16:43:34.03pp+i/viS0 (2/2)

これるときにこればいいんやで、リアル優先


37>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/03/21(木) 08:14:13.74BsTmEoeK0 (1/1)

おまたせ。
毎度ながら遅くて悪いね。


4.起きて是非曲直庁


ドレ「…あなたの眠りは浅いですね。
   もう起きる時間見たいですよ?」

ミチル「そりゃな。普段寝なくてもいい体質だからな。
  あんまり眠れないのもしょうがない。」

ドレ「もう少し話していたかったんですけどね。」

ミチル「またそのうち枕屋で会うさ。
  その時はよろしくな。」

ドレ「はいはい。よさそうな枕先に見繕っておきますよ。
   それでは。」

起きた時に誰がいる?or誰が起こしてくれる?
直下
1.へかちゃん
2.こまっつぁん
3.えーきっき
4.其の他いい案があれば…

ちな、どのような起こされ方か
↓2


38以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/21(木) 14:14:33.40haXCp6n2O (1/1)

1


39以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/21(木) 18:48:07.51f08lrDufo (1/1)

耳元で囁かれる


40以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/21(木) 23:24:18.05S4Ruu/Ds0 (1/1)

幻想入りシミュレーションのまとめ
http://seesaawiki.jp/gensouiri_sim/


41>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/03/23(土) 06:47:48.45PPd0RvqU0 (1/1)

おまたせ。

1.ヘカちゃんに耳元で囁かれ起きる


ヘカ「ミチル君…ミ~チ~ル~君~…
   寝ちゃってんのかなぁ~…起きないと…いたずらしちゃうわよ~ん…(囁き)」

ミチル「…ん…んぁ……」

ヘカ「あ、起きた。」

ミチル「んっ…!?な、なな、なんだ!?
  ちょっ!近っ!?」

ヘカ「なんだとはなによ。せっかく私直々に起こしに来てあげたっていうのに。
   なぁに爆睡しちゃってんのよ。」

ミチル「わかった!わかったから一旦離れろ!」

ヘカ「んもう…つれないわねぇ…」

ミチル「はぁ…はぁ…頼むからやめてくれ…ほんと心臓に悪い…」

ヘカ「…私ってそんなにひどい顔だったかしら…」

ミチル「あっいや…すぐ近くに顔があって驚いただけだ。
  決してヘカーティアの顔が悪かったとか…そういうわけではない。心配するな。」

ヘカ「あらぁ~♪励ましてくれるの?
   まったく、ミチル君は優しいのねん♪」

ミチル「…はぁ……
  それで?わざわざ私の部屋まで来て、何か用か?」

ヘカ「特に何もないわよん?
   寝息がしたから夜這いにと思って♪」

ミチル「ばっ!?な、なにを言い出す!?」

ヘカ「冗談よ冗談。そんなに取り乱さなくてもいいじゃない。
   それとも、私からの夜這いは嫌?」

ミチル「い、いや。ヘカーティアが嫌なわけではなく…」

へカ「…わかったわよ。ただいたずらしに来ただけよ。
   本気で考えんでもよろしい。」

ミチル「…本当にやめてくれ…私にその手の冗談が通じんことは知ってるだろう…」

ヘカ「そういう初心なところ、どこかで直せたらいいわね。」


ヘカ様と話すこと、すること
↓1-3


42以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/23(土) 12:08:17.62mBou8/iP0 (1/1)

ヘカ様「意外と可愛かったわよん。貴方の寝顔♪」



43以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/23(土) 14:32:37.28queN2DyIo (1/1)

私なぞからかっても楽しくないだろうに


44以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/23(土) 18:47:53.94SG+8FrYC0 (1/1)

前スレの昼行動1時のことをいぢられる


45以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/31(日) 23:41:59.96/hpVjlmB0 (1/1)

生きてるかい?


46>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/02(火) 17:00:56.918E+6p2ex0 (1/3)

おまたせ。
気づいたら四月になっててびっくりしたよ。
更新できずにごめんね。例大祭前はどうしても忙しくなっちゃうんだ…一言描ければよかったね。
心配かけました!大丈夫!生きてはいます!

・ヘカ様「意外と可愛かったわよん。貴方の寝顔♪」
・私なぞからかっても楽しくないだろうに
・前スレの昼行動1時のこと(映姫との電気マッサージの件)をいぢられる


ヘカ「でも、ミチル君もたまには寝るのね。
   意外と可愛かったわよん♪貴方の寝顔♪」

ミチル「なっ!急に何を言い出すんだ!」

ヘカ「だってかわいかったのは事実だし?
   あんな顔で寝てたらそりゃいたずらしたくもなるわよ♪」

ミチル「まったく…私なぞからかっても楽しくないだろうに…」

ヘカ「そうかしら?からかうなら初心で反応が良い方が楽しいわよ♪」

ミチル「…そうか。」

ヘカ「それで、なんで寝てたのかしら?
   まさか眠かったからとは言わないだろうし、少し気になったのよ。」

ミチル「私にとって、寝るのは娯楽としてだ。
  といっても、ドレミ―に会うために寝るときもあるが。」

ヘカ「あら?あらあら?あの獏とそういう関係だったのかしら♪
   初心といっても以外と隅に置けないわね♪」

ミチル「業務上のことだ!仕事で仕方なくだ!」

ヘカ「そんなに声荒げないでもいいじゃない…」

ミチル「…あいつとは昔からの親友なだけだ。
  それ以上でもそれ以下でもない。」

ヘカ「まあ、そうよね。
   相手が好きでもミチル君が気づくはずないわよね。」

ミチル「…どういうことだ?」

ヘカ「鈍感ってことよ。」

ミチル「…」


47>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/02(火) 17:01:25.188E+6p2ex0 (2/3)

ヘカ「そういえば、昼になんかミチル君の部屋からなんか喘ぎ声が」

ミチル「待て待て。大方予想はつくが誤解だ。」

ヘカ「しかも?小町が直前に映姫ちゃんが入っていくのを見たって言ってたわ?
   中で二人きりでなにしてたのかしらん??」

ミチル「だからなぁ…変なことはしてないぞ?
  私は映姫殿から頼まれて電気マッサージをだな…」

ヘカ「傍から見たらいちゃついてるようにしか見えなかったわよ?
   なんかこう…映姫殿の体を触るミチル君。
   それに対して喘ぎ声をあげる映姫ちゃん。」

ミチル「誤解が加速するような言い方はやめてもらいたい…
  というか、のぞき見していたのか…」

ヘカ「まぁ…うん。
   私と小町ちゃんだったからよかったものを、社内であまりイチャイチャしないほうが…」

ミチル「イチャイチャなどしてない。」

ヘカ「貴方がそう思っていても周りからはそう思われるのよ?
   そう思われたくなかったら少しは言動に注意なさいな。」

ミチル「うぅむ…わかった…気を付けよう。」

ヘカ「私的にはもっとやれって感じだけどね♪」


これから好感度&リザルトだけど、先に早朝行動を決めましょう。
早朝行動
直下
1.おさんぽ
2.ここここここ(指定)
3.ヘカ様といっしょ!
4.是非曲直庁に残る
5.其の他いい案があれば…


48以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/02(火) 17:23:07.21BTfTl8Flo (1/1)

なんか月から豊ちゃん来ちゃった


49>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/02(火) 17:55:34.008E+6p2ex0 (3/3)

>>48
ヘカ様+豊ちゃんでOK?
それとも豊ちゃん一人?


50以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/02(火) 18:38:44.85SPV8dxJGO (1/1)

外出てID変わってるけど
豊ちゃん一人で


51>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/04(木) 04:11:41.616jI5PQFV0 (1/1)

おまたせ。

5.豊ちゃんが是非曲直庁に襲来


その前に好感度判定

好感度上昇判定

一日の終わりに好感度の上がりそうなことをした人に指定したコンマ÷3(端数切り上げ)の好感度が上がります。
ただしこの判定での1は 0、0は 4、00は 5とします。(だから上がるのは実質コンマ2以上から)
基準は>>1が『これは上がる(確信)』ってなったら。
コンマなんで、別に連投しようが指定数埋まれば構わないです。
パパってやって終わらせてくだちぃ。

今回は10人!多すぎぃ!
流石にワンシーン3人が二回は多いですね。
ほんと多いのでスッと終わらせちゃってください。


ルナサ
直下

メルラン
↓2

リリカ
↓3

霊夢
↓4

映姫
↓5
二回一緒にいた+2

ルナチャイルド
↓6
二回一緒にいた

サニー
↓7

クラピ
↓8

ドレェ
↓9

ヘカ
↓10


52以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/04(木) 08:09:24.18pewhmfU7O (1/1)




53以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/04(木) 12:14:40.58RUUiBmj8o (1/1)

まかせろ!


54以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/04(木) 12:15:13.44bBO/vZxbO (1/1)

♪~


55以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/04(木) 12:15:45.96jjbFO+FvO (1/1)

少女掃除中


56以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/04(木) 12:16:03.68Of6eSLwGO (1/1)

そい


57以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/04(木) 12:17:17.55peKpA1vwO (1/1)




58以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/04(木) 12:21:17.15IcLzvnv6O (1/1)




59以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/04(木) 12:29:44.36ie6zrkdXO (1/1)




60以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/04(木) 12:30:04.52+c7tivczO (1/1)




61以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/04(木) 12:36:54.712lA4pwxkO (1/1)

した


62>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/08(月) 01:03:06.303OobYFyG0 (1/4)

おまたせ。

>>59-61
しないで(切実)


ルナサ 3「…ミチルさん。もう少ししっかりしてもいいのでは?」(映姫様贔屓派)
↓+3
ルナサ 6「イジりがいはあるわ。琴も使ってあげてくださいね。」(相変わらず映姫様贔屓派)


メルラン 1「なんか波長合わなそ~。是非曲直庁の人らしいし。」(なんとなく苦手)
↓+3
メルラン 4「そうね~。思ったより固くなさそうで安心したわ~♪」(苦手ではなくなった)


リリカ 6「あぁ~。あの三途の川で歌ってた人か。いい歌だったよ。」(歌声を聞いて印象に残っている)
↓44(6) +2
リリカ 8「歌じゃなくてもいろいろできるんだね。また一緒にセッションしよう。」(歌も琴もうまい人)


霊夢 9「久々に会ったけど、変わんないわね。いい意味で。」(小さいころから見守られている)
↓+2
霊夢11「うわ…本当にお札が入ってる…」(小さいころから見守られている)


映姫15「なっなんであんなことをしてしまったのでしょう…//」(腐れ縁)
↓+3+2
映姫20「はぁ…また飲んでしまった…だけど…そのおかげで少し積極的になれましたかね…//」(腐れ縁…だけじゃない)


ルナ 5「ミチルさんとは…まあ、サニーとかスターとかよりは付き合い長いわよ。よくしてもらってるわ。」(幼馴染)
↓55(7) +3+2
ルナ10「ミチルさんの膝の上は暖かいわ。またのせて頂戴ね。」(幼馴染)


サニー 12「えへへ♪一杯練習したから綺麗でしょ?」(餌付け済み)
↓+2
サニー 14「おまんじゅうおいしかったわ!また来てね!」(餌付け済み)


クラピ19「やっぱりみっちー様といると面白いわね!」(ヘカーティア経由で知り合って個人的にすごい好き)
↓+2
クラピ20「あ~あ…みっちー様ともっと一緒に居れたらいいのになぁ。」(一緒にいたい)


ドレ15「ずいぶん昔にひと悶着ありましてね。そのあとは割と何でも話せる仲ですよ。」(親友)
↓+1
ドレ16「相変わらず初心ですねぇ…それはさておき、枕、安くしときますよ。」(親友)


ヘカ11「相変わらずで安心したわよん♪部下に甘くしすぎないようにね♪」(とてもいい部下)
川; ゚ -゚)上がらないな…


63>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/08(月) 01:03:41.793OobYFyG0 (2/4)

六代目貴方 現在ステータス
季節:春ですよ~


名前 城之内ミチル(じょうのうち みちる)
性別 男
種族 神
性格 義理人情に篤い性格若干涙もろい
年齢 7800
見た目 20歳
夢の中で不思議な扉を開き、目が覚めたら無縁塚にいた (最近)
住居 是非曲直庁
職業 鬼神長
能力 稲妻になる程度の能力
一人称 私
口調 あまり敬語を使わない尊大なしゃべり方(~だ、~だな)

家事上手で歌うま

筋力 5(まあ…平凡くらいかな。)
神力11(鬼神長の中では低いかも…)
幸運10(とってもいい方。)

お人好しで周りに利用された挙句、国津神だからといって天津神たちにつきにつれて行ってもらえなかった。
そのせいで一時期グレたり、力を過信しそこかしこで喧嘩を売っていた。

サグメとはお互い思い合っていたが、天津神と国津神の間ではあってはならないことでありお互いが奥手のままであった
…というのは建前で、実は隠れて付き合っていた。
酔ったサグメに押し倒され、逆レに発展したのを皮切りになかなかにラブラブな隠れづきあいをしていた。
しかし地上と月に離ればなれになってしまい、永い歳月の果てにお互いが相手の思いは既に冷えてしまっているだろうと思い込み今に至る。
つまりミチルは非童貞

文から一度しつこく昔のことを聞かれ激怒。
逃走という追いかけっこに勝利した挙句黒焦げの焼き鳥になりかけ文からは本気で怖がられている。
文の『本当に怒らせてはいけないリスト』に鬼たちを差し置いて堂々の第一位で君臨している。

一般月兎にロミジュリのようなラブロマンスがなぜか伝説化されている。
サグメ、豊姫、依姫などから惚気を聞かされ続けてきた末路であり、
多分実際にはなかったことなどが尾ひれを引いている。

しかし、地上の調査などで荒れていたころの詳細を知っている月兎にはすっごい荒れていたのが知られている。
気に入らない者は連れ去り、雷で脳を焼かられるとかいう噂もたっている。

電子琵琶をもらい、引いてみたところプロ並み。
相当昔にやったことがある程度だったが、性に合っていたらしい。


スペカ

 雷迅「祖は天穿つ業雷なり」
自身を一筋の紫電と化し超高速で縦横無尽に駆け巡りながら自機狙いの弾幕を放つスペル
最初は画面端を飛び、段々と内側へとせまってくる
(3ターンの間自身の最終値に+3、相手の最終値に-3
4ターン目に帯電状態となり、接近戦(ようは殴りに行くというか体当たり)となる。
ダメージを受けた場合、受けたダメージの1/3を跳ね返す)


 獄符「通天暴威」
上下画面端から渦状に弾を回収するダイソン弾幕の中、
四角い檻の如く現れる予告レーザーが弾を消すように設計されているスペル
クラウンピースのヘルイクリプスからヒントを得て「檻は罪人を封じると同時に罪人を不要な害から守るものでも在れ」という理念から作り上げた
ゆえに符名はクラピリスペクト
(3ターン相手の霊力-2)


 稲妻「アルギュロス・スパーク」
ゆうかりんの極太ビームを自分用に改良した、白い閃光を放ちながら直進する極太レーザー
簡潔に言えば電気タイプのマスタースパーク
ちなみに、アルギュロスとはギリシャ語で白銀を意味する。
(3ターン霊力+3)


 厳罰「天網恢恢、疏而不失」
鬼神長となってから編み出したスペル
画面右端から画面左端までの網状のレーザーを上から下へと迫り来る壁のように放つスペル
一見避けられなそうに見えるが実はランダムに一ヶ所だけ綻びがあり、そこからよけれる
罪人は焦ってしまい、綻びを見つけられず網に捕まり断罪される
(2ターン相手の霊力-4 and 3ターン目自分の霊力-3)


「遠き届かぬ眩き武雷」
太く眩きに身を変えて自機へと一直線に体当たり
直視する相手の視界全てを奪い、行動不能にするほどの輝きを放つ稲妻だが当たり判定は見た目とは大きく劣る
(2ターン相手の最終値に-5)


64>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/08(月) 01:04:07.933OobYFyG0 (3/4)

サグメ 13「まだ…覚えてくれていたのね…何だろう…嬉しいわ。」(昔の初恋相手)
ミスティ20「まさかミチルさんがあんなに初心だなんて…ちょっと興奮しちゃうわ♪」(常連だけの中ではなくなりそう)
霊夢11「うわ…本当にお札が入ってる…」(小さいころから見守られている)
幽々 4「う~ん…前よりは話しやすかったけど…まだ苦手ね…」
妹紅20「人類が滅ぶその時までか…随分と長い付き合いになりそうだな。」 (不老不死になりたての妹紅の面倒を見てた)
紫苑14「私と…そして女苑にかまってくれて本当に感謝してるわ。」
女苑 9「私を…こんな私を色眼鏡で見ず、嫌わないで構ってくれる人…今度こそ仲良くできるかな…」
ヘカ11「相変わらずで安心したわよん♪部下に甘くしすぎないようにね♪」(初心だけどとてもいい部下)
映姫20「はぁ…また飲んでしまった…だけど…そのおかげで少し積極的になれましたかね…//」(腐れ縁…だけじゃない)
小町13「やっぱり、ミチル様が傍にいると安心感が違いますね!特に映姫様の前では。」(映姫様とは対照的な上司)
ナズ 6「君は物欲というものが無いのか…あんな珍しいものをご主人にあげるなんて…」(旧知)
星  4「…一応、関係改善には努めますけど…」(まだ警戒)
豊姫14「ほんと、固いわねぇ。早く吹っ切れればいいのに。」(月に昇る前からの片思いだった幼馴染)
依姫14「…サグメ様…羨ましすぎる…!」(パルパルパル…)
サニー 14「おまんじゅうおいしかったわ!また来てね!」(餌付け済み)
ルナ10「ミチルさんの膝の上は暖かいわ。またのせて頂戴ね。」(幼馴染)
スター 4「ルナの友達とか言ってたけど…そ、そんなお菓子なんかじゃ釣られないんだからね!」(餌付け失敗)
クラピ20「あ~あ…みっちー様ともっと一緒に居れたらいいのになぁ。」(一緒にいたい)
幽香11「あらら…負けちゃった。でも、次は負けないわよ。」(強敵と書いて友と呼ぶ)
妖夢 3「うぅ…ごめんなさい…これからは気を付けます…」(誤解解消)
妖忌18「妖夢に襲われているときのは見ものだったぞ。次は飲みながらゆっくり喧嘩でもしようじゃないか。」(昔からの飲み友達)
文  4「…ほ、本当に怒ってないのでしょうか…?」(多少恐怖は和らいだもののまだ警戒中)
慧音 3「初対面であんな態度…すまなかった。」(悪い人ではないことがわかり反省)
鈴瑚12「やっぱり伝説通り、素敵なお方です。懐も広いし、あんなの惚れないほうがおかしいじゃないですか。」(伝説が目の前に)
清蘭 9「なんだ。伝説通りすっごいいい人じゃない。心配して損したわ。」(荒れてたのは昔の話と割り切る)
鈴仙11「師匠があれだけ誉めてた理由がわかった気がします!本当に尊敬すべきお方です!」(尊敬する兄弟子)
永琳 7「ミチル…私のかわいい一番弟子。地上に降りてからもそんなに会ってないからまた会いたいわね。」(一番弟子)
ルナサ 6「イジりがいはあるわ。琴も使ってあげてくださいね。」(相変わらず映姫様贔屓派)
メルラン 4「そうね~。思ったより固くなさそうで安心したわ~♪」(苦手ではなくなった)
リリカ 8「歌じゃなくてもいろいろできるんだね。また一緒にセッションしよう。」(歌も琴もうまい人)
ドレ16「相変わらず初心ですねぇ…それはさておき、枕、安くしときますよ。」(親友)


65>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/08(月) 01:23:18.883OobYFyG0 (4/4)

==六日目==

5.豊ちゃんが是非曲直庁に襲来


ヘカ「それじゃあ、私はそろそろ行くわね。」

ミチル「ああ。また何かあれば顔を出してくれ。」

ヘカ「もちろんよん♪何もなくても来るわ♪」

ミチル「…まあ、拒みはしないが…」

ヘカ「そういうところ、大好きよ♪」


『業務連絡、業務連絡。
 城之内ミチル様、城之内ミチル様。
 至急正面玄関まで来てください。至急、正面玄関まで来てください。』

ミチル「…なんだ?普段使われない庁内放送なんか使いおって。
  私、何かしたか…?」


――正面玄関


豊姫「だからぁ!別に戦争しようってわけじゃないんだからいいじゃないの!
   扇子だって今日は持ってないわよ!」

小鬼「いや!月人を無暗に入れるわけにはいかない!
   速やかにお引き取り願おう!」

豊姫「なんでよ!ミチル君は来ても悪いようにはされないって言ってたわよ!?」

ミチル「…豊姫、なんでここにいるんだ。」

小鬼「ミ、ミチル様!」

ミチル「もう良い。月人と言えど彼女は昔からの友人だ。
  通してはくれるな?」

小鬼「…ミチル様がそういうなら…」

ミチル「ああ。ありがとう。」

豊姫「ほ~ら!いったじゃない!」

ミチル「豊姫もあんまり煽るな。
  ほら、行くぞ。」

豊姫「…べー!」


――城之内部屋


ミチル「よく来たな…といいたいが、なんで小鬼の奴と喧嘩を?」

豊姫「だって、ミチル君と会いたいって言ってんのに話聞いてくれないんだもん!
   まったく…ていうか、話通してくれるんじゃなかったの?」

ミチル「あ~…それはすまん。
  正直、本当にここまでくるとは思わなかった。」

豊姫「…まあ、いいわ。ちゃんと入れたし。」

ミチル「すまんな。茶淹れるから少し待ってろ。」


豊姫と話すことすること
↓1-3


66以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/08(月) 08:48:19.056nVGS/63O (1/1)


何かすっごくミチル君に会いたい、声が聞きたいって瞬間ない?それが今よ!


67以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/08(月) 11:12:03.70IAF/9cf8O (1/1)

ミチル
何か酒臭いぞ


68以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/08(月) 11:17:13.15xxcesOGMo (1/1)

豊ちゃんにおもっきし抱き締められてデレデレされる


69>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/18(木) 04:19:06.580FtgiT+V0 (1/2)

大変長らくおまたせ致しました。

東方新作発表されたね。
地獄ってことは映姫様出演もワンチャンスあるかな?
今からとても楽しみです。

・豊「何かすっごくミチル君に会いたい、声が聞きたいって瞬間ない?それが今よ! 」
・ミチル 「何か酒臭いぞ 」
・豊ちゃんにおもっきし抱き締められてデレデレされる


ミチル「それで、何の用だ?」

豊姫「ん~?えっとね…
   何かすっごくミチル君に会いたい、声が聞きたいって瞬間ない?」

ミチル「少なくとも私はない。本人だからな。
  会いたきゃ鏡を見ればいいし、自分の声なんていつでも聴ける。」

豊姫「そう!それが今なのよ!」

ミチル「話を聞け。」

豊姫「前ミチル君が是非曲直庁にいるって言ってたのを思い出してね?
   いつでも会えるってなったら居ても立っても居られなくなっちゃった♪」

ミチル「会いに来てくれるのはうれしいが…
  多少なりとも幻想郷と月の関係もあるから、来るなら次から一報よこせ。
  一応、是非曲直庁内には伝えておくが、庁の方も急に月の重鎮が来られても対応に困りそうだからな。」

豊姫「はぁい♪」


70>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/18(木) 04:19:33.490FtgiT+V0 (2/2)

ミチル「…それにしても顔赤いな。春風邪か?」

豊姫「大丈夫よ~。
   私はこの通りピンピンしてます!」

ミチル「…本当に大丈夫か?
  いつも以上にテンションがおかしいぞ?」

豊姫「もう!大丈夫だって言ってるでしょ?
   物分かりの悪いミチル君には抱き着いちゃうんだから!(唐突)」ギュー

ミチル「なっ何を…!?
  ……うわっ!?なんか酒臭いぞ!ここ来る前に飲んできたな!?」

豊姫「んふふぅ~♪少しよ少し♪
   スゥゥゥ……あぁ~やっぱりミチル君はいい匂いがするなぁ~♪」

ミチル「その良い方は絶対少しじゃないだろう!?
  人のにおいを嗅ぐな!それと、頼むから離れてくれ!」

豊姫「ん~…なんで?」

ミチル「いや…旧知の仲でも…流石にマズいだろう?
  もし見られて変な誤解でも生まれたらどうする?」

豊姫「それって事実上私とミチル君が付き合ってるってことじゃない!
   さ、見せびらかしに」

ミチル「やめないか!」

豊姫「なんでよ~。昔はサグメとあんなに交わり合ってたのに…」

ミチル「…そ、そうだが…いやそうではない!
  そもそも、あれは私とサグメが付き合ってた頃の話で…」

豊姫「むぅ~…私だってミチル君のこと好きだったのに~…
   私だってこうやって抱き着いたり童貞奪ったりしたかったわよぉ…」

ミチル「なっ何言ってるんだ!
  そのことについてはお前も納得してくれたじゃないか!」

豊姫「心ではわかってても体がわかってくれないのよぉ~…」

ミチル「どういう意味d…いやいい!言うな!大体想像はつく!」

豊姫「そんなわけで…ね?」

ミチル「何が「ね?」だ!
  いいか?これ以上変なことするようだったら是非曲直庁立ち入り禁止にするからな!?」

豊姫「あぁん酷い…
   わかったわよ…離れるわよぉ…」

ミチル「…はぁ…はぁ…とりあえず、お茶でも飲め。
  酔いがさめるくらいまでなら話には付き合ってやる。」

豊姫「むぅ~…」


朝1行動
直下
1.おさんぽ
2.こここ(指定)
3.豊ちゃんといるぅ!
4.是非曲直庁にいる
5.其の他いい案があれば…



あ、そういえば、せっかくR板に立ったので、
このスレの間だけでもそういうのについてはそこそこ寛容になろうと思います。
過度な表現とかグロはかけないし、安価来ないとやんないけど。


71以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/18(木) 08:17:07.14tx8Y1kp00 (1/1)

3
そういえばここR板だったのね(今更)


72以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/18(木) 08:19:09.87WCfwdj290 (1/1)

5
月に返す為に送ろう
月へ


73以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/18(木) 09:59:12.51J1lct7fQO (1/1)

豊ちゃんかわいい


74>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/20(土) 23:37:32.529bBvnZB10 (1/1)

おまたせ。

3.まだ豊姫といる
 

※豊姫は今尚泥酔中です


ミチル「…なあ、帰らなくて平気なのか?
  依姫たちが心配してると思うんだが…」

豊姫「大丈夫よ!丸3日戻らない事なんてよくあることだから!」

ミチル「いや、それはそれで問題な気がするが…」

豊姫「ねぇ~…もっとお菓子ないのぉ~?
   さっき、ミチル君にフラれちゃったから食べないとやってらんない…」

ミチル「…私に非があると言いたげだな。」

豊姫「むふふ~♪冗談よ♪
   どう?ドキドキした?」

ミチル「胸高鳴る要素どこにあったんだ…
  どうしてこうも酔っぱらいは…」

豊姫「何よぉ~豊姫お姉ちゃんに文句あるっていうの?」

ミチル「…もう良い。菓子なら用意したから思う存分食え。」


豊姫と話すことすること
↓1-3


75以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/21(日) 00:38:24.1301waxWjxo (1/1)

ふふふ…ミチル君は本当に暖かいわね…本当に……


76以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/21(日) 00:46:37.04ZpvubSNWO (1/1)

ミチル「気がすむまで付き合おう…」

ミチル君の名付け親だがまさかここまでモテる事になるとはおもわなんだ


77以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/21(日) 00:52:09.11rHa0Zvedo (1/1)

豊姫
お酒の力に頼らないとちゃんと好意も伝えられないなんてね
今でも好き…


78>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/28(日) 08:35:11.47oEDGwyDu0 (1/1)

おまたせ。
全部リアルってやつがいけないんだ。


・ふふふ…ミチル君は本当に暖かいわね…本当に……
・ミチル「気がすむまで付き合おう…」
・豊姫「お酒の力に頼らないとちゃんと好意も伝えられないなんてね
    今でも好き…」


ミチル「…でも、なんで急に酒なんか。
  しかもそんなになるまで飲んで、なんかあったのか?」

豊姫「…まあ、ちょっとね。
  私にだっていろいろあるのよ。」

ミチル「…まあ、なんだ。話には付き合うといったしな。
  気が済むまで付き合いはしよう。」

豊姫「そう?でも、大した話じゃないのよ。
   前、依姫とミチル君が一緒にいたのバレて依姫と喧嘩しちゃっただけ。」

ミチル「ほう。お前らが姉妹喧嘩とは。」

豊姫「割とあるものよ?
   あんなにグサグサ言われたのは久々だけど…」

ミチル「まぁ、依姫はお前と違って真面目だからな。」

豊姫「ちょっとぉ~!それじゃあ私が真面目じゃないみたいじゃないの!」

ミチル「そいうだが。」

豊姫「も~!私はミチル君をお姉ちゃんを慰めることもできない子に育てた記憶はありません!」

ミチル「いや、豊姫には育てられて……よく考えたら育てられてたな。
  はぁ…それじゃあ、どうしたら機嫌直してくれる?」

豊姫「膝貸して。」

ミチル「…」

豊姫「へ、変な意味じゃないわよ!
   ちょっと…膝枕をね…?」

ミチル「…変なことしないと誓うか?」

豊姫「大丈夫!大丈夫だから!」

ミチル「…ほれ。」膝ポンポン

豊姫「やったぁ!
   失礼しまぁす…」

ミチル「…私なんかの膝でよいのか?
  あんまりやわっこくないと思うが…」

豊姫「…いいのよ。この固さがいいの…
   …ふふふ……ミチル君は本当に暖かいわね…本当に……」

ミチル「…」ナデナデ

豊姫「…ミチル君はお姉ちゃんを慰めるのが上手ね…
   …はぁ~…好き…」

ミチル「なっ何を言い出すんだ//」ナデナデ

豊姫「ミチル君…今でもずっと好きよ…
   お酒の力に頼らないとちゃんと好意も伝えられないけど…
   今までも、これからもずっと好きよ…愛してる…」

ミチル「…そんなこと言われても…困る…」ナデナデ

豊姫「ふふふ…かわいい…
   大丈夫…お姉ちゃんはミチル君がどの子と付き合っても応援してるからね…♪」


朝2行動
直下
1.おさんぽ
2.こここ(指定)
3.豊ちゃんといるぅ!
4.是非曲直庁にいる
5.其の他いい案があれば…


79以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/28(日) 11:25:10.72LGAYce+O0 (1/1)

5
そのまま豊姫は寝ちゃったことにして1


80以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/28(日) 11:52:55.09wesJ4zfsO (1/1)

豊ちゃんかわいい


81>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/29(月) 06:06:34.7940SkHA3Y0 (1/2)

おまたせ。

>>79
豊姫起きたらびっくりするだろうな…
記憶あってもなくても

>>80
かわいいと思っていただけてるなら幸いです。
とっても励みになります。もっとかわいく書きたい(願望)



5.豊姫起こすのも悪いし、散歩でもするか。


豊姫「…すぅ……すぅ……」

ミチル「…寝たな。
  起こすのも悪いし、私の布団で寝かせておくか。」

豊姫「…んんぅ…えへへぇ…♪……」ニヘェ…

ミチル「こいつ…なんて顔して寝てるんだ…?
  …まあ、豊姫のことだ。起きたら勝手に帰るだろう。
  私は周りの小鬼達とかにこのことを連絡して出かけるとしよう。」



どこに行きつく?
直下
1.紅魔館
2.迷いの竹林
3.地底へ続く大穴
4.命蓮寺
5.神霊廟
6.逆さ城
7.人里
8.八雲亭
9.無縁塚
0.天界
ゾロ.マヨヒガ


82以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/29(月) 06:09:27.234wuKLjoO0 (1/1)

今だ!セクシーコマンドー!


