1 ◆gEU9La026k2018/12/27(木) 23:44:08.67Q1rfaEqb0 (1/5)

このスレは安価やコンマで、剣と魔法な世界を生き延びていくスレです
なんと4スレ目突入。ご参加ありがとうございます
亀更新、深くは考えていない行き当たりのため、途中で色々変わってしまうかもしれませんがご容赦を

1スレ目:https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1540304018/
2スレ目:https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1542121865/
3スレ目:https://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssr/1543929376/


2 ◆gEU9La026k2018/12/27(木) 23:45:01.61Q1rfaEqb0 (2/5)

・簡単な舞台世界解説

剣と魔法のよくあるRPGな感じです
現状、三つの大国が世界を統べています

【王国】
広大かつ豊かな土地を持ち、三国の中では最も裕福です
街並みも最も発展しており、人口も多く様々な人が集まる
しかし裕福すぎるがために腐敗した人間も多いとのこと

潤沢な資金から一般兵士すら装備品の質がよく、重装騎士が国の守りを固めている
彼らは侵略力も防衛力も高いが、鎧の防御を貫通する魔法には弱い

【聖国】
神を崇める信仰深い国。王国ほどではありませんが広い領地を持ちます
平等主義が根付いており、貧富の差はほとんどなく穏やかな国民が多い
しかしその平等主義は同じ神を敬う国民に対してのみ。異教徒には攻撃的な人間もいるとか

信仰のおかげなのか魔法技術が発展しており、聖国全体に防護結界が施されている
兵士も魔導師が多いが、詠唱時間の隙が生まれやすい彼らは素早い歩兵を苦手としている

【帝国】
過酷な環境下にある国。三国の中では圧倒的に領地がせまく貧困状態です
弱肉強食、実力主義の国であり、弱者や敗者には容赦がない代わりに強ければ差別もない
貧困層は物資の奪い合い、国のトップは他国の領土を奪う、他国に言わせれば野蛮な国

生き延びるには強くあれ。兵士はもちろん一般民すら近接戦闘技能は他国より強いです
しかし素手や刃物の攻撃を受け付けない重装備の騎士は装備の差からどうしても苦手としている



3 ◆gEU9La026k2018/12/27(木) 23:47:29.89Q1rfaEqb0 (3/5)

~簡単な主なキャラクター紹介~

【アベル】
帝国の第三皇子。22歳
現在の帝国の実力主義に異を唱え、国家転覆の野心を持つ黒騎士
この物語の主人公。頑張って生き延びて、野心を成就させましょう
強力なスキルを設定してあるのだが、戦闘コンマ運だけは無い様子なので気をつけよう
レベル91、夜レベル99。

【ギルバート】
帝国の皇帝。55歳
アベル達の父にして、帝国最強の存在。現時点のアベルが敵う相手ではない
手心でレベル350。その真の力は未だ不明
夜レベルは100で酒にも強い。まさに死角なし

【フローレン】
帝国の皇妃。54歳
アベル以外の皇族の母。帝国名門の娘にして、あらゆる分野で天才的な才覚を持つ
しかしそれ故に人生に退屈しており、自身の『面白い』と『興味』が優先される享楽主義者
コンマ運が絶妙に無く、フローレンの判定をなかなか上回れない
夜レベルは69

【ノワール】
ギルバートの妾。40歳
アベルの母親。元凄腕の隠密部隊員の過去を持つが、現在はフローレンにより軟禁中
なんと2スレ目において自分周りの重要なコンマ判定全てが66か99のゾロ目大乱舞を披露
その後もゾロ目と高コンマを乱発。夜レベル酒レベル共に隙が無い
夜レベル98

【アドルラン】
帝国第一皇子。26歳
快活な誇り高き騎士にしてアベルの良き兄
整理整頓や隠し事は苦手だが、帝国一般兵からの人望は抜群であり自身も鍛錬を怠らない努力家
従者からの恋心には一切気がつかないが、ネコミミは気に入った
レベル91、夜レベル73

【カイン】
帝国第二皇子。22歳
過去にアベルと共に捨てられ、生き延びる際に別れて以来道も違えてしまった
とにかくコンマ運が絶望的だったのだが、最も重要な場面でゾロ目を叩きだしてなんと改心
圧倒的なレベル差から、脱童貞前にエメリナに搾り取られる日々が続いている
レベル49、夜レベル11。10パーのマイナス判定でレベルダウンという相変わらずの運の無さ

【キアラ】
帝国第一皇女。17歳
大人しめの本読み皇女だが、実は膨大な魔力を隠している
従者のローズが作成した薔薇のコサージュが封印具であり、外すことでその力を解き放つ
コンマが荒ぶった聖王の送り込んだ天使兵部隊を、単騎で全滅させる奇跡を見せつけた
なお現在、登場キャラの中で一番の巨乳となった
レベル130、夜レベル53

【フィーア】
帝国第二皇女。14歳
天真爛漫でアベルを慕う心優しきツルぺタロリ
コンマの悪戯で天才的な暗殺者としての才能を開花させ、しかも鍛錬も開始
皇帝に届きうる刃は、まだ砥がれ始めたばかりである
レベル100、夜レベル51


4 ◆gEU9La026k2018/12/27(木) 23:48:38.76Q1rfaEqb0 (4/5)

【エリス】
アベルに仕えるメイド。16歳
幼き頃にアベルに救われて以来、彼を慕い鍛錬を続けて彼を守る力を手に入れた
とにかく戦闘絡みの判定で高コンマとゾロ目を出しまくり、最上位を除けば現状帝国最強の戦士
しかし夜はアベルにいいようにされ、酒にも弱いと両極端に振り切っている
レベル208。夜レベルは02、大幅レベルアップチャンスの時に判定は再び02という奇跡を起こした

【アーシャ】
アベルの学友。22歳
学友にして理解者にして協力者。文武両道な優等生
突出したものを持たない代わりになんでもそつなくこなす設定だったが、防御重視の戦術家に
彼女が考え出した防御策は対皇帝戦では必須スキルであり、鍛錬効率アップのスキルも獲得
そして夜レベルに続き、酒にも弱くなってしまう
レベル101。夜レベルは05。

【ロウル】
アベルの副官。18歳
狼の耳と尻尾を持つ少女。アベルには好意を寄せるが素直にはなれない
戦闘技能は他のアベル隊員よりも僅かに劣るが、天性の感覚の鋭さでサポートする
そして上の二人と同じく酒には弱かった
実は上の下着はつけていない
レベル84。夜レベル04。

【シア】
元・聖国の将。21歳
間延びしたまったり天然な平和主義者
本当の平和を探してアベルの隊へと下ったが、2スレ目ではやたらと辱められた
好感度は100を超えて関係は保留状態だが、辱められた影響でアベルの所有物になりたい願望を持つように
そして酔いやすさ判定で00を取り乱れ、安価で自身と多数の被害者を出しつつ性への欲求はさらに加速することに
レベル80、夜レベル51。平均値の筈なのだが登場キャラの中では上位に入る

【パトラ】
王国の将。23歳
没落した名貴族の娘で、家の再興を望んでいる
国王や部下からの信頼も厚い、王国においては希少な存在
常識人かつ酔わずに済んだのだが、それ故に散々な目にあってしまった
レベル49、夜レベル02。でもお酒には強かった!

【マークス】
元・聖国の将。26歳
魔法が使えないために、肉体言語で物事を解決する常に半裸の神父
アベルと拳で語り合った後、アベルの捕虜という扱いで城塞に住み込むことに
かなり我慢強い性格であり、傍から見れば変質者だが部下からは慕われている
前線部隊での戦闘は行わないが、拠点の防衛を担う

【エカチェリーナ】
聖国の第一王女。23歳
王女にして将でもある才女で、かつてはアベル隊を蹴散らした数少ない人物
兄である聖王シュタイナーが暴走(コンマ)したため、それを止めるためにアベルの下へ亡命してきた
現在はリーナを名乗り正体を隠しつつ、マークスと共に拠点防衛を担う
彼女に酒と胸の話題は厳禁

※詳しいキャラ設定や他の登場人物は過去スレにて



5 ◆gEU9La026k2018/12/27(木) 23:50:22.54Q1rfaEqb0 (5/5)

~簡単な当スレの解説~

・このスレは参加して下さる皆さんのおかげで成り立っています
・キャラクターを状況によって募集することがあり、それは後ほどコンマ最大値判定で採用する流れです
・行動選択以外でのゾロ目は基本的になんらかのボーナスがつくと思います(状況的に奇数より偶数ゾロの方がいい結果が多いです)
・判定は通常判定と特殊判定がありますが、基本的に差はありません。特殊判定はゾロ目チケットが使えないだけです
・ゾロ目の中でも00はハイパークリティカル。確実にプラス傾向のイベントになります
・頻繁に安価とコンマ判定が飛びます
・質問には答えられる範囲で答えますが、一部データはマスクして隠しています。ご了承下さい
・特殊判定は判定内容により、高コンマがよかったり低コンマがよかったりと変化します
・コンマ結果は全て運です。誰かを責めたりせずに楽しみましょう
・抜けている判定などがあれば、ご指摘をお願いします




6 ◆gEU9La026k2018/12/28(金) 00:01:51.57IeTSUFgJ0 (1/1)

おっと、書いてる最中で埋まっていた
前スレ>>1000、了解です。ただノワールは現在まだ完全な自由行動ができないため、ローズさん主催になります
本日は更新できず申し訳ありませんでした。そしておそらく、明日も難しいかと思います

その間に疑問や質問などがあれば、受け付けておきます
雑談なども大歓迎です、そしてこの判定忘れてない?などのご指摘もどんどんお願いします



7以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/28(金) 00:10:03.33ZYIRwOpFO (1/1)

おつおつ。まぁ仕事納めだろうししゃーない。



8以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/28(金) 00:20:57.66VF4Q+4AnO (1/1)

乙ー
25日で仕事おさめのうちはやっぱ珍しい方か……
クリスマスにあわせて酒イベントやってくれたけど、お正月的なイベントはある?


9以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/28(金) 00:23:56.09kmrZtmfOO (1/1)

久方ぶりに見た
他国への侵略はどのくらい進んだん?


10以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/28(金) 00:51:27.67E+Nvsqi8O (1/1)

>>9、どのスレと間違えたのかわからんが、主人公サイドは明確な侵略行為はしてないぞ

>>1の方に質問するけど、キアラが倒した天使兵が一番強くて、残りの弱いのが聖国守ってる具合?またワープで襲ってくることもある?


11以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/28(金) 01:13:19.988350r27y0 (1/1)

ローズさんの主催のイベントだし捕食されてる人がどんな人なのかとかそろそろ判明するかな
あと新スレ乙です


12以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/28(金) 05:19:39.76OdbeYWaiO (1/1)

新スレ乙ですー
フローレンさんの説命内のフローレンはノワールの間違いかな
活躍次第ではバーンズさんも次回以降キャラ紹介テンプレ入りしてほしいな


13以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/28(金) 07:20:39.03kSad7GIDO (1/1)

新スレ乙です


14以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/28(金) 09:23:46.60MHzzsckg0 (1/1)

これエリス達女性陣に混じってカインも参加するのか?


15以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/28(金) 09:38:43.88qWs/tiF8O (1/1)

立て乙ー。
そういえば天使兵侵略の際に、ローズは★スキル追加なのになんでフィーアはまだ通常スキルかと疑問に思ってたんだがあれだ。
フィーアって恐ろしいことにあのスペックでまだ実戦未経験だった。
(一応バーンズ戦という実戦チャンスがあるにはあったんだけど、エリスのコンマが走りまくって潰された)


16以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/28(金) 12:34:38.64enzCdDFb0 (1/1)

ローズさんのスキルは増えたってより、ルーシェとエリスと戦った時封印してたスキルのアンロックなんじゃないか?
見た感じ★は鍛錬時の偶数ゾロ目、好感度100、ノワール伝授で増えて、初期判定がぶっ飛ぶと最初から持ってるぽいし
しかしフィーアは実戦経験か何かで強化入りそうだし、キアラもスキルの「見習い」取れたら強化されそうだし、妹組が末恐ろしい


17以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/28(金) 23:25:00.25ZnKgKbC7O (1/1)

そういや天使戦でキアラとフィーアが共同救援に来てくれるようになったってアナウンスあったけど、この二人って組むと
開幕雑魚兵士を封殺orガン無視からのフィーアの一刃(先制優勢)→キアラ炎槍(優勢威力3倍+ガード引っぺがし)のデスコンボ
敵の★ガードで防がれてもフィーアがその度に補正増加、追い込まれても★回復と超回避で粘って、それでも勝てなくて負けても逃走しきれる
って認識であってる?強すぎるってかほぼほぼ無敵だよねこれ


18 ◆gEU9La026k2018/12/30(日) 23:27:52.17uTHXkQbK0 (1/4)

こんばんはー
間が空いてしまい申し訳ありません
まずは返答から

>>8
申し訳ありません、少々予定が立て込んでしまい、大みそか元日の更新は難しそうです……
できてお年玉ということでなんらかのイベントを挟むくらいでしょうか?

>>10
上級天使は聖国に複数体、判定運が悪いと再度帝国に送り込まれます
さらに上級天使より上の天使もおり、聖王の護衛となっています

>>11
出番があまりないかもしれませんが、キャラ募集をかけた方がいいかもしれませんね

>>12
すみません、急いで用意するとろくなことにならないですね……
バーンズはこの後出番が出てくる可能性もでてきたため、次スレではのっけておきます

>>14
夜レベルと一口に言っても
女性陣→性知識・技術、猥談耐性
男性陣→男性器サイズ、性知識・技術
であり、カインの場合知識はあってもサイズの問題が出ている状態です
そしてカインはアベル相談が決まっているため、おそらく参加は壊滅している初期アベル隊+パトラかと

>>15
ローズのスキルは条件を満たしたため発動、フィーアは以前の判定で獲得確定していたためのスキルです
以後の判定でフィーアはさらに強化されるといいますか……
正直、フィーアはお助けキャラとして設定していましたので強キャラです
それなのにエリスを筆頭にアベル隊がばりばり強化+スキル獲得していてお助けを必要としていないのが現状

>>17
お助けキャラ+判定で強キャラ化+レベル順調に上がってる姉妹なのでそれだけ強いです……
なおフィーアのネームレス無視はあくまで無視のため敵スキルは発動
キアラの魔力圧はスキル諸共存在を封じるため、敵スキルも封じます
スキルが強力な代わりに常時補正がまだ低いため、高レベルの敵には弱いのですが二人ともレベルが高いため隙が無くなっています

それでは少しだけ再開し、大事な判定のところまで



19 ◆gEU9La026k2018/12/30(日) 23:29:05.99uTHXkQbK0 (2/4)

――


リーナ「なんですの~アベル~……///」

リーナ「あなたも、他の男と同じように、胸の大きさで人を判断しますの~?///」

アベル「い、いやそんなことはしない。以前も言ったが、俺はあまりそこには拘らない主義だ」

リーナ「……本当ですの~?///」

アベル「あ、ああ。それよりもリーナ、仁王立ちをやめて肌を隠してくれないか……」っマント

リーナ「……マークス神父は常に露出してます。それなら私も問題ないのでは?///」

アベル「この人と同じ土台に立つな! 大体お前は聖国の王女だろう!? もう少し、恥じらいをだな……」

リーナ「……///」

アベル「考え込むくらいなら隠しなさい! 王女じゃなくても淑女なら隠すものだ! ほら!」グイグイ!

リーナ「あ、ありがとうございます……///」

アベル「はぁ……水はここに置いておく。もう少し落ち着いたら、また来るぞ……」スタスタ…

アベル「マークス神父、あなたも一度退室した方がいいと思う。別の部屋を用意しよう……」

マークス「そ、そうだな。君の言う通りだ。それではリーナ様、失礼致します」スタスタ

リーナ「え、ええ……///」

リーナ「……///」

リーナ「……///」ペタペタ…

リーナ「やっぱり、ロウルくらいは欲しいですわ~……///」



アベル(シアと比べると羞恥心が薄い……? 聖国の教育はどうなっているんだ……??)


※リーナがバストアップ願望を持ち始めました


――



20 ◆gEU9La026k2018/12/30(日) 23:29:44.67uTHXkQbK0 (3/4)

――




アベル「はぁ……」

アドルラン「おおアベル。落ち着いたかな?」

アベル「ええ。申し訳ありません兄様」

アドルラン「はははは! 何気にするな! 私も強くないからな。もしかしたらお前に色々と後始末を頼むかもしれん」

アドルラン「困ったときはお互い様だ。だから、私に遠慮などするな」

アベル「兄様……」


アベル(困ったとき、か)

アベル(……)

アベル(騒がしい日だったが、今日ここに集まった者は――兄様とその従者を除いて全員が俺の野心を知っている)

アベル(兄様にだけひた隠しにし、黙りつづけている)

アベル(兄様は良い人だ。鍛錬に励み、教養を積み、人望があり、そして弱者のことも気にかけている)

アベル(……正直で、まっすぐな人。もし俺の野心を知り、俺に怒らずともその態度は表にでてしまう可能性はある)

アベル(母上の件を伝えれば、こちらにはついてくれるかもしれないが、どうしてもその危険性は残る)

アベル(どうするか……)

※アドルランに野心を明かすか否か

↓1~5多数決


21以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/30(日) 23:31:38.463lfoATV0O (1/1)

話さない
まだ解決していない問題もあるだろうし


22以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/30(日) 23:33:27.86w/HG2IslO (1/1)

再開きたか!
教えよう。最悪何かあってもカインお兄ちゃんにフォローしてもらう感じで


23以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/30(日) 23:37:14.23oEXtpLrDO (1/1)

話す


24以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/30(日) 23:38:28.62chYmYxyG0 (1/1)

話そう


25以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/30(日) 23:38:33.33fCW52K2CO (1/1)

明かす


26 ◆gEU9La026k2018/12/30(日) 23:54:45.41uTHXkQbK0 (4/4)

※アドルランに野心を明かす(後ほど追加判定あり)


――



アベル(…………)

アドルラン「アベル?」

アベル「……兄様。もし、もし今俺が、酒以外のことで困っているとして」

アベル「そしてその困りごとが、兄様にはより大きな困りごととしてのしかかるとして……」

アベル「――それでも、俺を助けてはくれますか?」

アドルラン「……他の者に聞かれては、不味いことか?」

アベル「ある意味、兄様がその最たる人です」

アドルラン「…………わかった。言ってくれ」




アベル「――俺は、今のこの帝国を……崩します。皇帝ギルバートに、刃を向けてでも」





アドルラン「――――なっ!?」

アベル「兄様なら、少しはご理解頂けるのでは? この国は過剰な実力主義、弱者には過酷過ぎる」

アドルラン「く、それはそうだが……しかし、アベル……!」

アベル「敗れた者は敗者。敗者は弱者」

アベル「――選ばれなかった女。妾は、弱者」

アドルラン「っ……!!」

アベル「ご存じでしょう。俺の母上、ノワールはこの国では敗者。敗者の子である俺もまた、敗者なのです」

アドルラン「そんなことは!」

アベル「……兄様は、優しいです。しかしこれが今の帝国の現実」

アベル「アドルラン兄様の母上、フローレン様は正妻の勝者。皇帝に次ぐ地位を持つ絶対の存在。敗者に何をしようが許される……」

アベル「先日王城に行った時……母上は……兄様の倉庫に幽閉されていましたよ」

アドルラン「なっ……!? そんな、義母上は王城からは出て行ったと――」

アベル「……」

アドルラン「そん、な……」


27以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/30(日) 23:56:33.83GW5msyrYO (1/1)

……うん、何も間違ったことは言ってないな!(倉庫に幽閉)


28以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/31(月) 00:00:58.94yNRlgkEw0 (1/1)

ノワールが規定外なだけ
そもそもなぜ捕まっているかが謎なんだけど…


29以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/31(月) 00:07:16.64MjHEcuvkO (1/1)

ノワールが捕まってる(フリ?)限り、フローレンの嫌がらせがノワールに集中するからかな?
対象が逃げ出したら、次はキアラやアベルが狙われちゃいそうだし


30 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 00:15:12.41wnewdthW0 (1/13)

――――
―――
――



幼アドルラン「はぁ……はぁ……よし、鍛錬、終わり……」ゼェゼェ…

フローレン「まあ、昔は棒切れも持てなかったアドルランが、ねぇ……」

ギルバート「……ようやく、我が子としての力が目覚めたか?」

幼アドルラン「い、いえ……私は何も……ただ、友が私を……」ゼェゼェ…

フローレン「確かに私とあなたの子にしてはまだまだねぇ。まぁ、この調子なら捨てずには済みそうだけど……」

フローレン「楽しめるかどうかは別ねぇ。他の玩具を探した方が早いかしらぁ……?」スタスタ…

ギルバート「……アドルランよ。貴様はまだまだ未熟。さらに励むがよい」スタスタ…

幼アドルラン「あ……」

幼アドルラン「……」

幼アドルラン「いや、父上と母上の言う通りだ。もっと、もっと鍛錬を……」ゼェゼェ…

幼アドルラン「ヒバリも応援してくれているんだ……やれる、やれるんだ……」

幼アドルラン「あ――れ――?」フラ…


ノワール「……無茶は駄目ですよ、アドルラン」ダキッ…


幼アドルラン「あ、義母上……? す、すみません! お見苦しいところを……!」ググ…

ノワール「こら。無茶は身体に毒……今は休みなさい」ナデナデ

ノワール「こんなに頑張ったんですもの……少し休んだくらいで文句は言われないわ。――言わせもしない」ナデナデ

幼アドルラン「義母上……」




31 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 00:34:15.92wnewdthW0 (2/13)

ノワール「私の作ったものでよければ……はい、少ないけど焼き菓子よ。お友達と食べるといいわ」ソッ…

幼アドルラン「い、いけません! 私は人よりも弱い! 少しの時間でも惜しい、さらに鍛錬を――」

ノワール「……」ヒュッ…

幼アドルラン「っ!?」

ノワール「……はい、私の勝ち」チャキ…

幼アドルラン(み、見えなかった……いや、聞こえもしなかった……)ガタガタ

幼アドルラン(やはり、私は……)

ノワール「……私は、今のあなたよりも強い」

幼アドルラン「はい……」

ノワール「そんな私が、強者があなたに今は休むべきと言っているのですよ……?」

幼アドルラン「!!」

ノワール「大切なのは、緩急……普段から張りつめていては、肝心な時に動けないこともある……」

ノワール「力を抜く時は抜く」ダラリ…

ノワール「力を入れる時は入れる」ヒュッ…!

ノワール「そしてこれを繰り返して初めて、強くなれる……」

幼アドルラン「そう、なのですか……?」

ノワール「ええ……。そしていいですかアドルラン?」

ノワール「ただ刃を振り続けてもに、強くはなれます。――でも、それは後になって虚しさを覚えることもあります」

ノワール「私は今――大切な家族が出来ました。家族の為に……そう思えば、私はさらに強くなれる……」

ノワール「あなたは……どうして強くなりたいの? あの人と、フローレンに命じられたから……?」



32 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 00:41:47.47wnewdthW0 (3/13)

幼アドルラン「わ、私は……」

幼アドルラン「私は、いずれ皇帝となる身です……そのためにも……」

ノワール「……」

幼アドルラン「でも――友のためにも、強くなりたいと、そう思います……」

ノワール「ふふ……それなら、大丈夫そうですね……」

ノワール「そのお友達に心配をかけすぎないためにも、今は休みなさい」

ノワール「そしてお友達と語り合って、ただ強くなること以外にも大切なものを見つけるのです……」

幼アドルラン「は、はい!」

ノワール「そしてこれはできればですけど……私の子、アベルとも仲良くしてくれると嬉しいですね……」

幼アドルラン「それはご安心ください! アベルは私の大切な弟です!」

ノワール「そう……ありがとうアドルラン」ニコリ

幼アドルラン「それでは……以後の鍛錬のためにも、しばし休憩をいただきます。ありがとうございます義母上」パタパタ…

ノワール「……」フリフリ…


幼アドルラン(義母上と話していると、なんだか落ち着くな……)パタパタ

幼アドルラン(ヒバリと話していると、元気になれるけど、それとも違う……)パタパタ

幼アドルラン(でも――誰かとゆっくり話し合う時間というものは鍛錬と同じくらい大切なのかもしれない……)パタパタ

幼ヒバリ「あ、アドルラン! もう、また走り回って! まだまだ身体弱いんだから、無茶は駄目っていったでしょ!」

幼アドルラン「す、すまない! だからそろそろ、休憩しようと思う。ほら、焼き菓子もあるんだ。ヒバリも一緒にどうかな……?」

幼ヒバリ「え、いいの? やった! アドルランと一緒におやつだー!」




――
―――
――――


33 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 00:43:25.46wnewdthW0 (4/13)

と、途中ですが今日はここまで
うまくいけば明日の午後にも少し更新できるかな?
なおこの後、アドルランには一回判定があります

本日もありがとうございました!


34以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/31(月) 00:47:43.17EpvxsD5qO (1/2)

乙です
年の瀬に結構重要な展開が来た感じだねえ
アドルランの安価で今年最後の悲m……選択肢とは
更新楽しみにしてます


35以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/31(月) 09:53:47.741g9evRHXO (1/1)

おつおつ
エロかったりぶっ飛んでたりするけど、ノワールさんちゃんとお母さんしてるね

ところで、お正月にお兄ちゃんズ皇族で格付けチェック的なイベントとか(小声)


36以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/31(月) 12:11:45.65jYk15ewT0 (1/1)

>>1乙 笑ってはいけない帝国24時とか見てみたい


37以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/31(月) 22:30:30.24EpvxsD5qO (2/2)

何なら脱いではいけない帝国とか
仕掛人はお酒用意したりエリスさん用意したり


38 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 22:42:53.86wnewdthW0 (5/13)

こんばんはー
結局遅くなってしまった……とりあえず判定までは今年中に投下しときます!
そしてお正月イベント……
当日はちょっと難しそうですが、やってみたい気はしますね
ただ笑ってはいけないと脱いではいけないは難易度高そうなんで、できても格付けをコンマ判定ぐらいですかね?
コンマだと下手すると全員画面から消えかねませんが

それではアドルラン判定まで


39 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 22:43:36.03wnewdthW0 (6/13)

――



アドルラン「……私は、かつては弱かった」

アドルラン「今も強い、とは言えないが。それでも成長はしたつもりだ」

アドルラン「アベル、お前の母上ノワール様は……微々たるものでも私の成長を認め、励まして下さった方だ」

アドルラン「こう言ってしまっては不味いのかもしれないが……」

アドルラン「私が心を折らずに鍛錬を続けられたのは、義母上の支えも大きかった。――本当の、母上よりもな……」

アベル「兄様……」

アドルラン「義母上を捕えたのは、本当に母上なのか?」

アベル「はい。母上から直接伺ったので間違いはないかと」

アドルラン「そうか……」




40 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 22:44:06.90wnewdthW0 (7/13)

アドルラン「なぁ、アベル。私は義母上から幼い身ながらに強くなる秘訣というものも教わった」

アドルラン「緩急をつける。鍛錬は大切だが、そればかりでもいけない。時には休み、友との交流も大切だと知ったよ」

アドルラン「……ヒバリ達との時間は楽しかった。今も楽しい」

アドルラン「ヒバリからも、よく笑うようになったねと言われたよ。アベルも、休日は交流や休養をしているのだろう?」

アベル「はい。鍛錬の日もありますが、他愛ない話や散策などを」

アドルラン「……義母上も、緩急がしっかりしていた。普段は私やカインにも優しく接してくれるのに……」

アドルラン「その時が来れば、一瞬にして『強者』の気配に変わった」

アベル「……」

アドルラン「……今がどうなのかはわからない。だが、当時の母上と義母上を比較すれば――おそらく、義母上の方が強者だった筈だ」

アベル「!!」

アドルラン「アベル、実力主義とはなんなのだろうな……」

アドルラン「強者の義母上が、母上を捕えることもできたのだろう。だが彼女はそれをせず、逆に今捕らわれている……」

アベル「はい。実力主義の全てを否定はしませんが……武力や権力で弱者を踏み躙る現帝国は誤りだと俺は考えます」

アドルラン「それは、私も同じ気持ちだ」

アドルラン「――だがアベル、少し性急ではないのか?」

アドルラン「お前に野心があるように、私にも野心というほどではないが、望みはある」

アドルラン「いずれ私が皇帝となった時……私はすぐには無理でも、この帝国をゆっくりと変えていきたいと考えていた」

アドルラン「……お前に、私の右腕として働いてもらったうえでな」

アベル「兄様……」




41 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 22:44:38.92wnewdthW0 (8/13)

アドルラン「私では、頼りない皇帝かもしれない」

アドルラン「アベル、お前の野心――自身が皇帝になりこの国を変えたいと願うのならば、私の屍も踏み越えるか?」

アベル「いえ……俺は、この国の在り方を変えたいだけです。皇帝になる器ではありません」

アベル「確かに兄様の言う通り、急激な変革は反感……特に力を良しとする兵士からは買うことになるでしょう」

アベル「父を下せる強さならば、兵士もねじ伏せることはできる。だが兄上なら、力ではなく言葉で兵士を纏め上げられる」

アドルラン「!!」

アドルラン「……はは、私も買いかぶられたものだ。私は未熟者だぞ?」

アベル「怠けていた兵士が、兄様の言葉で奮起したと聞きましたよ? 兄様には、人を惹きつける力がある」

アドルラン「それならアベル、お前もだ。お前の野心……エリス君たちも知っているのだろう?」

アベル「……ええ」

アドルラン「はははは、合点が言ったよ。父上を倒す……その目標で鍛錬を積めば、彼女達が強くなるのも当たり前か」

アドルラン「だがそれでも――まだ届かない。それもわかっている筈だ。わかっていて、彼女達はお前について行っている」

アドルラン「アベルこそ、人を惹きつける力を持っていると思うがな」

アベル「それこそ買いかぶりですよ。どうあれ現帝国で支持を得ているのは兄様です」

アドルラン「……精進は必要だがな。しかし私にしろお前にしろ、皇帝の問題は置いておこう」

アドルラン「お前が急くのは……義母上の救出のためか?」

アベル「……それもあります。ですが、母上だけの問題でもない」

アベル「俺は貧民街に出向いて過度な略奪行為などを防いでいますが、そんなものは偽善行為にすぎない」

アベル「俺が守れる範囲などたかが知れている。彼らを助けたければ、国の在り方を変えるしかない」

アベル「そして父を、皇帝ギルバートを納得させる手段こそが――実力主義であると思います」

アベル「兄様、確かに兄様が次期皇帝でしょう。ですがあの父が、力を持たない者を皇帝の座につかせると思いますか?」

アドルラン「!!」

アベル「恐ろしいことに、皇帝は未だに成長をしているといいます。これでは、あと数十年は皇帝のままでしょう」

アドルラン「……否定はできないな」

アベル「あと数十年も、今のような行き過ぎた実力主義を続けるのか?」

アベル「そして老いに老いた父を討って政策を急に変えて、それこそ本当に納得する者は現れるのか?」

アベル「今の、力を持つ父を倒し――実力で彼を上回ることで、この帝国唯一絶対の法の中で最強の強者となる」

アベル「実力主義を唱え続けた父だからこそ、自身を打ち破った強者が現帝国の法を否定しても、それを否定することはできない」

アベル「――強者は絶対なのだから」

アドルラン「なるほどな……」



42 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 22:45:09.16wnewdthW0 (9/13)

アドルラン「……父上を、今すぐに殺める気ではないのか?」

アベル「殺す気で挑んで、ようやく一太刀浴びせれたらいい方だと思います。敗北を認めさせるだけで至難でしょう」

アドルラン「そうか……」

アドルラン「……」

アドルラン「父上は、弱者に厳しい。だが、時々……弱者と呼んだ者に、意味ありげに笑みを浮かべるのだ」

アベル「笑み……?」

アドルラン「父上の真意はわからないがな。それよりも私は、母上――フローレンの方が不安に思えてきたよ」

アベル「?」

アドルラン「義母上を捕えたこともだが……カインが視力を失ったあの事件にもどうにも違和感が拭えない」

アドルラン「本当に何を考えているのか、読めない方だが……」

アドルラン「私に対して、楽しめる、次の玩具と言っていたのを思い出してな……」

アドルラン「まさかとは思うが、カインは……」

アベル「……!」

アドルラン「義母上も……このままでは、危ない、のか……?」

アドルラン「……」

アドルラン「アベル――覚悟はできているのか? 父上に挑むということも難題だが、母上と親衛隊も相手取るということだぞ」

アドルラン「もし挑むなら『父上は皇帝の間からは動かない』だろう。そして城攻めで『多数の敵を切り抜ける必要が出てくる』だろう」

アベル「覚悟の上です。そのために俺達は、この城塞にいます」

アドルラン「……ふ」

アドルラン「はははははははは! 慎重派のお前がまさか、父上に挑むなんて無謀なことを考えるとはな!」

アドルラン「だが、誰もが考えもしていないことを考え、その覚悟を決められるのならば、それこそ強者と呼べるだろう」

アドルラン「……アベル、これだけは言っておこう。仮に父上を倒せても、国を変えることはできないかもしれない」



アドルラン「――そんな確約もできない頼りない兄でよければ。私も手を貸そう!」



アベル「あ、ありがとうございます!」



43 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 22:49:39.35wnewdthW0 (10/13)

――


アドルラン「なにっ!? 私以外、全員がもうアベルの計画を知っていたのか!?」ガガーン!

