362以下、名無しが深夜にお送りします2018/02/28(水) 23:02:21UaiZZGuE (4/10)

ヒビキ「ダブルバトルか…。俺ァ、やった事ないが…面白そうじゃのぉ!受けて立つわ!」

ヤナギ「気に入って貰えて何より。さて…」

ヤナギ「この年寄りを楽しませておくれよ、若いの」ゴォォオ…

ヒビキ「…ッ!この爺さん…!こりゃあ俺も本気でやらないかんみたいじゃな!だったらカチこめ、アラシまる!デンまる!」ポイポーイッ

アラシまる「バックフゥウンッ!」ポンッ

デンまる「ぱるるるんっ!」ポンッ

ゴロウ「アサギジムでは敢えて相性の不利なポケモンを選択したけど今回は有利なポケモン…!」

ヒビキ「そしてまだ行くぞォ!」クルクルッパシッ

ゴロウ「アニキ、それは!」

ヒビキ「喧嘩上等!光って唸れ、俺の黄金の心!」

ヒビキ「命、爆裂!メガシンカァッ!」シャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

デンまる「メガッ!ぱるるるるんっ!!!」パッパラー


363以下、名無しが深夜にお送りします2018/02/28(水) 23:12:13UaiZZGuE (5/10)

ゴロウ「メガシンカ!ついにアニキもメガシンカデビューでやんすね!」

ヒビキ「おぉう!デンまる、何かふわふわに戻ったのぉ!」

デンまる「ぱるぅ」モフモフ

ヤナギ「メガシンカ…珍しいな。魅せてくれる」フッ

ヒビキ「行くぞ、じーさん!アラシまる、イノムーにニトロチャージ!デンまるはジュゴンにかみなりパンチじゃ!」

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ボォォッ!シュバッ!

つるんっ

アラシまる「バクッ!?」コテッ

ヤナギ「見ての通りフィールドは氷だ。走るのは気を付けると良い」

ヒビキ「デンまる、足元に気を付けろよ!」

デンまる「ぱ…ぱるぅ!」オソルオソル…バチバチィッ…ドゴォッ!

ヤナギ「イノムー、ジュゴンを庇え」

イノムー「イノー」ササッ!


364以下、名無しが深夜にお送りします2018/02/28(水) 23:21:32UaiZZGuE (6/10)

デンまる「ぱるぅっ!?」モフッ

ヤナギ「イノムーのタイプは氷・地面タイプ。電気は効かんよ。ジュゴンはあられだ」

ジュゴン「ジュゴオオー!」パァァ…

ぱらっ…ぱらぱらぱらぱら…

アラシまる「バクッ」イテッ

デンまる「パルゥッ…!」ズキッ…!

ヒビキ「何じゃ、その程度!アラシまる!イノムーにかえんぐるま!こんな氷の床なんて溶かして抉れェッ!」

アラシまる「バックバックフウゥウンンッ!」ボォォグルグルグルンッ!

じゅううぅどががががっ!

ヤナギ「受け止めろ、イノムー」

ドオオォォンッ!

イノムー「のむぅっ」モミュンッ

アラシまる「バクゥッ!?」

ゴロウ「そんな!炎技が効いてないでやんす!」

ヤナギ「私のイノムーの特性は『あついしぼう』。炎と氷の技を半減するものだ」


365以下、名無しが深夜にお送りします2018/02/28(水) 23:30:50UaiZZGuE (7/10)

ヤナギ「そしてイノムー。バクフーンを吹っ飛ばしてしまえ」

イノムー「いのぉー」ブオォォォンッ!!!

アラシまる「バクァァアッ!」ドガァァッ!

ゴロウ「何てパワーでやんすっ!」

ヒビキ「っデンまる、危ねぇッ!」

デンまる「ぱるっ?」

ドオオォォンッ!

アラシまる「バクゥッ…」ググッ…

デンまる「ぱるぅ…」ググッ…

ヒビキ「チィッ…!こうなったら遠くから攻撃じゃ!デンまる、ほうでん!」

デンまる「ぱぁぁるるるぅうっ!」バチバチバチィッ!

ジュゴン「ジュゴオォッ!」ビリビリィイ!

イノムー「のむっ」ピンピンッ

アラシまる「バクバクバアァァッ!?」ビリビリビリィイッ!

ヒビキ「んなっ!アラシまる!」


366以下、名無しが深夜にお送りします2018/02/28(水) 23:38:40UaiZZGuE (8/10)

アラシまる「バクゥ…」シュゥゥ…

デンまる「ぱ…ぱるぅ…」タジ…

アラシまる「バクッ!バクバクッ!バカッ!」キッ

デンまる「ぱるぅ!ぱるぱるぅ!」キッ

ゴロウ「あちゃー。ケンカ始めちゃったでやんす…」

ヒビキ「おどれら、何しとんじゃぁっ!」

ヤナギ「ポケモンも人間も仲良くしなければいかんよ。ジュゴン、仲良くふぶきだ」

ジュゴン「ジュゥゥゴオォォォ!」ビュオォォォォオ!!!

アラシまる「バクゥッ…!」ググッ…!

ゴロウ「凄い範囲でやんす!でも炎タイプのアラシまるは大丈夫そうでやんすね…」

デンまる「ぱ……ぱるうぅぅぅ…」ガクッ…ガクガクガクガクッ…

ヒビキ「デンまる!どうしたんじゃ!」

ヤナギ「おや。知らなかったのかな?デンリュウはメガシンカすると電気・ドラゴンタイプとなり、氷が弱点となるのだよ」

ゴロウ「そんな…!メガシンカが仇になるなんて…!」


367以下、名無しが深夜にお送りします2018/02/28(水) 23:48:23UaiZZGuE (9/10)

ヒビキ「何て事じゃ…!だけどおどれらはどんな奴らもそのド根性で切り抜けて来たんじゃ!ふぶきの一つや二つ、何のその!」

アラシまる「バクゥアッ!」ゴオォォッ!

デンまる「ぱるぱるぅっ!」バチバチッ

ヤナギ「ほぉ…。まだまだ元気なようだ」

ヒビキ「今度は一体集中攻撃じゃ!ジュゴンに向かってアラシまるはあなをほるで接近!デンまるはもう一発ほうでんじゃ!」

アラシまる「バクゥッ!」ホリホリッ

デンまる「ぱるぱうぱぁっ!」バチバチバチィッ!

ゴロウ「今度はアラシまるは地中に潜ってるから同士討ちはしないでやんす!」

ヤナギ「イノムー、じしん」

イノムー「いのむー」ドゴォッ!

ガガガガガガガガガガガガガッ!!!

ヒビキ「しまっ…!」

デンまる「ぱるぅあっ!」ガクガクガクッ!

アラシまる「バクゥゥ!」ドガァッ!ガクガクガクッ!

ヤナギ「イノムーが居るのに迂闊だな」


368以下、名無しが深夜にお送りします2018/02/28(水) 23:54:47UaiZZGuE (10/10)

ヒビキ「じゃがじしんはほうでんと一緒で自分以外のポケモンが攻撃対象の筈じゃ!じーさんのジュゴンだって…!」

ジュゴン「じゅごーん」チョコンッ

イノムー「のむっ」フンスッ

ヤナギ「ジュゴンがどうした、と…?」

ゴロウ「イノムーの上にジュゴン…」

ヤナギ「これがダブルバトルのチームワークと言うものだよ。イノムー、ジュゴン。二重のふぶき」

ビュオオオオオォォォォォォォォォォォオオオオッッッ!!!

ヒビキ「うおぉっ…!アラシまる!デンまる!」ググッ…!

アラシまる「バ…バクゥッ…」ピクッ…ピクンッ…

デンまる「ぱ…ぱるぅぅ…」ピクッ…ピクンッ…

ヤナギ「勝負あったようだな。中々面白かったよ」

ゴロウ「アニキが…負けた…」

ヒビキ「………」


369以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/09(金) 13:21:30OiS7TzVQ (1/9)

次の日の明朝・怒りの湖

ドッパアァァァンッ!!!

ヒビキ「まだまだじゃ!デンまる、かみなりパンチ!アラシまるはかえんぐるま!ツボミまる、リーフブレード!ムドーまる、ドリルくちばし!リューまるはしんそくじゃ!」ゼェ…ゼェ…

デンまる「ぱるぱるぁっ!」バチバチッドゴォッ!

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ボォォグルグルグルンッ!

ツボミまる「キエェェェイッ!」ジャキィンッ!

ムドーまる「エアァァッ!」ギュルルルゥ!

リューまる「ハクゥゥウッ!」シュバッ!

ドッパアアアァァァァァァンッ!!!

ゴロウ「アニキ…。まだ朝の5時でやんすよ…?それに無茶でやんすよ、手持ちのポケモン全員の攻撃を自分で受けるって…」

ヒビキ「いいや、そうはいかん!あのじーさんも強かったが、あのバトルは俺の判断ミスも大きい!こうでもしなきゃ俺の気が済まんのじゃ!」

「ハーハッハッハ!それでそんな無茶な修行か!精が出るな、少年!」

ヒビキ「………この声は」ウゲェ

しゅたっ

ワタル「久しぶりだな、少年!」バサァッ!


370以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/09(金) 13:29:41OiS7TzVQ (2/9)

ゴロウ「ワ、ワタルさん!」

ワタル「今日は俺だけだはないぞ」

イブキ「ひ…久しぶりね…」

ヒビキ「っ!イb…ピッチリスーツ!」トゥンクッ…

イブキ「なっ…///わざわざ言いなおさなくても良いでしょ…良いではないか!」トゥンクッ…

ゴロウ「やっぱり仲良しでやんすね、アニキと姐さん」

ワタル「ふっ。愛だな。俺達も愛では負けてられないぞ、カイリュー!」

カイリュー「でっていうー」

ヒビキ「ったく…。ほんでおどれら何の用じゃ」

ワタル「我々はある不穏な噂を聞きつけ、この怒りの湖に来たのだが…」

「ギャアオオオオォォォォォォオオッ!!!」

ゴロウ「何でやんすか、この声!?」

ワタル「御出ましだな…」フッ

ザッパアアァァァァァァンンッッ!!!

ギャラドス「ギャアァァァオッ!」


371以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/09(金) 13:39:44OiS7TzVQ (3/9)

ヒビキ「コイツは…!ギャラドスじゃな…!じゃがこの色は…!」ピッピッ

イブキ「コイツだけではないぞ!」

ザッパアアァァァァァァンンッッ!!!

ギャラドス『ギャアアアオッ!ギャアアアオッ!オギャアアァァァッ!』

ゴロウ「こんなに沢山のギャラドス…!どうしてこんなにも…!?」

ワタル「確かにこの湖はギャラドスが暴れて出来た大穴に雨水が溜まって出来た湖とは言われている…。だがこの量は異常だ。それに…」

ギャラドス「ギャアアオッ!」バシャアァァァァァッ!

ヒビキ「うおぉっ!」ササッ

イブキ「ハイドロポンプだ!気を付けろ!」

ワタル「少年!キミは今修行する事を望んでいる!さすれば今こそ第二の『竜の試練』、受けてはみぬか!?」バサァッ!

ヒビキ「何じゃっ!藪から棒に!」

ドッパアァァァンッ!!!

ワタル「む、よく聞こえなかったが、受けるのだな!第二の『竜の試練』、それはこのギャラドス全てを鎮める事だ!」バサァッ!

ヒビキ「聞けや、人の話を!」


372以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/09(金) 13:56:16OiS7TzVQ (4/9)

イブキ「ふんっ!お前、チョウジのジムリーダーに負けたと聞いたぞ?大丈夫?私が良かったら慰m………無様だな!」バサァッ

ヒビキ「何じゃと、オラァ!」

イブキ「お前の事だ。また無茶して無理な特訓でもするかと思って、私が兄上に直談しt………竜の奥義を引き継ぐのは私なんだからなぁ!」

ゴロウ「………」ボーゼン

ワタル「正しく愛だな!では『竜の試練』始め!」

ヒビキ「えぇい!こうなったらやけじゃ!コイツ等全部ブッ倒してレベルアップしてやらァッ!アラシまる、かみなりパンチッ!」

アラシまる「バァック!」バチバチィッ!ドゴォッ!

ギャラドス「ギャアアァァァッ!」ビリビリィッ!

ゴロウ「アニキ!まだ来るでやんす!」

ギャラドス『ギャアアアオッ!』バシャアァァァァァッ!!!

イブキ「ハイドロポンプ一斉射撃ッ!?」

ヒビキ「ツボミまる!」

ツボミまる「ウツボット…」シュバッ

バッシャアアアァァァンッッッ!!!


373以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/09(金) 14:04:25OiS7TzVQ (5/9)

ツボミまる「ウツボット…!」ゼェゼェ…

ヒビキ「ツボミまる!すまん、助かった!」

ゴロウ「でもあのツボミまるが水技でこんなにダメージを?」

ワタル(一見で分かる。あのウツボットが少年のパーティの中で一番レベルが高いと言う事を…。だが大量のギャラドスのハイドロポンプの一斉照射とは言え、草タイプのウツボットにあれ程のダメージ…やはり…)

イブキ「良し!次は私だ!ハクリュー、りゅうのh…」

ヒビキ「ッ!危ねェッ!イブキ!」ガバッ

ギャラドス「ギャアアオォッ!」ブオォォォンンッ!

ドガアァァァンッ!

ヒビキ「無事かッ!?」

イブキ「ああ…///だがこのギャラドスは…」

ギャラドス「ギャアアオ…」ビリビリ…

ゴロウ「アラシまるのかみなりパンチで倒れた筈じゃ…」

ワタル(タイプ不一致とは言え、4倍ダメージのかみなりパンチも耐える野生のギャラドス…。異常だな…)


374以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/09(金) 14:13:45OiS7TzVQ (6/9)

イブキ「今度こそ…!ハクリュー、りゅうのはどう!トゲチックはげんしのちからだ!」

ハクリュー「ハアァァクリュー!」ギャオォォンッ!

トゲチュク「チョッゲチイィィン!」ゴゴゴ…ドガァッ!

ギャラドス「ギャアアアアッ!」ズドオォンッ…

ギャラドス「ギャアアアオォッ!」ザッパアァァンッ!

イブキ「ええいっ!キリが無い!」

ヒビキ「アラシまる、デンまる!Wかみなりパンチィッ!」

アラシまる「バックフンッ!」バチバチッドゴォッ!

デンまる「ぱぁぁるるんっ!」バチバチッドゴォッ!

ギャラドス『ギャアアアァァッ!』ビリビリビリィッ!

ゴロウ「二体倒したでやんす!」

ギャラドス『ギャアアアアアオッ!』ザッパアァァンッ!

ヒビキ「何体おるんじゃコイツ等!」


375以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/09(金) 14:21:24OiS7TzVQ (7/9)

ギャラドス「ギャアアアアアオォォッッ!!!」ゴオォォォォォォッ!!!

イブキ「赤いギャラドス…!はかいこうせんか!」

ドガアアアァァァァァァァァァンンンッ!!!

ムドーまる「エ…エアァ…」ガクッ

ヒビキ「すまん、ムドーまる。休んどけ」シュボンッ

イブキ「どいつもこいつもデタラメなレベルだが、あの赤いギャラドスはさらに異常ね。鋼タイプのエアームドをはかいこうせん一撃で…」

ゴロウ「他のギャラドスも倒しても倒しても沸いて出てくるでやんす…。いったいどれだけ倒せば…」

ヒビキ「一発で全員倒せれば…。ッ!デンまるのほうでん…!いや、ほうでんはギャラドス全体を攻撃できるがコイツ等も…。チョウジジムと同じになっちまうのぉ…」

ヒビキ「いや…!アレを使えば行けるか…?デンまる!」クルクルッパシッ

デンまる「ぱるぅぅっ!」コクッ

ヒビキ「喧嘩上等!光って唸れ、俺の黄金の心!」

ヒビキ「命、爆裂!メガシンカァッ!」シャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

デンまる「メガッ!ぱるるるるんっ!!!」パッパラー


376以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/09(金) 14:31:21OiS7TzVQ (8/9)

ワタル「おぉ…!メガシンカ…。使えるようになったのだな、少年!」

ヒビキ「デンまる。今度はミスは無しじゃ…!湖全体にわたほうし!」

デンまる「ぱるるるぅ…」モコモコモコモコ

もこもこもこもこもこもこもこもこ…

ギャラドス『ギャアオ…!』モコモコ

イブキ「凄い…!湖を全部わたほうしで包んだ…」

ゴロウ「すべてのギャラドスの動きも止めたでやんす!」

ヒビキ「これで終いじゃ!綿と湖全てに10万ボルトォオッ!」

デンまる「ぱあぁぁぁるるるるるるるんっっっ!!!」バチバチバチイィィッッッ!!!

ギャラドス『ギャアアアアアアッッッ!!!』

ワタル「成程…。あのわたほうしは相手の動きを止めるだけでなく、電気を通電させる役割もあったか…!しかもほうでんより威力が高く、味方にもダメージを与えない10万ボルトを全部のギャラドスに当てたか!」

ザッパアアァァァァァァンンッッ!!!

ギャラドス「ギャアアアアオォォォォオッ!!!」

ゴロウ「まだあの赤いギャラドスだけ倒れてないでやんす!」


377以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/09(金) 14:36:53OiS7TzVQ (9/9)

ヒビキ「じゃったら…!リューまる!しんそくじゃ!」

リューまる「ハクゥッ!」

シュバァッ!

ギャラドス「ギャアオォッ…!」グラッ…

ヒビキ「今じゃ!喰らえやァ!ヘビーボール!」ポーイッ

しゅぼんっ

ヒビキ「おぃしゃ!赤いギャラドス、しょっぴいたぞ!」パッパラー

ゴロウ「やったでやんすね、アニキ!」

イブキ「ふんっ!今回は勝ちを譲ってやる。だが私だって何体か倒したんだからな!」

ワタル「だがあの赤いギャラドス、それに他のギャラドスも様子がおかしかった…。それにあの異常なレベル…誰かに人為的にレベルを上げられ、強制的に進化させられたのか…?」

ワタル「そしてここ最近の野生のポケモンのレベルの異常増加…。この二つの事件は無関係とは考えられまい…」


378以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/13(火) 06:27:05UpnF0yN2 (1/5)

ヒビキ「………」グッ…

ゴロウ「どうかしたでやんすか、アニキ?」

ヒビキ「コイツも他のギャラドス達も苦しんじょった。そう…自分でもどーにも出来んぐらい苦しみながら暴れておった」

イブキ「何かギャラドス達の心が分かるみたいな物言いね…」

ワタル「………少年、キミはどうやら人、ポケモンの心を感じる事に冴えているようだな」

ヒビキ「?よー分からんが、何となくそう思っただけじゃがのぉ」

ワタル「いや、キミの憶測は当たっている。さっきのギャラドス達は全てコイキングかた怪電波により人為的に無理矢理レベルを強制的に上げられ進化したんだ」

ゴロウ「それって…強くなるんだったら良い事なんじゃ…?」

ワタル「あのギャラドス達の苦しむ姿を見てもそう思うか?」

ゴロウ「それは…」

ヒビキ「オイ、誰じゃ!ポケモンを苦しませるようなアホ電波を出している連中は!?」クワァッ!

ワタル「恐らく悪の秘密結社『ロケット団』だろう」


379以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/13(火) 06:34:15UpnF0yN2 (2/5)

ヒビキ「ッ!アイツ等か…!」

イブキ「兄上の調べによれば、その怪電波が発信されているのはチョウジタウンの土産物屋らしい」

ゴロウ「あ、あのメチャクチャ怪しい土産物屋…」

ワタル「あの土産物屋は恐らくロケット団に乗っ取られたモノ。そこで売られている商品もどんな手で手に入れた物なのか…」

ヒビキ「………」サァー

ゴロウ「あ…アニキ………」サァー

ヒビキ「少年!俺は一足先にその土産物屋へと潜入する!後から付いて来るんだ!」バサァッ!

カイリュー「でっていうー」バァッサバァッサ

イブキ「私も付いて行きます、兄上!」

トゲチック「チョッゲチイィィン!」シュバッ!

ゴロウ「アニキ!オイラ達も!」

ヒビキ「ムドーまる、戦闘不能中じゃ」

ゴロウ「あっ…」

ヒビキ「超速でポケセン行ってから、追いかけるぞ!」ダッ


380以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/13(火) 06:45:21UpnF0yN2 (3/5)

土産物屋

ヒビキ「おぉう!追いついたぞ!マント共!」ドォンッ!

ワタル「カイリュー、はかいこうせん!」

カイリュー「わーお」ビィィィムッ!

店員「ぐぎゃあぁっ!」

ドガアァァンッ!

ゴロウ「ちょっ!人に向けてはかいこうせんって…」

イブキ「問題ない。兄上のカイリューのはかいこうせんが『わーお』の時はみねうちだ」

ヒビキ「光線に峰なんぞあんのか」

ワタル「ふむ」ガバァッ

店員「うっ…」ロケットダーン

ワタル「やはりロケット団か…」

ゴロウ「じゃあ本物の店員さんは…」


381以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/13(火) 06:52:46UpnF0yN2 (4/5)

ごろんっ

店員「」

イブキ「ッ!?キャアァッ!」バッ

ゴロウ「人の首…!?」

ワタル「目的の為ならばここまでするのがロケット団だ」

ヒビキ「気に入らん…!気に入らんのぉ!ポケモンも人間の命をなんじゃと思っちょるんじゃ、あいつ等は!」ワナワナ…

ワタル「それを止める為にもここで食い止めなければな!敵のアジトはこの地下だ。俺が先導する!付いて…」ピキーンッ!

イブキ「兄上…?」

ワタル「………すまん、俺はここに残らせてもらう」


382以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/13(火) 07:01:50UpnF0yN2 (5/5)

ヒビキ「おぉい!そこまで言っておいて、何を言ってるんじゃ、このマント男は!」

ワタル「俺がここに残っていた方が良い、と…。俺の第六感…『ドラゴニックセンス』が告げたのでな…」バサァッ

ゴロウ「ど…どらご…?せんす…?」

ヒビキ「いたいわー」

ワタル「ドラゴンタイプは伊達じゃない!」

ヒビキ「おどれは頭がドラゴンタイプじゃろ」

イブキ「ドラゴッニクセンスが…!分かりました、兄上…」

ワタル「イブキ。お前は俺の代わりに少年達と共に行き、ロケット団の野望をその竜の爪牙で切り裂くのだ!」バサァッ!

イブキ「はい!おい、お前!別に私はお前を助ける為に行くのではないからな!兄上に言われたからサポートするだけなんだからな!」

ヒビキ「あぁん?俺じゃってこんなピッチリムチムチエロマントの助けなんかいるかァッ!」クワァッ!

イブキ「何だとこの意外と筋肉質子供が!」クワァッ!

ゴロウ「いちゃついてないで、さっさと行くでやんすよー」


383以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/19(月) 00:32:39qaXk40oA (1/8)

ロケット団アジト

ゴロウ「ほえー。あんなお土産屋の地下にこんな空間があったなんて…」

ヒビキ「如何にも、悪の組織のアジトって感じじゃのぉー」

イブキ「ふんっ。まさか怖気づいたか?」

ヒビキ「がーはっはっは!むしろ逆にワクワクしちょるわ!」

イブキ「頼もしい事言うわね」プイッ

ゴロウ「二人とも、イチャついて油断しないでくださいでやんすね?」

ヒビイブ「「誰もイチャついてない!」」カァー

ヒビキ「ったく…。お、ペルシアンの銅像じゃ」ポチッ

イブキ「意外とカワイイわね」ポチッ

がこんっ

ゴロウ「あっ…」

ヒビイブ「「なんとぉぉぉぉぉおっっ!?」」ヒューー

ゴロウ「言ってる傍から何してるでやんすかっ!このアホップルはー!」


384以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/19(月) 00:36:51qaXk40oA (2/8)

ゴロウ「アニキー!姐さーーんっ!」

ブーブーブー!

『緊急警報発令!緊急警報発令!』

したっぱ「なんだ!?緊急警報!?」

したっぱ「侵入者だ!」

したっぱ「ヒィィィハァーーー!」

ゴロウ「やばっ」

ラッタ「らたっ」ポンッ

ゴロウ「ラッタ!どうしたでやんすか!?」

ラッタ「ラッタッタッ」タッタッタ

ゴロウ「待つでやんす、ラッター!」タッタッ


385以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/19(月) 00:48:03qaXk40oA (3/8)

イブキ「っ痛…。大丈夫か、ヒビキ…」

ヒビキ「………重い。そして柔らかい…?」ムニィ

イブキ「だ…誰が重いだッ///って柔らかい…?」ムニュゥ…

イブキ「………キャアァァァァッ///」バッ!

ヒビキ「うおぉっ!」

イブキ「き…貴様!いったい何処に顔を埋めているんだッ///」カァー

ヒビキ「不可抗力じゃ!いや…その…何と言うか…悪い///」カァー

イブキ「む…。素直に謝られると調子狂うな…」

イブキ(もう互いに裸を見ちゃってるのに今更じゃないの…?って何言ってるんだ、私は!?)