83>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/29(月) 07:11:28.4540SkHA3Y0 (2/2)

>>82
世代じゃないけど、あの漫画好きやで(ちょっと前に読んだ)


3.地底へ続く大穴


――地底大穴前

ミチル「…地底か。
  視察も映姫殿任せで最近顔出してないな。
  知り合いにでも会えればいいんだが。」


誰と会う?
直下
1.無口な桶っ子
2.地底のアイドル
3.嫉妬の橋姫
4.怪力乱神
5.さらに奥の地霊殿へ
6.其の他いい案があれば…


84以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/29(月) 10:30:51.71C2VQTUUQo (1/1)

5


85以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/29(月) 15:43:18.07V22BgKWCO (1/1)

6 なんかつけられてる?と思ったらこいしだった→そのまま地霊殿へ


86>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/04/30(火) 02:35:58.63Df6XV3xi0 (1/1)

おまたせ


5.地霊殿へ…


ミチル「地霊殿など久々に来るな。
  前来たのはいつだったか…」


さて、誰に会う?
直下
1.11点のお姉ちゃん
2.にゃーん(キャットウォーク)
3.アブナイ太陽
4.ある意味悟りの境地の妹ちゃん
5.其の他いい案があれば…




87以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/04/30(火) 03:15:19.20jwwTXD1po (1/1)

1


88>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/05/01(水) 11:49:37.04pF6vqTWq0 (1/1)

おまたせ。
新年号ですが、令和だからなんだとかはとくにはないですね。
いつも通り進めたいと思います。


1.さとりお姉ちゃん


さとりの好感度
直下

さとりとの関係
↓2


89以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/01(水) 12:08:03.73C/5RtVjD0 (1/1)

ほい


90以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/01(水) 13:05:42.42x8neF5zU0 (1/1)

初対面
思考が読めないため困惑するさとりん


91以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/02(木) 00:43:26.61KkP3j8ga0 (1/1)

↑+αたまに報告書類等の推敲をしてもらってたり、こいしの遊び相手をしてもらってたりする


92以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/02(木) 10:55:40.24aZRDqHUL0 (1/1)

>>91 初対面なのに書類を練り直してもらってるっておかしくないかい?


93以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/02(木) 12:58:59.16ToqnNiQQ0 (1/1)

まあそもそも+αとかありえないしね


94以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/02(木) 13:57:28.47aNS8UsJFO (1/4)

>>91 すいません、訂正します。
こいしちゃんを通じて聞いてはいたけど直接会うのは初めてで、実はこいしちゃんの遊び相手になってくれてたり、報告書類等に誤字脱字があった時は訂正してくれたりしてる
次から気をつけます。


95以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/02(木) 14:04:04.67aNS8UsJFO (2/4)

>>91 すいません、訂正します。
こいしちゃんを通じて聞いてはいたけど直接会うのは初めてで、実はこいしちゃんの遊び相手になってくれてたり、報告書類等に誤字脱字があった時は訂正してくれたりしてる
次から気をつけます。


96以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/02(木) 14:19:51.00izEI1d2No (1/1)

気を付けるも何も安価外だ
それにそれもうほとんどさとりとの関係じゃなくてこいしとの関係よ


97以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/02(木) 17:21:54.35aNS8UsJFO (3/4)

>>91 すいません、訂正します。
こいしちゃんを通じて聞いてはいたけど直接会うのは初めてで、実はこいしちゃんの遊び相手になってくれてたり、報告書類等に誤字脱字があった時は訂正してくれたりしてる
次から気をつけます。


98以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/02(木) 17:33:04.23aNS8UsJFO (4/4)

誤送信失礼しました。
>>96そうですよね・・・もはや安価外ですよね。今後しばらく自重します。そのくらいでは許されないことかもしれませんが。


99以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/02(木) 18:44:11.38e0rayJbBO (1/1)

そんな重く受け止めんでも


100以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/03(金) 10:37:14.62M7f+RbcJo (1/1)

まあなんだ次から気を付ければいいんじゃない?人間は失敗を糧にして次に生かせる生き物だし


101>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/05/07(火) 09:15:40.61L3lJZjfa0 (1/1)

おまたせ。
例大祭は楽しかったけど、体験版は買えませんでした(半ギレ)

地霊殿来たことあるのに、初対面かぁ…
まあ、きっと以前来たときは留守だったんだろう。
話にだけは聞いてる適な解釈で行きます。流石に映姫様経由で名前だけは知ってるでしょ。


さと 3「…思考が読めない…私的には読めないととても困るんですが…」(思考が読めないから割と困惑)


さと「…お客さんかしら?
   こんな地底の最奥まで何の用…?」

ミチル「急に来てすまない。
  私は是非曲直庁に所属してる鬼神長の城之内ミチルと申すものだ。
  といっても、映姫殿みたく視察できたわけじゃないから安心してくれ。」

さと「…そうですか、あなたが…
   私は古明地さとり。地霊殿の主です。」

ミチル「ああ、よろしく頼む。」

さと「…それより、思考が読めないと厄介なので、
   できるならば読ませていただけるとありがたいんですが。」

ミチル「さっきから何か違和感があると思ったら、さとり妖怪の能力か。
  だがすまん。違和感を感じるだけで、どうやったら覗かせることができるかわからんのだ。」

さと「…まあ、いいでしょう。
   でも、心を読まない会話などしたことないので、失礼なことを言っても文句言わないでくださいね。
   とりあえず、是非曲直庁の方が遠路遥々来てくれたんですから、お茶くらいは出しますよ。」


さとりと話すこと、すること
↓1-3


※今後、地霊殿の誰かとは知り合いでお願いします。


102以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/07(火) 10:36:36.56MTo1cYSjo (1/1)

好感度低い初対面とどう話せばいいか難しいよね

さとり
心は読めませんが色々貴方の話は耳にしますよ元ヤンさん


103以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/07(火) 11:08:11.30+WfgXIkUO (1/1)

新作は庭渡久侘歌が好き
安価で取ったら却下されそうだけど

さとり
貴方についてはへカーティアに調伏され地獄に下った新参鬼神長で月関係者で色々な女性に粉をかけているということしか知らないですね


104以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/07(火) 12:11:50.86eBHzcM4w0 (1/1)

月の女性陣に関しては言い訳のしようもないので頭を抱えてしまうミチル

を見てちょっとS心が刺激されるさとり


105>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/05/10(金) 17:57:31.11Lzv51z6N0 (1/1)

おまたせ。

>>103
わかる。
けど、私はドレかというと二面の牛鬼が好きです。


・さと「心は読めませんが色々貴方の話は耳にしますよ元ヤンさん?」
・さと「貴方についてはへカーティアに調伏され地獄に下った新参鬼神長で月関係者で色々な女性に粉をかけているということしか知らないですね。」
・月の女性陣に関しては言い訳のしようもないので頭を抱えてしまうミチル
 それを見てちょっとS心が刺激されるさとり


さと「あぁ…でも、心が読めないですが、貴方のことは色々聞いてますよ。元ヤンさん。」

ミチル「いや、否定はしないが、…もっと他に言い方はなかったのか…
  しかし、どうやってそんな情報を仕入れてくるんだ?」

さと「そうですね…外に出て行っている私のペットやたまに来る映姫さんなんかに。
   特に映姫さんには昔よく愚痴を聞かされましてね。」

ミチル「…なるほど。昔は映姫殿にも迷惑かけたからなぁ。」

さと「でも、最近はそうでもないですよ。
   本人の尊厳のために伏せておきますが。」

ミチル「そうなのか?といっても、深く聞くつもりはないが。」

さと「あとはそうですね…
   …ヘカーティアに調伏され、地獄に下った比較的深山の鬼神長で、月の関係者。」

ミチル「確かに、月とは多少…いや、かなりの関りがあるな。」

さと「しかも、いろいろな女性に粉をかけている…ということしか」

ミチル「おい待て。粉をかけている…色々な女性にか?」

さと「ええ。色々な人から聞く…って、うちのペットたちが言ってたわ。
   今日なんか月の重鎮を部屋に連れ込んだとか…」

ミチル「旧地獄の情報網広すぎないか!?
  いや、あれは別に疚しいことは何もなくてだな…」

さと「事実なのは認めるくせに鬼神長なる人が言い訳ですか?」

ミチル「うっ…た、確かに事実だが…
  本当にそういう仲では…」

さと「目が泳いでいますよ。
   心の中が読めなくても、案外行動で読めるものですね。」
  (どうしましょう…少し楽しいですね…)

ミチル「…何も言い返せん…」

さと「どうせ、ほかの女性にもそうやって粉をかけているんでしょう?
   あ~あ~卑しいですね。秩序と風紀を重んじる鬼神長が聞いて呆れますよ。」

ミチル「…」

さと「っと、少し調子に乗りすぎてしまいましたね。
   すみません。あんまりこういうことに対しての加減がわからないもので。
   あんまり気を落とさないでくださいね。」

ミチル「…い、いや…」
  (…これはほかの妖怪から蔑まれるのも納得だな…)

さと「ふぅ。久々にスッキリしました。
   ここまで言っても怒ったりしょげたりしないのは珍しいですね。
   何はともあれ、今後ともよろしくお願いいたします。ミチルさん。」


昼1行動
直下
1.…気分転換に散歩でも…
2.此処行きたいよぉ…(指定)
3.地霊殿でも回るか…
4.しかし俺はさとりんといる。
5.其の他いい案があれば…


煽り文(直喩)
程よく嫌な奴を演出できたかな…。
あくまでも、好感度の低い相手に対しての反応ですので…
あんまりこれを基準にしないでね。


106以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/10(金) 19:52:05.49QrD1l22sO (1/1)

2後戸の国


107>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/05/11(土) 15:52:55.77rSNK2Dio0 (1/1)

おまたせ。

>>106
ん~…行こうと思って行けるところじゃなさそうよね…
まあいいや。一応隠岐奈の好感度だけ決めちゃって、あとは流れで…


隠岐奈の好感度
直下


隠岐奈との関係
↓2


108以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/11(土) 16:41:50.66IwgETaP10 (1/1)

はい


109以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/11(土) 16:46:22.10bBb+IOdmo (1/1)

荒れてた頃初めてできた親友でお互い満更でもないプラトニックな関係


110以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/11(土) 16:59:46.34zGTy8mQnO (1/1)

少なくともキスはしたことがある


111>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/05/14(火) 01:29:14.98tZbUQirz0 (1/2)

おまたせ。
また女生徒の関係が増えるのか…

それと、とりあえず後戸の国まで行くには一旦隠岐奈を介さないといけないということで。
流石に自由に出入りはまずいでしょ。

ということで、一旦隠岐奈と会うことになっちゃうのはご了承下さい。
童子たち志望の方はも少し待っててね!


おき 8「彼が荒れてた頃からの付き合いだよ。…べ、別に変な意味じゃないよ!?」(プラトニックな関係)


ミチル「で、では、私はそろそろ…」

さと「ああ、帰るんですね。
   出て左曲がってまっすぐ行けばロビーです。」

ミチル「あぁ。…邪魔して済まなかったな。」

さと「いえいえ。望まぬ客人などいつものことですので。
   むしろあなたはその中でも割と面白い人でしたからね。
   またいつでもいらしてください。」



――地霊殿外


ミチル「…なんだ。誰かと思えば。」

おき「やぁミチル君。君が地霊殿まで出向くのは珍しいね。
   何か入用なの?」

ミチル「いや、別に何も用があってきたわけじゃないさ。
  たまたま地底まで散歩できたんで、たまには寄っていこうかと思っただけだ。」

おき「ふふっ。ミチル君らしい。
   昔から理論とか理屈は気にするくせに感覚で動くのは変わらないね。
   同僚の映姫ちゃんとは大違いだ。」

ミチル「あんまり私の同僚を悪く言わないでくれ。
  あれでもいいところはたくさん有るんだぞ?」

おき「…へぇ。」パルッ

ミチル「それよりだ。隠岐奈こそどうしたんだ?
  また暇になって私に構いに来たのか?」

おき「そんなところだ。なかなか察しがいいじゃないの。」

ミチル「まぁな。何千年一緒にいると思ってるんだ。
  手に取るようにまでとはいかずとも、ちょっとはわかってるつもりさ。」

おき「それはそれは。とりあえず、一旦後戸の国まで来ない?
   少し付き合ってくれるならもてなしはするよ。」

ミチル「それは有難いな。
   それじゃ、行こうか。」


――後戸の国


…と言うわけで、とりあえず来たけどこれからどうする?
直下
1.そのままおっきーなとお話する
2.バックダンサーズ!に連れ去られる
3.其の他いい案があれば…


112以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/14(火) 01:50:48.38lhbkLDn2o (1/1)

1


113>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/05/14(火) 07:17:33.62tZbUQirz0 (2/2)

1.おっきーなと引き続きお話


ミチル「後戸の国までくるのも久しいな。」

おき「そりゃ私が許可した時しか入れないからな。
   それで…まぁ…ミチル君とは友達以上の関係だと思ってるしな。
   べ、別に変な意味じゃないぞ!?」

ミチル「わかっている。
  それこそ何千年一緒にいるんだからお互いの距離感なんてわかってるはずだろう。」

おき「そ、そうだよな。
   すまん急に取り乱して。」

ミチル「かまわん。それだけ私に気を許してくれてる証拠だ。
  まぁ、その割にたまにしか会いに来てくれないがな。」

おき「呼べば行くっていつも言ってるじゃないか。
   それに、そっちは鬼神長の、私は秘神および賢者としての責務があるからな。
   そっちが暇なときに都合を合わせていくのが難しいんだ。」



おっきーなと話すことすること
↓1-3


114以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/14(火) 10:26:04.16osjHIwg2O (1/1)

久しぶりに腕に絡んでくるおっきー


115以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/14(火) 12:02:36.48MNxWr5Owo (1/1)

ミチルの過去や月の面々との爛れた再開などを知っているので、これからどうするの(意味深)と尋ねる


116以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/14(火) 15:39:23.93HYsnKvYiO (1/1)

荒れて怪我も絶えなかった自分の世話を焼いてくれた同棲時代のしみじみとした感謝を伝える


117>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/05/21(火) 07:20:28.48LtQbqppg0 (1/1)

おまたせ。


・久々に腕を絡んでくるおっきー
・ミチルの過去や月の面々との爛れた再開などを知っているので、これからどうするの(意味深)と尋ねる
・荒れて怪我も絶えなかった自分の世話を焼いてくれた同棲時代のしみじみとした感謝を伝える


おき「…ねえ。久しぶりに腕、貸してくれない?」

ミチル「い、今か?昔もそうだが、だいぶ恥ずかしいんだからな…?」

おき「いいじゃないか…今は二人しかいないんだし…
   それに…私だって恥ずかしい…//」

ミチル「…まあいい。」

おき「じゃ、失礼して…
   …ん~…逞しい…昔からこのぬくもりだけは変わらないわ…//」

ミチル「な、何を言い出すんだ…」

おき「べ、別に変な意味じゃないよ!?」

ミチル「わかっとるわ!」

おき「…でも、本当に昔から変わらないわ。
   同棲していたあの頃から。」

ミチル「何百年前の話をしてるんだ。」

おき「はぁ…今でも昨日のように思い出す…
   荒れてた頃のミチル君…初めて心を開いてくれたミチル君…」

ミチル「あ、あんまり過去の話をするでない。
  まったく…気恥ずかしい…」

おき「あの頃は大変だったね。
   何度もケガして帰ってきて、そのたびに怒ったり宥めたり…」

ミチル「…ま、まぁ…なんだ。あの時は本当に迷惑をかけたな。
  一緒に住まないか提案してくれた時も、毎日世話を焼いてくれた時も今となればいい思い出だ。
  本当にあの後最初に会ったのが隠岐奈で本当に良かったと思ってる。
  改めて、ありがとう。」

おき「…な、なな…きゅ、急になんだよ…//
   し、仕返しのつもりか…?」

ミチル「…九割本音だ。」

おき「…あぁぅ…ど、どういたしまして…//
   そ、そうだ!過去の話より今の話だよ!」

ミチル「な、なんだ藪から棒に…」

おき「最近、月の面々と再会したそうじゃないか。
   おめでとう…といったほうがいいのかな?」

ミチル「確かに、最近月までの通行手段が確立されてそれなりに合うようになったな。」

おき「…正直なところ、これからどうするの?」

ミチル「ど、どうするとは…?」

おき「そ、その…交際関係とかそういうのだよ。
   相当昔は天探女といい関係だったのは聞いたけど、多分解消済みだと思うし…
   あんまり口をはさむようなことじゃないかもしれないけど、ちょっと気になってね…」

ミチル「…こ、交際…か…」


もう決めてる?
↓1-3多い方
1.流石にまだ決めてない(いつも通り)
2.いや、実はもう決めていて…(ヒロインレース開始)


118以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/21(火) 08:12:10.74kP/hzuUDo (1/1)

1
まだ早い


119以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/21(火) 10:07:00.49eglv7YQao (1/1)

1


120以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/21(火) 18:53:14.98v5QkdpYJO (1/2)

1



121以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/21(火) 18:53:48.83v5QkdpYJO (2/2)

1



122>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/05/27(月) 06:34:35.90/hUhXQFJ0 (1/1)

おまたせ。


1.流石に早すぎるでしょ…


ミチル「ま、まだそういうのは…考えてないな…」

おき「ミチル君には幸せになってもらいたいからな。
   身を固めるのも視野に入れておいたほうがいいんじゃないかなと。」

ミチル「確かに…言ってることは正論だが…
  …なるべく考えるようにする。」

おき「急かしはしない。ゆっくりとじっくり決めて。
   後で後悔しないようにね。」

ミチル「…昔からお前の優しさは変わらんな。ありがとう。」

おき「…ま、まぁ…最悪私が……(小声)」

ミチル「……//」

おき「あ、あくまでも相手がいなかった時の最終手段の話だ!
   あんまり本気にしないでくれ…//」


昼2行動
直下
1.お〇んぽ
2.ここに…(指定)
3.おっきーといっしょに!
4.後戸の国を
5.其の他いい案があれば…


123以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/27(月) 06:38:10.03womJYpgQo (1/1)

1
お☆んぽ


124以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/28(火) 16:52:54.62QXcQgJ8y0 (1/1)

思ったんだけど、純狐が恨んでる嫦娥って青蛾の事なのかな


125以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/28(火) 17:38:39.772Ma6378TO (1/1)

それと別の存在のはず蓬莱の薬をのんだ罪人でヒキガエルにされて幽閉されてるとか聞いた


126>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/06/02(日) 11:30:48.78urgCzulm0 (1/1)

おまたせ。

1.おちんぽ!(散歩)


ミチル「それじゃあ。私はこの辺で。」

おき「お、そうか。
   是非曲直庁ならあそこの扉だぞ。
   私から見て右に25番目、上に6番目の扉だ。」

ミチル「…何度も来てるとはいえ、私には違いがわからん。」

おき「そうか…なら送っていこうか?」

ミチル「…ここら辺の扉は全部幻想郷に繋がっているのか?」

おき「え、ああ。そうだが。
   …まさか適当に開けて出たところから変えるなんて考えているのか?」

ミチル「ああ。察しが良くて助かる。」

おき「まあ…やるなら止はしないが、ここか左右に29番目、上下に52番目、前後に43番目くらいが幻想郷の範囲だ。
   それより外になると異界や外の世界につながるからそこからは出ないように。」

ミチル「もう少しわかりやすく言ってくれ…」

おき「私が視認できる位置から出て行ってくれってことだ。
   出る扉が決まったら言ってくれ。」

ミチル「わかった。」


どこに行きつく?
直下
1.紅魔館
2.迷いの竹林
3.霧の湖
4.命蓮寺
5.神霊廟
6.逆さ城
7.人里
8.八雲亭
9.無縁塚
0.天界
ゾロ.マヨヒガ


127以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/02(日) 11:55:45.05+yHOz1Euo (1/1)




128以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/02(日) 16:52:34.714eRR2lE00 (1/1)

鬼神長は仙人を捕まえるのが仕事だってのにそんなとこ行って大丈夫か?


129以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/06(木) 12:29:46.25cQjbjIlQO (1/1)

>>1大丈夫?再安価とる?


130>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/06/11(火) 08:48:47.628I2NWXI2O (1/1)

スマホから大変お待たせ致しました。
相当待たせてごめんね!
リアルで立て込んでて全然顔出せなくて…
神霊廟チョット考えたけどOKにします。
最初に会う人なんてもしかしたら邪仙かもしれんけど…
まあ、なんとかなるでしょ


先に会う人だけ決めたいと思います
直下
1.緑の雷(とじー)
2.妖怪嫌いの皿回し (ふとー)
3.きぼーのめん(みこー)
4.壁抜け邪仙(SEGA)
5.体は死んでも心は生きる(よしー)
6.其の他いい案があれば…


131以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/11(火) 11:06:28.60dtHSGwRHo (1/1)

4


132以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/11(火) 16:20:38.016NWmLkZe0 (1/1)

まあ殴り込みに来たわけでもないしプライベートだからな


133>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/06/12(水) 17:32:17.63jg8f4dXW0 (1/1)

おまたせ


4.邪仙SEGA


青娥の好感度
直下

青娥との関係
↓2


134以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/12(水) 17:58:42.21HE0bNukOo (1/1)

たかーい


135以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/12(水) 18:05:08.78jtaTSNgmO (1/1)

一応追ってる相手ではあるが、あんまり鬼神長本来の仕事してないので有名無実化


136>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/06/19(水) 23:31:29.26fxlnotJY0 (1/1)

おまたせ
スマホから失礼します

青娥 1「げっ…鬼神長じゃないの…!こ、来ないで…」(天敵も天敵)


ミチル「それじゃ、また来るからの。」

おき「あっその扉は…まあいいか。またね。」


――神霊廟


青娥「今日は誰で遊ぼうか知らねぇ~♪ふんふーん♪」

ミチル「…霍青娥か。」

青娥「なっいつの間に!?
   というか、結界抜けてきたというの!?」(臨戦態勢)

ミチル「…いやまて、別に仕事できたわけじゃない。
  これはなんというか…あぁ…仙人の魂は専門分野じゃないんだがなぁ…」

青娥「ま、待って!し、仕事じゃないなら戦う必要はなくってよ!?
   最近は悪さもしてないし!」

ミチル「悪さも何も、こちらとしては寿命をとうに過ぎてるのに魂が涅槃まで来ないのが大問題なんだが…
   そこまでして生にしがみつくか?」

青娥「ど、どうやってここまで来たかは分からないけど、ここはひとつ見逃してくれないかしら?
   貴方ってたしかあんまりそういうの得意じゃなかったわよね?」

ミチル「…まあ、私の仕事の範疇ではないからなぁ…
  というか、私のこと知ってるのか。」

青娥「と、当然今の鬼神長は全員知ってるわ。
   …追手の顔がわかるに越したことはないですから。」

ミチル「あー…うん。今日はいいかな。
  私より適任の鬼神長に任せれば。極寒地獄とかの。」

青娥「ぜ、ぜひお手柔らかにお願いしたいわね…」


SEGAと…話すこと…すること…?
↓1-3


137以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/20(木) 01:10:57.42u4SuSst1o (1/1)

そう構えるな…私は本当に争う気はない…と手をぷらぷらしてみる


138以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/20(木) 02:36:36.77OcjIn8Pbo (1/1)

青娥
貴方のことは暴虐の限りを尽くした悪神と聞き及んでいるのだけれど…と不信


139以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/20(木) 05:13:21.05ebKUEcWWO (1/1)

時にただの雑談だがおまえは元旦那とよりを戻したいと思ったことはあるか?


140>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/06/25(火) 04:57:25.05uY5VqWWZ0 (1/1)

おまたせ。


・そう構えるな…私は本当に争う気はない…と手をぷらぷらしてみる
・青娥 「貴方のことは暴虐の限りを尽くした悪神と聞き及んでいるのだけれど…」と不信
・時にただの雑談だがおまえは元旦那とよりを戻したいと思ったことはあるか?



ミチル「まあ、そう構えるな。
  本当に争う気はない。」手プラプラ

青娥「さぁどうかしらね…
   昔暴虐の限りを尽くした悪神だと聞き及んでいるのだけれど?
   今はおとなしいといっても何があるかわかったもんじゃないわ。」

ミチル「…一体何千年前の話をしてるんだ。
  ともあれ、今は何もする気はない。
  仕事で会ったときはまた別だが、今はプライベートだ。」

青娥「へぇ…そう…
   まあ、とりあえずは信じてあげましょう。」

ミチル「それは助かるな。
  あんまり警戒されては雑談もできない。」


ミチル「時に青娥よ。」

青娥「なによ…」

ミチル「お前は元旦那とよりを戻したいと思ったことはあるのか?」

青娥「……なんで今あの人の話が出てくるのかしら?」

ミチル「なぁに。ただの雑談だ。
  何か都合の悪いことでもあったか?」

青娥「数百年前から忘れようと思っているものを思い出させないでくれるかしら?」

ミチル「聞かせてはくれんのか?」

青娥「貴方…割と図々しいわね。
   …あと、一つ訂正しておくけれど、離婚したわけじゃないから正確にはまだあの人は私の夫。
   それに…私はあの人を騙したのだから寄りを戻す権利なんてないわ。」

ミチル「そうなのか?あの男はもう一度会いたいと…」

青娥「やめて。それ以上聞きたくない。私にはそれを聞く資格も理由もない。」

ミチル「…すまんな。」

青娥「…」



夕行動
直下
1.おさんぽ
2.指定(いざここへ)
3.娘々と…
4.新霊廟を
5.其の他いい案があれば…


141以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/25(火) 06:04:46.76KNJHk9yx0 (1/2)

4


142以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/25(火) 18:20:58.28KNJHk9yx0 (2/2)

今の東方ファンはバッドアップルとか知ってるのかな


143>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/06/26(水) 23:37:22.65dwgkiEDN0 (1/2)

おまたせ。


>>142
Bad Appleくらいなら知ってるんじゃないかな?たまにニコニコのランキングにも上がってるし。
若いファンたちはもしかした「レザマリでも辛くない」とか「月夜を隠さない程度の能力」なんて方がわからんかもしれんよ。



4.神霊廟探索


青娥「…そろそろ芳香ちゃんのお手入れがあるから失礼させてもらうわ。
   お願いだから後ろから襲うなんてこと考えないでくださいね。」

ミチル「大丈夫だ。」

青娥「……それじゃ、もう会わないことを願うわ。」



ミチル「…鬼神長って仙人にあそこまで嫌われてるのか…
  いやまぁそうだよなぁ。仕事とは言え命を奪いに行ってるんだものなぁ。」


誰とあう?
直下
1.ポイズンマーダー
2.ガゴウジトルネード
3.大火の改新
4.逆らう事なきを宗とせよ
5.其の他いい案があれば…


144以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/26(水) 23:41:31.94J+cFkIT9o (1/2)

4


145>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/06/26(水) 23:46:19.33dwgkiEDN0 (2/2)

早いっすね(歓喜)
不定期更新なのにありがてぇことこの上ないですわ。


4.みこっち


神子の好感度
直下

神子との関係
↓2


146以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/26(水) 23:47:24.60J+cFkIT9o (2/2)

コンマ


147以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/26(水) 23:58:04.43htXrR9lcO (1/1)

荒れミチル時代に殴り愛の末親友となった

おきなも親友だし関わりは深いやろな


148>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/06/27(木) 01:50:28.03fFILA0/40 (1/1)

もう高い好感度が出ようと私は驚かんぞ。
驚かんからな!?


神子15「わざわざこんなところまでよく来たね。今日来たのは親友として?それとも鬼神長として?」(荒れミチル時代からの親友)


神子「おやミチル君。こんなところで会うなんて奇遇だね。
   私や私の部下たちの魂を狩りに来たのかな?」

ミチル「別にそういうわけじゃない。
  今日はオフだし、オフの日に仕事はしたくないだろう?」

神子「ならお客様としてきたのか。
   そういうことならお茶の一つでも出さないと失礼だね。
   青娥にでも見つかったら大変だろうからな。」

ミチル「…」

神子「ほう。もう会ってきたか。
   争わないに越したことはないからね、今後とも是非仲良くしてくれよ?」

ミチル「私に直接執行の命が下らない限り神子たちと争う気はない。
  安心してくれ。」

神子「つまり上からの命があればたとえ親友でも手にかけるということだな?」

ミチル「…どうだかな。」

神子「おぉ、怖い怖い。
   そうならないことを願ってるよ。」


神子と話すこと、すること
↓1-3


149以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/27(木) 02:07:01.916yEnPXsmo (1/1)

神子
君個人になら私の魂をあげてもいいのだけどね


150以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/27(木) 03:03:20.82yjz83zr4O (1/2)

青娥に悪神だのなんだの吹き込んだのはおまえか?


