453以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/25(水) 18:06:26.95H5ZWumHa0 (6/7)


嬉しかったこと。

怒ったこと。

哀しかったこと。

楽しかったこと。


一つ一つ、思い出のピースを繋げていく。


家族との思い出。

独りの思い出。

春香との思い出。

事務所のみんなとの思い出。


言葉を掛け合わせて。

コトバを通い合わせて。

あの時、私が彼女に伝えるべきだったメッセージたち。

そして、自分に誓う、自分に捧げる、メッセージたち。


454以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/25(水) 18:07:48.64H5ZWumHa0 (7/7)


あの日閉ざした扉に、もう錠前はかかっていなかった。

けれども、この扉はまだ、私の部屋から出て行くだけ。

色彩豊かな世界へ、私一人が飛び出していくだけ。

この扉を開けても、あの子の部屋へは繋がらない。


私はまだ扉を開けない。

否定ではない。

退廃でもない。

諦観でも、悲観でもない。


ただ、"その時"を待っている。


私が開けるべき、その時を待っている。


この扉があの子の部屋へと続く、その時を。


455以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/04/25(水) 20:43:50.32a1sjFRziO (1/1)

待ってた応援してます


456以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/05(土) 04:47:32.38ok1qr9s30 (1/6)


「何をうだうだ悩んでるのよ」


事務所で、ルーズリーフに文字を書き殴っていた背後から。

やきもきしたような高い声が背中を押してきた。


「うじうじしてるからいつまで経っても進まないのよ」


振り向けば案の定、じれったいと言わんばかりの表情の伊織。

その後ろには、やれやれ、といった面持ちの我那覇さん。


「まずはバーッと書いちゃってから悩みなさいよ。全然進んでないじゃない」

「伊織、千早には千早のペースがあるんだからさ」


そう言いながら、我那覇さんは伊織の肩越しに私の目を見て、にやりと笑った。

その顔を見て、彼女の意図を察する。


457以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/05(土) 04:48:33.79ok1qr9s30 (2/6)


「さすが我那覇さん、いいこと言うわ」

「伊織は自分勝手だからなー」

「いつの間にか人を悪者みたいにしてるんじゃないわよ!」


口を尖らせてぽかぽかと叩く伊織。

口先だけ痛い痛いと、楽しそうに笑う我那覇さん。


それを見ながら、私は紙に向かっているふりをして。

私はいつの間にか、こんな人になっていたんだと。

視界の端で、窓に映る自分を見て。

こんな風に笑うようになっていたんだと。

改めて、気が付いた。


458以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/05(土) 04:49:26.34ok1qr9s30 (3/6)


「そこ、こういう言い回しもいいんじゃない?」


我那覇さんが私のペンを手に取って、紙の端にすらすらと記す。

書かれたフレーズを、頭の中で反芻する。

あれほど思い悩んでいた空間に、空気が漏れる隙間もないほどぴったりと収まった。


「へぇ……やるわね、響」

「へっへーん、こう見えて自分、本とか結構読んでるからな!」

「我那覇さん……こう見えて、とか自分で言うことなのかしら」

「人からどう見られてるのか、自覚はあるみたいね」

「……あれ? 今度は自分がいじられてるのか!?」


先ほどとは立場が変わって、伊織がお腹を抱えて笑う。

釣られて私も、声を出して笑う。


459以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/05(土) 04:50:14.84ok1qr9s30 (4/6)


自分の歌として、春香へのメッセージとして。

自分の力だけで書き切らなければならないと、少なからず考えている自分がいた。


「そんなことないわよ」


伊織の返事。

思わず考えが口から漏れていたらしい。

慌てて口を塞ぐと、今度は私が二人に笑われる番だった。


「いいじゃない、本当に伝えたい、大切なことさえはっきりしてれば」

「最後の最後に、千早が本当にいいと思える言葉が連なれば、それでいいと思うぞ」


まだまだ頭が固い、と小突かれる。

これでもだいぶ柔らかくなったつもりなのだけれど。

でも、背負い込みやすい悪い癖が、また出ていたのかもしれない。

自分一人で抱え込む日々は、もう終わったのに。


460以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/05(土) 04:52:03.07ok1qr9s30 (5/6)


伊織と二人で、これまで書いた詞を読んでいると。


「千早を手伝いたいってだけじゃなくてさ」

「自分が春香にできることって、これくらいしかないから」


我那覇さんがぽつりと呟いた。

その表情は、微笑みと、憂いと、切なさと。

色んな感情が混ざった、不思議なものだった。


「千早が春香に伝えたいこと、ちょっと分かる気がするんだ」

「でしゃばるなって言われるかもしれないけど」

「自分もさ、それでいいんだよ、って、言ってあげたくて」


表情の中に切なさが増す。

少し顔を俯けて、我那覇さんの肩が微かに震えた。


461以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/05(土) 04:53:09.94ok1qr9s30 (6/6)


静かに我那覇さんを抱き締める。

その身体は肩と同じように、小刻みに震えていた。


「辛くても、怖くても、精一杯頑張ろうとして」

「そんな春香の想いが、間違ってるわけないって」


そうよね、本当に、本当に。

そんな私の思いも、我那覇さんに伝わって。

私を抱き返す我那覇さんの腕に、力が入って。


「当たり前じゃない、そんなこと」


文字に起こせば、いつも通りのぶっきら棒な言葉。

でもその声色は、泣く子をあやす、優しい音色。


「絶対に、間違いなんかじゃない」

「間違いにさせちゃ、いけないでしょう」


自身の胸にも染みこませるように。

伊織は、小さく小さく囁いた。


462以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/12(土) 20:53:55.64UwCpiQvo0 (1/4)


私は書き連ねる。

春香に伝える言葉を。

私は筆を走らせる。

自分への誓いを記すために。


悩みながら、戸惑いながら。

それでも、自分がしたいことを。


使命ではなく。

義務ではなく。

作業ではなく。

仕事ではなく。


私が、したいから。

私が、するから。


463以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/12(土) 20:58:38.63UwCpiQvo0 (2/4)


消しゴムで消す。

シャープペンシルで書く。

ふと逡巡して手が止まる。

書いたばかりの字をぐしゃぐしゃと書き潰す。


幼子が初めて歩こうとするみたいに。

誰に命じられたわけでもないのに。

転んで、泣きながら、それでも歩こうとする。

立ち上がろうとする。

私の筆は、まさにそれだった。


言葉が現れる度、様々な思い出が過ぎる。

その度に、笑みが零れる。

涙が零れる。


日記を書く春香も。

こんな気持ちになることが、あったのかしら。


464以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/12(土) 21:08:12.80UwCpiQvo0 (3/4)


「千早さん、コーヒー飲みますか?」

「ありがとう」


高槻さんに差し出されたマグカップ。

私の手には、少し熱い。


「だいぶ書き上がってきたようですね」


おっかなびっくりコーヒーを受け取ると。

隣からは、四条さんの声。


「ほんとだ! いっぱい書いてあります!」

「ええ、あと少し」

「楽しみですね、完成が」


私が書いたフレーズを、高槻さんの指が楽しそうになぞる。


465以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/12(土) 21:16:39.30UwCpiQvo0 (4/4)


少しの気恥ずかしさと、僅かな誇らしさ。


「今迷われている部分、このような言葉ではどうでしょうか」

「そうですね、確かにしっくり来ます」


四条さんの言葉を受けて、一言書き加える。

我那覇さんにアドバイスを受けてからは、みんなからも時々助言をもらう。


単に参考になるというだけでなく。

私は一人じゃない。

私一人の身勝手な想いじゃない。

そう、みんなが肯定してくれている気がして。

春香のことも、肯定してくれている気がして。


みんなが傍で笑ってくれる度に。

私の胸は、ぽかぽかと暖かくなるのだ。

これはきっと、高槻さんがくれたコーヒーのためだけじゃなかった。


466以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/31(木) 01:13:43.05D6l+5lRj0 (1/6)