ヒビキ(ヤバイヤバイヤバイッ///メッチャデカかった!メッチャ柔らかかった!顔全部挟まれたぞ!?と言うか勃ってんのバレてないじゃろうな!?)ボッキーンッ

イブキ「そう言えば、何だか股下に堅い物が触れてたような…?」ジュワァァァ…


386以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/19(月) 00:57:36qaXk40oA (4/8)

ヒビキ「しかし…ゴロウと逸れてしもうたか…」

イブキ「ああ…。あの子一人で大丈夫だろうか…。この際安全な所に逃げててくれていれば良いが…」

ヒビキ「ゴロウは大丈夫じゃ。それにアイツは決して安全圏へ逃げやしねーじゃろうよ」

イブキ「そう言う…」

ザワザワザワ…

したっぱ「いたぞ!侵入者だ!」

したっぱ「神妙にお縄に付け―!」

ヒビキ「ほー。いっぱい集まってきたのぉ」クルクルッパシッ

イブキ「ふんっ。逃げるか?」

ヒビキ「まさか!大暴れしてやるわぁ!」ダッ


387以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/19(月) 01:05:41qaXk40oA (5/8)

ゴロウside

ぴゅるるるんっ

ゴロウ「何かラッタを追いかけて色々ワープしてきたら変な所に出たでやんす…」

ラッタ「らたた」カリカリ

ゴロウ「あ、ラッタ!ダメでやんすよ、勝手に動き回っちゃ…。でもあれだけウロチョロしたのに一度もロケット団と出くわさなかったでやんすね…」

ラッタ「ラッタ!ラタタッ!」カリカリ

ゴロウ「ラッタ…どうしたでやんすか…。ってコレは…!」

マルマイン「マルマァ…」バチバチィッ!

ゴロウ「マルマインが沢山機会に繋がれてる…。何なんでやんすか、コレは…」

マルマイン「マルゥ…」ゼェ…ゼェ…

ゴロウ「それに何だか苦しそう…」


388以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/19(月) 01:16:18qaXk40oA (6/8)

ヒビキside

ドガアァァンッ!

したっぱ「ぐあぁっ!」ズサァッ!

したっぱ「このガキ、くそつえー!」

ヒビキ「ガーハッハッ!何じゃ何じゃ!それでも悪の組織か!そんな程度ではこの喧嘩番長、ヒビキ様を止められると思うなよぉ!」ドゴォッ!バキィッ!

したっぱ「ええい!そんなチンタラせずにポケモンを使えー!」ポーイッ

ズバット「ズバッ!」

イブキ「キングドラ、たつまき!」

キングドラ「グドォォラッ!」ビュオォォォッ!

ズバット「ズバアァッ!?」ピュー

イブキ「おい!そんな考えなしに突っ込んで行ってどうする!それにちょっと派手に暴れすぎやしないかっ!?」

ヒビキ「だいぶ引き付けられた様じゃな…。これでゴロウの方は大丈夫じゃろう…」ボソッ

イブキ(ッ!まさか派手に暴れているのはゴロウの方にしたっぱが向かわないようにするために敢えて…!?コイツ、考えなしの様に見えて意外と…)

イブキ「所で何処に向かっているのか分かっているのか!?」タッタッ

ヒビキ「漢の勘じゃ!」バキィッ!


389以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/19(月) 01:27:31qaXk40oA (7/8)

ボスの部屋

ドガァンッ!

ヒビキ「なんやかんやでそれっぽい所に出たぞ!どうじゃ漢の勘も中々じゃろ?」

イブキ「全くコイツは…」フッ

「よく来たね。歓迎しよう」

ヒビキ「誰じゃ、おっさん」

「人に名を訪ねる時はまず自分から名乗るのがマナーだとは思わないかい?」

ヒビキ「おぉう!悪い悪い!俺はヒビキ!喧嘩番長ヒビキ様じゃ!」

イブキ「む?何時もと口上が違う気が…」

「いつもと違う口上で自分の身内に危害を加えさせない様にしているのかな、ワカバタウンのヒビキくん?それに隣のムチムチレディのフスベジムジムリーダーのイブキちゃん?」

イブキ「大した情報網ね、ロケット団」

ヒビキ「てかおどれジム番長じゃったんか、イブキ!?そんでおどれは誰なんじゃ!」

サカキ「ん、聞きたいかね?私だよ、私!サカキだよ!サカキサマ!ギャーハッハッハッ」デデンッ

ヤミカラス「ニテナイ!ニテナイ!ギャーハッハッハッ!」バッサバッサ

イブキ「あ、どっか飛んで行った」


390以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/19(月) 01:43:51qaXk40oA (8/8)

「そんな俗物な演技でサカキ様を穢さないでもらいたいわね、ラムダ」

ラムダ「うるせっーな、アテナ!」バッ

イブキ「あ、顔が変わった。変装だったのか…」

ヒビキ「と言うか、誰じゃイブキに負けないくらいのムチムチねーちゃんは」

アテナ「私はアテナ。そこの汚らしい男と同じロケット団幹部ですわ」

ラムダ「んで、俺が変装名人、ロケット団の頭脳のラムダサマよ!ギャーハッハッハッ!」

イブキ「ロケット団の幹部が二人…!」

ヒビキ「おどれらか?湖のギャラドス達を毒電波で苦しませてるのは?」

アテナ「やはりそれを知ってここに潜入して来たのね。これだから若い男の子は堪らないわ」ジュルリッ

ラムダ「それはお前の趣味だろ?だが秘密を知られたからにゃ、タダじゃ帰せねぇなぁ。アテナ、ここは組んで…」チャキッ

アテナ「貴方みたいな汚らわしい男と組むのは不本意ですが…」チャキッ

ヒビキ「やっぱそう来なくちゃのぉ!」チャキッ

イブキ「かかって来い!マルチバトルだ!」チャキッ


391以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/19(月) 19:05:36Py/NZv/A (1/1)

いいゾ~コレ


392以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/20(火) 10:29:47sLHoOrmE (1/7)

ゴロウside

マルマイン「マルゥ…」ゼェ…ゼェ…

ゴロウ「どうにかしてマルマイン達を助けてあげたいけど、この扉が全然開かないでやんす…」ドンドンッ

ヤミカラス「ギャーハッハッハッ!」バァッサバァッサ

ゴロウ「へ、ヤミカラス?一体何処から…?」

うぃーんっ

ゴロウ「開いた!でも何で…?いや、考えてる場合ではないでやんすね!」

マルマイン「マルマルゥ…!」バチバチィッ!

ゴロウ「このまま放電してるマルマインに近づくのも危ないでやんすね…。だったら、ゴローン!」ポーイッ

ゴローン「ごろーんっ」ポンッ

ゴロウ「ゴローン、マルマインをこの機械から解放するでやんすよ!」

ゴローン「ごろんごろ」ガシッ

マルマイン「マァルマァ!」バチバチバチィ!

ゴローン「ごろん」ピンピン

ゴロウ「やっぱり地面タイプのゴローンだったらマルマインも大丈夫でやんす!」


393以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/20(火) 10:33:59sLHoOrmE (2/7)

「ん…アイツは…」

ゴロウ「えっ!もしかして追手…?えっ…?」

シルバー「どうしてお前がここにいる?」

ゴロウ「シルバー!どうしてって…こっちのセリフ…でもないでやんすね」

ゴロウ「確かヒダワの井戸でロケット団と一緒に居たでやんすもんね…」ジリ…

シルバー「………見てたのか」

ゴロウ「渦巻島では助けてくれたけど…やっぱりシルバーはロケット団なんでやんすか…?」

シルバー「………」


394以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/20(火) 10:43:15sLHoOrmE (3/7)

ヒビキ達が潜入する数分前

シュタッシュタタタタッ

シルバー「………」ガサゴソッ…

「ふふっ。こっそりアジトに侵入なんておいたが過ぎますわね、シルバー様」

シルバー「………アテナか」

アテナ「お久しぶりです、シルバー様。元気そうで何よりです」

シルバー「お前もな」

アテナ「ランスからシルバー様とヒダワでお会いになったとは聞いてましたが………。やはり戻ってきては貰えないのですか?」

シルバー「ランスから聞いたのなら、知っているだろう?俺は戻らん。今のロケット団はいけ好かない。ここに居ても真の強さは、魂は手に入らん」

アテナ「なら…何故ここにお戻りになられたのですか?」

シルバー「………親父の『アレ』を取りに来た」

アテナ「『アレ』…。そうですわね。シルバー様の手持ちにはあの方のイワークが居ましたものね」

シルバー「何処にある?」

アテナ「こちらですわ、シルバー様」


395以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/20(火) 10:57:19sLHoOrmE (4/7)

アテナ「シルバー様のお探しの物はこの二つの石ですわね?」スッ

シルバー「ああ。キーストーンにハガネールナイト…」フルフルニィィ

アテナ「ふぅ…。シルバー様…どんどんあの方の面影が強くなっていますわね…」シナァ…

シルバー「っ…」ビクンッ

アテナ「幼少の頃からシルバー様の上から下まで…お世話してきた身としては…嬉しい限りです」ピト…

アテナ「さぞ…こちらの方も逞しく…///」サワ…

シルバー「やめろ!」バッ

アテナ「あら…」

シルバー「子供なら誰にでも腰を振るか、変態女が。そもそも今のロケット団がこうなった原因はお前が三年前に子供と油断し、懐柔され『ロッソ』を基地に招きいれたからだろう?」

アテナ「ロッソ…。ああ…彼の声…力強い眼差し…そして肉棒…。今思い出しても興奮が止まりませんわ…」ジュワァァァ

アテナ「それが例えロケット団に潜入するための偽りの愛だとしても…」

シルバー「ふんっ…」

アテナ「ですが…。私…それにランスの、シルバー様に対する想いは嘘偽りのない物です」

アテナ「あの方の真の後継者は『あの男』ではない。貴方様であると…!」

シルバー「………」


396以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/20(火) 11:02:00sLHoOrmE (5/7)

ブーブーブー!

『緊急警報発令!緊急警報発令!』

シルバー「………おい、侵入者だとよ」

アテナ「そうみたいですわね…。では行ってまいります」スッ…

シルバー「………」

アテナ「………何時でも私は貴方が帰って来るのをお待ちしております、シルバー様」

シルバー「………全く。ランスと同じセリフだな」


397以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/20(火) 11:10:47sLHoOrmE (6/7)

――――
――
シルバー「………」

マルマイン「マルマァ…」ゼェ…ゼェ…

ゴローン「ゴロォンッ」ガシッポーイッ

シルバー「成程、そう言う事か…」

シルバー(このシステムを恐らく考案したのはラムダと…アイツだろうな…)

シルバー「やはり気に入らん…!」ギリィッ…!

ゴロウ「や…やるでやんすか!?」グッ…!

シルバー「………」ポーイッ

ハガネール「ハァァガネェェイルッ!」ポンッ


398以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/20(火) 11:14:19sLHoOrmE (7/7)

ゴロウ「ハ、ハガネール!ラッタ!」

ラッタ「ラタッ!」ザッ

ハガネール「ハガネエェェ!」ブオォォンッ!

ゴロウ「っ…!」グッ…

マルマイン「マルマァッ!」ガシィッ!

ハガネール「がーね」ポーイッ

ゴロウ「シ、シルバー…?」

ゴロウ「マルマインを発電装置から外すのだろう?早くしろ、まだ残っているぞ」

ゴロウ「っ!分かってるでやんす!」


399以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 10:18:29WDMlR/7M (1/16)

ヒビキside

ヒビキ「おぉうらぁっ!ムドーまる、はがねのつばさじゃ!」

ムドーまる「エアァァッ」ジャキィンッ!ザシュッ!

ドガース「ドガアァッ!」ガクッ

ラムダ「チィッ…!もう一発だドガース!」ポーイッ

ドガース「ドッガアァッ!」ポンッ

ヒビキ「コンニャロォ!一体何体居るんじゃドガースはよぉ!これで五体目じゃ!」

イブキ「あの男、一体一体のレベルは高くないけど、人海戦術でジワジワと攻めてくる…。大してこの女は…」チラッ

アテナ「あら。余所見ですこと?アーボック、ダストシュート!」

アーボック「シャアアボッ!」ゲボォォォ!

イブキ「キングドラ、ハイドロポンプ!」

キングドラ「ドゥラァッ!」バッシャァァアアアッ!

ドオオォォォォォォンッッッ!

キングドラ「グドオォッ…!」ズサァァッ!

イブキ「数は少なくても一体一体のレベルが高い…!」


400以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 10:35:27WDMlR/7M (2/16)

アテナ「それにしても、あの子…。とっても勇ましいわね…。私より弱いと言っても幹部相手に…ムラムラしますわ…」ジュルリッ

アーボック「シャボォ…!」ギロォ!

ムドーまる「エアァッ!?」ビクッビリビリ…

イブキ「標的を変えた!?」

アテナ「これはマルチバトルわよ?アーボック、エアームドにほのおのきば!」

アーボック「シャアアァァッ!」ボォォ…ガブリンチョッ!

ムドーまる「エアァァッ!」ジリジリ…

アテナ「ねえ、アナタ…ロケット団の推薦入団受けてみない…?今だったら私がイロイロとサービス…してあげるわよ?」シナァ…

イブキ「き…貴様ァ!何を誘惑している!破廉恥なっ///」

アテナ「あら、嫉妬?その子と歳は大分離れてるみたいだけど、可愛い所もあるわね」クスクス

イブキ「黙れ!離れてると言ったって私はまだ10代だ!って私が言いたいのはそんな事じゃなくて…///」アタフタ

ラムダ「離れてるって…お前の方が一回り以上離れてるだろうがよ、ショタコンの変態女が。と言うか、邪魔すんな!」

アテナ「お黙り!貴方がチンタラチンタラしてるからでしょ!」

ヒビキ「悪いが、俺ァ、テメェがワルとは自負しちょるが、人もポケモンも簡単に殺すような奴の仲間にゃ絶対ならん!人もポケモンも命は粗末にしねぇ…これは俺の流儀じゃ!」


401以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 10:49:04WDMlR/7M (3/16)

アテナ「そう…残念ね…。アーボック、ほのおのきば!」

アーボック「シャボオォォッ!」ボォォ…ガブリンチョッ!

ヒビキ(へびにらみで麻痺られてるから得意のスピードで躱せん…!)

イブキ「させるか!あまごい!」

キングドラ「グドラアァッ!」パァァ…

ポツッ…ポツポツポツ…ザアァァァァァァァァァ…!

アテナ「雨で炎技が…!」

キングドラ「グドオッ!」シュバッ

アテナ「速い…!特性『すいすい』か…!」

イブキ「喰らえ!ハイドロポンプ!」

ヴァッシャアアアアァァァァァァァァァッ!!!

アーボック「シャボオオォォッ!」ズサァァッ!

ヒビキ「大した威力じゃ!やるのぉ、イブキ!」

イブキ「ふんっ///これくらい当然だ!」


402以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 10:54:51WDMlR/7M (4/16)

アーボック「シャボォ…!」ググッ…

イブキ「アレを耐えたか…!」

アテナ「やってくれたわね…!」キッ

ラムダ「テメェら、俺を無視するんじゃねぇ!ドガース、じばくだ!」

ドガース「ドガァァァ!」カッ!

チュドオオオォォォォォォォォォォンッッッ!!!

アーボック「シャボォ…」ピクッ…ピクンッ

キングドラ「グドォ…」ピクッ…ピクンッ

ムドーまる「エアァ…」ピクッ…ピクンッ

ヒビキ「おんどれぇ…味方ごと…!」

アテナ「何してくれてますの、ラムダ!私のポケモンも一体になったじゃない!」

ラムダ「うるせぇ!お前こそチンタラ性癖タダ漏れさせてんじゃねぇよ!」

イブキ「コイツ等、チームワークもへったくれもないな…」

ヒビキ「やっぱりコイツ等のやり方は気に入らん…。味方も自分のポケモンも簡単に犠牲にしやがって…!」ギリィ…


403以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 11:03:04WDMlR/7M (5/16)

イブキ「全くだな!行け、ハクリュー!」ポーイッ

ハクリュー「ハクゥッ!」ポンッ

アテナ「ラフレシア」ポーイッ

ラフレシア「ラフゥッ!」ポンッ

ラムダ「マタドガス!」ポーイッ

マタドガス「マァタドガァスッ!」ポンッ

ヒビキ「カチこめ、ギャーまる!」ポーイッ

ギャーまる「ギャアアオォォォォッ!!!」ポンッ

イブキ「その赤いギャラドスは怒りの湖で捕まえた奴か!」

アテナ「紅いギャラドス…何て美しいのかしら…」

ラムダ「怒りの湖の!そうか!この感じ、俺様のポケモン強化電波で強制進化させた一体か!」

ラムダ「でもあの電波はポケモンを強化させるがその副作用でものスゴーイ身体に負担がかかって、凶暴化するんだよなぁ!最悪ご臨終だ!ギャーハッハッハッ!」

ヒビキ「………もう喋んな」ギロォ…


404以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 11:11:57WDMlR/7M (6/16)

ブオオォォォォォォンッッッ!!!

マタドガス「ドガアァッ!」ズサァァッ!

ラムダ「マタドガス!コイツ、何てリーチだ!」

ヒビキ「ドラゴンテール…。もうおどれにゃポケモンも残ってないみたいじゃな…」

ラムダ「ハハッ…コイツは不味いカナ…?」ピッピッ…ウィィンッ…

アテナ「ラフレシア、ギガドレイン!」

ラフレシア「ラファァ…」ギュォォ…

ギャーまる「ギャオォ…」ガクッ

イブキ「ハクリュー!しんそくだ!」

シュバッ!

ラフレシア「ラファッ!」ズサァッ!

ふっ…

ラフレシア「ラ…」

ズドオオオォォォォォォンッ!!!


405以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 11:19:22WDMlR/7M (7/16)

アテナ「ラフレシア!」

ヒビキ「これでアンタもお終いじゃのぉ、幹部のお姉さん」

アテナ「ふふっ…それだけの力があって…本当に惜しいわ…」

イブキ「これで後はその雑魚男だけだな」

ラムダ「確かに俺のマタドガスじゃそのギャラドスは倒せねぇな…」ウィィィンッ…ガチャンッ

アテナ「ラムダ、何を…?」

ラムダ「この怪電波のデータはこのUSBにコピーした。俺等もやられた以上、このアジトは破棄するしかねぇよ…」チャキッ

イブキ「何をする気だ貴様!」

ラムダ「知れた事!ここのアジトの電力に使っているマルマインを全部遠隔操作で大爆発させてやるのさぁ!」ポチッ

しーんっ

ラムダ「………アレ?」ポチッポチッ

ヒビキ「何も起きんぞ」


406以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 11:25:48WDMlR/7M (8/16)

ラムダ「どーなってやがる!発電室のマルマインどもはどうした!」ピッ

ゴロウ『これでマルマインは最後でやんすね!』

シルバー『そのようだな』

ぷつんっ…うぃぃぃん………

イブキ「アジトの電気が…」

ヒビキ「ゴロウ!やっぱり無事じゃったな!流石は俺の舎弟じゃ!じゃが何でアイツが一緒に…」

アテナ「シルバー様…」

ラムダ「あんのガキィ!いつの間に…!しかもシルバーサマまでご一緒かよ!早くどうにかしねーと…!」ダッ

イブキ「待て!」ダッ

ぶわぁっ

イブキ「うっ…コレは…しびれごな…」ガクッ…ビリビリ…

ラフレシア「ラフゥ…」ゼェ…ゼェ…

アテナ「悪いわね…。これがロケット団のやり方なの」スタスタ

ヒビキ「イブキィッ!」


407以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 11:33:57WDMlR/7M (9/16)

ヒビキ「クソォッ!イブキ、大丈夫か!?」ガバッ

イブキ「バ…バカ…!私の事なんて…捨て置け…!」

ヒビキ「ど阿呆な事、ぬかすな!」

イブキ「早くしないと…ゴロウが…!」

ヒビキ「………」

がしっ

イブキ「っちょっ…///何を…!」

ヒビキ「俺は…ゴロウも…そしてイブキも…見捨てる事は出来ん…」ヒョイッ

イブキ「で…でも…私は重い…んじゃ…///」カァー

ヒビキ「俺を誰じゃと思っちょる?ワカバの黄金番長、ヒビキ様じゃ!並の子供とは鍛え方が違うんじゃ!」ニカッ

イブキ「………莫迦者///」フイッ

ヒビキ(うぎゃああぁぁぁ///背中にデカくて柔らかい物があぁぁぁ///勃ってめっさ走りずれェェ!)


408以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 11:43:26WDMlR/7M (10/16)

ゴロウside

ゴロウ「これでアジト内の電気が止まったし、マルマイン達も苦しまずにすむでやんすね!」

シルバー「お前達が妨害したかった怪電波もこれで止められただろう」

ゴロウ「その…シルバー…。ありがt…」

バチバチバチイィィィッ!!!ういいぃぃぃいんんっ…!

ゴロウ「電気がまた…!でも何で!?マルマイン達は全部外したのに…!」

エレキブル「エェェレキブゥル…」バチバチィッ!

シルバー(マルマイン六体分で賄われるここのアジトの電気を一体のポケモンで…。まさかコイツは…!)

カツーンッカツーンッ…

「アジトの方が気になって見に来てみれば、部外者の侵入者を許した挙句、怪電波も止められるとはとんだ失態ですね、ラムダにアテナは」

「だが面白いお方とも会い見えた。その顔立ち、やはり御父上とよく似ていらっしゃる」

シルバー「アポロ…!」ギリィ…

アポロ「お久しぶりです、シルバー様。我らがロケット団がボス、サカキ様のご子息様」ニコッ


409以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 11:55:54WDMlR/7M (11/16)

ゴロウ「シルバーが…!ロケット団のボスの息子…!?」

シルバー「チッ…。コイツが休暇のタイミングで侵入したつもりだったんだがな…」

アポロ「そうですね、いつものこの時間でしたら私は私室でサカキ様グッズを愛でて、サカキ様の魅力を綴ったポエムを愛読してましたが…偶然かな、第六感と言う物が働いたのですよ」

ゴロウ「でも土産物屋にはワタルさんが…!」

アポロ「このアジトの出入り口が一つと考える方が浅ましいですよ、少年」

シルバー「ハガネール!」

ハガネール「ハアァァガネェェイル!」ブオォォンッ!

エレキブル「キブゥゥル!」ガシッ

アポロ「このハガネール、もしやサカキ様からお受け取りになったイワークを進化させましたか…。投げ飛ばしなさい」

エレキブル「エェェレキブゥゥxルッ!」ブオォォォンンッ!

ズドオオオォォォォォォンッ!!!

ゴロウ「あの巨体を難なくも!」

アポロ「例え元はサカキ様のポケモンでも使うのが貴方様では私のポケモンに勝てる訳ないでしょう?」

シルバー「………何時までも俺を舐めるなァァァッ!!!」


410以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 12:05:36WDMlR/7M (12/16)

ハガネール「ガアァァァァアァネェェェッ!!!」ズドオォォンッ!

エレキブル「ギブゥ…!」ググッ…!

シルバー「大地の奥義ィ!魂イィィッ!!!」

ハガネール「ハァァガネエエエエェェェイルゥッッ!!!」ガガガガガガッ!!!

エレキブル「ギ…ギブウゥゥゥ…!」ガクガクガクッ!

アポロ「ほぉ…。サカキ様のじしんの応用技、『大地の奥義』をもうここまで…。ですが…」

ボオオオオオォォォォォォッ!!!

ハガネール「ガァネエェェェ…!」ジュワァァァ…!

ヘルガー「ヘルゥ…!」

アポロ「まだまだ最後の爪が甘いですよ」

ラムダ「ア、アポロ…!すまねぇ…お前の留守中に…」タッタッ

アポロ「爪が甘いのは貴方もですね、ラムダ。ですが、マルマインを使っての証拠隠滅は良いアイディアです。そのUSBを」スッ

ラムダ「お、おう…」スッ

アポロ「だが私が証拠隠滅するなら…そうですね、もしポケモンの事故でチョウジの町全部が破壊されたらどうしましょう」ガチャンッピッピッ

ピピピピピピピピピッ…!


411以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 12:12:44WDMlR/7M (13/16)

土産物屋

ワタル「………むっ」ピキーンッ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ…!

『わー!きゃーー!』

ワタル「今回ばかりはイヤなドラゴッニクセンスが当たったようだな!」ダッ

ギャラドス『ギャアアアオオオオオオオォォォッ!!!』

ワタル「アレは怒りの湖のギャラドス!それにあの数は湖に居たギャラドス全部出て来たな…!」

ドガアァァァァンッ!バゴオオオォッォォンッ!!!

ワタル「ギャラドス達はこっちに向かっているのか…!あんな数に暴れられたら町一つ何てすぐに灰塵と帰すぞ!」

ワタル「そんな事、このワタルが許しはせん!それゆけっカイリュー!」バサァッ

カイリュー「でっていうー!」バサァッバサァッ!


412以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 12:22:05WDMlR/7M (14/16)

ゴロウ「まさか…!湖のギャラドス達を使って町ごと証拠隠滅するつもりでやんすか!?」

アポロ「木を隠すなら森の中。死体を隠すなら瓦礫の中、と言う訳です」

シルバー「アポロォ、貴様ァァァッ!」ポーイッ

オーダイル「オォダアァアッッ!」ポンッ

シルバー「魂ィィィイイイッッッ!!!」ユラユラリンッ♪

オーダイル「オォォオダアアァァァァァッッッ!!!」ギュオォォ…!

シルバー「スーパーアクア・トルネェェードォッッ!!!」

ギュルルルルルルゥオオオオオオォォォォォッッッ!!!

アポロ「ほぉ…」

ラムダ「コイツはヤベェぜ…!」

バュシャアアアアアァァァァァァァァァンッッッ!!!

ゴロウ「や…やったでやんすか…?」

「ギャアオォォォォォオオスッ!!!」

シルバー「ッ!この雄叫びは…!」トゥンクッ


413以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 12:32:29WDMlR/7M (15/16)

ドッパアァァァンッ!!!

オーダイル「オダアァァッ!」ドガァァンッ!

ゴロウ「あの技はエアロブラスト!何で…何で…!」

ルギア「ギャオォォォォスッ!」ドォンッ!

シルバー「何故ルギアをお前が持っている!アポロォッ!」

アポロ「簡単な事ですよ。貴方達が渦巻島でこのルギアをギリギリまで痛めつけてくれたお陰ですよ」

ゴロウ「姐さんが渦巻島で言ってた黒づくめの連中ってロケット団の事だったでやんすか!」

アポロ「お陰様でルギアを手中に収める事が出来ました。感謝感激ですよ、シルバー様」

シルバー「その薄汚い手で美しいソイツの銀翼の翼を穢すなァァッ!」ダッ

ドオオォォンッ!