151以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/06/27(木) 03:31:29.48yjz83zr4O (2/2)

神子
なんだかかつてのワイルドさが消えたよね今は
これは昔みたいに押し倒されるようなことはなさそうね


152>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/07/01(月) 12:01:26.95qtu1gB2h0 (1/2)

おまたせ。

・神子「君個人になら私の魂をあげてもいいのだけどね」
・青娥に悪神だのなんだの吹き込んだのはおまえか?
・神子「なんだかかつてのワイルドさが消えたよね今は
    これは昔みたいに押し倒されるようなことはなさそうね」


神子「まぁでも、是非曲直庁からの銘じゃなく、ただならぬ君個人になら私の魂をあげてもいいのだけどね。
   長い付き合いだ。きみが欲しいというなら喜んで差し上げるよ。」

ミチル「…どういう意味だ?」

神子「まったく…君は本当に鈍感だね。
   それとも気づいてるけど気づいてないふりをしてるだけかい?」

ミチル「…」

神子「その様子だと後者のほうだね。
   ミチル君の欲は昔から本当に読みづらいから困る。
   …君の場合は欲ではなく顔に出るが。」

ミチル「…さとりにも同じようなことを言われた。」

神子「それで?ミチル君は私を欲してくれているのかい?
   認めちゃえば今から私の魂はミチル君のものだよ。」

ミチル「伴侶について考えてなくはないんだが…
  もし仮に、仮にだぞ?私が神子を選んだとして、神子は本当に私でいいのか?」

神子「言うまでもない。私はいつでもウェルカムだよ。
   昔から…ね。」

ミチル「そ…そうか…//
  …だが済まない。今スグに決めるのは無理だ。」

神子「…なんだかかつての素行の悪さというか…よく言えばワイルドさが消えたよね今は。
   これなら昔みたいに押し倒されるようなことはなさそうね。」

ミチル「なっ!?い、いつの話をしてるんだ!」

神子「さぁ?同居中、いきなり押し倒されてレイプされそうになった時の話?
   さあ入れる直前まで無抵抗でいたらやめちゃったけど。」

ミチル「…いや…あの時はその…本当に申し訳ない。」

神子「私はいつでもウェルカムだと言ってるだろう?
   多少雑に扱われても受け入れるさ。
   …もし孕まされることになろうとも。」

ミチル「いや!しない!しないぞそんなこと!」

神子「ふふっ。相変わらず初々しい反応を見せてくれるね。
   ま、からかうのはこれくらいにしておこう。
   最終的に私を選んでくれなくても、別に恨む気はないよ。
   思う存分迷ってくれ。」

ミチル「…すまない。」

神子「でも、そうなると誰と?
   あの秘神とでもくっつくのかな?」

ミチル「…ノーコメントで。」


153>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/07/01(月) 12:01:57.85qtu1gB2h0 (2/2)

ミチル「そういえばだが、青娥に悪神だのなんだの吹き込んだのはおまえか?」

神子「いや?ミチル君のことに関してあくまでも好意的に話していたはずだが。
   というか、私が君を悪神だと思ったことは一度だってないよ。」

ミチル「…自分で言うのもなんだが、昔の私をお前は知っているだろう。
  それで悪神と一度も思ったことがないのは…さすがにどうかと思うぞ?」

神子「そうかな?ただ時代が時代だっただけで本当に悪いことはしていないじゃないか。」

ミチル「そ、そういってもらえると少しむず痒いな…」

神子「でも、そうなった場合誰が言い伝えたんだろうね?
   青娥なら自分で調べそうではあるけど、もしかしたら人里の書物でも読んだのかもね。
   ミチル君のことが尾ひれと酷評を交えて神話化されてるし。」

ミチル「…そうか。」

神子「まあ、そう気を落とすな。
   親友としてもミチル君がすごいいい神だってことは知ってるから。」


夜行動
直下
1.お散歩へGO!
2.ここ(指定)
3.神子っちと!
4.神霊廟探索再開
5.其の他いい案があれば…


154以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/01(月) 13:57:57.37NPzawoBzO (1/2)

2 永遠亭


155以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/01(月) 21:04:55.55NPzawoBzO (2/2)

永林師匠に助言もらえるかも


156以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/01(月) 22:57:53.99dlWuPUVN0 (1/1)

逆に正座させられるんじゃなかろうか


157以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/06(土) 15:56:51.7783wp8XTeO (1/1)

>>155微妙に永琳を永林と間違えてました。訂正してお詫び申し上げます。m(_ _)m


158>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/07/08(月) 08:24:54.91qOT0NStC0 (1/1)

おまたせ。


2.永遠亭へ

べつに迷いの判定とかなくていいよね。
鬼神長だし永琳の弟子だし。


ミチル「それじゃ、私はそろそろ行くとするよ。」

神子「これから何かあるのかい?」

ミチル「いや、何もないが…
  このままいると青娥にも悪いしな。」

神子「気なんか使わなくてもいいのに。」

ミチル「それに、あんまり長居しても悪いしな。
  また近いうちに来るさ。」

神子「そう言われると、引き留めるのは気が引けるね。
   わかった。出口ならこっちだ。」

ミチル「すまない。」

神子「今度来たときは色々といい話を持ってきてくれると嬉しいよ。」

ミチル「それは保証できんな。」



―――幻想郷上空


ミチル「久々に永琳師匠のところまで行くかな。
  たまには顔見せろって怒られそうだし。」


―――永遠亭


ミチル「…」コンコン(ドアノック)



誰が出てくる?
直下
1.因幡の白兎
2.地上の元月兎
3.月の頭脳
4.永遠と須臾の罪人
5.其の他いい案があれば…


159以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/08(月) 09:31:12.17sHUx+CLvo (1/1)

3


160>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/07/15(月) 11:25:22.04bX4QkQWV0 (1/1)

おまたせ。

永琳相手なら敬語でいいよね。
唯一敬語ということで。


3.永琳


永琳「はいはい。どちら様…あら。」

ミチル「お久しぶりです。永琳師匠。」

永琳「丁度いいところに来たわね。そろそろ顔を見たいと思ってたところよ。
   鈴仙が人里でお世話になったのも含めね。」

ミチル「ああ。先日の話ですか。
  また素直でいい弟子をお持ちになりましたね。」

永琳「まだまだミチルに比べれば半人前だけどね。
   さっ。こんなところでかわいい一番弟子を立ち話させるのは気が引けるわ。
   中に入って頂戴。てゐの仕掛けてある罠には気を付けて。」



永琳と話すことすること
下1-3


161以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/15(月) 16:41:27.966kIG6zjK0 (1/1)

とりあえず電気マッサージで癒してあげる


162以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/15(月) 17:23:11.37DFUJDwqtO (1/1)

永琳「あの時、貴方には辛い想いをさせてすまなかったわ」


163以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/15(月) 17:37:39.77M6h9G95KO (1/1)

今は輝夜のやつと暮らしてるようですね


164>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/07/16(火) 08:06:07.41u+Jeqey70 (1/1)

おまたせ。


ぐーやんの話題が出てきたので先好感度等決めちゃいましょうか。



輝夜の好感度
直下

輝夜との関係
↓2


165以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/16(火) 08:10:20.27WBRG7CY7O (1/1)




166以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/16(火) 08:38:11.11n4mxQSmxo (1/1)

ミチルを兄のように慕ってる


167以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/16(火) 11:23:54.41Ne6703db0 (1/1)

存在がどんどんでかくなるミチルさん


168以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/16(火) 21:17:55.41rIS9DBk20 (1/1)

かぐやとスターサファイアの二人は似てるよな


169以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/17(水) 00:34:27.22JI1SFL1v0 (1/1)

>>168
sageを入れるんだよぉ!更新来たと思ったじゃないか


170以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/21(日) 16:58:09.03ieJVQssV0 (1/1)

更新頻度減ったな


171>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/07/24(水) 22:37:12.99crEw76lM0 (1/3)

おまたせ。

>>170
ごめんね。忙しいのだ。
確かに始めた当初は日に数レスを毎日やってた時期もあったね…
頻度あげたいとは思ってるけど、結構難しいねんな。
これからも不定期だと思いますが、できるだけ努力はしますので、気長に待っててください。
以前もこんなこと言ってたね。

まぁ、前々から行ってる通り何も言わず失踪なんてことは絶対しないので安心してください。
イッチはまだまだ続ける気でいます。


長くなってごめんね。
ほんへ

輝夜 7「ミチル兄には昔からわがまま聞いてもらってたし、尊敬するところも多いわよ。」(兄のように慕ってる)


・とりあえず電気マッサージで癒してあげる
・永琳「あの時、貴方には辛い想いをさせてすまなかったわ」
・今は輝夜のやつと暮らしてるようですね


ミチル「失礼します。」

永琳「そんなにかしこまらなくてもいいっていつも言ってるじゃない。」

ミチル「仮にも師の部屋なのでね。
  親しき中にも礼儀ありというじゃないですか。」

永琳「かといって気張りすぎなのもよくないんじゃない?
   ヘカーティアとはため口なのに。」

ミチル「ヘカーティアは会った経緯が特殊なので例外ですよ。
  それこそ荒んでいた時期に会ったものですから。」

永琳「そう…ね。相当荒れてたのは話には聞いているわ。
   ごめんなさいね。あの時、貴方にはつらい思いをさせてしまって。」

ミチル「あっ!いや、そういう意味で言ったわけじゃないですからね!
  永琳師匠の気に病むことじゃないですよ!
  むしろ貴女は月に昇るまでよくしてくださったじゃないですか。」

永琳「…もう少し私に対して怒ってもいいのよ?
   今まで育ててきた一番弟子を放り出して、幼い貴方を何も言わずおいて行ったんだから。」

ミチル「知ってますよ。永琳師匠が直前まで裏で色々やってくれていたこと。
  結果は伴わずとも、気持ちだけで充分うれしいです。」

永琳「そう…本当にあなたは優しく育ったわね。
   それも今の環境のおかげかしら?」

ミチル「…そうですね。少なからず、是非曲直庁のみんなの力は大きいと思いますよ。
  そういう永琳師匠は今は輝夜と住んでるんでしたっけ?」

永琳「今はも何も、昔からだけどね。
   何も変わってないわよ。本当の不死になったこと以外は。
   本人は全然気にしてないらしいけど。」

ミチル「あぁ…そういえば一回それで島流しになったんでしたね。」

永琳「そうそう。あの時も色々大変だったわよ。
   しかも当時お世話になっていた地上人に蓬莱の薬渡しちゃうし…
   本当に困った子だわ。」

ミチル「心中お察しします。」


172>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/07/24(水) 22:37:41.91crEw76lM0 (2/3)

永琳「そういえばだけど、マッサージ得意なんでしょ?」

ミチル「…確かに少しはできますけど、どこでその情報を?」

永琳「少しいろんなところにつてがあってね。
   一番貴方に近いところで言うと霊夢とか。」

ミチル「確かに数回やってやったことがありますね…。」

永琳「…」(期待の眼差し)

ミチル「あー…よかったらやりましょうか?」

永琳「わかってるじゃない。」

ミチル「そりゃそんな目で訴えられたら誰だってわかりますよ。」

永琳「無病の蓬莱人と言えど、疲れは溜まるのよ。
   それで、私は寝ればいいの?
   幸いここは病院だし、ベッドもあるから好きに使ってちょうだい。」

ミチル「座ったままで大丈夫ですよ。
  マッサージといっても指圧とかするわけじゃないので。
  所謂電気マッサージってやつです。」

永琳「あらそう。まあ、何でもいいわ。
   私はいつでもいいから、さっとやってちょうだい。」

ミチル「わかりました。
  …あと、一つ忠告ですけど、あんまり声出さないでくださいね。」

永琳「…?
   ええ。善処するわ。」

ミチル「それじゃぁ…行きますよ。」ビリビリビリ

永琳「…んんぁ♡……なるほど…んっ♡
   これは…少し気を抜けば…んっ…声出ちゃうわね…」

ミチル「どうです?なかなかのものだとみんな言ってくれますよ。」

永琳「えぇ。とっても…きもちいぃぃ↑♡」

ミチル「…」

永琳「…なるほど。こういうことね。
   確かにこれは恥ずかしいわ//」

ミチル「聞かれると誤解されるおまけつきですよ。」

永琳「…姫様に聞かれてなきゃいいけど…」


―――数分後


永琳「へぇ。本当に軽くなるものね。
   ありがとう。ミチル。」

ミチル「また疲れたら行ってください。
  永琳師匠が来いというならできるだけ早く向かいますので。」

永琳「是非曲直庁の、ましてや鬼神長をそう易々と呼べないわよ。
   でも…また立ち寄ってくれた時にでも頼むわね。」


深夜行動
直下
1.オサンポ
2.ココ(シテイ)
3.エイリン ト イッショ
4.エイエンテイ ソウサク
5.其の他いい案があれば…


173以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/24(水) 22:40:35.04kCpgxIUio (1/1)

4


174>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/07/24(水) 23:11:32.74crEw76lM0 (3/3)

4.永遠亭散策


永琳「じゃあ、私は薬剤関係で少しやることあるからちょっと失礼するわ。
   敷地内なら適当にうろついてていいわよ。
   それと帰るときは少し声かけて頂戴。渡したいものがあるから。」

ミチル「はい。わかりました。」



ミチル「といっても…永遠亭、割と広いから散策するにも一苦労なんだがな。
  いつもそこかしこにいる兎達はみんな寝てるころだろうし。
  …こうしてみるとここから丁度月が見えるようになってるのか。
  少し風流だな。」


誰と会う?
直下
1.やっぱり因幡、100人乗っても大丈b(ry
2.スペカ名厨二病月兎
3.蓬莱ニート
4.其の他いい案があれば…


175以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/24(水) 23:13:31.562scVU6pAO (1/1)

3
妹分いらっしゃあい


176以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/25(木) 16:44:56.77RkhDmE01O (1/1)

ところで>>1さんは推しキャラいるの?


177>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/07/26(金) 12:27:14.69K2emXNbP0 (1/1)

おまたせ。

>>176
イッチは椛とリリーを押してるよ
どちらかって言われても正直どっちも同じくらい好き…
なお、東方入ったきっかけはマミゾウだったりする


3.輝夜

輝夜「…ふぁぁ……ねむっ…」ジャージ

ミチル「何を欠伸なんか掻いておる。」

輝夜「………誰?」

ミチル「誰て…覚えてないか?
  というか、ここには何回か来てるが、お前とはまだここじゃあったことなかったか。」

輝夜「……もしかして…ミチル兄?
   うわぁ久しぶり!元気だった?」

ミチル「やっと思い出したか。久しぶりだな。
  というか、そんなに変わったか?」

輝夜「そりゃもう、背とかずいぶんと伸びちゃって…
   本当に見違えるほどイケメンになったねぇ。」

ミチル「そりゃどうも。」

輝夜「それで、永琳にでも会いに来たの?」

ミチル「いや、永琳師匠にはさっき会ってきた。
  今は永遠亭散策といったところだ。」

輝夜「ならちょうどいいわ。ほら、そこ座って!
   積もる話もあるでしょう?私はあるわ。」

ミチル「ああ。わかったわかった。」


輝夜と話すことすること
↓1-3


178以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/26(金) 13:22:11.40rE+4mTpvO (1/1)

ミチルが幻想郷にいるのは知ってたけどなかなか逢いに来ないからやきもきしたとぐーや


179以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/26(金) 13:38:39.20LWLBzO6+O (1/1)

鬼神長の仕事になかなか慣れなくって最近ようやく余裕が出てきた


180以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/27(土) 13:56:17.97LuGz/AbNo (1/1)


鬼神長の仕事ここでしちゃう?
負けないけどね!


181>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/08/04(日) 18:49:04.28kzq0n8kd0 (1/1)

おまたせ

・ミチルが幻想郷にいるのは知ってたけどなかなか逢いに来ないからやきもきしたとぐーや
・鬼神長の仕事になかなか慣れなくって最近ようやく余裕が出てきた
・輝夜「鬼神長の仕事ここでしちゃう?  
    負けないけどね!」


輝夜「で、なんで会いに来てくれなかったのよ。」

ミチル「…永遠亭には来ていたんだが、顔あわせる機会がなくてだな…」

輝夜「来てたのは知ってるわ。帰った時に教えてもらってたから。
   でもさ、逢いに来てくれたっていいじゃないの。
   そんな私一人でやきもきしてバカみたいじゃない。」

ミチル「今までは…まあ、近況報告に来てたり、いろいろな。
  慣れない鬼神長という仕事でちょっと相談に乗ってもらってたりな。
  最近ようやく余裕ができて普通によれるようになってきた。」

輝夜「それでもちょ~っと顔見せてくれるくらいできたんじゃないの?
   私だってずっと待ってたのに。」

ミチル「…あとはどんな顔して会えばいいかわからなくてな。
  すまないな。今まで逢いに来れなくて。」

輝夜「本当よ。次からここ寄るときにはちゃんと会いに来なさいよ。
   …それで、仕事に慣れてきたらしいけど、鬼神長なら寿命の刈り取りもやってるんでしょ?」

ミチル「え、ああ。私はそっちは本職じゃないが、確かにごくたまに駆り出されたりはするな。」

輝夜「それじゃ、鬼神長の仕事、ここでしちゃう?」

ミチル「…というと?」

輝夜「私の寿命を刈り取れるか試してみない?ってこと。」

ミチル「いや無理だろう。
  そもそも永遠に続く糸のような寿命を持つお前のを刈り取ったところで痛くもかゆくもないだろう。
  …もし仮に成功してしまっても嫌だしな。」

輝夜「…そうなんだけどさ。
   察し悪いわねぇ…久々に逢ったミチル君と遊びたいって言ってんのよ。」

ミチル「そういうことか。」

輝夜「別に真面目なのはいいけど、冗談に乗れるような柔軟さも持たないとモテないわよ?」

ミチル「も、モテ…」

輝夜「あ~でもミチル兄は心配ないかな。
   月昇る前からサグとはラブラブだったし、噂じゃ最近も女の子たちをキープしまくってるようだし。」

ミチル「ばっそんなんじゃないぞ!?
  決して疚しいことは何一つしてないからな!」

輝夜「はいはい。渦中のど真ん中にいるやつの口から何言おうが説得力ないわよ。
   で、話それちゃったけど遊んでくれるの?」

ミチル「…遊ぶのは構わんが…何するんだ?」


何して遊ぼ?
直下


なお、弾幕ごっこは前例より長引く可能性ありとだけ表記しておきます。
ルールまた改変しないと…


182以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/04(日) 18:51:27.34OwmjNoxc0 (1/1)

腕相撲

かぐやも天井を持ち上げるパワーあるし


183以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/13(火) 21:50:11.83TaJDa1Rk0 (1/1)

>>1 逆に「苦手かな~」っていうキャラはいるの


184>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/08/15(木) 01:47:03.47fWXzKyGG0 (1/1)

大変長らくお待たせいたしました。

>>183
イッチの苦手なキャラはですね、
創作的な意味で言いますとぬえちゃんとか村紗船長とか九十九姉妹がキャラ付けにくくて苦手ですね。
絡ませづらいとかそういうので…
個人的な好き嫌いに関しては「苦手」って言えるキャラはいないですね。
割と何でも好き好きマンなので、自分以外の創作物を見た時に大抵「あぁ…好き…」ってなりますね。



ほんへ


ミチル「…じゃあ、久々に腕相撲でもするか?」

輝夜「えぇ…あなた筋力ないじゃないの…」

ミチル「いや…腕相撲は筋力だけじゃないぞ?
  筋力と瞬発力がだなぁ」

輝夜「あ~はいはいわかったわよ。
   昔から一度も勝ったことないくせによく言うわね…」

ミチル「…昔から妹分に負け続けてるのは少し癪だからな。
  少し本気を出させてもらう。」

輝夜「わかったからさっさとやるわよ。
   …昔みたいにサクッと負かしてあげるから、全力でいらっしゃいな。」

ミチル「言ったなコノヤロウ…
  鬼神長の本気舐めないほうが」

輝夜「レディ…」

ミチル「あ~!ずるいぞ輝夜!」

輝夜「だってほっとくといつまでも喋ってそうだったし。
   ほら、ぐちぐち言ってないでさっさとやってさっさと負けなさい。」

ミチル「ぐっ…!
  今日こそは一勝…!」


さて勝負!
コンマ+筋力がデカい方が勝ちです。

ミチル 筋力 5
直下


輝夜 筋力 9(少し手加減)
↓2


185以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/15(木) 01:52:37.394hZIGwcRo (1/2)




186以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/15(木) 01:53:04.014hZIGwcRo (2/2)




187以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/20(火) 22:31:32.22HWhTRXN00 (1/1)

ミチルめっちゃがんばったけどそれでも結梨(筋力15)には勝てないというね


188以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/20(火) 23:36:37.55BBQqSU0LO (1/1)

あの子は蚕の妖怪なのに筋力がおかしい


189>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/08/23(金) 15:40:34.43yT+wiUE60 (1/1)

おまたせ。
輝夜さん…そこまで手抜かなくてもよろしいのではなくて…?

>>187-188
ほら…絹って固いから…(眼反らし)


ミチル
5+9=14


輝夜
9+1=10



Ready…Set……

Go!


ミチル「ふっっ!」

輝夜「ちょっ早っ!」ダァン!

ミチル「……フンス。」

輝夜「…なに勝ち誇った顔してんのよ。
   はぁ~…せっかく全戦全勝だったのに…
   最近妹紅とも手合わせ(殺し合い)してないし、鈍ってるのかしら。」

ミチル「何はともあれ。私の勝ちだ。
  あの時より筋力も瞬発力も上がってるってことだ。」

輝夜「はいはいわかったわよ。
   妹分に対して遠慮ってものを知らないのかしら?
   あ~…まったく…悔しいわねぇ…」


これから好感度&リザルトだけど、先に早朝行動を決めましょう。
早朝行動
直下
1.おさんぽ
2.ここここここ(指定)
3.ぐーやん!
4.永遠亭再度散策
5.其の他いい案があれば…


190以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/23(金) 16:27:15.95YIf4UHhS0 (1/1)

賽の河原に行こうか


191以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/28(水) 20:27:41.21qj8VVb8S0 (1/1)

まだかな


192>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/08/29(木) 10:30:37.78zvJlcORB0 (1/1)

おまたせ。

賽の河原かぁ…
といっても、戎瓔花ちゃんとか牛崎潤美さんとかのキャラまとまってないねんなぁ…
出てきたら頑張るけど二、三回目で出てきたときに少しキャラ変わってても許して。

余談だけど、鬼形獣は妖夢カワウソと妖夢オオカミでクリアはしました。
慣れるとそこまで難しくないね今回のキャラ。
でも、妖夢以外でクリアできる気がしないし、何よりNシューターだからH以上とか極端な気合避けは無理にございます…



2.賽の河原へGO


その前に好感度判定


好感度上昇判定

一日の終わりに好感度の上がりそうなことをした人に指定したコンマ÷3(端数切り上げ)の好感度が上がります。
ただしこの判定での1は 0、0は 4、00は 5とします。(だから上がるのは実質コンマ2以上から)
基準は>>1が『これは上がる(確信)』ってなったら。
コンマなんで、別に連投しようが指定数埋まれば構わないです。
パパってやって終わらせてくだちぃ。


今回は7人
多いかと思ったらそうでもないんだね。前回は10人だったし…



豊姫
直下
二回一緒にいた +2


さとり
↓2


隠岐奈
↓3


青娥
↓4


神子
↓5


永琳
↓6


輝夜
↓7


193以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/29(木) 11:18:51.95xxNMgrGUo (1/6)

ぱっ


194以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/29(木) 11:19:17.27xxNMgrGUo (2/6)

ぱっと


195以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/29(木) 11:19:48.30xxNMgrGUo (3/6)

おわ


196以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/29(木) 11:20:48.46xxNMgrGUo (4/6)

らし


197以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/29(木) 11:21:24.04xxNMgrGUo (5/6)

つぎ


198以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/29(木) 11:21:50.66xxNMgrGUo (6/6)

いこ


199以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/29(木) 11:23:49.50Vh244mW9O (1/1)

ぼくは庭渡久侘歌ちゃんすき!


200以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/08/29(木) 14:15:27.78wKd1+xDE0 (1/1)

好感度+3……さとり様がサドり様に……


201>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/09/04(水) 00:53:08.14YkZAZO3x0 (1/6)

おまたせ。


>>199
僕も庭渡ちゃんすこ
髪からヒヨコ出てるところとか「コケーッ!」とか言っちゃうあたり最高だと思う



豊姫14「ほんと、固いわねぇ。早く吹っ切れればいいのに。」(月に昇る前からの片思いだった幼馴染)
↓ +2+2
豊姫18「私ったら…酔いに任せてなんてこと言ってんのかしら…//」(月に昇る前からの片思いだった幼馴染)


さと 3「…思考が読めない…私的には読めないととても困るんですが…」(思考が読めないから割と困惑)
↓ +3
さと 6「へぇ…意外と面白い人かもしれませんね。また会いに来たら色々と掘り起こさせてくださいね。」(サドり様)


おき 8「彼が荒れてた頃からの付き合いだよ。…べ、別に変な意味じゃないよ!?」(プラトニックな関係)
↓0 +4
おき12「相手が決まらなければ…昔みたいに…//」(プラトニックな関係)


青娥 1「げっ…鬼神長じゃないの…!こ、来ないで…」(天敵も天敵)
↓ +2
青娥 3「…噂で聞いてたより安全そうなやつだったわね…でも、できれば出会いたくないわ。」(天敵も天敵)


神子15「わざわざこんなところまでよく来たね。今日来たのは親友として?それとも鬼神長として?」(荒れミチル時代からの親友)
↓ +2
神子17「あれもこれも懐かしい。私としては優しくて初心な君も好きだよ。」(荒れミチル時代からの親友)


永琳 7「ミチル…私のかわいい一番弟子。地上に降りてからもそんなに会ってないからまた会いたいわね。」(一番弟子)
↓66(8) +3 
永琳10「私の一番弟子は…本当に優しい子に育ってくれたのね。それとマッサージ、とても効いたわ。」(一番弟子)


輝夜 7「ミチル兄には昔からわがまま聞いてもらってたし、尊敬するところも多いわよ。」(兄のように慕ってる)
↓0 +4
輝夜11「…ふふふっ。負けたのは悔しいけど、ミチル兄のうれしそうな顔が見れてよかったわ。」(兄のように慕ってる)


202>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/09/04(水) 00:56:50.64YkZAZO3x0 (2/6)

六代目貴方 現在ステータス
季節:春ですよ~

名前 城之内ミチル(じょうのうち みちる)
性別 男
種族 神
性格 義理人情に篤い性格若干涙もろい
年齢 7800
見た目 20歳
夢の中で不思議な扉を開き、目が覚めたら無縁塚にいた (最近)
住居 是非曲直庁
職業 鬼神長
能力 稲妻になる程度の能力
一人称 私
口調 あまり敬語を使わない尊大なしゃべり方(~だ、~だな)

家事上手で歌うま

筋力 5(まあ…平凡くらいかな。)
神力11(鬼神長の中では低いかも…)
幸運10(とってもいい方。)

お人好しで周りに利用された挙句、国津神だからといって天津神たちにつきにつれて行ってもらえなかった。
そのせいで一時期グレたり、力を過信しそこかしこで喧嘩を売っていた。
隠岐奈がたまたま匿ってくれて少しだけいい感じに…
この時代に親友だった神子を処女喪失寸前まで犯しそうになった前歴がある

サグメとはお互い思い合っていたが、天津神と国津神の間ではあってはならないことでありお互いが奥手のままであった
…というのは建前で、実は隠れて付き合っていた。
酔ったサグメに押し倒され、逆レに発展したのを皮切りになかなかにラブラブな隠れづきあいをしていた。
しかし地上と月に離ればなれになってしまい、永い歳月の果てにお互いが相手の思いは既に冷えてしまっているだろうと思い込み今に至る。
つまりミチルは非童貞

文から一度しつこく昔のことを聞かれ激怒。
逃走という追いかけっこに勝利した挙句黒焦げの焼き鳥になりかけ文からは本気で怖がられている。
文の『本当に怒らせてはいけないリスト』に鬼たちを差し置いて堂々の第一位で君臨している。

一般月兎にロミジュリのようなラブロマンスがなぜか伝説化されている。
サグメ、豊姫、依姫などから惚気を聞かされ続けてきた末路であり、
多分実際にはなかったことなどが尾ひれを引いている。

しかし、地上の調査などで荒れていたころの詳細を知っている月兎にはすっごい荒れていたのが知られている。
気に入らない者は連れ去り、雷で脳を焼かられるとかいう噂もたっている。

電子琵琶をもらい、引いてみたところプロ並み。
相当昔にやったことがある程度だったが、性に合っていたらしい。


スペカ

 雷迅「祖は天穿つ業雷なり」
自身を一筋の紫電と化し超高速で縦横無尽に駆け巡りながら自機狙いの弾幕を放つスペル
最初は画面端を飛び、段々と内側へとせまってくる
(3ターンの間自身の最終値に+3、相手の最終値に-3
4ターン目に帯電状態となり、接近戦(ようは殴りに行くというか体当たり)となる。
ダメージを受けた場合、受けたダメージの1/3を跳ね返す)


 獄符「通天暴威」
上下画面端から渦状に弾を回収するダイソン弾幕の中、
四角い檻の如く現れる予告レーザーが弾を消すように設計されているスペル
クラウンピースのヘルイクリプスからヒントを得て「檻は罪人を封じると同時に罪人を不要な害から守るものでも在れ」という理念から作り上げた
ゆえに符名はクラピリスペクト
(3ターン相手の霊力-2)


 稲妻「アルギュロス・スパーク」
ゆうかりんの極太ビームを自分用に改良した、白い閃光を放ちながら直進する極太レーザー
簡潔に言えば電気タイプのマスタースパーク
ちなみに、アルギュロスとはギリシャ語で白銀を意味する。
(3ターン霊力+3)


 厳罰「天網恢恢、疏而不失」
鬼神長となってから編み出したスペル
画面右端から画面左端までの網状のレーザーを上から下へと迫り来る壁のように放つスペル
一見避けられなそうに見えるが実はランダムに一ヶ所だけ綻びがあり、そこからよけれる
罪人は焦ってしまい、綻びを見つけられず網に捕まり断罪される
(2ターン相手の霊力-4 and 3ターン目自分の霊力-3)


「遠き届かぬ眩き武雷」
太く眩きに身を変えて自機へと一直線に体当たり
直視する相手の視界全てを奪い、行動不能にするほどの輝きを放つ稲妻だが当たり判定は見た目とは大きく劣る
(2ターン相手の最終値に-5)


203>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/09/04(水) 00:57:23.23YkZAZO3x0 (3/6)

サグメ 13「まだ…覚えてくれていたのね…何だろう…嬉しいわ。」(昔の初恋相手)
ミスティ20「まさかミチルさんがあんなに初心だなんて…ちょっと興奮しちゃうわ♪」(常連だけの中ではなくなりそう)
霊夢11「うわ…本当にお札が入ってる…」(小さいころから見守られている)
幽々 4「う~ん…前よりは話しやすかったけど…まだ苦手ね…」
妹紅20「人類が滅ぶその時までか…随分と長い付き合いになりそうだな。」 (不老不死になりたての妹紅の面倒を見てた)
紫苑14「私と…そして女苑にかまってくれて本当に感謝してるわ。」
女苑 9「私を…こんな私を色眼鏡で見ず、嫌わないで構ってくれる人…今度こそ仲良くできるかな…」
ヘカ11「相変わらずで安心したわよん♪部下に甘くしすぎないようにね♪」(初心だけどとてもいい部下)
映姫20「はぁ…また飲んでしまった…だけど…そのおかげで少し積極的になれましたかね…//」(腐れ縁…だけじゃない)
小町13「やっぱり、ミチル様が傍にいると安心感が違いますね!特に映姫様の前では。」(映姫様とは対照的な上司)
ナズ 6「君は物欲というものが無いのか…あんな珍しいものをご主人にあげるなんて…」(旧知)
星  4「…一応、関係改善には努めますけど…」(まだ警戒)
豊姫18「私ったら…酔いに任せてなんてこと言ってんのかしら…//」(月に昇る前からの片思いだった幼馴染)
依姫14「…サグメ様…羨ましすぎる…!」(パルパルパル…)
サニー 14「おまんじゅうおいしかったわ!また来てね!」(餌付け済み)
ルナ10「ミチルさんの膝の上は暖かいわ。またのせて頂戴ね。」(幼馴染)
スター 4「ルナの友達とか言ってたけど…そ、そんなお菓子なんかじゃ釣られないんだからね!」(餌付け失敗)
クラピ20「あ~あ…みっちー様ともっと一緒に居れたらいいのになぁ。」(一緒にいたい)
幽香11「あらら…負けちゃった。でも、次は負けないわよ。」(強敵と書いて友と呼ぶ)
妖夢 3「うぅ…ごめんなさい…これからは気を付けます…」(誤解解消)
妖忌18「妖夢に襲われているときのは見ものだったぞ。次は飲みながらゆっくり喧嘩でもしようじゃないか。」(昔からの飲み友達)
文  4「…ほ、本当に怒ってないのでしょうか…?」(多少恐怖は和らいだもののまだ警戒中)
慧音 3「初対面であんな態度…すまなかった。」(悪い人ではないことがわかり反省)
鈴瑚12「やっぱり伝説通り、素敵なお方です。懐も広いし、あんなの惚れないほうがおかしいじゃないですか。」(伝説が目の前に)
清蘭 9「なんだ。伝説通りすっごいいい人じゃない。心配して損したわ。」(荒れてたのは昔の話と割り切る)
鈴仙11「師匠があれだけ誉めてた理由がわかった気がします!本当に尊敬すべきお方です!」(尊敬する兄弟子)
永琳 7「ミチル…私のかわいい一番弟子。地上に降りてからもそんなに会ってないからまた会いたいわね。」(一番弟子)
ルナサ 6「イジりがいはあるわ。琴も使ってあげてくださいね。」(相変わらず映姫様贔屓派)
メルラン 4「そうね~。思ったより固くなさそうで安心したわ~♪」(苦手ではなくなった)
リリカ 8「歌じゃなくてもいろいろできるんだね。また一緒にセッションしよう。」(歌も琴もうまい人)
ドレ16「相変わらず初心ですねぇ…それはさておき、枕、安くしときますよ。」(親友)
さと 6「へぇ…意外と面白い人かもしれませんね。また会いに来たら色々と掘り起こさせてくださいね。」(サドり様)
おき12「相手が決まらなければ…昔みたいに…//」(プラトニックな関係)
青娥 3「…噂で聞いてたより安全そうなやつだったわね…でも、できれば出会いたくないわ。」(天敵も天敵)
神子17「あれもこれも懐かしい。私としては優しくて初心な君も好きだよ。」(荒れミチル時代からの親友)
輝夜11「…ふふふっ。負けたのは悔しいけど、ミチル兄のうれしそうな顔が見れてよかったわ。」(兄のように慕ってる)


204>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/09/04(水) 01:09:11.94YkZAZO3x0 (4/6)

あ、結梨もそうでしたが、十日目の終わりまでに何もなければ強制ヒロインレースに入ります。
大体好感度MAXの奴らから選ぶのでそれだけ覚えておいてください。


==七日目==


輝夜「…ZZ……」

ミチル「…「悔しいから寝る!」なんて言って本当に寝るやつがあるか。
  まぁ…いいか。それだけ信頼してくれてるってことで。
  …一旦帰るかな。」


――診療所診察室


ミチル「あの、すみません。」

永琳「あら、もう帰るの?」

ミチル「…察しが早くて助かります。
  それで、帰る前に声かけろと仰ってましたが…」

永琳「そうそう。これよこれ。」


何を渡される?
↓2

本当は胡蝶夢丸でも渡そうかと思ってたけど、よく考えたら1/2の確率で普通に会いに行けるな…と思ったので。」何か別のものを。
(使うかどうかは別として)惚れ薬でも、電撃強化薬でも、なんかしらのフレーバー要素でもいいですよ。


205>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/09/04(水) 01:14:14.39YkZAZO3x0 (5/6)

何故↓2にしたのかイッチにも理解できないので直下に変更します


206以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/04(水) 01:21:50.84JKIzoCZ1o (1/1)

城之内家の婚約指輪


207以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/04(水) 01:34:17.168+7e548L0 (1/1)

電撃強化薬


208>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/09/04(水) 15:45:02.27YkZAZO3x0 (6/6)

おまたせ。

鍛冶神のことを調べてたらたまたま鬼形獣の6ボスの元ネタの神様を発見しました。
あと、瓔花ちゃんって福の神でもあるんだね(鬼形獣オマケtext参照)
やっぱりこういうの探ってると面白いのう。


ファッ!?
結婚指輪とか絶対この後告白関係に絡んでくるやんけ!
忘れないようにしとかなきゃ…



・城之内家の結婚指輪


永琳「はい。これ渡しておくわね。」

ミチル「…指輪ですか?」

永琳「ええ。貴方の家に代々伝わる結婚指輪だそうよ。」

ミチル「そ、そんなものあったんですか…
  というか、何故師匠がそんなものを?」

永琳「貴方が弟子入りした直後くらいに渡されてね。
   ミチルが大きくなったら渡してくださいって言われたわよ。
   少し渡すの遅れちゃったけどね。」

ミチル「…そうですか。そんな大事なもの何千年と取っておいてくれたんですね…。」

永琳「そうそう。製造元はそこそこ有名な鍛冶神らしいから品質は保証できるわ。」

ミチル「私の家系はなんてものを受け継いでるんですかねぇ…」

永琳「大丈夫よ。特に何の変哲もない極々希少な鉱石を集めて作ってある指輪だから。
   呪いも加護も何もないわ。」

ミチル「…そうですか。」


永琳「それじゃ、渡すもの渡したし。
   またいらっしゃいな。姫も喜ぶわ。」

ミチル「はい。また近いうちに遊びに来ますよ。」



――賽の河原


ミチル「帰る途中によっては見たが…
  今日も幼くして亡くなった子供たちがいしを積み…そして鬼たちに崩される…
  いくら親不孝だと言えどもこの刑罰を作った昔の地獄は同情などなかったのだろうか…」


誰に会う?何をする?
直下
1.裁判長様
2.船頭
3.自称アイドル
4.其の他いい案があれば…


209以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/04(水) 16:09:38.24SB0/LhXzO (1/1)

2船頭


210>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/09/12(木) 20:03:10.83AoXwIhZq0 (1/1)

おまたせ

全部モンハンって奴が悪い
転身が欲しいのに強すぎるナナとか、
ひとつ前のクエストのバフバロとの難易度が桁違いなMランクのトビカガチ亜種とかいうモンスが悪い
あと、装備として何かと有用なネルギガンテも悪い
僕は悪くない(戦犯)



2.小町


小町「いつの世も理不尽っていうのは存在する…
   死神のあたいでさえあの子たちは不憫だなと思いますもん。
   かといって、あたいらがどうにかできる問題じゃないんですけどね。」

ミチル「昔から何も変わらないのが鬼神長として実にやるせない。
  ……それはさておき、小町。なぜここにいるんだ。」

小町「いやぁ、丁度是非曲直庁に魂を届けた帰りでしてね。
   優しい方の上司様がいらっしゃいましたのでご挨拶をと。」

ミチル「という理由を付けてまたサボりに来ただけだろう。」

小町「えへへぇ。バレました?
   …といっても、半分は本当ですけどね。
   あの子たちはかわいそうだと思いますし、是非曲直庁の帰りだというのも本当です。」

ミチル「まったくお前というやつは…
  …まあいい。映姫殿に見つかっても知らないぞ?」

小町「わかってますって!」



小町と話すことすること
↓1-3


211以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/12(木) 20:16:21.17Gelr3eGqo (1/1)

優しい方の上司か…
たまには厳しくしても良いのだけれどな


212以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/12(木) 20:21:58.82uTDoWlQV0 (1/1)

くたか登場


213以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/12(木) 20:34:22.70o+IZ9Cd0O (1/1)

小町
その指輪は何です?


