1以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 15:51:0122cYdu8A (1/51)

男「また幼馴染んちにおすそ分けだな、これは」
ゴソゴソ
ピラッ

男「ん? 手紙?」
ペリペリ
ガサガサ


祖母『元気にしていますか? 今年もカボチャを送ります」

  『今年は特によく出来たので、少し多めです』
  
  『過去最高の自信作です』

  『ハロウィンが近いので、お菓子にして配るのはどうでしょう』

  『レシピを同封しますので、作ってみて下さい』

  『カボチャを作る方の祖母より』


2以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 15:51:4422cYdu8A (2/51)

男「あー、そういやそろそろハロウィンか」
ピラッ

男「これがレシピ……ふむふむ……」

男「……ふむ」

男「母ちゃんはどうせ作らないだろうし……」

男「……うん」

男「いつも世話になってるし……今回は俺が作ってみっかな?」

男「うんうん、そうしよう!」

男「材料はあるかな……」
スタスタ


3以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 15:54:0022cYdu8A (3/51)




男「あと足りないのは、メープルシロップと?」ポチポチ

幼「あっ!」

男「おっ? よう! 幼!」

幼「や、やあ! あはは、奇遇だね、男」

男「幼は……晩飯の買い物か?」

幼「うん、毎日の事だしね」

幼「それより、男が食品売り場に居るなんて珍しいね。 どうしたの?」


4以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 15:55:2522cYdu8A (4/51)

男「ちょっと料理をな。しようと思って。今日は材料集めだな」

幼「料理? 男が? 珍しい……と言うか」

男「ん?」

幼「料理なんて初めてじゃあない?」

男「そうだな。目玉焼きも上手く焼けんからなー、ははは」

幼「その……差し支え無ければ、理由を聞いても良いかな?」

男「あー、今年もばあちゃんが大量にカボチャを送ってくれたんだけどよ」

幼「そうなんだ。 毎年美味しいよね、おばあさんのカボチャ」


5以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 15:56:3322cYdu8A (5/51)

男「それは毎年幼が料理してくれるからだろ」

幼「え、えぇ? い、いや……それは」

男「去年もスープと煮つけ作ってくれたじゃん、すげー美味いやつ」

幼「あ、あれはほら! やっぱり素材が良かったんだよ。うん」

男「カボチャだけ美味くても、料理出来なきゃ食べられないし」

男「あの味は、花嫁修業完了しました!って感じだったぜ?」

幼「は、花嫁……ぁぅ……」ポー


6以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 15:57:5222cYdu8A (6/51)

男「そうそう、今年のカボチャは特に良く出来たらしくてな」

男「で、ばあちゃんがハロウィンのお菓子でも作れば?っつって」

男「レシピまでつけてくれてたからさ」

男「いっちょ作ってみっか!と思ってよ」

男「足りない材料を買いに来たって訳だ」

幼(最近、男と一緒に居る時間が全然無い……これはチャンスなのでは?)ブツブツ

男「?」

幼(今年も料理を振舞って、胃袋を掴んでいくとか……でもそれだと去年と……)ブツブツ


7以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 15:59:1322cYdu8A (7/51)

男「どした? 俺が料理するのがそんなに変か?」

幼「!!」ハッ

幼「ち、違うよ、違う! そうじゃなくて!」

男「またあわあわしてるぞ? 大丈夫か?」

幼「あ、あぅ……す、すまない……」

男「大丈夫、大丈夫」ナデナデ

幼「…………」

男「……落ち着いたか?」ナデナデ

幼「……お、落ち着いたとも、うん」

男「そか、良かった」

幼「コホン……それで、男は何を作るんだい?」


8以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:01:0322cYdu8A (8/51)

男「おう、これ……ウチに無い材料をメモって来たんだけどな」
ポチポチ
サッ

幼「ふむ……材料を見るに、焼き菓子を作るのかな?」

男「そうそう! よくわかるな!」

幼「バニラオイルはウチにあるのを使うと良いよ」

男「え?」

幼「滅多に使う物じゃあないし、使うのは少量だよ。買っても持て余すと思うよ?」

男「確かに……それじゃあお借りするかな?」

幼「うん」

男「このお礼はお菓子でするぜ!」

幼「!」


9以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:02:0922cYdu8A (9/51)