シルバー「かはっ…!」ゴフッ…

ゴロウ「シルバー!シルバーに何をするでやんすか!シルバーはお前達のボスの子供じゃないんでやんすか!?」

アポロ「そうそう言い忘れていましたが…。私がシルバー様をサカキ様のご子息と言う理由で手を挙げられないとでも…?」

アポロ「アテナやランスはロケット団の後継者はシルバー様が相応しいと言っていますが、私はそうと思わない」

アポロ「そう…ロケット団のボスは過去も!未来も!現在も!どの次元でも!サカキ様お一人しかアリエナイのだからァ!」ニマァァ…


414以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/22(木) 12:41:53WDMlR/7M (16/16)

ゴロウ「シルバーを離せ!ラッタ、ひっさつまえば!」

ラッタ「ラッタアァッ!」ダッ

ルギア「ぎゃあお」ペシッ

ラッタ「ラタァッ!」ズサァッ!

アポロ「伝説のポケモンの前でこんな雑魚を…。痴れ者が!」ゲシゲシッ!

ラッタ「ラタァァアッ…!」

ゴロウ「「ゆ…許さんでやんす、このド外道ー!」ダッ

アポロ「キミみたいな少年も相応しくない!」ガシッ

ゴロウ「くっ…!」ガクッ

ツボミまる「キイィィィィイエェェェェッ!!!」ジャキイィインンッ!

ルギア「ギャアァオッ!」バシィッ!

アポロ「誰です?」

ゴロウ「ア…アニキィ!」

ヒビキ「おい…!ゴロウを離せや、このど阿呆共がァッ!」クワァッ!


415以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/26(月) 12:33:163VVj8ayo (1/4)

アポロ「これはこれは…例の帽子の少年ですか」

ルギア「ギャァオォッ!」

ヒビキ「………今は何でルギアがここに居るのかはどーでもいいがのぉ。おどれら人の舎弟に何手を挙げちょるんじゃ、あ゛ぁ?」

イブキ「だい…じょうぶ…か…ゴロウ…?」ビリビリ…

ゴロウ「イブキの姐さんの方がだいじょばないでやんすよ!」

アポロ「帽子の少年にシルバー様、短パン小僧にフスベの女ジムリーダー…このルギアを撃破した英雄達がこうも勢ぞろいとは…」

アポロ「いや、トキワのジムリーダーが居ませんね…。ふふっ…そうでした、彼は我々が始末したのでしたね」ニタァ

ラムダ「エアロブラストでドカーンってな!ギャーハッハッハッ!」

ヒビキ「トキワのジムリーダーじゃと…?おどれらァッ!ツンツンの兄ちゃんにまで何をしたんじゃぁ!」クワァッ!


416以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/26(月) 12:42:373VVj8ayo (2/4)

ヨシノシティ

ブルー「ぐ…グリーンくんが…!そんな…!」

コルニ「くっ…誰がこんな…」

ナナミ「でも綺麗な顔、してるでしょ。まるで眠ってるみたい…」スッ…

オーキド「グリーン…お前はワシの自慢の孫じゃった…!安らかにな…」

ブルー「サヨナラ…グリーンくん…!」

グリーン「………いや!死んでねーし!眠ってるみたいじゃなくて本当に寝てただけだし!」ガバッ

グリーン「ッ痛…!ズキッてキター…」

ナナミ「ほら、無理しないで。マサラの人間だからってあんな高さで落ちたら怪我くらいするんだから」

オーキド「その近くにシロナくんとダイゴくんがたまたま居たから助かったんじゃしの」

シロナ「でもビックリしたわ。タンバの海でグリーンくんがぷかーって浮いてるんですもの。でもそれくらいの傷で済むなんて、流石はマサラの人間ね」

ダイゴ「さっきから思ってたんだが、マサラの人間って何なのかな?ビックリ超人?」


417以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/26(月) 12:49:573VVj8ayo (3/4)

シロナ「でも仮にもカントー最強のジムリーダーであるグリーンくんを倒すだなんて誰にやられたの?」

グリーン「俺は別に負けてねーZE!ただいきなりルギアが海から出てきて不意打ちを喰らったんだ」

オーキド「ルギアじゃとっ!?」

グリーン「………ロリ巨乳、心して聞いてくれよ。俺はあの崖にある奴に呼ばれたんだ」

ブルー「ある奴って…?」ゴクリッ

グリーン「………レッドゥだ」

ブルー・コルニ・シロナ「「「ッッ!?」」」

ブルー「レッドくん…!?本当にレッドくんなのっ!?生きてたのっ!?そうだよね…レッドクンハワタシをオイテイカナイモンネェエ…♪」ケタァ

グリーン「まあ落ち着け。言ってもレッドゥのニセモノ。まあ流石に最初は本人かと思ったけどYO」

コルニ「レッドのニセモノ…?まさか…!でも…!」

シロナ「………?」


418以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/26(月) 12:54:323VVj8ayo (4/4)

オーキド「じゃがよくニセモノだと気付いたな、グリーン」

グリーン「そりゃあな。あのいつも煙管吹かしてやがるレッドゥが自分の紫煙で咽るとかありえねーだろ?」

ブルー「ニセモノ…。そっか…」

シロナ「………」グッ…

コルニ(煙管で咽てた…?でもあのレッドは…?じゃあ本物…?いや、でも…)

グリーン「しかしまぁ…きな臭くなってきたZE…」


419以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/27(火) 09:15:492RNHRmG6 (1/10)

ロケット団アジト

ヒビキ「おどれぁ…タダじゃすまさんぞ!ツボミまる、パワーウィップ!」

ツボミまる「キエェェェイッ!」シュルルルルゥッ!

ヘルガー「ヘルゥ…!」ガシィッ…!

アポロ「ほぉ…。草タイプの技でヘルガーの動きを止めますか…」

ヒビキ「そんままたたきつけろォッ!」

ツボミまる「キイィィエェェイッ!」ブオォォォンンッ!

ズドオオォォォンッ!

ヒビキ「どうじゃ!」

ボボボボボッ!

ツボミまる「キェ…!?」ジリジリィ…

アポロ「ヘルガーのおにび。しかしさっきのたたきつけるは効きましたよ。ではお返しです。かえんほうしゃ!」

ヘルガー「ヘェェェルグァッ!」ボオォォッ!


420以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/27(火) 09:22:022RNHRmG6 (2/10)

ヒビキ「ツボミまる!パワーウィップで飛ぶんじゃ!」

ツボミまる「キエエェェンッ!」フォンフォンフォンフォンフォンッ!

ラムダ「蔓をプロペタみたいに回して飛ぶなんて、んなアホな!」

ヒビキ「突っ込んでリーフブレードォッ!」

ツボミまる「キエエェェェェイ!」ジャキイィンンッ!

アポロ「ふいうち」

ヘルガー「ヘルゥッ…」シュンッ…

ドゴオォッ!

ツボミまる「キエェ…!」ゴフッ…

アポロ「かえんほうしゃです」

ヘルガー「ヘルグァァッ!」ボオォォォッ!

ヒビキ「ツボミまる!」

ツボミまる「ウツ…ボット…」ドサッ…

ゴロウ「相性が不利とは言え、アニキのパーティ最強のツボミまるがこんなあっさり…」


421以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/27(火) 09:29:472RNHRmG6 (3/10)

ヒビキ「カチこめ、リューまる!」ポーイッ

リューまる「ハクゥッ!」ポンッ

ヒビキ「しんそくじゃ!」

シュバッ!

ヘルガー「ヘル…!」ズサァッ!

アポロ「これは中々速い」

ヒビキ「続けてアクアテェール!」

リューまる「ハァァクゥ…!」ギュオォォ…

アポロ「おにび」

ヘルガー「ヘルグァッ!」ボボボッ!

リューまる「ハクゥッ…!」ジリジリ…

ヒビキ「チィッ!しんそく!」

シュバッ!

アポロ「それは先程ので見切りましたよ。ふいうち」

しゅんっ…ドゴォッ!


422以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/27(火) 09:34:092RNHRmG6 (4/10)

リューまる「ハクゥッ…!」ググッ…!

アポロ「これはこれは…」

イブキ「私たちの…ハクリューの特性は『ふしぎなうろこ』だ…!おにびが…仇になった…な」ビリビリ…

ヒビキ「そう言う事じゃ!アクアテール!」

リューまる「ハクゥゥ…!リュウゥッ!」ギュオォォ…ブオォォンッ!

アポロ「にほんばれ」

ヘルガー「ヘルゥ…!」カッ

ぱあぁぁぁぁぁ…

アポロ「かえんほうしゃ」

ヘルガー「ヘエェェェルグアァァァツ!」ゴオォォォォォォッ!!!

リューまる「ハクゥゥゥ…!」ジリジリジリィ…!

ヒビキ「リューまる!」

リューまる「ハクゥ…」ドサッ

イブキ「そんな……!」


423以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/27(火) 09:45:302RNHRmG6 (5/10)

ヒビキ「カチこめ、ギャーまる!」ポーイッ

ギャーまる「ギャアァァァオッ!」ポンッ

ヘルガー「ヘル…」ビクッ

シルバー「いかくか…!」

アポロ「赤いギャラドス…。成程、湖の強制進化させた一体ですか」

ヒビキ「コイツ等の怒りを特と受け取れやァッ!ハイドロポンプ!」

ギャーまる「ギャオォォォォォ!」バッシャァァアアアッ!

アポロ「かえんほうしゃ」

ヘルガー「ヘルグアァァァッ!」ゴオォォォォォォッ!!!

ドババババババ!じゅわあぁぁぁ…!

ギャーまる「ギャオォ…!」ググッ…

ゴロウ「押されてる!日照りの所為でやんすか!」

ヒビキ「そのままでエエ!ドラゴンテール!」

ギャーまる「ギャアァァオォッ!」ブオォォォンンッ!


424以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/27(火) 09:50:022RNHRmG6 (6/10)

しゅんっ…

ヘルガー「ヘェェルグァッ!」ゴシュッ!

ギャーまる「ギャ…ギャアアアァァァアァァッ!!!」ブシュゥゥゥッ

シルバー「ふいうち…!しかも目潰しか…!」

アポロ「眼を狙われては例えいかくで攻撃が下がっていても、痛いでしょう?」

ヒビキ「おんどれェッ!」

アポロ「かえんほうしゃ」

ヘルガー「ヘェェェルグァァァッ!」ゴオォォォォォォッ!!!

ギャーまる「ギャアアァァァァァァッ…!」ジリジリジリィ…!

アポロ「念入りに焼き払いなさい」

ギャーまる「ギャアァァァァツイィイ…!」ズシィィンッ…!

ヒビキ「ギャーまる!」

アポロ「最初の勢いは何処へ行ったのでしょう?他愛もない」

したっぱ「アポロ様!湖のギャラドス達が!」

アポロ「映像を見せなさい」


425以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/27(火) 09:57:062RNHRmG6 (7/10)

怒りの湖

カイリュー「バアァァァウッ!」シュンッ…

シュバッシュバババババッ!

ギャラドス「ギャオォォ…!」ズシィィンッ…!

ワタル「韋駄天の如き、しんそく…!続けて!天候満所に我は有り!かみなりだァッ!」

カイリュー「バァァオォォォォォンッッッ!!!」カッ

ピッシャアアァァァァァァァァァァァンッ!!!

ギャラドス「ギャアァァァァァァァ!!!」プス…プスプス…

ワタル「そして焼き払え!破滅のはかいこうせぇぇぇぇぇんっっ!!!」バサァッ!

カイリュー「ばぁぁぁおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉんっっっ!!!」ビイィィィィィムッ!!!

チュドォォォォォォォォォォォォォォンッッッ!!!

ワタル「許せよ…猛り狂う水龍達よ…」バサァッ…


426以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/27(火) 10:02:462RNHRmG6 (8/10)

――――
――
イブキ「流石は兄上…!」

アポロ「成程…。流石は元とは言え四天王。強化したとは言え、野生では歯が立ちませんか…」

ラムダ「おい!どうすんだ、アポロ!このままじゃアイツ、ここまで来ちまうぜ!」アタフタ

アポロ「そうですね、長くは足止め出来るとは思えませんが…」ピッピッウィィィンッ…

ヒビキ「おい…!あのギャラドス達をどうするつもりじゃ!」

アポロ「仕事はきちんとこなさなければいけませんよ。………そう例え瀕死になろうとも」ニタァ…


427以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/27(火) 10:08:472RNHRmG6 (9/10)

ピピピピピピピピピッ…!

ワタル「何だ…!?また俺の『ドラゴッニクセンス』が反応を…」ピキーンッ

ザッパアアァァァァァァンンッッ!!!

ワタル「むっ!」シュバッ

ギャラドス『ギャアァァオォ…』

ワタル「莫迦な!ギャラドスは全て戦闘不能にさせた筈…!」

ギャラドス「ギャ…オ………」ウツロウツロ…

ワタル「気を失っても尚、戦わせるのか…!」

バッシャアアアァァァンッッッ!!!

ワタル「………堪忍袋の緒が切れた!許さんぞ、ロケット団!!!」ワナワナ…!

カイリュー「でっていうー!」


428以下、名無しが深夜にお送りします2018/03/27(火) 10:19:342RNHRmG6 (10/10)

ピッ

イブキ「そんな…!瀕死のギャラドスを電波で操って強制的に戦わせるだと…!?」

ゴロウ「何て…何てド外道なんでやんすか!」ワナワナ…

アポロ「これがロケット団のやり方ですよ」

シルバー「アポロォッ!貴様ァッ!」

アポロ「これを理解出来ないのでは、やはりサカキ様の後継者足りえないんですよ、貴方様は」チッ

ヒビキ「………ゴロウ、イブキ…あと序にシルバー。少し待っちょれ。直ぐに勝負を決めてやらァ」クルクルッパシッ

アポロ「出来ますか?この状況で?ただの子供のキミが?」

ヒビキ「タダのじゃねぇ…。下衆野郎にブチ切れた…」ポーイッポーイッ

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ポンッ

デンまる「ぱるるんっ!」ポンッ

ヒビキ「限界突破のォッ!」チャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

デンまる「メガッ!ぱるるるるんっ!!!」パッパラー

ヒビキ「ヒビキ様じゃあぁっ!」ドォンッ!


429以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/17(火) 11:24:48GcOnzVos (1/10)

ヒビキ「アラシまる、ニトロチャージ!デンまるは10万ボルトォ!」

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ボォォッシュバッ!

アポロ「愚かですね…。ヘルガー喰らい尽くしなさい」

ヘルガー「ヘルガァ…!」ギュォォ…!

シルバー「特性『もらいび』か…!」ググッ…

ヒビキ「それがどぉしたァッ!」

アラシまる「フウゥゥンッ!」ドガァッ!

ヘルガー「ヘルゥ…!」ググッ…!

アポロ「炎を喰われても、そのままの勢いでタックルをかますとは…」

バチバチバチィ!

ヘルガー「ヘルガァッ…!」ビリビリィッ!

アポロ「タックルを喰らった事で10万ボルトの対応に遅れてしまいましたか…」チッ


430以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/17(火) 11:42:44GcOnzVos (2/10)

ヒビキ「まだまだァッ!アラシまる、かみなりパンチィッ!」

アラシまる「バクゥッ!」シュバッ!バチバチィッ!

アポロ「速い…!炎を喰らってもニトロチャージの加速効果はありましたか…!かえんほうしゃ!」

ヘルガー「ヘルグアァァァッ!!!」ゴオォォォォォォッ!!!

アラシまる「バクゥゥ…!」ジリジリィ…!

イブキ「バクフーンが炎で焼かれた…!もらいびと日照りの効果…か…」ビリッ…

アラシまる「デンまる、ぶち噛ませェッ!」

アポロ「させませんよ…。ふいうt…」

ヒビキ「わたほうし!」

デンまる「パルァァツ!」モフモフモフ

アポロ「補助技か…!」

ヒビキ「これで終いじゃ!アラシまる、かみなりパンチィッ!デンまる10万ボルトォッ!」

バチバチバチイィィィッ!!!

アポロ「ふっ…」チャキッ


431以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/17(火) 11:57:32GcOnzVos (3/10)

ゴロウ「やったでやんす!」

シルバー「………いや」

エレキブル「エレェェキブルゥ…!」バチッ…バチバチッ

ゴロウ「あのエレキブルは…!シルバーが倒した筈じゃ…」

アポロ「この怪電波は瀕死になってもポケモンを戦わせる事が出来るのですよ。外のギャラドス達みたいにね」

ヒビキ「おんどれぇ…!」ギリィ

アポロ「ですがこれで二対二。卑怯とは言わせませんよ。ワイルドボルト」

エレキブル「エレェェキブゥゥルゥッ!」シュバッ!バチバチドガァッ!

アラシまる「バクゥゥッ!」ズサァッ!

ゴロウ「速い!さっきはあんなスピードは無かったでやんすよ!」

エレキブル「エレェキブゥ…」バチッ…バチバチッ

シルバー「特性『でんきエンジン』だ…。喰らった電気を両足に纏わせる事で、筋肉を刺激し、脚力を上げやがった…」


432以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/17(火) 12:03:48GcOnzVos (4/10)

ヒビキ「じゃったら…!アラシまるはエレキブルにニトロチャージ!デンまるはヘルガーに10万ボルトォッ!」

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ボォォッ!シュバッ!

デンまる「ぱるぱうぱぁっ!」バチバチバチィッ!

アポロ「エレキブル、ヘルガーを庇いなさい」

エレキブル「レキィッ!」シュバッ!

アラシまる「バクゥッ!?」スカッ

バチバチバチイィィィッ!!!

エレキブル「エレキ…!」バチッ…バチバチ…

ヒビキ「こなくそぉっ!アラシまる、あなをほる!デンまるはりゅうのはどう!」

アポロ「ヘルガーはデンリュウにふいうち」

ヘルガー「ヘルゥッ!」シュンッ…ドゴォッ!

デンまる「パルゥッ…!」ゴフッ

アラシまる「バクゥッ…!」ホリホリッ

アポロ「エレキブルはじしん」

ヒビキ「しまっ…!」


433以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/17(火) 12:11:09GcOnzVos (5/10)

ガガガガガガガガガガガガガッ!!!

デンまる「パルパァッ!」ガクガクガクッ

ヘルガー「ヘルゥゥ…!」ガクガクガクッ

アラシまる「バクゥゥウッ!」ドガァッ!ガクガクガクッ!

ヒビキ「アラシまる!デンまる!」

アラシまる「バクゥ…」ピクッ…ピクンッ

デンまる「ぱ…ぱるぅ…」シュンッ…ピクッ…ピクンッ

ヘルガー「ヘルゥ…」ピクッ…ピクンッ

ゴロウ「み…味方事…」

アポロ「さて…ダメ押しです」スッ…

シルバー「ッ!逃げろォッ!」

ルギア「ギャオォォォォスッ!」ギュオォォ…!

ドッパアァァァァァァァァァァンッ!!!

ヒビキ「グアァァァァァッ!」ズサァァッ!

ゴロウ「アニキィィイッ!」


434以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/17(火) 12:17:07GcOnzVos (6/10)

アポロ「所詮、勢いづいても子供は子供ですね」

イブキ「ひ…ヒビキ…!」ビリッ…

ヒビキ「こ…こんにゃろぉ…!」ググッ…ポロッ

ちりんちりんっ…

アポロ「ッ!それは!透明な鈴…!何故それをキミが…!」

ヒビキ「おっと…」スッ

アポロ「それは我々の計画に必要な物…!それを渡しなさい!」

ラムダ「おい、アポロ!外がヤバイ!」

アポロ「今はそれどころでは…!」

ラムダ「ワタルがギャラドス共を止めて、ここに降りてくるぞ!」

アポロ「何ですって!?」ピッ


435以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/17(火) 12:24:39GcOnzVos (7/10)

――――
――
ギャラドス「………」ピキッ…ピキピキッ…

ワタル「戦闘不能にしても動くのなら、凍らせて動きを封じれれば良い…。良くやったカイリュー」

カイリュー「ばぁぁうっ!」

カイリュー「でっていうー」

ワタル「貴方もご助力感謝します、ヤナギ殿」

ヤナギ「何、チョウジは私の街。何処の誰かは知らないが好きにはさせんよ」

イノムー「のむっ」

カイリュー「さて、行くぞ!愛しき大いなる竜達よ!俺と共に少年達を救い、悪を完膚なきまで滅ぼすのだ!」バサァッ!


436以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/17(火) 12:35:32GcOnzVos (8/10)

アポロ「成程…。ルギアがこちらにあるとは言え、あの二人を相手するのは無理がありますか…」

アポロ「………」チラッ

アポロ「総員、直ちに必要な物を持って、退散します。このアジトを明け渡します。マルマインもギャラドスも止められた以上、それしかありません」

ラムダ「ま、この怪電波のデータとルギアが居ればどうにかなるかもな」

アポロ「後必要な物はホウオウ…。だがホウオウの召喚するには…」チラッ

ガシッ

ゴロウ「なっ!離せでやんす!」ジタバタッ

ヒビキ「ゴロウ!おんどれぇ…!ゴロウをどうするつもりじゃ!」

アポロ「人質ですよ。そのキミが持っている透明な鈴と交換です。ですがそれは今ではない」

ラムダ「おい、アポロ!どう言う意味…」

アポロ「その時が来るまで大人しくしていなさい」

ヒビキ「何じゃそれは!ゴロウを返せやァッ!」

ゴロウ「アニキイィィィッ!」

ルギア「ギャオオオオォスッ!」カッ

ドッパアァァァァァァァァァァンッ!!!


437以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/17(火) 12:40:55GcOnzVos (9/10)

――――
――
ワタル「無事か、イブキ!少年!ゴロウくん!」タッタッ

イブキ「兄上…!私とヒビキは…だが…」

ヒビキ「………」

ワタル「少年!おい、少年!ゴロウくんが見当たらないがどうした…?」

ヒビキ「………クソォォッ!」ドォンッ!

ワタル「少年…?」

ヒビキ「何がアニキじゃ…。何が『アニキ肌でチャンピオンを目指す』じゃ!スレタイ詐欺にも程がある…!」

ヒビキ「舎弟一人も守れんと…ゴロウ………!」グッ…!


438以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/17(火) 12:44:30GcOnzVos (10/10)

ヒビキ 持ち物 メガジッテ ジムバッジ陸個

手持ち陸匹

バクフーン ♂ NN アラシまる         エアームド ♂ NN ムドーまる
Lv38                          Lv34 
かえんぐるま   ニトロチャージ         はがねのつばさ  ドリルくちばし
かみなりパンチ  あなをほる           スピードスター  ガードスワップ     
 
デンリュウ  ♂ NN デンまる         ハクリュー  ♂ NN リューまる
Lv35  もちもの デンリュウナイト       Lv32
かみなりパンチ りゅうのはどう         りゅうのはどう  でんじは 
10万ボルト   わたほうし            アクアテール  しんそく

ウツボット  ♂ NN ツボミまる       ギャラドス  ♂ NN ギャーまる
Lv40                         Lv36
パワーウィップ たたきつける         はかいこうせん ハイドロポンプ
リーフブレード つるぎのまい         ドラゴンテール かみくだく


439以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/19(木) 07:08:27/.KXbWks (1/6)

――――
――
ヒビキ「くっ…ぐっ……はっ」パチッ

イブキ「ヒビキ…!良かった…。ッイヤ私は別に…」

ワタル「目が覚めたか少年」

ヒビキ「俺ァ…一体…」ガシガシ

ワタル「ロケット団のアジトで敵の幹部とルギアにやられた後、気を失ったんだ」

ヒビキ「ロケット団…幹部…ルギア……。っそうじゃ!ゴロウが彼奴等に!早く助けに行かんと!」バッ

イブキ「待て!お前はルギアのエアロブラストを直撃でなくても喰らったんだ!もう少し安静にしないと!」

ヒビキ「るせェ!俺が不甲斐無いばかりにゴロウが誘拐されたんじゃ!アイツは俺の舎弟なんじゃ!」

ワタル「まあまあ、落ち着くんだ」

ヒビキ「これが落ち着けるくぁ!俺は直ぐにでも助けに…!」

ワタル「………」フゥ…

ドゴォッ!

ヒビキ「がふっ…!」ガクッ

ワタル「落ち着けと言っている」


440以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/19(木) 07:23:01/.KXbWks (2/6)

ワタル「今のキミは冷静さに欠けている。普段のキミならば俺の無言の腹パンなんて躱すか反撃出来ただろう」

ヒビキ「あ゛ぁ?」

ワタル「アジトでの事は大体はイブキから聞いた。ロケット団の幹部…アポロと言ったか。その男の話ではキミが持っている何かを手に入れる為にゴロウくんが人質にされたのだろう?」

ワタル「それも『今ではない』と言う事だ」

イブキ「どう言う事でしょうか?兄上」

ワタル「さてな。だが人質である以上、下手な事をしなければゴロウくんが傷つかれる事はあるまい」

ワタル「そして時が来れば奴らからコンタクトがある筈だ」

ヒビキ「その時を黙って待っちょれと言うのか!」

ワタル「黙っては居ないさ。俺の同士に諜報活動に長けている男がいる。その者にロケット団の動向を探らせよう」

ワタル「明け渡されたアジトにはそれと言った有益な情報は既に抜き取られていたしな」

ワタル「そして少年。キミには敵からのコンタクト、俺の同士の諜報を待つ間は時間がある」

ワタル「なればこそ!キミにはこれから『竜の試練』を受けて強くなってもらおう!」バサァッ!


441以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/19(木) 08:00:54/.KXbWks (3/6)

ヒビキ「今そんなしてる間があるくぁっ!俺は今すぐにでもあの野郎をブッ飛ばしてゴロウを助け出す!」

ワタル「キミ程度がロケット団幹部をブッ倒すだと?そいつは傑作だ!」ハハハッ

イブキ「兄上、流石にその言い方は…!」

ヒビキ「何が可笑しい!」クワァッ!