214以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/12(木) 20:38:11.848FZLVyY0o (1/1)

石をつめばゆるすか……昔の本当になにもしらなかった無知な頃の私を思い出してしまう


215>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/09/17(火) 22:38:18.77sgSVYblA0 (1/1)

おまたせ。

・優しい方の上司か…
 たまには厳しくしても良いのだけれどな
・小町「その指輪は何です?」
・石をつめばゆるすか……昔の本当になにもしらなかった無知な頃の私を思い出してしまう
・そして庭渡様登場



久侘歌の好感度
直下

久侘歌との関係
↓2

まあ、地獄関係だしどっかで名前くらい知ってんだろ(楽観)


216以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/17(火) 22:41:44.50Go75zngzo (1/1)

たかーい


217以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/17(火) 22:46:15.73DbDAxNn7O (1/1)

初めての直属の部下
めっちゃ可愛がってる


218以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/17(火) 22:52:22.10hWZ5XtHC0 (1/1)

きてたのか


219以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/17(火) 22:55:27.95V0Bdka0u0 (1/1)

新規好感度測定時の0率高くない?


220以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/24(火) 18:49:54.57iHFJ5QGa0 (1/1)

ニワトリの神様来たな
とり肉はニワトリの肉らしい、親子丼はとり肉と卵で親子丼


221>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/09/25(水) 17:30:08.15i5tWzh/80 (1/2)

おまたせ。

ミチルの初めての部下ってことは小町の上司に当たるわけだな。


>>218
このスレ昔から色々とおかしいから…(遠目)
思えば初代の麟から好感度ヤバいですよね。


庭渡15「誰よりも長くミチル様の直属の部下やってるんですからね!」(ミチルの初めての直属の部下)



ミチル「しかし…優しい方の上司か…
  たまには厳しくしてもいいのだけれどな。」

小町「ヒェッ…や、やめてくださいよ…
   ミチル様に厳しくされたら普通に精神にきそうなので…」

ミチル「だったら、そんな言い方はないんじゃないか?」

小町「は、はい…すみませんでした。」

ミチル「…まぁ、何も本気で怒ってるわけじゃないからいいがな。
  映姫殿にも、あんまり失礼なこと言わないようにな。」

小町「そこらへんは大丈夫です。
   映姫様、多分そんなことしたら拗ねちゃいますから。」

ミチル「…確かに、想像はできるな。」


ミチル「石を積めば許される…か。
  こうしてみると、昔の本当に何も知らなかった無知な頃の私を思い出してしまう。」

小町「ん?なんかあったんですか?」

ミチル「ずいぶん昔、月詠様が月に行く前の話だ。」

小町「あぁ、つまり子供だった時の話ですね。
   規模が違いますけど。」

ミチル「あの子たちを見てると、どうしてもその頃の自分と重ねてしまってな。
  なんとも切ない気持ちになる。
  …あの後地上に置き去りにされたり天地がひっくり返るほど暴れまわったのだが。」

小町「ミチル様も大変だったんですねぇ~。」


222>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/09/25(水) 17:30:42.27i5tWzh/80 (2/2)

庭渡「あっ!また小町とミチル様がイチャイチャしてる!
   駄目ですよこんなところで!」

小町「庭渡先輩おざまーす。」

ミチル「おぉ。庭渡か。
  どうしたんだこんなところで。」

庭渡「たまたま休みが取れたので、どこか行こうかなって考えてたらですね。
   そちらこそお二人で秘密のデートですか!?」

小町「へっへ~。残念でしたね庭渡先輩。
   ミチル様はもう私にメロメロなのですよ~♪」

ミチル「なっ何を言うか!
  違うからな!?違うからな庭渡!」

庭渡「…じゃあ、その指輪は何ですかっ!」

小町「えっ指輪なんかしてたんですかミチル様。」

庭渡「小町も知らない…?
   …何股してるんですか?」

ミチル「話がややこしくなるからそれ以上憶測で物を言うのはやめろ!
  別に何股もしてない!そもそも小町ともそういう関係じゃない!」


~~鬼神長説明中~~


小町「はえ~。そんな代々に渡る指輪なんてあるんですねぇ。」

庭渡「ロマンチックじゃないですか。」

ミチル「…ひとまず、誤解が解けてよかった。
  だが本当にいろんな人から身を固めろと言われてるからなぁ…
  そろそろ考えないとは思うんだ。」

小町「へぇ。そうですか。」
  (てっきり映姫様とデキてるもんかと思ってたけど違うのか。)

庭渡「へ、へ~…」
  (けけ、結婚を考えている!?
   もしかしてそういう思い人…みたいな人がいるのでしょうか…?
   …いなければ私が…なんて、直属上司にいうのは失礼でしょうか…?
   でも…(ry )


朝1行動
直下
1.おさんぽへ
2.ここへ(指定)
3.こまたりペアと!
4.賽の河原に残る
5.其の他いい案があれば…


223以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/25(水) 17:44:44.75c98UwEpp0 (1/1)




224以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/25(水) 18:07:55.749LI+Vb4Bo (1/1)

3!


225>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/09/29(日) 23:36:42.287QNwbBfN0 (1/1)

おまたせ


3.こまたりペアと!


小町「それで~?
   ミチル様にはお相手はいるんですかぁ?
   最近いろんな噂を耳にしますが?」

庭渡「わ、私も気になります!
   一体どういう人とお付き合いする気なのか…!」

ミチル「いやなぁ…そんなこと言われてもなぁ…」

小町「逃げられませんよ!
   せめてどんな人がタイプかだけでも聞きだしてやるんですから!」

ミチル「といっても私にもわからんのだがなぁ…
  恋愛なんて何千年レベルでしてないだろうし…」

庭渡「な、なんかこう…こういう女生徒なら…とかないんですか!?」

ミチル「…私は基本相手に合わせると思うぞ?
  もしそういう関係になるならの話だがな。
  あとは気があれば…と言う所か?」

小町「へぇ~…
   つまりはリードされたいと?」

ミチル「リードか…リードというよりは一緒に横を歩ける関係というか…」

庭渡「あ~ロマンチックですねぇ!
   無駄にリードもしたくないし無駄にリードされたくもない!
   いつでも手をつなげる位置を歩いていたいと!」

ミチル「そこまで深く考えられんがな…」


こまたりと話すことすること
↓1-3



水子霊達(よそでやれよ…)


226以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/29(日) 23:43:57.72GHYd2X8Lo (1/1)

だいたい私はもてないはずだ…神として力も弱いしな


227以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/29(日) 23:50:28.68kMBpIa3io (1/1)

ごく自然に庭渡をなでなで可愛がりするミチル


228以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/29(日) 23:55:06.55ZVO0SiGi0 (1/1)

庭渡の頭を撫でるように見せかけてひよこを撫でたら庭渡と小町の二人が撫でてほしいと言い出す


229以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/09/29(日) 23:56:10.81np5ss5yl0 (1/1)

女生徒……禁断の恋かな


230>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/10/06(日) 05:32:33.00NanSKU/n0 (1/1)

おまたせ。
例大祭だね。行くよ僕は。(早起き)


>>229
久侘歌ちゃんは何を聞いてるんですかねぇ…(誤字です。すんませんでした。)



・だいたい私はもてないはずだ…神として力も弱いしな
・ごく自然に庭渡をなでなで可愛がりするミチル
・庭渡の頭を撫でるように見せかけてひよこを撫でたら庭渡と小町の二人が撫でてほしいと言い出す


ミチル「大体なぁ…私はモテないと思うぞ?
  神としての力も弱いしな。」

小町「…ミチル様ぁ…あんまり鈍感ですと嫌味のように聞こえますよ?」

庭渡「そうですよ!ミチル様がモテない?
   自分の周りを見てよくもまぁそんなことが言えますね!」

ミチル「…確かに女性は多いが…それは幻想郷の男女比が女性に偏ってるだけの話でな…」

庭渡「何を言いますか!こんなに優しくて心強い神様はミチル様だけですよ!
   私だって何度優しくされてす…いえっ!とにかくそんなのありえないですよ!」

小町「…へぇ~?」

ミチル「ははっ。庭渡も世辞がうまくなったな。」ナデナデ

庭渡「ひぅっ!……?」

ヒヨコ「♪」

小町「庭渡先輩…なんて声出してんすか…」

庭渡「ちがっそんなんじゃないですよ!」

ミチル「会話を成立させろ庭渡。」

小町「…ミチル様~。私もなでてくださいよぉ~。
   ヒヨコちゃんばかりずるいです~。」

庭渡「!?」

ミチル「全くお前というやつは…」ナデナデ

小町「へっへ~♪
   ミチル様撫でるの上手だから好きです~♪」

庭渡「こ、小町あなた…!」

小町「お、どうしました?
   先輩の撫でてほしいんですか?」

庭渡「…っ!//」

ミチル「わかりやすすぎる…
  最初から口で言えばどうだ。」ナデナデ

庭渡「こ、こんなの恥ずかしくて言えませんよ!
   全く………♪」


朝2行動
直下
1.おさんぽへ
2.ここへ(指定)
3.こまたりペアと!
4.賽の河原に残る
5.其の他いい案があれば…


231以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/06(日) 05:47:19.192tH7sd1YO (1/1)

2
仕事に戻る


232以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/09(水) 17:57:43.41Bf/tFpUN0 (1/1)

そういや充電しとけと言われてたね


233>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/10/21(月) 08:12:20.24mpq2jxATO (1/1)

おまたせ
スマホから失礼致すます
立て込んでて全然更新できなくてごめんね

2.仕事に戻る(是非曲直庁)

庭渡「♪」

ミチル「それでは、そろそろ私は帰るとする。仕事が残っててな。」

小町「なるほど仕事ですかぁ。」

ミチル「いや、お前も仕事中だろうに…」

小町「まあ、ノルマはあと少しで終わるし…」

庭渡「そんなんだから閻魔様に怒られるんですよ。」

小町「面目ねぇ…」

ミチル「まあ、互いに頑張ろうじゃないか。」

小町「…はい。」

庭渡「じゃあ、私は久々に家周辺でのんびりしてますね。」


ーーー是非曲直庁・電気地獄


ミチル「…退屈だのぅ…」ビリビリビリ…(電気椅子等充電中)


誰か来る?
直下
1.えいきさま!
2.へかちゃん!
3.其の他いい案があれば…


今考えると鬼形獣含めても地獄組って割と人少ないね


234以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/21(月) 09:31:22.15G94Gy2TU0 (1/1)

1えーきっき


235>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/10/27(日) 10:28:57.31lbzX2IwQO (1/1)

おまたせ
スマホから失礼します


1.えいきさま


映姫「なんかミチルさんが仕事してるの見るの久しぶりな気がしますね。」

ミチル「あぁ、映姫殿か。」

映姫「ええ。約束通りカツ丼の差し入れに…」

ミチル「…まさか本当にカツ丼を持ってきたのか?」

映姫「流石に冗談です。その代わり甘味を少し持ってきました。」

ミチル「ならよかった。ありがとう。丁度甘いものが口にしたいと思ってたところだ。」


映姫様と話すことすること
↓1-3



236以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/27(日) 14:49:47.46z+CWnW40O (1/1)

ミチル
昔と比べ最近よく私のところを訪れていないか?


237以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/27(日) 20:39:15.08cFNYsB5Fo (1/1)

映姫「いいじゃないですか、ここに来てから一緒の職場で働いてるのですから」


238以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/10/27(日) 21:03:50.813/hNtswuO (1/1)

ミチル:私の事が好きなのか?なんてな


239>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/11/05(火) 02:37:56.96m4JQSUoR0 (1/1)

おまたせ。

・昔と比べ最近よく私のところを訪れていないか?
・映姫「いいじゃないですか、ここに来てから一緒の職場で働いてるのですから」
・ミチル:私の事が好きなのか?なんてな


ミチル「…昔と比べ、最近よく私のところに訪れてないか?」

映姫「そうですか?
   あんまり自覚ないですけど。」

ミチル「頻度が上がってるというより一緒にいる時間が長くなったといったほうがいいな。
  私のことが好きなのか?…なんて」

映姫「な、なな何を言ってるんですか!
   思ってもない事口にしないでください!!//」

ミチル「えっあ、悪い…そこまで癪に障るとは…」

映姫「…まあいいでしょう。
   しかし、是非曲直庁で一緒の同期で幾重にも辛酸を舐め、七難八苦を越え、艱難辛苦の果て、
   この閻魔と鬼神長という役職で、さらに同じ部署の配属に落ち着いたんですから。
   少しくらい仲良くなってもいいと思いませんか?」

ミチル「ここまで来るのにそこまで苦労したか…?
  そもそも悪いとは…」

映姫「なんなんですか?それなら私がいると邪魔ですか?」

ミチル「いや、そういうわけではないが…。
  …なんで怒ってるんだ?」

映姫「怒ってなどいません。」

ミチル「…本当にか?」

映姫「閻魔に誓って。」

ミチル「誓い放題じゃないか…」

映姫「とにかく、私が来たいから来たんです。
   これに是も非もありません。」

ミチル「そうか…
  また来てくれるとありがたいな。」

映姫「今後の行い次第ですかね。」


昼1行動
直下
1.おさんぽへ
2.ここへ(指定)
3.エーきっきと!
4.是非曲直庁にいる
5.其の他いい案があれば…


240以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/05(火) 06:29:38.15UJTAfY3/0 (1/1)

3で!


241>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/11/13(水) 22:02:02.96kyWBHXRA0 (1/1)

おまたせ。

3.えーきっきと!


映姫「まだ充電終わらないんですか?」

ミチル「容量が割とあるから時間がかかるんだ。」

映姫「充電って意外と長い時間拘束されるんですね。
   知りませんでしたよ。」

ミチル「そうだな。
  だからこそこうして話し相手がいるというのはとてもありがたいのだ。」

映姫「そ、それはよかったです。
   私も今日分の仕事は今のところは終わってますから、話し相手になら喜んでなりますよ。」

ミチル「といっても、突発の裁判も最近多いだろう?
  小鬼や見習いの閻魔達が呼びに来るとき苦労するんじゃないか?
  特に見習いなんかは電気地獄にいるとは思わんだろう。」

映姫「その時はその時です。
   庁内放送で呼ばれれば即座に行きますよ。」


えいきっきと話すことすること
↓1-3


242以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/13(水) 22:07:05.487JOf3Xq5O (1/1)

今度一緒に呑みに行きませんか?


243以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/13(水) 22:22:10.18VtRKHVvXo (1/1)

地獄に連行されたときは不満たらたらだったが映姫と出逢えて良かったと今は思っている


244以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/14(木) 18:32:44.75y2elxt6LO (1/1)

映姫との初対面時の昔話を


245>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/11/24(日) 22:42:12.06vINgmxU00 (1/1)

おまたせ。
春例大祭ちょっと遠くない?

・今度一緒に呑み行きませんか?
・地獄に連行されたときは不満たらたらだったが映姫と出逢えて良かったと今は思っている
・映姫様と初対面の昔話を


ミチル「しかし…是非曲直庁に来てから随分と経ったな。」

映姫「そうですね。
   正確な年数は覚えてませんが、数百年か数千年はたったでしょうね。

ミチル「思えば色々あったな。
  特に映姫殿とは。」

映姫「同期同部署配属なのにすこぶる仲悪かったですからね。
   一番最初のころは。」

ミチル「あの頃は本当に荒れていたからな。
  何にでも反抗した買ったんだ。
  それと、映姫殿の真面目な姿勢が…羨ましかったと同時に鬱陶しかったんだろう。
  今はそんなこと思ってもないけどな。」

映姫「私もあなたが大の嫌いでしたからお互いさまでしょう。」

ミチル「初対面時もヘカーティアに対して敬語使えとか態度が大きいなんか言われてたしな。」

映姫「そりゃそうでしょう。
   今から働くところの一番偉い神様が目の前にいるのに「敬う」の「う」の字もないんですから。
   私じゃなくても怒るのは無理ないと思いますけど。」

ミチル「今考えてみればな。
  当時はそんなこと微塵も感じなかったんだから仕方ない。
  今でもこんな感じだしな。」

映姫「まあ…今はもういいですよ。
   敬語を使っていなくても相手への敬意は見て取れますから。
   もう敬語をどうこう言っても治らないことは身に沁みました。」

ミチル「これは手厳しい。」


ミチル「それと、仕事始めてから電気地獄の作業分担をし始めた辺りは毎日のように数時間口論してた、
  なんてこともあったな。」

映姫「ありましたね。そんなこと。
   今みたいにミチルさんが事務をやってほかの電気地獄の小鬼達や見習いは実務に徹する。
   それまでのやり方やほかの地獄とは何一つ勝手が違いましたから。
   考えてみれば私もあんなに反論する必要もなかったですのにね。」

ミチル「まあ、私もムキになって反論し返していたからな。
  あれも今となってはいい思い出だ。」

映姫「私も違う物の見方というのが見えましたから、結果的にはよかったと思いますよ。
   あの時口論して。」

ミチル「…こうやってたまに昔話をするのもいいな。」

映姫「ですね。
   何なら今度一緒に呑みにでも行きますか?
   昔話をするならお酒入ってたほうが話しやすいですし。」

ミチル「…それはいいが、あんまり飲みすぎるなよ?
  温泉での出来事忘れちゃいないよな。」

映姫「あ、あれは不可抗力ですよ!
   あれは呑まされただけですから…
   自分で飲むときは節度守りますよ!」

ミチル「ならいいが…」


昼2行動
直下
1.おさんぽへ
2.ここへ(指定)
3.エーきっきと!
4.是非曲直庁にいる
5.其の他いい案があれば…


246以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/24(日) 23:09:29.52iyouvLx2o (1/1)

4


247以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/11/30(土) 22:44:15.051LVL1UOm0 (1/1)

               |\             |\
                 \        |
               |::.   \         |    \
               |` :.   }       |   :.  }
               |  ::.            |   ::  }
               ! _j」;,,_/      ! ..:::  /
               r'´   ,:`ヽ _,.  -‐ァ…‐‐-=ミ、
          / 、_j /.:: : :}:::::::::::/.:::......,.-‐=メヘ、
          {___r朮:: : ;____}:::::/.:::::::::/:::::::: ::::::::::::::..
          ⅴ/ |i|:: ::‐-/:::/.::::::::::::/::::::::::/: ::::::::::::::::::.
          //、::|i|__、/:::/.::::::::::::/::::::::::::| : :::::::::::::|:::::::.
            // / :|i|:/ ::::::/.::::::::::::〈::::::::::::/|_::::::::::::|:::::::::.
         〈/ 〈_j」|: \.′ : :::::::::::「 ̄   \ \__|:::::::::i
         /  ,i  :|:::::: |    ::::::::::|ァ=竿ミ、_    |\:: |
        '  / |  :|:::、:| |_____|、 〈 丿`  ,∠フ::::::|┘
       〈  ∥    |\`|   ::::::::| _y'´```   {_丿`|::::|
          \|{  |  :|\」|   ::::::::|_「~       \:::::|::::|
          \|  :|:::::: |   ::::::::|       /:::/``| /)
               \__|\/\| i :::::::|\   ´’ ..::::::/   //_ -‐‐‐ 、
          /``てV   |_|_ :::::|/|h、 _/::::::/   |{ [/ ̄\|
       / ̄````  `'+、  `\|  |ノ/:::::/:::::/    、\|  0 0 |
     _r‐/⌒/⌒゙/⌒^/゙\ `'+、 〈\  \/:::::/      \   o  |、
   _/___/___/____/____,/____/,_   `'+、_〕ニミ,_ ``〈         |  ⊂ニニ\
  /“ ”/“”/“ ”/“ ”/“ “/ム}``ヽ、 { {-‐o oマi         |  └‐‐┐ ゙、
. /   /  /   /   /   /辷廴j朮``{ L. . o. ‘|k,         |  ⊂ニニ、 }
 {_韭_|_韭|_韭」_韭_|_韭_|ノ|~ //i| |``{‐- . . . . |㏍         |  ⊂ニ、′ ′
 |   !   !  {   l   | | 〈_| j|_| 人. . . . . ノ)hk           {__/}
 |   !   !  {   l   | |___」_||_|__{  i=‐-くノ Wハ       '     {_, !
 {_韭_|_韭|_韭」_韭_|_韭_|`(“ “l~ ~l { /rf朮h ハiノ\   /-‐‐‐‐--、|辷_}
 |   !   !  {   l   | `、 ! | ∨人}i|il| V::::|   }____{/ ̄ ̄\/ ̄ {
 |   !   !  {   l   |  i_」_n_|__n_|_}」_j;;j;j::::|-‐ ´ / |        |、  {
 {_韭_|_韭|_韭」_韭_|_韭_l  / ! ~ | ~ |  }:|::|::|:l::::|   |\|        | \/
 /" " "  " " ,,厶、」_n_|__n_|_}」;;|::|:l::::| \/ /      / /〉
 \           '⌒\   } |“~“|㏍}k氷「|{「|   {/       /'´/



248>>1 ◆WIBvPkoLlg2019/12/01(日) 23:46:51.01Nd0+WOe90 (1/1)

おまたせ。

>>247
いい磨弓ちゃんだぁ…


4.是非曲直庁


ミチル「…よし、充電終わったぞ。」

映姫「長かったですね…午後の大半を充電に持ってかれましたよ…」

ミチル「長ら充電に関しては放置だったからな。
  まあ、これでまたしばらくは大丈夫だろう。」

映姫「それならよかったです。
   それじゃあ、私は幻想郷の見回りにでも行きましょうかね。」

ミチル「…また休憩時間にか?」

映姫「いえ?これはちゃんとした仕事内容としてですが。」

ミチル「…つまりは仕事と休憩と分けて見回りしてると?」

映姫「まあ、そうなりますかね。
   今日の休憩はミチルさんに付き合っててつぶれちゃいましたし。」

ミチル「おぉ…それは済まないことをした。」

映姫「別にいいですよ。久々に昔話ができましたしね。
   いい休憩時間でしたよ。」



ミチル「…さて、あまり外に出る気分でもなし。
  どうしたものかな。」


是非曲直庁で会う人
直下
1.ヘカちゃん
2.其の他いい案があれば…


いやね?この日映姫様も小町も庭渡ちゃんも会ってるから地獄組思いつかないのよね?
理由があれば…まあ、大抵の接点あるキャラなら…


249以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/01(日) 23:49:40.80nqoKhOTho (1/1)

1ヘカ様に会おう


250 ◆WIBvPkoLlg2019/12/07(土) 08:25:44.46E+iRi/i/0 (1/1)

おまたせ
リリースしてしばらく経ちましたが、キャノンボールどうでしたか?
私にはあいませんでした



1.ヘカ様に会う


ヘカ「ミチルく~ん。今空いてる?」

ミチル「どうした?何か込み入った話か?」

ヘカ「いやいや。大事な用なら流石に呼び出すわよ。」

ミチル「…暇だから付き合えと?」

ヘカ「ふふ~ん♪察しが良くて助かるわねん♪
   この部署じゃ…というか、地獄内で気軽に話せるのそうそういなくてね。
   手っ取り早く暇をつぶせるここに来たわ。」

ミチル「いやまあ、来るのは構わないが…
  もし私が仕事だったらどうしていたんだ?」

ヘカ「仕事終わるまでゴロゴロしてたわよ。」

ミチル「結局居座ることには変わりないのだな。」

ヘカ「だってミチル君有能だから話ながらでも仕事こなしてくれるし。」

ミチル「まあいい。
  菓子なら…多分そこらへんにあるから勝手に食ってくれ。
  茶は今出す。」

ヘカ「さっすが気が利くわねん♪」



ヘカ様と何話す何する?
↓1-3


251以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/07(土) 10:27:54.17JZb2y2vV0 (1/1)

最近調子どうよ?


252以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/07(土) 12:38:02.26ce4WlVUfo (1/1)

ヘカ
ここに力づくで連れてきた時は、あんなじゃじゃ馬だったのに落ち着いたものねぇ


253以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/07(土) 15:30:38.38/f0nMs+y0 (1/1)

あんなにいがみ合ってたのに最近は映姫と急接近してるんじゃない?

キャノンボールはやってないなぁ


254以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/07(土) 16:55:59.31Rdy2BtgU0 (1/2)

キャノンボールだとパチュリーが紅魔館のメンバーにひどい言われようだったな


255以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/07(土) 17:08:49.86Rdy2BtgU0 (2/2)
256以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/07(土) 19:57:32.64O3KIO6tJO (1/1)

おぜうやフラン辺りに軽口みたいに言われるならともかく、よりによって美鈴にこんな風に言わせるとかキャノンボールほんとふざけんなや……


257以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/08(日) 00:29:25.00Z6XMtiHm0 (1/1)

まあ公認されてるだけの二次創作だしね


258 ◆WIBvPkoLlg2019/12/18(水) 12:22:00.263CFZn6j20 (1/1)

おまたせ。
キャノボに関して
二次創作だと割り切れば別にストーリーやらはいいと思うんですよ。
んなこと言ったら私だってほぼオリジナルの世界観で話書いてるわけだし。
ただ、僕はあのゲーム性は会わなかった。
今後椛がピックアップで出るまで起動しません(鋼の意思)



・最近調子どうよ?
・ヘカ「ここに力づくで連れてきた時は、あんなじゃじゃ馬だったのに落ち着いたものねぇ 」
・あんなにいがみ合ってたのに最近は映姫と急接近してるんじゃない?