アベル「は、はい」アセアセ

アドルラン「………………そうかー………」

アベル「申し訳ありません……」

アドルラン「いや、大丈夫だ。いやしかし、キアラとフィーアが知っていて……」ズーン

アベル「その……兄様は頼りにしているのです。これは嘘偽りありません」

アベル「ただその、何と言いますか……」

アベル「兄様は真っ直ぐすぎるというか……」

アベル「隠し事が苦手ですので、その……」

アドルラン「……」


アドルラン判定
↓1コンマ二桁


44以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/31(月) 22:50:29.82cSsIKcHP0 (1/1)

えい


45以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/31(月) 22:51:23.79VI9npnD6O (1/1)

とりゃ


46 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 22:53:20.85wnewdthW0 (11/13)

うお、まじか―!?


47 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 22:59:12.31wnewdthW0 (12/13)

アドルランの隠し事

82(これ程の大事ならば流石に漏らさぬよ!)>80
82>50

※基準値を超えたため、アベルサイドの情報をギルバートに一切漏らしません
※基準値を超えたため、アベルサイドの情報をフローレンに一切漏らしません


――


アドルラン「……流石の私も、ここまでの大事は隠すぞ? 全力で」

アドルラン「それに私だって、まだお前達に話していない秘密だってあるんだからな!?」

アドルラン「そ、そんな理由で今まで避けられていたかと思うと……」

アベル「さ、避けてはいません! 警戒だけです!」

アドルラン「ぐはっ!?」

アドルラン「うぐぐ……と、とにかく安心しろアベル。この件だけは口外しないと、ここに誓おう!」グッ!



※アドルランがアベルの野心を知りました

※またノワールの現状を知り、フローレンへの不信感がさらに増大しました

――


48 ◆gEU9La026k2018/12/31(月) 23:02:55.57wnewdthW0 (13/13)

かなり高めに設定したのですが、アドルランが情報の完全ガードに成功しました
皇帝戦でのアベル達への不利なイベントが消滅します
今年最後の判定も上手くいくあたり、アベルはやはり豪運……

さて、本日はここまでで
色々拙いスレですが、いつもご参加ありがとうございます
ここまで続けられたのも、皆さまのおかげです

ゆったり進行ですが、来年度もよろしくお願いいたします
それでは皆さん、よいお年を!


49以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2018/12/31(月) 23:36:11.06kry3CGcDO (1/1)

乙でした
来年も宜しくお願いします


50以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/01(火) 00:35:48.29CsC+sScV0 (1/1)

>>1乙 ことよろです


51以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/01(火) 09:36:58.327yoPHpSA0 (1/1)

乙&あけおめ
しかしアドルランさんのイベント結構リスク大きかったのを
アベル元来の強運でねじ伏せた感じだなこれ


52以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/01(火) 15:37:52.05/ULMVqlrO (1/1)

乙&あけおめー。カインお兄ちゃん今年のコンマ運はよくなるといいね……
本編もとうとう全員抱き込めて続き気になるが、格付けも気になるところ


53 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 22:13:09.27XX12ZwAw0 (1/13)

遅れながら、あけましておめでとうございます
本年度もゆったり進行ですが、よろしくお願いいたします
さて再開していきますが、折角の新年なので以前言われていた皇族ミニ格付けチェック的なおまけイベントから始めていきます
なお全部コンマ判定なので、全員優秀な可能性もその逆の可能性もあります
なおズタズタになっても特に悪影響はないので気楽に行きましょう。好成績だとボーナス出るかな?


54 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 22:13:43.87XX12ZwAw0 (2/13)

――番外イベント・新年ミニ格付け――



アベル「……さて、これでアドルラン兄様もこちら側になった」

アベル「祝いの日として、これ以上ない収穫だろう」

アベル「酒は当分控えたいところだが……」

アドルラン「はははは! 色々私も考えたいところだが、今日だけはそれも置いておこう」

アドルラン「まだ、祝いの日は続いているのだからな」

アベル「そうですね。まだ時間も少しありますし、夜更かしでもう少ししますか?」

アベル「キアラとフィーアには、特に申し訳ないことをしましたし……」

アドルラン「そうだな。酒の騒ぎで色々と大変なことになったが妹との交流はやはりしておきたい」

アドルラン「ふむ……そうだな、折角集まっているのだ」

アドルラン「――以前書物でみた、位の高い者達の真偽を見極める、祝い日の遊びでもしてみようか?」

アベル「な、なんですかそれ?」

アドルラン「――格付け、といったかな?」


――



55 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 22:14:17.29XX12ZwAw0 (3/13)

――


フィーア「え、兄様達と遊べるんですか!?」

ローズ「あら、格付け? さっき天使達にやった遊びも、これに含まれているのヨ」

キアラ「そうなんですか?」

ローズ「一人前のレディーとしておさえとくべき教養もあるし、平和だし、丁度いい遊びネ」

ローズ「――折角だから、カイン様も巻き込んで『帝国の皇族ミニ格付けチェック』として楽しみましょう!」

アベル「……質問なのですが、それはどんな遊びなのですか?」

ローズ「昔は遊びじゃなかったのヨ。過去の皇帝には強さ以上に品位の高さを優先する人がいたの」

ローズ「皇族とはいえ、食べ物の味がわからなかったり、いい楽器を聞きわけられない様な人に用は無いと城外追放があったそうヨ」

アベル「……今で言う弱者追放か」

ローズ「そうね。基本は二人一組で、二択問題を答えていくだけのシンプルなものヨ。ただ、高いか安いかを見極めるの」

フィーア「それならできそうです!」

ローズ「最初はみんな一流で、間違える度にランクダウンしていくワ」

・一流皇族
・普通皇族
・二流皇族
・三流皇族
・城外追放

ローズ「こんな具合ネ。ランクダウンと共に扱いも酷くするんだけど、今回は天使もいるし控えめでいくわヨ?」

アベル(控えるだけで、酷くはなるのか……)

アドルラン(自分を一流とは思わないが、追放だけは流石に避けたいな……)

ローズ「ま、要は自分を信じて進むだけの簡単な二択問題ヨ」

ローズ「お遊びで本当に追放はしない……いや、一日だけ追放も面白いかしら?」

アドルラン「!?」

ローズ「うん、多少罰があった方が本気になるかしらネ? それじゃあカイン様も呼んで、早速やってみましょう!」


――


56 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 22:16:06.13XX12ZwAw0 (4/13)

――『皇族ミニ格付けチェック』――


ローズ「帝国は実力主義! 兵士は勿論、皇族でもあらゆる鍛錬を欠かしてはいけないのヨ!」

ローズ「味覚、聴覚、視覚……全てが研ぎ澄まされた者こそ、真の一流! 真のレディー! 真の皇族!」

ローズ「頑張るのヨみんな!」



カイン「……酒の次は、珍妙な遊びかい?」

カイン「まあ、視覚以外は僕でも楽しめる遊びではあるけどさ」ソワソワ

カイン「ふ……僕は強者ではなかったかもしれないが、皇族としての品位まで捨てたつもりはないよ?」ドヤ!

アベル「……カイン兄様、油断はできませんよ」

アドルラン「ああ……お前も、私も、誰もが運が悪いと城外追放判定になりかねない気がする……」

フィーア「たとえわからなくても、兄妹全員で遊べることが嬉しいです!」ワクワク!

キアラ「うん! ……でも、やるからにはいい結果を残したい、かな?」

ローズ「第一問は、お酒の二択と決まっているの」

カイン「!?」ビクゥ!

ローズ「……で、さっきの事件があるからネ。相方はお酒に強い人で行くわ」

ローズ「アドルラン様にはルーシェちゃん」

ルーシェ「頑張り、ます……!」

ローズ「カイン様にはエメリナちゃん」

エメリナ「わ、私品格ないけど大丈夫なんですかぁ!?」ワタワタ

ローズ「アベル様には……うん、アベル様はお酒強いから誰でも大丈夫そうネ。誰にする?」

アベル「そうだな……」

※アベルの相方(アベル隊より指定)
↓1


57以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 22:17:13.48NJc1pRHjO (1/2)

ぽんこつそうなエリスで


58 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 22:24:25.74XX12ZwAw0 (5/13)

アベル「兄様達の相方はメイドですし、俺もメイドにすべきでしょう。エリスに頼みます」

エリス「ご、ご期待に添えるよう全力を尽くします!?」ビシィ!

ローズ「そう。それじゃあ他の子にはお手伝いを頼もうかしら。天使達は二人で組んで頂戴? アタシは進行役だし」

キアラ「よ、よろしくねフィーアちゃん」

フィーア「はい姉様!」

ローズ「よし、それじゃあ早速行ってみましょう!」


――『第一問・味覚(酒)』――


ローズ「第一問はさっきも言った通りお酒の問題ヨ!」

ローズ「一方は高いお酒、もう一方は安いお酒! 高いと思った方の札をあげてネ!」

ローズ「代表者はルーシェちゃん、エメリナちゃん、アベル様、キアラちゃんヨ!」



――


アベル「……控室に、さっきの料理らしきものが改めて用意されている」

ルーシェ「一流の、おもてなし……」

エメリナ「美味しいです!」モグモグ

キアラ「ま、待つだけでもドキドキしますね……」


ルーシェチャーン?



ルーシェ「!! 呼ばれ、た……行ってきます……」


――


59 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 22:25:27.07XX12ZwAw0 (6/13)

――

パトラ「どうも、アシスタントのパトラです」ペコリ

パトラ「これでも貴族ですからね。お酒の扱いに関して最低限の知識はありますのでご安心ください」

ルーシェ「よろしく、です」ペコリ

パトラ「しかし帝国も中々面白い遊びがありますね」

パトラ(王国貴族でやったら全員追放とかにならないかしら……?)

パトラ「コホン。それじゃあ、まずはAの果実酒を」トクトク…

ルーシェ「……」ジー…

ルーシェ「……」コクコク…

ルーシェ「ん……」コトン

パトラ「続いてBを」トクトク…

ルーシェ「……」ジー…コクコク…

ルーシェ「……」コトン…

ルーシェ「わかった。答えは――」





※まとめてコンマ判定。第一問はコンマ40以上で正解

アドルラン・ルーシェチーム↓1コンマ二桁

カイン・エメリナチーム↓2コンマ二桁

アベル・エリスチーム↓3コンマ二桁

キアラ・フィーアチーム↓4コンマ二桁




60以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 22:26:04.25d2bNIp3U0 (1/2)




61以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 22:26:48.55xTrC/ZiDO (1/2)

はい


62以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 22:27:58.366CuDsrTNO (1/2)

あい


63以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 22:28:30.56UzIllyFUo (1/1)

へぇい


64以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 22:28:34.15NJc1pRHjO (2/2)




65以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 22:29:38.676CuDsrTNO (2/2)

ギャーROMります


66以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 22:35:57.79h5667pOzO (1/2)

新年早々奇数ゾロ(ただし正解範囲)を引く辺り、やっぱお兄ちゃん持ってるわ


67 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 22:43:06.27XX12ZwAw0 (7/13)

ルーシェ25×
エメリナ55○(ゾロ目は確定成功です)
アベル36×
キアラ56○

――

ルーシェ「両方とも、美味しい……!」

ルーシェ「でも、飲みやすいから、こっち」っB

パトラ(あー……まあまだ未成年ですしね)

パトラ(……あれ? 今回の判定アベル皇子以外未成年なような?)


……

エメリナ「ん……この味、さっきのと同じ?」

エメリナ「深みがあったのはこっちかなぁ?」っA

パトラ(ご名答です。正解がさっきの騒ぎの発端のお酒、はずれが城塞に元々城塞にあったお酒なの)

パトラ(さっき飲んだばかりだから、ローズさんは少しは分かりやすいと言っていたけど……)


……

アベル「……わからん。さっきの騒ぎで、酒という存在を頭が拒否している気がする……」ウーン…

アベル「口にあったのはこっちなんだがな。飲みやすいというか、馴染んでいるというか」っB

パトラ(心中お察しします)

パトラ(元々は城塞のお酒ですからね。馴染んでいるのはそちらですけど、残念ながら不正解です!)


……

キアラ「ん……、こっちの方が渋いけど……」

キアラ「ローズさんから聞いた大人の味は渋みも大切だって言ってたし、こっちかな?」っA

パトラ(お見事です。でも私は渋いより甘い方が好きというか、そもそも赤より白派なんですよね)

パトラ(とりあえず酔いに強い人が何人かいたのは本当に幸いでしたね)


……


68 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 22:53:36.77XX12ZwAw0 (8/13)

……


ローズ「それじゃあ、それぞれ正解だと思う部屋に入ったかしらー?」


――A――

キアラ「あ、あってるかな……」←不安げだが正解

エメリナ「自信ありません~……」←自信をもって大丈夫


――B――

アベル「……なんだか、嫌な予感がする」←予感的中

ルーシェ「お酒、美味しい……」←今は安酒で十分な安舌



ローズ「正解は~……」



ローズ「こっちヨォォォォォォ!」ガチャ!



ローズ「おめでとう~! 正解ヨォォォォォォ!」

キアラ「や、やったぁ!」

エメリナ「やりました、やりましたカイン様ぁ!」ピョンピョン!


ルーシェ「……あれ?」

アベル「ぐああぁぁぁ……か、開幕しくじるとは情けない……!」ガク…


――


アドルラン・ルーシェチーム…一流→普通

カイン・エメリナチーム…一流

アベル・エリスチーム…一流→普通

キアラ・フィーアチーム…一流


――


69以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 23:01:02.75h5667pOzO (2/2)

本編の残念具合を見ると、これフローレンとノワールがやったらフローレンは三流ぐらいまで落ちそうな悪寒がする。


70 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 23:05:35.52XX12ZwAw0 (9/13)

――

ローズ「はーい、お疲れさまー。みんな色々思うところあるかもしれないけど、気にしないことヨ?」

アベル「エリス、すまない……」

エリス「いえいえ! お酒は私もわからないですし!」アセアセ

カイン「ふふ、頑張ったねエメリナ。次は僕の番だ」

エメリナ「はい!」

ルーシェ「ご、ごめんなさい……」シュン…

アドルラン「ははは! これぐらいでいいんだ。気楽に行こうルーシェ」

フィーア「ね、姉様? 次に間違えちゃっても……」

キアラ「うん、大丈夫だよフィーアちゃん」

ローズ「続いての問題はー……」



――第二問・聴覚(二重奏)――


ローズ「いい楽器の聞き比べヨ! ヴァイオリンとチェロの二重奏ヨ」

カイン「ふふん!」

ローズ「一方は初心者用の安物。もう一方は上流階級御用達の高級品」

ローズ「さっきと同じ様に、二択で正解してみせてネ?」

ローズ「挑戦者はアドルラン様、カイン様、エリスちゃん、フィーアちゃん!」


71 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 23:13:19.48XX12ZwAw0 (10/13)

――

アドルラン「……ううむ、不甲斐ない姿は晒したくないが」ウーム…

カイン「まあね。でも相方が間違えるのは別にいいんじゃないか? 楽しんだもの勝ちだよ」

エリス「ふふ……変わりましたね、カイン様?」

カイン「ふふん、君たちも間違えていいんだよ? むしろ僕以外全問間違えてもいいよ?」

フィーア「もう、兄様ったら!」アハハ!

アドルラン「そうだな……」




アドルラン「しかし、待機部屋の待遇が……」っ焼き菓子

カイン「まぁ……それは耐えるしかないんじゃない?」っケーキ&紅茶

エリス「でも、これも十分美味しいですよ?」モグモグ

フィーア「下がりたくないけど、下がりきるとどうなるのかちょっと気になります……」


カインサマー?


カイン「ん、来たか。今度こそ、僕の勇姿を見せようじゃないか!」


――


72 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 23:21:54.00XX12ZwAw0 (11/13)

――

ヒバリ「どうもー。今回は私達がアシスタントよ」

アーシャ「しまっていた楽器をヒバリさんと一緒に引っ張り出して来ました」

ヒバリ「本職には劣るかもしれないけど、私達もこれでも上流階級だからね」

ヒバリ「楽器の演奏だって嗜んでいるのよ? 今度はこの遊び関係無しにアドルランに披露しようかなー?」

アーシャ(……でも、私もこの格付けやらされたら自信ないんですよね)

カイン「君達が、楽器を変えて演奏をするわけか」

アーシャ「はい。どちらかで高級……というよりも、私達本来の楽器での演奏になります」

ヒバリ「もう一方はローズさんが急いでどっからか拾ってきたやつだから、流石に違いはあるわよ?」

カイン「ふふふ、誰にものを言っているんだい?」

カイン「僕は耳と鼻には自信があるんだ。早速始めてくれ」

アーシャ「わかりました。それではしばし、ご清聴を……」ペコリ


※まとめてコンマ判定。(一部補正あり)

アドルラン・ルーシェチーム↓1コンマ二桁

カイン・エメリナチーム↓2コンマ二桁

アベル・エリスチーム↓3コンマ二桁

キアラ・フィーアチーム↓4コンマ二桁


73以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 23:23:10.58WnFmChmdO (1/1)




74以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 23:24:44.80d2bNIp3U0 (2/2)




75以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 23:25:01.48xTrC/ZiDO (2/2)

はい


76以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 23:27:35.51Bi/2phwy0 (1/1)




77以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/03(木) 23:57:58.04A4jDVIm80 (1/1)

これもコンマ判定40以上かな?


78 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 23:58:19.96XX12ZwAw0 (12/13)

基準値:50

アドルラン58○
カイン80+10(聴覚生命線補正)○
エリス48×
フィーア51○

――

♪~、♪~


カイン「……ふうん。思っていた以上に演奏上手いんだね」

カイン「楽器の差を、奏者の技量で補おうとしたのは見事だけど……」

カイン「僕の耳は誤魔化されないよ。正解はこっちだね」っB

ヒバリ(お見事。やっぱり気づかれちゃうかー)

アーシャ(流石に聴覚が生命線のカイン様。これぐらいわからなければ、生き延びてはこれなかったのね……)

……


♪~、♪~


アドルラン「……うむ、いい演奏だったよ二人とも」

アドルラン「私はあまり楽器には詳しくないが……重みを感じられたのはこちらかな?」っB

ヒバリ(やった! アドルラン正解だし、演奏も褒められた!)ウキウキ

アーシャ(ちょ、ヒバリさん! それじゃあばれちゃいますよ!?)


……

♪~、♪~


フィーア「す、すごいです!」キラキラ!

フィーア「私もいつか、こんな風に演奏できたらなぁ……」

フィーア「あ、音が特に綺麗だと感じたのはこっちです!」っB

ヒバリ(おお、流石皇族。ここまで全員正解とは驚きね)

アーシャ(最後はエリスちゃんだけど……この流れに乗れるかしら?)

……

♪~、♪~


エリス「わ、わからないです……」ダラダラ

エリス「私、今まで物の破砕音とか金属がぶつかり合う音しか聞いてこなかったので……」

エリス「勘でこちらに……」っA

ヒバリ(おーっと、これはきつい! でも仕方がないかも!?)

アーシャ(エリスちゃん、今度時間が空いたら一緒に音楽を聴きにいきましょうね……)ハラリ…




79 ◆gEU9La026k2019/01/03(木) 23:59:02.56XX12ZwAw0 (13/13)

……


――A――

エリス「アベル様、申し訳ありません……」←敗北を悟りました


――B――

アドルラン「おそらく、こちらだとは思うのだが……」

カイン「思ったより正解者が多くてつまらないなぁ……」

カイン「まあ、あの化物みたいな彼女もこういったことには弱いと知れたのは収穫かな?」

フィーア「い、いえ。何しろエリス姉様です。もしかしたら私達が間違えている可能性も……」


ローズ「正解は~……」



ローズ「こちらァァァァァァァァ!」ガチャ!



ローズ「お見事ヨ~!」

カイン「ふふん、当然さ。流石にこればかりは譲れないよ」

アドルラン「ふぅ、とりあえず第一皇子としての面目は保てたかな?」

フィーア「よかった~! で、でもエリス姉様が……」



エリス「お、お酒に続いてまたアベル様の顔に泥を塗るようなことを……」ガックリ…


――

アドルラン・ルーシェチーム…普通

カイン・エメリナチーム…一流

アベル・エリスチーム…普通→二流

キアラ・フィーアチーム…一流


――


80 ◆gEU9La026k2019/01/04(金) 00:01:10.68bvsBd8Zw0 (1/1)

進行途中ですが、今日はここまで
まさかのアベルチーム連続不正解
第三問は二段階ダウンもあるので場合によっては主人公なのにアベルが消える(城外追放)可能性が……

本日もありがとうございました!


81以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/04(金) 00:06:06.06YKu+n2QU0 (1/1)




82以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/04(金) 00:12:59.760YN0g7yYO (1/1)

乙です
映す価値なしは普通に魔法で姿見えなくするか
サイレントかけてリアクション必死にするけど
聞こえなくなるとかでも良いかもと思いました


83以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/04(金) 00:18:41.82sNteCiKA0 (1/1)

乙です
これは追放という名のエリスとのお泊りデートですね分かります


84以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/04(金) 06:46:51.5441cSJVAqO (1/1)

おつおつ
今年の運勢は軒並みみんないいのにアベルだけ凶な感じやね
判定位置を変えたら運勢変わるか?しかしそっくりさんがないぶん消えやすいのかこれ


85 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 22:01:57.194Rn1Jol00 (1/16)

こんばんはー
なかなか進めないけどゆったりと再開です
そっくりさんいないのは仕様


86 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 22:02:42.974Rn1Jol00 (2/16)

――

ローズ「はい、お疲れ様。今回はみんな優秀だったわネ」

ローズ「……一人だけ、二流が紛れていたみたいだケド」

エリス「ううぅ……申し訳ありませんアベル様……」

アベル「気にするなエリス。俺もああいうことには疎いからな」

カイン「ふふふ……どうだいアベル? これが僕の実力さ」

アベル「ええ、お見事です兄様」

カイン「戦いはともかく、こういった面は僕を見習えよ?」フフン

アドルラン「油断するなカイン。どんな場所であれ、油断は死を招くぞ?」

フィーア「次も全力で頑張ります!」

ローズ「さて、次は……」


――第三問・味覚(チーム戦)――


ローズ「一流のコ達には簡単かもしれないけど、また味覚のチェック!」

ローズ「しかも今度はチーム戦だから、片方の舌が残念でももう片方がフォローできる可能性もあるワ」

ローズ「これなら、二流でも安心ネ!」

アベル「うぐ……」


87 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 22:03:18.234Rn1Jol00 (3/16)

ローズ「ただーし、今回は三択ヨ!」

一同「「!?」」

ローズ「最高級食材、安物食材、そもそも別物の間違えたら絶対駄目な食材の三つなんだけど……」

ローズ「駄目なものを選んだら、2段階落ちるワ!」

エリス「!?」

アベル「ま、待ってください。それはつまり俺達は間違えると……」

ローズ「今晩限りとはいえ、城外追放ネ。問題を残して」

カイン「……アベル、流石にそれだけは避けろよ?」

アベル「わ、わかっていますよ……」ダラダラ

ローズ「勿論、今の一流と普通も間違えると大ダメージなのは間違いないわヨ?」

ローズ「それじゃあみんな、行ってきなさい!」



――



88 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 22:03:59.794Rn1Jol00 (4/16)

――


ロウル「はいはい、今度は私がアシスタントですよー」

ロウル「今回の食材は、正直に言うとさっきアドルラン様達が持ってきてくれたものが最高級」

ロウル「この城塞に備蓄されていたものが安物。でも安物でも美味しいですからね!?」

ロウル「そして間違ったらいけないものなんですが、さっき私が急いで狩ってきたナニかです!」

カイン「おいちょっと待て、せめて正体ぐらいは……」

ロウル「一応、生き物ですから食べれはしますよ?」

フィーア「な、なんだか怖いです!?」

キアラ「で、でも狩れるってことは帝国領内の動物だし……」

アドルラン「ふむ……猪肉あたりだろうか?」

ルーシェ「……猪、普通にご馳走、です。ハズレには、向いてない……かも?」

エメリナ「……だ、大丈夫。牛でも豚でも鳥でもわかるはず……」

アベル「……ハズレを気にする必要はない。ただ高いものを当てられればいいんだ」

エリス「流石に問題の途中で追放は嫌です……頑張らねば!」

ロウル「ほんとにお二人は頑張ってくださいよ~?」

ロウル「一応、追放した時用の毛布はもう用意してありますけど」

アベル「もう間違える前提というか、本当に追い出されるのか……」

ロウル「あはは、まあそういった前提のゲームですしね! 大丈夫、流石のアベルさんでも一日でホームシックはないでしょう?」ニヤニヤ

アベル「く……絶対に勝つ!」


――



89 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 22:04:40.724Rn1Jol00 (5/16)

ロウル「それじゃあ皆さん、目隠しはしましたかー?」

カイン「僕は常時目隠し状態だけどね。だからこそ僕にはいつもの食事と変わらない」

カイン「つまり間違えようがないのさ。エメリナ、迷ったら僕の答えに合わせるんだよ?」

エメリナ「はい、カイン様!」

ロウル「安物とアレを舐めないことですよー?」

アドルラン「うむ。準備はできているよ」

ルーシェ「……」コクン

キアラ「こ、この状態でどうやって食べるんですか?」

ロウル「あー大丈夫ですよ。今から私が皆さんの口にそれぞれを一匙分ずつ口に運びますので」

フィーア「ひ、一口だけなんだ。大丈夫でしょうか……」

エリス「……」ドキドキ

アベル「やるしかない。頼んだぞロウル」

ロウル「はいはい。それではA、B、Cの順番で皆さんの口に入れていきますねー」


※まとめてコンマ判定。(一部補正あり)

※ご指摘があったので判定チームの位置を変動させていきます

↓1~4コンマ二桁



90以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 22:05:49.72zOCpb9ci0 (1/4)




91以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 22:05:54.70Dtk/p0zDO (1/3)

はい


92以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 22:06:14.781O206fqf0 (1/1)




93以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 22:06:50.76MWgt0HRVo (1/1)

ンアーッ!


94以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 22:08:19.05C3f1Kd/fO (1/2)

お前ら4人はどういう(ry


95以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 22:10:30.77TlOg2aiA0 (1/1)

全部70台って
これはこれで結構凄いな


96以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 22:25:17.70x4je2eREO (1/2)

ゾロ目も無いし高ければ成功なら全員セーフ、低ければ成功ならみんな仲良く下がるだけだな。


97 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 22:34:30.914Rn1Jol00 (6/16)

基準値上げたのにまさかの全員回避とは……

正解:60以上
不正解:31~59
アカン:30以下

キアラ・フィーアチーム:72○

アベル・エリスチーム:70○

アドルラン・ルーシェチーム:78○

カイン・エメリナチーム:76+5(通常食事)○


――


ロウル「はーい、お口開けてくださいねー」

キアラ「ん、……」モグ…

フィーア「……」モグモグ…

ロウル「次行きますよー?」

アベル「……ん」モグ…

エリス「……!」ゴクン

ロウル「これが最後ですよー」

ルーシェ「……?……!」モグ

アドルラン「ふむ……」モグモグ


カイン「…………これはまさか?」

エメリナ「?」



ロウル「それでは、キアラ様とフィーア様から部屋の前で札を挙げて、その部屋に入って行ってくださいね」

キアラ「わ、わかりました」


98 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 22:35:03.004Rn1Jol00 (7/16)

――

キアラ「えっと、正解はCかな?」

フィーア「はい! 私も姉様と同じです!」

――

アベル「おそらく、正解はCだろう」

エリス「そしていつものお肉がAで、Bが多分……」

――

ルーシェ「ん……」っC

アドルラン「よかった。私もルーシェと同じくCだ」

――

カイン「簡単すぎるね。答えはCだが……なるほど、確かに他も悪くはなかったよ」

エメリナ「わ、私はカイン様の答えにあわせてCで!」

――


ロウル「へぇ、流石に皆さんこれはわかるんですねぇ」クンクン

ロウル「まあ私程の鼻が無くても、これだけ違えばわかりますかね?」

ロウル「でも、私は正直言っちゃうと高いのよりもやっぱりいつものお肉がいいですね」

ロウル「歯ごたえがあって、食べてる実感がありますし」

ロウル「ハズレ枠にされちゃいましたけど、これも美味しいのに……」モグモグ

――




99 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 22:36:11.224Rn1Jol00 (8/16)

――C――

アドルラン「まさか、全員が同じ部屋に集まるとは」

カイン「ふふん、流石のアベルもこれはわかったか」

アベル「ええ。追放は嫌ですし、これは間違いようがないですからね」

エリス「そうですね。助かりましたよ……」

カイン「だよねぇ……」

エメリナ「え、え? どういうことなんですか?」

ルーシェ「アベル様もカイン様も、ハズレを知っている……?」

アベル「ああ。俺と兄様はおそらく、暗黒街で喰い慣れている」

カイン「Aがアベルの安肉、Bのハズレはおそらく、カエルの肉だ」

フィーア「え!? あれカエルさんのお肉!?」

キアラ「全然わからなかったです!?」

カイン「安肉もだが、カエルも意外とイケるだろう? まあ高級とわかるのはCだったけど」

ルーシェ「うん、悪くなかった、です……」

エメリナ「で、でもやっぱり少しだけ遠慮したいかも……?」


ガチャ!


ローズ「お見事! みんな正解するなんて本当にお見事ヨ!」

一同「「よし!」」グッ!

ローズ「そしてカエルも正解ヨ! 見なければ普通に食べられるでしょう?」

アベル「カエルで助かりましたよ。俺はてっきりあっちが――」

カイン「いや、僕はアレを警戒していたが――」

ローズ「アハハ、天使達に流石にアレとかは食べさせないわヨ?」

キアラ(他にも凄い食材あったんだ……)

フィーア(ちょっと気になります……!)





――全員現状維持!――




100以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 22:39:25.78C3f1Kd/fO (2/2)

お兄ちゃんに威厳があるので
実はこのカインこそそっくりさん説(暴論)


101 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 22:59:34.334Rn1Jol00 (9/16)

――

ローズ「いやー、流石だワ! もうそれしか言えない!」

ローズ「これぞ一流の皇族にレディーヨ!」

ローズ「でも油断は禁物。次はちょっと大変かもヨ?」


――第四問・視覚(生け花)――


ローズ「次は生け花! 片方はアタシが、もう片方はシアちゃんが生けてくれたワ!」

シア「あうぅ~……結構自信はあったんですけど、ローズさんの作品には敵いません~……」

シア「これでもお花はそれなりに弄っていたんですけどね~。ローズさん、本当に達人で驚きです~」

ローズ「シアちゃんのもよかったわヨ? 単純にアタシが嫉妬してアタシのを正解にしたってだけだから気にしないでネ?」

シア(いえ、お花の心得が少しでもあればローズさんの方が上だってわかりますよ~?)