ワタル「ルギアが後ろに構えていたとは言え、実質ヘルガー一匹にパーティを半壊させられたのだろう?」

ヒビキ「ッ…」

ワタル「其即ち、今のキミではそのアポロと言う幹部の足元にも及ばんんだよ!」ビシィッ!

ヒビキ「………」

ワタル「だからこそキミには修行が…俺の『竜の試練』を受けねばならんのだ」スッ

ヒビキ「………やるぞ」キッ

ワタル「良い眼だ。自分の獲物を見据えた獣の眼だな」フッ

ワタル「ならば!燃え上がれ爆炎!猛き焔を宿す紅蓮の竜王!我が呼び声に応え、全てを焼き払え!」バサァッ!

ワタル「降臨せよ、リィザァァードォォン!」ポーイッ

リザードン「グオォォォォッ!」ポンッ


442以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/19(木) 08:12:07/.KXbWks (4/6)

ヒビキ「リザードン…!」

ワタル「『竜の試練』その参…否、その肆!キミのポケモン全てで俺のポケモンを一体でも倒すのだ!」

イブキ「その参ではなく、肆?」

ワタル「渦巻島でのルギアと戦った話はお前から聞かされたからな。五人がかりとは言え、ルギアを倒す力があれば一つ先のステップへ進むのも良かろう!」

ヒビキ「上等じゃ!カチこめ、アラシまる!」ポーイッ

アラシまる「バァァクフゥンッ!」ポンッ

ヒビキ「ニトロチャージ!」

アラシまる「バァァクバクッ!」ボォォッ!シュバッ!

リザードン「グオォ…!」ググッ…

ワタル「成程…。やはりスピードのポテンシャルは高いな!ならばこちらはパワーだ!フレアドライブ!」

リザードン「グオオオォォオォッ!」ボオォォォッ!ギュオォォッ!

アラシまる「バクッ…!」

ゴオオォォォォオッッ!!!

アラシまる「バクウゥッ!」ズサァァッ!

ヒビキ「同じ炎タイプの技なのに何てダメージじゃ!」


443以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/19(木) 08:20:29/.KXbWks (5/6)

イブキ「兄上のリザードンはいじっぱりA極振り…!それに炎タイプの物理大技のフレアドライブだ…!」

ヒビキ「じゃったらあなをほる!」

アラシまる「バクバクゥ!」ホリホリ

ワタル「リザードン相手に地面技のあなをほるとは…。地面から出てくる時を狙うぞ!」

リザードン「グオォッ!」バッサバッサ

ボコォッ!シュバッ!

アラシまる「バァァクッ!」バビョーンッ

リザードン「グオッ!?」ハッ

イブキ「地面から出てきて一瞬で空中のリザードンの頭上に!」

ワタル「良いスピードに良いジャンプ力だ!」

ヒビキ「飛行には電気技じゃ!光って唸れ!かみなりパンチィッ!」

アラシまる「バクバクゥッ!バァフゥッ!」バチバチィッ!ドゴォッ!

バチバチバチイィッ!


444以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/19(木) 08:27:27/.KXbWks (6/6)

イブキ「直撃…!」

ワタル「………炎の加速に雷の拳…良い攻撃だ」

リザードン「グルゥ…!」ギロォ!

ヒビキ「なっ…!」

ワタル「だが本当の炎雷の拳とはこう打つのだ!かみなりパンチィッ!」

リザードン「グゥルッゥアァァァッ!」バチバチィッ!ドゴオォッ!

アラシまる「バクバァァッ!」ビリビリビリィッ!

ドオオォォンッ!!!

アラシまる「ば…ばくぅ…」ピクッ…ピクンッ…

ヒビキ「………戻れ、アラシまる」シュボンッ

ワタル「さあ。キミの力はそんなものではないだろう」フッ

ヒビキ「おんどれぇ…!」ギロォ


445以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/24(火) 12:35:02FebXCKRE (1/9)

ヒビキ「カチこめ、ギャーまる!」ポーイッ

ギャーまる「ギャアァァァオォッ!」ポンッ

ワタル「湖で捕まえた紅のギャラドスか!炎タイプに水タイプはセオリー通り…」

ギャーまる「ギャオオオオォッ!」ガオー

リザードン「グルゥゥ…!」ゾワァ…

ワタル「それに特性の『いかく』か…!」

ヒビキ「ハイドロポンプじゃあぁっ!」

ギャーまる「ギャオオォォ!」バシャアァァァァッ!!!

ワタル「遅いぞ、少年!ドロポンを躱しつつ、かみなりパンチ!」

リザードン「グルゥアァァァッ!」バサァッ!バサバッサ!バチバチィッドゴォッ!!

ギャーまる「ギャアァァァッ!」ビリビリィッ!

ヒビキ「まだじゃ!ギャーまる!」


446以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/24(火) 12:42:19FebXCKRE (2/9)

ギャーまる「ギャオッ!」キッ

ブオオォォォォォォンッ!

ワタル「ッリザードン!空中反転して躱せ!」ピキーンッ

リザードン「グルオッ!」バサァッグルンッ!

ギャーまる「ギャオォッ!」バシィンッ!

ヒビキ「しまった!」

ワタル「流石にいかく込みでは4倍ダメージでも耐えられるか…!そしてあのリーチの長さ…俺もギャラドスを使うからよく分かるが良い尻尾だ!」

ヒビキ「逃がすな、ギャーまる!もう一発ドラゴンテール!」

ギャーまる「ギャアァァオォッ!」ブオォォォンンッ!

ワタル「ドラゴン技にはドラゴン技で返すのが礼儀と言うモノ…!喰らえ、竜の猛追!ドラゴンダイブ!」バサァッ!

リザードン「グオオォォォォォオッッ!」ギュオォォォォッ!!!

ドオオォォォォォォンッッッ!!!

ギャーまる「ギャ…ギャオォ…」ズシィィンッ!

ヒビキ「攻撃ではこっちが上じゃのに競り負けたじゃと…!?」

イブキ「それを可能にするのはリザードンとギャラドスのレベル差か…」


447以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/24(火) 12:52:21FebXCKRE (3/9)

ヒビキ「えぇい!次じゃ、ムドーまる!」ポーイッ

ムドーまる「エアァァッ!」ポンッ

ワタル「鋼には炎技だな!フレアドライブ!」

ヒビキ「スピードスターじゃ!」

リザードン「グオオォォォッ!」ボオォォォッ!ギュオォォッ!

ムドーまる「エアアアッ!」ピココココココッ

ゴオオォォォォオッッ!!!

ムドーまる「エアァッ…!」ジリジリ…バラバラ…

リザードン「グルゥゥ…!」ズキッ…

イブキ「フレアドライブを耐えた!?」

ワタル「流石の防御力…。それにスピードスターで威力を落とされた上、こちらは攻撃が下がっていてはな」

ヒビキ「じゃがもうダメージは受けられん…!突っ込め、ムドーまる!」

ムドーまる「エアアァァァァッ!」キイィィィィンッ!

ワタル「速い…!『くだけるよろい』か!」


448以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/24(火) 13:04:05FebXCKRE (4/9)

ヒビキ「喰らえ、ガードスワップ!」

ムドーまる「エアァァァッ!」ピュルルルルンッ

リザードン「グオッ!?」ビクンッ

ワタル「くだけるよろいとガードスワップのコンボ!魅せてくれるな、少年!」

ヒビキ「ドリルくちばしぃ!」

ムドーまる「エアアアッ!」キイィィィィンッ!ギュルルルゥ!

ドゴオォッ!バチバチバチィッ!

ムドーまる「エアッ…」ガクンッ

リザードン「グルゥ…」バチバチッ…

ヒビキ「かみなりパンチのカウンターじゃと…!?」

ワタル「攻撃は最大の防御と言う事だ。どんなにスピードがあっても突っ込んでくるだけのならドンっと迎え撃てば良い。勝負を焦ったな」

イブキ(流石は兄上と言うところか…。ヒビキがどんな策を講じようと冷静に対応している)

イブキ「ヒビキ…」グッ…


449以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/24(火) 13:16:31FebXCKRE (5/9)

ヒビキ「カチこめ、ツボミまる!」ポーイッ

ツボミまる「キエエェェェェイ!」ポンッ

リザードン「グルゥ…」ハァ…ハァ…

ワタル「流石に三連戦はキツイか、リザードン。だが俺はお前を信じているぞ」

ヒビキ「パワーウィップ!」

ツボミまる「キエエェェェェイ!」シュルルルルゥッ!

リザードン「グオォッ!」シュッシュッチッ

ワタル「何という手数!躱しきれんな!一旦空中へ飛ぶんだ!」

リザードン「グルゥッ!」バッサバッサ

ワタル「空中で立て直して攻めなおs…!」

ひゅんひゅんひゅんひゅんひゅんっ!

ツボミまる「キエエエエエエェェイッ!」ビュンビュンビュンッ!

ワタル「何と!蔓を回転させて空を飛ぶとはデタラメだな、そのウツボットは!」


450以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/24(火) 13:25:27FebXCKRE (6/9)

ヒビキ「たたきつけるんじゃぁ!」

ツボミまる「キイィィイエェェェェイッ!!!」ガシッグルングルングルンッ!ブオオォォンッ!!!

リザードン「グオォッ!」

ドオオォォォォォォンッッッ!!!!

リザードン「グルゥ…!」ガクッ…

ワタル「今のは効いたぞ!だが今ので体制が崩れたな。落ちてくる所を迎えうってやろう!」

ヒビキ「じゃったら!落下を利用してリーフブレードォッ!」

ツボミまる「キエエェェェ!」ジャキイィインンッ!

ワタル「正解だ、少年!もうその体制では落下を利用して攻撃するしかない!フレアドライブだァッ!」

リザードン「グオオォォォォォオッッ!」ボオォォォッ!ギュオォォッ!

ゴオオォォォォオッッ!!!

ツボミまる「………ウツボット」ガクッ

リザードン「グルゥ…!」ズキンッ

ワタル「正回答ではあったが、相性が悪かったな」


451以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/24(火) 13:33:08FebXCKRE (7/9)

ヒビキ「じゃが、アンタのリザードン、フレアドライブを使い過ぎて体力が危ないんじゃないのかのぉ?」ニヤッ

ワタル「っ!そこに気付いたか。確かにフレアドライブは大技ではあるがその反動ダメージもまた大きい。あまり長期戦には向かない技だ」

ヒビキ「じゃったらボチボチ潮時じゃのぉ…!カチこめ、デンまる!」ポーイッ

デンまる「ぱるるるんっ!」ポンッ

ヒビキ「そしてもう一丁!」クルクルッパシッ

ヒビキ「命、爆裂!メガシンカァッ!」シャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

デンまる「メガッ!ぱるるるるんっ!!!」パッパラー

ワタル「メガシンカ!ドラゴンタイプになったか…!ならばコチラも!」シャキーンッ!

ワタル「メガッソオォォォォドォッ!」パッパラー

ヒビキ「どっから出した、その剣!と言うか、鍔に付いてんのは…!」

ワタル「左様、キーストーンだ。俺も使えるのだよ、進化を超えた進化を…!」チャキッ


452以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/24(火) 13:44:48FebXCKRE (8/9)

ワタル「漆黒の翼翻し、燃ゆるは蒼炎、振りかざすは竜王の爪牙…。我が絆を糧に現れ出でよ!」バサァッ

ワタル「黒龍招来、メガシンカァッ!」シャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

リザードン「メガッ!グオオォォォォォォッ!ウエェェェェェェクシュゥゥッ!」パッパラー!

ヒビキ「リザードンがメガシンカ!?黒くなりよった…」

イブキ「私も初めて見た…。兄上がメガシンカを使うところを…」

ワタル「三年前、修行の旅に出てから探し当てたメガシンカの力、魅せてやろう!ドラゴンダイブ!」

リザードン「グオオオォォォッ!!!」ギュオォォォォッ!!!

ヒビキ「ッ!10万ボルトォッ!」

デンまる「ぱぁるるるるんっ!」バチバチバチイィィ!!!

ワタル「効かんわぁっ!」

ドガアアアァァァァァァァンッ!!!


453以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/24(火) 13:53:02FebXCKRE (9/9)

デンまる「ぱあぁるぅっ!」ブワァァッ

ヒビキ「躱した筈なのに風圧で吹き飛ばされる…!」

リザードン「グルゥッ…!」ヌッ

デンまる「ぱるっ!?」

ヒビキ・ワタル「「かみなりパンチィッ!」」

バチバチバチイィィィッ!!!

デンまる「ぱるううっ!」ズサァァッ!

ヒビキ「電気技でデンまるが競り負けた!?じゃがこっちはタイプ一致で向こうは攻撃が下がっちょるのに…!」

ワタル「メガリザードンXはリザードンの時より物理攻撃が格段に上昇し、それに加えて特性の『かたいつめ』は直接攻撃の威力を上げるのだ!」

ワタル「そして最大の変化は!ドラゴンダァァイブッ!」バサァッ!

ドガアアアァァァァァァァァァンンンッ!!!

デンまる「ぱるうぅうううっ!」ドガアァァンッ

ワタル「ドラゴン技の威力の上がりよう…。メガリザードンXは炎・飛行から炎・ドラゴンタイプへと生まれ変わったのだ!」バサァッ!

ヒビキ「それで10万ボルトを喰らってもピンピンしよったんか…!」


454以下、名無しが深夜にお送りします2018/04/30(月) 23:29:070zmp1tRA (1/1)

おつ


455以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/09(水) 23:08:03rwzfiAP2 (1/5)

デンまる「ぱ…ぱるぅ…!」ググッ…

ヒビキ「デンまる!よー耐えた!」

リザードン「グルゥ…」モフッ

ワタル(耐えた、か…。あの一瞬でわたほうしで威力を殺すとはな…)フッ

ワタル「だが、次で決めさせてもらおう!ドラゴンダイブだ!」

リザードン「グオオオォォォッ!!!」ギュオォォォォッ!!!

ヒビキ「デンまる!地面に向かってりゅうのはどう!」

デンまる「ぱあぁるるんっ!」ギャオォォンッ!

ばびょーーーーんっ!

ワタル「なんと!りゅうのはどうの反動で空に!」

デンまる「ぱるぅ!」ガシッ

リザードン「グオォッ!?」

ヒビキ「っしゃあ!捕まえたぞ!」


456以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/09(水) 23:18:03rwzfiAP2 (2/5)

ワタル「えぇい!振りほどくんだ、リザードン!」

ヒビキ「させるくぁ!10万ボルト10万ボルト10万ボルトォオッ!」

デンまる「ぱるうぅっ!ぱるぅう!ぱるぱるぱぁっ!」バチイィイッ!バチイィイッ!バチバチバチィッ!

リザードン「グオオォォォッ!」ビリビリビリィッ!

ワタル「リザードン!っ!コレは…!」ピキーンッ

ヒビキ「10万ボルトォオッ!そしてりゅうの…!」

ワタル「リザードン、フレアドライブ!デンリュウごと大地に叩きつけろォ!」

リザードン「グオオオォォォッ!!!」ボオォォォッ!ギュオォォッ!

デンまる「ぱるぅうう!」グググッ…!

ドガアアアァァァァァァァァァンンンッ!

リザードン「グルゥ…」ゼェ…ゼェ…

デンまる「ぱ…ぱるぅ…」ドサッ…ヒュンッ

ヒビキ「デンまる…よーやったわ、おどれは」シュンゥ

ワタル「ふぅ…流石にあの距離でのりゅうのはどうは焦ったぞ。体力の限界の近いリザードンにフレアドライブを使わせるとは…」

イブキ「これでヒビキのポケモンはハクリューのみ…。だが兄上のリザードンも流石に体力の限界…」


457以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/09(水) 23:26:30rwzfiAP2 (3/5)

ヒビキ「これで俺のポケモンは最後じゃ…だが!カチこめ、リューまる!」ポーイッ

リューまる「りゅー!」ポンッ

ヒビキ「しんそく!」

シュバッ!ドゴオッ!

リューまる「はくぅ…!?」ゴフッ…ビリビリ…

リザードン「グルゥ…!」バチバチッ

ワタル「そのハクリューが元々誰のカイリューのタマゴから産れたか忘れたか?リザードンには殆ど体力の限界。そしてハクリューにはしんそくがある。だからこそしんそくで一気に勝負を決めるつもりだったのだろうが…」

ヒビキ「なめんなぁ!」

しゅるるる…ギチィッ!

リューまる「ハクゥ…!」ギチィッ…!

リザードン「グルゥ…!」ググッ…!

ヒビキ「りゅうのはどう!」

リューまる「ハクゥ…!」ギャオォォ…!

ワタル「リザードン、叩きつけろぉ!」

ドガアァンッ!


458以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/09(水) 23:49:58rwzfiAP2 (4/5)

リューまる「ハクゥ…!」キッ

リザードン「グルッ!?」

ヒビキ「まだじゃあ!アクアテール!」

ワタル「っかみなりパンチィッ!」

リューまる「ハアァァ…クウゥッ!」ギュオォォ…ブオォォンッ!

リザードン「グオオアァァッ!」バチバチッドゴォッ!

バチバチバチィイッ!

ワタル「俺としたことが…!雷パンで麻痺にしたことで『ふしぎなうろこ』が発動していたか…ッ!」ピキーンッ

ギュオオォォォォオッッ!

リザードン「グオォッ!」バッサバッサ!

ワタル「防御を捨てた嵐の様な疾風怒涛の攻撃の嵐…!それがキミの真のスタイルなのだな、少年!」フルフルニィィ

ヒビキ「しんそく!」

シュバッ!

ワタル「だが懲りないな!分かっているぞ、そのしんそくの直線軌道が…ッ!」ピキーンッ

ワタル「まさか…!後ろか…!」


459以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/09(水) 23:54:38rwzfiAP2 (5/5)

リザードン「グルッ!」バッ

シュババッ!

リューまる「ハクッ…!」ググッ…!

リザードン「グルァッ…!」ゴフッ…

イブキ「入った…!」

ヒビキ「おっし…!」

リザードン「ぐ…る…」グラァ…

ワタル「…うおおぉぉおっ!リザアァァァァドオォォンッ!!!」バサァッ!

リザードン「ッ!」キッ

ガシッ!

リューまる「ハクゥッ…!」ググッ…

ワタル「ブラストォ………ヴァァァァァァァンッ!!!」

リザードン「グオオオオォォォォォォォッッッ!!!」カッ!

ドガアアアァァァァァァァァァンンンッ!!!


460以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/10(木) 00:02:22qoH9.FPY (1/3)

しゅうぅぅぅぅ………

ヒビキ「リューまる!」

リューまる「ハ………ク…」ドサッ…

ヒビキ「クソッ…!届かなかったんか…!」グッ…

ワタル「否…。キミ達のキンキラリンな黄金の心は俺達に届いたさ」

リザードン「グルゥ…」ドサァ…ヒュンッ

イブキ「相打ち…」

ワタル「これで俺のポケモンを一匹でも倒すというノルマは達成された。これにで『竜の試練』その肆は修了とする!」

ヒビキ「ッ!」

ワタル「これでキミ達はさらに強さへの高みへと近づいた。もっと鍛えれば、ゴロウくんを助け出し、ロケット団を倒すことも出来よう!」

ヒビキ「………よろしく頼む。マント男…いや、ワタルさん」

ワタル「ふっ」バサァッ


461以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/10(木) 00:06:18qoH9.FPY (2/3)

ヒビキ「おぉう、イブキ!そう言えば、シルバーの野郎はどうした?目が覚めた時にゃ居らなんだが」

イブキ「アイツなら黙ってどっかへ行ったぞ。一応兄上の竜の試練を受けてみないかと誘ってはみたんだが…」

ヒビキ「………ま、アイツならどーにでもして強くなるじゃろうて。次に会った時が楽しみじゃのぉ!」ニカッ

イブキ「ッ///」ドキーンッ

ワタル「愛だな!だが確かに最初会った時はともかく、今の彼なら真の強さに気付いているだろう」


462以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/10(木) 00:08:11qoH9.FPY (3/3)

――――
――
シルバー「………」ザッ

シルバー「覚えて居ろ、アポロ…!俺は必ずお前を…今のロケット団を叩き潰す…!」グッ

シルバー「そして…アイツの所に帰るんだ…!」


463以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/11(金) 15:35:14duPX6V/Q (1/7)

42番道路

スイクン「フォオォォォッ!」シュタタッ

ミナキ「ああっスイクン!何と勇ましく、何と水々しく、何と美しく、何とすばしっこいのだ!」ボッキーンッ

コトネ「ミナキさん、邪魔!」ゲシッ

ミナキ「ふべっ!」ズコーンッ

コトネ「あぁん、愛しのスイクンちゅわぁん!早くその美しい触手で私を愛撫してぇ///」ジュワァァァ…

スイクン「わ…わふぅ…」ウゲェ…

スイクン「ッ!わふっ!?」ピキーンッ

シュバッ!

ミナキ「あぁっ!スイクンがまた逃げるぞ!」

コトネ「………逃げる?と言うより、今のは何かを感じとったってコト…?」

コトネ「ともかく今やるべきは追いかけるってコトね!」シュバッ


464以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/11(金) 15:45:52duPX6V/Q (2/7)

摺鉢山

アポロ「やはりアジトからの抜け道は複数作って正解でしたね。追手もここまでは付いてこないでしょう」

ゴロウ「くっ…」

ラムダ「ほら、さっさと歩け!」

アテナ「あら、その子は?」スタスタ

アポロ「アテナ、今までどこに居たのですか?」

アテナ「………少しね」フイッ

ラムダ「所でよ、アポロ。何でこのガキを連れて来たんだ?あの場であの帽子のガキから透明な鈴を奪えばよかったものを」

アポロ「特定の場所、透明な鈴、そして儀式…それがそろっても我々ではホウオウを呼び出せない可能性がありましたからね…」

ラムダ「ルギアのように叩き起こしてってじゃダメって事か?」

アポロ「その結果、怒り狂うルギアは我々だけでは手に負えなかった。彼らが居なければ今ルギアも手に入らなかった可能性もありますからね…」

アポロ「帽子の彼にはホウオウを呼び出す為に働いてもらわなければなりません」ニマァ

ラムダ「その為の人質って事か…」ククッ

ゴロウ(コイツ等…アニキを利用して何をする気でやんすか…?)


465以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/11(金) 15:51:42duPX6V/Q (3/7)

アテナ「アラ…この子…。結構…いえ、かなりカワイイ顔してますわね…///」ジュルリ…

ラムダ「出た。アテナの性癖」

アテナ「アポロ。人質にしてる間、この子を私に飼わせてくれません?」

アポロ「程々に」

シュタッ…

スイクン「フォウ…」スタッ

アポロ「何…!?」

ラムダ「おい、アレって伝説のスイクンじゃねぇか!?何でこんな所に…?」

コトネ「やっと追いついたってコトね…スイクンちゅわん…」シュタッ

ゴロウ「コトネのアネゴ!?」

コトネ「ゴロウくん!?何でここに!?」

ミナキ「おっ。いったいどう言う状況だ、コレは…!」


466以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/11(金) 15:59:44duPX6V/Q (4/7)

アポロ「何者です、貴方達」ギロッ

ゴロウ「アネゴォ…!」ギチィ…

コトネ「………そう言うコトね、スイクン。教えてくれて、アリガト」チャキッ

コトネ「Mr.ムー!」ポーイッ

Mr.ムー「ムウマージ…」ポンッ

コトネ「くろいまなざし!」

Mr.ムー「ムゥマァジ…!」ギロッ

アポロ「ほー」ビクンッ

コトネ「アンタ達、ロケット団ってコトね?私の愛しのゴロウくんに、何しようとしてんのサ?」ギロッ

ラムダ「コイツ、ヤる気かよ」チャキッ

アテナ「もしかしてこの子の彼女かしら。嫉妬しちゃいますわ…」チャキッ

アポロ「失礼ながら逃走中なので、直ぐに片づけさせてもらいますよ」チャキッ

コトネ「アンタら、私を怒らせない方が良いってコトね…」チャキッ


467以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/11(金) 16:10:21duPX6V/Q (5/7)

怒りの湖・畔

ヒビキ「ふぅ…。今日も結構疲れたのぉ…。水浴びでもするか!」ガサガサ

ばしゃぁんっ…

ヒビキ「えっ…?」

イブキ「ふぅ…」バシャァンッ…

ヒビキ「なっ///イブキ…!?」サッ

イブキ「やはり…汗かいた後の水浴びは良い物ね…」タユンッ…

ヒビキ「アイツ…!いくら人目が少ないからって真っ裸で何しとんじゃぁ///」ボッキーンッ

ヒビキ「………」ムラッ

イブキ「お前もそう思うだろ、ハクリュー?」

ハクリュー「はくっ」スリスリ

イブキ「こらっ。そんな所に顔を埋めるなっ///」ムニィ…

ヒビキ「くぅ…///」シュッ…シュッシュッ…

ワタル「あの女性として魅力的な爆乳に桃尻…鍛え抜かれて引き締まった腹部…。我が従妹ながら良い身体をしているとは思わないかね、少年!」バサァッ

ヒビキ「んなっ!?ワタルさん、アンタ、何しとんじゃぁ!?」バッ


468以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/11(金) 16:24:18duPX6V/Q (6/7)

ワタル「敢えて言わせて貰うとキミに言われたくないかな。だが一旦その荒ぶる竜を納めたまえ」

ヒビキ「わ、悪ィ…」ゴソゴソ…

ワタル「本来なら人の従妹の裸体を覗くキミにお説教と行きたいが、キミ達の場合は愛だから何も言うまい!」

ヒビキ「アンタ、よーどや顔でそんな恥ずかしい事言えるのぉ…」

ワタル「褒めても何もでないぞ」バサァ

ヒビキ「もーエエわ。………なあ、ワタルさん。アンタのその半端ない強さの秘訣っていったいなんなんじゃ?どーにもポケモンとかトレーナーの強さとは別のモノを感じてならん」

ワタル「恥ずかしさのあまりに話題を変えて来たな…。それはズバリ、一つとしかいうまい!」

ワタル「愛だ!」バサァッ!