男「まぁ、上手く出来るかわからんけど、な」

幼「あ、ありがとぅ……」カァッ

男「あー、それじゃおすそわけもあるし、一緒に帰ろうぜ」

幼「う、うん? 一緒に? あ、いや……おすそわけ?」

男「カボチャ。 たくさんあるからさ」

幼「ありがとう! じゃあこちらもお返しは料理でするよ」

男「おう、今年も期待してるぜ」

幼「そ、それじゃあ買い物を済ませて帰ろう……一緒に」

男「おー」


10以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:03:4422cYdu8A (10/51)



幼「ふふ」

男「ん? どした?」

幼「いや……こうして並んで歩くのも久しぶりだな、と思ってね」

男「そうか? 最近は……そうか。 久しぶりか」

幼「そうだよ、久しぶりだよ、ふふふ」

男「嬉しそうだな? そんなに楽しみか?」

幼「ん? うん。そりゃあ楽しみだよ、とてもね」

男「ばあちゃんの自信作らしいからな、きっと美味いぞ」

幼「ん?」

男「ん?」


11以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:05:5822cYdu8A (11/51)

幼「! そ、そう、カボチャ! 楽しみだよ! うん!」

男「お、おうよ」

幼(危ない危ない……落ち着くんだ私!)スーハースーハー

男「どうした? またあわあわして」

幼「何でもないよ、うん。カボチャをどう料理しようかと思って」

男「あ、去年の煮つけが、めちゃ美味しかったからリクエストしてもいいか?」

幼「わかったよ、煮つけは決定で……ふふっ」

男「ん? 今度は何だ?」


12以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:07:0122cYdu8A (12/51)

幼「去年の煮つけは、めちゃ美味しかったのか、と思って」

男「おう、めちゃ美味かった。 あ、もちろんスープも……って」

男「あれ? 俺、言ってなかったっけか?」

幼「さっきスーパーで美味しかったとは言ってたけれど……」

幼「めちゃ美味しかったとは聞いてない、かも」

男「そりゃ悪かった。 めちゃ美味かったぜ!」グッ!

幼「作り甲斐があるよ」ニコ

男「……」

幼「ん? どうしたの?」

男「い、いや、何でもない」


13以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:20:4522cYdu8A (13/51)



男「それじゃこれ、ほい」ドッサリ

幼「わぁ……これは凄いね。 おばあさんが自信作と言うのもわかる気がする」

幼「こんなに頂いても良い物なのかな?」

男「まだまだたくさんあるし、貰ってくれ」

幼「それじゃあ遠慮なく頂きます。 ありがとう」ペコ

男「おう。 こっちこそ、バニラオイルありがとな」ペコ

幼「お互い、料理頑張ろうね」

男「頑張るぜ!……って、高校3年の秋、こんな事をしていていいのかと」

男「思ったり思わなかったりだけどな、ハハ」

幼「勉強ばかりでは疲れてしまうし、息抜きは必要だよ」


14以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:23:2022cYdu8A (14/51)

男「だよな! 息抜きは必要だよな!」

幼「う、うん……ふふっ、息抜きばかりでは駄目だけどね?」

男「う……うんうん。 それじゃサボってるだけだもんな、うん……」

幼「ふふ……それじゃあ、私の料理はハロウィン当日に……」

幼「そう言えば、男はいつお菓子を作るのかな?」

男「あー、考えて無かった。ハロウィン当日に作るかな?」

幼「焼き菓子なら、前日までに作っておいて」

幼「ラッピングして、当日ご近所に配るのも良いんじゃないかな?」

男「そうだな……そう言えば町内会のお知らせに何か書いてあったな」

幼「子供達が回っても良い家は、ジャック・オー・ランタンを玄関先にってやつだね」


15以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:25:4822cYdu8A (15/51)

