1 ◆.2RVExwkajVj2014/06/06(金) 23:17:21.40rVVaHSuo0 (1/4)

凛「めざせポケモンマスター」の続きです
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397994922/

・ポケットモンスター×アイドルマスターシンデレラガールズのクロスSSです
・アイドルたちがポケモン世界を冒険します
・本SSの舞台はオリジナルの地方、アイマス地方です
・各世代から色々なポケモンが登場します
・ゲームとも、アニメとも異なるオリジナル設定が存在する可能性があります
・ときどき安価あり


SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402064241



2 ◆.2RVExwkajVj2014/06/06(金) 23:28:33.32rVVaHSuo0 (2/4)

≪あらすじ≫

ポケモンマスターになるべくアイマス地方を旅をする凛
7個のバッジを集め、最後のジムであるシジョウシティジムのリーダー・真奈美へと挑戦しようとしていた
しかしジム戦の直前、未央が悪の組織シンデレラ団にポケモンを奪われたと聞き、真奈美の制止を振り切り単身シンデレラ団のアジトへ突入
最深部へたどり着いた凛を待っていたのは組織の3幹部、時子、ヘレンにまゆ
そしてシンデレラ団のボス、ちひろであった




3 ◆.2RVExwkajVj2014/06/06(金) 23:34:24.30rVVaHSuo0 (3/4)

凛 手持ちポケモン

・ゲッコウガ ♂ Lv.47 げきりゅう
みずしゅりけん/くさむすび/なげつける/みがわり
やんちゃなせいかく まけずぎらい

・ムクホーク ♂ Lv.46 いかく
とっしん/つばめがえし/インファイト/はねやすめ
いじっぱりなせいかく うたれづよい

・ドリュウズ ♀ Lv.46 すなかき
じしん/メタルクロー/つのドリル/いわなだれ
せっかちなせいかく ものおとにびんかん

・サンダース ♀ Lv.45 はやあし
シャドーボール/かみなり/でんこうせっか/でんじは
おくびょうなせいかく ひるねをよくする

・モノズ ♂ Lv.44 はりきり
りゅうのはどう/かみくだく/ドラゴンダイブ/ほえる
なまいきなせいかく ちのけがおおい



4 ◆.2RVExwkajVj2014/06/06(金) 23:39:29.00rVVaHSuo0 (4/4)

アイマス地方タウンマップ。超適当に作成。参考程度に
http://i.imgur.com/PLs0zgJ.png?1

すいません、諸事情により書き溜めが出来ませんでした……
今回はスレ建てだけになります
明日には投下できると思いますので、それまでお待ちください




5VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/07(土) 01:34:26.69Ah56PAAco (1/1)

了解です
無理はしないでくださいね


6 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:38:11.08wLdvcylS0 (1/22)

遅くなってごめんなさい
投下していきます

今回も激しくシリアス
そろそろ本気でほのぼの成分が恋しくなってきました
シリアスも書いてて楽しいんですけどね


7 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:39:06.81wLdvcylS0 (2/22)

凛「何で……アンタが……」

ちひろ「? 私がここに居ることの何がおかしいんでしょうか?」

凛「アンタは……ただのフレンドリィショップの店員じゃ……」

ちひろ「ええ、あの店は私の店です」

凛「何で……」

ちひろ「強いて言うなら、趣味、ですかねぇ」


8 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:43:10.36wLdvcylS0 (3/22)

ちひろ「お金稼ぎが好きなんですよ。お金自体も当然好きですが、『稼ぐという行為』が好きでして」

ちひろ「頑張れば頑張った分だけ、数字で結果が現れますしね」


ちひろ「もちろんシンデレラ団の活動資金集めという側面もありますが」

ちひろ「……まあとにかく、アレは個人的な趣味の範疇ですよ」

ちひろ「わかりましたか?」


9 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:44:21.03wLdvcylS0 (4/22)

凛「分からない……分からない!」

凛「何で!? 何でシンデレラ団なんてものを作って! 世界征服なんて馬鹿なことを企んでるの!?」

ちひろ「…………何ででしょうね?」

ちひろ「まあとにかく……あなたがここまで来るのは私にも予想外でしたよ、凛ちゃん」

凛「!」



10 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:45:20.65wLdvcylS0 (5/22)

凛「私の事もしっかり把握済みってこと……」

ちひろ「お客さんの事はちゃあんと一人ひとり覚えてますよ? 大事な大事な金ヅルですから」ニコ

凛「……」

ちひろ「そんなに睨まないでくださいよ」

時子「ボス、そろそろいいんじゃないかしら」

ちひろ「……そうですね」


11 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:46:23.84wLdvcylS0 (6/22)

ちひろ「タダで返すわけにはいきませんしねぇ……いいですよね、ヘレンさん」

ヘレン「ええ……この娘もなかなか興味深いけれど……あの娘は来ないみたいだし……構わないわ」

凛「ッ……未央の事……!?」

ヘレン「おや、知っているのかしら」

凛「未央のポケモンを奪ったんでしょ……返してもらうよ」

ヘレン「……どうやって?」


12 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:46:54.57wLdvcylS0 (7/22)

凛「当然、バトルで……!」

時子「ぷっ……アッハッハ! まさか、冗談でしょう?」

時子「あの時私に手も足も出なかった小娘が、私と同じ幹部であるヘレンに敵うとでも!?」

凛「あの時の私とは違う……!」

凛「私も、ポケモン達も、強くなった!」

凛「ヘレンだけじゃない……アンタも、アンタも!」

まゆ「……」

時子「……」


13 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:47:33.92wLdvcylS0 (8/22)

凛「そして、アンタも……!」

ちひろ「…………」

凛「全員倒して、シンデレラ団は終わりだよ!」

時子「……ビッグマウスもここまで来ると笑えないわね」

時子「……いいわ。あの時と同じように、また私が……」

ちひろ「時子さん」

時子「あん?」

ちひろ「私がやります」



14 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:48:45.40wLdvcylS0 (9/22)

時子「……はあ?」

凛「!」

時子「何もわざわざこんな雑魚相手にあなたが出る必要はないんじゃないかしら……ボス」

ちひろ「いえいえ……相手を侮るのはよくないですよ」カッ

ちひろ「たまにはバトルもしないと……腕がなまっちゃいますし」

ちひろ「少し……この子に興味がわきました」

ちひろ「と、いう訳で……お相手しますよ、ポケモントレーナーさん」



15 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:49:26.00wLdvcylS0 (10/22)

凛「……」

凛「誰からでも関係ない」

凛「行くよ……ゲッコウガ」ポンッ

ゲッコウガ「ゲコ!」

ちひろ「さあ……行きますよ。バンギラス!」

バンギラス「バン!」ポンッ

バンギラス いわ/あく よろいポケモン
どんな攻撃でもビクともしない頑丈な体と一振りで山をも崩す地響きを起こすパワーを持つ
地図を書き換えることもあるとさえ言われる
戦う相手を求め山を彷徨い、バトルを繰り返す



16 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:50:07.06wLdvcylS0 (11/22)

ゴォォッ

凛(……!? ここは地下のはず……砂嵐!?)

ちひろ「バンギラスの特性、すなおこし。バンギラスの周囲にはいつも砂嵐が吹き荒ぶんですよ」

まゆ「ボス……いきなり切り札を出すなんて、よっぽど凛ちゃんに興味を持ったみたいですねぇ」

凛「ゲッコウガ、みずしゅりけん!」



17 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:50:43.48wLdvcylS0 (12/22)

…………

凛「はぁ……はぁ……」

ゲッコウガ「ゲコォ……」

時子「しぶといわね……」

ちひろ「終わりですか?」

凛「ッ……まだまだ! ゲッコウガ、みずしゅりけん!」

ゲッコウガ「ゲコォ!」バッ


18 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:51:17.25wLdvcylS0 (13/22)

ちひろ「ストーンエッジです」

バンギラス「バーン!」ゴゴゴ

ドドドドッ

ゲッコウガ「ゲコォッ!」

凛「ゲッコウガ!」

ゲッコウガ「ゲコ……」ボロ



19 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:51:43.93wLdvcylS0 (14/22)

時子「終わりね……やっぱり口だけだったみたいね」

ちひろ「とどめです……かみくだく!」

バンギラス「バーン!」ドドド

凛「くっ……!」



「フーディン! きあいだま!」






20 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:52:38.17wLdvcylS0 (15/22)

まゆ「!?」

ヘレン「!」

バシュッ

バンギラス「!?」

凛「……!」


21 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:53:23.12wLdvcylS0 (16/22)

裕子「お友達のピンチに颯爽と登場、エスパーユッコです!」バーン

凛「ユッコ!?」

裕子「はい、凛ちゃん! エスパーユッコです!」ビシッ

まゆ「ジムリーダーがどうしてここに!?」

時子「というより、いつの間に、どうやって……」

時子「そうか、テレポート……!」

裕子「本当は来たことのない場所にはテレポートは出来ないんですが! そこは流石のサイキッカー、やはり格が違いますでしょう!」ドヤッ

裕子(本当は真奈美さんが見つけたというこのアジトの見取り図を使っただけなんですけどね)



22 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:54:28.65wLdvcylS0 (17/22)

凛「どうして、ユッコが……」

裕子「もちろん、こうするためです!」

裕子「サイコキネシス!」

フーディン「フー」ゴゴゴ

ヘレン「……あら」

凛「! 未央のボール!」ポンッ


23 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:55:02.58wLdvcylS0 (18/22)

裕子「よっ……と。さあ、これで未央ちゃんのボールは取り返しましたよ!」

裕子「後は……」

裕子「フーディン! ミラクル☆テレポート!」

フーディン「フー」

時子「! 待ちなさい……」

フッ


24 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:56:22.49wLdvcylS0 (19/22)

時子「……ちっ」

ちひろ「……」

ヘレン「……」

まゆ「……」



25 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:56:59.72wLdvcylS0 (20/22)

フッ

凛「! ここは……」

裕子「エスパーユッコに凛ちゃん、無事に帰還です!」

真奈美「! 上手くいったか……」

卯月「凛ちゃん!」

未央「しまむー!」



26 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 00:59:21.99wLdvcylS0 (21/22)

真奈美「ここが例のスタジアムだ」

凛「……未央、これ……」

未央「! 私の、ポケモン……!」

凛「ユッコが取り戻してくれたよ……」

未央「良かった……良かったよぉ……!」

卯月「未央ちゃん……」

凛「…………」



27VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/08(日) 01:03:00.10CagcGGRwo (1/2)

このシリーズのユッコの活躍ぶりは異常


28 ◆.2RVExwkajVj2014/06/08(日) 01:08:21.44wLdvcylS0 (22/22)

中途半端ですが、今回ここまで
今回で一旦シリアスパートは中断。そろそろサイドストーリーを挟むかも?

次回投下は明日の予定です。読んでくださった方、ありがとうございました




29VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/08(日) 01:44:41.90Zj5GWFtB0 (1/1)

乙です
一枚板じゃなさそうなシンデレラ団...
エスパーしてるユッコっていい意味で違和感


30VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/08(日) 09:15:39.15uWt43qHLo (1/2)

乙ー
なんだけど前スレ埋めないの?


31VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/08(日) 10:38:40.92VZ+Dodm80 (1/1)

乙。
バンギって今まで悪の組織使ったことないからかえって新鮮だった。歴代悪の組織の手持ち数と切り札は

サカキ  4体(ジム戦では5体)二ドクイン(ジムではサイドン系統)
マツブサ 3体         バクーダ
アオギリ 3体  サメハダー
アカギ  4体(Ptだと5体) マニューラ
ゲーチス 6体  サザンドラ
アクロマ 5体(クリア後6体) ギギギアル
フラダリ 4体         ギャラドス

比べてみると予想通りゲーチスが一番ガチくさいな。あと、悪の組織選出ポケ調べたら1位はドンカラスとクロバット、2位はギャラドスだったが、ちひろがクロバットというのはなんか合わないから(というか他に持ってそうな人がいる)ドンカラスかな?


32VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/08(日) 10:52:24.20CagcGGRwo (2/2)

>>30
ローカルルールくらい把握しとこうよ


33VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/08(日) 13:03:33.07uWt43qHLo (2/2)

>>32
あー悪いちゃんと>>1のヤツ読んでなくて、前スレ埋めてから使うもんだと思ってた
ご迷惑おかけしました


34 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:44:00.97F9N5FoN50 (1/21)

遅くなって申し訳ない、投下します

メガジュカインがなかなかカッコいい。メガラグラージは……うん
あとホムラさんなんでデブってしまったん……

>>27 >>29
テレポートってゲームではアレですがリアルに考えるととんでもなくチートですからね。若干持て余し気味です
キノコ成長させたりガチ疑惑のあるユッコですが、このssではユッコ自身はエスパーではない設定です
しかしポケモン世界ではサイキッカーは大して珍しくないという





35 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:44:41.59F9N5FoN50 (2/21)

凛「……」

真奈美「やれやれ……まったく君というやつは」

凛「……ごめんなさい」

真奈美「後先考えずに突っ走りすぎだ。もう少し慎重になるべきだよ君は」

真奈美「……しかしまあ、確かに君の言った通り私たちの対応が遅かったせいというのもある」

真奈美「その事については謝ろう……済まなかった」


36 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:45:36.28F9N5FoN50 (3/21)

真奈美「……」

真奈美「とりあえず他の事についても色々話すことはあるが……精神的にも肉体的にも疲れているだろう……今日は休むと良い」

凛「……はい」



夜 シジョウシティ ポケモンセンター

凛「……」



37 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:46:11.85F9N5FoN50 (4/21)

凛(また、負けた)

凛(あの時と同じ……結局何もできなかった)

凛(……強くなった、つもりだった)

凛(……確かに私のポケモン達はレベルも上がって、進化して……強くなった)

凛(でも、私自身は……?)

凛(強くなったつもりで……全然強くなってなんかなかった)



38 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:47:43.48F9N5FoN50 (5/21)

凛(ユッコが駆け付けてくれてなきゃ、今頃どうなってたかも分からない)

凛(真奈美さんにも……皆に迷惑をかけてただけ)

凛(駄目駄目だよ)

凛(菜々にはあんな説教しておいて、笑えるよね)

凛(……おまけに真奈美さんとの約束も破って)

凛(……これから、どうしよう……)



39 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:48:36.91F9N5FoN50 (6/21)

コンコン

凛「……?」

ガチャ

未央「やっほ、しぶりん!」

卯月「お邪魔するね、凛ちゃん」

凛「未央、卯月……」



40 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:49:34.45F9N5FoN50 (7/21)

未央「よっと」ボフ

未央「えーっと……あのさ」

未央「私……しぶりんがあんなに必死になってくれて、嬉しかったよ」

凛「……でも」

凛「……でも結局、私はポケモンを取り返すことができなかったよ……戻ってきたのはユッコのおかげ」

未央「ううん……しぶりんのおかげでもあるよ。少なくとも私は、そう思ってる」



41 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:50:27.34F9N5FoN50 (8/21)

未央「でも……ごめんね、しぶりん」

凛「どうして……未央が謝るの?」

未央「だって、元はと言えば私の問題なのに、しぶりんを巻き込んじゃったし」

未央「それにしぶりんのことだから……『私のせいだ』って背負い込んじゃってるんじゃないかなって」

凛「……」

未央「その様子じゃ当たりみたいだね」


42 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:51:47.12F9N5FoN50 (9/21)

卯月「凛ちゃん、菜々ちゃんに言ってたよね。一人で背負い込むなって」

卯月「今度は、私から言わせてもらうよ!」

卯月「一人じゃ背負いきれないことも、2人なら、3人なら……きっと大丈夫だよ」

未央「しぶりんは1人で走ってるんじゃない。私もしまむーも、ちゃんと横に居るんだよ」

未央「ちょっと頼りないかもだけど、それでもちゃんと、一緒に走ってるんだよ……」

未央「迷惑かけて、かけられて……支えあうのが、親友ってもんでしょ!」



43 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:52:53.67F9N5FoN50 (10/21)

卯月「だから……」

凛「……」

凛「…………そう、だね」

凛「確かに私は……2人に頼るってことはあんまりしてこなかったのかも」

未央「やっぱりリーダーって感じだったしねぇ」

卯月「年上の私が頼りないってのもあったかも……えへへ」


44 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:53:54.69F9N5FoN50 (11/21)

凛「迷惑をかけて、かけられて……か」

凛「それじゃあ早速だけど……迷惑かけちゃおう、かな」

未央「うんうん、どーんときちゃいなさーい!」

卯月「おいで、凛ちゃん!」

凛「胸……借りるよ」

…………


45 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:54:49.91F9N5FoN50 (12/21)

翌日

未央「いやぁー、あんなしぶりん、初めて見たような気がするねー」

凛「も、もうそのことはいいでしょ!」

卯月「凛ちゃん、可愛いー♪」

凛「卯月まで……!」

未央「また泣きたいときはいつでも言ってねー?」

凛「……」プイッ


46 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 01:57:22.85F9N5FoN50 (13/21)

卯月「ああ、凛ちゃんが怒っちゃったよ」

未央「ちょっとからかいすぎたかな?」

凛「はあ……」

凛(やっぱり止めとけばよかった)

未央「もーしぶりん! 怒んないでよー」

卯月「凛ちゃーん!」

凛「……」ツーン


47 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 02:01:25.30F9N5FoN50 (14/21)

未央「それにしても、急に呼び出しなんて何なんだろう?」

卯月「うーん……やっぱり昨日の事かなあ?」

未央「やっぱりそうかー……」

凛「はあ……色々と気が重いよ」

卯月「だ、大丈夫だよ! 凛ちゃんが怒られても、私たちが助けてあげるし!」

未央「そうそう! 真奈美さんにも、ジム戦をさせてあげてほしいって、私達からもお願いするからさ!」

凛「怒られる前提なんだね……」


48 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 02:02:06.30F9N5FoN50 (15/21)

真奈美「む……来たか」

凛「はい」

真奈美「早くから呼び出して済まないな」

凛「いえ……あの、昨日は本当にすいませんでした」

真奈美「ああ、反省してくれたのなら構わないさ……」

凛「……それで、どうして私達は……?」

真奈美「君達を呼び出したのはだな……まあ、着いてきてくれ」

凛・卯月・未央「……?」


49 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 02:06:46.90F9N5FoN50 (16/21)

卯月「ねえ……ここって……警察、だよね?」

未央「だねえ……まさか! しぶりん、怒られるだけじゃ済まずに、まさかの逮捕!?」

凛「ちょっと……未央」

未央「あの子は、そんなことをするような子じゃないんです! 本当です!」ヨヨヨ

卯月「み、未央ちゃん……?」

凛「未央……本気で怒るよ?」

未央「ごめん」


50 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 02:07:49.47F9N5FoN50 (17/21)

真奈美「入るぞ」

ガチャ

凛「……!」



日菜子「むふふ、皆さん、お久しぶりです」

ほたる「ご無沙汰してます……」

小梅「お久しぶり、です……」

裕子「皆さんが来る予感は3年前から……ユッコです!」

夕美「凛ちゃん!」

肇「おはようございます、皆さん」

菜々「きゃはっ☆ おはようございます!」


51 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 02:08:44.80F9N5FoN50 (18/21)

未央「ジムリーダー……!?」

卯月「ぜ、全員……!?」

凛「まさか……ここは」

??「そ! ここはシンデレラ団対策本部よ!」

早苗「あたしは早苗……一応対策本部長ってことになってるわ」




52 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 02:10:30.15F9N5FoN50 (19/21)

早苗「あたしは早苗……一応対策本部長ってことになってるわ」

未央「対策本部……おお、何かかっこいい!」

卯月「す、凄い……」

凛「えっと……何で私達をここへ?」

真奈美「昨日の件の事情聴取と考えてもらえればいい」

真奈美「それと……」


53 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 02:10:57.96F9N5FoN50 (20/21)

真奈美「個人的には大反対、まったくもって不本意なのだが……あー」

凛「?」

真奈美「君たちをこの対策本部に加えることとなった」

卯月「……へ?」

未央「……ほ?」

凛「…………え?」

「「「えええええええええええ!?」」」


54 ◆.2RVExwkajVj2014/06/09(月) 02:18:40.69F9N5FoN50 (21/21)

今回はここまで
次回は杏ときらりのサイドストーリーをお送りしたいと思います
どうでもいいですが、新マグマ団のカガリちゃんはPaが貰っていきますね!

次回投下は明後日(火曜)夜からの予定です
読んでくださった方、ありがとうございました


55VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/09(月) 02:22:44.103hKbJ9v9o (1/1)


Paにはイズミさんがふさわしいだろう
カガリさんはCoで引き受けさせてもらおうか


56VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/09(月) 02:38:40.36eXevbRfx0 (1/1)

追いついたー
小3ぐらいのころサファイアやってて「クッソ勝てへん…レベル上げや!」とかいうクソ脳筋プレイやってたのが懐かしいわ
相性とかに気づかない当時の俺 無能


57VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/09(月) 02:47:23.38q13VAMZAO (1/1)

乙ですー
私は「勝てない…アイテムや」でげんきのかけらとすごいきずぐすりのごり押しだったなぁ


58VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/09(月) 02:54:06.911i6K7B/3o (1/1)


個人的にイズミさんはCo、いや名前とか関係なく
というわけでカガリたんはCuが貰っていきます
当時は全部バシャーモのブレイズキックとスカイアッパーでゴリ押してたな、懐かしい


59VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/09(月) 07:53:43.59CUzQgcHv0 (1/1)

乙です
確かにカガリちゃんはPaに入るべき
自分もジュカインのリーフブレードとレベル差の暴力と金の力だけでごり押ししてたなぁ(懐かしい目)
なおフウとランのダブルバトルで大苦戦した模様


60VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/09(月) 21:56:08.42+oNnajRK0 (1/1)

乙です
橋の下のジュプトルはトラウマ
チャンピオン以外のポケモンリーグ勢がまったく姿を出さないのは意図的なあれかな


61 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:36:14.51nxVYFcuI0 (1/22)

投下します

>>60
橋の下ジュプトル……懐かしいですねぇ。やられまくった記憶があります
ポケモンリーグ勢についてですが、実はまだ考えてないんですよね
そもそもリーグの仕組みについても、ゲーム準拠の四天王勝ち抜き製かアニメ準拠の大会制にするかで迷ってたりします


62 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:37:07.25nxVYFcuI0 (2/22)

サイドストーリー『杏ときらりと氷の鳥』



杏「はぁ……」

きらり「杏ちゃーん、はーやーくぅー☆」

杏「きらり……もう、限界……ちょっと休憩しよう、休憩」ゼーハー

きらり「5分くらい前にしたばっかりだにぃ?」

杏「まだそれだけしか経ってないの!? ウソだぁ……」


63 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:37:55.13nxVYFcuI0 (3/22)

きらり「ほら、頑張ろぉ?」

杏「きらり……おぶってぇ……」

きらり「駄目だよぉ、杏ちゃん。たまには自分の足で歩かないと!」

杏「鬼ぃ! 悪魔ぁ……」

杏「くっそぉ……ヤルキモノも進化してケッキングになってからまた働かなくなるし……!」

杏「カビゴンは相変わらず食っちゃ寝の繰り返しだし!」



64 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:38:29.74nxVYFcuI0 (4/22)

杏「帰りたい……休みたい……」

杏「ああああ……」

きらり「もう一息だにぃ、杏ちゃん!」

杏「次は杏を快適に運んでくれるポケモンを捕まえてやるぅ……」


65 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:39:08.15nxVYFcuI0 (5/22)

ミナセの西に浮かぶ島 レオン島
氷山もある氷の島
吹雪いており、とても寒い


ビョォォォォォォォォ

杏「……さぶっ!」

杏「ちょっときらり、尋常じゃない寒さなんだけど!?」

きらり「うにゅぅ……きらりも流石にこれには耐えらんないかもかも……」

杏「わざわざこんなトコ来る必要ないじゃんか……」

杏「そもそもただの噂でしょ? ここに希少なポケモンがいるなんてさ」


66 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:39:45.50nxVYFcuI0 (6/22)

きらり「でもでもっ、折角来たんだから、ポケモンさんに会いたいにぃ!」

きらり「そうだ! 全力だーっしゅすれば、体もぽかぽかしてきっと寒くないかも☆」

杏「え゛っ」

きらり「というわけでぇ……だぁーっしゅ☆」ダッ

杏「うわああああああっ、ひ、引っ張るなきらりぃぃ!」

杏「っていうか、こんなとこで体力が尽きたらヤバイってえええええ!!」



67 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:40:21.88nxVYFcuI0 (7/22)

氷山洞窟 内部

コォォォォォォ

杏「はぁ……疲れた……けど、寒さは外よりかはマシだね」

きらり「氷がぴかぴかしててきれーい」

杏「そうだね……」

杏「っていうかコレフツーに遭難状態だよね杏たち」

杏「ポケモンがいるからまあ何とかなるけど」


68 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:40:56.68nxVYFcuI0 (8/22)

杏「ここまで来たからにはせめて希少なポケモンとやらの姿くらい見ないとねー」

杏「写真に撮れば高く売れるかもねぇ……ふふふ」

きらり「とりあえず、奥の方に行ってみよー!」タタッ

杏「そうだね。うー……さむさむ」トコトコ


69 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:41:24.84nxVYFcuI0 (9/22)

デリバード「デリ」

イノムー「イノ」

パウワウ「パウ」

フリージオ「ジオ」

杏「こんな所にもポケモンはいるんだねぇ……たくましいもんだよ」

きらり「みんなかわうぃー☆」



70 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:42:02.94nxVYFcuI0 (10/22)

杏「さーて……杏のお眼鏡にかなうポケモンはいますかなーっと……」

クレベース「クレ」ズシン

杏「……」

きらり「……」

杏「……」

クレベース「クレ?」

杏「……いた」ニヤリ


71 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:42:45.24nxVYFcuI0 (11/22)

杏「いいねぇ、いい感じだよ! その背中!」

杏「フトンを敷いて寝るにはちょうどいいサイズ!」

杏「フトンでぐっすり寝ながら移動できるなんて最高じゃないか!」

杏「しかもそのひんやりしてそうなボディ! 夏でも快適に寝れそうだよ!」

※冬の事は考えていない杏ちゃん


72 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:43:32.88nxVYFcuI0 (12/22)

杏「ふふふ……」

杏「きらり、ちょっとコイツ捕まえるから待っててね」

きらり「りょーかい☆ 杏ちゃんがんばがんばー!」

杏「ふふふ……お前は杏軍団に加わるのだー!」

クレベース「」ビクゥ

杏「いくぞー!」

きらり「……」

きらり「杏ちゃんはこういうときだけアクティブだにぃ」


73 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:44:18.07nxVYFcuI0 (13/22)

ポン コロ コロ コロ カチッ

杏「よっしゲット!」

杏「早速出ておいで―クレベース」ポンッ

クレベース「クレ」

杏「よいしょ……」

杏「おー……こりゃいいね」

杏「お待たせ、さぁー行くよ、きらり、クレベース」

きらり「おっけー!」

クレベース「クレ」



74 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:45:01.43nxVYFcuI0 (14/22)

氷山洞窟 深奥部

杏「何か……さっきより寒くなってない?」

きらり「うう~……確かにぃ……」

クレベース「クレ……」

杏「おや……? どしたの、クレベース」

クレベース「クレ……」ガタガタ

杏「クレベースが……怯えてる?」



75 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:45:36.32nxVYFcuI0 (15/22)

きらり「うゆ……?」

ゴォッ

杏・きらり「!?」

杏「さ……さぶっ! 何さこの冷気!」

きらり「杏ちゃん……あれ!」

杏「え……?」

ゴォォォォォォォォォ

フリーザー「……」


76 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:50:16.64nxVYFcuI0 (16/22)

杏「あれが……希少なポケモン?」

きらり「きれい……」

フリーザー「フリ……?」

フリーザー「フリーッ!」

杏「こっちに気づいた……! 来るよきらり!」

きらり「おーけーりょーかい!」



77 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:54:43.71nxVYFcuI0 (17/22)

フリーザー「フリーッ」バサッ

杏「えっ……?」

きらり「……うにゅ?」

バサッ

きらり「行っちゃったにぃ」

杏「あ、杏たちなんて眼中にないってこと?」


78 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:55:31.08nxVYFcuI0 (18/22)

…………

クレベース「クレ」

杏「ん? もうすぐ出口ってこと?」

きらり「それにしても……すっごくきれいで、かわいかったにぃ、フリーザーちゃん!」

杏「そう? 杏には凄い生意気なヤツに見えたけど」

きらり「きらきらぴかぴかで、とーってもかわいかったよぉ!」

杏「きらりの感性はときどきよく分かんないよ」



79 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:55:57.33nxVYFcuI0 (19/22)

きらり「……! 見てみて、杏ちゃん!」

杏「んー?」

きらり「雪だにぃ……!」

杏「へぇー……アイツが降らせていったのかな」

杏「あっ……そういえば写真撮るの忘れてた」

杏「むー……何だか腹が立ってきたよ……決めた!」

杏「今度見つけたらゼッタイに捕まえてやる! そんで写真も撮りまくってやる!」



80 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:56:27.19nxVYFcuI0 (20/22)

きらり「……」

杏「? どしたの、きらり」

きらり「ううん、杏ちゃん、とっても楽しそうだなーって!」

きらり「旅に出たばかりのころは、杏ちゃん、イヤイヤって感じだったから」

杏「う……まあ確かに、昔に比べたら、少しは、ほんの少しは、旅を楽しめるようにはなったかもね」

杏「ま、それもこれも……きらりのおかげかな」

きらり「……」キョトン


81 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 01:57:27.75nxVYFcuI0 (21/22)

杏「……」

きらり「……」

杏「……」

きらり「あーーーーんずちゃぁぁぁん!!」ガバァ

杏「どわぁ! きゅ、急にだきつくなきらり!」

きらり「きらりもー、杏ちゃんとの冒険、とってもとっても楽しいよー! はぴはぴー☆」

杏「わかった、わかったから離して……ぐえ」

きらり「きらりも協力するからー! 一緒にフリーザーちゃんを追いかけよー!」

きらり「杏ちゃん、大スキー!」


82 ◆.2RVExwkajVj2014/06/11(水) 02:07:50.53nxVYFcuI0 (22/22)

サイドストーリー『杏ときらりと氷の鳥』 続く……かも?