ヒビキ「………真面目に答える気、あんのか?」ジトォ

ワタル「何、真面目な話だ。確かにポケモンの強さ、トレーナーの強さ、それは確かにバトルでは重要な事だ。だがそれはただの足し算でしかない」

ワタル「だが所謂ポケモンとのコンビネーション、信頼…誰かを想う気持ち…。それは大本で言えば愛だ」

ワタル「それはポケモンバトルに置いても+α…否、×αの力となりうるのだよ」

ヒビキ「愛…のぉ…」ポリポリ…


469以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/11(金) 16:39:23duPX6V/Q (7/7)

ワタル「一言に愛と言っても、ポケモンとの愛…友愛…家族愛…そして異性に対する愛…。さまざまな物がある」

ワタル「例えば、キミとのバトル…。本来なら二度目のハクリューの変則詭道のしんそく…アレで勝負は決していたのだ」

ヒビキ「何じゃと…?」

ワタル「だがリザードンは俺の愛の叫びによって、あの攻撃に耐えて反撃に返してくれた…。まさしく『POWER OF LOVE』…」バサァ…

ヒビキ「そー言う事なのかのぉ…」

ワタル「誰かの為に戦う…。誰かを想って戦う…。正直な話、それは誰に対しての愛でも構わないんだ」

ワタル「俺の場合、ドラゴン達への愛…だがな!」

ヒビキ「ホンマ、恥ずかしい人じゃのぉ、アンタは…」フッ

ワタル「ふっ。だがキミの心は既に分かっているだろう?今も誰かの為に戦っている」

ヒビキ「………そーじゃのぉ」

ワタル「その気持ちを忘れぬ限り、キミはまだ強くなれるさ」ポンッ

ヒビキ「おぉう!」

ワタル「おっと愛を語りすぎたら俺もムラムラしてきたぞ。カイリュー!今夜は寝かせないぞ!」ボッキーンッ

ヒビキ「じゃがやっぱアンタの愛はちと重すぎやせんかのぉ…」


470以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/17(木) 21:41:18fniJvfDo (1/4)

――――
――
ドガァンッ!

マタドガス「ド…ガァ…」ゴトンッ…

ラフレシア「ラ…フゥ…」ピクッ…ピクンッ

ヘルガー「ヘル…ガッ…」ガクッ…

ラムダ「な…何なんだ、この小娘はよぉ!?」

アテナ「まさか私達ロケット団の最高幹部三人相手で相性も不利なメガニウム一体で…」

アポロ「これはこれは…。少し計算が狂いましたね…」

ゴロウ「アネゴ…!あのアニキを倒したアポロも含めて三人も相手に…」

ミナキ「かなり強いトレーナーなのは戦って分かっていたが…爪を隠していたな、コトネちゃん!」

コトネ「さ、私とアンタ達の力量差は分かったってコトね。ね、Mr.アロマ」

Mr.アロマ「ガーニュゥ!」

アテナ「くっ…」

ラムダ「チッ…」

アポロ「二人とも、下がりなさい」パチーンッ


471以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/17(木) 21:52:49fniJvfDo (2/4)

ドオオォォンッ!

ルギア「ギャオォォースッ!」バサァッ!

ミナキ「まさか…!アレはルギア!?スイクンと言い私は伝説のポケモンとはセンチメンタルな運命で結ばれているのか!?」ウットリ

ゴロウ「何アホな事言ってるんでやんすか!あのルギアはロケット団にゲットされたんでやんすよ!」

コトネ「へー。ルギアがねぇ。可哀想に…」

アポロ「これから計画の準備が始めようという時に、こんな所でルギアを出して目立つのはやぶさかでないですが…。仕方ありません」スッ

ルギア「ギャオォォォ…!」ゴォォ…!

ゴロウ「アネゴ、危ない!エアロブラストでやんす!」

しゅるるるるるっ!

ルギア「ギャオッ!?」ググッ…!

Mr.アロマ「ガニュゥウ…!」ググッ…!

コトネ「投げ飛ばせェエッ!」

ぶおぉぉ…ドオオォォォォォォンッッッ!!!

ルギア「ギャオッ…!」カハッ…!

アポロ「ッ!?」


472以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/17(木) 22:04:22fniJvfDo (3/4)

ラムダ「おい…見間違えか…?あのルギアを投げ飛ばしたぞ…?」

アテナ「ありえませんわ!ジョウトに伝わる伝説の海の神ですわよ!」

アポロ「そう…ありえません!ドラゴンダイブ!」

コトネ「………」ポーイッ

ルギア「ギャオォォォンッ!」ゴオォォッ!!!

ドゴオォォォォオンンッ!!!

マリルリ「マリィ…!」ググッ…!

アポロ「止めた…!?」

コトネ「Mr.マリ!れいとうパンチ!」

Mr.マリ「マアァァァリイィィイヤァッ!」ピキピキ…ドゴォッ!

ルギア「ギャオォオッ!」カフッ…!

コトネ「はらだいこ…かーらーのーアクアジェットォ!」

Mr.マリ「マアァァァリィィヤァッハァァァーッ!!!」ポンポコリンッバシャァンッ!シュバァッ!

ルギア「ギャアァァッ!」ドガァァッ!


473以下、名無しが深夜にお送りします2018/05/17(木) 22:41:40fniJvfDo (4/4)

ラムダ「何でこんな小娘がルギアと互角でヤりあえるんだよ!」

アテナ「互角どころか…ルギアが押されてますわ…!」

アポロ「このルギアは実力者五人相手でも引けを取らない伝説のポケモン…。貴女、何者ですか…?」

コトネ「私はただの駆け出し考古学者のコトネちゃんってコト…。でも良い事教えてアゲル」スッ

Mr.アロマ「ガニュゥッ!」ビィィィムッ!

Mr.ムー「ムマアァッ!」バシュッ!

Mr.マリ「マアァァァリィィエェェェェイ!」ピキピキ…ドゴォッ!

ルギア「ギャオォ…!ウギャァァッ!」

コトネ「この世界で考古学を追いかける事と言うのは必然的に伝説のポケモンと相対する可能性がある…」

コトネ「だから真の考古学者はそれと拮抗出来る実力を持っててもおかしくないってコトね!ハードプラントォオッ!」

Mr.アロマ「ガアァァァァニュゥゥゥゥッ!!!」シュルルルルルルルッッッ!!!

ボゴォッボゴボゴボゴボゴォ…!ブオオォォォォォォォンッッッ!!!

ルギア「ウギャアァァァァァスッ!」ドガガガァッ!


474以下、名無しが深夜にお送りします2018/06/03(日) 23:44:33Ffn/oS26 (1/2)

したっぱ「ルギアが!こうなったら我々も加勢を…!」チャキッ

ミナキ「おーっと、雑魚は美しき私、ミナキが相手だ!」バサァッ!

スリーパー「すりーぱー」ロリコーン

アテナ「くっ…!ルギアでも歯が立たないなんて…!」

アポロ「このままでは…全滅ですね」

ラムダ「オイオイ、アポロ!お前までそんな事言い出したら冗談に聞こえねーぞ!」

アポロ「いえ…冗談ではないですよ…」タラリ…

コトネ「………」ゴゴゴゴ…

アポロ(ようやくルギアに続けてホウオウを手に入れる方法を見つけた矢先に…こんな見ず知らずの小娘などに邪魔立てさせられる訳には…!)

アポロ「こうなれば…ラムダ!携帯怪電波装置をルギアに!」

ラムダ「ハァッ!出来ない事は無いが、この携帯型じゃ、ルギアなんてバケモノ…どんな行動に出るか分からねぇぞ!」

アポロ「ここで全滅するよりはましです!」ピッ

ピピピピピピピピピッ…!

ルギア「ギャ…オギャアァァァァァァーーースッ!!!」ウガー


475以下、名無しが深夜にお送りします2018/06/03(日) 23:55:18Ffn/oS26 (2/2)

ミナキ「な…何だぁ!?」

ゴロウ「コレって…怒りの湖のギャラドスと同じ…!」

コトネ「何が来ようと…!」

ルギア「ギャアァァァァァスッ!」ゴオオォォォッ!!!

コトネ「ドラゴンダイブには…れいとうパンチィッ!」

Mr.マリ「マァァルィイエェェェェェイッ!」ピキピキ…ドゴォッ!

ドガアァァァァァンッ!

Mr.マリ「マリィッ…!」ズサァァッ…スタッ

コトネ「競り負けた…!?アクアジェットォッ!」

Mr.マリ「マァァァァルイゼェェェェイ!」バシャァンッ!シュバァッ!

ルギア「ギャアァァオッギャアァァァオッ!」バァァサッバァァサッ!

ゴオオォォォォオッッ!!!

Mr.マリ「グヘェッ!」ブワァッ!

ルギア「ギャオオオオオオォォォッスッ!!!」ギュオォォ…!

ドッパアァァァァァァァァァァンッ!!!


476以下、名無しが深夜にお送りします2018/06/04(月) 00:01:54MbfSHLfI (1/4)

Mr.マリ「マ…マリィ…」ピクッ…ピクンッ

ミナキ「あの強いマリルリが…!」

コトネ「こっちは良いから!ミナキさんはゴロウくんを助けて!」

スイクン「ふぉおぉぉっ!」ファサァ

ゴロウ「スイクン!まさかこの私に味方してくれるとは…!感激!」ボッキィーンッ

したっぱ「負けるか、うおー!」

スイクン「フォオオォォゥッ!」バシャアァァァァッ!!!

バッシャァアァァァァァァァンッ!

スイクン「わんっ」ツンツン

ラッタ「らたっ!」ポンッ

ゴロウ「ラッタ!この縄を解いて欲しいでやんす!」

ラッタ「ラタタッ」ガジガジッ

ドガアァァァァァァンッ!!!

ゴロウ「うわぁっ!」

ラッタ「ラタァッ!」


477以下、名無しが深夜にお送りします2018/06/04(月) 00:25:18MbfSHLfI (2/4)

Mr.ムー「ム…ムマァ…」ガクッ…

アポロ「これで我々のくろいまなざしも解けましたね」

コトネ「そうみたいね…。だけどさっきの攻撃でアンタ等のお仲間も何人か消し炭になったけど、イイってコト?」

アポロ「良くはありません。ですが今のルギアは私にも御し難い。指示も出せません」

コトネ「そう言うコトね。さっきの変な機械、ルギアの急激なレベルアップに凶暴化…。全て合点がいった。最低ってコトね」

アポロ「それこそ至高の褒め言葉」

ラムダ「おい、アポロ!くろいまなざしが解けたなら、早くズラかろうぜ!」

アポロ「そうはいかなくなりましたね。この少女、生かして返したら必ず我々の障害と成りうる」

コトネ「私はゴロウくんさえ、無事ならどーでも良いんだけど。Mr.アロマ、ハードプラント」

Mr.アロマ「ガアァァァァニュゥゥゥゥッ!!!」シュルルルルルルルッッッ!!!

ボゴォッボゴボゴボゴボゴォ…!ブオオォォォォォォォンッッッ!!!

コトネ「いい加減、倒れて頂戴」

ルギア「ギャオ」ギュオォォ…!

コトネ「あ」

ドッパアァァァァァァァァァァンッ!!!


478以下、名無しが深夜にお送りします2018/06/04(月) 00:36:14MbfSHLfI (3/4)

ゴロウ「うっ…また大きな爆発…」

ラッタ「ラタァ…」

ゴロウ「ラッタ!」ダッ

ガシッ

アテナ「あら、坊や、どこ行くつもりかしら」

ゴロウ「は…離せでやんす!ラッタが!コトネのアネゴも!」

アテナ「残念だけど…あのお嬢ちゃんとは永遠にお別れですわ」

ゴロウ「な…何を言って…ッ!」

コトネ「くっ…あ゛ぁ…!」ポタッ…ポタポタ…

ゴロウ「アネゴォォォォッ!」

コトネ「ご……ごろ……く……がはっ…!」ゲボォッ…

ラムダ「おーおー。若いお嬢ちゃんのどてっ腹に大きな穴が空いちゃってまぁ」

アポロ「あのルギアの最後の攻撃、『偶然にも』メガニウムではなくトレーナーを狙ってしまったようで」

ルギア「ギャ…オ…」ズシィィンッ

アポロ「流石の怪電波で強化したルギアももう立てませんか…。携帯型の怪電波故か、この少女が強すぎた故か…。まあルギアを回収しやすくはなりましたね」シュボンッ


479以下、名無しが深夜にお送りします2018/06/04(月) 00:43:07MbfSHLfI (4/4)

ゴロウ「アネゴォ!アネゴォオッ!」バタバタ

コトネ「ご…ろ……お゛げぇ………」ガクッ

アテナ「心配しなくてもいいわ、坊や。これからはあの娘の代わりに私がお世話をしてアゲル」ジュルリ…

ラムダ「ぼちぼち退散するかね」ポリポリ

アポロ「さらばです。強すぎた少女よ。二度と会い見えない事を切に願います」

ゴロウ「アネゴオォォォォオッ!」

どろんっ

コトネ「ご………ろ…く………ん…………」バタンッ…


480以下、名無しが深夜にお送りします2018/07/04(水) 14:05:15UEZCWW0Y (1/6)

ミナキ「くっ…気絶してしまっていた…。流石は伝説のルギアだぜ…」ムクッ…

ミナキ「ロケット団は居なくなってしまったか…。コトネちゃんは、ゴロウくんは無事だろうか…」

コトネ「ゲボォオッ……」ドクッ…ドクッ…

ラッタ「ラタァッ!」

ミナキ「ッ!コトネちゃんっ!…何てことだ…!この傷ではもう…!」

ミナキ「スイクン!スイクンならどうにか出来るのではないか!?伝説のポケモンなら…」ハッ

スイクン「………」

ミナキ「いや…。スイクンは水を綺麗にする能力はあれど、傷を治す能力なんて無い…。そんな事、私が一番分かっているではないか…」ガクッ

ラッタ「ラッタァ!ラタタァッ!」

スイクン「………」

コトネ『あぁん、愛しのスイクンちゅわぁん!早くその美しい触手で私を愛撫してぇ///』ジュワァァァ…

スイクン「くぅん…」ゾワァ…

ゴロウ『アネゴオォォォォオッ!』

スイクン「………わふっ」コクンッ


481以下、名無しが深夜にお送りします2018/07/04(水) 14:10:33UEZCWW0Y (2/6)

スイクン「フォオオォォゥッ!」ファサァ…

ミナキ「スイクン?何を…」

シュバッシュバッ!

エンテイ「テエエェェェェェイッ!!!」ボオォッシュタッ!

ライコウ「コオォォォォォオウッ!!!」バチバチッシュタッ!

ミナキ「何と言う事だ!エンテイにライコウまで…!」

スイ・エン・ライ「「「がおー!」」」ファサァ…ボォォッ…バチバチ…!

ぱああぁぁぁぁぁぁぁぁ………

「Shooooooow!!!」


482以下、名無しが深夜にお送りします2018/07/04(水) 14:14:01UEZCWW0Y (3/6)

――――
――
ヒビキ「リューまる、りゅうのはどう!」

イブキ「こっちもりゅうのはどうだ!」

ちりんちりんちりんちりんっ…

ワタル「何の音だ…?」

ヒビキ「…またこの鈴か。エンジュでも一度勝手に鳴りよったのぉ」スッ

イブキ「透明で綺麗な鈴ね…」

ワタル「………!」


483以下、名無しが深夜にお送りします2018/07/04(水) 14:21:32UEZCWW0Y (4/6)

――――
――
ホウオウ「SHOOOW」パァァ…

スイクン「わっふる」

エンテイ「がおー」

ライコウ「にゃーご」

ミナキ「ホ…ホウオウだと…!?まさかスイクン達が呼び出したとでも言うのか…!?」ボッキィーンッ

スイクン「わふぅ…」

コトネ「が………っぁ………」ピクッ………ピクンッ…

ホウオウ「SHOW」コクンッ

スイクン「わんっ」レッツ

ホウオウ「SHOOOOW!」パァァ…

エンテイ「がおー」ターイム

ボオオオオオォォォォォォッ………

ラッタ「ラタァッ!?」

ミナキ「ホウオウ!?コトネちゃんにトドメを刺すつもりか!?」


484以下、名無しが深夜にお送りします2018/07/04(水) 14:42:54UEZCWW0Y (5/6)

ぱあぁぁぁ…

コトネ「………」シュゥゥ…

ミナキ「コトネちゃんの傷が塞がっていく…」

ラッタ「ラッタァ!」

コトネ「………んっ…。え、ウソ、マジ?」ムクリ…

ホウオウ「SHOW」バサァッバサァッ

エンテイ「てーい」シュバッ

ライコウ「こーう」シュバッ

スイクン「フォオオォォゥッ!」ファサァ…シュバッ

コトネ「突然の事過ぎて、何から驚けば良いってコト?伝説のポケモンのオンパレード?」ジュワァァァ…

ミナキ「わ…私もだよ」ボッキィーンッ


485以下、名無しが深夜にお送りします2018/07/04(水) 14:50:56UEZCWW0Y (6/6)

――――
――
コトネ「そう…ゴロウくんは連れ去られたまんまか…」

ミナキ「すまない…。私が付いていながら…」

コトネ「付いてながらと言えば、あのアホも無事かどうか分からないってコトね」

ミナキ「だがもっと驚く事と言えば、キミのその傷…」

コトネ「確実にどてっ腹に大穴空いてたよ。本気で死ぬところだった」

ミナキ「ホウオウの炎の力か…」

コトネ「確かにホウオウには死んだポケモンを蘇らせたって伝承は残ってるけど…。でも何でホウオウが助けてくれたんだろう…」

ミナキ「何かゴロウくんのラッタがスイクンに頼み込んでホウオウを呼び出したように見えたが…」

コトネ「………やっぱりゴロウくんは私にとってのエンジェルってコトね」

ミナキ「エンジェル?」

コトネ「ゴロウくんがエンジェルみたいにカワイイってコトね」

コトネ「そんじゃ…私もしばらくスイクン探しを中止して、エンジェル様を助ける事にしますか…」グッ…


486以下、名無しが深夜にお送りします2018/07/04(水) 15:14:11pjvN5eXE (1/1)

らいこうかわいい


487以下、名無しが深夜にお送りします2018/07/16(月) 10:44:23oFCBmIww (1/4)

数週間後・怒りの湖

ワタル「………そうか。そろそろ奴らの動きが活発化してきたか。流石の諜報力。助かるよ、キョウ」

キョウ「ワタル殿。そろそろ潮時ではないのではござらんか?」

ワタル「ああ。そろそろ修行も完成する所…」

『ギャオオオオオオォォォッスッ!』

キョウ「で、ござるか。しからば」シュバッ

ザッ…

ヒビキ「おぉう!待たせたのぉ、ワタルさん!見ての通りじゃ!」

ギャラドス『ギャオォォオッ!』

イブキ「見て下さい、兄上!湖のギャラドス、全てを手懐ける事が出来ました!」

ワタル「善し!これにて竜の試練は全て終了した!後は実戦で試すと良い」

ヒビキ「おぉう!これでもうロケット団なんぞに負けはせんぞぉ!」

ギャラドス『ギャオォォ…』ウルウル

ヒビキ「そんな顔すな!また会いに来ちゃるきのぉ!」

ワタル(………心なしか、前に見た時よりギャラドスの数が減っているような…)


488以下、名無しが深夜にお送りします2018/07/16(月) 10:53:51oFCBmIww (2/4)

チョウジジム

ドォンッ!

ヤナギ「賑やかな客人が来たようだな」

ヒビキ「じーさん、また勝負を頼むわ」

ヤナギ「ほう…。見ない内に雰囲気が多少変わったか…。おや…」

ワタル「先日は世話になりました、ヤナギ老人」バサァッ

ヤナギ「これは珍しい組み合わせだな」

ワタル「この二週間余り、俺がこの少年に修行をつけていました故」

ヤナギ「成程な…。若いの、バトルの形式はどうする?」

ヒビキ「此間と同じダブルバトルで頼むわ!」

ヤナギ「相分かった。イノムー、ジュゴン」ポイポーイッ

イノムー「のむぅ」ポンッ

ジュゴン「ジュゴォー!」ポンッ


489以下、名無しが深夜にお送りします2018/07/16(月) 11:09:00oFCBmIww (3/4)

ヒビキ「カチこめ、アラシまる、デンまる!」ポイポーイッ

アラシまる「バックフゥゥンッ!」ポンッ

デンまる「ぱるるんっ!」ポンッ

イブキ「成程、相性は良いわね」

ヤナギ「だが此間と同じポケモンで良いのかね?」

ヒビキ「おぉう!じーさんにはこいつらで倒さな意味が無いからのぉ!」

ヒビキ「「さらに!喧嘩上等!光って唸れ、俺の黄金の心!」クルクルッパシッ

ヒビキ「命、爆裂!メガシンカァッ!」シャキーンッ!

ピッカァァァァァンッ!

デンまる「メガッ!ぱるるるるんっ!!!」パッパラー

ワタル「何…?」

ヤナギ「此間学んだはずであろう?デンリュウはメガシンカすると…」

ヒビキ「ドラゴンタイプが追加されて氷に弱くなるってんじゃろ!」

ヤナギ「敢えて…か。ならばお手並み拝見とするか」


490以下、名無しが深夜にお送りします2018/07/16(月) 11:16:46oFCBmIww (4/4)

ヒビキ「おぉう!アラシまる、ニトロチャージ!デンまるはジュゴンに10万ボルト!」

ヤナギ「この氷のフィールドでスピード技など…ッ!?」

アラシまる「バックバックバァァクッ!」ボォォッシュバババッ!

ヤナギ「走れている…!イノムー、ジュゴンを庇え」

ヒビキ「させるくぁ!」

アラシまる「バックァァッ!」ドガァッ!

イノムー「のむぅ…」ググッ…!

バチバチバチィイッ!

ジュゴン「ジュゴォォオッ!」ビリビリィッ!

イブキ「何故この氷のフィールドで足を取られずに…?それに今まで以上のスピードを…」

ワタル「ッ!成程、足元を見ろ」

イブキ「バクフーンの走った足元の氷が砕けている?」

アラシまる「バクゥッ!」バチバチッ

ヤナギ「成程。ニトロチャージと同時に両手両足にかみなりパンチを帯びさせる事で床の氷を砕いていたとはな」

ワタル「しかもそれだけでは無いな。かみなりパンチの電気で筋肉を刺激し、何時も以上のスピードを生み出している!」


491以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/15(水) 14:44:47HEfZWKWU (1/6)

ヒビキ「踏ん張りが効くようになったからアラシまるの得意のスピードを十分に生かせれるわ!イノムーにニトロチャージ!」

アラシまる「バュクフンッ!」ボォォッシュバッシュバババッ!

イノムー「のむぅ…!」ググッ…

ヤナギ「スピードは負けるようになったが、パワーはどうかな?げんしのちから」

イノムー「のぉむぅっ!」ゴゴゴ…ドガァッ!

ヒビキ「あなをほるんじゃ!」

アラシまる「バクゥッ!」ホリホリ

ヤナギ「イノムーの前であなをほるか…。またじしんで…っ!」

デンまる「ぱるぅっ!」ヌッ

イブキ「バクフーンの陰にデンリュウが隠れていたのか!」

ヒビキ「ほのおのパンチィッ!」

デンまる「ぱぁぁるぅんっ!」ボォォ…ドゴォッ!

イノムー「のむぅっ!」ズサァァッ!

ヤナギ「ほぉ…!これは効いた」

ヒビキ「特性『かたやぶり』じゃ!これじゃったらそのあついしぼうも関係無ェ!」


492以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/15(水) 15:00:37HEfZWKWU (2/6)

ヒビキ「追撃じゃ!アラシまる!」

ぼこぉっ!

イノムー「のむぅっ!」グラァッ

ワタル「嵐の様な攻め…!少年め、自分のバトルスタイルを十分に発揮しているな!」

ヤナギ「確かに此間とは大分成長したようだ…。だが!ジュゴン、あられ」

ジュゴン「ジュゴォー」パァァ…

ぱらっ…ぱらぱらぱらぱら…

ヤナギ「次はこちらが攻めよう。ジュゴン、なみのり。イノムー、ふぶき」

ジュゴン「ジュッウゴォーーンッ!」バッシャアァァァンッ!

ヒビキ「うおぉっ!デンまる、10万ボルト!アラシまるはかみなりパンチ!」

デンまる「ぱぁぁるるんっ!」バチバチバチィイッ!

アラシまる「バクバクバァッ!」バチバチッ!ドガドガドガァッ!

ヤナギ「無駄だ」

ばっっしゃあぁぁぁぁぁぁんっ!!!ピキピキピキ…!


493以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/15(水) 15:06:51HEfZWKWU (3/6)

ヒビキ「しまった!水が凍って…!」

ヤナギ「さあ、行け。イノムー。否、マンムー!」バツ

ドコドコドコドコ…ドガアァァァァンッ!!!

アラシまる「バクゥゥアァァッ!」ズサァァッ!

デンまる「ぱるぅぅんっ!」ズサァァッ!

マンムー「まんもぉぉぉぉおっ!」パオーンッ

ヒビキ「何じゃ、そいつはぁ!?」

ワタル「イノムーの進化系、マンムー。げんしのちからを覚えていたから、もしかしたらと思ったが、進化のタイミングを計っていたな…!」

ヤナギ「久々にこの私が熱くなるとは思いもしなかったが…。これで終いだ。二重のふぶき!」

マンムー「まんもぉぉおおっ!」

ジュゴン「ジュゴオオォォオォッ!」

ビュオオオオオォォォォォォォォォォォオオオオッッッ!!!

