439 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 19:36:32.77Z+JuEd6do (6/17)

短く返事をして、私が食堂に入ると彼女も後をついてきた。

どこまで似ているのかしらね?

結局同じものを頼み、同じように食べる。

違いがあるとすれば、毎回思うのだけれど、彼女食が細すぎじゃない!?

茶碗2杯で十分なんて、本当に驚きだわ。

ソレ以外は普通に食べ終わって、一服。

夕焼けを見ながらお盛んな陽炎型の青姦を眺めてると。

やっぱりムラムラするのよ。

興奮したとあの場でおっぱじめても誰に咎められたりはしなかっただろうし。

彼女も受け入れたかもしれない。

そこでヤらないからヘタレズって言われるのよね。


440 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 19:50:22.65Z+JuEd6do (7/17)

煙草をもみ消して自室に戻ろうと立ち上がると、これまた彼女はついてくる。

部屋に入ろうとすると、鍵が。

「私が居なければどうするつもりでした?」

チャラチャラと鍵を鳴らす彼女に場所を譲る。

嫌味の一つも言われる覚悟はしてたけど、無言で入室。

あの娘だったら鬼の首を取ったように、煽りまくって来るところなのにね。

勝手知ったるなんとやらで、お茶を入れ始める彼女を尻目に。

ちゃぶ台について、もう一服。

彼女がお茶を持って戻ってきたわ。ご丁寧に私の分まで。

啜りながら沈黙が・・・。と思ったのだけれど。

それほど長続きはしなかった。


441 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 20:05:34.22Z+JuEd6do (8/17)

「何が目的です?襲って来るわけでもないし」

直球ね。

こちらが黙っていると、キレて襲ってくれるかしら?

そんな甘いこと考えて、私も情けない話ね。

「瑞鶴先輩の代わりっていうなら、お断りですから」

「タチネコ両方いけますけど。そうじゃないでしょ?」

「そりゃこのコスプレは、まあいい感じですよ?道着とか正直めっちゃ着たいし」

「でもなんか違うんですよね~。加賀さんもそうでしょ?なんかずっと変だし」

一人でペラペラとよく喋る。

「別に浮気相手なんてそこらじゅうに転がってるじゃないですか?」

「ツインテなんてそこらにいるし、なんでわざわざ私をツインテに?」


442 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 20:21:10.87Z+JuEd6do (9/17)

「露骨なんですよね。さっきだって陽炎一家大乱交チラガン見だし」

バレてた。でもツインテは私の落ち度。狙って無い。

そのつもり。

「むっつりなのはまあ知ってますけど?流石に半端なのはムカつくんで」

「ハッキリさせません?このさい」

矢継ぎ早に言われると言葉につまる。

殺し合いなら考える前に体が動くのだけれど。

どうしても言葉でのヤリトリって苦手なのよね。

しばし無言。そして彼女の大きなため息一つ。

「正直、瑞鶴先輩に思うところあって、でしょ?」

私の鈍い表情筋があのときは仕事したようね。


443 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 20:47:23.39Z+JuEd6do (10/17)

「顔に出るってことは、図星っすか?まあアタシもなんスけど」

彼女も煙草に火を着け、こちらの様子を伺ってたわ。

「マジ図星っぽいですね。ぶっちゃけ瑞鶴先輩へのグチ、以前なら余裕の鉄拳制裁でしたよ?」

そうだったかしら?

「揃いも揃って都合のいいオンナっすねえ。まあアタシもか」

「前置きはいいとして、アタシにだってその気になればなんとやら」

「半端な粉かけじゃ、それこそ今から陽炎家に嬲られに行く感じです」

さらっと失礼なこと言われたけれど、ソレどころじゃないわね。

「・・・はぁ。アタシも微妙ッスね。これじゃ」

「実際ムラってんのお互いさまなんすよね~・・・」

「でもなんかこう、新鮮味っていうか~・・・」


444 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 20:57:26.17Z+JuEd6do (11/17)

今度は一人で勝手に落ち込み始めた。

「加賀さんって、私のこと抱いたこと無いですよね?」

はぁ!?流石に声が出たわ。

「サーセン。自発的に。自分の意思でってことっス」

驚いたわよ。でも言われるとそのとおりなのよね。

あの娘に言われて、ソレこそ遊びの延長か。

酒の肴や暇つぶしだったかしら?

「んで、アタシもそーなんすよね。加賀さんとヤったのって」

「瑞鶴先輩ともなんつーか惰性?みたいな部分あって」

いつの間にか酒を注がれたのは驚いたわね。

でもアルコールは潤滑油として優秀なのはみとめる。適量ならね。


445 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 21:15:45.56Z+JuEd6do (12/17)

その後はあの娘のグチの言い合い。

やれフォローが少ない、やれ自分勝手だ。

周り見なさ過ぎ、空気を読まない。

正直図に乗ってる。安心しきって緊張感を捨てた。

責めが単調で目と耳潰されても、次にどこを殴られるか分かる。

セックスが淡白過ぎて、もはや白湯。

クンニだけなら正直提督の方が上。

言いたい放題ぶちまけたの。お互いに。

久々に笑った気がするわね。そういう意味で。

なんてことはない。葛城も探してたのよ。相手を。

「いやぁスゴイシツレイ連発すればボコられっかな~?って期待したんすけどね」


446 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 21:29:16.48Z+JuEd6do (13/17)

葛城の無礼なんて瑞鶴に比べたらソレこそね。

お互いがマウントの下になりたくて、滑稽なことしてただけだったのね。

それならば、久しぶりに先輩風を吹かせるのも悪くない。

吸いかけの煙草をもみ消し、後ろに回って。

葛城の髪を解いて。

以前の私なら、そのまま殴り飛ばすか蹴り倒してたわね。

でもギャラリーも居ない。好きに遊べる。

「?」

随分と間抜けた顔をしてこちらを見上げてたわ。

流石に空気の違いぐらいは嗅ぎ取ったようだったけれど。

板の間の椅子に座り、彼女を見下ろしたあたりでようやく反応したけれど。


447 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 21:49:56.05Z+JuEd6do (14/17)

遅すぎるわね。

提督ですら、もう少しマトモな反応するわよ?

慌てて服を脱ぎ散らかして、足元に正座。

反応の鈍さを指摘して殴るのは簡単。

やり直し。私は短く一言。そう伝える。

服を脱ぐために着直す姿は見ててソソるわね。

でもニヤけた顔が気に食わない。

そんなに脱ぎたいのかしら?露出の癖があったのね。

それか何かを期待してたのかしらね?

何故勝手に脱いだのか?声掛けはどうした?