「ライブのお客さん、一体何人くらい来るかしら」


会場のキャパシティは三千人ほどと聞いている。

千人か、百人か、十人か、一人か。

それが何人であろうとも。

その日、そこにいてくれる人は、ずっとずっと私を待っていてくれた人。

こんな私のことを、心に留め続けていてくれた人。


「きっといっぱい、いーーっぱい来ます!」

「みんなみんな、千早さんのことを待ってたんですから!」


高槻さんが両手を広げてぴょんぴょんと跳ねる。

いっぱい来てくれるかしら。


一人でも多く来てほしい。

私のことを考えてくれていた人に、一人でも多く謝りたい。

そして春香だけでなく、一人でも多くの人に伝えたい。

私の、決意を。


467以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/31(木) 01:14:09.22D6l+5lRj0 (2/6)


「さて、私は雑誌を読むことにいたしましょう」


くすりと笑って、四条さんが手元の本に目を落とす。

その意図を察して、高槻さんがあわあわと慌てながら言い繕う。


「あっ、えっと、その、あの、お掃除! お掃除するんでした!」


話している間、私の手が止まっていたことに気付いて。

そんなこと、気にしなくてもいいのに。


「ふふふ、ありがとう」


聞こえないかもしれない音量で、小さく呟く。

ちらりと視線をやると、二人とも小さく笑っていた。


コーヒーを一気に飲み干す。

カフェインが、頭の中の霧をまたたく間に散らしていった。


468以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/31(木) 01:14:40.08D6l+5lRj0 (3/6)



書く。

消す。

書く。

消す。

書く。

書く。

消す。

書く。

書く。

書く。

消す。

書く。

書く。

書く。

書く。

書く……。




469以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/31(木) 01:18:12.45D6l+5lRj0 (4/6)



筆を走らせる手から、徐々に迷いがなくなっていく。

積み重ねてきた時間が、形のない想いに追いついていく。


「結局、最初から私にはこれだけだったのかもしれないわね」


そして私は、筆を置いて。

想いを書き終えた紙を片手に、私は扉の前に立つ。

扉に画びょうで貼り付けられた、すごろくの紙。


「もう少し、もう少しだけ待っていてね」


紙を右手で撫でながら。

その奥の扉の、更に奥に手を伸ばしながら。


「今、届けに行くから」


右の拳を握り締める。

中に、硬く四角い感触。

その拳の中には、ひとつのさいころが握られていた。



470以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/31(木) 01:20:53.69D6l+5lRj0 (5/6)


「歌詞、書けたんだって?」


レッスン場に向かう前、事務所に立ち寄るとやや不安そうな面持ちのプロデューサーがいた。


「ご心配をおかけしてすみません、ですがお陰様で、納得のいくものが書けました」

「それはよかった、けど……本番、大丈夫だよな?」


プロデューサーがカレンダーに目をやる。

ライブの日までは、もうあまり長くはない。


「大丈夫、だと思います」

「お、思います?」

「今からレッスン場で、初めて通しで歌うんです」


私の答えに、プロデューサーの表情がみるみる暗くなる。


471以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/31(木) 01:21:07.20TBD3uf/3O (1/1)

蘭 子「混 沌 電 波 第170幕!(ち ゃ お ラ ジ第170回)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1527503737/


472以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/05/31(木) 01:26:04.60D6l+5lRj0 (6/6)


「ほ、本当に大丈夫なんだよな? 場合によっては――」

「大丈夫です」


言葉を阻まれ、プロデューサーの身体が固まる。


「プロデューサー」


改めて声をかけると、再びプロデューサーの身体が時間を刻みだした。


「今から少々、お時間をいただいてもよろしいでしょうか」

「今からか……うん、二時間くらいなら」

「でしたら一緒にレッスン場へ。聴いていただくのが、一番早いと思いますから」


少し怖い、でも大丈夫、いやしかしやはり少し怖い、でもでも。

プロデューサーの表情が、そんな様子でころころと変わる。


「分かった、じゃあ、行こうか」


プロデューサーは最後に小さく、よし、と覚悟を決めるように呟いた。


473sage2018/06/01(金) 22:25:00.43S9YwWX1m0 (1/1)

面白い


474以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/06(水) 23:53:49.85t5R96Tej0 (1/2)


レッスン場には二人きり。

人が少ないレッスン場は、音が響く。

自分の声出しが小さなこだまのように聞こえる。


「この光景、久しぶりだな」

「プロデューサーに来ていただくのは本当に久しぶりですね」


レッスン場に、プロデューサーと二人。

以前、何度も見てきた光景。


また、この当たり前だった光景を目にできることが。

諦めていた奇跡の景色にも見えて。


475以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/06(水) 23:57:55.73t5R96Tej0 (2/2)


「声もだいぶ戻ったみたいだな」

「八割方、といったところでしょうか」

「やっぱり千早はすごいな、この短期間で」

「トレーナーさんのお陰です」


力量はかつてに及ばずとも。

今の私の声は、これまでの人生で最も伸び伸びとしている。

あー、あー、と声を出すだけで。

ココロが確かに満たされていくのが分かる。


プロデューサーの表情にも、先ほどの暗さはない。

幾度となく見てきた、いつもより少し険しい、仕事の顔。


「それじゃあ、準備はいいか?」


プロデューサーはしゃがみ、足元のプレイヤーに手を伸ばす。


「はい、いつでもどうぞ」


カチッと、ボタンが押される音が聞こえた。


476以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 00:11:02.812wO2LAJL0 (1/16)


ピアノの旋律が聴こえる。

つい先日届いたばかりだという、本番用の音源。

以前聴いたテスト音源ではない。


視覚を断ち鋭敏になった聴覚に、音が響く。

生の音が。

生きた音が。

指先から二の腕を伝って肩へ。

足先から脛、太股を伝ってお腹へ。

腰から背筋を伝って、首筋から頭のてっぺんへ。

ピアノの弦が弾けるたびに、つつぅっと音が登っていく。


目を開くと、正面にプロデューサーがいた。

目と目が合う。

私は、微笑んで。


静かに、口を開いた。


477以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 00:23:18.652wO2LAJL0 (2/16)



歌を口ずさみながら。


私は、短くも長いこれまでの十数年を。


一人、旅していた。




478以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 00:28:46.252wO2LAJL0 (3/16)


距離にして十数年。

時間にすればあっという間の数分。

小さな旅を終え、目を瞑って息をつく。


「プロデューサー、いかがでしたか」


返事はない。

薄らと目を開けると。

柔らかく微笑みながら、一筋の涙を流すプロデューサーがいた。

余韻を噛み締めるように間を置いてから。


「何だか、懐かしいな」


隠そうともせず、目元をハンカチで拭う。


「聴きながらね、いつかの合唱コンクールを思い出したよ」

「懐かしいお話ですね」

「ああ、あの時もこんな風に泣いてしまったんだった」

「それは初めて聞きました、そうだったんですか?」

「男の口からは、あんまり泣いた話はできないもんだよ」


そう言って笑ってから。


「でも、あの時よりずっとずっと、優しい歌だった」


私の頭をくしゃくしゃと撫でた。


479以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 00:31:20.622wO2LAJL0 (4/16)


「心配は杞憂だったな」

「でしたら、何よりです」

「とはいえ、まだ改善の余地はあるな、まず……」

「あ、ちょっと待ってください」


仕事の頭に切り替わったプロデューサーを制して。

私は、出口に歩み寄る。


「どうしたんだ?」

「いえ」


ドアを開ける。

と、ばたばたと何かが次々に倒れ込んできた。


「子猫が迷い込んでいたようなので」


我ながら意地の悪い笑みを浮かべつつ足元を見ると。

あっ、という表情で固まっている子猫が、何匹か転がっていた。


480以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 00:35:14.892wO2LAJL0 (5/16)


「おやおや、これはこれは」


プロデューサーも笑みを浮かべて歩み寄る。


「ドアの向こうから、何やらガタゴトと音が聞こえたもので」


そう言って二人で笑っていると。

足元から不満げな鳴き声が聞こえてきた。


「うがー! だって千早、水くさいぞ!」

「千早さんが一生懸命書いた歌、ミキ達だって聴きたかったの!」

「亜美達にナイショで、兄ちゃんだけずっこいよ!」

「私は別にズルいなんて思ってませんけど、ちゃんと把握しておく義務がありますから!」


我那覇さんに美希、亜美に律子。

四人が、ひっくり返ったまま文句をたれていた。


481以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 00:55:38.042wO2LAJL0 (6/16)