ヘカ「ねえねえミチル君。
   最近どう?」

ミチル「最近といわれてもなぁ…j
  質問の仕方が大雑把すぎるだろ。
  どの範囲に向けての話だ。」

ヘカ「ほら、仕事~とか、人付き合い~とか色々あるじゃない。
   最近そういうのどうよ?ってこと。」

ミチル「…特に変わったことなんてないぞ?」

ヘカ「わかったわ。質問を変えましょう。
   映姫ちゃんとはどう?
   昔こそあんなにいがみ合ってたのに、最近は仲良さそうにしてるじゃない。」

ミチル「映姫殿とか…そうだな。
  昔の仲が悪かった時期と比べればお互いを随分と理解ができるようになってはいるな。
  どれもいい思い出だ。」

ヘカ「へぇ?やっぱりそこまで変わったのは映姫ちゃんの力が大きいのかしら?」

ミチル「そうだなぁ。すべてというわけではないが、大きく変われた要因は映姫殿にもあるだろうな。
  それと、部署のみんなやヘカーティアの力もあるぞ。」

ヘカ「力づくでここに連れてきたときはあんなにじゃじゃ馬で言うこと聞かなかったのに落ち着いたものね。
   やっとのことさ鬼神長になってくれたと思ったら労働体制の方向性を勝手に改革し始めちゃうし…
   ミチル君のせいで…というかおかげで?ここだけほかの部署とはルールやらがまるで違うんだから。」

ミチル「私は私がいいと思ったことを提案しただけ。
  もっと言えば少しでも私が楽をしたかっただけだ。」

ヘカ「何言ってんのよ。自分だけじゃなく部署全体のこと考えて調整したくせに。
   私と当時の鬼神長長が連れてきたとはいえ、あの時は素直に感心したわよ。」

ミチル「気に入ってくれたようならよかった。」

ヘカ「何はともあれ、これからもよろしくね。」

ミチル「言われんでもやるぞ。」

ヘカ「ならよかったわ。期待してるわよ。」



夕行動
直下
1.おさんぽへ
2.ここへ(指定)
3.\ ヘッカチャーン /
4.是非曲直庁にいる
5.其の他いい案があれば…


259以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/18(水) 12:52:31.928xi2Er6Oo (1/1)

3


260 ◆WIBvPkoLlg2019/12/23(月) 01:25:03.23Sr+9LeyI0 (1/1)

おまたせ。


3.ヘッカチャーン


ミチル「…前も聞いたが、こんなところで油売ってていいのか?
  ヘカーティア自身が三人いるとはいえ、やることくらいあるんじゃないか?」

ヘカ「心配してくれるのはうれしいけど、生憎今私がやることはないのよ。
   まあ、やることあったらここにはいないわよん。」

ミチル「ならいいが…」

ヘカ「あ、邪魔ならいつでも言ってよ?
   かわいい部下に嫌われたくないから。」

ミチル「いやいや、邪魔だなんて微塵も思ってはないさ。
  好きなだけいてくれていいぞ。」

ヘカ「…事務所ここに移そうかしら?」

ミチル「それは流石にやめてくれ。」


へかちゃんと話すことすること
↓1-3}


261以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/23(月) 01:26:50.77lAk137dEo (1/1)

貴方は本当に好かれてるわね…この私にもチャンスはあるかしら


262以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/23(月) 02:00:13.731eneR4oVo (1/1)

女神は恋愛話が好きなのよん
お酒が入ればペラペラ喋ってくれるかしら


263以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/23(月) 18:05:20.76gBBygHG3O (1/1)

ねぇ、お姫様抱っこしてくれる?(ヘカ様)


264以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/30(月) 23:57:34.09oS3LGI3t0 (1/1)

キャノンボールの限定衣装が


265 ◆WIBvPkoLlg2019/12/31(火) 03:35:24.74+bn40IQa0 (1/2)

おまたせ。

>>264
影狼ちゃんはかわいいと思った(小並感)


・貴方は本当に好かれてるわね…この私にもチャンスはあるかしら
・女神は恋愛話が好きなのよん
 お酒が入ればペラペラ喋ってくれるかしら
・ねぇ、お姫様抱っこしてくれる?(ヘカ様)


ヘカ「それにしても、あなた本当にいろんな人に好かれてるわよねぇ。」

ミチル「きゅ、急にどうした!?」

ヘカ「どうって、最近いろんな噂効くから。
   女神は恋愛話が好きなのよん?
   それで、どうなのよ。お酒でも入ればペラペラしゃべってくれるかしら?」

ミチル「確かに仲が悪い人はあまりいないとは思うが…
  そこまで好かれているのか?」

ヘカ「はぁ~この鈍感男は本当に…
   それとも、あえて気づかないふりをしているのかしら?」

ミチル「……神子にも同じようなことを言われたが…
  …正直昔のこともあってか無意識にそういうものを抑制しているのかもしれないな。」

ヘカ「へぇ意外。てっきり真っ向から否定してくると思ってたのに。」

ミチル「そこかしこからモテるだのなんだの言われ、意味深なことを言われる日々。
  流石に少しは意識せざるを得ないさ。
  未だに私自身のどこにそこまでの魅力があるのかはわからんのだがな。」

ヘカ「自覚してるなら少しはそれっぽく振舞ったらどうなのよ…
   …といっても全然そんなの想像できないけどね。
   どこまで言っても初心だし。」

ミチル「そ、そういうな…私だって少しは直そうと思って足りはするんだぞ…
  冗談とそうじゃないのを見極められるほどには…」


266 ◆WIBvPkoLlg2019/12/31(火) 03:35:51.27+bn40IQa0 (2/2)

ヘカ「じゃ、少し慣れの練習しましょうか。」

ミチル「慣れ?練習?」

ヘカ「そ。流石に将来そのままじゃ送り出すこっちも恥ずかしいわよん。
   私なら幾分か気が楽でしょ?」

ミチル「そりゃまあ…そうだが…」

ヘカ「わかったら早速…」

ミチル「…うむ。」

ヘカ「えー…コホン……
   ねえ、お姫様抱っこしてくれる?」(ちょっと甘え声)

ミチル「!?」

ヘカ「……何よ。
   ちょっと雰囲気出してたほうが慣れるかと思ったのよ。
   気に入らないなら素に戻るけど。」

ミチル「…いや…別に嫌ではないが…」

ヘカ「…い、嫌じゃないのね。じゃあいいじゃない。
   ほら、さくっと済ませなさい。」

ミチル「じゃ…じゃあ失礼して……よいしょ…」←みすちーの件で感覚が少し麻痺してる

ヘカ「きゃっ…」

ミチル「…きゅ、急に変な声出すな……//」

ヘカ「ご、ごめんなさいね。私もこんなことされるの初めてだから…//」
  (あ~…顔が近い…ミチル君、普通にイケメンなのよねぇ…
   私にもチャンスないかしら…)

ミチル「そ…そうか…
  すまんな私のために。」

ヘカ「いいのよ。気にしないで。
   それより重くない?」

ミチル「そりゃ人並みの重さはあるだろうが…
  逆に軽かったら心配するぞ。」

ヘカ「そ、そう。ありがと。
   …それで?多少は慣れそうかしら?」

ミチル「……正直、わからん…」

ヘカ「そうよねぇ。少しこうしてただけじゃ慣れたかどうかなんてわからないわよねぇ。
   やっぱりこういうのって場数よねぇ。」

ミチル「ば…場数…」

ヘカ「別に合コン行けっていうわけじゃないけど、
   恋愛関係やら初心さやらでいじられてるうちはいじられ倒されなさいな。
   多少なれるかもしれないから。」

ミチル「…う、うむぅ…」

ヘカ(…プロポーションは多少気にしてはいるけど…ずっとこの状態で本当に重くないのかしら…?
   少しこっちのほうが恥ずかしくなってきたわよん…//)



夜行動
直下
1.お散歩へGO!
2.ここ(指定)
3.へっかちゃんと
4.是非曲直庁
5.其の他いい案があれば…


267以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/12/31(火) 08:40:05.471UHV6lhHo (1/1)

3
もう少しへかちゃんと


268以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/01(水) 12:01:47.378cPSn6tE0 (1/1)

あけおめ!ことよろ!


269 ◆WIBvPkoLlg2020/01/08(水) 02:11:46.599AkRc/hZ0 (1/1)

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます
今年も何卒よろしくお願い申し上げます

令和2年はナズ年ですね
正月前後は色々忙しくてすまねぇ
今日からまた不定期更新していきます



3.もう少しへっかちゃんと




ヘカ「…そろそろ降ろしてもいいわよん//」

ミチル「そ、そうだな。」

ヘカ「ふぅ…
   …もう少しいさせてもらうわよ。」

ミチル「私はいいが…だ色々大丈夫なのか?」

ヘカ「大丈夫よ。問題ないわ。」
  (今こんな顔で外出たら何か疑われかねないわよん…)



ヘカちゃんと話すことすること
↓1-3


270以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/08(水) 16:35:04.47/y4W5SzR0 (1/1)

話題の電気マッサージを体験したいと言い出す


271以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/08(水) 17:03:42.706JcFM8qao (1/3)

ヘカ様「思えばここまで一緒にいるのは始めてねん」


272以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/08(水) 22:17:35.656JcFM8qao (2/3)

おもえば今の私…いやオレがいるのはヘカーティアのおかげかありがとうなヘカーティア
ただ、暴れきえるだけだったオレを見つけてくれて…本当にかんしゃしてるぜ


273以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/08(水) 22:18:22.976JcFM8qao (3/3)

ぎゃあ!無視で酔っぱらっててすいません!穴の中にはいりたいくらいはずかしい!最悪


274以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/09(木) 23:15:23.135JudUIutO (1/1)

なら>>272で


275 ◆WIBvPkoLlg2020/01/19(日) 22:41:07.28Sb5qrcWU0 (1/2)

おまたせ
正月明けって色々忙しいね


・話題の電気マッサージを体験したいと言い出す
・ヘカ様「思えばここまで一緒にいるのは始めてねん」
・おもえば今の私…いやオレがいるのはヘカーティアのおかげかありがとうなヘカーティア
 ただ、暴れきえるだけだったオレを見つけてくれて…本当にかんしゃしてるぜ

少しだけ、三個目のセリフ改変してます。
私の技量じゃ違和感なくそのままぶっこむのは難しかった…申し訳ねぇ…
感謝の意だけということで…


ヘカ「ここまでミチル君といたことなかったわねん。
   何年も一緒にいるのに、なんか新鮮だわ。」

ミチル「そうだなぁ。
  …本当にまだ帰らなくて平気か?」

ヘカ「大丈夫大丈夫。そこまでため込んでないから。ゆきみんじゃあるまいし。」

ミチル「なら…いいんだが。」

ヘカ「何度も言わせないでほしいわよん。
   心配してくれるのはうれしいんだけどね。」

ミチル「私はほかのヘカーティアの心配もしてるんだがなぁ…」

ヘカ「まあ…あの二人は…多分大丈夫よ。」

ミチル「何を根拠に…」

ヘカ「まあ、なにせ二人も『私』だから。大体はわかるわよん。
   ミチル君を拾った日も三人で行ったわけだしね。」

ミチル「そういえば今の私がいるのはヘカーティアのおかげだったなぁ。
   ただ暴れる私を…ほぼ半強制的にだが拾ってくれて。感謝してもしきれないな。」

ヘカ「よくそういう恥ずかしいことスラッといえるね。初心なのにね。
   まあ、そういうことならお礼の一つや二つ…そういえばさぁ?
   最近貴方の電気マッサージが是非曲直庁内で話題になってるじゃない?」

ミチル「話題に…?」

ヘカ「ええ。割と話題よ。
   なにせあの映姫ちゃんを堕としたマッサージだからね。」

ミチル「何を言っているんだ…」

ヘカ「ほら、少し前に映姫ちゃんの嬌声が聞こえてたってことあったじゃない?」

ミチル「だから、あれはだなぁ。」


276 ◆WIBvPkoLlg2020/01/19(日) 22:41:46.79Sb5qrcWU0 (2/2)

ヘカ「わかってるわよん。最後まで話を聞きなさいな。
   …で、電気地獄の小鬼達の証言でミチル君が定期的にマッサージしてくれるそうじゃない?
   それが気持ちいいって広まって少し話題になってるのよ。
   割とほかの地獄とかからもやってほしいって声が上がってるのよ。」

ミチル「私のことが私の知らないうちにそこまで話題になってるのか…
  まあいい。それで、それがどうかしたのか?」

ヘカ「そういえば私、
   ミチル君をここにいれてから一回もやってもらったことなかったなぁって思って。
   よかったらやってくれない?」

ミチル「まあいいが…映姫殿の件を知ってるなら、わかってるよな?」

ヘカ「望むところよ。
   何万年女神やってると思ってんのよ。」

ミチル「そうだな。
  じゃあ、早速始めるから力抜いてくれるか?
  力入れてたら最悪硬直してしばらく動かなくなるからな。」

ヘカ「わかったわよん。」

ミチル「じゃあ、行くぞ。」ビリッ

ヘカ「ひうぅっ!」

ミチル「…」

ヘカ「…」

ミチル「…おい。」

ヘカ「…へ、へぇ。意外と強いじゃない。」
  (予想してたより全然強かったわよん!?
   大丈夫かしらこれ…)


それからも、幾度となく嬌声を上げたヘカーティア。
これまた噂が広がるのはそう時間はかからなかった。


ヘカ「…あの…ごめんなさい…//」

ミチル「覚悟しとけって言ったよな?
  ちゃんと聞いてたか?」

ヘカ「はい…」

ミチル「また噂になるんだぞ?」

ヘカ「はい…すいません…」

ミチル「全く…また誤解の払拭をしなければならなく…」

ヘカ「あ、それについてはこっちでやっておくから安心していいわよん。
   あんまりミチル君に迷惑もかけれないし。」

ミチル「なら最初から…」

ヘカ「だって気持ちよかったんだもの…
   しょうがないじゃない…」


深夜行動
直下
1.お散歩へGO!
2.ここ(指定)
3.へっかちゃんと
4.是非曲直庁
5.其の他いい案があれば…


277以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/19(日) 22:44:36.90Qu72yZqmo (1/1)

2月


278 ◆WIBvPkoLlg2020/01/24(金) 00:17:31.78iwlSzsLe0 (1/2)

おまたせ
ちなまだイチガツ

ヘカちゃん元ネタだと処女神なんだね。
なんか意外


2.月


ヘカ「じゃあ…帰るわね…ミチル君…」

ミチル「…そこまで露骨に落ち込まんでもいいじゃないか。」

ヘカ「あれだけ大丈夫と豪語した手前、なんか…すっごい凹むわ…
   私も女神歴は長いけど、女としてまだまだだったってことねん…」
   (よく考えたら私、男経験ないし…処女だし…)

ミチル「…まあ、なんだ。先ほどは済まなかったな。
  あそこまで言うことはなかったな。」

ヘカ「多分ミチル君に怒られてなくても凹んでたわよん。」

ミチル「…また疲れたらいつでも来い。
  防音してあるとこでならマッサージもできるだろう。」

ヘカ「それはそれでまた別のうわさが…
   …まあいいわ。それじゃ、また会いましょ♪」

ミチル「…実はそんなに落ち込んでないだろう。」

ヘカ「落ち込んでるわよん。
   ただ、切り替えは早い方だと自負してるからね♪」


ミチル「さて、やることもなくなったし、外にでも出かけるとするか。
  そういえば今日は満月だと暦に書いてあったな。
  …行くか。月。」


―――月への連絡通路

~中略~

―――月の都


ミチル「幻想郷が満月の時、地球は新月のようになるのか…
  まあ、でも太陽と月の関係を考えればそうだな。」


誰と遭遇する?
直下
1.月に帰ってきたほうの兎
2.禍舌の女神
3.フェムトわかりやすく言うと須臾。須臾とは生き物が認識できない僅かな時(ry
4.八百万の神を降ろせる妹
5.ヘカーティア(月の姿)
6.其の他いい案があれば…


279以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/24(金) 00:22:25.94h/6KiIVyo (1/1)

3


280以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/24(金) 00:29:02.25kq6kD/8mo (1/2)

お姉ちゃんガンガンいきますな


281 ◆WIBvPkoLlg2020/01/24(金) 00:53:55.47iwlSzsLe0 (2/2)

3.とよひめおねえちゃん


豊姫「あっ!ミチル君~!」

ミチル「豊姫。昨日振りだな。」

豊姫「昨日はごめんね急に押しかけちゃって。
   あの後ちゃんと事情説明したら返してもらえたわよ。」

ミチル「ならよかった。」

豊姫「それで?今日は何の御用かしら?
   といっても、そこまで理由らしい理由は出てきそうにないけどね。」

ミチル「…まあ、その通りだが…強いていうなら満月だったから?」

豊姫「本当に理由ないのね…
   まあいいわ。昨日のお礼もしたいし。」

ミチル「別に礼なんて…」

豊姫「いいの!こういうのは素直に受け取っとくべきよ。」


豊姫と話すことすること
↓1-3


282以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/24(金) 01:02:47.89kq6kD/8mo (2/2)

豊姫「ミチルくん月がきれいですね?」


283以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/24(金) 01:06:41.83CC4pJPnsO (1/1)


その(城之内家の結婚)指輪とっても綺麗ね~
欲しいなぁ(チラッチラッ


284以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/24(金) 01:08:22.71z+6d4D/+O (1/1)

依姫がパルパルしながら現れる


285以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/01/30(木) 17:35:11.81NsoSUa5/0 (1/1)

【第9回東方ニコ童祭】ドロボー【夢をみる島】

東方うごメモまとめ




286 ◆WIBvPkoLlg2020/02/02(日) 23:59:27.93W2X70XmV0 (1/1)

おまたせ。


・豊姫「ミチルくん月がきれいですね?」
・豊姫「その(城之内家の結婚)指輪とっても綺麗ね~。欲しいなぁ。」(チラッチラッ
・依姫がパルパルしながら現れる


豊姫「ささっ!座って座って!」

ミチル「毎回来るたびに持て成してもらって悪いな。」

豊姫「いやいや、むしろいつもこんな場所に通しちゃって悪いわね。
   何も飾ってない客間よりはいいとは思うけど。」

ミチル「何を言うか。
  都を一望できるテラスに案内されて気を悪くするやつはいないだろう。」

豊姫「そう?ならよかったけど。
   …あら、前まで指輪なんてしてた?」

ミチル「あ~。これはだなぁ。」


かくかくしかじか


ミチル「…というわけで、永琳師匠が持ってくださってたんだ。
  せっかく母様や父様が残してくれたんだから変にどっかに置いたり、
  しまったりするよりは大切に身に着けてたほうがいいと思ってな。」

豊姫「へぇ。じゃあ、ペアであるんだ。」

ミチル「一応な。流石にもう一個は大切に持ってはいるが。」

豊姫「欲しいなぁ。その指輪。」(チラッチラッ

ミチル「…話聞いてたか?」

豊姫「わかってるわよ。
   ほんと冗談通じないんだから…
   …半分は冗談じゃないけどね。」


ミチル「それにしても、やはりここは煌びやかだな。
  幻想郷とはまるで違う景色を見れる。」

豊姫「こういうのは嫌い?」

ミチル「いや、いいではないか。
  幻想郷の儚げな明かりもいいと思うが、ここのような煌びやかなのも私は好きだぞ。」

豊姫「よかった。
   …ミチルくん、月がきれいですね?」

ミチル「なっ!?」

豊姫「あら、私何か変なこと言ったかしら?」

ミチル「…どういう意味か分かっていってるのか?」

豊姫「ええ、もちろん。
   地上の文豪はかつて外国の「愛してる」をそう訳したという話でしょう?
   私、意外かもしれないけど、割と地上のこと調べてるのよ?」

ミチル「そういうことじゃなくてだなぁ…」

豊姫「いいじゃない別に。今どうせサグと寄り戻す気ないんでしょう?
   特に誰も思い人いないなら、私も婚約レースに参戦しちゃおうかなって思って。」

ミチル「婚約…あのなぁ…」

豊姫「割と本気よ?
   何せ、貴方は最初に私に一番最初に出会って、私は最初に貴方に恋したんだもの。
   最近になってあの時の熱が再発しちゃってね。
   どう?そのとっても綺麗な指輪、本当に私に渡しちゃわない?」

ミチル「そ…それは…//」

豊姫「…ま、じっくり考えてくれて構わないわ。
   ミチル君の中でしっかりと答えが出るまではね。」

ミチル「…あ…あぁ……考えておく…//」


287 ◆WIBvPkoLlg2020/02/03(月) 00:00:01.55ZlSysp4j0 (1/2)

豊姫「ところで…」

依姫「……」パルパルパル

豊姫「依姫はそんなところで何してるのかしら?」

ミチル「…いたのか。
  全然気づかなかった。」

依姫「姉様だけ…姉様だけずるい…!
   私だって兄様とたくさんお話したいのに…!
   抜け駆けなんて!」

豊姫「(豊姫の中で何かがキレる音)
   へ~?抜け駆け?あらあら。そういうこと言っちゃうんだ。
   これに関しては依姫も推しが弱いのが悪いのではなくて?
   嫉妬してる暇があったらさっさと行動したらどうなのよ。」

依姫「なっ!そ、そんな!
   あれだけ応援してくれるって!」

豊姫「確かに応援するとは言ったけど、
   同時に私もこの件に関しては容赦しないって言ったわよね?」

依姫「…グスン…」

ミチル「…あ~…喧嘩はやめろ。
  皆まで言わんでもいい。とりあえずやめろ。」

豊姫「…ごめんなさい。ちょっと頭に血が上っちゃったわ。
   依姫もごめんね。あんなに強く言う気はなかったの。カッとなっちゃったわ。」

依姫「…はい……ごめんなさい……」


これから好感度&リザルトだけど、先に早朝行動を決めましょう。
早朝行動
直下
1.おさんぽ
2.ここここここ(指定)
3.豊依姫と
4.つきのみやこへ
5.其の他いい案があれば…


良い姉妹仲ですね!


288以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 00:12:33.297tUeqTb7o (1/2)

3


289以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 01:06:31.44uG91vERM0 (1/1)

好感度20にならないと最終日に結婚できないんだっけ


290 ◆WIBvPkoLlg2020/02/03(月) 05:01:47.01ZlSysp4j0 (2/2)

>>289
そうですねぇ。
一応好感度20の人が少なければ上位数人とかにしますけど、
基本的には20の人限定…と考えています。
ちなみに、今好感度20行ってる人々は次の次の好感度判定で豊姫が20になることが確定しているので、

妹紅(1000年来の親友)
ミスティア(夜の女将)
映姫(是非曲直庁の同僚)
クラウンピース(上司の部下)
豊姫(八日目終わりの好感度判定で20確定)

五人となっています
次点で高いのが

妖忌18
神子17
ドレ16
紫苑14
依姫14
サニー14

となっております

今回の件に限った話じゃないですが、何か意見でも提案でもあれば日ごろから募集してるんで、
いつでもお申し付けください。



―――ほんへ


3.豊依姫と!



その前に好感度判定


好感度上昇判定

一日の終わりに好感度の上がりそうなことをした人に指定したコンマ÷3(端数切り上げ)の好感度が上がります。
ただしこの判定での1は 0、0は 4、00は 5とします。(だから上がるのは実質コンマ2以上から)
基準は>>1が『これは上がる(確信)』ってなったら。
コンマなんで、別に連投しようが指定数埋まれば構わないです。
パパってやって終わらせてくだちぃ。


小町
直下
二回一緒にいた +2


庭渡
↓2
二回一緒にいた +2


ヘカ
↓3
二回一緒にいた +2


豊姫
↓4


依姫
↓5


291以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 07:24:19.25gzNJQLTS0 (1/1)

ホィ


292以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 08:06:44.797tUeqTb7o (2/2)




293以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 10:53:58.07b5XOCQtsO (1/1)

あい


294以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 10:54:45.78eJ3ABtiNO (1/1)

ほい


295以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/03(月) 11:50:14.27CiRQGlzp0 (1/1)

がい


296 ◆WIBvPkoLlg2020/02/04(火) 05:34:12.99etbWWtP70 (1/4)

おまたせ。

くたかが20まで行ったので、END圏内でございます(白目)
ていうか、今回判定やった人全然まだEND狙える範囲なんだよなぁ…
人たらし…(小声)


小町13「やっぱり、ミチル様が傍にいると安心感が違いますね!特に映姫様の前では。」(映姫様とは対照的な上司)
↓+2+2
小町17「へぇ~。ミチル様にもそういう恋愛の感情があったんですね。私も立候補…いや、無理か。」(映姫様とは対照的な上司)


庭渡15「誰よりも長くミチル様の直属の部下やってるんですからね!」(ミチルの初めての直属の部下)
↓+3+2
庭渡20「私もロマンチックな恋…み…ミチル様と…!?いやいや…でも…」(上司なのに意識しちゃった)


ヘカ11「相変わらずで安心したわよん♪部下に甘くしすぎないようにね♪」(初心だけどとてもいい部下)
↓+3+2
ヘカ16「私も処女なのに変に見栄張っちゃったわねぇ…別にそういう仲でもないのに…//」(自分もさほど変わらないと思った)


豊姫18「私ったら…酔いに任せてなんてこと言ってんのかしら…//」(月に昇る前からの片思いだった幼馴染)
↓+3+2
豊姫20「数千年越しの恋、久々に燃えちゃったから容赦しないわよ♪」(片思い卒業したい)


依姫14「…サグメ様…羨ましすぎる…!」(パルパルパル…)
↓+3+2
依姫19「姉様まで敵だなんて…!私だって…私だって…!」(燃える闘志と恋心)


297 ◆WIBvPkoLlg2020/02/04(火) 05:35:00.37etbWWtP70 (2/4)

六代目貴方 現在ステータス
季節:春ですよ~


名前 城之内ミチル(じょうのうち みちる)
性別 男
種族 神
性格 義理人情に篤い性格若干涙もろい
年齢 7800
見た目 20歳
夢の中で不思議な扉を開き、目が覚めたら無縁塚にいた (最近)
住居 是非曲直庁
職業 鬼神長
能力 稲妻になる程度の能力
一人称 私
口調 あまり敬語を使わない尊大なしゃべり方(~だ、~だな)

家事上手で歌うま

筋力 5(まあ…平凡くらいかな。)
神力11(鬼神長の中では低いかも…)
幸運10(とってもいい方。)

お人好しで周りに利用された挙句、国津神だからといって天津神たちにつきにつれて行ってもらえなかった。
そのせいで一時期グレたり、力を過信しそこかしこで喧嘩を売っていた。
隠岐奈がたまたま匿ってくれて少しだけいい感じに…
この時代に親友だった神子を処女喪失寸前まで犯しそうになった前歴がある

サグメとはお互い思い合っていたが、天津神と国津神の間ではあってはならないことでありお互いが奥手のままであった
…というのは建前で、実は隠れて付き合っていた。
酔ったサグメに押し倒され、逆レに発展したのを皮切りになかなかにラブラブな隠れづきあいをしていた。
しかし地上と月に離ればなれになってしまい、永い歳月の果てにお互いが相手の思いは既に冷えてしまっているだろうと思い込み今に至る。
つまりミチルは非童貞

文から一度しつこく昔のことを聞かれ激怒。
逃走という追いかけっこに勝利した挙句黒焦げの焼き鳥になりかけ文からは本気で怖がられている。
文の『本当に怒らせてはいけないリスト』に鬼たちを差し置いて堂々の第一位で君臨している。

一般月兎にロミジュリのようなラブロマンスがなぜか伝説化されている。
サグメ、豊姫、依姫などから惚気を聞かされ続けてきた末路であり、
多分実際にはなかったことなどが尾ひれを引いている。

しかし、地上の調査などで荒れていたころの詳細を知っている月兎にはすっごい荒れていたのが知られている。
気に入らない者は連れ去り、雷で脳を焼かられるとかいう噂もたっている。

電子琵琶をもらい、引いてみたところプロ並み。
相当昔にやったことがある程度だったが、性に合っていたらしい。


持ち物

・城之内家の結婚指輪
城之内家に伝わる結婚指輪。
特に何か特殊なものがあるわけではないが、鍛冶の神様に作ってもらった希少な品


298 ◆WIBvPkoLlg2020/02/04(火) 05:35:28.23etbWWtP70 (3/4)

スペカ

 雷迅「祖は天穿つ業雷なり」
自身を一筋の紫電と化し超高速で縦横無尽に駆け巡りながら自機狙いの弾幕を放つスペル
最初は画面端を飛び、段々と内側へとせまってくる
(3ターンの間自身の最終値に+3、相手の最終値に-3
4ターン目に帯電状態となり、接近戦(ようは殴りに行くというか体当たり)となる。
ダメージを受けた場合、受けたダメージの1/3を跳ね返す)


 獄符「通天暴威」
上下画面端から渦状に弾を回収するダイソン弾幕の中、
四角い檻の如く現れる予告レーザーが弾を消すように設計されているスペル
クラウンピースのヘルイクリプスからヒントを得て「檻は罪人を封じると同時に罪人を不要な害から守るものでも在れ」という理念から作り上げた
ゆえに符名はクラピリスペクト
(3ターン相手の霊力-2)


 稲妻「アルギュロス・スパーク」
ゆうかりんの極太ビームを自分用に改良した、白い閃光を放ちながら直進する極太レーザー
簡潔に言えば電気タイプのマスタースパーク
ちなみに、アルギュロスとはギリシャ語で白銀を意味する。
(3ターン霊力+3)


 厳罰「天網恢恢、疏而不失」
鬼神長となってから編み出したスペル
画面右端から画面左端までの網状のレーザーを上から下へと迫り来る壁のように放つスペル
一見避けられなそうに見えるが実はランダムに一ヶ所だけ綻びがあり、そこからよけれる
罪人は焦ってしまい、綻びを見つけられず網に捕まり断罪される
(2ターン相手の霊力-4 and 3ターン目自分の霊力-3)


「遠き届かぬ眩き武雷」
太く眩きに身を変えて自機へと一直線に体当たり
直視する相手の視界全てを奪い、行動不能にするほどの輝きを放つ稲妻だが当たり判定は見た目とは大きく劣る
(2ターン相手の最終値に-5)




サグメ 13「まだ…覚えてくれていたのね…何だろう…嬉しいわ。」(昔の初恋相手)
ミスティ20「まさかミチルさんがあんなに初心だなんて…ちょっと興奮しちゃうわ♪」(常連だけの中ではなくなりそう)
霊夢11「うわ…本当にお札が入ってる…」(小さいころから見守られている)
幽々 4「う~ん…前よりは話しやすかったけど…まだ苦手ね…」
妹紅20「人類が滅ぶその時までか…随分と長い付き合いになりそうだな。」 (不老不死になりたての妹紅の面倒を見てた)
紫苑14「私と…そして女苑にかまってくれて本当に感謝してるわ。」
女苑 9「私を…こんな私を色眼鏡で見ず、嫌わないで構ってくれる人…今度こそ仲良くできるかな…」
ヘカ16「私も処女なのに変に見栄張っちゃったわねぇ…別にそういう仲でもないのに…//」(自分もさほど変わらないと思った)
映姫20「はぁ…また飲んでしまった…だけど…そのおかげで少し積極的になれましたかね…//」(腐れ縁…だけじゃない)
小町17「へぇ~。ミチル様にもそういう恋愛の感情があったんですね。私も立候補…いや、無理か。」(映姫様とは対照的な上司)
ナズ 6「君は物欲というものが無いのか…あんな珍しいものをご主人にあげるなんて…」(旧知)
星  4「…一応、関係改善には努めますけど…」(まだ警戒)
豊姫20「数千年越しの恋、久々に燃えちゃったから容赦しないわよ♪」(片思い卒業したい)
依姫19「姉様まで敵だなんて…!私だって…私だって…!」(燃える闘志と恋心)
サニー 14「おまんじゅうおいしかったわ!また来てね!」(餌付け済み)
ルナ10「ミチルさんの膝の上は暖かいわ。またのせて頂戴ね。」(幼馴染)
スター 4「ルナの友達とか言ってたけど…そ、そんなお菓子なんかじゃ釣られないんだからね!」(餌付け失敗)
クラピ20「あ~あ…みっちー様ともっと一緒に居れたらいいのになぁ。」(一緒にいたい)
幽香11「あらら…負けちゃった。でも、次は負けないわよ。」(強敵と書いて友と呼ぶ)
妖夢 3「うぅ…ごめんなさい…これからは気を付けます…」(誤解解消)
妖忌18「妖夢に襲われているときのは見ものだったぞ。次は飲みながらゆっくり喧嘩でもしようじゃないか。」(昔からの飲み友達)
文  4「…ほ、本当に怒ってないのでしょうか…?」(多少恐怖は和らいだもののまだ警戒中)
慧音 3「初対面であんな態度…すまなかった。」(悪い人ではないことがわかり反省)
鈴瑚12「やっぱり伝説通り、素敵なお方です。懐も広いし、あんなの惚れないほうがおかしいじゃないですか。」(伝説が目の前に)
清蘭 9「なんだ。伝説通りすっごいいい人じゃない。心配して損したわ。」(荒れてたのは昔の話と割り切る)
鈴仙11「師匠があれだけ誉めてた理由がわかった気がします!本当に尊敬すべきお方です!」(尊敬する兄弟子)
永琳 7「ミチル…私のかわいい一番弟子。地上に降りてからもそんなに会ってないからまた会いたいわね。」(一番弟子)
ルナサ 6「イジりがいはあるわ。琴も使ってあげてくださいね。」(相変わらず映姫様贔屓派)
メルラン 4「そうね~。思ったより固くなさそうで安心したわ~♪」(苦手ではなくなった)
リリカ 8「歌じゃなくてもいろいろできるんだね。また一緒にセッションしよう。」(歌も琴もうまい人)
ドレ16「相変わらず初心ですねぇ…それはさておき、枕、安くしときますよ。」(親友)
さと 6「へぇ…意外と面白い人かもしれませんね。また会いに来たら色々と掘り起こさせてくださいね。」(サドり様)
おき12「相手が決まらなければ…昔みたいに…//」(プラトニックな関係)
青娥 3「…噂で聞いてたより安全そうなやつだったわね…でも、できれば出会いたくないわ。」(天敵も天敵)
神子17「あれもこれも懐かしい。私としては優しくて初心な君も好きだよ。」(荒れミチル時代からの親友)
輝夜11「…ふふふっ。負けたのは悔しいけど、ミチル兄のうれしそうな顔が見れてよかったわ。」(兄のように慕ってる)
庭渡20「私もロマンチックな恋…み…ミチル様と…!?いやいや…でも…」(上司なのに意識しちゃった)


299 ◆WIBvPkoLlg2020/02/04(火) 05:48:50.11etbWWtP70 (4/4)

>>204でも言ってますが、何もなければ十日目の終わりに強制ヒロインレースです
追い込み時ですね


==八日目==


豊姫「…」ニッコリ

依姫「…」ムスッ

ミチル「……」
  (なんだこの空気…
   今にも何かが破裂しそうな…)

豊依「ねえ、ミチル君(兄様)」

依姫「…姉様から先にどうぞ。」

豊姫「いえ、お姉ちゃんとして先に譲るわ。」

依姫「…」ムスッ

豊姫「…」ニッコリ

ミチル「…あ~…お前たち、そんな仲悪かったか…?」

依姫「いえ、兄様。普段は仲は良い方だと思ってますよ。」

豊姫「そう、普段ならね。
   ただ…今回は私は引く気にはなれないから。」

依姫「そんなの私だって同じですよ。」

ミチル「…そうか。」
  (なんだかんだ息は合っているのか…。)


とより姫と話すこと、すること
↓1-3


300以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/04(火) 09:44:20.841bpWsZbYo (1/1)

依姫「兄様のことを、その、名前でよんでもいいでしゅか?////」


301以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/04(火) 10:00:44.265dntoypJO (1/1)

対抗する豊姫がミチルにこれ見よがしに抱きつく


302以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/04(火) 16:28:57.46FmYil22E0 (1/1)

二人の頭を撫でる


303以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/11(火) 21:27:00.45pTT3QTE10 (1/1)

ん・・・?隠岐奈がいないような・・・?
気のせいか・・・?