問いただすと、あっけにとられた半分やっちまった半分。


448 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 22:06:34.48Z+JuEd6do (15/17)

でもそこで素直に詫びを入れるのは高評価。

「失礼しました!脱がせてください!」

叫んで脱ぎ始める。服は投げ散らす。

瑞鶴は何を教えて来たのか。落胆が大きくて目眩がしたわ。

当然やり直し。脱ぐのを許可した記憶は無いと。

マジ?って顔。表情筋が緩すぎる。

次は私の許可まで待ったけど、服は汚い。

当然やり直し。その旨指摘。

そこで私は煙草を咥える。

気がついた様子は無い。注意力不足ね。

なんの躊躇無く脱ぐ許可を求めて来た。


449 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 22:21:22.28Z+JuEd6do (16/17)

どうぞとそっけなく伝え、やり直すために脱ぐ様子を眺める。

流石に私も濡れ過ぎて、パンツ脱ぎたくなったけど。

我慢よ我慢。服は綺麗に畳んで足元に座ったあたりで煙草の存在を指摘。

「失礼しましたっ!」

慌てる姿が可愛らしい。火を着けるだけじゃなく灰皿も準備した。

覚えも悪くない。

でもライターをポケットに仕舞ったのはいただけない。

そんな贅沢なものを使える立場か問いただす。

体に収納スペースあるでしょ?

ソレだけ伝えるとおずおずと取り出し、股間に手を入れもぞもぞと。

喘ぎ声を我慢した。察しも悪くない。


450 ◆3aO5yeadrU2019/03/05(火) 22:21:58.62Z+JuEd6do (17/17)

こんなもんで

加賀はぜったいネチっこい


451 ◆3aO5yeadrU2019/03/10(日) 21:05:46.22zJASFuiEo (1/6)

でもライターがあれじゃ台無しね。

私が煙草を吸い終わるのを待って声をかけてきた。

「脱がせてくださいっ!」

こちらも食い気味み許可を出す。

脱いで畳んで正座。

遅いと伝え幾度かやり直させる。

何度目かは忘れたけれど、彼女の許可の求めを却下した。

テンプレ通りの引っ掛け。彼女は服に手をかけていたの。

それやるのタイミングが難しいのよね。

翔鶴は全然ひっかからなくて。妹の方は面白いように騙されてたわね。

半脱ぎ状態を眺めながら、しばらくネチネチといたぶる。


452 ◆3aO5yeadrU2019/03/10(日) 21:20:03.76zJASFuiEo (2/6)

何を聞いていたのか?惰性でやってるからそうなる。

裸を見せたいだけなら相手はそこらじゅうに転がってる。

その貧乳でもそれなりに相手してくれるヤツもいるだろう?

やる気が無いならソレで構わない。

力任せに犯されるのを望んでたならお門違いよ?

そう暗に伝えたつもりだったけれど、伝わったのかしらね?

流石に余裕ぶった顔は消えてたわ。

ソレが見たかったのよね。

出ていったら遊びはおしまい。だったのだけれど。

素直に土下座してきたのは驚いたわ。

逆ギレして襲ってきた誰かさんとは大違い。


453 ◆3aO5yeadrU2019/03/10(日) 21:29:50.37zJASFuiEo (3/6)

素直だけれど、面白みは薄い。

オモシロついでに、私が手を叩いたら脱げと仕込んでみることにしたのよ。

それはすんなりと覚えてたわね。

煙草を咥えたらすぐ火をつけに来たし。

でもね。あのライターをマンコに入れたら、マン汁でシケってダメになるのは目に見えていた。

案の定石が死んでたわ。

涙目になりながら、何度もこする姿を見るのは本当に股間に悪いわ。

親指が溶けたフリントのカスで真っ黒になって。

しまいには震え始める。

マンコ程度でしけるライターしか持ってないで、海ではどうするつもりだったのか。

防水ライターを持ち歩けと言われて・・・無かったんでしょうね。


454 ◆3aO5yeadrU2019/03/10(日) 21:48:04.04zJASFuiEo (4/6)

そこで殴り倒すのも面白くないから、私のお古をあげることにしたわ。

幾つかある中から選んだのは、無駄にゴツくて、角張ってるヤツ。

マンコに入れると結構痛いのよ。

細いディルドみたいのや、アナルプラグもどきまで。

色々と明石に発注したのもあるのだけれど。

無骨な市販品の方が・・・その、エロいじゃない?

眼の前にそれを転がしてやると、若干驚いた様子だったかしら?

え?くれるの?みたいな表情が、やべえコレ痛そうって変異するのがとても良かったわ。

確かに入れたときに眉がちょっと歪んでたわ。

重たいから落とすなと伝え、しばらく後に手を叩く。

すぐ脱ぐのだけれど、ライターはいい感じに落としてたわ。


455 ◆3aO5yeadrU2019/03/10(日) 22:07:39.71zJASFuiEo (5/6)

次落としたらマンコにハトメね。緩いマンコにはソレがお似合い。

当然下着は没収。

気になって仕方ないでしょうね。アレが入ってると痛いから。

落とさないように股間を上手く抑えながら脱ぐのもすんなり覚えたところで。

さっさと布団を敷いて、寝ることにしたの。

二組無いから、抱きまくらとして活用させてもらったわ。

夜中に複数回、胸の谷間で放屁音が聞こえたけれど。

故意では無いのだけれど、よく窒息させちゃうのよね。

朝はあまり得意ではないのだけれど、葛城は元気ね。

目覚ましにちょうどいいの。

妙に気持ちいいと思ったら、胸に吸い付いてたわ。


456 ◆3aO5yeadrU2019/03/10(日) 22:08:36.14zJASFuiEo (6/6)

こんなもんで

スイッチが切り替わらない不具合


457 ◆3aO5yeadrU2019/03/16(土) 20:26:13.81uLegmZt4o (1/8)

そんなことはキッチリ仕込んでるのね。

まどろみの中でやられるは好きだけれど。

二度寝するわよね。実際。

クンニや電マで起こされるよりかは、消耗少ないけど。

一長一短ね。

とりあえずシャワーで覚醒を促し、朝食へ向かう準備。

朝から全身舐め奉仕とかサせるほど元気じゃないわよ。

葛城もさっさとシャワーを浴びるよう急かし。

その間に着替え。むろん彼女の物を用意したわ。

瑞鶴のお古の安物のジャージ。

深夜のディスカウントストアに居そうなアレ。


458 ◆3aO5yeadrU2019/03/16(土) 20:39:27.16uLegmZt4o (2/8)

そんな彼女をつれて朝食に向かうと、よちよち歩きでついてくる。

奥まで押し込んで、姿勢を正して歩けばそうそう落とすことなんて無いのに。

何をビビってるのか。

「あっれ~?ツインテやめたの~?」

「瑞鶴の代わりじゃあ無いってか?」

朝から騒々しい二人。私は鼻で笑ってスルーするのだけれど。

葛城はすぐ捕まえる。

根掘り葉掘り、有る事無い事。

いい加減なことを問い、そして吹き込む。

三人を置いて一人食事をと思うと、案外じゃれ合いはすぐに切り上げてついてきた。

朝食そのものはごく普通に終えたのだけれど。


459 ◆3aO5yeadrU2019/03/16(土) 20:49:18.92uLegmZt4o (3/8)

座るときと立ち上がるときに、無駄に股間を抑える仕草が目立つわね。

食後の一服に向かうと随分と汚いモノが転がってたわね。

ボロ雑巾な提督が泣きながら詫びを叫びつつ、灰皿状態。

全くもって何をしでかしたのか。

日常の風景と言ってしまえばソレまでだけれど。

相手にする気分でもなかったし、普通に煙草を咥えると。

ズボン半脱ぎで股間からライターを取り出し着火。

収納後ズボンをあげる。

案外一晩だけで様になったわね。

関心しながら煙草を味わってるいると。

横で黙って煙草をふかしていた蒼龍がいきなり手を叩いた。


460 ◆3aO5yeadrU2019/03/16(土) 21:12:34.76uLegmZt4o (4/8)

音に反応したのか、葛城はいきなり脱ぎ、私の足元にひれ伏した。

「へー。一日目にしては反応いいじゃん。流石だねえ」

察しのいい二人は当然、今までの葛城の細かい仕草で理解していたようで。

「でもまあ流石に聞き分けろってのはまだ無理か~」

上目遣いで見てくるのは良いけれど、思いの外状況把握が遅い。

今の音、私じゃ無いわよ?

