1以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 20:48:03.90XsLGMq+WO (1/9)

カシュ


竜児「ほらよ。これでいいか」スッ

大河「ん」ヒョイ

竜児「そういや最近、そればっか飲んでるな大河」

大河「ん…」ゴクゴク

竜児「うまいのか?」

大河「……」ゴク

大河「のむ?」


ちゃぽ


竜児「お? 良いの?」

大河「主人からのご褒美よ、有りがたく受けとんなさい」

竜児「いちいち一言余計だなお前は…」ゴク

竜児「おう! なんだコレ、うめぇ!」

大河「ふふー! でしょでしょっ?」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462362483



2以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 20:49:23.021RFfIIAaO (1/1)

つまらん


3以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 20:53:36.87XsLGMq+WO (2/9)

スタスタ


竜児「そういや大河。お前、最近ちょっと身長…」

大河「あ”あ”?」

竜児「待て! まだ身長までしか語ってないぞ俺は!」

大河「…あによ、なんだって言うのよ」

竜児「ったく、だから身長だよ。大河、ちょっと伸びてないか? ほらちょっとこっち来てみろ」くいくい

大河「はあ? 嘘言ってるとぶっ飛ばすわよ、マジで」


スタスタ


大河「どーよ? なにか変化でもあるっていうの?」フンゾリ

竜児「…」


スッ


竜児「──やっぱりな、変に屈まなくても、お前と近づける」ニッ

大河「なっ!」カァァァ

竜児「これでホッペタにごはん粒ついててもさり気なく取れるなって……オイ!? なんだ殴るなよ急に!?」


4以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 21:07:33.42XsLGMq+WO (3/9)

スタスタ


竜児「痛ェ…褒めたら殴られるとか、どうしたら良いんだ俺は…」ヒリヒリ

大河「ふんっ」

竜児「別に悪いことじゃねーだろ。大河、お前だって正直な所嬉しいだろうが」

大河「ハン! うれしか無いわよ、こっちは女子、タッパがあっても良いこと無しよ」

竜児「…着たい服も着れないクセに…」ボソリ

大河「きこえてるわよ?」クル

竜児「ほ、ほらな! やっぱ気にしてるんじゃねーか! 何をどう気に食わなかったか知らんが、こっちは殴られ損だ!」

大河「…いちいち引っ張るわねこの駄犬は…」

竜児「お前の暴力には我慢の限界! 今日という今日はきちんと理由を聞くまで、お、俺も諦めんぞ…!」

大河「ヘェ、聞きたいんだ。殴られた理由、そんなに、ほぇー」

竜児「お、おう」

大河「じゃあ良いわ。教えてあげる、有りがたく思いなさい。ほれ、こっち寄る」クイクイ

竜児「な、なんだよ。また殴るなよ?」

大河「いいから早く」

スタスタ

竜児「…来たぞ」スタ

大河「屈んで、竜児」





5以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 21:12:41.22XsLGMq+WO (4/9)

竜児「屈むって、おい、一体なにを…」

大河「いいから! 屈むったら屈むの!」ぐいっ

竜児「おうっ!?」ぐぉおお


ピト!


竜児「……おう?」

大河「ほら、やっぱり。私の身長伸びたら、…間違ったら当たるかもよ、くちびる」

竜児「お、おまっ! 何を急に言って!?」バッ

大河「くっくっくっ。なにその顔、変なの、ばっかみたい」クスクス

竜児「…っ…」カァァ

大河「ほれ見なさい! ふん! こっちからありがたーい助言をあげたんだから、礼のひとつぐらい───」チラ


実乃梨「わあ~」


大河「」ピシリッ

竜児「…お、お前なぁ…こういうことは口で言えよ、わざわざ行動しなくたって…」もじもじ



6以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 21:22:13.57XsLGMq+WO (5/9)

