1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土) 17:59:45.95FSFitTP/0 (1/11)

~お昼休み 外にて~


青葉「聞いてくださいよ。休みにねねっちと出かけたらですね、ねねっちが……」

はじめ「えっー、ほんとっ!?」

ゆん「ねねちゃんも大変やな」

青葉「他にもですn…あっ!?」ドンッ

DQN1「イタッ!?」

青葉「す、すみません!!」

DQN2「おい、スマンで済むかぁーー!」

青葉「ひ、ヒィィッ!!??」

ゆん「ちょいと待ちや!」

DQN2「あぁん!?」

はじめ「青葉ちゃん、しっかりと謝りましたよ? なんで文句つけるんですか?」

DQN1「はぁっ!? しっかりと謝っただと?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515229185



2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土) 18:11:30.30FSFitTP/0 (2/11)

DQN1「ごめんで済むなら警察はいらねぇんだよっ!!」

DQN2「そんな事も知らねぇのか?」

青葉「え、えぇと……」ガクガク

ゆん「そないな事、知らんのはアンタらの方やないの?」

青葉「ゆんさんっ!?」

DQN1「なんだとっ!?」プッツン

はじめ「ゆんの言う通り…非常識なのはそっちだろ!!」

青葉「はじめさんまでっ!? ま、マズイですよ……」ガクガク

DQN2「言いやがったな…このクソ女!! 覚悟しろっ!」ブンッ

青葉「ひゃあっ!!??」


?「待ちたまえっ!」


3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土) 18:36:15.21FSFitTP/0 (3/11)

DQN2「っ!?」ピタッ

DQN1「なんだっ!?」クルッ

葉月「可愛い女の子に向かって暴力はいけないよ…暴力は」

青葉「葉月さんっ!?」

はじめ「おっ、葉月さんだ!」

ゆん「葉月さんが来たんやったらウチらはもう引っ込んでてええやろ…」ササッ

青葉「えっ!?」


4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土) 18:56:02.08FSFitTP/0 (4/11)

DQN2「な、なんなんだ、テメェは!?」

葉月「その可愛い子たちの味方、とでも言っておこうかな」

DQN1「フン、味方だか何だか知らねぇが、こいつらの代わりに殴らせてくれるってのか?」

葉月「さぁ、それはどうかな?」フフン

DQN2「ふざけやがって! そんじゃあ、さっさと殴られろや!」ブンッ

DQN1「おらぁっ!」ブンッ

葉月「………」

青葉「葉月さぁーーーんっ!!!」


5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土) 19:29:06.58FSFitTP/0 (5/11)

葉月「よっ、よっ」ヒョイヒョイ

青葉「っ!?」

DQN1「なにっ!?」

DQN2「あっさりと!?」

葉月「……」ガシッ

DQN1「な、なにすんだっ!?」

葉月「ほいっ!」ドサッ

DQN1「ぐわぁっ!!」

DQN2「な、なんだとっ!?」

青葉「凄いっ!!??」


6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土) 19:37:23.23FSFitTP/0 (6/11)

DQN1「うぅ…いててっ」

DQN2「おい、大丈夫か!? くっそぅ…このアマっ!!」ブンッ

葉月「………」

青葉「あっ、危ないっ!?」

葉月「よっ!」ガシッ

DQN2「っ!?」

葉月「ハッ!」スッ←足払いをする

DQN2「ガハァッ!?」ドサッ

青葉「えぇーっ!?」


7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土) 19:44:39.25FSFitTP/0 (7/11)

DQN2「うぅ…いてぇ」

DQN1「つ、つえぇよ、この女…」

葉月「まだやるかい?」

DQN1「くっそぅ…」タッタッタ

DQN2「お、おぼえてやがれっ!」タッタッタ


葉月「行ったか…。うん、早く去った方が賢明だろう」

はじめ「あっ、終わりましたか、葉月さん?」

青葉「わぁぁ/////♪♪♪」キラキラ

ゆん「なんや、青葉ちゃんの目がキラキラと輝いとるやないの?」


8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土) 20:12:16.62FSFitTP/0 (8/11)