慌てて立ち上がろうとする葛城の背中に勢いよく飛龍が座る。

「で?随分と古臭いことやってんじゃん?新兵いじめって時期じゃないでしょ?」

瑞鶴がサボってたから。表向きに言えばそうなる。

だがそう答えてあの二人が納得したとは思えない。

「で、どうする?ボコる?犯す?」


461 ◆3aO5yeadrU2019/03/16(土) 21:19:17.40uLegmZt4o (5/8)

「それ葛城ちゃんにはご褒美~」

間違えて脱いだ以上、罰は必要。それを考えていたのだけれど。

二人は好き勝手に話を進める。ありがたいと言えばありがたい。

「提督と交尾させるとか?一分フェラ抜きミスれば海ぽちゃ?」

「それより提督とウナギ連結イかせ合い。先にイった方を便所で」

「提督は負けても美味しいじゃん!ナシナシ~」

お仕置き故、提督と絡むのが前提な物が多い。

案外その手の見世物としてはそれなりよ?うちの提督。

「一週間朝立ち抜き奉仕!」

「提督用尿瓶の刑!」

「いっそコテカ!」


462 ◆3aO5yeadrU2019/03/16(土) 21:46:53.82uLegmZt4o (6/8)

緑と黄色の姦しいやり取りを聞いていた葛城が若干震え始めた。

加古ほどじゃないにしても、なんだかんだガチレズなのよね。

私や瑞鶴は正直両方イケるから良いのだけれど。

そうじゃ無い娘には提督のチンコがお仕置きにはちょうどいい。

提督も無駄な抵抗せず付き合ってくれるし。文句は無いのだけれど。

実際あのままだったらそれらの中から採用してもよかったわ。

「あれ?震えてるじゃん?重いってさ~。ひりゅー太ったでしょ?」

「っは!?ばかおめえなにいってんだ!?」

「だって荷重がキツイって葛城の腕が訴えてる」

「ふざけろ緑!重くないって証明してやる!」

散々ビビらせておいて、いきなりおちゃらける。


463 ◆3aO5yeadrU2019/03/16(土) 21:50:35.27uLegmZt4o (7/8)

そのあたりの機微は勝てる気がしないわ。

彼女たちには感謝しか無いわね。

葛城から飛び降りると、提督に飛び乗り重くないと言わせる。

彼の腹の上で飛び跳ね、重くないです!って叫ばせる。

デブった娘がやる常套手段ね。

提督の悲鳴をBGMに、これからは排泄行為も許可制に切り替える。

短く葛城に伝えたわ。

ハイと短く返事が帰ってきただけ。

「・・・これマジに仕込むノリ?」

蒼龍は些か驚いた様子だったわね。

なにか問題?


464 ◆3aO5yeadrU2019/03/16(土) 21:52:17.03uLegmZt4o (8/8)

こんなもんで

Newソートしたら着任順だと瑞鶴が加賀より先輩だったことに気がついた俺提督


465以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/03/17(日) 09:03:13.68+cNTedwf0 (1/1)


濃厚なレズの後ろで雑に扱われる提督いいね


466 ◆3aO5yeadrU2019/03/27(水) 21:01:43.92o4FrDKKSo (1/9)

短い答えだけれど、彼女には違和感があったのかしら?

「まぁ~うん。いいけどさぁ~?そっか~」

訝しげにこちらを眺めてくるんだもの。勘のいい娘よね。ほんと。

「火遊びもホドホドでね?・・・おい黄色~。デブって無いなら提督の金玉に乗っても大丈夫だろ?乗ってみろよー!」

「上等だ緑コラっ!おら股開けっ!・・・あ?てめぇ抵抗するとか、私が太ったって言いたいのっ!?」

「デブは事実だって。受け入れろって。運動しろって。提督とセクササイズでもしろって」

「ふざけろ。大丈夫だし!余裕だし!ほら金玉出せ!そこのベンチにチンコ乗せろ!」

それ以上追求はしないって言外でおちゃらけつつ伝えてくれるの。

提督がいい感じの悲鳴を上げてるのを後に、軽い運動も兼ねて弓の訓練でも。

慌てて服を着ながらついてきたけれど、正直全裸でも構わなかったのだけれど。

流石に露骨過ぎて葛城も遠慮したのかしらね?


467 ◆3aO5yeadrU2019/03/27(水) 21:18:58.88o4FrDKKSo (2/9)

それはそうと、人に教えるのも久しぶり。

案外筋は悪く無いのよ。葛城。動きも無駄がないし。

陰陽絡みは一切わからないから、そのへんはスルーね。

瑞鶴はどうしてたのか、わからないけど。

そんな風に眺めていると、何やらもじもじし始めたから。

頃合いねえ。それ見るだけで濡れるわよ。

トイレ。まあ小便なのはすぐわかったけど。

「あの・・・トイレに・・・」

その訴えを無視して本数を伝える。

まだ我慢出来るはず。

そんな状態で射っても当たるものも当たらないわよね。


468 ◆3aO5yeadrU2019/03/27(水) 21:33:26.43o4FrDKKSo (3/9)

わかりきってるけど、楽しいのよ。

同じだけ射るように伝えると、先程より大きな声で。

「あのっ!トイレ!行きたいっっっです!」

二回目で大声出せるのはいい娘ね。気に入ったわ。

どちらと問うと、おしっこです!と大声で。

まだ限界は遠いなと。当てたら行かせてあげると。

瑞鶴をみんなでいちびってたのを思い出すわね。

漏らすか当てるかを賭けて。

シカトしてトイレにっていう選択肢を選んだのは瑞鶴だけ。

翔鶴みたいに泣きながら漏らすのもいいけれど。

葛城のことだからあっけらかんとトイレに向かうっていうのも予想はしたけれど。


469 ◆3aO5yeadrU2019/03/27(水) 21:46:23.54o4FrDKKSo (4/9)

マジメに我慢しながら練習を続けようとしてたわ。

無駄なことって本人もわかってるでしょうに。

もじもじと足を動かしていたのが、地団駄に変わり。

マンコから抜けたライターが床に落ちたあたりで決壊したわね。

「あ・・・」

短く一言。安堵のため息と共に足元に水たまりを作って。

漏らした瞬間の開放感の良さは分かるのだけど、余韻に浸るほど余裕のある立場では無いでしょうに?

こちらを恐る恐る振り向くのも気に食わないわ。

その動きに合わせて、二の腕を射抜いてあげたら良い悲鳴上げたわ。

「ひぎゃあああ!?」

まさかそこまでサれるとは思ってなかったのかしらね?