「ちょっと面白い四人組だな」

「律子まで一緒になって……」

「わ、悪い!? 私だって気になるものは気になるんだから!」

「それに四人だけじゃなかったの」

「さっきまでみんないたんだぞ」

「でもスタコラサッサーって逃げちったんだよ」


矢継ぎ早にあれやこれやと弁明されて。

流石の私も、思わず声を出して笑ってしまった。


ああ、ここだ。

ここが、私の居場所だ。


笑いながら出てきた涙。

拭いたくない涙というものもあるんだと。

この事務所が、みんなが。

初めて教えてくれたんです。


482以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 02:28:03.492wO2LAJL0 (7/16)



想いを形にして。

ココロを歌に変えて。


準備は整った。

あとは、その日を迎えるだけだ。




483以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 02:40:17.722wO2LAJL0 (8/16)


復帰ライブが決まった当初。

世間の反応はそれぞれだった。

音楽誌、スポーツ紙、ゴシップ誌。

ニュース、バラエティ、ワイドショー。

幾度かそれなりに取り上げられたものの、思ったほど加熱はしなかった。


世間の労わりのお陰か。

業界でややタブー視されていたせいか。

私達が静かで冷静で、面白味がなかったせいか。

最初こそ一時話題になったものの。

それ以後、準備期間に事務所からの続報がないと、報道は沈静化していった。


それに、今回はファンクラブ限定のライブということもある。

野次馬もし辛かったのかもしれない。


484以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 03:02:34.302wO2LAJL0 (9/16)


しかしライブ本番が近づいてくると、世間も再び、俄かに色めき立ってきた。

増える話題は勿論、いいものばかりではない。


「でも、思った以上に落ち着いているものね」


事務所でカレンダーをなぞりながら、一人ごちる。


自分でも意外なほど。

かつて他人の一言一行で取り乱していたのが嘘のよう。

自分の中に柱となる信念があるだけで、こうも変わるものだったか。

過去の自分はそれほどまでに、足場もおぼつかない不安定の中だったか。


そう思っていた時、事務所のドアが開く。


「ごめんね千早ちゃん、待たせちゃったかしら」

「いえ、お忙しいところすみません、音無さん」


そう言って音無さんの手にある、イラスト入りのビニール袋に目をやる。

照れ笑いを浮かべながら、音無さんは袋を慌てて背中に隠した。


485以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 03:13:04.182wO2LAJL0 (10/16)


「招待席のチケット、でしたっけ?」

「一枚いただけませんか、自分で渡しに行きたくて」

「ええ、大丈夫よ。元々プロデューサーさんに持っていってもらうつもりだったから」


事務机の引き出しを探り、音無さんはチケットの束を取り出す。

輪ゴムで束ねられた中から一枚を抜き取り、封筒に入れてくれた。


「はい、どうぞ」

「ありがとうございます。あと……もう一つ、お願いしていいでしょうか」

「何かしら?」

「私の両親にも、招待券を送っていただけませんか」


私の申し出に、音無さんの目が丸くなる。

そしてにっこりと笑って、何度も頷いた。


486以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 03:15:56.852wO2LAJL0 (11/16)


「分かったわ、お姉さんに任せて!」

「お手数をおかけします、これが住所です」

「はい、確かに承りました」


封筒を受け取り、代わりに住所を書いたメモを手渡す。

音無さんは二つの住所を何度も何度も確認しながら。


「間違いが絶対にないように、直接ご両親にお持ちするわね!」

「あの、そんなに気合を入れていただかなくても……」

「不肖、音無小鳥! 765プロ事務員の名にかけて、絶対にやり遂げますからね!」


ふんふんと鼻息荒く、音無さんはスケジュールをチェックし始めた。

そんなやり取りにも、思わず笑みが込み上げる。


頼ることがこんなにも喜ばれるのも、初めての経験で。

年相応にもっと大人を頼ろうかな、と。

改めて思った。


487以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 03:27:44.542wO2LAJL0 (12/16)


事務所を後にして、目的の場所へ向かう。

西日になりかけた光が顔を刺す。


学校帰りの子ども達が、わいわいはしゃぎながら走り抜ける。

楽しそうな声を聞きながら。

もしかしたら、私とあの子もこんな日を送っていたのかもしれないと。

有り得ない過去に想いを馳せる。


けれど。


有り得なかったから、あの子はそこにいて。


有り得なかったから、私はここにいて。


有り得なかったから、あの子は眠っていて。


有り得なかったから、私は、歌うのだ。


人生に"たられば"は、ある。

でもそれは想像の、もしもの世界だけで。

この世界には、どこにもない。


この世界には、歩んできた、確定した過去と。

何も見えない、何も決まっていない未来しか、ないのだから。


488以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 03:35:12.792wO2LAJL0 (13/16)


白いリノリウムの廊下を歩き。

私は、いつものようにあの子の部屋へ行く。


「春香」


歩み寄り、そっと頬を撫でる。

春香の寝顔は、ただただ感情なく穏やかで。


「これ、受け取ってもらえるかしら」


枕元に、一通の封筒。

いつかのあなたへの答えを。

あの日答えられなかった答えを、持ってきました。


「どうか聴きに来てね」


それだけを済ませ、私は踵を返す。


「あなたの願いへの返事を」


私の声に応える者はいない。

けれど私は迷いなく、春香の部屋のドアを閉めた。


489以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 03:41:08.482wO2LAJL0 (14/16)




歩んできた、確定した過去も。

何も見えない、何も決まっていない未来も。

いつだって私は、何一つ選択なんてしなかった。


見えない、決まっていない未来を選択することなんて出来ない。

私はただ、未来へ向かって歩むことしかできない。


何度も思った。

さいころを振らなければ、と。


なら、振らなければ良かったの?

振らなければ、私の未来は輝いていたの?


振らなければ春香は、元気に歌っていたの?

振らなければ私は、家族で仲良く手を取り合っていたの?


これまでの私達の過去は。

私達のすごろくの、選択の失敗の結果だったのですか?





490以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 03:51:15.992wO2LAJL0 (15/16)


「じゃあ楽しかったことは、嬉しかったことは」

「私が素晴らしい未来を、一つ一つ着実に選び取った結果だというの?」


馬鹿馬鹿しい。

何て愚かな考えなのだろう。


「私はそんな上等な人間じゃない」

「人間はそんな上等な命じゃない」


そんなことができるのなら、最初からずっと、そうしているでしょうに。


私も、誰も、選択なんてしてこなかった。

ただひたすらに、歩んできただけなのだ。

雨ニモマケズ。

風ニモマケズ。

ただひたすらに、愚直に、命を歩んできただけなのだ。


選択なんてものは、最初からなかったのだ。


491以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/07(木) 03:53:30.032wO2LAJL0 (16/16)




いや、一度だけ。


たった一度だけ、誰もが選択しているのかもしれない。


たった一度だけ――。





492以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/21(木) 23:08:04.92lsNzXGhZ0 (1/7)


久しぶりにのんびりと。

時間をかけて、家へ向かった。

次第に陽は落ちていって。

いつしか辺りは暗くなっていた。


「あ」


そんな空に、星の瞬き。

夜空の星など、もう随分見ていなかった気がする。


「綺麗……」


暗くなるにつれて。

ぽつり、ぽつり、と。

星は、少しずつ増えていく。


493以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/21(木) 23:11:10.58lsNzXGhZ0 (2/7)


その光まで。

少し背伸びをすれば、手が届きそうで。


「ん、しょ」


なんてことは子どもの夢見だとは分かっているのだけれど。

それでも、つい、背伸びをしてしまう。

背筋を伸ばし、腕を伸ばす。

天に煌めく光は、私に優しく囁きかける。

その声が、少しくすぐったい。


「あの星を、胸元に引き寄せて」


手の平に集めた、光る願いが。


「前へ前へと、進みましょう」


行く先を照らす光と、なりますように。


494以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/21(木) 23:16:00.41lsNzXGhZ0 (3/7)



扉には幾重にも南京錠。

空には幾千、幾万の輝き。

透明な部屋に、夜が来る。

その夜を眩しい輝きが照らし出す。


「流れ星」


きらり、と。

願い事を唱える間もなく燃え尽きる。

それが。

一つ。

二つ。

次々に線を描いて、流星群が降り注ぐ。


「おいで、ここまで」


一筋の光が飛び込んでくる。

私は手を伸ばして。

それを、手の平でそっと包んだ。




495以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/21(木) 23:22:43.78lsNzXGhZ0 (4/7)