アベル「……今までよりも難易度が高いか?」

アドルラン「そうだな。経験者と上級者の、それも生け花……素人目にはわかりにくそうだ」

カイン「それ以前に、流石にこれは僕にはどうしようもないぞ?」

ローズ「ええ。今回の挑戦者はフィーアちゃん、ルーシェちゃん、エメリナちゃん、エリスちゃん」

ローズ「キアラちゃんと皇子サマ達には、次の最終問題を頑張ってもらうわヨ?」

ローズ「それじゃあ、行ってらっしゃい!」



102 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 23:00:21.574Rn1Jol00 (10/16)

――


エリス「うぅ、アーシャさんがいれば……」っ水

ルーシェ「お花、流石にメイドの仕事にない……」っお茶

エメリナ「私も経験ありません~……」っ高級紅茶+菓子

フィーア「わ、私もないです。大人のレディーには必須ってローズさんが言ってたけど……」

エメリナ(大人のレディーに必要なのは、ご主人様を満足させられる腕前だと思うけどなぁ……)

ルーシェ(そうなんだ……ヒバリさんに、今度聞いてみよう……)

エリス(私は大人子供以前に、もっと色々勉強しないといけない気がします……)


エメリナチャーン!


エメリナ「はわぁ!? わ、私からですか……」ドキドキ

エリス「頑張って下さいエメリナさん!」

ルーシェ「メイドの中では、エメリナさんが今一番。ここまできたら、一流でいこう……」

フィーア「私も応援しますよ!」

エメリナ「み、皆さん……ありがとうございます! いってきます!」


――


103 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 23:00:56.584Rn1Jol00 (11/16)

シア「それでは~、両方の作品を同時に見せますね~」

シア「片方は拙い私作品で申し訳ないです~」

シア「それでは幕を開けて~……」スルスル…




A<バアアァァァァン!


B<パアアァァァァ!



エメリナ「……!?」

エメリナ(こ、これは……)


※まとめてコンマ判定。

↓1~4コンマ二桁


104以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 23:01:21.743+g/GR7a0 (1/1)

レディーならできるはず?


105以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 23:02:09.67Ytm/aRrZ0 (1/1)




106以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 23:02:16.14Dtk/p0zDO (2/3)

はい


107以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 23:02:27.63zOCpb9ci0 (2/4)




108以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 23:03:06.67zOCpb9ci0 (3/4)

位置かえてもらって本当に良かった……


109以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 23:21:43.32FtNI0o0u0 (1/1)

>>108
年が変わっても他人の結果をあざ笑う腐った性根は変わらんな自己中


110 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 23:32:31.354Rn1Jol00 (12/16)

基準値:66

前回も今回も、基準値+1で正解していくフィーアの凄さよ

エリス74○
フィーア67○
ルーシェ14×
エメリナ63×

――


エメリナ「ど、どっちも綺麗に見える……」

エメリナ「ど、どうしよう」オロオロ

エメリナ「……落ち着いているのは、こっちかな?」

エメリナ「うん、こっちにします!」っB

シア(ありがたいです~。でも残念ながらそっちがハズレの私の作品ですよ~)

シア(ローズさんの作品は、私にはない大胆さがありながら、繊細さも失っていない素晴らしい作品なんですよ~)


――


エリス「う~ん……駄目です、私にはお花の世界は難しいです……」

エリス「でもあえて選ぶなら……こちらでしょうか?」っA

エリス「お花が生き生きとしているというか、なんだか逞しさを感じました!」

シア(正解ですよ~。そう、あの大胆に広がったお花が生命力の強さを表現しているんです~)

シア(……私も、大胆になれたらいいなぁ)


――


ルーシェ「……綺麗」

ルーシェ「……個人的には、これに優劣をつけたく、ない」

ルーシェ「間違えても、悔いはない、です……」っB

シア(う、嬉しいです~。でもルーシェさん、よくお花を見てあげてください)

シア(私がうっかりして、ほらあの辺り、お花が重なっちゃっているんです)

シア(今度はもっといい作品を作りますよ~)


――


フィーア「うーん、ローズさんらしいのはこっちかな!」っA

フィーア「乙女も時に大胆に、でも繊細さは失わずに……」

フィーア「ローズさんの教えに似ているのは、こちらだと思いました!」

シア(お見事です~。でも簡単そうに見えて、大胆かつ繊細って難しいんですよね~)

シア(大胆に行き過ぎると、ただ散らかっただけになっちゃいますからね~……)

――


111 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 23:33:39.514Rn1Jol00 (13/16)

――



――A――


エリス「自信はないですけど、これまで正解してきているフィーア様と一緒ならいけそうです!」

フィーア「そ、そんな私なんて……! エリス姉様はどうしてこちらを?」

エリス「あの逞しさは、ローズさんに近しいものを感じましたからね」

フィーア「そうですよね!」


――B――


エメリナ「あああぁぁぁ……どっち? これどっち!?」←あっちです

ルーシェ「一流が、どっちか落ちちゃう……?」←彼女は二流になります

エメリナ「あああ、カイン様お許しを~!?」



ローズ「正解は~……」



ローズ「こっちヨォォォォ!」ガチャ!



ローズ「嬉しい! 流石アタシの天使っ! エリスちゃんもありがとう!」ダキッ!

フィーア「やったぁ! よかった~、実は結構ぎりぎりだったから……」

エリス「アベル様、なんとか生き延びれました……!」




エメリナ「あぁぁぁぁぁぁ……」ズルズル…

ルーシェ「…………ど、どうしよう……私、個人だと、連続不正解?」ワタワタ

――


アドルラン・ルーシェチーム…普通→二流

カイン・エメリナチーム…一流→普通

アベル・エリスチーム…二流

キアラ・フィーアチーム…一流


――



112 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 23:50:27.764Rn1Jol00 (14/16)

――

ローズ「みんなお疲れ様。いよいよこのミニゲームも次が最後の問題よ」

ローズ「今間違えたコは気にしないこと。シアちゃんのもかなりのレベルだったんだから」

エメリナ「ご、ごめんなさいカイン様ぁ~…」グスン…

カイン「気にしなくていいよ。口ぶりからしてかなり難問だったみたいだしね」

ルーシェ「その……」オロオロ

アドルラン「はははは! そう怯えなくても大丈夫だ! 美学は特に難しいからな」

エリス「本当に、難問でした。正解できたのもたまたまですが、なんとか正解できました!」

アベル「ああ、見事だったぞエリス。次は俺が頑張らねば……」

キアラ「ど、どうしよう……兄様達を差し置いて一流だなんて……」

フィーア「ここまで来たら、このままで行きたいかも? 姉様、頑張ってください!」

ローズ「悲喜交々だけど、ここで朗報ヨ!」

ローズ「次の問題に正解すれば、なんと一段階上がるワ!」

一同「「!!」」

ローズ「でも、その分間違えると三段落ちるワ!」

一同「「!?!?」」



113 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 23:51:03.234Rn1Jol00 (15/16)

カイン「待て待て待て! それじゃあ今までの頑張りは一体何になるんだ!?」

アドルラン「……間違えても安全なのはキアラとフィーアのみだな」

アベル「……」ダラダラ

キアラ「それでも、フィーアちゃんの頑張りを無にしたくないし……」

ローズ「そう! 正解すればみんな幸せ! それだけの事ヨ!」

ローズ「最後の問題はコレ!」



――第五問・味覚(肉)――



ローズ「三度味覚! 天使と皇子様にはフローレン皇妃御用達の最高級牛肉と市販の牛肉を食べ比べて貰うワ!」

ローズ「それも、みんなが見守るこの場で、今すぐにネ!」

一同「「!?」」

ローズ「さぁさぁ、目隠しをしてスタンバイ!」


――

ローズ「泣いても笑ってもこれで決まるわヨ!」

ローズ「さあ、口を開いて!」



アドルラン「……」ドキドキ

カイン「……」ドキドキ

アベル「……」ドキドキ

キアラ「……」ドキドキ



※最終判定コンマ二桁(補正無し)
↓1~4



114以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 23:51:50.03Nn7U1kdF0 (1/1)

えい


115以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 23:51:57.49Dtk/p0zDO (3/3)

はい


116以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 23:51:57.57x4je2eREO (2/2)

ほい


117以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 23:52:21.94zOCpb9ci0 (4/4)

さい


118以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/05(土) 23:52:34.50UKxw9SWRO (1/1)

上がれお兄ちゃん!


119 ◆gEU9La026k2019/01/05(土) 23:55:42.734Rn1Jol00 (16/16)

oh…


120以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 00:01:46.22rj7gjRZ50 (1/9)

アベル達飛んでしまったか……


121 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 00:08:36.41IWRwcwTG0 (1/18)

――

ローズ「まずはAのお肉!」

アドルラン「……」モグモグ

キアラ「……」モグモグ

アベル「……」モグモグ

カイン「……」モグモグ

ローズ「続いてBのお肉!」

アドルラン「……」モグモグ

キアラ「……」モグモグ

アベル「……」モグモグ

カイン「……」モグモグ

ローズ「さぁ、みんな正解だと思う方の札を挙げて!」


ルーシェ「……」ドキドキ

フィーア「……」ドキドキ

エリス「……」ドキドキ

エメリナ「……」ドキドキ


アーシャ「……」ドキドキ

ロウル「……」ドキドキ

シア「……」ドキドキ

パトラ「……」ドキドキ

ヒバリ「……」ドキドキ


ババッ!



――


122 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 00:11:41.57IWRwcwTG0 (2/18)

――


最終判定結果

基準値:20(牛肉はわかりやすいのでサービス)

アベル03×
カイン49○
キアラ57○
アドルラン94○


――


アベル「……」っA

カイン「……」っB

キアラ「……」っB

アドルラン「……」っB





アベル「」ポトッ




一同「「」」



アベル「――」マッシロ

ローズ「」


――最終結果――


アドルラン・ルーシェチーム…二流→普通

カイン・エメリナチーム…普通→一流

アベル・エリスチーム…二流→城外追放

キアラ・フィーアチーム…一流

――

※アベルチームのみ城外追放となりました(白目)

※明日には帰って来れますが、アベルへの成績に応じたイベントボーナス加算は0です(白目)



123以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 00:14:10.60WcnbfFvNO (1/3)

今回は運が悪かった


124以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 00:16:01.91rj7gjRZ50 (2/9)

なにか救済措置は欲しい


125 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 00:16:09.57IWRwcwTG0 (3/18)

えー、予想外の結果にになったところで今日はここまで
普段はコンマ運がいいアベルが今回ばかりは運がなかったようです……
対して一度も基準値を下回らなかった妹組の豪運が凄いですが、全体的にかなり成績がよかったですね
次は城外追放イベントをやった後に、前スレ1000のローズさんの教習会を行いたいと思います

本日もありがとうございました!


126以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 00:18:54.04kjQ7XtjX0 (1/1)


城主がいなくなるとは


127以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 00:21:13.97shUqc/5UO (1/1)


これでアベルたちの評価も落ちないか心配だ


128以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 00:24:11.23f9xt4sQJO (1/1)

おつおつ
今年はアベルとお兄ちゃんのコンマ運が逆転している……!?
まあでも、一人だけ王城から離れて生活していたアベルらしい結果とも言えそう
ボーナス無いだけでペナルティーはないよね?


129以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 05:56:33.27Y8VvME6cO (1/7)

コンマ神
「こいつら流石に補正かかりすぎだし今回はオチ要員兼補正無しで。
 あ、妹ちゃん達は今回もサービスな」


130 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 22:45:59.58IWRwcwTG0 (4/18)

こんばんはー
それでは少しだけ再開です
お遊びの判定でしたので、ペナルティはありませんし低いコンマが出たことも何にも悪くありません
今後もこういうイベントがあるかもしれませんが、気楽に行きましょう


131 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 22:46:33.53IWRwcwTG0 (5/18)

――――


ローズ「えーと……全ての問題が終了したわけなんだけど……」

カイン「おいアベル、お前そんなに普段酷いものを食べているのか……?」

アベル「ち、違うんです。俺はただ、馴染んだ方を……」

アドルラン「第三問では、全員正解できたじゃないか!」

ローズ「ええ、流石にアタシも驚いたワ。でもルールはルール」

ローズ「アベル様とエリスちゃんは、今日限りとはいえ城外追放ヨ……」

キアラ「そ、そんな!」

フィーア「ローズさん、どうにかならないんですか!?」

アベル「いや、いいんだ。俺の舌が駄目だっただけにすぎない」

アベル「……巻き込んだエリスには、申し訳がないがな」

エリス「そ、そんなことは! それこそ私が、ちゃんと音楽を勉強していれば!」アセアセ

アベル「いや、仮にそこで正解していても追放は変わっていない。全ては俺の未熟さだよ……」

カイン「……アベル、僕も余裕ができたらお前に城の食材を横流ししてやるよ……」

アドルラン「そうだな。私もそうしよう」

キアラ「わ、私も! ね、フィーアちゃん!?」

フィーア「はい、姉様!」

アベル「みんなの優しさがかえって痛い!」グサッ!


132 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 22:47:14.68IWRwcwTG0 (6/18)

ルーシェ「アベル様、思わぬ、弱点……?」

エメリナ「いえ、どちらかといえば思った以上に間違えてたルーシェさんに驚きというか……」

ルーシェ「……私も頑張る」ショボン

アーシャ「あぁ……私が、もっとちゃんとした料理を作れていれば……」ガクリ…

ロウル「いやいやいや、アーシャさん悪くないですよ!? 悪いのはアベルさんだけです!」

シア「ロウルさん、落ち着いて~」

パトラ「逆に考えるんです。アベル皇子は食事に贅を求めない庶民派なんですよ!」

ヒバリ「そうそう! 庶民の味方!」

ロウル「なんと言おうが、アベルさんが駄目なんですー! この城塞の主が遊びとはいえ追放とか笑えませんよ!?」

アベル「いや、ロウル達も本当にすまない……。アーシャ、明日まで管理を頼む……」

アーシャ「わ、わかりました」

ロウル「全く、エリスさんまで巻き込んで! ほら、二人分の毛布です!」ポイッ!

ロウル「寒空の中でちゃんと反省して、ちゃんとすぐに戻って来るんですよ!?」

アベル「わ、わかった……。それでは、しばしさらばだ……」トボトボ…

エリス「あ、待ってくださいアベル様!」タタタ…


――



133 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 22:48:01.25IWRwcwTG0 (7/18)

――



ローズ「驚きの結果だワ……天使が一流を保ったことが吹っ飛んでしまうくらいに」

キアラ「アベル兄様、大丈夫かな……」

フィーア「確かに心配ですけれど、楽しかったです! また、こうしてみんなで遊びたいなぁ……」

カイン「アベルなら心配はいらないだろうよ。たった一晩程度、僕もあいつももっと過酷な環境で生きてたんだからさ」

カイン「ふふふ、しかしあれだな。我ながら……確かに楽しかったよ。アベルよりいい成績を残せたしね」

アドルラン「わからんぞカイン? 問題が変われば、立場が丸々逆転していたかもしれない」

ルーシェ「私、も……今度は、ちゃんと正解したい……」

エメリナ「私も、今度はちゃんと最初から最後までカイン様を一流でいさせたいです!」

シア「確かに見ている側もドキドキして楽しかったです~。お酒以外なら、私もやってみたいかも~?」

アーシャ「そうですね。機会があれば、今度は判定される側も楽しそうです」

ロウル「私も耳と鼻と目には自信がありますからね。やったらきっと一流間違いなしですね!」パタパタ!

ヒバリ「うんうん。私も頑張れば結構いい線いくんじゃないかなー?」

パトラ「貴族としての重圧はありますが、それでも私も頑張れそうな気がしますよ!」

ローズ「フフ、そうね。また機会があれば、こうして集まってみんなで遊ぶのも楽しそうネ」

ローズ「でも、流石に今日はもうお終い。そろそろ戻って休んだ方がいいワ。お酒もちゃんと抜ききるのヨ?」


――


134 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 22:48:30.83IWRwcwTG0 (8/18)

―――




【帝国・野外】





アベル「本当に、すまないなエリス。祝い日に、こんな……」

エリス「大丈夫ですよ、アベル様」

アベル「少し、戦い以外の面も見直さないとなぁ……」

エリス「そうですね……」

アベル「……大きめの樹だな。この辺りでいいか」ペタペタ

アベル「エリス、お前はどこかで宿をとってきていいぞ。俺はここで寝れる」

エリス「そんな、アベル様こそどこかで宿を! 私も、ここで寝れますから!」ワタワタ

アベル「いや、これは俺自身への戒めだ」

エリス「それなら私も自分への戒めです!」

アベル「……」

エリス「……」

アベル「……折れそうにないな。仕方がない、それじゃあ二人で寝るか」

エリス「はい!」



――


135 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 22:49:16.79IWRwcwTG0 (9/18)

――


アベル「エリス、大丈夫か?」モゾモゾ

エリス「はい。ロウルさんが毛布をくれましたし、大丈夫です!」モゾモゾ

エリス「……」モゾ…

アベル「エリス?」

エリス「……なんだか、昔を思い出します」

エリス「暗黒街を生き延びていた頃、寒い日はこうして身を寄せ合いましたよね?」

アベル「ああ、そうだったな」

エリス「私は今よりもちっちゃくて、アベル様が後ろからすっぽりと覆ってくれて」ソッ…

アベル「……」ギュ…

エリス「そんなアベル様の後ろからロウルさんが抱きついたり……とっても温かかったです」

エリス「今も、温かい……」ギュゥ…

アベル「エ、エリス……」

エリス「えへへ……いけないことですけど、こうなってしまったこともちょっとだけ嬉しいかもしれません」

エリス「アベル様はみんなのものですけど、今だけは……二人きりです……」コテン…

エリス「アベル様に包まれて、いい夢が、見られそうです……お休み、なさいませ……」ムニャ…

アベル「……お休み、エリス」ナデナデ

アベル「……」


特殊判定
↓1 コンマ二桁


136以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 22:49:41.06rj7gjRZ50 (3/9)

ゾロ目


137以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 22:50:52.27WcnbfFvNO (2/3)




138以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 22:56:23.946u7Pff2m0 (1/1)

コンマ一桁だが結果は良いか悪いか


139 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 22:57:53.47IWRwcwTG0 (10/18)

特殊判定結果

アベル欲望値
06(本当に情けない結果で落ち込み)<50

※基準値を下回ったため、理性が優先されます

――

アベル「……」ナデナデ

アベル「不甲斐ないな……」

アベル「俺は戦いも、教養も、味覚も、何もが劣っている……」

アベル「兄様や妹達にも、そしてエリス達にも、二度とこんな醜態を晒すわけにはいかない……」

アベル「機会があれば、戦い以外の修練も積まねば」

エリス「んぅ……」コロン…

アベル「……今は寝て、明日に備えるか」ギュッ…

アベル「俺も、よく眠れそうだ……」


※アベルは今回の結果に内心かなりショックを受けているようです

※反省点として捉え理性が非常に強かったため、次回の戦闘外のアベルの判定に大幅な補正がかかります


――


140以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:01:38.93Y8VvME6cO (2/7)

雨降って地固まる的な感じか
ただR板と考えると不本意な結果かもww


141以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:03:46.26RREwPMf3O (1/3)

くそ、襲うパターンも見てみたかったがアベル的にはこっちが正解なのかな


142 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 23:04:05.67IWRwcwTG0 (11/18)

――

――数日後――


アベル「……静かだな」

アベル「あれから天使兵の襲撃は無い」

アベル「王国に回した斥候部隊もそろそろクラウス王のところに辿りついた頃合いだが……」

アベル「聖国の動きには気をつけねば」

アベル「先日の失態や酒も大問題だが、大局を見失うわけにはいかない」


コンコン


アベル「ん?」


ガチャ



ローズ「はぁい、アベル様。お久しぶりネ」

アベル「ローズさん!?」

ローズ「フフフ、あれから少しはお肉の味がわかるようにはなったかしら?」

アベル「……わかりません」

ローズ「まあそれは機会があればまたチェックしましょう。今日は別件で来たのヨ」

アベル「別件?」

ローズ「そ。ちょっと、アベル様の隊のコ――エリスちゃんにアーシャちゃん」

ローズ「そしてロウルちゃんとパトラちゃんを貸して欲しいのよ。今日中には返すから安心してネ?」

アベル(シアにマークス、リーナ……防衛に専念するだけの兵力は残るか)

アベル「わかりました。しかし彼女達を一体どうして……」

ローズ「ウフフ――乙女の秘密ヨ?」



――



143 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 23:11:02.08IWRwcwTG0 (12/18)

――特殊イベント・ローズの性教育講座――



【帝国・???】


ローズ「みんな、準備はいい?」

ロウル「じゅ、準備と言われましても……」

エリス「ま、まさかもう次の格付けですか!?」

アーシャ「それにしては人数が少ないような?」

パトラ「アベル皇子の隊の者だけ……特別任務かしら?」

ローズ「いいえ」

ローズ「この前の祝日での騒ぎは憶えているわよネ?」

アーシャ「は、はい……」

ローズ「アタシ、それを見ていて思ったの」





ローズ「アナタ達ッ! レディーとしての性教育が、あまりにも欠落し過ぎなのヨッ!」

ローズ「アベル様の部隊にいなきゃ、今頃帝国兵に騙されて貪られてるわヨ!?」




一同「「せ、性教育!?」」

一同「「――ってなんですか?」」




ローズ「……これは強敵ネ!」



144 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 23:11:57.77IWRwcwTG0 (13/18)

――


ローズ「いいかしら? 何もアタシは、アナタ達に痴女になれと言っているんじゃないのヨ?」

ローズ「ただ、なんというかアナタ達……ある意味でアタシの天使達以下なのヨ」

ローズ「特に、アーシャちゃん?」

アーシャ「は、はい!?」

ローズ「アナタ、いい所のお嬢様でしょう! そういった教育ってしっかりしているんじゃないの!?」

パトラ「わ、私も家には自信があります!」フンス!

ローズ「安心なさい、今アーシャちゃんもパトラちゃんもほぼイコール、同等だから!」

ローズ「今後の事も考えて、最低限の知識はレディー以前に人として必要ヨ!」

ローズ「まずはこれ!」


『男と女の違い・改』


エリス「あ、その本見た記憶がありますよ!」

ロウル「え、そうなんですか!?」

ローズ「エリスちゃん、見てあの反応ならアナタ相当よ!?」

エリス「?」

ローズ(あ……この子特に大変そうだワ……)

ローズ「とにかくまずはこれを読むの!」



特殊判定
↓1~4コンマ二桁


145以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:12:42.13uHTUj9fB0 (1/2)




146以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:12:46.98Y8VvME6cO (3/7)

そっかー


147以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:12:58.124a5DApmDO (1/3)

はい


148以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:13:09.47RREwPMf3O (2/3)




149以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:13:43.13rj7gjRZ50 (4/9)




150以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:14:12.39ncxQdL3A0 (1/1)

また両極端な…
誰かやべーことになってないかこれ


151 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 23:14:16.45IWRwcwTG0 (14/18)

嘘だろおい……


152以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:16:30.24rj7gjRZ50 (5/9)

ロウル、エリス、アーシャ、パトラの4人だけど順番が謎だな


153以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:17:51.5832pr9vvu0 (1/1)

誰が98を踏んだのか


154以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:21:29.80WcnbfFvNO (3/3)

ざわ…ざわ…


155 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 23:28:51.28IWRwcwTG0 (15/18)

4連特殊判定結果

ローズさん厳選の教本を読んで問題児4人の理解度

基準値:50

ロウル:13(うーん、やっぱりわかりませんね!)

パトラ:98(こ、これが男女の……!? つ、次の教本をください!)
※非常に高値のため、次の判定に大補正あり

エリス:12-15(ノワール匙投げ)
=0(??? つまり、アベル様に触られると気持ちいいんですね?)

アーシャ:47(す、少しわかってきたけど……軍学校の授業の数倍難しい……)

※パトラ以外、次の判定にマイナス補正がかかります



――



ロウル「……さっぱりですね。そもそも人を射抜く時、男女の違いはあまり関係ありませんし」

エリス「そうですよねぇ……」

ロウル「男の人のお股の間に妙なものがぶら下がっていて、汚い貴族はそれを見せびらかすのが趣味ってのは知ってますよ!」エヘン!

エリス(アベル様の……男の人だからじゃなくて、アベル様だから、私は……)

アーシャ「うぅーん……こんなに難しい教本、初めて読みました……」

アーシャ「えっとこれが膣で……うーん、うーん?」



ローズ「」

ローズ(嘘でしょアベル様……アナタの隊は一体どうなっているの……?)

ローズ「ん?」


パトラ「………………///」ハァハァ

パトラ「………………///」ペラ…ペラ…

パトラ「お父様、お母様……パトラは今、大人の階段を登っています……!」ゴクリ…



ローズ(こっちはこっちですっごく食いついている!?)

ローズ(ちょっと食いつき方が怖いけど、よかったこのコはなんとかなりそうね!)


――


156以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:32:34.26rj7gjRZ50 (6/9)

初期のアベル隊のコンマって何か補正がかかっているの?…っていうレベルだな。これは


157以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:32:59.01Y8VvME6cO (4/7)

なぜアベル隊以外のメンバーばかり問題児を脱却してしまうのか


158以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:33:56.72Y8VvME6cO (5/7)

>>157
初期のが抜けてた
サーセン


159以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:35:51.60RREwPMf3O (3/3)

パトラさんは大丈夫?そうだが、おいアベル隊初期メンバーどんだけピュアなの君ら


160 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 23:43:01.19IWRwcwTG0 (16/18)

――



ローズ「わかったワ……この教本で一人以外駄目ともなれば……」

ローズ「もうストレートに、過激なモノでいくしかないわネ!」

パトラ「か、過激ですって!?///」ハァハァ!

ロウル「ちょ、どうしたんですかパトラさん急に!?」

エリス「呼吸が荒いですよ!?」

アーシャ「顔も真っ赤ですよ!?」

パトラ「ご、ご心配なく。私は今、失われた十数年分の知識を一気に流し込まれて興奮しているだけですっ!」ハァハァ

パトラ「さあローズさん! 過激な次の教本を! 早く!」グイグイ!

ローズ「ま、待ちなさい。今出すから……」ゴソゴソ


『男の身体に魅せられて~性別なんて些細なこと~』


ローズ「あ、間違えたワ」ゴソゴソ


『特集! 姫初め!』


ローズ「まあ過激と言っても、市販されている本だけどネ」

ローズ「女がいない帝国兵の多くは、こういった本で抜いて己を保っているのヨ」

ローズ「さっきの本はあくまで男女の違いを解説しただけのもの」

ローズ「でもこれは初っ端から男女が激しくまぐわっているワ!」

ローズ「これなら全員、ちょっと性に目覚めすぎるかもしれないけどレディー化間違いなし!」


特殊判定
↓1~4コンマ二桁

※先程とは位置が変わっています


161以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:43:58.154a5DApmDO (2/3)

はい


162以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:43:59.83wZI96Pxi0 (1/1)

はい


163以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:44:08.81uHTUj9fB0 (2/2)




164以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:44:23.43Y8VvME6cO (6/7)

ヒェーッ


165以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:44:34.08ABMNdrILo (1/1)




166以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:46:44.49Y8VvME6cO (7/7)

もう一番上がエリスとしか思えないんですが


167以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:47:52.43rj7gjRZ50 (7/9)

エリスってある意味コンマに愛されているね


168 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 23:48:10.13IWRwcwTG0 (17/18)

もう笑うしかない(笑)
コンマってすごい


169以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:49:24.384a5DApmDO (3/3)

低コンマ連続してすみません……


170以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:51:49.23rj7gjRZ50 (8/9)

パトラ狙い撃ちか
もう一人は誰だろう?


171以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:54:14.95rj7gjRZ50 (9/9)

前と違うならエリス、パトラ、アーシャ、ロウルが妥当か?


172以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/06(日) 23:54:50.94dntOIEb/O (1/1)

んー


173 ◆gEU9La026k2019/01/06(日) 23:59:00.75IWRwcwTG0 (18/18)

4連特殊判定結果

過激なエロ本! 理解できないわけがない!

※最終判定値の半分を夜レベルに加算
※ゾロ目はそのまま加算


エリス:15-30(前判定)
=0(-15)
02+0= 変 動 無 し ! (二回目)

アーシャ:83-30(前判定)
=53
05+27=32(ちょ、ちょっとはわかったけど恥ずかしい……)

ロウル:81-30(前判定)
=51
04+26=30(匂いを嗅ぐこと以上の快楽が、本当にこの世に……?)

パトラ:43+50(前判定)
=93
02+47=49(やっと、やっと私は人としてのラインに到達したのですね!)

参考:シアの夜レベル:51

――


174以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 00:01:37.69chUjAA4I0 (1/1)

シアの夜レベルを上げるイベントは今後あるのだろうか…?


175 ◆gEU9La026k2019/01/07(月) 00:02:14.21FIc6+f930 (1/1)

コンマがまた荒ぶったあたりで今日はここまでで
エリスはもうアベルが徹底するしかなさそうです(白目)
そしてパトラドエロ化かと思いきや二度目のコンマが落ち着いていたため、程ほどの一番いい位置で収まる奇跡
なお現時点で、通常交流できる女性陣で一番夜レベル高いのは妹のキアラ(53)です

本日もありがとうございました!


176以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 00:02:35.38mQzbBazRO (1/1)

コンマが(色々と)安定してる面々

エリス:戦闘の異常すぎる高コンマ・性知識の異常すぎる低コンマ。コンマだけ見たら戦闘しか興味ないキリングマシーンと思われるかも。だけどすいません、その子メイドなんですよ。
カイン:味方になろうとコンマさんに弄られまくる不憫なお兄ちゃん。格付けでは面目躍如……かと思いきや格付け特有の『そっくりさんじゃ?』とスレ民に弄られる羽目に。
妹組:全てにおいてコンマが安定している二人。でもキャラ設定にまでコンマが忠実すぎるためか、フィーアのブラコン解消の見込み無し。
ノワール:色々と強すぎるパーフェクトマザー(ただしエリスの性知識除く)


177以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 00:03:25.48ZgoXamNYO (1/3)

エリスはもはや殿堂入りレベルとして
他のメンバーは何だかんだでそれなりに上がったわね


178以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 00:11:23.82FQ/LJ78A0 (1/1)

乙です
今回のエロ本による勉強&理解の様子も描写してくれるんですよね?


179以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 00:12:15.295IbqylaJO (1/1)

おつおつ
エリスはもう人間をアベルかアベルじゃないかって判別してるんじゃないかな?(暴論)
対してパトラさんは一気に跳ね上がったが、それでもシアさんには届かない。やっぱりシアさん淫乱(ry


180以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 00:20:26.32dHGq0m4CO (1/1)

とりあえず人前であれだけ淫語を叫ばされる羞恥プレイ・アベルの奴隷になりたいというドM性癖持ちのシア(21)が51なわけだけど、それ以上にヤバイのがフィーア(14)が同数値、キアラ(17)がそれを超えて最高値(53)ってことなんだよな……。
フィーアは確実にアベルとの近親願望だとして、キアラはどんな性癖持ちなんだろうか……。


181以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 00:38:30.564djasr1U0 (1/1)

前スレ>>327でキアラの肉欲が09で自慰の経験無しになったが、もし肉欲が高かったら最悪夜な夜な帝国兵相手に性欲処理する帝国軍の姫(意味深)状態になってた可能性も微レ存?