304以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/12(水) 12:36:41.722s4MOMx90 (1/1)

>>303の者
いたわ。気のせいだった。失礼しました。


305 ◆WIBvPkoLlg2020/02/13(木) 03:54:35.94qI2Iye720 (1/2)

おまたせ。
バレンタインの時期ですね(半ギレ)
僕はきっと誰からももらえないでしょう


>>303-304
申し訳ねぇ…
多分ひらがなだからわかりづらかったんですよね…
漢字一発で出てこないので「おき」っていう表記になっています
増えてくるとどうしても見づらいけど、


・依姫「兄様のことを、その、名前でよんでもいいでしゅか?////」
・対抗する豊姫がミチルにこれ見よがしに抱きつく
・二人の頭を撫でる



依姫「…じゃあ、お言葉に甘えて私から。
   あの…兄様…//」

ミチル「お、おぅ。どうした。」

依姫「その…私もいつまでも子供ではいられないので…その…
   …名前で呼んでもいい…でしゅか……////」

ミチル「名前でか?いやまあ、それに関してはあだ名だろうが呼び捨てだろうが各々で適当に呼んでくれ。
  私を通しての許可は必要ないぞ。」

依姫「じゃ…じゃあ…
   …ミチル……くん……///」

ミチル「依姫からそう呼ばれると、なんか新鮮味があるな。」

依姫「…え、ぇへ…//」

豊姫「それじゃあ、私はダーリンって呼ばせていただくわね♪」ギュッ

ミチル「なっ!?」

依姫「ね、姉様っ!//」

豊姫「あら?好きに呼べって言ったのはミチル君よね?
   私はミチル君以外をダーリンって呼ぶ気はないから、別に問題ないのではなくて?」ギュー

ミチル「それはそうだが…//
  なんか…もう少し段階を踏んでだな…」

依姫「姉様!ちょっとみ…ミチルくん…//
 …との距離が近いんではないですか!?」

豊姫「別にいいじゃないの♪
   ねぇ?ミチル君?」

ミチル「昔はよくやられていたからなぁ…
  …私としてはいいのだが…やはりその…月日を置いてしまうと…恥ずかしいな…//」

豊姫「ふふん♪」ギュッ

依姫「そ、そんなっそのっ…は、破廉恥ですっ!
   そんなにその…胸をっ…押し付けて…!」

豊姫「…♪」

依姫「…」


306 ◆WIBvPkoLlg2020/02/13(木) 03:55:02.93qI2Iye720 (2/2)

ミチル「…はぁ。
  依姫、一回こっち来い。豊姫も一回離れてくれ。」

豊姫「あら、どうしたの?」

依姫「…はい。」

ミチル「あのな。」ダブルナデナナデ

豊姫「…うふふっ♪」

依姫「ひゃぅっ!//」

ミチル「あんまり喧嘩しないでくれ。
  私はお前たちが仲の悪そうにしてるのが辛い。」ナデナデ

豊姫「…善処するわ。」

依姫「…がんばります。」

ミチル「ありがとうな。」



朝1行動
直下
1.おさんぽ
2.ここここここ(指定)
3.豊依姫と
4.つきのみやこへ
5.其の他いい案があれば…


307以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/13(木) 10:24:19.08IhaM4cowO (1/1)

さぐめんち


308以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/13(木) 17:44:05.46c9aJ6HI50 (1/1)

スペルバブルが面白い


309 ◆WIBvPkoLlg2020/02/21(金) 09:27:24.882eDp4KiW0 (1/1)

おまたせ

>>308
スペルバブル、めっちゃ面白そうだけどパズル苦手なんねんなぁ…


2.サグメのおうち

ミチル「さて…私はそろそろ行くぞ。」

豊姫「あら、もういっちゃうの?」

ミチル「ああ。少し行きたいところもあるしな。」

依姫「…また近いうちに来てくださいね。」

豊姫「…てっきり引き留めるものだと思ってたけど。」

依姫「予定があるなら呼び止めるのも悪いと思いましてね。」

ミチル「ありがとうな、依姫。」

豊姫「あ、行く前にちょっといい?
   耳貸して?」

ミチル「ん?」

豊姫「…サグちゃんの家は広間から一本入った白い屋根の家よ。」(小声)

ミチル「…すまない。」

豊姫「まあ、流石に他を蹴飛ばしてまでとはいかないしね♪
   サグちゃんによろしくお願いね。」(小声)

ミチル「ああ。伝えておく。」

依姫「?」


豊姫(…あれ?サグちゃんの家知らずどうやって会うつもりだったのかしら?)



―――サグメ宅


ミチル「ここでいいのか?
  …稀神…間違いないか。」


迫真チャイム「ピィィンポォォォン……」


サグメ「…はい……」

ミチル「おはよう。でいいのか?サグメ。」

サグメ「…!…なんで…?」

ミチル「家の場所は豊姫から聞いた。
  まあ…せっかく月へ来たのだから会いに来ようとな。」

サグメ「…嬉しい…上がって。
   ……お茶出すわ。」

ミチル「ありがとう。」



サグメと話すことすること
↓1-3


310以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/21(金) 18:03:58.85mTH47jvAO (1/1)

ミチル
今でも君との日々は黄金に輝く素晴らしいものだったと胸を張って言える


311以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/21(金) 19:24:50.34Utk4Fy+Lo (1/1)

押し倒す


312以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/22(土) 00:18:29.33S+GHhoVxo (1/1)

サグメ
元彼がモテモテで嬉しいかな悲しいかな


313以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/22(土) 19:08:10.94VH9bpTH70 (1/1)

サグメが迂闊にしゃべったらヤバイ


314 ◆WIBvPkoLlg2020/02/24(月) 00:07:05.17DKFYA42b0 (1/1)

おまたせ

>>311
押し倒すかぁ…
どちらが押し倒すかによってだいぶ変わってくるな
ということで、どっちが押し倒します?

本当は311様が答えていただくのがいいんだけど、ID変わってるだろうから直下で
ごめんね、311

ということで、どちらが押し倒す?
直下


315以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/24(月) 00:08:09.55gfIKTwU8o (1/1)

サグメさま


316以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/02/24(月) 17:44:55.65GmhDyuCj0 (1/1)

わーゾロ目だー


317以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/03/05(木) 17:38:29.31VPnFrT+70 (1/1)

最後に更新されたのは


318 ◆WIBvPkoLlg2020/03/06(金) 13:22:49.03aEwGfGUB0 (1/2)

大変お待たせ致しました
年度変わりで色々やっております
これまで以上に不定期になりそうだけど、続けますので、気長に御餅いただければなと…


なんか、ペラペラしゃべるキャラじゃないけど、
よっぽどのことがない限り発言によって事象を逆転させたりはしないから安心してね。
なるべく発言には気を付けさせてるけど、会話くらいは成立させるよ。



・ミチル「今でも君との日々は黄金に輝く素晴らしいものだったと胸を張って言える」
・サグメが押し倒す
・サグメ「元彼がモテモテで…嬉しいかな…悲しいかな…」


サグメ「…その…大した持て成しとか…できないけど…」

ミチル「いや、こっちから勝手に押しかけたんだ。気にしなくていい。
  しかし…昔と変わらずサグメの家は綺麗だな。
  この匂いといい、この雰囲気といい…本当に、懐かしい気分になる。」

サグメ「…あのっ…そんな…変なにおいするかしら…?」

ミチル「あ、いや、そういうことじゃないんだ。
  なんかこう…サグメの匂いというか…」

サグメ「…それ…ほかの娘にも…言ってないでしょうね…?
   私は…その……昔…アレだったからいいけど…」

ミチル「…そうだな。今のは私のデリカシーの無さ悪かった。」

サグメ「…でも……そういうの…少しでも……覚えてくれてたのは…少しうれしい……」

ミチル「そりゃ覚えてるだろう。
  今でも君との…サグメとの日々は黄金のように輝く素晴らしいものだった。
  そう胸を張って言える。」

サグメ「あ…あうぅ……//
   そんな急に…恥ずかしいわ…//
   ……でも…そうね……いい思い出だわ…」

ミチル「…思い出…か。」

サグメ「…最近じゃ……色々なうわさが…
   ……元彼がモテモテで…嬉しいかな…悲しいかな……」

ミチル「け、決してモテモテなどでは…!」

サグメ「……へぇ…?
   ……いろいろな子に…粉かけてるって…聞いてるけど…?」

ミチル「そんなこと…ない…はず……」


319 ◆WIBvPkoLlg2020/03/06(金) 13:23:18.76aEwGfGUB0 (2/2)

サグメ「…ねえ……ミチル君……」

ミチル「何だ……って近い近い!」

そのまま勢いで押し倒されるミチル

サグメ「今私が……またあの時みたいにしたら……寄り戻して…くれる…?」

ミチル「まっ待て…あの時とは…状況がだな…」

サグメ「あの時より…少しは大人になった…つもりよ…?
   それとも…私には魅力ない…?」

ミチル「そんなことはない!」

サグメ「…っ!」

ミチル「お前に…サグメに魅力がないわけないだろう…
  あの時から何も変わってない…今でも心の奥底にある気持ちは変わらない…」

サグメ「…なら……」

ミチル「だが、まだ駄目だ。今ここで感情に任せてはいけない。
  私にも今では地上の暮らしがある。サグメにも…月の暮らしがある。」

サグメ「……」

ミチル「本当にすまない…だが、わかってくれ……」

サグメ「…ふふっ……わかってるわ…あなたは…そういう人だものね…
   ……いいわよ…別に……」

ミチル「……すまない。」

サグメ「……すまないと思うなら…また会いに来て…
   …どんな理由でも…いいから……ね?」

ミチル「もちろんだ。」


朝2行動
直下
1.おさんぽ
2.ここここここ(指定)
3.さぐめさまと
4.つきのみやこへ
5.其の他いい案があれば…


320以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/03/06(金) 21:48:22.02FGsYHlafO (1/1)

4


321以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/03/06(金) 21:52:11.90Y1/GIn9Fo (1/1)

名付け親だがめちゃくちゃ羨ましい


322 ◆WIBvPkoLlg2020/03/14(土) 17:57:27.01/MOxXjxx0 (1/1)

おまたせ。

>>321
長きにわたって城之内ミチル君を見守っててくださりありがとうございます
羨ましいのはすげーよくわかります


4.つきのみやこへ


サグメ「…もう行ってしまうの?」

ミチル「ああ。サグメの顔も見れたし。
  そろそろ行くとする。」

サグメ「…さっきも言ったけど…また会いに来てね…?」

ミチル「また少ししたら会いに来る。」



サグメ「……やっぱり…私には…もったいない…
   …でも…またあんな日々が…戻るといいな…」



―――月の都


ミチル「…ここはいつも煌びやかな感じで、昼か夜かわからなくなるな。
  月の都の住人は昼夜の感覚があるのか?」


誰にあう?
直下
1.レイセン(NO 鈴仙)
2.へっかちゃん(月の姿)
3.其の他いい案があれば…


月の都、人少ない…少なくない?


323以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/03/14(土) 18:03:52.90YiPUtYi60 (1/1)

2


324以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/03/14(土) 18:18:52.68Ri5Os4MYo (1/1)

すくないツクヨミとやらまだでてないしなあ


325 ◆WIBvPkoLlg2020/03/23(月) 00:31:41.63/S7pZL2s0 (1/1)

おまたせ

>>324
できれば実態を表してほしいですねぇ


2.へっかちゃん(月)


―――都の外れ



ミチル「…外れまでくるとまだ月のほんの一部しか都のようになっていないのだ思えるな。
  何もない、静かで…どこか寂し気な景色だ。」

ヘカ「そう?わたしはそれなりに綺麗だとおもうよ。」

ミチル「ヘカーティア…だな。
  この場合は久しぶりといったほうがいいか?」

ヘカ「いいや。記憶とか経験は共有されてるし昨日ぶりでいいよ。
   私たちは三人であり一人だから。」

ミチル「そうか。なら昨日ぶりだ。」

ヘカ「幻想郷と月が繋がってたって本当だったんだ。」

ミチル「…知らなかったのか?」

ヘカ「どの私も現物見たわけじゃないし、私に関してはどーでもいいかなって。
   そんなん無くても他の私を通じて行き来できるし。
   んで、ミチル君はこんな都外れまで何しに来たのさ。」

ミチル「少し散歩をな。
  あんまりうろつくとまずかったか?」

ヘカ「大丈夫だと思うよ。私からは特にいうことなし。
   都の連中が何思ってんだかは知らんけど。」

ミチル「ならよかった。」


ヘカ(月)と話すことすること
↓1-3



ヘカちゃんは異界、月、地球で口調を変える方針で行きます


326以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/03/23(月) 01:00:37.63zX5NkqVBo (1/1)

へか
貴方ほんとラブコメの主人公ねぇ


327以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/03/23(月) 19:19:13.466n4XEMDaO (1/1)

ミチル
ならばさしずめヘカーティアは情報悪友枠か?


328以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/03/23(月) 20:13:29.14sZLtLoFh0 (1/1)

ヘカ
私と結婚すれば他の二人もついてくるからお得よ


329 ◆WIBvPkoLlg2020/03/30(月) 07:22:03.09XP4GkXEb0 (1/2)

おまたせ。
春コミ中止ですってね
せっかく原稿やってたのに残念

・ヘカ「貴方ほんとラブコメの主人公よね~」
・ミチル「ならばさしずめ、ヘカーティアは情報悪友枠か?」
・ヘカ「私と結婚すれば、ほかの二人もついてくるからお得よ」


ヘカ「しっかし、貴方ほんとラブコメの主人公だよね~。
   他の男子が見たら指くわえて羨ましがるんじゃない?」

ミチル「そ、そんなことは…
  …いや、そうも言ってられないか。」

ヘカ「へぇ。や~っと自覚し始めたんだ。
   あんなに初心だったミチル君がやっとかぁ~。
   後は一直線に誰がいいか決めるだけだね。」

ミチル「そこまで急いではいないんだがな。」

ヘカ「あんまり流暢にしすぎると、みんなから愛想つかされちゃうよ?」

ミチル「それならそれで私はそこまでの男だったという話だ。
  かといって、待たせすぎるのも申し訳なくあるがな。」

ヘカ「そうそう。ぱーってやってギュイーン…とは決まらないかもしれないけど、
   女の子的には、待つのって辛いものだよ?」

ミチル「なるほどな…
   さしずめ、ヘカーティアはラブコメで言う情報悪友枠だな。」

ヘカ「あっはっは!そうかもしれないね。
   楽しいもの。こうやってアドバイスとかしてるの。
   性に合ってるのかも?」


330 ◆WIBvPkoLlg2020/03/30(月) 07:22:43.70XP4GkXEb0 (2/2)

ミチル「今回に限った話ではないが、本当に…いつも助かっている。
  改めて礼を言う。ありがとう。」

ヘカ「私は何もしてないわよ。いや本当に。
   貴方の世話してるのは異界の私だし…まあ、私っちゃ私だけど。」

ミチル「今のヘカーティアに言えば向こうにも届くだろう?」

ヘカ「届いてるよ。あ~ほら、ミチル君がそんなこと言うから向こうの私赤くなっちゃったじゃない。
   どう責任取ってくれるのよ。」

ミチル「せ、責任といわれても…」

ヘカ「ん~…そうだ。
   私と結婚すれば、ほかの二人もついてくるからお得だよ?
   毎日三人の私たちを相手にするのは大変だろうけどね。」

ミチル「なっ!?
  いや、仮に、仮にだぞ!?私が許可しても他の二人のお前はどうなるんだ!?」

ヘカ「あ~。それに関しては平気じゃない?
   他の私もミチル君のこと好k…うわ何するんだ!そんな勢いよく脳内ジャミングしないで!」

ミチル「だ、大丈夫か?」

ヘカ「…大丈夫。
   全く…本当に異界の私も初心だなぁ…人のこと言えないじゃないか…
   本当に自分なのか疑わしいよ…」

ミチル「異界のヘカーティアと何かあったのか?」

ヘカ「いや、大丈夫。
   必死に話すなって言ってたから、これ以上言うと異界の私が拗ねちゃうから言わないでおくよ。」

ミチル「そうか…体が三つあるのも大変なんだな…」

ヘカ「そりゃねぇ。意識と記憶は共有してるけど、人格やらは個々で持ってるから。
   限りなく自分に近い他人みたいな解釈をしてるよ。私は。
   そうそう。さっきの話、考えておいてね。
   異界とか地球の私とかじゃなくて、単純に私が君のこと割と好いてるから。」

ミチル「そ、そんな急に言われてもなぁ…」

ヘカ「悪友枠がヒロインレースに参戦するだけだよ。
   返事は異界の私にしておいてね。
   どうせいつもはあっちのほうが近いんだし。記憶も共有されてるからこっちにも届くし。」

ミチル「…わかった。」

ヘカ「よろしく頼むよ。」


昼1行動
直下
1.おっさんぽ
2.コッコ(指定)
3.へっかちゃん(月)と
4.月の都散策
5.其の他いい案があれば…


331以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/03/30(月) 16:52:05.17sAQJyG4g0 (1/1)

3


332 ◆WIBvPkoLlg2020/04/02(木) 13:16:15.520oW29kZT0 (1/1)

おまたせ。

3.ヘカちゃん(月)と



ヘカ「んで、こんな何もないところでいつまでも大丈夫なの?」

ミチル「この後予定があるわけでもないしな。
  それとも、私がここにいると邪魔か?」

ヘカ「いやいや。そんなことないよ。
   さっきも言ったけど、私はミチル君が好きなんだ。
   そりゃ黙って横にいられるだけで幸せってもんさ。」

ミチル「…よ、よくもまあ、そんな歯が浮くようなセリフをポンポン言えるな。」

ヘカ「嫌だったかな?
   少なくとも、異界と地球の私はうなずいて…
   わかった!わかったよ!もうお前のことには触れないからジャミングをやめてくれ!
   …あっちの私、こんな気性荒かったか?」

ミチル「本当に、大変なんだな…」

ヘカ「まあねぇ。
   んで、どうなのさ。嫌ならやめるよ?」

ミチル「正直なところ、私もどう反応していいのかわからんのだ。
  もちろん、好いてくれるのはとても喜ばしいことなのだが…
  感情が理解に追いつかなくてな…随分と色恋沙汰からは遠のいていたからな。」

ヘカ「そんなもん最初はなくても仕方ない…いや、最初じゃないんだっけ?」

ミチル「一応はな。
  しかし、あの頃はまだ隠れて付き合ってもいて、好意を向けられるなんて他になかったからな…」

ヘカ「…あのさ。さっきはああいったけど、別に焦らなくてもいいんじゃないかな。
   そりゃ焦らされすぎるのも困りもんだけどさ。」

ミチル「できるだけ、善処するようにはしてるのだがな…」

ヘカ「まあまあ。元気だしなって。
   煎餅でも食べな。」

ミチル「…ありがとう。」バリバリ…



へかちゃん(月)と話すことすること
↓1-3


333以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/04/02(木) 16:34:02.55Bb1wqe1s0 (1/1)

ヘカサマ(月)
私にもお姫様抱っこしてくれない?




334以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/04/02(木) 16:51:32.16IiYqaRcb0 (1/1)

ヘカちゃんの頭を撫でてみる


335以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/04/04(土) 15:20:10.49QM0CZub70 (1/1)

最後のせんべいを取ろうとして二人の手と手が触れて「あっ・・・」的な展開に

デジャヴ?ナンノコトカナ?


336以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/04/05(日) 23:30:57.75YnW0OLFN0 (1/1)

志村さん・・・(;_;)


337 ◆WIBvPkoLlg2020/04/08(水) 18:33:05.66YQfdjPAU0 (1/1)

おまたせ。


>>335
前スレで映姫様とそんなことがあった気がしなくもなかったけど、気のせいだな!


>>336
悲しい出来事でしたね。

・ヘカ「私にもお姫様抱っこしてくんない?」
・へかちゃんの頭を撫でてみる
・最後のせんべいを取ろうとして二人の手と手が触れて「あっ・・・」的な展開に



ミチル「そういえば、お前はここにいて大丈夫なのか?」バリバリ

ヘカ「大丈夫大丈夫。月って基本やることないから。
   たまに他の私から書類回されることもあるけど、大抵すぐ終わるし。
   今は何もため込んでないわよ。」もぐもぐ

ミチル「そうか。」

ヘカ「なに~?もしかして、私と一緒にいたくないの?」

ミチル「そ、そんなこと言ってないだろう!
  単純に心配なだけだ。
  …龍神の件もあるしな。」

ヘカ「あはは。あの娘もいい反面教師になってるじゃない。」


二人が最後の一個の団子に手を伸ばし、同時に双方の手が触れる。 (デジャブ)


ミチル「あっ。」

ヘカ「んっ…」


どのくらい意識する?
ミチル
直下

ヘカーティア
↓2

1ほど意識しない(無関心)
0ほど意識する(恥ずかしがる)


338以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/04/08(水) 18:45:30.122a88w7Teo (1/1)




339以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/04/08(水) 18:49:36.90nRRPcy7RO (1/1)

トッ


340以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/04/08(水) 19:22:16.73SMwaD1BTO (1/1)

おい!ミチル!お前そういうとこだぞ!


341>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/04/16(木) 08:53:31.22nDOTp0S90 (1/2)

えぇ…(困惑)
ほんま…お前…えぇ…(大困惑)

へかちゃんも好きとか面と向かって言えるのに手触れちゃうの恥ずかしがるのかよ…
…無理してたとかいう設定面白そう
イキってたけど、手触れて頭真っ白で…っていう…
ヘカちゃんがマウントとる気満々だったから少し展開考えるのに苦労したゾ

それと訂正、今更ながら>>337は団子じゃなくて煎餅でしたね
コピペした結果です…


ほんへ

ミチル 2 さほど気にしてない
ヘカ 10 ものすごいこれでもかってくらい意識する


ミチル「あ~…悪い。いいぞ食って。」

ヘカ「」frieze

ミチル「…ヘカーティア?」

ヘカ「…//」Now loading…

ミチル「だ、大丈夫か?」

ヘカ「あっ…//うぅぅ…//
   な、なんでもないからぁ…//」ヘナァ…

ミチル「…ほ、本当に大丈夫なんだな…?」

ヘカ「だいじょうぶよぉ…//」

ミチル「そ、そうか…」

ヘカ「…//」
   (あぁ~もうっ!なんでこんな恥ずかしいのよ…!
   さっきまではあんなに平気だったのに…!
   …私も所詮…『私』って事か…!)

ミチル「…それで…食うのか?」

ヘカ「た…食べる…//」モグモグ…

ミチル「…//」


342>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/04/16(木) 08:54:03.36nDOTp0S90 (2/2)

――――数分後


ヘカ「…だ、だいぶ落ち着いたわ。
   ごめんね。取り乱しちゃって…//」

ミチル「思うほど取り乱してたか…?」

ヘカ「わ、わからなかったならいいよ…
   ……あ、あのさ。」

ミチル「なんだ?」

ヘカ「…私にも…お、お姫様抱っこってしてくれないのかしら…?」

ミチル「な、何を言ってるんだ!?」

ヘカ「ほら!あっちの私はしてもらってたじゃん!
   その…ちょっと…う、羨ましいから…//」

ミチル「あ、あれは慣れの一環というか…」

ヘカ「本当にあの私が慣れの練習だけでしてもらったと思ってるわけ?
   …煩いなぁほんとのことじゃん!あんただけずるいよ!」←ジャミング受け中

ミチル「そ、それは…//」

ヘカ「ほら!あっちの私よりは重いかもしれないけど、早く!さぁ!」やけくそ

ミチル「あぁわかったわかった!
  …これ、地球の方にも会ったらやる流れじゃないか…//」ヒョイッ

ヘカ「っ…!…ど、どうせ嫌じゃないんでしょ!
   ……もっと抱き着かせてよ…//」

ミチル「だ、大胆すぎやしないか?」

ヘカ「今顔見ないで!多分見せられない顔になってるから…!//」

ミチル「お…おぅ…」

ヘカ「……//」

ミチル「……」ナデナデ

ヘカ「…なんで撫でるのさ…//」

ミチル「この体勢だとな…撫でやすいというか…嫌だったか?」

ヘカ「…続けて…//」

ミチル「…おぅ……//」ナデナデ



昼2行動
直下
1.おっさんぽ
2.コッコ(指定)
3.へっかちゃん(月)と
4.月の都散策
5.其の他いい案があれば…


343以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/04/16(木) 08:58:59.34eJhMAp5Co (1/1)

2地上にもどり人里にいく


344>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/04/23(木) 11:50:33.86Nzqa81PL0 (1/1)

おまたせ。

2.地上に戻って人里へ


お姫様抱っこは無事終わった後


ミチル「…も、もうそろそろ地上に戻ろうかと思う。」

ヘカ「…そ、そう…j//」

ミチル「…」

ヘカ「…気を付けてね…//」

ミチル「あ、あぁ。」

ヘカ「…あっちの私だけじゃなくて、たまにはこっちにも来てね…?」

ミチル「もちろんだ。また近いうちに会いにくる。」

ヘカ「…待ってるから…//」



ヘカ「……異界の私…その…悪かったよ。
   そっちもそっちで大変だったんだな。」


―――月への連絡通路

~中略~

――――人里


ミチル「……流石に…もう知らんふりは出来ないよなぁ…
  近いうちに…腹決めないといかんか…」



誰と遭遇する?
直下
1.第九代目(十代目?)稗田
2.小鈴チャンス
3.ばんきっき
4.食べ食い桃色仙人
5.其の他いい案があれば…

正直、人里に出てきておかしくない人ならだれでもいいですよ。
でも、奥野田美宵ちゃんに関してはちょっとごご勘弁を…
まだ酔蝶華の方読んでないですし、何よりキャラが全く定まってない…
もう少し時間たってキャラが固まってきたらお知らせいたします。


345以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/04/23(木) 13:23:12.00bBhVL6tDo (1/1)

5まさかの地球のへかちゃん


346>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/04/30(木) 09:48:46.511XDpIR8K0 (1/1)

おまたせ。


5.まさかの地球のヘカちゃん


ミチル「…」

ヘカ「…」

ミチル「…さ、最近はよく会うな。」

ヘカ「えぇ。さっき月の私と別れたばっかりですものね…
   私も流石にこんなに早く会えるとは思っていなかったですよ…」

ミチル「まさか人里で鉢合わせるとは…
  巡回か何かか?」

ヘカ「そんなところです。
   幻想郷の方は普段映姫さんが巡回してくださってるのであんまり心配してませんし、
   半分休憩も入ってますが。」

ミチル「まあ、地球の方はほかの二人と違って真面目だからな。
  それが良いとか悪いとかは別として。」

ヘカ「他の二人は…仕事はしてくれるんですけどね…
   何かと楽観的というか。」

ミチル「やることやってればいいと思うがな。
  私も人のこと言えんし。」



地球のへかちゃんと話すことすること
↓1-3


ちなみに、前回の好感度UPでヘカーティアと三回一緒にいたのに+2しかしていないことが発覚致しました。
なので現好感度が17になりこの日の好感度UPで20が確定いたしました。


347以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/04/30(木) 12:34:12.426xr0ZMo/o (1/1)

そういえば他の私にお姫様抱っこをしたそうですね、私にもしてくれませんか?


348以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/04/30(木) 21:45:24.64NsnIYsR6o (1/1)

ヘカ
色々向こうの私から聞きましたよ
あまり脈がなさそうなのが癪ですが


349以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/02(土) 04:21:47.71hq5kBNQyo (1/1)

もうそろそろ愚鈍なふりするのをやめて腹を決めた?


350以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/09(土) 17:31:05.23qwNGeMVC0 (1/1)

キャノンボールとかロストワードのキャラ絵を見るとあの原作の絵からよくここまで可愛く描けるなって思った


351>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/05/11(月) 23:14:43.82Hbkwm9wk0 (1/2)

超お待たせ。

>>350
そうですよねぇ。最近の二次創作ゲーすごい絵のクオリティ高いですよね。
個人的には原作のZUN絵も好きですがね。


・そういえば他の私にお姫様抱っこをしたそうですね、私にもしてくれませんか?
・色々向こうの私から聞きましたよ
 あまり脈がなさそうなのが癪ですが
・もうそろそろ愚鈍なふりするのをやめて腹を決めた?



ヘカ「そういえば、ほかの私にお姫様抱っこ、したそうですね?」

ミチル「…いや私はいいのだがな…ここだと人目がかなりあるぞ…」

ヘカ「場所なんて関係ないです。私にもやってくれませんか?」

ミチル「こうなるだろうとは思ってはいたけどな…
  ヘカーティアが良いならいいが…//」ヒョイッ

ヘカ「…ふふっ。やっぱりいいですね。
   思い人に形だけでも抱かれるというのは。」

ミチル「…そういうこと、軽々しく言うものじゃないぞ。」

ヘカ「あら、てっきり取り乱すかと思ったのに。
   でも、どうせ月の私から聞いてるでしょう?
   知られてるならわざわざ隠しておく必要ないですもの。」

ミチル「…誰か知り合いに見られてたらまた噂立つぞ?」

ヘカ「噂も何も、私がミチルくんのことが好きなのは事実ですからね。
   ミチルくんが嫌なら異界の私に噂の件は任せて大丈夫そうですし。
   そもそも噂という観点においてはミチルくんは色々ありますから。」

ミチル「そこまで色々噂立ってるのか?」

ヘカ「ええ。そりゃもうあちこち行っては粉かけて回ってるんですってね?
   色々向こう…異界の方の私から聞きましたよ。
   あまり脈なさそうなのが癪ですが。」

ミチル「私は粉かけてるつもりは全くないんだがな…
  …今考えてみると少し軽率だなと思う行動も多々あったな。」

ヘカ「ふぅん。自覚はしてるんですね。
   それで?」

ミチル「ん?」

ヘカ「そろそろ愚鈍なふりするのをやめて腹決めましたか?」

ミチル「なっ!?」

ヘカ「ほら、月の私の言葉を借りますけど、あんまり待たせるのは精神衛生上よくないのです。
   近いうちに腹決めないとそのうち後ろから刺されますよ?」


どう?腹決めてる?
↓1-3
1.…腹決めよう。(ヒロインレース開始)
2.頼む!あともう少しだけ待ってくれ!


ちなみに、今現在『八日目の昼2行動』
十日目終わった時点で強制的にヒロインレースです


352>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/05/11(月) 23:23:44.41Hbkwm9wk0 (2/2)

あ、多数決です


353以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/11(月) 23:41:50.71Aow7QVs2o (1/1)

2終わりまでまってほしい


354以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/11(月) 23:42:08.47YNg+AjTwO (1/1)

2で


355以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/11(月) 23:48:18.53I2hRBAml0 (1/1)

2


356>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/05/12(火) 02:56:04.00+Ln25NLL0 (1/1)

2.頼む!もう少しだけ待ってくれ!