暖かい。

光が眩しい。

目を細めて、それでも手の平を覗き込む。


小さな鍵が、一つあった。


その鍵を、扉を固く閉ざす南京錠に差し入れる。

それを、ゆっくりと回すと。


かちゃり。


「開い、た」


南京錠が足元へと落ちて。

同時に鎖が、じゃらじゃらと音を立てて姿を消す。


鎖と鍵が、一つなくなった。




496以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/21(木) 23:28:46.85lsNzXGhZ0 (5/7)



「まだ足りないの」

「もう少し、私に光を」


また、一つの流星が流れ落ちる。

私はそれを落としてしまわない様に。

壊してしまわない様に。

優しく、両手で受け止めた。

受け止めた手には、一つの鍵。

光り輝くその鍵を、再び差し込むと。


かちゃり。


これまで閉ざし続けてきた頑強さはなんだったのかと思うほど。

二つ目の南京錠も、事も無く落ちた。




497以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/21(木) 23:32:59.43lsNzXGhZ0 (6/7)



「私が、弱かったから」


かちゃり。


「私に、勇気がなかったから」


かちゃり。


「私が、大馬鹿だったから」


かちゃり。


「鍵なんて」


もう、南京錠はない。


「最初は、かかっていなかったのにね」


目の前の扉は、ただの、普通の扉だった。




498以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/06/21(木) 23:33:44.30lsNzXGhZ0 (7/7)



北天で星が螺旋を描く。

いつかプラネタリウムで見た、天球の動き。

天を仰ぎ見る私の内は、これまでになく晴れやかだった。


「もう、遮るものは何もない」

「あとは、私が前へ踏み出すだけ」


いつしか、扉もなくなっていた。

眼前にあるのは、大きな大きな硝子張りの窓。

窓の向こうに、広い広い世界が見える。


そして、その世界の最奥に。

地平線に消えゆきそうな、ずっと遠くに。


とてもとても懐かしい。

一人で寂しく泣いている。


後姿が見えた。




499以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/21(土) 02:05:43.092Qt8X/fd0 (1/1)

早よ


500以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/07/23(月) 11:31:20.33tsfln00MO (1/1)

待ってるぞ


501以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/20(月) 03:30:15.324SieE7ha0 (1/10)



こんこん、と。

窓をノックする。


「春香」


こんこん、と。

ノックをするが、返事はない。


「そうよね、こんなに遠くじゃ届かない」


窓に手の平を当てる。

ひんやりと冷たい、最後の壁。


「あそこまで行かなきゃ」


それが、私と、彼女との。




502以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/20(月) 03:30:41.234SieE7ha0 (2/10)



右の拳を握る。

手の中には、硬い感触。

角々とした握り心地が、私の心を奮い立たせる。

私の心を沸き立たせる。


かつては恐れの象徴であった。

でも今は、意識すればするほど。


すること。

向き合うこと。

進む道筋。

進む行き先。


私の"意志"が、燦然と輝く。




503以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/20(月) 03:31:07.544SieE7ha0 (3/10)




私は、歩くんだ。


そして、あなたも。





504以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/20(月) 03:32:23.674SieE7ha0 (4/10)


「千早、もうすぐ着くぞ」

「……ぁ」


静かに体を揺すられる。

うっすらと目を開く。

どうやら社用車の中のようだった。


「ぐっすりだったな、疲れが残ってるのか?」

「いえ、車の揺れが心地良かっただけです」


505以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/20(月) 03:32:54.444SieE7ha0 (5/10)


ライブ当日。

会場に向かう車内は、本番前とは思えないほど穏やかだった。

隣に座るプロデューサーは、スケジュール表を片手に笑った。


「変な緊張もないみたいだな、いいコンディションだ」

「プロデューサー殿の方が緊張してるんじゃないですか?」

「そ、そんなこたあない、うん、ないとも、うん」

「……ふふっ」


運転席から律子の茶化し声が聞こえる。

空調が効いた車内で、プロデューサーは半笑いで冷や汗を拭った。

思わず、笑いが込み上げる。


506以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/20(月) 03:33:26.054SieE7ha0 (6/10)


窓の外に、会場となるライブハウスの壁。

駐車場へ向かい、外周を回るのが、とても懐かしい。


「もうすぐ歌うんですね」

「そうさ、この箱の中を、千早で満たしてくれよ」


みんな、この日を待ってたんだから。

そんな期待をぶつけられても。

プレッシャーは感じなかった。

あるのはただただ、郷愁のような淡い想い。


「……プロデューサーの仕事って、担当アイドルを脅すことなんですか?」


律子がバックミラー越しに睨む。


「ち、違う違う、そんなつもりじゃなくて、す、すまん千早!」

「ふふふ、分かってますよ」


窓ガラスに映る自分の表情は、驚くくらい柔らかだった。


507以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/20(月) 03:35:02.744SieE7ha0 (7/10)


駐車場から入ると。

出迎えてくれたのは、会場内に並ぶ祝花。


こぢんまりとした楽屋。

ステージ裏に並ぶ音響機器と、乱雑に転がる養生テープ。

リハーサルに向け、スポットライトの点検をするスタッフ達。


観客の入場前だが、雑然とした人の気配で満ちる会場。

まさに舞台裏といった空間の何もかもが懐かしい。


また、戻ってきたんですね。


「……いえ、まだ戻ってはいない」

「ファンの前で、ステージに立って」

「マイクに向かって声を出す、その瞬間が--」


その時を想うだけで、胸が熱くなる。


508以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/20(月) 03:35:30.034SieE7ha0 (8/10)


先に会場に向かうため、事務所を出るとき。

みんなはシンプルな一言で送り出してくれた。


やっちゃえ、と。


頑張れではなく。

負けるなでもなく。

ただ、一言。

私に全て任せると。

私なら何も心配ないと。

ただ、やりたいようにやれと。

みんな、笑って送り出してくれた。


509以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/20(月) 03:36:42.174SieE7ha0 (9/10)


観客エリアの中央に立ち、ステージをぼんやりと眺める。


活動休止前、ライブに慣れてからは。

いつも目まぐるしいスケジュールの中、時間ばかり気にしていて。

こんな気分でリハーサルを待つことはなかった。


初めてステージに立ったとき。

あのとき以来かもしれない。

シンデレラが舞踏会に足を踏み入れるときのような。

夢見る少女が、憧れに触れる感情。

そんな初な香りが、夢見心地の私を包んだ。


510以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/20(月) 03:37:27.714SieE7ha0 (10/10)


と、スタッフから声をかけられる。

マイクテストをお願いします、と。


ふと我に返り、今までの自分が少し気恥ずかしくて。

誰かに恥ずかしいところを見られていやしないかと。

ついついプロデューサーの姿を探すと目が合って。

そんな心の内を察せられていたのか、プロデューサーは笑う。


「は、はい、今行きます!」


恥ずかしさを隠すように、私は大きく返事をした。


511以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/08/21(火) 16:34:56.39y59RPcZy0 (1/1)

待ってた


512以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/10/20(土) 14:20:25.84Gcr228rHO (1/1)

待ってるぞ


513以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/10/20(土) 22:40:55.32UIIxJveLo (1/1)

掲示板が復活したので近々再開します。
恐れ入りますがもうしばらくお待ちください。


514以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/12/20(木) 18:09:37.54L4hLLrc2o (1/1)

書き進めてはいるのですが年末作業も立て込んでいてもう少しかかってしまいます。
すみません。


515以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/12/27(木) 15:10:48.18o19Kp0nd0 (1/1)

ゆっくり待ってるから、自分のペースで書いてくれ


516以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/02/21(木) 19:34:32.24qkoYkexaO (1/1)

今月中に投稿できそうです。
取り急ぎご連絡まで。


517以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:28:29.16aItq5mi3O (1/19)


リハーサルはまだ、どこか夢現で。


声は出る。

身体も動く。

大勢のスタッフの安堵の視線も感じる。


でも、これはただのリハーサルでしかない。

普段の練習と変わらない。


あと二時間もして、視界にファンが立ち並んで。

そのとき初めて。

私は私でいられるのか。


それが、分かるのでしょう。


518以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:29:10.67aItq5mi3O (2/19)