182以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 00:45:15.33ZgoXamNYO (2/3)

見方によっては健全な思春期を迎えて悶々としているわけで
今後の教育次第ではどのようにも染めることができるとも言えるかも


183以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 00:49:57.05dIUxA+T1O (1/1)

そういえばアベルのことで頭がいっぱい過ぎて判定無しだったけど、フィーアの肉欲レベルってどうなんだろう。


184以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 09:41:51.31fFqGXQhm0 (1/1)

ここまでやって上がらないエリスはアベルに抱かれてる時何を考えているんだろう……


185以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 23:38:59.70Gx9A84uYO (1/1)

むしろアベルの夜レベル高過ぎ&エリスの夜レベル低過ぎのせいで『とりあえずすごい気持ちいい』ということしか理解出来ないまま失神しちゃってるんじゃなかろうか。
それならエリスの夜レベルが一向に上がらない理由も頷ける


186以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/07(月) 23:46:39.19ZgoXamNYO (3/3)

02の奴は(アベルの)指先ひとつでダウンさ

かーらーのー

発情状態であとはひたすら正常位か対面座位で昇天
アベルも精神的に満足しているせいで新しいことに挑戦しなくても
良いし何よりママンに釘刺されてるしねえ

マジでシア辺りにひとたび手を出したが最後
シアがアベル共々凄いことになりそうなんですが


187 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 18:23:24.94lcai+Bt60 (1/22)

こんばんはー
ちょっとだけ判定部分まで投げておきます
夜にまたこれれば、そこから再開していきます


188 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 18:23:50.64lcai+Bt60 (2/22)

――

アーシャ「……///」ペラ…

アーシャ(なるほど、ようやく理解できました……)

アーシャ(これが、男女の違い。そして性交……///)ペラ…

アーシャ(子を生すだけじゃない、快楽を得るためにも行われる行為……///)ペラ…

アーシャ(~~~ッ! こ、これ以上は無理!///)パタン!

アーシャ「はぁはぁ……///」

アーシャ(駄目、私にはまだ早すぎます……///)



ローズ(アーシャちゃん、理解はできたみたいだけどあれじゃあ前途多難ネ……)


――

ロウル「ふむぅ……///」ペラ…

ロウル(これが、キャベツではない本当の赤ちゃんの作り方……///)

ロウル(なんだか大変そうですけど……)ペラ…

ロウル(載っている女の人、凄く気持ちがよさそうです……///)ペラ…

ロウル(でもなんだか見続けていると恥ずかしいです!///)パタン!

ロウル「ふぅー……こ、ここまでにしておきましょう///」

ロウル(まさか、この世に匂いを嗅ぐこと以上に気持ちいいことがあるんですか……?)



ローズ(ロウルちゃんも一応はわかってくれたみたいだけど、完璧じゃなさそうネ……)


――



189 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 18:24:22.98lcai+Bt60 (3/22)

――

パトラ「……なるほど///」ペラペラ…

パトラ(女性器に男性器を挿入し、その刺激により射精が行われ、それにより女性が受精、つまりは妊娠すると……///)

パトラ(コウノトリでないのは残念ですが、夫婦の愛の結晶という意味ではこちらの方が相応しいかもしれません///)ペラペラ…

パトラ(そして子供を求めずとも快楽のためだけにまぐわうこともある、と……)ムッ…

パトラ(成程、王国の腐った貴族が奴隷を売買しているということは耳にしていましたが……これも目的の一つですか)ペラペラ…

パトラ(汚らわしい……子供を作る愛の行為と欲を満たすためだけの行為が本質としては一緒なのは驚きですが……)

パトラ(違いというものは、あるのでしょうか……?)

パトラ(男性は随分と胸を揉んだり吸ったりという行為がお好きなようですが……)ペラペラ…

パトラ(こんな邪魔なものが好きとは、男性の考えはよくわからな……ああ、そういえばリーナさんにも凄い顔をされましたっけ)

パトラ(……我が家を建て直すには、後継ぎは必要。私もいつか、この胸で男性を惑わして、そして結婚してこういう行為をするのでしょうか?)ペラペラ…

パトラ(……相手がいない寂しい時は、自らの手で自分を慰める。物足りなくなったら道具を使う、ですか……)

パトラ(思った以上に奥が深そうですが……この本はここまでにしておきましょう)パタン

パトラ(色々と情報が多すぎます。まずは一つ前の教本に戻って基礎を叩き込むべきね)ペラペラ…



ローズ(よし、パトラちゃんはだいぶまともになれたようね。これなら安心だワ。問題は……)


――



190 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 18:25:11.60lcai+Bt60 (4/22)

――


エリス「男の人の、裸……」ペラ…

エリス「……」ペラペラ…

エリス「…………」ペラペラペラペラ…


ローズ「!?」

ローズ(顔を赤らめるでもなく、淡々と読み進めている!?)


エリス「……」ペラペラ…

エリス「……」ピタ…

エリス「自慰……? 一人で、気持ちよく……?」

エリス「……ん」サワサワ…

ローズ「!?」

エリス「……なりません。やはりこの本には嘘しか載っていないのですね」ポーイ

エリス「ローズさん、騙されていますよ! この本はでたらめです!」プンプン!

ローズ「」

エリス「なんだか性感帯? とか色々難しいことも書いてありましたが、アベル様に触って頂けるならどこでも気持ちいいんですよ!?」

ローズ「」

ローズ(だ、駄目だワこのコ! 何があったかしらないけど、知識の無いままアベル様が好き放題にしたせいで……)

ローズ(もう、全ての基準がアベル様になっちゃっている……! アベル様本人が実践で教え込まない限り、理解する気配がない……!)


――


191 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 18:25:44.61lcai+Bt60 (5/22)

――



エリス「?」

アーシャ「……///」

ロウル「……///」

パトラ「ふふ」マンゾク

ローズ「えー、とりあえずは理解して貰えたようでなによりだワ」

ローズ「アナタ達も、いつかは結婚するの。そんな時に、こういった夜の営みは大切になってくるワ」

ローズ「恥ずかしいかもしれないけど、最低限の知識は必要ヨ?」

ローズ「あ、人それぞれだからアタシに咎める権利はないけど、レディーとしては男を性欲のままに片っ端から捕まえて食べちゃだめヨ?」

アーシャ「!?///」

ロウル「!?///」

パトラ「貴族として、そのようなはしたない真似はしないとここに誓いましょう」

ローズ「――そしてエリスちゃん?」

エリス「は、はい!?」

ローズ「アナタのアベル様への想いはわかったワ。アベル様以外の男に興味がないからこそ、知識が頭に入ってこないのかもしれないけど……」

ローズ「他のコは目を瞑りなさい! そしてエリスちゃんだけこれを見るのヨ!」

エリス「!?」


特殊判定
↓1~2コンマ二桁


192以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 18:27:11.78YfXS2CoeO (1/3)

とお


193以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 18:33:18.32oA3JZ+TX0 (1/1)

a


194 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 18:48:55.39lcai+Bt60 (6/22)

エリスェ……


195以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 18:50:56.77zBRNx5dV0 (1/4)

また何かしたのか…?


196以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 18:53:36.08ALs0KnmDO (1/1)

ぱっと見悪くなさそうだけど何が起こるのか


197以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 18:57:38.957WorC/9go (1/1)

なんか補正値があったんやろなぁ


198 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 19:11:00.63lcai+Bt60 (7/22)

もうエリスは2の神がついているとしか思えない


特殊判定結果

1:エリスの奉仕への興味
78+30(忠誠心)
=100(108)(アベル様のためならなんだってできます!)

※最大値到達のため、次判定の1/2撤廃

2:新・エリスの夜レベル(奉仕限定)
32-30(これまでの判定累積)
=02(熱意と実技が伴わない。すっごくたどたどしい)


――


『 ザ・ご奉仕 ~メイドの喜び~ 』



エリス「こ、これは?」

ローズ「エリスちゃん、もうアナタに男女の仕組みだとか世間一般の性交の様子を叩き込むのは諦めたワ」

ローズ「もうそこらへんは機会があればアベル様に聞いて頂戴」

ローズ「でもね、確かにアナタはアベル様に触れられて気持ちいいかもしれないけど……アベル様は気持ちいいのかしら?」

エリス「!?」

ローズ「夫婦の営みなら、双方が気持ちよくならないとネ? アナタ、アベル様に気持ちよくなって貰ったことはあるの?」

エリス「そ、それは……」ウツムキ…

ローズ「アナタの反応からして、アベル様の技巧とアベル様への愛情のせいで、何が起きているかもわからないまま気持ちよくて意識飛ばしてない?」

エリス「!!」

ローズ「それじゃあ駄目よ。ちゃんと、アナタからアベル様を満足させないと」

エリス「私、から……」

ローズ「そうよ。この本はかなり過激な内容も載っているけど、全部ご主人への愛を伝える内容ではある」

ローズ「アナタ自身の身体への理解はできずとも、アベル様へのご奉仕ってことなら理解できるんじゃないかと思ってネ……」

エリス「ローズさん……ありがとうございます!」キラキラ!

エリス「それでは早速……」ペラペラ…

ローズ(やれやれ……一般常識は無理だったけど、これでなんとか……)


――


エリス「……う~ん……???」

エリス「んんん~???」

エリス「――はっ!?」

エリス「つまりアベル様の身体を舐めればいいのですね!?」

ローズ「」


※エリスはどう足掻いても性知識の習得が遅いようです
※ご奉仕そのものには興味を持っているので、何かの拍子に化ける可能性はあります

※ノワールに続きローズまでもが匙を投げました。アベルは頑張りましょう


――


199 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 19:11:29.57lcai+Bt60 (8/22)

――



――講習終了――



ロウル「その、ありがとうございました///」

アーシャ「で、でもこの本はお返ししますね? 最初の教本だけ頂きます///」

パトラ「有意義な時間でした。感謝いたします」

エリス「ご奉仕、頑張ります!」


ローズ「ええ、みんな頑張って素敵なレディーを目指すのヨ?」





ローズ「……ふぅー……」

ローズ「認識が甘かったワ……」

ローズ「まさかこのアタシがこんなに手こずるだなんて……」

ローズ「用意した他の本、無駄になっちゃったわネ」

ローズ「……勿体ないけれど、持ち帰って天使に読まれても不味いワ」

ローズ「ここに捨てて……まぁ、帝国兵の誰かが拾っていくかしら?」ポイ…



??「……」スッ…

??「……」キョロキョロ…

??「……」バッ!

特殊判定
↓2コンマ二桁


200以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 19:11:55.62fldiuyRwO (1/1)

ほいさ


201 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 19:12:20.46lcai+Bt60 (9/22)

一旦ここまで
夜にまたこれれば来ます
エリスはもう頑張って仕込んであげてください


202以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 19:12:49.41YfXS2CoeO (2/3)

エリスまた2なのか……


203 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 19:13:01.33lcai+Bt60 (10/22)

あ、踏んでしまった
ここの↓1コンマ二桁で


204以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 19:14:16.98YfXS2CoeO (3/3)

ふんす


205以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 19:14:22.04zBRNx5dV0 (2/4)

ゾロ目


206以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 21:35:59.26aZ3+kDV5O (1/3)

これは>>1が悲鳴上げてないからセーフ……なのかな?


207 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 22:39:03.96lcai+Bt60 (11/22)

こんばんはー
ちょっとだけ再開と思ったらコンマがやっばいことに……
やっぱエリスのコンマといい、皆さんこっちの判定全部読み切っているかコンマ神が降りっぱなしなのか……



208 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 22:40:03.32lcai+Bt60 (12/22)

特殊判定結果


気になってこっそり来てたシアの理解度

※判定値の半分を夜レベル(受身限定)に加算
※ゾロ目はそのまま加算
98×1/2=49

現在のシアの夜レベル:51

51+49= 1 0 0 ぴ っ た り !


100(ああ、駄目です駄目です! 駄目なのにぃ……♪)




――


209以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 22:41:02.62zBRNx5dV0 (3/4)

シア淫乱になったか…


210以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 22:42:50.37aZ3+kDV5O (2/3)

これなれあの奴隷願望も納得だな!(白目)


211 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 22:46:43.23lcai+Bt60 (13/22)

――



シア「て、てっきり私がしでかしたからみんなで対策会議でもするんだと思って来てみたら……」キョロキョロ…

シア「まさかみんなでお勉強だったなんて~……」

シア「……それなら、前に私が恥ずかしい思いをしてまで教える必要なかったじゃないですかぁ!」プンプン!

シア「酷いですよ~! こんな本でお勉強できるなら――」



『 雌 堕 』



シア「!?///」


『やめて! そこは違う穴!?』


シア「!??///」


『被虐の喜び・皆伝』


シア「~~~!?///」


シア「え……みんなこんな凄い本で……?」ドキドキ

シア「……」ドキドキ

シア「ちょ、ちょっとだけ。ちょっとだけです……」

シア「聖国にはこんな本ありませんでしたし、そう! これは大切な異文化交流ですよね~……?」ペラ…




シア「わ、わぁぁ~……!?/////」



――



212以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 22:51:54.00aZ3+kDV5O (3/3)

このラインナップ、明らかにメイド長が雌堕ち用に使ってませんかね……


213以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 22:52:19.724NS01op2O (1/2)

やはりピンクは淫乱になる運命なのか……


214 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 22:53:53.51lcai+Bt60 (14/22)

――



シア(私が拾い上げた本の内容は、とても過激で……)

シア(これまでの私の常識を塗り替えるにはあまりにも十分過ぎて)

シア(本の中の女性は、とてもはしたない格好で乱れていました……)

シア(ある人は首輪をつけられ四つん這いに……)

シア(ある人はおちんちんを不浄の穴に入れられて……)

シア(ある人は縛られて目隠しされて……)

シア(ああ、いけない。これは駄目なことなのに……どうして、私はこの手を止められないのでしょうか?)


シア「はぁ、はぁ……んぁ……!」クチュクチュ…


シア(はしたない。片手で本を読み進めながら、片手で自分を慰めるなんて)


シア「あ、アベルさ……もっとぉ……」クリクリ…


シア(浅ましい。既に想い人がいる殿方を想いながら、しかも彼に激しく虐められることを夢想するなんて)


シア「駄目ですぅ……こんなんじゃ、こんなんじゃないのぉ……」グチャグチャ!


シア(どうかしている。それでいて、全く満足ができないなんて)

シア(頭では冷静でいるのに、身体は全く言うことを聞いてくれない)


シア「んぅぅ……! だめぇ、アベルさん……この前みたいにもっと強く弄ってください~……!」クニクニ…


シア(原因はわかってはいる。あの日、私はアベルさんの逞しいモノを見てしまった)

シア(そしてあろうことかそれを掴み……挿入する一歩前までいった。私の入り口に触れさせてしまった)

シア(そしてアベルさんはそれを止めるため……私の乳首を虐めてくれた。痛かったけど、気持ちよく)


シア「あぁぁ……神様……アベルさん……エリスさん……」ポロポロ…

シア「ごめんなさい、ごめんなさい~……!」ポロポロ…

シア「もう、私は――」クチュクチュ…



シア(――駄目になってしまいました……♪)



※シアが受身限定とはいえ夜レベル100になってしまいました(白目)

※アベルに責められた場合、そのほとんどを快感として受け取ることでしょう(白目)

――


215 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 22:58:50.71lcai+Bt60 (15/22)

――



ロウル「ふぅ……ようやく顔の火照りもとれてきましたよ」

アーシャ「ええ。大事なことかもしれないけど、やっぱり恥ずかしいですね……」

エリス「わ、私は相変わらずよくわからなくて……」グルグル…

パトラ「ふふ、私でも理解できたのです。皆さんも焦らずにいきましょう?」

ロウル「むぅ、パトラさんから急に大人の余裕を感じます……」

パトラ「皆さんより、お姉さんですからね!」エヘン!

アーシャ「……やっぱり私ももう少し頑張らないといけませんね?」

エリス「うーん……ですが、頑張るならやっぱり鍛錬です! このもやっとした気分を打ち払いましょう!」

パトラ「さ、流石エリスさんと言ったところなのでしょうか? 全くぶれていませんね」

エリス(だって全くわかんなかったんですもん!)シクシク…

ロウル「まあ、そうですね。ここのところちょっと浮わついてしまった感はありますし……」

アーシャ「少し、引き締め直しましょうか!」


1000ボーナス・+通常鍛錬

特殊判定
↓1~4コンマ一桁(パトラのみ成長補正あり)


216以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 23:00:48.22BDuXjdlM0 (1/1)




217以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 23:01:02.82iA24AVfDO (1/1)

はい


218以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 23:01:12.17zBRNx5dV0 (4/4)




219以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 23:01:14.78ijmMUNqH0 (1/1)

とう


220以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 23:03:10.82OdaNE0e6O (1/3)

まーた22ゾロですよ


221 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 23:04:18.79lcai+Bt60 (16/22)

もげぇ!?(吐血)
もう22という数字に恐怖を感じるんですけどぉ!?


222 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 23:08:22.51lcai+Bt60 (17/22)

戦闘絡みでは22、夜絡みは2。それがエリス……?

判定結果

エリス:レベル208+10(22ゾロ目ボーナス)=218
アーシャ:レベル101+2=103
ロウル:レベル84+7=91
パトラ:レベル49+8+5(前回イベントボーナス)=62


※前スレ1000ボーナス終了

――


223以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 23:08:49.93logN5DKCO (1/1)

鍛練だしどうせエリスでしょ(白目)


224 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 23:17:14.86lcai+Bt60 (18/22)

――特殊イベント2・必死な第二皇子――


【アベルの城塞】


アベル「シア? シア―?」

アベル「見当たらないな……彼女も出かけているのか?」

アベル「いくら防衛面を強化したとはいえ、あまりここを手薄にしすぎるのもな……」


コンコン


アベル「ん? 開いているが――」

ガチャ

カイン「邪魔するよ、アベル」

アベル「カイン兄様!? エメリナも連れず、一人で来られたのですか!?」

カイン「ああ。幸い、僕一人の方が動きやすいんだよ」

カイン「アベルを弄ってやると言うだけで、城の誰もが納得するからね」

アベル「そ、そうなのですか」

カイン「ん? 珍しい、今日はいつもの連中の臭いを感じないね?」

アベル「ああ、ちょっと私用で出払っていまして……」

カイン「嗅いだことの無い臭いもあるが……」

アベル「ああ、そうでした。先日は祝い日なので伝え忘れたのですが、実は……」

カイン「待ってくれアベル。折角これだけ出払っているんだ。今しかできない話をしたい」

アベル「!?」





225 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 23:22:10.42lcai+Bt60 (19/22)

アベル「……重要な、案件ですか?」ゴクリ…

カイン「ああ、重要だ。下手をすると、僕の生命にもかかわる」

アベル「な、なんですって!?」

カイン「兄さんかお前のどちらかに相談しようと思って……お前に相談することに決めたんだよ」

アベル「……ありがとうございます」

カイン「この件は、他言無用だ。いいね?」

アベル「わかりました。それで、その内容とは……」

カイン「あぁ……」












カイン「エメリナに連日吸引されてばかりで困っているんだ」











アベル「」


226以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 23:24:13.91aN1JKP01O (1/1)

ギュポポポって擬音で色々察することができるのって
この100年間でもこのスレだけだと思う(賛辞)


227以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 23:25:09.58OdaNE0e6O (2/3)

悲しいなぁ…w


228 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 23:33:38.99lcai+Bt60 (20/22)

カイン「きっと今お前は呆れた顔をしているんだろう」

カイン「だがな、僕は至って真面目なんだよ」

アベル「は、はぁ……」

カイン「まず第一に……その、あれだ……僕は、エメリナを…………愛しているんだ///」

アベル「ふむふむ」

カイン「だが彼女は決まって、僕への奉仕から始める。そしてその度に――僕は根こそぎ吸い取られるんだ」

アベル「」

カイン「比喩じゃない。本当に全てを吸い取られるんだ。彼女の口は魔性の口さ」

カイン「やらせないが、多分アベルや父さんでも耐えきれるか怪しいレベルだよ……」

アベル「そんなに凄いのですか……?」

カイン「あぁ……おかげで、彼女に挿入どころか触れてやる前に僕は意識を無くす。また僕の恥ずかしい歴史が増えたわけさ……」

カイン「僕が童貞を卒業できない以上に、彼女をまともに愛してやれないのが辛くてね……」

アベル「兄様……」

カイン「そして第二の問題だ」

アベル「……」ゴクリ…








カイン「その吸引が、あの日お前のモノを見た日から激しさを増した」




アベル「」




カイン「エメリナいわく、僕のモノをお前のモノと同じになるまで吸い伸ばすためらしい」






アベル「」




カイン「正直に言うよ? 助けてくれアベル、このままじゃ伸びる前に千切れて飲み込まれる……」ガタガタ




アベル「」



229以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 23:35:04.92OdaNE0e6O (3/3)




230以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 23:37:04.704NS01op2O (2/2)

本当に死活問題だと……


231以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/08(火) 23:37:10.27Ny3v/xvs0 (1/1)

駄目だ可笑しすぎて腹が痛いw


232 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 23:48:29.11lcai+Bt60 (21/22)

カイン「このままじゃ不味いと思って、精力剤にも手を出したんだ」

カイン「でも効果は現れなくてね……」

カイン「そもそも気がついた。市販の精力剤で多少強化されたところで、エメリナに吸われたらお終いだとね」

アベル「どれだけ凄いんですかエメリナは……」

アベル「と言うよりも、いいんですか? そんな大事なことを話してしまって……」

カイン「だから他言無用と言っただろう! それに、代わりにこれからお前のことも聞くんだからな!」

アベル「え!?」

カイン「え、じゃない! 僕が恥を忍んでこれだけ暴露しているんだよ!? お前の情事も細やかに報告するのが筋だろう!?」

カイン「何の因果か、僕もお前も手を出したのはお付きのメイドだ。歳も近い。何か打開策が転がっているかもしれないだろう?」

アベル「し、しかし……」

カイン「童貞の兄を助けると思って! さぁ、僕にぶちまけろアベル!」

アベル(本当に、形振り構っていられないようだ……)

アベル「わ、わかりましたよ……」

カイン「そう、それでいいんだよ。で? お前のエリスはどれだけの吸引力を持っているんだ?」

アベル「……です」

カイン「?」

アベル「エリスにそういった行為をさせたことは……ないんです」

アベル「そもそも彼女は――性行為がどんなものかを理解しきってすらいません」

カイン「な、なんだと!?」



233 ◆gEU9La026k2019/01/08(火) 23:59:06.09lcai+Bt60 (22/22)

カイン「馬鹿な、同じメイドなんだぞ!?」

カイン「少なからずお前も吸引されていると思って相談に来たんだぞ!?」

カイン「いやそもそもお前……確かあの子16歳なんだろう?」

カイン「そんな性行為を理解してもいない小さな子に手を出すのは男としてどうなんだ……?」

アベル「エリスより小さいエメリナに手を出した兄様には言われたくありませんね!」

カイン「くっ……。まあそこは置いておこう。吸引されてないなら仕方がない。主にどうしているんだ?」

アベル「そう言われましても……ただ、全身を愛撫しているだけですよ」

アベル「エリスはどうしてか、どこを触っても嬉しそうにするんです」

アベル「それにあれだけ鍛錬を積んでいるのに身体は真っ白で柔らかくて……俺も飽きがこないんです」

カイン「……」ゴクリ…

アベル「それに俺が我慢できなくなって、つい押し倒してしまうことが多くてですね……」

カイン「……つまり、あれか」

カイン「僕はメイドの奉仕の経験はあるが、本番の経験はない」

カイン「お前はメイドの奉仕の経験はないが、本番の経験はある」

アベル「そうなりますね」

カイン「……」

アベル「……」




カイン「まるで解決策が見当たらないじゃないか!?」

アベル「そんなことを俺に言われても!?」





234 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 00:02:13.77UaiQZQRG0 (1/12)

兄弟のぶっちゃけ話の途中ですが、今日はここまで
いやー……今日もコンマが暴れましたね。というか暴れない方が珍しいかも?
シアはちょっとだけ知識増えたらなーと思って判定用意したらあんなことに……
ちょっと可哀想なのと、ぴったり100到達記念で何かシアにボーナス出した方がいいですかね?
何かいいボーナス案がある方は書いてくれるとうれしいです

本日もありがとうございました!


235以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 00:02:31.293iAP4Jd+O (1/4)

信じられないだろ
こいつら当初はガチで命取り合うレベルで敵対していたんだぜ


236以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 00:03:56.00gFRuJOU30 (1/3)


シアは普通にアベルと関係を持つ展開にした方がいいと思う
そうじゃないと本人が報われない


237以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 00:18:54.113iAP4Jd+O (2/4)

好感度も性知識もカンストってことだし関係持つイベントが最善かな

純情シスターに扮したシアが悩み中のエリスに遭遇
「アベル様との夜伽を指導させてくださいぃ」
「認めれば奉仕のやり方を教えていただけるんですね?」
とのやり取りを経て二人してアベルの前へ
アベル砲を見て「凄いサイズですねえ」と驚愕
「しゃぶりますよ」と自分からエリスに見せつけるように奉仕開始
エリスが奉仕を理解した後は一転攻勢 二人でアベルを攻め立てて……

エリスの夜スキル 『変 更 無 し !』

流石にこうなったら嫌だわ


238以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 00:22:57.64SqcnpOM0O (1/1)

おつおつ。
とりあえずお兄ちゃんとアベル、もしくはエメリナとエリスが夜レベル交換するぐらいしか解決策無くね?(白目)

まぁ真面目に言うと、流石にそろそろ同じ展開なのもあれだしアベルとエリス・お兄ちゃんとエメリナの組み合わせの場合、判定無視で夜レベルが確定(って言っても一気に二桁上がるのもあれだからコンマ一桁ぐらいで)で上がるようにすれば言いと思う。
無知シチュは段々と目覚めてく過程が良いものなのにその目覚めが一向に来る気配無いし、お兄ちゃんはいい加減そろそろ微弱ながら耐性付いてくるやろ(前より一秒長く持つようになった、とか)。


239以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 00:29:59.86ThFaU5OaO (1/1)

とりあえずローズまで匙投げたけど、だからってさらにエリスの夜レベル判定に-補正は入れなくて良いとは思う。
というかむしろ(ちょっとベクトルを間違えたとらいえ)対アベル限定で性への興味は向いたからノワール匙投げの-補正緩和して良いんじゃないかな。
コンマの加護を見る限り、このまま-補正積み重なっていったら-補正だけで自動失敗まで行きかねない、割りと冗談でなく。


240以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 00:34:21.366ploogU7O (1/1)

おつおつ
エリスから許可(一夫多妻)おりてるし、イベントでシアさん望み通り抱いて上げるのが一番かな
性格的にシアさんもエリスには一声かけるだろうし、可能なら3Pを所望したい


241以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 00:34:43.44vAsCsHm8O (1/1)

エリスの夜レベルが上がらないのは多分、夜レベル一桁で初体験が夜レベル90越えのアベルという強烈過ぎる経験のせいじゃないんですかね……。
多分だけど、しばらくアベルが手を出さずに座学で教えてあげれば良いと思うよ、アベルには相当な羞恥プレイを強いることにはなるが。


242以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 00:47:27.06N6xl0xpIO (1/1)

おつおつ。
それにしても
アベル:正妻が一夫多妻承認。ただし肝心の正妻が性知識無いわ他の嫁候補に夜レベル100の淫ピが生まれちゃったわでもう大変
カイン:本人の夜レベル低すぎ&嫁候補の夜レベル高過ぎでガチで死にかねない。
アドルラン:身近にいる嫁候補の想いに全く気付いてないフラグクラッシャー。魔性のエリスの被害者その1。
キアラ:相手無し・プラトニック・でも興味あり。多分この子が一番健全(ただしトップクラスのわがままボディ)。
フィーア:アベル好きが高じてアベルしか見えてない。アベルの一夫多妻見たらコンマで嫉妬判定とかワンチャンありそう。とりあえず早く他の恋愛候補を見つけるか、最悪アベルは受け止めてあげて。

キアラ以外みんな割りと恋愛面で波乱万丈の予感で草も生えない。


243以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 00:52:31.63fUBrrEn7O (1/1)

既に言われてるけどボーナスはこの後帰宅したシアが我慢出来ずにアベルと一線越える感じで
どちらかが躊躇してもエリスが背中押せばいけそうだし
シアは抱かれて幸せでエリスはそんなシアを見て危機感(アベル盗られちゃうかも)覚えて必死に奉仕を練習でwin-winだと思う


244以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 08:28:00.08pE3kW5Kz0 (1/1)

展開が某所と似て来たのはなんの因果か(主人公に思いを寄せる帝国に生きる無知少女と淫乱シスターの組み合わせ)
あちらは3P内容が酷すぎて荒れて潰れたが別人とは思うがここはスレ主の腕の見せ所だな


245以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 12:20:54.895QnPe9+q0 (1/1)

他所のスレ、しかもネガティブ方面の話題は止めろ

そもそもあそこは気に入らない展開だと駄々こねて荒らし行為や作者叩きや特定のキャラ叩きをしていた一部の読者にも問題あっただろ


246以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 13:04:08.16Ug/m8Xl20 (1/1)

他所のネタとかマジでどうでも良いんで

基本的には
「これだけエロに絡みそうなイベント続けて積んでるんだから
そろそろちゃんとしたエロ読ませてくださいオナシャス」
って意見よね

まあ細かい展開は例によって安価に委ねたいですな


247以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 13:10:44.35li+M4pfo0 (1/1)

>>244>245>>246死ね


248以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 13:17:16.33F75CKQsA0 (1/1)

夜ネタ以外にもボーナス適用できるならば
シアって教国出身だし近い内に発生する全面戦争で何らかのバフを得られても良いかもね
得意の回復魔法で絶対に死者が発生しないとか


249 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 22:06:23.69UaiQZQRG0 (2/12)

こんばんはー
今日も少しだけ進めていきますが……
申し訳ないのですが、できれば他所のスレの話題だけはNGでお願いします
『他所のスレみたいに~』といわれても私の技量の問題で良スレを真似る真似はできませんし
『他所のスレより良い~』といわれても、誰かを貶めるような空気は好きではないのです
あくまでこのスレはこのスレということで。至らないところばかりですが、どうかよろしくお願いします

シアボーナスにつきましては希望者が多いようなので、交流選択を飛ばしてアベルとの夜イベントの方向で
元々臨界値だったのでちょうどいいでしょう
戦争バフを望まれている方もいましたが、現状だと負傷の状況は大きく分けて二つなのですが

・アベル隊→基本は敗北による致命傷はアベルが全て引き受ける(ヒロインではなくアベルに死亡判定。実はリーナ戦で出てます)
・アベル隊以外→敗北した個人が重傷を負う(死亡判定は無し)

ここに現在はシアの好感度100超えによる大回復(死亡判定も中傷まで抑える)と祈り(敗北時蘇生)があるため
シアが傍にいる限り、アベルはまず死にません(行動で皇帝に単騎殴り込みとかやらかしたら流石に死にますが)
そしてそれ以外の敗北者も救援判定で妹組が動いて助けてくれます
フィーア(絶対逃走)とキアラ(妨害不可回復)なので、重傷でも確実に生還はできるわけですので、うま味は少ないでしょう


想定しうる最悪の状況としては、シアと妹組がそれぞれ単騎の時に逃げる間もなく奇襲からの大劣勢を受け重傷を負ってしまった場合です
その状態でアベル他が襲われた場合、死亡判定も出るかもしれませんが、まあたぶん大丈夫でしょう
それでは再開


250 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 22:07:58.29UaiQZQRG0 (3/12)

カイン「まったく……やはり兄さんに相談すべきだったか?」

アベル「……アドルラン兄様に今の話をすれば、多分殴られていたのでは?」

カイン「それもそうか……」

カイン「しかし参ったな。このままじゃ僕はまたエメリナに吸いつくされてしまう」

アベル「……」


※アベルの手元に、『スゴイ教本』×1があります。カインに渡しますか? 魔法文字でカインも読めます

※渡さなかった場合、アベルが読み直して後ほどアベルの夜レベルが100になります

↓1



251以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 22:10:30.7848G5r4fOO (1/2)

何故死亡回避要員組は総じて夜レベルが高いのか(交流可能組では今回の成長を除いてもトップ3はキアラ・シア・フィーア)


252以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 22:11:20.4948G5r4fOO (2/2)

踏んじゃった
あげよう


253以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 22:11:36.20gFRuJOU30 (2/3)

>>251は渡す?渡さない?
安価↓


254 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 22:19:12.39UaiQZQRG0 (4/12)

教本をカインにあげる

――


アベル「……兄様、これを読まれてみては?」スッ…

カイン「ん? 魔法書か? って――!?」

カイン「な、なんだこの本は!?」

アベル「先日、戯れに買ってしまった本です」

カイン「お前、こんなものを読んでいたのか。いや、しかしこれは……」

アベル「兄様、先程の問題には一応の解決策があります」

アベル「ヤられる前にヤれ。これは母上の教えでもありますが、話を聞く限り兄様はいつも受け身です」

アベル「たまには兄様がエメリナを押し倒し、主導権を奪うのです」

カイン「なるほど……」

アベル「大体、兄様はかなり高圧的というか、攻めに攻める性格だったじゃないですか。どうしてエメリナの時だけそんな……」

カイン「う、うるさい!」

カイン「だが確かにお前の考えにも一理ある。そう、たとえ僕のモノが小さかろうが、手や口だってあるんだ」

カイン「先にエメリナを攻めれば、僕の童貞はひとまず置いておくとして彼女を満足させてやれるかもしれないな……」

カイン「……よし!」

カイン「ならばこの流れに乗るまでだ! また買い足したこの精力剤も、今この場で飲んでやる!」

アベル「!?」

カイン「大丈夫、今の僕はこの本で滾ってきたぞ……いける! いけるんだ!」

グビッ!