ミチル「そう…だな…
  近いうちに覚悟を決めたいとは思っているが…
  気持ちの整理が色々追いつかない状況なのだ。」

ヘカ「スパっと決めればよろしいのに…
   というのも酷なことですかね。
   どうせ万事何を選んだところで後悔は生まれるのですから。」

ミチル「それはそうなのだが…
  それでも、自分の中である程度納得させておきたいのだ。」

ヘカ「そうですか。
   それではその時になるのを期待しないで待ってますよ。
   少しでも脈があればですがね。」

ミチル「…ああ。どう事態が転ぼうが、報告だけはする。」

ヘカ「その時は、異界の私にお願いします。
   …と、月の私も言ってましたっけ。
   これは異界の私の責務が重くなってしまいますね。」

ミチル「…自分が渦中にいるのは承知しているし同じヘカーティアだとはわかっているのだが、
  あんまり異界の方に重荷を背負わせないでやってくれ。」

ヘカ「あら~?
   もしかして、ちょっと脈ありですかね?」

ミチル「ち、違う!いや違わないが…
  そういう意味ではない!」

ヘカ「ふふっ。久々にテンパってるミチルくん見れてうれしいです。
   そうですねぇ。異界の方の私に関してはいつものことなので大丈夫だと思いますよ。」

ミチル「そ、そうなのか…」

ヘカ「本気で嫌がることはさすがにしませんよ。
   三人全員で『私』何ですから。」

ミチル「ならいいが…」



夕行動
直下
1.おっさんぽ
2.コッコ(指定)
3.へっかちゃん(地)と
4.人里まわり
5.其の他いい案があれば


357以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/12(火) 03:03:31.28cPBwpB2Oo (1/1)

2神霊廟


358>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/05/17(日) 07:05:45.119RcnhoKc0 (1/1)

おまたせ。


2.神霊廟


ヘカ「私はそろそろお暇させていただきます。」

ミチル「あぁ。」

ヘカ「先ほども言いましたが、返事の方、期待しないで待ってますよ。」

ミチル「…なるべく早めに答えは出す。」

ヘカ「ならいいですけど。」



ヘカ「…異界も月も心臓バックバクじゃないですか。
   いくら感覚共有してるからって言って流石に動揺しすぎですよ。
   …まあ、私も楽しかったですけど。」


―――神霊廟付近


ミチル「…少し神子にでもと思ったが、結界で外からでは入れないんだったな。
  どうしたものか…」


誰と会う?
直下
1.よしか
2.せいが
3.とじこ
4.ふと
5.みこ
6.其の他いい案があれば…


359以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/17(日) 09:39:05.84J7u1SHawo (1/1)

5みこさま


360>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/05/19(火) 10:40:20.92qIXunThh0 (1/1)

おまたせ。

5.みこっち


神子「おや。珍しいね。
   真正面から来るなんて。私に会いに来てくれたのかい?」

ミチル「ああ。そんなところだ。」

神子「今日はどんな土産話を聞かせてくれるのかな?
   それか、私の魂をもらいに来てくれたのかい?
   ふふふっ。どちらでも嬉しいことには変わりないね。」

ミチル「…少なくとも後者ではない。」

神子「残念。
   …半分本気の冗談はさておき、こんなところで立ち話もなんだろう。
   結界の中入れてあげるからちょっと待っててくれ。
   お茶も茶菓子も用意しておくよ。」

ミチル「毎回、そこまで気使わんでも良いぞ?」

神子「いやいや。そういうわけにもいかないさ。
   ミチル君は昔からの仲だから大切にしたいからね。」

ミチル「そうか…ありがとうな。」

神子「私にとっては来てくれるだけで充分だよ。」



神子と話すことすること
直下


361以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/19(火) 16:57:33.3801WjwAbw0 (1/1)

愛馬の驪駒早鬼のについて


362以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/21(木) 22:32:23.20CxgJmmTP0 (1/1)

まさかのハーレムルート・・・はないか、面白そうだけれども
(ifルートでも無理かなぁ・・・)



363>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/05/22(金) 15:08:52.64R6npdDKo0 (1/1)

あー…やっちまってる。
三日経つまで気づかずに申し訳ない。
「直下」ではなく「↓1-3」の間違いです。

なのであと二つ受け付けます。
別に神子が嫌いとかじゃないよ!本当だよ!


>>362
まあ、個人的にはありなんですけどね。ハーレムルート。
ミチルならまぁ…陽くんよりは心強そうだし。
ifは望んでくれる人が多ければ小話程度なら書きますよ。


364以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/22(金) 15:21:55.94D518qAKuo (1/1)

指輪に気付く神子さま


365以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/22(金) 16:33:31.38pGdctipZ0 (1/1)

この主人公で最後だろうし多数決で多かったらハーレムにしてもいいと思うぞ個人的にはハーレムの方がいいし


366以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/22(金) 17:33:38.500frzJs2yO (1/1)

好き好き大好きアタックしかける神子ちゃん


367>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/05/25(月) 16:40:18.47tniaxW/l0 (1/1)

おまたせ。

>>365
一応七代目以降も続けはしたいんですけどねぇ…
待ってられねぇよとお思いの方々もいらっしゃるってことですかね…
そのことにつきましてはミチルくんの代が終わった時に改めて聞きます。


・愛馬の驪駒早鬼のについて
・指輪に気づく神子様
・好き好きアタックを仕掛ける神子ちゃん



先に早鬼さんの好感度等やりましょう。

早鬼さんの好感度
直下

早鬼さんとの関係
↓2


368以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/25(月) 17:11:45.993tfCQKtMO (1/1)

次代もやりたいぞ


369以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/25(月) 19:25:34.25/tj67oJgo (1/1)

はい


370以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/25(月) 19:50:22.99956ZcvU0o (1/1)

ミチルくんが荒れてた時の部下


371>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/05/31(日) 17:00:28.62PTpn6nuh0 (1/2)

おまたせ。
今さら驚かないけど、本当にここのスレは初期好感度高いねぇ。


>>368
そう言ってもらえるととても嬉しいです…!
一人でも続けてほしいという要望があれば続けます!


驪駒11「私が生きてた頃のおっかねぇ上司だ。今は鬼神長やってんだってな。」(荒れてた頃の部下)



ミチル「そういえば早鬼のことについてなんだが。」

神子「私のかわいい愛馬がどうかしたのかい?」

ミチル「一応畜生界という動物の地獄にいることが分かった。」

神子「あんまり地獄に落ちるような子じゃないと思ってたんだけど…
   まあいいか。あの子ならどこ行っても大丈夫だろうし。
   元気にやってるかい?」

ミチル「ああ。元気すぎて是非曲直庁も手を焼いてる始末だよ。
  畜生界の三大勢力、その一派の頭やってるんだと。」

神子「へぇ。それは良いことじゃないか。
   流石私の愛馬だっただけのことはある。」

ミチル「神子のような頭脳派を使ったようなやり方じゃないがな。
  猪突猛進というか…肉体派というか…」

神子「どのような形であれ、人の上に立ち大衆を導いているのだからいいのだよ。
   そういう素質があったということだ。」

ミチル「それならばいいのだが…」

神子「でも、やんちゃし過ぎているならミチル君が直接言いに行くといい。
   ミチル君の言うことならどんなことでも聞いてたからね。」

ミチル「まあ、最悪そうするさ。」


372>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/05/31(日) 17:01:10.13PTpn6nuh0 (2/2)