470 ◆3aO5yeadrU2019/03/27(水) 21:58:38.92o4FrDKKSo (5/9)

出す許可は与えていないと、のたうち回る顔を蹴り上げる。

髪の毛を掴み引き上げ、汚れた場所を早く掃除しろと伝えながら数発殴ったあたりで泣き始めた。

「ごべっ!・・っさびぃ!」

詫びを入れるのが遅すぎると、腹の中で呟いて。

代わりにつま先を下っ腹にプレゼントしたら、残尿?

を、また漏らしたので思いっきり床に叩きつけてさっさと掃除しろと。

自分のぶちまけた血と小便を舐め取るのを眺めて一安心。

雑巾でも取りに行ったら頭抱えるところよ。

片手に矢が刺さったぐらいで流石にパニック起こすほどヤワじゃ無いわね。

何本ぐらい耐えられるかと。

とりあえず逆の手や太ももを射抜いてみたら掃除が止まったの。


471 ◆3aO5yeadrU2019/03/27(水) 22:07:01.83o4FrDKKSo (6/9)

刺さるたびにぎゃーぎゃー叫んでうるさいのよ。

叫ぶ気力も痛みに震える体力があるのに舐め掃除は止めるとか、許せないじゃない?

動きが止まってることを咎めつつ、矢尻を変えて肩と脛、肋を砕いたら。

糞まで漏らしてあっさり失神。大破手前の中破ってあたりでよ?

そのまま捨て置いても文句言われる筋合いすら無いヘタレっぷり。

気が抜けてるにも限度があるでしょう?

命乞いすらせずに即落ち。

場所が場所だからしかたなく外に蹴り出して掃除だけはしたわ。

雑巾がけっていうのは結構好きだから構わないのだけれど。

捨てた葛城を見に行くと、意識を取り戻すことなく痙攣しながら色々と汁を吹いていたの。

それを枝で突付いて様子を見ている日向と出会った。


472 ◆3aO5yeadrU2019/03/27(水) 22:22:46.91o4FrDKKSo (7/9)

「使って構わないかな?これではなく、道場の方だが。中では瑞雲は飛ばさないと誓うよ」

改造が近いと修練に励む彼女は努力家よね。

快く場所を譲って、葛城の頭を踏みつける。

刺さった矢を引き抜いて、風呂に引きずって投げ込んで放置よ。

邪魔なら誰かがバケツ使うでしょ?

案の定捨て置かれたのか、すぐには帰って来なかったわ。

逃げたのかとも思ったけれど、夜明けぐらいに部屋に帰ってきた。

気配はしたけれど起きて出迎える程でもないと寝直した。

目を覚ますと、全裸土下座の葛城。

「おはようございます!申し訳ありませんでした!」

寝起きに大声でそれはむしろ嫌がらせの類いよね。


473 ◆3aO5yeadrU2019/03/27(水) 22:32:34.98o4FrDKKSo (8/9)

煙草を吸おうと体を起こすと、火をつけるために跳ね起きてきた。

その時水音がして、ちゃんと便所も許可なく行かなかったようね。

覚え悪く無い。

つま先で顎を持ち上げ、寝巻きを下ろして腰を突き出すと、マンコを包むように食いついてくる。

寝起きの濃い小便も咽ずに飲み干し、尻を向けるとケツに舌をねじ込んで来る。

些か大きめの屁をぶちまけて、感覚的に健康的な一本糞をヒリ出せたわ。

そっちは咀嚼と嚥下が追いつかず、口からこぼれて私の尻肉を汚す結果に。

直食い仕込んでなかったのかしらね?

でも良くわかったわ。瑞鶴の教え方が悪いってことが。

汚れたと、尻肉にこびりついた糞を指でこそぎ見せつける。

謝ろうにも口を開けないのはわかってる。


474 ◆3aO5yeadrU2019/03/27(水) 22:34:00.29o4FrDKKSo (9/9)

こんなもんで

日向改造してくる


475 ◆3aO5yeadrU2019/04/03(水) 21:44:41.00gXiAZPX+o (1/9)

必死に急いで飲み込むとごめんなさっ!の辺りでビンタをプレゼント。

さっさと全部口にいれなさい。

「はぃぃっ!」

這いつくばって食べ始めたけれど、飲み込むことは許さない。

良いというまで飲み込むな。咀嚼し続けるよう命じる。

すでに胃がいい感じになってるようで、薄い腹筋がヒクヒクしてたわ。

嘔吐く様子も見て取れた。

我慢はしていたようだけれど、茶色の鼻水が垂れ始めたのがね。

鼻提灯まで茶色なのは、流石に笑いをこらえるのが大変だったわ。

自分の意思に反して、胃からせり上がって来てたんでしょうね。

時々ゴポっと音がして、頬が膨らんでたもの。


476 ◆3aO5yeadrU2019/04/03(水) 22:00:41.90gXiAZPX+o (2/9)

そうなったら、飲めと言われても飲めないものよ。

口の端からポタポタと下痢になったものを垂らしたのを見て、飲んで良いと。

飲もうと努力しただけましね。

目に見えて鳩尾は凹んで膨らんでの繰り返し。

手で口を抑えても指の隙間から溢れて。

限界ね。そこで腹パンはセオリーだけれど。

トドメは刺さないで眺めているのも面白いのよ。

鼻からゲロ糞の滝を垂れ流すのはほんと絶景よ。

決壊したダムは止まらないから、マーライオンまで披露してくれたの。

「ごべっ!っべ!・・・じゃじ!」

あの状況で詫びを入れるのは止めたほうがいいの、それをやる程度にはパニクってたのかしら?


477 ◆3aO5yeadrU2019/04/03(水) 22:12:20.89gXiAZPX+o (3/9)

声と出そうとするたびに、胃がひっくり返って出そうとするじゃない?そうなっちゃうと。

吐く物が無くなったのを見計らって、下腹部を蹴り上げると。

綺麗な血を吐くのよ。

咳き込みながら血を吐くのを尻目に、シャワーを浴びてスッキリする。

なんとか吐いたものを飲み込もうとして、再び吐くを繰り返す様子を確認したので満足よ?

戻るまでに綺麗にしておけとだけ伝えて、朝食に向かうことにしたの。

「オェエエ!ゴホッ。ぅぉえええっ!」

BGMにちょうどいいわね。提督の嘔吐きと比べたら雲泥の差。

そのまま聞いていたい気持ちはあったけれど、私の胃がそれを許さなかった。

一人で食堂に向かうのも久しぶりだったわね。

まあ道中うるさい緑と黄色に絡まれて、傍らにはボロ雑巾な男が一人。


478 ◆3aO5yeadrU2019/04/03(水) 22:21:03.89gXiAZPX+o (4/9)

いい感じに金玉が紫色になってたから、随分とシゴかれたようで。

「あれ?葛城ちゃんは?」

「逃げられた?」

開口一番それかと。部屋で吐いてる旨伝えると、ゲラゲラ笑い始めた。

「何やったの~?」

「クンニが下手だからって腹パンしまくった?」

こいつみたいにって、変色したフグリを蹴られ悶絶する提督。

朝からうるさい御一行ね。

「電マより早くイかせなかったらってのはキツイっしょ~?」

よくある理不尽な要求ね。パクることにしたわ。

あーだこーだとネタを交換しながら、食事をすることに。


479 ◆3aO5yeadrU2019/04/03(水) 22:36:39.33gXiAZPX+o (5/9)

提督は包皮に釘を打たれて、床に固定してたかしら?