男「幼の所は? 参加するのか?」

幼「ウチはお母さんが市販のお菓子を準備して参加するそうだよ」

男「数に限りはあるだろうけど、ウチも参加してみっかな!」

幼「ジャック・オー・ランタンは町内会長さんの所で借りられるよ」

男「そか。 あとでカボチャ持って挨拶行くかな」

幼「うんうん。 わからない事があれば何でも聞いてね?」

男「頼もしいぜ。 もしもの時は頼む」

幼「お任せを。 ハロウィン、楽しみだね」

男「楽しくなってきたな! 俺も仮装とかするかなー」

幼「ふふっ、『息抜き』は程々に、ね?」

男「う、おぅ」

幼「それじゃあね」

男「ん、じゃあなー」
バタン


幼「……よしっ! 頑張るぞっ!」


16以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:28:4122cYdu8A (16/51)



男「さて、とは言え、前日にいきなり本番って訳にはいかんから……」

男「ちょっとだけ料理してみるかな!」
ガチャガチャ

男「……仮装も……手間がかからないなら何かしてーな」

男「吸血鬼とかどうかな? いや、もうちょっと捻った方が……」ブツブツ


17以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:34:0522cYdu8A (17/51)




ハロウィン当日

ピンポーン

男「はーい」
タタタッ
ガチャ

幼「トリックオアトリート!」

男「うぉっ!」ビクッ!

幼「お菓子かいたずらかー……」

男「幼、その格好……凄いな!」

幼「えっ?」


18以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:36:3022cYdu8A (18/51)

男「めちゃ本格的じゃねーか! びっくりしたわ!」

幼「そ、そうかな? ま、まあちょっと頑張ったけども、そんなにかな?」

男「マジで、アイドルの衣装かよ……今日イチ驚いたわ……」

幼「と、とりあえずその……部屋にあげてくれないかな?」

幼「料理もあるし、その……」モジモジ

男「ん?」

幼「そこまで驚かれると、恥ずかしいので……」モジモジ

男「……おぉ、すまんすまん、入ってくれ」


19以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:39:2922cYdu8A (19/51)



男「いやー、しかしびっくりしたー」

幼「……」

男「あ、すまんすまん、気悪くしたか?」

幼「……いいや、違うんだよ……その、う、嬉しくて」カァァ

男「そ、そうか……でもホントに凄いぜ」

男「特にそのスカート……カボチャのスカート?」

男「幼の事だから、自分で作ったんだろう?」


20以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:40:4222cYdu8A (20/51)

幼「う、うん。 今回のコンセプトはカボチャの魔女って事で」

幼「魔女っぽく、それでいて可愛さは残した衣装にしたいと思って」

男「マントと帽子も凄い……俺の100均のとじゃ違うなー」

幼「でも男の衣装も似合っているよ」

男「このマスカレードマスクだけは頑張った。 ベースは100均だけど」

男「ネットで調べて、滅茶苦茶デコった」

幼「うんうん、輝いているよ!」


21以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:42:5022cYdu8A (21/51)

男「ちょっと写真撮ろうぜ」

幼「えぇ」

男「なんか今日はネガティブだな……似合ってるって」

男「めちゃ可愛いから大丈夫だって!」

幼(めちゃ可愛いって言われた! めちゃ可愛いって言われた……)カァァ

男「撮るぞー」

幼「う、うん!」

男「カボチャの魔女っぽいポーズ!」

幼「こうかな?」
サッ

男「いいね!」
パシャ


22以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:44:4722cYdu8A (22/51)

男「どうだ、かなり良い感じで写せた!」
サッ

男「やっぱり素材が良いと、腕前は関係ないか、ははは」

幼「う、こうして見ると、やっぱり恥ずかしいな……」

男「次! 一緒に撮ろうぜ!」

幼「う、うん!」

男「うし! 行くぞ!」

幼(顔、近い……)

男「幼、笑顔が硬いぜ?」

幼「す、すまない」アセアセ

男「せっかくの可愛さが減るぜ? ほら、スマイルスマイル!」ポンポン

幼(肩ポンポンされた……ふふ、嬉しい)ニヘー

男「シャッターチャンス!」
パシャ


23以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:48:0822cYdu8A (23/51)

男「おー、さっきより更に良い写真が撮れた!」

幼「あっ、ニヤけた顔が……」

男「幼がたまに見せるこの表情、俺は好きだぜ?」

幼「え?」

男「幸せ~って感じで、好きだ」

幼(今か! 今がその時なのかな?)