特殊判定
↓1~2コンマ一桁


255以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 22:20:14.17LJ81/liH0 (1/1)




256以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 22:20:23.22vfZoGLTRO (1/3)

さぁどうなるお兄ちゃん


257以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 22:20:56.95vfZoGLTRO (2/3)

(ごめんまた22出た)


258 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 22:22:55.37UaiQZQRG0 (5/12)

おうっ!?
今年はカインに運が向いてきている!?


259以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 22:23:47.28gFRuJOU30 (3/3)

良かったね、兄さん


260以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 22:29:55.763iAP4Jd+O (3/4)

っていうか前回のエリスの戦闘判定22を見て
誰も驚いていなかったのが改めて考えると異常すぎる


261以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 22:35:00.81vfZoGLTRO (3/3)

だってエリスだし(感覚麻痺)


262 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 22:36:37.62UaiQZQRG0 (6/12)

特殊判定結果

カインの夜の成長

1教本の成長(コンマ一桁そのまま)
コンマ17→7成長

2精力剤の成長(コンマ1/2。奇数ゾロは10、奇跡の偶数ゾロ目はそのまま採用。上限40)
コンマ22→偶数ゾロ、そのまま採用
→22成長!

11+7+22
=40(まだ小さいけど、技術でカバー!)


――



カイン「ふ、ふおおぉぉぉぉぉぉ!?」ビキビキビキビキ!

カイン「い、いたた!? なんか本当に滾ってきたぞアベル!?」

アベル「だ、大丈夫なんですかその薬!?」

カイン「毒ではないのは確認済だが……ふおおおぉぉぉぉぉぉ!?」ビキビキビキ!



263 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 22:37:57.36UaiQZQRG0 (7/12)

……



カイン「アベル……僕は生まれ変わったのかもしれない……」ビキビキ…

アベル「よかったですねと言いたいですが、ちゃんとそれ鎮めて下さいよ?」

カイン「わかっているよ。いやぁ、今回の本と薬は大当たりだったな。また買おう」

アベル「あまり薬に頼りすぎるのもよくないと思いますが……」

カイン「わかってはいるんだけどね。ただ、こうなってもまだエメリナには……」

カイン「いや、さっきの教本の技を使えばあるいは……?」

カイン「ふふ、少し希望が見えてきたじゃないか! まあ、感謝してあげるよアベル」

アベル「あ、ありがとうございます」

カイン「――そして感謝ついでに、僕からもお前に解決策をやろう」

アベル「?」

カイン「確かに、ヤられる前にヤるのはいいかもしれない。エメリナ相手は恐らくそれが正解なのだろう」

カイン「だが、エリスの場合はそれが正しいのか?」

アベル「っ!」

カイン「お前のことだ。手荒には扱わないんだろうが、一方的に責められては相手も楽しめないだろう」

カイン「エメリナは、僕に奉仕することが喜びだと言っていたよ。エリスも同じかはわからないけど……」

カイン「お前も、一度吸引されてみたらどうだ? 吸いつくされるが――すんごいきんもちいぃんだぁ……」トロン…

アベル「兄様! 皇族がしちゃいけない顔になっています!?」


264 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 22:47:53.18UaiQZQRG0 (8/12)

アベル「……」

アベル(だが確かに、考えていなかった……)

アベル(エリスの奉仕、か……)

アベル「兄様、ありがとうございます」

カイン「ん? あぁ、まあ僕の手にかかればどんな問題もあっという間に解決さ」

アベル「……俺に相談しに来たのに?」

カイン「……大抵の問題は解決する」

アベル「っと、そうでした。これも結構な問題でしたが、実は帝国全体に関わる問題もありまして……」

カイン「ああ、待てアベル。なんとなく予測はつく」

カイン「先日の、城内での兵士の虐殺と侵入者の件だろう?」

アベル「……ええ」

カイン「メイド長がわざわざ動いているあたり何かあるとは思ったが……」

カイン「そういう重要な話なら、日を改めよう」

アベル「し、しかし!」

カイン「兄さんも交えて、しっかりすべき案件じゃないのか? 聞いたぞ? とうとう兄さんまで引き込んだとか」

カイン「それに今、僕は血液こっちに集中して上手く考えられないよ?」ビキビキ…

アベル「あー……わかりました。では、また明日……」

カイン「ああ」


※天使兵及び帝国防衛について、アドルランも交えた会議が行われることになりました

※アドルラン同席により、カインが鍛錬でよりしごかれます


――


265 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 23:02:37.84UaiQZQRG0 (9/12)

――


――特殊イベント・聖女の限界――



パトラ「ただいま戻りました」

ロウル「戻りましたよー」

アベル「おお、お帰り。どうだったローズさんの話は?」

パトラ「詳細はお伝えできませんが、非常に有意義な時間であったとだけ」

エリス「私はどちらかというとその後の鍛錬の方が収穫が大きかったような?」

アーシャ「エリスちゃんはいつも通りですね。でもどちらもいい時間だったのは確かかもしれません」

アベル「そうか、それはよかった。ところで、シアをみかけなかったか?」

アーシャ「いえ、今日は私達四人が呼ばれていましたので……」

アベル「そうか……」


……


ガチャ…


シア「……」キョロキョロ…


アベル「はぁ……」

シア「!?」ビクゥ!

アベル「お帰りシア。全くどこに行っていたんだ?」

シア「ア、アベルさん!? そ、そのですね~!?」ワタワタ

アベル「……一応、変装はしていったようだが」

アベル「あまり一人で出歩くのは感心しないな」

シア「ご、ごめんなさい~……」ビクビク…

アベル「いや、そこまで怯えなくていい。不自由させているのは俺のせいであるし……」スッ…

シア「あ……あれ? 怒らないんですか~……?」

アベル「いや、心配はしたが怒る必要はないだろう。無茶をしてきた風にも見えないしな」

シア「――怒ってくれていいのに」ボソリ…

アベル「ん、何か言ったか?」

シア(もう、駄目……抑えきれない……!)


シア「――ねえ、アベルさん?」



シア「ちょっと、エリスさんも呼んで三人でお話しませんか~?」



――


266 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 23:17:14.41UaiQZQRG0 (10/12)

――


アベル「……で、なんなんだ話とは?」

エリス「わ、私は何故呼ばれたのでしょうか?」

シア「……エリスさんにも大事な内容だからですよ」

シア「……」グラッ…

アベル「っ!? おいシア!?」ダキッ!

シア「ふあぁ!? こ、これですよ~……///」ギュゥ…

エリス「!?」

アベル「!?」

シア「アベルさんに抱きしめられると、気持ちいいです……」

シア「これをいつでもやってもらえるエリスさんが、羨ましいです……」

エリス「シアさん……」

シア「――ねえアベルさん?」

シア「以前お話したこと……憶えていますか~?」ギュゥ…

アベル「シア、まさかお前……!?」

シア「はい。もう――自分で自分を抑えられなくなっちゃいました~……」

シア「アベルさんとエリスさんの関係は、わかっているのに……」

シア「アベルさん、どうかこの卑しい女に罰を与えてください」

シア「一度、一度だけでいいんです……」フルフル…

シア「アベルさんの手で、私を滅茶苦茶にしてください……」

アベル「シア……」


※シアは我慢の限界のようです

※シアに対するアベルの対応や言葉(なお前スレでの判定ではシアは純愛よりも叱られたい派でしたが、純愛的な行動も可です)

↓1~3混ぜれそうなら混ぜます


267以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 23:23:58.93yZaIkF6vo (1/1)

スパンキングしながら好意の言葉責め


268以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 23:27:18.05JWjN1CbZO (1/1)

優しく諭すように接するが、シアから懇願されて尋問(風プレイ)をしてあげる
可能ならエリスからの説得もあり、一度きりにしない


269以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 23:29:40.523iAP4Jd+O (4/4)

まずはエリスがされているようなことを体験させる
過激な責めを期待しているようであればそれを言わせて求めさせる


270 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 23:52:13.04UaiQZQRG0 (11/12)

アベル「……これも、俺のせい、か」ハァ……

シア「いえ、全ては私が弱いからです……」ウツムキ…

エリス「……罰だとかは、よくわかりませんけど」

エリス「――シアさんも、私と同じようにアベル様に抱きしめられたいんですよね?」

シア「エ、エリスさん!? い、いえ私はそこまでの贅沢は――」

アベル「……こんな腕でよければ、いつだって抱きしめるさ」ギュッ

シア「ひゃ!? あ、だ、だめ、です……! エリスさんが見て――」

エリス「ふふ、シアさんも嬉しそうです」ニコニコ

シア「え――? お、怒らないのですか? 私は、あなたのアベルさんに手を――」

エリス「アベル様はみんなのものですよ? それにシアさんも……アベル様が好きなんですよね?」

シア「~~!?/// わ、私は……」

エリス「隠さなくても大丈夫。同じ人を好きになってしまったんですから」

シア「で、でも……」

アベル「全く、なんでこんな男にそんな感情を向けるようになってしまったのかはわからないが……」

アベル「……その気持ちは、嬉しいよ。そして俺も、シアのことは気にっている」

シア「!?///」プシュー

エリス「私も、シアさんのこと好きですよ? いつも優しくて一緒にいるとふわふわした気持ちになれます」

シア「~~っ!?///」

アベル「……二人とも、本当にいいんだな?」

シア「は、はい……!」

エリス「ええ。どうかシアさんも、愛してあげてください」

アベル「……あまり妙なことはしないよう心掛ける」スルスル…


シア(本当は、妙なことをして欲しい。ああ、けれど本当に、こんな……)


シア(――ゆ、夢では、ないんですよね?)

――


271 ◆gEU9La026k2019/01/09(水) 23:56:32.83UaiQZQRG0 (12/12)

通常→徐々にアブノーマルな流れが確定したあたりで今日はここまで
ちょっとちゃんと考えて書く必要がありそうなので、しばらく更新空くかもしれません
それでも内容に期待はしないでくださいね?

また展開の関係上エリスも同席していますが、彼女を退席させるか否かも聞いておきましょう
退席でシアのみハード責め(?)、同席でエリスとシアからアベルへの奉仕が入るかもって感じかと思われます

本日もありがとうございました!


272以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/09(水) 23:57:26.16AKhYB7Mp0 (1/1)

乙 エリスも参加で


273以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/10(木) 00:03:26.04z2C+g+VbO (1/2)

乙です
エリスは同席させて色々とショック受けたり勉強したりする流れが良いな


274以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/10(木) 00:04:44.357WG9Z6dKO (1/1)

おつおつ。
エリスは参加させるけど、最初は性知識仕込む意味も込めて見学させるのはどうだろ。ある程度見学させてから混ぜる感じで。

アブノーマルな方面はとりあえず見学させて、夜レベル上がって恥ずかしそうにしたら退席、上がらず平然としてたらそのまま見学でどうか(流石にそっち参加させるのはハードルが高過ぎる)


275以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/10(木) 00:21:03.08h2MGxbydO (1/1)

おつおつ
まあ認めてくれてはいるけど目の前でお預け可哀想だしエリスも参加で
シア先生の実践授業で、夜レベル今度こそ上げてやろう


276以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/10(木) 09:20:24.05z2C+g+VbO (2/2)

しかし異種姦でもないのに道具も使ってないのに
エッチシーンの表現で『吸引』ってどういうことなの……
しかもそれを気持ちいいと言う奴がいて
これもうわかんねえな

お兄ちゃん結構性レベルマシになって良かった なお
(作者がエメリナの夜レベルを出さなかったのは慈悲だと信じる)


277以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/10(木) 10:29:56.97HIwkJWLCO (1/1)

俺お兄ちゃんの気持ちちょっとわかるわ
昔戯れに業務用掃除機で吸ってみたんだが、ちぎれそうな痛みの中になんか気持ち良さもあったもん
しかしシアさんはどんだけアブノーマルなことされるんですかねぇ…


278以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/12(土) 22:13:37.97UtWKYBHTO (1/1)

今日はどうかなー


279 ◆gEU9La026k2019/01/13(日) 21:35:00.62jUEjEAbO0 (1/1)

すみません、ちょっと仕事の方が立て込み、更新が滞りました……
現在書き溜め中でして、短いかもしれませんが明日には更新できるかと思います


280以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 11:38:50.87oe6QtfU3O (1/2)

今から服を脱ぐか…


281 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:43:43.79CNnti5V60 (1/28)

こんばんはー
遅くなりましたが、前回のシアとの夜イベントを投下していきます
最後に少し判定があります


282 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:44:32.11CNnti5V60 (2/28)

――


「あ、あのアベルさ……あ……」


黒衣の青年に、白衣の聖職者が押し倒される。
しかしその行為に荒々しさはなく、押し倒された側はただ困惑の声をあげる。

「シア、力を抜け」

「は、はい~……」

命令。
それも強い口調のものではないが、素直に従ってしまうのは何故なのだろうか。
わけもわからぬまま、シアはただ男の言葉に従う。
緊張はするが全身の力を抜き、行為の全てを相手に委ねる。

「……嫌になれば、いつでも俺を突き飛ばせ」

「え? ん、ふぅ……!?」

僅かに思案したのか、一瞬動きが止まる。
しかしその後には顔が迫り、その舌で唇を割り開かれていた。

「ん、んふぅぅ……!? んっ、んちゅ……! ん、ん!」

聖国の聖職者。
神の信奉者にして、人々にやすらぎと癒しをもたらす者。
神への感謝、人々への分け隔ての無い救済が日課たるシアには口付けの経験などもない。
だが彼女は、己の口内に入り込んできたそれにいち早く順応した。
想像していたものとは違う、しかし女性ならば誰もが喜んでしまうのではないかと錯覚する程に優しく深い口付け。
身体が、求めずにはいられなかったのだ。

「ん、……っぁ。ふふ……随分と、積極的だな?」

「はふ、だってアベルさんのキス……きもちいいです~……」

ぬちゃりと引き抜かれた舌を寂しげに目で追いながら、シアは甘い吐息を漏らす。
口の端に意地悪そうな笑みを浮かべるアベルに対して何かを言ってやりたい気もしたが、
それ以上に身体は物足りない快楽の続きを求めてしまう。

気持ちいい。

これまで、聖国では味わってきたことのない感覚だ。
彼を夢想し、自分で慰めることはあれど直接してもらったのはこれが初めて。
表情からしてこれはまだ前戯なのだろう。
それだけで自分の慰め以上の快感。続きが欲しくて、たまらない。



283 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:45:17.36CNnti5V60 (3/28)

「聖国の教義に関しては詳しくはないが……その蕩けた顔では、聖職者と言っても説得力に欠けるぞ?」

「そ、そんなことないですよ~。アベルさんの、いじわる……」


見透かされている。
そんな恥ずかしさから顔を朱くさせてしまうが、自覚もある。
彼に助けられ、優しさを知り、ふとした拍子に持ち始めてしまった己の浅ましい願望。
とてもではないが、神に自分は潔白だとは言い切れなくなっていた。
そしてそれを構わないと思ってしまっているほどに、堕ち始めていることを自覚している。


「この程度で意地悪とは。ならば、これからすることはどうなってしまうんだろうな?」

「あ――」


アベルが、ニヤリと笑う。
濃紫の眼にじぃと見つめられ、視線をそらすこともできなかった。
初めてみる、彼の嗜虐染みた笑み。
それを見て感じてしまったのは――期待感。


「あ、あ、アベルさん、恥ずか、しいですよぉ~……」

「ふふ、この前あれだけのことをした娘と同一人物とは思えないな」

「い、言わないでくださいよ~!? あ、あれはもう忘れて! 忘れて下さ――あ」


自分があの日のことを忘れられずに、とうとうこの様な暴挙に出たというのに。
どの口で物を、そう考えている最中に既にアベルの手は伸ばされていた。
聖国の象徴とも言える白い法衣は捲り上げられ、隠されていた豊かな双丘が空気に晒される。


「……」

「そ、そんなにじっくり見ないでぇ~……」

「っと、すまないな。見るだけではなく、触って欲しかったか?」

「ひっ――!?」


下着越しに胸に触れられた瞬間、シアはその身体を跳ねさせる。




284 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:46:24.56CNnti5V60 (4/28)

「これは、すごいな……」

「んぁぁ!? あ、あうぅ……!?」


アベルの手つきは、決して激しいものではない。
両の手から零れ落ちる柔肉を、丹念に掬い上げるように刺激しているだけ。
それだけだというのに、シアの身体には電流でも流されたかのような衝撃が駆け巡る。


「ど、どうしてぇ!? わたしが、自分でするより、アベルさんの方がぁ……!?」

「ほう? 自分で、普段はどうしているんだ?」

「あ……その、乳首を、虐めたり……」


思わず零してしまった言葉に、アベルは笑みを浮かべる。対してシアはさらに羞恥で顔を朱に染め上げる。
はしたない女だと思われただろうか。聖職者の身でありながら、自慰行為に勤しんでいるなどと。


「これほど立派なものは俺も弄ったことが無いな。勝手がわからんし、どうやるか教えてくれないか?」

「ふぇぇ!?」


たぷたぷと実りを弄ぶアベルの口から出た言葉に、たまらずシアは妙な悲鳴をあげてしまう。
それに動じぬまま、実りは優しくこね回され続ける。
下着越しに、先端を刺激することなく、ゆっくりと。

「いじ、わるぅ……」

薄らと涙を湛えながらも、シアは理解していた。
彼女とて性に深く精通しているわけではないが、かといって無知な少女でもない。

以前部下の兵士が漏らしていた、男は大きな胸を見れば皆が獣のように襲い掛かるという話はやはり嘘なのだろう。
それは欲に取りつかれた者の対応。目の前の意地悪い笑みを浮かべる青年はそうではない。
口付けもこの胸への愛撫も、優しいものだ。
――女の悦ばせ方を理解している者の技だ。
そんな彼が、やり方がわからないなどありえない。

「アベルさ、あ……」

「どうした、シア……?」


抗議の視線を向けても、帰ってくるのは優しい声と止むことの無い愛撫。
わかってやっている。持ち上げては離し、ゆっくりとこねるだけの刺激だけでは物足りないとわかっている。
あえての行動。こちらの羞恥心を煽り、普段の自慰の様子を見せなければこれ以上の刺激は与えないという。


「んっ……!」


そんな対応に、何故か身体は悦びで震えてしまっていた。



285 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:47:06.88CNnti5V60 (5/28)

「こ、こうやってぇ、下着越しじゃなくて、直接、んぅ……!」

「ふむ……」



髪色と同じ愛らしい下着を自らの手で取り払い、己の手で己の先端を虐める。
そしてそれを、聖国からは悪とされた帝国の皇子にまじまじと見られている。
これ以上ない羞恥、恥辱。

(あ、あぁ……み、見られている。私の、恥ずかしいこと、アベルさんに……)

だというのに、不快感を微塵も感じない。
それどころか興奮さえしてしまっているかもしれない自分自身に、シアはただただ混乱する。
混乱し、蕩け、思考は掻き回される。


「――こういった具合かな?」

「ひきゅ―――!?」


そして不意に、アベルの手が伸ばされて蕾を抓り上げた。
突然の強い刺激に、思わず呼吸すら一瞬止まってしまう。
直後。


「ふあ、ふああああぁぁぁぁぁぁぁ!? こ、これ、これえええぇぇぇぇぇ♪」


その身体は大きく跳ねた。
もはや隠しようのない嬌声をあげ、絶頂を迎える。
潮を吹き、上に被さるアベルの衣服を汚してしまってもなおそれは止まらない。

「あ、あぁ……アベルさ、ん……今の、もっとぉ……」

「……驚いたな。少し強めにやったと思ったのだが。だが、それが望みならば……!」

「きゅふぅぅぅぅぅ!?」

今度は手ではない。
口が近づいたかと思えば、歯を立てられる。
少し強めに、痛みを微かに覚えてしまうような塩梅。
その刺激は再び聖女を絶頂へと導いた。


「あ、あぁ……アベルさん……♪」

「シア……」


もう、取り繕えない。
自分はどうしようもなくはしたなく、快楽に溺れてしまった雌だ。
神に見捨てられても、文句は言えない。
だがそんな雌にも、目の前の雄は熱い視線を寄越してくれる。
それが嬉しくて、嬉しくて。身体にさらなる熱を持たせる。

「あまり、俺を惑わさないでくれ。そんなに艶めいた声に顔をされると……」

「アベルさんも、もう我慢ができないんですか~……?」





「俺も――エリスも大変なことになりそうだ」

「っ?!?!」

「あ……あぁ……」



その言葉で、シアは今の状況を理解した。


286 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:48:24.68CNnti5V60 (6/28)

「あ、あああぁぁぁぁぁ……!?」


口から出てしまうのは、甘い嬌声ではなく悲嘆の声。
快楽を求めるあまり、すっかり周りが見えなくなっていた。
そう、この場にはもう一人少女がいた。
眼前のこの青年を愛し、青年から愛されている少女が。


「シアさん……」


見れば、彼女の象徴とも言えたメイド服ははだけきっていた。
そして大きくはないが形の良い胸が、彼女自身の手でその形を変えている。
切なげな声は漏れているが、それは快楽に染まったものではない。
困惑の色が濃い。おそらくは目の前で繰り広げられる情事に本能的に身体が反応するも、慰め方を知らないのだろう




「ご、ごめんなさいエリスさん!? わ、わたし……」

「いえ、いいんです。今は、シアさんがアベル様に愛される時ですから……」


にこりと笑みを浮かべるエリスに対して、シアは羞恥と罪悪の感情に苛まれる。
反応を見ればわかる。自分と彼女とでは、求めている快楽の度合が大きく違うのだ。
無垢な彼女は、ただ想い人に触れて貰うというだけで本当に幸せを感じるのだろう。
そしてろくな知識ももたないがため、自分の手では快楽を得にくく、彼の手を欲してしまう。

その気持ちは理解が出来た。
シアとて、自分の手では満足できなかったからこそこうしているのだ。
だが、それでもまだ足りない。
意地悪さはあったが、それはまだまだ軽い。少し羞恥を煽るが手つきは優しい。
本来はエリスに施されていたであろう行為だ。

(でも、私はそれじゃあ――足りないんです……)

純真な少女との対比で、ますます自分が穢れているようにも思える。
それでも最早、止まることはできそうになかった。


「でもシアさん、とっても気持ち良さそうでした。そして、アベル様も少し楽しそうで……」

「そ、そんなことはないぞ!?」



「シアさん、どうすればシアさんの様になれるか――教えて頂けませんか?」



そんな時に、こんな言葉を聞かされてしまっては。
何も知らない少女に教えるためという免罪符を手に入れてしまっては。

(あぁ……)

もう聖女は、堕ちることを止められなくなっていた。


――


287 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:49:06.92CNnti5V60 (7/28)

――




「そ、それじゃあ始めますよ~……?」

「は、はい!」

「お、おいエリス、無理はしなくていいんだぞ? シアも……」

「エリスさんを放ってしまうのは駄目ですよ~? それに、これからの為にも、です」


決して、自分がしたいからではない。
その言葉を飲み込み、シアはアベルの前で膝をつく格好をとる。
眼前には、半勃ちとなったアベルの肉棒。
恥ずかしげにそれをちらちらと見る少女の反応は実に初々しい。
まさか聖職者の自分が、それを目にしただけで愛液を垂らしてしまっているなどとは知られるわけにはいかない。


「いいですか、エリスさん? これが男の人の男性器。おちんちんとか、陰茎とか、ペニスとかおちんぽとか……
 色々呼び方はありますけど、大事な場所です。これを私達の女性器、おまんこに挿れることが一般的な性交、セッ

クスですよ~?」

「は、はいぃ……」

「っ……」


普段であれば口にしないような言葉が、シアから発せられていく。
もう我慢の限界が近いからか、あるいはこの空気にあてられて気がどうにかなっているのか。
それを口にする者も、聞かされる者も、三人ともが顔を染め上げる。


「でも、それだけじゃないんですよ~? 手や口を使ったご奉仕もありまして~……」

「ご奉仕……?」

「そうですよ~。……アベルさん、失礼しますね。んむっ……!」

「くっ……!?」


言うや否や、シアはそれにむしゃぶりついた。
むせる様な雄の臭いは、決して心地よいものではない。
しかし雌を惑わすには十分なものであり、しゃぶりながらますます愛液は滴るばかり。


「んじゅ、ん……んむぅ……ぢゅるる……っ!」

「く、シア……!?」


淫らな音と共に、アベルのモノを吸い上げるシア。
大きなものを頬張り苦しげでありながら、どこか嬉しそうに頬を上気させるその姿は艶めかしい。
聖職者に自身をしゃぶらせているのだという倒錯感も、刺激の一因となる。

「っ……!」


288 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:50:11.67CNnti5V60 (8/28)

「――ぷぁ……」

だが、昂ぶらせたその状態で、名残惜しげにシアはその身を引いた。
本音を言ってしまえば、このまま精液を吐き出して欲しい。
どんな味がするのか、知りたい。それでなくとも征服されている感じがする行為を続けていたい。

「シア……?」

「ふふ~……さっきのいじわるの、お返しですよ~?」

「なるほどな……」

だが、先程自分は意地悪されたのだ。
その仕返しがしてやりたいという感情もあり、さらに……


「次は、エリスさんの番ですよ~? 今みたいに、アベルさんにご奉仕してみてください~」

「ふぇ、わ……わかりました!?」


恥ずかしげに二人の様子を眺めていた少女にも、この奉仕を教えてやらねばならない。


「エリス、やはり……」

「ア、アベル様。失礼致します……」


シアに倣い、アベルの前で屈んだエリスはおそるおそるといった様子でそれに近づく。
いきなり口に含む、というのはやはり怖いのだろう。
小さな舌を出すと、その先で軽く触れるという行為を幾度か繰り返す。
それに慣れれば、今度はぺろぺろと舐めあげる行為を繰り返す。

(あぁぁ……やっぱり、いきなり頬張ったのははしたなかったでしょうか~……?)

そんな様子を眺めながら、シアは僅かに落ち込む。

「ん、れろ……ふぁ……」

それには気がつかず、エリスの奉仕は続いていく。
その奉仕ははっきりと言ってしまえば、まさに児戯にも満たない。
技術も知識も無く、今まさに目の前で聖職者が見せた行為の前段階をしているに過ぎないのだから当然ではあるが…



「く……ぅ……」

それでもアベルは時折快感を感じていた。
先程は聖職者がしゃぶり、今度は自分の従者が丹念に舐めあげているのだ。
その状況による興奮は勿論のこと、偶然であれ裏側の弱い部分が刺激されることもある。
さらには上目遣いで、ただ只管に主人に奉仕したいというその懸命な様子が劣情を煽る。


289 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:51:01.05CNnti5V60 (9/28)

「エリス……っ!」

「ん、んん……? んっ……!」

「くっ!?」

そんな時に、アベルは思わず呻き声をあげてしまう。
これまで偶然刺激されていた場所が――狙って刺激されたのだ。

「あ、あの! アベル様、気持ち、いいですか……?」

「っ、あぁ……」

頬を染めながら、しかし嬉しげに呟かれたその言葉にアベルは首を縦に振る。

「えへへ、よかったぁ。私も、アベル様にご奉仕、できるんですね……」

そして顔を綻ばせた少女の奉仕は再開される。
やはり、的確に弱点をついての奉仕だ。


(す、すごいです~……)


その様子を見ていたシアは驚きを隠せない。
エリスは間違いなく無知で無垢であった筈だ。そしてついさっきまで奉仕すらおぼつかなかった。
それがどうだ。見ればアベルの表情は、自分がしゃぶっていた時以上に心地よさそうではないか。
少なくとも『奉仕』という点だけを見れば、彼女はすぐさま自分を追い抜くことだろう。

エリスという少女は、その思考に偏りがある。
敬愛するアベルこそが第一であり、彼の力になる為ならば一切の努力を惜しまない。
そしてそんな実直な性格を後押しするかのごとく、彼女には戦の天賦の才があった。

幼い頃から『実戦』を経験してきた彼女だが、当然幼い頃は魔力操作――身体強化も完璧ではなかった。
その状態で、小柄な彼女が相手を倒すにはどうすればいいか?
それは幼い身ながらに、戦いの中で理解した『人体の弱点』を攻めることに他ならない。

(アベル様、ここがいいんですね……?)