まあいいわ。

食後の一服を終えて部屋に戻ると、一応完食はしてたわね。

見るとうずくまって腹を抑えて震えてたけれど。

脂汗まで垂らしてたから、ウンコが漏れそうって感じね。

一応我慢したのは褒めてあげたいところだけれど。

「トイレっ!行き、たいっ・・・でぅ!」

おかえりなさいも無しでそれは微妙ね。

無視してお茶を飲んでいると、ゴロゴロと良く鳴るの。

糞の一本程度で腹痛?鍛え方が足りないわね。

漏らすまで放置でも良いけれど、それじゃ芸が無い。


480 ◆3aO5yeadrU2019/04/03(水) 22:44:43.89gXiAZPX+o (6/9)

黄色と緑にあれやこれやと言われたことを思い出し、少し遊ぶことにしたのよ。

私をイかせたらトイレに行かせてあげる。

よくある定型文よね。それを言われて無事に済んだことあったかしら?

常識で考えれば、絶対漏らすまで勘弁しないから覚悟しろ。

って意味じゃない?

でも万が一成功すればって?そんな気持ちになるのよね。

「はいっ!舐めさせてください!おねっがい・・します!」

そこに寝ろと言って、顔騎。

鼻にケツ穴を押し付けて、口はマンコで塞ぐ。

安定の窒息スタイル。無駄な尻の肉も使いみちが有るものね。

クンニ自体は上手だったわ。


481 ◆3aO5yeadrU2019/04/03(水) 22:54:38.24gXiAZPX+o (7/9)

素直に感じて、声出ちゃったもの。

でも段々と舌動きが弱くなって、酸素を求めて手で尻を押し始めた。

当然踏みつけて押さえ込み。

実際そのまま落とすつもりだったのだけれど、その前にね。

そもそも糞を我慢した状態で、力んだらどうなるか分かるでしょうに。

呼吸が出来ない程度でパニックになるんじゃ、使い物に成らないわよ。

案の定下半身が数回跳ねて、糞尿をぶちまけることになってたわ。

しょうがないから開放したわ。

「っぷはぁ!?げっほ!」

呼吸を落ち着けようと咳き込みながら深呼吸してたわ。

髪の毛掴んで数発腹パンしたら残り滓を失禁。


482 ◆3aO5yeadrU2019/04/03(水) 23:00:26.62gXiAZPX+o (8/9)

我に返って食べます食べますと連呼してたけど、それじゃつまらないじゃない?

それには及ばないと、葛城を引きずり糞尿の水たまりへ。

ほんとに食べたい?食べたいです。

嘘つきは嫌いよ?・・・イヤです。

案外折れるのが早い。でも素直な娘は大好き。

ご褒美にイかせてあげるわ。

そう言って下痢を手で掬って、マンコに塗りつける。

「ひぃい!いやぁ!!」

何が嫌なのかしら?食べたくないって言ったから、有効活用してるだけじゃない。

ローション代わりにしながら手マンしてると、鳥肌がスゴイの。

「マンコは!止めてください!お願いします!食べますから!食べたいです!」


483 ◆3aO5yeadrU2019/04/03(水) 23:04:18.08gXiAZPX+o (9/9)

こんなもんで
5-5が終わらない


484 ◆3aO5yeadrU2019/04/14(日) 14:02:27.73GUXG2Lt/o (1/9)

手のひらのよく回る娘。嘘つきは嫌いって言ったでしょ?

これが私や瑞鶴の糞だったらどうったのかしらね?

でも自分の糞はイヤよね。だからお仕置きになるのだけれど。

親指でクリを剥きながら糞を塗り込むようにイジリ、Gスポをじんわりと押せば案外すぐに感じ始めた。

まあお互いどこが弱いかわかってるし、そのへんはね。

それでも嫌悪感は消えないのも当然ね。

嫌だ嫌だと抵抗らしい抵抗を初めてみたもの。

ソレが見たかったの。

いじってるんだからマン汁が分泌するのは自然な反応だけれど。

それが糞を洗い流すように垂れてくる。

感じてるじゃない。そう問えば。


485 ◆3aO5yeadrU2019/04/14(日) 14:22:04.60GUXG2Lt/o (2/9)

「違うっ!ウンコはいやぁあ!」

乳首をアレだけギチギチにしておいて説得力がないと諌める。

鳥肌のせいでそうなっただけ。そんなのわかってる。

自分の糞で感じてるじゃない。提督とどっこいだと言えば全力で否定してきたわ。

ラムレーズン化した乳首を甘噛すると、甘い声を漏らして腰を引くの。

当然逃がすつもりはなかったわよ。

違うって言うなら我慢しなさい?

些か大きな糞を掴み、マンコにねじ込むと一際大きく鳴いて抵抗してきたのだけれど。

こっちの顔を殴るぐらいのことはしてほしかったわ。

胸にも糞尿ローション追加で、マッサージ。

揉むほど無いけど、ソレがいいのよ。撫でるときに手のひらに当たる乳首の感触が最高なの。


486 ◆3aO5yeadrU2019/04/14(日) 14:33:19.18GUXG2Lt/o (3/9)

ソレに我慢してるっていうなら焦らしてみたくなるもので。

力任せにイカせるのは止めて、ひたすら愛撫に徹したの。

乳首を塗った糞を舐め取り、逆に塗り。

マンコに押し込んだ糞も指で少しづつ砕き、マン汁となじませて。

指も2本目追加して、単調にトンツーを繰り返す。

わざとポイントの手前でやると、露骨に腰を動かし始める。

そこじゃない。そこは気持ちよくない。

自分でポジション取りを直し始めるとか、感じたいって言ってる証拠じゃない?

指摘するような野暮なことはしないけど。

彼女が腰を突き出せば押し込み、引けばこちらも引く。

徹底的に中途半端な手マンに徹したわ。


487 ◆3aO5yeadrU2019/04/14(日) 14:43:28.49GUXG2Lt/o (4/9)

気持ちいいけどイクに至らず。

素直に感じた仕草をしたら、むしろキスをしてウンコの口移し。

ちょっと素に戻って我慢が効くようになるのよ。

そのときは好きな場所を強めにいじる。

自分の糞を味わい、最悪の気分でイカせようと。

口を離せば咳き込み嘔吐く。

無理やり飲ませた糞がローション化して出てくるのは滑稽ね。

鼻から脱糞するのは様式美ね。

可愛い娘が汚物塗れになるのはほんと良いものよ。

しかもガチ泣きよ?興奮するなっていうのは出来ない相談。

私もさっさと脱いじゃったわ。


488 ◆3aO5yeadrU2019/04/14(日) 15:01:38.92GUXG2Lt/o (5/9)

胸で押さえつけるように、全身に糞ローを伸ばしていくと気持ちいのよ。

鳥肌の立った肌のザラザラ感が乳首を刺激してくれて。

素で嫌がってないとあの質感は出ないから。

入念に固形物を潰して行って、残りはネギかワカメかコンニャクか。

未消化のそれらと、液状化させたウンコとゲロを胸で集めて。

谷間に溜めつつ、頭を抑えて顔を挟むじゃない?