幼(い、言うぞ……言ってしまうぞ)

幼「わ、私も男の事がす」

ピーンポーン


24以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:49:2622cYdu8A (24/51)

男「ん?」

幼「あ! 子供達が来るのは6時から8時までの間だからそろそろ……」

ピンポーン

男「という事は……来たな、ちびっ子達」

男「ほら、幼も」

幼「え?」

男「ちびっ子達を驚かせちゃおうぜ?」

幼「で、でも……」

ピンポーピンポーピンポーン


25以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:50:5522cYdu8A (25/51)

男「だーいじょうぶ! 似合ってるから。 ほら!」
サッ

ピンピンピンピンピンポーン

男「はーいよー! 今出るよー!」
グイッ
タタッ

幼「あわわ」
タタッ

幼(慌てず……焦らず……頑張れ私!)


26以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:52:1522cYdu8A (26/51)

ガチャッ

子供達「「トリックオアトリートー!」」

子供A「お菓子くれなきゃいたずらするぞー!」

子供B「するぞー!」

子供C「お菓子ちょーだいー」

男「はいはいよー、カボチャのクッキーやるから、いたずらは止めてくれー」
サッ

子供達「「わーーーい! お菓子だーーー!」」

引率のおばさん「男君、ありがとね……あら?」

男「いえいえ……ん?」

幼「……」コソコソ


27以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:53:2122cYdu8A (27/51)

おばさん「幼ちゃん? あらあらあら! かっわいいー!」

幼「ど、どうも……」テレテレ

子供A「ホントだ! お姉ちゃんチョーかわいい!」

子供B「アイドルみたいだ! すげー!」

男「そうだろうそうだろう。 俺たち二人頑張ったんだぜ?」

子供C「それにしては兄ちゃんのはイマイチ! あははははは」

子供B「ホントだ、イマイチだ! あははははは」

男「あー、そういう生意気な子供にはお菓子やらなーい」

子供A「バッカ、お前ら! こんな時は『すっごく良いですね!』で乗り切る約束だろー」

子供達「「二人ともすっごく良いですね!」」

男「なんか釈然としねーけど、ほらクッキー」
サッ


28以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:54:5722cYdu8A (28/51)

子供達「「ありがとー!」」

男「ふふん、俺は仮装はイマイチだが、そのクッキーには自信がある!」

子供A「え! これ兄ちゃんが作ったの?」

子供B「お姉ちゃんじゃなしに?」

子供C「うっそだー」

男「ウソじゃねーって、な? 幼?」

幼「そうだよ。 そのクッキーはお兄さんが一所懸命頑張って作ったんだよ」

子供達「「へぇ~」」


29以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:56:4822cYdu8A (29/51)

子供D「あの……トリックオアトリート……いいですか?」

子供E「お菓子くれなきゃいたずらだー!」

子供F「郵便受けに味付け海苔をたくさん入れたりするぞー!」

男「おおっと! お菓子やるからいたずらしないでくれー」

子供A「じゃあ、俺たちは次の所行こうぜ!」

子供B「兄ちゃんありがとー!」

子供C「お姉ちゃん、衣装可愛かったよー」
タタタ

おばさん「ごめんなさいね、長居して。 ありがとね、二人とも」

男「いえいえ」

幼「夜道、気を付けて下さい」

子供D「お菓子ー!」

子供E「この海苔を郵便受けに入れちゃうぞー」

男「わかった、わかったから順番に……」


30以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 16:58:2522cYdu8A (30/51)



男「ふいー……もうそろそろ八時か……ちょっと疲れたな」

幼「もう子供は来ない……かな?」

男「クッキー2袋余っちまったな」

幼「たくさん作ってたね、凄いよ、男」

男「おう、昨日は一日クッキー焼いて焼いて焼きまくったぜ」

幼「そう言えば、私まだ貰ってないね」

幼「お菓子をくれなきゃいたずらするぞー」

男「おっと、幼にはいつも世話になってるから別枠だぜ」
サッ

幼「あ、可愛いラッピング」

男「中身も特別だぜ、見てみ」


31以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:00:2022cYdu8A (31/51)