今回はここまで
杏ちゃんときらりはフリーザーを追い求めるミナキさん状態になりました
まだ話を展開できそうなので、もしかしたら続くかもしれません

http://i.imgur.com/U5GudDj.png
何でこんなん描いたんだ……

次回投下は明後日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました




83VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/11(水) 02:45:15.60zcNCwebW0 (1/1)

乙です
4コマもいいねw


84VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/11(水) 02:52:19.76zOzAnGCMo (1/1)

乙です


85VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/11(水) 03:18:08.05wdt8fa7bo (1/1)

乙。
ナナさんも謎の電磁波出してるしコレ完璧スターミーだな


86VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/11(水) 08:50:19.20t/9yypmnO (1/1)

おつー
SSも漫画も面白い…

リーグはなぁ…勝ち抜きでも大会でも面白そうだけど…


87VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/11(水) 11:27:24.29QKrMOxMA0 (1/1)

乙です
じもと(ちば)
アニメの大会形式だと今まで出会ったライバルたちとの熱い戦いとかいいよね



88VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/11(水) 21:01:54.16LiKLPqij0 (1/1)

乙。
スターミーちひろの手持ちっていうイメージあったから「シンデレラ団のナナ」という本末転倒な光景が脳裏をよぎったぜ。
リーグ形式については卯月、未央とのバトル描写をどのくらい書くかだね。四天王、チャンピオンはどっちにしろしっかり書くだろうし。


89 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:14:40.47as4B2Stu0 (1/21)

投下します

深夜テンションで描いたから若干後悔してたので意外と好評そうでびっくり
ネタが浮かんだらまた描くかもしれません





90 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:15:38.57as4B2Stu0 (2/21)

凛「捜査本部に……!?」

真奈美「そうだ……」

未央「な、何で……」

真奈美「ジムリーダー達による推薦さ。こいつらときたらまったく……!」

凛「……!」

菜々「凛ちゃんたちなら、きっとナナたちの力になってくれると思ったんです!」



91 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:16:13.83as4B2Stu0 (3/21)

真奈美「そういうわけだ……まぁ、よろしく頼むよ」

卯月「は、はい……!」

未央「な、なんか緊張するなぁ……」

早苗「ねえ、そろそろいいかな?」

真奈美「ああ。さっそく昨日の件だが……」


92 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:17:31.89as4B2Stu0 (4/21)

……………

早苗「なるほど。おおよその事は分かったわ」

凛「敵のアジトは分かったけど……突入の準備はするの?」

真奈美「そのことなんだが……」

凛「?」

真奈美「あの後、実は奴らのアジトを軽く調査してみた……するとだ」

真奈美「奴らはいなかった」

凛「え?」


93 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:18:11.11as4B2Stu0 (5/21)

真奈美「機材の一部などはそのまま残っていたが、メンバーや書類の類はあの場から一切消えていた」

真奈美「……おそらく別のアジトへと移ったのだろう」

真奈美「フレンドリィショップの倉庫が奴らのアジトへと繋がっていたことを考えると……」

真奈美「おそらくは各町のフレンドリィショップも同様にアジトへと繋がっている可能性がある」

未央「そんなにいくつもアジトを……?」


94 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:20:01.17as4B2Stu0 (6/21)

真奈美「今回はこんな所だな」

真奈美「何度もこの街へ来てもらって悪いが、捜査も大詰め。気を緩めずいこう」



凛「皆、こんな私を捜査本部に推薦してくれて……ありがとう」

菜々「水臭いですよ、凛ちゃん!」


95 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:21:03.19as4B2Stu0 (7/21)

夕美「そうそう、頭あげなって! 皆、凛ちゃんたちの強さも思いも、ちゃんとわかってるんだからさ」

ほたる「私は凛さんに救われました……だから、今度は私も凛さんの力になりたいんです」

裕子「サイキックみらいよち! このエスパーユッコには凛ちゃんたちが力になってくれるという未来が見えます!」

肇「そうですね。私達が力を合わせれば……きっとできます」

小梅「あ、あの子も協力するって……」

日菜子「むふふ……やってやりましょう……!」



96 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:21:55.26as4B2Stu0 (8/21)

凛「ありがとう……本当に、ありがとう……!」

凛(そうだ……私にはみんながいる)

凛(ポケモンが……親友が……私が支えてくれる、たくさんの人が)

凛(だから……そんな人たちを苦しめるシンデレラ団は、絶対に許さない)

凛(こんどは皆で……!)



97 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:23:09.04as4B2Stu0 (9/21)

真奈美「あー、ちょっといいかい?」

凛「……?」

真奈美「……今回、こうなったのは私のせいだ」

凛「そんな、私が勝手に暴走しただけで……」

真奈美「そのことはもういい。過ぎたことさ」

真奈美「さっきも言った通り、君たちを捜査本部に加えるのは私としてはとても不本意なんだ」

真奈美「君たちトレーナーは、自由に旅をすべきだというのが私の考えだからね


真奈美「だが、今の私にはそんなことを言う資格はない……実際に君たちを巻き込んでしまった」

凛「……」


98 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:23:44.76as4B2Stu0 (10/21)

真奈美「だからこそ彼女たちの意見を通した」

真奈美「ここで、君の意志を確認させてくれ。君は、シンデレラ団と戦い抜く覚悟はあるか?」

真奈美「ここで止めるのも自由だ。止めるという場合は、ジム戦も受け付けよう」

凛「……」

凛「当然、戦います。覚悟はできてます」

真奈美「……わかった」


99 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:24:44.84as4B2Stu0 (11/21)

真奈美「さて……他のジムリーダー達はもちろん、私も君たちの実力は認めている」

真奈美「だが、それでも君は敗北した」

凛「……」

真奈美「……そこでだ」

真奈美「君にはわたしが直接稽古をつけよう」

凛「!?」



100 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:27:12.43as4B2Stu0 (12/21)

真奈美「奴らのボス……ちひろに勝てとは言わん。だが、君にはまだまだ強くなってもらう必要がある」

真奈美「言っておくが私はかなり厳しいぞ。どうだ、やるか?」

凛「やります! ……私も、もっと強くなりたいと思っていたところです」

真奈美「いい返事だ」ニィ

真奈美「では早速行くぞ……ポケモンを出すんだ」

凛「へ?」



101 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:28:43.08as4B2Stu0 (13/21)

真奈美「どうした? 時間も奴らも待ってはくれないぞ」

凛「い、いきなりですか……!?」

真奈美「そうだ……言っただろう。私は厳しいんだ。さあ、早く!」

凛「……! ム、ムクホーク!」

ムクホーク「ムクーッ」ポンッ

凛(真奈美さんといきなりバトル……!?)

凛(最強のジムリーダー、一体、どれほど……)


102 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:29:41.22as4B2Stu0 (14/21)

真奈美「ムクホークか。ならば私は……」

真奈美「ゴー、エアームド!」ポンッ

エアームド「エアー!」

真奈美「私が得意とするタイプははがね……その堅さはあらゆるタイプの中でも随一だ」

真奈美「人は私を『メタリックレディウルフ』などと呼ぶが……フフ、似合わんだろう?」

凛(その割にはちょっとノリノリっぽいけど)

真奈美「まずは小手調べと行こうじゃないか……いくぞ、エアームド」

エアームド「エアーッ!」



103 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:32:27.56as4B2Stu0 (15/21)




卯月「凛ちゃんは?」

未央「何か真奈美さんと話してるって」

卯月「何なんだろう……」

未央「さぁ……」

卯月「そういえば未央ちゃんは、この街でどんな修行をしてたの?」

未央「おおっ、しまむー、それ聞いちゃう? 聞いちゃうんだ?」

卯月「う、うん……」


104 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:33:00.12as4B2Stu0 (16/21)

未央「っていっても特別なことは何にもしてないんだけどね」

未央「この街はバトル施設が多いから、そこに挑戦したり」

未央「ああ、あと非公認大会とかに出たり?」

未央「……そうだ!」

卯月「?」

未央「ちょっとしまむー、着いてきて!」ダッ

卯月「み、未央ちゃん!?」


105 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:34:45.55as4B2Stu0 (17/21)

卯月「こ、ここは……?」

未央「ここはシジョウの数あるバトル施設の中でも最大の施設、その名も『バトルライブ』!」

卯月「バトル……ライブ?」

未央「そ。ルールは単純、ひたすらポケモンバトルを続ける!」

未央「勝っては戦い、勝っては戦いを負けるまで続ける!」



106 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:35:46.44as4B2Stu0 (18/21)

未央「何でも勝ち続けると、『ライブアイドル』って呼ばれるこのライブのマスターと戦えるんだって。私はまだ戦ったことはないけどね」

卯月「へぇ……でも、『ライブ』って?」

未央「ああ、このバトルライブ、観客がいっぱいいるんだよ。そりゃもういっぱい」

未央「結構緊張するんだよね、あれ……」

卯月「うっ、それは……確かに緊張するかも」

卯月「うん……?」

卯月「…………待って、未央ちゃん」ハッ

未央「何だい、しまむー」ニヤリ


107 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:37:13.48as4B2Stu0 (19/21)

卯月「まさか……私をここに連れてきたのって……」

未央「そのまさか! 私としまむーで、このバトルライブに参戦するよ!」

卯月「や、やっぱりぃぃぃぃ!」

未央「ほら、私達ってしぶりんに負けっぱなしじゃん?」

未央「捜査本部にも参加できることになったし、皆の足を引っ張らないためにも強くならなきゃって思ってね」

卯月「そ、それは私も思ってたことだけどぉ……!」

未央「ってワケで!」

未央「コースはマルチライブ! 目標はもちろん打倒ライブアイドル!!」

卯月「み、未央ちゃあん!」

未央「さあ、行くよしまむー!! バトルライブに突撃だー!!」


108 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 01:42:40.22as4B2Stu0 (20/21)

今回はここまで
真奈美さんのタイプついては、[メタリックレディウルフ]木場真奈美から取りました

ちょっときの子可愛すぎんよ~。CG凛が来ると言われていたのでびっくりしましたよ
奈緒うちのフロントには来てくれなかった模様
http://i.imgur.com/ofezB8h.png
画力をください

次回投下は明日(今日)予定です。読んでくださった方、ありがとうございました


109VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/13(金) 01:43:30.559my/Kh/E0 (1/1)

乙 前作を読み返すと開始から50レスでシンデレラ団のボスが登場してて笑った


110VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/13(金) 01:47:12.93PzwcoFIKo (1/1)

乙。
>>88
力を求めて悪堕ちする展開って燃えるじゃん?


111VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/13(金) 01:48:30.42MBp8iR2xo (1/1)

乙です


112VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/13(金) 07:24:03.98hzAdttcD0 (1/1)

乙です
木場さん鋼タイプか、確かにすごく似合う
バトルライブはフロンティア…の観客が多いバトルドームとかバトルステージとかみたいな雰囲気かね

きの子とキノココ相変わらずかわいい…大丈夫、自分より画力あるよ(白目)

>>109
ガソリンスタンドの店員リスペクトだから仕方ないね


113 ◆.2RVExwkajVj2014/06/13(金) 23:43:00.12as4B2Stu0 (21/21)

ごめんなさい、今日はちょっと投下できそうにないです
明日には投下するので、許してくださいなんでもしまむら!


114VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/13(金) 23:47:54.31/kyNFuM70 (1/1)

気にしてないよー。
そして>>110にちひろにスターミー推した理由言いあてられてギョッとなった。


115 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 00:56:45.96j70hmb5D0 (1/29)

お待たせしました
投下していきます




116 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 00:58:43.43j70hmb5D0 (2/29)

ワァァァァァァァァ……

卯月「うっ……凄い熱気……」

未央「うはー、やっぱり凄いねぇ、ここは」

卯月「こんな所でバトルなんて、き、緊張が……」

未央「大丈夫だって、ビシッと行こうよビシっと!」

卯月「ううう……」

未央「マルチバトルは2人と2匹のコンビネーションが重要なんだから、ほら!」

卯月「が、ガンバリマス」カチコチ

未央「ありゃりゃ……」



117 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 00:59:21.99j70hmb5D0 (3/29)

未央「適度な緊張は大事だけど、しまむーは緊張しすぎだよ……」

卯月「だ、だってぇ……」

未央「早く慣れてもらわないと、こりゃ勝ち抜くのは厳しいかもね……」

『さあ始まりましたバトルライブマルチコース!』

恵磨『実況はアタシ恵磨が!』

瑞樹『解説はこの私瑞樹がお送りするわ』

卯月「しかも実況・解説付き!?」


118 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 00:59:58.03j70hmb5D0 (4/29)

恵磨『どうやら挑戦者卯月選手、緊張してるみたいだねーっ!』

瑞樹『普段は大勢の前でバトルする機会というモノは少ないものね。わかるわ』

恵磨『さぁさぁさぁ! 卯月選手・未央選手の相手をするのはー!?』



バーーーーーーン

周子「ま、お手柔らかにヨロシクねー♪」

紗枝「ふふ、周子はん、頑張りましょなぁ」

恵磨『周子選手・紗枝選手のコンビだぁー!!』


119 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:01:28.40j70hmb5D0 (5/29)

恵磨『瑞樹さん、この試合、どう見ますか!?』

瑞樹『そうね……この4人のうち、3人はバトルライブ初挑戦らしいわね』

瑞樹『唯一出場経験ありの未央選手の立ち回りが見どころね』

瑞樹『そしてこのバトルライブで大事なことは、周囲のテンションに呑まれないことだわ』

瑞樹『プレイングの一つ一つに観客はリアクションを見せるわ。良いプレイをすれば会場のボルテージは上がるし、悪いプレイをすれば逆に下がる』

瑞樹『観客の反応が悪いと、どうしても不安になるものなのよ。そんな時に、平常心を保って指示を出すことがトレーナーには求められるというワケ』

恵磨『なるほど!』


120 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:02:10.43j70hmb5D0 (6/29)

未央「……しまむー、行くよ」

卯月「わ、分かったよ……!」

未央「ゴー、ジュカイン!」

卯月「お願い、チラチーノ!」

ポンッ「ジュカ!」ポンッ

チラチーノ「チーノ!」ポンッ



121 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:03:33.61j70hmb5D0 (7/29)

ジュカイン くさ みつりんポケモン
腕に生えた葉っぱは大木をも切り裂く刀のごとき切れ味を持つ
ジャングルでの戦いが得意
背中の種には栄養が詰まっており、それを使って樹木を育てるという

チラチーノ ノーマル スカーフポケモン
とても滑らかでさわり心地抜群の体毛を持つ
その体毛は特殊な油でコーティングされており、相手の攻撃を受け流すことができる
埃や静電気も寄せ付けない

恵磨『卯月・未央ペアが繰り出したのはジュカインとチラチーノ!』

周子「そんじゃ……ほいっと!」

紗枝「よろしゅうねぇ」



122 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:05:31.22j70hmb5D0 (8/29)

キュウコン「キュウ!」ポンッ

リーフィア「フィア」ポンッ

キュウコン ほのお きつねポケモン
9本の尻尾と黄金の体毛が特徴のポケモン
1000年生きると言い伝えられており、尻尾の先にはそれぞれ異なる力が宿るとされる
真っ赤な瞳は光を放ち相手を惑わせる

恵磨『対する周子・紗枝ペアが出したのはキュウコンとリーフィア! これはまさかァー!!?』

パァァァァァ



123 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:06:14.67j70hmb5D0 (9/29)

未央「! 室内のはずなのに、光が……!」

瑞樹『キュウコンのとくせい・ひでりね。なるほど、あの2人は晴れ状態で活躍するポケモンを主軸としているようだわ』

恵磨『これは相当なコンビネーションを見せてくれる予感ン!!』

未央「く……やっかいだね!」

卯月「うー……!」

未央「行くよしまむー!」

卯月「わ、わかったよ未央ちゃん!」


124 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:10:15.83j70hmb5D0 (10/29)

未央「ジュカイン、リーフィアにシザークロス!」

恵磨『おおっと未央選手、先手を取ったァ! ジュカインがリーフィアに跳びかかるっ!!』

リーフィア「フィア」ババッ

ジュカイン「ジュカ!?」

未央「は、はやい!」

瑞樹『リーフィアのとくせいはようりょくそね。陽の光を浴びてスピードが大幅にアップしているわ』



125 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:10:52.19j70hmb5D0 (11/29)

紗枝「ふふ、チラチーノにリーフブレード!」

恵磨『リーフィア、ジュカインの攻撃をひらりと躱し、チラチーノへと攻撃を繰り出すぅ!!』

未央「しまむー、そっち行ったよ!」

卯月「わひゃっ!? え、ええっと、ロックブラストで、キュ、キュウコンに攻撃!」

未央「!? ば、ばか!」

リーフィア「フィア!」ズバッ


126 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:11:35.14j70hmb5D0 (12/29)

チラチーノ「チー!」

卯月「あわわ……チ、チラチーノ!」

恵磨『卯月選手、リーフィアの攻撃への対処をせず、キュウコンへの攻撃指示を出したぞー!? これは痛恨のミス!』

瑞樹『やはり緊張で冷静な判断ができていないようね』

未央「しまむー、しっかり!!」

卯月「ご、ごめん……大丈夫、チラチーノ?」

チラチーノ「チラ」



127 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:12:05.55j70hmb5D0 (13/29)

卯月「よかった……」

周子「おっと、ほっとするのはまだ早いんじゃないかな!? キュウコン、さいみんじゅつ!」

キュウコン「キュウ」ポワワ

チラチーノ「チラ……?」

チラチーノ「ZZZ……」

卯月「あ、ああ……!」

恵磨『周子選手、逃さず追撃ー! チラチーノは眠ってしまったぞ!? どうする!?』


128 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:12:48.32j70hmb5D0 (14/29)

未央「くっ……ジュカイン、もう一度リーフィアにシザークロス!」

ジュカイン「ジュカァ!」バッ

リーフィア「フィア~♪」ササッ

卯月「チ、チラチーノ! お願い、起きて!」

チラチーノ「ZZZ……」

周子「よーし、キュウコン、チラチーノに向けてソーラービーム発射!」

キュウコン「キュウ……!」


129 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:13:27.45j70hmb5D0 (15/29)

未央「! させない、ジュカイン、標的をキュウコンに変更、つじぎり!」

ジュカイン「ジュカァ!」

ズバッ

キュウコン「キュウ!」

恵磨『おっとぉ、ジュカイン、ソーラービームの阻止に成功だ!』



130 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:14:25.45j70hmb5D0 (16/29)

未央「よっし!」

紗枝「それじゃ、こっちもソーラービームを撃ちましょかぁ」

リーフィア「フィア!」

カッ

未央「!?」

ゴゴゴゴゴゴ

チラチーノ「チラ……」バタンキュー


131 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:15:38.31j70hmb5D0 (17/29)

恵磨『上手い! ジュカインがキュウコンを攻撃した隙を使って、リーフィアがチラチーノを撃破だああ!!』

ウオオオオオオオオオオオオオオオ

卯月「うう……」

未央「マズイよ……観客はどんどん向こう寄りの応援になって来てる……!」

周子「キュウコン、だいもんじ!」

キュウコン「キュウ!」ゴォッ

未央「っと、避けてジュカイン!」


132 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:16:06.07j70hmb5D0 (18/29)

ジュカイン「ジュカ」サッ

紗枝「周子はんがジュカインの相手してるうちに……つるぎのまいで力を上げましょかぁ」

リーフィア「フィア!」キンッ

未央「くっ……しまむー!」

卯月「未央ちゃん、わ、私……」



133 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:16:55.70j70hmb5D0 (19/29)

未央「強くなるんでしょ!?」

卯月「……!」

未央「強くなって、しぶりんに追いついて! みんなの力になるんでしょ!」

未央「覚悟を決めて! っていうか! こんなステージに立ってウジウジオドオドしてる方が恥ずかしいし!」

未央「いつでも明るく笑顔で! それがしまむーでしょうがああああ!!」

卯月「未央ちゃん……」



134 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:17:47.51j70hmb5D0 (20/29)

ワァァァァァァァァ

卯月「……」

ウオオオオオオオオ

卯月「……」

卯月「私は……」



卯月「…………」キッ


135 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:18:43.44j70hmb5D0 (21/29)

卯月「バシャーモ!」ポンッ

バシャーモ ほのお/かくとう もうかポケモン
30階建てのビルをも飛び越えるジャンプ力
キックやパンチを駆使して闘う
強敵との戦いになると、腕から炎が噴き出し、拳を包み込む

バシャーモ「バシャ」

卯月「ありがとう、未央ちゃん……」

卯月「心配させてごめんね……でも、もう大丈夫」

未央「へへへ……まったく、世話のかかるお姉さんだよっ」


136 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:19:49.49j70hmb5D0 (22/29)

卯月「今度は……私もちゃんと戦う!」

恵磨『卯月選手、2体目のポケモンはバシャーモだッ!』

卯月「行くよ、バシャーモ!」

バシャーモ「バシャァ!」

周子「どうやら吹っ切れたみたいだけど……! まだまだこっちのターンだよん!」



137 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:20:18.55j70hmb5D0 (23/29)

周子「紗枝ちゃーん、バシャーモ狙いでいくよー!」

紗枝「了解どす……リーフィア、つばめがえし頼んますで!」

周子「キュウコン、じんつうりき!」

恵磨『おおっとぉ、バシャーモに向けて2匹同時に攻撃だああああ!』

瑞樹『ここでバシャーモを落とせば2対1に持ち込めるからね……わかるわ』



138 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:20:53.66j70hmb5D0 (24/29)

卯月「バシャーモ、跳んで!」

バシャーモ「バシャ!」ダンッ

恵磨『た、高い! バシャーモ、このステージの天井近くまで跳んだぞぉぉぉ!?』

卯月「そこからリーフィアにブレイズキック!」

バシャーモ「バシャ!」ゴォッ

恵磨『うおっと! バシャーモ、急降下してリーフィアへ攻撃!』

紗枝「周子はん!」

周子「任せて、キュウコン! じんつうりき!」


139 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:22:50.34j70hmb5D0 (25/29)

キュウコン「キュウ……!」

未央「おおっと、このちゃんみおの事、忘れてもらっちゃあ困りますなあ!」

未央「ジュカイン、キュウコンにつじぎり!」

ジュカイン「ジュカ!」ズバッ

キュウコン「キュ!?」

周子「……!」

紗枝「周子はん!? リーフィア、避けて……」



140 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:23:24.96j70hmb5D0 (26/29)

卯月「遅いです!」

バシャーモ「バシャ!」ドゴォッ

リーフィア「フィ……!」ゴォッ

紗枝「リーフィア!」

恵磨『おおっとこれはァー!』

キュウコン「キュー」バタンキュー

リーフィア「フィア……」バタンキュー

恵磨『キュウコン、リーフィア、同時ダウンンンン!!』

瑞樹『これで残りポケモンは2対3……形勢が逆転したわね』


141 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:24:42.49j70hmb5D0 (27/29)

未央「やった、しまむー!」

卯月「未央ちゃん!」

紗枝「あらあら……これはやられてしまいましたなぁ……」

周子「うーん、やるなぁ……でも」

紗枝「勝負は」

周子「まだまだこれから!」


142 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:25:32.32j70hmb5D0 (28/29)

メブキジカ「メブー」ポンッ

メブキジカ「メブー」ポンッ

未央「!?」

卯月「えっ?」

瑞樹『おや?』

恵磨『周子選手と紗枝選手……まさかの2人ともメブキジカを繰り出したァ!』

未央「同じポケモン……!?」


143 ◆.2RVExwkajVj2014/06/15(日) 01:46:23.62j70hmb5D0 (29/29)

今回はここまで

ミニスカちゃんはシリーズを重ねるたびに可愛くなっていきますねぇ
もちろんパッションが貰っていきますよ
http://i.imgur.com/rC8fnKP.png

↓なんとなく描きたかった組み合わせ
http://i.imgur.com/rwAbq1X.png

次回投下は明日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました



144VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/15(日) 02:41:24.87yVoMRFb0o (1/1)

実況たちの違和感なさに草生えた


145VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/15(日) 04:31:19.27pQK2hjXu0 (1/1)

乙です

ちっひはペルシアンが似合うな


146VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/15(日) 06:43:23.308NdlB3R+o (1/1)

乙、実況と解説の違和感の無さがすごいな
盛り上げる恵磨と解説の川島さん


147VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/15(日) 09:36:26.87FRVOrVQHo (1/1)

乙ー
よしのんぴったりでワロタ


148 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:23:46.953TbfxYeq0 (1/27)

投下します

実況と解説はすぐに決まりましたねー
川島さんはわかるわと言わせたいって気持ちがあったりもします


149 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:24:16.853TbfxYeq0 (2/27)

メブキジカ ノーマル/くさ きせつポケモン
季節によって角に生える草花と住処を変える
立派な角を持つ個体が群れを率いる
人々はメブキジカの角を見て季節の移り変わりを感じるという

未央「2人とも、メブキジカ……?」

恵磨『これはいったいどういうことだー!?』

瑞樹『マルチバトルでは2人のトレーナーが同じポケモンを使用することができるわ』

瑞樹『といってもこれはおそらく……』

恵磨『はぁ……どういう事っすか? 解説の瑞樹さん』

瑞樹『まぁ、見ていたら分かるわ……ネタバレはよくないもの』



150 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:24:57.153TbfxYeq0 (3/27)

未央「絶対何かある……相性では有利だけど、気を抜かずに行こう!」

卯月「了解!」

周子「うーん。やっぱバシャーモがキツイわー」

周子「ってことで! 変わらずバシャーモ狙いで行くよん!」

紗枝「メブキジカ、すてみタックル!」



151 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:26:55.383TbfxYeq0 (4/27)

恵磨『紗枝選手のメブキジカ、威力の高いわざでバシャーモに襲い掛かる!!』

周子「こっちもすてみタックル!」

未央「! また同じ手!? ジュカイン、シザークロス!」



周子「なーんちゃって♪」

未央「!?」


152 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:27:44.393TbfxYeq0 (5/27)

周子「かえんほうしゃ!」

未央「ハァッ!?」

恵磨『おおっとォ!?』

メブキジカ?「メブー」ゴォォォ

ジュカイン「ジュカ……!?」

瑞樹『やはりね』


153 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:28:18.843TbfxYeq0 (6/27)

バシャーモ「バシャ」

メブキジカ「メブッ」ドカッ

ググググ……

恵磨『紗枝選手のメブキジカとバシャーモが激突! バシャーモ、メブキジカを受け止めたぞォ! どうするメブキジカ!』

恵磨『そしてそしてぇ! 周子選手のメブキジカ、なんとかえんほうしゃを繰り出した!!』

恵磨『メブキジカってかえんほうしゃつかえたのかー!! いやぁビックリ!』



154 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:28:54.133TbfxYeq0 (7/27)

未央「ジュカイン、大丈夫!?」

ジュカイン「ジュカ……」グググ

未央「良かった……」

ボッ

ジュカイン「ジュカ……ッ」ガクッ

未央「!?」


155 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:29:54.353TbfxYeq0 (8/27)

周子「おっ、火傷してたんだ? ラッキー♪」

恵磨『ジュカイン、何とか持ちこたえるも火傷のダメージでダウンだァァァァ!』

恵磨『これで全員ポケモンは残り1匹! 盛り上がってきたあああああ!!』

ワアアアアアアアアアアアアアアアアア

未央「メブキジカはノーマル・くさタイプ……かえんほうしゃを使うなんて、ありえない……きっと何かタネがある……!」

未央「頼むよ……カポエラー!」

カポエラー「カポ!」ポンッ


156 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:30:25.743TbfxYeq0 (9/27)

カポエラー かくとう さかだちポケモン
踊るように華麗で滑らかなキック技を繰り出す。見とれているとキツイ一撃を喰らうぞ
歩くよりも、コマのように回転して移動した方が早い

恵磨『未央選手、2匹目はカポエラー!』

瑞樹『かくとうタイプが2匹、しかもそのうち1匹はほのおタイプ……相性では未央・卯月ペアの方が有利ね』

恵磨『さあ、この不利な状況をどうする周子・紗枝ペアー!!』

周子「あちゃー……こっちもかくとうタイプかあ……こりゃちと厳しいかもね」

周子「そろそろ日の光も消えそうだし」


157 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:31:47.413TbfxYeq0 (10/27)

紗枝「メブキジカ、一旦距離取りましょかぁ」

メブキジカ「メブッ」バッ

周子「紗枝ちゃーん、どうするーん?」

紗枝「そうやねぇ……ここは……」

卯月「バシャーモ、ブレイズキック!」

バシャーモ「バシャ!」ゴォッ



158 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:32:17.913TbfxYeq0 (11/27)

紗枝「! 避けて!」

メブキジカ「メブッ」サッ

未央「ねこだまし!」

カポエラー「カポッ」パンッ

恵磨『卯月・未央ペアが畳み掛ける!!』

周子「どうやらお相手さんは待ってくれないみたいだね」

周子「やっぱりバシャーモが厄介だよね! イカサマ!」

メブキジカ?「メブ」バッ

卯月「ああっ!」


159 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:32:44.383TbfxYeq0 (12/27)

未央「まかせて! まわしげり!」

カポエラー「カポッ」ガガッ

恵磨『カポエラー、バシャーモへの攻撃を防いだぞ!!』

未央「イカサマ……あくタイプのわざだ。やっぱりこのメブキジカ、何かが……」

周子「あー……ここまでみたいだね。ま、意表は突けたし、それなりに効果はあったかな~」

瑞樹『……解けたわね』

恵磨『何がですか!』


160 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:33:22.853TbfxYeq0 (13/27)

グニョニョニョ

未央「!?」

卯月「!?」

カポエラー「カポッ!?」

ゾロアーク「ゾロアーッ!」

恵磨『なななんとォ! メブキジカの姿が変わったー!?』

瑞樹『アレはゾロアークよ。とくせいのイリュージョンで、メブキジカに化けていたのね』



161 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:33:50.573TbfxYeq0 (14/27)