イブキ「あられ+ダブルふぶき!マズいぞ、ヒビキ!」


494以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/15(水) 15:18:23HEfZWKWU (4/6)

ヒビキ「まだじゃ!ここで退いたら漢じゃねェ!勝込め、アラシまる!デンまる!」

アラシまる「バクゥゥッ!」バッ!

デンまる「ぱるぅ!」バッ

ヤナギ「無策で突っ込んで来るか…!」

ワタル「否!アレは!」

アラシまる「バァァクバァァクゥゥウゥウッ!!!」ボオォォォッ!ギュオォォッ!

イブキ「かえんぐるま…いや、フレアドライブか!」

ヤナギ「フレアドライブだったらこの二重のふぶきも突破は出来るだろう…だが、デンリュウはどうす…る…!?」

デンまる「ぱるぱるぱるぅっ!」ダダダダッ!

ヤナギ「バクフーンのフレアドライブを壁にしてだと…!?」

ワタル「フレアドライブでのスリップストリーム!だが鈍足のデンリュウは全力で走らなければ、バクフーンの後ろにはピッタリと付いて行く事は出来ない、だからと言ってバクフーンがスピードを落とし過ぎたら、あの猛吹雪に吹き飛ばされる!」

イブキ「二匹の…いや、二匹とヒビキの信頼関係があってこその技…!」

ワタル「愛だな!」バサァッ!


495以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/15(水) 15:26:56HEfZWKWU (5/6)

ヒビキ「勝込めェェエッ!フレアドライブ!」

アラシまる「バァァクッフゥゥゥンッ!!!」ドガァァッ!

マンムー「まんもぉす!」グラァ…!

ジュゴン「ジュゴォ…!」グラァ…!

ヒビキ「今じゃ!アラシまるはジュゴンにかみなりパンチィ!デンまるはマンムーにほのおのパンチ!反撃の隙を与えるなァッ!」

アラシまる「バクゥッ!バクバクバクバクバァァッ!!!」バチバチッ!ドガドガドガァッ!!!

デンまる「ぱるぅっ!ぱるぱるぱるぱるぱぁっ!!!」ボォォ!ドガドガドガァッ!!!

ジュゴン「ジュゴゴゴゴゴッ…!」ボコボキャドカバコッ!

マンムー「マムムムム…ッ!」ドカバコボキャグチャッバキッ!

ずしぃぃぃぃんっ…!

ジュゴン「じゅごぉ…」ピクッ…ピクンッ…

マンムー「まむぅ…」ピクッ…ピクンッ…

ヤナギ「…ふっ。成長したな、若いの。私の負けだ」

ヒビキ「っしゃぁっ!」グッ


496以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/15(水) 15:35:50HEfZWKWU (6/6)

ヤナギ「これが私に勝った証、アイスバッジだ」スッ

ヒビキ「おぉうっ!アリガトな、じーさん!」

ヤナギ「最初に来た時とは違い、見事なコンビネーションだった。最初と言えば、あの時居た短パンの若いのはどうした?」

ヒビキ「ッ!そいつは…」

パチパチパチ

コトネ「チョウジジム、攻略おめでとう。ヒビキくん」

ヒビキ「コトネ!何でおどれが…」

イブキ「な、何だ!ヒビキ、この女は一体誰だ!」ピキッ

コトネ「別に貴女が気にしてる様な関係では無いってコトね、フスベのジムリーダーさん」

コトネ「まあ、取り敢えず…アンタは無事だったのは良かったよ」

ヒビキ「…どういう事じゃ」

コトネ「どういう事はこっちのセリフ。ま、この子を見ればすぐ理解するでしょ」ポーイッ

ラッタ「ラタァ…」ポンッ

ヒビキ「ッ!ゴロウのラッタ…!」

コトネ「こっちも何があったかは教えるから、アンタも全部言いな」


497以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/16(木) 14:08:09Po1duZbk (1/8)

コガネシティ

ミカン「こうやって二人でお出かけも久しぶりですねー」

アカネ「やろー?ウチがコガネのエエとこぎょーさん案内したげるからな!」

ざわ…ざわざわ…

ミカン「………?何だか町の様子がおかしくないですか?」

アカネ「せやな…。妙な胸騒ぎがしてならへんね…」ゾワ…

ドッカァァアァァァァァンッ!!!

ミカン「ッ!?」

アカネ「な、何や一体!?」


498以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/16(木) 14:22:55Po1duZbk (2/8)

――――
――
コトネ「………そう、大体の経緯は分かったわ。ゴロウくんはヒビキくんを誘き出す為の人質。だけどロケット団からのコンタクトが無い限り動きようが無いってコトね」

ワタル「だが無闇に待つのだけより、彼を鍛えながら待つ方が良かったのでな。それに此方は此方で諜報活動は怠ってはいない」

イブキ「だがお前、まさかあのロケット団幹部三人とルギアを相手に一人で戦っていたとは本当なのか…?」

ミナキ「それは本当だぞ!この私の汚れなき瞳でちゃんと括目した!」

ヒビキ「誰じゃ、おどれ。まー、コトネじゃったらホンマにやりかねんがのぉ」

コトネ「でも結局暴走したルギアに負けて、ゴロウくんも助けられなかった。情けないってコトね」

ヒビキ「んな事言ったら、俺の方が不甲斐無いわ。アポロには手も足も出ず、ゴロウは俺の所為で連れ去られて…」

コトネ「………全く、いつまでしょげてんのさ!アンタらしくないってコトね」

ヒビキ「分かっとるわ!じゃから今度こそルギアもアポロもブッ飛ばしてゴロウを助け出す!のぉ。ラッタ!」

ラッタ「ラタァッ!」


499以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/16(木) 14:31:38Po1duZbk (3/8)

シュバッ!

キョウ「ワタル殿!」

ヒビキ「うおぉっ!ビックリしたわ!」

ワタル「キョウ!収穫があったのか?」

キョウ「うむ。かくかくじかじか…」ヒソヒソ

ワタル「そうか…。皆、聞いてくれ。ロケット団が近々コガネで行動を起こすらしい。恐らく、三年前のヤマブキシティでのテロと同等以上の規模のテロになるだろう」

ヒビキ「コガネか…!」

ワタル「故に各々準備は怠らず、コガネに向かい、テロを未然に防ぎ、ゴロウ君を助け出すぞ!」

コトネ「………それ、ちょっと遅いってコトね」

ワタル「何ッ!?」

コトネ「ラジオ聞きなさいよ」ピッ


500以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/16(木) 15:09:17Po1duZbk (4/8)

ザザ…ザザザ…

『あーあーザザ…我々はロケット団! ザザザ…泣く子も黙るロケット団でザザ…ございます』

『組織の立て直しを…ザザ…図って早…三年!…今日この良き日のロケット団の復活をここに宣言する!』

『あーあー…聞いているんダロ…ザザ…あの時のガキ!早く来いよォギャーハッハッハッ!』

ワタル「何と…!もう既にロケット団はテロに動いていたのか!」

キョウ「このキョウ、何たる不覚…!」ガクッ

コトネ「ラジオをジャックしているって事はラジオ塔…やっぱりコガネってコトね…」

ヒビキ「どうやら俺をお呼びのようじゃな…!」チャキッ

ワタル「待て、少年!まずは策を立ててから…!」

ヒビキ「行くぞ、ムドーまる!ラッタも来るんじゃ!ゴロウを取り返す!」シュタッ

ムドーまる「エアァァーッ!」バサァッ!

ラッタ「ラッタ!」ピョンッ

イブキ「待って、ヒビキ!私も…!」

シュバッ!

コトネ「………ふぅ。先を越されたか…」


501以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/16(木) 15:17:10Po1duZbk (5/8)

上空

ムドーまる「エアァァァー!」バァサッバァサッ

ヒビキ「もっとじゃ!もっとスピードを上げ…!」

シュンッ!

ヒビキ「うおぉっ!止まれ、ムドーまる!」

ムドーまる「エアァッ!?」キキィ!

ヒビキ「………おいおい。こんな空の上で飛び出しすんなよな、アンタ」

リザードン「グルゥ…」バァッサバァッサ

赤帽子「………」フゥゥ…

ヒビキ「悪いが、今、アンタに用は無いんじゃ。そこを通してもらうぞ」

赤帽子「………僕にはお前に用がある」ギロッ

ヒビキ「そんな眉間に皺寄せよったら、綺麗な顔が台無しじゃぞ」ギロッ

赤帽子「………エンジュであの舞妓から鈴を貰っていたな」

赤帽子「それを僕に寄越せ」


502以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/16(木) 15:31:32Po1duZbk (6/8)

ヒビキ「あ゛?この鈴をか…?嫌じゃと言ったら?」チリンッ

赤帽子「力尽くで奪うのみ」シュンッ

ヒビキ「ッ!」

ジャキイィィインンッ!

ムドーまる「エアッ…!」バリィンッ!

リザードン「グルッ…!」ジャキンッ!

ヒビキ「ヤるつもりか…!じゃったら!ムドーまる俺に構うな!ギアを上げるぞ、ドリルくちばし!」

ムドーまる「エアァァッ!」キィィィンッ!ギュルルルゥ!

赤帽子「『くだけるよろい』か…。ドラゴンクローで止めろ」

リザードン「グルゥウアァッ!」ジャキィィン!ガガガガッ!

ムドーまる「エアァ…!」ガガガッ!

ヒビキ「おんどれぇ…!いきなりムドーまるのスピードを見切りやがった…!」


503以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/16(木) 15:40:10Po1duZbk (7/8)

ガシッ!

ヒビキ「んなっ…!」ググッ…

赤帽子「………貰い受けるぞ」ググッ…

ヒビキ「こんな細腕でなんてパワーじゃ…!じゃが、漢としてはアンタに本気で手を出す訳にゃいかんな」グググッ…

ドゴォッ!

ヒビキ「ごふっ…!」チリンッ…

赤帽子「甘いな」ヒョイッ

赤帽子「投げ飛ばせ」

リザードン「グゥルッゥアァァァッ!!!」ブオォォンンッ!

ムドーまる「エアァァッ!」

ヒビキ「うおぉおっっ!」

ひゅうぅぅぅぅぅぅ!


504以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/16(木) 15:47:31Po1duZbk (8/8)

赤帽子「………行くぞ」

キイィィィィィィンッ!!!

赤帽子「ッ!」

ヒビキ「隙有りィイイッ!」バッ

ムドーまる「エアァァァッ!」ジャキンッ!キィィィンッ!

リザードン「グルゥッ!」チッ

赤帽子「ッ…!」パッ

ちりんっ

ヒビキ「取った!」パシッ

赤帽子「………ライター、だいもんじ」

ライター「グオオォォォォォォッ!!!」ゴオオォォォッ!!!

ドガアアアァァァァァァァァァンンンッ!!!


505以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/16(木) 21:30:16rIG6GJRA (1/1)

今日は更新します
無料R18視聴
1.初撮り♪現役保育士のかなえ先生!裸エプロンで臨時保育!3号君にエッチなイタズラから中出しまでキメられちゃいました!【個人撮影】※2
goo.gl/agp2HT


506以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/17(金) 14:40:32ftD3T5vw (1/2)

ひゅうぅぅぅぅぅぅーーー

ムドーまる「ム…ムドォ……」シュゥゥ…

ヒビキ「も…戻れ、ムドーまる…」シュボンッ

ちりんっ

ヒビキ「がーはっはっ……。鈴は取り返してやったぞ、ざまぁみろ…」

赤帽子「………自分の心配をしたらどうだ?このまま落ちたら死ぬぞ」フゥゥ…

ヒビキ「やらないかん事があるでのぉ、まだ死ねねぇんじゃよ、俺ぁ」

赤帽子「………行くぞ、ライター」

びゅんっ…

ヒビキ「………俺ぁ、まだ死ぬわけにはいかんのじゃ!頼むぞ、リューまる!」ポーイッ

リューまる「ハクゥー!」ポンッ

ふぉんふぉんふぉんっ……

リューまる「でっていうー!」パッパラー!

バサァァッ!


507以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/17(金) 14:45:12ftD3T5vw (2/2)

赤帽子「………やはり甘いな」スッ

ちりんっ

赤帽子「ニセモノと本物をすり替えられたことにも気付かねぇなんてな…」フゥゥ…

ライター「グルゥ…」

赤帽子「ああ…分かってる。行くぞ、鈴の塔に」

びゅんっ


508以下、名無しが深夜にお送りします2018/08/20(月) 11:58:26kbtis73Q (1/1)

ヒビキ 持ち物 メガジッテ ジムバッジ漆個
手持ち陸匹

バクフーン ♂ NN アラシまる         エアームド ♂ NN ムドーまる
Lv48                          Lv44 
フレアドライブ   ニトロチャージ         はがねのつばさ  ドリルくちばし
かみなりパンチ  あなをほる           スピードスター  ガードスワップ     
 
デンリュウ  ♂ NN デンまる         カイリュー  ♂ NN リューまる
Lv49  もちもの デンリュウナイト       Lv55
10万ボルト     りゅうのはどう        りゅうのはどう  りゅうせいぐん 
ほのおのパンチ   わたほうし         れいとうパンチ  しんそく

ウツボット  ♂ NN ツボミまる       ギャラドス  ♂ NN ギャーまる
Lv50                         Lv46
パワーウィップ たたきつける         はかいこうせん ハイドロポンプ
リーフブレード つるぎのまい         ドラゴンテール かみくだく


509以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/20(木) 22:49:13SRdeEQgg (1/4)

コガネシティ近辺

シルバー「………チッ」コソッ

キイィィィィィィンッ!

ヒビキ「おんどりゃあぁぁっ!このまましんそくでコガネにカチこみじゃぁー!」

リューまる「でっていうー!」キイィィィィンッ!

シルバー「ッ!あのバカ…!止めろ、オーダイル!」

オーダイル「オダァッ!」バッシャァァッ!

ヒビキ「ッ!何じゃ!?」

シルバー「このバカが!ちょっと降りて来い!」

ヒビキ「シルバァッ!何じゃ、おんどれぇ!邪魔すなや!」シュタッ

シルバー「アレを見てみろ」クイッ

ポッポ「ぽっぽー」パタパタ

ヒビキ「何じゃ、野生のポッtポ…」

ポッポ「ぽっぽ…………ポッポァキエェェェェェェェイッ!!!」ウガー

ヒビキ「な、何じゃぁっ!?」


510以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/20(木) 23:02:08SRdeEQgg (2/4)

シルバー「今、コガネシティの敷地にはチョウジや怒りの湖で使われた怪電波が飛び回っている。しかも、前のより強力な奴がな」

シルバー「コガネの敷地でポケモンを出したら、野生もトレーナーのポケモンもお構いなしにアレだ」

ポッポ「ポッピャポッポウエェェェェェェイッ!」

ヒビキ「マジか…」

ワタル「ようやく追いついたぞ、少年。赤髪の少年も久方ぶりだな」シュタッ

イブキ「ヒビキ!兄上が無策で行くなと言ったばかりに…」

ヒビキ「イブキ…ワタルさん…」

ワタル「やはり、ロケット団め。罠を張っていたか…。だがこれ位の事なら想定内だ」パチーンッ

マサキ「どもー。久しぶりやねぇ。何かコガネを一時離れてた間にエライ事になってもうたなぁ」ヒョコッ

ヒビキ「誰じゃ」

マサキ「誰やって…まあ、エエわ。取り敢えず天才発明家のワイがこのワタルはんにいきなり頼まれて作ってんが、これや」パッパラー

シルバー「何だ、このブレスレットは」

ワタル「あの怪電波の脅威を考慮して、彼に作って貰った防怪電波装置だ。これがトレーナーが装着する事で手持ちのポケモンは怪電波の影響下には入らない優れものだ」

マサキ「まあいくらのワイでも二日じゃ二つしか作れへんかったけんど」


511以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/20(木) 23:41:28SRdeEQgg (3/4)

ワタル「まず我々のするべき事はゴロウくんを初めとした人質になった町の住民の救出。そしてロケット団の計画阻止だ」

ワタル「少年が奴らの指示通り、透明な鈴を渡してゴロウ君を解放する手もあるが、奴らの目的を考えたらその鈴を奴らに渡すのは非常にまずい」

ヒビキ「ロケット団の目的が分かったのか?」

ワタル「正確な目的は不明だが、その鈴で出来る事は唯一つ…ジョウトに伝わる伝説のルギアと対をなすポケモン、ホウオウの召喚だ」

シルバー「ルギアと対をなすだと…」ピクッ

イブキ「単純に考えたらルギアに続けてホウオウも捕まえて、ロケット団の完全復活…か」

ワタル「無論、そんな事をさせる訳にはいかない。だがゴロウくん達の身の安全が最優先…ならばバレずに侵入して人質を救出できれば良いのだが…」

ヒビキ「どーしたもんじゃのぉ…」

「あれ、アニキやないですかー!」

ヒビキ「アニキじゃと…?まさか…!」バッ

コガネチンピラ1「お久しぶりです、アニキ!」

コガネチンピラ2「お久しぶりっす!」

ヒビキ「何じゃ、おどれらか…」

コガネチンピラ1「お、何か訳ありな感じですかい?ワイらで良かったら話してつかぁさい!」


512以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/20(木) 23:46:43SRdeEQgg (4/4)

――――
――
コガネチンピラ1「まさかゴロウのアニキがそんな目に…ゆるさねぇ!」

コガネチンピラ2「せやけどワルモンにバレずにコガネに入るなら訳無いんとちゃいます?」

シルバー「何?」

コガネチンピラ1「ほらアニキは一度使ったやないですか、あの地下通路!さっき俺等もそこから出て来たんですわ!」

ヒビキ「あの地下通路か…!すっかり忘れちょったわ!」

ワタル「地下通路…人質救出…戦えるのは二人のみ…。ふむ、思いついたぞ」ポンッ


513以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/23(日) 22:21:58rHr5pKwY (1/3)

――――
――
ワタル「………作戦は以上だ。目的は人質の安全確保と怪電波の停止だ。事態は一刻を争う。直ぐに取り掛かるぞ」

ヒビキ「おい、おどれら。無理して付き合う人用は無いんじゃぞ」

コガネチンピラ1「野暮な事言わんで下さいや、アニキ!ワイ等にあの時のケジメ付けさせてくれ!」

コガネチンピラ2「それにワイらもゴロウのアニキを助けたいんや!」

ヒビキ「おぉう…!じゃが無理はすんじゃねぇぞ!」

シルバー「………俺は俺の目的の為に動く。この機械は借りるがな」

ワタル「ああ、構わない」

イブキ「………ヒビキ。武運を祈る」

ヒビキ「おぉう…。イブキもな」

ワタル「では健闘を祈る!総員、フルブラストォ!」バサァッ!


514以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/23(日) 22:39:35rHr5pKwY (2/3)

ラジオ塔

アポロ「………もう直ぐです。サカキ様」ウットリ

ランス「ポケモンの動きを封じた以上、警察やジムリーダー…ましてや四天王とかが無闇に手を出してくるとは思いませんが、念のためラジオ塔を中心に町全体に団員を配置しています」

アポロ「ええ、そうして下さい。後はあの帽子の少年が来るのを待つだけですが…大人しく指示に従うかどうか…」

だだだだっ

したっぱ「申し上げます!街郊外の方でチンピラの集団が暴れています!」

ランス「状況も理解できない阿呆共ですか…。さっさと始末なさい」

したっぱ「それが思っていた以上に数が多く…。排除に時間が掛かっています!」

ランス「チッ…。仕方ありませんね…。都心部を巡回している班を応援に行かせなさい」

したっぱ「はっ!」

アポロ「………」


515以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/23(日) 23:57:48rHr5pKwY (3/3)

ラジオ塔・別室

ゴロウ「くっ…はぁ……ぐぅぅ…///」ビクッ…ビクンッ…

アテナ「ウフフッ…ホラホラ…。私はまだ満足してませんことよっ・///」ジュプッ…ジュプッ…

ガチャッ

女したっぱ「アテナ様!アポロ様から直ちに配置に付くよう指示が!」

アテナ「あら…。もうそんな時間に…。仕方ありませんわね…」

ゴロウ「はぁ…はぁ…」

アテナ「続きは全てが終わってからですわね、ボウヤ♪」ジュルリ…

ガチャッ

ゴロウ「くっ…!ようやく行ったでやんす…か…。でも…あれくらいのシゴキ、アネゴのに比べたら…」ギンギンッ

女したっぱ「………♪」ジュルリ…

ゴロウ「えっ…?」ゾワ…


516以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/24(月) 00:10:43kkHVnwiY (1/6)

コガネシティ郊外

ブロロロロンッ!ブロロロロォォンッ!

コガネチンプラ1「オラオラ!おどれら、何ヒトのシマ荒らしてくれてんやぁ!」

コガネチンピラ2「そんな数でワイらを捕まえられると思ってんのか、あ゛ぁ?」

コガネチンピラ『ヒャッハァー!!!』ブロロンッ!

したっぱ「お前等、いい加減にしないと、こっちももう容赦はしないぞ!」チャキッ

ぞろぞろ…

したっぱ「応援に来たぞ。早くこのハエ共を排除しろと言うご命令だ」

コガネチンピラ1「うへっ…!マジか…」

こそっ…

キョウ「………ワタル殿。作戦通り、都心部の団員が応援で此方に回って来たでござる」

ワタル『了解した。そろそろチンピラ君達に助太刀し、『彼ら』の攻撃が届くレンジまで団員を誘導してくれ』

キョウ「承知した。『我等』も行動に移るでござる」シュバッ


517以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/24(月) 00:34:30kkHVnwiY (2/6)

ワタル「………よし、ここでキミ達の出番だ。この町の中ではキミ達だけがポケモンで戦う事が出来る」

ワタル「キミ達の最優先任務はゴロウくんを初めとする人質の救出、怪電波の停止だ」

ワタル「それさえ済めば、後は俺がドラゴン軍団を投入できる!」グッ

シルバー「………言っておくが、俺は人質の事なんてどうでも良い。アポロを潰すついでに怪電波は止めてやる」

ヒビキ「おぉう!じゃが俺もゴロウを助けれたら、すぐ行くからのぉ!少しは残しておけよ、シルバァ!」

シルバー「ふん…」

ヒビキ「そう言えば、ワタルさん。コトネはどうしたんじゃ?一緒じゃなかったのか?」

ワタル「彼女は単独行動でゴロウくんを助けると言って、キミが飛び出した後に行ってしまったぞ」

ヒビキ「ほー。ま、アイツならほっといても何とかするじゃろうて。俺等は俺等の仕事をするだけじゃ!」クルクルッパシッ

ワタル「ふっ。その意気だ!」バサァッ


518以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/24(月) 00:42:04kkHVnwiY (3/6)

コガネシティ・都心部

どぉんっ!

ヒビキ「おらぁっ!行くぞ、シルバァッ!」

シルバー「煩い!ラジオ塔近くに行くまで騒ぐ………ッ!」ハッ

ゴロゴロゴロォッ!

ヒビキ「何じゃ!?受け止めろ、アラシまる!」ポーイッ

アラシまる「バクゥゥッ!」ポンッ

ドガァァッ!

アラシまる「バクゥッ!?」

ヒビキ「コイツはポケモンのころがる…!岩タイプの技か!」

ミルタンク「ミルゥゥタァァァァイェェェェェイッ!!!」

ヒビキ「ミルタンク…!?」


519以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/24(月) 00:51:14kkHVnwiY (4/6)

シルバー「待ち伏せ…!作戦がバレていたのか……ッ!」ハッ

ブオォォォォォンッ!

シルバー「アイアンテール…!ならば…!受け止めろ、ハガネール!」ポーイッ

ハガネール「ハァガネェェ!」ポンッ

ガキイィィインンッ!

シルバー「ハガネールの防御を甘くみる……な………」

ハガネール「ハァァァァガァネウェェェェイェェェェェアァァァッ!」

ヒビキ「おっ。そっちはハガネール同士か!じゃがこっちのミルタンクもハガネールもどっかで見た事あるのぉ」

シルバー「………まさか、いや…間違えない…!このハガネールは…!」ワナワナ…


520以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/24(月) 00:58:25kkHVnwiY (5/6)

部隊長「おー!アポロ様の指示でラジオ塔近辺の団員を残してたら、本当に出て来たぞ」

シルバー「貴様!このハガネールを何処で手に入れた!応えろォ!」クワァッ!

ヒビキ「シルバー…どうしたんじゃ…?」

部隊長「さーてなぁ?ま、二匹とも元は俺のポケモンでは無いのは確かだがな」

シルバー「ッ!」

ヒビキ「まさかおどれらぁ…ヒトのポケモンも怪電波で操って…!」

部隊長「ホント凄いよな、この怪電波。どんなに強くてトレーナーに懐いていても、一発でコレだもんなぁ!」ニマニマ

シルバー「………戻れ、ハガネール」シュボンッ

シルバー「………焼き払え、ブーバーン!」ポーイッ

ブーバーン「ブバアァァァンッ!」ポンッ

ゴオオォォォォォォォオッッ!!!


521以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/24(月) 01:09:10kkHVnwiY (6/6)

ずしいぃぃぃぃんっ…!

ハガネール「ハ…ガネェ……」シュゥゥ…

ミルタンク「ミルゥゥ…」シュゥゥ…

部隊長「な…何だと…!?」

シルバー「………えろ」

部隊長「えっ?」

シルバー「人質に捉えた人間は何処に連れて行った!応えろォオッ!言わなければ、焼くぞォ!」クワァッ!