マイクテストも、リハーサルも済んで。

準備はつつがなく進んでいく。

会場の外からは、人々のざわめきの気配を感じる。

入場が始まったようだ。

あとはただ、始まりを待つだけだった。


「お、みんなも着いたみたいだな」


スマートフォンを覗きながら、プロデューサーが言った。

言われずとも、暖かい気配を感じていた。


519以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:29:47.16aItq5mi3O (3/19)


『ねえ千早、私たち、本当にいなくていいの?』


昨日、律子に心配そうに声をかけられた。

大丈夫です、きっと私は、大丈夫ですから。


『不安そうな言い方とその表情、全く噛み合ってないじゃない』


律子が笑いながら言った。

横の窓をちらりと見ると、朗らかに笑う、長髪の横顔が映っていた。


520以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:30:26.18aItq5mi3O (4/19)


『そんなドヤ顔ができれば心配いらないぞ!』


……そんなに、ドヤ顔かしら。


『ねね、ひびきん、ちょっと笑ってみて』

『え、亜美、どうして?』

『いいからいいから』

『こうか?』

『ひびきん、それをドヤ顔って言うんだよ』

『ど、どういう意味さあ!』


吹き出すのをこらえきれなかった。

どうも最近、笑いの沸点が低くなった気がする。


521以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:31:12.66aItq5mi3O (5/19)


私は、大丈夫だから。

みんなはどうか、待っていてほしいの。


『分かったわ、任せて頂戴ね、千早ちゃん』

『ボクたちは表にいるから、千早は歌にバッチリ集中して!』


あずささんと真に続いて、みんなも口々に心強い言葉をくれた。


そんな、みんなの言葉があったから。

あとは、自身の不安と過去と戦うだけ。

打ち勝って、いつものように、歌うだけだから。


522以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:34:40.39aItq5mi3O (6/19)


開演五分前です。

そんなスタッフの声が聞こえ、我に返った。


「千早、ぼーっとしてたけど大丈夫か?」

「すみません、ちょっと昨日のことを思い出していて」

「戦意昂揚の小鳥踊りか?」

「その前です」


まだ明るいステージ下からは、ファンのざわざわ声が聞こえる。

心地良い。

そう感じているのを自覚したとき。

ああ、もう私は、大丈夫だ。

そう思い、再び笑みがこぼれた。


523以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:35:20.75aItq5mi3O (7/19)


そして、照明が落ちた。

目を閉じる。


身体に張り付く衣装が心地良い。


外から響くファンの歓声が心地良い。


肩をポンと叩くプロデューサーの手が心地良い。


床から伝ってくる会場独特の振動が心地良い。


さあ、行こう。


私は真っ暗なステージの中央へと、歩を進めた。


524以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:36:46.90aItq5mi3O (8/19)


ヘッドセットから声が聞こえる。

数秒したら、開幕の狼煙が上がるのだ。


過去の私よ、さようなら。


舞台の中央でもう一度、私は静かに、目を閉じて。


五。

四。

三。

――。

息を吸って。


525以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:37:48.84aItq5mi3O (9/19)



照明が会場を照らすのと。


私が声を張り上げるのは同時で。


そしてすぐ。


ファンの歓声が、私の世界いっぱいに響き渡った。




526以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:38:20.35aItq5mi3O (10/19)



――――――――――

――――――――

――――――

――――




527以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:38:57.95aItq5mi3O (11/19)






――。







528以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:39:57.48aItq5mi3O (12/19)



ここは、どこだろう。


どこか、柔らかくて、暖かいところの上で――。


気持ちがふわふわしていて。

自分が誰なのか、何をしていたのか。


何も思い出せないや。


529以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:40:52.36aItq5mi3O (13/19)


ぼんやりと思い出せるのは。

私が小さかった頃の。

ずうーっと昔の、ちいさな思い出。

私の前を歩く、男の子を追いかけている風景。


その子は、近所に住んでいる男の子。

私よりいくつか年上で。

いっつも私は、その後ろをついて歩いていたっけ。


その背中を追いかけていれば、何も不安はなくて。

どこへでも連れて行ってくれるって。

きっと、いつまでも連れて行ってくれるんだって。

ずっとずっと、そう思っていたんでした。


530以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:41:46.29aItq5mi3O (14/19)


その男の子は、いろんなことを教えてくれました。


楽しい遊び。

びっくりすること。

ちょっと怖いお話。


新しいこと一つ知るたびに、私は一つ大きくなって。

たくさんの可能性を感じて。

お嫁さんとか、パン屋さんとか、お菓子屋さんとか。

私は将来、ああなるんだ、こうなるんだって。

ずっとずっと、夢見ていました。


531以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:42:22.66aItq5mi3O (15/19)


男の子をお兄ちゃんと呼ぶようになって。

そんなある日、お兄ちゃんに呼ばれて。


『公園に、おもしろい人がいるよ』


って。

お兄ちゃんについて走っていくと。

公園から小さな歌声が聴こえてきました。


532以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:43:05.99aItq5mi3O (16/19)


公園の片隅に、その人はいました。

顔見知りの子どもたち数人と、そのお母さんたち。

みんなに囲まれて、一人のお姉さんが、笑顔で歌っていました。


子どもたちの手を取って、踊ったり、静かに聴かせたり。

それを眺めるお母さんたちも笑顔で。

その歌声と姿に、みんなが幸せそうでした。


あとから来た私を見ると。

お姉さんは優しく声をかけて、手を伸ばしてくれて。

私もそこへ、笑顔いっぱいで走っていきました。


533以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:43:52.95aItq5mi3O (17/19)


あとから、そのお姉さんはとっても有名な人だと知りました。

しばらくして、急に引退してしまったけれど。

そのニュースでも、お姉さんは幸せそうで。

引退を惜しむ人たちも、まあ仕方ないか、って笑顔で。


私、こんな人になりたいんだって。

初めて、確信的な想いを持ちました。


私、みんなを幸せにするアイドルになりたいって。

このとき、初めて思ったんです。


534以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:44:25.94aItq5mi3O (18/19)



そうだ、思い出しました。


私は、天海春香。


アイドルを夢見る、一人の女の子でした。




535以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 16:47:12.31aItq5mi3O (19/19)

2月中と言ったのにこんなに遅くなってしまい、申し訳ありません。
諸事情で通院中のため、一度タイミングを逃してしまうと期間が空いてしまい……。
時間はかかってしまいますが最後まできちんと書きますので、大変恐縮ではありますが、お時間の許す限りどうかお付き合いください。


536以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/04/10(水) 17:50:29.123xtwfmPrO (1/1)

お待ちしておりました。完走を楽しみにしています


537以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/02(日) 06:34:39.14No0ZXdNwo (1/1)

すみません、実生活で最悪のことがあり、精神的に継続が困難な状態です。
完結させるつもりなので落とさないようにはしますが、しばらくは更新できそうにありません。
申し訳ありません。


538以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:36:41.15oJPKOcJt0 (1/34)


私は、アイドルになりたいと思いました。

だからそのために、精一杯頑張りました。


小学校での音楽や体育の授業。

家でのダンス練習。


一つ一つ積み重ねて行けば。

きっとあのお姉さんみたいになれるって。

それはきっと、間違っていなくて。


ゆっくりだし、才能があるわけでもないし。

あまりにも普通の速度だったかもしれないけれど。

努力は、私を少しずつ前へ進めてくれました。



539以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:37:58.33oJPKOcJt0 (2/34)


学校では本当に頑張りました。

アイドルは歌えるだけではいけません。

歌って、踊って、お話しして、みんなを幸せにして。

そのためにはきっと、頭も良くならないといけません。


勉強を頑張りました。

友達と楽しくおしゃべりしました。


音楽や体育の授業は特に頑張りました。

一番ではなかったけれど、先生にも誉められました。

……体育はもうちょっと、頑張らないとだめだったかな?