ゾロアーク あく ばけぎつねポケモン
幻を見せる力を持つ。その力を使い、人々から群れを守ってきた
ゾロアークを捕えようとした人が、幻の景色に捕えられたという
仲間の結束が固い

未央「あくタイプ……どうりで……」

卯月「でもでも、あくタイプならこっちの有利は変わらないよ!」

未央「そうだよ、カポエラー! マッハパンチ!」

周子「そうだね。かえんほうしゃ!」

周子「だから、あたしはあたしに出来ることをやるよ」



162 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:34:51.903TbfxYeq0 (15/27)

カポエラー「カポッ……!」ゴォォ

未央「カポエラー、そのまま行って!」

カポエラー「カポォ!」

紗枝「させへんでぇ、メブキジカ、ウッドホーン!」

メブキジカ「メブッ」ダダッ

卯月「きりさく!」

バシャーモ「バシャ!」ズバッ

メブキジカ「メブ」ヒョイ



163 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:35:21.033TbfxYeq0 (16/27)

恵磨『バシャーモ、メブキジカを止めようとするも、躱される!!』

紗枝「そう何回も同じ手は食わへんでぇ」

ドカッ

恵磨『カポエラー、ゾロアーク、メブキジカの3匹が激突―!! どうなるぅぅぅ!?』

ゴゴゴ……

周子「……」

未央「……」

紗枝「……」


164 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:35:57.233TbfxYeq0 (17/27)

カポエラー「カポ……」バタンキュー

ゾロアーク「ゾロ……」ヨロ

メブキジカ「メブゥ……」ヨロ

恵磨『カポエラーダウーーーン!!』

未央「あああ……」

恵磨『しかしゾロアークとメブキジカも相当なダメージだ!』

周子「ふぅ……危なかったなー。紗枝ちゃん、ナイスフォロー♪」

紗枝「ふふっ。おおきに♪」


165 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:37:29.513TbfxYeq0 (18/27)

周子「でもゾロアークももう限界かな……って訳で、後は任せるよ」

周子「ゾロアーク、お疲れ様―。おきみやげ!」

ゾロアーク「ゾロアー」ポンッ

バシャーモ「バシャ!?」

恵磨『おおっと、おきみやげを残し、ゾロアークダウン!』

瑞樹『おきみやげは相手の攻撃と特攻を大幅に下げて退場するわざね』

恵磨『周子選手、紗枝選手にバトンを託したということかー!!』

恵磨『これで残るは紗枝選手のメブキジカ、卯月選手のバシャーモだ!』


166 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:38:04.853TbfxYeq0 (19/27)

瑞樹『既にかなりのダメージを負ったメブキジカに、おきみやげの効果で弱体化したバシャーモ……どっちが勝つか、わからないわ』

周子「頑張れ―、紗枝ちゃん」

紗枝「任せといてなぁ、周子はん。勝つのはうちらやでぇ」

未央「しまむー!」

卯月「任せて、未央ちゃん……たまには、かっこいいところも見せなきゃね」

未央「……完全に吹っ切れたみたいだね。よっしゃいけー、しまむー!!」

卯月「バシャーモ、でんこうせっか!」

紗枝「メブキジカ、ウッドホーン!」


167 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:39:26.683TbfxYeq0 (20/27)

バシャーモ「バ……シャァ!」

メブキジカ「メブゥゥ!」

恵磨『おっとこれはァァァ! 真っ向からのぶつかり合いだァァァ』

恵磨『激しく激突する両者、勝つのは一体ー!?』

卯月「いっけえええええ!」



168 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:40:28.253TbfxYeq0 (21/27)

…………

ワアアアアアアアアア

卯月「…………」

紗枝「…………」

バシャーモ「バシャ……」

メブキジカ「メブ……」ガクッ

恵磨『メブキジカダウンーー! よって……!』


169 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:41:10.953TbfxYeq0 (22/27)

恵磨『勝者、未央・卯月ペアー!!』

ワアアアアアア

紗枝「すんません、周子はん……負けてしまいましたわ……」

周子「ううん、ドンマイドンマイ! また挑戦しようよ」

未央「しまむー!」バッ

卯月「未央ちゃん!」

未央「やったよ、初戦突破!」


170 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:41:55.873TbfxYeq0 (23/27)

未央「しまむーのおかげだよ!」

卯月「そんな、私は足を引っ張ってばかりで……」

未央「ううん、そんなに謙遜する必要ないよ! 本当に!」

未央「でも、まだまだ喜んでられないよ……まだ1戦目なんだからさ!」

卯月「そうだね……! 連戦なんだから、気を引き締めないと……」



171 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:42:29.753TbfxYeq0 (24/27)

未央「よーし、ガンガン行くぞー!」

卯月「おー!」

恵磨『未央・卯月ペア、2戦目に突入だーッ!!』

ワアアアアアアアアアアアアア



172 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:42:59.983TbfxYeq0 (25/27)

…………

凛「…………ッ」

真奈美「勝負ありだな」

凛(負けた……)

真奈美「今回は私の勝ちだな」

凛(流石は最強のジムリーダー……強い……!)


173 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:43:57.413TbfxYeq0 (26/27)

真奈美「しかし、彼女らが君たちを推薦した理由がわかった気がするよ」

真奈美「君たちはまだ発展途上……きっとこれからもっと強くなる」

真奈美「今はまだ原石のままだが」

真奈美「磨き上げ、鍛えるのが我々の役目だ」

真奈美「さぁ……休憩したらさっそく次の修行に入るぞ」

凛「……はい!」


174 ◆.2RVExwkajVj2014/06/16(月) 01:46:54.833TbfxYeq0 (27/27)

今回はここまで

イリュージョンについては、ゲームとは違うんだよという事で。今回に限った話ではないですが
紗枝はんの口調も結構苦労しましたねぇ
京都へは何度か行ったことがありますが、京都弁って聞いたことがない気がします

次回投下は明日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました


175VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/16(月) 01:51:50.023739NiCKo (1/1)

乙、紗枝はんの口調はちょっと違和感あったけど
そもそもこんなに熱い紗枝はん初めて見たんだから当たり前っちゃ当たり前か
そして周子のゾロアークは予想できたはずなのに火炎放射まで気づかなかったちっくしょう


176VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/16(月) 02:19:21.17iYX5PwUh0 (1/1)

ポケスペのイリュージョンなんてタッグバトルの戦闘中に
いきなりパートナーのポケモンに変わったり、相手トレーナーに変わったりするもんな...


177 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 01:18:14.32suZyymR10 (1/53)

流石に3日連続で投下は無理があった!
明日には投下しますので、お待ちください

>>176
ポケスペではそんなことになってるんですか
プラチナ編で読み止めていたので知らなかったです
個人的にポケスペで好きなシーンはシロナさんのりゅうせいぐんのシーンですかね


178VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/17(火) 01:25:36.24R5CAXtuIo (1/1)

ポケモンはWEB漫画の方も結構良作が多いね


179VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/17(火) 15:39:49.732qqFEVMTo (1/1)

ポケモンはモバマスと同じで
細かく描かれない部分を妄想で補う余地が膨大にあるしな


180 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:34:43.65suZyymR10 (2/53)

投下します

ついに来ましたね、CG凛
リミテッドなので安定の見送りですが(血涙)
劇場にはおもわず感動してしまいました。おかげでかなり筆が進みましたよ
今回はかなり急展開なので強引な場面が多々ありますが、ご容赦ください


181 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:37:51.47suZyymR10 (3/53)

バトルライブ

ワァァァァァァ


恵磨『ああーーーっとォ! 決着ウウウウウ!』

卯月「……!」

未央「……!」

恵磨『第20戦目、未央・卯月ペアここでまさかの敗北だあああああああ!!』



182 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:38:48.79suZyymR10 (4/53)

恵磨『しかし初挑戦で19連勝はとてつもない快挙だよ!!』

恵磨『素晴らしいバトルを見せてくれた2人に、拍手ゥゥ!!』

瑞樹『素晴らしいバトルだったわ、掛け値なしに』

ワァァァァァァァァァ

パチパチパチパチ……


183 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:39:27.57suZyymR10 (5/53)

…………

未央「負けちゃったかー……」

卯月「あとちょっとだったのにね……」

未央「ま、しょうがないかー……悔しいけど、色々見えてきたこともあるし」

卯月「そうだね……もう一回、挑戦したいな」

未央「うん……ま、今日はもう無理だね。ポケモン達にもちょっと無理させちゃったし」

未央「さーて、そろそろしぶりんのとこに行こっか」



184 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:39:53.78suZyymR10 (6/53)

スタジアム

未央「しーぶりーん!」

卯月「凛ちゃーん!」

凛「! 未央、卯月」

凛「2人でどこ行ってたの?」

未央「へへ、ちょっとね」

卯月「ねー」

凛「?」


185 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:40:22.89suZyymR10 (7/53)

卯月「凛ちゃんは何してたの?」

凛「真奈美さんとバトル」

未央「真奈美さんと!? それでそれで、どうだったの!?」

凛「負けちゃったよ。凄く強かった」

卯月「凛ちゃんでも負けちゃうなんて……」

凛「今回だけだよ……次は絶対に勝ってみせる」

未央「おお、こりゃ私達も負けてらんないなー」



186 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:41:03.22suZyymR10 (8/53)

真奈美「おや、君たち」

卯月「真奈美さん」

真奈美「効いたぞ、バトルライブに挑戦したそうじゃないか」

未央「ええっ、もう知ってるんですか!」

真奈美「ライブアイドルから連絡があってな。『いつか戦うのを楽しみにしてる』と言っていたよ」

卯月「み、見られてたんだ……」

凛「バトルライブって?」

未央「ああ、それはねー……」

真奈美「……」


187 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:41:55.97suZyymR10 (9/53)

アイマス地方某所 シンデレラ団アジト

奈緒「なあ、加蓮」

加蓮「何?」

奈緒「そろそろまずいんじゃないか?」

加蓮「まずいって……何が?」

奈緒「決まってるだろ……あたし達の作戦だよ」

加蓮「そんなこと言ったって……アジトが移ったせいでまた振り出しに戻っちゃったし、しょうがないじゃん」

奈緒「でも、急がないと……」



188 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:43:24.99suZyymR10 (10/53)

加蓮「分かってるよ! でも、しょうがないでしょ!」

奈緒「……」

加蓮「……ごめん」

奈緒「いや……」

加蓮「きっと、大丈夫だよ……文香様なら、きっと大丈夫……」

奈緒「…………そうだよ、な」

カツン

奈緒「!」

加蓮「!」


189 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:43:50.20suZyymR10 (11/53)

ヘレン「あなた達……準備なさい」

加蓮「ヘレン様!? 準備って、一体?」

ヘレン「始まるのよ……世界を揺るがすシンデレラ団の計画が」

奈緒「!?」

ヘレン「フフ……既に私のハートとソウルはダンサブルよ!」

奈緒「そんな……まさか」

加蓮「文香様……!?」



190 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:44:27.66suZyymR10 (12/53)

ちひろ「ウフフ……」

文香「……」

ちひろ「協力、ありがとうございます♪」

文香「……っ」

ちひろ「お蔭で、ようやく我々の計画を実行に移せますよ」

ちひろ「遂に見つけました……」

ちひろ「伝説の秘宝、『てんかいのふえ』!」

こずえ「……ふわぁ?」

ちひろ「さぁ……行きましょうか?」


191 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:44:56.83suZyymR10 (13/53)

奈緒「どっ、どうすんだよ!?」

加蓮「わ、私に聞かれても……!」

奈緒「奴ら、本当にやるつもりだよな……!!」

加蓮「もしそうなったら……」

奈緒・加蓮「…………!!」

奈緒「駄目だ……それだけは絶対に駄目だ!」

加蓮「じゃあもう、やめさせる方法なんて……」

加蓮「……」


192 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:45:29.37suZyymR10 (14/53)

奈緒「加蓮?」

加蓮「私が……サーナイトのテレポートを使って何とか隙を突いて……」

奈緒「はっ!? お、おい、冗談だろ!? 危険すぎる!」

加蓮「でも、それしか方法が無いじゃん!!」

奈緒「……くそっ」

奈緒「とにかく、準備を急ごう……」



193 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:46:08.19suZyymR10 (15/53)






数日後







194 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:47:13.11suZyymR10 (16/53)

真奈美「何……?」

真奈美「……分かった」

ピッ

凛「どうしたんですか?」

真奈美「……捜査に動きがあった」

凛「!」



195 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:48:32.86suZyymR10 (17/53)

真奈美「いくつかのアジト候補のうち、奴らが現在潜伏しているであろうアジトの予測がついた」

未央「ってことは……」

真奈美「突入作戦が展開される」

卯月「突入……作戦!」

真奈美「すぐに作戦会議が始まる……君たちも準備を」

凛「わかりました……卯月、未央、行こう」

卯月「う、うん!」

未央「とうとうなんだね……わかったよ!」


196 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:49:17.45suZyymR10 (18/53)

シジョウシティ 警察

早苗「というわけで……」

早苗「各班に分けてアジトを捜索、シンデレラ団員を確保しつつ深部を目指すわ」

早苗「各自本部との通信連絡を怠らないように」

早苗「コラッタ一匹逃しちゃ駄目よ! 分かった!?」

早苗「今日で奴らとの戦いを終わらせるわよ!」

未央「凄い緊張感……」

卯月「うん……まるで……」


197 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:50:37.02suZyymR10 (19/53)

凛「戦争、だね」

卯月「戦争……」

凛「卯月、大丈夫?」

卯月「……心配しないで。怖いけど……大丈夫。私も、戦えるよ」

菜々「3人には、ナナが付きます! しっかりナナの指示に従ってくださいね!」

凛「うん……頼りにしてるよ、菜々」

菜々「任せてください!」

早苗「作戦開始は3時間後! それまでに各自準備を済ませて配置につくこと!」

早苗「さぁー、行くわよ!!」

ウオオオオオオオオオオオオオオ


198 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:51:19.33suZyymR10 (20/53)

…………

凛「私達はどこから?」

菜々「キサラギシティのフレンドリィショップからですね!」

菜々「おそらくシンデレラ団が現在潜伏していると考えられるアジトはホシイシティの地下から近い所です」

菜々「ですが、地下通路がどこまで繋がっているか分からない以上、それぞれの街に配置しないといけないんです」

菜々「どこから奴らが脱出するか分かりませんからね」

菜々「まぁ……ディグダ叩きみたいな感じですね」


199 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:51:53.15suZyymR10 (21/53)

菜々「ナナたちはキサラギシティから地下通路へ突入、ホシイシティのある大よその方角に向けて進んでいきます」

菜々「最悪シンデレラ団とは接触しない可能性もありますが、奴らの逃げ道を塞ぐという、重要な仕事になります」

菜々「気を引き締めて、行きましょう!」

未央「おぉ~さすがナナさん、頼りになる! オトナの貫録ってやつかな?」

菜々「お、大人……?」

凛「……」



200 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:52:23.35suZyymR10 (22/53)

凛(シンデレラ団との決戦……)

凛(本当は私も最前線に立ちたかったけど……)

凛(本当はここに立ってることさえ出来なかったんだ……贅沢は言ってられない)

凛(……結局真奈美さんには1度も勝てなかったし)

凛(……私は、私にできることを全力でやりきる)



201 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:53:08.85suZyymR10 (23/53)

キサラギシティ

菜々「……」

卯月「……」

未央「……」

凛「……」

菜々「時間です」

菜々「行きましょう」

「「「了解!」」」

警官「お気をつけて」

菜々「はい。ここは頼みましたよ」


202 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:54:38.47suZyymR10 (24/53)

…………

カッ カッ カッ

凛「……いないね」

菜々「そうですね……ホシイからの突入班が上手くやっているのかもしれませんね」

未央「何かあっけないよねー。せっかく捜査本部に入れてもらえたってのに、結局何にもしてないし」

卯月「未央ちゃん、あんまりそういう事は……」

未央「わかってるって。そりゃ本当は私達が何もしないほうが、いいことなんだろうけどさ」

凛「2人とも、気を抜いちゃだめだよ」

未央・卯月「はぁーい」



203 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:55:05.35suZyymR10 (25/53)

真奈美「……少ない」

裕子「? どういう事ですか?」

真奈美「シンデレラ団の奴ら、居ることは居るが、数が少なすぎる」

真奈美「……もうすぐ最深部か?」

シンデレラ団員「そ、そうだよ! チクショー!」

真奈美「この先に、待ち構えているというのか……?」

裕子「! 見えてきましたよ! 多分あの扉の奥が……」タタタ

裕子「さいきっく・開けゴマ!!」バァーン


204 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:56:30.65suZyymR10 (26/53)

真奈美「!」

裕子「!」

「ようこそ」

真奈美・裕子「!!」

裕子「シンデレラ団、ボス……!」

真奈美「ちひろ……!」

麗奈「アーッハッハッハ!」

真奈美「じゃない!!」

裕子「あっれぇ」


205 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:57:07.83suZyymR10 (27/53)

麗奈「まんまと引っかかったわね! 間抜け共!」

バタン

裕子「扉が!」

真奈美「まさか……誘い込まれたか!」

麗奈「ゲホゲホッ……そうよ、その通り!」

麗奈「アタシ達は囮……!」

シンデレラ団員1「……」スッ

シンデレラ団員2「……」スッ

シンデレラ団員3「……」スッ


206 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:57:40.55suZyymR10 (28/53)

麗奈「アンタ達ジムリーダー共をこのアジトに閉じ込めて時間を稼ぐ!」

麗奈「それがアタシ達の役目よ! 気にくわないけど!」

真奈美「クソッ……本部との連絡が通じない」

麗奈「ジャミングよ! それぐらい当然だわ!」

真奈美「裕子君!」

裕子「任せてください! フーディン、テレポ」

麗奈「おっと、そうはさせないわよ!」

麗奈「ゴルバット!」



207 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:58:25.23suZyymR10 (29/53)

ゴルバット「ゴルバー!」ポンッ

バサバサバサ

裕子「うわぁっ」

真奈美「裕子君! トレーナーを直接狙うとは……!」

麗奈「アーッハッハッハ! アレよ、ここを通りたくば、アタシ達を倒してからにしろ!! ってヤツよ!」

裕子「くぅ……」

真奈美「大丈夫か!?」

裕子「は、はい」

真奈美「倒してから、か……ならばお望みどうり、倒してやろう」


208 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 22:59:20.86suZyymR10 (30/53)

ピピピピピピ

菜々「はい、ナナです!」

早苗『良かった、繋がった!』

菜々「? どうしたんですか?」

早苗『それが、他のジムリーダー達や突入班と通信が繋がらなくなっちゃったのよ!』

早苗『しかも……!』

菜々「しかも……?」


209 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:00:20.80suZyymR10 (31/53)

早苗『ああ、とにかく、すぐに地上に戻ってきて! そしたらすぐにわかると思うわ!』

菜々「よ、よくわかりませんが、急いで戻ります!」

早苗『頼んだわよ! ああもうっ、どうして繋がらないかなあ!』

ガチャッ

凛「何があったの?」

菜々「分かりませんが……すぐに地上に戻ってほしい、そうしたらすぐにわかる、と……」

卯月「何か、重要なことが……?」

未央「とにかくさ、戻ってみようよ!」

菜々「そ、そうですね! 引き返しましょう!」

タタタタタタタッ


210 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:01:11.06suZyymR10 (32/53)

バッ

菜々「つ、疲れた……」

未央「地上に出たけど、何が……」

卯月「! み、皆、アレ! あっちの方向!」

凛「……」

凛「!?」

凛「何……あれ」



211 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:02:16.56suZyymR10 (33/53)

凛(見上げた先……ホシイシティの方角)

凛(この地方の中心に位置する、伝説のポケモンが眠るとされる場所)

凛(その場所が、巨大な、光の柱に包まれていた)

ピピピッ

菜々「ささささ、早苗さん!? 一体あれは!?」

早苗『私達にも分からないわ……ただおそらくは……シンデレラ団の仕業』

菜々「……ッ」



212 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:02:58.61suZyymR10 (34/53)

菜々「他のジムリーダー達と連絡は!?」

早苗『まだ繋がらないわ……』

菜々「……今すぐ向かいます!!」

早苗『ちょっ、菜々ちゃん!? 待ち ブチィッ

未央「菜々さん!」

菜々「あの街は、ナナの大切な街です!」

菜々「2度も、シンデレラ団の好きにはさせません!」

菜々「今度こそ、ナナが止めて見せます!!」


213 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:03:51.10suZyymR10 (35/53)

凛「待って、ナナ!!」

凛「私達も行くよ」

未央「そうだよ! 一人でなんて、無茶だよ」

卯月「私達も、力になります!」

菜々「……」

菜々「はい、ナナからもお願いします」

凛「……意外だね。てっきり止めるかと思ったよ」


214 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:05:27.04suZyymR10 (36/53)

菜々「…………何ででしょうか。不思議な感じなんです」

菜々「ナナひとりでは、無理かもしれません……というか無理でしょう」

菜々「でも、皆さんがいてくれると、いける……そんな気がするんです」

菜々「お願いです! ナナに、力を貸してください!」

凛「菜々……」

凛「わかった、急ごう!」

未央「こりゃあ~また真奈美さんに怒られるコースだねぇ」

卯月「あ、あはは……そうだね」


215 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:06:52.71suZyymR10 (37/53)

ホシイシティ

卯月「近くで見ると……すごい迫力、だね……」

未央「一体何でこんなことに……?」

菜々「よかった、街の人たちは無事なようです」

凛「シンデレラ団は?」

菜々「多分……この光の中……遺跡の方かと……」

未央「そーっ……うわっ、腕が!」



216 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:07:24.33suZyymR10 (38/53)

卯月「未央ちゃん、どうしたの?」

未央「見てよこれ、手が吸い込まれるみたい!」

未央「っていうか抜けないんだけどこれ!」

菜々「どうやら、この光は内側と外側を分ける隔壁のような役割をしてるみたいですね」

菜々「中に入ったら、この光が消えるまでは出られないのかも……」

未央「うえええええ!?」

未央「で、でもシンデレラ団を止めるには、この中に入るしかないってことだよね」

菜々「そうなりますね……」


217 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:08:10.00suZyymR10 (39/53)

菜々「覚悟を、決めましょう!」

卯月「覚悟を……」

菜々「シンデレラ団を倒して、奴らのやろうとしている何かを阻止すれば、きっと消えるはずです!」

凛「そうだね……シンデレラ団を倒して、皆で戻ってくればいいんだよ」

卯月「……うん!」


218 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:08:40.05suZyymR10 (40/53)

未央「わかったよ……じゃあ、私から行くよ!」

ズズズズズ……

卯月「怖いけど……卯月、頑張ります!」

ズズズズズ……

菜々「菜々たちが、必ずシンデレラ団を止めてみせます!」

ズズズズズ……

凛「……私も……」

「凛!?」


219 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:09:21.54suZyymR10 (41/53)

凛「……?」

凛「も、モバP!? 何でここに……」

P「この光の柱が見えたから、来てみたんだよ」

P「凛……お前達がシンデレラ団捜索本部に入ったってことは聞いてる」

P「今……卯月と未央、それに……ジムリーダーの菜々さんがあの光の中に入ってったよな」

P「……まさか」

凛「うん……多分あの中に、シンデレラ団がいる」



220 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:10:28.48suZyymR10 (42/53)

凛「私達しか、動けない状況なんだ」

P「お前も、行くのか」

凛「私達が行かないと……きっと、良くないことが起こる」

凛「私達が行かないと」

P「……そうか」

P「本当は止めたいところだが……止めても、無駄なんだな」

凛「うん……例えPさんに止められたとしても、私は行くよ」


221 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:11:01.10suZyymR10 (43/53)

P「なら、止めはしない」

P「その代わり、約束しろ」

P「必ず全員で、無事に帰ってこい」

凛「……わかった。約束するよ」

P「…………信じてるからな」

P「これ、もってけ」

凛はマスターボールを手に入れた!


222 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:11:30.72suZyymR10 (44/53)

P「何かの役に立つかもしれない……まあ、お守り代わりってことで」

凛「……ありがとう」

凛「それじゃあ、皆待ってるから……行くね」

P「ああ……行って来い!」



223 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:12:31.18suZyymR10 (45/53)




P『ポケモンを持って、旅に出たいだって?』

凛『……うん』

P『…………』

P『お前がそんなこと言うなんてなあ……想像してなかったよ。てっきり未央辺りが言い出すと思ってた』

P『もしかして、昨日のテレビ見たからか?』

凛『……』コクン

P『ああ、あれは確かに凄まじい試合だったよな。俺もすげー興奮したよ』



224 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:14:01.25suZyymR10 (46/53)

P『そうかぁ……凛がなぁ……』

凛『どうにか、ならないかな』

P『うーん……』

P『未央や卯月も、旅に出たいって言ってるのか?』

凛『未央は言ってたよ。卯月も口には出してないけど……旅がしたいって思ってはいる感じだった』

P『そうか……』



225 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:14:56.09suZyymR10 (47/53)

P『んー』

P『わかった』

凛『!』

P『時間は必要だけど……お前たちの為に、パートナーとなるポケモンを用意できるか試してみるよ』

凛『本当に!?』

P『ああ。ただ、相当時間がかかる。多分、1年くらいは……待てるか?』

凛『旅に出られるなら……待つよ』

P『……そうか』


226 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:15:39.47suZyymR10 (48/53)

凛『……やった』グッ

P『……』





凛(…………)


227 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:16:12.95suZyymR10 (49/53)

凛(多分、モバPは私達に旅に出てほしくないって思ってた部分があったんだと思う)

凛(……もちろん、送り出してやりたいって気持ちもあったんだろうけど)

凛(モバPはポケモン研究者だけど、トレーナーでもあるから、ポケモンの3匹くらい、すぐに用意できたはずなんだ)

凛(それこそ、私が美玲たちにやってあげたみたいに、捕まえるのを手伝ったようにすることだってできたはず)

凛(そうしなかってことは……)



228 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:17:01.09suZyymR10 (50/53)

凛(だから1年なんて期間を設けて、熱が冷めるのを待ってた)

凛(1年たって、私たちがまだ旅に出たいって言うなら、笑って送り出す……そんな、モバPなりの譲歩だったのかも)

凛(……あくまで私の憶測に過ぎないけど)

凛(私があんなことを言い出さなかったら……モバPはどうしていたんだろう)

凛(私達は、どうなっていたんだろう)



229 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:18:02.10suZyymR10 (51/53)

凛(旅は楽しいことばかりじゃない。それは旅を通じて良くわかった)

凛(モバPは、私たちを危ない目に会わせたくなかったのかな)

凛(……ごめんね)

凛(そして、ありがとう)

凛(もしあの時モバPが反対していたら……きっと私は、旅には出ていなかったんだと思う)

凛(でも……私が一歩目を踏み出せたのは……)

凛(今の私があるのは……)


230 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:18:59.55suZyymR10 (52/53)

凛(だから私は…………私を支えてくれる皆を、モバPを……)

凛(守って見せる)





凛(絶対に!)