部隊長「コ…コガネ百貨店の地下…二階…です」

ヒビキ「おっし!そんなに遠くないのぉ!そこにゴロウも居るかもしれん。俺は行くからシルバーは…」

シルバー「………俺が行く」

ヒビキ「あ゛ぁ?」ピクッ

シルバー「俺が人質の救出に行く…!」


522以下、名無しが深夜にお送りします2018/09/28(金) 13:05:590cDBUmVc (1/1)

見てるよ
期待


523以下、名無しが深夜にお送りします2018/10/07(日) 23:12:04M0TccOJQ (1/3)

ヒビキ「どーいう風の吹き回しじゃ?人質なんてどーでもエエと言っちょったおどれが」

シルバー「事情が変わった。俺が人質の救出に向かう」

ヒビキ「………」チラッ

ハガネール「」シュゥゥ…

シルバー「………」クワッ

ヒビキ「………分かった」

シルバー「ッ!意外だな。お前が素直に折れるとは」

ヒビキ「それ以上に折れそーにも無い眼をしちょるぞ、今のおどれ」

シルバー「………」フッ

ヒビキ「じゃが、そっちにゴロウが居ったらゴロウの事を頼むぞ。意外とゴロウはおどれにも懐いちょる」

シルバー「相分かった」


524以下、名無しが深夜にお送りします2018/10/07(日) 23:18:53M0TccOJQ (2/3)

シルバー「………そう言えば、お前は何故この戦いに参加した?正義とかで名誉とかで動く奴でもないだろう」

ヒビキ「おどれが言うか。ただ気に入らん奴をブッ潰す。それ以上に舎弟を奪われたんじゃ。アニキが動かん訳にもいかんじゃろうて」

ヒビキ「………ま、おどれも似たようなモンじゃろ?」ニヤッ

シルバー「………もう行くぞ」フイッ

ヒビキ「ちょい待ち、シルバー。このごたごたが済んだら俺とバトルしてくれや。今度は誰にも邪魔はさせんきのぉ!」

シルバー「………分かった」シュバッ


525以下、名無しが深夜にお送りします2018/10/07(日) 23:47:35M0TccOJQ (3/3)

局長室

prrrrrrprrrrrr

局長「あーあー吾輩である!」ガチャッ

アポロ『ご機嫌用、ラムダ』

局長「あーあーごほんっ。何を言っているのかね、ちみは。吾輩はラジオ塔の局長であーる」

アポロ『おふざけはそこまでにして下さい」

ラムダ「ちっ。固い奴だナー。んで、何の様よ。別にサボってなんか、いないぜー?」

アポロ『お仕事です。帽子の少年が此方に。シルバー様が地下倉庫の方に向かっています』

ラムダ「おっ、来たか。だったら俺が帽子のガキを…」

アポロ『いえ、貴方にはシルバー様の対処をお願いします。私はこちらで計画を進めていますので』

ラムダ「………ランスやアテナを行かせれば良いダロ」

アポロ『彼等ではシルバー様は始末できない。良いですか?『倒す』『排除』ではなく『始末』ですよ」

ラムダ「………チッ。分かったよ」

アポロ『そうそう…。シルバー様は人質の一人、アサギのジムリーダーと懇意の仲とか』

ラムダ「それを使わない手はないわな」ニヤァ


526以下、名無しが深夜にお送りします2018/10/08(月) 00:29:066eQXnAF6 (1/3)

ラジオ塔

どおぉぉぉんっ!

ヒビキ「おんどりゃあぁぁー!カチこみじゃぁー!」クルクルッパシッ

したっぱ「何だ、このガキは!」

したっぱ「コイツ、アポロ様の言っていた例のガキか!強いとは聞いたが、今はポケモンを使えない筈…!捕えろ!」

バシイィィィィインンッ!

ツボミまる「ウツボット…」

ヒビキ「ポケモンが…何じゃって?オラアァァッ!」クワァッ!

ランス「貴方達は下がりなさい」

女したっぱ「キャーッ!ランスさーん!」

ヒビキ「おぉう!どっかで見た面じゃのぉ!無駄に男前でのぉ!」

ランス「キミが此処に来たという事は大人しく鈴を渡す気になったのですか?」

ヒビキ「残念じゃがコイツは約束で渡せんでのぉ…。じゃが人質もゴロウも奪い返すんで夜露死苦!」チリンッ

ランス「何故この町の中でポケモンを使えるのか、そして人質を助け出せれる自信が何処から来るのか疑問ですが…」チャキッ

ヒビキ「かかって来いやぁぁっ!」


527以下、名無しが深夜にお送りします2018/10/08(月) 00:37:446eQXnAF6 (2/3)

コガネシティ郊外

したっぱ「これだけ集まれなポケモンも使えないチンピラなんて物の数では無い!」

したっぱ「かかれー!」

コガネチンピラ1「後は頼んだでー!四天王の人達ー!」

どろんっ!ドガァッ!バキィッ!メキャッ!

したっぱ「うぎゃあっ!」

キョウ「いざ、共に参ろうぞ!シバ殿!」

シバ「うむ。例えポケモンが使えずとも…我らの体術があれば…!ウーハー!」ドガァッ!

したっぱ「まさか…!コイツ等ポケモンリーグ本部の四天王か!」

したっぱ「ポケモンだ!ポケモンを使えー!」ポーイッ

アーボ「アボー!」ポンッ

ドガース「ドガァー!」ポンッ

ゴルバット「ゴルバッツ!」ポンッ

ひゅぅぅぅうううう…バシャアアァァァァァァァァンッ!!!


528以下、名無しが深夜にお送りします2018/10/08(月) 00:47:096eQXnAF6 (3/3)

したっぱ「ポケモンの水攻撃!?でもこの町ではポケモンは怪電波で我らの支配下になる筈…!」

キョウ「町の中…ではな」ニヤッ

グリーン「真打登場だZE!」ウネウネ

シバ「久方ぶりだな、グリーン」

グリーン「おー、マッチョメン!相変わらずのマッスルだZE!」

キョウ「他の者達は?」

グリーン「ロリ巨乳とコルニは町の反対側でイツキとカリンお姉様と一緒だZE」

したっぱ「まさか…!町の外からの狙撃!?一体どれだけの距離から!?」

グリーン「育て屋辺り…いや、ウバメの森の出口くらいか?もう一発狙い撃ちだZE、マネー!」

ひゅぅぅぅうううう…バッシャァアァァァァァァァンッ!!!


529以下、名無しが深夜にお送りします2018/10/10(水) 21:18:35VPZxYykQ (1/2)

地下倉庫

ガチャァンッ!

町人「だ、誰っ!?」

シルバー「早く出ろ。向こうでピッチリスーツを着た変態マント女が居るからそこに行け」

町人「お、おおきに!この恩は忘れへんで」タッタッ

シルバー「………」キョロキョロ

アカネ「アンタは…確か此間ジムに挑戦に来てた子やんか!助けてくれておおきにな!」

シルバー「おい、ここにミカン…アサギのジムリーダーは居なかったか?」

アカネ「せや、ミカンちゃん!大変やねん、ミカンちゃんがさっき変な紫色の頭したロケット団員に奥に連れて行かれてん!」

シルバー「何ッ!?チィッ、お前はちゃんと自分の街の人間を安全な所に避難させろ!倉庫の出口でピッチリマント女が町の外への隠し通路に案内してくれる!」

アカネ「イブキさんもおるん?分かった!でもアンタはどうすん?」

シルバー「俺はミカンを助けに行く」

アカネ「そっか…。アンタがミカンちゃんの…。しっかり彼女助けに行きよー!」

シルバー「かっ…かの…っ///煩い!」ダッ


530以下、名無しが深夜にお送りします2018/10/10(水) 21:34:33VPZxYykQ (2/2)

――――
――
シルバー「ハァッ…ハァッ…何処に居る…」キョロキョロ

ミカン「……うっ」

シルバー「ッミカン!大丈夫か?大事は…」

ミカン「シルバ……さん…」タユンッ

シルバー「ッ!その胸は…!フンッ…浅はかだな、ラムダ…。まな板の素晴らしさも理解できず、そんな変装を…」バッ

シルバー「………すんっ。いや、待て…。この柑橘のような香りは…。間違いなくミカンの香り…!だがその胸は一体…」

ミカン「シルバ……さん……逃げ……」

ぷしゅぅぅぅぅぅう………!

シルバー「くっ!?胸からガス…!ぐっ…!」ビリッ…

ラムダ「………てっきりあのまま引っ掛からないと思ったら、まさか香りで引っ掛かってくれるとは思わなかったゼ…」コソッ

シルバー「ラムダァ…!」ギリィッ…

ラムダ「安心して下さいよォ、シルバーサマ。そいつはまだタダの神経ガスだゼ」

シルバー「貴様ァ…!胸パッドを入れる為にミカンの服の中に手を突っ込んだのかァァアッ!」クワァッ!


531以下、名無しが深夜にお送りします2018/11/24(土) 17:52:55Pr2qAnk6 (1/6)

ラジオ塔

ツボミまる「ウツボット…」チャキーンッ…

クロバット「ク…クロォ…」ピクッ…ピクンッ

ランス「ふぅぅ…」

したっぱ「相性の不利なウツボット一体でランス様のポケモンを全て倒すなんて!」

ヒビキ「今の俺等をこんな程度で止められる訳ないじゃろうがよぉ!」クルクルッパシッ

ランス「………所詮私を倒したところでロケット団の怒りを強めただけですよ」

ヒビキ「ど阿呆。おどれらの怒りより俺の怒りの方が断然上じゃ」

ランス「………尋ねますが、もしや今コガネにシルバー様が居らっしゃるのでは?」

ヒビキ「シルバー『様』?まあ、アイツなら地下倉庫に向かったがの」

ランス「地下倉庫…!そう言えば先程ラムダが…。マズい…!」ダッ

ヒビキ「………俺、今マズい事教えてしもうたか…?まあシルバーなら大丈夫じゃろうて」

ヒビキ「今はこの怪電波を止めてゴロウを助け出し、アポロをブッ倒すんじゃ!」ダッ


532以下、名無しが深夜にお送りします2018/11/24(土) 18:10:48Pr2qAnk6 (2/6)

――――
――
ヒビキ「クソッ!この塔、デカすぎじゃろうが!何処を探せばエエんじゃ!」ドガァッ!

ラッタ「ラタァッ!」ピクピクッ

ヒビキ「おぉう!もしかしてゴロウの場所が分かったのか!」

ラッタ「ラッタッタ!」タッタッ

ヒビキ「おぉう!この部屋じゃな!」ドガァッ!

ドガァンッ!

コトネ「あはぁんっ///どぉー?偶には束縛された状態でヤるのも興奮するでしょぉ?」ズチュッズチュンッ

ゴロウ「アネゴォ…///もうオイラ…ダメでやんす…///」ビクンビクンッ

コトネ「さっきまであの女相手にガマンしてたのに、今じゃこんなに喘いじゃって…♪やっぱりあんなオバサンより私の方がイイってコトね」

ヒビキ「何さらしとんじゃぁ、おどれらぁぁあ!!!」クワァッ!

ゴロウ「ア…アニキィ!」

コトネ「あ、ヒビキくん。遅かったじゃない」

ヒビキ「オイ…。一からちゃんと説明しろや」


533以下、名無しが深夜にお送りします2018/11/24(土) 18:23:44Pr2qAnk6 (3/6)

ヒビキ「…………俺等と別行動してたコトネがロケット団員の変装をして、あの幹部のねーちゃんの部下になって、ゴロウを助ける機会を窺っちょった訳か?」

ゴロウ「オイラも最初はビックリしたでやんす…」

コトネ「あんな変装も分からないなんて結構オトボケ集団ってコトね、ロケット団も」

ヒビキ「それは分かったが、何でこんな所でこんな状況でヤってんじゃ」

コトネ「そりゃあ間近でゴロウくんが他の女に犯されるの見せられたら溜まっちゃってしょうがないってコトね」

ゴロウ「面目ないでやんす、アニキ…」

ヒビキ「ま、目的の一つのゴロウを助ける事は出来たしエエが…。後は怪電波を止めて…」

コトネ「あー、その怪電波だけどね。キミじゃ止めるの無理だわ」

ヒビキ「あ゛ぁ、何でじゃ?」

コトネ「ヒビキくん、パソコン詳しくないでしょ」

ヒビキ「テレビ電話ぐらいなら使えるぞ」

コトネ「プログラミングとかは?」

ヒビキ「そりゃ、無理じゃな」

コトネ「だから怪電波の方は私がどうにかするから、ヒビキくんはアポロを倒す事に専念しな」

ヒビキ「おぉう、任せた」


534以下、名無しが深夜にお送りします2018/11/24(土) 18:40:09Pr2qAnk6 (4/6)

ヒビキ「じゃがこの怪電波の中じゃ、お前もポケモンは使えんぞ。大丈夫なのか?」

コトネ「囮役は得意でしょ?」

ヒビキ「そー言う事か…。任せい」ニヤッ

ゴロウ「アネゴ…」

コトネ「そんな顔しないの。さっさと終わらせてまた続きをしよ?」

ヒビキ「………ゴロウ、先ずは俺がお前を外に逃がす。後は地下通路に居るイブキに…」

ゴロウ「アニキ…それなんでやんすが…。オイラ、しばらく人質のふりをしとくでやんす」

ヒビキ「あ゛ぁ!?何言っちょるんじゃ!何故におんしをまた危険な目に合わせないかん!俺はゴロウを助ける為に…!」

ゴロウ「既にアニキ達に迷惑をかけてる事は分かっているでやんす!でももうアニキ達に助けられるばかりじゃ嫌なんでやんす!」

ヒビキ「………他の雑兵共ならともかく、おどれの力であのアポロと真正面でヤるつもりか?」ギロォッ

ゴロウ「アポロ相手に真正面で太刀打ち出来ると思うほど、オイラもバカじゃないでやんす。でも捕えていた人質がいきなり襲ってきたら、アポロだって…」

ヒビキ「どういう事じゃ?」

コトネ「実がヒビキくんがここに現れる前にゴロウくんをアポロの基に連れて行く手筈だったの。確かに有効な手かもしれない…」

ヒビキ「コトネ…おどれまで…!」


535以下、名無しが深夜にお送りします2018/11/24(土) 18:56:01Pr2qAnk6 (5/6)

コトネ「話したと思うけど、私は一度アポロ達やルギアと戦って圧倒してたの。途中まではね」

ヒビキ「携帯型怪電波装置か…」

コトネ「仮に私が怪電波を止めるのが間に合ってもアイツはそれでポケモンを無理矢理強化させる可能性もあるってコトね」

コトネ「いくらヒビキくんが修行で強くなったとしても、それを使われたら堪らないでしょ?」

ゴロウ「もし使って来ようとしたら、人質のフリをしたオイラが後ろからアポロから装置を奪うでやんす!」

ヒビキ「じゃが…!」

ゴロウ「我儘だって事は分かっるでやんす!捕まったのはオイラの失態…でもオイラだってもう自分のケツは自分で拭くでやんす!」

ヒビキ「ゴロウ…」

ゴロウ「………」クワッ

ヒビキ「………はぁ、一日でその眼を二度も見せられるとはのぉ…。ちぃーとも折れそーにも無い眼をしちょる」

ゴロウ「アニキ…!」

ヒビキ「弟分弟分と言って甘やかしちょったが、その生意気さ、誰に似たんじゃろうのぉ」ニカッ

ゴロウ「誰でやんすかねぇ」ニカッ


536以下、名無しが深夜にお送りします2018/11/24(土) 19:01:52Pr2qAnk6 (6/6)

コトネ「じゃあ簡単に緩めれるように縛っておくね。でも無茶はしないでよ…?」

ゴロウ「アネゴ…アネゴも気を付けて…」

ヒビキ「ラッタはまだ俺が預かって置く。返したい所じゃが、俺の手持ちに居ないと怪電波でやられちまうきのぉ」

ラッタ「ラタァ…!」ギュゥ…

ゴロウ「ラッタ…。せっかく会えたのにゴメンでやんす。でも絶対戻ってくるでやんす!」

ラッタ「ラタァッ!」

ヒビキ「………ゴロウ、もう行くきのぉ。必ずまた迎えに来る」

ゴロウ「アニキ…!待ってるでやんす…!」


537以下、名無しが深夜にお送りします2018/11/27(火) 18:37:20qUArBLN. (1/3)

地下倉庫

シルバー「ぐぅぅ……!フライゴン、ドラゴンクロー!」ビリッ…

フライゴン「フゥリャアァァッ!」ジャキィィンッ!

ザシュッ!

マタドガス「ドガアァッ!」ゴトッ…

ラムダ「チィッ!神経ガスを喰らってもコレかよ!次のマタドガスも行けェッ!」ポーイッ

マタドガス「マタドガァッ!」ポンッ

シルバー「バトルの腕では幹部でも下の貴様に遅れなど…とるものかァ!」

ラムダ「あらそう。だったらこうだ」ポチッ

ごろごろっ

マタドガス『まーたまたドガァースッ!』プシュゥゥ

ラムダ「こいつらは手持ちとは別だが、自動に毒ガスを吐くようになってんだ。アンタがここに来るのは分かってたからな、罠を仕掛けさせてもらったゼ」ニヤァッ

シルバー「ばくおんぱァッ!」

ドバババババババババァアアアアッ!!!


538以下、名無しが深夜にお送りします2018/11/27(火) 18:51:36qUArBLN. (2/3)

ラムダ「んなぁっ!?」キーンッ

マタドガス「ド…ドガァ…」

ごとっ…ごとごとごとっ…

シルバー「ハァ…ハァ……どうした…?小細工はもうお終いか…?」ビリッ…ビリビリ…

ラムダ「チィッ…。流石にこれはマズいかもな…」タラリ…

ラムダ(だったら精神的に揺さぶりをかけてやろうか…)チラッ

ラムダ「それにしても、シルバーサマよぉ。俺ァ知ってるんだゼ?アンタがガキの時からアテナに毎晩毎晩抱かれてた事をよぉ」

シルバー「ッ…」

ラムダ「まあ性格はアレだがあんなナイスバディを抱けるなんて羨ましい事だが、皮肉な事にアンタはそれが原因で巨乳嫌いになっちまったんだよナァ」

シルバー「黙れ…!」ギロォッ…

ラムダ「だからそこの貧乳の嬢ちゃんに惹かれたんダロォ?そんな理由で愛されるなんてお嬢ちゃんが哀れでなんねぇや。ギャーハッハッハッ!」

シルバー「否ァァッ!俺はそんな理由でミカンに惹かれた訳ではないッ!」クワァッ!

シルバー「俺はミカンの……かはっ!」ドクンッ

ラムダ「ほーら、そんな感情的になるから俺の第二の罠に気付かねぇんだよ…」ニヤァッ…

シルバー「な…に……?」ガクッ…


539以下、名無しが深夜にお送りします2018/11/27(火) 19:13:50qUArBLN. (3/3)

ラムダ「俺が倒れたマタドガスどもをボールに戻さずに居た事に気付いてたか…?」

マタドガス「ド…ドガァ…」モク…モクモク…

シルバー「これは…透明の毒ガスか…!」ゼェ…ゼェ…

フライゴン「ふ…ふりゃぁ……」ガクンッ…

ラムダ「コイツ等には戦闘不能後も毒ガスを出し続ける様になってんだよ。しかも今までの毒ガス…そう三年前にカントーで使った毒ガスとは比べ物にならねぇゼ?」カポッ

ラムダ「この毒ガスはな…即効性は無い遅延性でな…。だが吸えば吸うほど徐々に徐々に身体の体細胞を破壊して最終的には地獄の苦しみを味わいながらご臨終だ!」シュコーシュコー

ミカン「ごほっ…ごほごほっ…」

ラムダ「この地下じゃ毒ガスが直ぐに蔓延するゾー?早くどうにかしなきゃ自分も愛しの彼女も地獄の苦しみを味わう事になるゼェ?」ニマァ

ミカン「ごほっ……シ…ルバー……さん……」ガクッ

シルバー「ッ…!ラムダァァアッ!貴様ァァァアッ!」チャキッ


540以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/05(水) 22:20:58oQsFZQL. (1/7)

ラジオ塔・展望台

ドオォンッ!

ヒビキ「おんどらぁっ!アポロはどこじゃあぁっ!」

アポロ「………おやおや、ついにここまで来ましたか。中々優秀みたいですね」

ヒビキ「おぉう!チョウジではしてやられたが、今度はそうはいかんぞ!」

アポロ「ふっ。まさかと思いますが、人質の事は忘れていませんよね」パチンッ

ウィィーンッ

ゴロウ「ア…アニキ……」コクンッ…

ヒビキ「ゴロウッ!………おどれら、ゴロウに手ェ出すんじゃねぇぞ!」コクンッ

アポロ「ならば約束通り、透明な鈴を持ってきているのでしょうね」

ヒビキ「これじゃろ?」チリンッ

アポロ「如何にも」ニヤッ


541以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/05(水) 22:39:07oQsFZQL. (2/7)

ヒビキ「その前に聞かせろや。話には聞いたがコイツはホウオウっちゅー伝説のポケモンを呼び出す為の道具らしいのぉ」

ヒビキ「おどれら、本当にそれだけが目的か?ホウオウが欲しけりゃ、ルギアみたいに無理矢理捕まえればよかろうに」ギロッ

アポロ「………キミはこのラジオ塔に上がって来るまでに我々、ロケット団と言う巨大な悪に立ち向かった。さぞ見上げた正義の心でしょう」

ヒビキ「俺ァ、テメェが正義じゃと思った事は一度もありはせん。寧ろワルじゃと思っとる」

アポロ「キミ自身がそう思っていても、彼のポケモンはどう見るでしょうね」

ヒビキ「どう言う意味じゃ?」

アポロ「元々このラジオ塔は木造の塔でしてね。昔はこの塔もホウオウの拠り所の一つだったそうです」

アポロ「ならば条件させ整えば、この塔にもホウオウが現れると言うもの…。必要なのは透明な鈴を持った正しいトレーナー…そして降臨の儀式…!」パチーンッ

ウイィーンッ

コウメ「ヒビキはん…!」

ヒビキ「ッ!コウメちゃん!他の舞妓の娘らも…!」

アテナ「大人しくしててね、ボウヤ」

アポロ「ホウオウを呼び出す儀式は代々エンジュの舞妓達によって受け継がれてきた…。今は彼女たちが降臨の舞を受け継いでいるのですよ」

アポロ「そして現れたホウオウを捕まえ、虹色の羽を手に入れるのです!」


542以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/05(水) 22:57:16oQsFZQL. (3/7)

ゴロウ「虹色の羽…?」

ヒビキ「おぉう、まさか珍しい羽をコレクションしたい為にこんなバカげた騒動を起こした訳じゃねぇだろうな」

アポロ「勿論、続きがありますよ。ホウオウの虹色の羽…ルギアの銀色の羽から作られる時を捉えるモンスターボール…それを使いウバメの森の祠に現れる、時渡りポケモンを捕まえるのが真の目的…」

ゴロウ「ウバメの森の祠って…オイラ、見た事あるかも…」

アポロ「その時渡りポケモンを使い、三年前のトキワジムに遡り…我らのボス、サカキ様をお助けする!」

アポロ「そして、捕まえたホウオウ、ルギアをサカキ様に献上し、このラジオ塔の電波からロケット団の真の復活を全世界に宣言するのです!」グッッ!

アポロ「さあ、正しきトレーナーよ!その正しき心で鈴を鳴らし、そしてエンジュの舞妓達よ!その雅な舞でホウオウを呼び出すのです!」

ヒビキ「………ギャーギャーギャーギャー何を言ってんのか、よー分からんぞ、おどれ」

アポロ「キミみたいな子供に理解出来る訳ないでしょうね…。それより早くホウオウを!」

ヒビキ「いや、じゃからどー呼ぶんじゃこれで」チリンッ

コウメ「………違う、ヒビキはん」

ヒビキ「えっ?どした、コウメちゃん」

コウメ「ヒビキはん!それ透明な鈴とちゃう!ただのガラスの鈴どす!」


543以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/05(水) 23:05:31oQsFZQL. (4/7)

コガネシティ・北部

フシギバナ「バァナァ…」モワワーン

したっぱ「うへぇ…イイ香り…」ウットリ…

カリン「やるじゃないかい、元・チャンプ」

イツキ「あまいかおりでコガネの敷地外に誘導すれば怪電波の影響もないしね」

ブルー「でもこれくらいじゃ、まだコガネの中央に居るロケット団や操られたポケモン達に届いてないですよ」

コルニ「青ちゃん、謙遜しすぎだって…。えっ何!?」ブルブルッポンッ

ブルー「私のボールも…!どうしたの、ライター、ピッキー!」ブルブルッポンポンッ

ライター「グルゥ…」

ピッキー「ルア゛ァァイ…」

アーロン「ばぁう…」

ブルー「この子達…全員レッドくんの…」

コルニ「この感じ…前にも…」

「SHOOOOOOW!!!」


544以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/05(水) 23:22:31oQsFZQL. (5/7)

――――
――
アポロ「透明な鈴がニセモノ…?まさか騙して…!」ギリィッ

ヒビキ「待てや!俺にも何が何だか……あっ」

赤帽子『貰い受けるぞ…』チリンッ

ヒビキ「あん時か…!」

ゴロウ「でも待つでやんす…!向こうの上空に!」

ぱああぁぁぁぁぁぁぁぁ………

ホウオウ「SHOOOOOW!」バァッサバァッサ

ヒビキ「ホウオウじゃ!」

コウメ「何で…。透明な鈴も無いし儀式もしてないのに…」

アポロ「まあ何はともあれ、ホウオウは出現した…。さあ怪電波の餌食に!」

ヒビキ「マズい!まだコトネが怪電波を止めてないからホウオウもロケット団に操られて…!」

ホウオウ「SHOW!勝!少々!」バァッサバァッサ

ゴロウ「………正気で、やんすよね…?」

アポロ「………流石は伝説のポケモンって所ですか…。ならば力づくでも!」パッチーンッ


545以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/05(水) 23:38:51oQsFZQL. (6/7)

コガネシティ・中心

ハガネール「ハアァァァァガネェウエェェェェェイッ!!!」

ミルタンク「ミィィルタンクウエェエェェイッ!!!」

イブキ「さっきまで倒れていたポケモン達が…!怪電波の影響か!」

アカネ「待ってや!アレ、ウチのミルタンクやんか!」

ホウオウ「SHOOOW!」

ワタル「むっ…!アレはホウオウ!まさか呼び出されてしまったのか…!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ…!