幼い頃の習慣が、今も当てはまった。
書物を読んで理解するよりも、手本とすべき人の傍でその技を見て盗む。
こと『実践形式』において、彼女の成長と学習能力はずば抜けて高い。
書物では理解できなかった性感帯を、今自分の舌先で見つけ出し、その弱点を執拗に攻めているのだ。


「エ、エリ――ッ!?」

急速に増していく快感に、アベルの腰は反応せざるをえない。
そしてその反応から、目ざとく次の弱点を見つけ出していく。

「ん、んちゅ……ん、くぅ……アベル、ひゃま……んぅ……」

とうとう舐める行為から完全にしゃぶる行為へ。
咥えたまま喋ることで、亀頭に愛らしい唇が不規則に触れる。
それがまた新たな快楽となり、それを理解し、より深く深く奉仕は激しさを増していく。
くぐもった声と共に口の端から溢れる唾液が、酷く淫猥に見えてしまう。


290 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:52:12.86CNnti5V60 (10/28)

「エリス……もうっ……!」

ほんの数刻前、兄とメイドの奉仕について話してしまったせいだろうか。
アベルはいつも以上に、この懸命に奉仕する従者が愛らしくて仕方がなかった。
吸引、とまではとても呼べないが、心からの奉仕なのは間違いない。
喉奥に突き立ててしまいたいという邪な願望も、その姿の前にはすぐさま霧散していく。
どころか無理をさせまいと、引き抜こうとしたその時。

「ん、む……!」

「ぐっ!? く、っ……ぅ!?」

しがみつかれ、引き抜くことを妨げられた。
予想外の行動に驚いたせいか、刺激に堪えきることもできずに白き欲望も吐き出してしまう。

「す、すまない! すぐに吐きだし――」

「ん、んん……んく、ん、くぅぅ……はぅ……」

慌てふためくアベルが指示を出し切る前に、エリスはもう動いていた。
今度はシアからの実技も見ていないというのに、吐き出された精液を少し口に含んだ後、飲み下したのだ。
決して飲みやすいわけでも、美味というわけでもないそれを。

「ま、まさか飲んでしまったのか……?」

「んぁ……アベル、様、ご奉仕……うまくできましたでしょうか……?」

小首を傾げ、おずおずと聞いてくる姿はとても愛らしい。
だが舌先にまだ僅かに白い粘液が残っているのは、なんともいやらしい。


「ああ。よかったぞエリス。だが、あまり慣れないことはするものじゃない……」

「ん、アベル様のためなら、私はなんでも……どんなご奉仕でも致します」


抱きしめいつものように頭を撫でてやれば、嬉しげに目を細める。


(いいなぁ……)


互いに慈しみあう主従の姿は、聖職者にも美しく映って見えた。
だがそれ以上に今は、彼女が先に彼の精液を味わえたことへの羨望が大きかった。
もう本当にどうしようもない、浅ましく淫らだと頭ではわかっていても、身体の疼きが止まらない。


「お見事ですよ、エリスさん~」


――だから、免罪符を手にしたまま言葉を口にする。

「次のご奉仕ですけど~……」

――今更な、これは自分が望んでいるのではなく、教えるためなのだという言い訳を用意して。





「アベルさん……わ、私を縛ってください!」



――普通ではない願望を、叶えようとする。



291 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:53:31.29CNnti5V60 (11/28)

――



「こ、これでいいのか……?」


じゃらじゃらと、鎖の音が響く。
シアが望んだのは、捕虜が受ける扱い以上の拘束であった。
それはつまり、尋問される者のような扱い。


「シ、シアさん? 本当にこれがご奉仕になるのですか……?」

「え、えぇ。アベルさんはこう見えて、意外と私を辱めたりいじめたりするのがお好きみたいですから……
 その欲望を解き放つお手伝いをするのも、んっ、ご奉仕のひとつですよ~……?」


困惑の声をかけられるなか、シアは自分の昂ぶりを感じていた。
いつの日か夢想した……いや、カイン皇子を騙すために語られた偽りの扱い――雌奴隷。
これから自分は、本当にそうなってしまうのではないか。その期待感が確かにあった。
錠で両手を繋がれ、それを頭上でさらに拘束される。
身体には鎖を巻きつけられ、無慈悲な束縛を。

「も、もっと強く縛って……んあぅ!?」

白い肌に跡が残ってしまうのではないか。
それほどまでに強く、束縛は求められた。


「はぁ……エリス、鵜呑みにするな。どうやらこれは彼女の――シアの性癖らしい」

「なっ!? ち、ちが――」

「どこが違うというんだ?」

「ひぐぅ!?」


少し呆れた表情を浮かべていたアベルが、途端に嗜虐的な笑みを浮かべて腕に力を込める。
すると鎖の締め付けも強くなり、よりシアの身体に食い込むこととなった。
冷えた鎖に締め上げられるなど、苦痛でしかない。
誰もがそう思うし、現にこの光景を目の当たりにしているエリスはそれを案じていた。


「ほう、ならばこれはなんだ?」

「はぁっ……んっ……!」





292 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:55:40.04CNnti5V60 (12/28)

白のローブ越しに、指が力強く押し込まれる。
身を捩りかわそうとするが、自ら望んで縛られたシアにそれを防ぐ手立てはない。
たまらず声を漏らせば、そのすぐ後にぐちゅりと水音が響く。
濡れている、という表現も生温いだろう。察するに既に下着はその機能をとうに失い、愛液に沈んでいる。


「こんなにして、恥ずかしくはないのか?」

「やぁ……」

「確か、この卑しい女に罰を与えてください……だったか。
 こうも縛り上げ、自由を奪われ、一方的に弄られることは帝国に限らずどこでも立派な罰だと思うのだが……
 その罰で、お前はこんなに股を濡れさせているというのか?」

「そ、そんなことは……」

「まだ認めないか。ならば――お前には、仕置きが必要なようだな」


仕置き。
その言葉を耳にした瞬間、鎖の無機質な音が再度響く。
縛られている者がその身を震わせれば、当然鎖もそれにあわさる。
何を思ったかは、隠しようがない。

「ひあぁ!?」

突然、背後から胸を力強く掴まれる。
普段はわかりにくいが、鎖で縛られ強調された豊かな胸部。掴んでしまえばその大きさと重さがよくわかる。
握力を強め、愉しみながら執拗に揉みしだかれていく。

「ひゃ……んぁ、あっ……あんっ……!」

アベルの手が柔肉を蹂躙し始めて、すぐにシアの息づかいは荒くなった。
声も顔も蕩けきり、完全な喘ぎ声。苦しむ呻き声ではない。

「おや、これは痛みを与える尋問のつもりなのだが?」

何度目になるかわからない笑みを浮かべながら、ローブ越しに頂きの先端を押し潰す。
下着は先程取り去ったため、布が擦れる感触と指の圧力を両方感じることだろう。

「んあぁっ! ひ、はぁ……はぁぁ……!?」

身体は跳ね続け、その度に鎖の音も鳴り響く。
先にどの程度の力で刺激してやれば絶頂を迎えるのかをアベルは把握している。
それ故、あえてそれ以下の力でいつまでも刺激を続けてやる。
逃げ出すこともできない、達することもできない、もどかしさに苦しむ責め。
それは確かに尋問の一つであった。

「あ、ひゅ、ひゅぅぅ……」

「なぁ、シア? 正直になれ。全てを吐き出して楽になってしまえ。――お前はどうされたい?」

「あ、あぁ……わたし、はぁ……」


耳元で囁かれただけで、脳が麻痺するような錯覚を覚える。
そして、然程時間もかからず。
聖国の聖職者は、帝国の皇子に屈服することとなった。



――


293 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:57:24.47CNnti5V60 (13/28)

――


「あ……アベルさん、その……お願いします……」

「……」

「……」


拘束をとかれたシアは――四つん這いとなっていた。
ベッド上で枕に頭を向け、アベルに尻を向けている格好だ。
これから行われるであろう行為を経験しているエリスも、この体位での経験はない。
先程の束縛と言い、まだまだ知らないことが多いと感じる反面、知っていいのかという不安も頭をよぎる。
正しい行為を『実践』を目の当たりにすることで覚えようとする彼女の実直さ。
羞恥心より優先されたそれは、シアのあられもない格好を確かに目に焼き付ける。

(見られている……アベルさんだけじゃなくて、エリスさんにもこんな格好を……)

そして当のシアは、その視線にすら身体が疼くのを感じていた。
もう手遅れ。ならば、どうせ堕ちてしまうのならば。とことん堕ちきってしまおう……
覚悟を決めたシアは、後ろからの視線を感じながら最後の願いを口にする。


「アベルさんの、逞しいおちんちん……ください……
 私を、私を……」

「シア……」




「私を、アベルさんの……っ」



そこで、言葉が止まってしまった。
それは何故なのか。シア自身にもわからなかった。

「……これだけ濡れていれば、これ以上の前戯は必要ないな」

「やぁ……!」

ローブを捲り上げ、限界まで水分を含んだ下着を眺めてやる。
誰もがわかるほどに、受け入れる準備は整っていた。
軽く下着を食い込ませるように引っ張ってやれば、さらに愛液が溢れて太ももを伝っていく。

「いくぞシア。いいんだな?」

「は、はい……!」

役目を果たさない下着はすぐさまに剥ぎ取られ、隅へどけられる。
聖女の秘部が、完全に晒される。






294 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:58:50.49CNnti5V60 (14/28)

とろとろと未だに愛蜜を零す蜜穴。
そのすぐ上には寂しげに疼く小さな菊穴。
獣のような格好で、全てを曝け出している。

「ひっ! ぅぅ……!?」

くちゃりと音を立てながら、スジがなぞられる。
それだけでも身体が跳ねるが、両の親指でスジが左右に割り開かれていく。
これ以上ない程の聖女の秘密の場所、処女の証までもが晒される。

「……っ」

先程一度吐き出した剛直も、この光景の前には再びその強度を取り戻す。
小さく喉を鳴らした後、アベルはそれをゆっくりと近づけ、桃尻へとぴたぴたと触れさせる。

「あ……」

「一応、聞いておこう。――優しくした方がいいか。それとも激しくした方がいいか?」

「あ……♪」

感じる熱と言葉に、シアの身体は震える。
そこに恐怖や後悔などは微塵もない。








「――激しく、乱暴に、アベルさんの手で、滅茶苦茶に……!」

「――わかっ、た!!!」

「ひや、あああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁ♪」






懇願の声が漏れると同時。
アベルは狙いを定めると望み通り、遠慮なく一息で最奥へと踏み込んだ。
おそらくは痛みを感じる筈だ。それなのに響くこの甘ったるい声は、やはり彼女の性癖故なのか?




295 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 21:59:41.75CNnti5V60 (15/28)

「シア……、大丈夫か……!?」

「ひん、んあぁ! も、もっと強く、もっとですぅ……!」


背後から、腰をしっかりと持つ。
そのまま望み通りに少々乱暴に突き上げてやれば、悲鳴のような嬌声があがる。
きゅうきゅうときつく締め上げてくるシアの膣内の感触を楽しみつつ、アベルも責めをさらに強くしていく。
ある程度まで引き抜き、再び抉るように突き上げる。
奥底を叩けば、引き抜く。そしてまた貫く。
その速度を、徐々に徐々に速めていく。


「は、あ、あ、あ、あぁぁっ!? あう、あ、あぅぁぁ……!?」

「っく、シア、どうだ……!?」

「あ、あ、あああ! 駄目、です、もっと、もっと私を――虐めて……!」

「っ、本当に、相当な性癖の持ち主だったようだ、な!」

「あひぃん!?」


そしてまさかの更なる責めの期待を口にしたシアに驚きつつも、アベルはすぐさまそれに応える。
目の前で美味しそうに揺れる桃尻をはたいたのだ。
尻叩き、スパンキング。子供の躾に用いられることもあるというそれは、罰を求める彼女には相応しかったのかもし

れない。

「これも、気持ちいいのか!?」

「ふやぁ!?」

もう一度、今度は反対側をはたく。
突き上げる合間をぬいつつ、両手も稼働しての激しい責め。
パンパンと乾いた音が響く中、接合部からはぐちゃぐちゃと濡れそぼった音が響く。
音の鳴り止まない部屋の中で、堕ちた聖女への罰は止まることが無い。

「大した奴だよ、何も知らない純真な聖職者かと思えば!」

「んあ!」

「こんな激しく、どころか感じる必要のない痛みを求めてよがり狂うなんてな!」

「ひぐぅ!」

「こんなに俺のものを締め付けて……っ! 俺の方が痛みを感じるくらいだ。このまま抜いてしまおうか……!」

「しょんなぁ、ぁ、っぁ、ぬ、抜かないでくださいぃ……♪」

言葉による責めも加えてやれば、締め付けはますます強くなるばかり。
白い尻に紅葉が刻まれていくのがアベルの眼にも映る。
ここまで心身を叩かれて、それでいてここまで蜜を撒き締め付けるとなれば言い逃れはできまい。
彼女は、生来の被虐趣味。
聖国の規律のせいなのかはわからないが、乱暴にされることをどこかで望みつづけていた特殊性癖の持ち主なのだ。
ならば、彼女に合わせてやるのが彼女のためであろう。
そう結論付けたアベルは、しばらく言葉責めも肉体責めも止めることはなかった。


――




296 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 22:00:56.95CNnti5V60 (16/28)

「ほら、言ってみろシア! どうされたい!? どうなりたい!?」

「ひぅん! わ、私はぁ、もっと突いて欲しいですぅ! アベルさんのおちんちんで、子宮も虐めて欲しい♪
 ごりゅごりゅって、もっと深く抉ってぇぇぇぁぁぁあああああ!?」

「そら、早速望み通りに、こじ開けてやったぞ……! 次は……!?」

「ひ、ゅ、っ……ぁ、お、お尻も、もっと虐めてくだひゃぃ、叩くだけじゃなくて、こっちもぉ……
 アベルさんの手で、私を堕としきってぇ……!」

「っ! 本当に、聖職者とは思えないな!」

「ふあああぁぁぁぁぁっ!?」


突き上げ、叩き、罵り、そしてさらに後ろの穴にも指を捻りこむ。
とても普通ではない初体験。にもかかわらず、悦びの声がやむことはない。


「……この姿を、他の聖国者に見られたらどうなるだろうなっ!?」

「んふぁぁ!?」

「とてももう、聖国に戻って元の生活には戻れないだろう……!」

「ひぎゅぅ!?」

「仮にこの姿を見られずとも、帝国の皇子に協力したともなればどの道反逆罪だ……!」

「くあぅ!?」

「俺などを信用し、帝国に来てしまったが為に、お前に帰る国はもうないも同然……っ!」

「ふゃああぁ!?」




「だから――お前は俺のモノにする。聖国のことなど思い出せない程に、染め上げてやる……!
 何も心配せずに――堕ちろっ!」





「っ!! っぁ……♪」


297 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 22:01:52.82CNnti5V60 (17/28)

「ん、んぁ、アベルさん……う、嬉しい、です~……!」


蕩けきり、聖職者の面影などどこにもない程に乱れ果て。
その状態でもシアは、その言葉を口にすることができた。
知識はともかく、何も知らなかったこの身体に快楽を刻み込まれ。
アベルの言葉通り、もう元の生活に戻ることなどできないだろう。
みんなが平等で幸せで。その願いは変わっていない。
それでも、変わってしまったこともある。




「か、神さま、ごめんなひゃい……♪」

「私は、帝国の方に気持ちいいことを教え込まれちゃいましたぁ……」

「そ、そのうえ、今から……」

「こんなはしたない格好で、子宮を抉られながら、中に出して頂きます……♪」

「私の身も心も、この人の――アベル様の所有物になっちゃいますぅ……♪」




「う、く……! シア、出すぞっ……!!」

「ひ――ふぅぁ~~~~~~~~ッッッ!!?」



指先で尻奥をひっかかれたその瞬間。
シアの膣圧は最大まで高まった。
それにより同じく限界を迎えたアベルは、容赦なく射精する。
子宮をこじ開けての、尋常ではない体内浸食。


「あ、ああぁぁ……♪」


かつてない満たされたという感情。
そして内側からも自分が書き換えられているのではないかと思う程の快感。


(しあわせ、です~……)


最後まで嬉しそうな表情のまま、限界を迎えた聖女はその身体をベッドへと沈み込ませるのであった。



――




298 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 22:02:30.89CNnti5V60 (18/28)

――



シア「はひゅぅ……はひゅぅ……♪」ピクピク…

アベル「っ、しまった! 流石にやり過ぎたか……!?」

シア「あべるしゃまの、しゅごいのぉ~……♪」ピクピク

アベル「おいシア、しっかりしろ! 大丈夫か!?」ユサユサ

シア「あ、あ、……あぁ、アベルさん!? だ、大丈夫、で――」



エリス「…………す、すごかったですシアさん」ドキドキドキドキ…



シア「~~~~っ!?」



シア「ああああぁぁぁぁぁ!? やっぱり駄目ですぅ! 殺してください~!?」ゴロゴロゴロ!

アベル「やれやれ。俺のせいもあるが、シアは元から快楽に溺れやすいのかもな?」クツクツ

シア「そ、そんなぁ!? エ、エリスさん……!?」

エリス「ご、ごめんなさい!? わ、私は叩かれたり縛られたりは早すぎるというか……」

シア「ああぁぁぁぁぁ!?」ゴロゴロゴロゴロ!

エリス「……」



特殊判定
↓1~2コンマ二桁


299以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 22:02:47.766SIP19HZ0 (1/1)

ぽい


300以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 22:03:37.550QmjG4cU0 (1/1)




301 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 22:06:53.44CNnti5V60 (19/28)

おぉう!?


302以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 22:08:33.23gRwTfrp00 (1/8)

はい。いつもの>>1の反応をいただきましたー!


303以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 22:11:13.92UIAi0FEA0 (1/2)

コンマ神「お前ら作者渾身のエロシーンに浸ってるんじゃねえぞ」

いや素晴らしかったですよマジで


304 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 22:15:44.08CNnti5V60 (20/28)

極端すぎぃ!

特殊判定結果

1エリスの興奮具合
76(お尻、気持ちいいんでしょうか……?)

2エリスの夜レベル上昇(奉仕限定)
※実践経験及びシアのプレイ直視により、1/2撤廃
※ゾロ目は×2
02+55×2(ゾロ目ボーナス)+10(奉仕興味100)

=100(122)(何かを、掴めました! これからもアベル様のために……)


――


エリス(でも、お尻を弄られて気持ち良さそうにしていたシアさんは……少しわかるかも?)

エリス(恥ずかしかったけど、前にアベル様が少しだけ私のお尻を……)

エリス(い、いえ! 私ばかりが気持ちよくなってはいけません!)

エリス(今はそれよりも、アベル様に気持ちよくなって頂くことが大切です……)

エリス(これまで、私ばかり気持ちよくさせて頂いたんですから……)

エリス「シアさん、これからもご指導のほど、よろしくお願いします!」バッ!

シア「え、ええええええぇぇぇ!?」

アベル「待てエリス! シアには少々問題があるぞ!?」

シア「ひ、酷いですよぅ!? わ、私をこんな風にしちゃったの、アベルさんなんですからねぇ~!?」


305以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 22:26:08.61MBgrUJ51O (1/3)

(アカンこれ後ろの技能だけめっちゃ上がっちゃうパターンや)


306 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 22:33:13.40CNnti5V60 (21/28)

アベル「……そうだな。あの発言は、今も悪かったと思っている」

シア「……ありがとうございます、アベルさん。無理のない範囲で、あの時の……」

シア「私が勝手に妄想のアベルさんのような言動をしてくれたんですよね~?」

アベル「さて、どうかな……」

アベル「お前を虐めて喜んでいるのが、俺の本性かもしれないぞ?」

シア「ふふ。アベルさんならどっちでも嬉しいですよ~?」

シア「フリなら優しいアベルさん。本性なら、理想のアベルさんです~」

アベル「お、お前な……」

アベル「人の性癖にとやかく言うつもりはないが、本当に聖職者か怪しく見えてくるぞ?」

シア「もう、いいんです。私は、アベルさんのモノですからね……」

シア「たとえ飽きたとこのまま捨てられても、満足です~……」

アベル「……」ギュゥ…

シア「あ……」

アベル「……俺は、あまり女性を物のように扱う風習は好かん」

アベル「それでなくとも、俺のモノならば……俺は一度懐に入れたものを捨てることはしない」

シア「あ、う……」ジワァ…

シア「でも、でもそれじゃあ私きっと……また、アベルさんを……求めちゃいますよぉ……?」




307 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 22:35:49.93CNnti5V60 (22/28)

アベル「……お前が望むなら構わないさ」

シア「でも、でも……」チラ…

エリス「大丈夫ですよ、シアさん」

エリス「さっきも言いましたけど、アベル様は私一人のものじゃありません」

エリス「ですから、シアさんも一緒に――アベル様にご奉仕をしましょう?」

エリス「私、まだまだ全然ですから……色々と教えてください」

エリス「本よりも、実戦の方がやはり一番覚えやすいんです」

シア「エリスさん……」ウル…

アベル「……シア、お前は悪くないよ。だから、俺から頼もう」

アベル「――お前を堕としてしまった俺でよければ、どうかこれからも宜しく頼む」

シア「は、はいっ! 勿論です! だって私は――アベル様のモノですからね!」


特殊判定
↓1~2コンマ二桁


308以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 22:38:00.995dgwc4SDO (1/1)

はい


309以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 22:38:16.75O2F031pd0 (1/2)




310 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 22:39:59.38CNnti5V60 (23/28)

もべぁ!?(吐血)


311以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 22:40:15.87gRwTfrp00 (2/8)

>>1の反応は…?


312以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 22:41:52.18gRwTfrp00 (3/8)

と思ったら大ダメージでした(白目)


313以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 22:44:25.62KnZd83BCO (1/6)

聖女がサキュバスになったんやろなあ……(遠い目)
命救ったりしてるし最早使い魔レベルの絆じゃないだろうか


314 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 23:01:59.40CNnti5V60 (24/28)

特殊判定結果

先に大ボスの手の内がばれまくる異常事態

1シアの堕ちっぷり(覚醒スキル)
99×2(ゾロ目ボーナス)>90
=198(もう絶対に他の男の人なんかじゃ駄目です~♪ 私はアベル様だけの雌奴隷♪)

※桁外れに堕ちました(白目)街中でも求められれば躊躇わず渾身の雌奴隷に早変わりします

※聖王シュタイナー他からの聖国特効攻撃及び回復不可攻撃諸々を完全ブロックします(白目)


※シアは追加スキル『堕ちた聖女』を獲得してしまいました!

★『堕ちた聖女』★
聖国指定のスキル、状態異常攻撃を無効化する。
さらに味方全体に対しての★を含む回復不可の特殊異常攻撃も完全防御する
上記に加え、???による行動不能スキルも完全防御する


2所有物の証
75>50

※基準値を超えたため、エリスがシアのチョーカーに気がつきます



――


シア「もう、聖国だとか神様とか、いいんです……」コテン…

シア「皆が仲良く、そしてアベルさんが無事な世界ならそれで……」

アベル「シア……」

エリス「……あれ? シアさん、その首のチョーカーは……」

シア「ふぇ? あ、これですか~? えへへ~、アベルさんからの大切な贈り物……」

シア「アベルさんのモノの証、ですかね~?」

アベル「!?」

エリス「え!? う、羨ましいです!?」

アベル「羨ましがるな!?」

シア「あ……もしかしてアベルさん、まだエリスさんに贈り物したことありませんね~……?」ジトリ…

アベル「うっ!?」

エリス(……あの時のナイフは、ずっとお守りとして大切にしていますけどね)

シア「むぅぅ、やっぱりアベルさんはどこか駄目かもしれません……」

シア「今度、エリスさんと一緒に所有者の証を買いに行きますよ~?」

アベル「買い物はいいが、その指定はいただけん!」


※後日、シアとエリスとの買い物が確定しました

追加特殊判定
↓1~2コンマ二桁



315以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:04:20.99KnZd83BCO (2/6)

エロい


316以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:05:07.14O2F031pd0 (2/2)




317以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:05:49.80UIAi0FEA0 (2/2)

まただよ(笑)


318以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:05:51.63OBphPNFe0 (1/2)

いろんな意味でひどいw


319以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:06:03.29gRwTfrp00 (4/8)

今度は>>1にどんなことが…?


320 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 23:06:11.04CNnti5V60 (25/28)

びちゃびちゃびちゃ(血だまり)

え?今日なんなの!?


321以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:07:19.73gRwTfrp00 (5/8)

シアは完全にコンマ神に愛されているななぁ(苦笑)


322以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:07:57.19KnZd83BCO (3/6)

マジでコンマ神がシアのエロさに大興奮して
大盤振る舞いしている説


323以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:10:17.79MBgrUJ51O (2/3)

判定毎回ゾロ目の上に二回99ゾロとかコンマさんこの連休で力溜めすぎじゃないですかね……


324 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 23:14:48.85CNnti5V60 (26/28)

どういうことなのシアさん……

特殊判定結果

1シア覚醒による特大レベルアップ
コンマ二桁1/4

99×1/4×2(ゾロ目ボーナス)
=50

80+50= 1 3 0

※感覚麻痺している方のために言いますと、一気にアベルサイド№3のレベルです


2シアの普段の振る舞いの変化

14(みんなの前ではいつもどおりのぽやぽや聖女。アベルとエリスの前でだけ乱れます)


325以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:16:20.92gRwTfrp00 (6/8)

あいのちからってすげー(投げやり)


326以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:17:01.49KnZd83BCO (4/6)

アベルの精液に超強化および淫乱化の成分が混じってる説


327以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:17:02.60MBgrUJ51O (3/3)

逆だったら常時ローズが妹組からブロックしかねない性女になってたわけか……いやレベル130もヤバいけど


328以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:19:04.13gRwTfrp00 (7/8)

そういえばNo.2は誰だっけ?キアラ?


329 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 23:20:27.93CNnti5V60 (27/28)

コンマが荒ぶるを通り越したあたりで今日はここまで……
少々イベントが山積みになっていますが、この後の流れはカイン鍛錬→帝国防衛会議→王国判定→聖国判定→妹おでかけ→シアエリスおでかけ
かと思います。つ、通常行動が遠い……!
上手くエロいのかけていないのは申し訳ない限りです

本日もありがとうございました!


330以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:22:22.26KnZd83BCO (5/6)

乙です
次回はお兄ちゃんのリベンジか……
今日のコンマ荒ぶり具合……あっ(察し)


331 ◆gEU9La026k2019/01/14(月) 23:31:22.52CNnti5V60 (28/28)

>>328
現在の高レベル帯は

エリス:レベル218
キアラ:レベル140
シア:レベル130

帝国強者
皇帝ギルバート:レベル386(手心)
ローズ:レベル185
バーンズ:レベル175

聖国天使兵
上級:レベル140
中級:レベル90
下級:レベル50

です。王国は一定の基準値と、バーンズやアルフォンスと同じ位置の強キャラが一人控えていますが、王国判定時に変動がある感じです


332以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:39:31.47oe6QtfU3O (2/2)

おつおつ
いやぁ、聖女が性女になるのってなんでこんな興奮するんだろうね?
しかもあのエリスも奉仕の達人になって、シアも被虐の達人に加えて最大の強化判定出るとか
アベルの精液ほんとにヤバイパワーアップアイテムなんじゃないかな…?


333以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:40:46.755BR1dlWr0 (1/1)

乙 これはお兄ちゃんに飲ませるフラグ…?


334以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:41:42.82gRwTfrp00 (8/8)

>>332
閃いた!女性陣の飲み物にアベル精液を混ぜて飲ませよう!(鬼畜発想)


335以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:45:34.03KnZd83BCO (6/6)

話を聞き付けたフローレン「ころしてでも うばいとる」
とかなったら嫌だなあ


336以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:50:58.89kLct4hmFO (1/1)

あぁ~、性女シアのおかげで白無垢エリスまで一気にエロく……この調子だとシアフェロモンで城塞全体がピンクになる可能性も?
よく見ると端々でアベルさんからアベル様になってる辺り、ガチ堕ちっぽいなぁ


337以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/14(月) 23:55:29.61OBphPNFe0 (2/2)

一番怖いのはエリスが強すぎて、皇帝がエリスを妻にするとか言い出しそう


338以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 00:14:06.78f6qIgL8GO (1/2)

地味に今回のMVPって
荒ぶるコンマの中で上手いこと
ピンポイントな低コンマを引き当てた>>316だと思いました


339以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 08:41:00.59y6h5nRIg0 (1/1)

酒を飲むと確実に全裸になる(酔いやすさ100)
色々妄想する(夜受け身100)
完堕ち(198)
エロパワーアップ(99)
でも普段は清楚な聖女(14)

シアさんエロモンスターすぎぃ!?


340以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 13:08:26.393CMH1f4A0 (1/1)

これはアレだな
シアさん覚醒で作者は苦手だと仰っていたエロパートキターを今後増やしていかなければならないやったーってことだね
作者さん大変だとは思うがよっしゃー練習も兼ねて頑張ってほしいです


341以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 19:19:59.218l86ZxE90 (1/1)

シアさんキャラシではしっかり「淫乱ではない」と書かれていたけど荒ぶるコンマには勝てなかったね
二人目に手を出したし、アーシャとロウルもいつか可愛がれるといいな。多分ここら辺は修羅場にならなそうだし


342 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 22:50:47.511jCNiMoe0 (1/12)

こんばんはー
少しだけ進めて行きます。まずはカインの確定鍛錬あたりから


343 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 22:51:15.361jCNiMoe0 (2/12)

――


シア「なんだかアベルさんのモノになってから、とっても強くなれた気がしますよ~?」ポヤポヤ

アベル「何を馬鹿な。それよりもシア、その俺のモノという発言は外では控えてくれよ?」

シア「あ、当たり前じゃないですか~!? は、はしたない女って色々な人にばれたらと思うと……///」

アベル(恥ずかしいという感情は、しっかりあるんだな……)

シア「わ、私があんなになるのは……アベルさんの前だけなんですからね~?」

エリス「私と同じく、服を脱いでいいのはアベル様の前だけということですね!」

シア「そうですね~。……アベルさんが望むなら、その、お外に裸で首輪でも……///」

アベル「何の影響を受けた!? もう俺のせいというだけでは説明がつかないからな!?」

シア「……/// と、とにかくです。エリスさんにしちゃ不味いような行為は、私が受け止めます~」

エリス「……わ、私も縛られ慣れた方がよいのでしょうか!?」

アベル「やめろ! あぁもう、今日はもう大人しく寝るぞ!」バサッ

エリス「はい! それではアベル様、失礼します……」ダキッ

シア「あ……アベルさん枕ですか~? それなら反対側をお借りします~」ダキッ

アベル「……襲わんからな。明日も早いんだから、しっかりと休めよ?」


アベル(……背負うものは大きくなるばかりか)

アベル(俺も、はやく相応しい男にならねばな……)


※シアには羞恥心が残っているようです
 周囲にはアベルとの関係を隠す方向性になりました


――


344 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 22:51:43.691jCNiMoe0 (3/12)

――特殊イベント~帝国防衛作戦・第一段階~――





【帝国・皇帝の間】


フローレン「あら、カインにアドルランにフィーアまで……」

フローレン「みんな揃ってどうしたのかしらぁ?」

アドルラン「……先日、この王城内に侵入者があり、狙われたのはキアラ達でした」

キアラ「……」

カイン「ま、弱い皇族から切り崩そうとするのは定石とも言えるでしょう」

カイン「敵の思考はそう問題ではない。問題なのは、雑魚とはいえ侵入を許してしまったことです」

アドルラン「さらには、少なからず兵に犠牲者が出ています。これが僅かに士気にも影響しており……」

カイン「油断した馬鹿が悪いわけですけど。このまま帝国が舐められたままというのも癪です」

アドルラン「まずは我ら皇族全員で兵達の前に姿を現すことで、士気を取り戻すべきでしょう」

カイン「本当は強者の僕と兄さんの二人が健在ならば事足りるけど、一応は妹達も皇女ですからね……」

フローレン「まぁカイン、なんて慈悲深いのかしらぁ……」

カイン「……えぇ。僕は母上の子ですからね」

フィーア「っ、ありがとうございます、カイン兄様!」


ギルバート「侵入者は、ローズが始末した。そして我もフローレンもおる……」

ギルバート「お前達が動かずとも……羽虫が何度入り込もうと結果は変わらぬと思うが?」

カイン「……お言葉ですが父上、真に強き帝国は羽虫の存在すら許さないのではないでしょうか?」

アドルラン「そして我ら皇族も、父上や母上達に頼り切りではいつまでも真の強者にはなれないでしょう」

ギルバート「ふむ……そうか」

ギルバート「ならば、好きにするがよい……」



――


345 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 22:52:20.221jCNiMoe0 (4/12)

――




【帝国・裏街道】


カイン「っ、はぁ~……そろそろ自分を強者ということに寒気を感じてきたよ」

アドルラン「はははは! そう思うならば本当の強者になれるよう努力しないとな?」

カイン「わかってるよ。それにしても、状況を理解してから母さんの言葉を聞くとおぞましい……」

アドルラン「何を考えているかはわからない方だが……少なくとも、義母上幽閉の件は事実のようだ」

アドルラン「私が久々に倉庫に道具を押し込もうとしたら、慌てて別の倉庫を用意されたからな」

フィーア「あんまりです! キアラ姉様には相変わらず冷たいし、もうお母様なんて大嫌いですっ!」プンプン!

キアラ「私はいいけど……ノワール母様は大丈夫なんでしょうか?」

カイン「僕はまだ会えていないけど、大丈夫だとは思う。あの人は本当の強者だからな……」

アドルラン「……大丈夫さ。今は義母上の心配より、私達自身の心配をすべきだろう」

アドルラン「アベルの計画の最終目標もだが、天使兵という存在は必ずや帝国の脅威となるだろうからな」

フィーア「大丈夫です! アドルラン兄様もアベル兄様に賛同してくれて――これでまた、兄妹が揃いましたもの!」

アドルラン「はははは! 私など、戦力としては微妙だろうがな」

アドルラン「むしろ、キアラとフィーアの実力が高いというのが私は驚きだよ」

カイン「……兄さんも一度はアレを味わえばいいと思うよ」

アドルラン「それも面白そうだが、今日の主役はお前だぞカイン?」

カイン「うぐ……」

キアラ「天使兵は、転移魔法でやってきます……」

フィーア「それを防ぐ結界を張るには、やっぱり魔法に精通したカイン兄様が一番頼りになります!」キラキラ!