231 ◆.2RVExwkajVj2014/06/17(火) 23:24:01.59suZyymR10 (53/53)

今回はここまでです

今回のガチャ更新と劇場を受けて、今日中にここまでやりたくて話を詰めました
本当はライブアイドルが登場してバトルする予定だったりしたんですけどね。きちんと今後登場させる予定なので、ご了承ください

とりあえず、CoPは頑張ってください

次回投下は明後日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました


232VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/17(火) 23:30:56.45xPJxbaHEo (1/1)

乙、今回も良かったよ
読んでていつかモバPとも戦わないかなーとか考えてたわ


233VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/18(水) 21:15:06.57H9FjHUZO0 (1/2)

乙。シンデレラ団の狙いは創造神か。
しまったな。前スレの幸子の手持ちのくだりで「神と呼ばれし者」とかもったいぶらないで、ヒマナッツっていえばよかった。そしたら今頃
「シンデレラ団の狙いは創造神か。これは神を従えし幸子の出番だな。なにしろ暇夏神は『あり得ない強さ』に定評があるからな。絶対勝てよ。俺はスカイラン[ピザ]ーの準備しとくからさ」
って言ってたのに。


234VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/18(水) 21:18:23.17V5BypLmvo (1/1)


いつかキマワリだってメガ進化するさ


235VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/18(水) 22:27:41.16H9FjHUZO0 (2/2)

キマワリは一輪の花ゆえ瞳子さんに持たせたいんだよなあ(二人三脚的な意味でも)。あとヒマナッツを幸子にイメージしたのは、ある日突然空から降ってくるところが幸子 in the Skyにマッチしてるってのが理由。ただネタ抜きに持たせるなら個人的にはヘルガーかカエンジシのどっちか。インディヴィジュアルズ、シャンデラぶっ刺さってるからこいつを安定して狩れる奴がほしい。


236VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/19(木) 20:05:36.59NclSAVEOo (1/1)

犬枠のガーディから他称・伝説のウィンデイも似合いそう


237 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:06:02.453GYuY76M0 (1/26)

投下します
たった1匹の厳選に非常にてこずり中。しかし妥協はしたくない、頑張ります

ヒ、ヒマナッツは可愛いから……


238 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:06:32.553GYuY76M0 (2/26)

ズズズズズズ……

未央「しぶりん、やっと来たねー。何かあったの?」

凛「……」

凛「ううん、何でもないよ」

凛「どういう状況か分かる?」

菜々「遺跡自体は普段と変わりないみたいです」


239 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:07:47.753GYuY76M0 (3/26)

菜々「ただ、恐らくこの先には大勢のシンデレラ団が待ち構えているかと……」

菜々「ボス達がいるのは、おそらく遺跡の上部にある祭壇の方です」

菜々「そこまでは遺跡の中を通るんですが……」

菜々「狭い通路や部屋が続くので、避けては通れないと思います」

未央「空から行くってのはどうなの?」

菜々「駄目ですね……見てください」


240 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:09:39.103GYuY76M0 (4/26)

ゴルバット「ゴルバー」バサバサ

オンバーン「オンバー」バサバサ

卯月「あれは……たくさんのひこうポケモンが……」

菜々「恐らく空から近づこうとするポケモンやトレーナーを迎撃するためでしょう」

卯月「ということは……」

凛「一人ずつ始末していくしかないってことだね」

未央「始末って、物騒なこと言うねしぶりん」

凛「そうと決まれば……早速行こう」

菜々「そうですね、行きましょう!」


241 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:12:02.403GYuY76M0 (5/26)

シンデレラ団員1「シー」

シンデレラ団員2「ンー」

シンデレラ団員3「デー」

シンデレラ団員4「レー」

シンデレラ団員5「ラー」

未央「へへっ、楽勝楽勝!」

卯月「良い調子だねっ」

菜々「このまま進みましょう!」



242 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:12:52.013GYuY76M0 (6/26)

タタタッ

凛「!」

凛「危ない!」

ボボボンッ

凛「……! アンタは」

時子「あーらあらあらあら。いつぞやのガキじゃない。今度は愉快な仲間達を連れての登場かしら」

凛「幹部・時子……!」



243 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:13:29.283GYuY76M0 (7/26)

時子「まぁ、何人いようが同じだわ。この先には行かせない。全員この場で……」

卯月「……」スッ

凛「卯月……?」

卯月「みんな、ここは私が引き受けるから……先に行って」

時子「ハァ?」

未央「し、しまむー!?」

菜々「卯月ちゃん!?」


244 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:15:11.133GYuY76M0 (8/26)

卯月「私は皆ほど強くはないかもしれない……けど、この人一人だけなら、足止めくらいは、出来ると思う……」

卯月「だから、ここは私に任せて!」

未央「しまむー……」

凛「卯月……」

菜々「…………」

菜々「2人とも、行きましょう」

未央「な、菜々さん!」

凛「未央、行こう」

菜々「しぶりんも!」


245 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:15:40.633GYuY76M0 (9/26)

凛「今は急がないと……1秒だって時間が惜しい状況なんだから」

未央「……」

未央「わかったよ」

卯月「大丈夫、未央ちゃん! きっとすぐに、私も追いつくから!」

未央「うん……絶対だよ!」

タタタタタタッ

時子「! 行かせないわ……ブーピッグ! サイコキネシスで……」

ブーピッグ「ブピ」ゴゴゴ


246 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:16:11.403GYuY76M0 (10/26)

卯月「バシャーモ! ブレイズキック!」

バシャーモ「バシャ!」ゴゴッ

ブーピッグ「!」

時子「……チッ」

時子「まあいいわ。小娘一匹、さっさと捻り潰して残りを片付けるとしましょう」

卯月「……さっき」

時子「……?」

卯月「足止めするって言いましたけど」



247 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:18:55.453GYuY76M0 (11/26)

卯月「負ける気は、さらさらありませんから……私は、あなたを倒します」キッ

時子「……舐められたものね」

時子「まったく、これだからガキは……」ゴゴゴゴゴゴ

時子「けど……いいわ……その眼!」

時子「その力強い眼が絶望に染まる瞬間……考えただけでゾクゾクするわね」

時子「さぁ、かかってきなさい……!」


248 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:19:21.583GYuY76M0 (12/26)

タタタタッ

凛「……」

未央「しまむー、大丈夫だよね?」

菜々「……」

凛「……大丈夫だよ。卯月は強い」

未央「……そうだよね」


249 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:20:02.653GYuY76M0 (13/26)

凛「菜々、上まであとどのくらい?」

菜々「今で大体3分の1くらい……まだまだです」

凛「……急ごう」

タタタッ

「待ちなさい」

凛「!」

菜々「!」

未央「アンタは!」


250 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:20:53.713GYuY76M0 (14/26)

ヘレン「そう、私よ!」バーン

未央「幹部・ヘレンッ」

未央「……!」キッ

ヘレン「怖いわね。まだあの時の事を恨んでいるのかしら」

未央「っ……当然、でしょ」

ヘレン「……まぁいいわ」

ヘレン「ここを通りたいのでしょう? 行くと良いわ」

凛「え?」


251 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:21:32.163GYuY76M0 (15/26)

ヘレン「ただしそこのパッションガール……アナタはここで私とバトルをしなさい」

未央「……どういうつもり?」

ヘレン「深い意味は無いわ。悪くない条件でしょう?」

凛「未央……」

未央「望むところだよ。あいつには返さなきゃいけない借りがたくさんあるんだから……」

未央「今度こそ、倒す!」

未央「しぶりん、菜々さん、行って!」



252 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:22:11.043GYuY76M0 (16/26)

凛「……未央」

凛「わかった……けど」

未央「もちろん……すぐに追いつくよ」

凛「……うん」

菜々「未央ちゃん、くれぐれも気を付けてくださいね!」

菜々「行きましょう、凛ちゃん!」




253 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:22:56.923GYuY76M0 (17/26)

タタタタタッ

菜々「とうとう2人になってしまいましたが……急ぎましょう!」

凛「うん」



凛(2人の幹部は卯月と未央が相手している)

凛(残りのメンバーで、注意すべきは幹部のまゆとボスのちひろ)

凛(きっとどっちも一筋縄じゃいかない)

菜々「はぁっ、はぁっ……待ち構えるシンデレラ団も少なくなってきましたね……」

凛「あとどのくらい!?」


254 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:23:46.613GYuY76M0 (18/26)

菜々「この先にある大広間を抜けて、奥の階段を登れば……祭壇のある頂上に出ます!」

凛「もうすぐだね……」



ザッ

凛「! やっぱり、来たね」


255 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:24:31.023GYuY76M0 (19/26)

まゆ「うふふ……」

凛「まゆ」

まゆ「凛ちゃんに……ジムリーダーさんですか」

凛「そこをどいて……って言って素直にどくワケないよね」

まゆ「そうですねぇ……まゆはここの守りを任されたわけですから……2人とも通しませんよ?」

凛「……『ここは任せて先に行って』は使えないってこと……」

まゆ「通してほしければ……まゆを倒してからにしてくださいね」


256 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:25:13.133GYuY76M0 (20/26)

菜々「なら、ナナが……」

凛「いや、菜々……ここは私にやらせてくれない?」

菜々「凛ちゃんが? でも……」

凛「個人的に、あのまゆとは……私が戦って白黒つけておきたいんだ」

凛「タダのわがままだけど……いい?」

菜々「……わかりました。凛ちゃんにお任せします」

菜々「その代わり、勝ってくださいね? ナナ、応援してますから」

凛「……もちろん」



257 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:25:51.313GYuY76M0 (21/26)

まゆ「ふふ……凛ちゃんが先ですか?」

まゆ「まゆも……凛ちゃんとは戦ってみたかったんですよ……」

まゆ「……初めて会った時のこと、覚えてますか?」

凛「おしゃべりしてる暇は無いんだけど……パーティーでのこと?」

まゆ「そうです……あの日、まゆは運命の相手を見つけたんです」

凛「……は?」



258 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:26:54.363GYuY76M0 (22/26)

まゆ「凛々しくて、とても格好いい……一目で、あの人がまゆの運命の相手なんだって分かりました」

まゆ「でも……その人の傍には、ある女の子がいたんです」

まゆ「まゆとの仲を引き裂いて、あの人を奪おうとする、女の子が……」

凛「何言って……」

まゆ「ねぇ……凛ちゃん。私、許せないんですよ」

まゆ「その女の子の事が、とっても憎くって、憎くって……」

ゴゴゴゴゴゴ……



259 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:27:25.943GYuY76M0 (23/26)

凛「!」

菜々「揺れが……」

まゆ「でも、今」

まゆ「チャンスが巡ってきたんです」

まゆ「その女の子を潰す、絶好のチャンスが……」

凛「……まさか」ゾク

菜々「な、何だかキケンな雰囲気が……」ミミミン



260 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:28:19.163GYuY76M0 (24/26)

まゆ「うふふふふふふ」

まゆ「凛ちゃん?」

まゆ「人の恋路を邪魔する奴はギャロップに蹴られて地獄に堕ちろ……って言うじゃないですか」

まゆ「……今から私が、地獄に送ってあげますからねぇ……」

まゆ「私とモバPさんの間を引き裂こうとする……憎き凛ちゃんをッ!」



シンデレラ団幹部のまゆが勝負を仕掛けてきた!


261 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:28:57.573GYuY76M0 (25/26)

凛 手持ちポケモン

・ゲッコウガ ♂ Lv.54 げきりゅう
みずしゅりけん/くさむすび/なげつける/みがわり
やんちゃなせいかく まけずぎらい

・ムクホーク ♂ Lv.52 いかく
とっしん /ブレイブバード/インファイト/はねやすめ
いじっぱりなせいかく うたれづよい

・ドリュウズ ♀ Lv.52 すなかき
じしん/アイアンヘッド/つのドリル/いわなだれ
せっかちなせいかく ものおとにびんかん

・サンダース ♀ Lv.51 はやあし
シャドーボール/かみなり/でんこうせっか/でんじは
おくびょうなせいかく ひるねをよくする

・モノズ ♂ Lv.49 はりきり
りゅうのはどう/かみくだく/ドラゴンダイブ/ほえる
なまいきなせいかく ちのけがおおい


262 ◆.2RVExwkajVj2014/06/20(金) 00:39:55.063GYuY76M0 (26/26)

今回はここまで

せっかく新パーティーを考えたのにまだ1匹目すら厳選が終わらない!
作り終えたころには燃え尽きてそう
投下に影響は出さないので、ご安心を

次回投下は明後日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました


263VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/20(金) 01:22:58.671hnKsNdDO (1/1)

卯月「別にアレを倒してしまっても構わんのだろう」発動か…


264VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/20(金) 07:10:24.96drofJrKro (1/1)


勝手に脳内にBGMまで流れて非常に熱い展開になってるわー
それぞれの幹部戦出来れば全部見たいけどどうなるかな


265 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:02:43.07tu0dpczn0 (1/26)

投下します

>>264
フルでお届けというわけにはいきませんが、それなりに見せる予定です
その分長くなりそうですが



266 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:03:19.89tu0dpczn0 (2/26)

時子「ブーピッグ! サイコキネシス!」

ブーピッグ「ブピ!」ゴゴゴゴ

卯月「バシャーモ、逃げて!」

バシャーモ「バシャ!」

時子「チッ、ちょこまかと……」

卯月「大丈夫、落ち着いて……マストレさんに教わったことを思い出して……」



267 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:03:45.74tu0dpczn0 (3/26)

時子「シャドーボール!」

ブーピッグ「ブピー!」ボッ

卯月「! 弾き返して!」

時子「何!」

バシャーモ「バシャ!」ドカッ

ブーピッグ「ブピィ!?」ドゴ



268 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:04:51.62tu0dpczn0 (4/26)

卯月「! やった!」

時子「やってくれるわね……!」

時子「立ちなさい! まだ行けるはずよ!」

卯月「!」

ブーピッグ「ブピ……!」

卯月「……負けません」



269 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:05:32.18tu0dpczn0 (5/26)

ヘレン「ミロカロス!」ポンッ

ミロカロス「ミロー」

ミロカロス みず いつくしみポケモン
最も美しいポケモンと言われる
大きな湖や海の底に住む
その美しい姿は見たものの怒りや憎しみを洗い流すという

ヘレン「フフ……やはり美しいわ。それでこそ私のポケモンよ」

未央「……あのポケモン」



270 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:06:58.39tu0dpczn0 (6/26)

未央「あいつが一番厄介だ」

未央「早く何とかしないといけないんだけど……」

未央「よし……最近捕まえたこいつで……!」

未央「エレザード!」

エレザード「エレザー!」

エレザード でんき/ノーマル はつでんポケモン 
襟巻を広げて発電する
エレザード一匹で高層ビルに必要な電力を作れる
電気で筋肉を刺激し脚力をパワーアップさせることも



271 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:07:38.28tu0dpczn0 (7/26)

未央「エレザード、10まんボルト!」

エレザード「エレザー」バリバリバリ

ミロカロス「ミロ」バババ

未央「……」

ヘレン「いいわね。ミロカロス、じこさいせいよ」

ミロカロス「ミロ」パァ

未央「あれだ……高い耐久と、回復性能」


272 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:08:40.07tu0dpczn0 (8/26)

未央「そもそものレベル差もある……いくら弱点を付けてもこれじゃあ……」

ヘレン「ミロカロス、れいとうビーム!」

ミロカロス「ミロ」ビビビビ

未央「10まんボルトで相殺して!」

エレザード「エレ」バリバリバリ

ドォォォォォン

ヘレン「なかなかやるわね。それでこそ心躍るというものよ!」



273 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:09:24.13tu0dpczn0 (9/26)

未央「……」

未央「ひとつ聞きたいんだけど」

ヘレン「何かしら」ファサッ

未央「どうして……私に拘るの?」

ヘレン「……知りたいかしら?」

ヘレン「私に勝ったら教えてあげるわ……それがトレーナーというものでしょう?」

未央「意味わかんないよ……!」



274 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:10:28.28tu0dpczn0 (10/26)

凛「…………」

まゆ「…………」

凛「サンダース!」ポンッ

まゆ「ニンフィア!」ポンッ

サンダース「ダース!」

ニンフィア「フィア!」



275 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:10:56.08tu0dpczn0 (11/26)

凛(ニンフィア……サンダースと同じ、イーブイの進化系……)

凛(晶葉の話では……触角を通じて癒しの波動を送り込む……だっけ)

凛(ということは、サポート・回復系のポケモン? とりあえず様子を……)

まゆ「うふふ……いきますよ? ニンフィア、ハイパーボイスです」

ニンフィア「フィアー」フィアー

凛「サンダース、避け……」

サンダース「!」

ゴォッ

凛「!」


276 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:11:54.61tu0dpczn0 (12/26)

ヒュッ

まゆ「あら」

サンダース「ダース」スタッ

凛「良かった、サンダース!」

凛(……けど)

凛(ハイパーボイス……何て威力……全然サポートタイプじゃない気がするんだけど)ビリビリ

凛(サンダースと互角……いや、サンダース以上の火力……早めにケリつけないと、まずいね)

凛「サンダース、かみなり!」


277 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:12:33.46tu0dpczn0 (13/26)

サンダース「ダース!」ゴロゴロゴロ

サンダース「ダァー!」バリバリバリ

ニンフィア「フィア」ドォォォォォン

凛「どう……!?」

ゴゴゴゴゴゴ

ニンフィア「フィア」

凛「そんな……!?」

凛(あまり効いてない……!?)


278 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:13:07.50tu0dpczn0 (14/26)

菜々「凛ちゃん! ニンフィアは高い特殊耐久と特殊攻撃を持っています!」

菜々「ただその分、物理耐久や素早さはそこまでなので、攻めるなら物理がいいですよ!」

凛「ありがとう……菜々」

凛「サンダース、一旦戻って!」

凛「お願い、ドリュウズ!」ポンッ

ドリュウズ「ドリュウ!」



279 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:15:36.10tu0dpczn0 (15/26)

まゆ「うふふ……あくびです」

凛「? どこに撃って……」

ニンフィア「フィア~ッ」フワァ



菜々「へっ?」



凛「え」

菜々「ナ、ナナですか!?」ガビン


280 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:16:51.96tu0dpczn0 (16/26)

菜々「あ、あ、まずいです……ね、眠気が……」

菜々「り、凛ちゃん……ごめんなさ……」フラフラ

菜々「がくっ」ガクッ

まゆ「五月蝿い外野には黙っていてもらいますよぉ……真剣勝負なんですから」

凛「菜々!」

まゆ「本当はハイパーボイスを撃ち込んであげてもよかったんですが……まゆなりの優しさ、ってやつですよ」

凛「……どこが優しいんだか」



281 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:17:17.14tu0dpczn0 (17/26)

まゆ「……とにかく」

まゆ「わざわざ苦手なポケモンを前に出すつもりはありませんよ……」

まゆ「ニンフィア、一旦戻ってください」

まゆ「そして、頼みましたよ……ブルンゲル!」

ブルンゲル「ブルン」ポンッ

ブルンゲル みず/ゴースト ふゆうポケモン
体の大部分が海水。その海水を吹きだして海中を進む
生命エネルギーが大好物
ブルンゲルの住居に迷い込んだ船は沈められ、乗組員の命は吸い尽くされてしまうという


282 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:19:06.94tu0dpczn0 (18/26)

まゆ「うふふ……さぁ、バトルはまだまだ始まったばかりですよぉ……」

菜々「ZZZ……」スピー

凛「ドリュウズ、いわなだれ!」

ドリュウズ「ドリュウ!」ゴゴゴ

ガラガラガラ

まゆ「躱して、おにびです」

ブルンゲル「ブルン」ボッ


283 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:19:45.27tu0dpczn0 (19/26)

ドリュウズ「ドリュ!?」ボッ

凛「……しまった」

凛「ドリュウズ、もう一度いわなだれ!」

ドリュウズ「ドリュ……ドリュ!?」ピキ

凛「!? どうしたの、ドリュウズ」

凛(いわなだれが……だせない?)

凛「……! のろわれボディ」


284 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:20:22.99tu0dpczn0 (20/26)

まゆ「正解です♪ しばらくの間いわなだれは封印ですよぉ」

凛「くっ……」

まゆ「いいんですよぉ? また交換しても……」

まゆ「そうすればそうするだけ、まゆが有利になるだけだと思いますけど……」

凛(駄目だ……まゆのペースに呑まれちゃ! どうにかして状況を打開しないと……)

まゆ「うふふふふ……」



285 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:22:10.14tu0dpczn0 (21/26)

オトナシ遺跡 頂上



ちひろ「……」

ちひろ「むかーしむかし、遥か昔……世界には、何もありませんでした」

ちひろ「そこに、1つのタマゴがあらわれ、中からポケモンが生まれました」

ちひろ「ポケモンは、自身の力を使って、2つの分身を生み出しました」



286 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:22:40.08tu0dpczn0 (22/26)

ちひろ「1つの分身は時間を生み出し」

ちひろ「もう1つの分身は空間を広げました」

ちひろ「時間と空間が生まれ、動き出した世界にやがてポケモンやヒトが産まれ始めました」

ちひろ「するとそのポケモンは、新たに3つのポケモンを生み出しました」

ちひろ「1匹は知識、もう1匹は感情、さらにもう1匹は意思を他のポケモンやヒトに与えました」

ちひろ「こうして今の世界が創られのです」


287 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:23:13.47tu0dpczn0 (23/26)

ちひろ「そして、役目を終えたそのポケモンは、ここではないどこかで、永い、永い眠りにつきました……とさ」

ちひろ「めでたし、めでたし」



ちひろ「いやぁー、素敵なお話ですね」

文香「……本気、なんですね……」

ちひろ「……もちろんです」


288 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:24:14.74tu0dpczn0 (24/26)

ちひろ「…………止めないんですか?」

文香「……私には、あなたを止める力が……ありませんので……」

ちひろ「潔くて大変よろしい♪」

ちひろ「本当はあなたはもう用済みなので、どうしてやってもいいのですけど……」

ちひろ「ここまで導いてくれたお礼です。この場所から、見せてあげましょう」

ちひろ「神の再臨……そして、新たなる世界の創造を」

こずえ「ふわぁ……かみ、さまー?」

ちひろ「そうですよ、こずえちゃん。あなたの役目は、これからです」


289 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:26:51.74tu0dpczn0 (25/26)

ちひろ「……いよいよ」

ちひろ「いよいよ、シンデレラ団の……私の悲願を達成するとき」



ちひろ「はじまりのポケモン・アルセウスを……目覚めさせるとき」






290 ◆.2RVExwkajVj2014/06/22(日) 00:28:48.17tu0dpczn0 (26/26)

今回はここまで

↓アニメ見て思いついた
http://i.imgur.com/hfsTMEv.png
個人的な話ですが、仁菜ちゃんの声はユリーカ役の伊瀬茉莉也さんで再生されます

次回投下は明日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました


291VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/22(日) 11:35:26.56jN7qpmFE0 (1/1)

乙ですー
ポケモンの図鑑の説明とバトルでの性能は結びつかないもの(マッハ○○とかを思い出しつつ)

アルセウスが出てきたら一体どうなってしまうのか…


292VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/22(日) 11:59:09.44jMgWYbjgo (1/1)


オトナシ遺跡で吹いた、ついに遺跡にまでなったか…
時代が違うという暗喩ですかね


293 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:08:39.32Y9jIHYHp0 (1/27)

パソコンの調子が悪く、投下が遅れてしまいました
今から投下します

>>291
初代のポケモン図鑑なんかはいつ見ても面白いですよね
インド象やらナパーム弾やら東京タワーやら

>>292
そ、そんなつもりは……1割くらいあったりする


294 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:09:51.75Y9jIHYHp0 (2/27)

ドリュウズ「ドリュッ」ボッ

凛「くっ……」

ドリュウズ「ドリュ」ガクッ

ブルンゲル「ブルン」

まゆ「まずは一匹突破ですねぇ」

凛「おつかれ、ドリュウズ」


295 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:10:35.70Y9jIHYHp0 (3/27)

凛(流石にあの歳で幹部ってだけのことはある……強い)

凛(……戦いはここだけじゃない)

凛(まだ、シンデレラ団ボス・ちひろが残ってる)

凛(菜々さんが頼りないって訳じゃないけど、ここで全力を使い切るわけにはいかない)

凛(ここはなるべく温存していく……)












凛(なんてのはナシだよ!!)

凛「ゲッコウガ!」



296 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:11:21.31Y9jIHYHp0 (4/27)

ゲッコウガ「ゲコ!」ポンッ

凛「全力で倒す!」

まゆ「クールそうな印象でしたが、意外と熱血ですねぇ。そういうの、嫌いじゃないですけど」

まゆ「アツいのが好きなら、どうぞ喰らってください……おにび!」

ブルンゲル「ブルン」ボッ

凛「ジャンプして躱して!」



297 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:12:04.12Y9jIHYHp0 (5/27)

まゆ「なら……シャドーボールです」

ボッ

凛「もう一度躱して!」

ゲッコウガ「ゲコ」

まゆ「空中でもお構いなしですか……」

凛「くさむすび!」

ゲッコウガ「ゲコッ」バッ


298 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:12:50.76Y9jIHYHp0 (6/27)

ブルンゲル「ブルン?」シュル

ギチッ

ブルンゲル「ブル!?」

凛「結構効いたね。意外と重いのかな」

凛「とにかく、捕まえたよ……みずしゅりけん!」

ゲッコウガ「ゲコ!」ビシュシュ

ガガガ



299 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:15:30.89Y9jIHYHp0 (7/27)

ブルンゲル「ブルン……!」

凛「畳み掛けるよ! もう一度みずしゅりけん!」

ゲッコウガ「ゲコォ!」ビシュシュ

凛「よし、のろわれてない……!」

ガガガガガ

ブルンゲル「ブルン~!」



300 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:16:17.75Y9jIHYHp0 (8/27)

ドサッ

ブルンゲル「ブルン……」バタンキュー

凛「よしっ!」

ゲッコウガ「ゲコォ!」

まゆ「ふぅ……やりますね」

まゆ「ですが、こんなものではありません……」

まゆ「ギャロップ!」ポンッ

ギャロップ「ギャロ!」


301 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:17:01.75Y9jIHYHp0 (9/27)

ギャロップ ほのお ひのうまポケモン
走るのが大好きで、速いものを見ると全速力で追いかける
駆け抜ける時、4本の脚はほとんど地面に触れていない
最高時速は240キロとも言われる

凛「ギャロップ……?」

凛(あくタイプのゲッコウガに、ニンフィアじゃなくて、ギャロップ……?)

凛(何か、ゲッコウガを倒す方法があるっていう事……?)

凛(……ていうか)

凛「まさかとは思うけど、本当に私を蹴り殺すつもりはないよね?」



302 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:17:40.48Y9jIHYHp0 (10/27)

まゆ「…………」

凛「…………」

まゆ「…………」ニッコリ

凛「」ゾワ

まゆ「うふふ……もちろん、そんなことはしませんよ。ただ」

まゆ「私のギャロップはとてもじゃじゃ馬ですから」

まゆ「戦闘中に『ついうっかり』踏みつけてしまって『痛ましい事故』が起こる可能性もあるかも、ですねぇ……」

凛(本気……?)


303 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:20:58.13Y9jIHYHp0 (11/27)

まゆ「さぁ、行きますよ……こうそくいどう!」

ギャロップ「ギャローッ!!」バカラッ

バカラッ バカラッ バカラッ

凛「ッ……、速い!」

ギャロップ「ギャロォッ」バカラッ

グワッ


304 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:23:28.35Y9jIHYHp0 (12/27)

凛「ッ」バッ

凛「あぶない……!」

凛「ゲッコウガ!」

まゆ「ワイルドボルト!」

ギャロップ「ギャロォォ!!」バカラッ

ゲッコウガ「!」

ドッ

ギャロップ「ギャロ!」バリバリバリバリ

まゆ「うふふ……」



305 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:24:06.37Y9jIHYHp0 (13/27)

まゆ「!」

身代わり人形「」

まゆ「みがわり……」

凛「危なかった……ゲッコウガ」

ゲッコウガ「ゲコ」

ギャロップ「ギャロッ」ブロロロロ

凛「……」


306 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:25:23.05Y9jIHYHp0 (14/27)

凛(何とか躱せたけど……あのギャロップは危険だね)

凛(こうそくいどうでゲッコウガ以上の素早さがある)

凛(けど……)

凛「いけるよね、ゲッコウガ」

ゲッコウガ「ゲコ」

凛「オッケー」

凛(このままゲッコウガで突破する!)


307 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:26:00.59Y9jIHYHp0 (15/27)

まゆ「いつまで躱しきれますかぁ……?」

ギャロップ「ギャロ」バリバリバリ

バカラッ バカラッ

凛「みずしゅりけん!!」

ゲッコウガ「ゲコォ!」ビシュシュ

バババババ

ギャロップ「ギャロ」バリバリバリ

凛(こっちの攻撃もお構いなしに……!)



308 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:26:36.21Y9jIHYHp0 (16/27)

ゲッコウガ「ゲコッ」ピョンッ

凛「! みがわり!」

ゲッコウガ「ゲコ!」ポンッ

身代わり人形「」バリバリバリ

ゲッコウガ「ゲコッ」スタッ

凛「危ない……」

凛(とはいえ、こっちの攻撃をものともしないんじゃ……)


309 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:27:07.13Y9jIHYHp0 (17/27)

凛(電気を纏っての突進だし、受け流すなんてのも無理……)

凛(……)

凛「!」

凛「ゲッコウガ! その場で相手の攻撃を迎え撃つよ!」

まゆ「おや? どういうつもりでしょうか……」

まゆ「……何かを狙っているようですけども……」

まゆ「なら……正面から踏み潰してあげますよぉ」


310 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:27:44.04Y9jIHYHp0 (18/27)

まゆ「ギャロップ! 最大パワーでワイルドボルト!」

ギャロップ「ギャロォォォォォォ」バチバチバチバチ

凛「そのまま引きつけて!」

ゲッコウガ「ゲコッ」

バカラッ バカラッ バカラッ

凛「…………」

バカラッ バカラッ

凛「…………っ」

バカラッ



311 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:28:43.14Y9jIHYHp0 (19/27)

凛「今だよ! 真上に跳んで!」

ゲッコウガ「ゲコッ!」ビョンッ

ギャロップ「!?」バカラッ

まゆ「! ギャロップ、止まっ」

凛「ゲッコウガの後ろは……壁だよ」

ドカァァァァァァァァン


312 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:29:30.69Y9jIHYHp0 (20/27)

ギャロップ「ギャロッ!」ジタバタジタバタ

まゆ「角が……」

凛「ゲッコウガ、みずしゅりけん!」

ゲッコウガ「ゲコォ!」ビシュシュ

ドドドドド

ギャロップ「ギャロ……」バタンキュー

まゆ「……戻ってください」



313 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:30:23.49Y9jIHYHp0 (21/27)

まゆ「……追い詰められてしまいましたか」

まゆ「ですが、最後の一匹……この子があなたを潰します」

まゆ「そして、まゆは……モバPさんを……!」

ニンフィア「フィア」ポンッ

凛「……別に私を潰してもモバPがアンタのものになるとは思わないけど」

凛「うるさいですよぉ……早くしてください」

凛「……はぁ。ゲッコウガ、戻って」

凛「頼むよ、サンダース!」

サンダース「ダース!」ポンッ

凛「……行くよ」



314VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/24(火) 00:31:18.967e5NqwAso (1/1)

凛の一人芝居になってますよ


315 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:31:24.23Y9jIHYHp0 (22/27)




卯月「いけーっ、バシャーモ!」

バシャ「バシャ!」ゴォッ

ドゴォ

ブーピッグ「ブピ!?」

ドサッ

ブーピッグ「ブピ……」バタンキュー



316 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:32:18.54Y9jIHYHp0 (23/27)

卯月「や、やったよ、バシャーモ!」

バシャーモ「バシャ!」グッ

時子「ま、まさか……この私が、こんな小娘に1匹だってポケモンを倒されるなんて……」

時子「ふ、ふふふ……」

時子「アーッハッハッハ! 面白いわ!!」



時子「……ぶっ潰す」

時子「エンブオー!」



317 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:33:09.09Y9jIHYHp0 (24/27)

エンブオー「ブオオオオオ」ポンッ

エンブオー ほのお/かくとう おおひぶたポケモン
炎のあごひげを蓄える。拳に炎を移し、燃えるパンチを繰り出す
様々な技を高いパワーで使いこなす
ひげの炎が燃え上がるのは気合が入った証だ

卯月「バシャーモ、まだ行ける!?」

バシャーモ「バシャ」ゴォッ

卯月「よし……行くよ!」

時子「かかってきなさい!」


318 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:33:49.42Y9jIHYHp0 (25/27)




未央「はぁっ……はぁっ……」

エレザード「エレ……」バタンキュー

未央「エレザード……!」

ミロカロス「ミロ」

ヘレン「いいわよ、ミロカロス。ナイス世界レベル」

未央「くっ……」



319 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:35:17.46Y9jIHYHp0 (26/27)

未央「やっぱり、相当強い……!」

未央「けど、じこさいせいで受けたダメージは回復できても、スタミナ自体は減っているはず……」

未央「なんとしても、こいつで突破する!」

未央「コモルー!」ポンッ

コモルー「コモ!」

ヘレン「そうよ……アナタの中に秘められたパワー……もっと見せなさい!」

未央「諦めない……行くよ!」


320 ◆.2RVExwkajVj2014/06/24(火) 00:37:40.28Y9jIHYHp0 (27/27)

今回の投下はここまで

凛の作戦はティガレックスやディアブロス相手によくやるアレですね。我ながら単純
次回か次々回には3つの幹部戦がそれぞれ決着するかと

次回投下は明後日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました




321VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/24(火) 00:40:45.24D9qxIgy5o (1/1)

乙です


322VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/24(火) 01:03:27.25zcoYKZ3M0 (1/2)

乙です
時子さまの手持ちはやっぱりブタ統一なのね


323VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/24(火) 01:06:13.64XzHdB278o (1/1)


呪われボディって連続技はどういう判定だったっけ…


324VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/24(火) 01:59:25.92Qw4Nvls70 (1/1)

さっき初めて見て一気に読んでしまった
いいね、実にいい 最高
すごく個人的な考えだけどみうさぎはポケモンに例えるとイーブイが似合ってると思います こう無限の可能性を秘めてる感じが
続き期待してます



325VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/24(火) 06:59:58.18zcoYKZ3M0 (2/2)

>>323
連続技は一発ごとの判定。だけど金縛り状態になっても中断はされないっぽい


326VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/24(火) 23:07:16.16+RWPAJH20 (1/1)

バシャVSブオー期待。
思えばこいつら、タイプ同じでゴウカザルに存在価値脅かされ、差別化を模索してたんだよな。なのに片やバシャーモは飛び膝やら加速やらメガシンカやらで王道的に強化され、片やエンブオーは自分の耐久と素早さではまともに戦えないがゆえに汚い手口を使い、皮肉にもそれが差別化につながった。まさしく挫折から立ち上がった主人公とそのまま闇堕ちしたかつての仲間との対決。


327VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/25(水) 22:08:29.71vmMWwfhg0 (1/1)

四天王は誰になるのかな?