ルギア「ギャアァァァァァスッ!!!」ドオォォンッ!

ギャラドス『ギャオォォオッ!!!』

イブキ「ルギア…!それにあのギャラドスはもしかして怒りの湖の…!ロケット団め、ホウオウを捕まえる為に数匹捕えてたのか…!」

ワタル「えぇい…!怪電波がまだ止まっていない状況で…!潜入組よ、早く止めてくれ!」


546以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/05(水) 23:48:42oQsFZQL. (7/7)

地下倉庫

ドガアァァァァァァンッ!!!

ハガネール「メガッ!ハガネェェェェイル!!!」

シルバー「お前がアァァァァァッ!!!」

ラムダ「うわわわぁぁっ!」ズサァッ!

ラムダ「イテテ…!コイツ、マジギレかよ…!んっ?」ガガガッ…

したっぱ『ラムダ様、現在コガネシティ上空に作戦通りホウオウが現れました!今、アポロ様が対応しております!』

ラムダ「チッ…!アポロのヤロォ…!やっぱりホウオウを横取りされない様に俺様をこっちに寄越しやがったな…!」

ラムダ「折角俺様が怪電波を使ってホウオウとルギアを操り、ロケット団のボスになってやろうと思ったのによぉ!」

ブオォォォォォンッ!!!

ラムダ「どわあぁっ!ってその前にこの王子様をっどうにかっ…しねぇと…!」シュコーシュコー

ラムダ(ま、どーせこの毒ガスの中じゃもう長くはねぇだろうがな…)ニマァ


547以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/06(木) 00:00:1072CAF03s (1/2)

――――
――
アポロ「さあ、ギャラドス達よ、ハイドロポンプ!」

ギャラドス「ギャアァァォオォォォッ!!!」バッシャアァァァンッ!

ホウオウ「SHOW……」パァァ…

ぱああぁぁぁぁぁぁぁぁ………しゅうぅぅぅぅ………

ヒビキ「にほんばれじゃ…!ハイドロポンプの威力が弱まった…!」

ホウオウ「SHOW!」ビイィィィィィムッ!!!

ギュオオォォォォォォォォオオオッ!!!

ギャラドス「ギャッ…!」

チュドオォォォォォォォォォンッ!!!

ゴロウ「何て威力でやんす…!」

ヒビキ「じゃがアレは…にほんばれでのタメ無しでソーラービームって…」

アポロ「野生のホウオウがそのような戦法を…?」

アテナ「………」


548以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/06(木) 00:10:4772CAF03s (2/2)

アポロ「いや…それよりも…!ギャラドスが一撃でやられてもルギアさえいれば…!」

アテナ「………ねえアポロ。もし作戦が成功し、セレビィを捕え、サカキ様を救い出す事が出来たなら…『彼』も三年前から救い出してくれるのよね…?」

アポロ「………それは出来ない。奴はサカキ様を殺した漢です…!」ギリィッ

アテナ「………そう。残念だわ」

チャキッ

アポロ「………何のつもりです、アテナ」

ヒビキ「どー言う状況じゃ、コレは…」

ゴロウ「アニキ…!ホウオウの背中に!」

ヒビキ「ッ!アイツは…!」

アポロ「やはり…。トレーナーが付いてましたか…。何者です?」

ヒビキ「………やっぱ、アンタか。あん時はよくもまあやってくれたのぉ。あの一瞬でニセモンの鈴と入れ替えるなんざ」

ヒビキ「おんどれぇ…何が目的じゃ!マサラタウンのレッドォッ!」クワァッ!

赤帽子「………」フゥゥ…


549以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/06(木) 08:22:08dRiutF9g (1/1)

ホウオウはラッパーだった...?


550以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/14(金) 23:07:58Dpkny7OY (1/4)

アポロ「レッド…?何を言っているのですか…。それより、どうやって!どうやってホウオウを呼び出したのですか!」

赤帽子「………コイツでな」チリンッ

ヒビキ「やっぱりおんどれ、あん時にすり替えやがったな!綺麗な顔してヤルことが悪いのぉ!え゛ぇ?」クワッ

アポロ「その鈴だけではホウオウは呼び出せない…!儀式は!降臨の舞はどうやって!?」

赤帽子「見て覚えたさ。エンジュの歌舞練場でな」

アテナ「あら、割と遅かったじゃない」

赤帽子「買い被るな。相手は仮にもジョウトの伝説のポケモンだぞ」

ヒビキ「何じゃ、幹部のねーちゃんとグルか、マサラタウンのレッドは」

アポロ「さっきからキミは何を言っているのですか…?」

ヒビキ「あ゛ぁ?」


551以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/14(金) 23:28:55Dpkny7OY (2/4)

――――
――
ブルー「あのポケモンに乗ってたノって…」ケタァ

ブルー「レッドクンダレッドクンダレッドクンダレッドクンダレッドクンダレッドクンダァ♪ケタケタケタ♪」

イツキ「うわっ!何だこの娘いきなり!」

コルニ「青ちゃん!落ち着いて!」

ブルー「ソうだヨネ、レッドクんはワタしを置イてなんかイカなイヨネ♪ソウダヨ、レッドクんはワたしに会イニ来テくれタンダ♪ダイスキダイスキダイスキダイスキ♪」ケタケタ

コルニ「違う!違うんだよ、青ちゃん!」バッ

ブルー「ジャマ…!ジャマしナイデよォッ!ワたシノ…ワタシのレッドクんガアァァァアッ♪」バタバタッ!

コルニ「アレはレッドじゃないんだよ!」

ブルー「えっ…?」スッ…

カリン「どういうことだい?」

コルニ「遠くからでよく見えなかったけど…あのポケモンに乗ってたトレーナーがアタシがタンバで出会った人なら…あの人の正体は…」


552以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/14(金) 23:31:06Dpkny7OY (3/4)










アポロ「ロッソは…否、マサラタウンのレッドは男だ!あんな大きい胸がある筈はない!」

赤帽子「………」タユンッ


553以下、名無しが深夜にお送りします2018/12/14(金) 23:39:55Dpkny7OY (4/4)

ヒビキ「何ぃ!?マサラタウンのレッドって女じゃなかったんか!?」

ゴロウ「そう言えばオイラ達、今までの話に聞いた限りマサラタウンのレッドの性別については誰にも正確には聞いてなかったでやんす」

ヒビキ「おぉう…。あの赤帽子のねーちゃんが話に聞いた限りのマサラタウンのレッドと共通してたからてっきり女なんじゃと…」

赤帽子「そう言えばちゃんと名乗った事は無かったな…」フゥゥ…

ルージュ「僕の名はルージュ。未来の世界から来たマサラタウンのレッドの娘だ」


554以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/10(日) 11:41:54RlqQE5dA (1/9)

ヒビキ「未来の世界…!?レッドの娘ェッ!?」

ゴロウ「話が突拍子ないでやんす…」

アテナ「そうでもないわよ。そもそも今回私達ロケット団の目的が過去にタイムスリップして過去を改変させる事…」

アポロ「未来から来たレッドの娘…。そして貴女の裏切り…。成程、これで合点が付きました。貴方達の目的が」

ルージュ「察しが良いな」フゥゥ…

アポロ「それ程に父親が恋しいですか?父親と肉体関係があった女の手を借りてでも」

ルージュ「勘違いするな。僕は15年経ってもママにあんな表情させてる、あのクソ野郎を一発この手でぶん殴る為に過去を変えに来たんだ」ギロッ…!

アポロ「そうですか…」

ギュオォォォォォォォオッ!!!

ルージュ「ッ!二代目ライター!」

ライター「グオォォォオォッ!」ボオォォォオッ!

ルギア「ギャオオォォオッッ!」ギュオォォォォッ!!!

アテナ「アポロ!ルギアを大人しくさせなさい!さもないと貴方の頭を…」

アポロ「今のルギアは怪電波を浴びすぎて、常に暴走状態。怒りのボルテージも上がり、もう私の命令など聞きはしませんよ」フッ


555以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/10(日) 11:54:56RlqQE5dA (2/9)

アポロ「どうやらホウオウに怪電波が効かないのは伝説のポケモンだからと言う訳ではないようですね…」

ルージュ「ああ。コイツのお陰でな」スッ

ヒビキ「俺とシルバーの付けてる電波を妨害する輪っか!じゃがアレは二つしか…」

ルージュ「未来の世界から来たと言っただろ。量産されてるに決まっているだろ」

ルージュ「これからルギアの羽を確保に行く。そっちは任せたぞ」

ホウオウ「SHOWOOOW!」バサァッ!

アテナ「了解したわ」

ヒビキ「リューまる」ポーイッ

リューまる「ばあぁぁうっ!」ポンッ

ルージュ「………何のつもりだ」

ヒビキ「俺のリューまるも手伝わせちゃる。どうやらアンタは言うほど悪い奴じゃないみたいしのぉ」

ルージュ「あの会話で何故そう言う判断になるんやら…」

ヒビキ「さぁのぉ。じゃがあまりあのルギアに乱暴してやんなよ。アイツは人間の所為であんなに暴れ苦しんでいるだけゃからな」

ルージュ「………良い漢だな」フッ


556以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/10(日) 12:11:47RlqQE5dA (3/9)

アテナ「さあ、アポロ。貴方の持っている手持ちを全部出して大人しくしていなさい」チャキッ

アポロ「仕方ありませんね…。ですが、仮にレッドが助かる未来が来ても、貴女に振り向く事は決してありませんよ。彼は貴女を利用していただけです」

アテナ「そうね…。でもそれでもいいの。でももう一度あの子の綺麗な瞳に見下されたい…あの子の声で罵られたい…あの子の肉棒で無理矢理にでも貫かれたいのよ…」

アテナ「彼が亡くなった後も見込みのある男の子は居たけど…彼には到底及ばなかったわ…///」ジュルリ…

アポロ「とんだ尻軽の雌ポカブですね…」

アテナ「私をそう罵っていいのは彼だけよ!さあ、早く手持ちを出しなさい!」

アポロ「………これで全部です」コロコロ…

アテナ「クロバット…エレキブル……待ちなさい、ヘルガーは何処に…?」

アポロ「手持ちは全て出しましたよ。………モンスターボールの中に居るとは限りませんが」ニマァ

たったったっ………ガブゥゥッ!

ゴロウ「えっ………?」

ヒビキ「なっ…!」

アテナ「………ッ!」

アポロ「………」ニマァァ…


557以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/10(日) 22:39:26RlqQE5dA (4/9)

――――
――
アカネ「ハァ…ハァ…ようやくウチのミルタンクをボールに入れれたでぇ」

ワタル「………」ピキーンッ!

イブキ「どうかされましたか、兄上?」

ワタル「この戦…単純な善悪で決められるような戦ではなさそうだな…」

イブキ「えっ?どう見ても悪はロケット団だと思われますが…」

ワタル「そうだな…。だが、それでもこの戦の根本は…」

ワタル「今、この町は愛に溢れている…」バサァッ…


558以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/10(日) 22:54:45RlqQE5dA (5/9)

地下倉庫

ラムダ「ぐへえぇっ!」ズサァァッ!

シルバー「………」ガシッ

ラムダ「参った…参ったから……ヤメテくれ…シルバーサマ…」ゼェゼェ…

シルバー「………ふん」ドサッ

ラムダ「へへっ…恩にきりますぜ…………なぁーんってナァ!」ポチッ

ぶしゅぅぅぅぅぅぅう………

ラムダ「ギャーハッハッハッ!ホウオウも現れた事だし、もうチマチマするのは止めだ!今までの遅延性とは違う即効性毒ガスだ!」シュコーシュコー

ラムダ「もうこの地下の中ではガスマスクを装備した俺以外の奴は死ねェェッ!」スポッ

ラムダ「………すぽっ?」

マニューラ「マニュゥ…」スタッ

シルバー「マニューラ、どろぼう…」ゼェゼェ…

ラムダ「て…テメェ……!」ガクッ…

シルバー「直ぐに戻れ、マニューラ」シュボンッ


559以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/10(日) 23:07:49RlqQE5dA (6/9)

ラムダ「チ…チクショォオ……!俺もここまでかヨ…!」ゼェ…ゼェ…

ラムダ「………どうせ死ぬんだ。明度の土産に教えてやるよ、シルバーサマ」

ラムダ「俺はなァ…三年前の事でテメェの父親、サカキの事を恨んでたんだよォッ…!」

ラムダ「俺は…あの時…サカキサマを助けるつもりで…あのガキとのバトルに割って入った…」

ラムダ「なのにあの野郎…俺を褒めるどころか、罰を与えやがった…!減給にトイレ掃除…アッチの団員共に掘られ続けて…今じゃこんなに性格が歪んじまった…」

ラムダ「俺はあんなに…サカキサマの事を本当に尊敬していたんだゾォ!」

シルバー「………」

ラムダ「………挙句の果てに当の本人はあのガキとのケジメとか言って、トキワジムでご臨終…。傑作だな…オイ…」

ラムダ「テメェにはそのクズ野郎の血を受け継いでるんだ!何が真の強さだバカバカs………」

ザシュッ…ごとんっ…

シルバー「………もう…喋るな」


560以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/10(日) 23:15:38RlqQE5dA (7/9)

ミカン「んっ…んんっ………」シュコーシュコー

シルバー「気が付いたか…」

ミカン「しる…ばー……さん………。あの紫色のロケット団は…このマスクは…」

シルバー「外すな。もう…終わった……」ガシッ

シルバー「ハガネール…この地下を崩せ…。毒ガスが街へ溢れない様に」

ハガネール「ハッガネエェェェル!」ブオォォォンンッ!

ガラガラガラガラッ!!!

シルバー(………否、まだアポロが居る…。全ては終わっていない…)

シルバー(それより…何だこの感覚は…この虚無感は………そうか…)

シルバー(初めてヒトを殺したのか…)


561以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/10(日) 23:27:39RlqQE5dA (8/9)

ラジオ塔

アテナ「かっ……ふぅ……」ドクッ…ドクドクッ…

ヘルガー「ヘルゥ…」ガブゥゥ…!

ゴロウ「なっ……!」

ヒビキ「ッコイツ…!仲間を…!」

アポロ「もう仲間ではありません。裏切り者です」

アポロ「一応ヘルガーを別に待機させていたのが幸いでしたね。我欲に溺れた裏切り者が出る事は想定していましたから」

アポロ「まさか裏切るのが貴女の方とは思っていませんでしたがね、アテナ」

アテナ「ぐっ…ふぅー……ふぅー……!」コフー…コフー

アポロ「喉笛を噛み千切りましたが、まだ生きてますね。サカキ様を裏切った天罰です。惨めに死になさい」パチンッ

ヒビキ「ッ!止めろやアァァァァッ!」

ヘルガー「ヘルグゥアアァッ!」ボオォォォオッ!

アポロ「フフッ…フハハハハハハハハッ!サカキ様への裏切りは万死に値する!」

アポロ「だが…私のサカキ様への愛は止まらない!加速する!」

アポロ「Ⅼ!O!V!E!SA・KA・KI・SA・MA☆」バッバッシュババッ!


562以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/10(日) 23:39:05RlqQE5dA (9/9)

ヒビキ「………おんどれぇ。人間の皮を被ったバケモノじゃのぉ、ええ゛?」ギロォッ

アポロ「そう…私はサカキ様への愛を説く、伝道師。キューピットです。ジョウトの中心でサカキ様の愛を叫びます」

ヒビキ「狂ってやがる…!」チャキッ…

アポロ「さあ、次はキミを始末してあの女も潰し、ホウオウを捕えさせてもらいます」チャキッ

ヒビキ「させるか、ど阿呆!カチこめ、ギャーまる!」ポーイッ

アポロ「チョウジの時の様に捻り潰してあげますよ!クロバット!」ポーイッ

ギャーまる「ギャアァァァオォォッ!」ポンッ

クロバット「クロバッツ!」ポンッ

ヒビキ「あの時と同じと思うなやァアッ!!!」クワァッ!


563以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/12(火) 17:52:39cBbShkNs (1/1)

ジョウトの中心で愛を叫ぶは草


564以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/17(日) 19:41:28hkYcXMaA (1/2)

ルギア「ギャァァァァァスッ!!!」ドッアァァァァァンッ!

ホウオウ「和少将塩少々ォオ!」ボオオォォォォォッ!

チュドオォォォォォォォンッッッ!!!

ワタル「おぉっ…!上空でジョウトの伝説のポケモン同士が戦いを…!」ウズウズ

ルギア「ギャアァァァァスッ!」ゴオオォォォッ!!!

ホウオウ「SHOWO…!」バサァァッ!

ルージュ「このルギア、怪電波の影響で元々Lv50前後を80ぐらいに無理矢理上げらされてやがる…。この普通の状態じゃねぇルギア相手に傷つけるなだと…?あのガキ、とんだ無茶振りを言ってくれる…」

ルージュ「だが皮肉なもんだな…」フゥゥ…

ルージュ「あのクソ野郎の血が僕を滾らせやがる…!」フルフルケタァ…

しゅるるるるるるるるるぅぅぅっっ!!!

ルギア「ギャオォォオッ!!?」ググッ…!

フシギバナ「バナァアッ!」ググッ…!

ルージュ「上等だ、二代目ワンダー。少し大人しくしてもらうぞ、ルギア!だいもんじィッ!」

ライター「グオオォォォォォッ!!!」ボオォォォオッ!

ホウオウ「SHOOOW!!!」ボオオォォォォォッ!


565以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/17(日) 19:49:23hkYcXMaA (2/2)

ミカン「んんっ………ここは…?」

アカネ「ミカンちゃん!目が覚めたんやなぁ!」

ミカン「アカネちゃん…。私いつの間に外に……ごほっごほっ」

イブキ「無理をするな。シルバーが言うには多少敵の毒ガスを吸ったらしい。アイツが持っていた解毒薬で毒は解毒出来た筈だが…」

ミカン「シルバーさん……。そう言えばシルバーさんは!?」

イブキ「アイツは私たちにお前を預けてラジオ塔へと向かった…」

ミカン「そんな……」グッ…

イブキ「気持ちは分かるが…今の私たちには助けに行くことも出来ない…」グッ…

イブキ(ヒビキ………)


566以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/21(木) 22:42:35JLW7woCQ (1/5)

ラジオ塔

クロバット「クロババババッ!」シュパパパパッ!

ギャーまる「ギャオォォッ…!」ギュルンッ…ギュルルンッ…!

アポロ「どうしたのですか!お得意の高速戦闘もクロバットのエアスラッシュの前では形無しですか!」

ヒビキ「………」

ワタル『少年、君の得意とする嵐の如き怒涛の高速戦闘…バクフーンやエアームド、ハクリューはともかく他の三匹には流石に無理があるとは思わないか』

ヒビキ『一応デンまるやツボミまる達も他の個体より素早いとは思うんじゃがのぉ』

ワタル『だが嵐と言うのは高速に吹き荒れるだけのものでもない。必ずしも嵐の前の様な静けさ…力を溜める事で怒涛の攻めも出来るだろう。今からその戦法を伝授してやる』

ギャーまる「ギャオォォ…!」キッ…!

ヒビキ「ッ!今じゃ、ギャーまる!かみくだく!」

ギャーまる「ギャアァァァオォッ!!!」グワァァッ!

アポロ「ッ!この速さはッ!?」

クロバット「バァァットッ!」ギリギリィ…!

ヒビキ「そんまま投げ飛ばしてハイドロポンプじゃぁっ!」

ギャーまる「ギャアァァオォォォンッ!!!」ブゥゥンッ!バッシャアァァァンッ!


567以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/21(木) 22:55:24JLW7woCQ (2/5)

ぴちゃっ…ぴちゃぴちゃ…

クロバット「ば…ばっと…」ピクッ…ピクンッ…

アポロ「この日差しの中で威力の弱まったハイドロポンプで…否、その前のかみくだくの威力か…。そしてあの防御の為の様に見えたあの回転にあの速さ…。成程…」

ヒビキ「あれはりゅうのまいじゃ」

アポロ「やけに攻撃をしてこないと思いましたが、力を溜めていたようですね。確かにチョウジの時の様な考えなしの攻めだけではなく、頭も使う様になりましたか…ですが、お忘れですか…?」ニマァ

クロバット「」ピクッ…ピクンッ…

アポロ(………?何故復活しない…?今コガネ全域に怪電波は発生している筈…)

ヒビキ「おぉう、どうした?何を忘れちょるって?あ゛ぁ?」ニヤリッ

アポロ「………まさか」ギリィ…


568以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/21(木) 23:04:49JLW7woCQ (3/5)

――――
――
カタカタカタカタッ…カタッ…カタカタッ…カタッカタッ…

コトネ「………ふぅ。どーにか、こっちの仕事ほ終わりってコトね…」プルルルッガチャッ

コトネ「………あ、もしー。ワタルさん?うん…うん……ヒビキくんの代わりに私が止めたから…。後は特攻でも何でもヨロシクー」ピッ

どんっ!どんどんっ!

したっぱ「オラァッ!中に居る奴!居るのは分かってんだ!早く出て来い!」

コトネ「っるさいなー。今からだったら雑魚狩りでも何でもやるから静かにしてよねー」チャキッ

コトネ(っても映像見た感じ、ルギアの暴走はもう怪電波止めてもどうにもなんないくらいイっちゃってるみたいだし…。まだ戦局は分からないってコトね…)


569以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/21(木) 23:20:05JLW7woCQ (4/5)

ワタル「………了解だ。皆!怪電波は止まった!これより俺はドラゴン軍団で総攻撃を…」

どおおぉぉぉぉんっ!!!

ルギア「ギャアアァァァァアァァスッッッ!」

ルージュ「ッチ。あれ耐えられるのはちょいヘコむな…。マルスケ入ってるとかそんなレベルじゃなぇぞ…」

ルギア「ギャオォォォオオッッ!!!」ゴオォォッ!!!

ルージュ「ッ!」

リューまる「ばあぁぁぁうっ!」バッ

ドガアァァァァァッ!!!

リューまる「ばっ……ばぅぅ…でっていうー!」ググッ…バァッ!

ルージュ「お、サンキュ。お前もマルスケなんだな。でも今から来るエアロブラストは耐えれんだろ、気を付けな」

ルギア「ギャオォォォォォオ…!」ギュオォォ…!

ルージュ「ホウオウ、せいなるほN…」

ワタル「カイリュー、はかいこうせん!」

カイリュー「でっていうー!」ビィィィィィィィィムッ!!!

チュドオオオォォォォォォォォォォォオオンッッッ!!!


570以下、名無しが深夜にお送りします2019/02/21(木) 23:31:00JLW7woCQ (5/5)

ルージュ「………お前はチャN……否、ワタルか」

ワタル「一体誰がホウオウに乗って戦っていると思えば、まさかキミとは…三年振りと言うべきか…」

ルージュ「………いや、僕は」

ワタル「否、今は何も言うまい。例えキミがこの三年で女装の趣味に目覚めていたとしても…」

ルージュ「あ゛?」

ワタル「それにしても本格的な女装だな。胸パット…もしやシリコン…いや女性ホルモン、性転換…?だが心配するな!きっと彼女もちゃんと話せば許してくれる!」バサァッ!

ルージュ「もう、いいわ。それより弟子の所に行かないのか?」フゥゥ…

ワタル「俺もそのつもりだったが…どうやら見た所こちらを優先せねば、被害は増えるばかり…。否、違うな。単純にジョウトの伝説のポケモンと戦いたいと言うトレーナーの性か…」

ルージュ「………お前もその類か」

ワタル「と言う訳だ、イブキ!」

イブキ「はい!」

ワタル「行ってこい!」バサァッ!

イブキ「ッ!ありがとうございます、兄上!」ダッ


571以下、名無しが深夜にお送りします2019/03/03(日) 09:38:59EfaTSTwk (1/2)

ラジオ搭

アポロ(クロバットが復活しない所を見て、どうやら怪電波は止められたようですね…。ですがこちらにはまだ携帯型が…)チャキッ

ヒビキ(アレを使う気か…?)ゴクンッ

アポロ「いや、切り札は最後までとっておきますか…。行きなさい、エレキブル」ポーイッ

エレキブル「エェレキブゥウルゥ!」ポンッ

ヒビキ「携帯型はまだ使わんようじゃの…」フルフルッ

ゴロウ「………」コクンッ

ヒビキ「流石に電気技を喰らうのはまずいのぉ!速攻で攻めるぞ!かみくだく!」

ギャーまる「ギャァアアオッ!!!」グワァァッ!

アポロ「かわせませんね…。受け止めなさい!」

エレキブル「エレエエキィ…!」ザグゥ…!ググッ……!

ヒビキ「何を狙って…ッヤバい!投げ飛ばせェ!」

ギャーまる「ギャアアァウ!」ブゥゥゥンッ!


572以下、名無しが深夜にお送りします2019/03/03(日) 10:11:06EfaTSTwk (2/2)

シュルルルルゥッ!

エレキブル「レエェェキイ!」ギチィ…!

アポロ「離しませんよ。そのままかみなり!」

バチバチバチィィィイイッ!!!

ギャーまる「ギャ…ギャォォ……」ピクッ…ピクンッ…

ヒビキ「よーやった、ギャーまる」シュボンッ

ヒビキ「次じゃ!カチコめ、デンまる!」ポーイッ

デンまる「ぱるるぅんっ!」ポンッ

アポロ「デンリュウ…アレが来ますね…」

ヒビキ「あたぼうよ!光って唸れ!俺の黄金の心ォ!」クルクルッパシッ

ヒビキ「命、爆裂ッ!メガシンカァッ!」ピッカー

ふぉんふぉんふぉんふぉんふぉん………

デンまる「メガッ!ぱるるぅぅんっ!!!」パッパラー


573以下、名無しが深夜にお送りします2020/03/10(火) 20:34:29oLOW/r1w (1/1)

熱いな!4円