神子「そうそう。来た時も思ったけど、前来た時にはその指輪、してなかったよね?
   ついに心を決めたって事かい?」

ミチル「ん?これか?
  これは私の両親が…」


~~~かくかくしかじか~~~


ミチル「…ということだ。」

神子「ミチル君の両親のねぇ。
   随分と大事なものを残してくれたのだな。」

ミチル「ああ。本当に…感謝しなくてはならない。」

神子「それで、もう渡す相手は決めてあるのか?」

ミチル「…優柔不断だと言われても仕方ないとは思う。」

神子「そんなことはないさ。
   こういう大事なことは十分に考えてから結論を出すものさ。」

ミチル「私も納得いくまで考えたいとは思っているんだが…」

神子「その考えている中に私は入っているのかい?」

ミチル「み、神子がか…?」

神子「私だって応女だよ?
   意中の相手に選択肢に入っているか気になるじゃないか?」

ミチル「なっ!そ、そんな軽々しく」

神子「いいや、私は本気だよ。いつも言っているじゃないか。
   他ならぬ君個人になら魂を上げても構わないと。」

ミチル「そ、それはそうだが…」

神子「私は君のことが好き。それこそレイp」

ミチル「おい!」

神子「…襲われたって無抵抗を貫くくらいにはね。
   その思いは昔から変わってないよ。
   …ああ。私は君が好きだ。君を愛しているんだ。」

ミチル「…//」

神子「ずっと昔、君が荒れていたころから、
   今こうして会っている鬼神長様のことを好いてしまってるんだ。
   そんな私は選択肢に入れてくれてるのかなと。思ってしまっただけさ。」

ミチル「…そっそれはだな……//」

神子「単純な好意を向けられるのに慣れてないわけじゃないだろう?」

ミチル「そ、それはそうだが…」

神子「……はぁ。今ここで結論を急いでも仕方ないようだ。
   君の欲の色が混沌を極めてるからね。今無理やり聞き出してもまともな答えは返ってこなさそうだ。
   私としてももどかしいとは思うが、この辺にしとこう。」

ミチル「…申し訳ない…」

神子「ああ。悩むがいいさ。私の愛しい思い人よ。
   前も言ったけど、誰を選んでも私は君祝福するつもりだよ。」



夜行動
直下
1.おっさんぽ
2.コッコ(指定)
3.みこっちと
4.神霊廟散策
5.其の他いい案があれば


373以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/05/31(日) 21:46:34.38/QEc0fGjo (1/1)

2サンズリバーへ


374>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/06/02(火) 15:30:33.7573lnxhxZ0 (1/1)

おまたせ。
最近ロストワールドの広告をよく見ます。
私はスマホの容量無くてやってません。


そういえば乙女ゲーみたいになってるね。
構図的にはギャルゲーなんだけどね。


2.さんずりばーへ


神子「…時間が経つのはあっという間だ。
   そろそろ布都たちに修行を付けなければいけない時間になってしまったよ。
   寂しいねぇ。」


ミチル「あぁ。もう日が落ちた頃か。
  それじゃ、私はそろそろ帰るぞ。」

神子「ああ。また来てくれ。
   今度は来たときは、色々なことを報告してくれると嬉しいよ。」

ミチル「…善処はする。」



――サンズリバーサイド



ミチル「…はぁ…」


誰と会う?
直下
1.地獄の裁判長
2.死神の怠惰担当
3.関所の番人
4.三途の漁師
5.地獄の女神
6.其の他いい案があれば…


375以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/02(火) 15:41:55.52EJNz281vo (1/1)

2


376>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/06/10(水) 00:01:04.182u0kTB/l0 (1/1)

おまたせ。
東方人気投票始まってますね。
私は椛、リリー、チルノ、マミ、ヘカ、ルーミア、女苑に入れました。
毎年大体決まったメンバーです


・こまっちゃn


小町「どうしたんですか?三途の川見つめたまま。
   ため息つくと幸せが逃げますよ?」

ミチル「…すまんな。」

小町「なぁに!気にしないでくださいよ!
   なんか悩み事ですか?あたいで良ければ話聞きますよ?」

ミチル「…まあ、話相手になってくれるのは少し有難いな。」

小町(よしっ!ミチル様の話を聞きながら仕事がサボれて一石二鳥!)

ミチル「その前に仕事は終わったのか?」

小町「…イマハキュウケイチュウデス。」

ミチル「いつものことだから良いのだがな。」



こまっちゃんと話すことすること
↓1-3


377以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/10(水) 07:04:56.51FJmFJiMZo (1/1)

すごい引っ付いてくるこまっちゃん


378以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/10(水) 17:20:53.52AuuEIxBwO (1/1)

くたかちゃん再登場


379以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/10(水) 18:40:06.58egFdPMBqO (1/1)

ミチル様も直庁に来た頃はそれはヤンチャだったと聞きますが実際の不真面目エピソード聞いてみたいですねー


380>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/06/12(金) 10:36:30.294ZkjENxx0 (1/1)

おまたせ


是非曲直庁に来たてのミチル君不真面目エピソードを少し募集します
↓1-2

範囲外でもミックスなり統合なりするんで、じゃんじゃん書いちゃってください


381以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/12(金) 13:49:41.23OtyvbOHAo (1/1)

ヘカーティアがいないなら仕事さぼりまくりい


382以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/12(金) 15:25:09.56msTb/bp1O (1/1)

映姫との初対面時説教食らったのでジャーマンスープレックスをかました
(そのため初期好感度2となってしまった)


383以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/12(金) 15:58:37.81hnn9RRzUO (1/1)

えいきっきにジャーマンとはw


384以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/12(金) 17:18:00.0973vQHTY/0 (1/1)

不良が大人しく説教聞くわけないもんな


385以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/16(火) 17:34:26.14jYihbD3xO (1/1)

それとなく考えたもの
・稲妻になって誰彼構わずちょっかいかけてそう(静電気レベルから電気ショックレベルまで)
・何回かはヘカーティアとかにサグメに会わせろとか直談判したのだろうか?
・やっぱりえいきっきとかヘカサマ以外の上司とも揉めたりしてそう(無論口喧嘩から殴り合いの乱闘とか)



386以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/16(火) 18:29:55.43Z8XGxwKzO (1/1)

↑訂正
電気ショック→黒焦げになる

まあそうなるとちょっかいどころじゃなくなるのだけど(ましてやいたずらどころですらない)


387以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/16(火) 18:43:14.451jyMv3OTo (1/1)

実際あややややがしつこすぎて宮崎焼鳥にしたらしいしな


388以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/16(火) 18:52:37.734zFjDVLNO (1/1)

最初期の頃は飲み会の時元カノへの未練たらたらっぷりがうざかった


389以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/16(火) 19:40:55.72tpGyIRh20 (1/1)

人気投票の結果を見た人は自分以外にいるのかな


390>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/06/19(金) 16:14:48.56so4Rw8Mz0 (1/3)

ほんへ

・すっごい引っ付いてくるこまっちゃん
・くたか再登場
・ミチル様の直庁来たて不真面目ヤンチャエピソード聞きたい!


小町「でもですねぇ~?
   あたい今日はすっごい頑張ったんですよ~。」

ミチル「ほう。なるほどな?」

小町「今日のノルマ分は達成してますしね?
   私もう疲れちゃいましたよ~。まだ仕事しなきゃいけないんですか?
   もう夜だし早く寝たいですよ~。」ヒッツキ

ミチル「…言い分はわかったが、あんまりくっつくな。」

小町「えっ嫌でした?」

ミチル「そりゃ部下に慕われるのは嫌じゃないが…」

小町「ならいいじゃないですかぁ~。
   甘えさせてくださいよ~。」

ミチル「それはいいが…また誰かに見られたら」

小町「大丈夫ですよ!
   どうせここに来る人なんて限られてるんですから。
   映姫様かヘカーティア様か…」

庭渡「あーー!小町っ!
   またミチル様とイチャイチャしてるんですね!
   何度言えばわかるんですか!」

小町「…庭渡先輩くらいだと思いますよ。」

ミチル「どうした庭渡?もうお前の終業時間は過ぎてるだろう?
  残業でもしてたのか?」

庭渡「詰所の門番に残業も何もないですよ…
   ただ後の子が少し遅刻してただけです。」

小町「遅刻ねぇ…上司の教育がなってないんじゃないのですかぁ?」

庭渡「なっ!?そ、そんなことありません!
   今回はたまたま…しっかり叱っておきましたし…」

ミチル「小町。あまりいじめるな。」

小町「はーい。」

庭渡「…って!そうじゃないでしょう!?
   なんで小町はそういつもいつもミチル様にくっついて!」

小町「いつもそうですけど、先輩もやりたいなら来ればいいじゃないですか。
   ねぇ?ミチル様?」

ミチル「…まあ、来るのであれば拒みはしないが…
  一応言っておくと小町に注意はしたからな?」

庭渡「そ、そんなっ!は、破廉恥な…!」

小町「そんなの破廉恥って思うからそう見えるのですよ?
   抱き着くぐらい仲のいい人なら普通にしますって。」

庭渡「そ…そうなのですか…」

小町「そうなんですよ~。」


391>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/06/19(金) 16:17:01.94so4Rw8Mz0 (2/3)

やべぇ。最初の前口上入れ忘れたんで再投下します。
おまたせ。
みんなありがとう!
一応こんな感じ

是非曲直庁来たての不真面目ヤンチャエピソード
・ヘカーティア居ない時はサボりまくり
・初対面えいきっきにジャーマンスープレックスをかける
・稲妻になっては誰彼構わずちょっかいかけてた
・サグメ(月に昇った神々)に合わせろと直談判
・上司とクッソ揉める
・飲み会の時は元カノの未練たらたらだった

今回採用…というか描けなかったものも設定資料には記載しておきますので、
今後の展開、話の内容の材料にでもしていただければ幸いです。

>>389
妖夢一位は素直にすごいと思いました(小並感)

ほんへ

・すっごい引っ付いてくるこまっちゃん
・くたか再登場
・ミチル様の直庁来たて不真面目ヤンチャエピソード聞きたい!

小町「でもですねぇ~?
   あたい今日はすっごい頑張ったんですよ~。」

ミチル「ほう。なるほどな?」

小町「今日のノルマ分は達成してますしね?
   私もう疲れちゃいましたよ~。まだ仕事しなきゃいけないんですか?
   もう夜だし早く寝たいですよ~。」ヒッツキ

ミチル「…言い分はわかったが、あんまりくっつくな。」

小町「えっ嫌でした?」

ミチル「そりゃ部下に慕われるのは嫌じゃないが…」

小町「ならいいじゃないですかぁ~。
   甘えさせてくださいよ~。」

ミチル「それはいいが…また誰かに見られたら」

小町「大丈夫ですよ!
   どうせここに来る人なんて限られてるんですから。
   映姫様かヘカーティア様か…」

庭渡「あーー!小町っ!
   またミチル様とイチャイチャしてるんですね!
   何度言えばわかるんですか!」

小町「…庭渡先輩くらいだと思いますよ。」

ミチル「どうした庭渡?もうお前の終業時間は過ぎてるだろう?
  残業でもしてたのか?」

庭渡「詰所の門番に残業も何もないですよ…
   ただ後の子が少し遅刻してただけです。」

小町「遅刻ねぇ…上司の教育がなってないんじゃないのですかぁ?」

庭渡「なっ!?そ、そんなことありません!
   今回はたまたま…しっかり叱っておきましたし…」

ミチル「小町。あまりいじめるな。」

小町「はーい。」

庭渡「…って!そうじゃないでしょう!?
   なんで小町はそういつもいつもミチル様にくっついて!」

小町「いつもそうですけど、先輩もやりたいなら来ればいいじゃないですか。
   ねぇ?ミチル様?」

ミチル「…まあ、来るのであれば拒みはしないが…
  一応言っておくと小町に注意はしたからな?」

庭渡「そ、そんなっ!は、破廉恥な…!」

小町「そんなの破廉恥って思うからそう見えるのですよ?
   抱き着くぐらい仲のいい人なら普通にしますって。」

庭渡「そ…そうなのですか…」


392>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/06/19(金) 16:17:29.34so4Rw8Mz0 (3/3)

小町「そうなんですよ~。」
小町「…で、結局肩によりかかると。」

庭渡「わ、私だって…少しはそういう気持ちはありますよ…//」

ミチル「…聞こえてるからな?」

庭渡「聞こえるように言ってるんですぅっ!」

小町「ミチル様は相変わらずですねぇ。」


小町「そういえば、先輩の遅刻話で思い出したことですけど。」

庭渡「私が遅刻したみたいな言い方やめてもらえます?」

小町「ミチル様にもそういうのあったんですか?
   昔は随分と荒れていらっしゃったようですし。」

庭渡「無視ですか!?
   …まあ、でも私も少し聞きたいですね。」

ミチル「…是非曲直庁入りたてのころは随分と色々やらかしたものだ。
  例えばそうだなぁ…ヘカーティアの居ない時は業務と呼べる業務はしてなかったな。」

庭渡「つまりサボってたとです?」

ミチル「ああ。その頃の直庁体制が気に入らな過ぎてな。
  本当に仕事という仕事はしていなかったぞ。」

小町「今のミチル様からは考えられないですねぇ。」

ミチル「あとは初対面の映姫にジャーマンスープレックスをしたのも懐かしいな。」

庭渡「ヒエッ…」

小町「うわぁ…だから私が就任したころの二人の仲は悪かったわけですね…」

ミチル「あの頃は本当に誰彼構わず攻撃してたからな…
  稲妻で全方位にちょっかいかけてたり、上司と殴り合いのけんかになったこともしばしばあったな。」

小町「…ミチル様、意外と武闘派?」

庭渡「ま、まあ、今はもう落ち着いたことですし…
   …ですよね?」

ミチル「流石に武力に訴えるのは懲りたさ。
  だから是非曲直庁の労働体制の修正案を大量に出した。
  得意なものは得意なものに任せる制度を作った。
  今はもう武力に頼る暇もないほどにはいい環境になったな。」

小町「はぇ~。
   思ってたより壮大な話ですね。」

庭渡「べ、勉強になりますね…色々…」

ミチル「面白かったならよかった。」

深夜行動
直下
1.おさんぽへ
2.ここへ(指定)
3.こまたりペアと!
4.賽の河原に残る
5.其の他いい案があれば…


393以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/19(金) 20:03:12.21W5vw5HPwo (1/1)

3
まあお茶でも飲んでゆっくりしようや


394>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/06/25(木) 17:24:24.10U+B9sZsO0 (1/1)

おまたせ。

3.まあまあ、茶でも飲んでゆっくりしましょうや


小町「ミチル様この後あいてます?」

ミチル「ん?別にいいが、どうした?」

小町「ちょ~と付き合ってほしいなぁと思いましてね…」

庭渡「こ、小町!破廉恥なのは…」

小町「晩酌に。」

庭渡「…//」(恥ずかしい)

ミチル「酒か?私はいいが…仕事は大丈夫なのか?」

小町「平気平気!さっきも言いましたけど、ノルマは達成してますし。」

ミチル「…あとで映姫殿に怒られても知らんぞ?」

小町「はぁい。
   んで、先輩も飲みます?」

庭渡「…呑みます…//」


こまたりペアと話すことすること
↓1-3


395以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/25(木) 19:35:52.145HlnT+L/o (1/1)

小町「ミチル様は私がミチル様を好きだと言ったらどうしますか?」


396以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/25(木) 19:51:27.18Pf9gZKXW0 (1/1)

小町「知ってますか?ここでは一夫多妻が認められているんですよ!」


397以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/06/25(木) 22:44:06.88vVQ2PPgU0 (1/1)

庭渡、思い切って大胆に攻める


398>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/07/03(金) 06:54:06.537HLmT+YG0 (1/2)

おまたせ。

・小町「ミチル様はあたいがミチル様のこと好きだって言ったらどうします?」
・小町「知ってます?ここ幻想郷では一夫多妻が認められてるんですよ?」
・庭渡、思い切って大胆に攻める


小町「ミチル様。」

ミチル「なんだ?」

小町「あたいがミチル様のこと好きって言ったら、どうします?」

庭渡「」酒を吹き出す音

ミチル「…本気か?」

小町「本気かどうかはさておいてですよ。
   ほら、ミチル様って色々な人から好意を寄せられてるじゃないですか。
   映姫様とくっつくかとおもってたらついにはヘカーティア様まで顔赤くしちゃって…
   他にもいろいろな噂聞きますし、あたい一人増えたところで今更変わらないかなと思いましてね。」

ミチル「…お前が本気だというのであればもちろん考えるぞ。
  部下といえど向けられた好意にはしっかり答えなきゃならんしな。」

庭渡「ぶ、部下も恋愛対象なんですか!?」

ミチル「…ま、まぁ…そうなるのか…?」

庭渡「な…なるほど…!」

小町「年の差…とかは気にしないでしょうねぇ。
   ミチル様レベルになると釣り合う人がそもそも少ないですから。」

ミチル「…そうだな。7800超えてるしな私。
  正確にはさすがに覚えてないが。」

庭渡「…そこまで行くと年齢なんて誤差ですね。」

ミチル「年齢とかあまり気にしたことなかったな。」

小町「で、今一人に絞ろうと考えてるんですね?」

ミチル「…そう…だが…」

小町「ミチル様知ってます?ここ幻想郷では一夫多妻が認められてるんですよ?
   だから、相手方の了承さえ得られれば悩む必要なくなるんです。」

ミチル「そ、そうなのか…」

庭渡「そ、そんな制度が…」

小町「…先輩も知らなかったんですか…」

ミチル「いや…もし仮にそれだったとしても…お前はいいのか?小町?」

小町「んぁ?あたいですか?
   あたいは構ってほしい時に構ってもらえれば構いませんよ。
   ミチルがハーレムだったとしても全然大丈夫です。あたいを入れてもらえるならですが。」

庭渡「わ、私も大丈夫です!
   むしろ入れてください!」


399>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/07/03(金) 06:54:35.107HLmT+YG0 (2/2)

ミチル「庭渡…お前もか…」

庭渡「私は小町と違って本気ですからね!」

小町「本気じゃないなんて言ってないんですけどね~。」

庭渡「と、ともかく!私もミチル様のことをお慕いしております…
   もし一夫多妻になるのであれば…入れてもらえるといいなと…//」

小町「…あ~。庭渡先輩、まさか酔ってますね?
   醒めてから顔赤らめても知りませんからね。」

庭渡「煩いですよ小町っ!」

ミチル「わかった…わかったから…な?」

庭渡「…ミチル様…」ズイッ

ミチル「おいっ…」

庭渡「私はあなたの最初の部下です。今までに色々なミチル様を見て参りました。
   最初の粗暴だったころから今の優しいミチル様まで…すべてが尊敬の対象で…
   いつの間にか好きになっちゃってたんですよぉ!」グスン

小町「あははっ!こりゃ大胆に行きましたねぇ!」

ミチル「笑い事じゃないんだが…
  …庭渡。そういうのは酒に頼らず言ってくれ。
  どんな結果だろうと必ず誠意に向き合って考える。いいな?」

庭渡「…グスンッ…//」

小町「あ~ぁ。ミチル様が庭渡先輩泣かせた。」

ミチル「お前もだからな小町。
  あんな軽く言われても…何というか…困る。」

小町「…まあ、もし可能性がありそうなら二人きりの時にでももう一回言いますよ。今度は真剣に。」


これから好感度&リザルトだけど、先に早朝行動を決めましょう。
早朝行動
直下
1.おさんぽへ
2.ここへ(指定)
3.こまたりペアと!
4.賽の河原に残る
5.其の他いい案があれば…


400以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/03(金) 16:06:11.56A8qRgL7FO (1/1)

2
是非曲直庁に戻る


401>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/07/06(月) 09:58:04.11S7XzxlKQ0 (1/1)

おまたせ。

2.是非曲直庁へもどろう


その前に好感度判定


只今好感度MAX確定な人たち

妹紅(1000年来の親友)
ミスティア(夜の女将)
映姫(是非曲直庁の同僚)
クラウンピース(上司の部下)
豊姫(幼馴染(姉))
依姫(今回の好感度でMAX確定)
ヘカーティア(今回の好感度でMAX確定)
庭渡(一番最初の部下)

八人となっています
次点で高いのが

妖忌18
ドレ16
紫苑14
サニー14
サグメ13

となっております

MAXの人々、多くなってきましたね。
この大勢を相手にミチルがどんな決断を下すのか今から楽しみです。

ちなみに、前も行ったと思いますけどハーレムルートはありですよ。
全員が全員同一緒に住む…みたいなのは難しいかもしれませんが、やり方によってはどうにでもなります!




好感度上昇判定

一日の終わりに好感度の上がりそうなことをした人に指定したコンマ÷3(端数切り上げ)の好感度が上がります。
ただしこの判定での1は 0、0は 4、00は 5とします。(だから上がるのは実質コンマ2以上から)
基準は>>1が『これは上がる(確信)』ってなったら。
コンマなんで、別に連投しようが指定数埋まれば構わないです。
パパってやって終わらせてくだちぃ。


依姫
前日から二回いっしょにいた
この時点でMAX確定

サグメ
直下


ヘカ
三回一緒にいた +3
この時点で好感度20


神子
↓2
7以上でMAX


小町
↓3
二回一緒にいた +2
1以外ならMAX


402以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/06(月) 10:19:01.40o2BbQqi9o (1/1)

ほい


403以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/06(月) 10:19:16.86GAAkh8m5O (1/1)

へかちゃん!


404以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/06(月) 12:33:38.23cTTMInD20 (1/1)

神っ子神子


405以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/06(月) 13:13:03.68677iALhro (1/1)

ぷるんぷるん


406>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/07/09(木) 07:56:15.36fkUju3cd0 (1/4)

おまたせ。


依姫19「姉様まで敵だなんて…!私だって…私だって…!」(燃える闘志と恋心)
↓ +1
依姫20「…私だってミチル…君…//…す、好きなんだから…!」(燃える闘志と恋心)


サグメ13「まだ…覚えてくれていたのね…何だろう…嬉しいわ。」(昔の初恋相手)
↓ +4
サグメ17「…そう…あなたはもう…色々な人から…好かれてるのね…嬉しいかな悲しいかな…」(昔の初恋相手)


ヘカ17「私も処女なのに変に見栄張っちゃったわねぇ…別にそういう仲でもないのに…//」(自分もさほど変わらないと思った)
↓ +3
ヘカ20「返事かぁ…地球の方はああいってたけど…やっぱり期待しちゃうわよねぇ…」(結局部下のことを好きになっちゃう上司)


神子17「あれもこれも懐かしい。私としては優しくて初心な君も好きだよ。」(荒れミチル時代からの親友)
↓ +2
神子19「やれやれ。私の思い人は奥手が過ぎるよ。そういう所も好きなんだがね。」(荒れミチル時代からの親友兼思い人)


小町17「へぇ~。ミチル様にもそういう恋愛の感情があったんですね。私も立候補…いや、無理か。」(映姫様とは対照的な上司)
↓ +2+1
小町20「部下も恋愛対象かぁ。そんなこと言われると少し期待しちゃいますよ?」(優しいが故に好きになってしまった)


407>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/07/09(木) 07:57:37.76fkUju3cd0 (2/4)

六代目貴方 現在ステータス
季節:春ですよ~


名前 城之内ミチル(じょうのうち みちる)
性別 男
種族 神
性格 義理人情に篤い性格若干涙もろい
年齢 7800
見た目 20歳
夢の中で不思議な扉を開き、目が覚めたら無縁塚にいた (最近)
住居 是非曲直庁
職業 鬼神長
能力 稲妻になる程度の能力
一人称 私
口調 あまり敬語を使わない尊大なしゃべり方(~だ、~だな)

家事上手で歌うま

筋力 5(まあ…平凡くらいかな。)
神力11(鬼神長の中では低いかも…)
幸運10(とってもいい方。)

お人好しで周りに利用された挙句、国津神だからといって天津神たちにつきにつれて行ってもらえなかった。
そのせいで一時期グレたり、力を過信しそこかしこで喧嘩を売っていた。
隠岐奈がたまたま匿ってくれて少しだけいい感じに…
この時代に親友だった神子を処女喪失寸前まで犯しそうになった前歴がある

サグメとはお互い思い合っていたが、天津神と国津神の間ではあってはならないことでありお互いが奥手のままであった
…というのは建前で、実は隠れて付き合っていた。
酔ったサグメに押し倒され、逆レに発展したのを皮切りになかなかにラブラブな隠れづきあいをしていた。
しかし地上と月に離ればなれになってしまい、永い歳月の果てにお互いが相手の思いは既に冷えてしまっているだろうと思い込み今に至る。
つまりミチルは非童貞

文から一度しつこく昔のことを聞かれ激怒。
逃走という追いかけっこに勝利した挙句黒焦げの焼き鳥になりかけ文からは本気で怖がられている。
文の『本当に怒らせてはいけないリスト』に鬼たちを差し置いて堂々の第一位で君臨している。

一般月兎にロミジュリのようなラブロマンスがなぜか伝説化されている。
サグメ、豊姫、依姫などから惚気を聞かされ続けてきた末路であり、
多分実際にはなかったことなどが尾ひれを引いている。

しかし、地上の調査などで荒れていたころの詳細を知っている月兎にはすっごい荒れていたのが知られている。
気に入らない者は連れ去り、雷で脳を焼かられるとかいう噂もたっている。

電子琵琶をもらい、引いてみたところプロ並み。
相当昔にやったことがある程度だったが、性に合っていたらしい。


是非曲直庁来たての不真面目ヤンチャエピソード
・ヘカーティア居ない時はサボりまくり
・初対面えいきっきにジャーマンスープレックスをかける
・稲妻になっては誰彼構わずちょっかいかけてた
・サグメ(月に昇った神々)に合わせろと直談判
・上司とクッソ揉める
・飲み会の時は元カノの未練たらたらだった


持ち物

・城之内家の結婚指輪
城之内家に伝わる結婚指輪。
特に何か特殊なものがあるわけではないが、鍛冶の神様に作ってもらった希少な品


408>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/07/09(木) 07:58:03.63fkUju3cd0 (3/4)

スペカ

 雷迅「祖は天穿つ業雷なり」
自身を一筋の紫電と化し超高速で縦横無尽に駆け巡りながら自機狙いの弾幕を放つスペル
最初は画面端を飛び、段々と内側へとせまってくる
(3ターンの間自身の最終値に+3、相手の最終値に-3
4ターン目に帯電状態となり、接近戦(ようは殴りに行くというか体当たり)となる。
ダメージを受けた場合、受けたダメージの1/3を跳ね返す)


 獄符「通天暴威」
上下画面端から渦状に弾を回収するダイソン弾幕の中、
四角い檻の如く現れる予告レーザーが弾を消すように設計されているスペル
クラウンピースのヘルイクリプスからヒントを得て「檻は罪人を封じると同時に罪人を不要な害から守るものでも在れ」という理念から作り上げた
ゆえに符名はクラピリスペクト
(3ターン相手の霊力-2)


 稲妻「アルギュロス・スパーク」
ゆうかりんの極太ビームを自分用に改良した、白い閃光を放ちながら直進する極太レーザー
簡潔に言えば電気タイプのマスタースパーク
ちなみに、アルギュロスとはギリシャ語で白銀を意味する。
(3ターン霊力+3)


 厳罰「天網恢恢、疏而不失」
鬼神長となってから編み出したスペル
画面右端から画面左端までの網状のレーザーを上から下へと迫り来る壁のように放つスペル
一見避けられなそうに見えるが実はランダムに一ヶ所だけ綻びがあり、そこからよけれる
罪人は焦ってしまい、綻びを見つけられず網に捕まり断罪される
(2ターン相手の霊力-4 and 3ターン目自分の霊力-3)


「遠き届かぬ眩き武雷」
太く眩きに身を変えて自機へと一直線に体当たり
直視する相手の視界全てを奪い、行動不能にするほどの輝きを放つ稲妻だが当たり判定は見た目とは大きく劣る
(2ターン相手の最終値に-5)




サグメ17「…そう…あなたはもう…色々な人から…好かれてるのね…嬉しいかな悲しいかな…」(昔の初恋相手)
ミスティ20「まさかミチルさんがあんなに初心だなんて…ちょっと興奮しちゃうわ♪」(常連だけの中ではなくなりそう)
霊夢11「うわ…本当にお札が入ってる…」(小さいころから見守られている)
幽々 4「う~ん…前よりは話しやすかったけど…まだ苦手ね…」
妹紅20「人類が滅ぶその時までか…随分と長い付き合いになりそうだな。」 (不老不死になりたての妹紅の面倒を見てた)
紫苑14「私と…そして女苑にかまってくれて本当に感謝してるわ。」
女苑 9「私を…こんな私を色眼鏡で見ず、嫌わないで構ってくれる人…今度こそ仲良くできるかな…」
ヘカ20「返事かぁ…地球の方はああいってたけど…やっぱり期待しちゃうわよねぇ…」(結局部下のことを好きになっちゃう上司)
映姫20「はぁ…また飲んでしまった…だけど…そのおかげで少し積極的になれましたかね…//」(腐れ縁…だけじゃない)
小町20「部下も恋愛対象かぁ。そんなこと言われると少し期待しちゃいますよ?」(優しいが故に好きになってしまった)
ナズ 6「君は物欲というものが無いのか…あんな珍しいものをご主人にあげるなんて…」(旧知)
星  4「…一応、関係改善には努めますけど…」(まだ警戒)
豊姫20「数千年越しの恋、久々に燃えちゃったから容赦しないわよ♪」(片思い卒業したい)
依姫20「…私だってミチル…君…//…す、好きなんだから…!」(燃える闘志と恋心)
サニー 14「おまんじゅうおいしかったわ!また来てね!」(餌付け済み)
ルナ10「ミチルさんの膝の上は暖かいわ。またのせて頂戴ね。」(幼馴染)
スター 4「ルナの友達とか言ってたけど…そ、そんなお菓子なんかじゃ釣られないんだからね!」(餌付け失敗)
クラピ20「あ~あ…みっちー様ともっと一緒に居れたらいいのになぁ。」(一緒にいたい)
幽香11「あらら…負けちゃった。でも、次は負けないわよ。」(強敵と書いて友と呼ぶ)
妖夢 3「うぅ…ごめんなさい…これからは気を付けます…」(誤解解消)
妖忌18「妖夢に襲われているときのは見ものだったぞ。次は飲みながらゆっくり喧嘩でもしようじゃないか。」(昔からの飲み友達)
文  4「…ほ、本当に怒ってないのでしょうか…?」(多少恐怖は和らいだもののまだ警戒中)
慧音 3「初対面であんな態度…すまなかった。」(悪い人ではないことがわかり反省)
鈴瑚12「やっぱり伝説通り、素敵なお方です。懐も広いし、あんなの惚れないほうがおかしいじゃないですか。」(伝説が目の前に)
清蘭 9「なんだ。伝説通りすっごいいい人じゃない。心配して損したわ。」(荒れてたのは昔の話と割り切る)
鈴仙11「師匠があれだけ誉めてた理由がわかった気がします!本当に尊敬すべきお方です!」(尊敬する兄弟子)
永琳 7「ミチル…私のかわいい一番弟子。地上に降りてからもそんなに会ってないからまた会いたいわね。」(一番弟子)
ルナサ 6「イジりがいはあるわ。琴も使ってあげてくださいね。」(相変わらず映姫様贔屓派)
メルラン 4「そうね~。思ったより固くなさそうで安心したわ~♪」(苦手ではなくなった)
リリカ 8「歌じゃなくてもいろいろできるんだね。また一緒にセッションしよう。」(歌も琴もうまい人)
ドレ16「相変わらず初心ですねぇ…それはさておき、枕、安くしときますよ。」(親友)
さと 6「へぇ…意外と面白い人かもしれませんね。また会いに来たら色々と掘り起こさせてくださいね。」(サドり様)
おき12「相手が決まらなければ…昔みたいに…//」(プラトニックな関係)
青娥 3「…噂で聞いてたより安全そうなやつだったわね…でも、できれば出会いたくないわ。」(天敵も天敵)
神子19「やれやれ。私の思い人は奥手が過ぎるよ。そういう所も好きなんだがね。」(荒れミチル時代からの親友兼思い人)
輝夜11「…ふふふっ。負けたのは悔しいけど、ミチル兄のうれしそうな顔が見れてよかったわ。」(兄のように慕ってる)
庭渡20「私もロマンチックな恋…み…ミチル様と…!?いやいや…でも…」(上司なのに意識しちゃった)


409>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/07/09(木) 08:12:39.42fkUju3cd0 (4/4)

あと二日でヒロインレースです。
何度も言ってますが、ハーレムルートはありですよ。

==九日目==


庭渡「…zzz」

小町「…先輩寝ちゃった。
   あれだけ泣いてたらそりゃ疲れますよね。」

ミチル「…本当に、ごめんな。庭渡。」ナデナデ

小町「ミチル様ぁ。私にも。」

ミチル「わかったわかった。」ナデナデ

小町「ふへへぇ~。
   今日は頑張れそうな気がします。」

ミチル「お前そんなこと毎回言ってるじゃないか。」

小町「あはは…でも、今日はミチル様に元気もらったので。
   先輩もいい夢見てるんじゃないですかね。」

庭渡「…ん~ぅ…♡」

ミチル「それならいいのだが…」

小町「…それじゃ、あたいは先輩届けてくるんで。
   また飲みにでも付き合ってください。」

ミチル「あ、ああ。またな。」



小町「…そっかぁ。あたいもいつの間にか望んじゃってたんだなぁ。」



―――是非曲直庁


ミチル「ただいま。
  といっても、部屋にはさすがに誰もいないか。」


誰と会う?
直下
1.えいきさま
2.へかちゃん
3.其の他いい案があれば…


是非曲直庁組…少ない…
鬼形獣組は庭渡以外是非曲直庁…ではないと思うし…
こういう時はよほど無理な人じゃなければOKですヨ。


410以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/10(金) 18:21:49.83xaABlscO0 (1/2)

うるみん

ん?庭渡の好感度判定はないの?




411以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/10(金) 18:23:59.72xaABlscO0 (2/2)

もう20から先は上がらないってこと?


412以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/10(金) 21:15:08.39B+D5nNMAo (1/1)

20でMAXだよ


413以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/10(金) 22:40:53.37wsXH4YC40 (1/2)

>>412
ありがとう

(あと>>411sageてねぇ)


414以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/10(金) 22:41:42.07wsXH4YC40 (2/2)

>>412
ありがとう


415以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/11(土) 17:10:56.50Pd0w61BL0 (1/1)

好感度表に早鬼さんがおらんな・・・


416以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/12(日) 16:49:41.37T53sm3Q/0 (1/1)
417>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/07/13(月) 13:23:38.52VczXYB9Z0 (1/2)

おまたせ。

>>410-414
そうか、まだこのスレには書いてなかったですかね。
このスレは好感度の最上値は20です。
説明不足でごめんね



うるみんちょっと自信ないけど、頑張るわよ
なんか変でも許してください何でも許してください…


潤美の好感度
直下

潤美との関係
↓2


潤美、何故に是非曲直庁へ?
↓3


418以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/13(月) 13:24:19.30I0M6xDgmo (1/1)

せいやは


419>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/07/13(月) 13:24:46.79VczXYB9Z0 (2/2)

>>415
あ、ほんとや
追加しておきます


このレスは飛ばしてください


420以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/13(月) 13:25:40.35vaNK9q6/O (1/1)

えええ、クリティカル?
ならこうかな
潤美さん一目惚れするも彼女が昔いたと聞き諦めていた


421以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/13(月) 16:24:30.21xFyZWnDy0 (1/1)

主人公に会いに来た


422以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/17(金) 15:16:26.60li33UHDdO (1/1)

>>416
マジか神子すげぇな
いや、すげぇ通り越して怖えよ


423>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/07/20(月) 10:54:06.497xRkT7g+0 (1/1)

おまたせ。

本当にこのスレ初期好感度高いの多いっすね(遠目)
平均初期好感度出してみたいですね。


潤美15「一目ぼれしたんだけど、昔女がいたらしいからね。ひとまずはあきらめることにしたよ。」


ピンポンパンポーン

「城之内様。城之内様。お客様がいらしてます。
 城之内様の自室までお通ししますので、対応の方お願いいたします。」


ミチル「ん?来客か。
  …もし部屋に居なかったらどうすんだろうな。」

潤美「そんなのは知らん。
   その時は帰るだけだ。」

ミチル「潤美だったか。」

潤美「私だ。漁も昨日の分で充分だが、早起きが習慣付いてしまってな。
   最近色々なうわさも聞くし、顔見る次いでに話しでもと。」

ミチル「あ~…なるほど。こんな早くにご苦労なことだ。
  今は茶しかないが、それでいいか?」

潤美「あんまり気を遣わんでいいぞ。
   いつも通り気楽にしてくれ。」


うるみんと話すことすること
↓1-3


424以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/20(月) 16:53:38.22twvXhA960 (1/1)

相変わらずスタイルがいいな


425以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/20(月) 18:56:36.97x93NdDEpo (1/1)

指輪をみてそのサグメというのと結ばれたのかと訪ねる潤美


426以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/20(月) 19:57:08.002Zq4XMUQ0 (1/1)

密着して来るうるみん


427以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/25(土) 01:36:24.87cIh/GLEG0 (1/2)

       {乂      ∧ ┌「ヽ_  Piyo !
      \::`ー──''"¨∨_ ,,・ z、\
      < ̄::::::ヽ:::::::::{::::::(>''ア ゚ ∨ヽ
     >‐:::::::::::::::::::::::::::乂:::::,-、:::ヽ  /}ノ
   >''/7 /::::__:::::::/´::::::::{::::∪:):::、::Vく
   {/ / {/ V 7:/::v:::::ゝ-''´::::::::ヽヽ}
  、_ノィ ´    V ト、 ゞ-乂::::::::ヽ:::::|::ヽ
   ゙'ー'゙ } { / i   | ゝ VN }ィニヽ:ー:|::::}
     /  Y   { zイ{二_乂{ チ芍ヾ::|:/
   /,  {    ゝ ,ィ竓`     {'ツ ノノヽ
    { {  乂{、_ `ハ弋ツ    '  ''"}∧}
   ゝ、!\}  乂_ヽ >'''" r'' ̄l ,イ {_ /⌒\
      { {_  \_`≧ェ、..__`ー ´ィ′ノフ     \
       >-`‐=、ヽ::::>=-ニ{)_/ ノ\      ゙'ー──ァ
  __ <_─、  `ー` ̄>-└::::└、  |         く
´         \}`ヽ   ̄  {/:| `\:::::`┐|フ__        >
        ノ   v\  /〈::/::|   V\:::~`ヽ  >     ヽ
         〈    {  `'´ 〉:::i:ゝ、    }ヽ:::::::`~7   \
      >''"`-..::::〉    乂::{::::::ヽ   |__| ̄ ̄  ヽ!
      `゙'ー'゙1 ::::/      `|:::::::::}  | | ⌒\}
/       「~/      0/`>ノ  \
/   /{    | <       ノ: : : `ー--i''"
  /  レ"⌒ | >──''"´: : : : : : : : : 〉、
{/         |/: :\__: : ヽ: : : : : : :/: /: ::\
       _/: : : : : : : : : : >、: : : : : : : : : : :`ー、─:、
    >''"  {: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: ::{、___
 >''´__/ゝ: : : : : : :\: : : : : : : :ノ: : : :ヽ: : : : : :`: : : : : : : :厂}
  /: : : : :: : : :\: : : : : : ::\ : : : ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ://
_/: : : : : : : : : : : : ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /ヽ

支援


428以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/25(土) 01:37:01.96cIh/GLEG0 (2/2)

              ┌─:.、´ ̄::7` ` ̄
           >''"´::::::::::::::\::/       ヽ
          /,::::/::::::::::::::::::::::::{____ ・     }\
         // 1::::::/:::::::::::/:::::::::::::::\. ▽ ・ /  \
         {( {:::::::|::::::/::/:::::::::::::::\:::\└、 / \  ヽ
          7´ ゝ::{::::::ト、{::{__ノ}::\::::ヽ:::::}:::::ヽ   ヽ }`:
         //  !\:::{::乂__ノ─--、:::\!::}::::::\     }
         /    ヽ`ー >''"⌒""ヽ:::::乂::::::::::::\__,  \
         /∧{  { i\ ヽ r ,xr云zx,,,_:::V::V: ̄ ̄ヽ   \\
          { {/ ゝ、 ',_{  \ 〃 ´{iVr少〕|:::|::::}/} }ヽ \  ヽ ヽ
        、_У{ {  X´ゝ`、  \{ ,,ゞ''"   }::}::///\{  \     }
        ̄7八乂_{ラ汽㍉      :/:/:/:ノ从 {ソノ、ヽ    }    /
        {{\>-´ヽ ゞ":,     .,      r''}/}    / /  /
        /´    }バ゙`  __..、 '′    /::::::Vレ'i  / /  /      __
         /  __  ノィ1`:.、       //::_..,,>''"\// // ̄ ̄ ̄
      __/    >、 }ノ从>.、_   ,ィ´>''"::::::::::::::::::─:.、//
,,、<~   /    /{∧`i  | }∧/`¨´「/~:::7、:::::>''":::::>''" ̄\
     /     |   ゝ} | /_/┘ //:::::/::::ヽ"´ ̄/   / \
     /     |    /./ ̄   / /~く:::::::::}\    /    \
     /      |__    _>''"  /:/ }::::::/  `ー─''"/ノ      ヽ
/   /      |  ̄ ̄\  \ /::::/ /|::::/     /         }
    /       |、      、  /::::/`   |:::7  >''"          /  \
   /         | /   \  \|::::/     :|:::ムイ´    ヽ      /|  ノ'
 / {        //     \  |::/  人  |:::::/ヽ ヽ           /v、ヽ
./ .八      .// / ̄ ̄\ |/ ̄´ `¨:|:::/\   \     / /
  {∧\    // f´ 、      ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|___\  \  /  |

支援


429以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/25(土) 02:38:20.71oB0GIeEW0 (1/1)

自分で作ってないものをさも自分で作ったかのように言ってて草生える
いきなりURL張ったりAA張ったりするのは迷惑だから止めようね


430以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/07/31(金) 22:43:21.03VwpRbB350 (1/1)

エタか?


431>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/08/03(月) 09:53:39.85ZwIVhLAe0 (1/1)

大変お待たせして申し訳ない
病に付しておりました
報連相をしろとあれほど…
事後報告になってしまいますが、Kウイルスではなかったです。

一応完治…なのかな?
のんびりですが、再開していきます

・相変わらずスタイルがいいな
・指輪をみてそのサグメというのと結ばれたのかと訪ねる潤美
・密着して来るうるみん


潤美「隣座るぞ。」

ミチル「な、何故隣なんだ?」

潤美「私が隣りがいいからだ。
   それと…少しくっつきたい気分でもあったしな。」フニュン

ミチル「なっ!?」

潤美「はぁ~。やはり顔がいい。
   この顔なら女の一人や二人侍らせててもおかしくはないと思うんだが。」

ミチル「私はそんなに節操なしではない!」

潤美「おぉ…そこまで怒るとは…
   すまんすまん。でも、実際お前のその顔と性格ならな。
   昔は彼女もいたというし。」

ミチル「それはそうだが…
  外見で言ったら潤美も大概スタイルは良いではないか。
  それこそモテたりすると思うぞ。」

潤美「そもそも周りに男どころか生物が古代魚くらいしかいないからね。
   …三途の川には誰も寄り付かぬし。」

ミチル「人里で古代魚売ってたりもするのだろう?」

潤美「人間はなぁ。確かにいい奴もいるだろうが、種族が種族だからな。
   あんまり同棲関係や結婚相手には選びたくないだろう。」

ミチル「…応援はするぞ。」

潤美「ならお前が伴侶となってくれよ。」

ミチル「その答えは前に出しただろう…」

潤美「何度か言えば折れるかもしれないじゃないか?」

ミチル「…気が変わったらな。」


潤美「ん?その指輪、ついに彼女とでも結婚したのか?」

ミチル「…とりあえず訂正しておくが、私にはまだ伴侶はいない。
  さも彼女がいたみたいなことを言うな。」

潤美「随分前に付き合っていたといってたじゃないか。
   最近月との行き来も容易だというし、そういうことかと。」

ミチル「これはだな…」

~KKKKSKSKZK~

ミチル「ということでな。」

潤美「なるほどなぁ。加護がないと言えどもすごい品には変わりないと。
   だが、いくら貴重品とはいえ結婚もしてないのに薬指にはめておくのは些かどうかと思うぞ。
   それこそ誤解されても仕方ないだろう。」

ミチル「…そうだな。確かに言われてみれば。
  でも、しまったり置いておく場所もあまりないのも事実なのだ。」

潤美「私はとやかく言わないが、気をつけろよ。」


朝1行動
直下
1.さっさんぽ
2.こここ(指定)
3.うるみんと!
4.是非曲直庁で!
5.其の他いい案があれば…


432以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/03(月) 10:25:11.78vNBb9zOb0 (1/1)

1.さっさんぽ


433>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/08/04(火) 12:47:00.92ui4JrVwX0 (1/1)

おまたせ。


1.さっさんぽ


潤美「それじゃ、私はそろそろ行くよ。
   顔も見れたし。」

ミチル「ああ。この後は人里か?」

潤美「いつも通りな。
   お前もいるか?古代魚。」

ミチル「必要になったら言うさ。
  その時は世話になる。」

潤美「三途を通るときと人里に来るときは言うといい。
   それじゃあ、またな。」


ミチル「…さて、久々に散歩でもするかな。」


どこに行きつく?
直下
1.紅魔館
2.迷いの竹林
3.地底へ続く大穴
4.命蓮寺
5.神霊廟
6.逆さ城
7.妖怪の山
8.八雲亭
9.無縁塚
0.天界
ゾロ.マヨヒガ


434以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/04(火) 14:03:03.00JRPaDQ+Go (1/1)

ぞろ


435以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/04(火) 14:34:28.927BPnCQ09o (1/1)

はい


436以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/04(火) 19:20:22.109vWna/v/0 (1/1)

(ちなみに畜生界とか行けないのかな)


437>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/08/05(水) 12:30:50.94x6T8DHVQ0 (1/2)

おまたせ。

 _人人人人人人人人_
>         <
>  有 言 実 行  <
>         <
  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

すばらしいですね
しかも00


>>436
一応、大丈夫だとは思います。
キャラもそれなりに固まってきましたし。
…ただ、新キャラなのでキャラ付け不安定になっても目をつむってください…



ゾロ.マヨヒガ

妖怪の山を散歩中、いつのまにか結界の中に入ってしまったミチル。


ミチル「…結界内に入ってしまったか。
  壊すのも悪いし、結界の主に会えればいいのだが…」


誰に会う?
直下
1.聖母ゆかりん
2.らんねぇちゃん
3.ちぇぇぇぇん
4.ふうたくん(二代目主人公)
5.其の他いい案があれば…


…八雲亭とマヨヒガって別場所なんだっけ?
まあ、とりあえずいいか


438以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/05(水) 13:02:46.41jt+cFp51o (1/1)

1ゆかりーん!


439>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/08/05(水) 13:23:53.84x6T8DHVQ0 (2/2)

1.\ユッカリーン/



紫の好感度
直下


紫との関係
↓2


ちなみに、今までのゆかりんの好感度

麟  9(当時のMAXは10)
風太 妻
雪見 19
結梨 12
陽  12

ん~。平均値が高い。
やはり聖母なんだよなぁ


440以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/05(水) 14:42:24.84ug1Otlsb0 (1/1)

初期値で9以上しか出てないんだよなぁ……


441以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/05(水) 16:58:01.23dNDwDyPtO (1/1)

かつての荒れてたミチルを危険視してたし、手を焼いていた。今はそうでもない

ちなみに、荒れてたミチルに隠岐奈を(ほぼ全投げの形でだが)紹介したのは彼女らしい


442>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/08/10(月) 10:38:32.87KOIM9WS+0 (1/1)

おまたせ。

…まあ、昔は荒れてたからね。
少しばかり低くても仕方ないよね。


紫  4「昔は本当に手を焼いたわねぇ。後半全部隠岐奈に押し付けたけど…」(荒れ時代のミチルを危険視。今はそうでもない。)


紫「あらあら。ミチルじゃないの。」

ミチル「ゆ、紫…久しぶりだな。」

紫「はい。こんにちは。
  ここは私の結界内だけど、何か用かしら?」

ミチル「あ、いや。これといって用はないのだ。
  散歩をしてたらたまたま入り込んでしまってな。
  何かマズかったか?」

紫「そこら辺はいいわ。入ってきたことに関しては入れた時点でこちらの落ち度。
  私もそろそろ力が弱ってきたのかしらね。
  ここであったも何かの縁。少し寄ってきなさい。」

ミチル「あ、ああ。わかった。」

紫「…そんなに固くならなくても、昔のことなんて気にしてないわよ。
  もっと気楽にいなさいな。」

ミチル「すまん…」

紫「それと、一応茶は出しておくわね。」



ゆっかりんと話すことすること
↓1-3


443以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/10(月) 12:02:07.28b2zmq6FnO (1/1)

結婚について


444以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/10(月) 12:14:03.45iNb4TfZc0 (1/1)

話題の電気マッサージを体験するゆかりん


445以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/10(月) 17:26:26.01bViu3Y07O (1/1)

ここで暴れたりとかしないならお茶くらい出すわよというゆかりんりん


446以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/10(月) 18:28:53.13+NWtSGMS0 (1/2)

もう埋まってるから採用されないかもしれないけどせっかく浮かんだからあげるだけあげとく

ゆかりん
昔はあんなに荒れていた貴方が今や是非曲直庁の鬼神長とはねぇ・・・あの頃が懐かしいとすら思えるわ・・・

みちる
もしあの時、紫に隠岐奈を紹介してもらって無ければこうはならなかった。感謝してる。

別ver
もしあの時、紫に隠岐奈を紹介してもらって無ければ博麗の巫女に封印されていたかもしれない。感謝してる。


447以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/10(月) 23:17:23.25+NWtSGMS0 (2/2)

↑の者
また浮かんじゃったのでもう一つついでに・・・

ゆかりん
隠岐奈ったら貴方の事を話し出すと止まらないのよね~それそれはもう楽しげな様子で。





448>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/08/19(水) 12:09:10.290co8Giw80 (1/3)

おまたせ。

>>446
わたくしイッチ、基このスレでは範囲外でも書いていただいた方の意見は極力採用しています
大丈夫!ここまで書いていただいたのだから採用させていただきますよ!
ありがとうございます!


・結婚について
・話題の電気マッサージを体験するゆかりん
・ここで暴れたりしないならお茶くらい出すわよというゆかりん
・>>446-447


紫「といっても、ここで暴れたりしなければだけどね。」

ミチル「流石にもうそんなことはしない。
  迷惑をかけるのは…もう疲れたからな。」

紫「ふ~ん。随分と丸くなったのね。
  昔はあんなに荒れていたのに。」

ミチル「その節は大変申し訳なかった…」

紫「…アレが今では是非曲直庁で鬼神長やってるんだもんねぇ。
  あの頃が懐かしいわよ。」

ミチル「…もしあの時、紫に隠岐奈を紹介してもらってなければこうはなっていなかった。
  もしかしたら当時の博麗の巫女に退治されていた可能性もあった。
  本当に感謝している。」

紫「はいはい。私は厄介払いがしたかっただけよ。
  あんなに暴れられちゃこっちがたまったものじゃなかったし。
  といっても、預けてからずっとだけど、隠岐奈も隠岐奈で貴方の事話出すと止まらないのよ?
  もうそれは楽しそうに話すからこっちが嫌になってきちゃうわ。」

ミチル「そ、そうなのか…
  ちなみに…どんなことを話していたのだ?」

紫「手がかかる~だとか、素行が治らない~とか?
  なんか…子供を育ててる感じとも言ってた気がするわ。」

ミチル「そんなこと言ってたのか…」

紫「昔の話よ。今は知らないわ。
  …はい。お茶。」(スキマから)

ミチル「ああ、ありがとう。」


449>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/08/19(水) 12:09:46.240co8Giw80 (2/3)

紫「そういえば、隠岐奈も含めだけど、相当に粉振りかけてるらしいじゃない。
  暴れん坊改めプレイボーイにでもなるつもりかしら?」

ミチル「っ!?…ゲホッ…ゲホッ…
  な、何を…私はそんなつもりはないぞ!?」

紫「貴方にそんな気がないのはたまにスキマで見てるから知ってるわよ。
  でも、周りはそうは思わないんじゃないかしらね?」

ミチル「ぬぅ…」

紫「貴方の心は…まだ決まってるようには見えないかしらね。
  どうなの?そろそろ結婚とか考えてるの?」

ミチル「それは…まぁ考えないこともないが…」

紫「結婚はいいわよ~?旦那の帰りを待つのも旦那が待っててくれるのも。
  常に一緒に居られるし、甘えたいときに甘えられるし…
  あとは風太が夜どこかに行こうとかぎこちなくも誘ってくれたり、出かけてる最中も腕組んだら顔赤らめるし、
  その癖に夜の運動会は情熱的に激しかったり終わった後も毎回『愛してるよ』って言ってくれてもう本当にかわいいんだから!
  あとは前月に行くって言ってた時の話なんだけど…」(途中からめちゃ早口)

ミチル「わかった。もういい。」

紫「…あらそう?あと30分は話すつもりだったのに。
  まあ、そこら辺はそのうち決まるだろうし、もう深くは言わないわ。
  私の知ったことではないし。」

ミチル「…ありがとうな。」

紫「自慢話がしたかっただけよ。
  お礼言われるようなことはしてないわ。
  でもそうね…もしお礼してくれるなら、巷で話題のマッサージでもやってもらおうかしら。」

ミチル「…まあいいが。あんまり声出すなよ?」

紫「大丈夫よ。多少は結梨ちゃんので慣れてるから。
  あと快楽は風太君で♡」

ミチル「あえて突っ込まんぞ。」

紫「そう?つれないんだから。
  で、私はどうすればいいの?」

ミチル「寝るなり座るなり、好きにしてくれ。
  どの体勢でも電気だから関係ない。」

紫「じゃ、楽にするわね。」

ミチル「…よし、行くぞ?」ビリビリ

紫「…はふぅ…♡
  なかなかいいわねぇ。電気マッサージっていうのも。」

ミチル「気に入ったなら何よりだ。」ビリビリ

紫「んんぅ…♡確かにこれは声出ちゃうわねぇ♡
  風太君に聞かれてないかしら?」

ミチル「えっ旦那今いるのか!?」

紫「冗談よ冗談。今日は仕事だって言ってたし、多分いないんじゃないかしら。」

ミチル「…これを聞かれたら何言われるかわかったものじゃないだろう…」

紫「ふふふ…不倫ってやつを疑われちゃうかしら?
  でも、私は風太君一筋。浮気なんてするものですか。」

ミチル「…お熱いことで。」ビリビリ

紫「ふふっ…んっ♡」


朝2行動
直下
1.さんp
2.こk(指定)
3.ゆかりんと
4.まよひが!
5.其の他いい案があれば…


450以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/19(水) 14:38:07.82zBeOTRsSo (1/1)

5.マッサージ中の出来事を藍しゃまは見た!


451>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/08/19(水) 14:47:54.740co8Giw80 (3/3)

5.藍しゃまは見た!!!


藍の好感度
直下

藍との関係
↓2


452以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/19(水) 14:57:06.77eJiagGB/0 (1/1)

コン


453以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/19(水) 15:06:00.84TW7axWbXO (1/1)

妖怪となる前の狐の時猟師から命を助けてもらった


454以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/19(水) 20:53:33.04HOMdAl7/0 (1/1)

>>446-447 の者
>>1さん、貴方はカミサマですか・・・いや、仏様ですか・・・

ありがどうございまず(;∀;)(感動の涙)


455>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/08/27(木) 10:53:44.83CSzZtKN20 (1/1)

おまたせ。

藍 9「流石に覚えておりますよ。妖怪になる前からお世話になってます。」(妖怪になる前に漁師から命を助けてもらった)


藍「…浮気ですか…?よりにもよってミチルさんと…?
  風太さんに言いつけたほうがいいでしょうか…?」(震え)

紫「待って藍。違うの。
  これには深いわけがあって。」(焦)

藍「でも…ミチルさんが紫様を喘がせて…その…
  …つまりそういうことですよね…?
  いくら紫様でも永遠の愛を誓った相手がいながら他の男に手を出すのは…風太様が悲しみますよ?」

紫「うっ…!そ、そんなこと言わないで…!
  違うの…本当に違うのよ…」

藍「…見損ないました。紫様がそんなに節操なしだったとは。」

紫「…違うもん……グスン……
  私は風太のこと愛してるもん……」(涙目)

ミチル「…そろそろ辞めてあげたらどうだ。
  流石にかわいそうになってきた。」

藍「…そうですか。わかりました。
  それで、お二人ともいったい何してたんですか?
  流石にS〇Xしてたわけじゃないでしょうし。」

ミチル「だ、旦那がいるやつに手など出せるか!
  私にはそんな性癖はない!
  …マッサージをしてたんだよ。」

藍「…あぁ。巷で流行りの。」

ミチル「そこまで有名なのか、私の電気マッサージ…」

藍「なるほど。それなら合点がいきます。
  …あ~。紫様ごめんなさいって。先ほどは戯れが過ぎました。
  そんなに泣かれて目をはらしていては後で風太様に心配されますよ。」

紫「…グスン……」

ミチル「…紫ってそんなに…その…子供っぽかったか?」

藍「…顕著に表れたのは風太様とご結婚なさってからですね。
  支えてくれる人ができて、いい意味で感情豊かになられたというか、わかりやすくなったというか。
  少なくとも昔よりは随分と丸くなられたと思いますよ。」

ミチル「…そうか。」


八雲家二人と話すことすること
↓1-3


456以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/27(木) 12:26:12.12nTKe1UQ9O (1/1)

らんしゃま
じゃ、じゃあ私にもマッサージお願いできますか?


457以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/28(金) 14:55:01.08IRmdvUL80 (1/1)


白玉楼の幽々子様とも別の意味で相性がよくないと聞いてるし、会話の機会に、良ければ今度の酒宴は一緒にとお誘い


458以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/29(土) 00:44:45.87ZYH0oCXwo (1/1)

私としてはあのときより藍が息災ならなによりだ


459以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/08/31(月) 18:45:18.45Bd8OJXqt0 (1/1)

なんか浮かんだので挙げときます

みちる→らんしゃま
そういえば式ができたらしいな

みちる
ところでいつから居たんだ?

らんしゃま
最初からですが?


460>>1 ◆WIBvPkoLlg2020/09/08(火) 10:15:30.04DSNe1RSy0 (1/1)

おまたせ。
一応少し書きだめてあるけど、これだけ。

橙の好感度
直下

橙との関係
↓2


461以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/08(火) 12:47:46.09E5vI2Vq2o (1/1)

はいさい


462以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/08(火) 12:49:03.07FHXYNp020 (1/1)




463以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/08(火) 16:08:48.69j2MdHkIpO (1/1)

荒れてた頃はゆかりん、それ以降は藍しゃまから聞いてる


464以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2020/09/08(火) 18:59:16.06jjzlgYWfO (1/1)

↑追記
それ以降は(噂、風の便り等でだが)らんしゃまから聞いてる