凛達のポケモンはどこで回復するんだろう?


328 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:05:33.18oc78K0k50 (1/28)

投下します
ひっそりこっそりと今更ながらツイッター始めました(@raimP_san)
このSSについてやワンピク、他色々やってるのでぜひ見てやってください(宣伝)




329 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:06:13.38oc78K0k50 (2/28)

ヘレン「ミロカロス、れいとうビームよ」

ミロカロス「ミロー」パキパキ

未央「避けて、コモルー!」

コモルー「コモ」ドドド

ヘレン「連続でれいとうビーム!」

ミロカロス「ミロー」ビビビビビ

未央「避けて避けて!」

コモルー「コモッ」ドドド


330 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:08:02.41oc78K0k50 (3/28)

ワンピクじゃなかった、ワンドロだヘレン「良く避けるわね」




未央「しねんのずつき!」

ヘレン「でも……」

コモルー「コモー!」ダッ

ミロカロス「ミロー」ビビビ

コモルー「コモッ……!!」

未央「コモルー!」

ヘレン「私のミロカロスの相手じゃあないわ」


331330訂正 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:08:51.84oc78K0k50 (4/28)

ヘレン「良く避けるわね」

未央「しねんのずつき!」

ヘレン「でも……」

コモルー「コモー!」ダッ

ミロカロス「ミロー」ビビビ

コモルー「コモッ……!!」

未央「コモルー!」

ヘレン「私のミロカロスの相手じゃあないわ」


332330訂正 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:09:33.83oc78K0k50 (5/28)

未央「くっ、コモルー!」

コモルー「コモッ……」

ヘレン「……」

ヘレン「あなたもそのコモルーも、そんなものではないはず」

ヘレン「見せてみなさい、あなたたちの情熱(パトス)を!」

ヘレン「そして私と、世界レベルの戦いを繰り広げるのよ!!」

未央「相変わらず、意味わかんない……」


333330訂正 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:10:06.77oc78K0k50 (6/28)

未央「けど……」

未央「コモルーがまだまだこんなものじゃないっていうのは、本当だよ」

未央「コモルーは、後1段階の進化を残してる!」

未央「もうすぐ……きっともうすぐのはずなんだよ」

コモルー「コモ……!」

未央「お願いコモルー、私に力を貸して!」

コモルー「コモ……」


334330訂正 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:10:47.04oc78K0k50 (7/28)

コモルー「コモーッ!」カッ

ヘレン「……!」

未央「!」

ゴゴゴゴゴゴ……

未央「や、やった!」

ボーマンダ「ボォォォォォ!」ドン

ヘレン「……素晴らしいわ」


335330訂正 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:11:56.77oc78K0k50 (8/28)

ボーマンダ ドラゴン/ひこう ドラゴンポケモン
空を舞うことを夢見て、翼が欲しいと強く願い続けてきた結果、
細胞が突然変異を起こし見事な翼が生えた
大空を飛び、炎を吐いて喜んでいる

未央「やった、やったよコモルー! いや……ボーマンダ!」

ボーマンダ「ボォ!」ゴォッ

ヘレン「やはり、私の目に狂いはなかった……!」

ヘレン「さぁ、戦いを続けましょう。私とアナタ、どちらが強いか……決めましょう!」

未央「ボーマンダ!」

ヘレン「ミロカロス!」



336 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:13:37.86oc78K0k50 (9/28)




ガガガッ

バシャーモ「バシャ」ガガッ

エンブオー「ブオオー」ブンッ

バシャーモ「バシャッ」バッ

エンブオー「ブオッ!」ガシッ

ググググググ……



337 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:14:19.17oc78K0k50 (10/28)

卯月「パワーは互角……!?」

時子「いいえ……」

グイッ

バシャーモ「!」

時子「こっちが上よ」

エンブオー「ブオオオオオオ」ブンッ

卯月「バシャーモを、投げ……!?」

時子「ねっとう」


338 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:15:30.57oc78K0k50 (11/28)

エンブオー「ブオオオ」ブピュ

バシャーモ「バシャッ……!」ジュワァァァ

卯月「み、みずタイプのわざ!?」

時子「まだよ! もろはのずつき!」

エンブオー「ブオオオオオオ」ゴゴゴ

卯月「! 避けて、バシャーモ!」

時子「空中で満足に動ける!?」


339 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:16:25.73oc78K0k50 (12/28)

エンブオー「ブオオオオオオオオオ」ゴゴゴゴゴ

ドゴッ

バシャーモ「シャ……モッ」ゴッ

ドドドドドドドド

卯月「バシャーモ!」

時子「派手に吹っ飛んだわねぇぇ」

時子「でもまだまだ……追撃よ、ねっとう!」

卯月「バ、バシャーモ!」


340 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:17:20.94oc78K0k50 (13/28)

ゴゴッ……

時子「あん?」

ゴォッ

バシャーモ「……」ゴゴゴゴ

卯月「良かったぁ!」

時子「『もうか』が発動しているのね」


341 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:18:15.64oc78K0k50 (14/28)

時子「確かに厄介かもしれないけど、『もうか』の発動は逆にバシャーモが満身創痍ということも示しているわ」

時子「このまま一気に片を付ける!」

卯月「お願いバシャーモ……」

卯月「フレアドライブ!」

時子「もろはのずつき!」

バシャーモ「バシャァァァァァ!」ゴォォォォォォォ

エンブオー「ブオォォォォォォ!」ゴゴゴゴゴ

ドォォォォォォォォォォォン


342 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:21:48.30oc78K0k50 (15/28)




凛「……」

まゆ「……」

サンダース「……」

ニンフィア「……」

凛(ニンフィアは物理に弱い)

凛(それでも、ここはサンダースで行きたい)

凛(個人的な、下らないプライドだけど)

凛(同じイーブイの進化系同士としてニンフィアに……そして)

凛(1人のトレーナーとして、まゆに勝ちたい)



343 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:22:34.39oc78K0k50 (16/28)

凛(……)

凛「行くよ、サンダース」

サンダース「ダース」ザッ

まゆ「来ますよ、ニンフィア」

ニンフィア「フィア」ザッ

サンダース「……」

ニンフィア「……」

サンダース「ダースッ」シュバッ

ニンフィア「!」


344 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:23:28.42oc78K0k50 (17/28)

凛「かみなり!」

サンダース「ダース!」バチチッ

ゴロゴロゴロ……

ドォォォンッ

ニンフィア「フィア」ヒラリ

まゆ「そう何度も喰らってはあげませんよぉ」

凛「わかってるよ、だから……でんじは!」


345 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:24:21.99oc78K0k50 (18/28)

サンダース「ダース!」バリッ

ニンフィア「!」バチチ

まゆ「!」

凛「これで動きを制限させてもらうよ!」

凛(元々ニンフィアは素早くないけど、これでさらに動きを封じる!)

凛(そして素早さで翻弄する……)

凛(これが私の、戦い方!)


346 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:25:02.12oc78K0k50 (19/28)

凛「今のニンフィアじゃ、サンダースは捉えられないでしょ!」

凛「サンダース、シャドーボール!」

サンダース「ダース!」ゴゴッ

まゆ「別に、捉える必要はありませんねぇ……ハイパーボイス!」

ニンフィア「フィアー」ゴアッ

凛「!」



347 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:25:45.46oc78K0k50 (20/28)

サンダース「ダースッ」ビリビリ

凛「サンダース、大丈夫!?」

サンダース「ダース!」

凛「……そうだ、範囲攻撃……!」

まゆ「ええ、これならピンポイントで狙う必要はありませんよねぇ?」

凛「……なら、ガンガン攻めるよ!」

凛「かみなり!」



348 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:26:26.06oc78K0k50 (21/28)

サンダース「ダース!」

バリバリバリバリ

ニンフィア「フィア!」ビリリ

まゆ「負けませんよぉ……ハイパーボイス!」

ニンフィア「フィアー!」ゴォッ

サンダース「ダース……ッ」ビリビリ


349 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:27:21.96oc78K0k50 (22/28)

凛「行って……!」

まゆ「行ってください……!」

サンダース「ダァァ……アアアアス!」

ニンフィア「フィアァ……アアアア!」





350 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:28:14.86oc78K0k50 (23/28)

…………

ガラガラガラ……

卯月「けほっ、けほっ……」

卯月「うう……が、瓦礫と煙が……」

卯月「! バ、バトルは……!? バシャーモ!?」

卯月「……はっ」

バシャーモ「……」ドン

エンブオー「……」ドン


351 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:28:45.41oc78K0k50 (24/28)

卯月「……!」

バシャーモ「……バシャ」ガクッ

エンブオー「ブオオオオオ!」ゴォォォォ

卯月「! そ、そんな」

エンブオー「ブオオオオオオォォォォ……オオオオ」

卯月「……?」



352 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:29:32.16oc78K0k50 (25/28)

エンブオー「ブオ」ガクッ

卯月「!」

バシャーモ「バ、バシャ……!」ググ

卯月「や、やった! バシャーモ!」

バシャーモ「バシャ」

卯月「勝った、勝ったよ!」


353 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:30:04.79oc78K0k50 (26/28)

卯月「そ、そういえば、時子さんは……」

卯月「……!」

時子「……」

卯月「き、気絶してる……? さっきの衝撃で……?」

卯月「ど、どうしよう……」

バシャーモ「バシャ」スッ

卯月「……!」

卯月「バ、バシャーモ」


354 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:30:53.15oc78K0k50 (27/28)

卯月「そ、そうだよね……はやく未央ちゃんや凛ちゃん、菜々ちゃんに追いつかないと!」

卯月「だから……ごめんなさい!」ダッ

時子「…………」

時子「…………」

時子「…………」

時子「………チッ」

時子「私の負け…………か」


355 ◆.2RVExwkajVj2014/06/26(木) 00:32:25.44oc78K0k50 (28/28)

今回はここまで
何か今日は色々と調子が悪いです……

次回投下は明後日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました


356VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/26(木) 00:41:24.50mXFl4QAPo (1/1)

乙です


357 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:33:42.775UxF+yrH0 (1/29)

投下していきまーす




358 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:35:34.445UxF+yrH0 (2/29)

ミロカロス「ミロー」ビビビー

ボーマンダ「ボォォォ!」バサバサ

未央「いけっ、ボーマンダ、りゅうのいぶき!」

ボーマンダ「ボォォ!」ゴォッ

ドドドドド

ミロカロス「ミローッ」ドド

ヘレン「フフフ……いいわ! もっときなさい!」


359 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:36:02.135UxF+yrH0 (3/29)

未央「ドラゴンクロー!」

ボーマンダ「ボォォ!」グアアア

ヘレン「……そのまま受け止めなさい!」

ミロカロス「ミロー」シュルル

ガッ

未央「……!」



360 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:37:35.785UxF+yrH0 (4/29)

ミロカロス「ミロ……!」

ボーマンダ「ボー……!」

ヘレン「そのまま……れいとうビーム!」

未央「零距離……!」

未央「ボーマンダ!」

ボーマンダ「ボー!!」

ビビビビビビビビビ


361 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:38:02.415UxF+yrH0 (5/29)

未央「っ……」

ヘレン「……」

ゴゴゴゴゴゴ

ボーマンダ「ボォォ……!」

ヘレン「……!」

未央「た……耐えた!」

ボーマンダ「ボォォォォォォォォ!」


362 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:38:48.165UxF+yrH0 (6/29)

未央「や、やった……! 反撃だよ、ボーマンダ!」

ヘレン「まずいわ……ミロカロス、離れなさい!」

未央「遅いよ! 今度はこっちが……零距離攻撃だ!」

未央「りゅうのいぶき!!」

ボーマンダ「ボォォォォォ」ゴォォォォ

ミロカロス「ミロッ……」

ボーマンダ「ボォォォォォォォォォ!!」ドバァッ


363 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:39:28.205UxF+yrH0 (7/29)

未央「やったッ!!」

ヘレン「……!!」

ミロカロス「ミロ……」バタンキュー

ボーマンダ「ボー……」ガクッ

未央「ボ、ボーマンダ!?」



364 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:40:32.305UxF+yrH0 (8/29)

ヘレン「……最後のれいとうビームを受けた時点で……既に限界ギリギリだったようね」

ヘレン「普通なら耐えきれるはずなどないわ……それなのに、ボーマンダは倒れなかった」

ヘレン「ポケモンとトレーナーの絆……というわけかしら」

ヘレン「フフフ……」

ヘレン「何とワンダフル! 憎らしいほどエレガント!」

ヘレン「だけどとっても……」

ヘレン「グロリアス!!」バーン



365 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:41:00.195UxF+yrH0 (9/29)

未央「……」

ヘレン「いいわ、先に行きなさい」

未央「へっ?」

ヘレン「ほら、私が認めたのよ。行きなさい」

未央「い、いや、他のポケモンは!?」

ヘレン「あいにく、今はミロカロスしか持っていないの。私はもう戦えないわ」

未央「いや、その腰につけたベルト! 他のボールが付けてあるじゃん!」

ヘレン「何の事かしら」シレッ

未央「あ、あからさまな嘘を……」


366 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:42:03.215UxF+yrH0 (10/29)

ヘレン「……私がシンデレラ団に入ったのは」

ヘレン「ここでなら、私は世界へと羽ばたける、そう思ったからよ」

ヘレン「実際、この組織のおかげで私は高みへと登ることができたと思っているわ」

ヘレン「……でも、それももうおしまいね」

未央「……何で?」

ヘレン「…………フフ、互いに競い合い、高めあう。世界レベルの私にふさわしい好敵手を見つけたからよ」

未央「…………えっ」


367 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:42:45.245UxF+yrH0 (11/29)

未央「ま、まさか……」

ヘレン「そう、あなたよ!!」

未央「なあっ……!?」

ヘレン「元々はあなたをシンデレラ団に引き込み、共に成長していくつもりだったけど、さっきのバトルで気が付いたわ」

ヘレン「私もあなたも、もはやこの程度の『ハコ』に収まる女じゃないってね!」ビシッ

未央「は、はぁ……」



368 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:44:20.425UxF+yrH0 (12/29)

ヘレン「シンデレラ団がこの先どうなろうが、私には関係ないわ」

ヘレン「というわけだから、これからもよろしく頼むわよパッションガール……いえ、未央!」バーン

ヘレン「さ、行きなさい。早くしないと、手遅れになるかもしれないわよ?」

未央「そ、そうだ……! 早く、行かないと……!」

「未央ちゃーん!」

未央「この声は……しまむー!」



369 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:44:53.515UxF+yrH0 (13/29)

卯月「未央ちゃん!」タタッ

未央「しまむー、ここまで来たってことは……!」

卯月「うん! 卯月、勝っちゃいました!」

未央「そっかー、やったね! しまむーなら勝てるって、信じてたよ!」

未央「って、喜んでる場合じゃなかった! しぶりんたちは先に上に向かってるんだった!」

卯月「そうなんだ……じゃあ、はやく向かわないと!」

未央「うん、行くよ、しまむー!」

卯月「おー!」



370 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:45:57.455UxF+yrH0 (14/29)

ヘレン「……」

ヘレン「絆……ね」

ヘレン「未央……さっきのバトルでのあなたの輝き……まさに世界レベルだったわ」

ヘレン「私も、もう一度自分とポケモンを見つめなおしてみるかしら」

ヘレン「世界レベルを、さらに超えるためにも」フッ


371 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:46:35.965UxF+yrH0 (15/29)

サンダース「ダァァァァァス!」

ニンフィア「フィアアアアアア!」

ドドド

凛「シャドーボール!」

サンダース「ダース!」ボッ

まゆ「ハイパーボイスです!」

ニンフィア「フィアアアア」ゴォッ



372 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:48:00.915UxF+yrH0 (16/29)

凛「くっ……」

凛(やっぱりあのニンフィア、火力が半端じゃない……!)

凛(動きが鈍いからこっちの攻撃は当てやすいけど、耐久もあるから……)

凛(とはいえ、向こうもそろそろ限界が近いはず……)

凛(決着は……サンダースでつける!)

まゆ「うふふ……そろそろ終わりにしましょうか……?」

凛「そうだね……行くよ!」

凛(私はまだポケモン残ってるけどね……)


373 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:48:27.285UxF+yrH0 (17/29)

サンダース「ダァ!」バッ

ニンフィア「フィア!」バッ

凛「かみなり!」

サンダース「ダァァ!」バチバチバチ

まゆ「耐えて、確実に反撃します……ハイパーボイスの準備を!」

凛(お願い……サンダース!)

サンダース「ダァァァァ!」



374 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:48:55.325UxF+yrH0 (18/29)

ドォォォォォォォォォォン

凛「……」

まゆ「……」

ゴゴゴゴゴゴゴ

ニンフィア「フィ……ア……」

凛「……!」

サンダース「ダース……!」

まゆ「よく耐えましたよぉ……とどめです」



375 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:49:22.265UxF+yrH0 (19/29)

凛「くっ……」

まゆ「ハイパーボイス!」

ニンフィア「フィアー……」





バチッ

ニンフィア「フィアッ!?」ビリビリ

凛「!」

まゆ「!?」


376 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:50:09.605UxF+yrH0 (20/29)

まゆ「マ、マヒ……」

凛「チャンスだよ、サンダース……!」

凛「これでとどめ……かみなり!!」

サンダース「ダース……ダァァァァァァ」バリバリバリバリ

ドォォォォォォォォォォン



377 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:50:53.705UxF+yrH0 (21/29)

まゆ「……!」

ニンフィア「フィアー……」バタンキュー

まゆ「そんな……」

凛「私の……私たちの勝ちだよ、まゆ!」

まゆ「くっ……」ギリ


378 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:51:31.375UxF+yrH0 (22/29)

菜々「むにゅ……あれぇ……ここは?」ムク

凛「菜々、やっと起きたの? っていうかあのバトルの中でよく眠ってられたね」

菜々「ああっ、そうでした! ナナ、バトルの最中に眠らされて……!」

凛「やれやれ」

凛「……さて、と。まゆ?」

まゆ「…………」

まゆ「…………」

凛「放心状態になってる……?」


379 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:52:04.315UxF+yrH0 (23/29)

凛「色々と言いたいことはあるけど、この様子じゃ聞こえないか」

凛「まあいいや、先を急ごう、菜々」

菜々「そ、そうですね! 早くいかないと!」

「おーい!」

「凛ちゃーん! 菜々ちゃーん!」

凛「!」

菜々「卯月ちゃんに未央ちゃん!」


380 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:52:57.405UxF+yrH0 (24/29)

未央「へへっ、追いついたよ!」

卯月「凛ちゃんも……」

凛「うん、勝ったよ」

未央「おおーっ、ってことは私達3人で、シンデレラ団の幹部を全滅!?」

菜々「凄いですねー」

卯月「この調子なら……!」

凛「うん、きっとボスにだって勝てる……」

菜々「行きましょう! もうすぐです!」


381 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:53:30.755UxF+yrH0 (25/29)

タタタタタタッ







まゆ「…………」

まゆ「…………うふふ」


382 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:54:23.285UxF+yrH0 (26/29)

菜々「この階段を上った先に……!」

凛「シンデレラ団ボス・ちひろが……!」

卯月「いよいよ直接対決、だね……!」

未央「シンデレラ団の好きになんか、させないよ!」

凛「行こう!!」

タタタタタタッ



383 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:55:36.415UxF+yrH0 (27/29)

凛「……!」タタタッ

ザッ

未央「しぶりん、どうしたの……って、え?」

卯月「? こ、この状況は一体……?」

凛「あいつら、シンデレラ団の……!」



奈緒「はぁ……はぁ……」

加蓮「はぁ……はぁ……」

ちひろ「……」



384 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 00:56:24.935UxF+yrH0 (28/29)

卯月「ど、どうしてシンデレラ団同士で、戦ってるの……!?」

凛「あの2人と……ちひろが……?」

菜々「あ、あの2人は……!」

凛「……? 菜々?」


385 ◆.2RVExwkajVj2014/06/28(土) 01:00:26.945UxF+yrH0 (29/29)

今回はここまで

フルバトルを書き切るのはきついというのと、ゲームでも幹部の手持ちは3,4体止まりが多いという事であっさりめになってしまったかも
「なんとワンダフル にくらしいほどエレガント だけどとってもグロリアス」は是非ヘレンさんに言わせたかったセリフです

次回投下は明日予定
読んでくださった方、ありがとうございました


386VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/28(土) 01:59:27.00HhMPXlSJo (1/1)

乙です


387VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/28(土) 03:54:30.89Q5Y32OnL0 (1/1)

なんとなくミクリに似てるからな


388VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/28(土) 06:40:41.360fg1s+Zzo (1/1)

乙です、サンダースとニンフィアの戦いが途中からほぼ
かみなりとハイパーボイスでの殴り合いになっててなんとなく女って怖いなぁと思いました(こなみ)


389VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/29(日) 00:10:56.28fOIXkR/N0 (1/1)

乙です
ヘレンさんは殿堂入り後も普通に街のどっかで会えそうな感じのNPC感


390 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:39:56.730Zj3OUpC0 (1/21)

投下していきます

>>388
こ、怖くなんかないよ。ど、どっちも純粋でいい子だよ

>>389
サターンなんかがそうですね
ところでサターンって結局男なのか女なのか、どっちなのでしょう


391 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:41:01.750Zj3OUpC0 (2/21)

凛「あの2人、知ってるの? 菜々」

菜々「はい……」

文香「……」

こずえ「……」

菜々「って、よく見たらあの2人も……!」

菜々「そうか、そういうことだったんですね……!」


392 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:41:30.020Zj3OUpC0 (3/21)

未央「ちょちょ、菜々さん1人で納得されても困るんだけど、どういうこと!?」

菜々「前に、文香ちゃんとこずえちゃんの2人の話はしましたよね……」

菜々「あの2人……奈緒ちゃんと加蓮ちゃんは、文香ちゃんの家に仕えるメイドさんだったんです!」

凛「メ、メイド……?」

卯月「な、菜々ちゃんみたいな……?」

菜々「ナ、ナナのはただの格好であって、あの2人はホンモノのメイドさんだったんですよ!」


393 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:43:46.800Zj3OUpC0 (4/21)

菜々「特に文香ちゃんとこずえちゃんのお世話もしていたから、仲もよかったはずです!」

菜々「きっとあの2人は、文香ちゃんとこずえちゃんを守るために、戦ってるんです!」

凛「でも、そもそもどうして2人は、シンデレラ団に?」

菜々「そっ、それは……わかりませんけど……」

菜々「でもでも、悪いことをするような子たちじゃなかったはずです!!」

菜々「それだけは、本当です!」

凛(文香って人は、おそらく何か止むを得ない事情があってシンデレラ団に居る)

凛(あの2人も、きっと何か理由がある……可能性がある)


394 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:44:48.130Zj3OUpC0 (5/21)

凛(駄目、考えが纏まらない……!)

凛(こうなったら本人たちに直接聞いた方が早いか……)



卯月「ああっ」

凛「!」

未央「な、何さアレ……!」



菜々「光の……階段!?」



395 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:45:34.010Zj3OUpC0 (6/21)

加蓮「はぁっ……はぁっ……」

奈緒「か、加蓮、大丈夫か!」

ちひろ「フフフ……あなたたちはいつか牙を剥いてくるとは思っていましたよ」

ちひろ「もっとも、私を倒すにはすこーし実力が足りなかったみたいですね」

ちひろ「こそこそ企んでいたようですが……失敗に終わったようですし、もう邪魔しないでください」

ちひろ「文香ちゃんとこずえちゃんに免じて、見逃してあげますから」

奈緒「くそっ……くそぉっ……」


396 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:46:39.980Zj3OUpC0 (7/21)

ちひろ「……さて、こずえちゃん、文香ちゃん。行きましょうか」

凛「待って!」

ちひろ「おや……まさか、あなたたたちがここまで来るとは予想していませんでしたよ」

菜々「この街を、世界を……今度こそ、あなた達の好きにはさせません!」

凛「今度こそ、決着をつける……!」


397 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:47:27.200Zj3OUpC0 (8/21)

ちひろ「フフフ……いいでしょう……今度こそ、邪魔立てさせないよう潰してあげます」

菜々「なら、まずはナナが……」













ちひろ「なーんて、言うと思いましたかぁ?」パチン


398 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:48:13.990Zj3OUpC0 (9/21)

シンデレラ団員「……」ババッ

シンデレラ団員「……」ババッ

シンデレラ団員「……」ババッ

卯月「きゃっ」

未央「なっ」

菜々「ウサッ!?」

ちひろ「こんなこともあろうかと……伏兵を忍ばせておいたんですよ」



399 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:48:51.720Zj3OUpC0 (10/21)

「うふふ……」

凛「!」

まゆ「凛ちゃぁぁぁぁぁぁん」

まゆ「まゆはまだ負けてなどいませんよぉぉ……」

まゆ「決着をつけましょう……うふふふふふ……」

凛「まゆ……! アンタ、まだ……!」


400 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:49:20.380Zj3OUpC0 (11/21)

ちひろ「そこで、私の部下とでも遊んでいてくださいね!」タタッ

こずえ「ふわぁ……?」

文香「……っ」

凛「! 待って!」

まゆ「さぁ……今度こそまゆが潰してあげます……!」

凛「どいてまゆ!」

まゆ「どきません……どきませんよぉ……」


401 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:50:26.930Zj3OUpC0 (12/21)

凛「くっ……」

凛(まゆの相手をしている暇なんて、もう……)



菜々「タマゴばくだん!」

ヒュルルルルルル

ドカンッ

まゆ「きゃぁっ」ゴォッ


402 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:50:55.140Zj3OUpC0 (13/21)

凛「菜々!」

菜々「ごめんなさい!」

菜々「凛ちゃん、行ってください!」

凛「……!」

菜々「早く! 菜々たちは大丈夫です!」

菜々「急がないと、きっと取り返しがつかなくなってしまいます!」

凛「ごめん……ありがとう!」


403 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:51:38.430Zj3OUpC0 (14/21)

菜々「ナナ、信じています。凛ちゃんなら、きっと彼女の野望を食い止めてくれると!」

卯月「私達も!」

未央「信じてるよ!」

凛「みんな……!」

ダッ

まゆ「くぅ……させません!」

菜々「タマゴばくだん!」

ハピナス「ハピー」ヒュルルルルル

ドガドガッ


404 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:52:25.910Zj3OUpC0 (15/21)

まゆ「……!」

まゆ「邪魔です……!」

菜々「行かせません!」

卯月「凛ちゃんの邪魔は」

未央「させないよ!」


405 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:53:16.390Zj3OUpC0 (16/21)

凛「はぁっ……はぁっ……」タタタ

凛(何、この階段……いったいどういう原理でできて……)

凛(というより、どこまで上るの……?)ハァハァ

凛(そして、この先に……いったい何が……)

凛「はぁ、はぁ……動け、足……! 動いて……!」

凛「……!」

凛「……あの先……!」



406 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:53:52.790Zj3OUpC0 (17/21)

タタタッ

凛「……!?」

凛「何……ここ……」

凛「辺り一面、真っ白……!?」

凛(もう、何が何だか……)


407 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:54:47.950Zj3OUpC0 (18/21)

ちひろ「……はぁ」

ちひろ「本当に、あなたしつこいですねぇ」

凛「……当然、だよ」

凛「シンデレラ団が悪事を働こうっていうなら……地獄の底までだって私は追いかけるよ……」

ちひろ「……」

ちひろ「ここは、始まりの間」


408 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:55:19.920Zj3OUpC0 (19/21)

ちひろ「この世のすべてがここで生まれたといわれています」

ちひろ「そして、すべてを生み出した創造神・アルセウスが、間もなく復活します」

凛「創造神……!?」

こずえ「かみさまー……」

ちひろ「私達は、その力を手中におさめます」

凛「……そんなこと、させない……!」



409 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:57:02.650Zj3OUpC0 (20/21)

ちひろ「言うと思いましたよ」

ちひろ「復活までは時間がありますし」

ちひろ「良いでしょう……今度こそ、本当に最終決戦です」

ちひろ「あなたが勝てば私達の野望は阻止され、私が勝てば、当然予定通りに計画を進めます」

ちひろ「あなたのその執念深さに敬意を表して、私も本気で行きますよ」スチャッ

凛(……? ペンダント……?)