幼「それじゃあ遠慮なく」
ペリペリ
ガサガサ

男「どうよ」

幼「わぁ……ちゃんとカボチャの形してて、チョコでジャック・オー・ランタンが描かれている!」

幼「どうして私だけ?」

男「ホントは全部それで行こう!と思ってたんだけどさ」

男「8枚焼いた時点で諦めた……」

男「俺が集中してクッキーを焼けるのは8枚が限界だった……と」


32以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:02:1122cYdu8A (32/51)

幼「ふふ、型抜きやデコレーションはちょっと大変だよね」

男「この作業をあと何枚分やるのか…って考えたらさ」

男「子供用は普通に丸型でいいかなって」

男「だからそのクッキーは一番頑張って作った物なのだ!」

幼「あ、ありがとう……凄く嬉しいよ」

幼「一枚だけ、今食べても良いかな?」

男「おう! 自信作だ! 食べてみてくれ!」

幼「それでは、頂きます」
ポリッ
モグモグ


33以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:03:4222cYdu8A (33/51)

男「……」

幼「うん! 凄く美味しいよ!」

男「へっへっへ……やったぜ!」
ぐぅ~~~~~~~~~~~

男・幼「「…………」」

幼「ふふっ、それじゃあ食事を温めるね」

男「すまんな、催促したみたいで……」
ぐぅ~~~

幼「今回はリクエストのあった煮つけと、新作で蒸したカボチャを……」


34以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:05:5122cYdu8A (34/51)



男「はー、やっぱり幼の料理めちゃ美味いな!」

幼「ありがとう、完食してくれて嬉しいよ」

男「やっぱさ、料理って経験だよなー」

幼「え?」

男「実は試しにいくつか別のお菓子も作ったんだけどよ……」

男「クッキー以外は不味くて食えたもんじゃ無かったんだな、これが」

幼「へぇ……それは処分してしまったのかい?」

男「ガッツでほぼ食ったさ……お残しなんて許されねーからな」

男「せっかくのばあちゃんのカボチャだからな」


35以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:07:1422cYdu8A (35/51)

幼「ほぼって事は残っているものもあるのかな?」

男「プリンが、残ってる……」

幼「プリン! へぇ」

男「容器が無かったから、コップで2個作ったんだけど」

男「美味いかどうか、わからない……」

幼「……それ、二人で食べよう!」

男「え、上手くいった自信が全くないんだけど……いいのか?」

幼「それでも! 二人で、食べよう」

男「おう、そんじゃ取ってくるぜ」
スタスタ


36以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:08:1622cYdu8A (36/51)

幼(二人で……2個しかないプリンを、食べる……)

幼(特別な感じがして……嬉しい!)ニヘー

幼(はっ!? 駄目だ駄目だ……ニヤけずにニヤけずに……)

男「冷え具合はばっちりっぽいけど……ホントにいいのか?」
スタスタ

幼「う、うん! もちろん!」

男「そんじゃ、はいよ、コレ」
コトッ

幼「結構大きなコップで作ったんだね」

男「ちょっとデカ過ぎだよな……このコップ1個でプリン3個分なんだ」

幼「なるほど、プリン6個分のレシピで作ったんだね?」

男「そう! しくじったよなー」


37以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:09:4622cYdu8A (37/51)

幼「味見はしていないんだよね?」

男「してないなー」

幼「レシピ通り作ったんだよね?」

男「そう、それ大事な?」

幼「ん?」

男「ばあちゃんから貰ったレシピ、大人数向けでさ」

男「俺、そんなにいらんから、とりあえずこんくらいかなー?って」

男「勝手に量減らして作ったら、まぁ失敗でな。ケーキとかタルトとか……」

幼「あははは……お菓子はね、レシピ通り作るとほぼ失敗しないんだよ」


38以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:11:2822cYdu8A (38/51)