パフパフっていうんだったかしら?

そうすると、ちょうど口も鼻も塞げて窒息責めの出来上がり。

呼吸のためには飲まなきゃキツイわよ?

艦娘相手には海水でやるのが基本なのだけれど。

与えたいのは恐怖じゃなくて嫌悪だから、それで正解だったと思いたいわね。


489 ◆3aO5yeadrU2019/04/14(日) 15:18:20.56GUXG2Lt/o (6/9)

窒息落ちするかどうか、見物人がいれば賭けにもなったのでしょうけど。

勢いで抱くのはお金にならないのが難点ね。

実際問題、あの状況で飲もうとしても気管に入って咽て苦しいだけ。

事実力任せに抵抗を試みて、ボコボコと糞汁が泡立って。

かさが一瞬減ったと思ったら、吹き出して。

ちょうどいい窒息具合だったわ。その頃合いを見て、全力で手マン。

ほら。窒息オナって気持ちいいじゃない?

ヤラれてる方は無我夢中。

暴れて、乳房を思いっきり引っかかれて。

遠慮なく千切ろうとしてきて、可愛かったわ。

暴れて抵抗しながらイクって、最高に屈辱的。負けたってなるもの。


490 ◆3aO5yeadrU2019/04/14(日) 15:32:50.49GUXG2Lt/o (7/9)

マンコの締め付けでイったのは把握して。

直後に力なく手が垂れ下がる。

イクのと落ちるのはコンマの差。その力加減は、慣れかしらね?

開放すると倒れ込んで痙攣してる葛城を見下ろして満足のイクセックスが出来たと。

相手に気を使ったり、顔色を伺うようなセックスではない。

自分本位な、オナニーに限りなく近い、考えてみれば能動的なセックスなんて久しぶりだったのかしら?

タバコを一服しながら、掃除をどうするかと。

賢者モード?ってやつかしら。

ウンコは手っ取り早く本気の抵抗や嫌悪感を引き出せるから。

そういう意味で好きなのだけれど、一点掃除が面倒くさいのが難点ね。

とりあえず葛城を風呂に放り込んで、私もシャワーを浴びて。


491 ◆3aO5yeadrU2019/04/14(日) 15:49:12.36GUXG2Lt/o (8/9)

彼女にはそのままシャワー当てっぱなしで、部屋のモップがけ。

掃除が終わって換気も済んで、お茶を一服しはじめたあたりで浴室から派手な音が聞こえたわ。

焦って起きて、コケて。その後吐いて。

そんなところかしら?

よろよろと這い出して来たのは面白かったわ。

ホラー映画的で。

手探りでタオルを探す仕草も子犬的ね。

無言で投げ渡すと、素直に受け取り。

「あざっす・・・」

イかせたのは失敗だったかしら?

ガシガシと荒っぽく髪の毛を拭いて、タオルを体に巻くと、トテトテと私の前に来て、背を向け座る。


492 ◆3aO5yeadrU2019/04/14(日) 15:51:06.41GUXG2Lt/o (9/9)

こんなもんで
平成のうちにおわるかなあ?


493以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/27(月) 07:57:35.15C3EZLblko (1/1)

ごめんなさい。かなり艦これから離れてた
何とか気持ちを持ち直せるよう頑張る


494以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/05/31(金) 18:44:54.43FZK4Q9MU0 (1/1)

艦これは引退して久しいけどこの作品は楽しみに待ってる


495 ◆3aO5yeadrU2019/06/15(土) 18:44:56.906vW7WLgeo (1/7)

誰に教わったの?私か?

ため息一つ。髪を乾かし梳かしてあげる私も私。

「そりゃ瑞鶴もちょづくわな」

それを言ったのは黄色か緑か。はたまた赤か。

私の気持ちを知ってか知らずか、呑気に人のタバコを吸い始める葛城。

「いや~久々にガチで犯されたって感じですよ」

ケロっとしてる。

「でも思いの外手が出るの早かったですねえ。昨日の今日っていうか」

遠慮も無い。

「早漏っスか?」

オブラートに包むという感覚も無いらしい。


496 ◆3aO5yeadrU2019/06/15(土) 18:57:27.956vW7WLgeo (2/7)

「なんかこう、もっと先輩後輩の性的なアレってあるもんかと思ったんスけど」

嫌な流れ。この手の切り替えの早い相手だと。

オンオフが追いつかない。

「ねえ?先輩?アレでスッキリ満足ハイおしまい?」

伊達にヘタレズとか、バリネコ空母と呼ばれているわけではない。

そしてあの顔は私にキク。

年下で後輩にタチ顔されると、抗えない性。

性癖だけはどうしようもないわ。

前言撤回もいいところ。

目が泳ぎまくってたわよ。実際のところ。

「さて先輩。ここで相談」


497 ◆3aO5yeadrU2019/06/15(土) 19:16:09.986vW7WLgeo (3/7)

「従順な後輩が欲しいか、生意気な後輩が欲しいか。半端は良くないッス」

寄り方がズイズイと。止めろと言えないのは我ながら情けない。

舐めるように私の顔を眺めて居た彼女を、生意気抜かすなと張り倒すのは簡単。

それが出来ないのよ。

しばしお互いが沈黙し、彼女は目線をそらさず私の目は泳ぐだけ。

優柔不断というか、踏ん切りが悪いのよね。私。

答えなんて最初からわかってるのに。キッカケが無いと動けないの。

それを見透かされたように彼女は目を細めると、一閃。

そこそこのビンタが飛んできた。

とは言え、受けるも躱すもどうとでもなるレベル。

あの程度を対処出来ないのは誰も・・・提督ぐらいね。


498 ◆3aO5yeadrU2019/06/15(土) 19:32:00.466vW7WLgeo (4/7)

それなのに、綺麗に貰ったわ。

「返事おせーよ?」

私、その行為や言葉遣いを咎めることが出来なかった。

彼女が立ち上がり、着替える様子を黙って見てるだけ。

女々しく座ってただけとも言えるけれど。

そんな私のまわりをしばらくウロウロとしていた彼女が。

眼の前に立って一言。

「おばさん、頭が高いんじゃね?」

つま先が鳩尾に突き刺さった。

倒れ込むのを許さず髪の毛を掴んで、もう一発。

それからはビンタと蹴りがランダムに飛んできて。


499 ◆3aO5yeadrU2019/06/15(土) 19:40:19.396vW7WLgeo (5/7)

私も流石に我慢の限界だったわね。

「ごめん・・さぃ」

なんとか正座に持ち直して、絞り出すように伝えたの。

「で?」

グーで殴られた。

もう一度両手をついて謝って、また殴られた。

「服」

気の緩みから来る慢心の極み。

日常的過ぎて、忘れてたわ。

慌てて脱いだわよ。謝罪の言葉を連呼しながら。

瑞鶴に言われて、見世物や肴としてではなく自分の意志で。


500 ◆3aO5yeadrU2019/06/15(土) 19:44:29.446vW7WLgeo (6/7)