ちひろ「さぁ、勝負です!」

凛「……!」

凛「負けない……絶対に負けない!」

シンデレラ団ボスのちひろが勝負を仕掛けてきた!


410 ◆.2RVExwkajVj2014/06/29(日) 00:58:57.990Zj3OUpC0 (21/21)

今回はここまで

書いてて思った。これこのスレ内で終わらないかも……
もしかしたら3スレ目に突入もあるかもしれません

次回投下は明後日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました


411VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/29(日) 01:02:44.97izyTtmGg0 (1/1)

乙です
えっ終わらないの!?(歓喜)


412VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/29(日) 01:46:43.89DX4Qg95Xo (1/1)

乙です
3スレ目やったー!


413VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/29(日) 01:48:54.89pnq86ioUo (1/1)

乙です


414VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/29(日) 03:17:41.3711orzheco (1/1)

おつおつ

てっきりちひろ倒して私たちの戦いはこれからだになるんだとばかりwwww


415VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/29(日) 06:07:33.85IfCMGS/Eo (1/1)


本気…ペンダント…あっ(察し)


416VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/06/29(日) 12:39:02.74OApYPxUYo (1/1)

まだまだ終わらないんです?
一向に構わん


417VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/06/29(日) 15:03:52.694TCXDJLH0 (1/1)

メガバンギラスか


418 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:38:26.6535Y0qGT50 (1/21)

まさか喜ばれるとは……本当にありがとうございます!
さすがに4スレ目にはいかない……と思うので、完結までお付き合いください

月末更新来ましたね
幸子P、周子P、茜Pの方は頑張ってください

では投下していきます


419 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:39:16.4535Y0qGT50 (2/21)

こずえ「ふわぁ……」

文香「…………」ギュッ

こずえ「んー……?」

文香「…………」





ちひろ「行ってください。バンギラス」ポンッ

バンギラス「バンンッ」ズズンッ


420 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:40:42.1335Y0qGT50 (3/21)

ゴァァッ

凛(また、いきなりバンギラス……!)

凛(何もないこんな空間でも、あいつが出ただけで砂嵐が……)

凛(あいつは危険だ……早々に潰さないと)

凛「いけっ……ゲッコウガ!」ポンッ

ゲッコウガ「ゲコ!」ザッ

凛(どう出てくる……?)

ちひろ「……ふふふ」

ちひろ「戻ってください、バンギラス」シュン

凛「えっ……?」


421 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:41:25.2835Y0qGT50 (4/21)

ちひろ「そして……ハッサム!」ポンッ

ハッサム「ハッサ!」ポンッ

ハッサム むし/はがね はさみポケモン
鋼でできた体を持つ。飛ぶことはできないが、ハネを振るわせることで体温を調節する
鋼鉄のハサミはどんなものも粉砕する
ハサミには目玉模様が付いており、これを用いて威嚇する

凛(バンギラスを引っ込めた……)

凛(すなおこしで砂嵐を引き起こすために、最初に……?)

凛(相手のハッサムはむしタイプ……相性が悪い)



422 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:41:54.0035Y0qGT50 (5/21)

凛(けど……)

凛「みずしゅりけん!」

ゲッコウガ「ゲコッ」シュバババババ

凛(臆さず攻める!)

ちひろ「躱してむしくい!」

ハッサム「ハッサ」サッ サッ

ゲッコウガ「!」バッ

凛「良し、かわした……」

ちひろ「バレットパンチ!」


423 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:42:45.7535Y0qGT50 (6/21)

ハッサム「ハッサ!」ビュン

ゲッコウガ「ゲコッ!?」

凛「!」

ドカッ

ゲッコウガ「ゲコォ……」ザッ

凛「バレットパンチ……!」


424 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:43:22.7135Y0qGT50 (7/21)

凛(真奈美さんのポケモンも使ってきた……はがねタイプの先制わざ)

凛(ハッサム自体はそこまで速くないけど、あのわざはスピードが速い……)

凛(でも、真奈美さんのポケモンが使ってきた時とは威力がまるで……)

ちひろ「ハッサムのとくせいは『テクニシャン』です。威力の弱い技を強化するとくせいですよ」

凛「! そんなとくせいが……」

凛(バンギラスといい、パワータイプが得意なの……?)

ちひろ「さぁ、まだまだ行きますよ! むしくい!」



425 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:43:56.5735Y0qGT50 (8/21)

ハッサム「ハッサ」ババッ

凛「みがわり!」

身代わり人形「」ポンッ

ちひろ「!」

ガブッ

ハッサム「ハサ……」フゴ

ハッサム「ハッサ」ペッ



426 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:45:01.5035Y0qGT50 (9/21)

ちひろ「流石に素早いですね……」

ちひろ「凛ちゃんのポケモン、随分と成長したみたいじゃないですか」

凛「おかげさまでね」

ちひろ「それじゃあ、どこまでやれるか……もっと見せてもらいましょう!」

ちひろ「バレットパンチ!」

ハッサム「ハッサ」ババッ

凛「かわして!」


427 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:45:56.9535Y0qGT50 (10/21)

ゲッコウガ「ゲコッ」ササッ

ハッサム「ハッサ」ババッ

ちひろ「いつまでも避けてはいられませんよ?」

ドカッ

ゲッコウガ「ゲコッ」

凛「くっ……」

凛(砂のダメージもある……さすがにゲッコウガは温存するべき……?)

凛(ここは一旦ドリュウズに……!)

凛「もどって、ゲッコウガ!」


428 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:47:12.9135Y0qGT50 (11/21)

ちひろ「つるぎのまい!」

凛「!」

ハッサム「サム」キンッ



凛「ドリュウズ!」ポンッ

ドリュウズ「ドリュウ!」

凛「更に攻撃力を……」


429 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:48:28.3235Y0qGT50 (12/21)

凛「でも、攻撃力なら負けない……!」

凛「しかも……じしん!」

ドリュウズ「ドリュ!」ゴゴ

グラグラグラ

ハッサム「……ッ!」

ちひろ「速いですね……『すなかき』ですか」

凛「そう……アンタのバンギラスのとくせい、逆に利用させてもらったよ!」

すなかき すなあらし状態の時、素早さが上がるとくせい



430 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:49:10.0235Y0qGT50 (13/21)

ちひろ「まだいけますね、ハッサム」

ハッサム「ハッサ」

ちひろ「じゃあいきますよ……バレットパンチ!」

ハッサム「ハッサ!」ビュン

凛「アイアンヘッド!」

ドリュウズ「ドリュ!」バッ

ガキンッ 



431 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:50:21.8335Y0qGT50 (14/21)

ドリュウズ「ドリュ……ッ!」バシッ

凛(力負けしてる……なら!)

凛「……つのドリル!」

ドリュウズ「ドリュ!」ギュイイイイイイイイ

ハッサム「ハッサ!?」ギャリリリ

凛(無理矢理突破する!)

ドリュウズ「ドリュウウウウ!!」ギュイイイイイイ


432 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:51:25.3935Y0qGT50 (15/21)

ドンッ

ちひろ「へぇ」

ハッサム「ハッサ……」バタンキュー

凛「……やった」

ちひろ「戻ってください」

ちひろ「ふぅ……次です。ローブシン!」

ローブシン「ブシン!」ポンッ

ローブシン かくとう きんこつポケモン
杖代わりにコンクリートの柱を用いる
筋力を使わず、遠心力を利用して柱を振り回す
人は、2000年前にローブシンからコンクリートの作り方を教わったという


433 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:52:34.9735Y0qGT50 (16/21)

凛(かくとうタイプ……!)

ローブシン「ブシン」ズゥゥゥン

ドリュウズ「ドリュ……」タジ

パラパラ

凛(……! 砂嵐が……おさまってきた……)

凛(……)

ちひろ「いいタイミングです」



434 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:53:41.3635Y0qGT50 (17/21)

ローブシン「ブシ」ブンッ ブンッ

凛(ローブシン……あんなコンクリを振り回して……あいつもパワータイプ……?)

凛(見た目からすると……素早さはなさそう)

凛(相性が悪くても、素早さで掻き乱せばいけるか……?)

凛「ドリュウズ、まずは様子を見るよ……」

ドリュウズ「ドリュ」ザッ

凛「……」

ちひろ「うふふふ……」



435 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:54:46.6435Y0qGT50 (18/21)

ちひろ「マッハパンチ!」

凛「!?」

ローブシン「ブシンッ」ダンッ

凛(速ッ……)

ローブシン「ンンン」ゴォッ

凛(しかも、強……)



436 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:56:15.8935Y0qGT50 (19/21)

ローブシン「ブシンンンンッ!!」ドゴォッ

ドリュウズ「ッッ」ブワッ

凛「ドリュウズッ!!」

ドシャ

凛「…………」

凛「ドリュウズ!!」

ドリュウズ「ド……」ピクピク


437 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 00:56:48.9835Y0qGT50 (20/21)

凛「……! 戻って!」

凛「~~~~~っ」

ズンッ

ローブシン「ブシン」フシュー

ちひろ「駄目ですよぉ、凛ちゃん……」

ちひろ「様子を見ようだとか、随分余裕そうじゃないですか」

ちひろ「でも、そんな甘い考え……私に通じるとでも?」

ちひろ「どうやら、成長したのはポケモンだけで……トレーナーである凛ちゃんは全然成長していないみたいですね」

凛「…………」ピク


438 ◆.2RVExwkajVj2014/07/01(火) 01:00:09.4935Y0qGT50 (21/21)

今回はここまで

ちひろさんに合うパーティを考えた結果、「ガチパでいいんじゃね」という結論に達しました
さすがに道具までフル装備というわけではないですが

次回投下は明日の予定。読んでくださった方、ありがとうございました


439VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/01(火) 01:03:47.29G0mBKON9o (1/1)


ちっひが容赦ねーわww
しぶりんの反撃に期待


ところでうちの茜が久々にSRで出番来たんだけどこのSSでの出番はいつごろに…(ry


440VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/01(火) 01:28:51.22BvsVwL7to (1/1)


バンギの次はハッサムとブシンか…しかもテクニバレパン虫食い剣舞とかガチすぎ怖い



441VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/01(火) 01:53:57.046CN+Xp+lo (1/1)

ガチパ・・・これはバンギフライの予感フリャ


442VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/01(火) 01:56:13.42wXJ4icBfo (1/1)

乙です
今はギルガルドの所為でこのパーティは辛いよね


443VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/01(火) 20:31:34.50V9waJ3mh0 (1/1)

バランスチェッカーでちひろパ考えたら想像以上におぞましいパーティできたぞ。仮にこれだとすると凛の勝ち筋が見えないんだが・・・
一応以下に示すが、ネタかぶり防止のため、ぼかした表現にします。なので誰のことか分かっても、名前を書きこまないでください(凛VSちひろ終了後に出します)。

・無効技で倒れる
・AZにゃんの天敵
・一致を打たせてもらえない
・波乗りジェット機3号
・敗因 泥棒か~ら~の~投げつける
・飛び蹴り(格闘とは言ってない)


444 ◆.2RVExwkajVj2014/07/02(水) 00:32:22.76areLIyPU0 (1/1)

ごめんなさい、ちょっと書き溜めに苦戦中でして、投下は明日になるかと……
それまでお待ちください

>>439
先に言ってしまうと、茜ちゃん多分出ますよー

>>441
ガブリアス「おう、そうだな」


445VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/02(水) 00:33:42.50KYOZ7bQlo (1/1)

若林智香は、出るのでしょうか……?


446VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/02(水) 00:36:47.786m21eI4ho (1/1)

茜ちゃんはオーバあたりのポジションかな?


447VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/02(水) 06:38:03.67IU2+HHkD0 (1/1)

ちひろはでかいきんのたまが好き


448 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:21:10.30BUOwVE+80 (1/23)

投下します

>>445
ごめんなさい、おそらく出ない可能性が高いかと思います……




449 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:23:25.16BUOwVE+80 (2/23)

凛「……今、なんて?」

ちひろ「あら、聞こえませんでしたか?」

ちひろ「あなたのポケモンは成長したかもしれませんが、あなたは成長していないですねって言ったんですよ」

凛「何を……」

ちひろ「……そのままの意味ですよ?」フフ

凛「……ッ」


450 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:23:58.77BUOwVE+80 (3/23)

凛(いや、落ち着け……落ち着け私)

凛(これは挑発……安い挑発)

凛(ここでカッとなって突っ込んだら、相手の思うツボ……)

凛(なんだけど…………)

ちひろ「……」ニヤリ

凛(あの感じ……)

凛(デタラメをいってるって感じでもない)

凛(……何か引っかかる……)


451 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:24:57.68BUOwVE+80 (4/23)

凛(…………とにかく、今はバトルに集中しないと!)

凛「ムクホーク!」

ムクホーク「ムクホーッ!」ポンッ

凛「行くよ……ブレイブバード!」

ちひろ「れいとうパンチで迎え撃ちます!」

凛「!」

ローブシン「ブシンッ」ブンッ

パキパキパキ


452 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:25:58.26BUOwVE+80 (5/23)

ムクホーク「ムク……!」グググ

ローブシン「ブシンッ……」グググ

ドカッ

ローブシン「ブシンッ!」ザザザ

凛「よしっ」

ムクホーク「ムクホーッ」バサバサ



453 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:26:30.49BUOwVE+80 (6/23)

ちひろ「いかくのせいもありますが……ローブシンのパワーで繰り出されるれいとうパンチを跳ね除けますか……」

ちひろ「本当に惜しいですね」

凛「……」

ちひろ「では、ドレインパンチ!」

ローブシン「ブシンッ」ブンッ

凛「! 空中に回避!」

ムクホーク「ムクホーッ」バッ

ローブシン「ブシン?」スカッ


454 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:28:34.86BUOwVE+80 (7/23)

ちひろ「ふむぅ……ローブシンは上空の敵への対処方法を持ってません……ストーンエッジを覚えさせておくべきでしたか?」

凛「ブレイブバード!」

ムクホーク「ムクホーッ」ゴォッ



ちひろ「では交代です」シュン

ムクホーク「ムク!?」

凛「また交代……!?」

ちひろ「頼みました……ロトム!」

ポンッ


455 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:29:37.01BUOwVE+80 (8/23)

ロトム「ロトー」

ムクホーク「ムク」ビュン

ガッ

ロトム「トム」ケロッ



凛「ロトム……日菜子が使っていたポケモンだけど……」

凛(姿が違う……? 何、あの姿……まるで……)


456 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:30:36.92BUOwVE+80 (9/23)

凛(洗濯機に洗濯バサミ? いやいや……)パカ

ロトム「トム」

ウォッシュロトム みず/でんき
ロトムは機械に入り込みイタズラをするのが好き
ある特定の電化製品に入り込み操ることで、ロトムはその性質を大きく変える
ウォッシュロトムはロトムが洗濯機に入り込んだ姿
ゴーストタイプが無くなった代わりにみずタイプとなる

凛(そんな性質が……)

凛(みずにでんき……まずい……かも)

凛(……でも)


457 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:31:28.39BUOwVE+80 (10/23)

ちひろ「10まんボルト!」

ロトム「トムー」バリバリ

凛「ムクホーク、はねやすめ!」

ムクホーク「ムクホー」ストッ

バリバリバリ

ムクホーク「ムクッ」

ちひろ「おっと、今のは良い判断ですね」


458 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:32:19.41BUOwVE+80 (11/23)

ちひろ「ですが……」

凛「押していくよ!」

凛「とっしん!」

ムクホーク「ムクーッ」

ちひろ「甘いですよ!」

ちひろ「10まんボルト!!」

ロトム「トム」バリバリバリ



459 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:34:08.86BUOwVE+80 (12/23)

凛「かわして!」

ムクホーク「ムクホーッ」

ちひろ「……」

ドンッ

ロトム「トムッ……」

ムクホーク「ムク……」

凛「仕留めきれない……マズイ!」


460 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:35:00.13BUOwVE+80 (13/23)

ちひろ「ハイドロポンプ」

ロトム「トム」ブシャァァァァァ

ムクホーク「ムクホーッ」

ちひろ「10まんボルトでとどめです!」

バリバリバリ

ムクホーク「ムクーッ!」

ドシャッ



461 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:36:28.40BUOwVE+80 (14/23)

凛「……!」

ムクホーク「ムクホー……」バタンキュー

凛「ムクホーク……!」





ちひろ「……はぁ」

ちひろ「こんなものですか? 拍子抜けですよ」

凛「ぐっ……く……」


462 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:37:10.85BUOwVE+80 (15/23)

凛(何が……何が足りないの? 今の私に……)

凛(こいつの言う、私の『成長していない部分』……)

凛(……負けられないのに)

凛(私は、こんな所で負けるわけにはいかないのに……)

凛(…………)

ちひろ「ふー……」


463 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:38:21.61BUOwVE+80 (16/23)

ちひろ「ポケモンは……便利ですよね」

凛「……は?」

ちひろ「今の世の中の発展をもたらしたものは、他でもないポケモンです」

ちひろ「人はポケモンを使役し、その力を最大限に引き出すことでここまでの繁栄を築き上げてきたんです」

凛「…………」


464 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:39:34.08BUOwVE+80 (17/23)

ちひろ「わかりますか? 私たち人間に必要なことは、ポケモンを操り、十分に、いや十全に力を引き出すことなんです」

ちひろ「ですが……あなたがしているのはポケモンとの温い馴れ合いばかり」

ちひろ「それこそが、あなたの弱さなんですよ」

凛「……勝手なことを」


465 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:40:49.77BUOwVE+80 (18/23)

凛「ポケモンを……何だと思ってるの!? 体のいい道具みたいに……!」

ちひろ「まさしく! とっても便利な道具そのものです」

ちひろ「モンスターボールという道具で縛り付け、屈服させる! それこそがポケモンのあるべき姿なんです!」

凛「違う! ポケモンは……!」

凛「道具なんかじゃない!!」

凛「……」ハァ ハァ


466 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:42:14.99BUOwVE+80 (19/23)

凛(確かに、私はポケモン達の力を引き出せていないのかもしれない)

凛(でも、こいつの言うような、道具としてポケモンを扱うなんて間違ってる!)

カタカタ

凛「!」

凛(ボールが……)

ゲッコウガ「ゲコ!」

サンダース「ダース!」

モノズ「モノ!」



467 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:42:54.01BUOwVE+80 (20/23)

凛「うん……そうだね」

凛「わたしは、あいつのようにはならない」

凛「アンタ達と一緒に、力を合わせて絶対に勝つ」

ちひろ「ふふ……では、どうぞ見せてください。『温い馴れ合い』の力を」

凛「そうだね……見せてあげるよ。私達の絆の力を」

凛「いくよ、モノズ!」

ポンッ

モノズ「モノ!」

カッ


468 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:44:01.50BUOwVE+80 (21/23)

凛「……」

ちひろ「……! これは……」

ゴゴゴゴゴゴ

ちひろ「進化……!」

スタッ

ジヘッド「ジヘ!」ドン


469 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:45:31.79BUOwVE+80 (22/23)

ジヘッド あく/ドラゴン らんぼうポケモン
進化して、2つの頭を持つようになった
2つの頭は仲が悪く、いつもエサの取り合いをするため、周囲の食べ物を喰らいつくしてしまう
多く食べることで、主導権を握ろうとしているらしい

ちひろ「まるでトレーナーの呼びかけに呼応するかのように、このタイミングでの進化……」

ちひろ「……絆の力とやらですか」



凛「じゃあ…残していこうか、私たちの足跡…!」

ジヘッド「ジヘー!」


470 ◆.2RVExwkajVj2014/07/03(木) 00:48:55.46BUOwVE+80 (23/23)

このssのちひろさんは純粋悪。同情すべき過去なんてありません
ちひろさんの扱いがアレですが、ちひろさん自体は好きですよ

次回投下は明後日の予定
読んでくださった方、ありがとうございました



471VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/03(木) 01:29:30.16dmiPHKvAo (1/1)

乙です


472VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/03(木) 06:36:32.489ZkPtz2/o (1/1)

乙、久しぶりに純粋悪を見た気がする


473VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/03(木) 13:01:20.54I12pSZ/eo (1/1)

動画にしろSSにしろボス枠のちひろで
純粋悪じゃなかったのを見たためしがないww


474 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:38:20.14DlM5s6nS0 (1/27)

投下します

>>472
ポケモンではゲーチスも純粋悪と言えますかね

>>473
それもそうですね。ちひろさんはいつも天使か悪魔の両極端ですわ


475 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:39:24.67DlM5s6nS0 (2/27)

凛「ジヘッド……」

凛「―――――」ボソ

凛「行ける?」

ジヘッド「ジヘ!」

凛「うん……じゃあ、行くよ」

凛「ドラゴンダイブ!」


476 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:39:50.86DlM5s6nS0 (3/27)

ジヘッド「ジヘーッ」バッ

ロトム「トムッ」サッ

ドゴォッ

ちひろ「さすがに、とてつもない威力ですね……ですが!」

ちひろ「もともと命中率の不安定な技なうえ、ジヘッドのとくせいは『はりきり』! 当たりませんよ!」

はりきり 物理攻撃力が上がる代わりに、わざの命中率が下がるとくせい


477 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:41:09.42DlM5s6nS0 (4/27)

凛「たしかに、ジヘッドは目が見えない」

凛「けど、攻撃の当て方ならいくらでもあるでしょ」

凛「ジヘッド! そのまま右を向いて!」

ジヘッド「ジヘ!」ザッ

凛「その方向にかみくだく!」

ジヘッド「ジヘ!」ダダッ

ロトム「トム!?」

ガブ ガブゥ



478 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:43:14.08DlM5s6nS0 (5/27)

ちひろ「なるほど、細かい指示を……」

凛(よし、いける!)

ちひろ「初めてやるであろう連携を、ここまで正確に……」

ちひろ「ポケモンとトレーナーの信頼関係が為せる業……とでも言いたいのですか」

ちひろ「……ロトム!」

ちひろ「ボルトチェンジ!」

ロトム「トム!」バチバチ

シュンッ


479 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:44:43.05DlM5s6nS0 (6/27)

凛「! 攻撃と交換を同時に……!」

ちひろ「ローブシン!」ポンッ

ローブシン「ブシン!」ズンッ

ジヘッド「ジヘ……!」

ちひろ「マッハパンチ……!!」

ローブシン「ブシン!!」ゴォッ

ちひろ「これならどうです! 指示を出すヒマなどないでしょう!」



480 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:45:13.25DlM5s6nS0 (7/27)

凛「……」

ちひろ「……!?」

ジヘッド「ジヘ!」バッ

ローブシン「ブシン!?」スカッ

ローブシン「ブシン! ブシン!」ブン ブン

ジヘッド「ジヘ」ササッ

ちひろ「……指示を出さないで、ポケモン自身が判断を……!?」


481 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:46:08.12DlM5s6nS0 (8/27)

凛「私の指示が全て的確だとは思ってない。間違えることだってあるし、遅れることもある」

凛「なら、ポケモンを信じて、判断を任せる。そっちの方がベストなこともある」

凛「ジヘッドには、私の指示を必ずしも聞かなくていいって言ってある」

凛「……性格の問題もあるから、多分ジヘッドにしかできない。生意気な奴だからさ」

凛「私は私のポケモンを信じてる……信じてるからこそ、任せられる」

凛「まぁ、ポケモンを道具だっていうアンタには一生理解できないと思うけどね」


482 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:46:36.99DlM5s6nS0 (9/27)

ジヘッド「ジヘー♪」ザッ

ローブシン「ブ、ブシン……!」プルプル

凛「……正面にりゅうのはどう!」

ジヘッド「ジヘー!」ゴァッ

ちひろ「れいとうパンチで打ち払ってください!」

ローブシン「ブシン!」バキバキバキ

ドォォォォォォン

ローブシン「ブシン」


483 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:47:38.61DlM5s6nS0 (10/27)

バッ

ジヘッド「ジヘ!!」

ローブシン「ブシン!?」

ちひろ「また、指示なしで……!」

ジヘッド「ジヘー!」

ドゴォッ

ローブシン「ブ……ブシンッ」


484 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:48:09.91DlM5s6nS0 (11/27)

ゴゴゴゴゴ

凛「……」

ちひろ「……」

ローブシン「ブ、ブシン……」ガクッ

凛「よしっ! やったよ、ジヘッド!」

ジヘッド「ジヘー!」

ちひろ「……もどってください」



485 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:49:46.06DlM5s6nS0 (12/27)

ちひろ「…………ふふ」

凛「……」

ちひろ「ふふふ……あはは、あは」

ちひろ「あははははははははははははは!」

凛「……」

ちひろ「面白い……面白いですよ、凛ちゃん」

ちひろ「正直、ここまでやれるとは思いませんでした」

ちひろ「信頼……絆の力ですか」

ちひろ「くだらない……ですが、あなた達の力は認めましょう」

ちひろ「あなた達を倒して……私こそが、シンデレラ団こそが絶対だと証明して見せます」


486 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:50:17.63DlM5s6nS0 (13/27)

ちひろ「ロトム!」

ロトム「トムー!」ポンッ

凛「ジヘッド、まだ行ける?」

ジヘッド「ジヘー」

凛「……もう少しだけ、頑張ってね」

ちひろ「10まんボルト!」

凛「右斜め前の方向にりゅうのはどう!」

ゴォッ

バチバチバチバチッ

ジヘッド「ジヘ!」

ロトム「トム!」

凛「……!」



487 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:51:07.45DlM5s6nS0 (14/27)






オトナシ遺跡 頂上

まゆ「うふふふふ、終わりですかぁ……?」

菜々「うう、強い……」

卯月「ここまで来て、まだこんなに強い団員が……」

未央「さっきまでの戦いの消耗が響いてるんだよ……!」


488 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:51:52.20DlM5s6nS0 (15/27)

菜々「でも、あきらめません!」

卯月「うん……! 凛ちゃんの所へは、いかせないよ!」

未央「何としても、食い止める……」

まゆ「その強がりも、今に終わりですよぉ……!」




「それはどうかな」

「魔王の力の前に、跪け!」


489 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:52:35.17DlM5s6nS0 (16/27)

まゆ「っ!?」



リザードン「グォオオオオオオ!」



エアームド「エアアアア!」



真奈美「どうやら……無事のようだな」



蘭子「闇に飲まれよ!」


490 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:53:40.65DlM5s6nS0 (17/27)

真奈美「どうやら……無事のようだな」

蘭子「闇に飲まれよ!」

菜々「ええッ!? 真奈美さんに……」

未央「ウ、ウソでしょ、あの子って……」

卯月「チャンピオン、蘭子……!?」

バサッ

菜々「真奈美さんに蘭子ちゃん、どうして……!」

真奈美「外にいた者たちに、君たちがこの中へ入って行ったと聞いてな。追わないわけにはいかないだろう」

蘭子「我が友の危機に、魔王は現れん!」

卯月「……へ?」

未央「な、なんて言ってるの……?」

卯月「さ、さぁ……」


491 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:54:48.93DlM5s6nS0 (18/27)

真奈美「それで、凛君は?」

菜々「あの、階段の先に……シンデレラ団のボスを追って……」

真奈美「なるほど」

真奈美「では、すぐに我々も追わねばなるまい」

蘭子「いざ、友の元へ」

真奈美「悪いが、速攻で片づけさせてもらうぞ」

まゆ「……言いますねぇ!」



492 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:56:05.12DlM5s6nS0 (19/27)

真奈美「蘭子くん、行くぞ」

蘭子「心得た、銀狼の女帝よ!」

真奈美「エアームド! ブレイブバード!」

蘭子「紅の翼竜よ! 灼熱の吐息で全てを焼き払うがいい!」







493 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:56:34.64DlM5s6nS0 (20/27)

…………

まゆ「そんな……」

シンデレラ団員s「ひ、ひぃぃぃぃぃ」

真奈美「こんなものかな」

蘭子「闇に飲まれよ」

まゆ「く……」



494 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:57:48.09DlM5s6nS0 (21/27)

真奈美「さて……先を急ごう」

真奈美「おっと……君たち」

奈緒「!」

加蓮「私達……?」

真奈美「そうだ。一緒に来てもらうぞ」

菜々「そ、そういえば。奈緒ちゃんと加蓮ちゃんも、いたんですね」

奈緒「菜々さん……?」

菜々「そうです! ナナですよ」


495 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 00:58:41.86DlM5s6nS0 (22/27)

菜々「2人には、何か事情があるみたいですし……お話を聞きたいんです」

真奈美「見た限り、この階段……相当な長さだ。登りながらいろいろと話してもらう」

真奈美「わかったか?」

加蓮「はい……」

未央「じゃあ、早速行こう!」

卯月「うん!」

蘭子「いざ行かん!」



496 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 01:00:10.47DlM5s6nS0 (23/27)




ロトム「トムー」ドサッ

ジヘッド「ジヘ」ドサッ

凛「相打ち……」

ちひろ「……」



497 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 01:01:11.81DlM5s6nS0 (24/27)

ちひろ「これで、私のポケモンは残り一体……」

凛「とうとう……追い詰めたよ」

ちひろ「追い詰めた……?」

ちひろ「それは違いますよ……凛ちゃん」

ちひろ「バンギラス!」ポンッ

バンギラス「バン!」ズンッ

ゴォッ


498 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 01:01:49.29DlM5s6nS0 (25/27)

ちひろ「ここからがバンギラスの……真の本領発揮ですよ」

ちひろ「隠された力を、解放します……!」

凛「……どういうこと……?」

凛(何、あの余裕な感じ……)

凛(確かにアイツのバンギラスはとても凶悪で、強力なポケモン)

凛(だけど、決して倒せないポケモンじゃない……)

凛(……隠された力を、解放……?)



499 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 01:02:50.19DlM5s6nS0 (26/27)

ちひろ「うふふ……」チャラ

凛(! さっきの、ペンダント……?)