男「じゃあこのプリンは……?」

幼「食べてみよう」

男「よ、よし来た!」

幼「お先に、頂きます」
パクッ

男「……どうだ?」

幼「食べてごらんよ」

男「おう! 頂きます!」
パクッ

男「……こんなバカな!?」

幼「すっごく美味しいよね!」


39以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:12:2322cYdu8A (39/51)

男「マジかー、ばあちゃんごめんー、そしてありがとうー」
パクパク

幼「ふふっ、美味しいし、嬉しい」
パクッ

男「嬉しい?」

幼(しまった、つい本音が……)

幼(ど、どうしよう。 今がチャンスの時なのか?)

幼(言ってみるか!)

幼「そ、そう。 私は男」

ピーンポーン


40以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:15:1022cYdu8A (40/51)

男「ん? こんな時間に誰だ?」

幼「……ひょっとして、まだ回ってる子が居るのかな?」
スタスタ
ガチャ

子供Y「あ、あの……トリックオアトリート……まだ大丈夫ですか?」

子供Z「うぅ……遅くなってごめんなさぃ……グスグス」

子供Y「もう泣くなよ。 遅くなったのは俺のせいだから」

子供Y「妹が気にする事じゃないんだってば」

子供Z「でもぉ…グスッ」


41以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:16:4322cYdu8A (41/51)

男・幼「……」コクッ

男「うわー! お化けだー!」

幼「お菓子をあげるから、いたずらはしないでー」

子供Y「あ、ありがとう、お兄さん、お姉さん!」

子供Z「うぅ…ありがとーございます」ペコ

幼「ほらこれ、とっても美味しいカボチャのクッキーだよ」

子供Z「うわぁ……お姉さん、本物のカボチャの魔女?」

幼「そう、私は魔女なの。 魔法が使えるんだよー」

幼「このクッキーを食べるとニコニコ笑顔になれるよ」

幼「カボチャの魔女がそんな魔法をかけておいたんだ」


42以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:18:0922cYdu8A (42/51)

幼「だからほら。 もう泣かないで?」

子供Z「うん! 私もう泣かない!」

子供Y「ありがとうございます!」ペコ

幼「二人とも、お菓子袋はまだまだ入る?」

子供Y「はい、ここが一軒目なので……」

幼「それじゃあ、カボチャの魔女がもう一つ! 魔法を使ってあげる」
スッ

男(スマホ?)

幼「ちょっと待ってね、今魔法の呪文をかけるから」
ポチポチポチ

子供Z「魔法使いはスマホで魔法を使うの?」

幼「そうだよー。もうすぐかかるよー」
ペコリン


43以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:19:1322cYdu8A (43/51)

男「おい幼、魔法って」ヒソヒソ

幼「大丈夫、任せて」ヒソヒソ
クルクルクル
ピタッ

幼「はーい、そのお菓子袋に魔法をかけましたー」

子供Z「なんの魔法?」

幼「そのお菓子袋がいーっぱいになる魔法だよ、ふふっ」

子供Z「わーい! やったー!」

子供Y「あの……それはその……」

幼「大丈夫! 次に隣の家を訪ねてみて」ヒソヒソ

幼「きっと魔法がかかってるから、ね?」ニコ


44以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:22:1222cYdu8A (44/51)

子供Y「あの、本当にありがとうございます……」

幼「妹ちゃんが笑ってるのに、お兄ちゃんが困った顔してると」

幼「また妹ちゃんを泣かせてしまうよ?」

子供Y「はい、わかりました!」

子供Y「ありがとうございます!」

子供Z「お兄ちゃん、早く次に行こうよ!」

子供Z「うん! 仮面のお兄さんと、魔女のお姉さん!」

子供Z「本当にありがとうございました!」ペコ

子供Y「ありがとうございましたっ」ペコ


45以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:23:2622cYdu8A (45/51)

男「君たち、見ない顔だけど家はどこなの?」

子供Y「ここから5分くらい歩いた所にあるアパート」

子供Z「最近引っ越してきたんだー」

幼「そうなんだ……もう夜遅いから、帰り道気を付けてね?」

子供Y・Z「はーい!」

幼「うん、良い返事だ! じゃあ次の家に行っておいで」

男「またなー」フリフリ

子供Z「またねー」ブンブン


46以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:25:2822cYdu8A (46/51)