大河「」カツーン

竜児「どうした大河? 変だぞ? 仏像みたいに固まっちまって──ハッッ!!??」ビクーン

実乃梨「お、おうおう! お、おっはよーさーん! 高須竜児くんに高須大河ちゃん!」

大河「けっ、結婚してない!!」

実乃梨「切れのあるツッコミどーもありがとー! …んで、今の朝っぱらからのイチャイチャ具合は何だい? んん?」

竜児「違うぞ櫛枝…! 今のはどう考えてもそれっぽく見えたがまったく勘違いだ!」

実乃梨「またまた~、どうみたって今のは路上チューってやつっしょ?」

大河「あ…はがっ…ぐっ…」

竜児「た、大河! どう説明するんだよ!? 早くなにか言ってくれ…!」

大河「うっ」

大河「今のは違うのみのりん! い、今のは、りゅ、竜児の頬についてたご飯粒取っただけ! それだけなんだから!」

実乃梨「なんと! それは、口で?」

大河「口で!」

竜児「待て! やっぱ俺が説明するからお前は黙っとけ!」


~~~


実乃梨「なーんだ! 大河にメンチ切られれて、胸倉掴まれたってだけかー! 了解了解!」


7以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 21:25:48.87a6EK3NBmo (1/1)

大真面目な話、大河と竜児がガチで殺し合いじみたケンカやったらどっちが勝つんだろう
ぶっちゃけ大河って強くねーよね


8以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 21:33:29.59XsLGMq+WO (6/9)

大河「…覚えておきなさいよ、駄犬」ズモモ

竜児(いわれもない怒気を背中に感じる…)

実乃梨「んでもね大河ー、例え高須くん相手であってもメンチはやめとき。勘違いされるぜ、チューチューってな」

大河「んもう! そんな超キモイ事言わないでよみのりん!」

竜児「キモイってお前…」

大河「アンタは黙ってなさいよ!」

竜児「へいへい…」

実乃梨「あ。でも、高須くん」

竜児「おう?」チラ

実乃梨「高須くんがお弁当つけるのって珍しいよね。しっかりしてるのに、意外とおっちょこちょいさん?」

竜児「ま、まあな。そういう日もあるってことだ、うん」

実乃梨「ふーん、そっかそっか」トテトテ

竜児「…?」

実乃梨「むむ! 私の『おべんとう付けてどっこいくのー! センサー!』に反応アリ! ビビビビビ!」キョロキョロ

実乃梨「ハケーン! ハケーン! …どうやらこの近くに居るらしいぜ、とんだお間抜けさんがなァ!」

竜児「く、櫛枝? 一体何を…?」

実乃梨「とりゃ!」ズボァ!

竜児「くっ…突然の手刀…ッ!?」





9以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 21:41:22.27XsLGMq+WO (7/9)

実乃梨「──良い避けっぷりだが、ちょいと遅かったね高須くん」にやり

竜児「な、なにっ?」

実乃梨「ほれ」ヒョコ

竜児「ま、まさか俺の頬にご飯粒が付いてたとでも──デケェ!! おにぎりじゃねーか!」

実乃梨「なははー! 高須くんも良いツッコミっすなー!」

実乃梨「そしてコレはお詫びね。お昼にお食べておくんなまし、では、サラダバー!」ダダッ


竜児「…ドリンクバー、んで良いのかコレ」

大河「知らないわよ」

竜児「オニギリ貰っちまったけど、大河、どうしよう」

大河「もらっとけば? 作ってきた分と合わせても食べきれるでしょ?」

竜児「まあ、そりゃ食べれるが…なんだろうか、こう納得しきれない歯切れの悪い感じは…」

大河「ねえ竜児」

竜児「おう?」

大河「それ、手作りね」

竜児「え? …本当だ、ラップしてある」

大河「……」スタスタ

竜児「しかし、なんで唐突に渡してきて、おい大河ぁ! 一人で行くなって!」ダッ




10以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 21:58:40.31XsLGMq+WO (8/9)

~~~


竜児「むぅ」

北村「おや高須、どうした朝から気難しい顔をして。トイレを我慢してるのか?」

竜児「おはよう北村。そしてオニギリを前にしてトイレの話をするんじゃねえ」

北村「む。それはすまん」ニコヤカ-

竜児「…いやよ、別にいいんだが、それよか聞いてくれ北村」

北村「お? どうした?」

竜児「このオニギリをある人から貰ったんだが、どうしたものかと迷っててな」

北村「食べないのか?」

竜児「待て、まずは聞いてくれ、そして驚け。…なんと女子からもらった」

北村「ふむ」

北村「…それは、なんだ。言ってしまえば俺も部活でマネが作ってくれたりするものを食べたりするが、それとは違った意味で?」

竜児「勿論違った意味でだ! 全然価値が違う! むしろ経緯が違う!」

北村「なるほど。高須がここまで本気になるほどだ、よっぽどのことか」

北村「合点承知。高須、任されたぞ。身をもってして毒味してやろう!」

竜児「いじめじゃねーよ! 馬鹿、そういうのじゃない! ちゃんと心がこもった贈り物だ!」

北村「なに!? そ、そしたらお前…高須…本気で女子から贈り物をもらったのか…!?」


11以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 22:09:44.33XsLGMq+WO (9/9)

竜児「端からそう言ってるだろ…だ、だから、どうしようって話であって…」


能登「話は」

春田「聞かせもらったぜぇ高っちゃ~ん!」


竜児「お、お前ら! いつからそこに…!」

能登「言わせんなよ、つかむしろ分かれよ。席は高須の後ろだよ?」

春田「んでんで? けっきょく誰にもらったのそれー?」

竜児「や…やめろ…! お前らが来るとややこしくなる、くるんじゃ無い、しっし!」

能登「流石にそれは酷い! その対応は友達にやっていいやつじゃないぞー!」

春田「くんくん…いいにおーい…高っちゃんくわねーならおれっち食ってイイ?」

竜児「ばかっ、駄目に決まってるだろ! ちょ、やめっ…北村ー! コイツラをどうにかしてくれー!」

北村「合点承知! この身をもってして遂行してみせよう!」


能登「ぐぁー! 北村やめろォ! その鬼車は教室でやっていいものじゃ、北村ぁあああああああああ!!」グルングルン


春田「能登っち…今、アンタは星のように輝いてるぜ…」

北村「次は! 春田ッ! お前の番だぞッ!」グルングン

春田「んじゃさらばね能登っち! ばいびー!」シュタタ

能登「おまあああああああ!」


12以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/04(水) 22:16:57.94n/iU2h/wO (1/1)

懐かしすぎる


13以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/06(金) 07:31:28.54jHnccI+no (1/1)

久しぶりに見たくなった


14以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/05/09(月) 22:04:17.21LjGvuyYK0 (1/1)

脳内再生余裕すぎる