540以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:38:53.16oJPKOcJt0 (3/34)



『大きくなったらアイドルになって、たくさんの人をしあわせにしてあげたいです』


私が初めて確信した、将来の夢。

その実現に向けて、小さい子なりに、一生懸命でした。

お父さんもお母さんも、私の夢を聞いて、応援してくれました。

春香ならきっと、優しいアイドルになれるよ、って。


お兄さんも手伝ってくれました。

スパルタだー!とか言いながら。

どこで聞いたか分からない特訓もしました。

テレビに出ていたトップアイドルを見て、すごいなあと言ったら。

翌日には、アイドルを目指す学校があることを調べてきてくれました。



541以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:39:40.09oJPKOcJt0 (4/34)


きっと私は、アイドルになれる。

ううん、なってみせる。

そのために努力するんだ。

もしかしたら……もしかしたら、力及ばないかもしれないけれど。

それでも、私にできるのは努力だけだから。

なるための努力なら、私にもできるから。



542以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:40:17.86oJPKOcJt0 (5/34)






その想いを打ち砕いたのは、遊園地での出来事でした。







543以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:40:43.21oJPKOcJt0 (6/34)


本当に突然のこと。

私は突然、急激な睡魔に襲われ、倒れるように眠ってしまいました。

最初は遊び疲れたのかな、と思ったけれど。

それ以降、時々眠ってしまうことが増え、病院に通うようになりました。


色々なことを言われました。

ナルコレプシーとか、それらしい病気ではないかとも言われました。

けれども、結論は、『分からない』。

私の睡魔の原因については、お医者さんも分からないようでした。



544以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:41:35.55oJPKOcJt0 (7/34)


それでも私は努力を続けました。


アイドルになるため。

みんなを幸せにするため。

あの日見たお姉さんのようになるため。


歌いました。

踊りました。

話しました。



545以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:42:23.95oJPKOcJt0 (8/34)



けれど、身体は努力を許してくれませんでした。


睡魔に襲われる頻度が増え。

思うように運動もできなくなり。

日に日に体力が減っていく。

小学生でも分かりました。


ああ、私、今、夢からどんどん遠ざかっている。


私、夢からどんどん、見放されている。





546以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:43:04.07oJPKOcJt0 (9/34)


必死でした。

必死にしがみつこうとしました。

けれども、病状はどんどん悪化していきます。


小学校に通える日数が減りました。

丸一日寝たきりの日もありました。

起きていても、家の中ですら動くのがままならない日が増えました。



547以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:43:36.50oJPKOcJt0 (10/34)


あれだけ輝いていた夢が。

お姉さんの姿が。

どんどん重責になって。

どんどん自分を追いつめて。


何もできなくなっていく自分が。

無力な自分が。

本当に本当に、怖くて、悲しくて、たまりませんでした。



548以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:44:07.70oJPKOcJt0 (11/34)


アイドル、諦めるしかないのかな。

そんな想いを、ずっと抱え続けていました。

中学生になっても、病状は徐々に進行していて。

私は半ば、自分に見切りを付けようとしていました。



549以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:45:00.43oJPKOcJt0 (12/34)



そんなときでした。

合唱コンクールに出ることになったのは。




550以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:45:47.61oJPKOcJt0 (13/34)


友達のケイちゃんが、一緒に出よう、と後押ししてくれました。

お父さんもお母さんも。

お兄さんも。

みんなが、出来うる限り、全ての手助けをしてくれました。


病院とお話ししてくれました。

学校の先生も、協力してくれました。

本当にたくさんの人が、私のために尽くしてくれて。


せめて、これだけでも。

このコンクールだけでも。

全力で、私の全てを使い切ってでも、歌おうと思いました。



551以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:46:22.67oJPKOcJt0 (14/34)


本番まで、辛いこともたくさんありました。

やりたいときに練習できなかったり。

みんなの足を引っ張ってしまったり。

本番当日になって、眠ってしまうんじゃないかって。

そんな恐怖もありました。


けれど、その日々はこれまでとは違っていて。

私は、ひたむきに努力しました。


少しだけ。

少しだけだけど。

小学生の頃、あの公園で、夢を見つけたとき。

あの頃の私に、戻ったようでした。



552以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:48:27.79oJPKOcJt0 (15/34)


たくさんの助力があって。

私はコンクール本番に出ることができました。

課題曲と、自由曲。

その両方を、私はそのときの全力で、歌いきることが出来ました。

ありがとう、ありがとう。

歌い終えたとき。

みんなに涙ながらにそう言ったのを覚えています。


でも、それ以上に……。




553以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:50:02.02oJPKOcJt0 (16/34)


あれは私たちの出番よりも前。

前半の、何校目だったかな。

正直、他の学校のことは全く意識していませんでした。

私たちはコンクールで賞を取る、と息巻いていたわけではなく。


中学校での思い出。

病気の友達への励まし。


そんな感じでの参加でしたから。



554以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:50:44.85oJPKOcJt0 (17/34)


でもその学校の生徒が並んだとき。

一人だけ、目に付く女の子がいたんです。


青みがかった長髪の女の子。


みんながステージ上で笑顔を浮かべる中。

端っこで独りだけ、どこか物悲しそうな女の子。

左端に座っていた私の真正面。

その子の姿を見た途端、目が離せなくなりました。



555以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:51:19.72oJPKOcJt0 (18/34)




そして、歌が始まって。


彼女一人の声が、私の耳に響きわたりました。





556以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:51:54.52oJPKOcJt0 (19/34)


なぜか分からないけれど。

その学校の歌が終わったあと。

私の顔は、涙でぐしゃぐしゃで。


あの子の歌がとても綺麗だったから?

歌うあの子が、とても悲しそうだったから?

たぶん、両方だったと思います。



557以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:52:57.77oJPKOcJt0 (20/34)


私が目指す形とは違うけれど。

人の心に届く歌を歌いたかったから。


とても悲しそうなあの子を。

笑顔にしてあげたいと思ったから。


そのとき、私はケイちゃんや先生に心配されながら。

ぐしゃぐしゃに泣きながら。

もう一度、思ったんです。

小さい頃、公園で思ったこと。



558以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 01:53:27.64oJPKOcJt0 (21/34)






私、やっぱりアイドルになりたいです。







559以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 03:13:55.092+9wG5g20 (1/1)

乙 応援してるぞ


560以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:21:04.30oJPKOcJt0 (22/34)


私は決めました。

病に負けないで、努力すると。

前へ、進み続けようと。


ウォーキングをしたり。

動画を見ながらボイストレーニングをしたり。


お兄さんは、高校を卒業したらプロデューサーを目指すと言いました。

芸能事務所の、プロデューサー。

きっと、私の夢を応援するために。


私は、諦めない。

改めて、そう誓いました。



561以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:21:49.03oJPKOcJt0 (23/34)


前に進まなきゃ。

何かをしなきゃ。

努力をしなきゃ。

その想いだけが、私を突き動かしていました。


そんな時でした。

お兄さんが、あの女の子の名前を教えてくれたのは。



562以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:22:44.21oJPKOcJt0 (24/34)




"如月千早"。


それが、あの女の子の名前。





563以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:23:17.15oJPKOcJt0 (25/34)


それまで漠然と抱いていた、あの女の子への想い。

名前を知って、私は。

もっともっと、あの子に近づきたいと思いました。


あの子みたいに歌が上手くなりたい。

あの子を笑顔にさせてあげたい。



564以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:23:55.78oJPKOcJt0 (26/34)


如月千早。

あの子も今、同じ空の下にいる。

今もあの子は、あの悲しそうな顔をしてるのかな。

今もあの子は、あの悲しそうな声で歌っているのかな。


ううん、そんなの、勿体ないよ。

あの子ならきっと、私ができないことも――。



565以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:24:31.21oJPKOcJt0 (27/34)



そして中学を卒業して。

私は、微睡む夢の中で、彼女と出会いました。

如月、千早ちゃんと。




566以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:25:02.56oJPKOcJt0 (28/34)


全てを失くした子。

未来を見出せない子。

今、とても辛い思いをしている子。

形は違っても、私とそっくりでした。


でも、一つだけ違うこと。

千早ちゃんは、目指すことが出来る子でした。



567以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:25:45.06oJPKOcJt0 (29/34)


