1以下、名無しが深夜にお送りします2015/11/26(木) 15:32:37slWhbHbI (1/6)

夏海「兄ちゃんのちんこを見たい!」

小鞠「2回も言わなくても、聞こえてるわよ!」

夏海「なんだ~聞こえてたのかよ。固まってたから、聞こえてないのかと思ったじゃん」

小鞠「お前の発言のせいだから!」

夏海「何興奮しちゃってんのこまちゃん、どーどーどー」

小鞠「こまちゃん言うな!私はお前のお姉ちゃんだぞ!そもそも興奮なんてしてない!」


2以下、名無しが深夜にお送りします2015/11/26(木) 15:33:53slWhbHbI (2/6)

夏海「まあいいや。で、どうしたら兄ちゃんのちんこを見れるかなんだけど~」

小鞠「いや、そもそもなんでお兄ちゃんのち、ち、チンチンを見たいなんて…」

夏海「え?なになに?ちょっとウチ聞こえなかったんだけど~」

小鞠「ぅ~……なんでお兄ちゃんのちんちん見たいなんて思ったのよ…?」

夏海「あはは!なんでこまちゃん、ちんちんって言うだけで真っ赤になってんだよ!おこちゃまでちゅね~」

小鞠「う、うるさい!あと、こまちゃんって言うな!」


3以下、名無しが深夜にお送りします2015/11/26(木) 15:34:48slWhbHbI (3/6)

夏海「なんで兄ちゃんのちんこ見たいのかだっけ?」

小鞠「そうよ…」

夏海「実はね、昨日保健の教科書読んでたんだけどさ~」

小鞠「夏海が教科書読むなんて珍しいわね」

夏海「で、ちんこのページにあった絵がね~、ウチの記憶にある兄ちゃんのちんこと随分と形が違ったんだよね~」

小鞠「へ、へぇ…」


4以下、名無しが深夜にお送りします2015/11/26(木) 15:35:28slWhbHbI (4/6)

夏海「もう気になっちゃってしょうがないから、確かめようかなって」

小鞠「で、なんで私まで巻き込まれなきゃいけないの?」

夏海「え、いいの姉ちゃん?ウチだけ大人のちんこ見ちゃったら、ウチだけ大人になっちゃうよ?」

小鞠「え、ちんちん見ると大人なの?」

夏海「当たり前じゃん!大人の女の人は、ちんこの形くらい知ってるもんじゃん」

小鞠「そ、そうね、そうだったわね…」

夏海(さすがこまちゃん、単純だなぁ)


5以下、名無しが深夜にお送りします2015/11/26(木) 15:48:424c.87jhg (1/2)

待機


6以下、名無しが深夜にお送りします2015/11/26(木) 15:48:45slWhbHbI (5/6)

夏海「じゃあ、どうやったら兄ちゃんのちんこ見れるかな~。普通に頼めば良いのかな」

小鞠「え~、妹が兄にちんちん見せてって言うのはおかしくない?」

夏海「むぅ、確かにおかしいかも……あ、そうだっ!兄ちゃんとお風呂一緒に入ればいいんだ!」

小鞠「お、風呂…?」

夏海「いや~、そうすれば自然にちんこ見れるじゃん!夏海ちゃんあったまいい~」


7以下、名無しが深夜にお送りします2015/11/26(木) 15:49:40slWhbHbI (6/6)

小鞠「えー、私も一緒に入るんだよね…」

夏海「まあ、ウチが先に大人になっていいなら、姉ちゃんは入らなくても良いんじゃない?」

小鞠「は、入るわよ!」

夏海「じゃあ、夜になったら頼もうっと」


8以下、名無しが深夜にお送りします2015/11/26(木) 21:05:214c.87jhg (2/2)

はよ


9以下、名無しが深夜にお送りします2015/11/27(金) 04:36:28C9qU1Rj. (1/1)

続けたまえ


10以下、名無しが深夜にお送りします2016/04/03(日) 21:48:15XjZxQ7FM (1/5)

夏海「ねぇ兄ちゃん!今日は一緒にお風呂入らない?」

卓「・・・・?」

夏海「別に何となくだけど~、ねえ姉ちゃん!」

小鞠「えっ、う、うん」

卓「・・・・・」

夏海「別に良いじゃ~ん、じゃあ兄ちゃん先入っておいてね!」

卓「・・・・??」


11以下、名無しが深夜にお送りします2016/04/03(日) 21:53:08XjZxQ7FM (2/5)

小鞠「ねえ夏海、本当に入るの?」

夏海「なーに言ってんの、兄妹なんだから大した事無いでしょ」

小鞠「むむう・・・」

夏海「兄ちゃんお待たせー!」

卓「・・・・」

小鞠「お、お邪魔します・・・」

夏海「兄ちゃん詰めてよ~ウチら入れないじゃん」

卓「・・・・」スッ

夏海「ほら姉ちゃん、何とか入れそうだよ」

小鞠「えぇ・・・わかったわよ」


12以下、名無しが深夜にお送りします2016/04/03(日) 21:57:52XjZxQ7FM (3/5)

夏海「はぁ・・・兄ちゃんとお風呂に入ったの、いつぶりだっけ~?」

卓「・・・・・」

小鞠「小学校低学年の時以来ね」

夏海(さて、兄ちゃんのちんこでも覗きますかね~うひひ)チラ

夏海(な、なに!?両足に挟んで上手く隠してる・・・)

夏海「に、兄ちゃん、身体洗った?」

卓「・・・・」コクン

夏海「そ、そっかー」

小鞠「はぁ、私も洗おうっと」


13以下、名無しが深夜にお送りします2016/04/03(日) 22:02:46XjZxQ7FM (4/5)

夏海(クソっ!あくまでも兄ちゃんはウチらが上がるまで動かないつもりか・・・)

小鞠「あつ・・・私もう上がるからね~」

夏海「う、うん、ウチはもうちょっと入ってようかなーっと」ダラダラ

卓「・・・・・・」

夏海(まさか兄ちゃんとお風呂我慢勝負になるとは・・・)

夏海「兄ちゃん、そろそろ上がらないとのぼせるよ?」

卓「・・・・」

夏海「夏海ちゃんはまだまだ平気だし!」フラフラ

卓「・・・・」

夏海「兄ちゃんのちん・・・・ぁ」フラッ

卓「!?」


14以下、名無しが深夜にお送りします2016/04/03(日) 22:07:32XjZxQ7FM (5/5)

夏海「う、う~ん・・・あれ、朝だ」

小鞠「夏海、学校行くよ!早く準備しな!」

夏海「う、うん」

夏海(そ、そっか・・・昨日お風呂でのぼせたんだっけ)

小鞠「あんた本当に馬鹿よね~、お風呂でのぼせて気絶するなんて」

夏海「むう~、だってさ~」

小鞠「まあ兄ちゃんの事は諦めなよ」

夏海「ふんっまた違う手を考えるから!」

小鞠「懲りない奴だな・・・」


15以下、名無しが深夜にお送りします2016/04/13(水) 06:49:14sq4UGUMc (1/1)

いいゾーこれ