葉月「涼風くん、大丈夫かね?」

青葉「はいっ///♪」キラキラ

はじめ「また目が輝いてるよ?」

ゆん「あっ、きっとさっきの葉月さんの姿を見て、尊敬のまなざしを向けてるんやな…」


~イーグルジャンプ~

青葉「それで凄かったんですよ、葉月さん♪ 強そうな人たちをいとも簡単にあしらいまして…///」ペラペラ

ひふみ「青葉ちゃん……戻ってから…葉月さんの話…ばかり…だね……」

はじめ「はい…。実はさっき外で悪い人たちに絡まれてた所を葉月さんに助けられまして」

ゆん「特に葉月さんの護身術を目の前で見とった青葉ちゃんが尊敬のまなざしを向けてるんです…」

ひふみ「…成る程。それ…だったら…青葉ちゃんが…葉月さんを…尊敬する…のも…無理はない…よね」

青葉「それがまた見事で…///」ペラペラ


9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土) 20:17:28.11FSFitTP/0 (9/11)

コウ「おい、さっきから何の話をしてるんだ?」

りん「休憩もいいけど、そろそろ作業にも戻ってちょうだいね?」

青葉「あっ、八神さんに遠山さん。聞いてくださいよ…今日のお昼休み中にですね……」ペラペラ

コウ「な、なんだいきなりっ!?」

りん「青葉ちゃんから唐突に話をふるうなんて珍しいわね…」

~しばらくして~

青葉「と、いうわけですよ!」

コウ「あぁ…あの人ね…。」

りん「青葉ちゃんも葉月さんに助けてもらったのね」

青葉「私もって、一体どういう意味ですか?」

ひふみ「あっ、青葉ちゃん、実はね…」


10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土) 20:35:03.01FSFitTP/0 (10/11)

青葉「えぇっーー、皆さんも葉月さんに助けられた事があるんですかっ!?」

りん「そうよ!」

コウ「東京のこの辺りは危なっかしい連中が多くてさぁ…」

ひふみ「私もけっこう絡まれる事が多くて……」

はじめ「特に私ら20代の女にはナンパやら、またホテルに誘おうとする男たちが良く絡んでくるから…」

ゆん「絡まれる度に葉月さんに助けてもろうてるんや」

青葉「そ、それは初耳ですねっ!?」

コウ「まっ、そうだろうな! 青葉にはそのうち分かるだろうと思って言ってないからさ!!」

りん「葉月さんは私達にとって正義の味方のようなものよ…」

ひふみ「私達の身の安全を守る為に普段から周囲に目を光らせているようで、私達が一人ひとりが危機になるとすぐに助けに来てくれるしね」

はじめ「それにしてもあの護身術はいつ見ても見事だよね!」

ゆん「ウチもあないに俊敏には出来ひんわ!」

青葉「あっ、そういえば、葉月さんのあの動きって護身術だったんですね…。」


11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/06(土) 20:55:45.86FSFitTP/0 (11/11)

ゆん「そうや!」

青葉「でも、葉月さんはいつ護身術を?」

りん「聞いた話では学生時代にやっていたそうよ? 確か、周囲から達人とも呼ばれていたそうで…」

青葉「達人っ…凄いじゃないですかっ!?」


青葉(よぉし……それだったら!)


12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/07(日) 00:58:38.00OBWo2COR0 (1/2)

葉月「えっ、護身術を習いたい?」

青葉「はい! さきほどの葉月さんを見て私も葉月さんみたいに強くなりたいんです」

葉月「涼風くん、護身術は役に立つかもしれないが、無理に身に付ける必要はないさ? それに護身術よりも仕事の方に力を入れてくれたまえ…護身術を教わるよりも仕事を覚えた方が今後、役に立つからね。」

青葉「確かに仕事もですが、護身術も習いたいんですっ! 私は葉月さんの凄さを知って尊敬した時…同時に八神さんに憧れた時と同じ感覚だと感じました」

葉月「……それで?」

青葉「八神さんの時は憧れてこの業界に足を踏み入れ、今は八神さんを師事しながら同じ道を歩んでます! ですから、それと同じくらいもう一つ憧れを持った葉月さんの道も歩みたいんです!!」

葉月「同じ道ね…。成る程。だが、ディレクターとしての仕事ならまだしも、護身術となるとまた違う…。今の仕事と関係のないものを果たして君に教えていいものかどうか…判断に迷うよ」

青葉「それじゃあ、こういう条件はどうですか?」

葉月「んっ、条件?」


13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2018/01/07(日) 01:46:05.57OBWo2COR0 (2/2)

~就業時間~


青葉「すみません! お先にあがります!!」

コウ「おっ、珍しいね…。いつも最後まで残ってる事が多い青葉が真っ先に帰るなんてさぁ?」

青葉「実は家の用事が…」

ひふみ「あぁ…。そうなん…だ」

青葉「はい。お疲れ様でした!」

ゆん「お疲れさん」

はじめ「青葉ちゃん、バイバイ」

りん「………(先にあがる青葉ちゃん…あっ、もしかして!?)」