カイン「そ、そうかい? 仕方がないなぁ全く。たまには僕だってやれるってところを見せてあげるよ」


――


346 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 22:52:48.131jCNiMoe0 (5/12)

――



【帝国・アベルの城塞】


カイン「で……」


アベル「……」

エリス「……」

アーシャ「……」

ロウル「……」

シア「……」

パトラ「……」

アドルラン「……」

キアラ「……」

フィーア「……」


カイン「なんで僕は囲まれているのかな!?」

アベル「いえ、兄様がすぐに鍛錬しやすそうな相手を見つけられるよう、みんなで集まっただけなのですが」

カイン「待て待てアベル! 僕は未知の敵に対応するために呼ばれたんじゃなかったのか!?」

アベル「ええ。ですがまずは、そのためにもカイン兄様の基礎練度を上げようという話になっていまして」

カイン「くそっ、兄さんが少し嬉しそうにしていたのはこれが理由かっ!」

アドルラン「はっはっはっ! 私も見ているからな。この鍛錬からは逃れられんぞカイン!」

カイン「くぅ……!」


特殊判定
↓1~2コンマ二桁



347以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 22:54:23.40/UTjPebpO (1/2)

兄の威厳


348以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 22:54:26.52cUSu7Hbe0 (1/1)

ほい


349以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 22:54:33.49ARKDmyXOO (1/1)

お兄ちゃん頑張って!


350以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 22:56:24.34dV+CAlum0 (1/2)

今日は普通かな


351 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 23:02:25.381jCNiMoe0 (6/12)

特殊判定結果

1カインの自己鍛錬
40>25

※カインは改心してから鍛錬をするようになっていたようです

※次判定値分レベルアップ

2鍛錬の成果(コンマ一桁。1/2撤廃)

52

49+2=51


――


カイン「ぼ、僕だって少しは強くなっ――」


エリス「?」←レベル218


カイン(こ……殺される……)ガタガタ…


カイン「うん、少しはマシになったと思うんだよ」

アベル(兄様、すっかり丸くなったなぁ……)

カイン「まあ、足りないってのも分かっているよ」

カイン「――いいだろう、謀られた感じもするけど、鍛錬してやろうじゃないか!」



※カインの最初の鍛錬相手(エリス除外)

※できるだけ勝負ができそうな人を選んであげてください(切実)

↓1~3コンマ最大値採用


352以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:03:21.03uEqXyptUO (1/2)

パトラさんが無難かな?


353以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:03:23.27DpdLf4JvO (1/1)

妥当なのはバトラ辺りか


354以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:04:35.74/UTjPebpO (2/2)

パトラさん


355以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:06:26.27s7aptIYIO (1/1)

この中で最弱のパトラですら今のお兄ちゃんより10以上レベルが上なんだよなぁ。
まぁ他は全員3桁orもうちょいで3桁届くのばっかだからしゃーないけども


356 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 23:16:27.001jCNiMoe0 (7/12)

パトラ「……では、僭越ながらここは私が」

アベル「パトラ?」

パトラ「私は、未熟な将です。まだまだアベル皇子達には到底敵わない……」

パトラ「ですがだからこそ、最初の相手としては相応しいでしょう」

パトラ「勿論、貴族の誇りにかけて全力で挑みますけれど」

カイン「なるほど、君が相手か……」

カイン「昔なら、王国兵などと侮っていただろうけど……今の僕は違うよ」

カイン「鍛錬の中で、フィーアの恐怖を思い出して僕なりに技を練り上げつつあるんだ……」

※カインは追加スキル『風神の衣』を獲得しました!

『風神の衣』
防御状態時、補正+10
劣勢判定が発生する時、判定コンマ一桁が7、8、9の場合は劣勢判定を回避する


カイン「いくぞ……!」ゴォッ!

パトラ「まいります!」チャキン!


――鍛錬開始!


357 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 23:19:35.721jCNiMoe0 (8/12)

【アベル隊】

パトラ:レベル62

【スキル】
『誇りの剛槍』
攻撃状態時、補正+25

『信頼される将』
周囲に味方が存在する時、味方全体のレベルを+5
自身が一人で戦う時、自身のレベルを+10

『???』
解放条件を満たしていません


VS


【帝国軍】

カイン:レベル51

【スキル】
『全てを薙ぎ払う暴風』
敵の人数が自軍より多い時、
自軍の合計値を自身のレベル×敵軍人数に変えることができる

『気配探知の護風』
奇襲を無効化し、奇襲をしてきた者に劣勢を与える

『風神の衣』
防御状態時、補正+10
劣勢判定が発生する時、判定コンマ一桁が7、8、9の場合は劣勢判定を回避する


358 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 23:24:55.601jCNiMoe0 (9/12)

【状況:拮抗】

【攻撃状態】
パトラ:レベル62
『信頼される将により』+10=72

『誇りの剛槍』補正+25


VS

【攻撃状態】

カイン:レベル51


レベル補正+20
スキル補正+25

合計補正+45


コンマ05以上で優勢(パトラ)
コンマ04以下で劣勢(パトラ)

↓1コンマ二桁


359以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:25:51.3664gL/SDO0 (1/1)

えい


360以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:27:33.68uEqXyptUO (2/2)

あれ?パトラさん強くね?(白目)


361以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:31:43.88srpvJPpGO (1/1)

レベルもあるけど、お兄ちゃん現状だと補正何も無いから分が悪すぎる


362以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:32:38.34/zWXzb5e0 (1/1)

お兄ちゃん改心前に少し強い人に当たらなくて良かったね(遠い目)


363 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 23:37:26.401jCNiMoe0 (10/12)

36

――パトラ優勢!



パトラ「本気でいきます!」ジャキン!

カイン「……!」ゴォォ!

パトラ「っ……!」


パトラ(これが、王国の多くの兵を薙ぎ倒したカイン皇子の風魔法……!)

パトラ(なるほど、アベル皇子が警告するわけね。この威力と範囲じゃ、私の隊は壊滅していた……!)


パトラ「でもっ!」ダァン!


アベル「っ! 突き立てた槍を軸にして空に跳んだ!?」

アーシャ「カイン様の風は今は前方扇形! 頭上は風が弱いです!」



カイン「くっ……!?」

パトラ「私だって、ここに来てから何もしてこなかったわけではないんですっ!」ガァン!

カイン「ぐ、くぅぅ……!? ま、まさか僕の頬を蹴り上げるとはね……!」ヨロ…

パトラ「私にだって、将の意地はあるんです!」

カイン「そうかい……だが、僕にも少しだがまだ意地は残っているんだ……!」


――『風神の衣』発動――


【状況変化】

※カインにスキル補正+10が加わります

レベル補正+20
スキル補正+15

合計補正+35


コンマ15以上で優勢(パトラ)
コンマ14以下で劣勢(パトラ)

↓1コンマ二桁


364以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:38:21.61VpZL7xjn0 (1/1)




365以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:41:09.35f6qIgL8GO (2/2)

身内の訓練で課題を見つけると考えればかなり有意義だな
お兄ちゃんタイマンスキルを何か得られれば良いのだが


366 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 23:49:01.481jCNiMoe0 (11/12)

61

――パトラ優勢


パトラ「……っ!」バッ…

パトラ(風魔法の衣……半端な攻撃では、防がれるかかわされてしまう……)ジリ…


カイン(く、やはり厳しいか……)ジリ…

カイン(多数を相手取ることを想定してきた僕にとって、真っ向勝負を挑んでくる奴は相性が悪い)

カイン(やはり僕も一対一を想定した立ち回りを考えないと……)

カイン(だが今すぐは無理だ。フィーアほどうまくはいかないだろうが、この風で回避をしつつ機をうかがうしか……)


パトラ(く……一度体勢を崩されてしまうと、私の不利です。ならばここは……!)


パトラ「……」ブォンブォン!


アーシャ「パトラさんが、槍を回転させ始めた……?」

ロウル「あ、なんだか凄く嫌な予感がしますよ!?」


パトラ「――風ごと貫く! 一点集中っ、いけええぇぇぇぇぇぇ!」ブオン!



カイン「な、この音まさかっごふぉぉ!?」メリメリ…!



アドルラン「しょ、勝負あり!」

アベル「あの槍の石突きが鳩尾とは……普通に死ねるぞ……?」


パトラ「はぁ、はぁ……や、やりました!?」

ロウル「やりすぎですよ!?」


――勝利!


367 ◆gEU9La026k2019/01/15(火) 23:58:45.031jCNiMoe0 (12/12)

――


シア「あ~……骨にヒビが入ってますねこれ~……」パアァァァ…

シア「ちょっとじっとしててくださいね~?」

カイン「ごほごほっ……武器を、投げるか……?」

エリス「あ、私も結構投げますよ?」

アベル「流石に剛槍はそう気軽に投げはしないがな……」

パトラ「はい。私も普段ならしませんよ、あんな真似」

パトラ「ですが、敵が大将であり、討つことで戦を終局に導けるのであれば手の一つとは考えます」

パトラ「外した場合、槍が壊れた場合のリスクを考えれば危険なのは重々承知しています」

カイン「はぁ……それでいて、なんで僕に投げた?」

パトラ「だ、だって――勝ちたかったんですよ!」

カイン「」

パトラ「鍛錬だって、戦の一つです! これでも私だって、貴族に恥じないよう努力してきました!」

パトラ「ちょっとはその努力の成果、見てみたいじゃないですか!」

ロウル「パトラさん、意外と負けず嫌いですもんね……」

カイン「僕の鍛錬がメインじゃなかったのか……?」ヨイショ

カイン「はぁ……まあいいよ。改めて僕の課題は見つかったし、いい経験にはなった」


特殊判定
↓1~2コンマ一桁


368以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:59:15.148D5aK3pmO (1/1)

周りが全力出しても歯が立たない人外ばかりでパトラさんの感覚が狂っておられる


369以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/15(火) 23:59:58.35dV+CAlum0 (2/2)




370以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 00:02:03.63EXwjxXSyO (1/3)

うーんやっぱ昨日の揺り戻しががが


371 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 00:03:22.357sOUHnsC0 (1/17)

特殊鍛錬結果(1/2撤廃)


カインレベル:51+4=55

パトラレベル:62+5=67


※鍛錬第一戦を終了します

――


372 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 00:08:28.987sOUHnsC0 (2/17)

カイン強化鍛錬の一戦目が終了したあたりで今日はここまで
正直、根本的なレベルの問題でカインは非常に不利です
さらにカインのキャラコンセプトとして設定してあるスキル群が多数を相手にしたもの及び回避よりで、攻めの補正も無いのです……
一応、★スキルは非常に凶悪な性能にしてあるのですが、悲しいことにアベル隊の約一名はそれをピンポイントで防げます(白目)
次は二戦目の相手から再開かと思います

本日もありがとうございました!


373以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 00:22:00.08EXwjxXSyO (2/3)

乙です
パトラでこの判定だと選んだ相手キャラによっては
判定自体が消滅して無条件で勝敗確定になっちゃうか
パパンみたいに手加減かハンデありのタイマンが
可能な相手はいないものかねえ


374以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 00:31:06.68gMHkEDMcO (1/1)

おつおつ
パトラさん、初期レベル考えれば着実に強くなってるんだけどね……(エロいコンマ神の加護で超強化されたシアから目を逸らしつつ)
あとお兄ちゃんがしっかり戦えそうなのってロウルかな?確かアベルへの支援スキルで固まってたから補正はないだろうし
もしアドルラン兄さんとも鍛錬可能なら兄さんもいけるかな?


375以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 12:12:41.495Pah+XFvO (1/2)

勝てばボーナスなんだろうが、負けても確定レベルアップが対戦者とお兄ちゃん両方にあるのはデカいよな
レベルを均等にしてくとなるとロウルorアドルラン、今後を考えると孤軍奮闘を封印したアベルが妥当かな
あとは防衛に回ってて選べるかわからんがマークスあたり?


376以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 17:12:20.48yQhOkBxUO (1/1)

誰が一番レベル低いんだっけ
いないけどエメリナ?


377以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 19:25:26.87iyplptgL0 (1/1)

この場にいないけど、ヒバリが確か35(最低保証)で一番低いはず


378 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 22:09:22.267sOUHnsC0 (3/17)

こんばんはー
今日も少しずつ進めます
アドルランがいるため、カイン鍛錬はコンマ1/2撤廃+2連戦。
そのため今日もカインからスタートです


379 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 22:09:53.957sOUHnsC0 (4/17)

――

カイン「さて……」


アドルラン「待て、カイン!」


カイン「兄さん?」

アドルラン「まだ鍛錬は終わりではないぞ?」

アドルラン「シア君に回復され、もう次にも支障はあるまい」

カイン「!?」

アドルラン「なに、エリス君にあれだけ転がされたお前だ」

アドルラン「苦境を乗り越えたお前なら、絶対に乗り越えられると信じているぞ!」ガシッ!

カイン(兄さんに両肩押さえつけられて動けない!? わざとか? わざとなのか兄さん!?)

カイン(……だが、確かに一人の鍛錬の時よりもさっきは大きな収穫があったことは確かだ)

カイン(もう一回ぐらいなら、まあいいかな……)

カイン「わかったよ兄さん。それじゃあ……」


※カインの次の鍛錬相手(エリス・パトラ除外)


↓1~3コンマ最大値採用



380以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 22:11:28.98Y1KbhwMF0 (1/2)

ロウル


381以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 22:12:08.785Pah+XFvO (2/2)

ロウルでいこう


382以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 22:13:19.84KxK2zCIDO (1/2)

ロウル


383 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 22:21:14.657sOUHnsC0 (5/17)

ロウル「あー、それでは今度は私がお相手しましょう」

アベル「珍しいな、ロウルが自分から戦いたがるなんて」

ロウル「さっきの様子を見る限り、カイン様は多数相手には滅法強いですが、一対一になれていない様子でしたからね」

ロウル「お恥ずかしながら、私も一対一の戦闘が得意とはいえませんからね。逆にそれが丁度いいのではないかと」

カイン「く、舐められていると言いたいが、その通りなのが悔しい……」

ロウル「あれれー? 私じゃご不満ですか? それじゃあ仕方がない、代打でエリスさん――」

カイン「君でいいよ! お願いします!」

ロウル「そこまで言われちゃぁ仕方がないですねぇ」ムフー!

ロウル「……負けませんよ、カイン様」チャッ…

カイン「それはこっちの台詞だね……!」ゴォッ!




――鍛錬開始!!!


384 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 22:22:52.507sOUHnsC0 (6/17)

【アベル隊】

ロウル:レベル91
【スキル】
『獣の鋭覚』
敵の奇襲及び罠を無効化する

『警戒散策』
散策時に同行している場合、マイナス判定を起こす人物との遭遇を回避し、友好的な人物との遭遇率を上げる
また低確率で道具を入手する

★『叛逆の一射』
敵が判定を無視した2劣勢以上を与えるスキルを使用した時、そのスキルを無効化する
さらに劣勢判定を相手に与える

★『銀狼の追射』
敵が回避行動スキルを発動した際に発動
次ターン、敵に-15の補正をかける
自軍のスキルで回避行動を防いでもこの効果は発動する


VS


【帝国軍】

カイン:レベル55

【スキル】
『全てを薙ぎ払う暴風』
敵の人数が自軍より多い時、
自軍の合計値を自身のレベル×敵軍人数に変えることができる

『気配探知の護風』
奇襲を無効化し、奇襲をしてきた者に劣勢を与える

『風神の衣』
防御状態時、補正+10
劣勢判定が発生する時、判定コンマ一桁が7、8、9の場合は劣勢判定を回避する




385 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 22:23:39.137sOUHnsC0 (7/17)

【状況:拮抗】

【攻撃状態】
ロウル:レベル91


VS

【攻撃状態】

カイン:レベル55


レベル差36
レベル補正+30




コンマ20以上で優勢(ロウル)
コンマ19以下で劣勢(ロウル)

↓1コンマ二桁


386以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 22:24:34.35Y1KbhwMF0 (2/2)




387以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 22:26:14.42EXwjxXSyO (3/3)

ここからワンチャンいけるかだな


388以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 22:26:47.63fgM4m0lWO (1/2)

カインはまず身体を鍛えようか


389以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 22:34:42.60SMAquZPwO (1/2)

とりあえずはレベル低い順に戦ってパワーレベリングしなきゃだな。
次にレベル低いのは……あれ、もしかしてフィーアかアドルラン兄様(男入れた場合)だから皇族確定?


390 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 22:34:57.007sOUHnsC0 (8/17)

35

――ロウル優勢!


カイン「ふんっ……!」ゴォォォォォ!

ロウル「全く、強風なんて大嫌いですよ!」ビシュッ!

ロウル「矢が狙った方向に飛んでくれないんですからねぇ!」ビシュッ!

カイン「それも考えての風魔法さ! 接近されれば臭いや音で気付けるけど、遠距離攻撃はそうもいかない!」ゴオォォ!


シア「ロウルさん、押されちゃってますね~……」

パトラ「矢は槍と違って、渾身の力で投げる真似ができませんし、一本一本が軽いですからね……」

アベル「いや……」


ロウル「ああもう! いい加減一本ぐらい当たって下さいよ!」ビシュッ! ビシュゥン! ビシュッ!

カイン「ふふ、どうやら君の矢は僕の風でも防げるようだ――」

カイン(違う! 今、音の違う矢が……!)

カイン「くっ!?」

ロウル「遅いです!」

ドスッ!

カイン「ぐああぁぁ!? 頭頂部に何かがぁ!?」

ロウル「模擬戦用だから大丈夫ですよ! さっきパトラさんに頭上から攻撃された失敗が生かせてませんよぉ!?」

カイン「く、確かに迂闊だったよ!」ズポッ


――『風神の衣』発動――


【状況変化】

※カインにスキル補正+10が加わります


コンマ30以上で優勢(ロウル)
コンマ29以下で劣勢(ロウル)

↓1コンマ二桁



391以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 22:35:14.47SMAquZPwO (2/2)

えいさ


392 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 22:44:51.887sOUHnsC0 (9/17)

47


ロウル優勢!


カイン(曲射攻撃……厄介だな)

カイン(確かに彼女も僕と同じように直接戦闘は苦手のようだが……)

カイン(押されているのは僕。基礎の力の違いが出ているのか……)

カイン(はぁ……なんで僕は、今まで強者を名乗っていたのやら……)


ロウル「戦闘中の考え事は、不味いですよカイン様!」ビシュッ!

カイン「っ!!」


――『風神の衣』発動――

劣勢判定が発生する時、判定コンマ一桁が7、8、9の場合は劣勢判定を回避する


カイン「続けて受けるわけにはいかないね!」ヒラリ…

ロウル「!!」

アドルラン「!!」

アベル「!!」

カイン「よ、よし! 今度はかわせ――」


――『銀狼の追射』発動――
敵が回避行動スキルを発動した際に発動
次ターン、敵に-15の補正をかける
自軍のスキルで回避行動を防いでもこの効果は発動する


ロウル「そう回避するのも、読んでいますよっ!」バシュゥ!

カイン「ぐっ!?」

カイン(足下を撃たれた……違う、牽制!?)

カイン(しまった、今ので体勢が……!)


【状況変化】

追射により補正+15

コンマ15以上で優勢(ロウル)
コンマ14以下で劣勢(ロウル)

↓1コンマ二桁


393以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 22:45:38.65R+uwhVJ90 (1/1)

せいや


394 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 22:54:23.047sOUHnsC0 (10/17)

65

ロウル優勢!



カイン「くっ……!」ゴォウ!


シア「風魔法の範囲を狭めて、防御に専念した……?」

アーシャ「体勢を立て直すより先に、ロウルちゃんが撃つと思ったのでしょう」

アーシャ「あの風の流れでは、確かに矢の一本や二本は弾けそうですけど……」


カイン(くそ、風で回避する行動も読まれているか……!)

カイン(本格的に、逃げじゃなくて正面からぶつかる手段を考えないといけないかな……)



ロウル(遠距離から撃っても、やはりこういう防壁や鎧は苦手です……)

ロウル(以前アベルさんとの鍛錬でも思いましたけど、私も接近戦の手段考えないとなぁ……)

ロウル(でも無い物ねだりはいけません。今できる、私の最善手は……!)グッ!



カイン「……?」

カイン(矢が、放たれない……?)


タッタッ…


カイン(いや、この音は!?)



ロウル「とりあえず最終奥義! 矢じゃなくて弓で直接殴る攻撃ですっ!」ゴガッ!

カイン「ぐぇ!?」



アドルラン「しょ、勝負あり!」

アベル「あれはあれでかなり痛いぞ……」


――勝利!


395 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 23:00:43.217sOUHnsC0 (11/17)

――


シア「は~い、頭だしてくださいね~?」パアァァ…

カイン「舌を噛んだよ……さっきから、武器の使い方が何かおかしくないか?」

ロウル「ぜーんぜんですよ。ねぇパトラさん?」

パトラ「はい。どこも間違っていない、見事な振り下ろしでした」

ロウル「仕方がないじゃないですか。それともあれですか? 矢を束ねて持って、まとめて頭に突き立てた方がよかったですか?」

カイン「やめろ!」

ロウル「ま……お互い、もう課題は分かっているんじゃないですか?」

カイン「……ああ」

ロウル「私もいい鍛錬になりましたよ。ありがとうございますカイン様」

カイン「こっちこそな……」


特殊判定
↓1~2コンマ二桁


396以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 23:02:06.79kQsjgfg5O (1/1)

ほいさ


397以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 23:02:59.88KxK2zCIDO (2/2)

はい


398以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 23:04:38.350Ej2j8xJ0 (1/2)

ゾロ目でまた>>1が曇る


399 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 23:05:53.287sOUHnsC0 (12/17)

おいぃ!?しかもまた偶数だよ(白目)


400 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 23:08:08.287sOUHnsC0 (13/17)

特殊鍛錬結果
コンマ一桁レベルアップ(1/2撤廃)
コンマ二桁スキル獲得(同悩みのため両者一律50以上)

79>50
カインレベル:55+9=64

※次回スキル獲得決定

88>50
ロウルレベル:91+10(ゾロ目ボーナス)=101

偶数ゾロのため通常→★

※次回★スキル獲得決定

※鍛錬第二戦を終了します



――


401以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 23:10:24.97fgM4m0lWO (2/2)

地道な鍛練


402 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 23:17:43.187sOUHnsC0 (14/17)

ロウル(うーん……しかしなんでしょうか?)

ロウル(今、弓で思いっきりカイン様を殴りましたけど……)

ロウル(私、意外と接近戦できるかも?)

ロウル(……できるかも!?)ブンブンパタパタ!


アベル(ロウルの尻尾と耳が荒ぶっている……何かを掴めたかな)


カイン「……なんだか、本当にこの短時間で強くなれた気がするよ」

カイン「相当な苦痛を経験したけどね」

アドルラン「はははは! これからさらに凄い痛みを経験するかもな!」

カイン「!?」ビクゥ!

アドルラン「――だが、一度鍛錬は切り上げよう」

アドルラン「続きは話をしてからでも遅くはないだろう」

フィーア「カイン兄様、お疲れ様でした!」

キアラ「これで兄様も、基礎体力が少しついたかな……?」

カイン「ど、どういう意味だ?」

アベル「あー……先に要件を言ってしまうとですね」



アベル「カイン兄様、その強くなった力で帝国全体に防護結界を張ってください」






カイン「――――え?」






403 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 23:32:12.737sOUHnsC0 (15/17)

――――
―――
――





カイン「待て、待ってくれ。いかに僕の頭脳とはいえ、少しは考える時間をくれ!?」



リーナ「大丈夫ですの? 頼みの綱が一番狼狽していますけど?」

アドルラン「はははは! カインは昔から想定外の事には弱いんだ」

アドルラン「まあかく言う私も、流石に驚いてはいるがね」

リーナ「とてもそうは見えませんの。流石は第一皇子といったところでしょうか?」

アドルラン「いやいや、国を憂い単身帝国に乗り込んでくるその勇猛さ! リーナ君こそ素晴らしい第一王女ではないか」

リーナ「ありがとうございます。ですが、元はと言えば我が国、我が一族の暴走ですの。本当に申し訳ありません……」

マークス「リーナ様、過ちは正すこともできます。いえ、正さねばならないのです」

アドルラン「その通りだ。しかしマークス神父、何故かあなたとはとても仲良くなれそうな気がするぞ?」

マークス「それは光栄だ。帝国の第一皇子は邪悪どころか、鍛錬の大切さを知っている存在とは!」

アドルラン「魔法を使えないことを嘆いている時間があれば……」

マークス「鍛錬だっ!」ムキィ!



カイン「――なんで兄さんはそんなに受け入れが早いんだよ!?」



アドルラン「聖国の王が暴走、妹君のリーナ君がそれを憂いて我が国に伝えに来てくれた」

アドルラン「そして王国の使者だったパトラ君が王国にもその情報を届けてくれている」

アドルラン「目下の問題は、キアラを襲った許し難い天使兵。その転移を防ぐためにお前が頑張る」

アドルラン「すごく分かりやく、当然の流れだったと思うのだが……」



カイン「どこがだよ!!!」


404以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/16(水) 23:35:03.600Ej2j8xJ0 (2/2)

アドルラン兄さんに声が付くとしたら変態系のキャラをよくやっている人だろうな…と思った


405 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 23:45:48.997sOUHnsC0 (16/17)

アドルラン「なに、アベルの計画を聞かされた後だとな。アベルならそう動いても不思議ではないと思えるぞ?」

アドルラン「まさか聖国の第一王女まで匿っているとまでは思っていなかったがな」

フィーア「凄いですアベル兄様!」ピョンピョン!

フィーア「私たち兄妹を揃えただけじゃなく、パトラさんとリーナさん、王国と聖国の方とも仲良くできて!」ピョンピョン!

フィーア「……確かに、聖王様の暴挙とキアラ姉様が襲われたことは許せませんし、大変な問題ですけど」

フィーア「アベル兄様とここにいるみんななら、きっと大丈夫だと思えます!」キラキラ!

アベル「ありがとうな、フィーア」ナデナデ

リーナ「……」ジー…

フィーア「?」

リーナ「……フィーア、よければ私ともお友達になってくださる?」

フィーア「も、勿論です! やったー!」ピョンピョン!

リーナ「ふぐっ! 無垢、無垢ですのこの子! 聖国の民よりも綺麗ですのっ!」

ロウル(まーた胸を見て……)

リーナ「それにしても……あなた達本当に姉妹ですの? 仲は大丈夫?」

フィーア「え? 勿論、キアラ姉様は大好きですよ!」ツルペター

キアラ「は、はい。私もフィーアちゃんのこと、大好きですよ?」ボインッ!

リーナ(ここに来てから私の穢れっぷりを嫌でも自覚する羽目になりますの……)ガクッ…

リーナ(そして……やはり帝国を討つべき異教徒とはどうしても思えません……)

リーナ(兄上、どうして……)


406 ◆gEU9La026k2019/01/16(水) 23:57:51.817sOUHnsC0 (17/17)

カイン「くそ、僕だけ混乱しているのが馬鹿みたいじゃないか!」ダン!

アベル「まあ兄様落ち着いて」

カイン「元はお前があっちこっちから拾ってくるからいけないんだろう!?」

カイン「はぁぁ……もういいよ。確かに、話を聞いた限りでは天使兵と聖王は現状帝国最大の敵と見ていいだろう」

カイン「この城塞は、一応転移魔法を防ぐ結界が張ってあるんだな?」

マークス「うむ。私の知る限りの、強力な陣を奥地に描いてあるよ」

リーナ「それを私達、聖国出身者で発動、維持していますの」

カイン「とりあえず後でそこに案内してくれ。陣を複製し、僕も色々試してみたい」

カイン「母さんが動いてくれれば楽だが……難しいだろうな。やはり僕が頑張る必要があるってのか……」

キアラ「ご、ごめんなさいカイン兄様……」

カイン「……お前の魔力はまだ公にできないんだ。謝る必要はない」

カイン「ところでキアラ、その倒した天使兵の特徴だが……さっきの王女の話と少し違うのが気になったんだけど?」

リーナ「それは私も思いましたが……おそらく、天使兵には階級があるのでしょう」

リーナ「終始無言であった天使を下級」

リーナ「私が聖国で見せられた、片言の天使が中級」

リーナ「しっかりと発言をしたのが上級、と言ったところでしょうか?」

キアラ「わ、私が上級を倒せたって本当かなぁ……」

カイン(……キアラの力なら、可能ではあるだろう)

カイン(ただ気になるのは、天使がどんどん言葉を喋るようになった割には、上級もまだ言葉数が少なかったという点だ)

カイン(まさか、まだ上がいるのか……?)


407 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 00:00:40.99vbGnlz190 (1/12)

カイン「……とりあえず置いておくか。倒すべき相手なのは違いないんだし」

カイン「『下級の群れ』なら僕が制圧できないこともないし、数の多いそいつらの転移を妨害するだけでも被害は減るね」

カイン「で、王国の方はどうなっているんだ?」

パトラ「それは……」


特殊判定
↓1~2コンマ二桁


408以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:01:41.13U01rpUGRO (1/2)




409以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:02:22.91eo1uwJlK0 (1/1)




410以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:02:34.745Y4tNJ8rO (1/4)




411 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 00:03:58.95vbGnlz190 (2/12)

げ!?(吐血)
え、どうしよう? 少々お待ちを……


412以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:04:15.79diHan3oK0 (1/1)

これは悪い方向?


413以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:04:50.01uoWnhKkNO (1/4)

両極端だが果たして
90オーバーが不穏


414以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:05:48.47ARx6RadoO (1/4)

極端に寄ったが果たして。
そしてリーナには残酷なことに、フィーアはあと6年の成長の余地がある上に既にリーナを超えてはいるという……


415以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:06:55.08ARx6RadoO (2/4)

って吐血したよ(白目)
もしかして王じゃ抑えきれなくなったとか?


416 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 00:14:25.31vbGnlz190 (3/12)

すみません、まさかの事態なのでとりあえず判定結果だけだしておきます……

特殊判定結果

コンマ13
1王国への天使兵の脅威の伝達

基準値
50-30(聖国の王国への攻撃緩和)-5(斥候部隊による安全策)
=15

13<15

※基準値を下回った為、伝達前に王国が天使兵の襲撃を受けていました

※第二判定が被害状況に変化します

コンマ91
2王国の被害状況

91+10(王国三すくみ不利)
= 1 0 0 (超壊滅的損害。超級天使が複数送り込まれています)


※王国が一気に存亡の危機です(白目)



――


417以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:16:34.715Y4tNJ8rO (2/4)

滅茶苦茶やばかった!


418以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:17:30.85uoWnhKkNO (2/4)

聖国が完全に暴徒と化してませんかねこれ


419 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 00:17:51.70vbGnlz190 (4/12)

えー、私自身が少々パニック起こしていますが今日はここまでで
なんといいますか、今までもコンマは暴れてきましたが、マイナス方面でここまで暴れたのは初めてのことです……
追加の判定もとる必要が出てきましたが、まずは私が落ち着いてからの後日ということで
少しは自重しろシュタイナー

本日もありがとうございました!


420以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:19:20.06ARx6RadoO (3/4)

各国での聖国の動向
聖国:帝国ぶっ潰すモード
帝国:元帝国所属の淫乱モンスター爆誕
王国:聖国に攻め込まれて滅亡危機←NEW!

聖国波乱しか持ってこねぇ(白目)


421以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:19:41.185Y4tNJ8rO (3/4)

これはもう許されないぞ聖王シュタイナー


422以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:20:59.80uoWnhKkNO (3/4)

乙です
斥候部隊の安否も気になるが
そもそも王国でロスト大量発生の危機やな
リーナが原因となるとヘイトが下手すりゃ帝国に向くし

こりゃ確かに再整理が必要かも


423以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 00:25:42.41U01rpUGRO (2/2)

おつおつ
想像絶するレベルで聖王がマジキチ過ぎだわ。帝国で天使が負けたから代わりに王国に送った感じなんかな……
しかも超級複数って、上級でレベル140もあんのにそれ以上がいるって本当にやばくない?


424以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 07:49:29.11szzXhp85O (1/1)

シュタイナーは聖国のギルバートポジだし・・・
インチキ臭く感じるタイプの強さだけど
王国にもそういうポジの強キャラはいないのかな


425以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 12:14:50.765Y4tNJ8rO (4/4)

ゾロ目券使う?