全てを投げ捨てようとした千早ちゃんに。

私は夢の中で、思わず声をかけていました。


「それは勿体ないよ」


いつかの私も、こんな風に見えていたのかな。

そっと千早ちゃんの右手を握ると。

微かに強ばるのが分かりました。


「もうちょっと頑張ってみよう?」

「無理よ。もう、さいころを振る気力もないわ」



568以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:26:18.34oJPKOcJt0 (30/34)


ああ、私と同じだ。

頑張って頑張って、それでも見放されて。

全てを諦めてしまった、中学校に入った頃の私だ。


「一歩一歩、進んでいけばいいよ」

「私が、引っ張ってあげるよ」


そう声をかけて手を握ると、彼女は一瞬ためらって。

でも、私の声が届いたのかな。

おずおずと、握り返してくれました。



569以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:26:48.39oJPKOcJt0 (31/34)


千早ちゃんは、私だ。


「どうして、私に声をかけたの」


自分を見ているようで、辛さが分かってしまったから。


「私、助けなんてお願いしたかしら」


されてないよ。


「なら、どうして」


だって、さ。

あなたはきっと、もう一人の私だから。

頑張って報われるかもしれない、理想の私だから。



570以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:27:28.88oJPKOcJt0 (32/34)


引っ張ってあげるよ。

だから、その代わりね。

絶対に、前に進むことをやめないで。


私は、頑張ってきた。

けどね、どこかで私は無理なんだって。

どこかでね、分かり始めてたんだ。



571以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:27:56.50oJPKOcJt0 (33/34)


だから、千早ちゃんにはね。


「はいっ、ゆーびきーりげーんまーん!」

「え?」

「うーそつーいたーらはーりせーんぼーんのぉーますっ!」

「あ」

「はいっ、ゆーびきった!」


進んで欲しいんだ。

だって、千早ちゃんの瞳の奥にね。

"前に進みたい"って、願いが見えてしまったから。



572以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/07(金) 05:29:29.50oJPKOcJt0 (34/34)


どこへ進むか、分からなくてもいい。

いつも必ず正解を選ぶ必要なんてない。


一つ一つの出会いにしっかり目を向けて。

そこから見える光を追いかけていこうよ。


そんな千早ちゃんの、後押しをするために。

きっと、そのために。


私は、千早ちゃんと、出会ったんだよ。



573以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:31:28.249+Zy6u7A0 (1/37)



それからは、本当に幸せな日々だった。


千早ちゃんが一歩一歩、前へ進んで。

事務所で、いろんな光と出会って。

その光に導かれて、私が夢見た道を進んでいく。


私と同じ存在である、千早ちゃんが。



574以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:32:15.299+Zy6u7A0 (2/37)


私は私で頑張ったんだ。

眠ってしまう日はどんどん増えていく。


それでも、私は諦めなかった。

千早ちゃんが、手を握ってくれるから。

千早ちゃんが、前へ進もうとしてくれるから。


千早ちゃんが、私の想いは間違ってないって。

前へ進もうとしながら、証明してくれていたから。



575以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:32:51.509+Zy6u7A0 (3/37)


千早ちゃんは、事務所の人たちのことを教えてくれた。


プロデューサーさんになったお兄さん。

社長。

小鳥さん。

美希。

あずささん。

伊織。

やよい。

真。

雪歩。

律子さん。

亜美。

真美。

四条さん。

響ちゃん。


カラフルな光で千早ちゃんを導いてくれる人たち。

そして同時にその人たちは、私にとっても光だった。



576以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:33:36.279+Zy6u7A0 (4/37)


騒がしくも満たされた日々。

千早ちゃんは日に日に笑顔が増していった。

レッスンを受けて、歌って踊って、少しずつお仕事も来て。


千早ちゃんは前に進んでる。

だから、私も前に進まないと。


動ける時間は日に日に減っていく。

体力は衰えて、ダンスなんて出来ない。

お腹から声も出せない。



577以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:34:27.339+Zy6u7A0 (5/37)


それでも、それでも。

私は、前に進みたいんです。

千早ちゃんがそうしてくれているように。

私だけ、歩みを止めるわけにはいかないんです。


怖いとか。

諦めとか。


いろんな言葉が過ぎりました。

でも、私は、それでも進もうとしました。



578以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:35:21.919+Zy6u7A0 (6/37)


千早ちゃん。

いっこ、ごめんなさいがあるんだ。


千早ちゃんのデビュー曲。

すごく綺麗だし、大好きなんだけど、ちょびっと嫌い。

前に進もうとする前の。

合唱コンクールの時の千早ちゃんを思い出してしまうから。


でも、本当に嬉しかったんだよ。

千早ちゃんが、認められて。

私の想いが、叶ったみたいで。



579以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:36:19.969+Zy6u7A0 (7/37)



けれどあの日、千早ちゃんの心は砕かれてしまった。

心ない、たった数枚の紙切れで。


砕けた心を必死に押し固めながら進もうとする姿は。

見ていて、本当に辛かった。


ごめんね。


何もしてあげられなくて、ごめんね。


辛かったよね。

苦しかったよね。

私なんかよりも、ずっと、ずっと――。



580以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:37:06.839+Zy6u7A0 (8/37)


その頃、私もお医者さんから言われました。

厳しいことを言うようですが、このまま悪化の一途を辿るだろう、と。


つまりそれは。

私の時間がなくなるということ。

私という存在が、消えてしまうということ、でした。



581以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:37:56.529+Zy6u7A0 (9/37)



分かっていました。

いつかこんな日が来ることは。


でも、神様。

もしもいるなら、言わせてください。


どうして。

私、頑張ったのに。

何も悪いことしてないのに。

色んなこと我慢して、必死に。


なんで。

なんで、神様。



目指すことさえ許してくれないんですか。




582以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:40:24.089+Zy6u7A0 (10/37)



涙を堪えきれませんでした。

でも、私が嘆くことに意味はないから。


ならば、せめて。

せめて、私にできる最後のこと。

せめて、最後に。

千早ちゃんには。

千早ちゃんには、前を向いて欲しい。


だって……だって!


千早ちゃんは……千早ちゃんは、私の――。





583以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:42:04.439+Zy6u7A0 (11/37)



けれど、千早ちゃんは心を閉ざしてしまった。

私は夢の中で、壁の向こうへ追いやられて。

千早ちゃんは、小さな部屋に閉じこもってしまった。


「待って! 待ってよぉ!」


涙が溢れる。


「行かないで、行かないでよ!」


がちゃりと、鍵がかけられる。


「開けて! 開けてよぉ! 千早ちゃん、千早ちゃん!!」


何度体当たりをしても、弱り切った私ではびくともしない。


「開けてよ! 千早ちゃん! お願い、お願いだから!」


壁の向こうから、千早ちゃんの弱々しい声が聞こえた。


「もう、私は疲れたのよ……もう、何もしたくない……」

「イヤだぁ……そんなの、イヤだよぉ!」


私は、叫びました。



584以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:42:45.289+Zy6u7A0 (12/37)



千早ちゃん。

千早ちゃんは私なんだよ。

千早ちゃんは、前へ進むことが出来る私なんだよ。


私が思い描いてきた夢。

私が、小さい頃から願っていた姿。

諦めかけた私を、救ってくれた人。


千早ちゃん。

あなたは、そんなすごい人なんだよ。




585以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:43:35.299+Zy6u7A0 (13/37)



千早ちゃん。

千早ちゃんは私なんだよ。

千早ちゃんは、前へ進むことが出来る私なんだよ。

私が思い描いてきた夢。

私が、小さい頃から願っていた姿。

諦めかけた私を、救ってくれた人。

千早ちゃん。

あなたは、そんなすごい人なんだよ。




586以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:44:23.379+Zy6u7A0 (14/37)

すみません、>>585はミスです。
無視してください。


587以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:45:13.839+Zy6u7A0 (15/37)






「嫌だよぉ!!!」







588以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:45:46.359+Zy6u7A0 (16/37)



千早ちゃんはね。


「……だって、千早ちゃん……指切り、したもん……」


私の全てなんだよ。

千早ちゃんが前に進むことはね。


「絶対に、前に進むことをやめないで……ってぇ……」


私が生きた証なんだよ。




589以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:47:41.329+Zy6u7A0 (17/37)



私の夢。

私の想い。


押しつけがましくてごめんね。

傲慢でごめんね。


それでも、どうか。

どうか、私の全てを。

肯定して欲しいんだ。

千早ちゃん。

他でもない、あなたに。




590以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:48:21.719+Zy6u7A0 (18/37)