ちひろ「行きますよ……」カチ

バンギラス「バンッ!」ゴゴ

凛「……!?」

ちひろ「メガしんか」

カッ


500 ◆.2RVExwkajVj2014/07/05(土) 01:13:19.20DlM5s6nS0 (27/27)

今回はここまで

ちひろさんのキーストーンはペンダント型ですが、アオギリのキーストーンもペンダント型なんですよね
出来れば独自のものにしたかったんですが、思いつかなかったのでしかたなくペンダント型としました。モバコイン型とかにすれば良かったか……?
他に登場したキーストーンとしては、腕輪、グローブ、チャーム、指輪などですね
アニメには杖なんかも登場しましたか


次回投下は明日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました


501VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/05(土) 06:06:00.17Zs6yDrV/0 (1/2)

乙。
ちひろは手持ち4体なのか(まだ何匹か隠し持ってる可能性はあるが)。そして3人相手取って一歩も引かないどころか逆に押し込んでるままゆの恐ろしさよ。というか一体なにで闘ってるんだ?
そういえば悪組織ボスの手持ちって、アカギみたいにトレーナーを信頼している場合とゲーチスみたいに嫌ってる場合があるが、ちひろはどっちなんだろう。


502VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/05(土) 06:22:25.0102I17ABw0 (1/1)

やみのまー
蘭子は「闇に飲まれよ」を多用している感がありますね。

のあにゃんの登場はありませんか?
フロンティアブレーンとかそう言うので

>>500
キーストーンはイヤリング型とかどうかな?ちひろの髪型なら右耳に付ければ見やすいし。


503VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/05(土) 07:34:21.79c4tRennXo (1/1)

乙、ちひろさんやはりメガ進化使ってきたか
キーストーンはちひろさんの髪を止めてる赤いリボンに付ければいいと思うの



504VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/05(土) 07:46:32.99Zs6yDrV/0 (2/2)

>>502
のあにゃん前スレのフタミシティで出てるぞ。みくにウサ耳薦めてた。ブレーンで再登場してほしいのは同意。


505 ◆.2RVExwkajVj2014/07/06(日) 00:43:08.67cEtxV86o0 (1/1)

ごめんなさい、今日は投下できそうにないです。最近遅れ気味で申し訳ない……
明日(というか今日)には多めに投下できると思うので、お待ちください

>>501
本当はトゲキッスをぶち込むつもりだったんですよね。でもさすがに長くなってダレそうなので、削りました
あとはガブリアスなんかを入れると、それなりのパーティになります

>>502
闇に飲まれよは実際便利。いや、本当は熊本弁を使いこなせていないだけなんですけど……

キーストーン、色々アイデアありがとうございます。とはいえもうペンダントにしてしまったので変えるつもりはありませんが……

あと、のあにゃん等エキストラで登場したキャラが再登場する可能性はあります


506VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/06(日) 02:42:53.23he1M4qLb0 (1/1)

イヤリング型メガストーンは確かエリトレがアブソルメガ化させるために使ってた気が
凛ちゃんたちはメガ進化習得できるのかな 蘭子も使いそうだし
蒼いルカリオとかメガシンカに使えそうだけど


507>>501兼>>4432014/07/06(日) 15:10:25.26pWxtheCX0 (1/1)

やみのま!
ちっひのパーティにガブと一緒に入れると相性補完完璧になったから、個人的にはファイアロー持ってそうだと思ってました。

>>506
ルカリオメガシンカすると蒼要素減るんだがいいのか?


508 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:45:31.17MFFPlII50 (1/33)

遅くなりました。投下していきます

凛のメガシンカについてですが、現状の手持ちでメガシンカができるポケモンがいないので、最後の一匹しだいになりますね
現在のシンデレラ団との決戦の後に自由安価で最後の一匹を決めますので、そこでメガシンカの可能性があるかどうかが決まります


509 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:46:24.81MFFPlII50 (2/33)

凛「メガ……シンカ……?」

メガバンギラス「バンンンンンッッ」ズズン

ちひろ「メガシンカ……一部の限られたポケモンが、ある特定の条件下でのみ可能な一時的なパワーアップのことです」

ちひろ「このアイマス地方では現在確認されていないので、知らないのも無理はありませんよ」

ちひろ「カロス地方やホウエン地方の極一部でのみ確認されたもので……扱うトレーナーもほんの一握りですから」

ちひろ「いやぁ、この『キーストーン』と『メガストーン』の入手には苦労したんですよ?」チャラ

ちひろ「言った通り、非常に貴重なものですから……お高いんですよ」

ちひろ「おかげで私の資産のうち結構な額が吹っ飛んじゃいましてねぇ……」

ちひろ「まぁ、割に合った買い物だったとは思いますが」


510 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:51:10.60MFFPlII50 (3/33)

ちひろ「とにかく……」

ちひろ「その身にとくと味わってください……進化を超えた進化、メガシンカの威力を!」

凛「……! サンダース」ポンッ

ちひろ「りゅうのまい!」

メガバンギラス「バンッ」ゴォォォォ

凛「!」

凛(あのわざ、前も使ってきた……こうげきとすばやさを上昇させるわざ!)

凛(あのわざを使われて、前は手も足も出ないほど暴れられたんだ)

凛(まずい……早めに対処しないと!)

凛「でんじは!」


511 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:51:59.10MFFPlII50 (4/33)

サンダース「ダース!」バチチ

凛(まずは、すばやさを封じる!)

ちひろ「躱してください」

メガバンギラス「バァァァァァン」ドンッ

凛「! ウソ……」

凛(あの巨体で、なんて速さ……)

サンダース「ダース」ザッ

凛「もう一度、よく狙って!」

サンダース「ダース!」バチチ

凛(けど、まだ手におえないって程のスピードじゃない!)

凛(今のうちに抑えておかないと!)


512 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:53:34.19MFFPlII50 (5/33)

ちひろ「りゅうのまい」

メガバンギラス「バァァァン」ゴォォォォォ

サンダース「ダース!」バリ

バチチ

メガバンギラス「バン?」バチチチ

ちひろ「……うふふ」

凛(スピードを捨てて、攻撃力をさらに上昇させた……?)

ちひろ「さて、行きますよ……」



513 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:54:02.08MFFPlII50 (6/33)

ちひろ「じしん!」

凛「!」

メガバンギラス「バン」ゴゴゴゴゴ

凛「上にジャンプして、サンダース!」

サンダース「ダース!」タン

メガバンギラス「バンッッ!!」ズズンッ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

凛「きゃっ!?」

ちひろ「おっとっと……」

こずえ「ふわぁ……?」

文香「……っ」ヨロ



514 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:54:32.07MFFPlII50 (7/33)

サンダース「ダース」タン

凛「痛っ……」

凛(あ、足が……!)

ちひろ「ストーンエッジ!」

凛「ま、待って……」

ちひろ「待ーつーわーけーないでしょー。お喋りタイムは終了しましたよ!」

メガバンギラス「バンッ」ズゴゴ

バシュッ


515 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:55:03.88MFFPlII50 (8/33)

凛「くっ……サンダース!」

サンダース「ダースッ!」サッ

ちひろ「ちょろりょろと……もう一度ストーンエッジです!」

メガバンギラス「バンンン」ズゴゴゴゴ

凛「くっ……」ヨロ

メガバンギラス「バンッ!?」バチチ

ちひろ「……しっかりしてくださいよ」

凛「はぁ……はぁ……」

凛(危なかった……)


516 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:56:31.05MFFPlII50 (9/33)

凛(足を挫いた……けど、なんとか、立ってられるかな)

凛(頭打って気絶しなかっただけ、マシか……)

凛(けど……さっきのじしんの威力)

凛(バンギラスはじめんタイプじゃない。にも関わらず、私のドリュウズのそれよりもはるかに強力だ)

凛(これが……メガシンカのパワー……)



凛「サンダース! かみなり!」

サンダース「ダァァァァ……スッ」バリバリバリ

ドォォォォォォン



517 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:56:58.33MFFPlII50 (10/33)

凛(どう……?)

ゴゴゴゴゴゴ

メガバンギラス「バン」ポリポリ

凛(…………覚悟はしてたけど)

凛(……まるで効いてない……)

凛「……」

ちひろ「うふふ……かみくだく!」


518 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:59:02.31MFFPlII50 (11/33)

メガバンギラス「バーン!!」ズンッ

凛「! 躱して!」

サンダース「ダース!」タタンッ

ちひろ「ストーンエッジ!」

メガバンギラス「バン」ズゴゴゴゴ

凛「! シャドーボールで撃ち落として!」

サンダース「ダース!」ボボボン

ガガガガガ

ヒュッ

サンダース「ダッ……!」ズバッ



519 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 00:59:36.70MFFPlII50 (12/33)

凛「! サンダース!」

ドサッ

サンダース「ダー……」

凛「……っ。戻って、サンダース……」

サンダース「ダー」ググ

凛「サンダース!?」

サンダース「ダース!」グググ


520 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:00:24.67MFFPlII50 (13/33)

凛「止めて……もうアンタはボロボロなんだから……」

サンダース「ダース」フルフル

凛「サンダース!!」

サンダース「ダース!!」ザッ

凛「何で……」

ちひろ「トレーナーの為に力を振り絞って立つポケモン……健気ですねぇ……。反吐が出ます」



521 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:01:04.49MFFPlII50 (14/33)

ちひろ「どうやらそのサンダースはよっぽど痛めつけられたいようですし……お望み通りにっ!!」

ちひろ「かみくだく!」

メガバンギラス「バンンン」ダッ

サンダース「ダースッ……」バッ

ガチンッ

ちひろ「俊敏なサンダースが、鈍重な攻撃を避けるのさえ精一杯ですねぇ!」

凛「サンダース……」


522 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:01:42.11MFFPlII50 (15/33)

凛(サンダース……何で……)

凛(…………サンダースは、いつもはこんなに聞き分けのない子じゃない)

凛(……きっと、何か考えがあるんだ)

凛(考えろ……)

凛(………………………………)

凛(………………まさか……)



523 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:02:08.65MFFPlII50 (16/33)

凛「サンダース……」グッ

凛「避けて! 避けて避けて、避けまくって!」

凛(ごめん……サンダース)

サンダース「ダース!」タッ

ちひろ「なんですかその指示は……勝つ気が、無いんですか?」

ちひろ「……でも、いつまで持ちますかね! ストーンエッジ!」

メガバンギラス「バンッ!」ズゴゴ

サンダース「ダース!」

凛「……」

ちひろ「……」



524 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:03:20.16MFFPlII50 (17/33)

…………

サンダース「ダー……ス」ガクッ

凛「サンダースッ!」

ちひろ「そろそろ限界のようですね! 仕留めますよ、ストーンエッジ!」

メガバンギラス「バンンンン!!」ゴゴゴ

ズバババッ

サンダース「ダァッ……!」

凛「……っっっ」

ドサッ


525 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:03:55.71MFFPlII50 (18/33)

凛「サンダース……!」

サンダース「ダ……」

凛「こんなに……ボロボロになるまで……」

凛「ゴメン……ゴメンね……」ギュッ

凛「……そして……ありがとう……」

凛「おかげで……見えたよ……突破口」

ちひろ「へぇ……?」


526 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:04:41.52MFFPlII50 (19/33)

凛「サンダースの努力と想い……無駄にはしない」

凛「いくよゲッコウガ……!」

ゲッコウガ「ゲコォ!」ポンッ

凛「決着を……つける!」


527 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:05:19.03MFFPlII50 (20/33)

凛「ゲッコウガ……みがわり!」

ゲッコウガ「ゲコッ……」

身代わり人形「」ドロンッ

ちひろ「また逃げですか……! かみくだく!」

メガバンギラス「バンッ……バンッ!?」バチチ

凛「よしっ……ついてる」

ちひろ「……」

ちひろ「…………ちっ」



528 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:06:17.79MFFPlII50 (21/33)

ちひろ「もう一度かみくだく!」

ガブゥ

メガバンギラス「バン」フゴブゴ

メガバンギラス「バン」ムシャリ

メガバンギラス「バンン」ゴクン

シュタッ

ゲッコウガ「ゲコ」


529 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:07:10.15MFFPlII50 (22/33)

ちひろ「どうします? また逃げますか?」

凛「いや……」

凛「……」

凛(そろそろ……だね)

凛「一気に決めるよ……ゲッコウガ」

ちひろ「どうですかねぇ!! ストーンエッジ!」

メガバンギラス「バンンンッ」


530 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:08:21.68MFFPlII50 (23/33)

メガバンギラス「バン?」






ちひろ「え? ……あっ」

凛「くさむすび!」

シュル

メガバンギラス「バンッ!?」

ズンッ


531 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:09:04.90MFFPlII50 (24/33)

ちひろ「私としたことが……っ。PP切れ……!!」

凛「……冷静さを欠いたね」

ちひろ「逃げ回っていたのは……ストーンエッジを使えなくした上で、さらに私をイラつかせるため……!?」

凛「それだけじゃないよ……バンギラスの強みの一つは、自身で起こした砂嵐による特殊防御力の上昇」

凛「いつの間にか……止んだね」

ちひろ「……ッ」


532 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:09:40.09MFFPlII50 (25/33)

凛「ゲッコウガ」

ゲッコウガ「ゲコ」




凛「ハイドロ……ポンプ!!」




ゲッコウガ「ゲコォォォォォォォ」ゴポポ

ゲッコウガ「ゲコォォォ!!」ブォォォォォォォ



533 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:10:22.31MFFPlII50 (26/33)

メガバンギラス「バンッ……!?」

ドドドドドドドドド

ちひろ「くっ……!」

パァン……

凛「……はぁ、はぁ……」

ゲッコウガ「ゲコ……」

メガバンギラス「……」

メガバンギラス「バ……ン」


534 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:11:39.70MFFPlII50 (27/33)

フッ

バンギラス「バン」

ドサッ

ちひろ「~~~~~~~~ッッ」

凛「終わった」

ゲッコウガ「ゲコ」

凛「ありがとう……ゲッコウガ」

凛「ありがとう……みんな」

凛「ありがとう……」


535 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:12:09.86MFFPlII50 (28/33)

ちひろ「私が……負け?」

ちひろ「負け……うふふふ……」

凛「さぁ……これで、アンタの企みも……おしまいだよ」

ちひろ「……」



536 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:13:50.23MFFPlII50 (29/33)

ちひろ「……うふふふふ」

凛「?」

ちひろ「確かに私はあなたに負けました」

ちひろ「最後の最後でマヌケなミスを犯して……ふふ」

ちひろ「けどね、凛ちゃん……」





ちひろ「そもそもとして……もうこの世のどこにも、創造神の復活を止める方法などないんですよ」

凛「なっ……」

ちひろ「てんかいのふえを遺跡で吹き……この始まりの間が出来た時点で、もう、ね……」


537 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:14:19.30MFFPlII50 (30/33)

ゴゴゴゴゴゴ

ちひろ「……いいタイミングです」

ちひろ「見てください、あそこ」

凛「……」バッ

ちひろ「空間が……歪んでいるでしょう?」

ちひろ「あれはいわばタマゴに空いた小さな穴」

ちひろ「あの向こうで、今まさに創造神アルセウスが目覚めようとしているんですよ」

ちひろ「私はあそこにこずえちゃんとともに、飛び込むつもりだった」


538 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:15:06.73MFFPlII50 (31/33)

凛「……」

ちひろ「……ねぇ、凛ちゃん」

ちひろ「足……さっきのバトルの最中にケガしたみたいじゃないですか」

凛「……は?」

ちひろ「その分じゃ……満足に走れないですよね?」ゴゴゴ



凛「……まさか」

ちひろ「私はポケモンバトルには負けましたけど……」ググ

ちひろ「最後に笑うのは、この私ですっ!」ダッ


539 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:16:40.66MFFPlII50 (32/33)

凛「待っ……ぐっ」ズキン

凛「しまった……!」

ちひろ「さぁ、こずえちゃん……! 行きますよ!」バッ

こずえ「わわ」

文香「……!」

ちひろ「あはは、あははははははははは!!」


540 ◆.2RVExwkajVj2014/07/07(月) 01:41:23.40MFFPlII50 (33/33)

今回はここまで。遅くなって申し訳ありませんでした

戦闘描写難しくてハゲそう。こんなんでごめんなさいね
ゲッコウガがまゆ戦の時点でLv.54だったのに、成長しすぎな感がありますが、ドロポンでフィニッシュとしたかったので……
まゆとの戦いの後でモブ団員達と戦って、レベルアップしたってことで、という苦しい言い訳

↓七夕にちなんで
http://i.imgur.com/HIfMJl9.png

次回投下は明後日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました


541VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/07(月) 01:44:06.208CMQttV/0 (1/1)



ちっひいい悪役やってんな


542VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/07(月) 01:53:29.6491onX+P0o (1/1)

乙です


543VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/07(月) 13:43:22.708Q2S9eD90 (1/1)

乙 ちひろがすがすがしいほど悪魔である いいぞもっとやれ


544VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/08(火) 00:50:04.86WNXG3l5d0 (1/1)

乙 さすが 鬼!悪魔!ちひろ! って言われるだけあるわ


545 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:02:11.42O48IwO380 (1/18)

ちっひのこの言われよう

短いですが、投下していきます


546 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:03:10.82O48IwO380 (2/18)

真奈美「凛君!」バッ

卯月「凛ちゃん!」

未央「しまむー!」

菜々「凛ちゃん!」

奈緒「はぁ……はぁ……大丈夫か、加蓮」

加蓮「もう、限界っ……はぁ……」

凛「!」


547 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:03:36.75O48IwO380 (3/18)

凛「みんな……」

文香「!」

文香「菜々さん……奈緒ちゃんに……加蓮ちゃんも……」

奈緒「ふ、文香様!」

加蓮「こずえちゃんは……こずえちゃんはどこに……」

真奈美「……ボス……ちひろの姿も見えないな」

真奈美「一体、何があった?」


548 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:05:34.56O48IwO380 (4/18)

凛「あの女……私とのバトルに負けた後、こずえを連れて、あの中に……」

真奈美「あれは……」

真奈美「まさか、本当に……」

凛「ごめんなさい……あいつを、止められなかった……」

凛「ぐっ」ズキ

未央「しまむー、大丈夫!?」

凛「大丈夫、足をちょっと挫いただけ……歩くくらいなら……」ヨロッ

真奈美「しかし、まずいぞ……」


549 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:06:04.10O48IwO380 (5/18)

凛「真奈美さん、そいつらは……?」

奈緒「……」

加蓮「……」

真奈美「ああ、彼女らは……いや、説明はあとだ」

真奈美「まずは、この先の事を考えなくては」

卯月「この先って……」

真奈美「無論、ちひろと神のポケモンについてだ」



550 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:07:47.90O48IwO380 (6/18)

凛「神の……ポケモン。アルセウス……」

未央「神……って、ほんとに神様なの……?」

真奈美「…………わからん」

真奈美「私もただの伝承かと思っていたが……この非現実的な状況を見るに……」

卯月「……」

未央「……」

凛「……」


551 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:08:23.15O48IwO380 (7/18)

真奈美「アルセウスというポケモンが、仮に存在したとして、だ」

真奈美「奴はそのアルセウスを使い、よからぬことを企んでいる」

真奈美「となると、それを食い止める方法は二つ……」

菜々「アルセウスを倒すか……ちひろさんを抑えるか……ですね」

凛「そのアルセウスってポケモンについて、何か分かることは……?」

文香「あの……」

凛「!」


552 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:10:00.04O48IwO380 (8/18)

文香「古い文献に、アルセウスのことについて記述が、あります……」

文香「ただ、それらのほとんどはアルセウスの行った創造行為などについてで……」

文香「戦いについてなどは何も……」

凛「……そもそも、創造神っていうくらいなら、バトル自体したことがないんじゃ……」

真奈美「圧倒的パワーの前に、逆らう者はなかった、ということか?」

菜々「うぅん……その可能性もありますね……」




ピシッ


553 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:11:08.50O48IwO380 (9/18)

卯月「! あ、あれ!」

ピシシッ

未央「く、空間にひびが……」

ピシシシッ

凛「まさか……」

真奈美「来るか……」

菜々「ど、どうするんですか!?」

真奈美「アルセウスの方を対策出来ない以上……ちひろの方を抑えるのが得策だ」


554 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:12:03.04O48IwO380 (10/18)

真奈美「凛君のポケモンはほとんど戦えないだろう……これらで回復させると良い」ポイ

凛「あ、ありがとうございます」

真奈美「だが、あくまで一時的な処置にすぎん。今は我々に任せてもらうぞ」

凛「…………はい」

真奈美「私と菜々さんで先陣を切る。君たちはサポートを頼む」

卯月「はい!」

未央「任せてくださいよ!」

菜々「ナナ、いっきまーす!」

ピシシシッ


555 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:12:54.84O48IwO380 (11/18)

ピシシシッ



バキ

ちひろ「うふふふふふ……」

こずえ「……」

バキバキ

奈緒「! こずえ!」

加蓮「こずえちゃん!」

凛「あれが……」


556 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:13:25.41O48IwO380 (12/18)






アルセウス「…………」ストッ






アルセウス「アルー」



凛「アルセウス……」


557 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:15:07.10O48IwO380 (13/18)

ちひろ「おや……? 邪魔者がまた増えましたか……」

アルセウス「アルー」ピリ

凛「……!」

卯月「う……」

未央「なんて、威圧感……」

真奈美「これほどとは……」

菜々「ナナも長いこと……ああ、いえ、17年生きてきましたけど、こんなプレッシャーははじめてです……」


558 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:16:39.82O48IwO380 (14/18)

こずえ「ふわぁ……」

奈緒「テメェ! こずえちゃんに何をしたんだよ!」

ちひろ「おや……あなたたち、こずえちゃんの『力』について知らなかったんですか?」

ちひろ「……こずえちゃんには、他の人にはない、きわめて希少な力があるんです」

奈緒「希少な力……?」

ちひろ「『ポケモンと会話ができる』」

加蓮「……!? ポケモンと……会話……!?」


559 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:17:50.24O48IwO380 (15/18)

ちひろ「それだけではありません……『ポケモンと心を通わせる』こともできるんですよ」

ちひろ「この能力を利用するんですよ……こずえちゃんを催眠状態にかけて、間接的に私がアルセウスを操る」

菜々「……! そんな、ひどいことを……!」

こずえ「……」ポー

ちひろ「これは半分賭けでしたが……まさか、神と呼ばれしポケモンとも心を通じ合わせるとは……驚きですよねぇ」



560 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:18:59.94O48IwO380 (16/18)

ちひろ「さて……では、そろそろご退場願いましょうか?」

ちひろ「こうも邪魔ものが居ては計画を進められませんから」

凛「計画……」

真奈美「アルセウスを操り、世界征服をする……それだけではないはずだ」

真奈美「貴様、いったい何を企んでいる!」

ちひろ「うふふ……逆、ですよ」

真奈美「逆……?」


561 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:20:27.87O48IwO380 (17/18)

ちひろ「お話の続きは……戦いながらと行きましょうか」

ちひろ「もっとも!」

ちひろ「あなたたちが戦いながら会話をする余裕があるかどうかわかりませんし」

ちひろ「そもそも戦いと呼べるものになるかどうか、わかりませんがねっ!!」

ちひろ「さぁっ、行きますよ! こずえちゃん、アルセウス!」

こずえ「ふ……ふわぁ……?」

アルセウス「アルー」



アルセウスが現れた!


562 ◆.2RVExwkajVj2014/07/08(火) 23:30:51.25O48IwO380 (18/18)

今回はここまでです。16レス……本当に短いな
ちなみに、このアルセウスは喋らないですよ。美輪ボイスでは決してない

↓今回のガチャ更新を受けて
http://i.imgur.com/bR8jq8G.png

次回投下は明日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました


563VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/08(火) 23:41:26.88NMRfoJ8Uo (1/1)

乙です


564VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/08(火) 23:41:58.84hmXq6AGx0 (1/1)

乙 アルセウスさんちょろいな・・・ 映画でも騙されて水銀流されてたっけな


565VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/08(火) 23:43:49.15EWx3McCXo (1/1)

仕事が早いな、おつおつ


566VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/09(水) 21:09:53.70vYWaCa4AO (1/1)

ポケスペだとシンオウの伝説三匹生み出して世界メチャクチャにしかけてたなアルセウス。まぁサカキとヤナギとワタルに抑え込まれてトゲキッスの一撃でどっか行ったけど


567 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:02:13.20xYSNU2Lh0 (1/65)

またも遅れてしまいました。本当に申し訳ない

そして重大なミスを発見。前回の投下分で蘭子の存在忘れてた! 本当に、申し訳ない……
一応、喋ってはいませんが、そこにいたという事にしておいてください……

このことに気付いたのが、今回投下分の書き溜めを終えてからなんです
今回の分にも無理矢理ねじ込んだので、不自然に感じるかもしれませんが……ご容赦ください

今回は大量に投下します。過去最長です


568 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:03:01.36xYSNU2Lh0 (2/65)

真奈美「来い、ジバコイル!」

ジバコイル「ジバ」ポンッ

ジバコイル でんき/はがね じばポケモン
特殊な磁場の影響でレアコイルが進化した姿
3つのユニットから磁力を出す
磁力が強すぎて、偶にジバコイル同士がくっついてしまうことがある

卯月「お願い、マリルリ!」

マリルリ「マリ」ポンッ

未央「行っくよ、ボーマンダ!」

ボーマンダ「ボー!」ポンッ

菜々「行きますよ、ミミロップ!」

ミミロップ「ミミー」ポンッ

蘭子「出でよ、紅の翼竜!」

リザードン「リザー!」ポンッ


569 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:03:44.03xYSNU2Lh0 (3/65)

真奈美「さぁ、行くぞ!」

奈緒「ま、待ってくれ!」

加蓮「私達にも……協力させて」

真奈美「何? しかし君たちは、ちひろと戦っていたのでは……」

奈緒「確かに……あたし達はアイツにボロボロに負けた」

加蓮「でも、まだ2人とも戦えるポケモンは残ってる!」

奈緒「足は引っ張らないからさ、だから……」

真奈美「……わかった。無理はするなよ」



570 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:04:34.74xYSNU2Lh0 (4/65)

奈緒「よしっ、いくぞシャンデラ!」

シャンデラ「デラー」ポンッ

加蓮「サーナイト、ゴー!」

サーナイト「サナ」ポンッ

シャンデラ ほのお/ゴースト いざないポケモン
シャンデラの妖しげな炎で焼かれた相手は魂が燃やされ吸い取られる
抜け殻の体だけが残るのだ
また、揺れる炎を見せ、催眠状態にすることも

サーナイト エスパー ほうようポケモン
未来を予知する力を持つ
信頼したトレーナーを命を懸けて守るとき、最大のパワーを発揮する
最大パワーのサイコエネルギーは、小さなブラックホールをも生み出すという



571 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:05:15.60xYSNU2Lh0 (5/65)

ちひろ「ふむ……7対1……ですか」

ちひろ「神のポケモンの力を試すには……ちょっと物足りませんねえ」

未央「なっ……ば、バカにしてるの!?」

ちひろ「これでも低めに見積もってるんですよ?」

ちひろ「いくらそれなりにデキる集団、しかもチャンピオンがいるとはいえ、ねえ」

蘭子「……」ムッ

ちひろ「ま、文句を言っても仕方がないですし、早速試運転と行きましょう!」

アルセウス「アルー」グァッ


572 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:06:48.72xYSNU2Lh0 (6/65)

こずえ「……」スッ

こずえ「だいちのちからー……」

アルセウス「アルー」キラ

真奈美「!? 色が変わった……?」

ボコ

真奈美「! かわせジバコイル!」

ジバコイル「ジバ」フワ

ボボボォォォ

卯月「きゃっ!?」

未央「うわあ!」

菜々「ミミミン!?」


573 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:08:26.82xYSNU2Lh0 (7/65)

奈緒「なっ、なんだよこの威力……!」

加蓮「まるで火山の噴火だよ……!」

蘭子「神の怒りは大地をも揺らす、かっ」
   (す、すごい揺れてます……)

こずえ「……」

アルセウス「アルー」シュン

真奈美「……色が元に……。何か、意味があるのか?」


574 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:09:53.57xYSNU2Lh0 (8/65)

未央「今度は、こっちからだよ! ボーマンダ、りゅうのいぶき!」

ボーマンダ「ボォォォォォ!」ゴォォォ

未央「いっけぇー!」

ちひろ「ふふ」ニヤ

アルセウス「アル」キラ

真奈美「! また、今度は別の色に……」

凛「……」

未央「いっけぇぇ!」



575 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:10:42.63xYSNU2Lh0 (9/65)

ゴォッ

アルセウス「アル」キュゥゥゥン

未央「えっ!?」

卯月「今のは……?」

菜々「あれは……わざを無効化されたんです!」

奈緒「無効化……って」

加蓮「ドラゴンタイプのわざを無効にってことは、あのポケモンはフェアリータイプってこと?」

真奈美「いや……恐らくは違う」

卯月「え?」


576 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:11:09.57xYSNU2Lh0 (10/65)

真奈美「良く見てみろ……奴の体色が、変化しているのに気が付かないか?」

未央「うーん? 言われてみれば、そんな気も……」

真奈美「先ほど、だいちのちからで攻撃してきた際にも、違う色に変っていた」

菜々「ミン!? も、もしかして……」

奈緒「菜々さん、何か分かったのか?」

ちひろ「おや、さすがに年上の2人は気付いたようですね」

菜々「ナナは年上じゃありませんけど!?」



577 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:11:54.86xYSNU2Lh0 (11/65)

真奈美「あのポケモン……おそらく、攻撃と防御の際に自身のタイプを変更させているんだ」

加蓮「自分のタイプを変更!?」

真奈美「だいちのちからを放つ際にはじめんタイプとなってわざの威力を強化」

真奈美「りゅうのいぶきを受ける際にはフェアリータイプとなって無効化」

真奈美「自由自在にタイプを変え戦う……これが神の力とでもいうのか」

蘭子「森羅万象をつかさどる神、か」
   (タイプを自在に変えるポケモン……)

未央「ずっるい! 何それ反則でしょー!!」



578 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:12:47.25xYSNU2Lh0 (12/65)

ちひろ「その通り」

アルセウス「アルー」バッ

卯月「あれは……板、みたいな……?」

ちひろ「これは『プレート』……アルセウスの命の源」

ちひろ「これらプレート17枚のそれぞれにポケモンのタイプの力が込められており、自在に操る」

ちひろ「それこそがアルセウスのとくせい『マルチタイプ』」

ちひろ「まさにすべての始まりにして頂点である神のポケモンにふさわしい力でしょう?」

ちひろ「そして……アルセウスの真の力はここからです!」

こずえ「……さばきのつぶて……」

アルセウス「アルー」カッ

菜々「また色が!」



579 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:13:28.86xYSNU2Lh0 (13/65)

アルセウス「アルー」ゴゴゴゴゴゴ

パン

真奈美「……!」

ヒュルルルル

未央「何……あれ……」

加蓮「嘘……」

菜々「りゅうせいぐん……なんてレベルじゃないですよ……」

卯月「こんなの……まるで」

奈緒「隕石……じゃねえか……」

蘭子「……ク、ククク……」

真奈美「……化け物め!」

ド ド ド ド ド ド ド ド ド


580 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:14:13.34xYSNU2Lh0 (14/65)

凛「っ……皆!」

真奈美「……大丈夫か?」

卯月「うう……なんとか……」

未央「……ただ……」

ジバコイル「ジバ……」

ボーマンダ「ボー……」

マリルリ「マリ……」

サーナイト「サナー……」

シャンデラ「デラ……」

ミミロップ「ミミ……」

リザードン「リザー……」

菜々「みんな、ボロボロです……」


581 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:14:42.59xYSNU2Lh0 (15/65)

真奈美「くっ……」

ちひろ「ふーむ……アレを耐えきるとは、一応褒めてあげますよ」

ちひろ「ですが……次で終わりですよ!」

卯月「ど、どうすれば……」

真奈美「攻めるぞ……!」

未央「で、でも、またさっきみたいに無効化されるんじゃ……!」

真奈美「2体以上で、同時に攻撃を仕掛けるんだ! いくら自在にタイプを変えようが、一度にいくつものタイプには変化できまい!」

菜々「な、なるほど!」



582 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:15:47.46xYSNU2Lh0 (16/65)

真奈美「ジバコイル、10まんボルト! 卯月君、みずタイプのわざを頼む!」

卯月「わっ、わかりました! マリルリ、アクアテール!」

ジバコイル「ジバ」バチチチ

マリルリ「マリ!」ザバァ

こずえ「……ふわぁ……」

アルセウス「アル」キラ

ドォォォォォォォン

未央「やった!」

加蓮「い……行けるかも!」

奈緒「ああ、この方法なら……!」



583 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:16:14.65xYSNU2Lh0 (17/65)

ゴゴゴゴゴゴ

アルセウス「アルー」

菜々「やりましたよ! 小さいですけど、ちゃんとダメージが入ってます!」

真奈美「よし……この調子だ!」

蘭子「進軍せよ!」
   (攻めましょー!)