後輩の後輩に跪くのって一線超えた感じがしたわね。

正直に言えば、瑞鶴に土下座するのと葛城に土下座するのだと。

葛城の方が興奮したわ。屈辱感が段違いなのよね。

「ははっ!おばさん必死すぎでしょ。さっきヤったばかりじゃん?」

「勢いで人のこと犯しておいて、それ?満足出来なかったってか?」

「じこちゅー過ぎでしょ」

彼女の紡ぐ言葉すべてを肯定し、謝罪を繰り返す。

その度にマンコの疼きが増して、汁も止まらず溢れてくる。

「そこまで言われちゃしゃーないか。遊んだげる」

有難うございます。

その言葉を言い切る前に後頭部を踏みつけられたわ。


501 ◆3aO5yeadrU2019/06/15(土) 19:45:45.496vW7WLgeo (7/7)

禊の甲割りしてきたので
ゆっくりとだけど再開します


502 ◆3aO5yeadrU2019/06/22(土) 23:18:54.08WtmFIabzo (1/4)

あれはイッたわ。素でイッたわよ。

そのまま私の背中を歩き、尻の方に降りる。

「おっと!?なんか床が滑る・・・って、マン汁っ!?」

ガチな感じで驚いてたけれど、そのとおりマン汁よ?

続いて大笑いされたわね。

「あんた真性?いやあ~瑞鶴パイセンにボコられてもこんな濡れないわ~私」

私もそうよ。とは言わなかったけれど。

「ま、いっか。とりあえず踏んじゃったよ。きたないなあ~。ハイ掃除」

すぐさま振り向き、彼女の足にしゃぶりついて舐めまくったわ。

「っちょ!必死すぎ!」

ケラケラと笑いながら空いてる足で蹴りを入れてくる。


503 ◆3aO5yeadrU2019/06/22(土) 23:35:28.33WtmFIabzo (2/4)

「しっかし変わり身早いなあ~。おばさんなりの処世術?」

すこし違うわね。自分に素直になっただけ。

年下に罵倒されながら足を舐めさせてもらえるのよ?

実力も練度も下の娘に、痛めつけられ辱められる。

素直になれなくて、どうするのよ。

そこだけは譲れなかったわね。

とは言わずに、そのとおりです。と。

「嘘。お見通しだよ?おばさん?」

「後輩にイタブられるのが好きで、パイセン帰ってくるまでのつなぎで」

「オナニー代わりってのが透けて見える」

「でもそれじゃあ私がつまらない。遊ぼうよ。おばさん」


504 ◆3aO5yeadrU2019/06/22(土) 23:51:05.92WtmFIabzo (3/4)

私の背中に座り、マンコをいじりつつ。

「こんなに濡らすほど楽しんでるだからねえ?」

「加賀さんにボコられるのも悪くないって思ったんだけどさ」

「濡れ方違いすぎだから、いいよ?でも外では今までどおり」

「私を楽しませてよ。そうしたら夜、遊んであげるから」

私が返事をすると彼女は深くタバコを吹かしたの。

当然マンコを緩めつつ備えたわ。

ところが、彼女が灰皿に選んだのはケツの穴だったのよ。

近い場所でも不意打ちはキツイわね。

悲鳴を上げるようなことはなかったけれど、少し揺れてしまったわ。

彼女が落ちるほどではないけれど。


505 ◆3aO5yeadrU2019/06/22(土) 23:56:56.11WtmFIabzo (4/4)

「あっぶな~。根性焼き程度でそれじゃあ困るなあ」

そのまま吸い殻を中に押し込み、私の背から飛び降りさっさと布団に向かった。

「それじゃ明日から楽しみにしてますね~。今日はふつーに寝ていいんで」

今日はってことは、当然翌日からはまともに寝れないってことよね。

想像するだけで濡れたわ。

我慢できずに、なるべく静かにオナってたのだけれど。

「勝手に盛ってんなよ!」

横の布団から蹴りが飛んできたわ。

「そうだ。許可無くパンツ履き替えるの禁止ね。提督に売るから」

抜け目ない娘よね。嫌いじゃないわよ、そういう娘。

「パンツの上からならマンズリしてもいいわ。それじゃおやすみ~」


506 ◆3aO5yeadrU2019/06/23(日) 00:07:43.91/3uViWubo (1/2)

ソレだけ言い残して、ほんとに寝たのよ。あの娘。

お仕置きと称して色々してもらえるかとも期待したのだけれど。

そんなに甘くは無いわよね。

当然お言葉に甘えて三回ほどイって寝落ちしたかしらね?

程々によく眠れて、朝を迎えたのだけれど。

私の寝起きは正直良くないのよね。

そんな私より起きるのが遅いのはいかがなものか。

横のあの娘の掛け布団と枕が色々とすごいことになってるのを見て一思案。

ネコらしく寝起き舐めあたりが適当かと。軽くで口を洗いで、布団に潜り込む。

パジャマとパンツを脱がし、股間に顔を突っ込む。

一晩籠もったメスの臭いは良いものね。


507 ◆3aO5yeadrU2019/06/23(日) 00:08:54.87/3uViWubo (2/2)

こんなもんで

オレのアカウントにはフレッチャーと石垣は入ってないんだと思う


508 ◆3aO5yeadrU2019/06/25(火) 00:01:45.841OCqNhQxo (1/6)

提督ほど熟成云々にこだわりはないけれど、気持ちはわかるもの。

半乾きのマン汁を舌を押し付けて溶かしながらゆっくりと味わう。

別にイかせようとか思って無かったから、とりあえず起きるように。

とはいえ、乱暴に舐めるほどの度胸は無いわね。

「ん~・・・」

寝ぼけながらも感じているのか、軽く身を捩る。

そして私の後頭部を乱暴に掴んで、寝返りをうつ。

起きたのかと思ったらそうでもない。

図太い娘なのよね。

相手の動きに合わせてクンニするのは慣れてるのだけれど。

それ故相手の意識があるかどうかはすぐわかる。


509 ◆3aO5yeadrU2019/06/25(火) 00:17:21.321OCqNhQxo (2/6)

一晩中舐めてろとザラだもの。瑞鶴って寝相悪いから大変なのよ。

私も同じことを命令したことがあるのだけれど、正直寝れなくて。

適正ってあるんでしょうね。アレって。

葛城はもう半回転して、うつ伏せになったあたりで違和感で起きたわね。

程よい窒息感を楽しめたのもそこまで。

「ん・・・、ああ。オハヨ」

ムクリと起き上がると、そのまま顔騎。

肉は薄いながらも座り方を心得てるのか、少ない肉でうまく口と鼻を塞いできた。

寝起きの一服をそのまま始め、太ももの間から見下ろして来たの。

もちろんクンニは止めてないわよ。

ただ完全に呼吸は出来ていなかったわね。


510 ◆3aO5yeadrU2019/06/25(火) 00:33:01.441OCqNhQxo (3/6)

「ふぅ~。起こし方としては普通ね。ま、あんまり奇抜なのはアレだけど」

ポリポリとアタマを掻いて、なんの前触れもなく放尿してきたわ。

予想の範囲内とはいえ、ノーモーションは少し慌てたわね。

ただ呼吸が完全に封じられていると、飲むのは一苦労。

何より布団の上だし、こぼしたりしたら後が怖いわ。

必死に飲んだわよ。まあ提督ですら軽く出来ることですし。

出来ない理由は無いわ。問題が飲み終わったあとよ。

すぐに立ち上がって貰えればいいわ。

もちろんそんな娘は少ない。

顔騎が完全にキまった状態で、相手の苦しむ様子を見ないで?