426以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 12:29:52.40uoWnhKkNO (4/4)

使えるならば>>408をどうにかしたいところだねえ


427以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 18:04:18.46ARx6RadoO (4/4)

特殊判定にはゾロ目券使えなかったような


428以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 18:26:57.42pD8uL6ynO (1/1)

だね。使えたり戻せるときは>>1もアナウンスしてくれてるし。流石に>>1も温情はくれるだろうし、クラウスとかの生存判定来たらゾロ目権使ってもいいと思う
それもなかったら仕方ない、おそらく戦う超天使戦でゾロ爆で確殺しとこう
しかしこれパトラさんのメンタルやばそう


429以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 18:34:41.90eqgaCeWz0 (1/1)

リーナという死の商人(ある意味)


430以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 20:22:40.86drFRrNzT0 (1/4)

聖国の神コンマ神説


431以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 20:34:57.46drFRrNzT0 (2/4)

読み返したらパトラさんのセリフがフラグすぎて笑った


432 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 23:07:02.86vbGnlz190 (5/12)

こんばんはー
昨日は驚愕しましたが、少しだけ再開
特殊判定はゾロ目使えないんで、申し訳ないですがこのままで進みます……
とはいえ私も平気でゾロやピンポイントコンマ食らい過ぎて感覚麻痺って特殊判定ばかりにしていたミスはあります
この後の王国絡みのイベントで、一部救済を用意し、そこで使用可能できるようにしようと思います
ただ温存して、今後のゾロ目チケット攻撃が通る相手に備えるという手もありといえばありです


433 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 23:08:35.53vbGnlz190 (6/12)

――


パトラ「それが、まだ連絡が無いのです……」

パトラ「アベル皇子の斥候部隊が出発してから、それなりの時間は経ったのだけど……」


ガタン!


ロウル「おや、噂をすればどうやら斥候部隊が帰ってきたみたいですよ? 天井裏から――


バキバキ、ドシャア…!


斥候兵「ア、アベル様……っ!」ボロボロ…


一同「「!?」」


アベル「ど、どうしたんだその怪我は!?」

リーナ「酷い火傷ですの! はやく、回復を!」パアァァ…

シア「は、はい!」パアァァ…

エリス「お手伝いいたします!」パアァァ…

キアラ「わ、私も!」パアァァ…

斥候兵「う……あぁ……」シュウゥゥ…

斥候兵「す、すごい……身体が、もう動かせる……皆さん、ありがとうございます!」バッ!

アベル「礼は後にしておけ。一体何があったんだ!?」

斥候兵「は……申し訳ありません、アベル様。我々は――間に合わなかったのです……!」

アベル「どういう意味だ……?」

斥候兵「私達が王国に到着した時にはもう……王国は、天使に蹂躙されていました……」


リーナ「っ!?」

パトラ「え……?」


434 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 23:09:54.65vbGnlz190 (7/12)

斥候兵「帝国は、略奪の国。それこそ凄惨な光景なんて見飽きたと思っていましたが……」

斥候兵「あの光景は、まさに地獄。天使が、感情も込めずにただ淡々と人間を切り刻み、焼き払うのです……」ガタガタ…

斥候兵「無言のまま、あるいは狂ったように断罪とだけ口にして……」

パトラ「……っ!」

斥候兵「そんな折、パトラ隊の一員とは合流が出来、王城までは向かえたのですが……」

斥候兵「王城内すら戦火に包まれる、壊滅的な有様でした……」

パトラ「へ、陛下は? 部下のみんなは!?」

斥候兵「クラウス王とは、お会いすることができました。そして……」



~~~~~



クラウス「くっ!」ブン!

下級天使兵「……!」ボシュゥゥ…

クラウス「そうか、帝国にもこの化物が……」

斥候兵「も、申し訳ありません! 我々がもっとはやくこの情報を届けられていたら……」

クラウス「いや……仮に届いていたとして、これほどの魔導の軍勢を防ぐほどの用意は早々できなかったであろう……」

クラウス「むしろこんな最中すら、私に会いに来てくれた諸君らと、アベル皇子達には感謝しかない」

クラウス「やはりこれは聖国の侵略であり、しかし第一王女はアベル皇子達と手を組んだ……」

クラウス「これはこの場にいてはわかりえなかった情報であり、光でもある」

クラウス「……パトラも、あちらでも馴染めたようだしな」

クラウス「申し訳ないが、もう一仕事を頼めるか?」

クラウス「――これは『転移の護符』。一度訪れた場所に正確に転移できる貴重な魔法道具だ」

クラウス「これを使って、諸君らは帝国に戻れ。まだ正式に同盟を組んだわけでもない国の戦乱には巻き込まれたくないだろう?」

斥候兵「し、しかし!?」

クラウス「そしてアベル皇子とパトラにどうか伝えて欲しい。何もできなかった愚かな王を、どうか許してくれと」

斥候兵「な、ならばこの護符でクラウス王が転移すべきでは!?」

クラウス「……私は未熟だが、王としての最低限の誇り――民を見捨てて自分だけ逃げることだけは絶対にしない!」

バキバキ!

中級天使兵「ダンザイ!」

クラウス「っ、先程より大きい!?」ガキン!

斥候兵「……!」

クラウス「――行け!」


~~~~

斥候兵「城内は騒然としており、この護符を安定して使える場所まで出た頃には……」

斥候兵「仲間ともはぐれ、私だけが……」


435 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 23:10:22.80vbGnlz190 (8/12)

アドルラン「なんという、ことだ……」

カイン「馬鹿な、いくら魔法が苦手とはいえ王国の首都は守りが硬いことで有名なんだぞ?」

フィーア「酷い、酷すぎます……!」ポロポロ…

キアラ「フィーアちゃん……」

キアラ「でもおかしいです! 天使兵は強力でしたけど、王城を攻め落とす程の力は……!」

アーシャ「……上級以上の、存在」

キアラ「え?」

カイン「くそ、疑念が現実のものになるのがいくらなんでも早すぎだ……!」

カイン「王国の兵は、装備の品質の良さとその兵の数に物を言わせている」

カイン「そして近年では腐敗して、騎士団でも実力の幅が広がっている……」

カイン「だから僕でも、まとめて薙ぎ払えた。――天使も広範囲を薙ぎ払えるなら、王国兵のほとんどはひとたまりもないだろう」

エリス「……それに耐えられる人がいても、下級天使の数の暴力、ですか……」

ロウル「城下町と王城を同時に攻めれているんです。そもそもが帝国に送られた戦力とは圧倒的な差がありますよ……」

リーナ「く……!」ウツムキ

マークス「……!」ウツムキ

シア「……!」ウツムキ

パトラ「……」フラ…

アベル「パトラ?」



436 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 23:11:10.48vbGnlz190 (9/12)

パトラ「陛下から渡された護符……あと何枚ですか……」

斥候兵「それは……」


クラウスの個人援護『転移の護符』

特殊判定
↓1コンマ一桁


437以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:11:22.181bmcHQX7o (1/1)

ほいさ


438 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 23:25:26.62vbGnlz190 (10/12)

特殊判定結果

コンマ18

7~9 3枚

※『転移の護符』を3枚入手しました

『転移の護符』
一度訪れた場所に転移可能
また戦闘敗北時、使用することで確定逃走が可能となる

――



斥候兵「申し訳ありません……天使の雷撃で何枚かを焼かれてしまい、残りはこれだけで……」スッ…

パトラ「3枚、ですか……」

パトラ(今、1枚を使って私が王国に……そうすれば、陛下ともう一人誰かは救える筈……!)グッ…!

アベル「……パトラ、何を考えている?」

パトラ「……アベル皇子、皆さん、お世話になりました」ペコリ

アベル「何?」

パトラ「皆さんと共に過ごした時間は……とても、楽しかったです」

パトラ「きっと、ただ武勲だけを考えて戦場を駆けているだけの私よりもずっと成長も出来ました」

パトラ「ですがそれでも――私は、王国の将なのです」

パトラ「わかっています。私よりも強い将はいる。陛下が私を信用して下さっているのも、祖先のおかげであると」

パトラ「ですがたとえ小さな存在であれ、私は確かに王国の将」

パトラ「先程も言ったかもしれませんが――私にも譲れないものがあります」

パトラ「たとえこの命果てようとも、貴族として、騎士として――やり遂げてみせます!」


アベル「……」


※パトラを止める? 止めない?

※止めなかった場合、パトラが一時的にアベル隊を脱退します


↓1~3多数決


439以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:28:55.43T5lB6TgDO (1/1)

止める


440以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:29:08.858mcIK96X0 (1/2)

止めない


441以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:29:33.82hhhkV+vcO (1/2)

止めない


442以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:29:42.18BXL7QKkwO (1/1)

止める


443以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:30:32.94XI/ZeAb1O (1/1)

止める


444以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:32:16.14KrZ8sgd2O (1/2)

パトラはレベル的に危ういのがな……ただあくまで一時的に離脱ならロストする危険は少ない……のかな?
(下手したら聖国に捕らえられる→シュタイナーに狂信者みたいな洗脳施されて敵対、みたいな展開もなきにしもあらずだけど)


445以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:36:13.27XEhvADtZO (1/1)

転移護符3枚なら
同行者を用意できないかね


446以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:41:20.40drFRrNzT0 (3/4)

行きに一枚使うから無理でしょ


447 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 23:46:04.18vbGnlz190 (11/12)

パトラを止めない

――


アベル「……わかった」

アベル「元より、パトラはクラウス王の命で俺の隊に所属していた」

アベル「王国が危機的状況な今、帰国しても問題はないだろう」

アーシャ「ア、アベル! でも……!」

アベル「彼女の気持ちを組んでやれアーシャ」

アベル「彼女も言った通り、騎士には譲れない物がある……」

アベル「たとえどんな目に遭おうと、譲れぬ想いがな……」

アドルラン「アベル……」

パトラ「……アベル皇子、ありがとうございます」

パトラ「……あなたは、生き延びるんですよ? そして陛下と共に、どうか……」

パトラ「っ、ご安心を! 陛下は、貴族と騎士の誇りにかけて必ずお救いしますから!」

パトラ「……」

パトラ「はぁ……私も、王国将失格なのかもしれませんね」

パトラ「護符は3枚。1枚は私が今向かうため、もう1枚が陛下をお助けするために」

パトラ「最後の一枚は、アベル皇子がお持ちになってください」

パトラ「きっと、役に立ちますから……」

アベル「……」


1:護符を貰う(ギルバート等からも確定逃走可能)

2:護符をパトラ帰還を信じて返す(判定クリアでパトラ復帰の可能性上昇)

3:その他自由安価


↓1~5



448以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:46:56.57nzo0JQXGO (1/1)

3
パトラ+アベル+誰かで3枚使って王国殴り込む
天使を始末してクラウスを救う


449以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:47:53.20hhhkV+vcO (2/2)

2


450以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:49:43.79KrZ8sgd2O (2/2)

2


451以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:50:33.09S4ujeNC9O (1/2)

悩ましいが>>448
戦闘でもゾロ目券使えるんだよね?


452以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:50:48.688mcIK96X0 (2/2)

2


453以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:50:53.65drFRrNzT0 (4/4)

2
超級複数はエリスでも無理だと思う


454以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/17(木) 23:52:32.30S4ujeNC9O (2/2)

あれ、エリス全体攻撃覚えてなかった?バーンズさんのやつ


455 ◆gEU9La026k2019/01/17(木) 23:59:06.02vbGnlz190 (12/12)

アベル「……これは、パトラが持っているべきだ」

パトラ「し、しかし……」

アベル「そして――ここに帰ってきてほしい」

パトラ「!!」

パトラ「……ぅっ」ウルウル…

アベル「誇り高い貴族なら、救出は当たり前。きちんと生還し、報告が行えてこそ真の貴族ではないか?」

パトラ「っく……その、通りです……!」グスッ…

パトラ「……」グイッ…

パトラ「王国将として」

パトラ「そして――アベル皇子の部下として、必ずやクラウス王と生き延びることを誓いましょう!」グッ!



パトラ「転移の護符、発動――!」


※パトラがアベル隊を一時離脱しました


――


456以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:00:37.403oOg3VrzO (1/1)

聖国に攻め入るなら今が好機なんじゃね?


457以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:04:06.38bjvI+c1J0 (1/10)

そういや超級は聖王の護衛って言ってたな


458以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:05:01.53vI7h0X8jO (1/5)

実際奇襲を行う為の大義名分もあるしな
妹姫襲われてるし


459以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:06:56.90a0RHgkrJO (1/3)

とはいえこんだけ頭おかしい聖王本体が弱い共思えないしな……
天使が魔翌力人形ってのがそのまま正解なら、最悪超級補充とかされかねんぞ


460以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:07:06.47OURJS6HoO (1/1)

斥候が情報掴んだってことで、聖国が王国に戦力を過剰投入してるって兄様辺りが言えば攻めいる算段は立てられそう。
実際襲撃されてるから大義名分もあるし。


461以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:10:03.33h1KgbfKYO (1/4)

襲われたのが両親からの関心が異常に薄いキアラだったから、皇帝夫妻はあまり積極的には動かなさそうな気がするな。
これでフィーア襲われてたら下手したらパパンVSシュタイナーとかいう地獄が起きてたかもしれんが。


462 ◆gEU9La026k2019/01/18(金) 00:12:03.84Whncjjc90 (1/11)

――







アーシャ「よかったんですか、アベル。本当に……」

アベル「彼女の誇りを踏み躙るわけにもいかないだろう……」

フィーア「でも、でもぉ……!」

エリス「フィーア様、お気持ちは私もよくわかります……」

ロウル「でももし、アベルさんがクラウス王の様に襲われていたら、フィーア様はどうされます?」

フィーア「そ、それは……」


リーナ「……もう、兄は……」ガクリ

マークス「リーナ様、お気を確かに……」

シア「……どっちが、邪悪なんですか」ボソリ…


アドルラン「……しかしどうすべきだ。もはや天使兵の問題の規模は……」


カイン「……」

キアラ「……」


救済判定
↓1~2コンマ二桁



※ゾロ目チケット使用可能です

※両方がゾロ目の場合、最良の結果となりますが、片方だけでも救済はあります
また高い値でもそれなりにいい結果となります

※ゾロ目チケットを使用される場合は、使用すると宣言をお願いします




463以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:12:41.97bjvI+c1J0 (2/10)

そんなことになったらパパンがさらにレベルアップしそう


464以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:14:10.96z5lJQPhP0 (1/1)




465以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:15:35.84h1KgbfKYO (2/4)

ゾロ目無いけど、高い値ならこれかなり良いんじゃなかろうか


466以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:16:04.31bjvI+c1J0 (3/10)

ミスったと思ったけど結果オーライ?


467 ◆gEU9La026k2019/01/18(金) 00:16:13.79Whncjjc90 (2/11)

チケット使えええええええっ!(ビターン!ビターン!)

え? 昨日の今日でコンマぶっ飛び過ぎじゃないですか?


468以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:16:39.28vI7h0X8jO (2/5)

これは結構良い感じか


469以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:16:55.23M9wI67wG0 (1/3)

逆か。高いとやばかったのか


470以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:17:47.59a0RHgkrJO (2/3)

おお、>>1がとうとうダイナミックに荒ぶり始めた
いや、てか本当に凄いなコンマ


471以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:18:48.57vI7h0X8jO (3/5)

>>469
高い値でもそれなりに良い結果と名名言されてる


472以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:19:32.79h1KgbfKYO (3/4)

>>1のこの反応は
『チケット使う機会出したんだから使って欲しいのに使わなくても結果オーライ』ってことか?


473以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:21:23.14bjvI+c1J0 (4/10)

焦ったけど結果オーライだったぜ


474 ◆gEU9La026k2019/01/18(金) 00:25:56.17Whncjjc90 (3/11)

とりあえずまた判定だけ……
ゾロじゃないから完璧じゃないが、ここで90台連発って……(白目)

救済判定結果

1転移魔法が使えるキアラと、王国制圧経験のあるカイン
97(共同転移魔法の作成を考案&即時成功)>70
コンマ一桁÷2追加転移可能
7…3人まで


2王国、クラウス達の抵抗
96(クラウス生存。部下と共に天使兵相手に徹底抗戦)>25
96(王国最強兵も奮戦。下級は殲滅済)>70




475 ◆gEU9La026k2019/01/18(金) 00:27:49.25Whncjjc90 (4/11)

えー、今日も取り乱しましたが、ここまでで
うん、コンマ怖い

チケットためてどうする気なの?
まあ完璧でもないので、今後の幅が広がったと考えるようします

本日もありがとうございました!


476以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:30:26.64vI7h0X8jO (4/5)

乙です
昨日の「あっけにとられる程の絶望的展開」が
今回で大分持ち直された感じでひとまず安心か
結構な規模のバトルパートが始まりそうで
恐ろしさも感じつつそちらも楽しみです


477以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:32:51.20M9wI67wG0 (2/3)


チケットはとっておかないと『本気で使わないとやばい時』になかったら困るから


478以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:35:20.95h1KgbfKYO (4/4)

おつおつ。
これは誰を送るべきか……多分キアラとお兄ちゃんは転移魔法使うから連れていけない、アベルは行くの確定だからあと二人かな。
候補としては最終兵器エリス・聖国相手に凄まじいバフを持つシア・王城内を捜索することになった場合警戒可能&奇襲と罠を無効化できるロウル・隠密と確定逃走で退路を確保できるフィーア辺りか。
(フィーアは実質これが初の実戦になるから少し不安が残るが)


479以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:37:53.20bjvI+c1J0 (5/10)

帰りどうするんだと思ったけどこれだけ送れれば殲滅できそう


480以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 00:48:58.44a0RHgkrJO (3/3)

おつおつ
追加転移はデカイな。三人にパトラとクラウス(と王国最強兵も?)入って固まれば、勝機ありそう
ただ超級が全体攻撃持ちだったらアーシャいないと危なそうというのもある
高コンマボーナスで超級の人数と能力公開……無理か



481以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 08:22:04.47VAqvApSf0 (1/1)

>>331見る限り
下級レベル50
↓+40
中級レベル90
↓+50
上級レベル140
だから、超級は140+60でレベル200か……?
二体までなら上手く分断できればアベルとエリスで各個撃破はできそう



482以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 18:12:45.91bjvI+c1J0 (6/10)

そんなに高かったらバーンズさんと同格のはずのアルフォンスが強くなりすぎるんじゃないか
天使より弱いってことないだろうし


483 ◆gEU9La026k2019/01/18(金) 23:08:58.12Whncjjc90 (5/11)

こんばんはー
遅くなりましたが、今後に関わる大事なところの判定だけとってしまいます


484 ◆gEU9La026k2019/01/18(金) 23:09:32.76Whncjjc90 (6/11)

――



キアラ「私がアベル兄様に会うために勉強した転移魔法……どうにか使えないかな?」

リーナ「っ! 驚きましたわ。キアラ貴女転移魔法が使えますの?」

キアラ「は、はい。前は未完成でしたけど、それで天使兵と一緒に王城から移動したんです」

リーナ「凄まじい才能ですのね。私なんて、長年かけて最近やっと習得できたんですのよ?」

アベル「キアラ、気持ちはありがたいが……転移魔法や魔法道具は特に高度な代物だ」

アベル「転移先の座標が全く分からなければ、どこへ飛ばされるか……」

ロウル「石の中にいるとか、とんでもない事態にもなりかねませんよ」

カイン「…………いや、全く分からないわけじゃないぞ」

ロウル「え?」

カイン「一応、僕は前に王国領を端とはいえ制圧しているし、そこに転移点も用意してある」

アドルラン「そういえば、自慢げに話していたな……」

カイン「そこは忘れてくれないかな……? とにかく、王国内の座標はわからないでもない」

カイン「転移魔法の精度は、天使兵を纏めて連行できるキアラの方が上だ」

カイン「――僕とキアラの魔力をあわせれば、王国への転移もできるかもしれないね」

キアラ「に、兄様!?」

リーナ「……お待ちなさいな。元は私の身内の暴走ですの。嫌だと言ってもお手伝いいたしますわよ?」

マークス「長距離転移ともなれば、陣を描かねば。私も微力ながら協力しよう!」

シア「わ、私もお手伝いしますよ~!」

アーシャ「王国のできる限り詳しい地図、探してきます!」


ワイワイ…


アベル「……やれやれ。何故、もう転移するのが当たり前の前提で話が進んでいるのやら」

フィーア「でもアベル兄様、嬉しそうです!」

アベル「さっきはああ言ったが……俺も、クラウス王とパトラは助けたいからな」

エリス「問題は、天使兵の規模です。果たして倒しきれるかどうか……」

ロウル「倒しきる必要はありませんよ。パトラさん達を連れて、逃げ切るだけでも勝ちです」


――



485 ◆gEU9La026k2019/01/18(金) 23:10:08.12Whncjjc90 (7/11)

カイン「……違うな。魔力の流れをこうして……」

キアラ「こうした方が、安全性が増すのでは……?」

カイン「ほう、やるじゃないかキアラ。そうだね、それじゃあこれを……」

キアラ「……ふふ」

カイン「どうしたキアラ?」

キアラ「いえ。こんな時ですけど……カイン兄様とこうして、一緒に同じことに取り組めるのが、なんだか嬉しくて」

カイン「……そう、だね」

カイン「だが今は、魔法の完成を急ごう。危険域なのは変わらない以上、迅速な対応が肝要だよ」

キアラ「はい!」



マークス「ふんっ!」ガリガリガリガリ!

リーナ(魔法陣の生成って、力づくで地面を抉り取ることだったかしら……?)

リーナ(でも、雑に見えてしっかりと生成されている。そして描くより、抉った方が上書きされて消えることも無い……)

リーナ(実はこっちの方が革新的なのでは?)

マークス「神よ! 私にこの肉体を与えて下さったことに感謝致します!」ガリガリガリ!

リーナ「……私は、私にできることを」

リーナ「シアさん、私達はキアラとカインの魔力が途切れないよう援護に回りますわよ?」

シア「わかりました~。頑張りますよ~!」

リーナ(天使兵の、兄の横暴……絶対にとめなくては!)


アーシャ「ありました! 古い物ですけど、王国領の地図です!」

アベル「いくら領土が広くなろうと、首都と王城の位置は大きくは変わるまい」

アベル「そうなると……」


――


486 ◆gEU9La026k2019/01/18(金) 23:10:49.38Whncjjc90 (8/11)

カイン「これで……」


フォン…


キアラ「やった! 起動した!」

カイン「急ごしらえのものにしては、上手く行ったね」

マークス「帝国と聖国の協力の結晶……素晴らしいぞっ!」

カイン「これで転移して王国に乗り込めば、パトラの援護ができ、王国の王を助ける……恩を売ることもできるだろう」

カイン「だけど当然、問題はある」


カイン「第一に、急ごしらえなせいで完璧とは言えない。『転移できるのは三人が限界』だろう」

カイン「そして帰還の問題。これは片道だ。『王国に乗り込んだ後、なんらかの手段を探す必要がある』」

カイン「転移までの間、『僕とキアラ、補助をしているマークスとリーナは動けない』」

アベル「……」

カイン「第二の問題。クラウス王が少なからず信頼を向けてくれているのはアベル、お前だ」

カイン「『三人の内一人はアベルで固定』だろうね。だから残りは実質二枠だ」

カイン「第三の問題。これが一番の問題だ」

カイン「『詳細不明の天使兵と交戦あるいは逃走劇を演じる必要がある』」

カイン「そして『王国の残存戦力と疲労具合』がわからない」

カイン「考えられる最悪の事態としては『王国軍の助け無しで天使を切り抜ける必要性が出てくるかもしれない』ことだね」

カイン「……はは、随分と無茶な作戦だ」

カイン「だけどアベル、お前のことだ。行く気なんだろう? まあ王国の援助を受けれた場合のメリットは大きいしね……」

カイン「さあアベル、慎重に考えろよ……?」

アベル「……」


※上記の問題を踏まえた上で今後の行動を考えてください

※転移魔法陣は用意されましたが、アベル生存のために飛ばないことも可能ではあります
 その場合、視点がパトラに切り替わり、クラウスと共に脱出の判定群を切り抜けていくことになります

転移一人目:アベル

転移二人目

↓1~5多数決(決まらなかった場合はコンマ値。転移しない場合は無しを)


487以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:13:03.28bjvI+c1J0 (7/10)

エリス


488以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:14:03.64vI7h0X8jO (5/5)

まあエリス


489以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:14:15.18M9wI67wG0 (3/3)

エリス


490以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:14:29.15j5KzCsxC0 (1/3)

エリス


491以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:14:43.60x0UtaEpVO (1/2)

戦闘備えてエリス
もう一人どうしようかな……


492以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:17:16.68mvYOiV95O (1/2)

エリスはまぁ確定として、探索要員のロウルか退路確保のフィーアか……?


493 ◆gEU9La026k2019/01/18(金) 23:19:26.24Whncjjc90 (9/11)

二人目:エリス

――


アベル「……危険だが、エリス。来てくれるか?」

エリス「当然です! たとえ誰が相手であろうと、アベル様をお守りいたします!」

カイン「……天使との戦闘の危険性を考えれば、適任だな」

カイン「君の力は身を持って知っているが、油断はするなよ?」

エリス「はい!」

カイン「アベル、エリス。あともう一人。どうする?」

アベル「……」


転移一人目:アベル

転移二人目:エリス

転移三人目

↓1~5多数決(決まらなかった場合はコンマ値)


494以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:21:14.66bjvI+c1J0 (8/10)

戦うならアーシャ
逃げるならフィーアかな


495以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:21:24.20x0UtaEpVO (2/2)

フィーア


496以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:22:51.10mvYOiV95O (2/2)

悩ましいが……フィーアで


497以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:23:08.44j5KzCsxC0 (2/3)

フィーア


498以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:26:42.71bjvI+c1J0 (9/10)

初の実戦がとんでもない場所になったフィーアだけど大丈夫だろうか?


499 ◆gEU9La026k2019/01/18(金) 23:34:44.38Whncjjc90 (10/11)

三人目:フィーア


――


アベル「……フィーア、頼めるか?」

一同「「!?」」

フィーア「え、私ですか!?」

フィーア「アベル兄様に選ばれたのは嬉しいですけど……」

フィーア「だ、大丈夫でしょうか……?」

カイン「なるほど、慎重派なお前らしいなアベル」

カイン「エリスが攻めの要、フィーアが逃げの要といったところか」

フィーア「え? そうなんですか!?」

カイン「自覚はないだろうけど、お前のその怖い移動術は攻めることは勿論、逃げることにも適している」

カイン「僕が全く感知ができないんだ。天使如きが、感知できるとは思えない」

ロウル「確かに、完全な無音無臭ですもんね……」

リーナ(お友達になった子がとんでもない子でしたの……)

フィーア「わ、わかりました!」

フィーア「姉様たちを差し置いてしまったのは恐縮ですけど……」

フィーア「私も、アベル兄様やパトラさん達を助けたい気持ちは同じです! 頑張ります!」



※王国のパトラの援護に向かうのが
 アベル・エリス・フィーアで決定しました


――


500 ◆gEU9La026k2019/01/18(金) 23:48:55.64Whncjjc90 (11/11)

――



エリス「それでは、行ってまいります!」

フィーア「頑張ります!」

アベル「……カイン兄様」

カイン「なんだい? 転移の安全性なら僕らを信じろとしか言えないよ?」

アベル「いえ、先程の兄様の警告ですが……『可能性は低いが留守の間にこちらに天使兵が送り込まれる』かもしれません」

カイン「っ!」

アドルラン「……任せろ、アベル。お前が留守の間、この城塞も帝国も、私達で守り抜くと誓おう」

アドルラン「なに心配はいらない。アーシャ君達もいるんだ」

アドルラン「だからアベル――必ず無事で帰ってこい。パトラ君や、クラウス王と共にな」

アベル「誓いましょう、必ずや。留守はお願い致します」

キアラ「兄様、フィーアちゃん、エリスさん……どうか、気を付けて」

アベル「ああ。――行ってくる」



シュン!



――


【王国・燃え盛る街】



シュン!



アベル「っと! これが転移魔法――な、なんだこれは……」

エリス「酷い……」

フィーア「っ……!」

アベル「フィーア、無理はするな。警戒は俺とエリスでしておく」

フィーア「い、いえ大丈夫です! キアラ姉様も怖くても天使兵に立ち向かったのです。私も、頑張らないと!」

エリス「……とても、華やかさが売りの王国とは思えません」キョロキョロ

アベル「人がいないのは、逃げたのかあるいは……」




アベル「っ!」



特殊判定
↓1コンマ二桁


501以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:51:49.69bjvI+c1J0 (10/10)

そい


502以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/18(金) 23:51:55.91j5KzCsxC0 (3/3)




503以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/19(土) 00:00:10.27cp8IrnNDO (1/1)

吐血しないってことは特に酷いわけではないか


504以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/19(土) 00:01:10.93rvYyy7jQO (1/4)

民衆の様子とかかな
そもそも国が壊滅してるから色々厳しそうではあるが


505以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/01/19(土) 00:02:06.84rvYyy7jQO (2/4)

やだ、私のID…何となくキモい


506 ◆gEU9La026k2019/01/19(土) 00:03:55.01GPlCGGhZ0 (1/17)

特殊判定
↓1コンマ二桁

王国兵遭遇判定

69>60

※基準値を上回ったため、遭遇成功


――



中級天使兵「イキョウト、ダンザイ!」ブォン!

王国兵「う、うわあああぁぁ!」

アベル「させるかっ!」



アベル:レベル91
孤軍奮闘により2倍…レベル182

VS

中級天使兵:レベル90

――勝利確定――



中級天使兵「!?」

アベル「くらえっ!」ズバッ!

中級天使兵「ガッ……!」ボシュゥゥ…


王国兵「た、助かったのか……?」

アベル「……王国の兵士だな?」

王国兵「あ、ああ。助かったよ……」

王国兵「だけどこんな状況じゃ、何のお礼も……」

アベル「礼ならばそうだな……俺達の正体に関しては他言無用でいてくれ」

王国兵「達?」

スッ…

フィーア「兄様! 怪我をしている方に圧迫はよくないと思います!」

王国兵「う、うわあぁ!? お、女の子の幽霊!?」ズザッ!

エリス「あ、動かないでください。ある程度なら回復魔法使えますから……」パアァァ…

王国兵「め、メイドさん……??」

王国兵「な、なんなんだあんた達は……」



507 ◆gEU9La026k2019/01/19(土) 00:17:31.42GPlCGGhZ0 (2/17)

――


王国兵「て、帝国兵!? この混乱に乗じて王国を滅ぼしに……」

王国兵「ってわけじゃないよな。さっきはわざわざ俺を助けてくれたし……」

アベル「あまり詮索はしないで貰いたいが……王国のパトラ将軍には個人的な恩があってな」

アベル「彼女の……そしてクラウス王のためと言っておこう」

王国兵「!!」

王国兵「そ、そうだったのか……流石はパトラ将軍だな……」

アベル「彼女を知っているのか?」

王国兵「そりゃあそうさ。真面目でいい人だし、可愛いし、おっぱい大きいし……」

アベル「……ふざけている場合ではない」チャキ…

王国兵「ひぃっ!? 思ったことをいっただけなのに!?」

アベル「……お前も、彼女と同じなのだろう?」

王国兵「え?」

アベル「被害の割に、死体の数が少ない。腐った貴族や兵は我先にと逃げ出したのだろう」

アベル「こんな街中で、わざわざ単騎で行動し……さっきの天使兵にも抗おうとしていたということは……」

アベル「――クラウス王やパトラ将軍と同じく、国民の救出を諦めていない立派な兵なのではないか?」

王国兵「ははっ……まさか、貴族連中から馬鹿にされ続けた俺が、帝国の兵士に認めて貰えるとはね……」

アベル「まともな兵士ならば、現状もある程度把握できているだろう」

王国兵「あぁ、全部が全部じゃないけどな」

アベル「構わない。知っている範囲で教えてくれ」

王国兵「そうだな……」


特殊判定
↓1~3コンマ二桁

※一部今後重要かもしれない判定があります