卯月「はい!」

ちひろ「……」

こずえ「……じこさいせい」

真奈美「なっ!?」

アルセウス「アルー」コォォォ

卯月「うそ……」

未央「傷が……」


584 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:16:46.64xYSNU2Lh0 (18/65)

ちひろ「……わかりましたか? アルセウスに……神に、死角などないんですよ」

こずえ「さばきのつぶてー……」

アルセウス「アルー」ゴゴゴゴゴゴ

ドンッ

ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド

凛「……! 皆!!」



585 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:17:40.42xYSNU2Lh0 (19/65)

ゴゴゴゴゴ

真奈美「くっ……」

ジバコイル「ジバ……」バタンキュー

ボーマンダ「ボー……」バタンキュー

マリルリ「マリ……」バタンキュー

ミミロップ「ミミ……」バタンキュー

サーナイト「サナー……」ググ

シャンデラ「デラ……」ヨロ

リザードン「リザ……」ボロ

卯月「はぁ……はぁ……」

未央「そんな……」

ちひろ「おっと……何匹か仕留め損ねましたか……」


586 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:18:22.14xYSNU2Lh0 (20/65)

奈緒「本当に……化け物かよ……」

蘭子「わが翼竜までも、地に堕とすか……」
   (うぅ、私のリザードンまで……)

加蓮「これが神の、力……?」

菜々「これほどまでとは……」

ちひろ「うーん、このままトドメを刺してもいいですけど、せっかくですし、お話の続きをしましょうか」

真奈美「何だと?」



ちひろ「シンデレラ団の……私の目的について、教えてあげましょう」

凛「!」


587 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:18:52.04xYSNU2Lh0 (21/65)

ちひろ「さっき……『逆』だって言いましたよね」

ちひろ「あなたたちは、私達は世界征服を何かほかの目的のための手段にするつもりだと考えたようですが……」

ちひろ「私達にとって、世界を征服するのが最終地点なんですよ」

ちひろ「確かに世界征服以外にも企みはありますが、それはいわば世界征服のための前準備なんです」

ちひろ「『逆』っていうのは、そういう意味です」

ちひろ「アルセウスも、こずえちゃんも……その為の『手段』に過ぎません」

真奈美「貴様! 一体何を企んでいる!」


588 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:19:18.65xYSNU2Lh0 (22/65)

ちひろ「……少し考えたらわかることだと思うんですけどねぇ……」

ちひろ「アルセウスは、この世のすべてを創り上げた、『創造神』なんですよ?」

ちひろ「そして、同時にこの世界を滅ぼしうる力を持っています」

真奈美「…………何だと……?」

真奈美「はっ」

真奈美「まさか、貴様……!」

ちひろ「世界を、創り直します」



589 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:20:01.21xYSNU2Lh0 (23/65)

ちひろ「かつてギンガ団なる組織がめざしたものですねぇ。もっとも彼らとは手段となるポケモンが違いますが……」

菜々「世界を……創り直す……!?」

ちひろ「そうですよー。でも、ただ創り直すんじゃないですよ」

ちひろ「創り直す際に……少し、変えるものがあります」

未央「変えるもの……?」

ちひろ「人とポケモンの心ですよ。人とポケモンの心から、取り除くんです」

ちひろ「……自制心というものを、ね」


590 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:20:28.08xYSNU2Lh0 (24/65)

ちひろ「するとどうなるでしょう? 人もポケモンも欲望を剥き出しにするようになる」

ちひろ「本能の……欲望のままに、生きるようになるんですよ」

ちひろ「奪い、奪われ、傷つけ、傷つけられ……好きなように生きる。誰も我慢しない、誰も自制しない世界」

ちひろ「……素晴らしい世界だと思いませんか?」

ちひろ「そんな混沌とした世界の上に立ち、支配する。それが我々シンデレラ団の……目的」

ちひろ「あ、ちなみにこずえちゃんとアルセウスには、新しい世界の象徴、神として、ずーっと働いてもらうつもりですよ」

真奈美「そんな……くだらない理由で!」


591 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:20:55.58xYSNU2Lh0 (25/65)

卯月「…………」

未央「…………」

奈緒「…………」

加蓮「…………」

菜々「…………」

蘭子「…………」

凛「……イカれてる」

ちひろ「何とでも言ってください。理解されるとは思っていませんから。……して欲しいとも」

ちひろ「……さて、そろそろ決着をつけましょうか」



592 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:22:32.40xYSNU2Lh0 (26/65)

菜々「うう……」

真奈美「くそっ……」

アルセウス「アルー」ゴゴゴゴゴゴ

こずえ「……ふ、わぁ……」

凛「…………」

凛(……こんな時に、私は……)


593 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:24:09.26xYSNU2Lh0 (27/65)

凛(また、何もできないの……?)

凛(皆も……ボロボロで……)

凛(ポケモン達も、もう限界……)

凛(はは……今度こそ、お終いかもね……)

凛(ごめん、モバP……約束、守れそうにない、かな……)

凛(モバP……)

コロッ

凛「!」


594 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:24:44.07xYSNU2Lh0 (28/65)

凛(これ……)

凛「…………」

凛(いや、まさか……)

凛(……出来る、の?)

凛(もし、『これ』が…………本当に、その通りなら……)

凛(希望は……まだ、残ってる……!)


595 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:25:16.40xYSNU2Lh0 (29/65)

ググッ

凛「痛っ……」ヨロ

卯月「凛ちゃん!?」

未央「しまむー!?」

真奈美「何をする気だ!? 君は……」

凛「ごめん……この状況をどうにかする方法……ある、かも」


596 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:25:48.77xYSNU2Lh0 (30/65)

加蓮「え?」

奈緒「ほ、本当か!?」

蘭子「真か!?」
  (本当!?)

凛「……みんなに、手伝ってほしいんだ」

菜々「な、何をすれば?」

凛「……」チラ

凛「あいつを、アルセウスの動きを止めてほしい……ほんの一瞬だけでもいいから」

凛「そうしたら……あとは、任せて」

真奈美「……何か、秘策があるようだな」



597 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:26:17.58xYSNU2Lh0 (31/65)

真奈美「……わかった。任せろ」

未央「よくわかんないけど……私はしまむーを信じるよ!」

卯月「うん! 私も、頑張るよ!」

菜々「ナナも、やってやりますよ!」

加蓮「……しょうがないから……任せたよ」

奈緒「ああ……頼んだぞ?」

蘭子「蒼き瞳の友よ……我らが命運、託したぞ」
  (蘭子ちゃん……お願いします!)

凛「……任せて」



598 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:27:02.00xYSNU2Lh0 (32/65)

ちひろ「作戦会議は終わりですかぁ~~~?」

ちひろ「ならば今度こそ、終わりですよっ!!」

ちひろ「さばきのつぶて!!」

こずえ「さばきのつぶてー……」

アルセウス「アルー!」

真奈美「今だ! 行くぞ!」

卯月「バシャーモ!」ポンッ

未央「ジュカイン!」ポンッ

真奈美「エアームド!」ポンッ

菜々「ハピナス!」ポンッ

奈緒「シャンデラ!」

加蓮「サーナイト!」

蘭子「……紅の翼竜よ!」


599 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:28:19.70xYSNU2Lh0 (33/65)

真奈美「一斉攻撃だ! エアームド、ブレイブバード!」

卯月「ブレイズキック!」

未央「リーフブレード!」

菜々「タマゴばくだん!」

奈緒「だいもんじ!」

加蓮「サイコキネシス!」

蘭子「灼熱の吐息で焼き尽くせ!」

エアームド「エアーッ!」

バシャーモ「バシャーッ!!」

ジュカイン「ジュカ!!」

ハピナス「ハピー!」

シャンデラ「デラッ!」

サーナイト「サー!」

リザードン「リザーッ!」


600 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:28:51.83xYSNU2Lh0 (34/65)

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

アルセウス「アルッ!?」

ドッ

ちひろ「攻撃は中断させられましたが……無駄ですよ、その程度でアルセウスはやられはしません!」

ちひろ「じこさいせい!」

こずえ「じこさいせいー」

アルセウス「アルー……」キュウウウ



601 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:29:24.31xYSNU2Lh0 (35/65)






真奈美「凛君! 今だ!!」

凛「ありがとう……皆」







602 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:30:08.22xYSNU2Lh0 (36/65)

凛「これで……終わりだよ!」ザッ

ちひろ「!?」

凛「行けっ……マスター……ボール!!」

ブンッ

ちひろ「なっ」

アルセウス「アル?」





ポンッ

ちひろ「…………!!?!?」


603 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:31:07.70xYSNU2Lh0 (37/65)

凛「入った……!」

コロン コロンコロン……



コロ



コロ



コロ



…………カチッ♪



604 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:31:37.34xYSNU2Lh0 (38/65)

ちひろ「……馬鹿な」

真奈美「……!」

凛「アルセウス……ゲットだよ」

こずえ「」ピク

こずえ「……?」ゴシゴシ

こずえ「あれぇ……」

ちひろ「馬鹿な馬鹿な馬鹿な馬鹿な馬鹿な馬鹿な」

ちひろ「馬鹿なッ!!」



605 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:32:56.06xYSNU2Lh0 (39/65)

凛「……本当だったんだ」

凛「『どんなポケモンでも必ず捕まえることができるボール』」

真奈美「……なるほど」

真奈美「貴様はあくまでアルセウスを操っていただけであって、トレーナーとして捕まえたわけじゃない」

真奈美「だから、アルセウスは普通にモンスターボールで捕まえる事が出来た」

真奈美「いやしかし……まさか神と呼ばれたポケモンを捕まえるとは」

真奈美「恐るべし、シルフカンパニーと言ったところか……よく持っていたな」

凛「ええ、持っていたのは偶然なんですけど……」



606 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:33:28.68xYSNU2Lh0 (40/65)

真奈美「いいや、そんなことはない。きっとこれは……成るべくして成ったことなんだよ」

真奈美「運命、とでも言うべき、な」

凛「運命……」



ちひろ「う、嘘です……私の……シンデレラ団の野望が、こうも、あっさりと……ここまできてっ!」

真奈美「さて、手持ちポケモンは全滅、奥の手もない」

真奈美「おとなしくお縄についてもらおうか」

ちひろ「ううっ……」


607 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:34:13.06xYSNU2Lh0 (41/65)






奈緒「しっかし……このちっぽけなボールの中に、あの神様が入ってんのか……」

加蓮「なんだか、不思議だよね……」

蘭子「我が友……神までも、手中に収めるとは」
   (凛ちゃん、まさか、神様も捕まえちゃうなんて……)

卯月「凛ちゃん、その、アルセウスは……どうするつもりなの?」

未央「ま、まさかしまむー、アルセウスを連れてポケモンリーグに挑む気じゃ!?」

凛「……ううん」


608 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:36:25.11xYSNU2Lh0 (42/65)

凛「アルセウスは、元に戻すつもりだよ」

ポンッ

アルセウス「アルー」

卯月「え……?」

未央「い、いや、それって不味くない!? もし、またこいつらみたいなのが現れたら……!」


609 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:37:18.40xYSNU2Lh0 (43/65)

凛「それでも、コイツは本当にこの世界の神様なんでしょ? 私みたいないちトレーナーの手におえるものじゃないと思うし……」

凛「そもそも、神様は、誰のものにもなっちゃいけないんだと……私は思う」

凛「てんかいのふえ……だっけ? それや、この遺跡の方をどうにかして守っていけばいい」

凛「ねぇ、文香さん……は、それでいいと思うかな」

文香「……そう、ですね……私は……」

文香「やはり、神は……人の手におさめてはいけないものだと思います」

文香「個人的に……色々と、調べてみたいという思いも、ありますが……」

凛「そういうことだし、さ」


610 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:38:28.90xYSNU2Lh0 (44/65)

卯月「うーん……うん、そうだね」

未央「ま、しぶりんがそう言うなら、そっちでいいかもねっ」

蘭子「我に異存は無い」
   (私も、それでいいと思います)

凛「ねぇ……アルセウス」

アルセウス「アル?」


611 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:39:09.59xYSNU2Lh0 (45/65)

凛「今回の事で……人間に、この世界に……失望したかもしれない」

凛「でも、人間の、ポケモンの本質は……きっと、こんなものじゃない」

凛「もっと大きくて、美しくて……素晴らしいものなんだと、私は思う」

凛「アルセウスが創ったこの世界は……間違ってなんかいない」

凛「だから、もうすこしだけ……私たちの世界を、見守っててくれないかな?」

アルセウス「……」

アルセウス「アルー」

凛「……」


612 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:41:02.04xYSNU2Lh0 (46/65)

こずえ「ふわぁ……アルセウスー……『ありがとう』って、いってるのー……」

凛「!」

凛「……こっちこそ、ありがとう……」

アルセウス「アルー……」ズズズ

未央「! アルセウスが……」

卯月「消えていく……」

ズズズズズズ

フッ



613 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:42:46.00xYSNU2Lh0 (47/65)

凛「……」

真奈美「今度こそ……終わったな」

蘭子「災厄の終焉!」
   (一件落着、ですね!)

菜々「ふいーっ、何だか、気が抜けちゃいますね」

真奈美「ぐずぐずはしてられんぞ。恐らくここもじきに消える」

真奈美「……帰ろう」

奈緒「……終わったんだな」

加蓮「……うん」



614 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:43:23.81xYSNU2Lh0 (48/65)

こずえ「なおー、かれんー」トコトコ

文香「奈緒ちゃん、加蓮ちゃん……」

奈緒「こずえ、文香様……」

加蓮「奈緒……私達、やったんだね」

奈緒「……ああ。やったんだ」





未央「あー、今日一日で凄い経験しちゃったよ」

卯月「うん。すごく濃密な一日だったね……」


615 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:44:10.14xYSNU2Lh0 (49/65)

未央「はー、帰ってひとっ風呂入りたい気分だよー。ねぇ、しぶりん?」

凛「……」

未央「しぶりん?」

凛「」フラ

ドサッ

卯月「凛ちゃん!?」

未央「しぶりん!!」


616 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:44:36.38xYSNU2Lh0 (50/65)






凛「……はっ!?」

ガバッ

凛「ここは……」

加蓮「あ、起きたんだ」

凛「アンタは……」

加蓮「やっ」ヒラヒラ


617 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:45:37.50xYSNU2Lh0 (51/65)

加蓮「そういえば、ちゃんとした自己紹介はまだだったっけ?」

加蓮「じゃ、一応……私は加蓮。よろしくね」

凛「……私は凛。こちらこそ、よろしく」

凛「……ここは、病院?」

加蓮「そ、シジョウシティのね。アンタ、アルセウスが消えた後に倒れたんだよ? 覚えてない?」

凛「あー……確か、そうだったような……」


618 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:46:37.60xYSNU2Lh0 (52/65)

加蓮「私も、もともと体が弱くて。結構無理しちゃったから、こうして入院してるってわけ」

凛「……」

加蓮「そんなに睨まないでよ。確かに私達はシンデレラ団の団員だったけど、いろいろ事情があったんだってば」

凛「事情……?」

加蓮「……文香様とこずえちゃん、あの2人が……」

加蓮「あの2人を、シンデレラ団に人質にされてたんだ」


619 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:49:21.48xYSNU2Lh0 (53/65)

加蓮「もともと私と奈緒は、あの2人の家に仕えるメイドみたいなやつでさ」

加蓮「シンデレラ団に連れて行かれる時……世話役として『ついで』で連れて行かれたの」

加蓮「世話役を務めながら、あの2人を人質に、下っ端としても活動させられた」

加蓮「……そういうわけ」

凛「……へぇ」

加蓮「あの2人はあの2人で、私たちの故郷、ホシイシティを人質にされてたみたい」

加蓮「……もちろん、だからって責任逃れをする気はないけどさ」


620 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:50:11.36xYSNU2Lh0 (54/65)

凛「……」

加蓮「でも、アンタ達のおかげで……私たちは、無事に帰ってこれた」

加蓮「だから、それは……その、ありがとう」

凛「……うん」

コンコン

加蓮「誰か来たみたいだね」



621 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:50:37.96xYSNU2Lh0 (55/65)

凛(……その後の話を、少ししてみようと思う)

凛(足の事もあるし、心身ともに疲労も溜まっていたから……私は数日は入院ってことになった)

真奈美「~~~~~」ガミガミガミ

早苗「~~~~~」ガミガミガミ

凛(その間、真奈美さんや早苗さんにはコッテリと絞られて……反省文なんかを書かされもしちゃったよ)


622 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:52:35.72xYSNU2Lh0 (56/65)

モバP「大丈夫か!? 本当に大丈夫なんだな!?」アタフタ

凛(モバPには……かなり心配された。大げさなんだってば)

凛(まぁ、少し……嬉しかった)

凛(……思えば、モバPがマスターボールをくれたから、今回の事件は解決できたんだよね)

凛(……ありがとう、モバP)



蘭子「闘いの祭典の場にて再開の刻を待っている、友よ!」
   (凛ちゃん、ポケモンリーグで、まってますね!)

凛(蘭子は、それだけ言って、去って行った)

凛(どこからともなくやって来て、消えていく……)

凛(その姿には、昔見た輝きが、今でもしっかりと感じられた)

凛(……今も変わらない、私の、一つの目標)


623 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:53:56.05xYSNU2Lh0 (57/65)

卯月「それでね、もうすぐライブアイドルと戦えそうかもなんだ!」

未央「へっへっへ、私としまむーのコンビなら、行けるよ!」

凛(卯月や未央はわたしの入院中になにやらバトルライブなる施設に挑戦しているらしく、いろいろと話を聞かせてくれた)

凛(2人はどうやらバトルライブを通じてコンビネーションに磨きをかけているらしい。ちょっと嫉妬しちゃうかも)





624 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:56:00.15xYSNU2Lh0 (58/65)

加蓮「みんな心配しすぎなんだってば。もう退院してもいいくらいだよ」

奈緒「ダーメーだー。そう言っていつも倒れるんじゃねーか」

凛(加蓮や奈緒とは……加蓮と病室が同じってこともあり、話している内に……意気投合しちゃった)

凛(始めから、こうやってちゃんと出会っていれば、とも思ったけど、色々あったからこそ、なのかな)

凛(あと、カードキー盗んだことを言ったら凄い怒られた)

凛(奈緒と加蓮、文香さんとこずえは、結果的にお咎めなしになったそうだ)

凛(菜々さんの必死の訴えや、真奈美さんの口添えによるものだろうか)

凛(みんな、少なからず罪の意識はあるようだけど……)


625 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:58:36.65xYSNU2Lh0 (59/65)






凛「旅に出る?」

奈緒「そーそー。ご主人様……文香様のお父様な。がさぁ、今回の件を聞いて『世界を見て回って、成長して来い』ってさ」

加蓮「てなわけで、私達4人でこの地方を旅することになったってわけ。シンデレラ団の時に幹部様に振り回されたおかげであちこち言ったりしたんだけどねー」

奈緒「あたしと加蓮は、ジムにも挑戦するつもりだよ」

凛「……ってことは」


626 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:59:21.71xYSNU2Lh0 (60/65)

加蓮「そ。私達もポケモンリーグに挑戦するんだ」

凛「……ライバル、だね」

奈緒「へへ、すぐに追いついてやるから、待ってなよ?」

凛「私今バッジ7個なんだけど……まぁ、出来るもんならやってみなよ」

加蓮「言うねー。こりゃ負けてらんないかな。頑張ろうよ、奈緒」

奈緒「ああ!」

凛「……ふふっ」



627 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 22:59:48.60xYSNU2Lh0 (61/65)

数日後

凛「ふーっ……ようやく退院」

卯月「おめでとう、凛ちゃん!」

未央「おめでと、しまむー!」

凛「ありがとう、2人とも」



ザッ

真奈美「やぁ」

凛「真奈美さん」


628 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 23:00:45.40xYSNU2Lh0 (62/65)

真奈美「退院おめでとう。用件は……わかるな?」

凛「はい……ジム戦、ですね」

真奈美「ああ」

真奈美「本当は……君が退院したら、バッジを渡すつもりだったんだ


真奈美「君は、バッジを受け取るにふさわしい働きをしたんだからな」

真奈美「だが、君はそれでは納得しないだろう?」


629 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 23:01:27.15xYSNU2Lh0 (63/65)

凛「…………はい」

凛「やっぱり、ジムバッジは、ジムリーダーを倒して受け取りたい」

凛「真奈美さんには、一度も勝てていません」

凛「今度こそ勝って、ジムバッジを正々堂々ともぎ取って見せます」

真奈美「……よろしい」ニッ

真奈美「……シジョウシティジムリーダー、この真奈美が、受けてたとう」

真奈美「場所は、以前君と勝負する予定だったスタジアムだ」

真奈美「……あの時と同じく、ジムリーダー達が観戦したいそうだ」

真奈美「……あの時出来なかった分……お互い全力を出し切って戦おう!」

凛「……はい!」


630 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 23:05:40.55xYSNU2Lh0 (64/65)

今回はここまで

やや駆け足気味ですが、普段の3,4倍の投下量で、ひとまずの区切りまでたどり着けました
シンデレラ団編は、ここまでになります
ここからは、以前と同じくサイドストーリーを交えつつ、ポケモンリーグに向けての旅を描写していくつもりです

次回投下は明後日の予定です
読んでくださった方、ありがとうございました


631VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/10(木) 23:12:13.71gQiWwxKN0 (1/1)

乙 ちひろ割とあっさりお縄についたな てっきりアルセウスに固執してここで死ぬかと思った(ポケスペ脳)


632VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/10(木) 23:13:33.57L+i3eMaCo (1/1)

乙でした
このアルセウスに滅びの歌とかアンコ金縛りとかしたらどうなるんだろう


633VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/10(木) 23:30:15.68Lrk63TXI0 (1/1)

ジムリーダーのタイプは↓
日菜子:でんき ほたる:あく 小梅:ゴースト 裕子:エスパー
夕美:くさ 肇:じめん 菜々:ノーマル 真奈美:はがね

四天王とリーダーが被ることは無いだろうから四天王のタイプは↓のどれか
ほのお みず いわ むし どく ひこう かくとう こおり ドラゴン フェアリー
勝手なイメージだけど
ほのお:茜
みず:七海・櫂・詩織
ひこう:夏美・飛鳥
ドラゴン:薫・小春
どく:あやめ
いわ:李衣菜
むし:莉嘉
かくとう:有香
こおり:聖・アーニャ(モブで登場)
フェアリー:音葉・イヴ

あと一応チャンピオンの蘭子の手持ち
リザードン
イーブイの進化系



634VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/10(木) 23:35:11.60PcrMKBYZo (1/1)

>>597
熊本弁の翻訳の凛ちゃんが蘭子ちゃんになってるぞ


635 ◆.2RVExwkajVj2014/07/10(木) 23:52:39.95xYSNU2Lh0 (65/65)

>>631
さすがにアイマスキャラを殺すのには抵抗があります
ホラーSSでも描くときは死ぬ場合もあると思うんですけどね

>>632
神の力とかで無効化したりするんじゃないでしょうか(適当)

>>633
まとめありがとうございます
四天王は現在考えている最中です

>>634
ご指摘ありがとうございます
×(蘭子ちゃん……お願いします!)
○(凛ちゃん……お願いします!)

フラゲ情報なのでまだ一応未確定ですが、○○○○○がメガシンカするそうで
重要キャラっぽいギリーさんの手持ちのフライゴンも可能性が高いですね
どんなメガシンカポケモンが登場するか、今から楽しみです


636VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/11(金) 00:00:02.570GOqPG8DO (1/1)

お疲れ様なのれすー


呼んだアルちゃんにぷちっとされるとおもってた


637VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/11(金) 00:58:01.49gd/BACvg0 (1/1)

乙ですー
その解決方法は確かに「馬鹿な」を連発したくなる

奈緒加蓮の二人旅も見れるのかな?楽しみ


638VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/11(金) 07:50:00.77ixOvqFpzo (1/1)

呼び名と言えば今回、結構な頻度で未央が凛のことを「しまむー」って呼んでる気がする


639VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2014/07/11(金) 10:51:58.21fa8lIlRwO (1/1)

>>633
むしは岸部さんとかも合いそう。バタフライだし


640>>501兼>>4432014/07/11(金) 21:51:03.11tl3XvaiB0 (1/1)

>>633
毒は志希にゃんも合いそう。あとイヴフェアリーってそれ、ブリッツェン黒と青のツートンカラーで角金ぴかだろ絶対。
そういや蘭子の持つブイズだが、候補はシャワーズ、エーフィ、ブラッキー、グレイシアか。どれ入れてもイメージ的に合いそう。


641VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/11(金) 22:58:02.21DeGp4Ors0 (1/1)

ポケスペだとポケモンリーグ優勝者がチャンピオン・2位~5位が四天王らしいけど、
もしかして愛梨は四天王にいるんだろうか?

あと>>633は一瞬なんで毒タイプがあやめ?と思ってしまった があやめ以外ありえないな
あやめはテッカニン・ヌケニン・アギルダーの虫タイプでも似合いそう




642VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL)2014/07/11(金) 23:41:07.76mqixMwgd0 (1/1)

乙です。
悪人の最後はこれくらいあっさり終わるくらいがちょうどいい
しかしゲーチスよろしくクリア後の世界でも悪いことしそう何でその辺も期待してたり…
次回vsマナミさん!楽しみです


643 ◆.2RVExwkajVj2014/07/12(土) 23:45:50.699iUCE/T60 (1/1)

またまた申し訳ない、今日も投下できそうにないです
ただ、比較的落ち着いてきたので明日からは安定したペースで投下できそうです

>>637
奈緒たちはこずえと文香さんも加えた4人旅ですよー
話が思いつけば書くかもですね

>>638
マジですか、申し訳ない……
量が多いとミスも見逃しがちになってしまいます




644 ◆.2RVExwkajVj2014/07/13(日) 23:06:47.79DSYE6JPW0 (1/23)

お待たせしました
投下していきます


645 ◆.2RVExwkajVj2014/07/13(日) 23:08:56.65DSYE6JPW0 (2/23)

特別スタジアム

凛「……」

凛(いよいよ8つ目……最後のジム戦だ)

凛(相手は真奈美さん……はがねタイプの使い手で)

凛(特訓の時……私は1度も勝てていない)

凛(…………でも、今度こそ)

凛(…………絶対に勝つ!)


646 ◆.2RVExwkajVj2014/07/13(日) 23:14:07.20DSYE6JPW0 (3/23)

ゴウンゴウンゴウン

菜々「おっ! 来ましたよ!」

裕子「凛ちゃーん!」

夕美「がんばれー凛ちゃーん!」

ほたる「が、がんばってください……!」

日菜子「むふふ……楽しみです」

小梅「あ、あの子も……楽しみだって……」

肇「どっちが勝つんでしょうか……」

凛「みんな……」



647 ◆.2RVExwkajVj2014/07/13(日) 23:15:13.37DSYE6JPW0 (4/23)

卯月「私達も応援してるよっ!」

未央「いったれーしぶりーん!」

凛「……ありがとう」

凛「よし……行くよ!」



ゴウンゴウンゴウン

真奈美「フフ、気合十分といったところか」