冗談じゃないわよ。


511 ◆3aO5yeadrU2019/06/25(火) 00:48:37.071OCqNhQxo (4/6)

残尿も雫も残したつもりは無いほど舐めて飲んで吸って。

ソレぐらいから呼吸が厳しくなってきて。

それでもクンニは続けたけれど、舌の動きが鈍くなったわね。

「勝手にマンコ舐めておきながら、窒息したぐらいでソレ?」

私がイったら許してあげる。そう言われたのと同じ。

それならばと思ったが、そう単純では無いのよね。

全く誰に習ったんだが。

腰を動かしマンコで鼻を塞ぎ、口はアナルで。

ケツ舐めでイかせるのは結構骨よね。

落ちる前に出来るかと皺を舐め始めたが、当然そんなわけは無く。

隆起してくる肛門。舌先に伝わる苦味。


512 ◆3aO5yeadrU2019/06/25(火) 00:55:15.831OCqNhQxo (5/6)

躊躇なく、当たり前にように脱糞。

寝ぼけ眼で朝一で便器にまたがって、小便をしたら。

次に出すものといえばそうなるわよ。

あのときの彼女の表情が堪らなかったわ。ナニも考えてないのよ。

私をいたぶろうとか苦しめようとか、その手の感情が一切混じらない。

朝起きてトイレに座ってタバコを吸ってるだけなの。

思い出すだけで股間に手が伸びそうよ。

その時も伸びたのは良いけれど、モリモリと快便っぷりを発揮してくれて、咀嚼する暇もなかったもの

オナるのはお預けで味わう間もなく飲み込んだわ。

朝食前の朝食が後輩の後輩の糞尿って、最高よね。

お茶の代わりに小便で、お菓子の代わりにうんこ。


513 ◆3aO5yeadrU2019/06/25(火) 00:56:13.881OCqNhQxo (6/6)

こんなもんで

石垣とフレッチャーは来なかったよ
大淀が10隻ぐらい釣れたのは困りモノだね


514 ◆3aO5yeadrU2019/06/26(水) 00:07:23.58k2QyLM/Wo (1/6)

食べるには食べたのだけれど、後処理で舐める余裕は無かったというか。

出したらそのまま何事もなく立ち上がって、シャワーに行っちゃったの。

こちらを一瞥もせずにね。

窒息落ちするか、ウォシュレットやりきれるかの戦いは無しで少し残念。

一人残された私は、呼吸を整えながらゆっくり味わいながらマンズリ。

時間があれば、余韻含めて二時間は楽しめるところね。

朝っていうのがネックね。これといって私も彼女も予定は無かったけれど。

流石にウンコだけじゃお腹は満たされないもの。

軽く一回イッたぐらいで切り上げて、残りカスを水で口を濯ぎながら飲み込んで。

ソレぐらいで彼女が出てきたわね。

「さ~て、朝ごはん行きますか。とりあえずあたし普通に服着るけど~」


515 ◆3aO5yeadrU2019/06/26(水) 00:16:38.74k2QyLM/Wo (2/6)

安いジャージを着ながら、ライターをマンコに仕込む彼女。

「ドアから出たら、厳しいパイセンでオナシャス」

わかりました。ソレだけ伝えると、アタマを切り替える。

・・・ことが出来ればこんなに苦労してないわよ。

ドンナことをすれば、どんなことが返って来るのか。

そんな妄想ばかりアタマを巡ってたわ。

私が立ち上がり、ドアノブに手を伸ばした瞬間、髪の毛を掴まれて。

「ゴチャゴチャ余計なこと考えてんじゃねーよ。自分でいっつもそう言ってんだろ?」

「おばさん、表情に出過ぎだよ」

私の顔つきでわかるなんて、彼女察する力強すぎじゃない?

表情筋が仕事してないとか言われてばかりなのよ?


516 ◆3aO5yeadrU2019/06/26(水) 00:28:36.38k2QyLM/Wo (3/6)

ソレだけ言って、手を離すと一歩下がる。

ニタニタと嫌らしい表情で見上げてくるのよ。

もう、覚悟を決めて食事に向かうことにしたわ。

流石にご飯だと、頭の切り替えは出来るもの。

ご飯は普通に食べたわよ?

赤黄緑も含めて。

「ラギすけもっと食わんと、細いゾ」

「を?なんだ?デブ仲間増やそうという魂胆か?」

「やんのか緑?」

「まぁまぁ。食事はそれぞれペースがありますから」

葛城は食が細い。少し無理にでも食べさせたほうが良い。


517 ◆3aO5yeadrU2019/06/26(水) 00:38:55.23k2QyLM/Wo (4/6)

そんな昭和脳では良くないと提督は定期的にマジギレする。

彼も昭和生まれだったはずだけど。

とは言え無理に過食をさせようとすると、今度は赤城さんが本気でキレる。

居なければ吐くレベルで食べさせようかとも思ったのだけれど。

流石に赤城さんをキレさせるのは危険過ぎて誰もやろうとは思わないわね。

なので食事は平和に終わったわ。

それから一服に向かう途中で赤城さんが何処かへ消えたのも、まあいつものことね。

「飯食って一服するとクソがしたくなるよね~」

「落ち着くとしょうがないよね」

快食快便は空母の華。仲良く連れ糞と・・・閃いたわよ。

葛城はもう少し食べたほうがいいと思う。


518 ◆3aO5yeadrU2019/06/26(水) 00:42:21.56k2QyLM/Wo (5/6)

そう提案するだけで察する二人。でかいケツをめくる。

いい眺めよね。レズには天国よ。細い方が好みだけれど。

「沢山食べてるから栄養価高いゾ~」

「それなら武蔵の食わせたら?」

「それは清霜ちゃんのでしょ!怒られるよ?」

二人が喋りだすと流石の葛城でも追いつかない様子。

そこがとてもかわいいところだけれど。

「ションベンどうしよっか?」

「啜るっしょ?」

しゃがみ込むと二人同時にジョボジョボと放尿。

ややあって、破裂音が2つ。そのまま見事な一本糞。


519 ◆3aO5yeadrU2019/06/26(水) 00:42:55.51k2QyLM/Wo (6/6)

こんなもんで

海風のレベルは65でした


520以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/07(日) 00:01:34.250qTboa+ao (1/1)

場所を変えて、投げれれば投げます


521 ◆3aO5yeadrU2019/07/12(金) 00:59:03.39P1nYulPKo (1/1)

誤爆にしてはちょっと・・・
スレは完結させますよ?


522以下、名無しにかわりましてSS速報Rがお送りします2019/07/14(日) 00:38:02.59RPQjG5+I0 (1/1)

乙です
お待ちしております