「今度新曲を出す時は、明るい歌を歌ってほしいな」


体が震える。

やっぱり、怖いよ。

消えてしまうことがじゃない。


千早ちゃんと、一緒にいられなくなることが。

立ち直るところを、見届けられないのが。

それが、たまらなく怖いんだよ。



591以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:48:54.099+Zy6u7A0 (19/37)



「だって……友達が寂しそうに歌ってるのなんて、見たくないよ」

「とも、だち……?」

「うん。大切な大切な、友達」


そうだよ、千早ちゃん。

私は、そう思ってるよ。


笑顔が素敵な千早ちゃん。

意外とすぐ拗ねる千早ちゃん。

ムキになる千早ちゃん。

笑い上戸な千早ちゃん。


全部全部、大好き。

大好きな、千早ちゃん。




592以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:50:21.529+Zy6u7A0 (20/37)



でも、こんなお話ももう限界。


「千早ちゃん。さっき頼んだこと……できれば、お願いね」


そして、神様。


「ばいばい、千早ちゃん」


もし、神様がいるのなら。

願わくば、どうか、千早ちゃんを――。




593以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 21:51:10.189+Zy6u7A0 (21/37)






そして私の世界は、独りになった。







594以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:01:41.259+Zy6u7A0 (22/37)



すぐ近くに、泉があった。

覗くと、千早ちゃんの姿。


「千早ちゃん!」


名前を呼んだ。

でも、返事はない。


「千早ちゃん……」


その姿は、別れ際の時のまま。

傷つき、感情を失くした、悲しい姿だった。




595以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:04:50.109+Zy6u7A0 (23/37)



私は見ていることしかできない。


みんなの辛そうな表情。

周りを突き放す千早ちゃん。

私に話しかける千早ちゃん。


私は見ていることしかできない。

千早ちゃんが自分自身に追いつめられ、苦しむ姿。


千早ちゃん、私はここにいるよ。

千早ちゃん、私はそばにいるよ。


距離はとても離れているかもしれないけれど。

私はいつも、あなたの隣にいるんだよ。


そんな心の叫びも、今の千早ちゃんには届かない。




596以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:07:15.559+Zy6u7A0 (24/37)



独りぼっちの世界。

他に誰もいない。

何もない。

ただ、私が在るだけ。


きっとあの病院のベッドで眠り続けている限り。

私は、このままなのかな。

寂しいなぁ。

寂しいよ、千早ちゃん。




597以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:12:59.069+Zy6u7A0 (25/37)


私は独りぼっち。

千早ちゃんと離れて、初めての独りぼっち。


前は家族がいた。

友達がいた。

お兄さんがいた。


いつも隣には、千早ちゃんがいた。


その千早ちゃんが、隣にいない。

ずっとずっと、このまま独りなのかな。


これが私の、いるべき場所。

運命、だったのかな。



598以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:14:02.219+Zy6u7A0 (26/37)



――どれくらい時間が経っただろう。

独りきりで、座り込んで。

泉の中の千早ちゃんを見つめて。


ふと、どこからか、光が見えた。

カラフルな、千早ちゃんを導いてきた光。

それらが私の前で、手招きをしてる。


「今更どうしたのかな……」


光は見える。

見えるというか、感じる。

泉の中から。


「こっち……?」


ふらふらと、誘われるように泉に手を差し入れる。

暖かい光が、私を引っ張ってくれた。




599以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:44:54.909+Zy6u7A0 (27/37)


すぐ隣に、千早ちゃんがいた。

雨に濡れそぼって、ノートを抱えて。


「千早ちゃん!」


私は必死に呼んだ。

けれども、その声は届かない。


代わりに見えるのは、怯えの瞳。


何度声をかけても。

何度その肩に触れようとしても。

千早ちゃんは、怯えた声をあげて逃げてゆく。


待って!

待ってよ千早ちゃん!


私はここにいるよ!

千早ちゃん!



600以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:45:27.769+Zy6u7A0 (28/37)



千早ちゃんは、雨と涙に濡れて。


私は逃げ込む千早ちゃんと共に、部屋へと入った。

無機質な、でもところどころにみんなの思い出が詰まった。

千早ちゃんの、大切な部屋。

千早ちゃんが最後に逃げ込める、大切な部屋。


そんな玄関先で。

びしょ濡れの千早ちゃんが、座り込んでいた。

私のノートを、握りしめて。


私も、その隣に座りこんだ。

微かに伝わる体温が、暖かい。

神様がお願いを聞いてくれたのかな。



601以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:46:07.529+Zy6u7A0 (29/37)


千早ちゃん、そのノート、読んでくれないかな。

私の想いを込めた、その夢のノートを。


千早ちゃんの指は動かない。

ノートを開こうとしているのに、何かに怯えているようで。


大丈夫だよ、千早ちゃん。


透き通った私の手が、千早ちゃんの手と重なる。

ゆっくりと、ノートのページをめくる。


暖かい。


千早ちゃん、あなたはこんなにも、暖かい人なんだよ。



602以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:46:43.789+Zy6u7A0 (30/37)



一枚、一枚とページをめくる。

読み上げる千早ちゃんの声が、徐々に震えていく。


最後のページ。

私が、書ききることが出来なかった、白いページ。

そこにある、微かな跡を見て。

千早ちゃんの嗚咽が漏れた。


そうなんだよ、千早ちゃん。

本当はね。

本当に、私が思い描いた夢は、ね――。




603以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:48:05.929+Zy6u7A0 (31/37)



読み終えた千早ちゃんは、泣きじゃくっていた。


そっか。

やっと私の想い、届いたんだね。

なんだかなあ……私、口下手だから。

もっと早く伝えてあげられたら、良かったのかな。

そしたら、こんなに苦しむこともなかったのかな。


ごめんね、千早ちゃん。




604以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:49:40.919+Zy6u7A0 (32/37)


部屋の外に、光が見えた。

私を引っ張ってくれた、たくさんの、導きの光。


ほら、千早ちゃん。

みんなが待ってるよ。


私の身体と、千早ちゃんの身体が重なる。

あなたが独りで歩けないなら、私が手伝ってあげるよ。

さあ、立ち上がって。



605以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:50:10.229+Zy6u7A0 (33/37)



行こう、千早ちゃん。


「うん、何も言わなくていい。さ、行ってあげなさい」


社長の言葉を背に。

行こう、千早ちゃん。

みんなのところへ。




606以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:54:43.879+Zy6u7A0 (34/37)



二人の力で、マンションの階段を駆け下りる。

もうここまでくれば、大丈夫だよね。


ありがとう、神様。

私の最後の願いを聞いてくれて。


みんなに駆け寄って。

囲まれて、涙が溢れる千早ちゃんは。

きっともう、私がいなくても大丈夫で。

あの日、私が夢見た千早ちゃんの姿でもあって。




607以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:55:28.649+Zy6u7A0 (35/37)



みんなから代わる代わる声をかけられてるのに。

えへへ、千早ちゃん、まともに返事できてないじゃない。

そんな時はね、千早ちゃん。

一言でいいんだよ。


最後の最後に。

意地っ張りで恥ずかしがり屋な千早ちゃんに。

一言だけ。



ねえ、千早ちゃん。


みんな、その言葉を待ってるよ。





608以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:56:05.989+Zy6u7A0 (36/37)



「ただ、いまぁっ……!」


頑張ったね。

よく言えたね。

よく、言ってくれたね。


涙で顔をぐしゃぐしゃにしながら言う千早ちゃんを見て。

もう大丈夫だね。

また、立ち上がれるよね。


千早ちゃん。

千早ちゃんには、みんながいるよ。


だからね。

ゆーびーきーりげーんまーん……。

約束、だからね――。




609以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/06/08(土) 22:56:47.139+Zy6u7A0 (37/37)






そして私は。


暗闇へ溶けていく。







610以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/07/17(水) 23:52:11.89DmRi+1R2o (1/1)

すみません、まだ続きをかける状況にありません。
お待ちいただけますと幸いです。


611以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2019/09/20(金) 05:20:27.12kH4hQ1Vwo (1/1)

近々投下しますので、しばらくお待ちください。