男「で? 魔法ってなんだ?」

幼「お母さんにラインしたんだよ」
ポチポチポチ

幼「『今から行く兄妹にありったけのお菓子をあげて』ってね」

男「なるほど……お菓子の備蓄は大丈夫なのか?」

幼「大丈夫。 たっぷり買い込んでたから」

幼「余った分は私とお母さんのおやつになる予定だったし」

男「そっか……それじゃあの二人のお菓子袋は一杯になって笑顔になるな」


47以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:28:1922cYdu8A (47/51)

幼「それと帰り道が心配だから、二人を送って行くようにラインしておいたよ」

男「おぉ、素敵な気配り! 流石だなー」

幼「いえいえ、そんなそんな」

男「なんか最後に良い事した感あるよな、はは」

幼「ふふふっ……二人、可愛かったね」

男「あぁ、可愛い兄妹だったなー」

幼「さて……プリンの残りを食べようよ」

男「あ、そだった。 食ってる途中だった」


48以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:29:3022cYdu8A (48/51)

幼「~♪」
パクッ

男「……今さらだけどあの二人、俺と幼で送って行けば良かったんじゃね?」
パクッ

幼「わ、私はこの格好で外の道を歩く度胸は無いよ、はは……」

男「まだそんな事を……似合ってるって!」

幼「……ありがとう」
パクッ

男「そういえば何か話してる途中だったよな?」

幼「ん? ん~~……今年のハロウィンは~……」

幼「男と一緒に楽しめて、とても嬉しいって話だよ」
パクッ

男「そだな! 楽しいハロウィンだな!」

幼「うん!」


49以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:30:0422cYdu8A (49/51)

幼(これで良い……今の楽しい雰囲気を壊す事は無い……)

幼(私は焦らない……焦らないぞ……)

幼(楽しいままで今日を終えるぞ……)

男「あ、そだ。 写真、もっと撮ろうぜ」

幼「えぇ? 写真はもう……あ、さっき撮った写真、ラインで送って貰えるかな?」

男「それは勿論オーケーだけど、もっと撮ろうぜ?」

男「幼友さんに送れば、幼の仮装がどれだけ可愛いか、わかってくれると思うんだよな」

幼「あぁ、はは……それはそうかも」

幼「じゃあ、もうちょっとだけ……浮かれてみようかな」


50以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 17:31:1622cYdu8A (50/51)

男「それじゃ撮るぞー」

幼「うんっ」


幼(次のチャンスは……クリスマスっ!)




ハロウィン翌日の早朝

幼馴染の友「…………ん……ライン……誰?」
ポチ

幼友「なんじゃこりゃあああああああああああ!」
ガバッ!

幼友「可愛いにも程があるでしょうよ、幼ぁぁぁぁぁぁああああぁああ!」

幼友「送信履歴は! 夜9時!」

幼友「なんで私は寝てたの?」

幼友「今からトリック! トリックでお願いします!」ハァハァ


おわり


51以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 18:26:24bsh1Rbwc (1/1)


イチャコラしやがって!


52以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 19:41:43WkS7z8P6 (1/1)

乙砂糖吐いた。


53以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 20:40:08myiNpTaE (1/1)

>>49
この次のイチャイチャしているところのレスが抜けてんぞ


54 ◆L0dG93FE2w2017/10/31(火) 21:24:0822cYdu8A (51/51)

レスありがとうございます


55以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 22:04:30ym/zvxFo (1/1)

あなただったのか



56以下、名無しが深夜にお送りします2017/10/31(火) 23:52:515o8KSgEU (1/1)

むっちゃ久し振りやん!
乙!


57以下、名無しが深夜にお送りします2017/11/01(水) 19:36:58hZmhDr0U (1/1)

乙!この幼友はヤバそうだな……


58以下、名無しが深夜にお送りします2017/11/03(金) 22:58:34tMebQVoQ (1/1)

続編あるのを期待してる